■新・やる夫の関が原戦線異常アリ 第4部 その29 「やる夫暗殺計画」
861 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/10(土) 22:51:08 ID:OvDALiog

【チラシの裏 ~今さっきの会話~】

            ,.  ,. -=キ≠=- 、
        /: : :'´: : : : : :.ィ: : : :`ヽヽ:\
        /: : : : : :/ : : ://!l: : : !: : :.い: : ヽ
.     /  / .. :/. :/:.// ll: : :l: : ヽl:.|.   :.
     // : : l:./: : !/「/ l  lヽ卞ヽ、l:.!: : : : i
   / /: /: :l/: :イ|:./ l/     V }从:ト: : : : : !   ねえねえ
.    / イ: : :l: : :/レ勹示     i勹tトV: : : .!: :|
    l / l:.: :.{:.: | i乍心:|     |;心:.}豸: :.,′:|   明日の「江」は関が原?
    l/ |: : ∧:.l  辷ツ      辷ツl: : :/、∧|
      |: :/ト.Vt  ¨¨  ___   ¨¨ //:ム/  `
      l / l |: :.〉r、    {___}    _イ:.イ:/
      l/   !:/.rLl^l^i、 ‐-‐ ,i^l^|」:/l/
          ィrト、 ` ー┴ v-┴‐'´_,{ァ、
          ∧∨、` ー---┼--‐'´ |/∧
        { ∨、.`ー----┼‐‐--'´∨ }
        l | ` ー----┼---─'´|  l




              ,  -─ - 、
           , -'´     l、   ` 、
         /       ノ ヽ    ヽ
        冫  ノ彡,ィ/    ヽ.   l   いや おそらく
         7  l       _,. l!   l
         レ'、r l=-、;__,r-=、_ l,_  ノ   信濃の上田城での戦いではないかな
          ヽlー─'l  ー‐' `lノ /
           ',   `     /,ノ
            ヽ  -─-  ノi'
            lヽ、__ / _l、
         _,r '゙|ニ= 、 , 一' ´ ,ト 、 _
    -‐'.´ ̄/;;;;;;;;|>/ヽ二二´ノ;;;;;;;;;;;;ヽ`'';;;;
    ;;;;;;;;;;;;く;;;;;;;;//l  :: ヽ /;;;;;;;;;;;_ - ';;;;;;;;
    ;;;;;;;;;;/;;;く / /   ::. ヾ;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;





862 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/10(土) 22:52:22 ID:OvDALiog

       lヽ
       | ヽ    __
        ヽ   L,ァ'´ /
       ,  >f=-<ー 、
    /: : :イ´: ∧ヽ 、: :.\
   /: : : :|:/:_: l/ }: |、: : !: : :ヽ   信濃? 長野県?
    l: : : : |/´//  l:バ`:|: l: : :.|
    |: l: : :|≠彳   !テミ: :!: ト、!   どんな戦い?
    |: l: : :イ代.|     |rt:从l: :|
    l/l: : : 弋シ     ゞ= {ノ: :|
    ヾ.ト、:.l、'''''  。  ''''イ:∧l
      Vヽヾ7ーfァニ彳 l/
       Y⌒ヽ、/`ヽ    ← ネタバレを嫌がらず
.       ├‐┬=┬┤       先を知っていた方が逆に安心するタイプ
          l  !   ! l




.     /  ,                \
    /   / l                 ヽ
  ,r'    /  ヾ,、               ゙,
. /   イ/    ` ` 、              }
 { i   | ゙      、,,`' 、 ,           j
 レ'、,  |      ,:r'"''‐ `'゙、  ,、‐‐、      l
   ゝ」、 、 , ,、‐''゙゙、゙'、-――t'''/ / l     |   ○○が▲▲に徹底的に
    ,ゝ‐、_,',.  ' ,O 〉     V .( ゙, j     i
    ',.ヽソ. '、,,、 -'"       / /     j   ××される戦いだな
     '‐レ゙             .,r'    ノ
      l` `      、     i'" ゙ヽ、,/
.      ゙、  ,,、 -‐'"      ノ    ヽァ、
       ゙、'´ ..       ,r゙     ノ ヾ^゙ヽ、
.       ゙,        ./    ,、r'  /   \
        !、     /  ,、r'"   /      /`'ー-
         `'''"入 ̄ ,、r ''"   ,、/      /
          く  .Y'"   .,、r'"/      /
         /" ` 、', ,、r''" /_____/
     ,、 - ''"´ ̄ ̄`゙i zz,,,/ \
   ,、 '"  ,、 ''"    | /    \





863 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/10(土) 22:53:06 ID:OvDALiog

   /_: :/    /: : //: / |V: :|ヽ : : : : ', : : : : : ヽ
  ////:   : :/ : :/ ,|:/   | ∨| V: : : : | : : : : : : ',
  ′ //: : : : : :_| 斗  |{  │ |.:|  ∨ : : |: : : : : : : |
   .//: :,ィ: : : : :| /.`ヽ__ ノ | }/ __ ‐'´ : :|: : : : : : : |                    ,. --‐- 、、
  .': |: / |: : : :/{/,イ元x     イ旡x、: :|: : : : :|: :│                  くii::::::::::::::::::::::::`ヽ、
  .|: {/ /|: : :∧ /rイ::ハ 三 三 三 frイ::: ヘ :|: : : :|: :│                 ィiy: ゛ミiii;;;;;;;;:::::::::::::::'i,
  |: : /:│: / ム{ |:トーイ| 三 三  |:トー'∨}〉: : :: .′ ′                il||i::    ̄~゛:;::::::::::::::!
  .|: /  Ⅳ{: f ハ. ヾtン  ,    ヾtン  |: :,': :/ : :.′ それは楽しみだね♪   《iii:: _,,. r'"^゛、_ヾ::::::::|
  .Ⅴ   |ヘ|: ヘ :}.     ,-、       / /: /: : /                   t´ ゛}^"‐-‐'  ´`i:::|
      .',:.{ : : 小、     ∨_/     . イ:/: /: : /                    i~~´i|、.    u  Y:/ …………
      .',ハ: : :|: { {≧ 、.. ___ ..   < //: /: : /  ヘッヘッヘッ ザマァミロ         ヽ:. 、,_-=・    /'
       ∨ : :|: | ヽ;≦}    {ヘ:∧:j/|: :|: :/                       ヽ:.  ゛   /
        \:.|: | /.:.:ヽ、    ',:.:.`く. |: :|:/                        丶- -‐ ´


                                【チラシの裏 ~今さっきの会話~】おわり





864 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/10(土) 22:53:55 ID:IX7GNDbo

黒いぞ、奥さんw





868 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/10(土) 22:55:00 ID:2haSn45U

奥様、どんだけ秀忠が嫌いやねんw





870 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/10(土) 22:59:57 ID:OvDALiog

俳優ではなく 「江」の秀忠のキャラをマジで嫌っている

「いいから家康は秀忠をぶん殴れ」
「嫁に教育を丸投げするな」
「天下とっても次があれじゃダメ」

だそうです





865 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/10(土) 22:54:09 ID:OvDALiog

                   |::
                   |::        ___
                   |::      /      \
                   |::     /\  /   u. \
                   |::   / (○)  (○)    \
                   |:::   |   (__人__)    u.   |
                   |:::  ┫  u.` ⌒´      /  ╋
                   |/⌒╋ ̄ ̄        ̄ ̄ ̄╋ ̄⌒ヽ
                   |_ノ ╋ ̄ ̄|        | ̄ ̄╋ ̄ヽ_)


           『 新 ・ や る 夫 の 関 が 原 戦 線 異 常 ア リ 』

                次回 <第4部 その29 やる夫暗殺計画>

                       9/11(日)21:00投下予定

                         現在7コマ完成!





869 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/10(土) 22:55:02 ID:MtZJf75U

今週も平常運転で安心した





958 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 21:05:31 ID:OoKtnfpg

【大河ドラマ視聴後】

        /_: :/    /: : //: / |V: :|ヽ : : : : ', : : : : : ヽ
      ////:   : :/ : :/ ,|:/   | ∨| V: : : : | : : : : : : ',
     ′ //: : : : : :_| 斗  |{  │ |.:|  ∨ : : |: : : : : : : |
       .//: :,ィ: : : : :| /.`ヽ__   | }/ __ ‐'´ : :|: : : : : : : |
     .': |: / |: : : :/{/,イ元x     イ旡x、: :|: : : : :|: :│
     .|: {/ /|: : :∧ /rイ::ハ      frイ::: ヘ :|: : : : :|: :│
      .|: : /:│: / ム{ |:トーイ|       |:トー'∨}〉: : : : .′ ′   江
      .|: /  Ⅳ{: f ハ. ヾtン  ,    ヾtン  |: :,': :/ : :.′
      .Ⅴ   |ヘ|: ヘ :}.               / /: /: : /     写経と素振りしかしてないね
          .',:.{ : : 小、     へ      イ:/: /: : /
          .',ハ: : :|: { {≧ 、.. ___ ..   < //: /: : /
          ∨ : :|: | ヽ;≦}    {ヘ:∧:j/|: :|: :/
            \:.|: | /.:.:ヽ、    ',:.:.`く. |: :|:/




      ,..-‐-- 、、
    ,ィ":::::::::::::::::::;;;;;:ii>;,
   /:::::::::::::::;;;;;;;;iii彡" :ヤi、
   .i::::::::::::;:"~ ̄     ::i||li
   .|:::::::::j'_,.ィ^' ‐、 _,,. ::iii》
   .|:::i´`   `‐-‐"^{" `リ"゙
   ヾ;Y     ,.,li`~~i
    `i、   ・=-_、, .:/   うむ……
       ヽ    ''  :/
       ` ‐- 、、ノ





959 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 21:05:57 ID:OoKtnfpg

        {ヽ         /}
        |  \     /  l
        |   ヽ、  /    |
        {      r-ァ'    ト
        >、   ノ-{     /: : :`ヽ
       /: : ,ゝ、_ィ、__x---rく: : : : : : :\
      //: :´: : :/: :.ィ: : : : `ヽヽ: : :ヽ : ::.
    /: /: :./: : : :/: :/ |: :l: : :.\: :l: : : :.l : : :i
.   /: /: : /: : : :/: /  l:.:ト、: : :.:.ヽ| : : : | : : :|    今後 江が
   /: イ: : :.! :.:.、/l:./   !:.l \/: | : : : |: : :.:|
   |/ l: : !:.|: : :/メ/    ヾ,_/\:.:|: : : :.!: : : |    今日の初より活躍することって
    |: :.l: |: :./ l/ `     ヽ___ ヽl : : : | : : :|
    |:./|: !:.∧ rf云    =‐rx、._|: : : :.|):,イ:l    あるのかなあ?
    |/ l:.:|/:`.}. 辷ノ    弋辷ノ ト: : :.l:|/ l/
.      l∧::::( ''       ''' /: :.i:.∧!
         ヽ:./≧T>‐-r'ー--‐イ : /lメ、
        Ⅵ:.:.:.:|.{   }  / |/:/^ヽ


投下します





961 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 21:06:21 ID:0KsGKQ9M

写経はともかく素振りてw





964 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 21:08:45 ID:gi91RkP6

嫁さんが面白すぎるw





970 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 21:10:12 ID:OoKtnfpg

戦国時代
合戦における主要な武器は弓・火縄銃・槍であり
刀は首取りの道具であると語られることが多いが……



              _ _ノ{          そ
            ∧ン             て,
.,ヘ        `ーイ                ´7_
 , ヘ        ト=″                 ソ
ノ , ヘ      >                   〃
._,ノ  ,ヘ、    ミ、     ,、             ,イ
  _,ノ  ,ヘ 、へ_ゝ     F ヾク ,イ        i{ |
\ _,ノ   ヽヽ > 「ヽ   _」  }( リ | ,イト、( ) ヾ />|
  >     /Y  |ヾ\ i|   ヾ`  i! |  !{`リノY´_ |      んなことねーよ
/ ヽ__ノ   、ヘ く ヾ   〃ヽ______,   ≦ォタ |
  //  | / /  ヽ _)    、、_, ̄゛〃く  ̄``l      刀剣も普通に戦場で使われるぜ
//  / _1 /    `ー、      ̄´   __」    /   _
/  /   |  ト、    ヽ           ヽ,/  ̄ フ/  ̄ ̄ ̄ ヽ
   /|   |   ヽ     ` 、     _ ` _´/  , へ ̄ヽ⌒ヽ´ ̄ ̄
  / |   i    \     \   ´  ̄ ├ー'   ヾ ヽ  `ヽー
 /  └  ヾ     ー―― -ヽヽ 、____〈______ヽ ヽ ヽ
>、     \_        __ _,ノ ̄  }     `ヽ ヽ      ← 柳生宗章
  >― ―                    !二二ヾ





972 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 21:11:19 ID:AUoo.VDo

あんたのドラゴン殺しは確かになw





971 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 21:11:13 ID:OoKtnfpg

         ヽト _ゝト__ト,, __イ-ヾ─,
      、>`ヘi:::::::::___::≡_:ミ::::::=二--i_____
    _ヽ_-`::::::::三__::::ク///ノミ,三ミ;;;;;ミ:::::::<__        弓や鉄砲の射掛け合いだけで
  丶二`:::::::::::彡エ゙/:ノ/ll::ノ/i:ノ!:::ミ `l`,ミ,:::::::, ,くヽ
  _==ラ ヶ/!:::::ヶ//ノi f//ノ,)::l!ノハl\,:::::ヽ ヽ トゝ       戦闘が終わることも多いし
  イ 彡/ヶク::/:::/レ:::::i//:/ /::リ.ll::i!!::::l \`ヽ::iヾ
  /イ/ ´ ´´/ノ:::::::::::/l::::イハ´:/i:::ノlヘヽ:i, iwi ` ト        集団の槍衾が緒戦には有効なのは確かだけどよ
  ノ/  ;; イ:::/l::/ .i/__}:/-/´レl::レ!!:ヽ::\ i_\i
 ´ ´lイ /ノiノi:l,,::!_,:l i/;;;;l´彡 ´`ヾノi://::::::ノl /ヘi,`、       合戦が最後まで整然と続くとは限らねえだろ
   /ノ!ノ,-;;;;;;ヽ、 ヽ  r_i:ク=ゝ/i/:i:::/::/./ニヽiヽ
     l ヘ-、  _.!-.i ヽ,         !イノf__ノ ` }!        乱戦になったら白刃の切り込み抜刀は十分有効だぜ
     ´ lノ!- ̄ /.ハ i      i   .l;ノ/.) 厂イ
      /i  / ヽ_ヽ,i      .l       /:::lヽ    .∧
       !  i.!、 、,ノ      l  . ┌7´ `ヘi    /;;;i
       `i  ´`-,            !`    \/─彡:::!
        `i /_´─ ̄ 二`      / __/`-´彡ヘ彡彡ヽ
       _ /´i ヽ─ ´ ̄    ,∧ ノ/ヽ!:::::::!::/,,,,<´:: ̄
      __l::::::::`i         ,/::::::ヘ,.\;;;_`_ ,-<:::::::::::::::::::
     .ヘi:::::::::::::::\     _,ヘヾ 彡::彡- `:;;;<::::::::::::::::__::::::
    ノ::iヽヽ:::::::::::::`i7ヘ-´:::::::ヽ 彡:::-─´´:::::__::/´ ̄   `ヽ
   >::ヘ`.ヽ:::,ヘ-´;;:::::\,::::ノ-;;;´::::::::::> ´
 -7´: ヽ::::iヽ,!/::彡 彡:: <::::::::::::::::::::/
 /:::::::: `!;;ノ´_彡 -:::´::::::::::::::::::::::::::::/
 :::::::::::::::`-ヘ  :`ヽ:::::::::::::::::::::::::::::`l




          ____
        /      \        でも刀って
       /  ─    ─\
     /    (●)  (●) \      人を斬ったら脂が付いて
     |       (__人__)    |
     ./     ∩ノ ⊃  /      切れ味が鈍るって聞くお?
     (  \ / _ノ |  |
     .\ “  /__|  |
       \ /___ /   ← 小早川やる夫





975 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 21:12:09 ID:OoKtnfpg

           ,、
          ノ ヽ  __
        /       `ヽ.       肉や魚を捌いた包丁が
       /           ヽ
    _ i             !      脂のせいで すぐに
   /  \      ノ  ヽ   |
   \   `    ̄ ̄   ̄ ̄  、     ダメになるなんてことがあるかい?
     \__      ヾ---ァ`   ノ
       \      \/   /
         `ァ       <   ← 伊岐真利
         /         ヽ




                    lVゝ,λ/レ、lv、/l、v、
                 _,vレ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::v、_
                _ゝ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ            まあ きちんと刃を立てなかったり
                Z:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;ゝ
                _ゝ::::,;;;;;;;ゝ:::::::::::::::::::〈;;;;;;;;;::::::::::Z            鎧やら兜やらの固い箇所をぶっ叩いたら
                _ゝ;:;;l´゛'/::/|::/l::::∧::|""`l;;;;;;;;;ゝ
               _く;;;;;;|  .レ' |/ .レ′|/   i;;;;;;;;;;ゝ           さすがに いかれちまうが
            __.-rt´人;|',-‐----、_| |、_.---―-、|;人
      , ┬┬┬ ´il il, | `|` ̄``ヾ;;;;;ノ |;;;_.=〒,テテ~ r ト;-、_         正しい場所を正しい方法で打ち込めば
    / """"´´´`リ レ∧_ | "`==-‐`  ´ `===≠  |_./;;::;;;;;;〉-v-、
   / ゛       / /./...:::::|=-‐   ´八       |::::;;  :/;;;/ ̄ ̄ ヽ__  刀は いくらだって斬ることが出来るぜ
  ./゛゛      / 〃λ;;::: :::|        ⌒    -==/:::;;  ::::/|||jiiiiiヽ____  ヽ.
  i""   〃  / /λ:::::、;;;;;λ=-     、_ ,      /::::::  ;/ ̄ ̄ヽ_____ \__ゝ
  |"    /   ノ  | | ゝ、:;;;;::::.::::\   , ---、   /::::::  〈||||||||`ヽ_______ \____>
  _|   /  / /| j ト、:::::::、;:::::::::::::\  ゛"    /:::::::::::::;;;八__o___________ / ___/
 八,,/ /" / //"/ .|  ̄| ̄ゝ,;;::::::::::: \   /:::::;;;;;;;;;_/;;;;;ト--、,_____/ ̄ ̄゛〈
〈    /  i  / ./ /;;;;;;;;;|゚   ゝ;;;;;::::::::::`―´;;;;;;;;;___ノ;;;;;;;;;;;;∥  7oiii| iiii|||||||||||〉
ノ""/  /i / /   i;;;;;;;;;;;;|    .>----、---― ´;;;;;;;;;;;  ∥ | ̄`|~ ̄ ̄ ̄゛ゝ





981 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 21:13:14 ID:OoKtnfpg

      _____
    / ―   \       正しい場所……
  /ノ  ( ●)   \
. | ( ●)   ⌒)   |     正しい方法……
. |   (__ノ ̄    /
. |             /
  \_    ⊂ヽ∩\
    /´     (,_ \.\
.    |  /     \_ノ







         ____
        /⌒  ⌒\          あっ そうか! だから
    (ヽ /( ●)  (●)\   /)
   (((i ):::::: ⌒(__人__)⌒::::\ ( i)))    そのための「剣術」なんだお!
  /∠ |     |r┬-|    |_ゝ\
  (___     `ー'´   ____ )
       |        /
       |       /
         |   r  /
       ヽ  ヽ/
        >__ノ;:::......





984 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 21:14:23 ID:OoKtnfpg

                       ,;vi,;;  ,;r
                  VW'"'/'"/ yY/ '""Z-,;_
                _ゝヾ  ゝ  ヾヾi-,ゝ-;ゝ彡  フ__        そういうこった
                _,ヽ> /ハハ/'"'ヾl ヽl"lヽ、ヾミ /z_
    _,,.           >  ,,,,,,,,,,,   ,,,;;;''''''""""'ヽ、"'ミ Z       第一 考えてもみてくれよ
 _,.-''" ヾヽ       ∠ミ;;'""r-、    r'''"o"''ヽ、  くミヾ"'ゝ
 l_,..-'''"~'i::l'\      Z,; r'"'l::::::\  ""''ー--''  ..:::ヾミ ミ Z     刀が首切りの道具だけってんなら
 'i.    l::l::::l      ゞl   l_ヽヽ ゝ        ..::::::ミ ミ ゝ
  'i_ _,,.-'"'ヽl      くl     "''ー-、       ...::::::::ミ ミ ゞZ     俺たちの「剣術」が
   i",.-'""'';,l,       l,  /..::::::::::::....."'ヽ、 ノ..::  ..::::::::ミr‐-、t'
   ヽ、r''"~.:::i,       l::..::....::     ::::.........::::::....:::::::::::::/〆) )"    仕官の名刺代わりになるなんて
   /('i,,r''"..::iミニ"'''ゝ  'i::..            :::::::::::::::/ヽ__,,/
   iハヽ'i, ,,...::'l"'ヾヾゝ  l::::... ...:::::::::::::....  ....:::::::::::::::::/ i::l"'      有り得ねえだろ?
    "~ヾi,.f'" :::'lミミr''ヾゝ ヽ::::...::::::::::::::::::::::....:::::::::::::::// l:::l
    "'ゞ i r-''::l,ヾゞ )::'i  'i,ヾ::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::: .::/ ::l
       'i,;'   ::::l;,ミゝ    ヽ "'ヽ、:::::::::::::::::::/::::::  ::/ ..:::l_,.r‐''""'''--;;,,
        i,..;;;'"".:l;,    ,;;,,, ヽ "':::::::::::::::::::::::::::::  :::/::.. ::::l;;''"",,,;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ
        l r''-'""ヽr,;;/;;,,,;;;"ヽ,  :::::::::::::::::::::::   .:/:::.,,,/,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
        'i.::'",,....,,/;;;,,,,,,,,;;;;;;;;;;ヽ   ::::::::::::::::: ,,;;;;;;;;;''''",,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;''",
         'i/;;,,,,""';;;;;;;;;;;;;;;,,,"'',,ヽ,,,,,_,,,,,-‐'",,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'''"
       _,,,...;;;;'";;;',;,;;,,;;;;,,,"'';;;;;;;;;;,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;''""






       / ̄ ̄ ̄ \
     /       . \       ……ごめんなさいだお
    /  _ ノ   ヽ、_   \
   .|   (ー)  (ー) .  |     やる夫は剣術を体力増強と
    \    (__人__) .  /
     /    `⌒´    ヽ      精神修練のためとしか考えていなかったお
    ヽ、二⌒)   (⌒ニノ





986 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 21:15:15 ID:OoKtnfpg

        _.ノ:::l   ヽ   `'   ''"_,.,.}._     / }
{ヽ      / _,... `              \   / /
ヽ \    .フ''" ,            、 `ヽ l.  / /
 \. \  / /  /   ,.イ   ト、  ト、   \/ /
   \. \| l    ハ  /  !  .} ヽ  ! ヽ   ノ,. /
    ト、 レ|  / ヽ /  ヽ ノ  ヽ l  \ ,l/ ノ     そりゃ かまわないさ
    ヽ \.ヽ l   ヽ    `       |/ /
     ヽ  |`´ -――-     "´ ̄ ̄_.| /      殿は最前線の兵卒とは立場が違うし
      \ |≡            -、 ~レ′
        ヽ|        ____,..イ  |        剣術が精神性を ことさら強調してるのも
         ヽ  ヽv ̄ ̄      ソ  .ノ
          \  \      /  /         事実なんだから
           ` - 、`ヽ----', ィ '´
               | ` ‐-‐'  |
              ノ      ヽ
             /        \




              ,、∧ハノ丶人/ヽ'lノi_
         ノlヽノ) /ヽ'   ) ノ  i フ ̄i_
      iV!/l .| ! /!./ !,/-‐'ノ ̄ノノ;ノ ノ_            剣術の技ってのは
      l,|.i_ノ /',i/ ノ-'"ノ' l 'ノフミノ)彡 (
    iv'ノ '、 / ',/"./ . ノ, -‐ー'ヽ`>ニ >            それ自体は人殺しの技術なんだけどよ
  .i、 i、| /   Y./ヽ、, '", ;;彡'"二i'⌒ヽ"、二ニゝ
  、| ` 、ヽ`ミノニヽ/" `゙ー''彡三| lミ、.i_, ゝノノ>           人を殺し続けても平気でいられるほど
 _iヽ‐-ヾ、,、 (,,`ヾ       ミ` ` l`''ヽ  `ゝ
 ヽ_`_、-,'`;;| `‐-`, '"         ヽノ">ヾ!` \,'"        人間の心は強くできてねえんだな
  ヾ;;__/l,ヾ! i. /,' ./l!        ヽ ' ,   /:.:.:.:.:.:.
    |;!'、  '、/;i ."'゚./             `  ヽ  |:.:.:.:.:.:.:.:      その技に精神性を求めさせるのも
    ! \.ヽ `:::、              ,'',  .', ,ノ:.:.:.:.:/
      .゙i/ヽ,_            /::::!   !:.:.:.:.:,':.:.:.:      必要ってことさ
       `"'|   ._)     ,,    ./:::::',  ノ:.:.:.:./:.:.:.:
         、 ;:_,,"   /    ./::::::::  ./:.:.:.:./:.:.:.:.:
         `" ̄ヽ_/ /      :::::::::: /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:
              `''、    .,/ ,-‐、:::,.':.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:
               ヽ,__,,'/―ー''":.:.:.:ノ:.:.:.:.:.:.:.:
                ./:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.,/:.,':.:.:.:.:.:.:.:.:.





987 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 21:15:42 ID:KHP.cV.Y

なるほど、そういう意味での精神性か





988 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 21:16:20 ID:OoKtnfpg

           ;i' ,;i"/i";'/ハ/ハli'i'  彡 彡;-ー        ゞ,"ン、
            .'ヽi,/ ll ;;i' ;il 'i; ' 彡 彡彡           ミく ゝ     俺の弟は頭イイから
              /ヽ"' 'i,  ヽ ' 彡 彡            彡>">
               'l';;;iii;;;;;;;;;,,,,、   ""ヾ、ミ、          ,ミ ,,ゝ    「剣術の精神性」を更なる整合性をもって
           /"::..,;,,,,,,_ ..::::.      "';; "ヾ,,,.-、      ミ >
             /    ,,..゚.>.::..      彡  /,,ヽ.:l      ゝ,,ゝ    高めていこうとしてるらしいが……
           /"''       ::::::.     ミ  /= )'ハ:'l    く彡/'
          ("   ..      :::      彡:/ヽ ) ノ,l   ,,ゞ "ゝ     ま 殿には
          "'ー-;:'      .::      ;;;/)丿 ...::/    _,,> i"
            .く             .:;/_,r‐l'"    ミ /"       俺の剣が飾りじゃねえってことだけ
             .r' ̄"ヽ        ...::/;l:: .::::l "ヾ;'i ミ"i'
           "i''          ..:::/;;l:: ..:::l   ''"ヾ''iヽ         覚えてもらえば それで良いさ
           /          ..:::/;;;l:: .:::::l:.    ..::'l
           i,_   _,,... -―'''" ̄:::;;;;;l::  .:::l::.   ..:::::'l,,..,_
            "'''""rー'i, 'i,      l  ..::::l:::.  ..:::::::::'i,;=:,"''ヽ



    『 新 ・ や る 夫 の 関 が 原 戦 線 異 常 ア リ 』





8 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 21:19:14 ID:OoKtnfpg

<第4部 その29 やる夫暗殺計画>

慶長5(1600)年 8月下旬
岐阜城陥落・合渡の戦いの敗北により東軍の侵攻を赤坂まで許してしまった石田三成は
各地に展開した西軍諸侯に美濃国への集結の号令をかけた


                               ┌─────┐
              l゚]l.           │ 美 濃 国 │
          ./─4゜|          └─────┘
         ./゜::::::::::::::::::)。.     g(        曽根     岐阜
         |::::::::::::::::::::::\、   ][                  ,,,,;;。.。.;,,
          [、::::::::::::::::::::::::]r   ][    赤坂        yf"゜    ^。
         ./:::::::::::::::::::::::::::](   ]        大垣 メ"         .\r.。。._
        /::::::::::::::::::::::::::./゜   ]l.            /"         犬山 "h、
      ./::::::::::::::::::::::::::,,/佐和山           g゛                  [
      y゛::::::::::::::::::/^^^      .l[           .ll゚                   ]
     f゜::::::::::::::::メ゜     ○高宮     高須 ](        清州       y゜
    .l(:::::::::::__,,.。f゜           \、       H(                 ./゜
   ./゜::::,,r^^^              f.\。     ,-^]。              _./゜
大 )゜::::](                ](   ^.ヽ─"   ゚l。.        ┌─────┐
津 4::::|    ○石部       |      長島^)l.    gl゚lll.  │ 尾 張 国 │
 ||                [           ,,](=v,,,,g("^)[゜  └─────┘
   ^^^                g゜     桑名 g[^:::::::::::゛ g(゛    g(゛
     ┌─────┐     /゜          .l](::::::::::::::::.l(゛     .l(
     │ 近 江 国 │    ,,/.゜  ┌─────┐:::::::::::::::::]!     f(
     └─────┘ __メ"    │ 伊 勢 国 │::::::::::::::::::]。.    ]
       ./゜   .\。.。Jll"      └─────┘::::::::::::::::::::][   メ]]!
    `、.-ヾ        .\。.          ./":::::::::::::::::::::::::::::〈(  .l[(.ヽq_
                 |        .;l゚゛::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::[( ]
                 ](       安濃津::::::::::::::::::::::::::::::::┌──────┐
                g(          [(::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::│..  西軍 ...│
               g゛           ](:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::│..  東軍 ...│
                                        └──────┘





11 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 21:20:10 ID:OoKtnfpg

伊勢戦線に進軍中であった宇喜多秀家の軍勢は
毛利軍の活躍で安濃津城の攻略がなったため 8月中には大垣城に入った


                 , ---- 、___
             ,. ‐(  ' ¨ ̄    `ヽ、
            /     ' ¨         \
           /  /              ヽ
          ,'  /                 \
          |  i   /      ヽ        ヽ  ,
          |  |  '   !   ! |  |   |  '  |
            ,'  | ⊥ 」_ /|   |ハ !, ィ T  | | |
         /  /!  |! 从 `ト、N   |イ zx!/!    リ
        /  ,' |  V才テぅト ∨ /仗 リ 〉 /ムイ
        /    / ∧  ', v:少   |/ ゞツ 厶イノ
      /      / ハ  i         、   / 八
    /   /  ん-:┤ !>、  ` :. ‐  ,. イ  '  \
    ,'   ,'  /|::::::!:::|  | 〈 > r<:::::/  厶    ヽ
    |   !  /::::::|::::::∨  |  >vく  /::/  /:::::\!  ノ
    乂   i:::::八::/  八 /_∧_ヽ/:::/  /:::::::::::∧(
      )  |::::::/  /::::::〈 >く/::::/  ,:::::::::/::::::. \
    / ,' |/  /\:::::::::`ー/:::::::::{  {:::/::::::::::::::', )
   /  , '  {   , ':::::::::::::>:::::_{::_:::::',  乂:::::: ̄::::::::∨
 /  /  ∧ (:::::::::::::::::::::::::::∧::::::::::::ヽ  \:::::__:::::::::>
/   ,    |::::\ ` ー―‐く:::/! | 、:::::::::::::)   ):::::::::/   ← 宇喜多秀家
|  /     |::::::::::\     )|」 |」 ', :::/   /:::::/





16 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 21:21:12 ID:OoKtnfpg

9月4日には
三成の妹婿である豊後国安岐の熊谷直盛をはじめとし
肥後国人吉の相良頼房・日向国松尾の高橋元種・同国高鍋の秋月種長らの九州勢が大垣城に入城する


        ,,、、、ィ イr.ィ;;;ィ.、、、                   〈 丶     |   ヘ            , イ   _ .. ィ
      ,ィイ、;;.:.:;:.:;!;:.:!;:;::;:;:;:::;:;ミ、                  {ヽ  \.:: : : :l    〉           / /--'´ /-―- _
      ,彡;:;;ヽ;:;j;;;|;:;j;;ノ;;,r'´;;;;:;:ミ                 /r'⌒ヽ、`丶、'、 _, >― 、      /  '      ̄ ̄` - 、
     ゞミ,r''ヾ゙,Njィイ'゙´ ``ゞミミ{          _  , - '´ ̄ ̄ `ヾ }、   >'´      ヽー、 /レ          _. --\
      `ト;;j_,,、-- 、  ,rー-、 ミ;;N         {  Y´       人 ヽ}_/            〈 !         \:::\
       ゙i;;| ,,ィェテ`j  'テェュ, ミ;jリ        イ ̄ 7   r 、 _, '゙, - ヘ |/!      l   ∨⊥/ , r/  l   \/ ノ::::_ヽ
      ,N , , ,  ノ  , , , j!ハ         廴_ !   ヽ/.-‐   fヘ1レ  |   |_ 」L. -fヘ1リ ̄/ L! |    ムイ|ト、_:l
      lハ!    ヽ     j/,ノ         〈 /ハ  ┌vz=   弋リ !  .ハ _r‐vz=ミ  弋リ{  / _ └r===イ弋リ l:ノ
        ヾ、  ー==‐'  ,斤リ          〈 ノ _.イ l |     .' ノ∨ / 〈 ゝ |リ  、 __' ノ' /'´く 「l 「 l'⌒ _', 丿
          `ト、       ,イ |'′          リ / {」 r T二}ヤユ ィ┐/ /:l   / T二}ユ ィ_     ` 」⊥7ユ- イ
          ,〕` ー─ './  |‐、_           |  / 0L. }l|  |_「 ! |/: : \.| 0{ー|  ト、|       / 0}.」ヘ 下ヽ
     ,r‐、ノ ヽ .:.:.:.::::/ ,、 ' ノ7`ーr 、          ヽ }-イリ  |ヘ |: |: : : : : :'、 {ーイ  | l       |  j-}リ |-V
     ,イ   ト、 \  ,r'´   /:/  i  `''ー-        丁´    l |l: : : ,: : : : l  ̄´   / .::!      ト ┴'  l .|
  _//    | \,ヘV/ヘ 、_/:/   |             〈ー― -/ |」: : : \: : :}―― イ :::{、      ∟ __」 :l
_/ /     |    !⌒7   /   _」              ̄厂´   lヽ: : : : :ヽ: : ̄厂´  :lヽ:.丶   └―;--┘ :ト、
  ,/      !    〉^{   /  <               r/_,rァ=j、 ヽ:_: : :._:ヽ:/_,rァ=ォl ヽ_: :.\  rノ_,rァ=ハ ヽ_
    ̄`フ   !  /.:.:.:i  ./    〉              /0 0 { {、_ルチ┘ノ<ノ:,イ0 0{ {、_.ル'i-'ノ}: : : : / 0 0 { {. ルr┘ 〉-、

       ↑ 熊谷直盛                ↑ 高橋元種    ↑ 相良頼房    ↑ 秋月種長


もとより着陣済みの小西行長・福原長堯・島津義弘らの軍勢と合わせると 大垣城の兵数は3万を越えた





18 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 21:22:19 ID:eNV7pX7w

この熊谷は頼りにならなそうだw





17 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 21:22:14 ID:OoKtnfpg

その大垣城の城主である伊藤盛正は
美濃・近江国境である不破関近くの松尾山で
古城の改修に取り掛かっている真っ最中だった


           _______ノノ
         :':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.--く
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
    /:.:.:.:.:/:.:.:.:/:.:/:.:.:.:.:/:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
    ,':.:.:.:.:,':.:.:.:/:.:/:.:.:.//:.:.:./:.:./:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.',
    |:.:|:.:.:|:.:.:/`X:./ /:.://:.:./|:.:.:.:/:.:.:.l:.:|:.:.:|
    |:.:|:.:.:|:.///--\.// // |:.:./|:.:./:|:.:|:.:.:|
    |:/⌒|:.//   /`マ/ ,レ--|く |:/.:.:|:.:|:.:.:|
    v ⌒V{      L_/   | V:.:.:/:.:|:.:/
    | (  丶、   / ̄、     ハ:/|:.:.:|/
     `ヽr、  ` ̄´  、 丶、____ ノ// レ'    はいはい
      V| 〉、    r===i     //
       レレ|丶.   L⌒ノ   /         順調に仕上がってますよ
      , へ\|  >-- r-  '
     /    ヽ\     |\
    /      ヽ\   // \
             ヽ\|/   \   ← 伊藤盛正
             丶|     丶


