■新・やる夫の関が原戦線異常アリ 第2部 その8 「前夜祭再び」
213 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 21:01:30 ID:jVU9veXs

慶長元(1596)年 12月
秀吉より 朝鮮半島への渡海の先行を命じられた加藤清正は
領地である熊本を出立し名護屋城に到着した


         , ‐ ´. .::::::::::::::::::::::::` ‐ 、
.       // . : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.、
     /. :/::::::::::::::::::::::::::::::::: i::::::::: : \::\
.     //. :/::::::::::::i :::::::::::::::::://:::::::::::::\:\::\
    //::::::l:::::::/:/{ :::::/:::::::://:/::::!::::l:::::::ト:::::ヽ::::.
.   l:l::::::/|:::::ハ/∧:V:::/:::/::::/::::/:::/::::::/::ヘ::::l::::ハ
.    |:l:::::::::|:::::|::!::::∧:V:::/::::/::::/:::/::::::/|::::::|::::|::|.!|
.    |:l:: |: :|:::::l::|::/:::ヘ::V::///:/ ::/:::|:: /!:: | l ||
    l::::l:::::ハ:::|∠:ィ7:::Y:/::イ::z≦ィ:::/::/::ハ/:リ |!
.    l::|:::::小:Π:/l/-=彡1 /艾ァテ`シ_:ィfチ::/:/
    V::l: :!::l:|い小/|:ハl:|/  `´    { }ノ´
     Ⅵ: l:::::`爪|            〈
      }:!: |::|:::l::| \            ‐ _ノ
      ぃ::|::|:::l::|   丶    __, ,/   …………
      |:∧l\:{    \       /
      l′丶 ヽ     ト、_,ノ
     /           ,′
.  /\.____     人_
/  `-――‐‐- 、` ‐ 、  >、x‐ 、
          \     `ヽ ヽ、  | |   \  ← 加藤清正
          \    \ ` ┘!  \ \


しかし 清正の心から5年前にはあれほど燃えたぎっていた
半島侵攻に対する情熱は 既に失せていた





214 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 21:03:10 ID:jVU9veXs

             , ,. '    _,,,,、、yッ‐'´
              ,r/, _,、-='"´:::::::K..,,,,,,,____  __,,,,.....
         / ,、イシー''"´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄::::ン'"´
       / /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,、-'"
       ソ,:'::::,::::::::彡=::::_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'=ェー   _,.
.       il!'::::ソ::, ェ=-ニ '゙:::::::::::::::::::::::::::::-ーニ三::::::::::::::::::::`ミェ<´
    ,..=゙::!:::レ:':::::::::::::::::::::::::::::::::::::三ニ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::`=ミ云ミ'=、、._
   ,r'^チ;::::::::ー=ニニ  ニ==ー-:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ォr'''`゙゙゙'''ー-、
    メソヘ、:::::::'::.:.,::::::':::.:,::::::::::'.::.::.,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、゙ヾ、
    イ!l ! !::ヽ、::::::::::::::::::::`::::::::'::.:.,::::::ヾ、:::::::::::::::::::_::::::::::::::::::ヽミキ=;'''`´
   ル'|.l!::l!::::::i:ヽミニェー- 、、、.._::::::::::ヽ、::\三ニ二_::::::::::::::::::::::::::ヽ=ー___
.  ソ .i.:::!::',:',:::、:::::::::;::::::、:::::::::、、::::::::::::::::::::ヽ、::::::::::`:::::::::::::::::ニ=二''"´
.  /  !:从::'.,:::!ヾ、:::::ヽミ ニィ弋;ッ'y、ヽ::::::::::::::::ヾ:::::::::ヽ:::::::::三天_ ~
 ノ  り !l::::ヾi゙代ッ、-::ヽ`  、 ノ   ゙i::、::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::ミヽ、
    !' !':;::ハ:;ゝ=‐  `゙`'‐      !:l メ、::::::::::::、,、:ヽ:::::::ヾッ、ヽ
.   ノ.   ヾ','!リ丶 |           !i,i: `ヾ、:::i 'i ゙ヾミ廷=-ヽ
   '     `、゙ャ、. ヽ、 ‐       リ'    ゙リ>・'"    ``ヽ、.,
            ` i! ヽ ___     /   ,, -'"           `ヾヽ,
          !  ゙ヽ`ニ´    /::   /´ '""'ー-、゙_ヽ、      `ヾ、
               `ヽ. __,. '^`'‐=./'´        `'ー゙ミ、,     \
福島正則 →             /             ゙'ヽ、    ヽ
                     /              \ ヽ,     \


清正にとってまずショックだったのは 自分が朝鮮国に在陣している間に
福島正則が今治10万石から清洲20万石に大出世を遂げていたことであった





220 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 21:10:32 ID:h5l0MXSk

正則の方が出世は早いのか。
なんか新鮮なイメージだ。





216 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 21:04:59 ID:jVU9veXs

.         /::::l:::l::、:::::、:::::ヽ::、::::::::::::\:::\::::::::ヽヽ::::::ヽ
       /:::!::::i:::!:::ヽ:::ヽ::::::ヽ::ヽ、::::::::::\:::ヽ:::::::ヽヽ::::::',
        /:l::::!::::ヽ!::ヽ:::::::ヽ:::::::\:::ヽ、::::::::ヽ:::ヽ::::::::!::i:::::::!
       ハ:::l:::::、::::ヽ::::\:::::\:::::::\:::`ヽ、:::ヽ::ヽ:::::!:::!:::::l
     /:::::::l::::::!ヽ:ヽ::::、:::::ヽ:::、:\::::: \::::::\::::!::::ヽ:!:::i:::l:l
     !:/!:::::!::::::!::ヽ:ヽ{:::\:::ヽ::::\:::\::ヽ:::::::ヽ!:::::::}!::::l::li|     信長公由縁の……
.     j/:::l:::::!:、:::!::ト、:、:ヽ:::::`ヽ{、::::::\::::\{、::::::::::::::::i::!::l:l !
       l:i:l::::i::i:、:l::lテ=-、:ヽ、_、::\_,≧ェュ、_、\:::::::::i::li::!::リ     しかも僕たちにとって故郷である
      !ハト:{:!:i:トN{、ヒ_ラヘ、{ >、{ 'イ ヒ_ラ 》\::l::!:ト!!:l::l!
      ヽ i、ヽ:ト{、ヾ ̄"´ l!\   `" ̄"´  |::!:l::! j:ll:!      尾張の領地を与えられた正則に比べて この僕は……
.         !::、::::i      l             u |:::/lj/l:!リ
        ヾト、:!u                 j!/ j|:::リ       まるで半島侵攻のための消耗品扱いじゃないか
          ヾ!    ヽ  ‐       u /イ´lハ/
            }ト.、  -、ー-- 、__      /' !:://
             リl::l゛、  `二¨´    /  |/:/
         rー''"´ト!::i{\       /  / !:/
        / ^ヽ  ヾ!  ヽ _,,、'´    /  j/


さらに清正に衝撃を与えたのは 太閤秀吉の変貌であった





217 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 21:07:05 ID:jVU9veXs

斉藤道三に仕える下士であった清正の父は
合戦で負傷の後 武士を諦め帰農または鍛冶で生計をたてる身となるが
清正が幼少の頃に死亡

          __
      _,. ' ´      ` 丶
    / /   ヽ  、       ヽ、
   // i     ヽ、ヽ   ヽ、   ヽ.
   l/ | l、   i ト、ヽ. \  lヽ.    !
  / 卜、 \   l l l \ ヽ、i l   i
  l i l lヽ、ヽ、!j l ヽ.__`_‐ 二ニ=- l
  !l ! ヽ ヽ、\丶、`ニ=‐、'´   l |  i l
  |ヽ.ヽ、l\_二、\_!`ヽj_ヽ、l / /! /
  l ト、ヽ| lT:::::lヽ、_ゝ  l::::::「| |/ // /
  Vヽ.ヽj ゙┴'      ヽ-'" レ'/ /
    \ト、           ノ'´/
      Vヽ、 __  ̄ __,.-‐イレ'′
          >゙フ弌´ゝ、`^′
          /`l'〉::lY´ l`ヽ、
         / / |l::||   i  !
        / /l |l::l !    l   l
        / /l  |l::l |    l   l、
      て)ノi  lV-|    {-‐')
         `‐t'ー-`ー‐‐'T´ `¨
             l   l|  l    ← 清正5歳 幼名:虎之助
           |___l|__l
           'ー‐‐'´ー‐'′


永禄9(1566)年 清正は5歳のとき
母が秀吉の母と旧知(かつて隣人であったとも従姉妹とも伝わる)だった縁で
秀吉に養育されることとなる





218 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 21:08:13 ID:jVU9veXs

親類縁者の少ない秀吉が
将来の譜代家臣の育成のために清正や正則を養ったとよく言われるが
実際のところ秀吉にとって これはそれほど深い意味のある行為ではなかった

          _,,,..-.ー.─.-.-....、._
     二ヽ,,..::"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:..、
   /::::::::``:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::ヽ
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ:::::::::::ヾ:::::\:::::::::',
 /:::::::::::::::i:::::i!::::::::::::::::ヾ:::::,,∠,、_:::::\::::\:::::',    だいたい俺は
 i::::::::::::::::!:::::i i:::::::::l::::::::イ\\\:::::::::\:::\::',
 l:::::::i::::::::!::::i,,ゞ;::::::::i:::::::::l  >≧r、\::::::ヾ\_::>  譜代だのなんだのと
 l::::::i!:::i::::l;/i ._,,\::::!、::::::l   辻ヾ〉 \:::ヾ)::::>
 i:::::ハ::::|::::l:::i〈`(ヘ\! \:',   ゞ-′  ラ∨/"´   言えるような立場じゃないからな
  l:::i l:::|::::lヾ、 弋i;) ヽ  \      ┌::ソノ
  ∨ l::::l::::l:::\ "           ヘ::::/
     \|\!\  ′          ∨
      ヾ ヾ 、    ‐-    ,   ゝ、
          `  、      , ′  /  \_
              ` ー <  /´    /::::: ̄`ー-
               _ノ´∧_∧    /::::::::::::::::::::::   ← 当時30歳
          :::::´ ̄/ /〈::ヾ∧    /:::::::::::::::::::::
          :::::::/  / ノ::::〈 ヽ  /::::::::::::::::::::


当時の秀吉は 織田家の単なる一武将であり
その織田家も ようやく美濃稲葉城攻めの目途が立ってきたという
まだまだ群雄割拠のなかの勢力のひとつに過ぎなかった





219 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 21:09:36 ID:jVU9veXs

さらに言えば 秀吉と正室・寧々との間には確かに子供はいなかったが
この時の二人は結婚して5年目
寧々の年齢は諸説あるものの高く見積もっても20代前半
まだまだ子供を諦める年ではない


       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:i:.:|Wwハ.:.:.:.ヽ.:.:ヽ
      /.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:/.:.:/i:.:|    !.:.:!:.:.:.:.:.:.:',
.     /.:.:/.:.:/.:.:.:.:.:/.:.:.:.:/.// !.:,'    i:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:!
     i.:.:/:.:/.:.:/.:.:/:.:,.斗 //  i/ --、  i.:/:.:.:.:.:.:.:!:i
     |./!.:.:!:.:.:!.:.:/イ  //  /    `メ、 |..:!.:.:.:.:!:|
     | |.:.:i:.:.:i.:.:| |斗≠  /   ≠=、  |:.:!.:.:.:.:!:|
     | |.:.:i、.:i:.:|./ト:::::::i}      ト::::心、!:/.:.:.:.:!:|
     ヽ |.:.:iヽ:ヽト v':::::}|      r':::::リ |/:.:.:.:/!.:|
       |イヽ..\ト. V少      vニソ 厶 イ:.:.!.:|
      / |:.:.:.:.:.:.:ハ  :::::   、   :::::  /ノ:.:.:.:.:.:!.:|
      / |.:.:.:.:.::!:.!ヘ、   r  ァ    /:.|.:.:.:.:.:.:.!.:|
     /  |:.:.:.:.:.:!.:|.:.:.>、       ィ´:.:.:|.:.:.:.:.:.:.!.:|
     /  |r―‐-、!:.:.:.:.:.:i`  、.  '´|.:.!.:.:.:.:.!.:.:.:.:.:.:.!.:|
    /   |    |!_, ィリ      !\.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:!.:|
.   /   /|    |i  /       !  ヽ!:.:.:.:.:.:.:.:!.:i
.   /   /_|/ ̄ヽ||  |        |   |:.:.:.:.:.:.:.:!ハ  ← 秀吉正室 寧々
  /  ./::::|    |ヘ !ー-、  , -‐/  /:.:.:.:.:.:.:/::::::\
  /  ∧:::::::|    |:∧ \     ./  /:.:.:.:.:.:.:/::::::::::::∧


秀吉と寧々が 清正らを引き取ったのは全くの善意からである
そして善意であるが故 二人は愛情を持って清正らを育てた





221 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 21:11:49 ID:jVU9veXs

物心つく前に実父を亡くした清正にとって 秀吉は本当の父親も同然であった
それも 織田家中で驚異的な大出世を遂げ やがては天下までも手中にする理想の父親であった


:::::::i::::::::::i::::::::::::::::i:::::::::::,'、==ミ::::::l::::::::::::::::::彡=ゞ、::::::::i::::::::::::',:::::::',:::i              __
:::::::l::::::::::l:::::::::::::::::l:::,/    ',:::::::::!::::::::::::::::::::l  ',`"ヾソ;::::::::::::i:::::::::',:!          _,. ' ´      ` 丶
:::::::!::::::::::!:::::::::::::::メ´::/     ',:::::::l;:::::::::::::::::::i   ',:::::::/ ヾ;::::::::l::::::::::',        / /   ヽ  、       ヽ、
::::ハ:::::::::ハ::::::::::::::,' ';:;' _,,,、、,,,_ ヽ':,::::lヾ;::::::::::::::!_,,,、、,,',::/   ';:::::::!::ヾ;:::i       // i     ヽ、ヽ   ヽ、   ヽ.
::;' !:::::,'::::l::::::::::::i 彡""´`゙゙゙`゙'' '.;:! \:::::::ヾ"´``ヾミr、  〉::::ハ:::::入ゝ      l/ | l、   i ト、ヽ. \  lヽ.    !
/  i::::i',:::::!::::::::::ト `"        ヽ  \:::      `´ /ヾ:::) //       / 卜、 \   l l l \ ヽ、i l   i
   ',::i ',:::::';::::::∧ ::::::::::::::::::::::        ヽ::::::::::::::::::::::,'ソ:ソ',ソ::::::>     l i l lヽ、ヽ、!j l ヽ.__`_‐ 二ニ=- l
   ヽ ':,:::';::::iヘ', :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:    、     :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,///ヾ<        !l ! ヽ ヽ、\丶、`ニ=‐、'´ヽ、 l |  i l
       ∨∨\                     ,ソ::::!/""´´       |ヽ.ヽ、l\ ヽ、ヽ._l`ヽ、.1´ ̄l l / /! /
           ',     `∀ ̄ ̄ ̄ ̄∀´       /へ;:::|          l ト、ヽ| r弌メ、 \_ゝ,ィチ7 |/ // /
            ヽ     ',         ,'      , '   ヾ          Vヽ.ヽj  `ー‐'    ゝ-'′レ'/ /
            ` 、   ',      ,'     , ´                 \ト、 /// ___ /// ノ'´ノ
               > 、 ',     ,'_  <く__                   Vヽ、. __ `‐‐'__. -‐'´リ′
            <:.:.:.:.:.:| >二 二< |:.:.:.:.:.:.\                      >゙フ ̄〃ヽ.`^′
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\                   //\_/il.:.:.:i


父親としての秀吉は喜怒哀楽の激しい男であったが それはしっかりとした土台の上の感情表現であった





222 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 21:13:34 ID:jVU9veXs

     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
     /: : : : : : : : : : : : : : : : :.、: : : : : : : : ヽ
.    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V
  < : 」_: : / 〈  {} |/  レ  {} }|:./ヽ: : |
  <:: |. 小{   _,,.. -    、-.,_  レ{: :.|ヽ:|
   厶ヘ ハ   ( (    、  ) )  {ハ/ V
      \_!   ) ) _ ' ( (   !
        ヽ  ( ( /   `t ) ) /      おお 清正……
      ___,r| \  {    / /
    /:/::::| \  ヽ `_⌒ ィ ´          よく来てくれた……
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、
::::::::::::::/:::::::::∧    /二\ |::::::ヽ::::::::::::\
::::::::::::/::::::::::::::∧ヽ  /: : : : :}ヽ!::::::::::〉:::::::::::::::!


しかし この夏4年ぶりに再会した秀吉は ただただ感情を垂れ流す老人と成り果てていた





226 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 21:17:17 ID:xM6FnKWo

老いるって哀しいのう





224 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 21:15:56 ID:jVU9veXs

     / {  ヽ、 ii  l/\ヽ \! 、 l  ヽ\  !  l
   /〃グヽ  ヽリ  i!  lヾ、  ヾ !  ヽ \l   l ト、         世界に武名を轟かすのは僕自身の夢でもある
   / /!. / \  \i|  K `ヽ、 ヽ |   i、  ヽ  li :
  /l /,ィ"/ /| ヽ、  \/::ヾ  |:::lヽ i l  lヾ ヽ  l!          殿下が朝鮮国の支配を望むのなら
  ! i リ::|/l / ヽ l  `ヽ、  ヾヒ、 i::!、`,/| i  l:::ヽ ヽ、 !i
 l l K::l i / /ヲ  !  | ,:\,,_ ゙ ヽ::.. リ l '  !  i l, `i.          それは叶えてあげたい
  リ l |!l ノ / ,个、  l ,'::" _二≧、`ー、 i l ト、  l !  ;
 1i/! l | // l |! ヽ  //九:ノ  》ヽ l^l ! | ヽ、 \l ::..          確かに時間の掛かることではあろうが
  l 〉.|l .リi ド::;; ,ヘ, i ./: _,,ェイ",〃~\!Yi ト,liヽヽ ヽ  ;
  リ/》 lヽ |、 i !::ヽ| ハ''"       l !l l:::::| ヽ\ ヽ ;          僕ならば それはきっと可能だ
  |ヘ、リ i ヘ/ ヽ.l  リ          |i l ::::l ク、l\i t..
  / |!ヾ;/    `            !| i  ::l l::::l/:::ヽi i ::... ..       だけど……
  i  |>"                  l /   i l  l  :::リl / / ヒ/ {:::::r
  !  《    _               レ   i/    :://l |!  ヾ::ィ
    ヽ、  `^ ̄ヽ                /    ノ-"^ノヾl l   ti
     ヾ、                         ///  :|      .:::
       l ヽ                       /        _/:::::
       !/, -―- - 、 ,,__                        /^::::::::::::





225 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 21:16:49 ID:jVU9veXs

          ____  _,.-==-- 、
     ...-‐=三ニ≧弐ニミ´三ニ=-、
   /:,::::‐:'´/::::::,イ::::::∧:`:、`:、=:ミ、`::.、
  .::'::/::,:イ,イ:/::::::/i|::::::':::: ヽ:::ヽ:::ヽ:::ヽ::::\
. /:::/::::::'::::///:i:i:::': !|i:::i:::i:i::i::\:`::、::\:\::::::、
/:::/::::/::::/,イ':::i:l:::::::/!|:::|::l l::|:::、:::\::\:::ヽ::ヽ: 丶
:::/::::/i::://::l::::l:!:::::/::ハ:|::!:|::ト、:::\:::',::、:丶::丶::、: ヽ
/::: /::l:::'/:i::|:::l::::::;':::i:::::l:|::::|::|小ト、::ヾト、:ヽ: ',:::i、::i::::i
:::::/::::l::i::::;斗、!::::,i:::l::::::; |::::|:l/:::|、 ` 、!:::i:: i:ハ l::i |ヽ!
::::'::::::l::l::::' r 、!: /:|::l::::/:l:|::::!!: /|!=≧、ヾl::::l':::!|:::!:|:::|
:::::::::::|:|:i::i { !:/:/l:l: /: ハ!:: Ⅵ:八 {{ }!ヾ!::/i::: |:::: !: !
:::::::: i|:|:|::l y/:/:/l| ' / i∧::l {′ ヾ  }ハ. |::::|: /}:/
 ::::::!|:!:|::|V/l/ '. |::/ /' ヾ!.       '  、::::!/::::'
  ::::::!:::|::l::i: '    !'  U             V,'/    殿下の心と身体は……
   :::::::l:il:l:' i                ,   ノ´
   :::::|| |!. 、                r ´        それまで もつのか?
     ::ll {.  \          - ― 、‐'
     :!.     ヽ          _ノ
            、        /
          、.   , -‐丶   _ ′
         \イ \    ̄
          \.  ヽ


『 新 ・ や る 夫 の 関 が 原 戦 線 異 常 ア リ 』





227 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 21:18:03 ID:jVU9veXs

<第2部 その8 前夜祭再び>


同じ頃 筑前名島では稲葉正成の差配により 戦支度の真っ最中であった


            , '´                     \
           //      ,イ           \
           / /        / / l l            ヽ
         / /   ./ /ィl .イ l  .! ト               ハ
.         / /   ./ /ハl/ i l  ヽヽ\'、、           l
         /.  l   十ナ-ェ、_ リ    __X‐弋\   \   l     小早川家に課せられる動員数はおそらく1万
      /// l l  l V,ィ示`   ` ´ rァ‐-、ヽ、 \ \  l
.      // j  :l l  ト、{ h:::::}.       h::::::::i:l ト  ヽ ヽ.  ハ    人夫の徴集 兵糧の確保 武器弾薬の確認
     // .j   :l l   ハ. 、ノ::リ       ,_ノ::::::リ’ l l\ ', ', l ハ
    /   .l   l |i.   l -ゞ'’,       ゞzッ’ j i lノ \ ! l  ハ   やらなきゃいけないことは いくらでもあるわ
       l l /.|l |  l "          ""    ノ l l_ノ ,入i l   ヽ
       V / l| | 小     ⌒         ./ /ム-'  l    ヽ
.       //    l //i \             / / /             ヽ
       レ    j // |レ ’. > 、       _.  _/ / /               ヽ
              レ/ / ,へ  ヽ---ェニ-‐'フ /7/   i             \
           /'/ ィiヘ  \/ニ-===ノ /ヲイ   l l            \
        //' / |Lヽ-ニニヽ\  // ̄li l  l .l            \ ← 小早川家家老 稲葉正成
     -―//‐'   /     \ V'/     | l   l l             \
   //¨フ/    /        〉ハヽ    | l  l .l              ヽ





229 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 21:19:09 ID:jVU9veXs

             __
          ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
      ,!;;;!゙`''~^~ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
      |;;;|      ノリ     ミ;;;|
     _ゞ;! r─-- 、  ,rェ--- 、ミ;リ
      !ヘl;|. ぐ世!゙`` ,ィ '"世ン 「ヽ      よう 忙しいところ悪いが
     !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ
     ヾ、!      !;     ,レソ       ちょっと時間をくれないか?
       `|      ^'='^     ム'′
       ,rト、  ー- ─-:  /|
    _../ i| \   ===   ,イ.:ト、
    /  i| ゙、\  ;   /リ.:;!:::\、_
       ゙!  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::|::::::::::\   ← 小早川家家臣 平岡頼勝
        ゙、      :::/::::::|::::::
    `ヽ、  ゙、     ./  .|  ,-、、




           ,  ‐ ´  ̄ ̄ `ヽ、
          /     、    、 \
          ,.'./  .:/ ;小:.. ヽ:. :\:.:.ヽ
.        //:.:.:.:/.:./:. ./ i ヾ:.:.丶:. ...ヾ:ー'、
       //,':.:... :.:厶:./- ヽ 弋:.‐\:.:.:. 丶:\
         ! |:l:j:.:.:´/ ィ天t、   ィ天女、-、:.. ヘ、:.ヽ
         ! | :.!.:.:.:ハ´ち;;;j    ち;;;;j !K }ヽ:.、.! ヽ!
         ヽヾj:.ノ小 `::::.   '  ::::´ ハイ: |`リ  ノ   ん? いいわよ別に
       、_ノイ:..:.:リ;:ゝ-‐っ ー-   イ:.l::|:. i |
      /´/:.:/ ‐<>.、 _., .イ_.l:.:l::|:. i |
     /_/∠ ァ┐l !ノーソノl  ̄ ヽ、」::|:. .:i:ハ
   , ./´   `∨イしリ  / ハ  / ヽ ̄`ヽハ
  / |====、∧/  >‐/{ヽ‐‐<   l    l ヽ  r/7-、_
, '   /     / /   7〃 {{ヾ〉\   |/ ̄ |  厂し' / /┐
.   /     / /  /   {{.   \  |    | ,/=(_/_/_,人
   |     / / イ    o. {{       \|    l/     'ヾ、/





231 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 21:20:06 ID:jVU9veXs

            ___ _
         -‐''"´ ̄ `  `''ヽ=、
     ,.‐''"´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   r(:::::::::::::::::,、_ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::
   ゞ, rr~ヅ   ミ:::::::::::::::::::::::::::::::::
    フハ       ミ::::::::::::::::::::::::::::::    すまんな……
.    l __,,. -─¬,〈::::::::::::::::::::::::::::::
     〉゙゙`'''Tjフ ̄   ヽ::::::,ィ ,、ヽ:::::::    あんたからは ひとつ
.    /   ,.‐'"      }:::/ /ヽ ハ:::::::
    /..             "´ 2ノ/ l:::::    どうしても聞いておきたいことがあるんでな
.   ヽ.ニ,`           __/ :l::::
.     'ーr_‐;ァ       ィ    l:::
      〈..        /:{      ヽ
        `}     /:: ! i
        丶、,、. イ::::::    !



            _ _ ___
            ´       `ヽ、
          /            \ヽ\
      , '             \.、ハ
.     /     l { : .\: .\\   `ー廴_
.      ,′ /   .八!\ト、斗匕 ̄ヽ、   \\
     l l |    {.ト、\ \ ,ィ斗ェ=ミァ 、_ヾ: . ハ ヽ
     | ! ||  .ィT弋, \  ゙Vュ:::::;Y´り: ハ :.リ  )  あら
.      !.! |l    i|         `辷ツ !Y. ; :jノ
      .l ハ 、 : :小 /⌒     :::: ノ:.ハ: : ; :\     改まって なにかしら?
.       乂 ハハ. : :l;ヘ、:::  `- '  /V: :ハ : ; : : \
        ノ ノノ}: :リ : i:`::ー―、‐', ィ´⌒V:廴.; :ヾ: :\
           ノ.:/. : .!: i : i ::「 V ヘ  ,ィ》ー‐'i⌒\ : \
.       /イ: : : ィT!  ̄く≫|i }≪/   ll.|    〉 : : '.,
.           ,!: /´ V《  l二ニ{_}ニコ    ll |  / }\: :ハ
        ,′{ \ V《   |_/ |\_|    》/ /  .|: : .:, :ハ
        ,′:.|  YV《  // | V   》/ !    !\:ハ: ハ
.       /: : :∧   !. V《//   !  V .》/  |   |: ハ:ハ: |
.        /:/ : {    .|  V/_  o|  V》/  .,′   .!; : :.| :!; !





232 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 21:21:00 ID:jVU9veXs

                        __
                   ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
                     /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
                  /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
                   ,!;;;!゙`''~^~ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
                 |;;;|      ノリ     ミ;;;|
                _ゞ;! r─-- 、  ,rェ--- 、ミ;リ    あんた……
                  !ヘl;|. ぐ世!゙`` ,ィ '"世ン 「ヽ
                  !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ    宗永殿が家老を探しているときに
                 レ' ̄`つ      !;     ,レソ
           /,ィ='/仁,ヽ     ^'='^     ム'′    自分から手を挙げたんだってな
          「 ´_,ィ//‐,、ヽ.   ー- ─-:  /
          l ´二,ゞ',\;T´\   ===   ,イl       ……なんでだ?
         ..〈 ` ̄¨ ` 、_)、iヽ, \  ;   //!ヽ、
          !  .ュ⌒`::::::::i  \,`ー─''゙ "´ !:::::::`:、._
          l   イ ヽノ::::::::::i    /´;;`ヘ.    i::::::::::::ヘ;:.:::..`:..:::....、
      .,、..:.:':´:イ〉     ):::::::/!   ∧;;;;;;;;;,ヘ  iヘ:::::::/::::::::::::::::::::::`:.:..、_
    ./´::::::/::', ヽ   /ヽ/:::::i / ∨;;;/  \i::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:ヽ.
   /::,::::'´::::::::::', ヽ ィ::/::::::::::::!   /;;;;;;'.    !:::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,':;:::i
  ,::::':´:::::::::::::::::::::', ヽ!l::::::::::::::::::::i   ,';;;;;;;;;;'.   i:::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::i
/:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ  !ヽ::::::::::::::::i  ,';;;;;;;;;;;;',  i:::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::!





233 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 21:22:15 ID:jVU9veXs

      〃  .::  ..:      !  lヽ ヽ...   ヽ:::.::.
     .,'  ..〃..::::  }  .::i .:l }ハ :ヽ::::. :::::ヾ:::::ヽ
     l  .::://.::;:' , 〃../〃::/ i:l ',.:i',ヽ:::. :::::',:',::ヽ',
     l .::///:///::://::::/  il  i_Li_ヽ:::::::::l:::l::::i::!
    .| ::/:::'ノノナ フサフ`  / イ /」_ぃ::::::::l:::l::::| i     あら
    .|,彳/:::::ノイメi" ___      チ´::7` ! ::::::i:::l::::| i
   .〃| ::l::::〃(ヤ"i:ッ===ミ    i、:::ゎ l::::::::lリiヾ乂     30万石強の大国の家老になれるのよ
  (( | ::|::〃::::ヾ、i::i        ヾ-" ,ハ::::;;;;l li 乂、
   ` | ::レ i:::::::::::i::i .::::::::.    ' :::::::::.,':::i::::',:l_X''  `ー   ここで手を挙げない方が
    | :::.: i::::::::::::i::iヽ    `ー'  _ ,ィ:i::::i:: :::,i ヾー
    | :::  i :::::__」i:::! `  ,     ,( ヽ l::!::::ヽ::ヾ        よっぽど おかしいじゃないの?
     ! :::. _ノ-'´ノl i::::!`ー、__トえ:::::::\\___::::::::心ヽ
   ノマヾ、、  ヽヽ::::!   瓜 (`rー-l"rz, ヽ::::',:::::',
  / '⌒ヽ、 ヽヾ、_ノシヽ、_/乙女 `ー‐ k´/ ヽ、:',:::::',
 |     \\ ̄  >'´,-只-、`コ. l i | rヘ  ハ:',::::::ヽ
 | ,- 、   \\  ヽー'/ ハ 〈 く  l !'-'`|ヾャ }っ:,:::::ヽ



                      _______
               . .::´:::::::::::::::::::::::::::::`:. .
             /.:.::;v‐-=,;::::::::::::::::::::::::::::`:..、
                {イ::{/    } `ト、:::::::::::::::::::::::::::\
                  Xゝ       /.::::::::::::::::::::::::::::::::i     そうかな?
             ノ 仁ニニ=、 /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::l
            /  ーfュ_,   `ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::l     「秀次事件」以降 殿の立場は微妙だし
           /          ノ.::; - 、::::::::::::::::::::;
          ヽ、            |:::;/ /^ 〉::::::::::::::::,′     「唐入り」再開の時には ここ筑前は最前線だ
      ___j'_         N{  ノ/::::::::::::::::/
    ノi ''―――r=、        、__ ..イ::::::::::::::::/       そして現実に 今そうなっている
   ( .::i      〉           ノ´  ヽ:::::::::::/
   ) .:::.       /         /     }ヘル{         ここは喜んで家老になりたい国じゃ決してないぜ
   ( .:.::j(O)   、____ . . :  /         .ィ二}
  \∠二二{          {    /       /   人
  /|    |       / ヽ       .  ´     \
  ̄ ̄`ヽ   |      く    >  ´       -‐=二三\
   ̄`ヽ { ├-,     > /       /   `ヽ     ∧
   ̄`ヽ }'― ' /    {/      /     -┼…=ミ ハ





234 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 21:23:08 ID:jVU9veXs

                   ___
                  ´     `   、
                /           丶
              /               \
.             / /                ヽ
            /ィ /         /ハ     ∧
           / / /   __ / /  / lハ  | l i ト、
          /  //  ィ´/`/ / 斗-、. | l i l !   ん~~~
        /  イ ///-r==ミ     r=ミ|  | l i l ノ
         l / /{ {/ 人 {{ 以シ    似ノ}   / /l/イ     それじゃ わたしの新しいお嫁さんが
        し /人 ∨川小xxx   、xx/ / / イ 从|
.         //〃⌒ヽ厂ト)}\ ー'  ィ7 ///ヽ{ ∧     丹波亀山の出だから それで縁があると思って
         // {   i|  V}\`T7´ / /ノ   ∨ \
       // ,小、  .し'ノ人 N∧_/l/l      }_  \  ……これじゃダメ?
      / /  ∧ \   <三≧「≦ニ>/    /< `ヽ \
     /  /  / ∧  \  | ヲイ`ト、ー〈/  / / ̄`ヽ \ \
   /    /   l i ∧   \_アイ| | \〉  /  ./i\   ∨ミハ  \
  /     /    .l i | i   <__jノ| ,ハ_/  /   / i|}} 〉ー-lヽ:∧




          〃                 i,
         r'   ィ=ゝー-、-、、r=‐ヮォ.〈
         !  :l      ,リ|}    |. }
      .   {.   |          ′    | }
         レ-、{∠ニ'==ァ   、==ニゞ<
         !∩|.}. '___゙`   ./'__`( ;;;;(
         l(( ゙′` ̄'"   f::` ̄' ) ;;;;)
      .    ヽ.ヽ        {:.  /;;/     ………………
      .    }.iーi       ^ r'  l;;, ,'
          !| ヽ.   ー==━・  /
      .   /}   \    ー‐   ,イ
       __/ ∥  .  ヽ、_!__/:::|\





255 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 21:38:27 ID:2UZCco.c

準にゃんが嫁とか言ってると凄い違和感!





