■新城直衛は、末法の世に抗うようです 予告編 「you are not alone」
609 名前:文 ◆Civ.a/bGUo [] 投稿日:2011/12/05(月) 20:27:32 ID:qo4DMOcM

はーい、予告編を投下します。





610 名前:文 ◆Civ.a/bGUo [] 投稿日:2011/12/05(月) 20:27:51 ID:qo4DMOcM








               これは、お伽話。





                  歴史に埋もれた人々が。




                               奇跡を信じた人々が。




                救いを求めた人々が。




                              願い、望んだ人々が。




                                           (おとぎばなし)
               少しずつ、少しずつ紡ぎあげた、小さくて大きな 前 生 譚 ――








611 名前:文 ◆Civ.a/bGUo [] 投稿日:2011/12/05(月) 20:28:08 ID:qo4DMOcM



                            (せじざいおうぶつ)
        むかしむかし、ある世界に、 世 自 在 王 仏 という仏さまがいらっしゃいました。



              .    il  /:::::::/   ′     '、    \:::::}
                、__jヘ人ji::/   /    /   ヽ     ∨
                ./ {{´`V.:   ′  ..:/  :/\ 丶 ',   ':,
                /  >=j/   :|  / /}  l  ヽ \:.}i   :!
                | / l (( .|    | ,' | l  |   ‐ヽi\i:   :|
                l   Vゝ=|    l斗/ll八  l   __jl  リ   il
                |   .   }     l l i| _\i    ぅえ圷j  .人 ,__
                リli    j八   ',リ,ィfラ斥     弋ぅツ,'/^/  `ヽ
                 il .//` ̄ ヽ  ヘ Vぅツ      、、、.. ':::/ / /
                ノ|/〈ー、 丶 \ \ 、、、  ′,    人/ .:' /
                   乂\ :..  Vミノヘ   `    ィ  /  /{  /`ヽ
              . r─ 、   j∧:.   }´  > r     jカ {  /:乂/  /ノ
              . {__  \、.li ∧ x‐‐‐< __.}` ̄ヽ / i.:八_.∧:.:/ ...:/<
                `\  \_/     ヽ|:l `>‐弁ー<=、ー< ..:人、_
                  ヽ、:.:./       }:l/ / ∧V>‐' \ ∨:{:.:.:.:/⌒ヽ
                __ノ.:ノ:}/   \ }:lヽ´  l :li V \  ヽ 乂_/⌒\ ヽ
              .f´ r─‐=ァ′     ヽl:l     | :lヘ:', \ヽ  i、 ヘ  ((    ).:.:)
              .乂 \  /     :.、 ∨     Lj ',:V ヽ}   \ \ ヾ二彡'
                >ー' }       \ }      、 ヘ∨       ヽ 〉
                __ /    .:/   |        ヽ}i}      ∨
              .(   `\_   .    }        li}.       }
                `\ リ:::::`.< 丶  .′        |i}       ∧
                 〈.∨:::::::::丶:::\ ヽ八 : : . . . .   _ノ人..___. .ィ ノ\
                  i }:::::::::::::::::::::::\〈::::::>─‐‐≦::::|i|:::::::::::::}ヽi/   \
                  ∨::::::::::::::::::::::::::::::V:::::::ll:::::::::::::::::::::|i|::::::::::: |  \:...ヽ
                  / ̄ヽ:::::::::ノ::::::::::::V::::::ll::::::::::::::{===}:::::|   \
              .   /  /.}ー-、::::::::::::::::::}::::::ll:::::::::::::::::::::|i|::::::::::::{     .\
                /  / l  i\::::::::::_/\リ::::::::::::::{===::::∧      丶
              ..ノ   /  .|   l  ヘ ̄ヽ\ `ヽ::::::::::::::::::lil::::::::::::∧ー─---...、


                    【 世自在王仏(ローケーシヴァラ) 】





612 名前:文 ◆Civ.a/bGUo [] 投稿日:2011/12/05(月) 20:28:19 ID:qo4DMOcM



      その、世自在王仏さま御在世のころ、一人の名も無き国王さまもまたいらっしゃいました。



                    ,,       ||⌒ヽ、
         ||⌒ヽ、  ,,  '"          `丶》_,, -‐‐==;┐
         ||   》/  __             \''" ̄\| |
        /⌒¨`ー-r彡⌒i }                :.  \| |ニ=‐
.      /         |   | |                   ':,  ノ/、
.   ー‐=彡        |   | |                  'く/  '
     /           |、  | |   |   /|   |、   _   \\  :.
    '            Ⅵ、\ ,j j  ,斗 '"/¨「`  | \´  |`  |ヘ⌒`  ,
    l /   .:    .:  〈 {\ノノ// l / 八   |   \  !   | ハ::ヽ l
    |/ /:::   .::::. :||\  l / |/    \ |  ァミx、|\ |::..::|、:lハ|
   // |:::::.   .::::|:::..::||    |/  ,ィ:テ"   `   {::::ハ l} ,'::ヘ}::::::|ハ|
  / |  |:::::::. .:::::|:::::::|ヘ    | 〃:::ハ       {r'゚ノ  !:l:::ト、::::’
     |  |::|::::::..:::::∧::::|ゝヘ   | 《 Vr' :ノ       `´  |::|::| ゙/
     | 八|::::::::::/  Ⅵ`ーヘ |  ` ´        丶 ```ノ::|::|
     |/   ヽ::::/   ‘|   rⅥ、  ````       .ィ::从!゙|
           ∨         ノ⌒ヽ、≧- .._   ´’ . <‐-レ゙
            -─、"\   `ー- ,,_/_ァ'ヘ     ハ
          /     ヾ:、\      |/  〉-‐.、   |
.         /       Ⅵ    _,, 斗-r'":::::::::::} j |
          '    \   ||,...::'"::::::::::::ノ--、,,斗-;:リ /八
        ノ      ヽ 〈:::::::::::::::/  `ヽ廴,,, |:|〈   ハ
       /        〉 V\/       )  } l/ノ
      〈 \          | /   \   ノヽ )"´ } ,ノ/