この城には西軍の総大将である毛利輝元が
大坂城から本隊を引き連れ入城する予定である





21 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 21:23:39 ID:mcZhBxGs

伊藤さん、すっかり工兵扱い





20 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 21:23:14 ID:OoKtnfpg

そして松尾山新城の眼下に広がる関が原では
大谷吉継の指揮のもと脇坂安治・赤座吉家らが土塁・防衛柵の構築に勤しんでいた


          /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::;;ィ"ッ/ノノノ ゙i:::::::::l
         /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::/::;ィ:/~ ⌒ノ ノノ   l:::::::::l
         /ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::/'´  `´          i':::::::::ji
         /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::/ -‐-_,,,,___          i:::::i::ノ
          {;;;;;;;;;;;;;_;;;;;;;::i_,,-‐l ̄   `'t-__' ,,,___-‐- i:::ノ'´
         l;;;;;;;;;/ ヽ;;:i   i     ノ  {    ゙̄l
         ヽ;;;;;;l i ) V    `'‐--─"   l、__  ,ノ、     なんだろうな~
          \ヽ ゝゝ          ,  〉  ̄ }ノ
            ヽ\     ,          /ノ      「賤ヶ岳の戦い」を思い出すな~
             \ト-i     `''‐- 、,,,_    /‐'
              l ヽ       _  ̄ ノ
              l゙  ゙i           /
             _,l    ヽ         /
           ,r'´ .l ,r‐- 、,_`'‐-─-- ,,_,,ィl` >
      _   \ l/r'     ̄``'''─--─'´ノ-、       ← 脇坂安治
  _,,-‐''"´ _,,二ニニ=-、______,,,,,--‐ッ‐'  ``‐、,,_





23 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 21:24:13 ID:OoKtnfpg

                          _
        「 \   __  /⌒ァ ) `丶
        ヽ    ´    `  /  /    ヽ
         \          く /     )
         ∨ ●    ●  Y      ノ
           _|{    、_, 、_,    八     ,′    君が「七本槍」として
          / 八         イ 丶.   /
    ⌒\/ ,   / ーァ    T´ {   \/\     名を馳せた戦いだね
  ( (⌒>く./  / . : /      ',: :ヽ    〈) )
    \{/ : : :/ : : /        ヽ-ヘ . : : //、
  /\\_∧: : ,′|  i  i  | ∨∧// : : :\__
  (_゚: :。 ーァ‐' : ;  |  |  |  |  ー‐く: : : : :。: ゚ : _ノ
   / . : : 。人: : :.:|   |  |  |  |   }   \: 。 : : : :)
  (_/{:_:/  \: iヽ 丶ソ 丶ソ  ノ     \_ノ ̄   ← 赤座吉家
               ̄⌒  ⌒ ̄





29 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 21:25:14 ID:OoKtnfpg

  /   ,   ,ィ ,λ /レ'       l l       |
  リl   | /~´/,/         lハl         |    うむ……
  '/   レ´   ´                l       l |
  リ   l '´ `ヽ、  ,     _,. ‐、   .l       .|ヽ    あの時は太閤殿下・柴田勝家の両陣営とも
   ヾ、 lγ'"´ ̄`'i,r-ゝ''"´"""''、   l      |
    l´'i'!     ノ  l     /ヽ、 ノ    lレ'     北陸街道に砦を築きまくって対峙した
    l.`l `""゛~´ /  `ー──'   ン'´.`i.丿
     l l      t ,         r'´) /´       誰もが長期戦を覚悟したものだが……
     ヽl                / /
      |    ____      ,_ ノ´         まさに天下分け目の合戦
,__ ,, -'.!        `     /|、
   /:::::::::rl     `        / レi::::`ヽ、        あのような戦は二度とないだろうな
::::/:::::::::::::/l.,l          /  , '/l:::::::::::ヾ'ー-、_
/:::::::::::::::::/ ','、 '-、, ____/,.-'´/ |:::::::::::::::ヽ:::::::::
:::::::::::::::::::l',   ヽ, `'''i  rー' ´ /  l::::::::::::::::::::l::::::::    ツ-カ オマエサン シバタノ ヨリキダッタジャネーカ
::::::::::::::::::|  \  ヽ、 | /7,, -'´  , -''i:::::::::::::::::::::l:::::::
:::::::::::::::::|    `ヽγ´`'`丶、ー‐' ´   /:::::::::::::::::::::::l::::
:::::::::::::::::::|    /´ /      ヽ,    /::::::::::::::::::::::::::|::
:::::::::::::::::|   /  l          ヽ, /:::::::::::::::::::::::::::::|::::
、,::::::::::::::| /  |         ヽ,:::::::::::::::::::::::::::::|:::::
:::::\::::::::V    |          ヽ::::::::::::::::::::::::::|:::::::




     l.ヽ、                        /|
     |\ \                     //|
     |  \ \_,,.. -─‐´´ ̄ ̄ ̄`` ──- ..,,_// l
     .|   _>                     く  /    あの戦いの決め手となったのは
     ゙y.''                       ` く
    / /   _              _  \ \    いったい何だったんだろうね?
    /  /   /::::(う、          /:::::(う、  !.  ヽ
   /  /   .|::::(;;;;)::::|           |::::(;;;;)::::|   l.   |.
   /  .|    \::::::/           \::::::/    |  .|    ナンノコトダイ ボクニハ ワカラナイヨ
  .|  .|      ̄               ̄     .|   |
  |    !.                         /   .|
  .|   |\          `ー'`‐'          /|    |
  |   .| .゙ ‐- ..,,__         ___,,.. -‐''  |   |
 .!    |         7 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ !、        |    .!、





35 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 21:26:15 ID:OoKtnfpg

             /: : : : : : : : : : : : :`ヽ、
          /: : : : : : : : : : : : ;.イノ\ : ',    それは予期せぬ柴田の奇襲を
         i: : : : : : : : : : ;. - '´ ′ │: }
         |: : : : : : ://__       l /    殿下が戻るまで凌ぎきったこと
         |: : : : : : :L -‐{〒ぇ>‐rfデ1
         ヽ: : f ヽ;|     ̄  ト -〈     なにより前田利家様 金森長近殿への調略が
          \:! ぃ         ′ ./
            `!ヽ.、   r_:三ヨ /      半ば成っていたことであろうな
            L:_| ヽ     ‐  /
             │ \      亅
             │ __二二ニヱ‐ 、_
               r弋/ _  -‐ フ´    | ̄  ‐- .._    __
         ,. ‐ '"´  ̄\=ニラ'´        !         ̄    \
      _ /   / /  |/   ____」      /        ヽ
      //      /.   |     \           /            ',
    / 〈ヽ       /    |         >        /             i
    /   \\   L. _  │_, -‐ ´         /               |





39 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 21:28:26 ID:vLCs/S8s

おお、ちゃんと勝敗の分析ができてる
他人まかせなようでいて成長してるなあ、脇坂





43 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 21:29:11 ID:CkuJiKY.

脇坂は他人任せじゃなくて
自分より出来る他人を見つける目が優れているだけなのだよ





37 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 21:27:17 ID:OoKtnfpg

.     /  ,                \
    /   / l                 ヽ
  ,r'    /  ヾ,、               ゙,
. /   イ/    ` ` 、              }   ひょっとしたら吉継殿は
 { i   | ゙      、,,`' 、 ,           j
 レ'、,  |      ,:r'"''‐ `'゙、  ,、‐‐、      l    賤ヶ岳の再来を狙っているのかもな
   ゝ」、 、 , ,、‐''゙゙、゙'、-――t'''/ / l     |
    ,ゝ‐、_,',.  ' ,O 〉     V .( ゙, j     i    こうして徳川方との睨み合いの状況を作り出し
    ',.ヽソ. '、,,、 -'"       / /     j
     '‐レ゙             .,r'    ノ     その間に敵方の調略を行ってしまおうというわけだ
      l` `      、     i'" ゙ヽ、,/
.      ゙、  ,,、 -‐'"      ノ    ヽァ、
       ゙、'´ ..       ,r゙     ノ ヾ^゙ヽ、
.       ゙,        ./    ,、r'  /   \
        !、     /  ,、r'"   /      /`'ー-
         `'''"入 ̄ ,、r ''"   ,、/      /
          く  .Y'"   .,、r'"/      /
         /" ` 、', ,、r''" /_____/
     ,、 - ''"´ ̄ ̄`゙i zz,,,/ \
   ,、 '"  ,、 ''"    | /    \






              ,ヘ、    .ハ
              ト \-―-' 、l|        自分は病で倒れる寸前なのに
              |/,ヽ     ヽ
       __      //    (' )  fj       よくもまあ そこまで長期的な戦略を
 〈^ヽ、_r⌒ヾ.--</ ゝ.     -ヘノ
 (  ≧  ̄ |l___/   ノ   T ,へ\= 、    立てられるものだよね
(__>-‐ニフノ     /||     レ y-'.  \))
      ` ̄__      / リ | |  |_ノ ゞ≧_ へ
   /´ ̄   \ ./=''  l |  ト、 __  〉  ヽ
  /     ⌒ヽ. / ⌒ヽ._l | / V/ 〉 ししtノ
  i          〉,|     //7)/ //./
  ゝ.、     (´ ゝ、 ./ /,,,〉ゝ〈_(/
    ヽ、   _`ヽ `(しノ
      ` ̄  `ソ





38 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 21:28:14 ID:OoKtnfpg

               ,. -─‐- 、
               /      \         その勝利に対するブレの無さが
            /     _,ィ ノヽ.',
               {  { /ノ‐''"  |}        吉継殿の恐ろしいところじゃないか
             ヽf`Kz=ミ ., ==ミ.jノ
             ゞ_ ゝ--'^ト--1フ          それに徳川方の調略も意外と簡単に進むかもしれんぞ
               Lト、 、_'  /
             __f‐、ヽ_二__/            なにしろ領国から切り離された連中には
        ,.  -─‐'/ ヽ‐-ニ)(ニソ`ヽ─-- 、
      /     L_ ゙V´/ \_」    \_    兵糧に関して不安が多いからな
     /    _  </       ヽヽ        `ヽ、
..   /    ...    {      }┘   l      \
  {    | .     ムー'^ー‐‐'      |        `丶、
  /    .|     O        O   |         ` ー- 、      ノ)
/      .|     .               jヽ、                `ヽ、  / /
      /|                    /   `丶、               j^i'   ゝ─‐‐ 、
      / ヽ               /      ` ー- 、         / / -.、   ニニ⊃
     /   |     O         O /           ` ー-  .__/-ヘ、   ニニ⊃
    /  . |             .   ヽ                     ` ー- ニ⊃






           </      |
           -┴──<L_
        /、          > ´二二ニ=ァ
      /下ハ          / 、:::::::::::::/
.      l   ̄   _        ヽ \::/
.      |  、_    下心       ‘,  \    r=x
     八   ー'    ̄           ハ   \_//_」 l -‐o
      {{个 、              / 、     ̄ } |     o   ふ~~~ん でもさ……
\     ヾl|_\           /   \     //
  \     下 ̄>‐-ァ    -<       \  //
\  `ー─ -\\  l       ヽ        |V/ー─
  `ー‐ - ‐─ \  |        ト、       ∨
              ̄ ト、  }       ヽ::\
                | ∨    l   \:..\
                | |    |     \´>- 、





44 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 21:29:14 ID:OoKtnfpg

                           _
                             } `丶
               「 \  __   -┴ ァ  \
                    ´         /    ヽ     対峙している間に
                \        __ く/
                ∨ __     '⌒ Y      }    逆に こっちの方が
                  _|{ '⌒ r:‐ヘ    八     ,′
                   / 八    、:::ノ  イ 丶.   /     調略をかけられたりして
             ⌒\/ ,   / ーァ   T´ {   \/\
           ( (⌒>く./  / . : /     ',: :ヽ    〈) )
              \{/ : : :/ : : /       ヽ-ヘ . : : //、
         /\\_∧: : ,′|  i  i | ∨∧// : : :\__
           (_゚: :。 ーァ‐' : ;  |  |  | |  ー‐く: : : : :。: ゚ : _ノ
          / . : : 。人: : :.:!   |  |  | |     \: 。 : : : :)
          (_/{:_:/  \:{.    { ,'    ノ    \_ノ ̄
                  ̄>  \)(/  く
                 / / ̄ ̄ ̄\ \
                'ー‐        ー‐'





46 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 21:29:30 ID:KHP.cV.Y

ひどいネタバレを見たw





26 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 21:24:41 ID:eNV7pX7w

赤座さんの胡散臭さは相変わらずやでぇ





49 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 21:30:14 ID:OoKtnfpg

              /:::::,r'´      ヽ:::::::::l,
             l:::::::l_,,_    _,,-‐-: :'l:::::::::l
              ゝ::iィ'"`゙`t‐l´ ̄~〕、:.l:::::::::l    はっはっはっ
               ゙ビ'--‐i  ゙'‐-‐'  〉'´i丿
               ゙i    ``     : : : リノ     まっさかーーーーーw
                  l  r--‐‐ ッ : :r、/
                  l ``''''"´ : :/::l'"
               .  !、,___/: :l_
               _,,(F-、, _,,-‐''''""´ !、,_
          _,,,..-‐/''´::l゙`-、-V_,,, -‐''''"ノ;;;;;;;`゙`'‐ 、,_
    ,,-‐'""´ ̄:::::::::/:::::::,rレ'´  i、ヽ--‐ 丿::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;`゙`'‐-- 、
  ,ィ'::::::::::::::::::::::::::::/_/     i : ヽ ,ィ':::::::::::::::::::l:::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:ヽ
 r':::::::::::::::::::::::::::::::::::::,r       i : : l:::::::<⌒ ̄:::::::::::::::::::,i::::::::::::::;;;;;;;;;;ヽ
_l;::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::i           :l::::::::::::::>::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::;;;;;;;;;l
::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::ゝこヽ        :l::_,,,..-‐''´:::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;l、
::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::/:::::::ゝ    ,,ィ ''´::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;ヽ


状況は それほど楽観視できるものではなかったが
それでも関が原の駐屯部隊は奇妙な明るさに包まれていた
戦を前に気分が高揚する彼らは やはり未だ戦国武将であった





51 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 21:30:36 ID:KHP.cV.Y

まさかなあぁw





48 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 21:29:47 ID:Q7Fixafw

これほど白々しい会話もないなw





55 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 21:31:15 ID:OoKtnfpg

                              :::::::::::: :/'.ヽ─,,/     ___:::::::::::](  .ヽ
       【伊吹山系】              :::::::./^)l.::::](  /"^    :::::::|゚l(::::::::::[    \     中山道
                        .:::::::::::::::::/゜  )し( .ヽ、:::::::::::::::.。,,::::::::::)! ^赤坂    、 __,,,,.--r------vx。.,,_
:::::::::::::::                  :::::::::::::::/.          ^^^x、::::〈.ヽ。::.l(       ,,./ ̄ ("゛
─r。._:::::::::::            :::::::::::::::::::/'^^^             ^─゛  ^"   ,,.。v─"     k、杭
"'ー.北国脇往還     :::::::::::::::::::::::::::::::.\,,                   ,,.。rr'^^^          |
____。--t.\,,^ゝ::::::笹尾山::::::::::::::::::::::::::::::::::|             __,,.。x─"゛              |瀬
^゜:::::::./  .\,,,,^ー--t''''.ヽ。.::::::::::::::::::::::./   __,,,,,,,,,,,,,,. xvrv─f゚^。.。.。.。.。,,_               ]!
:::::::,,/      丶ゝ   ^ー──^,,,,.。r─^,,^..。__              ^"ー--。._          ( 川     大垣城
  ヽ─-         \_ ____,,vrf ,,^─t^^^   ゛^゚l(,,                 ^"ー-、。.__    |         .
   天満山   く関が原>  r"゜:::::::::::        .\n。.,,             美濃街道 ^^^─--dy。.。.。,,,,,,___./゛
:::::::::::::::::::::,-^,,r─^^^   .\_  ::::,::::::::::::::: 南宮山     .\、                      |
:::::::::::::::''",,/゚/^^^"\,,,,______,,,,h,, ^t。::::::::::::::::::          \                      .ヽ
--──"゜l゚゛:::::::松尾山     \゛t、 \、:::::::::::::::          \                      \
 --n--q,,,,^─.。,,:::::::::::::::.:::::::::r-^. )。.\  .\v,,:::::::::::::::::        ]                      ](
       ^t,, ゚l(。。.── __,,,,,,,,,,,,__ .\。.___^^^"^f-r。:::::::::::::::::::: 栗原山             .ヽ     |
         .\vr─v,,,,.。-^゜   ^^\ `、^^Yq。  `、^^^ゝv.::::::: .\                )、    f゜
                    :::::::::::|     ^^^^'__,,_ゝ=v。.\:::: ^。.               .\,,.;,-^゜
                  ::::::::::::::::/   __,,./f^^^゛ .\  \、 \vf゜                 ]!
                :::::::::::::::./"^ ./f^^^   ::::::::::: )。  .\_                    [
             ::::::::::::::::::::./   /        :::::::::::::::.\,,  \_伊                 ^-,。
             ::::::::::::::::::/    k、        ::::::::::::::::::::::゚lt,,  )t、勢                 .\
          :::::::::::::::::::::::::::::゚l,,_   /           ::::::::::::::::::.\  \ 街                 [
                   ^^^^^^             :::::::::::::::::::゚l。.  ゚l、道                 t、
                                     ::::::::::::::::.\  )。                   \。


9月7日
伊勢街道を通って毛利秀元・吉川広家・安国寺恵瓊・長宗我部盛親・長束正家の五隊が美濃国入り





59 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 21:31:59 ID:YV098IK2

毎度の事ながら地図がすげぇw





79 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 21:36:33 ID:7RbKTCHU

ついに関が原が地図に現れたか





67 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 21:33:29 ID:K/QjNgPk

こうしてみると本当に関が原は要所なんだな、見事なまでに





63 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 21:32:15 ID:OoKtnfpg

ここで主将である秀元の軍勢は南宮山の支峰に陣を張る


           ,....-──......、         _.r、/ノ
          /:::,:::i:fー'^゙!,、::::ヽ   /l:::::::!rノ
           |::::|:::ハ!   リヘ::::::ト /  V_ノ
             {:::::|:ィ=k   代k::::{/    ノ
          V;::代ノ H ー' ィ):ハ    /    ここからなら 大垣城も赤坂も
           |ヾ:ハー ( フ ̄ハ:::::t /
           j__>ヘΤ_ア´/ ゝリ´       眼下に一望できるッスね!
         // \:::ヽ !:/Y:::::::\
        _7´   ,、弋 ゞ イ::::::::::::::\
        〉、  アヘ / 人 ヽ\::::::::::::\
       /:::入  ノ`ァ-!/  iヽ|  \::、:::::::\
   ー─ '´:_ ハ::::イj゙:::::|了:::::|   i::}ヽ::::::::}
   ` ̄7/  〈/=、/::::|::::l::ヘヽj    !:! ∨/
     /´   / ̄ア二l二!二k     /'   }/
        / / /:::::::::::\ ヽ     /
        , ヘ / /:;ー 7:::// /
      / /ー≠‐'´ //,'"゙7
     / /          ̄ , /
   人ソ              k_j、_    ← 毛利秀元
   ー'              ー─'





64 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 21:33:09 ID:KHP.cV.Y

赤坂に敵本隊がいる今
最もキーとなるポイントに陣取ったことを秀元はわかっているのか





65 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 21:33:13 ID:OoKtnfpg

          , ―-  _,「` ー‐-  _
            /: : : : : : : : :! : : : : : : : : : :` '. 、
         /: /: : : : : : : :!: : : : : : : : : : : : : : : ヽ
         ,': /: : : : : /: : | : : : i .:i : , : : : :, : i: : : ',
.        l./    ./: : : | : : : |:/! : !: : : : ', :,l: : : :',
         /. . : : : :/ : ,. ァl : : : |:| l:` l、.: : : : ハl. . , !   ですが……
.        / : : /: : ,'/: / l: : : :l:! 、:'、\: : `' !: :!: :!
        /: : : ,': : .:l: : :/__l: : : :l| _ヽ_lヽ、.: .: ヽ |: :|   ちょっと陣を置くには高所に過ぎませんか
      ,': : : :l:i : : |: :/, 〒.、! : : :!  ,〒 ミ ヽ.: : : ヽ: :!
       l: : : /!l: .: ,L/トi':::Nヽ: : :l  トi':::Nヽ_ヽ.: .: :',:l    これでは水の補給にも一苦労ですよ
      ヽ: :l. l|: :/ ム弋二ノ !`-l 弋二ノ l. ll.:〉、: l:!
       ヽ! ヾ {「 rイヽ二 .ノ , 丶、 二( ヾ 〉 : l: /l
         ,'.:〉! ヽ V ,/    o   ヽヽゥ 〉: : l/ l!
        ,':/.:,ヽ   )` tz---t '' 7'"  } `ヽ : : ',
          //.:/.{ ̄` ''くl:.:.:.|   l,. ┴ ''' ´l / ヽ: : :',
       //.: :|,/ミミ、、、 ヽ:|´ ̄ {  ,. ,., 彡!'  !:ヽ :',
      /.: .: / ` 、 ``ミ!:.l.   ハ彡' , - ' ` 、 |: :丶ヽ
     /: .: .: .: !    ヽ __}ヽ!  ,!/‐'"      l |: : : :\ヽ  ← 安国寺恵瓊
    /: : .: .: .: :|       lヾ.! l |       { ! : : : : : ` ',





69 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 21:34:14 ID:OoKtnfpg

            / / /                     \
         /Y^Y^ヽ/  /    /  .イヽ        \ \
.       /: : : ∨: : /  /     / / / !  !  ! !   \ ヽ
    /: : : : :::/: : :.l  /     / イ / |  |  | l  ',   l`ヽ.l
   /: : : : : :: /: : : :{  l、_  / / ! /  |  |  ,.l -ト  l   |   l
   \: : : : : : i: : : : :|  { `メ、 l/ l/  l  l//l |  !   ト、
    \: : : :.|: : : : :|  | / / `ニナー〃 ー'l / !/l  l   l: :〉
       \/l___.r|  l え¨斤〒     f 斤fア从 ∧   |/   そんなもん
        |  l  l{ ヘ l/ 辷ラノ      辷ノノ /}l /: :〉 /
        |  l  lト、_V          ,    、、 {/l /'´//     南宮大社から借りとけばいいじゃない
        |  l  l   ̄lヽ、   f^ー--ァ    ノ l/
        l  l   ',    |   >  辻_ノ_,.  イ  l         それくらい わたしが話をつけとくわよ
.        /   ト、  ヽ、 |/: :.|   T:.ヽ |   l   |
      /   /  \  \|: : :.く   Lュ: 弋.  l   |
      /   /   | >、  \: : \___ ヽ: : lヽ.l   |  ← 吉川広家
.     /   l   /⌒ヽヽ  ヽ: : : \  ̄| : l: :l|   |


本陣の場所を決めたのは広家であった
どういうわけか伊勢からの行軍の途中から 広家はすごぶる上機嫌となっていた





72 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 21:35:03 ID:eNV7pX7w

広家さん、悪い笑顔





73 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 21:35:13 ID:OoKtnfpg

           /`ヽ
          /^⌒7   `ー
       /   /       `ヽ
       /    {     {      '、
     / /   、∧{   ト 丶    ヘ
     / /   //\'、  |、_メ\  八
    {. イ{   トf弋;;)ム. ^ト、弋;;)!ゝ ト ゝ   まあ……
   . ∨い 小 二彡ヘ_{ゝニ彡| │
      } \| lU7  ,__   イ,イ{      そう言われるのでしたら……
      /   リ 〉=ト≧r―r<ノ 八
    /  ノ ハ|  Yヘ¨¨7/ ノ  ヽ
    / / 〃 |   |__∨/ xく  ヽ \
   {/(  { │  }7只|/ヘ ∨ ハ }
   ヽハ  j  `┬‐' \i〉  |  ヽ  }(
    ∨} 人  /`ー───|___} 人 ヽ
     //  ∨/ / l | l  | ノ ∨  \}
           l / │ | l  |(う_ノ


そして中山道を臨む南宮山の麓には広家の
栗原山の麓には恵瓊・盛親・正家の軍勢が陣を張ることになった





78 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 21:36:14 ID:OoKtnfpg

     |      ,.  ' "´ ̄             /
   _ ⊥. '"´                 /
  〈           ,.   - ────く
   ',:::::.:.   ,  '"´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::;i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
   ',::::::,  ".:i.:.:.:.:.:.:.:i .:.:.:.:.:.:.:./:|i::::::::::::::l::i:.:.:.',
    V:.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.l.::::::::;::::/ ハ:l:::::::::::.:|::|::.:.:.!
    !:.:.:.:.:.:.:.|::::i::::::::|.:::::/.://  i:l::::::::::: |::!:::::::!
    !::::::::::::::|:i::l::::::::|:フナナ'ー l:トヽく::::l::l:::ハ:|   徳川方が大垣城に
    ヽ:::::::::::|:l::l::::::::レzr==ミ リ rzトV/l/
     ヽ:::::::::|:|::ト、:::::l ヽトーイソ    ヒ1:::| ′    攻撃を仕掛けた時の
      ヽ:::::|:|::l:::',::::',   ̄     ,' !:::|
       \ト、:ト、:';::::',.      _ _ /::::|      後詰としては理に適った布陣かな
         ヽヽ::ト:;::::L_     ,..イ::::::::/
          ,r一ヽヽ::::|  ``7´ヽ:/1::/
        ノ     \:::|ー‐介ヽ  l/
    _∠二ニヽ、.   ':;|  /:ハト、\
    厂 , '⌒ヽX、_   /:/i i::ト、 \
    / /.:.::::::::.:.ヽX_}、 l:/ i i:! l   fヘ   ← 長束正家
    ヽ/.:.:::::::::::::::.:.ヽX_} l:l  i i」 l   fヘ}




            ,、‐ ''"  ̄ ``'' ‐- 、
        /イハ/レ:::/V\∧ド\
       /::^'´::::::::::::i、::::::::::::::::::::::::::::\
     ‐'7::::::::::::::::::::::::ハ:ハ::|ヽ:::;、::::::::::::丶
     /::::::::::::::/!i::/|/  ! ヾ リハ:|;!、:::::::l
    /´7::::::::::〃|!/_,,、   ''"゛_^`''`‐ly:::ト
      /|;ィ:::::N,、‐'゛_,,.\   ´''""'ヽ  !;K   逆に大垣城が
        ! |ハト〈  ,r''"゛  ,       リイ)|
          `y't     ヽ'        //    赤坂に打って出る際 挟撃策に出るのも
         ! ぃ、     、;:==ヲ  〃
         `'' へ、   ` ‐ '゜   .イ      面白いかもしれませんね
              `i;、     / l
                〉 ` ‐ ´   l`ヽ
            / !       レ' ヽ_
         _,、‐7   i|      i´   l `' ‐ 、_
     ,、-‐''"´  ノ,、-、 / 、,_ ,.、- {,ヘ  '、_    `ヽ、_
   / i    ,、イ ∨ l.j__,,、..-‐::-:;」,ハ、 '、` ‐、_   ,`ヽ
  /  l ,、‐'´ // ',/!:::::::::;、--ァ' /  `` ‐   `'7゛   ',
 /   l  i  ´  く   ';::::::l  / /         /     ',  ← 長宗我部盛親
/     ! l      \ ';:::l , '  /        i/





80 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 21:37:13 ID:OoKtnfpg

      ヽ、ー----------イヽ---
        _,.>‐: : : : : : : : : {: : : : : : : :.`ヽ
     / ;: : : : : :/: : :./: : /l: : : : 、: : : : ヽ:\
    /:ィ´: : : : :./: : : /: :./ !:.:.ト、: :\: : : :.\}ミヽ、
   ///: : :/: : :/: :.:.;.ィ: :./  l: :.| ヽ: :.ヽ: : :ヽ:\:::::::\
    /: : :/: : : l: : :/ !:./  |: 十‐弋⌒ト: : : :i:.:.:|::\::::}
.   /: :.ィ:.!:. : :.:|:''7⌒|:.l   l:.:.:{   \:|: : : : ト、:{::::::::Y
   l: :./{ :| : : : |:./  l/   \ヽ   \:. :.:.:|:.トゝ:::::::〉
   |:.∧| :!: : :/l/   、       ヽ,. -   ヽ :.:|/:::::::/
   l/  !:.| : ∧  ==ミ       ≠⌒ミ ∧: |- イ   
       |: l: :.lハ          ,         {r }:}: : :|     そーゆうこと
       ヽハ:.ト、_} :::::::   r―‐┐ ::::::: /_ノ|/!: : |
       |: ヽ!: : ゝ、     `ー-‐'     ,.ィ : : : : !: : |      そーゆうこと
       |: :l: : : : : :|>- .,_    ,.. <´ |: : : ::.:.!: : |              
       |: :l:.!: : : : :l__,ノ:.:r'`¨¨´{.i:.:.└-|: : : ./^i : |
       |:.:.l:!: : : : :.|:.:.:.:.:.|___/:.:.:.:.:.:.:|: : : {  | :.|
       |: : !: : : : : |:.:.:.:.:.|     ! :.:.:.:.:.: |: : : .〉 `ヽ、
       |: : !: : : : : |: :.:.:.:.l   |: :.:.:.:. /lr--' {  {  )-、
       |: : !: : : : : ト、:.:.:. |    l:.:.:.:.:.//|`ーt入_ノノイ》 ヽ


南宮山周辺の雰囲気もまた明るいものであった





86 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 21:38:39 ID:mcZhBxGs

なるほど、大垣城を中心に布陣すると南宮山がベストなわけか





81 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 21:37:52 ID:7RbKTCHU

大垣城を中心とした戦場になることを前提にしちゃうよな、この場合





85 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 21:38:33 ID:eNV7pX7w

もう、西軍全軍を挙げてフラグを立てているようにしか思えないw





83 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 21:38:13 ID:OoKtnfpg

しかし 同じ頃に大垣城では
集結した西軍諸侯の間で軍議の場がもたれていたのだが
これが実に盛り上がりの欠けたものとなっていた


       (___________)
      /llllllllⅢllllllll\
       |_皿_癶_皿_|
     /lllll/_^_\lllll\
     Ⅲ|_皿__.日.__皿_|Ⅲ
    /llllllllllllllllllllllllllllllllllllll\
     |_ロ_癶_皿__皿_癶_ロ_|
   /ll/_^_\llllll/_^_\ll\     __
   Ⅲ|___皿_皿._皿___|Ⅲ   /llllllllllll\
  /lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll\______|_ロ_ロ_|
   |_皿_皿_皿_皿_皿_|llllllllllllllllllllllllllllllll\
   .lXXXXXXXXXXXXXXXX.l_ロ_ロ_ロ_ロ_|
   lXXXXXXXXXXXXXXXXXlXXXXXXXXXl
  lXXXXXXXXXXXXXXXXXXlXXXXXXXXXl
  .lXXXXXXXXXXXXXXXXXXXlXXXXXXXXXl


議題のひとつは当然のこと東軍への対応策についてである
東軍の赤坂進出後 西軍は小競り合いで敗北が続いていた





89 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 21:39:15 ID:OoKtnfpg

大垣城の北方4kmにあり 先に織田秀信が奪取した西尾光教の曽根城は
父の死により刈谷3万石を相続したばかりの水野勝成に奪い返されていた


     -‐=ニ二_ ̄`ヽ.  ____
     ,. -‐'´ ̄`ヽ  Y´   ∠`
    ∠,. -‐'´,.‐=ニ、   、'ニ=、  \
    /    ,.=ニ´ ,、,、゙ニ=、   、ヽ
   / , -ァ'   /''〃i/ ヽ!ヾ  \ト、|
  /' /       ,   , 、     ヽ`
   / , ァ'   ,  /!. ,ハ ト、    ト、|
  /// ,  /} ,メ、l ./ .:| ,レ'.,、   | !
  /'  l. ,ィ イ_7ヘ_〕′〔レ∠,;ヘ. /゙Y
     |/|!,イ|くで:ラ'y、 ッ'で:ノフ:!i^!.|
    ! l,l^J! ^ー 'ヽ| )`ー'^.:|.!ソノ
      l^'-lヘ.    く!/    :/y´
        l ,ヘ ‘ー―‐一' :/∧_
        _八rヘ.  く7  ,:イ/ Vヽ
  _,..-‐'´/   〉\  /: :|   V^'ー- 、 _
/    /   /|   `´: : : :|    ヽ      `ヽ
     《   ./ .ト、___,イヽ.   》
 .E.C.R.ヾ. /  ト、___,イヽ.ヽ 〃        ← 水野勝成
二二二二∨  |`ー―― ‐'|.  V/二二二二


さらに大垣城の西方・杭瀬川を挟んだ先の小城である長松城も東軍の手に落ちた





93 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 21:40:14 ID:OoKtnfpg

だが幸いなことに
それ以降 東軍の動きは鈍いものとなり赤坂から目立った動きを見せなくなった


              /, ーミ、        ,  \
           //    lハ{ , / ,r .ィ从ハ ゙i
            〃     八{ル'j/ ´    ! !
            /ノ ,{_,/     `   u    } {
         //r'jr'゙        、 ,   V  !
           !7´    {、     ゙メ-+、( ミ !   連中は
       rぃ{ --、_  ヽーァ'^ _   i'⌒ヽ} ,゙
       ぃ ゙L 、_'、 、` /,r   _ =-v { 〈、   家康の着陣を待っているのか……
 r   、__ノ}rソ7 ヽ'='゙ミ、〉( ノ_r=ゥ≪, _ /〃゙ヽ
 {廴___ア { {,〈 u `ー'゙ 「` r_(`ー'´ ミ 〉{ イ ハ
‐ミ‐  _   `j ハ     }   ノ  ̄    ,/ リ /  ミt_
  ´フ´ イ///ハ{ 〉   └《__ ,.」    r‐'{{! '゙   ≪__,,
  '´ ノヘ小l丿/ __   ( ̄     Ly ,ツ7   いー≦x、
      ハ! { '⌒こー---―x、 、メ ´jハ  !、v゙ ー
      {{ F ‘、   、__ ̄ ̄ ̄  /` / /リ 小`}
      || lハ 丶      ̄`      イ トV7
     ||   \ヽ{  __j、_,r  ミ, 彡ソコノ //
\    ぃ  〈\ 、ヽ ______ノ´彡'´ ,__//
   ー  `、、 ト、 ヽ\`ァ,二 ,.  ィ  ノ //
  ̄\ 、 ヾ、\ └┘| {_/ ニノ ///     ← 島津義弘
     ヽ   \\   | __彡 ゙´//




              ,,..-─-- 、
           ,. '7/| | `ヽ ヽ `ヽ
       ,. '⌒イ / | |l   ヽ ヽ\ \⌒ヽ、
      / / / /  | l| l ト    ヽヽ   ∨\\
    /  / /  | i| | ! \    l  l  l∨ ∧ ヽ
    /  / | li l   !  l ヽ ヽ\  l  l l  li∨ l l  ',
   l|  / |li| l| l .ハ、,トゝ-ゝヽ__ >__.l l  l | | |   ',
   |  / |i | | | /rセヽ` `     riZヽ ヽ|iト  || | |  |
   | |  |l | | 〈 L:ノ       ' L:ノ 〉 .|l|  || | |  |   あるいは いよいよ
  .| |   レ li|               |l| ハi| l|  l |
  | |  | | | l|       ′       ||l/ l| |  |i|l   兵糧に限界が来たのか……
  | |   l |i| |l      __         |l|  ||l /  |/||
  | |  ヽi| |ヽ    (_)      /i| |  li||  / |i|
  | l|    l| |ヽ\    -     / l| | /|l|  / | |
  |  li   | l|ミ ヽ.i 、     ,. ' | /| l|  li |// |i|
   l  lト、  il、 il∧ .|、__` ‐- '__|/ / / /ル'  //
   il  乂\ ヽヽj `.l、__ ̄__,,,...l//// /  //
   ヽ、/\_ ,,..、/        / l-‐、__ / / /
,. '´ ̄ ̄| ̄::::::::::i!{           /  〉i!::::::` ̄`i──-
       |::::::::::::::::i!`:..、      ,./ i!::::::::::::::::::|
       |:::::::::::::::::i!::::::::` ── '"::::::::i!::::::::::::::::::::|    ← 小西行長
      | o:::::::::::::i!::::::::::::::::::::::::::::::::i!:::::::::::::::::o::::|





