■新・やる夫の関が原戦線異常アリ 第3部 その7 「EASY ACTION」
737 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/18(日) 23:05:08 ID:GX1.ffng

          三 ̄ ̄ ̄ ̄\
          /  ____| .       前田利長です
          /  >     |        ベイスターズの連勝と勝ち越しは5月の楽天戦以来2ヶ月ぶりのことです
         /  / ⌒  ⌒ |        時が経つのは早いものですね
         |_/---(・)--(・) |
         | (6    つ  |       次回の『新・やる夫の関が原戦線異常アリ』は
         |    ___ |        「家康 頭を抱える」
         \  \_/ /             「忠興 頭を抱える」
        / \___/\          「玄以 頭を抱える」をお送りします
       /           \
    __/  /          \  \_
 (( 〈__/ノ         ノ.\__ ノ ))    『 新・やる夫の関が原戦線異常アリ 』
        /   /⌒\ /
       |        \               <第3部 その7 EASY ACTION>
       \___ノ\  l   .             
 ε≡Ξ   ノ  ノ   ) ノ                   明日7/19(月)21:00投下予定
          レ´ ^    レ´





738 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/18(日) 23:06:14 ID:0cjvI7ZQ

了解、んがくっく





740 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/18(日) 23:12:54 ID:u5XusKY6

頭抱えすぎw





753 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 20:59:37 ID:HHBY1pTI

慶長4(1599)年という年は
あの世から秀吉が呼び寄せたのか 全国で大物諸侯の死去が相次いだ


    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !     呼び寄せたって……
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /!/ -=o=-| :/ |:./  V: |.: : : | V     俺としては
  < : _: : : /       |/  レ-=o=-|:./ヽ: : |
  <:: |. 小{               レ{: :.|ヽ:|      俺の恩 俺の恐ろしさが
   厶ヘ ハ         、     {ハ/ V
      \_!      _ '     !          骨の髄まで沁み込んだ奴らには
        ヽ    /  `t   /
      ___,r| \  {    / /             いつまでも長生きして欲しいんだがな……
    /:/::::| \ ヽ `_⌒ ィ ´
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、





755 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/07/19(月) 21:00:56 ID:8eAb1oWA

同世代だから、逝くときはパタパタパタと逝くのね





754 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 21:00:15 ID:HHBY1pTI

閏3月25日 宮部継潤 死去 享年72


      , '´...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:::::::::::....ヽ、
    /     :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.......` 、
   /   /     ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヽ
 , '....::::::::./.......   ........ ....... .............       `、
, ' ::::::::::::|:::::::::::::: /::::::::/:::::::ハ:::::...  :::.  ヽ   ヽ
, :::::::::::::::|:::::::::::::/::::::/::::::::/ `,:::::::  :::::..   :::::: :::l
::::::::::::::::,、:::::::::/::::://:::::/―-、l ::::::::: :::::::::  :::::::::::::::|
:::::::::::::::l,'`、::::ハ:::/'|:::/    `|:::,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
.:::::::::::::::| `、:| `| |/,_- - 、, |:/l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
.ヽ::::::::::ヽ,'=`、゙、  ´,::.:::::::::,'ミ,'  .|:::::::::::::, - 、::::::,:::::l`
  ヽ:::::::l`:::::l     、:::::::::/  ,'::///, '`,リ:::l|| |/
   `,'ヽ|゙'' '';     ゙'`` ´   ´'  |/ ) ; |::l
      | ,                _´_´, 'レ
      ヽ `、_           /゙:::::/' '
       ヽ `; ゙',         / |/
        丶       ,  ' ´  |ヾゝ
          ヽ , ,  イ '    / ', ヽ
              ハ    /  /  ` 、
            , ', `, /   /
           / ; ,'´,```ヽ、 /     ← 宮部継潤
         , '  , ''゙, _ _,'  ,´


浅井長政の元家臣であった継潤は 秀吉の調略に応じ配下となった後
中国遠征では山陰地方の攻略を一手に引き受け吉川元春と渡り合い
九州征伐後は占領地の検地を担当するなど 豊臣家の統治に大きく貢献した





756 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 21:01:14 ID:HHBY1pTI

継潤の遺領・因幡国鳥取8万石は「戦国史上最も残念な子」宮部長房が継いだ


   / ̄ ̄\
 /   ⌒ ⌒\
 |     ・  ・ |
 |  @  (__人_)
 |      |ilililil|/   父ちゃんの名に恥じぬよう頑張るぞ!
 |     ` ⌒´}
 ヽ        }
  ヽ     ノ
   /    く
   |     \      ← 宮部長房
    |    |ヽ、二⌒)





757 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 21:01:56 ID:lktXryeI

ひどい肩書だw





758 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 21:02:14 ID:HHBY1pTI

5月19日には土佐国の太守 長宗我部元親が死去 享年61


      /;;;;;;;i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ;;\;;;;;;;;;;;;;;|
       l;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_;;;;;;;;j;;;_;;;;/ |;;;;;;;;;/|ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
        l;;;;;;;';l;;;;;;;;//.l;;/,/ .l/  |// │ ヾヽ\i\;;;;;;;;;;;;;|
       |;;-i;;;;;/i/   i'    '   ' '    `    i;;;;;r-ヾ
       i/_,ヾ;;l j                    i |;;/ - |
        i  ヾ、 -=、,,____ ヽ, / ___,,r==-  ,イ ,/ |
       丶ヽ i;r、 ,,r'':::::::::::::::ヾ__,、,_ir ':::::::::::::::::ヽ_/,liri' /
         `j、 l;l ゙ii::::::::::::::,; -メ‐、 ヽ::::::::::::::::::::ノ  ,irメ /
         /:lトヾ,, ヾ--./ / ./ヽ, `──‐‐´ ,r/l_/::::\
       /:::::|iiilヾヽ,_/ , '  /  i          !;i liiil::::::::::\ _
    _, -/´:::::::lr'ヽjl´   ,, '  ./  / _,-`       j;トjiii/:::::.:.::.:.:.:.|:ヽ_
_, - '´.:.:.:.:|::::::::::::| /  ,i´  /  ,i_''_, _ ,-、  ,_j;;i //:::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.\_
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ゞ::::::::::| /  /  /   /   _/ ,/,,,j';;/ 〃::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.::.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::ヾ::::::/  /  /   /  フ´   /-'_;/ /:::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.
  :.:.:.:::::::::::::::::/     /  ,ト -/  /;;;;;;rl, イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:    ← 長宗我部元親
   :::::::::::::::::/         /;/  /;;;;; i,,-´  |:::::::::::::::::::::::::::::::::


元親の死による土佐国の混乱については いずれ改めて述べる





763 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 21:04:07 ID:8qRf.VF2

マダオ・・・じゃなかったゲンドウも逝ったか・・・





762 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 21:03:29 ID:HHBY1pTI

10月5日
九戸政実と津軽為信の造反に苦しめられながらも家名を残した東北の雄
陸奥国盛岡10万石の南部信直も死去 享年54


                  )/_,,--ー'''''''ー-、
            _..-'''"""´` ,,,,,,,,,,,     `ヽ
          :/   ,,-''~'"´`    ゛``‐ 、 、 ヽ
          / _,,-''~_..-‐‐ '"゛"゛`゛``‐ 、`ヽ|  ヽ
         / ,-'_,,-''~ /           `ヽ|  ヽ
         /_..-'´ / / / /|  |ヽ       |   |
     _,,_-_''_~,,-'/ / / / / |  | | |ヽ  `ヽ :|   |
        ,i / / /| | |  | | |  | | ヽ、\  |   |    信愛……
       ,i i { | | | |  | ヽ` -ヽ|ー\|\|\|   |
       ,i i、 i { i\| -\|   `、 ,,-‐-,,_  .|    |    息子の……
        |  i、\i\''~_..--、     i、;;;;;,i >  |    |
          |    \ ゝ< i';;;;;;,i     ゝ∧ソ  /|     |    利直のことを頼むわ……
       |     i⌒ヽ ゝ∧ソ  i    ̄   /::|    |
       |     ヽ ゝ.ヽ ̄    -     /::::|    |
       |      ノ`'''`:、_        /:::::::::|     |
        |     /:::::::::::::   :..  _ ,. /|::::::::::::|     |  ← 南部信直
       |     /::::::::::::::::::::::丿::::    |::::::::::::|




          /: : : : : : : : : :ヽ、
         /: : : : : :,.----‐―'⌒Z,_
        /: : : ,.-‐'´ 、   ,、 、 、、`ゝ
        |: :/∪  、 |\∧iハ/Viハj⌒      え ちょっと…… 信直様……
       ,.-'´     _/V,ィ'~,二) <二)
     ∠ィ /´ ̄`V^∪|/__◎)(◎_|         頼むって……
      r'´ l i⌒>  ,.-‐ __`r ⌒ヽヽ
      V!  | {ノ_    '⌒y''""゛⌒ー'-、}       ええええーーーーーっ!!
       \ ヽ、____)   /        }
       _`ーr、 .|   L.-‐''''´ ̄`フ'i′
    ,r‐'´\ ̄ \`ー-、__       ノiTi ̄ヽ、
   /: : : : : :.\ \ `ー-、_______`二"´__,ノノ \ \ヽ   ← 南部家家老 北信愛 77歳
  /\: : : : : : : : \ \      ̄`r'´  |: : : :\ ヽ


南部家家老・北信愛は 信直から後継者・南部利直の後見を命じられ
91歳で亡くなるその日まで生涯現役を余儀なくされる





764 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 21:04:20 ID:GuW8Fd8s

北さん、生涯現役だったのかw





766 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/07/19(月) 21:05:06 ID:8eAb1oWA

80近くで生涯現役決定って辛い





770 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 21:05:53 ID:oWS6XO2I

東北は火薬庫だからな





767 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 21:05:18 ID:HHBY1pTI

10月28日 富田一白も死去

                     __ ,.-¬- 、._
                     / '´,  、   、 `ヽ、
                  r´    / l ヽ  \ 、ヽ
                   /  / /l.  l、 \  ヽ ', lヽ
                /, l. / /´ヽ lヽ   ヽ. ! ヽ. ト ヽ、
                '´|  V '__ヽ. ト\、_',|   ',|
                 | l. ,| | __ \゙、ヽ.__ヽl.  ト.|
                   lハlヘ|´ `   ヽ´ ``〉,^! | !
                   l\l|    |    //ィ N
                  | ハ ヽ  __   /ハ/ `       _
                  '′lハn\ `ニ´/! !        ,イ |
                   _,.-' /ヽ ` - ´ ,ハ\       | |ヽ
               _, - ' /   |  ヽェ、 '   | ヽー、    _ | ト. ヽ
          ,.、-‐ ´    /  |  /  〉   |   ヽ `⌒.l ヽ',ヽヽヽ
          / ヽ     〈  ,.-|ヽ/ ヽ-/ ヽ/|、  ,〉     | l_! ヽ ゙l


徳川家康の上洛工作に功があり また関東・東北地方の取次役を長く務めるなど
豊臣政権に対する一白の功績は計り知れない





772 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 21:06:14 ID:HHBY1pTI

その遺領 伊勢国安濃津は嫡男・富田信高が継いだ


        __ ... -‐ 、
    , -.::''.:::::::::::::::::::::..`ー-.、
   /::::::/:::::::;::::::,:::::::::::::::::::::..ヽ.       高齢のためとはいえ五奉行の選出から漏れ
  イ/::/:::::::;ィ::::/::::::::::::::::::::::::::::.ヽ,
   /::::i::::/.l::/l::ハ:::::,i::::ヽ:::::::i:::::::l      政権の中枢にいたため所領は5万石
  /;ィ::{:/ー、l/_.!' |:::ハ:;∧:::::l:::::::l
 / |::| テ''ッ、` 丶ー- 、 i;:::|::::::/      おまけに殿下の領地凍結の遺言のため
   .|::l    ,   'テ''z、 l:::リ::::::i
   .|/|   /   r.Kヽf''i/'lノリ       功績を讃える死後の加増もなし……
     ハ   `    | .| l .| |ノ
     ,小. - 、   .| .l/././、
 _,,ィ'´.H. ゙..   ,, -'"  ,/   ゙̄'ー、
''´ /  { '  `''r'´    /    / ヽ
 /   ヽ、 ,ィl   イ /     /   ヽ
./  .,ィ^i }_/_/l    |/     ,     i   ← 富田信高
'.‐'" ヾ{;:::;}::;;/|.   l.    /     |





773 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 21:07:14 ID:HHBY1pTI

           ,. '´ : : : : : : : :./: : : : : : : : : : : : : : : :.`ー 、
        , '       ./ .::/               :∧
          /.:/ .::/ .::′.:::′l : : ::::::.: : : : : : :!::.:.: : : : : :.∧
        ./"/. : ::′.:::!: :.:::,l :| : : :::l::. 、:::.:.: : :|:::  : : : : : :∧
        .′.:.::| : :::;!: :::/.|.:∧: :.:::ト、:::|\:::.:.:|::::: !:::. : : : :∧
        |.:.:.:.:.:|.:.:/ !:.:/ |/  ゙、:.:l ゙、l  ヽ:.:lヽ: : |:::.:.:.:.:.: : ハ
        | ;!.:.:.:|::/ _|_'__l    ゙、|   l__゙L_ヽ::|::.:.:.:.:.: : : :|    これじゃ親父の存在は歴史の中に埋没しちまう
        |/l :.:.:|ハ´ __、  、 .l ´ z___ `゙:|::.:.:.:.:.:|:.:l:.:!
        l l:ハ::l:::! ´_辷.」`  ゛    ´_辷_リ_   :|::. /|/:.:.ハ:′   豊家は……
            l |:!: !        !             ::|::./´!゙i:/ !
           !l:::!      .:;             :|:/i //      親父に ちょっと冷たすぎやしないか?
              ゙l: l       、            ::|'ノ/:/
             |ハ                ,‐-'.:/
             ヽ               ./:.:.:/|′
                   ヽ    ´ ̄ ̄゛    ./!:.:/
                \     ゛     . :´ : :l'|′
                  |:\    . :'´: : :.::::|、
.                 r‐|  ` -''´ _... ‐ '"´ `、_
                  /| ` ‐、   _.ノ´ヽ     /:::\
             _,./ : :|  /  >´i    〉、 /::::::::::::::i-.._
         _. '´:/: : : :! .ハ.0l - !  /::::ヘ, '::::::::::::::::::::!::::::`: :- .._
      _... '´ : : : /: : : :.:|∧:::゙、|_i/:::/ /.:::::::::::::::: : : |:: : : : : : : :`: :- .._
  _... '"´: : : : : : :.:/: : : : :.:|  >'"´:::::`::'、 /::::::::: : : : : : : |: : : : : : : : : : : : : :`: :- .._





776 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 21:09:00 ID:6BB1nfhY

所領と地位に差を持たせる方針だと大変だ





775 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 21:08:32 ID:8qRf.VF2

確実に豊臣に対する不満の根は育ってるね





774 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 21:08:14 ID:HHBY1pTI

だが これら大物たちの死が霞むような超大物が
この年の春 彼らに先駆けて最後を迎えようとしていた


                   (:
                   ):
             ,. -'' "´ ̄ ̄ ̄ ̄`" '' ‐ 、
           /                  \
          ,イィ,   , ―      ― 、 、_ト、j、
         /::::/  /           ヽ ヾ:::::::',
         ,'::::/                 ヾ:::::',.
         |::/     >―く   ゝ―<    ヾ:::|
       /^'`――---l    l__,. ┴、  l---――゙^ヽ .
       {       丶_.ノ     ト、ノ         } .
       ー、        _ ,.、    ノ       ト-'′
        l     // ///7TTく\        !    …………
        ヽ  //   '///l|| ヽヽ`、     /
          丶 '                  /
           \      ―--―      /
            `> 、 _         _,.. <:
               /ヾZ_ノ__jフヾ、
         >'"´ ̄`':.:.:.:.:.:.:.`´:.:.:.:.:.:.:.:.'´ ̄`丶、
        / .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. \  ← 前田利家
       /:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:. ヽ



『 新 ・ や る 夫 の 関 が 原 戦 線 異 常 ア リ 』





778 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 21:09:14 ID:HHBY1pTI

<第3部 その7 EASY ACTION>

        __     ____
       <、  ```ヽv'´    `>
       __,,.>  ,  `Y´   、   ``ヽ、
     ,ィ'´     ;'´(       )ヽ     ヽ
   ∠二ィ : .  `、 > ___,,,..ノ 丿    .ヘ
      /: : ; .   `´ `ー--‐''´    . : : |
    ∠:/,:ィ: : : ,:ィ: . /| ト、       . : : : |   『今回の縁組については確かにこちらの不注意でした』
     ///.: :, く//   \!_,>   . : : : : :|
     '´ /:,:イ`>、\   _,/ /\ . : : : : : |    『ご指摘のほど ありがとうございます』
        |/ .kー-。、〉 >-‐'ー。、 |.:|‐-、: : !
         |`ー:/'´  `ー-‐'´ | !か.|: /    『今後とも よろしくお願いします』……と
            |/ __‐、    u lノい/:〈
         `iー______  ,'/じ:' : :ヽ
          l `ー―‐---‐'  '/: : : : : : :.ヽ
             '、   ー    //: : : :∧: : : :ヽ
          ∧.     /,.r': : : :,/⌒'ヽ: : : l
          ノ|: ,ヘ__/,r'´ノ: : :/    \.:|
          |: : /」:/ /: :,:イ          \
          ノノ^「ヘ、 ノ//             \
         '´   |i゚:l \'´


慶長4年 2月5日
伏見の徳川家康と大坂城の四大老五奉行の双方が それぞれ誓書を取り交わした





781 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 21:10:14 ID:HHBY1pTI

この誓書の文言を起案したのは堀尾忠氏と前田玄以の二人だった


                     ,.ヽ   ,
                _,. -‐ヘ'''/   マ´ \`、,、
             ,.ィ'/ \/  ,. 〃ヾ ヽ  ヽ:. ヽ
            / /    .:/''`'' ' 'ヽ.:. ヽ.: ヽ ヽ
              /   /    .:ハ:|-‐‐- . ヽ:.l_,..,,_:. ヽ ヽ
          /      .:!:.:! リ-‐‐‐- 、ヾl__、_、:. :. l:. l
          /     .:./l l'''"l      l''''l  `lヽ lヾl
          /   ,r'リ´リ リ   ゝ..,,__ ,..ノ  !_   /リ
          /   { { (           ヽ'' ''i    『こちらこそ大老職の辞任撤回を受け入れてもらい感謝しています』
         /    ゝヽ_)       ,._   ´   |
          /  .:. .:.:.::` ‐ァ、      /   ``ア  .ノ    『今回の騒動に対し わたたちも遺恨は残しません』
.       /   .:. .:.:.::::::/ ` 、    '、   ./ /
.      /   .:. .:.:.::/`' 、  `' 、_ ` '' ´/
.      /   .:. .:.:::/、   `' 、..,,/``'' 7´
     /    .:.::/ .:..`'' 、    /ヽ::.:./
     /   ../   .:..:..:. `' ‐ '   `' 、
    /   :, '´                 i
    /   .i                    l   ← 堀尾忠氏
   / .:.::{                     |




            ,. -‐  ̄ ̄ ー- 、_
            r '         __,.、__  \_
            人 \    \ r'/⌒ヾ二ニ_\
         ,'   \ \   \「,'   ,.、r、  ヽラ
        ハ    \  、  ヽ!,-‐ヘ {薔}ッ、 ノ }、
        ハ    / 〃 ヽ \  ヽ./゙ー、_メ ,>'.ハ
.         | l  〃 /   `ヽ、ヽ ヾ、  /v'   |
          ! ! ,' ,' -‐-    \⌒ ヾ/"´    |     『これからも太閤殿下の遺命 そして』
.        ', ∨  !   、    ,. `>-、 ヽv―、/
        〉^ヽ  | yf三ヽ    イ fヽiミヽ  }ー、 ヽ     『これまで取り交わした誓詞に違えることなく頑張りましょう』
.        、! (`∧. ', ヾ゙ソノ     ゞ_"ノ  ', ハr, ' /_
      /`ヽ、!l、ヽヽ  ̄         ノ r!| ノノ ハ    ……かしらっと
      }、 ヽl.|ー、‐^、   r,―,   r'く"=_!|‐´ ,.ヘ、
      ヽ \ !!,-'―‐> 、 ゝ ' ,.<.| |ー'ソ、__/  ノ
       へ__/゙    __` ̄ヽニ´二__L ヽ  \__/ }
      { ト/     | 二二ニ「Y_{´__  |   、ヽーイ)
       У   /   .! }-―‐イ .ト+´__  | ,ヘ ,、ヽ\'  ← 前田玄以
        |    {   ゝ、_ィ7´7`´ヽヾ ,-  〉、 ∧/ッ'


内容としては互いに相手を気づかいあった感じのする誓書である





783 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 21:11:14 ID:HHBY1pTI

  , '  , ,                  ヽ
  / /, '                   `,
  i/ /          /|           'i
   ,' ,    /:i /:i |:::| |',          |
   i /i /' /::::| |::::i |::uヽi::`,`ヽ       |
   i/ i/ i /ー-ヒ--`|u|--エ--ー\  ___   |
     i i/|二ニ=ニ~  二=ニニニ,:::| |─i`.  \     う~~~ん
       .,|ヽ_゚_./:::::"ヽ_゚_, イ/:|.|─| | |`┬ー-
      / | ==:/:::u:::  u ~/':::|.|ニノノ |  |ー--
 __;;-ー''"~~.λu:/:::::::_::i   /'::::u::|.|ー'  /  |
 __;;-ー''"~'/| .| (_,-  u   ::u:::::/|   ||   |
      | !i .| <__ __-ー''ー:-:::/::|   |.|   |
      .|  | .|x--二_____:::::/:::::|  ./ .|   .|
      |   |/~ニ二\\ 'i/::::: |  |  |   .|
     .|  ,r┴'---, ̄\',  |::u |  |.  |   |
     | </ ̄ ̄\こつ  i  /  .,|  .|    |
     !-ーC' ̄ ̄`こつ    | / /!/,/ \   .|
        | ̄ ̄ヽ、      | / /| -    ` , |




               ,. ----- 、__                    _   _,
           /       -=´、               ___,> Y´'ー-、
.          /      ,ィ\l  ヾv               _>z二_ ___`ー≧__
          |      /  .|    |               >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
          |   ルナメ、 ,.ゝt、 |             /        ヽ `Y′之>
          | ノ||゙せラ  せラリリ             /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
          |. |ヒリ      , 7 |  おや         l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
          |. ゞl ヽ三三 ヲ l              |ハ .ハ( ●) (●) / / ,/レ′  ようやく和睦がなったというのに
          |   |ヽ  ≡ /   どうしました?    '/(|.ハ    ヽ     「)'/|/
.         _ノ/| | \ /|_             .      ヽ、  ― _,.ィT/       浮かない顔をして
  _.. -‐ '' "´≡≡ | |.  `| | `" '' ‐- .._              r-l   l= 、i
  l ≡≡≡ ≡≡≡ Nリヽ/ リリ≡≡≡≡≡l           r‐'  `ヽ、 l つ
 | ≡l ≡≡≡≡≡ |\ <>/|≡≡≡≡ l ≡|          'v――-、¨ r'' ヽ

         ↑ 本多正信                  ↑ 板坂卜斎





784 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 21:12:14 ID:HHBY1pTI

       ___    ___
       > `>'´ <
     /    .::. x=、 \__
  _/ /三≧==< ヽヘ  `>
    7 /´      \ ヘ``\ ',
   /i /          `ィ   ヽ}
  / f   ィ i     ヽ   ヽ ヽ\
  ,'  |  /  j .:{{ r:::.{ ヽ|  .:! .:ト l
. /l  | 斗lー八 .::: V -┼ト ! :::::|::::|∨
/´| .:::|  ::!∠_ 厶:::::ヽ ⊥j厶|::::::,'::::j   和睦の内容に
  | :八 ::|t( ●)`\|(●) /:::/::::|
  | l ハ 从         /:::∧リ    なにかご不満な点でも?
  V\:∨介ト 、 _ -_ イ个V/
     /∧}:}ヽi ヨ ` ヒケj/{:{
.       ィ'`ヾ =-=‐ィ'/`ヽ
       /`Y´∥¨::¨∥ Y´}




          ,. -‐- 、r'´  ̄ ~Z.__
       ∠             ´   ,.>
.     /                 ̄`>
     /           ,、      `\
.    !             / \    \. トゝ
   │       , ,.イ /、._, uヽ |ゝ、  N
.    |      /レ' レ\,/  /V '´ l\!
     |. r;=、 .ノ=a=== ,, ,/a===!     いや 不満はねえ
    | |.ト、| | u` ー--‐ " u\ーァ"!
    | l ヒ |:|.    u  r __   \l      あるわけがねえ
     |  `ー 1|、 ヾニ二二二二フ 7′
    ノ     | \     ___  /       俺にとっちゃ最高の和睦と言っても良い
.   /   ,ヘ、  ト、 \ u  ̄ ̄ /l
  /  ./\.ヽ. ヽヽ、 \   , ' ,'        ……それだけに不思議なんだ
  ,' , ./   \ヽ、ヽ \./`iイ /
. /l/l/     |\\ヽ  ヽ. Wレ'
/      _..⊥._ \``  |





