■やる夫が鉄血宰相になるようです 考察 「蒼と紅の皇帝」
857 名前:豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [sage] 投稿日:2012/01/24(火) 23:06:46.10 ID:Y7+y99Wto


         ,..-――――.- ,
        ,r';;;;;;;;,,!、、,,リ,,リ,,リ,``,
        {:;;;ソ゛       `丶i
        |:;;;|  , ,...,,,_ , ,._ ,...,, |
        |;;;;i.  _ (●),〈 (●)|       今さらわかりきった事を言いますが
        }'ト   .   - ´ | 'ー.|
       {〈{.  .   , ,.イ _ i_ > |      ここの>>1は基本的に無計画です。
        '-!.   ,.く,;;iill|||;|||llii;;_.|
        丶      ゛'=  /
        ノ          \





858 名前:豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [sage] 投稿日:2012/01/24(火) 23:07:46.88 ID:Y7+y99Wto

      ヽ::::.:/ , -'"´              \
       Vr'´.:::::::::::::.:.:.,   - ─‐──‐‐- 、/
       /.::::::::.:.:.:.:., ィ:7::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.、:::.:.く
      \.::::::::::,ィ.:.:/:/::ヽ:::::、:::::::::::::::.、:.:.:.ヽ:.:.\
       \,::イ::|::/:/.::::::ト、:::ヽト、::::::::::i::l:::::|:::.:.i::|
          i.::i:::|/ー-、/ \::.\`> -‐'':|:::.:.|::|
           |:::|:::!/:::::''ー==z、 ヾ:、´,、-=ュ!::!::::::l/  r‐ 、
         l:、!::ト、::〈ヾ_トッツ    〈じソ7l/:::/:/  !   |
            !::ヽ:::`:、. , , ,    ′ , , , , /.:/:/  /   !
         ヽ.::ヽ:::.\    r ┐    /:,:::イ  /   /
            \ト、:::::: .、  ー′ , イ:::/l仁ニ7   /⌒ヽ
             \Nト> ー‐く'´ ̄17.:.:.:ノ   ,イ!  ノ⌒!
              _ノイ厂   (´ ̄ `ー'   イソ  /  /ヽ
              /イ夊刄   `ゝ─-、    > -‐く _ノ /
           ,イ7!ノネ;l/;/  /ソ.:.:.:.:〈/ 「ヽ ̄`ニ   >、/ヽ
             /ノj 〉;/,};;;/  /j}.:.:::::::::::i  \`Tにコソ´`Y^7
          /.ノj./;/j} |;;|  ,/ソ'.:.:.:::::::::::|    \。〉仁ここソ   ロシア皇帝 アレクサンデル二世
            /::ノj l;/ j} !」 /j}.:.:::::::::::::::::| ___, イニニ7'´ ̄
          ,イ:〈/   _j}  , イソ'.:.::::::::::::::::::j /.:.:::::::.:.:.|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    しかし、この二人の事を書く時には少しばかり方向性を決めていました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
              l_::.::.::.::.::.::/ ,    ヽ \、 .ゝ::ヾ、::.:`⌒ヾー--┐
             ,r,、 }::.::.::.::,.'  ./   i     '、 .!::.::.:ヾ、::.::.::.人 ̄7/
               /  }'::.::.::.:/    li   .|  ', 、 ヽヽヾ,::.:',;;、::.:└トミー/
                (  〈ー、::.:,'    .||   .!|  i! ,!  从 Y"::.:.i;;;;i::.::rヘ〈ヾ:〉
            /}   ∨`i     ト、 、 l  l!,ム‐ナl'!ヽ{::.::.::|;;;;|::.:゙┐ヾく
              r!    ', |  i l、!ヾ\ハl∨イィ示t:、i | 〕::,>=、::rヘ:', ヘヾ:、
           .イ     ヽヽr‐ゝ,ヾ、r示ミ、   {辷ツ , ト、ゝ{薔}::.)、l:、 ヘ \\
           〈           }::.:ィヾ゙ {辷リ       // .〉、ヾ"::ノ ',!:', .ハ  \:\
          〈::',       !'´:l /∧   `  ァ    .! |/:;ィ:>、〈   ゙!::| .ハ  \:`ヽ、
        厂´::ハ      /::.::`ー-、ゝ      r‐'¨´7.//┐ ', ハ  .|::|  ハ   ヽ/
         |::.::.::.::.\     |,::.::.::.::.::.::!,.-‐> 、∧  ,.| .!"::.:く  ', }  〈:」 i、   ヽ
        !::.::.::.::.::.::`ー‐':´::.::.::.::.::.::.::レ'⌒゙ー゙ー゙<::.:| |::.::.::.::\} .!    ', i\ \   フランス皇帝 ナポレオン三世
        `ー 1::.::/::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::\::.::.::.::.::.::.::.`ヾ|::.::.::.:/ 人    ', ! .\ \
           `Y::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::. \、 .::.::.::.::.::.::.::__∠-―" ̄`ー┐_!」__ \ \
             /',::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.<    ,. -―--ァ、 |::.::.::.::`ヽ. \ \