                 【 名も無き国王 】





613 名前:文 ◆Civ.a/bGUo [] 投稿日:2011/12/05(月) 20:29:54 ID:qo4DMOcM



                     _,.xェェェェェェェェlェェェェx、
              ィ'  ,ィ幺圭圭圭圭圭圭圭圭≫.、
         _,.-‐''(( ,ィ幺圭㌢"´ ̄ ̄``ヾ‐-ミ圭圭圭i、
          -―ァ    ,{圭㌢  /            ``ヾ圭圭>
        /   '´〃,/  /         }     、 ヾⅣ
         /     ,.ィ、/           /  /、 、   l  ヽ ヽ
     _z彡'    .〃 ./       ./ ./  /  ヽヽ  l   ‘, ‘,
       { /   {{__,'   | l  / ./l . /   ', ト、 .!   } .r‐、
       } i    ァl l   | l  /,.-/‐l /  ´ ̄!「`i |.   !(d ))
.         ノ人 i 〃l l  l l '´i.l /__ レ    ,ィ‐,リ,,,,Y !  l し、ソ     _
          _V-く ヾい  '..l i,xァテ!     '"{刎iil゙ヾ  /゙y ∧、_,.ィ"´  l
         ノ    `ヽⅥ、 Y.l" 'r刎}.       ヾ='’ ノ./ .ノ/ .,イ      ,.ィヽ、
       { ``ヽ、   ヾミ、 Y!  ¨´    、    _z彡イ_,.ィ゙' /    /-‐''"
         `ヾミ>、   、 ヽヾミ、       __,     // ./    /  ,.ィ"´ ̄i
      / ̄ ``ヽ、 \  \ ヽ  ヽ、   _`   _ ,ィ′   \/ /(___/     ヽ
    /__    ヽ-‐'、,ィ===-、_ く´へト--/r‐‐ァ、___,.ィ'´ ̄`ヽ,./   ,.ィ'´ ̄
     二ニ>、ヽ  ,.イア‐》 | /ィⅣ i--》Y´/-彡"´ Ⅵi、     ヽ/ /(___
    /  /´ ̄`ヽi{ア/ヽ、ヽ_l‐'‐'-く"´ /lllト ヽ   、 Ⅵ、     ヽ‐---‐''"⌒) ヽ
.   {   {.    〈{:_/ヽ、/ `¨¨¨``"´ 7l l l ヽ.    ヽ、    `'ーへ     /






         ,. ::|.i´::`>゙'´: : : ; : : : : {: : : : : : : : : : : :::ハ; : : ヾ:´:゙|.|:`ヽ、
       /: : : ゙i.゙i/: ; : : :/: : : : :λ: : : : : : : : :ヽ: : 、:゙i; : ; : ∨ハ: : : : \
     /; : : : : : :>': : : i : /: : ;i : :/:λ: : : : }、 :、 : : ゙i; :ヽ;:i; ::|: : ゙i: :i:ヽ: : : : \
 ,,.='゙ァ'゙: : : : : : /: : : : :|::/: : :/: ::/:/ ゙i; : : : :|.゙i; :ヽ: : :i,: : ゙i;i: |: : :゙i,: : : ゙、: : : ヽ、:、
   /: :,i: : : ;i/ノi: : : : |/: : /i: :jム斗 .i;: : : ::| ゙i‐+女::i; : ::i!: |: : : }: : : : : : : i: :ヽ`ゝ、
   /::/,i: : :-r''´: :i: : : : /: ;七斤ル'   i; : : :|  ゙i, \:`iト- :i: |: : i:i、: : : : : : ::i゙i,: :i,
  /,'゙ ,i: : i: i゙: : : i: : i: :i:;イ  レ_,。ッャ=.  ゙i; : |  =zュ。,'_| ヽi::|: : i:i:゙i;: : : : : : :i, ヽ:i,
.  i'  ,i: : ::i:i: : : : i: ∧: ::|:|. ,x'斧^iさ,    ヽ!   孩^ら,'x  i:|: : リ; :i;: : : : i: : :i  ゙i!
.    i:: : /i!: : : : i:;i : i; ::i:|  辷i,,斗       辷izilリ ゙' i:|: ::ト;i: ::i: : : :∧: :i
    i: :/ i; : : : :N: : |゙i;:i:| ヽ´ヽヽ ヽ、  '   ヽ ヽ `゙ ヽ、i:|: ;i゙ノ:i: :i: : : ;i i; :i
   ノ'゙   i; : : ;i゙ i: ;iλi;i|゙、                 i:|;i゙イ: λ:|: : /  .i;:|
       ゙i; ::;i .|/  リ゙i!゙ヘ        、‐__ァ     /`リ' .i; ;i i;|::/   .リ
          ∨  ゛ ,.-゛-'f::i : .、.,,       ,,.,:' ヾー- ,,_ .リ  i!/
           /    {:::| ゝゞ、、''  .,,. '' ノ゙ ノ |::}:    .ヽ
          ./     |:::|  弋 ゙゙''=ェ='''゙゙ /  |:::|   i   i,
          i      |:::|    =、_||_,,.''゙   |:::|   l   i,
          /!   i f-‐┴''¨¨¨¨¨¨ヽr--r''¨¨¨¨¨¨¨¨''ー-i    ヽ
         (    ヘ|      '¨¨¨ {_{'´ ヽ      /    }
         .\    i、       /.|| ヾ、       i   /
           ヽ、 、_|ヽ     /∠」L_゙i \     /i__ ィ
            |  | 弋  .// /¨¨¨¨¨゙i, ゙i,\ / i  ζ