787 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 21:13:28 ID:HHBY1pTI

        ___  ,.-‐- 、
       >  `       ` 、
      ∠             ` 、     今回の騒動の発端は……
     /               ヽ
 .   ./        /`ヽ         ヽ    俺の言うこっちゃねえが
   /, '   /|/|/   |. iヽ       ヽ
   ~./    /`- ._ u . | |_,| !ヽ      i    婚姻問題についての俺の不手際にあることに
.     //| /== 。_!  !~,。 = 'ヽ. l^i  i
       ||` _ _ /  =,_ _ . '  | Fi  |    言い逃れは出来ねえ……
        ||  / u    u  u |.Pi  |
        i||/   _ 丶  u   .||~   |    それがまた なんでこうも短時間に
 .      | ヽ`   ____....--、 / |   |
 .      |  ヽ  ̄ ̄ ̄ ̄ /  |    |    大坂方も頭を下げるような和睦が成立したんだ?
       |   ヽ  #'  /    |   __|_____
      //__....../| ヽ_ ./  u  |   |┬ii.--
 ___....-- i.|~  / | /   u    |   | | ||
 -- ~ ~ i.|   / | / >...___....-^ |    |  | |





786 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 21:13:23 ID:NcT2dALY

上手くいったらいったで不安なのか





789 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 21:13:46 ID:8qRf.VF2

流石に用心深さと心配性は人一倍だなwww





791 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 21:14:17 ID:HHBY1pTI

          _   , -─- 、
        / ニ `′二_`ヽ.\
       / / ヘヽ  -‐、 \  ヽ
      / / , l f'``"" | ト  l l |
      ! | 〃 , |     l | l |、 | |.|     それは まさしく殿の言うとおり短時間に……
      | l /イノー-、  rヽ!'ヽ!ヽ  |
     . | /l''==a= , =a==''|r、!      瞬く間に騒動の規模が
       |,イ| ` ̄ 〈|    ̄´ ||'イ
     .  ド||. ,__ヽ__、 l'イ|      思わぬ広範囲に延焼してしまったからですよ
       l l.ト、   __   イ l |
     -‐'''l ! l.\     /:| ! |`:ー-
     ::::::::::l,ル ト、 ` ー '´ ./!ル':::::::::::
     :::::::::::::::N \  /  |':::::::::::::::
     ::::::::::::::::|    ,><    |:::::::::::::::::





792 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 21:15:14 ID:HHBY1pTI

             _   __
             /´=:ミ´二.ヾ\         問責使に対する殿の逆ギレ 福島正則一派の伏見集結 大坂城との睨みあい
            / '/ '´rー=、ヽ.ヽ 、ヽ
          i / 〃,イ|   | |_L| l l        問題は一週間も経たずに これだけの広がりを見せてしまったのです
            |.l.l ル'__リヽ  ヘl_Nヽ!.l |
          | |.バ ̄o`  ´o ̄,"|l |       大坂方 特に前田利家様としては これの火消しに手一杯となり
.          レ1  ̄ 〈|:  ̄  !`|
          ド」 、ー-----‐ァ ,lイ!        当初の婚姻問題など どこかに吹っ飛んでしまったのですよ
      _,,... -‐| l ト、`¨二¨´ ,.イ.l lー- ...._
   ,ィ''"´:::::::::::::::| l.l ::::ヽ、__, .::´ :l.l |:::::::::::::::::`¨lヽ               r'つ
.  /:::|:::::::::::::::::::::::W \ ::::::::::: /lル:::::::::::::::::::::::|:::ヽ               / ∟、-‐''つ
  /:::::: |::::::::::::::::::::::::l.  \ /  .l::::::::::::::::::::::::|::::::ヽ         ,.<   )ヽヾニニ⊃
. /:::::::::::|:::::::::::::::::::::::::l  /\  .l::::::::::::::::::::::::|::::::::::ヽ      /\\   i lニ二⊇
/:::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::l/\_/\.!::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::ヽ    /::::::::::::\.ゝ-─'ー-- '
:::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::l  ハ   /:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::\ /::::::::::::::::::::/
:::::::::::::::::: l:::::::::::::::::::::::::::! ./ ヽ ./::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::/
ヽ::::::::::::::;イ:::::::::::::::::::::::::::V   V::::::::::::::::::::::::::::ト、:::::::::::::/::::::::::::::::::::::/
:::::::::::::::/ |::::::::::::::::::::::::::::ヽ ./::::::::::::::::::::::::::::::| ヽ::::::::::::::::::::::::::::/
::::::::::::/  | :::::::::::::::::::::::::::::∨::::::::::::::::::::::::::::::::|   ヽ::::::::::::::::::/
_:/   |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|    \_:/



        __     ____
       <、  ```ヽv'´    `>
       __,,.>  ,  `Y´   、   ``ヽ、
     ,ィ'´     ;'´(       )ヽ     ヽ
   ∠二ィ : .  `、 > ___,,,..ノ 丿    .ヘ
      /: : ; .   `´ `ー--‐''´    . : : |
    ∠:/,:ィ: : : ,:ィ: . /| ト、       . : : : |
     ///.: :, く//   \!_,>   . : : : : :|   つまり 正則の暴挙が
     '´ /:,:イ`>、\   _,/ /\ . : : : : : |
        |/ .kー-。、〉 >-‐'ー。、 |.:|‐-、: : !    偶然 功を奏したということか……
         |`ー:/'´  `ー-‐'´ | !か.|: /
            |/ __‐、    u lノい/:〈
         `iー______  ,'/じ:' : :ヽ
          l `ー―‐---‐'  '/: : : : : : :.ヽ
             '、   ー    //: : : :∧: : : :ヽ
          ∧.     /,.r': : : :,/⌒'ヽ: : : l
          ノ|: ,ヘ__/,r'´ノ: : :/    \.:|
          |: : /」:/ /: :,:イ          \
          ノノ^「ヘ、 ノ//             \
         '´   |i゚:l \'´ /
             |i :!  V





793 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 21:16:14 ID:HHBY1pTI

      、-‐-、r''二∠‐- 、
    < ̄ニ ミ -─  、  \
    ///r .ニ、 ヽ \\\ヽ
   レ'〃,' l f'''゙゙l ∥  l  l  ! ヽ.l
.   /イ//,.1.|  l l、i 、 | ∥ l.|    偶然? とんでもありません
    レ/イ-lノ、  ゝlヘ.「ヽ\ | l |
      |==ij  ==i;j=''| | l |     正則様は明らかに
.       │"ー)   ー‐ '゙ |lゝ、 !
       | < 、        |Lノ│|     これを狙っていましたね
.       | ヽニニニフ   ,| l |.∥|
        ヽ、 ー   ./リ ノハ l !|
.         ` 、__,. '´ ///_,.ゝ!|.!
           ,」 -‐ イル',. -‐}ル}
.           /\  /::;::-─-:ヽ.
          /-r'´>':::::/::::::::::::::::::::ヽ



  _
`     `ヽr '',.Z.._
        ′∠.._
          <
       ,イハlヽ. ヽ.
    ,イヘ.`7 ハ|ヽ!
   r' ==f ,, /
r'ニl.| ` ー-  \
|.|-||. ijv   r __ \
ヽニ|.  ──r-ゝ ´    え?
  .ハ.u  ┌;┘
  | ヽ v lハ
  .|   \._」. ヽ
ト、 l  /, /   l
|ヽW-‐'〃|⊥. |





794 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 21:17:18 ID:pMO3sqAY

さすが読んでらっしゃるw





795 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 21:17:26 ID:HHBY1pTI

         / ̄ ̄ ̄ ̄`丶、
      ,.-''⌒´              \
   /         ⌒`          ヽ      殿…… 正則様が
  /       i"'"! !`、         |
  '/     イ| |   | i i、      \  |      あれだけの無茶をしてのけたは
  |ィ′ / /ノ j lノ  ヽ\ヾト、、    丶 ヽ
  l'|.イ ,イ' ``丶、  ×´\\\     i     1月10日の秀頼様の大坂城移住により
   |へ.| ===。=、  = 。==== ヽ \、  |
      |.` ー‐ '/   ー― '" |ト、   |     殿が失脚状態になったことが理由です
       |   /            ||,) |ヽ. |
       |.く__ - 丶      |!'ノ i||    正則様は なんとしても殿に復権して欲しかった
       ハ ー――‐一    /! i |_  |
       ゙イ,`、 ===     / ,||||  ~"''   そのために今回の騒動を大炎上させたのです
    ,. -‐'''"~ヽ.     /  ノノノ/|
          \__/    /  |
           | \    /    |
               |   ヽ/     |
             l  /\      |
            l/|  /\  |



             _
             ,>  `ヽ'",Z._
            /         <      まてよ なんで正則が そこまで俺のことを?
          i     , ,ィ ,ヘ、 \ っ
           |    ノリ_!ヘ>:::>、iヽ     確かに あいつは徳川家との縁組を承諾してくれた
       _  j fニl| ゝ _i く    っ
-‐: :¬'≦._  ̄  |h|!v ~ v r_ \      でも そんなことが あそこまでの危険を冒してまで
-‐- 、:::::     丁Tヘ.`^l (二ニェ‐' ´ っ
:::::::::: }   ...:::::::|:::|ニl, l\ u┌┘       俺に入れ込む義理にはなるのか?
 :::::ノ::::::::::::::::::: lムニl l ̄ヽ._j
::::...ノ:::::::::::::.... ,ノ: :|::::ハリ:::::::::::.}
::.ノ:::::::::.. r<´: : : j:::;' l ..:::::::::l
:::) ..::::::ノ   \ /::/ l:::::::::::.. ヽ
:. `ヽ.ノ.     `く   ヽ, ..::::::::\
 ..:::::`ヾ:、      \  \::::::::::... ヽ,
、:::::::::::::..`ヾ:、     j    \ .::r',ニゝ、
. \:::. r',ニゝ、_  __,ノ      `Y ヾ \
.  /`-'ヘ ヾ ;'三ミ、          l r‐、ヽヾi
_,ノ    `ー--┐}リ           ヽ.) UJリ
         ¨´





796 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 21:18:14 ID:HHBY1pTI

            _     _
       , -─ゝ `ヽr'´    `>
     ∠   -─- ミ   二 ´ ̄ >
    , '   ニ-‐ r─ ミ  -‐    、\      もちろん正則様の行動は
   / /    | r;ニV三、 ヽ ヽ.  l  \
.   l /       :|     |    l  | ヾ`    殿のためを思ってのことではありません
  │    /    l |     :|. トi     |
  │   / / ,1 L_    :!│l ト、ヾ |     正則様は正則の都合で動いたにすぎません
.   ! !   / / レ'  `ヽ   ゝ!´ヽ! \ 、|
.   | |   ノヾ、二raニ   ('ra二フ"レ′
    |  _,、イ|            `ー-;  :|      殿 今回わたしの与り知らぬところで発生した
   |  ヾニ|:|           - /   |
   | | |  |  ヽー----------‐ァ :|      婚姻問題からの一連の動きでは
    | |  |  |   ` ー-------‐´  ト
.   | l/ヽ. ヽ     ー一    / |      大坂城における ある勢力の存在が浮き彫りとなりました
  _レ':::;;;;;;;;ト、 l.\           ,.イ , l
 ̄:::::::::::;;;;;;;;;;| ヽ. l l ヽ、..__.// |ル^::ー-
:::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;|.  \!         , ' :|;;;;;::::::::::
::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|    \   /  :|;;;;;;;;;:::::::





798 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 21:19:15 ID:HHBY1pTI

       ‐、――-、,,.. -――‐;:‐
       >           ̄<
     -=ニ                 `ゝ
     ∠´   ,.ィ  ハ          `、
     /   / | ./ ヽ  ト、       |
     lイ /''-ニ|/、 r‐\lニ\! __   |    ……ある勢力?
       'l.イ| ==。、i '"==。== l. l"l|   |
         |l| `ー'/  u ー‐''" | |"l|  |
         l || U/       lj  |.|ソl   |
        ! `|/_,. - ヽ v'    l!-'′   |
        ,l  ヽ ヽニニニ二)  /|   |\. |
    _,,.. ‐'''"~/lヽ  ≡  /  |   |  |~"''
    | |  / |  \  / u レ!  |   |
     | | /   レw、  l´      |  l    |




             ,. -──- 、
          /  , ヘ .._  ,.、\                      ,_   _
        /  /__      ̄   ヽi                    、-ー'`Y <,___
          l   〈 ゙ー-゙ニコ!  lLニ-1                __≦ー`___ _二z<_
.        | r,=ヽ ===i  /==i                 > 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<
          | |ト|.| `ー-   \-‐l                <之′Y´/        \
   _  __| ヽ」l u.    r __ \! (与り知らぬって……)  >{  ,'  |、 , ,.  ,.l  ,   ゙i
__ノ´   `l/|  ./ヽ  'ー───´l                 | !、{  | 寸寸T ハT7} ィ, l
_,, ニ=-‐'''7  | ./  :ヽ.   --   l                  ′J゙i, ゙i ゙i (●) (●)| ハ|  (やはり密かに
      /  K.   ::ヽ     l `'''ー- 、._    (           ゙i|゙i'(1    ,     |
     /   |::\   :::`ー:ァr─1   r '_ニ⊃   __ ) _ )       ゙iTィ.,_   ―   _ノ      怒ってたみたいですね)
    /    |::::::::\   /:::|  |  /∠、ヽニ⊃( _ ⊂、         │「ィ::∩ ノ ⊃
    /     |::::::::::::::::X::::::::::|.  |./   ‐‐ゝ\i   ) ノ          /´:,r/:ヽ__ノ
   /    :|:::::::::::;:く  >、::::|  /    ,二ニ\> ノ'´          (::::::V::::::/ `i:i

        ↑ 井伊直政





802 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/07/19(月) 21:21:07 ID:8eAb1oWA

正信、遠回しに毒混ぜてるなw
家康は全く気付いてないがw





800 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 21:20:14 ID:HHBY1pTI

        /  ̄ ヽ〆 ̄ニ=
       /    ,.ィm、  ヽ
      l     l゛  |    ',       ええ 今回の騒動は
        |    リ`ヽ ,ゝト、 |
        |  /!なラ  なラ|ノ       徳川派と前田派の争いであることは間違いないのですが……
       ノ  イl    ,`> |
.      1   `|ヾ三三三フ|        大坂城内では もうひとつ……
.     /     ト、  =  ,.!_
----―'―'´|  |. `' 、__、イ≡`''- 、
≡≡≡≡≡.l  |    / l ≡≡≡`''- 、
≡≡,r―っ≡|レリ\ / | ≡≡≡≡≡ r- 、
 //二つ、 |  /ヽ |≡≡≡≡⊂ニ、'ヽ \
/ / /二二) |/ 〉8〈ヽ| ≡≡≡⊂ニ、'ヽ ヽ .l





803 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 21:21:14 ID:HHBY1pTI

                、_          , -―  ―- .、          _)
            _ノ        ,  '´              `  、    (_, ^i
         ,.-‐(__       /                     \    _ノ,. -‐-.、
          | r‐                                    /
     ───── 石田派というものの存在が明確となったのです! ─────
        i l´ヽ                                    /
        ヾ= ,イ(__  l |        小          | |   `i    l ( ゝ---'
          /.:l|i フ | |  { | |  :i| i       |   ,| ト、 |  |  | |  ):i:::|::::|
            /.:/.|l 弋っ| | .: || |、:;| l |      |  /l/ i l|  |  !:i /:::::k:|!:::|
        /.:;/ |! ::|〈 :i.|| 、 | |什三|上i k. |  .j / / リ  |ム j  , j l 〈::::: i:||::::|
        /.::/ | :::| | :| |kl  ヽト.l ,ィ干=tt_ヽ|、 .ノ/_ム廾下、 | /, / /,'i :l|:::: . l:||::::|
        /.:::i  | ::::| | ::|c,ヘ ヽゝイ f¨:::::::ト ̄ヾソ/ノ彳¨::::::} |ト,リ/iノノ | ::|l:::. |:!|/
       \|  | ::::|.|::|{回}) |、`代::.o.ノ       弋::.o,ナ'´ソ! |{廻})::||::::. |l
          | :::::| | :::i⌒ l . |`y   ̄    ,     ̄  / l |´⌒|..::||::::: |!
            | . :::::| ヽ、l  .| .|.∧      ┌―┐      / . | |  ヽ、||::::: l!
.           | ::::::|     ,! . ,|.  >     ヽ ノ    . <  l . !     |::::. . |
          | . ::::::|    ,.' , '.L. -―....>  _  < ,...‐-..、..,| |    |:::::. |
           | :::::::|   ./ /::|..|::::. .::::::,-―.==、ー-、:::::  ..y'k .!     |:::::. . |
            | :::::::|  , ' 人::::| l::::: :::::::;;;::::({薔}))::`ヾ....、.:::,' .ハ ヘ、  |::::::. |
.          | :::::::レ' , '  ヾ! lに:: '´::::::::::7~'イ:::::::::::: .:::/ ハ\ゝ、`.、 .|::::::. . |
         | ::::::::ト、 ̄二‐- l |.::Y::.  ::::::::/| ::::|ヽ :::: .:,.' /   `、ソ ゝ|:::::::. |





805 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 21:22:16 ID:HHBY1pTI

          _,,. -──- 、 ,. ‐''"´ ̄`二ニ=-
      -=ニ´..__     ゙     ´ ̄~゙'''‐、
       ,. ‐''"´                  ヽ、
     , ‐'´                       ,.ゝ
   ∠..-‐''フ'~                       ゙!
      /                           !
     / ,                           l      石田派……
.    //        /l ,ヘ. ト、 ヽ、            l
.   // ,イ    /! / ul ! ゙、 |. ヽ、!ゝ、 !       |      名を聞くだけで厄介そうな……
    / .// /!  ./ l./.`‐、l  ヽ!. ‐'´, k'ヽト.、       .l
.   i ./ !/ l ,イ/. !' `‐、|!  I|_,. ‐'´ ヽ! ::::ヽ      ゝ
.    l./ .l' l' !' l=====〉 __ =======:| .|⌒i.   ヽ、
    !        l`‐.、.__゚/,::: ''' ヽ、 _゚__,.. ‐'´:::| |´ )}.    l、
              !  :::/,:::::::::. jv  u    ,/:::|.|~)/     l、
          ノ! ,/,:::::::::::__::)  _,,.-‐"  u::||_ノ       i、
          / iー_____ ,,. -‐''フ::::/!     !゙!‐ 、._. ヽ、
          I_,. ‐'i`‐ 、.____,,. ‐'´:::/: │   │l   ` ‐-
    _,,. -‐'"´   ,.!  ___,,   u:::/::   !    ! i‐ 、._
   /i     _,,. -‐1 ヽv  ̄ ̄   :::/:::    !   i' .i   ` ‐-
  / .{_,,. -‐'"´     !  ヽ、   .::/:::    i'  / /
 /  !       , -‐-、 , -‐、i´~`ヽ     ./  ,イ./
/   l      ,.へ、/⌒ヽ、 `‐、  i   /  / /
    |    /‐-∠.__,、 `‐、 `i‐、-‐'"7/!'/
    .|  /´        `‐、  ゙i __,! `、-‐/"




    ./   / |   \   \  \  \
   /  / / (ヾ ⌒ヽ.   .          ヽ
   | |    | |::   ::| || || || || || || ||      |
  .|  | |   .|::   ::| || || || || ||ノ|ノ | \   |
  |  |   ノ_| |:::   :|ノ.|ノ|ノ|ノ|ノ-‐─|ノ|    .|     ええ 厄介ですよ
  .|   ノ| / ::|ノ::ヽ 、    /    :::::::| \ |
   |   ノ:|ノ=====ヽ  ::"======::::|r‐ 、. |      前田派は別派閥と言っても 反徳川というわけでもありません
   .| rへ||::` _O_ノ;;|   ` _O_ ノ :::||Fヽl |
   | |に ||::::::    ヾ|          ::::||レ./|       その政治姿勢は いわゆる地方分権……
   .| .ヽ_||::::::    ::::          :::|| ノ |
    .| | .|:::     ヽつ        :::| |  |       豊臣家と有力諸侯の緩やかな連合体を目指すという
    | .| |::  ─‐----------‐─   ::| | ||
    .|   |::  ヽ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   ::| | ||       現在の殿となんら変わりのないものです
     | |. ヽ:  `──---─‐'    /|  | |
    .| | | .\:     ≡      ./  | |        そのため 派閥メンバーも流動的です
     | |  | | .ヽ           / | |  | |
      |ノ/|    \:::      /| |  |\ .|
  -‐'''"~:::::::|ノ| |ノ  "'''‐--‐'''"   |ノ| | |::::::~"'''‐-
  :::::::::::::::::::::::::|ノ|  ヽ       ./ ||ノ|ノ::::::::::::::::::::
  ::::::::::::::::::::::::::::::|   \    /  |:::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::::::::::::::|    .\ /    |:::::::::::::::::::::::::::::





806 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 21:23:18 ID:HHBY1pTI

       ,_   _
     、-ー'`Y <,___
  __≦ー`___ _二z<_
  > 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<
 <之′Y´/        \    そういえば 今回
   >{  ,'  |、 , ,.  ,.l  ,   ゙i
  | !、{  | 寸寸T ハT7} ィ, l    「前田党」と見られていた蜂須賀家政様と脇坂安治様が
  ′J゙i, ゙i ゙i (●) (●)| ハ|
     ゙i|゙i'(1    ,    |      こちら側に付きましたね
     ゙iTィ.,_   ―   _ノ
      │「ィ::∩ ノ ⊃
      /´:,r/:ヽ__ノ
     (::::::V::::::/ `i:i
      \:::/-‐::::::/




      ,. -───- 、
    ,〃ヽ.__,/´\  \
    /ヘ、   ./フ\ ヽ     徳川家といち早く縁戚となった加藤清正様は
   / \|l  l||/  /  :|
   |=。=、 ,,=。==|r‐、 |     躊躇なく大坂方にまわったな
.   | ー/   ー‐'u||h |.|
    |∠  -ヽ    |Lノ h'⌒ヽ.__,.ィ
     |ヽニニニニ⊃  /ヽ. |\    ノ
.    |  ==    /  ヽ|  \-‐'´
 __,/|____,/   /|    |`ー-
   /  |\     ./  |   |
  /   |  \  /   |   :|
  /   |    ><    .|    |




     _   , -─- 、
   / ニ `′二_`ヽ.\
  / / ヘヽ  -‐、 \  ヽ
 / / , l f'``"" | ト  l l |
 ! | 〃 , |     l | l |、 | |.|    ところが石田派は そうではありません
 | l /イノー-、  rヽ!'ヽ!ヽ  |
. | /l''==a= , =a==''|r、!    彼らの政治信条は豊臣政権の中央集権化に
  |,イ| ` ̄ 〈|    ̄´ ||'イ
.  ド||. ,__ヽ__、 l'イ|     そして なによりも反徳川……
  l l.ト、   __   イ l |
-‐'''l ! l.\     /:| ! |`:ー-   その主なメンバーは……
::::::::::l,ル ト、 ` ー '´ ./!ル':::::::::::
:::::::::::::::N \  /  |':::::::::::::::
::::::::::::::::|    ,><    |:::::::::::::::::





809 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 21:24:14 ID:HHBY1pTI

    -‐ フXXXXXXXXXXXXXXXXX`丶、
 /   /XX>¬冖冖¬‐<XXXXXXXXX\
 \ /X>.:'´::.::/::.::.::.::.:_::_.:.:.::`::くXXXXXXXハ丶
   Y/::/:/::. :. .;:.:'´::.::.::.::.::.::.:.:└くXXXXXX} `、
  〃:/:/::.::.::.:/::.::,:.:-‐::.::.::.::.::}::.::(XXXXXX) ヽ
  /::/::.:/::/:::/::.::/:::.:. .::/.:.::/l::.:::{XXXXXX)   、
 ::.:/::.:/;:.::.:/::.::/ .:.:.:/::.::,ィ::/.:l|::.:.:(XXXXXXL   \    
『穏健派ではありますが』
 |::'::.://:-;―‐-::.:::=彡::.::://:/|:.:|l:.:l:::[XXXXXXメ , -┘
 |:|:://:::///::.::-=:_:彡' 冫く」::.|l:.:|:::[XXXXXく /       
『政治信条で三成と深く結びついた増田長盛様』
 lリ:l::l:::/イなメく-‐ ´   /   l「:ト、|:::|XXXXX「|
/八{::|:ハ {イ:.:rハ   /, 孑=ミヘ::kく:/ XXX厂:|:|
/_`ソX ! `゙゙´      ^!{::.::rーハ:ト、XヽX/: !::.|:l
l K ヽ_ム    、.    ヾ二シ '八 \/7::.::.::|:::l:|
| !| ト、 `ヽ   、        (XXX//:;l::.::.:|:::|:|
Lノニー仁〕 |ヽ、       _ ィ´xXX/;'::.:l|::.::.:!::.|:!
三三三仝r仁三二>'´ , └┴くXXi::l::.::l:l::.:::|:.::!|
三三三三三三三└‐く_ -‐ ,二ヽ|::|::.::|:!::.::|:.:::|   ← 増田長盛
ニ三三三三三三三三三二て r‐=≦>xヘヽl::.::{




