■新・やる夫の関が原戦線異常アリ 第5部 その10 「MERCY FOR THE RABBIT」
566 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/04(水) 22:26:55 ID:a9Ct4tqE

【チラシの裏~妻は無意識に私を操作する】

――今朝の会話


          /::::'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
         ,/::::'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
         'i:::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ゝ
         i;:::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ii:.:.:.:.:ゞ
_,.、-‐'''"´^~ ̄;;リ:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i i:.:.:.:.リ^~`゙`'‐-、,_
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`i"'i_;、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.i`'i、:.:.:,ノ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;``'‐
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|i'´,/:.;ノ~フ.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/`'-ミi, 'i,'´;;;;;;;;;;;;;;;;;        嫌だよ~
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ -,l´ /ィ'"´⌒).:.:(⌒l/ミゞ  ヾ 〕;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i / .イi'´ ,,r‐'´:.:/´フ匕 `ヽ  } /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;       仕事行きたくないよ~
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i !  ' 彡ィ'⌒''レィ'`'-、_`i  i  ,i. };;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i    ',/  f´ ``'r、 `'゙     l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;      まだ布団でヌクヌクしてたいよ~
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i       | '-、/ 〕      l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、-‐、ィ'       lこニニニl       i、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ  ヽ.      ノ  -   l        ,`ィ‐-;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l   l   ,-‐'‐-------‐'ゝ、    ,r'  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l   l_,,ィ'´ゞ`'‐,r''´⌒`'-、‐''´'‐、 ,r'   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;





568 名前: ◆fFI82Sjg3c [sage] 投稿日:2012/01/04(水) 22:27:41 ID:a9Ct4tqE

                      _
                   | \      /^!
           O         |  ヽ.     /   |  o
                   o  ヽ   \  /   j
                    \  ノ^Y   /
      °        -‐─∠二ニ=≠<  ∠
           , '´  ::::/::::::::::::::/{:::::::::\ }:: \  ゚
.           /:/:::::: /::::::::::/::/ ハ:::l:::::::::::ヾ:::::: \     O
         ///::::::::/:::::`ァ孑/  / Ⅵ::::::::::::::|::::::::::::ヽ
           /::::::: ,':::::/ j/  /    |`ト、_:::::l::::::::::::::: ',  o     そうだよね
        O   /::::::::: |:::/           |::l::::::: ,'::::::::::::::::: i
            ,':::::::::::::Ⅳ ◯        |∧::::/:::::::::::l ::::: |       働くのは辛いもんね
         i:::::/:::::::リ / /       ◯ ∨:::::::::::::|::::::::|   C
         |::/! ::::: {. / /       / i l::::::/::::::ハ ::: l       お家から出たくないよね
         レ' | :::::: ゝrく rー-‐- 、 j _j /::::/l:::::/ノ::::::|
.             l:∧/ '/ /)、`_ー~ー' fヽヽ`Y /|::/:::::∧::|
.             |ハ{.   (∨::`l ¨¨了∧   j'´ |/:::::/ V




                   ,  -─ - 、
                , -'´     l、   ` 、
              /       ノ ヽ    ヽ
             冫  ノ彡,ィ/    ヽ.   l
              7  l       _,. l!   l
              レ'、r l=-、;__,r-=、_ l,_  ノ
               ヽlー─'l  ー‐' `lノ /       ゴメン しっかり稼いでくるわ
                ',   `     /,ノ
                 ヽ  -─-  ノi'
                 lヽ、__ / _l、
              _,r '゙|ニ= 、 , 一' ´ ,ト 、 _
         -‐'.´ ̄/;;;;;;;;|>/ヽ二二´ノ;;;;;;;;;;;;ヽ`'';;;;
         ;;;;;;;;;;;;く;;;;;;;;//l  :: ヽ /;;;;;;;;;;;_ - ';;;;;;;;
         ;;;;;;;;;;/;;;く / /   ::. ヾ;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;


                                   【チラシの裏~妻は無意識に私を操作する】おわり





570 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/04(水) 22:28:57 ID:bkbejtSw

反省するの早っ





569 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/04(水) 22:28:56 ID:5QRclUBk

これは勝てないw





572 名前: ◆fFI82Sjg3c [sage] 投稿日:2012/01/04(水) 22:29:43 ID:a9Ct4tqE

【チラシの裏~正月の衝撃】


     -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
.   / /" `ヽ ヽ  \
  //, '/     ヽハ  、 ヽ
  〃 {_{ ⌒   ⌒ | l │ |
  .レ!小l(>)  (<)从 |、|   お兄さん 明けましてお年玉だお
  ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃| ノ ./
    \   ゝ._.)   .ノ//
.      丶, .__ ,  イ /
  r ヽヽ::::::|ヽ`ー'´,:|ー:::::ヽ、
  {  V:::::::::∨yヽ/::::::::::/,1




          ,  -─ - 、
       , -'´     l、   ` 、
     /       ノ ヽ    ヽ
    冫  ノ彡,ィ/    ヽ.   l
     7  l       _,. l!   l
     レ'、r l=-、;__,r-=、_ l,_  ノ
      ヽlー─'l  ー‐' `lノ /    何と露骨な
       ',   `     /,ノ
        ヽ  -─-  ノi'
        lヽ、__ / _l、
     _,r '゙|ニ= 、 , 一' ´ ,ト 、 _
-‐'.´ ̄/;;;;;;;;|>/ヽ二二´ノ;;;;;;;;;;;;ヽ`'';;;;
;;;;;;;;;;;;く;;;;;;;;//l  :: ヽ /;;;;;;;;;;;_ - ';;;;;;;;
;;;;;;;;;;/;;;く / /   ::. ヾ;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;





574 名前: ◆fFI82Sjg3c [sage] 投稿日:2012/01/04(水) 22:31:22 ID:a9Ct4tqE

                 _,. . -‐-- 、_  _,, ,,_
               /: : : : : : : : : : : "`::::::::ヾ
             /: : : : : : : : : : : : : : : ::::::::::ヾ彡
            /: : : : : : : : : : : : : : : : : ::::::::::::::ミ
            |: : : : : : : : : : : : : : : : :, ト、:::::::::|-─''''   今年は大学生になろうというのに まだお年玉か
             _|,: : : : : : : : :/: : : : /|/ |:::::レ|`:::::::::::
        _, - '  ̄/: :n/=<_'─'/_>ヽ|::/、:::::::::::::::    だいたい お前には合格祝いをやったばかりではないか
     _, - ': : : : : : / トレト ヽ{:エェ:}-,{:ェエ:}ィ//::ヽ::::::::::: :
   /: : : : : : : : : :/: : `ヽ,  ゙  ̄" | ゙ ̄ "レ:::::::::ヽ::::: : :     これ以上 私からは何も毟れんぞ
   /: : : : : : : ヽ : /: : : : : | |    ` '    /|: : : : :/ : : :
  {: : : : : : : : : ヽ /__: :| ヽ ヽニニ='  / | : : < _: : : :
  }: : : : : : : : : : :ヽ /: : :ヽ `_   '   / |: : : : : :/: : : :
  {: : : : : : : : : : : :}::|: : : : : :\  ̄ ̄r ̄=-イ- ,,_/: : : : :
  |: : : : : : : : : : : |::::\: : : : : :\r'~`、 ヽ      ̄`>,○: : :
  ,|: : : : : : , -‐---===>ェ__/~ヽ|  ノヽ、  ヽ   /  |: : : : :
  |: : : : : : : : : : : : : : : : :r-‐/~ レ `‐' " \-,,_、  |  ノ: : : : :
 ,|: : : : : : : : : : : : : : /イ rイ_ノ   r   、_L_ _,) |/: : : : : : :
 L: : : : : : : : : : : : : : / !_ ィ    >,,_,/    /: : : : : : :::
  \: : : : : : : : : : : __| ノ >-‐': : ヽ      /: : : : : : : ::/
   `‐- ,, __O Oヽ::::`'~フ"○: : : : :ヽ   /: : : : : : : 0: : ::ゝ、




             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ    まあまあ
         〃 {_{ ⌒   ⌒ リ| l │ i|
         レ!小l( ≡) (≡)从 |、i|     お兄さんには
          レ /// 、_,、_, /// |ノ /
             ヽ、       j //      いい写真を見せてあげるお
            ヘ,、 __, イ/
         r ヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、
         {  V:::::::::∨yヽ/::::::::::/,1
         |ノ''::"::::::::::ヽ/::::::::::: r" /





576 名前: ◆fFI82Sjg3c [sage] 投稿日:2012/01/04(水) 22:32:43 ID:a9Ct4tqE

┌────────────────────────────────┐
│           _......-..-、                              ...│
│          ,....::':´:::::::::::::::::::ヽ                             ...│
│     ,.::'´::::::::::::::::::::_:::::-──、                             │
│    /:::::::::::::::::::;;::::'´::::::::::::::::::::::'.,      _  -─ -  _             .....│
│.  /::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::;;;;;:ヽ  ,  '´        `ヽ ,          ......│
│.. /:::::::::::::::::: /:::::::::::::::::::_..-:': ´: : : : ヾ'              `' 、         .│
│./::::::::::::::: /::::::::::::::::::/\: : : : : : \: :\、,、,、,、,、,、,          ` - _      .│
│{:::::::::::::/::::::::::::::::::/ヾ:\:`: -: -:、: _:ゞ: ::Y`´```´ヽ             >   .│
│.\:::::/:::::::::::::::: /|: : ト: \: >ミ、_: ィヘt: :::}:/: i: : i: : ハ廴       , ' ´     ..│
│.  /:::::::::::::::::/V:/ : :i|><ヾ   {tjハi: :ノ: : :i!: :i!:-ナ´ヾ: \    イi        │
│  i:::::::::::::::::/: :/: : : :i! = -、     ゞイ:/:i; ィ: i!:/ i:/ ,ィセナカ升- ' ´ }:',       ..│
│.  \:::::::::/:i: \: : ::ノ ィカrj リ    `  イ:l:/i: / /  ハ辷リ i!ヾ   {: ヘ       │
│.    \./イハ: : :\': \ゞ-´    - ' /:/ノ=-,       イ: }   ヽ: ',       .│
│       \:\: :::\: :\.        /:ミゞヘ迅  ,    ノ:/: i     ヾ',     ..│
│        )ヽ\: :: \: :\-─ 'i:´ハ:i!: : \ _   '´  イン-'´ヽ         .│
│           ヽハrtゞ: :ミ、≧.++≦ }}ー-: : - ─. -イノ:.:.:.:.:.:.:.:ト、       ...│
│           Y/:.:.:.:.:.\≦/  ハト ̄   \: : : /-ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:iハー -     .│
│           {./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{iフ\/∧ヾー-- 、  /-ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|ハ: : :     ..│
└────────────────────────────────┘


.   丿,.:.:.:.:.:',:.:r'i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ,
  / ,:.:.:.ィ ,i'  'i,i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. i
  i :  :.i:        ``'‐、:.:.:.:.:.: i'
  `'ヘ ':i      _,.-‐''- _,.Lr‐;.:./
    '‐く>- 、,_r'"゚´~`i゚  i' f /:.i      ほう……
     i,_  _,i '‐--‐'゜   /.:丿
   .  ヽ ̄ L、      i 〈-'´       なかなか可愛らしいお嬢さんたちだな
      ヽ.  __,,...-‐'  / i,‐z,
       ヽ  -     / _,.‐'´`>、_    同級生か?
        ヽ.  __,.. - '-‐'_,.、‐'´:::::.:.:ヽ_
       ┌'`]'"´~__,,.‐'´::::::::::::::::::::::::::..``'''‐‐-
    _,,..、-‐'~'‐t-‐ 彡:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.....:.:
  ,r'´ ィ'´     i/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::




     ,‐'´ ̄ ̄ ̄`ヽ、
    /          \
   /   /"" `ヽヽ   ヽ
   /// ,'/     ヽハ 、ヽ ヽ
   〃 {_{ _ ノ  ヽ、 _リ| l | i|     ……なんだったら
   レ小l ( ー) ( ●) ,从 |i|
    V⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ノノ      お兄さんに紹介してあげてもいいお
      ヘ,、 __,  イ/
    r-ヽ:::::|ヽ   ,1ー:::::ヽ、
   ノ V:::::::::∨yヽ/::::::::::/,1
   |ノ''::"::::::::::ヽ/::::::::::: r" 〉





577 名前: ◆fFI82Sjg3c [sage] 投稿日:2012/01/04(水) 22:33:50 ID:a9Ct4tqE

        /::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.,/r'"'´ レ'      "  '~    !:.:.:.:.:.:.:i
       {,ィ':::::::::::::::::::::::::::.:.:.:/                  ,!.:.:.:.:.:.:ノ
        /"::::::::::::::::::::::::.:.:./  -‐‐‐-、_            /:.:.:.:.:ノ
        i::::::::::::::::::::::::::::.:,'  __y'"´ ̄  `ヽ、      _  !.:.:.:/
       {::::::::::::::::,--、;>f'"´ ∥       !,-‐-v=≠‐-、`、!:.y'
       ヽ:::::::::::,! ,_ ヽ:.ノ   λ        ノ  ∥    }-'"
        λ::::::::l r'! ヾ    ゛ー---‐‐'"   λ    チ、
         ヾ::::::! |                 !゛ー-‐‐', i
          ヽ、ヽ ヾ             ,  ./    ,!/      はっはっはっ
           ゝヽ                    /ィ
            `、λ_ i      `、‐- __       /ノ        愛する妻のいる私に
             `〉 i       `‐- 二_=‐-,   r'
              !  `、         __⌒"   /          なんと無駄な取引を!
             !   λ              ,'´
              !    ヽ            i
            -!     ヽ           ノ            あ コレお年玉ね
          ゝ'´ ! ,r‐‐--、、`ー-、___,______,ィ'!ー、
         λ  ! /,ゝ    `ー‐--、_____⊥‐' )_
 , ィ‐‐‐‐----==ゝ__レ'                 ,ノ;;;;ヽ、
'´: : : : : : : : : : : : : : : :ヽ,________,rー‐‐-‐‐‐'フ'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ,___
: : : : : : : : : : : : : : : : : : `: : : : : : : : : : : : : : : : : :イ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;';;;;;;;;;`





579 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/04(水) 22:34:54 ID:Me5RWwPE

おいおいw





580 名前: ◆fFI82Sjg3c [sage] 投稿日:2012/01/04(水) 22:36:16 ID:a9Ct4tqE

             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
          */ /" `ヽ ヽ  \
    / ̄|  + //, '/     ヽハ  、 ヽ  +    まいど!
    | ::|  .〃 {_{ ⌒   ⌒ リ| l │ i|
    | ::|x レ!小l( ●) (●)从 |、i| .人    それじゃ さっそく
  ,―    \   レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ/ `Y´
 | ___)  ::|  ヽ、  ゝ._)   j //        おーい おまえら来るお
 | ___)  ::|+  ヘ,、 __, イ/   十
 | ___)  ::|r ヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、
 ヽ__)_/ .{  V:::::::::∨yヽ/::::::::::/,




  \\                                //
    \\     おじさん 明けましてお年玉です      //
     \\                          //
       _ _ _ _
      「 _     ̄ ̄ ̄`ヽ
      | | |  ̄ ̄ ̄.:.:.::::::1|
      | _i | _ __.:.:.:.:::::::::::リ    .     _, -' ´___`'‐、
.    _,「. .:. :.:.:.:.:.:::::::::::::.:.:::::L--、    ., '´ _,-'´,-――-、 ヽ
   〈 こL_ __ ___ _ ノ.::::::/.... / //      ヽ\ \
    \         .:.:. :.:::::::_/...... \_/ /l / /  , /l'| トl ',/
     /.7`::ー ── ─ .:.::"::.ヽ     | /l/|7ニイ´/〃| -L.l
     |/:|::| (●) (○) |イ::レ′   | l |  (○) / (●) .」 |
      ||/  .(__人__)   .|/| ....  彡彡   (__人__)  ミミ
      \    ` ⌒´   ,/      \   `⌒´  ,/    ← やる実の弟
      /    ー‐    \      /   ー‐    \        通称:バカ・ツインズ




         ,..-‐-- 、、
       ,ィ":::::::::::::::::::;;;;;:ii>;,
      /:::::::::::::::;;;;;;;;iii彡" :ヤi、
      .i::::::::::::;:"~ ̄     ::i||li
      .|:::::::::j'_,.ィ^' ‐、 _,,. ::iii》
      .|:::i´`   `‐-‐"^{" `リ"゙
      ヾ;Y     ,.,li`~~i       へ?
       `i、   ・=-_、, .:/
          ヽ    ''  :/
          ` ‐- 、、ノ





581 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/04(水) 22:37:34 ID:N69SLcNU

え?





582 名前: ◆fFI82Sjg3c [sage] 投稿日:2012/01/04(水) 22:39:17 ID:a9Ct4tqE

            -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
            / /" `ヽ ヽ  \
        //, '/     ヽハ  、 ヽ   それ 翠星夫と蒼星夫だお
        〃 {_{ ⌒   ⌒ リ| l │ i|
        レ!小l( >) (<)从 |、i|    文化祭で女装した時の写真だお
         レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ/
            ヽ、 | | | |  j /ノ/
        r ヽヽ:::ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、
        {  V:::::::::∨yヽ/::::::::::/,1
        |ノ''::"::::::::::ヽ/::::::::::: r" /




      ,..-‐-- 、、
    ,ィ":::::::::::::::::::;;;;;:ii>;,
   /:::::::::::::::;;;;;;;;iii彡" :ヤi、
   .i::::::::::::;:"~ ̄     ::i||li
   .|:::::::::j'_,.ィ^' ‐、 _,,. ::iii》        ━━┓┃┃
   .|:::i´`   `‐-‐"^{" `リ"゙         ┃   ━━━━━━━━
   ヾ;Y     ,.,li`~~i           ┃               ┃┃┃
    `i、 ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                       ┛
       ヽ。≧       三 ==-
       -ァ,        ≧=- 。
        イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
       ≦`Vヾ       ヾ ≧
       。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。


話によると この甥っ子の女装写真はたいそうな評判となり
市内の中高生の間に広まっているとのことだ





585 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/04(水) 22:40:34 ID:IX44.3bY

これはヒドいw





584 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/04(水) 22:40:23 ID:N69SLcNU

広めるなよ、信じた奴が可哀想だろw





587 名前: ◆fFI82Sjg3c [sage] 投稿日:2012/01/04(水) 22:41:53 ID:a9Ct4tqE

ちなみに私の愛する妻は
去年の春まで老人ホームで介護の仕事をしていたのだが……


        / /   |l /::/       \ \
.      ,イ   |    | |/:::::/   ,イ  ∧  l ヽ \
     /   |    | |:::::/ ィ'"¨/ | /  V 、!  ヘ  ヽ
     ,′  |   l | / ,/ / .| /   ∨|ヽ ハ  ヘ    クリスマスとかのパーティの時
     i    |   〈j::/ ,/ /   l/     Vヘ  |  ,∧
     | | !    ∨ /,>=ミ. /    ,r=く }|  l| ト、',   20代の男子職員が
     | | l      V,勹::::ハ '      jr'ハ∨  ||| ヽ
     l|八  ', :|   《{::ト :::ノ|      |{::リ }  /! ト、:|     セーラー服とかナース服とかで女装してたよ
     | |∧ ヽ/∨ハ   V弋rリ     Vノ ∧/|| ',l!
     Ⅵ V { V::ヘ    ', ¨´      '  '' |  :|/ リ     「かわいい」「きれい」って
      ヽ  V 廴.∨:::ヽ、 ヽ    ( フ   ,.ィ|  :|
          ∨ ト、.∨ト、\  ヽ 、 _ ..< |/八 ,'        おじいちゃん・おばあちゃんも大喜びで
          ∨| \{ ̄ ̄\ \/j/}/ |  }/
            ヽ|   |\:: :: :: >- \     /         男子職員もノリノリだったね
              ,':: :: ::.// ̄ ̄\
               /:: :: ::/ /         \


……流行っているのか 女装?


                                    【チラシの裏~正月の衝撃】おわり





589 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/04(水) 22:43:40 ID:mIQUALZY

男の娘好きの作者に時代が追いついてきたようだなw





590 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/04(水) 22:44:37 ID:bkbejtSw

目指せ、準にゃん?





720 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/08(日) 22:06:41 ID:OI2hQEnE

投下します





724 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/08(日) 22:08:44 ID:OI2hQEnE

          / ̄ ̄\
        /  _ノ   \
     |  ( ●)( ●)
        |      (__人__)   …………
       |     `⌒ ´l
      |         }
      ヽ        }
       ゝ     丿
  ____( ̄ ̄    / ̄ ̄/´ ̄/_
i⌒ゝ、  ヽ ヽ.   /    /  ⊂)  i⌒ゝ、  ← 近衛信尹
i;;;;;;;;;;|__ L人   ̄ ̄`´ ̄ ノ__i;;;;;;;;;;|





725 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/08(日) 22:09:22 ID:OI2hQEnE

─────────────────────────────────────────────────


         ____
        /      \          『信尹様
      /  ⌒  ⌒  \
    /   (⌒) (⌒)   \l⌒l      ご無沙汰しております やる夫です』
     |      (__人__)     |`''|
    \     ` ⌒´    _/ /      『今回は関が原の詳報を家臣に報告させます』
                   /

     ↑ 小早川やる夫

─────────────────────────────────────────────────






728 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/08(日) 22:10:45 ID:OI2hQEnE

─────────────────────────────────────────────────

       / ̄ ̄ ̄ \
     /       . \     『その前に
    /  _ ノ   ヽ、_   \
   .|   (ー)  (ー) .  |    やる夫が関白を目指すという信尹様との約束……
    \    (__人__) .  /
     /    `⌒´    ヽ     これを守れなかったことを重ねてお詫びします』
    ヽ、二⌒)   (⌒ニノ




         ____
       /      \
      / ヽ、   _ノ \
    /   (●)  (●)   \   『ですが信尹様
    |      (__人__)     |
    \     ` ⌒´     /   このことで やる夫はもはや絶望していません』
     /            \

─────────────────────────────────────────────────





731 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/08(日) 22:11:51 ID:OI2hQEnE

─────────────────────────────────────────────────


          _,,,..-.ー.─.-.-....、._
     二ヽ,,..::"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:..、         
『やる夫の養父であった太閤殿下は
   /::::::::``:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::ヽ       
晩年に問題があったにせよ やはり偉大な方でした』
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ:::::::::::ヾ:::::\:::::::::',
 /:::::::::::::::i:::::i!::::::::::::::::ヾ:::::,,∠,、_:::::\::::\:::::',
 i::::::::::::::::!:::::i i:::::::::l::::::::イ\\\:::::::::\:::\::',      
『しかし 殿下は偉大であったから天下を統べたのではなく
 l:::::::i::::::::!::::i,,ゞ;::::::::i:::::::::l  >≧r、\::::::ヾ\_::>
 l::::::i!:::i::::l;/i ._,,\::::!、::::::l   辻ヾ〉 \:::ヾ)::::>     
天下を統べたからこそ偉大であったとやる夫は思うのです』
 i:::::ハ::::|::::l:::i〈`(ヘ\! \:',   ゞ-′  ラ∨/"´
  l:::i l:::|::::lヾ、 弋i;) ヽ  \      ┌::ソノ
  ∨ l::::l::::l:::\ "           ヘ::::/        
『殿下の偉大な功績を無にせぬためにも
     \|\!\  ′          ∨             ・ ・ ・ ・
      ヾ ヾ 、    ー ´   ,   ゝ、        
今後いかなる形でも天下を静謐に保つべきだと思います』
          `  、      , ′  /  \_
              ` ー <  /´    /::::: ̄`ー-
               _ノ´∧_∧    /::::::::::::::::::::::
          :::::´ ̄/ /〈::ヾ∧    /:::::::::::::::::::::
          :::::::/  / ノ::::〈 ヽ  /::::::::::::::::::::     ← 豊臣秀吉


─────────────────────────────────────────────────





740 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/08(日) 22:14:38 ID:FQU/kVLY

やる夫、成長したなぁ





734 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/08(日) 22:12:51 ID:OI2hQEnE

─────────────────────────────────────────────────

          ___
         /     \        『その新しい時代を自分の手で作りあげること』
       /   \ , , /\
     /    (●)  (●) \      『それが自分の使命であると 今のやる夫は信じています』
      |       (__人__)   |
     \      ` ⌒ ´  ,/      『信尹様には そのための御指導・御鞭撻をお願い致します』
      ノ          \
    /´      _i⌒i⌒i⌒i┐ ヽ     『まず やる夫が思いますには……』
    |    l  ( l / / / l
     l    l  ヽ       /

─────────────────────────────────────────────────




                 。
                         _|_l_l _
                         ノ | ヽ |_|・・・





737 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/08(日) 22:13:52 ID:OI2hQEnE

                / ̄ ̄\
              /   _ノ  \
              |   (○) (O)
             . |.   .|| (__人__)
               |    ノi  !   | }    やる夫……
             . |   し' ` ⌒´ノ
     _|_l_l _    ヽ        }
     ノ | ヽ |_|・・・   ヽ     ノ
                /    く        _|_l_l _
                |     \       ノ | ヽ |_|・・・
                 |    |ヽ、二⌒)





736 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/08(日) 22:13:36 ID:Ud9iZAR6

そら、感涙するわな





739 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/08(日) 22:14:36 ID:Ud9iZAR6

自分がかけてしまった呪縛から、ようやく解き放たれたんだもんなあ





741 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/08(日) 22:15:03 ID:OI2hQEnE

近衛信尹は小早川やる夫の手紙を公私の両面から喜んだ
朝廷では東西両軍の情報を必死になって収集分析している
やる夫は勝ち馬に乗ることが出来たようだ



        _,. -┬ fニト、
      r'´ 、r | | ,.L |
      |   (_ノ j {. '、\
      |    }‐イ-上 〉. \
      |    ノ´     /)゚o |
     i      r‐‐人__) .|   よかった……
     ヽ   .ノ ` ⌒´ . |
      i  !,       ノ   よかったな やる夫……
      .',  ヽ、 .   /
        \  .     ヽ、
         \      |.i
           |    .   | |



なにより 後世「寛永の三筆」と讃えられる信尹には
やる夫の書状が真情から認められたものであることが理解出来た





742 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/08(日) 22:15:55 ID:OI2hQEnE

自分とつるんでいた頃のやる夫は 当然のこと まだ子供であった



       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:i:.:|Wwハ.:.:.:.ヽ.:.:ヽ               _,,,..-.ー.─.-.-....、._
      /.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:/.:.:/i:.:|    !.:.:!:.:.:.:.:.:.:',         二ヽ,,..::"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:..、
.     /.:.:/.:.:/.:.:.:.:.:/.:.:.:.:/.// !.:,'    i:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:!       /::::::::``:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     i.:.:/:.:/.:.:/.:.:/:.:,.斗 //  i/ --、  i.:/:.:.:.:.:.:.:!:i     . /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::ヽ
     |./!.:.:!:.:.:!.:.:/イ  //  /    `メ、 |..:!.:.:.:.:!:|      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ:::::::::::ヾ:::::\:::::::::',
     | |.:.:i:.:.:i.:.:| |斗≠  /   ≠=、  |:.:!.:.:.:.:!:|     ./:::::::::::::::i:::::i!::::::::::::::::ヾ:::::,,∠,、_:::::\::::\:::::',
     | |.:.:i、.:i:.:|./ト:::::::i}      ト::::心、!:/.:.:.:.:!:|     i::::::::::::::::!:::::i i:::::::::l::::::::イ\\\:::::::::\:::\::',
     ヽ |.:.:iヽ:ヽト v':::::}|      r':::::リ |/:.:.:.:/!.:|     l:::::::i::::::::!::::i,,ゞ;::::::::i:::::::::l  >≧r、\::::::ヾ\_::>
       |イヽ..\ト. V少      vニソ 厶 イ:.:.!.:|     l::::::i!:::i::::l;/i ._,,\::::!、::::::l   辻ヾ〉 \:::ヾ)::::>
      / |:.:.:.:.:.:.:ハ  :::::   、   :::::  /ノ:.:.:.:.:.:!.:|    . i:::::ハ::::|::::l:::i〈`(ヘ\! \:',   ゞ-′  ラ∨/"´
      / |.:.:.:.:.::!:.!ヘ、   r  ァ    /:.|.:.:.:.:.:.:.!.:|     l:::i l:::|::::lヾ、 弋i;) ヽ  \      ┌::ソノ
     /  |:.:.:.:.:.:!.:|.:.:.>、       ィ´:.:.:|.:.:.:.:.:.:.!.:|     ∨ l::::l::::l:::\ "           ヘ::::/
     /  |r―‐-、!:.:.:.:.:.:i`  、.  '´|.:.!.:.:.:.:.!.:.:.:.:.:.:.!.:|         \|\!\  ′          ∨
    /   |    |!_, ィリ      !\.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:!.:|          ヾ ヾ 、    ‐-    ,   ゝ、
.   /   /|    |i  /       !  ヽ!:.:.:.:.:.:.:.:!.:i              `  、      , ′  /  \_
.   /   /_|/ ̄ヽ||  |        |   |:.:.:.:.:.:.:.:!ハ                 ` ー <  /´    /::::: ̄`ー-
  /  ./::::|    |ヘ !ー-、  , -‐/  /:.:.:.:.:.:.:/::::::\                 _ノ´∧_∧    /::::::::::::::::::::::
  /  ∧:::::::|    |:∧ \     ./  /:.:.:.:.:.:.:/::::::::::::∧           :::::´ ̄/ /〈::ヾ∧    /:::::::::::::::::::::


                             / ̄ ̄ ̄\
                           / ─    ─ \
                          /  く○>  く○>  \
                          |    (__人__)    |
                          \     `⌒´    /
                          /              \


取るに足らない下士の子が
ある日突然 天下人の息子となって重責を負わされて 周囲の一方的な期待に応えんと汲々とする……
それが信尹の知るやる夫であった





745 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/08(日) 22:16:38 ID:OI2hQEnE

同時に それは信尹自身の姿でもあった


      |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::|        ィ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ハ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ
       |________|_|       /:;:;:;:;:;:;:/}/}! ト;:ト:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l
      /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;|       );:;:;:;:;:/ //  ヾ{ \;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:{
    /-‐ニ三三三  、っ   rミ      ヘ;:;:;:j/ニニヽji 、r'ニ二入;:;:;:;:;:;:;/`
    /三ミミ三三彡  ニ 、  ニ、     r弋/ ニ。ニ YニY ニ。二ヽ>--/ニヽ       -'´ ̄ ̄ ̄ ゙ '- 、
   ,'三ミミ三彡シ  ::ィ でi、  .rッl     } ヘi!  `二´/ ̄`! `二´ j!⌒リ{‐' |      .r´'         ヽ
   {ミ{.r-、ヾミミシ   ::`=^:  ト {     | 爿ヽ----イ   )、___ノ   片 .|     .( ,nヾ、_、_、__、-    l
   `ミヾ ヽヾミ゛      r、 _) .}     { ヽl   rーヾー'´‐ヽ     レ 丿     π __  __  r  !
    ヾ二  ミ  ::/ /  _ニ_ /    /7>、_!  {{T¬─‐---}     ├个i、     (|    ゚   ゚    F-、j
      トミ    ::' /  /-'-'ア/     ノ_/ _j   Y「 ̄ ̄`ソ7i    /| ∧|: :      .!          i ∂!
     / .: ::::.:.: i : ::ヾェェシ:./     ∨ _/ ∧   ヽ二二//   / l|∧_|T     i  _____  .!- '
     /7  ::' . ,-、ヾ`一 /      :∨ / ∧、  `ー‐─ '   / /∧ |: !    .(二ヽ、_  `^´  _,ノ二二)
 r-一∧\:::  :::::::`ー-、‐く,-、.     : ::∨ / ∧\ 、 ___ //   ∧ ∨: !  /  Y '|| (_ヮョヮ_〉>   ヽ \
.f ヾ  :::::ゝ \___//::::::ノ ノー、   : : ::V /  |、 ` ー一 '"   jヘ ∨|: l: ,´   i  || >',〉llll〈/く  〓〓.l  ',

