■新・やる夫の関が原戦線異常アリ 番外32 「最強伝説・平塚」
450 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/02/27(月) 22:15:53 ID:pkF2yRdE

<番外32 最強伝説・平塚>

慶長5(1600)年 9月下旬
徳川家康から京都所司代の代行を命じられた奥平信昌は思いのほか苛烈な男であった


        ,r'::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ∧::::::::::::::::::::ヽ
       .,r':::::;:::::::::/:::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::',
      ,r'::::/:;:::::/:::::::::::∧|:::::::::::i:::i:::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::i
    .,r':::::/::::/::::/:::::::::::::|¨'|:::::i:::::| ::|::::::i:::::::ヽ:::::::::::::::';::::::::::::::::::|
    /:::,:イ:::::::|:::::i:::::::::::::::i  |:::;i!::::i!:::|、:::::i;:::::::ヽ:::::::::::::::i:::::::::::::::::|
   .i::/ .|::::::::|::::i:::i:::::::-x、  |::!.|::::|.|::| ヽ、ヽ::::::::i,:::::::::::::|::::::::::::::::|
   l:{' .|:::::::|:::::|::|:::::::::/合=;N .|:::| .|:|r-キテセ7i‐-i:::::i!:::::::::::::::|
   .i!  |::::/|:::::|:::!:::::;ィ`ゝ-'-` .|::| i!ィてソ ̄ア|::/::::i!::::::::::::::::|    毛利・石田に与した連中は
       .|::| |:::|::::',,r'::!    / |:|   ` ̄´ ,i',ィ::::/:::::::::::::::::|
      |{  ',::|ヽ::ヽ',!   ./  i!      .〃/::/::::::::::::::::::::|    もはや言い逃れようのない逆賊
       ゙  ',|:::::ヽ|ヾ、  /.   !      ´/ィ::::::::::::::::::::::::|
        /::゙::::::|::::ヽ  ヽ         //::::::::::::::::::::::::::::|    何も遠慮することはありません
     -=彡//::::|:::::::::ヽ  、_        /::::::::::::::::::::::::::::::::' ,
      /:::::/ i:::|:::::::::::::ヽ  、__ ー ´   イ:::;::::::::::::::::::::::::::ヽ::::ヽ
     /;ィ'::::i':::i::::| ::::::::::::::|'.,.      / !:/.i::::::::::::::::::::::i::::::',ヽ、;:`ヽ、
      !´i::::::|::::|:::::|:::::::::::::::|`ヽ、_  /   i/,r|::::::::::::::::::::::|::::::::i
      .|::::::|:::,|::::::!::::::::::::::|   `ヽ、   ,、r!´ .|::::::::::::::::::::::!i:::::::::|
     ,、r- ' |::|.|:i:::::::::::::::::::|      7`ヘ   |::::::::::::::::::::::! |`ヽ、|
,、r- ' ´    |:| |:|:::::::::::::::::::|     /|三|ヘ  |::::::::::::::::::::::! |  `ヽ、    ← 奥平信昌
         i! i!:::::::::::::::::::|    / |三| ヘ|::::::::::::::::::::/  |    `ヽ、


信昌は都にあった西軍諸侯の屋敷を焼き討ちにかけ その財産を次々と没収していった





452 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/02/27(月) 22:16:58 ID:pkF2yRdE

その日 配下の者から信昌に報告が上がった


          /\___/ヽ
         /''''''   ''''''::::::\
     +  |(●),   、(●)、.:| +     信昌様! 平塚為広の娘が
          |  ,,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
       + |   `-=ニ=- ' .:::::::| +      隠れている屋敷を発見しましたが
  +     \   `ニニ´  .:::/    +
 -r'⌒! ̄ `":::7ヽ.`- 、   ./|          いかがなさいますか?
   ヽ | :::::::::::::ト、 \ (  ./ヽ
    .| ::::::::::::::l ヽ   `7ー.、‐'´ |\-、
    l ::::::::::::::::l ヽ  ,ヘ,',',',ヽ  l:::::::::
   / ::::::::::::::::::ヽ ∨ .〉‐〈 ヽノ|::::::::
 ゝソ :::::::::::::::::::::::ヽ.   l,',',','l   l::::::::





453 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/02/27(月) 22:17:57 ID:pkF2yRdE

平塚為広は「関が原の戦い」で西軍として大いに活躍した武将だ


    /r―-、ー-、  l: :/ |/   / / 1ヽ| V  l  l
   //ノ: :{  \ノヽ j/  / / _,/y」」 ll  V |  |
  { {ノ: : : 7ー r' /ノ  / イ / /Vヨ!´7ヘlハ  \\ \
  | |l: : : : }  八_{/  / /l |/ { ソ Vfしリト \  \\ \
  ヽ〈: : : :{ /丿  / / jノ|/7  ゞツ ノ\ヽ _,\\ \
     `ー┴ '¨    |/ ノ /: :ノ!        テて_才ミy'\
               |  { /: : : 人  ト、 /   Vツjり ノ´7 \
                |   〕!: : ://ノヽ 〈、 ` ー┐ `ヾイ_,∠ィ'
              ∧ゝ//リ:{: :ト、\ ` ー| `>―┴―-
             / ∨/ /: :`: :`ト 二´/ : : : : : : : : : :
                /|   V {: : : : : : : : :/ : : : : : : : : : : : :
      _     ノ/   /\` ー-- /: : : : : : : : : : : : : : :
    r┘ 广/ ゙̄ヽ/   /   ̄フ^ヽrノ: : : : : : : : : : : : : : : : :
   _,ノ / : |   〈__ |  ,くrー 、|: : : : \: : : : : : : : : : :
  /   /: :/: :}      `>-、{   ̄〕 l: : : : : : : \: : : : : : : : :  ← 平塚為広
  |  l: : :l: く     /\ ノ| 厂   \: : : : : : : \: : : : : : :

