■【やらない夫と】銀河帝国興亡史【二人の友人】 番外編 「ミラーイメージ」
277 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:05:43 ID:RgvLSKXg



                 . .:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.:;:..;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;..:;:.:;:;:;:;:;:;:;:;:;:. .
               ,:;:;:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. ..:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:;:;:.
            .:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:... .. .. . . .                     . . . .. .. .. .. .. ...:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:.
            .:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:.:... ..                                      .. ...:.:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:.
           .:;:;:;:;:;:.:.:.:.. ..                                           .. ..:.:.:.:;:;:;:;:;.
          .:;:;:;:;:.:.:.:... .                     .                     . ..:.:.:.:;:;:;:;:.
          .:;:;:;:;.:.:.:.. .                           .                           . ..:.:.:;:;:.
                                       :゜
          .:;:;:;:;.:.:.:.. .                    ゚:                          . ..:.:.:;:;:.
                                      .*:゜
                                       ゚・:。
            .:;:;:.:.:.. .                        ..。:*゚                     . .:.:;:.
                                   ゚・*:。..
                                       : ゚:*.
                                       .。 .:. .:。:・
                      . .. ... . .. ..... .. . . .:*. .:.:::.:..:.... . . . .. ..... .. . ... .. .


              ┏──────────────────────────┓
              │    リケイン・デルマー殺害事件から2年の時が流れていた   │
              ┗──────────────────────────┛




278 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:05:57 ID:RgvLSKXg



      ┏───────────────────────┓
      │ この事件でイライジャ・ベイリが活躍した事は .       │
      │ 宇宙国家連合に対する地球の地位を多少強化した  │
      ┗───────────────────────┛


                        _,,.. -──‐- .、.._.
                   ,. ‐''"´.:.:.:.:.:.:.:/  く.:.:.:.:.:``'‐.、
                  ,.‐´`ゝ、.:.:.:.:.:_, ィ       ̄``ヽ、.:`‐.、
                  /      ̄              \.:.:.:\
               ,i´             Λ   ,r‐、_,、ィ´.:.:.:.:.:.:`:、
              /              ゙丶、斤.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.
            ,i                  〉.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i、
            .i  _,,、-‐'´ゝ、   ,、-‐ゞ、_ _,ィ´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
           .i ,√.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:} く.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:l
           |/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i   ̄``丶、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::|
            |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ        ヽ.:.い:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:|
           |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i       /..:.イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.::.:.:.:.:|
        .   l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|      √.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.
        .    i、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i    /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::,i
        .    i、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!  /.:.:.:.:.:.┏───────────────────────┓
        .     ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\/.:.:.:.:.:.:.:.:.│  貿易協定が改定されたが、                │
         .      `:、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:│  それは以前よりも地球に有利なものだった.      │
                 \.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:┗───────────────────────┛
                  `‐、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:, ‐´
                   ` '‐.、 _.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_, ‐''"
                         `` ‐-----‐ '"´





280 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:06:52 ID:RgvLSKXg



         ┏───────────────────────────────┓
         │   一方、地球人の間には、シティを捨てようという考えが広がっていた.   |
         ┗───────────────────────────────┛



                                       _,.,..、.,.._
     ..     ...... . .... ..,..... .........                  ._,.,、.、"^   `'.ヽ
 .....-、、,.._ :::,:,,,..   ....... .    .     .... ..  ..,,.,.、-‐ヽ"゙´
 :::::::::::::::::``"'''、、.,,,_ .............    ,..,、゛;;;;;;;;;;;;;;;;;::,,,,,.......     ..
 ::::::::     .:::::::::::::::::::::::::..```゙`゙゙`゙´ .:::::::::::::::::::::::::;;:;:;;;;;;;;;;;:;;;::::,,  .  ...
             :::::.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.................::::::::::::::......................::::.....
                      ::::::::::::::::::::::::::::::::::::,..   .:::::::::.::::::::::::.......:::::::::::::...
                         ..: ::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;::,,,,,,,,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                       ,           : :::: ::::::::::::::::::::;;;;;;;;;::::::::::::::
 ......... .     ...              `;-、                       .
 ''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''''"""''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''''""""''''
  .:;;:::::::::;::::;;;;;;;;;;;;;;;:::;::;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::;;:::::::;;::;::::::::::;:;;;;::::;:::::::::::::;;;;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::
  .,::.:.......:::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::;:::::::::::::::┏────────────────────────┓
  :.:.:..::......:.::,::.:..:..:::::;;;:::;:::;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::│  シティを捨てて野外に慣れ、やがては宇宙へ……   │
  ..,.....::::.:...::::::::::.::.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:┗────────────────────────┛
  ..::::::::::::;:::;::;:;:::::::..,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::::::.:::.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 :.......::.::::::..  ..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..:  ..:.:::::::::::::::,:::::::::::.::.::.:::.::::::::.:...::::::::::::
  :..,...::::::::::,,,,,:::::::::::::::::::.:::.::,:::::::::::::::::::;::::::::::;::::::;::::;::::::,,,:::,,,::::::::;::::::::::::::::,,::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;:::,,:::::::::::::.:......::





281 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:07:19 ID:RgvLSKXg



     ┏─────────────────────────┓
     │  もちろん大多数の人間にとって、それは夢物語だった.    |
     ┗─────────────────────────┛


                              ___
                            /, l___l\
                          //レ|‐┼┼‐ト\\
                          //レi レ|‐┼┼‐ト、ト.\\
                           /,/レ' レ' レ|‐┼┼‐ト、ト、ト \|l
                           i|/レi レ' レ' レ|‐┼┼‐ト、ト、ト、ト、|
                         _l|レ' レ' レ' レ' レ|‐┼┼‐ト、ト、ト、ト、|
                        __/|レ|レ' レ' レ' レ' レ|‐┼┼‐ト、ト、ト、ト、|
                    テミ! /|レ| |レ|レ' レ' レ' レ' レ|‐┼┼‐ト、ト、ト、ト、|      |!       i!
;;;;;;;;;:::::::: 、、、、、、. - - - - 丁| | |レ| |レ|レ' レ' レ' レ' レ|‐┼┼‐ト、ト、ト、ト、|  ─‐ - - - - 、、、、、、、::::::::::;;;;;;;;
    _    = =   ┼| | |レ| |レ|レ' レ' レ' レ' レ|‐┼┼‐ト、ト、ト、ト、| ̄==─    _
          _   ‐=‐            `ー‐‐------‐‐'´  _             ̄ ̄  ≡=-
    ‐==   ̄           _    ─====‐      ̄   _   ≡=‐  _
  ̄         _ -=≡   ̄   ─    _ __         _       ̄   _        _
───────────────────────────────────────────
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;(:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;,:.:-‐:::':::::::::::::....       :::.:::.::.::ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;r‐、;;;;;;;;;;;;;;):.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.(   ::::::::::::::::::::::::::....      :::::::::`'''‐‐--''''つ;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ:. ̄´:.:.:.(;;;;;;;;;;;;ノ:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.)    :::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:....      ::::.:::.:::.::(´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
/⌒''''´: :.:.:.:.   :.:.:.`'''''´ :.:.:.:.r'⌒ー-:.':..    ┏────────────────────────┓
.  : : : :.:.:.:.   :.:.:.      :ノ.:.:.:.:.:. :.:.:.:.:.:.:..  │  だが少数の人間は、確かに「夢物語」を信じていた   │
 . .  : : :,:,:.   :,:,:.       :..:.:.:.:.:.:.. :.:.:::::::::.. ┗────────────────────────┛
 : . : : : : :.:.   :.:.:.       :.:.:.::::::::.. :::::::::::::..       ::::::::::::::::::::::::::::::::::::....            :.
: . . : : : : : :.   :.:.:.       ::::::::::::::.. :::::::::::::..       :.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::....
.  : . : : : : : :.   :.:.:.         :.:.:.:.:.:..:.. :.:.:.:.:.:.::..        :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::....
    . : : : : : :.   :.:.:.         : : : : :::.. :::: : : : :..        :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::....
 .   . . : : :.   :.:.:.                           : : : : : : : : : : : : : : .
  :  . : : :                                    : . : : : : : : : : .
                                             .  :  . . .


                        ┏───────────────────────────────┓
                        │  そして、若者や懐古主義者を中心に少しずつその数を増やしていた.   │
                        ┗───────────────────────────────┛





282 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:07:38 ID:RgvLSKXg


  【ニューヨーク市警】


                                  _ ,,... --─━━━─-- ...,, _
                               ┌ ''_". ̄,, ,, ;; ii ll ll ll ll ll ll ll ll ll ll ll ll ll ii ;; ,, ,, ̄_` ` ' ┐
                               |ii ii ii ll ll ll ll ll ll ll ll ll ll ll ll ll ll ll ll ll ll ll ll ll ll ll ll ll ll ll ii ii|
                               |ll ll ll ll ii ii ii i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i ii ii ii ll ll ll ll|
                               | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |
                               | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |
                               | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |
                     __,,.. rrffi 、.     | | | | | | | | | | [l[l[l[l[l[l[l[l[l[l[l[l[l[l[l[l[l| | | | | | | | | | | | |
              _,,. rrffiil|l|iiirォiiiiiiil:::.\__,,,| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |
           , ィl|l|l|l|l|!!!!!i|l|l|l|l|`i゙l|l|l|l|::::::::.\. | | | | | | | | | | [l[l[l[l[l[l[l[l[l[l[l[l[l[l[l[l[l| | | | | | | | | | | | |
       ,.ィi|l|l|!!!!!i|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|::::::::::::::| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |
     ,ィil|l|!!!!!i|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|::::::::::::::| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |
      |!!!!il|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|::::::::::::::| | | | | | | | | | | [l[l[l[l[l[l[l[l[l[l[l[l[l[l[l[l[l| | | | | | | | | | | | |
      |l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|::::::::::::::| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |
      |l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|::::::::::::::| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |
      |l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|::::::::::::::| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |
      |l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|::::::::::::::| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |
 ̄||||||. |l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|::::::::::::::| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |
丁丁丁|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|::::::::::::::| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |





283 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:07:50 ID:RgvLSKXg



         .___
 __     .!|\__\ .r──‐、
 ||l ̄||     ||/ ! i  |.|.    |. ̄ ̄//.|   |:\ ̄ ̄ ̄ ̄ \     ,.─-、
 ||l/.. ̄/ ヾ\|__.i___/ L..f^i __j   // |   |   \.      \  li ̄`irI
  L三/⊂~ヾ;' !i' ̄ ゙̄||ヽ.───//i  |   |:.   \.      \j. ...| |
  ./    / ||   ,.||_,|ζ   // :| /.    \    \.      \,_ソ
  |" ̄ ̄./  /三三三/θ   //  |./..     \    \.      \
  |     || ̄ ̄ :| ̄ ̄ ̄||:  ̄ ̄|:|  /        \     .|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  |___|| ̄ ̄ :|::::::::::::::::||:  ̄ ̄|:| ./            \  ||:       |
      .||:.     ̄| | ̄      .|:|_/               \l||_____|
            / | \




          ____
        /      \
       /  ─    ─\       ……よし、今日の仕事は終わり……と
     /    (●)  (●) \
     |       (__人__)    | ___________
     \      ` ⌒´   ,/ | |             |
___/           \ | |             |
| | /    ,                | |             |
| | /   ./             | |             |
| | | ⌒ ーnnn          |_|___________|
 ̄ \__、("二) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     _|_|__|_





284 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:08:01 ID:RgvLSKXg

     ____
   /      \
  /  _ノ  ヽ__\
/    (─)  (─ \          一服してから帰るかお……
|       (__人__)  │         どうせ、もう誰も残ってないし……
/      ∩ ノ)━━/【】[] シュボッ
(  \ / _ノ´.|  |  □
.\  "  /   |   二⌒)
  \ /




                                   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                                    |  コツコツ  >
                                   \_____/
     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (●)  (─ /;;/     (ノック?)
|       (__人__) l;;,
/      ∩ ノ)━・【】[]      誰だお?
(  \ / _ノ´  □         鍵はかかってないお!
.\  "  /    (⌒)
  \ /






    /||ミ
   / ::::||
 /:::::::::::||____
 |:::::::::::::::||/ ̄ ̄\|| ガチャ
 |:::::::::::::::|| _ノ  \\
 |:::::::::::::::||( ●) (●)|
 |:::::::::::::::||  (__人__)  |     失礼します
 |:::::::::::::::||  ` ⌒´  |
 |:::::::::::::::||       }
 |:::::::::::::::||        }
 |:::::::::::::::||ヽ___  ノ
 |::::::::::::::(_____ノ´||
 |::::::::::::::(_ノ / . . . ||
 |:::::::::::::::||/    ||
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::||      ||
 \:::::::::::||      ||
   \ ::::|| ̄ ̄ ̄ ̄
    \||





285 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:08:14 ID:RgvLSKXg

     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)             ┌┐
/    (○)  (○ /;;/            | |
|       (__人__) l;;,´|             | |
./      ∩ ノ)━・'/              | |
(  \ / _ノ´.|  |             └┘
.\  "  /__|  |             ┌┐
  \ /___ /                └┘






     ____
   /      \
  /  ─   ─\
/    (○)  (○) \
|       (__人__)    |       ……
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /






   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)     お久しぶりです、パートナー・イライジャ
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   .>    く
   |     |
    |     |





286 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:08:26 ID:RgvLSKXg








         ____
        /⌒  ⌒\         ━━┓┃┃
       /(  ̄)  (_)\         ┃   ━━━━━━━━
     /::::::⌒(__人__)⌒:::: \         ┃               ┃┃┃
    |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                            ┛
    \   。≧       三 ==-
        -ァ,        ≧=- 。
         イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
        ≦`Vヾ       ヾ ≧
        。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。 ・





287 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:08:39 ID:RgvLSKXg



      ┏                                             ┓
      ┃                                             ┃
      ┃             番外編  ミラー・イメージ                  ┃
      ┃                                             ┃
      ┗                                             ┛



                 ,. - ‐ ''l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l゛` ‐ - 、
          ,. - ‐ '' " ̄      |     /   //        |       ̄ ゛` ‐ -、
         |.         //   |   //   //         .|           /  |
         |    /   //    |        ____       |    /    //   |
         |. //           |     /      \.    |  //          .|
         |   / ̄ ̄\.   |    / ─    ─ \.   |   ./ ̄ ̄\   |
         | /   _ノ  \.  |  /   (●)  (●)  \ | /   ヽ_   \ |
         | |    ( ●)(●) |  |      (__人__)     | .| (●)(● )    | |
         |. |     (__人__). |  \     `⌒´    ,/.. | .(__人__)     | .|
         |  |      ` ⌒´ノ. |      /  ̄ ̄ ̄\     | .ヽ`⌒´     |  |
         |.  |         } . |    /           \   | . {         |  .|
         |.  ヽ        }  |  /            \ .|  {       ノ  .|
         |   ヽ     ノ  |  |               | |  ヽ     ノ   |
         |  /     ヽ  |   \              / |  /      ヽ   . |
         |        ,. - ‐ ''  ̄ /             ヽ ̄゛` ‐ - 、       |
         |,. - ‐ '' " ̄        |             |          ̄゛` ‐ -、..|





288 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:08:49 ID:RgvLSKXg

     ____
   /      \
  /  ─    ─\         ヽ人_从人__从_从人__从人_人_从人__从人__从人ノ
/    (○)  (○) \      <                             >
|       (__人__)    |     <      お、お前、ダニールかお?!         >
/      |!!il|!|!l|  /      <                             >
      |ェェェェ|            Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒Y⌒WY⌒⌒Y⌒WY




   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)     そのとおりです
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   .>    く
   |     |
    |     |




   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   ( ●)(●)         突然お邪魔して、驚かせた事をお詫びします
. |     (__人__). rm、
  |     ` ⌒´ノr川 ||     ですが、状況がまことに微妙でして
.  |         },.!  ノ'     人間とロボットの関与をできる限り
.  ヽ        r / .|       抑えなくてはならなかったのです
   ヽ     ノノ ノ
   /     / ./
   |      /
    |    i´





289 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:09:08 ID:RgvLSKXg

           ___
       /      \
      /ノ  \   u. \
    / (●)  (●)    \     えっ……?
     |   (__人__)    u.   |     な、なに、何だって?
     \ u.` ⌒´       /
    ノ            \
  /´               ヽ




   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)       とにかく、またお会いできて嬉しいです
. |     (__人__)      パートナー・イライジャ
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ  mm
   /    ̄ ̄ ̄ つノ
   |    | ̄ ̄ ̄





290 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:09:20 ID:RgvLSKXg

         ____
       /     \
      /  u   ノ  \        あ、ああ……
    /      u (●)  \      でもダニール、何でここにいるんだお?
    |         (__人__)|
     \    u   .` ⌒/       また地球がトラブルに巻き込まれるのかお?
    ノ           \
  /´               ヽ




