■やる夫が鉄血宰相になるようです ショートストーリー1
243 名前:豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga] 投稿日:2009/11/29(日) 19:40:03.34 ID:BQuon62o

      |    V      _______ ___   | 
      |    !     イ |! | | | ! ト、 、 _ヽ__ ̄\_|__
      |    !/,/  | |= ! ≠= ! 、| イトト¨ヽ`, ヽヽr'´
      |    V   iイ| ∧十トミ 从     jzニヽハ ! ト、|
      |   イ | | | ハィ云升ゞ       '´ん:ハ从_..ゝ|
      |     从ハ|V/´ん:::01        fz::リ 八  '.    あれ、そういえば
      |      | |` 弋z沙       ` ´    |
      |      |  ヽ  ´´      '      :.|  !    やる夫って無神論者だったの?
      |      ト!   !                 人:.  ヽ
      人      |:!   ヽ        rっ     イ:.:.:.ヽ|\   \
    /      `ヽ   \         ..く:.|:.:.:.:.: |  iヽ.   ヽ
.   〈          \   ヽ`  ‐-‐ ´| ィ Y:.:.:.:.:..|  | |   
    ヽ           )ハ   }ー──'´  |\ 从   |     ヽ




        ,.-,=ニ_´,.-'´`ヽ,-'ヽ、_,..、
     ,-´/   `           ヽ
    / /     /   ,、  ,、 l    ヽ
   /  /  /  /   / `´ l  l   ハ
  l   /   |  |   |_,    リ  |    |    それはかなり難しい質問ですね。
  |__/   |   | '''''''T´   `メ、_ |    |
  〈、、 リ   └r‐'──'    '└-ハ__  _|    研究者の間でも意見が分かれているんです。
  〈 `ヾT¬' | ======    ==== | _ニ,」
  |`ヽ l´|   |           |´l |      食前のお祈りとか礼拝とかはやっていたみたいですが、
.  |  ∧.|   |  γ'''¬‐-、    ', l|
  |  /   l   |  ',    ノ    ノ .l|      熱心だったかと言われるとNoです。
 | /   |    |'、‐-゙、.__, ィ、. -‐イ  l|
. | /    l    | `ヽ   ノ ハ  |   リ|     一般教養として宗教を学んだんじゃないかって
.|/   |   ヘ  l   `   , ', |  リ |
l'   |  |/ \ l        l ',l  ノ l|     意見もありますしね。
'    |  /   /`       l  l'´   l|





245 名前:豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga] 投稿日:2009/11/29(日) 19:41:34.90 ID:BQuon62o

        /    /   /   /ヽ、、 ,_,.-|   |        ハ ヽ
       /   /   /   l/   `´  |l  |   l     ', .ハ
 __     /   ,'    /  /kソ   ヽ, ,リ   |   |      | ',
. | ` ヽ、,-l'    |   ナヒテT´     ゙メ、、 リ    |     L.┤
 ',    >`‐.、┐'ー¬´ ,.-=-、      ' ヽ`ナ|    |     l | ノ      そんなやる夫が本気で神に祈った事があるんです。
 λ   /   ヽ`┐_ | {'   ハ    γ‐=ミ、` ーr'リ     リ ノ゙l
./  ヽ'      >'  l 弋   ,リ    {{     ハ  レ` ヽ、  ハl彡人
{ ' ´      /   /  `'ー‐'"    弋    ,リ /    l `イ/  ヽ`≧-
 ヽ、     /   /     , -ーー-、 ゙'┐  f/    ,ト< ` ヽ \_
   `ヽ   /    ヘ      /       ヽ.ヽ /       / ト 、      `
     \ l     l>、    l        l/      /  ノ  ` ヽ 、
      ゙| |   l,'  `'ー、ヘ_      /, - 、-‐ヽ_/、イ  ヽ     `ヽ
       | |   |   ヘ  ヽ`'=‐-,.-//    ヽハ `ヽ ヽ   ヽ
         | |  |     ヘ  ヽ  , //l     `l  ヽ  l ヽ ヽ
       | |  ト、    ',       |/ ',     ノ      |  ヽ ヽ
        `ヽ、 ハ \     /  イ  ∧   ノ      |-'´`゙-、ヽ,....,_




          ――やる夫が鉄血宰相になるようです――


                ショートストーリー





246 名前:豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga] 投稿日:2009/11/29(日) 19:43:36.02 ID:BQuon62o

――やる夫がまだ密房舎に属さず、ただの田舎の若旦那だった頃……
   友人のモーリッツの誘いで参加したタデン集会でやる夫は一人の女性と出会った。

                   __
                   \_メ、\{尤),. -──‐- 、
                    _二二ン´-─‐‐‐‐-  `ー_‐- 、
                  /_」 /´ /     /´   ヽ 丶、 ヽ
                _/-一/   .´    /  /       |  ヽ `ヽ_r厂}ァ__
      ,. -─_,. -‐  ̄  // / /  / /   ´       |   !    ヾ≦__
    /  /´         / / / /  .´ '   '            l  ヽ 乂、<
   <___<          /   /イ l !    ' ' i !  i  :      i   !    | ll\
      `ヽ\    /     |イ | l. _ l ! l l  i  i      |    |   !  | l:l
        ヽヽ  /         ト! |! `|_ト !、| |  l |     j!   l!|  | │';'、
         }r‐く          !`、{`寸ラミ、 ト、lヽ | !l     / !  /リj  l  l| ゙、ヽ
        /ヽ ヽ  /     .:  /ト {ノij.::ぇ!ヽ!  l ! | '"´/丁士/、   |  l|   ヽ`
  _ ̄二 ≠-_、_ハ  V     .::  /j |  ゞ─く      j 仁丁__メ/`| /! j /八    ヽ
    /    /|  |__   .:   /:ハ_!  :::::::::::::::      ==ミz、_// j/ノ  |
       / __|/ __\/´`i :// .:八  :::::::::    /  ::::::::::::::´^/イ :.  l |
     /  /:.ノ/  `i \/、// / ./ヽ    丶_ _   ::::::::  /_;j!  :.  l |
        /:.:.:/´ -─┐|、___):.:\/: /: : : \            ,.イイ|!   :.  l l
      /:.:.:./´    ,. }ノ:: }::::.:.:.:.ヽi: : r_‐土\    ,... -‐:.:´:;/:.:..|!   :.   l !
    . :..:|:.:.:.:{    イーノ::  V:.:.:.:.:.:`、<:.:.::::{ー仁壬⌒'⌒ヽ: 〃: : :|!   :.   l. l
   . : : : ::|:.:.:.:.\  `ヽ:::.   }:::::::.:.:.:.:ヾ┴:、:.ヽ;.:.::冫:ン⌒ラく〃: : : :|!    :.   l: !
 : : : : :<:_::、:.:.:.:.:\   ヽ  ハー::斗-、:.:.:.:.:ヽ:.、_f´{{):.:.:.:.:.:>.: : : :|!     :.   l; i、