235 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 21:23:52 ID:jVU9veXs

                       ____
              ,. ‐''"´        ` ー- 、
           /                \   \
             ,イ            \   \::: : \
           /   /     !   :|  :|ヽ\   \:::::. ヽ
           ,'  .:/  .::::/ ,'   :,' .::iハ . ヽ:::: :::ヽ:::::. ヘ
        i   .:/  ::/ /  ::/!: .::,' | |∨:|ヘ:::: : :::ヘ:::::::ハ
         |  .:,' /  .:/  ::/,' :::/ |:.! |:.:| |∨::::::::∧::::::i、
          | .::i:./  .:::,イ ::_/:::/   リ !斗f‐-、::::::::::ハ::::| !
          |/:|/  :/,ィ"´/:``   /  |/'_」」. i:`: :::::::|::::| |     …………
         ,ィ|  / ::::::/i,.>''"アiヽ      /´::::}`.|:::::::::::::l::::| |
      / | ,'::::/{ rT{::::::::::r !     {:::::rリ ∥:: :::::/ト、ハ|     わたしね 今は「稲葉」を名乗っているけど
        {  | {::/::::::ヽ|:|乂、_,ノリ      ヾ之' ,'|::::::::,'. | 乂
      ヽ | |,' |::::|::::|`ト! ''' "´     、 ,,,,, ハ|::::.::i  !   `''ー‐  元々の名字は「林」なんだ
        i   |::::|::::l::::|ト、""゛          /:::|:::::::|  ヽ
          ハ::  l: ::|::::|::::iハ \     ` ´  .イ:|!:::ハ:::::|
       ∧:  !::::i:,.-、「|∧  > 、 _,. <:i::|:::|:::::.ヘ:::ヘ
       /::::: _厶イ ./ |:.:.|` ー-L>、:::::::|::|:::|:::::::::.`iー\
.      />< \   ヘ. i:.:.i   ,'!ハ| `<ュ」::|::::::::.:.∧   `ー
.     ,イ-― 、` 、\  ヽ|,イ   /_||__〉   ハ`ヽ :::::.:.:.∧
    / :: :: :: :: \ \`'''" `''ー-イ>=<ヽ  | !:: ヘ:::::.:.:.∧
    ,i :: :: :: :: :: :: :\ \  く/,' ハ ト、\ ` | |:: :: }:::::::.:.:.ヘ
.   /:| / ̄\:: :: :/:ヽ ヽ   // ,':: ヘヽ ) | |:: :/!:::::∧::.:.ヘ
  /::::| :: :: :: :: :ヽ::/:: :: ヘ ヘ く/ /:: ::.∧.   | |,イ/:::::::::::ヘ:::.:.ヽ





237 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 21:24:46 ID:jVU9veXs

    〃                 i,
   r'   ィ=ゝー-、-、、r=‐ヮォ.〈
    !  :l      ,リ|}    |. }
.   {.   |          ′    | }
    レ-、{∠ニ'==ァ   、==ニゞ<
    !∩|.}. '"旬゙`   ./''旬 ` f^|   ん? 林と言えば……
   l(( ゙′` ̄'"   f::` ̄  |l.|
.    ヽ.ヽ        {:.    lリ
.    }.iーi       ^ r'    ,'
     !| ヽ.   ー===-   /
.   /}   \    ー‐   ,イ
 __/ ∥  .  ヽ、_!__/:::|\




           ,  ‐ ´  ̄ ̄ `ヽ、
          /     、    、 \
          ,.'./  .:/ ;小:.. ヽ:. :\:.:.ヽ
.        //:.:.:.:/.:./:. ./ i ヾ:.:.丶:. ...ヾ:ー'、        そ!
       //,':.:... :.:厶:./- ヽ 弋:.‐\:.:.:. 丶:\
         ! |:l:j:.:.:´/ ィ天t、   ィ天女、-、:.. ヘ、:.ヽ     信長公によって追放された
         ! | :.!.:.:.:ハ´ち;;;j    ち;;;;j !K }ヽ:.、.! ヽ!
         ヽヾj:.ノ小 `::::.   '  ::::´ ハイ: |`リ  ノ     元織田家筆頭家老・林通勝!
       、_ノイ:..:.:リ;:ゝ-‐っ ー-   イ:.l::|:. i |
      /´/:.:/ ‐<>.、 _., .イ_.l:.:l::|:. i |        わたしの出自は その林一族よ
     /_/∠ ァ┐l !ノーソノl  ̄ ヽ、」::|:. .:i:ハ
   , ./´   `∨イしリ  / ハ  / ヽ ̄`ヽハ
  / |====、∧/  >‐/{ヽ‐‐<   l    l ヽ  r/7-、_
, '   /     / /   7〃 {{ヾ〉\   |/ ̄ |  厂し' / /┐
.   /     / /  /   {{.   \  |    | ,/=(_/_/_,人
   |     / / イ    o. {{       \|    l/     'ヾ、/





240 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 21:27:12 ID:xM6FnKWo

20年以上経ってから信長に復讐された林さんの一族だったのかw





238 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 21:26:06 ID:jVU9veXs

     /: . /: . :/: .;イヽ: . \: \: . : . : . : . \: . ヽ
    /:/ /: . : j: . | | \ . :>:‐\‐:‐:-: . : . \: キ==、
    ,: /: ,′: .:.|: .:.| |   `く . ,rテ气ミ、┬i- 、: . ヽ:',   j!
    j/l: .|: . : .:.| ,斗1    Y.Vi ::: レトj: |) }\: V',  リ
    |! |: .|: . : .イ ,.rテミ     V、:::_ ソ |:.| ノ: . :ヽj. :,      没落した武家ってのは
    |! |: .|: . : .小〈.Vi: ハ     `ー '′ |:.|´ヽ: . : . : .',
    l! |: .|: . : . }小.弋zン     xww j:.j_:.',: . : . : .,     それはもう惨めなもので
     ヽ:j: . : . レ1ハ wx  ' _ .,   ,.イ|:.| >.ヘ_,: . : . : ',
      ヽ: . /|:.|!: i>  ..      /  |:.|';;;;;;;;};\: . : . ,    毎日が生きてんだか死んでんだか
        j: / .|:.||: |: . ,.斗孑 .ァく  /|:.|;;;;;;;/\;;\: . :,
        |/  |:.||: |/;;;〃 /  i {;;;;;|:.|;;/;;;;;;; \;\: ,   分からないくらいね
           |:.|l:/;;;;;;;;く. /      V;;|:.|´;;;;;;;;;;;;;/; ̄ヽヽ
          |:.|∧;;;;;;;/∨`ー   ‐'〉;|:.|;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;}:l
            |:.{;;;;ヽ/;;/      〈;; |:.|;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; |:|





239 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 21:27:09 ID:jVU9veXs

      〃  .::  ..:      !  lヽ ヽ...   ヽ:::.::.
     .,'  ..〃..::::  }  .::i .:l }ハ :ヽ::::. :::::ヾ:::::ヽ
     l  .::://.::;:' , 〃../〃::/ i:l ',.:i',ヽ:::. :::::',:',::ヽ',
     l .::///:///::://::::/  il  i_Li_ヽ:::::::::l:::l::::i::!     幸いにも
    .| ::/:::'ノノナ フサフ`  / イ /」_ぃ::::::::l:::l::::| i
    .|,彳/:::::ノイメi" ___      チ´::7` ! ::::::i:::l::::| i     わたしは同族の稲葉家に婿入りできたんだけど
   .〃| ::l::::〃(ヤ"i:ッ===ミ    i、:::ゎ l::::::::lリiヾ乂
  (( | ::|::〃::::ヾ、i::i        ヾ-" ,ハ::::;;;;l li 乂、    それも所詮 傍流に過ぎない
   ` | ::レ i:::::::::::i::i .::::::::.    ' :::::::::.,':::i::::',:l_X''  `ー
    | :::.: i::::::::::::i::iヽ    `ー'  _ ,ィ:i::::i:: :::,i ヾー      義父も1万石の大名とは名ばかりの
    | :::  i :::::__」i:::! `  ,     ,( ヽ l::!::::ヽ::ヾ
     ! :::. _ノ-'´ノl i::::!`ー、__トえ:::::::\\___::::::::心ヽ      太閤殿下の御伽衆の末席に連なる小物よ
   ノマヾ、、  ヽヽ::::!   瓜 (`rー-l"rz, ヽ::::',:::::',
  / '⌒ヽ、 ヽヾ、_ノシヽ、_/乙女 `ー‐ k´/ ヽ、:',:::::',
 |     \\ ̄  >'´,-只-、`コ. l i | rヘ  ハ:',::::::ヽ
 | ,- 、   \\  ヽー'/ ハ 〈 く  l !'-'`|ヾャ }っ:,:::::ヽ





241 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 21:28:03 ID:jVU9veXs

            , '´                     \
           //      ,イ           \
           / /        / / l l            ヽ
         / /   ./ /ィl .イ l  .! ト               ハ
.         / /   ./ /ハl/ i l  ヽヽ\'、、           l
         /.  l   十ナ-ェ、_ リ    __X‐弋\   \   l      わたしは 小物の人生を送るのが嫌だった
      /// l l  l V,ィ示`   ` ´ rァ‐-、ヽ、 \ \  l
.      // j  :l l  ト、{ h:::::}.       h::::::::i:l ト  ヽ ヽ.  ハ     わたしの力を発揮するに相応しい場所は
     // .j   :l l   ハ. 、ノ::リ       ,_ノ::::::リ’ l l\ ', ', l ハ
    /   .l   l |i.   l -ゞ'’,       ゞzッ’ j i lノ \ ! l  ハ    必ずどこかにあると思っていた
       l l /.|l |  l "          ""    ノ l l_ノ ,入i l   ヽ
       V / l| | 小     ⌒         ./ /ム-'  l    ヽ   それが わたしがここに来た理由よ
.       //    l //i \             / / /             ヽ
       レ    j // |レ ’. > 、       _.  _/ / /               ヽ
              レ/ / ,へ  ヽ---ェニ-‐'フ /7/   i
           /'/ ィiヘ  \/ニ-===ノ /ヲイ   l l
        //' / |Lヽ-ニニヽ\  // ̄li l  l .l
     -―//‐'   /     \ V'/     | l   l l
   //¨フ/    /        〉ハヽ    | l  l .l



             __
          ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
      ,!;;;!゙`''~^~ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
      |;;;|      ノリ     ミ;;;|
     _ゞ;! r─-- 、  ,rェ--- 、ミ;リ
      !ヘl;|. ぐ世!゙`` ,ィ '"世ン 「ヽ
     !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ
     ヾ、!      !;     ,レソ    なるほどね
       `|      ^'='^     ム'′
       ,rト、  ー- ─-:  /|
    _../ i| \   ===   ,イ.:ト、
    /  i| ゙、\  ;   /リ.:;!:::\、_
       ゙!  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::|::::::::::\
        ゙、      :::/::::::|::::::
    `ヽ、  ゙、     ./  .|  ,-、、





242 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 21:29:00 ID:jVU9veXs

                       ___
                     ´       ` 丶、
                 '"                  丶
              /                  \
             /  /  //!    \       .:.:.:.:ヽ
              〃 /    ,小      \   丶.:.:.:.:.:.: ',
           /:/ :/.:./.:.:./.:. ,' !.:l.:.:.:.:l    丶 ...:.:.:.\:.:.:.:.: l
             /:/ :/.:./.:.〃.:.:/  |:ハ.:.:.:lヽ     .:\ .:.:.:.:.`<.:{_
         ,' / :|.:.:l.:.: l{.:.:.:|  |l  ヽ.:{_. \―-.:、.:.:丶、 .:.:.:.:.:.:.:\      それより……
         l l  |.:.:l.:.:イヽ丁ヽ {   \   \.:.:.:.ヽ.:.:.:.:\ー‐-!、.:.\
         | !  ハ.:.|!.:.:j r仗沁 ヽ    \  `ヽ、.:.:.:.:.:.:.:.\:ハ ヽ:.:ヽ   わたしも あなたの話を聞きたいわね
         | | l Ⅵ.:.:ハ  う;;:ハ      ‐ __  l! `≠ト、.:.:.:.ヾ.:', 〉.:リ
         | | l   Ⅳ{ i', _Vソ      〃 ̄`゙ヾ|l  ノl.:.\ .:.;小 j/´   「黒田如水の姪婿」さん
         l ヘ│  j .:リいxxx.  ,     xxxX !!_/ :l.:.:.:.:j:/.:.:.:',
     (⌒⌒)ヘ⌒乂 } ハ人     _       イヽ :.:..:| .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.    あなたは なんで小早川家に来たのかしら?
      \/  \   ,′'.:. V个    ヽ._)   /ト-、: \:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ヽ
             / .:.:: _ノ /;_jz≧  _,  <_/ ∧_.:.:\ _ .:.:.:.:.:.:..:\
               / /.:.// /  ∠ ノ`7| r‐≠  (  Y ̄ 丶 `ヽ   .:..:.:.\
            / /.:._j/ ヘ / ノ| ∧l/∧    {  /    `ー=i、  ヽ :.:.:\
              / /.:/ 、_,-、ヽ/ Ⅳ_/j{/__j    (/!         l    \.:.:.:\
           ,.' /.:/  、...二}/ / ̄Y⌒Y ̄ ̄ ̄\|        |\    \.:.:.:\
        / /.:.:|  rァ ソ/ /  ;-=|  |=-     /!'       ハ:.:.\    \.:.:.:\
        /   /.:.:..l  j/ /l  |   ∧ーヘ.     jノ         ∧:', .:.: \     \.:.:.:\
.     /  //.:.:.. l.  / /i |  ヽ__/ ∧ ∧__   /     ,ノ /.:.:..:. .:.:.:.:. \    \.:.:.:\
.   / ./ /.:.:..:._j    イ_i│ / `7  Y  ∨ ̄//   〃  /.:.:.:.:.:.:丶.:.:.:.:.:.\    \.:.:.:\
  /  /  /.:.:.: ト、|   レ'|、|  \__/ o/   \/    /   ∧.:.:.:.:.:.:.:.:.丶:.:.:.:.:..\    \.:.:.:\
/  /    / .:.:. くヽ ̄ ̄0 | 九      {     /    /    /.:.:',.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:. 丶    ヽ.:.:.: ヽ





245 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 21:32:11 ID:rs0fhVPg

阿部さんが婿と呼ばれていると何だかケツの穴がムズかゆくなるw





246 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 21:32:42 ID:n6cQqFRM

つまり、この阿部さんには嫁がいるのか。

斬新な設定だな。





243 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 21:30:18 ID:jVU9veXs

        _,,.、、、、、.,,_
      /.:::::::::::::::::::..`ヽ、
     / .:::::::::::::::::::::::::::::::. '、
     | :::::::::::::::::::::::::::::::::,ヘ{ツ
      | ::::::::::::::::::::::::,ィゥ ノ j
     |::::::::::::::::::::::( |.!  ;{
     .|::::::::::::::::::rリ`l,〉   j}゙      なんだ 知ってたのか
      }:::::::::::::::ノ゙  l  /.
     ,xァ''ー'゙'`    '、 /
    / ー`¨`''''ー-- 、」゙'′_
   ''^ーァ 、_____  ̄ /
    `>'、,     '''"´ ̄ ̄_二ヽ、
    /           /    ヽ
   ,'        ,   /      ゙、
            l /  __      !
            l, l  く,_  、   |




          '   /     /::: ,.イ ::: / |:: /´  | :::|! ::::: |\:::
        .|     '  / .'.::... / !: /  |:::!    !::::ハ ::::::|:::::\::::
        .|    |   ::!:::::| ::::j -‐|‐|─ ト::|    l::::| -‐─ヽ--ヾ::::     そんなの当たり前でしょ……
         i⌒v::::|!  ::|::::::ィ:´::|  |: |   |:::|     ゝv  ゝ:::::ヾ::::::ヽ
        |  v ::|  i: l ::∧:::::|   V -- ゝ       \ __ \::::\
        |  |:::|:: !:::l:::| ヽ_:l _ __          __`_ー      ここに来たのは やっぱり如水殿の命令?
         |  | ::ハ::ij:::ハ::!イ`弋ゝ-'フ``        ´ !ノ__フハ
        |  | :::|:V:::::::ヽヽ    ̄                `  ´       如水殿は小早川家をどうしたいのかしら?
      , -v ,イ V::| ::::::ハ::\ :::::::::::     ,.       ::::::::::::::
    , -<.   `| ` ヽ| :::/ゝ∧`´         <:i
 , '⌒ヽ  ヽ  ヽ   ヽ/ヘ/::l!
 !    |  | -.ハ    V|!:::∧
 l ー|  | r トi_ノ ゝ    |:|:::|:::,.\        ´ `         . イ
 |  人 i´ト l_ノl      ノ/:::j:/::|::::ゝ.、             イ:::: |:::::





244 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 21:31:48 ID:jVU9veXs

            _  -───-   _
            ,  '´           `ヽ
          /                 \
        /                    ヽ
      / __, ィ_,-ァ__,, ,,、  , 、,,__ -ァ-=彡ヘ  ヽ
       ' 「      ´ {ハi′          }  l      確かに俺の小早川家入りは如水様の命令だ
      |  |                    |  |
       |  !                        |  |      だが如水様が何を考えているかなんて誰にも分かりっこない
      | │                   〈   !
      | |/ノ二__‐──ァ   ヽニニ二二二ヾ } ,'⌒ヽ    ……まあ これで小早川家は自分の組下ぐらいには
     /⌒!|  =彳o。ト ̄ヽ     '´ !o_シ`ヾ | i/ ヽ !
     ! ハ!|  ー─ '  i  !    `'   '' "   ||ヽ l |    思っているかもしれないが……
    | | /ヽ!        |            |ヽ i !
    ヽ {  |           !           |ノ  /
     ヽ  |        _   ,、            ! , ′     どちらにしろ俺には関係のないことだ
      \ !         '-゙ ‐ ゙        レ'
        `!                    /
        ヽ     ゙  ̄   ̄ `     / |
            |\      ー ─‐       , ′ !
           |  \             /   |
      _ -‐┤ ゙、 \           /  ! l  |`ーr─-  _
 _ -‐ '"   / |  ゙、   ヽ ____  '´   '│  !  |     ゙''‐- 、,_





248 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 21:33:07 ID:jVU9veXs

            , '´  ̄ ̄ ` 、
          i r-ー-┬-‐、i            俺も あんたと一緒だよ
           | |,,_   _,{|
          N| "゚'` {"゚`lリ            ガキの頃から親父と全国を流れ流れて
             ト.i   ,__''_  !
          /i/ l\ ー .イ|、            ようやく如水様に見出されて
    ,.、-  ̄/  | l   ̄ / | |` ┬-、
    /  ヽ. /    ト-` 、ノ- |  l  l  ヽ.      これが30半ばにして初めて手に入れたチャンスだ
  /    ∨     l   |!  |   `> |  i
  /     |`二^>  l.  |  | <__,|  |      俺は これを絶対にものにしてみせる
_|      |.|-<    \ i / ,イ____!/ \
  .|     {.|  ` - 、 ,.---ァ^! |    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l
__{   ___|└―ー/  ̄´ |ヽ |___ノ____________|
  }/ -= ヽ__ - 'ヽ   -‐ ,r'゙   l                  |
__f゙// ̄ ̄     _ -'     |_____ ,. -  ̄ \____|
  | |  -  ̄   /   |     _ | ̄ ̄ ̄ ̄ /       \  ̄|
___`\ __ /    _l - ̄  l___ /   , /     ヽi___.|
 ̄ ̄ ̄    |    _ 二 =〒  ̄  } ̄ /     l |      ! ̄ ̄|
_______l       -ヾ ̄  l/         l|       |___|



                  __
              , ‐ ´      `ヽ
            /..:/.:/ .;イ :. :.丶.:.: \
           〃:.:./ .:./:.:/小:.: ',:.:.ヽ:.:.:. ',
           l:{.:./ .:./':__j:! l ヽ_:.ヽ:.:.\:.:.!
           i:}:ハ .:7ィ=ミj:ハ >=ミヽ:.:ヘヾ、
           、_メ!.:i.:.ハ r'_;j    r'_;j ∧:.:}:.fヾ
            乂;イ.:.∧.::::    ::::./イ V:.:.| リ
         _/ j/_:ノ:.介 .、 `´ ,.イ:.l:|:..|:.:.:.!
           ´/:.:,':.:.:j:|:ノーf夭‐ヘ :j:|:.:l:.:.:.:!         そうね…… そのとおりね
           /.:.;ィ7´l:|\/ムヘ/`l:| `ヽ.:.:i
             /.:/i // !| に不こ) !|l  /!:.:.i
          /.:/| ヽl l !|/〈/ i| ヽ」 !| !./│:.:.i
         ./.:/: |  | | !l:   i|:  \!l│ |:.:.: ',ヽ
        /.:/.:.:;'!  | レ'l:!  c.i|:   }l:トj /!:.:.:.. ヽ\
         , '.:./.:.://! j∧ !! ー =i|ニ  j l:N/ :l',:.:.:.:.:.:ヽ:.\





250 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 21:34:42 ID:jVU9veXs

               _ ___
           、=''"´  ´  ̄`゛''‐-..、
         ,.,r'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`゛''‐、、
        ,.':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ィ_ ,.,::::::::::::::::)ュ
       ,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ミ   `ゞ~rr ,イ
       {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ミ       ハフ
       l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉,¬─- ..,,,__ l     なんにせよ 俺たちの明日は
       !:::::::::::::::::::/、, ト,:::::::/   ̄弋jT'''`゙゙〈
       ;:::::::::::::::::ハ /ヽヽ::::{     ゛'‐.,   ヽ     殿次第でもある
       j:::::::::::::::::l ヽ(,2 `゛           ..ヽ
        !:::::::::::::::l:  \__           ´,ニ./    あんた…… やる夫をどう思う?
        リ::::::::::::l     ィ       ャ;‐_rー'
        ,jゝ:,r;ソ     }:ヽ          ..〉
      _/:(  ` -., i ! :::\      {´
_.、..::ー:: ̄ヽ;:::::::::\     `-!  :::::::ゝ .、_, ,, ノ
:::::::::::::::::::::::::'、::::::::::::\    `\ `'j(,
:::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::',     \ヘ::\
::::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::',     /;;ヘヘ:::::\




           /   /     !   :|  :|ヽ\   \:::::. ヽ
           ,'  .:/  .::::/ ,'   :,' .::iハ . ヽ:::: :::ヽ:::::. ヘ
        i   .:/  ::/ /  ::/!: .::,' | |∨:|ヘ:::: : :::ヘ:::::::ハ
         |  .:,' /  .:/  ::/,' :::/ |:.! |:.:| |∨::::::::∧::::::i、
          | .::i:./  .:::,イ ::_/:::/   リ !斗f‐-、::::::::::ハ::::| !
          |/:|/  :/,ィ"´/:``   /  |/'_」」. i:`: :::::::|::::| |
         ,ィ|  / ::::::/i,.>''"アiヽ      /´::::}`.|:::::::::::::l::::| |    どうしようもないくらい お坊ちゃまだけど
      / | ,'::::/{ rT{::::::::::r !     {:::::rリ ∥:: :::::/ト、ハ|
        {  | {::/::::::ヽ|:|乂、_,ノリ      ヾ之' ,'|::::::::,'. | 乂    これは しょうがないわよね
      ヽ | |,' |::::|::::|`ト! ''' "´     、 ,,,,, ハ|::::.::i  !   `''
        i   |::::|::::l::::|ト、""゛          /:::|:::::::|  ヽ      だって本当に「お坊ちゃま」だったんですもの
          ハ::  l: ::|::::|::::iハ \     ` ´  .イ:|!:::ハ:::::|
       ∧:  !::::i:,.-、「|∧  > 、 _,. <:i::|:::|:::::.ヘ:::ヘ        でも武芸については人並み以上 教養もそれなりにある
       /::::: _厶イ ./ |:.:.|` ー-L>、:::::::|::|:::|:::::::::.`iー\
.      />< \   ヘ. i:.:.i   ,'!ハ| `<ュ」::|::::::::.:.∧   `ー    悪くはないんじゃない?
.     ,イ-― 、` 、\  ヽ|,イ   /_||__〉   ハ`ヽ :::::.:.:.∧
    / :: :: :: :: \ \`'''" `''ー-イ>=<ヽ  | !:: ヘ:::::.:.:.∧
    ,i :: :: :: :: :: :: :\ \  く/,' ハ ト、\ ` | |:: :: }:::::::.:.:.ヘ
.   /:| / ̄\:: :: :/:ヽ ヽ   // ,':: ヘヽ ) | |:: :/!:::::∧::.:.ヘ
  /::::| :: :: :: :: :ヽ::/:: :: ヘ ヘ く/ /:: ::.∧.   | |,イ/:::::::::::ヘ:::.:.ヽ





256 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 21:38:29 ID:n6cQqFRM

そもそも、まだ中学生程度の年齢だしな。





251 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 21:35:36 ID:jVU9veXs

              _,..-──- 、、
           ,、-'"´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:``ヽ、
         ,r'´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、
        /::::,r'゙ァー-ー'ア"リijk´ ̄``""´``i::::::::i
       ,!::::::!       ,!トゝ、         l:::::::|
       |::::::!         ,!ヾ、,,_      ゙i:::::!
       |::,::l ,ィニニニ二r'´  ゞ二ニニニゝ、 ,!:::j
       ,rゝ;l. ´ ,ィ=≡'´レ   '`ヾ==-、  .! !^i
      .i r、i;i      ' ´:;    ` `      リイ^!
       | ソii        j             l!ヽ l     ……化けると思うか?
       i ,!( ,!      `ゝt''´         | j!,!
       `、. `i        _,,_ __       ,!レ'/
        \!      ィ-‐ーー-ゝ     ,!,イ
          i、       ー一        / i/
          |`、                /  'i
          |  \     ;       ,イ   |
          |   \ ___,__, ィ´/   |
          _,!              /     l、_
    ,,、-‐ ''"´ i  ;             ! !   ̄``''ー- 、
           l   ;          ,'  ,'  !  ;





252 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 21:36:21 ID:jVU9veXs

          '   /     /::: ,.イ ::: / |:: /´  | :::|! ::::: |\:::
        .|     '  / .'.::... / !: /  |:::!    !::::ハ ::::::|:::::\::::
        .|    |   ::!:::::| ::::j -‐|‐|─ ト::|    l::::| -‐─ヽ--ヾ::::
         i⌒v::::|!  ::|::::::ィ:´::|  |: |   |:::|     ゝv  ゝ:::::ヾ::::::ヽ
        |  v ::|  i: l ::∧:::::|   V -- ゝ       \ __ \::::\
        |  |:::|:: !:::l:::| ヽ_:l _ __          __`_ー
         |  | ::ハ::ij:::ハ::!イ`弋ゝ-'フ``        ´ !ノ__フハ
        |  | :::|:V:::::::ヽヽ    ̄                `  ´
      , -v ,イ V::| ::::::ハ::\ :::::::::::     ,.       ::::::::::::::     化けてもらわないと
    , -<.   `| ` ヽ| :::/ゝ∧`´         <:i
 , '⌒ヽ  ヽ  ヽ   ヽ/ヘ/::l!                          こっちが困るわ
 !    |  | -.ハ    V|!:::∧
 l ー|  | r トi_ノ ゝ    |:|:::|:::,.\        ´ `         . イ
 |  人 i´ト l_ノl      ノ/:::j:/::|::::ゝ.、             イ:::: |:::::





247 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 21:32:45 ID:ppEhr/gQ

この辺の会話はゾクゾクするなあ





253 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 21:37:16 ID:jVU9veXs

【大坂城】                  ∧
                       / ∧ヘ
                        而而 |
                       |n l|√ |
                        鬥鬥l__∧___∧
                    。___|]] |三|]]三三/\ ∧
                     ∧三 l|__l三|]]三ー/:∵\|
                    I/厂|∧l|   | ̄ ̄ ̄丁二二「|
    ∧I               /|T¬「 ̄| [[| ロロロ [[| 凶凶l |
    [[[[|  ∧   __    | ll| ロ|| lll |]] | ロロロ [[| 凶凶l |
    |ii |  〕∧ニlヘ ̄II\. │ll| l|| lll |   | ロロロ [[| 凶凶l |
    {兀兀} 皿皿|ニニ|ー「[[[[|.| ll| l|| lll |   | ロロロ [[| ⅣⅣl |
    |ii|l | f≦TTニニ|厄`:;':,'゙`:;':| l|| lll |   | ロロロ ::;'.;,',;::;:;'.`;::'、,,,
    |ii| l|,':;`:;'::|│,ロl|,':;`:;':  ;,',';,',;:;::;'.;,',;::;:;'.`;,',;::;'.::;'.;,',;::;'`;,',;::;'.`;,',:;'.`;,',.
,:;;,',.;::;'::;'.``",':;`:;'::;;;`;`:;'::;;;  ;,',;::;'.;,',;::;'`;,',;::;'.,;::;'`;,',`;,',;::;'::;'.;,';::;'.;,';::;'.`;,',;:
',:;,',.;:.;::;',:;:;'.`',:;,,:;;::;',;::;'`;,',;::'.;'.;,',;::;'.,``;:;'::;'.;;,',;:´',;::;'.``,',;::;'`;,',;::;'.`;,',;;'.`;,',;::..




                   . -─‐- 、
               /        \
              / ̄       ̄   ヽ.
               / >    <     ハ,4L_   < クシュンッ!
              :  (_ , 、 _)      ノ  /
              ゝ.  `ー'    _ <  /
               >,ー一 ""   ,/
            , <´ /         /
            1  _ イ        |





258 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 21:40:31 ID:jVU9veXs

             , -=―=―- 、 _
          〃⌒>'´  /    丶`ニ=‐'
          ./ ,′// , ´ /  j } ヽ \
         / l  | i l / /// ,イ ハヽ ヽ
         ノ,イ八 l レ_j/∠∠///∠Ll }ヘ
       <ノ .∧ l  ムrt=k`  ィ=、ルレ′j
         / イ Vヘ. ヽVr!   jr/ムイ{
        ´ W^{ゝヘ ハ.ヽヽ _ ' /〈リヽ   風邪?
            j八 }ヽ ヘ、   j`<ミ\
             リ朽\!`{7|:::::::::>ミ;>,                        ━┓
             ノ \- 厶]::::::::f }::/:/                ___    ┏┛
          r=<    V三|:::::::::| |/:/               /     \   ・
          /‐-、 \   ∨メ、::::ノ V、              /  _ノ '' 'ー \    いや……
      .   /_j   , X \   ヽ {´   /            /  (●)  (●)  \
          〈  ´  \\  >ヘ、___,イヽ            |      (__人__)    |   そういうわけではないお
山口宗永 →  `、   ヽ \.>j    ハ│           \      ` ⌒´   /
           {     ∨  `ヽ、_,/∧|            /          \


この頃 朝鮮半島への再派兵を目前とし やる夫を始め西国大名の諸侯のほとんどが大坂城に集まっていた





259 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 21:41:33 ID:jVU9veXs

         _/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
     ー=ニ ァ: : : : : :/: : : :/: /: : : : :、: : : :`ヽ: : : : ヽ
        / ,: : : :〃: :/: : /: │: : : : :lヽ: : : : ハ: : : : :.ヽ
.       / / : : //: :/: : /: : │: : : : ::|: :!: : : : i|: : l: : : :ヽ
      / イ : : : l |: :│: :j : : ∧: : : : :l: :|\: : i|: :│: : : :.\
      l/ |: : : :| l: :∧: :ハ: : l  '.: : : :ハ j  ヽ i|: :│: : : :}
      ││: : l|│ナ下/-ヽ |  ヾ: :/_ム'― 弋|: :│: : ! j
        j. │: : |i V ,ィテ圷、ヽ   ∨ ィチ示k l: : ト: : Ⅳ
         ヽ: : |  ハ` Vf:::::i}       Vf:::::i} Y|: : ム N
          ヽ |ヘ i l  ゝー'       `ー'' ハ!: :,) }i|    ところで やる夫様
            `l: :ヽム        '         /:/: :ルイ
            ', : : |ヘ、     ‐       ィ' /: :/       都には足を運ばれないのですか?
            ヽ: :lヽ >,、       イ/7: :/
            \! V厶|>ー <レ_'/ //
              , '´/ノ      L、 /
               ,.-'   | ___._   | `ー、
         _..-‐'´     |´  _` ー<|   `ー、_



          ____
        /     \
       ‐   ─     \
       (  ( ●)     \    都……かお……
      (人__)         |
       `⌒´         /
       `l          \
        l           \





261 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 21:42:50 ID:jVU9veXs

               .. - ─……‐-. .、
          ,. '"´ . : : : : : : : : : : : : : :`ヽ、
              ,.'´. : : : : : : ,.: : : : : : : : : : : :ヽ
         /. :./: : :/:/: : /:l: : : |: :l:l: : : : : :.!
        , イ: :〃l: : :/:/: : /: :|: : : |: :|:|: :|: :i: : ::`ヽ
         |: 〃 l: :/:/_L/1 : |: : /|: :|:|: :|: :|: : :.:.:.::.';
         |/ Ⅳl:/l/ {  |: /|: /. |: :|:|: :|: :|: : l: :.l:!
         { ∧Ⅵィ行ミヽ|/ .|/ ̄「/メ、/: /: : l: :.l:!   都には
           ,′: :l 辷ソ    ニ二_l/l: /: : ./: :.l: l
           l: l: : l   ,    〒テテミV/: : /: :./l: {   去年赦免された近衛信尹様が帰還
           l/l: : ト、       辷ソノ: : :,.イ: : /l人{
            l: : l/ ヽ `     〃: ∠ノl/      お会いになるなら今のうち
              \|   >r‐r‐ < ィ´l/l/
                   l:/ ,. -─┴┐
              ∠二二ヽ    !
            ,. イ. : : : : :.ヽ. ヽ    ヽ
         ,. ィ77.イ. : : : : : : :.', !     `、
       ∠∠//.:.:l. : : : : : :.:.:.:l |      ハ
        |:l i.ll:/.:.:.::j. : : : : : :.:.:.:.l |     j:{
        |:| i/.:.:.:.:.:{. : : : : : :.:.:.:.:l L_ _ __{」
        |:| l.:.:.:.:.:.:j. : : : : : :.:.:.:.::L_ _ __」」
       レ'1. : :.:.:.l. : : : : : :.:.:.l/. : : : : : :/Y´
      く: : l. : :.:.:.:l: : : : : : :.:.:l. : : : : : :./:!
       Vy.:.: : :.:l. : : : : : :.:.:l: : : : : : /:.:.::l





262 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 21:43:46 ID:jVU9veXs

         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '(ー) (ー) u|   ……やめておくお
.   /,'才.ミ). (__人__)  /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ




         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         /::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::\::::\
        /::::::/:!:::::::::、:::::::::\:::::ヽ:::::::::::ヽ:::::::\_::ヽ
      /:::::::/:::l:::::::::::ヽ、:::::::::\:::ヽ::::::::::::ヽ::::::::\゙`
.     /:::::::::l:::::lヽ:::::、:::\`ーニ _=ヽVl:::::::::::l:::::::::::::ト._
    /::::::::::::lヘ::l ヽ::l:\:::::x '´   _.⊥_:::::l::l_::::::::i::|
   ,':::::::::::::::l ヾ!  \、 ``ヾ ,r'´::::::ヤ;::::l::ト }::::|リ
   l:l::::ヽ::ヽ:l ,x‐  ヽ    ' ゙'r,:::_;ィl::;:::!::l'/ll:/
    !ト、:::\:Xヽ _,...-、        `   l !::l::l´::l′
    ヾ \:::`゙ミ ,ハr、::::〉        / l::l/:::トl.     なぜ?
     \ ヾ::ヾヽ `"   '   _    /リヘハ!
        ヾ::ヾ:\     ´     //'ハ!\
         l::l \::丶.、.__  __,ィ'  /  l  `丶、_
          l::l  ヽミ、\ ヾ「イl ____.〉      /:7ュ_
           l::l  ヾヽヾ / /´ ___/      /:/ /
.          l:l   ヽ. / / /___/      /:/ / /
           ′  _イ  |´/    /      /:/ / /