''"´ニニニニニニニニニニニニニニニニニ/
ニニニニニニニニニニニニ_ニニニニニ/
ニニニニニニ_,.. - ''': ´ ̄ : : : : : : : : : : : \
ヽニニニ: '"´: : : !:. : : : : : : : i: : : : :`ヽ : : : : ヽ
  >'´: : : : : : : : .|: : l : : i: : : '; : : : : : : ヽ.: : : : ヘ
 , : : : : : : .!: : : :ハ : :!: : '; : : : \ : : : : : '; : : ヽ : !      
『とにかく財政の安定化しか頭にない』
 |: : : : : : :i: : :./.ハ:.ヽ: : ヽ : :___lヽ.: : : : !: :i : :|!:.|
 | : : : : : / : :/  _,.ヽ ト、 .l\: : ヽ \ ̄「: |: : l !:|      
『長束正家様』
 '; : ; : :./: : / ̄___ ヾ:.\ヽ. >ァ水 ァ.|: l: :/ リ
  V : :/: ;.イ.ヾ'アュ _ !`    `` .ヒ:;;'ソ 〉! ./;/
  l:/イ: 、ヽ  ゞ‐ '         ,,,,,, //ノ: :!:ヽ
.   |∧: ' : :ヘ.` '''''''       i     ,.イ ´: :|.|:.:.\
   ,.ヘ : : : : ヽ、       -‐  /| |/!: :ハ |:.:.:./
-、/.  ヽ: : : :l l >t- .,,_,. イ:.  )! | / .レ:/
ヽ、⌒l   \: : | : . . >ァt<ヾヽ ( ト'´:.:,.イ
<´ヘ.`ーt  ヽ:| // //ト、ヽ! |  )!.).イ:. |  ← 長束正家
:.:.:じr.l :.ヽ    ヾ ー'/ | | ー' .( .ト、:.:.:.: |




           / , - ' ¨  \ ` >-、
         / / , ' , '   |‐'´  ヽ
        /ヽ /  / / //ヽ,.'ヽヽ ヽ \
         〉 / ! 〈  {  | |゛゛"''''|│ 〉  !
       〈 ヾ| i ヽ_lyz七リ>   | | /  | l
       /`ハレレ|,,r==ミ     ム,Lハ / ! !     
『諸侯のうちでは』
       //,' r | l |`V::ソ       ~∨ / /
      // | ヽ|│!.  ̄    , r=z、 /∨l/      
『かねてより中央集権化に一定の理解を示す佐竹義宣様』
      // │ ヽ! |    rーy   / 〃
     //  !  `、!>、  r、`´   ,ィ / |
     //   !!   !  `ノノ )7 </ル'  !
     rヾ  ̄ ||   lr‐ 'フ, '/ |ヾ| !  |  !
    ,',ヘ ヾヽ||  /   ∠- ァ! \|  !__ヽ
  /!  ヽ | |||/     r--'ヽヽ `ー、ヽ ¨ァ
  ,' 〉  ヽ !_/    ,、┬、二ゝニ \   ヽ!/│
  ! /   / |   ィ´ ! !    | \_   |_ !
 | !  ,,.イヾ \ 」〉  |│    ! /| / ハ|  ← 佐竹義宣
 ! | /  ヽヾ ´/  | ! ,、,、 |〈 ヽイ//ヽ





811 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 21:25:17 ID:HHBY1pTI

 | 三_二 / ト⊥-((`⌒)、_i  | |
 〉─_,. -‐='\ '‐<'´\/´、ヲ _/、 |      
『そして徳川家と伊達家の縁組により』
 |,.ノ_, '´,.-ニ三-_\ヽ 川 〉レ'>/ ノ
〈´//´| `'t-t_ゥ=、i |:: :::,.-‐'''ノヘ|      
『わたしたちに反感を覚えた上杉景勝様』
. r´`ヽ /   `"""`j/ | |くゞ'フ/i/
. |〈:ヽ, Y      ::::: ,. ┴:〉:  |/        
『さらに石田様と上杉の宰相・直江兼続殿の仲は周知の事実』
. \ヾ( l        ヾ::::ノ  |、
 j .>,、l      _,-ニ-ニ、,  |))
 ! >ニ<:|      、;;;;;;;;;;;;;,. /|       ___,. -、
 |  |  !、           .| |       ( ヽ-ゝ _i,.>-t--、
ヽ|  |  ヽ\    _,..:::::::. / .|       `''''フく _,. -ゝ┴-r-、
..|.|  |    :::::ヽ<::::::::::::::::>゛ |_   _,.-''"´ / ̄,./´ ゝ_'ヲ
..| |  |    _;;;;;;;_ ̄ ̄   |   ̄ ̄ / _,. く  / ゝ_/ ̄|
:.ヽ‐'''!-‐''"´::::::::::::::::: ̄ ̄`~''‐-、_    / にニ'/,.、-t‐┴―'''''ヽ
  \_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ /  /  .(_ヽ -'__,.⊥--t-⊥,,_
\    ̄\―-- 、 _::::::::::::::::::::__::/  /  /   ̄   )  ノ__'-ノ
  \    \::::::::::::::`''‐--‐''´::::::::::/  / / / ̄ rt‐ラ' ̄ ̄ヽヽ
ヽ  ヽ\   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/      /   ゝニ--‐、‐   |  ← 上杉景勝
 l   ヽヽ   \:::::::::::::::::::::::::::::::/           /‐<_  ヽ  |




     / /   |l /::/       \ \
   .,イ   |    | |/:::::/   ,イ  ∧  l ヽ \
  /   |    | |:::::/ ィ'"¨/ | /  V 、!  ヘ  ヽ
  ,′  |   l | / ,/ / .| /   ∨|ヽ ハ  ヘ
  i    |   〈j::/ ,/ /   l/     Vヘ  |  ,∧
 | | !    ∨ /,>=ミ. /    ,r=く }|  l| ト、',
 | | l      V,勹::::ハ '      jr'ハ∨  ||| ヽ   
『ひょっとしたら毛利輝元様も』
  l|八  ', :|   《{::ト :::ノ|      |{::リ }  /! ト、:|
  | |∧ ヽ/∨ハ   V弋rリ     Vノ ∧/|| ',l!      
『あちら側にカウントした方が良いのかもしれません』
  Ⅵ V { V::ヘ    ', ¨´      '  '' |  :|/ リ
  ヽ  V 廴.∨:::ヽ、 ヽ    ( フ   ,.ィ|  :|
      ∨ ト、.∨ト、\  ヽ 、 _ ..< |/八 ,'
       ∨| \{ ̄ ̄\ \/j/}/ |  }/
       ヽ|   |\:: :: :: >- \     /
           ,':: :: ::.// ̄ ̄\     ← 毛利輝元
            /:: :: ::/ /         \





818 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 21:27:25 ID:oWS6XO2I

同じ奉行の増田・長束
自分のところの中央集権化を進めたい佐竹
もともと三成と縁がある上杉
三成と縁を持ちたがっていたTERUか





815 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 21:26:54 ID:51F4G36I

ほぼ外様と政府中枢の官僚とか、どんだけ呉越同舟だよ





813 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 21:26:14 ID:HHBY1pTI

             _   __
             /´=:ミ´二.ヾ\     これらの錚々たる面子に 婚姻問題を的を絞られ
            / '/ '´rー=、ヽ.ヽ 、ヽ
          i / 〃,イ|   | |_L| l l    徳川家が徹底的に沈められた暁には
            |.l.l ル'__リヽ  ヘl_Nヽ!.l |
          | |.バ ̄o`  ´o ̄,"|l |    石田派の勢力拡大は ちょっとしたものになります
.          レ1  ̄ 〈|:  ̄  !`|
          ド」 、ー-----‐ァ ,lイ!
      _,,... -‐| l ト、`¨二¨´ ,.イ.l lー- ...._
   ,ィ''"´:::::::::::::::| l.l ::::ヽ、__, .::´ :l.l |:::::::::::::::::`¨lヽ               r'つ
.  /:::|:::::::::::::::::::::::W \ ::::::::::: /lル:::::::::::::::::::::::|:::ヽ               / ∟、-‐''つ
  /:::::: |::::::::::::::::::::::::l.  \ /  .l::::::::::::::::::::::::|::::::ヽ         ,.<   )ヽヾニニ⊃
. /:::::::::::|:::::::::::::::::::::::::l  /\  .l::::::::::::::::::::::::|::::::::::ヽ      /\\   i lニ二⊇
/:::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::l/\_/\.!::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::ヽ    /::::::::::::\.ゝ-─'ー-- '
:::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::l  ハ   /:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::\ /::::::::::::::::::::/
:::::::::::::::::: l:::::::::::::::::::::::::::! ./ ヽ ./::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::/
ヽ::::::::::::::;イ:::::::::::::::::::::::::::V   V::::::::::::::::::::::::::::ト、:::::::::::::/::::::::::::::::::::::/
:::::::::::::::/ |::::::::::::::::::::::::::::ヽ ./::::::::::::::::::::::::::::::| ヽ::::::::::::::::::::::::::::/
::::::::::::/  | :::::::::::::::::::::::::::::∨::::::::::::::::::::::::::::::::|   ヽ::::::::::::::::::/
_:/   |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|    \_:/




::::::::::::::::::::::::::/:::://::::: \::::::::::::\\l
:::::::::::::::::::/\:::// :::   \「\__ゝ
 /)/:::::::::::::\ \:::   /
|レ::::::::_____.」lllll /
|:::::::::: \ ̄ ̄ ̄「 三/           なるほどな
|:::::::::::::  \__  ::::=\
|::::::::::::::::::::       :::::::::=\        反中央集権派の代表格である正則としては
|:::::::U    v     :::::::::::::::=\
|::::::::::::::::::        :::::::::::::::::::::::\    その事態だけは避けたかったわけか……
|:::::::::::::::        :::::::::::::(::::_:::: )
:::\:::::v::::::  ________ゝ
|::::\:::::::::           (
:|:::::::::\:::::::        _/
::|::::::::::::::\:::::::      (
:::|:::::::::::::::::::\:::::::     |
::::|::::::::::::::::::::::::\::::::    |
:::::|:::::::::::::::::::::::::::::\:::::   |
::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::_ノ





816 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 21:27:14 ID:HHBY1pTI

         / ̄ ̄ ̄ ̄`丶、
      ,.-''⌒´              \
   /         ⌒`          ヽ
  /       i"'"! !`、         |       殿…… わたしの個人的な意見としては
  '/     イ| |   | i i、      \  |
  |ィ′ / /ノ j lノ  ヽ\ヾト、、    丶 ヽ      石田様とは なんとか妥協点を探り
  l'|.イ ,イ' ``丶、  ×´\\\     i
   |へ.| ===。=、  = 。==== ヽ \、  |      将来的には手を組めればと思うのですが……
      |.` ー‐ '/   ー― '" |ト、   |
       |   /            ||,) |ヽ. |      現状では そうも言ってられません
       |.く__ - 丶      |!'ノ i||
       ハ ー――‐一    /! i |_  |
       ゙イ,`、 ===     / ,||||  ~"'''‐-
    ,. -‐'''"~ヽ.     /  ノノノ/|
          \__/    /  |
           | \    /    |
               |   ヽ/     |
             l  /\      |
            l/|  /\  |




             ,. -──- 、
          /  , ヘ .._  ,.、\
        /  /__      ̄   ヽi
          l   〈 ゙ー-゙ニコ!  lLニ-1     そして福島様は 取扱いに繊細な注意を要するが
.        | r,=ヽ ===i  /==i
          | |ト|.| `ー-   \-‐l      現時点では心強い味方であることも事実
   _  __| ヽ」l u.    r __ \!
__ノ´   `l/|  ./ヽ  'ー───´l
_,, ニ=-‐'''7  | ./  :ヽ.   --   l
      /  K.   ::ヽ     l `'''ー- 、._    (
     /   |::\   :::`ー:ァr─1   r '_ニ⊃   __ ) _ )
    /    |::::::::\   /:::|  |  /∠、ヽニ⊃( _ ⊂、
    /     |::::::::::::::::X::::::::::|.  |./   ‐‐ゝ\i   ) ノ
   /    :|:::::::::::;:く  >、::::|  /    ,二ニ\> ノ'´




        ___  ,.-‐- 、
       >  `       ` 、
      ∠             ` 、
     /               ヽ
 .   ./        /`ヽ         ヽ
   /, '   /|/|/   |. iヽ       ヽ
   ~./    /`- ._ u . | |_,| !ヽ      i
.     //| /== 。_!  !~,。 = 'ヽ. l^i  i
       ||` _ _ /  =,_ _ . '  | Fi  |
        ||  / u    u  u |.Pi  |   と いうことはだ……
        i||/   _ 丶  u   .||~   |
 .      | ヽ`   ____....--、 / |   |
 .      |  ヽ  ̄ ̄ ̄ ̄ /  |    |
       |   ヽ  #'  /    |   __|_____
      //__....../| ヽ_ ./  u  |   |┬ii.--
 ___....-- i.|~  / | /   u    |   | | ||
 -- ~ ~ i.|   / | / >...___....-^ |    |  | |





819 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 21:28:15 ID:HHBY1pTI

          _,ヾ\//__
         .>      ゛' 、
         ∠         ヽ       正則の あの要望を無視することは
        /           |
        '|   /| ∧ |ヽ、   |       出来ないってことなんだな……
        ,..|,/=|ノuヽ|=ヽ、 .|、,_
    _,,、、‐''゙, |(|| == .l.l == ||)||、,_゛''ー 、,,_
  .i'i'゙_,,、、‐'゙ l`||, u  |.|  ノ,,、||'/.l  ゛''ー、,,_~/''、
  l |~     l ヽ| `'' ヽl_レ‐''´ |/  l     /  l
 .l |     .l   l       /   l    /   l
 l |     ム,--、,l      /,,、--、 |   /  ノ|


家康は大坂城との和睦において
正則から「前田利家を伏見の徳川邸に訪問させること」を要請されていた
そして それがどれほど困難なことであることかを家康は体験として知っていた





822 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 21:29:27 ID:HHBY1pTI

なにしろ戦国の世では敵対する相手にのもとに出向くということは それだけで「服従」と周囲に理解されるのである

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V
  < : _: : : / 〈  ノ |/  レ ヽ }|:./ヽ: : |       
お~い
  <:: |. 小{   _,,.. -    、-.,_  レ{: :.|ヽ:|
   厶ヘ ハ         、     {ハ,;' ((       
いい加減 あきらめて
      \_!         '    ! ( ( ヽ)
        ヽ   'ー―--   /  ヽノζ       
上洛しろよな~~
      ___,r| \         /   | ̄ ̄ ̄|(^)
    /:/::::| \  ヽ _ , ィ ´    | ''..,,''::;;⊂ニヽ
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、  .| .,,:: ;;;;ン=- )
/:::::::::::/::::::::|    \  /  ! ,r-''⌒^ニ);;;;ヽニノ ヽ



         ___  ___
         `>  `'´   <´
        ∠´          `ヽ、
       /             ヽ
       /               ヽ
      ,.イ  /|ハ/! ,ハ ト、lヽト、     `、
      ´/ ハ/\\|/ `,// \    |      
いやだ! いやだ!
      / r| ==\!  |/=== ヽ. r‐、 |
       7 | | `-v゚/  `--u゚‐'′| |こ!| |     
俺は絶対に上洛なんかしねえぞ!!
       ,/ | | u / u     U | |こ!| `、
      / `| /_  - ヽ u'     | !_ン  ヽ
       .イ  ヽ lニニニニ二ヽu /|      \
      /   ヽ`ー──―'/  /   ハ~"''‐- ヽ_
        7'    ヽ ~~~ /    /  ,/ ヽ~"''‐-
       /__,.,.ィィ  \_/ u'   / / `、`、
   -‐''"~  /~7  /|      /ノ ',  `、ヽ
       / /  / |‐-、 ,r-―"|  ',   `、ヽ
      /____///__|   |    |______`、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

家康自身にも 天正年間に秀吉からの上洛要請を悉く拒否し
ついには秀吉の実妹と母を人質として差し出させるまで抵抗を続けたという過去を持つ





826 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 21:30:08 ID:pMO3sqAY

因果は巡る





827 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 21:30:14 ID:HHBY1pTI

      、-ー'`Y <,___
  __≦ー`___ _二z<_
   > 7  ̄、-人  ̄`'┴<
 <之′Y´/{:;o)       \
   >{  ,'  | 、 ゛´ ,.  ,.l  ,  ゙i      うつむいてばかりいても
   | !、{  | 寸寸T ハT7} ィ,l
   ′Ji, ゙i ゙i ( ≡)  (≡)|ハ|       物事は始りませんよ
    i⌒ヽ'(1. '''  _'_ ''' ノ川/⌒)
.     ヽ  ヽx>、.`⌒´_,イ l |::::ヽ/
     ∧ 人lハ:::::l,三|:::/l| ,:::::ハ




     _   , -─- 、
   / ニ `′二_`ヽ.\
  / / ヘヽ  -‐、 \  ヽ
 / / , l f'``"" | ト  l l |
 ! | 〃 , |     l | l |、 | |.|    そうですね……
 | l /イノー-、  rヽ!'ヽ!ヽ  |
. | /l''==a= , =a==''|r、!    ここはひとつ長老たちと
  |,イ| ` ̄ 〈|    ̄´ ||'イ
.  ド||. ,__ヽ__、 l'イ|     知恵を出し合ってみては?
  l l.ト、   __   イ l |
-‐'''l ! l.\     /:| ! |`:ー-
::::::::::l,ル ト、 ` ー '´ ./!ル':::::::::::
:::::::::::::::N \  /  |':::::::::::::::
::::::::::::::::|    ,><    |:::::::::::::::::




          _,ヾ\//__
         .>      ゛' 、
         ∠         ヽ       うん……
        /           |
        '|   /| ∧ |ヽ、   |       そうするよ……
        ,..|,/=|ノuヽ|=ヽ、 .|、,_
    _,,、、‐''゙, |(|| == .l.l == ||)||、,_゛''ー 、,,_
  .i'i'゙_,,、、‐'゙ l`||, u  |.|  ノ,,、||'/.l  ゛''ー、,,_~/''、
  l |~     l ヽ| `'' ヽl_レ‐''´ |/  l     /  l
 .l |     .l   l       /   l    /   l
 l |     ム,--、,l      /,,、--、 |   /  ノ|





830 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 21:31:23 ID:HHBY1pTI

家康は この難問について伏見在住の長老たちに相談を持ちかけた


          ,. -‐- 、r'´  ̄ ~Z.__
       ∠             ´   ,.>
.     /                 ̄`>
     /           ,、      `\
.    !             / \    \. トゝ
   │       , ,.イ /、._, uヽ |ゝ、  N
.    |      /レ' レ\,/  /V '´ l\!
     |. r;=、 .ノ=a=== ,, ,/a===!
    | |.ト、| | u` ー--‐ " u\ーァ"!    ふ 伏見の俺の屋敷まで来いって言ったら……
    | l ヒ |:|.    u  r __   \l
     |  `ー 1|、 ヾニ二二二二フ 7′    利家は怒るかな……?
    ノ     | \     ___  /
.   /   ,ヘ、  ト、 \ u  ̄ ̄ /l
  /  ./\.ヽ. ヽヽ、 \   , ' ,'
  ,' , ./   \ヽ、ヽ \./`iイ /
. /l/l/     |\\ヽ  ヽ. Wレ'
/      _..⊥._ \``  |





832 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 21:32:14 ID:HHBY1pTI

             | |  |
             | |  |
    i、        _, -!--'-  、      ,'i
   _!\  _,  '          丶   //
   \  ` ー---=ニニニニニ=-`ー'  >
    ー'=----- 、------t'^tーニ-----,-t----~=-
      i | |ヽ二フ,/i i\!二フ | | |
       | | |   ̄  | |.   ̄  | | |
       | | ト、.     ! |   r:| | |
   、  .| | |:::i   ん、_,,ふ   .i:::| | |   ,
    ` ー=====ニニへi,_iへニニ======-ー'     怒るね
      | | |::::! ∠ -ーーー-\ |:::| | |
      | | | u   `>-=-く   .|__| |
      レ'> 、___    ,,,,   .,__ノヽヽ、|
      `-ミニリ| \_i;;;i  // ヽへ <  ← 金森長近
        /::/:{ヽヽ   V   / /::::ノ:::::\




          , , , -‐==- ._
            /.//イイ≦三≡=‐=‐-.._
         i .川/〃イ三≧三三二≧、
       , -ゝlllllヘヘヘへミミミミミ、ミミ、、ミ
      イイフジ゙゙'' ヘ. \\`ヾ゙゙三ミミヾヾミ
      ´イ//   / ,イ´ヽ `  ヾ 、`ヾミミミ
       llレ__` { ´ _,,イ二ヽ ヾミミ、 ヽヾミミ
        {三≧ =≦竺o=''  三ミミ、ミミ、ミミミ
         .〉ー ゚'   、  ノ   三ミ、ミミ、ミミ、ミ
        .( `_/..    `¨    三三F lミヾミミ     怒るな
        l (  ___)ヽ 、   三-、 .リヽヾヾヾ、
         l/  ̄__ _ `ー、  .三 ' /川川ハハヾ
         l ´ _   `   l   ゝ-イ川 川川ハハ
        l   ¨       ___ ノノノノノ川 l || l i ハ
        ゝ._     __  、二ンノイノノノ川 川 l川  ← 新庄直忠
            Т  ̄  // `ーイノノノノハノノハノノ
      r‐‐- - -┴────-==─イイノノハノハ



          ,,....,,.,、__,,..,.,.,.、
        ,:r彡'⌒ヽ, ハ彡=‐、`丶、
        //;;;;;;;;;;;;;;ミ/;ヾ;;;;;;;;;;`ヽ.ミヽ、
      /, ;/;;;;;;;;;;;;;;;:=!;;rミt;;;;、;;;;;;;丶ミ ヽ
      / /;;;〃/´¨ l;;;l `´丶;〉ミヽリ l!
     i/ /;ツ //   l;;;l    ヾ;;、''i! l l!
      fH;f ' リ/__   i!;! ___,,,ゝ;i l! l
     l ll;;川;i,,..二ニ^ヾjr`,rz=-、i!;;川 l !
     川;;;;;;;i´i::o::)`'  l! ´f:o:::)`i;;;;リil/     怒らないと考える方が
    ,リl j;;;;;;l`'゙=''"   l  ー'--'" l;;;j、f
     △'k;;;;;l!        ゙    ι リ;i/!L     どうかしているではないか
    'i´ Y!;ハ、    ノ     ,イj;{ ▽
        、!リvll\  ,: -- 、  /-、!l
       ▽i!jLl!_i丶 ` ̄´,/::r'v"▽
       ヽ,r‐'"ユ f^i`'フ":/)迅、ノ
       ,、ノ  ヾ/;;r'゙´;f'´ /  ,〉ト、
   ,:-'"/ i!ミ ヽ /;;/;;;;;;;;゙'ーf′,:' l!::ヾ' ー 、
:-‐''": : /: : トt ゙'y;ノ;;;;;;;;;;;;;;〈, ;:",ィァ!: : :ヽ: : :`゙
: : : : : /: : : :ゝ‐-!、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;)彡ア/: : : ::丶: : :
: : イア′: : :/: : : :`ヾ、;;;;;;;;;;;;;j  ,;:/: : : : : : :ト:、   ← 有馬則頼
':": :/: : : : : /: : : : : : : ヾ;;;:ィ'"レシ:/: : : : : : : : i!:
: : :ヽ:、: : : /: : : ::△: : : ヾ゙ハ >く:_: -▽: ''",フ: :
: : : :\ : ノ : : : : : : : : : : )illレ': : : : : : , - '" : : :


