■やる夫で学ぶ第一次世界大戦 幕間10
838 名前: ◆WW.IweeeIE [] 投稿日:2011/03/20(日) 22:55:13 ID:G64gXEPg

             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|     人物紹介のコーナーにょろ!
         レ!小l●    ● 从 |、i|
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│     今回はお待ちかねのあの人が登場にょろ!
        /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽく | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |





839 名前: ◆WW.IweeeIE [] 投稿日:2011/03/20(日) 22:55:38 ID:G64gXEPg

1.ブルシロフ

         ,. ''゙   .....:::;::::::::::::::::;:::::::::;;:::::::::::::::::::::::..... `ヽ、
         /   ....:::::::::::;:':::::::::::;:;:'::::::;;:'i;;;:::::::::::::::;:::'::;:::::::::... \
      ,.:' ,,,,;;:::::::::::‐-;';;_::;;;//::::;;;:'/:|;;;:::::::::;;i:::ト;:::::';::::::::::::::... `、
.     /...;;;;;;;';;::;;;;:::::::;;;'::;;;;;:''''-;';;;::;:' ,':::!;;;:::::::;;;i::::!::';::::i;;;;:::::::::::::::::..゙、
    /;;;;;;;;;;;';;:;;;;;;::::;;/i;;;∠......,':∠`‐、_.!;;;;:::::;;;;:!:::! ::';:::!';;;;::i;;:::::;;::::::::゙,
    /;;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;::;;/`|;:'゙ .l゙:::l/( ゙!゙'、:::l;;;;;::;;;;/:!:;' ,.__'-l‐;‐i;;;;;::;;;;;::i'、:',
   ,';;;;;;;;;;;;;;i;;;';;;;;;;/:::;i'`'  !::::;;;;::`| ::::|;;;;;;;;/ ::|;''゙r':;;(`!‐゙;:l';;;;;;:;;;;;;:! ゙';i
    !;;;;;;;;;;_;::|;';::::::/:::::::   -゙---‐' :::::!;;;;;:'゙ ::'' |::;;;;`| ,ツ.!;;;;l;;;;;;;!  ',
.   |;;;;;;;;:'゙,-!'、`;:;'::::::          ::::;'/  i  ヽ;;:ノ  ,';;;;;|゙;;;;;;!
.   |;;;;;;i ':::::::::`;:'::::::         .: ''´    :.ヽ、  `  .i;;;;;;l ゙;;;;|
.   |;;;;;;| :::::::::::ノ:::::::              :::: /      |';;;;i ゙;;;!
.   |;;;;;;゙;、 :::::::`':::::::..                        i:i/l. l;'
.   |;;;;;;;;;;゙;、 ::`、:::::::::..                        |:::::',
.   |;;;;;;;;;;;;;;;`ー--,、:::::::::..        -――-         ,':::::::',
.   |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|\:::::::::..                     /::::::::::',
    !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::\::::::::...              /;;;;;;::::::::::::',
    |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|:::::::::::`::、:::::::.....         ,,;'゙;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::',
   |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|:::::::::::::::::::`:-::;;::::::.......    ,,,;;'゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::',
.    !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::::::::::::::::`::'ー―‐'i゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::',
.    |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::',




             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ    ロシア軍最良の将軍にょろ!
         〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|
         レ!小l●    ● 从 |、i|    彼の家は三代続く軍人貴族の家系で
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│    祖父はナポレオンを迎え撃った勇士の一人、
        /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !    父は少将まで昇進していたにょろ。
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |    ところが、両親は早くに死んでしまい、
       `ヽく | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |     ブルシロフは孤児になってしまったにょろ・・・





