■新・やる夫の関が原戦線異常アリ 番外18 「ROWDY WAYS」
624 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/02(金) 21:49:28 ID:HpC1tjEk

<番外18 ROWDY WAYS>

加藤嘉明が「唐入り」において朝鮮国水軍と激闘を繰り広げたのは本編で述べたとおりだが
秀吉が 水軍とは縁もゆかりもなかった嘉明に それを率いることを命じたのには理由があった
水軍衆のような特殊な職人集団の扱いに 嘉明は非常に手慣れていたのである

                       _____
                       /´   \  `  、
                    . '       '.   》
             .       / ,. -――- 、 l   〃
                   //: : : : !\:_:|:_: \/ハ
                 〃: : :!、: : :|/∨ヘ : : !ヽ|         荒くれ者の相手は
                 f: : |斗-\| '下ハミV h: :!
                 |: : ハ      マり |: :リ、: \        わたしに任せるでゲソ
                 lハハい == , . へ   |: :l: 、\: \ __
                    }ハ   く{  }/|: :|\\\: : : : `\
                  /;|: |>r--rf  |: :l- 、\\\ ̄`\\
                 ///:/ ̄う |! __,ハ: !.〃\∨l\ヽ   Ⅵ
             .   〃 .//  _,テ |!,/  V《    ヽ|  Ⅵ   |:|
                 || !´`ーイ、_ ,.     Vマヽ、  ヽ. j:|   |:|
             .  __,リ_ |`T卞、_{   |  .ノ ハ:.}/    }':/   __}:}
                \/ ヽ:Ⅵ: {∧  '、  テ{/厶rァ 7´:〈   |_;「
                   くノ〈:〈__   二 {_ノ{:{ーヘ  \/
                    ∧_:_| 、    く/  |ハ
                     {O、    \       /O}
                     \\         / /
                         ヽOー―一 ´ O,.〈
                           `tーr┬‐一く  '.
                             》‐' |    )、_',-、
                           {_/    {    }
                                `T⌒\  ← 加藤嘉明
                                   \__ノ


嘉明の父 加藤教明は徳川家康に仕えるものの「三河一向一揆」に宗徒として参加・敵対し
一揆の終結は家康の帰参許可を顧みず 前年に生れたばかりの嘉明を連れ三河から出奔した





626 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/02(金) 21:50:27 ID:q/y2f6Do

イカ娘、アニメ化おめでとう!





627 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/02(金) 21:51:24 ID:HpC1tjEk

しかし 出奔はしてみたものの
教明は再就職もままならず その生活は貧乏のどん底に陥り
数年後 近江に流れた教明は嘉明を手元から離さなけらばならなくなった


  \ ごめんね 孫六ちゃん ごめんね /
    \                   /
            __
        ,, ''.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:` ‐<
       /.:.:.:.:.:.:.:,,  ´ ''  ̄ >< ,, - ‐ '' _  ̄ ̄ <
      /:.:.:.:.:.:.:/ ∠´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ   ,, ''´         \
     /:.:.:.:.:.:.:.:i /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ.:.:.:.:.:.:.:.::∧´ ̄: :''': :‐ _     .ヘ
    i.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧:\.:.:.:.:..i ∨:.:.:.:.:.:.:.:∧: : : : : : : : : : '' ._  ∧∨
    |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:! ∨:\:.:.:i ∨:.:.:.:.:.:∧i.///i: : : : : : : \.∧ ∨
     i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧:.!  ∨ \i/∨.:.:.:./ ///ヽ |: : : : : _: : : \i  .i
     i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i`∨ー‐-ゝ  ′ |∧//んう゛ ` |_ ,, .''´ |_.!.: : :∨ .i
  ∠二.::.:.:.:.:.:ヘ:.:.:i   _    ,〃 ! i.:.i . 弋:り     -= ̄_|,イ: : : :.i   i
    /:.:.:.:.:.:.{ ∧:.i ´ ̄ ̄`      } i.: i∪      だう .', .i: : : : : i  .!
  ∠:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ゝ .ヘi レ .f :⌒'''ー:7 イ_i.: .∨⌒:\   弋:り / j  ∧.: |-‐┘
   /:.:.//:./´ ̄ ̄>.ゝ_: : : :_イ./ .`ヽ i: : : : : \_     /∠  ∨      いいでゲソ!
   |/  i         > ̄´ /     〉i\ : : : : / レ /: : i
     /               >     イ: : i >┬―-< i: : i           気にしてないでゲソ!!
    /               >_./ i: : : iヽ .´ '' T_´^` ̄ }
    i      - .⌒i:i-,,        '' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     ト .
   /         .ハ />.,,               _ ,,. ‐イ: :\
  /     /   / : : ∨   > .,,    ,,  - <'´|ヘ   i\: : ∨

  ↑ 加藤教明


嘉明が預けられた先は 馬喰の親方の下であった
馬喰とは牛馬の仲買・鑑定・治療等を行う専門職人であるが
はっきり言って この時代ではカタギのやる仕事ではない





628 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/02(金) 21:52:24 ID:HpC1tjEk

嘉明は そこで親方の仕事を手伝いながら
自然と馬に関する扱い方 ついでにヤクザな仲間たちとの付き合い方を覚えていった


     ゞ         ノ                                   .      ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
    ヾ    .   .  ノ                                           ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
    ゞ ヾ        .|                                           ゙、';|i,!  'i i"i,
   ミ      ミ   ヾ ,/                                            `、||i |i i l|,
    ミ    ゞゝ `ヽ,/´ヽ               ,.-――――‐  、                   ',||i }i | ;,〃,,
   ミ    _ゝ        ヽ              /      ,.-――┴- 、                 .}.|||| | ! l-'~、ミ
  ミ    .ゝ ..ー-、  , --、|            /   |   /: : l、: : : ;l: : : : :\               ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ
  ミ   _/   , --、  , -、 i           ./   :! ./: : :、: :!_\;/ _V\ : |`              .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ
  彡  ヘ|   //。|. |\ヾ          〈 ___V: : : :|∧|      __`|∨               Y,;-   ー、  .i|,];;彡
  彡 | 〈|    ーイ  .!゜/..irヽ         ` ̄丁 |: |:l :| __   〃⌒V|               iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ
  彡 ゝ_.|      ゞ 、T ヽ/             ヽ|: NV:!〃⌒__ //}|                {  く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ
  ノ   .ト  ヽ,ー――‐i´ i             /: :{_|: :|//f´   ヽ}  八                ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ   _,,__
  ノ     ト  `!ー―‐r  ./            _/: :/:/ : ト .丶___,ノイ\_:\              ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三=-;;;;;;;;;''
  ノ     |\        /        __,/: :_;/: /,.イ⌒ヽ!ヽ: ト、\  !: |__    .,,,,-‐‐''''''} ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;;;;;;;;;;;;;'',,=''
 ∠ー――//_\_____!ー――     |: : : : :/__/: ;.イ:/ ,リ    }、\| : | └┐:|__  . ;;;;;;;;''''/_  / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;;, '';;;-'''
/     / / |      |  \ (  /: : | ̄ 「: :__∧fニyイ|:〉    Vにう: 〉  \/  '''''  ,r'~ `V ヽニニニ二、-'{ 十 )__;;;;/


嘉明を引き取った親方も 嘉明の素質と度胸を評価しており 将来は自分の後継者とすることを考えていた

だが ある日 嘉明の運命は一変する





630 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/02(金) 21:53:39 ID:HpC1tjEk

その日 嘉明は自分で目利きした馬を連れ これを市で売りに出した
嘉明は この馬の品質に絶対の自信を持っていた


               ,-、        ./ ' ,\
             rくヽ }    , '/     ' , \
             f^ヽ_}と ) ./ /      ' , \
                ド´__/ノ::)\/         i   >
                ゞ.;;;;;;;::イ  / _ ,, ........... ,, _  | //
                \ \レ'´: : : : : ∧: ;、: :\<|      名馬でゲソ~ 名馬でゲソ~
                \/: : : /\: / へ!|\iヽ.-i
                     厶!: ∧    ,-、ヽ: :Vノ: !      とびっきりの名馬でゲソ~
                  ∨: :〉へ   _  〉:\ :ヽ
      /\              ノ: /ゝ、_<ノ ィ´: \:\\
       / : : ::>        /: /: : \/下孑个,、:/: : :):\
      >-‐―v-へ、_,../: :/:ィ: : :ノ. |/_.ムィ´: ;,ィへ、: : \                ,-―、
      \: : : :〈: /: :_:_:_:_/´/: /    ヽ: : : く´ |: : ハ\ : : \          l⌒ヽ  〃⌒n/⌒',
       \; へ_:/ー-'´ /: /      _|:>,..ィ=-v!: : ハ \ : : :\         7  ヾ ヾミ /   r
       /:\ rー←--‐<~´      |: : : ん⊆ヽ:::ヽ: ::i.  \: : : 〉       /  、     ,   f
      <: : : : :`ヽ::::::\ \◎、        !: : :.LL| | |:::::ノ: : !   /: : :/      _ ⊥__(:)_____(:)     |   んあ~~
        \:; へ: :〉、::::::\ \ \     ¨Τ: :トニイ: : : :|   〈: : :〈     /, ━‐、  , ‐━‐ 、 、  ミ
             \::::::::>、`◎ヽ、   |: :!  「 : : : : |   〉: : :〉   / /:::::::::::::/  {::::::::::::::::::} \.ミ\
              |\/ 〉、 \◎、____ト.┘ | : : ! ̄.__/: : :/_  | ` ━‐ '   ` ‐r r━'   '  ||へ__
                   !;;/ /ー-\ \...__◎\-‐: : :.|   \: : : : : /  l          し      ∧===ヘ
             _,,,,,_/ /    \..._____>「 ̄    \:./    ヘ.   '´   ̄ ̄ ̄ `ヽ /ニ V| ヘ::::::::::V
           /::::::/ /、           l:\ \:,;,;!、,,_            > 、         {{__ノ |/:::::::::::ll:::l
           人:::::::∨::::}         ̄\ \:::::::::Yヽn             ̄ ̄T ̄ ̄ 7 ̄   |{:::::::::::」}:┘
          /  >.---〈             {\ノ:::::::ノ {{               \  /     / _77  ̄ ヘ
           ((        }            >‐--‐<   i !                /‐‐‐‐‐ 、/ニ∧___ l
          i !         ノ          /         }}                L ___ 」   └――┘





