■新・やる夫の関が原戦線異常アリ 番外30 「敗北者たち」
209 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/31(土) 21:30:32 ID:5AtrYgPg

<番外30 敗北者たち>

慶長5(1600)年 9月15日
徳川家康を総大将とする東軍が「関が原の戦い」に勝利


     __.」|_       __─-..、 __
      二||二     >ー:::`:::::::'´::;∠.._
.     ̄|| ̄     /::::::  ::::::::::: :::-<
      ===     イ:::::::::::::..... ::::;、 .:::::::\
    ==ぅ>   |:::::::::::::;ィ;イ:/ \::::::::ヾ
       〃    |:::::::::::ノクへ> く.ヘハ::N
    ==       !にリ大。_ラ' 〈。_ラハ!
    ___,ィ    八_jノ  , ,、 r_ `く/
    ̄ ̄     /::::::::ト.人_ー─‐ァ7′
    O   ,∠:r‐:ヘ::::|`Y⌒¨二´/:\
    o  / ...:{:::::: ヽ:ヽ \ ,.イ::::::::::ヽ
   o /  ....::::::\::::::ト:ミ\./「:|::|::::::::::::::}
   /'´ ̄:\:::::::::::::\| l l l |/|/:::|::::::::::::::ヽ
   :l::::.. ..::::::ヽ:::::::::::::::|/////|....::|::::: ..::::::::\
   |:::::::::::::::::::::|::::::::...../'/////|::::::ト、 ..::::::::::::::::ヽ

          ↑ 徳川家康





211 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/31(土) 21:31:33 ID:ucHLroEE

家康、相変わらずいい笑顔だw





210 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/31(土) 21:31:20 ID:5AtrYgPg

9月18日
小早川やる夫を主将とする
東軍先鋒隊が石田三成の居城である佐和山城を攻略


     __.」|_
      二||二
.     ̄|| ̄
      ===..         *  _______
    ==ぅ>  / ̄|  +   /         ヽ   +
       〃   | ::|    /⌒       ⌒   \
    ==   .  | ::|x  / ( ●)    ( ●)   |  .
    ___,ィ ,―    \   | ::::::⌒(__人__)⌒:::::     |  *
    ̄ ̄ | ___)  ::| .!     l/ニニ.人     /
    O  .| ___)  ::|+ヽ    `ー‐' `Y´   /     十
    o   | ___)  ::|   .>          \
   o    ヽ__)_/   /                 \  ← 小早川やる夫


これにより時勢の流れは一気に家康と東軍に傾く





212 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/31(土) 21:32:20 ID:5AtrYgPg

    /    : i三≧.、x≦ミi: : : :\ ノ/〃 ./: / / ! / i    、i ヽ、\
   /: : : : : : : :i: {        |: : : : : ヘ i l:. /::: i| / /,ノ |      |  i
  ′: : : |: :,..-|‐|-     ‐≠、:. :|: : ', ! !::: i::::: ||  //|  | i   l ! i|  | |.
  |: : : : : :{/: : :|V       /ソ}:ヽ:|: : :| |:::. |::: ||/ ! l!  l |  ! / / |  i | |
  |: : : : : ∧: : :!       / |:. :ハ: : | |::: |/ハ!ト、ヽ>;、  l| iノノ,,_ノ  ノ,,ノ_/!
  |: : : |: : : |ヽ:.|≠ミ    斤ミx iノ: :|:. :|l | |i|  ! ||ヽ.〈爿 ヽ|| |'く(ソ`  ̄7iソ} l/
  }: :|:.|: : : |イ{__/:::| _i___/ トイ::|iム:.:.|:. :l ヽl!||  | ハ\ハo、 | ! “   :. “! l|
  |: :ト|: : :《 |:r-イl し| iフ |‐zrj ル: :!:./   || |∨ |i |f」|_ ヽ.! |      _,'´/! l|
  !: |┤: : :ト、ヽ-'′ノ ,ヽ_  ̄ イ:.:i: |/   || |/ /||./~|「  ゙|ト、.   ー゚'/ l/||
  ル': ∨ : ト、_ ¨¨   _    ̄/: : |イ    ヽ ノ/ レ'´  ' \ || ` ァ-‐'′ノ ||
   |: i 入: :|:.:.:.≧t--´-r:.:.:':.:.:|:.:./:|      リ ,ム     `ヽ、_/ `ヽ、  ||


                  そして 同時に……


   _ イ::../l/|/..:::N\lヽ.::\    ,.'´           .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::/
   フ::::::::::::::/:::::::ハ::::::::::::::::::::::::::',   く        ,.-────-、、、/
   イ:::::::/l/ |//  |/∨\:::::::::::::〉   \   ,..:´.::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
   イ:::l/ ≧‐ヘ  vz-―‐∨l:::::/     `y'´.:.::::::::;ハ::::::::::::::::、\::::::::::::.:\
    ∧'´(.)`    "(.)`ァ 〉y     /.:.:::;:::::::/.:トト、:::::::::、::ヽ::ヽ:::i::::|:|:::|
    ヽ}     i〉     /ノ‐┬、  /.:::::;::l:l.::::/:ハ::! \::‐ト‐ト-::|Vi::::|:|:::|
     ∧   r-―、   .仆  | | ,':/ :::l::l:l:.:/;/-‐';|  `,.ィr==ァリ':::;::;:::l
   _イ/| \ l____j /:::|    | | |,' |::|::|:|/:/rテテミ   _7込シ /.:://:::l
 /   |   |\__  イ/  |   / | |  |::|::|:|::::,弋zソ  .    ゙゙´ 7'´ ̄ ̄`ヽ
 ヽ    |   |__- ___//⌒)} /  .|   ヽトト|.:::ハ    '_ _     /:',      ノ
     |/⌒>、三--/ >\|/     |    ``|.:;'l::::ヽ、       ..イ::::ノ ,...--..、ヽ __ノ⌒ヽ
   \|    \\_//   /     |     l/ |.:.:::/l:::>ー <__/´ /.:::::::::::.:.\    ノ
          ヽl   _/_/|         |.::/.::レ'´ ̄`7l/ /.::::.:.::::::::::::i::::.:.\ 〈


            敗北者たちの物語も進行していくのである


             / /  /   :/     \  :.:...   :.:.:.:. ヽ
            ./ /   l   .:.l: /  \ .:.ヽ丶:.:`、 :.:.:.:. ハ
            l  l   | .!.{ :.:.{:._{_,  :._ヽ:斗:ト:.',.:.:.l:. :.:.:.',:.:.}
            |  |   l.:l厶.:イヽ:.ヽ  :.:..ハ.:l_}ヽ..}ヽ|:.:.:.:.:.:}:/
            i  i   :V _ヾ{z=k:ハ..:.:/' ィ戈''〒ヾl:.:.:./∧
           ノ :∧.  :ヽ ,ィf戈. ノ! }.:/  V≧ソ /:/:K:.:.:.ヽ
          / .:/ :ハ   :.:',` ヘ≧=' '´   ´ ̄   イ:.:.:.:.|:.:.ヽ:.:.}
         / ..:.:/ :.:.:ヘ.  :ヘ .:::::::::::::::::  '  :::::::::::::. !:.:.:.:.l :.:.:.:.:/
       /  :.:.:/ :.:.:.:.:ム  :.:.'、               , ′:.:∧:.:.:.:.{
       ヽ  :.:.:{  :.:.:./ .l   :.:.ト、     '´’   イ:.:.:.:.:./ ヽ_:.:.:ヽ、
         )ノ :.:.ヽ:.:.:.j   !  :.:l. > 、__, ィ'´ /:.:.:.:.:./   `ヽ:.:.::.:.: ̄ `ヽ
     , -一'  :.:.:/ :.∧  }  :.:.:V |  〉く   ./  :.:/      l:.:.::.:.::.:.::.:.: }





216 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/31(土) 21:34:31 ID:JiV56zWg

河へ落ちた犬へ、鉄砲を射かける作業が始まるのか





213 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/31(土) 21:33:19 ID:5AtrYgPg








           ───── 長宗我部盛親 ─────










215 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/31(土) 21:34:07 ID:5AtrYgPg

9月15日
南宮山方面から撤退中の長宗我部盛親隊は徳永寿昌隊と接触・交戦
少なからぬ犠牲を出すものの これを退けた


;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'//;/:.:./;/:.:.:.:.:./;;;;;/:.:.:.i;;!:.:.:.:|;!.|;;;;;;;;;;/i'....
;;;;;;;/i;;;/´ , , :.:.:.:.:.i/:.:.:.:.:.:.{;;;;;/:.:.:.:.:.:i,':.:.:.:.|'.:.:|;;;;;;/./. .  邪魔だ! どけっ!!
;;;;/ i;;/  " :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|;;/:.:.:.:.:.:.:!':.:.:.:.:,!.:.:.|;;;/:.:'.:,: 
;/ i;/ __, == ー== 、_:.:.:.!':.:.:.:.:.:.:.:'.:.:.:.:.:.:|.:.:.|;/.:.:.:/.: /∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\
ヘ i' ' ´        "`"=_;:_.:.:.!,!:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.|':.:.:i/:.:.:.:.:.:.:.:.:._.:.-ー= =-,:__:.:.
;|ヘ.'       _,.-="´""==_`ヽ、、_ ,: : :i : : :: !.,〟: : :,_. = '"       //
'| `    _, ="     鬱, `'i:.:.:`:.":ミァ,!/  |;;;;;;;;;=='""゙ミ._    〃
      'ヘ       ㌦ノ  ' : ::   -' :::::::>;;;/ .鬱    ゙i,   ./
        `.、       _ ,         '7/   ヾ゙'     };;..:.:/
ヽ         __ ...-ー´::.:.:::.:::.:...      . ...:.ー- ,_    '::.:∧
.{ i.        : : ::.:..:.::.:.:. : :        .i:.:.:...:.:.:.:.:......:.`:': :.:.:./:.弋":'.ー-
ヾ::!        : :.. :.:.           i:.:.:..::.::.:.:.::.:.:.:.:   ::/: : :ヘ: : : :
:.ヘ::.i                     .i;;.:.:.:.:.:.:.: : : :    ノ: : : : :ヘ: : :
: : ヘ:ヘ        __           '": :.;; : : :      / : : : : : :ヘヽ :
.: : : :ヾゝ     ´ゞ、ヽ、        丶 /       /:: : : : : : : : ヘ:
: : : : : : ヾ....    `ヽ`゙>丶、 , _____      /|   : : : : : : :
: : : : : : : :.i::\     `丶、_____/   イ::: !       : : :   ← 長宗我部盛親
.: : : : : : : : ヘ::::\                ∠´;;;;;;i:::/

─────────────────────────────────────

        /レ──…………― 、_>、
     , ' / ̄ ̄ ヽ ̄ ̄ ̄ ̄` ¬、l \
      /ヘ/         、  | l |  l    lヘlヽ
    ' /.  l、l  、   ヽ | l | |      ',
     |,l|l l | \ヽヽ ヽ ゙l ヘi、 |     |   |
     |l|∧、l |イ__\、\|   | 丶|   l /  |
     l' ⅥトN '{厂丁`ヽ| ,l  |      ,l/   ′   うわ やべ!
     . / ヽ ̄     Ⅳ|| ハ     /    /
      ゝ_ .      u |/ _ム       /      これ以上
        (__         l/ / ||   , /
       r'       /   l川  |′      あいつらに手を出すな!!
        ゙i     _         V | l |
          ゝ- '´ヽ        Ⅵ从{
           ,r‐|           ンソ ! \
            / ィf|      /,  |  \_
     _ .-‐/ / l|     //   |     | \    ← 徳永寿昌
  ,  "´  /   / j|    //    /   |





217 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/31(土) 21:34:57 ID:5AtrYgPg

            / ̄ ヽ―-- 、_
         _ // ̄` -―-、:::::::::::`゙ - 、
        //:;:;:;:Y;:;:;:;:;:ー---、__ヽ、:::::::::::::::::\
  .      //:;:;:;:;:__/       _ \:::::::\::::::::ヽ、
      /::|;:;:;:;r'      __∠_  ヾ、:::::\::::::::\
        |::::|;:;:;:l    l_∠)__,- '`   ゞ-ヽ、::::丶、i          盛親様! 敵方の手は
      |:::|;:;:ノ_,-┤ '''          く .个i、:::::::`\
      !:::ヾヽ f) /             ノノ/;\::::::::::::\       予想外に早いように思われます!!
      ト::::::::i:〉く::::....  _          _/;::;:;:;\::::::::::::::\
       | ヽ:::::!   ヾ /_ >、      / !;:;:;:;:;:;:;:;::;:\::::::::::::::::\
      |::::::ヽ::ヽ、ヽ/    l      /   |;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;;:ヽ:::::::::::::::::ヽ、
        |:::::::::::::∧  ',    ノ    /   |;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;.:;:;:丶:::::::::::::::ト!
      |,::::::::::::∧ ヽ-‐'   /      ',;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:|:::::::::::::|
       |;:;:;:,::::::::::::ヘ     /       ',;:;:;:;:;:;:;:;::;:;;:;:;:;: ト,:::::::::|
         !;:;:;:;:;:;:,::::::::ヽ-‐'i ̄__,.┬―┐ ├‐┐;:;:;:::,;:;:;:;:| |ノ~V
        l;:;:;:;:;:;:;:;:,::::::::::::T  ̄    l    l  ヽ  ',;:;:;:;:;:|ヽノ
       \;:;;|\iヽW::::/      l   | ̄ ̄ i  ',_,、ノ
         ゝ'r -ー' ̄  ̄`--、_ l   |    l__  ヒfi_
      , ―, ̄  ̄ ̄ ̄ ヽ      ヽ  ├====ヾヽ´ !  ̄ー _
    /    ̄ ''' ヽ   \    |   \\.:.:.:.i i  丶   ヽ、ヽ   ← 竹田惣左衛門
   /           \  丶    !     \\.:.:i i    \  |




  {l|:.:::.:.,:.:.:./:./// ィ _..._/.:.∠ィ.:_:.:-:.´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_z`
  \` ト' l:.:.:l://ィ∠ - ‥ ´  \.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
 、  \W.:r'”´           ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::__:::Z
  ` ̄7ハト、            /:::::::::::::::::___::::::::::::::::::::::::::::::::::`>    このまま東海道を上れば
     { {!'.      _        ミ_ - ―/, ⌒ヽヽ::::::::::::::::::::::::::::/
       }   _/_二二> - _二 ヘ::::::「 / \ヽ  V::::::::::::::::::::::;      都付近で 敵軍勢と
      〈__r-' ∠ - _二 - ' ´    ヽ_j \   '.  j::::::::::::::::::::::;
      「「 「`. rf!´  )         ∨ /´ /.::::::::::::::::::::/       鉢合わせする恐れもあります!
       7ヘ '. '. ',ゞ一           `  ,.:'::::::::::::::::::::::::;'
       /  '.弋l l             `─ ' `丶、:::::::::::::{、
     く  __ \_ノ            |        `<::::::'、__ 、
      ` ー,               j         ̄ ̄ ヽ / \
         \<二へ、        /            /    `
            _/: :}         /        _ - ´
            {─‐ '′      '      _ 、 - ´
            '.           _ - ´  l            ← 桑名吉成
             '.     _ 、イl \{       '.





220 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/31(土) 21:35:50 ID:5AtrYgPg

\                                     /
<    
ならば伊賀だ! 伊賀越えで大坂を目指すっ!!  .>
<                                     >
/∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\

        ,.ィ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>. . . . . . . `´丶
     /:::::/::::::::::::::::::::::::: ハ::::::::::::::::::::::::::\ /\/>へ ヽ.
   、イ:::::::::/::::::::::::::::::::::l::::/ ./:::/ヽ:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
   /:::::::::/::::::::::::,へ,ヘ l/ //  `Y ーュ.、:::::::r' ´  ヽ.::::::::::::::∧
  /:::::::::/:::::::::::.ハ/   /           l::i:::l〈 へ i::::::::::::::::::l
  /::::.ハア:::::::::::/  />ュ'´ア         l/ )  〉ノ::::::::::::::::::::l
 // i:::::::::::::ハ 〈.、l ヘゞリ /           く  /::::::::::::::::::::::l
    l:::::::::::/:::ト 、    `''´              /:::::::::::::::::::::/
    l::::::::/i:::::!ヘソ                /`,ー´::::::::::::::::::::/
      l::::::i l> ´    _             ヾ::::::::::::::::::/
      ヘ::;'  ヽ、 丶, ´. -`丶            ∨:::::::/
      `   l` くー´    ゝ、          〉:::::::>
          ヽ. ヽ.     /   l         //l/、
           ヽ. \ / //             '
             \ ヽ._ /              ヽ
                 ` .     .ィ              ∨
        >====-ュ. > - ´k───────=ュ、ユュ.、
   >‐ァr ´   >===ュ、`丶.l´`ー─ェ´ ̄ ̄三二、     〈ー─
  / ´      i l > '' ´ ヽ  ヽ\丶 ト圭ニェュ、  ∨  X´
 ,', '           ` ゝ、 _  ノl    ヾ, Y ¨¨゙''=   ∨ _∧
                 二 ソ     《  ゝ、          ̄


長宗我部隊は
関宿から東海道を外れ伊勢・伊賀を抜けて大坂に至った
まずは順調な撤退と言えた





221 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/31(土) 21:36:54 ID:5AtrYgPg

大坂に戻った盛親は 豊臣秀頼・毛利輝元への挨拶もそこそことし
烏帽子親である増田長盛の制止も振り切って 東軍が迫る前に大坂城から軍勢と共に引き上げた


         \  /:.:/:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:\ ヽ \
          ヽ/:.:.:/:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:./:/:.:.:.:.!ヽ ヽlヽ
            /:.:.:.:|:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:///:.:l:.:.:.:|:.:ヽ / l
.           |:.:.:.:..|ィ‐_-_、_. -///;ハ:.:|:.:.:.:!:.:.:.V   l
.           |l:.:.:.:.N r‐ァ-、` ̄  メ/‐-ヽ|、:.:|:.:.:.:|   _」
            ハ:.:.:.:l  弋:ソ  /´ ィ=‐、、\/:.:.:./-r ´
          /:.li \_\      ,   弋:ソ '´/:.:.:./:.:.:.l     ちょ!
.      __ /:.:.li   il、   , -- ‐、   _/:.:./:.:.:.:.:.!
     /´‐-、ト,:./:li ※ il:.:\ {__   }  ア ̄/l:.:.:.:.:.:l:.l     盛親! どこへ行くんですか!?
.   /  ‐-〈//li  il:.:.:.:.:.> 二ニ´ィ:li ※〃:.l:.:.:.:.:.:.l:l
   l  `ニ7'´: :.li   il ̄ ̄ _\ノヽ._l:li   il-lユ‐_-、:.:!l
  r‐l   |フ!: : にli  il〃 ̄  ィトK\  li  ilこ|ー‐  |:.:.:.l
  |〉l  イ _): :.にli※/ \///)l:l l:l ヽli. ilこ!|二  /:.:.:.:.:!
/>にLイく:.:にli /´     //(!|:| L!==li※!こl./  /!:.:.:.:.:.:.l   ← 増田長盛
丁L__|ーLノ:.:.:.にX      // )!|:|   ハ ilこ! l  /ヽl:.:.:.:.:.:.:l




            /    / ハ i ハヽ、\ ニ=、
        /   / /!ムノノ/ } ハ i、ヽヽ
        ,    !ハ{ _!__,ヾ  ' 二レ-! ヽ }ヾ
        l   ミ、〈 fリ `   ( 'f;リ〉 |ノレl
        ヽ _ !   ̄ __ 7  ̄  ! ′     すみません 長盛さん!
          {fゞヘ    f-‐-- }   /i
         ー-ゝ    |,__  /   ,.'-'       緊急事態なんですっ!!
             リ!ヽ _`二´ /
           「 ̄ ̄     「K´____
  __,.-=/==ニニ 、 ノ L__   / |
'´ == '/ニ, ′     \\  ト‐} { |ヽ
 ̄|´  l   '       ー-ヽ\_ ヽl ∧ヽ !\
  |   !  !             `''-{、ヾヽl. \
  !   l  l          _,.-――、).  !   \
  l    」 -‐       /      \ l     /\





222 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/31(土) 21:38:20 ID:5AtrYgPg

盛親は 井伊直政を頼り 降伏を願う手はずを整えるよう命じて
家臣を2名大坂に残した


           _____
          ′       \
         ′∥∥∥∥∥∥丶
        /∥/⌒\  /⌒\ |
       │∥/ _  ̄  _丶|
       │∥( 丶\  // |
       │∥)  \| |/  ( |
        ∩|| ====|│==== |∩
        ∪|| 丶゜-|│--゜  .|∪  また俺かよ
         ∥U   ソ    |
       □ │        |
     /⌒  -│ ───  |
    / 彡 /  |    =  |
   丿   / \ 丶    /   ← 井伊直政
  彡 彡     \  ---



この時点の徳川家の重臣のうち 山口直友のような例外中の例外を除くと
外交的な能力を備えたのは直政が随一であった





225 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/31(土) 21:39:38 ID:JiV56zWg

正信はどうした?
いや、あの有様じゃ無理なんだろうけどw





226 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/31(土) 21:39:38 ID:5AtrYgPg

そのため これより直政には多くの西軍諸侯から
家康へのとりなし等の依頼がひっきりなしに舞い込んだ


      、-ー'`Y <,___
  __≦ー`___ _二zく_
   > 7  ̄、-人  ̄`'┴<
 <之′Y´/{:;o)       \
   >{  ,'  | 、 ゛´ ,.  ,.l  ,  ゙i
   | !、{  | 寸寸T ハT7} ィ,l       あまり無理をして欲しくないのですが
   ′Ji, ゙i ゙i ( ≡)  (≡)|ハ|
    i⌒ヽ'(1. '''  _'_ ''' ノ川/⌒)
.     ヽ  ヽx>、.`⌒´_,イ l |::::ヽ/  ← 板坂卜斎
     ∧ 人lハ:::::l,三|:::/l| ,:::::ハ




             ,. -──- 、
          /  , ヘ .._  ,.、\
        /  /__      ̄   ヽi
          l   〈 ゙ー-゙ニコ!  lLニ-1
.        | r,=ヽ ===i  /==i     ま まあ しょうがねえさ
          | |ト|.| `ー-   \-‐l
   _  __| ヽ」l u.    r __ \!      誰かがやらなけりゃ
__ノ´   `l/|  ./ヽ  'ー───´l
_,, ニ=-‐'''7  | ./  :ヽ.   --   l      いけねえことなんだしよ……
      /  K.   ::ヽ     l `'''ー- 、._    (
     /   |::\   :::`ー:ァr─1   r '_ニ⊃   __ ) _ )
    /    |::::::::\   /:::|  |  /∠、ヽニ⊃( _ ⊂、
    /     |::::::::::::::::X::::::::::|.  |./   ‐‐ゝ\i   ) ノ
   /    :|:::::::::::;:く  >、::::|  /    ,二ニ\> ノ'´


この調整に忙殺され
関が原で重傷を負っていた直政の命は確実に削られていく





232 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/31(土) 21:41:12 ID:d8Hap5sM

直政さん、首おいてけにバンバン撃たれた挙げ句に戦後処理筆頭か





234 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/31(土) 21:41:30 ID:t15Vc8zk

その上、ひこにゃん城の普請もするんだよねぇ





230 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/31(土) 21:40:51 ID:5AtrYgPg