                        マリー・フォン・タデン



             ____
            /⌒  ⌒\
          。o(゜>)  (<゜)o 。        美しい! こんなにも美しい女性と出会ったのは
         /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
          |     |r┬-|     |   て   生まれてはじめてだお!!!
         \      `ー'´     /( `´) そ
        /           \ノ ノミ
        |\ \・      ・ \____ノ





247 名前:豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga] 投稿日:2009/11/29(日) 19:45:06.85 ID:BQuon62o

――二人はすぐに親密になった。
   温室育ちのマリーには、野性的でありながら巧みな話術を披露するやる夫が、
   とても魅力的に見えたのだ。
   やる夫の方も、今まで付き合ってきたどの女性にもない輝きをマリーに見ていた。


              /l
       _       /l |
       丶`ヘ、 _〈:i7 ___
            ̄f〈_j-'´   _ >- 、
          / ̄ ` ー         \
        /          、       ヽ, _
       /  / / /     l   `丶、  fニ{ )_  -- ‐ ァ
      /  /  l / .| /   l      /ー辷ソ二 ´-‐ ' ´
     /イ / , l /、`ト、   l l/!  l   | '´ | ト、`ヽ、
     / l/!  l l 个ト、l ハ /レ l 小   ト、 ヽ lヽ\ソ\
      |! |  l 代しソ !  V⌒ヽj_ノr- 、_l _ヽハ|ヽ\  ̄`
   rイ/ 丶jト} xx / lノ{    ∨〉 } | フ〉ヽ ! |\ ヽ
    \!   〈: :ヽ   '   ヽ.___ノ/  , ィノ_:>-、!  ヽ、` ー- 、
     }\   }. : : .\ヽ       イ / /: : :_._  : >┐ ` ー 、 \
     |  l  ト、:. /:. : ト. .__  ィ::{ - l〉.:/.: : `´:  ̄{ _    / /
     /  」  ヽ:厶:_.: : : :, ィ行 イ::::l  /:V_:.: : : :    〉ヘ┐ _l: /
    ノ /   l: : :.:.下-、匕火{::::::! /: : V:ヽi: : : : :/  l: Yj/\
   / , '     jゝ、_ヘ:. :T:〈  〕::::} ム、: :.|:. : V:/.:.|!  : \|:. . ヽ
   ! l     /   /|:.:.:.ヽ∟:Lノ:ヽ/:.:. :\:l:. : /|ヽ:.:.:.| l :  : \_: |
   l {      /   |/Y: : :.: ̄「l: : /}:.:.:. : : : }:/:::l ト、\l | :   l ト、\
   ヽ.|    /  : /. . l: : : :.:.:.|.辻ノ:.:.:. :. : :/.::'.:.〈|:.:.\|{ヽ :  j /: {:ト、 \
     ト、  ./  : /. . . {: : : :.:.:ハ. . : ̄!辷ア.:_:_;ノ/ー': :j|: : }: /{イ: :.V 〉 /
    | j  {   : { . . . .j :ヽ.:.ノ.::|. . . /.: .: .: .:i:|:.:ソ:.;. :イ: : : :.|:/: |!:ヽ:. ∨ /
    /'   ヽ : i.ヽ. . 」: : .:.:.:.:j|. . /.:{:. :. .: .:.l//ヽ:. :\:.:. |': : : .:/iヽ:|/:\
   〈|     } : !. }. /: : :.:.:.:,:.:|. .ハ: :l:. :. :. .: /jー‐ヌ:.:. : 丶: : : /:/. ./. 丶: ヽ



               ____
    , ヘー‐- 、    /ヽ  / \
  -‐ノ .ヘー‐-ィ  /(●.)  (● )ヽ
 ''"//ヽー、  ノ ./:::⌒(__人__)⌒::::::ヽ
  //^\  ヾ-、.|    |r┬-|     |
,ノ   ヽ,_ ヽノヽ_)\   `ー'´    /
/    <^_,.イ `r‐'゙ ::::ヽー‐-..、  ,..-‐|、
\___,/|  !  ::::::l、:.:.:.:.:.ヽ /:.:.:.:.| \





248 名前:豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga] 投稿日:2009/11/29(日) 19:46:34.01 ID:BQuon62o

――やる夫はマリーと手紙のやり取りをした。
   外国語は得意だったやる夫だったが国語の詩作といった分野はあまり得意ではなかった。
   しかしマリーに好かれたい一心で慣れない詩を作ったりした。