95 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 21:41:13 ID:OoKtnfpg

                   ..-‐  ¨ ≧ァオ¨_ミ:x.__
             ,ィニjァ='ィ     ⌒´辷彡ス `Y     どちらにせよ
           r:ヘ.Yツ / /   i l i ヽ  ` ヾ) i |
           トi ,ィ/ ′ i l l l | | l .ハ  ((  | !     赤坂に動きがないとすれば
                | jヘトN i  | | ィ7从┼l‐-i!  }` !リ
                レ′ l  Vアフ彡ィ/ j」⊥j、! イ  ハ、     問題は……
           /   八 くヾrjYtリ  ´ヒ:z:ノ;7 /   Y ヽi
             /   /  ヽ卜辷r" :  "" { ! ハ    ト-ミ: ____
           √ァ’ /   トミ Ⅵ(  ‐.‐  人ヾ {  , マ≧ レ==ミ`ヽ
          /〃 /イ ャ‐ミxヾ:`へ、_ ..√てハ>"{  ヽノノ     ヽ\
       人{/ /  }   }rリ)  r' `’ ) _/   `ヽУく       )/
  .-一=彡 ハ /r‐ "  ,ィ Yヽ辷彡= _厂Y `う     レ/ \   ー=彡
ィ´   ̄   /ヾく  |  =彡  リ_ / > < 1| {:_  /イ\  丶
 /   /  /\-ィ    「ぇ≧z\_/ィミУ { 〃´  /ヽ   \
/    〃   ′  Y      | " ヾ ̄  ̄ /_  }.:′   /   }     ヽ
    .ィ   i {   Lk、   !         ¨_ノ /=ミ    〉/⌒ヾ    ハ
 / {     ヾ:、  r'¨ ` rァヘ:、   ヽ  しぅ〃 : ヾ ∧     }l   /
く  八     ヽ/   /ソi } ` :.、  }  ソイ}    }  i   〃 /
 ハ   ヽ   r='=<r彡八V_ ==≧<ア/ ¨{/    ト、  v/イ 八


そして この時の西軍には もうひとつ大きな懸念があった





99 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 21:42:14 ID:OoKtnfpg

                    ,,_ f"k
                 ./,,g(]]!][^)l.
                ./(:::::::::::::::::::::〔、
                ][::::::::::::::::::::::::〈(
                ](::::::::::::::::::::::::::\,,,,__
                 4、:::::::::::::::::::::::::::::::::](
                 |:::::::::::::::::::::::::::::./(
                __d(゜:::::::::::::::::::::::::::g[ 佐和山
              __v(":::::::::::::::::::::::::::::__f(
             ,,d":::::::::::::::::::::::::::::,,grf"^  ◎高宮
           ./゜::::::::::::::::::::::::::,,d^^^
          ./::::::::::::::::::::::.;,,d"^
          ](::::::::::::::::::::::V(゜
          ]l.::::::::::::::::::::. l[
          ][:::::::y-"^^^^
          .l[゛:::[
        ./::.::/
       gl:::::::.lf"        石部
  大津 (:::::::::][
       \::::イ
        \:::〉


それは 近江国高宮に無断で駐留するやる夫軍団1万の存在であった





103 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 21:43:37 ID:AUoo.VDo

佐和山の目と鼻の先ですやんw





105 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 21:44:06 ID:8oHRI8a6

不気味すぎる





102 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 21:43:14 ID:OoKtnfpg

病と称して石部に留まっていたやる夫とその軍団が移動を再開したのは
9月に入ってすぐのことである



                    '';;';';;,.,
                      ''';;';';;'';;;,.,
                       ''';;';'';';''';;'';;;,.,        ざっつぁつぁっつぁ~
          ざっつぁつぁっつぁ~  ;;''';;';'';';';;;'';;'';;;
                        ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;
                        vymyvwymyvymyvy     ざっつぁつぁっつぁ~
                      MVvvMvyvMVvvMvyvMVvv、
                   Λ_ヘ^-^Λ_ヘ^-^Λ_ヘ^Λ_ヘ
                   ヘ__Λ ヘ__Λ ヘ__Λ ヘ__Λ
                __,/ヽ_ /ヽ__,.ヘ /ヽ__,.ヘ _,.ヘ ,.ヘ    ざっつぁつぁっつぁ~~~~~!
    /\___/ヽ   /\___ /\___/ヽ  _/ヽ /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\/''''''   '''/''''''   '''''':::::::\   /''''''   '''''':::::::\
  . |(●),   、(●)、.:|(●),    |(●),   、(●)、.:|、( |(●),   、(●)、.:|
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|   ,,ノ(、_, )|   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|_, )|   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::|   `-=ニ= |   `-=ニ=- ' .:::::::|ニ=|   `-=ニ=- ' .:::::::|
   \  `ニニ´  .:::::/\  `ニニ \  `ニニ´  .:::::/ニ´ \  `ニニ´  .:::::/
   /`ー‐--‐‐―´\ /`ー‐-  /`ー‐--‐‐―´\-‐‐ /`ー‐--‐‐―´\


この行軍は 三成の美濃国集結命令に従ったものと西軍諸侯は理解した





106 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 21:44:14 ID:OoKtnfpg

                    '';;';';;,.,
          _   ○      ''';;';';;'';;;,.,          _|_
          /   lヽ         ''';;';'';';''';;'';;;,.,         | __
          l   l           ;;''';;';'';';';;;'';;'';;;       |
          ヽ_ノ           ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;     | ──
                        vymyvwymyvymyvy
                      MVvvMvyvMVvvMvyvMVvv、
                   Λ_ヘ^-^Λ_ヘ^-^Λ_ヘ^Λ_ヘ
                   ヘ__Λ ヘ__Λ ヘ__Λ ヘ__Λ
                __,/ヽ_ /ヽ__,.ヘ /ヽ__,.ヘ _,.ヘ ,.ヘ
    /\___/ヽ   /\___ /\___/ヽ  _/ヽ /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\/''''''   '''/''''''   '''''':::::::\   /''''''   '''''':::::::\
  . |(○),   、(○)、.:|(○),    |(○),   、(○)、.:|、( |(○),   、(○)、.:|
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|   ,,ノ(、_, )|   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|_, )|   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::|   `-=ニ= |   `-=ニ=- ' .:::::::|ニ=|   `-=ニ=- ' .:::::::|
   \  `ニニ´  .:::::/\  `ニニ \  `ニニ´  .:::::/ニ´ \  `ニニ´  .:::::/
   /`ー‐--‐‐―´\ /`ー‐-  /`ー‐--‐‐―´\-‐‐ /`ー‐--‐‐―´\


ところが
やる夫軍団は高宮で再び行軍を停止し ピクリとも動かなくなってしまったのである





108 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 21:45:14 ID:OoKtnfpg

そして 高宮とは三成の居城である佐和山城の目と鼻の先だ


        , -、/ ̄ヽ   __
      __(  しヘ 弋/ )\
    /ー'    \    └ヘ\
   └ヵ              |\
  / ̄\             〕 \
  └┐         _   -―-\  ヽー、
  ┌┘        ,.   /  ヽ \ 了   ト ∠ム / ヽ
  廴     /   /       ヽ`つ  ∨Y   ̄〕マ7_
   r┘   /              |  |└┐ | |  rヘ´ \ j!   _
   `つ   ./            |  |  | | 〔. ||<_ム__>  ̄__
   〔_ .′           |  | || |i `)|| 〔 ヘ\ <       ちょっ!
     ヽ| | :  |  |    |  | ||  レハ 弋 |r= 、r┘ | \ `
      | | |  |||    |  川ィチレ,_| ({ヘ參〉)  !   \      な なに考えているのよ!
      | | |  |⊥从_| /j/   r== = .、| |广7_ハ   ヽ
       \| ヽ|  r=== 、     `===='' |∨/    lヘ ヽ!
            |  l   `==='.         """| | ∨ ハ  l ヘ   、
           | l||  """        _    |/  }ヾ∧ l ヘ  ヘ
        / ∧|     r-- -‐‐ ' \ /   / /'. ∧ .ヘ
         /∧| .`―――‐ヘ    ___ _X_ メ、 / / V ハ  ヘ  ← 石田三成
       //           ̄ ̄l薔>ー.ノ \_〉 /  V ハ  ヘ



これに危機感をもった三成は大垣城を離れ佐和山に立ち帰っている





114 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 21:46:14 ID:OoKtnfpg

そうこうするうちに9月3日には
京極高次が東軍として決起し大津城で籠城を開始する


                    ,,_ f"k
                 ./,,g(]]!][^)l.
                ./(:::::::::::::::::::::〔、
                ][::::::::::::::::::::::::〈(
                ](::::::::::::::::::::::::::\,,,,__
                 4、:::::::::::::::::::::::::::::::::](
                 |:::::::::::::::::::::::::::::./(
                __d(゜:::::::::::::::::::::::::::g[ 佐和山
              __v(":::::::::::::::::::::::::::::__f(
             ,,d":::::::::::::::::::::::::::::,,grf"^  ◎高宮
           ./゜::::::::::::::::::::::::::,,d^^^
          ./::::::::::::::::::::::.;,,d"^
          ](::::::::::::::::::::::V(゜
          ]l.::::::::::::::::::::. l[
          ][:::::::y-"^^^^
          .l[゛:::[         ,ィィr--  ..__、j
        ./::.::/        ル! {       `ヽ,      
 \ピコーン/  f"       N { l `    ,、   i _|\/ ∨ ∨
  大津 (:::::::::][        ゝヽ   _,,ィjjハ、   |    今度こそ近江を
       \::::イ         `ニr‐tミ-rr‐tュく≧rヘ   >
        \:::〉           {___,リ ヽ二´ノ  }ソ    京極の手に取り戻すんだよ!
                      '、 `,-_-ュ  u /|  
                       ヽ`┴ ' //l\  |/\∧  /
                  --─‐ァ'| `ニ--‐'´ /  |`ー ..__  
                     く__レ1;';';';>、  / __ |  ,=、 ___
                    「 ∧ 7;';';'| ヽ/ _,|‐、|」 |L..! {L..l ))
                    |  |::.V;';';';'| /.:.|トl`´.! l _,,,l | _,,|  , -,
                     ! |:.:.:l;;';';';'|/.:.:.:||=|=; | |   | | .l / 〃 ))
            京極高次 →    l |:.:.:.:l;';';'/.:.:.:.:| ! ヽ \!‐=:l/ `:lj  7
                     | |:.:.:.:.l;'/.:.:.:.:.:.! ヽ:::\::  ::::|  ::l /





118 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 21:47:13 ID:OoKtnfpg

     r -――――- 、_
     | { ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ\`>、
   /r」           \  \
  / ハ\  \        \ \  \
  ,' /l  \\   \        丶 ` ー―ァ
  l l| l  | 丶\  ` ー--/⌒ \     ̄下、    万が一 やる夫殿の動きが
  | l!  l | / \`ナナー/ 二 Tー \  __ \
  l  l  l |/ __ ノ丶 _ f叨广 h \|ー'´ ̄ ̄    高次と連携したものであったら
  ヽ V l l|ーf叨テ_      ゞ'´  |厂 ̄
   \v! l  ゞ'´     '    /}            ちょっと洒落にならないよ
    〈 l 卜、u   -、__  /イ\
      キ l\)、 (_, ---' イ: :レ二._
     八 |ー\`: T  ̄/:〉イ: : : : : :`ヽ _
   _/: : V: : : : :_く }_/: : /: : : : : : : : : : : :ノヽ-┐
     ̄ノイノレィチ/ト---/ ̄`!: : : :-:―: : : / ノ
        /:r―-、_,/    |ー―――一' /\
          l: :|   { {     |ー―‐r――く
        _ノ: :ヽ.  ト-ト、   |: : : : : |      \
     く二二.入_/ l| \_j: : : : : |
       /   /   l:\/: : -――イ
      rーく   / ̄l∨´ _,  -――‐{   ← 平塚為広
    /⌒ヽヽ. /  {/          |


西軍諸侯の警戒は至極当然のものであった





116 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 21:46:42 ID:CkuJiKY.

このタイミングで、これは危険すぎるよ





110 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 21:45:35 ID:KHP.cV.Y

咽喉元につきつけられた匕首だな





124 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 21:48:14 ID:OoKtnfpg

.         /  .:./                         ヽ
        /  .::/:   /  .:   !   \.  !      :.     ',
        /  .:/:   /  .::  :./!:    ヽ |   !    :.:     !
        |  .:.:i:.:   i  .:.:.i :.:/ |:.     }ノ   ! ヽ  !.::.   ! !
        |  .:.:|:.  _|_ ! ハ. /  |:. |ヽ :.     | :.}  |:.:.   | |
        | .:.:.|:.   |:..::「 ` ト|、_!___レ !:.:.:  ーr|:ヤ弋ト:.  /!V
       / .:.:.|:.   |ヽ:|__V   \|  !:.:.:  / レ__|/|:.:.  /リ    いや……
       / .:.:.:.|:.   |7才  ̄えZト.    |:.:. /r≦⌒v! リ:. /レ
     / .:.:.:.:.:|::   代   {ハ_.イ}    |/  {ハ.ィ}  }^厶イ      いくらなんでも…… あいつも……
    /  .:.:.:.:.:.::!.:    !    _v少        v少   / |
  /  .:.:.:./:.:.:.:.ハ::   ハ   :::::::::::::     ,  :::::::::::  /  .!      そこまで馬鹿なことをするはずないわ
 /   .:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:ハ::   ',                 ハ  八
./  .:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:∧:    ヽ               人 /.: \
!  .:..:.:.:./: : : : : :: : : ∧::   ヾ 、    ⌒ ー'⌒  ,. イ  /.:.:.:.  \
|  :.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.,. -― ヘ:::.   \`  、 __,.  r</.:.:   /:.:.:.:.:.::.   ヽ
|  :.:.:.:.!:.:.:.:.:./     V::..    \     / /:.:.:.   /:.:.:.:.:.:.:.:    }
|  :.::..:.!:.:.:.:/        ' ,::::..    \   ヽ/:.:.:.   /´ ̄ ̄\   /
\  :.:.:.:!:.:.:|         \::::.    \.  /:.:.:.   /      \/



そして 今この時のやる夫は……





131 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 21:49:14 ID:OoKtnfpg

          ____
        /_ノ  ヽ、_\
 ミ ミ ミ  o゚((●)) ((●))゚o      ミ ミ ミ
/⌒)⌒)⌒. ::::::⌒(__人__)⌒:::\   /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|    | (⌒)/ / / //  だ だ だ だ だお~~~~w
| :::::::::::(⌒)    | |  |   /  ゝ  :::::::::::/
|     ノ     | |  |   \  /  )  /     バ
ヽ    /     `ー'´      ヽ /    /   バ  ン
 |    |   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l  ン
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))



7月に筑前国名島を出陣以来 久しくなかったノリノリ具合を見せていた





132 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 21:49:32 ID:60NjPAm6

主人公のクセに今日は出番が多いな





137 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 21:50:12 ID:Ljy4tG6Q

久々の主役扱いでテンション上がっちゃって





139 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 21:50:23 ID:OoKtnfpg

やる夫が高宮への移動を決意したのは
8月下旬に家康からの手酷い拒絶をくらった直後に
山岡道阿弥の配下と接触した時のことである


             ____
           /ヽ  /\     え? それじゃ家康殿も
          /(●) (●)丶
         /::⌒(__人__)⌒:::uヽ   本当は やる夫を味方にしたいと
         l    |r┬-|     l
         \   `ー'´   /   思っているのかお?
         /         ヽ
         し、       ト、ノ
           |   _    l
           !___/´ ヽ___l





141 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 21:51:14 ID:OoKtnfpg

        __{(__」し'⌒ー'く__ノ) }∨  ノ
        ,. -ヘ,::::;:: --―--:;:::::: ̄:::ムイ/ヽ、
     /。 ミシ'´        `ヽ::::::::::<_ ヽヽ
    /   ´ 。             ヽ:::::::::⌒ミヽヽ',
    ,′゚              \J:::::::::::::::トミ、j }
   ノ //   ゚           V:::::::::::::::::`トJT
  /。N^ム-,    ミヽ、、    弋Y::::::::::::::::::::::トl7
  i |::〃´ィ       `ヾミヽ≧ー一゙::::::::::::::::::::::、:ヌf
  ヽj:《彡'o        }i{::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Xヽ
   〕_、      _,.=彳::::::;-‐-、:::::::::::::::::::::::ヾ、\
  /  `ミー=tz'フ才´  手ミV^)ノi:::::::::::::::、::ヽ::ヽヽ
  !_ '“   \゛==="   / ミ:::込√、:::::ゞ:く::ヽ::〉:::!      それは もう当然のことです
  冰:j-、_ `==ミーく 、`ミ::::く_xヘ父ヽ::::\ヘ}N
  ヽ`^┴込、 =、ヾ:::\ミ:::::::}ミヽ`∨Y∧:},' ! !
   、〕> 、`~ ̄´ く:::::::::::::::ハ|\  入!' リ{
  、__フ:{   `ー   }::::::ト、::ト ヽ  _八j   !
  `Z:::\   jー、_/`ヽ:} )}  /{!ゞ、\ !
     i::;イ ̄`)、::{    jノ  ノ r1、ヽ、ニ癶ヘ    ← 小西政重
   _/ノノ  ´ )ノ      ,ハい、ニブ    \




        、    、 _ 、 _
         \ーヾニ``ー``ーヾ、
     ー-r⌒´:::::::::::::::::::::::::::::::::`=、__
    ー彡':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ミヽ
    r彳::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、
  `ー'ブイ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾナ
    /〃i:::::::;:;ィ!::::::::::::::::i!:i:ハ::::、:::::::::::::::::::::::ミ、       あなた様と その軍団の価値は
   / /レイ:ハハ:::li:::::::jノリ!| }:!:ハ::i!::::::::::::::::::K^
     ハ!ル / ヽ|!/ノ 〃 リjレ!}:|i::::;r=!:::::::ミ=、      家康様も お認めになっています
      バ>ト,、_,ハ__,.、=tテ介 リクイ{); }::::::::、ミ-
    _彡ク:バブ'⌒゛'~ミ_ニ´ノ "/,=ン::::::::::::\_
  /´  'フ:::Y。/、~,`‐-、  ̄。ヽ/ 「::::::::::::::::::::ドミ
 ,′   イj::::::く!、__    `ヽ、 o Y:::::::::::::i:「ヽ、ト-
      ノ!:::::::ハ(`ー==ミヲ'’ ),.イ:::::::::::::/ノ,.-''" ̄`
    /|リ:::::::{:∧`` ー _,.-'^´/::::::::::::://
 '、  {_」:::::::A!{ i `TT {´  //::::::::::::;く/
    (:.:!K:.:.:ノ }  ヽヽ>' |:::::/l:ムイ
  ト、。j`く⌒フ \ `"´  /!::ハ:! ト-j      ← 西尾正義
  |  _ `´_  \_/  |/ハ!<ノ





144 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 21:52:14 ID:OoKtnfpg

      _-─―─- 、._
    ,-"´          \
   /              ヽ    でも それじゃ なんで家康殿は
   /       _/::::::\_ヽ
  |         ::::::::::::::  ヽ   延貞兄さん…… やる夫の送った使者を
  l  u    ( ●)::::::::::( ●)
  ` 、        (__人_)  /   追い返すんだお?
    `ー,、_         /
    /  `''ー─‐─''"´\




        、    、 _ 、 _
         \ーヾニ``ー``ーヾ、
     ー-r⌒´:::::::::::::::::::::::::::::::::`=、__
    ー彡':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ミヽ      それは やはり あなた様は
    r彳::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、
  `ー'ブイ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾナ      大坂城の総大将・毛利輝元様の一門で
    /〃i:::::::;:;ィ!::::::::::::::::i!:i:ハ::::、:::::::::::::::::::::::ミ、
   / /レイ:ハハ:::li:::::::jノリ!| }:!:ハ::i!::::::::::::::::::K^     副将・宇喜多秀家様の義弟であられます
     ハ!ル / ヽ|!/ノ 〃 リjレ!}:|i::::;r=!:::::::ミ=、
      バ>ト,、_,ハ__,.、=tテ介 リクイ{); }::::::::、ミ-    家康様としても 信じたくても信じきれない
    _彡ク:バブ'⌒゛'~ミ_ニ´ノ "/,=ン::::::::::::\_
  /´  'フ:::Y。/、~,`‐-、  ̄。ヽ/ 「::::::::::::::::::::ドミ   というのが本当のところでしょう
 ,′   イj::::::く!、__    `ヽ、 o Y:::::::::::::i:「ヽ、ト-
      ノ!:::::::ハ(`ー==ミヲ'’ ),.イ:::::::::::::/ノ,.-''" ̄`
    /|リ:::::::{:∧`` ー _,.-'^´/::::::::::::://
 '、  {_」:::::::A!{ i `TT {´  //::::::::::::;く/
    (:.:!K:.:.:ノ }  ヽヽ>' |:::::/l:ムイ
  ト、。j`く⌒フ \ `"´  /!::ハ:! ト-j     ,.-‐
  |  _ `´_  \_/  |/ハ!<ノ     /
  | 〈  X´  X ̄`¬y―-、「 ̄ 〈 o  /
  | ヽノ⌒ヽ'⌒ヽ _,.ィ |    >¬-こ ̄





146 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 21:53:03 ID:mcZhBxGs

縁戚関係がガッツリと毛利に食い込まれてるからな





147 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 21:53:14 ID:OoKtnfpg

          ト、ヽ、 _, -‐ヽ、::::::::::::::/ヽ、   丿彡 //彡,
\`ヽヽ、_`ヽ、_ヽ__ソ:::::/   ヽ::::::::::::/   ヽ、-´:::::::::://:::::ソ彡
、、.\:::ヽ´:::::::::::::::::::::::/      ヽ:::::/     ヽ:::::::::::::::::::::::/_,
ヽ‐-、:::::::ヽ::::::、:::::::::/    ゚    ヽ/  ゚    ヽ:::::::::::::::::::: ̄/
ヽ__,-丶:::::::::ヽ::::::::::ト、__                ゝ:::::,:::::::::::::/_丿
 ヾヽ、_ゝ:::::::::`::::::/   ヽ 。  | |   ,。  ´ヽ、ヽ::::::::::::::::::::/
    ヽ、::::::::::::::/    ヽ`、 、 〉 ノ丿 /      l:::::::::::::::`/ノ
    ‐-ヽ、::::::::|      。ヽ、   `´/ 。     ):::::::::::/     ですから あなた様には
   \ ..ヽ::::::,ゝ、_:::......    ヽ  /    ....::::,-‐´、::::彡
 ヽ‐、::::::::::::::::::ヽゝヽ`ソ´´,、.  ) (   , ,'´`ソゝ、イ〈:::::ヾ、      家康様に味方するための強い決意と動機を
   .ヽ、::::_:::::::::::::| ´ヽ`ヽ-‐‐‐`´  `‐´----彳´ヽ`ソ:::::::::::_`::ヽ、
      \::::::::ヽ、 ‐‐´ /    ´ \ ̄   ノ::::::::::´ソ      表明することが肝要かと……
     ´ ̄`ヽ::::::ヽ-,-‐´   .ヽ`´'   ヽ\ /:::::::,::´`
     _,,-‐::::::::::::ヽ く、   ____ ,-‐イ ノ:::::::::::ヽ、、,
       ,-‐'::::::::::::::´、ヽ、`-´-´-`-´- ´‐/:::::::::ヽ ̄`ヽ
      /``´ ´`‐-,::ヽ、 /-───-´、 /:::ヾヽ``ヽ
          /`´ヽ-`/l   |:|   |:`、:::::ミ、`
              丶::|   /::ヽ  ノ::ヽ ``
              /:::::/`´`/:::::::ヽ‐ノ::::::ヽ
              |:::/   |:::::::::'  `l´`l::|
              ヽ、   レl:::´ノ  ´ 丿
                   .|:/




     ____
   /      \
  /  \   ,_\.
/    (●)゛ (●) \
|  ∪   (__人__)    |    強い決意表明…… かお……
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /





149 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 21:53:44 ID:OoKtnfpg

     ____
   /      \
  /         \
/           \
|     \   ,_   |   うーーーーーーーーん
/  u  ∩ノ ⊃―)/
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /




             __
          ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、                  ,. ‐   ̄ ̄ `ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、              /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、             /.:.:.:.:./.:.:.:./.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
      ,!;;;! '~  "~ `i||i"  '' `ヘ;;;!            /.:.:.:.:./.:.:.:./l:|:.l:、:.:.:.ヽ:.:.:.:.ヽ.:.:';
      |;;;|     ヽ`   u ミ;;;|           /.:.:.:l.:.:!.:.:.:./ |:l|:!:、ヽ.:.:ヾ:、:.:.:.\|
     _ゞ;!,-;;;;;;;"フノ  ヾ`;;;ヽ 、ミ;リ           /.:.:.:.:|.:.l -‐/'/l:!|! ヽ` ー-ハ\.:.:.:ヽ
      !ヘl;|.,,_==-、く` ,>゙-== 、「ヽ          /:.:.:.:.:.:l:.l ィ_¨ヽ! | | ィ_¨ 丶、ヾ:、ヽ:.:ハ
     !(,ヘ!   ̄'"  |ミ.' ̄" , ドリ          |:./:.:.:.:.|:l r'::::::}    r':::::::::}:.:.|'ヽ l\:';
     ヾ、!      !ミ    ,レソ          |/l:.:.:.:.:l:.! ゝ- ' ,   ゝ-- 'l:.:l ノ:.|  ヾ
       `|      ^'='^     ム'′         |'∧:.:.:.:l:.':、 '"'"   '"'u"' /!/,:':.:.:.|
.       ト、   、,.-‐ 、,,  /|  …………    /  ヽ:.:|__::丶、  ^  ,.ィ':.//:.l:.:.:.:.:!  やる夫……
       i| \  ' ニ   イ.:|             /´ヾ 7'ーr,!`  ´ ト/イー-、:.:.:l
      ,イi| ゙、\  (   /リ.:;ト、            ;'  , / ./{     // |   ヽ.:.l
      ノ :.:i|  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::::!:::\          _!_,..∠、 / ヽ__,//  l     !:.l

        ↑ 平岡頼勝                  ↑ 稲葉正成





150 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 21:54:14 ID:OoKtnfpg

       ____
     /      \
    /         \
  /           \
  |     \   ,_   |    分かったお……
  /  u  ∩ノ ⊃―)/
  (  \ / _ノ |  |
  .\ “  /__|  |
    \ /___ /








       ____              
     /_ノ  ヽ、_\              ならば 誰にでもわかる形で
   o゚((●)) ((●))゚o            
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \           やる夫の決意を見せてやるお!
  |     |r┬-|     |    (⌒)    
  |     | |  |     |   ノ ~.レ-r┐、/∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\
  |     | |  |     |  ノ__  | .| | |
  \      `ー'´     /〈 ̄   `-Lλ_レレ
                  ̄`ー‐---‐‐´





154 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 21:54:55 ID:eNV7pX7w

その表情はちょっと不安だw





156 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 21:55:17 ID:OoKtnfpg

こうして やる夫軍団は高宮へ移動したのである


          ____
        /_ノ  ヽ、_\
 ミ ミ ミ  o゚((●)) ((●))゚o      ミ ミ ミ
/⌒)⌒)⌒. ::::::⌒(__人__)⌒:::\   /⌒)⌒)⌒)    三成の佐和山城は目と鼻の先だお!
| / / /     |r┬-|    | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒)    | |  |   /  ゝ  :::::::::::/      やろうと思えば 攻撃にだって移れるんだお!!
|     ノ     | |  |   \  /  )  /
ヽ    /     `ー'´      ヽ /    /      バ
 |    |   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l   バ  ン
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、    ン   バ
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))     ン





162 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 21:56:43 ID:OoKtnfpg

                 ____
         ,. ‐''"´        ` ー- 、
      /                \   \
      ,イ            \   \::: : \
     /   /     !   :|  :|ヽ\   \:::::. ヽ
    ,'  .:/  .::::/ ,'   :,' .::iハ . ヽ:::: :::ヽ:::::. ヘ
   i   .:/  ::/ /  ::/!: .::,' | |∨:|ヘ:::: : :::ヘ:::::::ハ
   |  .:,' /  .:/  ::/,' :::/ |:.! |:.:| |∨::::::::∧::::::i、
   | .::i:./ .:::::,イ  _/:_;ノ  リ l`ーf‐-、::::::::::ハ::::| !
   |/:|/  :/,ィ"´/:.:/  /  |/'_」」. i:`: :::::::|::::| |    攻撃うんぬんは あまりにも無謀だけど
  ,ィ|  / ::::::/i,.>''"アiヽ      /´::::}`.|:::::::::::::l::::| |
 / | ,'::::/{ rT{::::::::::r !     {:::::rリ ∥:: :::::/ト、ハ|    ここにいるだけでも  ひどくリスキーね
 {  | {::/::::::ヽ|:|乂、_,ノリ      ヾ之' ,'|::::::::,'. | 乂
 ヽ | |,' |::::|::::|`ト! ''' "´      、    ハ|::::.::i  !   `''ー‐
   i   |::::|::::l::::|ト、          /:::|:::::::|  ヽ
   ハ::  l: ::|::::|::::iハ \    (⌒)  .イ:|!:::ハ:::::|
  ∧:  !::::i:,.-、「|∧  > 、 _,. <:i::|:::|:::::.ヘ:::ヘ
 /::::: _厶イ ./ |:.:.|` ー-L>、:::::::|::|:::|:::::::::.`iー\




          ______
       ,,..-‐";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;` 、
     /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
     /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
     |;;;;i "'`~  "`~ `i||i" '' ゙` " |;;;;;;|
     |;;;;|       ヽ`     u  |;;;;;|
     .|;;| ,-;;;;;;;;;;"フノ  ヾ`;;;;;;;;;;;;;;;ヽ |;;;;|
    ,,ト;| ',,_==-、く    >゙-==、  |/ i
    |i 、|   ' ̄"彡|         || |     ああ
    |'. (|       彡|          |)) |
     ! 、|      i,"(_ ,, 、,      |" i      こりゃ大坂城から敵認定されても
     ヽ_|        `         .|_/
      .|゙      、,.--‐ 、,,     |       文句も言えないぜ
      .i ゙、    '  ̄ニ ̄     /|
      |   、      ̄ ̄    , ' |
      |  i ` 、    (    , "   |
       |      ` ー---― "|    |
      |  |          i     |





164 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 21:57:18 ID:OoKtnfpg

         ____
         / _ノ ヽ、\      だから良いんだお!
      /o゚((>)) ((<))゚o
     /    .:゚~(__人__)~゚:\    これで やる夫が誰の味方か
     |         |r┬-|    |
     \、     i⌒i‐'  ,;/     家康殿には一目瞭然となるんだお!!
    /  ⌒ヽ.ノ ノ  く
   / ,_ \ l||l 从\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.
         ベシベシベシ




               ´ ァ   )ノ人イフ   ュ   \
        /    ヽ从 アイ   ′    ミヘ、
          /,..,.,.,,.,    ミ: : :彡     ,...,...,..,.,,  ハ、   )
.    ,ィ   l:.:.:.:.::::::::....  }川ノ    ,..,;;;;;:::::.:.:.:.:.::.:...,',ミミヽ,ノ )  (う~~~ん 本当は)
   〈リヾ、 ,ィミ :::::::,r'二’ゝーニ=ヽr≦イ ’ ヽ:::.:.:.:.:.:.;'ノミミミ=メ
   ヽミミミミミゞ'"´::;;' イr、  ,rュ`ヽミ三二≧;;,;,;:;:;:ミミミミミヾ   (「味方するから上方に三国くれ」とでも
   ノミミミミノ /   `'  "´  ̄ ̄`ヽ ` `ヾミ三ミミミミミ
  从彡彡ミ;: /   ,  -‐:::::::: ̄ ̄ヽ  ;;;,  U ミメミミミミミミ  書状にした方が 家康様には効果的なんだけど)
 彡'"フ彡彡;Y  ,ィ´Y´Y:::::::::/ヽΛ:::::', ;;;;;ミ 从,,,,イλ}i:ミミミミ
    彡'フミミイヽ/Y"'T⌒Y⌒Y⌒VV ハ ;;;;;;;ミ 从ミ{σノi:i:i:ミミゝ、
.    ,イミミミi    ̄ ̄`ヽイ__|__l_lYΛ〉.;;;;;;;ミ::从ミミ{ 川ヽ;;ト
.       ァミ`ヽ:::::. . . .. . . . . . . . rぇュイ };;;;;ミ从ミミミミY   ;,
     ,ィ彡'"´ } ァ   ,ィ  ;;;;;;;;ミ  `ヽメ ;;ミミミミミミ㍉、 ヽ
.      、_,ゝミノ'´ 彡イノ    ミy`ミ  _メミミミミrxミヽ㍉=彡
     `フ彡  从从      ミハ_ノ `リ `リヽ}  `ヽ㍉
        ヽ彡爻爻     _州ミ    ノ /    リノ
        ノノ彡爻爻、   从爻ミ、
         ノノ从从从从ゝー彡'"´





169 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 21:58:20 ID:OoKtnfpg

        、    、 _ 、 _
         \ーヾニ``ー``ーヾ、
     ー-r⌒´:::::::::::::::::::::::::::::::::`=、__
    ー彡':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ミヽ      (しかし それは やる夫様が
    r彳::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、
  `ー'ブイ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾナ      自発的に思わなければ意味のないこと)
    /〃i:::::::;:;ィ!::::::::::::::::i!:i:ハ::::、:::::::::::::::::::::::ミ、
   / /レイ:ハハ:::li:::::::jノリ!| }:!:ハ::i!::::::::::::::::::K^     (俺たちから助言するわけにはいかん)
     ハ!ル / ヽ|!/ノ 〃 リjレ!}:|i::::;r=!:::::::ミ=、
      バ>ト,、_,ハ__,.、=tテ介 リクイ{); }::::::::、ミ-
    _彡ク:バブ'⌒゛'~ミ_ニ´ノ "/,=ン::::::::::::\_
  /´  'フ:::Y。/、~,`‐-、  ̄。ヽ/ 「::::::::::::::::::::ドミ
 ,′   イj::::::く!、__    `ヽ、 o Y:::::::::::::i:「ヽ、ト-
      ノ!:::::::ハ(`ー==ミヲ'’ ),.イ:::::::::::::/ノ,.-''" ̄`
    /|リ:::::::{:∧`` ー _,.-'^´/::::::::::::://
 '、  {_」:::::::A!{ i `TT {´  //::::::::::::;く/
    (:.:!K:.:.:ノ }  ヽヽ>' |:::::/l:ムイ
  ト、。j`く⌒フ \ `"´  /!::ハ:! ト-j     ,.-‐
  |  _ `´_  \_/  |/ハ!<ノ     /
  | 〈  X´  X ̄`¬y―-、「 ̄ 〈 o  /
  | ヽノ⌒ヽ'⌒ヽ _,.ィ |    >¬-こ ̄




                          /
          _,     )  ト、 、 ヽ、 /
        __{(__」し'⌒ー'く__ノ) }∨  ノ
        ,. -ヘ,::::;:: --―--:;:::::: ̄:::ムイ/ヽ、
     /。 ミシ'´        `ヽ::::::::::<_ ヽヽ
    /   ´ 。             ヽ:::::::::⌒ミヽヽ',
    ,′゚              \J:::::::::::::::トミ、j }
   ノ //   ゚           V:::::::::::::::::`トJT   (それに このような危険を冒すほど
  /。N^ム-,    ミヽ、、    弋Y::::::::::::::::::::::トl7
  i |::〃´ィ       `ヾミヽ≧ー一゙::::::::::::::::::::::、:ヌf     やる夫様の気持ちが
  ヽj:《彡'o        }i{::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Xヽ
   〕_、      _,.=彳::::::;-‐-、:::::::::::::::::::::::ヾ、\    家康殿に傾いているのも事実)
  /  `ミー=tz'フ才´  手ミV^)ノi:::::::::::::::、::ヽ::ヽヽ
  !_ '“   \゛==="   / ミ:::込√、:::::ゞ:く::ヽ::〉:::!    (これは これで良しとするか)
  冰:j-、_ `==ミーく 、`ミ::::く_xヘ父ヽ::::\ヘ}N
  ヽ`^┴込、 =、ヾ:::\ミ:::::::}ミヽ`∨Y∧:},' ! !
   、〕> 、`~ ̄´ く:::::::::::::::ハ|\  入!' リ{
  、__フ:{   `ー   }::::::ト、::ト ヽ  _八j   !
  `Z:::\   jー、_/`ヽ:} )}  /{!ゞ、\ !
     i::;イ ̄`)、::{    jノ  ノ r1、ヽ、ニ癶ヘ
   _/ノノ  ´ )ノ      ,ハい、ニブ    \





177 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 22:00:05 ID:Y484q67.

もう少し分かりやすく人間臭い欲望を見せないと戦国武将には通じない





176 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 22:00:00 ID:VG1BRfwc

やる夫と家康では価値観が違いすぎるんだな





182 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 22:01:08 ID:CkuJiKY.