              / ̄ ̄\
         rヽ  / ノ  \ \
         i !  |  (●)(●) |      いいえ、パートナー・イライジャ
      r;r‐r/ |.  |  (__人__)  |        地球とは関係がありません
      〈_L (`ヽ .}  |   ` ⌒´  ノ
     l` ( ``/ .  |        }      ただ、小さなことで力を貸していただきたいのです
     ヽ   l  .  ヽ       }
      |,.   l   /⌒   ー‐  ィ ヽ





291 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:09:32 ID:RgvLSKXg

       ____
     /_ノ  ヽ、\
   /( ●)  (●).\
  /   (__人__)  u. \       ……なんだお?
  |ni 7   ` ⌒´    . |n
l^l | | l ,/)      U  l^l.| | /)
', U ! レ' /      . . | U レ'//)
{    〈         ノ    /
..i,    ."⊃    rニ     /
 ."'""⌒´       `''""''''




          / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、.\
          |  (●)(●) .|       偶然、地球へ簡単にジャンプできる宙域において航行中だった、
        !  (__人__)  |         オーロラの宇宙船内で発生した問題なのです
          , っ  `⌒´   |
       / ミ)      /          小さな論争ではありましたが、
      ./ ノゝ     /        当事者の人間たちにとっては驚くほど重大なものでした
      i レ'´      ヽ
      | |/|     | |




      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \
 /  (●)  (●)  \      ……それで?
 |      (__人__)    |
 \      ` ⌒´   /





292 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:09:43 ID:RgvLSKXg

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)     ……
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ      私が学んだ学んだものの中に、
.  |         }      人間行動のルールというものがあります
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
    i⌒\ ,__(‐- 、
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)
.    |      l




        / ̄ ̄\
      / _ノ  .ヽ、\
      |  (●)(●) |     あなたの奥さんやお子さんの事を尋ねないのは、
.      |  (__人__) .|      人間の標準から言えば
       |  . '´n`'  .ノ     礼儀知らずということになるようです
       .ヽ .  | |  }
        ヽ.. ノ .ュノ
        / { ..ニj、
        |. | "ツ \
        |. | .l  |ヽ、二⌒)




     ____
   / u.    \
  /   u.     \
/  u.     u.  \     みんな元気だお
|     \   ,_   |     息子は大学でちょっとしたグループのリーダーをやってる
/  u  ∩ノ ⊃―)/
(  \ / _ノ |  |       ……挨拶は程々にして、その問題ってのを教えてくれお
.\ “  /__|  |
  \ /___ /





293 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:09:54 ID:RgvLSKXg

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   ( ●)(●)
. |     (__人__). rm、     先ほど申し上げましたように、
  |     ` ⌒´ノr川 ||     我々は地球に簡単にジャンプできる宙域におりました
.  |         },.!  ノ'
.  ヽ        r / .|      そこで、私は船長に、あなたに相談するよう提案しました
   ヽ     ノノ ノ
   /     / ./
   |      /
    |    i´




   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \      彼にとって状況は切羽詰ったものでしたから、
 |    ( ●)(●)       この提案は歓迎されました
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ      彼はシティの外に宇宙船を着陸させ、
.  |         }      私が単独でシティに入り、ここまでやってきたのです
.  ヽ        }
   ヽ     ノ    ビシッ
   /    く__,-ュ__   て
   |    ___ 三)  (               f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
    |    |       ̄   ´                |  どうやって?
                               ヽ_______ 乂_




   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)      私は以前の事件で、C-6級刑事の身分を得ました
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ      それは仮のものでしたが、いまだに有効です
.  |         }        .市警本部へ入ってくるのに役に立ちました
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \            f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                                   |  ああ……
                                   ヽ______ 乂_





294 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:10:06 ID:RgvLSKXg

         ___
      /)/ノ ' ヽ、\
     / .イ '(●)  .(●)\
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \      それで、何が起こったんだお?
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |
  . \ ヽ           /




        / ̄ ̄\
      /   _ノ  \        宇宙船の中に二人の数学者がいたのです
      |    ( ●)(●)
     . |     (__人__)       彼らは神経生物物理学の恒星間会議に出席するため
       |     ` ⌒´ノ       惑星オーロラへ向かうところでした
     .l^l^ln        }
     .ヽ   L       }       船長の要請に従い、ここでは両者とも匿名としておきます
       ゝ  ノ    ノ
     /   /     \
    /   /        \
  . /    /        -一'''''''ー-、.
  人__ノ       (⌒_(⌒)⌒)⌒))




      ___
    /ノ  ヽ、_ \
   /(●) (●.) \     ……言っとくけど、その分野については何も知らんお
 /  (__人_,)    \
 |  l^l^ln ⌒ ´        |
 \ヽ   L         ,/
    ゝ  ノ
  /   /
                             f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                             |  存じています
                             |  しかし、それは問題にはなりません
                             ヽ_________________ 乂_





295 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:10:16 ID:RgvLSKXg


         f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
       . .|   問題になるのは、二人の人間です
        _乂_________________ ノ

                           f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                         . .|   数学者の片方は270歳を越えており、
                         . .|   長年の名声によって銀河系でも広く尊敬されている方です
                          _乂___________________________ ノ

        / / -、`''ー─'''´,. - ', ',
       / / ``ヽニー_ ‐_',ノ´´ ', ',
       /‐;‐==、、,,_ 、..__.  _,,、、==‐;‐',
.      i l,   ___``   "´___   .,! li
     f⌒ll _.._-‐。-、 i i ,r‐。‐-_.._ ll⌒i
.     !(`!| ヾ三≡" | | `≡三'" !l´)!
       ', `lj ,r '_,ノ  | |  '、._ー 、 lj"/
      / |ゝ''l, /´  r_ | | _ッ  ヽ ,!'"i\
    /  ! i. l, ゞ=ェェェ三ェェェ='″,!i ,'  \
  ∠-'''"! i  il,    __    ,! /l,``'''- 、_
'"´    / |  i ! \   ニニ   /,'// l,    `
    /  |   ト、 \ ' ' ` / ,! '/  l,
    /   l  | r\   ̄ ̄  ,イ.//    l
    \  リ, l 、))r\_ _/レノ/   /
    /   |ヘヘ、\ゝ))r ||、ノr) 〃 |   \

──────────────────────────────────────
        _,. -‐―‐-、)ヽ
       '´,> 〃   ノ `⌒ーz
         / 〃           ゝ.
        〃,/, 〃       _   ヘ
       |〃/ ,〃 〃 ,、,、 、 ,   ヾ'|       
f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
        / /,〃 ,.ヘヽ_,ゝヘ{ ヾ ヾ |       . .
|  もう片方の数学者は非常に若く、まだ40代ですが、
         l/ / ,.く  />‐。ァ ヽ'ト、ヾ' i      . .
|  既に非凡な才能を認められ、将来を嘱望されています
           |/  >ヾ ̄´   |'ト||ヾ |       
_乂__________________________ ノ
           /         |l〃 ヾ|
         ∠-‐フ   _, / ヽ.ヾ'」
             ` ̄匚,   /   >'^ヽ._
              /  /   /    |
                 '―ヘ  /     人
               /冫′    /ミミ\
               /| |\   ./ミミミミ
             /|,ヽノ!  \/





382 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/07/23(土) 21:45:35 ID:4PbZLWro

なんというキャスティングだw





296 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:10:27 ID:RgvLSKXg

     ____
   /      \
  /  ─   ─\
/    (●)  (●) \      てことは、どっちも大物かお……
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /       それで、片方が片方を殺したのかお?
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /




              / ̄ ̄\
              _ノ  ヽ、  \   ,.:┐     違いますが、それ以上かもしれません
            .( ●)( ●)  ..| / |
            (__人__)     .|./   /       この二人のうちのどちらかが、
             i⌒ ´ .r-、  |/  /      相手の名声を失墜させようと目論んでるのです
             {     ヽ, ',. .,/ :/',
             .ヽ   .|  l_/_, -‐、',       人間の価値観から判断しますと、
              .ヽ . |   / , --'i|       これは肉体的殺人よりも残虐とみなせると思います
              /   {  V , --ヘ
              |   ヽ  L| r= |




     ____
   /      \
  /   _ノ ヽ、_.\
/    (●)  (●) \      時には、だお、時には
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /      で、どっちが?
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /
                               f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                               |   それが問題なのです
                               ヽ_____________ 乂_





297 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:10:46 ID:RgvLSKXg


   f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
 . .|  まず、年老いた学者の言い分はこうです
  _乂___________________ ノ


                         f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                       . .|  彼は宇宙船に乗り込む直前
                       . .|  神経生物物理学における重大なアイデアを直感的に閃いた
                        _乂___________________________ ノ

 _ _               __
 |主 | 、ノ | --|- ヽ/// ,フ_   |ニ|ヽヽ.ノ ┌┼┐ノ十ノヶ┐斤_.斤           「!
. llll亅|/ヽ l, 丿 フヾ.ヽ c_,ノ ノ 亅|.メ | | ,人亅.ー|‐ノノ亅 |三| つ ・・・・・・・・・ o
      ̄       ’ ̄ ̄           ̄            ´ `
                     ,. -─- 、
                   /./ ̄\  ヽ._ -‐ 、
                  ノ./ー- 、  \_,. -‐- 、  i
                 /./' 、  `ヽ:、\__,. -‐ u ! ! β-エンドルフィン
                / /  | \   !}  v v ,. -=キ十      ……!
  チロシン……!     ,. - .ヽ.  !  ヽ、 |! u  /'´_v| |
                   | ,.‐、| |uヾ:ヽ. o }|`ll ;∠-‐'' ̄,ラ | L_
              | |‐、| | /|ヾミ三シ/ ハ o  ./;; | /ヽ.}
. エンケファリン……! | !._,| | |∧ \_ノ } }u゙ミ三彡'  |./V./
               ,ノ`ー|/ |∨ヽ、l  / .ノ   =' ノ| |l‐//
             ,∠.-┐〈   N\/`\| {__ノ__,/l/! /'ー ' |
        __ ,r(ノ  / |  |  U∨ /ヽ/ゝ-1__|_」/l/〈 ,イ\|  バリン…!
.  /r'⌒`ー-'   ヽ. ,' |  |   U`ー、/ 7~゙|__.|_」/J'/ | |  \
. /  ) キキキ    )   |   ヽ、u   _ ̄ ̄  v' / )、|
/  (    ……!( l  |    | `ヽ、  ̄ ̄ ,. ‐i´  ,ノ  ` ~~~ 、
     ` ー-''⌒ ー- 'l.   ||    ト、  \__,. ‐'´  |   {  ククク…  )
  リジン     │   ||   |ヽ\     r‐;'ニ|   `i ー-~ー--‐'
   ロイシン   |.    |   |ノ' \ヽ._ ノ.ノ| | ト   |  |
     イソロイシン……!   |ゝ'  `Y-‐'´フノ|ノ |  |.  |


                        f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                      . .|  そして航行中にそれを検討した結果、
                      . .|  これまでの自分の業績を微々たる物にする程の大発見と確信した
                       _乂______________________________ ノ





298 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:11:02 ID:RgvLSKXg


          f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
        . .|  それから、博士は若いほうの数学者が乗船していると知った
         _乂___________________________ ノ


              , -──‐- 、
             //⌒`ー'⌒ヽ'、
          |.l─-、 ,, ,.-─|.|
           |.|j二。>, く。二:〉|
         (r||r一 、||, ー、||6)
      _,. -‐'| || (田田田)|| |`''‐- 、
     /|    | |\. == /!. |    |ヽ
.    / |,_-;_ /ヽ.|:\` ー'´/:|.∧    ._|. ヽ
   / ///7、 |\``Y´ン/|'  ヽ rくヽ.\ヽ
   ,' |  ' ' /  ! (ノ`゙|'´、)ー| < (\ヽ` |ヽ
.   ! /ヽ.___,.ィ|  | 彡''|゙ ミ  |  | \  /
.  |./     / |  |〃  |  ヾ|  |   /
 │      /  |   |  《|》  __|   |   .
  ヽ.___/|.  |  <⌒ヽr''∠-z_ |   .
       |   <.⌒ ll  lll  lll  .>  .        
f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
  ___|_∠,´ lll  ll  lll   ll `ゝ_        
|  老学者は彼の名声を聞いていたため、
         /.イ ll   lll  lll   ll 亅  .        
|  このアイデアを極めて詳細に話し、意見を求めた
        ´ 1  lll  ll  ll ll |          
_乂_______________________ ノ
          ヽ  ll   lll   lll /
           \, -──- 、/
        _,. -‐''"´ ̄ ̄ ̄ ̄``'''‐ 、.





299 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:11:12 ID:RgvLSKXg


               f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
             . .|  若い数学者はこの新発見と分析を完全に支持し、
             . .|  その発見の重要性と、発見者の才能に惜しみない賞賛を与えた
              _乂______________________________ ノ

                 , -──- .、
                , '  ,.へ、    \     _|__  ゝ
              /  ./  v\     ヽ     |, -‐ 、
               ノ   〈 u \、  ヽ..___, 1 ',  .<|   _,ノ
         ,.. -一''´ /⌒i 〉 v v゙ヽ ヽ.__,. !. }
      ∠_-‐    l(7//u { \、l,,`ー'' レ  _|__  ゝ
_,,.. -‐'' " ̄,二ニ=‐、 ヽ/'∧ヾ:ヽ._。ン,,  _'.ニラ"´   |, -‐ 、
` 、,,. -‐'' "   │ i.  l |ヽヾ:ミ;;彡  く。_ノ   .<|   _,ノ
.  ヽ         | !.  ! ト、ヽ,\r- v' |ッ'            
f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
.   ',        | l │U\,.、`'ー`ュ、 :|      _|__  ゝ   .
|  そして、その事で気を良くした老学者は、
   |.       |  !. |.\. ~`'ー= ェェシ`’        .|, -‐ 、  . .
|  自らの大発見の概要を文章に纏めはじめた……
   !        |  |  ト、 ゝ、ー /! |       <|   _,ノ   
_乂______________________ ノ
.   !       .> レW%ラ'ヽ`´| | |
.   ,'         │  |%二7 /   | W       _|__  ゝ
  /        |.  |)// ./    |          .|, -‐ 、
、/          |  |/ / /     l        <|   _,ノ
 \         |.  l. /,.イ       l_,,. ‐''"
   \       |  l /'  l     l         -─-、
    \     | l∠..‐''"レ''" ̄``ヽ           __ノ
.       \ _,,. ‐''"     /      \      o
      , ‐'''`ー-、      {. /´⌒ヽ. ヾ.l i.゙、      o
ヽ.   /      `‐、     ヽ.)   } .」 } } }     o
.  ` (         、_ \       r'_,ノノ.ノ/
.   \  、 \ \、 ヽ       `         「|
      ヽ. !`、 .) } { |                    |!
       }_ノ .{_/.Lノ `'                 o





300 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:11:24 ID:RgvLSKXg

          f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
        . .|   彼はサブエーテル通信で論文をオーロラへ送り
        . .|   二日後に行われる会議における先取権を確保しようとしていたのです
         _乂________________________________ ノ




        //:::::::::: :/        __,,.. .-‐ '''""~
       /∠: :_: :: :/__,,.. .-‐ '''""~
        | }:´~"''‐- '、Y
        | }:      i|
        | }:      i|
        | }:      i|
        | }:      i|             __,,.. .-‐
        | }:      i|   __,,.. .-‐ '''""~
        | }:      i|
        | }:      i|
        | }:      i|                     _
        | }:      i|           __,,.. .-‐ '''""~
        | }:      i|
        | }:      i|               
f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
        | }:      i|              . .
|  ところが、若い学者も自分の論文を用意していました
                             
_乂_________________________ ノ


                               f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                             . .|  本質的に老学者の論文とまったく同じもので
                             . .|  彼も、その論文をオーロラへ送ろうとしていたのです
                              _乂________________________ ノ





301 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:11:35 ID:RgvLSKXg

     ____
   /      \
  /  ─   ─\
/    (一)  (●) \      老学者は盗作だと思って怒り狂った?
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /             f´ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                        |  ええ
                        ヽ_____ 乂_



     ____
   /      \
  /  ─   ─\
/    (一)  (一) \     ……で、若い学者の言い分は?
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /




   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   ( ●)(●)
. |    (__人__)     老学者の話と同じでした、ほとんど一言一句
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   .>    く
   |     |
    |     |





302 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:11:45 ID:RgvLSKXg

     ____    ━┓
   /      \   ┏┛
  /  \   ,_\.  ・
/    (●)゛ (●) \
|  ∪   (__人__)    |     ……どういうことだお?
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /




      / ̄ ̄\
    /   _ノ  \            ミラー・イメージ
    |    ( ●)(●)      名前を  鏡 像  のように交換すればよろしいのです
    |     (__人__)
    |     ` ⌒´ノ       若い学者によると発見をしたのは自分であり、
    |         }          尊敬する先輩である老学者に意見を聞いたのも、自分だと
    ヽ       /
___イ.ヽヽ、___ _ノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ
    |  \/゙(__)\,|  i
    >   ヽ. ハ  |   |




