■新・やる夫の関が原戦線異常アリ 番外35 「岡左内 その後」
573 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/08/26(日) 21:37:23 ID:X4FjH6GU0

<番外35 岡左内 その後>


慶長6(1601)年 4月26日
陸奥国の上杉領に侵攻する伊達勢を福島城主・本庄繁長が迎え撃った「松川の戦い」のことである



         ,. -‐'''''""¨¨¨ヽ
         (.___,,,... -ァァフ|          あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
          |i i|    }! }} //|
         |l、{   j} /,,ィ//|       『おれは釈明のための上洛から帰国したと思ったら
        i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ        いつのまにか伊達の襲撃を受けていた』
        |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |
       /´fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人        な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
     /'   ヾ|宀| {´,)⌒`/ |くヽトiゝ        おれも 何をされたのか わからなかった……
    ,゙  / )ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉
     |/_/  ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ        頭がどうにかなりそうだった……
    // 二二二7'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \   催眠術だとか超スピードだとか
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ    そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
_/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...       イ  もっと恐ろしいものの 片鱗を味わったぜ……

       ↑ 本庄繁長





575 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/08/26(日) 21:38:24 ID:X4FjH6GU0

上杉・伊達双方ともに布陣を終え 決戦の火ぶたが切って落とされる直前の上杉陣営では
前線の反町大膳亮ら精鋭傭兵部隊が 同じく前線の岡左内に対して ある願い事を申し出た


   /::::, イ / .:::::::::::::/.:::::/O、_ / .::::::/::|:::::::; |:::::::::::: ',
 /::/ //.:::::::::::::/.:::::/  | `/ .::::/ ::::::|::::::::: |:::::::::::: l
'´:/ /:::/ .::::::::::/.:::::/    | / .:::/`ヽr‐!:::::::: l::::::::::::: |
  /:// .:::::::::/:.:;ヘ、ト、    | / :::/-‐'^ー|::::::::: |::::::::::::: |
 /:::/ / .:::::::::/::/l| fァ! ヽ、   l/ ::/  :::::::|::::::::: |::::::::::::: |
/:::/  /..:::::::/:/ ヽ、ー'、   lー、/:::/   :;::::|:::::::: |:::::::::::: l:
/  / ::::::/:::::/  ::::ーヾー'   /:::/ヽ、_ ::::::::|::::::: |::::::::::: |::     おい 左内
  / :::::/:::/:l   ´ `⌒  /:::/ーz‐rァ‐‐、|:::::::l|::::::::::: /:::
  /.::://:://::::|        /:::/:::ー、ヾ:::::ア|::::::| !::::::::: r--     すまねえが 俺らとお前とで
. /:/ /::://:::::::l     ..:/  l::/    `ー-イ::::::l |::::::::: /⌒
//  /:::://::::::::ヽ   ::r'    l:/       ::|:::::| |:::::::: /〉: :     ちょっくら場所を替えてくれねえか
/  /:::://:::::::::::::ヽ ヒゝ、 _''  l:|      ``::|::::| l:::::::: /' ,ノ
l_ /|:://:::/:::::::::::::ト、`ヽ、ヽ`_|:ト、__    :|::::l l:::::::: /r:::: |
 /-、!_l:::::|:::::::::::::/ヾ、   `ヽ|:f--、,_ 二ア..:::l:::レイ:::::::/ |:::: /
'、|   _>---ノ;;;;;;;ヽ、._ |:|`ー--' ´,、-‐'´ |::/::::::::/| |:::::/|:   ← 反町大膳亮
  ' ´;;;;;;;;;;;;;;;;ノ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;1|  ̄ ̄: : : : : :イ;l::::::::/イ/:::/ノ::




         巛彡彡ミミミミミ彡彡
        巛巛巛巛巛巛巛彡彡
        |:::::::    /'  \ i
        |::::::::.          |       おいおい
        |:::::    (・ ) ,  ((・ )
        | (6    ⌒ ) ・ ・)( ^ヽ      この土壇場で なに言うてんのや
        | |    ┃  ノ二) ┃ |
        ∧ |    ┃  )─ィ ┃ |
      /\\ヽ  ┃   ンく ┃ ノ
      /  \ \ヽ. ┗━━┛/ \
      .    r‐-‐-‐/⌒ヽ-ーイ   `、  ← 岡左内
                        ヽ





576 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/08/26(日) 21:39:18 ID:X4FjH6GU0

                  ィフへ、, 、
                / //;;;;Y`ヽー┐
              ‐'´ ///_ |;;ハ | | ',
           ,-'´//// /fぅ、‐||、_|l | l ',
         , -' / / l{/ ./     |ぇァr::||  ',       まあ 見てくれ 左内
       / /  /  ゝ/ _   、/ |  |ノ;;|| ', ',
      /  /    |   ハ ヽ:ニ ゝ | /シ | |  ',     お前の部隊の正面に
    /  /  /⌒ヽ、_/ヽ、ヽ、_ _レ-'´l |' 、l  ',
    /  /  /      |;;;ヽ,::: -/ /  | | || l ',    ド派手な鎧が一騎見えるだろう
   / / // /       |;;;;;;;;;;;;;く /   |  | ', |l ',
  / /  / l  l     .::_ノ;;;;;;;;;;;;;;ヽ/    |  | | |l ',
 / /  / | /ヽr'´  ::/;;;;;;;;;;;;;;;;;; ;ヽ! /  |  | | || |
  /   /  / /   /;;;;;;;;;;;; ー-ノ!;;ト、 l     l | || |
  |  |  / /   /, -‐  ̄`ヽ、;;; ;|ノ  |   /  | / |
    l / {  .:::/::       \;;}  ハ /  |/  |
     i   '; ::/ l:::      '´´ヽY  / |/    /  /
      j :  ', l::         ',{ /  /   /
     l  ;   | ヽ         'l | /
     ',  ;   |  ',    __   l  /
            l , -'´;;;;;;;;;```;;;

───────────────────────────────────────
            ,....-r::r‐:::-...
           〃.:::::l:::|:::::::::::::::ヽ
  コーホー       ii::::::::::l:::L.:::::::::.、:::.
              jj, -‐'::ー', =ミ::.\',
              /〃⌒i}::::{、_:::)::}:::.\   コーホー
            ;:::i{ゝイ::Y^Y::::::::/.::::::::::.ヽ
           ;::::::.〈:::://l l l\/.:::::::::::::::::.ヽ   ___
           ::::::::::∨=-‐==7ヽ::::::::::::::::::::〉  {::::::::.\
          i|:::::::::::.\/////.:::::::>==ミ:/   \:::::::::.\
           乂::::::::::::::.∨///.:// ̄/⌒>‐- >...:: ̄::`丶、
           `¨¨フ777.:://.::,=ミ/.:::::/.::::::::::::i{::::::::::::::::::_:::}
            _ . イ:::::/:/:/.:://.::::{::::::.\/.::::::::::::::::/ヽ.二ニ≠::::::/
        /  //.:::/:/:/.:://.:::::/\::::::.`ァァ‐-<::::i{:::::::::::::`:::く
.       /  //.:::/:/:/.:://.:::::/.:::::/\::::::::::::::::::::::::::ヾー-::::::::::::::i
       /  //.:::/:/:/.:://.:::::/.:::::/.:::::::}ー--:、:::::::::::::::::`¬:::::::::::|
       \//.:::/:/:/.:://.:::::/:::::斗==:{:::::::::::}:::::::::::::::: ___フ.:::::|
        /l/.:::厶::-‐==≡i|゙::::::::|:::::::::::ヽ::::::::::::::::::::: i(:::::::::::::::::::|
.        /.::{:::::i|⊂⊃ [].:[].:.:i|゙::::::::|:::::::::::::::.\:::::::::::::::::ヾニニ=-:::ノ
       /.::::{:::::i|⊂⊃ . . : :.:.:i|゙::::::::|:::::::::::::::::::::.ヽ:::::::::::::::::::::::::::/

───────────────────────────────────────

           ミミミミミミミミミ彡
          巛巛巛巛ミミミ彡
          |::   ⌒   ⌒  ::|
          |::  =・=,  =・= ::|      ん~~~?
          (6 ⌒ )' ・_・)' ⌒ a)
      ,,-'  ̄ ヽ|   ┃(^_^)┃  |      おお あれかいな
    /     t、.  ┃ヽ_.ノ┃  |
   /   、、i    ヽヽ、 ____,__/
  /    ヽノ   j,  ̄`   ´ヽ、
  |/⌒ `ヽ、_  //    /r    l
  {       ̄''ー-、,,_,ヘ^    ノ
  ゝ-、,,,,,______)-- 、 /
   /   \__        ノ
  |        "'ー‐‐--t-''





577 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/08/26(日) 21:40:16 ID:X4FjH6GU0

        _,、-…':::::::ヽ,ヽ¨ヽ
       r''´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
      l::::l::::::::r'1::::::::::::::::::::::::N!
       l/|/::::::l |:l:::::::::::::::::::::l |!l
       !:::::::::::k ヽ;ヾ.,:::::::::::::::l::::.l
      /::::::::fヾ=' ヾ-弌::::::::::::::::ヽ         ええ
     ヽ、_::::ヽ,, l  `こソ;::::::::::::::: \
      ノ)r'::ゝ, `ー- ナ::::::::::::::::::::: >       あの派手な鎧こそが敵の総大将
     /:::::ヽ:::_:;」ヽ - ' <::::::::::::::::: r'´
    ゝ, ‐- 、:::> : l : : /r'::::::::::::::::::::`-、       伊達政宗に違いない
     /: : にー''‐、, --、__`'='´,、``‐,:::::::ヽ,
     i: : ;i   Z米*r'          }:::::,-'
   _,//               /
   |r‐…‐-、 /      : |    / `ヽ、
   };{ ::::::::::::l l 「:::``'ー、_.l┴‐-、/:::::::.:....`ヽ
   }!:', ::::::::::\',/:::::::::::::;:;;;:::!:::::'、: !ク>::::::::  `l
. r==、ゝ、;;;;;、、 -‐…''´:: r=ミ、;(O)/::::::::::::::::: l
 }::r-、:::、ヽ::::::::::::::::::::::::::: ヾニソミ!;/::::::::::::::, -'
 ヽヾ」ヽ:: `''…―‐'''⌒>‐‐ヘ予:::: 、-' ´    ← 北爪大学
  ``ヽ、::::::::-;‐:::::::::::::::::::::::::::「r':::::<




            ,,/゛         `''-、,_
         : .,/              `゙\、
      : : ._、.,/`    ._、            `\
    : :,r''"`゙'″    l゙^`'i、             ゙'i、
    : ,i´:::::、     : ゚'ー'",-‐゙"   ,.       .゙|
    : ゙l,,/`    _,    ,i´     `.-i、l⌒'i、    |
   : .,/    /クミ,,,,_、  ゙'--,、:     │`'''″    |
  : ,,-|′   ,l゙:l゙   ` ̄''''―-二―ー''''''"       ,l゙     まさむね は
_.,/.,,.|   丿::ヽ,,,,广゙''''''''''''¬-、,,,"'ー-,,,、  .,,、  .''"''i、
/,,/:_|   : |::::::;;;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::^''ー-,,`'''--/┐ i、:::::,}    おれ が くう
'゙_,/゛゙l   .|'''''┐;;_,,,,,---,,,,,,、;;;;;;;;;;;;;;;:::::`'ュ、  ,.|  ゙l:::,i´
,i´::::::::::゙l、 .|、:〈/:::::::::::::::::::::\,,,,,,,、;;;;;;;::::ヽ,,,,ノ:|    |/`
ヽ:::::::::::::゙'i、 ヽ `ヽ,、:: : : : : :::::::::::::::`'-.;;;;:;::::_、:l゙  .l゙
;;ヽ:::::::::::::::゙'i、 \、│: : : : : : : : :::::: : : :゙l、_,l ̄^}  .,/',,、
;;;;;ヽ、::::::::::::\  `'┤: : : : : : : : : : : : : : 广: : ./  ,i´ l,\、
;;;;;;;;;`'-,、:::::::::‘-,、 ゙l、: : : : : : : : : : : : ::|,,,,―'′_/:   ゙ミl(,`'-、
;;;;;;;;;;;;;;;;`'-,、::::::::`-,,゙l::: : : : : : : : : : : ::/` _,,-‐":::::::: .,/:゙'〈i、;`
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、,_:::::::゙ヽ:: : : : : : : : : : :/'''"゙゛:::: ::::::_,,/`;;;;;;;;;;`│
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`゙'ー-,゙l、: : : : : : : : .l゙::::::_,,,,,,,-‐'"`;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'i、:: : : : : : ,l゙"゙゙″;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:  ← 山上道及
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'ー、,,_,,,,/::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:




   巛彡彡ミミミミミミミミ彡
   巛巛巛巛巛巛巛巛彡彡
   |:::::::::::::::::::::::.       |
   |::::::::::::::::::::::::    _,ノ' ノ
   |:::::::::::::::::::::     -・=- _
   |:::::::::::::::: (6.     ⌒ )・)
   |::::::::::        ┃._ゝ   …………
   |     !      ┃ トェヨ
   ノ ̄`ヽ、. \     ┃ヽっ
 / ̄ ` ヽ`- .ヽ、    ┗丿
/            ̄ ̄ ̄\





578 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/08/26(日) 21:41:16 ID:X4FjH6GU0

   巛彡彡ミミミミミ彡彡
  巛巛巛巛巛巛巛彡彡
  |:::::::          i
  |::::::::     \' '/ |
  |:::::    -・=- , (-・=-       よっしゃっ! この場所は譲ったる!
  | (6    ⌒ ) ・ ・)( ^ヽ
  | |    ┃ノヨョヨコョョi.┃ |      その代わり政宗のガキは
  ∧ |    ┃.ト-r--、| ┃ |
/\\ヽ  ┃ヽニニニソ┃ ノ      しっかりとシバいたれよっ!!
/  \ \ヽ. ┗━━┛/ \
.    r‐-‐-‐/⌒ヽ-ーイ   `、
ヽ、  |_,|_,|_,h( ̄.ノヽ  ビシッ  ヽ
ー-ヽノ| `~`".`´ ´"⌒⌒)     ヽ
ノ^ //人  入_ノ´~ ̄       )