なにせ、世代が孫とお爺ちゃんぐらい違うしなあ





170 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 21:59:13 ID:OoKtnfpg

        ____
       /⌒  ⌒\
     。o(゜>)  (<゜)o 。         よーーーーし!
    /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
    |     |r┬-|     |        それじゃ もう一度
    \      `ー'´     /( `´)
   /           \ノ ノミ     家康殿に報告するお!!
   |\ \       \____ノ


やる夫は石部で送った木下延貞に続いて
再度 家康に向けて使者を遣わした





178 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 22:00:20 ID:OoKtnfpg

ところで やる夫は鈴鹿以降の一連の流れで
家中随一の大坂派である重臣の松野重元を遠ざけ続けていた


                 ____y⌒ヽ
              ,.  ´: : : : : : `⌒}}∠≧=‐-
              /: : : : : : : : : : : : : 〃 ̄` 、
      (    /: : : : : : . . . .    : : : : : : : :.\
        `ー=≠: : : : : : : : : : : : : : : . . .   : : : : : : :',
       __/: : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : :. .
      〃 : ,/: /: :./: : : : : : :/: : //: : : : : . . . . .l
      {{: :〃 〃: : 〃: : : : : : :〃 /,〃:.: :. : : :}: : : : : :|
     乂{: :.八: : :.{{:.:. : :./V {/ く{{: : : : : : 人:.: :. :.:.|
        Y:\:\:.i!: : ≠vィチ行ミヽ  X_><  }:. : :.ノ
       vヘ: Y⌒ヽ {{ i 以リ ノ }}   ィ=ミ `V: : : :{\__
         \丶 `\` <__/⌒Y以 } Y: : : }}: ヽヽ¨ヽ
.            〉:ハ          ,   ゝ ノ ノ: : :.ハ: :八j    僕には全くの相談もなしに
            '⌒ヽ、 u         =≦_/7 V
                  | ヽ   ` ヽ     /¨{  `v′ }      最近の この動きはなんだよ
               __}   \    ,   <ノ  ヽ    /
           /^V    `¨´r─ 、     i   {
         ___{   \       ヽ   \_  |    l
     <    .│   \        ハ `│   ',
    /   ヽ   |    /`r======ヘ ./ }  |    ',
.   /.       l____/   |、____ノvヘ }   |     ',
.   }.         |      l。|: : : : : : : : | 「  │     ',
   {         |      l |: : : : : : : : | |   |      ',   ← 松野重元
              レ′  l。|: : : : : : : : | |   |


また稲葉正成と平岡頼勝も重元に対して
やる夫の徳川派転向の説明の機会を窺っていたのだが
肝心の家康の返事が色良いものでなかったので これを保留としていた





183 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 22:01:16 ID:OoKtnfpg

       /::::::::,;--\|::|/::::::::::::::::::::::::::\
       /::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::⌒ヽ:::::::::::::::ヽ
      /:::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::∧         僕だって小早川家の一員だぞ
    /:::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::、:::::、:::ハ:::::::::::::\
    /:::::::::::::::/:::::|::::|:::::l::::::、::::::::::::\:::ヽ::|\:::::::::::::\      殿の決断には従うさ
   /:::::::::::::::::|:::::∧:::l:::::ヽ:::::\::::::::::::l:::_:|リヽ::::::::::::::::::::>、
 /:::::::::::::::/:::l:::::| \\:::\:::x< ̄::∨:::::::::::::::::::::::::::::::::::l    徳川に付くのなら付くって
/::::::/:::::::::/|::::::l--!─-\l\_> =ィ::::::ラ' |::::::|::::::::::l::::::::::::ノ
l:::::/:::::::::/::::l:::::|ヽ|=:::::.┐    r `¨´ ||::::/::::l::::::|:::>''      はっきりと言えばいいじゃないか
\|:::::::::/::::::ヽ:::l` `ニニ'‐-y─-|__,, -‐' |/l:::::/:::ノ´
  l:::::::::l:::::::l::::ヽ| |__,,,」  l      ノ/´
  \::::l:::::::\::::\            イ´
    \\_>_>-    __,,.. ''  /| ̄ >- ,,_
      ̄   ̄ ,, -\        / |        `l
        /     l>-   _/    |、    /ヽ |
        |∧     ∧        ヽl  /   |、
        |  |    / |         |  /、   | >─-


これは結果として やる夫と両家老にとって大きな手抜かりとなってしまうのであった……





186 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 22:02:15 ID:OoKtnfpg

            ./   _。.--''T'^ヽ-、。._
          __,,。〉.-r^^^       |
        。.r'"゛            ./
       イ               |
上田  .ヽ、               [
        .\。             ^゚lr  宇都宮
         |           yt゛゛
        ./            イ
        J゜        ./。.  .\_   小山
        |       ./  .\-、_ ^^t   /^l.
    ,,_   | __ .;/"゛       .\-^"hr'"  |
./"゛゛]し  。)". ^゛              [   [
f゛     .\"^t、                  )、  |
゚          ゚lv,,_               )。.  〈、
             ^l.               | |
             .\。             \ .\
              ^)(              ]、
     ,,。.、      __,,/^^ー,,_    江戸____/
    」゛^)     r"゜     .\、    ./:::::::::::h、
。  |  .ヽ──〈、       .\、  .。f":::::::::::__]k。_
.\,,__[       /         [ メ":::::::::::gイ゛  .\
  `、      __[   __vf'^.ヽx。 ./゜|:::::::::::,,[
  __v──、.;.l(.ヽ。.__d"::::::::::::::::::^(゜  .ll.::::::::〈、
__,,メ゛:::::::::::./゛   ゚l[::::::::::::::::::::::::::.\ メ゜::::.l(n,,
^::::::::::::::::.l[     ^):::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  \.。,,,,
::::::::::::::::::〈゜     .l[::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::^)    ,,,,,,,,]しv
:::::::::::::.ll゚      ,,[::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.lll"゜ __g(:::::::::::::::::::::::
:::::::::::.l[    __rf"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\v4"::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::| __yf"^::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


さて こちらは やる夫が想いを寄せる徳川家康の様子である





195 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 22:03:37 ID:OoKtnfpg

家康は8月5日の本拠地である江戸への帰還から
三週間が経過しても なお同地にいた


                ____
     -=ニ"`' ,   , ' "  ,," '
     ______\ ` , , '    '-ー ̄二=-
  ∠二__  ~`           ""'ー、
   , - ~                 ヽ
  , '  , ,                  ヽ
  / /, '                   `,
  i/ /          /|           'i      いや 俺も……
   ,' ,    /:i /:i |:::| |',          |
   i /i /' /::::| |::::i |::uヽi::`,`ヽ       |     好きで いるわけでは
   i/ i/ i /ー-ヒ--`|u|--エ--ー\  ___   |
     i i/|二ニ=ニ~  二=ニニニ,:::| |─i`.  \    ないのだが……
       .,|ヽ_゚_./:::::"ヽ_゚_, イ/:|.|─| | |`┬ー-
      / | ==:/:::u:::  u ~/':::|.|ニノノ |  |ー--
 __;;-ー''"~~.λu:/:::::::_::i   /'::::u::|.|ー'  /  |
 __;;-ー''"~'/| .| (_,-  u   ::u:::::/|   ||   |
      | !i .| く__ __-ー''ー:-:::/::|   |.|   |
      .|  | .|x--二_____:::::/:::::|  ./ .|   .|
      |   |/~ニ二\\ 'i/::::: |  |  |   .|
     .|  ,r┴'---, ̄\',  |::u |  |.  |   |
     | く/ ̄ ̄\こつ  i  /  .,|  .|    |
     !-ーC' ̄ ̄`こつ    | / /!/,/ \   .|   ← 徳川家康
        | ̄ ̄ヽ、      | / /| -    ` , |





204 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 22:05:15 ID:OoKtnfpg

徳川軍の主力部隊については
8月24日に信濃国上田で籠城を続ける真田昌幸の討伐のため 徳川秀忠を総大将として出陣させた


                                 ,ィ  ,.イ   ,.イ  _,,
                      .        .、 / | / | / .レ'' / ,.ィ
       , '"  ̄` ー''⌒ヽ、             、 | ヽ!   ′ ´   ′ '" レ!            ,、-―――――――‐、
    /           \            | ヽ|              │     .      fミヽ ヾヽ,lll lll lll 〃/
.   /               ヽ           lヽ|                 レ1         | ヽミヽ / \!!!/ ヽ〃/
   l       ,ィ j`ヘ. ハ .、   l    .       |      ./´\__,/\     ./_,         |ミヽ `ミ- 、.._    _`ッ
  │    ,.ィノ-jノ  lノ-リ‐l  N    .      |\     ./_     i _,ゝ     '"/         |__ヽミ〈`‐- 、 `! 〃 -''〉
.   |. r'コ.r'=ヒァ= _ ;セァ=:|nノ           .|      /`'-ニ_┐ r,キ‐''´!   ∠ィ         |=.r'〒Fモ。‐テ〒モ。テ77
    l |.ヒ|.| `ー- '  / ー ' :||.|           .|ヽ  r=!| =tr=゙  =tf= :|r=、  ノ          |=|に|:| ゝ::::::::::ノ ヽ:::::ノ
.    l. ヽl| u'     冫   :ル'            ト   {h|| `ー l.i  T´ u.||hリ ‐'フ          「 .l.し|| `l   r _ ヽ l
    ヽ ト.、  'ー----   /″            ヽ  ヾl| /' 、廾,、  \ |!ノ .∠           |:=`‐ハ   (二二二) l
   /ヽ|. \  ー  ,:く                ゝ、,._V' ヾニニニつ  /i`''<´          /| ̄/  ヽ   ___  l
-‐''"|:.:.:.:.:ト、   \._. イ:.:.:.|`''ー-           _/ ;;'' |:ヽ   --  ヽ/ ;|   ヽ_       /  |=/   ヽ   ̄  .L __
:.:.:.:.:| .:.:.:.:| \ ,⊆ニ_ヽ、|:.:.:.:.:.      , -‐_''.二/  ;   |::::ヽ.    ./ .;|    l_  ̄   /   レ      ヽ____lヽ  "''‐
:.:.:.:.|:.:.:.:.:.|.   / r─--⊃、.:.:.:    ,イ ̄    /  '    |:::::::`ー─ '   |    |   ̄   ̄|    .|\       /  ヽ
:.:.:. |:.:.:.:.:.| ,.イ   `二ニニうヽ.:.::      'ー- 、'   ,. -‐、|、::::::::     ,レ-‐-、  |      |     |≡\       ハ    l

    ↑ 徳川秀忠                    ↑ 榊原康政                ↑ 大久保忠隣





206 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 22:06:10 ID:QVUuSgI2

こちらも錚々たるメンバーだ





209 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 22:06:27 ID:OoKtnfpg

      、-ー'`Y <,___
  __≦ー`___ _二zく_
   > 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<
 <之′Y´/        \
   >{  ,'  | 、 , ,.  ,.l  ,  ゙i
   | !、{  | 寸寸T ハT7} ィ,l    家康様は動かなくていいのですか
   ′Ji, ゙i ゙i ( ●)  (●)|ハ|
    i⌒ヽ'(1. '''  _'  ''' ノ川/⌒)
.     ヽ  ヽx>、(_.ノ__,イ l |::::ヽ/
     ∧ 人lハ:::::l,三|:::/l| ,:::::ハ    ← 板坂卜斎




        __     ____
       <、  ```ヽv'´    `>
       __,,.>  ,  `Y´   、   ``ヽ、
     ,ィ'´     ;'´(       )ヽ     ヽ
   ∠二ィ : .  `、 > ___,,,..ノ 丿    .ヘ
      /: : ; .   `´ `ー--‐''´    . : : |
    ∠:/,:ィ: : : ,:ィ: . /| ト、       . : : : |
     ///.: :, く//   \!_,>   . : : : : :|
     '´ /:,:イ`>、\   _,/ /\ . : : : : : |    うん……
        |/ .kー-。、〉 >-‐'ー。、 |.:|‐-、: : !
         |`ー:/'´  `ー-‐'´ | !か.|: /     やはり周辺の様子が
            |/ __‐、    u lノい/:〈
         `iー______  ,'/じ:' : :ヽ     ある程度 見えてからかな……
          l `ー―‐---‐'  '/: : : : : : :.ヽ
             '、   ー    //: : : :∧: : : :ヽ
          ∧.     /,.r': : : :,/⌒'ヽ: : : l
          ノ|: ,ヘ__/,r'´ノ: : :/    \.:|
          |: : /」:/ /: :,:イ          \
          ノノ^「ヘ、 ノ//             \
         '´   |i゚:l \'´ /
             |i :!  V


しかし 家康は その直属軍と共に江戸に留まり
東北・東海道・伊勢湾等の各地の動きを見極めようとしていた





213 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 22:07:17 ID:OoKtnfpg

このあたりは信長や秀吉とは違った家康の個性を感じる
これは信長だったら 上方不穏の情報を得た瞬間に
全ての計画を破棄し軍勢をたちどころに反転させていたかもしれない


       _,,,,,,,,
     , - ' ゙    `` ‐ 、_,,,,,
   ,r'          /=ミ
  /           彡ll',''´
. /             彡lll
 !-- .、    ,、、、、,,,   彡lノ
 l,,,,,__ /   ___     'r''゙ヽ   こーゆーもんは
. |`゙'' ./   `'゙'''"    .〉,l |
 |.   ,'           //   モグラ叩きみたいなもんだからなぁ
. ',. ,'           , r'
.  ゙, ゙'ー ‐`      l  |
   ゙、''゙ ,,、二''‐    ノ  l、
''''''''7'ヽ  '''    /   /`〉`゙T''''''''''
  l  ` 、,,,,、- ' "    / /.|  |
.  |  |  .l i       / ./ |  |
  |  |  | l      / ./ .|  |
. |  |   | l     / /  |  |





216 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 22:08:01 ID:Y484q67.

信長さん、こういう時は本当に躊躇しないな





225 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 22:09:15 ID:AUoo.VDo

信長の直感は本能寺までは異能生存体レベルw





217 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 22:08:14 ID:OoKtnfpg

秀吉だったら眼前の敵とは きっちりと和睦をした後に反転
家康が部下に命じて行った東海道諸城接収という奇策も
自らの手で行ったことであろう


    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V
  < : _: : : / 〈  ノ |/  レ ヽ }|:./ヽ: : |      和睦した先のこと?
  <:: |. 小{   _,,.. -    、-.,_  レ{: :.|ヽ:|
   厶ヘ ハ         、     {ハ,;' ((      んなもん 後から考えりゃいいだろ
      \_!         '    ! ( ( ヽ)
        ヽ   'ー―--   /  ヽノζ
      ___,r| \         /   | ̄ ̄ ̄|(^)
    /:/::::| \  ヽ _ , ィ ´    | ''..,,''::;;⊂ニヽ
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、  .| .,,:: ;;;;ン=- )  ← 豊臣秀吉
/:::::::::::/::::::::|    \  /  ! ,r-''⌒^ニ);;;;ヽニノ ヽ


これらと比べた家康の慎重さは 美徳ではあるのだが
やはり腰が重いとの印象はぬぐえない





224 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 22:09:13 ID:CyGWXUgA

これは火の手が広がる前にすぐ反転するのが正解だよな





226 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 22:09:27 ID:OoKtnfpg

しかし 秀忠が宇都宮を出立した8月24日
尾張に送った使いの者が江戸に帰還すると 家康も悠長な態度をとっている場合ではなくなる


           __  , -- 、
           /:::::::`′:::::::::\
          /::::::::::::ノ'''^l::::::::::::::ヽ                    , -ェェェiiェェェ-、
       l:::::::::i::/ニニヘNヽ:::::::l                    .l f^''' ー - ‐ ''' ^l i
         |::::ル'レ'ニ> r',ニニゝ::::|                   l ,'    ‐-‐  u ','!
        l^「゙(⌒。TニT。⌒)゙丁゙l                    | l へ、‐-‐,.へ l |
         |f|ト .二.イ u ヽ二 ノ|リ|                    Ll -‐。=, '=。‐,-.L|
         ヾl r一L、_,J --、 lレ′                  ,.{ヒ| ` ´| |` ´ .|ヒ}、
          ハ |⊂ニニニニつ |∧               _ ,. -‐|.`-l /_〈_〉_'、 !-’|ー- 、 _
      _/ |ヽ. , , ,一 , , , /l ヽ._          , -‐ ´ _ , -‐|.  l. l‘-―‐-’! |  |ー- _ ` ー- 、
_,, -‐'''"´/   l `ー──‐'´ |  L_``'''‐- 、.._   i |-‐ ´    |  |`ー- ニ - ‐' !  |     ` ー-|ヽ
_,, -‐''' ´l    ト、.____..ノl   | ``'''‐- 、.._   ! |       |  .|   >く   |   |        |  l

        ↑ 永井直勝                     ↑ 村越直吉




      i                      .i
     .|         /| |:| ト,ヽ       |
     |.    ノ  メ: リ:|.| |ノ`>      |
     |.    /リメ, .\ リ / ,.ヘ!ゞ,    |      おお! 直勝! 直吉!
     .|   ./    \|  |/   ヽ   |
      i⌒| | ==o=-  .-=o== | |⌒i      戻ったか!
      | G| | ヽ . __ ノ | | ゝ __ ./ | |∂|
     ,.ゝ,_.|.|      | |    / |.|_,ノヽ,     濃尾の状況はどうだ!!
    /   ||     ヽ!_レ  ./  リ    ヽ
---‐‐''7|   ヽ. ==========ヲ /   | ̄""''''‐‐--
--‐‐''7 .レ|   | ヽ `-ニニニニニ-'´ /.|  .N""''''‐‐----
   /   レ|  |  ヽ.  ≡≡  ./ |  | |





233 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 22:10:34 ID:OoKtnfpg

        _  , - 、
        /  `′   \              は はい……  まずは わたしから……
      /    r'ヘ.    ヽ
     l   ,.イ.j_ニl ト、.__  l            加藤貞泰様が調略に応じ
.     l   /ニレ-┘ハl`ー-ニノ
    | r,=i 「て~。TニT。゙う |             犬山城の開城を約束してくれました
     |.|に|.lヽ ニ/u  !ニノ!       ⊆ニヽ,
.   │`ァlノ r',ニ‘=~='ニ、 l      ,、`Z二ヽ、
_,. -‐''1 / :ヽ.‘ー‐''ニニ''ー'/、_     l. )ノ、‘ァ`!
  ,, レ′  :ヽ. ' ' ' ' ' /、,,   ̄`ヽ. l. `ヽ r' l
''"´         ̄ ̄/ ̄   ゙゙     i ヽ ' .ノ
. ,-、, ‐'つ           _     l  l i   |
/.//''_つ ー-、 ,. -‐ '' ´       │.ノ '  :|
l/ ' ∠‐つ   i        /    V    :|
,' , ´ -‐'う   i        /     /    |
 '  ノ ̄    ,'       r;;ハ    ,'     :|
 ‐'´------‐'' ` ー-----イ  \  i    .ノ




              
            
                     よっしゃーーーーーっ!!
             ∠ -‐;
                ∠_
         _、.,. -z     \└―z_
        >    ヽ      >=  〉  
        }      ヽ    ,イ|ヽ /
        lィ     >"ヽ | | /
        |ハ     |    |  /
       r‐''" ヽト、 ト、l、   |./
  ,r''''マ、/ヽ.  | ト! | `   |
 ヽ  //、 !             |
  | ̄./\ヽ|           |
  「´/ \`/|              |
  | /   / |            |
  ヽ.__,/   |





238 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 22:11:17 ID:Y484q67.

まずは良い話から





237 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 22:11:15 ID:OoKtnfpg

             _x-‐‐‐v‐‐‐‐z_
           ノィ          Xヽ
           /      ,       \
         ∠イ   <l / \ l>   ヽ.ニゝ    直吉! お前の方はどうだ!?
          / イ|/\.ヽ、 _//)ヽ! ヽ
          /イ .| 〈 ̄。`ミl l〃。 ̄》 .| .ト|    清州城は 俺に従い
           |,=| ` ̄´"|.|ヾ ̄´).|=、!
           ||(|     /!ヽ┘  .| |.)||     岐阜城の攻撃にかかりそうか!?
           |=ヘ. rェェエエェェァノ/=''|
           l| .ト、 \___///|   |
          ノ| .| l\   く7 /,イ |  N___
         _厂| | .|  \ / ノ(
      _,-‐'/  .| | .|   ヽ' / .ノ
        /  ./∧!.!     /
      /  ノイ  !‐-、 ./  /
      _,. -‐‐-、!  |‐‐‐-'
           |  .|
           |  !




      「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄7
      |   |  ̄ ̄ ̄――― ̄ ̄ ∨
      | |   ̄ ̄――― ̄ ヽ
        |  |  U lllllll   ̄ ̄ llll ヽ
     | |      lll    ll    ヽ
     |  \  < ̄・>  / ・ ̄>く     は はい……
     |i⌒i|\  ̄ ̄/  ヽ ̄ ̄/ |
     ||| ||     ‐      ヽ‐   |    確かに福島正則様をはじめ
     ||| ∥  /   /(    ヽ ヽ u |
     | \|   /    ~   ) ヽ|     諸侯は岐阜城攻めを開始します
      |   /|  ( [ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄]) |
     /| / |    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ∥     で ですが……
    /  |/  L u     ≡     」|
― ̄|  |   ―_       ―  | ̄
   |  |\     ̄ ―  ̄  | |





243 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 22:12:14 ID:OoKtnfpg

\                   /
<  
も 申し訳ありません!!  >
<                   >
/∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\



  ブス…  ∫ ;′ ∫  ,;′
   ブス…',. -――-゙、  ;'  ジジジ…
    ;  /      へ `>、'; ∫
   _;'___{.  ,>-/、/=;´イヽ;'_
  /三三j='rー、\_>、)_℡, >;;〉三'`、ジジ…
 /三三└'゙ー:;‐;;‐;;'`ー;;ヾ'`"´三'三;`、
 囮ヱヱヱヱヱヱヱヱヱヱヱヱ囮
 囮災炎災炎炙災炒炎災灸災炭
 ◎┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴◎




     / ,                           l
.    //        /l ,ヘ. ト、 ヽ、            l
.   // ,イ    /! / ul ! ゙、 |. ヽ、!ゝ、 !       |
    / .// /!  ./ l./.`‐、l  ヽ!. ‐'´, k'ヽト.、       .l
.   i ./ !/ l ,イ/. !' `‐、|!  I|_,. ‐'´ ヽ! ::::ヽ      ゝ
.    l./ .l' l' !' l=====〉 __ =======:| .|⌒i.   ヽ、
    !        l`‐.、.__゚/,::: ''' ヽ、 _゚__,.. ‐'´:::| |´ )}.    l、
              !  :::/,:::::::::. jv  u    ,/:::|.|~)/     l、      へ?
          ノ! ,/,:::::::::::__::)  _,,.-‐"  u::||_ノ       i、
          / iー_____ ,,. -‐''フ::::/!     !゙!‐ 、._. ヽ、
          I_,. ‐'i`‐ 、.____,,. ‐'´:::/: │   │l   ` ‐-
    _,,. -‐'"´   ,.!  ___,,   u:::/::   !    ! i‐ 、._
   /i     _,,. -‐1 ヽv  ̄ ̄   :::/:::    !   i' .i   ` ‐-
  / .{_,,. -‐'"´     !  ヽ、   .::/:::    i'  / /
 /  !       , -‐-、 , -‐、i´~`ヽ     ./  ,イ./
/   l      ,.へ、/⌒ヽ、 `‐、  i   /  / /
    |    /‐-∠.__,、 `‐、 `i‐、-‐'"7/!'/
    .|  /´        `‐、  ゙i __,! `、-‐/"





248 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 22:12:41 ID:0KsGKQ9M

自主焼き土下座w





252 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 22:13:33 ID:OoKtnfpg

ここで家康は
清州城に集結した東軍が福島正則に乗っ取られかねない状況を知った


            /:::〃i::::',::::ヽヾヽ::ヽ\:、\:'.,',`ヽ::::::::::ミェ、、、
         /::::/::!::'::::::':,:'.,::::ヽヽ、::::::::::\\',:::::::::::::::ヽ ̄
           /::::::i:::::::i:::、::::::::ヽ:::、、:::ヽ::::、::::::\ヽ、:::::::::ヽ:ミー
         ,'::;::::i:::::::l!::!ァ、:::::::::ヾ:、r゙=、::::ヽ::::::::::ヽ::::::::::::`、ヾ、
         /シi::::i::i::::!:ii (::メヾ、::'.,メ (::ソ,゙i::::ヽ:::::::::ヽ::::::::::::ヽ、
       /' i:::i::!::::::i '=テ' ` ヾ::ミ=" リ::::ヽ::::、:::::::::::::::::::::ヽ、
            i:::!:::i:::::!. ヾ .、  `    l!i:::::::::::::'::::::::::::::ミ`ヽ
          'i::::l !i:::'、 `        ! i:::::l::::::::::::::::::::ヽ`ヽ
          'i::l i;lヾ、. ==-     , イリ,:::i゙テ、::::::::::::ミヾ、
              ';i il 'i:ヽ 'ー    ,...:': : i! ';:i'シ' `` ー-=:、ヽ
            ! ! 'i:::'、   ,...:'::::::  : ! // , ', -‐'''''ー 、\
                 リ `ー ヽ、::::::   ; ,'//〃     ` ヽ  ← 福島正則
                     ``ヽ、 //  〃         ヽ

 `――──―───―――――○―――――────――――’
                      O
                       o

  ∠ -‐ァ       ,、'´  ,.、-'' "           \
    /      ,、'´ ,.、-''´     fi fi ト、      ヾ、 ヽ
.  /      ,、'´.,、''´    /| ,ィ |:| |:l .l_.ン        l`ヾ
 //l    ,、'´,、''´     〈:::レ':|.|::| |::ヽ  /\ヽ  .ト、 |
〃  |   ,、'´,、'´      n,  \:リ:::リ:::::i| 〈==、 lヾ  | ヽ|
.   | ,、'´,、'´       | _|f=-、.\ u !|/ヾ.、 〉| |ヽ|
.   ,!'´,、'´          r( リ   \!i  〈 o .ノノ| |          な え お おま……
,、-'´,、r′    _    N ヾ、 o  》   ヾ ̄  | |
,、-'´ |    ( r‐ヽ、  | |j~ ゝ==シ  |j.  \.|j~| |          ちょ……
    |    ヽヽr‐ゝ |   〃"  |ju  U u \| '、
    |     ヽヽ⌒l .|  u ___   r' __ u _) ヽ、  ,、-'´
.   |      ヽゝ-l | |j i´ _` ''ー----‐ァ/  ,.、ゝ''´,、-'´
   |       ゝ-リ   l ̄   ̄ ̄二ニ7.ム-''´ ,.、-'ヾ
   ,'         |\ |j {    ,.、-'´ ,.、-r‐i ''' "´     \/
.  / /          |::::::\ ,,ゝ-'´ ,.、-''´  | l       /
 /〃          |,.、-''´,.、-t''´ ̄``_二ニ! l _.... -‐''´ ,、"
〃/      _,.、-‐'' " ,.、-''´::::::\ゝ- '´ r== l ヽ、  |j ='"´
. / ,.、-‐'' "   ,.、-''´ヽ、  ::::::::`'-、.. u |j |  ヾ     u
/''´     ,、-''´     \   ::::::::::::`''..r-'′   \ U


「何をやっているんだ」という罵声を家康はギリギリのところで飲み込んだ
それだけは言ってはいけない
清州城に集まる諸侯を恫喝するという直吉の策は家康も同意したことなのだ





260 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 22:15:24 ID:mAInDVlc

言うたら三河者は腹切るぞオオ!





259 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 22:14:38 ID:eNV7pX7w

まあ、正則舐めてた家康も悪いわな





253 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 22:14:20 ID:OoKtnfpg

取り乱しそうになるちころを家康は必死に堪えた


    _                    ヽ
 ‐''´ /         ,、           .',
  〃         /| / l  |ヽ、        |    いいいいい いやいやいや!
 .,' ,ィ      ムf /  l .L 」 ,、      |
 |//   _,,、v‐'l/ ij  ', ┌-、 _      |    ともかく形のうえでは
 . ,' /| ./__,,r-、 u u ヽ|、-ヽ| ヽ      |
  |/  |/l(_    ヾ、  〃    `)| |-‐ 、  |    諸侯は俺の命令に従ったことになるんだ!
 .     l.(´   O ) ;; 、 O   )| |ニヽ ヽ|
      l..ヽ、 r-/..:: ι┐ rl'´ |.| -、| ..l l    作戦は成功したんだ!!
      .l;;;;..`/..::::::::: u し'/  .l.|__,ノ /  l、
       l  (__:::::::::::u::`) /_  ||-- '′  ヽ、
       l r‐---‐---~'´__`l |   lヽ、  ヽ、
        l.l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ( |   l   ヽ、_ ヽ
          ll二二二∠二二二ノ.ノ   |    l  ̄
        _ヽ  ,,,,,,,,,,,,,,,u  ./ |   l     l
     ,、-''´ ,ヽ ij ;;;;;;;;,,  /;;  |   ,'|     .l
 _,、‐''´    / ヽ u   /;;;;;;  l  / |     l
       /   ヽ、 /;;;;;    リ  / |     .l
      ./     `lヽ''''     l /  .|      l
      /       l .ヽ     .l /   |      .l





262 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 22:15:28 ID:Ljy4tG6Q

泣きながら言われてもw





261 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 22:15:25 ID:OoKtnfpg

       ___  ,.-‐- 、
      >  `       ` 、
     ∠             ` 、       そ それによ やっぱ岐阜城は堅城だぜ
    /               ヽ
.   ./        /`ヽ         ヽ      正則も これを攻めあぐねることだろうよ
  /, '   /|/|/   |. iヽ       ヽ
  ~./    /`- ._ u . | |_,| !ヽ      i      そしたら現地では……
.    //| /== 。_!  !~,。 = 'ヽ. l^i  i
      ||` _ _ /  =,_ _ . '  | Fi  |      俺への待望論が湧きおこるに違いない!
       ||  / u    u  u |.Pi  |
       i||/   _ 丶  u   .||~   |      お 俺の出番は それからだっ!
.      | ヽ`   ____....--、 / |   |
.      |  ヽ  ̄ ̄ ̄ ̄ /  |    |
      |   ヽ  #'  /    |   __|_____
     //__....../| ヽ_ ./  u  |   |┬ii.--
___....-- i.|~  / | /   u    |   | | ||
-- ~ ~ i.|   / | / >...___....-^ |    |  | |




       ,_   _
     、-ー'`Y <,___
  __≦ー`___ _二zく_          (
  > 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<    ____)___     __)_
 <之′Y´/        ヽ   |\    (  / ̄ ̄ ̄ ̄\  ( \
   >{  ,'  |、 , ,.  ,.l  , ゙i   |  \  l⌒/:::::::::::::::::::::::::::::::::丶 )                    、、、,. ,._
  | !、{  | 寸寸T ハT7} ィ,l     .\ |(くヽ :::::::::::::::::::::::::::::::| (   )              ィ`'′     ヽ
  ′J゙i, ゙i ゙i u(ー) (ー)| ハ|       \\ヽ\::::::::::/ ̄ ̄ヽ\)  (              〃/ノノ八レレ、.  |
     ゙iTィ.,_ ∩ /777ノ川         \\::::\:::::::/ ̄ ̄ ̄ヽ    ……          ル三''′`三ヽ.  |  ……
      │「(丶_//// l  ……        \`‐ '|::::::[|      |:::\              [ ≧|ニ|≦_]~|^)ト、
      └l´::ヽ  / ¨               .\ |::::: |     /)::::::)    .         | ,-L__」 -、u |ト:| |''‐- ...__
        |::::/::::/ `i                  \\::::`───'/:::::/           _.. -┬|l王l王l王l`/ .|  | |
        ヽ::::ノ  |                    \\/ ̄ミ 「^^^ヽ    .     ∧  |├‐┬─‐''′/  ||
        /`´   \                    \丶─  ~~~~         /  l  |.l-―|、___/-―┤


しかし 衝撃的な報告は続く





273 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 22:16:19 ID:OoKtnfpg

8月26日
軍監として清州城に送った本多忠勝と井伊直政から急報が届く

──────────────────────────────────────────────────

             、‐- 、 ,. -- _
          ,ゝ ̄ `  ′゙,∠.._
       /´ " " " ゙ ゙ ゙ .<`
       7 " " " " , ゙ ゙ ゙  、\
.      i " " " ゙,.ィ / \ ゙ ` ゙ \
.        | " " ,ィ/‐l/、  ,ゞト、゙ 、゙ヽl     
清州城の軍勢はは8月21日に出陣
       | r=、 l.=。==._ ,。==ゞ ゙ N
.      | {にl l ` ̄  _ \´ハN       
翌日には福島隊は竹ノ鼻城を攻略
       ,l ヾ=lノ u __ ‘ ‐  ゝ
   _./:l "./ ヽ. ∟..二ニ7/          
池田隊は米野で織田秀信の軍勢を撃破
‐''"´:/::::::| /    \   一 /、
::::::::: !::::::::l′     \ ,イ:::::\
::::::::::l::::::::::l         /:`:::l::::::::::::\
::::::::::|:::::::::::\     /:::::::::::l::::::::::::::::::\
::::::::::|::::::/\ヽ   l::ヘ::::::::l:::::::::::::::::::::ハ
::::::::::l/:::::::::::o:ト .」::-:::::\::!::::::::::::::::/::::l   ← 本多忠勝
:::::::::::::::::::::::::::::: l`ー'l:::::::::::::::::`:::::::::::::/::::::::l





281 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 22:17:15 ID:OoKtnfpg

           ____
            /, ‐ 、_ ,-ヽ、
        / /_ u  ¨   \
          i.〈 ''-ニ''_┐ ,r_'ニフ
.        ln.|. ==ミ" .==:|     
両隊は本日 早朝より岐阜城攻めを開始
.         |{f|| `ー゚  ├゚‐' :
 、.__, -─-r|ヾ| v  r_ |_、 !     
城が1日持たずに
  ヽ、__,.イ「| .∧  r‐---‐,/
   _,.イ| |:l |/ ヽ ` ̄ ̄ ハ      
落城することは明らかです!
-‐''": | l:| |:| l   ヽ u  ̄ /|:|「`''ー-
: : : : :.| |:| |:|. i   `ー‐┬1 |:||: : : : :
: : : : : ! l:l l:l.∧     /|j:| |:|l: : : : :
: : : : : :l l:l l/:::::ヽ.   /:::|リ//l: : : : :
: : : : : : i.ヾ/:::::::::::::\./:::::::| // : : : : :
: : : : : : :.Vヽ::::::::::::::::∧::::::::レ': : : : : : :   ← 井伊直政
: : : : : : : :|:ニ\::::::::/|oト::::/|: : : : : : : :

──────────────────────────────────────────────────


          ,. -‐- 、r'´  ̄ ~Z.__
       ∠             ´   ,.>
.     /                 ̄`>
     /           ,、      `\
.    !             / \    \. トゝ
   │       , ,.イ /、._,  ヽ |ゝ、  N
.    |      /レ' レ\,/  /V '´ l\!
     |. r;=、 .ノ===== ,, ,/===!  ━━┓┃┃
    | |.ト、| |  ` ー--‐ "  \ーァ"!     ┃   ━━━━━━━━
    | l ヒ |:|.       r __   \l      ┃               ┃┃┃
     |  `ー 1|、      ‘-,,'   ≦ 三        。             ┛
    ノ     | \     ゝ'゚       ≦ 三 ゚。 ゚
.   /   ,ヘ、  ト、 \  ≧         三 ==-
  /  ./\.ヽ. ヽヽ、  -ァ,          ≧=- 。
  ,' , ./   \ヽ、ヽ \イレ,、         >三  。゚ ・ ゚
. /l/l/     |\\ヽ   ≦`Vヾ        ヾ ≧
/      _..⊥._ \`` 。゚ /。・イハ 、、     `ミ 。 ゚ 。 ・





278 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 22:17:12 ID:ctvDHf8g

いやあ、景気のいい話ばかりやってきますなー





275 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 22:17:03 ID:Y484q67.