`―――───―――――○―――――───――――’
                    O
                    o

     /:::::::::::::::/:::::::::::::/::、::::/:::/ ./:::/:::::::::|::::::|::::::::::::|:::::::ハ
    ./::::::::::::::::l:::::::::::::::l::::/>' 、  !:::i::::::::::::|::::::|::::::::::::|:::::::::ハ
   ../::::::::::::::::::l:::::::::::::::l::/≠==ミ\ |::::!:::::::::::|::::::|::::|:::::::|::::::::::::ヘ
  ./::::::::::::::::::::|::::::::::::// ヾ、  o`ヾ:::ハ::::::::::i!::;イ:;イ::::::::!::::::::::::::ハ
 /:::::::::::::::::::::::::!i:::::::::::l:/    ` ̄  ヾ l:::::::リ_ェTlメ、::::::|:::::::::::::::i:ハ
/:::::::::::::::::::::::::::::::l:ll::::::::::ll          ヘ::::/. oヾ、|:::::::;l:|:::i:::|:::::::i!::l    当然
::::::::::::::::::::::::::::::::::{ハ:::::::::N          N `ー´/::::::/;リ:::l:::!:::::::|l::l
,イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::ト;:::::|               |    /!:::::/:::::::;!:::|::::::リ.l:l    その身柄を確保します
.l::::::::::::::::::::::::::::::::::::圦ヘ:|   `ヽ_、   _ ノ   .//:://::::/l:;イ:::::/ .|l
.|:::/|::/:::::::::::::::::::::::::ヘヘ       ``、_ァ    ,.イ/イ:::;イ::::////:::/ /'
.|/ !'::::::::::::::::::::::::::::::ハ ヘ           /::/:::://////:/
 ̄¨|::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ. \       .イ:::::::/ィ´ ./' ./' /'´
/´|::i:::::::::::::::::::::::::::::::::ハ.  \    /:::::|::::i::::N
  ,!:ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::ハ    `ー/::::::::::::|:::::N
 ./|:| !::::::::::::::::::::::::::::::::ハ     ハ:::::::::::::|:::::l





454 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/02/27(月) 22:18:50 ID:pkF2yRdE

信昌は直ちに多数の配下を引き連れて 為広の娘が潜むという屋敷を取り囲んだ


        ((_((_((_((_((_((_((_((_((_((_((_((___((__
       ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ
     ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ
  _@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@ノ
  ((_((_((_((.|il |;;::: ..::..  ::..  ::..:: .   .: :..    . :::  .. : ::::|il i::
 ノ___ノ___ノ__.ノ...|il |________________|il l::
  = @==@==@= |il |\_____________________________________,_,,,,,;;;;;;;|il l::
             |il |  |    | |ニニニニニニニニニニ l | : |il l::
             |il |  l┌┐| |;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;|;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;| | : |il i::
             |il |  l└┘| |;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;|;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;| | : |il l::..
 ______|il |_l__| |;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;|;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;| |__.|il i=== =
 ,, '  ,;; ' ". ; .., |il |:」」i 「:「:「| |;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l; @=@ ;l;;;l;;;l;;;l;;;| |:iii|il |::|::|::|::
  ,'   . . .; . '., .|il |:」」i 「:「:「| |;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;|;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;| |:iii|il |::|::|::l
   ';;   . .,、   . |il |:」」i 「:「:「| |;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;|;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;| |:iii|il |::/´〉,、     | ̄|rヘ
  .;  ,; ., 、  ;;、 |il |:」」i 「:「:「| |;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;|;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l、 ̄ ̄了〈_ノく_/(^ーヵ L__」L/   ∧      /~7 /)
 ,,、'..,,、、.. ; .,,,、,;;、|il |/..;; "..  `,,"  . . .; .,, '  ´ ,, ;; 、 二コ ,|     r三'_」    r--、 (/   /二~|/_/∠/
                               /__」           _,,,ニコ〈  〈〉 / ̄ 」    /^ヽ、 /〉
                          ,.ィ;t-、                  (__,,,-ー''    ~~ ̄  ャー-、フ /´く//>
          /:\          f‐|::|ーハ                                `ー-、__,|    `"
 ::、       ∠三三::\         {::::::::::::{i                /⌒ヽ.              / ̄ヽ
 :::ハ       ,ィァ〉--く二     __ノ`ー‐ 'ム__            {_ri:::::::::}、    , -- .、  . . . | .:.::::::::ハ
 ::::::}     /7:::`ー '::::::\   入 : :ニ三三三ニ ::∧           〈´ }三彡〉    /::::ヽ:::ハ   ∠:::::::::::::::::>
 :::::ハ、    |7::::: , '  ̄`ヽ   /{/:ヘ:::三三三三 ::::/::{ハ _       /ヲii:_:_:_::}}\  (`:::::::::::',:ノ\   / ⌒ ヽ⌒ヽ
 -イ⌒   ./:::i  /.:::::::::::::::ハ ./{/::::::ヘ ::三三三三::{:::::/..八 ヽ    /ニノ : 三三:ハニハ 〈.ミ 三彡彡::ノ   i:::::::::::::::\:::::
 /⌒ヽ、  {:::〈! 人:::::::::::::::::::h ヽ:::::::く } :三三三三:::レ`|..:::i::::::i:::::',   /⌒v:::三三三:}ニハ/⌒ヽ彡/ヽ、 r|:::::::;ィ´三::\
 ハ::::/\\  /ミ::::ニニ=::ン\ \::::::| :ニ三三三: /ヽ、:::::::i::::::|  / .::;:イ..:.三三三:: /⌒ヽ:::::}___ノ::::}  /彡彡 三三ミ
 三:{:.:.::.|⌒! \ミ:::三三彡彡ノ  ==ヽ|  __    .( ミ::::三三::::ハ ./ .:::/ | .:三三三:/⌒ヽ.:::::/: 三三 : /__彡 '´:::_/彡:
 三:ヘ. : | /7:::`::ー--/⌒ァ、   // /.i .: i:\ /` ミ_三三三彡_|ノ:ノ//ミニニニニ /⌒ヽ:::/:::三三 ,ィ.― 、:::\::::彡彡彡
 三::: i\/ニ/.ヽ:`::三三::レく:::::::::\  /..::::i:::::::i:::::::l:::| |:::::::::::::::::/ ト、ニヽ//.:.:.:|ニ|:::: /⌒ヽ/:::三三:: /..../...ヽ:\ :::彡彡彡
 === |. /ニ/! . : :ミ三三 :::::::\⌒  ,イ..::::::i::::::::i::::::|´ ー----' ム::ハニヽ :.:.:|ニ|:::::{.::::::::(i.:.:三三(レ':::::i::::::::::i::::::} :::::彡彡
 ー、 /=/:::i :.:.:三三三三::::::::: / ミ:::ニ:::=::イ:\ .三三三三:::i::ハ-- \.:|ニ|::::: \:::::::\  /i::::::::i::::::::::i::::::} ::::彡彡