       国王さまは世自在王仏さまのお説きになるみ教えを聞いて、心に大きな喜びを抱き、





614 名前:文 ◆Civ.a/bGUo [] 投稿日:2011/12/05(月) 20:30:11 ID:qo4DMOcM



             _     __    _ _ _   ∧.
           /∧'.  /__||-‐ . : . : . : . : . : . : `丶 》  xへ
           }| ヘV//.::}}: . : . : . : . : . : . : . : . : ..`丶/}.|
          >'´: . \: : /,': . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : \}.|
         /: . : . : . : :.V/: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . ヽ:\
        /: . : . : . : . : . :∨: . : . : :|: : : :|: : |: : : :ヘ: : : : : . : . : .\丶、__
      /7: /: . : . : . : . : . :V: . : : :l:|: : :/|: :八: : : :.|ヽ: : |: . : !: . : :丶 ̄`ヽ
     / /: . !: . : . : . : . : . : .iヽ: |: :斗七^}: / ヽ: : :|‐ト: :!: : :.|: . : . : .\:.ヽ
     /:/i: |: . : . : :.l: . : . : .l: . :l:/ 斗= |/ 丶 \:!\j八 l: :|: . l\ト-、\
     /:/ |: . :i: . : . :|: . :八: V: :| ィチう^「      fうトミ i: :|: . |:ヽ}: . :l`ヽ
      l:/ |: . ∧: . : .l: . : . :\:ヽ| ト r'.:::リ         }ノ゚.::ハ 八|: . |: .\:.:.|
      |   |: . | V: . :|:丶: . : .!\i.V辷ツ        ヒrソ : i:.|\j: . :ハヽ!    私、やっとわかったの。
.        |: ./  ∨:.:|ヽ:ト、: . |: . ハ ///        /// : l人: . lヽ: .|
.        |:/  八: .| |i \l、: . :|        ′     ': .|: :|ヽ:.ヘ:. :|       叶えたい願いごとを見つけたの。
.        |′   }/  }   ヽV: | 、     ー-    . ィ |: .lハ:| \ヽi!
            |        .Ⅵ__ >      <   |:/
                 __ノミ  `丶_j≧、.      li
              r─=='\\丶     / 人___
             /     \ヽ-‐──、__x─‐..、 ヽ
             }      く::::::::::::::::::::::Kヽ::::::::::}  }
             /     ヽ  V::::::::::::::::イ! \:::::::::| 八
.            /       \ V::::::::/l::|≠}:>‐'i   \_
           く          ヽー'   l::|  |::|  } 斗 ノ