まさに快進撃だな、正則軍の





289 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 22:18:21 ID:OoKtnfpg

そして ちょっと聞き捨てならない情報も書状は伝えていた

──────────────────────────────────────────────────

             ,. -──- 、
          /  , ヘ .._  ,.、\
        /  /__      ̄   ヽi    
岐阜城を攻略することで ひと息はつけるでしょうが……
          l   〈 ゙ー-゙ニコ!  lLニ-1
.        | r,=ヽ ===i  /==i    
諸侯の 特に西国大名たちの兵糧が
          | |ト|.| `ー-   \-‐l
   _  __| ヽ」l u.    r __ \!    
いよいよ危険水域に近づいてきました……
__ノ´   `l/|  ./ヽ  'ー───´l
_,, ニ=-‐'''7  | ./  :ヽ.   --   l
      /  K.   ::ヽ     l `'''ー- 、._    (
     /   |::\   :::`ー:ァr─1   r '_ニ⊃   __ ) _ )
    /    |::::::::\   /:::|  |  /∠、ヽニ⊃( _ ⊂、
    /     |::::::::::::::::X::::::::::|.  |./   ‐‐ゝ\i   ) ノ
   /    :|:::::::::::;:く  >、::::|  /    ,二ニ\> ノ'´




                 _,,.. - 、 ,. ''" ニ=-
              _,. -゙'" " ゙ " " " " ̄~゙'' - .,,
              7i " " " " "  " " ヾ" ー゙ヽ         
俺たちも西進中に手を尽くしたのだが
              /,. " " " " " " " " " "i; 、 " ヽ
              /,." " " " " " " " " " " i; 、" i        
どういうわけか 東海道には
              / " " " " " " " " " "" " i. ゙ ,
              "7 " "  v v   ヘ、ヽヾヾ i i i\i       
米がスッカラカンで ひと欠けらもねえ
               l" " ノ / / i /  ヽ !_Aリ|ノ!'!'!
            _,,.、、ィ、Vノ゙-=-、、!/   _,.ゞ、、Yヘレ''-、、,, ) )    
そして 何よりも問題なのは……
      _,,.、-‐''"´  /  i, ー==。=、_ッ‐‐ 、。==-' !!:::::::',:: 〃 `''‐ 、
  ,、‐''"´       /   ', `ー ,、''"  ヽ, `゙ミ,''‐-、,'′::::::!:(',;     ヽ
,/ ':,            ,'    l ':,,.、 '"    ヽ, \   ` 、 ヽ,:::: l _;;リ      ':,
   ヽ',          i   ,、 '"    、    \ ヽ,_  ヾ二二で)″      !
     ':,         ! ,r"  :.      ンー' 、  ゙! },,,ヽ,  ':、'、〉  //    l !
  _    ',.        /     :.   /     !  ! !  ヽ ;ヘ  〃;/     l
 ‐、ヽ   ',.     /        ン、、..,,,__,,.. -{ r/ l‐--‐' ゝー' 〃/      l
   ヽ ヽ. ',.   /        /,       `! __,'      f,'"_,, - ''    !
 ``' '- ミ、 !  /       / ':,         ゞ-'       i!´        l





295 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 22:19:24 ID:CyGWXUgA

兵糧隠しは鍋島さんの策だったな





297 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 22:19:31 ID:OoKtnfpg

     /イ/i! i! i! i! i! i! i! i! i! i! i! i! i!\
   / / i! i! i! i! i! i! i! i! i! i! i! i! i! i!\!
     / i! i! i! i! i! i! i! i! i! i! i! i! i! i! i!
    / / i! i! i! i/ i/ i! i/ /i! i! i! i! i! i! i!
   /// i/ i! i! i!/ i.i/| i! / / ∨ |V ヘ i! i! !\!
   ′ ! / | / i! i!/:! i/ i| i/ /   Ⅵi Ⅵi∨ i! i!|      
福島正則に
      |:′|/! i! i!/`|/'\|/      斗匕ヘiⅥ∨ ト、
       |Nv‐i { ー--。ミ、 ,ィ 。--一 !!γY      
諸侯の兵糧を負担する気が満々なことだ
         {(j! !  `  ̄彡ヘ:  ミ ̄ ̄´ |:/Yリ
            Ⅵ:ヘ  ij     .::i :.        从//      
このままでは美濃の軍勢は
            ヾイヘ      .:::|_::.    ij  jiハУ
              |i!∧   (三ニニ三)   /:i!/        
正則の指揮下で 正則の米を喰って
           Ⅳ:!|ヘ   、,,,.._     イ:i! ハ
         /:iヘ!:|::::ヽ        / :!:/i:i:ヘ、       
戦うことになっちまうは必定!
          ,イi:i:i:i:i:ヘ|:::::::::\   /  :|:i:i:i:i:i:i:\
      ..</i:i:i:i:i:i:∧:::::::::::::::`´     /:i:i:i:i:i:i:i∧> ..
  ..<i:i:i:i:i:/:i:i:i:i:i:i:i:i:i∧:::::::::::     /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i∧i:i:i:i:i:i>



                 ,.. -───‐- 、
              ,.‐'´         `'‐、
             /    ,.‐ 、.          ヽ
            i    /  u `'‐、.    /\ヽ
               l  ./.ァ.、._     `'‐- '     ゙!,
   .           |  ./ `''‐、. `''‐ 、..__,   _,. ‐'´ィ゙
            |   ヽ、  `''‐ 、.._/   /_, ‐'´ |      
この戦いを徳川家のものとするためには
            │ ,.-、`! =。=== _  ,=。===l
       ,. -‐- 、 ,|. { r‐l.l.  ` ー-‐' ''  \--‐' l      
もはや殿の出馬と
   . -‐''´     ( |. l ヒ |l u       r __  \ i
            ./|  `ー;ll    ______ ~/      
徳川軍本隊の投入は不可欠です
   . 、._   _,/:::::|  / ヽ  ´        /
    -‐~''"´::|::::::::::| /   .ヽ      ー一  /、
     :::::::::::::::| :::::::::|/     ヽ u       /|:::`''‐
     :::::::::::::::!:::::::::::|ヽ.      .ヽ..____/:::|:::::::::
    ::::::::::::::::|::::::::::::|;;;;ヽ.         /|:::::::::|:::::::::
     ::::::::::::::| :::::::::::|;;;;;;;;ヽ.       /;;;|:::::::: |::::::::
     ::::::::::::::!:::::::::::::|;;;;;;;;;;;;ヽ.     /;;;;;;|::::::::::|::::::::

──────────────────────────────────────────────────





300 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 22:19:50 ID:8oHRI8a6

兵站構成のノウハウの無さが響く





311 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 22:21:14 ID:OoKtnfpg

濃尾の状況が尋常のものではないことは明白だった
確かに東軍の軍事行動は有利となっているようだが
この戦いは家康にとって三成や毛利を倒せば良いといったものではない


  |\   | |  //  U  /\ `,  \  \  
 ;;;|  \ | | // ,    /  /ヽ 、==\  \(
 ;;|\  \|// lj l j  /  //\ヽ   \  \
 |u\//|ヾ||   l|  ||´ //   \、  ( \ 
 |f゛/.へ| |  || lj   i|| /          |  ゝ  ー-|-―
 |//  ヽiヾ、;||     ル/           |     _L_,
//       ヾ)゛   ≡   ○      /   )  |´ レ´ ̄)
人|      ○ / =   ニ=_     _=--W      ゝ-´`  ´
 ヽー、     / = U   U-==_  (  u j      ー-|-―
\ lj し-、 ノi =   i       し ヽ     i´     _L_,
 \   u) i/ =  u lj      ゝ  ) U       |´ レ´ ̄)
  |`ヽu ゝ/ =           ゝー´         ゝ-´`  ´
  |  |  /  = __-=ニニ ̄ ̄ ̄ー― ̄ ̄ ̄    ー-|-―
 ノ ーーニニ==- ̄   ). ̄ ̄ー――― ̄ ̄/     _L_,
― ̄ー7 = lj   =〓ヽ /     (⌒)         |´ レ´ ̄)
― ̄ / =          lj     `¨´   __    ゝ-´`  ´
   |  /  u U U      _―,- ̄|  `/   ー-|-―
    `T ー,        _--,   |  | /     _L_,
     | |  | ̄| ̄ ̄| ̄ |   |__lー―+ー    |´ レ´ ̄)
     |トー+-ー―+ー-+ ̄ ̄            ゝ-´`  ´
      ||                     /       ⌒)
      ||              ○――          ´
      || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄と ̄ ̄ ̄     /
       |.匚匚匚匚匚匚匚匚匚匚匚匚
.       |      u     lj      


家康は この戦いの先に
再び政権運営を掌握する立場となることを目指しているのだが
ここで福島正則というややこしい男の台頭を許してしまえば意味がない





315 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 22:22:15 ID:OoKtnfpg

\                       /
<  
出陣だ! 出陣の準備をしろ!  >
<                       >
/∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\

  /        ,、        ヽ
 /  ィ       ./;;;;N∧      ヽ
.// .l  〃リ\/、;;u;/ /;;ヽl;、 ,-‐、 l
   |/|/ヾ;;r~、\|ij|〃ー´~);;| |  / l
      ヽ)_ oヾ ,, o  _r´;;;| |  l |
       〈;;;;;ij /ij `ひy′ |.|、_ノ   |
       l ''''ノ __┐ -' ゛./l    l
.       ヽ、ェェェェェエコゝ 〉/    ヽ
        l.}ェェェェェェェノ/ /   l\ ヽ
         '、 u ,,,,,,,   / /   l  .l ̄"'''ー-
          ヽ ij'''' ノ;;; //   .l  l_
       _,.、-''|ヽ、 ノ;;;;;  /   /l   .l   ̄""
    ,、-''´   |'、 `´l;;;;  /l .| ./ .|  .`、
   ノヽ、 _,、-'´| ヾl、 |、   l l.//|  ,、  ヽ
   l   l''´    |   .ヾ| ヽ、__リ/  | ./  ̄ヽ
  /    ヽ   ノ , ヘ .|       .|/
 ノ     ヽ  l/   .|        .l


東北だの伊勢湾だのと言っている場合ではない
家康は直ちに出陣の準備に取り掛かり始めた





256 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 22:14:36 ID:KHP.cV.Y

まさか味方に誘き出される羽目になるとは





323 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 22:23:09 ID:AkFOose.

というか、この状況で向かって何をするんだろうw





324 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 22:23:14 ID:OoKtnfpg

出陣の準備を整える間にも美濃国からの報告は相次いだ
8月27日には岐阜城攻めの勝報が諸侯から到着

──────────────────────────────────────────────────

              __
         /l.   i´ `i           ,         
こちらの方は順調ですので
        < > .|   |       r,シ,..:':レ'l
         V   |   .|         /::::':::::::::::::',       
ご心配なさらぬように
               |   .l      i::::ニ_:::::::、:::',
               |    !     ,r':::、::_:ミ:::ヽ、::ヽ、     
まあ 万事をお任せくださいw
           、、 i   |     /:::i:::::::::\:::::::::ヽ::::`- ___
       ___ i´  `1   .l    ,リ:::!::::l゙_、::::::、::::::::::ヾ::::::::ヾ
.       /  `'l:   iー- |_  __!_l:::::',l゙i oヽ\ i`o、::::::::::::ヾ '
   / ̄、i   i.',   ',__... l  `'´、 ノ::::::i `'''´   `''''"゙i::::::ハ-、
   /   i   ゙';    i   !、   ヽ !ハ::、  ´ `   ,从::l ゙  l
   〉、  ヽ、   ヽ.   i   ヽ`ー‐-=--―=._‐=‐ ,ィ'1!リヾ   l
   ゙ーヽ、_:ii.r''''ソiニフ             `iェ‐ニ'ノ  〃 |i
     i   ``'''": '´       _,.-ッー-――‐'ー''"   jt.   l
      i     _、__  ,.-‐'´r-'i '         , ' / i   l
     ``ー-''''´ヽ、_ニ‐'''´~   i    _    , ' /  ア-‐ .l
                    く_,.-‐'´      / / ̄ , !
                    / ``   '    l! /  /


──────────────────────────────────────────────────


                _           ニ / l l
             /´´,ィ〕           /
  ニ / l l   ,_   /  'ーっ          /ニ7
   /   /777/  /  ./ ̄             /
  /ニ7 {   し'7/ ゙̄7/    ,. ''´ ̄`ヽr:z   
   /   ヽ.  ノ { /〈/   /    _,、 ゝ       _ f'h、
       |ー-|  X ,.へ    !   r'7/,ゞ7レリ       (.くノ ' 'ヽ
  ,rf'?   !   !// V   \_l   y/__ヽ,        .〉   ノ
 〈  レフ .!    ̄/ ̄ ̄/ /   ,.イ | r'::   、    /   /´
  ヽ  く  `‐! !-l__/ /イ / / ̄`<:: _ ヽヽ.  /ー-v'
.   V⌒ヽ_, l l-‐ヽ /  ´ l/ レ'      ,ゝ、  ̄7 i‐-'  / } }
   ヽ    ! !   ∨   /       /   \/l. !   ./  ノノ
     \__,,.ゝヽ''7    ./ ニ / l l   、   /ソ ,'─‐'   r‐ 、
         /    /   /     ,イ ヽ./ / /、_ __/  ´ヾ、
.        /    ノ   /ニ7   /;'|___ゝ'/   }   __,.へ)
       <、   ./     /   /;' | '´イ ` ー─‐'-‐'''´
     /:::`::::ー- 、        /;'  !   L_    ノ丿





331 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 22:24:04 ID:Y484q67.

最高の皮肉だなw





332 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 22:24:09 ID:AUoo.VDo

ガチで主導権を乗っ取られるとがなw





313 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 22:21:56 ID:/B4.u2m6

これが後の福島家改易の原因か





335 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 22:24:14 ID:OoKtnfpg

8月28日
再び忠勝・直政そして藤堂高虎から書状
「合渡の戦い」の勝利と赤坂での本陣設営の事実を知る

──────────────────────────────────────────────────

         ,.. -.::´:::::::::::::::::::::::::::::::::`::..、
        イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
   /:::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   //:: :::::::/::::::::::::::: ::::::/::::/::::/::..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
  /イ:: ::::::::l: ::l::::::/:: :::::/::::/::::,':: ::::::::::/::::::l:::: .::::i :::::l: .:::::::ト、
 /ノ !: :l::::::{: ::l:::::/:: ::::イ::::/:::/:. :/::::::イ:::ハ:::ト:::: .:::l ::::l: ::l::::::l ヘ
  ,':::::l::::::l: ::l:::::'::__:/ l::/!::/:. :/::::/ l::/ l::lzl-:: ::l :::l: ::l:::ハ:l
  /1:::l:::::::l: ::l:::{::::/`ノメ、lイ::::/::::/ _リ斗‐三リ_::::l:::/::::'::::! l:l    
俺たちは この地で家康殿の到着を待っています
 /イ::::ハ::::::l: ::l::l:/`ニ弌ミ l:::/l::/:::ィ´≦ィ‐メ, ヽ:!:l:/:::/:::::l リ
   l:::l !::::ヽ::ヘ::{ (ひ) 〉/ レ.:::..  イ (ひ ノ ノ//:/:::::::l      
いえ 待たせます!
   l::|  l::::::{ ヘ:ヘ ̄ ̄ ´    i   ` ̄ ̄´//; イ:::ハ::l
   l::l  ',:::::ヽ. V        .:l       /イ ノ::::l リ      
ですから1日でも早く 御出馬を!!
    l::l  ヘ:::::::ヽ.ヘ    ____    /´:::::::l
    リ   ヽ:::::::::::\  V      〉  /:::::::ト:::l
        l::::::::::::::::l\ ヽ___/, イ::::::::::::::l ヘl
        l:::/l:::ハ:::|   \ ー‐ イ l:::::i::::::lハ!
        レ l:/ l:::〉、_ `' ‐ ´ __ノフ!:ト、::l
          リ  l::l`::::::T:───1!:::lハl ヘ!
        , -─‐レlヘ{}r:li::::::::::::::::::ll::tl リ
-- .. _. -‐::´:::: ヘ :::::l::ノ{_:l!::::::::::::::::::il::::l`ヽ.
::::::::::::::::::::::::::.入:::::: ヘ ::::`リ::ll:::::::::::::::::::ll::::::::::::::::`ヽ..
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヽ .::::::il::::::::::::::::::::li::::::::::::::::::::::::::`::::.... _  ← 藤堂高虎
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \::ll:::::::::::::::::::::li::/ :::::ソ::::::::::::::::::::::::::::::

──────────────────────────────────────────────────





343 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 22:25:15 ID:eNV7pX7w

藤堂さん、マジ助かるわw





356 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 22:26:27 ID:Z2H6MTDg

もう、高虎さえいれば家康が天下取れる気がしてきた





358 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 22:26:32 ID:QVUuSgI2

高虎さんの評価が鯉の滝登り





342 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 22:25:15 ID:OoKtnfpg

      , '          ,ヘ. ト、 、.._  / r‐、ヽ.
     / ./     ,イ/ /`メ.`ヽv::\ \\r 、ヽ
   . / //     / !' v/ / , ' !  :::::\ \ 、リ l
   ,'/ / .,イ ,  / l _,/ /,/ │   :::::\.ヽ._ノ        高虎……
   .  ! / l ,イ ./、.  \//   ! }   v u:::::\'、
     |/ |/ W  `''‐、,,ヽ ,ノ,j'      :::::|ヽ.   ト.     すまねえ……
              /  ~U   u ノ> uj ::::| ヽ   | i
   .           / v ‐, j /'´    :::|;   !.   |. !
               /   イ   / v   u:::|;;   !   | !
   .        / , ‐'´ノ _,/ u      :::|;;  |.  |. !
             ー''´    ̄  \_/`! u  v::|;;;  |  |  |


これを受けて家康は 8月29日に
信濃国に向かった秀忠率いる徳川軍を中心とする3万の軍団に
真田討伐の中止と 9月10日までの美濃国入りを伝令する急使を遣わした

そして……





352 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 22:26:14 ID:OoKtnfpg

翌9月1日の朝
ついに家康は直属軍を率いて江戸を出陣 征西の途についたのである


                    '';;';';;,.,
                      ''';;';';;'';;;,.,
                       ''';;';'';';''';;'';;;,.,        ざっつぁつぁっつぁ~
          ざっつぁつぁっつぁ~  ;;''';;';'';';';;;'';;'';;;
                        ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;
                        vymyvwymyvymyvy     ざっつぁつぁっつぁ~
                      MVvvMvyvMVvvMvyvMVvv、
                   Λ_ヘ^-^Λ_ヘ^-^Λ_ヘ^Λ_ヘ
                   ヘ__Λ ヘ__Λ ヘ__Λ ヘ__Λ
                __,/ヽ_ /ヽ__,.ヘ /ヽ__,.ヘ _,.ヘ ,.ヘ    ざっつぁつぁっつぁ~~~~~!
    /\___/ヽ   /\___ /\___/ヽ  _/ヽ /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\/''''''   '''/''''''   '''''':::::::\   /''''''   '''''':::::::\
  . |(●),   、(●)、.:|(●),    |(●),   、(●)、.:|、( |(●),   、(●)、.:|
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|   ,,ノ(、_, )|   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|_, )|   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::|   `-=ニ= |   `-=ニ=- ' .:::::::|ニ=|   `-=ニ=- ' .:::::::|
   \  `ニニ´  .:::::/\  `ニニ \  `ニニ´  .:::::/ニ´ \  `ニニ´  .:::::/      じゅべべべべんっ!
   /`ー‐--‐‐―´\ /`ー‐-  /`ー‐--‐‐―´\-‐‐ /`ー‐--‐‐―´\





364 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 22:27:25 ID:OoKtnfpg

9月2日 相模国藤沢
9月3日 同国小田原


   | 赤坂               ^k          f゛     .\"^t、                )、  |
  ./大垣  岐阜         /         ,,l゚          ゚lv,,_               )。.  〈、
  |     ,,。.t''^^^ーx、        ](          」!             ^l.               | |
  |゛\ ./      ゚l、       ,,(         /.l[             .\。             \ .\
  J゜  \゜  清州 _)--。.,,_   メ         /゜|              ^)(              ]、
 ./゜    .l(      /゛   .\.。イ。        /゜ イ     ,,。.、      __,,/^^ー,,_    江戸   ./
./   __,,メv。   /          .\,,_  ,,,-^"^]( .\    」゛^)     r"゜     .\、    ./^^^"h、
    |:::::::/゛  /             .;)"^    ]l.  ゚l。  |  .ヽ──〈、       .\、  .。f":::::::::::__]k。_
   ,,/゛:::::::|  r゜             /     ./"   .\,,__[       /   藤沢  [ メ":::::::::::gイ゛  .\
  」":::::::::::::.;[ J(゚l(            /゜    メ゜         三島 _[  _vf'^.ヽx。 ./゜ |:::::::,,,,,,[
安濃津:::| .l[.ヽv./。      __/゜     .l(    興津__v──、.;.l(.ヽ。._小::::::::::::::::::^(゜  .ll.::::〈、
 .ヽ,,::::::::::::::::::゚::゛::::::::::::::::^゚l。.  /"゜       〈      __,,メ゛::::::::::::./゛     田::::::::::::::::::.\ メ゜::::.l(n,,
   .\、:::::::::::::::,,r\rr^^^"  ](          \ 島田:::::::::::::::::::.l[     ^)原:::::::::::::::::::::::::::::::::::::^|  \.
    .\,,:::::::.\-、vt─'^^^'ート^ヽ-、,,       .\./"::::::::::::::::::::::〈゜     .l[::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::^)    ,,,,,,,,]しv
      ゚ll.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::^^ー-、。   g(゛:::::::::::::::::::::::::::.ll゚      ,,[::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.lll"゜ __g(^゛:::::::::::::
    ___ ^鳥羽:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\。.](:::::::::::::::::::::::::::::.l[    __rf"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\v4":::::::::::::::::::::
    l !_](:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| __yf"^::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
^^^^^
^^^^^


9月4日 駿河国三島
9月5日 同国興津
9月6日 同国島田
自領を抜けても東海道は既に徳川家の支配下も同然だったため 家康の行軍は順調だった





374 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 22:29:38 ID:Q7Fixafw

味方の勝利に追われてなければ疾風怒濤の快進撃なのにな





368 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 22:28:15 ID:OoKtnfpg

さらに 東海地方に入るや
家康は抱えていた問題のひとつが唐突に解決した


            _   _,
         ___,> Y´'ー-、
        _>z二_ ___`ー≧__
        >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
       /        ヽ `Y′之>
.      /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }く
      l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノヘ ))  家康様!
    (( ,ヘ, |(○) (○) / / ,/ /
      '、 `|'''' r-‐‐┐''''.「)'/|/ /     地元の庄屋が家康様に
         \ヽ、ヽ、__,ノ _,.ィT/=/
        く l 7Eニ::ィ1    〉      面会を求めています!!
         ゝ'イ/ヽ::::` 、 /
           i´ ̄ `ヽ::|
          j|       く
         /    ヽ  \





377 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 22:29:15 ID:OoKtnfpg

          ゚・ *:  : *・
      *・ ゜゚・ * :  .。. .。.:  *゜
   * ・゜ ゚・ *: . .。.: *・ ゜゚  ・ *  :..  家康様~
 。. ・ ・*:.。 ∧,,∧  .∧,,∧   .:* ・゜
    ∧∧(´・ω・`)(´・ω・`)∧∧        僕たちは徳川軍に兵糧米を
   (´・ω・`).∧∧) (∧∧(´・ω・`)
   | U (´・ω・`)(´・ω・`) と ノ        提出いたしま~す
    u-u (l    ) (    ノ u-u
         `u-u' `u-u'




       _x-‐‐‐v‐‐‐‐z_
     ノィ          Xヽ
     /      ,       \
   ∠イ   <l / \ l>   ヽ.ニゝ
    / イ|/\.ヽ、 _//)ヽ! ヽ
    /イ .| 〈 ̄。`ミl l〃。 ̄》 .| .ト|
     |,=| ` ̄´"|.|ヾ ̄´).|=、!    え! マジ!?
     ||(|     /!ヽ┘  .| |.)||
     |=ヘ. rェェエエェェァノ/=''|
     l| .ト、 \___///|   |     /\/ヽ
    ノ| .| l\   く7 /,イ |  N___ /  /  |
   _厂| | .|  \ / ノ( ̄"_/`ー、    |
_,-‐'/  .| | .|   ヽ' / .ノ >'´_,. \ ./ハ._,.-‐く
  /  ./∧!.!     /  r'´ ̄ヽ   ヽ. |    \
/  ノイ  !‐-、 ./  /{ヽ   ヽ    |i/
_,. -‐‐-、!  |‐‐‐-'--‐|  {  \   |i_,:'/
     |  .|    / \冫____|i,. -‐'/
     |  !   〈\/ 厂    /ノ〉





382 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 22:30:28 ID:OoKtnfpg

           _、─-v-─;z_
          >:::::`::::::::::::::::: :::::\
        /:::::::::..  .:::::::.. ..::::::::::ヽ    ん? 待てよ……
      イ:::::::::::::::::::::::;、::::::::::::::::::::::l
.       l::::::::::::::;:イ::/v:ヘ::lヽ、:::::::::|    東海道には もう米は無かったんじゃねえのか
.        |:::::::/|/ニ|/ュ ┌リ_ニヘl::::::::|
       j::r=i|==。=,, _=。==|r=、:|    お前たちが確保していたってのなら
       |::|ヒ'|| ` ー":|.|:`ー ' ||J:|::|
.      |:::ヾ;l| u  r:|」:、 u :|レ'::::|    なんで それを忠勝らに渡さなかったんだ?
.     ノ::::::::::\ (二ニニ二) ,イ:::::::::::ヽ、
   _,∠:-‐ァi:::::::!\ == ./ |:::::::ハ''ー-ゝ、._
-‐'''": : : : :/,/|::::::| ::::\_/  |::::::ハ ヽ: : : : : :``'''‐
: : : : : : : :/,/,/|::::::|  :::::    ,|:::j¨二二二¨l: : : : : : :
: : : ; -:、ム--‐ヘ|:N\.____/j;ル| |:::::::::::::::| |:_;、_: : : :
: /.rh \: : : : : :|},',',',',',',',',',',{|: :| |:::::::::::::::| | +++`l: :






      ∧,,∧  .∧,,∧         あの…… この米を確保していたのは
  ∧∧(´‐ω‐`)(´‐ω‐`)∧∧
 (´‐ω‐) ∧∧) (∧∧ (‐ω‐`)     実は 鍋島直茂様だったんです
 | U (´‐ω‐`)(´‐ω‐`) と ノ
  u-u (l    ) (    ノ u-u
      `u-u'  `u-u'





383 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 22:31:04 ID:XpRma.rk

おお





384 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 22:31:14 ID:OoKtnfpg

  / /, '                   `,
  i/ /          /|           'i
   ,' ,    /:i /:i |:::| |',          |    鍋島?
   i /i /' /::::| |::::i |::uヽi::`,`ヽ       |
   i/ i/ i /ー-ヒ--`|u|--エ--ー\  ___   |    竜造寺家の?
     i i/|二ニ=ニ~  二=ニニニ,:::| |─i`.  \
       .,|ヽ_゚_./:::::"ヽ_゚_, イ/:|.|─| | |`┬ー-
      / | ==:/:::u:::  u ~/':::|.|ニノノ |  |ー--
 __;;-ー''"~~.λu:/:::::::_::i   /'::::u::|.|ー'  /  |
 __;;-ー''"~'/| .| (_,-  u   ::u:::::/|   ||   |
      | !i .| く__ __-ー''ー:-:::/::|   |.|   |
      .|  | .|x--二_____:::::/:::::|  ./ .|   .|
      |   |/~ニ二\\ 'i/::::: |  |  |   .|
     .|  ,r┴'---, ̄\',  |::u |  |.  |   |
     | く/ ̄ ̄\こつ  i  /  .,|  .|    |
     !-ーC' ̄ ̄`こつ    | / /!/,/ \   .|
        | ̄ ̄ヽ、      | / /| -    ` , |


これは意外な名前だった
鍋島直茂の息子 竜造寺軍の陣代である鍋島勝茂は
伏見城攻めでも安濃津城攻めでも多大な戦果を上げている
西軍の主力のひとりだ





390 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 22:32:15 ID:OoKtnfpg

    ∧,,∧((n∧,,∧ ヾ
 ∧ (`・ω・) |(・ω・`)∧∧       はい 直茂様が仰るには
( `・ω) U) ヽ  o (・´   )       岐阜城が落城した場合には この米を……
| U (  `・) (・´  ) と ノ
 u-u (l    ) (   ノu-u    おい馬鹿! 止めろ!!
     `u-u'. `u-u'




        _
     _.. --ゝ `ヽ'´ ̄¨Z_
      >             \
    ∠.._     ,       i
    /   ,.ィ./uヽ,iゝ      |
    /イ  ィ,ヘ'i ヒ'.へ「\.  │    ああ……
     レ|/lた・ラ :ヽ二’フ:|∩ |
  .     l/ _┐ v/u ||9| l     そういうことね……
       `i.r====ニヽ |レ'  l
        i‘ー── '´/   i
        ,ハ.  ̄ v / ,/!  ヽ
       フ ヽ. / ,∠ -‐l   ヽ
       ーz'ノ Z イ    ヽト、 i 、i
           / ,. -‐ .、  }ハ}ヽ|
              l /     \     |
           | |        ヽ.   |


これだけで家康は全てを理解した





397 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 22:33:22 ID:OoKtnfpg

直茂は東西を しっかりと天秤にかけていたということなのだろう


         ,.:‐':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`::.、
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙ヽ、_____ _
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\    ,.、.,``''''‐
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ=、 ./   `"`
      l:::::::::::::::::::::;ィ:イ:::::;:::ィ:::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::ヽ /
     |::::::l::::::::::;::!Tl‐!:::ト|:!|:::::::::::::/!::ィ::;::::::::::::::::::::::::∨           家康様の会津下向で
     |::;::::|::::::::l|;!ッ!k、;::! '! !::::::::::/ナメi/|:::::::::::::::::::::i、:l,
     !イ:::::l:::::::!',.ト..:::;ハ!  l;::::::/,.'/='、!::::::::::;::::::::::|.l::!、_          石田様たちが決起することは読めたけど
      |l;::::::l;::::|"゙`''''"'   l;:/ ,i'..::;)i' |::::::::::|ヽ:::::::!'':|-‐`ヽ、   /,
        '!;::::〉;::l         i'. `゙'''´' ,ィ::::ハ:::! l:::::l       >' -     どっちが勝つかまでは
       ''|::::ハヾ、      .'      /::::/ |:ノ  l::/  ,..,. -'',/
        {/`'''ヽ、   r '=ィ    ノ.'"!',.. '-、''''ヾ'''ー'´  /        さすがに分からないからね
       /    ヽ、 `= ‐' ,. -'" ,. -'´  |'l  >'ヽ- '"
.、,,,,,,,.--、く      //ヽ、.. ィ´.!-‐'"     |:| ,. '  /
     >`、、   //  / ||  !ハヽ.       |:|.   /
   ,r,'-´'" ヽ、ヽ_/./  ,!  l.| //ー'、'、       |:|  /
   //     \.ノ ニ}= ヽ',/  `ー ̄‐`、.、!|  /  ,.    ,. -'"
 , '/          ゙i   `        `ヾ' / ,/  ,. -''"    ← 鍋島直茂
/              l            | //,. -''´





398 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 22:33:43 ID:YLTRGZbU

どちらにも顔を立てて戦後に困らないようにしておくとか処世術に長けておる





403 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 22:34:22 ID:OoKtnfpg

しかし このことを家康は怒らなかった


        __     ____
       <、  ```ヽv'´    `>
       __,,.>  ,  `Y´   、   ``ヽ、
     ,ィ'´     ;'´(       )ヽ     ヽ
   ∠二ィ : .  `、 > ___,,,..ノ 丿    .ヘ
      /: : ; .   `´ `ー--‐''´    . : : |
    ∠:/,:ィ: : : ,:ィ: . /| ト、       . : : : |
     ///.: :, く//   \!_,>   . : : : : :|     息子を大坂方に付けたということは
     '´ /:,:イ`>、\   _,/ /\ . : : : : : |
        |/ .kー-。、〉 >-‐'ー。、 |.:|‐-、: : !     直茂も当初は三成が有利と考えていたんだな
         |`ー:/'´  `ー-‐'´ | !か.|: /
            |/ __‐、    u lノい/:〈      その予想どおりに事が進めば
         `iー______  ,'/じ:' : :ヽ
          l `ー―‐---‐'  '/: : : : : : :.ヽ     直茂は この米を大坂方に差し出したに違いない
             '、   ー    //: : : :∧: : : :ヽ
          ∧.     /,.r': : : :,/⌒'ヽ: : : l
          ノ|: ,ヘ__/,r'´ノ: : :/    \.:|
          |: : /」:/ /: :,:イ          \
          ノノ^「ヘ、 ノ//             \
         '´   |i゚:l \'´ /
             |i :!  V





409 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 22:35:56 ID:OoKtnfpg

      i                      .i
     .|         /| |:| ト,ヽ       |         だが 直茂は ここで俺たちが優勢と判断した
     |.    ノ  メ: リ:|.| |ノ`>      |
     |.    /リメ, .\ リ / ,.ヘ!ゞ,    |         その判断基準が岐阜城なのだろう
     .|   ./    \|  |/   ヽ   |
      i⌒| | ==o=-  .-=o== | |⌒i         そうして何食わぬ顔で俺に米を献上し
      | G| | ヽ . __ ノ | | ゝ __ ./ | |∂|
     ,.ゝ,_.|.|      | |    / |.|_,ノヽ,         息子は大坂 米は俺という二股が完成する……
    /   ||     ヽ!_レ  ./  リ    ヽ
---‐‐''7|   ヽ. ==========ヲ /   | ̄""''''‐‐--  保険を掛けるなんて 当たり前の話だが
--‐‐''7 .レ|   | ヽ `-ニニニニニ-'´ /.|  .N""''''‐‐----
   /   レ|  |  ヽ.  ≡≡  ./ |  | |          こいつは ずい分とスマートなやり方だな!
  ./    .|  |.   \    /   |  |  .|
  /  _,,  .|  |    \ /    .|.  |   |
. /_,,-''" \ .|  |\  j      /|  レ‐、 |
. "      ".レN\`'‐-------‐'´/リN  ヽ |



怒るより前に 自分より年長である直茂の老獪さに感心した
いくつになっても他人から学べることは いくらでもある





408 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 22:35:53 ID:QVUuSgI2

保身をいちいち怒っても仕方ないという度量は必要だね





405 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 22:35:11 ID:Ljy4tG6Q

動機が分かれば怒らずに納得するんだなw





419 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 22:37:43 ID:AUoo.VDo

家康の人間観からすれば、むしろ清々しいんだろう





400 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 22:33:50 ID:Q7Fixafw

これもまた分かりやすい帰順のあり方だよな、やる夫ではこうはいかん





410 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 22:36:17 ID:Z2H6MTDg

動機不明の得体のしれない白饅頭とはえらい違いだ





416 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 22:37:14 ID:OoKtnfpg

ついでに もうひとつ
直茂は この自分の秘策を息子の勝茂に一切の説明をしていない


...:..:::.:. ..:.::.:. :. . .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: :.. :.:.: :.:.:.:. . :\:.\      |        r‐-r/  /- '",, `゙''" '''''  ` ヽ、
:..:::::.::.:.:.::.:.: .:: ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : : ..:.:. :.:.:. .:.:. :.ヽ:::.ヽ     .|       ノヽ / ). ∧/       ヽ    `ヽ,
::::::::.:..::::..:..:.:..::.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:. .:.:.:.:. . : :.:.:. ::.:ヽ、:ヽ   ...|      (_  >ノノ ./     l l   }     ヽ
::::::::::::::::::::.:..::::.:.:.:.:.::::.:.:./:.ヽ.:.::..:.:.:::..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽヾ:ヽ   |      く__/ ./{ `/   /   ! !  } }   }  ハ
::::::::::::::::::::..:ハ::.:.:.:./::..:/ |::.:.l:..l:::..:ト::..:.:.:.:.:.:.:::..:..|:..:.:.l ヽ:!  |       /__ {/./   l l.   l l ___}_,}____ }   }
::::::::::::::::::::.::l_|::.:./!/:.:.! |::.:ハ:|ヽ:.レ|::.:.:.:.::..:.:::.:.:|::..:.:.!   | ....|       ゝ }-- {.  l  l l, '"´ ̄     .__ヽ、 ノ
:::/|:::::::::::::トトl::/、lハ:: !  |: |_リィ|:|‐j: :j: .::: :::: : ハ:: : |   .....| .      / ヽ  {  l/----- 、   r'"二,,_ .l {´
::ヽ|:.:::::::::::lY1辷YT::lー |::トィ辷Tシ!.:l..:::|::.:::../  l:..:!   .....|       ゝ__ {  > ./ .,xr‐‐、、    /{___jノ .l {
ヽ:::::::::::::::ト! `  ̄ !:| ィ !リ  ̄ ̄/::/:::イ:: |: |、  !:l    ...|        }、_{   _{  ゝゝ-‐'"         }.ハ
 ̄\::::::::ヽヽ   ヽ | |′  /´/:::/j::/|/:.:ヽ |′     |        ヽ ゝ. /rz{         }    } {{
:..ヽ:::::\:::::ヽ‐ 、   _'__     //イ!::/:.:.:.:.:.:.:i     ......|         ヽ{.ヽヽハ        ____,,   ./ }}
:::::....:::::::::`丶ヽヽ\´ - `, イ::: /´/ !:::::. :.:.:.:.:.|     .....|          `¨¨`ゝ.ヽ.      ̄    ノ  ノ
::::::::::::::::::::::::\`jゝi ト- ´ノ ヽ: / /:::::::::/!:.:.|     .....|             ヽ `ヽ 、 _     , イ
::::::::::::::::| ̄lヽ::\{.| ト く´   | / /:: i ´i:: ノ:.:/       |                ノ-、 . `゙ '''''"  .l
:. :::::::::::::|  ハ:::::::ヽj_    ノイ:::::: |:: l/:::./      ....|            , - 、__,ノ‐、_`''‐-- ,,__,ノ{ __
ゝ....::::::::j  l ヽ:::::::l:::::::..`i /:.:: :::::::: |: l:::::::/       ...|       , --、'"´- ,r-、\  ` ‐ 、______ノ、_  `ヽ、 _
--‐ ´ ! ! :::::ヽ:::.|::::::::: | !:.:.:.:::.. :::: |イ:::::/         .|      ヽ_,,ノ'''"`‐' ¨-、` \          ` ‐ヽヽ'"ヽ
                               ....|
       ↑ 鍋島勝茂                .|               ↑ 稲葉貞通


この頃 勝茂は西軍の一員として
伊勢国長島で正則の実弟・福島正頼と稲葉貞通の連合軍と勇猛果敢に闘っている





426 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 22:38:24 ID:OoKtnfpg

/:::::::::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::く
r:::::::::::::::::::;|!::::::ハ:::::ハ:::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
{:::イ:|::::::::::::|=|:/=|;:/=!::ハ:::::::::::::::/::::;イ:::::::::::::::::::::::ヾ 、::::ヽ
|::{:r'|:::::::::::|rィ='うミy'  !::::::::::;イ::::/=}:::::::::::::::::::::::::::\ヽ、ヽ
.!:::{{ |::::::::::|、ゞ-'´,.ノ    |::::::/_/∠ !::/::::::|::::::::::::::::::::ヽ ヾヽ
..|::ヽ |:::::::ト、`゙='‐'    |:::/k"´うヾy'::::/:i::::::::::::::::ト、:::ヽ  `ヽ
. !ハヽ|::::::|      ..::::: ,リ' ゞニ'ノ イ::/:::イ::::::::::ト:::::| ヽ::ヽ
. ! }::::;!:::::|      ::::::: !  ` ̄´ノ;イ::::;ハ:::::::::| i::::i   ヾヽ
.  ル、|::::ト、     ___ .. '     '/ノ:::;:::| |:::::::::! |::!    ``
.  | !::|``\    `‐-`'   ,/}:;イイ::! !::::::|  y
.  } i::! ``ヽ \  ゙゙゙ , ‐' ´y' !' !/ル'  |::::!      勝茂は若いからね
.  /  !'    ```'‐<´ォ        ′    リ
-へ       ヾ| ///7'                  こうした腹芸は まだ無理だ
   `ヽ     メト////
     `ヽ  ゝ'////、                   どうせ大坂の味方をさせるなら
       ``'‐、{_{_{_ゝ``'‐-.._
 ´ ̄´ヽ、     /ヽ      ``'‐-.._          心の底からやらせた方が良いのさ
      \   /  ヽ  /``'‐-、   ``'‐-.._
      ,..‐'ヽ  /   ヽ /     ``ヽ    }     ……後の始末は僕がつけるさ
    〈´   ∨    ∨        `',   !
    ヽ   ',      ┌-- ..__    ',  〈


これは 直茂の経験に支えられた自身の表れなのであろう





430 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 22:39:15 ID:mcZhBxGs

この腹の座り方、年の功とはこの事か





432 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 22:39:18 ID:OoKtnfpg

            _   _,
         ___,> Y´'ー-、
        _>z二_ ___`ー≧__    なんにせよ
        >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
       /        ヽ `Y′之>   兵糧米自体も有難いことですが
   .   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }く
      l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |    これは その油断のならない鍋島様が
      |ハ |(●) (●) / / ,/レ′
        `|'''' ヽ ''''  「)'/|/       家康様の勝利を確信したということですね!
   グッ! ヽ、_ ▽  _,.ィT/
     n___l 7Eニ::ィ1│
    ミ__:::::::::::::::'イ/ヽ:::::`l┘
       ̄ ̄ ̄i´ ̄ `|:::::|




       _x-‐‐‐v‐‐‐‐z_
     ノィ          Xヽ
     /      ,       \
   ∠イ   <l / \ l>   ヽ.ニゝ
    / イ|/\.ヽ、 _//)ヽ! ヽ
    /イ .| 〈 ̄。`ミl l〃。 ̄》 .| .ト|    ああ! こいつは幸先が良いぜ!!
     |,=| ` ̄´"|.|ヾ ̄´).|=、!
     ||(|     /!ヽ┘  .| |.)||
     |=ヘ. rェェエエェェァノ/=''|
     l| .ト、 \___///|   |     /\/ヽ
    ノ| .| l\   く7 /,イ |  N___ /  /  |
   _厂| | .|  \ / ノ( ̄"_/`ー、    |
_,-‐'/  .| | .|   ヽ' / .ノ >'´_,. \ ./ハ._,.-‐く
  /  ./∧!.!     /  r'´ ̄ヽ   ヽ. |    \
/  ノイ  !‐-、 ./  /{ヽ   ヽ    |i/
_,. -‐‐-、!  |‐‐‐-'--‐|  {  \   |i_,:'/
     |  .|    / \冫____|i,. -‐'/
     |  !   〈\/ 厂    /ノ〉


家康は肩の荷が ほんの少しだけ軽くなったような気がした が……





434 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 22:39:54 ID:WS07GU.E

が?