455 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/02/27(月) 22:19:53 ID:pkF2yRdE

すると 屋敷から若い女が現れ 自分が為広の娘であると名乗った


          _,∠  ̄ ̄ ̄ ̄`> 、
      /   `>――-、  ∧
     / ,ィ≠/, -―‐-、l_/,∠\
     //_/∠ -、      ´'ヽ \l
    /  / / , ィfい   `ニ_⌒7ー‐|l
    /  l /Y 辷り    ffい1Y| l  ゞ==ァ     女の身であるわたしには
    |/l j|          辷ン丿l |   \/
   |/l/川  ' '    '     , , ハ \  \    父の所業について語るべきことは
    八|トl\   rァー┐    /lハ\|` ̄
      |ートミ   /   |    /l/ノ         何もありません
    、_ 〉: :\  ̄` ┘  イ:フ´
     `フイ:r- 、:l` ー‐ 〔:_: :└-‐ァ
     / ̄/  /j       l] `ト-、イ
   /⌒l | |l     /|  l  /\
   /    l l  l l    // / /  l
   |   | ヽ  Vlー―/7 / /l   l  ← 為広娘 某
   |   l   \/|ー‐/ ∧/ / l / |





456 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/02/27(月) 22:20:53 ID:pkF2yRdE

                /   lj/ ̄ ̄ ̄`ヽ、/ /   -―\
           //  / / ̄ ̄ ̄ ̄`V./         ヽ
          / / // ∠- 、___ ,    `¨ヽー-------1
          | / /  |/_ ` ー―'  ,ィ    _,ノ` ァ_ l  l    ですが 出頭しろという御命令には従います
          レ' / / }「 .ィ `ヾ     V\  \_〈―┘l |
          レ /l c。hぃノ!        \\ /__  !  |    ただ 身支度のため
            ト-| /l o ゞ ツ     ー‐、 ヽV  ̄ ̄ /  /
          >l/ハl 。    ,     イしハ ヽ/      ,'  /     ほんの少しだけ時間をいただけませんか?
       /⌒): : :ハ   r 、_      Vhり ノリ  l  | V/
     /`ヽ  /|/: :ハ  `ヽ.`ー、   ` ゚。 /|  l  l  /_
    //\ |./ / |/   \    `´    o/ 个 、ト、 ` ーァ′
   /-― 、V/) / _// 丶-----―ァ'イ` T ´l:\イ` ̄
  / -=ニヽ } / / /\      /l: :/: : :ハ: :V
 .' _, -、 !ヽ_)' | /\  ̄ ̄ ̄/ /イ: :// ト ゝ
./ l   {_ノ | | |  |\   ̄ ̄/\ // / /l
j /   | ノ j   |   ̄ /     |    / |




   .|:::::/:::::::::::::::::::lゝム:::::::::::l:::ト、:::::ヽ::::::::::::ヽ:::::::ヽ、
   .|:::/::::::::::::::::l::/  l::i::::::::|::|ヾ\:::::i:::::::::::ハ:::::i、::ヘ
   l:::i::::::::::::―ァメ__、__l:::!i::::::|::| _ 斗∀トl:::::::!:|::ト:lヘ::ハ
   l:::|::::::::::::≪ ̄_o>ヾトヘ:::N≠o_ ̄≫!::::::l:|::l l:l ハ::!
  . l::::l::l:::::::l/イ       |ヘ{      |:!::::/リ:::} リ リ
  /:::::ヘ|!:::::i!:::!       |i       リ::/;イ:::ハ       よろしいでしょう
 ./:::::::::::::ヘ::ヘト{         '      /://::|:/:::l、
./イ::::::::::::::::::\ゝ. r、__ ___,ァ /ィ/:::/':::::::トヽ      ただし逃げようなどとは考えないでください
{/l::::::::::::::::::::::::::::\          /::::'::::::::::::::i!:! ヾ
 .l:ハ::::::::::::::::::::::::::::iヽ       .,イ:::::::::::::::::::::::| ll
  ' l:::/!:::::::::::::::::::::l \     / !::::::::::::::::::::i::| |'
   .レ' l::::::::::::::::::::::ハ  ` ー ´  .ハ::::::::::::::::i::N
    .l:::::::::::::::::::/  \     / V:::::::::::::i!:!