当然のことながら 長老たちの返答は はかばかしいものではなかった





834 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 21:33:04 ID:5rqEfvIg

ですよねー





833 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 21:32:59 ID:dPU.TY8I

そりゃ怒るよw





837 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 21:33:16 ID:pMO3sqAY

全会一致www





836 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 21:33:14 ID:HHBY1pTI

だが おかしなことに
この否定的な意見の連発は かえって家康の背中を押す作用をみせた


     , ‐'´                       ,.ゝ
   ∠..-‐''フ'~                       ゙!
      /                           !
     / ,                           l
.    //        /l ,ヘ. ト、 ヽ、            l       い いや……
.   // ,イ    /! / ul ! ゙、 |. ヽ、!ゝ、 !       |
    / .// /!  ./ l./.`‐、l  ヽ!. ‐'´, k'ヽト.、       .l       確かに敵のもとを訪れるのは問題だが……
.   i ./ !/ l ,イ/. !' `‐、|!  I|_,. ‐'´ ヽ! ::::ヽ      ゝ
.    l./ .l' l' !' l=====〉 __ =======:| .|⌒i.   ヽ、    大坂とは…… 利家とは既に和睦が成立している
    !        l`‐.、.__゚/,::: ''' ヽ、 _゚__,.. ‐'´:::| |´ )}.    l、
              !  :::/,:::::::::. jv  u    ,/:::|.|~)/     l、    利家にとって俺は もはや敵対者ではない……はず
          ノ! ,/,:::::::::::__::)  _,,.-‐"  u::||_ノ       i、
          / iー_____ ,,. -‐''フ::::/!     !゙!‐ 、._. ヽ、
          I_,. ‐'i`‐ 、.____,,. ‐'´:::/: │   │l   ` ‐-
    _,,. -‐'"´   ,.!  ___,,   u:::/::   !    ! i‐ 、._
   /i     _,,. -‐1 ヽv  ̄ ̄   :::/:::    !   i' .i   ` ‐-
  / .{_,,. -‐'"´     !  ヽ、   .::/:::    i'  / /
 /  !       , -‐-、 , -‐、i´~`ヽ     ./  ,イ./
/   l      ,.へ、/⌒ヽ、 `‐、  i   /  / /
    |    /‐-∠.__,、 `‐、 `i‐、-‐'"7/!'/
    .|  /´        `‐、  ゙i __,! `、-‐/"





838 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 21:33:41 ID:51F4G36I

悪い癖がまた出やがったwww





840 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 21:34:01 ID:ivnYLYLw

家康さんってヘソ曲がりな人だなー





839 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/07/19(月) 21:33:57 ID:r49YtO.2

逆境に立つと燃えるタイプですね





842 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 21:34:18 ID:HHBY1pTI

           _、─-v-─;z_
          >:::::`::::::::::::::::: :::::\
        /:::::::::..  .:::::::.. ..::::::::::ヽ
      イ:::::::::::::::::::::::;、::::::::::::::::::::::l      利家も 意外と怒らずに
.       l::::::::::::::;:イ::/v:ヘ::lヽ、:::::::::|
.        |:::::::/|/ニ|/ュ ┌リ_ニヘl::::::::|     すんなり受け入れてくれるかもしれん
       j::r=i|==。=,, _=。==|r=、:|
       |::|ヒ'|| ` ー":|.|:`ー ' ||J:|::|     俺は これに賭けてみようと思う!
.      |:::ヾ;l| u  r:|」:、 u :|レ'::::|
.     ノ::::::::::\ (二ニニ二) ,イ:::::::::::ヽ、
   _,∠:-‐ァi:::::::!\ == ./ |:::::::ハ''ー-ゝ、._
-‐'''": : : : :/,/|::::::| ::::\_/  |::::::ハ ヽ: : : : : :``'''‐
: : : : : : : :/,/,/|::::::|  :::::    ,|:::j¨二二二¨l: : : : : : :
: : : ; -:、ム--‐ヘ|:N\.____/j;ル| |:::::::::::::::| |:_;、_: : : :
: /.rh \: : : : : :|},',',',',',',',',',',{|: :| |:::::::::::::::| | +++`l: :
´、-t( )ァ-; > : : : |} ',',',',',',',',',',{l: :| とニ二二, ゙̄ヽ、! :
:\`゙lし´/: : : : : |},',',',',',',',',',', {| :|‘r──- .、`  \
: : :.`:‐:'´: : : : : : :.|} ',',',',',',',',',',',{|:.L.`⊂二¨_丶    ヽ



            ,, ... 、_,, ... 、
           ,r'ィ'⌒ゝr;''⌒ヾt、
           /,/;;;;;;,;_;;{;〉=ミ;;;;;ヽヽ
         l' l''::;;/ ´ ll′ ゙i;;;;;;l l
           l! l;;,,/二ミリ r;ニミ!;;:;:l l     まあ……
        イ l;;;K'O,`l!:l ´O,};;;/ ト.
        」ハ;;l,  ̄ ' j ` ̄l;;lNjt!     どうしてもやるというのなら
        V7!lト,、  __  ,ィト!7 ソ
            ノvリハ>.´ニ`,ィ'Nvi}      止めはしないが……
          ,ィ''"ユ `゙゙´l〉`=ト、
        //  V^ーく  ,ケ:::ヽ、
      , ィ7::::::ヽ、、{    l〃/:::::::ヾ:丶、
   , -:':,ィ':::::::::::::ヽ ソ   ,! ヾソ:::::::::::::ヽ::::`丶、
  r''" ''":`ヾ‐-v-‐ヘ!  li!/`ー‐v,ァ''"´:::`丶丶
  |:::、::::::::::::::::`丶、:::ヽ  f'":::, - '"::::::::::::::::::::::/:::
 〈::::ヾ:::::::::::::::::::::::::`ヽ>',:ィ:"::::::::::::::::::::::::::::::/:,r::
 ,j:::ヾヽ::::::::::::::::::::::::::::: {:▽::::::::::::::::::::::::::::::::/:/'"/
  {:::::::ヽヽ:::::::::::::::::::::::::::}::::::::::::::::::::::::::::::::::://::,ィヽ


家康は 利家を伏見に呼び寄せるための工作を開始した





845 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 21:35:02 ID:pMO3sqAY

何故、プラス思考にしがみつこうとするw





846 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 21:35:23 ID:HHBY1pTI

前田家に対する交渉は 和睦の立役者である堀尾家に委託した


     /:..:./:..:..:..:..:..:iヽ;.ハ:..:..:..:..;..:.i.:..:..:..:..:..:..、:..:..:..:、..:..:  :..:..:..:..ヽ
    /  :/ :..:..:.i:..:...!``"´ `、 :..: |  ト  :..:..:.. i :..:..: i    |:..:..:..:..:`、
    /:.. /   |  |     `、  |、 i ヽ .. . l   !..  .. |.:.、.:..:..:..:',
   /:..:..:イ ..:..:..:ナ‐、!_     `、..:!ヽ:.i \, ---ト, :..:..|ヽ:..:..:.|:..:i..:..:..:..:i
   /.:..:/ i:..:.../:/|:..:.| ヽ,    `、:| `、:!,/\:..:..| ヽ:..:.|、\:..:|-、!..:..:..:..:!
  i:..:/ l..:..:イ:.ハ.|.:..!.   ` 、__,,ヽ,.i」-‐'リ   \:ト、 ヽ.:|/,ヽ;|'‐ i:..:..:..:..:i
  !:/   !:../|.:i. ';..|i   ○ ,   'l  ○    ' ! ヽ! i´`   l:i..:..:..:..:.i
  '   |:./ |/  i;!.゙、.___        _、___/   /)   /..:i.:..:..:..:..i     えええええーーーーー!
      レ' |! i´i  `'─‐`゙、   r'"´ `''─‐'"`'ヽ/   ./:..:..:i.:..:..:..:..:!
       '  i. |.      i'ー‐l          |  'r‐'":..i:..:..:..:i.:..:..:..:..:!
         i, l       !   ',           |. | .ハ:..:..:..:i:..:..:..:i.:..:..:..:..!
         ヽヽ     ノ    ヽ,          ,' J/ヽ:.i:..:..:..:i:..:..:..:i.:..:..:..:..!
          ```'‐、─'"     `''‐-----‐''"/ .}ニ'i:.:!.:..:..:.i:..:..:..:i:..:..:..:..!
              i:.`' ‐、  ヽ二二二)   / /;.;.lヽ:i.:..:..:..i:..:..:..:i:..:..:..:.i
             |.:..:..:..:..:`r-、.,__,,.. -‐'" /.;`'i;.;.'; }''‐- 、:.i:..:..:..:i:..:..:..:i
             |:..:..:..:.,: -|i´ヽ.,,___,,. -‐,";.`i;.;.;.|;.;.;ソ;.;.;.;.;.;.`''ー-、:i.:..:..:..i
            , -‐''";.;.;.;.;i|;.;.|;.;.;.;.|;.;.;.;.|;.;.;.;|.;.;.;.;|.;.;.;`;/.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;\..:..:..i


聡明な忠氏は
この要求が徳川家と前田家の格付けを狙ったものであると察知するが
同時に それがいかに無謀なことでであるかも 考えるまでもなく理解した





850 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 21:36:39 ID:6BB1nfhY

丸投げすんなwww





851 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 21:37:01 ID:51F4G36I

これで断れば徳川に角が立つし
話を持っていけば前田に怒られるかもしれない
十代に任せる内容じゃねーだろwwww





855 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/07/19(月) 21:37:36 ID:8eAb1oWA

なまじっか優秀だから嫌な仕事押し付けられるな





849 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 21:36:17 ID:HHBY1pTI

忠氏は義父である前田玄以に相談するが さすがの玄以にも良い思案は浮かばなかった


                _,. -―- 、
              ,.「^ 、     `ヽ
                ハ  ヽ \ ,ィ⌒ー⌒ト、         、
.           ,.--/ / ::∧、 〔 {  {薔}、ヽi        ',
           /   | i ::/  `ヽ、\/,ヘに!/ス_, -- 、   .:.:.}
         {   i ゞ!::/ _ノ  、_ーLrー/ノl    ヽ. :.:.:/   家康殿も
          ヽ._>仁ニ! ==   ==`ヾト ヽ     }.:.:.:/
    __ --ニニヾく ! ヽ! ""  i   ""_, -ソ、 .|    |:.:./    えらい無茶振りをしてくれるのかしら
 ≦"´_    ` シ‐i.入  こ二 r‐「,.―'⌒ー’ } __,ノノ
 -ァ、フヘ`ヽ    /   テ´ ` ー‐ノ}==-、__  .:.:.:ヾ´
// i 〈 「ヽノヽ./       _//^ー^ー'`ヾ \.:.:.:.:ヽ
`ヘノ__}-^ーv'′      < と.{ i / / / >'1、.:.:.:.:.:>
                `ー' ヽ廴{_ノノー-〉.}斗'´
                        `^ー' `´



          ,..、...----...、、
       ,...::':´:::::::::::::::::::::::  ` .、
     ,..:':::::::::::::::::::::::::::   .....::::::::::゙:.、
    ,:'::::::::::::::::::::: ....::::i::::::ト;:::::::::::';:':,'、
   ,:'::::::::::::::   ..:';::::::::ト;',';::::','、:::::::::',゙'; ',
  ,':::::::: ...::::::::::::::';::::::',_゙、゙:、:':,_'、:::::::i '; '
.  ;  ....::::::::::::::::::::::::';:::::', -‐''''1 ゙';:::;! '
.  ;..::::::::::::::::::::::';::::::::',゙' 、:、 ''"´   '、
. ,':::::::::::::::::::::r'''゙'、::::::',  `       ` ,
. ,':::::::::::::::::::::::',   '、`ヾ、          ,'    …………
:'::::::::::::::::::::::::::::'.、           σ , '
::::::; ィ::::::::::::::::::::::::`::::7      ,. '
‐',゙:'ィ':::::::::::::::::::::::::;::/、 , -‐ ''"
,..:'":::::::::::; ィ::::::::; ',:'  `' ,
----‐ '":'゙:::; '゙,:' ‐',"~-゙':.、
    -‐ ''" .,. ',、'":.:.:.:.:.:,:.;.',
      , './:.:.:.:.:,、:.'゙:.:.:.゙':,   ← 堀尾吉晴
      ,. ',..:':.:.:.:,、:.':.:.:.:.:.:.:.:.:.:i





852 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 21:37:05 ID:GuW8Fd8s

堀尾も大変だ





853 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 21:37:14 ID:HHBY1pTI

                _,... --  .._
            ,. - '´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ、.
           /:.:.:.:.:.;.:.:.:.:.:.:.:.;.:.:li:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
          /  ..:.:./i:i:.:.:.:.:.:.:l!.:|__!ィ.:.;:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
         / .:.::::::/-l |:.:.:.:.:::l リ_,_|!l:::li:.:.:::.:.::::.:.:`、      あのさ……
           l/l:.:.:.::::li,.-!、!::::::://イr.!ト|/ l:/|:.:.::::::::::.:.'、
         ! !:::ト:ト!/ト;ハ ヾノ  ト'ii;::} i/ l:::/、:::::::::::',     忠氏も せっかく先の和睦で名を上げることが出来たんだ
          ∨〉:l{. |:i;:|     ゝ::ノ , ! /ィ´ }::::::::::::'、
           /´} `=゙     -   ' )  /::::::::::::::::'、   こんな無茶な話に係わってミソをつけることはないよ
           / イ   `        , ,./::::::::::::::::::::::゙、
           イ '´\   、-_、    / ヽ_::::::::::::::、:::::::::::ヽ
         r'..ィ'ヽ、_ヽiヽ、   _,. ィ'  _,.ィ::::ヽ、::::::::: 、::::::::\
            / '´ ヽヽ-' {::;4`''、〉、.....ィ'"::::::::::::/  ``ヾ、ヽ`ヽ、ヽ
         ヽ ´`''〈  リ' // .i::::::::::::::::::::::::::/,.     ヾ:\  ``
          ヽ   } ./ // ,. {:::::::::::::::::::://       .:'、ー`-
         /:.:\  /:l //'´  \::::::,:ィ'ヽ /       .:.:.:}
        /:.:.:.:.:.:.:`':.:ハ:.l   ,.,.,.. ̄   '/      .:.:.:.:.:.l
         /:.:.:.:.:.:.:.:::::/:.:.:l     '´   /     :.:.:.:.:.:.l l
       /:.:.:.:.:.:.:.::::::/.:.:.:.l         /     :.:.:.:.:.:.:l .l
     r'´:.:.:.:.:.:.:.:.::::〈:.:.:.:.:{        /_,. -‐- 、.:.:.:.:.:.:.l  l
     |:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::;ヽ:.:.:.\      /' ,. -‐‐- 、 \:.:.:.|   l




                ──────
              / ヽ /       \
            /    ∨∧ ヽ      ヽ
            / / / /∨ 丶        ヽ
           / / ア /   丶 ∧     ヽ│
          │/│ _∀--ゝ_   ∀-∀ヽ∨∧│     しかし 父上
          │ ∧/    ├-┤    ヽレ∧
           │ ヽ __/ │ ヽ____/ 6∧     家康殿からの依頼を無視するというのも……
           │\|      |      |/ ヽ
            レ ∧    丶    ∪ ノ   │
           │ | \   ⊂⊃   /||│  │
           │ ||  | \     /  || |   |
           | ||   | ||丶--- │  ||│  ||





856 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 21:38:14 ID:HHBY1pTI

                __ _
            ,  .´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. 、
        ./ ...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..\
       ,' .:.:.:∧: h:.:.:. /」:.:.:.ノ}:.:.:.:.:.:.ヽ
        |:.:.:./ 上八:.:/ j/_ |:.:.:.:.:.:.:.:.',
        |ハ:.|/.芹Y     芹h`Y!:.:.:.:.:.:.:!     うん だからさ
        トj 込ノ    込り }レy‐、:.{
        |     ,        ′ 灯 |.:.',     どうせ 駄目元の話なんだから
         圦            ,_ /.:.: ',
        ∠.:.:\ ー― 一′ /.:.:.:.:.:.r-ゝ   この件は わたしが引き受けるよ
            厶>,、__  z个_、:{` ┘
            _/ 〉     〉 \
            爪   |     / .ん  `7 ぇ
       , イ.l.| |.  ト、 _厶ん    / /. :\
         | 込=々 {、 _ノん _/// ̄.!
        |: .ヽ. :くく  ',: : : :ん } r‐ ' , ' . : :|
        |: : :.Y \ーヘ 厶三ノ  /. : : : : :|
        |: : :|: : : ̄. 〉厂 . : : : : : : : : : ′
       } :{ :|: : : : 〔] : : : : :/了. : : : :/!
        〈 : :ゝ ヽ_:_: :儿 : : : / 、ノ . : : : :.{ |
       }: : : : {// 广⌒ー一ヘン. : : : : : ,'. |
       |: : : : :以/. : : : {: : : : ヽ.: : : : :.:/ | |
        汀: : /. :汽: : : : \_i: : }k: : : :/ .{ {
       廴_'__: . `ーミ: : : : : : .’. : :./. : :.|. 〉
             ̄  ` ー --―<. : : /




          //  ` '´    `'′    V′ '<´  `、   ゙;、
          ;' .;'        , ヽ  !ヽ       ヽ   ヽ. /', ゙、
        / ./     ;  /  ', |  ',  :、 ` 、   `     ヽ  ゙、 ゙、
        ;' ;'     / /‐''""'''!''''"',   i  ',           '、
.        ; ,'  , !  .;! ;       ',  |:、 i、  `,  :,      ',
        j j / !   / !/_,...-- 、、_   ',  .|,.ゝ |- 、 ',  ',   ',  :, ゙,
.       |. レ1  ! /- '!|_,... -‐- 、、  ゙,  ! _! L...`, i ', ',:,  i   !、 ゙,
.        |   '   | レ'" !,. ''ニ~、`  `i_', l´ ,ゝ!_- ._', 「゙'、!',  !  | `、i
.       ノ  .! ,. ; l. i  / λノ::::',   「 ゙̄、,!  .,'..ノ:`; ゙':, irヽ  ' .|
      i  '" ; , 'V、 ヽ  、::::::: ノ   !   ',  ':;:::::::;!  ′!:、 `;、|`N
      |    !  ,( !     `´ ̄ /   i  '、  `''^'   .i })|'l .|
      |    ',  '、゙!、 __,.. - ´    !  ` - 、. ___,...ィ/ /  |   父上……
.       ;'    ヽ `i,            、          !ノ   .|
      ,!     ,ゝ- 、             ′           ノ     i   すみません……
     /     /    ゙、                  , '''::、   ,!
.     ,!   /  .     ヽ         く二ゝ      ,/   \. ',
     l,. - '         l` 、           ,. ィ'       `'┘、
  ,、-<               ',  ` 、     ,  '  .i            /lヽ
  ' ` `            '    ` ー ´    '           ' ' `


こうして 利家に対する交渉は 堀尾吉晴が行うことになったが……





860 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 21:39:20 ID:dPU.TY8I

泥を被りにいくのか





861 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 21:39:22 ID:HHBY1pTI

                       ..,,,,r'''''''''"""""'''ヽ,,,.、
                      ,:;'':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
                    ,:'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
                   ,:'  .........:::::::::::::::::::::::::.........    ':,      チィーーーースッ!
                  ,:' ..::::::::::::;::::::::::::::::::;:::i'::::::::::;:::::::::::..  :,
         ,,,,,       ,:'::/::::::::::l::::ii::l::::::::::::::ii:::| l:::i::::ll::::::::::::::::::',     どうすかーーーー 利家殿!
       ,r'"´  "'ヽ     ;::/|:::::::::::ll:::| l::l:::::::::::::||::| 'l;,Xil l::::::::::::::::::',
      l'      ':,    l;/ |::::l::::::|'::l\| l;;:::::::,' l:l/,,`y' l:,'::::ノ"'':::',     ちょっくら伏見の家康のところまで
      |      ':    '  ':::ll::::l:l  \\i:::://∠:-‐  ´l:/   l::::,
      ;       l      ヾ lヾl ―‐> ヾ'   `"''‐   ''>  ノ:::::',    お出かけしませんかーーーー!!
      i       '|       lヽ'|  '´            _,,::':::::::::',
      | ...:::::::::::::..  |      /:::ヽl      __,--‐'    ,;'::::::::::::::::::',
      ';:::::::::::::::::::::. |,;'':,,,,, ,,.../::,-'',i,,.   ` ̄       ,;'"::::;;::::,--'ヾ::,
      ,,,';,:::::::::::::::::: l.,  '''"'  "''ヽ'`'-,,,__     ,, .'":::::::::.ヾ_l ,-  ヽ
     /  ヽ:::::::::::::  l,,       ヽヽ l `"' ' ‐'"´/   ̄l l <ヽ,     );,,
  ,,;-'''"、   ヽ::::::::::   ';,       ヽヽ l  ヽ、 < i   //ヽヽlヽ、  ,i::::',,,
 / ,   |    l--、::::   ';,,       l i l  ヽ,へ/  //  ,l, ), ー'"'l::::::::::'..,,
./  |   |    |,:::::::::::::::::   "'''''''''''"""';l  ヽ二ヽヽ | l=' / / < ヾ=="/>""'''"
| |   |    |、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::....  i    | L_ヽ|/」 ̄l/  ,'  "''"  i
| |  |    ヽ :::::::::::::::::;;;:::::::::::::::::::::: ノ    丶--_/  |::  ',     i;,,.
| ヽ:::::::ヽ::::::::::::::: l;;;;;;;;::// // l  ..:::::::::::::::...  ヽl  ....|:::::  ,'     i
 ヽ::::::ヽ_i'ー―''ヽ二,,,/--''"   l |  :::::::::::::::::::::::::::::||||::::::::l'l:::::::';,.     ';,
   ̄ ̄               l l   :::::::::::::::::::::::::::||ヾi:/ \::i:::     /
                  / /   ::::::::::::   :::|| /ヾ、   ヽ::::........./
                 ,へ  /           ||'  ヾ、   ヽ;;;/
                 \\/           /||   ヾi
                /,\.\          / ||
               // /\\_____,/  l,l


                この説得に対して利家は……





864 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 21:40:16 ID:HHBY1pTI

     _y⌒ヽ-一ッ             ζ
    ´      <´         / ̄ ̄ ̄ ̄\
   (        }         /   U      ヘ  ├┬"  -┼-
    ヽ   _,,ノノ       |/   \   /ヘ    ノ   丿│ヽ ツ
     ゝ一''          |一  一 U  |||||||         _y⌒ヽ-
   ├┬"  -┼-       |⊂⌒◯-------9)          ´      ヽ
    ノ   丿│ヽ ツ     | |||||||||_    |__     (        }
                   /\ |_|  \  /    `i     ヽ   _,,ノ
                  /    \____/    /        ゝ一''
              / ̄ ̄ ̄⌒⌒⌒⌒ ̄ ̄ ̄⌒⌒)
            / ∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴  /
           / ∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵  /
          / ∴∴∴∴∴ノ:ハ⌒ヾ:    /
        / ∵∵∵∵∵ ノ:∵∵:ヽ   _ ノ
       / ∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴   ノ
     / ∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵  ノ
    / ∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴  /
   (_____________ノ










                        ζ
                    / ̄ ̄ ̄ ̄\
                   /          ヘ
                  |/   \   /ヘ
                  |一  一    |||||||   ……ば
                  |⊂⌒◯-------9)
                   | |||||||||_    |__
                   /\ |_|  \  /    `i
                  /    \____/    /
              / ̄ ̄ ̄⌒⌒⌒⌒ ̄ ̄ ̄⌒⌒)
            / ∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴  /
           / ∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵  /
          / ∴∴∴∴∴ノ:ハ⌒ヾ:    /
        / ∵∵∵∵∵ ノ:∵∵:ヽ   _ ノ
       / ∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴   ノ
     / ∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵  ノ
    / ∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴  /
   (_____________ノ