それはさておき
大坂に残した家臣への指図から分かるとおり
盛親は関が原の結末から西軍がもはや立ち直れないであろうことを理解していた


                  /::::::::.>''=''7  ̄):::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;:::::::::::i
                  l:::::::/  ,r<>イ ,';::::::::::::::::::::::::::::::::::::l `ヽ::::l      石田も宇喜多もお終いだ
                 l::::::i  i_イ:::::,' . . . _ . , ': ;:::::::::::::::::::::::∨ 〈 ヘ;
              !;::::`ー'´:::::::::';::::::::::::' ;:::,' '::::::::::::::::::::::::::::∨l  〉      毛利が徳川に対抗することもないだろう
             /r、l::::::::,'::::::::/;::::://:::::;ィ:ハ:::::::::::::::::::::::::∨ /
             l fヘ!:/l/l::::メ.// /::/ l:;' i:::::;ィ;::::::ァ;:::::::::∨       もう僕たちには
       _,. - ‐─-.ヘ ゝi'.  l/  `≧ュ、 ' ´  ! !:::/. l:;::::!ヘ:::::_:/
    ,ィ´ア´       ヽ.l    くアリ" ヘュ、_i  /, l/_,.k'ヘ/ l::/rl__ _     家康に詫びを入れるしか手はないんだ
   ,'              ヘ   ≧‐- ´    `ー〔ァリ¨ ヽ ,リソ   ` `ヽ
   /'    r'´ `ヽ     , ハ     ̄二=    `=一´ //   _    `ヽ.
.  /      i ,.r<.l     ,.ィヘ       /、     /´   ,r'´ .丶   ∨
. ノ      ゝ-ィ´  _ ノ / 仆、  ,ャ- 、__     , <    ;ハ.>'´リ    ∨
//       ,.ィュ、/  _/メ   \ `ー一' , <ハ  `ー-、 `丶='ソ.      ∨
      ,r佳圭仆、 //  ヽ.     > - .≦ト,   `ー、  _,.Aュ、_        ヽ
      ,佳圭レ圭仆、     丶.       ノ     と佳圭圭圭ミ、    ̄三゙丶.
     ,佳壬'ヘ佳壬/   _     `.、   ,r ´     ,佳圭圭圭圭飛        ,ゞュ
, . -ェェ佳少´  ∨/,',  '´  丶    ∨¨,'    , ‐- 、 l圭圭圭圭圭圭ヒ、     Kイ`
佳圭圭少'    l〉´      l      ー'    r'    `l圭圭圭圭圭圭圭|℡ェュ.、,_ `ー





236 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/31(土) 21:41:51 ID:5AtrYgPg

ならば ここで 例えば鍋島勝茂のように
自主的に大坂城下の自邸で謹慎し 家康との和を請うという方策もありえた


    {::::::::::::::::::::/::::::::/:::::/:::::::l::::::::::|::::ヽl\l N、 ト Wl
     〉:::::::::::::::/::::::::/::/l::::::::;!:::::::::ハ::::::::::::ヽlヘトl::ヽトl
   /::::::::::::::::;:::::::::/:/_j::::::/l::::::::::! ヽ:::::::::::::::::::::ヽ:::
  ./:::::::::::::::::::::{::::::/!/―‐l::::::' l::::::::::! ,-|:::::/:::::::::::::::::\
 /ィ::::::::::::::::::::ゝ:::レl'テ〒l:::::l 、:::::/ィZ|:::/|::|:::::::::::::::::::
  l::::::::::::::::::::::トヽ!上Z弖ヽ/  l:::/ ´しl://l/|:::::::∧::::::    あとは父上が
  |:::::::::::::::::::、N::l         l:/  ``l'"‐ /::::::/::::::、::
  /:::::::::::::l::::W、::l          l' /    /:::/::::::::::lヽ   何とかしてくれるのを待つか
 /イ:::::::::::::l、::N::l``        _   /-‐彳:l::::::::::::|
  |:::::::::::::::v\::ヽ      , -‐ー 、     /l:/l::::::::::::|
  l:::∧::::ヽl-、 \\        ̄     ムl'::|\:::::::l
  |/ ヘ::ト、:::::> .``\           /:::::l::/  丶トl
   lニ`lニヽ:::\  ` ‐-   _ ィ´二二ヽ
   V l   lハ::::ト         //,/   /
    vヘ.    l从          ///l/ /     ← 鍋島勝茂
    vヘ     ヘ       _」」7 〉 /



盛親も そのことに思い至らなかったというわけではない
しかし どうしても領国に戻らなければならない理由が盛親にはあった





242 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/31(土) 21:44:34 ID:xTrmHdxE

勝茂もこういう判断力ちゃんとあるんだよな、老獪さが足りないだけで





245 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/31(土) 21:45:48 ID:gq38xxbI

決断したことを罵倒されるだけで、やってること自体は愚行じゃないからね





237 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/31(土) 21:42:58 ID:5AtrYgPg

本編でも度々述べてきたことであるが
盛親の長宗我部家後継を認める朱印状は太閤秀吉の存命中には発給されなかった


         /;;;;;;;i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ;;\;;;;;;;;;;;;;;|
          l;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_;;;;;;;;j;;;_;;;;/ |;;;;;;;;;/|ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
           l;;;;;;;';l;;;;;;;;//.l;;/,/ .l/  |// │ ヾヽ\i\;;;;;;;;;;;;;|
          |;;-i;;;;;/i/   i'    '   ' '    `    i;;;;;r-ヾ
          i/_,ヾ;;l j                    i |;;/ - |
           i  ヾ、 -=、,,____ ヽ, / ___,,r==-  ,イ ,/ |
           丶ヽ i;r、 ,,r'':::::::::::::::ヾ__,、,_ir ':::::::::::::::::ヽ_/,liri' /
             `j、 l;l ゙ii::::::::::::::,; -メ‐、 ヽ::::::::::::::::::::ノ  ,irメ /
            /:lトヾ,, ヾ--./ / ./ヽ, `──‐‐´ ,r/l_/::::\
           /:::::|iiilヾヽ,_/ , '  /  i          !;i liiil::::::::::\ _
         _, -/´:::::::lr'ヽjl´   ,, '  ./  / _,-`       j;トjiii/:::::.:.::.:.:.:.|:ヽ_
   _, - '´.:.:.:.:|::::::::::::| /  ,i´  /  ,i_''_, _ ,-、  ,_j;;i //:::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.\_
─'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ゞ::::::::::| /  /  /   /   _/ ,/,,,j';;/ 〃::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.::.:ヽ-、_
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::ヾ::::::/  /  /   /  フ´   /-'_;/ /:::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::/     /  ,ト -/  /;;;;;;rl, イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.  ← 長宗我部元親
.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/         /;/  /;;;;; i,,-´  |:::::::::::::::::::::::::::::::::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:


盛親の家督相続が認められたのは
父・長宗我部元親が死去した去年 慶長4(1599)年5月のことである
さらに盛親が当主になることを家中の全ての者が諸手をあげて賛成したわけでなかった





239 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/31(土) 21:44:00 ID:5AtrYgPg

盛親には兄・津野親忠がいた
やっかいなことに親忠は盛親と同レベルで優秀な男であった



      _,-ー'´           `'´<._
      >           \  l    \
   _∠´            >Nレ'     ヽ_
   /                       1‐-
   /.:::  ..:                      ',
  /::::.: .:/   ...::  ..:/    l: l:.        ヘ、
  /イ:::: .::/   ..::::/ /l    / ノ \ヽ::..:. :. :. l:. l`ヽ
   l.::イ  .:::::::/:/  レi   /:: /_.. -ー\‐、l:: l:. ∧!
   j:::::l .:: .::://ナこニ;ミl:: /:/l::/7Z=サナ‐ャ.〉l:: |:リ '
   ノ:::::|.::リ l.::/<'ヘ::リ..`,l:/l´ l/  " ヾ-' " /f`|! |'
 /-イl::i:l´リl/X   ̄ /         /)ソ:l::リ
    l:/::|::::|、Kヘ      〈L      /-'/|/
    /´l/ヽ:l::::::::::\   ー- - -一'  , '::/
       ノノl/V|::::`-、,.      /l |/′
           l´  |:::`' -、_,/ .|
              |::       |
           _-ー」:::..      ト、__
          /i7:::ノ:::::..      ',l  l、
         ../::: `ー、_::::::..    ..::r'´  ト、
       _/´レ:::: /`ー`):::-、:. -‐十⌒〉 \ `ー、
      /∠´-ー┘::::「{...____.. -‐|! く.___\  `ヽ、
  _,.-''´     .了 / |::三=ー ̄:|:\  ` ̄、    ← 津野親忠
.-'´     _,-'´   `ヽ、l、::::::::::::::::::::/:/     ``-、


そのほとんどは元親が誅殺済みであったが
それでも 盛親の家督相続を太閤秀吉が嫌っていると知られた時から
親忠を当主にかつごうと企てる一派が長宗我部家中には存在した





243 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/31(土) 21:44:47 ID:ucHLroEE

爆弾が燻ったまま、領国を空けていたのね





244 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/31(土) 21:45:03 ID:5AtrYgPg

この一派を抑え込むために
盛親は父の死後 親忠を幽閉するという非常手段をとっている


                               _  /し'/
                          ,r'⌒''"´  j /  /
                         /     ,く(   {
                        /  ,,   ,イ l|  /
                             / // / l l|  _」
                       / / / / l  lレ′
                       "′/  ヽ レ、ゝィ.__.. -‐z
                         / ハ ヽ、 /     _ /
                        / /  ヽ  { l  ,r''7゙// ,'
               __,v=fヘ、___  l /   ヽ-' {/ / ∠ノ
        .イ¨¨¨弐才´ ̄j,ィ‐'¨´.: : ; ィ^ レ′       / /,r‐r 、
      / ,r'''ヘ,    ,ィ'´.: : : : ;'¨¨´. : : : :::::::::`ヽ.    l / l / ノ
    Fイ イ 灯_,r匕.: : : : : ,'     ` : : ;::::::::::::yヘ.   レ | ル/´}
   /¨`ー亠'´.: : : : : :   f  ` .、    ` : ::/.::::::\   " / /
 f´     .:::|    \    i     ヽ    , イ ` ::::::..ヽ  / /
 |      .:::l    :《 i,斗ヘ::::::..  _, 〉 ' ´       ` :::::L_....i /::::::,、
 |       .:::::V    ||:|::::/_ゝ.:::.' ´              i.:::::::レ′:,r'  :i:ili
  \____/    :||j/: : : : }!; : : . . . .          .:::::::::::::::::,'  :l:ilili
  「  ̄ ̄ ̄|    ノ/: : : : :.ノ::.\: : : . . .        ..:::::::::::::::::,'  :l:i:lili
  |     .:::{   //: : : :./ヽ::::::.〉、.: : : : . . .     ..:::::::::::::::::::,'  :l:i:lilili
  . |     .:::ヽ===イ ,ムイ::::::/::::.,': : :ヽ: : : : : .   .::::::::::::::::::::::,'   i:l:i:lilili
   ゝ--‐====ニニニチ-‐.::::::/ヽ.,': : : :' `≧=壬..:::::::::::::::::::::::::',   i:i:i:ililil
   `.r--‐‐‐-'¨´.: : :::::::./.:::::/:::::: : :         `ヽ:::::::::::::::::::',   i:i:i:ilili
     '.       ,斗≧′ .,′: : : :         i.::::::::::::::::::::',  :i:i:ililil
     .ゝ. ___,斗 '´   .::::::/  : : : : : .        入_:::::::::::::::::::',
      「ヽ     ..:::::::/ .: : : : : : : : .     /   `ヽ:::::::::::::



それから1年4ヶ月が経過した現在も
盛親は家中を完全に掌握したとは言えない状態であった
そもそも「会津征伐」への従軍が遅れ盛親が西軍に取り込まれてしまったのも
それが遠因である





247 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/31(土) 21:46:01 ID:5AtrYgPg

\                                            /
<      
だというのに 僕は負け組に与してしまった!          .>
<                                            >
<   
このままでは親忠派が息を吹き返し家中は分裂してしまう!!   >
<                                            >
/∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\

                . . -‐…‐-.....             ..-‐ 、
            >ー''ヘハ.::::::::::::::::::::::`ヽ.     /` <     \
           ⌒>.:::::::::::::ノ ハハハハ:::::ハ  /      `ヽ   \
             7l.:::::/:::ノ::ト、::::::::::::::::::::::::厂  `ヽ  . : : /´`丶、 \
            ´ノィイ<ハ! ヽ{>、:;.-、∧    . :l . . : : }     \  \
            ,.--=¬くヒハ ー''ヒノ> rヘ人 ', . . . : : } . : :/       \   `ヽ
          _/`ヽ  八  く     ,ィ  }} \. . : :j.:/          〈    }
        x<⌒`ヽ Ⅵ  \ ヽ‐)  .イ  /厂 ̄: : : :「           `^ ー'
    ,.ヘ'⌒丶、   ハ!   | ` ー< ノ __,/く. : : : : : : :}
 ,-‐/   、`ヽ  〉      `ヽjノ⌒} jー'.:::// . : ハ : 人
./ /  ヽ j.ノ },人   / ̄`ヽ     ̄`ヽj   「  /: : : : 〉
ヽ ヽ_>'(_/\ノ/       \  ー=ヘ. . : ̄. : : : :./、
   ̄                   ` ー-、ー 厂 ___/::::}
                          ゝ ⊥.イ.:::::::::::::::::::人
                         |::::::j.:.:::::::::::::::´:::ハ
                         |::::::::::/.:::::::::::::::::::}
                          ヽ::/.:.:::::::::::::::::::::ノ
                         /.:.:.:::::::::::::::::::/',
                       /.:.:.:.:.::::::::::::::::::厶=-‐-.、_
                         /.:.:.:.:.:.::::::::::::::::/.:::::::::::::::::| ハ
                     /.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::/.:::::::::::::::::::jこ jリ
                       /.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::/.:::::::::::::::::ィヨ  {{
                    l.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::..<´ |主  }ト、
                        \.:.:.:.:.:::::::::::::::::/   \'「 `ヽノリ.::',
                       ` ー一'´ ̄      ヽー彡'.::::::\


盛親は焦りまくって居城である土佐国浦戸城に向った





248 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/31(土) 21:47:21 ID:5AtrYgPg

9月下旬
盛親 浦戸城に帰還
親忠は土佐国岩村の霊岩寺に幽閉されたままであった


                            ,. -───-- 、
                      /          \
                    ,.ィ"    ,.-   `ー-、 ヽ
                      /     ノ      `、 ヽ ,.ヽ
                   /'       r:、ミヾ , ,!  , ,! ノ ! l       大変でしたね 盛親様
                   ,' ;    ト、.l"´ iノ'-‐ササ'"ミ rく  ',
              __  V|   ゞ、-一_、    '´ヒi}` リ{、.〉  ',      ですが こちらの方は異常ありません
                ,イy /`7ーrー、ト、ミ '´ヒj          ,-゚′  ',
               /  l_/ //=ぅ===ュ   ノ      r‐-、_;_    ',
           /   ,.し'´ー'´/´ゞ ̄`ーゝ、 ` く"フ  | l:`:.ー、ヽ、 ',
          , ′、       ノ   |i      > 、`  / ,!: . : . :.Y〉  ',
        /   `,.-‐ ''´   __ |i.__   _j^il: 厂//: . : . :./  ; ',
.         /    /      // 77^i/´ノ lレ',、_二ュ:イ´r'"ニ=ヽ '、
.       /    .,イヘ/`ヽ一:'. : l ,r',r','.:/  ,! ,:'"〃: . : ;/,r'/  . :. ヾi. \
   ,.ィ‐/     .ハ: . : ヽ:、. : \: . l,リィ/   ,!/ ,イi  : . ;Y /  . : . :. :. :|  `ヽ
 〈く: :/     ./. :.〉: . :  `:ー: /: ,':/  ,r-'"Z !i: .r-、:/ .: . : .,. :'.: .: トヽ  、}
  ヽ:\.._  /. :イ: . : . : . : . : .i. : ,':/…-ス_,ィ-┘!i: .ヾ;;;!: .,:-一:'. r-,、.: .:l ヽ\ ヽ
   ゝ: . :` ´. : . ソ: . : . : . : . : . ,!:.,'.:/:.  i;.   〃:.:.:.,!i_:.-‐'". :,.' | レヘ.:.l、 ゙i ヾ j
   `ー--一'"ー---───/:,':./::::..  i;  〃: . : l´  : .: . ,:' :ー''´.: :,! i, リ  リ
                   /:,'.: ハ、::::-一;- 〃: . : ./: .: .: . ,:'  . .: .:, : ./ ハ,!
                    /.:,'.:/.::/´  :i/: . : . :,!: . : . ,:'  .: .: .: .:, :/ ゞ、_ ,  ← 久武親直
               /.:,'.:/.::/   く: . :_._:ィ-一:''." . .: .: .: :. .:;/彡'


反盛親派の蠢動も 盛親の懐刀である久武親直が全て封じ込めていた
盛親は安堵した





251 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/31(土) 21:48:13 ID:t15Vc8zk

優秀な家臣ですのう





253 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/31(土) 21:48:32 ID:5AtrYgPg

さらに幸いなことに 帰国直後
大坂の残した家臣から直政とのつなぎが取れたとの報告も舞い込んできた


,iillllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllif;
.,illllllllllllllllllllllllハiillllllllllllllllllllllllii
,;illlllllllllllllllリハll  'lllハlメllll'llllllllllllir
;illlllllllllハlll'--lリ'  リ -ト-lリlllllllllliii'
..illllトlハl ",,..._     ,,..   iilllllllルi     助かりました親直さん
. 'iiトii、 ,; ;''"`'''     '''"`''ヾ /ii"
 '{、く`,        ,      /"/       それでは僕は
  `ヾ、_、    , _ "    ,//
     '\    ヽ、_ブ   ,/          大坂で弁明に努めてまいります
      l゛ 、      /
      |   ゛' ..,_,, r "             国許のことは よろしくお願いします
    ェ‐‐ー-----―rl、
   /_,,       `ー- 、
   ノ   '''¬- 、..   √7
   l"       ヽ   〉 |
   /         `ヽ,くヽ,,L,,__
  l      _,,_ , y ^ \\  /
  ,,     /    へt-,,,._ ヽヽ/__



盛親は大坂にとんぼ返りの船を出すことにした





257 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/31(土) 21:49:49 ID:5AtrYgPg

だが しかし……


     ,i;;;|;;;;;゙i、ドi,´:::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,i/.j /i|;:;|;:::.i        お待ちください 盛親様
     /;;;;li;;;i::'、t,'.,l:::::::::::::::::::::::::::::::::::',::::::::::::::::::::::::: :::::::/r',彳l;:ト:',:::.',、
    ,/;;;:;;;'i;/,'ゝ、。;l,          ,         ,/,゚r'ヘ\:::.::!:::..',ヽ、     かつて元親様も御指摘のように
   //;:;://::::::::::゙''ヽ,         .:l         /::: : : : `、ヽ,::l::::.i,::..\
  ;;:;;:、//: : :. ::::::::::::::ヽ、      ゛       /,l::.::.: : : : :.ヽヽ;'i、::.l::.::...';   親忠様は藤堂高虎と近し過ぎます
  ー//: : : : ::.:::.::::::::::::::'i;\     ‐一    ,/r'〈:::.::.: : : : : :./:/;:;:',`゙'.、::.:.!
 .:..:゙、.:ヽ, : : : : : : : ::.::.:::::::/;:ヾ;゙,,、      ,/,f";;:;;;゙,、::.: : : : : ,':/;:;:;:l:'l,,r=-゙:i、,   親友と言ってもいい間柄です……
.:. : . 冫、:ヽ、: : : : : ::.::.::;,/;;;:;;;:;:`;、ヾ,、,, _,,.ィ' /゙;;:,i";;::i,ヽ: : : : ::,i:,l;;;:;:::::i.゙|".:. : :.:
: : : : il; : :゙ヽ,゙''、 : : : : :,;i'::l;";:;;;:;;;:;;;:゙ヾヽ,,〃f´;;,r'';;;:;/;;;゙レ'゙'、: : :,/:i';;;:;:: . .i .l': : :
.:. : : ::》; : : :i}'、.:ヽ,::./,、-i;;;::;;;::;;;::;;;::;;;},Y,{;;il;'",;''゙r''';;;;;ノ人 ',\/:/;;;;;.::.:: .i./:: :
    ':: : ,;il'.:.:.:\`,rヘ ;゙'i:,l;;::;;;;;!;i!r";r'iク;il";;;;'";;;;, -'":..:i'^ヽ:/i;;;'.::::::::.,/: ,if
     : :'il;.:.:.:.:.:.:./:..:..:i""'- 、;;:;::::::;;;.[.I.];;;::;rー''": :i:.:.:.:.:.:.:l,:.:.:;;/;'':::::;::::.i='"::





260 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/31(土) 21:50:50 ID:5AtrYgPg

親直は 盛親以上に親忠の存在を危険視していた


      i;;;;;;;;;;;'',:::'::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.. 、::. : :...l
      !;;;;;;;/: ::.::.::.: ::.::.::.::.::.::.::.:_;、::.::.:.;;、;:.::. : ::.::.::.::.::.::. : : :゙'., :.:..|
     |;;r";´: : : : :;. : : : : : : : :./;;;;;`V´;;;;;';: : : : : ::. : : :: : : : : :゙、:..l
     i´;;;; ;;;,'; : :.i':. : : : : : : ; :l::.:``゙''"´:.:::i: : :. : : ::. : : ::. ::.::. ::..i:..|       あるいは高虎は この機会に乗じ
      i"/;;;;;;;';::.:.:.|::.::.r :; ::..::.l::;!:::       :::!;、::.::.::.i::.:.:.l::.::i::.::.::.'i:.i:..|
      l;i'l;;;;;;;';:.;;::.:ヾ;::i;::.l,.:|::.:'lヾ、     ,リ'/;:.::.i.リl::.::,l::.:;j;:.::}::..リ::..!       家康に願い出て 我が国の半分を
     i!lヾヾ;',:;;゙、i_::.ゞ、:i゙i,\i,ヽ`    ´ノ,ノノ'リ_i;;,=i∠!,:ィ'::,イ::.!::..!
     `i|;l゙ヾr、;;_;ヾ、ミゞif;j;i'';r`、,_,.  、_,.-ー,ィi;f;''jー;彡丿,r'^リ::.:i:::.',      親忠様に分け与えようとするかもしれません
     ,i;;;|;;;;;゙i、ドi,´ 'ヽ ゞ。;ソ,゙' 'ヽ   ` `, 'i。;ソ_,.'" ,i/.j /i|;:;|;:::.i
     /;;;;li;;;i::'、t,'.,l  ´"' ゙̄    ',       ´ ゙̄`  /r',彳l;:ト:',:::.',、     ここは思案のしどころです
    ,/;;;:;;;'i;/,'ゝ、。;l,          ,         ,/,゚r'ヘ\:::.::!:::..',ヽ、
   //;:;://::::::::::゙''ヽ,         .:l         /::: : : : `、ヽ,::l::::.i,::..
  ;;:;;:、//: : :. ::::::::::::::ヽ、      ゛       /,l::.::.: : : : :.ヽヽ;'i、::.l::
  ー//: : : : ::.:::.::::::::::::::'i;\    ‐一    ,/r'〈:::.::.: : : : : :./:/;:;:',`゙
 ..:..:゙、.:ヽ, : : : : : : : ::.::.:::::::/;:ヾ;゙,,、      ,/,f";;:;;;゙,、::.: : : : : ,':/;:;:;:l:'l
  : . 冫、:ヽ、: : : : : ::.::.::;,/;;;:;;;:;:`;、ヾ,、,, _,,.ィ' /゙;;:,i";;::i,ヽ: : : : ::,i:,l;;;:;:::::i
  : il; : :゙ヽ,゙''、 : : : : :,;i'::l;";:;;;:;;;:;;;:゙ヾヽ,,〃f´;;,r'';;;:;/;;;゙レ'゙'、: : :,/:i';;;:;:: . .i
  : ::》; : : :i}'、.:ヽ,::./,、-i;;;::;;;::;;;::;;;::;;;},Y,{;;il;'",;''゙r''';;;;;ノ人 ',\/:/;;;;;.::.:: .
   :,il':: : ,;il'.:.:.:\`,rヘ ;゙'i:,l;;::;;;;;!;i!r";r'iク;il";;;;'";;;;, -'":..:i'^ヽ:/i;;;'.::::::::.,/
   ': : :'il;.:.:.:.:.:.:./:..:..:i""'- 、;;:;::::::;;;.[.I.];;;::;rー''": :i:.:.:.:.:.:.:l,:.:.:;;/;'':::::;:::