457 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/02/27(月) 22:21:53 ID:pkF2yRdE

      l    /リ ⌒ヽ\              V   ー彡'
      l/   l|:::::::::::\}>ノ   ___ ノ´:::::ゝ \≠一ァ
      / /  !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'ー一'´:::::::::::::ト、  丶ーァ
       l /!  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/| ll>一'
       |//jl  !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`//! !リィ
     」人j| ハ         l}        /ノ | 厶斗、     ええ もちろんです
     /´ | {ハ    ト  ____     /_ノj/   ヘ
     /へ V1Tゝ.  ` ー_--- '´    イ丿/    / l
    /  l  Vノ l\          /ヽレ/   /  |
    /   l/ ̄ l  l\>  __   イ   /ー‐∨| /j
    |   l l   l  l  \____/ |   /   / l / !
    l   l l   l  l\_____/1  '   /  l / |


いったん娘は ひとりで屋敷の奥に入っていった





458 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/02/27(月) 22:22:46 ID:pkF2yRdE

娘が再び屋敷から出てくるのに さして時間はかからなかった が……


                /: : : : /: : : : : : .: .:/: : : : : : : : : : : : : : :\
             /: : : : ::/: : : : : : : /V: : : : : : : : : }.: : : : : : : :ヽ,
               /: : : : ::/: : : __/  {: : : : : : : : :/: : : .: .:|: : : : : ',
           /: : : : .:/: : : : :/ \  ',: : : : : : .:/: : : : .: .:|: : : : : :
             / : : : : : |: : : : / x===ミ、 ',: : : : : /: .:}: : : : .:|: : : : |: :
             }.: : : /: .:|: : : / く (_) }}\',: .: .:/{: :/ : |: : : |: : : : |: :
           ノ: : :/: : .:|: : : |   `ー=彡''  ',.:.:/__V|: :/|: : :/: : : :/: :
          /: : :/: : : :八: : l            ∨ _ レ' |: :/: : : :/: : :
         /: : : :/.: .: .:/  \|         / {{ O`≫ V.: .: .:/: : : :   それでは この駕籠に
      /: :/}: |: : : :| ',   /´      ,′  `¨¨´ /: : : :/: /: : /
.     // /: : |: : : :| ',  {{\    ノ      /: : :/:/{: :/    お乗りなさ…… え?
      /   /:/ : |: : : :|  ',.  ', `ー──‐ァ) <´_,/}// V
      , -‐|.:|: : :|: : : :|   ',   \____/  /: : : : : : /
   /    .|.:|: : :|: : : :|\ ヽ           ,/: : /: : /──‐‐-、
  /     .|八 : |: : : :|  >r \____  -‐'/: : /: : /   , -‐─
. /{        ∧人: .:.:.:|/´:::::|    /  /: : /{: :/   /
/ ',.      /   |\: :|{:__::/|   /    {: :/   V   /
{   \.     {    l  ヽ| ::: {. レ'´      ∨       ./





459 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/02/27(月) 22:23:46 ID:pkF2yRdE

 \                       /´〉,、     | ̄|rヘ  ,'     ',    ,'´',   , '゙    ,'
   ヽ               l、 ̄ ̄了〈_ノく_/(^ーヵ L__」L/   ∧      /~7 /)      ;
    ヽ              二コ ,|     r三'_」    r--、 (/   /二~|/_/∠/      ,゙    ,
     ヽ          /__」           _,,,ニコ〈  〈〉 / ̄ 」    /^ヽ、 /〉 '
:、       \           l     !    、  丶.(__,,,-ー''    ~~ ̄  ャー-、フ /´く//>
 \      ヽ  ,-  _      '、!    |    丶    ' ,  .,    , -二. ̄´゙ヽ!  `ー-、__,|   `" ,
   丶、     iヽ ,- 、 _'ー- 、  :!、_.ノ|       、   丶.', -―…―-゙ト、 丶: :/ , '´ , -―゙…-、
     丶、__,ノ: : \   ´`  、`'j: : : : : i        、   /-―,―- 、   :::r‐、:__:/'´ ゙̄二'ヽ ヽ
       > 、: : : : : :丶、    :ソ: : : : : :',         、    /-―…-,r_.二j_「_ァ }、 ´ ,  -- 、\
       / / \: : : : : : :`: …:': : : : : : : :!二二.._‐- 、 ,r' ´_,/   /    - 、ゝ-、>'´ ̄ ゙丶 ヽ
‐-  _   / /   }: : : : ___: : : : : :-: 、_: : | _     ̄! |イ´/ , ´/-'´ _, -z, -‐、´゙ ヾ'-、 -、 ヽ
    '; :`'…―: ':゙: : : : : : : : : : : : : : : : : : : ト , 丶   l ||/ ,_ /_ォ_´ /´    i| |  ト、 ヽ.|
_   ノ: : : : : : : : :, : : : : : : : : : : :_:_: : : : : :', ヽ i   l i /'´/'´_l!、_≧x、   _lハ /ヽ|l ト、|'゙
 ´¨' ー、: : : :-:‐': : : : : :, :-‐:':´: : , : : : : : : : '、  !  / /| //!  f.ハ j ft::j´  ,二三犬 ハ l レ' l !
    ,r'´}: : : : : : : : :,r:': : : : : : :,r' : : : : : : : : : \l / / \,イ、__辻j  ̄ ,   ft::j ソ/イ .リ    |!
  ,_'_./: : i: : : : :/: : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : :ヾ、/   |ヘヘゞ|ヘゝ、/‐、!  ゙̄//ソ:.:.:.:,   ,  -
¬i: : : : : :/: : : '´: : : : : : : : : {: : : : : : : : : : : : : : : : : >ー ------- 、トゝ ノ__ イ'/火:.:.:.:.:.:.ノ    _
  l: :_:_: : : : : : : : : : : : : : : :|: : : : : : : : : : : : : : : : /             丶':r‐イ--'ャ   三´≦イ '´
-‐'{´ヽ  ` 、: : : : : : : : : : : : ゝ: : ___:, :--- 、:!               ノr‐ 、Z -‐i´ヽイ r、--丶 ,
   丶、丶、  丶、:_:__:, -‐'´ ̄二.. ___,, -‐'´ ¨' …ァ―------‐i'´ ´ヽ ´)-.{.__/>‐{ぅ__‐:、 !
      >-、' ‐-------‐'_´-'´ ̄二´ ̄___,, ィ´火   弋   ム二二>イ‐、,k: : ヽ=ュく ´ \
           >―=ニ二 -‐ '´            , :.:.:ー':.:.:.:.:.:.:.:{´  /  /ヘヽrく./ヘ: : : l《ート   /
        , '´             ,    ' ´   ,  -':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:V´ ̄,|/: ; : lイヽ..>く_,ゝソ》--‐ '
     , '           _   ' ´    ,   ' ´    ,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:| /: :r‐ 、: -、!:.:.:.:.:.:. ̄´:.,'   ,
  , '-    --  ::; ' ´    ,     ' ´          ',:.:.:.:.:.:.:.r‐j/'‐…1/`'ー, ノ:.:.:.:.:.:.:.:, '
              ´ '                     ' ,:.:.:.:.辷/     l { /イヘ‐i:.:.:.:, '


