■新・やる夫の関が原戦線異常アリ 番外17 「運命の出会い」
448 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/05/30(日) 23:48:55 ID:0HZDo4jw

<番外17 運命の出会い>

天正17(1589)年
浜松城では 徳川家康により
近隣領主・有力者の子息たちが集められ 盛大な宴が催されていた


       ∧,,∧  ∧,,∧         ∧,,∧  ∧,,∧
    ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧  ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧         家康様に呼び出されたから来たけれど
   ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
   | U (  ´・) (・`  ) と ノ | U (  ´・) (・`  ) と ノ         これは なんの集まりなんだろうね?
    u-u (l     ∧,,∧  ∧,,∧ u-u (l    ) (∧,,∧  ∧,,∧
        `u-∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧`u-∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧   若い独り身の男ばっかだね
         ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
         | U (  ´・) (・`  ) と ノ| U (  ´・) (・`  ) と ノ
          u-u (l    ) (   ノu-u  u-u (l    ) (   ノu-u
              `u-u'. `u-u'         `u-u'. `u-u'


だが子息たちは この宴の趣旨を知らされておらず
自分たちが何のために集められたのかが分からなかった





449 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/05/30(日) 23:49:55 ID:0HZDo4jw

      ∧,,∧  .∧,,∧
  ∧∧(`・ω・´)(`・ω・´)∧∧     家康様 これは
 (`・ω・´).∧∧) (∧∧(`・ω・´)
 | U (`・ω・´)(`・ω・´) と ノ     若者の親睦会ということでよろしいのですか?
  u-u (l    ) (    ノ u-u
      `u-u'  `u-u'




     ‐、――-、,,.. -――‐;:‐
     >           ̄<
   -=ニ                 `ゝ
   ∠´   ,.ィ  ハ          `、
   /   / | ./ ヽ  ト、       |
   lイ /''-ニ|/、 r‐\lニ\! __   |    うん……
    'l.イ| ==。、i '"==。== l. l"l|   |
      |l| `ー'/  u ー‐''" | |"l|  |   まあ そうなるのかな……
      l || U/       lj  |.|ソl   |
      ! `|/_,. - ヽ v'    l!-'′   |
     ,l  ヽ ヽニニニ二)  /|   |\. |
 _,,.. ‐'''"~/lヽ  ≡  /  |   |  |~"''
  | |  / |  \  / u レ!  |   |
  | | /   レw、  l´      |  l    |


さらに家康の態度も どこか落ち着きを欠いているように見えたため
子息たちは皆 首を捻るばかりであった





450 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/05/30(日) 23:50:55 ID:0HZDo4jw


                 そこへ突如として この宴席に……


          _,.. - ,                /´〉,、     | ̄|rヘ
      ,. - ' ´:::::::::::::::::´"' - ,_      l、 ̄ ̄了〈_ノ<_/(^ーヵ L__」L/   ∧      /~7 /)
     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ     二コ ,|     r三'_」    r--、 (/   /二~|/_/∠/
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::ハ:::::::::::ヽ   /__」           _,,,ニコ〈  〈〉 / ̄ 」    /^ヽ、 /〉
  /:::::::::::::::::::::::::r─‐┴─┘L:::::::::::ヘ                 (__,,,-ー''    ~~ ̄  ャー-、フ /´く//>
 /:::::::::::::::::::::::≧ニ=x,_ー┐  `ヽ/}::ヽ     , 、                         `ー-、__,|    `"
/::::::::::::::::::::::::::::7癶 ‘’ `ラ仏_,ノ_  V:::ヘ  く ヾ )
::::::::::::::::::. ::::: ::::!    ̄´イ { ⌒ト‘’\ }::::::}  rく/   \∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧/
:::::::::::::.   .. :::!i ´   r冖-  ヘ`¨^7\┘/´     <                      >
:::::.   .: .::::: ::! ト-    `⌒ - _,ノ ´{:::::j/       <       姫様の          >
:::   :: ::::: ::!   _,r=ニつく   丿/         <                      >
::   .::: :::: :! !    {王王ミtヾYf‐ ':::::|         <   お成りじゃああああい!!  >
:   .:::: :::: l ヽ     、__ ` ソ :::::::: |         <                      >
:::..::. ::::::: :::: |  }\    ` ` Y:::..  :::::|         /∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\
:::::::: ::::::: :::: |  |: : :ヽ、_   丿::::  :::{
:::::::: l:::::: l:::::!  }: : :/ /: :厂「:::::::::::::::. ::::|
:::::::l l:::::: l:::::}  !: : ' /: :/ ./:::::::::::::::::: ::::{
:::::::l l:::::l l::::{    /: : ' /:l:::::::l::::::::::::::::|
:::::::l l:::::l l::::}        /:::l:::::::l::::::::::::::::|
:::::::l l:::::l l::::|        /:::::l:::::::l::::::::::::::::|
:::::::l l::::::l l:::ト、_      ハ::::::|:::::::|:::::::::::::::|\
:::::::l l:::::::l l::|:. : ` ‐ 、_   \}:::::::|::::::::::l::::|:. :.\
:::::::l l::::::::l l:|:. :. :. :. :. : \  \:::|::::::::::l:::::| :. :. :.\
\::! !::::::::l.l:|三三三三三\ .人|::::::::::|:::::|三三三\
  \!:::::::::l|:ト、: : : : : : ヽ: :`YTT|::::::::::|!:::::|/    \
   \:::::lリ ` ー 、_}: : } } :}:\_||::::::|   \  |
     \|        } : リ:/´ ̄   ̄´     \ |
              {二二}             ヽ
             /: : : : :!




          ∧,,∧  .∧,,∧
      ∧∧(´‐ω‐`)(´‐ω‐`)∧∧
     (´‐ω‐) ∧∧) (∧∧ (‐ω‐`)   …………え?
     | U (´‐ω‐`)(´‐ω‐`) と ノ
      u-u (l    ) (    ノ u-u
          `u-u'  `u-u'





451 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/05/30(日) 23:52:01 ID:0HZDo4jw

            徳川家重臣・本多忠勝の長女 小松姫が姿を現した

                .,、-ー''ア:;、-'/       ,,、-'7         / ̄/_
              ノ  ////了      / /     ,-ー―" __/
              .イ  i::/ / / /       / ,r',,,,,、- ァ/-z''"  /
             ,|  ノ:ノz''"// ,,、-ー ''"  ,、-ー''"  /// /
             ,リ /;;;、-''了  / ,、z''"/| /       |/ ./ /  ./\
             i   ,、-ー'   '"/ / / /        //   \/;;、-'/
            / 「"       ,ノ /  / /              、-",、 '
            / /         |/    レ                   / /

             |  |           ,.ヘ、___ __       | /
             |/        ,心、_| ハ \ミ\ \ヘ癶、     レ"
                  /ノ ノ rミl:l:lハ  ヽ `ヽ \ー'\
                 〈  /  |ジ´,,´´} /Nヽ ト,l\ V Yヘ
                 ノ 〈l  lハ  ゞjノー--H/、| } lハ \〉
                // / Nゝ!'^`ヽ  ~''´_,z≧、_N | l ∧ ヽ       諸君! 御苦労!!
               /  l {イ弓彡、ミ_j  、_´¬‐’='^j/ l ハj)ハ
                |  l ! トト!〃_(・'`/        ゚ // /イ 〉 |
                \l,! ヘ|Z彡7ヽ r、      !イ/ /ト! } |      ∫⌒
                 ヽ、|ミ彡彡{          ス//|rノ |
                   |lマ三彡7∠_ 二`ニー'    j/´| ! |       ((
                   | l∨辷/           |  | ! |    ( ⌒ )
                   | ll \払   ´ ミ      /|  | ! l   (~  ノ
              /}       | |l  l\}         /ケl  |   |   ノ
     ヾ 彡\ /ー'/        ! li  | l |\           |  |   lヽ∫
    /`ヾ /  /       ノ| l  | llハ ::::\ _ ィ   _ィ|  |l   r_i~\
   /  /  / \─‐-、_/ム|  l  l/ハ  ヾ壬/   `ヾ|  l|ハノ人、ヽ_三⌒ヽ
  | _/  /‐ヾ、ノリ\::::::::::::::::|  l |三∧    _ _    __,|z ニ1'\ヘ\ _`ヽ_ミリ
  ヽ  ー'´ー=ハヾ、ジ ==二_ァこ- |-¬'}^´ ̄ー´  ̄   │! lヘ:::::::`ー--..、ル(_rヘ
   l     _/  〉:::::::::::::::::::::::/  ノ |  /     ノ    ',  、、\::::::::::::::::::::`丶、
   |l       .ィ:::::::::::::::::::::::/ ハ/  l ─--、   く_.. --─∧ゞ ニ _\__:::::::::::::::::::::
   /::\    ´ ヽ:::::::::::::::::/{ !  _ノ|ゝヘ   `~    z‐、/::::::\ _ ヽ ム:::::::::::::::::   ← 小松姫
  /:::::::::∧      }::::::::::::〈 ノヽソ (::::||彡〈       〈ミ/::::::::::::::::::ソ フ ノ::::::::::::::::





455 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/05/30(日) 23:53:04 ID:dHikDL9.

小松姫って・・・え!?





