■タグ「ローマ史」関連の記事一覧
■ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです まとめ
.


                 ハンニバル!  ハンニバル!  雷光の若き獅子よ!  アルプスを越えし将軍よ!

                     ローマを続けざまに四度叩き伏せし将軍よ!  我らがアフリカの星よ!


                   ,-~´`、_
                   )    `~`ヽ__    /                      、-‐フ
                   /          `´~´                _      |  ヽ,ワ
                   )                     ,-~、_   __ノ `ゝ、   ヽ,  ヾ
                 /                     |  ___´      |     ~|,  ´ヾ
                                      ,ノ./     \    ヽ_    |,    ~ド-、_
                                  _、~‐´/   \ , , /\     ヽ   ~ヽ--ッ    ~ヽッ
                                ノ    /   (ー)  (●) \     ヽ,-、    ´‐、_,   |        ,,,、-
                                (    |       (__人__)   |       ヽ-、     ヽ-、 (      Γ、ツ
                 ~、           ,~`    \      ` ⌒ ´  ,/         `‐、 /, ~`-´ \    `ヽ_
                   |_   _    、-__|        /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ        ヽ __)     ´-,    "~、
                    `‐´~´  `~-´          |  ,___゙___、rヾイソ⊃   _ _  _, ノノ       ´_~~ッ _ ト
                  / ̄し,_        ,~-__~|            `l ̄_    (_, `‐´ ( `´         (  、_)
                        ` ´し,,,-~´~~       |          |   )    ヽ-、  )           (_、 、ヾ
                                                  ~                      ~ ~

             ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです (完結)




「ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです まとめ」の続きを読む »

投稿日 : 2009/10/12 | カテゴリ : ハンニバル | コメント数 : 0
■ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 第一章 ハンニバル・やる夫・バルカス
1 名前:1 ◆LG07qCBrq2[sage] 投稿日:2008/09/20(土) 15:54:48.62 ID:iGs+/S/90

<とざい とーざい これに口上を勤めまするは賢狼ホロなる者にて候 とざい とーざい…

            !ヽ, __ ,/{
            !,ゞ´   ヾ    画像も貼らずにスレ立てしんす
            ! !l iリノハリリ    これなるスレで語りしは 今は昔 海の向こうのヒスパニア
           ノ リ |゚ ワ゚ノ!|    野心に燃えたひとりの若者の生涯でありんす~
          (´( と「_l y l_」つ=     __
        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\    |賢|
      /           旦 \  .|狼|
     │二二二二二二二二二二 │ .|ホ|
      │■ ■ ■ ■ ■ ■ │  .|ロ|
      │■ ■ ■ ■ ■ ■ │    ┬
      ======================   ===





2 名前:1 ◆LG07qCBrq2[sage] 投稿日:2008/09/20(土) 15:55:19.40 ID:iGs+/S/90

           !ヽ, __ ,/{
           !,ゞ´   ヾ  演じまするは 無芸大食ν速でやる夫
           ! !l iリノハリリ  さあお集まりの皆様 お楽しみあれ~
          ノ リ |゚ ワ゚ノ!|
         (´( と「_l y l_」つ=       __
        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\    |賢|
      /           旦 \  .|狼|
     │二二二二二二二二二二 │ .|ホ|
      │■ ■ ■ ■ ■ ■ │  .|ロ|
      │■ ■ ■ ■ ■ ■ │    ┬
      ======================   ===
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   \皆様って…       /
     \過疎ってんぞー!/
       ∩,,∩
      (,,    )





4 名前:1 ◆LG07qCBrq2[sage] 投稿日:2008/09/20(土) 15:56:42.03 ID:iGs+/S/90

           !ヽ, __ ,/{
           !,ゞ´   ヾ  …
           ! !l iリノハリリ
          ノ リ |゚ ワ゚ノ!|
         (´( と「_l y l_」つ=       __
        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\    |賢|
      /           旦 \  .|狼|
     │二二二二二二二二二二 │ .|ホ|
      │■ ■ ■ ■ ■ ■ │  .|ロ|
      │■ ■ ■ ■ ■ ■ │    ┬
      ======================   ===
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

           …
       ∩,,∩
      (,,    )





5 名前:1 ◆LG07qCBrq2[sage] 投稿日:2008/09/20(土) 15:58:39.84 ID:iGs+/S/90

           !ヽ, __ ,/{
           !,ゞ´   ヾ
           ! !l iリノハリリ
          ノ リ |゚ Д゚ノ!|
         (´( と「_l y l_」  パーン!    __
        / ̄ ̄ ̄ ̄∪彡 ̄\    |賢|
      /      つ∥て 旦 \  .|狼|
     │二二二二二二二二二二 │ .|ホ|
      │■ ■ ■ ■ ■ ■ │  .|ロ|
      │■ ■ ■ ■ ■ ■ │    ┬
      ======================   ===

          て
       ∩,,∩ て
      (,,   u ) ビクッ





6 名前:1 ◆LG07qCBrq2[sage] 投稿日:2008/09/20(土) 15:59:33.41 ID:iGs+/S/90

           !ヽ, __ ,/{
           !,ゞ´   ヾ  いつもの事じゃ気にしな~い
           ! !l iリノハリリ  基本マターリsage進行
          ノ リ |゚ ワ゚ノ!|  歴史ヲタのひとり語り はじまりはじまり~でありんす
         (´( と「_l y l_」つ=       __
        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\    |賢|
      /           旦 \  .|狼|
     │二二二二二二二二二二 │ .|ホ|
      │■ ■ ■ ■ ■ ■ │  .|ロ|
      │■ ■ ■ ■ ■ ■ │    ┬
      ======================   ===


       ∩,,∩
      (,,   u ) ドキドキドキ…





7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/09/20(土) 16:00:17.41 ID:lx9Gmrly0

よっ 待ってました!!


>>7
粋なご支援ありがとうございますw





8 名前:1 ◆LG07qCBrq2[sage] 投稿日:2008/09/20(土) 16:00:32.08 ID:iGs+/S/90

[第一章]ハンニバル・やる夫・バルカス

紀元前221年 現在のスペイン
カルタゴの植民都市・カルタゴノヴァ(現カルタヘーナ)

          ____
        /      \   クセノフォンの見解に対してプラトンのそれは…>
.      /        \
    /     ─    ─ \
     |      (―)  (―)  |
    \     (__人__)  ,/ zzzzZZZZ乙乙
    ノ      `u⌒´   \
  /´               ヽ
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))





「ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 第一章 ハンニバル・やる夫・バルカス」の続きを読む »

投稿日 : 2009/10/12 | カテゴリ : ハンニバル | コメント数 : 3
■ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 第二章 将軍やる夫の誕生
148 名前:1 ◆LG07qCBrq2[sage] 投稿日:2008/09/20(土) 21:52:24.71 ID:iGs+/S/90

<とざい とーざい

           !ヽ, __ ,/{  さあさ皆様お立ち会い
           !,ゞ´   ヾ  平和な暮らしもいつかは終わる されど終わりがこれほど早いとは
           ! !l iリノハリリ  当主を失ったバルカス一門 背負わにゃならぬ立ちゆかぬ
          ノ リ |゚ ワ゚ノ!|  駄眠の末のハンニバル・やる夫 ここが男の見せ所でござんす~
         (´( と「_l y l_」つ=       __
        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\    |賢|
      /           旦 \  .|狼|
     │二二二二二二二二二二 │ .|ホ|
      │■ ■ ■ ■ ■ ■ │  .|ロ|
      │■ ■ ■ ■ ■ ■ │    ┬
      ======================   ===





151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/20(土) 21:55:12.54 ID:UcdZCOOi0

\よ! 待ってました!/





150 名前:1 ◆LG07qCBrq2[sage] 投稿日:2008/09/20(土) 21:54:53.49 ID:iGs+/S/90

[第二章]将軍やる夫の誕生

―――カルタゴノヴァ
先日暗殺された将軍・ハシュドゥルバルの葬儀が行われていた

           ____
         /      \        義兄上!義兄上!!
    o ○ o´  _ノ  ヽ、_ `o ○ o    惜しい人を亡くしたってレベルの話じゃないお!
   。゚   / o゚/⌒)  ((<))゚o\   ゚ 。  スペインは大きな柱を失ったも同然
      | 0 / /(__人__)'  0 |     このままでは崩れ落ちてしまうお…
      \ / /  `― '     /




            ____
         / \  /\  この上はこのやる夫
.        o゚((●)) ((●))゚o 義兄上のやり遂げられなかったスペインの安定化を
      /   ⌒(__人__)⌒ \ 果たしてご覧に入れるお!
      |              |
       \            /
      ノ            \
    /´               ヽ
   |    l              \
   ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
    ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))





「ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 第二章 将軍やる夫の誕生」の続きを読む »

投稿日 : 2009/10/12 | カテゴリ : ハンニバル | コメント数 : 0
■ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 第三章 サグントゥム
415 名前:1 ◆LG07qCBrq2[sage] 投稿日:2008/09/21(日) 17:48:04.35 ID:J1zwt7LR0

<とざい とーざい

           !ヽ, __ ,/{   三度目の逢瀬にございまする~
           !,ゞ´   ヾ  反復常なき蛮人を 討ちも討ったり10万人
           ! !l iリノハリリ  次なる制覇の目的地 聞いて驚けサグントゥム
          ノ リ |゚ ワ゚ノ!|  背後にいるのは憎きローマ やる夫の明日はいかがなりや~
         (´( と「_l y l_」つ=       __
        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\    |賢|
      /           旦 \  .|狼|
     │二二二二二二二二二二 │ .|ホ|
      │■ ■ ■ ■ ■ ■ │  .|ロ|
      │■ ■ ■ ■ ■ ■ │    ┬
      ======================   ===





416 名前:1 ◆LG07qCBrq2[sage] 投稿日:2008/09/21(日) 17:52:35.01 ID:J1zwt7LR0

[第三章]サグントゥム

         ____
       /      \
      /  ─    ─\ さ~て
    /    (●)  (●) \ 今日も楽しいお勉強の時間だおーっと
    |       (__人__)    | さっさと済ませて蒼星石とお茶でもするお
     \      ` ⌒´   /
    ノ           \
  /´               ヽ
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))




   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー) …
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \





「ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 第三章 サグントゥム」の続きを読む »

投稿日 : 2009/10/12 | カテゴリ : ハンニバル | コメント数 : 1
■ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 第四章 エブロを越えて
33 名前:1 ◆LG07qCBrq2[sage] 投稿日:2008/09/26(金) 22:17:06.44 ID:Stdg6BYo

<とざい とーざい

                 四度目のお目見えとあいなりんす 皆様方にはご機嫌麗しう
           !ヽ, __ ,/{  さてさて攻めて陥としてサグントゥム
           !,ゞ´   ヾ  さりとてやる夫が向こうに見るものは 親の代より憎みたる
           ! !l iリノハリリ  イタリアの覇者ローマでありんした
          ノ リ |゚ ワ゚ノ!|  相手は海のその向こう やる夫の戦は攻めか守りか とくとご覧じろ~
         (´( と「_l y l_」つ=       __
        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\    |賢|
      /           旦 \  .|狼|
     │二二二二二二二二二二 │ .|ホ|
      │■ ■ ■ ■ ■ ■ │  .|ロ|
      │■ ■ ■ ■ ■ ■ │    ┬
      ======================   ===





35 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[] 投稿日:2008/09/26(金) 22:17:54.10 ID:6/AuLDo0

キタ━━━━ヽ(゜∇。)ノ━━━━ !!!!!





34 名前:1 ◆LG07qCBrq2[sage] 投稿日:2008/09/26(金) 22:17:29.05 ID:Stdg6BYo

[第四章]エブロを越えて

  、ヽ l / ,
 =     =
ニ= や ・ -=
ニ= .る ・ =ニ
ニ= 夫 ・ -=
ニ=   夫 =ニ
  ´r     ヽ
  ´/小ヽ`

        ___
       /⌒ ⌒\ は~い
     / (⌒ ⌒) \ なんですお?
     (    (_人_)   )
     ノ/) ))  ̄    /) ))
    (_つ ))   _ つ ))





「ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 第四章 エブロを越えて」の続きを読む »

投稿日 : 2009/10/12 | カテゴリ : ハンニバル | コメント数 : 0
■ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 第五章 天山
326 名前:1 ◆LG07qCBrq2[saga] 投稿日:2008/10/11(土) 15:51:39.13 ID:3Q5uC7ko

<とざい とーざい

           !ヽ, __ ,/{    ふるさと離れ幾百里 エブロの流れを越え征きて
           !,ゞ´   ヾ    目指すは遥か伊太利亜羅馬 行く手を遮る重装歩兵
           ! !l iリノハリリ    草生す骸か勝者の玉座か やる夫の明日はいずこにありや~
          ノ リ |゚ ワ゚ノ!|
         (´( と「_l y l_」つ=       __
        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\    |賢|
      /           旦 \  .|狼|
     │二二二二二二二二二二 │ .|ホ|
      │■ ■ ■ ■ ■ ■ │  .|ロ|
      │■ ■ ■ ■ ■ ■ │    ┬
      ======================   ===





328 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2008/10/11(土) 15:52:54.58 ID:RfekqUEo

お? はじまた、はじまた!





327 名前:1 ◆LG07qCBrq2[saga] 投稿日:2008/10/11(土) 15:52:20.64 ID:3Q5uC7ko

[第五章]天山

―――カルタゴノヴァを10万を超える大軍で発したやる夫だったが
     エブロ河を渡った所で河の北部の守りに1万余を残し
     更に遠征を渋ったスペイン兵を故郷に帰したため歩兵5万・騎兵9千と大幅に減少していた

     _____
   /::.:::::::::::::::::::::::::::ヽ
    |.::::::::γ⌒^Y⌒ヽ::.|
    |:::::::::ゝ _ノ  ヽ、_ .|
   |::::::( ((●) (●)) |   よろしいのですか?
   (@  ::::⌒(__人__)⌒)   カルタゴノヴァを出た時の半数になってしまいましたが…
    |     |r┬-|  |
    \      `ー'´ /




          ____
        /_ノ  ヽ、_\
 ミ ミ ミ  o゚((●)) ((●))゚o      ミ ミ ミ  いいに決まってるお!
/⌒)⌒)⌒. ::::::⌒(__人__)⌒:::\    /⌒)⌒)⌒) 無駄飯喰らいはちゃっちゃと帰すに限るお
| / / /     |r┬-|    | (⌒)/ / / //  こちとらスペインを離れて慢性的に補給が苦しいんだお
| :::::::::::(⌒)    | |  |   /  ゝ  :::::::::::/   それにこれを恩義に感じてくれれば
|     ノ     | |  |   \  /  )  /   スペイン防衛も楽になるお
ヽ    /     `ー'´      ヽ /    /
 |    |   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒)) 


そして、やる夫は更にピレネーを越えてガリア(現在のフランス)まで足を踏み入れた





「ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 第五章 天山」の続きを読む »

投稿日 : 2009/10/12 | カテゴリ : ハンニバル | コメント数 : 0
■ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 第六章 殲滅
535 名前:1 ◆LG07qCBrq2[saga] 投稿日:2008/10/11(土) 20:27:32.77 ID:3Q5uC7ko

<とざい とーざい

                 高きアルプス踏み越えて 降り立つやる夫ハンニバル
           !ヽ, __ ,/{  その目に映る平原の 彼方に見ゆる軍団は
           !,ゞ´   ヾ  世に名の響くローマ軍 剣先揃えて進み征く
           ! !l iリノハリリ   守るも攻めるも敵地とて いかなる術にて対するか
          ノ リ |゚ ワ゚ノ!|   とくとお手並みご覧じろ~
         (´( と「_l y l_」つ=       __
        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\    |賢|
      /           旦 \  .|狼|
     │二二二二二二二二二二 │ .|ホ|
      │■ ■ ■ ■ ■ ■ │  .|ロ|
      │■ ■ ■ ■ ■ ■ │    ┬
      ======================   ===





540 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2008/10/11(土) 20:31:44.27 ID:/JnESzoo

再開きたきた。





536 名前:1 ◆LG07qCBrq2[saga] 投稿日:2008/10/11(土) 20:29:06.70 ID:3Q5uC7ko

[第六章]殲滅

紀元前218年12月
北イタリアを流れるポー川の支流の一つトレビア川を挟み
ローマ軍とカルタゴ軍はにらみ合っていた


             _,,_、,,
         ,, -ー''゙"    ` ..、
       /::::::::::::        ヽ
       /::::::::::::::::         ヽ
     /::::::/::::   人:::::::..     |  カルタゴの若造ごとき…ひとひねりにしてくれようぞ!
      |/ノ ノ  _,-'_,,-ヽ::::::::..    |
     ('ヽ' _-┬'_tl.   ー_ゥ, ヽ、::::   |  (そうなればスキピオの名門貴族然とした
    _,-l-'( i  |  ノ,,       i::::  |   あの面もさぞかし悔しさに歪むに違いない…フフッ)
  ._,i' し i | |  、       /::   |
 /_ノヽ'    | ヘ   =一'  ノノノ   ゝ
   l /   ,| ) ヽ ^   ./ 'ヽ_/
    ヽ   /  `ー` -__''__|_'
   _|__l_   ,「=|||,-''ヲ ノ7|
   |l_)v(  l|_,,.|_-|||ニ'__,,..:::::|..,,,___ _,,
   /;;;;;;;;;;;;;;;;|_ (-ヘ ,-――-,   __フ;;;;(((ヘ
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|ニ ヽ;;| |;;;;;;;;;;;;;;/   ニフ;;;;;;;|_L| | |ヽ


ローマ軍は執政官ふたりが指揮する場合一日交替で指揮を執るのが通例だが
スキピオは重症を負っているためロングスひとりが指揮を執る状態となっていた





「ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 第六章 殲滅」の続きを読む »

投稿日 : 2009/10/12 | カテゴリ : ハンニバル | コメント数 : 0
■ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 第七章 のろまのファビウス
765 名前:1 ◆LG07qCBrq2[saga] 投稿日:2008/10/14(火) 21:41:40.02 ID:LqMvGqMo

<とざい とーざい

           !ヽ, __ ,/{  此処で会ったが七度目にござりんす
           !,ゞ´   ヾ  囲んで挟んで追い落として 勝ちも勝ったりイタリアで
           ! !l iリノハリリ  無敵の進撃阻むのは 老練手練の独裁官
          ノ リ |゚ ワ゚ノ!|  いかなる策を弄するか やる夫はいかに対するか~
         (´( と「_l y l_」つ=       __
        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\    |賢|
      /           旦 \  .|狼|
     │二二二二二二二二二二 │ .|ホ|
      │■ ■ ■ ■ ■ ■ │  .|ロ|
      │■ ■ ■ ■ ■ ■ │    ┬
      ======================   ===





767 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2008/10/14(火) 21:43:24.99 ID:ANIvOLoo

ぱちぱちぱちぱち





770 名前:1 ◆LG07qCBrq2[saga] 投稿日:2008/10/14(火) 21:44:07.22 ID:LqMvGqMo

【これまでのあらすじ】

気が付いたら アルプス越えて侵入
迎え撃つけど 返り討ちに遭う

あきらめずに 挟み撃ちして追撃するけど
待ち伏せされて全滅

国家動員かければ 楽に5~6万は集まるけど
何回戦っても 何回戦っても ハンニバルが倒せないよ

あの象隊何回やっても止めれない
後ろに回って石を投げても 騎兵に襲われ混乱
剣先揃えて突撃したけど ガリア兵しか倒せない
だから次は絶対勝つために 僕はファビウスだけは最後まで取っておく





773 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2008/10/14(火) 21:45:43.06 ID:47WivAYo

エアーマン乙





772 名前:1 ◆LG07qCBrq2[saga] 投稿日:2008/10/14(火) 21:45:18.82 ID:LqMvGqMo

[第七章]のろまのファビウス

紀元前218年秋 スペイン カルタゴノヴァ

   /  .:.:.:y'´ /. : : :,. '"´   ,  . : .:.: :.:.`ヽ、:\
  ./ .:.:.:./  /. : :/     ,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.ヽ:\
  l .:.:/    |: :./     ,.ィ.:.:.,:::ハ::::、ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ::.:.ヽ:ヽ ローマ軍が?
,,r'" `ヾ     |:./   ,.イ::::|:::ノ:ノハ::ト、ト、:::::::.:.:.:.:.:.',:::::::l:::|
ミ   ミ     l/   /.:.:l.:.:テナナ-|::|ゝヽ\:z:士l:::i:::::::l:::!
. ゞ==''゙    〈   /.:.:.:.|::::kヾ:〒テl/    ,rゥzV::::|:::::/:::!
            1 /.:.l.:.:.:|:::::V弋辷ソ    込シ !:::|::/ l/
          V.:.:.:l:.:.:.:ヽ::::ト、      ′   ,ハ::|'′
              ',:::::l.:.:.:.::::::::ト:!    r'⌒)   /::|',:|
              ',::::ト、::::::::::::l    `ー ' ,. イ:::::| '′
            V  `Vハ:::l   > --く::::∧::::|
                   Vヾ| _∠ ̄``ーrry='‐ュ、
             _,.〃⌒只厂`ヽヽ  ,fj(.:.:.:.:.:.:.ヽ
             ノfj:く,.ィイ介:ト、 _ノ:ノ ,fj(::::::::::.:.:.:.:.',
           /.)fj`ー//i:| `¨´ ,fj(: :::::::::::::.:.:.:.ト、




              ____
            /     \
          /        \  はい
         /   \    /  \ エブロ河北岸に兄上が残した守備隊を破り
          |    (●)   (●)  | このスペインを狙っているようです
        \      ´     /
        /     ⌒     \





「ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 第七章 のろまのファビウス」の続きを読む »

投稿日 : 2009/10/12 | カテゴリ : ハンニバル | コメント数 : 3
■ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 第八章 カンネー
25 名前:1 ◆LG07qCBrq2[saga] 投稿日:2008/10/17(金) 19:05:53.57 ID:lPGM7L2o

<とざい とーざい

                 六七(ろくな)もんじゃあござんせん 八度のお目見えにござりんす
           !ヽ, __ ,/{  襲って奪って小馬鹿にして 好き放題のやる夫軍
           !,ゞ´   ヾ  怒りに燃えるローマ軍 揃いも揃えた八万人
           ! !l iリノハリリ  ところ南伊はプーリアで いざ戦いの時ぞ来たる
          ノ リ |゚ ワ゚ノ!|  世に名高きカンネーの戦い とくとご覧じろ~
         (´( と「_l y l_」つ=       __
        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\    |賢|
      /           旦 \  .|狼|
     │二二二二二二二二二二 │ .|ホ|
      │■ ■ ■ ■ ■ ■ │  .|ロ|
      │■ ■ ■ ■ ■ ■ │    ┬
      ======================   ===





27 名前:1 ◆LG07qCBrq2[saga] 投稿日:2008/10/17(金) 19:07:08.18 ID:lPGM7L2o

            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ●)(●)
          |     (__人__)
             |     ` ⌒´ノ   冬営中に打ち込んだものは?
              |         }
              ヽ        }
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::




       ____
    /      \
   /  ─    ─\
 /    (ー) (●) \    捕虜です
 |       (__人__)    |
 \     ` ⌒´   /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||





28 名前:1 ◆LG07qCBrq2[saga] 投稿日:2008/10/17(金) 19:08:13.95 ID:lPGM7L2o

            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ●)(●)
          |     (__人__)
             |     ` ⌒´ノ   …は?
              |         }
              ヽ        }
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::




       ____
    /      \
   /  ─    ─\
 /    (ー) (●) \    ですから捕虜に撃ち込んでました
 |       (__人__)    |
 \     ` ⌒´   /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||





29 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2008/10/17(金) 19:08:14.90 ID:UM3zG/2o

大将、何してんすかww





30 名前:1 ◆LG07qCBrq2[saga] 投稿日:2008/10/17(金) 19:09:12.23 ID:lPGM7L2o

            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ●)(●)
          |     (__人__)
             |     ` ⌒´ノ   どこのトルケルだよ…
              |         }
              ヽ        }
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::




       ____
    /      \
   /  ─    ─\
 /    (ー) (●) \   自分ではアシェラッドタイプだと思っていたんですが
 |       (__人__)    |
 \     ` ⌒´   /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||





34 名前:1 ◆LG07qCBrq2[saga] 投稿日:2008/10/17(金) 19:11:39.22 ID:lPGM7L2o

[第八章]カンネー(前編)

―――年は変わって紀元前216年になっていた
     この冬をやる夫は温暖な南イタリアのプーリア地方で過ごしている


   ∧∧    ∧∧           ∩ )
   ( ,,゚Д) と(゚Д゚,,)         ∧∧´ ヽつ
 =_-/ つ(二_,,、_ ヽJ   ∧∧   (゚Д゚,,)_,ノ i|l
  / ,r ,}'`    <_,/   (,,゚Д゚)=_-  U U il
  し'L_)          rU U二つ  i l| ! |

                  ∧∧
    ∧∧     ∧∧     r(,,゚Д゚)
   (   ,,゚)_,,r∩(゚Д゚,,)    O_,  ,_.O
  <,i   _ilノlヽ   O   〃 UU      ∧∧
   / ,i ヽ' ' /  . <   〃    ──}と (゚Д゚,,―、
   し' `'J  し'^ヽ_)               し (,_,)っ


周囲の都市はローマ連合から離脱せず兵力の補充が出来なかったため
やる夫はこの期間を兵士たちの訓練や小戦闘での練度を上げることに費やす




     ____
   /      \
  /  ─    ─\  まーしょうがねーお
/    (ー)  (●) \ これは織り込み済みのことだお
|       (__人__)    | 総ては次の会戦で勝ってのことだお
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