         ____
       /      \
     /  _ノ  ヽ、_  \
    / o゚((●)) ((●))゚o \     ふんぐるい むぐるうなふ くとぅるう るるいえ うがふなぐる ふたぐん……♪
    |     (__人__)    |
    \     ` ⌒´     /     いあいあ!  ――って、あれ? やる夫はナニを書いているんだお?
   /´           `\
  /  /          l  l   .___
__l  l_¶______/_/__/     ヽ
  \, ´-'ヽ  ̄| ̄ ̄ ̄ ̄|   l二二二二l
    ヾ_ノ   | '''' '   |   l二二二二l
   | 9=ε-8. | '''..--  |   l二二二二l:::..
   |   ..''  |  ''-.  ,|
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





253 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/11/29(日) 19:52:23.38 ID:y2gCTmAo

クトゥルフww





249 名前:豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga] 投稿日:2009/11/29(日) 19:48:09.08 ID:BQuon62o

――マリー本人は、やる夫の慣れない詩を読んで、むしろ好感を強めたようだった。

                         __    ,    __ _
.            rv、     ,   ´ ̄ `Y彡   `ヽ、' , / Ⅵ{
            」Yヘ   ∠  ─‐-ミ|{彡´ ̄  ̄`\/   /∠ィ
     ハ    ヽ ヽ \/ -=   二ミ八二 ─  二ニミL.ィ≦二、
    ァ   ∠二≧、厶-  _  彡''″ ` ー  =一''´ 〈丶 ` く
.         <_/ /〉´ ̄     ,′ハ ', ' ヽ  ヽ  ',  \ \
          / / /   / ′ i i|  | | i| l   ',   i  l    \ \
      / /   '   '  l | | i|  | | i| l i ||i l l    \ ヽ
.    / /    |  i |  i| | | i|  ト、j j| l i ||| || il     ヽ iヽ
   / /     , |  i |  i| | |_,|  | ト、_l ⊥⊥Ll !| il  ハ   j 〉
  〈 Y      , l   i |_ 斗匕仁! リ  { ,ィ≠ミ、Y , ,i l  ァ   / /     ああ、なんだが、心の深遠に響く詩です……
.  、 ヽ       ; l ト、i |l 、,ィf T下    ヽ Yr㏍}り } / /i| l  ,   / /
    ヽ \     l l \ ハ. ^ ー┘  i}  ヽニニイ'! イ l| .l  ;  / /
      ヽ \     l  li   ヘ """"    `   """u | l  li l  ; / /
       ヽ \  l  il   l\ u   _  -ァ   /:| l  l i  l  / /
       }  〉 l   i l    l f> .  `¨´   イフ :_|l  l i  l〈 〈
        / / !  _i__l    l__)ゝ-、`__ー ' 厂: : :ノ:l  l:-┴- 、l ヽ.\
.       / / .l /: : : : l   l〈:::::::::: : ̄ア´: ; -‐': :l  l: : : : : : :\}/}
      / /  ,イ: : : : : : : :l  l:`ー'⌒): `ヽ_ノ: : : : l  l: : : : : : : : / /
    / /  /: : : : : : : : : : l   l: : : : : :>'´: : : : : l  l: : : : : : : :/ /!
.   / /   {: : : : : : : : : : : : l  l: : : :./: fヽ: : : : : l  l: : : : : : : / /: l



       ____
     /⌒  ⌒\
   /(○) (○ ) \
  /    __´__      \     (なんか名状しがたい気配を感じるんだけどなー)
 |      -      |
 \            /

    モーリッツ





251 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/11/29(日) 19:50:21.11 ID:Nq05Vhg0

薔薇水晶は好きだろうなあww
雪華綺晶ならなおのこと





250 名前:豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga] 投稿日:2009/11/29(日) 19:49:36.32 ID:BQuon62o

――やる夫はマリーに惹かれていた。
   かつて女性関係でさんざんな目にあったやる夫にとって
   マリーは新しく自分に舞い込んできた春だったのかもしれない。
   そしてマリーも、やる夫に好意以上のモノを抱くようになっていった。


                            /|
                        __ くトミ/|
                   , -‐ '´     `ヾ、!)>
                 r=<         、 、 ヽ \ヽ  __,. _=ニニ二二フ\
              <`{〉彡ノ-‐ , / ,    \r'"⌒゙`ヽr-`---ッ___ _,. - '"  ヽ
                ∠rt-i´ / l | | |ヽ    | |! 〆`っ) ̄\ニニニニ二ヘ         ヽ
      ┌lヽ. _|└┘|、ヽ_| | | | ! ! l!   ! !'!ハ ̄Y ̄7ヒi゙、       ヽ      レ
    _Г ¨l_ ><l} }::t:ll ! l _|l‐|ヽ!\ | |,.ィ'テ|{--{ O:::::`ー- 、___ヽ__ ,. ‐ ''" ヽ
   /  ̄ ̄ ̄ ̄∨∠´ || |:: :.:.ヽ{| |´, ==、 ヽl f_ソ' |! ヽ ヽ__.Or、L__    `Y''"r'_⌒ミ゙、ヽ
   |  r==、、  | }  || |!: : :/ヽノ! |.""     '  "|\(〉ニ`r、_ヽ_   `ー--ソ { {::::::::} } ゝ
   `l レ ̄`l l 「 l.  ||_|: : /:ヘ{ト-、   rー‐y /ヽ、{`ー-t) ___ ゝ`ー- 、__ メ ヽ└-‐'ソ ノ
   .」 l:::::::: l l | :l/lイヽr::‐、| \ヽニヽ、`二ィ_  、(`ー´         `ーヽ、`,.-‐"
   [  `ー‐≦ .]/‐、 |: /:::::::)〉  ヾ_____ ̄>- 、_/
   _]__    _[_/l ̄∨:::::::/l  /         \ー- (`
   |:::≧ ___. ≦::|:::::|_/>:': /  ,.-‐-、   ,.-‐-、\  ヽ
   |::| {  }  |::|:::/ | }i  /               \ ヽ
   L:\`─´/::ノ/ /¬`/    /´  `ヽ   /´  `ヽ\ 丶
 ___]:::::::::::::::::::::[/ / //      (  ●  l    l ●   ) \ヽ
    |:::::┌┬┐:::::|// r‐|       ヽ_   _ノ   ヽ_  _ノ   | r. ヘ
   |:::::│││:::::|/Λ |      ''!/// (____人____)/////  |/.   ./
   |:::::│││:::::|/   ヽ\          |,/⌒'⌒ヽ|      //.   ../
   \:: ̄ ̄::::/|.  .||  \        l     j    /  /ヾ、 ./
       ̄ ̄  l___.|| / /       `ー--‐''´     \ /   /    ←仲が良い二人の図
           |   ||/ /                   \`ー '"
           ヽ_/