263 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 21:44:41 ID:jVU9veXs

       / ̄ ̄ ̄ \
     /       . \    結局やる夫は 関白になれなかったお
    /  _ ノ   ヽ、_   \
   .|   (ー)  (ー) .  |  信尹様との約束を守れなかったんだお
    \    (__人__) .  /
     /    `⌒´    ヽ
    ヽ、二⌒)   (⌒ニノ




       / ̄ ̄ ̄ \
     /       . \     今はまだ……
    /  _ ノ   ヽ、_   \
   .|   (●)  (●) .  |   信尹様に会わせる顔がないお……
    \    (__人__) .  /
     /    `⌒´    ヽ





264 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 21:45:40 ID:jVU9veXs

..      ____
     / ―  -\
.  . /  (●)  (●)     信尹様には やる夫が一人前の
  /     (__人__) \
  |       ` ⌒´   |    立派な大大名になってから 改めてお会いするお
.  \           /
.   ノ         \
 /´            ヽ




        _ - ───----- ,フ
      / r: : : : : : : : : : : : : . \
     ,.-′´`: : : : : : : : 、: :ヽ  . :ヽ
     /: :/: : : : : :./:   . .ヽ. :ヽ: : ヽ:ヽ
   /: : .l. . . . ..!./: :.l!: :l、: : l、: :ト:ヽ: ト. |
    j:l: : :|: l: : |:l/: :/ !: ハ: .ハ孑、ト. :!ヽ
  /:_!: : :t: l: : !l: :./-∀‐ レ  ,ィホT、!|
  .'´ .! l: : ヘ!: :l:ト/,夂〒`ヽr-{ ヒツlノ:ト
.     〉!ハ: {ヽ: T-弌ニツ ノ 、 ーj´:/   そう……
    '´ ヽ!=ヘ ヘ   ` ´´  - .イ /
         ヽ:`T - .. _ / レ
         j \‐ - 、_!、__
         /      ヽ.jヽ
           l    _r ニ=、、 ヘ.',
           |  , 〃/ ̄`ヾミ.ト
.           ト, // /:::::::::::::::::ヽ::::Y
        ∨/./::::::::::::::::::::::::l:::::l
         ト、/!::::::::::::::::::::::::::l:::::ト
            !::::::l::::::::::::::::::::::::::l:::::|





267 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 21:47:14 ID:jVU9veXs

【京都】
        ((_((_((_((_((_((_((_((_((_((_((_((___((__
       ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ
     ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ
  _@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@ノ
  ((_((_((_((.|il |;;::: ..::..  ::..  ::..:: .   .: :..    . :::  .. : ::::|il i::
 ノ___ノ___ノ__.ノ...|il |________________|il l::
  = @==@==@= |il |\_____________________________________,_,,,,,;;;;;;;|il l::
             |il |  |    | |ニニニニニニニニニニ l | : |il l::
             |il |  l┌┐| |;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;|;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;| | : |il i::
             |il |  l└┘| |;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;|;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;| | : |il l::..
 ______|il |_l__| |;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;|;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;| |__.|il i=== =
 ,, '  ,;; ' ". ; .., |il |:」」i 「:「:「| |;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l; @=@ ;l;;;l;;;l;;;l;;;| |:iii|il |::|::|::|::
  ,'   . . .; . '., .|il |:」」i 「:「:「| |;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;|;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;| |:iii|il |::|::|::l
   ';;   . .,、   . |il |:」」i 「:「:「| |;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;|;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;| |:iii|il |::|::|::l
  .;  ,; ., 、  ;;、 |il |:」」i 「:「:「| |;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;|;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;| |:iii|il |::|::l::i
 ,,、'..,,、、.. ; .,,,、,;;、|il |/..;; "..  `,,"  . . .; .,, '  ´ ,, ;; 、 " ,, 、|il |::|::l:




                    / ̄ ̄>、
                  /_,  、_   ハ
                !`: /           !r 、
               >(ヽ >   <    :」_,L_
               (_ `.′         /、ノ  )   < クシュンッ!
              / i (_,、_)    / /  「
               /   い、ノ     ,/ノ  ,′
              (   ゝ __/    ./
              ` <___       <´
                   ∨     ハ





268 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 21:49:43 ID:R5OJ.yz2

このクシャミの出し方、腹立つわw





272 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 21:52:28 ID:DrG8UA9U

こんな人をバカにしたクシャミの出し方は初めて見たw





269 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 21:49:43 ID:jVU9veXs

           |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::i;:;:;::;:;:;:;:;:;|
             |;:;:_:;:_:;:_;:;_:;:l:;_;:_:;;:__:;:_;|
          |_____|____|
          /: : : : : イ:T ¨ri:l;; .. :: ::¨ヽ
         j: : :イ斗‐!: |  |:l:|-:、T ォ: ::!
         |: .: :.|: |r‐i、 l  |:l:|r‐ 、: |:  }
         レ:.:.:|:!:イ.f㍉:|  ヽl.f㍉∨:i: レ
         |: |(|: :.| トュリ     トュリ |:.:|)|   おや 風邪ですか?
         lN:. |: :.| `,,,   '  `,,, !l.:|: |
          |:.:|:. :|ヽ、  _   .イ:j:l |: |
          Nl!: :.|从:≧ァ ≦‐j:从:!:.j
               ヽ:.l イ { l_//  ._.トレ
                | \、//:::Vj
              トイ://::::::::::Vj
              |::::/:/::::i::::::::: Vj
八条宮智仁親王 → |:::ハ ::::::::::::::l::::::::::ハ
                .|:::::::{::::::::::::::::::l:::::::/:',




   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \
 |  (●)(●) |
. |  (__人__)  |    いえ 大丈夫です
  |   ` ⌒´  ノ
.  |         }    失礼をいたしました
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   /    く
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)、  ← 近衛信尹





270 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 21:50:41 ID:n6cQqFRM

何かしれっと凄い人に会ってるw





278 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 21:56:08 ID:xM6FnKWo

しれっとも何も、やらない夫は五摂家筆頭の近衛家だからなw





271 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 21:50:48 ID:jVU9veXs

   |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::i;:;:;::;:;:;:;:;:;|
 . |;:;:_:;:_:;:_;:;_:;:l:;_;:_:;;:__:;:_;|          ところで信尹さん わたしの元義兄で
  |_____|____|
  /: : : : : イ:T ¨ri:l;; .. :: ::¨ヽ  ,      あなたの友人でもあるやる夫さんが
 j: : :イ斗‐!: |  |:l:|-:、T ォ: ::!  -
 |: .: :.|: |r‐i、 l  |:l:|r‐ 、: |:  }  `      今大坂にいるようですが お会いにはならないのですか?
 レ:.:.:|:!:イ.f㍉:|  ヽl.f㍉∨:i: レ
 |: |(|: :.| トュリ     トュリ |:.:|)|        なんでしたら わたしの方から呼び出しても構いませんが
 lN:. |: :.| `,,,   '  `,,, !l.:|: |
  |:.:|:. :|ヽ、  0   .イ:j:l |: |
  Nl!: :.|从:≧ァ ≦‐j:从:!:.j
   ヽ:.l イ { l_//  ._.トレ




      / ̄ ̄\
     /ノ  ヽ、_  \
   . (●)(● )   |     …………
   . (人__)      |
     |⌒´      |     今回は遠慮しておきます
   .  |        /
   .  ヽ      /
      ヽ     /
      .>    <
      |     |
       |     |





273 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 21:52:36 ID:jVU9veXs

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \      わたしも赦免されてまだ日も浅いですし
   |    ( ●)(●)
.   |     (__人__)     今のわたしが やる夫に会っても
    |     ` ⌒´ノ
   .l^l^ln      }      かえって やる夫の迷惑になるかもしれません
.   ヽ   L     }
    ゝ  ノ   ノ
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ




     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー)
.   |     (__人__)      (それに俺は……)
    |     ` ⌒´ノ
   .l^l^ln      }       (「俺の替わりに関白になれ」などと あいつに無茶振りをしてしまった)
.   ヽ   L     }
    ゝ  ノ   ノ        (あいつも そのことを気にしてるかもしれんしな……)
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ





274 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 21:53:34 ID:jVU9veXs

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   ( ●)(●)   やる夫とは
. |    (__人__)
  |     ` ⌒´ノ    もう少し世の中が落ち着いたら
.  |         }
.  ヽ        }    会うことにします
   ヽ     ノ
   .>    <
   |     |
    |     |




   |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::i;:;:;::;:;:;:;:;:;|
 . |;:;:_:;:_:;:_;:;_:;:l:;_;:_:;;:__:;:_;|
  |_____|____|
  /: : : : : イ:T ¨ri:l;; .. :: ::¨ヽ
 j: : :イ斗‐!: |  |:l:|-:、T ォ: ::!
 |: .: :.|: | ノ、 l  |:l:|`ヽ、: |:  }
 レ:.:.:|:!:イ.__:|  ヽl.__∨:i: レ
 |: |(|: :.| トュリ     トュリ |:.:|)|  そうですか……
 lN:. |: :.| `,,,   '  `,,, !l.:|: |
  |:.:|:. :|ヽ、  _   .イ:j:l |: |
  Nl!: :.|从:≧ァ ≦‐j:从:!:.j
   ヽ:.l イ { l_//  ._.トレ





276 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 21:54:34 ID:jVU9veXs

                        .|
(信尹様……)               ..|                 (やる夫……)
         ____           |        / ̄ ̄\
        /― ― \         |      /       \
      /(●)  (●) \      ......|      |::::::        |
     /   (__人__)     \     .....|     . |:::::::::::     |
      |    ` ⌒´      |     .....|       |::::::::::::::    |          ....,:::´, .
      \           /      ..|     .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
        /         \      ..|     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
       |             )       |        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
.     |  |         /  /      ..|        /:::::::::::: く         ,ふ´..
       |   |       /  / |     ......|-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――
       |  |      /  /  |      ..|        |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´


やる夫の慶長元年は こうして過ぎていった……





275 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 21:53:43 ID:CTySE3zY

まさに類は友を呼ぶというか似た者同士だな





279 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 21:56:52 ID:DrG8UA9U

いつ死ぬかわからん時代なんだから会いたい時に会っとけよ





265 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 21:45:41 ID:BzjjhR4A

人の縁ってのも不思議と強かったり、意外と儚かったりするからなあ。
こういうチャンス逃すと、結構後悔したりするんだよなあ。





277 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 21:56:05 ID:jVU9veXs

さて 王子来日の要請を拒否し続けてきた朝鮮国であるが
これは日本軍の半島侵攻の再開を覚悟の上での決断であった
                                                      .;メ"
                                                  ●西生浦
                                                   .l[
                                                   l[
                                                  .l[
                                                  ][
              _p,,                    ●亀浦        ●機張.
             メ゛〈゜           竹島●イf       ●東莱     :lr"
             ゚ltg〔、              .;f"[!           ,,nvgn4゜
              ][.\....,,,, ,,g_          ]l.][      ●釜山  .lll゛
           ,,,,  .lk,,  .\゜]゜   ___     gH[ イ]l.   d^,,ll,,__.;][
       .lrfY^'^^^トg、^)f  熊川●f"゜●安骨浦 し.。ll〈l.  .l[」("^[^"
      __g[゜    .゚br ゚])         ",,xq,,      [! 」fr][.\,, ]l
   4^^^]]["^]l.     .\"         . [  ヽ     . ヽ4"
  gしt    ヨl.       __         k、][
  ゚f゜ ,,..,,,,,,,,d"      ./]]^
    ^Hr    pg_   (vイ゚ _               _
     ][    .l[.;]゚   grtnr[  ゚゚l。.          , - ' /|
lb、   .;]゜   「v[    ]g_     [、        r'   / |
,,,]、  ..l[.;   ./""5q,,____^llg    ]!        ,i'. -‐´ ̄~`-、
q,,__ ,,g ][,,  f"    ^^^^^^   ],,r       ,;"          `;、     前回は 全くの準備不足でやられたが
`、^^^[gr^| 〈l.      巨済島  メ       /           ';
  .ヽk..,,メ[ ^)g  __/^b、     4ll      |   (_,/ヽ、)(___ )`     今回は違うぞ!
 .lf^""゚)イ   ]kp"゜  .l[    .。r─       |    (__゚ ノ i゚‐、ノ ィ
  ゚lr  |      ./"    ]l         | (    c___) `)
   ゚l。._r゛ l[.;]゚   ^ヨl.   p(^゜         |  i   _/ r'   |              ユソンリョン
    "゜ 閑山島  〈[   ][           |    (/  ``i  │  ← 朝鮮国宰相 柳成龍
             .ヽ__,,4"         ─ |`~´ `-、, '`─'`、,へ.|─
                            ` ̄ ̄ ̄ ̄^──^ ̄


日明講和のための停戦期間 その交渉からハブられている間に 朝鮮国は国土防衛の準備を進めていた





280 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 21:57:01 ID:jVU9veXs

朝鮮国は 対日本軍の総司令官に権慄を任命
朝鮮南部の水軍は引き続き李舜臣が指揮を執ることとなった


   /    |
  /      |  |
  l  / ̄ ̄ ̄ \
  |/       肉 \
 /     _      ヽ    実際に血を流すのは最前線の兵士たちじゃ
Ⅵ    イ ・ `┬ ・⌒}l
 |    |__ノ  | _/|    中央は現地の様子を知りもせず
 |         _ `ヽ |
 |      ,  ┴亠‐く |    宮廷の中から好き勝手に言ってくれるわい
 ハ    /       ヽ|
/  \  |    ̄ ̄   |イ^ヽ _                 イスンシン
    \.l        /| |  |   ← 三道水軍統制使 李舜臣
      \___/| | |  |




        /   /   | \  |
       /    ./     |   \|
     /    /    ∧    \ ____
    /    /     | |__/      /
__/    /      /    />  />  /
\     /      / へ .</ // /
 X   /      //\ l\  </ /
\ X        / /  /\\\  /
  \ \     / /    /\ `|/     気持ちは分かるが そう言うなよ……
   \  ̄ ̄ ̄| |        /
\   \   /|__>     /
  ヽ    \/  ||     /          クォンユル
  ハ    |   ヽ   /    ← 都元帥 権慄


李舜臣は 水軍の前進基地を閑山島に移し
巨済島に在陣する日本軍と睨み合いを続けながら練兵に励んだ





281 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 21:58:25 ID:R5OJ.yz2

キン肉マン結構久々のような





284 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 21:59:55 ID:1SspPeyM

自分を抜擢した人でも遠慮なくディスるキン肉マンは流石やでw
平時じゃ出世しないわけだw





282 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 21:58:25 ID:jVU9veXs

また権慄は慶尚道で日本軍在番の状況を実見し各邑に通達を下した


       ∧
       ││  /|\
     ―亠亠./_. | _.ヽ
  /    /_. | | | | |._ \
 /    ./  | | | | | | || | _|     日本軍が再び攻めて来たら 領民は山に隠れること
./   くV  | | | | | | | | || || |V7
    |ヘ  |_| |_| |_| | |_||_||_| /    ただし その際 邑に貯蔵している食糧も全て持ち去ってくれ
    | |―┬―:、 ‐┴,‐:┬i│
    | |  `:―┘  └‐' |│
    | | ̄ ̄ ̄ ̄ | ̄ ̄ |│
    | |.      |    |│
    | └ヘ.     |    ハ.j
ゝ_/|/\|    |   |∧__        ∧∧   ∧∧   ∧∧ . ∧∧
    |   \    |   ∧ \  \     <`∀´ > <`∀´ > <`∀´ > <`∀´ >  はい! 言われなくともそのつもりです
    ∧   \ __| / | 〉  |        │  U  │  U  │  U │  U





283 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 21:59:03 ID:BzjjhR4A

ゆるやかな焦土戦術か





285 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 22:00:03 ID:jVU9veXs

また日本軍の鉄砲の威力を痛感した朝鮮軍は
停戦中に鳥銃の製造に励み 鉄砲隊の整備に取り組んだ


     へ                          (⌒ヽ
    く  \            へ           ヾ Δ
    γ∠◎ヽ          /  ||ゝヽゝ       ノミノ`∀ >
    ノミノ `∀ >         ノミノ`∀ >       /〓/ v⊇ミ=∩=━━
   /〓/ v⊇ミ=∩=━━  /〓/ v⊇ミ=∩=━━ (  ◆ )ヽ丿
   (  ▲ )ヽ丿       (  ◎ )ヽ丿  へ  ∠≡∧≡ヽヽ
  ∠≡∧≡ヽヽ  γ⌒σ ∠≡∧≡ヽヽ  /  ||ゝヽゝ  / /
 〆/    / / ノミノ`∀ >         ノミノ`∀ >   ヽゝ
         /〓/ v⊇ミ=∩=━━  /〓/ v⊇ミ=∩=━━
           (  ● )ヽ丿       (  ◎ )ヽ丿
          ∠≡∧≡ヽヽ       ∠≡∧≡ヽヽ
         〆/   / /       〆/   / /


その結果 官軍では荷駄隊・人足を除いた純戦闘員のうち
その3割が鳥銃手で編成されるという急激な進歩を見せた





286 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 22:00:53 ID:R5OJ.yz2

恐竜的進化だな、おいw





289 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 22:02:13 ID:h5l0MXSk

やはり戦争は進化を促すんだな、良くも悪くも。





290 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 22:02:26 ID:jVU9veXs

この鉄砲隊は 日本からの降将の指揮・指導により運用されるのであるが
しかし結果として 残念ながら あまり効果をあげるには至らなかった


            ,. -ォ大、-、 _
.          / ´iV//| ハVハヽヽ
          // i.:.i ` |i |! |` |! :i ',:ヘ
.         | i |斗ニ―-ニ‐-|:. i:}
         ハ:.:. k七i`  ´亡ハイ /イ    数を揃えた努力は認めますが……
.         l (ハ、ゝ  __'_  /イィ:.|
         l :i `ー'、  `ー ´  ./,ノ |    日本製の火縄銃に比べて あまりにも性能がお粗末ですわね
        l :i i  i:ゝ、    イ:.i :i |
.        l :i i  i:.:.:.|  ̄ |:.i:.:.i:. :i i
.       l :i :i  i:./     `ヽr- _ i
       l :i :i_ - ´_ 、   -‐ ´:i|   ヽ
       /://     ` ´    ,r| .i  }
      //.{  Y     :i  _,.rrvく_.Y  ハ
     // /ト、ェrv‐r-rv:{ィくv ´ ̄ `i:  i ',
     /  / i :{´ ̄ ̄` Y ´     i: /i
    ノ :/  ハ :',           /: ハ:.i  ',、
   / :/  /:ハ :',         イ:. ハ:.ト、   \  ← 降倭将 沙也可
.  / ,/  /:/  i :.∨´       :ト、 |:.:.i:.: :i  i , ヽ




             _  ' ´  ̄ ̄ ̄ > 、
              /             \
         /   !   |  |  !  |  ヘ   ヽ
        /     .!   |  | 斗  l     ' ',   ハ
.        /  |  |  | .´| ヽ  ヘ.   | l   ハ
.         |   |  |  | .Yf アぅミ Y   | l   l ハ
.         |   |  ∧  V弋fタ  ヽ|  / V  | |
.         |  l.∧ ヽ ヽ |   `   l}ィ坏 '  /  |     威嚇にはなる程度に
          V V \ ヽ \       マt7./   ,′
          V V  \\ ヾ  r 、_ ´  イ   /      考えたらいいんじゃないのかな
         ヽ ヽ   { ヾ   ゝ‐ '   /  /
        , -―- ≧ _\ ヽ .       ィ   /
     //: : : : : :.-―― ヾ> ‐ < / /
     /: : : : : : : : : : : : :/ ̄ ヽ .ィ }イ'´
    /: : : : : : : : : : : : :/ : : : : : : ',      ← 同じく 降倭将
.   / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : }





292 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 22:03:27 ID:R5OJ.yz2

と、思ったが鉄砲の性能まで真似るのは短期間じゃ無理か





287 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 22:01:20 ID:DrG8UA9U

よくわかんないからガンダムで例えて





295 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 22:04:15 ID:39EDeQis

ルウムでボロ負けした直後に連邦軍がジム配備完了?





296 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 22:04:44 ID:jVU9veXs

また「文禄の役(朝鮮での呼び名は壬辰倭乱)」で大いに活躍した義兵たちは
惟政が国王に官民一体による迎撃を上奏したこともあり
リーダー格の者たちに官位が与えられ 官軍に半ば組み込まれることとなった


  / ̄ ̄ ̄ ̄ \    \   |                  /|\
           \    }   |                 /│ `r
             \ _ノ   |____            / │  ヽ
  ゝ__________\ ____/ ̄ )       ,,-‐´ ̄~`‐- 、,i、
      Y rへ. ノ   へ._/ {\  __ /       ,;"          ';、
     ノ .| } | |   イ  ・|  |・}|/            /   _ 僧 ;⌒`、  |
  _/|  ゝ. V     ̄`  「 |             |  / `i /   i  |
   |  Vイ  l       __} .|            ( `ー‐゚/´`ヽ-゚´  )
   |   ヽ  |     , ―‐┐/            (.  /`‐(_つ, - 、   )
   |    \     {__ノ∧\            $;/ー~`─ ' ~`i ;$
   |     へ       / .へ \          $$;ヽ______| $$$
   |    /  |\__ / /  |  \         $$$ー─`-- '──$$$

          クァクチュウ                       ユジョン
       ↑ 郭再佑                     ↑ 惟政


ところで惟政は僧籍にある身で殺生は戒律により当然禁止である
そのため義兵としての惟政は兵站・普請・交渉役と後方支援で力を発揮した
そしてゲリラ活動の主力は郭再佑が率いる義兵たちであったのだが……





297 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 22:05:39 ID:jVU9veXs

この時期 その郭再佑に異変が起きた

         _
      , - ' /|
     r'   / |
    ,i'. -‐´ ̄~`-、
   ,;"          `;、
   /           ';     再佑よ
  |   (_,/ヽ、)(___ )`
  |    (__゚ ノ i゚‐、ノ ィ     お主を昌寧防禦使に任ずる
  | (    c___) `)
  |  i   _/ r'   |     これからも祖国のために尽くしてくれ
  |    (/  ``i  │
─ |`~´ `-、, '`─'`、,へ.|─
  ` ̄ ̄ ̄ ̄^──^ ̄




            ,. ‐'´      `‐、
       /           ヽ、
      /     へ ∧  ∧  .ヽ
      i.    /  |/  |/  ヽ∧ |
      ,!ヘ. /       *   |/
.      |〃、!ミ:   -─ゝ、    __ l
      !_ヒ;    、_・_ノ`ー'"〈 ・_,`/
      /`゙i         ´    ヽ  !   …………
    _/:::::::!             ,,..ゝ.!
_,,. -‐ヘ::::::::::::::ヽ、    iニニつ  /
 !    \::::::::::::::ヽ   ヽニニ) /
 i、     \:::::::::::::::..、  ~" /
 .! \     `‐、.    `ー;-





298 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 22:06:31 ID:jVU9veXs

            ,. ‐'´      `‐、
       /           ヽ、
      /     へ ∧  ∧  .ヽ
      i.    /  |/  |/  ヽ∧ |
      ,!ヘ. /:::::::     *   |/
.      |〃、!ミ:::::::: -─ゝ、    __ l   ……名誉な話ではあるが
      !_ヒ;::::::::::: 、_・_ノ`ー'"〈 ・_,`/
      /`゙i:::::::::::::::::::::::::´   ヽ  !   残念ながら それは辞退させてもらう
:::::::::::::::_/:::::::!:::::::::::          ,,..ゝ.!
_,,. -‐ヘ::::::::::::::ヽ、:::::::  iニニつ  /
 !    \::::::::::::::ヽ   ヽニニ) /
 i、     \:::::::::::::::..、  ~" /
 .! \     `‐、.    `ー;-



         _
      , - ' /|
     r'   / |
    ,i'. -‐´ ̄~`-、
   ,;"          `;、 て
   /           '; (
  |   (_,/ヽ、)(___ )`
  |    (__゚ ノ i゚‐、ノ ィ     な なんじゃと!
  | (    c___) `)
  |  i   _/ r'   |     いったい なぜじゃ!!
  |    (/  ``i  │
─ |`~´ `-、, '`─'`、,へ.|─
  ` ̄ ̄ ̄ ̄^──^





299 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 22:07:41 ID:jVU9veXs

            ,. ‐'´      `‐、
       /           ヽ、
      /     へ ∧  ∧  .ヽ
      i.    /  |/  |/  ヽ∧ |
      ,!ヘ. /       *   |/
.      |〃、!ミ:   -─ゝ、    __ l    母が死んだ……
      !_ヒ;    、_・_ノ`ー'"〈 ・_,`/
      /`゙i u       ´    ヽ  !    俺は儒教の教えに則り
    _/:::::::!             ,,..ゝ.!
_,,. -‐ヘ::::::::::::::ヽ、    iニニつ  /     これから3年間 母の喪に服そうと思う!
 !    \::::::::::::::ヽ   ヽニニ) /
 i、     \:::::::::::::::..、  ~" /
 .! \     `‐、.    `ー;-


こう宣言するや再佑は故郷である慶尚道宣寧に帰り 義兵活動から一切の手を引いてしまった
朝鮮国中央は説得を試みるも再佑の決意を覆すことが出来ず 最終的にはこれを認めた





301 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 22:08:20 ID:NxMxLfcQ

マジっすか?!w





302 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 22:08:24 ID:R5OJ.yz2

テリーマン、そりゃないぜw





303 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 22:09:02 ID:jVU9veXs

この再佑の軍役拒否とも言える行動に対し 朝鮮国民の反応は……


  ∧∧  ∧ ∧   ∧,,∧  ∧,,∧   ∧∧   .,∧∧
 <u`∀´> < `∀´> <u`∀´> <u`∀´> < `∀´>.< `∀´>   な…… な…… な……
  U  /  U   /  U  /  U  /   .U  ./  U  /
  u-u´   u-u´   u-u´  .u-u´   u-u´  u-u´





306 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 22:10:01 ID:jVU9veXs

\                               /
<  
なんて偉いんだ! 郭再佑は真の孝子だ!  >
<                               >
/∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\


   ∧∧  ∧ ∧   ∧,,∧  ∧,,∧   ∧∧   ,∧∧
 ∩`∀´> ∩`∀´> ∩`∀´>∩`∀´> ∩`∀´> ∩`∀´>
 │  /  │  /  │  / │  /  │  /  │  /
  u-u´   u-u´   u-u´  u-u´   u-u´  u-u´


            熱烈に支持した





307 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 22:10:31 ID:NxMxLfcQ

そんなバカなw





308 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 22:11:22 ID:jVU9veXs

  \\      再佑!  再佑!  再佑!  再佑!      //
   \\                                //
      ∧∧∩.    ∧∧∩.    ∧ ∧∩.   ∧∧∩.   ∧∧ ∩
     < `∀´>彡 < `∀´>)彡 < `∀´>彡 < `∀´>彡 < `∀´>彡
     (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡  (  ⊂彡.
   ∧∧∩.   ∧∧∩.   ∧ ∧∩.  ∧∧∩.   ∧∧ ∩  ∧∧∩
  < `∀´>彡< `∀´>)彡< `∀´>彡< `∀´>彡 < `∀´>彡 < `∀´>彡
  (  ⊂彡.  (  ⊂彡.  (  ⊂彡.  (  ⊂彡.  (  ⊂彡.  (  ⊂彡.
   |   |    |   |    |   |    |   |   |   |    |   |
   し ⌒J.   し ⌒J.   し ⌒J.   し ⌒J.  し ⌒J.   し ⌒J.


我々現代の日本人から見れば
些か奇異に見えるこの反応は「文化が違う」としか言い様のないことである
この当時の朝鮮国は それほどまでに深く儒教が根付いていたのだろう





310 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 22:12:15 ID:2UZCco.c

現実離れしてるなぁw





309 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 22:11:33 ID:IrsBA9qg

朝鮮のそういうとこは嫌いじゃないwww





311 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 22:12:19 ID:R5OJ.yz2

ともあれ、これでエース級が居なくなったわけで





314 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 22:12:39 ID:BzjjhR4A

これを聞いた日本側が「母だ! 母を狙え!」とかやったら、もう喜劇だな





320 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 22:17:08 ID:1SspPeyM

いや、間違えて親の仇になっちゃたら、それこそひどい事になるw





312 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 22:12:24 ID:jVU9veXs

             _
          , - ' /|
         r'   / |
        ,i'. -‐´ ̄~`-、
       ,;"         u`;、
       /   u       ';
      | u (_,/ヽ、)(___ )`    うむむむむ~~~
      |    (__゚ ノ i゚‐、ノ ィ
      | (    c___) `)    これは 止むを得んか……
      |  i   _/ r'   |
      |    (/  ``i  │
    ─ |`~´ `-、, '`─'`、,へ.|─
      ` ̄ ̄ ̄ ̄^──^ ̄


しかし このような一部での躓きはあったものの防衛準備は概ね順調であった
そして朝鮮国は 日本軍の情報収集・諜報活動も行なっていたのだが……





315 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 22:13:58 ID:jVU9veXs

慶長2(1597)年 1月初旬
閑山島の李舜臣のもとに 驚くべき情報が入る


          /ハ
         / / 1
       ∠ -┴‐┴-、
     /    に く  \
    /    /⌒ヽ     \
   /  /   n !  ィ⌒ヽ.ヽ     舜臣様! 漢城から指令です!
  /   l    └'|_/U  | l
  !    l     ノ  |     } !     1月14日に あの「鬼上官」加藤清正が渡海
  !    >=<   つ   / |
  l   {`ヽ、_  `ヽ、_ー '´  !     釜山に再上陸するので これを海上で迎え撃てとのことです!
「`ーヘ  ヽ     ̄``'ー―ヲ  /
ヽ  ヽ  V´ ̄ ̄`ヽ  /  /⌒へ、
  \/´ ̄7ー-、  レ'_∠     J
 /    /    `  ̄        丿
/     {           __  ノ
     __l_      _/´   ← 李舜臣配下
    ´  ( ,、 ̄ら ´__/ )               イオクキ
      /(ノ∩}|___しY  )     全羅右水使 李億祺





317 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 22:15:28 ID:jVU9veXs

            /∧
          /  |. |
         / ._⊥ ⊥
        l/   肉  `ヽ
       /  .ィ ⌒ヽ_,、/⌒', |
     ト、..|   |  ・ | l・  |│    な なんじゃと!?
     l  | _L_ ノ  ヽ_ノ`V
     レイ/  r、_`┴‐'___┐ |_
   /  |:|  |‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐| │  \
.、--イ|   |:|  ト、____/ /!|   || ̄`‐‐:、
   |:|   |:|\ _____.//|:|   ||


舜臣は この情報に驚愕し同時に困惑した
敵軍襲来の日時まで指定されるような細かな情報が
漢城から入ってきたのは 開戦以来 初めてのことであった





319 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 22:16:36 ID:jVU9veXs

           「l`ヽ、
             ! !  ヽ
          _l_l__ ヽ
      , -'"´_  /    `ヽ、
     /  l - ヽ  __    \
    / '´>、     /`ヽ`    ヽ
    l  /   ヽ、_,ノ    ヽ      l
    |  !     O| | O    l     |     舜臣様 出撃準備は万全です!
   |  |       | |     |      |
   |  |     j-‐ヽ     ノ      !     今こそ あの「鬼上官」を討ち果たし
   !  ゝ---'" ´    ̄  _   /
    ヽ, -、  _,... --──…〉=`ヽ/      我々の力を日本国に思い知らせてやりましょう!!
   /ニ/ノ    ‐    ヽr'ニ. ヽ
   { ( }`!、   , -─-、_,. -!l   ヽ、
   {, ヽ ノ ` ー‐=一'"´  `iヽ、   `ヽ、
  / '   |   l  , 、 _ , -、  l  l      ヽ
 イ    |ヽ l! / /´ `ヽ、 l ゝ、_l、    l
 l     / j/| `‐//`l/`ヽ〈     |`ヽ、__ノ
  ヽ__/'´  |  l ー' ゝ‐' ノ     |



                  ,、
                  / |\
                 / |  \
              / ̄`ー' ̄`ー、
              /    肉     |
             / 、-。、_,。-‐、  |    ………………
             |  ヽ_ノ ヽ、_ノ   l/|
                |   >ー く   / |
               \ ( ー- ) ./|_|
          _-‐' ̄|\ >― く//  `ー―-、__
     /~⌒~ ̄|  , -‐'\ ` - ー '/  \    '     ̄\
   /      | `ー―-、ヽ   ノ -―'~ ̄ 、       \
  /       /      `ーV -‐' ̄      ヽ         |
  /                ||          \           |
  |                ||                   |`、
/`-、   /          ヽ||/          ヽ   ー、_ノ \





321 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 22:17:29 ID:jVU9veXs

      ____
     ∧  \
  / ̄ ̄ ̄'\ヽ
 /_肉      ヽヽ
 l^d^、ノ⌒d    l|     いや……
 (__。  ̄ ̄    ||
  l ̄ ヽ      .||     出撃は見送る……
 λ⌒ノ   //|  ̄ノ
  (⌒`----'/ |--´
   T ̄ ̄7   ヽ




        /|` 、
        / | `、
     ,.-‐ " ̄`''‐- 、
   ,ィ"  にく     >、
  /  ,.-‐、  t‐- 、   ヽ
  :'  l´  ・i  |<  `‐i   ';
  |  |    l |     |   :l    舜臣様……
  l  |    l- l     | ∪ |
  'l  i、_ノC ` ─, - '   /_丿
  ヽ    /` ̄ ̄ヽ   ,:"
    ` 、  ` ──´  , ."
        ` ー---‐''"


しかし舜臣は この出撃命令を拒否した……





324 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 22:19:15 ID:jVU9veXs

この舜臣の命令無視に対し 中央は権慄を送り釜山への出撃命令を再度下す


        ∧
      /|\⌒`ヽ
     v||.| |||\〃ヽ        舜臣よ どうしたのだ
     |!‐,‐、,┐| ..::::|
     l|`T ̄~| | :::::|        これは日本軍を叩く絶好の機会ではないか
     'λ|__/√ヽ/⌒ヽ
     /`!___,ノ〃/ r ⌒`ヽ.
    /ヽrrrr‐、  (   〉``ヽ
    |ト、i   ) ..:::γ    /
     t ヾ  √⌒ヽヽ  .ゝ´
  (⌒oゞ _\   .:.\ノ
    Y |¥彡 `ヽ、::::ノ┘
    ` (○0ニニニニ;〔