この時点でのやる夫軍の戦力

歩兵:スペインからの子飼い2万・ガリア傭兵2万の計4万
騎兵:ヌミディア騎兵6千・ガリア騎兵4千の計1万
歩騎あわせて5万





「ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 第八章 カンネー」の続きを読む »

投稿日 : 2009/10/13 | カテゴリ : ハンニバル | コメント数 : 0
■ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 第九章 地中海震撼
550 名前:1 ◆LG07qCBrq2[saga] 投稿日:2008/10/26(日) 15:00:47.84 ID:Be598SQo

<とざい とーざい

           !ヽ, __ ,/{   勝ちも勝ったりカンネーで 討ちも討ったり五万人
           !,ゞ´   ヾ  空前絶後の大勝利 しかも相手は覇者ローマ
           ! !l iリノハリリ  ここでずずいと目を移し まわりをざっと見てみれば
          ノ リ |゚ ワ゚ノ!|  広いが狭い地中海 世界は大きく揺らぎんす~
         (´( と「_l y l_」つ=       __
        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\    |賢|
      /           旦 \  .|狼|
     │二二二二二二二二二二 │ .|ホ|
      │■ ■ ■ ■ ■ ■ │  .|ロ|
      │■ ■ ■ ■ ■ ■ │    ┬
      ======================   ===





552 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2008/10/26(日) 15:01:22.35 ID:PaC0GE2o

ぱちぱちぱちぱち





553 名前:1 ◆LG07qCBrq2[saga] 投稿日:2008/10/26(日) 15:02:04.38 ID:Be598SQo

【これまでのあらすじ】

                           アタシ
              ,. . _
           ,.--' 、   ̄ ̄ヽー- 、   やる夫
         ヽ ̄7 , , \  、   「 ̄ 7
         ヽ / /_ /ハ |ヽ、\ V ./   歳?
          i il//  ヽl \ヽ. V
    ,.---、 __ .| ii i!( ー)  (●)| il |    30
     {   Y/  l il* (__人__) * |
    `t-く   ヽN `  --- <リiレ'     まぁ今年で31
       `ー-- 、  /    ヽ  `丶、
             ̄ヽ    ノ >-'   !   仕事?
            ,.ィ`=== r'^ヽ、_,/- 、
         ,  '"  //  !'~`V-─ 、 ) まぁ
       < _,/ / /  /i   \ (_ノ
          /ヽ '  /  / !    ,>   カルタゴの
           /_ > 、 」__/ _」, ィ'´ 「
         :::`ー':::::::::::::::::::::::::::::ヽこノ:::   将軍

                           てか

                           スペイン育ち

                           みたいな

                           敵は

                           ローマ

                           てか

                           親の代からの

                           宿敵

                           みたいな





554 名前:1 ◆LG07qCBrq2[saga] 投稿日:2008/10/26(日) 15:03:09.20 ID:Be598SQo

   / ̄ ̄\
 /       \ 頼 む か ら そ れ は や め て く れ だ ろ !
 |      ノ(   |
. |     ⌒   |           、  ____    ,     ついカッとなってやったお
  |          |           `/、,:/,';;}: ;\ /     今は反省してるお!
.  |         }        \ /、,:',. -‐‐-、 ; ,\ ,.   /┃・・
.  ヽ        }           /` ;ヽ|:::: ::   |ノ ,'\    ┣━  ━━┓・・
   ヽニニニニノ 、_    ‐ ― | ',`冫|::::: :: :   |イ'; 、| --┃        ┃
  /::::::::::::::::::::: ̄`ーニニ==i=┬r===| ,. -―- 、|`;、'(⌒).       ━━┛ ┃┃┃
  ヽ:::::::::::::::::::::::ーt-.._:::::::::_,. -┴一″   (      ) /i ヽ                 ━┛
   ヽ::::::::::::::::::::::::i   ̄     l___ノ // `ー,,-一' ノノ ヽ___i


※1ページ読むのすら苦痛な文章は久しぶりorz





555 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2008/10/26(日) 15:03:14.10 ID:u0h20KUo

なんでアルクでスイーツ(笑)でww





556 名前:1 ◆LG07qCBrq2[saga] 投稿日:2008/10/26(日) 15:04:55.46 ID:Be598SQo

[第九章]地中海震撼

カンネーの戦いでほぼ全軍を失ったローマが体制を立て直す前にやる夫は動く

     ___
   /     \
  /  _ノ  ヽ、_\
/   ‐===- ‐=・=-\ この機を逃す手はないお
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /




カンネーを含むプーリア地方
長靴のつま先にあたるカラブリア地方
そしてカプアを中心とするカンパーニア地方の攻略に乗り出したのだ
ローマの救援を望めない各都市は次々と城門を開き やる夫は遂に南イタリアに拠点を得る


       _          |~
      /´  `ヽ,        |,
  ,-~´~     ~´)       `\,
/           )         `~|
            `)          `|
             ~\         |,
              く,,_         \
                `\ ◎ローマ   `"-,_,,-ーっ
                  \           /
                    `ヽ,-,_:;:;:○カプア  `ヽ,, プーリア地方
              カンパーニア地方 ヽ,_,:;:;:;:;:;:;:;:;:;i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!ヽ,,_
                         `っ:;:;:;:;:;:;:;i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!ヽ,
                           `ヽ,///////    `i!i!i!i!)
                             ~ |,//(_,     し´
                               )////`ヽ,
                               `),,/////| カラブリア地方
                               ,-´//(
                             _ _)//ノ´
                   , ´`´~\- ―~~ / (///ノ
                  (_        (
                     \,,,      } シチリア島
                       ~ ̄ヽ, ○シラクサ
                           ~ヽ´





「ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 第九章 地中海震撼」の続きを読む »

投稿日 : 2009/10/13 | カテゴリ : ハンニバル | コメント数 : 5
■ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 第十章 ローマ反攻
852 名前:1 ◆LG07qCBrq2[saga] 投稿日:2008/11/05(水) 21:39:37.55 ID:KvnN6aoo

<とざい とーざい

                  今宵でとうとう十幕目 毎度毎度のお付き合い
           !ヽ, __ ,/{   感謝感謝でござりんす
           !,ゞ´   ヾ    窮地に陥る共和国 四方を敵に囲まれて
           ! !l iリノハリリ    おまけにやる夫に居座られ いかなる術にて立ち向かう
          ノ リ |゚ ワ゚ノ!|   見せてくれようローマ魂~
         (´( と「_l y l_」つ=       __
        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\    |賢|
      /           旦 \  .|狼|
     │二二二二二二二二二二 │ .|ホ|
      │■ ■ ■ ■ ■ ■ │  .|ロ|
      │■ ■ ■ ■ ■ ■ │    ┬
      ======================   ===





854 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2008/11/05(水) 21:41:17.92 ID:aARueaU0

ハジマタ\(^o^)/





858 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2008/11/05(水) 21:46:01.55 ID:RUp/EnEo

毎回、ホロの口上楽しみにしてるんだよ





853 名前:1 ◆LG07qCBrq2[saga] 投稿日:2008/11/05(水) 21:40:51.72 ID:KvnN6aoo

[第十章]ローマ反攻

やる夫によって三度までも軍勢を殲滅され周囲を敵に囲まれてしまったローマだが
ファビウスの指導のもと 決戦を避けて軍団を立て直し 遂に反攻に出る
その先駆けはスペインでのスキピオ兄弟の活躍である

                   _
             ,. .‐ :ア´: : : : : :`ヽ、
            /: : : : : : : :`ヽ、: : 、: :\
             /: /: ;.-へ.、 、: : :ヽ: : |: : : ヘ
           |:|:.|: /    `ー ミ__ー,r⌒): : : ハ
          ヽ:.V__    ̄`ヽ. |:`T l : : : : |
           |:.|,..、   ,ィ=‐、 |: : | ': :.| : :.|  出番ですね?
           |´ハ::}     b:::;リ' |: :/‐、: | : :.|
             ,! :| ¨r    ¨´   レ ムノ: | : :.|
           /: | ト、ー‐     ヶイ : : | : :ヘ
         /: :/: |: \   _,.    |:/: :l: :| : : ヘ
        l: :/: :./: :.| | ̄]    j/: :/: :ト.: : : ヽ
        ∨: :/:|: : |_l/ノ   /: :ノヽ:ハ: : : : }
         ヽ: :ヽ‐ ´__∠__/(: :/   `ヾ: : :(
          ノヽ: :) /ニァ´  ∨      ヽ: : )
         {: ;イ:/
           ` ヽ!



                   , -...、
              r- 、..--/::::::::::丶,.__
           _,.イ:::::::::::::V :::::::::::::::::::::::` 、
          r:::::::::::::::::::: ,.ヘ::/ヽ.:::::::::::::::::::::::ヽ.
          ノ::::|:::::::::| ::::::l::ヾ/:::丶:::::::: |::::ヽ:::::ヽ
           ,イ:::::::|:::::::::| :::::::トr'` "´|:::::::::ハ:::!|:::::l:::l
.         l::|:::::::|:::::::::ゝ::::::|    |:l::::::l| |::!|:::::|:::l
           | ! :::::|:|:::|::::ハ:::::|    |ィ!ニリ=j、レィ:r┘
          l !::l::::N:::ハ:::ィ!ニjlゞ     , ,.==..、 l:: |:: |  はい 出番です
          ヽ::|:::::ゝ:〆           ヒf::j ' l::::l::: |
         |ゞ`--ハ    ___      ー'   l::::|::: |
         |:::|:::::::::ハ '" ̄     、     リ::ハ::: |
         l::::|:::::::::ハ      -  '    イ:::::::|ハ::|
         l:::ハ::::::::::l:::lヘ.          .イ:::|:::::::!:::|::',
         |:::::∧::::::|:::|:::::ヘ   .. __ /l::l::::!::::ノ::: |:::ヘ
         ' :::::|::::ゝ:::|::ハ|::| / |      Ll ::レイ :::::|::::::::ヽ
        /:_:rイ::/::::`:::::: //__      / l:::::/:::::::::|ヽ__ _::\
        /:/│|/::::::::::::: ,'/_,. --- 、-‐/ /:::/ ::::::::: |/ / /´ヽ
        /: ' l .' :::::::::::: l l === ==/ /:::/ ::::::::: |./ /    ',
.       /::::|. │| ::::: :::::::::|      / /:::::::::::::::::::::,'  /  __|__
      /::::: |. |│::: l ::::::::|  rt 、 / /::::::::::::::::::::ノ  / r' ´ 三三 j





「ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 第十章 ローマ反攻」の続きを読む »

投稿日 : 2009/10/13 | カテゴリ : ハンニバル | コメント数 : 4
■ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 第十一章 ふたつの待ち伏せ
337 名前:1 ◆LG07qCBrq2[saga] 投稿日:2008/11/09(日) 17:08:59.24 ID:/9OLspYo

<とざい とーざい

           !ヽ, __ ,/{   嵐の如きローマの反攻
           !,ゞ´   ヾ   シラクサは陥ち マケドニアは動けず
           ! !l iリノハリリ   それでもくじけぬやる夫軍
          ノ リ |゚ ワ゚ノ!|   次なる一手で詰むや詰まざるや~
         (´( と「_l y l_」つ=       __
        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\    |賢|
      /           旦 \  .|狼|
     │二二二二二二二二二二 │ .|ホ|
      │■ ■ ■ ■ ■ ■ │  .|ロ|
      │■ ■ ■ ■ ■ ■ │    ┬
      ======================   ===





342 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2008/11/09(日) 17:11:16.34 ID:lPo0lAo0

よっ、賢狼!地中海一!(ぱちぱち)





340 名前:1 ◆LG07qCBrq2[saga] 投稿日:2008/11/09(日) 17:10:03.68 ID:/9OLspYo

[第十一章]ふたつの待ち伏せ

―――時計の針を少し戻す
     紀元前212年のローマの執政官は
     アッピウス・クラウディウス・プルケル(貴族出身)
     クィントゥス・フルウィウス・フラックス(平民出身)
     と今までと少々顔ぶれが変わる


  /  /   ..::/.::/ .:::::: /.::::::/.:::::!::::::..!.. l  ::ヽ`ヽ
 i  /   .::::::!::/l ..::://.:::/!:::::/l::::::::l:::::l:::....l  !
 !   ! l .:::::::/l/__l/ //  l:::/.:::!::::/!:::::!:::::::!::!:l タレントゥムは遠い
 l /l/l .::::::/ __ `ヽ、    l/ .::::l::/.:l:::/l:::::::!::!::! シラクサは一応包囲中だ
  V く l .:::/   ¨ 疋タ` ヽ、ノ .::::::_j/ -―l:::/.∧l  となるとまず取りかかるべきは
  ∨ー!::/    `¨       /fr芹、:::/l/.:/   カプアの攻略だな
  j/iヽl/           /.:::::┴'..:::/./ j/    周囲の都市は陥としたし
.   l::∧              { ::::::::::::::/.:/       今年は本腰を入れてかかるべきだ
.  __/V ::ヽ         /..::::::::::/.:/
/i/  ! ::::::ヽ     _     .:::::/ j/
.三l :: l :::::::ヽ、   __‐-..::::/
.三 !.:::::.ヽ、:::::::::ヽ、 ....:::::/
三ニl:::::::::::::\::::::::::::::ー匕\


しかし 戦略の主導権は変わらずファビウスが握っている
カプア攻撃のためにこの年のローマは苦しい中ながら
3個軍団の増設を決め その編成に入った





「ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 第十一章 ふたつの待ち伏せ」の続きを読む »

投稿日 : 2009/10/13 | カテゴリ : ハンニバル | コメント数 : 4
■ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 第十二章 スキピオ
682 名前:1 ◆LG07qCBrq2[saga] 投稿日:2008/11/25(火) 20:20:44.94 ID:1E5/bz2o

<とざい とーざい

                   シラクサ・カプアを取り戻し 意気軒昂のローマ軍
           !ヽ, __ ,/{   ところがどっこいカルタゴも 楽に勝たせちゃくれやせぬ
           !,ゞ´   ヾ   指揮官4人の損失は ローマに重くのしかかる
           ! !l iリノハリリ   頭を抱える元老院 扉を押すは何者ぞ~
          ノ リ |゚ ワ゚ノ!|
         (´( と「_l y l_」つ=       __
        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\    |賢|
      /           旦 \  .|狼|
     │二二二二二二二二二二 │ .|ホ|
      │■ ■ ■ ■ ■ ■ │  .|ロ|
      │■ ■ ■ ■ ■ ■ │    ┬
      ======================   ===





683 名前:1 ◆LG07qCBrq2[saga] 投稿日:2008/11/25(火) 20:22:40.06 ID:1E5/bz2o

[第十二章]スキピオ

             __ __ _
.        _ , '"´  ,. _ ___`丶、
       / ` /  /´-‐ァー-ヽ \
.      / /下7 ..///.:.::/ .:.:ト、 ヽ     元老院議員諸兄
      / └イ_j/ .://;へ、/!.:.::/:.}ヽ ',    お初にお目にかかる…方も違う方もいるわね
     ,'  ///!l .::j.:lイ仔くヽ/,.イ,.ム:.', l
    ,   '〈/f`| l ::l`' ゞゾ '´ rャjノ::.l:. |     あたしはプブリウス・コルネリウス・スキピオ
    |  l:l :!:{、| l ::|        マソハ: |:: |     スペインで戦死したスキピオの息子です
    |  l:l::i个| l ::l!     l⌒ヽ′} .:}:.l:: l
    |  lハ:l::{::', ::::{、   ヽ.ノ  /.:/::.l:: l
    l !:|:::',::',::ヽ:::ヽ\._    /.:/::::/l::;!
.     ',::{:{、:::ヽ\:\;ゝ `「:フ´!::::/;:::/ 〃
.     ヾハj>''´ ヽ ト、_..上くイ::::{ {::{/
    /⌒ヽ、\ ` \-ー ̄\ヾ
   /     ヽ \\    \´ ̄`ヽ、
.   l     ',  \\   \  __| \
.   |      ',   \`ヽ、  ∨n| } ト、


                 _,, --‐''` ‐ - 、
                 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::`\
             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
            l'.......::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
            !::.................................:::::::::..............................`!   何しに来たんだよお前
           ,i:::::::::::::::::::::::::::i:::::∧i...........、.....................:::ヘ   ここは若造の来るところじゃないぞ
           i:::::::::::::::::::::::::/|:::::! i!!::::::::!i:::::k::::::l::::::::::iヘ
            '!:::::::::::::::::i!:/ !::l ゙ !::::/ |::/r 、::l:::i:::|:l
            !:i^l:l:::::!i.レ..,__ヘ!   l::/  !(ヽ、`\i'リ
            !k i!',:::::! _  ̄_゙゙´ ゙' -‐‐'\ \ \
             !ヽ`!::::|  `゙''''''     ‐-‐' \ \ \_
              ヾ、j::|         l  r--‐-<;:>、    `ヽ
             _,/`i;:ト   u   |:. `` ‐-,、 ``     i
           _, r´:/ : :|゙' !、      ,'.:.   /-、\     `、
       _, r ´:.:.:.:./:.:.:.:.:|  ヾ、  r‐--っ /!:.:ヽ :`ヽ      ヽ
    _, r'´:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:|  \ヽ、` ̄ /  |::.:.:ヽ: : ヘ      i
 _, r ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.|    >-、ー_'/   !::.:.:.:.:ヽ: : :!、    ___!=、
/゙: : : : : : : : : : : : ヽ:.:.:.:.:.:./i!  /ヘ i. / 入  |\.:.:.:.:.ヽ;,r'`‐´_,,..---┴‐,

元老院議員は30歳にならないと資格すら与えられない
スキピオはこの時まだ24歳
経験ある議員達から見れば子供というより孫に近い年齢であった





「ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 第十二章 スキピオ」の続きを読む »

投稿日 : 2009/10/13 | カテゴリ : ハンニバル | コメント数 : 0
■ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 第十三章 折れた剣
193 名前:1 ◆LG07qCBrq2[saga] 投稿日:2008/12/03(水) 20:00:17.25 ID:l4djQygo

<とざい とーざい

           !ヽ, __ ,/{     敵を囲んで鏖殺しても 指揮官何人殺しても
           !,ゞ´   ヾ     それでもローマは挫けない
           ! !l iリノハリリ     更には本拠スペインに 若きスキピオ仁王立ち
          ノ リ |゚ ワ゚ノ!|     とはいえここで諦めちゃ カルタゴ男児の名が廃る~
         (´( と「_l y l_」つ=       __
        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\    |賢|
      /           旦 \  .|狼|
     │二二二二二二二二二二 │ .|ホ|
      │■ ■ ■ ■ ■ ■ │  .|ロ|
      │■ ■ ■ ■ ■ ■ │    ┬
      ======================   ===





194 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2008/12/03(水) 20:01:07.20 ID:5yWm7xAo

パチパチパチ





195 名前:1 ◆LG07qCBrq2[saga] 投稿日:2008/12/03(水) 20:01:36.47 ID:l4djQygo

                   イレ'^!
                x<   ;  /
            _ ,/: : : 〉/;:ハ/ ̄ `丶、 ___
           /, :´ : : : /;:;:;;;':/: : : : : : : : ヽ : : : : :く二ニZ
.       /: : : : : : /'"´:  ̄: : : : : : : : : : : :\;;-‐;;:'"/
.      /: : : : : : / : : : :/:/: : : : : : : : : : : : : : :マ;;'/
.       ,′: : : : :/: : : : : /:: : l: /: : : : : : : :ヽ: : :丶: :〈
.     : : : : : : :/: : : : : /::: :{ |│: :/: : │: : |:: l:: :|:: : :',   さてさてわっちをもっと見たいという
     i: : : : : :/ : : : /:/:l::::八! |: : {:: : : j:: : :|:: |:: :|:: l: :|   主らの期待に応えんす
.    l: : : : .:,':: : : : l: |l::|::::|:::j/|: :,'!:: : /l:: ::,':: j: : |:: j: :|
    j: : : : .:l :: : : : l: |レ∨|:‐ト|: ハ:::.:!│:/_;.イ:: /::/: ,′  前章とこの章はほぼ同時期を扱っておる故
    ,' : : /.::,'!::: : : : l: L二._?_V`ヽヽ{ 匕? レイ::/} /     ちょいとばかり時間が前後するのじゃ
{ ̄ ∨: : /.::/::|::: : : : l: |l代ぅ:歹 ̄`  弋歹^ア/:イ/    その捕捉をさせてくりゃれ
l:::::::├<.::/:::,'|::: : : : l: |   ¨¨^      `¨ ,':: : |
l:::::::∧::::::::`ヽ:|::: : : : l: |         〉   :::: : :|
'::::::::::::}::::::::::::: `l: : : : l: ト、    、   _,   イ::: : : :!
:::::::::::,' ::::::::::::::: |: : : : l: | 丶、   ̄   . 个:!::: : : :|
::::::: /::::::::::::::::::::|: : : : l: |   /ヽ、_, ィ升=、| :l:::: : :│
ヽ/::::::::::::::::::::∧: : : :l: |  ハ/   ∨ヽ }:l::::.: : :|
::::::::::::::::::::::::::::::::∧:: : l: |>rK ヽ_/⌒V!.:l::::.: : :|
:::: ::::::::::::::::::::::::::: ∧:: l: |/∨ 〕 `\  /j :j::::.: : :l
::::::::::::::::::::::::::::::::::: ∧ l: |  厂\   ∨V.:,':::.: : /
::::::::::::::::::::::::::::::::: /::/\|  仁 二>、_ノ |,:': .: : /
::::::::::::::::::::::::::::://::::::::\ |/巛〉\/  |:::.: : /
::::::::::::::::::::::://::::::::::::::::::::\〈》》》〉\ j:.: : /





196 名前:1 ◆LG07qCBrq2[saga] 投稿日:2008/12/03(水) 20:02:50.85 ID:l4djQygo

   、i、_        、!、
   `i.ヽ,`ヽ、    |.,ヘ\
    .| ; ヘ: : `ヽ__j .; ヘ: :ヽ
    .|; ,,>':'´: : : : : | ;  ヘ: : :ヽヽ、
    ,!"´: : : : : : : : : ヽ、. ヘ: : : : ヽヽ、
  ./: : : : :/: : : : : : : : : :\ ヘ: : : : : i: :ヽ
 /::/: : : ,〃: : : : : : : :ヽ: : : :ヽi : : : : : : : :ヽ
./i :{ : : :/ll.|: :i : : : :| : : :l : : : : : i : : : : : : : : i  この章ではイタリアに視線を戻しんす
〃: i 、: ハ:ハ: i、: : : l: : : :|: : : : : : i : : : : : : : : i それと同時に前章の開始時点に時計を戻して
i! ! : !ヽ!! ! `-ヽ从A , : ||: : : : : : :i : : : : : : : :| 情勢を追っていくことになるのじゃ
  .ヽλヽ   、   `!ル'| : : : : : : :|: : : : : : : :|
   }'}‐=i   .j,,,___,,` j : : : : i : : :| : : : : : : l  つまり、スキピオが前執政官に任命されて
    j::| <     ̄´  | : : : : l : : | : : : : : :/ スペインに発った時点じゃの
    i:::! `,._        |: : : : :l : : |: : : : : :/
   i::::::`i、\7¬フ   |: : : : l : :/: : :/ : /
   i::::::::|;;;ヽ、 __,,,.-‐¬ : : : /: :/:/ : i : /
    !:::::::|;;;;;l;;;;;;;;;}  / : : : /: イ: :| : i :/|
   /`ヽ、i;;;;l;;;;;;;;;;}.ノ : : /_'_l : :l__L/_|
   '-、  ヽ;l;;;;;;/ : /  ̄___ ̄``丶、``‐、
    / `ヽ、 } {/ _,-‐'" __ ̄`ヽ、  `\ !、
  ./ .丶__i j/ /   /´   ̄ ̄``ヽ、  `、
  |   { || ̄`ll-i '"           `ヽ、 ,}
  |   `7}ーi--|!_!                l `
  |   /i i  ハ l              |
  | / i  l  l .| .|                  |





198 名前:1 ◆LG07qCBrq2[saga] 投稿日:2008/12/03(水) 20:04:33.03 ID:l4djQygo

  !ヽ, __ ,/{
  !,ゞ´   ヾ. 、爻  そしてこの時選出された
  ! !l iリノハリリ ヽ/'   ローマの新執政官とその任地は…
 .,ノ リ |゚ ー゚ノ!| /ノ
(´(. /〉j卉ニづ´
  ッ(/#___ヽ、´
,, ◎_゙゙"rェェ"゙´,,.,、


             /.:.:.         \
                /:,:.:.:  /   ヽ    \
            /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー  レウィヌス
              /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ
          /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }   4年間任されていたギリシアを離れ
           N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j   シチリアでカルタゴに備える
            ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ
                  `ヘ:ゝ    .'    小/    そう簡単に出番は手放さない…
                    ヾ:{>、 _ ィ<}/|/
             _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
           /| l:|   | ===|   |:l゙ヽ


             __ ,.-¬- 、._
             / '´,  、   、 `ヽ、
          r´    / l ヽ  \ 、ヽ
           /  / /l.  l、 \  ヽ ', lヽ     そして、マルケルス
        /, l. / /´ヽ lヽ   ヽ. ! ヽ. ト ヽ、
        '´|  V '__ヽ. ト\、_',|   ',|     イタリアでやる夫と直接対峙するという
         | l. ,| | __ \゙、ヽ.__ヽl.  ト.|      最も危険な任務
           lハlヘ|´ `   ヽ´ ``〉,^! | !
           l\l|    |    //ィ N   武人としての誉れですね 最善を尽くします
          | ハ ヽ  __   /ハ/ `       _
          '′lハn\ `ニ´/! !        ,イ |
           _,.-' /ヽ ` - ´ ,ハ\       | |ヽ
       _, - ' /   |  ヽェ、 '   | ヽー、    _ | ト. ヽ
  ,.、-‐ ´    /  |  /  〉   |   ヽ `⌒.l ヽ',ヽヽヽ
  / ヽ     〈  ,.-|ヽ/ ヽ-/ ヽ/|、  ,〉     | l_! ヽ ゙l