870 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 21:41:14 ID:HHBY1pTI

  ______                         ζ
  |__|__  |                _..――――.._
  |__|__  |//           /            \
  |__|____  ../           /               \
       .| . /           /     /            、
/ | | | _| /           /     /         |||||||||||||||||||
        /           j\ ,,  (・ )Ξ       ||||||||||||||||||||||
        /            /・)              |||||||||||||||||||||||゛
 ___|___  ̄"/         ⊂⌒○                r''''''''-、ミ||||
│_l__l___  /          ||||||||| ,r'" ̄"\\       >-",r、  | |||||||
│_|__|__| /           / ,二''""__,r--___,|  \      /  l  l/||||
│ |__ |__ 丶           |  |  ,r'"     |   ミ   く--  l  |/|||
ノ ._|__ |__ . ヽ          |  ト、ノ)、     .|        "”"]  .ノ/// ,-‐-,,,,,
       /          ヽ  .| \彡>     |       j"  ノ // ̄:::::::::::::::::::::::\
      |            \ |  '''  ,ノ ̄"|      "-'' ̄/ /"~:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  l    \           \ .|  ,r7 ̄  j'''7     し,,,,,,/ミ //'''"""ヽ::::::::::::::::::::.. ヽ:::::::\
─┼─   \          \ |r"-/ ,,r-''" /     / ::::::::| //|      ヽ::::::::::::::::: :::::::::::|
─┼─    \       . -  \.l "''''''"  ノ     /:::::::::|  | ||        |:::::::::::::::::::::::::::::|
  |  l     \   /     \."'----'''""   ,,/::::::::::|   | |ヽ     /  ̄─--、:::::::::/
  ヽ_ノ     r"  /    :::::::| \      ,/ '  :::::::|_,,,,,,,| |:\  /    :::::::::::::::::\ヽ、
          |   /     :::::|   \_____/''":::/ :::::::/ ,,,,,,-、\:::::/       ::::::::::::::::、ヽ\
  │       .z  .|     :::::::|  ''| |──ヽ、/::::::::::::/ /'''"   \\|        :::::::::::::\ヽ::|
  │      / .. |     ::::::/二二\:::::::::::::| ::::::://       ゙''‐|        :::::::::::::::::l/::::|
  │     /    | |  ::::::::::::|   \\──''''"/        ::::::: |        :::::::::::::::|:::::::|
       /    | | ::::::::::/|                     :::::::|        :::::::::/:::::::::|
   /   >    \\:::/ ::::|                    :::::: |      ::::┌─二二二ヽ、
  /     \       / 〉 :::::\                :::::::::::::::: \     /| /  / ̄ ̄ ̄\
  /      ヽ     / /   :::::::::‐、::::::::           :::::::::::::::::::::::::,,\‐''"  /   / ヽ/'''─、\
 /⌒ヽ  / /    〈 /   ::::::::::::::::::\ :::          :::::::::::::::::::::| / /  // _/ //   ヽ
/     \/  \     ||   ::::::::::::::::::::::::::/ |::             ::::::::::::| |/  // / / 丶、   ヽ |
        /      |ヽ  :::::::::::::::::::::::::/ |::::::: :            :::::::::| |  | /ヽl、     ヽ  ヽ |
  ||   >
  ||   \
  ||   /
       /
  〇〇  /
       .\
     / ̄
/ ̄\/





873 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 21:41:28 ID:giq4h58I

わかっちゃいたけど直接的すぎるw





875 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 21:41:44 ID:HHBY1pTI

\    ______                                                /
<    |__|__    ___|___.  l                           /      .| |  >
<    |__|__  │_l__l___..─┼─                       /       | |  >
<    |__|____ │_|__|__|..─┼─  ____ ____ ____   /       | |  >
<         .| │ |__ |__ .  |  l                      /⌒ヽ  /      .....>
<  / | | | _| ノ ._|__ |__ .  ヽ_ノ                     /     \/   .〇 〇  >
<                                                       .....>
/∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\

    /        /       /       /             ||||||||||||/  /    ヽ\
    |           |        |          |                  |||||||||  |::::::   \
    |       ,‐'''''|      ,,''''|      ,'''''|      ,─ヽ、       |||||   |-─'''''ヽ、
    .|      /:::::::::|      /::::::::|    /:::::::|     /::::::::::lヽ      /ヽ  |_,,-   \
    |     |::::::::-ヽ    |:::::::-ヽ    |::::::::-ヽ    |:::::::/       /    ヽ
    .|    |::::/  .|    |::::/  .|    |:::::/  |    |:::::/       /      \二ヽ.
    .|     |::/   |    |::/  .|   |:::/   |    |:::/        /          /ヽ
     |ヽ_/:/   |ヽ_/:/   ,|ヽ_/:/   |ヽ_/:/       /          ヽ二|
    ヽ_\lイ(・ )ミヽ\‐イ(・ )ミヽ\‐イ(・ ) ミヽ\イ(・ ) ミ   /             /,,,/
      ゙ヽ‐  ゙'"  /ヽ‐  ゙'"  ,/ヽ‐  ゙''"  /'|   ゙'"  / ,,,          ,''"
       |     /‐''"|    / ‐'"|,    /,‐'"|     / ‐''"           ヽ_,,/
       /⌒○'"   /⌒○'"   /⌒○'"   /⌒○'"
     /       /       /       /                      ,
    ヽ、_,-、    _ヽ、,-、    _ヽ、,-、    _ヽ、,-、    ,,,,,,,,     \        |
        |||||||/  \ |||||||/  \ ||||||||/  \ |||||||/   \     ヽ       .|
        ヽ- /    ,,\ヽ-/   ,,,\ヽ-/   ,,,\ヽ-/   ,,-ヽ,           /|
           \,,/   |   \,/   |  \,,/   |   \/    |         /:::::::|
            \,,,,,,,,ノ    \,,,,,,,ノ    \,,,,,,,ノ    \,,,,,,,ノ        /::::::::::::::|
             |        |       |        l,,,_        /::::::::::::::.:.:.:|
              ゙゙'Tヽ、     ゙''Tヽ、    ゙''Tヽ、      | ヽ       /,,,,,,,,_:::::::..:..:..|
               ゙、      /゙、     /゙、      /゙、     /   \::::::
               ヽ,,,,_,,/   ヽ,,,_,,/  ヽ,,,,_,,/   ヽ---,'''"      ヽ/
                          |/       |/       |/       /
                           /       /       |        |,,_
                          ヽ-,      ヽ-,       ヽヽ      ヽヽ





883 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 21:42:25 ID:dPU.TY8I

増えんなwww





882 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 21:42:20 ID:HHBY1pTI

   ______                                 ζ
   |__|__    ___|___.                     _,,-─‐‐,┐,,,,            __ /
   |__|__  │_l__l___..                    /         ヘヽ、    ,-─''"/
   |__|____ │_|__|__|..                  /      /    ヘヽ、 ,,‐''"  /  //
        .| │ |__ |__ .                  /       |||||||||||||||||||||/  ,, ,,-"、.  / /
 / | | | _| ノ ._|__ |__ .                 ./        ||||||/,,,,\||ノ  ,//,,/''''、ヽ‐"ノ
                                ヽ. /   _   ミ/-‐、 ゙、 | /,.-/  ゙、 ./"
                    /"'/  __  ,‐  _,,,ヽ(・ )Ξ    _ノ,l、-、 ヽ.゙、 ノノ ./    | |
  ,,,-─‐,-            ヽノ-、ヽ‐/  ヽニ ⊂⌒○-      /  ゙'''''ヽ | .|    |    | ヽ,,,,,,,-=
;;;;;;;;;;;;ヽ、 ヽ-─_-、       / | ノ |_  ヽ        ||||| \   ミ//  / 」 l ノ   |     |  ,.‐''"
;;;;;;;;;;;;;;;;;\ __ ,\、;;;;;;;;,,,,,,,  ノレ'"  ヽ、ヽ--、.    ヽニニ、ヽ、  |/   ヽノ /    |     | /
    '''''‐-ヽ''''\ ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|/'''''ヽ、ヽ、;;;;;;;;ヽ--、\ヽ  |    (  /─- 、. |     | |
           \へ\             | ヽ  、   ゙''ヾ、 .|    "、 ̄""'''-、'''|     | |
            ヽ|  ヽ\ ‐-、        |   |  ヽ、   |||  |     \--,,,,,,,,,-\    ヽ\
           )     l\  ゙"ヽ、     /ヽ-、ヽ ヽl_   | ||. |      |   ,,/"ヽ、    ヽ\
        ,,-''/      \ヽ   \、   /    ヽ| └ヽ、,,,,,| || ヽ     / / ,,,,,-‐\
     ,,‐'''" /          \  ヽ、       l|    \l| | |     / / _ "''''ノ\
    /ヽ /             ヽ _ヽヽ _____|\__ ノ |      |/-'''"  ゙"'''"   \、
   (  ノ ゝ      ,,,,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ\;;;;--─,-∧ \--」 ,|  |   / /           \ヽ,,,,,,
      | |  ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;-‐'''''''''//   \、  /"  ヽl"''"> ,|  /  / /             ヽ、、
   ,,,,,,,,,| |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;‐''''''    /ゝ     \二/      ヽ| ,,,-‐  .| /              ヽ、゙'''
,,,,;;;;;;;;;;;;;;/ ヽ;;;;;;;;;;;;;-‐'''"      //       、          ゙''''''、   l/                \
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\ \          ヽヽ,,      \ヽ   l                           /      .| |
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'''''\ ヽ-,,,,,,,,,,,ノ |,,__,,ノ‐" |,,   ,,   ノ ノ ─┼─                       /       | |
''''''"      \   ,-─-、-‐'ヽ   ─/  -‐'''"  ─┼─  ____ ____ ____   /       | |
           ゙'''ヽ\     ヽ    レ         |  l                      /⌒ヽ  /
              ̄       ゙'''''''"          ヽ_ノ                     /     \/   .〇 〇


                           大 激 怒 し た

     それは その怒りのエネルギーで利家の病状が一時的に回復してしまったほど凄まじいものだった





884 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 21:42:50 ID:6BB1nfhY

回復するのかよww





877 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 21:42:01 ID:NcT2dALY

蝋燭が最後の輝きを放ってるw





888 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 21:43:05 ID:vSphugf.

これが元傾奇者の本気か・・・





892 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 21:43:45 ID:HHBY1pTI

                 _. -―‐-   、,
           , '´....:::::::::::::::::::::::::.....`:、
          ,:' :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;',
          /:;::::::::::::;、::::::::::::,、::::::::::::;;::;;;',
         ,';'.;/i/ i:::::/i/-ヽ::::i:;;;;;;;;;;;,
         ,' i'i ,,-‐ 、 !::,'  ,, --V`i´`i;;;;;    すんません
         l_l ゙'''''''" '    ゙'''''"  !::::|;;;;
            |           ::::ソ;;;;;',    怒らせちゃいました
             !      __    ::::/´;;;;;;;;:、
          ,:'ゝ 、  '―`   ,. :'´;;;;;、 ‐-`
          "´ jノj>r‐-‐r<_;;;;ト、;:;:`;_
                 ,.!:::::::::!',_  `
              /:l :::::: l::::`':、
            /  l_____l    `:,
            ,〈   l  l     ',
          / `┐  l  l   Λ,./' ,
         ,' 、 `‐-、_V_,.r-‐'    ',
          i` 、i'    `[]'     i! / ',
            l  |     ||     |    ,
         l  |     | |      |   ,




          ,. -‐- 、r'´  ̄ ~Z.__
       ∠             ´   ,.>
.     /                 ̄`>
     /           ,、      `\
.    !             / \    \. トゝ
   │       , ,.イ /、._,  ヽ |ゝ、  N
.    |      /レ' レ\,/  /V '´ l\!
     |. r;=、 .ノ===== ,, ,/===!  ━━┓┃┃
    | |.ト、| |  ` ー--‐ "  \ーァ"!     ┃   ━━━━━━━━
    | l ヒ |:|.       r __   \l      ┃               ┃┃┃
     |  `ー 1|、      ‘-,,'   ≦ 三        。             ┛
    ノ     | \     ゝ'゚       ≦ 三 ゚。 ゚
.   /   ,ヘ、  ト、 \  ≧         三 ==-
  /  ./\.ヽ. ヽヽ、  -ァ,          ≧=- 。
  ,' , ./   \ヽ、ヽ \イレ,、         >三  。゚ ・ ゚
. /l/l/     |\\ヽ   ≦`Vヾ        ヾ ≧
/      _..⊥._ \`` 。゚ /。・イハ 、、     `ミ 。 ゚ 。 ・





868 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 21:40:36 ID:NcT2dALY

さすが脳筋親父w





905 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 21:47:10 ID:8qRf.VF2

怒らん方がどうかしてるわww





891 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 21:43:38 ID:1Yr24/yM

ちょっと考えれば、この反応は分かりそうなもんだがw





869 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 21:40:37 ID:51F4G36I

説得という言葉の意味を、辞典で調べなおしてくる





899 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 21:45:14 ID:HHBY1pTI

吉晴から この報告を受けた家康は激しく動揺した


    _                    ヽ
 ‐''´ /         ,、           .',
  〃         /| / l  |ヽ、        |
 .,' ,ィ      ムf /  l .L 」 ,、      |
 |//   _,,、v‐'l/ ij  ', ┌-、 _      |    冗談じゃねえ!
 . ,' /| ./__,,r-、 u u ヽ|、-ヽ| ヽ      |
  |/  |/l(_    ヾ、  〃    `)| |-‐ 、  |     これじゃあ 利家を伏見に呼ぶどころか
 .     l.(´   O ) ;; 、 O   )| |ニヽ ヽ|
      l..ヽ、 r-/..:: ι┐ rl'´ |.| -、| ..l l     せっかく成った和睦すら吹き飛びかねん!
      .l;;;;..`/..::::::::: u し'/  .l.|__,ノ /  l、
       l  (__:::::::::::u::`) /_  ||-- '′  ヽ、
       l r‐---‐---~'´__`l |   lヽ、  ヽ、
        l.l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ( |   l   ヽ、_ ヽ
          ll二二二∠二二二ノ.ノ   |    l  ̄
        _ヽ  ,,,,,,,,,,,,,,,u  ./ |   l     l
     ,、-''´ ,ヽ ij ;;;;;;;;,,  /;;  |   ,'|     .l
 _,、‐''´    / ヽ u   /;;;;;;  l  / |     l
       /   ヽ、 /;;;;;    リ  / |     .l
      ./     `lヽ''''     l /  .|      l
      /       l .ヽ     .l /   |      .l





903 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 21:46:18 ID:HHBY1pTI

        ,.‐''" ̄`丶、
      /        \            誰か…… いないのか……
   /´           \
   /    |\_>、_ 、r‐、    \        この状況を救ってくれる者……
    レ! ||_| |/_ ヽ\}      \
    |八|-/>、∪_ u`i  ト、      \     利家を説得できる者は……
      / / ,くィ夕u' |   |/ ``‐- 、_.、__\
       |/ / /_ヽ┐u |  ,|  /  ,-,.=====ゝ
      ヾ' / r┘|.l__人 |  /\//      \
        \ ) |   N /  //\./´ ̄`丶
        |u  |  /|(l(l「|  | |   |
         | u| / | ヾ-イ .||  l、
         _|   |/| |  \_|_|,. く. \
        ハ.___ハ     >、 \ \  \




     _   , -─- 、
   / ニ `′二_`ヽ.\
  / / ヘヽ  -‐、 \  ヽ
 / / , l f'``"" | ト  l l |        ……その役につく者のために
 ! | 〃 , |     l | l |、 | |.|
 | l /イノー-、  rヽ!'ヽ!ヽ  |        必要な条件を
. | /l''==a= , =a==''|r、!
  |,イ| ` ̄ 〈|    ̄´ ||'イ         ここで確認しておきましょうか?
.  ド||. ,__ヽ__、 l'イ|
  l l.ト、   __   イ l |
-‐'''l ! l.\     /:| ! |`:ー-
::::::::::l,ル ト、 ` ー '´ ./!ル':::::::::::
:::::::::::::::N \  /  |':::::::::::::::
::::::::::::::::|    ,><    |:::::::::::::::::





906 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 21:47:16 ID:dPU.TY8I

なんか手があるのか?





907 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 21:47:16 ID:HHBY1pTI

         / ̄ ̄ ̄ ̄`丶、
      ,.-''⌒´              \
   /         ⌒`          ヽ      まず 前田家と昵懇な間柄である者
  /       i"'"! !`、         |
  '/     イ| |   | i i、      \  |      また前田家に負けない位の実力・家格あるいは社会的地位を有する者
  |ィ′ / /ノ j lノ  ヽ\ヾト、、    丶 ヽ
  l'|.イ ,イ' ``丶、  ×´\\\     i     さらに一定以上の交渉能力を持つ者
   |へ.| ===。=、  = 。==== ヽ \、  |
      |.` ー‐ '/   ー― '" |ト、   |     そして なにより徳川家のために動くという動機がある者
       |   /            ||,) |ヽ. |
       |.く__ - 丶      |!'ノ i||    この全ての条件を満たす者が今回の交渉を依頼するに相応しい者でしょうね
       ハ ー――‐一    /! i |_  |
       ゙イ,`、 ===     / ,||||  ~"'''‐-
    ,. -‐'''"~ヽ.     /  ノノノ/|
          \__/    /  |
           | \    /    |
               |   ヽ/     |
             l  /\      |
            l/|  /\  |




           _、─-v-─;z_
          >:::::`::::::::::::::::: :::::\
        /:::::::::..  .:::::::.. ..::::::::::ヽ
      イ:::::::::::::::::::::::;、::::::::::::::::::::::l      あ ああ……
.       l::::::::::::::;:イ::/v:ヘ::lヽ、:::::::::|
.        |:::::::/|/ニ|/ュ ┌リ_ニヘl::::::::|     で…… 結局そいつは……
       j::r=i|==。=,, _=。==|r=、:|
       |::|ヒ'|| ` ー":|.|:`ー ' ||J:|::|     いったい 誰のことなんだ……?
.      |:::ヾ;l| u  r:|」:、 u :|レ'::::|
.     ノ::::::::::\ (二ニニ二) ,イ:::::::::::ヽ、
   _,∠:-‐ァi:::::::!\ == ./ |:::::::ハ''ー-ゝ、._
-‐'''": : : : :/,/|::::::| ::::\_/  |::::::ハ ヽ: : : : : :``'''‐
: : : : : : : :/,/,/|::::::|  :::::    ,|:::j¨二二二¨l: : : : : : :
: : : ; -:、ム--‐ヘ|:N\.____/j;ル| |:::::::::::::::| |:_;、_: : : :
: /.rh \: : : : : :|},',',',',',',',',',',{|: :| |:::::::::::::::| | +++`l: :
´、-t( )ァ-; > : : : |} ',',',',',',',',',',{l: :| とニ二二, ゙̄ヽ、! :
:\`゙lし´/: : : : : |},',',',',',',',',',', {| :|‘r──- .、`  \
: : :.`:‐:'´: : : : : : :.|} ',',',',',',',',',',',{|:.L.`⊂二¨_丶    ヽ





911 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 21:48:14 ID:HHBY1pTI

              -=::::丶,.-―z_
            ≦::::::::::::::::;:::::::::::::>
           ∠::::::::ハヘ::::::!:::;::::::}:::ヽ
           //|/  |::::::::!::::!:::::::N  
          ///  ゙i /iV!::::::!:::}:::}      誰もなにも……
           /゙⌒゙y  '"⌒"ヽ:::!::/   
           / r‐-'' u  v /::::/       要するに そんな都合のいい人間は
          //'エェェェェエ7 /;;::/    
          //......,,,,_,,,,......../ /ノ〃        この世にいない! ということですよ!!
         〈 「エェェェェェン /:::":〈     
         ./ヽ ≡    ,.ノ::::/!::::i     /∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\
    ,,. -‐''"~i:::;ヘ_,,, -‐'"/::/:::!゙'''゙-、
  /:::::::::::::::::/i/Y:/!   /〃/:::::::|:::::::::::゙''‐ 、
//:::::::::::::::::/:::::::::/ ヽ /: : /::::::::::|:::::::::::::::::::::゙''‐ 、




    ヽ.\    \           ノ ノ ィ
      \ `'<_ ̄ `          {. ( /-─:ァ
       ,> 、_ ヽ、              \ヽ. ∠.__
   .    / ./   \\| ,イ  ,.ィ      ヽヽ <
      |,イ ,   ,〃ゝ.ニ'_ー<.丿.ト、    l l  ヽ`
   ヽ   |,イ __ /{ |/l,イハV「iヘヽ∧ヘ.ト、   l l トノ
   | l.   f´ _{{u〉   o レ, Vrヘ\  ソ〉、j ル'
   ヽヽ.   ヽ.( iひ‐'^uく<::::) o ヽ.`くr' /ト{{     う うそ……
    ヽ.\   l |‐||. v (^ソ )‘ー'ひ‐ヘ. Vソ.ハ.ヽ.
   ─-;>、ヽ.Lニ!Lrェェミュ' J,.ィT゙「フ,ハ V  \ヽ.
   ::/:::::::::::`7⌒TlTエヽ`く_」⊥Lレ }Tヽ.\  ヽ.\
   :{::::::::::::::::ノ  | ヽl_.Ll>、ヽ⊥」ノ .く. ゝ \ヽ
   :ヽ::::::::::::イ  _,.>、 v -‐ヽ i-  ijv )\. ヽ.\
   ー-ゝ、:_:::レi く: :/ `ー 、_ u } l  rく´{. トゝ  \ヽ
   -─‐-..二ニ''.Y\   _7rヘ`く  l:::`:-ゝ.._
   :::::::::::::j::/ : : l l:::::::;>:': :ノ::| \\|::::::::::::::::: ̄
   :::::::::::::ソ: : : :ヽ`'く : :/:::::::Vヽ!\ヽ、::::::::::::::





909 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/07/19(月) 21:47:53 ID:8eAb1oWA

サドの守、完全に他人事だなw





915 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 21:49:14 ID:HHBY1pTI

              , -‐;z..__     _丿
        / ゙̄ヽ′ ニ‐- 、\     ところがどっこい
       Z´// ,ヘ.∧ ヽ \ヽ ゝ  
       /, / ,リ   vヘ lヽ\ヽヽ.|      嘘じゃありません!
       /イル_-、ij~  ハにヽ,,\`| 
.        N⌒ヽヽ // ̄リ:| l l |   `)   現実です……!
            ト、_e.〉u ' e_ ノノ |.l l |  ∠.
          |、< 、 ij _,¨、イ||ト、|       これが現………… ん?
.           |ドエエエ「-┴''´|.|L八   ノ -、
            l.ヒ_ー-r-ー'スソ | l トゝ、.__   | ,. - 、
    _,,. -‐ ''"トヽエエエエ!ゝ'´.イ i l;;;;:::::::::::`::ー/
   ハ:::::::::::::::::::::| l\ー一_v~'´ j ,1;;;;;;:::::::::::::::::::
.  /:::;l::::::::::::::::::::;W1;;;下、 /lル' !;;;;;;;;;::::::::::::::::
  /:::::;;;l:::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;|: :X: : : : : |;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::
 /:::::;;;;;;|:::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;|/: : >、: : :|;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::





924 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 21:50:14 ID:HHBY1pTI

      、-‐-、r''二∠‐- 、
    < ̄ニ ミ -─  、  \
    ///r .ニ、 ヽ \\\ヽ
   レ'〃,' l f'''゙゙l ∥  l  l  ! ヽ.l
.   /イ//,.1.|  l l、i 、 | ∥ l.|
    レ/イ-lノ、  ゝlヘ.「ヽ\ | l |    あ いたわ
      |==ij  ==i;j=''| | l |
.       │"ー)   ー‐ '゙ |lゝ、 !    この条件に当てはまる者が
       | < 、        |Lノ│|
.       | ヽニニニフ   ,| l |.∥|    ひとりだけ
        ヽ、 ー   ./リ ノハ l !|
.         ` 、__,. '´ ///_,.ゝ!|.!
           ,」 -‐ イル',. -‐}ル}
.           /\  /::;::-─-:ヽ.
          /-r'´>':::::/::::::::::::::::::::ヽ





919 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 21:49:35 ID:lktXryeI

お、いるの?