454 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/05/30(日) 23:53:02 ID:0HZDo4jw

小松姫の父 本多忠勝とは 言わずと知れた
徳川四天王の一角に名を連ねる徳川家の武の象徴である


        _、‐-、, -‐z._
        > ` " " ′.<
      / " " " " ゙ ゙ ゙ ゙ \
        7 " " ",.",ィ バ ,゙ ゙ ヾ       r‐ ' _ノ
       ! " " /-Kl/ Vlバ.N     _ ) (_
       | "n l =。== _ ,≦ハ!      (⊂ニニ⊃)  戦は……
      |."しl|  ̄ ,._ ∨       `二⊃ノ
      | " ゙ハ  ー--7′       ((  ̄     狂気の沙汰ほど面白い
      r'ニニヽ._\. ¨/           ;;
     r':ニニ:_`ー三`:く._           [l、
   /: : : : : : :`,ニ、: :_:_;>      /,ィつ
.   /: : : : : : : : / : : : ヽ\     ,∠∠Z'_つ
  | : :.:.:.:.:.: . :/: : : : : : l : ヽ.   / .r─-'-っ
.   |:.:.:.:.:.:.:.:.:.,' ''" ̄: : :l: : : :l   /  ):::厂 ´
   |:.:.:.:.::.:.:.:l -─-: : /:_:_:_:_l / ̄`Y´
.   |:.:.::.:.::.::l.__: : : :/::: : : : :l/⌒ヽ: :〉   ← 本多忠勝
   |::.:::.::.::l: : : : : : /:::: : : : : |: : : : ゙/


忠勝は
「一言坂の戦い」「三方が原の戦い」「小牧・長久手の戦い」等々
常に博打のような戦いに身を投じ その度に命を拾ってきた





456 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/05/30(日) 23:53:55 ID:PdpsXQXo

これが親子ってんだからなw





457 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/05/30(日) 23:53:55 ID:0HZDo4jw

一方で意外なことに 忠勝は良き家庭人でもあった


∠-'';::/ ,∠/ ./::   ::\.ヽ\ ヽ ヽ \ ヽ. \
::::r''∠- '´:∠ -ヘ::....... ,...:‐''7,ゝl‐-ヽ}   ト、 lヽ. !
:::l::::-===モ== _::::/:::::::::/_  ` / ,ヘ. | ヽ |. ヽ.!
: |:::: `  ー‐=''"::´:::::::::::::/ニ´>,'/  ヽ | ヽ!  ゙l
::|:::::      ..::::::::::::::::::::::/    ハ     ヽ!       俺の生き方は 俺だけのもの……
:|::::::    ...:::::::::::/::r:::::::i_:   ,'l }
|l::::::        `__:::    /.|′           息子といえども真似する義理は無い
iヘ::::..      ̄ ̄     `ヽ ./^'
:|::ヽ:::..      ‐==;;   /
::l::::::ヽ::..        :::::::   /    ,.、
:::l::::::::::\.         /  /.:/:ヽ.
::::|:::: :::::::\.         ,イ /....::/::::::::ヽ.


忠勝の息子たちは やや凡庸ながらも至極まっとうな武将に成長した





459 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/05/30(日) 23:55:09 ID:nbpSCtZw

自分の異能がよくわかってる
というか、忠勝の真似したらたいてい失敗するwwww





458 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/05/30(日) 23:54:55 ID:0HZDo4jw

そんな忠勝にとって唯一の悩みの種が長女・小松姫だった


        _,,.. - 、 ,. ''" ニ=-
      _,. -゙'" " ゙ " " " " ̄~゙'' - .,,
      7i " " " " "  " " ヾ" ー゙ヽ
      /,. " " " " " " " " " "i; 、 " ヽ       育て方を失敗した ……などとは言わん
      /,." " " " " " " " " " " i; 、" i
      / " " " " " " " " " "" " i. ゙ ,       そもそも人は 己の魂に相応しく自ら育っていくものだからな……
      "7 " "  v v   ヘ、ヽヾヾ i i i\i
       l" " ノ / / i /  ヽ !_Aリ|ノ!'!'!       だが…… それにしても……
    _,,.、、ィ、Vノ゙-=-、、!/   _,.ゞ、、Yヘレ''-、、,, ) )
‐''"´  /  i, ー==。=、_ッ‐‐ 、。==-' !!:::::::',:: 〃 `''‐ 、
    /   ', `ー ,、''"  ヽ, `゙ミ,''‐-、,'′::::::!:(',;
    ,'    l ':,,.、 '"    ヽ, \   ` 、 ヽ,:::: l _;;リ
    i   ,、 '"    、    \ ヽ,_  ヾ二二で)″
    ! ,r"  :.      ンー' 、  ゙! },,,ヽ,  ':、'、〉  //
    /     :.   /     !  ! !  ヽ ;ヘ  〃;/
   /        ン、、..,,,__,,.. -{ r/ l‐--‐' ゝー' 〃/
  /        /,       `! __,'      f,'"_,, -
 /       / ':,         ゞ-'       i!´


小松姫は 戦国の世の武家の女が必要とする知性・教養そして美貌も兼ね備えるものの
同時に忠勝の持つ狂躁的な部分を 姉弟のうちで一手に引き受けたような娘に育ってしまった





462 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/05/30(日) 23:55:45 ID:SddchYiE

どうしてこうなった





463 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/05/30(日) 23:55:55 ID:0HZDo4jw

            _─-、 -‐;z.__
        > ` " ゙  <        まあ……
       / " " " " ゙ ゙ ゙ ゙\
         l " " ", ,ィ バ i ゙、 ゙、ヾ      今さら嘆いても どうにもならんか
         | " "ノlノメ、 |ノjムヘ. N
        ! r,コ| =。=  ,。==ハリ       とにかく あいつにも武家の女としての
        | |ヒ.j|   ̄ r_ \7
       j `ァヘ ⊂ニニァ7′        義務を果たしてもらわねばな……
.     _/∨ :::\ = ∧
  -‐'''"´ |.  ヽ.   ::::\,.イ |`'''‐- 、.._
        |   \   :::::/ │     ハ
.        |   ,ヘ 〉   |へ、|    l. l
        l_/  ゚〈`ー'|   ヽ!   │ |
           |:::::::|  「 ̄ ̄| │  |


武家の女 それも忠勝のような高い地位のある士の娘の義務とは
政略結婚のための駒になるということだ





466 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/05/30(日) 23:57:03 ID:0HZDo4jw

そのために忠勝は小松姫を呼び出して告げた


       、─- 、  __
    ,_ -─-ヽ   '´   ,∠.._
    ,> " " " ゙  、、 <`
  ∠_ " "  "  ヾ  、、ヾ
   / ″, ,ィ /ヘ i、 ヾ ヾ !       小松よ……
.  /イ ,ィ ./l/‐K   >!ヘ|\ ゙ |
    |/ レ|==a= . =a== |n. l       お前も そろそろ年齢的に
.     | l  ̄ ´|.:   ̄  :|fリ,'
      `ヘ   、l.レ    :|"ハ       輿入れのことを決めなくてはならない……
.      /ヽ.  ̄ ̄ ̄ /|/  :!_
      _/   l\  ̄ / ./   |-¨二
-‐ _''.二/    l:::::`‐:'´  /    |
¨´   l    ,ヽ:::::   /,へ   |
      |   /o |_   _,/   \ |
.    |./   |_.二../      `
         r_'.ニニ'' \
.        とニニ''_.   ヽ
       /  ,. -、 \   \
      /   / | o\)`ァ、  \:‐┐
    /  _.ノ   |     | ヽ.   \!
.  /   /   │    |  ヽ.   \





467 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/05/30(日) 23:58:02 ID:0HZDo4jw

          z-へ へ へー-
        ノ ̄i┴   /- // \
      < /  i   V/l \\l
     / /  / / l  l     \ゝ
    / /〈〉 l/  / ∧ l  \ l \\
   /  l / l l 彳\V/丿( ヽ\ \
   l  / .l l トiイ l \/ヽ\ )  l  ト
   / / l l l∧ i li    レハ. /人 l 丿 〉
   l  ハ  r ー-ii-、\  ,,-ーll-、l/l l/
   l l l i L-〒Tァ=  ,  ッtTゥ、/l ) /
    \ヽ ヾ丶=~"  . l   "~./レイ l
    / l、≡三イ    l      7 イ l l
    / l ヾ ミ》   .-      ./l  l  l       Да(ダー) 了解だ
   /l l l  ヌ ミゞ ャ-=ュ〟. / l  l  l l
   l l l l l  \  .ゞ≡\\/\ l  l l l\
   / l l l  l\l \   ゾ\㍉ {  l  lヽ \
  /. l  l  l\ .ヽ. . ゝ- <   lヘヽ_l\l lヽヾ
 r .l l /. l  .l \ \,    \ l l l l .  l  l\
r  ー/   l  ヽ\ \,     ト\ l . .l . l゙ ゙ ゙
⌒/ /   l, l ヽ  L,,     .  \l l l l
,,/  /  r ヘ\,, l  \ ,,)        l . \\l
  /  / 《 / く,, l    l,,       /\ \   ← 17歳
 /  / 《 /  ,L A \l,, \ \.     l \


そして小松姫も素直に この命令を受け入れた





471 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/05/30(日) 23:59:03 ID:TXkbBNBY

貫禄の17歳





470 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/05/30(日) 23:58:56 ID:0HZDo4jw

         `ヽミメ、 . -‐,=‐
      . . .-‐‐ミ i! Y i! 厶イ__
   ∠..., =‐- i!  i!  i! i! <´
    .ィ´ i!   i! i! i! i!   i! i! ヽ
.  , ′i! i! i! i! i! i!  i!  i! i!.!
  /イ i! i! i!ィ i! i./::、 i! ト、 i! i! !
  /i!.//i!./::iメi/:::::::,メ、「ヽト、 i! i!j       ……嫁ぎ先について
  /イ i!/! /==。=、:::::.=。===:i!,...i! |
    j/ j/ i::`:‐:/:::::::: ー一.:´:|ir, }.|       希望のようなものはあるか?
       i:::::/.::::::、   .::::::|Lンii|
         i: `‐――一'.;.::::ハ.i! j;\
           、  ー ..:::::/;  ヽ:{;;;;;;;ト、__
      . -=''7ヘ.....:.:::::/;;; '   j;;;;;;;j;;;;;;;
   -‐'";;;;;;;;;;/;;;;;;ヽ .イ;;;;: '     /;;;;;;;;|;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;|:.:;;:::'    /;;;;;;;;;;;!;;;;;;




