■新・やる夫の関が原戦線異常アリ 番外31 「稲富祐直 その後」
854 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/02/11(土) 00:55:27 ID:ezwfaSNk

<番外31 稲富祐直 その後>

銃を撃っては百発百中 その名も高き稲富流砲術の創始者・稲富祐直


       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::丶
       ~  /::;;::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヽ;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::)
         /:::;;;:::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/   |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::|
         /:;;  ;;;;;;;;;;;;/ ゝ;;;;;;|    u |;;;;;;;::イ:::;;;::::::::::::r
         レ /:::::;;;;;;( ヽ;;;;|     |;;;:/ |;;;;;;;;;;;:::::::::::|
           \:::;ヘ - _r_  _レ /⌒;;⌒|;;:::|
             |;入ヽ ̄◎ヾ r ◎ ̄フ /;|∫|;/
             V;;;i   ̄⌒   ⌒ ~~  ;;r /;;i
              /;; ;ヘ   l       ;;;;;;;;::しノ;|       ………………
           ∧_人;;;;し;:u   __    |;;;;;;::::::::::;;丿
           (:::;;::::::;:;;;;;;;:;\   ) ノ  u/;;;;;;;;;;:::::;;;;/
           丶::;;::::::::;;;;:;;;J   -  /   |;;;;;;;;;;;;;::::::::⌒\
           /::::;;;;;;;;;;;;;;| ∧     /;   |;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::し::|
         /:::;;;;/⌒>~  ヽ   丿   ┴レ\⌒|^~\:::::::\
      ⌒\ r ̄( イ  ― 丶   :   ―ー  丿 :ノ/ ~^⌒~⌒~)
      /  :;; y;;   丶 ト ~ _   __   _ _ ~/ :;:;     丿   /~
 / ̄ |      \   \~ ー― Y ― ー/   :;:    /
      \      ゝ   ^~ー (~^) ~      _ ~   ← 稲富祐直
        丶        / ノ( ソ\ へ  ~


大坂城下玉造の細川邸警護の役目を失敗した祐直が
「関が原の戦い」の最中に どこでどうしていたのかは記録になく不明である





857 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/02/11(土) 00:56:55 ID:ezwfaSNk

だが どうやら慶長5(1600)年の年末頃には
祐直は 砲術の弟子である浅野幸長の庇護下にあったようだ


                                ,..、__
                            ,..-:.:.:/、:.:.:.\ヽ`:.、
                          r:.ー:.、:.:.:ハ:ヽヽ:.ミヽ!::';.:丶
                         l:/:.r:.、:>;'-'ヽ:',、ヽ`:.ヽ:';.:.:.',
                         l/:l:.!`゙    ';',ヽ:.';.:.:.ヽ:.:.l:l
                   .       l':.イ:! _    -';!-';.:';.:.l.:i:.:.l:.l
                         ,':/:l;l´       ,⊥_ !l:.:l::.l:.:l:.l:!
                        l:イ:.l:l'rrュ、   ´ヒ;リ '!l:リ:.;'!:.:l:.:!
    ,∧∧∧∧∧∧∧∧         l';l:.:l:.ヽ`" ,      ,'l:Y/ト:.:l:.:l
    | γ⌒) )) ____,|         l:.:l:.l、:.ヽ   、_ァ  /:,':./:ハ:.:l:.:.l
    | / ⊃  `´    .|    .      ';.l:.l:ハ:.:`:ヽ.、_ /'/;イ:/_⊥ヾ_l
   〃/ /   \   / |          ';∧:.l:〉/`T´ ! ノ /'l    ,rヽ
  γ⌒)   〔 ^〕  〔 ^〕 |∩⌒)       /-ー7 ヽ_ ヽ,f´,>'、 !   /  l
 / _ノ |   "|  〉" メ / ノ       /   / '´ ノ`´ ,:':/ ` '  ,'   l
(  く|  |    ___   / / ))     ト /    /  .,:':/     l     ト,
( \ ヽ \ _/__//( ⌒)      ,イ/   /  .,:':./      l i    l、
               / /   .    ,.':/l,'     !  /:./       〉!    ',

                           ↑ 浅野幸長





858 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/02/11(土) 00:58:01 ID:ezwfaSNk

さらに翌年には これもまた砲術の弟子である井伊直政の仲介により
祐直は役目失敗の罪を問われることなく細川家へ帰参がかなうことになった



             ,. -──- 、
          /  , ヘ .._  ,.、\
        /  /__      ̄   ヽi
          l   〈 ゙ー-゙ニコ!  lLニ-1
.        | r,=ヽ ===i  /==i                  ,∧∧∧∧∧∧∧∧
          | |ト|.| `ー-   \-‐l                  |___  _____,|
   _  __| ヽ」l u.    r __ \!                  |    `´   (⌒ヽ .|
__ノ´   `l/|  ./ヽ  'ー───´l                  |  \   / ⊂_ ヽ.|
_,, ニ=-‐'''7  | ./  :ヽ.   --   l              (⌒ヽ∩ 〔^ 〕  〔^ 〕 |(⌒ヽ
      /  K.   ::ヽ     l `'''ー- 、._    (     ヽ  ノ.|  .|" く"  メ | ⊂ `、
     /   |::\   :::`ー:ァr─1   r '_ニ⊃   __ ) _ )   \ \  ____  ./ /> ) ))
    /    |::::::::\   /:::|  |  /∠、ヽニ⊃( _ ⊂、  (( (⌒ )、 ヽヽ__ヽ/ / /
    /     |::::::::::::::::X::::::::::|.  |./   ‐‐ゝ\i   ) ノ    \ \ /          /
   /    :|:::::::::::;:く  >、::::|  /    ,二ニ\> ノ'´       ヽ_ ノ       │

        ↑ 井伊直政





859 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/02/11(土) 00:59:43 ID:ezwfaSNk

そして その日の夜 祐直は細川邸に再び赴き細川忠興と対面した



        ((_((_((_((_((_((_((_((_((_((_((_((___((__
       ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ
     ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ
  _@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@ノ
  ((_((_((_((.|il |;;::: ..::..  ::..  ::..:: .   .: :..    . :::  .. : ::::|il i::
 ノ___ノ___ノ__.ノ...|il |________________|il l::
  = @==@==@= |il |\_____________________________________,_,,,,,;;;;;;;|il l::
             |il |  |    | |ニニニニニニニニニニ l | : |il l::
             |il |  l┌┐| |;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;|;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;| | : |il i::
             |il |  l└┘| |;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;|;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;| | : |il l::..
 ______|il |_l__| |;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;|;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;| |__.|il i=== =
 ,, '  ,;; ' ". ; .., |il |:」」i 「:「:「| |;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l; @=@ ;l;;;l;;;l;;;l;;;| |:iii|il |::|::|::|::
  ,'   . . .; . '., .|il |:」」i 「:「:「| |;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;|;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;| |:iii|il |::|::|::l
   ';;   . .,、   . |il |:」」i 「:「:「| |;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;|;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;| |:iii|il |::|::|::l
  .;  ,; ., 、  ;;、 |il |:」」i 「:「:「| |;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;|;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;| |:iii|il |::|::l::i
 ,,、'..,,、、.. ; .,,,、,;;、|il |/..;; "..  `,,"  . . .; .,, '  ´ ,, ;; 、 " ,, 、|il |::|::l:




;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\ ̄ ̄
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;//;;ヽ;;;;;;/|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;__/// ヽ;;;;ヽ  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|ヽ;;;;;;;;;;;;;|
;;;;;;;/   | /       /ヽヽ /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|  ヽ;;;;;;;|
;;;;;;;|/   |/      /    ヽ/|;;;;;;;;;;;;;;;|  ヽ;;;;;|
;;;;;;;|\       /ヘ   O/  丿;;;;;;;/    ヽ|
;;;;;;;\  丿  /    >/  /;;;;;;;/
;;;;;;;;;/               |  ̄ ̄         た 忠興様
;;;;;/ |    U          |
;;;/  ヽ              ヽ           お久しぶりでございます
;;/   ヽ         ゝ_/ ̄
;;|     ヽ       丿                玉造邸のこと……
;;|     | ヘ     /
;;|     |;;;;;;;;;;;\_/                  改めてお詫び申し上げます
;;ヽ     |;;;;;;;;;;;;;;;|
       |;;;;;;;;;;;;;;;|
\    |;;;;;;;;;;;;;;;|     ヘ
  \  |;;;;;;;;;;;;;;;ヽ__丿ヘ
    \|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|





861 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/02/11(土) 01:01:14 ID:ezwfaSNk

  /: : : :.i: : : : : : : : :.:.l、: : : :l: : : : : : : : : : .:. : 、: : : : : : : : : i
  /: : : : :l: : : : : .:.:. : :.:l ': : .:.ト: : : : : : : : : .:.:.: : i:. : : : : : .:. : :l    事情は幸長殿や
 i: : .:.:/l: : :i: : :.:.:.: :.:.:l X / ヽ、: : : : .:.: : :.:.:.: :l:.:. : : : : .:.: : :l
 l: .:.:/:.:.:.i: .:l:.:. :.:.:.:l:.:.:.l/ l/=ニN: : : :.:.:. :.:、:.:.:. :l:.:. : :. : :.:.: :./    直政殿から聞いたよ……
 l .:.ハ:.:.:.': :l、:.:.:.:.:.l i:,イ 〃:::::ハ l: : .:,イ:.:.:.:.:〉:.:.:.l:.:.:.:.:.: :.:.:.:.:/
 l:./  :.:.:.:ヽl:.'、:.:.:.l ヘ:l. l':::::::::::::::::,: .:./ l:.:.:.:/ へ:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/     分かっている……
 V   ':.:.:.:.`i:.ヽ:.:.l、:リ:::::::::´:::::::, :/::::l:.:.:/  ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l'
.     ヽ:.:.:.:l、:.:ヾ:ヽ::::::::::::::::::::' ´:::::::.l:.:/    ヽ:ト、:.:.:ト、l       お前に非はねえ……
      ヽ:.:.:lヽ:.:.:.:.:.}         l/     ヾ \il
       \.i. \:.:ノ._                `i
        ヽ  ヽ:.i:.:.l` ー、_     /    _... -└- ..
            ヽヘl   ヽ_ / ヽ, .. - ''        l
                  __r ''           .l
                  /   l .i        , - '' ¨
.                 /  i  l l     , '      ← 細川忠興
                 i /l / .l   /




