■タグ「クトゥルフ神話」関連の記事一覧
■やる夫が邪神に挑むようです Chapter1-1
1 名前: ◆yPkGYZ8XnU[] 投稿日:2009/03/06(金) 06:04:38.20 ID:e/wITVwo

拙いですが、やる夫でクトゥルー神話です
時代背景にそぐわない表現が多々ありますがそこは目を逸らしてください
人名、地名等の固有名詞は青心社表記に準拠してます。たぶん

それでは偉大な先人達の劣悪なパロディをご覧下さい





「やる夫が邪神に挑むようです Chapter1-1」の続きを読む »

投稿日 : 2009/05/12 | カテゴリ : 邪神に挑むようです | コメント数 : 1
■やる夫が邪神に挑むようです Chapter1-2
41 名前: ◆yPkGYZ8XnU[saga] 投稿日:2009/03/06(金) 06:40:19.29 ID:e/wITVwo

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


~オーガスト・ダーレス著『アンドルー・フェランの手記』より~
[やる夫が邪神に挑むようです] Chapter.1-2


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



「やる夫が邪神に挑むようです Chapter1-2」の続きを読む »

投稿日 : 2009/05/13 | カテゴリ : 邪神に挑むようです | コメント数 : 0
■やる夫が邪神に挑むようです Chapter1-3
141 名前: ◆9NmBjN/P9U[saga] 投稿日:2009/03/11(水) 08:59:23.84 ID:8ln5/F.o

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


~オーガスト・ダーレス著『アンドルー・フェランの手記』より~
[やる夫が邪神に挑むようです] Chapter.1-3


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



「やる夫が邪神に挑むようです Chapter1-3」の続きを読む »

投稿日 : 2009/05/14 | カテゴリ : 邪神に挑むようです | コメント数 : 0
■やる夫が邪神に挑むようです Chapter2-1
267 名前: ◆9NmBjN/P9U[saga] 投稿日:2009/03/23(月) 23:01:16.52 ID:oD7bHyko

拙いですが、やる夫でクトゥルー神話です
時代背景にそぐわない表現が多々ありますがそこは目を逸らしてください
人名、地名等の固有名詞は青心社表記に準拠してます。たぶん

それでは偉大な先人達の劣悪なパロディをご覧下さい





「やる夫が邪神に挑むようです Chapter2-1」の続きを読む »

投稿日 : 2009/05/16 | カテゴリ : 邪神に挑むようです | コメント数 : 4
■やる夫が邪神に挑むようです Chapter2-2
370 名前:◆9NmBjN/P9U[saga] 投稿日:2009/04/09(木) 21:47:36.51 ID:Cu.LtMAo

拙いですが、やる夫でクトゥルー神話です
時代背景にそぐわない表現が多々ありますがそこは目を逸らしてください
人名、地名等の固有名詞は青心社表記に準拠してます。たぶん

それでは偉大な先人達の劣悪なパロディをご覧下さい





「やる夫が邪神に挑むようです Chapter2-2」の続きを読む »

投稿日 : 2009/05/19 | カテゴリ : 邪神に挑むようです | コメント数 : 0
■やる夫が邪神に挑むようです Chapter2-3
454 名前: ◆9NmBjN/P9U[saga] 投稿日:2009/04/24(金) 20:00:04.91 ID:sWEZ7yQo

拙いですが、やる夫でクトゥルー神話です
時代背景にそぐわない表現が多々ありますがそこは目を逸らしてください
人名、地名等の固有名詞は青心社表記に準拠してます。たぶん

それでは偉大な先人達の劣悪なパロディをご覧下さい





「やる夫が邪神に挑むようです Chapter2-3」の続きを読む »

投稿日 : 2009/06/03 | カテゴリ : 邪神に挑むようです | コメント数 : 3
■やる夫が邪神に挑むようです まとめ
.


                        いあ! いあ! はすたあ! はすたあ! くふあやく ぶるぐとむ


                           ぶぐとらぐるん ぶるぐとむ! あい! あい! はすたあ!


                                        _
                        、               ノ`ヽ
                        ヾー             /ミ三フ、,
                          ミミミ、         /ニ(  ```ヾゝ
                          Lミ三ヾニ==、、   〃7    " ー ``ゝ                  
                            ミミ     ``''''==<(,,,,,,,,,,,,,,,.........  ヾゝ       ___,,,,,,-、,,,-==
                             ミミ     〃    ゛゛゛゛""""''''ー ヾ  ー=〃ー―,三三彡- "
                             `ミニ.   /L      `||i, ,,,,..........   ヾ   , ’ ,,,く彡- "
                               ミヽ 〃   ,,,、-==)\"` ̄ )))   ` ,,,彡"
                                  |l   =`    (ミ彡,=="   ,,,,〃"
                                 ||  ヽ、゛=ー一 `~"      ノ,""   くヽ
                                 ノ|7  ヾヽ_         /"    ` 、ヾヽ
                                 ノ|レ   ` ===   _〃"          ミ
                                /||l      ` ミ三ミ、       _   ヽ  ミ、
                                ||||   ’  , ,,  `ミヾ、ヽ )\         ヾ、
                                ||||      ',〃'’      =三ミ、       ')、
                                |||l     ,,〃           `ミミミ、_、    _ '=ミ、
                                ノ||   _,,彡'"             `ー=三ミ="三ミ 、
                                )||| //〃                    ̄―-~=
                                ||||レ彡"
                                )三"
                                ー"

                           やる夫が邪神に挑むようです (完結)




「やる夫が邪神に挑むようです まとめ」の続きを読む »

投稿日 : 2009/06/23 | カテゴリ : 邪神に挑むようです | コメント数 : 4
■やる夫が邪神に挑むようです Chapter3-1
597 名前: ◆Wwg/B2EbJ2[saga] 投稿日:2009/05/22(金) 08:00:27.20 ID:fvThxyUo

拙いですが、やる夫でクトゥルー神話です
時代背景にそぐわない表現が多々ありますがそこは目を逸らしてください
人名、地名等の固有名詞は青心社表記に準拠してます。たぶん

それでは偉大な先人達の劣悪なパロディをご覧下さい





「やる夫が邪神に挑むようです Chapter3-1」の続きを読む »

投稿日 : 2009/06/24 | カテゴリ : 邪神に挑むようです | コメント数 : 0
■やる夫が邪神に挑むようです Chapter3-2
639 名前: ◆Wwg/B2EbJ2[saga] 投稿日:2009/05/22(金) 08:27:56.07 ID:fvThxyUo

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


~オーガスト・ダーレス著『クレイボーン・ボイドの遺書』より~
[やる夫が邪神に挑むようです] Chapter.3-2


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



「やる夫が邪神に挑むようです Chapter3-2」の続きを読む »

投稿日 : 2009/07/15 | カテゴリ : 邪神に挑むようです | コメント数 : 0
■やる夫はクトゥルーの呼び声を聞くようです まとめ
                           思うに、いまなおこの地球上のどこかには

                想像を絶した巨大な力と形を持つ太古の生き残りが潜伏しているはずである


                            ――アルジャーノン・ブラックウッド――


                             /    , ', '´:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ\',: : ヽ 、
                            ィ /   //::::::::::::::::::::::::::::: _:::::::::::::ヽ\: :.ハ '
                           /:レ′  //::::::::::::::::rァ‥'  ̄   ー-、:::::::::ヽ: :.ハ
                         /: :l   //:::::::; ィ´/{ l'     _/  _,.\::::::ヽ:.:ハ
                         |: : | .//:::::::イrー''"  ヽ _ ィ 「´  /_,,. ..,_ \:::ヽ:.ハ
                         |: : |//::::::::イ:::仁   ゝ/|::ハI|   '.ィ'´    Y  iヽヘ:ハ
                         |: : {/:::::::/:::l| |厶人_∠   !l li| 〃:{i     {_| い:.ハ」
                         |: :.||::::::/:::::l| T 丁 ̄`¨ 、|I  | {l /\ _ /゙ト┘ Ⅶ-‐|
                          l: :.||:::/:{:::::l| :j_,⊥ミ-=ミヽ|{  ヾ ト=┬=く=彳⌒ヽ li| _,!
                          l: :|{/::::{:::::l|/    Y   })) =、 ヽヾ、ヽ r‐ヘヽ ヽ、 }ii「 ヽ
                          l:ィヘ:::|:::::li{      ! _ニレ'   '      ヽ=イ _し~' lliレo/
                          {   | lト\_,.ハ __ヽ        ノ _ュ   冫  J|i_ イl
                          ヽ、     ヾ`  l} }}\斗'…‐、` _r~'´Y  / ̄ ヽll:l::!
                           〈 \ー-、   》} }} / 、__, '  VI  ヽ __>く_{{ -一' :l:::l
                              \   /,;.,;,/ヘy:: : ::;,::: . . : : : : : : : "ヽ  : : i'
                        ィ''ー-=―――”;;:rjソ;;;;;;oi::  : :::::::.::. : : : : : :    _ i ヘ: : : :
                        ! イ⌒"'-ー 、五rツ';;;;;;;;O从: :. :.r‐、:::. : :,;;;::: : : i';;;;|): : ノ
                        ヘ ∨^ ̄三ミ''ー''rtO;;9;;ノ>ri:. : 3;)ソ:.:.:..  }ヘ: : : : !;;;l: : /|
                          )( .:r之こ;:;:;:;:;:;_98O○oヾ、:: i!';;;ヽノ:. | ): : ノ;;;;! : i'
                        //! !、  `"''フ;;:.:;;;.:;::.;.:O_,=!::.:. };;::;;|@;;: ! i': : /|;;;;i ヘ::ヘ
                        ((  ! 1    /.:;:;;:;;:;;_,-'て:.:.:.:_,ノ|:. /、; 八: : i'  };|  \\
                        `" ! i!     !;;:;;:;;::(  {: :( /   |:: l}   / i ヘ::ヘ  !;;!ー、} ノ'
                           ノノ     ヽ;;::::.\ ゝ、ヽ、 {;: {q ,'::::i  \\i;:i 彡イ/
                         (r'        "''-ニ二ヾ i / 人,,,_二テ=ー、} ノ'!;!
                          )       r''"ヽ、  ヽヽi::i'    _,rfニ彡イ/ ii
                                  )   ー=ニ,,人!  ,rシ''´    .|!__丿
                                           V (_ノ⌒ ⌒ヽJ


                     やる夫はクトゥルーの呼び声を聞くようです




「やる夫はクトゥルーの呼び声を聞くようです まとめ」の続きを読む »

投稿日 : 2009/11/10 | カテゴリ : クトゥルーの呼び声 | コメント数 : 0
■やる夫が邪神に挑むようです Chapter3-3
747 名前: ◆Wwg/B2EbJ2 [saga] 投稿日:2009/06/06(土) 19:30:16.13 ID:wu2mhOwo

拙いですが、やる夫でクトゥルー神話です
時代背景にそぐわない表現が多々ありますがそこは目を逸らしてください
人名、地名等の固有名詞は青心社表記に準拠してます。たぶん

それでは偉大な先人達の劣悪なパロディをご覧下さい





748 名前: ◆Wwg/B2EbJ2 [saga] 投稿日:2009/06/06(土) 19:31:22.56 ID:wu2mhOwo





               ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


               ~オーガスト・ダーレス著『クレイボーン・ボイドの遺書』より~
               [やる夫が邪神に挑むようです] Chapter.3-3


               ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





764 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/06/06(土) 19:39:35.82 ID:8QJJHBMo

始まった……これは星辰が揃ったのか!