840 名前: ◆WW.IweeeIE [] 投稿日:2011/03/20(日) 22:56:11 ID:G64gXEPg

            ,. -───- 、
             /'´       `ヽ、
             シ~ /" `ヽ ヽ `'、 ト、
         //, '/     ヽハ  、_Vヽ    親戚の家に引き取られたブルシロフは、
         〃 {_{`ヽ   ノ リ| l |、,i|     14歳で父と同じ軍人の道を志し、
         レ!小l●    ● 从 | } i|     陸軍幼年学校へと進学したにょろ。
         ヽ|l⊃ r─ォ   ⊂⊃jノ}j|
     r‐‐-、__|ヘ  '、_ノ   /|  ! |     そこでの彼の評価は
     { (` /:::::| l>,、 __, イァ_i  ||    「活発で遊び好き、だけど善良で正直」
      "ヽ /:::::/| | ヾ:::|三/ / //ァ||    「高い能力を持つが、怠けたがる傾向あり」
           ヽく | |  ヾ∨_:/ // ハ||    とされたそうにょろ。




             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、       陸軍に入ってからは、才能を見込まれ
             / /" `ヽ ヽ  \      騎兵将校として順調に昇進していったにょろ。
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{`ヽ    ノリ| l │ i|     露土戦争でも活躍して
         レ!小l●    ● 从 |、|       いくつかの勲章を授与されたにょろ。
          ヽ|l⊃ r‐‐v ⊂⊃ |ノ│    日露戦争中は陸軍学校の教官をしていたため
        /⌒ヽ__|ヘ  ヽ ノ   j /⌒i !     参加しなかったにょろ。
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |    そして、第一次世界大戦が始まると
       `ヽく | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |    第八軍の司令官に任命され、大活躍するにょろ!





841 名前: ◆WW.IweeeIE [] 投稿日:2011/03/20(日) 22:56:27 ID:G64gXEPg

              , '´ ̄ ̄` ー-、
            /   〃" `ヽ、 \
           / /  ハ/     \ハヘ
.             |i │ l |リノ    `ヽ}_}ハ      派閥争いが横行するロシア軍内で
.             |i | 从 ●    ●l小N      どの派閥とも距離を置いていたブルシロフが
           |i (| ⊂⊃ 、_,、_, ⊂li|ノ         そのような地位に就けたことが
           | i⌒ヽ j  (_.ノ   ノi|__/⌒)   彼の能力の高さを示しているにょろ!
           | ヽ  ヽx>、 __, イl |::::ヽ /
           | ∧__,ヘ}::ヘ三|:::::/l| |',:::::ハ     兵士たちに対しては、
           | ヾ_:::ッリ :::∨:/ | | >'''´     「あまり同情的な方ではなかった」そうにょろ。





849 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:2011/03/20(日) 23:11:08 ID:Iq21YVUI

ゼークトの警句でよく出てくるけど、実際に有能な怠け者と評価されてた人を初めて見たw





842 名前: ◆WW.IweeeIE [] 投稿日:2011/03/20(日) 22:56:44 ID:G64gXEPg

2.フランツ・ヨーゼフ

    /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\
  . |(●),   、(●)、.:| +
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::| +
   \  `ニニ´  .:::::/     +
,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||




             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \      在位68年に及ぶ老帝にょろ、晩年の愛称は「不死鳥」
         //, '/     ヽハ  、 ヽ     オーストリア帝国の実質的な
         〃 {_{`ヽ    ノリ| l │ i|     「最後の皇帝」と呼ばれることもあるにょろ。
         レ!小l●    ● 从 |、i|
          ヽ|l⊃ r‐‐v ⊂⊃ |ノ│    非常に勤勉な人物で、生活は判を押したように規則的。
        /⌒ヽ__|ヘ  ヽ ノ   j /⌒i !     睡眠時間はわずか三時間だったそうにょろ。
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│    そんな生活を68年!
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |     その生涯はまさに、全て帝国のために捧げられたと
       `ヽく | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |     言っていいにょろ!