      ↑ 近衛前久             ↑ 今出川晴季            ↑ 九条忠栄


幼少時に公卿としての教育を受けられなかった劣等感から
必要以上に貴族社会の形式にとらわれ かつ反発し 父・近衛前久をはじめ周囲の者に迷惑をかけた





747 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/08(日) 22:17:40 ID:FQU/kVLY

信尹の幼少は公家としては異例だからなぁ





746 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/08(日) 22:17:34 ID:OI2hQEnE

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \   \
 |    ( @)(@) \ \              
せめて 友人のお前が関白になってくれれば
. |   o゚ (__人__)  __  
ゴンゴンゴン
  |  0   `ー'´ノ´ ̄    ̄\          
それだけで 俺の心は救われるんだ
.  |     /  }         \
.  ヽ   /   }          }・,‥¨    
頼む やる夫!
   ヽ     ノ ___   _ノ ¨・:‘ .
   /    く  \  YY ̄ ̄YY\        
関白になると言ってくれ!!
   |     \   \    ・; ∵ ..
    |    |ヽ、二⌒)、         \




         ___
        / .u   \
      /((○)) ((○))\                
の 信尹様……
/⌒)⌒)⌒. ::::  (__人__) l_j :::\     /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/
|     ノ    | |  |    \  /  )  /
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


精神を病んだあげくに やる夫にも背負いきれないような荷を押しつけた





750 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/08(日) 22:18:25 ID:OI2hQEnE

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

               /7
                 //
             // 
全ての言葉には なるべくしてなった理由が必ずあるのです
       __    //
.    /ノ  \ .//   
みなさんも そのことを踏まえたうえで 正しい言葉づかいを心がけてください
.   / (⌒)(⌒〉/
  l    (__人_,//l
.  |    `⌒// ノ                    ゚・ *:  : *・
   l       // ./                 *・ ゜゚・ * :  .。. .。.:  *゜
.   ヽ r-‐''7/)/              * ・゜ ゚・ *: . .。.: *・ ゜゚  ・ *  :..
    / と'_{'´ヽ             。. ・ ・*:.。 ∧,,∧  .∧,,∧   .:* ・゜
    /  _.、__〉 ト,               ∧∧(´・ω・`)(´・ω・`)∧∧     
は~~~い
    {  、__}  |.i              (´・ω・`).∧∧) (∧∧(´・ω・`)
    ヽ _,.フ  .|.|              | U (´・ω・`)(´・ω・`) と ノ      
わかりました~~~
                         u-u (l    ) (    ノ u-u
                              `u-u' `u-u'


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


自分が大人になるためには2年間の薩摩配流という時間を必要とした





754 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/08(日) 22:20:31 ID:OI2hQEnE

どうやら やる夫もまた
自らの使命を見出すことの出来る大人になったようである……


      __
    .,/,-、  \
  / ノ:/ ノfヽ.. \
  | /:/ /...| |  |
  l レ ./..ノ .,''´} i     ……稲葉正成とやら
  l   ' ´ .〃 / |
  ヽ.     . 〈 .ノ
    \.,_  ._ノ /
     /  /  ヽ
    ./  /   |
    i ./  .  |




           ,  ‐ ´  ̄ ̄ `ヽ、
          /     、    、 \
          ,.'./  .:/ ;小:.. ヽ:. :\:.:.ヽ
.        //:.:.:.:/.:./:. ./ i ヾ:.:.丶:. ...ヾ:ー'、
       //,':.:... :.:厶:./- ヽ 弋:.‐\:.:.:. 丶:\
         ! |:l:j:.:.:´/ ィ天t、   ィ天女、-、:.. ヘ、:.ヽ
         ! | :.!.:.:.:ハ´ち;;;j    ち;;;;j !K }ヽ:.、.! ヽ!
         ヽヾj:.ノ小 `::::.   '  ::::´ ハイ: |`リ  ノ   は はい!
       、_ノイ:..:.:リ;:ゝ-‐っ ー-   イ:.l::|:. i |
      /´/:.:/ ‐<>.、 _., .イ_.l:.:l::|:. i |
     /_/∠ ァ┐l !ノーソノl  ̄ ヽ、」::|:. .:i:ハ
   , ./´   `∨イしリ  / ハ  / ヽ ̄`ヽハ
  / |====、∧/  >‐/{ヽ‐‐く   l    l ヽ  r/7-、_
, '   /     / /   7〃 {{ヾ〉\   |/ ̄ |  厂し' / /┐
.   /     / /  /   {{.   \  |    | ,/=(_/_/_,人   ← 稲葉正成
   |     / / イ    o. {{       \|    l/     'ヾ、/





757 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/08(日) 22:21:48 ID:OI2hQEnE

            ,. ‐―――――‐ - 、
           /            \
          /                    \
       /    \         ノ      .',
        /     ,  ゞ.._,, ー "   、    ',
        l     l {::::::::} l  l {::::::::} l     l
      . l     ` ー ' '  ` ー ' '      l
        l      /    .!    ヽ       l
        l      ヽ__/ \__/.       l      仔細は了解したと
        . l      〈        〉       l
       .l        `ー――― '         l      やる夫に伝えてくれ
        l                   l
       . l                   l       そして……
         . l                    l
        !                     !       俺はお前の味方だともな!
        /!                    ,'^ヽ
       /{ |ヽ                 /| / \
     /  ∨| ヽ            / | /
   / ヽ  \  `ー――――― ´ ̄ ̄  /
 /\   \  \        /   _ /
"ヽ  . \  ヽ  ` ー──一'   /
  \  \  \        //
  ,  ‐┬─‐'フ⌒ヽ` ー── ´ /
/    ̄ ̄     }  \     /
  /  ̄`ヽ/ ̄ ヽ   \
 /     /     | ̄`ヽ ̄ ̄/
./     . /      |    | ̄ヽ
      /     |   |   }


 『 新 ・ や る 夫 の 関 が 原 戦 線 異 常 ア リ 』





759 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/08(日) 22:22:52 ID:OI2hQEnE

<第5部 その10 MERCY FOR THE RABBIT>


                    ,,_ f"k
                 ./,,g(]]!][^)l.
                ./(:::::::::::::::::::::〔、
                ][::::::::::::::::::::::::〈(
                ](::::::::::::::::::::::::::\,,,,__
                 4、:::::::::::::::::::::::::::::::::](
                 |:::::::::::::::::::::::::::::./(
                __d(゜:::::::::::::::::::::::::::g[ ○佐和山
              __v(":::::::::::::::::::::::::::::__f(
             ,,d":::::::::::::::::::::::::::::,,grf"^           ,. -‐- 、r'´  ̄ ~Z.__
           ./゜::::::::::::::::::::::::::,,d^^^          ∠             ´   ,.>
          ./::::::::::::::::::::::.;,,d"^       .     /                 ̄`>
          ](::::::::::::::::::::::V(゜             /           ,、      `\
          ]l.::::::::::::::::::::. l[ ◎近江八幡  .    !             / \    \. トゝ
          ][:::::::y-"^^^^              │       , ,.イ /、._, uヽ |ゝ、  N
          .l[゛:::[                .    |      /レ' レ\,/  /V '´ l\!
        /::.::/                    |. r;=、 .ノ=a=== ,, ,/a===!
       gl:::::::.lf"                     | |.ト、| | u` ー--‐ " u\ーァ"!
  大津 ○ (:::::::::][   ○草津              | l ヒ |:|.    u  r __   \l
       \::::イ                     |  `ー 1|、 ヾニ二二二二フ 7′
        \:::〉                     ノ     | \     ___  /
                            .   /   ,ヘ、  ト、 \ u  ̄ ̄ /l
                              /  ./\.ヽ. ヽヽ、 \   , ' ,'
                              ,' , ./   \ヽ、ヽ \./`iイ /
                  徳川家康 →   /l/l/     |\\ヽ  ヽ. Wレ'
                            /      _..⊥._ \``  |


慶長5(1600)年 9月18日
東軍総大将の徳川家康は近江八幡まで軍勢を進めた
現在の家康の目標は 大坂城の毛利輝元と有利な条件で和睦することである





762 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/08(日) 22:24:05 ID:OI2hQEnE

吉川・小早川の毛利両川返忠による「関が原に戦い」での圧勝だけでも十分と思われるが
慎重な家康は さらに環境を整えるべく西軍の力を削ぐための指令を矢継ぎ早に出した


     , ':.,.:.',.:.:':.,':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
    , ',.:'.,:.:':.:.:.,':.:.:.:.:',.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
   .,.',':.:.'.:.:.:.:.:,'.:.:.:.:.:.:.',:.:.',.:.:.:.:':,:.:.:.:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
  ,'´.,':.:.:.:.:.:.:,':.:.:.,:.:.:.:.:.',:.:.',:.:.:.:.:':,:.:.:.:.:,.:.:.:.:.:.:.:.,:.:',:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:',
    .',:.:.:.:.:.:.',:.:.:.:.',:.:.:.:.:.:',:.:',、:.:.:.:',:.:.:.:.',:.:.:.:.:.:.:.',:.:',:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:',
    ',.:.',:.:.:.:.':,:.:.:.:',:.:.:.:.:.:','.,l `、:.:.',`、:.',.:.:.i:.:.:.:i:.:.i.:.:.:.:!:.:.:.:.、:.:.:.l
     ',.:.',:.:.:.:.:':.,:.:.:',':,:.:.:.:.'_, -_二"、 ヾ:.:.:.!:.:.:.:!:.:i:.:.:.:!:.:.:.:.:i:.:.:.!
     ',:',',:.、:.:.:.:':.,:.'、\:.:.‐' !:::::゚| `ヽl:.:.,':.:.:.:,':.:.i'´,:.:!:.:.:.:.,'i:.:,'
      ','.',:','`.、:、` i、 ` 、:.`‐‐-'´ ,':.,:'i:.:.:,' i:.:i  ',!:.:.:.:,' .!,'
        '.,', ` 、,! ` 、 `.、!   ,':,:' i:.:,' .i:i , ':.:.:.:,'  '
         `  '、        '   .i,'  ,,.!'゛"!:.:.:.:,'
            .`、         /  ,'   !,'!:,'
              `、` ̄`    _,,-'´i   ' ,''
               `、   _,, "´  .,    _,'',
              ,.,´`- ‐.,     .,' _,-‐'´  ヽ
              ,' .',    ',    .,-'´     _',
          _, -‐',,-'',  ,' ,' .,-‐'´     , '´ `、
         , ´  '´´  ,, 、´ ! ,'',      , '    `、
           ,    ,'  !,-‐'´ ',     , '      .`、
              .,'  .,'    ',   '         .`、  ← 細川忠興
              i  .,'     ,, '           .`、


但馬国田辺城を開城した細川幽斎が収容されている前田茂勝の丹波国亀山城には
細川忠興の軍勢を送った





764 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/08(日) 22:24:39 ID:Ud9iZAR6

そろそろブラック忠興大爆発が





765 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/08(日) 22:24:51 ID:OI2hQEnE

                                  __l //      /  |      \ \\ ゙、
             __ __ _                / :::||  / / /    l l      ヽ ヽヽド、
.        _ , '"´  ,. _ ___`丶、            l::::::::::|| /   /  /      ! l  ヽ   ヽ ヽヽ ||:::::ヽ
       / ` /  /´-‐ァー-ヽ \          斤.::::::::||/  /   //! ハ  l  !  ヽ   ', ゙ヽ||::::::::勺
.      / /下7 ..///.:.::/ .:.:ト、 ヽ         |ll|i :::::::|| l l  イ l /!l | ヽ  ト、|、  ト、  l  l、||::::::::}ll|
      / └イ_j/ .://;へ、/!.:.::/:.}ヽ ',        |ll|ヽ:::::|l  !l  |l!‐!‐ト、l  ヽ | l | ヽ | l i l  l||:::::::/!l|
     ,'  ///!l .::j.:lイ仔くヽ/,.イ,.ム:.', l        |lll| `ー!  l  | l 」-=ミ|`ヽ ヽ | !-‐!‐|-l、|} l  |r、〃|ll|
    ,   '〈/f`| l ::l`' ゞゾ '´ rャjノ::.l:. |        L!l   |   l | 〃{ノ::::iヾ  ヽ! ,. =-ミ、!ハ l  !"´ |ll|
    |  l:l :!:{、| l ::|        マソハ: |:: |            {l  |!l | ヽ `ー"     ' トイ:::}ヾ  | l |  |ll」
    |  l:l::i个| l ::l!     _ ′ } .:}:.l:: l            ヽ |l !|               `二ノ  '| ||
    |  lハ:l::{::', ::::{、         /.:/::.l:: l             l |', |                 /)|l l
    l !:|:::',::',::ヽ:::ヽ\._    /.:/::::/l::;!             l | ゙、        ` ´         /-イ| l
.     ',::{:{、:::ヽ\:\;ゝ `「:フ´!::::/;:::/ 〃              !|  \    ヽニヽ      , ′/゙! l
.     ヾハj>''´ ヽ ト、_..上くイ::::{ {::{/                |   |ヽ、  ー     /  〃 | !
    /⌒ヽ、\ ` \-ー ̄\ヾ                   ,.rr|   丶、   ,.. '´ト、     l′
   /     ヽ \\    \´ ̄`ヽ、                  l::l {:|     ` ´   |::}}
.   l     ',  \\   \  __| \             _. -‐1::ヽ' -、    _,.. -‐ン::|ヽ、
.   |      ',   \`ヽ、  ∨n| } ト、      _.. -‐ "´     |:::::::::`ゝヽ  /rJ::'"´:::::::!  ` 丶、

         ↑ 亀井茲矩                      ↑ 池田長吉


南宮山麓から撤退し
近江国水口城に籠る長束正家には亀井茲矩と池田輝政の実弟である池田長吉の軍勢を差し向けた





766 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/08(日) 22:25:48 ID:OI2hQEnE

午後に やる夫の佐和山城攻略を知ると
田中吉政に引き続き 関が原から逃走した石田三成の捜索を命じた


             ___
          .:.´.:.:.:.:.:.:.:.`:.、
        /.:.:.:.:.:.:.:/vヽ:.:.:.:.:.\
      //.:.:.:.:.i:.ィ.:l  l:ハ:.|:.:.::.ハ
        i.イ.:.:./l:ハj  |' ハjリ!:.:.:i
          |hi{ ‐tッ    tッ‐ リ^i:|
          |い!        l)ノ.:|
         _l.:.人  r―‐nrn人:.:.:.\
       ノ/  |:.ヽ_  ̄ 「!l.l い \:.:.:.ヽ
      (./. n |::::.ヽ. ̄.|   |  ヽ:.:ノ
.      /  ノ_L '⌒ iミ_.乂_ 人  ハ:.ヽ
     /  /´ー'{  ./ ::::: K/ ヽ.   i:.ノ .
.    /. /|、_ ツ  l  . . Y:.    \ |′
   / / .弋_外.:::::::|::::.::.:/,: ト、::..    ヾ
.  /     ..::::ン.::::::,:|:::::://.:::|o\::.     ',
  l   .:::::/ 〉、:: : |.  /  .|:   ト、:.   i .  ← 田中吉政
  ヽ.:__:/ ./    |     .|o   ! `ー‐





769 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/08(日) 22:26:41 ID:UBeo5EJA

おい、三成の親友w





768 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/08(日) 22:26:31 ID:XBlRgSwQ

安定の田中さんは流石やで





770 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/08(日) 22:27:08 ID:OI2hQEnE

西軍が撤退済みの大津城の接収に福島正則と黒田長政が向うことも認めた


          ___  ヤ::::::::::ヽ, i:::::::ヽ  l  /,
        ゙ヾミ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::キ:::::::::\i!ン/:i'    、_彡 ////// ,ィ ///! / 、\ ミ三ミヽトノ
          ー-ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::! i     〃彡'/ ,//// .| // .| /.| /ヽ ミ 、 ヽ }__,
       -ッェュ=ニ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::iノ,'     |/ // ,∠//=、{  |{ {∠{.|=| l ト、 \ ヾ三彡'
         ゙゙''ミ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ン゛      从{ /´彡′_\ Ⅵ  リ \{ ヽミ ,ト、 } ヽ.
        ー''''''".ッ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ        }∧ ,/弋_ラ、 |` ヾ、 代__テ=、 } リ、レ' } }
        -=ニ三::ニ_ニ、:::::::::::::::::::_::::::::::y::ァ:::::::::::',    、_ノ_ノ| `ー一´ /     `ー一 ´,/イ /ヽ 从,ィ
      r'''''" ̄    ニミソ:::::::,ァtッチ'ソノメツTi::::::ィ::i      ̄|/|   r‐'‐、     、_フ_ノイ ミ三彡'
     i   ‐ォ--==こFLいt::i" ゙''''"/   ゙''" i::::::ハリ       { ,/!    ゝ ‐   .     ̄ /\_> }リ ,
.     i   i´    ソ`|.l::::!|:!:::l      . ,:   ノ::;:::lヾ、    、_ノ .|  ‐-r─-、__,、    ./_,ノ、ミ三彡′
    ,r,'   l ',   !, | i:::! |i ソ、   ,. -┐ / リ ヤ  i      ̄ ̄ヽ    こ二´      ,イ /∨`┬ ´
   f'_/    |', ',   ゙'i~U~|:! : ヽ、  ̄ /  ゛ `//         ヽ          . < /..:.∨}ノ
   lト、゙'ー- .ト、' ! i.   l   |! :   `=ソ ,'    /,イ!          r{ヽ     . <  ,/..:::::::/  ̄ \
.  li ',     ~゙゙i' i    ',_|:!=ェュ、、=´´ /    // イ        _ト.\`ー一 ´ _/.:::::::::::/.::::::::::::::. `ー-、__
  |l! ',    ! , '             /     '/  |      /..:::::ト、::  ̄「| 「「 ̄ ::::::::::::::::/..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::

            ↑ 福島正則                   ↑ 黒田長政


また家康が手当する一方で この頃から「関が原の戦い」の影響は徐々に全国へと波及し始める





771 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/08(日) 22:28:25 ID:OI2hQEnE

同9月18日 加賀国
ここでは金沢城と小松城で睨み合いを続けていた前田家と丹羽家の間で
そてまで仲介に苦労してきた土方雄久が拍子抜けするほどあっさりと和睦が成立した


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::](    七尾城::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|   /" ゜](:::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  ,,f"    丶:::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::]゜ヽ .l[     丶)::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  ゝ       ^^^^^hq,,_
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::](  [             ^^^^
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/゛  .l[
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::g(金沢城
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::g(゛    .l]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r^     .l[         _ - ´  __  `丶、
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::./      .l[         /.L - ニ´-──-`ニ丶j\
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::./小松城  ]__,       /. / ´         u`ヽ ヽ
::::::::::::::::::::::大聖寺城×        ヨ゛     /. /  -─-、   , ─- 、ヽ ヽ
::::::::::::::::::::::::::,,r(^(            ]!     l  ! ´ ___ _,      __ .|   }
::::::::::::::::::::,,/"  )。          /゜     ヽミ ‐'ニ-rュラ´   ゝテ´一-ミ彡/
:::::::::::::::,,f"     .\。.。.,,      g゜       |`7´ `"´-‐´  ´ヽ、:::::::ノト-〈
:::::::::::/"         `、^ゝq,,  ][    .     | , "´    |      .|´,ノ
:::::::g(   北ノ庄城    ^^^^.\.       ヽ_`lく      |   ヽィ´/
:::::::[                  g゜         | ヽ  , ヘ /ヽ   /./´     露骨と言いますか
:::::::[、                 〈、         ! 〉'  , `-、 \' /
:::::::\                 ^)!          y' / ‐一 `ヽ、ヽ       なんと言いますか……
:::::::::::::),,       .;./──x,,,,,,.。v(゜         /ヘ´       /`ヽ
:::::::::::::::^t、     f゛            .      _, - !ヽヽ _  /L_
:::::J"k、:|  ,,,,,,__](                  |ヽ-'、_` ー、‐'   | ___冫
:::::::]。.\敦賀城                 _ ┤   /ヽ | ∧ ̄  f 、
vvf"]l.  ,,f゜                 _ -=.: .:.:.:┌ _ ヽ! //_ -‐┤.:\
   [ ./"                 ´.: .: .: .: .: .:.|::::::::::::: ̄ r‐' ´:::::::::::::::!.: .: . `` -
   .\                  .: .: .: .: .: .: .: .:|::::::::::::::::::::|::::|::::::::::::::::::|.: .: .: .: .:
                       .: .: .: .: .: ..: .: .|::::::_ -‐`-‐-、_::::::|.: ..: .: .: .:  ← 土方雄久
                       .: .: .: .: .: .: .: .:l ̄     c      ̄l.: .: .: .: .: .:





776 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/08(日) 22:29:21 ID:FQU/kVLY

露骨と言うのも馬鹿らしい





777 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/08(日) 22:29:24 ID:faCkeNno

北陸プロレス終了のおしらせ





774 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/08(日) 22:29:10 ID:7Csg0/QQ

宗永は茶番の犠牲になったのだ・・・





778 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/08(日) 22:29:40 ID:OI2hQEnE

この和睦は 前田利長にとっては大勝利以外の何ものでもない


           ,-=;,
          {__7!            / ̄ ̄ ̄ ̄三
          〔_ラレ          ,、_,- |____  ヘ
           `y"l       rヲレへシ| ⌒  ⌒<  ヘ
           iト-ヘ、      (_;フイ | (・)  (・) ヘ  ヘ   r;_/iレソ
            l  'ヽ      ル || |-○--○---ヘ  |  し ン′
              ヽ   ヽ     レ' ||! | ⊂    9)─|人_フ
             V  ヽ,    |   |.| | ___    | /
              ヽ   ヽ,  ト = }{ \ ヘ_/  / /
               `i 、,  ヽ, }- ルハjヽ\___/  シ´
                V   `;|   i∨  ̄~7  ン〈___/    ← 前田利長
                V丶  |   リ >,    ( く_/ ,_
                 ヾ  {   ソ レ  ン ;_ン'" ,r"くrn ゞミヽ
                  ゝ、ゝ = 〃ソノ__/   / y'"J | \` ヽ
   rn,              rfレ`ー-=-‐''~ ̄   /`7  `、|  ヽ-'ヽ
  rJllル7       rnh;   l´ ´'リ  ,rn     / r'ン==ト、!__  V ヽ
  〉__ソ       ヾヽ``ij'l 〉 /、,ハjjj し'l mhレ'   /f" |リレ7,,m〉  |  |
  |  {   rfjn   ,;'V _ン',/ //〉r>,、__//リリ ト  〈 }'=‐' ソ 〉トii,_/  j
  .|  i _,-;ゝ_ソ  {' ' 'V V /'ハ~ ' ノヽ ヽ,;ヾ レ'⌒jー'-ン Λ'ー'~ヽ,  /
    ! V;;;ゞ''~ ̄ヽ_〉_j,;|  ヽ/レ_>' ラ';;/;-‐-{〉⌒|!    / /     〉"
   }  V       }リ レヽ  ヽ彡';,、-l ・ ・ ゜j、=ヾヽ / / `` _,‐'"
   Y´~j!_    ji!_,-' ヾ,ヽ,=''`ヽ,;;; ;,トー-‐'j リヽ,;'_>' ,/ ‐= |
   .{   `ー=''" 、、 」、|/~`ヽ,;;;:;.〉、__,,ソ 〉‐''‐、. /   彡 |
    ヾ ``_  _  〃レ' jトヽ  ''"7~~ ̄ ~^'く   リ  - =' ‐ {
     V ~^ ̄ //,├'"   V/        、、ン'k  =-‐ ''j
     }      / |     Y         〃,;'{ニ二 jニi ̄]


これまで前田家がやってきたことを客観的に見ると

○母を江戸に証人として送り徳川方の立場を鮮明とする
○西軍として大聖寺城に籠る山口宗永を討ち滅ぼす
○同じく西軍の丹羽家・青木家等の大谷吉継がまとめあげた加賀国諸侯を
  自領に足留めさせ関が原の決戦に参加させなかった等々

まさに申し分のない大功だ





780 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/08(日) 22:30:28 ID:HsNiphNs

興行は大繁盛でしたね!





785 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/08(日) 22:30:53 ID:UBeo5EJA

全力で日和見じゃねーかよw





786 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/08(日) 22:31:08 ID:OI2hQEnE

和睦後 利長は直ちに軍勢を南下させ まずは北ノ庄城の青木一矩に迫った


       三 ̄ ̄ ̄ ̄\
       /  ____|
      /  >⌒  ⌒ |
      /  / (・)  (・) |      一矩君!
      |  /---○--○-|
      |─(6    つ |     君は これでもまだ大坂方に
      |    ___ |
   ,..-'ヽ \  \_/ /      味方するというのかい?
  ./::"::::`ヽ、. \___/
 /::i::::::::::::"'弋'!ー',イ>|'_ノ´`ー -,,_ _
. }:::゙|::::::::::::::::::::~゙:_戈;f"  、    イ/ `i
/:::::::!;:::::::::::::::::::/',r.テ    \xー.ォ、__ノ
::::::::::::ヾ!:::::::::::::l .l r'   ` 、_冫y"
:::::::::::::::::\o:::::l .ト、  ヽ,_ノ"ー'
:::::::::::::::::{::::{\代 l>ー、,_ノ




       /:::/:::::::::::\//:::::::::::::::::::::::::::::::::::|
        |::::::::イ~~~`"~~~~~~~~ヘ::::::::::::::::|::::::::|
       |::::::/            |:::::::|::::::::::::::::|
      |:::::/ u          |::::::::::::::::::::::::|
      |::::|            _|:::::::::::::|:::::::::|     だから
      |::::|~―-、 ヽ   ,,-―~   |:::::|:::::::::::::::::|
      |::::::| ,-―-、`/、、_,ノ-―--、 |::::::::::|::::::::::|    俺は病気で死にかけで
      |::::::::| -゚―` |  、 `-゚―"|:::::::::::::::::::::|
      |:::::::ヽ    |        |::::::::::|:::::::::::|    なんも分かんねえんだってば!
      |::::::::|     |      u |:::::::::::::::::::::::|
       |:::::::|    / 、       |:::::::::::::|::::::::::|
       |::::::::ヽ  -`--― 、    |::::::::::::::::::::::::::|
        |::::::::::l|il|i ヽ_ ̄ ̄ /  l|i/ |::::::::|:::|:::::::|
        |:::::::::::::::l|i 二 ̄    l|i|:::::::::::::::::::::::::::|  ← 青木一矩
         |::::::::::::::::::|\州__l|i/ |:::::::::::::::|:::::::::::::|    *この後10月6日に死去


一矩はたちまち降伏し 子を家康のもとへ質とする斡旋を利長に依頼
利長は その人質を連れて近江国に入った





793 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/08(日) 22:32:34 ID:UBeo5EJA

青木さん、本当に運が悪かったとしかw





791 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/08(日) 22:32:03 ID:OI2hQEnE

            _..―――――.._.....
         /∵∴∵∴∵∴∵∴∵       ひ ど い よ 兄 さ ん !
       /∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵ ..
      /∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴ ...  秀頼様のいる大坂城に軍勢をむけるなんて
     /∵"  "  "∵∴∵∵∴∵  
    /     \   ∵∴∵∵∴∵....../∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\
    j/   (・)      ∵∴∵∵∴∵∴∵∴∵
   /・)            "∵∴∵∴∵∴∵∴∴
  ⊂'''"、   """"       ∵r''''''''-、∵∴∵∴|
  /    ,r'" ̄"\       >-",r、  | ∵∴∵∴|
 / ,二''""__,r--___,|        /  l  l ∵∴∵ |
 |  |  ,r'"     |    し  く--  l  | ∵∴∵|
 |  ト、ノ)、     .|        "”"]  .ノ∵∴∵ /       _,.-‐一‐--、,.レ
..ヽ  .| \彡>     |       j"  ノ /∴∵∴/       /;;/;;/;;/;;/;;;/:ヽ
 \ |  '''  ,ノ ̄"|      "-'' ̄/∴∵∴/        7;\~'゙`"~/゛-;::::ヽ
  \ .|  ,r7 ̄  j'''7     し,,,,,,/ミ、∴∵/         /,-ー-、  ,-ー-、 ヾ:::::l  利政~
   \ |r"-/ ,,r-''" /     /     \/          ノl  ・ ナ l ・   l=-l:::i
   \.l "''''''"  ノ     //   |  ヾ          |丶_.ノC丶_ノ   |ト)  戦争しようぜ~
    \."'----'''""   ,,//   ノ |  /           l"  r__,  ゙  ,ノ
      \      ,/ '//    /  >'''"           ヽ、  廴 ,)   /
        \_____/''" //    // /              ヽ.,,_ , ,.イ
        / "'--''" /  /   /              _,,,..ノ、___;ノ入,__

        ↑ 前田利政                   ↑ 太田但馬


この進軍に能登国七尾城の実弟・前田利政と従弟・太田但馬が抗議するものの利長は完全無視





795 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/08(日) 22:33:01 ID:HsNiphNs

太田、ただの戦争狂かよw





797 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/08(日) 22:33:18 ID:OI2hQEnE

この後 利政は都で監禁同然の隠居を強いられ
但馬は慶長7(1602)年に利長の命により横山長知の手で暗殺される


                  ___
             ,, - "      " - ,,
           /              " - ,,
          /                   ">
         /          ,,,,,  ,,, --ーーイ
         |        |" ̄   ̄    -- ,| |     聞き分けのないガキは
         |        | ,,-ー- ,,   / - く
         |  へ   .| ̄ / /⌒ - ,,"-イ ム  ソ     排除するに限るな
          .| | |.>ヘ  .|  三 ,,。⌒ "ーく・ ヽ |7
         ∧| .( ( |  |    " /   .|-- |           _
           | ゝヽ|三      ̄  ( ,,__|   |          //"ヽ
          | |\  三     ,        /          /  ./
          ||  ┤ニ    i- ,, " - , ,  /_       /  ./
         /   | -    へー" ー-/ /  ヽ\   /  ./ヘ
        / \  .メ,   ◎/  ̄ ̄ ̄ /\    .\/  ./ /
      , -ヘ \ "- ,,  "メ         /  \  /- ,,./ /
   , - " ,, -ヘ \   " - ,"ー!-!-!-!-!-!イ|    / へ へ/
- " ,, - "   ヘ  \       "" 7<     //  ヘ ( \
, - "      ヘ   "- ,,      /_  > -= | | | \  /> \  ← 横山長知
         ヘ      " - ,, / | ヘ  ((./ .\ ノ/  (    \