「やる夫が邪神に挑むようです Chapter3-3」の続きを読む »

投稿日 : 2009/12/16 | カテゴリ : 邪神に挑むようです | コメント数 : 2
■やる夫はクトゥルーの呼び声を聞くようです 第一話
1 名前:1 ◆rjEHg/.jts [sage] 投稿日:09/03/03(火) 14:27:56 ID:I2BTk21r

   __
   `ヽ, `ヽ
    ,.' -─-ヽ.       ※ 原作とは大きなズレ等が生じています
  <i !レハハハ))>      ※ 途中で発狂しエターになる可能性があります
    ル(リ_゚ -゚ノ!         ※ 投下速度はゆっくり、かつ断続的になる場合があります
     / /wk|O―☆       ※ それでもクトゥルー神話を知らない人の一助になれば幸いです
.    / / !_i_〉l
   く_/_,ルノノ





2 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/03/03(火) 14:30:22 ID:f/24acnB

いあいあ はすたぁ





「やる夫はクトゥルーの呼び声を聞くようです 第一話」の続きを読む »

投稿日 : 2009/12/17 | カテゴリ : クトゥルーの呼び声 | コメント数 : 13
■やる夫はクトゥルーの呼び声を聞くようです 第二話
177 名前:1 ◆rjEHg/.jts [sage] 投稿日:09/03/10(火) 19:57:14 ID:PNqlbcsR

       _________________ィ‐' ̄`ヽ
      |                       |::::::::::::::::ヽ
      |     前回までのあらすじ       |::::::::::::::::::::\
      |                       |:::::::::::::::::::::::::\
      | やる夫は事故で亡くなった伯父の  .|:::::::::::::f \::::::::}
      |すべての遺産を相続することとなった |:::::::::::::|  ゝ::::|
      |                       |::::::::::::::ヽ  ∨
      | やらない夫はその価値に気づき、  |ー:、::::::::::ヘ
      | やる夫を見守っていこうと決意した |::::::::::::::::::::::ヘ_
      |______________________|:::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、
               \::::| |:::::::::ィ !{ ハ T tーr 、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶、
                 ` | |ー--レリル|rfiテ ヽl イテz rr----――― ' " ´
                 | |    ヾN ゞソ    ゞソ//
                 | |    >:´|、  -  ,|`:<
                 | |     |::::::::| >  イ |::::::::|
                 | |     >-、\!  !/::,-<
                 | |  /´:::::::::::::{二{}二}´::::::::ゝ-、
                 | |   l:::::,:-:::::::://::|ヽヽ::::::::::::::::::!
                 | |  /‐'´::::::::,::V:::::!::∨::::::::::::::::::|
                , ' ニ}く::/::::::::/:::::/|::::::::::::::::::::::::::|
                | ーjヽ\::::::'"::/ヾ !::::::::::::::::::::::::::|
                ヽニj }  \:/ \ |:::::::::::::::::::::::::::|
                〈:| |V     }>、___..>!:::j::::::::::::::::|:::::|





178 名前:1 ◆rjEHg/.jts [sage] 投稿日:09/03/10(火) 19:59:03 ID:PNqlbcsR

  __  -―:::: ̄::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:::::::::::`ー::::──‐'::::{
二 ______:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
::::::::::::::::::::::::: / 〃 7¨>ー、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
:::::::::::::::::::::::ー‐ '7 /  l  / `7ーァ-、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
: :::::::::::::::::::::::::: /  |  |  l  ┼‐l‐ト \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
_ :::::::::::::::::::: │ /|  |  |  |,ァ=zx、_`ヽ、____, ィニ≧k-、__ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  `丶 :::::::::::: l l∧  l ∧  代う::::ハヽ  \{  イう:::: ハヾl │ `7ー、_:::::::::::::::::::::::::::::::   はじまります
     \:::::::::∨::: \ヘ/l \{ V::::j l        V:::::j / j /  ∧ │`丶、:::::::::::::::::::
      \:::::::::_/ ̄|∧ ∧ ゞー‐'         ゞ- ' _/レ   /_∧ /     ̄ ̄ ̄
          ̄     |ヽ>l.∧         '       /::::\ / / 〃
            / ̄:::::| 小、       r ュ       / ::::::::: \
          _ノ::::::::::::::::∨\> 、         , イ'::::::::::::::::::::: ̄\
          \ :::::::::::::::::: :\:::∨ヘ_iヽ、 __ ,. ィl Ⅳ|::::::::::::::::::::::::::::::/
           ヽ ::::::::::::::::::: ヽ_/ _|       |\{/::::::::::::::::::::::::::::/
            }::::::::::::::::::::::::/  {/       ヽ }l:::::::::::::::::::::::::::::{





「やる夫はクトゥルーの呼び声を聞くようです 第二話」の続きを読む »

投稿日 : 2009/12/23 | カテゴリ : クトゥルーの呼び声 | コメント数 : 9
■やる夫はクトゥルーの呼び声を聞くようです 第三話
305 名前:1 ◆rjEHg/.jts [sage] 投稿日:09/03/20(金) 21:00:02 ID:6rtfYBvh

星辰は再びそろいました。
投下します。





307 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/03/20(金) 21:01:28 ID:Tsz1uujg

お、始まるのか





306 名前:1 ◆rjEHg/.jts [sage] 投稿日:09/03/20(金) 21:01:00 ID:6rtfYBvh

       _________________ィ‐' ̄`ヽ
      |                       |::::::::::::::::ヽ
      |     前回までのあらすじ       |::::::::::::::::::::\
      |                       |:::::::::::::::::::::::::\
      |  やる夫たちは屋敷の探索中に   .|:::::::::::::f \::::::::}
      | おじさんの秘密の部屋を発見した  .|:::::::::::::|  ゝ::::|
      |                       |::::::::::::::ヽ  ∨
      | その不気味な雰囲気にのまれつつ |ー:、::::::::::ヘ
      | 彼らは残された手紙を読むのだった .|::::::::::::::::::::::ヘ_
      |______________________|:::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、
               \::::| |:::::::::ィ !{ ハ T tーr 、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶、
                 ` | |ー--レリル|rfiテ ヽl イテz rr----――― ' " ´
                 | |    ヾN ゞソ    ゞソ//
                 | |    >:´|、  -  ,|`:<
                 | |     |::::::::| >  イ |::::::::|
                 | |     >-、\!  !/::,-<
                 | |  /´:::::::::::::{二{}二}´::::::::ゝ-、
                 | |   l:::::,:-:::::::://::|ヽヽ::::::::::::::::::!
                 | |  /‐'´::::::::,::V:::::!::∨::::::::::::::::::|
                , ' ニ}く::/::::::::/:::::/|::::::::::::::::::::::::::|
                | ーjヽ\::::::'"::/ヾ !::::::::::::::::::::::::::|
                ヽニj }  \:/ \ |:::::::::::::::::::::::::::|
                〈:| |V     }>、___..>!:::j::::::::::::::::|:::::|





308 名前:1 ◆rjEHg/.jts [sage] 投稿日:09/03/20(金) 21:02:53 ID:6rtfYBvh

  __  -―:::: ̄::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:::::::::::`ー::::──‐'::::{
二 ______:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
::::::::::::::::::::::::: / 〃 7¨>ー、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
:::::::::::::::::::::::ー‐ '7 /  l  / `7ーァ-、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
: :::::::::::::::::::::::::: /  |  |  l  ┼‐l‐ト \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
_ :::::::::::::::::::: │ /|  |  |  |,ァ=zx、_`ヽ、____, ィニ≧k-、__ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  `丶 :::::::::::: l l∧  l ∧  代う::::ハヽ  \{  イう:::: ハヾl │ `7ー、_:::::::::::::::::::::::::::::::      はじまります
     \:::::::::∨::: \ヘ/l \{ V::::j l        V:::::j / j /  ∧ │`丶、:::::::::::::::::::
      \:::::::::_/ ̄|∧ ∧ ゞー‐'         ゞ- ' _/レ   /_∧ /     ̄ ̄ ̄
          ̄     |ヽ>l.∧         '       /::::\ / / 〃
            / ̄:::::| 小、       r ュ       / ::::::::: \
          _ノ::::::::::::::::∨\> 、         , イ'::::::::::::::::::::: ̄\
          \ :::::::::::::::::: :\:::∨ヘ_iヽ、 __ ,. ィl Ⅳ|::::::::::::::::::::::::::::::/
           ヽ ::::::::::::::::::: ヽ_/ _|       |\{/::::::::::::::::::::::::::::/
            }::::::::::::::::::::::::/  {/       ヽ }l:::::::::::::::::::::::::::::{





「やる夫はクトゥルーの呼び声を聞くようです 第三話」の続きを読む »

投稿日 : 2010/01/12 | カテゴリ : クトゥルーの呼び声 | コメント数 : 0
■やる夫はクトゥルーの呼び声を聞くようです 第四話
384 名前:1 ◆rjEHg/.jts [sage] 投稿日:09/03/29(日) 18:05:51 ID:7GTTLwYk

       _________________ィ‐' ̄`ヽ
      |                       |::::::::::::::::ヽ
      |     前回までのあらすじ       |::::::::::::::::::::\
      |                       |:::::::::::::::::::::::::\
      |    おじさんが残した手紙には    |:::::::::::::f \::::::::}
      |   奇妙な物語がつづられていた   |:::::::::::::|  ゝ::::|
      |                       |::::::::::::::ヽ  ∨
      |   彼は「何か」に怯えていたらしい  |ー:、::::::::::ヘ
      |   謎を秘めたまま物語は続く……  |::::::::::::::::::::::ヘ_
      |______________________|:::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、
               \::::| |:::::::::ィ !{ ハ T tーr 、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶、
                 ` | |ー--レリル|rfiテ ヽl イテz rr----――― ' " ´
                 | |    ヾN ゞソ    ゞソ//
                 | |    >:´|、  -  ,|`:<
                 | |     |::::::::| >  イ |::::::::|
                 | |     >-、\!  !/::,-<
                 | |  /´:::::::::::::{二{}二}´::::::::ゝ-、
                 | |   l:::::,:-:::::::://::|ヽヽ::::::::::::::::::!
                 | |  /‐'´::::::::,::V:::::!::∨::::::::::::::::::|
                , ' ニ}く::/::::::::/:::::/|::::::::::::::::::::::::::|
                | ーjヽ\::::::'"::/ヾ !::::::::::::::::::::::::::|
                ヽニj }  \:/ \ |:::::::::::::::::::::::::::|
                〈:| |V     }>、___..>!:::j::::::::::::::::|:::::|





385 名前:1 ◆rjEHg/.jts [sage] 投稿日:09/03/29(日) 18:09:14 ID:7GTTLwYk

  __  -―:::: ̄::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:::::::::::`ー::::──‐'::::{
二 ______:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
::::::::::::::::::::::::: / 〃 7¨>ー、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
:::::::::::::::::::::::ー‐ '7 /  l  / `7ーァ-、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
: :::::::::::::::::::::::::: /  |  |  l  ┼‐l‐ト \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
_ :::::::::::::::::::: │ /|  |  |  |,ァ=zx、_`ヽ、____, ィニ≧k-、__ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  `丶 :::::::::::: l l∧  l ∧  代う::::ハヽ  \{  イう:::: ハヾl │ `7ー、_:::::::::::::::::::::::::::::::      はじまります
     \:::::::::∨::: \ヘ/l \{ V::::j l        V:::::j / j /  ∧ │`丶、:::::::::::::::::::
      \:::::::::_/ ̄|∧ ∧ ゞー‐'         ゞ- ' _/レ   /_∧ /     ̄ ̄ ̄
          ̄     |ヽ>l.∧         '       /::::\ / / 〃
            / ̄:::::| 小、       r ュ       / ::::::::: \
          _ノ::::::::::::::::∨\> 、         , イ'::::::::::::::::::::: ̄\
          \ :::::::::::::::::: :\:::∨ヘ_iヽ、 __ ,. ィl Ⅳ|::::::::::::::::::::::::::::::/
           ヽ ::::::::::::::::::: ヽ_/ _|       |\{/::::::::::::::::::::::::::::/
            }::::::::::::::::::::::::/  {/       ヽ }l:::::::::::::::::::::::::::::{





386 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/03/29(日) 18:12:45 ID:NoL253KV

いあ!





「やる夫はクトゥルーの呼び声を聞くようです 第四話」の続きを読む »

投稿日 : 2010/02/06 | カテゴリ : クトゥルーの呼び声 | コメント数 : 5
■やる夫はクトゥルーの呼び声を聞くようです 第五話
481 名前:1 ◆rjEHg/.jts [sage] 投稿日:09/04/06(月) 18:45:17 ID:k3uhjJOH

       _________________ィ‐' ̄`ヽ
      |                       |::::::::::::::::ヽ
      |     前回までのあらすじ       |::::::::::::::::::::\
      |                       |:::::::::::::::::::::::::\
      | かつて、おじさんが日本で出会った |:::::::::::::f \::::::::}
      |      ある一人のいい男       |:::::::::::::|  ゝ::::|
      |                       |::::::::::::::ヽ  ∨
      |     彼の語る陰惨な事件が     |ー:、::::::::::ヘ
      |  隠された真実に光を当てていく   |::::::::::::::::::::::ヘ_
      |______________________|:::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、
               \::::| |:::::::::ィ !{ ハ T tーr 、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶、
                 ` | |ー--レリル|rfiテ ヽl イテz rr----――― ' " ´
                 | |    ヾN ゞソ    ゞソ//
                 | |    >:´|、  -  ,|`:<
                 | |     |::::::::| >  イ |::::::::|
                 | |     >-、\!  !/::,-<
                 | |  /´:::::::::::::{二{}二}´::::::::ゝ-、
                 | |   l:::::,:-:::::::://::|ヽヽ::::::::::::::::::!
                 | |  /‐'´::::::::,::V:::::!::∨::::::::::::::::::|
                , ' ニ}く::/::::::::/:::::/|::::::::::::::::::::::::::|
                | ーjヽ\::::::'"::/ヾ !::::::::::::::::::::::::::|
                ヽニj }  \:/ \ |:::::::::::::::::::::::::::|
                〈:| |V     }>、___..>!:::j::::::::::::::::|:::::|





484 名前:1 ◆rjEHg/.jts [sage] 投稿日:09/04/06(月) 18:49:08 ID:k3uhjJOH

  __  -―:::: ̄::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:::::::::::`ー::::──‐'::::{
二 ______:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
::::::::::::::::::::::::: / 〃 7¨>ー、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
:::::::::::::::::::::::ー‐ '7 /  l  / `7ーァ-、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
: :::::::::::::::::::::::::: /  |  |  l  ┼‐l‐ト \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
_ :::::::::::::::::::: │ /|  |  |  |,ァ=zx、_`ヽ、____, ィニ≧k-、__ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  `丶 :::::::::::: l l∧  l ∧  代う::::ハヽ  \{  イう:::: ハヾl │ `7ー、_:::::::::::::::::::::::::::::::      はじまります
     \:::::::::∨::: \ヘ/l \{ V::::j l        V:::::j / j /  ∧ │`丶、:::::::::::::::::::
      \:::::::::_/ ̄|∧ ∧ ゞー‐'         ゞ- ' _/レ   /_∧ /     ̄ ̄ ̄
          ̄     |ヽ>l.∧         '       /::::\ / / 〃
            / ̄:::::| 小、       r ュ       / ::::::::: \
          _ノ::::::::::::::::∨\> 、         , イ'::::::::::::::::::::: ̄\
          \ :::::::::::::::::: :\:::∨ヘ_iヽ、 __ ,. ィl Ⅳ|::::::::::::::::::::::::::::::/
           ヽ ::::::::::::::::::: ヽ_/ _|       |\{/::::::::::::::::::::::::::::/
            }::::::::::::::::::::::::/  {/       ヽ }l:::::::::::::::::::::::::::::{





483 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/04/06(月) 18:48:19 ID:w6dBYhoG

いあ! いあ!