       .       ∧
             ┴┴ 、
          /   肉   ヽ.
         / __,.、__  l
         l  ゝ__゚ノ ゝ゚__ノ .|   確かに その通りではある
         |    ト.__イ    |
         l    f 。 Y   .l   ただし それは……
   .      ヘ   ゝ___ノ   .イ
          l\ ,. ‐‐‐ 、/ |
       _..、‐''"ト、 ` ‐‐‐‐ ′ |_
‐‐-、‐‐く    } ヽ.  \ l|   ` ‐ 、
   ヽ  }  ̄ ̄'''''''‐-....._/  ....-‐''''  ̄`Y´  ̄ \
   ` ‐ 、  | |        Y´  ‐- ...._  \    }
      >、l /l      \}        、__>、_ イ
   _../   ̄`ヽ.     ',/          /_  |
           l-‐''''" ̄ ̄フ――'''''" ̄ ̄ `ヽ.  |





326 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 22:20:35 ID:jVU9veXs

   /    |
  /      |  |
  l  / ̄ ̄ ̄ \
  |/       肉 \
 /     _      ヽ    「鬼上官」再上陸の情報が正しい場合に限るわい!
Ⅵ    イ ・ `┬ ・⌒}l
 |    |__ノ  | _/|    そもそも この情報
 |         _ `ヽ |
 |      ,  ┴亠‐く |    出所は いったいどこからなんじゃ?
 ハ    /       ヽ|
/  \  |    ̄ ̄   |イ^ヽ _
    \.l        /| |  |
      \___/| | |  |




        //\  /|
       / /   V  |
     /// /  // ',  |
    |V ////  // /∧ `ヽ
    〉イ二X‐‐‐ く // ',  ',
   //:::::::::::::::::::::く二X / V⌒}
  // ̄ ̄ / ̄\::::::: \  / |    む むう……
  /厶.   /   /\:::u/ /   |
 / へ|.  /   /  /V /   /
  ハ.   /    U .へ//  ̄ ̄ \
. / ',  /      厶/      _)
/   Vへ    /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \


戦場において情報というものは いくらでも転がっている
大事なのは その情報の選択 流言飛語に惑わされないことである
舜臣は情報の「ソースを出せ」と言っているのであるが 権慄はそれを示すことが出来なかった





327 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 22:21:16 ID:R5OJ.yz2

ソース無いのかよ





337 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 22:25:56 ID:BzjjhR4A

「朝鮮妖術で知りました」
この一言があれば……





338 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 22:27:02 ID:xM6FnKWo

荒山先生乙





328 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 22:21:59 ID:jVU9veXs

この情報の出所には色々な説があった
「小西行長の家臣が帰国する朝鮮国使節にうっかり漏らした」
「薩摩在住の帰化明国人からの注進」
ひどいのには「清正の抹殺を狙った行長のリーク」といったものまである


          / /    /  l /  |     l li !   l ! 「ヽ  ヽ
       / /    l  l l i  !   ト、  !. l1l   ! l |  ⌒ヽ ヽ   いくらなんでも
        |/|     l  l ハハ ト、  l へ. ! .!l.l  川 l     |  l
        |ト{     l  l ト-!-一 ヽ」」-r┤川  { !l |     l /   そんな無意味なことはしないわよ
       ヾヽ、   l  l | /Uヽ    /Uヽ! !{  | !l |    !/
            l  l |            | l !   ! !! !   ´
             _」   ! !    ' '       !ハ.!   ! トy' ̄`ヽ、
            /   |   ! |   (、     l |!  ! Y     ヽ、  ← 小西行長
     l⌒Y´Y´Y`rヘ.l  ! ト、.  ( ヽ    /l  l ! (Y`Y´Y7ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄し、しく__厂 ̄ ̄ ̄ ̄ヽ__, 二´ .⊥_)_|___!し1_人し' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


どちらにせよ まだ戦争慣れしていない朝鮮国では情報の管理も未熟であったのだ





333 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 22:24:13 ID:bfyCkKWk

200年間、国家を揺るがすような戦乱がないんだもんな





330 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 22:22:31 ID:IrsBA9qg

普段が普段だとなあ





332 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 22:23:02 ID:jVU9veXs

       .       ∧
             ┴┴ 、
          /   肉   ヽ.     ただでさえ冬の釜山沖は荒れ模様で海戦には適さん
         / __,.、__  l
         l  ゝ__゚ノ ゝ゚__ノ .|     もっと言えば
         |    ト.__イ    |
         l    f 。 Y   .l     この情報自体が日本軍の罠だとも考えられる
   .      ヘ   ゝ___ノ   .イ
          l\ ,. ‐‐‐ 、/ |
       _..、‐''"ト、 ` ‐‐‐‐ ′ |_
‐‐-、‐‐く    } ヽ.  \ l|   ` ‐ 、
   ヽ  }  ̄ ̄'''''''‐-....._/  ....-‐''''  ̄`Y´  ̄ \
   ` ‐ 、  | |        Y´  ‐- ...._  \    }
      >、l /l      \}        、__>、_ イ
   _../   ̄`ヽ.     ',/          /_  |
           l-‐''''" ̄ ̄フ――'''''" ̄ ̄ `ヽ.  |





325 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 22:20:19 ID:6SSXvjNc

日付まではっきりしてるのは、ブラフとしか思えないからな・・・





329 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 22:22:15 ID:NxMxLfcQ

当たり前の事なのだが、こういう状況下の朝鮮国にあっては、
王子の行動が何故か神がかって見えてしまうw





335 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 22:24:30 ID:jVU9veXs

        __      _
        ゙-=ェ-:}   /┴_、   ____
          /⌒i  、J,i'  'ー'ト, /__フ="    意気揚々と釜山に向っても
      /}  { ´⌒,つ'"ェ、__(ラ'/--|
    /.::{   ゙ー--/   ⌒`⌒゙   |       そこで待ち伏せでもされたら
.    /:::::r┘ ___ ,ノ ‐''´ -t-   __,,ノ
   /-‐-{_/`ヾ::::{ _ { _,ノ` ̄´          巨済島の日本軍からも挟み撃ちにあって
   !      ,!:::::ゝ,_ノ
   i       _ノ:::::::::;冫、                わしらは全滅だわい
   ゝ-一''"´ `ヾ''´   ヽ
          \     ',
            ,:'⌒  |
           ,!、   /
            _/::::〉''´
          〈::::::/´
         |::::ゝ、
             ̄ ̄




        /   /   | \  |
       /    ./     |   \|
     /    /    ∧    \ ____
    /    /     | |__/      /
__/    /      /    />  />  /
\     /      / へ .</ // /
 X   /      //\ l\  </ /
\ X        / /  /\\\  /
  \ \     / /    /\ `|/      ……そうか
   \  ̄ ̄ ̄| |        /
\   \   /|__>     /
  ヽ    \/  ||     /
  ハ    |   ヽ   /