            ___   ,,.......、 ヽ, 、
          / r''`,r'"    `ヽ) ヽ , - 、
         /   レ"          '"∠⌒`
       , -、!                 、゙ヽ
     /                     ヽ`!
    /⌒>                     ゙、
     /                       ',
    /                         !
    i  /       ,i! ハハ   ,!i        ,'
    '、 {!, i      ,! l l l .l  /! l  ,ィ     /
    `ヽ! ヽj、     H,,!、! .l /'! l ,!-j/jノ  i
         `'!,   i !r',.、\l/  jノ∠゙`'l i   '、  )ヽ   …………
     /(   j  (i i `''゚`''` ー'''"゚-" / l)   `'''゙ノ
    (  `''-'"   '! ハ u    j     /l .!     `ヽ
     `>      V ゙\  ー - ,/ V       `ヽ
  ,r''~ ̄    / ,'    | `''- ''" |  _ ヽ  `:、   !
 /,r'7     ,' ハ(ー'゙r`┘、__  __,, ゙くノ ヽ__i   !  ハj
 '、! !____r''T"!、 ! `ー' l----------/   ,/  ,イト:、 ノ
---''"  i、 `:,、゙`'' \ '!、    ,,-'' /` ー'--'" ノ  `゙ヽ,


祐直は忠興から正式に赦しを得ることが出来た





863 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/02/11(土) 01:01:58 ID:dpX7bk1I

ブラックのままだよw





866 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/02/11(土) 01:02:40 ID:DnCMvR4c

忠興さんがホワイトに戻ることなんて、もう





864 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/02/11(土) 01:02:33 ID:ezwfaSNk

だが……


  /: : : :.i: : : : : : : : :.:.l、: : : :l: : : : : : : : : : .:. : 、: : : : : : : : : i
  /: : : : :l: : : : : .:.:. : :.:l ': : .:.ト: : : : : : : : : .:.:.: : i:. : : : : : .:. : :l
 i: : .:.:/l: : :i: : :.:.:.: :.:.:l X / ヽ、: : : : .:.: : :.:.:.: :l:.:. : : : : .:.: : :l
 l: .:.:/:.:.:.i: .:l:.:. :.:.:.:l:.:.:.l/ l/=ニN: : : :.:.:. :.:、:.:.:. :l:.:. : :. : :.:.: :./
 l .:.ハ:.:.:.': :l、:.:.:.:.:.l i:,イ 〃:::::ハ l: : .:,イ:.:.:.:.:〉:.:.:.l:.:.:.:.:.: :.:.:.:.:/
 l:./  :.:.:.:ヽl:.'、:.:.:.l ヘ:l. l':::::::::::::::::,: .:./ l:.:.:.:/ へ:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/    ……部屋が ……暗いな
 V   ':.:.:.:.`i:.ヽ:.:.l、:リ:::::::::´:::::::, :/::::l:.:.:/  ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l'
.     ヽ:.:.:.:l、:.:ヾ:ヽ::::::::::::::::::::' ´:::::::.l:.:/    ヽ:ト、:.:.:ト、l
      ヽ:.:.:lヽ:.:.:.:.:.}         l/     ヾ \il
       \.i. \:.:ノ._                `i
        ヽ  ヽ:.i:.:.l` ー、_     /    _... -└- ..
            ヽヘl   ヽ_ / ヽ, .. - ''        l
                  __r ''           .l
                  /   l .i        , - '' ¨
.                 /  i  l l     , '
                 i /l / .l   /




        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'.,
        ,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::トヽ、::::::::::::::',
        ,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/l::|.|.| ヽ::::::::::::::ヽ
      l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.// | |  }::::::::::::::::ヽ、
      l::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ 〃 / .l  |:/|::::::::::ヽ:::ヽ
      {::::::::::::::::::::::::_,,.-''ミヽ/ / / / . レ::::::::::::lヽ|
      ',::::::::|`''-、::l   ,.-`''ミ、   ,,..彡/:::::::::::::l
      ',::::::l |(|:::|  ・   }ヾl .l彡彳./::::/|ノ|ノ
       ヽ:::ヽヽレ'   `"¨   l・__//:/
        ヽ::::`7  u        、  /´
            ヽ:/ \         /  l       え?
          / l   \   ⊂⊃/
  __ ,,,...-‐''"´/ .',.   `''-,,_/
        /   ヽ





868 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/02/11(土) 01:04:42 ID:ezwfaSNk

:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:/  l:.:.:.:.:/  l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l  l:.:.:.l  l:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:ヽ
:.:.:.:.:.:.ll:.:.:.:.:./   .l:.:.:./   l:.:.:.:.:.:.:.:./   l:.:.:l  l:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l、:.:.:.:.:.:.l
:.:.:.:.:.:.l.l:.:.:.:/_,--.l‐/'´   l:.:.:.:.:.:.:/'、_  .l:.:.l  l:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:,:.:.:.:.:lヽ:.:.:.:.:.l
:.:.:.:.:.:.l l:.:./´  ` 、 !'     l:.:.:.:.:./  `、_l:.:l   l:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:l ヽ:.:.:l
:.:.:.:.:.:.l .l:/,.-‐-、 ',      l:.:.:.:/ ./  ̄ !:\  .l:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.イ:.:.:.:.:.:.:.l  ヽ:.l
、:.:.:.:.:.l .!'l  О .l  !       l:.:./ / ,-‐‐-、 \.l:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:./l:.:.:.:.:.:.:.:l   .l:!
:.ヽ:.:.:.:.l、.と====つ      l:/ l .l .О l  /l:.:/:.:.:.:.:.:.:.:./.l:.:.:.:.:.:.:./   '!
`ヽ ヽ:.:.l              '  、_-.ヽ____.,.'  / l:.イ:.:.:.:.:.:.:.:/:.:l:.:.:.:.:.:./
ヽ   .ヽ:!         i      `  と===つ !'/:.:.:.:.:./:.:.:l:.:.:.:.:.:/
 l ,   `         !          . ll  ./:.:.:.:/l:.:.:.:./l:.:.:.:./
、 ヽ.l           .'           ll  ./:.:/ . /:.:.:/ l:.:.:.:/
:.ヽ-.l                     . l.l .///  イ:.:.:/ .l:.:.:./   待ってろ…………
ヽ:.:.:.:l    i / ̄ ̄ ̄ ̄\       .l l/' .‐' /l:.:./ .l:.:./
 ヽ:.:.:\   ヾヽ_______i       . //、__/ .l:./  l:./    今 明りを灯すからよぉぉぉおぉぉ
  ヽ:lヽ:ヽ                _//:.:.:.イ:/   !'   !'
   :! ヽl \            _,-‐'υ:.:.:./ l'
      .l: : : \       _,-‐´: :.l:./l:.:.:/
      .l: : : : : :`: : :―: : :' : : : :  l/ l/
  .___l: : : : : : : : : : : : : : :    . l' '
  /:.:.:.:.:.:.'l: :  : : : : : : : : :     .l
. /:.:.:.:.:.:.:.:.l: :   : : : : : :       . l



この時 忠興は屋敷中の蝋燭に手ずから火を点けて回ったと伝わる



       _ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       ::::::::::::::::::::::::::___::::::::,,..-――-..、:::::::::::::::::::
       :::::::::::::::::/,,-、 |/ ,,-''" ̄`ヽ ヽ、::::::::::::
      :::::::::::::::::///l |   ,,-''"´ ̄`ヽ/ /::::::::::::::
     >:::::::::::/ `´ 〃./,,..-‐-..、   .. ̄ ̄):::::::
   /::::::::::,,..-―-..、,,-''´     _ヽ、   /::::::::::
   . ̄ ̄/      ・}{ ・     、__l||   '-‐''"´|:::
     .〃~´  __/ ヽr γ ζ  〃     /::::
      .ゞ==./n n ヽ  ` ‐====''"   .|  /::::_::::
.,,    //                  U ///::::
  `ヽ、,' .l./⌒ヽ-‐-―‐''´ ̄ヽ、         /:::::
   ,.'   {  .______   ヽ、       l   |_:::::
    l   ヽン |::::::::::::::::::::::::::ヽニン l      し  /::::::
    |    |ヽ="l:::::::_::::::::::::::::::ヽ二|         /::/
   ',  l .|:::ヽツ/ ./ ̄ `ヽ::::::::`''|   |.l   .l/
    ', | |:::::::::::l  ./    ,.-- ヽ::::::::|  .U            ひっ…………
    .', .|:::::::::::ヽ、_ /     .',::::::|      r‐-、
./  .', .|::/ニ|::::/      /ニ/ l   ./⌒ヽ__,
     ',{  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄` ̄/ //  ∧
,,..-'' ̄ ̄',` ̄ ̄ヽ-''"`ヽ__,,-''´-'′  /:::::`''‐‐''ノ
  |     ',          _,,...-――''":::::::::::l''"´
 .|      ヽ __ ,,...-''"´      /ヽ、:::::::::`''-..,,
  |    /:::::::::::::::::::::        /\ ヽ:::::::::::::::::\





869 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/02/11(土) 01:05:18 ID:rCBl9P5.