親直は優秀な人物であることは間違いない
内政官としての能力に長け 盛親に対する忠誠心も高い
だが現在のような混乱を対処するには あまりにも視野が狭かった





264 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/31(土) 21:52:43 ID:xTrmHdxE

内政官としての資質と、外交センスは別物だからねえ





273 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/31(土) 21:55:59 ID:Q.JhiE/o

他家のように親徳川とハッキリしてる身内に家督を譲って謝罪の証とする手もあるからな





261 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/31(土) 21:51:49 ID:5AtrYgPg

      /|  /) /  |   |ヽ
   /| ノ | / / /  | ノ| ノ |  /ヽ
/ヽ| レ  レ  /ノ   レ レ  レV  | /
 _____/、  \____/V
    ____ 、     __     /
  / / ○ |´   /´ / ○|ゝ  /ヽ
 く  |  ノ       |  /  / /
    ̄ ̄        ̄ ̄  //
      U        U  /
   U       ゝ    /      う……
      ゝ___   /
       `ー-┴′ /
   \       /
_      _  /
  \  /
   \ |


盛親は親直の言葉に動揺した

そして……





265 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/31(土) 21:52:49 ID:5AtrYgPg

   o
    ゝ;:ヽ-‐―r;;,               。
,,_____冫;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\      ,,,,,,,, o  /
"`ヽ;:;:;;;:::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:从    (;:;:;:;:ヾ-r
   〈;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:) 0  ソ;:;:;:;:;:;:;:}
  ,,__);:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ノ     ゞイ"ヾ,:;:,ソ
  (;:;:ノr-´^~;;r-ー⌒`    ,.、
  "  ,,,,      _;:;:⌒ゝソ;:/
    (;:;:丿    (;:;:;:;:;:;:;:;:;:)
            ヾ;;;;;;;;;;;;/; \
            ´  /;:ノ 。  。
                ()


9月29日
親忠は幽閉先の霊岩寺を攻められ自刃を強要された
これは親直の一存とも 盛親の許可を得てのこととも伝わる


        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:__:.;ルNヽ:.:\
       /.:.:.ィ~し、.ノ|.:.:.:.:.:.:\Y^ヽへ「.:.:.:.:.`ヽ,
     , -'.:.:.:厶 人 /`.:.:.:.:.:_-:、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
    /'ク::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.r' ⌒´  }.:.i.:.:.:.:.:.:.:.:.:::.:.:.:.、ノ
     l:::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l、      l;ハ.:.:.:乃.:.::::::::::ハ
      {:::::::::::.::.:.:.:ト、::( ヾ、    '゛‐'フ乙、レァ:y、/:,:ノ
      \|、:::::::.:L弋_匚_`     '´{,い 〉了バ.:.:|
       ト-ァ‐T:=八,い`      ^''′ ,' ,ノ/.:.:l     ,.. 、
       |.:.:.l { lヽ:^ `'゛  、       i_/::.:.:.',   /..  }
       l.:.:.:l\、ヘ:.      'k      ,辷‐ 、_.:.::'.、  !;:::_〈
          l.:.:.l:::::广∧:.   -‐ ''′  /:. : :`ヽ ヽ、冫´::  \
        l.:.:// : :.:jヽ:、       , イヽ:. : :  ` 7 ,;:、、_   \
        j/ /  : :.:.(::::|: `丶、_ / 丿::|: : :    〉´::   ``'  )
       / /    : :.:〉::`` ー--‐'::::::::::l、: :     { _:_ _ ,,,...   |
       〈_ヽ     .:|:::::::::::::::::::::::::::::::::/::::ヽ   ハ´ :        l
       ノ!ヽ、\    |:ゞ、;;_::::::::::_::/:::::::::::L._/ ハー:-―‐ ''"  /
     / l.:.:.::l`ヽ\_ノ|::::::::::::::::: ̄::::::::::::::::::::::トく´ ゝ、_,,. -  ∧、__
     ,イ   !.:.::::l.:.:::`ヽイ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ|:.:.\  リ ゝ:-   ′'、:.:l、
   / \ |.:.:::::l.:.:::::::::ノ\_:::::::::::::::::::::::::::::::/ |:.:.  `く  ';: .     '、:!ヽ
 /    〉 \::::|.:::::::(   `7:::::::::::::::::::::::::\ |:.:.   \ ハ:: .     ソ l





268 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/31(土) 21:53:51 ID:5AtrYgPg

                 ,、‐ ''"  ̄ ``'' ‐- 、
             /イハ/レ:::/V\∧ド\
            /::^'´::::::::::::i、::::::::::::::::::::::::::::\
          ‐'7::::::::::::::::::::::::ハ:ハ::|ヽ:::;、::::::::::::丶
          /::::::::::::::/!i::/|/  ! ヾ リハ:|;!、:::::::l
         /´7::::::::::〃|!/_,,、   ''"゛_^`''`‐ly:::ト
           /|;ィ:::::N,、‐'゛_,,.\   ´''""'ヽ  !;K    それでは 今度こそ
             ! |ハト〈  ,r''"゛  ,       リイ)|
               `y't     ヽ'        //     大坂へ行ってきます!
              ! ぃ、     、;:==ヲ  〃
              `'' へ、   ` ‐ '゜   .イ
                   `i;、     / l
                     〉 ` ‐ ´   l`ヽ
                 / !       レ' ヽ_
              _,、‐7   i|      i´   l `' ‐ 、_
          ,、-‐''"´  ノ,、-、 / 、,_ ,.、- {,ヘ  '、_    `ヽ、_
        / i    ,、イ ∨ l.j__,,、..-‐::-:;」,ハ、 '、` ‐、_   ,`ヽ
       /  l ,、‐'´ // ',/!:::::::::;、--ァ' /  `` ‐   `'7゛   ',
      /   l  i  ´  く   ';::::::l  / /         /     ',
     /     ! l      \ ';:::l , '  /        i/     ',


10月上旬
こうして あくまでも彼らの判断基準としての後顧の憂いを取り除いた盛親は
意気揚々と大坂城に向うのであった……





269 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/31(土) 21:53:53 ID:X8EgDaLg

流れの悪い時は、亀のように首を竦めてるのが一番なんだが





272 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/31(土) 21:55:59 ID:ucHLroEE

新たな戦乱の火種を作っているようなものだからな





271 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/31(土) 21:55:21 ID:5AtrYgPg








           ───── 長束正家 ─────










274 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/31(土) 21:56:35 ID:5AtrYgPg

9月16日
前日の撤退戦で大打撃を受けつつも
水口城に帰還することのできた長束正家は籠城の準備を開始した



                      (___________)
  \_丶丶 |           /llllllllⅢllllllll\
   ̄\    ̄|/⌒|         |_皿_癶_皿_|
  ⊂二    ./|   J ....../lllll/_^_\lllll\
                   Ⅲ|_皿__.日.__皿_|Ⅲ
                  /llllllllllllllllllllllllllllllllllllll\    \_丶丶 |
                   |_皿_皿_皿_皿|      ̄\    ̄|/⌒|
                 /lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll\  ⊂二    ./|   J ......
                  |_皿_皿_皿_皿_皿_|l
                  .lXXXXXXXXXXXXXXXX.l
                  lXXXXXXXXXXXXXXXXXl
                 lXXXXXXXXXXXXXXXXXXl
                .lXXXXXXXXXXXXXXXXXXXl


大坂に向う気は更々なかった
正家は南宮山で毛利隊の裏切りを目の当たりにしたのである
輝元の守る大坂城に入ることなど論外だった





276 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/31(土) 21:57:38 ID:5AtrYgPg

状況は絶望的だ
自分は今回の争乱の首謀者のひとりなのである
許されることなど有り得ない



  ,.'´           .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::/
 く        ,.-────-、、、/
  \   ,..:´.::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
    `y'´.:.::::::::;ハ::::::::::::::::、\::::::::::::.:\
    /.:.:::;:::::::/.:トト、:::::::::、::ヽ::ヽ:::i::::|:|:::|
  /.:::::;::l:l.::::/:ハ::! \::‐ト‐ト-::|Vi::::|:|:::|
  ,':/ :::l::l:l:.:/;/-‐';|  `,.ィr==ァリ':::;::;:::l
  |,' |::|::|:|/:/rテテミ   _7込シ /.:://:::l   …………
  |  |::|::|:|::::,弋zソ  .    ゙゙´ 7'´ ̄ ̄`ヽ                _ _ _ _
    ヽトト|.:::ハ    '_ _     /:',      ノ               「 _     ̄ ̄ ̄`ヽ
      ``|.:;'l::::ヽ、       ..イ::::ノ ,...--..、ヽ __ノ⌒ヽ         | | |  ̄ ̄ ̄.:.:.::::::1|
        l/ |.:.:::/l:::>ー <__/´ /.:::::::::::.:.\    ノ          | _i | _ __.:.:.:.:::::::::::リ
          |.::/.::レ'´ ̄`7l/ /.::::.:.::::::::::::i::::.:.\ 〈_    .    _,「. .:. :.:.:.:.:.:::::::::::::.:.:::::L--、
          |/ (__   ,..ィ介ト、!.::::.:.:.:.::::::::::l:::::::.:.:.\  `ヽ     〈 こL_ __ ___ _ ノ.::::::/
            l::.:) 7/l l」 !.::: .:.:.:.::::::::::l::::::i:::::::.:.ヽ ノ      \         .:.:. :.:::::::_/
          (     |:l l:|_/.:: .:.:.:.:.::::::::l::::::l:::::::::.:. V        /.7`::ー ── ─ .:.::"::.ヽ
          ト.、   |:| |:リ.::: .:.:.:.:.:.:.::::::l::::::l::::::::.:.:.:.\       |/:|: o゚((●)) ((○))゚oレ′  兄上……
           /i 〉、   /.::: .:.:.:.:.:.:.:.::::::|:::::|::::::::::::::::.:.:.        ||/  .(__人__)   .|/|
          /.::|/:::(_ノ.:::: .:.:.:.:.:.:.:.:.::::::|:::::|:::::::::::::::.:.:.:        \    ` ⌒´   ,/
          んュ、::::::::/::/.:.:::::,.-─‐- 、::::::|:::::|:::::::::::::.:.:.:.:        /    ー‐    \

          ↑ 長束正家                      ↑ 長束直吉


いや 奇跡が起きて赦免が成ったとしても
そもそも正家には家康のために働く自分というものが想像できなかった





279 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/31(土) 21:58:50 ID:5AtrYgPg

やがて この城にも東軍の軍勢が押し寄せてくるだろう
それを凌ぎきる力は既にない


             _,,.... -- ....、
             _..-'"゛   .,,.   `''-、
           /___,_,@____'-
       ,,.ilン/'!`-!ヽ ___ ゙̄フ'┴=ヽi..゙li,
    ,..i'|||.l./ /'"´`''i.ヽ ― ./ / `゛´゙'-ヽ|||';;、    殿……
    / .,!|||.! .l゙ ,i'"´.ゝ| !―.l゙ ".r'"゙´.l .! .||||.! ヽ
   l  .!|||||l  ヽ、゙´ / ./.―│ .l. .`゛ / .|||||  !    わたしたちも覚悟は出来ています
   |  !||||| \_  ゙'",/ ― .\ .`''ー'''゙_./.||||! .|
   l  !||||     ̄  ..二ニニ  `''''''U  |||! /    最後の一兵となろうとも
     ` '!.l||l           ‘         l||!./‐゛
      `''ヽ.    ._,,..i-i- 、、     .,/''′     立派に戦ってみせます
           \.iir'" .`'ー!-┴~''-、_,._/
            /^``!-、,,,_  ____,,.. -'"゛
          !  .i!'゛ !  ̄  ! \   ← 家所帯刀
        |  ./ '|/ 、''^゙`''i .l.ヽ\


それでも家臣たちは正家と共に戦うと言ってくれた





280 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/31(土) 21:59:51 ID:5AtrYgPg

しかし 正家の思案は別のところにあった
正家は自分を水口城まで逃がしてくれた松田秀宣のことを考えていた


 .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::.:.:.:.:.:.:. :. :.`ヽ
 .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::.、::::.:.:.:.:.:.:.:.:.\
 .:.:..:.:.:.:.:.:/.:.::::::::::::::\:\ヽ::ヽヽ:',
 .:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:::::::::::::::::.:.ヽ::i:::i::::::', |:|
 i.:::::::::/::::ハ:::::::!::::::::::::::::',:i:::i:::::::l.|:|
 i.::::::/.::::〃ハ:::|:::::::::::, _::」|::|:::::::l l:!
 l.:::/.:::::〃 ',:::ト、::::く::::::::||::|:::::/ リ
 l::/.:::;ィ:/=-ヽ\ヽ,.ィイ1!::!::/ ′
 l/:/ /-‐      〈tfシノ::!::!′     僕は秀宣を犠牲にすることで
 K ,.ィテテ'ヽ    `´1://
 ::::', V弋ソノ    、  l::::|        ここまで生きて辿りつくことができた
 ::::::', ¨¨´       / /::::|
 ::::ト、ヽ、     _  ,.イ::::ハ!       これは秀宣にとっては
 ::::i        `'/l:::::/
 :::::i  ``ー┬一'´  |::/         名誉となることではあろう……
 :::::L _ __/     |/
 \|__ _ ユ_==ァァ
         \//
          \
            \__
      . .: .: :/ ̄,.-、入
    .: .:. :. :./ ヽ_ソ.::::::::::.`、
   .: .:. :. / ヽ_ソ.::::::::::::::::::::.ヽ





281 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/31(土) 22:02:01 ID:5AtrYgPg

                 /:: :: :: :: ::       、   ヽ
                /: :: :: :: :: :: : /:: ::    ',   ヽ
             / : :: :: :: :: :/!:: :: /:: ::  !         だが これからはどうなんだ?
          ,':: :: :: :: :: /〉、| :: /! :: :: :: l
          !/! :: :: ::iフ´メミ、l|゙!:;!l:: :: :: :: ::         僕は もう既に死んだも同然だ
            l :: :: ,イl ヾ-''l !;' l|:: :: :: :: l ::   l
              レ:: :: | l      ! l_「l-!:: :: l ! :: ,'      僕の家臣は皆 世に役立つ者ばかりだ
    r―┬v‐ヘ/´l :: i'!   r、 ,  ヽソ!l:: レ' ::l ::/
   /`V')ヾ)  ヽ,、!:::lヽ_  `   ,. イフ:: :: |├'        それを僕に付き合わせて失くすこと……
_/ /   フ ! )   !l_!|;!、/  ̄ 77フ ::/ :: :: :;ィ ;!
´/    てl )  ` l,レ-,=、.,l/ / : :: :: :: :/ ! l         それが天下にとって有益なことなのか?
_,,.-‐-、ヽ 「/)  ノ / !ト,..,‐、/::/ /:::::/ ,レ'
  、  ゙ヽ /  し‐' /!l/ 'ァ レ゙rv':/  /
   =、〈 y    c',-‐´ //、、 レ;イ
 __ __冫(l ,、     / /ァ ヾ!f! } ヽ、_
// /   )      tニノ /   { | }  ` `゙ヽ、_,,
      `フ   __,,.-‐'´ 〕  { | }/´lZ___,/    ,,..┐
、  |     ヾラ´ Yーヲ/゙r、  { | }l    ,,.ュァ―v‐' " /  /)


敗戦の時にこそ将の真価が問われる
正家は今まさに真の優将として目覚めようとしていた……





284 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/31(土) 22:04:27 ID:xTrmHdxE

正家自身、丹羽家からヘッドハンティングされて抜擢されたわけだしね





282 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/31(土) 22:03:25 ID:5AtrYgPg








           ───── 宇喜多秀家 ─────










285 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/31(土) 22:04:53 ID:5AtrYgPg

9月16日 明け方
美濃国白樫村の猟師のまとめ役である矢野五郎右衛門は
伊吹山付近で落ち武者狩りの指揮をとっていた


           /.::::::::::::::::::::::::::::::::/.:::::::::::::::::::::::::::.\∧
          /.::::::::::::::::::::::::::::::::::/|:::::::ト、:::::::::::.:::........、ハ
         { _ ....:::::::::::::::i::::/l::::' |:::::::l:::.\:::.`ヽ|:::::::.\|
         ∨.:::::::::::i::::::_」:::-‐::| 八::::::l\‐-ヽ:::::|:::::::::::::|   可哀そうだとは思うけど
          ヽ:::::::::::X:::::l::」 L|   ⌒  ` ーヘ|:::::::::::::;
             \:::::::::Y´ __         __     |::::::/.:::'    しかたないよね
             |::ト-r' x==ミ     x==ミ  l::::/.::::'
        _    |::::::∧ .:.:::::       ::::.:.:  /.::::::::/
       __/ \  |:::::'::ハ       _ ' _     /.::::::::/ , ‐-ミ
    /   ``丶\!:::::::{::込、   V   ノ   .イ.::::::::/ /  /⌒丶
   ./         \ヽ::::V.:::介ト .  こ゚  .イ/.:::::::/_/ /       \
   {          ヾ:;::::::{/{   ≧ ≦   l'.::::/ィ_,/        ヽ
    `ヽ、        /∧:「  \  |_  /l/ 「 |            _」
  「 ̄  ¬=‐-=ニ二 '/       〃⌒Y  /   |.ト .二ニ=-‐==ニ二、
 |           /     /i{し'.::::}ハ     |.|          /
 |            {     ,{ i乂:::ツi ト、    l }             /
  ヽ、_____ .  =-イ    /ハ { 「  j ∧   `ヽ‐-=    __/
     ̄〕二ニ  /.::|    //   { | 八   }     |、   ニ二〔
    〔     /.::::::::\ ,//    l  /    人   '/∧\     /
     `ヽ .イ;:::::::::::::::::/ んヘ  l {    \ \ /.::::.  ヽ⊂ニ′ ← 矢野五郎右衛門
        |`{::::::::::::::::::⌒しヘ }  八j     _ん~'.::::::::::∨「 ̄
        |:::',::::::::::::::::::::::::::::::`つ_)⌒ー'.::::::::::::::::::::::::::::!::|



五郎右衛門とその配下は
討ち捨てられた兵卒の死骸から鎧や衣服をはぎ取り 山中に隠れる雑兵を狩りたてた





288 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/31(土) 22:06:00 ID:xTrmHdxE

これはなんという配役w





287 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/31(土) 22:05:50 ID:5AtrYgPg

しかし 配下から次の報告を聞いた瞬間
五郎右衛門には緊張が走った


      ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
       ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
        ゙、';|i,!  'i i"i,
         `、||i |i i l|,
          ',||i }i | ;,〃,,
          .}.|||| | ! l-'~、ミ       お頭ーーー!
         ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ
        .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ      谷の岩崖で身なりの良い武士が
        Y,;-   ー、  .i|,];;彡
        iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ     見つかったそうですぜ!!
        {  く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ
         ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ   _,,__
          ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三=-;;;;;;;;;''
,,,,-‐‐''''''} ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;;;;;;;;;;;;;'',,=''
 ;;;;;;;;''''/_  / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;;, '';;;-'''
'''''  ,r'~ `V ヽニニニ二、-'{ 十 )__;;;;/





289 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/31(土) 22:06:50 ID:5AtrYgPg

落ち武者狩りも無制限に行って良いものではない


      !   . . . :´ : : : : : : : : : : : :`: : .、       |
.    |/. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::.\    |
    /. : : : : : : : : : : : : : ,.イ : : : : : : : : :.:\  |,
  /. : : : : : : : : : : : : : : / |: : :i : : \.: : : : .\ | ハ
  《 : : : : : : : : :i: : : :|: : :|  |: : :ト、 : \\: : : : :∨ : i
  \ : : : : : : 八: : :|: : :|  |: : :| \ : \:ヽ:.:|: : : : :|
   l:\: : : : : | j>==ミ └-ミ ==<ハハ|: : : : :|
   八: :{\: : :〃iく _,i:|::::::::::::::::::::::|く _,i:|ヾ 刈: : : : ;
    \l : \:.:! い:oリ::::::::::::::::::::::い::oリ   / : : : /   なんですって!
      ヽ: : : :ゝゞ゚"     ,   `゚゙ く  ' : : : /
        l: : :∧     ___     /. : : :/
 ‐-ミ   l: : : 込、   ∨  /  u .イ: : : :/      _____
     `丶、、: : { :/> .  ー    .</. : : :/ .  ´    /|
        ∨ヽ: :{ i \ ≧=-=≦ //. : : :/7"      /  |
         '.  \\  ヽ、   / /. : ://       ___/_  ,
 `ヽ=‐-   . :i    ヽ 丶、 Y   /: / / -‐≠  /.::::.∨
 ‐┴-ミ  : :|      〃⌒ヽ ,:/   {´  -‐==¬::::::|



死骸から武具を剥ぐのは 弔いのための必要経費である
雑兵を討つのは 野盗化させないための正当防衛である
だが あまりにも高位である武将を狩るのは考えものだ





291 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/31(土) 22:08:35 ID:F.JmaowE

なるほど、落ち武者狩りは地元的にとって自衛の手段でもあるわけか





299 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/31(土) 22:14:36 ID:gq38xxbI

有楽親子が縦横無尽する羽目になったのも納得です





290 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/31(土) 22:08:10 ID:5AtrYgPg

「下々の分際で名のある士に手をかけた」と武家に憎まれ
自分たちに災いをもたらすことも十分に有りうるのだ



       /:::::j./:::::::::::i:::| \:::::::::::::::::::::::::::::::\ .
      ,'::::/:::/:::::::;>.、!:::!  ヽ::::::::::::::、::::::::::::::::ヽ!、     分かったわ
      i:::,'::::,':::::::,'iイ::|!\|! u |∨.::.:.:.:|i:.:.:!::::::::〉、::ヘ
     |::i:::::i::::::::i:::|∨ィ≠ミ、  ! .〉、:::::!i::::|::::::/:::::::>ヘ    わたしが向うまで
     |::i:::::i::::::::i:::|〃r=ァ。 .ヾ' ノ ノ }xィ'}´i:l::〃:::/:::::::
     !::!::::i::::::::i:::i{ 、i!::!::j!      ´,,.。`V从:::/::::::::::/    決して手出しは無用よ
      i::i.:.::i.:.:::::i.:从  ̄:::::::::  ,  {::i:j! }}彡'≦三彡'
     ノ`ヽ:.!:.:.:::i:::i| ヽ  ,'⌒ー==ァ::`ヾ"∧:::::.:ヽ
    .ニ!   {:.i:.:.::::!:::!   {::::::/⌒ヽ. u /::∧::::::.:.:.、
‐ー‐:'´:::::::`ヽト-ィi:.:|:::|、r'⌒`/,   | .イ::::::::∧::ハ::::}
:::::::::::::::::::::::::::::ヽハ:j〃´!   ! ゝ 、)ノイ:::l::::::::::::i:リ、i::ノ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::>´i   .|  .jゝ--''´{::!::::!i:::>''´ ̄ ̄ ̄ ̄`>      ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
::::::::::::::::::::::::::::::::/i  ヽ  !  ハ   ヽ<´           (ヽ.       ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
:::::::::::::::::::::::::::::::! \ ヽミ、_,.-―‐‐'  }´ ̄(`ヽー‐--   }く         ゙、';|i,!  'i i"i,
:::::::::::::::::::::::::::::::!   ヾミ二(___,     ./ `ヽ、〉 .|      /K´         `、||i |i i l|,
::::::::::::::::::::::::::::::::}  fj }r――''´>―'     ヽ. jト、.   /             ',||i }i | ;,〃,,
:::::::::::::::::::::::::::::::::!./-‐‐-.、___ノ           ヾト、二>             .}.|||| | ! l-'~、ミ
≠‐‐、:::::::::::::::::::::::::::::::/ : ; : .              丶                ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ
ノ´)ノ ヽ::::::::::::::::::::::::( ∨/ : : : .              }               .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ
  `ー‐ヾ:::::::::::::::/ `` ヾ : : : : :            ノ'´              Y,;-   ー、  .i|,];;彡
      `ー∨     ヽ: : : :/ /  ==‐-イ                iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ   は はいっ!
                                           {  く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ
                                            ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ   _,,__
                                            ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三=-;;;;;;;;;''
                                   ,,,,-‐‐''''''} ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;;;;;;;;;;;;;'',,=''
                                    ;;;;;;;;''''/_  / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;;, '';;;-'''
                                   '''''  ,r'~ `V ヽニニニ二、-'{ 十 )__;;;;/