このいささか図々しい大膳亮らの申し出を左内はすんなりと了承した



          , -'´、⌒ヾ;;;::l::::::`ヽ、⌒`ヽ、;;;`ヽ、
        , - /.::ヾ;;;| \/``ヽ、:::..`ヽ、;;;;;;;;ヽ;;;;;;;\
      ,-'´//.:::::/ヽ;;;:', :::::{\:::::\::::::..\;;;;;;;;\;;;;;;,\
    , '´/::::/::::::/:::::r''ヘ :::',--ヽ.::::::ヽ:::::::::.丶;;;;;;;;\;;;;;;,\
  /, /.://:::::::/::::::k @', ;::l:= :@ヽ:::::丶::::::::.. \;;;;;;;ヽ;;;;;;,\
.///::/::::/.::::::/;::::l:|   ヽ:::l/  ヽ::::.ヽ;::::::::::.. ヽ;;;;;;;\;;;;;;;;'.,
/ /:::://:::l .::::://::/|:l=、―、:::l---,=‐ヽ::: :N,:::::::::::. ',‐…''''‐‐-.、..
  /::::/::/:::l .::::/ l :::h代‐t;-ミ ',:::',.´f‐t:;弌::::.ヾ>、::::::::. '、
 /::::/::/:::l. :::::l,.:」:::㏍:!  ̄  ヽ::',  ̄  ヽ::::.':, ヽ:::::::::. ',
/::::/:/::::| .:::::l .|:::! l::|      l ヽ::',    ∧::::...', ヽ:::::::::::',
:::://::/:l:::|:::::::l  |:::|: ',:l、  __!,,,,.'、:',-ィ ,/;;;lヽ::::.', ヽ::::::::..',     恩に着るぜ!
:://:/:;イ::|l::::::l  :|:::|ヽ';l i\ヽー---‐;:く/;;;;;;レ'ヽ:::.',  ヽ:::::: ',' ´
/.,':// l:::|!:::::l  l:::| `l!,」;;;;`''- 、... -'丶:;;; ,,,;l ヽ:: ',  _〉:::::: ',''i¨゙
. ,':/l |::i l:::::|  ',::|  ',/,,,,ヽ、;;;;;;;;;;;;,/ゝ;;;;;;;;;', ヽ:::', / 〉:::::. l:::l〉
. l::| | .l:::| |::::|   ',:|  ./!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;ヽ,  ',::', / ',::::;レ;;;;
. |/ .:l::l ',:::::l  \':l /;;',;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\/!::',イ  /;;;;;;
/ .::::::',;l ',:::', / ヽ'' , -;',;: ´;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;丶',::リ /;;;;;;;;;;;;;





580 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/08/26(日) 21:42:22 ID:X4FjH6GU0

   ヽ! `' ,-ト{,``‐-、
   ミ ∠ ,rlヘ     =、
   ヽ/  / | ヽ、_   ヽ!`ヽ
    ノ!  ハ ヽ  \\ヽ ヾ、
   /リ! ,ヘ|  ニ=‐-  ィァミ | ヽ
  ヾザヽ  ヾニ'   ゙' !
   ``'ヘト、     .!  ノ       よろしかったのですか?
     _!__ヽ,_  -‐ /
    「    `''‐‐i:::T        ノ)
    ノ,,,_  ロ{} /|;|::i,,_   /,、イ,,,
 _,,./フ/フ`` ‐-'ノ:ヾ;   ヽ,  {   .{kノ
/∠∠/、,ヘ      ヾ==-、_!}_ |  ,j彡
     ヽ ヽッ、    ',   ii |∠´`‐、!
      '、. ヾ,、    ',   ', l ̄ヾ、  }
        ',  }イ}    i   k',   ヾ{
:::..........,    } ,ィlッ! r-,- !    h!ト、  /
:::::::::::::/,-‐ノ::::/ッ'=イ}....;.....:::::::/:リ ヽ !   ← 才道二
:: -‐'´/ /:::::/ッ' /ハ::::,::::::::::/:::/  !'




   巛彡彡ミミミミミ彡彡
  巛巛巛巛巛巛巛彡彡
  |:::::::           i      かまへん かまへん
  |::::::::    ⌒   ⌒ |
  |:::::    -・=- , (-・=-      あいつらは
  | (6    ⌒ ) ・ ・)( ^ヽ
  | |.     ┏━━┓ |    合戦でなければ手柄の立てようがない人種や
  ∧ |      ┃ヽ三ノ ┃ |
/\\ヽ     ┗━┛ ノ
/  \ \ヽ.  ─── /|\     ノ7_,,, 、
    (⌒、"⌒ソ⌒ヽ- イノ  `、  ( ィ⌒ -'"",う
    ~''(_)(_)(_)(_)ソ-ィ     ヽノ   ,イ^
  _ヽ /`、_, ィ/   ヽ      ヽ─/
/,ィ'"/     /    `、     ) /
         /           i





581 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/08/26(日) 21:43:15 ID:X4FjH6GU0

   巛彡彡ミミミミミ彡彡
  巛巛巛巛巛巛巛彡彡
  |:::::::          i  ブフッ
  |::::::::     /' '\ |
  |:::::    -・=- , (-・=-
  | (6    ⌒ ) ・ ・)( ^ヽ    それに 今日は厳しい戦いになるやろ
  | |    ┃ノヨョヨコョョi.┃ |
  ∧ |    ┃.ト-r--、| ┃ |    これで あいつらの士気が上がるんなら安いもんや
/\\ヽ  ┃ヽニニニソ┃ ノ
/  \ \ヽ. ┗━━┛/ \
.    r‐-‐-‐/⌒ヽ-ーイ   `、
ヽ、  |_,|_,|_,h( ̄.ノヽ       ヽ
ー-ヽノ| `~`".`´ ´"⌒⌒)     ヽ
ノ^ //人  入_ノ´~ ̄       )





583 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/08/26(日) 21:44:34 ID:X4FjH6GU0

左内の予想どおり この日の戦闘は将も士も雑兵も入り混じった大乱戦になった


   _,    _,     _    _     _    _,    _    _   _,    _,     _    _     _    _
   |_|_|   |_|_|    |_|_|   |_|_|    |_|_|   |_|_|   |_|_|   |_|_|  |_|_|   |_|_|    |_|_|   |_|_|    |_|_|   |_|_|
| ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_| ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_
|  _| |  _| |  _| |  _| |  _| |  _| |  _| |  _||  _| |  _| |  _| |  _| |  _| |  _|
|_|   |_|   |_|   |_|   |_|   |_|   |_|   |_|  |_|   |_|   |_|   |_|   |_|   |_|

        /        ヽ ヾヽ,.ミ-、/ 丿    ,..   \ヽ. | ||         ,..\ヽ.      / \.|| (
   ,..    ./         ノl ̄ヽ ミ   ||   / \   ヽ\| ||      ./ \ヽ\   / ●  \ )
  / \/'''‐-,,,,,____,,-‐' /ヽ_ノ ミ   || / ●  \.  \| ||    / ●  \ヽ\ `''ー---ー''くヽ'
/ ● /"'''‐-,,,,,___,,-‐' / ヽ彡    || `'''ー---,-、く     | ||ヽ   `'''ー---ー'''く ヽ\ノ `ー'`ヽ ヽ
`'''ー---/"'''‐-,,,,,____,,-‐'' ,/彡      ||ノ_,,`ー/ .\ヽ.  | ||ヽ\ ノ_,,`ー'`,⌒`lヽ、.   ;"'''ー- .,,_`lヽ
/ ノ`ー' "'''‐-,,,,,______,,-‐'' 彡       ||ノ //_,,,......,,,_\.   | ||  ヽ\、,,-‐''ヽ ,/`l ヽ  / ● _,.-'" /_
/ ヽy,;--ー‐""'''‐-,,,,,_ヽ  ノヽ、 彡     || | `'ゝノ、,_、 ,ヽく   | ||   ヽソ-ー''''''`ヽ'  | /_,.-‐''"/`ヽ/
  /    //     ~""','、,,ノ`y彡      |'  /丿//y//,⌒`、 | ||_    ヽ\ヽ、.  ノヽ、/丿 ノ_./ヽ
/,,-‐'''""~""'''‐-,,,,,_  /ヽ  /l       | く,ーく| `'''' Lヽ ヾゝ,| ||ヽ    \ /ー''' 彡 ヽ| ヾ   / /
''"    //      `yヽノ`ー' |.     /|ー-ヽ、ヽ     ./ /( レ'ノヽ     / ≡ /ヽ___/ヽ、ヽ-‐、ノ|
,,,-‐'''""~""'''‐-,,,,_ / 丿ヽ   |    , //|'''' ‐-ヾ)う"''' ‐- ,,,l' `'゛/ |     ー';'''  / ヽ、 ヽ-ー'' ヽ、
   //      `y':/‐'      |    .// |   / "く`"''' ‐/  /  /.      (  くヽ、ノ\ /≡/ヽ彡ヽ_





584 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/08/26(日) 21:44:52 ID:X4FjH6GU0

   _,    _,     _    _     _    _,    _    _   _,    _,     _    _     _    _
   |_|_|   |_|_|    |_|_|   |_|_|    |_|_|   |_|_|   |_|_|   |_|_|  |_|_|   |_|_|    |_|_|   |_|_|    |_|_|   |_|_|
| ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_| ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_
|  _| |  _| |  _| |  _| |  _| |  _| |  _| |  _||  _| |  _| |  _| |  _| |  _| |  _|、:;:;:;:;:;:;:;:;
|_|   |_|   |_|   |_|   |_|   |_|   |_|   |_|  |_|   |_|   |_|   |_|   |_|   |_|:::::::`ヽ:;:;:;:;:;
      ,.-''         .ヽ f ''ヽ、 :!:::::::::’:::::::::::::ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/  ./.::/ | :;:;:;:i:::::ヽ::::::>、:;:;:;:;:;:;:;... \ヽ、;:;.ヽ^i:::: |:;:;:;::;:
     ,.:'            .` ` ''  ./_::::::::::::::::::::::::::::ヽ;;;;;;;;;;/  /.:/  | :;:;:;:;:i:::::::::×/ \ヽ、:;:;:;:;:... \`ヽ、ヽ: |:;:;:;:;:;:
    ,:'                     :ヽ、:::::::::::::::::::::::ヽ;./  /.;/  .| :;:;:;:;:;:;i::::V /\ ィ  ゙ヾ`ヽ、:;:;:;:;.. ヽ;:f\\:;:;:;:;:
   /,                   __,,..... >'"´`ヽ:::::::::::::ヽ;;;;;;/.;/  | :;:;:;:;:;:;:;:V /v´, ヘi     ヾ  `ヽ、:;:;;.ヽ''´ヾ`''-::;
   ,' ' i`y.        ..::::_::;;;::_:;.-'''",.‐エヽ     .:/:::::::::::::::::ヽ/::/   | :;:;:;;;:;:;:;:;ヽ X㌧´\     ヾ  `ヽ、;..ヽ  ヾ
   j..::,フ:::         ..::::_;;;:'::::  Y Z,.くノ    ..:/ヽ::::::::::::::::::: |::|   | :;:;:;,',:;:;:;:;:;:ヽ ヽ   \     ヾ   ヽ:;:\  ゙
 ,.‐'':;:'"`ヽ     ..:::;;:::-''" /:::...::  にニゝ   ..:::/::::i:::::::::::::::::::.|:|    | :;:;:| |:;:;:;:;:;:;:;}  ヽ    \     \   :ヾ、ヽ
/    ,    .::;::-''"  ,- '!::::::   r"   ...:::::::/::::::;'::::::::::::::::::::||    | :;:;:| |:;:;:;:;:;:;/   ヽ    .,ィ \    \ ..  ヾ
!      ..:;;:-'" .,、,-‐-‐,、;;;ソ:     ...::::::::::::;/:::::::/::::::::::::::::::::∥    | :;:| |.:;:;:;:ノ  ._    x ´ ノ   `ヽ、    .':,
!、  ,..  ;::"  ,-‐';;;;;;;;_;-' /:: ...::::::::;;;:;::- r‐''::::::::::::/:::::::::::::::::: ∥    .| :;| .|.:;:;:`:;- ,.._.. / .×      ` 、.:  ':,
 '''''`Z :i  ,-'';;;;;;;:::-''   .i:::..::::::;:-'" / /:::: :::::::::/::::::::::::::::   |     | :;|  |.:;:;:;:;:| .|:;:;゙iヽ`.'´  ヽ      ..: `  ', /
    ーヽ'ー-''      ヽ:::::;/  /  '   :::::/:::::::::::::::    .|     | :|   |.:;:;:;:;| |:;:;| ` ヽ    ヽ   ..:    ./::::
                /7" .;/     .:::::;:::::::::::::::        .i;;;;;;;;;;;|.:|   ヽ:;:;:;:| ヽヽ  ヽ    _ ィ´ヾヽ、_/:::::::::
               ,:''" ;/      .:::::/:::::::::::         .i;;;;;;;;;;;;;;|::|  ヽ:;:;ヽ ヽヽ  '、'-t 'ヽ:;:;ヽ  ヽ:::::::::::::::::::
             ,.‐' ;_/      .:::/::::::           /;;;;;;;;;;;;;.ヾ   ヽ:;ヽ  ヾ   ヾヽ ヽ:;:;ヽ  ヽ:::::::::::::::
             ヽ..‐'       ..::;:∠: -‐'"''''`''ー...,,,____,,.. -'';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.ヾ   ヽ;ヽ  ヾ    ヾ  ヽ:;ヽ  ',:::::::::::::
              'ー、    ....:;;::-"
                "''ー‐'''"


大膳亮たちは目星をつけた鎧武者へと一直線に向って行った





585 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/08/26(日) 21:46:12 ID:X4FjH6GU0

一方 左内は別の場所で敵陣の厚い壁を突き抜けた


____ ̄____ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄___
 ̄____ ̄____―_____―
 ̄_______―

      ミミミミミミミミミ彡
     .巛巛巛巛ミミミ彡               r       ィヽ
     |::   ⌒   ⌒  ::|               | ヽ.     / / |
     |::  (●) (●)::|  ん? あれは…… _ j  vl!,⌒ `'ノ、ノ
     (6 ⌒ )' ・_・)' ⌒ a)             ィ!::::|ゝ'  \ゞ\\
,,-'  ̄ ヽ|   ┃(^_^)┃  |              ' /| :::|ノ    iゞ、.ヾ! ヽ
     t、.  ┃ヽ_.ノ┃  |           ,/ / |!__|     ゞ,..ノ`ヽ,リ
       ヽ. _、__,__/         ,. '  '   |! ! イ!rz         ノ'
/⌒ヽ      \_/\|/\        イ    ノ' ″ ||    ゝ   ,  !
|    `ヽ、___.   |_ l___  /       レ'/  |r=ォ     i   _j._ l!
|  //     // ̄.\ //⊃/  /! l!レ''"/  ハメ\   /,. --ヽ
ヽ ______//r_/| |.||⌒ ./ イ /ノ!L,ノ /  ∧| \:::\r/:::/ヽ.   !′
                7/ノ/     /  /  ゞ.._ \::rt::/  ヽ ゙ 、
          ____ ̄ ̄ ̄ ̄         `rーゞラ rャ    i
 ̄ ̄ ̄ ̄___ ̄____―__          /   ヽ..:.:ゞ!、,.._ ,.:j
―_____―___―               /     ゝ':.´: : : ./
__ ̄____                           ` ニニフ