252 名前:豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga] 投稿日:2009/11/29(日) 19:51:04.05 ID:BQuon62o

――しかしそんな二人の様子を見て、かなり心配になったのが友人のモーリッツだった。
   モーリッツはマリーの婚約者だったからだ。
   やる夫が『モーリッツが結婚しないなら、やる夫が彼女を奪う!』と言ってきたので、慌てて結婚したのだった。


【NTR注意報】
          ____
        /     \      なにかが間違ってる、なにかが間違ってる
      / ⌒   ⌒::::\     なにかが間違ってる、なにかが間違ってる
     /   (○)}ili{(○)::::::\     なにかが間違ってる、なにかが間違ってる
    |       __´___   :::::::|     なにかが間違ってる、なにかが間違ってる
    \      `ー'´  ...:::::/      なにかが間違ってる、なにかが間違ってる





261 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/11/29(日) 19:59:58.36 ID:To4Rbzk0

婚約者が自分の知り合いなんて相手に粉かけるなよ





263 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/11/29(日) 20:00:50.99 ID:HiYdx72o

いやー、スイッチが入ったら理性が通じないのが恋愛の才能って奴だし





254 名前:豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga] 投稿日:2009/11/29(日) 19:52:36.03 ID:BQuon62o

――それ以上の精神の葛藤を得ていたのがマリーだった。
   モーリッツと結婚した後も、やる夫への想いは消えなかったからだ。


                    ______
          __,, -‐‐-rty-=´─==   `ミ 、
           ` ‐=-‐戈ノ //       ` \ __
           /_,,/! ///           ヽ{}ト、
           ´´ /./| ///:!  /  ! /   l | !   ゙iヾ、ゝ
             |/ '/i l i  /!  | l !   | | .!  l ト、|
            / / .| | !: i !  | メ、!  i l !  ! l i `
          / イ   ! |l:  ! l , i j. ! i ,-、!/ /  / :i .!
.        // /   .i| ! !!‐i土iニ|´l l 、《/レ‐-/ //
       //  /   /| !ii l|キ%fゞ u iメrゞ=;;〈/ /〈      いけない……このままじゃあ、私……
.     //   /   / l |〉i i .ゞ‐'    《〈トK》 / X ヽ
    //    ./   / i |;ゝ  //// _' ヾYイ ' |`ト、\    大変な事になってしまう!!!
   i {.     /   /  ,' j :i\   ( V  ./ |  : i ! `‐`: 、
   l. ヽ..___/   /  ノ: j : i  ` .. _  ィ_ .. - 、: i !   `i :〉
    `ー―-,、ヽ  /,.r ' ´ 、~゛l.     /     ヽ! i   ./ /
       / 〉 〉 //    ヽ  ,. ァ'/./       ヾ  .//
       / / /_/,i       '. ´  j         i//
.       / ,{ゝ.l   }       rl        , !/
       ´,/  \  /  ,.    j´` フ、─ 、...._ /  l
        /,仆 >'   ./    { /´.ノ__   `ヽ、 }





255 名前:豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga] 投稿日:2009/11/29(日) 19:54:04.10 ID:BQuon62o

――自分の存在がマリーを苦しめている事に気づいたやる夫は、彼女から離れる事にした。

       ____
     /:::     \
   /::::::::::     \
  /::::::::::         \
  |:::::::::::::::         |
  \::::::::::::::       /ヽ
   /:::::::::        くゝ  )
  ;|::::::::::::          / ;
  ;|::::::::::::::       イ ;





256 名前:豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga] 投稿日:2009/11/29(日) 19:56:05.72 ID:BQuon62o

――そんな傷心のやる夫の心を癒したのがヨハンナだった。

   マリーはヨハンナをやる夫に紹介した。
   マリーがそうしたのは一人ぼっちになってしまうやる夫を心配したからだった。

   あるいは、どうする事もできない己の心を諦めさせる理由もあったのかもしれない。


/: : :/ : : {\: : : : \: : : : : : : : : : : \ : : : : \:} ̄ ̄`Y:、: \: :|
: : / : :|: :V´\: : : : \――- 、/: : ヽ: : : : : \ー┬:':\\ ;>┴‐一ァ
〃: :/: :| : :|:i\ ` ー--\   / \ : : : V ⌒ヽ : \\_i/____/
i : / : : : | : :|:|           ヽ    )ハ:/    |\: :}`:ー:f´ : !:,: :ヽ
: / : :i: : :| : :N        /   ,ィ笊弐7     !: :l:ヾ : : : | : : |∧ : !
|: : l: : :| :‐|―‐- 、    {  〃{しィk/     ├┴‐ 、: :|: : !: ハ:|
|: : |: : :! : :!     \       Vいi      j/⌒ヽ\| : : |/  i|
∧: : l: : : :、 l\   __        ̄|      /    }_ヽ:_八  l|
  \l : : : : \: \ 〃⌒`      _  ':、   イ          } \\
.  〃\: : : : : ≧-ヽ   丶  /ノヽ j   _ノ.′   }   ⌒ヽ :i |
  八   \: : : \ : ∧    ーく´{   }/ 、_ i    ,′     ||i|
. {  \   》ー- : :≧-丶 ___ >ーく    〈    /   /   / ,リ、!
.  V⌒´  { :(_|: :|: : : :|: :/           ` ーく_,/   / 〃 }
       ` ̄|i : |: : : : |:| : {         _,ノ     /  `ー一'j 〃  ハ
          八: |\: : N : ;>ー一ァ7⌒ト--r<  ー―一ァ'´ {{  / }