普通に怪談じゃないですか





873 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/02/11(土) 01:06:01 ID:dpX7bk1I

高価な蝋燭を惜しげもなく





874 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/02/11(土) 01:06:46 ID:yEkYhLaQ

主君が手ずから火を灯してくれるなんて、最高の気分だね!





872 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/02/11(土) 01:05:58 ID:ezwfaSNk

結局 祐直は玉造での不手際を重ねて詫び 細川家から退転した


  \                              ../
  <   
し 失礼しまーーーーーーーーすっ!!   ...>
  <                              ..>
  /∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\


               ∧∧∧∧∧∧∧∧
               |  ___ ____|
               |  |    `´  u |
          r⌒ヽ  | / ||| \  /u |
         / \ (∂|_/  〔 ○〕.|||.〔○〕|
        _/ / ヽ ヽ|      "|  〉" メ|
       〈__/  . |  |     ___  |
            /  .\   /__/  /
           ./  / ⌒ヽ, _. i⌒\/
       .__   r  /     |/ー、\ \
      ."ヽ |  i,        ノ   .\^  i
        .| ヽ./ ヽ、_../   /    . ヽ、__ノ
        .i /  //  ./   __
        .ヽ、_./ ./  /     / /   /| _
            ./ /      / / /ヽ |/ / /   _ /|
          .ノ.^/         / / \ |    ̄ /| | / / /
          |_/       / /   ヽ |     | | |/ / /
                       / /    | ヽ    |/  / /
                     .//      | 〉      |/
                             |/


その後 忠興に遠慮してか 仕官の話を持ちかける大名は現れず
祐直は浪人の身となった





875 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/02/11(土) 01:06:51 ID:dOovsoj.

正式の奉公構えでなくても、これは怖いw





865 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/02/11(土) 01:02:38 ID:yEkYhLaQ

俺なら胃潰瘍で寝込むレベル





876 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/02/11(土) 01:08:01 ID:ezwfaSNk

だが 祐直が喰うに困ることはなかった
祐直には稲富流砲術の創始者としての名声があった


                 ____
              _,、r'´:::‐、`ヾ‐、`丶、
             /:::::l、:{⌒ヾヽ::ト、:ヽ:::::ヽ
            //!:::i:l:!::ヾ、::::::ヾ::!`ヽ:ヽ:::::ヽ
           〃:!:l::::l!:ト、::::liヽ、:::リ:!::i:::ヽ:ヽ::::i
           i:!::!i::i::::i::!:i:ヾ!:i::::!:、:::!:::l:i:!:ヽヽ:l:!
           l!::!:!:iト:::!:i:j/代トト、l:ハ::升ト!:l::!:!lj
           li::l::N{:ヾVヘ「 ̄` lハ ソr‐テハ!:l/
           !:l!:ト、l::l{`         !  j川/   祐直の指導を受けたというだけで
           ヾト辷N!      ‐ノ  !:l/
              Yl:ト、    ヾ==r  ノ/     鉄砲隊の箔が付くってもんだからな
             iN \.  ` ニ′/}'
                 丶、  /
           ノ ̄´"''‐ 、   `¨´
        _rく    /癶V⌒!=| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
   __,、=T下、``ヽ  /‐''"_, -ヘ|      |
  /「 ̄´  ヽヽ \ ヽ/   ´  _,,厶ヘ       ∧=、、
  |八 \      __/      _,)ヽ___/  ヽ ``=、、  ← 加藤清正
 ∥ \ ! V´ ̄:::::/      _,ノk>、`T!::::::":::\_   ∥



鉄砲隊の臨時コーチとして諸侯に招かれた祐直は
各大名家を次々と回り 自らの鉄砲術を伝授していった





877 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/02/11(土) 01:09:32 ID:ezwfaSNk

そして とうとう祐直を召抱えようとする者が現れた



  , -─                \
∠.-─;:-    , ,ハ           ヽ
  /     ,.イ./|./ ヽ. L、ト、        .|
. / ,イ   /‐K」!'  :iゝl-ゝ!'\i、    |      なあ 祐直
 レ' .! ,イ ,イ===。、: _"===。=:l. r‐ 、  !
   |/ l/ l:::ー-/ ´ `ー-‐,,´ | Fヽ ! |      俺にもお前の砲術の話を
       !/ __-,  -‐''"  | Lソ/  !
      `T、--;‐=;===ニヲ  l└ ' 、 ヽ     聞かせてくれないか
      /! `'ー-'---‐ '´ /i    l \\
      / _ヽ  ー一 . /  !   /  |`ーゝ、
    ,.∠-‐'' | ヽ.    /   i   ,/    |
  ̄       /.|  ヽ;:イ     ノ  /' l   |
       /  !   ト、._   /  /  !   |  ← 徳川家康



既に天下人となり
さらには将軍職を息子秀忠に譲り渡した大御所・徳川家康である





878 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/02/11(土) 01:10:13 ID:hTtAfF0g

あら、意外な人が





881 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/02/11(土) 01:11:14 ID:ezwfaSNk

しかし 祐直は家康の誘いを固辞しようとした
実のところ祐直は
この時には既に自分の砲術に自信が持てなくなっていた



  ∧∧∧∧∧∧∧∧
  |  ___ ____|
  |  |    `´    |
  | /   /  \  |     お 俺の砲術ですか……
(∂|_/   〔 ・〕  〔 ・〕 .|
 ヽ|     "|  〉" メ|      いや でも……
   |  u   ___  |
   \    /__/ /
   /ヽ      / ̄\__
  / __     /\___.)
  (___)   /
   |       /
   |  /\ \
   | /    )  )
   ∪    (  \
         \_)


戦国時代 鉄砲の爆発的な普及に伴い
戦において 射撃主の技術向上も必要とされるようになった
そこで祐直が独自の研究により
射撃の技術体系をまとめあげたのが稲富流砲術である





883 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/02/11(土) 01:12:43 ID:ezwfaSNk

しかし 技術の発達は予想以上に早く 砲術は鉄砲から大砲の時代に移ろうとしていた


             __      __   _      __
        /::ヽ.   「::::l /}  /:::/ /´::::/     /´::::> ,.-.、_        __,,..、
        〈:::::::ハ  |:::::j '´   |:::::/ /:::::::/./!   /:::::/ /:::::/      /::::::::j__
        ';:::::::l l/ _    l::::i /:::::::://:::/  /:::::/ /::::://::7   ,:'::::::::/::::::〉    __
         V:::::l /::::}.   l:::::!ヽ一' l/   /::::::く └-' 〈_:/  /::::://:::::::/,.ヘ.  /:::::/
         V:::レ::::::::r'  .l:::::l       /:::;へ::::\      /:::::く  ー-'く:://::::::://:ヽ
           .';:::::::::/   ;:::::└‐:::ァ    ∨  丶;::::>.    ,'::::;ヘ::丶、  ´ /::::::::/':::::::/
           .';::::〈     !::::;_:::::::/ 
"':;,;;; ;;;;;("':,;;; ;;;;; ;     レ'   `¨   /:::::::く ヽ;;/::::>
           ヽ::::〉    |::/  ̄  
;,;;;:)゙:;;,;;;; ;:;;,:)゙:;;,;;;,;;;,;;; ;;;         /::::;::::::::\ ヽ'
              .V     U     
(.,;;;;;;;;;;     ;,;;;:)゙:;;,;;           〈:::/ \/
                       ノ.,;;;⌒     (.,;;;;;;;;;;    .-ー---    ノ;;;;;;;;;;)゙,;;;;; ::;.
                   ノ.,;;;⌒ヽ;;;;;,.-ー---...,,,,_ノ.,;;;⌒゙;;   (::c((:::((:::a((..:;,;;;;;;;;:;;;;;;(,;;; ::,;;; ;;)"
        ,.-ー---...,,,,_ ";";;;;゙;;;;;;(,;;; ::,;(::c((:::((:::a((..:;,;;;;;;;;:;;;/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|],i"..:;;;;;; ':;,;;; ;): ;"':; ;;;
       (::c((:::((:::a((..:;,;;;;;;;;:;;;;;;;; / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|],i"..:;;;;;; ':;,;;;;;;;);;:;,;;; ̄|U|__  ヽ;;;;:";" ;;;;;;;);;:;,;;;:
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|],i"..:;;;;;; ':;,;; ;;;/ ̄| ̄ ̄|U|__  ヽ;;;;:";";;;;;;;;;;);;;:------|  ;;;;;;;("': ;;;;;;;;;;);;;::"
   / / ̄| ̄ ̄|U|__  ヽ;;;;:";"; ;;;;;;;;;;)|--------|  ;;;;;;;("':,;;; ;;;;; ;;: :]二[]二]];;;;;;; ;:;;,;;;; ;;;;; ;;: :
 / /   |--------|  ;;;;;;;("':;,;;; ;;;[[二[]二[]二]];;;;;;; ;:;;,:)゙:;;,;;;,;;;:           )゙:;;,;;;,;;;:
;(_/  [[二[]二[]二]];;;;;;; ;:;;,;;;:)゙:;;,;;;,;;;:      ;;;;;;;;;;;;)゙,;;;;; ::;.:     ;;;;;;;;;;;;)゙,;;;;; ::;.:



もはや自分の砲術は 戦場では必要とされないであろうことを祐直は予感していた





885 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/02/11(土) 01:14:11 ID:ezwfaSNk

        -=ニ" ̄"''‐-‐''" ̄"ニ=-
       ∠´           `ニ=-
        /              `ヽ,
       /                  !
      i                      .i
     .|         /| |:| ト,ヽ       |
     |.    ノ  メ:::リ:|.|:::|ノ`>      |
     |.    /リメ, .\::リ::::/ ,.ヘ!ゞ,    |     ふ~~~ん
     .|   ./    \|  |/   ヽ   |       
      i⌒| | ==o=-  .-=o== | |⌒i    お前も そう思っているのか
      | G| | ヽ . __ ノ | | ゝ __ ./ | |∂|
     ,.ゝ,_.|.|      | |     / |.|_,ノヽ,
    /   ||   .!j ヽ!_レ  ./  リ    ヽ
---‐‐''7|   ヽ ー‐--------一 /   | ̄""''''‐‐--
--‐‐''7 .レ|   | ヽ.   ≡≡   ./.|  .N""''''‐‐----
   /   レ|  |  ヽ.       / |  | |
  ./    .|  |.   \    /   |  |  .|
  /  _,,  .|  |    \ /     |.  |   |
. /_,,-''" \ .|  |\        /|  レ‐、 |
. "      ".レN\`'‐-------‐'´/リN  ヽ |




            ___   ,,.......、 ヽ, 、
          / r''`,r'"    `ヽ) ヽ , - 、
         /   レ"          '"∠⌒`
       , -、!                 、゙ヽ
     /                     ヽ`!
    /⌒>                     ゙、
     /                       ',
    /                         !
    i  /       ,i! ハハ   ,!i        ,'
    '、 {!, i      ,! l l l .l  /! l  ,ィ     /      はい……
    `ヽ! ヽj、     H,,!、! .l /'! l ,!-j/jノ  i
         `'!,   i !r',.、\l/  jノ∠゙`'l i   '、  )ヽ   無念ではありますが……
     /(   j  (i i `''゚`''` ー'''"゚-" / l)   `'''゙ノ
    (  `''-'"   '! ハ     j     /l .!     `ヽ
     `>      V ゙\  ー - ,/ V       `ヽ
  ,r''~ ̄    / ,'    | `''- ''" |  _ ヽ  `:、   !
 /,r'7     ,' ハ(ー'゙r`┘、__  __,, ゙くノ ヽ__i   !  ハj
 '、! !____r''T"!、 ! `ー' l----------/   ,/  ,イト:、 ノ
---''"  i、 `:,、゙`'' \ '!、    ,,-'' /` ー'--'" ノ  `゙ヽ,





889 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/02/11(土) 01:15:49 ID:ezwfaSNk

       _x-‐‐‐v‐‐‐‐z_
     ノィ          Xヽ
     /      ,       \
   ∠イ   <l / \ l>   ヽ.ニゝ    良いさ そんなお前を
    / イ|/\.ヽ、 _//)ヽ! ヽ
    /イ .| 〈 ̄。`ミl l〃。 ̄》 .| .ト|     いや そんなお前だからこそ
     |,=| ` ̄´"|.|ヾ ̄´).|=、!
     ||(|     /!ヽ┘  .| |.)||      俺は必要としているんだ
     |=ヘ. rェェエエェェァノ/=''|
     l| .ト、 \___///|   |     /\/ヽ
    ノ| .| l\   く7 /,イ |  N___ /  /  |
   _厂| | .|  \ / ノ( ̄"_/`ー、    |
_,-‐'/  .| | .|   ヽ' / .ノ >'´_,. \ ./ハ._,.-‐く
  /  ./∧!.!     /  r'´ ̄ヽ   ヽ. |    \
/  ノイ  !‐-、 ./  /{ヽ   ヽ    |i/
_,. -‐‐-、!  |‐‐‐-'--‐|  {  \   |i_,:'/
     |  .|    / \冫____|i,. -‐'/
     |  !   〈\/ 厂    /ノ〉



だが家康は意に介さず 祐直を自分の手元に置いた



  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::丶
  ~  /::;;::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヽ;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::)
    /:::;;;:::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/   |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::|
    /:;;  ;;;;;;;;;;;;/ ゝ;;;;;;|     |;;;;;;;::イ:::;;;::::::::::::r
    レ /:::::;;;;;;( ヽ;;;;|     |;;;:/ |;;;;;;;;;;;:::::::::::|
      \:::;ヘ - _r_  _レ /⌒;;⌒|;;:::|
        |;入ヽ ̄●ヾ r ● ̄フ /;|∫|;/
        V;;;i   ̄⌒   ⌒ ~~  ;;r /;;i
         /;; ;ヘ   l       ;;;;;;;;::しノ;|
      ∧_人;;;;し;:   ―ー     |;;;;;;::::::::::;;丿   は はあ……?
      (:::;;::::::;:;;;;;;;:;\  -   /;;;;;;;;;;:::::;;;;/
      丶::;;::::::::;;;;:;;;J  - /   |;;;;;;;;;;;;;::::::::⌒\
      /::::;;;;;;;;;;;;;;| ∧     /;   |;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::し::|
    /:::;;;;/⌒>~  ヽ   丿   ┴レ\⌒|^~\:::::::
 ⌒\ r ̄( イ  ― 丶   :   ―ー  丿 :ノ/ ~^
/  :;; y;;   丶 ト ~ _   __   _ _ ~/ :;:;
|      \   \~ ー― Y ― ー/   :;:    /
 \      ゝ   ^~ー (~^) ~      _ ~
   丶        / ノ( ソ\ へ  ~





892 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/02/11(土) 01:17:46 ID:ezwfaSNk

だが家康は
祐直に鉄砲隊への指導は行わせず もっぱら個人的な教えを求めるに留まった


;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\          -─‐- 、.   .. -─;-
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\ ̄ ̄      -=ニ´ ̄     ヽ'´ ∠´__
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\       ,. '"´              `>
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\     /                ̄`ヽ.
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;//;;ヽ;;;;;;/|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|    /                  ヽ、 ヽ
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;__/// ヽ;;;;ヽ  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|ヽ;;;;;;;;;;;;;|    i            ∧       \ヽ!
;;;;;;;/   | /       /ヽヽ /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|  .         |        , /| /  l ト、  .  ヽ
;;;;;;;|/   |/      /    ヽ/|;;;;;;;;;;;;;;;|  ヽ;;;;;|    |        /|イ、l    |ノ_,.ゝ. ト、 ト、l
;;;;;;;|\       /ヘ   O/  丿;;;;;;;/    ヽ|    |      ,イ/`''‐、_,リ  リ,. -ヘト | ヽ! `
;;;;;;;\  丿  /    >/  /;;;;;;;/           |  , ‐、 r'==。===;  (=。==lヽ!
;;;;;;;;;/               |  ̄ ̄            |   { f、|.  `ー--‐'   \-‐' l
;;;;;/ |               |               ,'   ! ト||      r __  \'l|
;;;/  ヽ              ヽ        .      /   `ー'ト、  ー----------;ヲ│
;;/   ヽ         ゝ_/ ̄              /  /|   | \ ` ー-----‐'´ / !
;;|     ヽ       丿               ,∠-‐/   |.  |   \  ー--‐  /!ヽ.ヽ
;;|     | ヘ     /               二 -‐''7   |  |     \     , ' |  ト、\
;;|     |;;;;;;;;;;;\_/              .     /    |.  |      `‐、/ レ   ト、`''‐
;;ヽ     |;;;;;;;;;;;;;;;|                 .    ,'      ト. |      :::|  イリ   :!  `''‐
       |;;;;;;;;;;;;;;;|                     i      | ヽゝ      |lW´'    :l
\    |;;;;;;;;;;;;;;;|     ヘ            .     |   ,. -‐''^ヽ|`ヽ、..__ノ|/⌒`‐、.  l
  \  |;;;;;;;;;;;;;;;ヽ__丿ヘ               レ''´      |;';';';';';';';';';';';'|     `‐、!
    \|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|                     ○ |';';';';';';';';';';';'| ==



そして祐直は 家康に稲富流砲術の全てを伝授した





895 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/02/11(土) 01:19:18 ID:ezwfaSNk

さらに家康は三河花火の職人の相談役となることを祐直に求めた


::::::                              /
::          . .* * * *              /  _/ _/      :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
          *   ! !  ! !  .*
        *  ヽ   * *  / .*          /\       |              :::::::::::::::::
       * ヽ  * 。+ 。 *  /  *        /  \/      _/          /
       * ヽ  * 。* 。* 。+。* / *    __/      ̄  / |   __/   /    ::::::::::::::::::::
     * + * + + 。。+  *  *  + .*           \/ _|          /
     * ― ‐*  * o ○。 * +  *.‐― *                        ./
     *  + * + * o   * + * * *                    __ノ  :::::::::::::::::::::::::::::
      *  / * 。+ * 。 + 。 * 。ヽ *.             _、ー-、
        *  * 。* 。+ 。 * 。+ *.             ,.-ゝ::`:::::::)'ニ二._::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        * / * * 。 * 。+ヽ *            /:::::::::::::::::::::::::::::::::<`::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
         *   i i  i i  *             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
            * * * *            ,.ィ´::::::::::::::::::::;:イ::::::::::::::::::::::::::: l::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::          !!| | |!!       :::::::::::::::::::::! |イ::::::::::;:イ::// ||::::l::、:::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
             ! | | !  :::::::::::::::::::::::::    __ .|:::|::::::{={::{、! ヾxN;≧、::::::::::::|:::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::      .||      ::::::::::.      P.| ヽト、:::l`亡・j亠t・_ラ` ト、::::::/:::::
::::::::::::::::          |         .     | |   `| "´ ,ノ  '""" Lク/   きれいな花火だぜ
              |    :::::::::::::::::::::::::::::,.r‐| レー、  \ `r‐ 'フ , イ::/
                          |     :f_〉、  |ヽ ニ´.イ  |/
                           l.    ` ノ-‐ァ!     ′ └=r─- .._
                        .   ヽ.    イ ∠..__     _,.. -‐/ r ´_二_\
                          /|`ー-‐'´|  \    ′   / //   ヽ}