─────────────────────────────────

      ,. -、        .,. -、
     `ヽ ヽ   .   / /´
       ヽヽ/. ̄.\/ /
  /´ \/ `ー:::::::::::::::::/\/\
.く    \ >::::::::::::::::::::く     .>
く.  ヽ  /   ⌒`´⌒\ヽ / >
 \   /   ,-)   (-、\\ /
  \V|      l  __  l  ||     …………
`,.'二⌒/\_   ` ⌒´   /ノ`ヽ、
 '二,. /  丿 /__|___|ヽ / /ヽ



そこで左内は質素な鎧だが良馬にまたがった騎馬武者を見つけた





586 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/08/26(日) 21:47:25 ID:X4FjH6GU0

\                                  /
< 
見せかけの鎧より馬に金をかけるとは偉いのお!   .>
<                                  >
< 
褒美に このわいがその首を獲っちゃるわいっ!!.....>
<                                  >
/∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\

             巛彡彡ミミミミミ彡彡
            巛巛巛巛巛巛巛彡彡
            |:::::::          i
            |::::::::     \' '/ |
            |:::::    -・=- , (-・=-
            | (6    ⌒ ) ・ ・)( ^ヽ
            | |    ┃ノヨョヨコョョi.┃ |
            ∧ |    ┃.ト-r--、| ┃ |
          /\\ヽ  ┃ヽニニニソ┃ ノ
          /  \ \ヽ. ┗━━┛/ \
          .    r‐-‐-‐/⌒ヽ-ーイ   `、
          ヽ、  |_,|_,|_,h( ̄.ノヽ  ビシッ  ヽ
          ー-ヽノ| `~`".`´ ´"⌒⌒)     ヽ
          ノ^ //人  入_ノ´~ ̄       )


良き敵を見つけたと 左内は槍を振りかざし敵武者に向って駈け出した





587 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/08/26(日) 21:47:47 ID:X4FjH6GU0

───┼─_____ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄―┼――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄___
__ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄――――┼ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____―――――_
 ̄ ̄ ̄ \_____―――┼―_____―┼――― ̄ ̄ ̄ ̄
__――\\                          /
____ ̄\.\                      //―― ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄_____\ \          |            /./_____――
         丶\ \丶.     ||       // /
───┼─___ヽ\ \ヽ... O |│    // // ̄       /`l
__ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄― \\ \\  。./   // //_―    ,、.   l  |/ 〉
 ̄ ̄ ̄ ̄____ヽ \\  \\ .。// .//┼―     ,l |  l  |レ'
 __―――――〇   ヽ\      / //___     ,! L.-ヾi=,'
 ____ ̄- -=二二 三           三二 ≡ = -  _,.-'´  _, - '_´
  ̄_____ ̄ ̄ ̄o       \ \\ 。 ̄ ̄ ̄  |_,.- '´| L-'´_|      __     _
───┼─____ //    O.\\ \\ 0 ̄ ̄   ,.-'´  ,.-'"       /__ノ   /丿
__ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄0  //  / 。//   \\ .\\__― |,.- '´| |    />        / /
 ̄ ̄ ̄ ̄____// //  / `~´  ヾ\ \ヽ―      |,i   / r´   ,____,. - '´ /
__―――― // // ○/  。      ヽ\.\丶        く/Ll   /____,/
____ ̄ ̄// //                \\┼――― ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄_____/./                    \_____――
____ ̄//                       \―― ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄___/_ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄┼――――_┼ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――
───┼─_____ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄―┼――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄___
__ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄――――┼ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____―――――_





588 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/08/26(日) 21:48:28 ID:X4FjH6GU0

敵武者の動きはなかなかのもので
すれ違いざま左内は陣羽織の背中をバッサリと斬り裂かれた



   巛彡彡ミミミミミミミミ彡
   巛巛巛巛巛巛巛巛彡彡
   |:::::::::::::::::::::::.       |
   |::::::::::::::::::::::::    _,ノ' ノ
   |:::::::::::::::::::::     -・=- _
   |:::::::::::::::: (6.     ⌒ )・)
   |::::::::::        ┃._ゝ
   |     !      ┃ トェヨ       チッ! やりおるわ!
   ノ ̄`ヽ、. \     ┃ヽっ
 / ̄ ` ヽ`- .ヽ、    ┗丿
/           ̄ ̄ ̄\
                   \
                    `、



だが同時に 左内は相手をしたたかに打ちすえた手ごたえを感じた





589 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/08/26(日) 21:49:16 ID:X4FjH6GU0

振り返るとはたして敵武者は
落馬こそしなかったものの 兜も吹き飛ばされ脳震盪状態に陥っていた


     _           ,,,,,,,,.
    ○     _ ..,, - ,,,,,    ‐- 、,,.._   ピヨピヨ
    。=二 ̄     ,            ̄二=-- ,.
         ̄7'' ―― ___ ―― 戈 ̄。 ○
ピヨピヨ          /ニYニヽ
      .     U(。 )( ゚ )ヽヘ
          /::::⌒`´⌒:::: \\
         /^| ,-)___(-、| }
         |: | l   |-┬-|  l | |   で…… で…… で……
          ゝ\   `ー'´ _/イ
           \;"ヽ::... ∠ ヽ \
         γ⌒:|:: .}"    ⌒\ \
          |  ;/ /    ,ィヘ. \ ヽ
         | / /    ノ   \___ノ
         | " /    /
          ゝ__ノ    /




          ミミミミミ彡彡ミミミ  | ̄ ̄ ̄|◎ | ̄| ロロ
          ミ巛巛巛彡ミミ巛巛   ̄`フ | | ̄   ̄| __| ̄|_
   / ̄\  |::  __⌒ ⌒__  ::|  /  / | ̄   ̄||__  __ /| ̄ ̄|
  , ┤    ト、. |:  ノ-・ゝ ノ・-ゝ ::|  \/   ̄|_| ̄  |__| 'ー'  ̄ ̄
 l  \__/  ヽ  ⌒ )(・_・)( ⌒  6)
 |  ___)( ̄  | ┃トヨョヨコイ┃  |       よっしゃ!
 |  __)  ヽ.ノ  ┃|ュココュ |┃  l
 ヽ、__)_,ノ ヽ ┃ヽニニソ┃ /`ヽ、     今 とどめを刺したるでっ!!
    \      \┗━━┛/   ヽ
      `ー-、      ̄| ̄ ̄      ヘ
         | ミ U E S U G I 彡| t__|
         |      |       |   |



左内は敵武者の首級を討ち取らんと馬首を巡らした





592 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/26(日) 21:50:35 ID:F.Zn2GRQ0

ちょっ、中身w





593 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/26(日) 21:51:13 ID:e43Wvj7E0

トカゲ登場w





591 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/26(日) 21:50:22 ID:AlEFf7rw0

ノリさん、これの首を取ったらメジャーもんやで!





590 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/08/26(日) 21:50:16 ID:X4FjH6GU0

次の瞬間
付近の伊達兵の全てが まるで津波のように左内ひとりにめがけて押し寄せてきた

       _,    _,     _    _     _    _,    _    _    _
       |_|_|   |_|_|    |_|_|   |_|_|    |_|_|   |_|_|   |_|_|   |_|_|   |_|_||
    | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_
    |  _| |  _| |  _| |  _| |  _| |  _| |  _| |  _| |  _||
    |_|   |_|   |_|   |_|   |_|   |_|   |_|   |_|   |_|

´⌒ ,,_∧  ∧_Å #__#  ∧_∧ §_§ ,,,,,,,,,,,,  ↑_↑ ∧,,∧`)⌒`)
´⌒(◆∀・) (メ皿●)( ・д・) ( ゚皿゚ )( ・∀・) ( ゚∀゚ ) ( ・д・) (・д・))⌒`)`)
(⌒━∪∩━〈>∩━〈>∩━〈>∩ ━〈>∩ ━〈>∩ ━〈>∩━〈>∩━〈>)⌒`)
⌒⌒∧_∧ 个__个  tttttt  ▲_,,,,,, △△△  ∧∧   へへ   ∧_∧`)⌒`)
(´⌒( ゚皿゚)(◆∀・) ( ・∀`)(´・∀・`)( ・皿・) (゚∀メ) (・Д・) ( ・∀・ ))⌒`)`)
´⌒━∪∩━〈>∩━〈>∩━〈>∩ ━〈>∩ ━〈>∩ ━〈>∩━〈>∩━〈>
´⌒ ,,,,,,,,,,,,   ↑↑  ∧,,∧  ∧,,,,,,,,,  /ゝ,,,,,,  tttttt   ▲,,,,,,   △▼△`)⌒`)
(⌒( ・∀゚ ) (。∀゚) ( ・皿・)( ・д・,,)(◆∀・,)( ・д・,,) (◆∀・) ( ・皿・))⌒`)`)
´´━∪∩━〈>∩━〈>∩━〈>∩ ━〈>∩ ━〈>∩ ━〈>∩━〈>∩━〈>)⌒`)
(´( l , O  l , O  l , O  O 、 l  l , O  O 、l  O 、l  O 、l`)⌒`)
(´⌒( ´⌒( (⌒(´⌒88888   ∧_∧   ∧_∧)⌒`)⌒`)⌒`)⌒`)⌒`)⌒`)
  (´⌒(´⌒(´⌒(´( ・≧・ ) (  ^^ )  (;:.@盆@)つ)⌒`)⌒`)`)⌒)人
      (´⌒(´⌒( つ  / ヽ[| ⊂[) .( つ  /ミ `)⌒`)`)⌒`)(;0w0)ノ
    (´⌒(´⌒(´⌒|  (⌒)  (⌒)  | (|  (⌒))⌒`)⌒`)`)⌒`)`)丿
        (´⌒(´し'⌒^    ̄ (_)`)し'⌒^`)`)`)⌒`)`)⌒`)



          巛彡彡ミミミミミ彡彡
         巛巛巛巛巛巛巛彡彡
         |::::::: u   u   u i
         |:::::::: u  ⌒u  ⌒ |
         |:::::   -・=- , (-・=-     お おい
         | (6 u  ⌒ ) ・ ・)( ^ヽ
         | |. u u ┏━━┓ |    なんや こいつら
         人 |   u  ┃ヽ三ノ┃ノ
       / \ヽ u u ┗━┛ 人    どないなっとんのや
     /     \ \ . ─── イ|   \
             \ 、`ー--ー' ノ    \
              \  ̄ ̄


左内の槍は集団をさばくものの多勢に無勢 次第にピンチに追い込まれてゆく





595 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/08/26(日) 21:51:17 ID:X4FjH6GU0

そこに才道二が
そして大膳亮らが援軍に駆けつけ左内は危機を脱する


                              ,、
\                   ...../    ∧ ノ|,i /l
< 左内殿! 助太刀します!! ..>   、l V" l' ` ノ
<                   .....>   )゙i__,, -===-,,_
/∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\  ,,/i  |ヾh-、  ヽ
       __,、                i~ /  y-l  ` \  ヽ
    〃ニ;;::`lヽ,,_             | i /~/  !     \ l
    〈 (lll!! テ-;;;;゙fn    __,,--、_     Y,`y _ヽ、 i    :  \i
   /ヽ-〃;;;;;;;llllll7,,__/"  \三=ー""t / |P>、 ヽ|ヾli : : :ヾ-ヽ
   >、/:::/<;;;lllメ   \ヾ、  ヽTf=ヽ  l.  ヾ''^ヽ ` l|_ヾ:  、ヽ
  j,, ヾて)r=- | ヾ:   :ヽ;;:     | l |  l  ',       マl,ヽ ハl^
 ,イ ヽ二)l(_,>" l|    ::\;::    | |  |  ヽ,,-‐、i'  / V
 i、ヽ--イll"/ ,, ,//,,    :;;   l //  l く> /::l"'i::lll1-=:::: ̄\
 ヾ==:"::^::;;:::/;;;;;;;;;:::::::::::::: :::::ゞ ノ/   L/〈:::t_イ::/ll|─-== ヾ
  \__::::::::/::::::::::::_;;;;;;;;;;;;;;;;;ノノ   ヘ   >(゙ )l:::l-┴ヾ、ヽ  )
      ̄~~ ̄ ̄/ :::|T==--:::::  //  / ト=-|:|-─ ( l   /
         / ::  ::l l::::::::::::::::::/ /:::::::::::/:::::(ヽ--─  / |  /
         ヽ_=--"⌒ ゙゙̄ヾ:/ /:::::::/:::::::::`く==-- ノ / /
         /   /   \/::::::::::::::::::::::::::::: ̄'''"":://
        /   /     :::: ヾ::::::::::::::::::::::::::::べ__;;;--"
      /    /    ;;::::::::::: |::::::::/::::::::::::::l
     /   /    ;::::::::::::::::: l:=-//::::/::::::::/
    /    /   ::::::::::::::::::::::::: ,__二コ、 ̄
  _/    /   :::::::::::::::::::::::::::::::;:::::| ヾ::::::::ヽ



\                                /
< 
くそっ!あの鎧は政宗の野郎じゃなかったぜ!! .>
<                                >
/∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\

   /::::, イ / .:::::::::::::/.:::::/O、_ / .::::::/::|:::::::; |:::::::::::: ',
 /::/ //.:::::::::::::/.:::::/  | `/ .::::/ ::::::|::::::::: |:::::::::::: l
'´:/ /:::/ .::::::::::/.:::::/    | / .:::/`ヽr‐!:::::::: l::::::::::::: |
  /:// .:::::::::/:.:;ヘ、ト、    | / :::/-‐'^ー|::::::::: |::::::::::::: |
 /:::/ / .:::::::::/::/l| fァ! ヽ、   l/ ::/  :::::::|::::::::: |::::::::::::: |
/:::/  /..:::::::/:/ ヽ、ー'、   lー、/:::/   :;::::|:::::::: |:::::::::::: l:
/  / ::::::/:::::/  ::::ーヾー'   /:::/ヽ、_ ::::::::|::::::: |::::::::::: |::
  / :::::/:::/:l   ´ `⌒  /:::/ーz‐rァ‐‐、|:::::::l|::::::::::: /:::
  /.::://:://::::|        /:::/:::ー、ヾ:::::ア|::::::| !::::::::: r--
. /:/ /::://:::::::l     ..:/  l::/    `ー-イ::::::l |::::::::: /⌒
//  /:::://::::::::ヽ   ::r'    l:/       ::|:::::| |:::::::: /〉: :
/  /:::://:::::::::::::ヽ ヒゝ、 _''  l:|      ``::|::::| l:::::::: /' ,ノ
l_ /|:://:::/:::::::::::::ト、`ヽ、ヽ`_|:ト、__    :|::::l l:::::::: /r:::: |
 /-、!_l:::::|:::::::::::::/ヾ、   `ヽ|:f--、,_ 二ア..:::l:::レイ:::::::/ |:::: /
'、|   _>---ノ;;;;;;;ヽ、._ |:|`ー--' ´,、-‐'´ |::/::::::::/| |:::::/|:
  ' ´;;;;;;;;;;;;;;;;ノ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;1|  ̄ ̄: : : : : :イ;l::::::::/イ/:::/ノ::