         ヨハンナ・フォン・プトカマー




         .____    .i^マ'フ
 モジモジ  ./⌒  ⌒\  レ' /
       /( ―)  (―) ./ ,イ ヽ、
     //// .(__人__) ./ 、 /ーヘ_,.ヽ,
     |     .´ ⌒` ./ 、\`ヽ´__ .`t
.     \      .../   ヽ r'´_}__,   {
            ./  {'T /`7/ _,ノ  !
          .-'     `7'/ヽY´   |





258 名前:豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga] 投稿日:2009/11/29(日) 19:57:34.68 ID:BQuon62o

――ちなみに、ヨハンナをやる夫に紹介しつつ、
   やる夫に結婚の決心をさせる恋のキューピット役を務めたのが、モーリッツだった。


           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`-、
          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::       \
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::           ヽ
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::__,         i
         }:::::::::::::::::::::::::::::::::__ ,,             }
           }:::::::::::::::::::::::::::::'``'(;;;;;)ヾ\     \ |     、
           |:::::::::::::::::::::::::     ' ̄´    ..,,_=ミ、 i    三__|__
         }:::::::::::::::::::::::::::::            ̄`V l.     口 |
            }:::::::::::::::::::::ヽ      '´ ’/'_,.     !     ‐┬‐
         !:::::::::::::::::::::::::..          ..   _   |     │田│
            }:::::::::::::::::::::::::::‘ー-‐==ニ=:、__j:)  l      ̄ ̄
           人:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ー、 `'''´   /      、 マ
           /::::... ...::::::::::::::::::::::::::::/ ̄´     /      了 用
         / :::::::::::\::::::::::::::::::::::{        /         '"`ー‐
           ::::::::::::::\::::::::::::::::::}     ,./        ,
               :::::::::\__:::::::::`'-‐::"/             レ |
                「`''''''''"´:::::::;;:" 人               ノ
                        .:.::::::::;;″ /' \
                  .:.:::::::::::::i' .:/'"´    ←NTRを回避した漢の顔





259 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/11/29(日) 19:58:49.15 ID:tiHXt7oo

すごい行動力だな





268 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/11/29(日) 20:05:05.60 ID:PIoaqZUo

よかったねww





260 名前:豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga] 投稿日:2009/11/29(日) 19:59:04.34 ID:BQuon62o

――しかし、純情な心の持ち主だったマリーは、やる夫との関係が切れた事が負担となったのか、
   ヨハンナとやる夫の関係が良好になるのと引き換えのように衰弱していった。


          __  , -―===--===‐- 、  __
         く必}廴__     _,    _ .. ≧f必}ア三ニ=
    -=ニ三竺勹    ̄ ̄    「   `ヽ ヽメ≧≒=-
     :,イ必ナ /    ,,  / ;   |       、 Y^ヾ\:
    :厶斗/  /   〃  l|  !   |    、   ', l  ヾ ヽ.:
     〃/  /     ||  l| i|  | ! |!  :   |   ヽ ヽ
    〃/  / ! ! ヽ、l|  l| }i|  | |∥ ! i :  j  !    〉 }
  . :〃/  ,′| | `ヽ、 jjハ||  ! }i|| |i i :   ハ     /:
   :{L{..__,′ { { {_j_j_L≧xl|{ j}、ji|| ||| | }l ,′ . / /:
    `¬7メ、、 \ 云=弌 从メ≪卅ナナノノ从ハ   ∨/
      ,′}ハ i{ ヽ.|:.:.:/ヤ乍牙气  ゝ,ィ≠ミ、Yハ  / /
 .    ,′ノノ }i、_.l/  {:辷.ソ     ヽ Yr㏍}り }!: y /ハ:
 .   :,'/ / i≦ミヽ ヽ ,,¨ ̄     ,.ヽニニイ'!  / / ハ:
   : / / i| i    \\\ .____(^ーァ____,. イヽ  {
─ / /─────,.ヘ_と}_}_}_] ──`ヽ}_}_}_]ヘ─────────



         ____
        /   u \
     :/  \   / \:
    :/ U (@)  (@) \     マリー! しっかりしてください!!!
    |    u  __´,_  U |:
    :\u    ./__/   /:





262 名前:豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga] 投稿日:2009/11/29(日) 20:00:34.24 ID:BQuon62o

――やる夫はこの時、はじめて本気で神に祈ったという。


         :::::::::::::/ ̄ ̄∨ ̄ ̄\ ::::::::::::::::
   ::::::::::::::::::::::::::::::|  / ̄ ̄ ̄\ |:::::::::::::::::::::::::
    ::::::::::::::::::__|/  _ノ  ヽ、_ \|__::::::::::::::::    神さま! 一生のお願いだお!
   ::::::::::::::/  / ((>)) ((<)) \  \::::::::::::::::
  :::::::::::::::::|   | o゚  (__人__)  ゚o|   |::::::::::::::::::::::::  マリーを助けてくださいお!!!
 :::::::::::::::::(⊥_⊥)\___`⌒´__/(⊥_⊥):::::::::::::::::
   ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::





265 名前:豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga] 投稿日:2009/11/29(日) 20:02:05.66 ID:BQuon62o