801 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/08(日) 22:34:04 ID:FQU/kVLY

この横山さんはやり手すぎる





802 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/08(日) 22:34:42 ID:UBeo5EJA

本当に前田の算盤はエゲツないわ





789 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/08(日) 22:31:50 ID:XBlRgSwQ

前田家は大国としての己を十二分に生かしきった戦略展開だったな
まあ、積極的に参加する動機なんて全く無いから仕方ないのか





806 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/08(日) 22:36:00 ID:OI2hQEnE

一方こちらは お通夜状態の丹羽家である


         , -ー''''~~ ̄ ̄ ̄~~~`'''i
      ,、,_ .l  _,,,,, 、 -------、、_.l
      l, `i''''~           'l
     ,-'_-_ニニニ二二二二二二ニニニ_ー--、
      ,,-/   i  /   il'  l   、\~~~
     \l   l l  {.{   {{  .}}   l ., }
    ,.  l,  ,、'、i , ,,' `'''~ ' \_  / /ノ             ,,--,,
 、  {.l  l  { ヽ'l l ll__,,,-     ./-'''~        .     /i'~ 'i:::l
 lヽ,_ `-`,/-,-''`''l.' ' '', ,   `'ー''.lノ ,-,' ……アカン.    ,,/:l  ノノ  _,,,,,、、、、,,,,,_
 l,  ~~ /   ,_{ヽ、iー-、,,_  _,ノヽニ,~-7        .   l:::'::l   _,,-''~,,-----,_::::~'''-,,_
 ,-'-、, ,,ノ    l `''l.7,'ー''~)~  .l  _ノ           lヽ:::ヽ-7;;::::/:::::::::::::::::::ヽ;::::::::::ヽ,
  `ヽ、_(_ー-,   l ''''7ノ`  l   _>'-~            ~'''-,i,/,~::::/::::::::::::::::::::::::::::;l:::::::::::::::ヽ
 i'''~`'''ー/-,l'ー-,_ l-''~l l\,,,ノ _,-,-`           .    /::::/ ~~i''''''--------'''''l::::::::::::::::::ヽ
 l    l  .l X l /  .l .l  l l. X l                l::::/   ヽ   '~ヽ    .l:::::::::::::::i::::ヽ
../   , l  .l  l l,_ .l .l  _l.l  l                ヽ:l    ~'---''     ヽ::::::::::::l::::::::l
l  /  , l X .l  `''  '-'  l, X l               ヽ''-l ________,,  v-,,,,,,________,ヽ:::::;;;l;;:::::::l
                                   ヽ;l '-,---,-  '',----,-- iヽ::l _,,,ヽ::l
        ↑ 丹羽長重                    l l.  ~'''~    ~'''''~   ヽ//  ./'
                                    ''l               .'ヽ /
                                     !             ,---i''  _,,,,,_
                          おお もう……  ヽ,    ________   _,/::::::::l  '--;:::)
                                    /:i~ /~'''''--,-----'''~;:::::::;:::::::::ヽ,,,__,/ノ
                                    ヽ,,/;;;;;;;/'l ~~~~~~~ lヽ,-''--;;;;;;;;,,/
                    江口三郎右衛門 →    ,-''::::::::lヽ,,,,,,,,,,,-/::::::~'''-,,_
                                     /:::\:::::::l   ./:::::::::::::::::::;;;;;;>


丹羽長重は 心の底から西軍に与したわけではない
前田家と睨み合いの間の状況の変化の中で これからを柔軟に対応しようとしていただけである





815 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/08(日) 22:38:43 ID:OI2hQEnE

それが関が原での事態の激変についていけず置いてきぼり状態にされてしまったのだ
長重は東軍とつなぎをとる手段を全く講じておらず
丹羽家には「浅井畷の戦い」で東軍の前田家と戦ったという事実だけが残った


      , ーーーー--- 、,,_
     /,,,,、、、、、、、、,,,,_   ~`'' -,
     /         ~`'ー--、,_l-ー、        あはは……
,;====='=======,=,===;;;;;、、、、,,_l  l
 ~`'/  /  /` `l ,  '、 ~~~~`''、~=';;、、,      三郎右衛門
  {  l l _, -l、   l -'-,l  .l  / .l二_~~
  `、  '、  'i   /  /ヽノ,./  l  /        悪いけど あなたも再就職の活動を始めてね
  /'''l''l ,;=;;、   ,;;==、  ',-`i .l/;;-,
  >、,_ 'i' '  / / ' /  ` ,、ノ  .l  .} }
 ./-'`i7ヽ、(_`-------_~,),.ノ .l`ー-、'i,/   ,    なんだったら秀忠殿に口利きぐらいしてあげるわ
../ `、 -`'、-''~,~,ニ、~'7~, -'' `ヽi   ヽ、,,,,,/./
.`''ー-、、-_'、/ .l , -'、./    , \     _/,
      .く`、 l{ `'}.i}'    ./  ヽ  `~_/
       `''/`、'//,--,  _,l,   `、,,ニソ
        し ' `、'ヽ: '--' /    \





820 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/08(日) 22:40:11 ID:OI2hQEnE

                    O,,_
  ,-,_.                /~::::::ヽ
.  l:--ヽ            ,-,ヽ::::::::::::::'-''~~ヽ''',
  l:l         _,,,,,-----,~ヽ::::::::::::::::::::::::::::::l'
  l:ヽ      _,-''~:::::::::::::::::::::::::::lヽ,,_,,,_:::::::::::::-',_
. l::::ヽ   ,-':::::::::::::::::::::::::::::::::::::/_ _,ヽ-'-,,,,,,,-(__)
 l:::::::ヽ /lヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ! ~ ヽ,_ /:ヽ
. (::::::::::ヽ:::::l '-'''/::::::::;;;-''''~~~i'''--,_ i'' /::::::::::ヽ
  ~''-;;;;:::ヽl   〈::::::/:::::::::::::::::~'-,,,,ヽノ:::::::::::::::ヽ
    l::~'''/_ ,--':::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::l
.   l::::::::'~∨'~''-:l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;-i:::::::::::::::::::l
.   l:::::::::::::/    l~''''--;;;;;;;;;;;;;--''~~  l::::::::::::::::::l
    l::::::::/    .l            l::::::::::::::::l    お言葉に甘えます
  /~ヽ:ヽ_,-''''''''~~~ヽ,_ ,ノ) ,,,---,,,,_  ヽ:::::::::::/
.  l'~ヽ l:::ノ _,,,--'''''-, ~''''~  _,,,,,,_  ~' ,_ノ:;,--',     でも……
  l  ヽ∨/ l:'---':l '     ''/i___~,-,, ヽ:::/,,-'' 'l
  ヽ, / l  ヽ::::::::ノ      l::::::::::::l. ヽ.∨/   /    殿は これからどうするんですか?
    ~'-''l   ~~~       ~'---'   /ヽ /
.    〉 .>l        ,        /'--'''
  /~ヽ^ヽ:ヽ      _,,,,,_       ./ノ~〈
. l::(~'ノ::::::::::ヽ,     '''''      ./;;:!,-'' ,--,
  ~'''''---'''''--~''-,,,_     _,,,,-'''~-::::::::ヽ '~i:::l
__,,,--'''''''-,,_ (~~~'_ l~'''---''~ l -''~, ~'''''~-;;;ヽ,,,ノ
       ヽ,_,',- /~'''---,--'--''~ ,-'~~   ~''''
      ''''~~  l ~''''''''~ /   /


この後 江口三郎右衛門は結城秀康に高禄で召抱えられる





822 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/08(日) 22:40:49 ID:1iK/.LOM

結城家か





819 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/08(日) 22:39:58 ID:FQU/kVLY

ここで培ったコネを全面的に使わなきゃな





825 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/08(日) 22:41:33 ID:OI2hQEnE

そして長重は……


   /:l'゙   ,r'゙ . : ;' : : : ; ,'   i; : : : : i i ; : ::::::i.'、
  / !   /. : : : i : : : ; ;i   、,_!l ; : : :,' l l; : : :,'::::゙;、
  '、 ゙、  ! : : : '; i ; : : ;_i!-'  ノブ''''''7'ナゥl: : ノ; ; ; ::',
   ',  ゙-;l : ; : : '; ';v‐'゙,,'_    r''フ''j=t:、ィノ/,':,': : :!     わたし? そうね……
   ',   !、: ' ; ; : ;、)i゙l ,!;l'     l:r;'.;l:.} ゙' ゙: ゙_:': : :i
    i   ヾ、 ; ' 、;゙i  !l;.i:j     ,!,゙;;',ソ    '゙_,゙、 : :     どうするも こうするも
  ,rー'、.  ノヾ>'‐;i゙', ゙‐'' ノ           '゙ ,!: : !     ・ ・
.,/   `‐、 ,/゙  |'、i '    __        ,、、-;' : : :',    今は どうしようもないわね
゙      ゙>   /;,r゙':、    `~      /゙;:;: : ゙、: : : ゙
      ,r(,_,,ノ/: : : i゙'‐、_      ,、- ,'::;:i:;: : :`:、':,、    でも……
    / `''''ブ:/: ;、、 ':::::::i.,`'‐ッ:-:'':゙:  !::::;';:'、: : : :`:'
    ,r'_,ッッ'゙-‐-ッ'゙,;;,,`'-、'::i:::.._,i     i,、,'、::'、::. : : :
、 /゙´‐'゙´   /,,;;;;;;;;;;;;,,,~''rチv}_,,、-、 ,-'゙_,,>=-‐'''''‐
i゙'‐(      /,;;;;;;;;;;;;;;;;r'゙'=!'-{,)=ニ!ノ:、‐'゙,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;





828 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/08(日) 22:42:49 ID:OI2hQEnE

              .  -―――-  _
    ,-- 、    /   _,   _    `
    /ヘ./ ',\ヘ/  ∠-‐   ´ ̄`丶、  \
    | /^ヽ V 〉 ',.// , /^^ヽ   l| \   ヽ
    |./   ∨V / /  //     レ-、リ   l!ヽ.  l
    |'    V /  { ィT    /  //  リ l|   |
    〈、   ∧ {   ヽ y=='    f!〒y  ノ   |   |
    ∧\ /  ', ヽ  〃{!_}      ヒソ  Z彡イ l  /
    /   /丶  .ー7T^i ー' '_,ノヽ    ノニヽ/ / .      だいじょうぶ!
   {:.  V   \∨ノ {   ∨  |      ///   :
   丶. 〈    卜、\ゝ   l   |   /T´〈     ;     そのうち何とかなるでしょ!
   \. __ハヽ.  |  Ⅵ\> 、ヽ-'  イ  ヽ. ___.ノ
   ト-=彡∧ \j   | |  `¬-.二´ /l|     \_   _,ノ
   ヽ.  /  .  l丶 \   /^\\{八 \      ̄∠ノ
     >'    ヽ.|  ヽ 〉  |    ヽ/,ニヒュy'´ ̄ } 、_∠
    \       ト  /   {  -―{ {:::::::::}   /7  ノノ
        \   ヽ /     }    ヽ\ノ   l/_彡 '
        ヽ._ 〈       {    / ハ.   |`¨7
          く  }     丶-‐≠  / | \__| /
             ヽ} /`   /   / |  l イ


どん底に落ちるのは初めてではない
かつて百万石を失った経験は自分の血肉となっている
長重は何ひとつとして諦めていなかった……





831 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/08(日) 22:43:56 ID:FQU/kVLY

こいつも逞しく成長しているんだなぁ





837 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/08(日) 22:44:21 ID:tVE0T12g

若いうちに挫折を知ってるだけに前向き





834 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/08(日) 22:44:24 ID:Ud9iZAR6

倫敦どんよりでも晴れたら巴里ってヤツか





838 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/08(日) 22:44:45 ID:AXheeZ3s

時にはブルーになる日もあるけど夢が叶う日まで後ろ向かない





814 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/08(日) 22:38:26 ID:Ud9iZAR6

絶対に許さない





807 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/08(日) 22:36:32 ID:crsak51I

もう許してやれ





839 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/08(日) 22:44:46 ID:OI2hQEnE

同じ頃 信濃国では
徳川秀忠率いる3万の徳川軍本隊を撤退せしめた上田城の真田昌幸が動き出していた


:::::::::::::::::::::::::::::::::__,,,,,,,,,,.。rr'^\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::イ゜     ,,r(::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::[  ,,。。.。.メ゜::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,,/"
::::::::::::::::::::::::::| 〈,,,,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,,gr"゜
::::::::::::::::::::::::::](   ]!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,,./f"゛
::::::::::::::::::::::,,l゚   ]゜::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::__./ヾ^
::::::::::::::::,,rl゚    )、::::yf"^ヽfT^^^^^^^^^
  .-─゜      ^"      __y--    ,,,,,,_
                  メ゛  ゝ。..。f" ^)l.
                 ./          [!   ./─
               yf"    川中島 Jし__メ"   |_
              .l(         .;/゛   沼田  ]l.
             ./(    上田 f( __,,,,,,,il.ヽ。.   ./
             f(          .\(゛    )t、 メ゜
           __メ(          _r゛
         g^^^            .l[
         〈(             ^)l.      /: : : : : : : : : : : : : : :ヽ
         |        ./"\_ .l[     /: : : : : : : : : : : : :i: : : : : : :
         ..l[       メ゛    ""゜      : : : : : : :_: : : : : : ヽ: : : : : :',
         .;[!      メ゜            i: : 、: : : /: : _:_: : : : : : : : : : : }
         イ     __r"             }: _ヽ_j_,ィ7,ハ ̄ )ニ=‐Y⌒ヽ
         .\-、。.--"              Y///ハノヽ{///ノ/: : : : : :斥. :}
                             弋////: : :  ̄ : : : : : :,' : : じ: ノ__ _ _
 ーx。                          {  ̄ }: : :_:, : : : : : :.ノ : : : {}{}:.V      );
./─-ト                          ヽ: :`ー': : -‐=ミ、 : : : : : :|: : : V/  / |
^ー─-、。.,,         ,,.。vx。._      ./"゛^^t  }: :.r‐-‐─、: :.刈ヽ: : : i: : :/   /   .|
::::::::::::::::::::::^^ー.。,,_   /゜:::::::::::^)l.    ./:::::::::::::::/ ヽ{;}ー─''¨: :ヽ:.};';}: : :ノ/  /    /
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、ー"::::::::::::::::::.l(    メ゜::::::::::::::/  /.};{_从 _/;';';';'';/|    {     /
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  ./::::::::::::::/  /  {;';';';';';';';';';';';';/: : :|    |    /
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\ヾ::::::::::::_,ィ  _,ィ     `ー┬‐:.:‐.:''.:.:: :: : :|     |   /
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{   {        }:.:.:.:.:.::.:.: : :::. : :|     |  /
                         V   ',        ./: : : : : : : :::: : : :|    |./
                真田昌幸 → V   ',    /: : : : : : : : : :::. : : :}__ _ノ





843 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/08(日) 22:45:48 ID:OI2hQEnE

昌幸の第一の狙いは川中島14万石の大名・森忠政であった


               __......-....___
            _x:エ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ー、
          /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
          j'´;;;;___───__、;;;;│
         」;;;;;丿           '、;;
         │;;;;ノ .__.    .____  |;;;;;;|
         │丿  二      二   '、;;l′
        j{..゙l「  ( ○ ) 1  ( ○ ) |゙l
        f`l│  ` ´  .|   ´`   :,''ナ}   なんで僕なんですか
        ヽT|      丿    u  .|丿
         丶∟     ´′      /丿
           .|     .r┬ュュ、   /
           \    ゝ---..′  /
             ヽ、    ̄  ,,/
              ├‐ー----'│
            _--┤     卜-、__
     ___,,....-ー‐'''"   ヽ、   _/′  ``''''‐ー-..__   ← 森忠政
  _ノ''"´           ゙'、r‐'′         `'''、



真に勢力拡大を目指すなら 領主不在の地を火事場泥棒的に荒らすより
領主そのものを屈服させたほうが これからのためになる

そして森家をターゲットとするのは もうひとつ大きな理由があった





847 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/08(日) 22:46:49 ID:OI2hQEnE

それは 森家の誇る家老・各務元正の存在だ


                _,,_....―‐---‐--....,,
             ,,-‐'´;;;;;;;;;;;;;;;;│;;;;;;;;;;;;;;;;;;''ゝ
            r';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙;;;;;;ヽ、
           丿;;;;;;;;;;;;;;ン′  |;;;;;イ   ヽ、;;;;;;;;;;;丶
          ,/;;;;;;;;;;;;;/    l;;;;;|    ゝ;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
          /;;;;;;;;;;;ノ 丶、   |;;;/   ../ rト;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
         ,,j;;;;;;;;;;;;/,, ハ___ヽ、...!;!  .丿 __ 〉;;;;;;;;;;;;;;;;│
         /;;;;;;;;;;;│ 冫- ニ'ヽ、 .|ィ /' 彡--、1;;;;;;;;;;;;;;;|
        ../;;;;;;;;;;;;;│ ' 、 (.・.)_ゝ〉∥_ ''ゝ,(.・.) r゛1;;;;;;;;;;;;;|、
       丿;;;;;;;;;;;;;⊥...... ニゞー / │ ゝ くゝ、,,___l「;;;;;;;;;;;;;;|、    OVER KILL
       `l;;;;;;;;;;;;;;;; l    ,r>亅 1  } ^''ぃ   T;;;;;;;;;;;;;;|、
       l;;;;;;;;;;;;;;;;;/  ..r''´ /"`′  ''"| 、`ゝ、 |;;;;;;;;;;;;;;;;|'、   SEARCH AND DESTROY
       ./;;;;;;;;;;;;;;;f      '' `''ゝ、__,,r‐'´ヘ    l;;;;;;;;;;;;;;;;|、
       !;;;;;;;;;;;;;;│    ''  ....__....、 、′  」;;;;;;;;;;;;;; |
       〔;;;;;;;;;;;;;;;;」    ー⊂ コココ⊃-   .7 ;;;;;;;;;;;;;;|
      /;;;;;;;;;;;;;;;;;;{     ''''‐..-------‐'''  ._ノl;;;;;;;;;;;;;;;;;|;゙、
      ./;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ゝ、_      1 l´     ノ'´ 1;;;;;;;;;;;;;;;;|'、
      」;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;丿' > 、 、   〉''、  .. ,r''′  |;;;;;;;;;;;;;;;;|丶
    、 ..l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;∥ ´‐ ゙ヽ__ _r _ヽ  ,ノ    ,,ュ{;;;;;;;;;;;;;;;;;;|ヽ
      |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;│     "゙゙" `゙''′     リ l;;;;;;;;;;;;;;;;;;|ゝ、..,,__
.. _,,..r:彡|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|ヽ、              . /|';;;;;;;;;;;;;;;;;;|>lvu_
ニ ‐'''^ィ..|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|、 `''--.. 、      _....- ̄ ,,..|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;}||聿Jlニ」   ← 各務元正(全盛期)
..ェ 1,y」 |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| いぃ.._ `゛゙''''''''''''"´ _ ....jjrIl|;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;}|}聿エ聿


各務元正という武将はひと言で表わすと「本物」である
「鬼武蔵」森長可の右腕として
元亀・天正年間の戦場を駆けた元正の武名を知らぬ者はいない





850 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/08(日) 22:47:41 ID:FQU/kVLY

こりゃ、本物だ





852 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/08(日) 22:48:00 ID:OI2hQEnE

戦闘だけではない
森家が東美濃を領していた時代 岩村城の城代となっていた元正は
そこを難攻不落の要塞とした


           ___
        ,,-‐'":::::::::::::::::`゙ヽ、
.      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、        , -, - '  ` ー  、
.      /:::::::::::::::::::::::(・・)::::::::::::::::::ヽ      //    ,. - - 、 ゝ、
     /:lヽ―-..、___"_  .___,ヘ   .  〃.    /    _ ヾ' Y
   /::/l  i\        ̄キ>'"l:::!    |l    , '-‐   ´ _ ` i  l
   /::::ハ、ヽ_.,ゝ、,ノ !、,,..<´ ノ .ハ:::l    |レi:. v , =ミ   ',r 、Y |r、.!
.  /:::::ヘ  ヽ、_,,./   \ . ̄ / /::::l   |':::〉イ' / !:ヒ!     ト:rl } | ./l
.  l::::::::::ヽ         ` ̄´キ /:::::::l   |:::l ト、! !:ソ   ,  ` '  j/ !
  \:::::::::\     _     /::::::::ノ   |::::ヽ!:::ヽ    _    /;:::...l
    `ヽ―'`ヽ <ニ_ニ-=-‐' 、::::/    |:::::::::ヾl:::ヽ、  _ .イ::::/:::::/
         /,,/ ,,-〈_  ,〉    ̄      レヘ _ィ-、_,-┤   ├ 、'^´
         i'ヽ-'" ̄`゙Y l           ,.-、'./ i、    V \-、
         ゝ-‐<>ニニ_ノ          /ヽ V   \`  /,-.☆\ト

       ↑ 田丸直昌             ↑ 田丸主水


現在 岩村城は西軍に与した田丸直昌の命による田丸主水の籠城が続行中
「関が原の戦い」後 妻木貞徳に続き東軍に味方するとして
美濃国小領主が入れ替わり立ち替わり攻め寄せてくるも全て余裕ではね返している





857 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/08(日) 22:49:13 ID:OI2hQEnE

そして その元正は上田との国境近くの葛尾城に援軍として入るものの
重い病を患っていると聞く


 `Y . . . :つ        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:'.,
 .人: . .Y´ : ..       /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
(.: . .  し彡  . . . : j ,′.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
  (: . .   `Y: : .   ′ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i
       ミ: : .    |.:.:ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.|.
         :彡:./¨Y|:.:.:.:}.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i .:.:.:| ̄ミヽ
        .丿:  {{ハヘ:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: {:.:.:.:/⌒ヽ}
       (. : . . :∨ 小k.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽY´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:V´`Y/ ∧
        .): .  :ハ、_j\γ ⌒ ヽ云テ云7 ⌒ ヽー /}入_Уハ:\、
     ( : ..  :.`Y{}{}r┐:.:{    },バ:.:バK戈癶 }//{}{}//⌒7´
      .`Y: : . .  .:`)从:.:.乂___人:.:.:.:.:.::乂___人:.:.:从/:{: :/
.     ヘ: : . ._丿  . : : 从:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:|! 、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:从:.:〃ハ/    病気だろうとも 各務は各務だ
  /:人: : . .   . . : 八从:.:.:.:.:,r―、_^ー'^_,.:--ュ:.:.:.://ー、: :/
. / :.\:.:.{しヘ: . 八{:.:.}:.从、::乂ヽr-r-r-r-ア乂r--く.:.:.:.:.∨      元正を叩き潰せば 森はすぐに屈服する
 : : : : : Ⅵ: :{: : : :_丿: : : Ⅵ从:.:.:ヽ二二二>\ヽ: :__,ノ.:.:.:|
 : : : : : : :.}: :\丿: . .  `)Ⅵ从乂;;;;;;从;;;(__:.:.:.:.\\{`ー:.|
: : : : : : : : |\ヽ⌒`Y: .  . :}:Ⅵ:::::::::::::::::::::::::::::`Y:.:.:.}\\、:.:\
: ',.: : : : : :.}: : :``ミ=ァ: . . : : : Ⅵ:::::::::::::::::::::::::::::::}.:.:.:.:Y:.:`ーヽ:.: \
:.:∨: : : : :i|: :.: //小、二ニー乂::::::::::::::::::::: 乂/.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.
:.:. ∨: : :./! : //:.:し{: : : : : : : : : : 乂::::::::::::ノ: : {:.:.:.:.: {.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:
:.:.:.:.:\彡′ {{:.:.人 \.: : : : : : : : : : : : : : : : :.人:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:


昌幸は葛尾城に
伏兵と共に次男・真田信繁の軍勢を誘引・挑発のために差し向けた





862 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/08(日) 22:50:09 ID:OI2hQEnE

しかし これは昌幸の目論見違いとなった


            /´  ___  ` 、ヽ
           / ,. -.:  ̄  :i i: ̄ - 、 \
          // /.::/ イ i .:.:ハ :ト;:  i :\:.ヽ
         i/ .:i.:./!/ |ハ .:.:|. i | ヽ i i:.:. ヽ:.',
        // .:.:i|/´|! ̄` ,i .:i| ´il ̄∨|ハ:  V
        iハ :.:.:|.ィて::卞` ∨  ィて::ヾ | /: ',      駄目だ 反応なし
          ', .:|   ̄       ̄ ´/イ: .i !
          /\ゝ   〈! `  /〉  /ィ/|リ      二の丸まで攻め込んだが
          i ハ     __//    イ|:  |
          / ヘ    ´  ̄`´    / ,|:.  |       連中は亀の子を決め込んでいる
.         i  .:.:ヘ    ´`     イ二|:.  |_
.         | :.:.:| \      / |:.:.:.:|:. : .| ̄`     城から打って出る気配は微塵もない
           | :.:.i  |  ` _  ´  |:.:.:.:|:. :. |:.`ヽ
          !: :.:.|、,.,|_  -――-  _| r ''|:. :. i:.:\、\
        r ''|:..:.:| i´:::::::::::::::::::::::::::::::::`| i:.:.: i',、:.:.:ヽ` \
    r ´` ''´  .i:.:.i| r|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト.i:.:/i|  `´ '、,,
   (,       i:.||;' ` 、:::::::::::::::::::::::::::/:; 'i:/     、  〉
  ィ'      ` ,,i|i:::::::::::` 、:::::::::::/::`::r' /       `,,) 、   ← 真田信繁
/ ' .,        `;::::::::::::::::::::::::::::::::::,''          i,   \




               -─-
                /: : : : : : : : :.ヽ
           ′: : : : : : : : : : ::.:.:
           i: : : : : : : : : : : : : :.:.:i
            _ .|: : : : :_ : : : : :_ : ::.:.:.|─-ミ
         /: :Y≦Y´ ヽ_Y´ ヽ≧|⌒、 ヽ-          え?
          〈 ツ:| : :弋 _ ノ 弋 _ ノ : : :ツ }  i  >,
          _ >、:.{: : : : : :r : :ァ : : : : : r'/   }     >,
      / /  ¨{: : :从 :`ー: : :.从: ./    ;       >,
     / ./   人:/;';'{ -‐ ─ };'/      /      ____ヽ
.    i   /       \;';';';';';';'/         /  /./: : : : : ::.:.:.:.:ヽ
.    {  {        {: :`ー─{       /  , ' /: : : : : :::.:.:.:.:::.:.:.:.:、 _
.   /:V ヽ     |: : : .:.:.:.:.V.    /  / /: : : : : :::.:.:.:.:::.:.:.:.:::.:.:.:.:::.:.:.、
   ': : V  \   |: : : :.:.:.:.:.:.V  /    {  i: : : : : : : : : : : : : : :: :_ : :_ 三ミ、
   i: : : :V   `ー-┘ ̄|.:.:.,ィ⌒ヽ<.    {  |: : : : : : : : : : : : : :‐ : : : : : : : : : ヽ
.  /: : : :::.V     / r'' ̄: : : : : : : : : :’< }_j: : :_ : : : _:, -'" : : : : : : : : : : : :.:::
 /: : : ::.:.:.:.V    V .〉': _,..'': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::.:::.:.:.:.:::.:.:.:.::::.:::.:
./: : : ::.:.:.:.:.:.:|     V{: (: : : : : : .:::.:.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::.:::.:.:.:.:::.:.:.:.:
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄し'`ー{:_:_つ`ー、:.:::.:.:.:.:::.:.:.:.::::.:::.:.:.:.:::.:.:.::.:::.:.:.:.:::.:.:.:.::::.:::.:.:.:.:::.:.
                        ̄ ̄ ̄ "''' - .._::.:.:.::.:::.:.:.:.:::.:.:.:.::::.:::.:.:.:.:ノ
                                   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





863 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/08(日) 22:50:57 ID:OI2hQEnE

昌幸が手にした情報に誤りはなかった
元正は確かに重病に陥っていた



    :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      |   |       |  |    |||:
     |   ト  u  { _ _〉  ,ノ|||:        えっと……
     |   ∧    r─‐ァ  /川! .
     |  | }、   }  |  || | :        いいですか みなさん……
      |    |\  `二´   || | :
      |    |\`ー──‐ァ‐'|八 :    /う┐
    _|    |  \___/  乂. }:..  / r个勺_
   ̄  |j  川| | _/|_ _}\_   | |`ー-/    〈/
         八|    ノ ̄|     jノ  匸つ   /





869 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/08(日) 22:52:38 ID:OI2hQEnE

            ___ .,  ガ ガ
          , =ニ二三ミ '三`ヽ ¨  タ  タ
         /  /, -─一ー‐、 ヾ :
       /  ///        ヽi l :
     /  ///      .桃   | | .
     |  l l|         u| | :     真田が向ってきても
      |   | _ァ≒=、、  ir≒ァ|! | :
      |  l l|  ´ ̄´,/|  ト ̄´ |! | .     追い払うだけです
      |   |       |  |    |||:
     |   ト  u  { _ _〉  ,ノ|||:     追撃の類は一切 禁止です
     |   ∧    r─‐ァ  /川! .                       ゚・ *:  : *・
     |  | }、   }  |  || | :                    *・ ゜゚・ * :  .。. .。.:  *゜
      |    |\  `二´   || | :                 * ・゜ ゚・ *: . .。.: *・ ゜゚  ・ *
 プ プ |    |\`ー──‐ァ‐'|八 :    /う┐        。. ・ ・*:.。 ∧,,∧  .∧,,∧   .:* ・゜
  ル ル |    |  \___/  乂. }:..  / r个勺_         ∧∧(´・ω・`)(´・ω・`)∧∧
      |j  川| | _/|_ _}\_   | |`ー-/    〈/         (´・ω・`).∧∧) (∧∧(´・ω・`)   は~い
         八|    ノ ̄|     jノ  匸つ   /          | U (´・ω・`)(´・ω・`) と ノ
                                        u-u (l    ) (    ノ u-u
        ↑ 各務元正(現在)                       `u-u' `u-u'


それどころか元正は既に棺桶へ片足を突っ込んでいた
昌幸と張り合おうという気力など欠片も湧きあがらなかったのである
(なお 元正はこれより1ヶ月も経たない10月15日に死去する)





868 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/08(日) 22:52:33 ID:1iK/.LOM

あらら・・・これはw





875 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/08(日) 22:53:37 ID:UBeo5EJA

戦術的には、むしろ正しい選択なのがw





876 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/08(日) 22:53:56 ID:OI2hQEnE

                _
              〃:.:.:.:.:.::.
                 ァ:.:.:.:.:.::.:.:.}_
         ___/{ヽ:C=C:.::}_}__     のってこないんじゃ
       /:.:.:.:.}  |:.{:.:.:J.:./{:.:.:}.:..:.:.i
     - ' :.:.:.:.:.:.ノ  .'::>‐込イ}:.:.:{.:..:.:.:.:ヽ   しょーがねえな……
.   /:_.:.:.:.:.::.::.:厶i──i  , ─┘-、.:ヽ.:_.:..',
  /ィ:.:.:ニ=‐:≪:∈|  /        \.:.:''.:{
. {:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::. :.:.:.:|_/          \.:ノ
  , '777777ト、/   //         \       , '777777ト、
 ///////////ハ   ソ {      / ̄ ヽ}     ///////////ハ
./////////////ハ / ̄V.    /     ヘ___///////////////
i//////////////ハ    .V   {  / /  /  ////////////////
|///////////////ハ    V   {  ii i ii  i  i///////////////


昌幸は作戦を変更する
そのための布石は既に打ってあった





878 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/08(日) 22:54:23 ID:faCkeNno

最善の策がダメなら、次善の策





880 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/08(日) 22:54:43 ID:8qmHR3P.