五郎右衛門は前田家で禄を食んだ経験がある元武士だった
そのあたりの武家の論理に多少なりとも通じていた





297 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/31(土) 22:13:40 ID:t15Vc8zk

貴人を討ち取るにも、それなりの身分が必要





292 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/31(土) 22:09:33 ID:5AtrYgPg

現地に駆けつけてみると はたしてそこには
品性卑しからぬ武士が二人の従者と共に岩陰で身を休めていた
この様子をつくづくと見た五郎右衛門は平伏して声をかけた



             /|/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ ト、
                /:::::::::::::::::::::::::: /:::::::::::::::::::::::::::::::∨::',        わたくしは在所の猟師 五郎右衛門と申します
            {:::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::l::::::::::::::::::|::::::::::l
            ∨:::::::::::::::l::: j{::::::::::::: |\:::::l::::::|::::::::::|        お手前は ただの方とは思えません
            ∨::::::|_,斗匕ヽ :::::::: |`トl、ハ :::j::::l:::::j
                ヽ::: l::::::イr它ヘ::::::::|佗-、ヾV:::/:::/         お痛わしいことでございます
         _     ト、ヾ::{ {トイj \_| トイリ |:::::::::/
       / \.___   |::: {ヘ  ¨´  ,   `¨  ,' :::: /  ___/\    出来ますれば お名前を聞かせくださいませ
        /    \ \l::::::Vゝ   、_ ,   /::::: // /   \
.       /.      \ \:::',_rl`ト、     ,イ7:::// /      ヽ
     〈_        7∧:∨ヘ >干<//::/'ヽrく         〉
      二>―-   //  \! `=/⌒ヽ=/::/  | |    -―く二
       |    ̄`    | |      《{{⌒}}》/   :| |      ̄  |
     /|        | |〃    爪___爪     | |          |
    /::::::\___ ノイ   -=/ ハ ハヽ=‐  ヘミ,、________人
.   〈::::::::::::::: ∨    /'´    〈 { { } }八     ヽ      /::::::\
   \::::ヽ ::: \_ /        人 ヽ ノノ゙  ヽ     ∨二ニ /:::::::: /
     `‐ァヘ:::::::::::∨      く/  j/ /⌒)_>    Y /::-=、/






            i  i   :V::::::::::::::::::::ハ..:.:/::::::::::::::::::ヾl:.:.:./∧
           ノ :∧.  :ヽ::::::::::::::::::::::::}.:/::::::::::::::::::::::/:/:K:.:.:.ヽ
          / .:/ :ハ   :.:',::::::::::::::::::'´::::::::::::::::::::::::::イ:.:.:.:.|:.:.ヽ:.:.}
         / ..:.:/ :.:.:ヘ.  :ヘ .:::::::::::::::::  '  :::::::::::::. !:.:.:.:.l :.:.:.:.:/   …………
       /  :.:.:/ :.:.:.:.:ム  :.:.'、               , ′:.:∧:.:.:.:.{
       ヽ  :.:.:{  :.:.:./ .l   :.:.ト、     '´’   イ:.:.:.:.:./ ヽ_:.:.:ヽ、
         )ノ :.:.ヽ:.:.:.j   !  :.:l. > 、__, ィ'´ /:.:.:.:.:./   `ヽ:.:.::.:.: ̄ `ヽ
     , -一'  :.:.:/ :.∧  }  :.:.:V |  〉く   ./  :.:/      l:.:.::.:.::.:.::.:.: }
    /   .:.:.:.:/ .:.:.{ \/   .::.:.l Ⅳ⌒ヽ//   /:/      ヽ :.:.::.:.::.:.:.,'
.   /    .:.:.:.:/ .:.:.:.:.l /   :.:.:.:} マ=マ' /  /.:.:ヽ      ∧:.:.:.::.:.:/





293 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/31(土) 22:10:34 ID:5AtrYgPg

               /                \
               /        /          :.:.:..丶
             / /  /   :/     \  :.:...   :.:.:.:. ヽ
            ./ /   l   .:.l: /  \ .:.ヽ丶:.:`、 :.:.:.:. ハ
            l  l   | .!.{ :.:.{:._{_,  :._ヽ:斗:ト:.',.:.:.l:. :.:.:.',:.:.}
            |  |   l.:l厶.:イヽ:.ヽ  :.:..ハ.:l_}ヽ..}ヽ|:.:.:.:.:.:}:/     わたしは備前宰相・宇喜多秀家
            i  i   :V _ヾ{z=k:ハ..:.:/' ィ戈''〒ヾl:.:.:./∧
           ノ :∧.  :ヽ ,ィf戈. ノ! }.:/  V≧ソ /:/:K:.:.:.ヽ    徳川方が探している大将のひとりよ
          / .:/ :ハ   :.:',` ヘ≧=' '´   ´ ̄   イ:.:.:.:.|:.:.ヽ:.:.}
         / ..:.:/ :.:.:ヘ.  :ヘ .:::::::::::::::::  '  :::::::::::::. !:.:.:.:.l :.:.:.:.:/
       /  :.:.:/ :.:.:.:.:ム  :.:.'、               , ′:.:∧:.:.:.:.{
       ヽ  :.:.:{  :.:.:./ .l   :.:.ト、     '´’   イ:.:.:.:.:./ ヽ_:.:.:ヽ、
         )ノ :.:.ヽ:.:.:.j   !  :.:l. > 、__, ィ'´ /:.:.:.:.:./   `ヽ:.:.::.:.: ̄ `ヽ
     , -一'  :.:.:/ :.∧  }  :.:.:V |  〉く   ./  :.:/      l:.:.::.:.::.:.::.:.: }
    /   .:.:.:.:/ .:.:.{ \/   .::.:.l Ⅳ⌒ヽ//   /:/      ヽ :.:.::.:.::.:.:.,'
.   /    .:.:.:.:/ .:.:.:.:.l /   :.:.:.:} マ=マ' /  /.:.:ヽ      ∧:.:.:.::.:.:/
   {   :.:.:.:/ .:.:.:.:.:.:./    .:.:.:.人 弋7  {   :.:.:.:.:ヽ___ / l:.:.:.:.:/
   `ヽ :.:.:.:ヽ :.:.:./     .:./   ヽV∠-ヘ   :.:.:.:.:.:\       !:.:.:.:.{
     ノ  :.:.:.} :.:.{    ..:.:.:./    /    ヘ   :.:.:.:.:.: ヽ.     |:.:.:.:.:ゝ __ノ!   ← 宇喜多秀家
 ヾニ二 人 :.:/  :.:.ヽ   :.:.:./    ∧     \  :.:.:.:.:.:.:.j     |:.:.:ヽ:.:_ノ


その武将 宇喜多秀家は隠すことなく自分の名を名乗った





294 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/31(土) 22:11:40 ID:5AtrYgPg

          /_,  -────- 、     \ `ヽ、
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\     \ O\
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::\      o/
      /::::::::::::::::::::::j:::::::::::::|::::l:::::::::::l:::::::::::::\     ∧
      |     |   li     l i   |l   l::::ヽ   /::::.    う 宇喜多様ですって!
      |:::{::::::::::l:::::::::::|{::::::::::::|l:::|:::::::::::l l:::::ヽ|   | /:::::::::l
      l:::ヽ:::::::;:く⌒::l\::::::::|l:::|ヽ::'⌒トl::::::::j :::: |__|:::::::::::::|         ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
      ヽ::::\::::::ヾ少\_:|ヽj ケテ圷、l:::::/:::::::::::::::::::::::::/          ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
      \|:::\Y/ム _jl::::::::::::::::::仏´ヽ ∨::::::::::::::::::::::: /            ゙、';|i,!  'i i"i,
        lヽ小` ic'::::j::::::::::::::::::ir'::::イ} ,':::::::::::::::::::::::::/             `、||i |i i l|,
        |::::::::i  ゞー'::::::::::::::::::::ヾ、_ソ/::::::::::::::::::::::::/               ',||i }i | ;,〃,,
        |::::::::}     '       /::::::::::::::::::::::::/                .}.|||| | ! l-'~、ミ
        |::::::八     v=-、  u  !:::::::::::::::::/l::/               ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ
       _l::::::i:::::\   ヽ .ノ     |:::::::::::::_/ j/  __           .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ
        / l:::::::::::::/ `ヽ、     イ|::::::::/  /   /`ヽ         Y,;-   ー、 u  .i|,];;彡
      /  ヽ:::::_/>‐く|弋r‐<__/i|::::X_/ ̄了ヽ  /-、 |_         iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ   お お頭……
      /   ヾⅣ^ー‐ >く ̄    |/ /   /ー‐ゝ'′           {  く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ
     __)  x/⌒二¨     lヽ___/j: /   /                 ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ   _,,__
     /   と 二.__      |} }    {   ‘ー┐                ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三=-;;;;;;;;;''
    l    { ┬ lヘ     |ノヽ    i}   /        ,,,,-‐‐''''''} ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;;;;;;;;;;;;;'',,=''
  /|    ヽヘこj/l      |  l\ 〃∠>′         ;;;;;;;;''''/_  / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;;, '';;;-'''
 /  l     \ ヽ{.    {    ヽ{!│           '''''  ,r'~ `V ヽニニニ二、-'{ 十 )__;;;;/


五郎右衛門は驚愕した
備前宰相 権中納言 太閤秀吉の養子 備前国岡山57万石の大大名……
秀家は とてもではないが自分などが討ち取って良い相手ではない





295 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/31(土) 22:12:52 ID:5AtrYgPg

      !   . . . :´ : : : : : : : : : : : :`: : .、       |
.    |/. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::.\    |
    /. : : : : : : : : : : : : : ,.イ : : : : : : : : :.:\  |,
  /. : : : : : : : : : : : : : : / |: : :i : : \.: : : : .\ | ハ      お逃げください!
  《 : : : : : : : : :i: : : :|: : :|  |: : :ト、 : \\: : : : :∨ : i
  \ : : : : : : 八: : :|: : :|  |: : :| \ : \:ヽ:.:|: : : : :|      これから落人の詮議が厳しくなります
   l:\: : : : : | j>==ミ └-ミ ==<ハハ|: : : : :|
   八: :{\: : :〃iく _,i:|::::::::::::::::::::::|く _,i:|ヾ 刈: : : : ;      その前に どうかお逃げくださいませ!
    \l : \:.:! い:oリ::::::::::::::::::::::い::oリ   / : : : /
      ヽ: : : :ゝゞ゚"     ,   `゚゙ く  ' : : : /
        l: : :∧     ___     /. : : :/
 ‐-ミ   l: : : 込、   ∨  /  u .イ: : : :/      _____
     `丶、、: : { :/> .  ー    .</. : : :/ .  ´    /|
        ∨ヽ: :{ i \ ≧=-=≦ //. : : :/7"      /  |
         '.  \\  ヽ、   / /. : ://       ___/_  ,
 `ヽ=‐-   . :i    ヽ 丶、 Y   /: / / -‐≠  /.::::.∨
 ‐┴-ミ  : :|      〃⌒ヽ ,:/   {´  -‐==¬::::::|


五郎右衛門は秀家に この地から落ちのびるよう説得した





298 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/31(土) 22:13:48 ID:5AtrYgPg

しかし秀家は五郎右衛門の言葉を退けた


              ____,. -―‐-- 、
            /            \
          /            ヽ  \
         /   /           \ \____,
        /    /   /        ヽ   ヽ ヽ__,ノ´
       ,'    /   /  /    ヽ i    \ \
       |    /   i  /  |  i  ∨   ヽ. ヽ !
       |    |    | \!  ハ. !   !  」  |  |∨   いえ……
       |    |    レwリ`<  V!   // |  | /
       |    |    | ィfテトミー ヽ /rえV /|/     今は国に帰るのも難しい
       |    |    | Vr少'    |/ ヒソ ムイ
       /   八    ', :::::::::    、:::::: ! |       どこか山の奥深くにでも
     /   __ハ.   ',          人 |
    /   /..........:::',    ',    -‐',. イ   |\      隠れる他はないけれど……
   /    |::::::::::::::::::::',    ',>-、<::::::V   |  ヽ
.  /  / / ̄ ̄ ̄`ヽハ    ∨丕 !:::::::::{    `ー ┴‐--、
  |  ノ |::::::::::::::::::::::::...::::}    ∨V}:::::::人          \
 弋´  r':::::::::::::::::::::::::::::/     Ⅳ.}:/:::::::>―--、    _ノ
   \ V´ ̄ ̄ ̄`¨/      人リ:::::::::/:::::::\/ , <.
     ) |:::::::::::::::::::::/     /ー个ーく::::::::::::/ / ヽ ヽ  ____ __
.   /  V:::::::::::::../     /:::::::::::::|: |:::::\::/  (:::\  )ノ|/::::::::::::::::\::::::::\
 /  /|:::::::::::::/     /.... \:::::|:: ト、:::::/    `-- 孑/::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::ヽ
/   /  ∨::::::::|      { ̄`::ー::-ミ__|i!∨ !      /:::::::::::::/:::::::::::::::::::::|:::::::::::::::',
   /   V ̄人____ ` ̄ ̄¨ヽ::::ヽ ∨\___,/:::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::i
   !    /\::::::::::::::::::::::::\    |:::::::|   | \:/::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::|
   ヽ  /:::::::|ヽ:::::::::::::::::::::ノ    |:::::/\. |  ./:::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::|
ー- 、   〈:::::::::|:::::::弋¨¨ ̄     /:::/   \./::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::/|::::::::::::::::::::|
   )   |:::::::::\/::\____/|//     /::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::/:::|::::::::::::::::::::|
__/    ∨:::/::::::::::::::::::::::::::::::::/\    /|::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::/::::::!:::::::::::::::::::|





301 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/31(土) 22:15:12 ID:5AtrYgPg

           /            ヽ
          /  / /  l        ',
          ,'   /l ,イ   l   ヽ      !
            l | 」斗|ヤ  |、 l  ,l  l  |      五郎右衛門とやら
           l l、{ィ|メ、\ j``トx.','  l  |
         |// l ヒノ   )ノ,圷ミ/   l  l      わたしたちに湯漬けでも振る舞ってくれないかしら
          / ::l:::: '   └イ ,/  ,'  ハ
            / i ,\ 、   ::::/ / l |  ハ:: ヽ     その後ならば 徳川方に引き渡してくれても良い
         |.  ヽ ::::`ーェr イ,' /  l |  l/::  )
        / ヽ  l__// _,/ /l`ヽ、,|  \イヽ、   決して恨みには思わないわ……
        〈  | ::l / /l、ノ| ゝ、ヽ  ヽ、  \:::..\
        ヽ l ::l レ' ,|_/|/  〉 l , ‐ヘ::..  \::.. )
        ノ / ::l  (戈)  ,/ ::|イ   /::::    ∨
        /´ ::\::ヽ、| l   ,/::/   ,/:::::::    }
       ,'    ::| ヽ ::}.| |  (::{    /:::::::::  //
        ヽ、 ::::| レ' | l   lヽ}  /:::::::::   /:: /
        ノ ::::::|  l  ,  /   /:::::::::   {/
      (´ l  :::/:| ヽ| l  //  /l:::::::: /:   \


自分の身分を隠すことなく語ったことに加え この態度に五郎右衛門は潔さを感じた


          , ‐ ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
       , '::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. :.:.\
        l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::ヘ:. :::ヽ
        |::::::::::::::l::::::::ハ:::|:::i:::::::::|ヘヽ::::ヽ:::::ヘ::::: ヘ
        !:::::::::::::|L-イ十ト-ヽ: : | .斗--マ:::: |: : :: |
       ヽ :::: : |ヘ::/_{ヽ  ヽゝ_」\:: ヘ|::|: : :: |
        ヽ\:ヽヤイr=ミ     ヽイ二ヾ、:}/: :: :: |
         ゝヘⅥ ハュリ       辷リ /: : : :: /   秀家様……
         /::/: :| `ー  ,    `ー' /:: :: :::/
         /: :| : :|           /:. ::.:: /
          ∧: :|:: ::ヽ    o      /:: : :: /
       / |::::|::: :: ::>      .,イ::/:: :.:/
        { ∧ |::/ ̄ | ` -  ´/〃/:: ::/
         ! { ヘリ__, -‐|     {/:/: :/
   / ̄`ーrr―ヘ{::::::: /‐   - ‐/ //





303 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/31(土) 22:16:30 ID:5AtrYgPg

       _/,'       ̄  ̄ 9{_
      {゚>‐一 ¬ ̄ ̄`ヽ、  j. \
      /   /   {      \ {   ヽ
     /  ヽ  {    ヽ、 \  l ヽ〉.   i    ……あなたたち
   /   ∧ l__\  代ー 、ヽ |       |
   {    { X´l ヽ\} \_ヽ |       l    あなたたちは ここであったことを
   ヽ \∨ ヽ     __   |      !
     \小. ィ=     ´ ̄ ` l     ,′   誰にも話さないと誓えるかしら?
        l }   '         ,'      /
        |:八  ヽ _フ     /    /
        l  个 、      ィ/     /
       l  /  _>r 'チー/   /      _
         ! !/ } │   /  , <_  _, イ´/ ヽ         ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
   /\/ヽ { __ノ/⌒ヽ./ /   /7'´   /    l          ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
  /    \ハl  ∧_ノ X    /{    ヽヽ  __j           ゙、';|i,!  'i i"i,
  ヽ    _// / / /  l   / ノ    /  ∨〃            `、||i |i i l|,
  r'   ̄// /  { ,/  │   / {  /ヽノ   ∨             ',||i }i | ;,〃,,
  ヽ   ///   V   |  /  }  ヽ      l              .}.|||| | ! l-'~、ミ
                                         ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ
                                        .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ
                                        Y,;-   ー、  .i|,];;彡
                                        iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ
                                        {  く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ
                               え?       ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ   _,,__
                                         ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三=-;;;;;;;;;''
                                ,,,,-‐‐''''''} ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;;;;;;;;;;;;;'',,=''
                                 ;;;;;;;;''''/_  / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;;, '';;;-'''
                                '''''  ,r'~ `V ヽニニニ二、-'{ 十 )__;;;;/





305 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/31(土) 22:17:38 ID:5AtrYgPg

    ':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
   i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
.  l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
   i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l,、:.:''i"""''':/l:.:/ l:.:.:.:.:'""'':..:.:.:.:l
   l::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:l l:.:.:.:../ //  l:.:./:/:.:.:/:.:.:.:.i   誓えないというのなら
    !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.l |:.:._/、〃  l:.:/l/レ-、:.:.:.:,'
.    i:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.l:.レ'":.C `   l/ ィ:.:c. 〉:.:/    今 この場で あなたたちを
    ',:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.lハ:.:.:.ノ    /  じ'゛,':.:/
    ',::.:.l.:.:.:.:.:.:.l.  ̄          i:./     始末しなければならないのだけど……
     ',:.:.l:.:.:.:.:.:.:i        ゝ   ノ:,'
     ',:.l:.:.:.:.:.:.:.ト    r‐ァ   イ.::,'
      ',ト:.::i、:.:.:.:l.  > ..__.. イl:.:/l:./
      ! ヽ!ヽ:.:.:レ'  !:.:// i:/ l:,'__
 _.. -‐‐‐  ! ヽ:.i   レ'゛   l'" リ  ヽ
'"     : : : . . ヽ!     __ ..      i
         `'' ‐ 、: , '"           !




      ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
       ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
        ゙、';|i,!  'i i"i,
         `、||i |i i l|,
          ',||i }i | ;,〃,,         お お頭っ!
          .}.|||| | ! l-'~、ミ
         ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ       ち 誓いますっ!
        .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ
        Y,;-   ー、  u.i|,];;彡      決して他の者には漏らしませんっっ!!
        iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ
        {  く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ
         ゙i [`'''~ヾ. u~ ||^!,彡ミ   _,,__
          ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三=-;;;;;;;;;''
,,,,-‐‐''''''} ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;;;;;;;;;;;;;'',,=''
 ;;;;;;;;''''/_  / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;;, '';;;-'''
'''''  ,r'~ `V ヽニニニ二、-'{ 十 )__;;;;/





306 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/31(土) 22:18:45 ID:5AtrYgPg

           /.::::::::::::::::::::::::::::::::/.:::::::::::::::::::::::::::.\∧
          /.::::::::::::::::::::::::::::::::::/|:::::::ト、:::::::::::.:::........、ハ
         { _ ....:::::::::::::::i::::/l::::' |:::::::l:::.\:::.`ヽ|:::::::.\|    よろしい
         ∨.:::::::::::i::::::_」:::-‐::| 八::::::l\‐-ヽ:::::|:::::::::::::|
          ヽ:::::::::::X:::::l::」 L|   ⌒  ` ーヘ|:::::::::::::;     ならば秀家様は わたしがお守りするわ
             \:::::::::Y´ __         __     |::::::/.:::'
             |::ト-r' x==ミ     x==ミ  l::::/.::::'     重ねて他言は無用よ
        _    |::::::∧ .:.:::::       ::::.:.:  /.::::::::/
       __/ \  |:::::'::ハ       _ ' _     /.::::::::/ , ‐-ミ
    /   ``丶\!:::::::{::込、   V   ノ   .イ.::::::::/ /  /⌒丶
   ./         \ヽ::::V.:::介ト .  こ゚  .イ/.:::::::/_/ /       \
   {          ヾ:;::::::{/{   ≧ ≦   l'.::::/ィ_,/        ヽ
    `ヽ、        /∧:「  \  |_  /l/ 「 |            _」
  「 ̄  ¬=‐-=ニ二 '/       〃⌒Y  /   |.ト .二ニ=-‐==ニ二、
 |           /     /i{し'.::::}ハ     |.|          /
 |            {     ,{ i乂:::ツi ト、    l }             /
  ヽ、_____ .  =-イ    /ハ { 「  j ∧   `ヽ‐-=    __/
     ̄〕二ニ  /.::|    //   { | 八   }     |、   ニ二〔
    〔     /.::::::::\ ,//    l  /    人   '/∧\     /
     `ヽ .イ;:::::::::::::::::/ んヘ  l {    \ \ /.::::.  ヽ⊂ニ′
        |`{::::::::::::::::::⌒しヘ }  八j     _ん~'.::::::::::∨「 ̄
        |:::',::::::::::::::::::::::::::::::`つ_)⌒ー'.::::::::::::::::::::::::::::!::|
        |:::::\:::::::::::::::::::::::::::::ニ=}=ニ:::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ:::|


同時に五郎右衛門は秀家に対する強い庇護感にかきたてられた
あるいは秀家の正室が かつて仕えた前田家の姫であることも影響したのかもしれない





307 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/31(土) 22:20:14 ID:5AtrYgPg