                   悟りを求める心をおこし、国も、王位も捨て、――





615 名前:文 ◆Civ.a/bGUo [] 投稿日:2011/12/05(月) 20:30:23 ID:qo4DMOcM



          ,..''| |´: : : :.:>゙'´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `ヾく: : : : //: : `ヽ、
        ,.': : : :| |: : :,.'゙: : : : : : : : : : : : :/:: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\: : //: : : : : : ヽ,
       /: : : : : : | レ': : : : : : : : : :,: : : : : :/: : : : : : : : :,i: : :i: : : : : : : : : : :ヾ/: : : : : : : : :ハ
     ./: :;.:': : ,..'゙´: : : : : : : : : : /: : : ::/,!:i: : : : : : : /|: :∧: : |: : : ::ハ: : : :ハ: : : : : : : : : : ::゙i,
 _,,。,:''-‐''/: ,.:' . :'゙/: : : : : : : : : :/,>ヤ"",/i: : : : : / |: " ゙゙̄'ト、; : : ::}: : : : ゙i,: : : : : : : : : : ::゙i,
     ./: : : : : : :/::,.': : : :,: : : : /: /  i/ .|: : : :/   .|/  ゙i,::|,゙i,\: i: : : : : :゙i,: : : : : : : : : : :゙i,
    ./: : : /: :/,.'/: : : : : /: : ././/     .|: : /    .リ    ゙i,i ゙i,: :ヽ: : : : : : :i,: : : : : : : : ::ト;:゙i,
   /:: ///:'": ::/:/: : : : :,!: :,: /'       .|::/          ゙i ゙i,:,!|: : : : : : : i,: : : : : : : : :i ゙i,:゙i
  /:/ /: : : : : :/:/i: : : : : ,!:/     ,。っ≡ミ |/      r,.≡≠z、  ∨|: : : : : : :i゙i,: : : : : : :i: :i .ヾ、
    /: : : : : : :,!': :i: : : : : i/.   ,.ィル''゙´               `゙㍉, }: : : : : : :,! i:: : : : : : |、!
    .,! : : : : : : ,!: :,!: : : : :,! i   レ'゙                    ゙'゙ ,!イ: : : : : ,!: |: : : : : : | ゙i,       (ブッダ)
    ,!: : : : : : ::!: : i: : : :i: ,!(.i   / / / / / /   '    / / / / / / ,! .|: : : : :/i,:リ: : : : : ::i       私、仏陀になる!
   ,!: : : : : : //: |: : :,i!:,!: (.i                        ! i: : : : /i:|゙i,: : : : : : i
   /: : : : ::/ /'゙,!::i: : ,!i:,!、ミ .i          ‐.-‐‐ー‐-.‐        ..,!: : : / i:| ゙i,: : : : :i
  /: : : /   ,!:/ i: ,! i! ヽ、.i                        ,!i: : :/  ゙i  .゙i,: : : :|
 ./:;..'     .,!/  i::!     ゝ、                    ,..:' .i: /      \: :|
. ':'゙       /   .i:!       ゙'  、          . ,.. :' ゙    i/        \!
            ゛           >r 、    ,.. :.' i
                       f= ┴‐、,,` ´  ,,-.┴`ツ
              /⌒丶--┰i_ム    ゙'ーir‐'゙    /  __,,.....-、
            ./      ┃_  ゝ    |.i.|      }¨ ´┃       ヽ



                   【 法蔵菩薩(ダルマカーラ) 】



           (ほうぞう)                    (ぼさつ)
            法 蔵 と名乗る、悟りを求める修行者―― 菩薩 の行を始められたのです。





616 名前:文 ◆Civ.a/bGUo [] 投稿日:2011/12/05(月) 20:30:34 ID:qo4DMOcM



          そう。 この、法蔵菩薩さまこそが、


                     (しゃばせかい)
             のちに、この 娑 婆 世 界 の歴史の上に、幾つもの救いをもたらす――



                      / \. /    |            /
                        |   ∨    |   __    i      |__
                        |    ‘,  > '"       ¨'' |      /´    ̄二=-  .,
                        , '" |     }/         ⌒ヽ.   /          ̄ミ\
                  /    |     /   ,            \─-ミ              \
                  /    人   '   /          \ ミ゙\  \  ̄ ¨ '' ─-   ... _
                :'  /       X_i  { | i       \   : ‘:.    /              ̄  ‐ ミ
              ///    /  /  .:::|  | | |   |  | ヽ  |  ’,  /       ___ ...二ニ=-  \
                /′ '    /  /  .:::: |  | .斗─!:  |、 ┼i┼;-i|    廴人\  ( ̄ ̄ ̄ ̄             `\
               |   .:   \ .:: i〉 八 |八从\| \j八| | }    V::::::\  `\
               |  ' |   |_ノ   j!   ヘ{`ー'"     `ー'"ムイ    }:::::::::::::\
               | / |   | ̄¨'7i  |  ⌒ヽ``  '  ```イ j ト、 ;:\::::::::::.. \
               ∨ 八  | /八 {\\> .._ `  ´_.ィ´ノィ/∨:::∨::\\::::.... ミ\
                   \/ / /::\´ ⌒∨¨}=ニ={⌒}  ̄⌒\::   \\   ``   ‐-   ... ___
                      /// .:/:::/     廴__   ___ ノ     ‘;      :...          ────
                       // / .:/:::ノ       入_´ ,.イ      /x,.ニニニフ    ‐-   ... __
                // /..:://        辷‐<__/__    ノ//   \                ̄ ̄
                // //::/|\     ____,/二_У V⌒ヽ\_/又:::\    \  ‐-   ... _ ..二ニ=-─
                // // // |:::::トr::r‐ '" ( (/`ー-、   ノ}___ ̄´   }::::::..\    \           `ヽ
              / ,:' //  //   ::::/ |/     _夊⌒7{ //|__  乂___ノ:::::::::::::..\    `: .,          \
             : i.//   : ;'   |:::i /    / / | | 〃ニ_ソ ∨\  \:::::::::::::::::::::::::....       ‐-   ...  _
             {//    i i   |:::i \ /:::| ム i | | :::|   ∨ )   ∨ ̄ ̄¨ '  :;:::::::......      ::::::::::::::...
          //;      | |   |:::| /___>| / ∨Xノ:::::| , Ⅳ :厂 ̄ ̄        \/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄〉::::::::::::..
          // \\    | |   |:::| \::_{ i   /\\|/ ∨ /               \       |::::::::::::::::::....
      //     \\/⌒ ̄ ̄ ̄⌒/   \__ノ\ \ \_/                   \       |
      //     / ̄/        /        ヽ }   \\                   V⌒ ̄ ̄