――やる夫もヨハンナもモーリッツも神に祈った。
   しかし、祈りは天に届かなかった。

   マリーは二十四歳でこの世を去った。


 / |           \   __      !  i  |     |
./ ハ      ト、 i |   X {r⌒ヽ}    i |  |  i   |  !
 /  i   ! | _L|-┼十ー--| i ト、  |i -一十|-- | /   !  |
    !  | i | | |i、 |\  | | ! !|ヽ r一 ァ{Y}--、/イ  /  /
    ト、  | !i| |! |i  ヽ. ! i | |i  { ヽr/ Y7__ノ{ | i,   '
    | ヽ  !| |リ r≡==彳}' リ' ! \  Z Y7  ノ 〉! / /
   j  \ト!ヽ!            V\ヽ-</.//イ  ヽ
   /   | ヘ           {:.        /イ  |   \
  ./     } ハ        _        /  | i  ハ
 /    / / 公       ´二`      /   ! |   \
     / / / }>             イ    | i     ヽ
      / '  _,.ア ̄ ̄>   __   <_ i    !
、__ //   >一z___二`ヽ  /ヘ→  フ    |
   /   く       ̄ヽ Y r一≦´ ̄>





266 名前:豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga] 投稿日:2009/11/29(日) 20:03:35.21 ID:BQuon62o

――この出来事が、やる夫を無神論者にさせたのか?
   少なくとも、やる夫が宗教の弱さを痛感したのは事実だった。


                -─‐──‐-、
             /             \
            / ;              ヽ.
           l  U                l
           |      , 、     ;    |⌒´⌒`ヽ、
           !、  _ノ" "ヽ、__  ∪         \
            ヽ ((ー)  (ー) )::  /⌒゛`       l:
             /ヽ∪(_人__)∪__ ,ノ|     ,      |
             /   /` ⌒ ´     |.    |    ,   !
               /   ∪    |∪`-,,,.|"   |___,ノ   |
           /.   /     |    |    |     ,lー─- 、
        , --‐-ー、_/∪    l ∪   ,|    |   ,/ )    )
       く / / ァ- ,ノ _   \ノ^ノ^/⌒ヽj\   /^ー-‐'
        `ー' ー´ ̄ (_)  (_(_イ_,イ、_,ィ'´__/  ̄





269 名前:豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga] 投稿日:2009/11/29(日) 20:05:09.17 ID:BQuon62o

/    l   l     | |
|  / .γL_  |     .|├──
|  |  l .「Tド、,|    l / L__
∨ | .| ,リ、ノ/   /_/ .|
 ゙ー'ゝ| ´ |ヾ T´ ̄   「ヽ┬─     逆に、この一件があったから
.    l. .l゚l リ.|       l .l  |
     l  リ  |      .|ノ   |      やる夫はより強く宗教を信じるようになった
   〈    |     |    |
    ヽ、ィ.__|     ハ    |      という説もあります。
        |     l-‐∨  |
         |    /   ヽ   |




            /  / + ん ⌒y' +   ノ⌒)  ノ:|ハ
        .′ |)V⌒  /'    /ヽ x / +|  i
         |   |ノ + (__んノ /′ノ /) (__,| |
        _|__ ノ`¨ 7 ―..┬‐.ァ..―――――く  |
          `i 7′ :ト :/|.:/|.:i:.ハ:∧:.ト、 :|ノ:.:.ヽ、`:廴
        |/イイ:/lル,≧ミーハ′}ー},ム≦ト、トヽ:V 丁
        }  从 /'|_r::ci`    ' |_r::clヽVト:ト} |     難しいね、大切な人の死に直面するってのは。
         / .  | .:l {{ 廴ツ      廴ツノ' }: |   ∧
       i   |:.i ww     ,    ww 小:|  '  ヽ
      ノノ  ∧小.             八 :|    i
     /     ノぐ} {)\   ∠`ヽ   , イ} :/{    {
      /   / ヽ|l{  |.i> . __ . イ/.// :∧ヘ    ハ
     .   (_))イ´ |: :l  l..ヽ、 ` ー ´ /../ ': :i{/.ヘ 〉、   ヽ
     }  |     |: :|   ヽ_.\_彡'_;;/ |: :l|  `=ト、   丶
    ∧   }     } |  (こ)__ ヽ/.._jD) |! :l|    |    ∧                      ――つづく
    /....\ノ    |. :l|    ̄ヽ/|ヽ/   |! :l{    |    /....\





270 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/11/29(日) 20:05:12.72 ID:tiHXt7oo

ドイツ人も恋愛が大好きだな





267 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/11/29(日) 20:04:46.55 ID:uXXeui.o

といっても、やる夫の自業自得な気がするのは気のせい?





275 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/11/29(日) 20:08:06.85 ID:Nq05Vhg0

無神論もある意味信仰だし、どちらでもなかったのかもしれない





272 名前:豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga] 投稿日:2009/11/29(日) 20:06:43.37 ID:BQuon62o

【おまけ】

――プロイセンの雲行きが怪しくなっていた頃……

   八つある各省庁の中で特筆するべき人間がいた。
   それは当時、商務省文事室の室長だったデルブリュックという男だった。
   彼はこの時代では珍しく、貴族ではなくユンカーでもない平民出身の官僚で、
   しかも大学を出ていないという変り種だった。


          , '´ ̄ ̄` ー-、
        /   〃" `ヽ、 \
       / /  ハ/     \ハヘ
       |i │ l |リ       }_}ハ
       |i | 从 ノ    \l小N
       |i (|  i ●    ● li|ノ    うーん、仕事が終わらない。
       |  i ⊂⊃ 、_,、_, ⊂ノi|
       |  l  x>、 __, イl |     今日も徹夜になりそうだにょろ……
       |  lくミヽ::::ヘ三l:::::ノl lヽ
       |  l( ⌒ )..::::V::/ ( ⌒ )

        デルブリュック





274 名前:豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga] 投稿日:2009/11/29(日) 20:08:03.73 ID:BQuon62o