秀家は五郎右衛門の屋敷に匿われた
同時に 従っていたふたりの家臣のうち進藤三右衛門が秀家の無事を報せに出向くことになった


: : : : : : : : : :.// /}         | |       /| /       }  ミ!: `ヽ: : : : : : : : :
: : : : : : : : : :.{/  },     ´ ̄レ'` ヽ         レ'         |   |: : : : \: : : : : : :
: : : : : : : : : :.〉   {                     _,    }   ト、: : : : : : : : : /
\: : : : : : :/ | |  l       ー- 、     / , ィ≦゙ ̄示、 ,'r==ァ', : : : : : : : :/
  \: : : :∧ | |  ',  ,ィテ示于≠ミ、     ィ゙  {::、ヘノ/   ハ}__!ハ: : : : : /
   \:/.  l l  ヘハ  |:::ヘ.ノ:リ          ゝーー′ / |: . : . |  ヽ: :/
    /   | |    ヽ `  ゞ'ー '゙´              ∧ | : . : .|   ∨    それでは 行ってまいります
.   /    ,′!    ヘ          !           / ヽl:. : . :.|   ヽ
   /   /  .|       ヽ                  /    |: . : . | -ー=',
 /   /   |      \    ー─ ー '    /!     ! : . : :!     l
∧ヽ  /    !       | ヽ             /  |     |: : . : ト、    l
  \∨      |       |  _> 、        イ、.   !     !: : : : | }    ヽ
.   / 、.     |       ト/ \!___ ー-- ´ __ レ'\ |   _ レ -ー 、 -ー= \
  /  \  ,' ─ -- 、  |      ヽ   r'      ∨  (___ ,、  \-ー= ヽ
. /ヽ   `' / ─ ー-- 、 |       /^',  /\      {-ーrー ┘─└ミヽ ヽ    \
. ∧ \ .__/            !    /   ∨   \     !  ゝ------ 、 `ヾ  ',      ', ← 進藤三右衛門
/ ヽ-ー::´:/          |    /-ー ´ ` ー- ヽ  /|  ( ̄  ̄` ヾ、  ` }


三右衛門は秀家の書いた手紙を編笠の緒により合わせて大坂の宇喜多屋敷に向った





309 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/31(土) 22:21:10 ID:5AtrYgPg

三右衛門は東軍の手が伸びる前に先んじて大坂に入ることができた



       、-ー'`Y <,___
   __≦ー`___ _二zく_          『宇喜多家の御正室は
    > 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<
  <之′Y´/        \          三右衛門の持つ手紙を見るとたいそう喜び
    >{  ,'  | 、 , ,.  ,.l  ,  ゙i
    | !、{  | 寸寸T ハT7} ィ,l     o   黄金25枚を渡されたとのことです』
    ′Ji, ゙i ゙i ( ●)  (●)|ハ|   /
     i⌒ヽ'(1. '''  _'  ''' ノ川/⌒)
.      ヽ  ヽx>、(_.ノ__,イ l |::::ヽ/____E[]ヨ___________
      ∧_人lハ:::::l,三|:::/l|_::::ハ
      |\    ̄ヽ⌒ヽ⌒ヽ   \
      |\\    ⌒  ⌒   甘 \
      |  \| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|



黄金を受け取った三右衛門は
これを首にかけ秀家と五郎右衛門の待つ白樫村に向った





311 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/31(土) 22:23:00 ID:5AtrYgPg

だが その途上で三右衛門には ふと悪心が芽生えた


               /   __   丶ヽ `ヽ、
              /   ̄   ̄\ /∧ /ヘ\
          , -―¬7 ―‐==>ーー┤ /ヽ∨/ !ヽヽ
        /     / ー-―ァ''´     l | ``"´´| ハヘ
    /      {ミ 、_   /        l |    j / }!
    \     /ヾ三三{    \ ヽ{    //  リ    黄金が25枚……
       ヽ、  /   勹! !   、__  `ーヾ  'イ_  〃
       l/ヾ\ / ,′ l ‐千f天圷    テzァk/      これだけあれば
       /   ヾ:/ /   ',   ゞ-┘    Lソ/ハ
        /      / ∨ ミミハ  .:.::::::::.     、::::.:. {∧     これを元手に世を渡っていくことも
     / \   /ヾ、l     !          ′   j │
     /  ヾ \/   |      l\       _    , .イi:小     可能じゃないかしら……
    /     /ミ: 、 | ミ≡= l `ヽ、   ´  .ィ个彡 iヘ
   /     /  ミミ:|      l`ー- 、`ーォ< l彡|    |:∧
  /ミミ    /  /^ー|     l   ヽ 〈 /l`ヽ|    |彡ヘ
 /     ミ/_,r'´:::::::::::|ミミ 、  |   /^∨イ | ::::|: =彡|!  ∧
/   `ヽ、/::::::::::::::::::::::|    ミミ│ ∧ / │ | ::::|≡三|ニ二 ヘ


三右衛門は秀家の家中改革時に召しだされた新参者である
命を賭けてまで宇喜多家に仕えることもあるまいのではないか
そう思うと三右衛門の足は前に進まなくなってしまった





314 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/31(土) 22:24:21 ID:5AtrYgPg

三右衛門は迷いに迷った
だが ともかく秀家は新参の自分を頼みとしているのだと気を取り直し
白樫村に帰りついた


              _/,'       ̄  ̄ 9{_
             {゚>‐一 ¬ ̄ ̄`ヽ、  j. \
               /   /   {      \ {   ヽ
              /  ヽ  {    ヽ、 \  l ヽ〉.   i
          /   ∧ l__\  代ー 、ヽ |       |
            {    { X´l ヽ\} \_ヽ |       l    お帰りなさいませ
          ヽ \∨ ヽ     __   |      !
            \小. ィ=     ´ ̄ ` l     ,′   ……思ったより
               l }   '         ,'      /
               |:八  ヽ _フ     /    /     時間がかかりましたわね
               l  个 、      ィ/     /
              l  /  _>r 'チー/   /      _
                 ! !/ } │   /  , <_  _, イ´/ ヽ
          /\/ヽ { __ノ/⌒ヽ./ /   /7'´   /    l
         /    \ハl  ∧_ノ X    /{    ヽヽ  __j
         ヽ    _// / / /  l   / ノ    /  ∨〃
         r'   ̄// /  { ,/  │   / {  /ヽノ   ∨
         ヽ   ///   V   |  /  }  ヽ      l




      /  ̄`ヽ/`ヽ}/\/゙´ \
     / -ー ==/ /∨ハ  }二 `ヽ\
   __// /   | l    |  |  `ヽ  ',.
 /: // ,/     ',. |    l ,'     ト、 l
 : : ////     ヾ ,  、 !/    ト、 ヾ.
 / /  {   -ー ' ´   ヽ _   } \ト、
 /    |     _    __        ! ! }:.:
 / /   l ー〒示テ    , =ァ=ェz 、_. ,' | |ハ:.
  /.    |  ゞー′      弋_ノ  /  | \.    い いや あの……
  |=ー- |                /   ' /i
  |  ̄ `人             / -ー=| /
  |     iヽ            / - ー = ト、
  |ミー- 、 ',ヽ> 、ー- ー _ , イ:|     |/ヽ
  | =ー - |:::\ ∧ ̄ヘ´  /:::|     |:::::
  |      |::::::::∨´ ̄`ヽ∨:/:::!__ -ー =i!:::::
  |      |::::::::::`ヾ ゙̄/:::/::::::::|     |::::::





316 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/31(土) 22:26:05 ID:5AtrYgPg

                     _
                  , -‐'´   `ヽ
                   /         `丶
                 /               ヽ
              / /     /  、ヽ ヽ 、 ハ
                { ,'  i_i」Li   、 L,」__ }  }  |
             l { i´lzL」_ト、 iソリ_」Lリ` l  l
                ∧ヾ〈.代ラj }ノ' .代ラj.〉! /  ト、      三右衛門!
               /  〉 ヘ ゞ-'   ,  ゞ-' / ト、   \
            〈   /  .iヘ "" r‐‐y ""イ / ヽ    }    無事だったのね 心配したわ
         ___ ) /  /::/`ト ,_‐'_,.イ/ ∧   \_ ノ
.    /´ ̄     __ノ  /::::{ /i/ ,r‐''7´  !::::ヽ   `ヽ、
    {      /´   _,.イi:::::::! |不,/´{   |:::::::::}     ヽ
   _ ヽ     }  /:::::::/ヽ、,_!|,/_,::::-ヽ  ヾ:::::/     ノ
  ((__ノ__,ノ   }::ヾ:;/:::::::::,.不ニ::;;:_;;::ゝ,  ∨     /
 /  ,       /::::::::!::::::,.イ/ |!:::::::::::::::::::::::〉  ヽ    /
. {  / , -z__ノ_,.:-:、ト、ノ〈/ |ト、:::::ヽ:::::/     }ヽ  ヽ、
 _>'´{,/::{/:::::,.イ     }  /  i」 ヽ;:::::::`{    /   \ ノ
'´:::: ̄::::::::/_,.::! /   l メ、       >、::::ゝ、_  `ー-、   ヽ
::::::::::::::::,.イ'´::::::::}'    レ'ー-  __  /.:.| \:::::::)イ i }リ    }


秀家は三右衛門の遅参を気にすることなく その帰還を素直に喜んだ





317 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/31(土) 22:26:51 ID:5AtrYgPg

さらに秀家は とんでもない言葉を続けた


        -‐‐'´      `ヽ、
     /             \
    /  /         ヽ    \
   /  /  /        i ヽ   ヽ    黄金25枚ね
  |  /   /   / /     |  i    }
  | |   |   / /     /|  _L   |    それじゃあ その半分は五郎右衛門に
  | |  -:十卅十|ト、/ /レ ィi「 /|   リ
  | |   |ィ厂テトミ 从.{ f爪}「 〉|  ィリ     残りのうちから5枚は三右衛門が持っておいて
  | |   |i {.辷リ      {心リ イ/ィ
 / ∧   i|       、 `¨ /   |\
/   i|   ',   ,. - :ァ   ∧  |ゝ \      r-、
  / ∧   \  ` -'  イ| \ \∧ }     ノムイ {
 /  /⌒|    \` ー r<ー┐  \  \|   //´- |./
./  /::::::::i|    i >rく \:::\   \  \ /イ/r:┴ヘ
   〉:::::::/     iト、//ヽ\|::::::::\   \  |  レ'  ̄/
/ ̄ ̄___ノ i|::::\| Tア|:::::/:::::::\   } |r'´  /
      ___ノ‐::::::: ∨/:::/::::::::::::::∧ / ∧ イ\__
     く::::::::::::::::::::::::::::::ゝ::|::/::::ー:::::::::ノ’  |/   イ |





319 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/31(土) 22:27:52 ID:5AtrYgPg

             /|/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ ト、
                /:::::::::::::::::::::::::: /:::::::::::::::::::::::::::::::∨::',
            {:::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::l::::::::::::::::::|::::::::::l
            ∨:::::::::::::::l::: j{::::::::::::: |\:::::l::::::|::::::::::|
            ∨::::::|_,斗匕ヽ :::::::: |`トl、ハ :::j::::l:::::j
                ヽ::: l::::::イr它ヘ::::::::|佗-、ヾV:::/:::/
         _     ト、ヾ::{ {トイj \_| トイリ |:::::::::/
       / \.___   |::: {ヘ  ¨´  ,   `¨  ,' :::: /  ___/\   は?
        /    \ \l::::::Vゝ    o    /::::: // /   \
.       /.      \ \:::',_rl`ト、     ,イ7:::// /      ヽ
     〈_        7∧:∨ヘ >干<//::/'ヽrく         〉
      二>―-   //  \! `=/⌒ヽ=/::/  | |    -―く二
       |    ̄`    | |      《{{⌒}}》/   :| |      ̄  |
     /|        | |〃    爪___爪     | |          |
    /::::::\___ ノイ   -=/ ハ ハヽ=‐  ヘミ,、________人
.   〈::::::::::::::: ∨    /'´    〈 { { } }八     ヽ      /::::::\
   \::::ヽ ::: \_ /        人 ヽ ノノ゙  ヽ     ∨二ニ /:::::::: /
     `‐ァヘ:::::::::::∨      く/  j/ /⌒)_>    Y /::-=、/
     /::::::::丶、::{       ⌒I>_{_r'´  -==    j/::::::::::::::(


どうやら秀家は褒賞を与えているつもりのようだが その黄金の量はあまりにも過分である


        /  ̄` ー -- 、 `/ ヽ |/ \∧
      __/ / ´ ̄ ̄`>`Y   厶,/ハ  ヾヽ
   -ー:´.:ノ/     /   |   /     |  ハ: :\
 /: : : : :.∨  /   /    l  /     |  / i|: : : ヽ
/: : : : : : : /  /   l     ート、L__   |/ __}: : : :/
{: : : : : : :./   |    |       ヽ/    ´  ̄ .,': : :/
: : : : : : :/ / _|     | ,ィ示テミト、   ,ィテト、ト; :./
\: : : : ソ / / |\  ! ヽ 代ノ}     {ヘノ!. ハ∨
  \: / /   ヽ|  \ |   ゞー′      ゞソ ,' | ヽ     ひ 秀家様 それは……
   / ∧    l    ヘ U       ヽ    |. !   ',
  / /  ヽ   |    {        __    ハl   ハ
/ ∨    \.!    ',\     ( ノ   イ ヽ|/  ヘ
.  /      |、    ∨!≧ュ 、     ィ´     |     〉,
 /      _ _| \    !    \  ̄ソ`ト、    |_   / l
./ヽ、  /::::::::::|   \   |     ∧ ∧ |  ヽ  |/\/   }
   ヽ/:::::::::::::|    \ !:\ / ‐十ー |    \.|::::::∧ / |





320 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/31(土) 22:28:55 ID:5AtrYgPg

            ,. -─── 、
         //  /      `ヽ        _
         /.:./  / / .:.  /     \    /__ `ヽ
       / .:.:./   / ,斗-- 、:{:. .:. ヽ    ヽ  .{ (    ヽ ',
       /  /:  イ´l .:|l.:.:∧:|.:.:.: .:斗ー   ',  ゝ' ,. -ー' ノ
       l ..:.:|:.:.   | ィチ才ミヾヽ.:.:.:/厶.: / .:  〉    / / ̄
       l.:.:.:.!:.:  ∨  }:ヘ.リ  ノ/仟テk';.:./ィ/    / /
      ノ.:.::人:.   ヽ ゝ-'      ト;'ソ//!    __`´
   /.:./.:.:.ヽ:.   ヘ       ` ` |:.: |   (__)
  /.:./.:.:.:.::.ノ.:}:.    ',     __    ,:.  |         ……どうしたの?
/.:./.:.:.:.:.:.:/.:.|.:.:.  l    ´ ´ /.:  |
.:.:./.:.:.:.:.:.:.:./_ィ.:.:.:.   小    イ/:.:.:.:.  l
.:.〈.:.:.:.:.:./   ./.:.    }_,工,.´ー=〈:.:.:.:..   ヽ
 :ノ.:.:/   /.:.:.:.:   /.、 ∧ ̄入ヽ:.:.:.:.   \
/r' ─- 、/.:.:.    /  ∨_ノ´\l/ \:.:.:.:.:   ヽ
.:.:.l    /.:.:     / \  \ /ヽ/ /  ヽ:.:.:.:.:.:.:  〉
/   /.:.:     / \ \  ヽソ /    }:.:.:.:.:  /


秀家も家中の財政改革に取り組んだように 経済について無知というわけではない
しかし それでも黄金1枚にどれほどの価値があるものかを実感として知らなかった





322 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/31(土) 22:29:45 ID:UfacFhp.

秀家は貴公子だもんなぁ





324 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/31(土) 22:30:39 ID:ROq6Wl8.

悪い方で育ちの良さが





325 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/31(土) 22:31:06 ID:5AtrYgPg

           '´     / ̄ `丶、
        /  `ヽ∧  /ヘ       \
          / Zヽヘ/ ム厶. |_z―-   \
       /〆    / /  `| | ´`ゞ,   `  ヽ
      /7イ    | /     | |   `ミ     ヘ、
    く:.: (/| __,,. 孑     `ト'メ、     }      j:.\
     Y´│   _」!    j/  \   ト、 \`〈.:.:.::.\
      Ⅳll ,ィ≠=z、     ⌒    | \ヽ\).:.:.:.:.:.\
      l│}ヾ込z刋     ィ≠=z、  |   !ヽ、ノ .:.:.:.:. /
      |│|  :::::::::  : ; : : : . 込z刋シ |   |ノ∧:.:.:.:./    (そうか……)
      |│|        ′   :::::::::     |\ |  ∧/
      ∧|人      t‐ァ- 、      , |  │, | ∧       (このお方は生まれついての殿様……)
    ./ヽ.| ヽ\   ∨ ノ      /ヽ|`  |/l ∧
   ,'\`|  \i丶、       . イ   |\  |\|  ∧      (豊家の貴公子なんだ)
   /` /|    │::」」`ー_<. /   /|\ヽ |::::::}/ ∧
  .ト/:::::|\ヽ レベ \ ̄ l/   /:::|  ` |:::/⌒ヾ ∧    (わたしたちが守らなければならないんだ)
  〃::::::::::|\ と'´\ ヽ  |  ./ ::::: |\   |:'::::::::::::::ヽヘ
  {lヽ:::::::::l /´ ̄{      }/ ::::::::::: |\  | ::::::::::::::::: ',ヘ
  |::::::::::::::l: | (, 〉     / ::::::::::::::::::|   │::::::::::::::::::::〉ヘ



三右衛門に
心の底から秀家を救いたいという気持ちが湧きあがってきたのはこの時である





327 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/31(土) 22:31:46 ID:d8Hap5sM

え、そっちなの?





330 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/31(土) 22:32:21 ID:WjuqbV26

保護欲を生むのかw





331 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/31(土) 22:32:37 ID:5AtrYgPg

          , - ' ̄ ̄、 ー 、
       ,. -.イ ,. ァ─‐ | Μ |、ヽ
     く: : : /イ /  __ V |/ ヽ.i、
       \/〃 |.    `   二` }|/
       /./.| | `="   'トノ`! ハ           秀家様 黄金についてはご辞退します
      / /ヽ|ヽ|   、    ` .,' ,|∧
     / ./ヽ |  | ゝ、  ̄ .ィ-‐| ∧          代わりに秀家様の脇差を賜りたく存じます
    // /ヽ、!ヽ、,|┴ `、 ,-´;;|/,.|、 ∧
   /,/ |,-‐';|ー=,|ヽ∧V| 〉;|/´|;;ヽ∧           ,-,
  /Vヽ、/;;;;;;;ヘー-ヽ;;;ヾ水!;;;|  ,|;;;ハ ∧         ,-',、く--、
 |,Vヽ,/;;;;;;;;;;;;ハ、_ハ;;;;;;;;;Y;;;;レ'ノ|;;;;;;;;',∧.    / くヽン ̄
 |Y  |;;;;;;;;;;;;;;;;;ハ  ハ;;;;;;;;;|;;;| ノ,|;;;;;;;;;;;ヾ_  /Y 辷-く´
 |'|、 .|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ハ==,|;;;;;;ハ;;;レノ|;;;;;;;;;;;;;;;;;;7´  し-イ
 Yヽ,|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ--;;;;;;' | ヾ_ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /´
  |ヽj;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;'. |  ヽ;;;;;;;;;;;;;;/   /
  ソ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;/ |    |ー--'、_/;;|
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;/  |   ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/   |     ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    ∧    ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/     / ヽ     ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|



この後 三右衛門は徳川家のもとに出頭し
「秀家は伊吹山で自刃し 自分はそれを見届けた」と証言
証拠として秀家の脇差・鳥飼国次を差し出した

これにより東軍の秀家捜索の手は緩められることになった





335 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/31(土) 22:34:02 ID:5AtrYgPg

五郎右衛門は秀家を1ヶ月以上自邸に隠しきり
秀家死亡説が世に流布されるのを見極めると秘密裏に大坂の宇喜多屋敷に送り届けた


                   ,. -‐-- 、
              ,. -‐ '´        `ヽ
            /                ヽ、
          /    /  /     ヽ    \
          /    /   /    !     ヽ    ',
          i    !   /     !     !     !
          |    i _.斗r‐    ヽr‐- 、 !  !   ',
          | !   ィ´ヽ.|ヽ |\   |\| `ト、 |   !
          V   | ,斗≠ミ  ヽ  / ,斗=、!  ! |  !
          /\|ヽ|ヽ {いrf}   |/ 必_,ィ} ヽ/  | 八       五郎右衛門……
        /   ∧ ハ Vニ ソ     Vこソ /  /   ヽ
       / ,  / ハ. ハ ::::    '    ::::: /  /     \    あなたの温情は決して忘れないわ
.      / / /.r‐介rヘ 人    Y  ァ   /  厶_/{>  ヽ ヽ
      { i/ _|/ヽト.:∨ > 、    ィ   /:._厶ヘ.勺   !  )
      ヽ.{ ヽヽ|   }:.:∧   ヽ  ` ´ /   /イ   }./   /  /
        \  |   ヽトヘ   ',   /   ./V    八  /  /
        ノ )∧    V}.   i  /   〈____ /     /
      / / ∧     ム   ! /   {     ノ/   /  (
     / /    !  ,. r个ヘ.  |.〈__/   /.人  {   ` 、 _
.   / /     /∨「:.:.!:.:!:.:. 〉/ヽ:.:/   /个f:..:.:〉  ヽ      `ヽ
 / /    /  ∨:.!:.:!:.:.|-|_/|:.:.X:.:/   厶:.:.:.!.:..:V    \       \



別れの際に秀家は五郎右衛門に「その時には必ず持参せよ」と言って
かつて太閤秀吉から下された朱印状を手渡した
自分が再起した時の恩賞の約束手形であった





336 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/31(土) 22:34:57 ID:5AtrYgPg

                      _,ヘr-_r-、_
                   ,、--く⌒ヽ|  } ヽH l  L
                 ,、 '´ _〈 ̄ ., 、‐====‐ 、V/ /⌒>
                /: : : :ノ  /: : : : : : : : : : : :`' ‐-、/'―i
             /    :`>'   / i   i   : : : : : :\)
              /.: : : : : : /.l: : : :./.:/l : :.:.:.l .:.:     .l. \
            ,'.:.: : : .:. : |.:l:. : :.:.l.:7 ̄l ̄:フ'ト.l.:.:. : : : :.:.|:   ヽ
           |.:. .: .:.:. : :|:ハ: :.:.:ィム--式ス、.l.|ヽ.:. : :,/:/   l. l
           |.:.:. :.:.:.:. .:.l| ヽ.:.Kr'f'::;;;オ'`` ! .|.:./癶:. : : |.:|
           |.:.:l.:.:.:.:.:.i.: : :. `ト  マ__フ     レ=く. |.:.: :/ィ.:.l
           |.:.:l.:.:.:.:.:.l : : :.l :|            /;;(,リイ.:ノ/|.:/
           |.:.:l.:.:.:.:.:.|.:.: : .l.:.l         ,. 'ミ' .ハレイ レ
           L_|.:.:.:.:.::|.:.:. : .:',.l     r- ,.   /.:l:.:l:|     ありがたき幸せと存じます
        /⌒ヽ  `‐-、::|;;:::.:.:.:.|'ヽ    `´  /.:.:j: :l:|
.      /    ヽ、\  __i>、: :|.__\.、__ ィ升.:.:.:.:,'./lj
   r'´   /⌒ヽヽ、 ∨    `┘ `7Lri   \.:.:.// ,リ
   ノ   /.:.:.:.:.:.:.:.:..l l  `rr―――〈i V |     `y/
  (__/.:.:.: .:.:.:.:.:.:.:.:| |   ヽl      `>l_L -‐、___
  ,、-‐|.:.:.: : : .:.:.:.:/マノ__  ノヽ、 ` =-|l;;; .l__  ヽ \\
  {  ̄|.:.: : : : .:.:.:.\7_\、 /  ___ヾ,_ノ¨  /  ヽ.ヽ
  )  ノ.:.:.: : : : : :.:.:.:.:..\.:.:.)ヽー‐ァ-イ'7:ス¨\|     | .|
.  `‐(.:.:.: : : : : : : : .:.:.:.:.:.:ノノi } / ./ .i |/ | 「T´ -r-r‐'´
    >――――――くノノ ノ\ ./   i|l ヽ \  ̄「\


