■新・やる夫の関が原戦線異常アリ 第5部 その8 「SMART ESCAPE FOREVER」
1 名前: ◆fFI82Sjg3c [sage] 投稿日:2011/12/09(金) 23:54:13 ID:aYGKXrIc



                       ____
                     /     \
                   / ⌒   ⌒ \
                  / -=・=-  -=・=- \
                  |      (__人__)      |
                  \     |++++|」_キラッ/
                       `ー''´ l





3 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/09(金) 23:59:38 ID:K1NQGDho

主役復活ッ!





2 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/09(金) 23:58:59 ID:LfkV9Dgg

やる夫、タイトル復帰おめでとう!





795 名前: ◆fFI82Sjg3c [sage] 投稿日:2011/12/08(木) 00:06:23 ID:.RtPnuj.

   , ゙ , '゙','´   ,' ,'r―'''''ー ''''ー― ヽ_、_, .' ,        ,.'"イ,ィソハ,-vヘ/ハリ:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
   / i, ',' ,,,......' ´ ,  ,、, i.i`、 、            ',      /::::::::::::::´:::::::::::リ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  ,'    ´     , ',' ,','.i,' |.| `、' ,`、 、      ',     i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙:ニ=-
  ,'       , '゙,' .i'.,'i |i |.|  ', '、'、'、 '、      i     |:::::::::::::::::::::::::,.-、::::::::::::::::::::::::,. ':::::::::::::::::::::::::::::、ヽ.
  i.| .,.      ,'/,'  |.!.! !| !.|   ', `、'、`、',    、|     l:::::::::::::::::::,r' ⌒!l::::::::;.イ::;ィ:::_:::::,.イ::::::::::::::::::::::::lヽ!
  || .i'     ,'/,i',,,,,,,,',,,!、゙! ',!   ,,,,',,,,,',,_ `、,  、.i |     !:::::::::::::::::| (´ソj/リ" l/ メイ-='、/ソ,ィ::::::/!:::::::::::!
  |! .| .i   ,'/ 〒=,=、     ,'  ,==〒 .i ',  .i .|.!     ヽ:::::::::::::;ゝ ソ ソ       __゙ヽ.,メノル リ::::ハ::|
  ' ! |, !i   i ',  、'、゙.丿       '、゙.丿, ,',i ' , ,! !,'       !::::::/ `┐        ! j゙ゞ、_ /ノリ !l
   '‐! ',  i i.',  `""´         `""´ ,'ノ !,.,','..'        W´     !          `   ,r'´
     '-',、 '、!.',       ..,,!.       ,'i .,'_,'.'        /                    l
       ' ,_ i ',     __,,.     ,', !'′        /                  _ ゙ 、
        i!  ',、        ,,    , i ',`;、      r‐‐=/       ヽ、       ‐、 ,. ‐'"
        !i i ', `i 、         ,. '゙ | .','、ヽ        `ヽ、     /ヽ     ,.-´
       ノ';.| i ', | `' 、._,.,. 'i   | ',.'、、     __       \    /   \__,. '´
          |.|.i.i ',‐!、_      |' 、.,_| i', `゙     -゙ヽ、    \/、
      、、!´!,'i.||' ',  ~゙'‐- 、― 」'゙!;、| .i.',‐      ‐-、  !     `ハ ヽ
       `'",'| |', i      `゙ '''‐-.、|i i',',‐     :.:.:.:.゙ヾ、!       l | l´!
        ; | |.',i         ';‐-|.!| ',',      `ヽ.::.:..ヽ.、    j |ノ ゙、
  ,.'´『 新 ・ や る 夫 の 関 が 原 戦 線 異 常 ア リ 』
 く        ,.-────-、、
  \   ,..:´.::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、   次回 <第5部 その8 SMART ESCAPE FOREVER>
    `y'´.:.::::::::;ハ::::::::::::::::、\::::::::::::.:\                , '" _,,.. ---`'::._`丶、
    /.:.:::;:::::::/.:トト、:::::::::、::ヽ::ヽ:::i::::|:|:::|              / r;:''~丶、`ヽー- 、> 、!
  /.:::::;::l:l.::::/:ハ::! \::‐ト‐ト-::|Vi::::|:|:::|              /.  ll     o、!  !. - ''ヾ!
  ,':/ :::l::l:l:.:/;/-‐';|  `,.ィr==ァリ':::;::;:::l             /    lヽ    ノ  l、゚  l!ヽ
  |,' |::|::|:|/:/rテテミ   _7込シ /.:://:::l            /   l  ` ー '    ヽ ..ノl ヽ
  |  |::|::|:|::::,弋zソ  .    ゙゙´ 7'´ ̄ ̄`ヽ         /    !  ` `  , 、    ` `/  !
    ヽトト|.:::ハ    '_ _     /:',      ノ         !    l     /  `''l7  /  /
      ``|.:;'l::::ヽ、       ..イ::::ノ ,...--..、ヽ __ノ⌒ヽ   ヽ _ ノヽ、.   ヽ_/  / ,/
        l/ |.:.:::/l:::>ー <__/´ /.:::::::::::.:.\    ノ           `iー---t ''"~ー''"
          |.::/.::レ'´ ̄`7l/ /.::::.:.::::::::::::i::::.:.\ 〈_      , -ー''ヾ~、_,,. ='" ̄~'
          |/ (__   ,..ィ介ト、!.::::.:.:.:.:::::::   12/10(土) 22:00 投下予定





800 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/08(木) 00:13:43 ID:8ZNHXY/I

どのあたりが SMART ESCAPE なんだか気になるがw





801 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/08(木) 00:40:26 ID:xrYXPXko

島津的な意味でじゃね?





802 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/08(木) 00:50:12 ID:vSQUR58k

島津はエレガントに血飛沫を上げながら行進だな!





179 名前: ◆fFI82Sjg3c [sage] 投稿日:2011/12/10(土) 23:29:51 ID:D5rvCqbc

        ∠二_ヽ              ..|
       l´>,へ`lト               |
      ,/ /:::.::|ラ ',              .|      /:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ|:.:.\
     /  ./:.::.::.| | ',           ......|  _ - ' ´:.:.::.:.:.:.:.:.:.:_:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ:.:.::\   ,
   /;   /.::.:::.::| |  ',____       .| ヾ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::、:.:.:.:/ //
  ./::::::':;..  i'::.:...::.::| | /\  /\      .|   >:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:./:.:.:.:.:.:.:.:レ:.:.:/
  /'::;:::::::::::'::,l!.:::.:::.:..:l! /( ●)  (●)\    .|   /:.:.:.:.:.:./:.:.:.:._;,;,-‐''''´:.:.:.:.:./:.:.:./:.:.:.:.-='´
 ;!  '::;::::::::::::l:.:.:....:...:.l!. :::::⌒(__人__)⌒:::::\  |  ` -、:.:.:/:.// ゞ:.x 、-ー ''´|:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.\
 l.   ''::;;/\:.::.:..:.:.i!.   |r┬-|       | ....|    レ、:レ´∧ / `  \ .ヾ|:.:/|:.:.:.:.:.|:.:.:r、_::ゝ
 |:.:..  /   \:::.:.:.:!.   ` ー'´     /   |      ミ,;,;:.::|       `>ミ_.|:.:.∧|:.:.:.:}
 :!::::./      . \::.::゙:、    /   i    .|_ r‐─ v'´  ヽ     /ヾ∠.|:/|:./:.:.:.:.|
  ゙く          \:.:.゙:、 (⌒)   ./     |: : : \: : : :\   、   _ ヽ '´ |'' ´ レハ:.:./
.   ` 、          \::゙:.、ノ ~.レ-r┐    .| : : : : : \: : :: :>v \  ヾ_ , -―
      `゙ ‐-  .,,__   _,,.>__ | .| ト、    |\: : : : : : V/: : K: : : ミ'´
              ̄〈 ̄   `-Lλ_レ    | : :\: : |: : V: ∨: V: 入
                 ̄`ー‐---‐   ...|: ::: : :V: : : : : : \//: :/ヽ
                           |
          ↑ 小早川やる夫        |      ↑ 大谷吉継
                           |


慶長5(1600)年 9月15日 午後1時過ぎ
松尾山新城から東軍として出撃した小早川やる夫とその軍団1万超は大谷吉継隊を殲滅





180 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/10(土) 23:30:45 ID:D5rvCqbc

                                 ___
                                /\  /\
                              /( ●)  (●)\
                             /::::::⌒(__人__)⌒::::::\ n
____________,、ヘ,___      |     |r┬-|      |^l.| | /)
\>──────────〔ク  )   ̄``"''''⌒\    /;:|`ー' 、   ノ;| | レ'//)
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄'ー-''¨`"''''ー-、、,,,._      {;:;::乂_,,ッ、、_/.:;:;}   /
                             `ヽ    ゞ彡彡ニミミッ;;/  ノ
                              l _б 彡〃.:.:.:.:.:.:.:゙ヾミ_/
                               │  ''"/ : :.,;"´゙,;.:.:.ヾゝ
                             ∥ノ  ゙i .:ト'',.´;,   ',;:.:"〈
                            ヾ   ::  〈● :゙;, ,;"::;●夂
                           /八  `ヾ,|`: : : ;, ,;:.::::`";l 乂
                           ! / /,!;;;ゝ,リ|; : : :; ;::.:.:;::i)! : .彡
                           ,/ヽ//: :,ヾ〉,;.;、:'':::.:.;::;!:::| : . | ヘ
                         // : : //イ::,.:..; :.{、; ゙;:゙;;.:"';}:::!、_!   ヘ
                       /: / : : //'゙::;'.:.::; :,::`i.;゙:.,,:''::`/::::::.:ヾ _____`)
                       /: : / =、/,.!::: ; :,' :' : :.:.:ヾ;∞;ソ::::::::.:,:.}!  ̄ ̄´


返す刀で天満山南に布陣する宇喜多秀家隊を襲撃 これを敗走させることに成功する


 / .:./       \       ヽ    i      |i:.   i
./ .:./           ヾ、 ヽ   .:',.:.:.:. .:l       |l:.:.   l
i .:./| .:.:.:       :.:ヽヽ ヽ.  .:.l:.:.:.:._ -ト      | |.:.   l
.:.:/ l .:l.:.:.  .:.   .:.:.ヽ ヽ.:.ヽ.:._-ト‐´:.:.:.!     l l:.:.   l
!.:|   l.:.:!ヽ.:.:.  .:.  :i.:.:.| ヽ_}-l  |、.:.:.:.:ハ     / l:.:.   l
f ト、_ l.:.| ヽ.:.:.:. .:.:. .:|l.:/ /}リ_l=/ヽ--/!‐   / l.:.:   l
ヾ!==ヽ:i|、.ヽ.:.:.:.:.:../lソニ=リ ̄l:/ |.:./ ,'    / イ.:.:.   l
. ヽr 、 ̄ヾヽ ', l 〃/リ ̄ r-,  /  l/ ./.:.  .:./  / ヽ    ',
  {:i:} _ノ   j | /  ヽ、{:!:i    //.:. .:./  l:.:.:.:.\  ヽ
_-―ニ     ソ    ‐テ=―‐ ´ /:.:. .:./   /.:.:.:.:.:.:.ヽ、 \
   ‐´               U /:.:.:.:./    ト、.:.:.:.:.:.:.:. \  ヽ、
         ,           /.:.:.:./.    {::ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:. \  ヽ
               _ノ、  /.:.:.:/:      ト、::ヽ‐、.:.:.:.:.:.:.:.:. ヽ ヽ
   ___,  ----―‐=_ニソ /.:.:.:./:.      l:::l::::l::::ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:. ヽ ',
‐-、 `ー==-------―  ̄   _-/.:.:.:/.:.       ',:::i:::|::::::::',.:.:.:.:.:.:.:.:.  ヽ l
  ヾ ‐ 、     ̄    ィ ´ /.:.:.:/:.:.          !:::/::r、::::l.:.:.:.:.:.  .:.:. ヽl  ← 宇喜多秀家
   \ ` ゝ‐ - ‐ ´ /   〈.:.:.:,':.:.:.         ヾ::/:::ヽ::ト、 .:.:.:.:.:.:.:. リ





183 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/10(土) 23:31:28 ID:7mEUSMQo

これだけ見るととんでもない戦果だ、実際は脇坂や藤堂もいたわけだがw





185 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/10(土) 23:31:50 ID:D5rvCqbc

やる夫と秀家は共に太閤秀吉の養子の義兄弟分として親密な仲であった
それでも やる夫は秀家を裏切った 裏切らざるを得なかった


           ____
         /:::     \
       /::::::::::     \
      /::::::::::         \
     |:::::::::::::::         |   …………
    /⌒:::::::::      ⌒ヽ/
   /::::::::::::            \
  /::::::::::::::          \ ヽ



          __
       ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
   /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
   ,!;;;! '~  "~ `i||i"  '' `ヘ;;;!                      -‐   ̄ ̄ `丶、
   |;;;|     ヽ`   u ミ;;;|                   /           ヽ
  _ゞ;!,-;;;;;;;"フノ  ヾ`;;;ヽ 、ミ;リ                  / / /〃/{ { ヽ `ヽ. ∧
  !ヘl;|.,,_==-、く` ,>゙-== 、「ヽ                  l / /斗/ハ ィー‐ 、  ∨ l
  !(,ヘ!   ̄'"  |ミ.' ̄" , ドリ   やる夫様         { {  レテく  ヽi>==、\ ヾ│  これも戦国の世の習い
  ヾ、!      !ミ    ,レソ                  乂l f r'ハ   r'ハ 7ハ\リ l
    `|      ^'='^     ム'′   お辛いでしょうが      .八,}弋ソ   弋ソソノ ) 八  どうか お気を落とさずに
    .ト、   、,.-‐ 、,,  /|                    ノイ }ゝ" `_  "" { {´  丶\
    i| \  ' ニ   イ.:|                   /     ,>‐r<_∧!>、   \丶
   ,イi| ゙、\  (   /リ.:;ト、               , -‐"       ! ヽ{>ロくフ〈.  |      \
  ノ :.:i|  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::::!:::\             //  / /    y ゝ {   ;ヽ  ,i      丶.ヽ

     ↑ 平岡頼勝                        ↑ 稲葉正成





182 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/10(土) 23:31:18 ID:EZLTrp72

兄と慕っていたのに、運命は残酷





186 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/10(土) 23:32:51 ID:D5rvCqbc

だが しかし……


        ____
      /       \
     /      ―   ‐     ん? お前たち
   /        (● )  )
   |            (__ノ、_)   何とぼけたを言ってるんだお?
   \           `_⌒
   /           \




        ,. ‐   ̄ ̄ `ヽ、
       /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
      /.:.:.:.:./.:.:.:./.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
     /.:.:.:.:./.:.:.:./l:|:.l:、:.:.:.ヽ:.:.:.:.ヽ.:.:';
    /.:.:.:l.:.:!.:.:.:./ |:l|:!:、ヽ.:.:ヾ:、:.:.:.\|
   /.:.:.:.:|.:.l -‐/'/l:!|! ヽ` ー-ハ\.:.:.:ヽ
   /:.:.:.:.:.:l:.l ィ_¨ヽ! | | ィ_¨ 丶、ヾ:、ヽ:.:ハ
   |:./:.:.:.:.|:l r'::::::}    r':::::::::}:.:.|'ヽ l\:';
   |/l:.:.:.:.:l:.! ゝ- ' ,   ゝ-- 'l:.:l ノ:.|  ヾ
   |'∧:.:.:.:l:.':、 '"'"   '"'u"' /!/,:':.:.:.|      あ あれ?
   /  ヽ:.:|__::丶、  n  ,.ィ':.//:.l:.:.:.:.:!
     /´ヾ 7'ーr,!`  ´ ト/イー-、:.:.:l
    ;' ヽ, / ./:ノーf夭‐ヘ// / ヽ.:.l
    _!_,..∠、 / \/ムヘ//  l     !:.l





188 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/10(土) 23:33:51 ID:D5rvCqbc

             ____
           /      \       義兄上は 豊臣政権の大老のひとりとして
          / ─    ─ \
        /   (●)  (●)  \     同じ大老の家康殿との主導権争いに身を投じ
        |      (__人__)     |
        \     ` ⌒´    ,/     これに敗れた……
 r、     r、/
 ヽヾ 三 |:l1                  やる夫とは進む道が違っただけのことだお
  \>ヽ/ |` }
   ヘ lノ `'ソ
    /´  /
    \. ィ


やる夫は既に吹っ切れていた





187 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/10(土) 23:33:34 ID:2eqx.fnA

やけにサッパリしてる





189 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/10(土) 23:33:59 ID:7mEUSMQo

真田並のアイアンハートw





190 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/10(土) 23:35:11 ID:D5rvCqbc

..      ____
     / ―  -\     これからのやる夫は
.  . /  (●)  (●)
  /     (__人__) \   小早川家のため お前たちのため
  |       ` ⌒´   |
.  \           /   そしてなにより自分自身のため
.   ノ         \
 /´            ヽ   新しい時代を生きていく…… いや……





192 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/10(土) 23:36:01 ID:D5rvCqbc

             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \    それだけでは足りないお
      /( ●)  (●)\ )
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\    やる夫は自分の手で新しい時代を
    |    (⌒)|r┬-|     |
    ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/    作っていかなければならないんだお
    | | | |  __ヽ、    /
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄


                                     ,, - ―- 、
                  __              ,. '" _,,. -…;   ヽ
              , ‐ ´      `ヽ          (i'"((´  __ 〈    }
            /..:/.:/ .;イ :. :.丶.:.: \         |__ r=_ニニ`ヽfハ  }
           〃:.:./ .:./:.:/小:.: ',:.:.ヽ:.:.:. ',        ヾ|!   ┴'   }|トi  }
           l:{.:./ .:./-‐:! l ヽ:.‐-:.:.:.\:.:.!         |! ,,_      {'  }    それは
           i:}:ハ .:7ィ=ミj:ハ >=ミヽ:.:ヘヾ、        「´r__ァ   ./ 彡ハ、
           、_メ!.:i.:.ハ r'_;j    r'_;j ∧:.:}:.fヾ        ヽ ‐'  /   "'ヽ   どういう意味ですか?
            乂;イ.:.∧        /イ V:.:.| リ         ヽ__,.. ' /     ヽ
     え?  _/ j/_:ノ:.介 .、 ° ,イ:.l:|:..|:.:.:.!          /⌒`  ̄ `    ヽ\_
           ´/:.:,':.:.:j:|:ノーf夭‐ヘ :j:|:.:l:.:.:.:!         /           i ヽ \
           /.:.;ィ7´l:|\/ムヘ/`l:| `ヽ.:.:i        ,'              }  i  ヽ
             /.:/i // !| に不こ) !|l  /!:.:.i        {             j   l    }
          /.:/| ヽl l !|/〈/ i| ヽ」 !| !./│:.:.i       i   ヽ    j   ノ   |   } l


そして その目はさらに先を見据えていた





194 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/10(土) 23:36:50 ID:D5rvCqbc

     /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
    /: : :             \
  /: : : :              \      ……いずれ説明するお
/: : : : : :                 \
: : : : : : : :.._        _      \   とにかく今は
: : : : : : : ´⌒\,, ;、、、/⌒`        l
: : : : ::;;( ● )::::ノヽ::::::( ● );;:::    |  この戦いにケリをつけるんだお
: : : : : : ´"''",       "''"´       l
: : : : : : . . (    j    )       /
\: : : : : : :.`ー-‐'´`ー-‐'′    /
/ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
: : : : : : : : : :.``ー- -‐'"´        \
: : : : . : : . : : .                   \





199 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/10(土) 23:38:04 ID:D5rvCqbc

::::::::::::::::::▲笹尾山:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
。:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.;./ヾ^^^"\、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ^ヽ─-、:。.::::::::::::::::::::::::::::::::黒田長政  丶::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        石田三成:細川忠興・加藤嘉明:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
藤堂高虎・京極高知 田中吉政・生駒一正・金森長近・他::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
脇坂安治・他    丶。:                vq。::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                 井伊直政・松平忠吉      ^^^。.:::::::::::::::::::::::::::::__,,gd,gd
         島津義弘本多忠勝             .\.nqqgqx。.vrll^゛
         -^='"゛`、   福島正則  徳川家康
k,,       |:::::::::::::::.;[ ↑     \                    ,,,,,,xv─
::::.\v、     \::::::::::::::::[ │ 寺沢・織田               __,,,,./
:::::::::::::\,,     ]l.::::::::::::.l[ └‐小早川やる夫        __,,./^^^
::::::::::::::::::゚l(  .  .l[:::::::./゜   筒井・古田  \、 ,,,,/^^^
::::::::::::::::::/゜   ^^^^                ](^^^  |
:::::::__./                 __,,./f^^^       \
f^^^゜            __,,./f^"^^^             \、
         __,,,,,,,,./イ"                     \,,
f^^^"''''.ヽ''ヾ''^^^^                            .\。
     ,,.。。                                .\。
  _/^:::::::::^9x_                                .\,,
^^^^::::::::::::::::::::::.\_                                 ^h、
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::^k、                                 \
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\、                                至伊勢街道
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\,,                                 \

午後3時前
やる夫は さらに軍勢を前に進めた
目指す相手は崩壊寸前の石田隊の前で いまだに軍容の衰えを見せない島津隊であった……


      『 新 ・ や る 夫 の 関 が 原 戦 線 異 常 ア リ 』





201 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/10(土) 23:38:26 ID:pEeLowxw

島津マジウォーモンガー





202 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/10(土) 23:39:33 ID:EZLTrp72

よくこれで生き残ったな、島津の数十騎





203 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/10(土) 23:39:46 ID:D5rvCqbc

<第5部 その8 SMART ESCAPE FOREVER>

同じ頃 南宮山でも西軍の崩壊は進んでいた

                                    至関が原
                     __。.──。.,,,,。v──-、,,    4
               __。,,./v-^           v--\。.  ]。.  ー.。,,,,
           _.。。.d",,                     .\ .\,,    .\,,_
         ./゛                          .\  "h、    ^"─。
     __.。rt'"                              \  う、       .\、
 .;.。r─"         毛利秀元         :::::::        \ .ll.    /    .\
./                             :::::::::::    /^^^  ][   ヾ。
l゚   :::::::                  :::::::    ./^^^^^ー─"      ]!    .l、
  :::::::::::                   :::::::::::::::  ゚l、           ^)(    g[
 :::::::::::::::      :::::::              --t'T"゜        浅野幸長 (゛
k______      ::::::::::::::::::         ./ └─→ 吉川広家     」゜    /
 ゛  .\  :::::tt.ヽvg。.--=─ ''''^^^^^^'ヾ    トコトコ……      池田輝政 /
     ^。__.。イ  長束正家                        〔   /゛
長宗我部盛親       安国寺恵瓊                 .ヽ ./
                                          ./(゛
                                       _./^^^ ]tx
                                     ./゛    〈( \;;、
                                    J゜      [゜  ゚゚lk。中
                                    .l(     美 |    ^t,,
                                   ..l[     濃 [      ゚lk 山
                                   ))     街 ][       ゚l。.
        .。...___               相 川    ./(     道 〈(        ゚l( 道
         ^^^^^ヽx、          __,,,,.。。.。.。.。.--t'"        ](         ゚l(
               .\,,   ./ー^^^゛                メ゜          ゚l
                .\F"゜                   至大垣         至赤坂


まず 斥候からの報告によりやる夫をはじめとする松尾山諸将の寝返りを知るや
麓に布陣するそれまで不動であった吉川広家の軍勢3千が前方に移動を開始……





204 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/10(土) 23:40:50 ID:D5rvCqbc

そして そのまま東軍に投降した


./                             :::::::::::    /^^^  ][   ヾ。
l゚   :::::::                  :::::::    ./^^^^^ー─"      ]!    .l、
  :::::::::::                   :::::::::::::::  ゚l、           ^)(    g[
 :::::::::::::::      :::::::               --t'T"゜ \ピコーン/浅野幸長 (゛
k______      ::::::::::::::::::         ./      吉川広家     」゜    /
 ゛  .\  :::::tt.ヽvg。.--=─ ''''^^^^^^'ヾ                池田輝政 /
     ^。__.。イ  長束正家                        〔   /゛
長宗我部盛親       安国寺恵瓊                 .ヽ ./
                                          ./(゛
                                          ./(゛
                                       _./^^^ ]tx
                                     ./゛    〈( \;;、
                                    J゜      [゜  ゚゚lk。
      ヽ、ー----------イヽ---
        _,.>‐: : : : : : : : : {: : : : : : : :.`ヽ
     / ;: : : : : :/: : :./: : /l: : : : 、: : : : ヽ:\
    /:ィ´: : : : :./: : : /: :./ !:.:.ト、: :\: : : :.\}ミヽ、
   ///: : :/: : :/: :.:.;.ィ: :./  l: :.| ヽ: :.ヽ: : :ヽ:\:::::::\
    /: : :/: : : l: : :/ !:./  |: 十‐弋⌒ト: : : :i:.:.:|::\::::}
.   /: :.ィ:.!:. : :.:|:''7⌒|:.l   l:.:.:{   \:|: : : : ト、:{::::::::Y
   l: :./{ :| : : : |:./  l/   \ヽ   \:. :.:.:|:.トゝ:::::::〉
   |:.∧| :!: : :/l/   、       ヽ,. -   ヽ :.:|/:::::::/
   l/  !:.| : ∧  ==ミ       ≠⌒ミ ∧: |- イ
       |: l: :.lハ          ,         {r }:}: : :|   ど~も~
       ヽハ:.ト、_} :::::::   r―‐┐ ::::::: /_ノ|/!: : |
       |: ヽ!: : ゝ、     `ー-‐'     ,.ィ : : : : !: : |   お邪魔しま~す
       |: :l: : : : : :|>- .,_    ,.. <´ |: : : ::.:.!: : |
       |: :l:.!: : : : :l__,ノ:.:r'`¨¨´{.i:.:.└-|: : : ./^i : |
       |:.:.l:!: : : : :.|:.:.:.:.:.|___/:.:.:.:.:.:.:|: : : {  | :.|
       |: : !: : : : : |:.:.:.:.:.|     ! :.:.:.:.:.: |: : : .〉 `ヽ、
       |: : !: : : : : |: :.:.:.:.l   |: :.:.:.:. /lr--' {  {  )-、  ← 吉川広家
       |: : !: : : : : ト、:.:.:. |    l:.:.:.:.:.//|`ーt入_ノノイ》 ヽ





209 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/10(土) 23:41:56 ID:EKF7W6Kg

お邪魔しますじゃねぇw





207 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/10(土) 23:41:24 ID:nuMuVtwA

吉川さん、余裕の離脱w





208 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/10(土) 23:41:50 ID:D5rvCqbc

             ,..、__                      _ -‐ゝ ` `ー ̄` 、lヽl、_
         ,..-:.:.:/、:.:.:.\ヽ`:.、                  -=、ニ           ≦_
        r:.ー:.、:.:.:ハ:ヽヽ:.ミヽ!::';.:丶                 >´             ヽ彡
      l:/:.r:.、:>;'-'ヽ:',、ヽ`:.ヽ:';.:.:.',                /_ィ'  l /   ヽ 、   、  ≦´
        l/:l:.!`゙    ';',ヽ:.';.:.:.ヽ:.:.l:l                _∠  l l、 、  ヽlヽヽ ヾ  イ`、  チ~ス
.       l':.イ:! _    -';!-';.:';.:.l.:i:.:.l:.l                `≦ `l ト、ミ≧ M メ\ ヾ、:≦´
       ,':/:l;l´       ,⊥_ !l:.:l::.l:.:l:.l:!                 /入iヾtァ‐ /イγヽ::::::::ヽ┐  お疲れさん
     l:イ:.l:l'rrュ、   ´ヒ;リ '!l:リ:.;'!:.:l:.:!   はいはい        ! く_     ´ l/(^ノ, ,y/::::l
     l';l:.:l:.ヽ`" ,      ,'l:Y/ト:.:l:.:l                 l ゝ--     厂lv/:::::::::::ヽ-‐ 、
     l:.:l:.l、:.ヽ   、_ァ  /:,':./:ハ:.:l:.:.l                 ! `!_  -‐, ':´::::::::::::::::/ _ -‐\
.      ';.l:.l:ハ:.:`:ヽ.、_ /'/;イ:/_⊥ヾ_l                 l  _ _ ノ\\::::::::::::::::/ /      ` 、
      ';∧:.l:〉/`T´ ! ノ /'l    ,rヽ                /  / ハ:::::ヽ ヾ::::::::::/ /        \
      /-ー7 ヽ_ ヽ,f´,>'、 !   /  l               ノ   ' /:::::\:::ト .l l:::::/ /     /      ヽ
     /   / '´ ノ`´ ,:':/ ` '  ,'   l              /     /、:::::::::ヾ', .l l:::/ /  l  /       ヽ
      ト /    /  .,:':/     l     ト,           /      /::::ヽ:::::::::ヾ l l:/ /  l /
     ,イ/   /  .,:':./      l i    l、         /       /::::::::ヽ:::::::::ヾl./  '    ! l
.    ,.':/l,'     !  /:./       〉!    ',       γ       ./:::::::,--ヽ:::::::::::l  l    l.l

       ↑ 浅野幸長                         ↑ 池田輝政


これを南宮山の押さえとなっていた池田輝政と浅野幸長もあっさりと了承する





211 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/10(土) 23:42:45 ID:E.w66XKo

半分出来レースだもんなw





212 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/10(土) 23:42:54 ID:D5rvCqbc

怪しげな振る舞いを見せていた毛利家の真意が露わになった瞬間であった



        _, -‐ ' ´ ̄ ̄ ¨ヽ  ...━━┓┃┃━━┓┃┃━━┓┃┃━━┓┃┃
     , -'´:. :. :. :. :. :. ___」  ....   ┃        ┃        ┃        ┃   ━━━━━━━━
   /:. :. :. :. _, - ' ´ ,r'´ ゙̄ヽ     ┃        ┃        ┃        ┃               ┃┃┃
  く:. :. :. :, -' __, -‐ '´____|                    __ - ――‐'  "    \            ┛
   ヽ/_, -'´, -ォi'¨´  \ ヽ \                  ,/          !     ∧
    ,ゝ':. :./  /|lト、   ヽ \ ヽ ',                /  ,/  __ /,ィ:   l __     ヘ、
   \/    |-!|ー\、  \ ト、! i               j /.::  /,ィ//'!l  、.|∨`ヽ ::.   \
     l:::: i:: l┬::cr ヽヽ┬crl| l           .    У .:::/ ,イ,// |l  ト!| ∨:|  :::.  l、,/
     l:::: l:: l l:::::::j     l::::j {!|              i /:/ /:::!レr‐、リ ノレ r= i:ノ  |:::  |}/
     ';:::l ト:⊂⊃‐       ‐⊂: !              ヽ{ヘ{  |:::!:! lij:j,7ィ}={, l:ijj.〉ノ: |^i: /
      '、:ヽ:| ヽ|          ノ l           .      | \.!::l::ト、_/_ノ ゝ__ l':レイ! レ′
        ヽ lト、     ._.,   ≦ 三         .      レ:::::j:/y'フ,ィァ ,'   ≦ 三
         l ト从 ー┐ゝ'゚       ≦ 三 ゚。 ゚       /:::::/、j、_ ´ 〈/ゝ'゚       ≦ 三 ゚。
         ヽ| Vィ´ {X}。≧         三 ==-    ノ :::/:iへ ::.\  ≧         三 ==
            /: i_lil__-ァ,          ≧=- 。   / :::::/:::|   \|  -ァ,          ≧=-
          i: : :l:::::ヒj::l」イレ,、         >三  。゚/ :::::/:::::|     |  イレ,、         >三  。゚ ・ ゚
           /ーイ::::::i::::l|≦`        ヾ ≧                ≦`Vヾ        ヾ ≧
          /  //ヽハ/li 。・イハ 、、     `ミ 。 ゚ 。 ・            。゚ /。・イハ 、、     `ミ 。 ゚ 。 ・

         ↑ 長束正家                    ↑ 安国寺恵瓊





214 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/10(土) 23:43:53 ID:D5rvCqbc

            / / /                     \
         /Y^Y^ヽ/  /    /  .イヽ        \ \
.       /: : : ∨: : /  /     / / / !  !  ! !   \ ヽ
    /: : : : :::/: : :.l  /     / イ / |  |  | l  ',   l`ヽ.l
   /: : : : : :: /: : : :{  l、_  / / ! /  |  |  ,.l -ト  l   |   l
   \: : : : : : i: : : : :|  { `メ、 l/ l/  l  l//l |  !   ト、    南宮山の毛利隊も
    \: : : :.|: : : : :|  | / / `ニナー〃 ー'l / !/l  l   l: :〉
       \/l___.r|  l え¨斤〒     f 斤fア从 ∧   |/     わたしと同じく手向かう気はないわ
        |  l  l{ ヘ l/ 辷ラノ      辷ノノ /}l /: :〉 /
        |  l  lト、_V          ,    、、 {/l /'´//
        |  l  l   ̄lヽ、   f^ー--ァ    ノ l/              あ 安国寺隊だけは別ね
        l  l   ',    |   >  辻_ノ_,.  イ  l
.        /   ト、  ヽ、 |/: :.|   T:.ヽ |   l   |               好きなようにやっちゃって
      /   /  \  \|: : :.く   Lュ: 弋.  l   |
      /   /   | >、  \: : \___ ヽ: : lヽ.l   |
.     /   l   /⌒ヽヽ  ヽ: : : \  ̄| : l: :l|   |


やる夫のように
さすがに今まで友軍を装っていた相手に攻めかかることはしなかったが
吉川隊はそのまま東軍に合流し 以降を傍観して過ごす





216 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/10(土) 23:44:32 ID:yjYg6Uy.