644 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/02(金) 21:59:56 ID:SVjcHjUc

マキバオーw





632 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/02(金) 21:54:31 ID:HpC1tjEk

     ,i/ 人   i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/      ,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://'、 ` i
     i  ! \ i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::// i   i
     i   `- 、,! i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ // /::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ r-'´  /
    \ 、 _i- 、ii::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/'" /'´:::::::|、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/r¬  /   …………
      \ ゝ、 ii                 |!i,               / //
  ___ -―\ ` -i,.                | 〉              /   /`―- 、 __
^ ´      ヾ`- 、i                  |/              /, -7       ` --
          'i,  'i,                              /   /
          'i,  \                           /  /


   この口上に興味を示したのか 身なりの整ったひとりの武士が この馬をじっと見た


                                  ,ヘ
                       _,.  -―rヘ 〈  \ ))
              /\   ,.ィ'/      「 ̄L`ヘ. '
            (( L、 〈  〈/¬‐-ニ _/ └ヘ 丶ハ. ',    お侍さん どうでゲソ
                \ \,イj/j人人ノVノh、_,」\ \} }
                /\丶`'イ! _` ´ _ | | h 「 ̄L \i    この名馬 買わないでゲソか?
                \ 〈 \リ⌒  ⌒│ |)| └ヘ V /
                ヽ. `ー个 ._ ̄} .ィ| い、_ノ ∧ V
               ┌‐ヘ.―/´^)▽ 「 `)、 `二二 ノ ノ
               └ヘ V(ト-イ)  (ト-イ)^ト-----イ





633 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/02(金) 21:55:30 ID:HpC1tjEk

ところが この馬に対する武士の評価は嘉明にとって意外なものだった


 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.: : : : : : : : : : : : : : : : \
,/:::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
:::/:::::::::::_,ィ__;:::::::::::j:::::::::::.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
/:_,.-,ァ'´ j_ノ:::::/ |::::::::::: : : : : : : : : : : : :.: : :i: :'、: : :.:.::::〉
'´ / ,/::r一 '´  /:::: : : |: : :i: : : : : : : : : :i:. :.|: : '、:.:.::::/
  |   |:::::::j  __,.-'´:/::::. : :j: : :| : | : 、: : : : : :|:.:.:|:.: :.'、:.:/
  |   |:::::,′ /:::::/:/::_,.-'´ !: : |: : \:\:.:ヽ: :|:.:.:}:;.:.:.:〉′
/|   l:::/  /:::::/:/r'  ,.-'´!:i: :\: : :\:\ヽ:j:.ノ/ ヽ′
: /   V  /::::://'  /:::::::::| |: : :  ̄二ニ=-〉//)  }`丶、
:〈.   /  i::::;イ/  ∧::::'、::::::l: ト、_:_:_:_;.ィリ´///r'  ノ     `丶、
::ハ   {.   |:/´|| /:::::ヽ:::ヽ:::::l:.:.:r<` ' ノ //:ハ{. ィ´          `丶、
:{ ',  !   |i  || ヘ\::::::\:\:l::::| ̄ ̄ ̄ノィ:ハ:}´|           >
ヘ. ', i   |! ! ', \l\{ヽ|\{     〃|-'}}:|:|            ,/
| |、           ',   .:j  ` ヽ     /|刈リ:!        /     ……駄馬だな
! | '、           '   `        /||:|::.: :i|        /
__! '、         }┐ r‐ュ    / /|:|:: : i|         /
 {.  '、       ノ !       / /: :.:!:!: : i|\.      /
 ∨  }        {-、.|、     /- ´:.:.: :.:.|ハ:刈、 \   /
  V |(、        ソ }!:.:`.ー'´:.:.:.:.: : : : :..:}! 川|.:\   `〈_
.   N  ̄ ̄ ̄ ̄  /:.:.: : :.:.:.:.: : : : : : : ;.j}:.:jハ{:.:.:.:.:`.     `` ー-、._
    !        |.:.:.: : : :.:. : : : : :.:/: : : : : : : :.:.:.|          >
    !、       ,.|、: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:.:|        ,. - '
    !  ̄ ̄ ̄ ̄´ |:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : : : : : : : :.:./     ,. ‐'´
    !        |:.:.:.:` ー'′: : : : : : : : : : :.:.:.:.:/   /





637 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/02(金) 21:56:57 ID:dS6/6FKE

あれ、社長久しぶり





636 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/02(金) 21:56:40 ID:HpC1tjEk

         /,.  ̄ ̄ ̄  ̄ ─ - 、
        /               ` 丶、
       /   l                 丶、
       /  :l                   \
      /   !      _ , -─   ̄ ̄  ─- 、 ヽ
      /    l    /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\ヽ,.
     /    l  /: : : : : :/: : : :{ : : : /ヽ: :}\: : : : : ヽ、
     /     l  /: : : : : : /∨ヽ:八 : / u }// \ : : : : l.
    /     !/: : ヽ: : :/| i |十ー-∨  / _.x\:/V:.
    〈 ____.l/: : : : :V干F=t-r      =千て「 !: : l      そんなことはないでゲソ
      ̄ ̄ ̄ ゞ :r‐ヘ: : : l {i:::::::`7      {i:::::/  {:∨.
           l:{  ハ: : l ゝ-‐‐'       ̄´   }:l        お侍さん
             l :\_/}: : } u            , ' :l.
          ,′: : : : l: : :ト、       __    イ: :|: : l       これは名馬中の名馬でゲソ
         /: : :/: : : :l: : :K  >  _´__, <, : l: :l: : :l
        /: : :/ : :l : :l: : :l 「ヾ 、      //`l: : l : :l
      /: : : / / : l : :l: : :lV `,\.__ __.//  l: : l ; :l.
    /: : : : / /: : :l : /l: : :l   \\ //  l: : l ヽ


これに反発する嘉明であったが 武士の回答は明瞭であった


. /
/   .,、,
  ,r',r ,.,i
 .l l ' .ノ
  l.'-,'"~"lr,
'‐、'i '   ヽ.=':,
  ~''‐、   .'‐,'i         ,     確かに この馬は力に溢れている
"i,   /   ‐='‐- ;-,_, 、,  , ノ
-'  /.  ヽ、, 、.i~ ',="' " `        だが同時に
   /、_ , 、 .r =,'_' "
、, ./'‐、      ./             あまりにも癖が強すぎ凡骨ではとても乗りこなせんな
-、''‐‐ッ     ./      , 、
 ツ /'‐i    /     /.,r'-,      普通に乗れない馬など その価値は駄馬に等しい
-'/'  ノi'‐ 、 /"‐' "i, ,ィ' / ,ィ'
./  / i  `','ゝ〇y'" / ,.r'
'  ./. i  ,ィ'i ,ィ'' ノ ,./
l  ./ l /  y' ,,,' - '、,_
l. / l./"i ./  ''  ;;- 、,,_'!、
l /  l ,ィ'      , 、、, '‐!
,@  l,ィ      ノ"  i‐/
'・l,.ィi       ,r'    "'
r'"  '-、__, , r ' "
 ::::;;;;;;,r''





639 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/02(金) 21:57:46 ID:HpC1tjEk

しかし この武士の言葉にも さらに嘉明は反発した


     _ ,, ‐----‐ ,,___
    /|    ,,-: :´: : :--‐、`ヽ
    / |  //|`\/  /ヽ: |`          お侍さんは間違っているでゲソ
  /  | /: /| \    ○ \\
  /  ∨: : : | ○     、、 ヽ:`.-.、       この馬が人を乗せられないなんてことは
  ` - ,|: :ヽN、、、 _ ,,.-:´ `、  )) ヽ:ヽ
     |: : \\  {: : : : : : :j /ミ}\|: '-.、    絶対にないでゲソ
    / : : : |: :|  ヽ: : : :///: : \ニフ:ヽ_
  /:/::/:と|: :|` ーt─ イヾ/:|\: :|~ヽ/: :ト
  |: :|{: : {:/ヽ|: :|`\| `\| `、:|  ー,`i \/
  j: :jヾ::ヽ._|: :|\ \    ~`-<: : >
  |: 「 〈 r-'::r─'`L`∠___ノ◎ソ
 /:_:フ 'ー'ー`    /◎_◎_◎/
            `7-,──-t´|
             し′   'ー'