これにも祐直は応じ 花火職人たちに稲富流の火薬配合の技術を余すことなく伝えた





896 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/02/11(土) 01:20:05 ID:6YzOBULk

忠興「たまやー」





898 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/02/11(土) 01:20:38 ID:uVO5t97s

ホラーだよ、それw





900 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/02/11(土) 01:20:57 ID:ezwfaSNk

  , -─                \
∠.-─;:-    , ,ハ           ヽ
  /     ,.イ./|./ ヽ. L、ト、        .|
. / ,イ   /‐K」!'  :iゝl-ゝ!'\i、    |
 レ' .! ,イ ,イ===。、: _"===。=:l. r‐ 、  !
   |/ l/ l:::ー-/ ´ `ー-‐,,´ | Fヽ ! |     ……ふむ なるほど
       !/ __-,  -‐''"  | Lソ/  !
      `T、--;‐=;===ニヲ  l└ ' 、 ヽ    やはり あいつは……
      /! `'ー-'---‐ '´ /i    l \\
      / _ヽ  ー一 . /  !   /  |`ーゝ、
    ,.∠-‐'' | ヽ.    /   i   ,/    |
  ̄       /.|  ヽ;:イ     ノ  /' l   |
       /  !   ト、._   /  /  !   |





903 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/02/11(土) 01:22:12 ID:ezwfaSNk

だが ここで祐直は家中で問題を引き起こす


          o
           ゝ;:ヽ-‐―r;;,               。
       ,,_____冫;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\      ,,,,,,,, o  /
       "`ヽ;:;:;;;:::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:从    (;:;:;:;:ヾ-r
          〈;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:) 0  ソ;:;:;:;:;:;:;:}
         ,,__);:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ノ     ゞイ"ヾ,:;:,ソ
         (;:;:ノr-´^~;;r-ー⌒`    ,.、
         "  ,,,,      _;:;:⌒ゝソ;:/
           (;:;:丿    (;:;:;:;:;:;:;:;:;:)
                   ヾ;;;;;;;;;;;;/; \
                   ´  /;:ノ 。  。
                       ()


大砲を扱う砲術家と意見の相違から激しい口論となり
そのあげく相手に斬りつけるという刃傷沙汰を起こしてしまったのだ





907 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/02/11(土) 01:23:15 ID:ezwfaSNk

自分の砲術が時代遅れと認識していても 真正面から否定されれば
そこはやはり武士の面子が立たないといったところであったのだろう



    /                         !
    i  /       ,i! ハハ   ,!i        ,'
    '、 {!, i      ,! l l l .l  /! l  ,ィ     /
    `ヽ! ヽj、     H,,!、! .l /'! l ,!-j/jノ  i
         `'!,   i !r',.、\l/  jノ∠゙`'l i   '、  )ヽ
     /(   j  (i i `''゚`''` ー'''"゚-" / l)   `'''゙ノ   ……やっちまったな
    (  `''-'"   '! ハ     j    u /l .!     `ヽ
     `>      V ゙\  ー - ,/ V       `ヽ
  ,r''~ ̄    / ,'    | `''- ''" |  _ ヽ  `:、   !
 /,r'7     ,' ハ(ー'゙r`┘、__  __,, ゙くノ ヽ__i   !  ハj
 '、! !____r''T"!、 ! `ー' l----------/   ,/  ,イト:、 ノ
---''"  i、 `:,、゙`'' \ '!、    ,,-'' /` ー'--'" ノ  `゙ヽ,



なんにせよ これまでの厚意を裏切るようなこの不始末……
祐直は死罪を覚悟して 家康の裁きを待った





910 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/02/11(土) 01:24:48 ID:ezwfaSNk

しかし家康は あくまでも祐直に寛大であった


        __     ____
       <、  ```ヽv'´    `>
       __,,.>  ,  `Y´   、   ``ヽ、
     ,ィ'´     ;'´(       )ヽ     ヽ
   ∠二ィ : .  `、 > ___,,,..ノ 丿    .ヘ
      /: : ; .   `´ `ー--‐''´    . : : |
    ∠:/,:ィ: : : ,:ィ: . /| ト、       . : : : |    お前も反省しているようだしな
     ///.: :, く//   \!_,>   . : : : : :|
     '´ /:,:イ`>、\   _,/ /\ . : : : : : |    とりあえず忠吉のところで謹慎しろ
        |/ .kー-。、〉 >-‐'ー。、 |.:|‐-、: : !
         |`ー:/'´  `ー-‐'´ | !か.|: /     ……向こうでも
            |/ __‐、    u lノい/:〈
         `iー______  ,'/じ:' : :ヽ    忠吉に鉄砲術を教えてやってくれ
          l `ー―‐---‐'  '/: : : : : : :.ヽ
             '、   ー    //: : : :∧: : : :ヽ
          ∧.     /,.r': : : :,/⌒'ヽ: : : l
          ノ|: ,ヘ__/,r'´ノ: : :/    \.:|
          |: : /」:/ /: :,:イ          \
          ノノ^「ヘ、 ノ//             \
         '´   |i゚:l \'´ /
             |i :!  V


祐直は家康の四男
尾張国清州52万石の松平忠吉のもとに預り処分となった





912 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/02/11(土) 01:26:01 ID:ezwfaSNk

        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'.,
        ,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::トヽ、::::::::::::::',
        ,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/l::|.|.| ヽ::::::::::::::ヽ
      l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.// | |  }::::::::::::::::ヽ、
      l::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ 〃 / .l  |:/|::::::::::ヽ:::ヽ
      {::::::::::::::::::::::::_,,.-''ミヽ/ / / / . レ::::::::::::lヽ|
      ',::::::::|`''-、::l   ,.-`''ミ、   ,,..彡/:::::::::::::l
      ',::::::l |(|:::|  ・   }ヾl .l彡彳./::::/|ノ|ノ
       ヽ:::ヽヽレ'   `"¨   l・__//:/
        ヽ::::`7  u        、  /´    は はい 寛大な処分
            ヽ:/ \         /  l
          / l   \   ⊂⊃/      ありがとうございます……
  __ ,,,...-‐''"´/ .',.   `''-,,_/
        /   ヽ


家康が何故そこまで自分をかってくれるのか祐直は分からなかった





913 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/02/11(土) 01:27:20 ID:ezwfaSNk

清州でも祐直は
家康の依頼どおりに忠吉に射撃術の指導を行った



        ._,,-‐‐.、 _,,-''::::::`::::::::::´::∠_
      ,∠,,__:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      ,-''"´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,'
      .l:::::::::::::::::::::::::::,.イ::::,.、:::::::::::::::,'    忠吉様 あなたは
       -、:::::::::/.|:::/ ,'::/ ヽ::::::lヽ:::|
       /:::::::::::{ ヽ{ l:/  ..}:::/ /:::',    俺の持つ技術の全てを身につけました
       l:::::::::::::ゝ≡ミ,,/    ,,-=./:{
      .∧:rl::::r-', .ヽ`.tj  -tj" } /-,',    もはや俺の教えることは何もありません
       ` ヽヽ__', /. ̄ ,.  ̄´ /-'::::ヽ、
      . /(  }:::::::'.,  .,-''"} メ/:::::::::ヽ
      ゝ::::`´:::::::::/''-,,_` ̄,,-'' ',:::::::::::::::::`ヽ
    /:::::::::::::::::::::/ ヽ  ` ´   / ヽ__,-.、_:::::::
   _,,..-ィ::::/"´/´ ̄  l 、  y  ./ l  __.}  .}:::::::l ̄`゙''-.
''"´   .l:::{  .{ー―――-、  ,.-―''"/   l:::::::|
      ヽ{   \   `゙''-`''´-''"´/   /:::/
,           `''-,,    l|  /     /''´/ /
.',  |     ヽ       `''-,,_,,-''"    _,,-''",,-''"




              ,. .‐'テ'ー、-. .、
            /: : :/ : : : : ヽ : : \
           ! : r‐┴‐-、: : : l : : : :l l
         ,.∟にニニニニlュュ_l: : : :_l:」__
       /   ,.ィ /"^l ト、  ̄``Tニ>
      /イ,イ / /コ/┐ iヒヘl'ニゝ、   |
       l/ lイ/l==a゙  ,,=a==:l r=、 |      祐直…… ありがとう!
    .         l.`ー_)   ー ' |.|h.} |
           l 「 ___    |Lノ :ト、
              ヽ ‘ー─‐’ /゙ヽ  |: :「:Tー-
        _,, .-‐'|\  ̄ /   \| : |:::|: : :
     ‐'' ´: : : : : : |::|: l`:イ       l : j|:::|: : :
     : : : : : : : : :.:|::| : i : ヽ     ノ : ノ|:::|: : :  ← 松平忠吉
     : : : : : : : : : |::|: : :\ :`:ー-‐ ': : /: :|:::|: : :