こっちの方がヒデぇw





218 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/10(土) 23:44:50 ID:D5rvCqbc

   /| .N '             ,_≦<⌒
   | ∨        ,、 ,、 、ヾ-ヘ> 、-ミヽ
 /` ,.ィ    , / ハ !ヾ|ハ.V, ,ト,ハ-ヽイ
 'フ//∧,ィ ./.|/ ,、リ小|,ト,:|:リ、:ヽ|:<       はいよ
 И .レ ' .|//ノ /jィ::ハ::!:::リ;メ「ハ:}'ヾ、Y
弋ー__,、 | ,//|'/|/:ム!/‐|l::::|リィtチ''Vリ        ま 山上に布陣してんのまで
ヽ-≧:::Ⅵ.代!ハ:|;::/,ムtチ Ⅳヾ ̄ .トヾ
 .`T:|;::::ハ|:_'ヽ、Ⅳ ̄´     _,〉  .|         相手は出来んから
  .ヽト、l:::「:トヾ、`      __,,  .iァフ
    厶イゞイ≧ヽ      ' ニ´ /./:!       そこら辺は安心してくれ
      '´ レヘ;ーヘ  ,,_____,,//:::::ゝ  _ -、
         ハ|;V: : : : : : : /./:::::/7才   ヽ,,_ _
        /イ:::レ:ヘ  : : : : 'ーァフ::::/イ     /`ー-ミ、
       / /_::::::::::::ハ      j |:::;イ     , ′       `丶、
      ム-- ミ丶::::「' :.    //:/     , ′         ヽ
          ノ:::ヽV|__,,,、 ィ7 //     ,:′    ,      ハ
        /::::::::ハ.'|  ` /〃     ./       ./!      ハ
       /:::::::::::::::ハ !   .//′     /      ,'::!       .ハ
      /:::::::::::::::::::::::ハ∨ //     ./         ,::::|        .ハ
    .ハ:::::::::::::::::::::::::ハV//      /         ,::::|        .ハ


そして 南宮山東に展開する西軍に対する池田・浅野両隊の攻撃が始まった





222 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/10(土) 23:45:51 ID:D5rvCqbc

                          ∧,,∧
                        r(   ´n
                   .      >   ,/    ∧,,∧
   うわーーーーーー!       ~'oー、_)     r(   n)
                   .             `/  く_
   逃げろーーーーーーっ! .           ~'し -一┘
                   .                  ∧,,∧
/∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\                 ( ´・ω)
                                   ~、/  っっ
                              ∧,,∧    └ー-、ぅ
                                r、´・ω・))
                  ∧ ,,∧      >  _/´
        n__n        (´・ω・`)    ~'し-一┘
      ∧,, ∧ノ         c'   っ
    c('・ω・`)っ      ~(_,'ーo'


これに対し自分たちが
毛利本家から完全にハブられていたことを知った安国寺恵瓊と2千弱の軍勢は
戦意を喪失し たちまちのうちに四散した





223 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/10(土) 23:46:50 ID:D5rvCqbc

        __ - ――‐'  "    \
      ,/          !     ∧
     /  ,/  __ /,ィ:   l __     ヘ、
     j /.::  /,ィ//'!l  、.|∨`ヽ ::.   \
.    У .:::/ ,イ,// |l  ト!| ∨:|  :::.  l、,/
    i /:/ /:::!レr‐、リ ノレ r= i:ノ  |:::  |}/
     ヽ{ヘ{  |:::!:! lij:j,7ィ}={, l:ijj.〉ノ: |^i: /
.      | \.!::l::ト、_/_ノ ゝ__ l':レイ! レ′
.      レ:::::j:/y'フ,ィァ (二フ ,.ィ:|::l: l:!   _   そんな そんな……
     /:::::/、j、_ ´ 〈/フー「`iー、:!:|: |::〉ァ.//
    ノ :::/:iへ ::.\  У⌒゙|  |:lλ!::l レ/,j_
   / :::::/:::|   \|   |\ |  |;' !:!|:{  Lメノ}、
   / :::::/:::::|     |   |  ヽ!   !.j ヽア  /::::〉


恵瓊は山上の毛利秀元のもとに逃げ込み
とりあえずは その身柄を保護された





226 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/10(土) 23:47:52 ID:D5rvCqbc

/:::::.:.:.:.u . . : : : :.::.:.u:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
:::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:`:.、
::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:し.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:;、_:.:.:`;
::::.:.:.:し':.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:..// |: . . .!
::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,イ.:.:.://  .|::.:.:.:.|
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.U:.:.:.:.:.:.:./ |:.:.∧ : : ;'::.:.:.:.:|
.:.:.:.:.:.:.:.:U.::.:.:::::!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;': :.|:./: : ヽ/::::::i:.:.;'
.:.:.:.:.:.:.:.:.:::.:.:.:::::|.:.:.:.:.:.:.u:./: : .j/ : : : /:::::::'|.:/
.:.:.:.:.:u.::::/´⌒ヾ.:u.:.:.:.:.:.' し : /: : /::::::/.j/
.:.:.:.:.:.:::::.{    |.:.:.:.:.:.:.:.i: : : /: : :、イ:::::/
.:.:u.:.:::::::::>、  |.:.:.:.:.:.:.:.! : : {: : : :/:::::;′
/.::::::::::::/\ ` !.:.:.u:.:.:.|    ー 'i:::::/    …………
.::::::::::::/  ´ ̄`ヽ.:.:.:..:.:|ヽ  , イ:::/
:::::::::i/  _,  -ー ハ.:.:.:.:.|¨ ´|:::::::/
:::::::::| '´       i.:.:.:.:|   l:::::;′  ← 毛利秀元
:::::::::|        |.:.:.:.:!.  |::/



毛利家が行ったのはそこまだだった
眼下の戦闘を南宮山上の秀元も傍観するにとどまった





227 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/10(土) 23:48:55 ID:D5rvCqbc

\                                  /
<        
撤退だ! だが そのためにも      ..>
<                                  >
<  
いったん敵を長宗我部隊と共に押し戻すぞ!!   .>
<                                  >
/∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\

      /三三三三三=-: :´: : : : : : : 、: `: : ー.、三三三三三ヽ
.      (三三三ニ. :'´: : :|: : : : : : : : : : :\: : : : : `: .、三三三ニ)
      ー</: : : : : : {: : 、\:.:. : : : : :丶: : : : : : :.\ニニ/
       /: : : : :/:.:.:.八: : \: \: _: : : : :ヽ:.:. : : l: : : :ヽ/
.       /://: : :.:7:.卞、 ノヽ:.:.{ \:.:\\:.:.:._」≧: :.|: : : : : ',
      /:/: |: : : :.|:.:/ //\_、:ヽ  \:く,ィ<: :| _V: |: :.|: : : :'
       |:ハ: :|: :{: : |:kメテ=ミ \',   ォ夕テハ}^∧:.}: :.|: : :| |
       {ハ: |: :ハ: :.{ヘうんソ}    \  弋ゞ' ノ ′}/:.:/:. : :}:.!
      {! ヾ!:.:.:ヽ:.', `冖´   {  `  `¨^´  /:.:./:.: :.:/:/
         |:.:|:.:ヽ:.、      _       /:/:.:.:..:/:/
            }:.:!:.:.:.:ト\     V⌒       /イ:.:.:.:.:.: /:/
          |:∧:.:.:.ヽ.     ‘ _ノ        //:.:.:.:.:/:/
          レ ヽ:.:.ト、{>..   ー     . イ:/:.:.:.:.;.':, ′
        , - 、  \{ ` }ヘ`ト __ -‐ 7:.:/:./:.:.:.:/レ'
         /二、_≧ー―‐ ´ ̄ \    {:./|ノ|:,イ/ ′
      /    )_ヽ        \r‐'⌒\_'__
    /       )__ヽ     / ̄ ̄)又\`< )__
   /'          _〕ヘ   / r' ̄ 7イヘ \\ \ )_
 / /            (_ }  \ヽ ノ /|ミ}!  ヽ}  ハア∧


そのため池田・浅野隊の両隊の矢面には
長束正家の軍勢1千5百が立たされることになった
正家は後衛の長宗我部盛親の6千強の隊と共闘して敵にあたろうとした





231 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/10(土) 23:49:57 ID:D5rvCqbc

だが……




          \                  /
           \   し~~~~~ん   /
            \             /


─────────────────────────────


              r─────-、、
                |          .:.:.::::.`ヽ,
                |____.:.::.:.:.::::::::::::::/
             _ノ_____  ̄``丶、/
        r'´     _ __ _  ̄``丶〈_
        ヽ,. .:.:.:.::::::::::::::::、::::ー- 、  \
        /.:,.::::::ハ:::::ヽ::.ヽ::.\.::ヽ:::.\/
         /::/.::::::|:::ト、:::::仁ニーミ:::|:::::::::|
          |.::|.:.::|_ノノ´`ヽ` ◯ `1::|::::::l::|
          |.::|:::::K´ ◯      |//::/:/    あ あれ……
         ヽト、::::ヘ         /::/:/
            ``1:ヘ  r─っ , イ::/,イ
           |/|.:::>r‐r<  |/イ´
                |.::/^l/l:/_/⌒ヽ
                |/ , ィ´y'´   ,r=ヘ
              // /介1  ,fj.:.:.:.:::.\


正家が振り返えるも そこに長宗我部隊の姿は影も形もなかった





240 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/10(土) 23:51:27 ID:D5rvCqbc

\                            /
<  
逃げろ 逃げろ 逃げろーーーーっ!! .>
<                            >
/∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\

            /    / ハ i ハヽ、\ ニ=、
        /   / /!ムノノ/ } ハ i、ヽヽ
        ,    !ハ{ _!__,ヾ  ' 二レ-! ヽ }ヾ
        l   ミ、〈 fリ `   ( 'f;リ〉 |ノレl
        ヽ _ !   ̄ __ 7  ̄  ! ′
          {fゞヘ    f-‐-- }   /i
         ー-ゝ    |,__  /   ,.'-'
             リ!ヽ _`二´ /
           「 ̄ ̄     「K´____
  __,.-=/==ニニ 、 ノ L__   / |
'´ == '/ニ, ′     \\  ト‐} { |ヽ
 ̄|´  l   '       ー-ヽ\_ ヽl ∧ヽ !\
  |   !  !             `''-{、ヾヽl. \
  !   l  l          _,.-――、).  !   \   ← 長宗我部盛親
  l    」 -‐       /      \ l     /\


とうの昔に長宗我部隊は撤退を開始していた


  {l|:.:::.:.,:.:.:./:./// ィ _..._/.:.∠ィ.:_:.:-:.´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_z`
  \` ト' l:.:.:l://ィ∠ - ‥ ´  \.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
 、  \W.:r'”´           ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::__:::Z
  ` ̄7ハト、            /:::::::::::::::::___::::::::::::::::::::::::::::::::::`>
     { {!'.      _        ミ_ - ―/, ⌒ヽヽ::::::::::::::::::::::::::::/
       }   _/_二二> - _二 ヘ::::::「 / \ヽ  V::::::::::::::::::::::;     はいっ!
      〈__r-' ∠ - _二 - ' ´    ヽ_j \   '.  j::::::::::::::::::::::;
      「「 「`. rf!´  )         ∨ /´ /.::::::::::::::::::::/      速やかに下がります!
       7ヘ '. '. ',ゞ一           `  ,.:'::::::::::::::::::::::::;'
       /  '.弋l l             `─ ' `丶、:::::::::::::{、
     く  __ \_ノ            |        `<::::::'、__ 、
      ` ー,               j         ̄ ̄ ヽ / \
         \<二へ、        /            /    `
            _/: :}         /        _ - ´
            {─‐ '′      '      _ 、 - ´
            '.           _ - ´  l       ← 桑名吉成
             '.     _ 、イl \{       '.





245 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/10(土) 23:52:50 ID:D5rvCqbc

               ..r'77Tミヽ         __ __
                ∨//j::::::ハ        .|.//./7ヽ
                .j/ 〉::::;;.ム===ァ    .i//.//:::|]
                く .,ィ〈,ク´,-―vl,/    l//=ヘ:::::i ト、
             _,=〒≧i,へ、_ _,,_/   .r=' ̄ /,-;;:l ハ  _
           / .l |../゙`ヾハ 〈>ーァテj-=ニコ-==二三 ̄ /
          /\_,,j∠j==ミ_ .j|/-‐'7 /  ./-===┐   __/    __
    ,-=ミ,_ _r==ー---≦}   /マ\   / // ̄r‐=ミ/=-イj     ,ィ' ̄   〉
   jク^ヽ__j`ヽヘ二ニー-=,_〉 j万j メ.>-イ_\/./==≧ヘj_|_>>-、__ノ    __j
  ∠〉=ヘノ_,,リレ^ヽ   ̄:ヽrイ,ィ仆yく-=7、/|.l/.:.:.:.:./  .{i q,p j \`    /
 .r┴'てr'^j .ノ       .∨ .ヽリ.}:::ノ\/ .l.ij.:.:.:.:./{_  .{l,上,./  /   /
  7'   .Y-='            ヽj   .\/ \__\ヽ \/  /_,,,==
  `つ ノ            / ̄/    ヽ__>-=ノr=ニニ二ミヽ_ソ
   \(         /7  /  / /7/7 :.:.:.:.:::,イ __j´ヽ=ミ、 〉-==
    `        /∠〃/   ̄/   -ク='' ̄ _,,,,,へ、ノ_く三
            /_/ ̄ /  / ̄    {,=ミ,=v´l ヘ  .イ/:::::.\ニ
               /_/       .{:::: .li il .i!_,,,_」:::,-=―
           ./ ̄/ /7/7        {::: |i_,,ハ=ヘ:: .〈
      /7クク  /  /              ヘィ.7l::::::',::::',-'´
     ./ /   /    ̄ ̄/           .(Ⅳ/ト、入ノ
    /  ̄ ̄/  / ̄ ̄             V,,j
   ./ / ̄ ̄ _/
   /_/


動きの遅い輜重隊を 前夜のうちに遠く後方まで下げていたことも幸いした
長宗我部隊は伊勢街道まで難なく戦線離脱した





237 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/10(土) 23:51:05 ID:VnfnwoiY

これは見事な撤退w





241 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/10(土) 23:51:34 ID:EKF7W6Kg

既に輜重隊を下げておいたから、あとは脱兎のごとくだなw





244 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/10(土) 23:52:37 ID:EbISmrEo

ここら辺は長宗我部の当主のことだけあるなw





248 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/10(土) 23:53:51 ID:D5rvCqbc

  __,冖__ ,、  __冖__   / //          \:::;イ '   、       ヽ `ヾ;:;:;:;:;:;:;.ヽ
 `,-. -、'ヽ' └ァ --'、 〔/ /           /  , :!:i トヽ、 `ヾ.、 __.. :. V  ::::V;:;:;:;: 〉
 ヽ_'_ノ)_ノ    `r=_ノ    /             , ' .:' .;' :ハトヽ`ヽ`z≦=ァ  ::::l   :::::V /
  __,冖__ ,、   ,へ    /  ,ィ          /イ.:i :/::メ、_! \ ´'トtjハ `Y :::l :. :::::::「
 `,-. -、'ヽ'   く く´   7_//         ' l.::|レ'.:イrft!i    ヽゞ‐'   ! ::;' ::::i::::::}
 ヽ_'_ノ)_ノ    \>     /           Xイ ::ハ ゞ'、         /,:イ  ::::|:::::j
   n     「 |      /             ヾ V!   r=ニヽ     '´}::! .::::;':::/
   ll     || .,ヘ   /               `T   l    |    l::! .::: ':::;l
   ll     ヽ二ノ__  {               |l.   |  _. |    l::!  .::,'::/
   l|         _| ゙っ  ̄フ            ト   Y´:::::〉   /;イ :i::/レ'
   |l        (,・_,゙>  /                |i \  ゝ-'    '´7 .:::ル
   ll     __,冖__ ,、  >                l :::::>、 __.     ! ::/'´ヽ._ ,ヘ__..ィ、
   l|     `,-. -、'ヽ'  \               リ! ::::i::ハ:!  _! /l:/    r-' /-!/`ヽ
   |l     ヽ_'_ノ)_ノ   トー .              ', :::l'   「 レ'   !'    _〉、/ _ノ,:,:,:,:,:
   ll     __,冖__ ,、 |                   ハ::::!  ,イ!「jト}!\    !_ / 7,:,:,:,:,:,:;:
   ll     `,-. -、'ヽ' iヾ               ハjzY/ / { iト、  \  ヘ/ Y´,:,:,:,:,:,:,:;:
   |l     ヽ_'_ノ)_ノ  {                  r' V/ / {`i´} ハ   〉 ,'´_j,:,:,:,:,:,:,:,:,:;:
. n. n. n        l                    } ハV/ {`i´}  ヾ='   ! r',:,:,:,:,:,:,:,:,:,:;:
  |!  |!  |!         l
  o  o  o      ,へ l


こうして正家は
長束隊のみで池田・浅野両隊合わせて1万と対決することになったのである……





250 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/10(土) 23:54:14 ID:SVZfffjk

ムリゲー





257 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/10(土) 23:55:51 ID:D5rvCqbc

一方 大詰めの関が原である


                    /, ーミ、        ,  \
                 //    lハ{ , / ,r .ィ从ハ ゙i
                  〃     八{ル'j/ ´    ! !
                   /ノ ,{_,/     `   u    } {
               //r'jr'゙        、 ,   V  !
                 !7´    {、     ゙メ-+、( ミ !
             rぃ{ --、_  ヽーァ'^ _   i'⌒ヽ} ,゙
             ぃ ゙L 、_'、 、` /,r   _ =-v { 〈、
       r   、__ノ}rソ7 ヽ'='゙ミ、〉( ノ_r=ゥ≪, _ /〃゙ヽ
       {廴___ア { {,〈 u `ー'゙ 「` r_(`ー'´ ミ 〉{ イ ハ
      -‐ミ‐  _   `j ハ     }   ノ  ̄    ,/ リ /  ミt_    ここに……
__  ´     ´フ´ イ///ハ{ 〉   └《__ ,.」    r‐'{{! '゙   ≪__,,
⌒i        '´ ノヘ小l丿/ __   ( ̄     Ly ,ツ7   いー≦x、 島津兵5千がいたら……
l j          ハ! { '⌒こー---―x、 、メ ´jハ  !、v゙ ー
_ン           {{ F ‘、   、__ ̄ ̄ ̄  /` / /リ 小`}
               || lハ 丶      ̄`      イ トV7
こ二二 ヽ     ||   \ヽ{  __j、_,r  ミ, 彡ソコノ //
     \\    ぃ  〈\ 、ヽ ______ノ´彡'´ ,__//
       丶 ー  `、、 ト、 ヽ\`ァ,二 ,.  ィ  ノ //
、        ̄\ 、 ヾ、\ └┘| {_/ ニノ ///     ← 島津義弘
ヽ  、        ヽ   \\   | __彡 ゙´//



笹尾山の石田陣営の南・小池村の丘上に布陣していた島津義弘は
午前8時の戦闘開始以降 ずっと歯がゆい思いを抱いていた





258 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/10(土) 23:56:36 ID:77MN0Qbg

5千もいたら美濃が消し飛ぶわw





259 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/10(土) 23:56:49 ID:D5rvCqbc

目の前で繰り広げられていたのは敵味方共に連携も何もない乱戦だった
兵力さえあれば敵方の各個撃破も自分には十分可能だと感じた



、_彡 ////// ,ィ ///! / 、\ ミ三ミヽトノ       //i:/://:::,'i::::ヽ\\',、::::ヽ:::::::::::::::::::::<'´
  〃彡'/ ,//// .| // .| /.| /ヽ ミ 、 ヽ }__,     !' /::;:':::/:::,'::i i:::ヽ:::::::ヽ:ミミ:::::ヽ、:::::::::::k-ニヽ、
  |/ // ,∠//=、{  |{ {∠{.|=| l ト、 \ ヾ三彡'      /::i::::l:i:::i、::',. ',::::::ヽ::::::::ヽ::::::::::::`::::::::::ミヽ、
  从{ /´彡′_\ Ⅵ  リ \{ ヽミ ,ト、 } ヽ.       /:::ii:::l::i:::L::::':,::i:::::::\、_:::ヽ::::::::::、::::::::::ヾ、
   }∧ ,/弋_ラ、 |` ヾ、 代__テ=、 } リ、レ' } }      /::/i:i::l::i::i f:::j、:;::::',ヾ:::,rt:::j、\:::::::::::::::::i、\
、_ノ_ノ| `ー一´ /     `ー一 ´,/イ /ヽ 从,ィ   ーァ'/'´ i:ハ:l::lリ`=‐ヾ'、::、゙ヾ、ニノヽ::::::::::::::ヾヽ、.
   ̄|/|   r‐'‐、     、_フ_ノイ ミ三彡'       i.リ/リ::',゙     ゙ヽ     .,!::;:::::iヾ::',ヽ、 ``ー-
    { ,/!    ゝ ‐   .     ̄ /\_> }リ ,   、    i//::l:l゙、     、 ..    ..:':l::i!ヾl:::l lヽi ', `ヽ
 、_ノ .|  ‐-r─-、__,、    ./_,ノ、ミ三彡′  i i   i i: リ ヽ. ‐-- 、   / /リ / !/./ ' '  ゙ヽ
   ̄ ̄ヽ    こ二´      ,イ /∨`┬ ´    i 〈   ,i i::.、 \\   ..::'::: / !   , ', ' .i
       ヽ          . < /..:.∨}ノ      i     'ヽゞミヽ、ゞ: `ニ:´:::::'' _,. -//  i
      r{ヽ     . <  ,/..:::::::/  ̄ \      i    ',ヽ、`ヽミヽ、    ,.:-'´,. '´/   ノ
      _ト.\`ー一 ´ _/.:::::::::::/.::::::::::::::.      .i!ヽ     ` 、`'-、、、、、- ',ン''
   /..:::::ト、::  ̄「| 「「 ̄ ::::::::::::::::/..::::::::::::::::::    \ !        ` ー-ー '´

       ↑ 黒田長政                     ↑ 福島正則


それだけのことを思ってもいい戦歴を この年66となる老将は持っていた





263 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/10(土) 23:57:51 ID:D5rvCqbc

だが現実に今この場にいる戦力は
自らの手勢 甥である日向国佐土原の島津豊久の兵 薩摩から各自の判断で駆けつけてくれた援軍
全てを合わせて自称1千5百がいいところだった


  , ' ,. ,,,........, ,、    __ _,、 、-、、 `、          _,.--―'~ ̄`ー-、
 , ゙ , '゙','´   ,' ,'r―'''''ー ''''ー― ヽ_、_, .' ,       /,.-‐'"~ ̄`、   、 ̄ヽ、
  i, ',' ,,,......' ´ ,  ,、, i.i`、 、            ',      / /       `ー-〉`ーヽ. \
,'    ´     , ',' ,','.i,' |.| `、' ,`、 、      ',    r' /.            〈.  ヽ          ヽ、 _,,,,..............,,,,__
       , '゙,' .i'.,'i |i |.|  ', '、'、'、 '、      i    ; i              〉   |       _. -‐=、'} ヾ,       `' 、
| .,.      ,'/,'  |.!.! !| !.|   ', `、'、`、',    、|    |.|       ,.:'"      `i   |     . ‐''´ ̄`' `'  l彡-      ヽ
      ,'/,i',,,,,,,,',,,!、゙! ',!   ,,,,',,,,,',,_ `、,  、.i |    l.l  ,._____ l i__,.--‐‐-、.  l   |    '´フ´/  '"`ヽ }'⌒        ヽ
! .| .i   ,'/ 〒=,=、     ,'  ,==〒 .i ',  .i .|.!    !.`iく´_,.--、_」'^L_,.===、_`;. j  .j    ノ /   ,.‐''ソ /"ry⌒ヽ,  、     ',
! |, !i   i ',  、'、゙.丿       '、゙.丿, ,',i ' , ,! !,'     /i | 、-‐・./  ヽ!、 ̄`・,.   l /^ヽ  ´7 ノ / / ,.イ. | |::::::::::::::ヽ, li      |
  ',  i i.',  `""´         `""´ ,'ノ !,.,','..'     |.(|. | ``=-7  ,...; ` ̄´   j l ハ |   ´7. | | ト-i、| |::::::::::::::__;ゝ}ミ、      |
  -',、 '、!.',       ..,,!.       ,'i .,'_,'.'      ヽ:l !、  、__,.、_,.、i    ,.-'〈  し/    レl | |ャーr,、ヽ|'vッ='-ry:| :レヽ   |
     ' ,_ i ',     __,,.     ,', !'′        j ! ,..-‐'" ゛ー--、、    j  Yl      `'ト、.ト`'ー'^ .i::.、^'ー-‐'゙:::| :|'ア |   |
      i!  ',、        ,,    , i ',`;、         j.  `r' -―===-' ヾ`、 _.ノ  l|       | :::|    j::::. `   :::::| ::|_ノ:    |
      !i i ', `i 、         ,. '゙ | .','、ヽ   .     `、 ヽ. ー-,.-、-‐ ,.-'   _./_| .      | :::::l.   ヽ-    ::::::| :::|;:: : .   |
     ノ';.| i ', | `' 、._,.,. 'i   | ',.'、、         \_`゙゙゙"  ゙゙゙""  ,.-‐',.. '" l       | ;:::::|i:、  ''━ー'  .::イ|  :::|;:l : : .   |
        |.|.i.i ',‐!、_      |' 、.,_| i', `゙          |.  `゙゙'""`゙"`´`゙゙ .:::::::::   |      | ;:::::l「l^' 、._... -''´__,|  ::::|;:l : : :  |
  、、、、!´!,'i.||' ',  ~゙'‐- 、― 」'゙!;、| .i.',‐-.、          |          .::::::::::: ,....-'―    | : ;::::||:|::ヨ=、`'Y´,..=| li ;::::|;:l : : :  |
  _.' `'",'| |', i      `゙ '''‐-.、|i i',',‐-         ‐^ー‐;―‐‐''""~~ ̄ ̄ ̄        ノ : li:::||ノヲ''=} :∥:}='| | ;::::|;:l : : ::. |

         ↑ 島津豊久                 ↑ 中馬重方               ↑ 伊勢貞成





265 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/10(土) 23:58:49 ID:yjYg6Uy.

本来の動員力は1万以上あったのに





274 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/11(日) 00:00:51 ID:xi9XuZHg

逆に言えば、わざわざ手弁当で薩摩から美濃までやって来た
島津兵の中でも最精鋭のキチガイたちですがw





268 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/10(土) 23:59:24 ID:D5rvCqbc

石田三成が決起してから義弘は国許に増援の要請を何度も送った
だが実質的な島津の当主である兄・島津義久にことごとく退けられた


...........................,..:--――‐--.、_
::::::::::::::::::,.:r'"/        ゙ヽ、_
:::::::::::::/ iill /          \
::::::::::/,∧ N / "  _,.r―ヽ、  ‐:、  \
::::::::,i!" i! il゙ _,.;r'"     ヽ   ミ、  ゙i.
::::::,i   V;/         i!   ヾ、  !
:::::i    "      ヽ   ,ゝ   ヾi  l
::::ノ  、 i  ノ      ゙、 ヾ、   i゙  .!
:(、_ .ソ "   __     〕 .,r‐、   !
::::l ゙ヽ-ツーヽ=<___。>‐'  \r",:タ.! /
::::l   .:!   \_        l レへ !./     何と言われようとも
::::ヽ .::j  ::.  ゙ー:.      l レ'///
::::::゙:. Y__..._. ::.         ,り//Y      ない袖は振れないのだからな
:::::::::゙:. ヽ‐"          ト、ノ i l!
::::::::::::゙:. ヽ二ニ=’     /   i .l
:::::::::::::::i!  ゞ:::       ノ   i! l
:::::::::::::::::i! /      _/〃   ;! .l.
::::::::::::::::r゙、___,.∠/.:/   __,.-‐ト、
:::::::::::::::l.「 ,  ┌-===―‐‐tTr-―‐ニ┐!  ← 島津義久
:::::::::::::::l゙ーj  ト--  ゙l  l l l 「 ̄ .」 l


「唐入り」の後遺症が癒えないうちに起きた
というか起こしてしまった「庄内の乱」が鎮まったのはわずか半年前のことである
島津家には中央の争乱に係わる余力など無に等しかった





286 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/11(日) 00:04:12 ID:ZLHDJGWE

ビグザムだけでも送ってあげて





273 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 00:00:45 ID:uuzs0Z4g

もちろん国許の状況は義弘も書状で知った
実際に乱の鎮圧に参加した豊久から直に説明もされた


  /.:./.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
  ヘ/:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ミ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.\
  〈:.:.:.:.://:.:.:.:/:.:.:.:.:イ`ヽ:.:トヾ、:.i、:.:.:.:,:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:/l:.::/:.:.:.:.|:.:.:.:.\.:.:.:/
   \://:.:.:.:/:.:.:.:.:./i }`|:.:.| ̄` ミゝ、_i、:.:.|:.:.:.:./_j/≦,!:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:/
    ∧ :.:.:.:/:.:.:.:.:i:.|∧' |:.:.|  戈 t_ッ≧ ツゝノィrj チ∧:.:.|:.:.:.|:.:.:.:/
      \://:.:.:.:.:レ'/∧|:.:.|     ̄   '´  ̄ //| :.:|:.:.:.:|/
r= 二二≡ ヘ:.:.:.:.:.∨/ ∧:.:ゝ       l   ∧/ i:.:.:|:.:/
二ミ 、///i∧//≧ - __ノ  ̄ 、      - ン   / ///:.:./
///{  ∨/! ∧/∧i//ヘ    \    -ニァ /!≠'、´ ヽ
///|  ∨i|  V∧ i//ヽ  !   > .. __ イ /j |//i i、ヽ
///ゝ、  ∨i  ∨∧ヘ //\      / イ // ///j /∧ ',
///// ヽ |/ ミ_ ∨∧ ヽ//// ̄ ̄iン´// // ////////! !  ← 島津忠恒
/////|/l !/////`ヽ//セ=‐/////ム_ン ,イ // ///  ///  |
────────────────────────────────────
       /  / \      ∨   :/   |---―…'''''¨¨´
       . ′ //  / \     ∨ :/ /         \
.     / /ニ|   ヽ   \     V/            \          /
  / /ニニ.|   \__〉` ー─────────xヽ      /
__ .... イ三三三|_        |     /      `ヽ   | i       /
三三三三三三リ\      / !⌒ヽ   \____/   | |    〈
` <ニニ三三八  ` ー<  ノ   \            八       ‘,
   ` <三三从      Y´      ヽ_______   \\   ‘,
        ノ乂     `ヽヽ             } }}  ヽ /'\\  \
        イノ∧    -- ..         イ人   ハハニ`ヽ\
        // ∧     ` ー`ヽ         ノ乂个ー′三三ニニニ\   ← 伊集院忠真
          / ∨ ハ     ヾゝ           //ノノ丿` <三
.         /{/\\∧           .  ´//





277 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 00:01:55 ID:uuzs0Z4g

それでも乱の間ずっと都に留め置かれた義弘には
国許の疲弊の度合いが実感として湧きづらかった
それだけに現状が口惜しくて仕方がなかった

              ____
           ,、 '´:::::::::::::`ヽ、
         /,イイ从仆彳´ヾ;:ヽ
        ,r';:,/      ゝ'゙   ヾ;\
       ,イ::::,!            ゙i;:ヽ
       i|::::::i}   \   ,イ     i::::i
       {::::::,!,r'´   、ゝy'´     l::::l
       ,!::::|  ,r-‐、 `ト  _,,、-、 「人
      ,イ,!::::i   'r'ニ・ンイ`イ゙・ファ  ,}i イj
     i:::::::::::,!   ,r'´ ゙ヾ  `Y´  ,! ト::::l
     ヾ;:;:;:;:;:ト、   ゝニニフ    ,イトミ !
       }k;:;:;:,| `    カ    イ  ,!;:;:i    戦いは数だというのに……
     , イ;:;:カ;:,!   _,、ェェェェェ、_   ' ,ノ゙:;:;i
    ,ィイ;:;:;:;:`Y    ´ "´ ̄ ` `   ,ゞj,:;:;l
    i゙;:;:;:;:;:;:ゞi    '´ ̄  ̄` ,レ  ,j;:;:;:;ト
    ヾ;:;:;:;:;:;:;:,ゞ、 ,i!      ,yイ゙  レイ ,{、:;:,!
     ゙>;:;:;:;:イゞミュ   , イ  _ ,ィ'´ ̄Yi:;ノ
     ゝイi´ ̄`ーゝー'ー'フ''´,ィ'´ _,,ィ  i l
      ,!ヽ i}`ー-、`ヾ | i´ ,r'´   ,イ |
    _, イゞ、 Y`ー、_!、  | l ,/ '´ニイ ゝィ-、_
-'イ ̄´_,、-‐'`ヾ、ゞ-、_j ,`Y| | ノ _,,、 ノ, ィ  `ヒ `Tー-、_


精強だが少人数の自分たちが最も効率的に活躍するのは
崩れかけた敵方に戦の趨勢を決める一撃を加えることであると思い定め
その機会を義弘は待ち続けた





262 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/10(土) 23:57:41 ID:zjjSjX4U

義弘さんは、内乱で兵を無駄に損なった息子を恨むしかない





280 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 00:02:56 ID:uuzs0Z4g

                      //_          __
    \---=、          /~  /i、ヽ       /_  ``-、
      \  ~<^=,,,_ ,,-、/フ_ / \-,i、__,/ ̄ヽ/^¨ \    ^-、
        \_ < ≧, 、__// /__、 i_//  _  /     ソヽ、   ^-、
    ,,----、_=-\_ \ ^ヾ、/_/i  ヘヘ __i ,=/ `ヽ、    \  \   ^-、
/¨/ / /^¨彡≧ \i ミY≡Yii^ノニゞ¨^  \\  /_      \  \   ^-、
i<、 i / 田 ニ>  i"`ゝ-i n/^¨/----、   \ ∨ \_,へ、 /    \_  \       / ̄/
\ \ヾヘン-=__>  ゝ--,,_/Πi i     \________¨,i  く   ∨ 、∠二彡,,ノ    \ /7  /  / /7/7
  `--'ヽ" ̄ |、i //  _/ヘ--"i       __\i  ゝ~^ ̄∨^~//二二二彡≧  /∠〃/   ̄/
           ̄/ ヽ-"__/ i       /  \ノ /  i"¨/田 ||二二二二彡≧ /_/ ̄ /  / ̄
           \/~~i_i_i_i|___i、  ___=-'、_   | /   Y 《《_ 》______/    /_/
             ゞ二i、__/ \=テi    \_/     \__/   \  ./ ̄/ /7/7
           / `-/___/i 彡"/  i、  -=^i            |  /7クク  /  /
          /   /  / i/  i    ∧ /  \__     __,/ ./ /   /    ̄ ̄/
         //   i_ 、/ i   i __  i Y     \  /^^/     /  ̄ ̄/  / ̄ ̄
         i i-i /二/  /  /  )  | \     ¨/ /     ./ / ̄ ̄ _/
         凵 | |  / /  /\    |   \__/_/     /_/

  に二二二丶、{ー'",ヽ、_        ̄`"ー<ファ-,、_/〃 / /  `ヽ     / l   {
  {,..----―-、ヽ `ー'---、\            ̄~"7/\/ /,,.. -、 - ヽ  /// ,. r┴- /
  `ー--rー-、 ` _   ヽ   ヽ.             {、、i '',二   ゝ ,、| - く (/ / , フー'
     `丶、 `ヽ  ----、  }、            l r。、! l,,-。< ネ;くリ    (ノ//\ ̄
       {ミ}`丶、    ヽ |`\           ,! ~l l、ヾ ´ , | ヾ    ゞー'"   \/
        {ミ}   `ヽ     ヽ;;;l\        ,r-'/ l (ヽ-へ、ヽ ノ ト lゝ     |   /
        「~\   |ヽ     ヽ| ヽ   _rー= ヽl ! 二 ̄ノ/ リノリ     l| /
        l  ヾヽ |`     |   ト、/_     ̄`ー'ー'"┴┼――┐   l/
        ヽト、 \  |     |   | \、  ̄ヽ    \     ̄~|  」   ヽ
          \ヽ}  |     |     |   |l ヽ   \        6==9  ヽ
              |    /    /  | ヽ 、  \        6==9  }
                ト、  /    /    |l   \`ヽ、 \        |  |   ← 渡辺新乃丞
               ヽヽ/   /     |l ヽ   \  \       | |


チャンスらしいチャンスはあった
午前10時過ぎに石田家の決死隊が徳川陣本営に斬り込みを仕掛けた時である





284 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 00:03:49 ID:uuzs0Z4g

しかし 義弘は石田隊と連携をとることを見送った
自分たちの目前には井伊直政の赤備えに松平忠吉・本多忠勝と徳川家譜代の将が
厚い壁となっている


 /l         lヽ  /l         lヽ /l           lヽ  /l        lヽ
/ l            l ヽ/ l           l / l            l ヽ/ l           l ヽ
l  l           l  ll  l         l l  l           l  ll  l         l  l
l  l         l  l  l         l l  l         l  l  l         l  l
l  l         l  l  l         l l  l         l  l  l         l  l
l  ヽ        ノ  ll  ヽ        ノ  l  ヽ        ノ  ll  ヽ        ノ  l
ヽ  ヽ,.-―‐-、ノ  /ヽ  ヽ,.-―‐-、ノ  /ヽ  ヽ,.-―‐-、ノ  /ヽ  ヽ,.-―‐-、ノ  /
 ヽ /  | |  ヽ、 /  ヽ /  | |  ヽ、 /  ヽ /  | |  ヽ、 /  ヽ /  | |  ヽ、 /
   > =ニ二二ニ= く     > =ニ二二ニ= く    > =ニ二二ニ= く     > =ニ二二ニ= く
 /、/  ・  ・  ヽ>、 /、/  ・  ・  ヽ>、 /、/  ・  ・  ヽ>、 /、/  ・  ・  ヽ>、
く ヽ/ =  ー゚ー  = ノノ>く ヽ/ =  ー゚ー  = ,. -──- 、ー゚ー  = ノノ>く ヽ/ =  ー゚ー  = ノノ>
 \ヽ、____//  \ヽ、___/  , ヘ .._  ,.、\__//  \ヽ、____//
                     /  /__      ̄   ヽi
                    l   〈 ゙ー-゙ニコ!  lLニ-1
                     | r,=ヽ ===i  /==i
                    | |ト|.| `ー-   \-‐l
                _  __| ヽ」l u.    r __ \!
              ノ´   `l/|  ./ヽ  'ー───´l:
              ,, ニ=-‐'''7  | ./  :ヽ.   --   l
                  /  K.   ::ヽ     l `'''ー- 、._    (
                 /   |::\   :::`ー:ァr─1   r '_ニ⊃   __ ) _ )
                 /    |::::::::\   /:::|  |  /∠、ヽニ⊃( _ ⊂、
                /     |::::::::::::::::X::::::::::|.  |./   ‐‐ゝ\i   ) ノ
     井伊直政 →  /    :|:::::::::::;:く  >、::::|  /    ,二ニ\> ノ'´


徳川本営への突撃には 彼らも最後の一兵が肉塊と化すまで抵抗を続けるだろう
数倍の敵も島津兵は恐れないだろうが 削り合いとなれば不利となることは否めない





289 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/11(日) 00:04:54 ID:QKB.fX9M

圧倒的だな、ひこにゃん兵





292 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/11(日) 00:05:46 ID:pu6iW2Q6

猫は戦場で便利だと義弘さんも言ってたし





288 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 00:04:46 ID:uuzs0Z4g

                       _,,-- =-..、:
  _,, ,,_                ,,|]''";;,|],|] ;;,|],|]、_
''"" ;;,,  `::、        _,,..-‐''",|] ;;,|];;   ,|] ;;;;, ,|]:、
 ;; ,, ;;;,,, ; `‐- -__,, ''''""        ,|]        ,|]、、
;;;;   ,,,;;;   r'";;;;  ;; ;; ;;,,        ;;;,,,  ;;,
;;  ;;;;   ;;;;,,, ,;;  ;;   ;;;; . ;;   ;;;; . ;;;;,,, ,;;      ;;,,,  ;;,
⌒ゝ' , ー 、.ィ.~⌒ゝ' , ー 、  ;;   ;;;; .      , ー 、~⌒ヽr..、
:::::::::::::)、::...::::::ゝ .::):::`⌒ヽ (    .) 、~⌒ヽ:::`⌒ヽ.:::::..::ヽ⌒)
''''"''"''"^^''"''"''"''"''"''"'''''''''''"''"'''''"''"''^^^^"''"''"''"''"''"''"''''''''''


やはり自分たちの出番は松尾山新城の小早川隊が
拮抗状態となった場に参戦した瞬間であるのだろう





293 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 00:05:57 ID:uuzs0Z4g

だが予想に反して小早川隊は東軍に寝返り大谷隊を殲滅した


           _,.. .... 、
         ,.‐'" , 、  `ヽ、
        ,.'/`:'-、jノ ̄j\\
       //         `、ヽ
      i i'         u `i  |
      | |,:'"  \,. '"    i  |
      j. |. _,.. 、,i |  _,...,  .| ,!、
      .i j.|. ´,-,テ,L,.- .,  | i i   な なに!
      l !, |   ̄フl_,.,!`=   j .l); |
      ヽ; !、_   j  !、   _,! 、,./.
      ノ!j  !  ^. ^   「.〈 ,,ゝ.i
      j,:' i   --==‐-   └l.  l
     j  !.   ‐'"~` '" メ  j  、ゝ
     ヽ,  `;-!、___,メ_,!-‐';^i ノ‐'
      'ー-..! ! `==.l.,=='' !! .|
         !、゛'!三:、l _,:'三j " _」
         `===l===''""


この瞬間に西軍が敗北したことを義弘ははっきりと認識した
本来なら ここで自隊を速やかに撤収すべきであったのかもしれない





295 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 00:06:53 ID:uuzs0Z4g

だが 実質的な大将である石田三成は
いまだに笹尾山で踏ん張っている
これを置いて逃げ出すことは島津の名誉も軍法も許さない



  「`ー'′/    /   ヽ、 \ \  ヽl}::.:)、 \
  l_,ィ  / /   l      l 、  l `、 {:|}く\ヽ/
  ノ  ,′ !    {      | l|   |   l ):|} ノ|:「´
.  ヽ∧| , |   | l      | l|  |  l| {:|!::)|:|
   |::l| | |  l  、    | l | _,厶| j| {::|}::} |」
   l:::| `、!|   \ ヽ、 |,.イ,斗予 | |{K!j |
   〈:;小、ヽヽ、T,Zニミヽj  ^ヾrシ | |ァ1 |
    |  \ヽN {ヾtク         | ト |_|  |
.   |  |   l \    `-   /!| |::..::.`:┴-、
.     |  |  |  | > 、 __ /::..::|| |::..::..::..::..::..:ト、
    |  j  /|  l/::..::..::..::..rクニミ::../| |::..::..::..::..::./::..`ヽ、
.   l   ! //l  l::..::..::..::/;ハミZシ//| |::..::..::..::..:/::..::.`ー┴―-ォ
   j   レ'∧! ,'::..::..::.〃::..::..::.レ'/::| |::..::..::..::r'::..::..::..::..::..::..::/::|
   /  / / /| ハ::..::..::..::..::..::. /l ト、| |::..::..::..::{ー-::.ハ::..::..:: /::..|  ← 石田三成
.  /  / |{::.| ||::.\::..::..::..::../::.| l::.| |::..::..::./::..::..::/::..\::./:ヽ:j