言うが早いか嘉明は この馬にひらりと飛び乗った





640 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/02(金) 21:58:30 ID:HpC1tjEk


           そして嘉明は見事な手綱さばきで この馬を乗りこなして見せた


         /ヽ,,、、__,、,、   ,. ヘ                ______
         | |ヽ    `''v'/| i             .  ´― 、      `\
         !  _      ` ' .|           /       \     / ′          ____
        / '´,,,ヽ し;;;''^'、  i          /           ヽ    / ,′       //: : : : :\
        /  ∂ ___∂   .           /            '  / /        ./:/´ ̄ ̄`ヽ: : '.
      ,. -'''‐"´ ̄,-─-'=--、  |        /           ___∨ ハ       / : /      |: : :i
    /:::::::::::ノ  (::::::::::::::::`ヽ` .         /        .   ´ : : : : : : : `  、廴__ /: : : /       .|: : :|__
.    i ヽ;;;;:/    `‐、::::::::::ノ  ヽ''‐、    ′   .  ´ : : : : : : :\: : : : : : : : : : : : : : : :/  ,.----、 :|: : : : :|
.    |  ,,.. -───-- 、 ̄    i  ヽ,,;;≡|   / : : : : : : : : ト、 : : i、:/ : : : \: : : :__/一: :´/⌒Y: :i   ̄|: : |
.    ヽ''"         ``''‐、  ノ   ヽ ̄l /: : : : : : : : : : : | ヽ: |厶≠ミ、: ト\: : : : : : :/    | : |  _!: : !
  ,,.. -‐\             /    i  ∨: : : : :\: : : : : :|   j/Yん心 V:ヘ.}__,rー≦ミー 、    | : l  | : : :「
.;''"ヽ, \ ``'、- 、___,,,... -'"     ノ,ヽ/: : : : i: : :| \: : :| 〃 `弋り V:∧f  f「  \:\  ヽ: \  ̄`
. \ `ヽ ヽ,  \,. -‐=''、         / ヽf: : : : : ト、:_|___`__:|         v:ハ  ||    \}  _/: :/
  ``'‐、,ヽ!-‐''/``''ー-、 \   /  /  |: : : : : ト、\〃 Yん心     ,、 ,ハ: : i  :||     丶!__|
         \   \  i ∠-,--,'--‐'''" l/ヘ: : : ! ヽ:ヾ. `弋り   , / }/ | :| ヾ.-、     `、
           \__,...,_ヽ/ヽ∠/       \:!  l: : :\    <  /  ! : l_  ∨\     ヽ
                             | ̄:l__! : : ! ` ー┬一<   / |: : : :|  }、:__ヽ.__    \  __
                             |__ : : | : : l /`<ヽ.   \/   ̄! :└ァ'´.:.:.:.:.:.:.:.:.`\ _,. ´    }
ほらほら 見るでゲソ!             __  \j : : j> .__ン\__  ┌┘: ;厶-‐ ´ ̄ ̄ ̄´      /
                           |: : :l__/: : :/_,.イ 廴:ノ、_ソー   \/       、_____,,.  ´
この馬はちゃんと人を乗せれるでゲソ!! └ 、: : : :\: :\: : !O!  `´   i´ ̄ ̄ ̄   ,.ヘ、     /.:.:.:',
                              ̄`>′:/ ̄| |        \ __ . イ\_ソ   ∧:.:.:.:.}
                              i´: : : : :i ,r:| |        /  !:.ヽ{      / ノ.:.:./
                              |____|/ :| 、      _,.-―‐\:.:{ ̄ ̄ ̄ /i.:/
                                 |: : :__∧ O` ー一'´ O     `{ ̄ ̄ ̄ ,.イ´
                                 └‐' /  \___ ..  -一ァ―-、 ̄ ̄ ̄/





642 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/02(金) 21:59:30 ID:HpC1tjEk

        , '                          \
         /     !                       \
      /  l   !                 |          i
.     / ,' │ l                     l  !    |   │
     / /./ | │     l          、   | | |  ,' | .l  !
.    / / /l ! :l  |  |  |           \   !|l | /  | |   !
    / / ./ ! | l  l  |  | ヽ. ヽ\ \ ヽ. ヽ. |│/ヽ| ! l !      ほう 驚いたな
   `'''‐'、| l ヽ. ヽ.ヽ.  !   l\\`‐、ヽ、\ヽ.| レ'/ヽヽl ! !
.       `‐、| 、ト、__\:、 ヽ. l  トーz、-‐ラ''フヽ!|!/_,ゝヽ }. |│      こいつは掘り出し物だ
         \ヽl\`ー'ヽ、\ヽ ∨ー`‐←'  ||!-、-、 /! |│
             ヽト. ´ ̄ジヽN` -ゝ        |!  リ /|.| | |
             !   \          _iー< | |.| | |
           |\.   \    r‐==''''ヲ     |    ̄`~` ''''‐'- 、
         |   `'' ー-ヽ、   V r'-‐:/    .|          |
            |      :::::`‐、 `ー- '   ./|     , -.、    |
         |         :::::`‐、    /  .|   { {lll}}   f{! _
      _,,. 、-‐''|        :::::::::`エ´-─ー|   `'ー'    ゞ'´
        ヽ`''ー-       :::::::::: |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|         /



                  ________
               .   ´          __`丶_
                 /         ,.  ´: : : : : : : : :`   、
           /  |     /: : : : : : : : : :、: : : : : : : \
              /   |   ./ : : : : ト、: : : : : ∧: :、 : : : :!⌒
          /    :|   /: : : :∧ ,:|--\ : / ‐∨、\ : |
.         /       '  /: : : : :|/、|   `     |: V    そうでゲソ!
            ` =ニニニV : : : : : |           ,x=、 Vハ
                 { |: |: |: : :|  ,x==、    〃    V|    この馬は名馬でゲソ!!
              '. j : ム:|∨:| 〃    ____ /// }|
                    ∨: :{ r|: : :l/// r ´    \}    ハ、
                /: : : ヽ|: : :|  |       ノ /: : : :\
              _/ : : /: :/ : : ト ._丶 __ . イ: :{ \:_:_: :ヽ
          / : : : : :,.一': :_/: :x'⌒\l|`ヽ、: : ト、: ヽ    |: :|
     ┌―一': : :/ ̄/: : : :/: : / }}     } \ | }: : }   |: :└┐
     |: : : : : : :/__,/: : /| : / ,.イ{       !\ \ ヽ: ヽ    ̄]: :|
    /: : : : | ̄ |: : :_:_;∧__|f二yイ |: 〉       V( ー' )、〉 : 〉 く : : :\
    \ : : : : > __」: : | 〉: : : (_/:〈 /         ∨下-:' : :/    \/
.       \/ \ : : :\: : : : ∧: /、           ,ハ |: : : : :|
              \/  ̄ ̄ /〈\O\ ______ /O 〉 ̄ ̄
                     ̄ \\ __O__O//
                    />ー-----r' |
                   〈/         し'





646 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/02(金) 22:00:30 ID:HpC1tjEk

        /            丶     丶 丶      、
         / /        l  l  、  、 \  \ \    .|
      / /     /       l  l   \ \    \ \  |
        i i    i i     、 、     \ `丶、‐- ,,_、>\|\          /
      | |   | | |\ 丶  、 丶     |`` >‐-一'''7、 丶 |二 ヽ     /    違う
      i i   i i i\\\ \ \  |/ f O` / \\ !   l l   /
       ``''‐- ,, \ l __>≧x、\\    !  _,,`ー ´''′  ヽ|、|ニ  l   /      俺が掘り出し物と言ったのは
           `''‐- 、 ト、 f O>、\\  \         リ ノ /   /
                  `| `ー`''"´ l ` ` ‐- \             /   /       お前自身のことだ
                  l     /               r‐'   /
                    l    `               ___/___,/___
                \    __,,.. -‐_''ニ7    .\
                       \   \''"´ /       >、
                       \    ̄       /  \
                      /\         /     \