権慄も説得に失敗 李舜臣は出撃命令に応じなかった

ところが……





336 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 22:25:31 ID:jVU9veXs

1月13日(朝鮮歴14日)
情報が正しかったのか はたまた単なる偶然か 加藤清正が本当に釜山に上陸してしまったのである


                     ┌┐
                    /~'7;; |/~''7   ~~~       ~~~
     ~~~~        (  ( ̄|  (
                 、___`t-'ーイゝ-i             ┌┐
                  ヽ] ̄二二二7           /~'7;; |/~''7
~~~~   ~~ ""~~~~  ~~~~~       (  ( ̄|  (
        ┌┐                       、___`t-'ーイゝ-i
       /~'7;; |/~''7     ~~~             ヽ] ̄二二二7
      (  ( ̄|  (                 ""~~~~  ~~~~~
    、___`t-'ーイゝ-i    ~~          ┌┐
     ヽ] ̄二二二7               /~'7;; |/~''7     ~~~
""~~~~  ~~~~~  ~       (  ( ̄|  (           ~~~~~
      ~                  、___`t-'ーイゝ-i    ~~
~~       ~~              ヽ] ̄二二二7
     ~~~        ~~ ""~~~~  ~~~~~  ~  ~~~




               ,...::´:.イ:::::i:::\:::::`:..、
              /.::/.:::!i:::::i::::::::ヽ::::::::\
             ,.':/::/::::i:::::!i::::::!:::ヽ:::::!:::!:i:::.:ヽ
          .. /::/::::!:::!::i:::::!i::::::!::::::::::::!:::!::!::i::::!
            i:::i::i:::|:::i::::.::::i:!:::::i::::::::::::i::::!::i:::i:::i
            |:::i::i:::|::::ヽiヽリ、::::!::::::::i::|::::!::i:::i:::!    総員 上陸後は速やかに
            !ヽ::ト、!ヽ:::jィ赱ハ::!:j::i:::i::! ヽ::i:::i::ト、
              ヾ7  ´   ノノ |::i/:::! j:::i:::iリ    西生浦へ移動を開始するぞ
              〈 _      i/ ヽiイ:!::i:::i'
          .      ヽ_.. _       /   トj:::iN
          .      iー     / /```ヽ
                 ゝ--rrf´ /   ,  ´\
                   トi´/  , ' ,...:':::::::::::ヽ
                   i !j , .', .'.::::::::::::::::::::::::::i
                   //' / ./.:::::::::::::::::::::::::::::::!





339 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 22:27:03 ID:jVU9veXs

   /    |
  /      |  |
  l  / ̄ ̄ ̄ \
  |/       肉 \
 /     _      ヽ
Ⅵ    イ   `┬  ⌒}l  ━━┓┃┃
 |    |__ノ  | _/|.     ┃   ━━━━━━━━
 |         _ `ヽ |.     ┃               ┃┃┃
 |       ,. ‘-,,'   ≦ 三        。             ┛
 ハ    /  ゝ'゚       ≦ 三 ゚。 ゚
/  \  |  。≧         三 ==-
    \.l  -ァ,          ≧=- 。
      \ イレ,、         >三  。゚ ・ ゚
         ≦`Vヾ        ヾ ≧
        。゚ /。・イハ 、、     `ミ 。 ゚ 。 ・




       ∧
       ││  /|\
     ―亠亠./_. | _.ヽ
  /    /_. | | | | |._ \
 /    ./  | | | | | | || | _|
./   くV  | | | | | | | | || || |V7
    |ヘ  |_| |_| |_| | |_||_||_| /
    | |―┬―:、 ‐┴,‐:┬i│  ━━┓┃┃
    | |  `:―┘  └‐' |│.     ┃   ━━━━━━━━
    | | ̄ ̄ ̄ ̄ | ̄ ̄ |│.     ┃               ┃┃┃
    | |.   ,. ‘-,,'   ≦ 三        。                ┛
    | └ヘ.  ゝ'゚       ≦ 三 ゚。 ゚
ゝ_/|/\| 。≧         三 ==-
    |   \ -ァ,          ≧=- 。
    ∧    イレ,、         >三  。゚ ・ ゚
          ≦`Vヾ        ヾ ≧
         。゚ /。・イハ 、、     `ミ 。 ゚ 。 ・


李舜臣と朝鮮国は 千載一遇のチャンスを逃してしまったとも言えた……





340 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 22:27:07 ID:NxMxLfcQ

運に救われたな日本軍





341 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 22:28:43 ID:BzjjhR4A

李舜臣に運がないと言うべきか





342 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 22:28:44 ID:jVU9veXs

                                      _
                       _,.. -一- 、  c     ∧__`ヽ
                     ,.-< ̄ヽ       `ヽ,,_    ,ィ´_/^ヽ\i っ
                  /  _ヽ:_:ノ         ゙ `ヽf,(´‘j’  }  i    っ
              , -一' ,-    ) \,,___,:    レ  /,~(_c)ニ,ヽ |、,ヘ
             とノ_フー'_,.ィ=、 {     ヽ、_/  { {:`:ー'-;':‐:} |,ハ ̄`ヽ,,_
             /,(-イ/´   `ー'          /    ゞ=ニヾ:_:ノ//   ¨´   ``ー--、
             `´  L)             l     ,- ´__冫='"   , _      /   ヽ
  ,- 、              __            ハ、   /           /´ -    /      }
  ' _ ',        /  -/ , -─-、        {, `,二,'ヽ、       , '  /ー--‐ゝ、,,.. --、 /
.  / ',       '´ /   _,/     ヽ      / / i ヽ \__ -‐'´  ノ      }:_:_:_:_/
 ,'  , ', ` ´    ,.'     /   -=   ト、   j ,'  ,__   ヽ    ,/-‐''´       r- '´、ヽヾ=ー、
 !  ', '    , - ‐' 、  /         ,.i   ヽ_,イ   _/_   ,!  _ノ   , 、    r'_,ノ-ヘ_jヘ ,! ト'
 ',   ',  ` ´    ;  /-.、      l. 'i   ヾ:`:ー:.'_    ′ /    ;'  ' 、          `^′
  ',  ,'   ゙ -' , ‐ -'-/.: : :`i.     /  ′   i: : : : :`:¨:ー:-:‐:‐{ , - ─   ;
  ;'  '  , - ' ´    /.: : : : :_l__,,..イ       !: : : : : : : : :_:_:_:_:ヽ '´ `, ,  ',
  ` _- ´      /: : : : / _, - ,  \     !: : : : : ;/´   `ヽ    ',' 、  ;    '´ `
    ゞ: ̄`:'':ー:一:': : : : :/ l´  ,  ,  `ヽ、   !: : : : :/       ゙、   ,'  ',_,' , ´/:ヽ
    ヽ: : : : : : : : : : ;r′  ,'  ,'  ,′   `ー゙-:、:_:_:ゝ,       \,,.. __⌒ _,ノ: : : :.゙!
     `ー- 、: : : : /    ;    ,' _     ;,' ` -  ̄ヾ        ヽ  `¨ヽ: : : :':`: :ヽ
         ` ̄´        , '  `、    ,'      、 ヽ        ヽ     ノ; -ー:、: : :゙i
                   ′   ',  ノ 、     ; ` \         /´     \:_|
                  ,    , - ' ´   ;        `¨ヽ、     / ;
              _  /   ,        、    ` 、 ,' ` 、  `ー-‐'′ ', ´ ` 、 _


これは軍規違反として当然のこと懲罰の対象となった ここまでは仕方のないことである
ところが舜臣にとって事態はこの後 とんでもない方向にすっ飛んでいった





346 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 22:30:59 ID:jVU9veXs

この舜臣の失態が
絶賛続行中の中央の派閥争いに利用されてしまったのだ


      ∧∧   ∧ ∧        命令を無視するなんて李舜臣は中央を舐めているよ
  ∧∧< `∀´> <`∀´ >∧∧
 < `∀´>∧ ∧   ∧∧ <`∀´>   誰だい? あんな奴を将軍の地位につけたのは?
 | U < `∀´> <`∀´ > と ノ
  u-u U   ││   U u-u
      `u-u'  `u-u'      ← 反成龍派のみなさま



         _
      , - ' /|
     r'   / |
    ,i'. -‐´ ̄~`-、
   ,;"八       八;、
   / ⌒      ⌒ ';
  |  U (_,/ヽ、)(___ )`
  |    (__゚ ノ i゚‐、ノ ィ
  | (    c___) `)    ぐ が ぎ が が
  |  i   _/ r'   |
  |    (/  ``i  │
─ |`~´ `-、, '`─'`、,へ.|─
  ` ̄ ̄ ̄ ̄^──^


なにしろ舜臣は 成龍の秘蔵っ子なのである
反成龍派の中央官僚は この時とばかり 舜臣とその背後の成龍を攻撃
必要以上の悪し様に讒言を繰り返した





350 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 22:33:24 ID:NxMxLfcQ

あーあ、これだから朝鮮さんは……





358 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 22:36:01 ID:xM6FnKWo

んなことやってる場合じゃないだろうに・・・





357 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 22:35:48 ID:bfyCkKWk

中央集権国家の派閥抗争なんて別に珍しいもんでもないけどな





364 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 22:38:34 ID:kvbOHybE

むしろ、この辺の事情が記録として残されてることに戦慄するわwww
政争の証拠に使うために残されてたのかね?





348 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 22:32:04 ID:jVU9veXs

        r─,し'し'´/ ハ
        ` ̄\ '´└' ヽ
        , ─--'     {  ト、
        `ー-- 、    _/: :`; 、
             ` ̄ヽ:_:_:ノ  `゙`ヽ、
                   i        \
                  ヽ          {
                 冫、,,__      |
     r─ -- 、      ,イ        /
     ヤ     \   「7´ i         ,イ、
     _,〉- ─- 、  ヽ-'/  ' 、        \
.    /`ヾ、     `ー'´'    \        ヽ ヽ、_
    |!  i`、     i  ,     `      ヽ、 ` \
   ,ハ・  !      i  i         `ヽ    、   ーr:r:'':~: ̄:_゙>、
.  (__dー'-- 、    ハ l            ',    ヽ    |:,!: : :,/´    `ヽ
.    ゝ==-、ヽ   ′ ', |         l        ,!:i: : /          ゙i
       ,ノ,  } ,,ム、_ '!         |  ,,. -─  //.: :i         ヽ      _/.:
      に二.ノ/⌒-二'          /´ ,    〃: : :|          ',  ,,..<:´: : : :
       ヾ:,:-'´ ヽ、  `ヽ、      / '´  丿 ノ 〃: : : :l          Y´   `ヽ: : :
       |      ヽ、     `゙''ー-, '´-‐ ,ニ__∠,:': : : : : :i          |     ゙y'´
        |         `>─--‐''´ー─''´       \ー-一゙i         |     /
        ヽ       〈                   \   ヽ         |    /
         }''"     i                   `ヽ、 ヽ          ';  /´ ̄`ー
         |        |                        `ヽ         ,:'
         ゙i      /                          \         /
         ヽ,.:': ̄:Y′                         `ヽ、   /  ___,,.. -一
          ゙!: :_:_:j、                             ̄´` ̄´


この讒言により 朝鮮国王も舜臣に対し不快の念を表明
こうなると成龍にも庇いきれず 舜臣は三道水軍統制使を解任のうえ漢城に投獄……





351 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 22:33:31 ID:jVU9veXs

                   `ヾ: : : : : : : ゝ、               ,!
                   ゙ド:=:ー:-:‐:=:ゝ、       __,,/
                   ,| ` ̄ ̄´ {  ` ̄ ̄ ̄´
                    /        ',       ∩n__
                 /   、   __ノ し-──-、'-、´ ,.ニク
           ___   / ,    }  ,,..-一''ーヾ     ノ:/´⌒´
            |___`ヽf ,' , _'/       ヽ,__,,/~´
         ,イ´   `ヽ.'^レ′  '    i     |    n    (´´
           _j .|li    l´l        ヽ、 /:、| _ノj (´⌒(´
       (__o、      ,ハ {    ≡(´⌒;;;\{:_:_/`(´⌒;;≡≡≡≡
       (´~-ニヽ  ,ノ  ' ,ゝ≡(´⌒(´⌒;;  ⌒⌒;;≡≡≡≡
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

さらに半年後 許されて出獄したとき
舜臣の身柄は権慄の預かりとなったのだが 身分は一兵卒に格下げとなってしまうのである





353 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 22:34:25 ID:R5OJ.yz2

降格されすぎだろうw





363 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 22:38:22 ID:1SspPeyM

・戦争直前に宰相が強引に6階級特進
・戦争中の手柄で三道の司令官に
・1回の失敗で一平卒に降格・・・・

変動激しいなw





355 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 22:35:10 ID:n6cQqFRM

朝鮮の仙石だなw





359 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 22:36:13 ID:jVU9veXs

こうして李舜臣は完全に失脚し 水軍の総指揮官は元均が後任となった


  ,,..-  ,..............、  ヽ、
  7  ,r'、  骨 ,.ゝ、 i`
 ,.' ,r' ,'..゙....、 .,...'..゙、`ヽ`i
 ,! /,r':::::(・):| .!:(・)::::ヽ ゙i,,ゝ    え!
 N.i、ヾ:;;;:/,...、ヾ::;;;ノ,.ィ' ゙i
  ,! ゙、 ,,. 'ー'ー゙  、 ノ,ィ'゙    今さら わしが!?
  ,! ゙i nnnnnn ゙i゙ ゙、
--'ー、、i .UUUUUU ノ--┴   ウォンギュン
-‐''"`ーゝ、______,,.イi゙`ヾ'''‐  ←元 均
--‐'''""`''''''i  i'ソ ノ ゙i | ̄


だが……
この一連の流れは朝鮮国に不幸な結果しかもたらさないのであった……





354 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 22:35:05 ID:6SSXvjNc

非常事態なのに戦える人を投獄や降格なんてムチャクチャだな





352 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 22:33:57 ID:BzjjhR4A

自分の手で一番マシな海軍のトップをダメにしちゃうんだものなw





362 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 22:38:18 ID:BzjjhR4A

まあ日本も似たようなこと20世紀でやってるけどなー





374 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 22:43:06 ID:n6cQqFRM

日本の場合は「交代させなかった」だから、逆だな。
実際、下手に交代させてたら朝鮮みたいな事態を招いていた可能性もある。





361 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 22:37:42 ID:jVU9veXs

2月21日
秀吉は再派兵の陣立てと軍規を発表
九州・四国・中国の西国大名諸侯が主力として渡海を命じられた

                  ___
              ..::´::::::::::::::::〃⌒ヽ、
          _ /::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::\
             j/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          /:::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          i::::::/::::::i::::::::!:::::::::::::、::::::::::::::::::::::::::',
            |:::/::::::::i::::::∧:::::::::::::ト、::::::::::::::::::i、::l   今回の派兵の目的は「朝鮮国の支配」だ!
         、__Ⅳ::::/:::i:::::/__!::::::::::::匕ヽ:::::::::::::ハ:|
.         フ::l::r'l:::/!::/セミl::::::ハ:::尨_ハ::::::i:::ト、`!   まずは手始めとして 慶尚道・全羅道・忠清道の三道を制圧しろ!
          ´ ̄]八!/i」:瓜リ !/ Ⅳ   小ハl
               j、八i  ´  j〉   爪i        抵抗する一揆ばらは当然撫で斬りだ!!
               jヽ、  t_ア .ィ
            __//| ヽ __// |\
     ,...-',,⌒ゞミ、::/::::| 〈    / .|::::\゙''ー-::、_
    /::/.:::::::::::::..ヽ :::::/∧。V ̄\  |:::::::::\:::::::::::::`ヽ,
    /:::::::::::::::::::..`ー-、::::|/\丱// ヽ/|:::::::::::::::ゝ::::::::::::::::|::}
.   |::::::::::::::::::::::::::::::;;_ヾ|  |_/   .|―ー<::::::::::::::::::::|::::i
    |:::::::::::::::::::::::::::::::..`''ヽ、 |;;|    |::::::::_ノ⌒ ー - ,,,__  _
.     l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..゙ヽ.、  ,r‐'゙           //   ヽ
     |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;ヽf     ヽ        l /    l
.     l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,,-''',ニ,-'"      \___        /
     ヽ;::i:::::::::::::::::::::::::::::::::/ ./ l          \X=-、,,__/
      ヽl;:::::::::::::::::::::::::::::::| |  ノ     ` 、      ヽ ,ヘ./::::::I
       ヽ、:::::::::::::::::::::::::| l i´       ` 、    ノ ヾ|::::::::丿
        .|`ヽ;::::::::::::::::::::| | |    、     `'rイ  ,ノ:::::::::\
        |:::::::::\∩:::::::::| l\      `=、..__,ノ  厂:::::::::::::::::/
          |::::::::::::::::\∩:/  | ヽ、_    ノ:::::::| /:::::::::::::::::::::/
       |:::::::::::::::::::| \:!`ー、  ,,='' | `、'‐-'゙:::::::::| /:::::::::::::::::::::/
         |:::::::::::::::::::::|  ヽ_;;ァ'~  |:::::::::::::::::::::::::|/:::::::::::::::::::::/





366 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 22:39:25 ID:NxMxLfcQ

『撫で切り』ですか……秀吉さん





368 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 22:40:36 ID:bfyCkKWk

ゲリラに皆殺し作戦なんて、愚策だ





378 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 22:44:37 ID:1SspPeyM

ゲリラが発生した時点で実は解決方法はそれしかなかったりする。
問題は出来るかどうか、そして出来ても更に強烈な敵愾心を引き起こしてしまうこと。





381 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 22:45:59 ID:39EDeQis

インドネシアなんかじゃゲリラ対策として住民を懐柔してたな





389 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 22:50:53 ID:1Az8AA4Y

ゲリラはアメとムチの使い方が大事だね
ロシアは指揮官暗殺というムチだけでチェチェンを鎮圧したけど





365 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 22:38:57 ID:jVU9veXs

この時の陣立ての概要は
既に先行して朝鮮入りしている加藤清正の率いる1万が一番隊
同じく朝鮮入り済みの小西行長・宗義智・有馬晴信・松浦鎮信ら旧一番隊1万5千が二番隊
黒田長政・毛利吉成らの1万が三番隊


三三彡〃ィ;;;;;;;;ィ'/;;;;;;;;;;r'"/;;;/l;リ l;;;;;;;;;;;;;;;;゙i l! lj          ,、    ,、
三彡イ7 l ! ゙'"んr7〃/ツ;;;;;;;ノ /;;/l;;ノ^l;;;l ll           .| |   | |
彡:ヲ;;;ヾ, jl f;;;;r/,-;ィ=i―'''''"^ ,ノノ ,lリ=、レ' リ           |   |___|   |
三ヲ;; /;;l レ/;;;fr'r''" ll,,..,,,.、 ''"   Eヲイ /           |         |
イ7;;H f;;;i /;;;;l゙″ ,ィ''^''ー',ノ: : :  : :i,: : :l'"           | ___   ___    |
〃リハ l;;;;;;;;;;;;;t  ´`゙゙゙゙´ : : : : : :  : ゝ-i、       ∩   i´●`> <´●`>  |
リソノll;;;;;;;;;iヽ;\_,; : : : : : : : :   : : : ィ′      | |   |  ̄、_,、_,  ̄    |
イヲ ,ノ;;;;;r、;;`ヾ''ー''": : : : : : : : .   "`: l     .   | |  |    !.ノ        |
イイミ;;く ヾ、;;;ヽ、,, : : : : : : : : : __,..,...ィ:l        \ \|              |
゙i;;;;;ゝ、ヽゝ、`゙''''"´  : : : :、_,,ィ '''"´,ノ,l         \|               |
,l;;;;,t、_`ヽ_入      : : : : : :  ̄ ̄´ ,i′          |              | |
リ;;ハ、 ~´, :::::ヽ、      : : : : : : : : :l           |               | |
ノ    ̄   ::::::`ヽ      : : : : : : :l           .|               | |

      ↑ 黒田長政                    ↑ 毛利吉成





367 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 22:40:02 ID:jVU9veXs


                 四番隊は 龍造寺家家老 鍋島直茂とその嫡男勝茂の1万2千


           ,. :'´::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、                 /:.:.:./:.:.:.l:.:.:.l:.:.:l:.:.:.:.:{.:.:.:.:l   l:.l:.:.:.:l:.l;.:.:..:.:|:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.、ヽ.
          ,.':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ               /:.:.:.:./:.:.:.:ヽ、:.:l:.:.l:.:.:.:.:,!:.:.:.:l   l:l!:.:.:.ト;,lヽ.:.:ハ:.:.|:.:.:.:.:.:.:ヽヽ、':.、
.          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',             /: ..:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:、l!ハ:.:.:ハ:.:.:.'、   iハ:.:.lナニl/ミl/!:.:./:.:|:.:、:.ヽ`''‐
.           l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i.            /:.:: :.:ハ:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:| lニ弌ニミヽ:.ヽ  ´ ,l:.:/イ´ノr、)lト|:.:/:.:.:l.:.:.l:.:.|
          |::::::::;:::;:i、::;::、:::::::::;:!:i_:i、:::::::::;:i`           /:.:.:.:/ l:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.ヾてノ‐イ` ヽ:.'、   l:./-ゞ―'-''/:./:.:.:/l:.:.ハ:.:l
         l;::::::::i、|==ュ;、ヽ:::iリテ''ラ'l::::::::!'l            l:.:.:./  !:.:.:|:.:.:.:.:.:ヽ:.ゝゞ‐'"´  `ヾ'、 /'     /イ:.:.:./:.:!:.l. l:/
         l,ヘ:::::i,ゞ='ィ  V´ ゙ー"'ノ;:::/             l:.:./   l:.:./:.:.:.:.:ヽ:.`,ヾ、        '        /:.:,イ:.:./::l ′
           ヽ:;ヽ    〉  ,ィ'/'"              ヽ:.!   l:.ハ:.:.:.:.:.`lヽ:ヽ.      丶      /イ/:.:./l:.l
            'l:;ヽ、  -;‐ /'                 `ヾ、 〃  〉/:.;,;.:.:ヽゞヾ'、_    ,..=..‐-..、 r-、 /:.:.;,;.:l l:!
               |  ゙`,r.、...ィ' |                   /   {ハ:.:ハ:.l:.:l:.ヽ     '´ -―   l ト、`ヽ,ハ:! ′
         ,.. -‐く、  /,' ! || }-、._                     ´ヽ'、 ヾハ:.ハヽ、         l | /!`ヽ`)′
     ,. -‐' ´   ,. -ヾ_'/ l し"'、._  `` 丶 、                 `ヽ く <l:! l:.バヽ、     /.l !糸  |´
    r'、     /´      |     `丶,     `ィ                  ヽ'、` l/ ヽ `''ー-‐'"  l l レ' ,.┴ァ
    { ヽ、 ,. -'"         |      `ヽ、  /l            __,,,.........ヽ∨ ̄`ヾ、  r―-、 〈ソ‐'"´  `''ー―――-
   l   `''   、       |   ,. -─i   `ー´,.リ         ,.-‐'"´      ,.、'´ ,.' ̄/l‐i |    ̄      _,./
    !'ヽ, ヽ、 ,}        |  l_. ‐'  ̄ /  / |        /       ,.--、.{   ̄ ̄ヽヽf''´l    ,.イ    r'´ レ-、
    ',. ヽ  \ i:、        l     ノ| ソ  { !       /`ヽ   ,.‐‐、/ /´.ノ `''ー―く |  l  / /    !     `''ー‐

           ↑ 鍋島直茂                                 ↑ 鍋島勝茂





371 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 22:41:54 ID:wMnkzwfY

なんかやらかしそうな勝茂だなw





375 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 22:43:14 ID:NxMxLfcQ

お父さんとの仲もよくないって噂もあるしね、勝茂





369 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 22:40:52 ID:jVU9veXs

                    /, ーミ、        ,  \
                 //    lハ{ , / ,r .ィ从ハ ゙i
                  〃     八{ル'j/ ´    ! !
                   /ノ ,{_,/     `   u   } {
               //r'jr'゙        、 ,   V  !
                 !7´    {、     ゙メ-+、( ミ !
             rぃ{ --、_  ヽーァ'^ _   i'⌒ヽ} ,゙
             ぃ ゙L 、_'、 、` /,r   _ =-v { 〈、
       r   、__ノ}rソ7 ヽ'='゙ミ、〉( ノ_r=ゥ≪, _ /〃゙ヽ
       {廴___ア { {,〈   `ー'゙ 「` r_(`ー'´ ミ 〉{ イ ハ
      -‐ミ‐  _   `j ハ     }   ノ  ̄    ,/ リ /  ミt_
__  ´     ´フ´ イ///ハ{ 〉   └《__ ,.」    r‐'{{! '゙   ≪__,,
⌒i        '´ ノヘ小l丿/ __   ( ̄     Ly ,ツ7   いー≦x、_
l j          ハ! { '⌒こー---―x、 、メ ´jハ  !、v゙ ー
_ン           {{ F ‘、   、__ ̄ ̄ ̄  /` / /リ 小`}
               || lハ 丶      ̄`      イ トV7
こ二二 ヽ     ||   \ヽ{  __j、_,r  ミ, 彡ソコノ //
     \\    ぃ  〈\ 、ヽ ______ノ´彡'´ ,__//
       丶 ー  `、、 ト、 ヽ\`ァ,二 ,.  ィ  ノ //
、        ̄\ 、 ヾ、\ └┘| {_/ ニノ ///      / ,  ← 島津義弘
ヽ  、        ヽ   \\   | __彡 ゙´//   ,  、  /


              五番隊は 島津義弘の1万





370 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 22:41:41 ID:jVU9veXs


         六番隊は 長宗我部元親・藤堂高虎・加藤嘉明・来島通総ら水軍を中心に編成された1万3千


  /::::::::::::/|/|/::::|/:::::/イ  N:::::::::::     /: : : : /: : /: : / : : : /l: : : : : : : : :ヽ
   |/|/{|/:::::::::::::::::/ /      ハ::::::::    /: l : : /: : /: : /: /:/:/∧:l: : : : : : : :ハ             ________
     〈r__ヽ |/L、、,,,,,,,,,,,,,,,,__ ノ\::    /: : ! : /: : /: :/: ://l // l:|\: :!|: : : : l          .   ´          __`丶_
       >r‐t.ハ 7/´::ヘソ_`ヽ_/ミ:    ,':/: :l : l : ://:/l: イ//,l/=キi≦V | : : : ハ        /         ,.  ´: : : : : : : : :`   、
       (.ヽ:フリ⌒ヘ、:ヽ ̄::::_ノ ̄  ミ:   /イ: | | : |: :l/!/=l'、l'/´/,.ィ彷r) 7:/: ム l:ト|      /  |     /: : : : : : : : : :、: : : : : : : \
       `┬彳     ̄ ̄  /  ミ::    ,': ,l l: : ∨r忘外 }   ̄ ̄ //: /) }从      /   |   ./ : : : : ト、: : : : : ∧: :、 : : : :!⌒
       ヽく.  __〉、    ..:::::::::ミ:::    l:/ |:l: 、: ヽ ` ̄ 〈      //: /.ン:l      /    :|   /: : : :∧ ,:|--\ : / ‐∨、\ : |
         V::::::_ .._ 、 .:::::::ハミ::::    l′lハ : \ \    __,./イィ/彳|l l     /       '  /: : : : :|/、|   `     |: V
         ∧::::::::_    ,,、ハN::::::     ′!: | |:ヽ‐ヽ  ´-‐一   /ヘ: N州      ` =ニニニV : : : : : |           ,x=、 Vハ
         」|i;;;::::;;ii,,..... ..、ハ||トミ'': : :       |/l/|:l、_、:> 、     /,. -ヘl 、            { |: |: |: : :|  ,x==、    〃    V|
         ハ从||||||||||||||トNミ''/:::       ' ' l/| ヽl: | ` ‐ '´  〉 __l  ヽ          '. j : ム:|∨:| 〃    ____ /// }|
          ∠//"`-"ー'イ:::::::::::         |.:.:.|:.:.:.|∧     /彡,:.|  |            ∨: :{ r|: : :l/// r ´    \}    ハ、
          |:::::|〉: : : : :「::::::::::::::::::        /.:.:_j.:.:‐¬l    , ゝ/.:.|  l-、          /: : : ヽ|: : :|  |       ノ /: : : :\
         _/:::::::|: : : : : :|:::::::::::::::::::       /.:.:.へ :.V^ゝ  / / /.:.:.:l  /⌒'ー     _/ : : /: :/ : : ト ._丶 __ . イ: :{ \:_:_: :ヽ
      _/::::::::::::└: : : : :」::::::::::::::::::   , -―//   ヽ ヽ‐.  r‐/ /.:.:.:.:.! /:.:.:.:.:.:.:.   / : : : : :,.一': :_/: :x'⌒\l|`ヽ、: : ト、: ヽ    |: :|

       ↑ 長宗我部元親              ↑ 藤堂高虎                     ↑ 加藤嘉明





372 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 22:42:40 ID:jVU9veXs


                七番隊は 生駒一正・蜂須賀家政・脇坂安治の四国勢が1万1千


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/|:,:,::::::::::i',::i
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ル:/__!_i|',:::,;:::| ';|
::::::::::::::::::::::,r'二'j::,'i::::/.レ'―┬r j;!|:j         _____ _,. -,‐-―‐- 、 _
:::::::::::::::::::::f.:.:.:.:,レ, :レ′   U .| .'′      /'´ ̄∠. X´ ―- 、   ヾャ._
::::::::::::::::::::::!.:.:.:.:く: :        ':,       〃  /´     、ヽ. ヽ.ヽー-Yj                 ,  -─ - 、
::::::::::::::::::::::ヽ、;_:.:.:.         i      /′/〃 /|l 、\ヽヽ.i :. i/,ハヽ            , -'´     l、   ` 、
::::::::::::::::::::::::::::::!:.:.:.:.        |       〃,イ{ {. | ト、_,ゝ--ヽ.! :. l/,ハ〈           /       ノ ヽ    ヽ
:::::::::::::::::::::::::::::|:.:.:.:.:.      ‐ ノ       /i /!l l,ィT、ト、 ヽ>==ミj! ::.k〃イノ          冫  ノ彡,ィ/    ヽ.   l
:::::::::::::::::::::::::::::!:.:.:.:.:._:._.__, 〟'"         |{ トヽ. f´iぃヾヽ {tい|l ::lトY リ、           7  l       _,. l!   l
::::::::::::::::::::::::::::|: : : : :|               ヽ l ト、ハ tリ    ゞ'',川:l|ク,イヽ:\         レ'、r l=-、;__,r-=、_ l,_  ノ
::::::::::::::::::::::::::::!:_:___!,                | ! |小  '    /川:.レl l:l:.い::.:ヽ、         ヽlー─'l  ー‐' `lノ /
:::::::::::::::::::::::::::|ー――` 、.              リ| l リ| ヽ. ‐  .イ リk:ト|:l::l:.:ゝ;.-'          ',   `     /,ノ
:::::::::::::::::::::::::::|       ヽ、           / |! / !  `_フl´//'´ ヽ!::トイ、           ヽ  -─-  ノi'
:::::::::::::::::::::::::::!         \           リ' . -‐7ィ</'   /-‐\::l::ヽ           lヽ、__ / _l、
::::::::::::::::::::::::::|           ゙:,          / r'´:,rクfヘ:.ヽ /'´ ..  :.Y´         _,r '゙|ニ= 、 , 一' ´ ,ト 、 _
::::::::::::::::::::::::::|            |         ,イ , ヘィ/ ハ:}:.:.〉/ /   .:.:}     -‐'.´ ̄/;;;;;;;;|>/ヽ二二´ノ;;;;;;;;;;;;ヽ`'';;;;
:::::::::::::::::::::::::i             !         i l//_:./ /:.:.|`'´//    .:.:./     ;;;;;;;;;;;;<;;;;;;;;//l  :: ヽ /;;;;;;;;;;;_ - ';;;;;;;;
:::::::::::::::::::::::::|             |        j./  `  `ー /    .:.:.:.:./      ;;;;;;;;;;/;;;< / /   ::. ヾ;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;

      ↑ 生駒一正                ↑ 蜂須賀家政                ↑ 脇坂安治





377 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 22:43:47 ID:jVU9veXs


    そして毛利秀元率いる毛利勢3万と宇喜多秀家の1万が八番隊となった

            _____                         __
         ,  ´  : : : : : : : : : : : :` 、                _, '"´      `丶、
        /    : i三≧.、x≦ミi: : : :\             /            \
       /: : : : : : : :i: {        |: : : : : ヘ            / ,' /  / /  ヽ   `ヽヽ
      ′: : : |: :,..-|‐|-     ‐≠、:. :|: : ',           l l j __ // ,イ   、ハヽ   }! ハ
      |: : : : : :{/: : :|V       /ソ}:ヽ:|: : :i           l l 「 j_从7ヽハ  !七大 ` } リ }/
      |: : : : : ∧: : :!       / |:. :ハ: : |           | l Vf゙圷/ jl ノィアト、ヘ// /
      |: : : |: : : |ヽ:.|≠ミ    斤ミx iノ: :|:. :|          j l  l  V_:ソ  ´  V:リ /jイノ
.      }: :|:.|: : : |イ{__/:::| _i___/ トイ::|iム:.:.|:. :l          ,' ハ ヘ.       '  ` ,'  l !
.      |: :ト|: : :《 |:r-イl し| iフ |‐zrj ル: :!:./          / / l  ヽ   ー ‐  .厶 |ハ
      !: |┤: : :ト、ヽ-'′ノ ,ヽ_  ̄ イ:.:i: |/         //' ∧  弋ト 、 __ , r<7  l ヽ
      ル': ∨ : ト、_ ¨¨   _    ̄/: : |イ        / / / ∧   Vー、 Kヽ{   ヽ  ヽ
       |: i 入: :|:.:.:.≧t--´-r:.:.:':.:.:|:.:./:|        /  /./  /¨}   ',__∧_j_l::::ハ   \ }/
      ,r‐―っN:x‐マイ__/ >、:.:.:.レ'|: :|       ,′  l {  /:::/   /::::ヾ ☆Y:::ハ    X
     / / rく_:.:./   ヽ __/\\:.:.|: :|       {   V r'::::::/   /::::::::::\__j:::::入xぅ/  \
.    /   __}: ′         \ヽ!: :|       ヽ  l  { :::/   /::::::::::::::::::V://∠     ',
    {   イ:.:/ |          / i }: :|        }  ! j/  /:!::::::::::::::::::∧V _二}:ヽ   /
     '.  〈:.|:/        .  /  ! !: :|       /  /  {   〈:::::::l:::::::::::::::/:| j/ -ーソ:::ノ   /

         ↑ 毛利秀元                      ↑ 宇喜多秀家


ここまでの12万2千が制圧部隊として 半島南部三道に展開される予定である





383 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 22:46:45 ID:n6cQqFRM

毛利は三万か、相変わらずスゲーな





392 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 22:51:43 ID:xM6FnKWo

八ヵ国の大身は流石としか言えないが、
この戦役での三万の兵員を養う軍費は自腹だからな・・・
財政は破綻寸前じゃないのか?





380 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 22:45:29 ID:jVU9veXs

これに加えて後方部隊として 釜山浦城のやる夫の1万を中心に
安骨浦城に立花宗茂の5千 西生浦城に浅野幸長の3千 竹島城に小早川秀包の千の兵が配置された

         ____
        /⌒  ⌒\
    (ヽ /( ●)  (●)\   /)
   (((i ):::::: ⌒(__人__)⌒::::\ ( i)))
  /∠ |     |r┬-|    |_ゝ\
  (___     `ー'´   ____ )
       |        /
       |       /
         |   r  /
       ヽ  ヽ/
        >__ノ;:::......
                                  , -'、:::::::::::,` ´:::::ヽ::::::::ヽ
                                イ::::/、::\; ;::::::::_.. _::::\:::::::\            _____
           _,.yトーゞrッヽv,、_,.          ィ':::::::::/ヾ:::\, ::::::::::l:::::::ヽ:::ヽ:::::::::゙,.        _,..-‐": : :: : :: ::`:‐-.、.
         ,rk´ミ、''ナ;;爻'、ー;;〃彡;,.        //:::::::::/`"ヾ;::! ,,::::__:: |:::::::: |:::::゙:::::::::::l      ,ィ´: : : : : : .:i : : : : : : : : : :`:ヽ、
        vf戈ハトシ〈'"リ゙、ヾ、;;jリ、〃、      ./':::::::::::/          |:::::::: |::::::l:::::::.     / : : :i : : : : : .:|: : ::i : : :.i: : : : : : :ヽ
       Yメ从k;;、;;ij;;;ii;ヾ;ッ;仆、ヾくソ      ,/ !::::::__'_            |:::::::: |::::::|:::::::::'    /: : :: : :|: :.:i: : : :λ: .:|: : : ::|: .:i : : : .: :ハ
       }ソリ"i!;;;;;l;;i;;、;;:;:;;:;';;;};;iリドシゞ,     / l::::::レ' _ `        │:::::: ト、::' :::,/.   /: : :: : ::.|::i:┼i-:::八: :|: : : ::リi: :|: ::i:.: : : :|
       ツ;;;;;;;;;;ト、;;_リ;;;i!;;ト;=;、t;;;l;;ヒ'      il ,|!:::::!イ::ヽ     `二_ `|:::::リ:::::\, :::,   {: : :: : :: :|/|:/|::|;ハ:| `メ: :. ::/ |:'ナト::|: : :. :|
       ヲ;i!、:::r',;、=;'、;"リ,、=;''"リ;ij´      il ∧:::! ゞン     イ::::::ゝ|:::: ,::::::::::,. イ   |: : : :l: : :ヤァzレ'ュ リ  /7: ::/ |:/ |: ::|:: : : :|
        };lヾ;;j  ̄´.〃l゙ ̄´ ,';ィ′      ヽ ト、::::ト        辷 " ' :::,::::::::::.  |.   |: : : :|: :.:ハ k::r;;{  ´/:;/zェチヌ.7: :|: : : :|
 r‐、       7;;;;|',    =、j,.   /仆、        |::::゙、:ヽ   `__       /:/:::::::::::::  |    |: : : :|: : ::ヘ-‐‐'   '"   }:::r;{ ハ: ::|: : : ::|
 } ,! _      ゞ;|:ヽ   ,:ニ> /:: レ ソ\,.、     |:::::::へ:ヽ.       _/;::ハ,:::::::::   |.    |: :(´|:i: : :ヘ         ̄ }:.:ヽi : :: ::|
 j _,!ノ )" ̄>.ニト、:\` "'' ///,r/:::::     |::::::::::::ハ;|::` - r  ´_/イ::::::::::::::::   |    リ|:.:`|:|: : : ∧  ‐-     ,∠: : : : ::λ:|
フ ,、'-‐'l" ̄リ;/::;;/::} `:::`:ー'/'∠;:/`゙ヽ・     | :::::::::: :::::::::::: r -─ '' ´|:::::::::::::::::::::: |     |: :/レヘ: :〈ヽヘ>r-‐:π:爪: : :.:λ:. :.:| `゙
‐' 冫‐i '"フ:;/::;;;{! `r‐'"フ´〃シ:;;/ " ヽ、.     |::::::::/:::::::__ ノ ‐ --- '!::::::::::::::::::  |    |/:::::::::::\|‐-、_〈:: : :..:|∧:::/|: :ハ: : :|
. '",.ィ/ ̄_:;/::;;イ `'ー ''/ヲリ/;/r'/,r─‐-、     |:::::/,. ´         |::::::::::::::::::  |    /'":::::::::::::::::::::::::::`\::/  ∨ |/   \|
  '二⊃ヾ/.:;;/ `ー-‐/Ξ/ッ/rレヘ{ | ̄|  `     レ//    、         |::::::::::::::::::::ヽ!   /::::::::::::::::::::::/⌒\:::\

         ↑ 立花宗茂               ↑ 浅野幸長                 ↑ 小早川秀包





382 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 22:46:42 ID:jVU9veXs

さらに この再派兵における前回との違いとして 目付役が数名同行し諸侯の働き振りを監視することとなった

      __     _
  ,. ,. ´  / ̄>t=ヘ_/ムイ-    ―- __  _
//    /   イ{し}V≠  ̄     == ⌒しイ¬キ―‐、
/     ./ />┬そ__        __,.. {{ 乃ノ i ハ
     / 〃 t(⌒´  ̄          ̄   ヾ一;、/ | ,
.    /   {し_)     /  i         ヽ   ノイ  ′ !
    /    /./ / / 〃     ハ | i  ∥   ゙,   ∨ /  j|
  /  / / , ,  ″: | |i  Ⅵ| |∥ ,  | i  ' /|   〃
    / イ | | ∥||| || ,..⊥l | |∥ |! | |  /' |  ||
   /   | | | ∥|l| | {f'´|メ | |∥ |! l/  /  |  ||
 /   /| ∥ | j⊥ヘ¬ ム)) |∧_/|_l_/j! /  /  i |  ||
    /  | 八 ∨{ ィrァミ くヾ ノ' 斗┬ャミ /  ,   i|  l|
   /   ヽ |ヘ トヽいYレ' ノ    ゝツノ / ′  l   l|
 /      イ  |`ヾ二 イ ,      / イ  i  |   l
      //  | 下 乙  ,._    / / |  |     |
      /__/  イ  |{>‐、 `    / /l | |  |   |
    / K⌒Y´  し¬ \ (>z<:/ />| |   |     l
    .′| ヽjし―<  ー┘ Y´  / //   | |  |    |
  厶イ  丿   {_r<l 〈_  ;′ ト \ |┌ 、  |       !
/´     〔__r┬ 、 /゚厶 く__ イ |  | `ー┴' |         l
| ∧     丿 ,.У゚く ̄\   7|  |」  てヽ..ノ           ← 目付役のひとり 福原長堯(三成の妹婿)
ヘ| ヽ  /   ー' ̄)ニ、 ニマ ゚ハ  '、_丿\         !
     /       (__r‐, >く゚/ ヽ  \   ___ヽ ̄\     l     *ただし長堯の名は2/21の陣立書には無く
  _r―y′          (__〉 <jヽ__)>、  `<_〈!  丿     l      戦線が拡大した後に目付役に就く
/   /             >-、丿` ー―-- ニ ー      、


これは前回の派兵が 秀吉を総大将としたその指揮による「唐入り」であるのに対し
今回の再派兵の目的が朝鮮半島の制圧であるので 自らの出陣はとりあえず必要ないと秀吉が判断したこと
同時に今回も渡海組の中に総大将にあたる者が存在しないことを表している





385 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 22:48:25 ID:39EDeQis

前回の反省を踏まえていないというべきか、
パッと総大将に任命できるやつがいないというべきか・・・