         /:/  -  ̄  ハ ` ‐ 、ヽ  !,
         Y .// / /  |:i    \、 i
         /ー-、/、_ :/ ', i i,.ヘ ',  ヽ:i|
       r―´   ´  /   i /:  ト 、  i:ヘ
      ノ          ヘ | ,.ィ  i  `ー 、 i
     i ,.イ        / ハi,|//|  i    `
      /   i ハ  i /  i|`ー- |
      'i i  ハ ト! ィ:ハ i ハ   ノイ /  i
      ハ/|  |iL__V`'くハハ     |イハ  :i
      / V\ト卞乏`ミヾ`  ー-=≠―| ./         無いな
    /  | :ト、ゞ、:.:.:´彡  i えzゥ‐ラ/:/  /
   /   :/| /iト-=;,;_i'    `    ‘/イi イ /       親父殿の決定には黙って従おう
- ´  / :/ | i :ヘヾ、;,/       /イ//イ |ハ
   /  /,.イ :/ :||;ヘ=:{ _`´_   /イ|i  |  i       ただし……
  / .:ノ´./:/  |:|:i,:\{ `ー- `  ,.イ: `| i |   i
/_ -/ //  /:|:i:',: \ ` ,. イi;:/:.  | l ト、
ニ -/  :/´  :/ \:i,.  ` ´  i:;ハ:  | :l | ヽ
.:/   /´  /   `!      /  ヽ |  i:l ヘ





472 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/05/30(日) 23:59:55 ID:0HZDo4jw

           //__/_/ / |  ヽ \\ ',
           r┴' / / `∧ ! /^\< ̄ヾヘ
         // /    / ,、∨,、  \ヽ  \\
       ∠..ノ /  /  / ∧ヽ|/∧ヽ  ヽ\  ヽ ヽ          相手が つまらん男だった時は
        r' / ,'  /  /l /´`"゙`´ ', ! 、   ', ヽ\}
        | { l   リ ,' 从     リ |  〉  }  } リ          ○○○をちぎってから戻ってくるが
      /レヘ |\トヘ匕L.._,. 、__/厶∠L/ l lイL
   ,ィ ´ / ∧ト、ゝ弋‐辷テミ、   ,ィ辷テァ//|,.イ ヽ\ー- 、     このことは了承してもらいたい
  /  /-ー彡'´|l lヘミi` ̄彡 | ヽ ` ̄´/ // ! ` ‐- \`ヽ \
 _,.〉<´  //   |l トゝミ彡'7   |     //,' |ヽ   `¨ ー-  ヽ
.´       //   |l |ヘ三彡゙  ┘'   ,.フ /  l  \      `¨>ー 、
.       ,'/     | ', ヽ.l`マ{ ゞ二.Tミ、/l l  |    ヽ        〉   ',
      /     /| l l|  \    |ヽ|´ | l  l|     ',.      /   l
.     ,'    ,' | l l|    ` ー'|ヽl   | l l ト、  |     /     !
    /__ /  | l  |   \  ゞ'゙   | l l | ヽ___⊥__    /     ,'
    ヽ,      | l  |彡   ` ´ ィ三ミ:! l l |     /    /    /
      \   ノ l  |三i        ゞミ三| l l |      /    /     /





473 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/05/31(月) 00:00:55 ID:Dk4oW3tc

:::::::_      :::::::     ::::::::://::::::::|:::          ::::::|
.__-/    :::::::        /:/:::::|:::::|:|::::::  :::::::::     :::::|
.../::::  :::::::::::  ::::::::::/ :::::/:::/::::/|:::::|:::|:::::::   ::::::::    ::::::::|
/::::: /   ::/ ::::// :::/  |::::|::::|:::|:::::|:::::::::  :::::::     :::::|
.. //::::::://:::::/:::/ :/   :|:::|::::::|::| ::::|::::::::::   :::::::   :::::|
/.../:::::/::/:::/ :/::/     |:|  :|:|__|_\:::      :::::|
.. /:::/:__// :::://       -| ̄ ̄:|::::::::::::/::::::::    ::::::::|
...//| :::/―__:/   _― ̄     |:::::::::::|:::::   ::::::  :::::|
./.. |____     ______:::::::::::|:::::::/⌒\   ::|
..   |\ ̄ ̄_@)   ≡ヽ ̄ ̄ ̄ ̄@/::::::::| :::::|:/⌒:| |  :::|
...   |  ̄ ̄::/:::   ::::  ̄ ̄ ̄ ̄ :::::::::::::| ::|/::::::::| |  ::|     (……本当に やりかねん)
....   |     /:::::::            ::::::::::::|:::::|/\:| | ::::|
.....   | ::::/:::::::::::            ::::U::::| :|:::::::::|//:::::::|
......   | /:::::::::::::::           :::::::::::::::| |√)// ::::::|
.......   /::::::::::::_::::)         :::::::::::::::::::|:::|\//   :|
.....   ( :::'''            、   :::::::::::::::|..|ヽノ   ::::|
.      |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ::::::::::::::::::/|/::::\   ::|
...      |  ___        :::::::::::::::/   ::::::::\  |
.....      |  ::::〓       ::::::::::::::/     ::::::::::::\
.......      |  :::       ::::::::::::/
         |        :::::::::::/
....         |      :::::::::/
          ヽ    :::::/
           ヽ  :::/
            ヽ/


小松姫のこの返答に困惑した忠勝は 事を家康に相談した





476 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/05/31(月) 00:02:48 ID:n8afUYgw

手に余ってるな





474 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/05/31(月) 00:01:34 ID:hZlkIq.E

アカギすら困惑させる娘(17)





475 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/05/31(月) 00:02:00 ID:Dk4oW3tc

                ____
     -=ニ"`' ,   , ' "  ,," '
     ______\ ` , , '    '-ー ̄二=-
  ∠二__  ~`           ""'ー、
   , - ~                 ヽ
  , '  , ,                  ヽ
  / /, '                   `,
  i/ /          /|           'i       そういうことなら……
   ,' ,    /:i /:i |:::| |',          |
   i /i /' /::::| |::::i |::uヽi::`,`ヽ       |      小松の眼に適う男を
   i/ i/ i /ー-ヒ--`|u|--エ--ー\  ___   |
     i i/|二ニ=ニ~  二=ニニニ,:::| |─i`.  \     小松自身で選ばせるしかないんじゃねえの?
       .,|ヽ_゚_./:::::"ヽ_゚_, イ/:|.|─| | |`┬ー-
      / | ==:/:::u:::  u ~/':::|.|ニノノ |  |ー--
 __;;-ー''"~~.λu:/:::::::_::i   /'::::u::|.|ー'  /  |
 __;;-ー''"~'/| .| (_,-  u   ::u:::::/|   ||   |
      | !i .| <__ __-ー''ー:-:::/::|   |.|   |
      .|  | .|x--二_____:::::/:::::|  ./ .|   .|
      |   |/~ニ二\\ 'i/::::: |  |  |   .|
     .|  ,r┴'---, ̄\',  |::u |  |.  |   |
     | </ ̄ ̄\こつ  i  /  .,|  .|    |
     !-ーC' ̄ ̄`こつ    | / /!/,/ \   .|
        | ̄ ̄ヽ、      | / /| -    ` , |


これが 浜松城で
小松姫の婚活大パーティーという狂気の宴が開かれた顛末だ





477 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/05/31(月) 00:02:57 ID:eco6LZCw

なるほど狂気の宴ww





478 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/05/31(月) 00:02:59 ID:Dk4oW3tc

集められた子息たちに 宴の真の目的が伏せられたのは
婿選びの宴席など それだけで人を馬鹿にした話であるし
さらに選ばれなかった者たちに恥辱を与えることになるのだから これは当然の措置だ


        - ‐  、
   , - ´:.:::.:..::::.:.::::` ー-、
  /::::::::::::::::|:::::::|!:::::::|::::::i:ヽ
. /:::::::::::::::::f  ̄ __ー、-、_!l:f:\
/:::::::::::::::::::テニ‐ァ=-ゞノ_, ___ヽ:::ヽ
::::::::::::::.::::.::/ `ー =ニソヽ<ァ=、',::::}    {`ヽ    さあ! 皆の者!!
::::::::.:...:.::.:.:| 、    r、_‐ ヽ`‐7:f´  , -┴ ´
:::::.:.:::.:::::.::l l/  __.......`ァノ  /:L‐ ´        姫様と存分に語らうがよい!!!!
::..::::.:::..::::::l、 ´ ヒf‐+‐、::_rイ:´:!
:::::::::::::::::::l ヽ、  `ニ┴フ:.:::::l
:::::::::::::::::::l  :ヽ、_ ノ /:::::..::.|
:::::::::::::::::::|  ::.:.:::.:::.アr´:::::.:l .::l
:::::::::::::::::::l  ::. /: //l:::::l:::::|..::|
:::::|::`::l:::|    /   |::|:::.:|:::::|::::|  ← 小松姫侍女 かがり花
:::::l:::::::|L!      |::|:::::|::::::|::::L


だが そのため
子息たちにとって ここで小松姫が登場するなどは思ってもみないこととなっていた





479 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/05/31(月) 00:03:55 ID:Dk4oW3tc

          z-へ へ へー-
        ノ ̄i┴   /- // \
      < /  i   V/l \\l
     / /  / / l  l     \ゝ
    / /〈〉 l/  / ∧ l  \ l \\
   /  l / l l 彳\V/丿( ヽ\ \
   l  / .l l トiイ l \/ヽ\ )  l  ト
   / / l l l∧ i li    レハ. /人 l 丿 〉
   l  ハ  r ー-ii-、\  ,,-ーll-、l/l l/
   l l l i L-〒Tァ=  ,  ッtTゥ、/l ) /
    \ヽ ヾ丶=~"  . l   "~./レイ l     さて 諸君は
    / l、≡三イ    l      7 イ l l
    / l ヾ ミ》   .-      ./l  l  l     どのように わたしを楽しませてくれるのかな
   /l l l  ヌ ミゞ ャ-=ュ〟. / l  l  l l
   l l l l l  \  .ゞ≡\\/\ l  l l l\
   / l l l  l\l \   ゾ\㍉ {  l  lヽ \
  /. l  l  l\ .ヽ. . ゝ- <   lヘヽ_l\l lヽヾ \
 r .l l /. l  .l \ \,    \ l l l l .  l  l\\ l\
r  ー/   l  ヽ\ \,     ト\ l . .l . l゙ ゙ ゙ヘーーヾミーミ
⌒/ /   l, l ヽ  L,,     .  \l l l l  //三二=彳
,,/  /  r ヘ\,, l  \ ,,)        l . \\l /  ll /  ∥
  /  / 《 / く,, l    l,,       /\ \ \ .ll  ll .∥
 /  / 《 /  ,L A \l,, \ \.     l \ ゞ .> ll  ll\∥
ムヘ/ .《 /  ソL く ヘ ヘ,,    し   <\ \ l ll ll ll ∥
   \./   / l,, > y ヘ, l ミゞ\ ゙゙\  }ミ\ ヾ \ll ll ll 》
     \//  l,,    V \ミミミミヽーへ、_ミ ミ\ \\ ll ll ∥
      /   l, ソ,r    〉ミミミミミミミミ\/ミミミミミ\ y\} ll ∥
     く     \l l\ ゞlミミミミミミミミミミ\ミミミミミミミ\l彡 ll ∥