     ____
   /      \
  /   _ノ ヽ、_.\
/    (一)  (一) \      つまり、お互いがお互いを盗作者扱いしてるわけだ……
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /
                       f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                       |  はい、パートナー・イライジャ
                       ヽ_______________ 乂_





303 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:11:56 ID:RgvLSKXg

         ___
      /)/ノ ' ヽ、\
     / .イ '(●)  .(●)\      お互いの研究記録を調べたら?
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |     何か手がかりになるんじゃないかお?
  . \ ヽ           /




          / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、.\
          |  (●)(●) .|     パートナー・イライジャ、これは実験科学ではありません
        !  (__人__)  |
          , っ  `⌒´   |     どちらの博士も発見の根本的なものは頭の中で生み出し、
       / ミ)      /       論文に取り掛かるまで何一つ書き留めてはおかなかった、
      ./ ノゝ     /      そう主張しています
      i レ'´      ヽ
      | |/|     | |




              / ̄ ̄\
         rヽ  / ノ  \ \
         i !  |  (●)(●) |
      r;r‐r/ |.  |  (__人__)  |     それゆえ、決定的な証拠はないのです
      〈_L (`ヽ .}  |   ` ⌒´  ノ
     l` ( ``/ .  |        }
     ヽ   l  .  ヽ       }
      |,.   l   /⌒   ー‐  ィ ヽ





304 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:12:07 ID:RgvLSKXg

     ____
   /      \
  /  _ノ  ヽ__\            分かったお……
/    (─)  (─ \           でも、何故やる夫の助けがいるんだお?
|       (__人__)  │
/      ∩ ノ)━━/【】[] シュボッ    早いところオーロラへ行って、
(  \ / _ノ´.|  |  □         精神探査なり査問なりしたほうが手っ取り早いお?
.\  "  /   |   二⌒)
  \ /




   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)       それではスキャンダルになってしまいます
. |     (__人__)          パートナー・イライジャ
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }        どちらが有罪であり、どちらが無罪であっても、
.  ヽ        }           両者の名声と信望は等しく失墜するでしょう
   ヽ     ノ
    i⌒\ ,__(‐- 、           宇宙国家連合の科学者は、スキャンダルを何よりも嫌うのです
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)
.    |      l




         / ̄ ̄\
        / _ノ ヽ_ \
       |  (●) (●) |
        |  (__人__)  |        ですから、これは何をおいても、
        |    `⌒´  |         法廷の外で密かに解決されるべきなのです
       |        }
       ヽ       .}       船長もそう考えています
      __,_,,.ヽ_   ノー- 、
     ハ  /  V又イ ::::〉::::::i:
     } ヽ 〈   l |;;|ノ /::::::::::i  -,,_
  r iY'ノ.;;  }::ヽ  l|;;| /::::i::::::::}‐ | ||
 .|| | ノ::::   }:::::::\|;;;レ'ー'' ⌒.:::: ヽ | ||
 .|| | {,,;;;; .:::: ヽー---ケト、, へ、::::   | ||
―──.::::::::::::ノ.:::/ /   彡}――─────
     " ̄`゙゙ ''ー-、'ー----'





305 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:12:20 ID:RgvLSKXg

     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (●)  (─ /;;/
|       (__人__) l;;,       当事者は、なんと言ってるんだお?
/      ∩ ノ)━・【】[]
(  \ / _ノ´  □
.\  "  /    (⌒)
  \ /




   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   ( ●)(●)           老学者は、ひそかな解決に同意しています
. |     (__人__). rm、
  |     ` ⌒´ノr川 ||       若い学者がアイディアの盗用を認め、論文を破棄するなら
.  |         },.!  ノ'      彼を告発はしないし、背信行為は口外しない、と
.  ヽ        r / .|
   ヽ     ノノ ノ
   /     / ./
   |      /
    |    i´




   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)      そして論争に立ち会った唯一の人間である船長にも
. |     (__人__)        口外する事は許さない、と言っています
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ    ビシッ
   /    く__,-ュ__   て
   |    ___ 三)  (
    |    |       ̄   ´





306 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:12:34 ID:RgvLSKXg

     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/      若い学者は?
|       (__人__) l;;,´|       彼は同意しないんじゃないかお?
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |         ……若いし
.\  "  /__|  |
  \ /___ /




     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●      案に相違して、彼は老学者と同意見です
   |      (__人__)
.   |        ノ      もちろん二人の名前を鏡像のように入れ替えて
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /




     ____
   /      \
  /         \
/ U  _ノ    ヽ_  \
|     (一)|lil|(ー)  |      それで、宇宙船内で膠着状態か……
/     ∩ノ ⊃_) /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /
                        f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                        |  お互い、相手が折れるのを待っているのです
                        ヽ_____________________ 乂_





307 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:12:47 ID:RgvLSKXg

      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \
 /  (●)  (●)  \     それで話は全部かお?
 |      (__人__)    |
 \      ` ⌒´   /






   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)     いえ、論争の証人がいます
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ     両博士のお抱えの召使で……
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \            f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
   /    く  \        \               | ロボットかお?
   |     \   \         \         ヽ_______ 乂_
    |    |ヽ、二⌒)、          \






   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \
 |  (●)(●) |      はい、量産モデルで、どちらも同じ種類
. |  (__人__)  |      製造工場も主人に仕えた年数も同じです
  |   ` ⌒´  ノ
.  |         }      R.プレストンとR.イッダ
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \            f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
   /    く  \        \          |  で、そいつらの証言は?
   |     \   \         \         ヽ____________ 乂_
    |    |ヽ、二⌒)、          \





308 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:12:58 ID:RgvLSKXg

                           f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                         . .|  若い学者の召使は、
                         . .|  主人の証言を完全に支持しています
                          _乂_________________ ノ
              / ̄ヽ'''ー-、,,,_
            /     i........  ヽ
           /   ((_)) !   ,____ ヽ
           ((_))、r`´ !  i:!三! !
            ! `´/ .|   !   !:!三! i
             | 〈〈__!   |   j;i三!ゝ7 ヽ  __  _
            !  , ─ ノー-ソ=ゝ:ヽ_ヽー'´( (<{ヾヽ
           \  _/ ))二〔 | i(7     ヽ ヽ ヽヾヽ
            _,r<ヘ7二二二| i:ヽ:ヽ    ヽ ヽノモノ
           _,<示、,,r<|i iへγヽ¨`ヽ ヽ    !、(,._ノ
        ァ≦<| |∧ヽ(に|i iン(0)}:::::....!、!、__、-''´`く
        ∨ 7((| |;∧ヽソ|i i゙ッソゝ=≡三ッ|`\   \

──────────────────────────────────────
               _,,,、-ー'''7 ̄ \
              /  ......../     \
               / ____,   ! ((_))   ヽ
               ! !三!:i   ! `´r、((_)).        
f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
              i !三!:!   !   | ヽ`´ !      . .
|  老学者の召使も、
       _  __  / 7ゝ!三i;j  |   !__〉〉 |      . .
|  主人の証言を完全に支持しています
      〃}>) )`'ー/_/:ゝ=ソ-ーヽ  ─ 、  !       
_乂_________________ ノ
     〃 / / /     7)i | 〕二(( \_  /
     テ'′/ /    /:/:i |二二二7ヘ>r、
     ヽ_.ノノ    / /´¨γゝへi i|>r、示> 、
       7´`''-、__ノノ....:::::{(0)ンi i|に)//| |>≧ァ
        /   /´|ヾ三≡=ゝソ〃;i i|ソ//;;| |))7 /





309 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:13:10 ID:RgvLSKXg

       ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \
  /(●)三(●))   .\       そいつらもかお!
  |   (__人__)      |
  \ ヽ|r┬-| /   /
  /   `ー'´      \


                                          / ̄ ̄\
                                       /  ヽ、_  \
                                      (●)(● )   |
                          はい             (__人__)     |
                                       (`⌒ ´     |
                                  .     {           |
                                       {        ノ
                                        ヽ     ノ
                                        ノ     ヽ
                                         /      |




         ___
      /)/ノ ' ヽ、\         ……でも、ロボットなら簡単だお?
     / .イ '(●)  .(●)\
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \      優秀なロボット工学者なら、
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |      どっちが嘘つきか簡単に見分けられる……
  . \ ヽ           /


                                f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                                |  駄目です
                                ヽ______ 乂_





310 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:13:22 ID:RgvLSKXg

      / ̄ ̄\
    /   _ノ  \
    |    ( ●)(●)
    |     (__人__)      船内にロボット工学者はいません
    |     ` ⌒´ノ
    |         }       オーロラにはいますが、
    ヽ       /       連絡を取って事情を話せばスキャンダルに発展します
___イ.ヽヽ、___ _ノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ
    |  \/゙(__)\,|  i
    >   ヽ. ハ  |   |




     ____
   /      \
  /         \
/ U  _ノ    ヽ_  \
|     (一)|lil|(ー)  |
/     ∩ノ ⊃_) /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /




     ____
   /      \
  /         \
/           \      ……大体、事情は把握したお
|     \   ,_   |
/  u  ∩ノ ⊃―)/        最後に質問だお
(  \ / _ノ |  |       なんで、やる夫を巻き込もうとするんだお?
.\ “  /__|  |
  \ /___ /





311 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:13:42 ID:RgvLSKXg


          f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
        . .|  他に頼るものがいなかったため、船長が私を頼ってきたのです
         _乂_____________________________ ノ

                             f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                           . .|  わたしは当面の問題とは無関係な使命を帯びて
                           . .|  その船に乗船していたのですが……
                            _乂______________________ ノ


                 _,、i、, -‐-、,、_
                _ン`::::::::`´゙´`::::::::Z_
               _ラ:::,.イY^iイト'iY「Tト、:::ヾ
              7:::://二コ lu [二_`ヽ::く
              〉-くイl, - 、 v , - 、 l_ト'ノ、
                | i / {_9,.イ /ヽ9_ノ く`i }
              いソ v  〈〈   u くシ、
               /l r 一' u//n  `ー┐l:::ゝ
                  〈:::| i Fエエエエエ`エエエヽ |:::}
               ム:| ヒiエエエエエエエエエソ |:ン
          _,. -‐ ' | i i i i  ̄ i i i i |`ー- 、
     ,. -‐ '´: _,. -‐ 'ヽ┬──────┬'`ー- 、
    ,イ_,. -‐ '´: : : : : : : : レト.\      /ハ、l: : : : : : :
   /: :l: : : : : : : : : : : : : : : : V>、 `>、 ,く´,.イヽソ: : : : : : :
.  /: : : l: : : : : : : : : : : : : : : : ヽくコ7┬イ レ'´: : : : : : : :
 /: : : : :l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :` ┴ '´: : : : : : : : : : :
./ : : : : : l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :

                  【船長】

                     f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                   . .|  どうやら、私は話し相手としては十分に人間らしく
                   . .|  秘密を入れておく保管庫としては十分にロボットらしいようです
                    _乂___________________________ ノ





312 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:13:53 ID:RgvLSKXg


         f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
       . .|  船長は私に一切を話し、どうかしてくれと頼みました
        _乂________________________ ノ


                       f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                     . .|  わたしは、現在地から地球への到達が容易と知っていました
                      _乂____________________________ ノ


   /:`;'( :`;'`;'`;'`;'`;'`;'`;'`;'`;'\:::::   | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
.  /`;'`;'`;> :`;'`;'`;'`;'`::u::::::::::::::::〕::: u ~-.........----_:::::::::::::::::::|
  i::::::::::/  :::::::::::::::::;;;;ili!!!!''       __......------.._::::::::::::::::::|
   i::::/ ::U:::::::::::  ~ `^!_,l    _..-~'i   |   _|___.|:::::::::::::::|
   Y ::::::::::::::::::/      _...-''|   |_.....-- ~  _....|:::::::
f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
  _.-|::::::::::::::::/   ____.--~~| _.......!-~~~ __....-'''' | _!. .
|  そして、こう言ったのです
<___l._:::_:∠.......---~|____..|.-~~~ ___..--i''''~ |___...!--''~::::::::::
_乂_____________ ノ
    |__......|....--~~~ _...--|~~~__|__..--''''~~   ..::::::::::::::::::::::::::|
       ....--i''~~~_|__...--''~~  U    ...u::::::::::::::::::::::::::::::::|
   ____.....!--'''''~~    u     .....u...:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
 /~  u        U ...............::::::::::::::::::::::::::::u:::::::::::::::::::::::::::::::::::|
 | ....................::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|

──────────────────────────────────────



            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ●)(●)
          |     (__人__)      私は、その鏡像の問題を解決できそうにありません
             |     ` ⌒´ノ
              |         }        しかし、ここから地球への航行は容易です
              ヽ        }       そして、あそこには、解決の可能である人物がいます
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::





313 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:14:04 ID:RgvLSKXg

          (⌒ヾ`
       ゝ´ ,))
  (( ⌒ゝ   lij
     ー" ミ  ___
        ノ(_     \
      /"\,, 、/"`` \
    / ( ●)´`(● )  \      ……なんて事だお!
     |   '" (__人__) "'    |
      \  ` ⌒ ´     /
      / ゝ  ``     ィヽ




   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \           考えてみてください、パートナー・イライジャ
 |   ( ●)(●)
. |     (__人__). rm、     あなたが、この難問を解決してくだされば
  |     ` ⌒´ノr川 ||     キャリアにとっても地球にとっても得るところがあるでしょう
.  |         },.!  ノ'
.  ヽ        r / .|
   ヽ     ノノ ノ
   /     / ./
   |      /
    |    i´




   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)        問題は公にはできませんが、
. |     (__人__)      船長は祖国において大きな影響力を持っています
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }       彼はあなたに感謝し、いずれ恩を返してくれるかもしれません
.  ヽ        }
   ヽ     ノ  mm
   /    ̄ ̄ ̄ つノ
   |    | ̄ ̄ ̄





314 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:14:15 ID:RgvLSKXg

     ____
   /      \
  /         \
/           \
|     \   ,_   |     そうやって、いつも押し付けやがって……
/  u  ∩ノ ⊃―)/
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /




    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( ●)(●)      私は確信しています、パートナー・イライジャ
  |     (__人__)
  |         ノ      あなたは既に、この先の捜査手順を考えておられる
  |     ∩ノ ⊃ }
  /ヽ   / _ノ }
 ( ヽ  /  / ノ
  ヽ “  /_|  |
   \__/__ /




     ____
   / u.    \
  /   u.     \
/  u.     u.  \      ( ……誰だお? 読心機能を装備したのは )
|     \   ,_   |
/  u  ∩ノ ⊃―)/
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /





315 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:14:25 ID:RgvLSKXg

   / ̄ ̄\
 /    _ノ \
 |     ( ●) )
. |      (__ノ、_)     パートナー・イライジャ?
  |      ` ⌒ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   .>    く
   |     |
    |     |




             __
           ,,.-´    ``ヽ
         /         \         お前の言うとおりだお……
        /           .ヽ
        |     __ノ  `ー ..|         捜査手順としてはまず、
      /.|    ( ●)  ( ー)|\       当事者の数学者二人と話し合いたいお
     / / ̄'‐、  (__人__)/  ..\
   /  /    .7───ー′ヽ   ..\
   \ ∧   __ノ ∧   .∧  |   ./
     ./´  `ー'〉   i   .l ..|  /  /丶
    /     /    ヽ /  | / ./   \




          / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、.\      残念ながら、彼らはシティに入れません
          |  (●)(●) .| .     また、あなたの乗船を船長は歓迎しません
        !  (__人__)  |
          , っ  `⌒´   |      立体映像による会話は不可能ではありませんが
       / ミ)      /        あの二人も船長も、地球人に尋問を受ける事は拒否するでしょう
      ./ ノゝ     /
      i レ'´      ヽ
      | |/|     | |





316 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:14:35 ID:RgvLSKXg

              __
            ,,.-´    ``ヽ
          /         \
         /    __ノ  '⌒ ヽ       じゃあ、何ができるんだお?
         |  u. ( ● )  (● ).|       ロボットたちの尋問は可能かお?
       /.|      (__人__)  |\
      /  ..\          /  .\
    /    / `ー───ー′ ヽ   .\
    \    l |  ∧   .∧   |  ./




   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   ( ●)(●)          ロボットがシティに入ることを
. |     (__人__). rm、      船長は決して許さないでしょう
  |     ` ⌒´ノr川 ||
.  |         },.!  ノ'
.  ヽ        r / .|
   ヽ     ノノ ノ
   /     / ./                  f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
   |      /                         |   お前は?
    |    i´                     ヽ_______ 乂_






   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)        私は自己の行動について
. |     (__人__)      比較的自由に裁量することを許されています
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }       私は私自身の判断で、
.  ヽ        }         あなたに直接接触することを望んだのです
   ヽ     ノ    ビシッ
   /    く__,-ュ__   て
   |    ___ 三)  (
    |    |       ̄   ´





317 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:14:47 ID:RgvLSKXg

       ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \        そりゃ、ありがたいことだお!
  /(●)三(●))   .\
  |   (__人__)      |       で、ロボット相手の通信による尋問は?
  \ ヽ|r┬-| /   /
  /   `ー'´      \


                          f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                          |  それは可能だと思います
                          ヽ_____________ 乂_


      ___
    /ノ  ヽ、_ \
   /(●) (●.) \        分かった
 /  (__人_,)    \
 |  l^l^ln ⌒ ´        |      じゃあ……いや、その前に質問だお
 \ヽ   L         ,/
    ゝ  ノ
  /   /




         ___
      /)/ノ ' ヽ、\        ロボットも人間も、
     / .イ '(●)  .(●)\        片方は絶対に嘘つきなのかお?
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |     たとえば両者の会話は両様に解釈できるものだったとかは?
  . \ ヽ           /


                                    f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                                    |   どういう意味ですか?
                                    ヽ_____________ 乂_





318 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:14:58 ID:RgvLSKXg

              __
            ,,.-´    ``ヽ
          /         \
         /      '⌒   '⌒ヽ
         |      ( ●) ( ●)           つまり会話内容があいまいで、
       /.|        (__人__)/´二二⊃     両方のロボットが自分の主人を
      /  ..\         /  '‐、\        アイデアの発案者だ、と思ったってことは?
    /    / `ー───ーl     .ヽ〉
    \    l |  ∧   ∧   __人_/
    /\   i l  .| .i  /´  `ー'〉  ヽ
    /   \ | . | /  | /     /   ハ




   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   ( ●)(●)     ありえません
. |    (__人__)
  |     ` ⌒´ノ      二体のロボットの証言した会話内容は
.  |         }      名前を除き完全に一致します
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   .>    く
   |     |
    |     |




   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)      ですから、双方の証言は
  |     ` ⌒´ノ      根本的に矛盾しているわけです
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
    i⌒\ ,__(‐- 、
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)
.    |      l





319 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:15:09 ID:RgvLSKXg

     ____
   /      \
  /  ─   ─\
/    (一)  (一) \     ……てことはだお
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /      どちらかの学者が、
(  \ / _ノ |  |       自分のロボットに嘘をつかせているわけだお
.\ “  /__|  |
  \ /___ /
                      f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                      |  そういうことになります
                      ヽ_____________ 乂_




     ____
   /      \
  /  ─   ─\
/    (一)  (●) \        それは可能かお?
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /        ロボットに嘘をつかせるのは?
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /





320 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:15:28 ID:RgvLSKXg



            f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
          . .|  ロボットは大抵は嘘をつきません
           _乂________________ ノ


                       ○第三条

                             前掲第一条、第二条に反しない限り
                             ロボットは自らを守らなければならない

                             A robot must protect its own existence as long as such protection.
                             does not conflict with the First or Second Law.