「やる夫はクトゥルーの呼び声を聞くようです 第五話」の続きを読む »

投稿日 : 2010/05/21 | カテゴリ : クトゥルーの呼び声 | コメント数 : 9
■やる夫はクトゥルーの呼び声を聞くようです 第六話
602 名前:1 ◆rjEHg/.jts [sage] 投稿日:09/04/24(金) 20:09:58 ID:nhz3h9hy

       _________________ィ‐' ̄`ヽ
      |                       |::::::::::::::::ヽ
      |     前回までのあらすじ       |::::::::::::::::::::\
      |                       |:::::::::::::::::::::::::\
      |   手紙の中にたびたび登場する   |:::::::::::::f \::::::::}
      |     クトゥルーという言葉…….   |:::::::::::::|  ゝ::::|
      |                       |::::::::::::::ヽ  ∨
      |  たんなるフィクションであるはずの. |ー:、::::::::::ヘ
      |.  その言葉が意味するものとは?  |::::::::::::::::::::::ヘ_
      |______________________|:::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、
               \::::| |:::::::::ィ !{ ハ T tーr 、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶、
                 ` | |ー--レリル|rfiテ ヽl イテz rr----――― ' " ´
                 | |    ヾN ゞソ    ゞソ//
                 | |    >:´|、  -  ,|`:<
                 | |     |::::::::| >  イ |::::::::|
                 | |     >-、\!  !/::,-<
                 | |  /´:::::::::::::{二{}二}´::::::::ゝ-、
                 | |   l:::::,:-:::::::://::|ヽヽ::::::::::::::::::!
                 | |  /‐'´::::::::,::V:::::!::∨::::::::::::::::::|
                , ' ニ}く::/::::::::/:::::/|::::::::::::::::::::::::::|
                | ーjヽ\::::::'"::/ヾ !::::::::::::::::::::::::::|
                ヽニj }  \:/ \ |:::::::::::::::::::::::::::|
                〈:| |V     }>、___..>!:::j::::::::::::::::|:::::|





604 名前:1 ◆rjEHg/.jts [sage] 投稿日:09/04/24(金) 20:13:24 ID:nhz3h9hy

  __  -―:::: ̄::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:::::::::::`ー::::──‐'::::{
二 ______:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
::::::::::::::::::::::::: / 〃 7¨>ー、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
:::::::::::::::::::::::ー‐ '7 /  l  / `7ーァ-、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
: :::::::::::::::::::::::::: /  |  |  l  ┼‐l‐ト \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
_ :::::::::::::::::::: │ /|  |  |  |,ァ=zx、_`ヽ、____, ィニ≧k-、__ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  `丶 :::::::::::: l l∧  l ∧  代う::::ハヽ  \{  イう:::: ハヾl │ `7ー、_:::::::::::::::::::::::::::::::      はじまります
     \:::::::::∨::: \ヘ/l \{ V::::j l        V:::::j / j /  ∧ │`丶、:::::::::::::::::::
      \:::::::::_/ ̄|∧ ∧ ゞー‐'         ゞ- ' _/レ   /_∧ /     ̄ ̄ ̄
          ̄     |ヽ>l.∧         '       /::::\ / / 〃
            / ̄:::::| 小、       r ュ       / ::::::::: \
          _ノ::::::::::::::::∨\> 、         , イ'::::::::::::::::::::: ̄\
          \ :::::::::::::::::: :\:::∨ヘ_iヽ、 __ ,. ィl Ⅳ|::::::::::::::::::::::::::::::/
           ヽ ::::::::::::::::::: ヽ_/ _|       |\{/::::::::::::::::::::::::::::/
            }::::::::::::::::::::::::/  {/       ヽ }l:::::::::::::::::::::::::::::{





34 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/04/24(金) 21:40:39 ID:78z5kL+n

ウホッ、続きktkr
楽しみにしてたんだよ、マジで





「やる夫はクトゥルーの呼び声を聞くようです 第六話」の続きを読む »

投稿日 : 2010/08/08 | カテゴリ : クトゥルーの呼び声 | コメント数 : 13
■できる夫の日常は闇に侵されていくようです まとめ
.


                         永遠に横たわること能うものは死するに非ず

                        そして奇怪なる永劫のうちには死すらも死なん


                                      _____
                                  _,-‐-'´..:.:.:.:.:.:.:.`‐-、_//
                           ____,--'´       ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:/
                       ,イ ̄´´              ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ/|  __イゝ
                     /i:l                   ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ://
                     :i:i:i:l                    ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:〈_
                     :i:i:i:l                     ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:./  _,
                     l:i:i:il                      ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:/′/ ∠>
                     li:i:i:il "That is not dead which can eternal lie,.:.:.:.ヽ ∠_
                     .li:i:i:il                      ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:. <
                     ..li:i:i:il  And with strange aeons even death may die.".  /
                     . li:i:i:il                      ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._____
                      li:i:i:il                   ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:../           \
                      .li:i:i:il                      ..:.:.:.:.:.:.:.:../             \
                       li:i:i:il                        ..:.:.:.:.:/               \
                       .li:i:i:il                     ..:./                  \
                       li:i:i:il                   /                     ヽ
                       .li:i:i:il               _,-‐'.|        ̄`丶      ' ´  ̄      |
                        li:i:i:il            _,-‐'´三三 |      ‐ュ::::ェ‐      ‐ェ::::ェ‐      |
                        .li:i:i:il        _,-‐'´三三三三 . |                          |
                        li:i:i:il     _,-‐'´三三三三-‐'´ ̄ .\             ´             /
                        .li:i:i:il _,-‐'´三三三三-‐'´         \      - ――-        /
                         li:i:l/三三三三-‐'´            /ヽ              イ\
                         .li:/三_,-‐'´ ̄                /                     \


                     できる夫の日常は闇に侵されていくようです(完結)




「できる夫の日常は闇に侵されていくようです まとめ」の続きを読む »

投稿日 : 2011/09/05 | カテゴリ : 闇に侵されていくようです | コメント数 : 0
■できる夫の日常は闇に侵されていくようです 予告編
807 名前: ◆Obp0e6vT9Y [sage] 投稿日:2011/09/02(金) 21:06:21 ID:5mcf0ttA

 :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::


            /  ./      /  // ./   } .i       ヽ
            |  /     /l  / / /    l ト、  l     l|
            |  |     /l  /  | /     l | ヽ l    リヽ
            ト, ,|    / | / _, イ/  ヽ--、|,!__ヽ l    }レ'-、 /ヽ
        ノ`ヽ、  V{ヾ  l ,. l-イ/´  !     __|_ `ヾi  , ' /り//  ヽ
      /   \-、Vl  ゙、 |  !'_ニ        ,.=r--、V / /チ'´    , )
      く      ヽ‐|ヽ .ヽ |,イ,,,';;;;;i        r';;;;;;.iヽl / ,/レ'    ,. '´ /
     ,. -ゝ、ヽヽ   ヽ,l ゝ ヾ c::;_-り       ‐'―'っ,レ / /ー‐,/,/ _ ̄ ヽ
     {   `ヽ\   ヽ> ヽ !  ヽヽヽ   ,   ヽヽ /',.ヒノ--く,. ノ,.  '´  ,_.-|
    ヽ    ヽヽ   /  `ヽ`ヽ      , - 、      人_.   Y´  ,. イ´,/
      \\  ヽヽ /  ヽ「`ゝ 、     ー‐'    , イ   } /  ヽr'´ /ム===-、
     ,. ---ヽi  ノ'´    ヾ    `ヽ 、  _ , イ´     |/     \ ,. ___、  |
    /    ' /, -―-
┌──────┐| 、_       {  ,. -―-ヾ   | /
    レ'´ ̄ ̄ |´      
│   ごめんね .│i`r 、ー     |'´     ノ    '´
         ヽ     
└──────┘| | iヽ、__   }     /
           ヽ ,     / {_ ,.. イ/ L-
┌──────────┐
            ,}    |    ー|  i ̄
│  お母さんを許して   .│
            /      {       |  | 
└──────────┘


 :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::





「できる夫の日常は闇に侵されていくようです 予告編」の続きを読む »

投稿日 : 2011/09/05 | カテゴリ : 闇に侵されていくようです | コメント数 : 2
■できる夫の日常は闇に侵されていくようです 第一話
1 名前: ◆Obp0e6vT9Y [sage] 投稿日:2011/09/04(日) 19:44:59 ID:PI1YHPP.

                 _____
             _,-‐-'´..:.:.:.:.:.:.:.`‐-、_//
      ____,--'´       ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:/
  ,イ ̄´´              ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ/|  __イゝ
/i:l                   ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ://
:i:i:i:l                    ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:〈_
:i:i:i:l                     ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:./  _,
l:i:i:il                      ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:/′/ ∠>
li:i:i:il "That is not dead which can eternal lie,.:.:.:.ヽ ∠_
.li:i:i:il                      ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:. <
..li:i:i:il  And with strange aeons even death may die.".  /
. li:i:i:il                      ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._____
 li:i:i:il                   ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:../           \
 .li:i:i:il                      ..:.:.:.:.:.:.:.:../             \
  li:i:i:il                        ..:.:.:.:.:/               \
  .li:i:i:il                     ..:./                  \
  li:i:i:il                   /                     ヽ
  .li:i:i:il               _,-‐'.|        ̄`丶      ' ´  ̄      |
   li:i:i:il            _,-‐'´三三 |      ‐ュ::::ェ‐      ‐ェ::::ェ‐      |
   .li:i:i:il        _,-‐'´三三三三 . |                          |
   li:i:i:il     _,-‐'´三三三三-‐'´ ̄ .\             ´             /
   .li:i:i:il _,-‐'´三三三三-‐'´         \      - ――-        /
    li:i:l/三三三三-‐'´            /ヽ              イ\
    .li:/三_,-‐'´ ̄                /                     \
┏┓                                              ┏┓
┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
┏╋─────────────────────────────╋┓
┃|       できる夫の日常は闇に侵されていくようです       |┃
┗╋─────────────────────────────╋┛
┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
┗┛                                              ┗


現代日本を舞台にした、
オリジナルのクトゥルフ(っぽい何か)のスレです。
序盤はクトゥルフ風味が薄いですが、読んでいただけると嬉しいです。





3 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/04(日) 19:51:52 ID:.efwat0Q

期待





4 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/04(日) 20:29:41 ID:ZhPR6lUM

同じく期待





「できる夫の日常は闇に侵されていくようです 第一話」の続きを読む »

投稿日 : 2011/09/06 | カテゴリ : 闇に侵されていくようです | コメント数 : 19
■できる夫の日常は闇に侵されていくようです 第二話 前編
167 名前: ◆Obp0e6vT9Y [sage] 投稿日:2011/09/11(日) 21:00:30 ID:AOa0V5GA

___________________________________

============================
       |゚ ̄ ̄ ゚̄|       |   ______________
┌──┐   ̄ ̄ ̄~' ┌──┐ |    |┌───┐|┌───┐|2-A |
│====│   □ □   │三三│ |    |│/./ . │|│/./ . │| ̄ ̄
│三三│   □ □   │三□│ |    |│/  /│|│/  /│|     __
│[][]::::│   □ □   └──┘ |    |└───┘|└───┘|     |!┏゚|
└──┘      l三三!     |    |:[l         |         l]:|     ||⌒||
============================:   |          |          |     ||消||
                            |          |          |     ||〓||
                            |          |          |      ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




          ____
        /     \
      / ⌒   ⌒ \
    /   (●)  (●)  \    できる夫ですが、廊下の空気が最悪です。
     |      __´___     |
    \      `ー'´    /
     ノ           \





「できる夫の日常は闇に侵されていくようです 第二話 前編」の続きを読む »

投稿日 : 2011/09/13 | カテゴリ : 闇に侵されていくようです | コメント数 : 5
■できる夫の日常は闇に侵されていくようです 第二話 後編
294 名前: ◆Obp0e6vT9Y [sage] 投稿日:2011/09/18(日) 21:00:15 ID:npfIlW6s

すいません、電話きたのでちょっと遅れます。





295 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/18(日) 21:02:41 ID:IOarCaak

作品的に考えて、その電話は・・・





296 名前: ◆Obp0e6vT9Y [sage] 投稿日:2011/09/18(日) 21:05:29 ID:npfIlW6s

馬鹿め、>>1は死んだわ!