そして この17歳の少女に対して子息たちの反応は……





480 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/05/31(月) 00:04:55 ID:Dk4oW3tc

    ∧∧     ∧∧     ∧∧     ∧∧     ∧∧     ∧∧
   /⌒ヽ)    /⌒ヽ)    /⌒ヽ)    /⌒ヽ)    /⌒ヽ)    /⌒ヽ)
   i三 ∪    i三 ∪    i三 ∪    i三 ∪    i三 ∪    i三 ∪
   〇三 |    〇三 |    〇三 |    〇三 |    〇三 |    〇三 |
   (/~∪    (/~∪    (/~∪    (/~∪    (/~∪    (/~∪
   三三     三三     三三     三三     三三     三三
  三三     三三     三三     三三     三三     三三
  三三三   三三三   三三三   三三三   三三三   三三三



    ───── 完全に気後れしてしまった ─────


    ______________
   /|//              / / /|
 //|/ /         // / /  |
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|.///.|
 |/ |   .∧,,∧.  ∧,,∧./// │   .|
 |  ∧∧(´‐ω‐`)(´‐ω‐`)∧∧.  .|   .|     :ノlノレl,ノlヽlヽlヽ、:
 | (´‐ω‐).∧∧) (∧∧ (‐ω‐`) .│///|    : (iii´(ii ´・( ・` ii)`ii):
 | | U (´‐ω‐`)(´‐ω‐`) と ノ ./| .   |    : ( う  つと   と )
 |  u-u (l    ) (    ノ u-u / .|/// |    .:`u^u-u'::u-u'u'
 |       `u./ '/u-u'       |  /
 |//    //    //    .|/
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





481 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/05/31(月) 00:05:20 ID:zaUpg31U

ですよねー・・・





484 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/05/31(月) 00:06:13 ID:n8afUYgw

もう侍女を見た時点で帰りたいよ





483 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/05/31(月) 00:06:01 ID:Dk4oW3tc

子息たちも戦国時代に生きる男 決して単なるボンボンではない
だが それが揃いも揃って 小松姫の目に見えぬ闘気に圧倒されてしまったのだ


              /  \ヾ V/-ー 、 ∧
               |/ , -/`∧ヽ\  ヽ |
             //  /  / ヽ  \  `ト
            / /       ヽ ヽ `、 ハ
            /  /  /      \  l .ハ
          /`ヘ / /    l ヽ   \ | .ヘ
        ∠,   , ー、_   |  ヽ  <ヽ .ヘ      なんだ なんだ
         彡  , ー_、_ /| / ヽへ'\   Y ヽ\
       , @工工工/√r┐ レ  `, ヽ  ヽ  }.  ヽ \    これは腑抜けの品評会か?
    ,-<    l~Y / / / l`ー'-| / } l l } / \.  ヽ \
   f   ヽ   ` {     ヘ   }/l / / ! /     \ ヽ \
   {    ヽ  八     ∨`ー//,ノノ イ        \ ヽ
   l       /  \     l  " 彡イl.l |           \
   `、     l/ /l ,ヘ     L < .川 l        _ .- }
    ,ヘ     / l ヽ ∨   /    / レ l    , -‐ '   /
   ./ .ハ     {  ヽ _.∧._  ム    / / ノ {  /      /
  / / .ハ    ヽ / l   `ー-Y   l / .l  l        /
  .{ l / l     /  `ー-、 () /、_/l  l  .l       /
  l  l 八    /       ̄//  } /   ノ      /
  Y  /  ヽ  /       //   /   /      /


ここで小松姫は 子息の髷を握るという挑発行為さえしたとも伝えられる





494 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/05/31(月) 00:09:01 ID:1eoy9bn6

腑抜けの品評会フイたw





489 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/05/31(月) 00:07:48 ID:y3MlXf/A

髷って・・・武士の刀と同レベルの大事な部分じゃねーか





486 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/05/31(月) 00:06:51 ID:myOvybGU

着飾ってる和服で髷を握る光景ってのはシュールだな





487 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/05/31(月) 00:06:56 ID:Dk4oW3tc

だが そこまでされても子息たちは かえって萎縮するばかりであり
これには小松姫も呆れるばかりであったが……


            /     < / i      V/l \\l
           ./   / /  /  / /へ   l    \ゝ
           /   / / 〉l/ / ∧/  ヽ / l \ l \\
   /      ./  , /  l / l l 彳 \  V / 丿( ヽ\\
       / /: / l  / .l l トiイ l \ イ\ /ヽ\ )  l   ト
        ィ//ィ' // / l l l∧ i li<ノ      レハ./人 l 丿 〉
  /  /  l/  i  / ハ  r l /ー─ヾ    ー--リ!  l/l l/
    /   V  /l .l l l i Ll/ '  ̄ `ヲ     ‐- l  /l ) /
   ; ′     ヽ:/rェl \ヽ ヾ丶弋ヲフ ̄`〃  .仞 ̄ト/ レイ
   ヽ      ヾi ハl iヽ ヽ 、ヽ‐---‐'ミ    `ー '・l
   ヽ 、    , -、‐弋   ! ` 、: ヘ`ヽ巛ミミ7     〉''' }!     ん? あいつは……
     ヾ 、f  ゝ、::}`ー!   !`ヽ辷三彡{        ノl
      ヽ l    `ー-l   ト、三ミマミ彡7      / :l
         !      l     l ¨''‐、ミ辷/  '´/::::`、l
       :::|      l    l     丶.__./:::::::::::::\
;;;;  ヽ  ::::::l       l    .l       ヽ、,::::::::::::::::::::::\
;;;;;;;    :::::/\     l     !        ヽ::::::::::::::::::/
ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;::::/       l    l         /:::::::::::::::/





490 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/05/31(月) 00:07:56 ID:Dk4oW3tc

       _____
       、___>  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
       _..:::彡⌒.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ __
   ー ≦、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ.
   <:::::::::__: ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヘ.
     > /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:/彡イ气:::::::::::::::ヘ.
   /:/:::::::::::::::::::///;イ:////:/´     `ミ::::::::::ヘ
   /___::ノ:::::::://77メく_/ //:/    _  ミ:::::::::::::l
     /クハ::://///_,,/≧/´/ ..,≦´  `ヽミ::::::::::::!
.      / 〉!/ハ! イ'ひゾ /: / / イろ心、  ハ::::::::/
        //ル !  ` ̄'/       ゞー"ノ  ハ:::::/
        ヾ に!        };.       ムわ/
         ヽい         ´:ソ       /ノ:/′
           ー',       _____       んソ
           ヽ             :/´
          __|\   `"     /
.          /  |  :ヽ        .イ:!`ヽ
.       , イ   .:.j  : : : :ー: ´:.:.:.:.:.:! / |
      / __ ..:/イ         /  |
    /_/ /⌒)/:.:.l         __/:    L___,、__
     ,..<イ⌒/:.:.:.:l       / :/:|  /ー:、    ̄ ̄
  ., < >イ :/:.:.:.:.:.l:__    / :/ .:i  /  / ̄`ヽ、
<::>"´  .,.:/_ :.:.:.:.l   ヽ .:./ :/ .:/| :/  /:.:.:. . .  ` ー
"´     .:/  !\ :.:.l    / // :|/  /:.:.:. . . . .
      ..:/   :!:.:.:!\ヽ / // /
     .:/    !/!__ :/://  /


宴席の誰もが 固く身を縮めている中で
唯一ひとりの青年だけが泰然自若とし その場を悠々と眺めていた





493 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/05/31(月) 00:08:48 ID:vr/HbjnI

おおっ





498 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/05/31(月) 00:10:41 ID:n8afUYgw

ほぉ・・・こいつかw





492 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/05/31(月) 00:08:48 ID:etuy.L9w

配役的には姫と姫の出会いである





502 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/05/31(月) 00:12:02 ID:.p00DXko

ちゃんと目を伏せておけば良いものを





495 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/05/31(月) 00:09:01 ID:Dk4oW3tc

この涼やかな佇まいは たちまち小松姫の目に留まった


         /:/  -  ̄  ハ ` ‐ 、ヽ  !,
         Y .// / /  |:i    \、 i
         /ー-、/、_ :/ ', i i,.ヘ ',  ヽ:i|
       r―´   ´  /   i /:  ト 、  i:ヘ
      ノ          ヘ | ,.ィ  i  `ー 、 i
     i ,.イ        / ハi,|//|  i    `
      /   i ハ  i /  i|`ー- |
      'i i  ハ ト! ィ:ハ i ハ   ノイ /  i
      ハ/|  |iL__V`'くハハ     |イハ  :i
      / V\ト卞乏`ミヾ`  ー-=≠―| ./         ……親父殿 家康様
    /  | :ト、ゞ、:.:.:´彡  i えzゥ‐ラ/:/  /
   /   :/| /iト-=;,;_i'    `    ‘/イi イ /       あの男は?
- ´  / :/ | i :ヘヾ、;,/       /イ//イ |ハ
   /  /,.イ :/ :||;ヘ=:{ _`´_   /イ|i  |  i
  / .:ノ´./:/  |:|:i,:\{ `ー- `  ,.イ: `| i |   i
/_ -/ //  /:|:i:',: \ ` ,. イi;:/:.  | l ト、
ニ -/  :/´  :/ \:i,.  ` ´  i:;ハ:  | :l | ヽ
.:/   /´  /   `!      /  ヽ |  i:l ヘ