さらに島津家は今までに三成から恩を受け過ぎていた
見捨てるには余りにも忍びがない

しかし 状況は加速度的に悪化する





298 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 00:08:00 ID:uuzs0Z4g

大谷隊殲滅に続き 小西・宇喜多が崩れると両隊の雑兵たちは島津隊に紛れこもうとした
だが義弘は他隊の混入を頑として拒否した
これから東軍の追撃を捌きながらの撤退に足手まといは御免であった


\                                /
< わが隊を乱そうとする者は味方の士でも斬れっ! >/  /_____   / 〉
<                                >   /: : : : : :`ヽ / /
/∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\ 〈: : : : : : : : : :/ /
         _ ___                 __ /       \: : : : : : / /
      //. : : : : :``ヽ、            / |: :/i        ̄ ̄  /
     //. : :_:_:_:_: :/\}ヽ          /   |/ '.            /
   /⌒ヽ: :./, ヘ、,,__ ィ。、ヽ '.         |  /i   ヽ         /
  /     V r'゚ン⌒ ゙゙゙´   `、 ',        |  i {     `ヽ、     /
  i /⌒ヽ i   〈 ...;;;ノヽ ;. `、',       |   i ヽ     / ̄ ̄
  |//⌒ヽ} ', ,..  ,. -─ { i  ',',       ,.イ  {  `ー‐ <
  |/   i|  i ; /. :´: ̄:.! }  } }     イ i   ヽ ___ノ
  い   |  Vノ {.::.: : : : : :L j!__ 」 レイ i  '.       /
  ヽ\__ノノ   ヽ にニニフ´ ̄ ̄ イ  i  '.   `゙゙゙ >==く
    \      `゙゙゙゙゙゙´    イ i i  '.   `゙゙゙゙´/  ,. ニニヽ、
     \ -- 、       イ i '. '.  `゙゙゙゙゙゙´/ ,. ´  >===ミミヽ
       } _>ー==<イ i i  ヽ ` ゙゙゙゙゙´/  ``ヽ'´    ,. ==ミミヽ
      i       / ! i i    `゙゙゙/      ``ヽィ´   ,.-=ミミヽ
      |  ィr‐‐ /  ! i/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|      /.:.:/.::.``Y´   ‐=ミヽ_
     _|/| | マ     ! |          | ヽ   /.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.Lィ´     ヽミヽ
    「/  | |__」   /  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   \/.:.:.::/.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.`ヽ  ,. ‐‐L L
   /   | |  |  /   /       /    /.:.:.:./:.:.:.:.:.:./.:.:.:::::::::::.:Y´     ミヽ
  /     | |  |/    /       /   ,.イ.:.:.:.:/.:.:.:.:.:./.:.:.:::::::::::::::::::::::.:.:`ヽ´  ̄`ヽ
/        | | /     /       / ヽ ,.イ:::i.:.:.:.:.i.:.:.:.:.:/.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ   `ヽ
       |/     (  ̄ ̄  ̄  ̄ ``ヽ. :.:.:.:::::::::::/.::::.:/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.: .:. :. :


だが これを避けて逃げた敗走兵たちにより 後方の北国脇往還はごった返し
結果として島津のとる敗走経路は
前面の敵を突破し伊勢街道に至り南に走るという選択しかなくなった





300 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 00:08:55 ID:uuzs0Z4g

         /r'゙ //r''"::::::::::::;/:::::ヾ;::::三ミ::::三ミミミ::::::::::::::::::}        \
         /::::::/:/::::::::,r'''''''":::::::::::::::::::::ヾ、:::::::ミミ:::::::::::::::::::::/        ト、
         /:::::::::/:::/:::::::_,,、-::::::::‐‐''"⌒゙'''-ミ::::::::::::/::::::::::::::/         l \
         j::j:::::::::;ノ/:::::::::::::::::::::::::__:::::::i::::::::::::::;:::::::::::::::/  ,-、   r;;;ヽ  |  \
       l::i゙i::::/::/::::::;r'''''''''''''''";;;;;;;::::;:;:`ヾ;::::::::::/:::/:::::::::::::l , イ;;;ノ   iト;;;ノ\ト、  \
        |:l::V::/:::::::/;/;;;r----- 、_;;;;;;;;;;;ヾ::::::/:::/:::::::::::::::::::(  /  ,、 ヾヽ_ノノ| \   ヽ
        |::|::l::{:::::r'゙:i;;;r', '       ゙ブ;シ::::/::::/;i::::::::::::::::::::::: ̄ , Y  ,`ー' |  ヽ、_)
      j::::!::l;:i::::{::i:|;;r'  ○  ,.-'";;/::::/::::/V!::::::::::::::::::   `TTT"   ノ
      /::ノ:::ノ:}::::レj;;;;!::...  __,/;;/::/:::::/:::l、:i|:::::::::::::::::::::::人____ `ー' , - ァく
      l:/:::;ノ:;ノ//;;/,.-‐'";;;;;/:::::;'゙:::::/::_r;>´゙i;|:::::::::::::::::::::: |  `)二{  ∧ \
     j::l:::/:///;;;;;;;;;_,,r''"::::::::::::::::/__:r゙Y゙lヽト、!i!::::::::::::::::::::: `ー"  `ー' ヽ  \
    ,/:::/::::/:{;;;;;r''"::::::::::::::::::::::/rニv‐Yiヾ!:Vクミi;!:::::::::::::::::            ト、   ヽ
    /:::::::::::::::`:::::::::::::::::::::_,,.-''" __r‐゙i、|ヽ,|ヽ,,/::::ミミ|::::::::::::::::::          } \___)
   /:::::::::::::::::::::::::___,、-'ニ、__r:v'゙i、.|、Vト、ヽ,./::::::ト、_)|:::::::::::::::,         人
  /::::::_,,、-'ニv=v‐v〈`ト、.|、l;ハ|ヽ!`' ト|,ヽ,/::::::、トヽj:/::::::::::::::::'            \
 //´゙ヽ,l, |;、 lヽ|ヽ|ヽトi`'`'`'   、ト、ト、,/:::::::::ト、l,`'ク:::/::::ノ:::::::::::::::::::::::::__,,.-‐' \   ) ← 島左近
      ヽ,! ヽ!ヽ!`'      、ト!ヾy'::::::,、ト、゙!`Y/:::::::/::::::::::::::::::::::::{::\


やがて石田隊は三成逃走の時間を稼ぐため 玉砕覚悟の悲壮な突撃を開始した
東軍諸侯の多くが大いに手こずるこの瞬間が島津隊脱出の時と思われた





302 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/11(日) 00:09:40 ID:2dWu09vg

だから、誰w





301 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/11(日) 00:09:37 ID:OtN5sRjc

人間じゃなくなってるw





304 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 00:09:51 ID:uuzs0Z4g

しかし ここでも計算違いは発生した


      _,.--―'~ ̄`ー-、
    /,.-‐'"~ ̄`、   、 ̄ヽ、
   / /       `ー-〉`ーヽ. \
  r' /.            〈.  ヽ
  ; i             u 〉   |
  .|.|       ,.:'"      `i   |    義弘様!
   l.l  ,._____ l i__,.--‐‐-、.  l   |
   !.`iく´_,.--、_」'^L_,.===、_`;. j  .j    右方向から敵が
  ./i | 、-‐・./  ヽ!、 ̄`・,.   l /^ヽ
  |.(|. | ``=-7  ,...; ` ̄´   j l ハ |   それも大軍勢が向ってきます!!
  ヽ:l !、  、__,.、_,.、i    ,.-'〈  し/
    j ! ,..-‐'" ゛ー--、、    j  Yl
   j.  `r' -―===-' ヾ`、 _.ノ  l|
   `、 ヽ. ー-,.-、-‐ ,.-'   _./_|
    \_`゙゙゙"  ゙゙゙""  ,.-‐',.. '" l
     |.  `゙゙'""`゙"`´`゙゙ .:::::::::   |




   /   /  /    i   | 、ヽ`ヽ、ヽ 、  ゙、
   / / / / //,イ /!|、 |   l i \ヽ  ヽ,ヽ,  ゙i
  ,'/  /./   // / l / l !゙i l!゙'iヽヽ 、. \゙i  ゙i ゙i   ゙i
  l i / // 〃 l l .!|  i! ゙i!、l、ヽ ヾi,、 ヽ,  | |  i |
  !il i l l i/i7‐-!|、,_l!  !   ヽ,ヽ>ゝl-´iゝ| l ヽ、.| !
  i!| l ! | ! i| l! ,,. --.、ゞ、   =,".--゙、`l i!. l/人ゝ<!l
  !.l | l ゙i゙、 l _,r'にi::::。l゙      "l:ニ)::。ヽi!l| |'´i゙i i| i i/   叔父上!
  ゙i.|、゙、ヾヽ ゙ ゙、::::::::l      l::::::::::ノヾ.l/|〉'ノ,'.l l/!
   ゙i!゙i, ハヽ ゙、 `''"´       `゙'ー' ' //|‐'l//〃    あれは小早川隊だ!!
    ゙i.l、 l | i゙i. """   __'__   """イ,'! l/,/
     ゙、゙i | ゙i .゙、     l´ ̄`i   u // ト、゙/
     /´| l |. ヽ、   ゙、___,ノ   // i レ`''ー
        | l |゙、i、_゙i'' ‐ .,,_ ,. -'"l/゙i i  |
        | i |,、.,∠L,. ---──┴、!|  |





306 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 00:10:50 ID:uuzs0Z4g

                    '';;';';;,.,
                      ''';;';';;'';;;,.,
                       ''';;';'';';''';;'';;;,.,        ざっつぁつぁっつぁ~
          ざっつぁつぁっつぁ~  ;;''';;';'';';';;;'';;'';;;
                        ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;
                        vymyvwymyvymyvy     ざっつぁつぁっつぁ~
                      MVvvMvyvMVvvMvyvMVvv、
                   Λ_ヘ^-^Λ_ヘ^-^Λ_ヘ^Λ_ヘ
                   ヘ__Λ ヘ__Λ ヘ__Λ ヘ__Λ
                __,/ヽ_ /ヽ__,.ヘ/ヽ__,.ヘ _,.ヘ ,.ヘ    ざっつぁつぁっつぁ~~~~~!
    /\___/ヽ   /\___ /\___/ヽ _/ヽ /\___/ヽ
   /ヽ、   _ノ:::::::\/ヽ、   '/ヽ、   ノ'::::::\   /ヽ、   ノ::::::\
  . |(●),   、(●)、.:|(●),    |(●),   、(●)、.:|、( |(●),   、(●)、.:|
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|   ,,ノ(、_, )|   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|_, )|   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|        じゅべべべべんっ!
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::|   `-=ニ= |  ____ ' .:::::::|ニ=|   `-=ニ=- ' .:::::::|
   \  `ニニ´  .:::::/\  `ニニ  /      \.:::::/ニ´ \  `ニニ´  .:::::/
   /`ー‐--‐‐―´\ /`ー‐  / ヽ、   _ノ \ -‐‐ /`ー‐--‐‐―´\
                   /   (●)  (●)   \
                   |      (__人__)     |     さあ 島津
                   \     ` ⌒´     /ヽ
                    /              \   ここで やる夫と ひと勝負だお!
                   (  ヽγ⌒)        ヘ   \
                    \__/


大谷隊を殲滅し宇喜多隊を退けたやる夫軍団1万が津波のように押し寄せてきたのである





308 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/11(日) 00:11:26 ID:BtDvBXZc

暴れ足りないんだなw





309 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 00:11:52 ID:uuzs0Z4g

                    /, ーミ、        ,  \
                 //    lハ{ , / ,r .ィ从ハ ゙i
                  〃     八{ル'j/ ´    ! !
                   /ノ ,{_,/     `   u    } {
               //r'jr'゙        、 ,   V  !
                 !7´    {、     ゙メ-+、( ミ !
             rぃ{ --、_  ヽーァ'^ _   i'⌒ヽ} ,゙     小早川か……
             ぃ ゙L 、_'、 、` /,r   _ =-v { 〈、
       r   、__ノ}rソ7 ヽ'='゙ミ、〉( ノ_r=ゥ≪, _ /〃゙ヽ     どこまでも祟ってくれるぜ
       {廴___ア { {,〈 u `ー'゙ 「` r_(`ー'´ ミ 〉{ イ ハ
      -‐ミ‐  _   `j ハ     }   ノ  ̄    ,/ リ /  ミt_
__  ´     ´フ´ イ///ハ{ 〉   └《__ ,.」    r‐'{{! '゙   ≪__,,
⌒i        '´ ノヘ小l丿/ __   ( ̄     Ly ,ツ7   いー≦x、
l j          ハ! { '⌒こー---―x、 、メ ´jハ  !、v゙ ー
_ン           {{ F ‘、   、__ ̄ ̄ ̄  /` / /リ 小`}
               || lハ 丶      ̄`      イ トV7
こ二二 ヽ     ||   \ヽ{  __j、_,r  ミ, 彡ソコノ //
     \\    ぃ  〈\ 、ヽ ______ノ´彡'´ ,__//
       丶 ー  `、、 ト、 ヽ\`ァ,二 ,.  ィ  ノ //
、        ̄\ 、 ヾ、\ └┘| {_/ ニノ ///      / ,
ヽ  、        ヽ   \\   | __彡 ゙´//   ,  、  /


「小早川」と口にした時 義弘は苦虫を噛潰したような顔をした






316 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 00:12:51 ID:uuzs0Z4g

これはやる夫の功でも咎でもないのだが 義弘には「小早川」という名に碌な思い出がなかった

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.    /: : : : : /: : : : : /: : : /.|: :|: : : : : |: : : :l: : : : : : : : : : : : : : : : : l
   /: : : : : /: : : : : /-‐ x' !: :|: : : : : |!: : : :l: : : : : :ヽ::::: : : : : : : : :|
   !: : : : :/: : : : : / : : :/ ヽ| : | : : : : | l : : : |: : : : : : :ヽ:::ヽ : : : : : |
.   !: : : :,.イ: : : : : :l : : /   l : !: : : : :| ,.x-‐‐!-、: : : : : ハ::::ハ: : : : : !
  |: : :/ !: : : : : :|: : /     l: |: : : : :|  ヽ: : !、: ヽ、 : : : l::::::l: : : : :|
  |: :/  |: : : : : : ! ll`!‐- 、 l |、: : : :|  ヽ: :| ヽ: :!: : : : :l:::::::!: : : l
  |:/   l: : : : : イ l |   ,!`'.| ヽ: : | - ..__ヽ| ヽ: l: : : : :l、:::::l: : :!
      |: : : : :l l:|  r'ー',ノ    ヽ: |  |  `丶、ヽ:|: : : : :|:ヽ::l : |
        !: : : ,.!: |!  ` '´     ヽ!  r'、__ ,./'/l: !ヽ : : |):ヽ|: l
       ', : / | : '、 '"'"  ,      ヽ._,. ' l:∧!: 〉、 ,.! '´ ,):|!    
雨の中 深夜の隠密行動……
         ヽ:l !: : :`ヽ、   、_     '"'" ・ l/: : : :l/  /: l
        '.| | : : : :|:l/丶、  `ー'     r‐〈: : : : /  /、 : |     
やることは意外と素直なんだね
          l: : : : |:| l:.:.:.:.:` ー,┬ '' ´ ,〉、r'ー-'、 /=-ヽ: :!
         /! : : : |:! |:.:.:.:.:.:./ '   , ':/:.:.}-- ..__, !'" `ヽ:|
           / !: : : :|:! l:.:.:.:.:.:l`ヽ、  / /:.:.:.l.__,. l_,. --、:}:l  ← 小早川隆景
        {   !: : : |:| |:.:.:.:.:.|   `/ /:.:.:.:.:{     l     ヽ!



         ヽ,( ヾ  ヾヾ  u     ,      "`;      |
          | i    /        `i  u    ):     ,|
          |  |  /          ミ     ,/:::::      |
         ,丿,., v:"   ,,ゝ~”"`\  ,i     ヽ::::      i
        ,/,,-"'ヾ   ゞ; ",,,,, `     /      ,):      ,i
        ,i ,";"`_ヾi ヾ,"ノ" o "`)         /:::    , へ i
        i "く ~o_/"  ;  `=~"''''~"   u    ,/::::   / " `i
        .ヾ ~ "丿     `ヾ,,__,,..        ヾ,    i  ,ヘ , i
        / ,,//               i    i::    i /   /
       .|  ,, i""   ヾ         ,/     |:::  i く~  i    
ぬがーーーーーーーーー!!
         i  ((,, ,ゝ;._,,ノ          ヾ    /::    i  ヾ/,
         ,i  " "~丿 "           ヾ ,,,/::    ,i  / ヾ
        ヘ く   ,,,,,..........,,,,,,,,,.,,ゞ.---- "ヘヾ`iζ:     ソ__ソ   ヾ
         i ,`i""___;:._______,,,,ゝ------=,/ ,iξ    ,,i:::::    ,, ノ
         i ("ゝ--------:::::....______,..../ 丿ξ"" /i i i::::     .,ヾ
         i ヽ,,;;;;;;:::,.........,,           ξ,,,,/丿" i::::::     \
        丿   `;:::::=-'"      ソ,      i   ~  i::::::::      \
         ヘ,/          \ / ~     i     丿ノi:::::      ,)
          /          ヾ,,/ヾ   ,,.___ソ     " 丿_ノi::     /

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





318 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 00:13:52 ID:uuzs0Z4g

しかし これは過去の悪夢を振り払う機会でもあった

\                                  /
<           
まずは小早川だ!          ....>
<                                  >
<  
あいつらを蹴散らした後に撤退を開始するっ!!  .>
<                                  >
/∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\


              ,xイ彡ィ≠=-ミムイ≧、
            ,ィイ彡'"      `'"'¨ヾ
            ./i|イ{!l}      __\  /   ',
           iイ川イ    ___  、`" ,'   ',
           |i|川i{   ー'" ,-。、リ '{イ__ ノ
          /`ゝil|{ i   ーニ' ;'、 ヽ゚‐' 〈
          i  {i川八     ィ' ---'  }
          入 ゞ='" ヽ   ,__,.二 __  〈
         川!lゝ┐     ,ムー'ー'ーイ. |      .,r──-、
         イ川l|ム !      i::::::::::::::::::::|  |     /、_i´   ヘ- 、
        彡'ィ川i|l}ヽ、     ゙ー──‐' .ノ  /`ヽ!  /⌒  ',  }_
       {:イ/l:|イ彡  ` ー 、  ィニ _,メ }  {  __ ,イ´   /`ヽ⌒ヽ
        ,从イィー r───‐人____ノ   ',  /       /  .〉`ゝ'、
  /i      Ⅳ.イ し、.´ ̄ ̄ ̄`ヽ | r─i.   ヽ'   / ./  ./  /  〉、
. / .|       | 人_ノ   三ニ弋_| | レ' |    i   /     /  /  ′.}
/  |_ , . -- ─ヽ、_     ニニ、_ | _|     {   {     ,         リ
.   |__   ヽ ヽ   イ `ニ==‐-、_ } | i_i、ヽr 、人      ,'       / , ィ
_,ノ `゙ヽ    //               ゙ー‐┴ ヽ            .// /
      \/ /      /三≧x、   /三ム __ }            /  /
        /  /      〈三三三ム  寸三三〉-‐ 、  ≦二 _  ,イ、  /
三≧x  ゝ、 _ ∧ ___   寸三三三ム  寸='/::::::::::::::`丶、 _    {  `¨ |
三三ニ\       i        寸三三三}    ∨:::::::::::::::::::::::::::::::`7¨ヽ,.、_  |ミx
三三三ニム     |.    _    寸三三/   /:::::::::イ ̄ ̄ ̄⌒´  /:::::::::〉 }三ニ
三三三三ム    | -‐'"´      ゙==" ,ィ=、 /:::::::/ ̄ ̄  ,ィ"¨7  ,、ヽ::::/. /三三
三三三三ニム  |      /     ,イ三ニ/:::::::/ ̄ ̄_/:::::::/ /:::} y′/三三ニ
三三三三三_ム |     /  /ヽ  寸三/ー- 、 ̄ ̄´::::::::::::/ /:::::リ / /三三三_
三三三三三三三三三三三三≧x.   .寸/≧x、 `丶、:::::::::./ /:::::/ / Y´三三三


義弘は配下に小早川隊の迎撃を命じた





321 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 00:14:51 ID:uuzs0Z4g

\                               /
<         
鉄砲隊総員構え!           >
<                                >
< 
ただし敵が近寄るまで撃ってはならない!! .>
<                             >
/∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\

        . :..      . .:
     .. :.   :.    .:  .: : :. ... .:.. .    :
     :     :   . : ,:: -──‐- ::、:.... :
      :.      ::, ‐'´         `'‐、:..: .   . .
       .:  :/                  \::  :
   . : : .  . :, '         ,.ィ、、        ヽ:..:
  ::    :./          ,/ / { ヽ. 、     ヽ!:.
  :.    : i        ,イ/ ./  ヽ ヽ\  ヽ.l::.
    : .  ::i       ,ノノ     `  ) \ヽ !|: :
     . ::|         l|二ニ=ーッ'' ゝ-=ニ/ヽ}リ:.
     : :!     |  || 、ヽノ    、 ソ ,/|シ'´ : .
    . : ::ヽ!   l  l.ゝ  ̄     , ̄ { |'´  . :.
  .. .:    ::\ヽ. l   |      r==、    ノ !:. . :.
. :        ::`‐ゝ.l   !、   `ー_'  ./|l |:
 .:       :: , ィ'"´ ̄ ̄`~`''‐、-‐ '´. :: | |::. : .
 : :    : / /            \: .   :|.|:   :.
  ::   :: , '   !              ヽ:  :|!|: .   : .
  :  : /    |              ヽ: : !|:    : .
   :: /    ヽ  -─‐==      ヽ:: !.:  . :


前衛隊長の豊久は隊兵をひざまつかせて発砲命令を待たせた





323 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 00:16:16 ID:uuzs0Z4g

                    '';;';';;,.,
                      ''';;';';;'';;;,.,
                       ''';;';'';';''';;'';;;,.,        ざっつぁつぁっつぁ~
          ざっつぁつぁっつぁ~  ;;''';;';'';';';;;'';;'';;;
                        ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;
                        vymyvwymyvymyvy     ざっつぁつぁっつぁ~
                      MVvvMvyvMVvvMvyvMVvv、
                   Λ_ヘ^-^Λ_ヘ^-^Λ_ヘ^Λ_ヘ
                   ヘ__Λ ヘ__Λ ヘ__Λ ヘ__Λ
                __,/ヽ_ /ヽ__,.ヘ /ヽ__,.ヘ _,.ヘ ,.ヘ    ざっつぁつぁっつぁ~~~!
    /\___/ヽ   /\___ /\___/ヽ  _/ヽ /\___/ヽ
   /ヽ、   _ノ:::::::\/ヽ、   '/ヽ、   ノ'::::::\   /ヽ、    ノ::::::\
  . |(●),   、(●)、.:|(●),    |(●),   、(●)、.:|、( |(●),   、(●)、.:|
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|   ,,ノ(、_, )|   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|_, )|   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::|   `-=ニ= |   `-=ニ=- ' .:::::::|ニ=|   `-=ニ=- ' .:::::::|
   \  `ニニ´  .:::::/\  `ニニ \  `ニニ´  .:::::/ニ´ \  `ニニ´  .:::::/
   /`ー‐--‐‐―´\ /`ー‐-  /`ー‐--‐‐―´\-‐‐ /`ー‐--‐‐―´\


島津隊は やる夫軍団が何の策もないかのようにただ押し寄せてくるのを引きつけてた
そして 射程距離内に大きく入った瞬間に……





324 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 00:16:51 ID:uuzs0Z4g

\                            /
<    
撃てーーーーーーーーーーっ!!    .>
<                            >
/∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\

   /   /  /    i   | 、ヽ`ヽ、ヽ 、  ゙、
   / / / / //,イ /!|、 |   l i \ヽ  ヽ,ヽ,  ゙i
  ,'/  /./   // / l / l !゙i l!゙'iヽヽ 、. \゙i  ゙i ゙i   ゙i
  l i / // 〃 l l .!|  i! ゙i!、l、ヽ ヾi,、 ヽ,  | |  i |
  !il i l l i/i7‐-!|、,_l!  !   ヽ,ヽ>ゝl-´iゝ| l ヽ、.| !
  i!| l ! | ! i| l! ,,. --.、ゞ、   =,".--゙、`l i!. l/人ゝ<!l
  !.l | l ゙i゙、 l _,r'にi::::。l゙      "l:ニ)::。ヽi!l| |'´i゙i i| i i/
  ゙i.|、゙、ヾヽ ゙ ゙、::::::::l      l::::::::::ノヾ.l/|〉'ノ,'.l l/!
   ゙i!゙i, ハヽ ゙、 `''"´       `゙'ー' ' //|‐'l//〃
    ゙i.l、 l | i゙i. """   __'__   """イ,'! l/,/
     ゙、゙i | ゙i .゙、     l´ ̄`i    // ト、゙/
     /´| l |. ヽ、   ゙、___,ノ   // i レ`''ー
        | l |゙、i、_゙i'' ‐ .,,_ ,. -'"l/゙i i  |
        | i |,、.,∠L,. ---──┴、!|  |


  豊久の号令下 必殺の一斉射撃が始まった


              ,-‐-、            (.,;;;;;;;;;;;;)゙,;;;;; ::;.:;");; :... :..       ....;;;; :: ;; :  :.. __
.         ,-、   /  IIヽ             ノ.,;;;⌒ヽ;;;;;::;;;); ::; :┌┐.┌i   ┌┐  __ ┌┐  | | [][]
        く  \ ノミノ゚,、゚),===========i,=..:::;;;;;;(,;;; ::,;;; ;;)",;;;:,;;; |└[][]L.ロロ | [][] | | ロロ |.[][] l└─┐
        /∠◎ヽ≡/ ('-、っ' ̄ソ ̄ ̄ .,;;; ;;;;:;;;;;;;; ;): ;"':; ;;;;  ::.|┌┤.r‐┘│┌┘ | └┐└─┐l ̄ ̄
    (⌒ヽ ノミノ ・ ),===========i,=..:;,;;;;;;;.);;;;;;;;;;;;;;:':; : _ヽ   : └┘..凵   └┘  | l ̄__l ̄ ̄.┘
    ヾ Δ≡/ ('-、っ' ̄ソ ̄ ̄.,;;;;;;;;;⌒;;ヾ;;;;;ノ,;;;; ノミノ ・ ),===========i,=..:;;;;;; ':;,;; ;;;;;└┘;:: ,;;;:::;:......
    ノミノ丶),===========i,=..:;:;;;;;;;;);;;;;.;.,;;;;':;.;"':; /≡/ ('-、っ' ̄ソ ̄ ̄ ̄ :;;ヽ;;;;:";"; ;;;;;;;;;;);;;::";;::; ;;::;:...
   /≡/ ('-、っ' ̄ソ ̄ ̄ ̄   :;;;:ヽ;; ノ゙_ヽ ;"  ヾく彡ノ]    ,;;;⌒ヽ;;::;;;;;;;;;;("':;,;;; ;;;;; ;;: : ::.. .
   ヾく彡ノ]`‐‐´ヽヽ ヽ |     ノミノ ・ ),===========i,=..:::;;;;;;,;;;;;;";"(,;;;;;;;;;;;; ;:;;,;;;:)゙:;;,;;;,;;;: ::..
   (  ◆ ) ヾヽ > / `っ   /≡/ ('-、っ' ̄ソ ̄ ̄ ̄     : ;;;;:;;;;;;;;;;;ノ':; ;;;; ::;.: :::;::...
  ∠≡∧≡ヽヽ ヽ |   ̄     ヾく彡ノ]`‐‐´くソ  ,、ヽ / く.    :;; ヾ;;;;;;;; :";";";":.:;;;;:::...
  くソ ノヾヽ > / `っ        (  ◆ ),--、  ̄  ヽ' `ー-'     :;; :: ."; ;;;; ::;.:; ;; :..
   | /   ヽ |   ̄        /≡∧≡ヽ/ >               "::;;::::.."
  ノ )   / `っ          くソ  ,、ヽ / く.
   ̄     ̄ ̄            ̄  ヽ' `ー-'





325 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 00:17:50 ID:uuzs0Z4g

      /\___/ヽ    /\___/ヽ    /\___/ヽ    /\___/ヽ
    /::::::''''''   ''''''\ /::::::''''''   ''''''\ /::::::''''''   ''''''\ /::::::''''''   ''''''\
∴∵・ |:.,(○),  、(○)| |:.,(○),  、(○) |:.,(○),  、(○)||:.,(○),  、(○)|
   .|:::::.  ,,ノ( ,_,)ヽ、,,, .| |:::::.  ,,ノ( ,_,)ヽ、,,, .||:::::.  ,,ノ( ,_,)ヽ、,,, .||:::::.  ,,ノ( ,_,)ヽ、,,, .|
    |:::::::. `-=ニ=- '  | |:::::::. `-=ニ=- '  | |:::::::. `-=ニ=- '  ||:::::::. `-=ニ=- '  |
    .\:::.  `ニニ´  / .\:::.  `ニニ´  / .\:::.  `ニニ´  / .\:::.  `ニニ´  /
     |ヽ    、 -´/7:::` |ヽ    、 -´/7:::゛` |ヽ    、 -´/7:::゛`|ヽ    、 -´/7:
    /゙i.  ) / ,.イ:::::::::::/゙i.  ) / ,.イ:::::::::::::/゙i.  ) / ,.イ:::::::::/゙i.  ) / ,.イ:::::


この一撃に やる夫軍団の最前衛はなぎ倒された 確かに大きな損害を与えたはずだ
だが しかし……



           ____
         /:::     \
       /::::::::::     \
      /::::::::::         \     ふん
     |:::::::::::::::         |
    /⌒:::::::::      ⌒ヽ/
   /::::::::::::            \
  /::::::::::::::          \ ヽ





327 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 00:18:51 ID:uuzs0Z4g

\                                         ./
< 
それがどうしたってんだお! やる夫軍団は止まらないおっ!! .>
<                                         .>
/∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\

             ,. -─────────‐- .、
            /  \  ::::::::::::::::::::::::  /  \
          /     \ :::::::::::::::::::::::: /     \
         /     _  \:::::::::::::::::/   _    \
       /   / /::::::\\::::;;;;;;;;;;;;;;;;;:::://:::::\\  \
      /    |  |:::::::::::::::| | ::::;;;;;;;;;;;;;::::| |::::::::::::::| |    \
    /      \ \::::::// :::::::::::::::::: \\::::://     \
   /    ../ ̄ ̄\ ̄ /   ::|::   \  ̄/ ̄ ̄\..   \
  /         :::::      |      |      |       :::::      ヽ
 |               |      |      |              |
 |               \__/\__/               |
 |                |       |               |
 |                |r─‐┬──、|                |
 ヽ                |/   |    |              /
   \              \      /             /
    \               ̄ ̄ ̄ ̄             /



             やる夫は構わず突撃を続行





329 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 00:19:50 ID:uuzs0Z4g

\                                                 /
<  ┌┴┐┌┴┐┌┴┐ -┼- ̄Tフ ̄Tフ ̄Tフ ̄Tフ ̄Tフ ̄Tフ __ / / >
<    _ノ   _ノ   _ノ ヽ/|   ノ    ノ    ノ    ノ   ノ    ノ       。。 >
<                                                >
/∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\

     /\___/ヽ         /\___/ヽ         /\___/ヽ
   /ノヽ       ヽ、     /ノヽ       ヽ、     /ノヽ       ヽ、
   / ⌒''ヽ,,,)ii(,,,r'''''' :::ヘ     / ⌒''ヽ,,,)ii(,,,r'''''' :::ヘ    / ⌒''ヽ,,,)ii(,,,r'''''' :::ヘ
   | ン(○),ン く、(○)く::|  |`ヽ、(○),ン く、(○)く::|  |`ヽ、(○),ン く、(○)く::|  |`ヽ、
   |  `⌒,,ノ(、_, )ヽ⌒´ ::l  |::::ヽl`⌒,,ノ(、_, )ヽ⌒´ ::l  |::::ヽl`⌒,,ノ(、_, )ヽ⌒´ ::l  |::::ヽl
.  ヽ ヽ il´トェェェイ`li r ;/  .|:::::i |ヽ il´トェェェイ`li r ;/  .|:::::i |ヽ il´トェェェイ`li r ;/  .|:::::i |
  /ヽ  !l |,r-r-| l!   /ヽ  |:::::l |  !l |,r-r-| l!   /ヽ  |:::::l |  !l |,r-r-| l!   /ヽ  |:::::l |
 /  |^|ヽ、 `ニニ´一/|^|`,r-|:「 ̄|ヽ、 `ニニ´一/|^|`,r-|:「 ̄^|ヽ、 `ニニ´一/|^|`,r-|:「 ̄
../   | .|           | .| ,U(ニ 、)|           | .| ,U(ニ 、).|           | .| ,U(ニ 、)ヽ
/    | .|           | .|人(_(ニ、ノ|           | .|人(_(ニ、ノノ|           | .|人(_(ニ、ノノ


兵卒たちの勢いも衰えず味方の屍を越えて島津隊に迫った





331 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/11(日) 00:20:10 ID:YUagA.Xw

やる夫、バーサーカーモード発動





336 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/11(日) 00:21:20 ID:u.wSTfPE

そういや、この兵卒たちも九州の人間だったっけ





337 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 00:21:24 ID:uuzs0Z4g

小早川隊は数にまかせて押しつぶす方策をとったのだ
それが出来ることが義弘には意外だった


                    /, ーミ、        ,  \
                 //    lハ{ , / ,r .ィ从ハ ゙i
                  〃     八{ル'j/ ´    ! !
                   /ノ ,{_,/     `   u    } {
               //r'jr'゙        、 ,   V  !
                 !7´    {、     ゙メ-+、( ミ !
             rぃ{ --、_  ヽーァ'^ _   i'⌒ヽ} ,゙
             ぃ ゙L 、_'、 、` /,r   _ =-v { 〈、
       r   、__ノ}rソ7 ヽ'='゙ミ、〉( ノ_r=ゥ≪, _ /〃゙ヽ     む……
       {廴___ア { {,〈 u `ー'゙ 「` r_(`ー'´ ミ 〉{ イ ハ
      -‐ミ‐  _   `j ハ     }   ノ  ̄    ,/ リ /  ミt_
__  ´     ´フ´ イ///ハ{ 〉   └《__ ,.」    r‐'{{! '゙   ≪__,,
⌒i        '´ ノヘ小l丿/ __   ( ̄     Ly ,ツ7   いー≦x、
l j          ハ! { '⌒こー---―x、 、メ ´jハ  !、v゙ ー
_ン           {{ F ‘、   、__ ̄ ̄ ̄  /` / /リ 小`}
               || lハ 丶      ̄`      イ トV7
こ二二 ヽ     ||   \ヽ{  __j、_,r  ミ, 彡ソコノ //
     \\    ぃ  〈\ 、ヽ ______ノ´彡'´ ,__//
       丶 ー  `、、 ト、 ヽ\`ァ,二 ,.  ィ  ノ //
、        ̄\ 、 ヾ、\ └┘| {_/ ニノ ///      / ,
ヽ  、        ヽ   \\   | __彡 ゙´//   ,  、  /



単純ではあるが 士ならともかく
兵卒を前に進めさせることがいかに困難であるかを義弘は知っていた
島津の苛烈な軍法も そのためにある





339 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 00:22:56 ID:uuzs0Z4g

.、   l   .l   j  ./ ./    ./\                             /
. \   ヽ  .,、!、  l ''" !._/`''ニ ̄ < かかれーーーっ! かかれーーーいっ!!  >
.-  .\ r'"  ゙'-..′ ...."゛.__,. |' <                             >
.`ー  .″.--‐'゙   ̄´      l /∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\
  ヽ .'"                ゙'ー-- ミ=-¬''^~゙゙^''ー、
   l,                           _,,,,...
   .ヽ                    ,.. -¬
    `''-、                 _..‐'″
      `''-.i_,, .  ..、  ._../゛
         !`、    ._,,,..`-'! !      ____
        . !;;:;;ヽ ̄´゛   . !/l    /\  /\.
        !;;;:;:;;;ヽ    ./.l゙.!  /( ○)}liil{(○)\
        l゙;:;:;:;:;:;;;.ヽ   /./:/ /    (__人__)   \
       l;;;;:;:;;;::::::;;;..ヽ ,/./ ;| |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
       |..;;:;:;;;;;:;:;:;:;;;;;;゙!;;"::,i'"''\    |ェェェェ|     /
          `'、;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;../'};:;.|゙'ーぐ'''!`-i   ノ !.li゙l
            l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;./;:;!;:;:;: !:::;:;.l''―-|_ "゛ .广゙゙゙'',i
          'x::::::::;:;;;;;;.,ン'、;;;:;:/./;:;;;;、;::;:;;;::゙゙) .ラ-,,/


眼前の大軍勢を指揮する若き将に それだけのカリスマがあるのか……





340 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 00:23:48 ID:uuzs0Z4g

    / ̄`ヽ    
   /      \     総員 前に進めっ!
    |ヽ         \                    
    |  \      /∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\ ..  後を振り向いてはなりません!!
   \   \      |  ,     / / i     \     ..
    ヽ   ト、    |〃´ ̄`Y´  . :l !      |    ....../∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\
     ∧_ /  ヽ _ノ      |  : :l |     |          //  /  /  l | |   ヽ \
    / //            \ ィ! |     |          / /  ////, !   l | | | ヽ 、ヽ. \
   /ォ〃    /`メ、//      ヽ ! ヽ     \       / {  | | l l.| |   l | | l || | | l.  ハ
   i  リ  : |/l/ィ心メ、l: /i: |. |: : : | ヽ  \      |      ./  | l | l |ハ| lハ   | | |_」 | | | l N
   | .:i . : . |  上。ソ l/ ,.ィく:|:.:.:. |   \ \    |     /   ハ l ルlチ幵弐 ト l リシ武| | | | ト l
   | .:/l/. : :N ''''''    りノl: |. : l:|    \ `ーイ    ./    ト.  ∨仏:::| リノ' 凸'}ll | | | | ||
   |.:.:V l.:.:.:|    /⌒ヽ_  リ: | :/l.|   ,r、‐、`ー‐'    / /    kヘ ヽゞ ┘  __'└ 'リ | | |ノ. l|
   /.:.:.:.:.:.\|    l    /  ノ1.:/ リ   /ノ`ヽヽ     ./ / /  l `ヽ. ヽ   ( ノ  .イ ノ /ハリ ノ
  〃 ∧: : : : :ト、  `ー', .イ . |/ ,. '´ /ヘ`ヽ  〉    / / /  / _∨\ ',`r 、_. イ / // ノ|
  l/  VVヽ| >=<: : /lハ|/   / 〉    ∧    ./ / /,イ⌒ヽヽ ヽ  ヾーv'トー-く^ヽ./ !
      从「i r─ァ'´フ´ ̄`ヽ   ,.ィ7/    / ノ    ′/ '/:リ    ハヾ __,>x __,」ノ__||∨ \|
-──y'´``>= ュ/ /.:.:.:.:.:.:/ レ'´ //ハ  _ム〈_    . //: :  . . ' .ハ ト、 . . . に}      .._ヽ
   |.:.:../´  ̄`ヽヽ.:.:.:.:.:.:./  }   V 「¨´ o〇{

        ↑ 村上吉正                        ↑ 河田資友


                  下士官たちが優秀であるのか……


                                 
    ヒャッホーー! 皆殺しだっ!!            ここで退く奴は 俺が斬るっ!!
                                 