859 名前:豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [sage] 投稿日:2012/01/24(火) 23:08:51.27 ID:Y7+y99Wto

           ______
           /二二二二二二_)
           .iミ三三三三三三彡!
       ,.-┤ミ三三三三三彡.|>,
        ヽー--========ニニ7
        〉、ミニ三三三三三ニ彡'
.   r:、  /:..: : :l : : :ヽ:、;x‐:ヘ: : l: : :i
.   l }  ,: :l: : l_l_ト、: :ハヽxェュ:l: /ヾ :}
..   _}-ヘ__!:i:ト、´:.lrzx`ヽ}´ヒ:リ' レ: : : .l
  r'‐,、V ∧ト、:`: ゝゞ'、    //: :l:{        クリミア戦争でロシアの後進性は露呈した。
  l `{ノ,' !  ヽ: 人  ー ' ´j/:}: :/
  ヽ )' ノ、  从:/:ト≧  , イレヘ:/           父上の後を受け継ぎ、ロシアを【近代化】させて
.  f´` ̄  〉、  レヾ{ , ィf:},xt==ゝ、
.にi o     !   / Xf´   〃::::`ヽ、       再建しなければならない!
.にヘ o    l   /,イ〃:j}   、{i}::::':::::::::ハ
 てヘ o    l   {´ 〃:::j}    {i}//:::::::::::}
  にヘ     ゝ´ i_〃:::::j}   r^':::::::::::::,.:/ヘ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    この二人はそれぞれ、祖国の近代化を目指して数々の改革を行ったわけですが、

    同じものを目指していたのに、究極的な相違点があったのです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       r;‐==ミ}:.:.:.:.:.:/:i:i:i:i:/.:.:.:.:.:.:__入:__;ノ⌒ヽ__乂:.:.:.:..入___
        |:L.__/} :.:.:.:.:|:i:i:i:i:i|.:.:.:.:.:.___)          ` く::::.:.:..}_
      ゞ;≠¨´| :.:.:.:.:|:i:i:i:i:i|:.:.:.::___;}             ∨ ̄.〈
         {:{____人:.:.:.,:ィ≠ミトil_y´ l   /  ,.イ         ∨.:..:.:}
        /`¨¨7/:ト、{l(} } j:.|   |.―/-  /  l .|       .|.:::‐〈    我がフランスは政治的には
.       /   // l:| }:.ゞニ彡'l:.|   | /| / ヽ/  |  /   |:.:.:.ノ
     ,'   // ///ヾ;.:.ト:i:i:i:iLl   斥卞ミ.   /  /}⌒/   リフ′     先進的かもしれないけど、
      |  // ///  |.:ヾ;\i:i|   代:.cソヽ   ィ尓Y  ./
     ! // // '    `,二ヾ:ト|  ヽ""     ,ヒ:.ソイ   /         経済や労働問題といった
      | |_/ /〈!    /.::.:.:.:`¨ミ 、  l       ""厶イ
      l   |_/!  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}  }. ト、  ` ´  ィ .|              数々の後進性を抱えているわ。
      | i   | .イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ /  爪ミ -<  i  |
      l|   ∨l:l:.:.:.:.:.:.:.:. /  ' .イ:i:i:ィ≠ミx'.i:i:i:》 |           【近代化】させて理想郷を建設するのよ。





860 名前:豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [sage] 投稿日:2012/01/24(火) 23:09:46.58 ID:Y7+y99Wto