199 名前:1 ◆LG07qCBrq2[saga] 投稿日:2008/12/03(水) 20:05:30.77 ID:l4djQygo

        __ ... -‐ 、
    , -.::''.:::::::::::::::::::::..`ー-.、
   /::::::/:::::::;::::::,:::::::::::::::::::::..ヽ.
  イ/::/:::::::;ィ::::/::::::::::::::::::::::::::::.ヽ,  そして総指揮官とも言って良いファビウスは
   /::::i::::/.l::/l::ハ:::::,i::::ヽ:::::::i:::::::l  やる夫に奪われた南イタリアの海港都市
  /;ィ::{:/ー、l/_.!' |:::ハ:;∧:::::l:::::::l  タレントゥムの奪還を目指す
 / |::| テ''ッ、` 丶ー- 、 i;:::|::::::/
   .|::l    ,   'テ''z、 l:::リ::::::i
   .|/|   /   r.Kヽf''i/'lノリ
     ハ   `    | .| l .| |ノ   去年はカプア今年はタレントゥム
     ,小. - 、   .| .l/././、    なんてやってる間にあっという間に60越えちまったよ…
 _,,ィ'´.H. ゙..   ,, -'"  ,/   ゙̄'ー、
''´ /  { '  `''r'´    /    / ヽ
 /   ヽ、 ,ィl   イ /     /   ヽ
./  .,ィ^i }_/_/l    |/     ,     i
'.‐'" ヾ{;:::;}::;;/|.   l.    /     |




        /: : /: :.|     /: : : : : :/: : : : : : : : : : : \: : : :\
.        /: : /: : : !   /: : : : : : :/: : : :/: : : : : : : : : : ヽ: :ヽ: \
.         ,': : : : : : : i:  /: : : : : : :/:l: : : :|: : : : : : :\: : : : : : :l: :ド:ヽ
       i: : : : : : : :i / : : : : : : ,': :|: : : :|: : :l: :ヽ: : : ヽ : : l : |: :|  l|
       |: : : : : : : :∨ : : : : : : :ハ: :|: : : :|: : :| : ハ : :|_\:l : |: :l  ||  というのが本章開始時点
       |: : : : : : : : | : : : : : : : |: l: |: : : :|: : :|: :| | ;.イ∨从:∧/  リ  紀元前210年のローマの体制
       |: : : : : : : : | : : : : : : : |: l: |: : : :|: : :|:八 j/Vィて?/ : !      及び戦略じゃ
.        i: : : : : : : :.| : : : : : : : l: :斗七:丁厂⌒`  fト::゚リ イ: : :|
       l: : : : : : : :l : : : : : : : | ∨ィチてヾ     ゞ='^ | : : |     大体おわかり頂けたかの?
.        l : : : : : : : i:.: : : : : : :|Y圦iド:;イリ     、   } : : |     それではお待ちかねの本編は
         l: : : : : : : : : : : : : : : :Vヾゞ辷ン^      〉  /: : : |     次レスからでありんす
        | : : : : : : : : ':, : : : : : : .            __   ′: : :|
       ハ: : : : : : : :.い : : : : : : '. 、    < _/ イ: :l: : : :|
       l : '.: : : : : : : l:ハ : : : : : : ∨> 、_   /::∧: :l : : :|
       |: : l : : : : : : /: ∧ : : : : : : '.     丁ヽ::::/::∧ l: : :.|
       |: : | : : : : : /: /::∧ : : : : : : :    { 八::::/::∧:l: :│
        /: : :l : : : : //:::/::∧: : : : : : ∨   ∨ 《?:::/:∧: :│
.       /: : :/| : : : /ノ :::::::::/::∧: : : : :l: |-─__》 V::/::∧ │
     /: : :/│: : 〃::\::::::::/::::|: : : : :l: |:\{{二¨7__V:::::::::ヽ |
    ./: : /  j: : /::::::::::::丶 ::::::::|: : : : :l: |  \ {{ ̄ }}ヘ、_::::::::\





200 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2008/12/03(水) 20:06:27.73 ID:5yWm7xAo

60過ぎたら引退とかは考えないのかね?


>>200
一般の兵士は45歳以上は予備役編入ですが
指揮官クラスは働ける限り という感じだったようですね
今現在非常事態でもありますしw





203 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2008/12/03(水) 20:08:46.35 ID:5yWm7xAo

たしかにこの状況で引退しま~ス
なんていったらぶっ飛ばされそうwwwwww





201 名前:1 ◆LG07qCBrq2[saga] 投稿日:2008/12/03(水) 20:07:51.97 ID:l4djQygo

[第十三章]折れた剣

  ヽ,               `~ヽ,
   ~\  ◎ローマ          ~~、-――、
     \                    /
       \,,                 (,,
         `ヽ,、-、_            :;:;:;:;`~-- 、
             `´ヽ  ○カプア    :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;`~、  プーリア地方
                ヽ_、         :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:  `ヽ,,,,
                  )__~、     :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:  `ヽ_
                  ~   ヽ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:/ ●:;:;:;:_ ○ブルンディシウム
                     ´、:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/ タレントゥム ヽ,   )
                       ヽ-´`,:;:;:;:;:;:;:;:;/        ヽ_ /
                          ヽ:;:;:;::;:;:;(,          ~
                          ヽ,:;:;:;:;:;:;`~,,
                           |,:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;`|
                            |,:;:;:;:;:;:;:;:;:●クロトン
                            ヽ:;:;:;:;:,,、--`   カラブーリア地方
                           _):;:;:;(
                          ´フ:;:;:;:;:;●ロクリ   ○ローマ支配主要都市
                          _ノ:;:;:;:;:;,,ノ      ●やる夫支配主要都市
                         |●レギウム       :;:;やる夫勢力圏
                         丶--´

紀元前210年
前年にカプアを失ったやる夫の勢力圏はタレントゥムを中心とした南部プーリア
及びイタリア半島の爪先にあたるカラブーリア地方となっていた





「ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 第十三章 折れた剣」の続きを読む »

投稿日 : 2009/10/13 | カテゴリ : ハンニバル | コメント数 : 4
■ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 第十四章 できる夫の首
562 名前:1 ◆LG07qCBrq2[saga] 投稿日:2008/12/08(月) 19:01:59.31 ID:Q19ugIwo

<とざい とーざい

           !ヽ, __ ,/{   戦に斃れたマルケルス 西からひたひたできる夫軍
           !,ゞ´   ヾ   やる夫をカラブーリアに追い込めど まだまだ戦は終わりゃせぬ
           ! !l iリノハリリ   猛将亡き後のローマ軍 バルカスを迎え撃つはいずれの者か~
          ノ リ |゚ ワ゚ノ!|
         (´( と「_l y l_」つ=       __
        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\    |賢|
      /           旦 \  .|狼|
     │二二二二二二二二二二 │ .|ホ|
      │■ ■ ■ ■ ■ ■ │  .|ロ|
      │■ ■ ■ ■ ■ ■ │    ┬
      ======================   ===





567 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2008/12/08(月) 19:03:43.93 ID:JYu1d5Qo

よっ!賢狼屋





564 名前:1 ◆LG07qCBrq2[saga] 投稿日:2008/12/08(月) 19:02:36.47 ID:Q19ugIwo

【これまでのあらすじ(嘘)】

ヌミディア騎馬隊くるるるる カルタゴの国から舞い降りた
後ろに回ってくるるるる やる夫バルカス お見知りおきを
伏撃 掃討 闇討ち 殲滅戦
やさしい言葉もいい笑顔も信じちゃダメ
リリカル・トカレフ・キルゼムオール
極楽浄土につれてってあげる
リリカル・トカレフ・キルゼムオール
生き残るすべはただひとつ 包囲殲滅

リリカル・トカレフ・キルゼムオール
越えてみせるわトラヴェルセッテ
リリカル・トカレフ・キルゼムオール
覇王の道はただひとつ 包囲殲滅

       ,〆Vヽ,
    _,,,- ´    ヽ-,,,_
   `ゝ  ま が も  ∠
   ヽ   し ん っ   ノ
    ヽ  ょ ば と  i‐´
    {  う り    },
    `7,,,-‐´`‐-,,,iヽi





566 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2008/12/08(月) 19:03:05.67 ID:bYGvug6o

ぷにえちゃんかよwwwwww





569 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2008/12/08(月) 19:04:02.18 ID:tZGwvlco

肉体言語は王者の風格





568 名前:1 ◆LG07qCBrq2[saga] 投稿日:2008/12/08(月) 19:03:50.80 ID:Q19ugIwo

              /         冫'                ヽ
           /       , '' _,,. z ‐ - 、        ヘ
             /       /-<:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>-- = ,,,,_ ヘ
          /         /:.:.:.:.:.:>= 77''= ュ,,_:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`''ヘ
         ,'      ,  /:.:.> '´ハ: :ト,l: : i:/ l: :`}'{= ‐- = ;,;:ヘ
         {     ,' /<:.ハ: :}:l_,,W,,リl:l''iヽ}i: :i八: ト; : : : :}`lヘ
           / ,.'   ,'  ゙<、_ハ:,'レ{`:::::::uヽヽル'リ j:,',,}l: : : :ハ:}:.リ  さてこれまでの約3年間をスペインとイタリアで
        { ,'     i   ノ:.:.:.ヽl 弋z.ツ  ゙ '  斗ヘリ: : :.ノ i!/   別々に語ってきたわけじゃが
        | ,'     { /:.:.:.:.:.ノ:l    ̄`     弋リ/レ':リ'':.:.,'/    少々こんぐらかえった方もおられはせんかや?
        /     |':.:.:.:.:./l: :.l         ヽ` ハ: ,':.:.:.:.:〉
          /      .|:.:.:/: : l: :.l     _  '  ノ: リ:.:.:.:.:|'     非常に簡潔ではあるが
       /      ',:.:{:.:ヘ: :l: :仆、   `‐- '  /: ノ:.:.:.:ヽ|      前々章および前章の出来事を
        {       ヘ:.l:.:.:.ヘ.l: :l   ヘ、    /:,, ィ´__; -r '      年表にしてみたので参考にしてくりゃれ
       l   z_    ゝ-、:.:ヽl     l>イ-彡 ''´   {
         ヽ、 ヽ`'' 、  .ハ:.:.:ハ.  /:.:.y '´_ - '''_   - ' 、
       r'⌒` ‐ ‐- 、` 、 .}:.:.:.:ヘ,/:.:.:.:/ , y - ''      ヽ
      /      ‐ -  >-+‐‐‐‐‐‐-t_''              ハ
.     ,'       ,, 'r':{:.:.:.:.|L..::::::::::::::||:::`> ,,           ハ
     l      , '  ,|:.ゝ、:.|L====;;;::j.|:::::::::::::}            l
     |            レ'´ ̄l ̄ ̄ ''''''i' ` = -'          |
      |         ,, '' ,' |:.:.:.:.:.:.:.:.:.| ', '' ,,               |
      |           ,' |:.:.:.:.:.:.:.:.:.| ',               |





571 名前:1 ◆LG07qCBrq2[saga] 投稿日:2008/12/08(月) 19:04:57.64 ID:Q19ugIwo


紀元前┃イタリア           ┃スペイン          ┃その他
━━━╋━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━
  210 .┃ローマがサラピア・   .┃スキピオ スペインへ  .┃アクラガス陥落
      ┃ヘルドニア奪回      .┃                 .┃シチリアはローマが掌握
      ┃マルケルスとやる夫   ┃                 .┃
      ┃最初の会戦       .┃                 .┃
━━━╋━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━
  209 .┃タレントゥム奪回...  .  ┃カルタゴノヴァ陥落    .┃
━━━╋━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━
  208 .┃マルケルス戦死    ...┃ベクラの戦い         .┃
      ┃                    ┃できる夫 イタリアへ   .┃
                                       ←いまここ


          |\       |\
          l lヽ`-‐ '´ ̄ `ヾゝヽ
             シ~ /" `ヽ ヽ  `、l
         //, '///|! !∥ ヽハ 、_ヽ    さっと年表にするとこれだけのことを
         〃 {_{ノ 」」 L|lトl_ リ l │ |ヽ   200レス以上かけてやったと気付いて
         レ!小lノ    `ヽ 从 |、i| l   ちょっと鬱になったのは内緒なのじゃ
          ヽ|l ●   ●  |  |ノハ '
            |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j   | !ヽ
          | /⌒l,、 __, イァト | //ハ      ___
.          | /  /ヾ、 / ,/  ヽ/ハ !    , ',´;.;.,r´
          |lTTTl l丶× / ヒ....;彡, ∨,、,. '";.;.;.;.ソ





573 名前:1 ◆LG07qCBrq2[saga] 投稿日:2008/12/08(月) 19:05:57.88 ID:Q19ugIwo

 /  .:.:/  ..:./ . '´;: :'´ : : : : : : : ' i :i :: : : i l. . . . . i ', ::. : : i : : : !: :l、',
./  .:.:,':. .:.:. ' /::,.イ::: : : : : . . . . : : ! |l|: : : l: |i: : :. : | i:i::. : :!l :: : ; !: !l:i
′ .:.:.:.i:.:.:.:.//: /: :l:::: : : : : : : : : : : l i|:',:!::. ::: |i:l i: :::: : ! |:l::.:: j | :: / 川 !|
 .:.:.:.:.:!:.:.:/´::/: : : ::!::: : : : : : : : : : : li:l l:.ぃ::.:ト:.!l:| l:.:::: i:l  !リイ厶ル'ル'i リ リ
..:.:.:.:.:.:|:.:/:/: : : : : ::|::: : : : : : : : : : : :!l:レ!:トv厂_j「 |ハ从 j ァ_,,_ /::| ノイ /
:.:.:.:.:.:.:.V:': : : : : : : :i::!::: : : : : : : : : : : |^l ,,孑ァキ?`      /(」`j7:!:l    ′
:.:.:.:.:.:.:.:l: : : : : : : : :i::|::: : : : : : : : : : : |_,〃 たー'}        iりノ ,′:|   まあそっとしておいてやってくりゃれ
:.:.:.:.:.:.:.:!: : : : : : : :.:!::l::: : : : : : : : : : : | ヘ.いー'グ        lー' i: :i :!   それでは本編開始でありんす
:.:.:.:.:___l: : : : : : : : :!:::!::: : : : : : : : : l: :!  `¬冖         丶 |: :! !
` ̄ |: : : : : : :.:i:::i|:::: :.: : : : : : : !: !             / j: :i l
    l : : i: : : : .:i::::i:l:::: ::: : : : : : : i :|                 ´,.': : !:l
.   | : : l: : : :.:::::::::::l::::: i:. : : : : : :l: |、        --一 /: : : !:|
   l : : :: : : :.::::::::;':::|::::.:!:. : : : : : :l: ! 丶        ´ .イ:: : : : :i !
.   i: : ::: : : :.:::;:::::::::::l:::::|::: : : : : : :! l   `丶、     ,イ :|::: : : : :!:!
   i: : ::: : : :.::;'::::/:::::::l:::.l :: : : : : : :!:|      l`;: ー:'^|::::!::. . : i:i
  , : ::::: : : ::::::::/:::::::; '|::::l:::. . : : ::.i:l        !;:;:.::.::.::l::::l::: : : : !l
  : ::::::: :.: ::::::〃::/:;:;:l::::i:::: : : . . l.|\     ぃ::.::.::.;!:::!::: : : :i:ト、
 ,′'::::: .: :::::/;'/:;:;:;:;:;:;|::::!::::. : : : ::.!|;:;:;:\ __   }|::.::./:|:::!:: : : :i:|::.:ヽ
./: /::::: .:: .::::/、:;:;:;:;:;:;:;:;:!:::i:::::. : : : ::i|;::.::.::.::\` :!::/: /!::i::: : : : l::.::.::.',





574 名前:1 ◆LG07qCBrq2[saga] 投稿日:2008/12/08(月) 19:07:32.43 ID:Q19ugIwo

[第十四章]できる夫の首

―――紀元前208年の晩秋
     スキピオにベクラで敗れたのちに兄やる夫への援助を決意したできる夫は
     一路イタリアへと向かっていた

                                ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                        |´~~`´\  ノ  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                        |     `´  ::::::::::::::::アルプス山脈:::::::::::::::
                        |     :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                       ,| ローヌ河::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                       |   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                       |   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   ,,⌒\→北イタリア
                       |     :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   ,-~    `丶´
            ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ !、      ::::::::::::::      ,,ノ
          ・ ・           {´           /´ ̄´
        ・ ・         /つ_,,,|  _  ◎マッシリア  /
       ・         ,、/    └´`-し、    /
:::::::::::::::: ・::::::::::::::::::::    /            `´`~´
:::::::::::::・ :::::::::::::::::::::::::::::::  (   ・ ・ ・ :できる夫進路
:::::::::::・ ピレネー山脈::::::::  |
::::::::::・ ::::::::::::::::::::::::::    つ
   ・            |
  ・             ノ

10年前のやる夫はスペインの海岸沿いを抜けていったのだが
現在沿岸地方はローマの勢力範囲となっているため
できる夫はピレネー山脈を越えてガリアに入る





「ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 第十四章 できる夫の首」の続きを読む »

投稿日 : 2009/10/13 | カテゴリ : ハンニバル | コメント数 : 9
■ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 第十五章 スペイン失陥
53 名前:1 ◆LG07qCBrq2[saga] 投稿日:2008/12/16(火) 18:53:27.77 ID:WxYLab.o

<とざい とーざい

           !ヽ, __ ,/{     十一年の時を越え 待ちに待ちたる弟と
           !,ゞ´   ヾ     いざ再開と思いきや 投げ入れられたる生首に
           ! !l iリノハリリ     同時に悟るは息子の死 失意の底に沈めども
          ノ リ |゚ ワ゚ノ!|     まだまだ戦は終わりゃせぬ
         (´( と「_l y l_」つ=       __
        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\    |賢|
      /           旦 \  .|狼|
     │二二二二二二二二二二 │ .|ホ|
      │■ ■ ■ ■ ■ ■ │  .|ロ|
      │■ ■ ■ ■ ■ ■ │    ┬
      ======================   ===





54 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2008/12/16(火) 18:54:01.51 ID:TKJsDEwo

パチパチパチ





58 名前:1 ◆LG07qCBrq2[saga] 投稿日:2008/12/16(火) 18:55:16.22 ID:WxYLab.o

[第十五章]スペイン失陥

―――メタウルスの戦い以後 やる夫はカラブーリア地方に引き篭もったまま
     新たな軍事行動を起こさなくなった

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)  とはいえ戦えば負けはしないんですがね…
. |     (__人__)   どこかを陥としてもそこを守り切れないのですね
  |     ` ⌒´ノ   兵力的に考えて…
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \

     ____
   /      \
  /  _ノ  ヽ__\   まーそう言うことだお
/    (─)  (─ )\  ただ本気で引き篭もったやる夫がローマに負けるわけはないんだお
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃   /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

実際のところローマはカラブーリア地方攻撃に紀元前206年の執政官を2人ともつぎ込んでいるが
やる夫に全く歯が立たずに撃退されている





「ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 第十五章 スペイン失陥」の続きを読む »

投稿日 : 2009/10/13 | カテゴリ : ハンニバル | コメント数 : 4
■ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 第十六章 イタリア退去
664 名前:1 ◆LG07qCBrq2[saga] 投稿日:2008/12/27(土) 19:02:14.68 ID:P8q.fwgo

<とざい とーざい

           !ヽ, __ ,/{      遂に本拠地スペインは ローマ軍の手に落ちて
           !,ゞ´   ヾ     更に本国カルタゴで 蠢動するはギスコーネ
           ! !l iリノハリリ     肝心要のやる夫といえば カラブーリアに引き篭もり
          ノ リ |゚ ワ゚ノ!|    そしてローマに目を移せば いよいよスキピオの凱旋でござりんす
         (´( と「_l y l_」つ=       __
        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\    |賢|
      /           旦 \  .|狼|
     │二二二二二二二二二二 │ .|ホ|
      │■ ■ ■ ■ ■ ■ │  .|ロ|
      │■ ■ ■ ■ ■ ■ │    ┬
      ======================   ===





665 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2008/12/27(土) 19:02:22.93 ID:xcT4qaAo

ぱちぱちぱち





666 名前:1 ◆LG07qCBrq2[saga] 投稿日:2008/12/27(土) 19:03:44.23 ID:P8q.fwgo

[第十六章]イタリア退去

―――紀元前206年の秋
     スペインのカルタゴ勢力を一掃したスキピオは戦後処理を終えてローマに帰還する
     ローマの国法は軍勢を連れての帰還を禁止しているため
     スキピオ本人と数人の士官のみでの帰還であった


  \\  インペラトール! インペラトール!! //

       ∧ ∧∩.   ∧ ∧∩.   ∧ ∧∩.    ∧ ∧∩
      ( ´∀`)彡  ( ´∀`)彡  ( ´∀`)彡  ( ´∀`)彡
      (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡
    ∧ ∧∩.   ∧ ∧∩.   ∧ ∧∩.    ∧ ∧∩.  ∧ ∧∩
   ( ´∀`)彡  ( ´∀`)彡  ( ´∀`)彡  ( ´∀`)彡  ( ´∀`)彡
   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡
    |   |     |   |     |   |     |   |    |   |
    し ⌒J.    し ⌒J.    し ⌒J.    し ⌒J.   し ⌒J


しかし元よりローマ市民の人気が高かったスキピオである
その上スペイン攻略という文句のない軍功を打ち立てたのであるから
出迎えるローマ市民の熱気はもはや凱旋式レベルであった


       ,r::::::....   ヽ:::, -── - 、:::ヽ::.ヽ ヽ
        |   ,' .: :, ‐'         ヽ::ヽ:}i: l
         !:::...i/ .::/         , -―ヽ:i::! !: !   おーおー
      │  { ..:::|   __    '    リレ!| !l   大喝采じゃないか
       | i .:ヽヘゝ´   `     イかリk|:: |:| !
       !| | { |`ー ,イ丞テミ    弋zソ '|::: !i !
      .!|.:|!::ヽ| ::|`弋zソ          !:: |::|l
       l !::!..::::::| ::|.、    t ― v7   !::. !=' ニニ≠ 、
      ,'//_,. -┤ ::l..\   ` ‐ ‐'   /.!::: !‐'´ ̄ へヽヽ__
     // ィ二.| :::!:::...`>ー-   イ, .::!: |`!     ヾ=、、ヽ
    .///r'   | :::l::::::::...\     /.:: !:: |│     ,'  , ヾ `
    / ' /丶:  | :::|   ::....ヘ  /  .!::: | .|    / /
  /‐'´   \:. | ::::!    ,, =、 > l〃~|:::: !.┘  / '





「ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 第十六章 イタリア退去」の続きを読む »

投稿日 : 2009/10/14 | カテゴリ : ハンニバル | コメント数 : 1
■ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 第十七章 ザマ
449 名前:1 ◆LG07qCBrq2[saga] 投稿日:2009/01/10(土) 19:04:11.71 ID:d4FW04Mo

<とざい とーざい

                    カルタゴノヴァより幾百里 屍の山と血の海の
                     果てを見ることかなわずに イタリア退去とあいなりぬ
           !ヽ, __ ,/{     失意のままに流れ着く 九の歳より見も知らぬ
           !,ゞ´   ヾ    北アフリカはカルタゴで 待ち受けたるはスキピオと
           ! !l iリノハリリ    勝ちに湧きたるローマ軍
          ノ リ |゚ ワ゚ノ!|     いよいよ最後の大いくさ ザマにて候 ザマにて候
         (´( と「_l y l_」つ=       __
        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\    |賢|
      /           旦 \  .|狼|
     │二二二二二二二二二二 │ .|ホ|
      │■ ■ ■ ■ ■ ■ │  .|ロ|
      │■ ■ ■ ■ ■ ■ │    ┬
      ======================   ===





450 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/01/10(土) 19:04:27.59 ID:Wf0dBoYo

ぱちぱちぱち





452 名前:1 ◆LG07qCBrq2[saga] 投稿日:2009/01/10(土) 19:05:05.64 ID:d4FW04Mo

[第十七章]ザマ

紀元前203年 やる夫がイタリアを去る少し前にさかのぼる
ギスコーネを打ち破りシファクスを捕えたスキピオはカルタゴ近辺での冬営地を探していた
そこへカルタゴからの使者が訪れる

       ,r::::::....   ヽ:::, -── - 、:::ヽ::.ヽ ヽ
        |   ,' .: :, ‐'         ヽ::ヽ:}i: l
         !:::...i/ .::/         , -―ヽ:i::! !: !  カルタゴから講和使節が来てるにょろ
      │  { ..:::|   __    '    リレ!| !l
       | i .:ヽヘゝ´   `     イかリk|:: |:| !
       !| | { |`ー ,イ丞テミ    弋zソ '|::: !i !
      .!|.:|!::ヽ| ::|`弋zソ          !:: |::|l
       l !::!..::::::| ::|.、    t ― v7   !::. !=' ニニ≠ 、
      ,'//_,. -┤ ::l..\   ` ‐ ‐'   /.!::: !‐'´ ̄ へヽヽ__
     // ィ二.| :::!:::...`>ー-   イ, .::!: |`!     ヾ=、、ヽ
    .///r'   | :::l::::::::...\     /.:: !:: |│     ,'  , ヾ `
    / ' /丶:  | :::|   ::....ヘ  /  .!::: | .|    / /
  /‐'´   \:. | ::::!    ,, =、 > l〃~|:::: !.┘  /


          /    / // /       ヽ\
.         /    // // l/         ヽ丶
        / l / r―/ l  | ハ l ヽ   ト、}
         l  l'   レ7l l  ハ !_ ヽ.ト、 |ハ、 l ノ
         l  l  / ハl l  { l/ `ヽ! ヽf,r、l  !
        /  l / 〃,くl !   レf示r'    lリ/ ! |  あっそう
.       / // ∨lハ (_! l  ハト辷リ   、´l   l  通して頂戴
      / // l   l \l |ノ〃ノ r'フ   _ ノ/ /
       |/ l  l   ヽ l | ||Y 〈__´/ ′/
.     | /{  ト、   ヽヽヽ、     `ヽ, ノ
.      l/ ', ト,l\  ト.}⌒ ̄`ヽ、_,   r′
.     /  ヽヽ.\\ノノ      \   '、
    /    ` \          l\  ヽ
.   /     `,               ヽ \ ヽ
   /      l                 `, 丶
.  /        ヽ ヽ                  }  ',





「ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 第十七章 ザマ」の続きを読む »

投稿日 : 2009/10/14 | カテゴリ : ハンニバル | コメント数 : 1
■ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 第十八章 敗戦始末
161 名前:1 ◆LG07qCBrq2[saga] 投稿日:2009/01/16(金) 21:06:25.09 ID:zlqlGcoo

<とざい とーざい

                    ザマ西方の平原に 広がる草を濡らすのは
           !ヽ, __ ,/{     夜露にあらず朝露にあらず
           !,ゞ´   ヾ    16年の歳月を 共に過ごした戦友の血
           ! !l iリノハリリ    総てを失いカルタゴに 帰り着きたるやる夫の前に
          ノ リ |゚ ワ゚ノ!|    立ちはだかるさだめとは いかなるものにありんしょか~
         (´( と「_l y l_」つ=       __
        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\    |賢|
      /           旦 \  .|狼|
     │二二二二二二二二二二 │ .|ホ|
      │■ ■ ■ ■ ■ ■ │  .|ロ|
      │■ ■ ■ ■ ■ ■ │    ┬
      ======================   ===





164 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/01/16(金) 21:08:08.19 ID:DRD7cWMo

よっ!賢狼屋!地中海一!