――臨時募集されていたアルバイト枠で商務省に入ったデルブリュックは、そこでメキメキと実力を示していった。
   高等官資格試験に合格したユンカーや、血筋の良い貴族が幅をきかせる官僚の世界で、
   平民でしかも大学を卒業していない、おまけにアルバイトで入った臨時の下級官僚だったデルブリュックは、
   その勤勉さを買われて正式な官僚となり、他の人間を差し置いて文事室の室長(中枢の責任者)にまでなった。

   現在は商相イッツェンプリッツ(あだ名は『署名輪転機』)の代わりに、商務省の仕事を全て取り仕切っていた。


          , '´ ̄ ̄` ー-、
        /   〃" `ヽ、 \
       / /  ハ/     \ハヘ  人
       |i │ l |リ\    /}_}ハ `Y´
       |i | 从 ●    ●l小N      でも、これもプロイセン王国のため!
       |i (| ⊂⊃ 、_,、_, ⊂li|ノ
       |  i ノ、      ノi|        身を粉にしてがんばるにょろ!!!
       |  l  x>、 __, イl |
       |  lくミヽ::::ヘ三l:::::ノl lヽ
       |  l( ⌒ )..::::V::/ ( ⌒ )





276 名前:豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga] 投稿日:2009/11/29(日) 20:09:35.72 ID:BQuon62o

                                        γ二ヽヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;ヽ.__
                                        .(;;,);;)ll .l;;;;;;[>-∩_]仆;;;;;;;;;;;l l))
                                        ゞ二ソノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノノ;;;;;;;;;;;ノノ
                                      γ二ヽヽγ二ヽヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;ヽ.__
                                      (;;,);;)ll .l(;;,);;)ll .l;;;;;;[>-∩_]仆;;;;;;;;;;;l l))
                                      ゞ二ソノ;;ゞ二ソノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノノ;;;;;;;;;;;ノノ
                                    γ二ヽヽγ二ヽヽγ二ヽヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;ヽ.__
                            .        (;;,);;)ll .(;;,);;)ll .l(;;,);;)ll .l;;;;;;[>-∩_]仆;;;;;;;;;;;l l))
                                     ゞ二ソノ;;ゞ二ソノ;;ゞ二ソノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノノ;;;;;;;;;;;ノノ
                                   γ二ヽヽγ二ヽヽγ二ヽヽγ二ヽヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;ヽ.__
     / ̄ ̄ ヽ,                       (;;,);;)ll .l(;;,);;)ll .(;;,);;)ll .l(;;,);;)ll .l;;;;;;[>-∩_]仆;;;;;;;;;;;l l))
    /        ',   室長! またあの輪転機が   ゞ二ソノ;;ゞ二ソノ;;ゞ二ソノ;;ゞ二ソノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノノ;;;;;;;;;;;ノノ
    {0}  /¨`ヽ  {0}',                   γ二ヽヽγ二ヽヽγ二ヽヽγ二ヽヽγ二ヽヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;ヽ.__
    l   ヽ._.ノ    ',   仕事を押し付けてきましたよー)ll .l(;;,);;)ll .l(;;,);;)ll .(;;,);;)ll .l(;;,);;)ll .l;;;;;;[>-∩_]仆;;;;;;;;;;;l l))
   リ   `ー'′   ヽ                    ゞ二ソノ;ゞ二ソノ;;ゞ二ソノ;;ゞ二ソノ;;ゞ二ソノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノノ;;;;;;;;;;;ノノ
  (            ) どうします、この量? γ二ヽヽγ二ヽヽγ二ヽヽγ二ヽヽγ二ヽヽγ二ヽヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;ヽ.__
   |           |                (;;,);;)ll .(;;,);;)ll .l(;;,);;)ll .l(;;,);;)ll .(;;,);;)ll .l(;;,);;)ll .l;;;;;;[>-∩_]仆;;;;;;;;;;;l l))
    |           |        .        ゞ二ソノ;ゞ二ソノ;;ゞ二ソノ;;ゞ二ソノ;;ゞ二ソノ;;ゞ二ソノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノノ;;;;;;;;;;;ノノ

      官僚A                                  書類の山






          , '´ ̄ ̄` ー-、
        /   〃" `ヽ、 \
       / /  ハ/     \ハヘ       ……だ、大丈夫にょろ。
       |i │ l |リ―    ―}_}ハ.
       |i | 从 ○    ○l小N      夜食のスモチがあれば乗り切れるにょろ!
       |i (| ⊂⊃ 、_,、_, ⊂li|ノ
       | i⌒ヽ j         ノi|__/⌒)
       | ヽ  ヽx>、 __, イl |::::ヽ/
       | ∧__,ヘ}::ヘ三|:::::/l| |',:::::ハ
       | ヾ_:::ッリ :::∨:/ | | >'''´





277 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/11/29(日) 20:10:18.74 ID:uXXeui.o

深夜にそんなもん食ってると、体重が悲惨なことになるぞw





278 名前:豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga] 投稿日:2009/11/29(日) 20:11:06.44 ID:BQuon62o

    / ̄ ̄ ヽ,
   /        ',
   .l  {0} /¨`ヽ}0},        スモチなら商相のバカが食べちゃいましたよ?
  .l     ヽ._.ノ  ',
  リし   `ー'′  ',),
 /しし        ::::i ))
 ししん       ::::|ん)
  し/i    、  ::::/U/
    \_   _) ::/
      ヽニノ'´