617 名前:文 ◆Civ.a/bGUo [] 投稿日:2011/12/05(月) 20:30:53 ID:qo4DMOcM










         「あなた達の祈りを、絶望で終わらせたりしない」






                  「あなた達は誰も呪わない、祟らない。 因果は全て、私が受け止める」










618 名前:文 ◆Civ.a/bGUo [] 投稿日:2011/12/05(月) 20:31:08 ID:qo4DMOcM










                      「だからお願い、最後まで自分を信じて――!」












619 名前:文 ◆Civ.a/bGUo [] 投稿日:2011/12/05(月) 20:31:43 ID:qo4DMOcM






                                 ア ミ タ ー バ
                                無量の光をもつもの


_  \: : : : :.\\: : \\:. : : : :\                                               /: : : : : : : :.//:./ ./: : : : /
    \: : : : :.\\: : \\:. :. :. :.\                                         /: : : : : : : :.//:./ ./: : : : /
.   |\\: : : : :.\\:. :.\\:. :. : : \                                         /: : : : : : : :.//:./ ./: : : : //|
    \:\\: : : : :.\\:. :.\} :. : : : : :\                                   /: : : : : : : : :r /:./ ./: : : : //:/
     \:\\: : : : :.\\:. :. :. : : : : : : : \                                   /: : : : : : : : : : : : :./ ./: : : : //:/
.     _ \:\\: : : : :.\\:. :. :. : : : : : : : \                            /: : : : : : : : : : : : :./ ./: : : : //:/ __
.     {\:.\ \:\\: : : : :.\} : : : : : : : : : : : : \                           /: : : : : : : : : : : : : : ノ /: : : : //:/ /:./}
       \:.\ \:\\: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \                    /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ://:/ /:./
.          \:.\ \:\\:. :. : : : : : : : : : : : : : : : : : {                   /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : //:/ /:./
.           \:.\ \:\\:. :. :. :. :. :. : : : : : : : : : :‘   ___   j ___r_、_   ___ .     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.//:/ /:./
             \:.\ \:\\ : :. : : : : : : : : : : : : : ‘, . ヽ_>=:.:.:.:.:.:.{  Y__ j__./: : : : : : : : : : : : : : : : : : ://:/ /:./
             \:.\ \:\} :.: :. : : : : : : : : : : : : :.v-'7 ァ:/:;:.:.:.:,:.:.:.:ヽノ:.:.ハ___r'/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :レ: / . : :./
              \:.ヽ_}: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : >xイ:リ〃ム/jrッヽ:.トミ:.:.:}i :メ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ∠イ: :/
                     \:. :. :. : : : : : : : : : : : : : : : : : :ハ{:ハ i{:ミ、 i ._f〆} ー-メ/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :∠
                  ー---、:._:._:._:._:._:._:_:_:_:_:_:_:_:_:_:ヽヽノv'二ニくハx_/: : : : : : : : : : : : : : :_:_…_:_:;__:_:_:___:二二二ニニニニニ====:-
=====ニニニニ二二二二ニニニニニ≧=====_______,…j 二>≦≧¨´ }ミ≦=====升≦--く________...:… …―――-:. . .
             . . . …..====-----------====≦r‐‐´ ィx厂ミ_彡¨}=仄ー==-ッ: : : : : : : : : : : : : : ;.......---------ャ: : : : : : :\
-========ァ: : : : : ¨: : :_ : : : :.-==ニニニニ二二二二コヽ77ヽ__Y / }    r≦Y ヽ=ィ¨ー= ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                 \ : : : : :\
 .イ: : : : : : : : / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄≧ア’¨¨¨:>ャ//∧≦トn   Y7//=イi///- ー==...___                    \ : : : : :
: : : : : : : : : :/          ===='´     /゚:>ヽ////V〃    リ\/////ノ\ \\ー-----======================彡: : : : :
: : : : : : : :/       _..ニィ´             /  / 〃゚ ̄ //_     ヽ{_}::} \:}  \ \\____
: : : : : , '´     イ:/               /  ____ /   r}__ ィ¨\ヽ \   }::\ \__.\      \
ー==='    イ: :./                /  :i}\   ←ァ-、   } V   __ヽ,  :\ }:}\\  > ミ=====:\_
          |iiiハ  r===ァ-、__{ヽ.    }ツヽ ー ¨¨` ¨¨ :.:.:.:/ニニ} :.:.|:.:.{ニ0ヘ:.:.:.:.:.¨¨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ー=<ニ0ニ|
          |二 ヽ_}ii/:.:.:.:.:.:.゚:.:.:.ー=:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ニニoリ :.:.|:.:.:Vニ゚ニヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\ニニ゚リ
.    .__ィ≦゚i|ェ゚>':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:ニ〇ニ{:.:.:.|:.:.:.:}ニニ0ヘ __: :, --―――――ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\::ト、
   /:.ヽ゚:ニニ>':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:r'¨  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ii¨¨¨¨iハVニニニニニ} .:.:.|:.:.:リニ_ニ0ニ//ニニ。ニニニニニニニニニノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ=
  /: :.:__/::У:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{:ニニニニニニニニニニニニニニニト Y::::::::::::::ヽ:.:|:.:./::::::::::::::У 7ニニニニニニニO゚ニニ/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:V
/゚ : : : ー /___ ___:.:.:.:.:.:.:ヽ:ニニニニニニOニニニニニoi∧ \::::::r==} |:.:{===、/ /v---、ニニニ0ニ。ニニ¨¨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄¨¨¨¨>
: : : : :゚//ニニニニニニニニDニ¨¨¨¨¨iニニニニニニニニ/:::::V/ヽ_..\ ヽヘ |:.リ >'  _/::::::::::::::ハニニニニニニニニニニ。ニ0ニニニニニニニニニニニ
: : :./  ..\ニニニニニニニニ0ニニニニ。ニニニoニニ゚ニニ/:::::::/::::::::::::::二ー‐ハ |:.レ:.:.彡:´}:::::::::ヽ:::::::::::V二ニニニニoニニニニOニ。ニニニニニニニニニ
:./     ..\ニニニニニニニニニニ゚゚ニニニニニr--v:::: /:{::::::::::::/::::::}ヽr-:|:.:V::_ -==、:::::::::::} ヽ::::::}ニニニニニニニニニニニニニ0ニニニ>
.          \ニニニニニニニニニニoニニニニ{::::::::::::::/:::{:::::::::/:{::::::::ノ==v゚j:.:.:}::::H::::::::}:ヽ::::::}::::::}::ム__ニニニニニニニニニニニoニニ>
             \ニニニニニニニOニ〇ニ゚ニ:|:::::::::::/:::::::\::{:::::ヽ::{::\_:::{ニ:ナ:ノ::::Y:::::::::}/:::::::}:/::::::ヽニニニニニ0ニニニ>i
             \ニニニニニニニニoニoニ}::::::::::l:::::::::::::::ヽ.__\_::>=--':::::::::_|:::::-:::::::::::::::|:::::::::::::::ハニニニニニ>:::::::::::|
                  \ニニoニニニニニニニハ:::::::::}:::::::::::::::::::::::::::::::::::ー-::::__:::::´::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::〃ニニニニ/ :::::::::::::::|
               }\ニニニニニニニニニ}:::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::/:/ニニニ。ニ{::::::::::::::::::|
               |::::::)ニニニニニニニニヘ::::ヽ__\_____:::::::::::::::::::::::::::::}__ :::::::::::::::/:::::::::::/::/ニニニ。ニニ\:::::::::::/
               |:/ニニニニニニニニニニ\::::::::::::::::::::::::::::::::::`:::::v-―¨:::::::::::::ー::::ム:::::/:::/oニ゚ニニ0ニニニヽ::::/
               |{ニニニニニニニニニニニOニヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ニニニニニニ゚ニニニニニ}j
               ヽニニニニニニニニニニoニニニ>=---、::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::: <ニニニニニニニ>=====彡
                 ー=========='¨¨¨¨  }  ノ=、__::::::::::::::/:==-<¨¨/¨ ¨ ¨ ¨ ¨ ¨ ¨ ¨
                               V       フ¨ \_     /
                                ≧======彡ハ  ////>、./