  /∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\      /∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\
   l_ヽ、_'´                    /`ヽヾ  ._,ノ  ,ヘ、    ミ、     ,、
   /  Г ,..-──- 、           |、   /    _,ノ  ,ヘ 、へ_ゝ     F ヾク ,イ        i{ |
   !  | /. : : : : : : : : : \        ,/   У    \ _,ノ   ヽヽ > 「ヽ   _」  }( リ | ,イト、( ) ヾ />|
  r`ー-、/.: : : : : : : : : : : : : ::ヽ      /   ,/       >     /Y  |ヾ\ i|   ヾ`  i! |  !{`リノY´_ |
  l二`!,!:::: :,-…-…-ミ: : : : : :',     ,l 、_ /      / ヽ__ノ   、ヘ く ヾ   〃ヽ______,   ≦ォタ |
  ト___ {:: : ::i '⌒'  '⌒' i: : : : ::}    ノヽ、 丁        //  | / /  ヽ _)    、、_, ̄゛〃く  ̄``l
  l-─{:: : ::| ェェ  ェェ |: : : : ::}   ,r~ヽ、 /       //  / _1 /    `ー、      ̄´   __」    /
  |,-‐''{ :: ::|   ,.、   |:: : : ::;! ,/ . ヽ、 /        /  /   |  ト、    ヽ           ヽ,/
  j‐'フ=ヾ::::i r‐-ニ-┐ | : : ::ノ/`ー-、 ,/           /|   |   ヽ     ` 、     _ ` _´/
  ヽレ'レ'_ゞイ!ヽ 二゙ノ イゞ‐'_ィ!、 ヽ、,-’           / |   i    \     \   ´  ̄ ├
  l'〃|イ| |レ-ー‐'"__ !==lll| !、 ヽ、 '            /  └  ヾ     ー―― -ヽヽ 、____〈_
  l.レ'"
      ↑ 村山越中                          ↑ 柳生宗章





341 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/11(日) 00:24:39 ID:YUagA.Xw

村山さん、ノリノリっすね





342 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 00:24:50 ID:uuzs0Z4g

\\ /:::::::::::::::::::::::::::::::::::
  r'::::::::::::::::::::;;:;;:;;:ッ、:::::::::::  
\ レ''''jrTf"    lミ::::::::  ...   お前たち!
   |        〈ミ::::::::   .
\ |、_ ャー‐__二ゞ ヾ::、       後のことは任せろ!!
`` ゞ:}   ̄'互.ヾ  }:j ん  .
   l/   """"´`    )ノ   ./∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\
=-- /           l  (ノ
== `弋"__,....._     !  !
     ゙、`ー‐'     ,'       \
''"´    ゙、 ̄    / ,'         \
/     ヽ__/::;' ,' ノ       `ヽ
  //      ヾ_,'∠..,,__
// //   /´


あるいは自分の死後
士ならば褒賞と家督の相続 兵卒なら残された者に対する手当が
軍制として整備・保証されているのか……


\                            /
<  
みんな安心して死んでちょうだいっ!!  >
<                            >
/∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\

  「`' ―- 、,_ ∠、 ―――- 、 __/     l
  ヽ.      /              \     l
    ヽ.   /      ,ィ         \     ハ
     \ /     / / / l i   ヽ     ヽ \ /  l
     /    j .ハ j l ヽヽ ヽ ヽ \  \ `く、 l
     .j /    l_l_ l l ヽヽヽ_ヽ__`__.\ \\-、 .l
.     l |. l l ハ l 弋  \\\  \\> ヽ\`ト、
     .l li .l l l fTテヽ   \ 'Τ圷ヽ、:f ( `ナ、 \\
      l l.l l l ハ .b::::l       b:::::::::l | ノ ノ|   l\、
     ', ,ヽヽ、 l ヘ弋n!       .ヒ辷ッ |‐'´l l   l
       ヽ \\ ヘ "" ' __    "" ,イ |. i l l   l
        ヽ  }i| \>.、 ヽ )   / .i|:|__. i l l  ハ
           jj.l i. /: l l |l:>.、イ   ノ | >,‐ 、_ヽ  ヽ
        〃ノ//  l | |l, イ|_  __/ || .∧ _,. >、 \
       ノ ノ_ィ ノ /l l/ | ィl |ハ .  |レ  //´/ ヽ,、. \
        ' ノ / / rl ||  lハ| || ヽ,/.!|.  // /   ハ \ \





346 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 00:25:51 ID:uuzs0Z4g

理由は分からない
だが目の前の軍勢は死を厭わない強敵であることは確かだった


              __,,,---――‐--、,,,_
            ,.r''"           `''-、
          ,,r'"                `:,_
         ,r"                   ヽ
        ,i"          / ,;: /,! , 、    、'i,
       ,i         ,/ ,,r'"r'//ノ;;,,ヽ ,  ヽ|,
       ,l'       _,r''"_r'<,__ノ ノ Y'i |;,_ヽ、 ソ
       |     _,,-‐'y‐''゜〆t-、ー'  r _,.)ノ,ヽ ヾ:,|
       'i,  i,  '"ノ .! .|  ヽ、」ノ'"   r'i ̄jjヽノノヽ||
       'l , '|  /   ,|  '''      ,lト`-" // , ,!''
        'i i'i, l |  `l、         ,)    !/!'
        'i'i,`,`人  ト''''     ,.........    ,!      小早川の名は
         `ヽ>-`i,  ,i' 、      ,,   _,r''
     _r----/''ゝ、|'i 'i  ヽ、,,     _,,,,rゞ        飾りじゃないってことかい
   ,/'"    ヽ  ヽ|, |    `t--‐'l  l,
  ,/       ヽ   | |-,,__ _ ノ    | |--- 、
  /         ヽ  |ノ_,--"    / |;, |   ヽ
.,/           ヽ/      /  ソ    ヽ





350 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/11(日) 00:27:09 ID:OtN5sRjc

小早川家はホワイト企業だったのか





351 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 00:27:51 ID:uuzs0Z4g

やがて敵勢には小早川隊に続いて福島隊も加わり始めた


    i:: ::::::::::::::::::、:::、:、:::、:::、:::::::::::,:::::::ヽ:::゙::::::ヽヽ::\::::::ヽ:::::',ヽ:::
    i::: ::::i::::::: ::::l\、ヽ::::ヽ::::::::::::',ヽ',ヽ、:::::、:::::::ヽ:::ヽ:ミ、:::ヽ、:::::
   i::::l:ヽ::::!::::::!:::l ッtー゙、:::::::::ヽ::'、::', ゙ヽ.ォ-=-、:::::::::::::ヽ:::ヽ:::',:::::
.  i:::!l:::::ヽ::::::::::::l.il k::::::ハ\:::::::、:、ヾ:、〃k:::::::ソヾ、:::::::::::ヽ:::ヽ::::::  やる夫君が ここまでやるとは
. ,ィ''i:l' !i::::::',:::::::i::::iヾ-.ニ_-' :ヽ:::',ヾ、ヽ.゙ 、..二...;シ ゙i:::::::::ヽ、::::::::::::
イ l リ  'i::l::::',::::::':,':! ゛""   i ヾ:、 ヽ` `""""  .li'i::::::::::::ヽ::::::::  ……驚きですね
..ヽ/ ',  i:il:::::',::::::kヾ、    !    ヽ           l!.l::::::::::::::::ヽ、
  ヽ ;  ii i::::、:::::', `     、              ! !:::;:::lヽ::',i!`
   ヽ ', ':, ',::i 'i::::':,     ヾ、 -‐           /.l::ハ::l ヽ::i !、
    ', ', ヽヾi ',:::::i、  ヽ、 ..__         , ' .i:l. リ /入',
    il ', ,ン''ヽ-'i:::l._ヽ   `.{i ゙マ''"""    /   i! ,/./ i`
   ,-┴'゙ ' ー ゙ 'i:l、 ゙\.  リ   i     ,..:''    ! , ' "  .i
  /          ゙! ゙ヽ、 ヽ/   i  ,..::'::''     /, '  /.!
..r'゙_  il. ,          ノ゛   i'.、イ:::'''      //  ノ


絶体絶命である





354 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 00:28:50 ID:uuzs0Z4g

  \                             /
  <  
このままでは数で擦り潰されるだけだ!   >
  <                             >
  <  
総員! これより退却を開始するっ!!    >
  <                             >
  /∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\

                ___
               ,r'::::::::::::`:ヽ、
              x彡イ´ `ヽ::ヽ
               r'´   __  {::::ハ
               リ  ィtュ,  }:::::ヘ
                〈r。〉     〉〈 ヽ 、
               l `__   彡:::: ノ:::::ヽ
                   | ├ーーヽ  `¨'i:::::::::ノ
                  | }_____丿 ,メ  ,八::::::ヽ
                 } -‐  、メ ./-‐ヽ从ノ
     ヘ   .∧    人___,ノ:::::::::ソ::::〉
     | ヘ   / 〉__,、___}::::::||:::r彡::::::::_,ィ≪ r'⌒ヽ
     |  〉'´       \:||‐':ノ>'´    |    \__
、─-<_ノ .´ /ミ        ヽ'´      -‐ヘ、     `⌒ヽ
 \   ヽ /   /三≧x、   _,ィ≦ミx    __ヽ、__     ` ̄`ヽ
   >、__,ノ./ヽ、 /三三三/ /三三三ム   ´    ノ___,ノ: :/    人
  / イ  i    i三三三/ . /三三三ニ=---、_____,ィ´ : : : : : }    /
  | i   |ー-  寸三三i  i三三/            ヽ : : : : |  ヽ i
二 ̄ ̄) ,ム    寸三:ノ  |三=人              : : :ヘ、  }
三三ム  iミムー   `¨´   `゙寸三'ー──--、       : : : : `ーr'
三三_ム |三ハ、 ハ  r≦三ミx   ___   ,/三=≧= 、___,r‐、__: : : :.:|
三三三i .|三三三ミ   |三三三リ  |三ソ ,イ三三|        \: : |


義弘は撤退命令を下した
これ以上 この場に留まっていても全滅は避けられない
死中に活を求める他はなかった





356 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 00:29:49 ID:uuzs0Z4g

\                         ./
< 
了解! 総員…… 前進するよ!! ...>
<                         .>
/∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\


        ,.-'"              ゙ヽ、
    /                      \
    /         /      i   `゙ヽ、     ヽ
  /   /  /    i   | 、ヽ`ヽ、ヽ 、  ゙、
  / / / / //,イ /!|、 |   l i \ヽ  ヽ,ヽ,  ゙i
 ,'/  /./   // / l / l !゙i l!゙'iヽヽ 、. \゙i  ゙i ゙i   ゙i
  i / // 〃 l l .!|  i! ゙i!、l、ヽ ヾi,、 ヽ,  | |  i |
 il i l l i/i7‐-!|、,_l!  !   ヽ,ヽ>ゝl-´iゝ| l ヽ、.| !
 !| l ! | ! i| l! ,,. --.、ゞ、   =,".--゙、`l i!. l/人ゝ<!l
 .l | l ゙i゙、 l _,r'にi::::。l゙      "l:ニ)::。ヽi!l| |'´i゙i i| i i/
 ゙i.|、゙、ヾヽ ゙ ゙、::::::::l      l::::::::::ノヾ.l/|〉'ノ,'.l l/!
  ゙i!゙i, ハヽ ゙、 `''"´       `゙'ー' ' //|‐'l//〃
   i.l、 l | i゙i. """   __'__   """イ,'! l/,/
    ゙、゙i | ゙i .゙、     l´ ̄`i    // ト、゙/
    /´| l |. ヽ、   ゙、___,ノ   // i レ`''
       | l |゙、i、_゙i'' ‐ .,,_ ,. -'"l/゙i i  |
       | i |,、.,∠L,. ---──┴、!|  |
      | i |ヽ,      ......:::::::::::ノ!l  !
   .. --゙、 i |'Tヽ、 .......:::::::::::::::/:::|i .ト、
    ヽ, ヽ l, ヽ ` `''‐--‐ '"´.::/゙i、 ! i゙



そして 島津隊は退却のために前進を開始した





360 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/11(日) 00:30:37 ID:m43IkNMQ

退却なのに前進





389 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/11(日) 00:37:01 ID:xi9XuZHg

伝説がきたw





362 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 00:30:52 ID:uuzs0Z4g

   __,,-‐__,,-∠!⌒jヽ、     へ                         __
  r'二_i ''-ξ.ヒ二O!ξ7/  /\ l仁二l                   /_/\_,. -‐-ミ
  |.| /'' 7^7''.!iEヨν'-/{  /  __/  /  √三彡ヽ           //\/`Y      ,|\  __     ,
  |i| i!=i (ai ,=='!.|__,,,|{、ヽ !  |    くー(//) ヽ彡}         //i/´ ̄,'7込t‐ァ=ュf|彡'´  > /
  |./__.フ\_!i^!,-!八.__ヘ _ミj.!  i  ∵ 二ソ  ノ彡}l     __//ヽ/_  /乂7ニニ≦/´      、 ..イ
 レ((r))''Y.(((ニ{=={ニ00.))ッ^ '!  \ ∵ ∧フ  ノ彡/     i〔{i:ーrr=ミ==勹} / /.::::Y三Y^7\        }
 i.\'く〃>く Y ^⌒^ _/ ヽ_ \ \  \/  |\/三/       l  ,,──¨ ̄ ̄ ̄T
 |\> ヽ〃^>〆、__ !.  ヽ\ \ \ ノ  .|  了        ト ノ       ,ー─ 、         ∧
 | i| i^'‐、,7r^⌒j主| i    'ヽ,_/ ヽヽ,_〆| |´へ ___ へ三\    /     ヽ    /l`/  トー、_
└‐/  ⌒''>く-^ヾL!___,,-‐'ヽ,     } Yミヨ.-(彡三} l  |  |  {三 ,,─ /ミ{三○三ヽロ} く /  弋ノ  (_ ア
 γ ‐- /   >--^   ヽ,  ヽ_ へ ミヨ|≡ノ .l  l  .|  {彡ヽ;:;:;:;:ゝ_{ 二 {_ 乃 ゝ _____ ノ
,く/‐-,く^  _.,,/         ^''=、  _>,='へ, > |    ̄ ̄ ̄¨ミ三ヽ彡ヽ;:;:;:;:;:.l 三 l彡 √ \ ー── 、ヽ
'く,‐-、/ヽ(()^'、        ト、> .|ヘ、,,,=''!ソ          ミ三ヽ彡ヽ── 、;:;:;:;:;:;:}___ へ三三三 } l
  |_  |\_ノノ ト、       \ ^\ヘ  j Yノ          と三彡ミ   ヽヽ/ ヽ   ゝ三三ノ ノ
  \::::ヾノ __ノ   ヽ__      i ̄\^=''^   ヽ         と三三彡 ー ─ → l )  \  j  /
          /_/\_,. -‐-ミ                   ミ三三彡/   ノ トー── ´ヽ/
         //\/`Y      ,|\  __     ,            {彡´ー `ーイ/ ー、 __ ∧
       //i/´ ̄,'7込t‐ァ=ュf|彡'´  > /            /トー ´二ヽ三ー 、__ノ三ソ
    __//ヽ/_  /乂7ニニ≦/´      、 ..イ           /  √ 弋 ゝ二ヽ     ヽ三j
  i〔{i:ーrr=ミ==勹} / /.::::Y三Y^7\        }          /l  ∧_ ハ _ヽ二ヽ二二ノ
    |_|_|   |_|_|    |_|_|   |_|_|    |_|_|   |_|_|   |_|_|   |_|_|   |_|_||   |_|_|   |_|_|    |_|_|
 | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_  | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_
 |  _| |  _| |  _| |  _| |  _| |  _| |  _| |  _| |  _|  |  _| |  _| |  _|
 |_|   |_|   |_|   |_|   |_|   |_|   |_|   |_|   |_|   |_|   |_|   |_|


島津隊は記章を捨て去り 馬印を折って動いた 明らかに逃げ失せるための身支度である
にもかかわらず 彼らは前に向って突撃してくるのである


                           ____
                         /ヽ  /\
                        /(●) (●)丶
                       /::⌒(__人__)⌒:::uヽ
                       l    |r┬-|     l    え?
                       \   `ー'´   /
                       /         ヽ
                       し、       ト、ノ
                         |   _    l
                         !___/´ ヽ___l


これには やる夫も虚をつかれた
困惑するわずかな瞬間をつかれ包囲から島津隊をもらしてしまった





367 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 00:31:57 ID:uuzs0Z4g

同時に正則は島津隊の目的と覚悟を看破した


             _____
            __「::::::::::::::::::::::::: ̄フ
           /:::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::>
         ∠:::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         /:::::彡レ|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        __,/:::/'i c |:|:|:::|:;lヾ:::::::::::::::::::::::::\    いけません!
    / ̄7 /::::/ ゙=':|::|:/イ c`i:、:::::::::::::::::::\
   / /  /|::::|   ,   | ゙='':::〉:::::::::::::::::\    あの者たちに手出しは無用です!!
   |  /   | |:::;|   _ ^     :::/::::::::::::::::::ド、!
   |      レ:::! ‘、_j      /:::::::::::::::::;ヘ| \
  /` |    |::::::!.、`    _//:::::::::::::W     \
 /   |     \:::::i  ̄ ̄ ̄_/ レ;:::::ル'     >  \
/    |      \_____/レ´   //    ヘ



義弘たちは重包囲を突破することが出来た
後は伊勢街道に向ってひたすら走れば良いだけだ

そのはずだった





370 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 00:33:03 ID:uuzs0Z4g

だが戦場で計算違いは どこまでもついてまわる
島津隊が伊勢街道に向うためには東南に進まなければならない
だが小早川隊と福島隊の包囲を突破する時に方向が東にずれた


              丶。:
                 井伊直政・松平忠吉
           島津義弘本多忠勝
         -^='"゛`、   福島正則    ドドドドド
k,,       |:::::::::::::::.;[└─────────→
::::.\v、     \::::::::::::::::[ 小早川やる夫
:::::::::::::\,,     ]l.::::::::::::.l[   寺沢・織田        __,,./
::::::::::::::::::゚l(  .  .l[:::::::./゜   筒井・古田  \、 ,,,,/^^^
::::::::::::::::::/゜   ^^^^                ](^^^  |
:::::::__./                 __,,./f^^^       \
f^^^゜            __,,./f^"^^^             \、
         __,,,,,,,,./イ"                     \,,
f^^^"''''.ヽ''ヾ''^^^^                            .\。
     ,,.。。                                .\。
  _/^:::::::::^9x_                                .\,,
^^^^::::::::::::::::::::::.\_                                 ^h、
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::^k、                                 \
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\、                                至伊勢街道
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\,,                                 \





371 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/11(日) 00:33:36 ID:u.wSTfPE

えーと、その方向は・・・





372 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 00:33:53 ID:uuzs0Z4g

そして 島津隊が突撃する先には……


           _____
          ′       \
         ′∥∥∥∥∥∥丶
        /∥/⌒\  /⌒\ |
       │∥/ _  ̄  _丶|
       │∥( 丶\  // |
       │∥)  \| |/  ( |   あ……
        ∩|| ====|│==== |∩              `ヽミメ、 . -‐,=‐
        ∪|| 丶゜-|│--゜  .|∪           . . .-‐‐ミ i! Y i! 厶イ__
         ∥U   ソ    |           ∠..., =‐- i!  i!  i! i! <´
       □ │        |            .ィ´ i!   i! i! i! i!   i! i! ヽ
     /⌒  -│ ───  |         .  , ′i! i! i! i! i! i!  i!  i! i!.!
    / 彡 /  |    =  |           /イ i! i! i!ィ i! i./::、 i! ト、 i! i! !
   丿   / \ 丶    /            /i!.//i!./::iメi/:::::::,メ、「ヽト、 i! i!j
  彡 彡     \  ---             /イ i!/! /==。=、:::::.=。===:i!,...i! |
                               j/ j/ i::`:‐:/:::::::: ー一.:´:|ir, }.|
                                   i:::::/.::::::、   .:u:::|Lンii|
                        あ……       i: `I三三三! ;.::::ハ.i! j;\
                                    、  ー ..:::::/;  ヽ:{;;;;;;;ト、__
                                 . -=''7ヘ.....:.:::::/;;; '   j;;;;;;;j;;;;;;;
                 本多忠勝 →    -‐'";;;;;;;;;;/;;;;;;ヽ .イ;;;;: '     /;;;;;;;;|;;;;;;;
                              ;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;|:.:;;:::'    /;;;;;;;;;;;!;;;;;;
            ,
           ,r/ ,;-ー_
         /:::レ:::::三:::::`ミ::=-、
         ,i::::::::::::::::、:::::::、::::ヾ::ヽミー-、              ____
         ,r'::::::::::::::::::ヽ::::::::\.:::::::::::::\             /  ノ  ヽ\
      //:::::/:::;:::i:::::ヽ:::::::::::::\::::::::::::::ヽ          /  (○)}liil{(○)
.       /::/:::::::/_ヽ:!:::::ヽ:::i`_、:::::ヽ ::ヽ:::::::!        /     (__人__) ヽ
       i::/::::::::/'oヾ、:::|ヽ::Y o\:::::i!::::ヽ::::\       |       |!!il|l|   |  あ……
     l:::i:::::::::lゝ- ' ヾ、゙ ! ー '、ヽ:::::!:::::ヽ::i ヽ      \        lェェェl /
     !::!:::i:::::!   ` ` ヽ     i:::::!::::::::::::i        /         ヽ
       l:!:::l:::l !  ,r_ー‐-、     l::::!::::::::::;::i
      !|:.!::',   i'/ ̄ ̄ i     l:::::::::::::ハ:!  あ……
    .   l::::::ヽ.  i    i    ィ::/i:::::ハi  !
        i::li:::\ `ー--‐'   / リ |:::リfハ、_
         _..!:ハ::::l;ヽ、    /  " l::/i ヽ. ``''ー- 、._
   ,r‐'''"´  ! リ!i ヽ `='"   ,   リ /  ン       /ヽ、
   /ヽ       ヽ ヽ ヽ   /   /        /   ヽ
  l   \      \  '     //          /    i





375 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 00:34:51 ID:uuzs0Z4g

              丶。:                vq。::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                 井伊直政・松平忠吉      ^^^。.:::::::::::::::::::::::::::::__,,gd,gd
         島津義弘本多忠勝             .\.nqqgqx。.vrll^゛
         -^='"゛`、   福島正則    ドドドドド
k,,       |:::::::::::::::.;[└─────────→  徳川家康      ,,,,,,xv─
::::.\v、     \::::::::::::::::[ 小早川やる夫               __,,,,./
:::::::::::::\,,     ]l.::::::::::::.l[   寺沢・織田        __,,./^^^
::::::::::::::::::゚l(  .  .l[:::::::./゜   筒井・古田  \、 ,,,,/^^^
::::::::::::::::::/゜   ^^^^                ](^^^  |
:::::::__./                 __,,./f^^^       \
f^^^゜            __,,./f^"^^^             \、
         __,,,,,,,,./イ"                     \,,
f^^^"''''.ヽ''ヾ''^^^^                            .\。
     ,,.。。                                .\。 鳥
  _/^:::::::::^9x_                                .\,, 頭
^^^^::::::::::::::::::::::.\_                                 ^h、坂
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::^k、                                 \
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\、                                 \
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\,,                                 \
                                                 至伊勢


東軍の総大将 徳川家康の本営があった


                        ━━┓┃┃
          ,. -‐- 、r'´  ̄ ~Z.__      ┃   ━━━━━━━━
       ∠             ´   ,.>    ┃               ┃┃┃
.     /                 ̄`>           ,_  _        ┛
     /           ,、      `\         、-ー'`Y <,___
.    !             / \    \. トゝ     __≦ー`___ _二zく_
   │       , ,.イ /、._,  ヽ |ゝ、  N      > 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<.
.    |      /レ' レ\,/  /V '´ l\!      <之′Y´/        \
     |. r;=、 .ノ===== ,, ,/===!         >{  ,'  | 、 , ,.  ,.l  ,  ゙i
    | |.ト、| |  ` ー--‐ "  \ーァ"!         | !、{  | 寸寸T ハT7} ィ, l
    | l ヒ |:|.       r __   \l          ′J゙i, ゙i ゙i ( ◎) (◎)| ハ|
     |  `ー 1|、      ‘-,,'   ≦ 三         ゙i|゙i'(1    _/  |
    ノ     | \     ゝ'゚       ≦ 三 ゚。 ゚  ゙iTィ.,_  ゝ'゚   ≦ 三 ゚。 ゚
.   /   ,ヘ、  ト、 \  ≧         三 ==-    │「ィ:。≧     三 ==-
  /  ./\.ヽ. ヽヽ、  -ァ,          ≧=- 。    └l´::::-ァ,       ≧=- 。
  ,' , ./   \ヽ、ヽ \イレ,、         >三  。゚ ・ ゚ |::::|´ イレ,、     >三  。゚ ・ ゚
. /l/l/     |\\ヽ   ≦`Vヾ        ヾ ≧     |::::≦`Vヾ      ヾ ≧
/      _..⊥._ \`` 。゚ /。・イハ 、、     `ミ 。 ゚ 。 ・   |::::。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。 ・

        ↑ 徳川家康                  ↑ 板坂卜斎





385 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/11(日) 00:36:17 ID:LpQj2B2.

逃げようとしたら敵総大将に突撃していたでござる





382 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/11(日) 00:36:08 ID:Y52OwiTk

勝利目前で、まさかの胃液噴射w





387 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/11(日) 00:36:41 ID:BtDvBXZc

勝っても胃液、負けても胃液





388 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 00:36:52 ID:uuzs0Z4g

東軍将士も状況から島津の突撃は撤退のためと判断していた
そして それは間違いではなかった
だが こうなると島津隊が討死に覚悟で家康を道連れにしようとしている可能性も
全く否定できなくなった


           ____
            /, ‐ 、_ ,-ヽ、
        / /_ u  ¨   \
          i.〈 ''-ニ''_┐ ,r_'ニフ  
.        ln.|. ==ミ" .==:|    じょ 冗談じゃねえっ!!
.         |{f|| `ー゚  ├゚‐' :  
 、.__, -─-r|ヾ| v  r_ |_、 !  /∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\
  ヽ、__,.イ「| .∧  r‐---‐,/
   _,.イ| |:l |/ ヽ ` ̄ ̄ ハ
-‐''": | l:| |:| l   ヽ u  ̄ /|:|「`''ー-          `ヽミメ、 . -‐,=‐
: : : : :.| |:| |:|. i   `ー‐┬1 |:||: : : : :        . . .-‐‐ミ i! Y i! 厶イ__
: : : : : ! l:l l:l.∧     /|j:| |:|l: : : : :      ∠..., =‐- i!  i!  i! i! <´
: : : : : :l l:l l/:::::ヽ.   /:::|リ//l: : : : :       .ィ´ i!   i! i! i! i!   i! i! ヽ
: : : : : : i.ヾ/:::::::::::::\./:::::::| // : : : : :   .  , ′i! i! i! i! i! i!  i!  i! i!.!
: : : : : : :.Vヽ::::::::::::::::∧::::::::レ': : : : : : :    /イ i! i! i!ィ i! i./::、 i! ト、 i! i! !
: : : : : : : :|:ニ\::::::::/|oト::::/|: : : : : : : :     /i!.//i!./::iメi/:::::::,メ、「ヽト、 i! i!j
                         /イ i!/! /===。、:::::.===。=:i!,...i! |
                           j/ j/ i::`:‐:/:::::::: ー一.:´:|ir, }.|
                              i:::::/.::::::、   .::u::|Lンii|
                               i: `r_'ニ´‐'ヽ .;.::::ハ /
                       .       、  'i'-‐_'ノ::: ,_',.-‐;´-ヽ,
 止めろ! 島津を止めるんだ!!         ヽ  ⌒ .イr‐.く´, -‐ ''`' 、
                       .         \/,'./ ::: !  _ヽ___`'_ 、
/∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\         /´.,!' / .:::/-、'´       .\
                                /.>i゙_./ .:::/  ; `ー,        '、
                               ,.' .,.' ,..,V、 ::::::!  l  .l `!,.       ',
                              ,.' / !ン i ヽrノ,  !  .! l.i        !
                             / ./  !  ヽ !..::::: /..、 ,'  !'i       i
                        .      / /  ,.' ヽ ....`"ーく::./.:ーノ.,'       !
                            ,' /  , '   `-、-'、_`ノ'ー '7 /      ,.'i
                                   ヽ\ヽ-,. - '´.,.' .:::::::::::::::::, ' /


井伊・本多・小早川・福島の諸隊は懸命になって島津の後を追った





392 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 00:37:51 ID:uuzs0Z4g

       _,    _,     _    _     _    _,    _    _    _, ,
       |_|_|   |_|_|    |_|_|   |_|_|    |_|_|   |_|_|   |_|_|   |_|_|   |_|_||
    | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_
    |  _| |  _| |  _| |  _| |  _| |  _| |  _| |  _| |  _||
    |_|   |_|   |_|   |_|   |_|   |_|   |_|   |_|   |_|

´⌒ ,,_∧  ∧_Å #__#  ∧_∧ §_§ ,,,,,,,,,,,,  ↑_↑ ∧,,∧`)⌒`)
´⌒(◆∀・) (メ皿●)( ・д・) ( ゚皿゚ )( ・∀・) ( ゚∀゚ ) ( ・д・) (・д・))⌒`)`)
(⌒━∪∩━〈>∩━〈>∩━〈>∩ ━〈>∩ ━〈>∩ ━〈>∩━〈>∩━〈>)⌒`)
⌒⌒∧_∧ 个__个  tttttt  ▲_,,,,,, △△△  ∧∧   へへ   ∧_∧`)⌒`)
(´⌒( ゚皿゚)(◆∀・) ( ・∀`)(´・∀・`)( ・皿・) (゚∀メ) (・Д・) ( ・∀・ ))⌒`)`)
´⌒━∪∩━〈>∩━〈>∩━〈>∩ ━〈>∩ ━〈>∩ ━〈>∩━〈>∩━〈>
´⌒ ,,,,,,,,,,,,   ↑↑  ∧,,∧  ∧,,,,,,,,,  /ゝ,,,,,,  tttttt   ▲,,,,,,   △▼△`)⌒`)
(⌒( ・∀゚ ) (。∀゚) ( ・皿・)( ・д・,,)(◆∀・,)( ・д・,,) (◆∀・) ( ・皿・))⌒`)`)
´´━∪∩━〈>∩━〈>∩━〈>∩ ━〈>∩ ━〈>∩ ━〈>∩━〈>∩━〈>)⌒`)
(´( l , O  l , O  l , O  O 、 l  l , O  O 、l  O 、l  O 、l`)⌒`)
(´⌒( ´⌒( (⌒(´⌒88888   ∧_∧   ∧_∧)⌒`)⌒`)⌒`)⌒`)⌒`)⌒`)
  (´⌒(´⌒(´⌒(´( ・≧・ ) (  ^^ )  (;:.@盆@)つ)⌒`)⌒`)`)⌒)人
      (´⌒(´⌒( つ  / ヽ[| ⊂[) .( つ  /ミ `)⌒`)`)⌒`)(;0w0)ノ
    (´⌒(´⌒(´⌒|  (⌒)  (⌒)  | (|  (⌒))⌒`)⌒`)`)⌒`)`)丿
        (´⌒(´し'⌒^    ̄ (_)`)し'⌒^`)`)`)⌒`)`)⌒`)


また当然 家康の本隊2万強も主の盾となるべく島津隊に立ち塞がった





395 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 00:38:54 ID:uuzs0Z4g

                    /, ーミ、        ,  \
                 //    lハ{ , / ,r .ィ从ハ ゙i
                  〃     八{ル'j/ ´    ! !
                   /ノ ,{_,/     `   u    } {
               //r'jr'゙        、 ,   V  !
                 !7´    {、     ゙メ-+、( ミ !
             rぃ{ --、_  ヽーァ'^ _   i'⌒ヽ} ,゙
             ぃ ゙L 、_'、 、` /,r   _ =-v { 〈、   ……もはや これまでか
       r   、__ノ}rソ7 ヽ'='゙ミ、〉( ノ_r=ゥ≪, _ /〃゙ヽ
       {廴___ア { {,〈 u `ー'゙ 「` r_(`ー'´ ミ 〉{ イ ハ
      -‐ミ‐  _   `j ハ     }   ノ  ̄    ,/ リ /  ミt_
__  ´     ´フ´ イ///ハ{ 〉   └《__ ,.」    r‐'{{! '゙   ≪__,,
⌒i        '´ ノヘ小l丿/ __   ( ̄     Ly ,ツ7   いー≦x、
l j          ハ! { '⌒こー---―x、 、メ ´jハ  !、v゙ ー
_ン           {{ F ‘、   、__ ̄ ̄ ̄  /` / /リ 小`}
               || lハ 丶      ̄`      イ トV7
こ二二 ヽ     ||   \ヽ{  __j、_,r  ミ, 彡ソコノ //
     \\    ぃ  〈\ 、ヽ ______ノ´彡'´ ,__//
       丶 ー  `、、 ト、 ヽ\`ァ,二 ,.  ィ  ノ //
、        ̄\ 、 ヾ、\ └┘| {_/ ニノ ///      / ,
ヽ  、        ヽ   \\   | __彡 ゙´//   ,  、  /



ここに至り 老将の胸中にも華々しい討死にを遂げる気持ちが芽生えた





401 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 00:40:46 ID:uuzs0Z4g

         _,.--―'~ ̄`ー-、
       /,.-‐'"~ ̄`、   、 ̄ヽ、
      / /       `ー-〉`ーヽ. \
     r' /.            〈.  ヽ    義弘様は島津の軍法をお忘れか!
     ; i              〉   |
.     |.|       ,.:'"      `i   |    今や この戦いの将は義弘様
      l.l  ,._____ l i__,.--‐‐-、.  l   |
      !.`iく´_,.--、_」'^L_,.===、_`;. j  .j    義弘様が死す時
.     /i | 、-‐・./  ヽ!、 ̄`・,.   l /^ヽ
     |.(|. | ``=-7  ,...; ` ̄´   j l ハ |   我ら配下の全員の討死にが
     ヽ:l !、  、__,.、_,.、i    ,.-'〈  し/
       j ! ,..-‐'" ゛ー--、、    j  Yl    確定されるのですぞ!!
      j.  `r' -―===-' ヾ`、 _.ノ  l|
      `、 ヽ. ー-,.-、-‐ ,.-'   _./_|
       \_`゙゙゙"  ゙゙゙""  ,.-‐',.. '" l
        |.  `゙゙'""`゙"`´`゙゙ .:::::::::   |
.        |          .::::::::::: ,....-'―
        ‐^ー‐;―‐‐''""~~ ̄ ̄ ̄


しかし これは配下の者に諭され 義弘は再び敵中突破に挑んだ





404 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 00:41:50 ID:uuzs0Z4g

\                                     /
<    
何だい! あれくらい突破できないのかい!!    .>
<                                     >
/∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\

        /    /  ⊂)  /    ,.-――--、 \ ──────────
       /    ∠.____/    /       \ ヽ ───────
     /     /       i    /   __    ヽ. ゙i. ━━━━━━━━
     レ|     /        |    ノ< ̄  ゙ヽ    i i
     lン   /     ,.--ッ--、i.   ゙,ニハ     |    i | ________
     |     _,.:-;t'゙"「 /-,,, l l   `''ニハ    j'     i !  ━━━━━━━━
     |    /「  '!从./,r゙ブ ヽ\   く/~" ̄      〉/ ─────────
     \ .f'  |   ヾ;リ~"    \ヽ  \    _,..-=ニヲ~\    _,.-‐:/ ──────
      ヽ!   .!    /      /' 入.   \/    /    ヽ_/  / ──────
           ゙、.  く_,_ ,;=:、`:. //  \./~    /     /   /
           \   ~'^ ),;j! /~   ./     /      ./    il
             ヽ   ゙'''V゙     /     /      /    ハ
              〉:、  /~   /      ./       /    / .ヽ
             /  >-i|    ∠:..----、_/  ,:クヽ  /     i
           __」__」   \__/ |  |   〔.i!  //〈ク.〉 i     i
          _j    ヽ____jヽl  l   ヾ、 ヽ:.ij.:/ ./!     i
       ,r―"        ヽ  ゙i  i    i\  ~^ / i     .i
     _/             \ i  }   ゙i ヽ.__/  !     |
   __/                \!  }   i ー十'^  !     !
 /                _,.r‐‐'へ ヽ.  ヽ.  !    ヽ    ヽ