中の人が菌類に変わった>>1によって投下始めます。





「できる夫の日常は闇に侵されていくようです 第二話 後編」の続きを読む »

投稿日 : 2011/09/19 | カテゴリ : 闇に侵されていくようです | コメント数 : 8
■できる夫の日常は闇に侵されていくようです 第三話
454 名前: ◆Obp0e6vT9Y [] 投稿日:2011/09/23(金) 21:01:26 ID:hcJkKoyE




    ┌──────────────────────────┐
    │  うちの学校の生徒から死人が出た。              │
    │                                        │
    │  蒼星石さんの事件から、時間も経っていないというのに。  .│
    └──────────────────────────┘





「できる夫の日常は闇に侵されていくようです 第三話」の続きを読む »

投稿日 : 2011/09/24 | カテゴリ : 闇に侵されていくようです | コメント数 : 19
■できる夫の日常は闇に侵されていくようです 第四話
725 名前: ◆Obp0e6vT9Y [] 投稿日:2011/10/02(日) 21:00:02 ID:xMxOwFMA






                  ┌──────────┐
                  │   ここではない世界  │
                  │                    │
                  │   今ではない時間    │
                  └──────────┘








「できる夫の日常は闇に侵されていくようです 第四話」の続きを読む »

投稿日 : 2011/10/03 | カテゴリ : 闇に侵されていくようです | コメント数 : 18
■できる夫の日常は闇に侵されていくようです 第五話
10 名前: ◆Obp0e6vT9Y [] 投稿日:2011/10/09(日) 21:00:23 ID:XMTQiRYI

___________________________________

============================
       |゚ ̄ ̄ ゚̄|       |   ______________
┌──┐   ̄ ̄ ̄~' ┌──┐ |    |┌───┐|┌───┐|2-A |
│====│   □ □   │三三│ |    |│/./ . │|│/./ . │| ̄ ̄
│三三│   □ □   │三□│ |    |│/  /│|│/  /│|     __
│[][]::::│   □ □   └──┘ |    |└───┘|└───┘|     |!┏゚|
└──┘      l三三!     |    |:[l         |         l]:|     ||⌒||
============================:   |          |          |     ||消||
                            |          |          |     ||〓||
                            |          |          |      ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




          ____
        /     \
      / ⌒   ⌒ \
    /   (●)  (●)  \    できる夫ですが、やばい、死ぬ。
     |      __´___     |
    \      `ー'´    /     助けて。
     ノ           \





「できる夫の日常は闇に侵されていくようです 第五話」の続きを読む »

投稿日 : 2011/10/10 | カテゴリ : 闇に侵されていくようです | コメント数 : 22
■できる夫の日常は闇に侵されていくようです 第六話 できる夫Side
240 名前: ◆Obp0e6vT9Y [] 投稿日:2011/10/24(月) 20:53:27 ID:wcaFtnjY

第六話はできる夫Sideと圭一Sideがあります。
今日はできる夫Sideを投下します。





「できる夫の日常は闇に侵されていくようです 第六話 できる夫Side」の続きを読む »

投稿日 : 2011/10/26 | カテゴリ : 闇に侵されていくようです | コメント数 : 12
■できる夫の日常は闇に侵されていくようです 第六話 圭一Side
404 名前: ◆Obp0e6vT9Y [] 投稿日:2011/10/25(火) 22:02:19 ID:2At/IeJw






               ┌────────────────┐
               │      それはきっと、         │
               │                       .│
               │俺の中で一番暖かい思い出だ。   ...│
               └────────────────┘








「できる夫の日常は闇に侵されていくようです 第六話 圭一Side」の続きを読む »

投稿日 : 2011/11/02 | カテゴリ : 闇に侵されていくようです | コメント数 : 16
■できる夫の日常は闇に侵されていくようです 第七話
809 名前: ◆Obp0e6vT9Y [] 投稿日:2011/11/13(日) 15:22:48 ID:tZUGEXGg

今日21:00から、第7話を投下します。

あ、今回は、特に事件の起こらない日常話です。

……日常?





815 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/11/13(日) 15:51:00 ID:Z1V8tyNw

さあ、日常の意味を辞書で引こうか





813 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/11/13(日) 15:45:39 ID:OVUxUR3c

闇に侵され済みの日常ですね、わかります





「できる夫の日常は闇に侵されていくようです 第七話」の続きを読む »

投稿日 : 2011/11/15 | カテゴリ : 闇に侵されていくようです | コメント数 : 20
■できる夫の日常は闇に侵されていくようです 勝手にコメンタリーコーナー#1 できる夫の所属部活動が模型部だったら?
966 名前: ◆Obp0e6vT9Y [] 投稿日:2011/10/09(日) 16:57:22 ID:XMTQiRYI

今から埋めネタ1号。
ムーンセル作者からもらったネタです。





967 名前: ◆Obp0e6vT9Y [] 投稿日:2011/10/09(日) 16:57:46 ID:XMTQiRYI

┌────────────────────┐
│       ムーンセル作者による          │
│                                  │
│  『できる夫の日常は闇に侵されるようです』 ..│
│                                  │
│      勝手にコメンタリーコーナー       │
└────────────────────┘


   / ̄ ̄\
 /   _ノ 作\     『できる夫の日常は闇に侵されるようです』
 |   ( ●)(●)
. |    (__人__)     『やらない夫はムーンセルで目覚めたようです』
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }     以上の二作品は作者同士がメッセンジャーで
.  ヽ        }
   ヽ     ノ     どうでもいいネタ会議を繰り広げながら作っているのですが、
   .>    く
   |     |       その裏話やボツネタ披露のコーナーです。
    |     |


        ※作者代理として両作品の主人公キャラを使っておりますが
          額に「作」と書いてある方が作者、無い方が作中キャラクターです





「できる夫の日常は闇に侵されていくようです 勝手にコメンタリーコーナー#1 できる夫の所属部活動が模型部だったら?」の続きを読む »

投稿日 : 2011/12/07 | カテゴリ : 闇に侵されていくようです | コメント数 : 8
■できる夫の日常は闇に侵されていくようです 勝手にコメンタリーコーナー#2 全13話だという事について
977 名前: ◆Obp0e6vT9Y [] 投稿日:2011/10/09(日) 17:19:29 ID:XMTQiRYI

【#2 全13話だという事について】

《第4話投下後の反応を見て》

      __     ━┓
    /作~\  ┏┛
  / ノ  (●)\ ・
. | (./)   ⌒)\      スレでは「話が急展開した」って見方が多いけど、
. |   (__ノ ̄   \
  \          |     全部で何エピソードくらいの予定なんだっけ?
    \       /
.      \  ⊂ヽ∩
      /´    (,_ \.
       /       \. \
      ./   /       |. \ソ
    (  y'      .|
                                ____
                              /  作  \
                             / ⌒   ⌒ \
                           /   (●)  (●)  \
                           |      __´___     |   12~13話くらいかな?
                           \      `ー'´    /
                            ノ           \





「できる夫の日常は闇に侵されていくようです 勝手にコメンタリーコーナー#2 全13話だという事について」の続きを読む »

投稿日 : 2011/12/24 | カテゴリ : 闇に侵されていくようです | コメント数 : 1
■できる夫の日常は闇に侵されていくようです 勝手にコメンタリーコーナー#3 第6話のボツ展開
982 名前: ◆Obp0e6vT9Y [] 投稿日:2011/11/15(火) 22:10:47 ID:C.gXXMM.

┌────────────────────┐
│       ムーンセル作者による          │
│                                  │
│  『できる夫の日常は闇に侵されるようです』 ..│
│                                  │
│      勝手にコメンタリーコーナー       │
└────────────────────┘


   / ̄ ̄\
 /   _ノ 作\     『できる夫の日常は闇に侵されるようです』
 |   ( ●)(●)
. |    (__人__)     『やらない夫はムーンセルで目覚めたようです』
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }     以上の二作品は作者同士がメッセンジャーで
.  ヽ        }
   ヽ     ノ     どうでもいいネタ会議を繰り広げながら作っているのですが、
   .>    く
   |     |       その裏話やボツネタ披露のコーナーです。
    |     |


        ※作者代理として両作品の主人公キャラを使っておりますが
          額に「作」と書いてある方が作者、無い方が作中キャラクターです

        ※なお、会話内容にAA当ててるのはムーンセル作者です





983 名前: ◆Obp0e6vT9Y [] 投稿日:2011/11/15(火) 22:11:48 ID:C.gXXMM.

【#3 第6話のボツ展開】

        ____
      /   作   \        そういえば、うちのヱリカって
    /  -     - \
  /   (一)  (一)  \     原作よりも設定年齢が大人なせいか
 |      __´___     |
 \      `ー'´     /     はっちゃけ分が足りないよね、社会人だし。
 /     ∩ノ ⊃   /
 (  \ / _ノ |  |       (戦人、ヱリカは原作から+8~10歳くらいをイメージ。
. \ “  /__|  |
   \ /___ /        ヱリカは原作で高校生くらい)




                                               / ̄ ̄\
                                              /作ヽ、_   \
                                            . ( (● )    |
                  年齢もあるだろうけど、立ち位置かな?     (人__)      |
                                            r-ヽ        |
                  ヱリカは敵に回らないと             (三) |        |
                                            > ノ       /
                  ドS台詞の数々を使えないし。       /  / ヽ     /
                                          /  / へ>    く
                                          |___ヽ  \/  )
                                              |\   /|
                                              |  \_/ |





「できる夫の日常は闇に侵されていくようです 勝手にコメンタリーコーナー#3 第6話のボツ展開」の続きを読む »

投稿日 : 2012/01/12 | カテゴリ : 闇に侵されていくようです | コメント数 : 3
■できる夫の日常は闇に侵されていくようです 第八話
340 名前: ◆Obp0e6vT9Y [] 投稿日:2012/01/26(木) 21:00:38 ID:h7n5JsFM

         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \   えー、修学旅行中のできる夫です。
    |     ___'___      |
     \    `ー'´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |




        ____
      /     \
    /  -     - \     今、僕たちは
  /   (●)  (●)  \
 |      __´___     |    オリエンテーリングをしています。
 \      `ー'´     /
 /     ∩ノ ⊃   /
 (  \ / _ノ |  |
. \ “  /__|  |
   \ /___ /





「できる夫の日常は闇に侵されていくようです 第八話」の続きを読む »

投稿日 : 2012/01/29 | カテゴリ : 闇に侵されていくようです | コメント数 : 20
■できる夫の日常は闇に侵されていくようです 第九話 前編
730 名前: ◆Obp0e6vT9Y [] 投稿日:2012/02/02(木) 23:00:14 ID:M2fukh8o

                                       __________
.              ________________|__________|
              l________________|             /
       ____.\  ________________|  ̄ ̄ ̄ |__,/
         |_____.\|           _             _    |     :|   |
       \   ____|    | ̄ ̄ | |l0l|    | ̄ ̄ | |l0ll   |     :|   |
           \|    .:|    |     | | ̄|    |     | | ̄l   |     :|   |     _
             | :l´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄\    |   |______,| |_
.         l´ ̄ ̄ ̄|                            |.        \  .|   l── ‐| l,l,l,}_ ___ _
.         |     |________________,|___     \|   | _,,[ll| |lll]── ─‐─
_____,l____,`丶、┌─────────────.`ー─\      ̄ ̄ ̄|   :| |i
:::::::::::::::::::::::::`丶、┌──‐::|          _             _   :|  \       |   :| |
\::::::::::::::::::::::::::::::::|     :|     | ̄ ̄ | |l0l|    | ̄ ̄ | |l0ll   |:    \_____|   :| ┛
  l\______,|     :|     |     | | ̄|    |     | | ̄l   |     :|──‐ '   | |
  |          |  l´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄\    |   |    | ┛
  |:  | ̄ l´ ̄ ̄ ̄:|                       |.        \  .|   |    | |
\|:  |_ |     :l________________,|___     \|   |    | |,,r''"゛''"'' - ,,_,,r''
:::::::\   |_____,` ̄ | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄. ̄ ̄ ̄\      ̄ ̄ ̄|_r'""| |
::::: ::::::\_` ̄ ̄l ̄ ̄ ̄:|     | ̄ ̄ |. _     | ̄ ̄ |. _    :|  \       |   :| |
:::::::::::::::: :::::::::::::::::::l      :|     |     | |l0l|    |     | |l0l|   :|:    \     .|   :| |
\____   :l      :|     |     | | ̄|    |     | | ̄|   :|      |      :|______ ___
  |       l´ ̄ ̄ ̄l´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄\  ..| l ̄ ̄l :| ̄ヽ ̄ ̄ ̄`ヽ ̄`ヽ
  |       |     |                       l      \ | l__l :|  ̄ヽ、 ̄ ̄ ̄`ヽ ̄\
.        |     |                       |          | l|      :|⌒ヽ.  l二>≡≡くコ ̄くコ
.        l____,l________________,|_____| ll_____|、__,ノー‐--- l二l-‐'二l-‐'





「できる夫の日常は闇に侵されていくようです 第九話 前編」の続きを読む »

投稿日 : 2012/02/10 | カテゴリ : 闇に侵されていくようです | コメント数 : 8
■できる夫の日常は闇に侵されていくようです 第九話 後編
914 名前: ◆Obp0e6vT9Y [] 投稿日:2012/02/18(土) 22:00:37 ID:rOflMlFc