たすき掛け姿で現れた娘の手には 父・為広が愛用していた木刀が握られていた





460 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/02/27(月) 22:24:36 ID:x1UxW7CU

握ってないw





463 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/02/27(月) 22:25:50 ID:PsAoz5m2

徒手空拳にしか見えんのだがw





461 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/02/27(月) 22:24:46 ID:pkF2yRdE

そして 次の瞬間 娘は信昌配下の群れの中に猛然と躍りかかった


―― ̄ ̄___ ̄―===――――    ==  ̄━___ ̄―  ―
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄    ==  ̄ ̄ ̄  ―‐―   ――――
___ ̄―===――――    ==  ̄━___ ̄―  ――――
―― ̄ ̄___ ̄―===――――    ==  ̄━___ ̄―  ―
,:: -―-、 ヘ|:':::::: __丶       ,.‐ 、  ̄―===――――==  ̄━__
, --ヽ. | : .:::,r'´ _, -_;==--- 、 /   ',  
_,.二二.ヘ:_, -、:::/ '´ ..::::::::::::.... /    | .  でりゃあああああああああっ!!
'´ ̄ ̄:fー'⌒i|―-、:' ´ ̄   l    l、 .
 , --/‐゙'二´¬―-、ゝー‐:、‐|     ! \/∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\
'´, / ´   , _  -、\´ヽ:::. l   | ̄
'´/    /:/´丶、、 丶.l:.. ヘ:、l     |.______
:/ ,:' /l'     __≧ト、 ::ト、::. |' !    j-; ―、-----、゙ヽ
' / /_/   /‐t j、1|ヽ::|'ニ;‐'_,ト、__ノ:;'::::::::::::ヽ-- 、 ヽ.ヽ
:/ ハ´l >  ´ ヒzソ' /V //  |:::::::;r'― -、;/::::::::::::i  l|
':/ トス{ ヒヌ!     ´ | f´| l  /::::::/    /::::::::::::::::'ー、', ヽ
|'  Xム.ゞ'丶r ‐ 、    /Yl l/::::‐:|     / ̄ヽ:::::;:'::::::::iヽ. ',
  | ´ >、 ヽ! _〉 ∠ニ-'⌒ヽ:::::j    /    l/:::::::::/  ! |
 、._/ :>‐:; ‐ '´      厶;;!  ,:'   /´ヽ;:/  j. l
、._≧x:__ l      __,. - '´丶、゙ー '---イ__./ _,. - '/
 -r―:r-;ー{: : ̄ ̄「}└ハ: : : : : : : ̄:`:ー――_'´, -‐'´
___ ̄―===――――    ==  ̄━___ ̄―  ――――
―― ̄ ̄___ ̄―===――――    ==  ̄━___ ̄―  ―
____ ̄ ̄ ̄ ̄    ==  ̄ ̄ ̄  ―‐―   ――――    ==
__―_―― ̄ ̄___ ̄―===――――    ==  ̄━___




 \\   レ              // \\   レ              //
   \\└ イイイイイイイイイイ //    \\└ イイイイイイイイイイ //

    /\___/ヽ    /\___/ヽ    /\___/ヽ    /\___/ヽ
  / -‐'  'ー-  \ / -‐'  'ー-  \ / -‐'  'ー-  \ / -‐'  'ー-  \
 |((●)),(、_,)、((●))::|((●)),(、_,)、((●))::|((●)),(、_,)、((●))::|((●)),(、_,)、((●))::|
 | |||||||:/,.ー-‐、i|:|||||:|::| |||||||:/,.ー-‐、i|:|||||:|::| |||||||:/,.ー-‐、i|:|||||:|:| |||||||:/,.ー-‐、i|:|||||:|::|
 | |:|: ///⌒ヽヽヽ|:|:::| |:|: ///⌒ヽヽヽ|:|:::| |:|: ///⌒ヽヽヽ|:|::| |:|: ///⌒ヽヽヽ|:|:::|
 |   :|:|| |   | || | :::::|   :|:|| |   | || | :::::|  :|:|| |   | || | :::::|   :|:|| |   | || | :::::|
  \  ||ヽー-‐ノ||..::/ \  ||ヽー-‐ノ||..::/ \ ||ヽー-‐ノ||..:/ \  ||ヽー-‐ノ||..::/
  /`ー‐ ̄‐‐―´\ /`ー‐ ̄‐‐―´\  /`ー‐ ̄‐‐―´\ /`ー‐ ̄‐‐―´\