                 ∨彡'"/. : : : : : : : } r‐-、ヾ ̄乍/
                  /. : :/. : : : : , -ー〈 `Yー'ー 、: : : ヽ
                 /.: : : : : : : : ,-ゝ'‐= `´ / ノ ヽへ^ヽ
                ,-,': : : : i: : : :{ ゝ─- 、_〃⌒  _rゞ/"⌒ヽ、
      .         ,-‐'、 {: : 〃:|: : :厶: : : :{ : !二_ノ⌒( ∨      ゝ、
        , == '⌒ヽー=彡:{: :{ : :/__\: l {: :} ̄ヽハ (⌒{ o      `ヽ、
      ...〈  ,,ィ…- 、ハ.ノ: :/.: : :イ彳だハ`\ハ !ィちバラ 〉く/ヽ_,o   / ⌒`ー、
        ',       _ェ孑彡::/.:∧ゝゞ-'   リ ゞ=' ' /: :/`!,ュ/ρ_{       ヽ
        ヽ、    /.:.:`ヽ∨: : :∧ ""    ′  ""// }: : :./iユハ_,ヘゝー==‐    〉
          ゝ、 /.:.:.:.:.:.:.:.:∨ゝ、::.ゝ   ` ‐ '   〃: : :.ハ/^'ヘ  , ‐^      , '
            }.:.:.:.:.:.:.::::::::::::ノ:ハ: :∧>   <´W: :/ゝ──^⌒ト、 `ゞ   /
            /.:.:.:.:.:.:.-=彡::ィy''从{.,ィ=ィロ=、┘ /:/}.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./     >´
      ..     `ヽ:.:.,,ィ彡".:i´/,ィ彡'ノ/.|i|^ヾミヾ"|ち:::三ミメ=:.:/ , = イ
             }.:::::::::.:.:.:.r゙/r'ミメ// λ|:|ミメ、 }:}.|-).:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|/三三{
             `ヽ.:.:.:.:.(`/゙}  //.  {i{.|:| `ゞ彡/らヘ:.:\:.:.:.:.:|三三三.',
      .           l:.:.:r'7r'"  {:{  }i.} |:|   ゝ/〈.:.:ハ:.:.:.:ゝ一'三三三_ノ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   アレクサンデルは諸々の改革を行う時に、貴族の自発性に期待せず、

   更に言えば人民が引き起こす騒乱を警戒し、【下からではなく、上からの改革】を目指しました。

   同様に、ナポレオン三世も既存の議会や旧来の保守的な経済界をアテにせず

   【上からの改革】を行いました。

   そういった点では、この二人はとても良く似ていました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                 r―-   ______ __r‐r‐n_
                  〕≧=-  __       \\    `)、
                 (_,   /⌒ー(__,    \\   _)==┐
                 (_,   /       └(__,   ヽ ヽ,  _,)==ミx
        .           (_,  /          └(__,  v /, __)ヽ〃
                爪_ ′ i i | i   i  i (__, ∨/, __)=#===┐
                {{ 〃i i i | | | | i i i |i i | ii`て Ⅵi _,) ゞ===≠ミx
        .        }}'/ | | i」L」_| | | | |_j」LL」_ に Ⅵ!う |   {{  }}
        .         〃/ ハ  i i|,ムミ| l l l jム=ミ||i に__州う   |   リ 〃
        .        {{/ / ∧i |爪{i:n}    {i::n:j爪{{薔i}i |  i |i
        .        ゞ== // 川个`¨ .    ー゚'/ /7{  | |  | | 、
               / / // / i i込、  ー     ′ {/ \| |  | | \
              ,′   / / || 「⌒≧=‐√ ̄| i i__   iヽ、 |  \
                 / { || | ー-{rリ}-‐┤ | | `ヽ ||} i |     ,
              | i   ′ \| | |>ー-川\  乂_ ー┐ i|/ i |      '
             !| |   八{⊥.__ { i |  \r‐===‐┐\ i |      i
        .       ’| |   {三二二}|い、 └=ニ=-‐ヘ   \:|        |
              人 |___/___彡イ┌┘|  \__辷=‐-___彡   ー=ニ⌒>,ノ




861 名前:豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [sage] 投稿日:2012/01/24(火) 23:10:41.69 ID:Y7+y99Wto

              /三三三三三=-: :´: : : : : : : 、: `: : ー.、三三三三三ヽ
        .      (三三三ニ. :'´: : :|: : : : : : : : : : :\: : : : : `: .、三三三ニ)
              ー</: : : : : : {: : 、\:.:. : : : : :丶: : : : : : :.\ニニ/
               /: : : : :/:.:.:.八: : \: \: _: : : : :ヽ:.:. : : l: : : :ヽ/
        .       /://: : :.:7:.卞、 ノヽ:.:.{ \:.:\\:.:.:._」≧: :.|: : : : : ',
              /:/: |: : : :.|:.:/ //\_、:ヽ  \:く,ィ<: :| _V: |: :.|: : : :'
               |:ハ: :|: :{: : |:kメテ=ミ \',   ォ夕テハ}^∧:.}: :.|: : :| |
               {ハ: |: :ハ: :.{ヘうんソ}    \  弋ゞ' ノ ′}/:.:/:. : :}:.!
              {! ヾ!:.:.:ヽ:.', `冖´   {  `  `¨^´  /:.:./:.: :.:/:/
                 |:.:|:.:ヽ:.、      _       /:/:.:.:..:/:/
                    }:.:!:.:.:.:ト\     V⌒       /イ:.:.:.:.:.: /:/
                  |:∧:.:.:.ヽ.     ‘ _ノ        //:.:.:.:.:/:/
                  レ ヽ:.:.ト、{>..   ー     . イ:/:.:.:.:.;.':, ′
                , - 、  \{ ` }ヘ`ト __ -‐ 7:.:/:./:.:.:.:/レ'
                 /二、_≧ー―‐ ´ ̄ \    {:./|ノ|:,イ/ ′
              /    )_ヽ        \r‐'⌒\_'__
            /       )__ヽ     / ̄ ̄)又\`< )__
           /'          _〕ヘ   / r' ̄ 7イヘ \\ \ )_
         / /            (_ }  \ヽ ノ /|ミ}!  ヽ}  ハア∧
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