さらに
突撃隊の先陣をきっていた伊勢貞成が南方に活路を見出し伊勢街道への道を開いた





405 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 00:42:51 ID:uuzs0Z4g

だが本営を目の前にした方向転換は
どこか小馬鹿にされたような印象を家康に与えた

\                             /
<    
あいつら! ふざけやがって!!     >
<                             >
<   
島津を逃がすんじゃねえぞっ!!!!    >
<                             >
/∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\

            , -ァ
          /::::;'⌒゙``ゝ
       ,.. -‐':::...........  ::`ヽ
    /:;;;;;::: ..::::::::::  ...::::::::::\
   / '" /: ;::::::::::::::::::::::::::::::::::,..\
   .  /::;;::::,,...::::::ト、ヽ:::メ>'、くィ,\`≧,,,_  _,,. -‐''¨ ̄
     i::/,'::::::::::::A| .>//  }ト、、))-‐'''" ̄_,,.  -'''": : : :
     |,' |::/|:::::rニミ ,,! 。_.ノノ u\:ヽ-'''": : : : : : : : : : : :
       l/ .l::i::|   。! u ,.'⌒へ. i:::ヽ: : : : : : : : : : : : : :
        .Vヽ!\`7  , ノ/  ,)}:::::iヽ: : : : : : : : : : : : :
            ソ-</ ,. ‐'´ ハ::| :!: : : : : : : : : : : : :
              \`'´<.フ ハ V :l: : : : : : : : : : : : :
             / /:` 、 ___/\〉: : | : : : : : : , -‐―
             〈:/ : : ヾ、` ‐--\i: : : : : : /_/´⌒
             | \: : : : : : : : : : :Lト、: : : : : く_ノ'⌒>
                !: : :\: : : : : : : : : : : \: : : : : / , -‐
             ,'ヽ、: : :`‐ 、_: : : : : : : : : : : : : :`‐',. ‐''
             ! : : : `: : : : : :`7''‐- : ; ; : : : : : : :.`‐ ´


家康は島津隊への徹底的な追撃を命じた





410 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/11(日) 00:44:23 ID:yKwU84wY

あーあ、放っておけばいいのにw





408 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 00:44:00 ID:uuzs0Z4g

伊勢街道に出た島津隊だが追撃はやまなかった
鳥頭坂を下っていたところで
井伊の赤備えと松平忠吉隊に追いつかれた


              __,,,---――‐--、,,,_
            ,.r''"           `''-、
          ,,r'"                `:,_
         ,r"                   ヽ
        ,i"          / ,;: /,! , 、    、'i,
       ,i         ,/ ,,r'"r'//ノ;;,,ヽ ,  ヽ|,
       ,l'       _,r''"_r'<,__ノ ノ Y'i |;,_ヽ、 ソ
       |     _,,-‐'y‐''゜〆t-、ー'  r _,.)ノ,ヽ ヾ:,|
       'i,  i,  '"ノ .! .|  ヽ、」ノ'"   r'i ̄jjヽノノヽ||
       'l , '|  /   ,|  '''      ,lト`-" // , ,!''
        'i i'i, l |  `l、         ,)    !/!'
        'i'i,`,`人  ト''''     ,.........    ,!    …………
         `ヽ>-`i,  ,i' 、      ,,   _,r''
     _r----/''ゝ、|'i 'i  ヽ、,,     _,,,,rゞ
   ,/'"    ヽ  ヽ|, |    `t--‐'l  l,
  ,/       ヽ   | |-,,__ _ ノ    | |--- 、
  /         ヽ  |ノ_,--"    / |;, |   ヽ
.,/           ヽ/      /  ソ    ヽ


ここで豊久は黙って馬首をし後方に巡らした





414 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 00:45:07 ID:uuzs0Z4g

              ____
           ,、 '´:::::::::::::`ヽ、
         /,イイ从仆彳´ヾ;:ヽ
        ,r';:,/      ゝ'゙   ヾ;\
       ,イ::::,!            ゙i;:ヽ
       i|::::::i}   \   ,イ  u  i::::i
       {::::::,!,r'´   、ゝy'´     l::::l
       ,!::::|  ,r-‐、 `ト  _,,、-、 「人
      ,イ,!::::i   'r'ニ・ンイ`イ゙・ファ  ,}i イj
     i:::::::::::,!   ,r'´ ゙ヾ  `Y´  ,! ト::::l
     ヾ;:;:;:;:;:ト、   ゝニニフ    ,イトミ !    待て! 豊久
       }k;:;:;:,| `    カ    イ  ,!;:;:i
     , イ;:;:カ;:,! u _,、ェェェェェ、_   ' ,ノ゙:;:;i    何処に行く!!
    ,ィイ;:;:;:;:`Y    ´ "´ ̄ ` ` u ,ゞj,:;:;l
    i゙;:;:;:;:;:;:ゞi    '´ ̄  ̄` ,レ  ,j;:;:;:;ト
    ヾ;:;:;:;:;:;:;:,ゞ、 ,i!      ,yイ゙  レイ ,{、:;:,!
     ゙>;:;:;:;:イゞミュ   , イ  _ ,ィ'´ ̄Yi:;ノ
     ゝイi´ ̄`ーゝー'ー'フ''´,ィ'´ _,,ィ  i l
      ,!ヽ i}`ー-、`ヾ | i´ ,r'´   ,イ |
    _, イゞ、 Y`ー、_!、  | l ,/ '´ニイ ゝィ-、_
-'イ ̄´_,、-‐'`ヾ、ゞ-、_j ,`Y| | ノ _,,、 ノ, ィ  `ヒ `Tー-、_




               _ _
        ,r‐' ゜ ゛' "´   ゛'丶
      /゛             ヽ
     /                丶
    /                   ヽ
   /                      、
  /                       i
  i゛      /|\               l     島津家の存亡は
 .l      /  ! \              .|
 |     | l |   \\  ,r‐        !     叔父上の一身にかかれり……
 .|     i|!        /   l \     !
  .!     l !゛ー- 、   / .r⌒l .| .|     !      ってところかな
   \   !、ゞ゛i ヽ.   、 !_.丿 l .!    !
     \l. .ヽ 、 .!        ! .l    |      ここは わたしが喰い止める
      ,.| l .、   、      ,| |    l
      .i | | ヽ、   -    , .i i.l    !
      l | .!   ゜' 、 _ , r '  ノ .i .!\/丿
      |  l   /´'ー-丿   ./! l l  >、
      .l  .|,r‐'"l , r‐"ヽ.. /./ | ! / \
      ! i   ./    く  l .! .|'     ゛゜'ー
    / l .|  /      \ ,.! |
       ! !./!        | .| .l
       丶l ソ        l 、|
        , '        └、





416 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 00:45:52 ID:uuzs0Z4g

            __
          ,.  ´     `  、
      /            \
      //し,              ヽ
    / / rイ〃  イ/ト、   ヽト-‐1!i
    〃'⌒´  // // |、\\ リハ⌒`|
   | /   //!/ |/|∧ | ヽ. \\   |    叔父上は なにがなんでも
   ! |i //__!_|| i | _,.>≦ヽヽ  !
   ヽ.!| レ'K‐f_テト !| メ! ‐f_テ厂ト、 ! ,!    薩摩まで帰還してくれ
     !| ハ´'=´ `   ーヾ`∧レ'.,!
     V! ∧      rj       ,' | /!     それで この勝負はわたしたちの勝ち
      Y!.∧    - -一   / |//
      | | | ` 、   ̄   /|  |/      ……そういうことにしとこうよ
        | | ∧ | |`  --イ | |!  |
      | | | ヽ!_j        V|   !
      | | | _,. -'        |! i! ト、
   ,. '  ̄!|| 「-----、  ,. -― | |├ `¨ ‐-
  /    | |          | ! !      ヽ
  i     ! |          ! iレ'        '.
       ! |         レ'         !
       ヽ!


豊久は10数人の郎党と共に殿軍を引き受けた





415 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/11(日) 00:45:25 ID:w9dX0ovo

ここで、今日の捨てがまりです





420 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 00:46:51 ID:uuzs0Z4g

\                                /
<  
豊久っ!! 豊久ーーーーーーーっ!!!!  ..>
<                                >
/∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\

      ./          ...,, iヾ,             i
     /   ゞ,i  《  __;:"~ノ,ノ  ""'`\:: ,,.       i
     | ,∧(" 《 ( ヽi"   "       ~ヾ,       i
     ヽ,( ヾ  ヾヾ        ,      "`;      |
      | i    /        `i       ):     ,|
      |  |  /          ミ     ,/:::::      |
     ,丿,., v:"   ,,ゝ~”"`\  ,i     ヽ::::      i
    ,/,,-"'ヾ   ゞ; ",,,,, `     /      ,):      ,i
    ,i ,";"`_ヾi ヾ,"ノ" o "`)         /:::    , へ i
    i "く ~o_/"  ;  `=~"''''~"        ,/::::   / " `i
    .ヾ ~ "丿     `ヾ,,__,,..        ヾ,    i  ,ヘ , i
    / ,,//               i    i::    i /   /
   .|  ,, i""   ヾ         ,/     |:::  i く~  i
    i  ((,, ,ゝ;._,,ノ          ヾ    /::    i  ヾ/,
    ,i  " "~丿 "           ヾ ,,,/::    ,i  / ヾ
    ヘ く   ,,,,,..........,,,,,,,,,.,,ゞ.---- "ヘヾ`iζ:     ソ__ソ   ヾ
     i ,`i""___;:._______,,,,ゝ------=,/ ,iξ    ,,i:::::    ,, ノ
     i ("ゝ--------:::::....______,..../ 丿ξ"" /i i i::::     .,ヾ
     i ヽ,,;;;;;;:::,.........,,           ξ,,,,/丿" i::::::     \
    丿   `;:::::=-'"      ソ,      i   ~  i::::::::      \
     ヘ,/          \ / ~     i     丿ノi:::::      ,)
      /          ヾ,,/ヾ   ,,.___ソ     " 丿_ノi::     /
     ,i          /`;   /:: .,/      "~~ j::,ii:::  ,,/
     ,i.,,_             ,,/::""/         _ノノ/::: ,ノi i
    / ``i"'`;::::::::;;;;;:====```  /     __,;;;;;;""~~ /,,,ノ ,i i
   / ヾ i _,,.....          __.,,,,,,,,ゞ;:::~~      "~~  "


止める義弘だが 豊久は構わず駈け出し
義弘もまた配下に引きずられるように逃走を再開した





422 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 00:47:51 ID:uuzs0Z4g

´⌒ ,,_∧  ∧_Å #__#  ∧_∧ §_§ ,,,,,,,,,,,,  ↑_↑ ∧,,∧`)⌒`)
´⌒(◆∀・) (メ皿●)( ・д・) ( ゚皿゚ )( ・∀・) ( ゚∀゚ ) ( ・д・) (・д・))⌒`)`)
(⌒━∪∩━〈>∩━〈>∩━〈>∩ ━〈>∩ ━〈>∩ ━〈>∩━〈>∩━〈>)⌒`)
⌒⌒∧_∧ 个__个  tttttt  ▲_,,,,,, △△△  ∧∧   へへ   ∧_∧`)⌒`)
(´⌒( ゚皿゚)(◆∀・) ( ・∀`)(´・∀・`)( ・皿・) (゚∀メ) (・Д・) ( ・∀・ ))⌒`)`)
´⌒━∪∩━〈>∩━〈>∩━〈>∩ ━〈>∩ ━〈>∩ ━〈>∩━〈>∩━〈>
´⌒ ,,,,,,,,,,,,   ↑↑  ∧,,∧  ∧,,,,,,,,,  /ゝ,,,,,,  tttttt   ▲,,,,,,   △▼△`)⌒`)
(⌒( ・∀゚ ) (。∀゚) ( ・皿・)( ・д・,,)(◆∀・,)( ・д・,,) (◆∀・) ( ・皿・))⌒`)`)
´´━∪∩━〈>∩━〈>∩━〈>∩ ━〈>∩ ━〈>∩ ━〈>∩━〈>∩━〈>)⌒`)
(´( l , O  l , O  l , O  O 、 l  l , O  O 、l  O 、l  O 、l`)⌒`)
(´⌒( ´⌒( (⌒(´⌒88888   ∧_∧   ∧_∧)⌒`)⌒`)⌒`)⌒`)⌒`)⌒`)
  (´⌒(´⌒(´⌒(´( ・≧・ ) (  ^^ )  (;:.@盆@)つ)⌒`)⌒`)`)⌒)人
      (´⌒(´⌒( つ  / ヽ[| ⊂[) .( つ  /ミ `)⌒`)`)⌒`)(;0w0)ノ
    (´⌒(´⌒(´⌒|  (⌒)  (⌒)  | (|  (⌒))⌒`)⌒`)`)⌒`)`)丿
        (´⌒(´し'⌒^    ̄ (_)`)し'⌒^`)`)`)⌒`)`)⌒`)
       _,    _,     _    _     _    _,    _    _    _
       |_|_|   |_|_|    |_|_|   |_|_|    |_|_|   |_|_|   |_|_|   |_|_|   |_|_||
    | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_
    |  _| |  _| |  _| |  _| |  _| |  _| |  _| |  _| |  _||
    |_|   |_|   |_|   |_|   |_|   |_|   |_|   |_|   |_|

           , ' ,. ,,,........, ,、    __ _,、 、-、、 `、
          , ゙ , '゙','´   ,' ,'r―'''''ー ''''ー― ヽ_、_, .' ,
          / i, ',' ,,,......' ´ ,  ,、, i.i`、 、            ',
          ,'    ´     , ',' ,','.i,' |.| `、' ,`、 、      ',
         ,'       , '゙,' .i'.,'i |i |.|  ', '、'、'、 '、      i
          i.| .,.      ,'/,'  |.!.! !| !.|   ', `、'、`、',    、|
          || .i'     ,'/,i',,,,,,,,',,,!、゙! ',!   ,,,,',,,,,',,_ `、,  、.i |
         |! .| .i   ,'/ 〒=,=、     ,'  ,==〒 .i ',  .i .|.!
         ' ! |, !i   i ',  、'、゙.丿       '、゙.丿, ,',i ' , ,! !,'
          '‐! ',  i i.',  `""´         `""´ ,'ノ !,.,','..'   ま 死に方としては
            '-',、 '、!.',       ..,,!.       ,'i .,'_,'.'
              ' ,_ i ',     __,,.     ,', !'′     悪くはないかな
               i!  ',、        ,,    , i ',`;、
               !i i ', `i 、         ,. '゙ | .','、ヽ
              ノ';.| i ', | `' 、._,.,. 'i   | ',.'、、
                 |.|.i.i ',‐!、_      |' 、.,_| i', `゙
          ,...、、、、、!´!,'i.||' ',  ~゙'‐- 、― 」'゙!;、| .i.',‐-.、
         i'" __.' `'",'| |', i      `゙ '''‐-.、|i i',',‐--`' .、
       ,r'´~`゙' 、.  ̄  ; | |.',i         ';‐-|.!| ',',  ゙'i, ヽ,
.     , '      ゙'、.   ;' ;| | ';、‐ 、      '‐ .!;i', .',゙、  i   ヽ,


豊久は鳥頭坂で槍衾にあい討死にしたとされるが本当のところははっきりしない
一説には重傷を負うものの この場を切り抜け大垣の地で自刃したとも伝わる





425 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 00:48:55 ID:uuzs0Z4g

また この時の戦闘で家康の四男・忠吉が負傷
井伊直政も胸に被弾するという重傷を負う


          ,. -─‐- 、
         ,∠ニ二,二ニニニゝ、
.         /ニ三≦二工二ニ:」
        /ニ'_┐ i-‐_.''ニフ _」::::::|
        l==。 _゙==。= :|:r_、:::|
.         l ー/ ` ー '   ||_,リ:::|   …………
.       l / _┐   u  |レ':::::L,__
        l `⊂ニニ⊃  ハ:::::::N::::`ヽ._
.        l   一    /  ヽ;::|: :\_::::::::ラ
.       _,,.⊥.____/  v  ソ : :│: ``'''‐ 、.._
_,. -‐'''"´: : : :| : |::::::::::::    /: : : :| : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : :│:├-、 ,. -─:/: : : : ;' : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : |: : :|  ,.     /: : : : / : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : | : : | :l    /: : : : / : : : : : : : : : : :


だが それでも直政の島津に対する敬意は変わらず
戦後 島津家の赦免に奔走した





428 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 00:49:50 ID:uuzs0Z4g

豊久の最期の戦いは直政の心に響く正々堂々としたものであったのだろう


                      ,.    ̄ ̄    .
                    /~^ー一'´ ,二. ‐-、 \
                  iヽ /゙`" ̄`⌒~ ̄    `丶 .二.ヽ
                  | }/      /∧          ',
                _」 レ┐    /|/ | ト、ト、        i
              /ヽ.`┤/  〃/ l!  ヾ、ヽ \ ヽ     |
             i   ! `y' |  /ァ=ミ |    〒 く_\ |    |
             / ー┴ ′j  | ' {ィ i     ヒソ  }!   /
          .. '      /∨,ハ  ̄  、     ̄  /    /
        . '´      ,. '´   `i i    rー‐¬    /   //
      ,. ´     ,. '´     │ ヽ.  \__ノ    /  〃
   /      ,. ´        │ /,, 丶、    _,. /  ./
 /      ー‐- rー┬----ァァ| ∧ "^| `¨¨´ / , /
く          │ |   / / .| l| 厶ーァ′    イ /j/
  ` ‐  ..     │ | i´     ,レ仏 /\_    _」/!′
       ` ‐--┤ | |     ヽ-┴一’ ̄ ゙̄`ー`ー- 、
            L...」j!               ____ッ(⊃  |
               /│               __ .. -‐ ⌒ヽ、
            /   ー――――‐‐    ̄       , ‐- ヽ
              |                       /    i|
             |                  /  /      }
            │: : : . .            |  |  /一…'⌒i


               島津豊久 享年31である





426 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/11(日) 00:49:03 ID:OtN5sRjc

そして、ドリフターズへ





433 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 00:51:51 ID:uuzs0Z4g

敗走を続ける義弘には背後から敵方が
「豊久の首級を獲った」と連呼して迫ってくるのが聞こえた


           _,.. .... 、
         ,.‐'" , 、  `ヽ、
        ,.'/`:'-、jノ ̄j\\
       //         `、ヽ
      i i'         u`i  |
      | |,:'"  \,. '"    i  |
      j. |. _,.. 、,i |  _,...,  .| ,!、
      .i j.|. ´,-,テ,L,.- .,  | i i
      l !, |   ̄フl_,.,!`=   j .l); |   ぐ…… 豊久……
      ヽ; !、_   j  !、   _,! 、,./.
      ノ!j u  ^. ^   「.〈 ,,ゝ.i
      j,:' i   --==‐-   └l.  l
     j  !.   ‐'"~` '" メ  j  、ゝ
     ヽ,  `;-!、___,メ_,!-‐';^i ノ‐'
      'ー-..! ! `==.l.,=='' !! .|
         !、゛'!三:、l _,:'三j " _」
         `===l===''""


義弘の心は挫けかけた





436 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 00:52:51 ID:uuzs0Z4g

だが これを見透かしたかのように義弘の家老である長寿院盛淳が
義弘の陣羽織をはぎ取り これを身につけ追いすがる敵に向った

  \                                  /
  <       
我こそが島津維新斎義弘なりっ!!     >
  <                                  >
  /∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\

                    ,. -‐ァ   _> 、ヽ丶、
             /l/ ,∠z, -─==ミ ヽ ヽ \ト、
            //l   ' /              ノ ) )
              /l |                 \<
          〈 ヽ!          、  / ,- 、  ヽ \
            , -┘   ,         /ヽ / /ヘ \  i  ヽ.
        〈/   /〈        |三ヘ 〃-、   `ー'   l
         /    | `       ハ  V⌒`′ l | i   ト、|
          〈/  , 、N         〉 、`、    |/||   |l|
          /   { \         //| |l|  , -、レ|  l| | | |
          |    ,l/  \ _   _ノノ、_j ハ/L -'∠^ノイ  /l|lノ
          レlハ { |  、_> ̄ー゚-フ テ ト´ー゚‐'^  | イ レ′
           ノ ! l/    ̄ト-- ' ノ ' |ヽ  ̄ ´ | _>
         トゝ ヽ\ ト、_ノ    〈  |{      /  ̄/
    , --、  ヽ-彡 \>、(     ∟._l」ノ    /   _ノ,
      \  `T"   トハ/   rr─_----_┐   i| 、_彡′
   ∨_, / | _,⊥-┬、リYY/,   `-'ニ二二ニ′  |ハ)
    _]∠- '"´   、ノ ヽ. X     `  ̄ ´、  /|_
- ‐┤ "´ ̄ ` ー--= 、__ヽ \        l   /|  ̄ヽー
   l / ̄` - 、_      | 〉   \  ‐-- ' 〉 /  |    |
  / l  ,ニ、   `丶、 |/     ` ̄ ̄厂 ´   {   |_
  / / /   `丶、  |l     ヽ     /         /
  | / /      \ |/、_  ヽ         _,.- '/
  〉   '    r 、     } l_     ̄`丶、   ‐'´ ̄   / ニ_  ← 長寿院盛淳
         Yヘ\_, イ/ `ー-- 、        ,. ‐'´\ヽ


盛淳は大音声で名乗りをあげると敵中に駆け入り ひと当たりした後
腹をかっ捌いて自害した





440 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 00:54:02 ID:uuzs0Z4g

盛淳は義弘の身代わりとなって死ぬことを選んだ
豊久と盛淳の忠節に報いるには もはや自分が生きて薩摩に帰る他はない


                    /, ーミ、        ,  \
                 //    lハ{ , / ,r .ィ从ハ ゙i
                  〃     八{ル'j/ ´  :::::! !
                   /ノ ,{_,/     `   u  :::::} {
               //r'jr'゙        、 ,  ::V  !
                 !7´    {、     ゙メ-+、( ミ !
             rぃ{ --、_  ヽーァ'^ _   i'⌒ヽ} ,゙
             ぃ ゙L 、_'、 、` /,r   _ =-v { 〈、    豊久……!
       r   、__ノ}rソ7 ヽ'='゙ミ、〉( ノ_r=ゥ≪, _::::/〃゙ヽ
       {廴___ア { {,〈 u::::`ー'゙ 「` r_(`ー':´::::ミ 〉{ イ ハ    盛淳……!!
      -‐ミ‐  _   `j ハ     }   ノ  ̄  :::::,/ リ /  ミt_
__  ´     ´フ´ イ///ハ{ 〉   └《__ ,.」    r‐'{{! '゙   ≪__,,
⌒i        '´ ノヘ小l丿/ __   ( ̄     Ly ,ツ7   いー≦x、
l j          ハ! { '⌒こー---―x、 、メ::´jハ  !、v゙ ー
_ン           {{ F ‘、   、__ ̄ ̄ ̄  /`::::/ /リ 小`}
               || lハ 丶      ̄`   :::::::::イ トV7
こ二二 ヽ     ||   \ヽ{  __j、_,r  ミ,::::彡ソコノ //
     \\    ぃ  〈\ 、ヽ ______ノ´彡'´ ,__//
       丶 ー  `、、 ト、 ヽ\`ァ,二 ,.  ィ  ノ //
、        ̄\ 、 ヾ、\ └┘| {_/ ニノ ///      / ,
ヽ  、        ヽ   \\   | __彡 ゙´//   ,  、  /


義弘は逃走を再開したが 気付けば周りの生き残りは百をきっている
島津隊の絶望的な状況は続いた……





441 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/11(日) 00:54:52 ID:DlcyYfy2

驚異的死亡率





443 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/11(日) 00:55:16 ID:OtN5sRjc

生存率6%か、凄まじいな





444 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 00:55:57 ID:uuzs0Z4g

絶望的な状況は南宮山でも展開されていた


           _」, -─  .:. :. :. :.::::::::::::::::::::::::.:.`ヽ
          〈  ,.'"´ ̄      ̄`ヽ、.:::::::.:.:./
           V´ .::l:|:.  `、ヽミミヽ、  ヾ:./
              / .::l::从ト、   `ヾ_ミミヽ.、  \
          l/l.:l.:リ仁リニトト、仁≧ミヽ:::ト、 .:::|
           `Y::{fトッソ ``ト。ッソ` 1:l:|::.`、::::!
            |.::l´¨ 、  ´ ̄  /::リ:::::::::V
             ヽ:ヽ、  ー     , タ::l:;::::::::/   これで終わりか……
            , -─-、 __ , イ/.::j:|:::/l/
           /.,    `トい、_,/^i.:l:|/
          /.:::/  .:i   {{i^Y^YYy'l/
          /.:.::::/  .:.::|   k1 |:l ,ム;、ハ、
        L.::::厂ヽ .:.:::::|  / {j! ーイ:介;l/ ,ハ
         {7 / \::::! /  jfl  |:1j! |:|{ V
       //   ,.イ:::l/  jf|  l;」jl j:」| |
    /´ ̄    /::::|:;:;.\  kiL,  H  fj 〉
    _>ーー-  ,.イヽ、::l;;;:;:;:;(:::/タ^Tニム、_ ,';{
   /。 ̄`¨`ヽ_ソ  `1>‐-ヽ{:::::/>く!::::::7
  ,/。     /      〉ニ三云\:.ヽくノ::::::」ヽ
 /     /       /¨´ ̄ ̄`ヽ、三三ミく  \


長束隊は池田・浅野両隊の攻撃の前に押しつぶされる寸前であった





445 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/11(日) 00:56:33 ID:2dWu09vg

こっちはそもそも島津みたいな猛将じゃないしなあ





447 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 00:56:52 ID:uuzs0Z4g

特に池田隊に加わっていた山岡道阿弥の率いる部隊の攻めが強烈だった


                         ,. .-
                   , . -. . . ,//_
                , ': : : : : : : : : : : : : `ヽ
               /     : : : : : : : : :   ヽ
           -= ': : : : : . . . . . .         ヽ
          ―..': : : : : : : : : : : : : : : : : : . .      ヽ
          /\: : : : : : : : : : : : ,: : : : : : : : : :     ヽ
          |-二ィ:: : :, : : :: x 'ノ//: : : : : :,: : : : : : : : ',
.         __  l  -‐レ': :/', ノ:iヽ /: : : イ::/|: :、: : : : : : :',
       レ `(  /: :/', イl::/ /: :/ レィ|七|: : : : : :ト 、
      /    >': :/ /`ヽ  ¨  ' ´__  /::ソ j| イ: : : : : :| \
      ヽ  ー ' / ̄ -、\  ̄   ヽ '´_彳.∧: :∧: :|
       ヽ_ - j = 、 \.\  '   _ ノ: :/ |::/ ヽ|
       /: : ::/    ヽト  ヽ ーテ ¨ //   r
__ , <: : : : /      } |ヽx、 ノ   /      景光の仇
: : : : : : : : : ィ/      j l:::::\\
 ̄ ̄ ̄ ̄ /      /:/ /::::::::::::\ヽ         ここでとらせていただきます
.      /      ,へ//:::::::::::::::::::.ヾ:'.,
   /      ヘ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://:l、
  /    _/.  ∨::::::::::::::::::::::::::::::://::::| \
  /      \_   ∨::::::::::::::::::::::::::/,':::::::|  \  ← 山岡道阿弥
  \  , ====ヽ  ヽ:::::::::::::::::::::/:::::::::::ト





450 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 00:57:51 ID:uuzs0Z4g

               , -―‐- 、
            , '      ::::::::ヽ、
.             , '          :::::::ヽ
            /      十   _,,..-‐く´ヽ、
.          ,'T =――――'''7´, -、ヽ ト、 \
         ! レ´r'::::::! !   { i::::::::j ! } \ \
          !  ', ゝ-' ノ   ゝ、`¨ ノ .,!   >、  !
            | :! ゝ -- ' ''"´ ̄:.``ゞ=- /  r'  V
            | ::!  \        ..::::/-―'
          ヽ、:!   ヽ    ......::::; '
           ヽ___...」> ―‐ イ´ ',    ← 山岡景光
            / rイ/ ∧   l ! |


正家の策略により「伏見城の戦い」で一族の山岡景光を失った道阿弥は
これを仇討ちの戦と決めていた





453 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 00:58:51 ID:uuzs0Z4g

.     |、 _ミミミミミミミミミミミミミ彡‐''"」_
    _|  ヽ、ミミミミミミミ彡'''"´ _,.-''彡ミハ
    に_`ミー  ..____,,... -.'彡´ミミ彡'く
     /`ヽミ_ミミミミ.ミミミミミ_彡: :‐''": : : : iヘ
    , : : : : :l: |: : 「 ̄: : : :'; : : : \: : : : : : : l: ,
    |: : : : : |: !: :ト、: : :ト、: :ヽ:. : : :.ヽ.| : : : : |: |
    |: : : : : |: l : | ヘ: : .';.ヽ: : ヽ: : : : l: : : : : |: |
    |、: : : :.|: l : |  ヽ : ヽ ヾ,,..\‐テ: : : :. :.|: |
     |:ハ: : : : 「| ̄!`   \: ´ _ヾ,.ニゞ: : : : : :| :|
    ′ヽ: ト、 k`rェ‐ュ、  ``´}k. zリイ : : : : : !|     戦場に屍を晒すなんて
        \:.ヘ`ゞ-`'     ` "´.|: : : /:l:ハ|
          |`.ヘ''''  ` _    ```l: : :/: ./. ′     思ってもみなかったな
         lルヽ`> 、 ___,.. イ´.|/:/ル/
         __,ヽィ-イ >ュ ''´ _ルソ`>、
        /´:.:.:r '//イ/| トく"´ // ):.:.:.ヽ
.       /:.:.:.にr'"// Z! ト、ヽ .// に:.:.:.:.:.:.:\
.      ,.:.:.:.:r ソ ハ:.ヽ'/ヘ l:.| l:.|// ク、:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
    /:.:.:.:.:.:)./.ハ_/;ス/.|:.|ニノ./ に:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.\



東軍の猛攻の前に討死には避けられないと正家は諦念した





454 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 00:59:48 ID:uuzs0Z4g

だが ここで配下である松田秀宣が正家を強く戒めた


         ,. - ー - ..、
      , '" _,,.. ---`'::._`丶、
     / r;:''~丶、`ヽー- 、> 、!
    /.  ll     o、!  !. - ''ヾ!
   /    lヽ    ノ  l、゚  l!ヽ    いいえ 殿!
   /   l  ` ー '    ヽ ..ノl ヽ
  /    !  ` `  , 、    ` `/  !   諦めてはいけません!!
  !    l     /  `''l7  /  /
  ヽ _ ノヽ、.   ヽ_/  / ,/
         `iー---t ''"~ー''"
    , -ー''ヾ~      ̄~''''‐-、  ← 松田秀宣
   /
  /




 \  /    |   ||  ト    \          ',
   Y      |   / /l ヽ   | \    \         |
    ′     ,′ / / ! |\ 、  \ ,. -‐ i\―-|   |  |
   |       /  /_/__', 、 \\ へ、  |  ヽ |   |  |
   |    _, / イ/ /―  \ヽ  \\ ィ>=ミ=ハ |  /  |
   |     / //イ ̄卞ミ  \    〃i _ィ:::y } ∧|  /  |
    !   //rセ {_ イ:::}」}     \    ヾ  ノ,.  / /  |
   i  /  \ ` 丈_ノ      ヽ     ̄`  / /   ′
   /  \   \" ̄       i〉       / |     ,′
     '.   \   \                      / /  /
     '.    ` ー一        _           イ /  /     え……
      ヽ     \           ´         / //  /
      \  \ \            /  /' / /′
        \  \  > ,._     ,. ' |ノ ヽ / /
         \ ┌:/lヽ/ `ヽー   /    Уく
          _\/ノ'"    / }  /    /   \
            ∧_/\    {   /               \__f⌒ヽ
         / r‐' ( >' ,二.rく ―‐、           く⌒ヽ丿  └┐
           | / Y´  イ /トく ̄\\         ___) /n_厂





456 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/11(日) 01:00:21 ID:YUagA.Xw

天下一の臆病者キター!





457 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 01:00:48 ID:uuzs0Z4g

            _,, -‐'''^゙゙゙゙'''''ー..,,
           /     |Υ|    .`'-       この後 殿が
         ,i'゙_..iiv=='"^^゙゙゙゙゙゙゙^゙二=;;ii |i、
        ,iZ'"゛ i‐!!!!!゙'、   i'“!!!!!`'、 `巛    どのようなご判断を下そうと自由です
       i!il゙   |lllllllllllll广゙゙゙゙'l゙llllllllllll ゙l  |/、
       ./ |!,   ヽ;;;;;;,./    "i、;;;;;;;;./   !| ゙;   ですが それでも……
       l l .゙l-,,,,,,,,,,, ‐゛     ゙'!ヽ,,_,,,..iヾ ! l
     l  .l/ ,-.- .‐       -.、., l l  !    ここで首級を獲られるような恥辱を受けてはなりません
      l゙  ..l.               |′ .|
    .l    ヽ.    . /..,,,,,..ヽ    ./   │   どうか…… どうか一度
     !、    \、             /    ./
       \,,__.../ `''ッx......,,,,...... ィ'"`'-..,,,,,,..-'´    水口城までお退きください!
               /.,il    ._.ヽ.|js
            /,iリll ..|\/| .!ll]、
            /,iリll` .| .| .| `’.|js





460 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 01:01:50 ID:uuzs0Z4g

 .:.:..:.:.:.:.:.:/.:.::::::::::::::\:\ヽ::ヽヽ:',
 .:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:::::::::::::::::.:.ヽ::i:::i::::::', |:|
 i.:::::::::/::::ハ:::::::!::::::::::::::::',:i:::i:::::::l.|:|
 i.::::::/.::::〃ハ:::|:::::::::::, _::」|::|:::::::l l:!
 l.:::/.:::::〃 ',:::ト、::::く::::::::||::|:::::/ リ
 l::/.:::;ィ:/=-ヽ\ヽ,.ィイ1!::!::/ ′
 l/:/ /-‐      〈tfシノ::!::!′
 K ,.ィテテ'ヽ    `´1://   秀宣……
 ::::', V弋ソノ    、  l::::|
 ::::::', ¨¨´       / /::::|              _,,. -_-_:: 、
 ::::ト、ヽ、     _  ,.イ::::ハ!           //'r,r=,ヽヽ`ヽヽ
 ::::i        `'/l:::::/            ///ヽ、二ニノ;;;;;;rーヽ!
 :::::i  ``ー┬一'´  |::/            l l/ u ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l /ニll!   しかし 秀宣……
 :::::L _ __/     |/         r-、   l/.. -―、77ヽ、ヽゝソト
 \|__ _ ユ_==ァァ         l  ヽ  ヽ ::::::::::`'ー'-l;;;;; ̄//!   退くとはいってもだな……
         \//          l  L.. -ヽ、::::::::::::::::_! /'ノ
          \          ヽ_,,..-,./ :::::::r-/  }ニ-'"
            \__           /' ,r,ニヽ.lΥ  /
      . .: .: :/ ̄,.-、入        //   ヽニノlヽ! /
    .: .:. :. :./ ヽ_ソ.::::::::::.`、      l 〈     /l ヽノ  ← 家所帯刀






     :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      l゙  ..l.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|′ .|     僕が……
    .l    ヽ.      .,,,,,.      ./   │
      !、    \、             /    ./
       \,,__.../ `''ッx......,,,,...... ィ'"`'-..,,,,,,..-'´
               /.,il    ._.ヽ.|js
             /,iリll ..|\/| .!ll]、
            /,iリll` .| .| .| `’.|js





462 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 01:02:50 ID:uuzs0Z4g

            _,, -‐'''^゙゙゙゙'''''ー..,,
           /     |Υ|    .`'-
         ,i'゙_..iiv=='"^^゙゙゙゙゙゙゙^゙二=;;ii |i、
        ,iZ'"゛ i‐!!!!!゙'、   i'“!!!!!`'、 `巛
       i!il゙   |lllllllllllll广゙゙゙゙'l゙llllllllllll ゙l  |/、
       ./ |!,   ヽ;;;;;;,./    "i、;;;;;;;;./   !| ゙;    僕が
       l l .゙l-,,,,,,,,,,, ‐゛     ゙'!ヽ,,_,,,..iヾ ! l
     l  .l/ ,-.- .‐       -.、., l l  !     ここで敵を足留めします!
      l゙  ..l.     .,          |′ |
    .l    ヽ.    .\..,,,,,../    ./   │    だから殿はお退きください!!
     !、    \、             /    ./
       \,,__.../ `''ッx......,,,,...... ィ'"`'-..,,,,,,..-'´
               /.,il    ._.ヽ.|js
            /,iリll ..|\/| .!ll]、
            /,iリll` .| .| .| `’.|js


主のために決死の地に身を投じる士が長束家にもいたのである





463 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/11(日) 01:03:27 ID:RdkcqRmE

あの臆病者が・・・





465 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/11(日) 01:04:49 ID:RdkcqRmE

人の縁とは不思議なもんだね





464 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 01:03:51 ID:uuzs0Z4g

        / .:/:.:.::::::,r'´.:.:.:.:::::::.:.:.:.::::::::::.:.:. :.、\
      / .:/:.:.:::::::/.:.:.::::::::::.::.:.:.:::::::::.:.:..、..:.:.:.、:.ヽ\
     ,/ .:i:.:::::::::::|i.:.::::, ,ィイハト、:::::::::::::.:.`ヽ.:.:\:.\\
     l .:.::|::::::::::::||::::/::/ハ!;;::::::ヾ::::::::::::.:.:: ト、.:.:.:!:::::.:.i |
     | .:.::::|::::::::::::|!:/:://^i!;:::::::::: ト、::::::::::.:.:|l:ヽ:.:|::::.:.| |
     |.::::::::|::::::::::::|/,イ/  |/\:.::i! \:::::::.:.l!::::!.i|l:.|:::!:|
      !.:::::::l:.::::::::,iイ/ ̄`メ、_, ヾ! 、_,ム=ニト、:|ノ川:イリ
      !.:.::::!::::::::::| ' ,.z_ミ      __ .zミリ::ノ::!:/
      ト.::::::!:::::::::| r づ ̄ `    ´  ̄`cぅ'::::/
      l/ヽ.::!:::::::::! ゚.j           ;. ソ:;イ     秀宣…… すまない……
         \:::::::ト、     _′   。/:::/|
      __, ィ´\:::! \   〈´ `!  .,イ/l/7L_
    ,イ ^ヾ    ヾ!  `弋ニ=ー-='7'´l/::/   「j「ト、
   //.:^ヾト厶         _\_ /   |:/   「j ト7:.ヽ
  .!/.:.:.:::.:.1}: 入      /;;r介;;ト、  ′   「j ト7::::.:.',
  /.:.:.:.::::::::::Ti 入   /;;/´//^!ヾ;;|      「j ト7::::::.:.:l
 ./.:.::::::::::::::::::::T1入 /;/ // | l:;|     「j ト7::::::::::::|