                         f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                       . .|   しかし自らを守るため正当な理由があれば、
                       . .|   ロボット工学三原則の第3条に従い嘘をつきます
                        _乂______________________ ノ




                       ○第二条

                             ロボットは人間に与えられた命令に従わねばならない
                             ただし、その命令が第一条に反する場合はその限りではない

                             A robot must obey any orders given to it by human beings,
                             except where such orders would conflict with the First Law.


                         f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                       . .|   また人間によって与えられた正当な命令があれば
                       . .|   今度は第2条に従って嘘をつくことになるでしょう
                        _乂________________________ ノ





321 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:15:42 ID:RgvLSKXg



         f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
       . .|  そして、人間の命を救う必要があれば、
       . .|  あるいは人間に危害が及ぶことを防ぐ必要があれば
        _乂________________________ ノ



                       ○第一条

                             ロボットは人間に危害を加えてはならない
                             また、危害を看過することによって人間に危害を加えてもならない

                             A robot may not injure a human being
                             or, through inaction, allow a human being to come to harm



                            f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                          . .|  今度は第1条に従って嘘をつくでしょう
                           _乂__________________ ノ





322 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:16:01 ID:RgvLSKXg

     ____
   /      \
  /   _ノ ヽ、_.\
/    (●)  (●) \      ……今回は?
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /




      / ̄ ̄\
    /   _ノ  \
    |    ( ●)(●)      今回の場合、ロボットは二つのパターンを考慮します
    |     (__人__)
    |     ` ⌒´ノ         真実を述べて盗作した側の名声を傷つけるパターン
    |         }           それから嘘をついて彼を守り、もう一方の名声を守らないパターンです
    ヽ       /
___イ.ヽヽ、___ _ノ゙-、.         盗作者には明確な非がありますから、通常なら選択されるのは前者です
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ
    |  \/゙(__)\,|  i
    >   ヽ. ハ  |   |




              / ̄ ̄\
              _ノ  ヽ、  \   ,.:┐
            .( ●)( ●)  ..| / |
            (__人__)     .|./   /      しかし、この場合、片方のロボットは後者を選択しています
             i⌒ ´ .r-、  |/  /
             {     ヽ, ',. .,/ :/',           問題は第1条関連ですから、命令によるものではありません
             .ヽ   .|  l_/_, -‐、',
              .ヽ . |   / , --'i|       従って盗作者は、今述べた二つのパターンのうち後者が
              /   {  V , --ヘ         選ばれるべきである、とロボットに納得させたのでしょう
              |   ヽ  L| r= |





323 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:16:13 ID:RgvLSKXg

              __
            ,,.-´   ``ヽ
          ./ __ノ   ⌒` \
         /  ( ー)  (一 ). .ヽ        つまり、自分の名声の方が重要だと……
         .|   ::::::(__人__):::::   .|
       / |              .|\        もう一方の名声を傷つけても守るべきだ、
      /   \         /   \     と信じ込ませたわけかお……
    /    / `ー───ー′     \
    ,\   .l |  ∧   .∧   |   ./
   / .\  i l  .| .i   .l ..|  /  ./丶
  ./    .\| | ./  ヽ /  | / ./   \






   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)      おそらく、その通りでしょう
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ    ビシッ
   /    く__,-ュ__   て
   |    ___ 三)  (
    |    |       ̄   ´





324 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:16:23 ID:RgvLSKXg

     ____
   /      \
  /  ─   ─\
/    (一)  (一) \     ……
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /




     ____
   /      \
  /  ─   ─\
/    (一)  (●) \     よし、じゃあ若い方の学者のロボット――
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /      そいつと話が出来るようにしてくれお
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /




   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \           分かりました
 |   ( ●)(●)
. |     (__人__). rm、    携帯用プロジェクターを持参しましたので、
  |     ` ⌒´ノr川 ||    あちらの壁に二次元映像を投影します
.  |         },.!  ノ'
.  ヽ        r / .|      準備がありますので数分お待ちください
   ヽ     ノノ ノ
   /     / ./
   |      /
    |    i´





325 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:16:34 ID:RgvLSKXg




                         


                         


                         






326 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:16:44 ID:RgvLSKXg


      f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
    . .|    準備が出来ました
     _乂___________ ノ
                                    f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                                  . .|  ロボットが出ています
                                   _乂___________ ノ


        :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                              ,、r───,、
                            /´  ̄ ̄ ̄ `\
                               |            |
                              | ((_))  ((_)) |
                            !    ! !:    !
                            i    L:!    i
                       _____ヽ   ─ ─   /______
                  /二>、,/二二二二`>=====く´二二二二ヽ,,r<二ヽ、
                  /厂¨`∨| |__r-t_r-t_r-≧7 ト≦-t_r-t_r-t__| |∨´¨ ̄ヽ,i
                 {{   ノソ| |((|il!||il!||il!|[i]/ /| |,.ヘ[i]|il!||il!||il!|))| |ハ     }}
                  ヾミ三ソノ ヽヽLil!」Lil!」i/ /;;| |;;;∧iLil!」Lil!」]/ / ヾミ三ソノ
                  (にニ)  ∨\,┌┼/ /L;| |;_」∧┼┐_/∨  (にニ)
        :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


     ____
   /      \
  /  ─   ─\
/    (●)  (●) \      こんにちは、だお
|  u.    (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /





327 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:16:57 ID:RgvLSKXg

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
               _,,,、-ー'''7 ̄ \
              /  ......../     \
               / ____,   ! ((_))   ヽ
               ! !三!:i   ! `´r、((_))
              i !三!:!   !   | ヽ`´ !     こんにちは
       _  __  / 7ゝ!三i;j  |   !__〉〉 |
      〃}>) )`'ー/_/:ゝ=ソ-ーヽ  ─ 、  !
     〃 / / /     7)i | 〕二(( \_  /
     テ'′/ /    /:/:i |二二二7ヘ>r、
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


         ___
      /)/ノ ' ヽ、\
     / .イ '(●)  .(●)\       お前は……
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \      若い方の数学者のお抱えロボットだお?
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |
  . \ ヽ           /

                             f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                             |  はい、そうです
                             ヽ________ 乂_


                           f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                         . .|  彼に仕えて何年ぐらいになる?
                          _乂_______________ ノ

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

        / 7  ̄ ̄ヽ
        i ∩| ◎ ◎|
        ||._」|   ム |    二十二年になります
        ヽ__ヽ___ー/
      、-====='='====-
     ())》|||   Å   |||》
      Y| ||  //||ヽヽ ||ヽ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::





328 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:17:09 ID:RgvLSKXg

              __
            ,,.-´    ``ヽ
          /         \
         /      '⌒   '⌒ヽ
         |      ( ●) ( ●)             お前の主人の社会的名声ってのは、
       /.|        (__人__)/´二二⊃     お前にとって大切なものなのかお?
      /  ..\         /  '‐、\
    /    / `ー───ーl     .ヽ〉
    \    l |  ∧   ∧   __人_/
    /\   i l  .| .i  /´  `ー'〉  ヽ
    /   \ | . | /  | /     /   ハ             f´ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                                       |  はい
                                       ヽ_____ 乂_




             __
           ,,.-´     ̄`ヽ
         /  __ノ  `ー \
        /   ( ●)  ( ●)ヽ       その名声を守ることは、
        |       (__人__)   |         大事なことだと考えているかお?
      /.|              |\
     / / ̄'‐、        /  \
   /  /    .7 ───一′ ヽ   .\
   \ ∧   __ノ ∧   .∧   |   ./
     /´  `ー'〉   .i   .l ..|  /  /丶
                                      f´ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                                      |  はい
                                      ヽ_____ 乂_




             __
           ,,.-´    ``ヽ
         /         \
        /           .ヽ
        |     __ノ  `ー ..|      肉体的生命と比べても?
      /.|    ( ●)  ( ー)|\
     / / ̄'‐、  (__人__)/  ..\
   /  /    .7───ー′ヽ   ..\
   \ ∧   __ノ ∧   .∧  |   ./
     ./´  `ー'〉   i   .l ..|  /  /丶
                                     f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                                     |   いいえ
                                     ヽ_______ 乂_





329 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:17:19 ID:RgvLSKXg

              __
            ,,.-´    ``ヽ
          /         \
         /    __ノ  '⌒ ヽ        じゃあ、彼の名声を守ることは……
         |    ( ● )  (● ).|
       /.|      (__人__)  |\      他の人間の名声を守ることと比べて
      /  ..\          /  .\     同じくらい重要なことかお?
    /    / `ー───ー′ ヽ   .\
    \    l |  ∧   .∧   |  ./
    /\   i l  .| .i   .l ..|  / ./丶
    /   \ | . | /  ヽ /  | //   ハ




:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

              ,、r───,、
            /´  ̄ ̄ ̄ `\
               |            |
              | ((_))  ((_)) |
            !    ! !:    !      ……
            i    L:!    i
       _____ヽ   ─ ─   /______
  /二>、,/二二二二`>=====く´二二二二ヽ,,r<二ヽ、
  /厂¨`∨| |__r-t_r-t_r-≧7 ト≦-t_r-t_r-t__| |∨´¨ ̄ヽ,i
 {{   ノソ| |((|il!||il!||il!|[i]/ /| |,.ヘ[i]|il!||il!||il!|))| |ハ     }}
  ヾミ三ソノ ヽヽLil!」Lil!」i/ /;;| |;;;∧iLil!」Lil!」]/ / ヾミ三ソノ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::




:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

               _,,,、-ー'''7 ̄ \
              /  ......../     \
               / ____,   ! ((_))   ヽ
               ! !三!:i   ! `´r、((_))         そのような比較は、
              i !三!:!   !   | ヽ`´ !       それぞれの状況や価値観に応じてなされるべきです
       _  __  / 7ゝ!三i;j  |   !__〉〉 |
      〃}>) )`'ー/_/:ゝ=ソ-ーヽ  ─ 、  !         普遍的なルールを設けるわけにはいきません
     〃 / / /     7)i | 〕二(( \_  /
     テ'′/ /    /:/:i |二二二7ヘ>r、
     ヽ_.ノノ    / /´¨γゝへi i|>r、示> 、
       7´`''-、__ノノ....:::::{(0)ンi i|に)//| |>≧ァ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::





330 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:17:33 ID:RgvLSKXg

     ____
   /      \
  /  ─   ─\
/    (一)  (一) \
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /




     ____
   /      \
  /  ─   ─\
/    (一)  (●) \      お前の主人の名声が
|       (__人__)    |     他の人間の名声よりも重要だと判断したら
/     ∩ノ ⊃  /      お前は主人の名声を守るために嘘をつくかお?
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /
                              f´ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                              |  はい
                              ヽ_____ 乂_




                 __
               ,,.-´    ``ヽ
             /          \
           /    __ノ  '⌒  ヽ
            |    ( ● )  (● ) .|     お前は今回の論争について証言したとき
       /,〉/.|      (__人__)  |\    主人を守るために嘘をついたのかお?
      / /   .\         /  .\
    ./,二ニヽ   / `ー───ー′ヽ   .\
  _ /  ,-― 、}l   .l |  ∧   .∧   |   ./
 / |   ノーヘJ   i l  .| .i   .l ..|   / ./丶        f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
./  |_,イ  {  \ | . | /  ヽ_/ .| / /   ハ        |   いいえ
    \_/     | | /   /::::亅 |//   / |        ヽ_______ 乂_





331 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:17:48 ID:RgvLSKXg

              __
            ,,.-´    ``ヽ
          /         \         でも仮に嘘をついていたとすると、
         /    __ノ  '⌒ ヽ        お前はその嘘を守ろうとするはずだお?
         |    ( 一 )  (一 ).|
       /.|      (__人__)  |\.      嘘をついたことを否定することで
      /  ..\          /  .\
    /    / `ー───ー′ ヽ   .\
    \    l |  ∧   .∧   |  ./
    /\   i l  .| .i   .l ..|  / ./丶
    /   \ | . | /  ヽ /  | //   ハ
                                        f´ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                                        |  はい
                                        ヽ_____ 乂_


      ___
    /ノ  ヽ、_ \
   /(●) (●.) \       ……
 /  (__人_,)    \
 |  l^l^ln ⌒ ´        |
 \ヽ   L         ,/
    ゝ  ノ
  /   /




         ___
      /)/ノ ' ヽ、\
     / .イ '(●)  .(●)\      それじゃ、考えてみてくれお
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |
  . \ ヽ           /





332 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:18:01 ID:RgvLSKXg


               f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
             . .|   お前の主人は名声ある学者だお
              _乂_________________ ノ


      -、ー- 、                      
f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
   _. -─-ゝ  Y ⌒,.Z.._               . .
|   そして、まだ若い
    ,.>          <`               
_乂__________ ノ
  ∠.._        ,     ヽ
.  /    , ,ィ ,ハ ト、    l
  /イ /   /l/‐K  ゝlへトi  |
   レ'レf Y|==;=  =;==|f^!l
.     !6|| ` ̄ "||`  ̄´ ||6|!
      ゙yl、   、|レ   |y'
     _,,ハ.ト.` ̄ ̄ ̄´ ,イ/\_
    ̄:::;':::::゙! \.  ̄ / |'::::::::|::: ̄
  :::::::::l:::::::::l  \/   !::::::::::|:::::::::
  ::::::::l:/ヽ:ヽ__    __/:/\:|::::::::
  :::::::‘:::::::::::o:ヽ`  ´/::::::::┌──┐
  :::::::::::::::::::::::::::ヽー/::::::::::: l:::::::::::::::l

───────────────────f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                               |  今回の論争において、彼が誘惑に屈していたとしても
                               _乂_________________________ ノ

     、‐─ 、    _
 __, -─'    丶'´  >
 >::::::  :::::::::   :::::⌒ーz
/  "  "  " "   :::::ヾ
l  " " " " " l ヽ  ',
lハ  〃 〃 〃   l‐-ヽ ',
. l  〃 〃 .r‐/l/==l ヽ!               
f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
  l  〃 〃 .│|  `‐゚l、                   . .
|  つまり非倫理的な行動に走っていても、
.  l  〃 〃  ゝ|   l_ゝ               . .
|  それはお前の主人にとっては致命的にはならない
  l       /  ー-/                  
_乂________________________ ノ
 .-─' ー-、__ / l  /
/::::::::::::::::::::::::::`-、l /
 ̄ ̄ ̄ ̄`―‐-、 ̄ヽ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄`'''‐- 、.._
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\