932 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 21:50:58 ID:8sU8crMw

ざわ・・・ざわ・・・





937 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 21:52:41 ID:HHBY1pTI

正信が交渉役に選んだのは
前田家と縁戚であり 前田党の主要メンバーであり
文化人大名として名高い細川忠興であった


:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,:\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.ヽ:.:.:.ヽ
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:\:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.ヽ__:.ヽ
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.ヽヽ:.ヽ
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.!:、:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:ヽヽ:l
:.:.:.:.,:.:.:.:.:.:.:!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!ヽ:.:.:.! .!:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.l `:!
:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.! ヽ:.l_ .!:.:.:.:!:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:l
:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.l',:.:.:.:.:.:!、:.:.:.:.:.:.:.:.:.l .,.ヽ!-‐.!、_:l:.:.:.:.:.l:.:l,:.:.:.:.l
:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.l `.、:.:.:.:.!`、:.:.:.:.:._,l' .,'"。`, !:,:l、:.:.:.:.l:.:l .!:.:.:l
:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.l  ` 、:.:.!_`、:.:.:.:.:l ヽ- ' .,.!:!.l:.:.:.イ:.:l .!:.:l
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!-:.l=二=='´、 `、:.:.:l.ヽ-‐‐‐'  l:.:/ l:.:l  .!,'
ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.l,'.,:l .。',  ,   .`、:!       //  !:'  '   利家殿を伏見の徳川邸に…… ねえ……
:.:.ヽ:.、:.:.:.:< .'`‐-'./    `!、     /'i
、:.i.:ヽ.ヽ、:.:\‐'"´       .ヽ     /
ヽ:.i .ヽ.:ヽ‐-、\         ' ,   /
  `、`.ヽ.:.:!ヽ_        ,-‐'´  . /__,--‐‐'´,、ヽ
   ` 、.` 、ヽ:.ヽ _          /´     l  .ヽ
        `ヽ.', ` ‐-: 、. . ___/: ',     l   ヽ
         ., -、',: : : : : : : : ',、  、  .l___ヽ ← 細川忠興
         l   .',: : : : : : : : ', `‐ヽ .ヽ
         l   .',: : : : : : :  `  l/


「秀次事件」で家康に大きな借りのある忠興は この依頼を引き受けた





948 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 21:54:29 ID:8qRf.VF2

あの時の家康の蓄財が見事に生き金になったワケか





949 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/07/19(月) 21:54:42 ID:8eAb1oWA

普段の行いって大切だ





951 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 21:55:01 ID:HHBY1pTI

しかし 引き受けてはみたものの忠興にとっても これは簡単なことではなかった


           l           l
           l  _ - ´  `丶 、  !     ですが忠興様
          | / _, -┬r - __ \ |
         / ∠二≧|ム::V ,>、_ィ:     確かに とてつもなく難しい話ではありますが
         L /t「/辷jリ ヽ! 辷j`「|::|
          |:::::l 丶--´ ! ヽ-- '|:i::l     家康様には
           ヘ l   ___  l ノ
           ヽ!  ∨   У  !        お家滅亡の危機を救ってもらったという恩があります
             \ ` 二 ´ / |
           , .ッi! ヽ    /  iヽ.
      ___,, - "//.!      '  /,.!| ヽ、
   ,,  "  ./   !.!i .!- 、   _ ,,,./,/ !.!   ヽ-  ,,
  /     /   !.! ''i 、  '" ,,/" .!.!    !     ヽ、
 ./     /    !.!  ゝ ゛'' '' .シ    !.!   .|       ヽ
 |  ヽ  /    .!.!    ゝ,,/     !.!    !        .Y
 |   ! /    .!.!    i'0 l      .!.!    !   /    .|  ← 細川家家老 松井康之
./!   .Y     !.!    ゛"      .!.!     ゝ /     |




            _z=- 、,. -=z_
       ,. '´:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
   -=ヲ::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::\
   -=7 :::::::::::/::::::::::::ヽ:ヽ:::::::ヽ:::::ヽ:\_
.    /::::::::::::/::::/:::: - 、::|:::|:::|::::::|::::::::ト、「
   /::::::::::::/::::/:::::/,イ/`ト、!:::|::::::|:::i::::}:::ト、
 =イ::::::::::::::{:::/:::::/卞マハレ'|::::i,≠|:::|:::|i:::|   ……そうだな
  |::::::::::::/レ'i::::: レ' 込ソ |: /rぇ|:::|::{ レ'
  レi:::::::〈 ( |ト、:: j      レ!弋タレ'|:/     ま
   }::::::::`トノ  V        〉  |:::!′
.    レ个、j         -‐  /レ'       やってみるか……
 ,. --┴--- 、\      /
/    --─一'´ ̄`ヽ‐ '
              \
               }
               /
       /      /i
.       /       / }
       厶-─- 、 |  |
      \|     \|  |
        |      |   |


忠興は 重臣である松井康之と共に前田家に説得へ赴いた

ただし 利家激怒の事実を既に耳にしていた忠興たちは
この話を直接 利家に持っていくのではなく その周辺から理解を求めることにした





959 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/07/19(月) 21:57:22 ID:8eAb1oWA

やはり外堀から埋めにかかるか
茂助みたくいきなり本陣に切り込まんわな、普通w





956 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 21:56:47 ID:HHBY1pTI

   三 ̄ ̄ ̄ ̄\
    /  ____|
   /  >⌒  ⌒ |
   /  / (・)  (・) |    ええーーーー
   |  /---○--○-|
   |─(6    つ |   父さんを伏見に連れていくのかい?
   |    ___ |
    \  \_/ /      /⌒\
     \___/_      /  |  ヽ
   (~⌒) 日⊂ヽ____/   人   ヽ
    | |    ヽ ヽ     _/  \  \___、:::::::::::::::::::
    | |     ヽ ヽ   ├─────────ヽ、::::::::::::::::::
    ヽ人____ヽ/_____________(_ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::
    |⌒Y⌒|
     ⌒Y⌒:::   ↑ 前田利長


そのため 忠興たちが交渉相手に選んだのが
利家の長男 忠興の長男の正室の実兄でもある前田利長だった





960 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 21:57:41 ID:pMO3sqAY

マスオさん、何してはるんですかw





961 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 21:58:05 ID:8qRf.VF2

利長、リラックスしすぎwww





962 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 21:58:07 ID:HHBY1pTI

             __
        /¨` ̄     ヽ
.     /          \
      /     /       ヽ ',
.     //      |.    | | ',. i
    l/.|   i ハ   ハ. l  !|   ああ……
.     | i | |/:-}ヘ. ハ-l‐| } | ,
     l | lK.i':::I`∨.イ:::i7'イハ/    前田家 徳川家の双方のためにも
       ∨\{  ̄  i   ̄j/ノ
            \ - -‐' /      一考の余地はあると思うのだが……
           __ト  イ__
          / !ノ    V \
.        /| _ヽ    /く\ト、
    ,.  '´  :l' } l  ̄//   `
   /  l     `¬/'




      三 ̄ ̄ ̄ ̄\
      /  ____|
      /  >     |
     /  / ⌒  ⌒ |
     |_/---(・)--(・) |
     | (6    つ  |
     |    ___ |  …………
     \  \_/ /
       \___/
       /    く


この厚顔な徳川家と忠興の申し入れに対する利長の反応は……





967 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 21:59:14 ID:HHBY1pTI

         三 ̄ ̄ ̄ ̄\
         /  ____|
         /  >     |    良いんじゃない?
        /  / ⌒  ⌒ |
        |_/---(・)--(・) |    うん
        | (6    つ  |
        |    ___ |    確かに良い考えだね
        \  \_/ /
          \___/
          /    く


       実に意外なものだった


    -=フ二ニ=:::::::::::::::::::::::::::::\
   -=7,. -==::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
.  -=イ:::::,. -=::,. -=:::,ィ::::::}::::::::ヽ:::::::i
  ,.イ::///::,ィ::::/::i:::::/:::i::::i:::|:::::::「`ヽ、      へ?
   ,イ:::/::/::,へ レ'i:::::ト、≦工:|:::|:::::::}   \
    レ'レjハ/化ハ |:::/斥心|:::|:::ト、::/二、\  ヽ、
 ̄ ̄ | | |弋ソ レ' 弋ソレ'i:::|寸}   } }
    ! !  ヽ  く       u |:::|- '  / /
___ヽヽ   \ヽ二フ ,. ィ レ'   / /    _
.     `ー--- `><ヽ、___//   /
          ヽ  `ー----一'´    /
            \             i
             \            |





968 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 21:59:38 ID:AVVyvl.c

あら、あっさり?





977 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 22:01:26 ID:oWS6XO2I

利長に親父ほどの人望はないし家康と対抗馬張れる力量もない
利家亡き後の事も考えればね





972 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 22:00:28 ID:51F4G36I

前田家の現状から考えると確かに渡りにフネだな、配役的に考えて





975 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 22:00:59 ID:NcT2dALY

だれうま





9 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 22:05:16 ID:HHBY1pTI

     三 ̄ ̄ ̄ ̄\
     /  ____|
    /  >⌒  ⌒ |    実は僕もね
    /  / (・)  (・) |
    |  /---○--○-|    堀尾君が その話を父さんに持っていった時
    |─(6    つ |
    |    ___ |   それもありなんじゃないかな~って思っていたんだ
    \  \_/ /
      \___/
    /⌒ ゛-'~ヽ ,,っ
    ×_/   |_,,>l 三)
    ( <|    |、`' /
     ヽ ヽ___| ー'
     (_,ノ |」 |
      |  | .|




       ,. -─=≦=-、
      /:::::::::::::::::::::::::::::::\
.    ∠イ::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::ヽ
   /   i:::i::::::/::|:::i::::|::::|::|::::::::::}
      {:::|:::/‐-レ'|:::j -j┼ |:::/
       Y V下于 ∨ 下于 レヘ
        ヾ|         |ソ    いや 利長……
        ヽ        j /
         ヽ、  ‐-  /       そ それは……
      _,. ー> - <-、_
   ,. '´ / /     ,ハ \`ヽ、
 /  /   {      }   \ >、
'´      ̄ ̄\j    /j /´ ̄ /  ヽ
        {ヽ二二ノl{   /
         }.:.:.:.:.:.:/ノ




       ,ィ             .\
     /                .丶
     l  _ - ´    `丶 、     !
     | / _, -┬r - __    \   |
    / ∠二≧|ム::V ,>、___ ィ::::\ j
   L /t「 /辷jリ ヽ! 辷j_` 「|::::|:i::::{    利長様
    |:::::l L___ノ!  ヽ---- ' |:i::l::|:l::|
    |l:::ハ    、       |从ハV     それでは前田家の面子というものが……
      ヘ l   _,,... -─ 、   ″  ノ
      ヽ!  |´     |   ,ィ7/
       \ ヽ、_____,,..ノ _ - |イ'
         ヽヽ ___ /  , l
           l       /  ヽ、
      __〟l      /    ィ::::| `ヽ、___
   //: :/,∠ V       ′ /:|:::::l: : :/
  / , /: :/: : : : ト、____ ィ´. : : |:::::l: /


この利長のあっけらかんとした態度には むしろ忠興たちの方が心配になってきた





13 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 22:06:15 ID:HHBY1pTI

          三 ̄ ̄ ̄ ̄\
          /  ____|
          /  >⌒  ⌒ |          面子? あははははは
         /  / (・)  (・) |
         |  /---○--○-|         忠興君たちも おかしなことを言うなあ
         |─(6    つ |
  ⊂二 ̄⌒  |    ___ |   ノ)     大老同士が親睦を深めるだけのことに
     )\   ..\  \_/ /   / \
   /__   ).\___/ . _/ /^\)    なんで面子なんて話が出てくるんだい?
  //// /       ⌒ ̄_/
 / / / // ̄\      | ̄ ̄
/ / / (/     \   ×\___
((/         (       _  )
            /  / ̄ ̄/ /
           /  /   / /
         / /   (  /
        / /     ) /
      / /      し′
    (  /
     ) /
     し′


前田利長 この二代目も不思議な男である





16 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 22:07:14 ID:HHBY1pTI

利長は 前田の名跡と共に
利家の領地のうちから越中一国と加賀国二郡と口うるさい老臣たちを継ぐことが決まっている
それは部外者がちょっと考えるだけでも とてつもないプレッシャーとなるはずのことだ


      /:.:.:.r-、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..\     、-―――――――-- 、
     ./:.:.:. |  \_:_:_:_:_:_:_:_:_:_;:;:;:.:|     ヾ:::::::::::::::::::::::::::::::......   ヽ
    |:.:|\|/ ̄\ / ̄\   i:.|       〉 ̄`´ ̄ ̄ ̄`ヽ::::     |
    |:.:| / __   __ \.|:.|      レ ⌒ヽ_/ ⌒ヽ  ヽ:::.   |
    |:.:|  (   ・ ) ( ・   ) |:.|     γ⌒ヽ  /⌒ヽ|l  |::    |     / ̄⌒⌒ヽ
    (⌒i.   ̄ ̄    ̄ ̄  i⌒i     | ⌒。|_ノ ⌒。    〉 , -、|     | / ̄ ̄ ̄ヽ
    ヽ,|             |_ノ     〈  ̄「 ̄   ̄ 〃 |_l r |     | |   /  \|
       | /  ______   \ |       |  └┬^, , ,__,     7 ノ     | |    ´ ` |
      \   \__,/   /       |  `l ̄ ̄ン   , ┬´     (6    つ /
       \        /          |    ̄ ̄   ≠  |       |   / /⌒⌒ヽ
         二ニr--rニ二            ゞ、     __≠  |       |    \  ̄ ノ
        /: : : :ヽ_/: : : : \            `| ̄゛゛     ノl       |     / ̄

       ↑ 村井長頼           ↑ 横山長知         ↑ 奥村永福


                  【前田家のゆかいな老臣たちの図】


ところが利長は 特に気負うこともなく これらの全てを自然体で受け入れていた





17 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 22:08:06 ID:dPU.TY8I

どんな面子だww





25 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 22:09:04 ID:8qRf.VF2

加賀が新橋の飲み屋みたいになってるじゃねえかww





22 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 22:08:31 ID:5rqEfvIg

なんか日曜臭がするぞ、この家臣団





19 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 22:08:14 ID:HHBY1pTI

この時も利長は 飄々とした態度で言葉を続けた


    三 ̄ ̄ ̄ ̄\
    /  ____|
    /  >     |   ああ…… でも そうだね
   /  / ⌒  ⌒ |
   |_/---(・)--(・) |   父さんには 慕ってくれる大名も多いからね
   | (6    つ  |
   |    ___ |   彼らが変に誤解するといけないね
   \  \_/ /
     \___/
     /    く





26 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 22:09:15 ID:HHBY1pTI

          三 ̄ ̄ ̄ ̄\
          /  ____|
          /  >     |     じゃあ忠興君
         /  / ⌒  ⌒ |
         |_/---(・)--(・) |     父さんと浅野幸長君への説明は僕からしておくよ
         | (6    つ  |
         |    ___ |     だから他の前田党のみんなへの説明は
         \  \_/ /
        / \___/\      君にお任せするよ!
       /           \
    __/  /          \  \_
 (( 〈__/ノ         ノ.\__ ノ ))
        /   /⌒\ /
       |        \
       \___ノ\  l
 ε≡Ξ   ノ  ノ   ) ノ
          レ´ ^    レ´



結局 利長はこの難事をいたって気安く引き受けたのである



 | /  |              ! !   !!       λ  ! ヘ   }
 |/  !       !    .|!‐= ミト!、 ! !      l !_ ム--ヘ― !
     !.   !   ヘ    .!ヘ Lムミヾミ|ュ!ィ. ノ  ゝムニ|ィ≦ニミ,,!  !
      !   !   ヘ   kィ'ヘ|γ c ヽ ヘ     lγγ c   `ト,/
.     !   ヘ    ヽ |.ヾ .乂_リ   ヘ   !.  弋_ リ  〃
.     ヘ    !ゝ    \  ゝz -'"     \ !  ` ト  ィ/
      ヘ   ! \   !.                   /  /    わ 分かったよ……
       ヘ .|ゝ  \  ヘ.           ,       /,,ィ"!
        \! \ ト ト ヘ         l      ''"   /_/
.            ヽ|ヽ ' !\       ____    し /  ィ
               ! ハ \    て~  ̄ ̄ ~Y    / /!/
                !  \ ヽ、   ̄ ̄ ̄ ̄  / /
                  ,ヽ| 丶、     ィ .| /.、
                 /  |   ゛ -- '"  |'   !
               /   ./|            | ノ  \





27 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 22:09:42 ID:GuW8Fd8s

軽いなぁw





30 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 22:10:17 ID:HHBY1pTI

   l i  .::::l  .:::::::::::::ヽ :::::lヽ::::|  __\:::::::::l::\:::::::::::::::::::::::::::::::r‐丶:::
   |イ .::/l .:::::  ::::∧ :`|`ヽ:l ̄    :::::\:::::|::::::\:::::::::::::::::::::::::r:::::::l:::
    | /  | ::: /| ::::| lヽ :l ::ヽl    _ _:\l:::::::::::ヽ/::::::::/:::::|::::::ノ::::
    l′  l : / l ::l | ヽ| :  ̄  ̄   ::::::::::::::::::::::::/:::::::::/:、::::l:/::::::     お おかしいな……
       ヽ /  ヽ:|  l           :::::::::::i::::::/::/l:/::;-∨::::ハ::::
        /    ヽ ノ           ::::::::::u://::;;;/─'''\::/ |/     俺は利長を説得しに行ったはずなのに
              l            ::::::::::::::::/: : : :/ ̄⌒```
              \      _,,, -‐っ::::::::/.: : :/ : : : : /..: : :     なんか逆に説得されてしまったみたいだな
               `ヽ、、   ヽ-‐''' ̄::::/..: : : :/: : : : /.. : : : : :
                 /`>ー----、:::ヾ:、: : : :/: : : : / .:: : : : : :
                /  .:l: \: : : l/`::::l: ヽ: /: : : : / .:: : : :/: :
                l  .: :|: : :/>: :|_,,,,ノ : :∨ : : : :l : : :/: : : :
                | :. : : l: // : : l;;;、''´ : : : : : : : :/ .:/: : : : : :
                > :ヽ: l/: :\: :l;;;ヽ: : : : : : : : :( ''': : : : : : : : :
               r''′ : :ヽ : : : : :`ヽ、l : : : : : : : : :|  : : : : : : : :
              ノ    : :ヽ: : : : : : :(:: : : : : : : :l: :l : : : : : : : : :




  .l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.l: : : : : : : :l
  l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : l: : : : : : : :l
 .l: : : : : : : : : : : : : : : :___,--‐‐――――‐┴、__: : : : :l
 l: : : : : : : : : : :_,-‐‐'´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`:-.、: l
 l_,--‐‐""/ ̄`――‐,―――‐、―――――、__: : :.`: 、
. /:.:.:.:.:/'/:.:.:.:.:.:.:.:イ:./.______ヾ .l/ ,___`‐i‐-、_`‐、
/:.:.:.:.:/ _l:.イ:.:.:.:.:./ l:/ l <´/::O/` l__./___./:.:.:ヽ.`‐-ヽ
:.:.:.:.:.:l /.l:l l:.:.:.:.:l  ll  l     ̄  l   l´/o/ヽ:l:.:.:i、:l   `'
:.:.:.:.:.:l { .ll l:.:.:.:l  .` . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´   l . ̄´/: l:.:/ `!
i:.:.:.:.:.ヽ ヾ` ヽ:.:l               l ̄."イ:イ:./
l:.:.:,:.:.:.:.ヽ__、 ヽ!               l  ./ !'.!'      ……忠興様
.l:/.l:、:.:.:i:./ l                .-'´  /
.' .ヽ!:.:l.!': :.',        ,-====、   /         利長様の態度 考え様によっては
  ./ヽ!: : : :.`‐、      ヽ____/  /
  /: : :`: :.,: : : : :`.、            ./           あれはあれで正解なのかもしれません
/   : : : i: : : : : : :` 、         /
     : : :.i: : : : : : : : `‐-、_    ___/
     : : :i: : : : : : : : : : : : :. ̄ ̄/
      : :.i: : : : : : : : : : : : : : : / ヽ、





33 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 22:11:28 ID:HHBY1pTI

 ./          ,, - ''' -               l
 .l      ,, - ゛        ゛ '' - ,,        .l
 .l    ,, -"                  - ,,      l    この要請を突き付けられた以上 前田家としては
 l ,,  "                       ゛ -,,   .l
. l "       _,,  -  i-i.i-i  ,,, __        ヽ、 l    あくまで突っぱねて徳川家との関係を悪化させるか
 ゝ ,,__,,, ゝiillliiiiw;;;,,,,,__ l .l l,.'l  _,,,, ;;iiiilll>- ,,__/.l
 l,,-  ll" _,,ii==τiit","''''l'l l-kl.'''"",,--==t= ,.゛'l   /"''l    伏見への訪問を実行するか 選択肢は2つしかありません
 /.i ゝ .l'l,""  .lii";::;l ゛ l"\ .ゝ   .lii";::;l  ゛l!l  /" l l
 l l .゛,..l l,   ''゛"""  .l    l   ''゛'''"''  / ./   .l }
 ゝ 、 'i,.l ヽ‐――――" l.  ゛―――――".l /  //     そして駄々をこねた後で 結局訪問ということになっては
  l''i, , l\         .l           .l/i ./ .l
  レi i,  l         .li             レ /  .l    それは屈服の色合いを濃いものとしてしまいます
   l, i, -'l         .",,            /" /l/
    丶N.,                    /l  / /
       Y      ______      ./ レ"
       l\            ゛    / ,l
       l  丶、    :::::::::::::     /  .l
       l    ヽ,         ./    ,l
       .l     ゛'――――‐ "     ト 、
   _,, - "lゝ                 .l  l゛ - ,,_
,, - "   i' .l                   l./    ゛ - 、
      ゛,l                 ,, -"         ゛ -




              _,,,,,---―--,,、
             _,-ー-'"゛     i、、`''i、
           ,/       、 ::::::::‘'i、::::‘i、
       /    /   :::::l゙::::::::::::::::::ヽ、:::::ヽ
      丿 _.   │  ::::::::.|i、::::::、::::::::::ヽ:::::::::|
      l` ,j″   .|  ::::::::::::l゙ ゙i,_,ト、:::::::::::|::::::::`l      どうせ行くのなら
.      l゙/〕   、 |,. :::::||,r=三]i,|,゙l,|::::::::::`l:::::::`|
.      ″|  ,!:::::l ソ|ヽ、l' ゙ll"(ii;。广゙ |:::::::::::|::|::::l      ゴタゴタと文句を言わずにスパッと行く
        l 」:::::`l,. 《゚iiト.  ‘ '''''"  |::::::::::|:::|::/
        `i、|ヽ::iケゝ.゙'"     ∪ .,レ''i、l゙::::り      その方が この訪問を服従の儀式ではないと
         `\`!,,゙l,!,゙l、<     .ノ  、レ`,ャl
           `'゙l、ヽ   つ    .,r゙.[ ,l゙`        言い繕うことも不可能ではない……ということか
               `ヽ、    ,,,,,,,,}l―'i
                `'二コ、 |ヽ       l
               l'"`  .|  | .゙l  .,/`ー--、,,
                  l゙ ゙l、y/,,,-" .゙l/      `'-,
               ,|-j" ト‐'|        丿   ヽ
                _/ ゙l, .| .)       丿     ヽ
               ,/`   .ヽレ゙      ,  /`      .゙l
           ,l゙     `        | │       |
              l゙!                ゙l |        , !
              !.゚‐             `l゙           l





36 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 22:12:15 ID:HHBY1pTI

      .:  l   :l   !   . : : : : : /: : : :./: : : : : : :
     : : .l   : !   !   : : : : : /!: : : :/ヽ: : : : : /
  |  : : : : :  : :A--l、  : : : :/ l : : /  l : : : /:
    : /: . :   /_ ! `  : :ヽ/ヽ、 /   l: : :.ハ
  !  : ハ: : : .  :{.{!ト心、 '. :  /  l/` ==!: /  !     これって 利長の計算なのか?
     :l ' : : : . :!.弋り ヽヽ : / ノ ___.∨
   '. l.  ヽ: : . ! ! ` ̄´ .∨   ´厂 ̄l!``ヽ、 /    それとも単に天然なだけなのか?
    '. |   ヽ : ト、!          ゝ、__ノ   ."/:
    ヽ、   ヽ:! ト、  /          ̄ ̄ /: :
         ヽ ヽ ヽ                /イ´      まあ なんにせよ
            ∧            ´
          __{. `ヽ 、            ,      この後 俺がやらなけりゃならんのは
        /´ ノ  ! ヽ `丶       ,  '
      '´   {   !  !丶、   ,  '     /      幸長以外の前田党の説得か…… ん?
          j    '. |ノ   ̄        /
            !      ヽ!             /
          !        ヽ            !