 / ̄ ̄ヽ、 .ー--ニ―‐-----,,,,___、
   ヽ  ヽ     `゙'¬-、    `^゙ー-,,,,,-''-,、
   ̄フ   |         `゙''ー、、     l゙   `ー''"/
  /Z_  |              `ヽ 、._r'"       ト 、
   __   }                   ゝ_      ヽ 丿
   '  )  .|                  _,カ  ,,__,,レ
    「   /         ___--―''''゙゙゙″  `ヽ/ー、./
    o   |       ,,-''"″             `ヽ、
 ヽ   ,ヘ|    ,/^       .、  ト、       ._, ヽ
  ゙l ̄ ̄    ,r'"          |^x:‐弋ヘx、  、  ヽ`'
  │     /     n     :イ .`斗、 \ .|ヽ、 │
   ゙l    /      __,,l┴,,     レ'"_,--ニヽ, ヽ|\ ゙'、」
   │  /    |x' │  ⌒~'''ー'  iニ、  ゙ヽヽ.|  \
    ゙l .,i    /l \├ー-、      ,, )  │ ヽ  \
     .│    ' .| ./'゙_,,--,,、     ヽ   丿 /⌒)  ヽ
   _,,,|     マ'レ .㍉  `i      `゙''''   ゝ-'゙ }   ヽ
  ̄   l     ヾ|   ,,ノ   }             ./ヽ、  ヽ、
     l      .|  'i、   ノ            /   ゙l,    ト、
     .゙l. ゙|ヽ_,,,,゙l  `―‐'′    ,,.__     ,イ   丶   ゙l、\
      |`` |     ゙ン―、       /  ~!   ,/ ヽ   |    ヽ \
     .l   .|   (_ノ u     l__   ,ヘ'、   ヽ/ ̄ヽ   ヽ
     : |   │    ゙ヘ,,,,__,,,,,,,,,,,--‐"  \.r⌒`ヽ、   ヽ    ト、
     ,l    .|、    ヽ  .l゙   \       `ヽ    \  l    } \
    /    /ヽ     ヽ l     ヽ         》     ヽ|   /  ヽ
    /    /  l     i、 l  _._/          /       l    |
                  ̄`  ゙'‐ー       "





647 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/02(金) 22:01:31 ID:HpC1tjEk

           , -─- 、  , -‐- 、
        ,, -'"     `V     `‐、
      /                 \
    ./                       \
    /                      ヽ
   ./  /                   l  ヽ     俺の名は 加藤光泰
  /  / /  / ./ /          l   | .l .lヽ
  |  l. l  /  / / ./ .l    |  |  l  / /  l l.〉    織田家の武将 木下秀吉殿の配下だ
   l、 | |  l  / / ./ ./   |.  l  | ./ ./ ./ | |./
    l、| | l // ///|   l  / / //// / /     木下殿は 今 広く人材を求めている
    l、l | /l///_/ l  / //_|/_∠| / | /
    /⌒ヽ | \ `ー' ゝl  // `ー' /|/⌒v'       お前の才は このまま埋もれさすには惜しい!
    | l⌒l l|    ̄ ̄"//|〉 ̄ ̄ ̄  .|/^_l.l
    ヽゝ(ー| /|   ´ \|       ll ),l'ノ        俺が お前を木下殿に推挙してやろう!!
     lヽ_ /  |   ┌───7   /._/
     .l/   |     l ̄ ̄ ̄/    / /   ,ノ!
    /       |..   V´ ̄∨   ./ /,.-‐'" .|
    ./   (;;)   |\   `ー‐'´  / /       |
    |     _|_\       /| ./      |
   (|   ,.-‐'"    | \__/  .|/    _,.-─;
   |/    .(;;) |─────┤ _,.-‐'":::::::::/
   ̄         |::::::::::::::::::::::::::::::|^l::::::::::::::::::/


光泰は その日のうちに嘉明を秀吉の元に連れていった
秀吉もまた嘉明を気に入り 馬喰の親方と話を付け そのまま自分の手元で養育した





650 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/02(金) 22:02:44 ID:dS6/6FKE

社長が仕官の口利きしたんだ





651 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/02(金) 22:03:19 ID:fvIAGEug

秀吉は本当に話をつけるのが上手いよな
おかげで話をすることすら避けられてたりしたけどw





649 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/02(金) 22:02:30 ID:HpC1tjEk

ついでに 教明もまた織田家に再就職が決まり秀吉の配下となった

                     _
                   ,, '':´:.:.:.:.:.:.:.:`.:.ヽ ,
                  /:.:.:.:.:.:.:.:_ ,, ──  へ
               /:.:.:.:.:.:.:,, '' _ - ‐ '' -`ヽ ヘ,
            ___i:.:.:.:.:.:.:.:i,, <.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i  = _‐- _
      ,,  ''  ̄ '' ‐-.,,_`l.:.:.:.:.:.:.:.人.:.:!:.:.:.:.:.:ハ:.:.:.:.:.:.:.:ト,     ) )
  ̄7  |_\      .,,-'' ̄`ヽ,./  ∨\.:.:ノ .∨∨|/     //
 /\...「)/) _\   /.: __iヽj.| -‐^ゝ `キ‐-.i/       彡
    !..| | 「/) |  / : : : ヘ, /\_゙⌒``  ゙⌒゙ i `''‐-─-,,_     孫六ちゃん!
  |  |..!..|  ! ィ || /. ,──`.u /,,,}~~__ ~~.丿:.:.:.:< ̄ `
  _ノ..乂`-乂 | |.,'.. : : \/       !-f_, '¨⌒ヽ,,,.:.:.:.:.:.:ヽ       あなたってば 本当に良い子!!
      .! \.///),'.: \「フ. / /)/ ', .i     ', `ヽ/∨
   ̄7 . 乂 { //_!.: \|,,''‐._ '" ( ノ∧/./l       i
  ./\.   ``ヽ| : : : : \ 二ニゝ‐-.、,/ .l       .|_     だから そういうのは いいでゲソ……
          |.: .!.: ∧.: ', / i   Y::l   〈__!/l
   |  |       |/ |.: i.: i: : i´  i   l:::l   |:::::::::|
    _ノ       /.: !.: i: : i: : i   i|   .l::l   .i::::::::::|
           /.: /.: /: : ||: : i  |   .i:!   .i:::::::::::::>__
          ./ : /.: /|: : | |: :├───''   i::::::::/∨ i
         / : /.: /`|: : |._|: : i_____.!ー.'´/  ' ,
       ./ : /.: / .|: : | .i: : i  ∧   ∨  /     ' ,
       ./ : /.: / ./: :/ .i: : i\\∧   ,' '' ´           ',
      / : /|: : | .|: : |〉,.i: : i_,,-‐ ゝィ∨           ',
     ./ : / .|: : | .|: : | .i: : i        ∨   / ./     ' ,
     |: : | .|: : |  |: : | .i: : i           ∨  // _ ,, -―-,j
     |: : | .|: : |  |: : |  i: : i        ∨ ,,-'' ´     i/
      |: : | .|: : |  |: : |  .i: : i.         ∨/       i
     .|: : :| |: : |  |: : :|  .',: : '.,        ∨      i
    ./: : / |: : | .|: : :|   \: : \       ∨     i
    /: : / /: : / ./\: :\   |.: : : |        ∨    i





652 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/02(金) 22:03:39 ID:HpC1tjEk

その後 嘉明は 中国に遠征する秀吉の軍団に無断で従軍し 寧々に大目玉を食らったりもしたが
武将として順調に成長し 秀吉の直臣として採りたてられた

    __
  /    ̄`''<¬‐- .._
/            \    ` 、             どうして みんなに心配をかけるんですか?
    _,,...,,__   \     \
   イ : : : : : : : : ̄``ヽ\     〉
/ : : : : : : : : : : : : : : : : : : \  /   ご ご ご ごめんなさいでゲソ
: : : : : :,、: : : : : :人: : ト、: : : : `Y
: : ,、: :ハ/: : :/| |ヤ廾‐-= : : ヽ                                        .|
: :/ i /∠ ヽ: :イ| | |,ノ''^ヽ : : :∧:ノ           ィ彡三ミヽ  `ヽ   : ::::::::::|:::::/ __/斗''" i:/  |
: : : レ´` ~ヽY| | | }  ◎ ) /`l:|            '⌒ヾミヽ   `ー    .::::::::::::|::/  /´   /   .|
: : /  ◎ }   i    }: :i_ノ l                 ヾ、       .ヘ::::::::::N ((  ̄ ))      |
: 人    ,,,.ノ u   `ー‐、 〈:|: :| : :|              _    `ー―' . ∧::::::!  `  ̄ ´     ...|
: : i (  〈 u  n    ) 〉: :i :八           彡三ミミヽ       / .|:::`::ト           .|
: :八 ) ノ_....--ナ'' ̄`y' 人 : \ :\          彡'   ヾ、    _ノ  l:::::i:!......        _   |
ハ  \ヽ{___,,,,,....ノ/   ヽ: :ヽ : :\              `ー '     !::::从      Ⅳ ̄ ̄ ̄|
: i     ーtー─‐ イ ト、...,,_ ! : : :!: : : :}         ,ィ彡三ニミヽ  __ノ /::::::::::::\    |′    |
: :i     j        ヽヽ  `ヽ: :ヽ: : :{        彡'      ` ̄    :::::::::::::::::::::>   ゝ     |





653 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/02(金) 22:04:30 ID:HpC1tjEk