163 名前:1 ◆LG07qCBrq2[saga] 投稿日:2009/01/16(金) 21:07:40.53 ID:zlqlGcoo

[第十八章]敗戦始末

ザマの戦いで完勝を収めたスキピオ率いるローマ軍であったが
激戦の疲労は濃く その日は前日に戦場近くに設営しておいた陣営地に戻る

        / : : ; : : /_..-───- ._: :\
.      / : ; : :/: : /´ ______\: ヽ
     /: : _/: :/: : 厶 '´: : : : : : : : : : : : : :`ヽ: ヘ
     /:/ ,.'7: : :/: : : :|: : : : : : : : : : : : : : : : ヘ: ',
    /' , '/ i: : : :|: : : ∧ : : : : : : : : |: : : |: : : : i: |
.     ハ厶i. |: : : :|: :.|:.l ',: : | : : : : : |: : : レ': : :|: |    血の臭いが風に乗って運ばれてくるわね…
    |:.7 /トr|: : : :∟」_|  \|\ : : : | x'´ハ: : : ;' ハ
    |:.' /: | r{ : : : |: ∧「`ヽ、.___,.\: イ__V_,|: :rf:/| |
    |:| |: :.| | |: : : :N 'Tに叮    ヾ hィ}r〈 { 'j.ト'|
    |:ヽ: :.| |、|: : : :|   ゞ-‐’       ̄´l | | l': :!
    l: : : └ : ヘ: : :|、         '   ノ } リ : |
    ∨: : : : : :|ヘ: :.l \     r─ャ _.  '´   l: ,l: |
   ,.、ヘ\ : : | ト: l  `   ._  ,r´       イ、 j/
  ,〈 ', ', ヽ: } | ヽ     / 「|    ィ ´|||',
  / ',. ', ',  V  |          ム -‐ ´ } ||| |


               , -‐ r ─― 、
              /   /      \
           // ,=vシ== 、 ヽヽ ヽ
             // //     ヽ ヽ ! l l
         〃{ i{ {‐-、   ィ尢ハl i| |   そりゃ仕方ないにょろ
           {仆 f _     _ |  | |    それだけ激しい戦いだったってことさっ
           |ハム  ̄ ,    ̄ l  |)l|!
           l `∧  r‐‐v   li  l l |l
.            ,'  i ゝ、 ヽ ノ  ィ'l   l l !
          /  ,'  l _}>‐匕!_ /  ,'l l |
         /rt/   ィf< _ _ `/  /_j | l
        ノ |l/   ,' llニニ二ニ/  /  >、|
       /  /   /. ├ ¬ー/  / // ヽ
.     /   /   /  |   ,/  /´,/    ヽ
   , イ    /  ∧  | fA./  //レ''´    \
  〃≠-、,.イ/  ∧ \,|  /  /  ハ.      \
 〈     { /  /  \__,jイ/  /  /  !`ヽ、   ≠、ヽ





「ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 第十八章 敗戦始末」の続きを読む »

投稿日 : 2009/10/14 | カテゴリ : ハンニバル | コメント数 : 5
■ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 第十九章 神のお告げ
792 名前:1 ◆LG07qCBrq2[saga] 投稿日:2009/01/25(日) 18:01:03.86 ID:Hi3gGaQo

<とざい とーざい

           !ヽ, __ ,/{         身を粉にして国のため 力の限りを尽くせども
           !,ゞ´   ヾ        欲に溺れた貴族には 怨みばかりが募るだけ
           ! !l iリノハリリ         ローマを引き込む奸計に 祖国を追われやる夫はいずこ
          ノ リ |゚ ワ゚ノ!|       見知らぬ土地の夫を想う 蒼星石の心はいかに~
         (´( と「_l y l_」つ=       __
        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\    |賢|
      /           旦 \  .|狼|
     │二二二二二二二二二二 │ .|ホ|
      │■ ■ ■ ■ ■ ■ │  .|ロ|
      │■ ■ ■ ■ ■ ■ │    ┬
      ======================   ===





796 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/01/25(日) 18:02:18.59 ID:8B7Sn96o

よっ!賢狼屋





797 名前:1 ◆LG07qCBrq2[saga] 投稿日:2009/01/25(日) 18:02:49.59 ID:Hi3gGaQo

[第十九章]神のお告げ

―――やる夫がテュロスに亡命したのは紀元前195年のことである
      まずはザマからこの年までの地中海情勢を追っていく

紀元前200年にマケドニアのギリシア侵攻を発端として
ローマ対マケドニアの戦役(第二次マケドニア戦争)が再び起こる

     |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|
    |;:;:_:;:_:;:_:;:_;:;_:;:l:;_;:_:;:_:;:_:;:_;:_;|
    |______|_____|
    | 三|  _     _   |三 !
    | 三|  三シ   ヾ三  |三 |
    | 三′  .._     _,,..  i三 |    ZI…ローマに勝つ方法…と
    ト、ニ| <でiンヽ  ;'i"ィでiン |三.|
    ', iヽ!  、 ‐' /  !、 ーシ |シ,イ
     i,ヽリ    ,' :  !.     |f ノ
     ヾ!    i ,、 ,..、ヽ   lノ
      |      _ _    イ l
      l    ,ィチ‐-‐ヽ  i /
       ゙i、   ゝ、二フ′ ノ/
       | \  ー一 / /
      ,ィ|、  \     /
     ノ            \
   /´               ヽ                 カ
  |    l   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l   カ    タ
  ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.     タ
   ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))
      ┌┬┬┐┌┬┬┬┐┌┬┬┬┐┌┬┬┬┐
   ,. - ''"| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ρ ̄`l
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ ̄ ̄

前章で述べた通り緒戦に敗北したマケドニアであるが
それでもギリシア統一の野望を諦めず 戦役を続行する





「ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 第十九章 神のお告げ」の続きを読む »

投稿日 : 2009/10/14 | カテゴリ : ハンニバル | コメント数 : 0
■ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 第二十章 我が師ハンニバル
376 名前:1 ◆LG07qCBrq2[saga] 投稿日:2009/02/01(日) 18:01:17.04 ID:gv/FhFMo

<とざい とーざい とーざい とざい

           !ヽ, __ ,/{        長く続いた物語も 今宵が終幕とあいなりんす
           !,ゞ´   ヾ      皆様の温かいご支援に 感謝しつつも語りんす
           ! !l iリノハリリ       地中海を股にかけた 一人の男の物語
          ノ リ |゚ ワ゚ノ!|     最期の時まで見逃すなかれ~
         (´( と「_l y l_」つ=       __
        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\    |賢|
      /           旦 \  .|狼|
     │二二二二二二二二二二 │ .|ホ|
      │■ ■ ■ ■ ■ ■ │  .|ロ|
      │■ ■ ■ ■ ■ ■ │    ┬
      ======================   ===





381 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[] 投稿日:2009/02/01(日) 18:01:51.17 ID:ltJ82NE0

よっ、賢狼屋っ!





383 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/02/01(日) 18:02:12.06 ID:eSOWhzYo

賢狼さまも最後のお姿ですね……





382 名前:1 ◆LG07qCBrq2[saga] 投稿日:2009/02/01(日) 18:02:12.04 ID:gv/FhFMo

         ____
       /      \
      /  ─    ─\
    /   (ー)  (●) \               いちばん最後に見た夢だけを
    |       (__人__)    |
     \      ` ⌒´   /
    ノ           \
  /´               ヽ
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))

                                   ,. -── -
                                   , '´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::`ヽ、
                              /.:.:.:.:.:.、.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.\
                               , '.:..:.:./:.:.:..:|.:.:.:.:.:.:..:..:..:..:.:.、:..:.:.:.:.:.:ヽ
                             /:..:..:..:/:.:.:..:..:|:.:.:.:、.:.:.:...:..:...:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:i
                           〃!.:..:.:/:.:.:.:.:.|:.:l!:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.|
   人は覚えているのだろう          || |:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.|:.ハ、:.、:、\.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
                           || |.:.:.:.|:.:.:.:.:/l7─‐ヾゝヽ\.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.}|
                           ヽヘ:.{、:!.:|,イ ノ ァd尓7!:.:``.:.:.| }.:.:.:.:.:.:.:l
                             ヽゞNハ〉.  ゞ-’ |/:.:.:.:.:.:l:'.:.:.:.ノ/`′
                                 ハ'、    /'|:.:.:.:.:.:/:.:.:!/'′
                                  ノl:.:\っ   ||:.:.:.l/ `W
                                 |.:.:/リヽ_ ... -||:.:/|! ,..ゝ-、
                                 ∨/ __ _ _,.ノ V ''´    ,_\__
                                  n}イ''"/〔!\  r‐┘_テvぅフ‐ァ
                                 / ){. / /|ヽ ヽrヘ/J´   ハ〉





386 名前:1 ◆LG07qCBrq2[saga] 投稿日:2009/02/01(日) 18:03:03.40 ID:gv/FhFMo

          /    / // /       ヽ\
.         /    // // l/         ヽ丶
        / l / r―/ l  | ハ l ヽ   ト、}
         l  l'   レ7l l  ハ !_ ヽ.ト、 |ハ、 l ノ
         l  l  / ハl l  { l/ `ヽ! ヽf,r、l  !
        /  l / 〃,くl !   レf示r'    lリ/ ! |       幼い日に見た夢を
.       / // ∨lハ (_! l  ハト辷リ   、´l   l
      / // l   l \l |ノ〃ノ r'フ   _ ノ/ /
       |/ l  l   ヽ l | ||Y 〈__´/ ′/
.     | /{  ト、   ヽヽヽ、     `ヽ, ノ
.      l/ ', ト,l\  ト.}⌒ ̄`ヽ、_,   r′
.     /  ヽヽ.\\ノノ      \   '、
    /    ` \          l\  ヽ
.   /     `,               ヽ \ ヽ
   /      l                 `, 丶
.  /        ヽ ヽ                  }  ',                _,, --‐''` ‐ - 、
                                          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::`\
                                        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                                       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                                       l'.......::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
                                       !::.................................:::::::::..............................`!
                                      ,i:::::::::::::::::::::::::::i:::::∧i...........、.....................:::ヘ
                                      i:::::::::::::::::::::::::/|:::::! i!!::::::::!i:::::k::::::l::::::::::iヘ
    思い出してみないか                          '!:::::::::::::::::i!:/ !::l ゙ !::::/ |::/r 、::l:::i:::|:l
                                       !:i^l:l:::::!i.レ..,__ヘ!   l::/  !(ヽ、`\i'リ
                                       !k i!',:::::! _  ̄_゙゙´ ゙' -‐‐'\ \ \
                                        !ヽ`!::::|  `゙''''''     ‐-‐' \ \ \_
                                         ヾ、j::|         l  r--‐-<;:>、    `ヽ
                                        _,/`i;:ト   u   |:. `` ‐-,、 ``     i
                                      _, r´:/ : :|゙' !、      ,'.:.   /-、\     `、
                                  _, r ´:.:.:.:./:.:.:.:.:|  ヾ、  r‐--っ /!:.:ヽ :`ヽ      ヽ
                               _, r'´:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:|  \ヽ、` ̄ /  |::.:.:ヽ: : ヘ      i
                            _, r ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.|    >-、ー_'/   !::.:.:.:.:ヽ: : :!、    ___!=、
                           /゙: : : : : : : : : : : : ヽ:.:.:.:.:.:./i!  /ヘ i. / 入  |\.:.:.:.:.ヽ;,r'`‐´_,,..---┴





391 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/02/01(日) 18:04:30.32 ID:R0yHfWgo

いきなりスタッフロール?





392 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/02/01(日) 18:04:47.39 ID:rxDQkLgo

ついに終わってしまうのか





390 名前:1 ◆LG07qCBrq2[saga] 投稿日:2009/02/01(日) 18:04:04.59 ID:gv/FhFMo

[第二十章/最終章]我が師ハンニバル

ローマとシリアの水面下での対立が徐々に深まる中
やる夫はシリア王アンティオコス3世の招聘を受ける

            _  -───-   _
            ,  '´           `ヽ
          /                 \
        /                    ヽ
      / __, ィ_,-ァ__,, ,,、  , 、,,__ -ァ-=彡ヘ  ヽ
       ' 「      ´ {ハi′          }  l
      |  |                    |  |   一緒に や ら な い か
       |  !                        |  |
      | │                   〈   !
      | |/ノ二__‐──ァ   ヽニニ二二二ヾ } ,'⌒ヽ
     /⌒!|  =彳o。ト ̄ヽ     '´ !o_シ`ヾ | i/ ヽ !
     ! ハ!|  ー─ '  i  !    `'   '' "   ||ヽ l |
    | | /ヽ!        |            |ヽ i !
    ヽ {  |           !           |ノ  /
     ヽ  |        _   ,、            ! , ′
      \ !         '-゙ ‐ ゙        レ'
        `!                    /
        ヽ     ゙  ̄   ̄ `     / |
            |\      ー ─‐       , ′ !
           |  \             /   |
      _ -‐┤ ゙、 \           /  ! l  |`ーr─-  _
 _ -‐ '"   / |  ゙、   ヽ ____  '´   '│  !  |     ゙''‐- 、,_



     ____
   /     \
  /  ─    ─\
/   ‐===‐ ‐=・=-\   一応聞かせて頂きますが何をですかお?
|       (__人__)    |
\     ` ⌒´   ,/





「ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 第二十章 我が師ハンニバル」の続きを読む »

投稿日 : 2009/10/14 | カテゴリ : ハンニバル | コメント数 : 8
■ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 後夜祭その一 デラーズ閣下がローマで凱旋式を行うようです

◆2009/2/15(日)の歴史系やる夫スレ番組表◆

昼          VIP      やる夫がフューラーになるようです
15:00        .パー速     やる夫が光武帝になるようです
17:00        .VIP      やる夫とやらない夫で学ぶヴィクトリア朝イギリスの生活
18:00~19:00  VIP      やる夫で学ぶ柳生一族
20:00        .パー速     やる夫が鎌倉幕府の成立を見るそうです
            パー速     やる夫が三国志を駆けるようです
21:00        .パー速     やる夫がバシレウスになるようです。
            やる夫板  やる夫達で辿るモンスターメイカーの歴史
22:00        .パー速     やる夫達がモンゴルに逆らうようです
                        やる夫がチンギスハンになるようですスレにて
時間未定    やる夫板  やる夫が正史を書くようです



この日、たまたま発表が重なり合い、
歴史祭りに賑わったやる夫スレに一人の作者が帰還した……





406 名前:◆LG07qCBrq2[sage] 投稿日:2009/02/15(日) 05:05:40.68 ID:MNcI7Joo

   _, ,_       …歴史スレ祭りに触発されてゆっくり番外編なんて作ってたら
  ( ・∀・ )      こんな時間になってしまったでござるヨネ
_(_つ/ ̄ ̄ ̄/_ 今日のどこかでここに投下しちゃってよろしいでしょうか?
  \/___/





407 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage] 投稿日:2009/02/15(日) 05:14:40.13 ID:tNcL20Io

ここまで増えたなら、後一つや二つ最早変わらねーww
YOUやっちゃいなよ





「ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 後夜祭その一 デラーズ閣下がローマで凱旋式を行うようです」の続きを読む »

投稿日 : 2009/10/14 | カテゴリ : ハンニバル | コメント数 : 0
■ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 後夜祭その二 ローマ人とカルタゴ人の通信簿
40 名前: ◆MapPerVmH.[saga] 投稿日:2009/09/20(日) 00:34:40.20 ID:oajvLdco

【正直一年後もやる夫スレ作ってるとか思ってなかった記念】

                                _ ,> - ‐‐ - 、
              /ヽ    _,              ⌒7 : : : : : : : : : : :\
          /∧:}_ /イ}.                /: : : : _: : : :_ト、: : : : ',
        ,ィ : ^^: : : :^ヾV            |:l: :爪.: : : : :|`ヽ : : : !
     { { /: : : : : : : : : : :ハ<あれから一年  Nハi ' \ト、リ 八j : :j
       !: : :/: /{:ノリ^j ノl: |                 ト,i --   ー─‐,リ: : ,'
        |: : :|: :| ○  ○?      経ちますた>Nk " ゥ  "_jノリV
        |: : :|: :|ー>‐'ー1イ:|                     `フ777^ヘ
         j: :.人_に{^)_,ノ)j/                   r「茶|ん~,〉__
   i{`ーz‐ヘ: : :{´ _(入j:厂                    {{()tっ「`´ ((V ))
    `<__Y( ̄   `ヽ                  フ7¨¬く{  ̄ 〉
       `⌒`ー‐'´ ̄                    〈__〈 ー‐人___/




                       _人人人人人人人人人人人人人人人人人_
            ,.-─────-、    >  「やるニバル開始一年記念」       <
          /      .:.:.:.::::::::::::::|   >  ゆっくりしていってくりゃれ!アワー!!<
         /     .:.:.:.:.::::::::::::::::::::|   >         いくといいよ!!       <
        ./     .:.:.:.:.::::::::::::::::::::::」_  ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄
       〈   , -一'"´   _ __ _   ``)       ムヽ、     ムヽ        ル ´',
      ヽ/.:.::::::: :., .:.:.::::::::::::::::::::::.:.ヽ 〈      .ノ ヘ ゛  ̄ ノハ ',    ハ , '    フ
      _ノ´.:.::::::::.:/.:::l::::.ヽ.、:.:.::::::::.ヽ:.:ヽト、    'r ´          l  ヽ / ´ ハ 、i
    < .:.:.:.:.::::, .イ .:.:.:j.::lト、トト、.:、:.:.::::::`,:::j::|    ,'==─-      -─==', V /レ´  V i
      \_, イ .:.::i.:.::::/:/__,.   ` ー=ュ、l:::|/   i イ iゝ、ハハハ/_ルヽ  i. |       1
       `i1.:.:.:::|;:ィイ/(ヒ_]     ヒ_ン l::〈i    リイi (ヒ_]     ヒ_ン ) |  i |       i
          |ト、.:.::|.::::| '"  ,___,   "' !::/   レV!!""  ,___,   "" .|  i |       ノ
         |l.::ヽ.:!.::::l    ヽ _ン    ノ/       i.',.   ヽ _ン    .ノ -=| |     ,ノ
        ト、.::.ミ.:.:::::、       /l      ル ハ、       ,イ| ルノ ',─ ー ´
           `ヘ.:.>,、 _____, ,.イ:::/      レ  ν` ー--─ ´ルノνレハ





41 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/09/20(日) 00:35:50.46 ID:FV/GhTMo

うお何かハジマタww





44 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/09/20(日) 00:42:21.35 ID:DNdwxoQo

ぱちぱちぱち





「ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 後夜祭その二 ローマ人とカルタゴ人の通信簿」の続きを読む »

投稿日 : 2009/10/15 | カテゴリ : ハンニバル | コメント数 : 1
■大学者プリニウスとローマ人の誇り
134 名前: ◆fkgQclxTB. [sage] 投稿日:2009/12/19(土) 04:20:07 ID:sgS4trLk0


                    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                     |  紅白AA合戦に出品する作品らしいモナ。
 ____________  \            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | __________  |    ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄|  歴史ものだってさ。
 | |                | |             \
 | | |> PLAY.       | |               ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | |                | |           ∧_∧ ∧_∧ ∧∧ ドキドキ
 | |                | |     ピッ   (´∀` )(・∀・ )(゚Д゚ )
 | |                | |       ◇⊂    )(    ) |  ヽノ___
 |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |       ||―┌ ┌ _) ┌ ┌ _)⊂UUO__||  |
 |  °°   ∞   ≡ ≡   |       || (_(__)(_(__).      ||  |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





135 名前: ◆fkgQclxTB. [sage] 投稿日:2009/12/19(土) 04:20:58 ID:sgS4trLk0


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::……この物語は史実を元にしたフィクションであり、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::物語の展開を重視し、故意に史実を無視、脚色した部分が含まれます。::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::あらかじめご了承くださいますよう、お願いいたします。:::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::





136 名前: ◆fkgQclxTB. [sage] 投稿日:2009/12/19(土) 04:21:39 ID:sgS4trLk0


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::





137 名前: ◆fkgQclxTB. [sage] 投稿日:2009/12/19(土) 04:22:23 ID:sgS4trLk0


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ス…:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::|::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::ノ;;;llll;゙|:::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::(/::Uヽ;;;;;;;ノ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::





138 名前: ◆fkgQclxTB. [sage] 投稿日:2009/12/19(土) 04:23:03 ID:sgS4trLk0


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::     ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::      ::::::::::::::::::::パッ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::       :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   ↑ヾ''""/  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   |[,≡≡]  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   ||] ゚-゚[l   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.   |IIII:V:I/'⌒ヽ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::     Φ |::三 |   | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::     |ノ,,,llll,゙|   | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..  | (/"Uヽ__ノ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::





「大学者プリニウスとローマ人の誇り」の続きを読む »

投稿日 : 2009/12/19 | カテゴリ : ◆単体作品 | コメント数 : 11
■やる夫の城塞都市物語 まとめ
.


                               ――あの街を僕にください



                                   | ̄ ̄|| | ̄ ̄|i | ̄ ̄|| | ̄ ̄|l
                                 || ̄ ̄| ̄ ̄l ̄ ̄| ̄ ̄! ̄ ̄| ̄ ̄| ̄||
                                 l| ̄| ̄ ̄i ̄ ̄| ̄ ̄l ̄ ̄| ̄ ̄! ̄ ̄|l
                       | ̄ ̄|l | ̄ ̄|| || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄i ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄|| | ̄ ̄|| | ̄ ̄|i
                       ̄i ̄ ̄|゙ '' ̄i ̄ ̄|| ̄! ̄ ̄;/ ̄ 。 。 † 。 。 ̄ヾ ̄| ̄ ̄|i ̄| ̄`~|i ̄ ̄| ̄ ̄
                       ̄ ̄| ̄ ̄i`~ ̄| ̄i| ̄ ̄| ̄|   |VV◇VV|  | ̄ ̄| ̄|| ̄ ̄i ̄″| ̄ ̄|i ̄
                       ̄| ̄;゙|i ̄ ̄l! ̄ ̄|| ̄| ̄ ̄|  /\  /\  | ̄i ̄ ̄|| ̄i ̄ ̄| ̄ ̄i ̄~`l
                       ̄ ̄i ̄ ̄| ̄ ̄i、 ;|| ̄ ̄| ̄|/( ●)  (●)\| ̄ ̄| ̄|l ̄ ̄| ̄`~|i ̄″| ̄
                       ̄i ̄`~| ̄ヾl; ̄ ̄l| ̄| ̄ /::::::⌒(__人__)⌒:::::\ ̄| ̄ ̄|| ̄| ̄ ̄i| ̄ ̄| ̄ ̄
                      `、 ̄| ̄ ̄i ̄ ̄| ̄|| ̄ ̄||       ̄       | ̄! ̄|| ゙̄ ゙i ̄ ̄| ̄ヾi| ̄
                      ″| ̄ ̄i| ̄!,,| ̄ ̄i| ̄! ̄ \    /;:|ー'      ノ:;|| ̄ ̄|| ̄i ̄ ̄| ̄ ̄i ̄ ̄l
                      | ̄~~i ̄ ̄| ̄ i ; ̄|| ̄ ̄| ̄|> {;:;::乂_,,ッ、、_/.:;:;} ̄| ̄|| ̄゛| ̄ ̄|i ̄ ̄| ̄_
                      ''- .._   ~""''' ‐- ...,,__/   ゞ彡彡ニミミッ;;/,..-‐''~""''' ‐- ...,,___,,.-‐'
                                     (  _б 彡〃    ゙ヾミ、
                                     ゞ   ''"/ : :.,;"´゙,  ヾゝ
                                      ∥  ゙i .:ト'',.´;,   ',;:.:"〈
                                      丁    〈● :゙;, ,;"::;●夂
                                     八  `ヾ,|`      ";l 乂
                                     / /,!;;;ゝ,リ|      i)! : .彡
                                    ,/ヽ//: :,ヾ〉      ! | : . |
                                  // : : //イ   {     } !、_ !
                                /: / : : //     `i.;゙:.,,:''::`/  ヾ
                                /: : / =、/,.!      ヾ;∞;ソ    }!