497 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/05/31(月) 00:09:55 ID:Dk4oW3tc

          ,. -‐- 、r'´  ̄ ~Z.__
       ∠             ´   ,.>    ん? あれは……
.     /                 ̄`>
     /           ,、      `\           -、ー- 、
.    !             / \    \. トゝ       _. -─-ゝ  Y ⌒,.Z.._
   │       , ,.イ /、._,  ヽ |ゝ、  N         ,.>          <`
.    |      /レ' レ\,/  /V '´ l\!       ∠.._        ,     ヽ
     |. r;=、 .ノ=a=== ,, ,/a===!        .  /    , ,ィ ,ハ ト、    l
    | |.ト、| |  ` ー--‐ "  \ーァ"!          /イ /   /l/‐K  ゝlへトi  |   真田の嫡男……
    | l ヒ |:|.       r __   \l           レ'レf Y|==;=  =;==|f^!l
     |  `ー 1|、 ヾニ二二二二フ 7′       .     !6|| ` ̄ "||`  ̄´ ||6|!    だな……
    ノ     | \     ___  /              ゙yl、   、|レ   |y'
.   /   ,ヘ、  ト、 \    ̄ ̄ /l              _,,ハ.ト.` ̄ ̄ ̄´ ,イ/\_
  /  ./\.ヽ. ヽヽ、 \   , ' ,'              ̄:::;':::::゙! \.  ̄ / |'::::::::|::: ̄
  ,' , ./   \ヽ、ヽ \./`iイ /             :::::::::l:::::::::l  \/   !::::::::::|:::::::::
. /l/l/     |\\ヽ  ヽ. Wレ              ::::::::l:/ヽ:ヽ__    __/:/\:|::::::::
/      _..⊥._ \``  |                :::::::‘:::::::::::o:ヽ`  ´/::::::::┌──┐




           //__/_/ / |  ヽ \\ ',
           r┴' / / `∧ ! /^\< ̄ヾヘ
         // /    / ,、∨,、  \ヽ  \\
       ∠..ノ /  /  / ∧ヽ|/∧ヽ  ヽ\  ヽ ヽ
        r' / ,'  /  /l /´`"゙`´ ', ! 、   ', ヽ\}
        | { l   リ ,' 从     リ |  〉  }  } リ
      /レヘ |\トヘ匕L.._,. 、__/厶∠L/ l lイL         真田家…… なるほど……
   ,ィ ´ / ∧ト、ゝ弋‐辷テミ、   ,ィ辷テァ//|,.イ ヽ\ー- 、
  /  /-ー彡'´|l lヘミi` ̄彡 | ヽ ` ̄´/ // ! ` ‐- \`ヽ \
 _,.〉<´  //   |l トゝミ彡'7   |     //,' |ヽ   `¨ ー-  ヽ
.´       //   |l |ヘ三彡゙  ┘'   ,.フ /  l  \      `¨>ー 、
.       ,'/     | ', ヽ.l`マ{ ゞ二.Tミ、/l l  |    ヽ        〉   ',
      /     /| l l|  \    |ヽ|´ | l  l|     ',.      /   l
.     ,'    ,' | l l|    ` ー'|ヽl   | l l ト、  |     /     !
    /__ /  | l  |   \  ゞ'゙   | l l | ヽ___⊥__    /     ,'
    ヽ,      | l  |彡   ` ´ ィ三ミ:! l l |     /    /    /
      \   ノ l  |三i        ゞミ三| l l |      /    /     /





499 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/05/31(月) 00:10:55 ID:Dk4oW3tc

          z-へ へ へー-
        ノ ̄i┴   /- // \
      < /  i   V/l \\l
     / /  / / l  l     \ゝ
    / /〈〉 l/  / ∧ l  \ l \\
   /  l / l l 彳\V/丿( ヽ\ \
   l  / .l l トiイ l \/ヽ\ )  l  ト
   / / l l l∧ i li    レハ. /人 l 丿 〉      決めたぞ!
   l  ハ  r ー-ii-、\  ,,-ーll-、l/l l/
   l l l i L-〒Tァ=  ,  ッtTゥ、/l ) /        親父殿 家康様
    \ヽ ヾ丶=~"  . l   "~./レイ l
    / l、≡三イ    l      7 イ l l        わたしは あの男の妻となろう!
    / l ヾ ミ》   .-      ./l  l  l
   /l l l  ヌ ミゞ ャ-=ュ〟. / l  l  l l
   l l l l l  \  .ゞ≡\\/\ l  l l l\
   / l l l  l\l \   ゾ\㍉ {  l  lヽ \
  /. l  l  l\ .ヽ. . ゝ- <   lヘヽ_l\l lヽヾ \
 r .l l /. l  .l \ \,    \ l l l l .  l  l\\ l\
r  ー/   l  ヽ\ \,     ト\ l . .l . l゙ ゙ ゙ヘーーヾミーミ
⌒/ /   l, l ヽ  L,,     .  \l l l l  //三二=彳
,,/  /  r ヘ\,, l  \ ,,)        l . \\l /  ll /  ∥
  /  / 《 / く,, l    l,,       /\ \ \ .ll  ll .∥
 /  / 《 /  ,L A \l,, \ \.     l \ ゞ .> ll  ll\∥





501 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/05/31(月) 00:11:57 ID:Dk4oW3tc

            `ヽミメ、 . -‐,=‐
         . . .-‐‐ミ i! Y i! 厶イ__
      ∠..., =‐- i!  i!  i! i! <´
       .ィ´ i!   i! i! i! i!   i! i! ヽ
   .  , ′i! i! i! i! i! i!  i!  i! i!.!
     /イ i! i! i!ィ i! i./::、 i! ト、 i! i! !     (なるほど…… あの男なら……)
     /i!.//i!./::iメi/:::::::,メ、「ヽト、 i! i!j
     /イ i!/! /==。=、:::::.=。===:i!,...i! |      (「上田合戦」で戦の強さは証明済み……)
       j/ j/ i::`:‐:/:::::::: ー一.:´:|ir, }.|
          i:::::/.::::::、   .::::::|Lンii|
            i: `‐――一'.;.::::ハ.i! j;\
              、  ー ..:::::/;  ヽ:{;;;;;;;ト、__
         . -=''7ヘ.....:.:::::/;;; '   j;;;;;;;j;;;;;;;
      -‐'";;;;;;;;;;/;;;;;;ヽ .イ;;;;: '     /;;;;;;;;|;;;;;;;
     ;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;|:.:;;:::'    /;;;;;;;;;;;!;;;;;;




               -─‐- 、.   .. -─;-
          -=ニ´ ̄     ヽ'´ ∠´__
         ,. '"´              `>
         /                ̄`ヽ.
        /                  ヽ、 ヽ
          i            ∧       \ヽ!
.         |        , /| /:::::l ト、  .  ヽ
       |        /|イ、l_;;:::::::|ノ_,.ゝ. ト、 ト、l
       |      ,イ/`''‐、_,リ:::::::;リ,. -ヘト | ヽ! `
       |  , ‐、 r'==。===;;;::::::(=。==lヽ!     (それに…… こいつは……)
        |   { f、|.|::::`ー--‐'  ::::\-‐' l
       ,'   ! ト||:::::::     r __::::::\'l|       (「沼田問題」以降ギクシャクした
.      /   `ー'ト、::::. ー----------;ヲ│
      /  /|   | :\:::.` ー-----‐'´ / !       真田との関係改善にもつながる!)
   ,∠-‐/   |.  |  :::\:::. ー--‐  /!ヽ.ヽ
  二 -‐''7   |  |    ::::\::.    , ' |  ト、\
.     /    |.  |     ::::`‐、/ レ   ト、`''‐
.    ,'      ト. |      :::|  イリ   :!  `''‐
     i      | ヽゝ      |lW´'    :l
.     |   ,. -‐''^ヽ|`ヽ、..__ノ|/⌒`‐、.  l
    レ''´      |;';';';';';';';';';';';'|     `‐、!
             ○ |';';';';';';';';';';';'| ==





504 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/05/31(月) 00:12:49 ID:etuy.L9w

お、政略結婚としても良いツモなんだ





505 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/05/31(月) 00:12:55 ID:Dk4oW3tc

        __     ____
       <、  ```ヽv'´    `>
       __,,.>  ,  `Y´   、   ``ヽ、
     ,ィ'´     ;'´(       )ヽ     ヽ
   ∠二ィ : .  `、 > ___,,,..ノ 丿    .ヘ
      /: : ; .   `´ `ー--‐''´    . : : |
    ∠:/,:ィ: : : ,:ィ: . /| ト、       . : : : |
     ///.: :, く//   \!_,>   . : : : : :|    分かった! 小松……
     '´ /:,:イ`>、\   _,/ /\ . : : : : : |
        |/ .kー-。、〉 >-‐'ー。、 |.:|‐-、: : !     お前は 俺の養女としたうえで
         |`ー:/'´  `ー-‐'´ | !か.|: /
            |/ __‐、       lノい/:〈     真田家に嫁がせる……
         `iー______  ,'/じ:' : :ヽ
          l `ー―‐---‐'  '/: : : : : : :.ヽ    それでいいな!
             '、   ー    //: : : :∧: : : :ヽ
          ∧.     /,.r': : : :,/⌒'ヽ: : : l
          ノ|: ,ヘ__/,r'´ノ: : :/    \.:|
          |: : /」:/ /: :,:イ          \
          ノノ^「ヘ、 ノ//             \
         '´   |i゚:l \'´ /
             |i :!  V





506 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/05/31(月) 00:13:58 ID:Dk4oW3tc