まったくの予想外の出来事に虚をつかれたこともあったが 娘の太刀筋も鋭かった





462 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/02/27(月) 22:25:48 ID:pkF2yRdE

娘は あっという間に4人の兵卒を撲殺し……


            :,:           :(::)
            /⌒''⌒) :,,゜      '         ,,,,,,,
           (:::::::::::::::!'                 (::::::)
           ヽ::::::::';'''                 ''``   。
           τ'::/ .;:
            )/
         。            '  、       ;: 。
                               `'''`~''・    ' `
     f''`⌒(     ,,,,               !:(',,,,、              ::,,,,,、...
     ,!,,,、(     /::τ             ノ:::::::::::::::::)          。  !::::::::::`! 、
 :.、          !:::(     ノ::`!   o   (::::::::::::::::::τ            (:::,,;,;,、; 。
       ゜     (/      ⌒・ .   ・、;::::::::::::;;.;`` ''
     ,,、..   //   ノ'          //'''`'`'` `       ..,,.. _,,,.、 ・         ,, ...:・..
  π /;::::::::(,.,.(;;;::::(   ,,.,  ・っ                    ;,;;( ):::::;.    c::── '`'''::::::::::;''
   ):::::::::::::::::::::::::::/  '''''`   `        '`                     ⌒ ` !.:::τ'' ``
 τ !::::::::::::::::::::::::::::)/,,,,, γ               :'`'``:!
   (::::::::::::::::::::::::::::冫 `'`'    、,:'::::::`:::,,,,        !:::::ノ         ・
 :::':'::::::::::::::::::::::::::::;(,,,,,,,、:::::::-ー''''`'`''''''''"



                  ム:ァ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ  /::ヽ._
            _ ......-ァ::´::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::y´::::::::::::ヾ、ヽ、
         ,....:::::´::::::/::::::/::::::::::::::::::::::::::/::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:\
      ,..:::´::::::::::::://::://::::::::::::::::::::::::::;イ:::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::ハ::
    ./,ィ´::::::://;ィ::::::://::::::::::::::::::::::://::::::::/!:::ヽ::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::i:
   .///:::::::;.イ//::l::::::/イ::::::::::::::::::::::/ /_::/_」_:ト、_::ヽ::::::::::::::!::::::::::::::
   // /::::///'::::::::l::::::/」::::::::::::::7::7´ 7:::::/  l::::::| ヽ::::`:ト:::、:::::l::::::::::::::
  ./'  /:::/  i::::::::;r=l:::7´.,l:::::::::::::/:/  /:/    \:!  ヽ:::::l ヽ:::::`l::::::::::::::
    l:::/  |:::::::i  _V ┘l:::::::::://  ./'   ,rz≠=ミ 、 ヘ:::l ヘ:::::::!::::::::::::
    V  _」 -┴   u ヘ::::::/'       "  fzヲ   `ヾミ、ソ  V::l::::::::::::::    ば 馬鹿な……!
 _ -‐  ´         ヘ:::{  u⌒ー=ニ_‐- __,rzz≠ム  i:::l::::::::::::::
〈                   ヘ!                    u  l:リ:::::::::::::::
.ヘ                                         }':::::::::::::::::
 ヘ                                      /::::::::::::::::::
  ∧                                 /:::::::::::::::::::::





466 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/02/27(月) 22:27:17 ID:pkF2yRdE

\              ../    /: : : : : / ,/  // /∠ム\  ト--、/: : : : : :/
<  絶好調ナリッ!!  .>   /: : : : : /| 〃  //=、 /炒 ノヘ! |-、「 [_入__ イ
<              ..>   /: : : : : / j/ | /|/V炒,     |/∠j_/└t._」┘
/∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\  {: : : : :ノ\_ ∨|ハ  r つ  //|_ノ    ,.イ\
                 / >=ニ  ¬: |] 「\┐ 入  /⌒7/ノ   //| ⌒ヽ
                  rー/こ -、: : \ |ノ〕 \_/⌒f⌒ 7_,   |イ   /∠ノ\
               ∨{0。 |: : : : :V\  / ー ) /   /: :∨_ノ┬┘
                {: :\/: : : : : | /V{__ ノl/ト--く: : : : : 广´
                    ヽ: : :_/| : : : ∨  \_//::::::::\/ ┐/  ,
                   ヽ: l  |: : : : :ハ   \⌒⌒ト、| /┘ //
                |\l: :l |: : : /: ∧    l::\/  ∨  / ∠ =ァ
                 「|  |: : l |: : : l: : : :ヘ  /:::::::::ヽー≠一' // /
             r----― |: : :lj: : : l: : : : : ∨::::::::::::::l    /ー――一ァ
             \   」: : : | : : l: : : : : : |::::::::::::::::|__/        /
        /\  _,.≧r::::::|: : l: : : /: : : l : : |::::::::::::::八       /
      __ /  Υ     ヽ:::::!: : :v: /: : : /: : : |::::::::/  }\     ∠ -ァ
      |__厶-- 、'ー‐┐  |:::j: : : V: : : :/: : : : |¨¨´   /  ヽ=≠‐  ´
      /f¨ーァ: : :ヽ  / __」/:|: : : ; : : :/: : : : /:\,_/1    \
    /: :|゚/: : : : : |  \  ヽ: : :/|\: : : : : :/: : : |   |       \
   /: /七; : : : l: : l__}  /: / 廴_ \: : : : : : :/     ヽー――一'
 /: : / /: : : /:/     // /  \ \: : : : :\ __ >
: : : : :// : : : : /´   r--=≠ /     \ \: : : : :\


馬を奪い
うろたえる信昌を尻目に そのまま囲みを破って駆け去ったのである





467 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/02/27(月) 22:28:32 ID:pkF2yRdE