全国の諸侯が利長の真の姿を知るのは
これより1年も経たないこの年のうちのことであるが……





38 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 22:13:14 ID:HHBY1pTI

        /_     ,          \
      ,. ′__ 二 7ニ=-   i       ヽ            
     / ̄/   . /' .i:   :i.  ト、: .     ハ           
.     / . :/    . :/ | . ハ: .  :l: . .ィ 、: . =;   }              おい! それって……
    /:/'   :i . / .!:/ ハ: : . :|,X: |'´\: : .| : . !           
    l/ .,'    :|: 7=≠ 、 ヽ\|/`   ヽノ: : :i:{.     ,          俺が清正を
     |: .i: : :l /     ,\`'、  ’  _ノ }: : : :|、:'、 / ∟_    
     |: : i:、: : { ヽ、__ノ _ >r'"´  ノ: : : :l \'    /    <   説得しなけりゃならんってことじぇねえか!!
   、 ヘ: :|_ム、:' 、   </∨∨∨!    //j,ヽ|  }    _>    
   _j \ V ヽ {.ト`-   V  ̄ ̄:1   ´ .イ´    (   r'′    /∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\
r‐ ´   }'′   ゝヘ    '.: : : : : :!  / i    ノヘ`¨ 〈
¨7    `、   ハ  `> - ハ: : : :_:j <j   ト- ‐<  ヽ  '.
. ゝァ , /ハ    '、 |/´|_ゝ<7__j    /     ` 、  }
  ゝiィ  ヽ\__ ヘ      ̄¨´     ヘ       `¨´
    \  /   {`            ヽ


この時 忠興は その一端を垣間見たような気がした





39 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 22:13:45 ID:GuW8Fd8s

さりげなく押し付けられた





41 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 22:13:50 ID:lktXryeI

利長、要領いいじゃんwwww





29 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 22:10:16 ID:pMO3sqAY

ヤベえ、意外に大物すぎるマスオさんw





20 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 22:08:20 ID:8qRf.VF2

ヘタな猪武者より、こういう暖簾に袖押しタイプの方が厄介だよな・・・
いつの間にか取り込まれてたりするから





48 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 22:15:15 ID:HHBY1pTI

::|::::ハ::|:::::i::::|::::|`゙ヾ=、_゙l::::lヽ:\ \::\::::::゙、::::::ヽ:::::|ヽ、::::::ヽ::::;:\:::::::::::::::::::::::::::
:::|:::|:::ト:i:::::l:::|ヾ、ー‐-r二l:::ヽ_\\::::\::\::\::::::ヾ、:l__,,..-\'ニ三 ̄ヽ、:::::::::::::::::
i:::|:::ト::|ヽ::::i:::i::::|ヾ、 弋__ゝ、ヽ`゙‐\:::::\:::\ヽ::::::i'='',二ニ'フ ̄ノ`゙`アi゙:::::::::::::::::::
::i::|:::|ハ! ヽ::l::|:i:::|ヾ、ヽ、_____\ヽ>;;;;;;;\:::\::::\:::::<´ `¨ー'"__,,.ノ;;;;;|:::::::::::::::::::
 ゙l::::ト::i:::::ト、::i::|:::|     ‐‐‐\\ ;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、::\::ヽ`゙‐‐‐'" ,,;;;  |::::::::::::::::::
   |:::ト:::::::l \:i:::l              !;;;;;;, `゙`‐-ゝ         |:::::/|::::!::::    ああん!?
   |::|ヾ:::::i  \:l、             |;;;;;;;;,             l::::/ |:::|i::::
    i:| ヽ、:i   \、            |;;;;;;;;;,             |::/ |::l |:::     利家様を家康の屋敷に
    |!  ヽ:l.    ゙             |;;;;;;;;;;;;;,,,,,          |/   |:! |:::
     !   ヽ!           ,,,,,ヘ、;;;;;;;;;;r‐';;;;;'''           ,イリ レ'i    訪問させるだって!?
          i、    ヾ、_     ''';;;;;;;;;;;;;;;''''''''     ,イヾ    /
          ヽ     ゙i `゙‐-、.._________,,...-‐''"/      /
           ヽ.    ゙ト‐-、...______,,...-‐,ィ'"    /
             \   ヾ、ー‐------------‐‐ィ'      /
              \   `゙`‐‐───‐‐‐''"´     /
               \    ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,       /   ← 加藤清正
                 \   ''''''''''''''''      /



          忠興から提案を受けた加藤清正は予想どおり怒った



 | /  |              ! !   !!       λ  ! ヘ   }
 |/  !       !    .|!‐= ミト!、 ! !      l !_ ム--ヘ― !
     !.   !   ヘ    .!ヘ Lムミヾミ|ュ!ィ. ノ  ゝムニ|ィ≦ニミ,,!  !
      !   !   ヘ   kィ'ヘ|γ c ヽ ヘ     lγγ c   `ト,/     (やっぱ普通は こういう反応になるよな)
.     !   ヘ    ヽ |.ヾ .乂_リ   ヘ   !.  弋_ リ  〃
.     ヘ    !ゝ    \  ゝz -'"     \ !  ` ト  ィ/       (しかし説得に時間を掛けるわけにはいかん)
      ヘ   ! \   !.                   /  /
       ヘ .|ゝ  \  ヘ.           ,       /,,ィ"!      (あまり使いたい手ではないが……)
        \! \ ト ト ヘ         l      ''"   /_/
.            ヽ|ヽ ' !\       ____    し /  ィ
               ! ハ \    て~  ̄ ̄ ~Y    / /!/
                !  \ ヽ、   ̄ ̄ ̄ ̄  / /
                  ,ヽ| 丶、     ィ .| /.、
                 /  |   ゛ -- '"  |'   !
               /   ./|            | ノ  \





51 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 22:16:24 ID:HHBY1pTI

             ,  ---- 、, -- 、
           , .:'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...: :、丶.
         . /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,:.:.:.:.:.:.:.ヘ:.:. :.:.ヾ丶ヽ、     待ってくれ清正
         /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ト、:.:.:.:.ハ: }:.: :.:.: : ヽ `
         i:.:.:.:.:.:.:.:.ハ-l-ヘ:ト:./l7¨l':/:.:.ヽ: :i       利家殿の家康邸訪問は両家のため
         l:.:.:.:.:.:.:.:l Xl`ヽ ' r-、'l:.: ,: :l: l
         .l:.:.ハ:.ト、ヘ ___`__ l,ィ: :/V        そして何より君のためにもなることなんだ
   r 、 iヘ   ヘヽl:ト.ヽヽ'__` 7 イ レ'
 r 、 ヽヽ l .i    ヘl:`´ヽ.丶、__ .>'/         ,-、 iヽ ._
_ \\〉 ` l /7 `ヘヘl` ー- ィ           ヽヽ l l .l l
`、`ー`    ` /,、-、....--l    l,、          , 、 i ' l// ,‐,
  ¨¨l  ヽ、  ノ'  ヘヘ   ヽ--、 ,ヘ`ヾ 、-、     ヽヽ、  `'/
    ヽ.   i´   ヽヽ   ` - ..ノ   i i ヽ      ヽ ヽ  i
    . l   l   、  〉〉      i l   l l ヽ     `/  , '
    . l   l   ヽ//      .l l  ヽゝ ヽ    /  /
     i   l  /ヘ/ノ       .l l    .l  \  /  /
     i    l ∧¨ '   , ---_」 `ー-、 l   `/  /
    i    l/  l , ' , :-::::'::¨::::::::::::::`::>、ヽ、  '    /
    l    .l   l/ /:::::::::::::::::::::::::::::::::::l ' ノ ヽ    ノ




     ,...::´:.イ:::::i:::\:::::`:..、
    /.::/.:::!i:::::i::::::::ヽ::::::::\
   ,.':/::/::::i:::::!i::::::!:::ヽ:::::!:::!:i:::.:ヽ
.. /::/::::!:::!::i:::::!i::::::!::::::::::::!:::!::!::i::::!
  i:::i::i:::|:::i::::.::::i:!:::::i::::::::::::i::::!::i:::i:::i
  |:::i::i:::|::::ヽiヽリ、::::!::::::::i::|::::!::i:::i:::!
  !ヽ::ト、!ヽ:::jィ赱ハ::!:j::i:::i::! ヽ::i:::i::ト、    僕のためだと?
    ヾ7  ´   ノノ |::i/:::! j:::i:::iリ
    〈 _      i/ ヽiイ:!::i:::i'
.      ヽ_.. _       /   トj:::iN
.      iー     / /```ヽ
       ゝ--rrf´ /   ,  ´\
         トi´/  , ' ,...:':::::::::::ヽ
         i !j , .', .'.::::::::::::::::::::::::::i
         //' / ./.:::::::::::::::::::::::::::::::!





53 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 22:17:15 ID:HHBY1pTI

  /: : : :.i: : : : : : : : :.:.l、: : : :l: : : : : : : : : : .:. : 、: : : : : : : : : i
  /: : : : :l: : : : : .:.:. : :.:l ': : .:.ト: : : : : : : : : .:.:.: : i:. : : : : : .:. : :l
 i: : .:.:/l: : :i: : :.:.:.: :.:.:l X / ヽ、: : : : .:.: : :.:.:.: :l:.:. : : : : .:.: : :l
 l: .:.:/:.:.:.i: .:l:.:. :.:.:.:l:.:.:.l/ l/=ニN: : : :.:.:. :.:、:.:.:. :l:.:. : :. : :.:.: :./   ああ このまま前田家と徳川家が反目を続け
 l .:.ハ:.:.:.': :l、:.:.:.:.:.l i:,イ 〃f::゚ハ l: : .:,イ:.:.:.:.:〉:.:.:.l:.:.:.:.:.: :.:.:.:.:/
 l:./  :.:.:.:ヽl:.'、:.:.:.l ヘ:l. l' 弋/ ,: .:./ l:.:.:.:/ へ:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/    あげくに両者が共倒れなんてことになったら
 V   ':.:.:.:.`i:.ヽ:.:.l、リ   ´  , :/ l:.:.:/  ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l'
.     ヽ:.:.:.:l、:.:ヾ:ヽ      ' ´  .l:.:/    ヽ:ト、:.:.:ト、l     政権内での三成の権勢は比類なきものになる
      ヽ:.:.:lヽ:.:.:.:.:.}     ,    l/     ヾ \il
       \.i. \:.:ノ._   /            `i      そうなると一番困るのは…… 誰かな?
        ヽ  ヽ:.i:.:.l` ー、_     /    _... -└- ..
            ヽヘl   ヽ_ / ヽ, .. - ''        l
                  __r ''           .l
                  /   l .i        , - '' ¨ヽ
.                 /  i  l l     , '
                 i /l / .l   /




        /:l::::!::::ヽ!::ヽ:::::::ヽ:::::::\:::ヽ、::::::::ヽ:::ヽ::::::::!::i:::::::!
       ハ:::l:::::、::::ヽ::::\:::::\:::::::\:::`ヽ、:::ヽ::ヽ:::::!:::!:::::l
     /:::::::l::::::!ヽ:ヽ::::、:::::ヽ:::、:\::::: \::::::\::::!::::ヽ:!:::i:::l:l
     !:/!:::::!::::::!::ヽ:ヽ{:::\:::ヽ::::\:::\::ヽ:::::::ヽ!:::::::}!::::l::li|
.     j/:::l:::::!:、:::!::ト、:、:ヽ:::::`ヽ{、::::::\::::\{、::::::::::::::::i::!::l:l !
       l:i:l::::i::i:、:l::lテ=-、:ヽ、_、::\_,≧ェュ、_、\:::::::::i::li::!::リ
      !ハト:{:!:i:トN{、ヒ_ラヘ、{ >、{ 'イ ヒ_ラ 》\::l::!:ト!!:l::l!
      ヽ i、ヽ:ト{、ヾ ̄"´ l!\   `" ̄"´  |::!:l::! j:ll:!
.         !::、::::i      l             u |:::/lj/l:!リ
        ヾト、:!u                 j!/ j|:::リ       う…………
          ヾ!    ヽ  ‐       u /イ´lハ/
            }ト.、  -、ー-- 、__      /' !:://
             リl::l゛、  `二¨´    /  |/:/
         rー''"´ト!::i{\       /  / !:/
        / ^ヽ  ヾ!  ヽ _,,、'´    /  j/


忠興は 心ならずも 全てを三成のせいにした
そして この時の清正は 徳川前田間の政争の他に個人的な問題をひとつ抱えていた





58 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 22:18:30 ID:HHBY1pTI

それは朝鮮半島から帰還時の釜山焼き討ちの一件である
小西行長は帰国後 去年の末には
寺沢正成を証人として あの清正の所業を正式に大老・奉行へ訴え出ていた


         ,.-─、
       //  /`:L、 ,. -‐,. -‐─- 、__
      / /   /::::/:/ /  ,. '´ ̄ ト、N`ヽ
     / /  / >イ/   /   / /   / |l \ヽ \
      l  |  / ./〃/  〃  / / /  |i  ||   ヽ ヽ
     |  |  l /  / / / / /.| |   li   ||   li l l___
     |  | |/ /  / / / / / .| |   |l  ||    |l | |::〉ヽ、   あの野郎は絶対に許さない!
     |  | | l  l / l / ./l | |   |l   |.|    || | |レ   ',
     |  | | | | |  | | ∧__ljハ  |l |.| |   || | | |l!  |
     |   | | | |  | | l./7:.汀i `  ヽ !人| 从 /i| / /| |   |             _r-- 、
     |   | | | l|  | | | 、ゞ-┘::::::::::::::::::::::rテ、 / / /|| |   |           ,r'"'ー-'"` 、
      |   | | i| |  | i|i|    ̄::::::::::::::::::::::::〈:::..j | //| | |   |           /       i
     |  i| | | |  |  ||           `ニイ〃| ! i| |   |          i,7 _  , , _  !,.、    確かに
      ト、  l| | | |  |  |!      、 ,       / |  ハ .|   |          .i! 'oニリ i,'oュ' i'{(i
     |ハ  ∨ ||i  | |    、___      / | |  | | |  |         _,,..,リ `,ィ_ _i ''  イ!'/     あれは酷かったな
     |川ヽ、 \ |i  |i |     ヽ二ア`     /| | | il |    |      _,,.-''" iソ;;i!r;;ニ二ヽ, ノ;;ヾ`ー-、_
     | /|川. ̄川li  l i| \         /l |i! i!/ .| |  |    -''/  彡; ; i'i`ニ,ニ7!!/; ; ;ミ 、` `ヽ
     // |川|  i|||∧  l|  ヽ、    ,. イ | | |  | |.  | / //     '   / i; ; ; !i`ー'ソ i; ; ; ;/、    \
    /∠⊥|川| |||! ハ ヽ __   ̄ /  | | | |  | |   |// /      、>- ` !; ; ;`ニニ/; ; ; /  `    i !
 /     `ヽ─-‐-- \ヽ::::::: ̄ ̄::|  川|l |,./___レ  ///       ^  `i  i; ; ; ; ; ; ; ; ; ;/ ー  i  ! i
/        l:::|      ̄ ̄ ──ヽ__,. '´     ``ヽ、           ii l  ` -=;_;_;_;_;/i    `ヽi ! l  !

              ↑ 小西行長                     ↑ 寺沢正成


ただし年明けからは 太閤逝去の公表・秀頼の大坂城への移住・徳川前田の政争と
重要案件や問題が次から次へと発生したため この訴えは今まで棚上げ状態となっていた





63 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 22:20:15 ID:HHBY1pTI

ところが 家康と大坂城との間で誓詞が取り交わされた現在
この訴えが再び取り上げられようとしていた
そして徳川と前田の反目が続き 両家が弱体化した場合
この裁きは 行長の友人であり清正の怨敵である三成の一派が取り仕切る可能性が高い


          ____  _,.-==-- 、
     ...-‐=三ニ≧弐ニミ´三ニ=-、
   /:,::::‐:'´/::::::,イ::::::∧:`:、`:、=:ミ、`::.、
  .::'::/::,:イ,イ:/::::::/i|::::::':::: ヽ:::ヽ:::ヽ:::ヽ::::\
. /:::/::::::'::::///:i:i:::': !|i:::i:::i:i::i::\:`::、::\:\::::::、
/:::/::::/::::/,イ':::i:l:::::::/!|:::|::l l::|:::、:::\::\:::ヽ::ヽ: 丶
:::/::::/i::://::l::::l:!:::::/::ハ:|::!:|::ト、:::\:::',::、:丶::丶::、: ヽ
/::: /::l:::'/:i::|:::l::::::;':::i:::::l:|::::|::|小ト、::ヾト、:ヽ: ',:::i、::i::::i
:::::/::::l::i::::;斗、!::::,i:::l::::::; |::::|:l/:::|、 ` 、!:::i:: i:ハ l::i |ヽ!
::::'::::::l::l::::' r 、!: /:|::l::::/:l:|::::!!: /|!=≧、ヾl::::l':::!|:::!:|:::|
:::::::::::|:|:i::i { !:/:/l:l: /: ハ!:: Ⅵ:八 {{ }!ヾ!::/i::: |:::: !: !
:::::::: i|:|:|::l y/:/:/l| ' / i∧::l {′ ヾ  }ハ. |::::|: /}:/
 ::::::!|:!:|::|V/l/ '. |::/ /' ヾ!.       '  、::::!/::::'
  ::::::!:::|::l::i: '    !'                V,'/
   :::::::l:il:l:' i                ,   ノ´
   :::::|| |!. 、                r ´    三成が この僕を裁くだと……
     ::ll {.  \          - ― 、‐'
     :!.     ヽ          _ノ       冗談じゃないぞ
            、        /
          、.   , -‐丶   _ ′
         \イ \    ̄
          \.  ヽ





65 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 22:21:08 ID:pMO3sqAY

デスノートに名前書くくらい嫌いですもんねえw





66 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 22:21:15 ID:HHBY1pTI

     , -r"     ー
   //         \
  /   、 lヽ    \   ヽ
  / | | l\ l\   丶   i
  /l  l、| l  ヽヽ、      l     分かったよ……
  |l kj,l l L、\rtゝ l |   .|
  lj、jl'弋lヽ.Y'´kぅl j| lW/ |     利家様が納得するのなら
    l  ,     |//ィ '| |
    ヽ '-     / l、Ml7     それ以上 僕は何も言わない
     \ ̄゛  /__ /ヾ
        ー '       /  ー  、
        /== ̄ ̄ ̄ ̄       ヽ
     /                  \__
    /                      ヽ
.   |                        l
   |                        \_
   /                           \
  /                              l
  ヽ                     v        /
   ヽ                           ./


最終的には清正も折れた 折れざるを得なかった
忠興は 最大の難関を突破した





68 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 22:22:14 ID:HHBY1pTI

翌日 忠興は清正と行長を連れて利家のもとを訪れた


        ζ
      / ̄ ̄ ̄ ̄\
     /         \
    /\   ⌒   ⌒|
    |||||||   一  一|    忠興……
    (6-------◯⌒つ|
    |    _||||||||| |    それに清正と幸長か……
     \ / \_/ /
       \____/      話は利長から聞いたよ……
     / \──- <
    /    \─-/  ヽ
    |      \/  | |
    !_          ノ !
     ヽ丿━━━━ ヽ/
     (     |^ヽ __)
   .   ̄ ̄ ̄` -′




   -=ヲ::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::\     /::::i::::、:::ヽ、:::::\:ヽ:\::::::ヽ:::、::ヽ::、:',    |:::::`ヽ!::',:::::::::::::::::::ハ::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   -=7 :::::::::::/::::::::::::ヽ:ヽ:::::::ヽ:::::ヽ:\_   /::i|::l::ト、ヽ::、:::ヽ:、::::::\::ヽ::::l::::ヽ::i:::i:::!    i::::::::::::::ハ::::、::::::::::::::',::::::::::::::::::::::::::: / .}
.    /::::::::::::/::::/:::: - 、::|:::|:::|::::::|::::::::ト、「   /:/:!:::!:|::ヽ:\ヽ::::、:\::::ヽ:::ヽ!::::::i::|:::!::!   |:::::::::::::l ∨::',::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::ノ/',
   /::::::::::::/::::/:::::/,イ/`ト、!:::|::::::|:::i::::}:::ト、  !ハ::|::::i::l:|心、:ヽ::\:ヽ_\、\:::ヽ:::|!::|:|i    l:::::::::::::i  ∨ハ::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::ハ
 =イ::::::::::::::{:::/:::::/卞マハレ'|::::i,≠|:::|:::|i:::|    i、:!:|:、N{、ヒjヽゝ\ヾイ ヒj >、ヽi:、|!:|:l    ;:::::::::::: ',`ー‐、:ハ::::::::::::: ',::::::::::::: 8 ::::::::::ハ
  |::::::::::::/レ'i::::: レ' 込ソ |: /rぇ|:::|::{ レ'     ヽ:!::トヽ ̄ l! `  ` ̄´ |::l::|:|j:,!:!     i:、:::::::::::! 、__',:::',:::::::::::::::!::::::::::::: 8 :::::::::::ハ
  レi:::::::〈 ( |ト、:: j      レ!弋タレ'|:/       ト、::! u         j |::/lj:::!リ     |::i::::::::::/     `!::::::::::::::|:::::::::::::: 8 ::::::::::::ハ
   }::::::::`トノ  V u      〉  |:::!′         ヾ、  丶 -    u リイ:|リ     |:ハ::::::〈       |:::::::::::::ハ::::::::::::::::!i::::::::::::::::',
.    レ个、j         -‐  /レ'           リヽ ‐、ー- 、_   /イ:::i       |l. ',::::::::ヽ--    !::::::::::;'::::::::::::::::::::ハ:::::::::::::::ハ
 ,. --┴--- 、\      /           rー'"ト:l゙、   ̄   ./  , |::!       l! ',::::::::::::`.   |::::::::λ::::::::::::::::::::ハ::::::::::::::::ハ ← 浅野幸長
/    --─一'´ ̄`ヽ‐ '             / ヘ ヾ ヽ、 _,. '   / |:'       l   !::::::::::::::::ー‐イ::::::::ハ::::::::::::::::::::::ハ::::::::::::::::ハ





71 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 22:23:14 ID:HHBY1pTI

             (:
             ):
       ,. -'' "´ ̄ ̄ ̄ ̄`" '' ‐ 、
     /                  \
    ,イィ,   , ―      ― 、 、_ト、j、
   /::::/  /           ヽ ヾ:::::::',
   ,'::::/                 ヾ:::::',.      ……家康に伝えるがいい
   |::/     >―く   ゝ―<    ヾ:::|
 /^'`――---l    l__,. ┴、  l---――゙^ヽ     わしが伏見に出向いてやろうとな……
 {       丶_.ノ     ト、ノ         }
 ー、        _ ,.、    ノ       ト-'′
  l     // ///7TTく\        !
  ヽ  //   '///l|| ヽヽ`、     /
    丶 '    、       /     /
     \     ` ―--― ´     /
      `> 、 _         _,.. <:
         /ヾZ_ノ__jフヾ、
   >'"´ ̄`':.:.:.:.:.:.:.`´:.:.:.:.:.:.:.:.'´ ̄`丶、
  / .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. \
 /:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:. ヽ


いかなる手段を用いたものか 利長は利家の説得を既に終えていた
利家は サバサバした様子で家康邸の訪問を承諾した





74 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 22:24:55 ID:GuW8Fd8s

マスオ、やるじゃん





69 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 22:22:17 ID:51F4G36I

なんだ、家康とその他の大名の交渉の出来の違いは
家康の外交がゴミのようじゃないか





72 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/07/19(月) 22:23:48 ID:8eAb1oWA

ゴミのようというか、ゴミそのもの





75 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 22:25:21 ID:HHBY1pTI

さて この一連の流れを三成は苦々しい思いで眺めていたのだが……


.     /:::::`ー:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:)‐ /r、ヽ
    i::::::::::::::::::::::::::::::::,、-‐' ´ ̄ ` ' ー- 、:::::::::::::r‐'´!ゝ‐、=≠ヽ
    ゝ―‐:::::::::::,ィ'´              `ヽ,::::i:::::::|、:::::::ヽ ̄〉〉
   ,、_ノ_:::::::/                ヽ:ヽ:ノ∧:、-'ゞ=".i
.   i::::::::::::::::/      /     ヘ      ヽ .',:::)∨ヘゝ‐、.  l
.  l::::::::::::/   /   /       .l      ヽ ノ´::::l  l::::::リ   l
.   つ:::::i   l    l       l       l∨:::::l  l:イll.  l
   /::::::::l l.  l    l.        l   l  l   .l ヽ_::|  |:::|||.  l   あと一歩で家康に止めを刺せたのに……
.  ヽ:::::::l l   l     l l      l!  l  l   l .l ノ:l /:ノ|||.  |
   /`ーl l  l  _ll l、      l!l__/!_ l! l .l l/:::/./::| l |ミ|  l   それに忠興も余計なことをしてくれるのだわ
   /  (、!ヽ ヽト、l! ll`\ l  l /´|/ l//!`/ //フ:/ィュ::ノ. l|ミ||  l
.  /   l`ー、ヽ!ヽイ んテョ ヽ!/´ rョモハ、l/l/ //:ィ<トリ´  l ̄  .l
 /    .l  `'十 i 弋::ツ  `   .弋::::ソ´ l l ノ 弋ソ.   l    .l
./    ,'  ,ィ.l .lヘ. `´  、       ̄  ,.| |`i_.      l     l
    /,、_/::::::l .l: :ゝ、   ー -    /‐l l!、::::`ヽ、__ |     l
   /´::::::`ヽ/ i l::::::::::::::> 、,  ,  <::::::::l l.l:::`ヽ:::::\::: ̄)   l
  .__i::::::::::::::::/ /! l'´::::::::::::::リノ`´、ヘ::::::::`ー:l l l:::::::::〉:::::::\:(_,、-―、




              ,〔       < /  ,.-r‐、. `゙<}
           / \  `ー {|v‐fi、{薔}i   ,l}
              i    7ー--、 ヾヘ二ニ!\∠}
              !   ,/    `゙ー\,,..-‐'"  !
             ',  ,/ ,..-‐    ー‐`゙ー-、  |
              ! ,/  ,.- 、     ィ´;;;`ヽ,!,-、 !
             レi /ト;;;;i.j.     弋z_ ノ i リ′      でもこれは 忠興の立場からすれば
.          ⊂ ヾ! 弋zノ  、   ` ´  .!ノ
           ⊂ i ト、          /! ̄`) __    仕方のないことなのかしら
              ヾ >   、⌒ヽ ィ'i-r==ニニ´
        r‐、    /  _〕ー rァ、イ‐-〔_,,.-―|
     r 、. ヽ \/!ヽ,ァフ `ヽУ .〉!Ti--' i´,==′
     ゝ \\ ヾ i、ヽ,.-‐⌒!∨| !。!.!  `‐ア |
        _>  `゙  ヽ `ーァニ´7  | !。'ハ   `〈.}
       Zr ! \  ,. )  Z〔 !   ! ! ヽヽ   ,リ
      <´ ゝ、ーソ‐'" イ、ヽ \"   i」。  `´  ,ィ′
     〈   〉゙==′ }   zヽ         ,.イ´
      7   !       /  Z Lヽ=、__,./〔´_
.      N   \   /