長束隊もまた伊勢方面に向かって敗走を始めた


             _,,.... -- ....、
             _..-'"゛   .,,.   `''-、
           /___,_,@____'-
       ,,.ilン/'!`-!ヽ ___ ゙̄フ'┴=ヽi..゙li,
    ,..i'|||.l./ /'"´`''i.ヽ ― ./ / `゛´゙'-ヽ|||';;、
    / .,!|||.! .l゙ ,i'"´.ゝ| !―.l゙ ".r'"゙´.l .! .||||.! ヽ
   l  .!|||||l  ヽ、゙´ / ./.―│ .l. .`゛ / .|||||  !
   |  !||||| \_  ゙'",/ ― .\ .`''ー'''゙_./.||||! .|    秀宣 殿は必ず……
   l  !||||     ̄  ..二ニニ  `'''''U  |||! /
     ` '!.l||l           ‘         l||!./‐゛   俺が水口まで連れてくからな!
      `''ヽ.    ._,,..i-i- 、、     .,/''′
           \.iir'" .`'ー!-┴~''-、_,._/
            /^``!-、,,,_  ____,,.. -'"゛
          !  .i!'゛ !  ̄  ! \
        |  ./ '|/ 、''^゙`''i .l.ヽ\





466 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 01:04:50 ID:uuzs0Z4g

この崩れるような敗走を池田・浅野両隊が見逃してくれるはずもなく
1万の軍勢による無慈悲な追撃が始まった


       _,    _,     _    _     _    _,    _    _    _
       |_|_|   |_|_|    |_|_|   |_|_|    |_|_|   |_|_|   |_|_|   |_|_|   |_|_||
    | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_
    |  _| |  _| |  _| |  _| |  _| |  _| |  _| |  _| |  _||
    |_|   |_|   |_|   |_|   |_|   |_|   |_|   |_|   |_|

´⌒ ,,_∧  ∧_Å #__#  ∧_∧ §_§ ,,,,,,,,,,,,  ↑_↑ ∧,,∧`)⌒`)
´⌒(◆∀・) (メ皿●)( ・д・) ( ゚皿゚ )( ・∀・) ( ゚∀゚ ) ( ・д・) (・д・))⌒`)`)
(⌒━∪∩━〈>∩━〈>∩━〈>∩ ━〈>∩ ━〈>∩ ━〈>∩━〈>∩━〈>)⌒`)
⌒⌒∧_∧ 个__个  tttttt  ▲_,,,,,, △△△  ∧∧   へへ   ∧_∧`)⌒`)
(´⌒( ゚皿゚)(◆∀・) ( ・∀`)(´・∀・`)( ・皿・) (゚∀メ) (・Д・) ( ・∀・ ))⌒`)`)
´⌒━∪∩━〈>∩━〈>∩━〈>∩ ━〈>∩ ━〈>∩ ━〈>∩━〈>∩━〈>
´⌒ ,,,,,,,,,,,,   ↑↑  ∧,,∧  ∧,,,,,,,,,  /ゝ,,,,,,  tttttt   ▲,,,,,,   △▼△`)⌒`)
(⌒( ・∀゚ ) (。∀゚) ( ・皿・)( ・д・,,)(◆∀・,)( ・д・,,) (◆∀・) ( ・皿・))⌒`)`)
´´━∪∩━〈>∩━〈>∩━〈>∩ ━〈>∩ ━〈>∩ ━〈>∩━〈>∩━〈>)⌒`)
(´( l , O  l , O  l , O  O 、 l  l , O  O 、l  O 、l  O 、l`)⌒`)
(´⌒( ´⌒( (⌒(´⌒88888   ∧_∧   ∧_∧)⌒`)⌒`)⌒`)⌒`)⌒`)⌒`)
  (´⌒(´⌒(´⌒(´( ・≧・ ) (  ^^ )  (;:.@盆@)つ)⌒`)⌒`)`)⌒)人
      (´⌒(´⌒( つ  / ヽ[| ⊂[) .( つ  /ミ `)⌒`)`)⌒`)(;0w0)ノ
    (´⌒(´⌒(´⌒|  (⌒)  (⌒)  | (|  (⌒))⌒`)⌒`)`)⌒`)`)丿
        (´⌒(´し'⌒^    ̄ (_)`)し'⌒^`)`)`)⌒`)`)⌒`)





467 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 01:05:51 ID:uuzs0Z4g

              ¨  ¨  ¨  ¨
              ______   ¨
         :  / __玉__ ヽ
        : / _= 、:::::::::::::::::::::二`、:
         /:. r¨    ヽ``````./   ヽ\ :
      : /:: /|   ・   |:::三::|  ・ || \
    :  /:::. /::ゞ、    /:::::二:::ヾ  .λ::: ヽ
       /::: /   ` ─´::::::::──::::`ー´ |::  | :
   :  /:::  ハ.       :::::::::::::::::::    l:  | :  ううううう……
      |:::  〈:::::::....    | ̄| ̄| ̄| ̄|  /.  |:
     :ゞ... : : ゝ:::.   匚 匚 匚.匚.| /  /
     :\   ノ  ゞ、:::::::::..................../ゞ_/
        ゝ´      ̄ /へ ̄ ̄  :
          :    /:::::::::\ :
        : (⌒二 ̄::::::::::::::::::::::\ /⌒ヽ:
          :   ̄/ ヽ:::::::::::::::::::ゞ⊃  〉:
              〈  〉::::::::::::::丿ヽ_ノ:


かたや迎え撃つ秀宣の部隊数は50人である





471 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/11(日) 01:06:47 ID:QKB.fX9M

200倍か





472 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 01:06:50 ID:uuzs0Z4g

\                              ../
<  
ん だ る ぞ ぬ っ し ゃ ~ !!!    >
<                              ..>
/∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\

           ,r 、
     ,- 、 _,,../_./
    (  /r.(・)_ヽ _ヽヽ、、、、、、、、、 ----- 、、、、、、_
     `ヽ{ヽィ:,/ ̄  ̄━━┓┃┃               ̄/
  ,ーニァ(^ト!__(、      ┃
  (/:::::::}\ソ::::,ト、`ヽ..━━┛ ━╋
  丶--,〈  /:::/,、ト、ヽ `ヽ、   ┏┫ ━━━━━
      \{:::::l lリ| ゝ_)  `ヽ、               ( ̄
      _ゝヘヾ        `ヽ、              ヽ
      ( r‐''" \''ク         \
      ~                   \
                        \        ヽ
                            \    ヽ
                            ヽ、
                             `ー--

           だが 奇跡は起きた





474 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 01:08:32 ID:uuzs0Z4g

          .                                :;:.,':;":..,,,
                  ヾ>                 /\
             _____ ヾ_,ゝ __,,:::=====:::,,  ./^\/  /   _  " ';:. :,;':.:
          ;" /___   ./     .  ` ´ ´、ゝ'' \    /  /,/
        : ;        /  /  ..‐´   ゙        /   \    _  ; :.:,;'
          .;,..::,:'"    /    \              ./  /\ \ /_,/
       ::,;'' ,.,..;     /  /\/^            /  /  / `.    "';:; :.:,
              ; ./  / ,;                  \/  /  / ;.     ;:; :.:,
             / /  /                    /  /   キ  i^\
            ;゙ ^--'                    ^--'   ゙;  \, \
     ';:.:,;'      .;                               ;.  /丶, .ヽ
     ; :.:,;'    i;            、,.          ;i        .i ̄ /--;"´
    :. :;:;     /i|lli; i . .;, 、      ,       ,        `   ,i|;iil
       ;:;:.:,     /゙||lii|li||,;,.il|i;,|il .:."          .;,, .i|i,..,.i|||l´i,.il|lヽ ,   ;:..,;::.''"
    ..,.,;           `;; ":':....:... .:.           ,,:: ..:.::.:..;,.. .从  ::.,  ;:;..,
      " ';:. :,;':.:        '   ". ..:       . ..:;"     ..,.,;;: .:':.,,"'"
                  '              ..
                       :::::::::::   :::::::::::


松田隊50の奮闘に
池田・浅野両隊1万は完全に足留めされ そのまま長束隊の逃走を許してしまったのである


                  {\__ )\}ヽ   ハ
           i、ト、____,ゝ    ヽ. レ′}
           | ー              ムニ=-
            -=ニゝ、               '⌒ヽ、
          ,.一                ヽ ` くヽ
         ∠,ィ               ミヽ.}  ヾ
            / ィ                ヾ! \j
           丿    /, , L」_!_/} i j_,斗!‐ハ  ー一ァ
         ー1   i /ハ{_」ム_jハ∥| __j」厶| }}{ 、「´
          _,厶ィ !トv ^ー竺'ノ jル ゞ竺^'ヘi八ドゝ
           ム冗i |       〉    |∨
             ヘじヘ! u     ′   ム′    な なんだ ありゃ……
                 `ーrヘ     r'ニ⊃  /
               }!,ハ\ , イ  ¨´   /
              _厶ル'´,ィ ト      イ____,
             〔_,.   ' ´ | { //フフ´ 「 ̄ ̄ ̄フ/
              __〉     ヽヽ'/,'    |     //
            ∠二⌒ニ=-  ヽヽ     ト、  〈〈ヽ.
        __/  ー-  ニ二>' ´ ̄ ̄ ̄ ̄` <!  ヽ
    r<   ` =ミ ` 、゙ =ミ>、__,.-──‐-、_,.イ  「\
   ,.仁ヽ 、、 ``ヽ `  \  >'´   -―‐―く|   !   ̄` 、
  //   ヽヽヾヾミヾ゛ \     >'        -一、‐-イ          \





475 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/11(日) 01:09:08 ID:YUagA.Xw

覚醒した天下一の臆病者です





478 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/11(日) 01:09:40 ID:OtN5sRjc

本当にできるとは思わなかったw





477 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/11(日) 01:09:35 ID:DlcyYfy2

死兵とは恐ろしいもんだな





479 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 01:10:30 ID:uuzs0Z4g

そして暴れるだけ暴れて正家の撤退を見届けると
秀宣と50の配下は争うように討死にした


            _,, -‐'''^゙゙゙゙'''''ー..,,
           /     |Υ|    .`'-
         ,i'゙_..iiv=='"^^゙゙゙゙゙゙゙^゙二=;;ii |i、
        ,iZ'"゛ i‐!!!!!゙'、   i'“!!!!!`'、 `巛
       i!il゙   |lllllllllllll广゙゙゙゙'l゙llllllllllll ゙l  |/、
       ./ |!,   ヽ;;;;;;,./    "i、;;;;;;;;./   !| ゙;
       l l .゙l-,,,,,,,,,,, ‐゛     ゙'!ヽ,,_,,,..iヾ ! l
     l  .l/ ,-.- .‐       -.、., l l  !
      l゙  ..l.     .,          |′ .|
    .l    ヽ.    .\..,,,,,../    ./   │
     !、    \、             /    ./
       \,,__.../ `''ッx......,,,,...... ィ'"`'-..,,,,,,..-'´
               /.,il    ._.ヽ.|js
            /,iリll ..|\/| .!ll]、
            /,iリll` .| .| .| `’.|js


「天下無双のひけ者」松田秀宣は
東軍諸将に讃えられる勇者として生を全うした……





482 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 01:11:52 ID:uuzs0Z4g

こちらは南宮山をいち早く脱出した盛親である

\                                /
<   
まずは東海道! 水口を経由して大坂!!   .>
<                                >
<      
そして土佐に帰るんだ!!!!       .>
<                                >
/∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\

           _..-一'" ̄ ̄ ̄/、 k__ニー-..、
         ,..-''^          `''‐-、 》   ゙i
       _r'''´                `ゝ、   l、
    l\‐'       ,、 ゙iヽ ヘ ヘ    ∧  \/´ `ヽ、
‐=ニ二  _     / | | │ \\\  / ハ Vヘi  ハr、 ヽ
    ,厂  /| ./ ∨ \|, - ' \ソ \ ソ' i ∧`ヽ | ,ヘ! ヽ
    ノ  /.ソ l/  //,―へ、    ∨ヽ V' ゙vヘ!レ     ゙i
  /ノ /_,,,    ヘ` ヽヘ ン `ヽ   ソ ゙i          |
  ´/ソ  >`-、  ....  ‐─- ''´    ` `ヤヽ   __    |
  /∧ ∧〈レソ ''゙゙゙" _''''  ̄′         丿ノ 父ヽ  |
  '´ ∨ 〉ヽ 、                  ノ〃,'′、 |
      j   __..-''´´´__ ヽ、          、_ノ ノ′  j
      ',  ヽー'´     ゙i            ノ     /
       ヽ   ヽ    ___|        /|ゞ'     /
        ヽ   ヽ  ,´ '│        ´|     /
          ヽ  丶../ __.|           |     ,/
           ヽ  ゞニニF′         |   /
           ヽ              |   /
             `‐ー--、         | /
               ,,-卜‐‐―‐''‐―‐- ヒ
               レ''''''''''l   r''''''''''''ー┘
              _..〈-‐:、 |__丿  r‐- 、│


長宗我部隊は
前述のとおり 比較的順調に伊勢街道を下っていた





484 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 01:12:53 ID:uuzs0Z4g

    だが 彼らもまた ひとつの障害にぶち当たった


        ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
.      l |:/l /||A : |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::N //:|川.
       l' {:l Ⅵ:{ ヘ|                  l/イl:/ リ
          `l Ⅵ\,ム                   /レi川    おいおい あれは……
          `i  ヽ .ゝ      ` ´     イ: :/
.              _ム从ト、     ´_ヽ    /|从ム、_
         ┌‐く    |  丶、      ´ {   /rlヽ
         | r、 V  ,ry|    ` ー ´   ├┐// | ||
         | |∧ V /l V∨⌒ヽ〃⌒Y⌒Y^ヽム| | | |ヽ
        r‐'| | ヘ vト V /   /{    V  V V| | | |⌒vー――
     / ̄/ //  | | V /   l |    V  v v| | ヽヽ \__





488 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 01:13:51 ID:uuzs0Z4g

             / ___―-、___     \r- 、__
            ///〃ニヽ r‐-、、 \\   >、rY _  \
        \ー―┴〃/ イ / T:::T>ヽヽ\ ヽ ヽ.ィ^ヽノソ/     ヽ
        > _ /!|」/_Ⅵ ̄ ̄r==l/=、 ⅥTくrヽ、jフイ,      ',
      ∠ニ ̄// リ:l' : ムl ̄ ̄| : : l | l: トリニへィ '⌒       └ 、 __
    /´ ̄>// :|: |: |:| `   |:、l: |!| ヽlヽlヽ77        , ― 〃´\
      //V: : |: Ⅵ:|―‐=へ:l: |リ r=―へ        // ̄ \、 \
.      |ィ: /:||: |: :lヘ:l ィTう:::ト、ヽl   イう:::Tk i`ー‐--xへ//     ≧z
.      l |:/l /||A : | l 、_辷ソ        辷之 N //:|川. //    // ̄
       l' {:l Ⅵ:{ ヘ|                  l/イl:/ リ{/    , ,
          `l Ⅵ\,ム                   /レi川  |   / /    まいったね こりゃ
          `i  ヽ .ゝ      ` ´     イ: :/      \  l ,
.              _ム从ト、     ´_ヽ    /|从ム、_      \l |
         ┌‐く    |  丶、      ´ {   /rlヽ       l |
         | r、 V  ,ry|    ` ー ´   ├┐// | ||       ` 、
         | |∧ V /l V∨⌒ヽ〃⌒Y⌒Y^ヽム| | | |ヽ       ヽ
        r‐'| | ヘ vト V /   /{    V  V V| | | |⌒vー―――ヽ   ← 徳永寿昌
     / ̄/ //  | | V /   l |    V  v v| | ヽヽ \____\


美濃国の南西部を制していた徳永寿昌である
この日 遅まきながらく関が原の開戦を知った寿昌は自軍を率いて出陣していた
その行軍中に退却する長宗我部隊と接触してしまったのである





486 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/11(日) 01:13:43 ID:u.wSTfPE

うわ、ヤバい奴に出くわしとる・・・





487 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/11(日) 01:13:43 ID:pu6iW2Q6

なんで毎度毎度、逃げている奴の前に立ちはだかるんだ





493 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/11(日) 01:16:01 ID:Y52OwiTk

マジで徳永さんは勝てる相手と出くわす能力を持ってるんじゃないのか





492 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 01:14:51 ID:uuzs0Z4g

    \   /     ! /       l 、         ヽ
     \/    | /  /   ! l  ヽ | |   ヽ   ,    戦いたい相手じゃないが
            / | ,  l , | |   | l  ハ.  |   |
            ,  | l  | |,|∧ | |. ハ /-ヘ  |  リ    当たっちまったんならしょーがねえ
          / . | || |/|||__Vl| | |-l'_ V | | ム
         /   ヽ|| |, Vト.l_゙lヽ Nイr¬_ラ|∧|l/ l|    そのまま はいそーですかと
、       /       从. || トl 'l¬_テ`l       l  l'^ ソ
 > ェ―  ´     /  ヽlヘl、      ,      i.イ     通すわけにはいかないんだな
/ / \      /      /ゝゝ     ` ___    ム/
 '  / ,. 、─ ´       /  へ>、   ´-‐   イ从
〈  / /\\      /  / ,、Vl> .    / {_ ム
. ヽ./ /  / _> ¬x<__ /l /, l |ヘ_>‐ ´__/ | ∧
.__ ` \// 三三三三三/l/∧l |∨      ∨/ ∧∧_
{{`  ¬//    /     //  Vl/ /    |V ∧ ヘ∧\
,\__ ' l/      /     //   |{ ′  l  | | |   Vヘ  \へ
l  ト  /      '     〈〈__」 | l   |   | | | 、__〉_〉   \≧= 、
  ,  /             ̄ ̄`l | |    |   | | |  ̄ ̄     `  く__
. / /          ┌─── | | |    l   丶| |─  、_        l \
_j ィ ヽ   〉         | l二二二l| |/   l     | |──‐┐|       |  ヽ
l/  |   /       `¨¨  ¬ |    ′   | l二二二 」        |  |
.    |、 {              | ∧   |    ∧∨            ,    |



相手が敗走隊であることは すぐに分かった
寿昌は直ちに長宗我部隊に攻撃を仕掛けた





494 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 01:16:02 ID:uuzs0Z4g

この半ば偶然による奇襲で盛親は百名近い兵を失った
だが「四国の覇者」長宗我部元親の後継者の実力は本物だった


;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'//;/:.:./;/:.:.:.:.:./;;;;;/:.:.:.i;;!:.:.:.:|;!.|;;;;;;;;;;/i'....
;;;;;;;/i;;;/´ , , :.:.:.:.:.i/:.:.:.:.:.:.{;;;;;/:.:.:.:.:.:i,':.:.:.:.|'.:.:|;;;;;;/./. .  邪魔だ! どけっ!!
;;;;/ i;;/  " :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|;;/:.:.:.:.:.:.:!':.:.:.:.:,!.:.:.|;;;/:.:'.:,: 
;/ i;/ __, == ー== 、_:.:.:.!':.:.:.:.:.:.:.:'.:.:.:.:.:.:|.:.:.|;/.:.:.:/.: /∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\
ヘ i' ' ´        "`"=_;:_.:.:.!,!:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.|':.:.:i/:.:.:.:.:.:.:.:.:._.:.-ー= =-,:__:.:.
;|ヘ.'       _,.-="´""==_`ヽ、、_ ,: : :i : : :: !.,〟: : :,_. = '"       //
'| `    _, ="     鬱, `'i:.:.:`:.":ミァ,!/  |;;;;;;;;;=='""゙ミ._    〃
      'ヘ       ㌦ノ  ' : ::   -' :::::::>;;;/ .鬱    ゙i,   ./
        `.、       _ ,         '7/   ヾ゙'     };;..:.:/
ヽ         __ ...-ー´::.:.:::.:::.:...      . ...:.ー- ,_    '::.:∧
.{ i.        : : ::.:..:.::.:.:. : :        .i:.:.:...:.:.:.:.:......:.`:': :.:.:./:.弋":'.ー-
ヾ::!        : :.. :.:.           i:.:.:..::.::.:.:.::.:.:.:.:   ::/: : :ヘ: : : :
:.ヘ::.i                     .i;;.:.:.:.:.:.:.: : : :    ノ: : : : :ヘ: : :
: : ヘ:ヘ        __           '": :.;; : : :      / : : : : : :ヘヽ :
.: : : :ヾゝ     ´ゞ、ヽ、        丶 /       /:: : : : : : : : ヘ:
: : : : : : ヾ....    `ヽ`゙>丶、 , _____      /|   : : : : : : :
: : : : : : : :.i::\     `丶、_____/   イ::: !       : : :
.: : : : : : : : ヘ::::\                ∠´;;;;;;i:::/

       /´〉,、     | ̄|rヘ
 l、 ̄ ̄了〈_ノく_/(^ーヵ L__」L/   ∧      /~7 /)
  二コ ,|     r三'_」    r--、 (/   /二~|/_/∠/
  /__」           _,,,ニコ〈  〈〉 / ̄ 」    /^ヽ、 /〉

          ノ,.、 ゝ、.__(__,,,-ー''    ~~ ̄  ャー-、フ /´く//>
         /ー 、,__、,.__ `\           `ー-、__,|    `"
         /_,,._/_,ジ=、\  \
       / - 、,_  ヽ、_ :》、\   l
       / ィ‐ 、_`'‐ 、,_ヾ゛\ `ヽ/´\
      / / |   \_ ` ‐ 、_> ヽ_/〉
      / | 〉、_/ヽ7\_i/__\_li∠、
      `'>|iヘ/'`Y´`|i //T/,-‐`ニ _‐、>'"\
      //ヽ∧_ハ.イ`メ‐|./ハ'、__ 〉ノ!丶、 \
   ,..、/./   ,.くゝィ;;/ `゛‐イノ」|ヘ――‐ イ!ヽ  `丶\
  /ゝへヽ_./  〉YV'y‐|`vヘ \ヽ-t‐'"  ,|i   `i |
 /    `'ー‐'/r'v‐i'ヾ_,トイY'\_  ̄7\/ | / ト‐''´
 ヽ、_   ∠ーf_ハ.,l、.ト|´\ノ ソ! |ト、 \l\  !| /
    `''‐'゛  ̄||i`ヽ ‐| /`l/   |.| ヽ   \\V
         |l / `ヽ/   | |  ヽ  ヽ\\ _
         〉く   /   //   ヽ  ヽ \_\` ‐ 、
         |ヽ/  ,イ   _//    \  \_/ \\  \
         | |  /    | /       \   \_`ー 、_ \
         !  i.∧    |.|          //`ー、  r‐‐=ニ\
       //  ハ l     |.|    / ̄ ̄ /     \\
      /ヘ〈_/ ヽl |   //  /      ヽ


長宗我部隊の反撃は強烈なものであった





499 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/11(日) 01:18:14 ID:DlcyYfy2

なんだかんだで小大名にやられるほど甘くはない





497 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 01:17:13 ID:uuzs0Z4g

        /レ──…………― 、_>、
     , ' / ̄ ̄ ヽ ̄ ̄ ̄ ̄` ¬、l \
      /ヘ/         、  | l |  l    lヘlヽ
    ' /.  l、l  、   ヽ | l | |      ',
     |,l|l l | \ヽヽ ヽ ゙l ヘi、 |     |   |
     |l|∧、l |イ__\、\|   | 丶|   l /  |
     l' ⅥトN '{厂丁`ヽ| ,l  |      ,l/   ′   うわ やべ!
     . / ヽ ̄     Ⅳ|| ハ     /    /
      ゝ_ .      u |/ _ム       /      これ以上
        (__         l/ / ||   , /
       r'       /   l川  |′      あいつらに手を出すな!!
        ゙i     _         V | l |
          ゝ- '´ヽ        Ⅵ从{
           ,r‐|           ンソ ! \
            / ィf|      /,  |  \_
     _ .-‐/ / l|     //   |     | \
  ,  "´  /   / j|    //    /   |


ある程度ではあるが長宗我部隊にダメージを与えた寿昌は
これで良しとし 自城である松木城へ速やかに撤収した

そして これが西軍の敗走兵たちに幸いした





500 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/11(日) 01:18:32 ID:QKB.fX9M

徳永は引き際をわきまえとるな





502 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 01:18:51 ID:uuzs0Z4g

この直後 絶望的な状況を振り切って伊勢街道を下り
そこで合流した島津隊と長束隊の撤退を邪魔するものがいなくなったのだ


              ____
           ,、 '´:::::::::::::`ヽ、
         /,イイ从仆彳´ヾ;:ヽ
        ,r';:,/      ゝ'゙   ヾ;\
       ,イ::::,!            ゙i;:ヽ                _ __ __
       i|::::::i}   \   ,イ     i::::i              /´    .:.:.:.::::::::::ヽ
       {::::::,!,r'´   、ゝy'´     l::::l              l``ー-- ---- 一'1
       ,!::::|  ,r-‐、 `ト  _,,、-、 「人              L_ __ __ _ |
      ,イ,!::::i   'r'ニ・ンイ`イ゙・ファ  ,}i イj            〈こL_ __/ _// _,ノ::7
     i:::::::::::,!   ,r'´ ゙ヾ  `Y´  ,! ト::::l     .       ヽ     .:.:.:.:.:::::::,::;イ
     ヾ;:;:;:;:;:ト、   ゝニニフ    ,イトミ !             /.:::T:.;:ー-----‐:.:i::::|
       }k;:;:;:,| `    カ    イ  ,!;:;:i             i.:.::::l::-‐'、.::ヽjー-、|::::!
     , イ;:;:カ;:,!   _,、ェェェェェ、_   ' ,ノ゙:;:;i            |.:::::lヾ不` ``ネネ7::::,′
    ,ィイ;:;:;:;:`Y    ´ "´ ̄ ` `   ,ゞj,:;:;l     .         ト、:::::、  _'_  , イ::/
    i゙;:;:;:;:;:;:ゞi    '´ ̄  ̄` ,レ  ,j;:;:;:;ト             ヽN>_-_<ィイ/
    ヾ;:;:;:;:;:;:;:,ゞ、 ,i!      ,yイ゙  レイ ,{、:;:,!    .         , ィ  ,r‐ 6-、``T :、
     ゙>;:;:;:;:イゞミュ   , イ  _ ,ィ'´ ̄Yi:;ノ     .        /.}j  く_,ィ介ト、_> i {::ハ
     ゝイi´ ̄`ーゝー'ー'フ''´,ィ'´ _,,ィ  i l     .         /.:::}j   |:!^}|:|   | {::ハ
      ,!ヽ i}`ー-、`ヾ | i´ ,r'´   ,イ |            /.:;.:::〉.  !:| j}!:|   |〈::::ハ
    _, イゞ、 Y`ー、_!、  | l ,/ '´ニイ ゝィ-、_  .       /.:/!.:::〉,_ _j_j}_j _ _j〈:::.:::!
-'イ ̄´_,、-‐'`ヾ、ゞ-、_j ,`Y| | ノ _,,、 ノ, ィ  `ヒ `Tー-、_   /.:/::|.:::ゝニ7ニ7个!ニ7ニ7:::.::::l


もし徳永隊が長宗我部隊よりも先に島津・長束両隊に出くわしていたら
両隊の全滅は避けられなかったかもしれない
長宗我部は島津・長束の露払い役を務めたのである





503 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/11(日) 01:19:43 ID:Y52OwiTk

これが西軍補完計画・・・!





504 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 01:19:51 ID:uuzs0Z4g

なお 両隊は伊勢との国境付近で再び行動を別とした


             _,,.... -- ....、
             _..-'"゛   .,,.   `''-、
           /___,_,@____'-
       ,,.ilン/'!`-!ヽ ___ ゙̄フ'┴=ヽi..゙li,
    ,..i'|||.l./ /'"´`''i.ヽ ― ./ / `゛´゙'-ヽ|||';;、   島津様は
    / .,!|||.! .l゙ ,i'"´.ゝ| !―.l゙ ".r'"゙´.l .! .||||.! ヽ
   l  .!|||||l  ヽ、゙´ / ./.―│ .l. .`゛ / .|||||  !   この辺りの地理に不案内でしょう
   |  !||||| \_  ゙'",/ ― .\ .`''ー'''゙_./.||||! .|
   l  !||||     ̄  ..二ニニ  `'''''''"  |||! /   我が家中から一騎つけますので
     ` '!.l||l           ‘         l||!./‐゛
      `''ヽ.    ._,,..i-i- 、、     .,/''′    ご利用ください
           \.iir'" .`'ー!-┴~''-、_,._/
            /^``!-、,,,_  ____,,.. -'"゛
          !  .i!'゛ !  ̄  ! \
        |  ./ '|/ 、''^゙`''i .l.ヽ\


この時 長束家は島津家に案内役をひとりつけることを申し出た
関が原を突破し 総員が百をきるほどに奮戦した島津家には
敬意と配慮を示す必要があると正家は思った





507 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 01:20:51 ID:uuzs0Z4g

            ,.-‐─ ─- 、
             ,r'"´  ,r'´ ̄`ヾヽ`ヽ、
         /   ,ィ二三二ヽヽV! \
          /  ,ィ⌒二ニ、_ヾ/  jリ,.-‐\
          / ,// ,イ    V   ,、--、r、, ゙i
       / ,// l ノ   ,fィイ ̄    リjノノノ
      ,/ ,ィr〈 リ ,イ_,イ」j/リ,,  ,,、、ィイノソ′
      / / Uj  }リ,!ーt;;ァミ:j t'テァィイ{
     ,/'´ ,イ |   l |´`" ´ .:::; `"´ ,'爪      すまない 恩に着る
    /  // /l  l | |    .:.::; '   / | ト、
   ,イ / / |   | | ト、  - ー‐ /L_」」__ト、 _
  //, イ,/  ノ  j | | \ ´ ̄ ,.イ{ ̄\ ̄ ̄ _ `ヽ
'"´ ̄ ̄ノ  \|,イ| l | |,ィ^ヽ`ー‐'゙ ヾi!   \   ヾヽ \
 ̄\//!  \| | | リ/  ー=氷=‐ |    \  ! |   \
    V |    \| | | ト、`二>〉j〈二 ハ     /   | ト、
    トイ二三二!,j | | \ 二ニ!ニ //ト、 ̄``ー┐ | | i  ,イ
    | \ 弋イ | | |   ヾ``Y´,// j \    | jリ/ ,/ |


この心遣いに島津家も素直に応じた
案内役は翌々日には水口城に無事に送り届けられた





510 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 01:22:34 ID:uuzs0Z4g

                    /, ーミ、        ,  \
                 //    lハ{ , / ,r .ィ从ハ ゙i
                  〃     八{ル'j/ ´    ! !
                   /ノ ,{_,/     `   u    } {
               //r'jr'゙        、 ,   V  !
                 !7´    {、     ゙メ-+、( ミ !    死なん……
             rぃ{ --、_  ヽーァ'^ _   i'⌒ヽ} ,゙
             ぃ ゙L 、_'、 、` /,r   _ =-v { 〈、    俺は必ず薩摩に生きて還る
       r   、__ノ}rソ7 ヽ'='゙ミ、〉( ノ_r=ゥ≪, _ /〃゙ヽ
       {廴___ア { {,〈 u `ー'゙ 「` r_(`ー'´ ミ 〉{ イ ハ
      -‐ミ‐  _   `j ハ     }   ノ  ̄    ,/ リ /  ミt_
__  ´     ´フ´ イ///ハ{ 〉   └《__ ,.」    r‐'{{! '゙   ≪__,,
⌒i        '´ ノヘ小l丿/ __   ( ̄     Ly ,ツ7   いー≦x、
l j          ハ! { '⌒こー---―x、 、メ ´jハ  !、v゙ ー
_ン           {{ F ‘、   、__ ̄ ̄ ̄  /` / /リ 小`}
               || lハ 丶      ̄`      イ トV7
こ二二 ヽ     ||   \ヽ{  __j、_,r  ミ, 彡ソコノ //
     \\    ぃ  〈\ 、ヽ ______ノ´彡'´ ,__//
       丶 ー  `、、 ト、 ヽ\`ァ,二 ,.  ィ  ノ //
、        ̄\ 、 ヾ、\ └┘| {_/ ニノ ///      / ,
ヽ  、        ヽ   \\   | __彡 ゙´//   ,  、  /


戦場からの脱出は遂げた島津・長束そして長宗我部であるが
彼らの苦難はまだ終わらない
これから敗残者としての厳しい戦いが待っているのである





511 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 01:23:29 ID:uuzs0Z4g

            _____
         ,  ´  : : : : : : : : : : : :` 、
        /    : i三≧.、x≦ミi: : : :\
       /: : : : : : : :i: {        |: : : : : ヘ
      ′: : : |: :,..-|‐|-     ‐≠、:. :|: : ',
      |: : : : : :{/: : :|V       /ソ}:ヽ:|: : :i
      |: : : : : ∧: : :!       / |:. :ハ: : |
      |: : : |: : : |ヽ:.|≠ミ    斤ミx iノ: :|:. :|
.      }: :|:.|: : : |イ{__/:::| _i___/ トイ::|iム:.:.|:. :l
.      |: :ト|: : :《 |:r-イl し| iフ |‐zrj ル: :!:./
      !: |┤: : :ト、ヽ-'′ノ ,ヽ_  ̄ イ:.:i: |/
      ル': ∨ : ト、_ ¨¨   _    ̄/: : |イ  …………
       |: i 入: :|:.:.:.≧t--´-r:.:.:':.:.:|:.:./:|
      ,r‐―っN:x‐マイ__/ >、:.:.:.レ'|: :|
     / / rく_:.:./   ヽ __/\\:.:.|: :|
.    /   __}: ′         \ヽ!: :|
    {   イ:.:/ ||          / i }: :|
     '.  〈:.|:/  |        /  ! !: :|
     '  \ _!      ∨   | |: .:|
.      '    ヽ..|       |   | |: .:|
       ヽ   |         !   ! !: .:|


また南宮山上には
秀元率いる毛利隊が なおも動きを見せずに残っている





514 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/11(日) 01:25:15 ID:LpQj2B2.

秀元「弁当お代わりッス」





512 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 01:24:21 ID:uuzs0Z4g

_ ::::::::::::::::::::::::::
───────── だが島津隊の敗走を最後として…… ─────────
nv,,,,,,__ ^.ヽ-、。.,,:::::::::::::::                              )q,,
   ^"^Yvq,,_ `、ゝ。::::::::::::::::::::::::::笹尾山                     : .\。
     __,,,,,,_^\。 .\v_ ::::::::::::::::::::::                        ^)[
___,,.。ー^^^:::::::][  .\、  .\,,_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::               .;/
^::::::::::::::::::::::::::r゜    \。  ^^ー。.,,__::::_,,。.──tv,,_:::::::::::            ./
::::::::::::::::::::::/       .\nv,,,,__  ^゛       \q_:::::::::::::::       ノ゛      __,,,,vx^^"^^^゛゛゜"^^"^^^゛゛゜
::::::::::::::::::_               ^^^ヽ,,,,_        ^^ゝrv。.。../。.─^^^  __,,,,vrPf""^
:::::::::./"     --nq,,_   ./^^ヽ。 ^^ヽ。.              ,,,,vrf^^^^  ,,.。--─^^^.ヽ-、。.,,,,
:::::::く     ___]!:::::::::::::^"天満山:::::::〉    .\,,          __""  _.。r─ー^^^:::::::::::       ^k,,
 , ^゛^゛^゛^゛゛::::::::::::::::::::::::::\J:::::::l゚       X, ,,,.。xr──f^^^  ─^^^::::::::::::::::::::::::::          .\q,,_
.\、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::__/      ,,rr^^  [      r"^::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::           ^^^8q,,_
 .ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.。r-─゜  __.。r.-ヾ^      ヽ_     l.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::               ^"^9v,,
  .\:::::::::::::::::::::::::::::。ヾ゜  ,,,"" "゛            \    う。.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::                   \、
    \,,  __,,。.r'" ,,x ^^^,,。.r=4nqg,,,,           \,,   ^t,,_:::::::::::::::::::::::::::::::::                     ^t、
     ^^^"゜ __y^ .。r"^::::::::::::::::::::::^Hq,,__         .  \_   .\,,:::::::::::::::::::::::::::::::::       南宮山         .\
       ,,./". r'"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::^^^YHllf"""^^^f4、. ヽ、   .\、::::::::::::::::::::::::::                     ゚lx,,
─'.ヽ─'^^^゜   ](::::::::::::::::::::::::::松尾山             .\  \_    .\、::::::::::::::::::::::::::                     ^Hq。
           \q,,_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::___  __./^9,, ]l.   .\    ゚lt,,,, ::::::::::::::::::::::::::                     |
 r^^^"^F-fY=nq,,,,,,_  ^^^ゝk。:::::::::::::::::::::::::::::::                            ::::::::::::::::::::::::::::::               |
         ───────── 「関が原の戦い」はここに終結となったのである ─────────         [
              ゚lq、  うrrr─"^                                   ^^^v,,,,,,___::::::::::::::::::         〈、
               .\g,,_  __,,,,。_      ,-^゛       ^^^X。    ^^^^^9k。.        ^^^^^H--、,,,,,,::::::::::::::::::::::::::  )。.
                  ^^^"゛  ^"H4v─f"゛             \、       .\ゝx。            ^^Rn。.,,,,,___,,,___r





517 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/11(日) 01:27:07 ID:gO41IUF.