          ,. -''_´、__  ``__ヽ、
         /‐-、__l   ` ̄┌ー 、ヽ
       /l ー、_ュ、     ´二二_ヽヽ
      / | 、`ー―      /`ー'´ ,r |ヽ
     _,.|/  ` ー''´      ヽ ̄ ̄,  | l
 ,. r:'T::|      / n n   `ー'´    ヽ|
 ヽ、|::::|::|     ./      ヽ       |、_          やれやれ、書類にハンコを押す仕事も楽ではないわい。
   `''ー|     /        ヽ      .|:::|:::l::ヽ
     |::ヽ   レ‐-、__,,. -‐-、ヽ     |:::|;::l;-'′      ハラも減ったし、スモチをつまみに
     |:::::ヽ  |  ,. -::::::::::-ュ、 ヽ  /  |´
      l::::::l  | /::::::::::::::::::::::::ヽ l  |  .|           一杯ひっかけてから帰るかのぉ。
      ヽ::::. ヽ'-''´ ̄    ̄`` |  l  /
      ヽ::::. ヽ、__,.r‐-- 、_ ノ   /
       ヽ:::::.           ....:/
        ヽ::::::....       ...::::::/
         ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/

   署名輪転機 イッツェンプリッツ商相





279 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/11/29(日) 20:11:11.78 ID:tiHXt7oo

署名輪転機ww





281 名前:豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga] 投稿日:2009/11/29(日) 20:12:36.46 ID:BQuon62o

――苦労人デルブリュック。

   後に鉄血宰相ともう一人の爆弾大臣との間に挟まれながらも、
   ドイツを世界有数の工業大国へ押し上げる事になる彼は、未来に待つ己の運命をまだ知らない。


                   _ ,. '´ ̄ ̄ ̄ ̄ `  、
                     ̄              ヽ
              /    /"  ` ヽ    ヽ     \
             /    /      ヽ         \
             / /  , /         ヽ  ハ       ヽ
               / / ,  /               ノ !    ヽ   ゙
           / /  「 「 /        `ヽ、 l| i  1  |   |
            '   { __{_ノ            ` ノ |  l   !    !
          | ! l ! 、 !.r⌒゙i          r⌒゙i  i、ト    |   i|
          レ| '"」  | ゞ="        ゞ=" ノ ハ   !ヽ  !|
            、 | i ―、              ,.― ―、   | !  .!
            ` ! !.―'    ヽ__人__ノ   ゙ー ―'    | ノ   |
      /´ ̄`ヽ    | ,ヘ      、    ヽ      i   /´ ̄`i .!
      /     ヽ_ |  ヽ     ` 、__ノ        j ./    | .|
      \   /:::::::::::|   i` 、_          /--, /     ./  l
       \ ,/::::::::::::::!   レ´ ,.丶 _,    ´|  / /    /   !
        /:::::::::::::/|   |   ヾ::::::::::i 二二 /:::::「,ヘ      ∧   |
         /::::::::::::/ !   !     ヾ:::::::!--/:::::::L `、 _ /  ',  |
        ` 、 / .|   |     ヾ::::', /::::::::::/ヾ::::::::::::::::::::::ノ   !           ――今度こそつづく
.           ` \. |   |      `゙∨:::::::::/  ヾ::::::::_彡'     !





283 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 20:14:19.83 ID:Id0UhuQ0

ちゅるやさん、大役だ





290 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[] 投稿日:2009/11/30(月) 09:02:55.23 ID:WoZ0kTU0

縁の下の力持ちは必ずいるよな





284 名前:豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga] 投稿日:2009/11/29(日) 20:16:03.33 ID:BQuon62o

これで本日の投下を終了いたします。

年末は微妙に忙しいので、
こんな感じのショートストーリーを何本か投下しようと考えています。

本編の第十二章は1月5日に投下いたします。
なぜならこの1月5日に一人の英傑がその役目を終えたからです。
歴史が動いた日を共に体感できれば幸いです。

ではでは~~





282 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/11/29(日) 20:13:57.59 ID:tiHXt7oo

もう一人の爆弾大臣が気になって眠れない
続きが楽しみ










投稿日 : 2010/03/26 | カテゴリ : 鉄血宰相 | コメント数 : 2
■コメント一覧
  • No.1811 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年03月26日 04:58 [ edit ]

    署名輪転機wwww
    スタンプマシーンじゃないかwwwww
    ひどいあだ名だwww



  • No.4393 名前:name 投稿日:2010年08月10日 17:31 [ edit ]

    やる夫はいつまで敬虔派と交わりがあったのだろうか?敬虔派は
    当時の国教会とつながりがない分、内心では非常に信仰深いが
    集会以外の普通の生活はむしろ世俗主義者以上に世俗っぽいと
    いう傾向がある。政治の世界で「無神論者」と言われても
    やる夫の信仰にはまったく影響がなかったりすることさえあり得る。



■コメント投稿
     行間隔の関係でアスキーアートを貼りつけてもズレが酷いことになりますので、
     アスキーアート付きのコメントは削除する方針です。
     荒らしの書き込みに対してレス・言及しているコメントも削除対象ですのでご注意ください。
プロフィール

管理人 : 「ピチカー党員No.11」こと金ニダリスト

       ___
      |それ金|
    z'| ── 、
    / ハ ヘ u ヽ
  人/ノヽ ミ=‐...|_     生活の中心が株になっとる
    }≦ u 爻r.j. |彡}
  (  u  リ У{三≧
   ` ー─t r三勿 {气}
      厂 ̄(三)  `气


◆カウンター(ユニーク)    ◆カウンター(トータル)
       


全記事一覧

RSS

管理モード
ツイート
最新コメント
最新記事
まとめ記事
【歴史系】
【物語系】
【ゲーム系】
【学ぶ系】
連絡先はこちら

苦情・相談などありましたら、
下記のメールフォームにてご連絡ください。
(ファイル添付可能)

連絡用メールフォーム

貰い物紹介

TOP画像募集中

  

ダンジョンマスター作者様からいただいた逸品。
カナ、マジプリティ!



  

  

帽子屋HeII0様からの贈り物、しかも二枚!
各作品に対する愛情が伝わってきます。
帽子屋HeII0様のブログ - 「-simulacra-」

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
© それにつけても金のほしさよ All rights reserved.
まとめ