プランBも用意してるのは偉いな





883 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/08(日) 22:55:33 ID:OI2hQEnE

ここで唐突に 森家領内で異変が発生する


           __......-....___
        _x:エ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ー、
      /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      j'´;;;;___───__、;;;;│
     」;;;;;丿           '、;;
     │;;;;ノ .__.    .____  |;;;;;;|
     │丿  二      二   '、;;l′
    j{..゙l「  ( ○ ) 1  ( ○ ) |゙l
    f`l│  ` ´  .|   ´`   :,''ナ}   え!?
    ヽT|      丿    u  .|丿
     丶∟     ´′      /丿    領内の土豪が一揆ですって!
       .|     .r┬ュュ、   /
       \    ゝ---..′  /
         ヽ、    ̄  ,,/
          ├‐ー----'│
        _--┤     卜-、__
 _,,....-ー‐'''"   ヽ、   _/′  ``''''‐ー-..__
"´           ゙'、r‐'′

──────────────────────────────────────

   /:.:.:.:.:.::.:.:.:.::.::.._:.:.:.:._::.::, -、
  ′:.:.:.:.:.::.:.:.:,イ  `Y.:.斥  }
  i :.:.:.:.:.::.:.:.:イ込 _,ノ:.:.:.::.:`マ.:.:.
  |:.:.:.:.:.:: //:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.::,.:.:.}:.:.:i
  |:.:.:r''¨_/.:.:.::.:.:.:.::.:.:.:..:ァ‐=ミハ      あらあら おかわいそうにw
  、:{:斥.:.:.:.::.:.:.:.::.:.:.:从/____,ノ};';
   ヘ:.:.:.:.:.::.:.:.::.:.:.:.:.:{;';'{___从___};'
, -‐=}:≧-:‐、.:.:.:.::.ノ;';';';';';';';';';';';;';';';_
`ヽ= ┴─────‐ミ;';';';';';';';';';';/  \
      ̄二=‐- _  ヽ'‐'‐'‐'‐' \  i__, ‐,     ァ‐、
             i  |:.::.:}    i |/.:.ノ_.   /.:.:/
             |  |:.::ノ    |  |ノ.:.r'′ `ーノ.:.:/、二二ii≡
             |  |:.:{      /:.:.:.ノ__,..ィ.:.:.:../:.:}
」_}{ _ _            |  |:.:::\   /:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:./:.:/
  ¨ ̄二= ‐- _ _}-‐'二二\ /:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:..:.:../:}





885 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/08(日) 22:56:07 ID:1iK/.LOM

ぬけぬけとw





886 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/08(日) 22:56:20 ID:FQU/kVLY

白々しいなぁ





890 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/08(日) 22:56:49 ID:OI2hQEnE

だが ここでも昌幸の目論見は外れることになる


      _.. -‐‐- .._
    /:::::::::::::::::::::::::::\
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
.  i::::::/^' ̄^¨ ̄ ̄^ヽ::::〉
  ';::/ ‐- 、  r‐─ i:::l.     一揆……
 : r l' r''oヽ .:  r''o'> l-! :
 : l l.   ̄      ̄ l. | :    そうですか 一揆ですか……
 : \l    ん ゝ u レ' :
  : l    _......_   / :
   : \    ̄  / : プ
   :  `i-   イ :   ル プ
                 ル





894 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/08(日) 22:57:23 ID:crsak51I

おや、忠政の様子が・・・?





899 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/08(日) 22:58:53 ID:OI2hQEnE

                                
                ,. '"´三二二三`ヽ      _ノ
              /,ィ彡'"´ ̄  ̄ ``ヾミヽ        そ   よ
              /   /    森     ', ヽ       .れ.  │
            /   /::(         ノ:::)  ヽ      じ   │
              /   /く´‘`ヽ ',从,' ∠‘``',   ヽ ノノ    ゃ  │
          /    ハ´ ̄`フ.:;;;;;:: ヽ ̄`フ',   ヽ )         │
            /    /     ,,   ,,      ',    〈{   磔 . │
         /   /::、  /   .;;;;;;'  ヽ   /::ト、   .    ... │
         ./   //:::::::; l /⌒ー一⌒ヽl ;:::::ト、V //  ...だ   │
        /   // 1:::::;  V.:ViiiiiiiiiiiiiViiV  ;:::::ト、V /   .. ぁ  .│
      /   // ./.l:::::;. /l /´  ̄ ̄`ヽ  ;_ ___ノ     │.  し
       /   // /  l::::; l | .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|   ;::: ̄\     │.   っ
     /   // /   1::; | |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|  ;::! i i   . │.  !
.     /   // /   / l:::;.   |WWWWWW!  /1 | | _ノ    .│
    /   // /   / .|ヾ、  L二二二ニノ / | | |     │
.   /   // /   /   |(__ノ\ /xxxxxヽ/   /! ! !   .. │
.      // /   /  ノ  ',  l}}}}}}}}}}}}}  /| | | |   __,)  つ
     // /   /  ハ:::::::::.\ V´ ̄`Vく/  l | | |  `ヽ.   .∥
.   // /   /   l  >.-、/   ヽ  ヽ  | | ! !     .・・
   // /   /    |/ /       \)  l/ | |  く.
  .// /   /    V   〉   '"´  ``ヽ).     | !  
      /    /  〈    '"´   ``ヽ)    l/   .


実のところ「鬼武蔵」の実弟が戦に強いのか弱いのかは不明だ
しかし ただひとつ森忠政は
一揆の鎮圧だけにはやたらと長けていたことは確かであったのだ





901 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/08(日) 22:59:35 ID:FQU/kVLY

出たよ、磔大名





903 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/08(日) 22:59:45 ID:4.3GtTto

一芸に秀でるのは良いことですねw





889 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/08(日) 22:56:47 ID:tVE0T12g

一揆なんて森家の領内では日常茶飯事だよなw





887 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/08(日) 22:56:28 ID:yyYNLGXA

領民の評判最悪だからな、こいつはw





913 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/08(日) 23:00:48 ID:OI2hQEnE

川中島の一揆はたちまちのうちに平定された


          / : : : : : :.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:: : }
         ; :.i: : : : :.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:..: : : i
       / : ヽ{: ノ: : : : : : : : :.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.i: : .;
       { : : : |、 : : : : : :.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.i: : :レ⌒i
      _ゝ : :.ト、\ : : : : : :.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:{.:./ : : /
    / , ' \ |: V 7 __: : : :: : : : : :_:.:.:.:.:.:://: : :./
   / , '    |: :V/////ハ──≦////ハ77/: : :./    こいつも空振りか……
  ./ ,'  :.:.:.:.:.|: :.弋////ノノ⌒ヽ{///////: : / ̄
  / ,'   :.:.:.:.{.: : : : : ̄: : : : : : : :`‐--‐′: : :/        だが いいだろう 二の矢・三の矢……
 / ,'    :.:.:.ノ: : : : : : : : 〈: :. : .〉: : : : : : : : :/: : :
 ,' ,'    :.:.:/.:ヽ.: 从:ハ.:__: ヽ ノ__: 从 : : :/}: :/ :     策は いくらでもあるんだからよ
,' ,'    :.:.:/.:.:.:.::乂;';{ Иz ー ‐ / /;';乂:/:::{:/ : :
i i     :.:{.:.:..:..:::.乂;'\`二二二 ノ';';';';乂:::::}: : :
| i     :.:|.:.:.:.::::::::乂;';';';;';';';';';';';;';';';';';';乂:::::::|: : :/
| i     :.:|.:.:.:.:::::::::乂;';';';';';';';';';';';;';';';;'乂:::::::::|: :/ :
| i     :.:|.:.:.:.:::::::::::乂;';';';';';';';';';';';;';';乂:::::::::::|:/ : :


しかし昌幸は さらなる一手を忠政に打つ……





914 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/08(日) 23:01:26 ID:yyYNLGXA

しつこいなぁw





916 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/08(日) 23:02:02 ID:OI2hQEnE

はずだったのだが……


                  __..イ::::::::::::::::::::::::::::<
              /:::::::`^\::::/ハ: ̄`ヽ::`\
              //∧:::::::∧ヾV/i::ハ:::::∨∧\
          /::::::::Ⅳ∨:{     从 ∨::} :::∧
            /小:::::iハ::厶乂 リ ィ/⌒ヾⅥ!:/:爪
        /ハⅣ::{ ぐ ̄oミ"  、@_ノイ::/ノリ      お 親父……
          /  小::ハ u     `    イ小}
           |:::ハ    ,rー---ーュ  从:|       美濃・近江国境の関が原で
           Ⅵ::ヘ   ハVv-―イイj  ム川
           /イ :::ヽ.└‐ " ̄ ̄  , ′リ!|       徳川方と大坂方が大激突……
.          //:::::::::::::/| ヽ、     . イ   / リ
         //イ :::::::::; ├777≧┬く77i /         と 徳川方の大勝利だってよ
         { !:::::::!::| |///////////h、_
         __....乂厶ー7/////////////7く:.:`ヾ777ヘ、
       .イ//´:.:.:.:.:.:.:.:.:.////////////////,ハ:.:.:`ヾ//ハ.
     ////:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.///////r===x//////,ハ:.:.:.:.:.:.:Ⅵハ
.    ////:.:.:.:.:.:.i.:.:////////≧v≦////////,\:.:.:.:.:}//}




     : : : : : : : : : : :. : : :. ヽ
   ,': : : : : : : : : : : : : : : : : : :',
.   i: : : :i : : : : : : : : : : : : : :.i: |
.   |: : :ノ : : : : .ヽ: : :., : : : : {: |
.  /⌒ヽ : : : : : : : }: : {: : : : : : .}Y
  { : : : :}/Y  ̄ Y二Y  ̄ Yニ=:.}  ━━┓┃┃
/ヽ: : : :\弋 _ ノ: : 弋 _ ノ: : :}/     ┃   ━━━━━━━━
  {}{}{}: ヽ : : : : : : : :|:.:: : : : : /      ┃               ┃┃┃
   }: .| : } : :_:_:〈 : : }__:_ :. : /   三        。              ┛
   }: :{ : : ./;' ゝ'゚       ≦ 三 ゚。 ゚
.   /: : :\/;'; ≧         三 ==-
  /: : : : : :\ -ァ,          ≧=- 。
. /: : : : : ` 、 イレ,、         >三  。゚ ・ ゚
. |: : : : : : : : ヽ ≦`Vヾ        ヾ ≧
. }: : : : : : : :  。゚ /。・イハ 、、     `ミ 。 ゚ 。 ・


9月下旬に「関が原の戦い」の詳報が真田家にも入る





930 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/08(日) 23:03:46 ID:oEQa1BVM

貴重な昌幸の胃液w





938 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/08(日) 23:04:43 ID:OI2hQEnE

その報せは信じ難いものだった
徳川方の勝利以前に「関が原の戦い」自体が昌幸の想定外のことであった


               /:;;;;;;;::::::::::::ヽ,
              /::(゙゙゙''''',=ゝ、;;:::i     じゅ 10万の大会戦って……
             /:::::::`゙'''":| :i、,,,,,)|
            ,-、u::::::::::::/‐、::::::::゙|     なんなんだよ そりゃ! なんだって
            | ,,':::::::〆::;;:::::`:::::::|l
     /`゙゙゙''‐、   ゙,〈i::::::∥'"`゙'''i:li:::::゚`l     そんな馬鹿げたことする必要があるんだよ!!
    l    `''‐、,,,,_〉\∥L-‐、,,|:ii:::|ノ,'
    |        i゙|||llii、;il||||llli:::ll://   _,,-‐''''''‐‐i
    |        .|:::::|||||||||||||l;;il||/‐‐'''''"      |
    |       /:::::';|||||||||||||ll"/          |
    ヽ  i _,,,-''":::::::::';゙l||li彡:::,":|          |
  ,,, -''|  |,‐'‐、;:::::::;;;;;;;;::',::::::::::":::::`':、      '; ノ
‐'"   |  |   /‐‐-=、,,`゙;;;::::‐''':::‐、;;::゙'::::、    ;/、
    |  |  /    ,,,,,__ `゙゙゙''''‐-=;;;;;;;;;;|    i `゙゙''‐ 、



昌幸は謀略家・戦術家である
勝利のために他人の気付かぬ策を細かく張り巡らせるタイプである
関が原のような……
全てか無かのような大博打とは最も遠い場所に この人はいた





942 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/08(日) 23:06:12 ID:OI2hQEnE

続いて東軍についた長男の嫁が守る沼田城からも一報が届く

──────────────────────────────────────────

         z-へ へ──-、_
      /          ヽ \\
    , '          :  rV/l \\
   /     z-へ へ─  ─ト/^\ ヾヘ
  . .′ //__/_/ / ,、}  /|/  ヽ \',
  fi  <┴' / / ` / ∧ヽ /, !∨,、、  \ヽ
  |i / // /   /l  /´`"`リ |/ヽ  \  \
  |i / // /   /! 从   /厶ノ,rヽ/  \ ヽ    お義父様
  l  ,'   ト / //__\ト  ヽ ィ=、 !/厶/} ヽ} ゝ
  | '    i  ノイ_____,`   ` {ノ::} |  ∠ }/     ここ沼田に流れてきた上田の民は
  |/    | { ヽ ~~~'~ ゛  丶 `~゛lヾ/リ |  〉                    ・ ・
  {   i  |ヽ、 ゞ:.:彡7´      ノリ | / !       たしかに わたしどもで保護いたしましたので
  l   |  }ヽ`゙彡::.ゞ{  ー一 /i∧/  ノ
  l   ,  , i  ト>-―-、   ´ イ | / l /(        どうか御心配にならないでくださいw
  ,  /  / /     \ー ´ヽ,ヽ/ `ヽ \
 /  /  { /        i(_ヽヽ| イi イト.  ヽ
  ,    ノ/         }\`_  /イト、   ル
i   l   //          | //    _ノ } __ノ  ← 小松
|   | 〃{          / くく/⌒ヽ ノ´

──────────────────────────────────────────


━━┓┃┃━━┓┃┃━━┓┃┃━━┓┃┃━━┓┃┃
   ┃        ┃        ┃        ┃        ┃   ━━━━━━━━
   ┃        ┃        ┃        ┃        ┃               ┃┃┃
                                                    ┛
     : : : : : : : : : : :. : : :. ヽ     : : : : : : : : : : :. : : :. ヽ     : : : : : : : : : : :. : : :. ヽ
   ,': : : : : : : : : : : : : : : : : : :',   ,': : : : : : : : : : : : : : : : : : :',   ,': : : : : : : : : : : : : : : : : : :',
.   i: : : :i : : : : : : : : : : : : : :.i:.   i: : : :i : : : : : : : : : : : : : :.i:.   i: : : :i : : : : : : : : : : : : : :.i: |
.   |: : :ノ : : : : .ヽ: : :., : : : : {:.   |: : :ノ : : : : .ヽ: : :., : : : : {:.   |: : :ノ : : : : .ヽ: : :., : : : : {: |
.  /⌒ヽ : : : : : : : }: : {: : : : : :.  /⌒ヽ : : : : : : : }: : {: : : : : : .  /⌒ヽ : : : : : : : }: : {: : : : : : .}Y
  { : : : :}/Y  ̄ Y二Y  ̄ Yニ=:.{ : : : :}/Y  ̄ Y二Y  ̄ Yニ=:.{ : : : :}/Y  ̄ Y二Y  ̄ Yニ=:.}
/ヽ: : : :\弋 _ ノ: : 弋 _ ノ: : /ヽ: : : :\弋 _ ノ: : 弋 _ ノ: :/ヽ: : : :\弋 _ ノ: : 弋 _ ノ: : :}/
  {}{}{}: ヽ : : : : : : : :|:.:: : : : : /  {}{}{}: ヽ : : : : : : : :|:.:: : : : : /  {}{}{}: ヽ : : : : : : : :|:.:: : : : : /
   }: .| : } : :_:_:〈 : : }__:_ :. : /   }: .| : } : :_:_:〈 : : }__:_ :. : /   }: .| : } : :_:_:〈 : : }__:_ :. : /   三
   }: :{ : : ./;' ゝ'゚       ≦ }: :{ : : ./;' ゝ'゚       ≦ }: :{ : : ./;' ゝ'゚       ≦ 三 ゚。 ゚
.   /: : :\/;'; ≧       .   /: : :\/;'; ≧        .   /: : :\/;'; ≧         三 ==-
  /: : : : : :\ -ァ,         /: : : : : :\ -ァ,        /: : : : : :\ -ァ,          ≧=- 。
. /: : : : : ` 、 イレ,、       . /: : : : : ` 、 イレ,、       . /: : : : : ` 、 イレ,、         >三  。゚ ・ ゚
. |: : : : : : : : ヽ ≦`Vヾ    . |: : : : : : : : ヽ ≦`Vヾ   . |: : : : : : : : ヽ ≦`Vヾ        ヾ ≧
. }: : : : : : : :  。゚ /。・イハ 、、  . }: : : : : : : :  。゚ /。・イハ 、、  . }: : : : : : : :  。゚ /。・イハ 、、     `ミ 。 ゚ 。 ・


昌幸は上田の農兵が多くを占める手勢の家族を沼田城で人質に取られてしまったのである





954 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/08(日) 23:07:49 ID:OI2hQEnE

この事実は関が原の西軍敗退と併せて隠しおおせるものではなく
昌幸の手勢も激しく動揺

                     ______
                   .. ´:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.:..、
                  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
.                , ′:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.
.                ,'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:〃:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
               {:./⌒Y____,r――- 、:.:.:.:.:.:.:.:.i
             '.{ て):.:.:.:.:.:. ̄ヘ:::::γ⌒ヽ、__:.:.:.:}
             {ト、ヽ:.:.:.:.:.:.:.:\:.\ゝ__ ノ⌒ヽ-くj
          ____/:`{}{}_}:.:.:.:.:.:.::::::}.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{   j
       /. . . . .`ヽ:.:.:.:.:.:.:j:.:.:.:.:.:.:.:'´.:.:.:.:.:.:.:ム:.:.:.:├r '   `ー=彡′
.      /...,. . /: :`ヽ\:.:.{:.:.:.:.:.:.:.:.ィ:.:.:.:.:.:.:.:`ヾYソ丿 . : .:~彡
    ,く. ./. ./... . . . . ..ヾ\\:.:/:::{:.:、ー‐==-、::::, ´     て´
   . . . .\: { . . . . . . . ∠ハ:.:.:ミ::::::{:.:.:.``ー=才く   . :~´   ……これまでだな
    . . . . . .`\. . . . . . . . . .`Y::彡:::::`ー彡{:.:ィ \> : : ..
    . . . . :ヾ. . ..\. . . . . . . :}.:}:.:.:乂从:::::::::_У    彡 : . .
    . . . . . :ハ. . . .`\. . . . :}:.}:.:.:.:./:"´ ̄`ヽ  ((   .:))
    . . . . :/. . . . . . . . :ヽ. . :.}.:}:.:.:.ハ. . . . . . . . }    `ー: . .
    . . . 〃. . . . . . . . . ..}\人:.:.:/:∧. . . . . . 人_
    . . . . . . . . . . . . . . 八. :`Y:.:.:.:.:.:.}ト、. . / . . `Y`ヽ
    . . . . . . . . . . . . . ..{. :.}. ..|`ー=升! ∨{. . . . . . }:.:.:.:',
    . . . . . . . . . . . . . . し′. .}圭圭7 . .V . . . . . リ:.:.:.:.:',


これ以上は戦にならないと昌幸は判断する





957 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/08(日) 23:08:23 ID:FQU/kVLY

諦める時も素早いのは良いことだな





959 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/08(日) 23:08:49 ID:OI2hQEnE

もはや自分たちの取りうる手段は
東軍についた息子・真田信之にすがり 家康との和睦を取り付けるしか他はない



     /                      >t
   /                          ̄ ̄Z__
  /                                   ハ
/                                    ヘ
                                      ハ
           ___    |   /   ,イ  /j /|     ヽ
            /-─ 、ヽ  _| ,イ   // x' / /  |     |ヽミ=ー
          l / (. ノ | / |/ |   /ミ、| /. ∨イ  j   ハ  |
        ヘ   ∧ レ'    .| />、 |\. ル.  / /| / } |
           ヽ  ヘ        レ'   `ミφ レ /イ/ |リ  | .|
    ____∧ /                 / '  リ.  | リ
 >''´       ヽ      U           ヘ       レ'
 \        /                     ヘ、
   \        l       ( ̄ヽ      __ノ     どーしろってんだよ
    \      人        `ヽミ `ーっ _」
      \     \         ̄ ̄丁         まったく……
       \     \        T ̄
          \       ゝ、      /
ヘ          \>''´   ヽ、__ ノ
 ヘ            \ \
  ヘ            \ \    ← 真田信之
   ヘ             \ \



信之の勧告に従い 昌幸・信繁親子は9月中に上田城を開城するのであった……





961 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/08(日) 23:09:23 ID:yyYNLGXA

兄貴の寿命が縮み始めた





970 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/08(日) 23:11:13 ID:FQU/kVLY

土下座衛門の人生がここから始まる





969 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/08(日) 23:10:49 ID:OI2hQEnE

                    ,,_ f"k
                 ./,,g(]]!][^)l.
                ./(:::::::::::::::::::::〔、
                ][::::::::::::::::::::::::〈(
                ](::::::::::::::::::::::::::\,,,,__
                 4、:::::::::::::::::::::::::::::::::](
                 |:::::::::::::::::::::::::::::./(
                __d(゜:::::::::::::::::::::::::::g[ ○佐和山
              __v(":::::::::::::::::::::::::::::__f(
             ,,d":::::::::::::::::::::::::::::,,grf"^
           ./゜::::::::::::::::::::::::::,,d^^^
          ./::::::::::::::::::::::.;,,d"^
          ](::::::::::::::::::::::V(゜
          ]l.::::::::::::::::::::. l[ ○近江八幡
          ][:::::::y-"^^^^
          .l[゛:::[
        /::.::/
       gl:::::::.lf"
  大津 ◎ (:::::::::][   ○草津
       \::::イ
        \:::〉


9月20日
都の玄関口でもある大津まで軍勢を進めた家康には
この日 同地で3つの喜ばしい出来事があった





973 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/08(日) 23:12:06 ID:OI2hQEnE

そのひとつは……


\                                  /
<     
ふざけるなっ! 今さらどの面下げて      >
<                                  >
<   
やって来たってんだ! この馬鹿どもがっ!!   >
<                                   >
/∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\

┼┼┼─ /           // ,イ ,ィ i         | ‐
┼┼┼‐ / ,r‐-、   _.. -t  ヽノ// / | ll          l
┼┼┼ / //⌒ソ,.r ''_三ミ、l   ヾ /ノ  | .| l        トl.
│││./ //⌒// (  `ヾミl  ゝu u r‐' "    /    |
┼┼ / //⌒// ヾヽ @ ゞ廴〃〃〃 __... -, i"レ  ノ トl
│  ./  ゝ`、〃 ~i ゞヽ、   ゛!}}/〃ッ====V、  レ  /. ┼
┼ /    `〃 u   Uゞ三≡彡/|j./{{ @    ノノ /,、 /. ‐┼
┼ /     i rァ-、 |j'~  ̄u ̄/u/ゞミ、_ _ ノ〃// `).)  │
┼/      l {/ / 〉、 u  |j / / ゞミ≡三彡" // `ソ/ ┼┼
 /      l ヾヽ/ /\ ( /u/ u u U / u//こソ/ ││
../      | |ヽ` 〈  /\.Uノ、). -==='" u 〃、__ノ ‐┼┼
/       / l ゝl\ `〈 / >-、_ u u |j~ 〃 / ナl ‐┼┼
.     /┼| U\l\ ``く__/ /`7''i   /   / ナ,' ‐┼┼
     / .┼ | |j~ `く`>、  `''´、/_ノ /   ./ ナ/  ││
.    /┼┼ l u ヾヽ`ヽ/`ン‐-ノ/    / ./ / ─┼┼┼
   / ││  l |j u ゞヽ  ̄ ̄/     / ナ./_.... -‐ ''
.  /‐-- ....__l     u _..、-''/      / ̄ ̄
|/|/         `'--‐''´    /       /





976 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/08(日) 23:12:30 ID:SRPs6kK2

喜ばしくなさそうなんですがw





14 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/08(日) 23:15:50 ID:OI2hQEnE

     γ⌒ヽ-___  υ⌒ ̄ ̄ヽ
    /      ∨       ヾ
..   /      ミ  ∠   ゝヾ ヽ
   /    /              ヽ
.... /    / 彡ミミ¥γヽヽ      ヽ
  |      /::::υ::::::::::::::::ヽヽ   |  │
  |  |   /:::::::::::::::::υ:::::::::丶∧|  | ||
  |  | ∧/ ⌒ヾヽ   /⌒  ヽ  │     い いや……
  |   /ミ====  u ====″ │
  | 彳../ゞ   ◎    ◎   ミ|:ミ |│      あの……
  | |a|. ヽ ─  ./:::|  ─ 丶 |:6》| |
  |  || υ     ヽ::|       |: | |      しかしですね……
  |   |..   ┌────┐   | | |
  | |  |::   |二二二二二|  /| | │
.  | | |::::::\ └─┴──┘ /:::| ││
   ||  |:::::::\   三    /::::::| |│
..   |  |   |\     / |  │ |
.. ̄ ̄ | | ̄ /\ ─── /\ ̄| | ̄ ̄  ← 本多正信
        │ \    /  |


秀忠率いる徳川軍本隊3万が ようやく草津に到着したというのである





21 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/08(日) 23:16:49 ID:OI2hQEnE

\                                  /
<  
言い訳なんぞ聞きたくねえっ!! お前ら……    >
<                                  >
<  
お 俺がどれだけ苦労したと思っているんだ!!  >
<                                  >
/∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\

          .、-―-..,,_  /:: ̄;;Z
           ゙>::::::::::::V::::::::''"::::;;;;>
         ∠;;;:::::::: .:::::::::::::::.... :::::::\
         /:::::  ::::::::::::::::::::::  ::::::\ゝ
        〃:::::::::  ::::::::::::::::::::  ::::::::::::ヽ
        /:::::::::::::::........::;:;;::::::::::::::::::::::::::::i
        |:::::::::::::::::::/!:/ ヽヽ:::::::::::::::::::::|
         レ!::::::::::::::/V/ ij' ヽヾ:::ヘ;::::::::::!
          」::::/|/>、゙':.、 /;:ヘヽ\;:r''、
        i r.i:|ヽ"''‐、ヽ、! .i/ ‐''゙゙゙7|:ヒ'i }
   .     ヽ'ニi:iヾ、 o\i iく o  ノ' i:ヒ7/
         ヘ,,_|! ゙'=u='"'|.| ゙=u=" /|!_,/-、
      ,, ‐''" |:::ヘ u   , .|.| 、 .,,//::::!.  ゙''‐ 、..__
       ,.┼/!:::::ヘ.iエェ.ヽ!.レ'‐rエi/::::::! ヽ‐- ,,_
      i┼i‐|/‐!:::::::ヘrェェェェェェェノ::::::::!‐| ヽ┼i┼
      i┼i /‐i‐!;:::::| \ ‐=‐ ./.}:::::::!.i┼i.ヽ‐i┼
      i┼/.|‐i‐ .!::::|  \_,/  /::::/‐i┼i‐ヽ.i
     .i‐|/.┼i┼ |ヘ|ヽ,,___,,/|W .|‐i┼i┼ヽ


しかし 家康は秀忠との対面を拒否





30 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/08(日) 23:18:00 ID:OI2hQEnE

秀忠は そのまま草津に留め置かれることになった


.   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;ィ ヽ;;;;、:Xヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i
  /;;〃;;;;;;;;;;;/|;;;/|  ヽソ、ヽヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;i
  l;//:/:/l:;;/-f-、l  ノヘ_彡==テi::|fマ、;;i       ……ま いいでしょう
  .i |∧l |/k====ミ  zモ__p ノ i::|ソ.|;;;i
     ' ' ' 'ヘヽ__ry'         i:|丿j;;;;i       父上にも遠慮会釈なく
        ' ,ヽ         / Z;;;;;;;;;i
         ', ───一  /  ヾ;;;;;;;;i        感情をぶつける相手が必要ですしね
             ' , 三三    /   ヾ;;;;;;;i
              ' ,     / ,ィ´::::|::::::|:::::|:ト
                ヽ..........ィ´イ::::|::::::|::::::|:::::|:l::、
       , <¨´丶::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::
      /::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ ← 徳川秀忠
    〃:::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::





39 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/08(日) 23:19:19 ID:OI2hQEnE

      , '"  ̄` ー''⌒ヽ、
    /           \
.   /               ヽ
   l       ,ィ j`ヘ. ハ .、   l                 ・ ・
  │    ,.ィノ-jノ  lノ-リ‐l  N    それに この父上の誤解は
.   |. r'コ.r'=ヒァ= _ ;セァ=:|nノ
    l |.ヒ|.| `ー- '  / ー ' :||.|     きっと君たちが解いてくれますから……
.    l. ヽl| u'     冫   :ル'
    ヽ ト.、  'ー----   /″
   /ヽ|. \  ー  ,:く
-‐''"|:.:.:.:.:ト、   \._. イ:.:.:.|`''ー-
:.:.:.:.:| .:.:.:.:| \ ,⊆ニ_ヽ、|:.:.:.:.:.
:.:.:.:.|:.:.:.:.:.|.   / r─--⊃、.:.:.:
:.:.:. |:.:.:.:.:.| ,.イ   `二ニニうヽ.:.::




           ,ィ  ,.イ   ,.イ  _,,
.        .、 / | / | / .レ'' / ,.ィ
        、 | ヽ!   ′ ´   ′ '" レ!
        | ヽ|              │              __________
        lヽ|                 レ1     .     /  ヾ;_ |.|.| |.|.| 川 ノリ
.       |      ./´\__,/\     ./_,          lミミ;シ′ `ヾ、.l」L,リベ〃'/
.      |\     ./_     i _,ゝ     '"/          │ X、、,__       u `く,,、
       .|      /`'-ニ_┐ r,キ‐''´!   ∠ィ          |三L_` ‐-¨ニユ!  iヒ'ニ¨イ
       .|ヽ  r=!| =tr=゙  =tf= :|r=、  ノ           |_r,=i'「::==。=:Tニf:=。==:|
       ト   {h|| `ー l.i  T´ u.||hリ ‐'フ           F{に|.ト、:::三ヲ′ ヾ:三:::イ
       ヽ  ヾl| /' 、廾,、  \ |!ノ .∠  は はい    /|ミ`ァlj ┐   r __ \ !
           ゝ、,._V' ヾニニニつ  /i`''<´          ,/ |ミ/ ヽ u ⊂ニ==-- ´ l  もちろんや
       _/ ;;'' |:ヽ   --  ヽ/ ;|   ヽ_     ニニ7  |/   ヽ.    ‐一   l---
  , -‐_''.二/  ;   |::::ヽ.    ./ .;|    l_  ̄   .  l   |\     ヽ_____l l ̄
,イ ̄    /  '    |:::::::`ー─ '   |    |   ̄     │  |:::::::\       /|.  |
  'ー- 、'   ,. -‐、|、::::::::     ,レ-‐-、  |      .  |    |:::::::::::: \   /::::::|  │

           ↑ 榊原康政                  ↑ 大久保忠隣


秀忠が父と対面するのは3日後のことである





45 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/08(日) 23:20:40 ID:mZpSK7OI

サラッと脅してる!