稲富流砲術の全てを伝えたのも家康の時と同様だった





916 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/02/11(土) 01:29:44 ID:ezwfaSNk

          .. .. . ... .::::.. . . .:: : :..
                    . ... ::: :::.. ... .. .. . ...
                             ... ..::. .. . .. . .. .:::
                :: :: :. ... .::::: :... .
              .::::   \ ターーン /
          .. . .                \ ターーン /
                  ,,-‐''"´'':、,,                ,,_,__
_,,.--ー''''''"゙゙ ゙゙̄"'''''―--.,,,,,,-‐'゛.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:  _,,.;:--''"´`゙''ー、/ヽヾ\
::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"';,_,,.-ー'''"゙゙:,:;.,:;.:::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,:゙',`:;,':,:;.,:;.:::;.:".:;.:'"゙:.:゙,~゙"'ー-:;、,"'.:
":;;;: : ;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :; :  :: :; ":;;;: :;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :; :  :: :; ":;;;: : ;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :
'' ;~ ; ::; : ;:; '',;''゚  ; ::; : ;:; ;~'',;'' ;~'',;''  ; ::; : ;:; ;~ ; ::; : ;:; '',;'' ; ; ::; : ;:; '',;''゚ ;~'',;
":;;;: : ;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :; :  :: :; : ;:; ;~'',;'' ;~'',;''  ; ::; : ;:; ;~ ; ::; : ;:; ': ;:; ;~'',;'' ;~'',;''゚  ; ::
:::....::::::........ . .::::::... .... ..::::::::::::::::....::::::........ . .::::::... .... ..::::::::::::::::....::::::........ . .::::::... ....::::::::::
.. .. . ... .::::.. . . .:: : :.. . ... ::: :::.. ... .. .. . ... ... ..::. .. . .. . .. .::::: :: :. ... .::::: :...


そして ある日 祐直は忠吉とその家臣たちが催した山中での遊猟に相伴した





917 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/02/11(土) 01:30:44 ID:ezwfaSNk

この時 一匹の猿が忠吉たちの前に姿を見せた


.             __
          ,.-'": : : : : ヽ-;
         r'"r''_`ヽ: : : : マノ
         ミュ '彳ミ: : : : : :ミ
         r', }ノ: : : : : : ミ
        r''〈-─ ミ: : : : : ミ: ミ
       ,'  ヘ、xxxミミミミ: : :ミ
       /;: : : : : : : ヾ、: : : : ミ: :ミ
      ./ノ: : : : : : : : : : : : : : : : : :i
     /,': : : : : /: : : : : : : : : : : : : l
    ,'/: : : : :/: : : : : : : : : : : : : : :l
    ,'j: : : : : : 〈: : : : : u: :u: : : : : : : l
    ll: : : : : : : :ヽ、: : : : : : : : : : : : : :r‐ 、
   彡: : : : : : : : : : `ヽ: : : : : i: : : : :l: : : i
  ,r'"¨`ヽ、: : : : : : : : : : ヽ: : : j: : : : ::l: : : ll
  l: ',: : : : : `ヽ、: : : : : : : : ヽ: j: : : : : ミ: : :j:l
  '',: ヽ: : : : : : : :`ヽ: : : : : : :ミj: : : : : ミ: : :j:l
  ヽ: :ヽ: : : : : : : : : :ヽ: : : : 〈: : : : :ミ: : : /j
__ヽ、: :`ヽ、: : : : : : : :ヽj: : j: : : : 〈: : ://
__ ̄ ̄¨ー-=r'": : :i: :jしレ': : : : :j:: ://ニーニ
 ̄ー//´ ̄¨ー、__ヽ,ヽヽヾタr'": : : :/: :イ   `i i
_¨´_      `¨´`¨´゙7:/:/:/:ノー''"、_  | |
     ¨ー── 、__ レ_/_/ノ_   ヽ、.| |


この猿を忠吉は射止めんとしたが
その素早い動きを捉えることが出来なかった
他の家臣も同じだった





918 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/02/11(土) 01:31:55 ID:ezwfaSNk

こうなると猿の動きも
自分たちを馬鹿にしたものであるように見えてくる


          ,. .‐'テ'ー、-. .、
        /: : :/ : : : : ヽ : : \
       ! : r‐┴‐-、: : : l : : : :l l
     ,.∟にニニニニlュュ_l: : : :_l:」__
   /   ,.ィ /"^l ト、  ̄``Tニ>
  /イ,イ / /コ/┐ iヒヘl'ニゝ、   |
   l/ lイ/l==a゙  ,,=a==:l r=、 |      祐直! 祐直!
.         l.`ー_)   ー ' |.|h.} |
       l 「 ___   u |Lノ :ト、     あの猿を仕留めてくれっ!!
          ヽ ‘ー─‐’ /゙ヽ  |: :「:Tー-
    _,, .-‐'|\  ̄ /   u \| : |:::|: : :
 ‐'' ´: : : : : : |::|: l`:イ       l : j|:::|: : :
 : : : : : : : : :.:|::| : i : ヽ     ノ : ノ|:::|: : :
 : : : : : : : : : |::|: : :\ :`:ー-‐ ': : /: :|:::|: : :



              _、ー-、
            ,.-ゝ::`:::::::)'ニ二._
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::<`
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    ,.ィ´::::::::::::::::::::;:イ::::::::::::::::::::::::::: l
    ! |イ::::::::::;:イ::// ||::::l::、:::::::::::::::::::|
     .|:::|::::::{={::{、! ヾxN;≧、::::::::::::|
     ヽト、:::l`亡・j亠t・_ラ` ト、::::::/
        `| "´ ,ノ  '""" Lク/    はいっ!
         \ `r‐ 'フ , イ::/
          |ヽ ニ´.イ  |/
       -‐ァ!     ′ └=r─- .._
        ∠..__     _,.. -‐/ r ´_二_\
        \    ′   / //   ヽ}


たまらず忠吉は祐直に猿の射撃を命じた





919 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/02/11(土) 01:33:04 ID:ezwfaSNk

                       ,、
                   _,,-''⌒::::l___
                  /:::::::::::::::::::::::_ヽ
                 /l:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                  |::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                 _.h:::::::::::::::::::::::::::/   …………
              ,,..-''"´   ̄/  ̄ ̄`ヽ、
            ,,-''"       ./.__  l    l
       ,,-''´        /´  __ ヽ   /
      /         /  /    /   __
    .r''._,,..-――――‐-./   /     / ,.┐//
   /''"_,,..-――――‐ /     l    ./__| ` ヽ―、
   /''"/         |      _,,-''´ .|::::::ヽ    ζ
  .l /     ,,..-''",,- ヽ、       |::::::::|__/-┐
  | |     / //    `''―――-∠..-''´|  n n n,、
  /l l               /    `ヽ、ヽ ////ノ-
  | |ヽゝ,,             ///     \
  |    `''--..,,_       ///        ヽ
. / ヽ-―===ζ''-..,,__  |//         /  .|
/     _,,..-''/´ /      ̄ヽ|      // |



祐直は火縄銃を肩に担ぎ 猿とは反対方向をくるりと向いた
この様子に 銃口が向いているにも係わらず猿は警戒心を解いた

                                                  ノ   _, '
                                              /  , - '
                                              (  (
                   ,,.r'' ゛~~` ''ッ,,                    )   )
                 、 ゛  ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,, ヾ.              ,.、   / /
                  ミ   ミ゛,へ.__, ,_ノヽ i.                .| |l   l ,´
                ミ    ミ, ( ・) {・フ 〉 ミ.          _-、i::| |ニニii '
            、,,,,ツi:     ミ,`~´ ヽ~〈  .ミ        /,‐ヽヽ`、||
          、シ``   i:      ,ゞ  'n.inヽ. .ミ          ( .〉〉/
         シ  //      ミ`    l.l ヽ"、         /  ノ
        ミ/ シ           彡 ,=こ二=.{ ミ,,      ,r'´ ,,、'゛
        ミi. /  /       ' ! w、`~^' vwv '、   ミ      〃 .ミ
       .ミ /     i:  /      `^^     \ ."   〃  ミ
      .ミ.:/ / / i:      v    !  ,,   \ 、 〃  ミ
      :i;     .i:   w      !!   ミ!:   ミ \\( ⌒ヽ
      :i;  /   i:      !!       .ミ キ    , ⌒`、_  )  )
      :il     .i:    !    w!    ミ .:i.   (_ (  _,ノ  ) ,
     :il   !  i:           ! ,〃゛  キ    ゞ、 __,  ノ ,
     .:il !   /~~````` " '''' = ‐- 、ミ  _,,,,_ミ,  il `  ー ´
     :il   ´ ―  ̄ - ,,. -‐‐-、、 ヽ. ヾ、  ゞ、 `  〃
     ゝ、wx.mn.!!++ナ'~      ヾ~ヽ、 ヽ、 ,, ~^^}´
        彡   〃  〃     }} /〉.〉〉〉i''"   〃
         彡、     {{     〃,__!////l |    〃
           X,,    》.   ≪.__`‐'.' '´,Uwwvw'、...,,,___
            ^^^^ !wニこ)こ)二)`) (_,,,..- 、...二⊃_).)