そして 「賤ケ岳の戦い」では 敵将を討ち取る手柄を立て
加藤清正・福島正則らと並び「七本槍」の一人に数えられ その武名を世間に轟かす


                          }:\
                   ,.--ヘ./: r、|  ,ノ\
               /\   //⌒`7: /  //\|
            フ: く  //___/: /   /: /  ,.ィニニニ、y――┐
              7: /,   ´  '. `  、| : |  ./:/     ./,.┬; :└ヘ、
.           ∧   l/        '.    ヽ|__/:/_____ //く: :く ̄\/
           }:L/         '.      ,〉|: | ○ /: /、   }_}____
         ア            i  .///: :l: ̄/: /\\./,. -一ァ: :/
           /  . -――――― 、| //l/: : :l /: /  ./,x《     \:` ┐
        厶:´ : : : : : : : : : 、: : : : : :\´ V: : : :/: /  //:i |     └‐┘
        /: : : : 、 : : : /\__|_\: : : : : :\}__/: : :/,. イ⌒ヽ | |
.     /: : : : :|: :!_\: : i ´ x==ミト、: :,ハ:|: :、:__:/:/|  |.|O|    _ _
.      |∧: : : |X| ,r=ミ:| 〃 ん:ハYV: l人 : : : :_;/_:!   | :j j   / }_`マハ
   〈ヽ|∨|\:ムハ {{ fィハ    弋tり {: :| ,リ ̄、   \._!   |厶,ハ ̄/  /ノ } l|
.   \ r 7´ ,.}∧ 弋り ,        }: :V     \./ :|  |  `ン′ /ーr ' l|
     八__ア´/: ;ハ    r  ´ ̄ } ム: : '.  / /   |   j /    /   ー‐'′
.     〈/´  ./: /  ` . _\   /⌒\: マ! ̄/     ' _,ノ'´   / } _,. ´ ̄)
          //          ̄ ̄      }: ||  !    /          ̄ ̄     /
       //    __/\        ∧八__|   :i          ヾー一 '´
        {:{\_|: :r‐、/        //    、  |      }       ` ー--- 、
       ヾ : : : : : |       /\_|: :|     \/   }/ ` ー; 、_____ノ
          ̄ ̄      く: : : : : ___|      ./   /___ /
                   \/         /   /
                          (___ /


さらに「文禄の役」での活躍が認められた嘉明は伊予国松前6万石が与えられ
続いて「漆川梁海戦」の功績で加増され10万石の大名となった
嘉明は「唐入り」で得をした数少ない武将でもある





654 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/02(金) 22:05:30 ID:HpC1tjEk

だが その「唐入り」も秀吉の死により実質的に終結し 嘉明も失意のうちに帰国した


.     //. :/::::::::::::i :::::::::::::::::://:::::::::::::\:\::\
    //::::::l:::::::/:/{ :::::/:::::::://:/::::!::::l:::::::ト:::::ヽ::::.
.   l:l::::::/|:::::ハ/∧:V:::/:::/::::/::::/:::/::::::/::ヘ::::l::::ハ
.    |:l:::::::::|:::::|::!::::∧:V:::/::::/::::/:::/::::::/|::::::|::::|::|.!|
.    |:l:: |: :|:::::l::|::/:::ヘ::V::///:/ ::/:::|:: /!:: | l ||
    l::::l:::::ハ:::|∠:ィ7:::Y:/::イ::z≦ィ:::/::/::ハ/:リ |!
.    l::|:::::小:Π:/l/-=彡1 /艾ァテ`シ_:ィfチ::/:/
    V::l: :!::l:|い小/|:ハl:|/  `´    { }ノ´
     Ⅵ: l:::::`爪|            〈      よう……
      }:!: |::|:::l::| \            ‐ _ノ
      ぃ::|::|:::l::|   丶    __, ,/        お疲れさん……
      |:∧l\:{    \       /
      l′丶 ヽ     ト、_,ノ
     /           ,′
.  /\.____     人_
/  `-――‐‐- 、` ‐ 、  >、x‐ 、
          \     `ヽ ヽ、  | |   \   ← 加藤清正
          \    \ ` ┘!  \ \




            ,. ´ ̄ `   、
          //          `  、
       / /          \ \
      /  /              \ \
    /   .′     _,.-―――- 、\ \
  く       i     .   ´: : : : : : : : : : : : :\   \
   \   :!  /: : : : l \: : : ∧: :l\: : : :\/
    \ |/: : : : :∧| /\/ `∨ー-ヽ: :∧|
        \/: : : :|_厶イ_    ィ乍ミx、∨|     ううう 清正……
       |: :,.|: :|' .ィ乍`     t勿タ 》{: |
       |: { |: :|《 t:勿タ     ,  ̄とう} |     やはり殿下は
       |: ヽ' : Vう´             / :'
       / : : ハ: : :、     f二ユ   /∧: '.     本当にいなくなってしまったでゲソか
       / : : /:/ \:\、 ____ ::イ ヽ`Yヘ: :'.
     / : : /:/   ': :ヘ\   ノ::::!  | | ヽ: : 、
   / : : /!: !    ': :ハ \ .::/| ! |   \:\


嘉明の博多到着は本隊より1日遅れであったため 先に到着していた清正が港まで出迎えに来た





656 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/02(金) 22:06:30 ID:HpC1tjEk

           ,. -‐ " ̄ ̄` 、、
           ./          \\
        /    .         i .ヽ
       厶─ . :´ ̄ ̄ ̄`: .、   i    .
      /: : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ   |    '.
      |;∧: :/.|.:/\: : : ∧:_/ヘ: : 、 !__,!      このお土産も……
         ∨: レ _メ,\;/''∨\Y.: :\| ̄
         |ハ  0     ○o i: : : : |         全て無駄になったでゲソか……
    ι   l:八          ハ ! ノ: |
         |: : .> ._c- っ イ :人.: :|
     ι  |: : :| ,ハ ,!  .:i :│` 、: \
         |: 〝!l  \.   │: ! r=ミi: : :\_
         |: | |l    '\_/! : | |  il:\:_:_: : :\__
         |: | |l   .   l .: ! !  |l:\.  \: : : : :|
         |: | 弋      l .: ! !  |l\:\   \:/
       /: :i  | \、   'i: : 、l   小 \:\_
       \: :|  i   〉 ゛  \:..リ  | \ \.:/ __.
         `!  !  /1       |  |    `.了 ._、__,)
         _.,|  i / '      |  |      }:_;_:_)
         f:{__ .ィ、─-- .._ !  !    /./
        ハ : : : ;人◎    ◎i  | ≧/ /
      ξ  `7´   ー─-- - f!.__ .ィ、/ン      .
         ̄‐'           '、_: : : ;ノ
                       廴 _ξ
                       `'

嘉明は 秀吉への献上品として 朝鮮国から多数の宝物を持ち帰っていた





658 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/02(金) 22:08:24 ID:HpC1tjEk

ところで 嘉明が持ち帰った献上品の中には一匹の生きた虎がいた

                __
                 /乙ノ_,ノ\
              └ '′  \_ハ
       _,. _-=ァ=-、___ノヽノ
     /「_,. --'ニヽ\} }ヽ_>'′
    / { { /´二=- 、\ヾ¨´
    ハ.  《`<ニ二ミ、__ヽ ,ハ
   ハヽ彡〉'´ニ二ヽ∠フ ,ハ  グルルル……
    {\ ) 《_弐ュ兆,ム_ハ,} //|                  ∧,,∧  .∧,,∧        お おい…… 丁寧に扱えよ……
   }\:彡 ヾ``,___j「;シ ミ //|              ∧∧(´‐ω‐`)(´‐ω‐`)∧∧
    八ヽぞ 夫`叉,メトミyイ ノハ             (´‐ω‐) ∧∧) (∧∧ (‐ω‐`)    でも こいつ 怒ってないか?
   彡 } ∠ィヾ辷シ∨,f  イ: /}             | U (´‐ω‐`)(´‐ω‐`) と ノ
    =丿 /ヘw、 ,wイヽ ミ;/〈              u-u (l    ) (    ノ u-u
   }  /〉 〈 `'′ | `!{=‐ヘ                 `u-u'  `u-u'
   ノ了 !{r'jj_}    ! ,,__}屮'′
  (,〔〔_,j_」        廴__,〕〕!