390 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 22:51:32 ID:Whd718/U

家康、渡海させないんだね。





401 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 22:55:26 ID:xM6FnKWo

危なっかしい東北方面への抑えだからね(主に戦国DQN対策だが)
元々「唐入り」なんてものに乗り気じゃないってのもある





407 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 22:58:31 ID:ppEhr/gQ

それでも名護屋に3万人ほど滞陣させてたらしい>家康





384 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 22:48:07 ID:jVU9veXs

それでも 3万の動員を誇る毛利秀元 秀吉の養子である宇喜多秀家
そして小早川隆景の後継者で秀吉の元養子であるやる夫の3名は
若年ながら諸侯から一目置かれ 現地における総大将格と見なされていた


 *o ゚ |+|   。*゚  +゚ } o  |*  o。!    |!
 o○+ | ∨    | {r|! *l:     + |!*l::j o ○。
・+     ,-i| o.+  ___  。*゚}‐ 、゚ + |
゚ |i   | {r|! *l:  /_ノ ' ヽ_\   ノヾ}  |
o。!    |! * .゚ /(≡)::::::(≡)\  レ ノ  ゚|
  。*゚  l ・ / /// (__人__) ///\o  ゚。・ ゚
 *o゚ |   |     |r┬-|      |   *|    そ 総大将?
。 | ・   o ゚ l\     ` ー'´    /*゚・+゚ ||
 |o   |・゚ ,.‐- .ハ       イ | * ゚   |    やる夫が14万の軍勢の総大将かお?
* ゚  l| /    、` ニ ´ ノ  ノ   o.+ | ・
 |l + ゚o i     ` -、{! /_   \  ○・ |o゚
 o○ |  | ヽ.     ヾ´    ̄  `ヽ  *。
・| + ゚ o }  }                ヽ O。
 O。 |  | リ、  ..:::        ..   l 。
 o+ |!*。| / `ー::::       , ヘ:::::..  | *
 |・   | ゚・ |/   /  :::... ..   /:::/ | ::..... { |
    |_|\∧∧∧MMMM∧∧∧/|_|
    >
  /\  ──┐| | \     ヽ|  |ヽ  ム ヒ | |
  /  \    /      /  | ̄| ̄ 月 ヒ | |
      \ _ノ    _/   / | ノ \ ノ L_い o o




               _. --- ._
.         ,..イ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:´ ̄`丶、
       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
.    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ
  ∠:ィ:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.',:.:.:.:.:ハ:.:.:.:.:.:\
    /:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:|:.:.U.:.:|:.:.:.:.:.:.:トゝ
.   |:.:':.:.:.:.:U.:.:|:.:∧:.:.:.:.:!、:.:.!.、:._」',...L:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.N
.   l:.:l:.:.:.:|:.:.:下'ト ヽ:.:.:| x|'´\! ',:l:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.|
    V||:.:.:.V:.:.|,ィ=ミ、\!::u:::ィイ¨'トヽ:.:.:.:.:ハ:.:トソ
      リ、:.:.:.\|:{ ヒ,ハ::::::::::::::::ら、j.| |:.:.:.:.,'ノ〉:|′
        ヽN:.:.:.:| ー‐'::::::::::::::::::ー-' ,!:.:.:./イ/ヾ
        l∧:.:.ヽ   '_  u  /:.:.// '′   (これは……)
           \:.|` u _,..__ .ィ ./:.:./ー、
          `rァ ´ /  l  ,./:.:/  ∧    (果たして素直に喜んでいいものであろうか?)
            /′ /三ミ 、///     ヽ
         / .′ /   `y ´      ヘ.
        ,′|  |   /     .ィ´ ̄ヽ.〉
          /  .|  |  /      ,.'´    |
       ,.'   l  | ./    /         |





398 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 22:53:45 ID:DrG8UA9U

大将だからな!
自分で槍持って戦ったらダメだからな!





427 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 23:10:49 ID:XFkoBtfw

現状この三人の中だと前回も出兵して立場も明確な秀家が一番安定感あるか





388 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 22:50:28 ID:jVU9veXs

                        ___
                 ....:.:´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`.:.:.:...
                 ....:.:´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: :、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`
             /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.`:.、:.:.:.`:、
          /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:. :ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.ヽ
.           /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:ハ: :ハ:.:.:.',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:ヘ
       /:.:.:.:..:.i:.:∧:.:.ヽ:.、:. :∨:.i:.:.:.i:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.: :ハ:.:.:.:.\
.       /:./:.:.:.:.:.:.∨:.:.\:.ヘハ:.、ハ:.:|:.:.:.|:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : :i:.:∨:{`ヽ
      /.:イ:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.、:.`: i l!:ト:i :l:.:.:.|:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :!:.: :',:ヘ
     ./ ' l:.i:.:.:.:.:ヘ:.:.:.\`ーlハ! l:.:!:.:.:.l.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.: iハ`ヽ
    /   |:.l:.!:.:.:iハ ー一ィr示㍉:ハ:.:/.:.:.γ、:.:.:.:.:.: : :/.:. :i.ト、:.
          !;ヘト、:.ハ:.:ヽ 〃八ぅ::} }'i:.:/:.:.: :' ぅ}:.:.:.:.:.:,:./.:.i :ハ| `ヽ    高い地位に就くということは
.        {  !/.:イーハi     ゞ' /;イ:./:. :'.:ソ.:.:∧/.:./}:′!
            / ' !: :! ノ     /' /イ:.:.:.ハ.:.:.:.:.i :/}.:'           それだけ大きな責任も背負わされるということ
          /´  ; :/ `ヽ _ __    !:. :' l:.i:.:.:!/
.      /   /: '    ヽ       !.イ ハ:l:.ハ!              しかもやる夫様はこれが初陣
           /:'        /ァ‐ ´ ! /' ハ _!:'_
                   /´   l.' .:´: : : : : : }             ここでなにか失策を犯したら……
                      / : : : : : : : :.:.人          _
                  x―./: : : : : : : : : : : .:.:.:.≧x...._...x≦: : :`: .、
                    /:.:/: :_.: : - ― - 、―: : : ´: : : __: : : : :.\
                //.  ´            ハ ̄ ̄ ̄         ̄ ̄
                 /'/   ..:./    :.   ハ
               //     :.′     :. .: }
           / :/         :.i        :..: i
            |:/l        .:l        i !
           !'/! :      : l  :.      ll


宗永は秀吉に対して やる夫に戦場での補佐役・アドバイザーをつけることを願い出た





391 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 22:51:38 ID:jVU9veXs

その結果 小早川隊には外部顧問として 黒田家の隠居 如水が同行することとなった……


      f⌒ミ`ニキ'"三三ミミヽヽ`il))メナ彡ナシノノフイく,ノ三ノr=ヽ'
     ー=、 ゙ゝ'彡≫三≡ミ゙i`i l l lノ,r'リノッシノ彡ノノシ/F三ノニト
    ´~ゝ-ゝ<リ彡ノノ三ミミミfi l lゝi ノノノノニ彡三彡彡jノヨ'ノ巛ミ>'"二ヽ
    ^`ー三くj〃彡三≡ヾ.ゝt t )l ン"´ ゙ヽ、iミ彡ノシ人ミ三彡ニ=-
      、,:r''7ヘ又彡シ,r/'"~`゙゙゙`'二ニ:;、_,,.,.,  `゙゙ヾミミ三彡ブ>∈ニ
    ,'ニキ王彡彡彡;,fノ -=,=< l /,∠(_,.,.,、  ゙iミ彡彡三ノ∠ニ_
  、_,r=''7ヽ≡彡三彡'" '''"~,r''') `' ゙i  f‐-:,ニィ=、ヽ トミミミ三≫にニニ、ヽ
 =〃ーヽヽfrミ三f'f ,,r;;ニ彡'´ `ヽ,  ノ  ノ.'・'´ ̄  i,ミ三ヽフ<7、,.r--=、
 `ー=''"~`ヾミ》彡/'イ (:ノZニr・ゞ   i f   `"_,,二ニヽ┤ミミY人ノリへ,,.=、   いいぜ
     ,,ノ-r'彡〃:┤ ,,..,.  ̄",:' ,r j t`ヽ,、_,ニニヽ`t三彡彡メ>ノ、_`''"´
   ,r''>=‐ナ〃フノノ:゙i'',r'',.=‐,'".ノ(_rゝ_ノ'" ,.,..,.、_´~)  l ) )ミミ彡==、、    やる夫のことは
 `~ f 、__,>ヲr7ノF彡 i ( r=''" _,.,.,.,.,.,.,.:ィ",.,-、=、,フ   イ ノミヘ三≡,.,、 ゙ヽ
  ゞ、_彡ナ7ノシノfr(ゝ、tヽ /,r‐―一 '"_,.,.,、ノノ^iフ′ l`ヾミr十=、``ヽ、)   俺がしっかりと面倒をみてやろう
     '"~フフr/ノミヽソ l'  ゙i〈〈(ヽノ'ー''"^´   ~`ヲ^i ,ノ :,ヾ''ー--==:、
      ニf‐ナ''チ,r=ゝノ、  ゙い''^',,.ィrー'='ーメ/ ,' ,/′':,  i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ、
     ( ,r''サ;;;;;;;;;;;,ィ 、.゙ヽ、゙tヾ、ー=''"゙゙~´,ノ ,' /   :  ノ,ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\,,_
     /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/人 ':, `ヽ、 `゙゙゙゙´~´ ̄    /   ,:' /   l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`゙゙`
   ,,ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;t ''"゙t  ゙;, `ヽ.        /  ,:'  /` /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
'''"~´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙ゝノ\ ゙ヽ  ヽ、    _ノ  ,'   '^,,.ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽノヽ、、、  ヾ `''''''"´ /  ,' ,.:ィ ''";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  ← 黒田如水
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、    ヽ   /   r''"/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;




               _. --- ._
.         ,..イ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:´ ̄`丶、
       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
.    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ヘ
  ∠:ィ:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.',U.:.:.: ハ:.:.:.:.:.:\
    /:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:. ハ:.:.:|:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:トゝ
.   |:.:':.:.:.:.:.:.:.:|:.:∧:.:.:.:.:!、:.:.!.、:._」 ',...L:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.N
.   l:.:l:.:.:.:|:.:.:下'ト ヽ:.:.:| x|'´\! ',:l:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.|
    V||:.:.:.V:.:.|,ィ=ミ、\!  ィイ¨'トヽ:.:.:.:.:ハ:.:トソ
      リ、:.:.:.\|:{ ヒ,ハ     ら、j.| |:.:.:.:.,'ノ〉:|′  よろしくお願いします……
        ヽN:.:.:.:| ー‐'     ー-' ,!:.:.:./イ/ヾ
        l∧:.:.ヽ   '_     /:.:.// '′    (……今度は とんでもないお方がやってきてしまった)
           \:.|`  _,..__ .ィ ./:.:./ー、
          `rァ ´ /  l  ,./:.:/  ∧      (軒先を貸して母屋を取られないように注意……)
            /′ /三ミ 、///     ヽ
         / .′ /   `y ´      ヘ.
        ,′|  |   /     .ィ´ ̄ヽ.〉
          /  .|  |  /      ,.'´    |
       ,.'   l  | ./    /         |





399 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 22:54:10 ID:NxMxLfcQ

めっちゃ怖い人がやってきたw





395 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 22:52:45 ID:jVU9veXs

宗永の気苦労も知らずに浮かれるやる夫であったが


す・ご・い・お ___(⌒ヽ          γ⌒) ))
       /⌒  ⌒⊂_ ヽ         / ⊃__
(⌒ヽ∩/( ⌒)  (⌒) |(⌒ヽ      〃/ / ⌒  ⌒\      す・ご・い・お
 ヽ  ノ| :::⌒(__人__)⌒ ::| ⊂ `、    γ⌒)( ⌒)  (⌒) \ ∩⌒)
  \ \    )┬-|   / /> ) )) / _ノ :::⌒(__人__)⌒ 〃/ ノ
(( (⌒ )、 ヽ_ `ー‐' ,/ / /  (  <|  |   |r┬(    / / )) やる夫は期待されているんだお
  \ \ /          /     ( \ ヽ \ _`ー‐'  /( ⌒)
    ヽ_ ノ       │                   / /




           |::::i::::::ト 、_ ノ   ヽ、 __,ノ !::::::/.'.i::/
           |:::ハ:::::ゝ,、  r ' ´ ̄ `i   ,. イ::::/::::::リ      …………ふぅ
  .           |::| ヽ::::::!/ ` ー ̄,二 ̄‐'7". . .|::,ヘ:::::::|
.   _y⌒ヽ-一ッ ヽ! ハ::::!、 . . . . ├―‐-/ . . . .l/ , ヘ::::l
  ´      <´   !::ヾ、|、ヽ . . . .|   ,/ . . . . // 〉::l
 (        }    !:::::|ヽ \\. . !  ,/. . . .// / i::::l
  ヽ   _,,ノ
   ゝ一''


ここに同じ総大将格にあって やる夫とは反対に沈鬱な気分を抱える者がいた





400 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 22:54:13 ID:jVU9veXs

毛利輝元の陣代 毛利秀元である

                  _
            ,. ‐ ''"´:::::::::::: ̄` ' ‐ 、
       ,. -‐/:::::::::i^ヽ、:::::::::::,. 1:::::::::::::::丶
     /   /::::::::::|:::|-ー-ー-‐ーー|:::::|::::::::::::::::ヽ
       , '::::::,::::::::::l:::|        |:::::l::::::::l:::::::::::ヽ
        /:::::::::|::::::::::,!::|         |::::ハ::::::::!::::::::l::::i
      /:::::/:::::!::::::::ハ:!          !:/ ,i::::::|:::::::::l::::l
      , ':::::/::::::::!:::::,'丶リ、    、  ,l/,/ i:::::!:::::::::|::::|
   /::/オ::::::::|:::::l ,. ,=、`     `^,=、 、 !:::l::::::::::|::::|
  ー´‐'" /'|:::!:::::!::::!/ ハ_ノi      l、__ハヽ!:/::::::::::|::::|
     / ヽ|::::::!:::|{. N::::l.| 、  , N:::::} ! }イ:::::::::::;!::::!   元気ッスね やる夫君は……
          |:::::::ヽ! 弋z.ソ ,}⌒{ 弋.z,ソ , |:::::::::/!::::l
         |::::i::::::ト 、_ ノ   ヽ、 __,ノ !::::::/.'.i::/
         |:::ハ:::::ゝ,、  r ' ´ ̄ `i   ,. イ::::/::::::リ
.           |::| ヽ::::::!/ ` ー ̄,二 ̄‐'7". . .|::,ヘ:::::::|
        ヽ! ハ::::!、 . . . . ├―‐-/ . . . .l/ , ヘ::::l
            !::ヾ、|、ヽ . . . .|   ,/ . . . . // 〉::l
             !:::::|ヽ \\. . !  ,/. . . .// / i::::l





397 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 22:53:24 ID:39EDeQis

いろんな意味で立場の似た人キター





402 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 22:55:54 ID:jVU9veXs

      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・     秀元は逆に まるっきり元気がないお
. | ( ●)   ⌒)   |
. |   (__ノ ̄    /       なにか心配事でも あるのかお?
. |         /
  \_      _ノ\
    /´         |
.     |  /       |



/:::::.:.:.:.u . . : : : :.::.:.u:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
:::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:`:.、
::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:し.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:;、_:.:.:`;
::::.:.:.:し':.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:..// |: . . .!
::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,イ.:.:.://  .|::.:.:.:.|
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.U:.:.:.:.:.:.:./ |:.:.∧ : : ;'::.:.:.:.:|
.:.:.:.:.:.:.:.:U.::.:.:::::!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;': :.|:./: : ヽ/::::::i:.:.;'
.:.:.:.:.:.:.:.:.:::.:.:.:::::|.:.:.:.:.:.:.u:./: : .j/ : : : /:::::::'|.:/
.:.:.:.:.:u.::::/´⌒ヾ.:u.:.:.:.:.:.' し : /: : /::::::/.j/   なんでもないッス……
.:.:.:.:.:.:::::.{    |.:.:.:.:.:.:.:.i: : : /: : :、イ:::::/
.:.:u.:.:::::::::>、  |.:.:.:.:.:.:.:.! : : {: : : :/:::::;′    ……いや やる夫君には わたしの話を聞いてもらいたいッス
/.::::::::::::/\ ` !.:.:.u:.:.:.|    ー 'i:::::/
.::::::::::::/  ´ ̄`ヽ.:.:.:..:.:|ヽ  , イ:::/       やる夫君だけは わたしの気持ちを理解できるッス
:::::::::i/  _,  -ー ハ.:.:.:.:.|¨ ´|:::::::/
:::::::::| '´       i.:.:.:.:|   l:::::;′
:::::::::|        |.:.:.:.:!.  |::/





403 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 22:57:11 ID:jVU9veXs

       ____
     /⌒三 ⌒\
   /( ○)三(○)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\   やる夫にだけは分かるって…… あっ!
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /


この時期 毛利家において秀元の立場は微妙なものとなっていた





408 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 22:58:45 ID:jVU9veXs

                                       ,.  ,. -=キ≠=- 、
                                     /: : :'´: : : : : :.ィ: : : :`ヽヽ:\
                                   /: : : : : :/ : : ://!l: : : !: : :.い: : ヽ
         __,..-‐:─::─::─::─-:.、_       .     /  / .. :/. :/:.// ll: : :l: : ヽl:.|.   :.
       ,ィ´:.:.:.:.:.::::.:.:.:.:.:.:.:.:.::.::.:.:.:.:.:.:.:`ヽ、        // : : l:./: : !/「/ l  lヽ卞ヽ、l:.!: : : : i
       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:ヘ.:.:.:.:.:.::.;;ヘ::.:、:.::.:.:.:.:.:.:.\      / /: /: :l/: :イ|:./ l/     V }从:ト: : : : : !
      /:.:.:.:./:.:.::i:.:|.::|`゛``"'|`"´'|:.:|::::.:i.:.:.:ヽ、::.\ .    / イ: : :l: : :/レ勹示     i勹tトV: : : .!: :|
    /:.:.:.:.:.j:.:.:.::|:.:|i.:|    |   |:.:|:::.::|:.:.:.::.:.ヘ ̄`    l / l:.: :.{:.: | i乍心:|     |;心:.}豸: :.,′:|
   j:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.::|:.:||-|‐-、  |  -|‐-::::::|:::.:.:.:.::∧     l/ |: : ∧:.l  辷ツ      辷ツl: : :/、∧|
    |:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:||::|レ'     /  j:/'|::::/:i:.:.:.:.:.:.:.ハ       |: :/ト.Vt  ¨¨  ___   ¨¨ //:ム/  `
   |:.:.:.:.:.:..|:.:.:.::||/___ 、  , ____ |:/::::|:.:.:.:.:.:.:.:.:|       l / l |: :.〉r、    {___}    _イ:.イ:/
   ∨:.:..::::|.:.:.:.:|=≡≡ }‐‐{ ≡≡ ´ハ:::!::_::.:.:.ハ:.:l       l/   !:/.rLl^l^i、 ‐-‐ ,i^l^|」:/l/
    ∨:.:.( |:.:.:.λ   ,ノ   、     {:::::{´ |:::.:| j/          ィrト、 ` ー┴ v-┴‐'´_,{ァ、
    ∨:.:.`|:.:.:.:∧‐-‐" r-┐`ー-",ィ|:::::j ィ'^ヽ、         ∧∨、` ー---┼--‐'´ |/∧
      〉:.:.r-ヽ:.:.:ヘヽ、 __V,ノ__,....イ:::!|:::( {二 〉         { ∨、.`ー----┼‐‐--'´∨ }  ← 毛利輝元
    /:.:.:/   \::.:\   λ `ヽ、|::::|:::::{ {-- }         l | ` ー----┼---─'´|  l


長らく実子に恵まれなかった毛利輝元の養子となった秀元は
「文禄の役」でも 半島で病気となった輝元と入れ替えとなり毛利隊の指揮をとるという実績を残し
毛利家の次期後継者となるための足場を着実に固めていた





409 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 23:00:07 ID:jVU9veXs

しかし輝元の帰国後 在陣の緊張感から解き放たれたせいであろうか
文禄4(1595)年10月
43歳の輝元に初の実子 それも男子の松寿丸が誕生してしまう

                       _
               { ̄`ヽ  /  /
            く:\     ヽ   ∨   ,/       │
    十  ,へ \:.>+    > ハ ≦-. .、       人
    く:\ \::>     , イ  7 爪⌒`ヽ: : \    ̄`Y´ ̄
      \::>      /: : : : /:/ | ∨ハ : : : : : :ヽ   |
            / : : / :/_{: l | ∨ハ-、 l: : : :ヘ
.           /イ: :/: :.l/∧{     Ⅵヽ、|: : : :l:ハ
          /' .′{: : :{/      ___  |: : : :}:│    +
              |: :ハ :/,ィ气 /// イ≠气 : : /: :|
              |: {{ :ヘⅣ   ーヘ   !: : /ィ /
        |    Ⅵヘ: :八.:.:  V__ノ  :./: ://j/
        人        ∨V^{≧ー rーf千く;/Ⅳ
      ̄`Y´ ̄          ヽ/ {ー}/ο/_人_
        |             /\ :| / ヽ∧`Y´
                   /⌒{{{に7/7}ハ
                く:  Ⅶ≧こノ :{
                    ̄´   ヽ、/


またこのパターンかと思わないでもないが
幸いにも毛利家には 秀元の養子入りの際の秀吉との約束事項で
「輝元に男子が誕生したときは秀元には別家を立てさせる」というものがあった





411 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 23:01:37 ID:jVU9veXs

しかし それも今すぐ直ちに実行というわけにはいかなかった
なにしろ 新生児の死亡率はまだまだ高い時代なのである
秀元の毛利家内での独立は 松寿丸の成長の様子見ということで先送りとなった


:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::|       ヘ:.:.:j.:.:.:.:.:.:.< ̄`
:.:.:.:.:.:.:.:.:j:.:.:.:.:.:.:.;|:.:| u      ∨、.:U.:.:.i:.:.:\
:.:.:u.:.:.:.:.||: :\:/ |:.| i  u   / ∨:.:.:.:|:.:.:.:..:\
:.:.:.:.:.:.:.:.|.|:.:.:./\|::| | |i |  /   V:.:.:.:.|:.\.::.:.:\
:.:.:.:.:.:.:.:.|_|:.:/__! : :リ\ !|l| / ____∨:.:.:|::::.:ヘ`ヽ:.:.\
:.:.:.:.:.:.:.:.| |/ ̄`===`: :"==" ̄  /ハ:.:.:|:::::::ハ  `ヽ、:〉
:.:.:.:.:.:.:.:.|,,______ }⌒{ _______/ハ:.::ヽj.:::::::.:|    `
:.:.:..:U.:{.:|::|i≡i≡!≡::j: : :i_:≡≡≡::λ::::::::::::::::::::|
:.u:.:.:.:.`ト、: : : : :/´ `メ、_,ハ`i: : : u:.〈:::::|\:::::::::::::|
\:.:.:.:.:..|: `ー‐/-‐'"    `|‐-‐'" 〉::|   \::::::|
ゝ.ヘ:.:.:.:.|   /        |   /::::|    \:j
:.:.:.:i:V:.:.:|\/           | ,.イ:::::::::j     `
:.:.:.:.|::V:.:.|::;ィ'⌒ヽ、‐┬-‐::':´::::::||:::::::/
:.:.:.:.:|/V:.:|'⌒ヽ、 ヽ、|:::::::::::::::::::::|.|:::/
:.:.:.:.〈,ィ'ヘ:|    〉  \フ~`ヽ、:::::| |/
:.:.:.:.::|  `   {j /  `ヽ.0.j i:::|
:.:.:.:.:.|      | /    } } |:::|


以来1年半近くの今に至るまで 秀元の立場は宙ぶらりんの状態である





413 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 23:02:20 ID:oKQhsdJA

極端から極端へ…





415 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 23:04:31 ID:CTySE3zY

江戸時代の旗本の次男みたいだな。
長男が死んだ時のスペアだから独立もさせてもらえずに飼い殺し状態・・・
まぁこっちはまだ独立が約束されてるからマシだが





417 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 23:05:25 ID:n6cQqFRM

ニート万歳!とか考えられんのかな。





428 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 23:11:00 ID:LsGbPIWQ

働かずに食う飯はうまいか?





414 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 23:03:43 ID:jVU9veXs

         _____
      ,  ´  : : : : : : : : : : : :` 、
     /    : i三≧.、x≦ミi: : : :\
    /: : : : : : : :i: {        |: : : : : ヘ
   ′: : : |: :,..-|‐|-     ‐≠、:. :|: : ',
   |: : : : : :{/: : :|V       /ソ}:ヽ:|: : :i
   |: : : : : ∧: : :!       / |:. :ハ: : |
   |: : : |: : : |ヽ:.|≠ミ    斤ミx iノ: :|:. :|
.   }: :|:.|: : : |イ{__/:::| _i___/ トイ::|iム:.:.|:. :l    わたしはこれから……
.   |: :ト|: : :《 |:r-イl し| iフ |‐zrj ル: :!:./
   !: |┤: : :ト、ヽ-'′ノ ,ヽ_  ̄ イ:.:i: |/     どうなってしまうんッスかね
   ル': ∨ : ト、_ ¨¨   _    ̄/: : |イ
    |: i 入: :|:.:.:.≧t--´-r:.:.:':.:.:|:.:./:|
   ,r‐―っN:x‐マイ__/ >、:.:.:.レ'|: :|
  / / rく_:.:./   ヽ __/\\:.:.|: :|
. /   __}: ′         \ヽ!: :|
 {   イ:.:/ ||          / i }: :|
  '.  〈:.|:/  |____.  /  ! !: :|




       / ̄ ̄ ̄ \
     /       . \
    /  _ ノ   ヽ、_   \
   .|   (ー)  (ー) .  |   ………………
    \    (__人__) .  /
     /    `⌒´    ヽ
    ヽ、二⌒)   (⌒ニノ





416 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 23:05:09 ID:jVU9veXs

         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \   秀元……
  | / .イ '(ー) (ー) u|
.   /,'才.ミ). (__人__)  /   それは頭で考えたって どうしようもないことなんだお
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ



          ____
        /_ノ  ヽ\        ただ やる夫から言えるのは
      / ( ●) (●)、
    /::::::::⌒(__人__)⌒\     やる夫が見せたような
    |      |r┬-|    |
    \       `ー'´  /     見苦しい様を見せるなということだけだお
⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ
  \ ヽ  /         ヽ /
   \_,,ノ      |、_ノ





418 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 23:06:23 ID:jVU9veXs

             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \     それよりも 今回の遠征で手柄を立てることを考えるお
      /( ●)  (●)\ )
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\     手柄を立てて 朝鮮国で領土を切り取ったら
    |    (⌒)|r┬-|     |
    ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/     それで秀元の悩みは全て解決だお!
    | | | |  __ヽ、    /
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄




          ,イ´:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:`ヽ、
     ー--‐,彳: : : . . ..:.i:.:.:.::.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|::.:i;.:. . . .: : :.ヘ、
       /: : : ::.:.:.:.:.:.:.:|'|"` ̄ ̄~" ̄ ̄`|::.|.i:.:.::.: : : : : :.ハ
      /:.:.:.,イ.:.:.::i::.:.:.:.:.| ,|-‐       ‐-|:.:|、|.:.i:::.:.:.:|:.:.::.:.:|
.    /:.:./7:./:.:.|:.i:.:..:.:|/ |          |:.:j .|:.:j:::i::: :|::.:.:.:.:|
   //  //:.:.:.:|.:i.:.:.:.:|  | __       __|:/ |:/::リ:i: :.|::.:i:.:|
    '"  /|:.:.:i.:.:;|:|ヘ、:::|,ィfテチ、     ,ォテァz、´|:/:i: .::|::.:|.:|
       / .|:.:.|:.:.::リ:::::::ヤ ハ:;ん}     f:r;ん} 〉:::|: .::|:::.:|:j
     /   |:..:|.:.::::::::::::ハ ヒ::ョ:;リ }⌒{   ヒ::ョ:;リ |:::|:.:.:.|):::|'   やる夫君……
     !   |:.::|:..::::::::::::、} `-‐' ノ   ヽ `‐-´ ノ|::j:.:.:.:|::::..|
        ヽ:| :.:::::::::::::j`‐-‐ ´ ァ‐ 、 `‐-‐ ´,ノ|;リ:.:.:j:::::.:.|
           | :|、:.::::::::.iヽ、.    {.__,ノ    ,ィ´:::/:.:.:./::::.:.:|
           |:.:| ∨::::::|:::i::`>‐、- -,‐<´::::i::/:.:.:./:i:::::.:.:|
          |:.j |::V:.;|,ィ´〈〈._` ____〉.〉`/:.:.:.:/::::|::::.:.:.|
         |/ |::;∨   丶ヽ、~ _,ノ,ノ ./:.;イ:/`ヽ;i::::.:.:.|
           |:::〉 `、   \Υ /  '" ´     〉::.:.:|
            |:/  :::ヽ,    | |´  ヽ、  /.:: "{:::.:.::|
           〈   ヽ、j.    |_|    ヽ  {:::   |:::.:.:.|





419 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 23:07:18 ID:jVU9veXs

             ___
         . ..: :´:. :. :. :. :. :. :.`:. ..、
       /:. :. /:. ヽ:. , :./:. :l:. :. :. :\
      /:. :. :. :|~~゙゙ "~~|:. :. :. :. : ヽ
     /:. :. :. :.|:. |           |:. |:. :. :. :. :.ヽ
   /:./:. :. :. :, |-:|‐         ‐|-:|、:. :. :. :. :. :.
  /:./:. :. |:. /: |:. |           |:. |!ヽ:.|:. :. :. :.:}
  /:/| :. :. | :. :.∧:l         |:/|:. :. |:. :. :. :.:|     そうッスね!
  レ'│:. :. |:. :/ィテミ、     ィテミ!、:.:/:. :. :. : |
   |:.|:. : |: //ト-z::::l     ト-z::: Ⅳ:. :. :./:.:.|     それも良いかもしないッスね!
   |:.|:. : レ'K lLノ::::|-、   . -.Lノ::::} 〉:. :. /:. :/
   N!:. :. 小 弋Zソ .l=l  弋Zソ }:. :./ヽ/      やる夫君 ありがとう!
    l:. :. :.l: l` ー― ' ' ` ー―‐ /:. :./_ノ/
     l:. :. :. :ヽ .    〈厂.)    ./:. :./:. :.,'
     ヽ:. :. :.|:. :.≧ - .,ニ r:≦/:. :./ :. : |
      \ : |:. :. :, ィ77   lコ7:. / :.:.:.:.:|
         |ヽl: / l {/    l/:/\:. :. :. |
         |:. /     !~~ イ'    ヽ:. :. |
         |:/       l  /       ', : |
         /   {   ヽ//  /     l:. |
      /    ヽ  O'   /      l:. !



             ____
            /⌒  ⌒\
          。o(゜>)  (<゜)o 。
         /::::::⌒(__人__)⌒::::: \          だお!
          |     |r┬-|     |   て
         \      `ー'´     /( `´) そ
        /           \ノ ノミ
        |\ \        \____ノ





420 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 23:07:22 ID:BzjjhR4A

けなげ故に哀しいというか……





421 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 23:08:14 ID:jVU9veXs

          /        ,|   :|    ヘ:: ヘ
         /   ノ  / ,/ |  |:|'| |::u  λ:: ハ
        / ,./  /   / /u :|  |:| | :|、:::   \ }      あの~
     / ,ィ'/  /  ,|: _|__,ノ|  |:| | :|ヽ、__:   \
     / / / ::j  ,/ ヽ|__ ヽ、 :|j ヽ|__ ∨  i::  ハ    秀元様も やる夫様も……
     |/ j ::::|  ハ ,ィチテオ  ヽ、| チテ心∨ |::|、 |
       |  ::l  |:ハ`、Vィ:;l  }‐{  l:ィ:;リ,' ハ. lリ| |/    なにを勝手に盛り上がっているのでしょうか?
       ∨ |ヽ、|::::j、::. ̄ ::,ノ ' ヽ::: ̄゛..::{:::j,/: |
       ヽ、| | i:::::ヽ、 ̄  ー   ̄u,.ィ:i::|:  |
           | /| :::::i:::`>‐r- -r‐<:|:::j:: |   |
            |/ :| :::| /´  {    }  |:/:: j:  |
         / :;| :::|'   |\/|  ,ノ  /ハ  |  ← 安国寺恵瓊
          / :::/'| :::|   |     | /  ,/  }  |




/:::::.:.:.:.u . . : : : :.::.:.u:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
:::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:`:.、
::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:し.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:;、_:.:.:`;
::::.:.:.:し':.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:..// |: . . .!
::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,イ.:.:.://  .|::.:.:.:.|    あ……
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.U:.:.:.:.:.:.:./ |:.:.∧ : : ;'::.:.:.:.:|
.:.:.:.:.:.:.:.:U.::.:.:::::!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;': :.|:./: : ヽ/::::::i:.:.;'   ━┓
.:.:.:.:.:.:.:.:.:::.:.:.:::::|.:.:.:.:.:.:.u:./: : .j/ : : : /:::::::'|.:/    ┏┛    ⌒
.:.:.:.:.:u.::::/´⌒ヾ.:u.:.:.:.:.:.' し : /: : /::::::/.j/    ・    .___ ⌒  ___   ━┓
.:.:.:.:.:.:::::.{    |.:.:.:.:.:.:.:.i: : : /: : :、イ:::::/         / ―\ / ―  \  ┏┛
.:.:u.:.:::::::::>、  |.:.:.:.:.:.:.:.! : : {: : : :/:::::;′       /ノ  (● X  (●)  \ヽ ・.
/.::::::::::::/\ ` !.:.:.u:.:.:.|    ー 'i:::::/        | (●)  /_  (⌒  (●) /.
.::::::::::::/  ´ ̄`ヽ.:.:.:..:.:|ヽ  , イ:::/        |   (__/      ̄ヽ__) /    だお?
:::::::::i/  _,  -ー ハ.:.:.:.:.|¨ ´|:::::::/          \  /´    ___/
:::::::::| '´       i.:.:.:.:|   l:::::;′           \|        \
:::::::::|        |.:.:.:.:!.  |::/              /|´        |





423 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 23:09:12 ID:jVU9veXs

      r‐‐―‐}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ
      |.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
      |.:.:.:.:.:,'.:.:.:.:.:.:ト、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.\
    /.:.:.:.:.!.:.:/.:.:.:i \⌒ヽ .:.:.:.:.:.:\.:i:.:.:.:.:.:.:.   松寿丸様が家督を継ぐことになっても
.  /.:.:.:.:.:.:.:.⌒ト:.:.:.:!   \.:.:.:.:\.:.:.:.:.ヽ.:.:.:.:.:.:.i
 /.:.:/.:.:.:V.:.:|.:/_、:.:.:i    ィrテトミ:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.|   秀元様が毛利家の中核であることには変わりありません
./.::.イ:.:.:.:.:j.:.:.:iハ心ヽ:::.、   !ト':::::jハ:.:.:.:.:.:.\:.:.ヽ:.:i
/ !:.:.:.:/!:.:.:.!jヘv'ハ \! . Vヾ:イリ、:.\:.:.:.:}ヽ:.!:.:!   やる夫様も毛利家の一門でしょう?
   、:.:.:ハ .:.:人 `゙' )-(   `,,¨´ ノヽノヽ/!:.:.ノ.:.i
   ヽ{  \リ:::.:Y'' '。 ` ー‐ /.:.:.:.:.:./.:i:.:.:.:.:.:!    あまり迂闊な発言は どうかと思うのですが……
      /:.:.:/)>...  . ...イ.:.:.:.:.:.:.:/__:ハ:.:.:.:.:.!
    ー=彡ノ`' ニ〈 {:::i:.:.::/.:.:./ ̄ ̄`ヽ/∧:.ヽ:.:.:!
  ⌒>∧/.   ̄、〉7:.:.:/:.:.:/       ∨∧:.:.\
  /.::://∧  xヘ_∨:.:/.:.::.イ        ∨/!:.:.:.:.:.
. /.:::////∧' )ー{.:.:.:i.:.:/リ       i//!:.:.:.:.:.




::::::... ..丶
:::::::.... ...\
:::.' ──-.. \
:::::::... ⌒__丶 \        (やる夫も毛利家の一門……)
:::::::::.... .'::. ).ヽ  .ヽ
:::::::::::.... __ ..丿   ヽ      (そういえば そのことを すっかりと忘れていたお……)
:::::::::::...    ヽ   .ヽ
:::::.._ ノ ヽ.____丿   .丶
::::::::::::::.... ..::ノ      .)
:::::::::::..   ../       .ノ
:::::::::.⌒ "       ..ノ
:::::::::::::::::....    ....::::::../
:::::::::::::::::::::.. ......::::./





425 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 23:10:33 ID:NxMxLfcQ

ダメじゃんw





424 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 23:10:10 ID:1SspPeyM

この毛利との微妙な距離感がw
家的には毛利一門だけど門下ではないし、
個人的には仲よくなれそうだけど、でもやる夫は家をのっとった形だし、
でもでも嫁は毛利一門w





430 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 23:12:23 ID:xM6FnKWo

元就の外孫を正室に迎えているとは言え、
小早川引継ぎの件で毛利からのフォローがまったく無かったんですが・・・
それでも一門扱いされるのは良い事なのか悪い事なのか





433 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 23:13:50 ID:BzjjhR4A

確かに、あれだけ家中の乱れで、この前までヒーコラ言ってたのに、
「毛利一門ですから」とか言われたら、
「だったら助けんかい!」と思いたくもなるわな





435 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 23:14:41 ID:XFkoBtfw

まあ立場ってのはそういうもんだから仕方ないわな
揚げ足取られるのに使われることも多いし





426 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 23:10:33 ID:jVU9veXs

            / / /                     \
         /Y^Y^ヽ/  /    /  .イヽ        \ \
.       /: : : ∨: : /  /     / / / !  !  ! !   \ ヽ
    /: : : : :::/: : :.l  /     / イ / |  |  | l  ',   l`ヽ.l
   /: : : : : :: /: : : :{  l、_  / / ! /  |  |  ,.l -ト  l   |   l
   \: : : : : : i: : : : :|  { `メ、 l/ l/  l  l//l |  !   ト、    ちょっとちょっと 恵瓊
    \: : : :.|: : : : :|  | / / `ニナー〃 ー'l / !/l  l   l: :〉
       \/l___.r|  l え¨斤〒     f 斤fア从 ∧   |/     なに固いこと言ってんのよ
        |  l  l{ ヘ l/ 辷ラノ      辷ノノ /}l /: :〉 /
        |  l  lト、_V          ,    、、 {/l /'´//
        |  l  l   ̄lヽ、   f^ー--ァ    ノ l/
        l  l   ',    |   >  辻_ノ_,.  イ  l
.        /   ト、  ヽ、 |/: :.|   T:.ヽ |   l   |
      /   /  \  \|: : :.<   Lュ: 弋.  l   |
      /   /   | >、  \: : \___ ヽ: : lヽ.l   |   ← 吉川広家
.     /   l   /⌒ヽヽ  ヽ: : : \  ̄| : l: :l|   |




           / ;ノ        |                `ヽ、
        / :/      /   |    : :. ,  :         ハ
          | /  ,'    ./   |     i: ::/ | i:.     i:   }
       jノ  ,'    :/  / |   |:;/  | |:: :  、 |: :  |
       /  ,/   ..::/,.-/‐-、|.   |:| ,.-|‐:|-、::. ヽ{: i:. |
      j    | :  ..:::::j /    |   |:|   | |、 ::..  λ: |:: |
      |   ,| :| :::::/|,/ _..... _ ∨  |:|  ,_ヽ| ∨:::... ∧!:: |   あら……
       |  /| :| ::::ハ ,'´〃  ゛:.∨ |i ,ィfチ心、V:、:::.. : ヘ:: |
      ∨ :| | :| :::|::ハ: :    ::}ヽ、|' "f_,ノ:::} ` |::ヽ:::. : ハ.|   広家殿……
       ヽ、| ヽ| :::|::、.}:..    ;r:l^lヘ、  V:z;ク ,' ,|:::: :\::.. }|
          |:ヽ、|::::ゝ..__,,ノ| | :| :|'lヽ、.__,,ノ |:::: : : ;〉: ,/|
          |: :i: :::::i:ヽ"  l´| | :| :| |   ゛゛ ,ィ::|:::: : : j/i::|
           |: :|: ::::::i:::::ヽ、.| :! " ゛ }.. __,,..イ::l:::|::: :  |. |:|
          ノ:ノ: : ::::|:::::::::::::、     ,ノ"i:::::::::l:::|:::|::: :  |: .!|
        ノ'": : : :::::ノ::;r'´ ̄:;}   .{ .;ト ̄`ヽ、::|:: :   |::. |





431 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 23:12:52 ID:jVU9veXs

               ___   /ヽ、
        ─==フ¨´      ̄|  ``'ー- 、
          /,        / ,ィ'|  ヽ     ヽ、