920 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/02/11(土) 01:33:43 ID:yEkYhLaQ

態度の悪い猿だなw





922 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/02/11(土) 01:34:25 ID:ezwfaSNk

  /::://::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /:::::/||       ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::/          |
 .|::/ /::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /::/ .||          ',:::::::::::::::::::::::::::::/  \   | ̄ ̄| ̄ ̄/
 .∨ ,'::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /::/   .||        ',:::::::::::::::::::::::::::|  \  .|__|__
   |:::::::::::::::::::::::::::::::::/三ミミ、  .|        ,,.|::::::::::::::::::::::::::|       .| ヽ    /
   |:::::::::::::::::::::::::::::::,'  ./ヽミ、        ,,.≦≦|:::::::::::::::::::::::::|    ./ ..|   \/
   |::::::::::::::::::::::::::::::l  l   \ミ    _,,-''    |厶、::::::::::::::::::|   / /  /.`''-..,,__
   |::::::::::::::::::::::::::::::|  ヽ__ ol ー' .{o ,,..-―'   |:::,、:::::::::|
    \:::::::::::/ヽ::::|               `´        .〃 ヽ::/|
     \::::::',  ヽ|         |             /   / | |    ┃  ┃  ┃
         \:ヽ、 .',   l⌒ヽ、___,,..-''"ヽ   /   /  | |    ┃  ┃  ┃
         |.`ヽ..__',   .|`''-..,,,____,,,.-''´|   /ー''´   ,'  |  ..┃  ┃  ┃
         l \   .',  .|r-、,.-‐‐.r―-.v'ニ|  /     /   .|  .o  o   .o
          .',  \ ',  .|ニ.}     l     |ニ|  /     /   '.,
            '.,   .\ヽ、.ヽ ヽ ____丿/ /     ./    ヽ
          ヽ   \ \.`''――――''/      /       \
            \    `''-..,,_,,..-''´     /          ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


そして祐直は そのまま猿の方角に見向きもせず肩越しに銃弾を発射
この一撃で見事に猿を撃ち落とした





921 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/02/11(土) 01:34:11 ID:nhu3/eiY

まさかの背面撃ちか





925 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/02/11(土) 01:35:16 ID:hTtAfF0g

マジで鉄砲術の達人なんだな





924 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/02/11(土) 01:35:13 ID:mv8uRsvc

相変わらず、人間以外を撃たせたら天下一品w





928 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/02/11(土) 01:36:05 ID:ezwfaSNk

この神業に忠吉も大いに喜んだ だが同時に……

               __,___
            _,-‐ '´ ̄, ‐'´  ̄ ヽ.`` ‐ 、
        ./    /       l    \
       /     ./        |      ヽ.
      l      |   /´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`i  .l
      .|      |   |──────「 ̄|| |
      |_____」__」──────L__」|_|
   _, -‐' _, -‐ '´     ,.  /Wヽ、 、     .\
-==ニニ二「         /| /| ./   ヽ. |\ \ヽ、 \   祐直…… 見事だ……
      |         /`|/‐|/_`ヽ、. ヽl/,\l'´| \ヽ
     │      / ____ヽ__||  |l/___ |  ヽ!  見事ではあるが お前は俺に
.       |   /⌒l │  ̄@ ̄ ̄   ,~@ ̄ ̄ |
        |  | l⌒|. |.  ` ‐--‐'   /:::`‐-‐'´ |      稲富流砲術の全てを教えたと言ったな
      |  | |∂| |         `‐-‐;   .l
.      |. ヽ`ー,||     U         /    l      だが俺は今のような撃ち方は知らない
     _,-‐|  ~^/'\     ____   /
 _-‐'/;;;;'/|  ./   ::\.     __   /       その秘術を改めて教えてはくれないか?
    /;;;;'/ | ./    :::\    :::::   /\
   .l;;;;; |   |/      :::::\.     /;|   \
   |;;;;; |  .|          :::::::\  /|;;;|    \
   |;;;;; |  |          ::::::::ヽ´l:::::|;;;|
    |;;;;; |   |           :::::::::|::::::|;;;|
   |;;;;; |   ヽ、           :ノ:  |;;;|





929 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/02/11(土) 01:37:22 ID:ezwfaSNk

これに対して祐直は……


            ___   ,,.......、 ヽ, 、
          / r''`,r'"    `ヽ) ヽ , - 、
         /   レ"          '"∠⌒`
       , -、!                 、゙ヽ
     /                     ヽ`!
    /⌒>                     ゙、
     /                       ',
    /                         !
    i  /       ,i! ハハ   ,!i        ,'      忠吉様
    '、 {!, i      ,! l l l .l  /! l  ,ィ     /
    `ヽ! ヽj、     H,,!、! .l /'! l ,!-j/jノ  i       稲富流砲術に秘術なる怪しげなものは
         `'!,   i !r',.、\l/  jノ∠゙`'l i   '、  )ヽ
     /(   j  (i i `''゚`''` ー'''"゚-" / l)   `'''゙ノ    存在いたしません
    (  `''-'"   '! ハ     j     /l .!     `ヽ
     `>      V ゙\  ー - ,/ V       `ヽ
  ,r''~ ̄    / ,'    | `''- ''" |  _ ヽ  `:、   !
 /,r'7     ,' ハ(ー'゙r`┘、__  __,, ゙くノ ヽ__i   !  ハj
 '、! !____r''T"!、 ! `ー' l----------/   ,/  ,イト:、 ノ
---''"  i、 `:,、゙`'' \ '!、    ,,-'' /` ー'--'" ノ  `゙ヽ,




               ,. .‐'テ'ー、-. .、
             /: : :/ : : : : ヽ : : \
            ! : r‐┴‐-、: : : l : : : :l l
          ,.∟にニニニニlュュ_l: : : :_l:」__
        /   ,.ィ /"^l ト、  ̄``Tニ>
       /イ,イ / /コ/┐ iヒヘl'ニゝ、   |
        l/ lイ/l==a゙  ,,=a==:l r=、 |
     .         l.`ー_)   ー ' |.|h.} |       え?
            l 「 ___   u |Lノ :ト、
               ヽ ‘ー─‐’ /゙ヽ  |: :「:Tー-
         _,, .-‐'|\  ̄ /   u \| : |:::|: : :
      ‐'' ´: : : : : : |::|: l`:イ       l : j|:::|: : :
      : : : : : : : : :.:|::| : i : ヽ     ノ : ノ|:::|: : :
      : : : : : : : : : |::|: : :\ :`:ー-‐ ': : /: :|:::|: : :





932 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/02/11(土) 01:39:25 ID:ezwfaSNk

                  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
             ,,..-‐''´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|      獲物の位置を確定する……
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
        .l::::::::.__:::::::::::::::::::::::/|::::::::/|:::::::::/`ヽ:::::::::::::::::::::::::,'      銃身を固定する……
          ヽl'"/:::::::::::::::::::/. |:::::/ |::::::/   |:::::::::::::::::::::::/
         ./::::::::::::::::::::::::l  |::::l  .|::::/     .|:::::/|:::::::::::::|       弾道を計算する……
         l:::::::::::::::::::::::::::|ニミ::|  |:::l    .|::/ |::::::::::::ヽ、
           .l::::/|::::::::::::::从 ̄ヽミミ、ヽ|  _,,≦ミミ .|::::::::::::::::::ヽ、    これらは忠吉様にお教えした射撃術の基本です
            ヽ| |:::::::::::::::::',   ''" rヾ  ''"rヽ`ヽ .,':::::::::::::::::::lヽヽ
            ヽ::::::/ |:::',  `  ̄´    ` ̄ ´ ,'::lヽ:::::::::::::::', .',|    そして今の撃ち方も
              ',:::ヽ|::::',     〈      .,'::::|/:::::::::::::::::| |
         /:l     /::::::::::::::'.,    _,,.-''´/   ./:::::::::::::::::::::::::/     基本の積み上げ…… 応用に過ぎないのです
       l::::ヽ、_ノ::::::::::::::::::::ヽ、  `''‐''´  /|:::::::::::::::::::::::::l   ト、
       |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|`''-.,,_,,.-''´  .|:::::::::::::::::::::::::`''‐'':/
       ヽ __::::::::::::::::::::::::,-、__ .|         |:::::::::::::::::::::::::::-''´
,--、     ./:::::::::::::::,-‐/ .|‐''´|          ` ̄/ヽrt_:::::::`ヽ、
|  .l      l::::::::::::::::::::l    \―-..,,_  v ._,,..-―‐/  / ./`lヽ、:::',
| .r┴.、__ |::/ ヽ、:::ヽ、   \――――――/ __/ ./ .l  ヽ__l_
.',|  | .,-、ヽ_    .` ̄、 \__ .\.‐┐┌―./   ` ̄/ /  __ヽ
 ',  .|/  | r┐ヽl⌒l   `''-..,,_ `_,,-‐.lγl-―‐.、--‐''"´  ,,..-''"||   `ヽ、
  ` |  | .| | .|  | ̄ ̄ ̄ ̄ /  /ヽ/`ヽ  ヽ ̄ ̄ ̄ ̄    ||     ヽ


祐直は己の射撃術に神秘性を持たせることを拒否し あくまでも万人の習得が可能な技術とした
この祐直の思考・思想が家康の大いに気に入るところとなったのであろう


                                  <番外31 稲富祐直 その後>おわり





934 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/02/11(土) 01:40:37 ID:DnCMvR4c

あら、実直





959 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/02/11(土) 02:53:45 ID:lKOxl/Ro

なるほど、名声に恥じない見識の持ち主だ





976 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/02/11(土) 21:55:06 ID:xKQux.vs

実は稲富さんみたいに技術をキチンと教えられる人は希少
技を磨くのと、それを人に伝えるのは全く別物なのね
その両方が出来る人だから、稲富さんを家康は重用したんだと思うのよ





980 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/02/11(土) 22:10:31 ID:nl132ZMg

稲富さんのは正確に言えば射撃術だからなあ





960 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/02/11(土) 03:27:01 ID:7NSjDu9s

指南書の内容も具体的だよね、江戸後期に一部にみられる剣術書みたい





939 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/02/11(土) 01:42:08 ID:hTtAfF0g

確かに基礎の積み重ねは家康が好きそうだ










投稿日 : 2012/02/13 | カテゴリ : 新・関が原戦線異常アリ | コメント数 : 21
■コメント一覧
  • No.17703 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年02月13日 09:58 [ edit ]

    鉄砲が上手なのは影武者のほうだろ?