621 名前:文 ◆Civ.a/bGUo [] 投稿日:2011/12/05(月) 20:35:12 ID:qo4DMOcM








           希望を抱くのが間違いだなんて言われたら、




                           私、そんなのは違うって、何度でもそう言い返せます。










622 名前:文 ◆Civ.a/bGUo [] 投稿日:2011/12/05(月) 20:35:51 ID:qo4DMOcM










                   ――きっと、いつまでも言い張れます。












623 名前:文 ◆Civ.a/bGUo [] 投稿日:2011/12/05(月) 20:38:15 ID:qo4DMOcM


   ┏┓
   ┗┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
        新城直衛は、末法の世に抗うようです
     ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓┓
                                       ┗┛
___________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ///////> ´      >  ´        ゝ三イ’_         ` <         ヾ////
    //////     > ´      ィ≦777//////////////7777≧ii、    ` <    V//
    /////{  > ´   , ィ≦//////>//7///////////////7//<///≧ヽ、   ` 、  ,'///
    ゞ////}´   ィ//////>´/:.:.:.////:.://////////////:.:.:.://///////<//>    V///
      `<{ ,ィ////>/´///////:.:.:./////////////////:.:.:.://///////////////>   {>´
        {/>;:;:;{`ト=,,////////>--─────────---≦///ニ--‐‐イヾ//>、/ _
     , ‐--{:;:;:;:;:;:;リ     7´   `゙゙<ミト、   : :V: :{ i: :_,彡>'''´ ̄ `ヽ       };:;:;:/< /
    ../ ヾ  ヽ:;:;:;:{     {i:    ・   ヾ=ト/ /} :ヾ<;/.    ・     i}      };:;:;  ,イヽ
    .{  {::>、 V;:;{    ∧          i} ヾ /   /人          / / 〃 .i;:;:;i  { ヾ
    ハ  ;:イヽ .V;} ヾ、   ` ー-----‐ ´ / ´   ヾー..> ‐----‐‐' , ≦    |;:;/ イ:ヽ ヽ
    ..ハ { //>} {  ミヾ\三二====三    /:.:.:  iii  二二三==二三三≦  .|:;}  }//}
     .∧  、: { .{  >彡 ´     `ヾ''    i:.:.:.:.:.:.:.   `ヾ ゞ     ` <二 }:  イ:./  /
      ∧  、 ヽ∧                   {:.:.:.:.:.:.:                    |_   ィ /
       .ハ  ヽ_ i                    ヾ:.:.:ィ,                    i  ¨´  イ
     ,、}ヾハ   ',                 ,ヘ |/ .へ               ト、   ///
    ≦: ソ:’ .>、_ }.                ´  ` ´               i//77イ: .:.: .:.
    、}ヾ  ; ,;ミ: ./∧                                      ,'}///∧:  :.: .
    }:  }  .: .:. .///∧         __________            /:.: .}:. :.:.:::>-‐
    }< : .:.. : .:..{ { {_∧     .''´, 、                   ` .-、     .,イ’:}: :}:.:.:.:}: .: .: .:
     く:.   :.:. {i:.:ヽヽ ヽ>‐- 、才´、ヽ >、        _才⌒>、      ,イ///イ:.:.:./ : .: .:..:
    :. :.: >: .: .:.V///>、 ヾ ヽ ヽ\ \\ >、     {  / //`二 ̄/ // .イ:.:.:.i}.: .:.:.::. .:.