しかし その間に敵武者は後方に大きく下がり
同時に 伊達勢も潮が引くように松川から撤退を始めた





597 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/08/26(日) 21:52:28 ID:X4FjH6GU0

後に 敵武者の正体を知った左内は地団駄を踏んで悔しがったという



          /^ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄^\
         /. ,. -────ー- , 、     ...
         |/ ______  \|     ..   なんちゅうこっちゃ!
        |  /_\、 ,/_\  |     
     __| /.ニ\.//>ニく//./ニ\ .|__     あの地味な鎧が伊達政宗と分かっていたら
  / ̄| | . レ6.   ⌒)(・・)(⌒   6|ノ |   ....
/     | |  |.   ┏━━━┓   ||  |        命を捨てて組みついて討ち取っていたものを!!
\\   | |  |   ┃ト.ヨョヨヨ.フ┃   |      
  \\.| |   \  ┃ヽニニノ┃   ノ |    ./∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\
、   \ノ^,ニ‐-ァヽ'ヽ、.┗━━┛ //  |
\  // ,/⌒i、_\\_____//  |
   {   i   |  iヽ`ー-----― '    |





596 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/26(日) 21:51:27 ID:ddCICbLQ0

惜しいな





599 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/08/26(日) 21:53:17 ID:X4FjH6GU0

さて この「松川の戦い」後 5月には徳川家と上杉家の和睦の条件が整い
7月に上杉景勝と直江兼続の主従に上杉家重臣たちは上洛


        /  ,/ / /   _,..-''                     、     ‐;、
       / / ///  〃 ,r'',.-'" //     /           _,..rー' ```ヾヽ`、ノ i,, 、
  ,.ィ く´  〈,/〃/-//-'"/ / ,/__,,..-/          i、|` ⌒ヾ 、`、/  ノi ‐'ソ
  } } ,〉 //" ,r'´ノ ,r'′//-''"二´‐'''~___ノ        ト、/  =`ヽ ///__ ヽ  ̄ヽ
  ,) Y ノ // ,r''´‐''"  -='"―-、彡"r'" ̄´         'ァl! /  、、 i 〃, ‐、 ヽ |‐、ヾ `)
 ,イ  リ ノ り ,=、、-ニ_~― ~''-=二 ∠"´            {i/,ノ  | r=---‐ァ |__{. { 、、 il>′
 ヾ,ヽ 、, , ノノ {.トヾー-~ニ_-二 ― 二ニ==-‐''"         {/ ,ノノ !|u:::.  .:')ノ li; } l/ lヽ
  ゝ  ミィイィ彡`ユ.|`\ヽ丶、‐ __ヽ'''三二,,,_           r''v‐'- .,,`_::__,. -‐''iノ 丶`ヽ
 〈 `ヾべ_{::::   'ゥ)  `8-、 ヽ‐ 、ヽ`''-_=-            |{i ト 、;::: :::::;>‐く:::::: ;ィ′`''i ヽ, l
  ゝ_ノ⌒ヘ~"   u”\    ヽ!\ヽ、'''ー-"ニ.._           l>,i  l  ̄  ,:::l;:' ̄l |、   ヽ |! |
 〈 (._   |∠ィ ,.   /  __ハ_j!      \            O'ri!l  |   、;/  '/ `O  ,!ノ /
  `‐''^   ,. -‐`ヾ__/ヽ. >,、く       \            |\ヽ  -===-‐ /ノ!   く 」'′
       r;>-=く´ 〈 ノ_,.            ヽ \            l``ヽ、\  'T'' //!   _ノノ
      (l》L -―''''"~´            ヽ  ` 、        |;;|``'〒,ヽ _,/'i'´ |、
      /                `、             ,. ィ|;;`;;,、_|;;;;;;;;;|||;;;;;| _,.|└;_
    /                    ヽ.         ,.. ィ"i  l ヽ'、 ;;;;;;;:;;;;|||;;;;;;'/;//;;;ヽ、
    !                   `、     ''"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ,` ``'''-、;○/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`''ー-

          ↑ 上杉景勝                   ↑ 直江兼続


8月17日に
上杉家は陸奥国会津若松120万石から出羽国米沢30万石への大減封を言い渡された





600 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/08/26(日) 21:54:17 ID:X4FjH6GU0

この減封により上杉家家臣団の知行が大幅な減となることは避けようがなかった



: : : /:/:i :l : : /⌒ヾ‐''" _,.人ノ  i: : : \
:/ : :/ :l :l: :ll,!  ,. ‐v⌒ヽヽ/i  ヽ,ハ: : :`ー-、
: : : :/ : l: l: :l:i  /i     ノノ {  ノ,ノヽ-:、 : : ',
: : :/:!: : : i: :l:l/ヽヽ=-、/'´ヽ-ト、_ i,ィ l: : : : :i : : i
:/:.:l : : :l : :l.:i/`¨ー''" ヽ、,.>ニ lンイlヽ: : :リ/
: : : :ll: : :l : :l :l    _,.._=,xく´¨  ヽ i: l:/ィ/
: : :/ i: : l: : ;!:.l r=ニ,ヲテ'´,/ノ     ∨l:l./.:/   それでも
:/ :/: :/:.:./:.:i- '"‐-‐''´  .i      ヘ:i :./
:_,;.ノ: :/: : l: :人 ` ¨´     ヽ    _「 〉;'i    俺の主は上杉景勝様ただひとり
: //:_ ;ム'  ミ        ゙ 、イ;ブV i:l
:/ /-‐、              ,.‐-' ,.!: :l
i: :/'´_   }            /,ィ=‐' _}: :i
: :ヽ(。_) /             _/ ,.ィ´i: : :l
i: : l_ i/ヽ            `ー" ̄ .V: :.l
': :ノ::::::::::: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄¨''ー-::..、..__,,..,,__l:_:_:l_   ← 甘糟景継
:/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ



この時 例えば甘糟景継には徳川家から2万石で引き抜きの手が伸びた
しかし景継はこれを謝し 6千6百石とそれまでの4分の1の家禄で上杉家に仕え続けた
また譜代の家臣たちのほとんども景継にならい米沢に同道した





602 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/08/26(日) 21:55:37 ID:X4FjH6GU0

一方で
新規雇用の傭兵たちの処遇はその大部分が召し放ちとなった


          , -'´、⌒ヾ;;;::l::::::`ヽ、⌒`ヽ、;;;`ヽ、
        , - /.::ヾ;;;| \/``ヽ、:::..`ヽ、;;;;;;;;ヽ;;;;;;;\
      ,-'´//.:::::/ヽ;;;:', :::::{\:::::\::::::..\;;;;;;;;\;;;;;;,\
    , '´/::::/::::::/:::::r''ヘ :::',--ヽ.::::::ヽ:::::::::.丶;;;;;;;;\;;;;;;,\
  /, /.://:::::::/::::::k @', ;::l:= :@ヽ:::::丶::::::::.. \;;;;;;;ヽ;;;;;;,\
.///::/::::/.::::::/;::::l:|   ヽ:::l/  ヽ::::.ヽ;::::::::::.. ヽ;;;;;;;\;;;;;;;;'.,
/ /:::://:::l .::::://::/|:l=、―、:::l---,=‐ヽ::: :N,:::::::::::. ',‐…''''‐‐-.、..   上杉の戦は終わりだな
  /::::/::/:::l .::::/ l :::h代‐t;-ミ ',:::',.´f‐t:;弌::::.ヾ>、::::::::. '、
 /::::/::/:::l. :::::l,.:」:::㏍:!  ̄  ヽ::',  ̄  ヽ::::.':, ヽ:::::::::. ',        俺はまた次の戦場を探すぜ
/::::/:/::::| .:::::l .|:::! l::|      l ヽ::',    ∧::::...', ヽ:::::::::::',
:::://::/:l:::|:::::::l  |:::|: ',:l、  __!,,,,.'、:',-ィ ,/;;;lヽ::::.', ヽ::::::::..',  /
:://:/:;イ::|l::::::l  :|:::|ヽ';l i\ヽー---‐;:く/;;;;;;レ'ヽ:::.',  ヽ:::::: ',' ´
/.,':// l:::|!:::::l  l:::| `l!,」;;;;`''- 、... -'丶:;;; ,,,;l ヽ:: ',  _〉:::::: ',''i¨゙
. ,':/l |::i l:::::|  ',::|  ',/,,,,ヽ、;;;;;;;;;;;;,/ゝ;;;;;;;;;', ヽ:::', / 〉:::::. l:::l〉
. l::| | .l:::| |::::|   ',:|  ./!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;ヽ,  ',::', / ',::::;レ;;;;
. |/ .:l::l ',:::::l  \':l /;;',;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\/!::',イ  /;;;;;;
/ .::::::',;l ',:::', / ヽ'' , -;',;: ´;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;丶',::リ /;;;;;;;;;;;;;


「次の戦場」での活躍は定かではないが反町大膳亮幸定は
この後も諸家を転々とし
寛永年間(1620~40年頃)故郷である上州高崎で没する





603 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/08/26(日) 21:56:49 ID:X4FjH6GU0

車丹波斯忠は佐竹家へ帰参
才道二はかつて籍をおいたことがある前田家に3千石で招聘され 「次の戦場」で武功を上げ6千石に加増される


        ,. - ..-、 ,- .._
     ,r ^-′,...l、 `  l `l __
     _〈 ヽ-、/:::::::::ヽ..、.!_  ´  ヽ
   / ./:::::::::′:::::::::::::::::::::`:::-、  l_
   ,ン::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ. `!               __      ,ィ ,ィ  ,           _,、‐==- 、
  /:/:::::::::::::::/|:::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::∨               ヽ`ヾへ、ル|ィ////,ィ       , -'´:::::::ヘ:::``ヽ、
 /:/!:::::::::|:::/__|:::::|:::::|::::::::::::::::::::::::::::::ヘ              ,rくハ     \\ 〃/       /:::::::::::r'´‐l::::::::::::/
 |::| |:::::::::l:::|`¨'V::|V::|V::::::::::::::|::::::::::::::{            ,ィ彡ll ヽ 、      ヽ一ァ'´     l::::::::::::::l  ヽ;::::::::ヽ、
 |::| l::::::::::|::| ,,..__ヾ:ヾ」 ヾ::ト:__::」V::::::::::|           〃レ{ !   ヽト、|       V孑      ,:::::::::::::::::゙,  ,ィ_、:::::::ヽ
 ` ヽ::rヘ「 ゙ヘ: ::}゙     ヘ: ::「' ,!/∨l」          /  Y,ニミ ||⊥L|  l  レ′     /:::::::::::::/ノ  ´“‐' )リ:ノ
    \. ',   ̄     `¨´ //ノ              {(| !じ″ ! イJT| | h l|      /::::::::::::({  、  _,/::::l
      ,>ヘ         /ィく               `゚!        ̄ l从ハ!     /:::::::::::::::::::::ヽ -‐ ,ィ:::::::゙、
    /::::::::〉、  ヽニ '   ..イ:::::::ヽ、              ヽ  _'__     / !!       ヽ:::::,:'´ `ヽ、{`'‐'´ !--、:::)
   /:::::::::::/   lヽ、__  ' | |::::::::::::ヘ              rく\ ` ´ , イ、          l::/     ヽ、-、゙、  Yノ
  /::___::::::::ムィ'ヽ!      ,!ヽV::::::::::::ヘ            /::::::`ーTT´〒´:::|        /::l   _r   ノヘァ ゝl
 l/   ̄/  |  \__,/  | `r‐  ̄ヽ     _ -===〈:::ロ[]:::/| |..:/ハ::::::トュ__   /::::::::::r ヘ/:::::::l,、-‐‐‐‐、ヽr‐ヽ、
_/     |   |   / ヽ   /  |    `、  rく _ -rr'"⌒ヽ、::::/ハV/:::ヽV/`==ミ、 {:::::::::::::::l::rへ:::::l:::::::::::::::::::ヽl):::::::',
,′    |   |ヽ/   \/|   |       、 /.:::::l::::|Y|:::::::::::::::`ー'::::/== 、´:::::::::::::::::|ヽヽ:::::::::::::'、::‐'::::::゙,::::::::::::::::::::::::::::::::ノ

       ↑ 車丹波


北爪大学は南部家に召抱えられ 南部利直の求めに応じ自らの戦功をつづった24ヶ条の文書を提出する





604 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/08/26(日) 21:57:17 ID:X4FjH6GU0

山上道及の処遇は不明
前田慶次郎利太は そのまま上杉家に5百石で仕えたとも 後に前田家に帰参したとも伝わる


          _,,,======,_
        ,x'":::::::::::::::::::::::`'‐x
       r"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::':l                    _..-'''" ̄ ゙̄^''ー ,,
       |::::::__::::::::::::::::::::::::::::::_::::l                 ,/            \
       |:::f `゙>;::::::::::::::;;x''" i::|                /                \
      r,l:ノ  i"r"x"'''ヘ'ヽ  ヾl‐、              /                    ヽ
\  _,,,=‐i ゙l| :: _ / f" \ニ}_ ''lr ト‐=__          l                  _...|,,
  \_,,="i ミ| 弋゙o=ュ_≡>"::::::)彡"f''‐、;:/          !                    ´,ィ;;- ヽ
l\ \O ,〉 | 、 `''フ"il r弋:::;ノ、.|:l: |O/         /゙}   ○      ○       ヽ .ゝ !
*  .\ .\: : !; ゙'i"  r liil l  ゙i" ノ:::|l/ /、       │ ゙,!    シ'"              '!  ,i_
‐イ"l: :.\ .\:.ヘ r ,彡ヽ‐'ミ、, /::/ /`゙゙:       ヽ l    /        l           「 /.:::::::::
: :ヘ ヘ/: : :\ \ヘ´ .:――、.// ./: : :l : ;      ‐''/゙:|   .!        ./         / :::::::::::
: : ヘ ヘ: : : :|::\ \`‐---‐´/ /: : : : : |: :      . / ::::.l   `'ー ,,__..-"       .,..-":::::::::::
: : :∧∧: : : l: :゙'\ \:::::::/ /|ノ: : : : : : : 、:      / :::::::::゙'-、   ,, - 、        . / ::::::::::::::::::
: : /: ヘ ヘ: : : : : :`"\ `x"/:::ノ: : : : : : : : :ハ      :::::::::::::::::::::`'-r"   .l     _,, ‐":::::::::::::::::::::::
: : l; : : :ヘ ヘ: : : : : :/ \ \ニニ7: : : : : : :      :::::::::::::::::::::::::/     ! ̄ ̄ ̄:::::::::::::::::::::::::::
: :l:Lニニヘ ヘ: : :/ /::::::\ \::∥: : _:_:_:_:_:      ::::::::::::::::::::::::l゙    ├--、.::::::::::::::::::::::::::::::