        ┌──────────────────────┐
        │  僕に、オカルトについて教えてもらえませんか? .│
        └──────────────────────┘










「できる夫の日常は闇に侵されていくようです 第九話 後編」の続きを読む »

投稿日 : 2012/02/26 | カテゴリ : 闇に侵されていくようです | コメント数 : 34
■できる夫の日常は闇に侵されていくようです 第十話 前編
307 名前: ◆Obp0e6vT9Y [] 投稿日:2012/03/10(土) 21:01:08 ID:V/WWywjg

     ;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::|         ‐|  ||  |;;/  /;;;;;;::::::::::::;;;;;;;;;;;;:;;;;;;;;;
     ;;;;;;;::::::::::::::: ::: :: |============.\||  /  /;;;;;;:::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;:;;;
     ;;;;::::::::::::::: :::: :: | ____   :| :|  /;;;;;;:::::::::::::::::: ::::::::::::;;;;;;;;;;;
     ;;::::::::::::: :::::: :: | | //  |   | :|/;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::: ::::::::::::;;;;;;
     :::::::::::::::::::  :::: | | //  |   ::|  |:|;;;:::::::::::::::::::::::::::: :::::  :::::::;;;;
     :::::::::::::::  :::::::::: |  ̄ ̄ ̄ ̄    ゙|  |:|   ::: :::::::::::::::::::::::::: :::::
     :::::::::::::::  :::::::::: | _______|\|:|    :::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     :::::::::::::::::::  :::: |                  |   ::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     :::::::: :::::::::::::  |                  |   ::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     :::::::::::: :::::::::::  |                  |  :::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     ;;;:;;:::::::::: :::::::/:::::::::              \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;
     ;;;;;:;;;;::::::::.../;;;;;:::::::::::::::::             \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;
     ;;;;;;;:::: : /;;;;;;;;;;::;;::::::::::::::::::::::::::         \:::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;
     ;;;; ::::/;;;;;;;;;;:::;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::           \:::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;
     ;;;:/;;;;;:::;;;;:::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::       \:::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
    ../;;;;;;;;:::;;;;;:::;;;;;;;;:::::::::;;;;;;;;;;;;;::::::::;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::   \:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;





    / ̄ ̄ ̄\
  /        \
 / u.  ─   ─ ヽ   ……終わった、のか?
 |    (●)  (●) |
 \  ∩ __'__/777/
 /  (丶_//// \





「できる夫の日常は闇に侵されていくようです 第十話 前編」の続きを読む »

投稿日 : 2012/03/12 | カテゴリ : 闇に侵されていくようです | コメント数 : 24
■できる夫の日常は闇に侵されていくようです 第十話 後編
637 名前: ◆Obp0e6vT9Y [] 投稿日:2012/03/27(火) 22:00:37 ID:NfM7AAC6

┌──────────────────┐
│ あれは……いつだったかな。      ......│
│                           .│
│ 十年は経っていないと思うけど……   ...│
└──────────────────┘




                        ,へ_________,へ
               _, -=-二二二二二二二,,,,二ニニ==,,‐‐{,_ノ
             , '"              //    ヾ  `゙、
           /               //     ll     ii
       _ /                //___    ll    リ,
       {,,_/__=====_====-    //´___}    ll    ぃ
     _, ' "  ̄ ,,,,,,,,,, ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄, ̄ ̄ ト´ー───‐十─'''''´ |
   , '_   `゙゙゙゙゙゙゙゙゙´     ___'    O |       ゙゙゙`i     {}|
   {   ゙l、─────‐,  i´    l`ヽ,    |           |     |
  ,'´ ̄ ̄  二二二,,, ̄    ̄ ̄ ̄ ̄ '二ー, ト‐‐──── |ー-,,--.くi
 ll ̄ `l l ̄|     | ̄`i. l ̄ ̄l   |〒ゝ:;:|         l  /:;,~i ij
 lヽ、__l l:;::└‐──┘:;::;:;| |   ,ノ  |-" く l:|         l |:;:iI、{l:l
  |  __ `===========" __二二   lフ、゚人l:|-───ニ二二二}:;l}゙{l:l
 ゙--゙===゙──────--゙==゙__lヾl lノ:;i==-─ '''' ̄ l::;;:ヾ"::ノ
   ヾ,,,,_:;:;ノ             ヽ;;;;;;;;;;;;;ノ          `゙─‐"





「できる夫の日常は闇に侵されていくようです 第十話 後編」の続きを読む »

投稿日 : 2012/04/01 | カテゴリ : 闇に侵されていくようです | コメント数 : 18
■できる夫の日常は闇に侵されていくようです 第十一話
930 名前: ◆Obp0e6vT9Y [] 投稿日:2012/04/12(木) 21:00:23 ID:xyvgRKmY0

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,::::.:::::::::::::::::::.::::::::.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.::::::::::::::::::::::::::。::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::o。.::::,。::::::::::::::::。゚::::゚::::::::。:::::::::::::::::::::::.:::::::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::::::.::::。::::°::::.゚。。+o:::::::::::::::::::
:::::.o::::.::::。::::*。::::o::::.。::::,::::゚::::::::::::::::::::::::::::::゚::::。::::::::::::::::::::::::::::::..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::o:::::::::::::::。.:::::
::::::::::::.::::.::::。::::::::::::::.*::::。:::::::::::o゚.::::.::::::::。:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:::::::::::。::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::。,::::゚::::。:::::::::::::::::+::::.゚:::::::::::::,。゚::::::::::::::::::::。::::::::.::::::::::::::::::::::::::::.:::::::::::.::::.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::.::::。::
.゚::::::::::::::。*::::::::::::::。::::.+: :::゚。:::::::::::::::::::::::,::::::::::::::::.。::::*::::::::::::::::::::::::゚::::。+::::::::.::::::::゚:::::::::::。::::::::゚:::::::::::::
:。.::::。:::::::::::::::::::::::::+。゚::::.。。::::::::::::::::o::::::::.。::::::::::::`::::,。::::*。::::::::::::::::::::::::::.゚。:::::::::::。::::.:::::::::::.::::::::。::
::::::::.::::。::::::::::::::::::::::。::::.。*::::。゚,::::::::::::::::::::::::+::::o:::::::::::::::::::::o。.::::,。::::::::::::::::。゚::::゚::::::::。:::::::::::::::::::::::.:::::
:::,:::::::::::.::::.::::。:::::::::::::::::::::::::.゚。::::+,::::,.゚。:::::::::::::::::゚:::::::::::::::::::::::::::::::::::::。::::*::::。+::::.。::::+::::゚。::::::::゚::::゚.::::゚:
:::::::::::::::::::o+。。゚.::::°::::。::::.:::::::::::::::::::::::::::,:::::::::::::::::::.:::::::::::::::::::::::。::::::::゚::::゚。::::::::::::::::。,::::.。 o::::::::::::::::::
::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::::::.::::。::::°::::.゚。。+o:::::::::::::::::::::::::::::。::::゚.。::::::::::::::::::::゚。*゚.。。 o::::,`゚:::::::::::::::+゚。:::::
:。.::::。:::::::::::::::::::::::::+。゚::::.。。::::::::::::::::o::::::::.。::::::::::::`::::,。::::*。::::::::::::::::::::::::::.゚。:::::::::::。::::.:::::::::::.::::::::。::
::::::::::::::::。:::::::::::,:::::::::::゚:::::::::::::::::.::::::::,.:::::::::::::::゚:::::::::::。::::+。::。 o:::::::::::.゚,。o::::::::::::::::::::::+:::::::::::::::。゚.:::::::,。:
.゚::::::::::::::。*::::::::::::::。::::.+: :::゚。:::::::::::::::::::::::,::::::::::::::::.。::::*::::::::::::::::::::::::゚::::。+::::::::.::::::::゚:::::::::::。::::::::゚:::::::::::::
::::::::::::::::::o。.::::,。::::::::::::::::。゚::::゚::::::::。:::::::::::::::::::::::.:::::::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::::::.::::。::::°::::.゚。。+o:::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::o+。。゚.::::°::::。::::.:::::::::::::::::::::::::::,:::::::::::::::::::.:::::::::::::::::::::::。::::::::゚::::゚。::::::::::::::::。,::::.。 o::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::゚::::::::。::::゚::。゚::::。::::。::::゚+:::::::::::::::::::::::::。゚。:::::::::::::::::::::::::::::.゚。゚。:::::::::::::::::::::::::*::::o::::.゚
:::。:::::::::::::::::::::::::.::::::::.:::::::::::::::::::.::::::::,:::::::::::.::::::::゚:::::::::::::::::.::::::::゚::::.::::.゚::::.゚.:::::::::::::::::::::::::::::::::::゚.:::::::::::::::::::::::::
:。.::::。:::::::::::::::::::::::::+。゚::::.。。::::::::::::::::o::::::::.。::::::::::::`::::,。::::*。::::::::::::::::::::::::::.゚。:::::::::::。::::.:::::::::::.::::::::。::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.::::::::::::::::::::::::::。::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,::::.:::::::::::::::::::.::::::::.:





931 名前: ◆Obp0e6vT9Y [] 投稿日:2012/04/12(木) 21:00:53 ID:xyvgRKmY0

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,::::.:::::::::::::::::::.::::::::.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.::::::::::::::::::::::::::。::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::o。.::::,。::::::::::::::::。゚::::゚::::::::。:::::::::::::::::::::::.:::::::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::::::.::::。::::°::::.゚。。+o:::::::::::::::::::
:::::.o::::.::::。::::*。::::o::::.。::::,::::゚::::::::::::::::::::::::::::::゚::::。::::::::::::::::::::::::::::::..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::o:::::::::::::::。.:::::
::::::::::::.::::.::::。::::::::::::::.*::::。:::::::::::o゚.::::.::::::::。:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:::::::::::。::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::。,::::゚::::。:::::::::::::::::+::::.゚:::::::::::::,。゚::::::::::::::::::::。::::::::.::::::::::::::::::::::::::::.:::::::::::.::::.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::.::::。::
.゚::::::::::::::。*::::::::::::::。::::.+: :::゚。:::::::::::::::::::::::,::::::::::::::::.。::::*::::::::::::::::::::::::゚::::。+::::::::.::::::::゚:::::::::::。::::::::゚:::::::::::::
:。.::::。:::::::::::::::::::::::::+。゚::::.。。::::::::::::::::o::::::::.。::::::::::::`::::,。::::*。::::::::::::::::::::::::::.゚。:::::::::::。::::.:::::::::::.::::::::。::
::::::::.::::。::::::::::::::::::::::。::::.。*::::。゚,::::::::::::::::::::::::+::::o:::::::::::::::::::::o。.::::,。::::::::::::::::。゚::::゚::::::::。:::::::::::::::::::::::.:::::
:::,:::::::::::.::::.::::。:::::::::::::::::::::::::.゚。::::+,::::,.゚。:::::::::::::゙ ::::::::::::::::::::::::::::::::::。::::*::::。+::::.。::::+::::゚。::::::::゚::::゚.::::゚:
:::::::::::::::::::o+。。゚.::::°::::。::::.:::::::::::::::::::::::::::゙<  > キラッ…!:。::::::::゚::::゚。::::::::::::::::。,::::.。 o::::::::::::::::::
::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::::::.::::。::::°::::.゚。。+o:::::::::::V゙:::::::::::::。::::゚.。::::::::::::::::::::゚。*゚.。。 o::::,`゚:::::::::::::::+゚。:::::
:。.::::。:::::::::::::::::::::::::+。゚::::.。。::::::::::::::::o::::::::.。::::::::::::`::::,。::::*。::::::::::::::::::::::::::.゚。:::::::::::。::::.:::::::::::.::::::::。::
::::::::::::::::。:::::::::::,:::::::::::゚:::::::::::::::::.::::::::,.:::::::::::::::゚:::::::::::。::::+。::。 o:::::::::::.゚,。o::::::::::::::::::::::+:::::::::::::::。゚.:::::::,。:
.゚::::::::::::::。*::::::::::::::。::::.+: :::゚。:::::::::::::::::::::::,::::::::::::::::.。::::*::::::::::::::::::::::::゚::::。+::::::::.::::::::゚:::::::::::。::::::::゚:::::::::::::
::::::::::::::::::o。.::::,。::::::::::::::::。゚::::゚::::::::。:::::::::::::::::::::::.:::::::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::::::.::::。::::°::::.゚。。+o:::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::o+。。゚.::::°::::。::::.:::::::::::::::::::::::::::,:::::::::::::::::::.:::::::::::::::::::::::。::::::::゚::::゚。::::::::::::::::。,::::.。 o::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::゚::::::::。::::゚::。゚::::。::::。::::゚+:::::::::::::::::::::::::。゚。:::::::::::::::::::::::::::::.゚。゚。:::::::::::::::::::::::::*::::o::::.゚
:::。:::::::::::::::::::::::::.::::::::.:::::::::::::::::::.::::::::,:::::::::::.::::::::゚:::::::::::::::::.::::::::゚::::.::::.゚::::.゚.:::::::::::::::::::::::::::::::::::゚.:::::::::::::::::::::::::
:。.::::。:::::::::::::::::::::::::+。゚::::.。。::::::::::::::::o::::::::.。::::::::::::`::::,。::::*。::::::::::::::::::::::::::.゚。:::::::::::。::::.:::::::::::.::::::::。::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.::::::::::::::::::::::::::。::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,::::.:::::::::::::::::::.::::::::.:





「できる夫の日常は闇に侵されていくようです 第十一話」の続きを読む »

投稿日 : 2012/04/15 | カテゴリ : 闇に侵されていくようです | コメント数 : 15
■できる夫の日常は闇に侵されていくようです 勝手にコメンタリーコーナー#4 キャスティング時によくある光景
863 名前: ◆Obp0e6vT9Y [] 投稿日:2012/03/31(土) 20:59:48 ID:/oS12U3Y

┌────────────────────┐
│       ムーンセル作者による          │
│                                  │
│  『できる夫の日常は闇に侵されるようです』 ..│
│                                  │
│      勝手にコメンタリーコーナー       │
└────────────────────┘


   / ̄ ̄\
 /   _ノ 作\
 |   ( ●)(●)    『できる夫の日常は闇に侵されていくようです』
. |    (__人__)
  |     ` ⌒´ノ     『やらない夫はムーンセルで目覚めたようです』
.  |         }
.  ヽ        }     以上の二作品は作者同士がメッセンジャーでどうでもいいネタ会議を
   ヽ     ノ
   .>    く       繰り広げながら作っているのですが、その裏話やボツネタ披露のコーナーです。
   |     |
    |     |


        ※作者代理として両作品の主人公キャラを使っておりますが
          額に「作」と書いてある方が作者、無い方が作中キャラクターです





「できる夫の日常は闇に侵されていくようです 勝手にコメンタリーコーナー#4 キャスティング時によくある光景」の続きを読む »

投稿日 : 2012/04/27 | カテゴリ : 闇に侵されていくようです | コメント数 : 6
■できる夫の日常は闇に侵されていくようです 第十二話 前編
330 名前: ◆Obp0e6vT9Y [] 投稿日:2012/05/12(土) 21:01:02 ID:DhaqV91Y0

┌──────┐
│   10年前   │
└──────┘




                         ┌ ┐
       _ ,, ..      --──────┴ ┴--     .. ,, ___
    メ^.;⌒メ、─── r¬;:..、_ ────────────┬‐ァ'
 r ツ.;:.;.;.;.;.;:;.;::ヾ┬─.ム;.;.:.;;::;..{ ─┬─┬─┐  ┌─┬┬┐ |≦_
 y';;:.;.:;.:.;.;:.;.:;;;.:.} ||rf.;;`;::;:;;:;:;:;;::;、─┴─┴─┴┐|//├┼┤ |==ァ'
 ! :;;:;:;;;:;:;;::;:;ミY⌒ソ;;:;:;;;:::;:;::;:;:f⌒ n _____,!_└─┴┴┘ |爪
(;;;;:;;:;:;:;:;;;;;:;:::;:;シ'(;;:;;:;::;:;:;;;:;;;:;:;:じiノ;;l 二二二二二二} ======== | |リ
 Y.:;:;;;::;:;;;:;:;:;f   ヾ;:;;:;;;:;;:;;::;;::;;::;;:Y   __   | r=======、 :| |
 j ;;;:::;;::;;;:;:;;;;:}  || Y;;:;:;;:;:;;:;:;;:;;:;.メ __  |: : : : |  | ||十i十i十|| | |
==========================| | | : : 0|  |r────i≦千!
lミ||ミ||ミ||ミ||ミ||ミ||ミ||ミ||ミ||ミ||ミ|| |i三三丁三三| に二コ   |   | |_
トミ [二二二二二二二二二] ミ||ミ|| |i三三丁三三|   _r;;:: .:,, |   | |;;;)
lミ||ミ||ミ||ミ||ミ||ミ||ミ||ミ||ミ||ミ||ミ|| |i三三丁三三| (;;;;:;:(:;;:;::;:;:);)| |二
==========================| |────‐ └下ミ( ;;:(::;:;;);;;)) |
  ̄「 ̄ ̄「 ̄ ̄「 ̄ ̄「 ̄ ̄「 ̄| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\トミr=====t| |\
「 ̄ ̄「 ̄ ̄「 ̄ ̄「 ̄ ̄「 ̄ ̄「 | |二二二二二二二ト、|工工工| |





「できる夫の日常は闇に侵されていくようです 第十二話 前編」の続きを読む »

投稿日 : 2012/05/20 | カテゴリ : 闇に侵されていくようです | コメント数 : 21
■できる夫の日常は闇に侵されていくようです 第十二話 中編
647 名前: ◆Obp0e6vT9Y [] 投稿日:2012/05/20(日) 21:30:05 ID:2RNESlDw0

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;+;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_;;;;;;;;;;;` ; ; ゞ゛ゞ:ヾヾ.: ; ;ヾ ; ; :ヾゞヾ., .ゞ
;;;;;;。;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;+;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;☆;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;┳ ヽ;;;;;;;;;;;ゞ:ヾヾ.: ; ;ヾ ; ; :ヾゞヾ., .ゞヾゞ;ゞ
;;;;;;;;;;;;;;;*;;;;;;;;;;;。;;*;;;;;;;;;;;;;;;;。;;;;;;;;;;;;;;;;;;。;;;;;;;;;;;;;*;;;;;;;;;;;;;;゙'⌒)|.|;;;;;;;;;;;;ヾ ; ;";ヾ; ;"/" ; ;ヾ ;ヾ "゛;"; ゞ; ;
;;;;;;;;;;☆;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;。;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;☆;;;;;;;;;;;;;|.|;;;;;;;;;;;;;;;;;ゞゞ; ;ゞ ;" "ゞ ; ;"!" ヾ ;ゞ ;"ヾ
;:;:;:;::;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;.゙|:|:;:;:;:;:;:;:;:;;;;;;;ゞ:.y.ノゞ ; ;ヾ ; ;ゞ ;" "ゞ; ; ;
;:;:;:;::;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;;;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;;;:;:;:;:;゙|.|:;;:;:;:;:;;;:;:;:;;:;:;:;:;ゞ ゞ:ヾヾ.: ; ;ヾ ; ; :ヾゞヾ.,
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙|:|::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::; ;;;ゞ゛//;;ヾゞ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙|:|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|i!i:;;;:;i:|ソ
r'"";;;ゝ, ,  ,,,,,, ,          ゞミ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|il.i:::. :;;)
i;i;i;i;i;;;;::.ヾ. r"iiiii;;゙;:、,      ミ/ミ  ________|;|_ , ,,,,, ,    ,,,,,, ,   ||iii;i.;..;|
iii;i;i;i;;;;::::::::iiii;;;;;:::::::iiiii;(○)(O)  :i,,,, . ||三三三三三三三三|| ,iiiii;;;::..゙ ,,iiiii;;;::. ' ,. |ii:i;;;:;i:|
iwWwii i w wiiwWwiiiiヽlノヽlノw i w.  ||三三三三三三三三|| iiiiii;;;;:::::::iiiii;;;;;:::::::i ||iii;i.;..;|
二二l二二l二二l二二l二二l二二l/           /_|二二l二二l二二ll |i:;.ii:;;;;|
                    |_| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|_|             |iii;i.;..;;|
                                               ノノ;;; ;;:illヽ





「できる夫の日常は闇に侵されていくようです 第十二話 中編」の続きを読む »

投稿日 : 2012/05/27 | カテゴリ : 闇に侵されていくようです | コメント数 : 21
■できる夫の日常は闇に侵されていくようです 第十二話 後編
963 名前: ◆Obp0e6vT9Y [] 投稿日:2012/05/27(日) 21:00:37 ID:PQ7wwGLc0

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●
   |      (__人__)
.   |        ノ   …………
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /




                                      ____
                                     /      \
                                   /─    ─  \
                                  / (●)  (●)   \
                       …………     |    (__人__)      |
                                  \   ⊂ ヽ∩     く
                                   |  |  '、_ \ /  )
                                   |  |__\  “  /
                                    \ ___\_/





「できる夫の日常は闇に侵されていくようです 第十二話 後編」の続きを読む »

投稿日 : 2012/06/04 | カテゴリ : 闇に侵されていくようです | コメント数 : 28
■できる夫の日常は闇に侵されていくようです 最終話
425 名前: ◆Obp0e6vT9Y [] 投稿日:2012/06/10(日) 07:09:44 ID:G1UO2LdM0

今日20時から最終回投下します!
こんなの絶対おかしいよ!





426 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/06/10(日) 08:18:40 ID:l5tBpKhc0

とうとう最終回か





431 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/06/10(日) 18:06:12 ID:undFSNsQ0

星辰が揃う・・・





436 名前: ◆Obp0e6vT9Y [] 投稿日:2012/06/10(日) 19:59:59 ID:G1UO2LdM0

はじめます。





「できる夫の日常は闇に侵されていくようです 最終話」の続きを読む »

投稿日 : 2012/06/11 | カテゴリ : 闇に侵されていくようです | コメント数 : 55
■やる夫で学ぶ食卓の歴史 まとめ
.


                                   「食卓は祭壇の一種」


                                   ―― ジョセフ・ジューベル ――


                                                ミ ,.;゛;:;`;,,.;';ミ ;.,゛;:;`;゛;ミ_ :゛;:; ,.:、::
                                                ミ,:;。:゛;:;`;゛:゛;:;Y ,.:   ;、::;;゙ッ:;。:;;.,
                                                 ゙ィ; ゛;:;`;i゛;:; ,.: ;. ゛彳;`; ゛;:゛;:; ,.:;.
                                                  ミ_.,,.;、::;;;。:;;、 ;   ;、::;;:;。乂:;;.,
                                                     ゝ::;; ;、::: :; :;;爻.,ミ゙i ゙i; :
                                                       ゛ミ_: ;从;;ミ ゙゛゛ !、二 _ \
                                                                   `゙i \
                、.v,,;..v、,    、.vk,,..vxk,,..v      、v,,;..v、,     、.vk,,..v    、.v,w..v、,  .,    、.v,w..v、,、,
                ゞ;爻彡ヾ;ゞ ミ”v:";v;oゞゞ爻 彡;,oヾv”v':,'v;;ミ爻  ゙ゞ;;ミ;v;oゞv ゞ ヾ;voゞゞ yゞヾ 爻;ヾ゙':,o:;ヾv” ヾ;ゞ
                .:゙;ゞ;ヾ.:゙;;ミ゙':, v:";v;oゞゞ;y;ヾ.:゙;;ミ゙爻ミ゙,oヾvoヾv”v':, ゙ミ爻ゞv;;ミ:'爻ミミ゙'爻vゞ;ヾ.:゙;;ミ゙ ゞ;;ミ゙'爻ゞ;ミ;:彡:゙;;ミ゙':,
                .:゙;;ミ゙':,”:";oヾ ミ゙,oヾv”v'ゞoヾv”v゙ミ゙'爻v゙ゞミ゙':,”:";oヾ ;ミ゙' ;;ミ゙':,”:";o:;v':,ゞv;;ミ゙'爻;ヾ.:゙;;ミ゙':,oヾv”v':,:";oヾ
                .:゙;;ミ゙':,”:";oヾ ミ゙,oヾv”v'ゞoヾvミ゙'爻v゙ゞミ゙':,”:";oヾ ;ミ゙' ;;ミ゙':,”:";o:;v':,ゞv;;ミ゙'爻;ヾ.:゙;;ミ゙':,oヾv”v':,ゞv':";oヾ
                v':,ゞ;;ミ爻;ヾ ミ゙'爻ゞ;爻彡;ゞ;ヾ. ;ミ”v:";v゙;;v'o:,ゞv;;ミ'爻 vゞ;ミ゙'爻vゞ;ミ゙':,oヾv”v':,ゞ;;ミ゙'爻.:゙;;ミ゙ゞ;爻 爻;ヾ ミ
                .:゙;;ミ゙':,”:";oヾ ミ゙,oヾv”v'ゞoヾv”v゙ミ゙'爻v゙ゞミ゙':,”:";oヾ ;ミ'爻;;ミ゙':,”:; ∧∧ ゞv;;'爻;ヾ.:゙;;ミ゙':,oヾv”v':, :";oヾ
                v':,ゞ;;ミ爻;ヾ ミ゙'爻ゞ;;ゞ;ヾ. ;ミ”v:";v゙ v'o:,爻彡ゞv;; vゞ;ミ゙'爻vゞ;ミ゙ (,,゚Д゚) ':,ゞ;v':,ゞ;;ミ゙'爻.:゙;  / ̄ ̄\ヾ
                .:゙;;ミ゙':,”:";oヾ ミ゙,oヾv”v'ゞoヾv”v゙ミ゙'爻v゙ゞミ゙':,”:";oヾ ;ミ゙' ;;ミ゙':,”;: /  | v;;ミ゙'゙'爻;ヾ.:゙;;ミ゙' /       \
                ゞ;爻彡;____ゞゞ;爻彡;ゞ;ヾ. ;ミ”v:";v゙;;v'o:,ゞv;;ミ'爻 vゞ;;; ~(,,u_u o ヾ”v':, ゞ::,;,ミ゙  |           i
                ニニl/     \二l二二l二二l 二二l二二l二二l二二l二二l 二二l二二l二二l二二 |           |
                ニl/         \.二l二二l二二l二二l二二l二二l二二l二二l二二l二 二l二二l二 |         .|
                /           \二l二二l二二l二二l二二l二二l二二l二二l二二l 二二l二二 |        }
                |              |   ___,, -tュ~r-ミニ'‐、_________ __      ヽ       }
                .\             / /   .{ (, (コ/´::;;}J }                  \     ヽ      ノ
                i´〉          ⌒ヽ. / 〈|   `-、,,_  `゙'",,,-´        ;rュ;;::ヽ;,       \  , '⌒     〈
                |::|         、  \_ ||  .{,,,,,,,} ̄ ̄        ,、へ;;'.O;;:/;.;ゞ、 {;;;;;;;}_/  、        ',\
                |::!          ヽ   _⌒)  L;;;;」           ヾ^'' ー----一''フ L(⌒_   /        |::|
                |::|           /                            `''ー----一''           \      |::|
                |::|           |三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三 三三三三三三::|        |::|
                |::', ::::::::::.........   |三| ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|三| ........:::::::::,'::|