___________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                                                              ┏┓
                                ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┛┛
                                   ――第六巻 『帰命、無量寿如来』
                                ┏┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
                                ┗┛


                                                  Coming Soon....





625 名前:文 ◆Civ.a/bGUo [] 投稿日:2011/12/05(月) 20:41:17 ID:qo4DMOcM

予告編は以上です。
できるだけ早くお目見えできるように頑張ります。





624 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/05(月) 20:38:53 ID:5dbT7PTo

まどか様、マジ女神





679 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/07(水) 09:59:04 ID:9309LCDA

フリル満載のドレスを着たまどかの立像に新城さんは加持祈祷を行ってるのか
想像してテラワロッシュ





626 名前:文 ◆Civ.a/bGUo [] 投稿日:2011/12/05(月) 20:43:32 ID:qo4DMOcM

(作りかけの本編を見つつ)

しかしガチの仏教経典の内容描写を再現して描いてるはずなのに、
魔法少女アニメの台詞がごっそり流用できるとか、一体どういうことなの……





628 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/05(月) 20:58:15 ID:/6rTeRqk

まどかは魔法少女モノでありながら、ガチで「絶望と救済」を描いた作品だったから





629 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/05(月) 20:59:34 ID:uEJLyyLI

ド素人からすればまど神様の祈りは「全ての魔女を生まれる前に消し去りたい」だし
べつに信心とかなくても勝手に助ける阿弥陀如来の様に聞こえる
阿弥陀如来は仏となられる前に全ての人を救えないのであれば仏にはなられないと誓いを立てられた
ゆえに阿弥陀如来がいらっしゃるということは全ての人の極楽往生は約束されているのだ(シャアみたいな声で)





631 名前:文 ◆Civ.a/bGUo [] 投稿日:2011/12/05(月) 21:14:30 ID:qo4DMOcM

ごめんなさい、重箱の隅で申し訳ないんですが本職的に一応。

阿弥陀如来の存在が全ての人の極楽往生を約束するという考え方、
論理をそのまま延長すると「阿弥陀仏に帰命すること、つまり南無阿弥陀仏すらナシでOK!」
ということになりかねないので、真宗における異安心(=異端思想)の一つだったりします。

法然上人あたりに言わせると、
「月かげの いたらぬさとは なけれども  ながむる人の 心にぞすむ」といった具合で。

たしか異義としての名称は「十劫安心」だったかな。
検索すると親鸞会が派手に出るのがアレですが。





633 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/05(月) 21:28:15 ID:ItywT35c

月の光は夜になるといつでも届くが、当たり前と思うならそこまで
月の光で助かることもある。その光に感謝する時、その人にようやく月の光が届く
というような感じでしょうか、うまく五七調にまとめたかったなぁw





632 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/05(月) 21:20:54 ID:L21mQqRs

阿弥陀仏に縋れば必ず助かるけど、縋らないならば助からない・・・わからんでもないなー
いくら助けようとしても、向こうが「助けて欲しい」と思わなければ難しいもんね





634 名前:文 ◆Civ.a/bGUo [] 投稿日:2011/12/05(月) 21:42:36 ID:qo4DMOcM

「阿弥陀には 隔つる心はなけれども 蓋(ふた)ある水に月は宿らじ」という、
本願寺蓮如に仮託されて作られた歌なんか、更に分かりやすいかも。





635 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/05(月) 21:42:45 ID:dCsksii2

月影の話はキルケゴールの死に至る病を思い出した
全知全能の神でも救いを拒否する人は救えないという話





637 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/05(月) 21:51:12 ID:vteL30rw

どこの神も仏も基本的にタダで救わないなぁ





638 名前:文 ◆Civ.a/bGUo [] 投稿日:2011/12/05(月) 22:06:00 ID:qo4DMOcM

逆にタダで救う神がいるとして、

「タダで救います、何もしなくていいです。
――ハイ救われた! 貴方救われたよもう安心!」

これに何かしらの意味や価値が感じられるなら、
タダで救う神を奉じる宗教というのも成立しえるのではないかと。





639 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/05(月) 22:08:46 ID:vteL30rw

救われた本人も「いや、救われたと言われても」という気分になるだろうw





640 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/05(月) 22:08:53 ID:L21mQqRs

逆にものすごく怖いw










投稿日 : 2011/12/26 | カテゴリ : 法然 | コメント数 : 17
■コメント一覧
  • No.16474 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年12月26日 07:35 [ edit ]

    >「タダで救います、何もしなくていいです。
    >――ハイ救われた! 貴方救われたよもう安心!」

    これで納得できる人って、既存のいわゆる宗教組織を必要としない人だよなあ。



  • No.16477 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年12月26日 10:15 [ edit ]