439 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 22:40:21 ID:OoKtnfpg

   ^)l.                  .\            ./"゛゛]し。  )" ^゛              [   [
   | 赤坂               ^k          f゛     .\"^t、                )、  |
  ./大垣  岐阜         /         ,,l゚          ゚lv,,_               )。.  〈、
  |     ,,。.t''^^^ーx、        ](          」!             ^l.               | |
  |゛\ ./      ゚l、       ,,(         /.l[             .\。             \ .\
  J゜  \゜  清州 _)--。.,,_   メ         /゜|              ^)(              ]、
 ./゜    .l(      /゛   .\.。イ。        /゜ イ     ,,。.、      __,,/^^ー,,_    江戸   ./
./   __,,メv。   /          .\,,_  ,,,-^"^]( .\    」゛^)     r"゜     .\、    ./^^^"h、
    |:::::::/゛  /             .;)"^    ]l.  ゚l。  |  .ヽ──〈、       .\、  .。f":::::::::::__]k。_
   ,,/゛:::::::|  r゜             /     ./"   .\,,__[       /   藤沢  [ メ":::::::::::gイ゛  .\
  」":::::::::::::.;[ J(゚l(            /゜    メ゜         三島 _[  _vf'^.ヽx。 ./゜ |:::::::,,,,,,[
安濃津:::| .l[.ヽv./。      __/゜     .l(    興津__v──、.;.l(.ヽ。._小::::::::::::::::::^(゜  .ll.::::〈、
 .ヽ,,::::::::::::::::::゚::゛::::::::::::::::^゚l。.  /"゜       〈      __,,メ゛::::::::::::./゛     田::::::::::::::::::.\ メ゜::::.l(n,,
   .\、:::::::::::::::,,r\rr^^^"  白須賀 中泉\島田::::::::::::::::::::::.l[     ^)原:::::::::::::::::::::::::::::::::::::^|  \.
    .\,,:::::::.\-、vt─'^^^'ート^ヽ-、,,       .\./"::::::::::::::::::::::〈゜     .l[::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::^)    ,,,,,,,,]しv
      ゚ll.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::^^ー-、。   g(゛:::::::::::::::::::::::::::.ll゚      ,,[::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.lll"゜ __g(^゛:::::::::::::
    ___ ^鳥羽:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\。.](:::::::::::::::::::::::::::::.l[    __rf"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\v4":::::::::::::::::::::
    l::::!_](:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| __yf"^::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
^^^^^

9月7日 遠江国中泉
9月8日 同国白須賀

家康が背負う新たな重荷が降って来るまで あと僅かであった……





442 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 22:40:41 ID:Cvf9oies

家康に安息は無いのか





449 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 22:41:35 ID:eNV7pX7w

そろそろ荷を下ろさせてやれよw





451 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 22:41:25 ID:OoKtnfpg

同9月8日
大垣城に三成が戻る


         /       /    、  \   ヽ  、
        l /        |     \   ヽ   ヽ  ',
        |/     / 人      ヽ,   ',   |   !
        ||  !. l 、| /  ヽ l    /l   |_,  !  ヽ      お帰り……
        ヽ |l | /ヾ|、 ノイ  /! /_,|イ'l´    |   \
         〉!ヽ\|ー,‐≧、,ノ /_ノ≦___| /   ト、    ヽ   やる夫の様子は どうだった?
        /   |\! ゝー'゙  ̄ ´ ゝ、_ノ  7   .!  ヽ     \
      /    |  |             /   |ヽ、|     〉
      ヽ     |  l u          u./.    |:::::::メ,    /
       〉  r'゙/   ヽ   ー─--、   /     |::::::::::::}_  /
      /  {./     |>- ` ー一'_, イ      /:::::::::´::::::ヽ `ヽ






  「`ー'′/    /   ヽ、 \ \  ヽl}::.:)、 \
  l_,ィ  / /   l      l 、  l `、 {:|}く\ヽ/
  ノ  ,′ !    {      | l|   |   l ):|} ノ|:「´
.  ヽ∧| , |   | l      | l|  |  l| {:|!::)|:|
   |::l| | |  l  、    | l | _,厶| j| {::|}::} |」
   l:::| `、!|   \ ヽ、 |,.イ,斗予 | |{K!j |
   〈:;小、ヽヽ、T,Zニミヽj  ^ヾrシ | |ァ1 |
    |  \ヽN {ヾtク         | ト |_|  |    …………
.   |  |   l \    `-   /!| |::..::.`:┴-、
.     |  |  |  | > 、 __ /::..::|| |::..::..::..::..::..:ト、
    |  j  /|  l/::..::..::..::..rクニミ::../| |::..::..::..::..::./::..`ヽ、
.   l   ! //l  l::..::..::..::/;ハミZシ//| |::..::..::..::..:/::..::.`ー┴―-ォ
   j   レ'∧! ,'::..::..::.〃::..::..::.レ'/::| |::..::..::..::r'::..::..::..::..::..::..::/::|
   /  / / /| ハ::..::..::..::..::..::. /l ト、| |::..::..::..::{ー-::.ハ::..::..:: /::..|
.  /  / |{::.| ||::.\::..::..::..::../::.| l::.| |::..::..::./::..::..::/::..\::./:ヽ:j





458 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 22:43:46 ID:OoKtnfpg

佐和山で三成は 高宮のやる夫に向けて何度も使者を送った


         _,r'´::::::::::::::::::::::::::`'、.
        {::::::::rr-‐-‐'^i::::::::::::::i.        もちろん黄門は美濃国に行くつもりさ
         ゙l'´゙《   __,,,ゝ:::r、:::::l
         ト=r;、 ゙"rィァ‐リメ }:::::}        だが この地で再び病が再発してな……
          ゙i`"l   ̄    ソ::::ヽ
          ゙i. ゝ^   ,  /ヾヾヾ、       石田家には申し訳ないが
           ヽ ゙こ´  /     ヽ、
            ヽ、  /__,∠、    `'-、   こいつは不可抗力ってもんだな
             `゙ク'゙´   `    ゙'、 ヽ
              /           〉 ヽヽ
            ィ               ヽヽ
         _,,-'´:::                 ゙i
        /    `                  }
      /         ,-ィ‐r'´´      /   l      *黄門=中納言の唐名
   __r'〈      ,ノ   / ```l       /     l            やる夫のことを指す
-‐ ´      ‐ '' ´  /l:::    l     ー'´      l




    , -― 、   _,,  ---- 、
   /      `x '        ゙  ̄ ' -,,
  ,.'       , 'スヽ ルッ  .,ィ        ヽ
  !      //   ',  i/ |  ヘ  ,'    .ヽ
       ,'. i    !    レ   V `へ  Λ
       ,' i  .イ /|   . ィ  ノ',         i
       ! l 、 |/ .|  / |/  |  |       i
      |  | ィ゙'ov.|/、_,,, -o<! j  |-、     |
      |  |./j ',,┘   ┴-- ' |,オ  .l)ヲj    .l
      | ,ヘl i  く      '''  .| /-''  ト、  |    えーーーーー
      レ  V 'i ,  、     ,,-'' レ Λ  / Vヽ.|
      !    .|/l> _,, -''  .Vリ ソ .ヽ/    .!
          ,〃:::::i∠ i   ノ / ヽ,
         ./ ,イ:::::::|/ ` <  ./   ,>、   ← 小幡信世
        / / |:::::::::ト、_/.ヽ/  //'へ


しかし これは小早川家の家老・平岡頼勝に のらりくらりとかわされて
結局やる夫に会えないで終わる





469 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 22:45:37 ID:Q7Fixafw

平岡さんが黄門と言うと別の意味にしか聞こえない!





462 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 22:44:47 ID:Y484q67.

金吾というのは何だっけ?





474 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 22:46:10 ID:KHP.cV.Y

衛門、やる夫は左衛門督





466 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 22:45:14 ID:OoKtnfpg

業を煮やした三成は 自らが高宮に乗り込もうとしたが


               _____ _イヘ) __
          _ - フ ̄  、 ヽ   、_{_<_  _>
         /  /  {   !    ∨∧ \ ̄丶、
       イ,′  {   |   }    | |   \ ヽー、→
     ∠__/ /|  | ヘ、!   |   ||    \{ \
       ノ| | |__ |{  }}  /|_|__|_| }      ',  ヾ 、
     /メ{ | |V卞ト、又_/レ==}_/从/|      ',   } /
     //  {从仆≧、{乂乂ー(薇ソ/ | |        ',  //    やる夫の真意が読めない以上
     //   ヽ∧《{ ! j   \__У  | |        ∨/
    ( (     ハ,ヘ ¨´ 〈    ノ   | |  {     / .'      それは危険
     ヾ、   } ∧     _ _       | {  |     ( ヽ
      })  ,′ /ヽ.        ∠大、__ヽ     `ー \
      /'  ,′ ,    }>、 __r―' /⌒{_∠ヘ丶     ヽ\
    /   /  /   |  << _/}   ノ \>――-、ヽ \
    〃   /  /    | <⌒Y  /  ≦== ”  ___/⌒、_>  )
.  //   /  /     j  _ケい           /      }>、´  ← 石田正澄
.  //   /  // ̄`>‐'《薔)'〈    ___ _,/      // ヽ




         ヽl
           \  _ __ _ _
       ,  -‐ ,.'"´       、`ヽ、
     /   /   i    リ ヽ 、  \
        /    .:レ′   j  i !.:.   i
         l    .:/   , /  i .::|:::.:l  |
        ノ    ,.ィイ.:::/  .::l.:|:|::::::|:::. ト、
        彳  ,ィイ 1:|::,'  .:;ィイハi::::::|::.:.:.ヽ|
       |.:.:|, イ‐リ-トト、::.;ィイ仁=ト-ヾ::::.:.:.ト、     お前が性急に問い詰めると
       ト、:i { r‐ェテ ヽl/ ''テェ‐ァ .:!.:ト、:;!/
          ヾ::、    ,        !/::/      むしろ相手方の暴発の危険性もある
          仆    :j 、      イ:/
             `、   _ _     /i,ハ        高宮の小早川家への対処は
            ヽ  ー `   / .|;;;:;:|
             `ト、 ___ /   !;;:/、        こちらで行う
              /.::::| ヽ   /   l::::.:.L
          , .イ .:.::::|    ,/  /.:.:::,! ``i::.、
     _,,、-r‐イ  1 .:.:.:::|      /  .:::/   |:::::.lー- 、
   / _,, |:::::|   |/^ヽL_  _ノ /\/    |::::::|   ``'' 、
  / ,r'´   |:::::|      /ヽ  / l         |::::::|`¨`ー-、 ヽ  ← 石田正継
 ,/ /    ,j:::::|      \l  / /        |::::::|      ヽ|


これは父・正継と兄・正澄に制止された





473 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 22:46:10 ID:OoKtnfpg

::::\::/ / .:::::::/ .:/   :/  .:l:     ::l      l:.   l
\__/  l :::/.:::! .::!::  ::! .::/::l:.    :::l   ! :. !::   l
/´ /   l :/_l :::l:::. l:::l :::l::::!::.    .:::! :::! :l .::l:::   !:l
!{:V    l∧_l::l`::ト、l:::!:::∧!::::.  .:::〃.:/.:/.::/.::: /::!
!∨     !:::トミ<!:::::ト、!/::::l::::::::://.::/.:///.:::::::/:/
V   :∧lヽヽゞ`メヽl::::ソノ!::::∠.._/ -‐/∧:::::/j/
:l   ::l !l::::::::: ̄::::::::::::::::::j/rf_チァ// j/
:!  .::l  !!  :::::::::::::::::   :::::`¨::::///      まったく……
i  .::/:!\li        ノ.::::::::: /.:://
! .:::/:::l _ヽiト、  r=‐ 、_     /.::::l l        なんだっていうのよ!
! /}/ 冫lヽヽ、 ̄   _ .. イ| :::::l l
/ /.::/冫、:∨ 二¨::/.:::/´`ヽ{ヽ、l !
:/ .::::::::::/.::::}ヽ:}/.::::/.::r┴′:::::ヽ 〉l


三成が行ったやる夫への対応は実りのないものであった





480 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 22:47:09 ID:OoKtnfpg

だが……


         /  /   / /  〃 /     ハ  ヽ \ V }| |
       l   {    / │ / ! {      }   }  } レ |  |
       |  ハ  |  j  {  |  ヽ.      j  /!  / ,′!   |    三成 もういいわ……
       |  l l  l 八 ヽ∧  ヽ   ∧ / l ,イ /" |  |
       |  l 丶 ヽ{ \ {  \  l  _/   レ│/   !   |    やる夫の件は こちらで手を打ったから
       |  |  ヽハヽ : :::::::::::::::ヽ j  /::::::::::::::::::/イ   j  l
       l  l    ∧ ::::::::::::::::::::::::j/::::::::::::::::::: /     ,′ 八
      /  ヘ    ヘ、      :::}        /    /   ′ ヽ
      ノ    ハ     lヽ、_          </    /      \
   /      _j      |}´  > 、 ___, イ   /    /ー-、      \
  /     / l     l_}           ,′   /    ヽ       \




          )::::::::::::::::::::,  ´    )::::::::::::::===彡::::::テ
           (::::::::::::::::://    ヽ:::_:::::::::::::::::i  l::::l:::::ハ二))
          >:::::::,.'  ′    |   ):::::::::::::::l  i:::i:::::(、二))
            て::::/   ll  l |  !|   {::::::::::::::::|  l::i:::::::::ハ〈
             しl |  l |  | | _!H‐'フ|/て::::::::::彡ミ::::::::(  !l
             l l  l _L | |ノ  rT´㍉ | (::::::::ミ彡::::::ィ  l|l
                ll ヽ ´ rr、    ヽ__ソ | l! {::l l::::;:::) |  リ
                ハ v)       l l | リ /:://   |  |    え?
                ,' ハ 丶      リ ,| |//´  | |
                |  〉 、 `    lレ' | h、     |  |
                l / ||  > - ィ 〃 | | l7      |  |
                ノ'  |r j / rr、 〃  | | 〈 \    |  |
                /'   ノl j/ ㍉ト(  ノ l (   \  |  |
               ヽヽ/ヽ j!    > ´ / /     ハ |  |





487 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 22:48:15 ID:OoKtnfpg

 / .:./       \       ヽ    i      |i:.   i
./ .:./           ヾ、 ヽ   .:',.:.:.:. .:l       |l:.:.   l
i .:./| .:.:.:       :.:ヽヽ ヽ.  .:.l:.:.:.:._ -ト      | |.:.   l    高宮には……
.:.:/ l .:l.:.:.  .:.   .:.:.ヽ ヽ.:.ヽ.:._-ト‐´:.:.:.!     l l:.:.   l
!.:|   l.:.:!ヽ.:.:.  .:.  :i.:.:.| ヽ_}-l  |、.:.:.:.:ハ     / l:.:.   l    戸田勝成殿と平塚為広殿を遣わしたわ
f ト、_ l.:.| ヽ.:.:.:. .:.:. .:|l.:/ /}リ_l=/ヽ--/!‐   / l.:.:   l
ヾ!==ヽ:i|、.ヽ.:.:.:.:.:../lソニ=リ ̄l:/ |.:./ ,'    / イ.:.:.   l    二人には隙を見て やる夫を拉致するように……
. ヽr 、 ̄ヾヽ ', l 〃/リ ̄ r-,  /  l/ ./.:.  .:./  / ヽ    ',
  {:i:} _ノ   j | /  ヽ、{:!:i    //.:. .:./  l:.:.:.:.\  ヽ   それが叶わないのなら……
_-―ニ     ソ    ‐テ=―‐ ´ /:.:. .:./   /.:.:.:.:.:.:.ヽ、 \
   ‐´               U /:.:.:.:./    ト、.:.:.:.:.:.:.:. \  ヽ、
         ,           /.:.:.:./.    {::ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:. \  ヽ
               _ノ、  /.:.:.:/:      ト、::ヽ‐、.:.:.:.:.:.:.:.:. ヽ ヽ
   ___,  ----―‐=_ニソ /.:.:.:./:.      l:::l::::l::::ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:. ヽ ',
‐-、 `ー==-------―  ̄   _-/.:.:.:/.:.       ',:::i:::|::::::::',.:.:.:.:.:.:.:.:.  ヽ l
  ヾ ‐ 、     ̄    ィ ´ /.:.:.:/:.:.          !:::/::r、::::l.:.:.:.:.:.  .:.:. ヽl
   \ ` ゝ‐ - ‐ ´ /   〈.:.:.:,':.:.:.         ヾ::/:::ヽ::ト、 .:.:.:.:.:.:.:. リ





497 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 22:49:14 ID:OoKtnfpg

    /  .:.:/   ..:.:.:.:.:/  : .:/  .:     :..      :.:.  \  :.:ヽ  ヽ
.   / :/ .:.:./    .:\.:.:/  .:.{ :l  .:.:   :.  :.:..  、   :.:.:.  ヽ  :.: }l:.:.:. l
   l :/ :.:.:/:.:.   .:.:.:.:.:X:.:. .:./l .:.|  :.:/    :.:. 丶:. .:.:\.: :ヽ:.:.  :l  :.:.:l|:.:.:. |
   |:ハ  .: l:.:.:  .:.:.:.:.:.:|:l:\/ !:.:.! :.:.!     :.ヽ:.:\ :.:..} ヽ.:._:ヽ-‐|  :.:.:l|:.:.:.: !
   |:l l :.:.:|:.:.: :.:.:.:.:. / l:.:..:l\|.:.:| :.:.l     :.:.!:..:.::l.:.:.:l イl :.:.:|:.:.:.|  :.:.:l|:.:.:.: l
   V l:.! :. |:.i:. :.:.:.:.:.:l ル≧ァz\l :.:.:',    .:.:.jヽ.: l∠j≦:.!.:.:∧:. l  :.:/:!:.:.:.:. ヽ
   /ヽ{:.:.l:.l:.:. .:.:.:.:. j彳 〃´¨ヾ\.:.:.ハ    .:.:/ ァ匕 j/ `ヾ`ミ<!:.,'  :.:.:.:lヽ:.:.:.:.. \
  /  .:.:.\i小:.:.:.:.:.l:.:l ヽ |l\__ /i`ヽ{ ヽ ..:.:7´ |l \__ / i /ハ:./  :.:.:.:,':.:.:\:.:.:.:..    やる夫を……!
. / .:.:.:.:.:.:.:.\:l\:.:.∨   弋{::::::::::j.l    j.::/   代{:::::::j ,'   / j  :.:.:/:.:.:.:.:.: \:.:.
../ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. l `ヾハ    vヘ三イソ    '´    vヘ三イ/     / .:.:.∧:.:.::.:.::.:.:.: \   刺すように命じたわっ!!
/ .:.:.:.:.:.:.:.:./∨l :.:.:.:.:',   '´                  ``′   / .:.:./::::::ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.
 .:.:.:.:.:.:.:/::::::::l:::l :.:ヽ∧             ' ___           / .:.:.:.l::::::::::::::Y^ヽ:.:.:.:
.:.:.:.:.:.:/::::::::::::::i::::} :.:.:ヽヘ         ,,ィ´___ /`ヽ     ,イ .:.:/:.: |::::::::::::/:::::::::\
ヽ:.:.:.:{::::::::::::::::::::∨  :.:.:.ヽ:.\    〃           }   //.:.:./:.:.:. l::::::::::/:::::::::::::::::
 ヾ:.:.}:::::::::::::::::::/   :.:.:.:i:.:.ヽ>.、  ゞ          _ノ イ   .:.:.:,':.:.:.:.:.|::::::::::::::::::::::::::::::
  }:.:j::::::::::::::::/     :.:.:.:i:.:.:.:.}::::::ヽ>`、 ー―‐ '´ィ< 〃   :.:.:.:!:.:.:.:.:.:!::::::::::::::::::::::::::::::
./:.:/::::ヽ::::::/    .:.:.:.:.:l:.:.:./::::::::::\  \ ̄ /   /{   :.:.:. l:.:.:.:.:.:.ヽ:::::::::::::::::::::::::::


三成が佐和山に帰還している間に
西軍の副将である秀家は義弟であるやる夫への情愛を断ち切る指令を下していた





488 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 22:48:18 ID:FR20icHg

宇喜多流暗殺術がその牙を剥く!





492 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 22:48:46 ID:Z2H6MTDg

義弟にも容赦しないぜ、宇喜多さん





495 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 22:49:06 ID:KHP.cV.Y

結局、和泉守の血ということだ





506 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 22:51:13 ID:OoKtnfpg

勝成と為広が高宮を訪れたのは三成が大垣城に帰還したのと同日であった


   /       /_     \\ \ \ \
   / /  , イァy=≧:、    \\ \ \ \
  / /  〃/  キ ffし1\__   \\ ヽ  ヽ. \
  / イ // /    ゞツ     ィ≦´/ ヽ|  l \|
 //l/  l /   """       ノtツ キl\ \ー\
 l /l八 」'        ∠⌒ヽ_  "" 〈 |  \ \    だからな!
/ . : : :〈`⌒l    └―-、_/   /リ     ̄
/ . : : : :_:_Y  、         /l               同じことを何度も言わすなよ!!
/: : : :/::::V   \      ∠ノj|
ーr≠〈:::l::::\    /`: :ーr:':´ |
\\ヽ\:::::::::\_/:::〉 : : /:∧|
:::::l | l ヽ::::::::::::::::/ト彡'  レ′
:::::l | 丶    ̄ ̄´ | |::\




        //          .::/::    ヽ
         / /         //´l      ',
       ,' /|   _, -― _'´-‐'  |l     l
       l |」 /, -- 、 ̄     l i    |
        l {Lリ/  ̄ ̄    ヽ二.ー、|l     l
       /!::{    _         ̄` l   ,'
       / ト、l Y´, ィ 、    -=ミ_  |.::::/    やる夫殿と 小早川軍は
      ,  l ハ  {七zリ     ,.イ勹 Y l::/ヽ
      ,' ::.\リ  ゞニノ     {匕ツ  /イ} /    指令通り早急に
   /  ::::..l l ""  {!     ̄` /::|'/
  / , -'´ ゙̄ヽ\  マヽ  / ) ∠;::「       美濃国に進軍してください
 ,'  /      l\(`ヽヽ」/ //〃::|
, ' :: /   \  l |::} |/ ////! l\
::. ::.:l    \\ l ll//  {‐'´ /, イ| :l| |
::. ::. l      \ 〉{    '   {ノ / :: |l l
::. ::. :l       Yヘ        /| ::: l /  ← 戸田勝成
::. ::. :.\      l |     /l  l :::,' /





511 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 22:52:14 ID:OoKtnfpg

             __
          ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
      ,!;;;! '~  "~ `i||i"  '' `ヘ;;;!   そ そっちも同じことを言わせないでくれ
      |;;;|     ヽ`   u ミ;;;|
     _ゞ;!,-;;;;;;;"フノ  ヾ`;;;ヽ 、ミ;リ   黄門は病気だと
      !ヘl;|.,,_==-、く` ,>゙-== 、「ヽ
     !(,ヘ!   ̄'"  |ミ.' ̄" , ドリ   何度 説明したら分かってくれるんだ
     ヾ、!      !ミ    ,レソ
       `|      ^'='^     ム'′
.       ト、   、,.-‐ 、,,  /|
       i| \  ' ニ   イ.:|
      ,イi| ゙、\  (   /リ.:;ト、
      ノ :.:i|  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::::!:::\



今回も対応にあたった頼勝も両者の迫力には押され気味となった



        | |
        | |  ______
        | | /   u   \
        | |_  (○ ) (○ )\
        | |_)::::: (__人__)::U::::|
        | |(⌒ヽ U |  |   ノ
        | |:::ヽ  、 `⌒´  く
        | |:::  ヽ __    ノ





518 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 22:53:40 ID:AkFOose.

黄門を連呼すんなw





515 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 22:53:16 ID:OoKtnfpg

          ______
       ,,..-‐";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;` 、
     /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
     /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
     |;;;;i "'`~  "`~ `i||i" '' ゙` " |;;;;;;|   ……それに 大垣城では
     |;;;;|       ヽ`     u  |;;;;;|
     .|;;| ,-;;;;;;;;;;"フノ  ヾ`;;;;;;;;;;;;;;;ヽ |;;;;|   黄門が徳川方に寝返ったという
    ,,ト;| ',,_==-、く    >゙-==、  |/ i
    |i 、|   ' ̄"彡|         || |   不穏な噂が流れているとも言うじゃないか
    |'. (|       彡|          |)) |
     ! 、|      i,"(_ ,, 、,      |" i    そのような中に黄門が向うというのは
     ヽ_|        `         .|_/
      .|゙      、,.--‐ 、,,     |     如何なものかと……
      .i ゙、    '  ̄ニ ̄     /|
      |   、      ̄ ̄    , ' |
      |  i ` 、    (    , "   |
       |      ` ー---― "|    |
      |  |          i     |




            /  /}                  ヽ \
              /  ///                  -、l
          イ  /´\ー――― --------一ァ_ ィ    ヽ
         /l  /し'こ´_    ---- ―一 '´   |   l   l
        / l /  ⌒ヽ. \                  l / |   l
       //´! l  _yァ_ \ \__            l イ |   l
      //| ヘリ! 7´イf `ヾ ー '          レl  l   l
   // /1 / }   レ少xイ!      {` ー― 、  |l   l  /
ー ´/ /小 ∨ ヘ 弋壬ソ      丶--- 、\ l l  /  /   何を仰るの!
  / /  |ゝl ' ' `¨"        ァテー、  `ヽリ/ / /
     _./ ,小       /    /レ{ _ノ}ヾy_  / //      そのような話があるからこそ
___/ /| | lハ    へ _    Vトイ}り 〉' / イ
     /  !   l ハ  //   l     `¨´-   イ フ/       やる夫殿が自ら大垣城に来て
      l   |    l | ∨      |      ' ' /  l/
、     |  |   l l {      /       イ    卜         噂を払拭する必要があるのでしょう!!
 ヽ  j   l    l l \__./--―一 ´  |     | |
  | /   ハ   ',\ /  レ-―┐l     |     ||
  l /   | ハ    ',./\// / /! |     |     ||
  | \   V ハ.   ',⌒Y´  / /| \  |    V





521 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 22:54:15 ID:OoKtnfpg

|  l   /   / \\  \     \     \  \
|  l   /  /l   \\  \    \     \  \
l  l  ,'   /l |-―- 、 \\   丶   \   _ \  \
:.  ! l  lハl l    \ \\     ̄ ̄` /     丶
ハ   l  ト」 l Yー‐t=ミx \\     ∠ニヱL.. _    \     とにかく お前じゃ話にならん!
 ヽ| l  l/ヘl  l  レイ:| \ 丶\ーイレr:::l  /ー | ̄广T
/⌒!Vl   l /ハ    弋リ        \ 弋tリ    / / /     いいから まずは
l  `ー 、 V/`ム  ゝ==‐         -==‐    / /く
\レ―、ノ |∟ノl |j      j|          / ∠ ノ- 、     やる夫殿に会わせろ!!
二L:_:_:_l\! / \     ,、_ヽ  __     ̄ ̄/: : : :ーレ卜
-――-、 \ |  /:l\  〈ー  ̄  ー〉    / : : : : / |
:_:_:_: : : : : ̄:l|  l: : : : :> 、 ̄二 ¬‐'   ィf´: -―=彡ー―┴
⌒ヽ\: : : : :l\ 」: : : : : : : : \__  イ: :/  /: : : : : : : :
  ノ |: : : : :|  \: : : : : : : : : : : : : : : :/  /: : : : : : : : : :
ー'_/ : : : : L.   \ : : : : : : : : : : / _,/ : : : : : : : : : : : :
 /: : : : : :ー-: 〉   /⌒ー、: : : :/_/   / : : : : : : : : : : : : :



ここで頼勝と物陰で様子を窺っていたやる夫は両者の決意が並々ならぬことに気付く



           __ _ _ .                   ..|
         ヾ彡:.:.:.::::::::::``ヽ                ....|
        /^^`ヾ,,;:::::::::::::::::::.\               .|
        /jト、    `ゞ;;;;;;;;;:::::::::::::\             ..|
    .  _,ゝ ト、\    ``ヲ;;;;;;;:::::::::::::ヽ            ..|
   r '"´   `ヾミゞ、  ,イ;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::゙,            .|
   ト、  i  `ヽ    i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;;:::::::::i.           .|           ____
   ,}   ′    ,'  j;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:::::|  むううう……  |         /   ∪  \
   j二ヽ.      ,'   /,r'⌒ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:,'           ..|       γ⌒) ノ三三三ゞ(⌒ヽ
  . /ー-'         ,イヲ/i!;;;;;;;:::.::.:.:::/            |      / _ノ (>)三(<) \ `、
   )           ゞイソ´  ̄ ̄ ``ヽ、          ...|     (  く:::∪:::::(__人__):::::∪|  )
  .( _ ____, イー-,イ´          \        ....|      \ ヽ ::∪::::` ⌒´∪:://
       .  /  /                     ...|





526 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 22:55:23 ID:OoKtnfpg

戸田勝成は 多くの大名諸侯との交流の深く
その人あたりの良さから人気の高い武将だった


                 _.ノ: ヘ: : : : : : : : : : :\へ:ル〉
                , イ: : /´ ∨: : : : : : : : : : ハ レノ
             i: : ://ィ/ ̄ V: : : : : : : : : : i
             l: : l/ー汽¨マ |l: :レ⌒ヽ:: : : ::!
                 l: :ハ 弋} ノ j レ'  〉 ノ::: : : :|
              ヽ!ノ __  "   〈´フi: :::: : : :l
                  \V´\      l: :|:::: : : l
                l\ _ノ  / l: ::l::::: : ;⊥- 、
      _         l: ::l二エ千  l: :::l::::∠、   \ ___    _
     く_ r冖┐ー‐'´ ̄ 7: :人 「\}  l: ::::|イ  |   -  ̄   `>┘}
  _, -辷二ヽ 〕ユ┐_ /.::/  \ 丿 /!: :::l   /    ̄  /廴f<冖
f´  ―-、  } | 」 廴入/: .::/  _ r-、-ィ l: : ::|   /__ ィ' ̄r‐┘ r┘
丶      \ー┘ /::::ム1>'´ /`{:.:.:.:.:.:} |: :.::| 〈 _r 勺 「::i ̄i´ ̄ ¨乙
  \      ̄ Y´.:.:.:} 〕 _ イーッ、:_:ノ !: : :l  | 入/ ̄:::: :l ::l
     ̄  ー、__〈.:.::ノ/┬┘‐ァ'  / \|: .:.:ト、j /:::::: : : i:| ::l
         7入こ」┘::l/  ' /   ||: ::lー'/.:::.:. : : : /!|l:.:l
         l |.: .: :::::::/   /i   l ヽ:.:.:V.:::::.:.: .: : / l:|j:.:l
         | l.:.::::::::::{ ィ´\/i | /\! イ\:.'、:::.:.:. : :/ //j:/



だが元々は織田家の戦争屋である丹羽長秀に仕え
丹羽長重の代の100万石の大減封時に
名指しで秀吉の直臣に引き抜かれたほどの高名な戦士であった





530 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 22:56:28 ID:OoKtnfpg

また 年少の頃から秀吉に仕えた平塚為広は
粗忽な態度を咎められ家中を追放処分となるも


                / \ __\_ ,/
       ___彡 / |\、丶---、\_,/  ̄
 >=ニ二..,,__    /l//[ハh、\ ̄ ̄i ̄/  ̄
、 \ _          ///ヘ ↑l |: ヽ| : : : |(/
 >' 二二≧ァ、_ 7{トくl|  V{: : :|: : : :j]
 | ャ≠テ 〒ミ  ̄ ̄  ゞソ   |ノ: : : : : :/
 | ヘ  lトrくハ     {     /: : : : :/|
 |\ 弋乂ソ     ノ,、  /|: : : : / |
 |\\     /二_/   ハ}\ /   卜
 |ーノ>〒、   └‐' -  /: | l\/    l、|         -―――一ァ
ミト \  \>―――く : /  /       \     /       / _
くj  \ト 、 \: : : : : : :/   _/¨ヽ. /     \/_        /  j/
 ⌒\\   ̄` ̄ ̄_, -―く    V   / ̄      __/  / /
    ) \ ,  ¨´      ,\  /=ニ二..__  ィチ―――-='´.._
 ―-、 \_ハ、        /  V{: : : : : /   /           `
     \  l\         | 丶: : :/  /
\―     \ V: :>- 、      |   ∨ /  /        、_
  丶 _      |: : : : : : \     !    V   l
       `>、 |: : : : : : : :ハ  丿    \   丶


秀吉の播磨攻めの際
黒田官兵衛の部隊に陣借りし敵将3つの首級をとる武功で帰参が叶い
以降は秀吉の親衛隊に抜擢されるという叩き上げの人物だ





535 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 22:57:27 ID:OoKtnfpg

              _,..-──- 、、
           ,、-'"´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:``ヽ、
         ,r'´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、
        /::::,r'゙ァー-ー'ア"リijk´ ̄``""´``i::::::::i
       ,!::::::!       ,!トゝ、         l:::::::|
       |::::::! u        ,!ヾ、,,_      ゙i:::::!
       |::,::l ,ィニニニ二r'´  ゞ二ニニニゝ、 ,!:::j    わ……
       ,rゝ;l. ´ ,ィ=≡'´レ   '`ヾ==-、  .! !^i
      .i r、i;i      ' ´:;    ` `      リイ^!   分かった……
       | ソii        j             l!ヽ l
       i ,!( ,!      `ゝt''´         | j!,!   それでは……
       `、. `i        _,,_ __       ,!レ'/
        \!      ィ-‐ーー-ゝ     ,!,イ
          i、       ー一        / i/
          |`、                /  'i
          |  \     ;       ,イ   |
          |   \ ___,__, ィ´/   |
          _,!              /     l、_
    ,,、-‐ ''"´ i  ;             ! !   ̄``''ー- 、
           l   ;          ,'  ,'  !  ;


この両名に迫られて さしもの頼勝も押し切られる寸前となった





539 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 22:58:15 ID:OoKtnfpg

だが ここで……



::彡ヽ       'liiヽヽ-;.ノミ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::#ミミミ;;;; .リ /彡彡》ゞ'';"
 ::彡ヽ      jiiiiii::. く :::::::::::::::::::::::::::::::::::::-:- ヽ ミ  /:::::::::::::::;i"i
::::   ヽ    /;/ハ/'l, l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /  :  l'::::::::::::::::"l
  //iiillllliii:..:iiil/   : ''"|:: ::...            :  |      i
::/llii::iiiilliiiiiiii::ill/   ::  ::              .::  .|    .:'    ちょい 待ちな
lllllliiii:::iiiiiillliiii::iil(      :            ::: ::  l    /
llliiiii:::iiillllliiii::iiiillヽ:::     :           ヽ-、  ,;.   .;''ヽ、,.;;-::,,、
lliiii:::iiiiiiillllll::iiiiiiiiillヽ::  :::    :..,            ."''''"  ./'lli::::iiiiiヾiillii:::iiiiilliiii
lliii::::iiiiilllllllll::iiiiiiiiiill'l,   ::   :::\     ー-r―--ーr' /lllliii::iiiillllliii::iiilllliii:::il
llliii::::iiiiiiilllllll:::iiiiiiiiill:l::  ::   ::::::ヽ.      ""''''''''"" /lllllliii::iiiillllliii::iilllliiiii:::ii
:::lllliii:::::iiiiiiillll::::iiiiiiiiil::\::::::::   .::::..::\    "'----'''" ノ::lllii::::iiilliilliiii::::iiilllllliii:::i:
:::::llll:::iiiiiiiiiiiiiill::iiiiiiiiiiiiiiill\::::  :::::: ::: 丶:...,,,_________,,...;' lllii:::iiiiiiiilllliiiii:::iiillliiiii:::::
:::illlll::iiiiiiiiiiiilllllll::iiiiiiiiiiiiiillll:\   :::::: :.:.:.:::::::;;;;;;;;;;::.:.:.:' llliiiii::::iiiiillllllliiiii::llllliiiiiiiiii::::





543 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 22:58:34 ID:VG1BRfwc

おお?