333 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:18:11 ID:RgvLSKXg

        f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
      . .|  そりゃ名声のいくばくかは失墜するだろうけど、
      . .|  彼は若いんだし、まだまだ立ち直るチャンスはある……
       _乂__________________________ ノ


                        f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                      . .|   世間だって、それほどは咎めない
                       _乂_________________ ノ
                  /                       ヽ
                   / __/  〃                         :.
                 ///                          l
                   /〃/   〃                   |
                    /  /〃                         |
                厶イ/    〃    〃                 :|
                /  /   〃                  :
                   〃/   ./                    . :l
                | / /〃 /〃/. : {: .               r‐x : : ′
               / ′/∨ . /. :/´\   、   {\__ . : /、 }: /
                    | / .l. :/:| /〉 x=ヘ: . {\ \、\ : |: :八} /: {
                    |   |:∧ ///: : : . \l: : .\l  ̄ :!:/_ノ/: : |__
                    -‐    ̄∨/ : : : : .       : : : : /_/:. : :八:\
             /       // : : : :  :     . : : /:::::\_:_/}: :∨ \
            /         〈/ イ ー-  、  . : :/:::   :::: : :/: : : :. : : :
            /l       _.. :/-‐/, :ヘ ニ=‐   . :/:::::      . : : : : :〉: : :
            l_/ ̄  |/   /: : : : .     :/::::::::     /: : : : : /: : : :
        /     } /      / : : : : : : 〉 _/::::::::::    /: : : : : : /: : : : :
         /    | ;       . : : : : : : :/:.  \:::::    /: : : : : : : /: : : : : :
.        /  |:.    | .:|    / : /\: : :∧::.       ..::/: : : : : : : : /:::: : : : : :
        ′ |::    |: :|:   厶イ : : :∧ /   :.    .. :: :/: : : : : : : : : /:::::: : : : : :


                      f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                    . .|  血気にはやった若者にありがちな誤りで、
                    . .|  将来埋め合わせの出来るものと考えてくれるはずだお
                     _乂_________________________ ノ





334 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:18:31 ID:RgvLSKXg


      f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
    . .|  ところで、年取ったほうの学者が誘惑に屈したとすると
    . .|  事態ははるかに憂慮すべきものになって来るんだお
     _乂_________________________ ノ


                            f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                          . .|  彼は、これまで長い年月をかけて名声を築いた
                           _乂_____________________ ノ

         /./                   | |
      _/ /-─'''"~~ ,.二.フ->      ! ,'
    / ./, '-─‐ '" ̄  / '´\\    ,' /
.  / // ニ二u__,/ // u,__ヽ 〉- 、//
  {//-===:、     |.! /  / { | r‐ノ/         /
  /,.イ u   __\、;;;||/ @ 〃,.-;=´イ,ヽ        //
. //ヾ.\ /   @ フ''| |: ミ≡彡' / _\ヽ |       ,' ,'
/ i´r\ヽu`≡==彡v{ .{._,.ノ/u,ノ u_ \!\     / /
  ヽ.ヽrヽ.} r,ラ',ニニ二´-‐''´、 ̄ ./ヽ/ヽ.ヽ ` ー-/ ./
    \`、レ',.イー' ( __ } | - ’,. ‐ヘ /  ,| |  _//
.     `//_| rーrー┬ゝィ‐''1´ ,レ'´  /ン ! /、'´ ̄
     //  ! l‐┴‐┴‐┴‐ '"´  /ヽ/ u |、//  `丶
  ,r‐' /   \ヽ.r‐┬‐┬ ''1´.工 -‐'´u  |//\
 / /  /|   \` ┴‐''' ´ ̄ ==''___/// ヽ
/ /  ̄ ̄|   |    `ー、'''"~~´ ̄ ̄   //
./    |   |      \-───‐- 、//

                              f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                            . .|  それが晩年のたった一つの誤りで
                            . .|   すべて無に帰しちまうんだから……
                             _乂_________________ ノ





335 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:18:55 ID:RgvLSKXg

     ____
   /      \
  /   _ノ ヽ、_.\
/    (一)  (一) \     彼に残された年月は少ない
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /      ということは、挽回するチャンスも少ない
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /




     ____
   /      \
  /   _ノ ヽ、_.\        ……分かるかお?
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |      お前の主人の場合に比べて、
/     ∩ノ ⊃  /         駄目になるものは多く、取り返す機会は少ないんだお
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

                                              / ̄ ̄ ヽヽ
                                              |◎ ◎ |∩i
                                          ……      | ム   |L.||
                                              ヽ─___/__/
                                            -===='='=====-、
                                            《|||   Å   |||《(()
                                              /|| //||ヘヽ  || |Y
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::





336 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:19:10 ID:RgvLSKXg

              __
            ,,.-´   ``ヽ
          ./ '⌒`  '⌒丶\
         /  ( 一)  (● ). .ヽ         そこのところを考慮したうえで聞くお
         .|    (__人__)     .|
       / |              .|\       ……お前は嘘をついたかお?
      /   \         /   \
    /    / `ー───ー′      \
    ,\   .l |  ∧   .∧   |   ./
   / .\  i l  .| .i   .l ..|  /  ./丶
  ./    .\| | ./  ヽ /  | / ./   \




:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

              ,、r───,、
            /´  ̄ ̄ ̄ `\
               |            |
              | ((_))  ((_)) |
            !    ! !:    !     …………
            i    L:!    i
       _____ヽ   ─ ─   /______
  /二>、,/二二二二`>=====く´二二二二ヽ,,r<二ヽ、
  /厂¨`∨| |__r-t_r-t_r-≧7 ト≦-t_r-t_r-t__| |∨´¨ ̄ヽ,i
 {{   ノソ| |((|il!||il!||il!|[i]/ /| |,.ヘ[i]|il!||il!||il!|))| |ハ     }}
  ヾミ三ソノ ヽヽLil!」Lil!」i/ /;;| |;;;∧iLil!」Lil!」]/ / ヾミ三ソノ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::




:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

              ,、r───,、
            /´  ̄ ̄ ̄ `\
               |            |           私の証言は嘘でした
              | ((_))  ((_)) |         あのアイデアは年老いた博士のものでした
            !    ! !:    !
            i    L:!    i   .      私の主人は、それを盗用しようと謀ったのです
       _____ヽ   に二)   /______
  /二>、,/二二二二`>=====く´二二二二ヽ,,r<二ヽ、
  /厂¨`∨| |__r-t_r-t_r-≧7 ト≦-t_r-t_r-t__| |∨´¨ ̄ヽ,i
 {{   ノソ| |((|il!||il!||il!|[i]/ /| |,.ヘ[i]|il!||il!||il!|))| |ハ     }}
  ヾミ三ソノ ヽヽLil!」Lil!」i/ /;;| |;;;∧iLil!」Lil!」]/ / ヾミ三ソノ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::





337 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:19:34 ID:RgvLSKXg

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●
   |      (__人__)
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /




        ____
      /      \
     /  ─    ─\
   /    (一)  (一) \      結構だお
   |       (__人__)    |
    \      `_⌒ ´  /      お前はこのことについて、
.    ノ    / )ヽ   く       船長の許可が出るまで誰にも話すな
   (  \ /__ノi ) , )
.   \  ゙ / ヽ ヽ/ /
     \_/    \_ノ




        ____
      /      \
     /  ─    ─\
   /    (一)  (●) \
   |       (__人__)    |     ……いったん、映像終了
    \      `_⌒ ´  /
.    ノ    / )ヽ   く
   (  \ /__ノi ) , )
.   \  ゙ / ヽ ヽ/ /
     \_/    \_ノ





338 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:19:49 ID:RgvLSKXg



 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::




    ───────────────────・───────────────────
                                プツッ



 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( ●)(●)
  |     (__人__)
  |         ノ
  |     ∩ノ ⊃ }
  /ヽ   / _ノ }
 ( ヽ  /  / ノ
  ヽ “  /_|  |
   \__/__ /




         ___
      /)/ノ ' ヽ、\        船長もあれを聞いたかお?
     / .イ '(●)  .(●)\
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \     ダニール
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |
  . \ ヽ           /

                            f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                            |  もちろんです
                            ヽ________ 乂_





339 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:20:02 ID:RgvLSKXg

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)        彼は証人です
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ      我々を除けば、唯一の
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ  mm
   /    ̄ ̄ ̄ つノ
   |    | ̄ ̄ ̄




              __
            ,,.-´    ``ヽ
          /         \
         /     __ノ  '⌒ヽ       ……
         |      ( ●) ( ●)
       /.|        (__人__)./\     それじゃ、次は別の方を
      /  ..\         /  .\
    /    / `ー───ー′ ヽ   . \
    \    l |  ∧   .∧   |   /
    /\   i l  .| .i   .l ..|  / ./丶
    /   \ | . | /  ヽ /  | //   ハ






      __     ━┓
    / ~\   ┏┛
  / ノ  (●)\ ・        そうする意味があるのですか?
. | (./)   ⌒)\
. |   (__ノ ̄   \       たった今の自白を、あなたも聞いたでしょう
  \          |
    \       /
.      \  ⊂ヽ∩
      /´    (,_ \.                 f´ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
       /       \. \              |  ああ
      ./   /       |. \ソ                  ヽ_____ 乂_
    (  y'      .|





340 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:20:14 ID:RgvLSKXg

              __
            ,,.-´    ``ヽ
          /         \.          何の意味もない……
         /    __ノ  '⌒ ヽ
         |  u. ( ● )  (● ).|        彼はより悪い立場に立たされている人間を
       /.|      (__人__)  |\      救おうと行動したに過ぎないんだお
      /  ..\          /  .\
    /    / `ー───ー′ ヽ   .\
    \    l |  ∧   .∧   |  ./
    /\   i l  .| .i   .l ..|  / ./丶




              __
            ,,.-´    ``ヽ
          /         \
         /    __ノ  '⌒ ヽ      正確には、より悪い立場にある、と
         |    ( 一 )  (一 ).|      やる夫によって指摘されたほうの人間を
       /.|      (__人__)  |\
      /  ..\          /  .\
    /    / `ー───ー′ ヽ   .\
    \    l |  ∧   .∧   |  ./




                 __
               ,,.-´    ``ヽ
             /          \
           /    __ノ  '⌒  ヽ      つまり、彼はこれまで真実を話していたけど
            |    ( ● )  (● ) .|      やる夫の話を聞いて嘘に転じた可能性もあるんだお
       /,〉/.|      (__人__)  |\
      / /   .\         /  .\
    ./,二ニヽ   / `ー───ー′ヽ   .\
  _ /  ,-― 、}l   .l |  ∧   .∧   |   ./
 / |   ノーヘJ   i l  .| .i   .l ..|   / ./丶





341 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:20:25 ID:RgvLSKXg

                  / ̄ ̄\
                / _ノ  .ヽ、\
                |  (●)(●) |         ……そうですか
.                |  (__人__) .|         では教えてください
                 |   ` ⌒´  ノ
.           r─一'´ ̄`<ヽ      }          今、何も得るところがなかったのなら、
.          `ー‐ァ   ,    )     , -'~⌒ヽ、      もう一体のロボット相手でも同じではないですか?
           ノ   {.   ,ヘ    ,l. ゝ、_ .'ヽ).
.            /, 、 _   /. |    . ',  . ..  .ヽ、
           (/ / // / / ...|      ...|\..\\ \_)
             / // / /         . . \_\_)、_)
            ー' {_/ノ              ."´




       ____
     /_ノ   ヽ_\         もしも、鏡像が完璧ならね
    /( ●) ( ●)\
  / ::::::⌒(__人__)⌒::::\      でもそうじゃないお
  |        ̄      |        だから意味はある
  \               /




         ___
       /     \
      /   \ , , /\
    /    (●)  (●) \     次、頼むお!
     |       (__人__)   |
      \      ` ⌒ ´  ,/
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃
     |            `l ̄
.      |          |





342 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:20:37 ID:RgvLSKXg


      f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
    . .|    ……分かりました
     _乂___________ ノ
                                    f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                                  . .|  ロボットが出ています
                                   _乂___________ ノ


        :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

                              ,、r───,、
                            /´  ̄ ̄ ̄ `\
                               |            |
                              | ((_))  ((_)) |
                            !    ! !:    !
                            i    L:!    i
                       _____ヽ   ─ ─   /______
                  /二>、,/二二二二`>=====く´二二二二ヽ,,r<二ヽ、
                  /厂¨`∨| |__r-t_r-t_r-≧7 ト≦-t_r-t_r-t__| |∨´¨ ̄ヽ,i
                 {{   ノソ| |((|il!||il!||il!|[i]/ /| |,.ヘ[i]|il!||il!||il!|))| |ハ     }}
                  ヾミ三ソノ ヽヽLil!」Lil!」i/ /;;| |;;;∧iLil!」Lil!」]/ / ヾミ三ソノ
                  (にニ)  ∨\,┌┼/ /L;| |;_」∧┼┐_/∨  (にニ)
        :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


     ____
   /      \
  /  ─   ─\
/    (●)  (●) \      ……こんにちは
|  u.    (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /





343 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:20:48 ID:RgvLSKXg

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

               _,,,、-ー'''7 ̄ \
              /  ......../     \
               / ____,   ! ((_))   ヽ
               ! !三!:i   ! `´r、((_))
              i !三!:!   !   | ヽ`´ !     こんにちは
       _  __  / 7ゝ!三i;j  |   !__〉〉 |
      〃}>) )`'ー/_/:ゝ=ソ-ーヽ  ─ 、  !
     〃 / / /     7)i | 〕二(( \_  /
     テ'′/ /    /:/:i |二二二7ヘ>r、
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


         ___
      /)/ノ ' ヽ、\
     / .イ '(●)  .(●)\       お前は……
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \      年老いた方の数学者のお抱えロボットだお?
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |
  . \ ヽ           /

                             f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                             |  はい、そうです
                             ヽ________ 乂_


                           f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                         . .|  彼に仕えて何年ぐらいになる?
                          _乂_______________ ノ


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

        / 7  ̄ ̄ヽ
        i ∩| ◎ ◎|
        ||._」|   ム |    二十二年になります
        ヽ__ヽ___ー/
      、-====='='====-
     ())》|||   Å   |||》
      Y| ||  //||ヽヽ ||ヽ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::





344 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:20:59 ID:RgvLSKXg

              __
            ,,.-´    ``ヽ
          /         \
         /      '⌒   '⌒ヽ
         |      ( ●) ( ●)             お前の主人の社会的名声ってのは、
       /.|        (__人__)/´二二⊃     お前にとって大切なものなのかお?
      /  ..\         /  '‐、\
    /    / `ー───ーl     .ヽ〉
    \    l |  ∧   ∧   __人_/
    /\   i l  .| .i  /´  `ー'〉  ヽ
    /   \ | . | /  | /     /   ハ             f´ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                                       |  はい
                                       ヽ_____ 乂_




             __
           ,,.-´     ̄`ヽ
         /  __ノ  `ー \
        /   ( ●)  ( ●)ヽ       その名声を守ることは、
        |       (__人__)   |         大事なことだと考えているかお?
      /.|              |\
     / / ̄'‐、        /  \
   /  /    .7 ───一′ ヽ   .\
   \ ∧   __ノ ∧   .∧   |   ./
     /´  `ー'〉   .i   .l ..|  /  /丶
                                      f´ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                                      |  はい
                                      ヽ_____ 乂_




             __
           ,,.-´    ``ヽ
         /         \
        /           .ヽ
        |     __ノ  `ー ..|      肉体的生命と比べても?
      /.|    ( ●)  ( ー)|\
     / / ̄'‐、  (__人__)/  ..\
   /  /    .7───ー′ヽ   ..\
   \ ∧   __ノ ∧   .∧  |   ./
     ./´  `ー'〉   i   .l ..|  /  /丶
                                     f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                                     |   いいえ
                                     ヽ_______ 乂_





345 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:21:12 ID:RgvLSKXg

              __
            ,,.-´    ``ヽ
          /         \
         /    __ノ  '⌒ ヽ        じゃあ、彼の名声を守ることは……
         |    ( ● )  (● ).|
       /.|      (__人__)  |\      他の人間の名声を守ることと比べて
      /  ..\          /  .\     同じくらい重要なことかお?
    /    / `ー───ー′ ヽ   .\
    \    l |  ∧   .∧   |  ./
    /\   i l  .| .i   .l ..|  / ./丶
    /   \ | . | /  ヽ /  | //   ハ




:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

              ,、r───,、
            /´  ̄ ̄ ̄ `\
               |            |
              | ((_))  ((_)) |
            !    ! !:    !      ……
            i    L:!    i
       _____ヽ   ─ ─   /______
  /二>、,/二二二二`>=====く´二二二二ヽ,,r<二ヽ、
  /厂¨`∨| |__r-t_r-t_r-≧7 ト≦-t_r-t_r-t__| |∨´¨ ̄ヽ,i
 {{   ノソ| |((|il!||il!||il!|[i]/ /| |,.ヘ[i]|il!||il!||il!|))| |ハ     }}
  ヾミ三ソノ ヽヽLil!」Lil!」i/ /;;| |;;;∧iLil!」Lil!」]/ / ヾミ三ソノ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::




:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

               _,,,、-ー'''7 ̄ \
              /  ......../     \
               / ____,   ! ((_))   ヽ
               ! !三!:i   ! `´r、((_))         そのような比較は、
              i !三!:!   !   | ヽ`´ !       それぞれの状況や価値観に応じてなされるべきです
       _  __  / 7ゝ!三i;j  |   !__〉〉 |
      〃}>) )`'ー/_/:ゝ=ソ-ーヽ  ─ 、  !         普遍的なルールを設けるわけにはいきません
     〃 / / /     7)i | 〕二(( \_  /
     テ'′/ /    /:/:i |二二二7ヘ>r、
     ヽ_.ノノ    / /´¨γゝへi i|>r、示> 、
       7´`''-、__ノノ....:::::{(0)ンi i|に)//| |>≧ァ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::





346 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:21:23 ID:RgvLSKXg

     ____
   /      \
  /  ─   ─\
/    (一)  (一) \
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /




     ____
   /      \
  /  ─   ─\
/    (一)  (●) \      お前の主人の名声が
|       (__人__)    |     他の人間の名声よりも重要だと判断したら
/     ∩ノ ⊃  /      お前は主人の名声を守るために嘘をつくかお?
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /
                              f´ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                              |  はい
                              ヽ_____ 乂_




                 __
               ,,.-´    ``ヽ
             /          \
           /    __ノ  '⌒  ヽ
            |    ( ● )  (● ) .|     お前は今回の論争について証言したとき
       /,〉/.|      (__人__)  |\    主人を守るために嘘をついたのかお?
      / /   .\         /  .\
    ./,二ニヽ   / `ー───ー′ヽ   .\
  _ /  ,-― 、}l   .l |  ∧   .∧   |   ./
 / |   ノーヘJ   i l  .| .i   .l ..|   / ./丶        f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
./  |_,イ  {  \ | . | /  ヽ_/ .| / /   ハ        |   いいえ
    \_/     | | /   /::::亅 |//   / |        ヽ_______ 乂_





347 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:21:36 ID:RgvLSKXg

              __
            ,,.-´    ``ヽ
          /         \         でも仮に嘘をついていたとすると、
         /    __ノ  '⌒ ヽ        お前はその嘘を守ろうとするはずだお?
         |    ( 一 )  (一 ).|
       /.|      (__人__)  |\.      嘘をついたことを否定することで
      /  ..\          /  .\
    /    / `ー───ー′ ヽ   .\
    \    l |  ∧   .∧   |  ./
    /\   i l  .| .i   .l ..|  / ./丶
    /   \ | . | /  ヽ /  | //   ハ
                                        f´ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                                        |  はい
                                        ヽ_____ 乂_




      ___
    /ノ  ヽ、_ \
   /(●) (●.) \       ……
 /  (__人_,)    \
 |  l^l^ln ⌒ ´        |
 \ヽ   L         ,/
    ゝ  ノ
  /   /




         ___
      /)/ノ ' ヽ、\
     / .イ '(●)  .(●)\      それじゃ、考えてみてくれお
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |
  . \ ヽ           /





348 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:21:48 ID:RgvLSKXg

           f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
         . .|   お前の主人は老人だお
         . .|   そして何世紀にも渡る偉業の達成者だお
          _乂___________________ ノ

                         f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                       . .|  今回の論争において、彼が誘惑に屈していたとしても
                        _乂_________________________ ノ

          ___________
        ./                 \
       / __           .___  \
      / /::::::::: `ヽ、        /  :::::`ヽ、ヽ、
.     / /::::::::      ヽ、__,/     :::::::::ヽ、ヽ.
     l /::::::::::    '⌒ヽ、__, -‐ ´ ̄`  ::::::::::ヽ...l
.    | |::─‐- 、    ヽ、___, -‐'   ,-─‐::::| . |
.     | |::::::    ̄ ‐-__       __-‐  ̄  :::::::::| .|
    | |:::::::  _, -─‐- \     / -─-- 、 ::::::::| .|
     |  ヽ::: ´ _-===-、      , -===-_、`ヽ:::/ ..|
   ./⌒l...| : <´.  o ` >≡ ≡く ´ o  .`> :::|.../⌒i
    | l⌒| .| ::::::::` ‐---‐ ´:::::::|::|:::::::` ‐---‐ ´ :::::: :| .|⌒l |
   | l⌒|. |:::: ヽ;;::::::::::::::::;ノ::::::|::|::: :::;::::::::::::::::;;;ノ::::::|..|⌒l |
.   | l.O| .|::::::::::: ̄ ̄ ̄   ::::|::|:::::   ̄ ̄ ̄,,ノ ::: :| | 0l |
..   | l. | |⌒ヽ  ̄ ̄  :::::::|::|::::::    ̄ ̄ '⌒ ::| |.しl.|
   /ヽ二_|⌒ヽ、_,ノ  (__::::|::|::::__) ヽ、_,ノ'⌒ヽ|人_ソl
   /    |:::::_       ∪        ._::::|    .|
  /      |:::\ヨ王l王l王l王l王l王l王l王l王/::|      |
  /       |::::::::                ::::::::|      |
 //|     l;::::::::::    ____     :::::::::;l     |\ |
 ̄|::::::|     |\:::::::::   ::::::    ::::::::/|     |::::::| ̄
::::|:::::::::|.    | . :\:::::: |  l  l  l   ::::::/: |.    .|::::::::|:::::
:::|::::::::::::|    . |\ :::\:::::::      ::::::/::: /|     |::::::::::|:::::


                          f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                        . .|  つまり非倫理的な行動に走っていても、
                        . .|  それはお前の主人にとっては致命的にはならない
                         _乂________________________ ノ





349 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:21:59 ID:RgvLSKXg

                  f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                . .|  そりゃ名声のいくばくかは失墜するだろうけど、
                . .|  彼は老齢で尊敬されてるし、乗り越えられるはずだお
                 _乂__________________________ ノ

         / /⌒`ヽ、        \
        / /       \ぃv    /ハ、
.        / /     ―-   _`ー ⊥!ノ'´ ぃ
      ,′ヽ、       、  、`ー ..__,,. - !l
      ,′ 、冫  ``ヾミヽ、ヽ `ー-- ___  !
.      レ¬`7    -―- ヽヘ丶  / _,,..__ 〉
     | /-l 7   '" ̄ ぅ 、 ゙v   ∠二_` /
      /!:l_|7  、 , `,ー;-ァ-ァ  〈'"¨ぅヽ /
    / ぃ |、l  ,、 `ー-'- ‐'    i ヽー;‐' /
  /| `1、! /, ‐- .._  ノ     | /ー'‐゙〃
_/   |  l丨 l l r7、___ ̄ 'こ.、  ! /_-、 /′
′  ,|  ||  !ヘ十┼_匸T‐tヘ  ハ. リ/        
f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
  /:::|   l !    `ー- .∟[_丁TYァ/ ,ハ         . .
|   世間は、彼のこれまでの業績を知ってる
イ:::::::::|  | \    、    ` ̄´  / l l        
_乂___________________ ノ
::::!::::::::|  l   | \   ` ー一   , イ | !
::::::!::::::|  |   |:\ \  〃ハヽ .イ´|l| ト、_ヽ
::::::::、::::!   !   |::::{!\ \__,ィ_´イ:| !| |:::i:`ヽ、
:::::::::へ|      |:ブ^ヽ`ヽr'´_x-、_:| ! | |::::!:::::.:. `丶、
:::::::i:::::::|     li |::::::{へ_):|ハヘ}:::::::| l   |:::j:.:.::::.:.:.:.:.: :`丶、

──────────────────────────────────────
         ____
       /ヽl__l l l l lヽ
     / ニ/´_` ┴ _-ヘ.l
      / ニ/ ___ 二ニu __{
.    l ニ_L` ニニヽ u ∠7            
f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
    | {lニll ぇ゚zz'  く゚zzl           . .
|  人々は、判断力を失った老人の過ちとみなすはずだお
   ノ|ノハt-リ u三 r_  |ニ、!l           . .
|  かつては偉大だった老人の、悲しい過ちとして
 __ノ_/`l/ {二二二7/lト            
_乂_________________________ ノ
 :::::::::|llllll   \  = /-⊥
 :::::::::|lllll|     \ __/::::::::::::::‐- ._
 :::::::::|lllll|      /llll/::::::::::::::::::::::::;ハ
 :::::::::|llllll      /llll/::::::::::::::::::::::::/:::::|





350 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:22:13 ID:RgvLSKXg


       f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
     . .|  ところで、若い方の学者が誘惑に屈したとすると
     . .|  事態ははるかに憂慮すべきものになって来る
      _乂________________________ ノ


                            
f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
             _.. -‐    ̄     
|  彼は若くて、名声は非常に不安定だからだお
             _ 二ニ=         
_乂_____________________ ノ
               /__/       "            ヽ
              /' ´ /                 ゙   l
            /_    "            ゙     |
           ///                       ゙ |
             // / "                 ゙  j
         /   /  /"             ゙  ,.-く
           / /7 / "  "                ヒ }、
            //  / /1  /  "  "   、 ゙ ヽ ∨|jソ:ハ:\_
          j/  / / .|  イ .:i ./|  /\ ヘ、 |ヽ|リ_/ハ、 : \
              _| /':´|"/ | / | /:::|" | i::::ヽヘⅣ .ハ : : : ∧: : : :`: : . 、
.         ,. : ´: / : : !/ : レヘ:./  | /| l  \  / ∨: : :∧: : : : : : :
        /: : : : : : : : :|. : : : : ∧  / :| l      /  :| : : : : |: : : : : : :
      /: : : : : : : : : /: : : : : : |: ヽ ー:し'=='´/    j: : : : : |: : : : : : :
     /: : : : : : : : : : /: : : : : : : |、 : ヽ  ー   .:'   _/ : : : : :|: : : : : : :
.     /: : : : : : : : : : : :/ : : : : : : : ト. ._. \  /    ./ : : : : : :|: : : : : : :





351 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:22:23 ID:RgvLSKXg

       f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
     . .|  普通であればこの先何世紀もかけて、
     . .|  彼は学問的な偉業を達成するに違いない
      _乂___________________ ノ


                          
f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                         . .
|  でも、ここで若気の至りによって、
                         . .
|  前途が閉ざされたらどうなるかお……?
                          
_乂__________________ ノ
                       ...::<//////////ミヽ、
                     y-‐<///////////////////////zz、
                 /////////////////////////////////>、
                    /////////////////////////////////////ヽ
          ヘ      j/////////イ州z‐-////////////////////////ゝ、
        /   \ ___ノ///////ー-- 、/////`¨''-、///////////////////∧
       /       イ//j///ー=─-ミ  ヽー=ー 、///ヽ///////////////////ヽ
      /        ///{//ー=Z        ー、 ヽ//ハ///////////////////
            ////ハ::/           ミ、州弋 |///////////////////
             /////,イ:::.                ト州州,l/,イ///////////////
           ,//////ソ::::::          
f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
           ///////イ::          . .
|  彼はお前の主人よりも
        /___,,-─--|ィ':..        . .
|  はるかに長い未来を失っちまうんだお!
          `∨    /:::::..           
_乂___________________ ノ
            /      |イ::::::..:::.          ...:::::/._ノ州<//////////////
        /   --─--|::::::::::::      ..:::::::洲州州//////////////
       r─-- 、    lハ::l::::::::::::::::::::::::::,イ::.j::/    //////////////
      Yニニ'''   ヽ、   lハ::::,イ:::::::::::::::/ ,}/リ   //////////////
     イ---      ヽ、___.ソ ハ:::::,イ::/ー- ___  <//⌒''ー-、/////l\
     (__ー弋         `¨¨'∨-ソ─---- 三三j     ∨///|  \
        ̄ `ヽ、 __                          ハミヽj
                `¨'''ー- 、_                  /
                      `¨''ー- 、_           /
                             `¨''ー- __/





352 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:22:34 ID:RgvLSKXg

              __
            ,,.-´   ``ヽ
          ./ __ノ   ⌒` \       ……分かるかお?
         /  ( ー)  (一 ). .ヽ
         .|   ::::::(__人__):::::   .|      お前の主人の場合に比べて、
       / |              .|\     失うものが大きく、より悪い状況に追い込まれる
      /   \         /   \
    /    / `ー───ー′     \
    ,\   .l |  ∧   .∧   |   ./
   / .\  i l  .| .i   .l ..|  /  ./丶
  ./    .\| | ./  ヽ /  | / ./   \




:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

              ,、r───,、
            /´  ̄ ̄ ̄ `\
               |            |
              | ((_))  ((_)) |
            !    ! !:    !
            i    L:!    i
       _____ヽ   ─ ─   /______
  /二>、,/二二二二`>=====く´二二二二ヽ,,r<二ヽ、
  /厂¨`∨| |__r-t_r-t_r-≧7 ト≦-t_r-t_r-t__| |∨´¨ ̄ヽ,i
 {{   ノソ| |((|il!||il!||il!|[i]/ /| |,.ヘ[i]|il!||il!||il!|))| |ハ     }}
  ヾミ三ソノ ヽヽLil!」Lil!」i/ /;;| |;;;∧iLil!」Lil!」]/ / ヾミ三ソノ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::





353 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:22:44 ID:RgvLSKXg


              __
            ,,.-´   ``ヽ
          ./ '⌒`  '⌒丶\
         /  ( 一)  (● ). .ヽ         そこのところを考慮したうえで聞くお
         .|    (__人__)     .|
       / |              .|\       ……お前は嘘をついたかお?
      /   \         /   \
    /    / `ー───ー′      \
    ,\   .l |  ∧   .∧   |   ./
   / .\  i l  .| .i   .l ..|  /  ./丶
  ./    .\| | ./  ヽ /  | / ./   \




:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

              ,、r───,、
            /´  ̄ ̄ ̄ `\
               |            |
              | ((_))  ((_)) |
            !    ! !:    !     …………
            i    L:!    i
       _____ヽ   ─ ─   /______
  /二>、,/二二二二`>=====く´二二二二ヽ,,r<二ヽ、
  /厂¨`∨| |__r-t_r-t_r-≧7 ト≦-t_r-t_r-t__| |∨´¨ ̄ヽ,i
 {{   ノソ| |((|il!||il!||il!|[i]/ /| |,.ヘ[i]|il!||il!||il!|))| |ハ     }}
  ヾミ三ソノ ヽヽLil!」Lil!」i/ /;;| |;;;∧iLil!」Lil!」]/ / ヾミ三ソノ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::




:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

              ,、r───,、
            /´  ̄ ̄ ̄ `\
               |            |
              | ((_))  ((_)) |         私の証言は――
            !    ! !:    !
            i    L:!    i   .
       _____ヽ   に二)   /______
  /二>、,/二二二二`>=====く´二二二二ヽ,,r<二ヽ、
  /厂¨`∨| |__r-t_r-t_r-≧7 ト≦-t_r-t_r-t__| |∨´¨ ̄ヽ,i
 {{   ノソ| |((|il!||il!||il!|[i]/ /| |,.ヘ[i]|il!||il!||il!|))| |ハ     }}
  ヾミ三ソノ ヽヽLil!」Lil!」i/ /;;| |;;;∧iLil!」Lil!」]/ / ヾミ三ソノ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::





354 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:22:54 ID:RgvLSKXg

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

              ,、r───,、
            /´  ̄ ̄ ̄ `\
               |            |
              | ((_))  ((_)) |
            !    ! !:    !
            i    L:!    i
       _____ヽ   に二)   /______
  /二>、,/二二二二`>=====く´二二二二ヽ,,r<二ヽ、
  /厂¨`∨| |__r-t_r-t_r-≧7 ト≦-t_r-t_r-t__| |∨´¨ ̄ヽ,i
 {{   ノソ| |((|il!||il!||il!|[i]/ /| |,.ヘ[i]|il!||il!||il!|))| |ハ     }}
  ヾミ三ソノ ヽヽLil!」Lil!」i/ /;;| |;;;∧iLil!」Lil!」]/ / ヾミ三ソノ
  (にニ)  ∨\,┌┼/ /L;| |;_」∧┼┐_/∨  (にニ)
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::




:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

              ,、r───,、
            /´  ̄ ̄ ̄ `\
               |            |
              | ((_))  ((_)) |
            !    ! !:    !
            i    L:!    i
       _____ヽ   に二)   /______
  /二>、,/二二二二`>=====く´二二二二ヽ,,r<二ヽ、
  /厂¨`∨| |__r-t_r-t_r-≧7 ト≦-t_r-t_r-t__| |∨´¨ ̄ヽ,i
 {{   ノソ| |((|il!||il!||il!|[i]/ /| |,.ヘ[i]|il!||il!||il!|))| |ハ     }}
  ヾミ三ソノ ヽヽLil!」Lil!」i/ /;;| |;;;∧iLil!」Lil!」]/ / ヾミ三ソノ
  (にニ)  ∨\,┌┼/ /L;| |;_」∧┼┐_/∨  (にニ)
   |  ::::|   ∨!ヘ| ::|/ /[i];;| |;;[i];;∧|:: |/∧/   |  ::::|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::