                   _ ノ    .:.:.:l    {   \、. . . :ヾヘ:.:.:.:.:.:.:`ヽ:.:.:.:.:.:/:.: /:./:/:
                  j    j! .:.:八:ヾ:.:.:.:ヾ、、 ヘ. . : : :.:.:}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i―-、:. /:.:.:/:/:::
                    〈   .:.}{ .:.:.{  } :ハ: )`ヾヾヾ. .:.:.:.:j!:.:.:.:.:.:. 、Y⌒ヽヽ :.:.::/:/::::::
                  ノ   .:.:.:.:.ヽハ {イ-ーjノ  jソ j:.:.:.:/!|:.:.:.:.:i、:.:!ソこ} } }/:/:::::::::
                γイl| .:.:.:.:.:.:.{i!i!       rュ==ァイ:/ Ⅵ:.:./:.:ンl`ヽ/  ,ノ :.:/:::::::::::
                 ノ小从 .:.:.:.Ⅶ、    イヾソ'′ ’/  /:./:.:.|!:.:l: 人  /:.:./::::::::::::/
                  ハヽソ:.:ハネj}              /イ : /:.:|!:.:.l いソ/:.:./::::::::::::/
了解だ……                ( {{  V           /// :.:.|!:.:.:l ,イ彡′ ::::::/
                           /           //イi .:.:.:|!:.:.:.l j/ 'ヘ::::::::::::/
あの男…… あれは……          /_ .....:.:.:.:..         //:|:.| :.|!:.:.:.:l二二ヘ从ソ
                         `ヾ;  ___ ノ     // |.:| .:|!:.:.:.:.!二二ニヾ、
.       /7                  └彡::::: ´     /′ |:.l :.|!:.:.:.:.l三三ニニ=\
  il.、   / ハ    __                 _ ハ ;;;         イ.:! .:|!:.:.:.:.:!三三三ニニ=
  ij i  /ノ:/__..:.:.:.:.:.::::::ヽ          . . : :/ :∧         //i . : :,.:.:.:.:.:.l三三三ニニ=
.  l_:l_/  /:::::ヾヽ:/:):ノ       /: : /  ://ハ、__ _ ...ィ////. . : , :.:.:.:.:.:i三三三ニニ=
::::::::::::::/  /::::::::ノ/-イ       /: : / /∠二二ヽ////////. . : : .:.:.:.:.:.:∧三三三ニニ=
::::::::: /  :/:´ /  /  ィこ>  / /.:.:.:.:/:γ三ヾ、 ::://///// // .:.:.:.:.:.:/:.∧三三三ニニ=
 ̄l_/  .:j ./  /  / ./  / /.:.:.:.:/ ::{{:::}}: ////// / /:.:.:.:.:.:.:/:./:.∧三三三ニニ=





509 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/05/31(月) 00:14:55 ID:Dk4oW3tc

        _..:::彡⌒            \ __
 ─────── いい悪党になる ───────
   <:::::::::__: ノ::::::::::            ::::::::::::::: ヘ.
     > /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:/彡イ气:::::::::::::::ヘ.
   /:/:::::::::::::::::::///;イ:////:/´     `ミ::::::::::ヘ
   /___::ノ:::::::://77メく_/ //:/    _  ミ:::::::::::::l
     /クハ::://///_,,/≧/´/ ..,≦´  `ヽミ::::::::::::!
.      / 〉!/ハ! イ'ひゾ /: / / イろ心、  ハ::::::::/
        //ル !  ` ̄'/       ゞー"ノ  ハ:::::/
        ヾ に!        };.       ムわ/
         ヽい         ´:ソ       /ノ:/′
           ー',       _____       んソ
           ヽ             :/´
          __|\   `"     /
.          /  |  :ヽ        .イ:!`ヽ
.       , イ   .:.j  : : : :ー: ´:.:.:.:.:.:! / |
      / __ ..:/イ         /  |
    /_/ /⌒)/:.:.l         __/:    L___,、__
     ,..<イ⌒/:.:.:.:l       / :/:|  /ー:、    ̄ ̄
  ., < >イ :/:.:.:.:.:.l:__    / :/ .:i  /  / ̄`ヽ、
<::>"´  .,.:/_ :.:.:.:.l   ヽ .:./ :/ .:/| :/  /:.:.:. . .  ` ー
"´     .:/  !\ :.:.l    / // :|/  /:.:.:. . . . .
      ..:/   :!:.:.:!\ヽ / // /
     .:/    !/!__ :/://  /


こうして
真田昌幸嫡男・真田信幸は 小松姫を娶ることになった……





512 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/05/31(月) 00:15:55 ID:Dk4oW3tc

       _..:::彡⌒.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ __
   ー ≦、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ.
   <:::::::::__: ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヘ.
     > /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:/彡イ气:::::::::::::::ヘ.
   /:/:::::::::::::::::::///;イ:////:/´     `ミ::::::::::ヘ
   /___::ノ:::::::://77メく_/ //:/    _  ミ:::::::::::::l
     /クハ::://///_,,/≧/´/ ..,≦´  `ヽミ::::::::::::!
.      / 〉!/ハ! イ'ひゾ /: / / イろ心、  ハ::::::::/
        //ル !  ` ̄'/       ゞー"ノ  ハ:::::/
        ヾ に!        };.       ムわ/
         ヽい         ´:ソ       /ノ:/′
           ー',       _____       んソ
           ヽ            :/´      …………
          __|\   `"     /
.          /  |  :ヽ        .イ:!`ヽ
.       , イ   .:.j  : : : :ー: ´:.:.:.:.:.:! / |
      / __ ..:/イ         /  |
    /_/ /⌒)/:.:.l         __/:    L___,、__
     ,..<イ⌒/:.:.:.:l       / :/:|  /ー:、    ̄ ̄
  ., < >イ :/:.:.:.:.:.l:__    / :/ .:i  /  / ̄`ヽ、
<::>"´  .,.:/_ :.:.:.:.l   ヽ .:./ :/ .:/| :/  /:.:.:. . .  ` ー
"´     .:/  !\ :.:.l    / // :|/  /:.:.:. . . . .
      ..:/   :!:.:.:!\ヽ / // /





514 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/05/31(月) 00:16:42 ID:hZlkIq.E

ヒロイン喋れw





515 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/05/31(月) 00:16:55 ID:Dk4oW3tc

       _..:::彡⌒.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ __
   ー ≦、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ.
   <:::::::::__: ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヘ.
     > /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:/彡イ气:::::::::::::::ヘ.
   /:/:::::::::::::::::::///;イ:////:/´   u  `ミ::::::::::ヘ
   /___::ノ:::::::://77メく_/:::://:/:::::::  _  ミ:::::::::::::l
     /クハ::://///_,,/≧/´/::::..,≦´  `ヽミ::::::::::::!
.      / 〉!/ハ! イ':::::::ノ /: / / イ:::::::ヽ、  ハ::::::::/
        //ル !i!i!i!` ̄'/::::::::::::::::::::ゞー"ノ!i!iハ:::::/
        ヾ に!        };.    !i!i! わ/
         ヽい         ´:ソ       /ノ:/′
           ー',       _____       んソ
           ヽ   ´     `    :/´
          __|\   `"     /
.          /  |  :ヽ        .イ:!`ヽ
.       , イ   .:.j  : : : :ー: ´:.:.:.:.:.:! / |
      / __ ..:/イ      :::::::::::/  |.       ← 小松姫を目にしたその瞬間から
    /_/ /⌒)/:.:.l       :::::__/:    L___,、__       既に失神済
     ,..<イ⌒/:.:.:.:l       / :/:|  /ー:、
  ., < >イ :/:.:.:.:.:.l:__    / :/ .:i  /  / ̄`ヽ
<::>"´  .,.:/_ :.:.:.:.l   ヽ .:./ :/ .:/| :/  /:.:.:. . .  `
"´     .:/  !\ :.:.l    / // :|/  /:.:.:. . . . .
      ..:/   :!:.:.:!\ヽ / // /


                                      <番外17 運命の出会い>おわり





520 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/05/31(月) 00:17:44 ID:.nYlgtKI

オチつけんなw





518 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/05/31(月) 00:17:30 ID:hZlkIq.E

そんなオチかよwww





517 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/05/31(月) 00:17:29 ID:zaUpg31U

なんというヘタレwww





500 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/05/31(月) 00:11:24 ID:2Lr44a1M

……すみません、どこまでが本当なんですか?





510 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/05/31(月) 00:15:04 ID:.nYlgtKI

頭下げてガクブルしてる婿候補の髷つかんで
無理やり顔を上げさせたってのは聞いたことあるな
真田だけが小松の手を振り払って怒ったとかなんとか
史実かは知らないけど





562 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/05/31(月) 18:38:11 ID:J39pSJsg

髷つかむとか忠勝なら許さない様な気がする





564 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/05/31(月) 19:55:52 ID:YCeNao4k

「礼儀や服装はきちんとしろ、理解できなくてもまず形から入れ!」
忠勝は家臣にこう言ってたらしいからね





522 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/05/31(月) 00:18:07 ID:OiSJIujQ

小松姫との結婚で寿命が10年は縮んだろうな





527 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/05/31(月) 00:21:18 ID:D1m5kbf.