      しかし、アレクサンデルは父王の皇帝専制を受け継ぎ、

      この権力を一部でも国民に委譲する事を拒みました。

      むしろ、皇帝がそうした権力を持つ事は当然の事だと考えていたのです。

      そのため、彼の政策は【改革推進と反動化】の間で常に揺れ動いていました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





862 名前:豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [sage] 投稿日:2012/01/24(火) 23:11:48.83 ID:Y7+y99Wto

                、_          , -―  ―- .、          _)
            _ノ        ,  '´              `  、    (_, ^i
         ,.-‐(__       /                     \    _ノ,. -‐-.、
          | r‐-ァ_)   , '                      ヽ   (ノ)<フ /
           rt  ̄(__   //                     `、    )iヘ、X
        i l´ヽク/ノ  //      j            l i       i  (〈_l V /
        ヾ= ,イ(__  l |        小          | |   `i    l ( ゝ---'
          /.:l|i フ | |  { | |  :i| i       |   ,| ト、 |  |  | |  ):i:::|::::|
            /.:/.|l 弋っ| | .: || |、:;| l |      |  /l/ i l|  |  !:i /:::::k:|!:::|
        /.:;/ |! ::|〈 :i.|| 、 | |什三|上i k. |  .j / / リ  |ム j  , j l 〈::::: i:||::::|
        /.::/ | :::| | :| |kl  ヽト.l ,ィ干=tt_ヽ|、 .ノ//    .| | /, / /,'i :l|:::: . l:||::::|
        /.:::i  | ::::| | ::|c,ヘ(⌒ヾイf¨:::::::ト ̄ヾソ/ノ ._    |ト,リ/iノノ | ::|l:::. |:!|/
       \|  | ::::|.|::|{回}ヽ ヾ代::.o.ノ      z=≠ミ´ソ! |{廻})::||::::. |l
          | :::::| | :::i⌒ l.∧ ∨ ̄    ,        / l |´⌒|..::||::::: |!
            | . :::::| ヽ、l  .| ∧ .マ´/^) ┌―┐      / . | |  ヽ、||::::: l!
.           | ::::::|       _厂ヽ ∨ /   ヽ ノ    . <  l . !     |::::. . |
          | . ::::::|    ,._「 \ ヽj |..>  _  < ,...‐-..、..,| |    |:::::. |
           | :::::::|   ./ |  ̄ヽ_}.イ |:,-―.==、ー-、:::::  ..y'k .!     |:::::. . |
            | :::::::|  , '  |´ ̄ヽ ′ j::;;;::::({薔}))::`ヾ....、.:::,' .ハ ヘ、  |::::::. |
.          | :::::::レ' , ∧   〉  ∧:::::::::7~'イ:::::::::::: .:::/ ハ\ゝ、`.、 .|::::::. . |
         | ::::::::ト、 ̄二∧    /  ::::::::/| ::::|ヽ :::: .:,.' /   `、ソ ゝ|:::::::. |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

      一方、最初こそ強権的な【権威帝政】をしていたナポレオン三世でしたが、

      自身の改革を支持する第三勢力が議会で多数になると、

      自身の権限を議会に委譲し【自由帝政】へと切り替えました。

      将来的には立憲王制(帝政)へ完全移行しようと彼は考えていたのです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





863 名前:豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [sage] 投稿日:2012/01/24(火) 23:12:51.40 ID:Y7+y99Wto


          __
         / ☆ \
         ,ヽニニニノ..、
       ,イ,,i、リ,,リ,,ノノ,,;;;;ヽ
     .i;}'       . "ミ;;;;:}
     |} ,,..、_、  , _,,,..、. |;;;:|
     |} ,_tュ,〈  ヒ''tュ_ .i;;;;|     この二人の政治的なスタンスの違いは
     |  ー' | ` -     ト'{
     |   イ_i _ >、     }〉}    どこから生じたのか?
  /^)| _;;iill|||;|||llii;;,>、 .!-'
  / / .|    ='"     |      それは二人が志向した最終的な目的の違いに
 (  ' ̄\  ゛,,,  ,, '/
   ̄ ̄| = ̄ //  | |       理由があると>>1は考えたのです。
     |   // .  | |