     ____
   /      \
  /  ─   ─\
/    (●)  (●) \     続けてくれお
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /





355 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:23:05 ID:RgvLSKXg

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

              ,、r───,、
            /´  ̄ ̄ ̄ `\
               |            |
              | ((_))  ((_)) |
            !    ! !:    !
            i    L:!    i
       _____ヽ   に二)   /______
  /二>、,/二二二二`>=====く´二二二二ヽ,,r<二ヽ、
  /厂¨`∨| |__r-t_r-t_r-≧7 ト≦-t_r-t_r-t__| |∨´¨ ̄ヽ,i
 {{   ノソ| |((|il!||il!||il!|[i]/ /| |,.ヘ[i]|il!||il!||il!|))| |ハ     }}
  ヾミ三ソノ ヽヽLil!」Lil!」i/ /;;| |;;;∧iLil!」Lil!」]/ / ヾミ三ソノ
  (にニ)  ∨\,┌┼/ /L;| |;_」∧┼┐_/∨  (にニ)
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::




   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   ( ●)(●)          どうやら、彼は機能停止に陥ったようです
. |     (__人__). rm、      パートナー・イライジャ
  |     ` ⌒´ノr川 ||
.  |         },.!  ノ'      彼は使用不能です
.  ヽ        r / .|
   ヽ     ノノ ノ
   /     / ./
   |      /
    |    i´




         ____
       /     \
.    /       \         ……なるほど
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '(ー) (ー) u|       やる夫たちは、ついに非対称を得たわけだお
.   /,'才.ミ). (__人__)  /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ





356 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:23:18 ID:RgvLSKXg


                                          / ̄ ̄\
                                       /  ヽ、_  \
                                      (●)(● )   |
          それに意味があるのですか?             (__人__)     |
                                       (`⌒ ´     |
                                  .     {           |
                                       {        ノ
                                        ヽ     ノ
                                        ノ     ヽ
                                         /      |


         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \      もちろんだお!
  | / .イ '=・=  =・= u|      これで誰が有罪なのかハッキリした
    /,'才.ミ) (__人__) /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ




      __     ━┓
    / ~\   ┏┛
  / ノ  (●)\ ・
. | (./)   ⌒)\       どうしてですか、パートナー・イライジャ?
. |   (__ノ ̄   \
  \          |
    \       /
.      \  ⊂ヽ∩
      /´    (,_ \.                f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
       /       \. \               |  考えてみろお
      ./   /       |. \ソ             ヽ_________ 乂_
    (  y'      .|





357 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:23:31 ID:RgvLSKXg

        f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
      . .|   最初のロボットは、話を聞いたあと、
      . .|   すぐに自分の証言を翻したお
       _乂_________________ ノ

                                 f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                               . .|  これは何を意味するか?
                                _乂_____________ ノ

                     ,.,,,rー '⌒'''~v-‐''⌒"''''y,,..,,,__
                   ,r'"⌒、'  .(,,,__,r'” メ、 `く  ゛v''"`ヽ,
                ,/i.、,,,,... ゙""  '´Y;;       ''、  l .″"'ヽ,
               ./ .,,r'"(, ヽ!r-‐ _.ノ、 `''     丿 ,ゝ _,,) "`ヽ、
              r''⌒." ,/⌒`Y゙", y' ノ   ,,ノ  '\r!..,,,..) ..),,) ,)
              r'^::,丿;i'".゙、;;::..|;;:;...`Y ::^"    `ヽ  ...,,r'"⌒  .⌒, ヽ
              ! i;;_⌒   `ヾ.'゙`'' ::ミ|,,.`r- ゝ.、 ''v'  `ヽ;/;:i,,r'"`;:丿
             .l/;:: ;: ゝ;;,...,,,ノ入;;:: : :|. /   ヽ;;::ノ! -!'"`..,,ノ` `ヽ!::);;;i
             (フ '"!" "  !;; : ;__,, ;:::|r'  ゝ-   v'" ::   ゝー-- |ノ::;}
              l,,-r' ;;,l,_、;;::'"`Y ''彡ミ("`ヽ;;:;,__;ヽ,,ノi;; :;:ゝ';;:;:'ゝ||;;丿
              `ヽ;;:;:;:ヽ,!;;:;.,,,,人,-r'"`ヽ;;;,,__,,;`  ノノ;;;,,_,y';:;;;:;;ノノ
                .`ヾ;_,,;;r-~'''_"\/ "_`''''~-; ; ;---r'"彡"

   ───────────────────f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                                  |  彼の陽電子頭脳に、
                                 . .|  それを阻むものが何もなかったってことだお
                                  _乂____________________ ノ





358 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:23:45 ID:RgvLSKXg

     f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
   . .|   ところが、もう一方のロボットは違う
    _乂_________________ ノ

                          f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                        . .|   自分の証言を翻そうとした途端、
                        . .|   壊れてしまった
                         _乂_________________ ノ

                     ll   ll   l! l!」」__∠_  }}
                     `ヽ、_jj,.-;;‐'''''-__,.-‐ 、r'⌒>r‐_ 、,.‐====;、
                      __/ ii‐ 、`´ ‐ 、`゙ r‐'⌒_ >く´`ヽ `r-、    ゙ヽ
                    /   ヽ_ y-ァ‐''⌒ ー ''` )ヽヽ {  ヽ ヽ     }}
                     ,∠⌒ ー‐ 、゙ ヽ,-- 、`ヽーく  ( ヽ.`  jへヽ  〃
                  / {  `-、_ノ, -―-、  ヽ __ヽ ヽ ヽ  } r'`ヽ } } 〃
               ..__,ヘ -r 、  {  ,ゝ- 、  ゝー 、__丶、 \_  `{ } } Y´
               {{ ./ r'  {  ー' _(__   ` - 、__  ヽ ‐ 、 ヽ j| ハ !
               `'''1  j  , ゝ __ /   ヽ    ヽ_  ノ  ,-rノ´ノ } l. lヽ
                /Y´ {   ゝ-― 、 r ⌒.    
f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                /、{ {  ヽ{_ /  r ーヘr  〈, .  
|  これは何を意味するか?
                 { ヽ ヽ   ,-く_ ,.-'―  }  ゙
_乂_____________ ノ
                '、 、_て ` r 、   ー  ,. - '   ノ ̄ __ノ`ヾ__ }く-:::::イ
                 ヽ_l ー ヘ 丶、_,  (  ,  / r イ  / / //7>イ´ /
                  `, - _ { `7 _ ノ   てー( _ ノ _,ィ  ゞr''"´  ノ ,イ
                   ヽ、 ヽ(  ⌒r-- フ /    ノ_,.-'´ ゙= ≠=‐''/
                    ` 丶ヽ ̄  ー -- ィ _∠-‐''´     /  ,/
                       `゙''ー‐fー;‐'''"~        / _/

 ──────────────────f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                               |  その証言を阻止する要因が、
                               |  陽電子頭脳に存在したってことだお
                               _乂_________________ ノ





359 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:24:01 ID:RgvLSKXg

              __
            ,,.-´   ``ヽ
          ./ __ノ   ⌒` \
         /  ( ー)  (一 ). .ヽ        もしも、若い方の学者が無罪だとしたら、
         .|   ::::::(__人__):::::   .|       自分のロボットに細工しないのは当然だお
       / |              .|\
      /   \         /   \    ロボットは真実を話し、自分の言葉を裏付ける
    /    / `ー───ー′     \
    ,\   .l |  ∧   .∧   |   ./
   / .\  i l  .| .i   .l ..|  /  ./丶
  ./    .\| | ./  ヽ /  | / ./   \




              __
            ,,.-´   ``ヽ
          ./         \
         /           ヽ        でも有罪だとしたら、当然細工するはずだお
         .|   .'⌒`  '⌒丶  .|
       / |   ( ー)  (ー )  .|\      つまり、自分のロボットに嘘をつかせて
      /   \  (__人__)   /  \     自分の言葉を裏付けさせる必要があるんだお
    /    / `ー───ー′     \
    ,\   .l |  ∧   .∧   |   ./
   / .\  i l  .| .i   .l ..|  /  ./丶
  ./    .\| | ./  ヽ /  | / ./   \




   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \       つまり年老いた学者はロボットに細工をしていた
 |    ( ●)(●)      したがって細工の必要があった、ということになる
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ      そして、それは彼の有罪を意味する
.  |         }       そういうことですね?
.  ヽ        }
   ヽ     ノ    ビシッ
   /    く__,-ュ__   て
   |    ___ 三)  (
    |    |       ̄   ´





360 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:24:18 ID:RgvLSKXg

       ____
     /⌒  ⌒\        そうだお
   /( ―)  (―)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\     年老いた学者は嘘をつかせるために第1条の助けを借りた
  |             |       つまり、自分の名声の方がより重要だ、と思い込ませた
  \              /




       ___
     /   ヽ、_ \
    /(● ) (● ) \      ところがやる夫は、若い学者の名声がより重要だ、といった
  /:::⌒(__人__)⌒::u \
  |  l^l^lnー'´       |     この2つの矛盾した情報は、それぞれ逆の行動を要求し、
  \ヽ   L        /     結果として陽電子頭脳は付加に耐え切れなくなって、壊れた
     ゝ  ノ
   /   /                                              (……たぶん、そうだお)




     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●
   |      (__人__)     ……それは納得がいくように思います
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /





361 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:24:36 ID:RgvLSKXg

              __
            ,,.-´    ``ヽ
          /         \            そうかお?
         /      '⌒   '⌒ヽ
         |      ( ●) ( ●)          じゃあ船長に連絡して、
       /.|        (__人__)/´二二⊃     年取ったほうの学者に自白させるんだお
      /  ..\         /  '‐、\
    /    / `ー───ーl     .ヽ〉       出来たら、すぐに
    \    l |  ∧   ∧   __人_/
    /\   i l  .| .i  /´  `ー'〉  ヽ
    /   \ | . | /  | /     /   ハ




   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   ( ●)(●)          分かりました、パートナー・イライジャ
. |     (__人__). rm、
  |     ` ⌒´ノr川 ||      そこで申し訳ないのですが、
.  |         },.!  ノ'      船長とは内々に話をしなければなりません
.  ヽ        r / .|
   ヽ     ノノ ノ
   /     / ./
   |      /
    |    i´
                          f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                          |  会議室を使っていいお。あそこは密閉されてる
                          ヽ______________________ 乂_




   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)     ありがとうございます
. |     (__人__)      では、しばらくお待ちになっていてください
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ  mm
   /    ̄ ̄ ̄ つノ
   |    | ̄ ̄ ̄





362 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:24:47 ID:RgvLSKXg




                         


                         


                         






363 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:24:57 ID:RgvLSKXg

                                        □

                                            ┌┐
                                            └┘

                                     ┌─┐
                                     │  │
                                     └─┘

                         ┌──────┐
                         │            │


            /||ミ
           / ::::||
         /:::::::::::||____
         |:::::::::::::::||/ ̄ ̄\||  ガチャ
         |:::::::::::::::|| _ノ  \\
         |:::::::::::::::||( ●) (●)|
         |:::::::::::::::||  (__人__)  |
         |:::::::::::::::||  ` ⌒´  |
         |:::::::::::::::||       }
         |:::::::::::::::||        }
         |:::::::::::::::||ヽ___  ノ
         |::::::::::::::(_____ノ´||
         |::::::::::::::(_ノ / . . . ||
         |:::::::::::::::||/    ||
         |:::::::::::::::||      ||
         |:::::::::::::::||      ||
         \:::::::::::||      ||
           \ ::::|| ̄ ̄ ̄ ̄
──────────────────────────────────────

      ____
     /\  /\
   /( ●)  (●)\        おっ、戻ってきたかお
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-|       |      それで結果は?
  \     ` ー'´     /





364 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:25:08 ID:RgvLSKXg

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   ( ●)(●)
. |     (__人__). rm、     まさにあなたの仰るとおりでした
  |     ` ⌒´ノr川 ||
.  |         },.!  ノ'     年老いたほうの学者は自白しました
.  ヽ        r / .|       彼は、若者が最後には譲るだろうと考えていたのです
   ヽ     ノノ ノ
   /     / ./
   |      /
    |    i´


                               (  (
                                )   )
                       ,.、   / /
       ____              .| |l   l ,´
     /⌒  ⌒\        _-、i::| |ニニii '
   /( ー)  (ー) \     /,‐ヽヽ`、||
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \    ( .〉〉/     そりゃ良かったお
  | U    ) (      |   /  ノ
  \      `ー´、        /  /




   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \      危機は回避されました
 |    ( ●)(●) .    船長は、あなたに感謝しておられます
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ      そして 「あなたの判断力を大いに評価している」
.  |        }      ということをあなたに伝えても良いそうです
.  ヽ        }
   ヽ     ノ    ビシッ
   /    く__,-ュ__   て
   |    ___ 三)  (
    |    |       ̄   ´





365 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:25:19 ID:RgvLSKXg

      ___
    /ノ  ヽ、_ \
   /(●) (●.) \      (……回りくどい)
 /  (__人_,)    \
 |  l^l^ln ⌒ ´        |
 \ヽ   L         ,/
    ゝ  ノ
  /   /




      / ̄ ̄\
    /   _ノ  \
    |    ( ●)(●)
    |     (__人__)       そして、私自身もあなたを推薦したことで
    |     ` ⌒´ノ       船長に対して面目を施したと考えてよさそうです
    |         }
    ヽ       /
___イ.ヽヽ、___ _ノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ
    |  \/゙(__)\,|  i
    >   ヽ. ハ  |   |




            / ̄ ̄\
          /  _ノ ヽ、.\
          |  (●)(●) |      実際のところ、今回の事件は驚きでした
          |   (__人/,〉.|
          {   ´フ´ ./._ }      ロボット工学の得意ではない地球人が、
          ヽ  ./,二ニソ}       これほどすばやく結論を導き出せたという点で
          _ヽ/  ,-― 、}ノ
         /:;:{'   ノーヘJ:;:;ヽ
        /:;:;:;:;:;|  _,イ{:;::;:;:;:;l:;:;}                   f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
      /:;:;:;:;:;:;:;:;:\_/:;:;:;::;:;i:;/\                   |    ……それかお
       {:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/:;:;:;:;:;:;:;〈:;:;:;:;:\                ヽ___________ 乂_
      ヘ:;:;:;:;:;:;:;:;/:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i;:\:;/ヘ、





366 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:25:32 ID:RgvLSKXg

              __
            ,,.-´    ``ヽ
          /         \
         /    __ノ  '⌒ ヽ      ……やる夫はロボットより人間に詳しいんだお
         |    ( ● )  (● ).|
       /.|      (__人__)  |\      本当に計算に入れたのは、実はそっちだった
      /  ..\          /  .\
    /    / `ー───ー′ ヽ   .\
    \    l |  ∧   .∧   |  ./
    /\   i l  .| .i   .l ..|  / ./丶
    /   \ | . | /  ヽ /  | //   ハ
                                  f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                                  |   どういう意味ですか?
                                  ヽ_____________ 乂_


                 __
               ,,.-´    ``ヽ
             /          \
           /    __ノ  '⌒  ヽ       ロボットを尋問する前に、もう、どっちが有罪か分かってたんだお
            |    ( ● )  (● ) .|
       /,〉/.|      (__人__)  |\      尋問は、犯人を追い詰める材料を探す作業に過ぎなかった
      / /   .\         /  .\    あると分かってるものを探す、簡単な作業だお
    ./,二ニヽ   / `ー───ー′ヽ   .\
  _ /  ,-― 、}l   .l |  ∧   .∧   |   ./
 / |   ノーヘJ   i l  .| .i   .l ..|   / ./丶


                                                          / ̄ ̄\
                                                       /  ヽ、_  \
                                                      (●)(● )   |
                                     尋問前に?            (__人__)     |
                                     どうやって?            (`⌒ ´     |
                                                  .     {           |
                                                       {        ノ
                                                        ヽ     ノ
                                                        ノ     ヽ
                                                         /      |





367 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:25:48 ID:RgvLSKXg



       f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
     . .|  聞くまでもないことだお
      _乂___________ ノ


                               f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                             . .|  真実か嘘か、ってことのほかに
                             . .|  この鏡像にはもう一個非対称があるじゃないかお
                              _乂______________________ ノ



                         , -──‐- 、
                        //⌒`ー'⌒ヽ'、
                     |.l─-、 ,, ,.-─|.|
                      |.|j二。>, く。二:〉|
                    (r||r一 、||, ー、||6)
                 _,. -‐'| || (田田田)|| |`''‐- 、
                /|    | |\. == /!. |    |ヽ
           .    / |,_-;_ /ヽ.|:\` ー'´/:|.∧    ._|. ヽ
              / ///7、 |\``Y´ン/|'  ヽ rくヽ.\ヽ
              ,' |  ' ' /  ! (ノ`゙|'´、)ー| < (\ヽ` |ヽ
           .   ! /ヽ.___,.ィ|  | 彡''|゙ ミ  |  | \  /        
f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
           .  |./     / |  |〃  |  ヾ|  |    ̄          
|  ……年齢ですね
            │      /  |   |  《|》  __|   |              
ヽ_________ 乂_
             ヽ.___/|.  |  <⌒ヽr''∠-z_ |   .
                  |   <.⌒ ll  lll  lll  .>  .
             ___|_∠,´ lll  ll  lll   ll `ゝ_
                    /.イ ll   lll  lll   ll 亅
                   ´ 1  lll  ll  ll ll |
                     ヽ  ll   lll   lll /
                      \, -──- 、/
                   _,. -‐''"´ ̄ ̄ ̄ ̄``'''‐ 、.