オヤジに削られ、弟に削られ、嫁にも削られて…
それであんなに短命になっちゃったんだね、お兄ちゃんは





529 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/05/31(月) 00:23:18 ID:OiSJIujQ

わずか90歳で亡くなるなんて早すぎるよ





528 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/05/31(月) 00:22:45 ID:w6WkdnOE

本来は200年くらい生きてられたんだろうな





507 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/05/31(月) 00:14:26 ID:Zn4BBCvw

悪妻として名高いがいい嫁に見える





536 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/05/31(月) 00:33:43 ID:eco6LZCw

言葉の定義にもよるけど、悪妻と呼ぶのはちょい抵抗あるかな





537 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/05/31(月) 00:43:34 ID:w6WkdnOE

暴れん坊奥さん





538 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/05/31(月) 00:49:32 ID:nW3T.w5E

鬼嫁でいいじゃないかw





539 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/05/31(月) 00:50:35 ID:YCeNao4k

戦国最後の豪傑婦人と呼んでいい





544 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/05/31(月) 02:47:33 ID:9pMAipvk

なんだかんだで「良妻」という評価をされている人だよ





545 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/05/31(月) 02:51:09 ID:pdsAwjwE

考えてみれば「あの」真田家で嫁やってたんだから
大した女性だったんだろうなあwww





547 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/05/31(月) 04:20:06 ID:EfoWOfGg

枢斬暗屯子が鬼嫁じゃなくてホッとした





573 名前: ◆fFI82Sjg3c [sage] 投稿日:2010/05/31(月) 22:46:59 ID:Dk4oW3tc

【チラシの裏】

          ,  -─ - 、
       , -'´     l、   ` 、      さて 私は第3部の再開まで少々の時間を頂いたのだが
     /       ノ ヽ    ヽ
    冫  ノ彡,ィ/    ヽ.   l     これは その間にプロットをしっかりと組み
     7  l       _,. l!   l
     レ'、r l=-、;__,r-=、_ l,_  ノ     宗義智のような輩が二度と現れないよう
      ヽlー─'l  ー‐' `lノ /
       ',   `     /,ノ       作品を完全に自分のコントロール下におこうと思ったからだ
        ヽ  -─-  ノi'
        lヽ、__ / _l、
     _,r '゙|ニ= 、 , 一' ´ ,ト 、 _
-‐'.´ ̄/;;;;;;;;|>/ヽ二二´ノ;;;;;;;;;;;;ヽ`'';;;;
;;;;;;;;;;;;<;;;;;;;;//l  :: ヽ /;;;;;;;;;;;_ - ';;;;;;;;
;;;;;;;;;;/;;;< / /   ::. ヾ;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;





574 名前: ◆fFI82Sjg3c [sage] 投稿日:2010/05/31(月) 22:47:56 ID:Dk4oW3tc

       /::::'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
       ,/::::'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ          だが しかし……
      'i:::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ゝ
      i;:::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ii:.:.:.:.:ゞ         いざ計画的に話を構築しようとしたら
'''"´^~ ̄;; リ:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i i:.:.:.:.リ^~`゙`'‐-
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`i"'i_;、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.i`'i、:.:.:, ノ';;;;;;;;;;;;;;;;;;    アイディアも妄想も さっぱり沸かず
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|i'´,/:.;ノ~ フ.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/`'-ミi,  'i,'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ -,l´ /ィ'"´⌒).:.:(⌒l/ミゞ  ヾ 〕;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;    この10日間余りを全くの無為に過ごしてしまった……
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i / .イi'´ ,,r‐'´:.:/´フ匕 `ヽ  } /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i !  ' 彡ィ'⌒''レィ'`'-、_`i  i  ,i. };;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i    ',/  f´ ``'r、 `'゙     l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i       | '-、/ 〕       l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;、-‐、ィ'       lこニニニl       i、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;ヽ  ヽ.      ノ  -   l        ,`ィ‐-;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l   l   ,-‐'‐-------‐'ゝ、    ,r'  /;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l   l_,,ィ'´ゞ`'‐,r''´⌒`'-、‐''´'‐、 ,r'   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;




            / ̄ ̄\
          / ─  ─\
          |   (●)(●)|
     ____. .|   (__人__) |      「計画的」ってのが本当に苦手な奴だな
   /      \   ` ⌒´  ノ
  /  ─    ─\       .}
/    (●)  (●) \     }      そういえば こいつ
|       (__人__)    |    ノ.ヽ      小学生の時も 夏休みのスケジュールすら
/     ∩ノ ⊃  /∩ノ ⊃|  |      まともに作れた試しが無かったお
(  \ / _ノ |  |/ _ノ |  |
.\ “  /__|  | /__|  |
  \ /___ //___ /





575 名前: ◆fFI82Sjg3c [sage] 投稿日:2010/05/31(月) 22:49:18 ID:Dk4oW3tc

    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::;;ィ"ッ/ノノノ ゙i:::::::::l
   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::/::;ィ:/~ ⌒ノ ノノ   l:::::::::l
   /ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::/'´  `´          i':::::::::ji
   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::/ -‐-_,,,,___          i:::::i::ノ     ……で 気晴らしに部屋の大掃除などしてみたら
    {;;;;;;;;;;;;;_;;;;;;;::i_,,-‐l ̄   `'t-__' ,,,___-‐- i:::ノ'´
   l;;;;;;;;;/ ヽ;;:i   i     ノ  {    ゙̄l         押し入れの奥からスーファミが出てきて
   ヽ;;;;;;l i ) V    `'‐--─"   l、__  ,ノ、
    \ヽ ゝゝ          ,  〉  ̄ }ノ         試しにテレビにつないでみたら
      ヽ\     ,          /ノ
       \ト-i     `''‐- 、,,,_    /‐'           これが見事に起動して それで……
        l ヽ       _  ̄ ノ
        l゙  ゙i           /
       _,l    ヽ         /
     ,r'´ .l ,r‐- 、,_`'‐-─-- ,,_,,ィl` >
_   \ l/r'     ̄``'''─--─'´ノ-、
 _,,二ニニ=-、______,,,,,--‐ッ‐'  ``‐、,,_



       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\
  /    (__人__)   \    こいつは…… ダメな大人だお!!
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /





576 名前: ◆fFI82Sjg3c [sage] 投稿日:2010/05/31(月) 22:50:19 ID:Dk4oW3tc

.   丿,.:.:.:.:.:',:.:r'i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ,
  / ,:.:.:.ィ ,i'  'i,i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. i
  i :  :.i:        ``'‐、:.:.:.:.:.: i'    ……そんなこんなで難渋するうちに
  `'ヘ ':i      _,.-‐''- _,.Lr‐;.:./
    '‐<>- 、,_r'"゚´~`i゚  i' f /:.i     私の中の戦国武将が 次の様に私に語りかけてきた
     i,_  _,i '‐--‐'゜   /.:丿
   .  ヽ ̄ L、      i 〈-'´
      ヽ.  __,,...-‐'  / i,‐z,
       ヽ  -     / _,.‐'´`>、_
        ヽ.  __,.. - '-‐'_,.、‐'´:::::.:.:ヽ_
       ┌'`]'"´~__,,.‐'´::::::::::::::::::::::::::..``'''‐‐-
    _,,..、-‐'~'‐t-‐ 彡:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.....:.:
  ,r'´ ィ'´     i/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::





578 名前: ◆fFI82Sjg3c [sage] 投稿日:2010/05/31(月) 22:51:06 ID:Dk4oW3tc

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
              ____
           ,、 '´:::::::::::::`ヽ、
         /,イイ从仆彳´ヾ;:ヽ
        ,r';:,/      ゝ'゙   ヾ;\
       ,イ::::,!            ゙i;:ヽ
       i|::::::i}   \   ,イ     i::::i
       {::::::,!,r'´   、ゝy'´     l::::l
       ,!::::|  ,r-‐、 `ト  _,,、-、 「人
      ,イ,!::::i   'r'ニ・ンイ`イ゙・ファ  ,}i イj      
進め!
     i:::::::::::,!   ,r'´ ゙ヾ  `Y´  ,! ト::::l
     ヾ;:;:;:;:;:ト、   ゝニニフ    ,イトミ !      
そのような時は 迷わず前に出るのだ!!
       }k;:;:;:,| `    カ    イ  ,!;:;:i
     , イ;:;:カ;:,!   _,、ェェェェェ、_   ' ,ノ゙:;:;i
    ,ィイ;:;:;:;:`Y    ´ "´ ̄ ` `   ,ゞj,:;:;l
    i゙;:;:;:;:;:;:ゞi    '´ ̄  ̄` ,レ  ,j;:;:;:;ト
    ヾ;:;:;:;:;:;:;:,ゞ、 ,i!      ,yイ゙  レイ ,{、:;:,!
     ゙>;:;:;:;:イゞミュ   , イ  _ ,ィ'´ ̄Yi:;ノ
     ゝイi´ ̄`ーゝー'ー'フ''´,ィ'´ _,,ィ  i l
      ,!ヽ i}`ー-、`ヾ | i´ ,r'´   ,イ |
    _, イゞ、 Y`ー、_!、  | l ,/ '´ニイ ゝィ-、_
-'イ ̄´_,、-‐'`ヾ、ゞ-、_j ,`Y| | ノ _,,、 ノ, ィ  `ヒ `Tー-、_




      / /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\\
     ,レ'´:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ\
    /::::::::::::/::::::::::|::::::::::::ト、:::::::::::::::::::::::ヽヽ
.   /:::::::::::::::/:::::::/!:|l::::::::::::|-ヽ::::::::::::::::::::::::',ヽ
  /::,イ:::::::::/:::::::/-l:| ヽ::::::::|  \__::::::::, -、:| l_
  /:/ !::::::::::l::::::/-、ヾ:、ヽ::::::! /⌒ヽ`∀ ,ヘ !! `丶、   
平気 平気!
  l/ |:::::::::::|:::::!   ヽ ヽ \l ! __  V   |! ,.ィ'´
    ハ:/⌒ヽ:|  __      '´ ̄`ヽ ヽノ/::::::',     
辻褄なんて どっかで適当にあっちゃうよ!!
   / ヽ'⌒`ト! 〃 ̄`   ゚__ノヽ      }イ::::::::::::::l   _
.  /--,--ヽ 〉     「 ̄   |      /-‐ヘ-‐1-‐ ´
  `ヽ/::::::::::`ヽ、    ヽ     l    /    ', l
_,ry‐ゥ-、::::::/フ 丶、 _ \ __,ノ_,.ィ'´|   /    ! ヽ__,. -‐
、`'ー{__,ィヽ´/   /´ l{二ゝ-='-イ  ! /    _ !_,.イ!
 `` ー-´77ーr-'-  / j  _|:_ 」   l /,. -‐'´、::::::::||
      //  !ヽ   /  ̄         l'´    `丶リ
.``丶、 //  l、 ヽ /             !
``丶、//    !ゝ__V            l
    ! !    |  ヽ-―ァ  __ -==='ァ
.    | |   l    ヽ'´,. '´     ̄`ヽ、/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





596 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/05/31(月) 23:38:50 ID:fFhyHdlw

こいつらに言われたらダメだろwww





579 名前: ◆fFI82Sjg3c [sage] 投稿日:2010/05/31(月) 22:52:29 ID:Dk4oW3tc

    /  {                     ヽ
   ./  .∧  、 ゝ、_        f⌒ヽ     }      ということで プロットを組むことは諦めた!
  /   / ヽ ト、\ー‐= ̄ ̄`丶、,イ f__ ',   |
  /   |   `ーゝ    ,.ニ_     /ヽ!ゝ }|  ゝ      今までどおり その場の思いつきで話を回す
  {イ  |          /´ __.  /     リ |   }
  |   ',         /./,=ミく       _,ハ、rィ^ァ'^フ'
  ゝ!   \   、 Lノ/ 〈 ゝノ.ノ        ヽ   / /     よって 第3部も6/5(土)から再開することにしよう!
   \ト、 {. 厂>y‐ゝ_二/        |  ./ /
      ` `ーァ'´「{ )i        -、   | / / /
        ヽ _/゙!  ,..     ノ}    | /  レ'
            ヽ  ̄    //      |/  j
            `ヽ、 ∠/,     ノ/  /
              \        /./   |
                     `丶_  /゙ト/   ∧
                    ̄  | ヽ、_/,イ
                       └ァ=禿ハ
                        / / |  !
                       /  / |  !