         // /  /  /〃 | | |   ヽ    ヾYニヽ、
          /,イ  /   / 〃/,  |│!、   ',.   ヽ |:.:.:ヘ:.:.\
       / /  ,'  / 孑|'"   l !| \ }    ∨:.:.:.:.:',:.:./
        /  i  ,'' /  j   l ||  ヽ |`i    }:.:.:.:.:.:.∨
         |   /  |/{!7メミ、    | _ _土 l|  | |:.:.:.:.:.:.:.|
        | / |  lム {:::::::}     'fて::;;;}7}  ト、|:.:.:.:.:. 丿
        |/  | │il ヒ辷     {::::::::ソ |  | | ̄ ̄ |   いいじゃないの
          |ヽ∧} '   ,    ` ー'′ | /)  ,'  |
          | | | ` 、   r‐┐   ''  |/ノ  /  |   若者らしい発想でさ
          | | l    |>.、`___ ..   -‐'ア     /l   |
      r‐‐'"¨¨V | |    |  |  / \/    / |   |   若いうちは このくらいの元気がなくっちゃ!
      ≧=   Ⅵ |   │ /-<   〃     /   |   |
    と´r─'  _,イヽ、  ,レ'|::::::∧ /    イ    |   |
      `ー┬´   |  /  厂::| ∨    / │   │  |
        |    丿 /  /:::::::| /    /   |    |  │




            ,            λ/ヽ、
    i    λ ノ              ヘ::: \
    |   ハ´   /:::    /i、        λ:::: ハ
    | ./(__,,) /::::   __ノ/ | ハ |     i ハ::::: |
    {/      :::;/  ,ィ  /  | i:∨ ::   | |::::: |
  ::::/     /::/::|/ /_,ノ_  ノ ,':::::∨ ::.   j j::::: j
::::::::::{ /|   {/i::: | ,ィチ弍ミ、  ,':::::::::} :: / ,/:∧/
::::::::::|/,-ヽ、  〈::|::. | "´     {,ノ:::::/ノj,ノjノ:/
:::::::::::::ゝ、_ \. ヘ |    `‐-‐ 〉'´     j::ノ    そう言われましても……
::::::::::::::::::i::::人 `゛` |  ゝフ   /      '"
::::::::::::::::ノ:::ノ ̄\  `ヽ、 一'´::|
:::::::::::::/:::/ ̄~ ̄>‐、  \::(^Y´ヽ、
::::::::::/::::/,ィ'´ ̄`ヽ、 \  \〈´,  .〉


小早川隆景の引退後 毛利家家中はその足並みが小さく乱れ始めてきた
特に 豊臣政権内での力をつけるべきだとする安国寺恵瓊と
毛利家自体の力を底上げするべきだとする吉川広家との考えの違いが
この頃より顕在化してきたのである





434 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 23:13:54 ID:jVU9veXs

               _,..-‐::─::─::─::‐-:.、_
           ,.ィ´:.:.:.:.:.:.iヘ:.::.:.:;ィ:i:.::.:.:.:.:.:.:`ヽ、
           /...:.:;':.:.:.:;|:.:|゛`゛"´"|:.:|:::.:.:.::i:.:.:.:.:\
        ,ィ´:: : : :.|:/.:/|:.:|     |:.:||:::.:..::|::..:.:.:.....ハ       秀元…… この二人 どうしちゃったんだお?
       //:.:::i:.:.:.:.:|'::/ |::|     |:.:||V: : :|: : : : ::.:.:}
       /:.::::::|.:.:.:.:.|:.:|  |::|     |::| |∨::||:.:.:.....i.:.:.:|
        /:.::::::::|.:.:.:.:.|:.:|‐-ヽ|-'   ーj/-|‐∨|:.:.:.:.:.|:.:.:.|  いや まあ いろいろとね……
     /:.::::;イ:::|.:.:.:.:.|: |___    ____ |:.:.:.:.:.|:.:.;:|
     |://|::::|.:.:.:.:.|::|‐━┳    ┳━‐ |:.:.:.:.:.|::/:|
       / |:::|.:.:.:.:.|:|ヽ.__,,ノ }-{  ヽ.__,,ノ |:.:.:.:.:|;'::::|            ___
          |:::|.:.:.:.:.|:}、___,,ノ , ヽ、____,,ノ|:.:.:.:.:|::i::|          /      \
         |:::|:.:i.:..|::!:、     _,..-‐┐  ,|:.:..: :|::|::|         /ノ  \   u. \
         |:::;|::|:.::|:l:::::>‐-l____,,l-‐:'":|:.:.:.:.|:::|:|        / (●)  (●)    \
         |/|:レ|:.:.|:::;r-‐'´ {‐'  `;} `ー-:|:.:.:::|::::|j        |   (__人__)    u.   |
          |:::::ヽ:|/ヽ、   |___/   //:.:.:/、:::λ       \ u.` ⌒´       /
          |::::::::;/   \  |  / / /:;/ ハ:::∧      ノ            \
          |:::;ノ"  `/  ヽ、|_//   '"、i    }:::::ハ   /´               ヽ


そして この二人の対立は3年後 毛利家に決定的な事態をもたらすのである……





436 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 23:15:07 ID:KORqgziA

ここでようやっと毛利家の内部構造が垣間見えるのか
正直、秀吉は吉川を冷遇し過ぎたと思う
前回でも触れたように、すでに毛利両川は機能してないんだよな…





441 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 23:17:52 ID:G6ecioKw

まあでも、その嫁が不細工な人が死ぬまで秀吉に冷淡な態度取り続けていたんだから、
取り潰されなかっただけでも秀吉は吉川を気を遣って遇していたようにも思えるけどなあ。





437 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 23:15:51 ID:jVU9veXs

さて この時期の秀吉は周囲にその精神の衰えを感じさせざるを得ない行動を数多くとっていた
まずは 慶長伏見大地震により倒壊した方広寺大仏殿の視察に訪れたときのことである


      ┌.<';;,,M@@N;:;:;:W,'',NM;、
      ,.┴─、\         \/ヽ
     /    \ ヽ      / )/-/ヽ
    /        |     ノ┐/ ,.-/  ヽ
   ./         l   ./ / l "|"/'ヽ |
   |          ヽ  .|  (   / l .|
   '|, ノ  ,,-,,.、-'" ̄`>ィ.|   ).l´ /|  |
   /        / / |    /| |  ,l、_    ___....,、┐,,,、  ,.,r' ''''''     -、.,
   / /        ノ  |.,-─''"ノ  | /,. ,.┴、.、'" _,-‐ニ/ι、,r'────-、,゚。゚。。\
  / |           // / ‐'" ノ  | |  '  -─ 、,-つつ-',r'        |。 ゚。。゚。゙i
  |  |       _,................/   =-'"  //'''''''"/''>......-‐-'"''''ヽ |=_ ゚ 、-、 -─ \ 。。゚。|
  ヽ        '"     `ヽ、 、   ノ   / /        | |━゙il ,r',r'━━   | ,r' ̄
   ヽ=─'''"          \ ''‐-   //        / |  | ,r'.、       lL ,
ヽ、 /"´  _     _              ,,-、  _.、-=`ヽ/,.- |  ─,r'        .| |
  \  |  `ヽ 、 | ` ヽ 、  /`ヽ 、   /   |//  ||//´ |  三二-      ┌、.| |
ヽ   \||  `ヽ\| | `ヽ 、ヽ| `ヽ、\//             ゙i           |   |
                                      \'''────   へ=,r'
                                        M@@N;:;:;:W,'',NM




          _,,,...----..,_
          ,r'´:::::::::::::::::::::::`.、,,r=-
         /::::::::::::::::::;;::''::::::::::::::::¨ヽ
      /:::::::::::::::;r";;r';;;;r':;;;i;;;::;i;:::::i
     <:::;:::::;;;;;/;;;/;;;;;;;/;;;;/l;;;;;;;l;;:;;::!
     Σ;;;;;;;;;;;/;r'i;;;;;;r'i;;;/_''ト;;/;;!;;i;;;l
       `、;;;;;;´V;;;/  レf/! レi;;;;!;;!レ′
         !;;;;_;;l;/!    ` l_レ!/   …………
      _r<   ヽ    - / '′
      /:::`ヽ、`ヽ、 i´` 、/
    f:¨::ヽ::::::::`..、 `7、
    /::::::::::::`:、:::::::::〈:.:.:i                 ∧,,∧  ∧,,∧
   i:::;;::--::;;:::::`ー-、;ト、:l              ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧   流石にこれは同情するよね
   /;''::::::::::::::`、::::::::/:::::i.:l             ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
  i:/::::::::::::::::::::::i::::/:::::::::!:l            | U (  ´・) (・`  ) と ノ   10年の努力がパアだもんね
.  i:i:::::::::::::::::::::::::l;;;:ヽ::::::::l.:!             u-u (l    ) (   ノu-u
  l:::!:::::::::::::::::::;;;;;;!:::::ヽ:::::::!l                `u-u'. `u-u'





438 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 23:16:48 ID:jVU9veXs

                     '、
              __      _ゝ
、            ヽ、_ゝ  / ´
;;',   /` 、         , ′    なんだ このザマは……
;;;;', /     `` 、   , "
;;;;;ヾi           `´
;;;;;\\
;;;;;;;;;;;\\
;;;;;;;;;;;;;;∧ \




      ∧,,∧  .∧,,∧
  ∧∧(´‐ω‐`)(´‐ω‐`)∧∧
 (´‐ω‐) ∧∧) (∧∧ (‐ω‐`)   ……え?
 | U (´‐ω‐`)(´‐ω‐`) と ノ
  u-u (l    ) (    ノ u-u
      `u-u'  `u-u'





440 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 23:17:45 ID:jVU9veXs

\                                /
<   
近頃の神仏の法力とはこんなものなのか!   >
<                                >
<        
あまりにも不甲斐ない!          >
<                                >
< 
この俺の大仏がこの程度であってはならない!! >
<                                >
/∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\

           ..::´::::::::::::::::〃⌒ヽ、
        _ /::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::\
          j/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        /:::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
.          i::::::/::::::i::::::::!:::::::::::::、::::::::::::::::::::::::::',
         |:::/::::::::i::::::∧:::::::::::::ト、::::::::::::::::::i、::l
.        、__Ⅳ::::/:::i:::::/__!::::::::::::匕ヽ:::::::::::::ハ:|
        フ::l::r'l:::/!::/セミl::::::ハ:::尨_ハ::::::i:::ト、`!
      ´ ̄]八!/i」:瓜リ !/ Ⅳ   小ハl  -、_
        / j、八i  ´  j〉   爪i         ハ
       /   ハ jヽ、  t_ア .ィ   !    〉  , !
      /    |  { > __/ ,!   !   〈   / {
     ,     〈 l   t―- 、 / !  i     v /  {
.    /       , 、  \      '   !     レ゙   i




            ,.,r' ''''''     -、.,
           、,r'────-、,゚。゚。。\
           ,r'        |。 ゚。。゚。゙i
           |=_ ゚ 、-、 -─ \ 。。゚。|
           |━゙il ,r',r'━━ U | ,r' ̄
  サーセン……  |  | ,r'.、       lL ,          ∧,,∧  .∧,,∧
          |  ─,r'        .| |      ∧∧(´‐ω‐`)(´‐ω‐`)∧∧
          |  三二-      ┌、.| |     (´‐ω‐) ∧∧) (∧∧ (‐ω‐`) …………
          ゙i           |   |     | U (´‐ω‐`)(´‐ω‐`) と ノ
           \'''────   へ=,r'      u-u (l    ) (    ノ u-u
             M@@N;:;:;:W,'',NM            `u-u'  `u-u'


秀吉は 倒壊した大仏を思うがままに罵倒し その後直ちに新たな大仏再建の計画を立ち上げた





443 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 23:18:21 ID:DrG8UA9U

昔から大仏なんてそんなもんですよ、殿下





445 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 23:19:38 ID:AUfyTvUY

何度も首とか手とか落ちてるもんなあ大仏って・・・





446 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 23:19:40 ID:jVU9veXs

また 秀吉の養女である宇喜多秀家正室・豪姫が
当時「狐憑き」と表現された気鬱の病にかかった時のことである
秀吉は 豪姫の病状回復を願うため稲荷神社に参詣した


    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V
  < : _: : : / 〈  ノ |/  レ ヽ }|:./ヽ: : |
  <:: |. 小{   _,,.. -    、-.,_  レ{: :.|ヽ:|
   厶ヘ ハ         、     {ハ,;'     お稲荷様 お稲荷様
      \_!         '    !
        ヽ   'ー―--   /         どうか豪姫の狐憑きを治してください……
      ___,r| \         /
    /:/::::| \  ヽ _ , ィ ´
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !




                                   -‐…‐-
       Yヽ          )ト、         .  ´               `ヽ
        }ト、\           /'|ハ        , '                      ヽ
       }>.:\\   ___/j^|' ∧        '                       l
       }>.:.ー=匕´     /j^ |/ ∧     |                       |
      >ー=ミ    ^⌒ヽ | ' ハ      |                    |
     〃'            `ヽ V  ハ
.    〃'      /'イ     ハ Vi  i    ほうほう なかなか殊勝な態度じゃのう
    /' '     /  j ノ  }   i i     |
   { { i l‐{-{、 イ i ハ   i | i  i !     |                  ト′     ,′
     Ⅵ i xミ、 ノjノjノ`>xノリ i  i !    |             ト′     ,′
.      V从圦心    ^fう心/   从l      |       ! _    ト′     ,′
      i  ハ ゞ゚,     ゞ-゚/  j∠. i l      |     j/   ヽ  }       ,′
      |  i人:::: 、__  :::.:/ /´  `ヽ:、   |     /      Y        ,′
       |  i i个ト ` ´   イ ,′    Vヽ  |   /      }      ,′
        | i从 し'⌒ 爪// i       ∨ハ'⌒j   ∠ _     ,′    /
.      | / | i|      !i 从        Vー=ミー=彡   `ヽ.  ′     /
.       | i | il 〉    !i  i     /     ヽヽ`ヽ   ∨      ,′
     || ! i|/     从 |     ,′      iハハハ    :.     {
      || |从        Ⅵ     ,         |/  } i!     i !    N
      | | / 人ヽ   八 j    ∧       /  丿j    从   N
      | { / ,介 ー<_`j   {iハ           .イ   /  ヽN    ← お稲荷様
      Ⅵi./ /i i|    |  ,′  ハ 厂 ̄ ̄ 厂   リ   /    )       狼じゃないよ狐だよ
      Ⅵ { i i|     | ,′  ,  /!     ,′   (   /⌒ヽ





450 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 23:21:18 ID:NxMxLfcQ

なんという、お稲荷様w





448 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 23:20:40 ID:AUfyTvUY

ちょっくら稲荷行ってくる





451 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 23:21:38 ID:jVU9veXs

    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V
  < : _: : : / 〈  ノ |/  レ ヽ }|:./ヽ: : |
  <:: |. 小{   _,,.. -    、-.,_  レ{: :.|ヽ:|
   厶ヘ ハ         、     {ハ,;'
      \_!         '    !
        ヽ   'ー―--   /         もし この願いが叶わなかったその時は……
      ___,r| \         /
    /:/::::| \  ヽ _ , ィ ´
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !




  _        '.; \: : : : : : : : : : : :`゙'''‐、
Σ  ;` ̄''''ー - 、/ '‐- 、,\: : : : : : : : : : : : : :ヽ
  \゙、: : : :/: : : `ヽ: : : : : :`゙'''‐、: : : : : : : : : : :゙、
    '.;ヽ:': : /: : : : :i ヘ: : : : : : : : : ヽ: : : : : : : : : : ゙
     /: : ,': : : :i: :',i: ::゙,゙i: : : : : : : : : ヽ: : : : : : : : :゙!
    ./: : : i: : : i: :i: :i i゙、゙、゙、: : : : : : : : : ゙、: :i : : : : : l
    .,': : : : i: i: :i : :iヽii: :゙、゙、.゙、: : ゙i: : : : : :゙i : i: : : : : :i
    i: i: : : :i从: :iヽヽリヽ ゙iヽi i: : .:i: : : : : : i: :i: : : : : :i
    |: i: i: iλ从 七ヘ,ャヌ丁ズi゙!: : .i: : : : : : i: ヘ: : : : : i    ん? 叶わなかった時?
    .i: i゙!゙!ヽi iヽヽ` イ弋 ッ'  ゙!: : i: : : : : : i: :ヘ: : : :i: i
    i:i ゙!゙!: \i\   '`     ゙!: : i: : : : : :.i、:ヘ: : : i: :i    叶った時ではなく?
     ゙!i  i: : : : i         ゙!: : i: : : : : :.i:ヽ:ヽ: :ヘ: ヘ
     ヽ  i: : ,/          i: : i: : : : : : iヽ:ヽ: :ヽヘ: ヘ
        i: : \  ,,. -ツi    i: : i: : : : : : i: :ヽ:ヽ: :ヽヘ:ヘ
         i: : : :iヽ ヽ_ノ     l: : i: : : : : : i、: : ,-" ̄ ̄`ヽ、
         .i: : : i / \   ,. 'ヽ:i: :.i: : : : : : i`/       ゙、
         .i: : : i,,_ヽ `マ'´i ゙! ゙!:i: :i: : : : : :i /         i
         .i:__t-'、 ヽヽ_i .i ヽ/: i: : : : : :i           i、
         i: i ,\ \ ゙i i  i:'´ i: i: : : : : i   、
         i: ゙!ヾ-゙'、_ヽヘi  ヘ`丶i:.i: : : : :i    ヘ
         i: :゙!     ハ  ゙!  .i:.i: : : : :i     y





447 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 23:20:24 ID:DrG8UA9U

すでにオチが読めるな・・・





449 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 23:21:09 ID:G6ecioKw

「ここでクイズです」と言われても、みんな答えられそうだ





455 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 23:23:10 ID:jVU9veXs

\                                /
<      
その時は 日本中の狐を全て        >
<                                >
<     
狩り尽してやるから覚悟しておけよ!     >
<                                >
/∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\

    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : : |: : :|: : : : :|: : | ,: : : ',: : :: : :ヽ: : !
   |: : |: : : : : ,,=''".\: : /|"''=:;,ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /" _,=、 | :/ |:./,=、 V: .|.:.: : : | V
  < : _: : : /  ((;・.,;)|/  レ((・.,;) |:./ ヽ: : |
  <:: |. 小{     ̄      ̄  レ{: :.|ヽ:|
   厶ヘ ハ          、     {ハ   /⌒ヽ_ノ) ) )
      \_!      _ '     !!   ,' ;'⌒'ー''´
        ヽ  \ーェェェェァt   /   | i|     (⌒)
      ___,r| \  、\_ `ヽ /    ノ ,'.!    ノ ~.レ-r┐、
    /:/::::| \ ::::: \_`\ \'、 ./ //、  ノ__  | .| | |
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧\.、_>'´ ノ'´ 〈 ̄   `-Lλ_レレ
/:::::::::::/::::::::|    \  /"''-  `ー一''´      ̄`ー‐---‐‐´





460 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 23:24:07 ID:NxMxLfcQ

マジっすかーw





456 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 23:23:28 ID:G6ecioKw

これは予想の斜め上w





458 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 23:23:53 ID:AUfyTvUY

スケールでけえwww





459 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 23:24:00 ID:XFkoBtfw

さすが期待を裏切らない秀吉w





461 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 23:24:08 ID:R5OJ.yz2

ラスボスすなぁ





462 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 23:24:21 ID:n6cQqFRM

神すら敵に回す。
それが秀吉クオリティ。





463 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 23:24:44 ID:xM6FnKWo

とばっちりを食らった狐涙目





469 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 23:25:49 ID:1SspPeyM

殿下、お狐さまを信奉している島津家が卒倒しますw





466 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 23:24:59 ID:jVU9veXs

  イ`ヘ
 /: :| ヽ
/ : :/  ヽ ___   _,,,:. .-: :´彡フ
_ノ\_∠: : : : : : : : :`: :-: :,:_:/彡 /
      ( : : : : : : : : : : : : : : `ゝ  /
  マ  r::/: /: : | : : : : : : : : ::\ /
      //: /: : : |: : | |: : |: _: : : :ヽ
  ジ  {/ 7|`\/i: /|:|/|´: : : : :|ヽ
     〉 ,‐-‐、`|7 || |_::|,_|: : :|:::|: |
  で / r:oヽ`    /.:oヽヽ: :|: | :|
     { {o:::::::}     {:::::0 }/: :|N
  っ  | ヾ:::ソ     ヾ:::ソ /|: : |
 !? ヽ::::ー-.. /ヽ ..ー-::: ヽ::| r--ッ
-tヽ/´|`::::::::::;/   `、 ::::::::::: /: i }  >
::∧: : :|: |J   \   /   /::i: | /_ゝ
. \ヾ: |::|` - ,, ___`-´_ ,, - ´|: : :|:::|
   ヽ: |::|\     ̄/ /|  |: : :|: |


もはや神であろうと仏であろうと
秀吉の怒りの対象となることから逃れることは出来なかった
なお この参詣後 豪姫の病状は快方に向かい
日本中の狐は全滅の危機を脱した





467 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 23:25:31 ID:R5OJ.yz2

良かった良かった





468 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 23:25:38 ID:NxMxLfcQ

よかったなァ、本当にw





470 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 23:25:56 ID:AUfyTvUY

これって、もし回復してなかったら全国の稲荷神社は今どうなってたのやら・・・





476 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 23:27:30 ID:n6cQqFRM

実際、ギリシャ時代に支配者の願いを聞き届けなかったって理由で、
ヨーロッパ中の神殿を壊された神様がいたりするからな。





477 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 23:27:33 ID:jVU9veXs

3月21日
新伏見城がほぼ完成 秀吉はこれも再建となった伏見屋敷に移住
五層の天守閣と12の曲輪群を持つ豪壮華麗な大城郭は
安全施工を第一とする現代の建築現場では 重機を使用しても足掛け3年はかかる大工事である


                       ノ;'l{
                     _ノ;人'、
                }、、__,. -'',r'/p、ヾ、
               ,}”ー--、."ニー--゙'ゝ ゙'‐、__,、ャ,
              ,、 /;;,rlT=イ__~ ̄~^~^''ー‐---、.y"
             ,irこ;;;},|i ||  ~||~゙ ''l!tー-n-;t{;/
             ,j r'i!_、_}-二 ニニ゛‐-,k!i、,、、」|__,|トッ
           、_ ヤ{/iコ};,^;;,,,;;;,‐,-,=ノ,ム=_-__ーネ{´,
           ,};コニニ/7r'|”~,__,゛,/ノ 。 \~^~^”””'ヤ
           i!;;;;;;;;;;;、i!__| ,i-!;'"/,r'^v^‐、\iコ~|レ=i、
         ,}`ー';;;;;;;;;;;;;;;}r‐''”_,.-''/ [iillIII}}}] 、゛\i!、;;;;i、
        /,Eャッririririrnm;y、^,、ニニ ー_ー‐-ー' ゛\,;;;i{、_     ,.ィ
        /,r"=|、__    ̄~””””””'''''''ー,rk':;firiririnnm;y^~三ニ;:ニ'}
       ,/,r"=/|::::.. ̄~゛゛``''';::::::::::::ー‐,ノ,ム-.,, 、.、.゛,.___゛~^~゛^i;/
     ,、 /,r"=/,;l,,,::::i::::|iillIIIIIIIIII|||:::::;7/,r' ``i、:::.iヘ::::::::. ̄~''''''':|
.    ォ}仁二Vェ^仁 ̄~"""゛””””''ー/,r'" .,・、 `\[iillIIIII|||]:::::::::::|  ,
    i!;;;;;;;;;;;/イ'^トー‐-ニニ二、こ,.-'" ,r' ,.-ー{  }ー、`、\"^"^"^"^゛''ー'}
    ,il;;;;;;;;;;;;;:^^i'|::::::::::::... ,. -''"_, -'/―‐‐`´ ―`i、゛、\゛^゛""ー'r/
    i l;;;;;;;;;;;;;;;;;;,'|::::i,,. -''^_,,.-''′/' ,;iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiilllll `i、` 、゙-、:::::::::|;it======r'7
 _r,=ーヲー",,:;;;;;;'7rイ~,. -'''~,._-_''~´..::::::|iillIIIIIIIIII|||||||||}.:::::゙'‐、 ` 、゙''-、:|;;;`i、;;;;;;;;;;;;~ヽ、
 〕{ュョiririririrm;;;;;~_,n、 ̄__二;;;,,  ̄~゛゛゛'''''',,;;;;;;;;;ー―‐---`ゝ、` -、~ヾ,,;;ヽ、;、;,._;;_;;_,,'‐、
../,r'ーl~~~^~_,.,r'%%r===%%''ュ.,_"‐^"‐''=fhifhicifcifriririririyr'g'y'ng'y''ngmgigpmgwwiV} `''‐、._
/,r'=r|::::::::,r7=-ー''^`ー"^ -、_=フ:::::::::::: ..................._________    ~"””””””””””””|”””riririririnfzmir'7
ゞ゛ヾ゛;:"゛ゞ"'';;,r';";;ヾ、:::::::::|::::::i####lllllllllllliiiiii;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ̄ "''''' ::::::::::::::::::::::::::::|”””””””ヽ、””””"
ヾ、ハ,;;^",,;;;;;,r''^"::;''"",r'::::::::|、::::||iiiiilllllllllIIIIIIIIII||||||||||||||||||||:::::::::::|llllliii|::::::::::::::::::::::|^~^~^~'i~"
ヾゞ,、;:,,y''''7''""""'';;'':::::::::::::|;;`ヽ;、 _,、::;;;;;”””””””””””'''''''''..::;;;::::;!!!!!iil::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::|
ヾゞ,、;:,,y''''7''""""'';;'':::::::::::::|;;`ヽ;、 _,、::;;;;;”””””””””””'''''''''..::;;;::::;!!!!!iil::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::|
::ヾ、,,;;;ハ;''"""'''';;::''"""''r,、hhhhhhm}{メfタfタfチfツfヨfヨfヨfヨfモfヨfルfルffルfル%%$%$%$$ユ:::::::::::|
''"゛;;;;:::"''',,《;;;;''ヾ、,;""~~^~^~^~^~|^`‐'___`ー'___`ー'__`'ー' ``ー' ``ー' ``ー' ``ー'`-ー'"::::::::::::::|
ヾ;;;,,ゞ,r'"";;,," .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|~^r'_ノ`i~,k'_~T"v~「^j,Tニソニi`ウニ{''T;ニj7{ヘ""""""""
;;'ヾ,r";r'ヾ'";:" ;;;;;;;;;i:::::::::::::::::::::::::::::|´)、_}ーv'´ヽ^{~フ~v_~ゝく,ノ~i´_K´メv_~Kトー{_{、ヽ、j、_}~ス、


その大工事の施工期間は約9ヶ月
ここに どれほどの財貨と人員が投入され
そしてどれ程の事故災害が発生し どれほど民が怨嗟したのかは計り知れない





480 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 23:29:21 ID:NxMxLfcQ

「権力」というものはじつに恐ろしい





481 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 23:30:39 ID:AUfyTvUY

ワンマン企業の滅びの典型を見てるような気分だ・・・





483 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 23:31:50 ID:n6cQqFRM

大阪城があるのになー





488 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 23:33:29 ID:6SSXvjNc

大坂城は秀頼に譲ってしまったからな





482 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 23:31:23 ID:jVU9veXs

こうして人心が秀吉のもとから次第に離れていくのと同時に
人びとの希望の星となっていったのが 豊臣政権の実力者 徳川家康である
しかし その家康も自領経営・朝鮮問題の他に いろいろと厄介ごとを抱えていた


       ‐、――-、,,.. -――‐;:‐
       >           ̄<
     -=ニ                 `ゝ
     ∠´   ,.ィ  ハ          `、
     /   / | ./ ヽ  ト、       |    どうだ……
     lイ /''-ニ|/、 r‐\lニ\! __   |
       'l.イ| ==。、i '"==。== l. l"l|   |    その後の蒲生家の連中の様子は……
         |l| `ー'/  u ー‐''" | |"l|  |
         l || U/       lj  |.|ソl   |
        ! `|/_,. - ヽ v'    l!-'′   |
        ,l  ヽ ヽニニニ二)  /|   |\. |
    _,,.. ‐'''"~/lヽ  ≡  /  |   |  |~"''
    | |  / |  \  / u レ!  |   |    ← 徳川家康
     | | /   レw、  l´      |  l    |


そのひとつが 家康が後見となった蒲生家家臣団の内紛の調停である





486 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 23:32:39 ID:NxMxLfcQ

忍耐の人キターーーッ!





485 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 23:32:38 ID:jVU9veXs

             、‐- 、 ,. -- _
          ,ゝ ̄ `  ′゙,∠.._                                    ,ィ  ,.イ   ,.イ  _,,
       /´ " " " ゙ ゙ ゙ .<`                        .        .、 / | / | / .レ'' / ,.ィ
       7 " " " " , ゙ ゙ ゙  、\                              、 | ヽ!   ′ ´   ′ '" レ!
.      i " " " ゙,.ィ / \ ゙ ` ゙ \                             | ヽ|              │
.        | " " ,ィ/‐l/、  ,ゞト、゙ 、゙ヽl                             lヽ|                 レ1
       | r=、 l.=。==._ ,。==ゞ ゙ N   連中の意地の張り合いは     .       |      ./´\__,/\     ./_,
.      | {にl l ` ̄  _ \´ハN    もはや三歳児並          .      |\     ./_     i _,ゝ     '"/
       ,l ヾ=lノ  __ ‘ ‐  ゝ                                .|      /`'-ニ_┐ r,キ‐''´!   ∠ィ
   _./:l "./ ヽ. ∟..二ニ7/            ガンをつけられたからと       .|ヽ  r=!| =tr=゙  =tf= :|r=、  ノ
‐''"´:/::::::| /    \   一 /、           斬り合いに発展するレベル      ト   {h|| `ー l.i  T´ u.||hリ ‐'フ
::::::::: !::::::::l′     \ ,イ:::::\          はっきり言って手がつけられん    ヽ  ヾl| /' 、廾,、  \ |!ノ .∠
::::::::::l::::::::::l         /:`:::l::::::::::::\                                ゝ、,._V' ヾニニニつ  /i`''<´
::::::::::|:::::::::::\     /:::::::::::l::::::::::::::::::\                            _/ ;;'' |:ヽ   --  ヽ/ ;|   ヽ_
::::::::::|::::::/\ヽ   l::ヘ::::::::l:::::::::::::::::::::ハ                       , -‐_''.二/  ;   |::::ヽ.    ./ .;|    l_  ̄
::::::::::l/:::::::::::o:ト .」::-:::::\::!::::::::::::::::/::::l   ← 本多忠勝        ,イ ̄    /  '    |:::::::`ー─ '   |    |   ̄  ← 榊原康政
:::::::::::::::::::::::::::::: l`ー'l:::::::::::::::::`:::::::::::::/::::::::l                       'ー- 、'   ,. -‐、|、::::::::     ,レ-‐-、  |

───────────────────────────────────────────────────────


             ,. -──- 、
          /  , ヘ .._  ,.、\
        /  /__      ̄   ヽi
          l   〈 ゙ー-゙ニコ!  lLニ-1
.        | r,=ヽ ===i  /==i    以上が江戸からの報告です
          | |ト|.| `ー-   \-‐l
   _  __| ヽ」l u.    r __ \!    ……正直 芳しくありません
__ノ´   `l/|  ./ヽ  'ー───´l
_,, ニ=-‐'''7  | ./  :ヽ.   --   l
      /  K.   ::ヽ     l `'''ー- 、._    (
     /   |::\   :::`ー:ァr─1   r '_ニ⊃   __ ) _ )
    /    |::::::::\   /:::|  |  /∠、ヽニ⊃( _ ⊂、
    /     |::::::::::::::::X::::::::::|.  |./   ‐‐ゝ\i   ) ノ  ← 井伊直政
   /    :|:::::::::::;:く  >、::::|  /    ,二ニ\> ノ'´





489 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 23:33:40 ID:jVU9veXs

      ,, -─‐-、,,-─-,、
     /        ,'⌒ヽ\          まったく……
    〈  ,‐-⌒-、ノ,,,  |.  \
    /, ミ、Vヽl〉| | |,,,  |.   \       こんなの どうすりゃいいんだよ……
     '|\Nヘ「ヽ||_|__,|.     \
              |L.|  |       ヽ、
            | | ,,,|,        .l
.              |_|_,||        .ノ
                |::|::: :|_|       ,ノ |
             rrr´‐::: :j. L,,---‐‐'´ ノ
            i´^^i´ ̄~    ̄ ̄ ̄~i‐⌒ヽ,
            ヽ、__ヽ、______」-、__.⌒っ


さらに家康は ここで東北地方のもうひとつの問題に引きずり込まれてしまう





493 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 23:35:01 ID:/1lzARz.

クマーか?
でっていうか?
それとも…





494 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 23:35:06 ID:jVU9veXs

\                        /      \                      /
<  しまいにゃ ころすぞ おらっ!!      やれるモンならやってみろや!!
<                        >      <                       >
/ ∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\      /∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\
_|: : : :\, . : ´: : : : : : : : : : : : : `ヽ- ―¬               // ./ ./.', |',.   i
 : : : : : :/: \:./: : : /:/\: : : ヽ:\: : \:.└-- ァ        ., ' ,r  , ' /  .', |.',   |,  \
 : : : : /: : /:. ,:イ:、:// /   \: : :ト、: X: ヽ\: : /        , ', "/ -, ',,/    .',. |,.',  |',.   ',
 : : :./:.:.:./:.〃//\':/      \|/: :.}: : ヽ \>       ,' ' ./ , ',', ' ゙,''-,,_.   ', ',. ',. | ',.   ',
. ‐ 7: : :/:.// |/ ̄ ̄ヾ      /  ̄ヽハ: : :.',: |        . /!. ,,'  ',r''"~~゙'t,''   ', ',. ' , |_,,',,, --+-
  |: : :.|:./ |   ○  |     {  ○  |ヽ: :.|:.|        .i i ./,'. i!     'i!    ' ',,~r'''''‐-',  ',
  | ¬|/ ヽ     ノ       ヽ     ノ  ヽN        . '!,' ,'  '',,,  ,,,t''     i!     i!' ,
  / .ス      ̄ ̄         ̄ ̄     |         .,' ','    ゙'''''"      i!,    ,i! ' ,
  { ||      /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ト.     |        ,.' ',     _.       ゙''--- '''
 入 し       /         |:i       /        ,'  / ',.    /  ~~゙゙''''‐‐-,,
 : : : ーi.     ,            |:|     ,ハ         i/i  ' ,.  i         i      _,__,
 7: : : : ヽ     '          |:!   /|┘       ."i ,/   > ,,.i         .|    / ,_
..厶 -‐''::¨:::ヽ  {             リ /ヽ┘         !/.,.  / ./゙, ,_.       ,'   ,,-'"  /r
::::::::::::::::::::::::::::::{. `=ニ二二ニニ= '.::::::::::::::::\        ,/ /  / /~~,,,'i゙'''‐‐- .,,,,,,-'-‐'','    /'"
::::::::::::::::::::/\:\       /:/\::::::::::::::::::\       .i ./  ,' /'''‐‐-',      /,,,__//   /"/

          ↑ 秋田実季                      ↑ 浅利頼平


              例の比内問題 秋田実季と浅利頼平の反目である





496 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 23:35:44 ID:NxMxLfcQ

コイツらか!!!





497 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 23:36:32 ID:AUfyTvUY

マジで三歳児レベルな奴らじゃねえかwww





500 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 23:38:25 ID:KORqgziA

東北で何かとモメるのは秋田さん家
で、何かとやらかすのは伊達さん家





492 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 23:35:00 ID:QDgexRtI

東北って





499 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 23:38:09 ID:ppEhr/gQ

東北の連中は下手すると南北朝からの因縁があるのが恐ろしい





498 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 23:37:21 ID:jVU9veXs

現在 この問題を取り仕切っているのは 石田三成と長束正家の両名である
二人は秋田家・浅利家の双方から 年貢の算用状・被害報告等 大量の書類を提出させた


        ,ノノ「.:.:.:.:.::.lLL__                         _____
      ,∠.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノハ、                    ┌<二三三三三≧
      ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ、                   ∨三三三三三三7
      〈.:.`ヽ.:.:.::, -‐-‐- 、.:.:.:.:.:.l:.:ハ                   ∨‐' ´ ̄ ̄二二ユ_
      ).:.:.:.:.,. '"´  ̄ ̄ ``ヽ.:.:.l.:.:.ハ               r==ニ二ニ三三三三三二≧
    〔.:.:./          \.:.:.:.::〕              `ヽ三斗‐〒:: ̄`::.:‐<三/
     〔7             ヽ.:.:.:.〕´ ̄`))   .          /::.::/::;:: |l::.::.ヽ.::.::.ヽ::.::ヽ
   /// .l l l l {   | | 1 l    !:::::}r =くヽ           l::.::;':://:八::ト、::\::.::.}::.::.|
  ,.イ 〈 l l l l l l,. イ   ト、|_1_l }  !::/ハミミシVハ           |::.::レ':∠ -ヘ:ヽ`≦ニ|::.::.|
 〈  Vハl l l l 「il/ヽ\/l/1/l/`メ、 ./l/  ト、_ノ  ',          ∨::.l:代j歹 \ 它フj::.}:/
  ヽ  NN/ -==   ==- 1 /    i    i          }:l::.|:ゝ       /:/:,′
    \  ト、' ' ' '     ' ' ' ' l/     i    i         /人:ドヽ、_ r¬ 彡l::リ
     \ヽl`ゝ  `ー '  , ィ´ト、     i    l         ′ `ヽ _r┴ミ_T´レ' |/
       l 1:::「 ̄` {薔}´  孑`ヽ   ヽ    ヽ          rt<   /ニ7弌ー、
       l 1/ハ   芥ゝ、  孑.:.:::\    \   ヽ        / :.`ヾ、 く〈 //|ト、〉〉ハ
       l //:.:ハ __ノ 1.:.ヽ\ 孑.:.:.:.:::\    \  \      /:.:/:.:.:.{ } ヽ/| |}{∨ |l:|
       //.:.:.:.:.l   1.:.::::\\.:.:.:.:.:.:.:.:ノ     .         /:.:/:.:.:.:.:.{ }   | |}{| L |}ヽ
       〈.:.:.:.:.:.:.:l   1.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:く       \     /:.:/:.:.:.:.:.:.:.{ 〉   | lXト 〉|}:.:.\
        ヽl.:.:.:.:l___ ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\          く:.:.:{:.:.:.:.:.:.:.; 匕ZュHXkzz|}〒´

          ↑ 石田三成                   ↑ 長束正家


ただし二人には 少なくとも三成には まともな裁判をやる気は毛頭ない
勝者は最初から秋田実季に決まっている
三成は地方の揉め事を中央が解決したという実績が欲しいだけなのである





501 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 23:38:27 ID:sJBLYhVY

んなことやってるから不人気になるんだよw





502 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 23:38:38 ID:jVU9veXs

しかし 東北地方の揉め事であれば その監視役を担っている家康の存在は無視できない
二人は家康の意見も求めたのであるが……


          ,. -‐- 、r'´  ̄ ~Z.__
       ∠             ´   ,.>
.     /                 ̄`>
     /           ,、      `\
.    !             / \    \. トゝ
   │       , ,.イ /、._,  ヽ |ゝ、  N     比内の独立云々はともかく……
.    |      /レ' レ\,/  /V '´ l\!
     |. r;=、 .ノ=a=== ,, ,/a===!       実季の行為も褒められたものじゃないな
    | |.ト、| |  ` ー--‐ "  \ーァ"!
    | l ヒ |:|.       r __   \l        比内が自領だと主張するなら……
     |  `ー 1|、 ヾニ二二二二フ 7′
    ノ     | \     ___  /         そこに焼き討ちをかけるなど矛盾も甚だしい!
.   /   ,ヘ、  ト、 \    ̄ ̄ /l
  /  ./\.ヽ. ヽヽ、 \   , ' ,'
  ,' , ./   \ヽ、ヽ \./`iイ /
. /l/l/     |\\ヽ  ヽ. Wレ
/      _..⊥._ \``  |





503 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 23:39:24 ID:NxMxLfcQ

さすが家康さん





507 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 23:39:50 ID:QDgexRtI

安心するわ~





506 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 23:39:41 ID:n6cQqFRM

カイジの正論って、なんか聞くだけで笑えるなw





510 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 23:40:27 ID:sJBLYhVY

カイジはアカギとかと違って勝負してない時はダメ人間だが常識はあるぞw