結果として
この約束は空手形となるのだが 朱印状は矢野家代々の家宝となるのであった……





338 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/31(土) 22:35:52 ID:5AtrYgPg








           ───── 小西行長 ─────










339 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/31(土) 22:36:49 ID:5AtrYgPg

 : : :弋: ヽ: : : ヽ: :ヽ: : : :.:j: : : : : :ヽ
 : : : : :ヽ: : ヽ: : \: : : : :/ : :/: : /:∧
 ヾミ㍉ヽ: :ヽ: :ヽ: :ヽ : : : /: : :イ/: ::',    ええ とにかく たいへんな数の落人でした
 `ヾ        ` Yイ′´ ´ ㍉: : :}
  ミ|                 }: :.|    わたしは在所の百姓の長でしたので
  ミ|                     ミ |
  ミ|                  ミ |     侍を軽んじるような真似は ほどほどにせよと
  イ  ¨'''一-- 、       __z≦⌒ヾj
 ニニニ{/¨ て:T¨¨ミー‐一彡ィ:ナ7丁 Yヘ    皆に命じました
    |  ` ̄´ノ } ⌒Y ヽ ̄   | | |
     ヽ __ ノ    |弋 __ノ | |                     _   _,
   ヽ             |       ノ /                   ___,> Y´'ー-、
           弋    ノ    イ_ノ                  _>z二_ ___`ー≧__
      /     `ー ´     リ                   >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
       ィi从从从从i从i. | /                  /        ヽ `Y′之>
      |  <───‐テ  j /、                .  /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }く
   \    、 ` ̄ ̄´    イ| 弋__                l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
 \  \     ̄ ̄ ̄   /. |   ヾミー-            |ハ |(●) (●) / / ,/レ′
   ヽ   ヽ          /,.  |    \                `|   ヽ    「)'/|/
 .,  \   `ー---一 イ/   |     ヽ               ヽ、_  ―  _,.ィT/   ふむふむ
  ',    \        /  │      \               l 7Eニ::ィ1│
  ',     ` ー-、 ,イ      |  弋ー──                'イ:::/ヽ::`::ヽ
   ',     /辷Yヽ、      |    \                  /:.:.} ̄ ̄、:.:ii.:| カリカリ
   ',   /ヾ三三三\    |      `7                {:.:.:⌒ス  ィ⌒} ))
    ', /    ヾニニニリ  ヽ j      /             | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|

  ↑ 関が原在住の庄屋 某





341 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/31(土) 22:37:47 ID:F.JmaowE

何、このドキュメンタリーw





340 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/31(土) 22:37:38 ID:d8Hap5sM

本当に医者としてやることないから、著述業に専念できるな





343 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/31(土) 22:38:04 ID:5AtrYgPg

               _____
             ,∠_ ̄`ヽ::::\ヽ``ヽ-、
            /:::::::::``ヽ、 \::ヽ.゙、:::::リ ト、___
            /'"´"ヾ、::;:、ゞ-‐-、ヾ::/ノ::::仄`ヽ   というのも わたしは備前中納言の家臣で
          i'"´ ̄ヽ/7′     ̄"`ヾ:'::「\
            l::::::,.-‐-{ |!  __       {:::/     本多正信様のご子息でもある本多政重様に
          |,∠_ /     ヽ\__,w、_/|彳
           { r ヾ|==Y´ ̄`ヽ::::::;:‐┴'、     御奉公を致しましたことがありまして
            } '      |    /⌒|   /
           /\__   ヽ、 `‐-‐'   ト-イ       落人とはいえ この人たちを必要以上に卑しめては
       ,.-┴-、/ `i   ヽ     、  {  /
      /::::::::::::::::`ヽ」.    ,. ,.__ゞ__,.-;. {        後日に在所の煩いとなりはせぬかと思ったからです
    /::::::::::::::::::::::::::::\   ' `ー‐‐‐'" /
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\       /
./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\‐-r--‐'′
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\L___




                 _   _,
              ___,> Y´'ー-、
             _>z二_ ___`ー≧__
             >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
            /        ヽ `Y′之>
     .      /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }く
           l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノヘ ))
         (( ,ヘ, |(●) (●) / / ,/ /
           '、 `|   ヽ    「)'/|/ /     賢明ですね
              \ヽ、_  ―  _,.ィT/=/
             く l 7Eニ::ィ1    〉
              ゝ'イ/ヽ::::` 、 /
                i´ ̄ `ヽ::|
               j|       く
              /    ヽ  \





344 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/31(土) 22:39:08 ID:5AtrYgPg

『それから…… 9月19日でしたか……
 わたしが在所の百姓を数人連れて近所の山に入ってみると』



        |  / |i | | |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|iト  || | |  |
        | |  |l | |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.|l|  || | |  |
       .| |   レ li|               |l| ハi| l|  l |
      | |  | | | l|       ′       ||l/ l| |  |i|l
      | |   l |i| |l      __         |l|  ||l /  |/||   
そこにいる人
      | |  ヽi| |ヽ    (_)      /i| |  li||  / |i|
      | l|    l| |ヽ\    -     / l| | /|l|  / | |   
こちらに来てください
      |  li   | l|ミ ヽ.i 、     ,. ' | /| l|  li |// |i|
       l  lト、  il、 il∧ .|、__` ‐- '__|/ / / /ル'  //
       il  乂\ ヽヽj `.l、__ ̄__,,,...l//// /  //
       ヽ、/\_ ,,..、/        / l-‐、__ / / /
    ,. '´ ̄ ̄| ̄::::::::::i!{           /  〉i!::::::` ̄`i──- 、
   /        |::::::::::::::::i!`:..、      ,./ i!::::::::::::::::::|      ` 、
   /        |:::::::::::::::::i!::::::::` ── '"::::::::i!::::::::::::::::::::|         ',
  ,'         | o:::::::::::::::i!::::::::::::::::::::::::::::::::i!:::::::::::::::::o::::|         l



『……と申された方がありました』





347 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/31(土) 22:41:37 ID:5AtrYgPg

               _____
             ,∠_ ̄`ヽ::::\ヽ``ヽ-、
            /:::::::::``ヽ、 \::ヽ.゙、:::::リ ト、___     
『ひと目で高い身分の方であることは分かりました』
            /'"´"ヾ、::;:、ゞ-‐-、ヾ::/ノ::::仄`ヽ
          i'"´ ̄ヽ/7′     ̄"`ヾ:'::「\
            l::::::,.-‐-{ |!  __       {:::/
          |,∠_ /     ヽ\__,w、_/|彳            
お武家様 そんなことより
           { r ヾ|==Y´ ̄`ヽ::::::;:‐┴'、
            } '      |    /⌒|   /            
どこへなりと早くお逃げなさい
           /\__   ヽ、 `‐-‐'   ト-イ
       ,.-┴-、/ `i   ヽ     、  {  /
      /::::::::::::::::`ヽ」.    ,. ,.__ゞ__,.-;. {
    /::::::::::::::::::::::::::::\   ' `ー‐‐‐'" /        
『と わたしが申しあげますと』
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\       /
./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\‐-r--‐'′
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\L___




  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   |  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ|  │ii!|   | |
   |  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|!   | 〉.|   | |
   |  |l                |!   レ |   | |            
いえ 是非とも近くに来て欲しいの
   |  !l    、.        |!   |  |   | |
   |l   ト、              |!   |  |   | |
   i!   i \   匸>      イ!  i|i. |   | |      
『と 強く申されるので
   |!   | | |i \ `    , '  |!  /|  |   | |
   |!   | | | i `ー '    l!  ハ |i |   | |       
わたしも言葉どおりにお側に参りました』
   ト、  | i人j|i!   ヽ     |! //V|i |   | |





348 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/31(土) 22:43:36 ID:5AtrYgPg

         ,.-─、
       //  /`:L、 ,. -‐,. -‐─- 、__
      / /   /::::/:/ /  ,. '´ ̄ ト、N`ヽ
     / /  / >イ/   /   / /   / |l \ヽ \
      l  |  / ./〃/  〃  / / /  |i  ||   ヽ ヽ       
『すると そのお方は……』
     |  |  l /  / / / / /.| |   li   ||   li l l___
     |  | |/ /  / / / / / .| |   |l  ||    |l | |::〉ヽ、
     |  | | l  l / l / ./l | |   |l   |.|    || | |レ   ',
     |  | | | | |  | | ∧__ljハ  |l |.| |   || | | |l!  |        
わたしの名は小西摂津守行長よ
     |   | | | |  | | l./7:.汀i `  ヽ !人| 从 /i| / /| |   |
     |   | | | l|  | | | 、ゞ-┘       rテ、 / / /|| |   |        
あなたは礼節をわきまえた人のようね
      |   | | i| |  | i|i|    ̄       〈:::..j | //| | |   |
     |  i| | | |  |  ||           `ニイ〃| ! i| |   |        
わたしを家康のもとに連れて行き
      ト、  l| | | |  |  |!      、 ,       / |  ハ .|   |
     |ハ  ∨ ||i  | |    、___      / | |  | | |  |        
褒美をもらうといいわ
     |川ヽ、 \ |i  |i |     ヽ二ア`     /| | | il |    |
     | /|川. ̄川li  l i| \         /l |i! i!/ .| |  |
     // |川|  i|||∧  l|  ヽ、    ,. イ | | |  | |.  | / //
    /∠⊥|川| |||! ハ ヽ __   ̄ /  | | | |  | |   |// /   
『と 驚くべきことを申されました』
 /     `ヽ─-‐-- \ヽ::::::: ̄ ̄::|  川|l |,./___レ  ///
/        l:::|      ̄ ̄ ──ヽ__,. '´     ``ヽ、

             ↑ 小西行長





349 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/31(土) 22:44:23 ID:5AtrYgPg

         _ __ __
      _、rくミミミミミミWW彡彡\
     /三三ミミミミWWレ///彡\         
『小西様ほどのお方を捕らえるなど出来るはずもありません』
   ノ三==ミミ衍ミ>}jiMjiルf///ll|彡\
   }ニ彡彳  l|          |||ミミミヘ、
    j三≠ |!  |         ||! ミミlト}l
    {三シ      ヽ V /    ii|ミミl| l|          
とんでもない! もったいないことです!
    {彡ノ ‐''ニ‐_、、,_j} ハjl、_,、-ニIIiill|ミ/} |!
  /~Y/===| f´_・_j! l|=|!f´_・_,}! |=llヘ.           
少しでも早くお逃げくださいませ!!
  | {フトl|  ヽ[[[[「「l /|  iL`iiiiii'_/ |卩|
  l ヽ} lト、    ,,,、 /_|  l、 、、  /リレ|
  ヽ \} ヽ  ´  {[´_、_ ,_j  `` / l/ /
    \j/ l| l「 _,,rijlflliillillflk,,  |! |_/        
『わたしは重ねて申しあげました』
     | リ   ,ィ'" ̄ ̄ ̄ト} jf|
     l     ´ ̄ ̄ ̄ ̄´ ノ |
     |\ヽ'ー   ̄ ̄ ̄  _,イ__
   r-┤ヽ\\       //| \j \
   |\八  \\_',_;'_,,';_;_,';/ / /\/   |ー―-
_,r‐ノ  \ヽ ヽ` ー ─ ─ ‐ / ( /     |〉/





351 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/31(土) 22:45:19 ID:5AtrYgPg

                 _____
              ,. ='´ニ  二ニ、`ヽ、
         __/ / /// |l  l、`ヽ、`ヽ,_
        , ', ' _l::/  ' l | l  !  l ! l  ',` ';::',ヽ、          
『しかし 小西様は……』
       〃, '´ /// l l | l  l   !l l  l l/ !¨ヾ、ヽ、
      //   /// ll l|! l  l   | l l  !l ,ハ  ヽヾ,
       〃   | | | ハ |!、l  ',  l!,ハ l  |l ノ',   ',l l
       |l     l l l l トゝト、ヽ、ト、ノゝ=ヽ!l !レ/|   l !             
もはや逃げることは不可能
       ',',     | ! ! lパ::::}` `  '´{゚::::} l !lト. l   〃
        ヾ、   || !l l ` ̄´      ` ̄ノ! !|' l   /              
自害することは容易いけど
           |! | l',      . .     ! |l! l!
          |  ! lヽ   __ __     イ |l! |!                
わたしはキリシタン
      、_,:':,_,._ ハ l ! l\  ー    /|.:! |ll l !
    ,:;''      | | ! ! !l| ヽ ___ , '   !:.l |ll | | ,.,.,.              
キリシタンは自害をしないものなの
  {゛'"´  、 ヽ_ノ._l l ! ll lノ        !.;' ハヾヽ("   `゛ヾ、
 ,:' / ` ` ヽ、:::::l l !  !         l//ヽ、ヽ〉⌒      `':;、
 "ノ       ``! ト、 |          //_,.  l:;'⌒     ヽ,:;'、
 '"(_, ,.{_,:       ヾ、ヽヾ`ー-、  ,. -〃 ,.,:'':,'´ ヽ  ヽ.;.,.、:':::|    
『と 静かにお答えになりました』
  ''"|::::::::゛''`':, 、_、_  \'`\___/'"'´      _,.:'⌒::::::::::::::::!
    ';;:;:;::::::::::::::ヽ::::`;:、_、__ ヾ、 ,.:'"  ,_、:ヽ;-ヽ':;:':::::::::::::::::::;'
    ';:;:;:;:;:::::::::::::';:::::::::::::::::::`ヽO/:};:'"::::::::::::::':;::;:':::::::::::::::::::::;'
     ';:;:;:;:;;:;:::::::::i:::::::::::::::::::::::::::l!:::::::::::::::::::::::::::::::i:::;:':::::::::::::::;:;'
      ';:;:;:;:;:;\:::';::::::::::::::::::::::::╋::::::::::::::::::::::::::::::i;'::::::::::;:;:;:;:;;'
      ';:;:;:;:;:;:;:;ヽ'、:::::::::::::::::::::┃::::::::::::::::::::::::::;:;'::::::;:;:;:;:;:;:;:;'





352 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/31(土) 22:47:24 ID:5AtrYgPg

                 __
             ,,.r:':"゙"::::゙"゙::'ヽ、_         
『このやり取りは他の百姓にも聞かれてしまいました』
           _,::'":::::;、 -‐ ‐ 、:::::i:::::゙':、
          r":; ='´     ゙ヽ;::::i::::::::゙:、
          }:{'      ,, --   };:::::i::::::::i
         .l:::! ,._  _,,,:''"´ `'.r-、゙;::::f 、::.                
そ それでは畏れ多いことですが……
          > '"゙ '.ァ'" 、 _.ノ   ,. '!lゝ.i::
          !    ,!  、"´   イ' ll'r .}::.
          `t- '"tヽ`_,,,,,_   lj  : '゙'、
           '、 ,ィlr"''"゙゙丶 ヽ     !  ;     
『そこで わたしは まず小西様をわたしの宿にお連れしまして
           '、  イ,"´-_`-  〉  ノ ,
            ',  t'''"´,   ' ,. '´ /!      
さらに家康様の御本陣に向う途中 人に奪われては大変と
             `、 `´    ,. ' / /
               '、, _ ,  '"´ /  /       
知己のあった竹中重門様をお頼りして 共に草津に参りました』
                ` ' ァ./   /





353 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/31(土) 22:48:26 ID:5AtrYgPg

          ./ _,、-::'ニニ=   ==、、 \\
         / ,ィ:´::/- ' ´    -、 ヾ\ヽヽ
      / ilz|/         ヽ.ヽ ヾ:ヽ i i
        i ./{ツ   /  /      ヽ  ヾオ .i.l      
『竹中様の小西様に対する対応は
      l .l://  /  ./.l.l   .l  l i  .li'j i.l
      | |'/!  i' i' ,イ.,il.|  i l  .l l   i'.| .l.l      
とても親切なものであると思いました』
     イ l .l  .l i / i.i l | ! i .,イ.,イ.l、 l  .l | トl
      | .l |  l`lくL._i !l i !/ i.i_l,,l.lイl  l | | ヽ
      .| l l  .l,.ィoテiミ` .!.i./.'',ィoテiくl!  l l |
        l.,イ| .l.` {::::ノ. ` V ´ {::::::}´l  l .,! l              
,_   _
      ノ |l l             ! l/ `|            
、-ー'`Y <,___
        | |ヽ.     _     ,イ| |           
__≦ー`___ _二zく_
        .l.l l\   __   ,.イ ,イ|           
> 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<
         .| l.|i.l`.i、  ‐  ., イl,イ/ .|!          
<之′Y´/        \    竹中様は
           |ヽ>j ` ‐ '´ ト///              
>{  ,'  |、 , ,.  ,.l  ,   ゙i
           / { \   /} .lヽ              
| !、{  | 寸寸T ハT7} ィ, l   キリシタン大名である黒田親子と
          _/i' ヽ     / l::::`i:、            
′J゙i, ゙i ゙i (●) (●)| ハ|
       ,.-'´/:l    \ ,r'´  l::::::l::`ヽ、            
゙i|゙i'(1    ,    |       親しいですからね
    _,.-::'´:::::::/:::l  ,ィt:、レ'-ァ、  l:::::::l:::::::::``‐、          
゙iTィ.,_   ―   _ノ
  /::::::::::::::::::/:::::| ./_ヽヽ|∠∠ヽ|:::::l::::::::::::::::l:`i          
│「ィ::∩ ノ ⊃
 |:::::::::::::::::::::/:::::::И: : :.--「}--: : :.Ν:::::::l::::::::::::::l:::::|          
/´:,r/:ヽ__ノ
 l:::l::::::::::::::::::\_;、┤: : :/不\__./``''<:::::::::::::l:::::|         
(::::::V::::::/ `i:i
...l::::l::::::::::::::::く´:::::::::ヽイ: :/:.|: : : V:::::::::::/:::::::::::l:::::::〉         
\:::/-‐::::::/
..l::::::l::::::::::::::::::\:::::::::/: : : : |: : : :.ヽ:::/::::::::::::::::l:::::::l

          ↑ 竹中重門





357 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/31(土) 22:49:53 ID:5AtrYgPg

.     l~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄l
    l   , '⌒゙'''ー-----‐ ''⌒ヽ、  |
    |  /::    ` ー--‐ '´   ヽ、 |
     | ./::    ` ー----‐ ''´   ヽ│         
『徳川家からは村越直吉様が対応に当たられました』
     | レー- 、.._        _,,. -‐.、.| |
     | | ̄``''‐ .二ll   ll二 -‐''" ̄| |         
『わたしと竹中様は草津の村越様の御宿で事情を話し
    r‐、|:: ===。=~   l=。=== | r‐、
.   |l^|.|:: ` ー--‐1::   l ー--‐ ´ |.|、l l        
そこで小西様をお引き渡しいたしました』
    !l._||:::  ` ー-‐l:::    lー-‐ '   ||ノ,リ
   ヽ.|!: / , 一' l:::    l ー 、ヽ. |!ノ        
『その時 わたしは褒美に金貨を頂戴いたしました』
    / | /   └‐^ー^‐┘   .ヽ. | ヽ.
   / │.!  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  | |  ヽ.       
『その後 小西様は縄をかけられたとうかがっております』
‐'''~|.  | |      ー─‐       |   |~`ー-
.   !   ト 、 ,.. -─rr─‐rr‐┬- 、, イ.   |
  |.   |r''´        __  ̄,ノ /|   |
  |    l ''  ,r=ニ二「~|    ̄./ .|.    |  ← 村越直吉
  |.   |  ⌒   " | !~`'''‐-,、  .|     |





359 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/31(土) 22:50:50 ID:5AtrYgPg

               _____
             ,∠_ ̄`ヽ::::\ヽ``ヽ-、
            /:::::::::``ヽ、 \::ヽ.゙、:::::リ ト、___
            /'"´"ヾ、::;:、ゞ-‐-、ヾ::/ノ::::仄`ヽ
          i'"´ ̄ヽ/7′     ̄"`ヾ:'::「\
            l::::::,.-‐-{ |!  __       {:::/
          |,∠_ /     ヽ\__,w、_/|彳
           { r ヾ|==Y´ ̄`ヽ::::::;:‐┴'、      これが わたしの知る
            } '      |    /⌒|   /
           /\__   ヽ、 `‐-‐'   ト-イ       小西行長様捕縛の顛末です
       ,.-┴-、/ `i   ヽ     、  {  /
      /::::::::::::::::`ヽ」.    ,. ,.__ゞ__,.-;. {
    /::::::::::::::::::::::::::::\   ' `ー‐‐‐'" /
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\       /
./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\‐-r--‐'′
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\L___




              ,_   _
            、-ー'`Y <,___
         __≦ー`___ _二zく_
         > 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<
        <之′Y´/        \
          >{  ,' | 、 , ,.  ,.l  ,   ゙i
         | !、{  | 寸寸T ハT7} ィ, l      本日は貴重なお話
         ′J゙i, ゙i ゙i (●) (●)| ハ|
            ゙i|゙i'(1    ,    |         ありがとうございました
            ゙iTィ.,_   ―   _ノ
             │「ィ::ニE7 l __
             └l´::::/ヽト /  /
               |::::|´  ̄`i/ とヽ
               |::::|     | ̄=-'
               |:::::|    \
              /lrェリ l   ヽ \
             \    |    ヽ/





361 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/31(土) 22:51:42 ID:Q.JhiE/o

小西にも徳川にも礼を尽くした対応だな





362 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/31(土) 22:51:42 ID:5AtrYgPg

              ,_   _
            、-ー'`Y <,___
         __≦ー`___ _二zく_
         > 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<
        <之′Y´/        \
          >{  ,' | 、 , ,.  ,.l  ,   ゙i
         | !、{  | 寸寸T ハT7} ィ, l
         ′J゙i, ゙i ゙i (─) (─)| ハ|
            ゙i|゙i'(1    ,    |      …………
            ゙iTィ.,_   ―   _ノ
             │「ィ::ニE7 l __
             └l´::::/ヽト /  /
               |::::|´  ̄`i/ とヽ
               |::::|     | ̄=-'
               |:::::|    \
              /lrェリ l   ヽ \
             \    |    ヽ/





364 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/31(土) 22:53:41 ID:5AtrYgPg

              ,_   _
            、-ー'`Y <,___
         __≦ー`___ _二zく_
         > 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<
        <之′Y´/        \
          >{  ,'  |、 , ,.  ,.l  ,   ゙i    ここから先のことを思うと……
         | !、{  | 寸寸T ハT7} ィ, l
         ′J゙i, ゙i ゙i (●) (●)| ハ|    小西様にとって「関が原の戦い」とは
            ゙i|゙i'(1    ,    |
            ゙iTィ.,_   ―   _ノ       宗教戦争だったのかもしれないなあ……
             │「ィ::ニE7 l
             └l´::::/ヽト
               |::::|´  ̄`i
               |::::|     |j
               |:::::|    \
              /lrェリ l   ヽ \
             \    |    ヽ/
               `'r‐┼rーrー ´
                |::::| |::::|
                |::::| |::::|
                {ーイ リrヘ,
                'ー`  'ー`-





365 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/31(土) 22:54:47 ID:5AtrYgPg








           ───── 毛利秀元 ─────










368 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/31(土) 22:55:50 ID:5AtrYgPg