843 名前: ◆WW.IweeeIE [] 投稿日:2011/03/20(日) 22:57:17 ID:G64gXEPg

3.フランツァー・バルティン

        /ニYニヽ
   (ヽ  /( ゚ )( ゚ )ヽ    /)
  (((i )/ ::::⌒`´⌒::::\  ( i)))
 /∠_| ,-)___(-,|_ゝ \
( ___、  |-┬-|    ,__ )
    |    `ー'´   /´
    |         /




             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ    オーストリア軍の猛将にょろ!
         〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|
         レ!小l●    ● 从 |、i|     ブルシロフ攻勢の緒戦で手痛い被害を被ったものの、
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│    その後は部隊を建て直し
        /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !    カルパシア山脈に篭って戦闘を継続したにょろ。
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |    この戦いの後は、参謀として派遣されたゼークトと対立、
       `ヽく | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |    解任されてしまうにょろ。




            ,. -───- 、
             /'´       `ヽ、
             シ~ /" `ヽ ヽ `'、 ト、
         //, '/     ヽハ  、_Vヽ
         〃 {_{`ヽ   ノ リ| l |、,i|    しかし、アルバニア方面の司令官として復帰し、
         レ!小l●    ● 从 | } i|    敗色の濃い1918年にあって、
           .ヽ|l⊃ r─ォ   ⊂⊃jノ}j|    フランス軍への反撃を成功させたにょろ!
      r‐‐-、__|ヘ  '、_ノ   /|  ! |
      { (` /:::::| l>,、 __, イァ_i  ||
       "ヽ /:::::/| | ヾ:::|三/ / //ァ||
          ヽ< | |  ヾ∨_:/ // ハ||






846 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:2011/03/20(日) 23:04:09 ID:tO8DArqQ

オーストリアにも名将はいたんだな、全然知らんかった





852 名前: ◆WW.IweeeIE [sage] 投稿日:2011/03/21(月) 11:33:48 ID:Nz4Dh2dk

おまけ.REF

  ''';;';';;'';;;,.,
   ''';;';'';';''';;'';;;,.,
    ;;''';;';'';';';;;'';;'';;;
    ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;
      vymyvwymyvymyvy
       n_n,n_n、n_n,n_n、n_n,n_n、
       ∩_∩^-^∩_∩^-^∩_∩^-
       ∩__∩ ∩__∩ ∩__∩ ∩__∩
         ∩_ ∩__∩ ∩__∩ _∩ ∩_
     ∩___∩    ∩___∩ ∩___∩ ∩___∩
     | ノ      ヽ   | ノ      ヽ | ノ      ヽノ      ヽ
     /  ●   ● | /  ●   ● |  ●   ● | ●   ● |
    |    ( _●_)  ミ |    ( _●_)  ミ  ( _●_)  ミ  ( _●_) ミ
    彡、   |∪|  、` 彡、   |∪|  、`\ |∪|  、`\ |∪| 、`\
   / __  ヽノ / / __  ヽノ /´>  ) ヽノ  / ノ //ヽノ /´>  )
   (___)   / (___)   / (_/_)   / (_/    / (_/




            ,. -───- 、
             /'´       `ヽ、     窮地のフランスを救うために送り出された、
             シ~ /" `ヽ ヽ `'、 ト、     北の国からの援軍にょろ!
         //, '/     ヽハ  、_Vヽ
         〃 {_{`ヽ   ノ リ| l |、,i|     実際は武器や弾薬等の物資の不足に苦しむロシアに、
         レ!小l●    ● 从 | } i|      兵員の枯渇に悩まされていたフランスが
         ヽ|l⊃ r─ォ   ⊂⊃jノ}j|      軍需物資と兵員の交換を持ちかけたのが真相のようにょろ。
     r‐‐-、__|ヘ  '、_ノ   /|  ! |
     { (` /:::::| l>,、 __, イァ_i  ||    とはいえ、使えない老兵を送り出したわけではなく
      "ヽ /:::::/| | ヾ:::|三/ / //ァ||    当時のロシア最良の現役兵が当てられたにょろ。
           ヽく | |  ヾ∨_:/ // ハ||    このあたりにもニコライ二世の誠実さが伺われるにょろ。