      ↑ 前田慶次郎





605 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/08/26(日) 21:58:13 ID:X4FjH6GU0

そして 左内も上杉家から去ることになった



               巛彡彡ミミミミミミ彡彡
               巛巛巛巛巛巛巛ミ彡彡
   r‐-、   ,...,,     /::::           ::::ヽ
   :i!  i!  |: : i!    l::::    _,ノ' 'ヽ、_    ::::l      いえ~い
    !  i!.  |  ;|  r-.|:::  -=・= , 、-=・=   ::|-、
     i! ヽ |  | {  /   .,、⌒) ・_・) ⌒,、ヽ ヽ  }    また自由契約やで~~
    ゝ  `-!  :| .λ_|  ┃ トェェヨョェョイ ┃  i_ ソ
   r'"~`ヾ、   i!/  |   ┃ |ョコュユェュ|┃   lヽ`゙ー 、
  ,.ゝ、  r'""`ヽ、i!      ┃ヽニニニン ┃   l .|
  !、  `ヽ、ー、   ヽ  ‐''"`ヾ、━━━━,,,,.-‐'",..-'"
   | \ i:" )     |  \ `ー-` ̄´-一'' /  /
   ヽ `'"     ノ



左内ほどの高名な士には諸家から勧誘の声がいくつもあがった





606 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/08/26(日) 21:59:25 ID:X4FjH6GU0

最も熱心なのが伊達政宗だった


            / ニYニヽ
          /(?Mト)(?M心) __人_
           弋cソ弋cソ  ..`Y´
         /   ⌒`´⌒\
             ,-)   (-、\
  ⊂二 ̄⌒      l  __  l  | ノ)   WELCOME TO THE DATE!
     )\   \    \  /  / \
   /__   )ヽ、___ ーーノ゙/ /^\)
  //// /       ⌒ ̄_/
 / / / // ̄\      | ̄ ̄
/ / / (/     \   ×\___
((/         (       _  )
            /  / ̄ ̄/ /
           /  /   / /
         / /   (  /
        / /     ) /
      / /      し′
    (  /
     ) /
     し′


政宗には どうしても左内を家中に抱えておきたい理由があった





608 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/08/26(日) 22:00:26 ID:X4FjH6GU0

景勝が徳川家との和睦のため伏見城に上洛した時 左内も同行していた
そして政宗もまた「岩崎一騎」に関する釈明のため在京中であった
この時 二人は対面する機会があった



                                         /二二Yニヽ
    お! お前が岡左内かっていうw                 / (゜ )(゜ )ヽ
                                      / ::::⌒`´⌒:::: \
    俺はお前を斬った時のことを覚えているっていうw    | ,-)       (-|
                                     ,┤i〈 、_____, 〉 /
                                    /  ! ヽ\+┼┼+/ /
                                  __/   ヽ   `ー‐‐'´ /
                               , -‐''" i    \       人
                            , -''~     |    \`ー----‐'´! iヽ';


   巛彡彡ミミミミミ彡彡
  巛巛巛巛巛巛巛彡彡
  |:::::::          i
  |::::::::     /' '\ |
  |:::::    -・=- , (-・=-
  | (6    "" ) ・ ・)(""ヽ       これは これは 政宗はん
  | |    ┃トェェェェェイ┃ |
  ∧ |    ┃ヾェェェ/ ┃ |       その節は どうもでしたわ
/\ノノノヽ ┃  ⌒  ┃ノノヽ
/  ヽヽヽ ソ⌒ ヽ━┛r ⌒ '`ノ`、
ヽ、   `- 、_   ノヽ   _,/  ヽ
  ヽ   人   /  |、  ,ヽ   |
,ノ _,ニ/    ̄/   .|  ̄  \ニ |
/ /     /    |     ヽ|





610 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/08/26(日) 22:01:36 ID:X4FjH6GU0

            巛彡彡ミミミミミミ彡彡
           巛巛巛巛巛巛巛ミ彡彡
   r、r.r 、    i:::::::::::::          |
  r |_,|_,|_,|    |::::::::::    ⌒   ⌒||
  |_,|_,|_,|_,|    |,r-、    -="-  (-="-
  |_,|_,|_,|_,| (^i  |{ り     '"" ) ・ ・)""ヽ      政宗はんに斬り裂かれた陣羽織
  | )   ヽノ | ノ `ー'    ┃`ー-ニ-イ`┃
  |  `".`´  ノ \. !     ┃  ⌒  ┃|l      金糸で十字に刺繍しましたで
  人  入_ノ  l  ト、ヽ    ┗━━┛ノ
/  ゝ   ノ ヽ  |   ヽ ヽ、.  ー--一 /i、      これは我が家の家宝にさせてもらいますわ
    ヽ、//    、 `ー-、 ヽ -、` ー--一' ハ ヽ
     /    |     \ ヽ ` ̄ ̄ ´ 。 l ヽ 、
     }     }      i `. ゚''・、。.  .。'゚  | | .!
     /    ノ       .|  l   _「l_  | | l
   ノ   /        |  |  └┐r=┘  | | |
___, - '           |  |    Ll     | | `  ← 旧主・蒲生氏郷の影響で
     |            |  |           | | ,'      キリシタンであるとの説あり
     |            |  |          | | i




           / ニYニヽ
   r、r.rヽ  / (0)(―)ヽ
  r |_,|_,|_,|/  ⌒`´⌒ \
  |_,|_,|_,|_,| , -)    (-、.|
  |_,|_,|_,|_,|. (^ i ヽ__ ノ .l |      ほうほう それは結構なことだっていうw
  | )   ヽノ |  ` ⌒´  /
  |  `".`´  ノ
     入_ノ
   \_/
     /
    /


この左内の答えに政宗はたいそう満足気な様子を見せた





611 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/08/26(日) 22:03:08 ID:X4FjH6GU0

だが 続いて左内は……


  ク
  ス    ク           | プ  /
    ク  ス         | | │ //
    ス           | | ッ //
   巛彡彡ミミミミミ彡彡   //
  巛巛巛巛巛巛巛彡彡  /
  |:::::::    ⌒   ⌒ i       それと……
  |::::::::    __     __ |
  |:::::    ノ・-ゝ,  (・-ゝ       あの時 政宗はんの兜を打ちすえた感触
  | (6    "" )_・_・)(""ヽ
  |      ,,r''" --`--、 !      今でも この手にしっかりと残ってまっせ
  ∧    /    ', ニニユ i
/\\ ヽノ     , ー='ノ
/  \ /\   _,,ィ '" ̄ \
   /    `ー/ -ー'´   `、
  -'"      /        ヽ ヽ
ノ^       /          ヽ 、





612 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/08/26(日) 22:04:17 ID:X4FjH6GU0

政宗は十分口達者であるが
意外にも こうした突然の切り返しには弱いという面もある



            /⌒Y⌒uヽ
           /(○) (○)ヽ
        _. /::::⌒`´⌒:::: \
       /´  | ,-)     (-、|    え あ う……
     /'    | l  ヽ__ノ l. |
    ,゙  / )  \   `⌒´   /、
     |/_/             ヽ
    // 二二二7    u' __     ヽ
   /'´r -―一ァ"i         .-‐  \
   / //   广¨´  /'      /´ ̄`ヽ ⌒ヽ
  ノ ' /  ノ   :::/      /       ヽ  }
_/`丶 /     ::i       {:::...       イ



この時の政宗も
左内の言葉に二の句が継げず黙りこくってしまった
恥さらしもいいところである





614 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/08/26(日) 22:05:16 ID:X4FjH6GU0

この恥をそそぐには
むしろ左内を家中に迎え入れ己の度量を示すべきと政宗は判断した



      / ニYニヽ
    /(仡ト)(仡心) __人_    お前には 5千…… 1万……
     弋cソ弋cソ  ..`Y´
   /   ⌒`´⌒\        いや 3万石をやるっていうw
 /    ,-)   (-、\
 |      l  __  l |      だから俺の家来になれっていうw
 \     \  /  /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.





616 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/26(日) 22:06:54 ID:3dll32Go0

この瞳は信用できないw





617 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/08/26(日) 22:06:59 ID:X4FjH6GU0

しかし 左内は……


   巛彡彡ミミミミミ彡彡
  巛巛巛巛巛巛巛彡彡
  |:::::::          i           3万石でっか
  |::::::::     ノ' 'ヽ |
  |:::::    -="- , (-="           思いもかけなかった話しやが……
  | (6    "" ) ・ ・)(""ヽ
  |       ┃ ノ^_^)┃ | ,;' ((     遠慮させてもらいま
  ∧      ┃ ` --'┃ | ( ( ヽ)
/\\ヽ   ┗━━┛ ノ  ヽノζ
/  \ \ヽ.  ` ー- ' /|\| ̄ ̄ ̄|(^)
     `ヽ、 `ー--ー' /  | ''..,,''::;;⊂ニヽ
  ヽノ    `  ̄ ̄l ̄   .| .,,:: ;;;;ン=- )
  ,,r-\        | ,r-''⌒^ニ);;;;ヽニノ ヽ
//⌒\_,,r─''´ ̄ヽ、   `__,ニつ   l
../   '"         / ̄ ̄´}  ヽ、   ノ




   巛彡彡ミミミミミ彡彡
  巛巛巛巛巛巛巛彡彡
  |:::::::           i
  |::::::::    ⌒   ⌒ |          幸い わいには
  |:::::    -・=- , (-・=-
  | (6    ⌒ ) ・ ・)( ^ヽ         貯えも十分にあることやし
  | |.     ┏━━┓ |
  ∧ |      ┃ヽ三ノ ┃ |         これからは田舎でのんびり暮らしますわ
/\\ヽ     ┗━┛ ノ
/  \ \ヽ.  ─── /|\     ノ7_,,, 、
    (⌒、"⌒ソ⌒ヽ- イノ  `、  ( ィ⌒ -'"",う
    ~''(_)(_)(_)(_)ソ-ィ     ヽノ   ,イ^
  _ヽ /`、_, ィ/   ヽ      ヽ─/
/,ィ'"/     /    `、     ) /
         /           i



政宗を含めた全ての勧誘を固辞し引退を表明した





618 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/08/26(日) 22:08:15 ID:X4FjH6GU0

左内の返答に政宗は落胆した


      ____
    /      (M)ヽ
   /________|___       ドンマイ
   i'(⌒ヾ,ゝ ― ィ'⌒ヽ
   | ヾ_`  ⌒___ ノ         声をかけただけで 殿の度量は
   リン,    /,",,,、,,.,.)      ; ソ
    /⌒)ヽー‐ィ         .((   十分に示せましたって
   /  ノ_ノ |__||\___ ___.. ソ
   (  ゙ヽ  0  0 l  (、_うソ ̄‘;
     ヽノノ'    ノ  ̄
      |    ィ  /
.     |,__/i_,/   ← 片倉景綱
      └‐‐'└一




       /´Y`ヽ          いや…… こうして断られてみると
   o ゚ ゚o/(/)(\)ヽo゚ ゚ o
     / ⌒`´⌒ \        本気で残念がっている自分に
    | ,-)___(-、|
    | l    `⌒´  l |       気がついたっていう……
     \       /



しかし 一方で
この左内の発言に大きく恐怖した一団もいた





621 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/08/26(日) 22:09:16 ID:X4FjH6GU0

  ノ::/´ ̄ヽ:::::::`>-─¨‐-Z二ヽ:::::::::::: ノ    /-─ T¨Τ ̄ | ̄\
 /:::::|::::y=、::::゙、:::::::::::::::::::::::::::::::\::ヾ、_: 〈      // |  | │   |   /\
 i::::rミァ'_ __ィ|:::::::`ー、_:::::::::::::::::::::::|:::::ヾ、 ヽ   /   |  |_|___|  / /
 .ヽ、(`' .)-ヘ_ヾ、_::::::::::::´ヾ、_:::::::::::::ヽ::::::::  \ ム-─ ァ'"/ / \  ̄ ̄ ̄
   |::ヽ彳;;;;;;;;二>、::::::::::::::lll:::\::::::::`ヽ:::   / /ニ、i│{__,/ ,r〒ヽ、\.  .
   |:::{_/;;; ;七_゚ノ;;;ト、:::::::::::||::::::::|:::::::::::::::  i  〈 o lト _/:::::V_ O jノ\丶
   |:::::Y;  ;;;;;; ;;|  |::|::::::::::::|::::::::|::::ヾ、:::::  {: .:ノミ三/(:)ー‐、:ハミニ三彡 ト、_
   .|:::::||、  |;;;;;;|  .|:、:::::::::::::|:::::::ト、:::::::\  V (::) ,ヘ__r一'{ (:)==彳  l.
   |::::|〉,--ノ;; ;;;|   l;\:::::::::ヾ、:::ヽ、ヾ==   lヽーく、  (:) \.,_   ノ(::)/.
   .||:::: ̄イ_ィェェ=、 |;;| \:::::::::ヾ、:::\:::::  ./   \_/__/_ノ ヽ丁l| /
    |::::::|:::::亡__;;;;;| |;;| /:\::::::::\:::::\ (__,. -─一、::::::::`:く //∠
    |::::::|::::::::::{ ;;;;;;| /:::/ ;; `─-、::::/    | (:)r⌒ヽ `ー--' /    __
    .|:::::|::::::::_>--'':::::::/__ ;;  |  /      |(:)    ` (::)/  , '" ̄    \
    ||::|:,/,,/:::::::::/_ ヽ| ///  /.    \  ___/  /
、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__,
)                                                (_
)  ナ ゝ        ナ ゝ  /   ナ_``  -─;ァ              l7 l7   (
)   ⊂ナヽ °°°° ⊂ナヽ /'^し / 、_ つ (__  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ o o    (
)                                                (
⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
           、v癶                       ,. '"彡´ニ\
        ,v':::::::::::V///                 ,,r'´ =ミ 彡,r 、ヾ \
      ilツ:::::::::::::r-v'´                    /)))Y////}  ヽ ヽ
     l lシ:::::::::::::::::j-、ハ、 ̄\               /j し::U u::::::||ヽ   \
    ミ、:::::::::::::::::::::_lハ V-\   \           ゙ヾ/ 7r'lj~u:|j:::u:||:u:ヽ、   ヽ
  ミミ:::::::::::::::::::::::;ノ⌒Vニヽ::\.  \.  ./ / /  /==ミ|ju::::!:::/u:::ll=''"__\ヽ  ',
 _三::::::::::::::::::::::/ /,小::〉ヽ)}=ミ   \  /〃/^゙ソ/、ッモ::ッミヾlj/;リゞリt::デフノ lヽ ヽ ',
ニ:::::::::::::::::::::::::::/ // /:/ ヽ「|、  ヽ\::.... ヽl|  バソ/ヾヽ、,,,,、ッツミ=≡ミリ‐-=彡 | lハ ヽ l
::::::::::::::::::::::::_ノ / ,:/_ノ゙ l {.\  } |ヽ\:::. i l l、/,イ |j u:  ("U`゙u`||__ ̄lj |j lリ } 川
:::::::::::::;ィ´ ̄ ,_∠、::ノ ^゙ `ヽヘ、ノ,ノ  \. l | 〃`l u u |j   び ''"_リ-‐ゔ) u ll| 川 l|l
/:l:::::/ ヽ‐''´`'キヘ __} ,、 `iー‐ l'     \| ll i. l.u -=-‐==‐''" -っ"("\/⊥/リl/l
:/l::::/ ヽ /  ソV_ノノ´ノ  i  j       \|| l \ {ぅて_  ̄´  / r'\  \\./ ノ
/ .l::;'  ノ  |  /=、/ \´ヽ_ノ  /     \  \ヾ、 ヽ!ヾ>、ヽ  / r'|  !゙ヽ、 ゙ |/
/l:i \/  } ./__ /|  `¨\  l     _  \  \   \ヾ`rヽノ‐r'| ! ヾ     l
 l:!   ヽ   / `7 .l\     }   , '´     \  `ヽ、. ヽ.二ニ二| l ヾ   ヽ  / /