  • No.17706 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年02月13日 11:51 [ edit ]

    加藤家には指南しなかったんじゃね?
    朝鮮で雑賀衆に裏切られた経験からか鉄砲など役にも立たんが
    一夢の弟子が家中に大勢居ると言えば敵が恐れるし、売名家の一夢も
    加藤家に大勢弟子が居ると吹聴するだろうがそれで良いのではないか
    といったスタンスだったらしいから



  • No.17707 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年02月13日 12:07 [ edit ]

    加藤家の鉄砲隊が「俺達はあの名人に教わったんだぜー!」って自慢できたことは事実だろうし
    本当はどっちだったかなんて誰にもわからんからなあ

    同じ百年以上の血みどろの戦いの時代に生まれた武芸者が、最終的には殆ど超人的な精神論に行きついてるのとは対照的だ

    ナポレオンが砲兵畑だったように、計算による「正確さ」が物を言う火器を扱う人間は
    保守に陥りやすい軍人の中でも革新的・現実的な視点を持ちやすい、という俗説があるけど本当なのかな



  • No.17709 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年02月13日 13:22 [ edit ]

    >No.17707
    第二次世界大戦時のドイツだと、砲兵出身者はあまり目立たない(カイテルとか)。
    当時は騎兵・歩兵出身の指揮官のほうが先端技術(無線や車両)と接触するきっかけが多かったせいだと思うので、
    その俗説は「時代によって変化する」と思った方が良いかもしれない。



  • No.17710 名前:名無しさん@ニュース2ちゃん 投稿日:2012年02月13日 13:30 [ edit ]

    >武芸者が、最終的には殆ど超人的な精神論に行きついてる
    殺す相手を至近で見る剣術と、見なくてすむ砲術では、精神衛生的に違うものがあるのかも。
    相手の死に様を間近で見る分、自分を超自然的なもので鼓舞しないと心が折れるのかもね。

    剣術で人が死ななくなったら、北辰一刀流みたいな実用主義の剣道も出てくるし。



  • No.17711 名前:  投稿日:2012年02月13日 14:10 [ edit ]

    第二次大戦直前から初期までは、砲兵畑の肩身が狭かったんだよ・・・
    第一次大戦では、砲撃は塹壕戦術の前にはあまりに力が及ばなかったのだから・・・



  • No.17712 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年02月13日 15:19 [ edit ]

    機関銃を別扱いとしても、世界的には鉄砲は長い間主力兵器だったよね。
    祐直と家康が見落としていた要素は何なのだろう。

    むしろ日本のように地形が険しい地域の方が
    大砲を運びにくかったり、
    自然の起伏を利用した陣地は破壊しにくかったりと
    大砲の役割が低そうな気がするのだが、
    それでも大砲>鉄砲が予期されていたのかね。



  • No.17713 名前:  投稿日:2012年02月13日 15:47 [ edit ]

    >17709
    ヴィルヘルム・フォン・レープ元帥やアルベルト・ケッセルリンク元帥、
    ギュンター・フォン・クルーゲ元帥など砲兵畑出身で目立つ人も結構いるぜよ。



  • No.17715 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年02月13日 18:00 [ edit ]

    稲富さんの凄さも分かったけど、それ以上に>>896の合いの手がヤバかったw



  • No.17716 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年02月13日 20:35 [ edit ]

    これ絶対許してないだろ三斎様w



  • No.17717 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年02月13日 20:42 [ edit ]

    WW2ドイツ陸軍の元帥18人のうち砲兵科出身はなんと6人で歩兵の6人と同率一位という秘密。
    まあ、機甲科とか山岳科に歩兵出身者がいるから実質では第2位だし、
    元帥以下の将官級でははっきり第2位なんだけど、
    砲兵科将校は兵科比率のわりには上位の階級にいってるよ。
    17713が挙げてる以外の有名どころだと
    陸軍総司令官だったブロンベルク、ブラウヒッチュ、陸軍参謀総長ハルダーなんかが砲兵出身。
    むしろWW1の影響でこのころ砲兵科上級将校は各国で多かったんじゃないかしらん。



  • No.17718 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年02月13日 21:11 [ edit ]

    最後みたいな考え方は俺も好きだ
    あの世でシモヘイヘと語り合っていただきたい



  • No.17720 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年02月13日 23:21 [ edit ]

    >No.17716

    あのヤンデレが許すと思うか?



  • No.17721 名前:名無しさん@ニュース2ちゃん 投稿日:2012年02月13日 23:29 [ edit ]

    基本をちゃんと教えてくれたんだな
    応用なんてその人次第なんだから、基本がまず大事だ
    稲留さんにも良い話があって良かった良かった



  • No.17722 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年02月14日 00:48 [ edit ]

    一次大戦の新しめの技術だと、気球偵察が砲兵の仕事に直結していた。
    戦術としては、いかに弾の消費を抑えて確実に機関銃を潰すか、で地味に発展している。

    >祐直と家康が見落としていた要素は何なのだろう。
    ライフルによる射程延伸、消費火薬の少なさかなぁ。
    無線通信で見えない所から撃ったり、榴弾が出てきたら大砲の優位ははっきりするけど、
    それがないのに大砲の優位確信してた理由は判らない。
    西洋だとナポレオン辺りから、
    対騎兵ででっかい散弾銃として使うようになって、騎兵に当たる前に距離を詰められる弱点が無くなるんだけど。

    >むしろ日本のように地形が険しい地域の方が
    先に良い場所を取ってしまえば、動きにくい敵相手に無双できたりする。
    山道で先頭と最後を潰して残りをゆっくり平らげたり。



  • No.17723 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年02月14日 03:36 [ edit ]

    刀槍や投石で戦ってた時代の「歩兵」に対しての鉄砲兵・大砲兵の違いと、
    ライフリングされた銃剣を配備されてる「歩兵」に対しての砲兵科の違いを較べてもなあ……

    WW2の話も興味深いけど、さすがに無関係なコメにしか見えない



  • No.17734 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年02月14日 15:11 [ edit ]

    コメで延々語るより「やる夫で学ぶ砲術の歴史」でも作ってくれればいいのにね



  • No.17769 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年02月15日 19:42 [ edit ]

    しかし、何で忠興は殺さなかったんだろう・・・。
    三成と違って殺そうと思えばできただろうに。



  • No.17801 名前:名無しさん 投稿日:2012年02月17日 16:02 [ edit ]

    1.単に作者の解釈、あるいは作劇上の話
    もう一つ思い付いた理由はネタバレになるかもしれない上にどうも実際は違ったらしい

    大砲のでかい音と衝撃の心理的効果ってのも大きいと思う



  • No.17802 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年02月17日 16:37 [ edit ]

    砲兵畑というと北欧の獅子スレでおなじみのレンナート・トルステンソンもだっけか



  • No.18094 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年02月26日 01:34 [ edit ]

    >>17769

    直後じゃなかったことと、何より紹介者の面子を潰しちゃうからじゃないかな
    奇矯なエピソード満載とはいえ、この後も大藩を半世紀近く経営し続けるんだし
    それくらいの判断力はあったと見るのが落ち着きどころかも



■コメント投稿
     行間隔の関係でアスキーアートを貼りつけてもズレが酷いことになりますので、
     アスキーアート付きのコメントは削除する方針です。
     荒らしの書き込みに対してレス・言及しているコメントも削除対象ですのでご注意ください。
プロフィール

管理人 : 「ピチカー党員No.11」こと金ニダリスト

       ___
      |それ金|
    z'| ── 、
    / ハ ヘ u ヽ
  人/ノヽ ミ=‐...|_     生活の中心が株になっとる
    }≦ u 爻r.j. |彡}
  (  u  リ У{三≧
   ` ー─t r三勿 {气}
      厂 ̄(三)  `气


◆カウンター(ユニーク)    ◆カウンター(トータル)
       


全記事一覧

RSS

管理モード
ツイート
最新コメント
最新記事
まとめ記事
【歴史系】
【物語系】
【ゲーム系】
【学ぶ系】
連絡先はこちら

苦情・相談などありましたら、
下記のメールフォームにてご連絡ください。
(ファイル添付可能)

連絡用メールフォーム

貰い物紹介

TOP画像募集中

  

ダンジョンマスター作者様からいただいた逸品。
カナ、マジプリティ!



  

  

帽子屋HeII0様からの贈り物、しかも二枚!
各作品に対する愛情が伝わってきます。
帽子屋HeII0様のブログ - 「-simulacra-」

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
© それにつけても金のほしさよ All rights reserved.
まとめ