546 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 22:59:08 ID:OoKtnfpg

         く;;;...ゝlミミミ,,;;;lll;;;...ミlllillillillゝ:ヾll;;lヽliili ll.,.ilill; ;ll ;lllll";;ii"//;iノ7
         巛ミ;;ヾllミミミiiミミミ;:"''"'''"/ll/iiiiiiiiヽll::iiヽiii レ"llll'';;llll::ノii彡ミ
         」ミミミ巛ミiii;;;;::,::    //i////;::;::i/iiiii:ii:::::lllll;;;iii::ヽ"'ミ彡
         丶ミ,;、ミミミミミミiiiミ>   / ||/ ./ii///iiハ,ヽii|ヽiiYiiii|,ヽゞ ヘ
         くミ|'トヽ:::,,,ミミi:i:i;     |レ l/l |//|  | |iil liil i .iiii  l|iYヽ
ヽ         .>.Kニヽヽミiiiミ      i|  ll リl .l : | ll/ |リ  |i| . |ll
:::::ヽ       く l : rー).lミ   <巛ミミ=::,l,,,,l i  ;j ii リ  / レ,;;l|li>   何度も繰り返すようだが殿は病気だ
::彡ヽ       'liiヽヽ-;.ノミ    く  ””'''##ミミミ;;;; .リ /彡彡》ゞ'';"
 ::彡ヽ      jiiiiii::. く :::    "'::::.,,,,,,,,;;-- ヽ ミ  /r'''::6::'';i"i     無理矢理会おうとする無作法は
::::   ヽ    /;/ハ/'l, l::::          :: /  :  l' "''''''-''"l
  //iiillllliii:..:iiil/   : ''"|:: ::...            :  |      i      ご家老が許しても この俺が許さねえ
::/llii::iiiilliiiiiiii::ill/   ::  ::              .::  .|    .:'
lllllliiii:::iiiiiillliiii::iil(      :            ::: ::  l    /
llliiiii:::iiillllliiii::iiiillヽ:::     :           ヽ-、  ,;.   .;''ヽ、,.;;-::,,、
lliiii:::iiiiiiillllll::iiiiiiiiillヽ::  :::    :..,            ."''''"  ./'lli::::iiiiiヾiillii:::iiiiilliiii
lliii::::iiiiilllllllll::iiiiiiiiiill'l,   ::   :::\     ー-r―--ーr' /lllliii::iiiillllliii::iiilllliii:::il
llliii::::iiiiiiilllllll:::iiiiiiiiill:l::  ::   ::::::ヽ.      ""''''''''"" /lllllliii::iiiillllliii::iilllliiiii:::ii
:::lllliii:::::iiiiiiillll::::iiiiiiiiil::\::::::::   .::::..::\    "'----'''" ノ::lllii::::iiilliilliiii::::iiilllllliii:::i:
:::::llll:::iiiiiiiiiiiiiill::iiiiiiiiiiiiiiill\::::  :::::: ::: 丶:...,,,_________,,...;' lllii:::iiiiiiiilllliiiii:::iiillliiiii:::::
:::illlll::iiiiiiiiiiiilllllll::iiiiiiiiiiiiiillll:\   :::::: :.:.:.:::::::;;;;;;;;;;::.:.:.:' llliiiii::::iiiiillllllliiiii::llllliiiiiiiiii::::



ここで やる夫の親衛隊長である柳生宗章が両者の前に立ち塞がった





550 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 22:59:54 ID:Y484q67.

これは頼りになる柳生さん





554 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 23:00:15 ID:OoKtnfpg

宗章の前で勝成と為広の動きは止まった



         〈 \    \   \ \                    /    /   _ ,≧==≦ _    l -、 \
        /ヘ 〈ヘ              \                  /   /{_ , ィ´          丶. _}  l\ ヽ
      // \x≠、\  , = 、      \                {  // /              \  i、 |ヽ |
     {リf1  /' __ヾ\ \  _    、 、丶--‐ァ            l /  } / l/              l ハ |  レ'
     Vl l  ly' ィ マ 丶  ィ ハ Y    丶. __一'ア            廴  l/  /             N  N
      ハl  lハ {ヒrf〉     {ヒrf〉 ハ> 、  ー‐ァ'´               /i  /l      //ヘ.l    |  lノ
      l :|  l, ゝ`"   ,   `" ノ/^V    ̄´                 l l   /  / / |/  l         l _
      j八 lム ""      "" /)ノ                      / l   / /l ∠ _ /   _ 厶V   V  ヽ
         ヽlキヘ.   _    个イ l   …………           /  i/   ,.イ7--、}!   {, --∨  ,イ ,  |
         ノ .: .: .ト ´二` イ.: .:! |トヽ                  / l/ {マ /_,ヤr_ッ、|    , ィ_ッ、V l |}/:  l  …………
        ̄イ.: .:r 」    |1.:l.:|ノ'  . -―-〈⌒ヽ.__       / _ /乂i l:丶| ー ' l      ー ' ノi /,イ::  /, ┐_
     ___ __}:ハ.:}:::'ー――'::{:ルィナ'.::::::::::::::::::::}ーr'          / /   \/{l l入 i  ̄   {|     ̄ /|'フ l:: { ̄L/}
   /.::::::::l::{ {丁^ト -----イ ノ} }::::::::::::::/:/ _〕         / /   /  N' \    ー_-     /iY   l /   }┴i
 __,/.::::::::::::::::r―‐ 、ー-  -‐, ―┐::::::::::::::/ f -――‐     l  !   /    /\  > 、 _ , ィ´ /| ハ l _/ _/
ノ´ }:::::::::::::::::|     T "丁     |::::::::::/ 广¨           l /   l     |  r-―--、 -、/⌒V l  V |  i  /



対峙する相手の腕前が尋常でないことは すぐに分かった





562 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 23:01:14 ID:OoKtnfpg

ミ彡  〉,,,,,  ゞ| .| | | .||  || |  | .|  |/  ,,,,,'''':::::''';;,,,,  ''''彡 ≫ //~ヘ 〉ミミ
ミ彡 《《''''''';;;;;;;;,,, ヽ! Ⅳ| |||//|/ ,,,,,,,,,,'''''''':::::::;;;;;''''''     '''ミミ'イ~~ //ミミミミ    どうしても殿と会うと言うのなら
ミ彡  `、''''';;;;;;;;;::''''''ヾ || || ||/.,,'''''''::::::::::;;;;;;;;;;''''''''__        ミミ |~ヽ//ミミミミミ
彡  ミ!    ''''''''''V⊥L巛ii;;;;;;;;;;;;;;''''''__===' ̄~//        ミ )/ | |ゞミミミミ    この俺を斬ってからにしな
彡  ミヽ ヾ、___,==ヾ》 《《≫''''''=、 `=″  彡          ヽ // ヾミミミミ
彡   ミ|ミ  ''' ̄~ 彡Y  /彡ミミ  ̄―==彳           |  /  ヾミミミ     ただし 俺も黙って斬られはしないがな!
彡ミ  ミ|ミ       |  /                     トー'彡  |ミミ
彡ミ;  ミ八       |                       .|   彡 |ミ
彡彡::  ミミヽ      |     彡ミ``'':::、 ,,,, ,, ,,ッミ彡      .|    彡/ミ
ミ彡'';  '';ミミヽ  ミゞシ|     __/      ,イ ~||》″ ミ    |      |ミ
ミ彡彡  'ミミミ\ ミ\|   ∠____/ | イ||   ミ   |      /
ミ彡彡ゞ  ミミミミヽミヽ`t-t' |  |  |  |  | ィ~У   ミ    |     /
彡彡彡';,  ミミミミヾミ`くゝY 个 个 个 个イ У    ミ   У    /
ミ彡彡彡;;;,,  ミミミミミヾミヽ┴┴.┴-┴.┴┴'~ ,   ミ   /   /



戦場では別だが こうした状況ではとうてい勝ち目がないことも両者は一瞬で理解した





555 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 23:00:17 ID:QVUuSgI2

もう、理非の問答じゃないな





568 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 23:02:38 ID:OoKtnfpg

勝成も為広も命を惜しむ人間ではない
だが それは戦場であること
あるいは任務を遂行することが条件だ


     r -――――- 、_
     | { ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ\`>、
   /r」           \  \
  / ハ\  \        \ \  \
  ,' /l  \\   \        丶 ` ー―ァ
  l l| l  | 丶\  ` ー--/⌒ \     ̄下、
  | l!  l | / \`ナナー/ 二 Tー \  __ \
  l  l  l |/ __ ノ丶 _ f叨广 h \|ー'´ ̄ ̄
  ヽ V l l|ーf叨テ_      ゞ'´  |厂 ̄
   \v! l  ゞ'´     '    /}       (ちっ…… これまでか)
    〈 l 卜、u   -、__  /イ\
      キ l\)、 (_, ---' イ: :レ二._
     八 |ー\`: T  ̄/:〉イ: : : : : :`ヽ _
   _/: : V: : : : :_く }_/: : /: : : : : : : : : : : :ノヽ-┐
     ̄ノイノレィチ/ト---/ ̄`!: : : :-:―: : : / ノ
        /:r―-、_,/    |ー―――一' /\
          l: :|   { {     |ー―‐r――く
        _ノ: :ヽ.  ト-ト、   |: : : : : |      \
     く二二.入_/ l| \_j: : : : : |
       /   /   l:\/: : -――イ



やる夫を刺した後なら自分たちは死んでも構わない
だが 目の前の宗章を抜けない限り その死は犬死にだ





574 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 23:04:03 ID:OoKtnfpg

それどころか ここで自分たちだけが斬られるという事態となれば
やる夫は否応も無く西軍に叛旗を翻せざるを得なくなる


        , ィ  ̄ ̄ > 、
    / /       ヘハ\
   /  , -―-   -- 、 ',
    l //      j  \i
    }  /  /  /i/{     l
   l 「! / _, -' / l\  l |
   | ::レし '´_, ィ i、_ l ヽ |/{   (それは全くの無意味ね……)
   iト、}ノ ‐'-┘└‐`''ー l/ソ¨ヽ
  / ゝN   o     o  ん'   |
  {  Vト、 "   l!  " /!/  /{
  ハ \|:::lゝ(二ニ二フイ:::l   /::l
  |::i  |:::l|  _{_}  |::::l /{::::l|
  |:.:{   l:.:| V´ ∧ `Vi|::::! /::::/
  lハ:ヽ ヽ! |\/、 ヘ/!j::/ l:/
    丶:i  | ヽ \l/ / |'  / }
    /}    |  o  |   { ヘ





579 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 23:04:45 ID:Y484q67.

みすみす敵に回してしまうのは最悪の展開だからな





581 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 23:05:13 ID:OoKtnfpg

結局 勝成と為広の両者は高宮から引き上げる他に手は無かった


     / /       /   l    ト、      l    ハ
     | /       | l l   | | ヽ、   l     l
      l/  /   /| l /| l  | |  ',ヽ   l|   l
      // j / /ィ Tナヌ、V l  N   | |  l|   l
    l/   |/ / /  | / Vハl  | l   l | /  l /
     l  /| / /   l'   V_\| 、_.ィ Tナx:: //
    l 厶l/ /  ____    ___ l.::::/1
      V|/ l /l  、 tッ ̄ ̄ァ    tッ ̄ ̄ノイ ! |
     l| レ1|  , , , -=彡   , ミ=‐ , , l | l l   今日のところは
     /|`リ、 |_                }イ l/
     | , l:::::!::::\          _    / jノ     帰らせてもらうが……
     |ハ :::::l::::::::\     '´   ィ'リ
     l  ヽ:::::j:::::::::j `  ーrァfチ廴.::j_, -- 、
      _ r 、リrT´ }_,-, ニニ j| |   /     \
     //レ' ヘノ ノ///} リ | /       ヽ
    / / {/ / ̄/ // / / |,           l




        /: : : : : : : : : : : :_: ; ≠'´ \: : :ヽ
      ': : : : :\:_: : ://      ヽ: : ハ
     l: : : : : : :{{_,》 /  ノ}  {、   N: : |
      l: : : : : : :/∠ニニ二ィ   ゝ二ニl !: ::!
     ト: : : : : ;'  x彡气     气ミxl |: /
     l: ゝ、: : { }リハ.ノ1    ハハ }リイ
     |: /⌒ヽ!   ヒじン      ヒじ} ,イ     やる夫殿には
     l: l ⌒ハl|   ゞ'"´     .:} `~` {´}
      ': :ゝ. _   ' '       _   ' ' lノ     一日でも早い出陣を
     ': : : ::::l: : :l\       `´   イ: |
    ': : : : :::l: : :l:::l 丶、   イ::l l: :|      希望いたします
   /: : : : :::::l: : :レリ    T:::::::: : :| l: :|
   /: : : : :::::::|: : :l \   l:::::::: : : ! l: :|
  ': : : :_:_:/ V: :ハ.  \_j入:::_: /  l: :|
 /:/´ ヽ   V: :ハYフ>、ヘ V.ィ 71l: :|
ノ:/      \  V: :ハ{/ / `}¨}/ / },l: :|


同時に西軍諸侯のやる夫に対する疑惑は一層深まっていくのであった





585 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 23:06:21 ID:Y484q67.

限りなく黒に近いグレー





583 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 23:06:17 ID:OoKtnfpg

ともあれ こうして やる夫暗殺計画は未遂に終わった


       ____
     /      \       宗章 助かったお……
   /  _ノ  ヽ、_  \
  / o゚((●)) ((●))゚o \    なんだかよく分からないけど
  |     (__人__)'    |
  \     `⌒´     /    とにかく助かった気がするお
 /           \




              ,、∧ハノ丶人/ヽ'lノi_
         ノlヽノ) /ヽ'   ) ノ  i フ ̄i_
      iV!/l .| ! /!./ !,/-‐'ノ ̄ノノ;ノ ノ_      どうも
      l,|.i_ノ /',i/ ノ-'"ノ' l 'ノフミノ)彡 (
    iv'ノ '、 / ',/"./ . ノ, -‐ー'ヽ`>ニ >     (連中の殺気が半端なかったことは
  .i、 i、| /   Y./ヽ、, '", ;;彡'"二i'⌒ヽ"、二ニゝ
  、| ` 、ヽ`ミノニヽ/" `゙ー''彡三| lミ、.i_, ゝノノ>     黙っといた方が良いかな……)
 _iヽ‐-ヾ、,、 (,,`ヾ       ミ` ` l`''ヽ  `ゝ
 ヽ_`_、-,'`;;| `‐-`, '"         ヽノ">ヾ!` \,'"
  ヾ;;__/l,ヾ! i. /,' ./l!        ヽ ' ,   /:.:.:.:.:.:.
    |;!'、  '、/;i ."'゚./             `  ヽ  |:.:.:.:.:.:.:.:
    ! \.ヽ `:::、              ,'',  .', ,ノ:.:.:.:.:/
      .゙i/ヽ,_            /::::!   !:.:.:.:.:,':.:.:.:
       `"'|   ._)     ,,    ./:::::',  ノ:.:.:.:./:.:.:.:
         、 ;:_,,"   /    ./::::::::  ./:.:.:.:./:.:.:.:.:
         `" ̄ヽ_/ /      :::::::::: /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:
              `''、    .,/ ,-‐、:::,.':.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:
               ヽ,__,,'/―ー''":.:.:.:ノ:.:.:.:.:.:.:.:
                ./:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.,/:.,':.:.:.:.:.:.:.:.:.





590 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 23:07:15 ID:OoKtnfpg

       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  / o゚((●)) ((●))゚o \    薄氷を踏む思いとは まさにこの事だお
  |     (__人__)'    |
  \     `⌒´     /




       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \    でも やる夫は これだけの危険を冒しているんだお……
  |     (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /




       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \    だから 家康殿も きっと分かってくれるんだお!!
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /



そして家康の再返答が届いたのも この日のことであった





597 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 23:08:19 ID:OoKtnfpg

9月8日 深夜
やる夫の実兄である木下延貞が高宮の小早川陣中に帰還する
が……



    ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
   〈 ◎ノ\   /\ ◎ 〉
     ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
     )    Y    (       やる夫~ やる夫ぉ~~
    /γ⌒     ⌒ヽ\
   /  |         |  ヽ
   |   ヽ__人__ノ   |   ← 木下延貞
   \   U `ー'´ U   /





604 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 23:09:15 ID:OoKtnfpg

延貞は前回の家康からの拒絶の返事を届けてから
とんぼ返りで再度の使者に発ったのであるが それを鑑みても
その疲労具合は異常だった


         ____
        /ノ   ヽ、_\    r ⌒j
      /( ○)}liil{(○)\  /   /
     /    (__人__)   \/   /   /  )   延貞兄さん! どうしたんだお!
    |     |i|||||||i|     /  /  /  /
    \     |ェェェェ|     /   '` ´  /      今度も何かあったのかお!!
      r´  (⌒'ー―- イ′     ´廴
     /    > 、     ヽ      _  ̄ ̄ ̄)
    /        -、      }        (  ̄¨´
   /           ヽ._       __  \
                `   --‐'´ `゙' 、_.)




   ,_⌒ヽ      γ⌒_ヽ
  〈─ ノ\   /\ ─〉
   ヽ彳゚  ヽ /   ノノヾllフ
.   ) )   Y  。(.ノ ( lj
  /{ {⌒      ⌒ヽ\゚。     やる夫ぉ~~  あのな~~
. /.  〉 〉           |
. |  し'___人__ノ   |
 \     `ー'´     /
  /           く
  |           . \
  |          . |ヽ、二⌒)、





606 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 23:10:14 ID:OoKtnfpg

   ,_⌒ヽ      γ⌒_ヽ
  〈─ ノ\   /\ ─〉
   ヽ彳゚  ヽ /   ノノヾllフ    徳川軍とは
.   ) )   Y  。(.ノ ( lj
  /{ {⌒      ⌒ヽ\゚。    9月3日に小田原で接触した……
. /.  〉 〉           |
. |  し'___人__ノ   |
 \     `ー'´     /
  /           く  グス…… グス……
  |           . \
  |          . |ヽ、二⌒)、




            ___
          / ⌒  ⌒\   __
        / (⌒)  (⌒) \〈〈〈 ヽ
      /   ///(__人__)/// 〈⊃  }   おお! ついに
      |   u.   `Y⌒y'´    |   |
     \       ゙ー ′   ,/   !    家康殿も出陣したのかお!
     /⌒ヽ   ー‐    ィ    l
     / rー'ゝ           /
    /,ノヾ ,>         /
     | ヽ〆         |





613 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 23:11:15 ID:OoKtnfpg

   ,_⌒ヽ      γ⌒_ヽ
  〈─ ノ\   /\ ─〉
   ヽ彳゚  ヽ /   ノノヾllフ    家康様への取次役として
.   ) )   Y  。(.ノ ( lj
  /{ {⌒      ⌒ヽ\゚。    永井直勝殿が尽力してくれた
. /.  〉 〉           |
. |  し'___人__ノ   |
 \     `ー'´     /
  /           く   ウッ……
  |           . \      ウウウ……
  |          . |ヽ、二⌒)、




         ___
       / ⌒  ⌒\
      / (⌒)  (⌒)\
    /   ///(__人__)///\
     |   u.   `Y⌒y'´    |   うん うん
      \       ゙ー ′  ,/
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |





618 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 23:12:14 ID:OoKtnfpg

   ,_⌒ヽ      γ⌒_ヽ
  〈○ ノ\   /\ ○〉
   ヽ彳゚  ヽ /   ノノヾllフ
.   ) ) ::::::::Y::::::。(.ノ ( lj
  /{ {⌒::::::::::::::::::::⌒ヽ\゚。
. /.  〉 〉           |    でも 会えなかった……
. |  し'___人__ノ   |
 \     `ー'´     /
  /           く
  |           . \
  |          . |ヽ、二⌒)、




       ____
     /      \
   / ─    ─ \
  / -=・=-   -=・=- \    へ?
  |      (__人__)  U  |
  \     ` ⌒´     /





621 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 23:13:14 ID:OoKtnfpg

   ,_⌒ヽ      γ⌒_ヽ   .
  〈> ノ\   /\ <〉     今回も 家康様は会ってくれなかった
   ヽ彳゚  ヽ /   ノノヾllフ  
.   ) )   Y  。(.ノ ( lj   .  書状の受け取りも やっぱり拒否されちまったよおおおお!
  /{ {⌒      ⌒ヽ\゚。  
. /.  〉 〉           |   /∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\
. |  し'___人__ノ   |
 \     `ー'´     /
  /            ヽ




━━┓┃┃ ━━┓┃┃ ━━┓┃┃ ━━┓┃┃━━┓┃┃
   ┃         ┃      ┃         ┃      ┃   ━━━━━━━━
   ┃         ┃      ┃         ┃      ┃               ┃┃┃
                                                      ┛
     ___          ___          ___         ___
    /⌒  ⌒\       /⌒  ⌒\       /⌒  ⌒\      /⌒  ⌒\
  /(  ̄)  (_)\    /(  ̄)  (_)\    /(  ̄)  (_)\   /(  ̄)  (_)\
/::::::⌒(__人__)⌒:::: \ /::::::⌒(__人__)⌒:::: \ /::::::⌒(__人__)⌒:::: \/::::::⌒(__人__)⌒:::: \
|    ゝ'゚     ≦ 三|    ゝ'゚     ≦ 三|    ゝ'゚     ≦ |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚
\   。≧       三 \   。≧       三 \   。≧       三\   。≧       三 ==-
    -ァ,        ≧=- 。-ァ,        ≧=-  -ァ,        ≧=- -ァ,        ≧=- 。
     イレ,、       >三  イレ,、       >三  イレ,、       >三 イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
    ≦`Vヾ       ヾ ≧≦`Vヾ       ヾ  ≦`Vヾ       ヾ  ≦`Vヾ       ヾ ≧
    。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。。゚ /。・イハ 、、    `ミ。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。



やる夫は今回もまた家康から冷たく拒絶されてしまったのである





622 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 23:13:16 ID:Z2H6MTDg

家康、予想外のツンデレっ・・・!





623 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 23:13:22 ID:cSDK0TO.

こっちもこっちで重荷を背負わされていくなぁw





631 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 23:15:13 ID:OoKtnfpg

実のところ 前回とは違い 今回の家康の拒絶に深い意味は無かった


    _                    ヽ
 ‐''´ /         ,、           .',
  〃         /| / l  |ヽ、        |
 .,' ,ィ      ムf /  l .L 」 ,、      |
 |//   _,,、v‐'l/ ij  ', ┌-、 _      |
 . ,' /| ./__,,r-、 u u ヽ|、-ヽ| ヽ      |        今は全速力で
  |/  |/l(_    ヾ、  〃    `)| |-‐ 、  |
 .     l.(´   O ) ;; 、 O   )| |ニヽ ヽ|       赤坂に向かうことが先決事項だ!
      l..ヽ、 r-/..:: ι┐ rl'´ |.| -、| ..l l
      .l;;;;..`/..::::::::: u し'/  .l.|__,ノ /  l、      やる夫の密使?
       l  (__:::::::::::u::`) /_  ||-- '′  ヽ、
       l r‐---‐---~'´__`l |   lヽ、  ヽ、   後だ! 後だ!!
        l.l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ( |   l   ヽ、_ ヽ
          ll二二二∠二二二ノ.ノ   |    l  ̄
        _ヽ  ,,,,,,,,,,,,,,,u  ./ |   l     l
     ,、-''´ ,ヽ ij ;;;;;;;;,,  /;;  |   ,'|     .l
 _,、‐''´    / ヽ u   /;;;;;;  l  / |     l
       /   ヽ、 /;;;;;    リ  / |     .l
      ./     `lヽ''''     l /  .|      l
      /       l .ヽ     .l /   |      .l




        _  , - 、
        /  `′   \
      /    r'ヘ.    ヽ
     l   ,.イ.j_ニl ト、.__  l
.     l   /ニレ-┘ハl`ー-ニノ
    | r,=i 「て~。TニT。゙う |
     |.|に|.lヽ ニ/u  !ニノ!       ⊆ニヽ,
.   │`ァlノ r',ニ‘=~='ニ、 l      ,、`Z二ヽ、   え ちょ それは……!
_,. -‐''1 / :ヽ.‘ー‐''ニニ''ー'/、_     l. )ノ、‘ァ`!
  ,, レ′  :ヽ. ' ' ' ' ' /、,,   ̄`ヽ. l. `ヽ r' l
''"´         ̄ ̄/ ̄   ゙゙     i ヽ ' .ノ
. ,-、, ‐'つ           _     l  l i   |
/.//''_つ ー-、 ,. -‐ '' ´       │.ノ '  :|
l/ ' ∠‐つ   i        /    V    :|
,' , ´ -‐'う   i        /     /    |
 '  ノ ̄    ,'       r;;ハ    ,'     :|
 ‐'´------‐'' ` ー-----イ  \  i    .ノ


江戸から出陣して3日目
この時の家康は行軍中 最もテンパってた時期であり
ついつい やる夫に対する態度がおざなりになってしまっただけなのであった





645 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 23:16:56 ID:Y484q67.

田丸の時から何も進歩してない





643 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 23:16:38 ID:CyGWXUgA

謀略とはほど遠い家康であった





640 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 23:16:15 ID:OoKtnfpg

     //            //   そんなっ…!
.    / / __,‐⌒ヽ、       //   バカなっ…!  バカなっ…!
   / / /   '─ \    / /    ありえないっ…!
  //ノ ノ-、 (○つ\  / /   どうして…!  こんなことがっ…!
//  | 。(○)  、゚ ヽ, ヽ l l   どうして……  こんな…
/   ヽ Uヽ__,,,トー'i   )| |  あってはならない……! どうして…
      ノ    ` ⌒''  ノ | |  どうして…  こんな…
    (           } ノ ノ   こんな…
     ヽ         //
      ヽ      //      こ ん な こ と が っ … … !


だが そこら辺りの事情まで伝わるはずもなく やる夫は再び絶望のどん底に落とされた





647 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 23:17:15 ID:OoKtnfpg

\\ /:::::::::::::::::::::::::::::::::::
  r'::::::::::::::::::::;;:;;:;;:ッ、:::::::::::    待て待て待て!
\ レ''''jrTf"    lミ::::::::
   |        〈ミ::::::::     やる夫! 延貞殿は俺たちが
\ |、_ ャー‐__二ゞ ヾ::、
`` ゞ:}   ̄'互.ヾ  }:j ん     まだ石部にいた頃に出した使いじゃねえか!
   l/   """"´`    )ノ
=-- /           l  (ノ
== `弋"__,....._     !  !
     ゙、`ー‐'     ,'       \
''"´    ゙、 ̄    / ,'         \
/     ヽ__/::;' ,' ノ       `ヽ
  //      ヾ_,'∠..,,__
// //   /´




           ,  ‐ ´  ̄ ̄ `ヽ、
          /     、    、 \
          ,.'./  .:/ ;小:.. ヽ:. :\:.:.ヽ
.        //:.:.:.:/.:./:. ./ i ヾ:.:.丶:. ...ヾ:ー'、      ここ高宮から送った使者は
       //,':.:... :.:厶:./- ヽ 弋:.‐\:.:.:. 丶:\
         ! |:l:j:.:.:´/ ィ天t、   ィ天女、-、:.. ヘ、:.ヽ   ちょうど今頃
         ! | :.!.:.:.:ハ´ち;;;j    ち;;;;j !K }ヽ:.、.! ヽ!
         ヽヾj:.ノ小 `::::.   '  ::::´ ハイ: |`リ  ノ   家康様のもとに辿りついた頃のはず
       、_ノイ:..:.:リ;:ゝ-‐っ ー-   イ:.l::|:. i |
      /´/:.:/ ‐<>.、 _., .イ_.l:.:l::|:. i |      今は この使者の帰りを待ちましょうよ
     /_/∠ ァ┐l !ノーソノl  ̄ ヽ、」::|:. .:i:ハ
   , ./´   `∨イしリ  / ハ  / ヽ ̄`ヽハ
  / |====、∧/  >‐/{ヽ‐‐く   l    l ヽ  r/7-、_
, '   /     / /   7〃 {{ヾ〉\   |/ ̄ |  厂し' / /┐
.   /     / /  /   {{.   \  |    | ,/=(_/_/_,人
   |     / / イ    o. {{       \|    l/     'ヾ、/





655 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 23:18:40 ID:OoKtnfpg

::::::... ..丶
:::::::.... ...\
:::.' ──-.. \
:::::::... ⌒__丶 \
:::::::::.... .'::. ).ヽ  .ヽ
:::::::::::.... __ ..丿   ヽ
:::::::::::...    ヽ   .ヽ
:::::.._ ノ ヽ.____丿   .丶    ………………うん
::::::::::::::.... ..::ノ      .)
:::::::::::..   ../       .ノ
:::::::::.⌒ "       ..ノ
:::::::::::::::::....    ....::::::../
:::::::::::::::::::::.. ......::::./



そして その使者は正成の推測どおり
まさに今日のこの日に家康に謁見していた





661 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 23:20:27 ID:OoKtnfpg

9月8日 白須賀
家康への取次を担当したのは今回も直勝であった


            , -‐-、  , -─- 、._
           ./    V       `‐- 、
         /                   \
      ./                    \
      /            /vヘ              ヽ、
.       l            /、 -\  l\ .i,      l
     |        /、..\ ‐--\|-'\|\l`、    l
     |       /.  \..\__    ,/./\l\|
     |    __   /____\.__|    |./____」.   前回に続いての無視とは
     |   ./‐ヽ┼|    ==== ̄ | ̄ ̄| ̄====  |
.       |  |.|-、|..| |   (    o  | ̄ ̄|. o    ) .|   あまりにも無礼でしょう!
.      |  |.|‐、| |..\__ ` ‐u-__ イ:   lヽ_ u-‐' ,ノ
.     |  |.l_(.|.|     ̄ ̄  l:::     l  ̄ ̄ |    第一 わ わたしの顔も立ちません
       |  ヽ-'/l   /___/ l_:::    _l l.___ヽ.|
      |    / l / /  , -- 、.``‐-‐'´_____ l     今日は絶対に会ってもらいます!
     │  ./  ::l. /  /- 、__ ̄ ̄ ̄ __l/.l
.     /|   ./.   :::l.  |______ ̄ ̄ ̄ _/ .|
   / :::::|  /   ::::l  \_     ̄`Y´ ̄ / .|
. / ::::::::::::|. /    ::::l     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |\
:|::::::::::::::::::::|/       :::::l.   l.  l  l. TTT l l.__,l:l::::::
|:::::::::::::::::::::|\     ::::: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l ̄:::::::::|::::
::::::::::::::::::::::|  \    :::::::::::::::::::::::::::::::::::::/|:::::::::::::::|::


直勝の強い申し入れにより小早川家の使者と家康の面会は実現した





667 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 23:21:30 ID:CyGWXUgA

永井さんも大変だな





668 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 23:21:35 ID:KHP.cV.Y

取次は本来それだけ面目のかかっている仕事だしな





664 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 23:21:15 ID:OoKtnfpg

                ____
     -=ニ"`' ,   , ' "  ,," '
     ______\ ` , , '    '-ー ̄二=-
  ∠二__  ~`           ""'ー、
   , - ~                 ヽ
  , '  , ,                  ヽ
  / /, '                   `,
  i/ /          /|           'i      ああ そう……
   ,' ,    /:i /:i |:::| |',          |
   i /i /' /::::| |::::i |::uヽi::`,`ヽ       |     やる夫殿は俺の味方をしてくれるか
   i/ i/ i /ー-ヒ--`|u|--エ--ー\  ___   |
     i i/|二ニ=ニ~  二=ニニニ,:::| |─i`.  \    うん ありがとう……
       .,|ヽ_゚_./:::::"ヽ_゚_, イ/:|.|─| | |`┬ー-
      / | ==:/:::u:::  u ~/':::|.|ニノノ |  |ー--
 __;;-ー''"~~.λu:/:::::::_::i   /'::::u::|.|ー'  /  |
 __;;-ー''"~'/| .| (_,-  u   ::u:::::/|   ||   |
      | !i .| く__ __-ー''ー:-:::/::|   |.|   |
      .|  | .|x--二_____:::::/:::::|  ./ .|   .|
      |   |/~ニ二\\ 'i/::::: |  |  |   .|
     .|  ,r┴'---, ̄\',  |::u |  |.  |   |
     | く/ ̄ ̄\こつ  i  /  .,|  .|    |
     !-ーC' ̄ ̄`こつ    | / /!/,/ \   .|
        | ̄ ̄ヽ、      | / /| -    ` , |


だが この時の家康は気もそぞろの上の空といった感じであった





671 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 23:22:15 ID:OoKtnfpg

家康の この有様は使者を失望させるには十分だった



      , ´ ̄ ̄ ̄ 丶、,.'⌒ヽ
    ./         ヽ⌒ヽ.
   /       i /从从)
   |       | |  .lリ
   |      (`l l   |    (これは…… 脈ナシか……)
   l      |`l l.   |
   |      L_ll,n_,ノ
   !      |`) 口
   !  |   !lト、゙リ
   !! !,! .ノ从リ l `´
    ヾH|´´´   |
     ιl    !
      ´゙゙i゙゙l゙゙゙i゙゙l゙`   ← 河田資友
       .ヒ!. ヒ!.