865 名前:豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [sage] 投稿日:2012/01/24(火) 23:13:47.61 ID:Y7+y99Wto

              /: : : : i: : ::i: : : : : : : : ::i: ::i: : :/: : : : :/  ii i: : :i:i|: : : : : : i: i: : : '.,
          /: : : : : i: : ::i: : : : : : : : :i: ::i: ::/|: :__/  リ `ヽ、jゝ、: : : :i:i: i: : : : ',
            /: : : : : : i:: : :|: : : : : : : ::ii: :レ'´ `´           `ー-、j、: : : : i::i
         f: : : : : : : i:: : :|: : i: : : : : i i: |       、            \: : :i:i
         i: : : : : : : :',::::::|: : i: : : : : | i: | ._____‐-、\            i\j:i
         |: : : : : : : : i:::::|: : i: : : : : | i: |豸´乍釜ミュ、ヽ\_ ノ        _   }:::::::ii
         |::: : : ,: : :::γ‐|: : |i: : i: : | i: | 、 う::tj::゚厂':,      ,-―'´   ム::::::ii
     ∧  |::::: ::,': : : /,-、iト、:|i: i:i: : | ヾ、 ` ̄¨¨¨´        ',ィ=rェュ. /:::::::::,リ
     /  \_|::::::::i i: : {  ,-j リヘj: i: : i  ヽ                ぅfi::゚厂`/:::::::i:::j
      i    |::::::j :i: : {  / (   `ヽ、j   `          ヽ`寸ノ /::::::::::レ'
     {    i::::/ :i ̄ゝ、`ヽ`                   /     /::::::::::::|
     ヽ、___i:/: :i    \ `            __          /::::::::::::::i
         /j: ::,イ i     `ー、          /―-`ヽ、     ∧:::::::::::::i
          /:j: :/::| i     |::ji            (     `Vi     ,':::|\::::::i
       /: ,'::/::::i i     |:八            ゝ      ソ     人::|  \j
      ./: ,'::/:::::::i        |i  ≧。        `ー‐‐'     ,゚:::::::i
      /: ,'::/:::::::::::}     ji      >、           , ゚:i::::::::::::i
     ./: ,'::/:::::::::::::i     ji       >、      ,゚  ̄`i::::::::::::{
    /: ,'::/::::::::::::::::}    i 厂 ̄ ̄ ̄`ヽ、  ≧r―‐':f     }:::::::::::::i
   ./: ,'::/:::::::::::::::::::i    リi      r‐ 、 Y´厂 ̄}::::::{      j::::::::::::::i      ロシア前皇帝 ニコライ一世
-―‐-、//___,-―j     }      /   j {   {:::::::{_    ノ::::::::i::::::i
     `ヽ     i      |    /    i  ヽ   i___::::}   {:::::::::ノ::::::i
       \     i      |____/-――f⌒Y_}   { ` |   ヽ―'´ ̄ ̄`ー―-、
         iヽ  レ'⌒ヽ、 }二二二二二{ニニ} ̄`ヽ、  |  ___j       ,   `ー――-、
        i i  i:::::::::::::::::`i二二二二>イ二ノ二二ニ\レ'i: :i: :ヽ     / ,'        `ー――-、
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    アレクサンデルにとっての【近代化】とは手段であって目的ではなかった。

    彼がロシアの近代化によって成し遂げようとしていたのは、

    【父王が統治していた頃の強いロシア】だったのではなかろうかと>>1は考えていたので、

    「番外編 東の蒼皇帝」ではアレクサンデル本人よりも、

    彼が尊敬し憧れていた父王ニコライ一世の方に焦点を当てようと考えていたのです。

    ……そのせいでアレクサンデルの影が薄くなったのはここだけのヒミツだ!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





866 名前:豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [sage] 投稿日:2012/01/24(火) 23:14:46.50 ID:Y7+y99Wto