                                やる夫の城塞都市物語




「やる夫の城塞都市物語 まとめ」の続きを読む »

投稿日 : 2010/07/31 | カテゴリ : 城塞都市物語 | コメント数 : 1
■やる夫の城塞都市物語 予告編
739 名前: ◆Zr4xz82y3k [sage] 投稿日:2010/07/28(水) 21:10:50 ID:NGG9/kQI




 『一都市の陥落が一国家の滅亡に繋がる例は、歴史上、さほど珍しくない』




   .∥                            ∧          _____| .::|─Λ
   .∥                       Λ   /| |n_n_n     ∧  n_n_n_n_| .::|⌒| :|へ
   .∧                      i.  | i'´ ̄`i∨  . ::|ニニニニニニ|...    ∨  .| :| ̄|
  ∧ヘ                 Λ | |'´.:∧| |  . . ::| ロ ロ ロ ロ .|::: .   .:.:|_n_n_n_n_n
  ΔVΔ                    | :|ヘ| | / n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n . :::|     ..:|
  ||:||:||:||            n_n_n_n_n_n_n_n_|::.: .               . :.:::|_n_n_n_n_n_n_n_n_n_
_||:||:||:||            |::.:. .        |::.:.n.    n    n   .n.:.:::|       / ̄
  |===ト、  │       |:: . . `=f==f===|::.:. .. i | i             . :.:::|  n   ,∠___
\\|_| \n_∥_n_n    |:: []__|_|__.|::.:. .. l!ヘl!  「|  「|   ____|____.|] [] [] [] [
]士ェェェェェ| ∥::ロ:ロ|___、 |::.|X⌒X⌒X⌒X|::::.::. |曰||  .|.|'⌒|.|  /_n_n_n_.n , .|========
 | /Λ /Λ:| //\ :::|─‐ヘ.∧二二二二二二二二|TT|  :|:|   |:|  .| :|ロ|: |ロ|: |ロ|: / |工工工工
 | || ||. || ||::| _./__.,>:| ゚_゚::゚::| |_l]_l]_l]_l]_l]_l]_l]_l]_l]_l.|.|_l.|-──────────|ェェェェェェェェ
 | ||_||. ||_||::| | 「| 「|| .∠∧┴/_n_n_n_n_n_n__/ l] l] l] l] l] l] l] l] l]|┴r┴r┴r┴r
]士ェェェェェ] | l」 l」|ヘ、| |:::::| ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ /_n_n_n_n_n_n_/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | ∠二二ヽl=|====| ̄|::| |:::::| ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ | ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ /_n_n_n_n_n_
 | ||:::::::Λ::| l: | 「| 「 ∧      ∧      .∧      ∧      .∧      ∧
┬┬┬| :|┬┬┬┬| :l┬┬┬┬.| :l┬┬┬┬| :l┬┬┬┬.| :l┬┬┬┬| :l┬┬┬┬.| :|┬┬┬┬‐
∧∧/`| ::|ヘ/∨∨ヘ| ::|ヘ/'∨∨ヘ| ::|ヘ/∨∨ヘ| ::|ヘ/'∨∨ヘ| ::|ヘ/∨∨ヘ| ::|ヘ/'∨∨ヘ| ::|ヘ/∨∨ヘ|
./⌒ヽ :| ::| 〃⌒ヽ | ::| ,〃⌒ヽ | ::| 〃⌒ヽ | ::| ,〃⌒ヽ | ::| 〃⌒ヽ | ::| ,〃⌒ヽ | ::| 〃⌒ヽ |
二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二
_l'__;l__ l>┬┴┬┴‐┬┴‐┬┴‐┬┴┬┴‐┬┴‐┬┴┬┴‐┬┴‐┬┴┬┴‐┬┴‐┬
__;l__l/´,>┴─┴‐─┴‐─┴‐─┴─┴─‐┴‐─┴─┴─‐┴─‐┴─┴─‐┴─‐┴
_;l__;l_/ ./::::/´ . |
__'l_,∧/::::::/  .|  |





740 名前: ◆Zr4xz82y3k [sage] 投稿日:2010/07/28(水) 21:11:17 ID:NGG9/kQI




『だが、一文明の終焉につながる例となると、人類の長い歴史で幾例を挙げることができるだろうか』




               __,,.. -‐¬ニ三 ̄l__
           _,,.-‐=ニ´‐¬⌒´ ̄l    |、ハ
      __,,.イ´-‐'i"´ ! __,,..!-‐_ニ"l´ ̄┘! }Λ
      }ニイ´! __, -rァi´   ! l__| |    | ヽΛ
.   /レ' ,.イ丁  | ゙┘|  _|__,,,,...斗--ー‐j‐┴┴┐    
原作 『コンスタンティノープルの陥落』 塩野七生
   /ヲ1 l´ |└' _,,.l-‐''T二斗ェェァ7圷己己己己刊
.  ∨! |」レ‐'',.斗ァ'T圷下己f不己Τヲ<¨フ=ミ | |
   }j/イ下匕f弌「ハ. l⌒l.l l´ ゙!.! !  | |   | | |ハ
   j.イn'゙ハ、Π.| 「゙|::||  |.| |   |.| |____」 |__|_|_|ハ______ ┌r‐--=....,,,__
   〈1「!:|'|::| |::| L..!└┘_二_j_`二] !_二二j_二二エニニニニ辷^┴‐┐lコ : : : ̄`>、
    |j」l‐'_¨ 三ェ七托己下己!下己'斤己己下二工二二下r┐ーー‐|: : Π┬i: n: :_:|
   必斥f斤Π i'゙`l l⌒l f⌒l」 l⌒゙l」 l´:::`l l.「:::`l | 「:::::`l|Ⅵ/⌒! Ⅵ┘Lj└' '='」|
.  'l|「lΠ|::| |::| | :::| |:::::| | : :|.| | :::::|.l |::::::::| |」::::: | | |::::::: || Ⅵ::::::| Ⅵ} l^lΠn┐!|
   jj」,!L!'=' '-'└‐'_'ニ´_二´i_`二].j_¨二´_l,,¨二工¨二¨T二二刀ー亠‐┐|_||_!_!_||
  幺赱赱赱赱云冗己子己l子己冗己己刀二.工二二工二二Ⅵ〔ニニニ}.ニ ニ゙ニ`!
  `「「ll^l´l l´゙l.l´`Ll⌒l f⌒l.i l⌒゙i l l´:::`l l.f⌒゙l l l/⌒',.」_/⌒l_||Ⅵl⌒l 〈!Π「!「!「|
  r比ll_」l:j | ::|.| :::| |:::::| | : :|.l | : ::| l |::::::::| |.|::::: | l |::::::: | | |::::: | || Ⅵ::: | |.|:j !j.lЦ!
   `¨¨`¬'ー'='ニ゙,,辷,j_辷_|」_!::::::| l |::::::::| |」::::: | l |::::::: | | |::::: | llーヘ二l一'¨¨ ̄
                         ̄´ ̄ ̄ ̄` ̄ ̄ ̄`ー‐'‐'‐'ー‐''´ ̄´





「やる夫の城塞都市物語 予告編」の続きを読む »

投稿日 : 2010/07/31 | カテゴリ : 城塞都市物語 | コメント数 : 11
■やる夫の城塞都市物語 第1話 「皇帝とスルタン」
9 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/07/31(土) 20:02:31 ID:8vseJhjg

: : ,-~´`、_: : : : : : : : : : : : : /
: : : )    `~`ヽ__: : : : : /                     、-‐フ
: : /          `´~´                _     |: : ヽ,ワ
: : )                     ,-~、_   __ノ: `ゝ、   ヽ,: : : ヾ
/                     |: : : : : `~´: : : : : : : |     ~|,: : : ´ヾ
                     ,ノ´: : : : : : : : : : : 、~|: : ヽ_    |,: : : : : ~ド-、_                `ヽ  ,,_,,_ノ
                 _、~‐´: : : : : : : : : : : : : : ヽ |´: : : : ヽ   ~ヽ--ッ: : : : : ~ヽッ               ,,`=´--、
                /: : : : : : : : : : : : : : : : : : ,、- ~、: : : : : : ヽ,-、    ´‐、_,: : : : |        ,,,、-、-‐、_-‐´_--‐´
               (: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `)  ): : : : : : : : : `ッ_    、 ヽ-、 (      Γ、ツ: : : : : i´~~~
~、            ,~`: : : : : : : : : : : : : : : : : : : ノ  |: : : : : : : : : : : : `‐、  /, ~`-´: :\    `ヽ_: : : : `‐i
: : : |_   _    、-__|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ´- ‐": : : : : : : : : : : : : : : ヽ __): : : : : : :´-,    "~、: : : : 、‐`
: : : `‐´~´ : `~-´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : _: _: : :_,: ノノ: : : : : : : : : ´_~~ッ: _: ト: : : ~ ̄`{
: / ̄し,_: : : : : : : : : : ,~-__~~_: : : _ _: : : : : __: : : : :(_, `‐´ ( `´: : : : : : : : : : : : (  、_): : : : : : : : : : `‐_,‐‐、, ,_i´~ ̄`‐ ´~
       ` ´し,,,-~´~~          `‐´`´ `~´   レフ: : : : : ヽ-、_): : : : : : : : : : : : : : : (_、 、ヾ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
                                 ~: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ~ ~


     ┌────────────────────────────────────────┐
     │一都市の陥落が一国家の滅亡につながる例は、歴史上、さほどめずらしいことではない。    .│
     └────────────────────────────────────────┘





10 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/07/31(土) 20:03:04 ID:8vseJhjg


   ┌───────────────────────────────────────────┐
   │しかし、一都市の陥落が、文明の終焉につながる例となると、幾例を挙げることができるだろうか。   ..│
   └───────────────────────────────────────────┘


   .∥                            ∧          _____| .::|─Λ
   .∥                       Λ   /| |n_n_n     ∧  n_n_n_n_| .::|⌒| :|へ
   .∧                      i.  | i'´ ̄`i∨  . ::|ニニニニニニ|...    ∨  .| :| ̄|
  ∧ヘ                 Λ | |'´.:∧| |  . . ::| ロ ロ ロ ロ .|::: .   .:.:|_n_n_n_n_n
  ΔVΔ                    | :|ヘ| | / n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n . :::|     ..:|
  ||:||:||:||            n_n_n_n_n_n_n_n_|::.: .               . :.:::|_n_n_n_n_n_n_n_n_n_
_||:||:||:||            |::.:. .        |::.:.n.    n    n   .n.:.:::|       / ̄
  |===ト、  │       |:: . . `=f==f===|::.:. .. i | i             . :.:::|  n   ,∠___
\\|_| \n_∥_n_n    |:: []__|_|__.|::.:. .. l!ヘl!  「|  「|   ____|____.|] [] [] [] [
]士ェェェェェ| ∥::ロ:ロ|___、 |::.|X⌒X⌒X⌒X|::::.::. |曰||  .|.|'⌒|.|  /_n_n_n_.n , .|========
 | /Λ /Λ:| //\ :::|─‐ヘ.∧二二二二二二二二|TT|  :|:|   |:|  .| :|ロ|: |ロ|: |ロ|: / |工工工工
 | || ||. || ||::| _./__.,>:| ゚_゚::゚::| |_l]_l]_l]_l]_l]_l]_l]_l]_l]_l.|.|_l.|-──────────|ェェェェェェェェ
 | ||_||. ||_||::| | 「| 「|| .∠∧┴/_n_n_n_n_n_n__/ l] l] l] l] l] l] l] l] l]|┴r┴r┴r┴r
]士ェェェェェ] | l」 l」|ヘ、| |:::::| ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ /_n_n_n_n_n_n_/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | ∠二二ヽl=|====| ̄|::| |:::::| ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ | ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ /_n_n_n_n_n_
 | ||:::::::Λ::| l: | 「| 「 ∧      ∧      .∧      ∧      .∧      ∧
┬┬┬| :|┬┬┬┬| :l┬┬┬┬.| :l┬┬┬┬| :l┬┬┬┬.| :l┬┬┬┬| :l┬┬┬┬.| :|┬┬┬┬‐
∧∧/`| ::|ヘ/∨∨ヘ| ::|ヘ/'∨∨ヘ| ::|ヘ/∨∨ヘ| ::|ヘ/'∨∨ヘ| ::|ヘ/∨∨ヘ| ::|ヘ/'∨∨ヘ| ::|ヘ/∨∨ヘ|
./⌒ヽ :| ::| 〃⌒ヽ | ::| ,〃⌒ヽ | ::| 〃⌒ヽ | ::| ,〃⌒ヽ | ::| 〃⌒ヽ | ::| ,〃⌒ヽ | ::| 〃⌒ヽ |
二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二
_l'__;l__ l>┬┴┬┴‐┬┴‐┬┴‐┬┴┬┴‐┬┴‐┬┴┬┴‐┬┴‐┬┴┬┴‐┬┴‐┬
__;l__l/´,>┴─┴‐─┴‐─┴‐─┴─┴─‐┴‐─┴─┴─‐┴─‐┴─┴─‐┴─‐┴
_;l__;l_/ ./::::/´ . |
__'l_,∧/::::::/  .|  |





13 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/07/31(土) 20:04:02 ID:8vseJhjg


                      ┏┓                    ┏┓
                      ┗╋━━━━━━━━━━╋┛
                      ┏╋──────────╋┓
                      ┃|                    |┃
                      ┃|           |┃
                      ┃|            |┃
                      ┃|            |┃
                      ┃|            |┃
                      ┃|                    |┃
                      ┗╋──────────╋┛
                      ┏╋━━━━━━━━━━╋┓
                      ┗┛                    ┗┛


                       | ̄ ̄|| | ̄ ̄|i | ̄ ̄|| | ̄ ̄|l
                     || ̄ ̄| ̄ ̄l ̄ ̄| ̄ ̄! ̄ ̄| ̄ ̄| ̄||
                     l| ̄| ̄ ̄i ̄ ̄| ̄ ̄l ̄ ̄| ̄ ̄! ̄ ̄|l
           | ̄ ̄|l | ̄ ̄|| || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄i ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄|| | ̄ ̄|| | ̄ ̄|i
           ̄i ̄ ̄|゙ '' ̄i ̄ ̄|| ̄! ̄ ̄;/ ̄ 。 。 † 。 。 ̄ヾ ̄| ̄ ̄|i ̄| ̄`~|i ̄ ̄| ̄ ̄
           ̄ ̄| ̄ ̄i`~ ̄| ̄i| ̄ ̄| ̄|   |VV◇VV|  | ̄ ̄| ̄|| ̄ ̄i ̄″| ̄ ̄|i ̄
           ̄| ̄;゙|i ̄ ̄l! ̄ ̄|| ̄| ̄ ̄|  /\  /\  | ̄i ̄ ̄|| ̄i ̄ ̄| ̄ ̄i ̄~`l
           ̄ ̄i ̄ ̄| ̄ ̄i、 ;|| ̄ ̄| ̄|/( ●)  (●)\| ̄ ̄| ̄|l ̄ ̄| ̄`~|i ̄″| ̄
           ̄i ̄`~| ̄ヾl; ̄ ̄l| ̄| ̄ /::::::⌒(__人__)⌒:::::\ ̄| ̄ ̄|| ̄| ̄ ̄i| ̄ ̄| ̄ ̄
          `、 ̄| ̄ ̄i ̄ ̄| ̄|| ̄ ̄||       ̄       | ̄! ̄|| ゙̄ ゙i ̄ ̄| ̄ヾi| ̄
          ″| ̄ ̄i| ̄!,,| ̄ ̄i| ̄! ̄ \    /;:|ー'      ノ:;|| ̄ ̄|| ̄i ̄ ̄| ̄ ̄i ̄ ̄l
          | ̄~~i ̄ ̄| ̄ i ; ̄|| ̄ ̄| ̄|> {;:;::乂_,,ッ、、_/.:;:;} ̄| ̄|| ̄゛| ̄ ̄|i ̄ ̄| ̄_
          ''- .._   ~""''' ‐- ...,,__/   ゞ彡彡ニミミッ;;/,..-‐''~""''' ‐- ...,,___,,.-‐'
                         (  _б 彡〃    ゙ヾミ、
                         ゞ   ''"/ : :.,;"´゙,  ヾゝ
                          ∥  ゙i .:ト'',.´;,   ',;:.:"〈
                          丁    〈● :゙;, ,;"::;●夂
                         八  `ヾ,|`      ";l 乂
                         / /,!;;;ゝ,リ|      i)! : .彡
                        ,/ヽ//: :,ヾ〉      ! | : . |
                      // : : //イ   {     } !、_ !
                    /: / : : //     `i.;゙:.,,:''::`/  ヾ
                    /: : / =、/,.!      ヾ;∞;ソ    }!


               原作 『コンスタンティノープルの陥落』 塩野七生





「やる夫の城塞都市物語 第1話 「皇帝とスルタン」」の続きを読む »

投稿日 : 2010/08/01 | カテゴリ : 城塞都市物語 | コメント数 : 7
■やる夫の城塞都市物語 第2話 「現場証人たち」
244 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/08/06(金) 20:03:49 ID:zteBnrpA

                     )i☆i(
               ;O;+  ;o+: ;i|*|i、 ;;o;+、 ;;O+;
               |i、i''ii、;i゙ii、;ii'゙゙'ii;;、,ii゙i、,ii''i,i|
               |i|O|・Xo゚)||◯||(゚oX・|O|i|
               |'゙゙+''゙゙*''゙゙+''゙゙゙'+''゙゙*゙゙''+゙゙|
               ゙!!'''゙'''''゙''''''゙''''''''''゙'''''''゙'''、!!゙
              /  ⌒     ⌒ \
             /   (●)    (●)  .\     ビザンツ帝国皇帝、
             |      (__人__)     |
             \      ` ⌒´      /     やる夫・コンスタンティヌス11世だお。
            f~~r 、''''‐-: ''''~~"~ ""~~~,,,,{,
      _,,,,,,_    /,ィ〔/T‐ェ',     ''''' ~~   ヽ
   ,.'''~   ゙i ~~''t-'7:::i' ! !::::::::~''- .,         -‐く
   i   , t-l   l::/:::::l l l:::::::::::::::::::゙i' - .,_     `i
   i゙''''f l::::l    l/::::::;l ll l:::::::::::::::::::;!:::::::::::~ ''''''‐-t-'
   l_l l::::!   /::::::::l l l l::::::::::::::::ゝ:;:::::::::::::::::::::::::゙i
 /  \:::l.  /:::::::〔,,,l:l,,,〕:::::::::::::゙!~ ~'- 、:::::::::::::::〈
.."''t---f''゙!::!  ./::::::::::::::i:i:::::::::::::::::r.'    ヽ;:::::::::::::ヽ
  〈   〉.l::l.  ,!:::::::::::::::l::l:::::::::::::::::゙t:..、     ~''‐-- 'i
  l---l ゙',.=く:::::::::::::::::l:::l:::::::::::;;: -!  ヽ,        ヽ
    ̄ r::'":::::::ヽ;::::::::::;;l;;;;l. ァ ''/ .r゙;..,,,.ノ::ヽ,       ゙:,
      ヾ:;;;;;;;::;;: ‐'' "   i  i‐ァ ,!r'''''' '' - 'ヽ.,     ,,. t'
    ,,. -'''"__゙' ‐---‐‐''"__,」:l,,,!l;         ヽ;::~'''''''~:::::::゙;,
    ゙'''''''''" ゙''‐----‐''"     ゙''‐---‐''" ゙''‐---‐''

  【ビザンツ帝国皇帝 やる夫・コンスタンティヌス11世】




      o. ╋ .o.
     |`‐´`‐´|
     |_皇_|
    /      \
   / ─    ─ \
 /  (●)  (●)  \      物語を続けるまえに、
 |    (__人__)    |      幕間というか、キーワードの補足をやろうと思っているお。
 \    ` ⌒´    /
 /            |
(_ )   ・    ・  ||
  l⌒ヽ        _ノ |
  |  r ` (;;;U;;)   )__)
 (_ノ  ̄  / /
        ( _)





249 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/06(金) 20:07:32 ID:SwLKoYlk

皇帝にしては粗末な股間っすね





「やる夫の城塞都市物語 第2話 「現場証人たち」 」の続きを読む »

投稿日 : 2010/08/07 | カテゴリ : 城塞都市物語 | コメント数 : 15
■やる夫の城塞都市物語 第3話 「東西教会合同」
594 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/08/14(土) 20:01:47 ID:r0.VJAnI

         ,;彡ミミミ;'""'''""'''""""'''''""''彡ミミ;,
         フ彡彡;;, ヽ、,, ,..:::..  ,.:'   ゞ;;,ミミゝ
         ';彡ミシ,;r==::;,,':.':::::::..,,,;r=ニニゝ;,,ミ7"'
         "'';;彡'",;;;;;;;;;;;;;;,ヽ:::....r;;;;;;;;;;;;;;;;;,,Y"'ヽ,
         /"'iシi,;;;;;;;;;;;;;;;;;;',l::::"''!;;;;;;;;;;;;;;;;;,ノl⌒"l,
         ,i /,;"ソヾ::;;;;;;;::ノ.l:::.."''ヾ:::::;;;;,''"::l ノ ノ        カトリック枢機卿にして
         i., y 'l,  ....:::::::l',;'' ;,, ヽ、   l〆/        ギリシャ正教の総主教でもある
          \ヽ;'i:.   "',;':::::::::....ゝ "'ヽ.,:l /"         イシドロスだ。
           \,'l..    "':::;;;'''""  ;''ゝ i''
            "l,::.. r‐,_,. -―''''''ニニノ ..:::l
             l:::..."'ヽ,二ニニ‐''",,; .::/l
             'lヽ、.::"'''''''""""""..:::/ .l
              l;;;;;ヽ、 . :.: :::. . : ..::../  l
            ,r'"l;;;;;;;;;ヽ,,;;,,;,;;;;;;;;;;;;;;/   l"';,
             l;(く;l..:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;''''"" ,;;l)):l
            l;;,"''ー-::;;;;;;;;;;''  _,,,...r'':::::::;;ー;,,
          i''"";ii;;:::::::::::::;i::i:ヽニニン,i,;:,:::::::::::,;l'::ヾ:'i_,,
 __,,,,,,,.....:.....,i"::::::::::::::;ii;:"'t.,::::::::;;;l   /:::::::::;;;;::i'i::;;:::ヾ:::::ー―- ...,,,,,

          【カトリック枢機卿 イシドロス】




          _灸ヽヾヽi ヽ`´゙´´` r -,
          ,> ,r´ ̄`゙´ヅ´`´々, ´゙;,
         彡;.゙           ヾ, ミ
        .ミ . i! ,: =ニヽ、  ,r=ニ=;,. ゙;彡ソ
        ;`7/゙r∥_,r=-, i|=|i´,r=ヘ`li,. ;彡>,       枢機卿という地位は法王に次ぐ位階であり、
        彡l ,:/ヾ_゙ _ ._ノ .|l|.ヾ=,. _ ノヾ`ミソ        総主教とは正教の中ではトップでもある。
        i!ヽヾ´   ̄ /∠_ヾ、  ̄ヽ` `;/!ミ
        liゝ|       |ソ |三|ヽゝ  ヽヾ|/.:i
        |l :.|  ,r ,_  ____  _, 7 ,i, y゙        しかし、カトリックと正教では
          ヾ.l/ ゙ ` ゙̄ー===―` ̄ ´ ゙ lソ         カトリックがキリスト教の中では上位とされているので、
           i// , .          ヾ、゙,!            自然とカトリックを優先されることとなる。
          ト、// /,. .il||!. ,. liヾ i!イ
           _,r┤  > 、i!ll|||||||lli!l.|l/.i!ト:、
       /゙ ,/゙ ̄ ̄トミー―゙ノ ̄ヾ:y,,|  `ヽ、
      /   l::::::::::::::::::::i,     i!:::::::::::::`il    \





595 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/08/14(土) 20:02:15 ID:r0.VJAnI

                    ./| ̄ ̄|
                     |  |    |
                     |  | .∧_∧
            ____ |  | (  ´Д`)___
         ./ |      ミ.  / (ヽ ./.)ヽ     |      お題
         |   |______ .  (  ,\\i | .____|
         | /____    ヽ、,/\_,,i  彡 /
                  |  | /  " |  ̄ ̄ ̄       『ローマカトリックとギリシャ正教の歴史』
                  |  | i   , .|
                  |  | .|  .| .|
                  |  | |  i .ノ
                  |  | / イ/
                  |  | | //
                  |  | | .|/
                  |  |( i |
                ____|  |i し |__
           |\.      \ |し'_|   \





597 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/14(土) 20:03:48 ID:mldSZuMI

な、なんて罰当たりな神の子なんだ・・・w





599 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/14(土) 20:04:20 ID:1aSR.0Mw

これだけで歴史系やる夫作品が一つ作れそうな題材w





「やる夫の城塞都市物語 第3話 「東西教会合同」 」の続きを読む »

投稿日 : 2010/08/15 | カテゴリ : 城塞都市物語 | コメント数 : 13
■やる夫の城塞都市物語 第4話 「人みな、コンスタンティノープルヘ」
965 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/08/25(水) 20:09:21 ID:lm/NB8GQ