                              やる夫で学ぶ食卓の歴史 (完結)




「やる夫で学ぶ食卓の歴史 まとめ」の続きを読む »

投稿日 : 2012/09/01 | カテゴリ : 食器・テーブルマナー | コメント数 : 8
■やる夫で学ぶ食卓の歴史 その1
1 名前: ◆ePj4HRjxK. [] 投稿日:2012/09/01(土) 10:04:36 ID:CmWjdCl20


                                                   ゚,rvヘ--ミ
                                                   イ  c 廴 \
                                                . //  _ _ー─く.  ヽ
                                                 从 ((  )) ノ   ハ
                                            ____r-- .ソ ○       V }  }
  ┌────────────────────────── .人_: : :「`ヽ八"     ○ 从ノ  八
  | l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄{: : : : : : ,.- ̄ 芥(⌒ヽ  ((  (   )
  | l                                      廴  /      `⌒) ̄ .ヽ:└廴,__)
  | l                                      「 ̄7           〈__ ヽヽ: :.}//ノ
  | l                                      . 廴.リ ィ /          ̄}__} }:.〈ミくく
  | l  ■ ヨーロッパを中心として、食器やテーブルマナーの     Ⅵ { `トA.、  __/_/|イ 厂| |: :∧辷}
  | l    歴史を紹介するやる夫スレです。       o         Ⅵ 从|リr弌、 /| ,A4、/__/ /:.r' | | |
  | l                                \         Ⅵ | .{てY∨ レイてr小 ヒ忞イ   |_|_|
  | l  ■ 前作『やる夫で学ぶヴィクトリア朝イギリスの   .\        | ト 辷ノ    辷.ソ|. Y¨´.|:  |
  | l    立ち食い飯屋』の設定・キャラを継承しています。 .`(二`Yヽ.   | ト、xx  ∩  xx イ | ̄ |:  |
  | l                                     {   仏ノ\ノ | ,>-rァャ‐ <{_| |  .|:  |
  | l  ■ 雑談歓迎です。 ネタバレ・ネタ潰し等も          .l`ー' / : :く{ト、.≧、`ーO=ニ ̄〈:::::::\ |:  |
  | l    気になさらなくてOKです。                 .|   / : : : : : }:=ニ>/l\__ヽ7::::::::::::::\.. |
  | l                                   ト、/.: : : : :∠イ_>‐' |:| (二>、_::::::::::::',
  | l                                    .ー――─―匕/´./ |:| (   ヽ::::`ヽ:::::',
  | l                                           / . .::/  |:| !{    /::::::::::::::丿
  | l                                         / . ::/___」L_」 `マニ/:::::::::::;rく\
  | l                                        ./.::::::/:l;;;;;;;;;;;;;;;;;| lー七:彳 廴_`ー――- 、
  | l                                  ___       / .:::::::i:::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;| l::::::::::::::',     ̄ ̄ ̄〉 〉
  | l                               f「 ̄1 | ̄ ̄! / .::::::::::i:::|;;;;;;;;;;;;;;;;;;| l:::::::::.:::::',.-――=彡/
  | l______________________j Lr┴―― / .::::::::::::i ::l ;;;;;;;;;;;;;;;; | l :::::::::::::ヒニ二≧=イ
  └─────────────────────ヘ_______〈 .::::::::::::::i:::└-ァ┬'¬-―::::::::ノ 辷辷三彡'
                                           `ー--、 :j:: 廴__,|7|   | ― ’  ´  //
                                                  ̄ .Fニ7 辷コラ       く く
                                                 ¨´   てソ





3 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/09/01(土) 10:15:54 ID:9HUHbqUs0

ヴィクトリアの人に新作キタコレ





8 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/09/01(土) 13:57:19 ID:eRRt2zfY0

これは期待





9 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/09/01(土) 15:43:01 ID:zBhqu7tU0

楽しみだね





「やる夫で学ぶ食卓の歴史 その1」の続きを読む »

投稿日 : 2012/09/02 | カテゴリ : 食器・テーブルマナー | コメント数 : 40
■やる夫で学ぶ食卓の歴史 その2
262 名前: ◆ePj4HRjxK. [] 投稿日:2012/09/09(日) 20:00:05 ID:RH7KHCw60

 《 ギリシア 紀元前5世紀ごろ 》






                                            _
                                            | | ロロ
                                            | |_   __ロロ   _
                                            | __|   |   |.  _| |_
                  _.,/|゙゙゙゙ミ工~~ ̄ ̄◎\             | |       ̄| |  l_   _l
                ._ノ'″  |@|  ̄''ー-、,,_牛  \          . |_|      | ̄ |.  く/|_|
              ,,ノ'″ _,,,r'''^''y、,,__     '''ー-、 \_                ̄ ̄
           _,ノ'″ _,,,ノ''|:::::|  |:::|  |-、、,,,__   `~~゙゙''''\_          《〉
         ._,ノ'″_,ノ''|;;;.|  |:::::|  |:::|  |:::::|  |::::| ̄|''ー--、,,|@}           。
       _ノ'″_,ノ'|;;;| .|;;;.|  |:::::|  |:::|  |:::::|  |::::|  |::::| |::::|゙゙゙||      \〉 ¦ :. ∥
    _,ノ'゙゙_,ノ'|;;;|  |;;;| .|;;;.|  |:::::|  |:::|  |:::::|  |::::|  |::::| |::::| ||       ̄\|  、从_/  ゚
   ノ'゙ ノ''|;;;| |;;;|  |;;;| .|;;;.|  |:::::|  |::::| .|:::::|  |::::|  |::::| |::::| ||         ∥:.⌒  .:⌒)、/  o
   ||;;;;|  |;;;| |;;;|  |;;;| .|;;;.|  |:::::|  |::::| .|:::::|  |::::|  |::::| |::::| ||        |! .:|!     .:⌒)∥
   ||;;;;|  |;;;| |;;;|  |;;;|___、┴-冖'''^| ̄^冖┴-┴--、、、..|;;;;|,,_|;;;;| ||      ∧ l!l .:∥从    : 从_
   ||;;;;|__,,|;;;|、-ー─''~~       |              ___工ニ>     〈  i!l| .:,|l⌒:.、_从   ::⌒)、
 ー-干二,,,,___ ---------------.|--───'''''''~~~~ ̄ ̄    \__.:,:.:.、、┴: l!l|  .:⌒≫―(⌒:.   ,;:从
         ゙゙゙̄^'─ー--、、__   .|           __,,,、--ー''゙゙゙ ̄.:,:.:.、、;:...:,:゙''  :.、、;:...:,:゙''  `´゙゙´゙゙゙´゙゙゙゙''`
                  ̄~~'ー--、、,,,_,,,、、-─''゙゙゙  .:,:.:.、、;:...:,:.:,:.:.、、@;:...:,:.:,:.:.、、;:...:,:.:,:.:.、、 ;:...:
                           ̄~~ー--、___.:,:.:.、、;: ...:,:.:,:.@:.、、;:...:,:.:,:,:.:.、、;:...:,:.:,:.:.、、;:...:,
  ̄~~ー--、__                         \.:,:.:.、、; :...:,: .:,:.:.、、;:...:..:,: .:,:.:.、、;:...:...:,:
 、;: ...:,、;: ...:, ̄ ̄\ .                      ̄ ̄\ .:,:.:.、、;:...:,:  .:,:.:.、、;:...:,:





「やる夫で学ぶ食卓の歴史 その2」の続きを読む »

投稿日 : 2012/09/10 | カテゴリ : 食器・テーブルマナー | コメント数 : 32
■やる夫で学ぶ食卓の歴史 その3
619 名前: ◆ePj4HRjxK. [] 投稿日:2012/09/16(日) 20:00:04 ID:8.y.7yBg0

《 イタリア 1世紀ごろ 》



               __,,.. -‐¬ニ三 ̄l__
           _,,.-‐=ニ´‐¬⌒´ ̄l    |、ハ
      __,,.イ´-‐'i"´ ! __,,..!-‐_ニ"l´ ̄┘! }Λ
      }ニイ´! __, -rァi´   ! l__| |    | ヽΛ
.   /レ' ,.イ丁  | ゙┘|  _|__,,,,...斗--ー‐j‐┴┴┐
   /ヲ1 l´ |└' _,,.l-‐''T二斗ェェァ7圷己己己己刊
.  ∨! |」レ‐'',.斗ァ'T圷下己f不己Τヲ<¨フ=ミ | |、
   }j/イ下匕f弌「ハ. l⌒l.l l´ ゙!.! !  | |   | | |ハ
   j.イn'゙ハ、Π.| 「゙|::||  |.| |   |.| |____」 |__|_|_|ハ______ ┌r‐--=....,,,__
   〈1「!:|'|::| |::| L..!└┘_二_j_`二] !_二二j_二二エニニニニ辷^┴‐┐lコ : : : ̄`>、
    |j」l‐'_¨ 三ェ七托己下己!下己'斤己己下二工二二下r┐ーー‐|: : Π┬i: n: :_:|
   必斥f斤Π i'゙`l l⌒l f⌒l」 l⌒゙l」 l´:::`l l.「:::`l | 「:::::`l|Ⅵ/⌒! Ⅵ┘Lj└' '='」|
.  'l|「lΠ|::| |::| | :::| |:::::| | : :|.| | :::::|.l |::::::::| |」::::: | | |::::::: || Ⅵ::::::| Ⅵ} l^lΠn┐!|
   jj」,!L!'=' '-'└‐'_'ニ´_二´i_`二].j_¨二´_l,,¨二工¨二¨T二二刀ー亠‐┐|_||_!_!_||
  幺赱赱赱赱云冗己子己l子己冗己己刀二.工二二工二二Ⅵ〔ニニニ}.ニ ニ゙ニ`!
  `「「ll^l´l l´゙l.l´`Ll⌒l f⌒l.i l⌒゙i l l´:::`l l.f⌒゙l l l/⌒',.」_/⌒l_||Ⅵl⌒l 〈!Π「!「!「|
  r比ll_」l:j | ::|.| :::| |:::::| | : :|.l | : ::| l |::::::::| |.|::::: | l |::::::: | | |::::: | || Ⅵ::: | |.|:j !j.lЦ!
   `¨¨`¬'ー'='ニ゙,,辷,j_辷_|」_!::::::| l |::::::::| |」::::: | l |::::::: | | |::::: | llーヘ二l一'¨¨ ̄
                         ̄´ ̄ ̄ ̄` ̄ ̄ ̄`ー‐'‐'‐'ー‐''´ ̄





「やる夫で学ぶ食卓の歴史 その3」の続きを読む »

投稿日 : 2012/09/17 | カテゴリ : 食器・テーブルマナー | コメント数 : 33
■やる夫で学ぶ食卓の歴史 即興おまけ やる夫で学ぶクトゥルフソング
961 名前: ◆ePj4HRjxK. [] 投稿日:2012/09/19(水) 01:12:31 ID:xs7giZrU0



               ____
    , ヘー‐- 、    /ヽ  / \
  -‐ノ .ヘー‐-ィ  /(●.)  (● )ヽ     唐突に即興おまけ!
 ''"//ヽー、  ノ ./:::⌒(__人__)⌒::::::ヽ
  //^\  ヾ-、.|    |r┬-|     |    ちなみに本編とは何の関係もないお!
,ノ   ヽ,_ ヽノヽ_)\   `ー'´    /
/    く^_,.イ `r‐'゙ ::::ヽー‐-..、  ,..-‐|、
\___,/|  !  ::::::l、:.:.:.:.:.ヽ /:.:.:.:.| \