853 名前: ◆WW.IweeeIE [sage] 投稿日:2011/03/21(月) 11:34:08 ID:Nz4Dh2dk

             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ     とはいえ、当初のフランスは30万人もの兵員を要求しており、
         〃 {_{       リ| l.│ i|     ロシアの動員能力を過大評価していた節があるにょろ。
         レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|
          ヽ|l ●   ●  | .|ノ│     当然、大打撃を受けたばかりのロシアでは
            |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |       その要求に応える事は難しく、参謀本部は反対したにょろ。
          | /⌒l,、 __, イァト |/ |     しかし、作中にあるとおりニコライ二世の強い主張により、
.          | /  /::|三/:://  ヽ |     海上輸送時の艦船と派遣部隊の装備を
          | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |     フランスが負担することを条件に兵員の派遣が決定されたにょろ。




             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ      派遣兵力は4個旅団だけではなく、
         〃 {_{    U  リ| l.│ i|       この後、ブルシロフ率いる4個旅団が
         レ!小l\    / 从 |、i|         追加で西部戦線に派遣される予定だったにょろ。
          ヽ|l ○   ○u | .|ノ│
            |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |      だけど、この後に起きる大事件のせいで
          | /⌒l __, イァト |/ |       うやむやになったにょろ。
.          | /  /::|三/:://  ヽ |
          | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |       西部戦線で戦うブルシロフ・・・





857 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:2011/03/21(月) 20:44:35 ID:9XipF8GM

ブルシロフ攻勢が西部戦線で行われたら・・・w










投稿日 : 2011/11/13 | カテゴリ : 第一次世界大戦 | コメント数 : 12
■コメント一覧
  • No.15002 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年11月13日 10:02 [ edit ]

    >>ニコライ二世の誠実さ
    この後のロマノフ家とロシア帝国自体の凄惨な結末を思うと、せめてその誠実さをほんの少しでも自国の国民に向けられていたら・・・と何度も考えてしまう



  • No.15007 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年11月13日 11:51 [ edit ]

    普墺戦争、二重帝国成立の時もフランツ・ヨーゼフ帝だったんですよね。
    というか、引き算すると1848年革命の時も彼が皇帝だ。

    なので、そもそも二重帝国は、彼が帝位にあることが前提の
    「一時的な制度」になってしまっていて、
    もっと早く代替わりしていたら崩壊もあったのかな、
    というイメージを持っています。



  • No.15009 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年11月13日 13:21 [ edit ]

    国民の敬愛や軍の忠誠の対象が皇帝フランツ・ヨーゼフ個人だったから、
    彼の死が帝国の諸民族がバラバラになってしまったのかもね。



  • No.15010 名前:名無しさん@ニュース2ちゃん 投稿日:2011年11月13日 13:57 [ edit ]

    カナダに移民した日系人達からなる義勇兵(143名が出征し、55人しか戻らなった)のお話をリクエストしたいのですが・・・



  • No.15011 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年11月13日 16:00 [ edit ]

    >>No.15009
    せめて敗戦時に存命だったら案外国境線が変わったかもしれんと思う。それでこの前の殿下の葬儀がうちでもトップニュース扱いになるんだろうな。



  • No.15013 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年11月13日 16:46 [ edit ]

    *15010

    纏めサイトはチェックする作者とチェックしない作者がいるからリクエストは本スレでしたほうがいいよ。



  • No.15036 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年11月14日 08:10 [ edit ]

    フランツ・ヨーゼフ帝の政策や立ち位置に関しては、帝国が崩壊して
    東欧が暗黒時代に入ってしまった20世紀後半になって改めて研究されているから資料も多いよね
    コスモポリタニズム的な面ばかり見られていて、過大評価っぽいところもあるけど

    ある意味では帝国の改革の象徴、他方では帝国の保守勢力の権化として、
    神格化されるにふさわしいだけのこと(その在位の長さも含めて)をしてきた人ではある
    個人として見れば決して「頑固な王権神授論者」というわけではないし

    アウスグライヒ後の彼の失策はだいたいハンガリー人とかハンガリー貴族とかの私欲のせいだし
    それを制御できなかった点では力不足という他ないけど、歴史的な経緯を考えると仕方ない