            米沢に移封する上杉家家臣団の面々である





622 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/08/26(日) 22:10:28 ID:X4FjH6GU0

なにしろ左内が
会津征伐の始まる前に全財産を景勝に供出していることを
上杉家中で知らぬ者はいない


.         _     __
.  _r;>-く::::l::__l:::r‐‐ォ':::/::::7
  〈::〈::::::/:⌒:f--:}l:::::::l::__:::::/┐
  ヽ:ヽ::ヽ::::::l|:::::::|:l::::::/::::〉/::7
   ,ハ、L }::::j、‐-ク`r/:::://:::/l
   ト、丶、ー':::::::::::::ヽ=ヘ /ニ{
   .}二三ニ>、____,. <ニ二l      な なのに
   }三二二>-‐<ニ二三ヨ
   ,小:::‐-:..、 l l l  __>::::::オ .     「十分な貯え」だと……
   / ハ 〈弋ゥ、〉人レィ‐t:ァラ´.lヽ
   ヽ{ | '  ̄ノ´} } ト ̄   l) 〉     その貯えというのは……
    ヽl  ,ノl | l ノ ヽU   !_/
    /^ヽ / \_,ノ┘  ヽ. l ヽ
  __|0 l∨ .「ミ-一ニ7  ∨ヽ
./ .ト-く ',. ヽ ` ̄__ノ  / /
   | { ハ ハ   ̄   / /
.   ! 0 }  \_ _,..イ  /    ← 水原親憲
    ヽ._ノ\      /




          ムヾ 川 /////〃〃/// /
          タ´`ヾリ////〃〃// .彡 /
         タ   `"""´´´`ミ ニ 彡彡/
        /   〃    J ミ ニ彡彡/
        { __{(( .._   ミ ニ 彡 /     あいつが貸しつけて未返済なままの
        }どo ゞ‐`ヱo~ゞ ヾミ彳う)
        ,'   /   ```     りノ     俺たちの借金のことじゃねえのかっ!!
        !  ({ 、       ├タく
     /|  ィニ‐-、      /〃リ
    r'´}! }   __ ',      / r'")
  ,r==、Zノ| レ三‐ -フ   / くノ
/  ハ {      ̄  /    |リ
ヲ /_ ノ) \ -‐-       リ
ー "/ー‐ ヽ |`==‐ '"     ト、


これから自分たちの知行は 少なくとも今までの4分の1以下になるのだ
もはや左内からの借金を返せる当ては無きに等しい





625 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/08/26(日) 22:12:11 ID:X4FjH6GU0

そのうえ 左内の借金の取り立てから逃れられた者は未だかつて存在しない


   ノノ彡ミミミミミリリ
  川彡彡シ''"´`´`゙ヽ
 .リソノ:::::::   ⌒'  '⌒ヽ
 i:::::::::    -=・-,  -=・-
 |:r-   ,、  ⌒ ) ・_・)' ^ヽ   ,、     アーヒャッヒャッヒャッ
.〈 り  | ,|  ┃トェェェェイ┃.l   |..|
 |ー'  i i-、.、┃ヽニニソ┃l   i...i-、,、      アーーーーヒャッヒャッヒャッヒャッヒャッ
 .|   r ^.^ `> ━\━ /   r`つi i`i
 人  .i    / __\\⌒ヽく..ノ`'`''.'')
''´  `ヽヽ  、/     \\ ソヽ.人.../
     i   /----一'   \\  /
                  \\
 .;".;": ..;".;;:         \\       .;".;": ..;.;".;
   .;".;": ..  ;         \\         .;".;": ..;.;".
.;".;"    .;".;             \\
   ゴ オ ォ ォ …… ! !      \\   ;": ..;.;".;":
          .;".;": _.;.;__       \\   ド カ ァ ン !
 .;".;": ..;.;".; ζ /_.;_/| .;".;"_ \\  .;".;.;".;":
.;".;": ..;.;".;": ;:'.;| ΓΓ | |;":从へ_/|  \\.;".;"_.;__..:
从へ从へへ从  ; ζ  | Γ从 | |;:.. |从Γ | |    \\ ∠___/|
    ( ⌒( ⌒ ) ζ | 从Γ | |.:;. |从Γζ.;"._ \\|ΓΓΓ| |きゃ~
(   ⌒ ⌒  ⌒ );  | ΓΓ | |.;;::|ΓΓ | |  ( 从へ;: |从 ΓΓ| |
 Σ( ⌒( ⌒ ) ζ  ( ( ) )⌒ ) ( 从へ从)_.;;:.;|Γ从Γ| |
 ( (( ( ⌒ )) )  从 Σ( ⌒(  从へ从) ∠___/|助けてくれ~
Σ (( ( ⌒ )) ) )(( ⌒ ( 从へ从) .;".;:;|ΓΓΓ| |
 (( ⌒ ( ( ) )⌒ );:;   .;".;": ..;.;".;":|从ΓΓ| |


左内からの借金がある者は上士から下士にいたるまで身の破滅を感じた





626 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/08/26(日) 22:13:36 ID:X4FjH6GU0

景勝・兼続主従は
10月15日に帰国を許され11月の末頃には米沢入りを果たすのだが
その途上で兼続は左内の意を探るため会津若松の岡邸に立ち寄った



        ((_((_((_((_((_((_((_((_((_((_((_((___((__
       ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ
     ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ
  _@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@ノ
  ((_((_((_((.|il |;;::: ..::..  ::..  ::..:: .   .: :..    . :::  .. : ::::|il i::
 ノ___ノ___ノ__.ノ...|il |________________|il l::
  = @==@==@= |il |\_____________________________________,_,,,,,;;;;;;;|il l::
             |il |  |    | |ニニニニニニニニニニ l | : |il l::
             |il |  l┌┐| |;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;|;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;| | : |il i::
             |il |  l└┘| |;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;|;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;| | : |il l::..
 ______|il |_l__| |;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;|;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;| |__.|il i=== =
 ,, '  ,;; ' ". ; .., |il |:」」i 「:「:「| |;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l; @=@ ;l;;;l;;;l;;;l;;;| |:iii|il |::|::|::|::
  ,'   . . .; . '., .|il |:」」i 「:「:「| |;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;|;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;| |:iii|il |::|::|::l
   ';;   . .,、   . |il |:」」i 「:「:「| |;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;|;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;| |:iii|il |::|::|::l
  .;  ,; ., 、  ;;、 |il |:」」i 「:「:「| |;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;|;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;| |:iii|il |::|::l::i
 ,,、'..,,、、.. ; .,,,、,;;、|il |/..;; "..  `,,"  . . .; .,, '  ´ ,, ;; 、 " ,, 、|il |::|::l:


                、     ‐;、
             _,..rー' ```ヾヽ`、ノ i,, 、
           i、|` ⌒ヾ 、`、/  ノi ‐'ソ
           ト、/  =`ヽ ///__ ヽ  ̄ヽ
           'ァl! /  、、 i 〃, ‐、 ヽ |‐、ヾ `)
              {i/,ノ  | r=---‐ァ |__{. { 、、 il>′
            {/ ,ノノ !|.u:.  .:')ノ li; } l/ lヽ
           r''v‐'- .,,`_::__,. -‐''iノ 丶`ヽ
              |{i ト 、;::: :::::;>‐く:::::: ;ィ′`''i ヽ, l   ま まさか 徳川以上の大敵が
           l>,i  l  ̄  ,:::l;:' ̄l |、   ヽ |! |
          O'ri!l u|   、;/  '/ `O  ,!ノ /   こんな形で現れるとは……
           |\ヽ  -===-‐ /ノ!   く 」'′
           l``ヽ、\  'T'' //!   _ノノ
              |;;|``'〒,ヽ _,/'i'´ |、
          ,. ィ|;;`;;,、_|;;;;;;;;;|||;;;;;| _,.|└;_
      ,.. ィ"i  l ヽ'、 ;;;;;;;:;;;;|||;;;;;;'/;//;;;ヽ、
─-、‐''"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ,` ``'''-、;○/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`''ー-=='''ヽ、





632 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/26(日) 22:15:18 ID:d3fuVSYs0

徳川以上の大敵とは、凄い評価だw





631 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/26(日) 22:15:01 ID:YlTnxCBQ0

これは次の家康が恐れた男候補に岡左内が入る予感





630 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/08/26(日) 22:14:43 ID:X4FjH6GU0

   |
   |
   |ミミミ彡彡ミミミ
   |巛巛彡ミミ巛巛      おお 兼続はん
   |  _,ノ' 'ヽ、_  ::|
   | -・=, 、=・- ::|      こちらから向わなあかんところを
   | ⌒ )(・_・)( ⌒ 6)
   | ┃トョヨヨョイ┃  |      わざわざすんまへんな
   | ┃ヽニニソ┃ /
   | ┗━━┛ /、      引越し準備の最中でバタバタしとるが
   |\ ー-一/   ヽ
  _r--、 ̄ ̄     i     まあ 入ってえな
 ⊂ニ ` ヽ   Y   /
  ーニ、_, \/\ /
   |  ヽ     /
   |   `ー-ィ''
   |     /


                  ,、__,,,、_,_
              ,ィ`'´f ))゙' ノ ソー、
             〃゙   ヾ 人'/   ゙'´⌒)
             {、ー'  ハ ト、,‐ l ,ノ! ' il|(
              {彡, ソノ リ ヽ__レ'゙ヘ'`,_ _ \
             f,ー、ト、‐r;-ァ (rュァ'゙|ノ`ー、,ゝ ヽ
            __}lり ; :' ̄u _〉 ul \ 入 `、 {   どうも お邪魔します
          /´/l。ゞ-i r_-_-_‐_ァ /、,:':.ヽ Y ,l }
     __,, -'´,´く l ゝレ' 、uヽ、__.ノ ,'、∨/.:.} l ソ/   (こ 「こちらから向かう」 ……だって!)
,--一''´- ‐  ̄ノ ヽ\ ヘ ヽ、 `;´/ ,' /,..,:. { ノノ´
 -一 /-‐´ ̄二ニ ∨`,,     `ー ' /,、.:.:/.:.:;}
  _, '´..:.:: , 二 _ー‐-- ゝ、`ー-、_,;;:' (//.:.:/::.,`ヘ、
/ ..:.::::::/ . ..  `ヽ  、ヽ´ ̄ ゙ ー‐-ソ.:.:,'.:'´.:.:.:..:'´ ̄ヽ
 / .:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:;:''"´ \ヽ,'´...:.:.:.:::.:::..,ヘ::::.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:...:..:.\



この時 兼続は座敷ではなく まず屋敷の庭に通された





634 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/08/26(日) 22:16:09 ID:X4FjH6GU0

そして そこでは岡家の家人が大掛かりな焚き火をしていた


          (( ⌒ )
          (( ) )
               ( ::)
            ) ;:) ∫ ∫
     ∧,,∧ ∫∫ (;;, 从<⌒> ∧,,∧
  ∧,,(´・ω・)<⌒>( ;;从   `゛   (・ω・`)
  ( ´・ω) U) ´゛ ∧,,∧从     と と ノ
 | U (  ´・)   (・`  )ヘヘ    u-u
  u-u (     )   (   ノ
       `u-u'     `u-u'




                                   __ ,.v-、ノ〉') ,、.. , _.
                                 rべ′'^ ミゞミ/ノノ7''ノノ
                                ///rミミ ゝ))γ,.r;彡,ーニ- ン
                               { { {〈/^ヾ }_j / /ン//,,.-ニ≡ノ
           ええっと…… 左内殿……    ヽヾ、〉' ij'′''ー┐,/彡;彡-ニ三7
                               //j∧, {ij ;;   ノソ u ゙}彡-ーニ;{
           今日はですねえ……        {{ i;〉 {g=、{’..,,(/_   }ミ,.-、ヾ;{
                                ノj/j |`7'′'{Rニ= ̄ '∫,〉 i|
                               /// 、|/_   `    ,/il、ノ'l |i|
                              {i I{, Ξ| `      /;; |,;ヾ i |
                                   〉ji}´ | ‐=‐-   /' /:}| !.| |
                                    |i,j  L_   _, ‐' ,/::::::::|、i l |
                                  `'   ,l「 ̄ _,.ノ-┐::::::::l;;\!
       _,r'"川レルノ川レリル
      ,rイ         (
     ,イ    ,,r'' ゙""゙`゙`゙`ヽ
    i     ゝ    _,ノ' 'ヽ、ヽ
    |    /    r=・- ,  (=・-      まあまあ 兼続はん
    lr'"ヽ」    `   ( r、_r) ヽ
    .li り        ,,;;;''',r-、'';;; i     今日は一段と冷えることやし
     レー'|   `ヽ   ii ノユ(. ii |
     ,|  !        || `ー一' || |    焚き火にあたりながら話しまひょ
    ノ\  ヽ      ヾ`ー'"゙ー'`!
  ,rく   `ー、 `ヾ''ー-''"_,,、  ,ノ
/   \    `ヽ、_`゙"´   `~(ヽ、





636 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/08/26(日) 22:17:11 ID:X4FjH6GU0

左内に話しをどのように切りだすか決めあぐねていた兼続は
言われるがまま焚き火にあたった
だが そこで見たのは驚くべきものだった



ー-ニ _  _ヾV, --、丶、 し-、
ニ-‐'' // ヾソ 、 !ヽ  `ヽ ヽ
_/,.イ / /ミ;j〃゙〉 } } ハ ヽ、}
..ノ /ハ  〔   ∠ノ乂 {ヽ ヾ丶ヽ
 ノノ .>、_\ { j∠=, }、 l \ヽヽ ',
ー-=ニ二ニ=一`'´__,.イく::ヽリ j `、 )
{¨丶、___,. イ |{.  |::::ヽ( { 〈 (
'|  |       小, |:::::::|:::l\i ', l
_| u |    `ヾ:フ |::::::::|:::|  } } |   さ 左内殿! これはっ!!
、|  |    ∠ニニ} |:::::::::|/ / / /
トl、 l   {⌒ヽr{ |:::::::::|,///
::\丶、   ヾ二ソ |:::::::/∠-''´
/\\.丶、 `''''''′!:::::::レ〈
   〉:: ̄::`'ァ--‐''゙:::::::/::::ヽ
\;/:::::::::::::/::/:::::::::::://:::::〉
::`ヽ:::ー-〇'´::::::::::::::::/-ニ::::(
           /    \





639 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/08/26(日) 22:18:18 ID:X4FjH6GU0

岡家の家人が火にくべていたのは
全て左内が諸人に貸していた大量の借金の証文であった


                     :;:, .:.
       