368 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:25:59 ID:RgvLSKXg

             __
           ,,.-´     ̄`ヽ
         /  __ノ  `ー \
        /   ( ●)  ( ●)ヽ       そうだお
        |       (__人__)   |         片方は老齢で、もう片方は若い
      /.|              |\
     / / ̄'‐、        /  \
   /  /    .7 ───一′ ヽ   .\
   \ ∧   __ノ ∧   .∧   |   ./




    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( ●)(●)
  |     (__人__)     それがどうかしたのですか?
  |         ノ
  |     ∩ノ ⊃ }
  /ヽ   / _ノ }
 ( ヽ  /  / ノ
  ヽ “  /_|  |
   \__/__ /




             __
           ,,.-´    ``ヽ
         /         \
        /           .ヽ
        |     __ノ  `ー ..|      ……想像してみるんだお
      /.|    ( ●)  ( ー)|\
     / / ̄'‐、  (__人__)/  ..\
   /  /    .7───ー′ヽ   ..\
   \ ∧   __ノ ∧   .∧  |   .





369 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:26:10 ID:RgvLSKXg


        f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
      . .|  突如画期的なアイデアをひらめいた若い男が、
       _乂_______________________ ノ

                            f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                          . .|  長年その分野の権威である老学者のところにそれを持っていく
                           _乂_____________________________ ノ


          /: : : : : : : : : . : /        :' ;:    ミ   |
.          / : /: : :/ : : :彡/ . / . : : .   .: ;'       ミ }
         /://: :/ 彡 : : : / 彡/ 彡: : :ミ 、 ; :;   ミ
             ///: : / : : /. :__/. ::/ヽ:   |\:;       ミ  ′
.            /  /.://: 彡// /:/: :   ミト ;: 、   ミ     /
           / / /:/./┬く:|/ヽ     \|: :'_、 \    ミ/
            |  // {: :|: :ゞく\ハ  /.: ̄: ,: \ }\⌒V            ┌┐
                 l/  : :| : : : ≧く.:} / :.xくア二二ア | /.:}           | |
                    Ⅵ: .  . : ://  ヾ :' ;:     |_/.://           | |
                    ヾ: : : : : ://    ,: ;:     __//.             | |
                 __ : : : : //    .: :'      /:-イ             └┘
             /: : :.∧: : /厶イ__;      /  ハ.            ┌┐
            /: : / ̄ ̄ ̄}l__}l:_:')    /}  : : :.          └┘
.        _ .. -/: : : /   -―‐´┬\\.;     .: :|" / : : l\
_ .. -‐. : : : : : : : : : : : /   ______\;;>ヽ/.: :八/} : : |: :\
: : : : : : : : : : : /: : : : :/   ´      }l   l \_ソ: :   / : : : |: : : : :\
: : : : : : : : : : /: : : : :/    ー―― …ー 、_ソ: : :   / : : : : |: : : : : : :\
: : : : : : : : : /: : : : :/         _. - ―┘: :   /.: : : : :|: : : : : : : :
: : : : : : : : /: : : :_:/         Y´:ヽ/: : : :    /: : : : : : :|: : : : : : : : :
: : : : : : : /: /: |        . : / : : : : : :      / : : : : : : |: : : : : : : :
ヽ:. : : _/: : :|.     . : : :/         /: : : : : : : : :|: : : : : : : : :

                           f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                         . .|   ……いかにも、有りそうだお!
                          _乂________________ ノ





370 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:26:20 ID:RgvLSKXg



      f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
    . .|  ところがどうだお
     _乂__________ ノ

                         f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                       . .|  数々の名誉に恵まれた偉大な老人に
                       . .|  突如画期的なアイデアがひらめく
                        _乂___________________ ノ

 _ _               __
 |主 | 、ノ | --|- ヽ/// ,フ_   |ニ|ヽヽ.ノ ┌┼┐ノ十ノヶ┐斤_.斤           「!
. llll亅|/ヽ l, 丿 フヾ.ヽ c_,ノ ノ 亅|.メ | | ,人亅.ー|‐ノノ亅 |三| つ ・・・・・・・・・ o
      ̄       ’ ̄ ̄           ̄            ´ `
                     ,. -─- 、
                   /./ ̄\  ヽ._ -‐ 、
                  ノ./ー- 、  \_,. -‐- 、  i
                 /./' 、  `ヽ:、\__,. -‐ u ! ! β-エンドルフィン
                / /  | \   !}  v v ,. -=キ十      ……!
  チロシン……!     ,. - .ヽ.  !  ヽ、 |! u  /'´_v| |
                   | ,.‐、| |uヾ:ヽ. o }|`ll ;∠-‐'' ̄,ラ | L_
              | |‐、| | /|ヾミ三シ/ ハ o  ./;; | /ヽ.}
. エンケファリン……! | !._,| | |∧ \_ノ } }u゙ミ三彡'  |./V./
               ,ノ`ー|/ |∨ヽ、l  / .ノ   =' ノ| |l‐//
             ,∠.-┐〈   N\/`\| {__ノ__,/l/! /'ー ' |
        __ ,r(ノ  / |  |  U∨ /ヽ/ゝ-1__|_」/l/〈 ,イ\|  バリン…!
.  /r'⌒`ー-'   ヽ. ,' |  |   U`ー、/ 7~゙|__.|_」/J'/ | |  \
. /  ) キキキ    )   |   ヽ、u   _ ̄ ̄  v' / )、|
/  (    ……!( l  |    | `ヽ、  ̄ ̄ ,. ‐i´  ,ノ  ` ~~~ 、
     ` ー-''⌒ ー- 'l.   ||    ト、  \__,. ‐'´  |   {  ククク…  )
  リジン     │   ||   |ヽ\     r‐;'ニ|   `i ー-~ー--‐'
   ロイシン   |.    |   |ノ' \ヽ._ ノ.ノ| | ト   |  |
     イソロイシン……!   |ゝ'  `Y-‐'´フノ|ノ |  |.  |


                      f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                    . .|  そして何世紀も年下の人物、
                    . .|  彼から見れば青二才のようなやつに、それを相談する
                     _乂________________________ ノ





371 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:26:35 ID:RgvLSKXg

          ____
        /_ノ  ヽ\
      / ( ●) (●)、
    /::::::::⌒(__人__)⌒\      こりゃ、ありそうにないお!
    |      |r┬-|    |
    \       `ー'´  /
⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ
  \ ヽ  /         ヽ /
   \_,,ノ      |、_ノ




   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)     そうですか?
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   .>    く
   |     |
    |     |




    / ̄ ̄ ̄\
  /        \
 /    ─   ─ ヽ      そうだお
 |    (●)  (●) |
 \  ∩(__人/777/      それに……
 /  (丶_//// \





372 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:26:46 ID:RgvLSKXg



         f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
       . .|  もし若い男のほうに盗む機会があっても、
       . .|  その分野の偉大な先輩のものを盗むかお?
        _乂____________________ ノ



                            f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
     ____                . .|   それは考えにくい……
   /      \                _乂_____________ ノ
  /  _ノ  ヽ__\
/    (─)  (─ \
|       (__人__)  │
/      ∩ ノ)━━/【】[] シュボッ
(  \ / _ノ´.|  |  □
.\  "  /   |   二⌒)
  \ /

                            f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                          . .|   一方衰えを感じている老人が
                          . .|   自分よりも格下の人間のアイデアを盗む……
                           _乂_____________________ ノ



                             ..,;'   ,;'
                           .;'゙   ,;
              __          ;'゙   、゙
            ,,.-´    ``ヽ        ';,  、'゙
          /         \      '; :;. ,;'゙
         /     __ノ  '⌒ヽ     ';゙;...;'    そして、名声の最後のチャンスをつかもうとするのは、
         |      ( ●) ( ●)   ./'゙''''゙       どこにだってありそうな話だお……
       /.|        (__人__)./´二//⊃
      /  ..\         /  '‐、二ニ⊃
    /    / `ー───―/    ´ヽ〉
    \    l |  ∧   ∧    __人〉
    /\   i l  .| .i  /´  `ー'〉  \
    /   \ | . | /  | /     /    ハ





373 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:27:00 ID:RgvLSKXg

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー)
.   |     (__人__)
    |     ` ⌒´ノ
   .l^l^ln      }
.   ヽ   L     }
    ゝ  ノ   ノ
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ




     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/       そういうわけだお
|       (__人__) l;;,´|
./      ∩ ノ)━・'/        想像してみれば簡単だお
(  \ / _ノ´.|  |         年取ったほうが有罪って簡単に分かる
.\  "  /__|  |
  \ /___ /






   / ̄ ̄\
 /       \
 |          |
. |         |
  |          |
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽニニニニノ 、_
  /::::::::::::::::::::: ̄`ー
  ヽ:::::::::::::::::::::::ーt-.._:
   ヽ::::::::::::::::::::::::i





374 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:27:10 ID:RgvLSKXg

       , -――-、
     /      \
    /::::::::::::::     ヽ
   /::::::::::::::::::     ヽ
   |::::::::::::::::::::::    /
   .|          /
    \        /




           ____
         /       \
        /   ─   ― ヽ
      /    ( ●)  ( ●)'
      |        (__人__)   |
      \       ` ⌒´  ,/
      /      ー‐   ヽ




   / ̄ ̄\
 /    _ノ \
 |::::::     (● ) )      もう、お暇しなければなりません
. |:::::::::::   (__人)
  |::::::::::::::  `⌒´ノ     お会いできてよかったです、パートナー・イライジャ
.  |::::::::::::::    }
.  ヽ::::::::::::::    }
   ヽ::::::::::  ノ
   /:::::::::::: く
   |:::::::::::::::: \
    |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)





375 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:27:28 ID:RgvLSKXg



                      f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                      |   いずれまた……
                      ヽ___________ 乂_



      ──────────────────────────────────────

                                   __      _,. -‐' ¨´
                                  (_,_` `ーく^ヽ
                                  (⌒ー " ,.(    ヽ ヽ
                                   (⌒r-ー ソ     _Lj
                                    (⌒r--,,     /ヽ
                                     ヽ⌒_-ー´"    `¨´

      ──────────────────────────────────────



                             f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                             |   すぐにお会いしたいものです
                             ヽ_______________ 乂_





376 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:27:44 ID:RgvLSKXg


         f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
       . .|   …………
        _乂_______ ノ


                              f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                            . .|   申し訳ないけどダニール……
                             _乂________________ ノ



    ──────────────────────────────────────
                                                    _ -―
          、_                                   _ -‐
            _ >一ー―――- 、__       , ---―- 、     _ .. -‐
           ̄                }  _ -‐ッ'       `ー--、}
                         「 ̄  「   ,.-、        ',
                         |     }   /  \       、
                           i     jノ ノ    `丶、    ヽ
                        |    `゙´        ヽ     }
                        /               ヽ   |
          : . . .            /ヽ, -‐-、,r"ヽ         丶 .ィ´:、    . : : : :
          : : : : : : : : : : / 〈 ⌒/ ゝ /⌒ヽ    ヽ  ∨ 、: 、. : : : :_ .. -‐  ̄
           ̄ ―-  __: : : : /   `´{  /   ∠、 \  \__ノ  \}_ .. -‐ "
                   ̄ ―┘    `¨´、 /- /丶、 >‐'
                              `゙'、__/`--' ̄
    ──────────────────────────────────────



                     f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                   . .|   すぐには、ごめんだお!
                    _乂______________ ノ





377 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:27:55 ID:RgvLSKXg



               ,ィニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニヽ
               ||┌─────────────────────.┐.||
               ||..|爻乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂爻| .||
               ||..|爻イ只二二二二二二二二二二二二二二二二二只ト爻| .||
               ||..|爻イ.|. // //                            |ト爻| .||
               ||..|爻イ.|// //                          |ト爻| .||
               ||..|爻イ.|/ //                        |ト爻| .||
               ||..|爻イ.| //                            |ト爻| .||
               ||..|爻イ.| /                          |ト爻| .||
               ||..|爻イ.|                               |ト爻| .||
               ||..|爻イ.|                               |ト爻| .||
               ||..|爻イ.|        ミラー・イメージ            |ト爻| .||
               ||..|爻イ.|                               |ト爻| .||
               ||..|爻イ.|                               |ト爻| .||
               ||..|爻イ.|                              |ト爻| .||
               ||..|爻イ.|                               |ト爻| .||
               ||..|爻イ.|                               |ト爻| .||
               ||..|爻イ.|                          / |ト爻| .||
               ||..|爻イ.|                            / /|ト爻| .||
               ||..|爻イ.|                        / / .|ト爻| .||
               ||..|爻イ.|                          / /  |ト爻| .||
               ||..|爻イ.|                            / /   .|ト爻| .||
               ||..|爻イ.|                        / /    |ト爻| .||
               ||..|爻イ.|                          / /     .|ト爻| .||
               ||..|爻イ.|                      / /      |ト爻| .||
               ||..|爻イ廿二二二二二二二二二二二二二二二二二廿ト爻| .||
               ||..|爻乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂爻| .||
               ||└─────────────────────.┘.||
               ヽ ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニノ





378 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:28:29 ID:RgvLSKXg



         【登場人物/キャスト】

         ○イライジャ・ベイリ……やる夫

         ○R.ダニール・オリヴォー……やらない夫

         ○年老いた学者……鷲巣巌(アカギ)
         ○年若い学者……赤木しげる(アカギ)
         ○船長……黒沢(最強伝説黒沢)

         ○召使ロボット……先行者





380 名前: ◆NC1vVUvj.k [] 投稿日:2011/07/23(土) 21:34:38 ID:RgvLSKXg

本日の投下は以上です

次回から本編に戻り『夜明けのロボット』第1話を投下したいと思います
では見てくださった方、ありがとうございました





386 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/07/23(土) 22:05:18 ID:yGNRF9XI

人間観察の経験がものを言ったわけですなあ





389 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/07/23(土) 22:53:58 ID:4PbZLWro

しかし、ダニールは相変わらずというか
ときたま思い出したように唐変木になるなあw





381 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/07/23(土) 21:38:14 ID:bWaJQrMs

夜明けのロボットもラストが凄いので今からワクワクして待ってます





385 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/07/23(土) 22:00:10 ID:.d8JzcdM

こっそり伏線を張ってるのを見逃しませんでしたよw









投稿日 : 2014/11/03 | カテゴリ : 銀河帝国興亡史 | コメント数 : 3
■コメント一覧
  • No.26759 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2014年11月03日 12:23 [ edit ]

    うーん、渋い
    ただキャラ割当からも嘘つきがどっちかバレバレな気も



  • No.26760 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2014年11月03日 14:59 [ edit ]

    どちらが嘘をついているかではなく、
    この事態をベイリがどうやって解決するかが主眼なのでこれはこれで良いんじゃね?



  • No.26822 名前:イルボン速報@名無しさん 投稿日:2014年12月10日 18:12 [ edit ]

    ピーター・フォーク主演で短編映画化してほしい感じ
    ダニールはニモイさんかな



■コメント投稿
     行間隔の関係でアスキーアートを貼りつけてもズレが酷いことになりますので、
     アスキーアート付きのコメントは削除する方針です。
     荒らしの書き込みに対してレス・言及しているコメントも削除対象ですのでご注意ください。
プロフィール

管理人 : 「ピチカー党員No.11」こと金ニダリスト

       ___
      |それ金|
    z'| ── 、
    / ハ ヘ u ヽ
  人/ノヽ ミ=‐...|_     生活の中心が株になっとる
    }≦ u 爻r.j. |彡}
  (  u  リ У{三≧
   ` ー─t r三勿 {气}
      厂 ̄(三)  `气


◆カウンター(ユニーク)    ◆カウンター(トータル)
       


全記事一覧

RSS

管理モード
ツイート
最新コメント
最新記事
まとめ記事
【歴史系】
【物語系】
【ゲーム系】
【学ぶ系】
連絡先はこちら

苦情・相談などありましたら、
下記のメールフォームにてご連絡ください。
(ファイル添付可能)

連絡用メールフォーム

貰い物紹介

TOP画像募集中

  

ダンジョンマスター作者様からいただいた逸品。
カナ、マジプリティ!



  

  

帽子屋HeII0様からの贈り物、しかも二枚!
各作品に対する愛情が伝わってきます。
帽子屋HeII0様のブログ - 「-simulacra-」

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
© それにつけても金のほしさよ All rights reserved.
まとめ