508 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 23:40:00 ID:jVU9veXs

           ∨三三三三三三三三三三ニ/
      __  lニ>‐ '´ ̄ ̄ ̄` ー<三三/
     〈三三二ニ―‐- 、 ___     `ヽ|
     ∨三三三三三三三三三三三三二二ニ¬
       ヽ三三二ニニニニニ二二三三三三三/
       Y´::.::.::.::.::/:l::.::.::.::.::.:\::.:`ヽ::<三/
.       ,'::.::.::.::.::.〃∧::l::ヽ::、::.::.ヽ、::.`、:l:T
      |::.::.::.フ7¬‐、ヾ、:\>、:|-ヘ::.::.}::!:|
       {::.::/代了圷ミヽ. \行‐t予l:ノ/::|
         !::.::.::.:| ゞ-'′  \  辷シ '/:/::./        ……だってさ
       |::.::.::.:ゝ       ,       厶ノ::.;′
       ヽ.::.::l|ヽ、    r-、     /::.::/         相変わらず真面目で律儀だね あの人は
           \:ト、:j> 、   _,.ィ:´::;:l:: /
             ヽ ` ,.イ `¨´ ト、レ'|/ |:/
            __,. '´_>v< `ヽ、′
       ┌イ  //了,ハ\\ヽ `┬ァ
       /7 |  { く/ノ/引ヽヽノノ  | }-、
.      /:.:.:.:{ |  `ー'´//l弓| |`ー′  | } :.:l
     /:.:.:.:.:.{ |     // ]弓ト、ヽ     |「 :.:.|




 〉::::::└f::::::_:::::::::::::::::::ヽ ̄ヾ:::::::::::::/::,!∠`ヽ
 `ヽ::::::::つ:::::\:::::::::::::::::`!  !:::::::::::::::::::|ニ´'/!
  (:::::::::::ゝl-:-::::::::::::::::―|  |:::::::::::::::::イ`Y´く´
   jゝ::::/  ゝ、::::::::::::::::::::|  |":::::::::::::)'!゙i ̄|ヽ
    \/   / ゝ_;::::::::::::::|  |:::::::::::ソ .| |  |
     Y!i |   l、`く::::::::>-<::::::_ ィ /| |  |
      ヽヽ!\i!l!i j/!ゝ:::{薔}::シ  ,/!!| |  |
          〉K` レ' j  ト/く  ´ ィ i :| |  |      こ これは…………
.      rーーー、ー j/! l′ヽj~ ド.! l :| |  |
     /!   />' l .!'フ 、:r/ | | :| |  |
      rt ` ニく f 〉、j .!< ,ヘ:´ヽゞ | :| |  |
    ヾ::`¨´ソ:/ ,.-" -'ー/:::::\::::`| :| |  |
.    √ヾ:::::::〈 "/!‐'¨ア::::/!:::::ヾ:::\| |  |
   /::::::::::::::::::7`ー¨.ニ/7:/ :::::::::::::::::ヽ|  |
.  /:::::::/::::::::/   j/`:::   :::::::::::::::::::::\:





512 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 23:42:22 ID:jVU9veXs

        _)≫:::::::::::._ ''"         ` 丶、:::::::::::::.(_
    __(::::::::::::::::::::::/               \::::::::::::::::├─x
   ./ r─.≧:::::::./                 ヽ:::::::::::≪ニ7》
   に二三彡::::.∧                    ハ:::::::::.|\Y《
   仁{_/つ::::∧                    :ハ:::::::) . ) )
  . 廴__,.イて ,'.l                 j | |  |  }::ム辷彡'  \                          /
   .ハ ; (::::.| |  { | | ハ V     .l   イ.∧ l  | :!.|::::/. | |:|  <                          >
   .ハ ,: l| 辷| l  .V.L | ハ.ヽ    | / ,/7 .Ⅵ jl !.}:::}  .| |:|  <          やったわ!         >
   ハ:/ :!l  .|!ト{  .ヘlV>>zリ,,,. ハ  l/./ィ-七7.l ∧リノ|::lハ  | |:|  <                          >
  .ハ/ ::l|  .|::|ヘ\ =Y´jう㍉`\V/7´たうj.Ⅵ从ンj .|:| .l.  |:|  <   思わぬ大物が釣れたのだわ!!   >
   /  !|   |::ト叮アト、ヘ. ヒン        ヒン  7イ |ソ}l::| .l   |  <                          >
  ,'   |   |::|.  | .l∧         ,       ./ ! .|'  川 :l:   i|  /∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\
  .′  :|   川  .l .|.`ヘ.    r─‐┐   / /l .|    |:   i|
  ;    :l      / リl.  >、.  ` ー ′ .イ.  |..|..    |::   |
  |   ::|    / .∧}./´.::.ニ>tー 'チニ`ーzxノ八.   |::   |
  |   ::|    ./ /´::マ.:.::.:.:/ニ{ 只 }ー=、...:.:.://::Vム  |::   |
  |   |  .//>、::マ: _,::-‐‐'..:》ー.イ :.:..:.::`ー//::〈 .Vム .|::   l




              r─────-、、
                |          .:.:.::::.`ヽ,
                |____.:.::.:.:.::::::::::::::/
             _ノ_____  ̄``丶、/
        r'´     _ __ _  ̄``丶〈_
        ヽ,. .:.:.:.::::::::::::::::、::::ー- 、  \
        /.:,.::::::ハ:::::ヽ::.ヽ::.\.::ヽ:::.\/
         /::/.::::::|:::ト、:::::仁ニーミ:::|:::::::::|
          |.::|.:.::|_ノノ´`ヽ` ◯ `1::|::::::l::|
          |.::|:::::K´ ◯      |//::/:/    え?
         ヽト、::::ヘ         /::/:/
            ``1:ヘ  r─っ , イ::/,イ
           |/|.:::>r‐r<  |/イ´
                |.::/^l/l:/_/⌒ヽ
                |/ , ィ´y'´   ,r=ヘ
              // /介1  ,fj.:.:.:.:::.\





515 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 23:43:43 ID:AUfyTvUY

スーパー不人気タイムな予感!!





516 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 23:43:45 ID:jVU9veXs

 l! ̄オ |:.:.:.:.:.|   と′  ,      丶  .:   r┘
   ̄リコ l:.:.:.:.:.| _「┘ / /  l |      \ノ  _〕
  く」!L.|:.:.:.:.:.! L. // /,  l| l  l  i  l ハ:.  _〕
 〃l| l L.i:.:.:.:.| r┘,./ /,   !|| l|  l  l ハ:/└i_
 |i l| !└l:.:.:.:| 〕// //l  l ! li l|  l  l |!:: と__〕       これで家康は頼平の肩を持ったとして
 li〃!|l トz水゙/イ ,://l:| l |l l| li  |  ! l|! とl「´
 |! |   !小こシ」 !/ ≧:xイl ! ,'! /l  , / /l _.」!|!         頼平派とすることが出来るのだわ!
   ,l| l |ハ:.:!|l イ iイ:r::ハ` / '//二ラ// イ| l| l!  __
  /!| l l   \! l|  `¨      イrソ/iツ行l 〃  / |     そのうえで 予定通り頼平に罪ありとすれば
  ,'/ ! l|l  「¨| llト、   r ァ  ¨´イ |l i |l |!   / /
 ,' ! i  l|i _|:.:.l:.|l:.|:.> .、__  イ´ !:| ! l| l   / /      地方分権派の家康の力を削ぐことも可能なのだわ!!
 ! l ,  l|'「  |:.:.l|:li |:.:.:.:.薔:.:.:.:.:.:.|、ハ! l::-‐rz/ '´ハ
./ , i /l|| ヽ/ l| l;,;,;,ノ゙ヘ;,;,;,;,;,;,Y ̄|ヽ  {!'   / / ノ!
! / l , l| !   / l |:.:.:.|  |:.\:.:/ i  〉 \{!」、ヽ'イ丿
| li / l| / l -_〕:.l  |:.:.:.「´ 〈  ト.、 、\テ¨´
,'  l | // ̄ , イ´.:.:.:.:.:.:! i:.:.:.:ヽ  ヽ |  、_ ヽ
   l| \ <ー- 、__:.:.:| /.:.:.:.:.:.:.\  \ \ ヽノ
  l l|    ̄工>_/-、j |, -、_, - ゝ _|__〉、  〉




        ,. '"´  ̄ ̄  ̄ ``ヽ
         !               l
         l   ,. -─‐─‐- 、l
       レ'´    ,.-─‐ -⊥__
   r-──┴一''"´          `ヽ
   \  , .-─ ………‐- 、、,,_  /
    `V.:.:/.:.:,:.:.,:l:::.l:.:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:く
      l.:.:.|.:./.://l.:.:ト.、:.\.:.:.:.:.l::.:.:.:',
      l.:.:.|/.:// ヽ:\\_ヽ:_:_|::.:l:.:|
      l.:.:.l.イ-一'´ `ヽ\`<:.|.:.:l:.:!
     |.:.:l:.:i  O      O  .l.:/.:;′   いや ずい分と無理があると思うけど……
     |.:.:l.:.l           //.::,′
     l.:.:l:.:.ト、     3   , .イ.:./
       V \::.:.> --- </l/|/
         ,. -'´ ̄`>公ト、 _
     , ィ⌒ヽ  ///ハヽ\`ヽ
   . / /.:.:.:.:い く く // l L_ノl ハ





523 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 23:46:06 ID:jVU9veXs

           |三三三三三三三|
       ┌―! ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄i=¬
        ヽ三三二ニニニニ二三三/
            /.:.:.:.:ハ、.:.:\.:.:.:.ヾ.:.:.:.:ヽ     ま いっか
         l.:.:|:_/∠_`\ヽ  ̄ \.:ヽ.:
          ヽ/____   ヾ┬―ゥ ヽ.:.:     家康については君の好きにしなよ
          !`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' /レ'
  r"´     |.:.:.:ゝ    _     /.:.:|      どうせ僕がなにを言っても聞かないんだろうしね
 (   =‐'   ヽ.:.:l|ヽ、___ヽノ_ ,ィ i:|.:l|.::,'
  ゝ-'         \:ト、}-‐斤ヒl、レl/|/
    r、         /}} l|》o《|! {{`lヽ
   __ゝ |i}^ヽ._/  }}  ハ  {{ |
   ヽ  ノ'  `j  `ヽ、}}  /X |  {{  |




        {:::.:::.:::>.::´ ̄ヽ、 ,. -一 ヽ_
    ,. -┘.:::.:/:.:::.:::.:::.:::ノ::.Y:;___.:.:./.:.:.:.:.ヽ
   (.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:;:、;:;∠二:.ヽ`ヽ.:.:.:.:.:.:.:∟、
    ):.:::.:::.:::.:::.:::.; '´ //〈.:.:.:.:\ \.:.:.:.:.:.:.::ヽ-へ
  r''".:::.:::.:::.:::.:::/ / / / ハ `ー‐┐\ ヽ:.:.:.:.:.:.:ノ=ニ):\
  { ::.:::.:::.:::.:::.; ′  /      |   {_:.:.:.ヽ ヽ:.:.:.(二`V/^):、
    ̄つ.:::.::/   / ,′    |    |  ̄ヽハ. i.:.:.:.:.`i!ヽ.!_/:./
   (:.:::.:::.::!l!  l  i      |l!   |  ノ:.:.| |:.:.:.:.:.:||:.ト、;:ノ
    `7:.::|l|  | ハ      ;'|     し-、| |:.:..:_ノ.|.:| |
      ヽ|H  | | l__,    / |  /  / ノ|/:.:ん. l |:.| |
       |l!ヽ. 代「 ヽ.  , / `ト、/! ,イ. く:.:/:.; -┘| L」 !
        |  l N.--ミ ヽ/ソ _レ'´ lメ // |/  | |   |    もちろん
        |  ! |l,ィ^h.、    ´ ̄ ヽ 1  |     | |   |
       | !( { { | | ' _, """ ノ!|   |    | |   |    そうさせてもらうわ!
      !.| |_\  ヽ、    _,. <._| !  |ヽ.   | |   |
         !/〈.:.:.Y_>、 }、 ̄´;:;:;:;:;:;://|  |:.:.::',  l l   |
       ム-レく.:.:.:_}ノ:@;:ニ、;:;:;//;:;! 、|:.:.:.:.:L_ ! !  |
     _,.∠=ニ〈:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニ  V;〈〈_;/| ヽ:.:.:.:.:.:L_l !  |
    `ーニ二_‐ヘ.:.:.:.:.:.:.:.:(゙こ  /'^ヘ V:.:\ \:.:.:.:.:{! |   !
     <:.:.:. ̄} .:.:.:.:.:.:.:`} ノ:.:..:.ハ V:.:_>- ヽ.:.:.:.} |   i
      |_>'7.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:Y.:.:.:.:.:.:.:.::.:>'"  /:.:r‐'´〉、


三成は 嬉々として作業に取り掛かった……





520 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 23:44:57 ID:R5OJ.yz2

これで家康の力を削ぐのは無理だろうよ





526 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 23:46:58 ID:BzjjhR4A

なんというか視野の狭さまでまさしく官僚的な不人気……





519 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 23:44:23 ID:n6cQqFRM

家康を敵にまわすつもりかw





525 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 23:46:57 ID:/1lzARz.

まぁそろそろカイジさんも、秀吉以外には強いところを見せたほうがいいと思うんだ





527 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 23:47:31 ID:jVU9veXs

さて話を半島再派兵に戻す
今回の出陣は 前回のように一斉の出立ではなく
準備の整った隊から 名護屋城に集結後 順次渡海することが命じられた


                  ,ヘ
      ____      / /
     /\  /\   / /
   /( ⌒)  (⌒)\/  /
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\ /     それじゃ やる夫は
  |     |r┬-|       |
  \     ` ー'´     /      一旦 筑前に戻るお
  /          \
 /             \
/  /\           ヽ
 /   \          ノ
U      ヽ        ノ




         __,..-‐:─::─::─::─-:.、_
     ,ィ´:.:.:.:.:.::::.:.:.:.:.:.:.:.:.::.::.:.:.:.:.:.:.:`ヽ、
    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:ヘ.:.:.:.:.:.::.;;ヘ::.:、:.::.:.:.:.:.:.:.\
   /:.:.:.:./:.:.::i:.:|.::|`゛``"'|`"´'|:.:|::::.:i.:.:.:ヽ、::.\
  /:.:.:.:.:.j:.:.:.::|:.:|i.:|    |   |:.:|:::.::|:.:.:.::.:.ヘ ̄`   わたしも広島に戻るッス
 j:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.::|:.:||-|‐-、  |  -|‐-::::::|:::.:.:.:.::∧
 |:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:||::|レ'     /  j:/'|::::/:i:.:.:.:.:.:.:.ハ    次は朝鮮国で会うッスよ
 |:.:.:.:.:.:..|:.:.:.::||/___ 、  , ____ |:/::::|:.:.:.:.:.:.:.:.:|
 ∨:.:..::::|.:.:.:.:|=≡≡ }‐‐{ ≡≡ ´ハ:::!::_::.:.:.ハ:.:l
  ∨:.:.( |:.:.:.λ   ,ノ   、     {:::::{´ |:::.:| j/
  ∨:.:.`|:.:.:.:∧‐-‐" r-┐`ー-",ィ|:::::j ィ'^ヽ、
    〉:.:.r-ヽ:.:.:ヘヽ、 __V,ノ__,....イ:::!|:::( {二 〉
  /:.:.:/   \::.:\   λ `ヽ、|::::|:::::{ {-- }





529 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 23:48:52 ID:jVU9veXs

そのため日本軍全軍が半島に集結するのは6月下旬までずれ込むのだが
その間 西生浦に先行して着陣していた清正が なにをしていたかというと……


          ____  _,.-==-- 、
     ...-‐=三ニ≧弐ニミ´三ニ=-、
   /:,::::‐:'´/::::::,イ::::::∧:`:、`:、=:ミ、`::.、
  .::'::/::,:イ,イ:/::::::/i|::::::':::: ヽ:::ヽ:::ヽ:::ヽ::::\
. /:::/::::::'::::///:i:i:::': !|i:::i:::i:i::i::\:`::、::\:\::::::、
/:::/::::/::::/,イ':::i:l:::::::/!|:::|::l l::|:::、:::\::\:::ヽ::ヽ: 丶
:::/::::/i::://::l::::l:!:::::/::ハ:|::!:|::ト、:::\:::',::、:丶::丶::、: ヽ
/::: /::l:::'/:i::|:::l::::::;':::i:::::l:|::::|::|小ト、::ヾト、:ヽ: ',:::i、::i::::i
:::::/::::l::i::::;斗、!::::,i:::l::::::; |::::|:l/:::|、 ` 、!:::i:: i:ハ l::i |ヽ!
::::'::::::l::l::::' r 、!: /:|::l::::/:l:|::::!!: /|!=≧、ヾl::::l':::!|:::!:|:::|
:::::::::::|:|:i::i { !:/:/l:l: /: ハ!:: Ⅵ:八 {{ }!ヾ!::/i::: |:::: !: !
:::::::: i|:|:|::l y/:/:/l| ' / i∧::l {′ ヾ  }ハ. |::::|: /}:/
 ::::::!|:!:|::|V/l/ '. |::/ /' ヾ!.       '  、::::!/::::'
  ::::::!:::|::l::i: '    !'                V,'/     ……まずは惟政と連絡を取れ
   :::::::l:il:l:' i                ,   ノ´
   :::::|| |!. 、                r ´         可能なら沈惟敬も引っ張り出せ
     ::ll {.  \          - ― 、‐'
     :!.     ヽ          _ノ
            、        /
          、.   , -‐丶   _ ′
         \イ \    ̄
          \.  ヽ


清正は 小西行長とは別ラインで 朝鮮国との和睦の道を模索していた





532 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 23:51:21 ID:jVU9veXs

3月21日(秀吉が伏見に戻った日) 清正は惟政との会見は実現したが……


.     //. :/::::::::::::i :::::::::::::::::://:::::::::::::\:\::\
    //::::::l:::::::/:/{ :::::/:::::::://:/::::!::::l:::::::ト:::::ヽ::::.
.   l:l::::::/|:::::ハ/∧:V:::/:::/::::/::::/:::/::::::/::ヘ::::l::::ハ
.    |:l:::::::::|:::::|::!::::∧:V:::/::::/::::/:::/::::::/|::::::|::::|::|.!|
.    |:l:: |: :|:::::l::|::/:::ヘ::V::///:/ ::/:::|:: /!:: | l ||
    l::::l:::::ハ:::|∠:ィ7:::Y:/::イ::z≦ィ:::/::/::ハ/:リ |!
.    l::|:::::小:Π:/l/-=彡1 /艾ァテ`シ_:ィfチ::/:/
    V::l: :!::l:|い小/|:ハl:|/  `´    { }ノ´
     Ⅵ: l:::::`爪|            〈      やはり……
      }:!: |::|:::l::| \            ‐ _ノ
      ぃ::|::|:::l::|   丶    __, ,/        王子の来日は不可能なのか……
      |:∧l\:{    \       /
      l′丶 ヽ     ト、_,ノ
     /           ,′
.  /\.____     人_
/  `-――‐‐- 、` ‐ 、  >、x‐ 、
          \     `ヽ ヽ、  | |   \
          \    \ ` ┘!  \ \




        /|\
       /│ `r
       / │  ヽ
     ,,-‐´ ̄~`‐- 、,i、
   ,;"          ';、
  /   _ 僧 ;⌒`、  |
  |  / `i /   i  |
  ( `ー‐゚/´`ヽ-゚´  )      それは そうじゃろう……
  (.  /`‐(_つ, - 、   )
  $;/ー~`─ ' ~`i ;$
  $$;ヽ______| $$$
  $$$ー─`-- '──$$$





534 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 23:52:37 ID:jVU9veXs

        /|\
       /│ `r
       / │  ヽ       清正…… お前相手だから腹を割って話すが
     ,,-‐´ ̄~`‐- 、,i、
   ,;"          ';、      わしとて中央の態度の全てに納得しているわけではない
  /   _ 僧 ;⌒`、  |
  |  / `i /   i  |     あいつらは前線の事情をろくに知ろうともしないロクデナシばかりじゃ
  ( `ー‐゚/´`ヽ-゚´  )
  (.  /`‐(_つ, - 、   )     ……だが わしらにも譲れないものがある
  $;/ー~`─ ' ~`i ;$
  $$;ヽ______| $$$
  $$$ー─`-- '──$$$





536 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 23:53:42 ID:jVU9veXs

        /|\
       /│ `r
       / │  ヽ
     ,,-‐´ ̄~`‐- 、,i、     自分たちの身に置き換えて考えてみろ
   ,;"          ';、
  /   _ 僧 ;⌒`、  |    異国の軍に国を荒らされ 今度は出て行ってやるから
  |  / `i /   i  |
  ( `ー‐゚/´`ヽ-゚´  )    帝か太閤を使いによこせなどと言われたら
  (.  /`‐(_つ, - 、   )
  $;/ー~`─ ' ~`i ;$    お前たちは果たして納得するのか?
  $$;ヽ______| $$$
  $$$ー─`-- '──$$$




    /::::i::::、:::ヽ、:::::\:ヽ:\::::::ヽ:::、::ヽ::、:',
    /::i|::l::ト、ヽ::、:::ヽ:、::::::\::ヽ::::l::::ヽ::i:::i:::!
   /:/:!:::!:|::ヽ:\ヽ::::、:\::::ヽ:::ヽ!::::::i::|:::!::!
   !ハ::|::::i::l:|心、:ヽ::\:ヽ_\、\:::ヽ:::|!::|:|i
    i、:!:|:、N{、ヒjヽゝ\ヾイ ヒj >、ヽi:、|!:|:l
     ヽ:!::トヽ ̄ l! `  ` ̄´ |::l::|:|j:,!:!   ………………
      ト、::!           |::/lj:::!リ
        ヾ、  丶 -      リイ:|リ
        リヽ ‐、ー- 、_   /イ:::i
       rー'"ト:l゙、   ̄   ./  , |::!
      / ヘ ヾ ヽ、 _,. '   / |:'





537 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 23:54:42 ID:jVU9veXs

        /|\
       /│ `r
       / │  ヽ
     ,,-‐´ ̄~`‐- 、,i、
   ,;"          ';、
  /   _ 僧 ;⌒`、 u |     あと…… 沈惟敬じゃが
  |  / `i /   i  |
  ( `ー‐゚/´`ヽ-゚´  )    あやつ北京で投獄され 斬首が決まったそうじゃ
  (.  /`‐(_つ, - 、   )
  $;/ー~`─ ' ~`i ;$
  $$;ヽ______| $$$
  $$$ー─`-- '──$$$




    ノ;;;;;;;;;;|;;;、;;;;;;;;;;;;;|;;;;;、;;;;;;;|:丶;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;|;;;;;;;;;;;;ヽ;;l
   /;;;;;;;|;;;;;,,;;;;;;;;;;|;;;|.::::::|;;;;丶;;|;、|;;、;;;;;;;;;;;;|;ヽ;;;;;;;;|;;;:::;;ヽ;l
   l;;;;;;|;;;;;;;;|;;;,;;l,;;;i;;;|;;;|;;;|;;;;;|;;;;;|;;;ヽ;;ヽ;;;;;;;|;;;;ヽ;;;;;;;|;;;;;;|;;;;;;ゝ
   l;;|;;;;|;.;ヽ;;;|; ;;;|;;;|;;|;;;| ;;| .;;|;;;;;|;;;;;|;;;;;;| ヽ;;;;;|;;ヽ;;;;;;|;;;;|;;;;;
   l;;|;;;;|,:::ヽ;;;ゝ:::ヽ;;|ヽ|::;;|:: .;;| ;;;|.;;;;| ;;;l::::::::ヽ;;|;;;;;;;;;;|;;;;|;;;l
   l;;;;|;;;;|;;ヽ::::::テr‐z、;|:::::::::::;|::;;| ;;;| ;;l:::;;|:::::::::.ヽ;|;;;;ヽ;;|;;;|;,!
   ヽ,,,;|;;;|;;;ヽ::!_ゝ_フヽ::::::;;;;:::|:::;|::::ハ__フ }〉、 ::::;;l;;;;;;;;;;|;;;|;l
    l;;;;;;|;;|;;;l::::::` ̄"´:::::::::::::::  `::^ ̄""´ ::::::::::|;;/|;;;;|;
     .ヽ;;;|ヽ;ヽ:::::::::::::::::::::::            l;;|;;;ノ
     ヽ;;;;;ヽヽ::::::::::::::::::::::           ノ;;;ll
      ヽ;;;:::::::::::::::::::::::::::          U l;;/       なっ!?
       ヾ\::::::::::::::::::::` ´         /;l;|
        ヽ;;ヽ::::::::::::::::::::::        /;;;;l;l
          l;;;;ヽ::::::::ヽ ̄ ̄ゝ    /;;;ゝl
          ...|;;ヽ;ヽ:::::: ̄ ̄   /‘":、!;
          ill゙゙'|l゙l ヽ::::: ̄  /llllll!l゙゙,l





538 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 23:55:56 ID:jVU9veXs

     //:::::/l:i::::::::il:::l::|::::ト::::ヽ、::::::::::ヽ::::ヽ:ヽ:ヽ
    /::/:::::::/::l:i::::::::il::::::|::::|:::l::::::ヽ::::::::::::l:ヽ::::ヽヽ:'.,
   ./::/::::::::/:::l:li:::::::::l:::::l::::l::::::l::::::::l::::::::::::l:ヽ::::::::l:::l::',
  /:::::::::::::::|::::|:::l:::::::::l:::l::::l、:::::::l:::::::::::::::l::::|、:l:::::::::l:::l::l
  .l::l:::l:::l::::::l:::::|:::::l、::::::::l:::l::::::::::::l:::::::::::::::l:::|、::l:::::::::l::i:::|
  l::::::l::::l:::::l::l::::l、::::l:、ヽl::lヽ::::::::::::l::::::::::::::l:::|:::::l::::::::|::i|:|
  |l:::::l:i:l:l::::ト:::ヽ:l`ヽ、://::::::ヽ::::::::l:::::::::l:l::l::|::::::l::::::::!:::i:|
  |トl:::::il l、::ilヽ、:::l-‐,..-ュォ-、:::ヽ:::i|:::|:::l::l:lll|ヽ:::l:::l::::::::l:|    ……そうか
  | ヽ::::il kァ、 、` - ' `‐'′ /ハl:::l:::l::l:::|::l|  l:::::::l::::::ト|.
  ヽ ヽ、i `7     ´   //  |ト:::l/l::::::|  }:::::::l::::i| |    明国も講和は完全に失敗したと
   ヽ  .l/            ||:/ .ヽ::l _ノl:::::::l::::i| `
      ヽ、 -          l   〉l、|:::::|i::::::l::::|     判断したということなんだな……
       ヽ`                /   .li:::lト:l::::l:l|
        ヽ ‐、ニ= ‐      /    lヽl-ヽl::l|
         ヽ ー       /  ,. r '´    ヽ、
             l、    ,.  '" ,.  '´        ヽ
           `ー‐ ' r1,. '´         ,. ‐ ' ´ヽ.,
            <´ i'´      ,.  ‐ ' ´,. ‐ ' ´::::::::ヽ
             lヽ|.l    ,. ‐'´,. -‐' ´:::::::::::::::::::::::::::::',
              | | l| /,. r '´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
            |/ / /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l




        /|\
       /│ `r
       / │  ヽ
     ,,-‐´ ̄~`‐- 、,i、
   ,;"          ';、
  /   _ 僧 ;⌒`、 u |
  |  / `i /   i  |
  ( `ー‐゚/´`ヽ-゚´  )   …………
  (.  /`‐(_つ, - 、   )
  $;/ー~`─ ' ~`i ;$
  $$;ヽ______| $$$
  $$$ー─`-- '──$$$





539 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 23:57:00 ID:jVU9veXs

                 _ ,;--、_ , 、-;: 、       ヽ、
        |      _/ ,-'::;:/:::lj:::::::<;::::::::::ヾ;ヽ,、_      |
        {     ノ _,-'´_,-‐''<j::/;;'/l:::l::、:ヽ、;;:、ミ-‐    |.    く
        |  , -'´//:::/;イ:::l:::,:::::ゝ;::::ヽ、::ヽ;::::、j:::l:::::iヘ,___ .|
  打     | ./ / /:::::k::l::|l::::|::|::::::k;:::-:、ヾ;::::::、:::l::|:,;;:l ヾ; { |    そ
         |/ ./ /::/::/i::|::l::|l:::l::|::::l::ヾ;:::::Y::ー;:::ゝ::l;;l:::;リ lj ,/´`>
  つ     .|  /:/:i::/::l::l'、<;:::l::|l:::i::::|::::ゞ;::::|l:::、;:ヾ;:!リi/ヽl /  /    っ
         lーr'/:/l;|:::l::l:|::ヽ;;;、;lヾ;::、l::,::::::ノ:l|,:::!,|:::::}ヽ、 j'  /l
  手      | j:/:l|::l::!::|::l::::i|:::l:、'ハ;、:ヾ;:_\_'jヽ;:l::iミ::リjヾ、  /{´    !!
         l /|:li::|l::l::|l:::}:::|l:::}l:ゞ;::ヾ;;ト、;;:ゝ:ト;;;;ゝlj,;::ヾ、   /Tヽ、
  な     |  レi:|:|;lヾl/i:、:ゞ;ヽ;:\:_;ゞ;,ミl;j王トlj:l:l/!」j\   j  \
         |   |:l|:l::|::!:|;::i,_ !\//r(:_)_X /-ゞ>‐‐‐'ア\   ./    ヽ、_/\
  し      !   レ'i_l,|lレ'((:)_,ゞ=` '-='"´ u /  /   \_/
         〉   |::::::ヾ;li|l``'f  ,      / /  __    \
  か     /   l:::::::::`ヽi、 !___-   _`ヽ l/  / /      \
         |   /⌒ヾ、ル'\ーt-‐_´二ヽ,/ / /      /
  よ     |   i  \ヾ、_  \ヾ:_,..!ノシ' / /      /
        .|   |_   ヾ:、\ヽ.`ヾ、 //  /       /
  !!    l   l `ヽ、  l| l ヘ、 _ソ/ /     / /
         |   | l   / ,>  / //        /
         L,   |    /ゝ--tr'´ ./        //
     ,-- 、__/  /ヾ、 :/ ´   /    .      / /ヾ
⌒\/      ./ ノ/     /         / /
   \        /      ./        ./  ./   ./
     \     /       ./        /   lj  / /
      \  /       ./                /


こうして 日朝間の戦争再開の時は 刻一刻と迫るのであった……





543 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/02/27(土) 23:58:45 ID:MctuB5rs

泥沼だな…





541 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 23:58:01 ID:jVU9veXs

                    ';';,..
                    '';;';';;,.,
                      ''';;';';;'';;;,.,
                       ''';;';'';';''';;'';;;,.,        ざっつぁつぁっつぁ~
          ざっつぁつぁっつぁ~  ;;''';;';'';';';;;'';;'';;;
                        ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;
                        vymyvwymyvymyvy     ざっつぁつぁっつぁ~
                      MVvvMvyvMVvvMvyvMVvv、
                   Λ_ヘ^-^Λ_ヘ^-^Λ_ヘ^Λ_ヘ
                   ヘ__Λ ヘ__Λ ヘ__Λ ヘ__Λ
                __,/ヽ_ /ヽ__,.ヘ /ヽ__,.ヘ _,.ヘ ,.ヘ    ざっつぁつぁっつぁ~~~~~~~~!
    /\___/ヽ   /\___ /\___/ヽ  _/ヽ /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\/''''''   '''/''''''   '''''':::::::\   /''''''   '''''':::::::\
  . |(●),   、(●)、.:|(●),    |(●),   、(●)、.:|、( |(●),   、(●)、.:|
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|   ,,ノ(、_, )|   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|_, )|   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::|   `-=ニ= |   `-=ニ=- ' .:::::::|ニ=|   `-=ニ=- ' .:::::::|
   \  `ニニ´  .:::::/\  `ニニ \  `ニニ´  .:::::/ニ´ \  `ニニ´  .:::::/      じゅべべべべんっ!
   /`ー‐--‐‐―´\ /`ー‐-  /`ー‐--‐‐―´\-‐‐ /`ー‐--‐‐―´\


4月に入ると日本軍の渡海がいよいよ始まる
九州の諸侯の多くは在番として半島に留まっていたので 本国から増員の形で兵たちがやってきた





544 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/27(土) 23:59:47 ID:jVU9veXs

4月30日
島津家も 加徳島にて在番と援軍の合流を果たす


               /, ーミ、        ,  \
            //    lハ{ , / ,r .ィ从ハ ゙i
             〃     八{ル'j/ ´    ! !
              /ノ ,{_,/     `   u   } {
          //r'jr'゙        、 ,   V  !
            !7´    {、     ゙メ-+、( ミ !
        rぃ{ --、_  ヽーァ'^ _   i'⌒ヽ} ,゙
        ぃ ゙L 、_'、 、` /,r   _ =-v { 〈、
  r   、__ノ}rソ7 ヽ'='゙ミ、〉( ノ_r=ゥ≪, _ /〃゙ヽ     うむ…… よく来たな
  {廴___ア { {,〈   `ー'゙ 「` r_(`ー'´ ミ 〉{ イ ハ
-‐ミ‐  _   `j ハ     }   ノ  ̄    ,/ リ /  ミt_   待っておったぞ
   ´フ´ イ///ハ{ 〉   └《__ ,.」    r‐'{{! '゙   ≪__,,
    '´ ノヘ小l丿/ __   ( ̄     Ly ,ツ7   いー≦x、_
      ハ! { '⌒こー---―x、 、メ ´jハ  !、v゙ ー
       {{ F ‘、   、__ ̄ ̄ ̄  /` / /リ 小`}
        || lハ 丶      ̄`      イ トV7
ヽ     ||   \ヽ{  __j、_,r  ミ, 彡ソコノ //
\\    ぃ  〈\ 、ヽ ______ノ´彡'´ ,__//
  丶 ー  `、、 ト、 ヽ\`ァ,二 ,.  ィ  ノ //
   ̄\ 、 ヾ、\ └┘| {_/ ニノ ///      / ,
      ヽ   \\   | __彡 ゙´//   ,  、  /





546 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/28(日) 00:00:50 ID:1lNXq1sk

  \ ./ /    ,::::::ヘl::'l         |       l::}ノ::::::::::::::::::::ヽ  ヽ  \
   ` /   ,,ノ:::::::::::::::::l     _ '     !::::::::::::::::::::::::::::::ヽ  l>''´
    〈    :::/::::::::::::::::l    __`゙__,   .,':::::::::::::::::::::::::::::::::::,/
     \  .:::: l::::::::::::::::::゙l ,    ,,   ,. '::::::::::::::::l:::::::::::::::/   はい 父上
        \:/ {:::::::::::::::::::| ヽ、,  _,ィ' |::::::::::::::::::::l::::::>'
     _,,.....,,_`゙''ー=,__彡'','!  `ー¨´´ .!_:::::::::::::_l.-''´
    /;;;;;;;;;;;;;`≧ヘ;;;ヽ;;l;;゙.,       !_;、`ヽ''ヾ'¨ヽ
   ./;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i;;;ヘヾ;;;\      '、ヾ;;;;ヾヾ'';;;;ヽ
  /;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l;;;;/;;ヾ;;;;;\ __     };;;;;\ヾ;;;;;;|


そして その援軍を率いてきたのが 島津義弘の悩みの種……





547 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/02/28(日) 00:02:23 ID:1lNXq1sk

                 _, -――- 、 ,_
              , -"          `ヽ、
            /      ¨'.:...、_      \
           ./       /::::::::::::`:::ー':::´::.、 \
          /      /::::::::::::::::::::::ヾ:::、:::::::ヽ \
        ./      /::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ:ヽ::::::ヽ  \
       /       ... |::::::::::::::::::::::::::::::::、:::}:::ハ::::::\  .\
    _,/    ,,   /:... l::: l!::::::::::::::::::::::::::::::}:)ノ::::::}:::::::::\   \
  -''/   ,.'/   .::::_:_、ゞミ,ゞ;;_、_:、; :::: _;ノ_;;;..-ァ:::::::::::::::\  .\
  <"   .//   ,,:::l |:l ー,t;デ=ヽ`',´=t_ァ'ニ''/ll,:::::::::::::::::ヽヽ   \
   \ ./ /    ,::::::ヘl::'l         |       l::}ノ::::::::::::::::::::ヽ  ヽ  \
    ` /   ,,ノ:::::::::::::::::l     _ '     !::::::::::::::::::::::::::::::ヽ  l>''´
     〈    :::/::::::::::::::::l    __`゙__,   .,':::::::::::::::::::::::::::::::::::,/    父上も変わらずお元気なことで
      \  .:::: l::::::::::::::::::゙l ,    ,,   ,. '::::::::::::::::l:::::::::::::::/
         \:/ {:::::::::::::::::::| ヽ、,  _,ィ' |::::::::::::::::::::l::::::>'        ……結構なことですな
      _,,.....,,_`゙''ー=,__彡'','!  `ー¨´´ .!_:::::::::::::_l.-''´
     /;;;;;;;;;;;;;`≧ヘ;;;ヽ;;l;;゙.,       !_;、`ヽ''ヾ'¨ヽ
    ./;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i;;;ヘヾ;;;\      '、ヾ;;;;ヾヾ'';;;;ヽ
   /;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l;;;;/;;ヾ;;;;;\ __     };;;;;\ヾ;;;;;;|
  ./;;;; /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l;;|;;;;;;;ヾ;;;;;;;;\`______/;;};;;;;;l;;;;|;;;;;;|
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l;l,;;;;;;;;;;\;;;;;;;;;;;;,,,_`''´ ノ;;;;;;;;;;;;;ヾ::::!
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i!;;;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;;;;;; ̄;;;;;;;; /;;;;;;;;;/;;:


       島津家後継者 島津忠恒であった……


                                <第2部 その8 前夜祭再び>おわり





549 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/28(日) 00:02:49 ID:dlC3MjFc

ついに来たw





550 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/28(日) 00:03:12 ID:vNmIwQLA

ハマーン様があの忠恒かww乙





551 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/28(日) 00:03:20 ID:TU333Fpc

島津家久(悪)だったっけ?





553 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/28(日) 00:03:53 ID:RbeV11d2

この人の嫁はどうなるんだ





557 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/28(日) 00:04:55 ID:AVntresc

忠恒はジェリドとかマ・クベだと思ったんだがなぁw





564 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/28(日) 00:08:52 ID:AVntresc

亀寿どうすんだ、これw





572 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/28(日) 00:14:33 ID:WqWUsr0s

乙です!
この忠恒、どんなことしてくれるのか楽しみです





580 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/02/28(日) 00:31:13 ID:8iHxOe/k

乙ですw
薩摩の皆さん、早く引っ越しの準備をしないと・・





577 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/28(日) 00:28:18 ID:07szk4Pw

乙です
戦国時代は問題児ばっかなのかwww





555 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/28(日) 00:04:40 ID:dlC3MjFc

乙でした。
いい感じで騒乱の種が巻かれていきますな。





590 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/28(日) 05:34:06 ID:ShkhkAdA

しかしこの不人気、発想が朝鮮の中央官僚と変わらんぞ。
なんでも党争の手段としか見ないって。

しかも、地方分権派は潜在的には全ての大名だぞ、立場からして。
三成との個人的なコネでそれを補ってるだけで。
それを理解せずに家康に因縁付けるとえらいことになるのが目に見えてるんだが。





598 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/02/28(日) 12:37:26 ID:94wWNHzg

真面目で苦労人なのに何故か貧乏くじ引きまくる人っているからねぇ










投稿日 : 2010/02/28 | カテゴリ : 新・関が原戦線異常アリ | コメント数 : 12
■コメント一覧
  • No.1300 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年02月28日 16:00 [ edit ]

    解ってるとは思うけど、権力分散型から中央集権型に移行する方針で進んでいたのを
    秀次処分とかで自らぶち壊したのが秀吉な
    中央集権型官僚として任命された立場である三成としては、地方の必要以上に大きい力を
    たとえ少しづつでも積極的に削ごうとするのはある程度当然の事

    はっきり言って元凶であり、尚かつ後ろ盾の秀吉に時間が残されてないのは誰の目から見てもあきらかだしな



  • No.1301 名前:早起きは三文の得 投稿日:2010年02月28日 17:24 [ edit ]

    良かれと思って必死にやってることが、後から見るとガケに突進しているだけだった…ということは歴史でも多いけど、
    この時代はそういう人がやたら目立つね。



  • No.1302 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年02月28日 19:14 [ edit ]

    悪いほうの家久がとうとう出てきたかw



  • No.1307 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年02月28日 20:26 [ edit ]

    中央の政治ばっかやってると地方政権の実情や個人の心情が見えなくなるし
    地方の政治ばっかやってると中央政府の苦労や大局的な視野に無頓着になる
    人間なんてそんなもんだよね



  • No.1308 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年02月28日 20:36 [ edit ]

    >>2

    時代の転換期には、大抵そういう事が起きているからね。
    崖に突進していることに気づいて進言する人間も、居るには居るんだけど
    そういうのは無視されるか疎まれるか、或いは言われた側が意固地になってアクセルを踏み込んだりして
    後世の人間からすると「あーあ」ってのが多い感じがする。



  • No.1314 名前:  投稿日:2010年02月28日 23:14 [ edit ]

    派閥争いにおいて、戦争は弱みを握るチャンスであり、強みをもぎ取るチャンスでしかない
    これ、全世界共通の認識なんだよなww
    WWⅡですらそんなことやってたってんだから、図太いんだか馬鹿なんだかよくわからんよね



  • No.1326 名前:以下、名無しにかわりましてワロタがお送りします 投稿日:2010年03月01日 08:01 [ edit ]

    「ギリシャ時代にヨーロッパ中の神殿を破壊」ってのが全く意味不明だと思うのだが、
    何の話だか判る人はいるだろうか……。
    (まずギリシャ時代って何?古代ギリシャがヨーロッパ中に領土を持った時代なんて無いよね?ローマのことなのか?)



  • No.1328 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年03月01日 08:30 [ edit ]

    「古代ギリシア」が前置きで出てくるのだから、ここで指す「ヨーロッパ」は現在の欧州の領域を指すものではなく
    当時のヨーロッパとされていた領域(ギリシア近郊ならびに地中海世界の文明圏)を指すのが一般的なのでは?
    「古代ギリシアのアジア」と書かれた時に支那を思い浮かべてワケわかんないと言っているに等しい希ガス。



  • No.1330 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年03月01日 08:45 [ edit ]

    「頭が悪いな、オマエ」とはっきり言ってやれw



  • No.1335 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年03月01日 11:33 [ edit ]

    >>9
    荒れたら責任取れよ?



  • No.1344 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年03月01日 15:48 [ edit ]

    ※10
    OK!



  • No.1539 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年03月10日 01:45 [ edit ]

    >>8
    古代ギリシャにおいてはアナトリア半島あたりがアジアとして認識されていたからな。
    当時のヨーロッパって、今では欧州側のトルコ領程度の範囲しかないんだよな。



■コメント投稿
     行間隔の関係でアスキーアートを貼りつけてもズレが酷いことになりますので、
     アスキーアート付きのコメントは削除する方針です。
     荒らしの書き込みに対してレス・言及しているコメントも削除対象ですのでご注意ください。
プロフィール

管理人 : 「ピチカー党員No.11」こと金ニダリスト

       ___
      |それ金|
    z'| ── 、
    / ハ ヘ u ヽ
  人/ノヽ ミ=‐...|_     生活の中心が株になっとる
    }≦ u 爻r.j. |彡}
  (  u  リ У{三≧
   ` ー─t r三勿 {气}
      厂 ̄(三)  `气


◆カウンター(ユニーク)    ◆カウンター(トータル)
       


全記事一覧

RSS

管理モード
ツイート
最新コメント
最新記事
まとめ記事
【歴史系】
【物語系】
【ゲーム系】
【学ぶ系】
連絡先はこちら

苦情・相談などありましたら、
下記のメールフォームにてご連絡ください。
(ファイル添付可能)

連絡用メールフォーム

貰い物紹介

TOP画像募集中

  

ダンジョンマスター作者様からいただいた逸品。
カナ、マジプリティ!



  

  

帽子屋HeII0様からの贈り物、しかも二枚!
各作品に対する愛情が伝わってきます。
帽子屋HeII0様のブログ - 「-simulacra-」

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
© それにつけても金のほしさよ All rights reserved.
まとめ