    機械のような仕事マシーンになっていたのも、バリバリの官僚気質の帝国(皇帝の気質が帝国をそうしたのかも知れんか)で
    官僚のトップに立つ者としての、個人的な情熱を失った後の精一杯の延命策だったとも言えるし

    同時期のウィリーやニッキーみたいな分かりやすい「皇帝」と違って不思議な人だね



  • No.15037 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年11月14日 08:19 [ edit ]

    あ、もちろんハンガリー人が悪者というつもりはない。彼自身の誤判断だっていくつもあるし、
    外交上の大失策を犯した外相はユダヤ人やボヘミア人だし、外国(主にドイツ)の嫌がらせもある。
    帝国議会なんて乱闘と機能不全がデフォだし、軍隊を牛耳ってた一部の皇族にしたって決して有能とは言えない



  • No.15041 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年11月14日 10:05 [ edit ]

    >国民の敬愛や軍の忠誠の対象が皇帝フランツ・ヨーゼフ個人だったから、
    >彼の死が帝国の諸民族がバラバラになってしまったのかもね。

    多民族帝国でまとめ上げるのが、皇帝や皇室への尊敬や信頼だけだったのが大きい

    せっかく経済成長していたのに、戦争初めてぶち壊し





  • No.15086 名前:早起きは三文の得 投稿日:2011年11月14日 19:01 [ edit ]

    >>15041

    本当にWWⅠは、多くの国家の命運を狂わせた戦争だったんだな…。



  • No.15114 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年11月15日 04:21 [ edit ]

    オーストリアのやり方だと、民族主義者が(ドイツやハンガリーの、本来なら帝国主義を支える民族主義者ですら)
    そのままそっくり敵になってしまうことが多いんだよな。皇室への尊敬が田舎や農村部の方が高かったのはロシアに近い

    ターフェ内閣のように保守連合が民族の輪を超えた利害関係の調整でバランスを保たないと議会もまともに機能しない



  • No.16847 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年01月09日 18:17 [ edit ]

    なぜドイツを昔のような分裂状態にしないのかと問われたクレマンソーの言葉が重い。

    「本当の統一とは心のそれである。そして他国人がそれに影響を与えることはできない。」

    ただユーゴの指導者になったチトーですら、かつては帝国軍兵士として戦ったことをロシア人にからかわれてドナウ流域の諸民族を糾合して何度でもオマエラと戦ってやると息巻いたというからハプスブルグ帝国に郷愁を覚える人というのは多かったんだろうね。



■コメント投稿
     行間隔の関係でアスキーアートを貼りつけてもズレが酷いことになりますので、
     アスキーアート付きのコメントは削除する方針です。
     荒らしの書き込みに対してレス・言及しているコメントも削除対象ですのでご注意ください。
プロフィール

管理人 : 「ピチカー党員No.11」こと金ニダリスト

       ___
      |それ金|
    z'| ── 、
    / ハ ヘ u ヽ
  人/ノヽ ミ=‐...|_     生活の中心が株になっとる
    }≦ u 爻r.j. |彡}
  (  u  リ У{三≧
   ` ー─t r三勿 {气}
      厂 ̄(三)  `气


◆カウンター(ユニーク)    ◆カウンター(トータル)
       


全記事一覧

RSS

管理モード
ツイート
最新コメント
最新記事
まとめ記事
【歴史系】
【物語系】
【ゲーム系】
【学ぶ系】
連絡先はこちら

苦情・相談などありましたら、
下記のメールフォームにてご連絡ください。
(ファイル添付可能)

連絡用メールフォーム

貰い物紹介

TOP画像募集中

  

ダンジョンマスター作者様からいただいた逸品。
カナ、マジプリティ!



  

  

帽子屋HeII0様からの贈り物、しかも二枚!
各作品に対する愛情が伝わってきます。
帽子屋HeII0様のブログ - 「-simulacra-」

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
© それにつけても金のほしさよ All rights reserved.
まとめ