長時間を檻に閉じ込められ
航海中 荒波に揺さぶられた虎は 明らかに気が立っていた





661 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/02(金) 22:09:30 ID:HpC1tjEk

そして陸揚げの最中に この虎は暴れだしとうとう檻を破って脱走し湾内を傍若無人に駈け出した
突然のことに 雑兵・人足は慌てふためき逃げまどうばかりであった

                                                        / ̄/
                                                    /7  /  / /7/7
                                                   /∠〃/   ̄/
         r-.、                      _ ,  ‐- 、_,_,,,-..ヘ              /_/ ̄ /  / ̄
        ノ゙'::,ノ                 , -.. ''" ..:' .::' ,.:'.. ゙';: .`'.!               /_/
    ,..‐'"';__;.ノ                ,/ ,:'' ::, ゙':. ': .:' /.:' ,.: ,.... :' ;\         ./ ̄/ /7/7
   ,r´゙':,r'´        _,, -―,, '',::'.:' '  ゙':   ゙':ヾ ::. '::, ::, ,._ 、 i,,.〉   /7クク  /  /
  /_,., ′     _ - ´ ,:' .:' .:;' ;::'   ,.::::;,  ゙:.   ';, ゙':...゙ `'' _ .. `!   ./ /   /    ̄ ̄/
  ,l゙''"|    ,, -";: ゙;,  ::;' .; ':, .';:   '  ゙':,   ':.   '':;,、:, r' ヽ  ヘ /  ̄ ̄/  / ̄ ̄
  .|':;,:'、  / .! :, ':,    ゙ ; ,;'  .゙  ゙' ,'   .,   :   ,r `i ':,_  ノー './ / ̄ ̄ _/   ∧,,∧
  ' , . ,:'`´,::'_,イ':.,   '; ,.:' ,;'  :;   ψ     ':  ゙.:.゙  ,:' i  ゝ-'    /_/        r(   ´n
   `ー '"  |., `  ゙':,i:; ゙;, ,::'  :, . |:::::;,_    .::.' .,:' ,.:キ                 >   ,/    ∧,,∧
            |゙'::..,   '、,_; .,゙ :,  ':;..|  ゙' ::..._ /,r-、'   キ              ~'oー、_)     r(   n)
         |    ,:| ‐- _ '::,  '::゙|::.._  ,.:'.`ヽ キ   ゙''::゙i,                       `/  <_
            |゙':, `''ー'キ.:.:.:.r ` ― ^、....::'   ' ゙",`i、.゙i ,.,._., 'i,                     ~'し -一┘
            ヘ .,,._ ,;キ.:丿      ゙i、_   ,.:'  `''ー -、゙':'i,                          ∧,,∧
             l\゙'' ''゙ノ/                ̄ `' ‐ 、._、';  \\                         ( ´・ω)
             | ., , T:ノ                  ベ   ,) ;'ヽ._                     ~、/  っっ
           ゝ'_,ノ                    ゝ、_ノ \   )゙.´`;            ∧,,∧    └ー-、ぅ
                                         `ー-、ノ           r、´・ω・))
                                                      >  _/´
                                                    ~'し-一┘
                                            ∧ ,,∧ 
                                  n__n        (´・ω・`) 
                                ∧,, ∧ノ         c'   っ
                              c('・ω・`)っ      ~(_,'ーo'





660 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/02(金) 22:08:54 ID:j0pnJdcA

ひいいいい





664 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/02(金) 22:11:04 ID:Bc4hOKPA

つーか、突然じゃなくとも虎が来たら俺は逃げるよ





665 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/02(金) 22:11:15 ID:SVjcHjUc

虎が軽く撫でただけで
例えでもなんでもなく人間の骨くらい砕けるからな





663 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/02(金) 22:10:34 ID:HpC1tjEk

┌ 一  ゙̄ ー- ニ二..._
,ヾ丶".彡ヽ `,,  ;; ,,゙```ヽ、
 ノ\\ξ,,}    ゙ヾ、、 ゞ\    ――――――
 ,,;:::ヾ;:,    Y::)  ,,ヾ、_._、゙亅ヘ
          i:;! 彳i,、ヾ´・)、´、 \    ――――
  ,/   ノ:i  I:;! 《  ヾミ、` ' 彡=、ヽ
ノ彡メ  {::;!  {::( 冫ヾ、, ,゙一 、 ,、 \     ―――――――
  ソ´  ;:::1  メ>∠=ヾイ   ゙  ,,  ト_ ヽ
   彡 ノ:::彡 ノ::/   ミ(  ゙ ゙ ,, ゙ ヽ、 ヽi    ――
   /" (:::::Y |:{     又  "  "  \ ノ    ≡≡=―
   彡 ヘ:::;1 !:::(   Y´  `⌒ ヽ、..__ ノノ      
   ;;   ;:::; ` :::丶  ]| rヾ Y´  ノ ,ノ! /        ===―――――
 彡  "  ゛;   ;:  i.|| I  )  // レ  ――
彡  ミヾ へ、  ッソノ:i!い' ノ.,        ≡≡=―
    、ヾ゙   \  (:::(( ンノノi
 彡 /      } ´ヾ:::ゝし ,ノ        ===―――――
  /        彡,, _.....,,,ヾ


やがて虎は嘉明と清正の姿を見るや 二人に向かって突進を開始した


              ,. -―- 、
              ,.  ´     \\               ,...::´:.イ:::::i:::\:::::`:..、
         ,.  ´/         ヽ \            /.::/.:::!i:::::i::::::::ヽ::::::::\
        /  /             '.  \         ,.':/::/::::i:::::!i::::::!:::ヽ:::::!:::!:i:::.:ヽ
      /    /               '.   \     .. /::/::::!:::!::i:::::!i::::::!::::::::::::!:::!::!::i::::!
   く     / ,. -――――- 、 i      >     i:::i::i:::|:::i::::.::::i:!:::::i::::::::::::i::::!::i:::i:::i
      \ー‐/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\--‐/      |:::i::i:::|::::ヽiヽリ、::::!::::::::i::|::::!::i:::i:::!
        `7.:.:.:./:∧:.|\:/|:∧:.ト、:.:.:.:.Y´        !ヽ::ト、!ヽ:::jィ赱ハ::!:j::i:::i::! ヽ::i:::i::ト、
        {ハ/N-z≦、  ,≧zリ-|∨ハ|          ヾ7  ´   ノノ |::i/:::! j:::i:::iリ
         l|:.:.|Y fィハ    fィハ`Y:.:!:.:!            〈 _      i/ ヽiイ:!::i:::i'
          j|:.:.l 弋り    弋り |:.:|:.:|        ん?  ヽ_.. _       /   トj:::iN
        /:|:.:.|           |:.:|:.:|        .      iー     / /```ヽ
        /.:.:|:.:.|\   tーっ   /|:.:|:.:|  なんでゲソ?    ゝ--rrf´ /   ,  ´\
     /.:.:.:.|:.:.|:.|:.:`_t----r_'´:l:.:.!:.:!:.ハ                トi´/  , ' ,...:':::::::::::ヽ
      /.:.:__/|:.:.l/:.:,バL_ _」ハ.:!:.:|:.:lハ:∧               i !j , .', .'.::::::::::::::::::::::::::i
    /.:.:∧ |:.:.lーr=x、V,x=ォー|:.:|才:∧              //' / ./.:::::::::::::::::::::::::::::::!


次の瞬間に起こりうる惨劇の予感に 湾内の者は皆一様に目を伏せた


   :ノlノレl,ノlヽlヽlヽ、:
  : (iii´(ii ´・( ・` ii)`ii):    ひいいいい…………
  : ( う  つと   と )
  .:`u^u-u'::u-u'u'





666 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/02(金) 22:11:47 ID:HpC1tjEk

          ,      /〃ハヾ  / ∧∨〃、ヾ} l| :}ミ;l\
        /〃// / 〃l lヽ∨,〈ヾ、メ〈 }} ;l リ ハ l`!ヽ.
          //' /,'  ,' 〃 l l川/,ヘ丶\;;ヽ/:'/〃∧ l ト、:l !
         〃,'/ ;  ,l ,'' ,l| レ'/A、.`、\;;ヽ∨〃/,仆|│l }. |、
         i' ,'' l| ,l ' l. !| l∠ニ_‐\ヽ;\,//,イ| l | l ト/ λ!
.        l ;  :|| ,'i:/ l| |:|: |``'^‐`ヾ∨`゙//|斗,l ! | ,タ /l.| l
       l ' l |」,' l' lハ |'Ν    ̄´ /` ,|l_=ミ|! ly' ,〈 :|| |
        |l .l H|i: l | ゙、| l        _.::: ,!: l厂`刈/ /!} :l|
        |! :l |)!| ! |  ヽ      '´ ’/'_,.   ノイ.〃/|!     なんだ お前?
        l|l |l 「゙|l |`{             ..   _   |}/,ハ l
       |!l |l、| !l :|.      ‘ー-‐==ニ=:、__j:)  l'|/|l リ
ヽ ̄ニ‐、__.」乢!L!lヱL」__           ー、 `'''´   从「 /
 \ `ヽ\      /l |       / ̄´     //
.  ,、  l  ゙、    / ' |、      {        /l/
   '}  l  ゙,    /   |:::\      }     ,.イ/
   l  l   l  ,.イ   l:::::::::\__   `'-‐::"// |′
   l   !   K ヽ,、 \「`''''''''"´:::::::;;:" //
.    l   l   ト、\( _.... ヽ  .:.::::::::;;″ /'       _
\   |  l|  八、ヽi´    | .:.:::::::::::::i' .:/'"´ ̄ ̄ ̄ ,.へ\


  ところが 清正が突進してくる虎を一瞥するや……




    r‐、_             _ィ-、     /l   .,イ,イ .,イ
    |::::::::`ヽ、,_,ィー----一-、∠::::::ハ     //   レ レ /ム―7
    >,.''':::''"ソ,.彡'==tr==ミ:ヘ、'''"_,/    / ニニフ  //''''''7/
     "'ーァ ,. ;i'"_,,_=''ヘ=t=/''=_,_ i! {,    //      /'  // ,イ,イ ,イ
     、ミ゙'' ,i:' tー-、(:、   ノ--ァ'i, 'r    、二二フ    //  レレ //
     ミ'" ,il゙  ゙'==';;7   〈=='  ゙! 彡           /'    /'
     ,「;;: i! `'ーノ ;:゙ :::::::::: ヘー'゙ i! 'ミ
    ,.;' '─il-ヾ__,.--{^'ーv‐'^}-、_,⊥-─
    彡,--─===_: `゙'Y'´:.===‐--    グオッ!
     彡ノ, /'T''--一'^ー-ァヘ´⌒ヽ
     彡'ミ゙  ヾヽ、/l;;;;;;;ハノ,:'  ,ミ`
      } ":シ:::.."ヽ,,__,,ノ`ミヾ`ヾヽ、
     /il  ゙:::::::::.:::::::::::::::::::::::::'''   ゙i:,`''ー-、
      } ゙i!                i:!    `ヽ、
     / 'i、                ,i:'      `''ー


虎は まるで凍りついたかのように その場で動けなくなってしまった





673 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/02(金) 22:16:30 ID:dS6/6FKE

えええええええ、虎までwww





672 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/02(金) 22:16:21 ID:.m.C9YJY

DEATH NOTEなんて要らんかったんや!