33 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/08(日) 23:18:27 ID:FQU/kVLY

秀忠は大人だなぁ、21歳くらいなのに





46 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/08(日) 23:21:06 ID:OI2hQEnE

続いて 2番目の出来事……
竹中重門が捕縛した小西行長の身柄を受け取ったとの
報告が村越直吉から上がった


          ,. -‐- 、r'´  ̄ ~Z.__
       ∠             ´   ,.>
.     /                 ̄`>
     /           ,、      `\
.    !             / \    \. トゝ
   │       , ,.イ /、._,  ヽ |ゝ、  N
.    |      /レ' レ\,/  /V '´ l\!
     |. r;=、 .ノ=a=== ,, ,/a===!
    | |.ト、| |  ` ー--‐ "  \ーァ"!
    | l ヒ |:|.       r __   \l     小西か……
     |  `ー 1|、 ヾニ二二二二フ 7′
    ノ     | \     ___  /      様子はどうだ?
.   /   ,ヘ、  ト、 \    ̄ ̄ /l
  /  ./\.ヽ. ヽヽ、 \   , ' ,'
  ,' , ./   \ヽ、ヽ \./`iイ /
. /l/l/     |\\ヽ  ヽ. Wレ
/      _..⊥._ \``  |





53 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/08(日) 23:22:47 ID:OI2hQEnE

             __  _
       >- 、r≦  ミ、 三ヽー 、
       / ///´}}ニ 三==彡ミヽ ヽ
     / //!   /¨ i il l! l|ヘ lヘ ト! ゛、\
    ,' //| !|l l|{| | !V  l| l l l |l! トヽ iト、
     | |∥ l ハ|! リl| | V  /|  ! ! l|l   i∥
    /|| / |∧! lV      ! l| N ! l| |
   j∧| | /||l ! ハ lハ/  /!l l i  ∥lヘl |ヘ!   
…………
      ト|/Yヾl/⌒Y/ /^!l !ヾ、! l|リ⌒!ヽ
        ! ::.、 .:::///:::::::乂:::::::ヽ{:::::::::::::l
       i|  :::V :::/1!}{_〉ニl:}⌒{:に}〉ニl:|
      ∥ :: ::::! ::::::ヾ≒⊆゚::〕 〔:::ヒ儿シl:|
       |:i. : :::i ::::::::::::::く: ̄    ̄:>::::l:|
       |::l::. :::::l :::::::::::::::::::: ̄〕 〔 ̄:::::::/:|
        |:::l:::. ::l ::::::::::::::::::::::::} {:::::::::::!:::|  ← 小西行長
       ∧::l:〈 ::! ::::::::::::::::::::::::〕 〔::::::::::L」

 `―――───―――――○―――――───――――’
                     O
                       o

                             _____
                         riff7//////〃〃∠ヽ
                         レ"⌒''ー''"´  `ヾニ三|
    我々を非難するわけでもなく    l  ニ_ー‐'_ニ   |ニ三|
                      .   レヘ\ ̄、/,へ  }ニ三!
    許しを乞うわけでもなく        } ==,=> _=,==  |r=、 |
                      .    | 二/    二´   |.6.| |\
    ……静かですね            |  |_, -` ヽ   k‐':ニ|  |`''ー-
                      _, -‐''| l⊂ニニ⊃ l   | \│ :|
                          ヽ!  ---  l , ‐'  /|  |
                           /` r、-‐ ' ´   /  :|.  |  ← 村越直吉
                           /   | \  ./    |   |


  _
`     `ヽr '',.Z.._
        ′∠.._
          <
       ,イハlヽ. ヽ.
    ,イヘ.`7 ハ|ヽ!
   r' ==f ,, /       なんだ……
r'ニl.| ` ー-  \
|.|-||. ijv   r __ \     ずい分と諦めが早いな
ヽニ|.  ──r-ゝ ´
  .ハ.u  ┌;┘
  | ヽ v lハ
  .|   \._」. ヽ
ト、 l  /, /   l
|ヽW-‐'〃|⊥. |





56 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/08(日) 23:23:49 ID:OI2hQEnE

               ,.、-rァァァァァ‐-,.、
               ハシ'"`''ー‐''"`ヾ;ハ
            lミ'   _ 、__,. _   ゙ミl        いえ……
            || へ、_`ー '_,._へ ||
               rョl ,.=。=゙ '=。=、 h        諦念よりも小西からは
               |ヒ|. `二} {二´ :|j.|
.             ,ゞ|   人__人   |く        覚悟……を感じます
     _,,. -‐''"´| : lヽ、{. ̄- ̄.},.イ: :|``'''‐- 、.._
   /´l : : : : : : : :|: : |.\`'' ‐-‐''´/|: : l: : : : : : : : 「ヽ
   /: : l : : : : : : : |: : :|.  \  /  |: : :| : : : : : : : |: : l
  ハ : : |: : : : : : :│: : |     >く   | : :│: : : : : : :| : : 〉
.  {: : : : | : : : : : :│: : :|  /| /|\. |: : :│: : : : : : | : / }
  ハ : : :│: : : : : : \;ノレ'´  〉〈.  ヽlヽ;/ : : : : : : |: : : ;ハ
  〉:\ :│: : : : : :./: :│  |/ |   | : :\: : : : : : :|: : :/:〈





61 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/08(日) 23:26:43 ID:OI2hQEnE

        _
     _.. --ゝ `ヽ'´ ̄¨Z_
      >             \
    ∠.._     ,       i
    /   ,.ィ./uヽ,iゝ      |
    /イ  ィ,ヘ'i ヒ'.へ「\.  │   覚悟……?
     レ|/lた・ラ :ヽ二’フ:|∩ |
  .     l/ _┐ v/u ||9| l    よく分からん奴だな……
       `i.r====ニヽ |レ'  l
        i‘ー── '´/   i
        ,ハ.  ̄ v / ,/!  ヽ
       フ ヽ. / ,∠ -‐l   ヽ
       ーz'ノ Z イ    ヽト、 i 、i
           / ,. -‐ .、  }ハ}ヽ|
              l /     \     |
           | |        ヽ.   |


なぜ行長が自分に抵抗するのか家康には心当たりがなかった
だが それ以上 行長のことで思い悩むことはなかった
さらに大きな出来事が家康のもとにあったからである





64 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/08(日) 23:27:44 ID:OI2hQEnE

その3番目の出来事とは……


        -=ニ" ̄"''‐-‐''" ̄"ニ=-
       ∠´           `ニ=-
        /              `ヽ,
       /                  !
      i                      .i
     .|         /| |:| ト,ヽ       |
     |.    ノ  メ:::リ:|.|:::|ノ`>      |
     |.    /リメ, .\::リ::::/ ,.ヘ!ゞ,    |
     .|   ./    \|  |/   ヽ   |     え?
      i⌒| | ==o=-  .-=o== | |⌒i
      | G| | ヽ . __ ノ | | ゝ __ ./ | |∂|    それは本当ですか!
     ,.ゝ,_.|.| u.    | | u   / |.|_,ノヽ,
    /   ||   .!j ヽ!_レ  ./  リ    ヽ
---‐‐''7|   ヽ. ==========ヲ /   | ̄""''''‐‐--
--‐‐''7 .レ|   | ヽ `-ニニニニニ-'´ /.|  .N""''''‐‐----
   /   レ|  |  ヽ.  ≡≡ u ./ |  | |
  ./    .|  |.   \    /   |  |  .|
  /  _,,  .|  |    \ / u  .|.  |   |
. /_,,-''" \ .|  |\ .!j      /|  レ‐、 |
. "      ".レN\`'‐-------‐'´/リN  ヽ |





68 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/08(日) 23:29:09 ID:OI2hQEnE

この日 朝廷からの使者が大津に下り
ねぎらいの勅使が家康のもとにやってくることを告げたのである


    ___
   ,;f     ヽ
  i:         i     はい お上も
  |         |
  |        |    此度の争乱を鎮めた内大臣家康様の功を
  |    ^  ^ )
  (.  >ノ(、_, )ヽ、}    たいへん喜んでおられます
  ,,∧ヽ !-=ニ=- |
/\..\\`ニニ´ !,
/  \ \ ̄ ̄ ̄../

 ↑ 聖護院道澄



朝廷は家康が石田や宇喜多を討ったことの正当性を認めたのである
これは毛利との和睦の際には重要なカードとなる
確かに とてつもなく喜ばしい出来事であった





71 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/08(日) 23:29:58 ID:FQU/kVLY

御上が後ろ盾になったぞー





70 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/08(日) 23:29:36 ID:Ud9iZAR6

貴族の日和見と、勝ち馬に乗る早さパネエな





74 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/08(日) 23:31:03 ID:OI2hQEnE

だが同時に家康は疑念も感じた
「関が原の戦い」からまだ5日しか経過していない
朝廷が動くにしては少しばかり時が早いのではないか


      __     ____
     <、  ```ヽv'´    `>
     __,,.>  ,  `Y´   、   ``ヽ、
   ,ィ'´     ;'´(       )ヽ     ヽ
 ∠二ィ : .  `、 > ___,,,..ノ 丿    .ヘ
    /: : ; .   `´ `ー--‐''´    . : : |
  ∠:/,:ィ: : : ,:ィ: . /| ト、       . : : : |
   ///.: :, く//   \!_,>   . : : : : :|
   '´ /:,:イ`>、\   _,/ /\ . : : : : : |
     |/ .kー-。、〉 >-‐'ー。、 |.:|‐-、: : !
       |`ー:/'´  `ー-‐'´ | !か.|: /    そ そうですか……
         |/ __‐、    u lノい/:〈
       `iー______  ,'/じ:' : :ヽ
        l `ー―‐---‐'  '/: : : : : : :.ヽ
          '、   ー    //: : : :∧: : : :ヽ
        ∧.     /,.r': : : :,/⌒'ヽ: : : l
        ノ|: ,ヘ__/,r'´ノ: : :/    \.:|
        |: : /」:/ /: :,:イ          \
        ノノ^「ヘ、 ノ//             \
       '´   |i゚:l \'´ /
           |i :!  V




    ___
   ,;f     ヽ
  i:         i
  |         |
  |        |
  |    ^  ^ )
  (.  >ノ(、_, )ヽ、}   …………
  ,,∧ヽ !-=ニ=- |
/\..\\`ニニ´ !,
/  \ \ ̄ ̄ ̄../





79 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/08(日) 23:32:09 ID:OI2hQEnE

    ___
   ,;f     ヽ
  i:         i       家康様 朝廷を見くびってはなりません
  |         |
  |        |       この決定を強く推したのは元太政大臣・前久と元左大臣・信尹
  |    ^  ^ )
  (.  >ノ(、_, )ヽ、}      彼らは関が原で何が起きたのかを完璧につかんでいます
  ,,∧ヽ !-=ニ=- |
/\..\\`ニニ´ !,
/  \ \ ̄ ̄ ̄../





84 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/08(日) 23:33:22 ID:OI2hQEnE

    ___
   ,;f     ヽ
  i:         i
  |         |
  |        |  ///;ト,
  |    ^  ^ ) ////゙l゙l;    そして彼らが その情報を何処から得たのか……
  (.  >ノ(、_, )ヽ、} l   .i .! |
  ,,∧ヽ !-=ニ=- | │   | .|    わたしがこの場に遣わされたことから御察しください
/\..\\`ニニ´ !, {   .ノ.ノ
/  \ \ ̄ ̄ ̄../   /



聖護院道澄は近衛前久の実弟・信尹の叔父であり
貴族社会におけるやる夫の師でもあった



           _、─-v-─;z_
          >:::::`::::::::::::::::: :::::\
        /:::::::::..  .:::::::.. ..::::::::::ヽ
      イ:::::::::::::::::::::::;、::::::::::::::::::::::l
.       l::::::::::::::;:イ::/v:ヘ::lヽ、:::::::::|
.        |:::::::/|/ニ|/ュ ┌リ_ニヘl::::::::|
       j::r=i|==。=,, _=。==|r=、:|
       |::|ヒ'|| ` ー":|.|:`ー ' ||J:|::|    あ……
.      |:::ヾ;l| u  r:|」:、 u :|レ'::::|
.     ノ::::::::::\ (二ニニ二) ,イ:::::::::::ヽ、
   _,∠:-‐ァi:::::::!\ == ./ |:::::::ハ''ー-ゝ、._
-‐'''": : : : :/,/|::::::| ::::\_/  |::::::ハ ヽ: : : : : :``'''‐
: : : : : : : :/,/,/|::::::|  :::::    ,|:::j¨二二二¨l: : : : : : :
: : : ; -:、ム--‐ヘ|:N\.____/j;ル| |:::::::::::::::| |:_;、_: : : :
: /.rh \: : : : : :|},',',',',',',',',',',{|: :| |:::::::::::::::| | +++`l: :
´、-t( )ァ-; > : : : |} ',',',',',',',',',',{l: :| とニ二二, ゙̄ヽ、! :
:\`゙lし´/: : : : : |},',',',',',',',',',', {| :|‘r──- .、`  \
: : :.`:‐:'´: : : : : : :.|} ',',',',',',',',',',',{|:.L.`⊂二¨_丶    ヽ





89 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/08(日) 23:34:21 ID:tVE0T12g

黒幕はやる夫かw





91 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/08(日) 23:34:54 ID:OI2hQEnE

    ___
   ,;f     ヽ
  i:         i
  |         |      家康様 お上は加えて
  |        |
  |    ^  ^ )     都の静謐も求められております
  (.  >ノ(、_, )ヽ、}
  ,,∧ヽ !-=ニ=- |      どうぞ よしなに……
/\..\\`ニニ´ !,
/  \ \ ̄ ̄ ̄../




        -=ニ" ̄"''‐-‐''" ̄"ニ=-
       ∠´           `ニ=-
        /              `ヽ,
       /                  !
      i                      .i
     .|         /| |:| ト,ヽ       |
     |.    ノ  メ: リ:|.| |ノ`>      |
     |.    /リメ, .\ リ / ,.ヘ!ゞ,    |
     .|   ./    \|  |/   ヽ   |    ……分かりました!
      i⌒| | ==o=-  .-=o== | |⌒i
      | G| | ヽ . __ ノ | | ゝ __ ./ | |∂|    お任せください!!
     ,.ゝ,_.|.|      | |    / |.|_,ノヽ,
    /   ||     ヽ!_レ  ./  リ    ヽ
---‐‐''7|   ヽ. ==========ヲ /   | ̄""''''‐‐--
--‐‐''7 .レ|   | ヽ `-ニニニニニ-'´ /.|  .N""''''‐‐----
   /   レ|  |  ヽ.  ≡≡  ./ |  | |
  ./    .|  |.   \    /   |  |  .|
  /  _,,  .|  |    \ /    .|.  |   |
. /_,,-''" \ .|  |\  j      /|  レ‐、 |
. "      ".レN\`'‐-------‐'´/リN  ヽ |


家康は娘婿である奥平信昌に京都所司代の代行を命じ
福島正則・池田輝政・浅野幸長らを都の守備に派遣した……





94 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/08(日) 23:35:52 ID:OI2hQEnE

同じ頃 大坂城                                  ∧
                                          / ∧ヘ
                                          而而 |
        ∧                                 |n l|√ |
       / ∧ヘ                                鬥鬥l__∧___∧
        而而 |                             。___|]] |三|]]三三/\ ∧
       |n l|√ |                           ∧三 l|__l三|]]三ー/:∵\|
        鬥鬥l__∧___∧                     I/厂|∧l|   | ̄ ̄ ̄丁二二「|
    。___|]] |三|]]三三/\ ∧    ∧I               /|T¬「 ̄| [[| ロロロ [[| 凶凶l |
    ∧三 l|__l三|]]三ー/:∵\|    [[[[|  ∧   __    | ll| ロ|| lll |]] | ロロロ [[| 凶凶l |
   I/厂|∧l|   | ̄ ̄ ̄丁二二「|    |ii |  〕∧ニlヘ ̄II\. │ll| l|| lll |   | ロロロ [[| 凶凶l |
  /|T¬「 ̄| [[| ロロロ [[| 凶凶l |   {兀兀} 皿皿|ニニ|ー「[[[[|.| ll| l|| lll |   | ロロロ [[| ⅣⅣl |
  | ll| ロ|| lll |]] | ロロロ [[| 凶凶l |:,:;;;::;'::|ii|l | f≦TTニニ|厄`:;':,'゙`:;':| l|| lll |   | ロロロ ::;'.;,',;::;:;'.`;::'、,,,
 |.| ll| l|| lll |   | ロロロ [[| ⅣⅣl |.`;,',:;;:|ii| l|,':;`:;'::|│,ロl|,':;`:;':  ;,',';,',;:;::;'.;,',;::;:;'.`;,',;::;'.::;'.;,',;::;'`;,',;::;'.`;,',:;'.`;,',.
 ゙`:;':| l|| lll |   | ロロロ ::;'.;,',;::;:;'.`;::,:;;;::;'::;'.``",':;`:;'::;;;`;`:;'::;;;  ;,',;::;'.;,',;::;'`;,',;::;'.,;::;'`;,',`;,',;::;'::;'.;,';::;'.;,';::;'.`;,',;:
;,',';,',;:;::;'.;,',;::;:;'.`;,',;::;'.::;'.;,',;::;'`;,',;::;'.`;,',:;;:.;::;',:;:;'.`',:;,,:;;::;',;::;'`;,',;::'.;'.;,',;::;'.,``;:;'::;'.;;,',;:´',;::;'.``,',;::;'`;,',;::;'.`;,',;;'.`;,',;::..
;::;'.;,',;::;'`;,',;::;'.,;::;'`;,',`;,',;::;'::;'.;,';::;'.;,';::;;'.;::;'`;,',;::;'.,;::;'`;,',`;,',;::;'::;'.;,';::;'.;,';::;'.`;,',;:;'.;,',;::;'`;,',;::;'.,;::;'`;,',`;,',;::;'::;'.;,';::;'.;,';::;'.`;,',;:
;::;'.,``;:;'::;'.;;,',;:´',;::;'.``,',;::;'`;,',;::;'.`;,',;',:;;:.;::;',:;:;'.`',:;,,:;;::;',;::;'`;,',;::'.;'.;,',;::;'.,``;:;'::;'.;;,',;:´',;::;'.``,',;::;'`;,',;::;'.`;,',;;'.`;,',;::..





95 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/08(日) 23:36:21 ID:AXheeZ3s

ずいぶんと洋風な大阪城で





96 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/08(日) 23:36:49 ID:OI2hQEnE

             _,.-:‐::‐::‐::ー::-::-.、
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
          /::::::r::::::::::,,_;;,r'" `~i::::::::::::\
         /:::::::イ:|`゛|`"´ |  ,-‐|::i::::::::::::::i     わたしたちは確かに関が原で一敗地に塗れました!
          /::/::::/|:|‐-i   , -‐- 、|:|:::::::i:::::::|
        //|:::::/ |:|-‐-、.  i    リ::i:::::|::::::|     ですが 難攻不落の大坂城は わたしたちの手にあります!
       '" .|::::::|yリ   }^弋_.___ ,ィ:::|:::::|ヘ:::|
        |:::::::|弋_ __シ      |/|:::::|ソ:::|     ここに籠り徳川方を迎え撃とうじゃありませんかっ!!
         |/::::|',    ,-‐ ̄`ヽ.   |:::::|:::::〈
   、     メ::::::|ヽ、  γ    } ,ィ|::::|::::::::{
 ┼‐、ヽ     |:::::リ /|:`>‐- -‐<::::::.ノ::λ:::::::|
  | / っ ,ィ  ̄`)ヘ:| |::/: :|    /: ::/::/: : :\:|
       {   ̄`}ノ  /: :: :| ̄ ̄/: : :|;/:,ィ'TT^ヽ
       `廴 ~ツ  /\: : :|  /: : :/ 廴   ノi  ← 毛利秀元
      {三三三}.ィ'"  \:| /: :/   {三三三}



ここでは関が原から帰還した毛利秀元が輝元に徹底抗戦を主張していた





104 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/08(日) 23:38:08 ID:OI2hQEnE

           .ヘ
           | `、
        __ |   ヽ  , -ーー
      ,  ': : : :ヽ   }ヽ/    /
    /: :. :. :. :,: :>、_'^ , <
   /: :. :. : レ'ニ-‐' : :. :. :`:ヽヽ: :\
  /: :. :. :.i r'7: :. :. :. :. : /ト、:.i: :.\: :\
  /: |: :. : :| |/: :-‐'7|: : / | Vト、: :. :. : ヽ
  {: :|: :. :i v/: : :/ | :/ | .V、:ヽ: .:| :|:ヘ
  |: :|: :. :|: :j': :,≦_ミ//  / ≧、: :. :| :|`ヽ   う~~~ん
  |: :ゝ: :.|: :.yテう::j '   ' ィ ノ}ヽ: : リ: :|
  ヽ: (、:ヽ :'く{::i:ル     {::i:レ 》| :/: :.|     そう言われてもねえ……
  `、トヘ: :ヽヘヽ‐'     ヽ-' /-V|: :/
    l\: : ヘト、   _. '   ,ノ: / V
     ,>ヘ |ヽ`、ヽ-ーr 'f`ヽく
     /::::::`!:::::::: :vっ-|::::/::::::::ヽ
     レー‐、::::_/ く .j::::/::::: / 〉
     | \y-/(  ノ」/: /::::yλ  ← 毛利輝元


しかし この進言に輝元は良い顔をしなかった
「気楽に言ってくれるな」というのが本音であった





112 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/08(日) 23:39:42 ID:UBeo5EJA

もう、動員兵力じゃあ勝負にならんだろうしねぇ





116 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/08(日) 23:40:41 ID:OI2hQEnE

輝元は岐阜城落城の段階から家康との和睦を選択肢のひとつとして模索
そのための工作を吉川広家に一任していた


      ヽ、ー----------イヽ---
        _,.>‐: : : : : : : : : {: : : : : : : :.`ヽ
     / ;: : : : : :/: : :./: : /l: : : : 、: : : : ヽ:\
    /:ィ´: : : : :./: : : /: :./ !:.:.ト、: :\: : : :.\}ミヽ、
   ///: : :/: : :/: :.:.;.ィ: :./  l: :.| ヽ: :.ヽ: : :ヽ:\:::::::\
    /: : :/: : : l: : :/ !:./  |: 十‐弋⌒ト: : : :i:.:.:|::\::::}
.   /: :.ィ:.!:. : :.:|:''7⌒|:.l   l:.:.:{   \:|: : : : ト、:{::::::::Y
   l: :./{ :| : : : |:./  l/   \ヽ   \:. :.:.:|:.トゝ:::::::〉
   |:.∧| :!: : :/l/   、       ヽ,. -   ヽ :.:|/:::::::/
   l/  !:.| : ∧  ==ミ       ≠⌒ミ ∧: |- イ
       |: l: :.lハ          ,         {r }:}: : :|    はいはい
       ヽハ:.ト、_} :::::::   r―‐┐ ::::::: /_ノ|/!: : |
       |: ヽ!: : ゝ、     `ー-‐'     ,.ィ : : : : !: : |    お任せ お任せ
       |: :l: : : : : :|>- .,_    ,.. <´ |: : : ::.:.!: : |
       |: :l:.!: : : : :l__,ノ:.:r'`¨¨´{.i:.:.└-|: : : ./^i : |
       |:.:.l:!: : : : :.|:.:.:.:.:.|___/:.:.:.:.:.:.:|: : : {  | :.|
       |: : !: : : : : |:.:.:.:.:.|     ! :.:.:.:.:.: |: : : .〉 `ヽ、
       |: : !: : : : : |: :.:.:.:.l   |: :.:.:.:. /lr--' {  {  )-、  ← 吉川広家
       |: : !: : : : : ト、:.:.:. |    l:.:.:.:.:.//|`ーt入_ノノイ》 ヽ



しかし広家は 輝元の(あるいは広家自身の)想像を超えて東軍を勝たせ過ぎてしまった
この状況からの徹底抗戦とは
毛利の家命を賭けた一大決戦となり それは輝元の望むところでは決してない





120 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/08(日) 23:42:13 ID:OI2hQEnE

            ,.  ,. -=キ≠=- 、
        /: : :'´: : : : : :.ィ: : : :`ヽヽ:\
        /: : : : : :/ : : ://!l: : : !: : :.い: : ヽ
.     /  / .. :/. :/:.// ll: : :l: : ヽl:.|.   :.
     // : : l:./: : !/「/ l  lヽ卞ヽ、l:.!: : : : i    結局 わたしたちには最終的に
   / /: /: :l/: :イ|:./ l/     V }从:ト: : : : : !
.    / イ: : :l: : :/レ勹示     i勹tトV: : : .!: :|    家康との和睦を目指すしかないわけでしょ
    l / l:.: :.{:.: | i乍心:|     |;心:.}豸: :.,′:|
    l/ |: : ∧:.l  辷ツ      辷ツl: : :/、∧|    だったら ここで無理して戦うことも
      |: :/ト.Vt  ¨¨  ___   ¨¨ //:ム/  `
      l / l |: :.〉r、    {___}    _イ:.イ:/       ないんじゃないかなあ
      l/   !:/.rLl^l^i、 ‐-‐ ,i^l^|」:/l/
          ィrト、 ` ー┴ v-┴‐'´_,{ァ、
          ∧∨、` ー---┼--‐'´ |/∧
        { ∨、.`ー----┼‐‐--'´∨ }
        l | ` ー----┼---─'´|  l


実のところ 毛利と徳川の和睦交渉は 「関が原の戦い」後も
吉川広家・福原広俊と福島正則・黒田長政を間に挟んで進行中であった





124 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/08(日) 23:43:45 ID:4.3GtTto

あとは条件闘争か





125 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/08(日) 23:43:50 ID:OI2hQEnE

           _,.yトーゞrッヽv,、_,.
         ,rk´ミ、''ナ;;爻'、ー;;〃彡;,.
        vf戈ハトシ〈'"リ゙、ヾ、;;jリ、〃、      輝元殿…… そうやら毛利家では
       Yメ从k;;、;;ij;;;ii;ヾ;ッ;仆、ヾくソ
       }ソリ"i!;;;;;l;;i;;、;;:;:;;:;';;;};;iリドシゞ,      徳川方との折衝が進んでいるようですね
       ツ;;;;;;;;;;ト、;;_リ;;;i!;;ト;=;、t;;;l;;ヒ'
       ヲ;i!、:::r',;、=;'、;"リ,、=;''"リ;ij´      それならば……
        };lヾ;;j  ̄´.〃l゙ ̄´ ,';ィ′
 r‐、       7;;;;|',    =、j,.   /仆、
 } ,! _      ゞ;|:ヽ   ,:ニ> /:: レ ソ\,.、- ' "´;; ̄::
 j _,!ノ )" ̄>.ニト、:\` "'' ///,r/:::::::_,..、''' ..,,
フ ,、'-‐'l" ̄リ;/::;;/::} `:::`:ー'/'∠;:/`゙ヽ・.‐´
‐' 冫‐i '"フ:;/::;;;{! `r‐'"フ´〃シ:;;/ " ヽ、. リ'"  ,、_,
. '",.ィ/ ̄_:;/::;;イ `'ー ''/ヲリ/;/r'/,r─‐-、 (∴,、-''"   ← 立花宗茂
  '二⊃ヾ/.:;;/ `ー-‐/Ξ/ッ/rレヘ{ | ̄|  `''"



ここで大津城から帰還していた立花宗茂が輝元に静かに意見した



       lヽ
       | ヽ    __
        ヽ   L,ァ'´ /
       ,  >f=-<ー 、
    /: : :イ´: ∧ヽ 、: :.\
   /: : : :|:/:_: l/ }: |、: : !: : :ヽ
    l: : : : |/´//  l:バ`:|: l: : :.|
    |: l: : :|≠彳   !テミ: :!: ト、!
    |: l: : :イ代.|     |rt:从l: :|
    l/l: : : 弋シ     ゞ= {ノ: :|    ん?
    ヾ.ト、:.l、'''''  。  ''''イ:∧l
      Vヽヾ7ーfァニ彳 l/
       Y⌒ヽ、/`ヽ
.       ├‐┬=┬┤
          l  !   ! l





128 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/08(日) 23:45:12 ID:OI2hQEnE

        ;;;イノノノノノl||l;;;;ツ从;;/;;;从从`゙)ノ― ''
    ノ>―''ヽ;;;;l|;;;|彡ノノイl|;;|;;;;l;;;;;|;;;;/从;;;;)从从之
    之三;;彡;;;、l|;;|;;;lイ/从ノ;八;|llYイノイ/;;从从ニく
    /イ/t=;;;;;ミィ;;;;;;;;;;;`ミ;;人ィ''彡二二ミ゙'、j;;jj;;ュ;;;、)
    ((/;;|lヽ;;|、'''ィ,t;;ッ=、;;;j人;;;ィ:;ミッ;ラニ' イ;;;/ l|;;lト       徳川方に約束を確実に履行させるため
     ゙之;;;'、l|;;゙, ::、` ̄´´":|"ン:::::::::'''イ:.. リ;イ),r';;之ー
     {彡;;;ヽ;;;',::::::...   ::::|: リ::::  ゙  イ;/ノ;;;;゙l|       やはり 我々は秀頼様を奉じて
      ゙|/;;;;;;;|゙:',:::::: : : ::; 、j_, -、:::    イ;|゙/;;;l从
      ノノ;;;;;;|:l|:', :::: : :::`゙'ー '´"    ,':::l|/;从`' 、      この堅城に籠るべきではないでしょうか
  ,, 、-ーz''"イリ|l|::|l:'、 : ::::::: ,;}、     / :: ゙l、从l|',::ヽ
''" ,、 '":/   /|::}}:::ヽ ::::::r'二゙゙'ヽ   , '::: :: ::l|彡 ',从
 /イ::/:: ::::/::l| }}:::::ヽ :::::..'""''   , ':::::: :: ::}::l|彡::: ll||
/"://::/ ::::ll/::::l| :}} : :::ヽ ::::.ヽ   /::::::::"} }:::|彡 ::: |||
ノ//::/ : ::::ミ/:::::リ :}}  ::`---- '´ :::::" } }:::|彡三::|}
/:/::/:  :::::/ ,,イ   ::::::\:::ー '´  :::"   :::|彡三 l}}
//:/::  :::,'    {  ヽ ::ヽ    :::    ::リ::::彡 l}}
イ:/::  ::::リ'ー、,,   ヽ  \::::',彡  /彡   ::/::::彡  l}{
l l|::::   ::| " `''ー、::ヽ、  '、 l|  :/彡 ,, 、-/彡彡 ミ}}
、ll、;::  :::::|::::ー、:::::   `゙゙'''ー'、 /ー―´   /彡彡彡ミ;;
::`'' 、、 :::: |           y'::::''"    イ::::彡彡三ニ