パチパチ…    . . .:', .:.
           .::... .   . .':::;:, .:.
     ':;:. :::. . ..:.:λ:: ::'; ::,)、::.:;.:,:;.:
     ..':;ヾ::.:ソ)人ノ从:.ソ)ノ ):.: .;,.'
        .::Vィ'  (ソヘ (::.:.:'.,; :. .
      ',:; .::)       て:;;':.
       ..:.(ノ        (::..
     . . .::::)    ヘ ソハ   ,ゞ.:.
   .;: . .:::: .:ソ   ノ:.::.:.. :(    (: :.
. . .::.: :::..::..:(    (::..::..:::.::ノ    ):::...




   巛彡彡ミミミミミ彡彡
  巛巛巛巛巛巛巛彡彡
  |:::::::          i
  |::::::::    ___  __|
  |:::::    -・=- , (-・=-
  | (6    "" ) ・ ・)(""ヽ
  | |    ┏━━━┓ |   …………
  ∧ |    ┃ く三.ノ┃ |
/\\ヽ   ┗━━┛ ノ
/  \ \ヽ. ─── / \
.        ‐ー--ーイ   `、





642 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/08/26(日) 22:19:16 ID:X4FjH6GU0

 i _イ く  i、 ,く _L / / V レ  / / / 三ミミ、
 ト┴-、  ト> -K巛 i ./ ,r、く,イ   三ミ ミ、
 ト--、_三三彳イィ r,lllr─テ  l ト, ミミ、m、三ミミi
 i三三彳彡イイ彳ノ| ノ   くノリ ノ r ^川三ミミミi
  !ミニr-、彡ミ/ シ     lフテラ /  i三三ミミi
  iミニ| ft、 i彳f-=ァ=テ-、  くr<r' .  川ミ三=ミ!   左内殿…… その……
  |ミニ.| k ( ヽ;;i `゙ー´イ '(   t .,!   .!彡三ミ/
  |テニ,,ヽミて       ,レ--〉,!  メミ三彡/    い 良いのですか?
  川||||||`r、ィ  u     ` ̄´ ,!  ノ三仁シ
 リ川川 V::::ヘ    , -一= ,! rt^´ミミシ
r'くシリ|k.i ( )、::::ヽ、      T ,!  ヽ,三ミr'
|: : : : : : : : : : ::¨ー、`ヽ _  ' ,'   ノサミシ




   巛彡彡ミミミミミ彡彡
  巛巛巛巛巛巛巛彡彡
  |:::::::          i            ……兼続はん すまへんかった
  |::::::::      ノ' 'ヽ |
  |:::::    -="- , (-="   _.,.,_       勧誘を断る言い訳のつもりが
  | (6     "" ) ・ ・)'""ヽ ///;ト,
  | |    ┃ノヨョヨコョョi┃ .////゙l゙l       曲がった形で御家中に広まってしまったようやな
  ∧ |    ┃ ト-r--、| ┃ l   .i .! |
/\\ヽ  ┃ヽニニニソ┃ .|    | .|
/  \ \ヽ. ┗━━┛/,{   .ノ.ノ
.    `ヽ、 `ー---ー' /   / .i





644 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/08/26(日) 22:20:21 ID:X4FjH6GU0

   巛彡彡ミミミミミ彡彡
  巛巛巛巛巛巛巛彡彡
  |:::::::          i
  |::::::::     /' '\ |        せやけど これで借金とやらは存在しないことになった
  |:::::    -・=- , (-・=-
  | (6    "" ) ・ ・)(""ヽ       何も心配することはないと
  | |    ┃トェェェェェイ┃ |
  ∧ |    ┃ヾェェェ/ ┃ |       兼続はんから御家来衆に伝えてくれんかな
/\ノノノヽ ┃  ⌒  ┃ノノヽ
/  ヽヽヽ ソ⌒ ヽ━┛r ⌒ '`ノ`、
ヽ、   `- 、_   ノヽ   _,/  ヽ
  ヽ   人   /  |、  ,ヽ   |
,ノ _,ニ/    ̄/   .|  ̄  \ニ |
/ /     /    |     ヽ|




     //´彡彡 二_`''ヽミ ヽリ  ―‐-ミヽ ヽ 川
     /  /  / _,.-‐、`'ヽ ヽ リ _,........_   リヽ|/ノ
   ,ノ  /   / //`>\_ヽ リ 彡--、     ー-ラ
  r彡,.-''´    Y / / r‐'ヽミリ,,.-‐'ヽ ト、ヽ二三ミヽ リ
 // /    ノ | ||   `'""´ 〉 /  、ヽ ̄  ヽ'三
 |  /    ,/ |ヘ,、 !|       | ||  ミミ三 /´!川リ
 |リ |    ( _,..-| | _!、     | / ヽミ_> /ri |川リ     分かりました……
 \ヽ    ヽ: : :,.|| ヽr‐;、') _,.---ヽ!_>'´| //lノノミ川
   ヽ!    |/ : |    ̄,.i r-,<r''';,..-'゙  レr',./ヽ川ヽ    左内殿……
    |  / / : : /|  || | |   ̄    ,、.i゙i゙ヽヽリ ヽ
   |  //: : :◎: : |   !l__!.../         / ,ヘl : \ミ、ヽ     ありがとうございます
   |   /: : : : : : : : | _ ゙'ー''´      ノ:'´ : >'"'i :\ヽ
.-'フ|   |: : : : : : : : : :| ゞ_'==-、,_  /: : : : : :ゞ‐': : : :
//∧ヽ |: : : : : : : : :| |  「`'''ー  /: : : : : : : :/: : : : : :
/ |: :ヽヽヽ : : : : : : : | !_   ,.-''´: :,:-'´ |: : :/: : : : : : : :
: : |: : : \ミ_、_: : : : : ヽ: : : ̄: : : : |r'´  |: /: : : : : : : : :





649 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/08/26(日) 22:21:34 ID:X4FjH6GU0

   巛彡彡ミミミミミ彡彡
  巛巛巛巛巛巛巛彡彡      あと…… わいも本気で引退する気やったけど……
  |:::::::           i
  |::::::::    ⌒   ⌒ |       わいがフラフラしとると また変に気を揉むのも出てくるやろ
  |:::::    -・=- , (-・=-
  | (6    ⌒ ) ・ ・)( ^ヽ     やっぱ わいもどこか適当なとこに就職しますわ
  | |.     ┏━━┓ |
  ∧ |      ┃ヽ三ノ ┃ |
/\\ヽ     ┗━┛ ノ
/  \ \ヽ.  ─── /|\     ノ7_,,, 、
    (⌒、"⌒ソ⌒ヽ- イノ  `、  ( ィ⌒ -'"",う
    ~''(_)(_)(_)(_)ソ-ィ     ヽノ   ,イ^
  _ヽ /`、_, ィ/   ヽ      ヽ─/
/,ィ'"/     /    `、     ) /
         /           i



結局 左内は旧主・蒲生氏郷の息子
会津若松60万石に復帰が決まった蒲生秀行に1万石で仕えることになった
後に兼続は「他に得難い人材を手放すことになった」と左内を評した





650 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/26(日) 22:23:09 ID:qknJlVzA0

金を汚いと言った男が、金の上で寝転がる男を賞賛したと





643 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/26(日) 22:19:46 ID:7cND4mlQ0

このノリさん、綺麗すぎる





651 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/08/26(日) 22:24:42 ID:X4FjH6GU0

蒲生家に復帰した左内は猪苗代城を任されるなど重用された
そして その生活スタイルも今までと何ら変わるところがなかった


          巛巛ミミミ彡彡彡
         ミ巛巛巛彡彡彡彡             お~~い
         |:::  _,,ノ' 'ヽ、_ :::|
         =ニ< ̄>ニく ̄>コ             金に困っている奴はおらんか~~~
         (6   ⌒ )・ ・)⌒  6)丿(+
         |  ┃トヨョヨコヨイ┃ |ζノ.___+     金ならいつでも貸したるで~~~
         |  ┃|コュユココニニニ0  .|||| 百 |
         人 ┃ヽニニニノ┃人_ .|||| 萬 h *
     _=-一~/ / | `ー--一' |ヽ\~''|||| $ | .|
  _-'"   ,'  |  |  l><l.  | i.`、ヽ|ニ| ニ二 | |D
       | ,.' |'、  |   |。  |  | i .i .|||| /~二  )
  |二二二| | | `、 ヽ  | , / / |. | ||||__'イ.r‐  ) ブヒヒヒヒ
  | 。 ゚ | | |.  ヽ ヽ |゚/ ./ r''| .| | ̄ `して |
  | ∩。゚∩n| |     \V/    | | | | ≠ヽ  |、、
 く`、l .| l .| .|| |      o    ____| i | | ヾ==彳
  ヽ. ! .! イ  ノ |          ヾ|$ | | | |    . |
   `ー| |一' i |      o    || | | | |     |
   _| |_l_i__|           || |__i--' |   ノ




              ,. -.:'':":~: ̄:¬ー- ,,_
        _,,,....... -┘: : : : :‐:=.ニ二_⌒ ' ーヽ、
     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ー-、   `
    /,:,:,:,:,:,:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : .`ー、
.   /.;.;.;.;.;.;.;.;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:l,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .ヽ:.ヽ
  /.;.;.;.;.;.;.;.;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,ィミ、イ l.:.!l:.:.:.l:.:.:.:.:.:.: : . ヽ:.ヽ
  /.;.;.;.;.,/=V.:.:.:.:.:,イ/叉`ヽ/イ !:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :. lヾ:、
 /.;.;.;.;.;.ll / /.:.:.:.:./ -_  >へ ノイ:.:.:.;リ.:.:.:.:.:.:.:.:. l ヽ
/.;.;.;.;.;.;.;.l! V{:.:.:.:.:.'ー-z       V/イ.:.:.:.:.:.:.: !.:.l   !
,:,:,:,:,:,:,:/`7オ-―¬ ̄    __ ,ィ___/.:.:.:.:.:.:. ハ:.:!     ブレないな お前は……
.;.;ィ;.;.:/  / |‐_ u    _   /-‐テ.:.:.:.:.:.:. / !:.:!
/ |:.:/  /ミ ト、-      ,,,__`/  /.:.:.:.:.:. / /:/
\!{   l ミ   >、      /  /.:.:.:.:. ; '  〃
\ \ l ミ     >- ,,,___/  /.:.:.: / /  ← 蒲生郷舎
  \ \     ,く\      ノ:.: /         左内と同じく蒲生家に復帰


左内は蒲生家中でも たちまちに蓄財を重ねていった





653 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/08/26(日) 22:25:41 ID:X4FjH6GU0

月に一度の秘密の儀式も相変わらずだった


                                       巛彡彡ミミミ彡彡
                                      巛巛巛巛巛巛彡彡
--=ニニニ -=ニニニ  --=ニニニ -=ニニニ          |:::::::        i
  -──            -──          --=ニニニ |::::::::   / \  |   アーヒャッヒャッヒャッヒャッ
       --=ニニニ         --=ニニニ   -──   |:::::  --=- , (-=--        アーヒャッヒャッヒャッヒャッ
         -──            -──        ∩ (6     ⌒ ) ・・)' ヽ ∩
- ──       =ニニ- ──       =ニ      (ヨ ヽ、!    ┃ノコョョi.┃ |( E)
                              - ── ヽ mn\   ┃ト--、|┃ノ /nm
=ニ三三  - ──    =ニ三三  - ──          { (、    ┃ヽニソ┃/ ) }
            - ──           - ─ =ニ三三  ー' `ヽ  ┗━┛ ヽ,ノ ー'ノ
 -=ニ三  =ニ三三    -=ニ三  =ニ三三         ヽ、 , \   x  /   /
                               -=ニ三   |    ヽ、(U)/   ` 'イ
 =ニニニ三 -=ニ三    =ニニニ三 -=ニ三            i.      *    /
                               =ニニニ三三 ヽ、 _ 人 _
━━┓┃┃┏━┓ ━━┓┃┃┏━┓ ━━┓┃┃┏━┓ ━━┓┃┃┏━┓.
   ┃.  ..┃ ..┃    ┃.  ..┃ ..┃    ┃.  .┃ ..┃    ┃.  ..┃ ..┃
━━┛   ┗━┛ ━━┛   ┗━┛ ━━┛   .┗━┛ ━━┛   ┗━┛
アーヒャッヒャッヒャッヒャッ
             アーヒャッヒャッヒャッヒャ
     巛彡彡ミミミ彡彡
     巛巛巛巛巛巛彡彡    三三二==--      三三二==-
     |:::::::        i       ──--   三三二==--
     |::::::::   / \  |     三≡≡==     ──      三三二==-
     |:::::  --=- , (-=--           三三二==--
  ∩ (6     ⌒ ) ・・)' ヽ ∩                 三三二≡==  三≡≡==
  (ヨ ヽ、!    ┃ノコョョi.┃ |( E)   三≡≡==
  ヽ mn\   ┃ト--、|┃ノ /nm             三三二==--    三三二==-
   { (、    ┃ヽニソ┃/ ) }    三三二==-        三三二==--
    ー' `ヽ  ┗━┛ ヽ,ノ ー'ノ  ──-                三三二≡==
     ヽ、 , \   x  /   / 三≡≡==    三≡≡==
      |    ヽ、(U)/   ` 'イ                       三三二==--
      i.      *    /              三三二==-
       ヽ、 _ 人 _





655 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/26(日) 22:27:13 ID:7cND4mlQ0