また 信昌が屋敷内に押し入ってみると
門前の騒ぎに紛れて娘の子ども二人もまた裏口から逃げ失せていた


                  _.....-――-....._
               ,...:::´::::::::::::::::::::::::::::::::`::..、
           __  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
          /::::::`:::::::::/ヽ/`ヽ:::::/ヽ:::::::;、::::::::::::::::ヽ
         ./:::::::::::::::/::::/::::::::ヽ/:::::::ヽ/:::ヽヘ:::::::::::ハ
        ./:::/::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::.
        /::::/:::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::.
      /:/:::::::::::i:r.、:::::::::;「 〉:::::|::::::::::::l:::::::::::::::::::::::ヘ:::::::ヘ
     ./::;イ::::::::::::::::lノ'/:::::::/ ./::::/ヽ::::::i::::ト、::::ヘ::::::::ヘ::ハ::::::::ヘ
     l:/./::/:::::::::/ i:::::::/ /:::::i  h:::::ト、l x≦i:::::::::}:::l::::::::::::\
     {' .l::/l::::::::く  !::i:::} .!::::::l  l ,!:::::レ,ィ乏¨ア::::::l::::l:i::::::::::ト、:ヽ    なんという失態……
       |{ l:::::::|::rヽ l::l:::l .!:::::l  l !:::i:{  ̄´ ヘ:::::l:::::l:|::::ト、:ハ \ヽ
       ` .l::::::i!::ヽヽヘ:ト;ヘ lル'  l ト:::}ヾ   u  ハ:ハ:/::ト;::「ヘ:::L  ヾ
        X:::ハ::::|ヽi `ヾ、}'   .} !}/     /:}':::l::::iハ リ  }l `  、
     ,  ´ ヘ{ ヘ::ト;::ハ        |、  _ ィ `,イ:::::::::l:::| ヽ  リ     `  、
  .,  ´       ヾi:::::ハ         !=ニ // |::::::::;イ:∧ ヽ         ` ァ、
./_         ハ:ト;:ハ      l.  /  |::::::/ l/ i  ヽ            / 〉
{   \         〈 .|!.i:::」       ハ ̄〈   .!:::/ /'  /   ヽ       / /
.!.    \    .i  ゝィ~i\.    / ,∠__ヽ  |:/   /          i    / /
.l      ヽ   l  ト、|:::ト、 `ヽ、 i'∨!!_」!! ヽ l/!   /        l   / /
. l       ヽ   l | \:::::\  `ハ ケ=ヤ  Y::::l  ./、           l   /  l
 l        ヽ ,l-l    \::::::`ヽ/::i i ハ i  /::::l /   ` ー- __ l  /  .!


娘と子どもの この後の行方は不明となった





469 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/02/27(月) 22:29:40 ID:pkF2yRdE

なお 大正昭和の思想家・平塚らいてうは為広の末裔であるとも言われる



             /  _    ー――-  、  `丶         \
           // 〈             > 、         丶 l
            //  ハ  〈  _      ー- 、 > 、           \
              l l|   ハ  \ \`丶        > 、 > 、    \  \
              l l  l  卜、 \ \ \         丶  丶    \  \
            l l  l |l  ̄、入>、` ̄` ー  / ,.ィ__\ \    ヽ  ヽ
          ハ l l /1ハ 、z≧ミ:、   ̄ ̄ / ィ朮f´{  | レ1} ̄厂丁 ¬ー- 、|
           _k /  !lハヘ {し示ヽ  ー'/{しノキ }  ! }ノ  /  /
        /: : : : j∧  lト、ム 弋り  \   弋ヒり   //⌒!イ  |
        /: : : : : :ノ: :ハ  l: :ヾl ""   j     "" /入_,ノ  ト、 !
 /⌒>‐'´: : : : : : : : : : : ハ l: : : \    〈      /イ  ノ}  l| \
7  /: : : : : : : : : : : : : : : : :ヘ.|: : : : :_〕>、 ,へマ つ  ∠ ⊥ミ} / ∧|   `
ノ _」: : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヾ: / 〔\/   \ イ壬三): :ノV/  リ
 く: :`: :ー-------一: :´: : : /   /ハ |      \: : : : : : 〉 }>―- 、
  \: : : : : : : : : : : : : : : :/rァー一': : :∨      \: :/l |: : : : : : :\
\   >、______./ _」: : : : : : /         マ┐l |/ ̄ ̄}: :ヽ
  {__ノ   _    _//: : : : : /           r 、 l \/     |: : :!
     \_/ └一iー一': : : : : /          \ |   |     /: : :|
          /|: : : : : : : : 〈             ヽ〉  〉、   〈: : :丿



現在 関が原にある平塚為広碑は らいてうの父が建立したものである


                               <番外32 最強伝説・平塚>おわり





474 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/02/27(月) 22:32:50 ID:Tn1JL.ns

奇襲とはいえ、やるねえ





476 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/02/27(月) 22:44:49 ID:z6gppKZM

乱世の女は恐ろしいのう





471 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/02/27(月) 22:30:30 ID:Tn1JL.ns

木刀は普通に殺傷力がある





472 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/02/27(月) 22:31:10 ID:sCQaW7UI

すると、平塚らいてうはキュアサニー





473 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/02/27(月) 22:31:32 ID:9bWPBu9Q

プリキュアに木刀で叩かれたい










投稿日 : 2012/03/01 | カテゴリ : 新・関が原戦線異常アリ | コメント数 : 20
■コメント一覧
  • No.18213 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年02月29日 10:13 [ edit ]

    自分も強く生きようと思った



  • No.18215 名前:名無しさん 投稿日:2012年02月29日 11:11 [ edit ]

    今日、死を選ぶだけが美しいことではないと知った。



  • No.18216 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年02月29日 11:32 [ edit ]