                         __
           |\__     _/ ノ  っ
               \  \__/  /  っ   っ
           / ̄ゝ─┴┴‐<、\    っ
         /::::::::r::´::::::|::∧:::',:::::::ハ:::\    っ
          /:::  |..../:,:::|::| |:::ト、::... ハ ハ  っ
        |::::|....:::|::7´::/|/  ヘ| ヽ-::::ヘ:::::',
        |::::l:::::::∨/ /   |  ヽ:::::l:ヘ::|  ━━┓┃┃
        |::::}::::::::| ○    ○ ハ:::ト、ト|     ┃   ━━━━━━━━
        |::::∨:::::!   / / / / / l:::∨|      ┃               ┃┃┃
        |∧:∨:::|  ‘-,,'   ≦ 三        。                  ┛
         ヘ::|、:ト> ゝ'゚       ≦ 三 ゚。 ゚
            >く>≧         三 ==-
          ∧_/-ァ,          ≧=- 。
            / /〈イレ,、         >三  。゚ ・ ゚
              ≦`Vヾ        ヾ ≧
            。゚ /。・イハ 、、     `ミ 。 ゚ 。 ・


しかし それは輝元にとって一番言って欲しくない意見であった





137 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/08(日) 23:46:44 ID:UBeo5EJA

正義と戦術レベルではそうなるわなあw





139 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/08(日) 23:47:31 ID:g.Wqy1Iw

西国無双さんは忠義に篤いというか非合理的というか





134 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/08(日) 23:46:18 ID:tVE0T12g

一理あるが、それは危険な賭け





135 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/08(日) 23:46:34 ID:OI2hQEnE

               _ _  _
            , -/  `゙ -.、: : : :`゙ ‐ .、
        ,. --、ム-//     \: : : : : : :`: .、
      /  、7_{_____ \: : : : : : : .:\
.     /     フ: : : : : : : : : : : :  ̄ミ: : : : : : : : :ヘ
     /   ,. ォ-':/iヘ:ヽ. 、 : \: : : : : ミ|: : : : : : : i : ハ
    イ_,. ァ'′ : |: :,' .l: :ヽ.ヽ.\:. :\ : : : |: : : : : : : |: : ',
     / :|: : : : :l: :| l: : : ー――--\ : l: : : : : : : |: : : :!
.    /: : l: : : : :i|/| : l : : : : \: : \\ヾ.| : : : : : : |: : : :|
   /: : : i: : : : :/l:|: : l: : : : : : : イ⌒/外、.| : : : : : : l: : : :|   (分かってない……)
   ,' : : i: :i: : /|: :l:._,,: : : : : :.:.:.:.i什:::::::ハ ゝ: : : :i : l: : : :|
   i: : /|: :', : : : l ,,イ /ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨心ノij|: : : : .:l : lヽ: : !   (こいつ全然 分かってないよ……)
   |: ,' l: : ',: : : l {i i::::::ハ:.:.:.:.::.:.:.:.:.゙ゝ--○: : : : :| : l ノi: :|
   |/  |: : :ヽ.: :トゝ弋ンj :.:.:.:       |: : : : ,': : l: ∧:!
     |: : : : ヽ:',∧:.O''"  ,       l: : : /: : /: ,' リ
.     ',: : : : :|:ヾ: i      _, -っ  ,|: : /_|: /|:.,'
.      ヽ: : : l \: ヽ 、___'‐'"´ ,. イ,|: /:.:.l:∧l,'
       \ |  ヽ:,-y-、_ヽ: : ̄: :_X:.:レ:.:.:.:":.:.:.\
         ヽ ,.. ┴イ-i ハ _,.-<ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.
           iィ====`イ_メ:.:..:.\\ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i ト、
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:./  \:.:.:.\\ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i l ヘ



ここで豊臣秀頼を前面に押し出す……
今や それだけは絶対に行っていはいけないことである
その理由が大坂城内にはあった





140 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/08(日) 23:47:43 ID:OI2hQEnE

それは秀頼の生母・淀の方の存在であった


                     |:.:.:|:.:.|     |
          ,、- ― -、,       |:.:.:|:.:.|     |
       , '      ヽ,    |:.:.:|:.:.|     |
        /        ,. -ャ―‐-|:.:.:|:.:.|     |
        i       /;.:.:ィ:ハヽ:.:、:!:.: |:.:.|     |
       i   ,.ィ':.´:/:/:.:i:.:.\|:.:.:|:.:.|     |
         /:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.'、:.:.:.!:.: |:.:.|     |                    _
        /:.:.:.:/:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:|:.:.|     |                   | \      /^!
       ;:.:.:.:./:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:!:.: |:.:.|     |           O         |  ヽ.     /   |  o
         i:.:.:./:.i:.:.:.:ハ:.:.:.:.:.:.:.:ii:.:.!:.: |:.:.|     |                 o  ヽ   \  /   j
        i:.:i.i:.:.i:.:.:.`ニ:.,:.:.:.::rtテ|:.:.:|:.:.|     |                    \  ノ^Y   /
.         ⅥⅥ:i:.:.:i゙ 込、: ://切 .: |:.:.|     |      °        -‐─∠二ニ=≠<  ∠
          ヽリヽiヘ        |:.:.:|:.:.|     |           , '´  ::::/::::::::::::::/{:::::::::\ }:: \  ゚
             |:.:.i:.:.\ `-   !:.: |:.:.|     |.           /:/:::::: /::::::::::/::/ ハ:::l:::::::::::ヾ:::::: \     O
.            i:./i:.:.:.:.:.:`:.、,.イ.|:.:.:|:.:.|     |         ///::::::::/:::::`ァ孑/  / Ⅵ::::::::::::::|::::::::::::ヽ
          i:.i i:.:.:.:.:.:/r'  .|:.:.:|:.:.|     |           /::::::: ,':::::/ j/  /    |`ト、_:::::l::::::::::::::: ',  o
          i:i i_,/   ト .イ|:.:.:|:.:.|     |       O   /::::::::: |:::/           |::l::::::: ,'::::::::::::::::: i
          ヽハ:.i   i / |:.:.:|:.:.|     |          ,':::::::::::::Ⅳ ◯        |∧::::/:::::::::::l ::::: |
            /::::/___ |,/_,|:.:.:|:.:.|     |         i:::::/:::::::リ / /       ◯ ∨:::::::::::::|::::::::|   C
             〈::::/.{: :_:_:V:_:_:.:.|:.:.:|:.:.|     |         |::/! ::::: {. / /       / i l::::::/::::::ハ ::: l
           ヽ::|.{: : : ハ : : : |:.:.:|:.:.|     |         レ' | :::::: ゝrく rー-‐- 、 j _j /::::/l:::::/ノ::::::|
              i .i.i ` ̄ioi` ̄.!:.: |:.:.|     |.             l:∧/ '/ /)、`_ー~ー' fヽヽ`Y /|::/:::::∧::|
  淀の方 →   i  ハ--.ioi---゙|:.:.:|:.:.|     |.             |ハ{.   (∨::`l ¨¨了∧   j'´ |/:::::/ V


関が原の敗報が届いてからというものの 輝元を見る淀の方の目は冷たかった
視線で人が殺せるのなら何度死んだか分からないほどだ





142 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/08(日) 23:48:10 ID:7Csg0/QQ

悲しみの向こう側に連れて行かれそうですものね





155 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/08(日) 23:49:53 ID:OI2hQEnE

おまけに秀頼の直臣である片桐且元も
淀の方の命を受けた何かしらの動きを起こそうとしている


           r.....:::::: ̄ ̄ ̄`:.ヽ、
         /::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
          く:::::::::::「`ヽ、_::::::::::::::::::::::::::::::\
         \ r 、::::_::: T  ̄ _::::::::::::::ヽ
             ヽ 〉_ム}| `ヽ::ト「´ 、〈:::::::::,ヘド`
            r、イェr_ヵ-、 + r_チスl::,ィ
              ヽ }      |  `  レ ノ
              |    j     ,ィ'    アクション!
             ト、   `_  /.|
               l ヽ  `ニ ´ / |
              ,ヘ _ ヽ     / __ト、
.       _ - イ   ` `ー='ニ ̄   ヽ‐ 、_
   ィ::::´:::::/   |    ,イ___\   |    T 丶、
.   l::::::::::::l    l   / ヽ=-‐ァ' ヽ   l     |::::::::::::「`
   l::::::::::::l     ヽ/    〉n 〈    \/     |::::::::::::|
.   l::::::::::::l          l:::| |:::l            |::::::::::::|
  l::::::::::::l           l::::| |::::|           l::::::::::::l
  |::::::::::::|          |:::::| |:::::l         l::::::::::::l  ← 片桐且元
  |::::::::::::|         l:::::::| |::::::l        l::::::::::::l


ことによったら 自分たちには秀頼を大坂城で虜とする逆賊として
討伐命令が下されかねない状況なのだ





157 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/08(日) 23:50:27 ID:4.3GtTto

淀の方は本当にドライだなw





159 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/08(日) 23:51:40 ID:OI2hQEnE

               , ィ
               / |
                 /   |  _,.. -―ァ
            _/   l /    , '
         ,.∧': :´: :{   /'     /
     , ' : !_ノ: : : : :ゝ___Y´ _,.<
   /: : : : : : : :/'´ : : : : :.` ヾ: :.\
.   /: : : : : : : : :': : : : : : : : :i:、: : 、:ヽ: . ヽ
.  ,': : : : :!: : : i/ : : : : : : : :/ !: : i: . ':, .、:\
  i: : :| : |: : : :|: : : : ; イ: :./   l: : |、: : ',: :\;ゝ
  |: .:::|: :|: : : :|: : :X //   !: :| ,∨:.i : : ヘ
  |:::::::| :|:. : : :|/  `ー     l‐j´ !: :! : ! : !
  |:::::::ヽ|::. : : :!            !/  ,j :,' : :| : |
  |:::::i´`!::. : : :|  ○      ○ ./:|/: : :.|ヽj   こ 交渉で大事なのは信頼関係だよ
  j∧ヽ_|:::::. : :.lxw      ,   xwl:.:.:.:.,ィ:.,'
   \:|::::!: : : l  r ―--、  ,. イ:.:.:/ i/     そういう依怙地な態度は
     ヾ、|ヽ:.:.:l`.ー`ーr.--'<´  |:.:/
      ,、へ:::.\l、___j:::::::::/∧  !/        ど どうかと思うなあ わたしは……
    /ヽ:\\::::::ヘ   !::::://:::∧
    ,'  \:\\:::ヘ |::://:::/  ',
    i     `ヽ\\∨〃;::イ   .i
    |      i \ヽ>':/ |   |
    |      | /..`.¨´.`ヾ   |
    |      | '. . . . rく. . . .〉   |



当然のこと 輝元は宗茂の意見もまた退けた



:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::|       ヘ:.:.:j.:.:.:.:.:.:.< ̄`
:.:.:.:.:.:.:.:.:j:.:.:.:.:.:.:.;|:.:| u      ∨、.:U.:.:.i:.:.:\
:.:.:u.:.:.:.:.||: :\:/ |:.| i  u   / ∨:.:.:.:|:.:.:.:..:\                _,.yトーゞrッヽv,、_,.
:.:.:.:.:.:.:.:.|.|:.:.:./\|::| | |i |  /   V:.:.:.:.|:.\.::.:.:\            ,rk´ミ、''ナ;;爻'、ー;;〃彡;,.
:.:.:.:.:.:.:.:.|_|:.:/__! : :リ\ !|l| / ____∨:.:.:|::::.:ヘ`ヽ:.:.\          vf戈ハトシ〈'"リ゙、ヾ、;;jリ、〃、
:.:.:.:.:.:.:.:.| |/ ̄`===`: :"==" ̄  /ハ:.:.:|:::::::ハ  `ヽ、:〉        Yメ从k;;、;;ij;;;ii;ヾ;ッ;仆、ヾくソ
:.:.:.:.:.:.:.:.|,,______ }⌒{ _______/ハ:.::ヽj.:::::::.:|    `         }ソリ"i!;;;;;l;;i;;、;;:;:;;:;';;;};;iリドシゞ,
:.:.:..:U.:{.:|::|i≡i≡!≡::j: : :i_:≡≡≡::λ::::::::::::::::::::|             ツ;;;;;;;;;;ト、;;_リ;;;i!;;ト;=;、t;;;l;;ヒ'
:.u:.:.:.:.`ト、: : : : :/´ `メ、_,ハ`i: : : u:.〈:::::|\                ヲ;i!、:::r',;、=;'、;"リ,、=;''"リ;ij´
\:.:.:.:.:..|: `ー‐/-‐'"    `|‐-‐'" 〉::|    今さら信頼って      };lヾ;;j  ̄´.〃l゙ ̄´ ,';ィ′   …………
ゝ.ヘ:.:.:.:.|   /        |   /::::|                   7;;;;|',    =、j,.   /仆、
:.:.:.:i:V:.:.:|\/           | ,.イ:::::::::j    何なんッスか        ゞ;|:ヽ   ,:ニ> /:: レ ソ\,.、- ' "´;; ̄::
:.:.:.:.|::V:.:.|::;ィ'⌒ヽ、‐┬-‐::':´::::::||:::::::/                   ̄>.ニト、:\` "'' ///,r/:::::::_,..、''' ..,,
:.:.:.:.:|/V:.:|'⌒ヽ、 ヽ、|:::::::::::::::::::::|.|:::/     それはっ!       リ;/::;;/::} `:::`:ー'/'∠;:/`゙ヽ・.‐´
:.:.:.:.〈,ィ'ヘ:|    〉  \フ~`ヽ、:::::| |/                   :;/::;;;{! `r‐'"フ´〃シ:;;/ " ヽ、. リ'"  ,、_,
:.:.:.:.::|  `   {j /  `ヽ.0.j i:::|                    /::;;イ `'ー ''/ヲリ/;/r'/,r─‐-、 (∴,、-''"
:.:.:.:.:.|      | /    } } |:::|                    .:;;/ `ー-‐/Ξ/ッ/rレヘ{ | ̄|  `''"





167 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/08(日) 23:53:03 ID:OI2hQEnE

また宗茂は宗茂で もはや輝元が自家の和睦のことしか考えていない
この大乱に引き摺りこまれた他家のことを斟酌していないことを感じ取った


 ツツツツ};;;;;;;;;;;;;;;;
 、ミ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
ミ;;;;;;;;iiリ从ノ从从;t
;;;;;;/ 、;;iiニ;;;;;ヽ4;
;;;イ"   マャァ=ー/          そういうことならば……
;;;;|     `´'" ',
ヽ|       _,,,,,'、          俺は国許に帰らせてもらおう
乙      "_ッ'"
 |'i     ,、-〈        ,r'''}
 |::t      i}'´       / / /
 |::::`' 、    '、  ,r'ヽ.   / ~/ /
 ヽ:::::/~'-、,,ノ  リ  )  /ー'/ , ' , '
`~~;;'''''';;ー- 、、,,_,| '"} ノ、,,/ / '''/,/
_____;;;;;;;;;;;;;;;ヽ, リ'~、 `'"ヽ:レ"
::::::::::::::::::::... ~"'''ー 、;;ヽ "~'ー、  ::'ー
  :::::::::::: :::::.....  ~' 、'、,,j   イ;;,
 ;;::、::-ー―― ー- 、,,  ヽii  ,r''"  ツ
" :::::::::::::  :::::::....  ~'ーヽY   , "
  :::::______;;;; ___'i   /
―''"'''''''''''''''''''''''''''''''''''''~'ー'"};ヲ'"




   __      /   }
   \ `ヽ.__j,  /_
     j___>┴⌒: : `: .、
   /: :f'´: : : : :|: : : :、: :\
.  /: : : :|:.: :,!.:∧ト、-、: ',:.:. :.'
  l: :|: :..:レ':/|/ !| \:..:l:.:. : !
  |: :!: : :|:/    l′  ',: ! : |:|
  |: :|: : :|′     , __l:.|::|:|′    あら あら!
  |: :|: : :|  ,ィz     ̄l/| レ
  |: :|: : :ト 〃   __  ,イ:.|      それじゃ道中 気を付けてね~
  |: :|:∧トヽ. __`_',.ィ :;ヽ!ヽ
  |ハj/ |ハ:;ィ/|::::::'v-:〉/:::::::::::)
         /:::: ̄`ヾ〃:::::::/ヽ
.         ト-──:┬く´:://::|
       ト:、:_::\::::|f>∨:::::::::|
       ヽ ::: `:ヾ:::!::::/:::::::::: |
         ∧ ::::::::ヘ:|::/::::::::::::/
         | :ヘ:::::::::::∨:::::::::::/l


失望した宗茂は帰国を申し出て 輝元もこれを認めた





173 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/08(日) 23:54:21 ID:OI2hQEnE

この後も秀元は諌言を続けたが 輝元は耳を貸さなかった


/:::::.:.:.:.u . . : : : :.::.:.u:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
:::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:`:.、
::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:し.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:;、_:.:.:`;
::::.:.:.:し':.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:..// |: . . .!
::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,イ.:.:.://  .|::.:.:.:.|
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.U:.:.:.:.:.:.:./ |:.:.∧ : : ;'::.:.:.:.:|
.:.:.:.:.:.:.:.:U.::.:.:::::!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;': :.|:./: : ヽ/::::::i:.:.;'
.:.:.:.:.:.:.:.:.:::.:.:.:::::|.:.:.:.:.:.:.u:./: : .j/ : : : /:::::::'|.:/
.:.:.:.:.:u.::::/´⌒ヾ.:u.:.:.:.:.:.' し : /: : /::::::/.j/
.:.:.:.:.:.:::::.{    |.:.:.:.:.:.:.:.i: : : /: : :、イ:::::/
.:.:u.:.:::::::::>、  |.:.:.:.:.:.:.:.! : : {: : : :/:::::;′   むむむむむ~
/.::::::::::::/\ ` !.:.:.u:.:.:.|    ー 'i:::::/
.::::::::::::/  ´ ̄`ヽ.:.:.:..:.:|ヽ  , イ:::/
:::::::::i/  _,  -ー ハ.:.:.:.:.|¨ ´|:::::::/
:::::::::| '´       i.:.:.:.:|   l:::::;′
:::::::::|        |.:.:.:.:!.  |::/



こうして毛利家は徳川方との和睦路線で突き進み
9月24日に 輝元は大坂城西の丸を退去し
城下の自邸に移るのであった……





175 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/08(日) 23:54:32 ID:tVE0T12g

この場に残るだけ危険だしね





172 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/08(日) 23:54:14 ID:4.3GtTto

TERUはどこまでも自分に正直だw





186 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/08(日) 23:57:41 ID:dhuGdqMk

結局、TERUは何がしたかったんだろうと思わずにはいられないw





182 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/08(日) 23:56:53 ID:tVE0T12g

極楽行きのバスに乗って地獄が見えたからバスから飛び降りたんだよ





183 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/08(日) 23:56:57 ID:OI2hQEnE

毛利が大坂城から退出する頃には宗茂も帰国を開始する



      ┌┐
     /~'7;; |            ┌┐           ┌┐
   ~(  ( ̄|      ~~  /~'7;; |          /~'7;; |
 、___`t-'ーイゝ-i         ~(  ( ̄|         (  ( ̄|
   ヽ] ̄二二二7     、___`t-'ーイゝ-i      、___`t-'ーイゝ-i
 ~~   \\\~      ヽ] ̄二二二7     ヽ] ̄二二二7
             ~~~~   \\\~    ~   \\\~~~



それに先立つ9月22日にも大坂から海路をとって帰国……
いや 脱出する一団があった





189 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/08(日) 23:58:51 ID:OI2hQEnE

関が原で決死の敵中突破をはたした島津義弘の一行である
島津隊が大坂脱出に至るまでは苦難の連続であったが
その敗走ルートは今も確定していない


                /, ーミ、        ,  \
             //    lハ{ , / ,r .ィ从ハ ゙i
              〃     八{ル'j/ ´    ! !
               /ノ ,{_,/     `   u    } {
           //r'jr'゙        、 ,   V  !
             !7´    {、     ゙メ-+、( ミ !
         rぃ{ --、_  ヽーァ'^ _   i'⌒ヽ} ,゙
         ぃ ゙L 、_'、 、` /,r   _ =-v { 〈、
   r   、__ノ}rソ7 ヽ'='゙ミ、〉( ノ_r=ゥ≪, _ /〃゙ヽ
   {廴___ア { {,〈 u `ー'゙ 「` r_(`ー'´ ミ 〉{ イ ハ    …………
 -‐ミ‐  _   `j ハ     }   ノ  ̄    ,/ リ /  ミt_
    ´フ´ イ///ハ{ 〉   └《__ ,.」    r‐'{{! '゙   ≪__,,
    '´ ノヘ小l丿/ __   ( ̄     Ly ,ツ7   いー≦x、
       ハ! { '⌒こー---―x、 、メ ´jハ  !、v゙ ー
        {{ F ‘、   、__ ̄ ̄ ̄  /` / /リ 小`}
          || lハ 丶      ̄`      イ トV7
 ヽ     ||   \ヽ{  __j、_,r  ミ, 彡ソコノ //
 \\    ぃ  〈\ 、ヽ ______ノ´彡'´ ,__//
   丶 ー  `、、 ト、 ヽ\`ァ,二 ,.  ィ  ノ //
    ̄\ 、 ヾ、\ └┘| {_/ ニノ ///      / ,  ← 島津義弘
       ヽ   \\   | __彡 ゙´//   ,  、  /



その最大の理由は 土地に不案内な義弘たち自身が
自分たちがどの道を逃げているのかを把握できていなかったためである





197 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/09(月) 00:01:34 ID:.xoVPU.Y

                       .;/゜    Y    [::::::::::::::::::::::.;x(
                     _。f゛      〈!   /゛:::::::::::__,,。.f"
                  _.。rヾ        イ   メ゜:::::::g"
                 /^          」゜  /゛:::::::..l[
                ]゛           〈(  ](:::::::::::/゛ ┌────┐
_____              f、          」(  |:::::::.l(   │ 近  江 │
   ^\,,           \_         ][   ゚l(:::::::] .   └────┘
     .\、           \        大津城\/゜
       )。          /         .ヽ
        .\_       /          .ヽ              水口城
          ^ゝ。   r"       伏見城ヽ
             ^^'''ヾ──v、          〈、
                   .\         .ヽ、
 ┌────┐          .l[           .\,, ,,。.、
 │ 摂  津 │         メ^ヽ、  ┌────┐  \   ○信楽
 └────┘        ./  .\  │ 山  城 │   .\_     ,,,,_
                 /    | .└────┘     .\.。_ ./" .\
                /゛     〈(                 ゚lr"
               |      g[、                 ]、
               ](      ./.\,,       _,,=--v。._    |
t、             ](     ノ゜   ^-、,,_   ノ゜    ^\、  ](
::::゚ヽv.-- 大坂     〈     ノ゜       ^^^^         \─゚l。.
::::::::::::::::::::::::::.\     ヨ    J゜                       ^)
:::::::::::::::::::::::::::::]     ^)l.   ](        大和郡山城        /
:::::::::::::::::::::::::::::]    ○平野 |                       /゛
:::::::::::::::::::::::::::./゜ ○住吉゜   |         ┌────┐    |
::::::::::::::::::::::::.;[,,,,。__.. -く     .\、       .│ 大  和 │    〈、
::::::::::::::::::::::::○堺 ^。        ./゜        .└────┘     .ヽ。
::::::::::::::::./     ゚l(   ┌────┐                    .\
::::::::_./^       ヽ  │ 河  内 │
::::メ┌────┐ ゚l(. .└────┘
r" │ 和  泉 │  [        .l[


義弘の一行は 9月15日夜に長束家の士の助けにより水口に至る
そこで案内役の士を長束家に帰した後 9月16日夜に信楽に到着する





203 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/09(月) 00:02:36 ID:AIsQkYms

九州は果てしなく遠いなぁ





207 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/09(月) 00:03:30 ID:.xoVPU.Y

しかし ここで一行は道を見失ってしまう
そこで島津兵は村の外れの民家に押し入り 亭主に大坂までの道案内を請うた



            /: : : : : :ハl\; : ト、: : : : : : : : : :.:\  /    /
            /: : : : : :>   \l \ト、: : : : : : : : \    
           /^ヽ: : : :/         \ト、: : : : : : :\ 
\ \       / ヘ |: : :/              \: : : : : : /、         _  -‐ ´
    .    / /ノ: :/    ヘ      |        `\:\ーヽ    -‐'"´
       ___j  |/: ノ    __\.   |   ./       /:;\i
       |: : :.| . /:.:/     ´ tテ‐≧__ノ   /       //´
       /: : : し': :/         ̄_>,  r≦___、  /
       \: .ソ厶/              /<tj ヽ. ′ノ         -‐‐‐‐ "´
      _/^7 .//           / \ ` ´ /
     //レ′{ /        、   /      /       道案内を…… 強いられているんだ!!
____/  |.  ヽ/  ._ -‐ _  - ´     ノ
   /  八 l  \   |^l  ヽ ` -、_     ./          `゙ ー- 、_
    {    \    '、 \\__ 〉/   /       \          `゙ ー- _
    |      ヽ    ヽ\`‐---‐'´ ,. ィ´}          
    |        \   \  ̄   / / .|\     \  \  ← 信楽在住百姓 某



面倒事はゴメンとばかり拒否する亭主であったが
島津兵は許さず 亭主を脅しつけて無理矢理と連れて行った





212 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/09(月) 00:04:51 ID:DN5TOmnY

イワークw





211 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/09(月) 00:04:39 ID:n0Q5l86c

宇宙世紀に紛れ込むなw





214 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/09(月) 00:05:10 ID:nsSXmMg.

この絵面が使いたかっただけだろw





221 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/09(月) 00:06:13 ID:.xoVPU.Y

この時 身をひそめていた女房が戸外に出て大声をあげ助けを求める
集まった近隣の住民たちも中々なもので彼らは亭主を取り戻さんと島津隊に襲いかかった
中には鉄砲を撃ちかける住民もいたという


          _,    _,     _    _     _    _,    _    _    _, ,
          |_|_|   |_|_|    |_|_|   |_|_|    |_|_|   |_|_|   |_|_|   |_|_|   |_|_||
       | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_
       |  _| |  _| |  _| |  _| |  _| |  _| |  _| |  _| |  _||
       |_|   |_|   |_|   |_|   |_|   |_|   |_|   |_|   |_|

   ´⌒ ,,_∧  ∧_Å #__#  ∧_∧ §_§ ,,,,,,,,,,,,  ↑_↑ ∧,,∧`)⌒`)
   ´⌒(◆∀・) (メ皿●)( ・д・) ( ゚皿゚ )( ・∀・) ( ゚∀゚ ) ( ・д・) (・д・))⌒`)`)
   (⌒━∪∩━〈>∩━〈>∩━〈>∩ ━〈>∩ ━〈>∩ ━〈>∩━〈>∩━〈>)⌒`)
   ⌒⌒∧_∧ 个__个  tttttt  ▲_,,,,,, △△△  ∧∧   へへ   ∧_∧`)⌒`)
   (´⌒( ゚皿゚)(◆∀・) ( ・∀`)(´・∀・`)( ・皿・) (゚∀メ) (・Д・) ( ・∀・ ))⌒`)`)
   ´⌒━∪∩━〈>∩━〈>∩━〈>∩ ━〈>∩ ━〈>∩ ━〈>∩━〈>∩━〈>
   ´⌒ ,,,,,,,,,,,,   ↑↑  ∧,,∧  ∧,,,,,,,,,  /ゝ,,,,,,  tttttt   ▲,,,,,,   △▼△`)⌒`)
   (⌒( ・∀゚ ) (。∀゚) ( ・皿・)( ・д・,,)(◆∀・,)( ・д・,,) (◆∀・) ( ・皿・))⌒`)`)
   ´´━∪∩━〈>∩━〈>∩━〈>∩ ━〈>∩ ━〈>∩ ━〈>∩━〈>∩━〈>)⌒`)
   (´( l , O  l , O  l , O  O 、 l  l , O  O 、l  O 、l  O 、l`)⌒`)
   (´⌒( ´⌒( (⌒(´⌒88888   ∧_∧   ∧_∧)⌒`)⌒`)⌒`)⌒`)⌒`)⌒`)
     (´⌒(´⌒(´⌒(´( ・≧・ ) (  ^^ )  (;:.@盆@)つ)⌒`)⌒`)`)⌒)人
         (´⌒(´⌒( つ  / ヽ[| ⊂[) .( つ  /ミ `)⌒`)`)⌒`)(;0w0)ノ
       (´⌒(´⌒(´⌒|  (⌒)  (⌒)  | (|  (⌒))⌒`)⌒`)`)⌒`)`)丿
           (´⌒(´し'⌒^    ̄ (_)`)し'⌒^`)`)`)⌒`)`)⌒`)





229 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/09(月) 00:07:20 ID:ZYvAiSj2

流石、京畿の民草は戦闘民族やでぇw





228 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/09(月) 00:07:10 ID:7IMYQKMQ

戦乱の機内を生き抜いてきた百姓だからな





236 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/09(月) 00:08:22 ID:.xoVPU.Y

もちろん島津兵にとって反撃することは容易いが
世の中にはやって良いことと悪いことがある


           _,.. .... 、
         ,.‐'" , 、  `ヽ、
        ,.'/`:'-、jノ ̄j\\
       //         `、ヽ
      i i'         u`i  |
      | |,:'"  \,. '"    i  |
      j. |. _,.. 、,i |  _,...,  .| ,!、
      .i j.|. ´,-,テ,L,.- .,  | i i
      l !, |   ̄フl_,.,!`=   j .l); |
      ヽ; !、_   j  !、   _,! 、,./.
      ノ!j  !  ^. ^   「.〈 ,,ゝ.i    撤退! 撤退だ!!
      j,:' i   --==‐-   └l.  l
     j  !.   ‐'"~` '" メ  j  、ゝ
     ヽ,  `;-!、___,メ_,!-‐';^i ノ‐'
      'ー-..! ! `==.l.,=='' !! .|
         !、゛'!三:、l _,:'三j " _」
         `===l===''""


道案内のために民をひとり拉致しただけならまだしも
その経過で民草を虐殺したなどと知られたら島津家はお終いだ





238 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/09(月) 00:09:12 ID:TN3hFrkM

島津が・・・島津が自重しただと!?





241 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/09(月) 00:10:06 ID:ZYvAiSj2

本当に修羅場だと大局的な思考できるのな、島津w





242 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/09(月) 00:10:11 ID:.xoVPU.Y

義弘たちには亭主を連れて ほうほうの態で逃げ出すしか手はなかった


\                                            /
  \    強 い ら れ て い る ん だ ーーーーーーーっ!!   /
   \                                      /

                    ─ 、
                    /: : : : : : :ヽ                         /:.〉
                    V^`ヽ :r: : : L                _,,.. -‐:.:.:./
               レヒ' L{ノ、: :.〈           _  -‐く:.:.:.:.:.:.:.:./′
               L   ミ } /^\.      -〈 ̄'.     _〉-‐.:.´.:ノ
                   f__ ノ/   ´ ̄ ̄     '.  '._ -‐ -‐  ̄
                   〉′ /    `ヽ   _〉_/ ̄
                       ′  、     __ ´
                  |     ー─ ´ |
                       !      /     !
                   ヽ   /       、
                              \
                       \       /`ヽ
                       \   /〉レ'´   \
                       \rく/       \
                           -‐ く          \
               _,,.. -‐ ¨       \           、___,,..
       _,,..   -‐  ¨              `¨   、              `ヽ      -、
  く⌒7<三{  |           _________ > ..,,_                `¨ 7 7  \
   \     、__」r───   ´ ̄                   `ー─────  、/ /     \
    `<__/                                             `¨¨"""ヽ   〉
                                                       ゝ ′


諦めた亭主の案内で 義弘たちは大和・河内を経て摂津に向うが
今度は途上で兵糧が尽き また老齢である義弘の疲労も限界に達しようとしていた





245 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/09(月) 00:10:55 ID:ZM4Mfbpo

結局、道案内させられたのかよw





256 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/09(月) 00:12:08 ID:nsSXmMg.