やっぱり、前言撤回





654 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/26(日) 22:26:40 ID:jdN5FAKY0

そのお粗末なモノを見せんなw





656 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/26(日) 22:27:19 ID:qknJlVzA0

すんごく良い話で終わりそうだったのにw





659 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2012/08/26(日) 22:28:21 ID:X4FjH6GU0

だが 寛永の頃 死の床についた左内は
当時の蒲生家当主にそれまで貯えた黄金3万両を献上し
諸人の未返済の借金の証文もまた全て焼き捨てた後に大往生した



∴:∵∴∵∴∵:∴∵∴:∵∴∵∴∵:∴∵
   巛彡彡ミミミミミ彡彡 ∴:∵∴∵∴∵:∴∵
  巛巛巛巛巛巛巛彡彡 ∴:∵∴∵∴∵:∴∵
  |:::::::          i  ∴∵。∴∵∴∵ ゜
  |::::::::     /' '\ | ∴∵。∴∵∴∵ ゜
  |:::::    -・=- , (-・=- ∴∵。∴∵∴∵ ゜
  | (6    ⌒ ) ・ ・)( ^ヽ ∴:∵∴∵∴∵:∴∵
  | |    ┃トェェェェェイ┃ | ∴∵。∴∵∴∵ ゜
  ∧ |    ┃ヾェェェ/ ┃ | ∴:∵∴∵∴∵:∴∵
/\\ヽ  ┃  ⌒  ┃ノ ∴:∵∴∵∴∵:∴∵
/  \ \ヽ. ┗━━┛/ \ ∴∵。∴∵∴∵ ゜
.    r‐-‐-‐/⌒ヽ-ーイ   `、∴∵。∴∵∴∵ ゜
ヽ、  |_,|_,|_,h( ̄.ノヽ  ビシッ  ヽ  ∴:∵∴∵∴∵:∴∵
ー-ヽノ| `~`".`´ ´"⌒⌒)     ヽ ∴:∵∴∵∴∵:∴∵
ノ^ //人  入_ノ´~ ̄       ) ∴:∵∴∵∴∵:∴∵
∴:∵∴∵∴∵:∴∵∴:∵∴∵∴∵:∴∵。∴∵∴∵ ゜
∴:∵∴∵∴∵:∴∵∴:∵∴∵∴∵:∴∵。∴∵∴∵ ゜
:.... . ∧∧   ∧∧  ∧∧   ∧∧ .... .... .. .:.... .... ..... .... .. .
... ..:(   )ゝ (   )ゝ(   )ゝ(   )ゝ・・・・・・..........
....  i⌒ /   i⌒ /  i⌒ /   i⌒ / .. ..... ................... .. . ...
..   三  |   三  |   三  |   三 |  ... ............. ........... . .....
...  ∪ ∪   ∪ ∪   ∪ ∪  ∪ ∪ ............. ............. .. ........ ...
  三三  三三  三三   三三
 三三  三三  三三   三三


岡左内定俊
当時の武士の美意識からは賛否が分かれる戦国時代の奇人は
自分の生き方を貫き通したのである


                 <番外35 岡左内 その後>おわり





676 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/26(日) 22:38:03 ID:ddCICbLQ0

いい話や





672 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/26(日) 22:35:21 ID:d3fuVSYs0

憎めない人だったんだな





670 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/26(日) 22:33:26 ID:qknJlVzA0

死ぬ時に証文を燃やすということは子孫はいなかったのかな





680 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/26(日) 22:47:00 ID:ZGzSAsek0

むしろ、子孫のために証文を燃やしたのかもしれん
金銭関係の問題はトラブルを招きやすいし





697 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/27(月) 03:48:25 ID:JO3oIaZs0

この人も自分の生き方を全うしたなあ





685 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/26(日) 22:59:05 ID:fVVabnQU0

葉隠などの一般的と思われる武士道では蔑まれるけど、これも立派な武士のありかただな





687 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/26(日) 23:06:38 ID:U1lL9Dys0

この人の蓄財術を知りたいw





710 名前: ◆fFI82Sjg3c [sage] 投稿日:2012/08/27(月) 20:56:48 ID:aiD0pRac0

【チラシの裏 ~昨日の投下時~】


                      lヽ                      ,..-‐-- 、、
                      | ヽ    __              ,ィ":::::::::::::::::::;;;;;:ii>;,
                      ヽ   L,ァ'´ /             /:::::::::::::::;;;;;;;;iii彡" :ヤi、
                     ,  >f=-<ー 、            .i::::::::::::;:"~ ̄     ::i||li
                   /: : :イ´: ∧ヽ 、: :.\          .|:::::::::j'_,.ィ^' ‐、 _,,. ::iii》
                  /: : : :|:/:_: l/ }: |、: : !: : :ヽ         .|:::i´`   `‐-‐"^{" `リ"゙
                  l: : : : |/´//  l:バ`:|: l: : :.|         ヾ;Y     ,.,li`~~i
                  |: l: : :|≠彳   !テミ: :!: ト、!          `i、   ・=-_、, .:/
                  |: l: : :イ代.|     |rt:从l: :|             ヽ    ''  :/     うんにゃ
    あれ? 最終回     l/l: : : 弋シ     ゞ= {ノ: :|          /   ` ‐- 、、ノ
                   ヾ.ト、:.l、'''''  。  ''''イ:∧l      .   /            \   今日は番外編
    今日 送るんだっけ?   Vヽヾ7ーfァニ彳 l/       . /´                 ヽ
                      Y⌒ヽ、/`ヽ         |    l
               .       ├‐┬=┬┤         ヽ    -一ー_~、⌒)^),-、
                       l  !   ! l          ヽ ____,ノγ⌒ヽ)二二





711 名前: ◆fFI82Sjg3c [sage] 投稿日:2012/08/27(月) 20:57:01 ID:aiD0pRac0

            ,.  ,. -=キ≠=- 、
        /: : :'´: : : : : :.ィ: : : :`ヽヽ:\
        /: : : : : :/ : : ://!l: : : !: : :.い: : ヽ
.     /  / .. :/. :/:.// ll: : :l: : ヽl:.|.   :.
     // : : l:./: : !/「/ l  lヽ卞ヽ、l:.!: : : : i
   / /: /: :l/: :イ|:./ l/     V }从:ト: : : : : !
.    / イ: : :l: : :/レ勹示     i勹tトV: : : .!: :|
    l / l:.: :.{:.: | i乍心:|     |;心:.}豸: :.,′:|
    l/ |: : ∧:.l  辷ツ      辷ツl: : :/、∧|
      |: :/ト.Vt  ¨¨  ___   ¨¨ //:ム/  `   番外編?
      l / l |: :.〉r、    {___}    _イ:.イ:/
      l/   !:/.rLl^l^i、 ‐-‐ ,i^l^|」:/l/
          ィrト、 ` ー┴ v-┴‐'´_,{ァ、
          ∧∨、` ー---┼--‐'´ |/∧
        { ∨、.`ー----┼‐‐--'´∨ }
        l | ` ー----┼---─'´|  l





712 名前: ◆fFI82Sjg3c [sage] 投稿日:2012/08/27(月) 20:57:31 ID:aiD0pRac0

           .ヘ
           | `、
        __ |   ヽ  , -ーー
      ,  ': : : :ヽ   }ヽ/    /
    /: :. :. :. :,: :>、_'^ , <
   /: :. :. : レ'ニ-‐' : :. :. :`:ヽヽ: :\
  /: :. :. :.i r'7: :. :. :. :. : /ト、:.i: :.\: :\
  /: |: :. : :| |/: :-‐'7|: : / | Vト、: :. :. : ヽ
  {: :|: :. :i v/: : :/ | :/ | .V、:ヽ: .:| :|:ヘ
  |: :|: :. :|: :j': :,≦_ミ//  / ≧、: :. :| :|`ヽ
  |: :ゝ: :.|: :.yテう::j '   ' ィ ノ}ヽ: : リ: :|     ……本編のお話しで
  ヽ: (、:ヽ :'く{::i:ル     {::i:レ 》| :/: :.|
  `、トヘ: :ヽヘヽ‐'     ヽ-' /-V|: :/      辻褄の合わないところでもあったの?
    l\: : ヘト、   _. '   ,ノ: / V
     ,>ヘ |ヽ`、ヽ-ーr 'f`ヽく
     /::::::`!:::::::: :vっ-|::::/::::::::ヽ
     レー‐、::::_/ く .j::::/::::: / 〉
     | \y-/(  ノ」/: /::::yλ




      ,..-‐-- 、、
    ,ィ":::::::::::::::::::;;;;;:ii>;,
   /:::::::::::::::;;;;;;;;iii彡" :ヤi、
   .i::::::::::::;:"~ ̄     ::i||li
   .|:::::::::j'_,.ィ^' ‐、 _,,. ::iii》        ━━┓┃┃
   .|:::i´`   `‐-‐"^{" `リ"゙         ┃   ━━━━━━━━
   ヾ;Y     ,.,li`~~i           ┃               ┃┃┃
    `i、 ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                       ┛
       ヽ。≧       三 ==-
       -ァ,        ≧=- 。
        イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
       ≦`Vヾ       ヾ ≧
       。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。


我が愛する妻の中では
「番外編」とはどのようなものとして認識されているのであろうか……


                  【チラシの裏~昨日の投下時~】おわり





717 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/27(月) 21:36:04 ID:3e7MHxs20

修正パッチ扱いw





718 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/27(月) 21:44:37 ID:y1rbOiQE0

せめて、サービスパックと言ってやれw





721 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/27(月) 21:52:01 ID:oQnUOhtk0

番外編じゃなくて、挽回編とか版改変なのだろうか





722 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/27(月) 21:54:12 ID:3v4bwNEU0

自分が汚名挽回をしたく





727 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/28(火) 06:44:52 ID:6gpjm3Oc0

汚名を挽回すんなw





714 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/27(月) 21:12:07 ID:qyypCUkI0

まてしかしということはもしかして次が最終回










投稿日 : 2012/08/29 | カテゴリ : 新・関が原戦線異常アリ | コメント数 : 16
■コメント一覧
  • No.22317 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年08月29日 06:57 [ edit ]

    相変わらず奥方はいいキャラしとるw

    しかし、数多くの借金チャラにしてなお貯め込むとは、左内の蓄財力は凄まじいな。
    そして金の使い処も弁えている所が素晴らしい。

    …って、前田の利家おじちゃんが言ってた。



  • No.22319 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年08月29日 11:11 [ edit ]

    借金絡みの話は、借りる側も貸す側もその人の本性が垣間見えるだけに面白いよな。
    しかし、岡左内はノリさんのAAが良くも悪くもハマり過ぎてたなw



  • No.22321 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年08月29日 12:26 [ edit ]

    最終回が近いのか・・・。
    楽しみでもあり、寂しくもあり
    ちょっと複雑な気分。

    でもラストは思いっきり、盛り上がりたいな。



  • No.22322 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年08月29日 12:50 [ edit ]

    しかし、伊達正宗が地味な鎧をつけていた理由は何だろう。
    派手な鎧武者を囮にして大胆な侵入を狙っていたのかな?



  • No.22323 名前:名無しさん(笑)@nw2 投稿日:2012年08月29日 13:42 [ edit ]

    前の方に出るときは地味なやつとか
    ダースベイダー鎧の方が黒いから地味に見えそうな気もするが
    兜さえかぶってなければな



  • No.22324 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年08月29日 13:46 [ edit ]

    >No.22322
    有名な伊達の黒漆具足、確か他の臣下にもそろえさせてたんじゃなかったかな。



  • No.22328 名前:名無しさん@ニュース2ちゃん 投稿日:2012年08月29日 19:31 [ edit ]

    こういう生き方も粋やね
    岡左内、人生遊んだな



  • No.22329 名前:名無しさん@2ch 投稿日:2012年08月29日 20:13 [ edit ]

    >>722
    ジェリド乙と言わざるを得ない



  • No.22331 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年08月29日 20:58 [ edit ]

    「次の戦場」も期待できそうですね(ニッコリ



  • No.22334 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年08月30日 06:55 [ edit ]

    大坂城夏の陣とかみたいな~(チラッチラッ



  • No.22342 名前:名無しさん@ニュース2ちゃん 投稿日:2012年08月31日 11:16 [ edit ]

    >22334
    その次は「鳥羽伏見戦線異常あり」だよな



  • No.22367 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年09月01日 00:54 [ edit ]

    しかし左内の献上してくれた金、
    俺が君主だったら素直に喜べないな……
    どうしても検分する時に
    「この小判奴の(ピー)が当たってんだろうな」と気になってしまうわ
    借りてく人はそのまま使うからいいんだろうが
    献上されたら倉とかに収納するから自分の城にしばらくそのままだろうし



  • No.22383 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年09月01日 11:35 [ edit ]

    主君は汚いものである金に直接触れないから、多分大丈夫。



  • No.22412 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年09月02日 06:58 [ edit ]

    まぁそんなん言うたら、今現在財布に入ってる銭だって
    どこ転がしてどこで拾ったのが回ってきたかわからんもんですしおすし。



  • No.22513 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年09月09日 05:34 [ edit ]

    ダースベイダーのデザインは伊達政宗の鎧が元ネタらしいから、これはいいAA配役



  • No.22569 名前:名無しさん@ニュース2ちゃん 投稿日:2012年09月11日 07:03 [ edit ]

    なるほどノリさんにぴったりだなあw



■コメント投稿
     行間隔の関係でアスキーアートを貼りつけてもズレが酷いことになりますので、
     アスキーアート付きのコメントは削除する方針です。
     荒らしの書き込みに対してレス・言及しているコメントも削除対象ですのでご注意ください。
プロフィール

管理人 : 「ピチカー党員No.11」こと金ニダリスト

       ___
      |それ金|
    z'| ── 、
    / ハ ヘ u ヽ
  人/ノヽ ミ=‐...|_     生活の中心が株になっとる
    }≦ u 爻r.j. |彡}
  (  u  リ У{三≧
   ` ー─t r三勿 {气}
      厂 ̄(三)  `气


◆カウンター(ユニーク)    ◆カウンター(トータル)
       


全記事一覧

RSS

管理モード
ツイート
最新コメント
最新記事
まとめ記事
【歴史系】
【物語系】
【ゲーム系】
【学ぶ系】
連絡先はこちら

苦情・相談などありましたら、
下記のメールフォームにてご連絡ください。
(ファイル添付可能)

連絡用メールフォーム

貰い物紹介

TOP画像募集中

  

ダンジョンマスター作者様からいただいた逸品。
カナ、マジプリティ!



  

  

帽子屋HeII0様からの贈り物、しかも二枚!
各作品に対する愛情が伝わってきます。
帽子屋HeII0様のブログ - 「-simulacra-」

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
© それにつけても金のほしさよ All rights reserved.
まとめ