668 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/02(金) 22:13:32 ID:HpC1tjEk

    ∧∧     ∧∧     ∧∧     ∧∧     ∧∧    ∧∧
   /⌒ヽ)    /⌒ヽ)    /⌒ヽ)    /⌒ヽ)    /⌒ヽ)    /⌒ヽ)   どうする……
   i三 ∪    i三 ∪    i三 ∪    i三 ∪    i三 ∪    i三 ∪
   〇三 |    〇三 |    〇三 |    〇三 |    〇三 |    〇三 |   どうしたらいいんだ……
   (/~∪    (/~∪    (/~∪    (/~∪    (/~∪    (/~∪
   三三     三三     三三     三三     三三     三三
  三三     三三     三三     三三     三三     三三
  三三三   三三三   三三三   三三三   三三三   三三三


   金縛りにあったのは虎だけではなかった
   清正と虎が睨みあいを続ける中
   港内は咳ひとつ起こすことの出来ない異様な緊張感に包まれた


                  ,. -―- 、
                , ´      \\
             ,.  ´/         ヽ \
           /  /             '.  \
          /    /               '.   \
         く     / ,. -――――- 、 i      >
          \ー‐/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\--‐/
             `7.:.:.:./:∧:.|\:/|:∧:.ト、:.:.:.:.Y´
             {ハ/N-z≦、  ,≧zリ-|∨ハ|
              l|:.:.|Y fィハ    fィハ`Y:.:!:.:!
              .j|:.:.l 弋り    弋り |:.:|:.:|   …………
              ./:|:.:.|           |:.:|:.:|
            /.:.:|:.:.|\  `‐'-'   /|:.:|:.:|
           ./.:.:.:.|:.:.|:.|:.:`_t----r_'´:l:.:.!:.:!:.ハ
           /.:.:__/|:.:.l/:.:,バL_ _」ハ.:!:.:|:.:lハ:∧
          /.:.:∧ |:.:.lーr=x、V,x=ォー|:.:|才:∧
         /.:.:fア⌒|:.:.| {{∨::::lコ::::∨}} !:.:!ヽ〉:.∧





669 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/02(金) 22:14:30 ID:HpC1tjEk

だが そこに嘉明が清正と虎の間に割って入り 飄々とした様子で語りかけた

              ______
              /´    \    `  、
          /        ヽ     \
        ,           '.      //
        ./      ____     ',    //
        /   .  ´: : : : : : :`   、 i  //
     /| /: : : : : :!\ : |、 :_: : :\/∧     清正 動物相手に凄んでどうするでゲソか
     //: : |: : : : : |   X!´\ : : : ヽ:\|
    〃: : :|:|\: : :!/,r=≠ミ、 : ∧|、: !     虎さん お前も湾内では静かにするでゲソよ
    i: : : : |斗― \|   {いハ ∨: :|r} : :、
    |: : : ∧         弋tり | : :l/: : : :\
    |∧∧ハ __,,     _    | : :l:、:\: : : \
         Vハ  ̄´  '/  ヽ   | : :|: :\:\: : : 丶. ___
          ハ: 、   く{    } /| : :| \: \:\、:___ : \
        /: :!: :!> . `__ . イ   | : :|ァ-、\: \:\   `丶:\
      /:,:ィ|: :|{ _|!  || ノ  :| : :|   ハ \: \:\     \\
     /:/ /:,rァ'´ニニう .||_ _,ハ : | // ヽ. ∨:l \:ヽ     Ⅵ
   /イ  /:/    =ニ  ||  /  V:V/    \l :|   vハ    i:|
    |: |  |/{____,.イ´ ̄  .|レ'      V:v__     \   |: |     l:|
    |: |  {    .八__ ノ  f       ∨Ⅵ\    ヽ. |: |     ノノ
   /:/  .|`T卞´  {     |    ノ ,ハ: i:|  >、   }/:/   __〉〉
  i: {_  \\|:\_ハ    '.   _{7|:|>'´   _,. イ:〈     |_{
  \/   「: :∧:∨   ___、   フ {/厶-r匕{  /`: :_:〉
        ̄ 〈:〈__    、__ {__ノ{:〈ー‐' \  \/
            /}: : | ヽ     / ̄/    !ヘ
         /  ̄   \   \/       jO|





670 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/02(金) 22:15:30 ID:HpC1tjEk

.         /::::l:::l::、:::::、:::::ヽ::、::::::::::::\:::\::::::::ヽヽ::::::ヽ
       /:::!::::i:::!:::ヽ:::ヽ::::::ヽ::ヽ、::::::::::\:::ヽ:::::::ヽヽ::::::',
        /:l::::!::::ヽ!::ヽ:::::::ヽ:::::::\:::ヽ、::::::::ヽ:::ヽ::::::::!::i:::::::!
       ハ:::l:::::、::::ヽ::::\:::::\:::::::\:::`ヽ、:::ヽ::ヽ:::::!:::!:::::l
     /:::::::l::::::!ヽ:ヽ::::、:::::ヽ:::、:\::::: \::::::\::::!::::ヽ:!:::i:::l:l
     !:/!:::::!::::::!::ヽ:ヽ{:::\:::ヽ::::\:::\::ヽ:::::::ヽ!:::::::}!::::l::li|
.     j/:::l:::::!:、:::!::ト、:、:ヽ:::::`ヽ{、::::::\::::\{、::::::::::::::::i::!::l:l !
       l:i:l::::i::i:、:l::lテ=-、:ヽ、_、::\_,≧ェュ、_、\:::::::::i::li::!::リ
      !ハト:{:!:i:トN{、ヒ_ラヘ、{ >、{ 'イ ヒ_ラ 》\::l::!:ト!!:l::l!      え?
      ヽ i、ヽ:ト{、ヾ ̄"´ l!\   `" ̄"´  |::!:l::! j:ll:!
.         !::、::::i      l             u |:::/lj/l:!リ      あ ああ 悪かったな……
        ヾト、:!u                 j!/ j|:::リ
          ヾ!    ヽ  ‐       u /イ´lハ/
            }ト.、  -、ー-- 、__      /' !:://
             リl::l゛、  `二¨´    /  |/:/
         rー''"´ト!::i{\       /  / !:/
        / ^ヽ  ヾ!  ヽ _,,、'´    /  j/


これには清正も毒気を抜かれ その後 虎もおとなしく檻に戻った


.    __                     /,,, \
  ,,/..:::;,\_     __,-'  ̄ ̄`‐-、_   ,/,;;:::  :: |;
  | .::  ::::ヽ\-‐' ̄;;;;;;,,,'''''',,,,;;;;;,,,,..  ̄//::  :: ノ
 |    ::::ヽ`ヽ ,,,,;;;;;''''';; ;;;'';;';;;;;;;;;;;;'''';;;     :: /
  \_  ,,;;;;  ,,;;''  ,,,;;;;,  ;;   ,,;;;,,     ''';;;; <
    〈 ;;   彡;'' (;;;,'' j  ;;  ;ヽ;' ; ';;) ;巛  '''〈
   / ;;彡 , ;;.._  /,;; ''   ,,ヽ;;  _,,;;  ,;; '';;ヽ,
  ;/  ;彡' ;;' ~ヽ,( ●ヽ,〉''     /y'( ●,),/~ ;;ミ ミ;;
  ;;|  ;彡 ;;; ミ;  ー;'ミ|      ヾ彡;'´  ;;' ミ  ミ |;
  ;|   ;ミ ;: ミ   ミソ   ..:: ::..  lミ  ,,彡 ;; ;;'' |;;.
  ;;l ;ミ, ヾ   '' ;;;l''  :::.   ::.  ヾ ,,;;;;;ソ ノ;; ミ|
   ヘ;: ;;;ミ''; ,''  ;;:: ::..::: :::;;  :ヽ  ミ '' ミj;     グルル……
   '彡;;  ミ   ,;l , , `ヽ;;,_ ,_,)y , ,tーニ二;ニ_`
     ;二ニ=-j;,; ; ;; ,, lミヽ_;`;_r'' ,,; ;; ; ; 二二ニ;二ー_
      メ―ニ l;;; ; ; ; . ' ヾ;;/ ,, , , ; ; 二;_ーlニ二_
       .ヾニ=,ー、_;_; _'_,/=\_'_'__メ二__lニ二_
          _;;;ヾ;;;;''' '';::'';;;'''  ';;'/;;ー、
           ``ヽ_       ,j,'
              `y_ ; ; _; ; '/