       ____
     /      \
   / ─    ─ \
  / -=・=-   -=・=- \    ……マジで行き当たりばったりな奴だお
  |      (__人__)  U  |
  \     ` ⌒´     /


                                【チラシの裏】おわり





586 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/05/31(月) 23:06:20 ID:AYQgYYls

ヤッチマイナーー!





583 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/05/31(月) 22:55:46 ID:etuy.L9w

楽しみにしてまーす





594 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/05/31(月) 23:32:24 ID:L749uYZU

宗義智大好きだった俺は
今度は誰が暴走してくれるのか楽しみで仕方ないww





582 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/05/31(月) 22:55:29 ID:myOvybGU

決定的な破綻はないよね、史実という元があるからwww





581 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/05/31(月) 22:54:34 ID:1CJG6x1Q

どんどん風呂敷広げて壮絶な大巨編が生まれるのであった・・・










投稿日 : 2010/06/05 | カテゴリ : 新・関が原戦線異常アリ | コメント数 : 23
■コメント一覧
  • No.3156 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年06月05日 04:28 [ edit ]

    やる夫が真田の嫡男でも、そろそろ小松姫の登場だが
    小松姫は結構色々と解釈のしがいのある姫だよなぁ。



  • No.3159 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年06月05日 04:56 [ edit ]

    人物の解釈をAAの配役で楽しむことが出来るのがやる夫スレの魅力だよね
    誰が誰だか忘れないし、人物同士の関係も元ネタに絡めて覚えやすいし…
    オレみたいな不勉強の輩には歴史を楽しむ大きな力になってくれるよ



  • No.3162 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年06月05日 06:45 [ edit ]

    それは良妻というにはあまりにも強すぎた。(ry



  • No.3169 名前:ツッコミ 投稿日:2010年06月05日 11:11 [ edit ]

    真田昌幸が徳川家康と正式に和睦して、嫡男の信幸(信之)が人質として家康に派遣された時に
    家康の本拠は浜松から、駿府にすでに移っていたハズなのだが、まあ>◆fFI82Sjg3cさんの
    妄想力&ノンフィクションじゃないんだからこれ以上イチャモンはやめよう。
    いや、今進行中の歴史系やる夫スレでは1,2を争うほど楽しまさせてもらっているのでw…



  • No.3170 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年06月05日 11:33 [ edit ]

    姉御が小松姫だとすると、2丁拳銃はだれになるんだ?



  • No.3175 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年06月05日 12:55 [ edit ]

    昌幸はあれで
    信繁があれだろ

    真田家はブラクラ勢かな?



  • No.3176 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年06月05日 13:06 [ edit ]

    AAで人物を忘れないってのはある意味画期的だよねぇ
    歴史モノ初心者が敬遠する一番のネックをなくしてくれるし
    この小松姫はなかなか忘れられそうにないな!



  • No.3177 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年06月05日 13:28 [ edit ]

    NHKの真田太平記でもこの品評会のシーンがあったな
    小松姫は全盛期の紺野美沙子が演じてた



  • No.3190 名前:名無しさん 投稿日:2010年06月05日 20:04 [ edit ]

    すげー楽しみだ!



  • No.3195 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年06月05日 23:43 [ edit ]

    沼田城に狙撃手配置しそうな人が来たなw



  • No.3209 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年06月06日 14:01 [ edit ]

    キャラクター設定をきちっと作ってあとは彼らが動くに任せる製作手法は劇画塾でやってなかったっけかな。
    それで成功したうちの一つが『うる星やつら』。

    とりあえずがんばれw



  • No.3210 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年06月06日 14:27 [ edit ]

    >>8
    おお、なつかしい。
    あれのおかげ(?)で、いまだに信之=渡瀬恒彦さんのイメージだ。
    やる夫信之でさえ、渡瀬声で再生されるw



  • No.3220 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年06月07日 02:19 [ edit ]

    小松殿の輿入れって17歳説のほかに18歳説と14歳説があるそうな。



  • No.3228 名前:  投稿日:2010年06月07日 14:05 [ edit ]

    >8
    あったっけ?忘れてた。

    あのドラマのイメージか、テレビ東京の12時間ドラマの昌幸も丹波さんだったな。



  • No.3239 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年06月08日 00:36 [ edit ]

    家臣が他の大名家と姻戚関係になるのはまずいように思うんだが、
    「いったん家康の養女になる」ってのは
    その問題をクリアするための手続きだと思えばいいのかな。



  • No.3253 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年06月08日 22:34 [ edit ]

    それはケースバイケースで、独断で閨閥を組まれたら確かに問題だが
    作中でも言及されているように、今回の場合は関係改善を目的とした政略結婚だから、
    むしろ重臣と姻戚関係になるからこそ同化政策として成立する。
    家康の養女にするのは、この婚姻をそれくらい大事に考えてますよという内外へのパフォーマンス。



  • No.3441 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年06月23日 09:11 [ edit ]

    >>478の『かがり花』って、これに出てくる指絞り侍女か…((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

    ttp://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-462.html



  • No.3480 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年06月24日 14:11 [ edit ]

    ※16 そんなに気合いの入った政略結婚だとしたら、やっぱりこのエピソードって後付けな気がするな。
    後々の小松姫の鬼嫁というか豪傑ぶりが鳴り響いて「そんな女傑が親や主君の言うがままに政略結婚なんて
    普通すぎてつまらん。案外こんな逸話で結婚したんだったりしてー♪」と勝手に創作されたような気がする。
    元スレの他の方の※でも、忠勝は礼儀にうるさい人のようだし、こんな暴挙許さなかったと思われるので、
    やっぱり普通に親と主君だけで決められた結婚だったのでしょう。



  • No.5215 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年09月05日 01:09 [ edit ]

    夢のない事言うなよw
    大部分の人はその程度のことわかってんだからさー



  • No.10708 名前:  投稿日:2011年04月01日 16:33 [ edit ]

    俺は完璧な計画を立てるが、その通りに事を行ったことは一度もないな



  • No.22014 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年08月12日 20:30 [ edit ]

    真田信之について
    ・若くして知謀、政務、統率、武力に長けており、いずれも実践の場においてその実力を示した
    ・父 である昌幸は「とんでもない奴が産まれた」と評価
    ・弟 である幸村は「兄上には叶わぬ」と評価
    ・義父である家康は「あの男なら申し分ない。小松殿を養女として、徳川家の縁者としたい」と評価
    ・義父である忠勝は「俺、マジで気に入ったわ。」と評価



  • No.27162 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2015年06月02日 10:36 [ edit ]

    まあこれも、事実だとは思えんし創作で間違いないが
    面白い逸話である事は揺るがぬ事実だなw
    これは学術論文じゃなくてやる夫スレなんだし、こういう話をぶち込んでくれるのは嬉しい

    信之、最近一気に評価されつつあるなあ
    戦国無双でもPC化したし
    今度の大河でもっと評価されたら良いな



  • No.27177 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2015年06月13日 12:26 [ edit ]

    ※No.27162
    わからんぞー主役があれだしな
    ヒストリアでも戦では対して役に立たなかったけど家は残しましたよっていう酷い作りで見てて腹たったわ
    どうせ弟すげー弟マンセー要員になるだけじゃないのかな



■コメント投稿
     行間隔の関係でアスキーアートを貼りつけてもズレが酷いことになりますので、
     アスキーアート付きのコメントは削除する方針です。
     荒らしの書き込みに対してレス・言及しているコメントも削除対象ですのでご注意ください。
プロフィール

管理人 : 「ピチカー党員No.11」こと金ニダリスト

       ___
      |それ金|
    z'| ── 、
    / ハ ヘ u ヽ
  人/ノヽ ミ=‐...|_     生活の中心が株になっとる
    }≦ u 爻r.j. |彡}
  (  u  リ У{三≧
   ` ー─t r三勿 {气}
      厂 ̄(三)  `气


◆カウンター(ユニーク)    ◆カウンター(トータル)
       


全記事一覧

RSS

管理モード
ツイート
最新コメント
最新記事
まとめ記事
【歴史系】
【物語系】
【ゲーム系】
【学ぶ系】
連絡先はこちら

苦情・相談などありましたら、
下記のメールフォームにてご連絡ください。
(ファイル添付可能)

連絡用メールフォーム

貰い物紹介

TOP画像募集中

  

ダンジョンマスター作者様からいただいた逸品。
カナ、マジプリティ!



  

  

帽子屋HeII0様からの贈り物、しかも二枚!
各作品に対する愛情が伝わってきます。
帽子屋HeII0様のブログ - 「-simulacra-」

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
© それにつけても金のほしさよ All rights reserved.
まとめ