ヾ.: ; ;ヾ ; ; :ヾゞヾ., .ゞヾ;ゞヾ;;;
; ;ヾ ; ;ゞ ;" "ゞ; ; ; ゞ゛;ゞ:.; ;ヾ ; ;ゞ ;
ゞ:ヾヾ.: ; ;ヾ ; ; :ヾゞヾ., .ゞヾゞ;ゞヾ;ゞゞ;ゞ   `  `
,,ヾ ;";ヾ; ;ゞ ;" "ゞ ; ; ; ゞ ; ;ヾ ; ; ヾ ;ゞ "ヾ;ヾ ;:,"   `
; ;ゞ ;" ;ヾ ; ;";ヾ; ;"/" ; ;ヾ ;ヾ "" ゛;"; ヾ:.;゙,;゛;:.゛  ゛      `   `
" ;ヾヾ ; ; ヾ ;ゞヾ; ;ゞ ;" "ヾ ; ;"/" ヾ ;ゞ ;" "ヾ ; ; ;       `
ゞヾ;ヾゞ:ヾ ゞ:.y.ノヾ ; ;ヾ ; ;ゞ ;" "ヾ; ; ; ヾ゛; ;ヾヾ,; ゙,,:.ヾ  `          `
ゞ:.y.ノゞ ; ;ヾ ; ;ゞ ;" "ゞ; ; ; ヾ゛;;ヾ ;ヾ ;" "ゞ ; ; ; ヾ ;;; "ヾ;ヾ;   `        `    `
ヾ:.y.ノヾ ; ;ゞ ; ;ヾ;;  ;" "ヾ; ; ; ゞ゛;ヾ:.y.ノヾ ; ;ヾ ; ;ヾ ;" "ヾ; ; ; ヾ゛;    `     `
:ゞ:.y.ノゞ ; ;ヾ ; ;:_/ヾ ;" "ゞ; ; ; ヾ゛;ヾ:.y.ノヾ ; ;ヾ ; ;ヾ ;""ヾ;    `      `
"ゞ ; ;";;;;""ゞヾ:;;_;/"ゞ ; ;"/" ヾ ;ゞ ;" "ヾ ; ; ;                     `    `
 ;;;;;; ; ;ゞ;;ノ;ノ″     `         `        `    `       `     `
:;;; ;;;;.....:::/    `         `      `
;....;;;::::;i;..ii|            `         `     `        `
:::: ;;;..;.ii:i|    `    `     `    `
::..;;;.::.. :ii| `                `   `                     
::;...;;:..;i...iii|    ` `        `
:..;;;.;;;.:;:;i.;ii|                                     
::;...;;.;;ii:i;;;:;i|.     /) /)     ☆    ∧∧      ∧_∧    .Å     ∧∧
::;...;;.;;ii:i;;;:;i|    リ_リ         ヽ  (゚ー゚*)    ∩*-∀-)  / \    (゚Д゚*∩
.;... .;;:.;:;iii;i|  ノヘハヽヾ        日日と と ,l     ヽ  ⊂ ) ヘ(´∀`*)ノ    /⊃ /
iii;;ii:i;;i:i;;iii;;ii| ,.,,| ノ,,´~`)リ.,( ・∀・)ノ. ,,. (_(_つ..,.,,. ,..,( (  ノ ,. ,. (  へ),.,,   ,( ヽノ.,..  .,. ∧_∧,., .. ,..
;..:. ,  ,;,.,.:,. ノリ, つ■))ヾ..;., ;,.,:. . ; ,.,.: ,..;,∧_∧ ..,,; (_ノし' ,:;.,. : く   ,.;, ;:. し^ J  ,;. :,. (^д^,,) :.. ,;,
(  ̄@) ∧∧ ∧∧`)(⌒) ;..:. ,  ,;,.,.:,. ,:;. ( *´∀)  ,.;:.,;.,;  ,.;,,. ;,.,:. .; ,.;.,  ;,:;,  ,.-、,.-、,.-、と   ヽ ,;.,.:.
爪゚∀゚)(*゚A゚)(*゚∀゚) ..;., ;,.,:. . ; ,.,.: ,..;, ;,. /    ヽつ日 ,:; ;: 口;,. 日 []∧_∧lヽ .-、,.-、,.-、⊂,,_UO~ ;,
:U   |.(l  l),|⊃|;.,;  ,.;,,. ;,.,:. .; ,.;.,  と_/、_⌒^)^) ,:. .; ,.;.,  ;,:;, ,  (,, ‘∀‘)\ヽ .-、 ,.-、 )ヽ ;..:. , ,;.,
.;|  ~|  .~|  0  ,.;:.,;.,;  ,.;,,. ;,.,:. .; ,.;.,  ;,:;,  ,.;:.,,.,;  ,.;,,. ;,.,: .; ,.;., (  つ つ \ヽ )(■) ヽヽ ,;:.,;
,,U U (/`J し'´  ;..:. ,  ,;,.,.:,. ,:;.   ;,.,:. .; ,.;., ,.;,,. ;,.,:. .;  ,.;.,  ;,:;, ( ̄_)__) ,.,;:., \l二二二二l  ;:,.;
,.;:.,;.,;  ,.;,,. ;,.,:. .;  ,.;.,  ;,:;,  ,.;:.,,.,;  ,.;,,. ;,.,: .;  ,.;., ,.;:.,;.,;  ,.;,,. ;,.,:. .;  ,.;.,  ;,:;,  ,.;:.,,.,;  ,.;,,. ;,.,:  .; ,.;.,  ,;:
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ナポレオン三世にとっての【近代化】とは手段であって目的ではなかった。