えらい楽しそうやないかw





253 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/09(月) 00:11:39 ID:.xoVPU.Y

そこで一行は山中で
輿をあつらえ義弘を乗せ 乗馬を潰し食料とした


          (( ⌒ )
           (( ) )
               ( ::)
            ) ;:) ∫ ∫
     ∧,,∧ ∫∫ (;;, <⌒> ∧,,∧
  ∧,,(´・ω・)<⌒>( ;;   `゛\ (・ω・`)
 ( ´・ω) U)/´゛ ∧,,∧     と と ノ
 | U (  ´・)   (・`  )ヘヘ    u-u
  u-u (     )   (   ノ
        `u-u'     `u-u'





258 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/09(月) 00:12:36 ID:.xoVPU.Y

この時 輿の先肩を担ぐ役目の士が義弘に馬肉を勧めた


 ,.'´ ̄
'´._    \
 ヽ丿      ヽ  、`
      _   `,   ヽ
    ヽ丿    !   ヽ  | !`
             !    |  L_」
\      , -‐'´ヽ  ! / 」      義弘様
彳i ー=<´      \ ! , ィ´ヽ
  |  `ゝrー'''゙i"二ニニ`レ‘jN ,!      どうぞお召しあがりください
  |   l | 〉 ー=i!''゙´/  ; ヾ´!;} |
L_,!   ! |;レ  リ"´ ,_   ,! ,リ !ゝ、ー-、
     ,!j;:}   ,   ``ー'゙ j ,'_」ト!ー'-
\_    `ヾ  ' ``ー='゙´ / /  Hj
ト、 \   \      ,/_,/  ,Hj
 `t、 ヾ    `ー‐ '´ ̄ _」   Hj




           _,.. .... 、
         ,.‐'" , 、  `ヽ、
        ,.'/`:'-、jノ ̄j\\
       //         `、ヽ
      i i'          `i  |
      | |,:'"  \,. '"    i  |
      j. |. _,.. 、,i |  _,...,  .| ,!、
      .i j.|. ´,-,テ,L,.- .,  | i i
      l !, |   ̄フl_,.,!`=   j .l); |   ああ……
      ヽ; !、_   j  !、   _,! 、,./.
      ノ!j  !  ^. ^   「.〈 ,,ゝ.i
      j,:' i   --==‐-   └l.  l
     j  !.   ‐'"~` '" メ  j  、ゝ
     ヽ,  `;-!、___,メ_,!-‐';^i ノ‐'
      'ー-..! ! `==.l.,=='' !! .|
         !、゛'!三:、l _,:'三j " _」
         `===l===''""





262 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/09(月) 00:13:44 ID:.xoVPU.Y

だが これを後肩を担ぐ中馬重方が大声で制した



       /  ヽノ   ! ! !  ゝ' \
      /   __    | ,!  !       ヽ
      /   ヽノ   l  l   |  / l   ヽ   .
     l        /.  |   |   `´   l   ...   何をするか!
    」   lヽ ___/   |  ヽ__,/i  L   .
   /、ヽ  |    `ヾ  | ,〃    」 / ヽ   .   この慮外者がっ!!
   |  i´| ´フ''''ー- 、__,」 ,,、-‐''"´ゞ,| | ,| | |  
   l  l ! i | "´ヾニ・ン''゙j`´ー'・゙ニr'゙ ;.l ! ;| | !  /∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\
  」 ! | | |',;, ,` ー ,イ  ` ,`ー''´ ,;/ ! | ,l/、
 イjー=ト/ ヾiト、,,,,,.._,ゝ、''_´ ,ィ _,,,、イ ,/ ,l/ ̄!``ヽ
  丶、=‐カ、.  ゙,  ,r'''"゙二二ニ,ー-、 /  /ー=,!   ,
     ヽ、 \ ヾ〈 ``二二ニニ,, //  / lト、_!
     `ヽ、\ `ゞ='゙´ ̄`ヾ''゙´´  / /l!、__    ← 中馬重方
         `ヽ、  `ー─''´   / /




 ,.'´ ̄
'´._    \
 ヽ丿      ヽ  、`
      _   `,   ヽ
    ヽ丿    !   ヽ  | !`
             !    |  L_」
\      , -‐'´ヽ  ! / 」
彳i ー=<´      \ ! , ィ´ヽ
  |  `ゝrー'''゙i"二ニニ`レ‘jN ,!       え!?
  |   l | 〉 ー=i!''゙´/  ; ヾ´!;} |
L_,!   ! |;レ  リ"´ ,_   ,! ,リ !ゝ、ー-、
     ,!j;:}   ,   ``ー'゙ j ,'_」ト!ー'-
\_    `ヾ  ' ``ー='゙´ / /  Hj
ト、 \   \      ,/_,/  ,Hj
 `t、 ヾ    `ー‐ '´ ̄ _」   Hj





263 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/09(月) 00:14:18 ID:tr8ltASg

え?





266 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/09(月) 00:15:16 ID:.xoVPU.Y

        _,.--―'~ ̄`ー-、
       /,.-‐'"~ ̄`、   、 ̄ヽ、
      / /       `ー-〉`ーヽ. \
     r' /.            〈.  ヽ
     ; i              〉   |    殿には いよいよの時
.     |.|       ,.:'"      `i   |
      l.l  ,._____ l i__,.--‐‐-、.  l   |    腹を切る力だけ残っていれば良いっ!
      !.`iく´_,.--、_」'^L_,.===、_`;. j  .j
.     /i | 、-‐・./  ヽ!、 ̄`・,.   l /^ヽ   その肉は お前が喰って
     |.(|. | ``=-7  ,...; ` ̄´   j l ハ |
     ヽ:l !、  、__,.、_,.、i    ,.-'〈  し/    殿を運ぶ力をつけろっ!!
       j ! ,..-‐'" ゛ー--、、    j  Yl
      j.  `r' -―===-' ヾ`、 _.ノ  l|
      `、 ヽ. ー-,.-、-‐ ,.-'   _./_|
       \_`゙゙゙"  ゙゙゙""  ,.-‐',.. '" l
        |.  `゙゙'""`゙"`´`゙゙ .:::::::::   |
.        |          .::::::::::: ,....-'―
        ‐^ー‐;―‐‐''""~~ ̄ ̄ ̄





283 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/09(月) 00:17:04 ID:tU3.6XBU

なにそれこわい





272 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/09(月) 00:16:14 ID:tr8ltASg

これは・・・島津流忠義なのか





269 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/09(月) 00:16:10 ID:uLdvH9q6

殿の前ではなかなか言えないよな、それ





284 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/09(月) 00:17:15 ID:zfn2bvtk

腹が減ったら腹を斬ればいいじゃない的な狂気を感じる





270 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/09(月) 00:16:10 ID:M8zPh8LY

この殺魔人がw





282 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/09(月) 00:17:02 ID:.xoVPU.Y

義弘は
口にしかけた馬肉をあわてて士に返して言った


              ____
           ,、 '´:::::::::::::`ヽ、
         /,イイ从仆彳´ヾ;:ヽ
        ,r';:,/      ゝ'゙   ヾ;\
       ,イ::::,!           u ゙i;:ヽ
       i|::::::i}   \   ,イ     i::::i
       {::::::,!,r'´   、ゝy'´     l::::l
       ,!::::|  ,r-‐、 `ト  _,,、-、 「人
      ,イ,!::::i   'r'ニ・ンイ`イ゙・ファ  ,}i イj
     i:::::::::::,!   ,r'´ ゙ヾ  `Y´  ,! ト::::l     う うむ!
     ヾ;:;:;:;:;:ト、   ゝニニフ    ,イトミ !
       }k;:;:;:,| `    カ    イ  ,!;:;:i     中馬の申すとおりである!!
     , イ;:;:カ;:,!   _,、ェェェェェ、_   ' ,ノ゙:;:;i
    ,ィイ;:;:;:;:`Y    ´ "´ ̄ ` `   ,ゞj,:;:;l
    i゙;:;:;:;:;:;:ゞi    '´ ̄  ̄` ,レ  ,j;:;:;:;ト
    ヾ;:;:;:;:;:;:;:,ゞ、 ,i!      ,yイ゙  レイ ,{、:;:,!
     ゙>;:;:;:;:イゞミュ   , イ  _ ,ィ'´ ̄Yi:;ノ
     ゝイi´ ̄`ーゝー'ー'フ''´,ィ'´ _,,ィ  i l
      ,!ヽ i}`ー-、`ヾ | i´ ,r'´   ,イ |
    _, イゞ、 Y`ー、_!、  | l ,/ '´ニイ ゝィ-、_
-'イ ̄´_,、-‐'`ヾ、ゞ-、_j ,`Y| | ノ _,,、 ノ, ィ  `ヒ `Tー-、_



苦難の1日を過ごした9月17日夜
義弘一行は ようやく摂津国平野に到着した
(亭主は ここで解放された)





276 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/09(月) 00:16:37 ID:DN5TOmnY

義弘涙目






286 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/09(月) 00:17:25 ID:tr8ltASg

亭主お疲れ





296 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/09(月) 00:20:15 ID:.xoVPU.Y

この地で義弘は
親交のあった商家「田辺屋」の今井道与に使いを送って援助を求めた
道与は義侠心のある商人で この申し出を快諾した


      / //              ` 、    `、
      /  l  l              `;  `、    ヽ、
    /l   ヽヽ__            ノ   )    ヽ
   /  人_   ,-‐        ノ  ン ノ  ,ノ     ヽ
   /  /   ̄     .ノ    ノ  ン ノ  ノ       `ヽ
   {  (       ノノ   ノ  ン ノ   , - ー 、     `、
   .{  ヽ、 _ _ , -' "ノ  ,ノ-ーニン ノ/  '" 、   `ヽ、   `、
   ./  、`、_、、、=ニ二-ー'"-ー ニ-ー '" {      ` ヽ、 ヽ   ゙i    分かりました
  /   ,l  ̄,,,;;__..、、    "''ー‐‐---:.、、.ヽ       ヽ ヽ  ゙i
  {    ,l '" , -=ニ、    ミ,;==‐-._  ` \     ヽ ヽ  , ゙!    他ならぬ島津様のため
  l    l ミ"l(゚')i  ;    ヽ.l(゚')i`三    i      ヽ ヽ  l
  l    ,l ゙ヽニー /     ゙-=-ー"   ノ       ヽ   i     わたしも尽力いたしましょう
   `ヽ  i    ノ            ,ノ /⌒ヽ    ヽ  V
    `、 l    ;             ( //ヽ |     |  ,l
     `i l    `; `           ヽ| 3/ / ,    l   `ヽ
      i i    ____           iヽ-'//         i
     /  i.   ヽ ̄ゝ         ,/ / /         /
     /,  ヽ   こ:"        ミニ彡"◇ /          /
    /     ヽ               /◇ l          ヽ
   {    ヽ  ヽ、._ , , ; - ‐ "     | ◇ l         ヽ ヽ
   i    , ヽ      |            |   l          l  |    ← 今井道与
    `ー-    ヽ ヽヽ |           |   ミミ彡  , - ‐ - .、  |
    /    ヽ  )),/              ヽ、_,-ーミ彡彡
    /      ) _ ノ ,,


9月18日夜
道与の用意した女性用の駕籠に乗り義弘は住吉の今井屋敷に入った





299 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/09(月) 00:21:41 ID:.xoVPU.Y

                 /, ーミ、        ,  \
              //    lハ{ , / ,r .ィ从ハ ゙i
               〃     八{ル'j/ ´    ! !
                /ノ ,{_,/     `   u    } {
            //r'jr'゙        、 ,   V  !
              !7´    {、     ゙メ-+、( ミ !    なんとか ここまで来れたか……
          rぃ{ --、_  ヽーァ'^ _   i'⌒ヽ} ,゙
          ぃ ゙L 、_'、 、` /,r   _ =-v { 〈、    だが 薩摩に戻るにあたり心配なのは……
    r   、__ノ}rソ7 ヽ'='゙ミ、〉( ノ_r=ゥ≪, _ /〃゙ヽ
    {廴___ア { {,〈 u `ー'゙ 「` r_(`ー'´ ミ 〉{ イ ハ
   ‐ミ‐  _   `j ハ     }   ノ  ̄    ,/ リ /  ミt_
     ´フ´ イ///ハ{ 〉   └《__ ,.」    r‐'{{! '゙   ≪__,,
       '´ ノヘ小l丿/ __   ( ̄     Ly ,ツ7   いー≦x、
         ハ! { '⌒こー---―x、 、メ ´jハ  !、v゙ ー
         {{ F ‘、   、__ ̄ ̄ ̄  /` / /リ 小`}
          || lハ 丶      ̄`      イ トV7
二 ヽ     ||   \ヽ{  __j、_,r  ミ, 彡ソコノ //
  \\    ぃ  〈\ 、ヽ ______ノ´彡'´ ,__//
    丶 ー  `、、 ト、 ヽ\`ァ,二 ,.  ィ  ノ //
      ̄\ 、 ヾ、\ └┘| {_/ ニノ ///
        ヽ   \\   | __彡 ゙´//


同時に 義弘は
人質となっている自身の妻と息子・忠恒の妻の安否を探るように
配下に命じて大坂に差し向けた





301 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/09(月) 00:24:07 ID:.xoVPU.Y

翌19日 大坂に潜入した義弘配下は
そこで ある意味
思いがけなかった強い味方を発見した


       ゝー‐ ‐ ¬ー 、__
    ー=二.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::: ̄ ̄`ヽ
   彡"´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::\
  〃.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::\
  //.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::',
  〃.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::j
  {{.:.:.:.:.:.:.:.:{.:.:〃.:/.:.:リ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::;′
  ヽ.:.:.:.:.:.:.八ハ {{ {{.:.:.:.:.:.:((ヽ.:.:.:.:ト、:::::::::::::;′
   \.:.:.:{ ヽ ヽヾ ヾー--ーハヽー′\ヽ::::;′
     ヽ,.:.| ∠ ̄ ̄¨`ヽ  〃 ̄ ̄ ̄ヽ ノ/
     ハj´ ̄=o=ヾヽ  '"=o= ̄`リハ
      { ij   `ー '   i   ー - ′  j }    まかせな
     ∨ト、       |          イ /
      ヾij        ′       jソ     上司のフォローは
        ',       '¬=¬′     /
         j、   ー------一   イ       俺の役目だ
           |                /l
          __j ヽ、_        /__|、
        {二¨" --- 、---´//:.:}
          |.:.:.:`: ̄:ヾヽ   〃 /.:.:.:.:|
        ヘj.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽヽ/ /.:.:.:.:.:.:.:jへ、_
   ̄ハ ̄.:.:.:.:\__.:.:.:.:.:.:| | |.:.:.:.:__/.:.:.:.:.:.:.:   ← 平田増宗
      .:.:.:.:.:.:.:.:.:\ー┴┴┴/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.


島津家家老の平田増宗が
大坂城下の島津屋敷に姿を見せていたのだ





303 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/09(月) 00:25:23 ID:.xoVPU.Y

増宗は
実質的な島津家当主・島津義久の直臣で懐刀である


..........................,..:--――‐--.、_
::::::::::::::::::,.:r'"/        ゙ヽ、_
:::::::::::::/ iill /          \
::::::::::/,∧ N / "  _,.r―ヽ、  ‐:、  \
::::::::,i!" i! il゙ _,.;r'"     ヽ   ミ、  ゙i.
::::::,i   V;/         i!   ヾ、  !
:::::i    "      ヽ   ,ゝ   ヾi  l
::::ノ  、 i  ノ      ゙、 ヾ、   i゙  .!
:(、_ .ソ "   __     〕 .,r‐、   !
::::l ゙ヽ-ツーヽ=<___。>‐'  \r",:タ.! /
::::l   .:!   \_        l レへ !./    万が一の場合でも
::::ヽ .::j  ::.  ゙ー:.      l レ'///
::::::゙:. Y__..._. ::.         ,り//Y      増宗なら
:::::::::゙:. ヽ‐"          ト、ノ i l!
::::::::::::゙:. ヽ二ニ=’     /   i .l      良い手を打ってくれるだろう
:::::::::::::::i!  ゞ:::       ノ   i! l
:::::::::::::::::i! /      _/〃   ;! .l.
::::::::::::::::r゙、___,.∠/.:/   __,.-‐ト、
:::::::::::::::l.「 ,  ┌-===―‐‐tTr-―‐ニ┐!  ← 島津義久
:::::::::::::::l゙ーj  ト--  ゙l  l l l 「 ̄ .」 l


その増宗を大坂に送りこんでいたということは
争乱に対し静観を決め込んでいた義久も
いざという時は義弘の助けとさせようとしていたのだろう





305 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/09(月) 00:26:24 ID:ZYvAiSj2

おお、島津がまともな政治チャンネルを!





304 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/09(月) 00:26:23 ID:tr8ltASg

兵数動員は無理だったけど、これだけならってことか





306 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/09(月) 00:27:03 ID:.xoVPU.Y

増宗は 義久の期待に違わぬ動きを見せ
その日のうちに大坂城に乗り込み輝元と直談判する



           /: : : : : : :      ` ー- 、
         /: : : : : : : : :         \
_        /: : : : : : : :/:            〈
  \_    |: :_: : : 彡'≦ト、 /   ノ }  }}
     \_」:/ヘl: /  ´、・ヽ}ノナ≦ノ ノ  リ
         | [`|:.l     ̄  /‐.、}フ  /′   義弘は関が原で討ち死にを遂げました
         小、{:ノ    ' _  { ー' / /
       / / | 〈   r== 、 ー' /{/       そこで我々も人質と共に
 /    / ,  l ハ   `ヽ _)  /ノ^丶、_
ノ   /  /   V ヽ  ` _/ }l\    \    一旦の帰国を許していただきたい
  /    /l    \ \__/  / へ、lト、 l  l
 〈    / \ /^ーfl´ /  \__/´ 〉 l  |
  \ //   ノ _  /l /       / /  |
 「 ̄  l  /´  }//        イ  /  ヽ





308 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/09(月) 00:27:56 ID:.xoVPU.Y

そして 前述のとおり 徳川との和睦を目指す輝元は
余計な荷物は軽くするに限るとばかりに これを了承する


              ─-ぇ-─ 、
            ∠. ___rく.__ >
         /:.:.:.:.:.;L:.!|ヽ:.:-、.: \
       / .:/ l .:/::/l| `、|.:.|:.:、:ヽ
       .:..::|. .:.|/|;厶リ   jA.:.!::.:Ⅳ
        |.:.::|::..:.|/r':ハ   r小ハ::.:!
       |.::rli::.:.| 込リ   ヒソ:{:.|V   はいはい
       j:::`li\|、   ヮ  ,.イ:.:!
          V\lY¬ミ、t-</lハ/    御苦労さまでした~
.            〈___`ヽ
          | /⌒ヽヽ!>
.            l !  l′ '.!
          ハ   !   |!
             {. ! |  |!


翌20日
島津の夫人たちは増宗に伴われて大坂城を無事に退去した





309 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/09(月) 00:28:48 ID:jZHaWO6I

上手い具合に両者の利害が一致したか





310 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/09(月) 00:28:55 ID:.xoVPU.Y

翌21日
さらに増宗は住吉に向けて薩摩の御座船を回したが……


                            〃.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ
                             ,' //.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ
                            { ハ.:.:从.:.:.:.:{ {.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
                             {ハ.:.:.:{{{.:.:.:.:ヾヽ.:.:{{.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
                              `ー7``´~´"ヾー" ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
             義弘様の回収を頼む!    / r----- 、    ヾミ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}
                               {/_____ヽ   ミ.:.:.:.:,rー、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
                               /   ゚ ̄`      ミ.:.:〃こ ヽ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
                  .             /   ´ ̄      |.:.:| ヾヽ }.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
 \ 了解であります! /              /             |.:.:| ノ  人.:.:.:.:.:.:.:.:.::/
                             /             j.:.:j   イヘ.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
      ∧,,∧  .∧,,∧               ー┌ー┘        ソ     ヽ.:.:.:.:.:./
  ∧∧(`・ω・´)(`・ω・´)∧∧            ┌──               ヾ〒′
 (`・ω・´).∧∧) (∧∧(`・ω・´)            j          /          |
 | U (`・ω・´)(`・ω・´) と ノ            {          /          j
  u-u (l    ) (    ノ u-u             ヽー――┬─< _xr========ュ
      `u-u'  `u-u'                    ┌┤,、r'"´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|


実はこの時 住吉には東軍の捜索の手が伸びていたため
義弘は道与の知己である堺の商家「塩屋」孫右衛門邸の土蔵に移動していた





312 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/09(月) 00:30:23 ID:tr8ltASg

回収w





313 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/09(月) 00:31:42 ID:.xoVPU.Y

しかし 天は義弘に味方した
この日の夜はことのほか闇が深く この御座船は住吉の位置を誤り
4kmほど先の堺浦に入り
さらに偶然にも孫右衛門邸の船着き場に船をつないだのである


           i                         ヾ
          ./          ...,, iヾ,             i
         /   ゞ,i  《  __;:"~ノ,ノ  ""'`\:: ,,.       i
         | ,∧(" 《 ( ヽi"   "       ~ヾ,       i
         ヽ,( ヾ  ヾヾ        ,      "`;      |
          | i    /        `i       ):     ,|
          |  |  /          ミ     ,/:::::      |
         ,丿,., v:"   ,,ゝ~”"`\  ,i     ヽ::::      i
        ,/,,-"'ヾ   ゞ; ",,,,, `     /      ,):      ,i
        ,i ,";"`_ヾi ヾ,"ノ" o "`)         /:::    , へ i
        i "く ~o_/"  ;  `=~"''''~"        ,/::::   / " `i
        .ヾ ~ "丿     `ヾ,,__,,..        ヾ,    i  ,ヘ , i
        / ,,//               i    i::    i /   /   おお!
       .|  ,, i""   ヾ         ,/     |:::  i く~  i
         i  ((,, ,ゝ;._,,ノ          ヾ    /::    i  ヾ/,    これぞまさしく天の助け!!
         ,i  " "~丿 "           ヾ ,,,/::    ,i  / ヾ
        ヘ く   ,,,,,..........,,,,,,,,,.,,ゞ.---- "ヘヾ`iζ:     ソ__ソ   ヾ
         i ,`i""___;:._______,,,,ゝ------=,/ ,iξ    ,,i:::::    ,, ノ
         i ("ゝ--------:::::....______,..../ 丿ξ"" /i i i::::     .,ヾ
         i ヽ,,;;;;;;:::,.........,,           ξ,,,,/丿" i::::::     \
        丿   `;:::::=-'"      ソ,      i   ~  i::::::::      \
         ヘ,/          \ / ~     i     丿ノi:::::      ,)
          /          ヾ,,/ヾ   ,,.___ソ     " 丿_ノi::     /
         ,i          /`;   /:: .,/      "~~ j::,ii:::  ,,/
         ,i.,,_             ,,/::""/         _ノノ/::: ,ノi i



翌22日 午前5時 義弘は堺を出航し大坂の河口に至り
正午には 増宗と夫人たち
そして大坂の島津邸にあった女性や子供を全て乗せた船が義弘と合流した





317 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/09(月) 00:34:26 ID:.xoVPU.Y

この大坂からの脱出時 忠恒の妻・亀寿は
太閤秀吉から拝領した茶器と島津家の正統の証である家系図を
懐にしっかりと忍ばせていた

              ____
           ,、 '´:::::::::::::`ヽ、
         /,イイ从仆彳´ヾ;:ヽ
        ,r';:,/      ゝ'゙   ヾ;\
       ,イ::::,!            ゙i;:ヽ
       i|::::::i}   \   ,イ     i::::i
       {::::::,!,r'´   、ゝy'´     l::::l
       ,!::::|  ,r-‐、 `ト  _,,、-、 「人
      ,イ,!::::i   'r'ニ・ンイ`イ゙・ファ  ,}i イj     うむ!
     i:::::::::::,!   ,r'´ ゙ヾ  `Y´  ,! ト::::l
     ヾ;:;:;:;:;:ト、   ゝニニフ    ,イトミ !     武家の女に相応しい
       }k;:;:;:,| `    カ    イ  ,!;:;:i
     , イ;:;:カ;:,!   _,、ェェェェェ、_   ' ,ノ゙:;:;i    見事な振る舞いである!
    ,ィイ;:;:;:;:`Y    ´ "´ ̄ ` `   ,ゞj,:;:;l
    i゙;:;:;:;:;:;:ゞi    '´ ̄  ̄` ,レ  ,j;:;:;:;ト
    ヾ;:;:;:;:;:;:;:,ゞ、 ,i!      ,yイ゙  レイ ,{、:;:,!
     ゙>;:;:;:;:イゞミュ   , イ  _ ,ィ'´ ̄Yi:;ノ
     ゝイi´ ̄`ーゝー'ー'フ''´,ィ'´ _,,ィ  i l
      ,!ヽ i}`ー-、`ヾ | i´ ,r'´   ,イ |
    _, イゞ、 Y`ー、_!、  | l ,/ '´ニイ ゝィ-、_
-'イ ̄´_,、-‐'`ヾ、ゞ-、_j ,`Y| | ノ _,,、 ノ, ィ  `ヒ `Tー-、_





320 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/09(月) 00:35:58 ID:.xoVPU.Y

この亀寿の冷静な行動を島津家中で褒めあげない者はいなかったという……


              _,.r:'" ̄ ゙̄ヽ、_
             /  i"     .i  \
            r'   |      i ,.-、\
           .」.   ヽ..__   V  ,r\\
          ./ ト、 /       `゙ヽ、 ゙i |
          | ,i y'"            \ハ
          \/               ヽj
           ./                ゙i.
           i     ,   ,   ,  、 ヽ  ゙i
          .l  i  i  l    l   !  i:、 ! ,l
           ヽ l_L_」L___」___」L_」___j ハ,!
            | !_,r≧=-、  ,.;≦==ミ,,゙ト/,ノ
           /V,オ=イ,,P・1_; ,. '"P゚・!i」_ ゙lr|   (この家系図は
           |`゙i) ' ̄ ̄ ,.:l!   ̄ ̄  ,リ ,
           \j、     `:4_,_     / /     あの馬鹿に対抗する わたしの随一の武器)
            ヽト.     _,,,..._    /'"
               'lト、   ゙`='''   ,ィ'       (決して手放してなるものですか……)
               .j\       / |
               ト=、_>-::::<_,..=j、
               | ̄r三:TTTニっ |
              _,.! ゙Tニヽ' | | ニフ ,L.
           _,.:-‐'" _\_`ー-、.| ,r‐"/ ヽ-、__
      _,.-tr'ニ-‐'" ̄  ̄ヽ==ヨ.!.E=ニ-‐'"~ヽ、__゙ヽ、_
 _,r‐tヲ-‐‐┴"          |.| |         ̄ヽ_.「`ー‐;-、__  ← 忠恒正室 亀寿
/ー'‐‐"^< ̄\.            |.| |          _j、 ̄>ト、_j_」





328 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/09(月) 00:38:06 ID:clGz34Yk

馬鹿じゃないよ、少し鬼畜なだけだよ





326 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/09(月) 00:37:37 ID:.xoVPU.Y

さて 義弘たちを乗せた船は瀬戸内海をひた走り
9月26日には周防大島に停泊 ここで同じく帰国途中の宗茂と再開


                                       _,.. .... 、
                                     ,.‐'" , 、  `ヽ、
           _,.yトーゞrッヽv,、_,.                ,.'/`:'-、jノ ̄j\\
         ,rk´ミ、''ナ;;爻'、ー;;〃彡;,.              //         `、ヽ
        vf戈ハトシ〈'"リ゙、ヾ、;;jリ、〃、             i i'          `i  |
       Yメ从k;;、;;ij;;;ii;ヾ;ッ;仆、ヾくソ            | |,:'"  \,. '"    i  |
       }ソリ"i!;;;;;l;;i;;、;;:;:;;:;';;;};;iリドシゞ,            j. |. _,.. 、,i |  _,...,  .| ,!、
       ツ;;;;;;;;;;ト、;;_リ;;;i!;;ト;=;、t;;;l;;ヒ'            .i j.|. ´,-,テ,L,.- .,  | i i
       ヲ;i!、:::r',;、=;'、;"リ,、=;''"リ;ij´             l !, |   ̄フl_,.,!`=   j .l); |
        };lヾ;;j  ̄´.〃l゙ ̄´ ,';ィ′            ヽ; !、_   j  !、   _,! 、,./.
 r‐、       7;;;;|',    =、j,.   /仆、             ノ!j  !  ^. ^   「.〈 ,,ゝ.i
 } ,! _      ゞ;|:ヽ   ,:ニ> /:: レ ソ\,.、- ' "´;; ̄::    j,:' i   --==‐-   └l.  l
 j _,!ノ )" ̄>.ニト、:\` "'' ///,r/:::::::_,..、''' ..,,    j  !.   ‐'"~` '" メ  j  、ゝ
フ ,、'-‐'l" ̄リ;/::;;/::} `:::`:ー'/'∠;:/`゙ヽ・.‐´       ヽ,  `;-!、___,メ_,!-‐';^i ノ‐'
‐' 冫‐i '"フ:;/::;;;{! `r‐'"フ´〃シ:;;/ " ヽ、. リ'"  ,、_,    'ー-..! ! `==.l.,=='' !! .|
. '",.ィ/ ̄_:;/::;;イ `'ー ''/ヲリ/;/r'/,r─‐-、 (∴,、-''"        !、゛'!三:、l _,:'三j " _」
  '二⊃ヾ/.:;;/ `ー-‐/Ξ/ッ/rレヘ{ | ̄|  `''"            `===l===''""





330 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/09(月) 00:38:29 ID:tr8ltASg

ボーイミーツボーイ





331 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/09(月) 00:38:41 ID:ROP2mtb6

因縁の間柄





332 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/09(月) 00:38:47 ID:.xoVPU.Y