677 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 23:23:35 ID:OoKtnfpg

だが 実は この日を境に家康には
新たな そしてとてつもなく重大な問題が発生していた


       ___  ,.-‐- 、
      >  `       ` 、
     ∠             ` 、
    /               ヽ
.   ./        /`ヽ         ヽ
  /, '   /|/|/   |. iヽ       ヽ
  ~./    /`- ._ u . | |_,| !ヽ      i
.    //| /== 。_!  !~,。 = 'ヽ. l^i  i
      ||` _ _ /  =,_ _ . '  | Fi  |    秀忠は……
       ||  / u    u  u |.Pi  |
       i||/   _ 丶  u   .||~   |    何をやっているんだ……?
.      | ヽ`   ____....--、 / |   |
.      |  ヽ  ̄ ̄ ̄ ̄ /  |    |
      |   ヽ  #'  /    |   __|_____
     //__....../| ヽ_ ./  u  |   |┬ii.--
___....-- i.|~  / | /   u    |   | | ||
-- ~ ~ i.|   / | / >...___....-^ |    |  | |


9月10日までに美濃国入りをしろと命じたはずの
秀忠と中山道軍が未だにその姿を見せていないとの報告が入ったのである





687 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 23:25:02 ID:OoKtnfpg

確かに10日までの美濃入りはタイトなスケジュールではあるが
それでも不可能ということは有り得ない



 ///      /| |::l .|l  |ヽ  ヽ\
   /        /::::|.|:::l |::| |/\ \\
.  | /    ./::::::::l|:::::l |".l |/::::::::ヽ、_\ヽ__
  |.l.| l   /::::::::::::|/ i /l| _,,、、-  ~  ::::ヽ ヽ/⌒ヽ、
  || | .|l  /\::::: ヽ /,、-'''"        :::::::ヽ ヽ'⌒ヽ.ヽ
  . | |.| | /  \  〃          i.l ::::::::ヽ ヽ'⌒| .|
.    |l |l    \ ;;; ヽ、  ,,、'      ij  :::::::::ヽ ヽ、_ノ |   秀忠…… 何があった……
           /:::::    ‐''~         ::::::::::::ヽ ヽ、_ノ
          / ,':::::::             :::::::::::::::::ヽ ヽ
         / ,':::::ij:::::: U    `ij     :::::::ij:::::::::l;ヽノヽ
        / ,':::::::::::::::::             :::::::::::::::::l;;;:::::: ヽ
       / ,'::::::::::::::::_::`)       _,,、-'''´~~`ヽ::::::::::l;;;:::::: ヽ
      / :::::::::: ''~ノ    __,,、-‐´   _、、-‐':::::::::l;;;;:::::::u ヽ
      `''''    `''-'、~    _ 、-‐´    :::::::::::::::l;;;;;;:::::  ヽ
                `r‐''' ´       :::::::::::::::l;;;;;;;;:::::   ヽ



訝しがりながらも家康は さらに行軍を続けた





694 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 23:26:16 ID:Y484q67.

家康も徐々に冷静さを失いつつある





693 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 23:26:15 ID:OoKtnfpg

   ^)l.                  .\            ./"゛゛]し。  )" ^゛              [   [
   | 赤坂               ^k          f゛     .\"^t、                )、  |
  ./大垣  岐阜         /         ,,l゚          ゚lv,,_               )。.  〈、
  |     ,,。.t''^^^ーx、        ](          」!             ^l.               | |
  |゛\ ./      ゚l、       ,,(         /.l[             .\。             \ .\
  J゜  \゜  清州 _)--。.,,_   メ         /゜|              ^)(              ]、
 ./゜    .l(      /゛   .\.。イ。        /゜ イ     ,,。.、      __,,/^^ー,,_    江戸   ./
./   __,,メv。 熱田        .\,,_  ,,,-^"^]( .\    」゛^)     r"゜     .\、    ./^^^"h、
    |:::::::/゛  /             .;)"^    ]l.  ゚l。  |  .ヽ──〈、       .\、  .。f":::::::::::__]k。_
   ,,/゛:::::::|  r゜ 岡崎        /     ./"   .\,,__[       /   藤沢  [ メ":::::::::::gイ゛  .\
  」":::::::::::::.;[ J(゚l(            /゜    メ゜         三島 _[  _vf'^.ヽx。 ./゜ |:::::::,,,,,,[
安濃津:::| .l[.ヽv./。      __/゜     .l(    興津__v──、.;.l(.ヽ。._小::::::::::::::::::^(゜  .ll.::::〈、
 .ヽ,,::::::::::::::::::゚::゛::::::::::::::::^゚l。.  /"゜       〈      __,,メ゛::::::::::::./゛     田::::::::::::::::::.\ メ゜::::.l(n,,
   .\、:::::::::::::::,,r\rr^^^" 白須賀  中泉\島田::::::::::::::::::::::.l[     ^)原:::::::::::::::::::::::::::::::::::::^|  \.
    .\,,:::::::.\-、vt─'^^^'ート^ヽ-、,,       .\./"::::::::::::::::::::::〈゜     .l[::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::^)    ,,,,,,,,]しv
      ゚ll.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::^^ー-、。   g(゛:::::::::::::::::::::::::::.ll゚      ,,[::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.lll"゜ __g(^゛:::::::::::::
    ___ ^鳥羽:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\。.](:::::::::::::::::::::::::::::.l[    __rf"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\v4":::::::::::::::::::::
    l::::!_](:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| __yf"^::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
^^^^^

9月9日  三河国岡崎
9月10日 尾張国熱田 この地で家康は赤坂からやって来た高虎と会談
9月11日 ついに清州城入り もはや美濃国は目前である





697 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 23:27:18 ID:OoKtnfpg

しかし それでも秀忠の軍勢は姿を見せない
その気配すら感じさせることがない


 /    _  _│υ││|ヽ  _,,-  ヘ       ヽ
/   / "-,,",-,,   |│_,,-"_,-"∨||\    _  ヽ
  /=====ヽ ||  ||"_,,--====ヽ |,,-" "ヽ ヽ
 | | |    ◎ /_ ≡"  ◎     |  |,,-""ヽヽ ヽ
 / | |ヽ,,,__ ./_::::::≡ヽ,, __ /::::|  | ,,-'''| |  ヽ   いくらなんでも これは異常だ!
./|  | |    :/_::::::::         :::::::|   |/  | |   ヽ
. │ | | υ:::::/_:::υ::    υ  ∪::::::::| │/""| |    ゝ  秀忠たちに不測の事態が起きたのは
. /│| .|  ::/_::::__:::)        ::::::::|  |""_丿丿   ヽ
 /  ::::::::|  _____,,----,, :::::::::/  "二_ノ     ヽ  間違いねえ!!
/   :::::::::| 〔        __」 ::::::/|           ヽ
    :::::::::::|  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄"    :::::/ |    |       ヽ
    :::::::::::::| υ  ≡≡   ::::::::::/:  |   |ヽ─,,_  ヽ
    :::::::::::::::|    ≡   :::::::::::/:::::  |    | ヽ  ""─
      / ::ヽ     υ ::::::::/:::::   |     | ヾ
,,,─ " ̄/   ヽ      ::::::/:::::    |     │ ヽ─,,_
     /..    ヽ:::::::::::::::::::/::::::    |      |  ヽ
,,,──"/      ヽ──   ∪    |      |   ヽ
    /     /            |     ∧ |    ヽ


この日 家康は重臣たちと中山道軍を待つか
あるいは家康の直属軍だけで赤坂に進むかを協議した





702 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 23:29:31 ID:OoKtnfpg

この協議において
重臣たちの間では意見が割れた


       ,.=,'´     ヽ::      \
        / 〝          ヽ.
          |〝 〝       くヽ!
         |〝 〝,〝, 〟 、  、 ヽ   これからの戦いを徳川家のものとするため
        |,〝 //! ∧  ト、  ト、|
        」 _r'7ヘ_j/   >、!‐ヽ! .| !   自軍の数は大いに越したことはない
        |「f.k━zxヽ /xz━ァ冫、! |
        ||ゞ| ` ̄ '"|.|ヽ ̄´/j〃ヽ!    秀忠様の到着を待っても良いのでは……
        ゙=ヘ   、|」,   /=″
         /| ∧ ゙ ̄ ̄ ̄ /
          / .l/ ヽ  く7 /ヽ.
      _/   \  ヽ./|  \
     / |  /] |   ヽ' !    ∧
 _,.-‐'´  | / о|     |ヽ  / |`ー- 、
       |/    |\    / Y \」     \


忠勝は秀忠との合流を主張した





706 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 23:30:47 ID:OoKtnfpg

                      ,. -―‐- 、
                     / ,へ.  ,、ヽ
                    i /  `ー' ヽ!      いえ 前線の赤坂では
                    ,h |'ニ.._┐r_ニ-ト、
             、      l〔|j ニ・ラ 'f・ラ|/      戦機が熟しつつあります
              ヾ''"" ̄`y个ハ   、| |,. /
              __`.ニ=‐/l/ ヽ ー‐一/        殿は直ちに出立なさるべきです
       __... -‐''''"~      l  l.   ヽ_____/ | ‐- ...__
      / ヽ         | |     |  |    ~"'''r 、
     /    `、         |  |―-、 ,.-‐|  |        | `、
     /    `、       |   |ー―――|  |      |  |
    / _    }  / 〉  |    |:::::::::::::::::::::|  |     |   |
    /     `ヽ,// /    `\. l::::::::::::::::::::::| /  ⊂二二\,ハ
   /  ⌒\/ |     ,/  |::::::::::::::::::::::| \  ヾ;-\- ヾ   ノ
   /  \ //  ノ     |  |:::::::::::::::::::::::|  |   ヾ二.~^十''⌒
  /  / / / , |         |   |::::::::::::::::::::::::| |    |_|   |
  / /  ./ ./ /.//       |  |:::::::::::::::::::::::::| |    | ヽ  ,ハ
 //   / ./ /.//        | |::::::::::::::::::::::::::|l    |  ヽ/ |
/    〈_/ ,/,〃         ヽ|:::::::::::::::::::::::::::|     |    |


これとは逆に直政は一刻も早い出陣を家康に促した
どちらも それなりに一理ある献策だが
家康は 戦況的に直政の主張にわずかながら分があるような気がした





709 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 23:32:12 ID:OoKtnfpg

          _,,. -──- 、 ,. ‐''"´ ̄`二ニ=-
      -=ニ´..__     ゙     ´ ̄~゙'''‐、
       ,. ‐''"´                  ヽ、
     , ‐'´                       ,.ゝ
   ∠..-‐''フ'~                       ゙!
      /                           !
     / ,                           l
.    //        /l ,ヘ. ト、 ヽ、            l
.   // ,イ    /! / ul ! ゙、 |. ヽ、!ゝ、 !       |
    / .// /!  ./ l./.`‐、l  ヽ!. ‐'´, k'ヽト.、       .l   むうう……
.   i ./ !/ l ,イ/. !' `‐、|!  I|_,. ‐'´ ヽ! ::::ヽ      ゝ
.    l./ .l' l' !' l=====〉 __ =======:| .|⌒i.   ヽ、
    !        l`‐.、.__゚/,::: ''' ヽ、 _゚__,.. ‐'´:::| |´ )}.    l、
              !  :::/,:::::::::. jv  u    ,/:::|.|~)/     l、
          ノ! ,/,:::::::::::__::)  _,,.-‐"  u::||_ノ       i、
          / iー_____ ,,. -‐''フ::::/!     !゙!‐ 、._. ヽ、
          I_,. ‐'i`‐ 、.____,,. ‐'´:::/: │   │l   ` ‐-
    _,,. -‐'"´   ,.!  ___,,   u:::/::   !    ! i‐ 、._
   /i     _,,. -‐1 ヽv  ̄ ̄   :::/:::    !   i' .i   ` ‐-
  / .{_,,. -‐'"´     !  ヽ、   .::/:::    i'  / /
 /  !       , -‐-、 , -‐、i´~`ヽ     ./  ,イ./
/   l      ,.へ、/⌒ヽ、 `‐、  i   /  / /
    |    /‐-∠.__,、 `‐、 `i‐、-‐'"7/!'/
    .|  /´        `‐、  ゙i __,! `、-‐/"


だが それでも
この時の家康は なかなか結論を切りだすことが出来なかった





708 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 23:31:47 ID:CyGWXUgA

運命の選択だな





713 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 23:33:12 ID:mcZhBxGs

考えろ、思考を止めるな





714 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 23:33:14 ID:OoKtnfpg

そして ついには……


   ヽ .. .   .. ../
   ..ヽ . U.  ../           v
    ..ヽ   ../      )  U
    ..ヽ  /   ⊂つ   v
    . ヽ(               _..
     ..ヽ  ̄       _..ーー~        …………卜斎
     . λ∈≡=ー~~~~
     ./..ヽ            v
     / ..ヽ U  .≡≡≡≡ .      /
    ./.  ..ヽ    ..≡≡≡       /




              _   _,
           ___,> Y´'ー-、
          _>z二_ ___`ー≧__
          >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
         /        ヽ `Y′之>
      .  /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }く
        l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
        |ハ |(●) (●) / / ,/レ′   あ はいはい
          `|   ヽ    「)'/|/
          ヽ、_  ―  _,.ィT/       なんでしょうか?
            l 7Eニ::ィ1│
            'イ:::/ヽ::`::ヽ
              /:.:.} ̄ ̄、:.:ii.:|
             {:.:.:⌒ス  ィ⌒} )





716 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 23:33:56 ID:KHP.cV.Y

え、侍医に聞くの?





717 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 23:34:05 ID:Y484q67.

卜斎の反応が軽いw





718 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 23:34:15 ID:OoKtnfpg

\                                  /
<  
あ 頭が痛い! お腹も痛い! か 風邪だ!!   >
<                                  >
<   
どうやら俺は風邪をひいたみたいだ!!!!    >
<                                  >
/∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\

                _           ニ / l l
             /´´,ィ〕           /
  ニ / l l   ,_   /  'ーっ          /ニ7
   /   /777/  /  ./ ̄             /
  /ニ7 {   し'7/ ゙̄7/    ,. ''´ ̄`ヽr:z   
   /   ヽ.  ノ { /〈/   /    _,、 ゝ       _ f'h、
       |ー-|  X ,.へ    !   r'7/,ゞ7レリ       (.くノ ' 'ヽ
  ,rf'?   !   !// V   \_l   y/__ヽ,        .〉   ノ
 〈  レフ .!    ̄/ ̄ ̄/ /   ,.イ | r'::   、    /   /´
  ヽ  く  `‐! !-l__/ /イ / / ̄`<:: _ ヽヽ.  /ー-v'
.   V⌒ヽ_, l l-‐ヽ /  ´ l/ レ'      ,ゝ、  ̄7 i‐-'  / } }
   ヽ    ! !   ∨   /       /   \/l. !   ./  ノノ
     \__,,.ゝヽ''7    ./ ニ / l l   、   /ソ ,'─‐'   r‐ 、
         /    /   /     ,イ ヽ./ / /、_ __/  ´ヾ、
.        /    ノ   /ニ7   /;'|___ゝ'/   }   __,.へ)
       <、   ./     /   /;' | '´イ ` ー─‐'-‐'''´
     /:::`::::ー- 、        /;'  !   L_    ノ丿





721 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 23:34:47 ID:AUoo.VDo

ちょっと待てw





722 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 23:34:47 ID:CyGWXUgA

お前、もう江戸へ帰れw





725 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 23:35:00 ID:3HnRQ6Xs

なんだ、この俺達が胃液を吹くような展開はw





729 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 23:35:24 ID:OoKtnfpg

       ,_   _
     、-ー'`Y <,___       /|
  __≦ー`___ _二zく_    /  |__
  > 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<    \  /
 <之′Y´/        \    |   \
   >{  ,' | 、 , ,.  ,.l  ,   ゙i    ̄ ̄
  | !、{  | 寸寸T ハT7} ィ, l
  ′J゙i, ゙i ゙i (○) (○)| ハ|.   え! それは大変です!
     ゙i|゙i'(1U .,---v  |
     ゙iTィ.,_  ilili l__ノ      じゃあ薬! 薬!
      │「ィ::ニE7 l __
      └l´::::/ヽト /  /     わたしの薬を飲んでください!!
        |::::|´  ̄`i/ とヽ
        |::::|     | ̄=-'
        |:::::|    \
       /lrェリ l   ヽ \





737 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 23:36:14 ID:OoKtnfpg

    _                    ヽ
 ‐''´ /         ,、           .',
  〃         /| / l  |ヽ、        |
 .,' ,ィ      ムf /  l .L 」 ,、      |
 |//   _,,、v‐'l/ ij  ', ┌-、 _      |
 . ,' /| ./__,,r-、 u u ヽ|、-ヽ| ヽ      |    飲む! 飲むよ!
  |/  |/l(_    ヾ、  〃    `)| |-‐ 、  |
 .     l.(´   O ) ;; 、 O   )| |ニヽ ヽ|    なんでも飲むから
      l..ヽ、 r-/..:: ι┐ rl'´ |.| -、| ..l l
      .l;;;;..`/..::::::::: u し'/  .l.|__,ノ /  l、   すぐに用意しろ!!
       l  (__:::::::::::u::`) /_  ||-- '′  ヽ、
       l r‐---‐---~'´__`l |   lヽ、  ヽ、
        l.l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ( |   l   ヽ、_ ヽ
          ll二二二∠二二二ノ.ノ   |    l  ̄
        _ヽ  ,,,,,,,,,,,,,,,u  ./ |   l     l
     ,、-''´ ,ヽ ij ;;;;;;;;,,  /;;  |   ,'|     .l
 _,、‐''´    / ヽ u   /;;;;;;  l  / |     l
       /   ヽ、 /;;;;;    リ  / |     .l
      ./     `lヽ''''     l /  .|      l
      /       l .ヽ     .l /   |      .l




              _   _,
           ___,> Y´'ー-、
          _>z二_ ___`ー≧__
          >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
         /        ヽ `Y′之>
         /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }く
        l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノヘ
        ,ヘ, |(>) (<) / / ,/ /
        '、 `|゚  r -- 、゚。「)'/|/ /     はいぃいぃぃぃいぃぃぃ!
           \ヽ、ヽ、__,ノ _,.ィT/=/
          く l 7Eニ::ィ1    〉
           ゝ'イ/ヽ::::` 、 /
             i´ ̄ `ヽ::|
            j|       く
           /    ヽ  \





740 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 23:36:38 ID:xMe014so

嬉しそうだな、卜斎w





745 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 23:37:20 ID:OoKtnfpg

9月12日
家康は風邪を口実に一日を清州城で過ごした
やはり後継者である秀忠の立場を潰すような真似は家康もしたくなかったのであろう


_            (ミ;、
iミヽ           (ミ;ゝ,--ー‐‐、...,,,___
)ミ:`=ー-―-´~ ̄''ヽ  iミヒiニニ~~`ー‐‐‐、.  ̄ヽ
(ミゞ_;'ニニニ~~~~,.~'ヽ、ヽ `ー´  ~~~--..,,=、`;  i
 ~     ~"~ゝ、 ヽ.`ヽ.      _,,.-- ,´  /
    ,., .    ヽ ヾ ゝ_,,,..--...‐'~ _,,.‐~ .‐~
   //i)i)     i _,,..ゞ/    ,‐~___,,‐´
  //       /~`ー~7''`ー~~~"~十-7
  `.ヽ.      i十-十,'十-十-十-+/  ,.,
   ヽ)      ',十-+|十-十-十-/   //i)i)
   i7_      i十-+',十-十-十/   //
〇⊂ ,7_     ,'十-十、-十-十;.i   `.ヽ     うえ……
.  j ,‐-、ヽ    i十-+,1,1ト,、-十-:ヽ.   ヽ)
〇/, |  ) )、.   i十-,1::|::|.i::i:|十-十i   i7_       なんだ こりゃ……
. `U (_ン´   i十-+ゞ::::::::::::::ノ--十ノ〇⊂ ,7_
       ,,/',十-+i:::::::::::::::'、-十/十-+j ,‐-、ヽ   ぐええ……
      /+ヾ+‐',+‐/丑::::::::::iミ、十/+〇 / |"ー、) )
     /-....十-`+',+', ミ   .ゞヽ[コ]‐"~'`U (_ン
    ,´u ´ ̄~''"~~ヾ j::::::::::::::ヾ_シ__..、____,.‐´
    ヽ.,__,..‐‐―‐"''~ゞ:::::::::::::ノ





755 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 23:38:32 ID:itWpqZMc

健康なのに薬を飲めば、そりゃおかしくなりますわw





753 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 23:38:18 ID:OoKtnfpg

そして卜斎は「慶長記」で誇らしげに次の一節を記載するのであった……



       、-ー'`Y <,___
   __≦ー`___ _二zく_           『家康様は少しお風邪をひかれたようで
    > 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<
  <之′Y´/        \          清州に逗留なさいましたが
    >{  ,'  | 、 , ,.  ,.l  ,  ゙i
    | !、{  | 寸寸T ハT7} ィ,l     o    わたしの薬を服用すると たちまちお治りになりました』
    ′Ji, ゙i ゙i ( >)  (<)|ハ|   /
     i⌒ヽ'(1. '''  _'  ''' ノ川/⌒)
.      ヽ  ヽx>、(_.ノ__,イ l |::::ヽ/  ____E[]ヨ______________________
      ∧_人lハ:::::l,三|:::/l|_::::ハ
      |\    ̄ヽ⌒ヽ⌒ヽ   \
      |\\    ⌒  ⌒   甘 \
      |  \| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|





756 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 23:38:36 ID:Z2H6MTDg

捏造すんなw





767 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 23:39:30 ID:Y484q67.

これ書きながらドヤ顔してたんだろうな





769 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 23:39:47 ID:OoKtnfpg

同じ頃 信濃国内


                    '';;';';;,.,
                      ''';;';';;'';;;,.,
                       ''';;';'';';''';;'';;;,.,        ざっつぁつぁっつぁ~
          ざっつぁつぁっつぁ~  ;;''';;';'';';';;;'';;'';;;
                        ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;
                        vymyvwymyvymyvy     ざっつぁつぁっつぁ~
                      MVvvMvyvMVvvMvyvMVvv、
                   Λ_ヘ^-^Λ_ヘ^-^Λ_ヘ^Λ_ヘ
                   ヘ__Λ ヘ__Λ ヘ__Λ ヘ__Λ
                __,/ヽ_ /ヽ__,.ヘ /ヽ__,.ヘ _,.ヘ ,.ヘ    ざっつぁつぁっつぁ~
    /\___/ヽ   /\___ /\___/ヽ  _/ヽ /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\/''''''   '''/''''''   '''''':::::::\   /''''''   '''''':::::::\
  . |(○),   、(○)、.:|(○),    |(○),   、(○)、.:|、( |(○),   、(○)、.:|
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|   ,,ノ(、_, )|   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|_, )|   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::|   `-=ニ= |   `-=ニ=- ' .:::::::|ニ=|   `-=ニ=- ' .:::::::|
   \  `ニニ´  .:::::/\  `ニニ \  `ニニ´  .:::::/ニ´ \  `ニニ´  .:::::/
   /`ー‐--‐‐―´\ /`ー‐-  /`ー‐--‐‐―´\-‐‐ /`ー‐--‐‐―´\




     :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     |  ./‐ヽ |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
..    |  || ~)| |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    │ || 6|.| u::::::::::::::::::::::`‐-;::::::::::
.      |  ヽゝレ            / v l     何故だ 何故なんだ……
.   /|   /':\   ⊂ニニニ⊃   /
  _/==|  /   ::\    __    /
''´ l====| /      ::::\   ̄ v  /
::::::|====|/        ::::\   /_
::::::|====|\        :::::\/=l::::`..‐、
::::::|====|  \        :::::::|===l:::::::::::::`..、
::::::|====|   \       /|===|::::::::::::::::::
::::::|====|.      \   /  |===|:::::::::::::::::
::::::|====|l       \/    |===|:::::::::::::::::
::::::|====|.|       ∧.     |===|:::::::::::::::::





774 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/09/11(日) 23:40:52 ID:OoKtnfpg

        ,, -‐''" ゙̄`ヽv'" ゙̄` ‐ 、_
      ∠´_..           -ニ_~
.      /´                `ヽ、
      /                  \
     l               ∧         l、
.     |           /l /::. |. ト、i、.   ヽ、!
    │        /| /.| /:::::::.|.|::.l.,|_l.,ヘ   l.
     |   __  /|/゙|/`|/、u:::::::|::/:l::::l::::Wヽ|
     |  ./‐ヽ | ====::__:::::,''===== |
..    |  || ~)| |  ` ‐-゚‐' ''' /:.‐゚-‐'´ |
    │ || 6|.| u      `‐-;    l     何故 こんなことに!
.      |  ヽゝレ            / v l
.   /|   /':\   ⊂ニニニ⊃   /
  _/==|  /   ::\    __    /
''´ l====| /      ::::\   ̄ v  /
::::::|====|/        ::::\   /_
::::::|====|\        :::::\/=l::::`..‐、
::::::|====|  \        :::::::|===l:::::::::::::`..、
::::::|====|   \       /|===|::::::::::::::::::
::::::|====|.      \   /  |===|:::::::::::::::::
::::::|====|l       \/    |===|:::::::::::::::::
::::::|====|.|       ∧.     |===|:::::::::::::::::


中山道では 顔面蒼白となった徳川秀忠が
その軍団を美濃国に向けて猛烈に駆けさせていた……


                                   <第4部 その29 やる夫暗殺計画>おわり





777 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 23:41:38 ID:McT3JTtM







798 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 23:43:15 ID:TOl8m2jQ







802 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 23:43:27 ID:itWpqZMc

乙でした





810 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 23:44:37 ID:3kT7Sk5I

乙でした





778 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 23:41:41 ID:Ljy4tG6Q

どうしてこうなった!





792 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 23:42:37 ID:eNV7pX7w

秀忠、たぶん君は悪くない





775 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 23:41:05 ID:Q7Fixafw

まあ、真田だしな





809 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 23:44:34 ID:D6MB04kA

真田昌幸は本当にチートだからなぁ・・・





803 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 23:43:34 ID:xMe014so

大軍相手の防衛では、おそらく戦国最強だから





811 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 23:44:50 ID:2KxpGs6s

秀忠はこれがデビュー戦なんだから堪らない
戦に関しては秀次と同じ運命を歩まされたな





797 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 23:43:05 ID:7FPkfNQ.

秀忠には戦に関しての運が決定的に無いw





794 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 23:42:51 ID:6jpoNVoM

秀忠は戦後が腕の見せどころだからしゃーない





787 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 23:42:15 ID:VG1BRfwc

いやー、本戦直前まで進みましたね!





806 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 23:44:06 ID:QVUuSgI2

いよいよ、舞台が関が原に収斂されてる感じ










投稿日 : 2011/09/26 | カテゴリ : 新・関が原戦線異常アリ | コメント数 : 29
■コメント一覧
  • No.13710 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年09月26日 07:28 [ edit ]

    これ、9月10日に投稿したのか。あぁ、次回の嫁さんがなんて言うかすんごい楽しみだわ。
    葵徳川三代を見直しながら読んでる。地図がすごい正確。津川さんみたいな豪胆な家康じゃないけど、
    それもまた良し。



  • No.13712 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年09月26日 08:53 [ edit ]

    昔、何かのドラマで鎧を着た秀忠が立ち小便をしながら
    「おい、○×よ。見てみろ、血尿じゃ」とか
    言っていたが・・・。



  • No.13713 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年09月26日 13:31 [ edit ]

    >「味方するから上方に三国くれ」

    年取ると他人の誠意より他人の欲望の方が信用しやすくなっちゃうのね…



  • No.13718 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年09月26日 17:15 [ edit ]

    嫁さんの大河感想が楽しみでそれだけ見てるwwwww



  • No.13719 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年09月26日 17:43 [ edit ]

    >>No.13713
    時代によるところが大きいんじゃね?
    主従ならともかく、大名間で「誠意」とか言われても信じがたいでしょ



  • No.13720 名前:名無しさん 投稿日:2011年09月26日 18:49 [ edit ]

    ※13712
    葵三代の西田秀忠だね。あの秀忠の尻にしかれっぷりはなかなかだったw



  • No.13723 名前:名無しさん 投稿日:2011年09月26日 19:27 [ edit ]

    一陪臣から准将にまで上り詰めただけあって鍋島さんはパねぇな。



  • No.13725 名前:名無しさん 投稿日:2011年09月26日 19:52 [ edit ]

    >>№13713
    叩き上げで地元密着の領主と、血縁で大名になった人の人物の違いでは
    信長-秀吉が旧政体の解体以降に中央で育つと、土地=地元ではなく土地=石高での価値観が大きいですし



  • No.13726 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年09月26日 21:11 [ edit ]

    列強大名と並ぶと地味だが、魔窟九州を生き延びただけあって鍋島良将だなあ……。



  • No.13727 名前:  投稿日:2011年09月26日 22:36 [ edit ]

    いい嫁さん拾ったなあw



  • No.13728 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年09月26日 23:11 [ edit ]

    やる夫に東軍と西軍を天秤に掛ける腹芸を期待するのは無理なのが判りきってるのだから
    本来は家老辺りが、やる夫に無断で徳川と踏み込んだ交渉しても良さそうなもんだが
    作り上げて日の浅い家臣団では、コト破れたとあれば自分が腹切って詫びて
    やる夫には一切泥を被せないみたいな覚悟をもって動く腹心や謀臣みたいなのが居なかったのかね?



  • No.13729 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年09月26日 23:25 [ edit ]

    秦の名将・王セン将軍が大軍をまかされたとき、
    始皇帝が「あの軍隊で謀反するんじゃねぇか」って疑うのを避けるために、
    前線から恩賞ねだりの使者を送りまくったっていう故事があるが、
    それと似たようなもんかね。



  • No.13730 名前:名無しさん 投稿日:2011年09月26日 23:28 [ edit ]

    >>13728
    主君に無断はマズイだろ。平素でも謀反と取られてもおかしくない行動なのに
    物語現時点のような綱渡りの状況だったら抗弁を許されずに即処刑もあり得る。
    そういう自分が泥を被るのをやるなら鍋島・金森家のように、老い先短い父親が
    自分が全てを引き受ける覚悟でやらんとならないが、やる夫のパパでは器が足りないと。



  • No.13731 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年09月26日 23:41 [ edit ]

    「死ぬ事と見つけたり」だと直茂父さんはわざと勝茂にゆっくり出立させて、
    「着いてみれば既に戦線が展開されており、やむを得ず西軍に与するほか無かった」的な状況を演出してたね。



  • No.13732 名前:名無しさん 投稿日:2011年09月27日 01:04 [ edit ]

    この作者さんに境界線上のホライゾンを勧めてみたい
    なんせ主人公とヒロインがいえ・・・ゲフンゲフン



  • No.13733 名前:創造力有る名無しさん 投稿日:2011年09月27日 01:19 [ edit ]

    あの話が事実なら秀忠は悪くないよね。真田もあんま関係ない。運が悪かったとしか・・・
    作者さんがどう解釈するか楽しみだ。



  • No.13736 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年09月27日 18:41 [ edit ]

    「影武者徳川家康」の隆慶ブーストされた家康ですら爪を噛むくらいセカセカしてたんだから、
    ここのカイジ家康ならそりゃもうすごいテンパるだろうなw



  • No.13739 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年09月27日 23:37 [ edit ]

    ※13728
    家老職にある高級幹部が独断で交渉なんか進めて露見したら
    当主であるやる夫の器量が疑われて東西陣営から監督責任を問われるわ
    腹切って済むような問題じゃない



  • No.13740 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年09月28日 01:20 [ edit ]

    ※13713
    ※13719
    ※13725
    これは秀秋と家康個人の問題というより、他の人間が納得するかどうかという対外的な問題だと思う。
    わかりやすい恩賞があれば周りも納得するけど単に決意だのなんだの言われても他の人間は容易には信じられないだろう。
    周りが理解できるようなわかりやすい動機は見当たらないし、ガチガチに親族関係固められてるし。

    「個人的感情で家康寄り」って言われても同じく個人的感情のよるところが大きい親族関係があるから周りは信用しきれない。
    そこに「恩賞・単純な損得」っていうまったく別の視点を持ち込むことで周囲を納得させられる。



  • No.13744 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年09月28日 11:22 [ edit ]

    たまらんなぁ、この展開、そして筆力。
    現状の歴史系スレでは3本の指に入る。



  • No.13746 名前:名無し@まとめいと 投稿日:2011年09月28日 12:24 [ edit ]

    この話でのやる夫は前から武将として活躍したがってたし、
    腹芸よりもリスキーな行動で武将としての自分をアピールしたかったのかな。



  • No.13757 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年09月29日 03:16 [ edit ]

    米13746
    今回のやる夫の行動について言うなら、
    自分を見失っているように見える。
    自分がリスクを負っているからといって、他人(ましてや離れた東軍)が
    リスクの裏にある思いをくみ取ってくれるとは限らない。

    家康はこの行動を知ったとして、
    「やる夫はこんなに俺たちに好意を持ってくれているぞ!」と
    解釈できるのかなあ?
    ちょっとそのあたりの真意をくみ取るのは難問のように思う。



  • No.13759 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年09月29日 12:51 [ edit ]

    米13757

    マサノリみたいに俺(徳川)の勝利を
    小早川の勝利にしようとしてるんじゃないか!?

    とか思考がフライハイしそうですらある。



  • No.13760 名前:火縄銃打ち込んじゃえよ 投稿日:2011年09月29日 13:19 [ edit ]

    やる夫の不可思議な行軍は精神の不安や迷いを感じるよね。
    やる夫の最後にもつながるフラグ。



  • No.13774 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年09月30日 18:39 [ edit ]

    地図すげえ! 作者さん乙です!

    で、俺らは歴史を知ってるからやる夫の行動を理解できるんだけど
    「限りなく黒に近いグレー」と語られている通り
    ハッキリ西軍に敵対した訳じゃないんだよなあやる夫軍。ものすごく怪しいがw

    家康側からすれば
    「味方だと思ってノコノコ出張って行ったらモロに罠で裏切られてギャー」
    な事態は絶対に避けたい訳で、疑念を抱くのは当然。
    そういう相手の都合を察せられずに
    「自分はこれだけ頑張ってるんだから評価して貰えるはず!」
    と自己完結しちゃったのが、やる夫の悲劇というか…
    若い頃にありがちな失敗なんだけど、取り返しのつかない失敗ってのが
    世の中にはあるんだよなあ…



  • No.13780 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年10月01日 14:49 [ edit ]

    司馬遼太郎の「関が原」なんて、
    「あんな腰の座らない若造の申し出を真に受けて土壇場で裏切られたら、ただ負けるどころか後世まで笑い者になるから受け入れん」
    って思いっきり言われちゃってるしな



  • No.13782 名前:名無しさん@ニュース2ちゃん 投稿日:2011年10月01日 15:11 [ edit ]

    作者さん管理人さん 今回も乙でした
    阿部さんに黄門言わせたいが為の、AAチョイスとしか思えんw
    あと秀忠は本当に、運が悪かったとしか言い様がない



  • No.13902 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年10月07日 02:43 [ edit ]

    何の痛みや担保もなく、ただ行動だけで怪しく振舞われても
    信用させてから裏切る謀略なのではと、百戦錬磨の相手には
    思わせてしまうのは仕方ないことだろうね。

    直接的な面識が少ないのにやる夫側が一方的に
    思い募らせてる部分があるし、もう少し交流があれば
    まだ話は違ったかもしれないけれど、この際は
    腹はどうあれ、ストレートに人質や領地で誓約を取るか、
    身一つで駆け込んだほうが納得されただろうね。



  • No.16110 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年12月12日 16:26 [ edit ]

    関ヶ原周辺地図のAAが素晴らしすぎる



■コメント投稿
     行間隔の関係でアスキーアートを貼りつけてもズレが酷いことになりますので、
     アスキーアート付きのコメントは削除する方針です。
     荒らしの書き込みに対してレス・言及しているコメントも削除対象ですのでご注意ください。
プロフィール

管理人 : 「ピチカー党員No.11」こと金ニダリスト

       ___
      |それ金|
    z'| ── 、
    / ハ ヘ u ヽ
  人/ノヽ ミ=‐...|_     生活の中心が株になっとる
    }≦ u 爻r.j. |彡}
  (  u  リ У{三≧
   ` ー─t r三勿 {气}
      厂 ̄(三)  `气


◆カウンター(ユニーク)    ◆カウンター(トータル)
       


全記事一覧

RSS

管理モード
ツイート
最新コメント
最新記事
まとめ記事
【歴史系】
【物語系】
【ゲーム系】
【学ぶ系】
連絡先はこちら

苦情・相談などありましたら、
下記のメールフォームにてご連絡ください。
(ファイル添付可能)

連絡用メールフォーム

貰い物紹介

TOP画像募集中

  

ダンジョンマスター作者様からいただいた逸品。
カナ、マジプリティ!



  

  

帽子屋HeII0様からの贈り物、しかも二枚!
各作品に対する愛情が伝わってきます。
帽子屋HeII0様のブログ - 「-simulacra-」

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
© それにつけても金のほしさよ All rights reserved.
まとめ