 彼がフランスの近代化によって成し遂げようとしていたのは、

 【貧困の根絶に代表される、理想郷としてのフランス】だったのではなかろうかと>>1は考えていたので、

 「番外編 西の紅皇帝」ではナポレオン三世が

 どうしてそうした志を持つようになったのかを描こうと頑張ったわけなのです。

 ……成功したかどうか微妙だし、とんでもなく長くなったけどネ!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





867 名前:豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [sage] 投稿日:2012/01/24(火) 23:15:49.81 ID:Y7+y99Wto


            ,. .:.:´;:;ll:l.ijijijijij``ヽ
          /彡ミミミいj州 シノノノノハ
        /;;;;;;;;ヲ ⌒'''ー'''''⌒ヾノノノ!
          !;;ィ彡'            ミ!
        !ィ彡  rニ'''=,  ,.z''ニヽ .ミ!       そんな二人がどのような末路を遂げたのか……
         .!;:;:'   ,rェテシ  ヾテェ  リ
        ハ!      ` ¨´    h       尊敬する父親の後を受け継ぎ、右に左に揺れ動いた蒼皇帝。
.          !い     ノ ,, ...ノヽ.   l l
          ヽ_,    ,.ィ彡ノノハミミヽ レ'       自らが志した理想を追い求め、諦める事が出来なかった紅皇帝。
             ',   '''"´ニニ `''''' j!
              i         ,.イj         1つだけ言えるのは、この二人には理解者が少なかったという事です。
             ∧   、 _ _,. イ /.:.\
           /:.:.:ヽ      /. :. :. :.ヽ        ひょっとすると、けっこう孤独だったりしたのかな、とか考える>>1でした。
       .,. イ.:.:.:.:.:.:.:.\ ___/. :. :. :. :. :/ .: .: .:
        .:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:::\.:.:.:.:.:.:.:.:./ .: .:: .:
      ..:..:l .:.:.:.:.:./ 〇  \.:.:.:.:./. :. :.





871 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2012/01/24(火) 23:53:01.37 ID:A0MXRu2ko

絶妙なバランスで解釈と主観が入り混じってたから読み易くて格好良かった
どちらの皇帝も後世から評価すると近代の貢献者ではあったんだろう





873 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2012/01/25(水) 01:58:05.76 ID:MBnpW7x3o

ナポレオン3世はまったく知らなくて、あの番外編は目から鱗だったなあ
実は地味に凄い奴じゃないですか





877 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2012/01/26(木) 01:06:28.42 ID:TFSybWeg0

もっとナポレオン三世の話が続いてもいいんだぜ!
むしろ具体的に何をやったか見て見たい部分もあるし





878 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2012/01/26(木) 01:07:07.60 ID:90BMGMJDo

俺も同意だが、それはそれで鉄血宰相の話が動かなくなる可能性がw





881 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2012/01/26(木) 20:09:55.13 ID:z3qh7og0o

怪帝ナポレオン三世(鹿島茂著、講談社学術文庫)マジお勧め





884 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2012/01/28(土) 01:01:53.94 ID:pb8/7aSRo

いつか、この二人が再評価されることを望む










投稿日 : 2012/01/28 | カテゴリ : 鉄血宰相 | コメント数 : 18
■コメント一覧
  • No.17264 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年01月28日 09:23 [ edit ]

    こういう独断専行の改革者が求められる時代というのがありますね。



  • No.17268 名前:北国の名無し 投稿日:2012年01月28日 15:00 [ edit ]

    確かにナポレオン1世の方は逸話から何からもう歴史的にメジャー級扱いだけど3世って何した人?ってな
    感じだし、最終的にドイツに敗北したせいでかなり低く見られがちな存在だよね。
    だからこのスレで権力掌握までの道筋がわかって中々に良かったよ。



  • No.17269 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年01月28日 15:21 [ edit ]

    プロイセン相手の戦争さえなけりゃなぁ。
    今でも立憲君主国フランスは十分ありえたんだよな。



  • No.17270 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年01月28日 15:34 [ edit ]

    >>もっとナポレオン三世の話が続いてもいいんだぜ!
    やる夫ビスマルクが居る限り出番があるから安心しなさいwww



  • No.17271 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年01月28日 16:28 [ edit ]

    アレクサンデルのほうはどうやっても上手い決着はつかなかったろう・・。
    ナポⅢのほうはいくらでも王朝存続の目はあったと思うが。



  • No.17272 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年01月28日 17:54 [ edit ]