674 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/02(金) 22:16:31 ID:HpC1tjEk

この様子に 湾内の者は皆感嘆した


            ゚・ *:  : *・
        *・ ゜゚・ * :  .。. .。.:  *゜
     * ・゜ ゚・ *: . .。.: *・ ゜゚  ・ *  :..
   。. ・ ・*:.。 ∧,,∧  .∧,,∧   .:* ・゜    凄え~~~
      ∧∧(´・ω・`)(´・ω・`)∧∧
     (´・ω・`).∧∧) (∧∧(´・ω・`)      清正様も 嘉明様も 凄え~~~
     | U (´・ω・`)(´・ω・`) と ノ
      u-u (l    ) (    ノ u-u
           `u-u' `u-u'


さて このように嘉明が残したエピソードには
その温和で優しい性格を表すものが多い





676 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/02(金) 22:17:33 ID:HpC1tjEk

しかし 重ねて言うが 嘉明は水軍の指揮官 気性の荒い水夫たちの統率者なのである


                     ,. -‐__¨ ̄ノ_   ,. -――‐- 、
                       /´ ̄ ̄__ノノ /  //´ ̄ ̄`\\
            /´ ̄`> ´   ´ ̄  _,/=ー┴┴―― -- 、 \ヽ
          /   /   /  7¨ ̄              ハ  j L
.         ,.イ     {  _,/´ ̄ /                / ', `} L...,
       / {    \      ` ー- 、               /   . く   /
       {    \     `7¨ ̄ ̄` ー<            /    ', \/
.       '.   ____,≧┬一ァ′,.イ/     \           ,     マ二≧x、
         \     |/、|/-/'、|   /| /| ヽ.      /       '.    \\
         \     //,r≠ミ、|./⌒jX |   ヘ   /       i     \\
.            \/ 〃 んィカ      ∨    '.              |      ヽ.ヽ
           // /   ヒ少′   テミxハイ    マニニニニニニニ=┘ /\     i|
           //´ ̄ {     '     んィカハ./// i ./ /         \ 〈    」 |
.         / /   /ヘ   「> 、  弋ト少ノイイ/イ |/ 厶-――‐-、   〈 〈  __」 〈
.       /   / / ./ ヽ.|   ヽ     /  /_ノ  l/  x≦二≧、 \―┴-'、 \   \
      |   f / ./ ,. --、\  ノ    /  ∧  /  /´ _,.. -―\ \7 7ヽ\  ̄ ̄
      |  ∨ /  / ハ. ヽ l` ┬<´|   | ∨  /_,x<        / 〈 ./  '. ハ
      ヽ.   V__.ノ /  } :| !  ト、 __!   !/  / ̄ヽ  ハ     7   ̄/ | |
         \ ____ >′ / |'.  :廴_,!   ヽ  /   }    !≧==ニ7    /  :| |
        |./       〈  ./  \  ̄ ̄\___/,    /   |ー- 、   ̄ ̄    ,' :!
        |{      __〉 〉   / `ヽ.      {{_/   /    :l   ヽ\       / ./
        |ヘ.    |  〈   ∧    `ー┬<7  ./     l    | |      〉  〉
.         '. \   !_____〉 〈()ハ.      !  /   ィ′         | |   | ̄  /
          \ `ー、._      ∨ ヘ.    ヽ.f  /            j(.)!   !   >
          \_  \    ヽ. \   ,r|  /、         / :|   | /
                |    \   ∧(_)\ {. ゝ ′}         /  /   .l/
               ̄ ̄ ̄ ,r‐/ ム、  `;ー‐r'′      ___/  /
                       {. ゝ-' } `と´   }ー―一 ¨´(__)_ .イ }
                      /ゝ--ァ'′  /,.  |――一  ¨´廴_,ノ!
                  / ー-/   〈/ |_|」」        〈 -一 |
                    {   /                   |    |
                  `ー'′                  {    j
                                     `ー‐'′


嘉明が荒くれ者の親分に相応しい騒動を清正らと共に起こすのは もう間もなくのことである


                                     <番外18 ROWDY WAYS>おわり





679 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/02(金) 22:18:38 ID:dS6/6FKE

番外編おつー





684 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/02(金) 22:25:18 ID:dHvMXuCE

乙です、動物と話ができるイカ娘すげえ





681 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/02(金) 22:19:46 ID:Flewx3/g

創作かもしれんけど、こいつらならやりかねんとも思っちゃう・・・





680 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/02(金) 22:18:54 ID:NdCH8saA

なんか、ラオウとケンシロウっぽい





692 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/02(金) 23:09:56 ID:TQtRVIoc

嘉明って実際の鎧もイカみたいで笑えるよなw





694 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/02(金) 23:13:31 ID:Flewx3/g

富士山をイメージしてるらしいけど・・・


     





695 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/02(金) 23:14:33 ID:d08Mk6C6

イカですな





696 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/02(金) 23:14:47 ID:dHvMXuCE

これがイカ娘にした理由か










投稿日 : 2010/07/06 | カテゴリ : 新・関が原戦線異常アリ | コメント数 : 14
■コメント一覧
  • No.3693 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年07月06日 03:18 [ edit ]

    納得の配役ですな。



  • No.3694 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年07月06日 03:20 [ edit ]

    このタイミング…
    さては、アニメ化でAAが大量に増えたから
    話を作れるようになったんですね。



  • No.3695 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年07月06日 05:24 [ edit ]

    渡る世間は加藤ばかり



  • No.3698 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年07月06日 12:52 [ edit ]

    荒くれ者の扱いに離れてるってのが作者さんの解釈だが、
    塙団右衛門扱いかねて逃げられたのに逆ギレして、回状回して就職妨害してるんだよな。



  • No.3701 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年07月06日 14:02 [ edit ]

    米4
    就職妨害って「奉公構え」のことか?
    戦国末期のこの頃じゃ何処の家中でも行われてた普通のことだけどな。
    黒田さんのところに居た後藤又兵衛が特に有名だよね。



  • No.3705 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年07月06日 17:23 [ edit ]

    塙団右衛門を一瞬雇っただけでもスゴいわww



  • No.3706 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年07月06日 19:16 [ edit ]

    向かい風の日は辛いだろうなぁこの兜



  • No.3713 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年07月06日 23:17 [ edit ]

    >>694
    どう見てもイカです。本当にありがとうございました。



  • No.3716 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年07月07日 00:09 [ edit ]

    ばくろうの親方は栄子という女傑なのか



  • No.3723 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年07月07日 03:16 [ edit ]

    イカ娘の配役に納得w



  • No.3756 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年07月09日 00:29 [ edit ]

    この鎧を見てくれ。こいつをどう思う?
    とっても……イカです……

    てか?
    色んな意味でイカすこの嘉明が、
    愉快な海のお仲間たちと一緒に、これからどんなふうに活躍するのか、楽しみだなwww



  • No.11688 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年06月04日 12:20 [ edit ]

    >違う、俺が掘り出し物と言ったのはお前自身のことだ

    >え?

    ナンパにしか見えなくてワロタ



  • No.22475 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年09月05日 22:12 [ edit ]

    奉公構えは
    「コイツはウチのモンだから絶対手を出すなよ。今は喧嘩してるけどいずれ帰参させるつもりだから!」
    的な意味合いもあったりする
    長政は基次のこと常時評価してる発言を残してるしな
    意地張り続けた基次や団は異常



  • No.23486 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年10月23日 22:41 [ edit ]

    形だけでなく、色合いもイカ娘なんだよなぁ



■コメント投稿
     行間隔の関係でアスキーアートを貼りつけてもズレが酷いことになりますので、
     アスキーアート付きのコメントは削除する方針です。
     荒らしの書き込みに対してレス・言及しているコメントも削除対象ですのでご注意ください。
プロフィール

管理人 : 「ピチカー党員No.11」こと金ニダリスト

       ___
      |それ金|
    z'| ── 、
    / ハ ヘ u ヽ
  人/ノヽ ミ=‐...|_     生活の中心が株になっとる
    }≦ u 爻r.j. |彡}
  (  u  リ У{三≧
   ` ー─t r三勿 {气}
      厂 ̄(三)  `气


◆カウンター(ユニーク)    ◆カウンター(トータル)
       


全記事一覧

RSS

管理モード
ツイート
最新コメント
最新記事
まとめ記事
【歴史系】
【物語系】
【ゲーム系】
【学ぶ系】
連絡先はこちら

苦情・相談などありましたら、
下記のメールフォームにてご連絡ください。
(ファイル添付可能)

連絡用メールフォーム

貰い物紹介

TOP画像募集中

  

ダンジョンマスター作者様からいただいた逸品。
カナ、マジプリティ!



  

  

帽子屋HeII0様からの贈り物、しかも二枚!
各作品に対する愛情が伝わってきます。
帽子屋HeII0様のブログ - 「-simulacra-」

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
© それにつけても金のほしさよ All rights reserved.
まとめ