終わったのか・・・





527 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/11(日) 01:29:08 ID:YUagA.Xw

10万規模の合戦が1日で終わっちゃったよ





526 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/11(日) 01:29:03 ID:W8ASP3qw

前フリは長かったけど、終わってみれば本当に呆気ない





515 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 01:25:51 ID:uuzs0Z4g

戦いの終了後
家康は天満山西南方の藤川の高地に本営を移し
ここで首級の検分と将士の引見を行った


     __.」|_       __─-..、 __
      二||二     >ー:::`:::::::'´::;∠.._
.     ̄|| ̄     /::::::  ::::::::::: :::-<
      ===     イ:::::::::::::..... ::::;、 .:::::::\
    ==ぅ>   |:::::::::::::;ィ;イ:/ \::::::::ヾ
           |:::::::::::ノクへ> く.ヘハ::N
    ==       !にリ大。_ラ' 〈。_ラハ!
    ___,ィ    八_jノ  , ,、 r_ `く/
    ̄ ̄     /::::::::ト.人_ー─‐ァ7′
    O   ,∠:r‐:ヘ::::|`Y⌒¨二´/:\
      / ...:{:::::: ヽ:ヽ \ ,.イ::::::::::ヽ
   o /  ....::::::\::::::ト:ミ\./「:|::|::::::::::::::}
   /'´ ̄:\:::::::::::::\| l l l |/|/:::|::::::::::::::ヽ
   :l::::.. ..::::::ヽ:::::::::::::::|/////|....::|::::: ..::::::::\
   |:::::::::::::::::::::|::::::::...../'/////|::::::ト、 ..::::::::::::::::ヽ



58年の人生で最も歓喜に溢れたひと時であった





516 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 01:26:51 ID:uuzs0Z4g

    、_彡 ////// ,ィ ///! / 、\ ミ三ミヽトノ
      〃彡'/ ,//// .| // .| /.| /ヽ ミ 、 ヽ }__,
      |/ // ,∠//=、{  |{ {∠{.|=| l ト、 \ ヾ三彡'
      从{ /´彡′_\ Ⅵ  リ \{ ヽミ ,ト、 } ヽ.
       }∧ ,/弋_ラ、 |` ヾ、 代__テ=、 } リ、レ' } }
    、_ノ_ノ| `ー一´ /     `ー一 ´,/イ /ヽ 从,ィ   見事なる御勝利
       ̄|/|   r‐'‐、     、_フ_ノイ ミ三彡'
        { ,/!    ゝ ‐   .     ̄ /\_> }リ ,    おめでとうございます
     、_ノ .|  ‐-r─-、__,、    ./_,ノ、ミ三彡′
       ̄ ̄ヽ    こ二´      ,イ /∨`┬ ´
           ヽ          . < /..:.∨}ノ
          r{ヽ     . <  ,/..:::::::/  ̄ \
          _ト.\`ー一 ´ _/.:::::::::::/.::::::::::::::. `ー-、__
       /..:::::ト、::  ̄「| 「「 ̄ ::::::::::::::::/..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::


本営には まず一番に黒田長政がやってきた
家康は長政の手をとって労をねぎらい 腰にさした吉光作の名刀をはずして与えた


        -=ニ" ̄"''‐-‐''" ̄"ニ=-
       ∠´           `ニ=-
        /              `ヽ,
       /                  !
      i                      .i
     .|         /| |:| ト,ヽ       |
     |.    ノ  メ: リ:|.| |ノ`>      |
     |.    /リメ, .\ リ / ,.ヘ!ゞ,    |    此度の勝利
     .|   ./    \|  |/   ヽ   |
      i⌒| | ==o=-  .-=o== | |⌒i    長政殿の尽力あってのこと!
      | G| | ヽ . __ ノ | | ゝ __ ./ | |∂|
     ,.ゝ,_.|.|      | |    / |.|_,ノヽ,
    /   ||     ヽ!_レ  ./  リ    ヽ
---‐‐''7|   ヽ. ==========ヲ /   | ̄""''''‐‐--
--‐‐''7 .レ|   | ヽ `-ニニニニニ-'´ /.|  .N""''''‐‐----
   /   レ|  |  ヽ.  ≡≡  ./ |  | |
  ./    .|  |.   \    /   |  |  .|
  /  _,,  .|  |    \ /    .|.  |   |
. /_,,-''" \ .|  |\  j      /|  レ‐、 |
. "      ".レN\`'‐-------‐'´/リN  ヽ |





528 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/11(日) 01:29:24 ID:RdkcqRmE

さっき、二人で八つ当たり合戦してませんでしたかw





521 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 01:27:59 ID:uuzs0Z4g

その後も勝利の祝いを述べる諸侯は相次いで現れた


      /:::〃i::::',::::ヽヾヽ::ヽ\:、\:'.,',`ヽ::::::::::ミェ、、、
    /::::/::!::'::::::':,:'.,::::ヽヽ、::::::::::\\',:::::::::::::::ヽ ̄
    /::::::i:::::::i:::、::::::::ヽ:::、、:::ヽ::::、::::::\ヽ、:::::::::ヽ:ミー
   ,'::;::::i:::::::l!::!ァ、:::::::::ヾ:、r゙=、::::ヽ::::::::::ヽ::::::::::::`、ヾ、
   /シi::::i::i::::!:ii (::メヾ、::'.,メ (::ソ,゙i::::ヽ:::::::::ヽ::::::::::::ヽ、
  /' i:::i::!::::::i '=テ' ` ヾ::ミ=" リ::::ヽ::::、:::::::::::::::::::::ヽ、
    i:::!:::i:::::!. ヾ .、  `    l!i:::::::::::::'::::::::::::::ミ`ヽ
     'i::::l !i:::'、 `        ! i:::::l::::::::::::::::::::ヽ`ヽ
     'i::l i;lヾ、. ==-     , イリ,:::i゙テ、::::::::::::ミヾ、
      ';i il 'i:ヽ 'ー    ,...:': : i! ';:i'シ' `` ー-=:、ヽ
      ! ! 'i:::'、   ,...:'::::::  : ! // , ', -‐'''''ー 、\
            リ `ー ヽ、::::::   ; ,'//〃     ` ヽ
                ``ヽ、 //  〃         ヽ


         /.::::::::::::::::::::::::::::::::::.`丶、
         /.:::::::::::::::::::/.:::::::::::::. :: ::::::. .ヽ.
      /.::/.:::::::.::::::::/. .:::!:::::::::::. : :. :::.:::::ヘ
      i′:′.: .:.::::::/.::::.:::l、:、:::::::. ::. l::::::::ハ
      |:::::i ::: :: :!:::/.:: .:/.:jヘ、\:: .::::::ト、:::::::ト、
      |:::::l: :. ::::l:/|::!::/}:/ ,rァ≠fト、::::::|/.::::ト|
      |:::::|::::::::::|kl::|:{ /  ィ代fiツ:::::::::{::::::::ト|
      l:i{::ト、::ゝ㌘f沁′    ̄ |:::/:/ l::::i:|
      爪:l::::ヽ::::\¨´ }       |/l/  }:::ト!
      ノ ヘ.::.::トxヘ、 ` t一ァ  /  .イ|从
         メ、 ─‐`┐. _  /,r',仆、l、 ゙ー‐-   .._
         /      `二丁{、「 ̄ヾマヽ f           >‐‐、
      /      .イ」 /} }/〉、  ヽマk」`      /    i
    r'´     ∠  -‐〈/  {/iハ   メ}    i     .′     l  ← 藤堂高虎
    {   `rイ            } }  | |   i   /


                 ______
                  /´    \    `  、
             /        ヽ     \
           ,           '.      //
           /      ____     ',    //
           /   .  ´: : : : : : :`   、 i  //
        /| /: : : : : :!\ : |、 :_: : :\/∧
          //: : |: : : : : |   X!´\ : : : ヽ:\|
       〃: : :|:|\: : :!/,r=≠ミ、 : ∧|、: !
       i: : : : |斗― \|   {いハ ∨: :|r} : :、
       |: : : ∧         弋tり | : :l/: : : :\
       |∧∧ハ __,,     _    | : :l:、:\: : : \
            Vハ  ̄´  '/  ヽ   | : :|: :\:\: : : 丶. ___
             ハ: 、   く{    } /| : :| \: \:\、:___ : \
           /: :!: :!> . `__ . イ   | : :|ァ-、\: \:\   `丶:\
          /:,:ィ|: :|{ _|!  || ノ  :| : :|   ハ \: \:\     \\
         /:/ /:,rァ'´ニニう .||_ _,ハ : | // ヽ. ∨:l \:ヽ     Ⅵ  ← 加藤嘉明
      /イ  /:/    =ニ  ||  /  V:V/    \l :|   vハ    i:|





525 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 01:28:51 ID:uuzs0Z4g

家康は
これら客将士の戦功を いちいち声を大にして褒め称えた


       _x-‐‐‐v‐‐‐‐z_
     ノィ          Xヽ
     /      ,       \
   ∠イ   <l / \ l>   ヽ.ニゝ
    / イ|/\.ヽ、 _//)ヽ! ヽ     みんな……!
    /イ .| 〈 ̄。`ミl l〃。 ̄》 .| .ト|
     |,=| ` ̄´"|.|ヾ ̄´).|=、!      みんなよくやってくれた!!
     ||(|     /!ヽ┘  .| |.)||
     |=ヘ. rェェエエェェァノ/=''|
     l| .ト、 \___///|   |     /\/ヽ
    ノ| .| l\   く7 /,イ |  N___ /  /  |
   _厂| | .|  \ / ノ( ̄"_/`ー、    |
_,-‐'/  .| | .|   ヽ' / .ノ >'´_,. \ ./ハ._,.-‐く
  /  ./∧!.!     /  r'´ ̄ヽ   ヽ. |    \
/  ノイ  !‐-、 ./  /{ヽ   ヽ    |i/
_,. -‐‐-、!  |‐‐‐-'--‐|  {  \   |i_,:'/
     |  .|    / \冫____|i,. -‐'/
     |  !   〈\/ 厂    /ノ〉





530 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 01:29:52 ID:uuzs0Z4g

大きな怪我を負った直政が運び込まれる形で参上した時は
大慌てで手ずから自家製の薬を塗って治療した


       ,_   _
     、-ー'`Y <,___       /|
  __≦ー`___ _二zく_    /  |__
  > 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<    \  /
 <之′Y´/        \    |   \
   >{  ,' | 、 , ,.  ,.l  ,   ゙i    ̄ ̄
  | !、{  | 寸寸T ハT7} ィ, l
  ′J゙i, ゙i ゙i (○) (○)| ハ|.   それ わたし!
     ゙i|゙i'(1U .,---v  |
     ゙iTィ.,_  ilili l__ノ      わたしの役目!!
      │「ィ::ニE7 l __
      └l´::::/ヽト /  /
        |::::|´  ̄`i/ とヽ
        |::::|     | ̄=-'
        |:::::|    \
       /lrェリ l   ヽ \




                ,  -‐-`ヽ.
              /       ∟
         /          _ヽ
            /   , -、 _,.ィ.イl/l. ヽ`
         /  :{.f7/ b\|」│ N
        /    V/v ` -┌‐ル'    やかましい!
     /   ,/l. l ,-、 r v:|  rっ
    ,イ.イイ /: :ヽ.l |.u\ヽ_ 、j      ひっこんでろっ!!
  /"l/ l/ \ : : ヾ. l ┌'     ⊃
  / \   /: ,. -‐-ゞー'
 /,イ:::::::>'´ /: : : : : : ヽ    ヽ)
/!レ:ノ)/: : :/: : : : : : : : : |  U





539 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/11(日) 01:32:16 ID:ZLHDJGWE

家康の調剤能力は凄いよなw





538 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/11(日) 01:31:50 ID:gO41IUF.

この薬オタクめw





536 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 01:31:34 ID:uuzs0Z4g

だが ここで 家康はあることに気がついた


          ,. -‐- 、r'´  ̄ ~Z.__
       ∠             ´   ,.>
.     /                 ̄`>
     /           ,、      `\
.    !             / \    \. トゝ
   │       , ,.イ /、._,  ヽ |ゝ、  N
.    |      /レ' レ\,/  /V '´ l\!
     |. r;=、 .ノ=a=== ,, ,/a===!
    | |.ト、| |  ` ー--‐ "  \ーァ"!
    | l ヒ |:|.       r __   \l    あれ? やる夫や……
     |  `ー 1|、 ヾニ二二二二フ 7′
    ノ     | \     ___  /     松尾山の連中の姿が見えんな
.   /   ,ヘ、  ト、 \    ̄ ̄ /l
  /  ./\.ヽ. ヽヽ、 \   , ' ,'
  ,' , ./   \ヽ、ヽ \./`iイ /
. /l/l/     |\\ヽ  ヽ. Wレ
/      _..⊥._ \``  |





541 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 01:32:49 ID:uuzs0Z4g

         _   _,
      ___,> Y´'ー-、
     _>z二_ ___`ー≧__
     >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
    /        ヽ `Y′之>
.   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }く
   l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |  それは やはり……
   |ハ |o゚⌒  ⌒゚o / / ,/レ′
     `|   ヽ    「)'/|/     彼らにも後ろめたさがあるからでは?
     ヽ、_  ―  _,.ィT/
       l 7Eニ::ィ1│          ワタシノ クスリ ツカッテホシイ……
       'イ/ヽ::::`l┘
        i´ ̄ `|::::|
       j|     |::::|
      /    |:::::|
      / /   l lrェリ\
    \/     |    /
      ` ーrーr┼‐r'´
        |::::| |::::|
        |::::| |::::|
        ,ヘrリ トー}
        `ー'  `ー'




.     l~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄l
    l   , '⌒゙'''ー-----‐ ''⌒ヽ、  |
    |  /::    ` ー--‐ '´   ヽ、 |
     | ./::    ` ー----‐ ''´   ヽ│      殿
     | レー- 、.._        _,,. -‐.、.| |
     | | ̄``''‐ .二ll   ll二 -‐''" ̄| |       なんでしたら わたしが
    r‐、|:: ===。=~   l=。=== | r‐、
.   |l^|.|:: ` ー--‐1::   l ー--‐ ´ |.|、l l     お呼びしてきましょうか?
    !l._||:::  ` ー-‐l:::    lー-‐ '   ||ノ,リ
   ヽ.|!: / , 一' l:::    l ー 、ヽ. |!ノ
    / | /   └‐^ー^‐┘   .ヽ. | ヽ.
   / │.!  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  | |  ヽ.
‐'''~|.  | |      ー─‐       |   |~`ー-
.   !   ト 、 ,.. -─rr─‐rr‐┬- 、, イ.   |
  |.   |r''´        __  ̄,ノ /|   |
  |    l ''  ,r=ニ二「~|    ̄./ .|.    |   ← 村越直吉
  |.   |  ⌒   " | !~`'''‐-,、  .|     |




        __     ____
       <、  ```ヽv'´    `>
       __,,.>  ,  `Y´   、   ``ヽ、
     ,ィ'´     ;'´(       )ヽ     ヽ
   ∠二ィ : .  `、 > ___,,,..ノ 丿    .ヘ
      /: : ; .   `´ `ー--‐''´    . : : |
    ∠:/,:ィ: : : ,:ィ: . /| ト、       . : : : |
     ///.: :, く//   \!_,>   . : : : : :|
     '´ /:,:イ`>、\   _,/ /\ . : : : : : |   ああ ひとっ走り頼むわ
        |/ .kー-。、〉 >-‐'ー。、 |.:|‐-、: : !
         |`ー:/'´  `ー-‐'´ | !か.|: /
            |/ __‐、    u lノい/:〈
         `iー______  ,'/じ:' : :ヽ
          l `ー―‐---‐'  '/: : : : : : :.ヽ
             '、   ー    //: : : :∧: : : :ヽ
          ∧.     /,.r': : : :,/⌒'ヽ: : : l
          ノ|: ,ヘ__/,r'´ノ: : :/    \.:|
          |: : /」:/ /: :,:イ          \
          ノノ^「ヘ、 ノ//             \
         '´   |i゚:l \'´ /
             |i :!  V





545 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 01:35:16 ID:uuzs0Z4g

村越直吉を使い役に送りだした後
ひと息ついた気分となった家康は改めて
集まった諸侯の方を向いた


        _
     _.. --ゝ `ヽ'´ ̄¨Z_          (ヽ、00  ∩
      >             \       ⊂ニ、ニ⊃ ⊂ ⊃
    ∠.._     ,       i       ,, -‐- \   | |/⌒ヽ  〇  〇
    /   ,.ィ./uヽ,iゝ      |      ( ⊂ニニ   / /⌒) )
    /イ  ィ,ヘ'i ヒ'.へ「\.  │      `ー――'′ し∪  (ノ
     レ|/lた・ラ :ヽ二’フ:|∩ |
  .     l/ _┐ v/u ||9| l
       `i.r====ニヽ |レ'  l      ……ん?
        i‘ー── '´/   i
        ,ハ.  ̄ v / ,/!  ヽ                  (ヽ、00  ∩
       フ ヽ. / ,∠ -‐l   ヽ               ⊂ニ、ニ⊃ ⊂ ⊃
       ーz'ノ Z イ    ヽト、 i 、i               ,, -‐- \   | |/⌒ヽ  〇  〇
           / ,. -‐ .、  }ハ}ヽ|              ( ⊂ニニ   / /⌒) )
              l /     \     |              `ー――'′ し∪  (ノ
           | |        ヽ.   |


その時 家康は ふとある違和感に包まれた





546 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 01:36:51 ID:uuzs0Z4g

    / . : . : : / /: . /: ://:/_j: l: . : :l: : : : : : ヽ
  / . : . : : / /: : /: /, 彡'´ 丶ト、: /: : : : : : : :ハ                 _____
 ノィ :/. : :/:,/ : ,/ィ, r〃.ィ≦ ̄`7ソ: : : : : : : : : ハ               /´   \  `  、
  /: , : : :l /l:≦メ!l{/ ´ {‐彳)  /:/ : : : : : : : : :|             . '       '.   》
  , :/l: . :,:l':ィl'fr!iノ/  三 ̄ ̄  /:/ : : : : /: : : : : l             //: : : : !\:_:|:_: \/ハ  ☆
  l/ 'l: ./: : l ̄〈        、 ノィ: . : : : ム: : : : /           〃: : :!、: : :|/∨ヘ : : !ヽ|
  ′ !:/: : : !  、,.==ニ二}  /: :/:/⌒} : : l   *         f: : |斗-\| '下ハミV h: :!   *
    l': :|: : ハ  ヽ:/     ノ  //:/ __彡': : :! l    + ☆   / |: : ハ      マり |: :リ、: \ .
   j: :ハ: :l: :ヽ   {   /  /´ ̄ __//: : : : : トl   ☆    ii ,、ノノlハハい == , . へ   |: :l: 、\: \ _
   /'´ ハ:l/ l\ `ニ´        /:/ : : : トl   _ *   / 彡^(´    }ハ   く{  }/|: :|\\\: : :
     l:ハ!.  l:,l ヘ __   ニ´___/´l: : : :トl-‐ '´:   *  /⌒ヽ  /;|: |>r--rf  |: :l- 、\\\+
    ノ′` .ノ''l: fニニニl「 ̄:ハ ̄ ̄!: /: : : :  +
                                 +
                                場の空気は完全に弛緩していた
     _,r==\-ヾヽ、/∠=-、ノ
    /彡=⌒`ミミ゙ヽi;!!/''彡ノ;;、_             もちろん 敵味方合わせて10万の大会戦に
ヽ、 _,彡'´彡;;;;;;;;;;;;;;ヾ;;;; /ミ‐-、;;;;;ミ、               劇的な逆転勝利を収めた直後なのだから仕方のない面もあるにはある
ヾミ三'/彡'' 彡;;;;; ;;;;; ヽ ミ‐-;;;;;ミ
ノ;;;;;  彡'  .ィ;;;;;;;;;;i il ヾ\ \、、ミ=彡           _r-- 、
//iキ// /彡;;;;;; ノ;;i/;;;;;;ヾ、  \、ミ=、、          ,r'"'ー-'"` 、
彡ミi//ノソ クノゝ/;∧;;;;ヽ、ヽ ミキッヘ          /       i
彡/ノ彡iゝ=彡 ノノ ヽミ=ヽヽ-《;;;くキノ        i,7 _  , , _  !,.、                ,. - ── - .
/ノ/(゙'i ゝ ‐-、ヽ''´゙ヾ=二`ヽ´ .!!、,ミヽi、ヽ        .i! 'oニリ i,'oュ' i'{(i               /:::::::::::::::::::::::::::::\
' i リゝ!ヽ (゚_)' ,   ',。、`ヽ ノ / ノリノ`\      _,,..,リ `,ィ_ _i ''  イ!'/        .     /:::::;:::::::::/ ∧:::::::::::::::::',
/`リリ|    .i    ゙ー'‐ '  ./‐イ' 'ヽ     _,,.-''" iソ;;i!r;;ニ二ヽ, ノ;;ヾ`ー-、_          /:::i:::/:/i:/ /  ト.:::i:::::::::::i
 ´'' i  、_ (_,,    .   /  |  i,    -''/  彡; ; i'i`ニ,ニ7!!/; ; ;ミ 、` `ヽ        i::::i/レ'      `VV;::::i
-、  ! ``ー―‐=ニヲ  ./  .ノ::  ヽ    '   / i; ; ; !i`ー'ソ i; ; ; ;/、    \  .     i::::;i '''""~   ~~゙゙''' |;::::|
  `ヽヽ ヽヽ`ニ彡/ ./ ./:::   \  、>- ` !; ; ;`ニニ/; ; ; /  `    i !      |::::;|           ノ;::::|
  ノ \. ヽ二´ '´    /r-=ヘ、__   ^  `i  i; ; ; ; ; ; ; ; ; ;/ ー  i  ! i  _/´⌒、ヽゝ.   r ァ   ,.イィ ⌒ヽ_
  `ヽ  ヽ ー‐'´ /  ,/  i::           ii l  ` -=;_;_;_;_;/i    `ヽi ! l  !   `ーーー' ' ̄ `` ー--‐ '´ ̄ ーーー'

                             ↑ 寺沢正成                ↑ 山内一豊





548 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/11(日) 01:37:50 ID:pu6iW2Q6

一豊さんは、いつも弛緩している気がする





549 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 01:38:08 ID:uuzs0Z4g

      /l :::://ノl.:::::ヽ::::ヘ::::::ヽヽ:.\ヽ:::..ヾ \:::..ー _:::::::
     ,ソ'/.l ::::/,:::::i.:::::ヽ:\:::ヽ:::::ヘ.',:::::::\ヽ::\,ヽ、::::::::::::ー
   / / ,::l.i,:::l:::::::ヘ.:::ヽ\::.ヽ,\::::ll:::ヽ..::::..ヽ::ヽ,' i.\::::::::ヽ
  '゛  l /::::.',',l::ll::::::::l\\ヽ:::::::::ヽ::.|.:::::、:::::ヽ:::::::l::l::..ヽ:::::::、   いやいや
     /::::,::::ハソ;i!:::::::i'|__ヾ、ヽヾ、:::::\|、_;;_y,::::,、:::::l::|ヽ::::::::::::
    /ンl::::::::lヘ' ;::|.'Y'l::::ヽ、\::::.ミヾ\,ハ::::::::)ヽ:::::|:::.i:::::::::    忠勝殿の用兵の精妙さは
   // |::i::::::l:::::\! l!, 'ー'゜゛  ヽ:::ヌ゛ 'ヽ ゛''" ノ; ll:::::::.l:::
  /   l:l:::::lハ::::::::ヽ ゛ー '    ゛ ー  ` '' ~  .l'i:::::::::::::     聞きしに勝るものでしたね
 _ .ー'/ ̄l ll:::l l', '::::入\             / |l::::::::::
  /,  N ハ::l'l ゛l',::::lヽ、    ,                l:!,!::::.l ヽ
 / l    l ',l ', 、 ',::lヽ    ヽ ー          lソ |:lヘ
.  |      ヽ ', ヽ. 'il', `、.  ヽ ._____,.ノ    // li
             ',.   | il \            / ./
     、     'i    l l:::ヽ        /''  l|
  \   ヽ | _,, --、    l 'i::ヽ,ヽ、  _ , '''  ,r'~ ̄゛' ー _
   _ヽ -ー'"~、  ヽ, \ lヽヾ, .l   ̄     / /~ ̄    ~ ''
   ̄        \   i、 ゛' 、 \ル............ / /
          ヽ   ヽ   ヽ ゛ ̄  "


      だが いささか程度が過ぎると家康は感じた
      あの正則と忠勝でさえ ごらんの有り様なのである


               _、‐-、, -‐z._
               > ` " " ′.<
             / " " " " ゙ ゙ ゙ ゙ \
               7 " " ",.",ィ バ ,゙ ゙ ヾ       r‐ ' _ノ
              ! " " /-Kl/ Vlバ.N     _ ) (_
              | "n l =。== _ ,≦ハ!      (⊂ニニ⊃)
             |."しl|  ̄ ,._ ∨       `二⊃ノ    相手が
             | " ゙ハ  ー--7′       ((  ̄
             r'ニニヽ._\. ¨/           ;;        あまりにも弱かっただけだな
            r':ニニ:_`ー三`:く._           [l、
          /: : : : : : :`,ニ、: :_:_;>      /,ィつ
       .   /: : : : : : : : / : : : ヽ\     ,∠∠Z'_つ
         | : :.:.:.:.:.: . :/: : : : : : l : ヽ.   / .r─-'-っ
       .   |:.:.:.:.:.:.:.:.:.,' ''" ̄: : :l: : : :l   /  ):::厂 ´
          |:.:.:.:.::.:.:.:l -─-: : /:_:_:_:_l / ̄`Y´
       .   |:.:.::.:.::.::l.__: : : :/::: : : : :l/⌒ヽ: :〉
          |::.:::.::.::l: : : : : : /:::: : : : : |: : : : ゙/





551 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 01:39:12 ID:uuzs0Z4g

これは いくらなんでも危険な状態である


          _,,. -──- 、 ,. ‐''"´ ̄`二ニ=-
      -=ニ´..__     ゙     ´ ̄~゙'''‐、
       ,. ‐''"´                  ヽ、
     , ‐'´                       ,.ゝ
   ∠..-‐''フ'~                       ゙!
      /                           !     (道程は九分をもって五分とするって言うじゃねえか!)
     / ,                           l
.    //        /l ,ヘ. ト、 ヽ、            l     (俺たちには これから大坂城に向い
.   // ,イ    /! / ul ! ゙、 |. ヽ、!ゝ、 !       |
    / .// /!  ./ l./.`‐、l  ヽ!. ‐'´, k'ヽト.、       .l     秀頼様を奪い返すという大きな詰めが残っている)
.   i ./ !/ l ,イ/. !' `‐、|!  I|_,. ‐'´ ヽ! ::::ヽ      ゝ
.    l./ .l' l' !' l=====〉 __ =======:| .|⌒i.   ヽ、   (なのに こいつらの この緩み切った態度……!)
    !        l`‐.、.__゚/,::: ''' ヽ、 _゚__,.. ‐'´:::| |´ )}.    l、
              !  :::/,:::::::::. jv  u    ,/:::|.|~)/     l、
          ノ! ,/,:::::::::::__::)  _,,.-‐"  u::||_ノ       i、
          / iー_____ ,,. -‐''フ::::/!     !゙!‐ 、._. ヽ、
          I_,. ‐'i`‐ 、.____,,. ‐'´:::/: │   │l   ` ‐-
    _,,. -‐'"´   ,.!  ___,,   u:::/::   !    ! i‐ 、._
   /i     _,,. -‐1 ヽv  ̄ ̄   :::/:::    !   i' .i   ` ‐-
  / .{_,,. -‐'"´     !  ヽ、   .::/:::    i'  / /
 /  !       , -‐-、 , -‐、i´~`ヽ     ./  ,イ./
/   l      ,.へ、/⌒ヽ、 `‐、  i   /  / /
    |    /‐-∠.__,、 `‐、 `i‐、-‐'"7/!'/
    .|  /´        `‐、  ゙i __,! `、-‐/"





554 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 01:40:16 ID:uuzs0Z4g

       |::::::        ::::::/|::::/:::::::|  :| ::::       ::::::|
        |::::::      :::/l :/ |:::/:::  ::|::::| | :iヘ::::      :::|
.       |::::      ::::/ | / |:/::::  :::|:::|:: |: |: \:::     :::|
.        |::::    ::/|::/\:|/ :|/::::  U :::|::|: |:|/\::    :::::|
.       |:::    :/:|/:\:|:\:/::::      |:/::|/::\::    :|
         |::    ::/::|::  :::\::::\    /::::/   :::\:::  :::|    ここは こいつらに
        |::   ::/ _____::::||  ||::::_____::::|:   ::|
       |:l⌒l::::| :  ̄ ̄ ̄O ̄ ̄/: :::: ̄ ̄O ̄ ̄ ̄:::::|:: l⌒l|    喝を入れてやらねばならん……
        |:|∩|:: |:  \___/::| :: \___/  ::| |∩||
       | :|∩|:: |:::        :::|..|::       / :::|:: |∩|:|    だが……
      |  |l.0|:: |::         ::::|..|:::::     /   ::|:::|0 l|:::|
      |:::  |U|:: |:::::::      ::::|..|:::::::   ./ v   ::|: |U | ::|   どうやって……
      |:::   ヽ人 |::::::   U   :(__ :|..|::::__): ./     :::|:人ノ::: ::|
 .   |::  /|:: ::ヽ::::::::: _     ∪     ._  ::/:::   ::|\:::::|
     |:: / |:::  :::|\::::::\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ :/|::::  ::| \:::|
    |:::/  |::::: ::::|::::\:::::  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  /:::::|::::  :|   \:|
   |:/  ::::|:::   :::|::::::::\::::::   ___      /::::::::::|:::  :|     \
   /   ::::::|::  :|::::::::::::::\:::::  ::::::   /:::::::::::::::|::  :|:      \



思い悩む家康であったが その時……



      「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄7
      |   |  ̄ ̄ ̄――― ̄ ̄ ∨
      | |   ̄ ̄――― ̄ ヽ
      |  |    lllllll   ̄ ̄ llll ヽ
     | |      lll    ll    ヽ
     |  \  < ̄・>  / ・ ̄>く    あ あの…… 殿……
     |i⌒i|\  ̄ ̄/  ヽ ̄ ̄/ |
     ||| ||     ‐      ヽ‐   |   やる夫様が
     ||| ∥  /   /(    ヽ ヽ  |
     | \|   /    ~   ) ヽ|    お見えになられました……
      |   /|  ( [ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄]) |
     /| / |    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ∥
    /  |/  L      ≡     」|
― ̄|  |   ―_       ―  | ̄
   |  |\     ̄ ―  ̄  | |





557 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 01:40:51 ID:uuzs0Z4g

              _          _
        _,. -‐-`' ``'‐、,.‐'"´,. =ニ`
        ,.‐'"´           __`ヽ
       /               ``''‐、
.      /                 `''‐、
       i            , /i  、     ヽ‐-ヽ
.      !       /| /| / ! .!ヽ..ト、  、.ヽ
     |       /''l/、l/_, l/ _,.ゝ' ゝ、 iヽ!
      |      ノ`''‐ 、._/   /_, ‐'´ !.\!
     !  ,.-、 r' =。=== _  ,=。===,!
     /   { ‐、!|  ` ー-‐' ''  \--‐' !    お おお そうか
.    /    !( r||.        r __  \'/|
   /.  ,、 ゙ー'|!、  ,..-‐───; 7゙│    ……ん どうした?
  /_,./ l    │\ `ー-----‐'´/!\i
  ̄ .!  1    l  ヽ、   ー一 ./ |  |`'‐、
    |    i、   l.    ヽ、    / |  .|   `'‐、
.   |    ヽ  i       ヽ、.イ │  |
.    |    |ヽ  !.       | !  !   .|
   |      |. ヽ. i、        | W1  │
    |  ,. ‐'´\|ヽi.ヽ、    ノ|/`‐、  !
    !.‐'´      |     `'ー-‐' .|     \!




      /ミミ、 ̄「「「¨リリ゙777
.     /:==≡ジ ̄ ̄ ̄"\
.    i:三三三/    ,.、_ `ニニゝ、
     l===シ  u  '^'''‐-゙ニ7' /
.     !三三ニ└- 、   ===t ,,/
.   l===r'ニヾミ|   `ニニ   \
   l:三三三| {こ|ミ|.   __,ノ r __  ヽ    ええ……
.   |=== | に|ミ|. /r'ニ.‐- 、.__ラ
  │三三三:ヽニlシ / に二二ニZ      それが その……
   |===シ´ :|           __ノ
__/|三三/   :|         |
/::::::!ニ/       `ー- 、..____,ノ`ー-
::::::::K             ,イ:::::::|::::::





559 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 01:42:02 ID:uuzs0Z4g

家康の前には
軍装を解かず ほとんど臨戦態勢のやる夫が現れた

             -―-
          /         `
            '              \
         /              、
       '                  }>,
     /  \    /       イ /
      /_i ( ●)  ( ●)   /: : /
      \ `ー、(__人__) r―. . ´: : : :.人    …………
       \: : ヽ`⌒´  !: : : : : : :./: : .\
          )--},不 ̄ )--― ´: : / ̄ \
        /: : /丶 :: ` 、{:.: : : : :.: :/: : : : :.:.-'、
     /.:.: : //:::::::\:: .i: : : : : : /: : : : : : : : : : \
      /: : : /´:: ○/___i: : : : : : ヽ : : : : : : : : : : : \
    /: : :./:::::::::/ ̄ ̄|: : : : : : :.:.\: : : : : : : : : : : '、
    ./: : :./ :: /::::::::::::: |:.: : : : : : : :.:\.:.: : : : : : : : :.:\




    /::://:::! /-=、 ,// u / _,,.-ゝ. 「ヽ l    ! , l
   /::_;イ-‐=レ'==ミ"   '∠-==ヽl=ヽlヽ  レ'レV
 /::::::::..、   o   ,≡:::::::〈、  o   ,  :|│ リ '
 ::::::::::::::::: ` ー--‐ '´三 :::::::::ヽ`::ー-‐:'.´   |│ l
 :::::::::::::::    ニニ  ::::::::::::::ヽ::::::::: U  |│ !       え?
 :::::::::::::::U  ̄ ̄   U::::::::::::::::ヽ::: u   |│ .l
 ::::::::::::::::   U    r‐:::::::::::::::::::::ヽ.    Lノ  |


およそ場違いな雰囲気に会場に緊張が走った





563 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 01:43:01 ID:uuzs0Z4g

それだけではない
やる夫は背後に脇坂安治・赤座吉家ら松尾山の返忠組に加えて田中吉政を従えていた


           ,..‐ ' "  ̄ ̄ "' ‐.、                 ,  -─ - 、
         ,r'       ,  /;;;:; `' .、           , -'´     l、   ` 、
          /::..  /l::/ l::/  !::. ::. `、、       /       ノ ヽ    ヽ
         /:::.. .:/゙"lr_,‐,._!l_,   |:|`、::ヾ`,ヽ,       冫  ノ彡,ィ/    ヽ.   l
        /:;r=、:/ ,ri゙;;リ:i .'!  '-l_|'゙ i::ハ',        7  l       _,. l!   l
        /::l r, i!  、ゝ:"},     リ;;;i',,'lリ ゙!       レ'、r l=-、;__,r-=、_ l,_  ノ
       /::.'、 、     ̄     ゝノ l }           ヽlー─'l  ー‐' `lノ /             |\           /|
      /::::..::`:::、        '   ',r|            ',   `     /,ノ           |\\       //|
     /:::.:..::..::::::}\     ,..   リ:.|             ヽ  -─-  ノi'             :  ,> `´ ̄`´ く  ′
    ,,./ .:::.::::..:::::l  `' 、_   _,. ィ'゙:. |              lヽ、__ / _l、      .       V            V
 ,.r '"..:. .:::::.::..:::_,/     `l'' "::::..:::.. . |          _,r '゙|ニ= 、 , 一' ´ ,ト 、 _   .       i{ ●      ● }i
゙.::. .:,.. -‐ '''"` 、、  ..,,_ !、..;;.:::...:::::.. \     -‐'.´ ̄/;;;;;;;;|>/ヽ二二´ノ;;;;;;;;;;;;ヽ`'';;;;     八    、_,_,     八
\ .:r'        `'`'.,‐ .,,..' ノソ"'' ‐ ..,_,r'   ;;;;;;;;;;;;く;;;;;;;;//l  :: ヽ /;;;;;;;;;;;_ - ';;;;;.       / 个 . _  _ . 个 ',
 /           `'' ‐ '' ゙      '、    ;;;;;;;;;;/;;;く / /   ::. ヾ;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;   /   il   ,'    '.  li  ',

         ↑ 田中吉政               ↑ 脇坂安治               ↑ 赤座吉家


家康には状況がつかめなかった





564 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/11(日) 01:43:15 ID:YUagA.Xw

なんと、勝って兜の緒を締めよを実践していたとは!