                        ,.
                   /,.. .:-ニ''"__ _
               〃ン::::::::::::::三ニ=::::::.:::
               (l!i´::二ニ=-:;;;;:::..-.:::::::::::
              ,-'从ミへ:::::ヾ::::::.,ヽ::::::::::::::、
              /::'!::::::、、::::、::ヾ:::ヽヽ:::::::::::::::::
            /:::.!l/::::::ヾ::::::、:::::ヽヾ.:\:::::ヽ::
              ,'i!:::::.:i.!:lャ,:::::::..ヽ、\::::::::\:::ヽ:::
            ,' l!i:l::!!:ヾ.i-ャ.::::、::::::::._ヽ、:::::::ヽ:::::         オスマン帝国宰相、カリム・パシャです。
          _,ヘ!_l. !y::|::l!lrt:ッミ\:ヾ rt:ッテ、::::::::
        ,-=ニ-ミヘハ:::::::l `''''"_`_`ヽ`'''" l:::ヽ::::
        ン ニ 二`ヽ;=、!ハl!y''~´   ~`ヽ  !:::::/i!、         作品では、マホメッド陛下から「先生(ラーラ)」と
     _..ィf´ 、 `'''‐ニ'ヽ..ッ'ゥ、       l /リl::レlヽ         尊称で呼ばれるほど敬われております。
  _.-ニ/  `'フ´~`ヽ..X´``''''ヲ, r'''~''ッ ..〆 / ,liソ | ,.ァi
‐ニ‐'八-、_...:::::n⌒`!~ ヾ' 、.  ヾ、`'''ャ''''~´ / // ,ン´  ヽ、
´ .l / ヽ >::::!ソ/ \\ |ヽ'i   ヽヽ、_゛_,,...-zン. - '''´~``''ー-
  ヽ 、 \__ン ̄~`'''''- .., l    ゛ ー-ー'´ /,' ,:-‐''  、'‐- .,.
    >._/         ; ヤ !       ',  /、 /    ! ヽ  `く:: ヽ、
   _,.::;;;;/       |  'i::i      ', 〈', l i  ,'  ,'  ト    ヽ, ヤ
‐-‐'' ~ ア ヽ       l.、 ヾ     ,  i_jy' ,' ./   l ',    ', iノ !`
     〈 i  \      !ヽ \     l ,  / | i ./    l ',    ',|、 l
     ヽ!   ' ,   li  'i\ .liヽ  l '. / | ,' /    l  ,   | >
.       |:',   \  ',i  ', ヽ |、ヽ l.  ヽl | レ     l /',   'lメ、
      |:::',    ゝ  i ', l  ' ,', \l   |! |!|      l / i    l ヽ

        【オスマン帝国宰相 カリム・パシャ】




             ,r':i::::、::::、:::::ヽ::::::::::::::ヽ、::ヾヽ::::::::、:::::::ヽ、、:::::::::::
            i:::i:::!::ヾヽ、::ヽ、::::::::::::::::::::::ヽ:::::、ヽ:::::::::ヽ、::::::::::::::
          i:::i::::',:::::::`'-.:::::ヽ、、::::::::::::::::::::::::::::ヽ、::::::::::::::::::::::
             !:、i::::ヽ:::::、:::::__ヾ::::`::::::::::::::::::、:::::::::::::::`ヽ::::::::::::::
.           l:! ki::、:ヽ::',ヽi,、`ikj、:::`:::::::::::::::ヽミ、::::::::::::::::::::::::::::      しかし、陛下は強力な軍事力を背景に、
             i! ヾ:、:::::::::、 'J ;::" ゙ヽ::i、:::::::::::::ヽ9`i、:::::::::::::::::::      よその土地を制圧したがっている。
            !  ヾ ソ\::、 '"     ヾ!ヽ::i::、::::::;X".i`:::::::ヽ:::::::
                /   ヽ、       l! ';:iヽヾ:::'rヽ.`ヾ::::::、::::
             '、_-‐       !  リ ヽヾ:', ::   ヾ:',`      私は、どちらかというと、
                `i         ′ ソヾ; ';   ヾ',      先帝の共存路線を続けたいのですがねぇ。
.                'ー‐ァッ        ,:':  ヽ ',  //
                  ヽ、、      /::::    : //
                      i    ., '""'-、,,__.._ //
                     ゙ー-‐ "    〈'i ヾ:、:::i`/
                             |.  ヾ、:/





967 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/25(水) 20:11:24 ID:IneLAJQo

ラーラって可愛い響き





966 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/08/25(水) 20:09:59 ID:lm/NB8GQ

                                   _______
                                   |\         \
           _______________________ \         \
           /\__________________\\_______.\
         |\/                            ̄ヽ|          |
         | |  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  ||          |
         | |  |                          |  || [ニニニニニニニ] . |
         | |  |    お題                   |  ||          |
         | |  |                          |  || [ニニニニニニニ] . |
         | |  |       『オスマン帝国の        |  ||          |
         | |  |       人材収集システム     |  ||          |
         | |  |                          |  ||          |
         | |  |                          |  ||    ○    |
         | |  |         デウシルメ制度』     |  ||          |
         | |  |                          |  ||          |
         \\ \_______________/ /|     ◎   |
           \\________________../  |          |
             ̄    ||          |          |          |





「やる夫の城塞都市物語 第4話 「人みな、コンスタンティノープルヘ」」の続きを読む »

投稿日 : 2010/08/26 | カテゴリ : 城塞都市物語 | コメント数 : 23
■やる夫の城塞都市物語 第5話 「ギリシャ燃える」
360 名前: ◆Zr4xz82y3k [sage] 投稿日:2010/09/05(日) 21:03:26 ID:LV8hpJW2

              /       ヾト、
             /     __,. -¬ベY弋¬=- 、.__
                 厂/ , --  ヽ}}        \}_
                fブ ̄/              \ ヽ
               /ィ' /               ヽ.   :ヽ|
            ,/イ゙///  /          ヽ   ヽ  :::ト、
              // 」1' / .//   ,    /i   |:i ヽ i. ト、  ::∨
           〃 〈_/ / /イ',   / ,    / |  | | :::l ヽ!!  i:::::ト、
             /    ∧.イ / /  / /   /  |  | ト、.:::| リ  i:::::iV
         /   / ,.! .〃 /  / /:l   /   |   | |. |::::|:..}  .!:::::トト
         ,'    〃/ V/' / 下lメ、l ./     | ,|, ィ'|::.Ⅳ i. トi::::|ハ!
         {   // /ハ./  厶==ミ_メ、     イ,.|==tド/ ,ハ | ト、| |
                l/ 〈/ .i:::liく ら!::::j:i`      う!:::j::!/ ,ハ ハ:::::|       ビザンツ帝国陸軍総大将
              j! i:::ハ. ヽ辷ゾ        .ヾ二ソ' /./ |. i:::|
               〃 i::|∧           :.     / / ハ! ,ハ. i::|       ジョヴァンニ・ジュスティニアーニ・ロンゴです。
                / |  i::|〈`ト、       :i     / / // |i | V|
            〈 |  i:::| |:::::|\     ,.. ..、  / /,.1/  ハト. ||
                Ⅵ  !::| |:::::|  ヽ     '    / /' ,}! /イ|| |.||
                || i:;ハ.|:::::|  _,|::>  __. イ,.イ、. 〃 /}  ||. || |
               || !' |ハ:::ヽ「`_`ー―---一''´_'フ/ /_ノ  || ハ.|
          ___   | .|/||::ヽ__〉|:::: ̄ ̄| } ̄ ̄:::::/./二`=-―、.||
      ,...:::'::´::::::::::::: ̄V:::::_ノ_r―'::ト、:::::::::::|  |::::::::__,,ノ /:::::::::ヽ二ヽ_:: ̄
     /:::::::::::::::::::::::::::___ノノ::::::::::/ \ ̄⌒  ̄ ,/ l,ハ::__/:::::::::ヽ.二
   /:::::::::::::::/,二..:--―:':::::::::::∧  -、 \ ソ / , -‐ ,人:::::::::::::::::::::::::;
  /::::::::::::::::::/ /:::::::::::::::::::::::::::::::;イ___}ト .._____,..-〈_ハ:::::::::::::::::/::
 /:::::::::::::::::::/ /:::::::::::::::::::::::::::::::/          ||          ヽ::::::/:::::::

              【ジェノヴァ人傭兵 ジュスティニアーニ】



                   _      ___
               rァ二-‐ー‐‐- ._ // ̄ ̄ ̄ヽ
             rア´         /' ヽ、
            rソ  //          ゝ、
           人  //  / / // i  i   ヽ
           〉i //  / / / /  !  i i | i i |
           〈i レ | /レハメ、 /| /ハ/ l | i i
           ∧  M/fT〒z レ レナ__メ i //i | |
           丶〉  !  |ヽヒソ   f´jラ/ i /!/ | !      長年、傭兵家業をしてきましたが、
         / ̄∧ |  !     ,`´ / //レ' レ'       今回ほどの難敵と出会えたのは初めてですね。
    _,. -‐  ̄ /  /ヽ | iヽ  ‐-  /レイ
  ∠ __ ´ // / rL| | `r -‐ '´ !  |           勝利のためにはよほどの準備をしないといけません。
     〉//  /   { i |`ー' Y   |  |‐- 、
    ∠-〈 ~レ'‐ .,ノ、 rり_」Lィヘ ̄ |  ! .,., \
    /  `´;:' ' ' ' ' V' | ミミ () /∧' ''レ'  '' .,. `'ヽ,
   /   ,.;:'    i  Vo.,.,.,  () ,., 'oヽ、     ;:;  }
  /    ,;''     i〉 /   ゙'゙'゙,.└= .,.  ヽ    ;  ノ
 { ー _.;:__     i i/    /  ,)ミ ゙ヽ,∧   ;   /





361 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/09/05(日) 21:03:56 ID:LV8hpJW2

          r ェv-‐'‐ _
       r ,ァ´       ̄ '‐-.,__
      x/ ,   ,  ,  i  l  , ヽ ̄ ヽ,
      /j ミi  /  / ,'! ハ  :i  ヽ  〉
      〉iミ:i  i,'  〃 // / |  :| i ,ヽ.            お題
     i ト、|  ト メ レ'/ /  |  /!|  i i
     Y', r┐ |レrーゝ レ'   レハ i  ハl            『コンスタンティノープルの三重壁』
      >i !6| | ゝ⊥ノ    r'y‐レ! / !
.     / 'ヽj  !       ヽ'ソ /レ'                /
    /  ,' ヽi, |     ′  /  i|              /
    〈  ,'  |'i | 、 ⊂つ  /|   j!             /
    ヽ~‐'へヽj `ーr‐ ''´   ! /!             /
    , -‐〈    `''> < ヽ、_  | /               /
   / ..  ヽ、 _∧_/<i、/ `''‐ 、           /
  i   ',   /   ̄ 〉 | `L__ ヘ          √レ⌒!
.  |    ,.  /   i^!ノ  ! ’ Y ^'∧        ノ 〈/__ )
.  |    ;: /   ノ `     ' |  / 'i       イ  〈/ __)
.  l    ,/    i,       / / 〉i',      」  (,∠ イ!
  i   :/    /ゝ    :/ / |! i    /へ、  ,,. ‐'´
   !  /   ,r'く   `ー‐7´  /  i  L,  / ヽ.  ̄ 〉
   | :/   /  `~.,_,.ノ!  /   i /,レ'´      フ´
   i :/___ /       / /ー ‐ ‐| ‐''" '´     /
   |',         / /:.:.:.:.:.:.:.:.i        /
   ヽ,        /‐-<.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i      ,.´
    ヽ,     ,. ;/:.:.:.:.:.:.゙' ,:.:..:.:.:.:ノ、   ,/
     \_,.-‐'´  `' 'ー~―'' ´ヽi!`ー '´
      / ,: '            |





「やる夫の城塞都市物語 第5話 「ギリシャ燃える」」の続きを読む »

投稿日 : 2010/09/07 | カテゴリ : 城塞都市物語 | コメント数 : 19
■やる夫の城塞都市物語 第6話 「マルモラ海戦」
784 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/09/20(月) 22:14:06 ID:p3w4JLr6

              z-──-- 、
             ,ィヘ ヾ }  /  へ
          .ムヾヘ .} } j __Z彡ヽ
          |ヽ.l´ ̄`'''''''´.   |イl
          |ミ j  ヽ ー´, -ー |ノ|
          |ミi 、___ i  { ____} `x
            {`|  (___)''  (___) |.ノ
         __ツト    ノ  「   |ー、
        /  |ヘ   ヘ___ノ  イ   ヽ           ヴェネツィア海軍提督
       /    ヘ   -一rr  j|  人           ガブリエレ・トレヴィザンだ。
     /|    | ヽ    |.| /|    }ヽ、
    //     | ⊂ニニ''ミヽ  |     \\、__      今度のいくさでビザンツ海軍のまとめ役を
< ̄/ /      | ,イニニニ、. \、|      ヽ ヽ `>、   することになっちまった。
  / ム___.    | {ノニニニ、    ヽ--、彡--‐‐イ 〉
  ー─---、二j´ ̄`リ二ニニ、      `Y ヽ─── '
        ,ィ'     {ム-一、      }  }\
       //     <ミヽ\__   / /  \
     イ  {          `¨  ヽ、/ /     \

     【ビザンツ海軍提督 トレヴィザン】




                        , -─- 、
                        _./{ | | | ソヽ_
                  </.|イ ̄` ニ´ ̄レ}ヽ:::::ヽ            ま、自分の命だし、
               /./   リ.、二 - 二 `i} ヘ:::::`ヽ
              /./    (| (__) .|(__) f.) .\::::::\         何に使おうが自由ってこった。
               /:::://       ト  {__.j   '|    \\:::::\
              {:::::、.ヾニニニニニ. | ー‐一  | ニニニニ ノ::::::::::ヽ       そうしろって囁くんだよ。
           /::::`ヽ', ソ:::::::::::r‐=ニ''ヽ──==、/:::::::::::::::::::::::::::::::.
             /:::::::::::::::´ ̄ ̄ ̄::::::::ハ ヽ    ニヽー--、__:::::::      俺のゴースト(魂)が……
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::} }--‐ ´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
──────ゝ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_/ノ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
          `ー─'''''''' ̄ ̄´      `ー-- ::::::::::::::::::::::::::::::::ノ
                                  ̄ ̄ ̄ ̄





787 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/09/20(月) 22:15:43 ID:p3w4JLr6

             ,..-='''''''ヽ:ヽ_
          _,/:`ヽ /:/´¨ー、ヽ
          r'´:::::::::::::/ {/  __{::::\
          }ri=.、{:::::/    ,.:'´::::::::::::::::::::::ヽ
        込シ:/   /::::,.-=、:::::::::::::::::l
      _,/:::::/    /:::::/,.=-、::l:::|:::::::::::::!ヽ
     /:/::::/     {::::::::ハ辷λ}/:::::::::::人:::\
    /:://       i::::::::ヽ¨´i|::|:::::::::::::::::::`ヽ::ヽ-‐-、
    /::/             |:::::::::::`¨:!/:::::::::::::::::::::::::::}:::}   }`ヾ,,
  /::/´ ̄`ー、      |:::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::{::::}    ミ;';';';彡ー
  /:::/V:::::::::::::::::ヽ       |:::::::::::::{:::::::::::::::::::::::::::::::::}::::!    ミ;';';';';';';';'
 {::::リ \___,/: : : : : : : {:::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::/:::::|    ノ;';';';';';';';'
  |:/∴::{: : : : : : : : : : : : : :l:::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::{::::::/  /;';';';';';';';';'
 リ、、.::::::\ ∴∵: : : : : :リ:::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::|/  /;';';';';';';';';';';';
/ゝ、`ヽ≧\  : : : : : :/:::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::| ,/;';';';';';';';';';';';';';';        お題
        }  : : : : /::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::| {;';';';';';';';';';';';';';';';';';
          {.`ゝ、_ノ::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::i::::::::::::|'";';';';';';';';';';';';';';';';';
        `、.:{:::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::i::::::::::::|;';';';';';';';';';';';';';';';';';'         『地中海の船舶アラカルト』
            `|丶、:::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::i:::::::::::|;';';';';';';';';';';';';';';';';';'
          {   ヽ、_;` }::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::ノ;';';';';';';';';';';';';';';';';';'
             !,,     }:::::::::::::::::::::::::::::{::::::/:.:ミ;';';';';';';';';';';';';';';';';'
           ´`゙"ー":}::::::::::::::::::::::::::::{:/:.:.:.ミ;';';';';';';';';';';';';';';';';'
                    {:::::::::::::::::::::::::::::|:.:.:.:.:.:.ミ;';';';';';';';';';';';';';';';';
                  ゝ:::::::::::::::::::::::::|:.:.:.:.:.:.:.ミ;';';';';';';';';';';';';';';';
                 _r‐'""ヽ、::::::::::::::::ノ:.:.:.:.:.:.:.`ヽ;';';';';';';';';';';';';';
            _           /:/,. -.'"    `ー   /''"""     ´`"゙
            7;;/  . ,.-'"    _/
             ` ̄ {__ ,. -―--,,- 、_





「やる夫の城塞都市物語 第6話 「マルモラ海戦」」の続きを読む »

投稿日 : 2010/09/21 | カテゴリ : 城塞都市物語 | コメント数 : 9
■やる夫の城塞都市物語 第7話 「越山」
39 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/04(月) 02:11:55 ID:0e5cQnw.

やっつけ仕事だが



     





47 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/04(月) 14:38:07 ID:UxxzcFaE

おおっ、格好良いね!
渋さと威厳が感じられます





50 名前: ◆Zr4xz82y3k [sage] 投稿日:2010/10/04(月) 23:25:44 ID:HldCJYQU

                                小
                            __人|人__
                          <´ ゚  。  ゚  ヾミヽ、
                       /-、. o\\ 。   ゚  } 。し
                          /   `Y .o\ヽ /ヽ 〈 。  |
                      ,ヘ、___ィー‐'  o 〉〉 ヾ / ヽ ゚ト、
                      ト、  o  o   //  。   ゚ ,斗'∧
                      ト、`ミ──--------─ ´ / .j
                      | ミ──---------─'''''´ ./r、
                     弋ミーt-、 ⊂⊃    <>  /イハ''ヘ
                     _fOO Oト、 ニlニlニlニlニlニlニl彡/'ー ヽ.〉
                     .,イ////Y   /ミ辷ーラ j  jイ:::j 〉 ヽ
                    9o トイ /     __イ:::::Tヽ ハ =〈 ミ=イ    '.,
                   || | O'     f`辷' 〃   ヽ     }      ご支援、どうもありがとうございますお!
                   bO{ j |       __ ノ      ヽ   ∧
                   /7ハ O'           イ        j  xソヽj
                    | | || |〃,,       人 ____ 彡'弋´ ,ミシ'ヘ o
                      Y∨ト.ノ ヾ彡''〃彡从       、ミツ ハ弋──--z-
                      OO O/  ¨''<彡ィツ小j j j ル斗''  /        |
                 , イ  / ヾミ=ー              ノ           |
               ィ彡  /       ヽ              <>          |
              ー--<
                  \
                   \
                     \
                       > 、


                    やる夫の城塞都市物語 第7話 「越山」

                    10月6日(水) 21:00より投下予定



56 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/06(水) 07:42:58 ID:DTfUVgoY

投下予告きたー





60 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/06(水) 21:03:28 ID:6epjCGHg

ビサンチンわっしょい!
双頭の鷲わっしょい!





「やる夫の城塞都市物語 第7話 「越山」」の続きを読む »

投稿日 : 2010/10/07 | カテゴリ : 城塞都市物語 | コメント数 : 13
■やる夫の城塞都市物語 外伝 「やる夫で学ぶ吸血鬼とヴラド・ツェペシュ」
309 名前: ◆Zr4xz82y3k [sage] 投稿日:2010/10/19(火) 01:33:58 ID:dSO/jNqo

~余談~


                  ,ヘ
      ____      / /
     /\  /\   / /
   /( ⌒)  (⌒)\/  /
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\ /
  |     |r┬-|       |        「イエス、ロリータ!
  \     ` ー'´     /
  /          \           ノー、タッチ!」
 /             \
/  /\           ヽ
 /   \          ノ
U      ヽ        ノ





310 名前: ◆Zr4xz82y3k [sage] 投稿日:2010/10/19(火) 01:34:34 ID:dSO/jNqo

       ____
    /     \
   /  ─    ─\
 /    (●) (●) \     自分のように地元に勤めている人間は、
 |       (__人__)    |
 \     ` ⌒´   /      周りから時間があるように思われておりまして。
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||




       / ̄ ̄ ̄ \
      /  ─    ─\
    /    (ー)  (ー) \      まぁ、残業もないですし、夜のつき合いもないから、
    |       (__人__)   |
    \      ` ⌒´   /      実際に暇だけがある人間です。
      / ヽノ   ⌒\__
     / |      \___)⌒\
     ` ̄\ \     -''' ⌒(___)
         \         /\ \__
           ` ―─―─´   ヽ___)





「やる夫の城塞都市物語 外伝 「やる夫で学ぶ吸血鬼とヴラド・ツェペシュ」」の続きを読む »

投稿日 : 2010/10/30 | カテゴリ : 城塞都市物語 | コメント数 : 16
■やる夫の城塞都市物語 第8話 「崩れゆく人々」
687 名前: ◆Zr4xz82y3k [sage] 投稿日:2010/12/05(日) 21:02:08 ID:w54DUl96

                   ,,、、- ──‐-、__
                ,.'".:;:;:;;;;:三ミミシ;:;:;;;;;;`ヽ
               ,..:.:.::::::;:;:;;;ヾミミシ三二ヽ.::;:;ヽ
            ,〃彡.:.:.:. :;:;:;:;;;ミV三三ミミ:;;;;;;;;;;;;|
            彡彡rr‐ァ'''""゙゙´  ̄``ヾミミミ;:;;;;;l
             彡イ l! リ          iミミ.:.::;:;:;!
                ハl´ ̄`` "´  ̄``   `ヾ.:.:;;;⊥
             〈z==、 ヾニニニ=ュ、    `゙゙い1
                ゙,r‐rテ 〈 ニrテュ .::::.:.:.   リ,!        私の名前は、ヤコポ・テダルディ。
                 l  ,′  ´ ̄       、_ノ
               ', ,′ _             i |          フィレンツェの交易商人です。
                |. L __ )          /  ハ
               l  、_ ___,,     /  /.:::::ト、、、,,_
                \  ー‐    /  /.:::::::::|::::::::.:.:.
                ,.:个、     /   /.:.::::::::::|:::::::::::::
          , .-‐''"´:/.:.::::::1ー‐‐'゙´   /.:.:.:::::::::::|:::::::::::::
          ,.イ.:.:.:::::::::::::/.:.:::::::::l  ハ   〃.:::::::::::::::::|:::::::::::::
        /.:/.:.:::::::::::::/.:.::::::::::::| / ∧  //.::.\.:::::/.::::::::::::::
       ./.:/.:.::::::::::::::::>.::.:::::::::::!/L_/  V /.:.::::::::::`く.:::::::::::::::::::
      ノ.:/.:.::::::::::::::::::l:::::::::::::::::| / !   /.:.:::::::::::::::/.:::::::::::::::::::
     「.::/.:.::::::::::.::::::::::|::::::::::::::::|/  |  ,/.:.:.:::::::::::::/.::::::::::::::::::::::

        【フィレンツェ交易商人 テダルディ】




         _|_三三ニニ杉     /   / ̄¨≦i彡三ミミ
        r'´,-vヾ三ニ≧''´    /__ _,/     `┴川ミト
        i  イ ). `ー''´      ̄    ̄`ヽ、     从ミハ
        |  {((         ィ====-,,,   `ー-  /厂リ
        ヽ ゝ         ´ ,,____`┴’  ,,,,_  ,'″.
          \_         ´ 、_7::ソ} i  ,ィ__`ミノ
           ,' i            ̄` " くフt:> /        私の仕事は、主に小麦を買い付けて届けること。
       r=イ  |                |  ̄. /
      / VV . |            ,,,,__  |  /          しかし、積荷を載せた船が、
   ィ´    VV∧          (     . |  ,'           例のボスフォラス海峡の砦によって追い返されてしまって。
/¨ { i     VV∧      `' 、   ヽ __ ノ .,            まぁ、成り行きでコンスタンティノープルにおります。
..../{ i      V\ヽ        _ー ,,_,,  ./
::  | |.        V \        ""   ./
::  | |        V  :\         ∧\
::  | |        V   :\      ,.イ .∧ \





688 名前: ◆Zr4xz82y3k [sage] 投稿日:2010/12/05(日) 21:02:52 ID:w54DUl96

                                  rvt」}__       / ̄ ̄二ー
                               __ノ: : : ー-= ー=, ̄: : : : : `>
                               ): : : : : =ニ、●  `=二)r--'~
                            f~ー': : : : : : : : : : }__ィ'''´: : : : `ヽ、__
                        _j: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ_
`弋ゝ、                      ノ: : : : : : : : : : 黒   海: : : : : : : : : : : : \__
: : : : : `\                     (_: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
: : : : : : : : ヽヘ                    {: : : : : : : : : _x-ー'' ̄`´ヽ-、: : : : : : : : : : : : : : )
: : : : : : : : : : :}         _rー、__ ィ--ーニo r─-ーイ          ̄`ー--ー--ー''´
: : : : : : : : : : {      /{m_}: : : : 彡ー---z__r'                     ●
: : : : : : : : : : ヽ、_    イ: : : : : : : 〉_,,
: : : : : : : : : : : : : ミ   ヾ、: : : : : ': ゝ
 地: : : : : : : : : : :`ニ==_ニラ: : : : : ム-、
: : : : : : : : : : : : : : \  kー': : : `、: : : : ' イ
 中: : : : : : : : : : : : : トヘ〆: : : : : : : : : : 彡ヘ/ヽ,_____{`ー-、     ノ`ヽっ
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ワ: : : : : : : : : : : : `ー'''´: : : : /                      御  題
 海: : : : : : : : : : : : : : : : : =ニ二=  ロードス島   z-'' ̄ア 。  } ●
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ` ̄: : : : : : 〉             ┌──────────────┐
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : キプロス島: : : /             │                      │
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ,i             │   黒海貿易と地中海貿易  .│
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ノ             │                      │
: , - ー -  、 : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ,ィ                   └──────────────┘
        ` ヽ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/
           ` -z,_ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : , '
                ` - --=ヽ: : : : : : : : : : _ ノ
                       ●ゞソ , - ´