    薙刀や槍なんかの長物で牽制してなら判らんでもないが、女の身で木刀で兵卒4人を撲殺して
    馬を奪って逃げおおせるなんて凄まじい使い手だな



  • No.18217 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年02月29日 11:47 [ edit ]

    奥平さんの後の評判が気になる
    女子供を捕まえられなかったって馬鹿にされたりしなかったんだろうか



  • No.18218 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年02月29日 11:48 [ edit ]

    ぜひシエに出演して女にはこういう強さもあるのだと見得を切って欲しかった



  • No.18219 名前:早起きは三文の得 投稿日:2012年02月29日 13:03 [ edit ]

    平塚一族は、男女子孫問わずに豪傑揃いですねww

    凄い一族だww



  • No.18221 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年02月29日 13:40 [ edit ]

    娘の顔を見知っている人間が居なかったのなら、身代わりの侍女だったんじゃないかと思った。
    それにしたって木刀で撲殺とか信じられない話だがw



  • No.18226 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年02月29日 16:34 [ edit ]

    肝の座った家系なんだなあ



  • No.18227 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年02月29日 17:25 [ edit ]

    らいてうのご先祖様なら、きっと黒髪の美人だな



  • No.18233 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年02月29日 21:35 [ edit ]

    木刀に殺傷能力がなければ竹刀も生まれないわけで。
    関ヶ原だけでも女性が活躍する話は幾つかあるけど
    技術や体力よりも気合なんだろうなぁ。



  • No.18234 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年02月29日 22:01 [ edit ]

    この木刀、芯鉄入りの八角棒って話もあって喃。



  • No.18236 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年02月29日 23:34 [ edit ]

    為広娘が木刀をかついだら用心せい



  • No.18238 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年03月01日 00:35 [ edit ]

    こりゃ奥平さんが不覚をとるのもむりないわ。
    愛妻にして猛妻の亀さんこと加納御前と同タイプの平塚の娘相手じゃね。
    おそらく狼狽えるというより見とれてたんじゃなかろうか。



  • No.18243 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年03月01日 03:05 [ edit ]

    てっきり屋敷のなかで自害するのかと思いきや
    半端ねーw



  • No.18259 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年03月01日 23:46 [ edit ]

    西軍諸侯の中では、平塚因幡守の奮戦が一番心に残る。
    うぷ主の筆も冴え渡ってたし。

    らいてうの話は聞いたことがあったけど、娘の話ははじめて知った。
    でも、死者のうち何人かは馬蹄でひっかけてじゃないのか、などと思うのは心が汚れているからだなw

    供養に海自の演奏を聞いてこよう。
    ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm14388806



  • No.18266 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年03月02日 11:52 [ edit ]

    北斗神拳ばりの爆殺はできないだろうが、
    木刀みたいな軽くて硬い得物は殺傷能力抜群でしょう。
    具足一式身に着けてりゃ無効化できただろうけど。

    女一人捕まえられない
    女一人にフル装備でお出迎え
    当時としてはどっちが恥だったのだろうか。



  • No.18283 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年03月03日 00:59 [ edit ]

    >No.18266
    関ヶ原直後なんだからそもそも武装解いてないでしょ。
    奥平信昌は西軍の残党狩りと拠点になりうる屋敷の焼き討ちを行ってるわけだから、
    武装を解く理由もないし、むしろ完全武装じゃないと相手の残党がいたら危険だろ。



  • No.18290 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年03月03日 13:18 [ edit ]

    >門前の騒ぎに紛れて娘の子ども二人もまた裏口から逃げ失せていた
    そもそも、女一人じゃなかっただろ。

    木刀も良い物は普通に重いぞ。長いから威力もあるし。
    素振りのときにきちんと止められるかどうかでちゃんと練習してるかどうか判るくらい。
    具足纏ってても面無ければ鼻を突くって剣道のお師匠が言ってた。
    眉間と目の下でつながってるだけなので、比較的簡単に陥没するらしい。

    某魔法少女は片手でマスケット銃振り回してそのまま狙いつけてるけど、腹筋割れてるどころの話じゃない。
    スチール缶握りつぶせる。



  • No.18317 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年03月04日 08:55 [ edit ]

    >No.18290

    だって、直接戦闘能力の低いメガネほむですら、ゴルフクラブでドラム缶をボコボコにできる
    ぐらいの腕力があるんだし



  • No.22327 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年08月29日 16:04 [ edit ]

    キュアサニキさすがや!



■コメント投稿
     行間隔の関係でアスキーアートを貼りつけてもズレが酷いことになりますので、
     アスキーアート付きのコメントは削除する方針です。
     荒らしの書き込みに対してレス・言及しているコメントも削除対象ですのでご注意ください。
プロフィール

管理人 : 「ピチカー党員No.11」こと金ニダリスト

       ___
      |それ金|
    z'| ── 、
    / ハ ヘ u ヽ
  人/ノヽ ミ=‐...|_     生活の中心が株になっとる
    }≦ u 爻r.j. |彡}
  (  u  リ У{三≧
   ` ー─t r三勿 {气}
      厂 ̄(三)  `气


◆カウンター(ユニーク)    ◆カウンター(トータル)
       


全記事一覧

RSS

管理モード
ツイート
最新コメント
最新記事
まとめ記事
【歴史系】
【物語系】
【ゲーム系】
【学ぶ系】
連絡先はこちら

苦情・相談などありましたら、
下記のメールフォームにてご連絡ください。
(ファイル添付可能)

連絡用メールフォーム

貰い物紹介

TOP画像募集中

  

ダンジョンマスター作者様からいただいた逸品。
カナ、マジプリティ!



  

  

帽子屋HeII0様からの贈り物、しかも二枚!
各作品に対する愛情が伝わってきます。
帽子屋HeII0様のブログ - 「-simulacra-」

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
© それにつけても金のほしさよ All rights reserved.
まとめ