566 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 01:44:46 ID:uuzs0Z4g

だが次の瞬間
やる夫は膝を地に付け家康に拝礼した
ほとんど土下座であった



         / ̄ ̄ ̄ \      家康殿! 家康殿の偉大なる威光は
      /   :::::\:::/\
     /    く一>:::::くー>    大敵を半日のうちに壊滅してしまいました
     |    .::: (__人__) j
     \、     ` ⌒´,;/    この成功の速やかさ 古来まだ聞かぬことであります!
    /  ⌒ヽ  '"'"´(
   / ,_ \ \/\ .\
    と___)_ヽ_つ_ヾ__つ





568 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 01:45:50 ID:uuzs0Z4g

         :::::::::::::/ ̄ ̄∨ ̄ ̄\ ::::::::::::::::
   ::::::::::::::::::::::::::::::|  / ̄ ̄ ̄\ |:::::::::::::::::::::::::       さらに このやる夫 伏見城に攻撃を加えたこと
    ::::::::::::::::::__|/ \  /  \|__::::::::::::::::
   ::::::::::::::/  / く一>:::::くー> \  \::::::::::::::::      戦機を探り本日の戦闘にいささか出遅れたこと
  :::::::::::::::::|   |    (__人__)   |   |::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::(⊥_⊥)\___`⌒´__/(⊥_⊥):::::::::::::::::    これを心よりお詫び申し上げます
   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::




        __     ____
       <、  ```ヽv'´    `>
       __,,.>  ,  `Y´   、   ``ヽ、
     ,ィ'´     ;'´(       )ヽ     ヽ
   ∠二ィ : .  `、 > ___,,,..ノ 丿    .ヘ
      /: : ; .   `´ `ー--‐''´    . : : |
    ∠:/,:ィ: : : ,:ィ: . /| ト、       . : : : |
     ///.: :, く//   \!_,>   . : : : : :|
     '´ /:,:イ`>、\   _,/ /\ . : : : : : |
        |/ .kー-。、〉 >-‐'ー。、 |.:|‐-、: : !
         |`ー:/'´  `ー-‐'´ | !か.|: /    う うむ……
            |/ __‐、    u lノい/:〈
         `iー______  ,'/じ:' : :ヽ
          l `ー―‐---‐'  '/: : : : : : :.ヽ
             '、   ー    //: : : :∧: : : :ヽ
          ∧.     /,.r': : : :,/⌒'ヽ: : : l
          ノ|: ,ヘ__/,r'´ノ: : :/    \.:|
          |: : /」:/ /: :,:イ          \
          ノノ^「ヘ、 ノ//             \
         '´   |i゚:l \'´ /
             |i :!  V





569 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 01:46:52 ID:uuzs0Z4g

         ____
        /丶  / \     ですが家康殿!
      /(●)  (●) \
 バッ!/   (__人__)     \   大坂城には秀頼様と諸将の妻子が未だ虜となり
      |    ` ⌒´      |
      \           /   佐和山には石田の一族が籠っております
        /         \




        ____
      /      \
     / ヽ、   _ノ \        願わくば このやる夫に
   /   (●)  (●)   \
   |      (__人__)     |      こちらに控える田中・脇坂ら一同と
   \     ` ⌒´     /ヽ
    /              \    佐和山城攻めの先鋒を仰せつけられたく存じます!
    (  ヽγ⌒)        ヘ   \
    \__/





573 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 01:48:22 ID:uuzs0Z4g

     -=ニヾヽ:Y:::::彡‐---- 、                      , ./:::レ:::::::::::::´::::::ー--...、.._
   彡´:::::::::.......::!:..:. ...::::::::::::::::ミ、                    _iV::::::::::::::::_::_::_::::::::::::::::::::::::::::::::::=-
  彡.. .:::.. .. .::::::::::::::::::::::..... ::::.. ::.:::ミ                  r::'::::::::::::`ヽ三ニー-::::ニ:::::::::-=ニ´
  ::...:::::::::.. .: .::.:::. !:. :.:. :::::::::::....::::.:::ヾ               /::/三:::\\ヽ:::::::::ミ、::::::::::::::_:::=≧ー
  :..::::::::.:.::/::::;:::l!:::!:::::ヽ,.-‐:: :... :::::::::ヽ-'             /:::::/:::::ンヘ\\ ヽ:::::::::::`ヽ:::::::::::::ニ三三ェ-
  : ..::::::/!:::/}:::!!::/ヽイ、ヽ、_:::::::::....::..::ヽ            //i:/://:::,'i::::ヽ\\',、::::ヽ:::::::::::::::::::::<'´
  ::::l:://〃/ノl://,イ○`ヽヾ`` :::::::.::ト、            !' /::;:':::/:::,'::i i:::ヽ:::::::ヽ:ミミ:::::ヽ、:::::::::::k-ニヽ、
〈::: ::!リ``≧、、 /' `  ー ''"´ ノ!:!|:.|:. ::::!             /::i::::l:i:::i、::',. ',::::::ヽ::::::::ヽ::::::::::::`::::::::::ミヽ、
トヽ:.::l イ´○ノ`i         リノ:;、:::..:::}            /:::ii:::l::i:::L::::':,::i:::::::\、_:::ヽ::::::::::、::::::::::ヾ、
ヽ:::l:::::ト``´  ,}...        /イ) 〉:::::リ            /::/i:i::l::i::i f:::j、:;::::',ヾ:::,rt:::j、\:::::::::::::::::i、\
 ソ!::l:.ヽ   ヽ._ ,.-    lj '´ !'/::::::ト、_        _,rーァ'/'´ i:ハ:l::lリ`=‐ヾ'、::、゙ヾ、ニノヽ::::::::::::::ヾヽ、.
  ノノ'!:::{ヽ     __.._ ・     /`i::::::::`Y     ,r''"     i.リ/リ::',゙     ゙ヽ     .,!::;:::::iヾ::',ヽ、 ``ー-
   イ:::`'ヽ   イ_ .. -゙'     , '  ヾーr=    / ',  -、    i//::l:l゙、     、 ..    u..:':l::i!ヾl:::l lヽi ', `ヽ
   ノイ:::::::::\   ー '    ,.イ    |! ',     ∧  ',   i i   i i: リ ヽ. ‐-- 、   / /リ / !/./ ' '  ゙ヽ
  ´  ヾヾ、::::`ト、       / i     /,! !    ,' ヽ  ', i 〈   ,i i::.、 \\   ..::'::: / !   , ', ' .i
       ノノ:::,ト、` ー-‐ '  |   //  |    、 ヽ  i     'ヽゞミヽ、ゞ: `ニ:´:::::'' _,. -//  i
        -イ{ ',  ヽ   i /  i  | |   .  ヽ、ヽヽ  i    ',ヽ、`ヽミヽ、    ,.:-'´,. '´/   ノ     /
        /i l !、  ヽ._ /   !   ! |   .   iヽ \i .i!ヽ     ` 、`'-、、、、、- ',ン''           /〃
         / { | !、__,..ノ´      !  ゙'      i  ヽ.\ !        ` ー-ー '´          , ' //


正直なところ やる夫の空気を読めない発言に場の空気は白けた
だが白けつつも諸侯は心の片隅で自分たちの浮かれ気分を恥じた





576 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 01:49:59 ID:uuzs0Z4g

家康は やる夫に感心していた
前段の諂いも むしろ思い切りの良さを感じた



        -=ニ" ̄"''‐-‐''" ̄"ニ=-
       ∠´           `ニ=-
        /              `ヽ,
       /                  !
      i                      .i
     .|         /| |:| ト,ヽ       |
     |.    ノ  メ:::リ:|.|:::|ノ`>      |
     |.    /リメ, .\::リ::::/ ,.ヘ!ゞ,    |
     .|   ./    \|  |/   ヽ   |
      i⌒| | ==o=-  .-=o== | |⌒i   (こ…… これは……)
      | G| | ヽ . __ ノ | | ゝ __ ./ | |∂|
     ,.ゝ,_.|.| u.    | | u   / |.|_,ノヽ,
    /   ||   .!j ヽ!_レ  ./  リ    ヽ
---‐‐''7|   ヽ ー‐--------一 /   | ̄""''''‐‐--
--‐‐''7 .レ|   | ヽ.   ≡≡   ./.|  .N""''''‐‐----
   /   レ|  |  ヽ.      u / |  | |
  ./    .|  |.   \    /   |  |  .|
  /  _,,  .|  |    \ /     |.  |   |
. /_,,-''" \ .|  |\        /|  レ‐、 |
. "      ".レN\`'‐-------‐'´/リN  ヽ |



なにより城攻めに自分だけでなく他の返忠組を誘っていること
地元の吉政を早々と引き込んでいることを心憎く思った





577 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 01:51:13 ID:uuzs0Z4g

戦こそが武将を成長させる
太閤殿下の元養子のボンボンは どうやら大きく化けようとしているようだ


         _    ,、-‐'' "ニ=_-
      -=ニ.._   \/       \
       ,、- '´                ヽ
     /                       l
    /                     |
.  /  ィ      /| ∧ i、 lヽ           |
  ///      〈 .レ ヽl > ´        |    分かった……
    / // /\\  il´ ,、へN\       |
   レ / /| /|==`。!  ´===。‐ラ | |⌒i  |    佐和山城の先鋒……
.    レ レ lゝ -/   ゝ -‐ ´ | |う |  |
.        |/        / | |ヲノ  .|    やる夫殿たちに任せよう
        ( __   - ` --‐'´ |j |.|"   |
.          l ---------一 /|    |
         l  ≡≡   /  l  ∧ ',
         |l      /   ィ  /"´ヽ ヽ
         | ',    .イ  / l / ,.、-ヽ ヽ
         │ ヽ_/ │/  リ//    ヽ.ヽ
.          リリ   /    l/       ヽヽ




         :::::::::::::/ ̄ ̄∨ ̄ ̄\ ::::::::::::::::
   ::::::::::::::::::::::::::::::|  / ̄ ̄ ̄\ |:::::::::::::::::::::::::
    ::::::::::::::::::__|/ \  /  \|__::::::::::::::::      ははっ!
   ::::::::::::::/  / く一>:::::くー> \  \::::::::::::::::
  :::::::::::::::::|   |    (__人__)   |   |::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::(⊥_⊥)\___`⌒´__/(⊥_⊥):::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


先鋒の任を得たやる夫は直ちにその場を退出した





579 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 01:52:22 ID:uuzs0Z4g

やる夫が去った後も その場の白けた空気は回復しなかった


             、‐- 、 ,. -- _
          ,ゝ ̄ `  ′゙,∠.._
       /´ " " " ゙ ゙ ゙ .<`
       7 " " " " , ゙ ゙ ゙  、\
.      i " " " ゙,.ィ / \ ゙ ` ゙ \
.        | " " ,ィ/‐l/、  ,ゞト、゙ 、゙ヽl   小早川やる夫……
       | r=、 l.=。==._ ,。==ゞ ゙ N
.      | {にl l ` ̄  _ \´ハN     筑前中納言……
       ,l ヾ=lノ  __ ‘ ‐  ゝ
   _./:l "./ ヽ. ∟..二ニ7/        中納言たる高位の者が
‐''"´:/::::::| /    \   一 /、
::::::::: !::::::::l′     \ ,イ:::::\       あそこまで媚び諂うこともなかろうに
::::::::::l::::::::::l         /:`:::l::::::::::::\
::::::::::|:::::::::::\     /:::::::::::l::::::::::::::::::\
::::::::::|::::::/\ヽ   l::ヘ::::::::l:::::::::::::::::::::ハ
::::::::::l/:::::::::::o:ト .」::-:::::\::!::::::::::::::::/::::l
:::::::::::::::::::::::::::::: l`ー'l:::::::::::::::::`:::::::::::::/::::::::l




        _
     _.. --ゝ `ヽ'´ ̄¨Z_
      >             \
    ∠.._     ,       i
    /   ,.ィ./uヽ,iゝ      |
    /イ  ィ,ヘ'i ヒ'.へ「\.  │
     レ|/lた・ラ :ヽ二’フ:|∩ |     ん?
  .     l/ _┐ v/u ||9| l
       `i.r====ニヽ |レ'  l
        i‘ー── '´/   i
        ,ハ.  ̄ v / ,/!  ヽ
       フ ヽ. / ,∠ -‐l   ヽ
       ーz'ノ Z イ    ヽト、 i 、i
           / ,. -‐ .、  }ハ}ヽ|
              l /     \     |
           | |        ヽ.   |





582 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 01:54:01 ID:uuzs0Z4g

              _          _
        _,. -‐-`' ``'‐、,.‐'"´,. =ニ`
        ,.‐'"´           __`ヽ
       /               ``''‐、
.      /                 `''‐、
       i            , /i  、     ヽ‐-ヽ
.      !       /| /| / ! .!ヽ..ト、  、.ヽ
     |       /''l/、l/_, l/ _,.ゝ' ゝ、 iヽ!
      |      ノ`''‐ 、._/   /_, ‐'´ !.\!
     !  ,.-、 r' =。=== _  ,=。===,!
     /   { ‐、!|  ` ー-‐' ''  \--‐' !      なんだ 忠勝……
.    /    !( r||.        r __  \'/|
   /.  ,、 ゙ー'|!、  ,..-‐───; 7゙│      お前には あれが
  /_,./ l    │\ `ー-----‐'´/!\i
  ̄ .!  1    l  ヽ、   ー一 ./ |  |`'‐、    そういう風に見えたのか?
    |    i、   l.    ヽ、    / |  .|   `'‐、
.   |    ヽ  i       ヽ、.イ │  |
.    |    |ヽ  !.       | !  !   .|
   |      |. ヽ. i、        | W1  │
    |  ,. ‐'´\|ヽi.ヽ、    ノ|/`‐、  !
    !.‐'´      |     `'ー-‐' .|     \!




         `ヽミメ、 . -‐,=‐
      . . .-‐‐ミ i! Y i! 厶イ__
   ∠..., =‐- i!  i!  i! i! <´
    .ィ´ i!   i! i! i! i!   i! i! ヽ
.  , ′i! i! i! i! i! i!  i!  i! i!.!
  /イ i! i! i!ィ i! i./::、 i! ト、 i! i! !
  /i!.//i!./::iメi/:::::::,メ、「ヽト、 i! i!j
  /イ i!/! /==。=、:::::.=。===:i!,...i! |
    j/ j/ i::`:‐:/:::::::: ー一.:´:|ir, }.|     え?
       i:::::/.::::::、   .::u::|Lンii|
         i: `I三三三! ;.::::ハ.i! j;\
           、  ー ..:::::/;  ヽ:{;;;;;;;ト、__
      . -=''7ヘ.....:.:::::/;;; '   j;;;;;;;j;;;;;;;
   -‐'";;;;;;;;;;/;;;;;;ヽ .イ;;;;: '     /;;;;;;;;|;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;|:.:;;:::'    /;;;;;;;;;;;!;;;;;;





584 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 01:54:15 ID:uuzs0Z4g

::::::::::::::::::::::::::/:::://::::: \::::::::::::\\l
:::::::::::::::::::/\:::// :::   \「\__ゝ
 /)/:::::::::::::\ \:::   /
|レ::::::::_____.」lllll /         ……まあ いい
|:::::::::: \ ̄ ̄ ̄「 三/
|:::::::::::::  \__  ::::=\        それよりも やる夫の言ったとおり
|::::::::::::::::::::       :::::::::=\
|:::::::U    v     :::::::::::::::=\     秀頼様は敵の手に委ねられている
|::::::::::::::::::        :::::::::::::::::::::::\
|:::::::::::::::        :::::::::::::(::::_:::: )  一刻も早く大坂に入り
:::\:::::v::::::  ________ゝ
|::::\:::::::::           (       諸侯の妻子ともども解放する
:|:::::::::\:::::::        _/
::|::::::::::::::\:::::::      (         俺たちが真の凱歌を唱えるのは その時だ!
:::|:::::::::::::::::::\:::::::     |
::::|::::::::::::::::::::::::\::::::    |
:::::|:::::::::::::::::::::::::::::\:::::   |
::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::_ノ


翌日から
家康と東軍諸侯は大坂への進軍準備に取り掛かり始めるのであった……





586 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 01:56:05 ID:uuzs0Z4g

              ___
           .:.´.:.:.:.:.:.:.:.`:.、
         /.:.:.:.:.:.:.:/vヽ:.:.:.:.:.\
       //.:.:.:.:.i:.ィ.:l  l:ハ:.|:.:.::.ハ     いや~~ それにしても
         i.イ.:.:./l:ハj  |' ハjリ!:.:.:i
           |hi{ ‐tッ    tッ‐ リ^i:|     土下座とは ずい分と思い切ったわね
           |い!        l)ノ.:|
          _l.:.人  r―‐nrn人:.:.:.\
        ノ/  |:.ヽ_  ̄ 「!l.l い \:.:.:.ヽ
       (./. n |::::.ヽ. ̄.|   |  ヽ:.:ノ
.       /  ノ_L '⌒ iミ_.乂_ 人  ハ:.ヽ
      /  /´ー'{  ./ ::::: K/ ヽ.   i:.ノ
.     /. /|、_ ツ  l  . . Y:.    \ |′
    / / .弋_外.:::::::|::::.::.:/,: ト、::..    ヾ
.   /     ..::::ン.::::::,:|:::::://.:::|o\::.     ',
   l   .:::::/ 〉、:: : |.  /  .|:   ト、:.   i
   ヽ.:__:/ ./    |     .|o   ! `ー‐′




             ____
           /_ノ   ヽ_\
         /( ●)( ●)\     味方するのが遅れたから褒賞の約束は無効!
        /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
        |     (  (      |   そんなの やる夫は御免こうむるんだお
        \     `ー'      /
       /           │





588 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 01:57:06 ID:uuzs0Z4g

               ∩_
              〈〈〈 ヽ   それに これから
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |   大坂城とあたることを考えれば
   /( ●)  (●)\  !   !
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l   誰が総大将であるかということを
  |     |r┬-|       |  /
  \     ` ー'´     //     皆の前に示した方が良いんだお
  / __        /
  (___)      /





590 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 01:57:51 ID:uuzs0Z4g

             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \
      /( ●)  (●)\ )
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\    そのためには中納言であるやる夫が
    |    (⌒)|r┬-|     |
    ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/    這いつくばるのが手っとり早いんだお
    | | | |  __ヽ、    /
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄




           ,. -───- ..、
          , ‐'":::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        , '               ヽ
      /...::::::::::::::::;ィ::/`'゙`i:::::::::::::::::::::::::...゙:、
     /イ:/::::::::/:::/ |::!   |::|ヽ::::::、::::::::::::::::',
      /::/!:::/:/:::/ |:i   l::| ヽ:::l.゙;:::::::::::::::!
      |:/ |:/;イ:::/   l!     リ  `、! ゙;::::::::::::::!   あーーー
      l! |! 'ヘレ'─t‐r‐    ーt‐ァ─ !rl゙ヽ::::l
             |   ~        ~      l:::::',   なるほどねえ
             l              _,ノ::::::::!
          ,l,            ,ィ´;;::::::::::::゙、
          |::`:..、_  ─-   / !;;;;;;::::::::::::::`ヽ、
          l::::::::/ ``''ー--‐ ''"   i;;;;;;;;;::;;;::::::::::::::\
         /:::::::i       ヽ      `''ー-、::::::::::::::::::::ヽ
          〈::::::::::',. !  '''::..  ..::        ヽ::::::::::::::::/
         \_:::::゙,|               ゙ ,;;;:::::::/





592 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 01:58:51 ID:uuzs0Z4g

.   丿,.:.:.:.:.:',:.:r'i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ,
  / ,:.:.:.ィ ,i'  'i,i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. i
  i :  :.i:        ``'‐、:.:.:.:.:.: i'    なんにせよ わたしたちにも
  `'ヘ ':i      _,.-‐''- _,.Lr‐;.:./
    '‐く>- 、,_r'"゚´~`i゚  i' f /:.i     声を掛けていただいて助かりました
     i,_  _,i '‐--‐'゜   /.:丿
   .  ヽ ̄ L、      i 〈-'´     感謝します
      ヽ.  __,,...-‐'  / i,‐z,
       ヽ  -     / _,.‐'´`>、_
        ヽ.  __,.. - '-‐'_,.、‐'´:::::.:.:ヽ_
       ┌'`]'"´~__,,.‐'´::::::::::::::::::::::::::..``'''‐‐-
    _,,..、-‐'~'‐t-‐ 彡:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.....:.:
  ,r'´ ィ'´     i/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::




       ____
     /     \      いいお いいお
   / ⌒   ⌒ \
  / -=・=-  -=・=- \   困った時はお互い様だお
  |      (__人__)      |
  \     |++++|」_キラッ/
       `ー''´ l





597 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 02:00:00 ID:uuzs0Z4g

                     ___
                   /   ヽ、_ \     むしろ やる夫は吉政殿に
                  /(● ) (● ) \
                /:::⌒(__人__)⌒::::: \  迷惑をかけたかと心配だお
                |  l^l^lnー'´       |
                \ヽ   L        /  田中隊は今日の激闘で疲労も酷いだろうに……
                   ゝ  ノ
                 /   /




                 . - ' ´  ̄ ` ー 、
               /::::::::_:ァl/゙`''´l::、::::::`ヽ
                 /::::::://l/liヽ   l:l_l_li、::::::ヾ、
             /:::::li/ _  _    ´! !`l!::::トi゙:i`   ん~ わたしら今日の戦いじゃ
             '::;:-|   ̄     ヽ、.._ l:::::} リ
       ..     l::{ 、.l    .. __'__     ./、::リ     あんまりイイとこなかったからね
     /´ツ ‐'´-.、  |:::ヽ、    i    l    ' }::l
      {       ト! /::::::::::ト、   '、   /   /ノ::::|     続きがあるなら有難いことよ
.     ゙、    }/:::::::::::/:::`iヽ、`ー'__... ィ´::::::::l
      }-‐r‐r'、:::::::::::::::::::/´'7 ‐`-└、:::::::::::::::::li、     それに近江は わたしの地元
     l     }. ‐'' `ヽ、/_ l  l  |:::::::::::::::::::::::ヽ
    〈    .:..:..:〉.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ̄` ー=、__::::::::::::/    あそこらについては任せてちょうだい
     l   .:..:..:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.``ヽく
.      |    .:..:.|´` ´ ̄`ー' ヽ_ -、:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:/ヽ__
.      l    .:..:.|`ヽ . -/     `` ´` ーヽ.. l、::::ヽ
     /    .:..:.!、/>'- '´      .:..:..:.    ヽ \:::)
.   〈     .:..:..ィ!_..:..:.__. -'´ ̄` ー-‐ ' ヽ、  }   ヽ
    \ _ . .ィ':::::::ヽ.:..:..:..:..:.          ヽ/     \
          j::::::::::::\.:..:.





598 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 02:01:00 ID:uuzs0Z4g

               __
         ,.. - ' ´..:::::::::::::::::..``ヽ、.
       ,. ‐´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..\
    , r'´..:::::::::::::::::;、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..ヽ.      ……と 言いたいところだけど
   /,:::::::::::::::::::::/V ''!:::ト、::::::、:::::::::::::::::::::::::::..ヽ
 /'/.:::;:'::::::;::;ハ:::|   !:::| \:::iヽ::::::l、::::::::::::::::::.ヽ    正直 佐和山城は厄介ね
  /;:r'/:::::/:/ l::|   !::|  ヽ:| !::::|ヽ:::::::::::::::::::.',
  /' /.:::/::/ヽ、_!|    !| _,. -!'´ _::| ヽ:::::::::::::::::::i    三成が大々的な改修を施したのも最近
    |:::/|:/{ ---lr-、 -!'、''l"  ̄  ヾ |:/⌒ヽ:::::::l
.    V ! l _ , -='    ` '' ー‐ '   ! 〈  |::::::::l   さらに城を守る三成の父も兄も劣らず優秀な人物よ
          |                / /.:::::::::',
         l               _, /.::::::::::::.ヽ
        {    `        /l:::::::::::::::::::::::::::.\
        ゙i: 、   ヽ=ニヽ  ,.ィ´  |:::::::::::::::::::::::::::::::::.\
         |:::::::`:::- 、..__,. ィ´      ヽ._:::::::::::::::::::::::::::::::::
       /.:::::::::::::::::::::;ハ         /ソ 、::::::::::::::::::::::::::::
      /.:::::::::::::::::;:ィ'i l  !      / /  `ヽ、::::::::::::::::::
.      ヽ:::::::::;:ィ´   l l _. 、  _,.、 /./      `ヽ、::::::::
       >‐´    ', ヽ、   ,.ィ' /         `ヽ
      /       ヽ、 `二´- '
      i




         ____
       /_ノ   ヽ_\       吉政殿の言葉を そのまま返すお
      /( ●) ( ●)\
    / ::::::⌒(__人__)⌒::::\    佐和山城のことは やる夫に任せて欲しいお
    |        ̄      |
    \               /





600 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/11(日) 02:01:55 ID:uuzs0Z4g

         ____
        /⌒  ⌒\
    (ヽ /( ●)  (●)\   /)       やる夫も……
   (((i ):::::: ⌒(__人__)⌒::::\ ( i)))
  /∠ |     |r┬-|    |_ゝ\     高宮で無駄な時間を
  (___     `ー'´   ____ )
       |        /           過ごしていたわけじゃないんだお!
       |       /
         |   r  /
       ヽ  ヽ/
        >__ノ;:::......



              <第5部 その8 SMART ESCAPE FOREVER>おわり





601 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/11(日) 02:02:08 ID:u.wSTfPE

お、なにか秘策が?





605 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/11(日) 02:03:12 ID:YUagA.Xw

高宮での長期駐屯の伏線がここにくるか!





606 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/11(日) 02:03:18 ID:DlcyYfy2

次回は佐和山地獄変の巻





613 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/11(日) 02:03:59 ID:W8ASP3qw

やる夫が政武両面で働いてて主人公してるな





587 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/11(日) 01:56:50 ID:RdkcqRmE

すっかりサバサバした戦国武将に目覚めちゃって





594 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/11(日) 01:58:53 ID:OtN5sRjc

まるで名将のようだ





636 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/11(日) 12:42:32 ID:OMzzrPvI

如水さんが小早川幕府の準備を始めたようです





637 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/11(日) 12:53:17 ID:Nx2yaoz.

いやあ、やる夫の前途は明るいねw





667 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/12(月) 00:31:32 ID:Lxti9mhM

蝋燭はいつ強く燃えるか知ってるか?










投稿日 : 2011/12/18 | カテゴリ : 新・関が原戦線異常アリ | コメント数 : 37
■コメント一覧
  • No.16268 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年12月18日 08:59 [ edit ]

    やる夫の軍勢は数が多いだけの烏合の衆のような描写しか知らないから
    この活躍は以外だな。この先どんなことになるか楽しみだぜ…



  • No.16272 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年12月18日 10:58 [ edit ]

    今までもコメント欄で「正則はこんなに切れ者なのに
    天下の主導権争いからどこで脱落しちゃったんだろう?」と
    何度も言われていたけど、
    とりあえずこの回の後半では家康に再び差をつけられてる印象だね。



  • No.16273 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年12月18日 11:17 [ edit ]

    この秀秋だと最後は暗殺されるのかな?



  • No.16275 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年12月18日 11:25 [ edit ]

    正則も所詮尾張20万石だからねぇ。
    関八州250万石の家康と張り合うのは難しい。
    佐和山19万石の石田も奮戦したとは言え散ったし。



  • No.16278 名前:名無しさん@ニュース2ちゃん 投稿日:2011年12月18日 11:57 [ edit ]

    流石にこのスレはがちがちのやる夫びいきの描写になってきたな
    主人公だから当然ではあるが、露骨に嫌な奴にしか見えん



  • No.16280 名前:名無しさん@ニュース2ちゃん 投稿日:2011年12月18日 12:36 [ edit ]

    何でやる夫(秀秋)が嫌な奴に見えるか考えてみると、
    他の武将や部隊の活躍をも含めて横取りしてる感があるからかな
    主人公だからと言えばそうなのだが、なまじっか他の武将が魅力的に書かれてきたスレでもあるので、
    唐突にやる夫に活躍されてもむしろ、と言うところはある。
    AA的にドヤ顔がウザイ、と言うのもあるが



  • No.16282 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年12月18日 12:50 [ edit ]

    それはお前の目が曇ってるからだ



  • No.16284 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年12月18日 14:09 [ edit ]

    面白い話だね。

    ただ、史実のやる夫が有能だったかはともかく、家康にとっては「こいつを亡き太閤の遺志を継ぐ者と担がれても困る」と考えたんじゃないかと思う。

    幕府を開いた後は、譜代の家臣でさえ武闘派は改易されて潰されていったのだから。
    戦に明るい奴や御輿になりそうな奴は残しておくと必ず揉める原因になる。

    どっちにしても、やる夫の未来はなかったのだろう。
    全てを捨てて、捨て扶持だけもらって隠遁生活をするなら話は別だったかもしれんが。



  • No.16285 名前:名無しさん@ニュース2ちゃん 投稿日:2011年12月18日 14:29 [ edit ]

    徳川政権初期に外様大名がどういう目にあったかを考えればこのやる夫が無事にいられるとは思えんからな
    どっか遠方に配置換えされるかおとりつぶしにあったんじゃね



  • No.16286 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年12月18日 14:41 [ edit ]

    ここから先はだいたいナレーションで済まされるから楽しみだな
    できればこのまま大坂の陣まで見たいと思ってしまうw



  • No.16287 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年12月18日 14:43 [ edit ]

    やる夫は秀吉の後継者候補だったから土壇場で迷いに迷ったが、
    だからこそ、吹っ切った後は正則や他の大名を超える視野の広さを持つことができたってことか。



  • No.16288 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年12月18日 15:01 [ edit ]

    主人公の陰が薄いのは、やる夫シリーズの様式美ですね



  • No.16289 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年12月18日 15:08 [ edit ]

    島津の退き口はAAで見るといろいろ辛いよなあ。
    年の離れた弟の忘れ形見が、武将として花開いたところで…だからなぁ。
    まあ、それで島津豊久は伝説になったわけだけど。



  • No.16291 名前:名無しさん@ニュース2ちゃん 投稿日:2011年12月18日 16:13 [ edit ]

    豊久は立場が難しい上この地獄の関ヶ原から生きて帰っていたら武名にも箔がつく
    このあとの島津家は忠恒(家久)を中心としたどす黒い陰謀の世界だから、
    ひょっとしたら島津家を揺るがす事態が起きていたかもしれない
    豊久生還は島津家好きにはかなり魅力的なIFだねぇ



  • No.16292 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年12月18日 16:27 [ edit ]

    こりゃやる夫のあの最期は、自演・狂言だったのかもしれないな。
    やる夫の兄弟が豊臣家の跡目争いから文化人として脱落していこうとしたように、
    やる夫が天寿を全うしたければああするしかなかったんだろう。
    予想外に寿命が短かった、という結末ではあるが。



  • No.16293 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年12月18日 17:34 [ edit ]

    この後、長政は父に怒られると言うのに・・・。



  • No.16294 名前:名無しさん 投稿日:2011年12月18日 18:11 [ edit ]

    これ一気読んだけどイメージ変わるなマジ。
    どうも卑怯者の裏切り者なイメージがありすぎてギャップでタイトル見直すわ。



  • No.16296 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年12月18日 20:01 [ edit ]

    ここまでの経緯を追ってきた結果、評価がぐるっと一周回って、門倉コピペよろしく、
    「そして思ったんだけどやっぱり小早川秀秋ってクソだわ」
    の台詞しか思い浮かばない。

    作者さんの意図としてはどうなんだろうな。



  • No.16298 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年12月18日 20:39 [ edit ]

    >No.16296

    それを言うなら北陸の不良在庫とかマスオさんとかDIO様とかトカゲはどうなのよっとw

    みんな、家名を残すのに、生き残るのに必死だったのよ。
    それをぬくぬくと生きている漏れらがケチつける資格は無いよん
    言えるのは、「辛かったなぁ。無念だったなぁ」って慰めの言葉だけさ
    むしろ、「関が原の合戦」の一言で把握されていた史実に、
    コレだけの武将たちのドラマを描いてくれたスレ主さんに感謝だ。



  • No.16299 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年12月18日 21:03 [ edit ]

    確かにここまで見ても「秀秋すげー!」にはならないかな

    カイジ家康も真紅三成も凄く魅力的だし、東軍の福島正則や田中吉政、
    西軍の大谷刑部やプリキュアコンビなどなど、もう人材それぞれが綺羅星の如く、魅力溢れて描かれてる
    北陸プロレスも、上杉の無茶苦茶も、トカゲの生き残り策も、それぞれもの凄く面白い

    でもやる夫に限っては大谷、宇喜多、島津と次々襲いかかってもこう、特に胸にクルものが無い
    これが開戦直後に堂々と名乗りを上げて打ち破ってるならそれはそれで胸が梳くんだろうけど

    こればっかりは作者さん云々じゃなくて、やっぱり秀秋の行動そのものに共感できないからなんだと思う



  • No.16300 名前:名無しさん@ニュース2ちゃん 投稿日:2011年12月18日 21:21 [ edit ]

    作者さんは出逢ったやる夫スレ作者さんでトップクラスのストーリーテラーだし、
    秀秋の見方が変わったのは事実だけど、だからといって悲劇の名将とか不幸な若者とまではちょっとな
    秀秋の裏切りを戦国ゆえ致し方なしとするにはどうしても義務を果たさず権利を主張しているように見える



  • No.16301 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年12月18日 22:40 [ edit ]

    この話は最初っからやる夫をヒーローとも悲劇の主人公とも描いてないように見えるが
    そういう風に見える人にはそういう風に見えちゃうものなのか



  • No.16303 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年12月18日 23:08 [ edit ]

    秀秋っていうと正直書き割りみたいな印象しかなかったから、
    若いがゆえにグダって決断遅らせて、遅らせたがゆえに開き直るしかなかったっていう解釈は人間くさくて面白い。
    むしろ凡人がゆえの行動って感じで、作者さんの解釈なら、やる夫でなければカイジあててもいいような印象を持ったな。



  • No.16306 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年12月18日 23:48 [ edit ]

    別に作者も秀秋を再評価させようとは思ってないんじゃないかな。
    最初はその意図があったかもしれないけど、それが無理だと思ったから
    途中でほぼ主人公交代になっちゃったんだろうし。

    少なくとも「作者はヒーローとして描こうとしているが、読者はそう見えていない」
    というような乖離はないと思う。



  • No.16307 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年12月18日 23:55 [ edit ]

    どっちかというと「作者にヒーローを描くつもりは最初からないが、ヒーローが描かれることを期待して失望した読者が一部にいる」のかも。



  • No.16308 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年12月18日 23:58 [ edit ]

    ヒーローとして描くなら創作の可能性もある徳川の催促鉄砲のエピソードは無しにして、
    小早川の寝返りが遅れ気味だった理由も、単に松尾山の霧が中々晴れなくて敵陣の様子を掴むのに時間がかかっただけ、
    という説を採ればいいだけだしな



  • No.16309 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年12月19日 00:06 [ edit ]

    まあ欲を言うなら、腹を括ったあとでも若者らしくテンパっててもよかったかもしれないとは思う。
    土下座にしても、表面はともかく内側ではあれをやって印象を売るしかないんだくらいに思いつめてるとか。
    腹を括ったあとが妙に悟り済ましすぎて、かえって半端な印象が幾分ないでもないんだよね。
    基本的には面白いから、贅沢なのは承知の上での感想なんだけど。



  • No.16313 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年12月19日 09:43 [ edit ]

    >No.16300
    秀秋が負ってる義務は大名として家名を残し、1万の将兵とその家族を食わせること。
    関ヶ原は家康と三成の主導権争いでしかない以上、三成にも家康にも果たすべき義務は無い。
    勝ち馬に乗れたなら悪名を得ようとも義務は履行している。



  • No.16319 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年12月19日 12:56 [ edit ]

    あれだけ悩みまくっていながら、いともあっさりと東軍につくことを決めて、
    以後迷いなく淡々と行動している姿に、なにかやる夫という人間の軽さ、芯の無さを感じる。


    作者さんは、やる夫を覚醒したヒーローとして描いているようでいて、
    その実、有能ではあるが、やはりボンボンとして育った薄っぺらい人間であるという、
    やる夫の哀しい宿命を臭わせているんじゃないかと

    勝手に推測してる。



  • No.16322 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年12月19日 13:38 [ edit ]

    *16319
    >いともあっさり東軍につく

    もともとやる夫軍団は上杉征伐の為に徳川方へ参陣しようと大坂に出て来たんだが。
    豊臣秀頼≠西軍だし、やる夫に尽くす義理って毛利家に対してだけだろ。
    それもより血縁的に毛利本家に近い吉川広家が御覧の通りだし。

    俺としてはこの作品で「関ヶ原で裏切った若殿」ってイメージがすっかり変ったよ。
    むしろ、こいつ裏切ってないじゃん、最初から東軍じゃん、って。



  • No.16331 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年12月19日 16:11 [ edit ]

    >16293
    あの描写のあっさり具合では刺そうと思ったとしても次の瞬間福島さんが来てるな



  • No.16341 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年12月19日 20:15 [ edit ]

    >16322
    同意。

    この話を読んで小早川秀秋が裏切ったというより、西軍が小早川秀秋の取り込みに
    失敗しただけという認識に変わったよ。

    それにしても、第一部から散々回りに振り回されてきた秀秋がようやく独り立ちしたが、
    後二年しか生きられないんだよな・・・・・・



  • No.16361 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年12月20日 03:02 [ edit ]

    No.16309
    そうは思わん。腹くくった後はこんなもんだ



  • No.16431 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年12月22日 20:46 [ edit ]

    秀秋の行動の軽さに違和感は感じないな。伏線は、藤原惺窩との絡みの時に出てるからね。



  • No.27100 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2015年04月17日 11:15 [ edit ]

    三成の空手形ボムで状態異常になってたのが、味方の銃撃(家康のマジギレ)で
    リセットされたってイメージだなあ
    そして「関白」という目標がなきゃ東軍勢としてはこうなるわ、家康をどうこうしたいと思ってた訳じゃなし

    あと補佐たる家老込みでグッダグダだった以上「やる夫がクズ」ではなく
    「若い家中の脆さ、狙い打ちなのだわ・・・そんな心は」と東軍みてーな台詞を吐く光成に
    してやられたって所じゃねーかなあ



  • No.27431 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2016年04月04日 23:22 [ edit ]

    しかし長寿院盛淳のAAがCV玄田鉄章のキャラとは、何か運命を感じるな
    (郷里大輔さんが亡くなった後ドズル役は玄田氏が引き継いだ)



  • No.27470 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2016年06月16日 23:02 [ edit ]

    これまでの話見る限り、家康は親石田派の島津の力を削ぐために義弘の帰国を許さずわざと庄内の乱を長引かせたようにしか見えん



■コメント投稿
     行間隔の関係でアスキーアートを貼りつけてもズレが酷いことになりますので、
     アスキーアート付きのコメントは削除する方針です。
     荒らしの書き込みに対してレス・言及しているコメントも削除対象ですのでご注意ください。
プロフィール

管理人 : 「ピチカー党員No.11」こと金ニダリスト

       ___
      |それ金|
    z'| ── 、
    / ハ ヘ u ヽ
  人/ノヽ ミ=‐...|_     生活の中心が株になっとる
    }≦ u 爻r.j. |彡}
  (  u  リ У{三≧
   ` ー─t r三勿 {气}
      厂 ̄(三)  `气


◆カウンター(ユニーク)    ◆カウンター(トータル)
       


全記事一覧

RSS

管理モード
ツイート
最新コメント
最新記事
まとめ記事
【歴史系】
【物語系】
【ゲーム系】
【学ぶ系】
連絡先はこちら

苦情・相談などありましたら、
下記のメールフォームにてご連絡ください。
(ファイル添付可能)

連絡用メールフォーム

貰い物紹介

TOP画像募集中

  

ダンジョンマスター作者様からいただいた逸品。
カナ、マジプリティ!



  

  

帽子屋HeII0様からの贈り物、しかも二枚!
各作品に対する愛情が伝わってきます。
帽子屋HeII0様のブログ - 「-simulacra-」

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
© それにつけても金のほしさよ All rights reserved.
まとめ