962 名前: ◆ePj4HRjxK. [] 投稿日:2012/09/19(水) 01:13:41 ID:xs7giZrU0

       __    ♪                               ♪    ___
      イニニニ○ヽ                               .        /___ ヽ
     {ニ○ニニニニ}                             .    ____{___   }
     乂ニニニニ く             .  ハ_ ノ\ _.ハ           { 0 0 0 0 0 __} _ノ
       |ニニニニ ト、              。/  {l痴l}  ∧、           ̄ ̄ ̄冫、 ̄ヽ. |
       |ニト、ニニしヘ          ,(‘’ ) .オ≧=====≦ ・)  ゝ             /       :|
..   ♪  ..|ニしヘ ---ミ.ハ       /    ノ       ヽ  ( ‘’)、..         ′      :|
       |ニニl ̄ ̄ ̄l          ′ \ \ \  / // /イ ( ゚ ) \        |__      |   ♪
       |ニニ廴 -=彡        /( ゚ ) Vγ ⌒ヽ ∨ γ ⌒ヽ |   、  =‐- .  . ノ \   |
        ̄ ̄ .(u ノ      ノ    l{¦   }  ¦   }i|    ヽ≧=‐-   . / / .  ̄ ̄
            ( /      ァ′   !乂_ノ    乂_ノイ   ( 0)〃⌒   丿 /
           从从  ,   / (゚ )  父ー   r‐┐     彡′     {丿   /u./
           人 人    /     [l ロ ≧==. ¬j ==≦  (‘ )  八_ .′ /
             \ \ イ(’ )  [l 「¬」 ̄Llイ   r「L「|__[l ロ    :.___彡  -=彡ァ
               ゝ./   [lロ .」 _「l      *  」]  L  [l   ト--------=≦
              イ  / . _」 。 L「           [l  l」|_  [l  、 \
          .ィi〔   イ  rt」  [l       *     [lロL「|   \   、



         ____
        /⌒  ⌒\
      / (⌒) (⌒)\
     /  ::⌒(__人__)⌒::: \
     |       |::::::|   ,---、
     \       `ー'   しE |      やる夫で学ぶクトゥルフソング!
     /           l、E ノ
   /            | |
   (   丶- 、       ヽ_/
    `ー、_ノ





「やる夫で学ぶ食卓の歴史 即興おまけ やる夫で学ぶクトゥルフソング」の続きを読む »

投稿日 : 2012/09/20 | カテゴリ : 食器・テーブルマナー | コメント数 : 13
■やる夫で学ぶ食卓の歴史 その4
184 名前: ◆ePj4HRjxK. [] 投稿日:2012/09/23(日) 19:59:59 ID:lJOkwHK20

《 イギリス 6世紀ごろ 》


: : : : : : : : : : : : : : :_ :,.,.;::.:.;:'':':';:''":"´: :: : : : : :_,..:''""`..:.;:;:':::.:.. . .      ....:...:....:.';;..:.:'.';;:::.::
: : : : : : :_,.,.,;::;::.:::.:::;;:;:;:;:;':':':'"´: : : : : : : : : : : :..,;,:.:゙'"..:.:'.';;:.:;. :..      . . . ....:...:..:::.::;:;:;;';':':'
: :_,.,.,;::;::.:::.:::;;:;:;:;:;':':':'"´: : : : : : : : : : : : :..,;,:.:゙'"..:.:'.';;:.:;. :..      . . . ....:...:..:::.::;:;:;;';':':':'"´
"..:.:::;:;:::;';':::':'"´ : . : : . : : . : : . : : . : :...:.:'"..:.:;;:;.:. ..,._'     ....:...:...:.:.:::.:::.:::;:;:;':':':'"´: :.._;_:,.; ._,:..
:'''´: : . : : : . : : . : : . : : . : : . : : .''""゙゙´_,.,.::;;;' : : .: : . :..:.:.:..::.::::::;;:;:;';:':':':'" : .__,.,;:"''':;';:::: .:::;'": : .
. : : . : : . : : . : : . : : . : : . : : . : :_.:_ _;::': . : :.  ....::.:::;;;:';':'':'"´: : `_,.,...::.':'"...:.:::;;:;:;';:;':';;:''"´.. : : .. :
. . . . . . . . . . . . . .__,.,:::;':;';'"` .. . ..:.:.:;:;;':':'"´ .  _.,..:''"、:.:::.:::;;:;:;';';':''':'"´. : . : . : . : . ::
 . . . . . . . . ._..,...;'"´...:.:.:::.:::;;:;:';':':':'"´. . . . .,.,.;'::':"".`""''''"´ . . . . . . : : . :
. . . . .    _,;::."'..:.:.:::.:::;;:;:;:;';::':':'"´ `´        . . . . . . . . . . . . . . . .. . . . ,.,:::
     ._,. :.':"...:.:::;:;';':':::':'"´                         ,, ,.,.;,;::::,:::::;''" ..:.::;':;
  _.....:;;:;:;::';::':':'"´                        .,_.,::;:':''"゙"゙゙'..:::::.::;::;:::;:::;:;';';:::';'::'''"
 ` ´ ...:.,.._                        .., . . .,;:;':"...:::::.;:;:';'"'''` .;:;'、;':'":'"  . .
,.,:'".,:::;:':;'' .                . .,.,.;'::':"".`""''''"´ . . . . . . : : . :
';'::'''"                              ;、.x,,;..v、     , -─'゙7´ ̄ ̄ハ─r‐
    、v,..v、                     :w爻爻爻彡v、./ /.:: .::./....::/ ,::'.ソ;:::
─'ー;;ミ゙'爻爻ミ;..─'ー ッ淼k ー─---xw‐ーー;、x,v、;爻ミミ爻炎彡ミx;: -─: ッ淼w ー ywv、‐ー
゙':;ゞ;爻彡炎炎;ゞ;∠二ヽ,....:;~'' ,;: ; :; ::..::::y爻爻ミ゙'爻ゞ炎炎彡ミメ゙';ヾ: ;:; ';: ;:; 'ヾ淡炎ミミx:;'
'' ;~ ;^::;”v:";y;''゚  ; ::;y  ; ::; : ;:; '',;: ;:; ;~''^"''^”v:";v ; ::; : ;:; ;~ ;y ::; : ;:; 'ミ゙': ;: ',;:; ;~'',;'':; ;
";: ;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :; :  :: :; : ;:; ;~'',;' ' : ;:; ;~ ; ::; ;~'',;''  ; : ; ::; :;~'',;:; ,”v:": ;:; ';v:'';'' ;~'',;'
:  ;:; ;~ ;  :; ;~ ',;''   ; : ; ::  :; ~'' ,;: ; : ;: ;  : ;:; ; ~'',;'   ;:;   '゚ ":;;;: :  ;  : ;:
:;   . ;: ; ; '', ;' ' .;~' ', ;'  '゚ ".  .  ;;  :  ;   : ; : ;:   . ; :; ;~ ;  :; ;~  ',
 :  ; .'  :   ; .     ;  .  ; ' :  '  ;~  ',  . .  . '  :   '',  ; ' '  ;  '





186 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/09/23(日) 20:01:46 ID:3./26KZk0

あら、ちょうど暗黒時代じゃないの





「やる夫で学ぶ食卓の歴史 その4」の続きを読む »

投稿日 : 2012/09/25 | カテゴリ : 食器・テーブルマナー | コメント数 : 86
■やる夫で学ぶ食卓の歴史 その5
890 名前: ◆ePj4HRjxK. [] 投稿日:2012/09/30(日) 20:00:02 ID:zyLYcCbg0

 《 イタリア 11世紀ごろ 》








                _「_l_  i┐ .         l二二l           _「_l_  i┐
                 ,、 ― 、「`'l‐「l、      l ロ l  「 l┐    .,、 ― 、「`l- _
               ,r''   _.   `ヽ`r--‐---‐---‐---‐-,r''   _.   `ヽ ⊥_
                l'  イロヽ   l l rヽ rヽ rヽ rヽ rヽ rヽ rヽl'  イロヽ   l  l ヽ
            く================================,>、_l_l
         _    l~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l!゙~ ̄ ̄ ̄^゙ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄ ̄~ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~!`'‐ニl
       ┌‐i'''‐┐  |,llエll llエll llエll l!llエll llエll llエlli illエlli llエll llエll llエll| llエll llエll llエll,|┌‐i‐┐_
_,,__,,-''´ ̄ ̄ヽ `''‐ 、|.llエll llエll llエll l!llエll llエll llエlli illエlli llエll llエll llエll| llエll llエll ll ,,-''´ ̄ ̄\ 、_,,_,_
 ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄~| ̄ ̄l!l ̄l.ィ-、l ̄l l!l ̄l l ̄l l ̄liィ全.、 l ̄l l ̄l l ̄l| l ̄l.ィ-、l | ̄ ̄ ̄ ̄~|li| ̄ ̄ ̄
 「_l ,!「_l 「_l 「_l|「l「l「ll!llエll llエll llエll l!llエll llエll llエlli.l!;;;;;il llエll llエll llエll| llエll llエll l |「_l 「_l 「_l,|il| 「_l 「_l
―ー‐!======== |====l!llエll llエll llエll l!llエll llエll llエlli.l!;;;;;il llエll llエll llエll| llエll llエll l |=========!.l|――ー‐
 「_l ,!「_l 「_l 「_l|「l「l「ll!l二l_l二l_l二l l!l二l_l二l_l二liィ= =、.l二l_l二l_l二l| l二l_l二l_l_|「_l 「_l 「_l,|li| 「_l 「_l
   l       |    l!rー、rー、 rー、l!rー、rー、rー、.|rー、|l,rー、rー、rー、| rー、rー、 r.|       |l;ィヘ.
 「_l ,!「_l 「_l 「_l|「l「l「ll!l;;;;;l l;;;;;l l;;;ィ'ヘ.!;;;;l l;;;;;l l;;;;;|.|l;;;;;l|l,l;;;;;l l;;;;;l l;;;;;l| l;;;;;l l;;;;;l l,ィヘ.l .「_l,ィヘ_l,|く;;.ミス ,「_l
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄「「 ̄ ̄ ̄ ̄ く,;;ミス ̄ ̄ ̄ ̄/三三'i ̄ ̄ィ ‐、 ̄r´;;ヽ ̄ ̄,く;,;ミス ̄く;;.ミス ̄ll!´ ̄ ̄
――r´;;ヘ ‐、´;;`r´;;ヽ'―‐ ""ィ‐、―,li!´―r´;;ヽ―'―r´;;ヽ' ~;;ヽ ;;;;ミl‐'  '''''`――ーli!´――li!´―――





891 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/09/30(日) 20:00:40 ID:wLQG3o7M0

イタリアか、飯は美味そうだな





「やる夫で学ぶ食卓の歴史 その5」の続きを読む »

投稿日 : 2012/10/01 | カテゴリ : 食器・テーブルマナー | コメント数 : 48
■やる夫で学ぶ食卓の歴史 魔宴
321 名前: ◆ePj4HRjxK. [] 投稿日:2012/09/30(日) 22:31:54 ID:zyLYcCbg0

             __
¨ `^"ヽ     __ノ:::::::::::::`ヽ
     ._`^┐ i::::::::::::::::::::::::::`ヽ
`ー,      〉f:::::::::::::::::::::::::::::::::キ
  `‐'´`'、y' > ´ ̄ ̄ `ヽ::::::::}
    u / / / /     、 ヾ::ハ       ところで、真紅さんの酒好き設定は
     / .i /! \.!  ./ /ヽ キ:::i
 u  /-、 ゝj _ ゝノ __ 从./:::::ト.、     どこから来たのでしょうか?
   /::::::i. /::::::::   ::::::::: Y ゝ:/;;;/一
\_./:::::::::ヾヘ. 「 ̄ ̄¨i7! .i  /;;;/:::r'′    >>1はこのAAを見た瞬間に採用を決めましたが
  l::::::::::::::::ヾ\     | / /薔}く´
  人:::::::::::::i:::>;;;≧ ___ノ /ムー一 |
 ノ  ヽ:_:::::l!f;;;;;;;;/---く;;;;;;;;;/.!  _j      実際、>>1の知るイギリス人は
 レ'´  /::::ヾ;;;;;;;} i薇i {;;;;;7/‐一{  `i
    /:::::::::::ゞ-'7¨¨「ヾ;/':::::::::::::`:ソ     酒が強い人ばかりということもありますけれどもw
   ./::::::::::::::::::∨::::::::∨:i:::::::::::::: イ
.   .'::::::::::::::::::::::::::::::::::::/` ̄i ̄ :!
   i:::::::::::::::::::::::::::::: ̄ス、   |  |
   |::::::::::::::::::::::ミ 、::::::::::: \ .|  |
   |::::::::::::::::::::::::::゙ 、:::::::::::::: \  |





「やる夫で学ぶ食卓の歴史 魔宴」の続きを読む »

投稿日 : 2012/10/09 | カテゴリ : 食器・テーブルマナー | コメント数 : 53
プロフィール

管理人 : 「ピチカー党員No.11」こと金ニダリスト

       ___
      |それ金|
    z'| ── 、
    / ハ ヘ u ヽ
  人/ノヽ ミ=‐...|_     生活の中心が株になっとる
    }≦ u 爻r.j. |彡}
  (  u  リ У{三≧
   ` ー─t r三勿 {气}
      厂 ̄(三)  `气


◆カウンター(ユニーク)    ◆カウンター(トータル)
       


全記事一覧

RSS

管理モード
ツイート
最新コメント
最新記事
まとめ記事
【歴史系】
【物語系】
【ゲーム系】
【学ぶ系】
連絡先はこちら

苦情・相談などありましたら、
下記のメールフォームにてご連絡ください。
(ファイル添付可能)

連絡用メールフォーム

貰い物紹介

TOP画像募集中

  

ダンジョンマスター作者様からいただいた逸品。
カナ、マジプリティ!



  

  

帽子屋HeII0様からの贈り物、しかも二枚!
各作品に対する愛情が伝わってきます。
帽子屋HeII0様のブログ - 「-simulacra-」

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
© それにつけても金のほしさよ All rights reserved.
まとめ