「やる夫の城塞都市物語 第8話 「崩れゆく人々」」の続きを読む »

投稿日 : 2010/12/07 | カテゴリ : 城塞都市物語 | コメント数 : 7
■やる夫の城塞都市物語 第9話 「ジプシー」
29 名前: ◆Zr4xz82y3k [sage] 投稿日:2011/01/14(金) 21:47:48 ID:hf45WWtQ

                 〃::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉
                 {::::::::::::::::::rー─--==--─‐x:::::::::::::::::::j
               Y:::::::::::::::j:::::    r      {::::::::::::::::::}
             {:::::::::::::ノ.ィ¨¨¨¨ヽニY ¨¨¨¨ヾ::::::::::::::::ノ
                  `t:::::::::j゚{    ノ: iV /   j゚゚、::::彡'
                   ヽミVイ::`ー- ィ::::: | `ー- ' |: |ノ               /     オスマン帝国大臣(ヴェズィール)にして
                 {l::',::::::: /:::::ー、::::::::  jノノ           /:::::::
                  ヾ',::::::.   -- 、    ム'            /:::::::/     軍団の中核を担うサガノス軍団を率いる
                     人::::: <  ̄ >   /          /:::::::/ヾ、
                  |.ヽ::::::::::::::::::  /|          /:::::::/ヾヾヾヾミ   サガノス・パシャである。
                      ハ  \::::  /  ヘ         /:::::::::::(.|_|ヾヾヾ./
                  ィ ¨{  \    ̄  /  | ヽ、   ,ィ──--、. {  |ヾ`/
              < |   ',   \_ /   |   ` `ー一--、 ヽ  |/
            <     j   ',.  /::::ヽ    | へ// ̄ ̄\{  ハ |
     , <         /    .', /ヽ:::::::∧  /:::::::::::ノ ノ¨¨ヽ、 ヾ、 ヽ )
    「         〈   /|/   ト-イ /:::::::::::::::ゝイ  人 `    ノ
    |              \/  |  .j::::::/:::::::::::\::::::::::しイ         /
    |          /    .|  |:/::::::::::::::::::::::\::/(      /
    |          ヘ     | /::::::::::::::::::::::::::::::::   /     /

     【オスマン帝国軍 サガノス軍団長 サガノス・パシャ】




      〃;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ハ
      ハ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ミ、
       (;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:)
      {;:;:;:;:;:;:;:j` ̄ ̄¨''¨ ̄ ̄`ヽ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;}       オスマン帝国の組織では、
      ヾミ;:;:;:ノ           ヽ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ソ
        |::::イニミヽ、       ノニヘ }ミ;:;:;:;:;:;:;ノ        ザドラザム(宰相、もしくは大宰相)と
        {l.ヘ} .( fラヽ ヾー=イtテミ  `l::|´ }〉:/         各官僚の長であるウェズィール(大臣、もしくは宰相)
        ヾ::{  ` ̄  l´ `  '   ミ ノミ/
       -‐'''¨ |       |         ト ¨'''ー--         と呼称している。
           ∧  〈  ´ )      j::|  ヽ
           / ヘ  ヽ. /      /:::||   ヽ        この物語では分かりやすくするために
.          /   ', ー==ー    / /|    ヽ       煩雑を避けて宰相と大臣として訳していることを
        〈      ', `ー-- '   // .|     ヽ      了承していただきたい。
           \   ヽ     //   .|         〉
            > ' ´| ー一 ' -イ   /|ヽ、   /
        ヘ´    | ヽ. ,イ:::::::〉  / .|  ` <
        ヘ.     |  ∨ j:::::::j ヽ /  |     `>
            ヘ    |     ト:::::ヘ     |     /
            ヘ    |     |:::::::::|.    |     /





30 名前: ◆Zr4xz82y3k [sage] 投稿日:2011/01/14(金) 21:48:16 ID:hf45WWtQ

                                  ┌───────────┐
                                  │                │
                             ψ         │         お題          │
                          ,.}{.、      │                │
                         ,.:'ナホヤ:、.     │    イスラム社会    │
                       /´ ̄  ̄`:ヽ     │                │
    j|                    /        :\   └───────────┘
.   f .`i               /           :::::.`i               f .`i
   _}Ii.I{                |    _________..:::::::::::|                ,}I!I:{
   下了   ,人        ノ:い,.:ォ''緜;;絲;;絲;;綿`ぇy'.八.          人.   下了
    | :|    }I i{     |i  / _;:Yf,,.--―――-- ,iY_.::ヽ. ,l|.     }i I{   | :|
    ! ::!.   |:|    .iHh lれ|∩l|:┌三三三三三┐:|l∩|iう:l frti.    ! :|   | . ::|
   {-‐-}   |::!     l ̄├三三||: | |';';';';';_;;_';';';';';| | :||三三┤ ̄:i   |.:l   .{-‐-}
.    |  ::l   {‐ }     lr‐i | |f⌒i l|: | l';':'父乂父、';l | :|lf⌒i | | r‐i:|     {‐::}   .! :::l
   |  :::|.  | :l     || |.| l|  .l:||: | |i'乂:ri‐i:i:乂'i| | :|||  .l:l | l l:l    i :|   |  :::|
.  ├-┤  j,.. :!    .l ニ. ! !;:三:;l|: | ll;王;lエエl;王;ll | :|l;:三 :! !. ニ.:l    j :!.  ├:‐::┤
  |   ::|   | ::!     .|r‐i | lf⌒i ||: | |l:干:ri‐i:i:干:l| | :||f⌒i l | r‐i:|     | :|  |  .:::|
  _|   :::|_.l ..;:| __,l|__l | ||_.l:l|, ニ;l;王;lエエl;王;l;ニ ;|l|_.l:| | |__|:!__,l .;;r!';ミ;ヾ;'ゝヾ|_
.  i 「  ̄,r;';';,、― ―i―i―i―i―i―l.-l--l--l--l--l--l.-l―i―i―i―i―i―i fバヾ';;:゛ヾ;,ヾ
  l.「 f;';'';ゞ';ヾ;:ヾ.,i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄l.~| ̄l ̄l ̄l ̄l ̄l~.i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i,ノヾ';ゝ;'::;;ゞ';:;ゞ
   r'ゞ;;ヾ;';;ソ;ィ;';ゞ'::┴:┴;┴;┴;┴:┴‐;;:┴;┴:┴;┴;┴:': :┴;┴;┴:┴:┴‐':.ヾ''ゞ:;ヾ;:/';ツ゛
 _.: ;__.:.`_,刈',::_;::.;_::: ;_:::,,;';;';'''゛  ..::,;';;:''.:: !.    ! ::.゛';;,::..   ヾ';`';,,.::._:;:_.::;.:_;,_;:_j;l!i_;:_::.:_
 .,::;:::. ,::::::::::::;;:::....., ,:;';;: '''゛    .:::;;'';:'゛.::: |:     | :::::..゛';',;::..    ヾ':;';;:,.、:::...... ::,..:::::,:;::::::;..::





「やる夫の城塞都市物語 第9話 「ジプシー」」の続きを読む »

投稿日 : 2011/01/16 | カテゴリ : 城塞都市物語 | コメント数 : 44
■やる夫の城塞都市物語 第10話 「城塞都市の戦士たち」
307 名前: ◆Zr4xz82y3k [sage] 投稿日:2011/01/28(金) 22:11:08 ID:9zf0sXbc

   、__>: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :<ノ〉
    > : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /
   ⌒> : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
   ∠: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ∠⌒
    /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ、: : : : : : : : : : 厶
   ア : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : _ノ`ー 、 : }ヽ: ハ}_ヽ: : ,:、: : : : : /
   / : : : : : : : : : : : : : : : : : 〈: : /( : (    :ノ_:厶:≦⌒ 厶: :! } : : : :く            ジェノヴァから来た傭兵、シニョーリだ。
   {: ヘ : : : : : : : : : : : : :vヘ=\‐-≧:\_、 〃ィ弋_フ冫 イハl 八{ヽ}⌒
     `7 : : : : : : : : : : 「\ r 弋フ ,` ̄ i:  ー ̄ ̄  _ノ ∧ ̄.:.:`ー―- .. _       よろしくな。
.      厶~ァ: : : : マヽ:ヘ  ';:`¨  ̄     |:        |_ノ: ヽ\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ̄
          厶イヽ: :∨ .ノ}  l          ;:.        | : .    ,:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
      _/:.:.:.:./ /`|  {       _ ゞ   、   : : : .   ':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
    ,. .:.:´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>、 \ ,  \        _ ノ  / : : : : .   :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
 /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\\ `',   \  --‐      / | : : : : : .  ',:.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.〈\\      、   ̄   / : {ヽ: : : : : .   :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:\\ :、       ̄\   /: : : :/: : : : :   :.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:| : :ヽ  \        :._/: >:/ ____}:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:| : : : \             }: /´ /  { \_:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:| : : : : : ` .        八 / i┬一 /ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\ヽ | : : : : : : : >ァ" ̄    }/イ //.  /   ',:.:.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. \| : :/ ̄.:.:.:./        / / : ://: / . . : .  :.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.'.:.:.:.:

            【ジェノヴァ人傭兵 シニョーリ】





308 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2011/01/28(金) 22:11:32 ID:9zf0sXbc

     __> : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\_
      ア: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :<
    <: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : >
     _): : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`ーノ
      >: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :>
     ⌒\: : : : : : : : : : : : : : : : : : }: : : 、 : : : : : : : : : : : : : :\
      ,. < : : /^i: : : : : :_/}: イ / ゝ:、 }、 : : : : : : : : : : :/⌒      まぁ、名前の元ネタっつーのかな、
     /.:.:.:/.7:八{_|: : ト、{ ´ノ ̄:/`   j/フヽ : : : : : : : : >
    /.:.:.:.:./.:.: ⌒ヽ',: :乂 ==≠   /=≠八 :、~ ヘ´        原作では名無しだった人間には、
  /.:.:.:.:.:.:/.:.:.:|  l: :ト (⌒       |  /V⌒.:.:.:.:.:}:.:.:、
/:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:{   .Vl八         l  ∧.:.:.:.:.:.:.:.:.:j.:.:.:.\      サッカーのセリエAで活躍した選手の名前がつけられている。
:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.   ',|: ヽ      - _」   ∨.:.:.:.:.:.:.'.:.:.:.:.:.:.ヽ
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l   ヽ   : 、   --_ ‐/   ∨.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.冫     ……俺の場合はローマにあるチームから。
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|    \ : : \   / :    ∨.:/:.:.:.:.:.:.:.:./ー┐
\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:     ヽ /  ̄}    ___∨.:.:.:.:.:.:/< ̄.:{
.:.:.\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|_     ∨ : : /  /:イ.:.:.:.:.:/:.:-‐<.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
:.:.:.:ヽ\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.Τ>、 ヽ/  :{::/ }:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
:.:.:.:.:.:',:.:.\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{\:ヽ:/--―┘: ://:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.:、: \ヽ._//: : /へ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:ヽ : {_ア: : :/     ̄ ̄\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:





313 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/01/28(金) 22:13:57 ID:njQ8a/f6

元ラツィオ所属でセリエA得点王を三度取った名FWですな


>>313
本当はジェノヴァの選手を出したかったけど、ジェノヴァは弱いんだ……





「やる夫の城塞都市物語 第10話 「城塞都市の戦士たち」」の続きを読む »

投稿日 : 2011/02/02 | カテゴリ : 城塞都市物語 | コメント数 : 14
■やる夫の城塞都市物語 第11話 「天と地の戦い」
793 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2011/03/07(月) 00:32:02 ID:i503e..6

           、   ヽ. ‐-、 ヽ、 、
      、    ヽ、 ー--ゝ   V  レ !
   ト、  ヽ`ー--‐' ⌒        └ - _
   ヽ `ー-ゝ                  ヽ
`-、ー-ゝ                     \
-一`                         ヽ
ニ=-                          ヽ
                                 l
         /_.-< // l /l∠-z_      }            ハンガリーからやって来た
>      _.ィ´l´Zニ、_\r'_ノ」/-'´_,.≦、_ヽ , -、 く     _        流浪の技術士、ウルバンだ。
        |「l ヽ_ '='ヽ!_!ヽ-ァ‐´'=' _/ l レヘ }  }  _-".
        ヽ/l 三二`} /" ´三二 ____/ .ト ノノ  ヽX´. : :_,       ギリシャ語読みではウルバヌスとも呼ばれている。
、______,. ィ __,.- 」 l:. ニ  /      ニ:::>   L-′ トヾ:`V´:_,
/. : : _´=ニ-‐'´  l:::::  く::: -     、 ニ='   { ヽ ト、ゞ‐、:.`ヾ.`ヽ、
. : : : :(:::::::>‐'  _ハ:::::::`:.ー ----‐''´ フ  ,ハ.ト、∧_ゝ;,:,:ノ.: : :}   ヽヽー- ,___
: : : : : :`ー`ニZ ̄/ .ト、::::::`ー--='  ´,Zニ´_,⊥:-:‐':´:.:. : : : ,(.    ヽ.ヽ   __`ー- ,_
:.:.:.:.:.:.:.:. : : : : :`く. ヽヽ`、::::::三  _,.='´: : : : : : : : : : : : : : :/.:.:}  、   \\  ‐_
ミ:.:.:.:.:.:.:. : : : : : : :`:ー:-: `:ー:-:-<:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_:-:‐:'´.:.:.::/        \\
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ミ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.‐:'':´:.:.:.:.:.:.:.:〃   __ ,,. - ‐┘__,ゝ

      【ハンガリー人技術士 ウルバン】




          ,i  ,   _
        i ,r' r'´!r'¨´::::`'' =ー´
        i!'::::::::::::::::::::::::::::::::::`=ヽ_
       r´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾヽ_
      {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\_
      .!::::::::::::::::i!::\::::::iヾ、::::::::::::::::/             ……じつは、俺のことは
       l:::r、::::ミ、rミメ、ヾ、i!,ri |:::::::::ヾ、              それほど記録が残ってるわけじゃねぇ。
     iヽ/,i::!、|::::ミ.ゝ_>ヾ彡r' l:::::≧
   iヽ' ,!r' |::::`:ヾミ-    ゝ//|-i     ,            『ローマ帝国衰亡史』(エドワード・ギボン)をはじめ
  ,く´ /  i!ヽ|ヽ .rェェァ /   ノ| `ヽ ./ i           いくつかの書物に名前はある。
,r'´` > {、彡   入ヽ、三, r '  / ト、/ヽ'  ''¨´|
  .く  {`ヽ___| 人 /   /〃|    ト、_ `¨7       しかし、オスマン帝国がコンスタンティノープルを
---ーフ´:::::、 .、 、`ヽ、彡  / ̄ く´ 、_|`¨   ヽ'        攻める時だけしか登場しない。
   (:::::/i |.i |.i |`ヽ)彡 /  <  ヽ      __i
    >、___〃_|_!.|_!つ`r'´トーー > /      ` ヽ 、     その前後がすっぽりと抜けちまっている人間なんだ。
 ,r '´ i!    |:::::::::::::i!0.!   \ ゝ、_         `ヽ、
'´    .i!    |:::::::::::::::i!      Lr---ヽ         ヽ
     .i!   |::::::::::::::::i!  、       .ヽ         ヽ





794 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2011/03/07(月) 00:32:37 ID:i503e..6

                     ┌──────────────┐
                     │                      │
                     │         お   題          │
                     │                      │
                     │   火 薬 ( 黒 色 火 薬 )  │
                     │                      │
                     └──────────────┘




                 |\        /ヽ             ___ _    _  ___
                 |  \     /   |            〈   `> ` ̄´ <´    〉
         ___    i    \__/    |            ',  / \    / .\. /  ___
          ./:::::::∧   .ヽ,            |               ∨  ◯    ◯   ∨ /|::::::::`!
          |::::::::::|∧  ./  _ヽ,,   ノ_  |     ,,,..       |             |  |;:|::::::::::|
          |::::::::::|:;:;:|  i            |;;;;.;゙゙`'""  `""":;:;'"";;':,    __    . / ̄|;:;|::::::::::|
          |::::::::::|:;:;:|  ヽ    ノ ̄|    ;;;  ,,, '''"""´""";:;:; ,; .;;  /    |     /   |;:;:|::::::::::|
          |::::::::::|;:;:;| .  >   ´  ̄ `   ;:;  ;;; ;"  ‥   ';:;:;;  ,;;;__´ ̄ ̄`   ./   .|;:;:;|::::::::::|
          |::::::::::|___|  ./            ;:;  ,,, ″      ,;,;,  ,;,;;  ノ'´       .人  |_|::::::::::|
        /|::::::::::|:::::|\________ .;;.   ″     ,;;  ,:;;;_________/|::::|::::::::::|\
     ..|:::::|::::::::::|:::::|::二::|圭|三三三三三三     `" ''' ''' ''' ",;,; ,;,;,;三三三三三三|圭|二|::::|::::::::::|:::::|
     ..|:::::|::::::::::|:::::|::三::|圭|三三三三三三 ` ;:;.:.:.: ,,;,;,;,;,;,,;,;,.:.::;:;:;;,,,,,三三三三三三|圭|三|::::|::::::::::|:::::|
        \|::::::::::|:::::|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ""'''''ー-┬ーr--~''"" ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\|::::|::::::::::|/
          |::::::::::| ̄|                                         | ̄|::::::::::|





795 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/03/07(月) 00:33:31 ID:FeSAzzH.

銃口を読者に向けちゃいけません!





「やる夫の城塞都市物語 第11話 「天と地の戦い」」の続きを読む »

投稿日 : 2011/02/15 | カテゴリ : 城塞都市物語 | コメント数 : 11
■やる夫の城塞都市物語 第12話 「聖母の都の下で」
854 名前: ◆Zr4xz82y3k [sage] 投稿日:2011/03/09(水) 21:01:55 ID:Bv.kAShw

==================================================

                            -──- 、                      ┏┓                  ┏┓
                          /´ ,-‐-,-‐-x ヽ               ┗╋━━━━━━━━━╋┛
                            |  r'  ,i、  `ヽ )                   ┏╋─────────╋┓
                            弋_/ 川zzz7{ ii!                ┃|             |┃
                         刈i-=,、 x=乂 ラ                 ┃|          |┃
                        /州 `〈! f" iハ`ヽ                   ┃|        │┃
                 ,ヘ ー-‐- 、_i ノ |i ,‐-、イ! ヾi 〉                ┃|           |┃
                {/` ̄ヽ ヽ`ヽi/〈丶爪 イ"Y´兆               ┃|           |┃
             _ γ`  _," iヾ  丶`'、,`ー´ ,;|/iリ丶             ┃|             |┃
    〈ヽ〈ヽ   _ /"``ヽ  `ヽ  }}   〉、`ー=zx,,;: ノノ,'}`゙'' 、,_           ┗╋─────────╋┛
     ヽ_ヽ_丶_/ i´  ,x=≦ヽ   iトノノ"   `ー‐-‐ー=≦√{    `゙' 、.      ┏╋━━━━━━━━━╋┓
      _ゝー ‐ヾ〉 |  /    }_,ノ"`ー=ミ、      i! / ,へ、_-‐=ツ        ┗┛                  ┗┛
     !| r' γ`ヽ/ /  _/ `Y ヽ`゙' 、,_       ,;! / /   i! ̄ 〉´
     弋〉__//´ ̄      !_____   `ー=-‐=彡'/ /`゙' 、, _j i/
                     丁ー==‐-    / /   丁 ヽ
                     { ー=三≧=‐/ 人≧=‐ ノ  /      原作 「コンスタンティノープルの陥落」
                      ゝ-‐   /  /   `ヽノ  r'
                      〈   /  /   ヾ', 〉´ ̄`ヽ、              塩野七生
                       〈 /ゝ-‐く     ノ‐-) 〈     \
                       `厂||厂||厂|| ̄|| ̄|「i   `ヽ   ヽ
==================================================


..      ____                      ┌───────────────┐
     / ―  -\                 │                     ...│
.  . /  (●)  (●)                  │   聖ソフィア大聖堂のイコン  .....│
  /     (__人__) \               │                     ...│
  |       ` ⌒´   |              │   キリストと皇帝のモザイク画   .│
.  \           /               │                     ...│
.   ノ         \                 └───────────────┘
 /´            ヽ





855 名前: ◆Zr4xz82y3k [sage] 投稿日:2011/03/09(水) 21:02:46 ID:Bv.kAShw

第12話

<5月26日>

                ┌───────────┐
                │  攻城戦  53日目   .│
                └───────────┘


   .∥                            ∧          _____| .::|─Λ
   .∥                       Λ   /| |n_n_n     ∧  n_n_n_n_| .::|⌒| :|へ
   .∧                      i.  | i'´ ̄`i∨  . ::|ニニニニニニ|...    ∨  .| :| ̄|
  ∧ヘ                 Λ | |'´.:∧| |  . . ::| ロ ロ ロ ロ .|::: .   .:.:|_n_n_n_n_n
  ΔVΔ                    | :|ヘ| | / n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n . :::|     ..:|
  ||:||:||:||            n_n_n_n_n_n_n_n_|::.: .               . :.:::|_n_n_n_n_n_n_n_n_n_
_||:||:||:||            |::.:. .        |::.:.n.    n    n   .n.:.:::|       / ̄
  |===ト、  │       |:: . . `=f==f===|::.:. .. i | i             . :.:::|  n   ,∠___
\\|_| \n_∥_n_n    |:: []__|_|__.|::.:. .. l!ヘl!  「|  「|   ____|____.|] [] [] [] [
]士ェェェェェ| ∥::ロ:ロ|___、 |::.|X⌒X⌒X⌒X|::::.::. |曰||  .|.|'⌒|.|  /_n_n_n_.n , .|========
 | /Λ /Λ:| //\ :::|─‐ヘ.∧二二二二二二二二|TT|  :|:|   |:|  .| :|ロ|: |ロ|: |ロ|: / |工工工工
 | || ||. || ||::| _./__.,>:| ゚_゚::゚::| |_l]_l]_l]_l]_l]_l]_l]_l]_l]_l.|.|_l.|-──────────|ェェェェェェェェ
 | ||_||. ||_||::| | 「| 「|| .∠∧┴/_n_n_n_n_n_n__/ l] l] l] l] l] l] l] l] l]|┴r┴r┴r┴r
]士ェェェェェ] | l」 l」|ヘ、| |:::::| ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ /_n_n_n_n_n_n_/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | ∠二二ヽl=|====| ̄|::| |:::::| ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ | ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ /_n_n_n_n_n_
 | ||:::::::Λ::| l: | 「| 「 ∧      ∧      .∧      ∧      .∧      ∧
┬┬┬| :|┬┬┬┬| :l┬┬┬┬.| :l┬┬┬┬| :l┬┬┬┬.| :l┬┬┬┬| :l┬┬┬┬.| :|┬┬┬┬‐
∧∧/`| ::|ヘ/∨∨ヘ| ::|ヘ/'∨∨ヘ| ::|ヘ/∨∨ヘ| ::|ヘ/'∨∨ヘ| ::|ヘ/∨∨ヘ| ::|ヘ/'∨∨ヘ| ::|ヘ/∨∨ヘ|
./⌒ヽ :| ::| 〃⌒ヽ | ::| ,〃⌒ヽ | ::| 〃⌒ヽ | ::| ,〃⌒ヽ | ::| 〃⌒ヽ | ::| ,〃⌒ヽ | ::| 〃⌒ヽ |
二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二
_l'__;l__ l>┬┴┬┴‐┬┴‐┬┴‐┬┴┬┴‐┬┴‐┬┴┬┴‐┬┴‐┬┴┬┴‐┬┴‐┬
__;l__l/´,>┴─┴‐─┴‐─┴‐─┴─┴─‐┴‐─┴─┴─‐┴─‐┴─┴─‐┴─‐┴
_;l__;l_/ ./::::/´ . |





856 名前: ◆Zr4xz82y3k [sage] 投稿日:2011/03/09(水) 21:05:02 ID:Bv.kAShw

<コンスタンティノープル 市街地>

          ___
          |__:|_|
 ニニニニニニニニニニ|   | |ニニニ∧  、__人__人__人__人__人__人__人__人__人____,
/_________.|__レ___/ ∧ _)                       (_
___________/   ∧_)                            (_|H    ___________
__________/ _ ∧_)    や、やんのかゴルァ!       (_|H    ||__________
___________/  |_|_| _)                        (_ |H     |||人_人_人|||人_人_
__________/   |_|_|  )                       ( |H     |||:.  /    |||
_________/    ̄  ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒|H     |||.  /       |||
     __    :::|||    _   | ̄                   .| ̄  ..|H    |||==========|||=========
 エ エ::|:|_|_|:|エ :エ|||    |_|_| ェェ| ____       ____     :|    |H    |||ノ ***。 |||
  エ::: |:|_|_|:| エ |||    |_|_|   | ||_|_|||_|_||      ||_|_|||_|_||   .:|    |H    |||ヽ **''* ||| ∧∧⌒ ヽ
.       ̄ ̄   ::|||ェェ   ̄   | ||_|_|||_|_||      ||_|_|||_|_||   .:|    |H    |||  ゝ( ;)  |||(- -) ( ノ
:::       エエエ||| _ __.-::|:  ̄ ̄ ̄ ___.  ̄ ̄ ̄    |    |H    || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     __    :||| |_|_|:| i⌒i||l| |____|::[]|[]::|______|    |H     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      |:|_|_|:|    ||| |_|_|:|o ̄:|:- | . :::::::::::::::::|: o|o :|::::::::::::::::::::::::::::::::|、   |H
      |:|_|_|:| エ エ|||:   |   |  |____|_|_|______| ヽ、  |H
 ̄∩   ̄ ̄ ::エ |||:   |   |_|        )ニ)ニ)ニ)ニ)ニ)ニ)ニ)ニ)ニ)ニ)...|H
 ̄|^|______|||_ニ=-=ニ ̄       <)'´                |H
  | :|                    <)>'´                 . |H
二)二)二)二)二)二)二)二)二)二)二)>'´                     |H





861 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/03/09(水) 21:07:37 ID:kMCjCwbY

いきなり不穏な雰囲気・・・





「やる夫の城塞都市物語 第12話 「聖母の都の下で」」の続きを読む »

投稿日 : 2011/03/11 | カテゴリ : 城塞都市物語 | コメント数 : 7
■やる夫の城塞都市物語 第13話 「イェニチェリ」
1 名前: ◆Zr4xz82y3k [sage] 投稿日:2011/08/01(月) 19:08:43 ID:e9lnovTM




                     o. ╋ .o.                    ┏┓                  ┏┓
                    |`‐´`‐´|                    ┗╋━━━━━━━━━╋┛
                    |_皇_|                    ┏╋─────────╋┓
                /     \                   ┃|             |┃
               /  \   / \               ┃|          |┃
             /  ( ●)  (●) \             ┃|     塞 る    │┃
              |  ::::⌒(__人__)⌒::: |              ┃|           |┃
             \             人_             ┃|           |┃
                〈/: :>=‐-=ミ ____ ノ⌒: :〉           .┃|             |┃
           />{: : : : : : :{: : : : : : :}ノーく             ┗╋─────────╋┛
              /: /  _》=o=ァヘ:_:_:>‐ァく_o=彡‐-ミ        ┏╋━━━━━━━━━╋┓
          /: /  / 。 ̄     `==='′   }「 ≧x ゙ヽ      .┗┛                  ┗┛
            /: /  / 。  ○ o       o ○ }|    「「|∧
        /:_/__j__。jj________j}L   ノノ ! }
.       /: |     |〃 {{`ヽ三三匚匚]三三》┼'| | rト┬┬┬┬fヽ
.         /: : :、_  〈  (_j_丿‐-   X  -‐  /.::{ | | Ur┼┴┴┴し′
        /: : : / ̄   } ノ )ニ=‐-  X   -‐ ノニ7ヘ YY/ ,リ
      ,: : : : {     トノ┬く ‐-=ニ 一    /{ { { ,イコ| |{//     原作 『コンスタンティノープルの陥落』
       i : : : l:`ー-‐': : :|     x介ミ、  /` ー‐‐'  `ブ
       | : : : l : : : : : : :|    /´|    /≧=‐-‐=≦|               塩野 七生
       | : : : |⌒ヽ: :_:_:〈     イ  |   ,イ^ー―┤: : :|
       | : : :|    r<{__/〉rく!___jヽ   |: : : :ノ
      \: :|   }      { }       {    |: /
       丶|    `7ニニT´ 〕ニニニ〔   j/
            `ヽ  /⌒ヽ |  {    '⌒ヽ、
           /__≫='  ` ==≪ ___ヽ
             ̄ ̄            ̄ ̄




11 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/08/01(月) 19:42:10 ID:vib2Ch3k

復活・・・だと?