    ピカソとか芸術家が
    集まるフランスをつくったのはこの人だったわけか



  • No.17273 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年01月28日 20:44 [ edit ]

    このスレを読んでナポレオン三世の見方が変わった。
    それまではヘタレの愚物だと思っていた。
    最近はもう少し評価されてもいいと思うようになった。
    (普仏戦争さえ無ければ・・・・)



  • No.17277 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年01月28日 22:28 [ edit ]

    実はニコライも近代化を目指していたんじゃないか?
    ロシアの官僚制と法組織が整備されたのはニコライの時代だし、
    農奴制についての改革もこの時期から活発になってる
    アレクサンドルの近代化は、ニコライ時代の基盤がないとできなかったと思う



  • No.17279 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年01月28日 23:25 [ edit ]

    ナポレオン3世時代のフランスについては
    「屍山血河を築いた共和制を打倒して、なんで帝政に回帰するんだよ…」と
    どことなく蔑視していたけど色々と腑に落ちたわ。



  • No.17280 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年01月28日 23:46 [ edit ]

    ロシアの先制帝政とナポレオンの古代ローマ式帝政は同じ帝政とはいえまるで権力の成り立ちが違うぞ



  • No.17281 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年01月29日 00:59 [ edit ]

    評価する側の置かれてる社会情勢で評価が変わりそうな気がする



  • No.17282 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年01月29日 01:15 [ edit ]

    ナポレオン3世はヴィクトル・ユーゴーがぼろ糞にけなしまくった事も
    影響しているだろね。
    政治家としては兎も角作家としては国民的大作家だったから。



  • No.17293 名前:名無しさん@ニュース2ちゃん 投稿日:2012年01月29日 15:05 [ edit ]

    このスレ読むまでは、ナポレオン三世なんて祖先の七光りだけで偉くなった権力欲しか持たないバカ者と思ってた



  • No.17336 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年01月31日 15:03 [ edit ]

    オルセー美術館でナポレオン三世の息子の末路が悲惨だったのを知ったときは泣いた



  • No.17337 名前:  投稿日:2012年01月31日 15:11 [ edit ]

    ボナパルト家について言えば、ナポレオン2世の人生も悲劇的だね。



  • No.17365 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年02月01日 18:42 [ edit ]

    ロシアの場合、ソ連崩壊後のかちゃくちゃぶりとプーチン体制の現在見てたら、

    もっと識字率さえ低い時代なら、どうころんでも、権威主義的な体制以外、ありえなかったと思う


    フランスの場合も、第二次大戦後はドゴール体制と憲法のもと、現在に至るけど、
    第二帝政の後、70年以上も議院内閣制でなんとかやってこれた歴史があるわけで



  • No.18182 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年02月28日 13:57 [ edit ]

    モルニーがもう少しナポさんの側にいてくれたなら……



  • No.18250 名前:早起きは三文の得 投稿日:2012年03月01日 13:22 [ edit ]

    とにかくナポレオン三世の悲劇は味方が少なかった事と、プロイセン軍
    の異常な戦闘能力の高さにあった。
    内政家としての実力は歴代フランスのトップの中でも高いレベルなのに、
    敵が多くて強すぎて、その結果評価を落とした悲劇の人だと思う。

    そのせいで再評価進んだのって、本当に最近の事なんだよな…。



■コメント投稿
     行間隔の関係でアスキーアートを貼りつけてもズレが酷いことになりますので、
     アスキーアート付きのコメントは削除する方針です。
     荒らしの書き込みに対してレス・言及しているコメントも削除対象ですのでご注意ください。
プロフィール

管理人 : 「ピチカー党員No.11」こと金ニダリスト

       ___
      |それ金|
    z'| ── 、
    / ハ ヘ u ヽ
  人/ノヽ ミ=‐...|_     生活の中心が株になっとる
    }≦ u 爻r.j. |彡}
  (  u  リ У{三≧
   ` ー─t r三勿 {气}
      厂 ̄(三)  `气


◆カウンター(ユニーク)    ◆カウンター(トータル)
       


全記事一覧

RSS

管理モード
ツイート
最新コメント
最新記事
まとめ記事
【歴史系】
【物語系】
【ゲーム系】
【学ぶ系】
連絡先はこちら

苦情・相談などありましたら、
下記のメールフォームにてご連絡ください。
(ファイル添付可能)

連絡用メールフォーム

貰い物紹介

TOP画像募集中

  

ダンジョンマスター作者様からいただいた逸品。
カナ、マジプリティ!



  

  

帽子屋HeII0様からの贈り物、しかも二枚!
各作品に対する愛情が伝わってきます。
帽子屋HeII0様のブログ - 「-simulacra-」

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
© それにつけても金のほしさよ All rights reserved.
まとめ