    >>「タダで救います、何もしなくていいです。 」
    それなんて魔女化したまどか……。



  • No.16479 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年12月26日 12:46 [ edit ]

    >「タダで救います、何もしなくていいです。
    >――ハイ救われた! 貴方救われたよもう安心!」

    ていうか、これで納得できる人は、もう十二分に救われている人だと思う。



  • No.16480 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年12月26日 12:51 [ edit ]

    乱暴に言ってしまえば、信仰は救いの実感の対価なんだよな



  • No.16481 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年12月26日 13:18 [ edit ]

    ※16479
    むしろ、そこまで保証してもらわないと、「救ってもらえる」と信じる気に
    なれないような、救われ難い人もいるんじゃないかね。



  • No.16482 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年12月26日 13:35 [ edit ]

    お互いの事情に係わらず、無条件に愛されたい 許されたいって人はいるけど…そんなの信仰とは言えないしな



  • No.16483 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年12月26日 14:14 [ edit ]

    松岡修造みたいな神様だな──はい、救われた!



  • No.16485 名前:名無しさん@ニュース2ちゃん 投稿日:2011年12月26日 15:27 [ edit ]

    まどかは魔法少女モノの皮をかぶった別の何かだよなあ…



  • No.16486 名前:名無しさん@ニュース2ちゃん 投稿日:2011年12月26日 16:52 [ edit ]

    救いとは救われる側の主観的なモノなんだなぁ…
    本人に実感が無ければ真に救われたとは言えないか。



  • No.16497 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年12月26日 22:30 [ edit ]

    まどかマギカは明らかに仏教モチーフだよね。
    救済が魔女化ループからの開放というのも、理に混ざって人でなくなるという在り方も、まさに成仏だし
    すべての人を救いたいという願いゆえに自身も救済されるというのは菩薩の在り方だし。



  • No.16500 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年12月26日 23:57 [ edit ]

    いや、どう考えても『ファウスト』モチーフだと思うが。



  • No.16501 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年12月27日 00:31 [ edit ]

    うちの校歌を目にするなんて…



  • No.16504 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年12月27日 05:56 [ edit ]

    >※16501
    学校祖法然上人ですねわかりますん
    合同誕生会の時に一枚起請文の最後が違っててびっくりしたことがあるな



  • No.16525 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年12月27日 21:44 [ edit ]

    神様仏様…俺にいい職を紹介して
    俺を救ってください…orz



  • No.16561 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年12月28日 22:25 [ edit ]

    「幸福は義務」って救済に入るのだろうか



  • No.18076 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年02月25日 21:57 [ edit ]

    結局、竜樹の言いたいことは、人間の宗教理論=形而上学的な認識はどんな見方もできる
    見る視点で右にも左にも、黒にも白にも結論を操作することができる(去ってしまったものは去らない、去っていないものも去らないとか、観測者の観測時間を「瞬間」に限定すれば、そういう認識を「操作」できてしまう)

    認識論の結論は、その議論の主張者の認識を得るための観測の前提条件を操作すれば、どうとでもなってしまう

    これはボーアの量子力学の考え方と似ていると思う

    結論は竜樹は、従来の認識論に立脚した議論は前述の理由から、全く意味がないから、そんな宗教論議は意味ないことを「証明した」と言いたいのではないか

    議論自体が、その主張する個人の認識に立脚する以上、認識を得るための前提としての条件があり、それは任意に
    どうとでも設定できるから、いくら議論を経ても真に客観性を持った結論なんて出て来っこないから、議論なんて無意味
    とも取れる



  • No.23078 名前:名無しさん@ニュース2ちゃん 投稿日:2012年10月04日 21:21 [ edit ]

    まあまあみんな落ち着いて、

    手を合わせて「南無阿弥陀仏」

    はい弥陀の慈悲は無量なり



■コメント投稿
     行間隔の関係でアスキーアートを貼りつけてもズレが酷いことになりますので、
     アスキーアート付きのコメントは削除する方針です。
     荒らしの書き込みに対してレス・言及しているコメントも削除対象ですのでご注意ください。
プロフィール

管理人 : 「ピチカー党員No.11」こと金ニダリスト

       ___
      |それ金|
    z'| ── 、
    / ハ ヘ u ヽ
  人/ノヽ ミ=‐...|_     生活の中心が株になっとる
    }≦ u 爻r.j. |彡}
  (  u  リ У{三≧
   ` ー─t r三勿 {气}
      厂 ̄(三)  `气


◆カウンター(ユニーク)    ◆カウンター(トータル)
       


全記事一覧

RSS

管理モード
ツイート
最新コメント
最新記事
まとめ記事
【歴史系】
【物語系】
【ゲーム系】
【学ぶ系】
連絡先はこちら

苦情・相談などありましたら、
下記のメールフォームにてご連絡ください。
(ファイル添付可能)

連絡用メールフォーム

貰い物紹介

TOP画像募集中

  

ダンジョンマスター作者様からいただいた逸品。
カナ、マジプリティ!



  

  

帽子屋HeII0様からの贈り物、しかも二枚!
各作品に対する愛情が伝わってきます。
帽子屋HeII0様のブログ - 「-simulacra-」

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
© それにつけても金のほしさよ All rights reserved.
まとめ