9月28日には
豊後水道を抜けた付近で偶発的な出来事から黒田如水の軍勢と海上で交戦


              ____
           ,、 '´:::::::::::::`ヽ、
         /,イイ从仆彳´ヾ;:ヽ
        ,r';:,/      ゝ'゙   ヾ;\
       ,イ::::,!            ゙i;:ヽ                       ___,,r=ー--、,,,,,__        ,、
       i|::::::i}   \   ,イ     i::::i          __ノ\   // .,、-='ミV/////彡彡彡ヽ、    / `ヽ、_
       {::::::,!,r'´   、ゝy'´     l::::l          )  エ `ヽ、.   / ミミ y// 彡彡彡 三\ ヾぐ  エ  7
       ,!::::|  ,r-‐、 `ト  _,,、-、 「人         〈   フ  /  /ミミ\///// /彡彡 ミ\ l ii   フ  _l
      ,イ,!::::i   'r'ニ・ンイ`イ゙・ファ  ,}i イj          ゙i,  ッ /  /彡.彡=、_川/ 彡=ー'''))-、三 三ミ) |   ッ /
     i:::::::::::,!   ,r'´ ゙ヾ  `Y´  ,! ト::::l          ゙i, /゙.  ,ノ彡/ )):.:.:`'''ー''゙)):.:.:.:.:.:((:.:\_彡三 ) !r''' ̄⌒
     ヾ;:;:;:;:;:ト、   ゝニニフ    ,イトミ !           !'゙   (彡 |:.:ノヘ、゙l:.:.:l:.:((:/ ,へ、,,_)):.:゙i,三三ミヽ )i
       }k;:;:;:,| `    カ    イ  ,!;:;:i             / | l 彡ノi/゙\|i :.|:.:.)//゙゙゙`''ヘ、(('i=y'゙iミミ゙ヽ、
     , イ;:;:カ;:,!   _,、ェェェェェ、_   ' ,ノ゙:;:;i         /\  l  .l彡rt, ,,==、゙i, l:.:.:(/゙゙,,m==、_ _ノh,/ .ノミミト、_,r'''゙,r=-、
    ,ィイ;:;:;:;:`Y    ´ "´ ̄ ` `   ,ゞj,:;:;l        / エ \ i  )゙i、| .( (())i,:.i:.:.:/:::::(.(())ノ`:.:.:.:.:.:lノヽ,ミミミ==''゙
    i゙;:;:;:;:;:;:ゞi    '´ ̄  ̄` ,レ  ,j;:;:;:;ト       )  フ  > ノ((/.゙i, :.:.:.;;,,ン i i(:::::.:.Zニ,__:.:.:.:.ノ.゙i:.:.:.:iミミミヽ==、 \
    ヾ;:;:;:;:;:;:;:,ゞ、 ,i!      ,yイ゙  レイ ,{、:;:,!      く   ッ  / ./人川ヽ、( :.:.:/=ミー、::.:.:.:.:.:ノ,イ ,ノ:.:.:.:.゙i;;;\ミナ-、_ .゙i,
     ゙>;:;:;:;:イゞミュ   , イ  _ ,ィ'´ ̄Yi:;ノ       \ _,rー'''!゙ Vハメ.|:.:.:i:>、:.:`-=r''゙゙:.:.:.:.:.:.ハ y''゙::.:.:.:.:.:.:.`i;;;;;i、ヽ
     ゝイi´ ̄`ーゝー'ー'フ''´,ィ'´ _,,ィ  i l         `'   (  ゙! r'''゙i:.:.\(ノくニ=ニ>、__,r.:./:/:.:.:.:.:.:.:. ノ::i;;;;;;;゙l`''=、, ヽ
      ,!ヽ i}`ー-、`ヾ | i´ ,r'´   ,イ |         _ニ   /;;ir=':.:.:.:.:.゙i,'゙ヽ-=r''゙゙゙:.:.:ノ/:.:.:.:.:.:. / :::ノ;;;;;;;/;;;;;;;;;;;゙'
    _, イゞ、 Y`ー、_!、  | l ,/ '´ニイ ゝィ-、_        _,、-/;;;;;;;l:.:.:.l :::.:.:..゙i, :.:.:.:.:.)):.:./ /:.:.:.:.:.: :./;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;;;;;;
-'イ ̄´_,、-‐'`ヾ、ゞ-、_j ,`Y| | ノ _,,、 ノ, ィ  `ヒ `Tー-、_ _、r''゙゙;;;;;;;(;;;;;;;;;;;;i:.:.:.:い:.:.:. `=ー--ー'゙:. /:.:.:.: .:./;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;

                                             ↑ 黒田如水





334 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/09(月) 00:39:31 ID:tr8ltASg

こんな人にまで偶然出会っちゃったのかよw





336 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/09(月) 00:39:52 ID:ZYvAiSj2

アルゴス号の冒険並みにクリーチャー共と渡りあってるなw





338 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/09(月) 00:40:38 ID:.xoVPU.Y

そして10月3日
兄・義久の居城である薩摩国富隈城に
ようやく辿りつく


...........................,..:--――‐--.、_
::::::::::::::::::,.:r'"/        ゙ヽ、_
:::::::::::::/ iill /          \
::::::::::/,∧ N / "  _,.r―ヽ、  ‐:、  \
::::::::,i!" i! il゙ _,.;r'"     ヽ   ミ、  ゙i.
::::::,i   V;/         i!   ヾ、  !
:::::i    "      ヽ   ,ゝ   ヾi  l
::::ノ  、 i  ノ      ゙、 ヾ、   i゙  .!
:(、_ .ソ "   __     〕 .,r‐、   !
::::l ゙ヽ-ツーヽ=< __。>‐'  \r",:タ.! /
::::l ) ):!   \_( (      l レへ !./     義弘……
:::: ( ( j  ::.   ) )      l レ'///
::::::゙:. Y__..._. ::.  ( (      ,り//Y      よくぞ生きて戻った
:::::::::゙:. ヽ‐"          ト、ノ i l!
::::::::::::゙:. ヽ二ニ=’     /   i .l
:::::::::::::::i!  ゞ:::       ノ   i! l
:::::::::::::::::i! /      _/〃   ;! .l.
::::::::::::::::r゙、___,.∠/.:/   __,.-‐ト、
:::::::::::::::l.「 ,  ┌-===―‐‐tTr-―‐ニ┐!
:::::::::::::::l゙ーj  ト--  ゙l  l l l 「 ̄ .」 l


義久は義弘の帰還を涙を流して喜んだという





340 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/09(月) 00:41:41 ID:ZYvAiSj2

一緒に責任分担して腹を切る相手が戻ってきたわけだしw





343 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/09(月) 00:43:00 ID:.xoVPU.Y

                    /, ーミ、        ,  \
                 //    lハ{ , / ,r .ィ从ハ ゙i
                  〃     八{ル'j/ ´    ! !
                   /ノ ,{_,/     `       } {
               //r'jr'゙        、 ,   V  !
                 !7´    {、     ゙メ-+、( ミ !
             rぃ{ --、_  ヽーァ'^ _   i'⌒ヽ} ,゙        兄貴……
             ぃ ゙L 、_'、 、` /,r   _ =-v { 〈、
       r   、__ノ}rソ7 ヽ'='゙ミ、〉( ノ_r=ゥ≪, _ /〃゙ヽ       すまねえ……
       {廴___ア { {,〈  `ー'゙ 「` r_(`ーつ ミ 〉{ イ ハ
      -‐ミ‐  _   `j ハ     }   ノ  ̄    ,/ リ /  ミt_     本当に すまねえ
__  ´     ´フ´ イ///ハ{ 〉   └《__ ,.」    r‐'{{! '゙   ≪__,,
⌒i        '´ ノヘ小l丿/ __   ( ̄     Ly ,ツ7   いー≦x、
l j          ハ! { '⌒こー---―x、 、メ ´jハ  !、v゙ ー
_ン           {{ F ‘、   、__ ̄ ̄ ̄  /` / /リ 小`}
               || lハ 丶      ̄`      イ トV7
こ二二 ヽ     ||   \ヽ{  __j、_,r  ミ, 彡ソコノ //
     \\    ぃ  〈\ 、ヽ ______ノ´彡'´ ,__//
       丶 ー  `、、 ト、 ヽ\`ァ,二 ,.  ィ  ノ //
、        ̄\ 、 ヾ、\ └┘| {_/ ニノ ///      / ,
ヽ  、        ヽ   \\   | __彡 ゙´//   ,  、  /



しかし兄弟に長く感傷にひたることは許されない
義弘が西軍に 石田三成に与してしまった以上
これから家康と中央からの追及を受けるのは必至である

島津家の生き残りをかけた戦いは これから始まるのである……





327 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/09(月) 00:37:41 ID:DRavS/ko

もう先の話はやめてあげて





346 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/09(月) 00:44:49 ID:.xoVPU.Y

時を 9月22日に戻す
ここは近江国古橋村付近の草深くけわしい岩穴の中……


          __ _
      ,....::':":::::::::::::: ''  、
    / .....i....:::、::::::::::::::.ヽ;;,\
   /..:i::::::|'ヽ.、:.ヾ、;:ヽ、;;:.;;,;;;;;,ヽ
  /.:::i:::l:::i';!__,.ヾ.、ヽ-、r\;;;;;;;;;;;,',
  ,イi::,l:::j;::「,ィ,=、 \ iこ'ヽ. i:::Kヽi',   そこのお方……
   l:/l;ハl l !'い.   ゝ_リ, l :l: ,リハ
   ' ';! |'i' ゝ '      .|:. 'ル′   名前を
      i::!    `    ./i::::;;i
       l. :`.i  .,_ー‐ _, .:' !:. ::l     お聞かせ願いませんか
      !:.::..;l   下    .!;::;;,;!
      l;::::,;;! , ィ'!    i;;;,;;リ、
       ',;,:;i|'" iゝ= -/ !';;;;'  ` .、
     /';j'   |  /   V    ,ヘ
     /ヽy    l/        /
    / ./            /:....
   V i.::::::::::....   ..::::::::::::::.... :i:::::::::::::  ← 辻勘兵衛
   ヘ ';::::::::::::::::::: :::::::::::::::::::::::::::|:;ィ.、::...








  |i 〈_i} |      `ヽ、 ミ|  i::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト:::::::从// // 《从》〈〈
  |i     |      、_マ__|  |          ヾ /   l ' ′ 》 《  〉〉
  |i     |      }:.:.:.:.:.:|  ト、     _ _  ′ 人   |   〃 i|ヾヽ{
  |i     |       {:.:.:.:.:.}|  l:.:.:...       _イヽ__\i|     i| )ノ
  |i     |       ヽ:.:.:.八 ヽ:.:.:.:.≧r=≦:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}  \     i| ´
  |i     |         ,ゞー=ミヽ \:{{{瓜}}}:.:.:.:.:.:.:.:. :/ \  \  |
  |i     l       / :.:.:.:.:.:.:.:.:\ Y巡彡':.:.:.:.:.:.:.:.:/   l丶  \i|
  |i     |   /:.:.:.:.:.: :.: 厂 ̄ ̄三二ニ≠=-ヘ:.:ヽ  |  ヽ  \
  |i     |  .:': :.:. :.:.:.:.:.:.:ム=≠ニニ二三___,ノ :.:. \ |    \   \
  |i     | /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : :.:.ヽ   ヽ: .:.:.:.:.:.:.:}|      }   人





352 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/01/09(月) 00:46:50 ID:.xoVPU.Y

                                ,.ノし'⌒ヽノし'⌒ーヘ、
                            . .:.:´(_ノし'⌒ヽノし'⌒ーヘ(
                          . :.:´(_ノ´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.)
                    . :.:´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.(_
                  . :.:´:.:.ノ-―-  :.:.:.:.:.:.:.:ノヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.)
       人      ,. :.:´:.:.:.:.:.ノ        <:.:.:.ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.(
      (:.:.:.:ヽ   /|:.:.:.:.:.:.:.:(              ` 、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:)
      ノ):.:.:.:\/ / |: :.:.:.:.:._:ノ  /               \:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ:.:.:.(
.    /(:.:.: :.:.:.: :|////|: .:.: (    / /     /         ' .:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.: )
    // /(:.:.:.:.:.:.:.:|////|:.:.:.:.:.:_) / /     /   /        :.: /:.:.:.:.:.:.(
   从 从(_:. :.:.:.: |////{: : :(  / /     /   /       ∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.)
  ,   川 (:.:.:.:.:.:∨//Λ: : _) i| |i        /           :.:.:.:.:.:.:.:.(_
  i  l | l(_:.:.:.:.:.:∨//Λ:(  iトミ        /     / /    :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}
  |  从 }ヽヽ:. :.: ∨//Λ:) 八  ` 、 /  / // /// /  /  i:.:.:.:.: rヘノ
  | /// ヽ八(:. :.:. {{{瓜}}} 从ハ,ィf竓ミメ、 / // /// /  / /  .:.:.:.:.ノ} }
  |ノ〈〈  /   `⌒) :.:ミ辷Y´ :::::`トrじ ミヽ从// /// /  /    ,'{ };ノ } 〉
  |i  〉〉 {     ( ミ⌒ヽ:.:|  :::::弋z ツ:::::::::::' /y=≠ミ  // // 从  //   お察しのとおり
  |i 〈_i} |      `ヽ、 ミ|  i:::::::::´¨`::::::::::::::::::::トじ,ミ从// // 《从》〈〈
  |i     |      、_マ__|  |          ヾイ/   l ' ′ 》 《  〉〉   わたしの名は……
  |i     |      }:.:.:.:.:.:|  ト、     _ _  ′ 人   |   〃 i|ヾヽ{
  |i     |       {:.:.:.:.:.}|  l:.:.:...       _イヽ__\i|     i| )ノ    石田三成よ……
  |i     |       ヽ:.:.:.八 ヽ:.:.:.:.≧r=≦:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}  \     i| ´
  |i     |         ,ゞー=ミヽ \:{{{瓜}}}:.:.:.:.:.:.:.:. :/ \  \  |
  |i     l       / :.:.:.:.:.:.:.:.:\ Y巡彡':.:.:.:.:.:.:.:.:/   l丶  \i|
  |i     |   /:.:.:.:.:.: :.: 厂 ̄ ̄三二ニ≠=-ヘ:.:ヽ  |  ヽ  \
  |i     |  .:': :.:. :.:.:.:.:.:.:ム=≠ニニ二三___,ノ :.:. \ |    \   \
  |i     | /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : :.:.ヽ   ヽ: .:.:.:.:.:.:.:}|      }   人



この日 田中吉政家臣が石田三成を発見し その身柄を確保したのである……


          <第5部 その10 MERCY FOR THE RABBIT>おわり





362 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/09(月) 00:48:37 ID:M8zPh8LY

乙でした





363 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/09(月) 00:48:50 ID:clGz34Yk

乙でした





369 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/09(月) 00:50:10 ID:AoriH4Fg

乙でした





349 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/09(月) 00:45:59 ID:DRavS/ko

ああ、とうとうこの時が来たか





357 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/09(月) 00:47:50 ID:i5q8qonU

色々な人の始末記に入って参りました





353 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/09(月) 00:47:11 ID:SMTUjo0E

終わりの始まりだ





364 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/09(月) 00:48:51 ID:G/ke/Nfc

死ぬまでが戦という感じだな、この三成は





350 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/09(月) 00:46:27 ID:clGz34Yk

もう再起もムリだろう、年貢の納め時だろうな





367 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/09(月) 00:50:02 ID:ZYvAiSj2

三成は好きじゃないけど、この後の立居振る舞いには何故か感じ入る





356 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/09(月) 00:47:41 ID:LQzoYSy6

まあ、干し柿でも食べな










投稿日 : 2012/01/09 | カテゴリ : 新・関が原戦線異常アリ | コメント数 : 42
■コメント一覧
  • No.16830 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年01月09日 08:50 [ edit ]

    いよいよ終りが見えてきたなぁ・・・
    23年13月中の完結は無理っぽいが



  • No.16831 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年01月09日 10:36 [ edit ]

    スレ内のレスが良レス、うまい合いの手ばかりでさらに楽しめるわ

    子供の頃にいろんな歴史漫画を読んだけど、印象って重要だね
    やる夫はもちろん、TERUなんか中年太りの日和見おっさんとして書かれていたから、
    実際に戦場に出ることかなわず謀を練るしかなかった事情が斟酌されてないのね。
    病になれば昨日までの猛将も衰えるし、遅参を責められた秀忠にも言い分があることを
    コマ割やページの都合で書かれなければ後世の評価も落ちるわ



  • No.16832 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年01月09日 10:36 [ edit ]

    ロスタイムを使い果たすまで2011年は終わらないんですね!



  • No.16834 名前:名無しさん@ニュース2ちゃん 投稿日:2012年01月09日 13:03 [ edit ]

    宗茂と義弘の出会いで討ち取る取らないは流されちゃったか



  • No.16835 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年01月09日 13:24 [ edit ]

    乙です

    生存をかけた条件闘争に突入する人たちに、死を前にどう振る舞うかという人たち。
    三成は死を前に名を残したよなぁ。部下にも恵まれたし。



  • No.16836 名前:名無しさん@ニュース2ちゃん 投稿日:2012年01月09日 13:33 [ edit ]

    毛利輝元は、毛利家にとって有利になる条件を模索していたんだろうけれど、
    吉川広家が家康の盾になって毛利家(西軍)が勝利するチャンスを潰すことまでは考えてなかったんだろうな
    輝元は広家が、西軍有利(背後を突ける)なら、しかるべく行動してくれると期待してたと思うのだが
    そこに見込み違いがあった感じかな



  • No.16837 名前:早起きは三文の得 投稿日:2012年01月09日 13:36 [ edit ]

    次回が楽しみです!!!



  • No.16838 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年01月09日 13:38 [ edit ]

    なーに
    2011年度は3月まである



  • No.16839 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年01月09日 14:00 [ edit ]

    >>806

    どんでんかよwww



  • No.16841 名前:名無しさん@ニュース2ちゃん 投稿日:2012年01月09日 14:11 [ edit ]

    スレ早いなw 作者さん管理人さんいつもお疲れ様です
    着々と西軍の最後が収められていくのを見ると感慨深い…
    自分も>>367のように三成そこまで好きじゃないけど
    この戦いの最後の締めの話はいつも感動してしまう
    ここのスレも楽しみです



  • No.16842 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年01月09日 14:28 [ edit ]

    結局幕末まで家名遺してるからこのときのTERUと広家の決断は良かったのか悪かったのか…
    ともあれ三矢訓を受けた三人の二代目が天下の趨勢を握っていたというのがなんとも皮肉だ



  • No.16843 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年01月09日 14:46 [ edit ]

    三本の矢は後付け説が有力だけどな



  • No.16844 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年01月09日 15:16 [ edit ]

    輝元の意図と広家の意図は明確に違うからな
    南宮山で動いてれば輝元に大功をプレゼントできるとは頭では理解してても、
    広家にとって西軍につく感情はゼロだったんだろうし

    秀元がつくづく不憫だよねえ
    人格的にも能力的にも良将の類なのに、叔父さんの意地のおかげで
    関ヶ原にただ弁当喰いに来ただけと後世までずーっと笑われることになってんだから

    強引に押し通ってればまた違うんだろうが、やっぱりお坊ちゃんなんだろうな



  • No.16845 名前:名無しさん@ニュース2ちゃん 投稿日:2012年01月09日 16:54 [ edit ]

    中国(中国地方じゃなくて、本場中国)に5本の矢の話があるらしいから、
    多分、毛利の3本の矢はそれが元の創作じゃないかな。



  • No.16846 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年01月09日 18:01 [ edit ]

    中国の「西秦録」では19本の矢で、
    ユダヤのロスチャイルド家の伝説が5本の矢、
    それよりずっと昔のイソップ物語では3本の棒で同じ話があるとか



  • No.16849 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年01月09日 21:29 [ edit ]

    ロスタイムなんか気にせず、ゆっくりお描きいただきたい。

    『風雲児たち』なんか、作者の寿命のロスタイム使いきっても多分終わらんし。



  • No.16850 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年01月09日 21:52 [ edit ]

    この義弘の逃走経路は割りと最近になってわかってきた事なのに良く知ってるなぁ



  • No.16851 名前:名無し@まとめいと 投稿日:2012年01月10日 00:10 [ edit ]

    広家からすれば関ヶ原に輝元が来ている状況ならともかく、
    そうじゃない状況で西軍が勝っちゃったら
    宇喜多、石田一派が発言力を高めるだけって読みもあったんじゃね



  • No.16852 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年01月10日 00:18 [ edit ]

    南宮山麓は東軍軍勢が抑えていたので攻撃に出たとしても思うように進めず
    袋のネズミにできない可能性は結構有った。

    ※16850
    作者氏が参考にしているか分からないけど近年の歴史群像で
    関が原後の義弘帰国ルートの特集があったよ。



  • No.16853 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年01月10日 01:07 [ edit ]

    ここまで見ちゃうと、どうしても大坂の陣まで見たくなっちゃうなw
    この作者さんでシンジ盛親視点とかサイト明石視点での外伝とか読みたい



  • No.16855 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年01月10日 10:39 [ edit ]

    ※No.16838
    出納整理期間があるから2011年度は2012年5月末まである。



  • No.16857 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年01月10日 19:46 [ edit ]

    よく考えて見ると今回の作品は、
    登場人物で対になっているところが多いね

    日和って明暗が分かれた前田と毛利。
    名軍師として名を上げた官兵衛と昌幸。
    若気の至りとしての毛利秀元と前田利政
    死中に活を求めた義弘と三成
    そして四苦八苦していた家康と、この混乱の中でも朝廷と極秘に渡りをつけたやる夫。

    丹羽長重と対になるのは、誰だろうなあ。



  • No.16858 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年01月10日 19:52 [ edit ]

    > No.16857
    宮部長房でどうだろう。



  • No.16859 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年01月10日 20:31 [ edit ]

    自分の手の届かないところで運命が決まった人の多いこと多いこと。
    関ヶ原参戦組は、負け組でもまだましかもしれない。気持ちの納得的には。



  • No.16862 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年01月11日 05:43 [ edit ]

    > No.16857
    ケンシロウ「俺だよ俺、俺俺」(返り咲き的な意味で



  • No.16868 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年01月11日 19:24 [ edit ]

    ドズル閣下には最後まで部下が付き従っていたのに、
    三成は一人で捕まったんだね。
    貶める気はないけど、三成にはこれが限界だったのかな。
    武将たちの心に火をつけるのは(良い意味でも悪い意味でも)天才的だったけど、
    部下としてずっと傍にいたい、という武将ではなかったのかな?

    >No.16857

    一杯食わせたという意味ではセイバーなんかも良さそう



  • No.16870 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年01月11日 19:45 [ edit ]

    三成を持ちあげる気はないけど、一人になるまで部下が我先に死んで行ったのは、
    やっぱり近い範囲の人にはそうさせるだけのモノがあったんだと思う

    大器とかそういうのはさっぱり感じないけど、
    大将逃がすために俺達が死地に残るぜって奴らが多い印象



  • No.16874 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年01月12日 03:43 [ edit ]

    >No.16868
    おまえは何をいってるんだ?
    三成には誰もついてこなかったと言いたいのか?
    それともお前の理解の限界ってことか?



  • No.16875 名前:  投稿日:2012年01月12日 06:54 [ edit ]

    つ 旦



  • No.16876 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年01月12日 08:14 [ edit ]

    336の
    >アルゴス号の冒険

    アルゴスは船大工の名前であって、船の名前はアルゴーだぜい。



  • No.16879 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年01月12日 18:26 [ edit ]

    >16868
    三成逃がすために死んだ家臣の忠義は無視ですか。



  • No.16880 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年01月12日 19:19 [ edit ]

    >No.16874
    >No.16879

    三成はなんとしても死ぬわけには行かなかった
    秀頼に責任を負わせないためにも、そして西軍の瓦解を防ぐためにも、
    最低限の、情報収集が出来るだけの部隊が必要だったし、
    その重要性を認識している配下がいるなら、三成を一人にするなんて
    危険なことは出来るはずがない(腹を切られたら終わり)

    三成への忠義よりも、豊臣家への忠義が重要でしょう?
    関ヶ原が非常に大規模な予期せぬ決戦となったのは仕方がないにしても、
    もしもの敗北に備えた次の戦略が全く見て取れないところを見ても、
    三成とその配下に「家康を討った後始末」「もし関ヶ原で負けたらどうするか」を
    きちんと考えているものがいなかったと推察できる。

    三成を安全地帯に逃がすための足止めも失敗しているわけだし。
    家康が感じていたとおり、太閤秀吉亡き後、戦国武将たちが戦争狂ばかりで、
    敗北が決定した後に東軍へしゃにむに切り込んでいった辺り、
    「やっぱり三成の部下は戦で死ぬことしか考えてないんだな」と思わざるを得ない。



  • No.16881 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年01月12日 21:51 [ edit ]

    >16880
    >三成への忠義よりも、豊臣家への忠義が重要でしょう?
    三成の家臣団が何で豊臣家への忠誠を重要視する?
    松野重元の件のように主君の主君への忠義が道義的に定まってるわけじゃない。
    徳川政権時代だって建前はともかく幕府よりも自分が所属する藩の存続が第一なのは変わらん。
    三成は確かに豊臣家に恩義がある。しかし、三成の家臣団は元蒲生家や秀次の家臣が多い。
    秀吉に大減封された旧蒲生家や主君を殺された旧秀次派の家臣団が、豊臣政権や秀頼に忠誠を持つか?

    >もしもの敗北に備えた次の戦略が全く見て取れないところを見ても、
    本来退路を確保するはずだった松尾城を秀秋に取られた。その時点で西軍の戦略が破綻。
    夜を徹しての移動と陣地構築により戦術的にカバーしたの関ヶ原前夜。
    時間的にどうにもならん。それとも決戦前夜に陣地よりも撤退路作成を優先すべきと?
    三成が信長のような独裁的指導者なら、金ヶ崎のように諸侯も兵を捨てて撤退する手もあるが、
    諸大名と同列の三成がそれをやったら西軍は空中分解して終わり。

    三成が責めを負うとしたら両川を繋ぎ止めれなかったことだろう。
    戦略的にも戦術的にもこの二人に止め指されてるし。



  • No.16892 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年01月14日 07:41 [ edit ]

    No.16868
    原典にあたりな



  • No.16895 名前:名無し 投稿日:2012年01月15日 00:31 [ edit ]

    赤い子が伊吹山で下痢で苦しんでたなんて胸が熱くなるな



  • No.16940 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年01月16日 08:21 [ edit ]

    No.16880
    豊臣家への忠義うんぬんなら、三成は大坂に向かわないとな。
    近江の自領に逃走してる時点で駄目だろ。



  • No.16948 名前:名無しさん@ニュース2ちゃん 投稿日:2012年01月16日 13:02 [ edit ]

    一番安全な場所っていうのは自領。いきなり大阪行ったところで殺される可能性ある

    >家康が感じていたとおり、太閤秀吉亡き後、戦国武将たちが戦争狂ばかりで
    むしろ反三成派に対して言った言葉ですねソレは。しかも家康も例外じゃない行動とってますが?
    >やっぱり三成の部下は戦で死ぬことしか考えてないんだな
    >敗北が決定した後に東軍へしゃにむに切り込んでいった辺り
    殿に対して死を覚悟するなと言ってる時点で頭おかしい
    >三成を一人にするなんて
    腹を斬りそうな上司なら部下もそうしますが撤退の状況・仕方が万人共通と思ってるのですか?



  • No.16966 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年01月16日 19:38 [ edit ]

    何ていうのかよく分からんがもうちょっと内容を読んで欲しい
    島津は前進退却で一応、軍勢の体を取って脱出しているんで家臣からしても義弘と一緒に
    行動するのがベスト。
    石田は三成を背後の山に逃がすために、可能な限り前線に人を集め時間を稼ぐのがベスト。
    後は山狩が行われる中で複数人での移動は目立つ上、従者の行動で貴人と一発でバレる。
    三成が本気で再起を図ろうと思うなら単独行動の方がいいし、しかもほぼ自領といって
    いいくらいの場所で土地勘もある。
    三成を非難するなら、既にこの一戦が逆転をかけたギャンブルなのに負けた時の身の施し
    を覚悟していなかった事ぐらいじゃないかな。ま、それも歴史を知っている身として、
    再起図っても無駄だよね、というちょっと傲慢な見方だと思うが。



  • No.17062 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年01月18日 22:07 [ edit ]

    No.16940
    逆だろ。もし三成が忠誠の士ならそれだけはやっちゃいけない。
    立花宗茂の撤収を豊臣家が咎めてないって事は、豊臣家に東軍と戦争する意思は無い。
    つまり、豊臣家は今回の件を家康派と反家康派の派閥抗争として処理して、責任は西軍に被せる腹積もり。
    そこに三成が大坂城に逃げ込めば台無しになる。

    家康憎しで豊臣家が滅ぼうが家康倒したいってなら、一か八かやるのも手だと思う。
    輝元が家康への帰参の土産に三成捕縛する可能性もあるがな。



  • No.17171 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年01月23日 17:17 [ edit ]

    No.16940
    よくわかんないんだけど落ち武者同然の三成が軍事力の裏づけもない状態でいきなり大坂に行くのが忠義なの?
    それこそ豊家にとっては迷惑千万なんじゃないの?言ってることは確かに理想ではあるけど実力あっての
    話だよね?やっぱ自領をまず目指すんじゃないのかなあと思っちゃったりする俺がいる。



  • No.17257 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年01月28日 01:10 [ edit ]

    >16880
    負けたときの戦略が無いって敗者を侮辱するのによく使われるフレーズだけどさ、
    主力同士の決戦に負けて成り立つ戦略なんて普通ないよ。
    現に関ヶ原の戦いにおいて負けて何とかなる武将が何人いるよ?
    毛利と徳川はまだ主力が別にいるが、他のほとんどの大名にそんな余力は無い。
    東軍だと九州の長政は到底領国に戻れんし、忠興は本拠地が落ちてる。
    東海道の諸大名も徳川に本拠地の城押えられてるから、殆どの大名が再起不可能。

    乾坤一擲の大勝負、ここまで来たら一か八かで本隊を上げた家康の如く、勝つ確率を上げるべきだろ。
    その家康は三成と兼続に振り回されて勝つための戦略さえ無かったがなw



  • No.17649 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年02月11日 15:38 [ edit ]

    ところで信尹を尋ねたのが稲葉ってのはこの後考えると何かの伏線か?



■コメント投稿
     行間隔の関係でアスキーアートを貼りつけてもズレが酷いことになりますので、
     アスキーアート付きのコメントは削除する方針です。
     荒らしの書き込みに対してレス・言及しているコメントも削除対象ですのでご注意ください。
プロフィール

管理人 : 「ピチカー党員No.11」こと金ニダリスト

       ___
      |それ金|
    z'| ── 、
    / ハ ヘ u ヽ
  人/ノヽ ミ=‐...|_     生活の中心が株になっとる
    }≦ u 爻r.j. |彡}
  (  u  リ У{三≧
   ` ー─t r三勿 {气}
      厂 ̄(三)  `气


◆カウンター(ユニーク)    ◆カウンター(トータル)
       


全記事一覧

RSS

管理モード
ツイート
最新コメント
最新記事
まとめ記事
【歴史系】
【物語系】
【ゲーム系】
【学ぶ系】
連絡先はこちら

苦情・相談などありましたら、
下記のメールフォームにてご連絡ください。
(ファイル添付可能)

連絡用メールフォーム

貰い物紹介

TOP画像募集中

  

ダンジョンマスター作者様からいただいた逸品。
カナ、マジプリティ!



  

  

帽子屋HeII0様からの贈り物、しかも二枚!
各作品に対する愛情が伝わってきます。
帽子屋HeII0様のブログ - 「-simulacra-」

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
© それにつけても金のほしさよ All rights reserved.
まとめ