9月18日
やる夫によって佐和山城が攻略されたその日
西軍総大将・毛利輝元の陣代である毛利秀元の1万超の軍勢は
近江国瀬田に到達していた


                    ,,_ f"k
                 ./,,g(]]!][^)l.
                ./(:::::::::::::::::::::〔、
                ][::::::::::::::::::::::::〈(
                ](::::::::::::::::::::::::::\,,,,__
                 4、:::::::::::::::::::::::::::::::::](
                 |:::::::::::::::::::::::::::::./(
                __d(゜:::::::::::::::::::::::::::g[ ○佐和山
              __v(":::::::::::::::::::::::::::::__f(
             ,,d":::::::::::::::::::::::::::::,,grf"^
           ./゜::::::::::::::::::::::::::,,d^^^
          ./::::::::::::::::::::::.;,,d"^
          ](::::::::::::::::::::::V(゜
          ]l.::::::::::::::::::::. l[ ○近江八幡
          ][:::::::y-"^^^^
          .l[゛:::[
    坂本 ○/::.::/
       gl:::::::.lf"
  大津 ○ (:::::::::][   ○草津
       \::::イ
        \:::〉瀬田


ちなみに この日は家康も陣営を近江八幡に移している





369 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/31(土) 22:56:48 ID:5AtrYgPg

関が原の当日に匿った安国寺恵瓊は
佐和山付近で逃がしてやった
恵瓊は琵琶湖を渡って 坂本から都に逃れ潜伏する


                    ______
             __,..-‐'" ̄       ̄~`ヽ、
           /`ヽィ'´          :.     `ヽ、
      /ヽ/   / : :     λ、 ヽ、::        ハ
    ,ノ ./   i .' : : :.     ヘ、 ハ ::  i       }
   ,イ´ ::/   {  : : : : .       `-、 |:::  l        |
  /〃 : /    j、ー--: : : : :      `ヽ、./   i.  |
 /// : : j     |{ `ヽ、   、: : :.、   `ヽ、\   |:   |
/'´/ : : : | ,   |:', __ \.__ ヽ : :ヽ、   }\_〉  |:  {
 / :∧: ::| .|∨ |:::', ,戎Z彡∨iヽ、:.:`ヽ. /,ノ: i   |i ∧
 { :{  `ー| {-V ト:::}、_,ノi !  |  `ー:-∨: : : : |   |:i  ハ
 ヽ|    ヽ|  ヽ|.〈   i !   |   ::   | \: : : |   |:i.  ∧
              ヽ、rっ !  | ;  ::  j ,ィ'´\::|   |:i    ヘ、
              `ーァ-‐‐jノ    ノr==、. `|  : :      \
               /: : ::/´ ,/'"    ∨|/ : : : i      \
             /: ::// /        |/ : : : | : :   {`\\
            j:;/ ,/ /{         〈 : : : :: | : ::  ハ  〉 〉
             {´  / /  }        |ヽ、: : :  } : i:   ヘ//
            ∨ | ,{  |      | , ̄ }: ::_;ノ ::λ:    /
            /ヽ/V  ノ      |/  /´" : : : :::}  .: :〈   ← 安国寺恵瓊
            {     /       j'  /  : : : : ::.ノ  : : :`ヽ



その後 秀元隊は東軍のひしめく街道を堂々と行軍した





371 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/31(土) 22:57:49 ID:5AtrYgPg

毛利隊に東軍は手出しをしなかった
「毛利両川」の吉川と小早川が既に東軍に通じていることも大きかったが
それ以前に秀元率いる軍勢の整然たる様に威を感じたからである


                  _
            ,. ‐ ''"´:::::::::::: ̄` ' ‐ 、
       ,. -‐/:::::::::i^ヽ、:::::::::::,. 1:::::::::::::::丶
     /   /::::::::::|:::|-ー-ー-‐ーー|:::::|::::::::::::::::ヽ
       , '::::::,::::::::::l:::|        |:::::l::::::::l:::::::::::ヽ
        /:::::::::|::::::::::,!::|         |::::ハ::::::::!::::::::l::::i
      /:::::/:::::!::::::::ハ:!          !:/ ,i::::::|:::::::::l::::l
      , ':::::/::::::::!:::::,'丶リ、    、  ,l/,/ i:::::!:::::::::|::::|
   /::/オ::::::::|:::::l ,. ,=、`     `^,=、 、 !:::l::::::::::|::::|
  ー´‐'" /'|:::!:::::!::::!/ ハ_ノi      l、__ハヽ!:/::::::::::|::::|
     / ヽ|::::::!:::|{. N::::l.| 、  , N:::::} ! }イ:::::::::::;!::::!
          |:::::::ヽ! 弋z.ソ ,}⌒{ 弋.z,ソ , |:::::::::/!::::l   …………
         |::::i::::::ト 、_ ノ   ヽ、 __,ノ !::::::/.'.i::/
         |:::ハ:::::ゝ,、  r ' ´ ̄ `i   ,. イ::::/::::::リ
.           |::| ヽ::::::!/ ` ー ̄,二 ̄‐'7". . .|::,ヘ:::::::|
        ヽ! ハ::::!、 . . . . ├―‐-/ . . . .l/ , ヘ::::l
            !::ヾ、|、ヽ . . . .|   ,/ . . . . // 〉::l  ← 毛利秀元
             !:::::|ヽ \\. . !  ,/. . . .// / i::::l


しかし それも傷ついた青年武将の心を癒すことはなかった
むしろ見逃されたと感じ屈辱感が深まった





373 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/31(土) 22:59:20 ID:F.JmaowE

結局、最後まで本家からハブられてたわけだしなあ





372 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/31(土) 22:59:01 ID:5AtrYgPg

この日の午前
吉川広家が陣中にやって来て家康への恭順を勧めた


               ___   /ヽ、
        ─==フ¨´      ̄|  ``'ー- 、
          /,        / ,ィ'|  ヽ     ヽ、
         // /  /  /〃 | | |   ヽ    ヾYニヽ、
          /,イ  /   / 〃/,  |│!、   ',.   ヽ |:.:.:ヘ:.:.\
       / /  ,'  / 孑|'"   l !| \ }    ∨:.:.:.:.:',:.:./
        /  i  ,'' /  j   l ||  ヽ |`i    }:.:.:.:.:.:.∨
         |   /  |/{!7メミ、    | _ _土 l|  | |:.:.:.:.:.:.:.|     わたしは本家から
        | / |  lム {:::::::}     'fて::;;;}7}  ト、|:.:.:.:.:. 丿
        |/  | │il ヒ辷     {::::::::ソ |  | | ̄ ̄ |      徳川方との和睦の斡旋を任されているわ
          |ヽ∧} '   ,    ` ー'′ | /)  ,'  |
          | | | ` 、   r‐┐   ''  |/ノ  /  |      あなたも本家のためを思うなら
          | | l    |>.、`___ ..   -‐'ア     /l   |
      r‐‐'"¨¨V | |    |  |  / \/    / |   |      家康殿のもとに出向いた方が良いわね
      ≧=   Ⅵ |   │ /-く   〃     /   |   |
    と´r─'  _,イヽ、  ,レ'|::::::∧ /    イ    |   |
      `ー┬´   |  /  厂::| ∨    / │   │  | ← 吉川広家
        |    丿 /  /:::::::| /    /   |    |  │


ようは秀元に徳川家へ人質になれと言ってきたのだ





374 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/31(土) 22:59:51 ID:5AtrYgPg

だが これを秀元はガン無視した


           ,,. -─一ー──-  ,,
         , イ´: : : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ、
       /: : : : : : : : : : : : : : : : : : i: ,、: : ,:ヘ:.丶
     /. : : : : : : i : : : : : |i: : : : : l|::|ー-一i: : :ヽ
    /. : : : : : : : : ::|: : : : : ::|ヘ: : : : ハ |     ||. . . ヘ
.    i : : : : : : : : : : |: : : : : ::|::i!;. : : l ,!:!     |i: : :l: ::l
    i      . ,. :|: |: : : :::|:::|',: : :l .!l    iハ::::|: : l
    | . . . : : : : ::|: :!:::|: : : :::|‐t-k.,i__i!_,.   |/l: :!::i: :|
    |.: : : : : : : : :|: : !: |: : : :::|:::|  ,zx=ミ! ´   =k:|:ハ;|: :|
    |: : : : : : : : :|;; : :l: |: : : : ト;:|≠'{ }:.:i.     {,,!::i!::::!、::|
.    |: : : : : : : ::|;;;r‐ヾ|: : : :::|. i{! iri:::i.:| .ヘ ,_|:j }::::|. '!|   わたしは輝元様の陣代ッス
     l: : ::j: : : : !;;:{  'i!: : : : | ヾ. 込_ソ  .}~.辻ノ::::l. i!
.    |: : :j: : : : !;;;;;ゝ,,__ !:: : : :|  、 ̄   ノ  'ノ::;': :l     輝元様の明確の意思が示されない限り
.    |: :/: : : : !;;;;;;;;;;;;/ノl: : : ::|   ゙'ー ´ -' i::: 州!
    |::/: : : : /;;;;;;;;;/人. ヘ:i: : :|゙x=-z--‐''´ .|::/ |;!      大坂城に引き取るのが本筋ッス
    !/: : : : /;;;;;;/  \ヾi: ::|'t   |}it、  .|/ |!
   /: : : : :/;:/彡三ミ、 ヘiヘ;:| .l  ll.}}_|
  /: : : : : /Z彡-一ーxヾ、 ヘハ |.  }!イ
  /: : : : : //      ヾヽ ゙y-l ,.イ;




            、____,、__
          ,.一'′: : : : :|: :. ̄`ヽ
         /:,ィ/:.:.:./: : : :|: : : : : : : \
       /イ7/: : : :./: /l: :,イ:.;ハ: : : :ヽ: :.Y^マ 、
       //:/: : :/:_/_|_/ |:.| ヒ__: : :.:i: :|  | 〉
   .   〈_,/;イ: : l:|´/ l/ Vl ´\:` : :|: :|  !/
        l/ |:.:.:.|:|えテミ    fテ斤トl、|:ハ!__」
         |:.:.イ } ftッノ     ftッノ |/Ⅵ: |
         |:.:.:トハ xx.  ,    xx ,ハノ:.:|:.:|   …………
         |:.:.:|: :|>-、._ 、   , </: : /: :|
         |:.:.:ト、|/  ,ィ-ぅ</: :/: : /ヽ:.:|
         |:.:∧/  /「丁¨7: :/: : /   i:.|
          l:./ /   i Ⅵ__/ィ'/: :./   .| |
          爪/   | f'¨艾¨Y:./    | |


広家も黙って引き下がった





375 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/31(土) 23:00:52 ID:5AtrYgPg

すると続いて 福島正則と黒田長政からの使者が陣中にやって来た



       __,,.-‐─────--.、_
     ,ィ'´    i  __,-‐──-.、_ `ヽ、
    /      |ィ'´-‐───-"ヽ、i }
    /      |ヾ __,,〉〉,,__/_,〃`ヽ| |   あの…… 福島様と黒田様が
    |    i   |/´       `ヽッ,| |
    |    |:   | __,ノ     \ {::| |   どうしても談合したきことがあり
   | ヽ、:::|  |  __、     ,__  |::| |
   |   :::(| :: | ィfチミ`    チミォ、{:! |   湖畔の館で饗応の準備をして待っている
    |   :::::| :::: |      、      |::! i|
   |i :::::::::|::::: |.、    r-‐,   ,.ィ::: |:l   ……とのことです
    |j ::::::::|::::: |:;;`>‐-ニ´ <´::|:: ,イ |
    | ::::::::::|:.::: |'´ |   /   ヽ| |:::| |
    | ::::::::,ィl:::: |  |‐-/  /  | ||::! j
    | :::/ ` |::: |  | ./ /}    リ |:: |
     | :j i |;/リ \|// ,ノ  /  |::,人  ← 福原広俊
      | / ::j `‐-ァ  r-‐´   {  "  〉



広家と正則・長政が親密であることを家中で知らぬ者はなかった
広家の要請により正則たちが動いた降伏の誘いであることは明らかであった





376 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/31(土) 23:01:52 ID:5AtrYgPg

            ,. ‐ '' " ´:. ̄:.:``'  、
         ,.  '":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:丶
   ー=ニ二´, ‐:.:.:.:.:.:.,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
        /:.:.:.:/:.:.:.:/:.,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:'.,
     , ':.:.:.:.:.:/, - 、!:.:l:.:.:.:.:.:.:.:., /-、:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.,
    ,/:.:.:./:.:/:.′/ l`:,!:.:.:.:.:.:.:.:./ ヽ:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:l
   /:./':.:.:.!:.:.:./  !/|:.:.:.:.:.:.:./  ヽ:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:|
   /'" !:.:.:.:l:.:.:/, ,ニ、、l:.:.:.:.:.:/ , ‐_丶:.:.l:.:.:.:.:.:.l、:l:.:l
  '   l:.:.:.:.:l:.:ハV ,ノ:::ヾ,:.:.::/  ,イ_,)::ヽヾ:.:./:.:.:.l:.ヽ!リ     まあ…… ね
     i:.:.:.:.:.:!:l:.:l !i:::::i.!l:.:/   l.i::::::::i.l リ:./:.:.:.:,}:.:.:.:.!
     |:.:.:ハ:.:リ:.:.i 弋‐ク l/     !,゙ー ク ,:./:.:.:.:/':.:.:.:N     ちょっと顔を出すくらいなら
     |:./ !:.i:.:.:.{ ,,,,,   、     ̄,,,/:/:.:.:.:/:.:.:.:.:.:l
     l/   !:.l:.:.:丶、   _     /:/:.:.:.:/:.、:.:.:.:.:.!      いいんじゃないのかな?
        ヽl:.:.:.:.:ハ:i`'、ァ 、__,.  'エ'/i:.:.:.:ハ:.l ヽ:.:.:.:!
          丶:.:.:! リ/} }./′ ,/' ,':.:.:/.、ヽ!  ` ゙、
            ヽ:!イ..../ ,/.ト---ァ.../:.:/....._ヽ
            ,{iヾ,/ "^ヽ,、/...//../,. -_}
          i ヾ/    ' , !'.....'..../// ヽ  ← 宍戸元続
           ! {     /7.....//,. '"   |



そして この降誘には重臣たちも結構なノリ気を見せている



/:::::.:.:.:.u . . : : : :.::.:.u:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
:::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:`:.、
::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:し.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:;、_:.:.:`;
::::.:.:.:し':.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:..// |: . . .!
::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,イ.:.:.://  .|::.:.:.:.|
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.U:.:.:.:.:.:.:./ |:.:.∧ : : ;'::.:.:.:.:|
.:.:.:.:.:.:.:.:U.::.:.:::::!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;': :.|:./: : ヽ/::::::i:.:.;'
.:.:.:.:.:.:.:.:.:::.:.:.:::::|.:.:.:.:.:.:.u:./: : .j/ : : : /:::::::'|.:/
.:.:.:.:.:u.::::/´⌒ヾ.:u.:.:.:.:.:.' し : /: : /::::::/.j/
.:.:.:.:.:.:::::.{    |.:.:.:.:.:.:.:.i: : : /: : :、イ:::::/
.:.:u.:.:::::::::>、  |.:.:.:.:.:.:.:.! : : {: : : :/:::::;′     (う~ どいつもこいつも……)
/.::::::::::::/\ ` !.:.:.u:.:.:.|    ー 'i:::::/
.::::::::::::/  ´ ̄`ヽ.:.:.:..:.:|ヽ  , イ:::/
:::::::::i/  _,  -ー ハ.:.:.:.:.|¨ ´|:::::::/
:::::::::| '´       i.:.:.:.:|   l:::::;′
:::::::::|        |.:.:.:.:!.  |::/





377 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/31(土) 23:02:49 ID:5AtrYgPg

          _,..-‐::─::─::─::‐-:.、_
      ,.ィ´:.:.:.:.:.:.iヘ:.::.:.:;ィ:i:.::.:.:.:.:.:.:`ヽ、
      /...:.:;':.:.:.:;|:.:|゛`゛"´"|:.:|:::.:.:.::i:.:.:.:.:\
   ,ィ´:: : : :.|:/.:/|:.:|     |:.:||:::.:..::|::..:.:.:.....ハ
 //:.:::i:.:.:.:.:|'::/ |::|     |:.:||V: : :|: : : : ::.:.:}
  /:.::::::|.:.:.:.:.|:.:|  |::|     |::| |∨::||:.:.:.....i.:.:.:|
 /:.::::::::|.:.:.:.:.|:.:|‐-ヽ|-'   ーj/-|‐∨|:.:.:.:.:.|:.:.:.|
/:.::::;イ:::|.:.:.:.:.|: |___    ____ |:.:.:.:.:.|:.:.;:|
|://|::::|.:.:.:.:.|::|‐━┳    ┳━‐ |:.:.:.:.:.|::/:|
  / |:::|.:.:.:.:.|:|ヽ.__,,ノ }-{  ヽ.__,,ノ |:.:.:.:.:|;'::::|     ああ そうスか……
    |:::|.:.:.:.:.|:}、___,,ノ , ヽ、____,,ノ|:.:.:.:.:|::i::|
    |:::|:.:i.:..|::!:、     _,..-‐┐  ,|:.:..: :|::|::|     いいッスよ
    |:::;|::|:.::|:l:::::>‐-l____,,l-‐:'":|:.:.:.:.|:::|:|
    |/|:レ|:.:.|:::;r-‐'´ {‐'  `;} `ー-:|:.:.:::|::::|j     行けというなら行きますッス……
     |:::::ヽ:|/ヽ、   |___/   //:.:.:/、:::λ
     |::::::::;/   \  |  / / /:;/ ハ:::∧
     |:::;ノ"  `/  ヽ、|_//   '"、i    }:::::ハ
     〈´   .::::/  / ゛ \     |   `〉::::::}





381 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/31(土) 23:03:50 ID:5AtrYgPg

:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::|       ヘ:.:.:j.:.:.:.:.:.:.< ̄`
:.:.:.:.:.:.:.:.:j:.:.:.:.:.:.:.;|:.:| u      ∨、.:U.:.:.i:.:.:\
:.:.:u.:.:.:.:.||: :\:/ |:.| i  u   / ∨:.:.:.:|:.:.:.:..:\
:.:.:.:.:.:.:.:.|.|:.:.:./\|::| | |i |  /   V:.:.:.:.|:.\.::.:.:\
:.:.:.:.:.:.:.:.|_|:.:/__! : :リ\ !|l| / ____∨:.:.:|::::.:ヘ`ヽ:.:.\
:.:.:.:.:.:.:.:.| |/ ̄`===`: :"==" ̄  /ハ:.:.:|:::::::ハ  `ヽ、:〉
:.:.:.:.:.:.:.:.|,,______ }⌒{ _______/ハ:.::ヽj.:::::::.:|    `
:.:.:..:U.:{.:|::|i≡i≡!≡::j: : :i_:≡≡≡::λ::::::::::::::::::::| .
:.u:.:.:.:.`ト、: : : : :/´ `メ、_,ハ`i: : : u:.〈:::::|\:::::::::::::|    だけど わたしはその場で
\:.:.:.:.:..|: `ー‐/-‐'"    `|‐-‐'" 〉::|   \::::::| 
ゝ.ヘ:.:.:.:.|   /        |   /::::|    \:j    福島と黒田の素っ首を
:.:.:.:i:V:.:.:|\/           | ,.イ:::::::::j     ` .
:.:.:.:.|::V:.:.|::;ィ'⌒ヽ、‐┬-‐::':´::::::||:::::::/        .   ひき千切ってやりますけどねっ!!
:.:.:.:.:|/V:.:|'⌒ヽ、 ヽ、|:::::::::::::::::::::|.|:::/        
:.:.:.:.〈,ィ'ヘ:|    〉  \フ~`ヽ、:::::| |/         /∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\
:.:.:.:.::|  `   {j /  `ヽ.0.j i:::|
:.:.:.:.:.|      | /    } } |:::|


ここで ついに秀元はブチ切れた





382 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/31(土) 23:04:50 ID:5AtrYgPg

この剣幕に家臣団も難儀した


             _____
        _,..-‐::'" ̄:.:.:.:.:.:.:. ̄::゛:ー-::-:-‐,ァ
      ,.ィ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ー:-:<´
     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.::::|::..:.:.:.:.ヽ、:.:.:.:.....`ヽ、
   /:.:.....∧:......:.:.:...:.::|:.:|i:::::|:.:.:.:.:..:.:.:ハ.:.:.....\.....\,
   /........(__;).:.:..:.:.:.:/'|:.:||:::::|:.:.:.:.:.:|、:..:|:::.:.:.:.:.:.ヘ、::::\-
.  l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.::.:ー‐-|::|'ヽ::|:.:.:.:.:.:| ,|-|-:.:.:.:i::.:.:.:\ ̄`
  j:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.::.:/ ___|::|  V:::.:.:.:リ,_j;/∨:.:.:.|::.:.:.:、:.\.
  |:.:.:.:.i:.:.:.:.:.::|:.:,ャテ弐|;j、  V:.:.:/,ィf心、∨:.:.|:.:.:.:.:| ̄
  |:.:.:.:.i:.:.:.::i.:.:|;イ fィ:::i:}゛   |:.:/' fィ:i:} 〉ハ:.:.:|:::.:.:.:|
  |:.:.( |:.:.:.:.|:.::|` 、弋zソ,   |;/  V;ソ,' ハ::|;/:::::.:.:.|   ヴぁ……
  |:.::::`|: :.:.:ヽ::|  " ̄     、   ̄゛〈::::::::::::.:.:.:.:|
  |:.:.:::::|:.::::.:.:`:| u   ,.v─-:r      ,::::::|ヽ、::::.:.|
  |:.:.:.::::|:::::.:.:.:∧、  〈   :;ノ   ,.ィ´::::::l  ∨
  j:.:/i.:::|::::::..:.:..∧>‐`ニ=r"-‐<:_:|::::::::/
  "/ ̄ ̄`ー、:::::.:.:\ /  \  } }::::::/
   {    -‐゛~ ̄゛`‐-、 ̄ ̄}  /,|::::∧
   |        ,.-‐"二ユ、 / //|::/.. }


         ・ ・
厄介なのは それが秀元には可能と思われたことである





385 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/31(土) 23:06:07 ID:5AtrYgPg

秀元は10人力の豪勇の士で
大人を上に立たせた碁盤を片手で軽々と持ち上げる強力だった


             ___
        . _r´―――-、: .`: . 、
      ,._r´.´: . 7: . ̄: ̄: マ: . :∧: \
    /': {: . : ._⊥ム~ z vハ: ./  ',: . :'.,
   ,.'ハ: . /ゝ'    l}    !:{   !: . : .,
  /:{: ヽイ      |    |乂_oノ: . : . ,
  {:.lヽ{ l!   ,   ゝ┼ - 一1 : . : |: . }: . !
.  N: . ! |,ノ      |    |: } : . |: ./: . |
   |: .ヘ ヘ  、    〃   !/: . :.|:/: . : |
   |: . : '.,       v弌=ミ: . : .:!'-、: . |
    ,: . :ハ ィ≠ゝ    ::::〃: . : .,  ノ: .:|
     V: . :ハ:::::::      /: . : . /ー': . : :|    え えっと……
     ',: . !.ヘ     マ_ フ / . : . /: . l : . : |
     V:.!: . :≧rュ.―‐ '/: .//ヽ: .|: . : .:|
      Y|: . : .i´/フヽ:./.:/;;;;;;ハ .|: . : .:|
.       N: . : .:l、   }〃ニミ ;;;;;;;;; ',:l!: . ::.|
        | : . : };;\ ノ-‐- 、;;;ヽ;;;;;;V : . : !
.       ル1:イヾ、;;/    ヽ;;;;ヽ;;;;', : . : l
          レヘ ;;;;/      ヽ;;;;ヽ;}: . : :|
        〈  ヽ{         ヽ;;;;;!: . : :|



饗応のような無刀の場で 人ふたりを捻るなど容易いことである





387 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/31(土) 23:06:59 ID:t15Vc8zk

リアルで捻り殺すことができるのかw





391 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/31(土) 23:10:27 ID:AEVqwWcM

秀元は人外過ぎだろw





388 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/31(土) 23:07:13 ID:5AtrYgPg