8 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/08/01(月) 19:31:13 ID:PMpz4SFw

楽しみにしてました!





「やる夫の城塞都市物語 第13話 「イェニチェリ」」の続きを読む »

投稿日 : 2011/08/03 | カテゴリ : 城塞都市物語 | コメント数 : 12
■やる夫の城塞都市物語 第14話 「5月29日」
355 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2011/09/18(日) 20:02:42 ID:t/wFyKAg


     ┏┓                  ┏┓
     ┗╋━━━━━━━━━╋┛
     ┏╋─────────╋┓       原作 「コンスタンティノープルの陥落」
     ┃|             |┃
     ┃|          |┃                塩野 七生
     ┃|     る    │┃
     ┃|           |┃      ┌──────────┐
     ┃|           |┃      │    トプカプ門     │
     ┃|             |┃      │  (聖ロマノス軍門)   │
     ┗╋─────────╋┛       └──────────┘
     ┏╋━━━━━━━━━╋┓
     ┗┛                  ┗┛
                                      _」~i_
                                     ノ  `ト、_
                                  rt__,='゙-i  レ′| `コ
         f「i                     「゙i ,ノ三三|        ト、      凸凸凸凸
         Eii               「|i       ∠三三三三|   ii     | .ミヽ、   |        |
       rtt三l'ヽ-i r‐- 。,、__   |,||_.__,、_ ,、 _,上二l「`^ ̄`^゙       |    >.、|       |
       }三三_lヨ└┘   _ ,,_ ̄| ti  ti|三三三ヲノ [!  [!   [!     |        |       |
       {三三三{:::::::::l|三三三三|    「`<皿ソ              |        |        |
 升ミメ彡从ニ三三{:::::::: |三三三三|    |                       |      爻ミメ、  |
 イイィ彡爻乂父彡ミ彡ィ: |三三三三L_ _   :t‐-- = 。_                |      ミ彡爻彡  |
 彡父乂イ爻ミ彡 .____ .三三/「     ,ノ´ト、_    ~ ー‐ --   _   :|_    ミ彡父彡  |
 シ彡癶爻父冷./     \ V_,.ハ、__/// i_∧7ァ i7 二=コフ77ァx ̄、   ̄ ̄ ¨ イト< _ |
 三三三三 /  ::::::::::::::  \.{L土全x∠二∠∠二_____≧x≦ニ≧三≧_____ 二ニ
         /   ::::::::::::::::::   ヽ
         |   :::::::::::::::::::::::::   |
         \            /
         ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、
.      ノ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....ヽ





「やる夫の城塞都市物語 第14話 「5月29日」」の続きを読む »

投稿日 : 2011/09/25 | カテゴリ : 城塞都市物語 | コメント数 : 10
■ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 後夜祭その三 アド・アストラ -スキピオとハンニバル-
506 名前: ◆xcN0kLfWCc [sage] 投稿日:2011/10/23(日) 16:00:41 ID:JTGssAuI

               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /  (ー)  (●)  \      はい、どーもー
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/     某漫画で眼帯逆にされた雷光だおー
          /     ー‐    \

     【ハンニバル・やる夫・バルカス】




            ,rヘ      /  /-――‐-\、\
              /゙i  i^ヽ  /  ∠ イ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽヽ.\
           /゙i i  i  i  /  / . : i  | :i 、: . \: i: 、 ヽ
.        / / i  i,  i / /i : :/!  !  、: ヽ: . ヽ: . |\ ハ
.        / ,  .i!  i!  i' く/|:∠..! |ヽ iヽ ヽ: . |: : トヽ.〉ハ
.         i i ::i!  ll |f水j :|  ヽ:ト、\! へiヽ/!: :∨|ハ .ハ     同じ漫画でお漏らしジジイの
.       l .::j ::i__ lj  ∨/} : i r≡ミ、    r=≡ミ! : ハ!V : ハ
       j ´      .:::ソ  i、: \   _'_    |: :ムノ: : : i, :i     介護役になりかけてる神の子よ!
         i   ー-´/ ̄ゝ |ヘ: :トヽ  V  ノ   /: /: : : : : ハ i
.       |      }:    .::ム: ヽi>  `¨´   /: /: : : : : / .i:i
         l         ::/ it- 、: : : i` -  i:´/: /: : ,i : : / .リ
       、      .....:/   \ 「|「|    .ソ∠: : :ハ: /
        `ー 、- ⌒¨¨´        |.|1|-、  __」|_ヽ\|-ヘ:{
           \:::::::::::::.....    ハ1 、、   //  } ハ  丶
            ` ー- 、_:::::.. / ハ 、、 //  j   | ,  i

            【プブリウス・コルネリウス・スキピオ】





「ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 後夜祭その三 アド・アストラ -スキピオとハンニバル-」の続きを読む »

投稿日 : 2011/10/24 | カテゴリ : ハンニバル | コメント数 : 9
■やる夫の城塞都市物語 第15話 「現場証人たちの記録」 前編
791 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2011/12/10(土) 21:02:20 ID:apizgcd.



              .!i      .┏┓                  ┏┓        i
             ..!.!       .┗╋━━━━━━━━━╋┛       i!
             ./ ,'',      .┏╋─────────╋┓       .i∧
            ./ .,' ,      .┃|             |┃     ..i .∧
           ./  ,' ''      .┃|          │┃     .i  . ∧
          ./   '  ,',     .┃|      る    │┃     i    ∧
         ./    ,'  ,',     ┃|           │┃     .i     .∧
        ./___'_..  .,',   ..┃|           |┃      .i   _________ヽ
      ./,'  r'''i  !゛`丶 ,',    ┃|             |┃    .i,,-' ゛! r'''i l゛ヽ、
      ,' i!, └┘ i ∩ '\'  ..┗╋─────────╋┛   ../.! ∩ .i └┘ l n l
      ',/゛゛゛゛゛゛!''.=-,' n !   . ┏╋━━━━━━━━━╋┓    'i・!,,,-' ゛゛゛゛゛゛''' ,,l
      .' ,′   .,': : : .i'\.!   ┗┛                  ┗┛     .,i/ i   i   .i::::!
      ..'      ,!: : : .i: : i .,n__n,  .,n__n,  .,n__n,  .,n__n,.  ,n__n,  .,n__丶 i   i    i::::!
      , ,′   .,': : : .i : : i!_|   |_|   |_|   |_|   |_|   |_|  __i! .!   i    i::::!
     , ,′  . ,′: : .i: ..: i!                           i! .!   i    i::::!
     ,/ ゛゛゛゛゛'''.-=!,,__..i!n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_nn_n_n_n_n_n_n_nn_n_nn_n_i! .!,,-' ゛ ̄ ̄"ヽ、
    .i  i    i: : : : i: : :i!: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : i!/l    i    l::
    i  i    i: : : : i: : : i!: : :          _________             i!┌────────┐
    .i  i    i: : : : i: : : i!: :: :       l/'´"    ^`゛`ヽ          i.│                │
    i .i    i: : : : .i: : : i!: : :       .:''´          ^,        ..│   トプカプ宮殿.   |
   i  i    i: : : : .i: : : i!: : :       ,'             ',        │                │
   .i .i    .i: : : : .i:: : .i!: : :       ,'    |゙ ̄ ̄ ̄'゙|    ',          └────────┘
  .i  i    .i:./ ̄ ̄ ̄ \       .|    .|γ´.⌒ `,.|    |        i!  l    .i    .l:::
  i .i     ./ ―   ― \     |  l ̄l |.|     |.| l ̄l .|        i! .l    i    .l::::
  .i  i   ./   (●)  (●)  \   .|  l_l |.|     |.| l_l  |        i!  l    i    .l:::
 .i  i    .|     (__人__)      |  ..|     |.|     |.|    .|       . i! .l    .i    .l:::
 i  i    \   mj |⌒´     /  .|     |.|     |.|    .|         i!  i    i    .l::
           .〈__ノ
.          ノ   ノ            原作 『コンスタンティノープルの陥落』 塩野 七生





792 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2011/12/10(土) 21:04:03 ID:apizgcd.

第15話

<ローマ>

森森森森森森森森п森::::::....∧Ali;'i゙i゙l'i,::;...;;.;;ii:i;;:ili、_,i斤il]il] ,,,,,__i;;ii:i;;ir=ュ;;;;;;;;,,,,,,............n.
ヮ,'l㌍l、l゚i: :.lA゙ill#「ll!l;l㌶ni|』┌==┬─ii┐.,,'#ll,』 |.lll,,т㍑i゙i゙lェli;'ュョョョ゙ill#‐「ll!l;li+;;ii: ;rヘ∧ /  彡
田┐工ユE∧ヰA┌─≡─!杢卦士⊂ニ⊃;:::┌┐;;;;;;;:::,,,,,ロ卅ユ鬥H出Tエニ斤彳∟ /    <
=,ィ'⌒ニニエニニil]1lー-i]__森森森森_トロロロi|::rーilil==┬≡┐| ̄|─r‐┬||irr-、v冖 /     <
、_|il]il]_三rー| ̄ ̄|─r‐┬|iΠп/____/|  |、__\| ̄冂ПーГ┬┬ヱ /`       ゥ
/三三三| ̄≡≡ ̄|/二三   〉====Π/  ゙.ヘ_===_\_ |FF|ニ|i ̄ ̄i|  /       フ
/二二 /∧ ̄∧\ 「 ̄ ̄ ̄/「 ̄ ̄二二|j  ゙、_三__|  i|三三三三. /     ミミ/
__,,.‐',. ‐'i| 田|「| | 田,. イ___/´|    |  il   |\ __] Πпr―  /      ミミ/
ェェェ=‐´ 田|/二ニ,ハ_,.-_‐=_二l  |__|  '|___|   |l二  ,.._   _,/      ミミ/
≡≡===> ,. - ‐''´‐ '' "´i i i i i i i| /             \    f゙   "''"        ミミ./
ニ―-┐γ´  r''´i i| i| i_l⊥l,.-‐''´       ::'' i ''::     '"ー゚ 、ヽ          ∠....
_,,... -┤ゝ、_゙丶i,''"´        \  .:'  :i:  ':.  /      ノ            <
  r┐:|-‐''´/|_ `ー-ァ―ァ、 _   |圭圭圭圭圭|     /              〈^
」 .i__| :|_,,/n |  / / / ||       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   /                〈
    :| | / ヽ|/∧’/ / i||    /             /        /        >'
-‐  /|| ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄ /i |       ノ/        >'
  /川||_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥ /    ト    ,. '゙ ゝノ! 〉 ヽゝ,.>''゙
/川 /                       /     |ヾヽ '゙
                           / / / ,,. ィ





「やる夫の城塞都市物語 第15話 「現場証人たちの記録」 前編」の続きを読む »

投稿日 : 2011/12/11 | カテゴリ : 城塞都市物語 | コメント数 : 8
■やる夫の城塞都市物語 第15話 「現場証人たちの記録」 後編
18 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2011/12/12(月) 21:01:30 ID:NlXHRVxE


                    .. :':/
           /  /:::; ' _
.            (:(   〃::::/:´::::::::::`ヽ_ ノ
.            ヽヽ i::::::::{::::::::::::::'´::::::::::::`丶.    ノ
         , .-―-'´、::ヽ:::::/:::::::::::::::::::`丶::::::::`__彡′
.      /⌒> '::::::::::>,::':i::::::::::::::::::::::::::::::::::\::`ヽ、__
         ′:::::::'::::::://{:ヽ:::\::::::::::::ノ::::::::::ヽ:::::/⌒
        {::/ /::: ,′:人::::`丶、_彡'、:::`ヽ:;:ヽ'
        /::::,:'::::::/:::::::/ ヽ:::::\  _ -‐ヽ::::::}::`ヽ__
        ,′/:::::::,':::/{.  __`丶、'´   _,.、 )/:::::::::):::`ヽ
.         ,::/ i::::/:{ :i ´  ̄  、    ィらうY'i:::::::::::::;>'´`)  _
        i ′|:/|::λヽ. ハてうミ    マ__リ  !、_ヽ.   ,.: ´:::::::::::`丶
        {  '{ 乂::ゝ-ヽ マ__::!  、      ;人)  .) /:/::::::::::::::::::::/
.           {::::::/ヽヽ       ..     /____/: .:/:::::::::::::::::: /
.        __  _{.i_}ハ:>、        /:::::::::::/: : /::::::::::::::::::, '       今回はヴェネツィア、ジェノヴァ、セルビア
       \ヽ:.:.:.:l l:.:.:.:.:ノ:.:ヽ`≧=- ' V:::::::/.:.:..:,.':::::::::::::::::::/
         /\ヽ.l ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.\}    ヽ,/:.:.:.:.: /ー 、 ̄           そして、オスマン帝国の人たちの話。
         ,':.:.:./ ,    \:.:.:.:.:.:.:.:.\/ ̄_l:.:.:.: : /    i
.        i:.:.:.:{ ヽ_/ / `丶、\:.\/: :l__:.:/   .i  \      .|\
.        l__:`ー(/ {      `丶rヽ-' {ヽ    l/   \   l;';/
              /i   ヽ  r――‐{       }――i/三三 i   |/
.             / .l    V.∨!;';';';';';'∧     \;';';';';';|   二二|_ /
             ′.|    Vヽ|;';';';';';';';';'ヽ     ヽ_;!/ {__/'⌒´
             i/|    }ヽ|';';';';';';';'';';'|; \     `丶}
          |/ '     { |;';';';';';';';';';'|; ;|;';\      ,'
             ヽ__ヽ    /!_____!;_;!___丶、   /     _
               \ / Y`丶、\;';';''V/ノー' ,.ー':.ヽ__ /:.:.\
                /       \x=ニ二{{二二}}イ.:.:.i:.:.:.:.:\(:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
             ({       /:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.ヽ:::::::::.:.:.:.:ヽ
             _)      /:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i_,、 -:.:.:.:.:.}ヽ:::::::.:.:.:.:'
             }/       /:.:.:.:.:.:.:.:.',:.__:.:.:.:.:.:.,、-:':´/:. ̄:.`丶::}::::::::.:.:.:.:}
                  ,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.___ :.:.:.//:.:.:.:.:.:.:./:.:.:ヽ:::::.:.:.: ノ
                   _//{:.:.:-―=i`丶、:.:.:.:.:.:.::.:./____/:.:.:.:.:.:.:.:.:./
                 /:.:.:.:.,':.:.'.:.:.:.:.:.:.:.:/i:.:.:.:.:\::::V:::::\   |/:.:.:.:.:.:.:.::.:.:}
            {:.:.:.:.:.:.i:.:.:.i : :.:.:.:.:/:.:.',:.:./ ̄ヽ;}:.:.:/    ̄ ̄ ̄l ̄
              ヽ:.:.:.:.:l:.:.:.i : :.:.:.:.i:.:.:.;、i/     V_{:         !
                  \: |:.:.:.i.:.:.:.:.:.:|/         V|:        !
                 `ー i.:.:.:/          ';!          '
                      ヽ'― \         i        {
                       `丶、        '       ー-  _
                        /       }           `ヽ





「やる夫の城塞都市物語 第15話 「現場証人たちの記録」 後編」の続きを読む »

投稿日 : 2011/12/14 | カテゴリ : 城塞都市物語 | コメント数 : 11
■やる夫の城塞都市物語 舞台裏 「爆笑NG集」
210 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2012/02/02(木) 19:35:00 ID:gg5RSqZE

皆さん、こんばんは。
本日22時から短いネタを投下したいと思います。
長くはかからないので読んでください。





211 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/02/02(木) 19:46:14 ID:C5BIyXMk

ひゅー!





212 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/02/02(木) 19:52:42 ID:8cEXBW3o

待機





「やる夫の城塞都市物語 舞台裏 「爆笑NG集」」の続きを読む »

投稿日 : 2012/02/06 | カテゴリ : 城塞都市物語 | コメント数 : 13
■やる夫の城塞都市物語 外伝 「アヤ・ソフィア大聖堂物語」
294 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2012/05/28(月) 21:05:42 ID:gOB24bhg0



                     ┏┓                                ┏┓
                     ┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
                     ┏╋───────────────────╋┓
                     ┃|                                |┃
      |             ┃|     アヤ・ソフィア大聖堂物語         |┃
      i!     ..|       .┃|                                |┃
     ,il!     .i!      ┗╋───────────────────╋┛
     .ilii     il       . ┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓           |
     iliili    ..lii      ┗┛                                ┗┛           .. i!
     | |    .liili                   | |  .lii                        .|  il!
    .._|__.|_  . .| |        ..|         .._|__.|_ ..| |                        i!  .ilii
    ',_', ,'_,'   ',゙゙゙゙,'      __⊥____       ',_', ,'_,'.,"','                        .il  iliili
     |゙゙.|    .|゙゙.|    , '::::::::::::::::::`ヽ.,      .|゙゙.|  | |                        .lii .| ..|
─── .|__| ──',゙゙゙゙,'─ ..∧_________________∧─── .|__| ‐.| |──────────────── | |.._|__|--------____
    ',_', ,'_,'   |゙゙.|,‐‐,.|「」「」「」「」「」「」.,‐‐‐,..‐,  ',_', ,'_,'.',゙゙゙,'                       ',゙゙゙゙,',_', ,'_,'.
     |゙゙.|    .|, '|~~!::!  , '' "" '' 、 .|゙゙゙゙.!::l l  .|゙゙.|  | |                        .| | |゙゙.|
    __|__|__   ,'  | .!::!∧::::::::::::::::::::::∧|  .|::l `ヽ__|__|__ .! !                        ',゙゙゙゙__|__|__
    ',_', ,'_,'  i゛!゛! | .!::|_n_n_n_n_n_n_n_'|''''''|::| ,⊥',_', ,'_,'.',゙゙゙,'  ゞ ; ; ; ;;" "ゞ ; ゞ ; ; ; ;;"        | .',_', ,'_,'.
     |゙゙.| _, '_⌒'∧/i--i |===| i‐‐‐..∧.|γ:::::::::::'| .| ...! l ;;ヾヾ、ゝヾ;ゞ;ヾヾ、ゝヾ;;" "ゞ;ヾヾ、ゝヾ  | | .| |   "ゞ_γ" ; ; ヾ
     | | !_______|iロ|____,,=========,,____|iロ|!======┤.|/:::::_γ`ヽ_γ`ヽ_γ`ヽ_γ`ヽ_γ`ヽ_γ`ヽ_" "ゞ| |  ヾ、ゝ  ;" "ゞ
  _____.i'  '!γ''''' ,|゙゙゙|γ''''',γ''゛''',γ''''' , .| |!γ''''' ,  | .|::::::::::: ヽ‐ ;ヾヾ、ゝ ;" "ゞ ; ; ; γ`ヽ_γ`ヽ_;" "ゞ , | |; ; ヾ" ;;ヾヾ、ゝ
____   i'  l,-,,-,,-| |,.!-,,-,!.!,,-,,-,!i,-,-,,.',.| |!,'______.',...l | ;" "ゞ_γ" ; ; ヾ;ヾヾ、ゝヾ;ゞ――――;" "ゞ.; ; ;;"| | ; ゝヾ;ゞ " ; ;
____'___,,∠\,∩_∩.| |_∩_∩_∩_∩_..∩_. | ||γ^',   | |;ヾヾ、ゝ  ;" "ゞ ; ; ; ;;" "ゞ ; ; ; ロ ロ ;" "ゞ ; ;ヾヾ、ゝヾ;;ヾヾ、ゝヾ;ゞ
n  n ヽ∠||_|_.|_|.| |_.|_|_.|_|_.|_|_.|_|_...|_|__.| |!"""""""| ;"" ; ; ヾ" ;;ヾヾ、ゝヾ;ゞ;ヾヾ、ゝヾ;;" "ゞ;ヾヾ、ゝヾ";" "ゞ ; ;" ; ; ヾ" ;;
‐‐‐‐‐‐l  |.∩_∩.|ロ|._∩_∩_∩_∩_..∩_ |ロ|! i⌒!i⌒!| ;ヾヾ、ゝヾ;ゞ " ; ; ヾ" ;; " ; ; ヾ" ;ヾヾ、ゝ" ; ; ヾ" ;ヾヾ、ゝヾ;ゞ
 ∩  |  |.|_|_.|_|.| |_.|_|_.|_|_.|_|_.|_|_...|_|__.| |! .i::::::!i:::::!| "             " ; ; ヾ" ;;    " ; ; ヾ" ;;
________________________γ´'' '________
_∩_∩_∩_∩_∩_∩_∩_∩_∩_∩_∩_∩_∩_∩_∩_∩_∩_∩___,'⌒',∩_∩_∩_∩_∩_∩_





「やる夫の城塞都市物語 外伝 「アヤ・ソフィア大聖堂物語」」の続きを読む »

投稿日 : 2012/06/03 | カテゴリ : 城塞都市物語 | コメント数 : 15
プロフィール

管理人 : 「ピチカー党員No.11」こと金ニダリスト

       ___
      |それ金|
    z'| ── 、
    / ハ ヘ u ヽ
  人/ノヽ ミ=‐...|_     生活の中心が株になっとる
    }≦ u 爻r.j. |彡}
  (  u  リ У{三≧
   ` ー─t r三勿 {气}
      厂 ̄(三)  `气


◆カウンター(ユニーク)    ◆カウンター(トータル)
       


全記事一覧

RSS

管理モード
ツイート
最新コメント
最新記事
まとめ記事
【歴史系】
【物語系】
【ゲーム系】
【学ぶ系】
連絡先はこちら

苦情・相談などありましたら、
下記のメールフォームにてご連絡ください。
(ファイル添付可能)

連絡用メールフォーム

貰い物紹介

TOP画像募集中

  

ダンジョンマスター作者様からいただいた逸品。
カナ、マジプリティ!



  

  

帽子屋HeII0様からの贈り物、しかも二枚!
各作品に対する愛情が伝わってきます。
帽子屋HeII0様のブログ - 「-simulacra-」

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
© それにつけても金のほしさよ All rights reserved.