              ____
           ,,zS ̄: : : : : : : : : ~`: : 、
        /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`ヽ
      /: : : : :|i : : : : : : : : : : : : :\ i゙!: : ::ヽ
     /: : : : : : :|i!: k: : : : i!: : : : : : : : :| :l: :  ヘ
.    /: : : : : : : : |iヘ::|ヘ: : : lヾ;: : : : : : ::| |、   ヘ
   /: : : : : : l: : |_|!斗tヘ: : ::lΤTー--: | | ヾ;: . . . |
.  /: : : : : : : |,,x'| |. |::i ヘ: ::i! ヾ;:|\: ゙-ヘ\ヽj: : :|    い いや……
.  /: : : : : : : :|l: : |│ !:|  ヘ : l  ヾ、 \ : ヘ: ヽヾ. ::|
  |: :i: : : : : : :| !: :| `  .l|   \l,y一ー、/ヾ: ヘ./\!: :|    やっぱ 無理して行くことも
 |: :i|: : : : : : ト. ,r'''二ミ ヽ    ヽ´ ̄ /: : :ヽ;ヘ; : : : ::l
 |:/{: i!: : : : |r‐i`´         :::::::/: : : : /ヾ!: : : : :|   ないのかな~ って
 |! l/|: : : : ::k .l ::::::::     __,-、 /: : : :://:: : :: i!: |
 |  l .l: : : : : : :>-、      {    ヽ'}./: : : :/-一 ゙~ ̄`l:|
    |: : : i!/ ,/゙:=- _ゝ___,ノ/: : : /        |: |
.     |: : /i  r' r-、:/    レヘ./: : : /r!-一ー- .,,_|ヘ!
     |::/ l >-┴┤      /: : :/
.      レ  {   一 `i     /: :/
        {   ‐ ~i    /:/
         {    y_,l  //




        _, --‐‐ー────‐‐-、_
      ,ィ´::iィ ニニ 二 二 二ニニヽ: :`ヽ、
     /: : : :.:|: : :ヽ::,,:i: :〉: 从: : ツ,,::|: : :: ::\
    ./: : ∧:. :.:|シ´ "゛|"`´"~゛~| `ヾ:|: : :.|\:`ゝ、
   /: : :(__;): ::| ,ノ"  |     |`\.|: : :.| `、:ヽ\
   | : : : : : : : :.:|  __、 !     ,!.__  |: : ::|  }::〉  `
   |: : : :|: : : ::,ィfテ:行゛      'テラz、|:: : :|.  |::|      そ そうですね……
.   |: : : :|: : : : k::ンz;;|      k:ソz;;| |: :: :|  |::|
    |: ::(_|: : : :.:i`-‐´      `‐-´ i|: : :.| ,リ:|       これは秀元殿を虜にしてしまおうという
    |: : :.:|::: : : :| ""        "" {:|: : .:|,メ::リ
     |: : ::|: : : : :|      ___    ,!:|: :: :|:.::ノ       企てかもしれないですし……
     }: : :|: : : : :|ゝ ,ヘ  __   -‐<´:.:!: : ::|'′
.     |: : ::|: : : : :| / ノ_  t、 ャ~}、_: : :!:.: : :|
      |: : :.:|: : r‐、´ ´ .,〉   |  `ヽ: :: : .:|
.      |: : : !: /  ヽ、´y〉___|     \: ::|
      |: : :f´`\.   `ヽ,   |    ///`、:|



結局 毛利隊は正則・長政の勧誘を振り切って瀬田を後にした





390 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/31(土) 23:08:48 ID:5AtrYgPg

    、_彡 ////// ,ィ ///! / 、\ ミ三ミヽトノ
      〃彡'/ ,//// .| // .| /.| /ヽ ミ 、 ヽ }__,
      |/ // ,∠//=、{  |{ {∠{.|=| l ト、 \ ヾ三彡'
      从{ /´彡′_\ Ⅵ  リ \{ ヽミ ,ト、 } ヽ.
       }∧ ,/弋_ラ、 |` ヾ、 代__テ=、 } リ、レ' } }
    、_ノ_ノ| `ー一´ /     `ー一 ´,/イ /ヽ 从,ィ
       ̄|/|   r‐'‐、     、_フ_ノイ ミ三彡'    空振りですか……
        { ,/!    ゝ ‐   .     ̄ /\_> }リ ,
     、_ノ .|  ‐-r─-、__,、    ./_,ノ、ミ三彡′
       ̄ ̄ヽ    こ二´      ,イ /∨`┬ ´
           ヽ          . < /..:.∨}ノ
          r{ヽ     . <  ,/..:::::::/  ̄ \
          _ト.\`ー一 ´ _/.:::::::::::/.::::::::::::::.   ← 黒田長政
       /..:::::ト、::  ̄「| 「「 ̄ ::::::::::::::::/..:::::::::::::::::




        /:::〃i::::',::::ヽヾヽ::ヽ\:、\:'.,',`ヽ::::::::::ミェ、、、
     /::::/::!::'::::::':,:'.,::::ヽヽ、::::::::::\\',:::::::::::::::ヽ ̄
     /::::::i:::::::i:::、::::::::ヽ:::、、:::ヽ::::、::::::\ヽ、:::::::::ヽ:ミー
    ,'::;::::i:::::::l!::!ァ、:::::::::ヾ:、r゙=、::::ヽ::::::::::ヽ::::::::::::`、ヾ、
    /シi::::i::i::::!:ii (::メヾ、::'.,メ (::ソ,゙i::::ヽ:::::::::ヽ::::::::::::ヽ、    正直
   /' i:::i::!::::::i '=テ' ` ヾ::ミ=" リ::::ヽ::::、:::::::::::::::::::::ヽ、
      i:::!:::i:::::!. ヾ .、  `    l!i:::::::::::::'::::::::::::::ミ`ヽ    期待はしてませんでしたけどね
      'i::::l !i:::'、 `        ! i:::::l::::::::::::::::::::ヽ`ヽ
      'i::l i;lヾ、. ==-     , イリ,:::i゙テ、::::::::::::ミヾ、
        ';i il 'i:ヽ 'ー    ,...:': : i! ';:i'シ' `` ー-=:、ヽ
        ! ! 'i:::'、   ,...:'::::::  : ! // , ', -‐'''''ー 、\
             リ `ー ヽ、::::::   ; ,'//〃     ` ヽ  ← 福島正則
                 ``ヽ、 //  〃         ヽ


この時 正則はやる夫の佐和山城攻め用の無駄となった援軍を率いていた
秀元が会見に応じていたら やはり囚われの身となった可能性は高かった

なお正則は この後直ちに軍勢を大津城の接収に振り向けた





392 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/12/31(土) 23:11:18 ID:5AtrYgPg

秀元隊は伏見で一泊し 翌19日には大坂に帰った


               _    ___
           ,  ´           `  、
         /     /≧x_   ,ィ幺      \
        '       斤=弌≠=弌       ヽ
       /      |  |            |   |   i   ',
        /   /   |  |            |   !   |   i
      /   i     i   |            |  ハ   !   |
   / /      ∧ 、j            j /  '   |  i  |
-≠--彳     i   /¬ヽ!_      ヽ __z孑'′ l  !  |  |
    / 〃|  |  '  斤≧¨     イ勹戈ハ i /   !  !    これからッス……
   l / ! !  ! イ 〃:ヘ._」        んイ::ム ヘ レ′  |  |
   レ'  ! !  i ム 《 i::k__rl  }  {  |:r__ノ:::| ソ |    |  |    まだまだ これから……
        乂  レ’ハ  V ノj d'¨¨`b |h マノ ! |    !  |
       | |  込、 ´ ̄xxノxxxxxxx ̄´ ノ  !   /  l     大坂城に戻ってからが
       | |!  ハ  ̄ ̄    _ ` ― '′ イ  /  i !
          ' {|     |> 、 _ ̄  ` _, ィ′ |  /、  | |    勝負ッスよ……
          ヘハ   i i       |こ二二 /    | ,/  > | |
           i \ !j     !     ,′   レ'//>リ !
           |  刈\     '   /    /// イ !
           |  {\ヽ \   ヘ  ′  //// | |
           |  | i \\\  ∨  ///イ   | |



しかし この青年に勝負の機会が再び与えられることはないのであった……


                                  <番外30 敗北者たち>おわり





395 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/31(土) 23:12:47 ID:UfacFhp.

乙です





396 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/31(土) 23:13:00 ID:t15Vc8zk

乙です





394 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/31(土) 23:11:42 ID:xTrmHdxE

乙でした





398 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/31(土) 23:13:20 ID:.8jCPbzU

乙でした





397 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/31(土) 23:13:19 ID:aclAk2nY

残念、秀元の戦いはこれまでだ!





400 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/31(土) 23:13:33 ID:F.JmaowE

本気の毛利一門の総力戦は二百数十年後に!





355 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/31(土) 22:49:09 ID:F.JmaowE

なんか想像してた落ち武者の末路と違いすぎw





405 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/31(土) 23:15:17 ID:JiV56zWg

十人十色、色々な身の振り方をしてる





409 名前: ◆fFI82Sjg3c [sage] 投稿日:2011/12/31(土) 23:18:01 ID:5AtrYgPg

次回は1/7(土)に本編を投下予定です
年内完結? なにそれ? 記憶にございません

皆さん良いお年を





412 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/31(土) 23:19:42 ID:X8EgDaLg

将軍が兵士たちへクリスマスには家へ帰れると言った戦争は決まって終わらない





423 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/12/31(土) 23:49:11 ID:2.Ql0cuc

明日は12月32日だよね










投稿日 : 2012/01/02 | カテゴリ : 新・関が原戦線異常アリ | コメント数 : 46
■コメント一覧
  • No.16665 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年01月02日 10:15 [ edit ]

    落人狩りって、農民ヒャッハーだと思ってた。知らなかった。
    確かにカチコミ失敗したヤクザに一般人が手を出すようなもんだし、
    雇われ雑兵ならいざ知らず、気を使うものだったのね。



  • No.16666 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年01月02日 10:21 [ edit ]

    年内?2011年は13月まであるからなぁ(棒
    14月だっけ?



  • No.16667 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年01月02日 10:34 [ edit ]

    「2011年度」はまだ終わって無いから問題ない。



  • No.16668 名前:名無しさん@ニュース2ちゃん 投稿日:2012年01月02日 11:02 [ edit ]

    負けたとはいえ武士に酷い仕打ちをすると後で勝った方の武士から
    何だ百姓のクセにごるぁ!ってなる訳ね
    だからこそ士分以外の合戦見物も成り立つ訳だ



  • No.16669 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年01月02日 13:40 [ edit ]

    このあたりの途中のお話を番外編でやるのか
    本編に組み込んだらまた恐ろしく長くなりそうだし、良い構成ですな



  • No.16671 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年01月02日 14:30 [ edit ]

    いやヒャッハーもあったんだよコレより前の時代は
    つーかその頃はヒャッハーが普通
    関ヶ原ぐらいの時代になると農民の牙はある程度抜かれてるって訳



  • No.16672 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年01月02日 14:46 [ edit ]

    ※16671
    不勉強で恐縮だが、やっぱり刀狩とかの影響なん?



  • No.16673 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年01月02日 15:29 [ edit ]

    刀狩と太閤検地のおかげですね。但し、農民が部分的とは言え武力を喪失した事より
    中小の領主がサラリーマン化し城下に住む事で大名が領土の一円支配をするようになり
    ’この領主は俺たちのいう事聞いてくれないから隣の領主に服属してやろう’
    という農民側の選択権がなくなっているのが大きいんでしょうね。



  • No.16675 名前:名無しさん@ニュース2ちゃん 投稿日:2012年01月02日 15:58 [ edit ]

    秀吉の天下統一後、「兵士」と「農民」の分業・固定化が進んだことも大きいと思う。
    昔なら「戦場を知ってる百姓」も多かったろうけど、
    この時代は武士ですら「戦争を知らない世代」が増えてたわけで。



  • No.16676 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年01月02日 16:08 [ edit ]

    中世時代までの農民って結構フリーダムな暮らしだった。
    ある程度自衛のための武力(野党対策・隣村との水争いとか)も持ってたし、
    領主の取り立てが厳しかったら村人全員が引っ越す(逃散)くらい当たり前。
    武士にビビって逃げ出す必要のない武力と交渉力のある農村というのは
    そのまま小領主の領土にクラスチェンジするか、どこかのお寺の庇護を受けた
    荘園となるのが普通。

    秀吉の中央政権政治が始まるころまで生き残ってた武装農村の代表者は粗方、
    どっかの大名に家臣として加わって自らの立ち位置を明確にしていた。
    本願寺も往年の力を保てなくなってて、カトリック布教もあって寺社の威光は
    全盛期ほどにはなくなっていた。

    関ヶ原の戦いは戦国の世を戦って戦って戦い抜いた、強者中の強者を決める合戦。
    農民にとっては自分たちの親分の親分の、そのまた大親分がこれで決まるんだから
    群雄割拠の時代みたいに無分別にヒャッハーするわけにも行かなかった。
    まあこれだけカオスなんだから、うかつに手を出すと後でどうなるか分からない
    というのが本当のところだろう。敗将を礼儀正しく送り出したからって
    追手側がそれを理由に農民を懲罰することもなかっただろうし。



  • No.16677 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年01月02日 16:32 [ edit ]

    それにしたって島左近の最期はひどすぎる!!!
    太閤嫌い・徳川大好きの兵庫県人より



  • No.16678 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年01月02日 16:51 [ edit ]

    勉強になるなあ。戦国時代と一口に言っても
    その時その場所によっていろいろ事情が違うのね…



  • No.16679 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年01月02日 17:59 [ edit ]

    落ち武者狩りっつーとキンカン頭がジモティにボコられたぐらいしか
    聞いたこと無かったからこの道理が通った有様は新鮮だわ



  • No.16680 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年01月02日 18:53 [ edit ]

    何で西軍の連中が捕まってるのかよくわかりません。
    大垣城から来たんなら、来た道を戻って大阪に帰れなかったの?



  • No.16681 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年01月02日 22:08 [ edit ]

    大敗して東軍に蹂躙されてる関が原を単身脱出して、
    激しい追撃から逃げなきゃいけないのに街道なんか使えるわけないだろ
    それにグーグルマップでも何でも見てみればわかるが
    街道逸れると今度は険しい山中を抜けなきゃいけないんだから、



  • No.16682 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年01月02日 22:10 [ edit ]

    ※16680



  • No.16684 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年01月02日 22:31 [ edit ]

    ※16680
    ……本物のアホがおる。
    合戦で敗けたのなら、当然だが追手は迫るんだし、来た道をそのまま戻れるワケないだろうが。
    敗北で軍勢が散り散りになって兵糧も失い、その日の食事にも事欠いて立ち往生だってするし。
    ピクニックか何かのレクリエーションと勘違いしてるのか?



  • No.16685 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年01月02日 22:55 [ edit ]

    ※16680がアホすぎワロタw
    これがゆとりというものだろうか



  • No.16687 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年01月02日 23:04 [ edit ]

    誰だって最初は、色々と想像の及ばないことがあるはず。
    そのような人を見ても、罵るのはどうかと思う。



  • No.16688 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年01月02日 23:50 [ edit ]

    誰しも想像の及ばないことはあるだろうが、程度問題という言葉もあるわけで。

    だいたい、今の大阪には総大将の毛利輝元が陣取ってるわけだが、
    関が原において毛利家が西軍を見限っていることが明らかになった以上、
    迂闊に大阪に戻るのは危険と作品内でも説明あったのに。
    今まで何を読んできたんだというレベル。



  • No.16692 名前:早起きは三文の得 投稿日:2012年01月03日 00:54 [ edit ]

    次回が楽しみだな!!

    乙でした~♪



  • No.16693 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年01月03日 02:14 [ edit ]

    No.16687
    空気をよまない奴発見



  • No.16696 名前:名無しさん(笑)@nw2 投稿日:2012年01月03日 07:26 [ edit ]

    裏切りがおきているように
    整然と退却できるほど統率された軍隊じゃないからな
    崩れればお互い土産首にされないようにパニックになってさらに孤立して討たれやすくなるんじゃないかな
    吉川の裏切りで大阪もどったらテルに捕まって家康に差し出される恐れもあるしな



  • No.16697 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年01月03日 07:56 [ edit ]

    街道沿いの人が牙を剥くかもしれないしね



  • No.16699 名前:     投稿日:2012年01月03日 09:32 [ edit ]

    しかし、関ケ原で毛利家の本気も見てみたかったな。
    勝敗逆転して日本史めちゃくちゃ変わってたと思うけど。
    後、二百数十年待たなきゃいかんのか。
    作者さん、その辺の話も作ってくれないかなぁ・・・(チラッチラッ)



  • No.16700 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年01月03日 10:51 [ edit ]

    それにしてもこれから敗北した側は家が生き残れたにしても国代えとか大減俸を喰らったりする所が出て来る訳だが、毛利なんかあれは普通に許容範囲だったのだろうか? 戦国の常識的に。



  • No.16702 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年01月03日 12:00 [ edit ]

    >16699
    もし、輝元が主力を率いてくれば、東軍としては秀忠の戦力を待つことになる。
    戦力差が開けば楽勝のように見えるが、実際には差があり過ぎると劣勢側は決戦に応じない。
    それに小牧長久手のように戦力差が圧倒的でも劣勢側が勝てないわけじゃない。

    また、輝元が来て指揮系統が確立しても、各大名は毛利家に属してるわけじゃないから全部隊を手足のように動かすとは行かない。
    関ヶ原の戦いのように各大名がそれぞれ最適と思う行動を取ることになる。
    なので数の差がうまく機能するとは限らない。

    毛利が本気であれば結果は変わるだろうが西軍が絶対に勝つと断言できない
    そも、毛利に天下を取る気があれば、本能寺の変後の秀吉との関わりも変わるから下手すりゃ豊臣政権すら存在しなかった可能性も出てくる。



  • No.16705 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年01月03日 13:44 [ edit ]

    まあ、この時点で東軍と戦える軍隊としての態を保っていたのは西軍では、掌返しした毛利家と即離脱した長曽我部家、伊勢から撤退した鍋島家、それと立花家の四家しかないからな。そのうち、この時点で戦意旺盛なのは、立花家だけ、これじゃ戦いようがない。事実上、西軍は詰んでるな。



  • No.16706 名前:名無しさん@ニュース2ちゃん 投稿日:2012年01月03日 14:06 [ edit ]

    毛利輝元「もちろん私は始めから東軍につくつもりでした。作戦通りです(棒)」



  • No.16708 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年01月03日 14:43 [ edit ]

    これを読んでる人は関ヶ原で毛利輝元が裏切ってることを知ってるだろうけど、
    当時の人・・・京極の城を攻めてた連中はそんなこと知ってんのかね。
    大河『葵』では立花宗茂が大阪城に戻って、毛利輝元にむかって籠城を主張してたけどな。



  • No.16717 名前:hage 投稿日:2012年01月03日 20:10 [ edit ]

    幕末は別に毛利一門の総力戦ではない
    むしろ秀元は別の藩を作っていたし親戚ではあってもそれほど仲が良くなかった

    あれは毛利本家の武士達がやったことであまり関係ない



  • No.16718 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年01月03日 21:35 [ edit ]

    雑兵にとっては農民ヒャッハーなのはあんま変わらないんじゃないかな。
    名のある武将の場合は賤ヶ岳で佐久間盛政を捕えた農民の末路という例があるから、慎重にならざるを得ない。



  • No.16719 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年01月03日 22:49 [ edit ]

    単純な見落としから来る理解不足は確かに歯がゆいものだけど、
    それを指摘するために罵倒まで必要かなあ……。



  • No.16720 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年01月03日 22:58 [ edit ]

    そもそも西軍総大将である毛利輝元本人も吉川広家と同心していたなんて
    あくまでもこのスレの作者が取った一説
    これを見て歴史の真実をネットで知ったなんて思う奴はいないと思うがね



  • No.16725 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年01月04日 00:37 [ edit ]

    *16666  13月なんて馬鹿なこと言っちゃいけない! 今は閏12月だよ!!



  • No.16726 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年01月04日 01:12 [ edit ]

    閏閏12月が何故か存在するのも気にしてはいけない



  • No.16728 名前:早起きは三文の得 投稿日:2012年01月04日 02:30 [ edit ]

    いやいや、12月が3ケタ日存在するんだよ



  • No.16730 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年01月04日 09:19 [ edit ]

    なんか俺と時間軸のずれた12月を過ごす奴が多いみたいだな。
    2011年が改まってないんなら、ちょっくら冬コミ行ってきてくれね?
    買いそびれた本が結構あってサァ・・・



  • No.16733 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年01月04日 10:52 [ edit ]

    ※16719
    いつまでその話題を蒸し返すつもりなの、さすがに限度が過ぎる
    あんまりコメント欄の雰囲気をおかしくしないでいただきたい



  • No.16740 名前:平成も板につかぬまま 投稿日:2012年01月04日 14:21 [ edit ]

    その後正則は自滅し長政に至っては徳川家に媚び売りまくるのに、
    秀元が家光と昵懇の関係になるのは皮肉だな。へいせい



  • No.16748 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年01月04日 21:45 [ edit ]

    ※16733
    本人なんだろそっとしてやれ



  • No.16800 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年01月08日 06:21 [ edit ]

    ※16733
    もしかして偉い人?



  • No.16964 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年01月16日 19:16 [ edit ]

    別に揚げ足を取る訳でも無いけど江戸中期から毛利は秀元の血統に変わっている
    毛利敬親に子供がなく徳山家から養子を入れたから今は又、テルの血統に戻っています
    幕末、長府藩は殆ど本藩と一体になって活動してますが、本藩が下関を取り上げようと
    したため反発。これも本藩が引っ込めたため、その後は東北まで一緒に戦っています



  • No.26607 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2014年06月19日 17:09 [ edit ]

    秀吉は佐久間盛政を捕らえて突き出してきた民を
    処刑したっていうし
    そういうのもあるんだろうな



  • No.26785 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2014年11月12日 21:37 [ edit ]

    秀元は福島正則と会見して、親しげに手を両手で「ギュウ」と思い切り握りしめ
    あまりの痛みに痺れて動けない正則をそのまま引いて行き、
    福島家の兵が手を出せないようにしてから自陣に引き上げた、

    という関羽と魯粛ばりの逸話もあるよね



  • No.26788 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2014年11月20日 19:51 [ edit ]

    秀元タソの豪傑振りはお母さんの
    来島の血だと思うの



■コメント投稿
     行間隔の関係でアスキーアートを貼りつけてもズレが酷いことになりますので、
     アスキーアート付きのコメントは削除する方針です。
     荒らしの書き込みに対してレス・言及しているコメントも削除対象ですのでご注意ください。
プロフィール

管理人 : 「ピチカー党員No.11」こと金ニダリスト

       ___
      |それ金|
    z'| ── 、
    / ハ ヘ u ヽ
  人/ノヽ ミ=‐...|_     生活の中心が株になっとる
    }≦ u 爻r.j. |彡}
  (  u  リ У{三≧
   ` ー─t r三勿 {气}
      厂 ̄(三)  `气


◆カウンター(ユニーク)    ◆カウンター(トータル)
       


全記事一覧

RSS

管理モード
ツイート
最新コメント
最新記事
まとめ記事
【歴史系】
【物語系】
【ゲーム系】
【学ぶ系】
連絡先はこちら

苦情・相談などありましたら、
下記のメールフォームにてご連絡ください。
(ファイル添付可能)

連絡用メールフォーム

貰い物紹介

TOP画像募集中

  

ダンジョンマスター作者様からいただいた逸品。
カナ、マジプリティ!



  

  

帽子屋HeII0様からの贈り物、しかも二枚!
各作品に対する愛情が伝わってきます。
帽子屋HeII0様のブログ - 「-simulacra-」

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
© それにつけても金のほしさよ All rights reserved.
まとめ