78 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 22:26:15 ID:HHBY1pTI

                     _, -―‐,r_j_ャ、
                ,〈`ヽ、   {l´ ヽiユiュ
                  / ,\ ` ー- r―:薔:、ツ
                 ,  /  ``ー 、__ゞ´、>イヘ
                 ! イ ー-、    , -ー'くヽ !          細川家は 時の政権に協力することを
                 ', l ィぅ:ミ     ィぅ:ミ ハV
                  ゞ ゞ=″.::!  ゞ=" ムツ       ,    お家の使命と感じているようなところがあるのかしら
                /{ハ    T⌒T    ハソ\     /
                l_- ゝ、  ヽ..ノ  ィ¨ー__,ノ-、   /     政権の中枢である二家が揉めた場合
                 !, -=、/>:.二.:<lz―-イ 、 i_/ /
            , -‐'´L_ソ 〈/¨\〉く, =く  ヽ        その調停役を買って出るのも当然かしら
            /.    く_」 : : / c ヽ: :l|iー'7  ,  , -ー‐、
            l i     L.ノ!: :|: :c: :|: :l|`ヽ.」 '´  /     `丶、
            〉 ‐ _ト 弋:_:_c_:_:_ノ  ̄r---‐'′         ` ' ー-
          /  /´ 」   /T\   -L_
      r‐ '´ ー、l/  /‐'    」!      `ヽ
      !       | /       /」_\         \
      |     /        /ノ: :ゝ ヽ          ヽ




          /                `ヽ
            /  ,.. :'" ``  ̄`: : 、   j_
          __,′ 〃           \   )
        (  |  ノ //      '.     ヽ.く
    .xr'´ ̄ ..イ (_// /      i i 、    ∨
 r.::f´::」    !:::!  Y ! !i:  ! !   ハ| :Y    i
 Lン7て   |:::| ( | iハ. i i !   i i ! ノ! .! ii! !
   /! ハ.__ !:::! `YVハ_ヽN」!、 i i,ィ=く「 リル′   それにしたって
.  i::| !  )ヽ::.、_,ノヘ ィナハ! `ヽノイノ 刈イ{
.   ゝ!. |   ゝ-、{r刈 「 ゝ- '   , `  jハi ハ     こうまで露骨に徳川贔屓にならなくても……
.    i !     ゞイ| |、     c   .小}  ヽ、
   ノi ::!       /' | |介ト ..x‐.、   .イ⌒Y  ハ
  /:/ .::!    / |!.:': : : : : : :r千,: : : : jハ / ノ
. /:/ j.:::|     /  .イ i!: : : : : .イ^Y´ ̄`ヽ! ノ イ
/:/ .! .:|    \/ノ ノ、:.:.:/: : : : | : : : : : ゝニ=‐‐‐ァ
:/  ノ .::!      ゝイ.:.:.:./.:.: : : : :ノヘ: : : : 「. .-‐r‐/





80 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 22:27:17 ID:HHBY1pTI

           _,   -―― -  、/` '´廴_
           , '´.: : : : .: .: .: .: .:_/´_, - 、 {
   _.   /.: : : : : r冖ー'´ _ /__  /l } 〉
  /, - 、\: : : : : : 」  r-―fヒハヘjハ  」/ {
  !|  / :.`',:. :. . : :  {  'r‐ '´{匕犬シj´ { /!     三成……
  亅/  : : .\:. :. : : . : ヽ \/ 寸T¨ヽ\丿:'
   ,' :l :.:./  ` - - _:.ヘ _`¨ー| lー-ヽ \:l     細川家の存在を軽ろんじてはいけないのかしら
   | : l .:.,'           ̄└ヘ|__」へハ/j/:|
   ∨ : l:.l         / ,夫==<l|〈ヘ∨.: .::l     むしろ世間では 細川家の選んだ家こそ
    V: ::.{.  _ ,     〃!ハ:::::::::} ヾ j |.: ;':/
     ヽ: :ヘ  ,三..       弋Z:ソ  |! /.://      正当な権力者とみなす風潮すらあるのかしら
       \ム{ハ::::::ハ      .:.:.:.:.:  /:´.:.' イ
        入 ゞソ  、:.       /.: :/ .: 」      あなたが これからも政権の中枢で力を奮いたければ
        {.: ハ .:.::   r_、   /ノ.; ' .: .:/ ̄ ヽ
        |:/ /:>‐- ,.__.  ' /f.: .: /.:〉: :  ',   忠興との関係も考えておくべきかしら
        ,!ー{:. `:.ー:.l/j|\ヘ --/.:, :' .::イ: :   '.
        /  〈:`:.ー:/ /}{ヽ.\ヽV〉. : .:.イ: :    ヘ
       ,'   〈ヽ:r'/イ \\` Y: , :'.:.:ノ:     ハ
        /´   : .ヽj ' 〈 V /ヘ  ゝr‐_'´: : .  . ,: ノ
       {    : :.rヘ  ', /´ ヽ  {|´ lr-、_, _‐'二. ヽ
     「`ー-、__ ノ しヘ._ ムフ /f⌒|  ハァ , r、ヽ _} |
     l └' / ん1    ノー '  }  __人1| l  rー┘
       .ゝ / /  └‐-、ノ}   〈ー'´    ヽ! ヽ. |



            __ __,.
      「`ヽ´ ̄`フ.::::::::/´  ,. -‐'′{::::し'.:::::::イ
    . ィ⌒ヽ  /.::::::::::/       ハ:::::::::::::!::::)
    { イゝ   /.::::::::::,′. . . ..x  く`ーヘ.:.:.::::し'
    Y.::::::::ノ '.::::::::::::|.:: . ---xノハノ    ヽ:::)
   ( ̄  . :.|:::::::::::::「´ _、  )⌒Y     レ′
    i 7ゝ.:::∠!:::::::::::::|.:.:.:.:j「 Y    !    }
    | i::ハて...」::::::_.:::::! ノ」ハ '.  ,ハL /  ′
    | L! | 丁Yr刈:::|ィハハ「ゝVイムイ//ハノ
    |     |\ゞイ::::ト弋)ソ   ヒケj小
    l  /   !  `トゝ:!ハ´     ' .イ j |   …………
   ノ. /  |i  ゝ'' | 仆. .  ´ イ 」 ;i |
  / :/     |小./ゝ.|ヽ\下`ヽ 丁jハ
イ  , ′    ヽ:/ィ  ハ. ヽ\ハ.:.:.:jり__」!
 /       ,ノ.:/ /.:::: ` ー 、ーヘ〈ゝ--=ァ
    /⌒Y .::::/  (::::::.     下不厂゙ぐく
   r '   ノ.:::::/ .イ )::::i    | ̄j ) `ヽソ
.   \:::`ヽ//.::/.::::::i    `ヽヽヽ (





82 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 22:28:21 ID:HHBY1pTI

  , -、                        , -――- 、
  !   ',                   く ̄`'ー 、 ,rz:yェュヽ
  ヽ.  ヽ     __            /.:ト 、 ー-{{ rャz_}}ハ
   ヽ   \  /´ }           / '}   丶、 ヽ,:クー'ヽ.〉 li
   r‐ヽ.  ヽノ   /          l.: /     >‐ゝ〃ヽl l|
  r |   {:. ,     九、         l: /- 、   ' ,ィfメ、 \ l :!    もし あなたに その気があるのなら
. 「', \_}l   ノ }' \           ヽ!:y=、     ヘ:りj  、Y´Vl
 l ヽ_〕 _ イ _〕\´l\       _ハ:り 、    ´xXx  fヽjノ    忠興を招いて茶会でも開くといいのかしら
 ` ー 't--イ  __j´ / _} \    //⌒ヾ  _, -'´)   ,rー」
     フ⌒K´ '  ヽ、|   ヽ、__./ ̄ `ヽー 、ニ´  r '´ ̄ ̄¨ヽ    段取りは わたしが整えてあげるのかしら
     厶ィ l \    / |  、 ヽ `丶 -  V 」ト-イ_V´ . 二 _ 」、
     /  ハ.  丶、{_ 」   `     ヽ   /   _}。 Y゙-―‥チ:〉
      └ 'イ. ヘ    / イ    /‐t―     ヽ、, イノ  l:ト、 , -_」{
        / ,  l   'ーォ /    /  \__ ,    f´ ̄`フ|」 匕.-'‐i|
       ´} '´\  / {   /      /     ≦三} 。  K≧イ!
        ¨´ケ ハ フ | /      /     └=' 、  /ハ  l
         {.ノ} し'イj'       /          /`ヽ }'´ :|


朝廷・寺社との連絡調整役の玄以と 公家からの信頼も高い細川家は昵懇の間柄であった





87 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 22:29:14 ID:HHBY1pTI

 〉::::::└f::::::_:::::::::::::::::::ヽ ̄ヾ:::::::::::::/::,!∠`ヽ
 `ヽ::::::::つ:::::\:::::::::::::::::`!  !:::::::::::::::::::|ニ´'/!
  (:::::::::::ゝl-:-::::::::::::::::―|  |:::::::::::::::::イ`Y´く´
   jゝ::::/  ゝ、::::::::::::::::::::|  |":::::::::::::)'!゙i ̄|ヽ
    \/   / ゝ_;::::::::::::::|  |:::::::::::ソ .| |  |
     Y!i |   l、`く::::::::>-<::::::_ ィ /| |  |
      ヽヽ!\i!l!i j/!ゝ:::{薔}::シ  ,/!!| |  |    ……よろしくお願いするのだわ
          〉K` レ' j  ト/く  ´ ィ i :| |  |
.      rーーー、ー j/! l′ヽj~ ド.! l :| |  |
     /!   />' l .!'フ 、:r/ | | :| |  |
      rt ` ニく f 〉、j .!< ,ヘ:´ヽゞ | :| |  |
    ヾ::`¨´ソ:/ ,.-" -'ー/:::::\::::`| :| |  |
.    √ヾ:::::::〈 "/!‐'¨ア::::/!:::::ヾ:::\| |  |
   /::::::::::::::::::7`ー¨.ニ/7:/ :::::::::::::::::ヽ|  |
.  /:::::::/::::::::/   j/`:::   :::::::::::::::::::::\:


こうして
玄以の仲介により三成と忠興の茶会が急遽開催される運びとなった





88 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 22:29:19 ID:GuW8Fd8s

これはwwww





84 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 22:28:53 ID:alSTk8gk

あのエピソードキター!





86 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 22:29:10 ID:FH2SuOvk

あれやるのかw





96 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 22:30:36 ID:51F4G36I

墓穴を掘るどころか墓石まで刻み始めたぞw





95 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 22:30:25 ID:HHBY1pTI

    /::::/::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::i::::::´ ̄ヽー、
   /:::::::/::::::::::::::/:::::/::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::ハ::ヘ
  ,':::::::/::::::::::::::/::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::|::::|::::::::::::ハ::::',
  !::::,イ::::::::::::::/:/::::/:::::::::::::::::::::::::::::::,'::::|::::::::::::::::!::::|
  |:::/.|::::::::/::::l、l:::/|/|::::::::::::::::::l::l::::/::::::|:::::::::::::::::|::::|
  |/ |:::::::{::::::l/lヘ  |::::::::::::::://::/ |:::::,'::::::::::::::::::|:::|
     l::::::ハ:::::| ‐-、\!:::::::::::/__!/_l_:/_::::::::::::::::::|/   珍しいこともあるもんですね
    ヽ::|::lヽ:|   ` Ⅵ:::/´ ィぅZマく|:::::::::::::::/::,'
      ヽN`:ト!      !∨   `ヾン '|/::::::::::/::/     三成が この俺を接待するなんて
       |:::|     ノ       /::::::::::/;|/
   ̄`ヽ  Vト、  、_`  __,  ∠...イ:::// ′
  ヽ  ヽ ̄ ̄ ̄イ、:.:.: ̄:.:.:.}  /-'l;イ:/
   ヘ    \  /| ` ー‐_'.. ィ´:::::/l/
    ヘ    ヽ'  |` ー‐ ´  /イ:/
      ヘ     ヽ !     /`ー--,、
      ヘ    ヘ ヽ、  ./    / |



忠興も 清正の説得時に
三成を一方的に悪人に仕立て上げた後ろめたさもあったため この招待を快く受けた



                     , :==‐
                    〃    `
                    ト、   /\_
                  ヾミx 1  \ `  、
                   / ;ハ    \   _>n__
                 / / 彡ヘ      _y(X⌒fひyn、
                   / 〃j/   ヽ \ 爿「Y,エミhニX_〕
                {  {/_,二ヽ、  \___〔ゞt{(kワ)リフ乃
                    ! ]〕77なiy   ´≧ミ てトゞfくスア´
              /)__y^N h__;:j    7´:5iYヒ!T^ハ〈   この度の徳川家と前田家の融和に対する
             _ _ ///:,べヨ  ー‐'′,.  {└;りj片〉V }」
         r;┤} } ハ:{ /rヘ    ト- 、__  ̄ /ンkヘ〉     忠興殿のご尽力に
          l^┴-'_厶__V>、ー->、_ |  /  /フ「ヽヽ
        __l /´ ,-―ベ≧=ァ′`辷'y-r1 ´ 人 }:i     三成も大いに感謝しているということなのかしら
        __ l卩-v‐く     {≧ァ‐< _j_ 厶..「`て彡'丿jノ
     __《⌒ツ _’{「;リ   / / 厂`>父t‐-、ヽ└=彡}ヽ
   __ {{`ヾV _《`゙シ/}n  ' / /  ,!了i ト`i l〉 〉l `¨´  ヽ
  _ト=ミゞ _j iドミ}v'/ ハノ i { 〈_`ン,| |_」 L| l/ / ,      ヽ
≪二iト、  バjl jy/ ム=‐1 ヽ._,メ ! ヒ!__」 lノ ′       /
  ヾy!__}从z≠‐  /     〉 ,-≧=| ト≠ ! ! ヘ      イ
   ` <二. __/    } 〈/{じ'{}| ト_)〉 | レ′ `こフ彡'_〈





97 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 22:31:14 ID:HHBY1pTI

2月下旬
宴席は 長束正家の屋敷を借りて開催された


           ∨三三三三三三三三三三ニ/
      __  lニ>‐ '´ ̄ ̄ ̄` ー<三三/
     〈三三二ニ―‐- 、 ___     `ヽ|
     ∨三三三三三三三三三三三三二二ニ¬
       ヽ三三二ニニニニニ二二三三三三三/
       Y´::.::.::.::.::/:l::.::.::.::.::.:\::.:`ヽ::<三/
.       ,'::.::.::.::.::.〃∧::l::ヽ::、::.::.ヽ、::.`、:l:T
      |::.::.::.フ7¬‐、ヾ、:\>、:|-ヘ::.::.}::!:|
       {::.::/代了圷ミヽ. \行‐t予l:ノ/::|    そういうことなら
         !::.::.::.:| ゞ-'′  \  辷シ '/:/::./
       |::.::.::.:ゝ       ,       厶ノ::.;′    僕も喜んで協力するよ
       ヽ.::.::l|ヽ、    r-、     /::.::/
           \:ト、:j> 、   _,.ィ:´::;:l:: /
             ヽ ` ,.イ `¨´ ト、レ'|/ |:/
            __,. '´_>v< `ヽ、′
       ┌イ  //了,ハ\\ヽ `┬ァ
       /7 |  { く/ノ/引ヽヽノノ  | }-、
.      /:.:.:.:{ |  `ー'´//l弓| |`ー′  | } :.:l
     /:.:.:.:.:.{ |     // ]弓ト、ヽ     |「 :.:.|





101 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 22:32:17 ID:HHBY1pTI

会場には玄以の案内により忠興が先にやってきた
ところが どうしたことか
肝心のもてなす側の三成が なかなか姿を現さなかった


       ,. -─=≦=-、
      /:::::::::::::::::::::::::::::::\
.    ∠イ::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::ヽ
   /   i:::i::::::/::|:::i::::|::::|::|::::::::::}
      {:::|:::/‐-レ'|:::j -j┼ |:::/
       Y V下于 ∨ 下于 レヘ
        ヾ|         |ソ   …………
        ヽ        j /
         ヽ、  ‐-  /
      _,. ー> - <-、_
   ,. '´ / /     ,ハ \`ヽ、
 /  /   {      }   \ >、
'´      ̄ ̄\j    /j /´ ̄ /  ヽ
        {ヽ二二ノl{   /
         }.:.:.:.:.:.:/ノ




            ノ  ヽー- 、
           , '´ ヾ  ヽ  , '-
       /     入...   |  ` ´ ヽ
       '::.    /  \:::::. ヒィ秘)、./
      /:::   l/ - ─ '  `'ヽ\ __ン
      i::::   /   ○     \ヽヾ|
      Y⌒V          ○  | /
       { ノ          '     j/
     r ーノ     ,. - 、 _      ノ   (ちょ…… 三成……)
    /   _ノゝ 、      ⌒_, ヘ
    !∠´    ト`_二_ 二.イ:::::::: |   (なにしてるのかしら)
     iヽ::::\   ノ{::::,ィ:::j::ヽ `>-<
    ゝ_ ` ´   | |` |:::! !::|`| {:::::::.ノ
       ∧    | |. `´ `´│ フ´
      / |"  | \   イ │
     /  |:   |   ` '´ │ "|
    '   |:   |      |  |





103 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 22:33:15 ID:HHBY1pTI

    |┃             _ノ;.;.;.;;;;;;;;. ´         ``ヽ;;;;;;;;;;;;.;.;.;.;.(_
    |┃三         r'´.;.;.;.;;;;;;,ィ'´              \;;;;;;;;;.;.;.;.;.)ー-┐
    |┃.         r‐(;.;.;.;;;;;;;;;〃                 ヽ;;;;;;;.;.〔二ニ 1
    |┃         「「(;.;.;.;;;;;;〃                   `、;;:;:.;)ト、//
    |┃         | | );.;.;.;.〃      i |        |: i      i;;;.;( //}
 ガラッ.|┃         ヽL_, イ: (.:.:.:   | | |        |: |.  l l |.l;;.;.;)//ノ
    |┃         ///(.:.:{ .i i l | .l:| | |.   l   l  /l:.∧  l l l:.|;.;ノ i:.ト、
    |┃三       ///.:ハ.:{i i l | .l:| | ト、   !   ! //l/ l ./:.:/ l:.l;.!. l:.| i.|
    |┃.        / l, .:.:| i::N i ヽ「 士士Nト、 ',  /// イ七/i:./ ///ノi: |:.| |:|
    |┃三      l .:.| . .:| l::| N: .:l:lV7´尓ミヽ \V/ィ´o示ミヽィィイノソ i::|. l.:| |」
    |┃        l/ . . l l::| {{薔トト、ヘ 辷。ソ       L辷ソノ l/ iシノ |::|: : |    お待たせしたのだわ!
    |┃三        l . :.:l l::|   i ハ             /l .:.「.  |_|  :.|
    |┃         | . :.:| l:」  i.:/,.ヘ     ┌--┐    /´l .:.|     i .:|
    |┃         | . :.:|    // .i  >   `ー '   ..イ.  l .:.|    l :.|
    |┃         | . :.:|   /./ /:|. '´  ̄``ミ= 彡'´  ̄`ヽ  l     l :.|
    |┃.         | . :.:|  /.:/ / l:|     ,. 'ニ{{薔}}ニヽ.   /∧ l   l :.|
    |┃三        | . .:i| ノ.:/  > リ  , ´ ̄`Y介Y´ ̄`  //  ヽ\. l :.|
    |┃         | . .:l|.:∠ / `Y´    /l  ト、    //     〉 〉.l :.|


約束の時間も過ぎようとした頃 妙に晴れ晴れとした顔の三成がようやく宴席にやって来た





106 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 22:34:28 ID:HHBY1pTI

三成は干柿を乗せた盆を手に取っていた


          ,. -.―-,,、, ..,.
     ,. : ,: . : ::::イヾ.,イノノ,ハ__': : ,..
    ,..: :く⌒ヨM.,ゞ'⌒ーくィ彡ヽ:: :,:.
  ,.: : : : :.`:ーヲ〈 臼ョ  ,:冫ミ.い: ::::.;.
  ,':::: : : : : : : :ト彡ヽィ勿,へ.ミ,ン.: : : ::.;
 .;;;::::: : : : : : : : :`~ー': : : : : : : : : : :::.i
 i;;;;;: : : : : : : : : : .    : : : : : : : :::::.:'
  ';;;;:::::::: : : : : : : : : . . . . : : : : : :::::.'
   ':;;;;;::: : : : : : : : : : : : . . . . . : : ::::,.'
    ヽ:;;::: : : : : : : : : : : : : : : : : : '
       ` . , : : : : ::::::::::::.....;.イ
              ' ' ''' ' ´


あいさつもそこそこに三成は いきなり盆を忠興に差し出した
そして……





108 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 22:35:14 ID:HHBY1pTI

        {:::.:::.:::>.::´ ̄ヽ、 ,. -一 ヽ_
    ,. -┘.:::.:/:.:::.:::.:::.:::ノ::.Y:;___.:.:./.:.:.:.:.ヽ
   (.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:;:、;:;∠二:.ヽ`ヽ.:.:.:.:.:.:.:∟、
    ):.:::.:::.:::.:::.:::.; '´ //〈.:.:.:.:\ \.:.:.:.:.:.:.::ヽ-へ
  r''".:::.:::.:::.:::.:::/ / / / ハ `ー‐┐\ ヽ:.:.:.:.:.:.:ノ=ニ):\
  { ::.:::.:::.:::.:::.; ′  /      |   {_:.:.:.ヽ ヽ:.:.:.(二`V/^):、
    ̄つ.:::.::/   / ,′    |    |  ̄ヽハ. i.:.:.:.:.`i!ヽ.!_/:./
   (:.:::.:::.::!l!  l  i      |l!   |  ノ:.:.| |:.:.:.:.:.:||:.ト、;:ノ
    `7:.::|l|  | ハ      ;'|     し-、| |:.:..:_ノ.|.:| |
      ヽ|H  | | l__,    / |  /  / ノ|/:.:ん. l |:.| |    忠興殿は柿がお好きと聞いたのだわ!
       |l!ヽ. 代「 ヽ.  , / `ト、/! ,イ. く:.:/:.; -┘| L」 !
        |  l N.--ミ ヽ/ソ _レ'´ lメ // |/  | |   |    遠慮せずに食するといいのだわ!!
        |  ! |l,ィ^h.、    ´ ̄ ヽ 1  |     | |   |
       | !( { { | | ' _, """ ノ!|   |    | |   |
      !.| |_\  ヽ、    _,. <._| !  |ヽ.   | |   |
         !/〈.:.:.Y_>、 }、 ̄´;:;:;:;:;:;://|  |:.:.::',  l l   |
       ム-レく.:.:.:_}ノ:@;:ニ、;:;:;//;:;! 、|:.:.:.:.:L_ ! !  |
     _,.∠=ニ〈:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニ  V;〈〈_;/| ヽ:.:.:.:.:.:L_l !  |
    `ーニ二_‐ヘ.:.:.:.:.:.:.:.:(゙こ  /'^ヘ V:.:\ \:.:.:.:.:{! |   !
     <:.:.:. ̄} .:.:.:.:.:.:.:`} ノ:.:..:.ハ V:.:_>- ヽ.:.:.:.} |   i
      |_>'7.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:Y.:.:.:.:.:.:.:.::.:>'"  /:.:r‐'´〉、  i










 、 /   l    l    _    ヽ
 /、   ヽ 、 l , イ /ヽヘ   |
'   ―´   .\ ,く_/ゝ二ノ \/                _
   y-、     y-、\   ,\/               /  .ヽ、lil
  弋__丿   弋__丿  Y 〈               _ -┴-r 、,.W
                 lー┘             /__  ,Ч.l '   …………
`l      A     /    …………     ヌ二ニ<`'、 .l |
_」            /、              [| 巴 └-ll | |
ー 、       , '´  /              ∩l`-∩l-‐┘).l_┐
 / >‐t_j‐<l {―=ニ´\             ∪' ̄∪' ̄""





109 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/07/19(月) 22:35:34 ID:r49YtO.2

oh・・・





113 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 22:35:52 ID:Y/XXlGeQ

・・・・・・やらかした





111 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 22:35:42 ID:Lq.IinIs

さすがと言うべきか・・・





120 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 22:36:43 ID:BLI5n5sM

侘びもサビもねえwww





125 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 22:37:07 ID:FH2SuOvk

こう、侘び寂びを三成なりに解釈した結果がこれだったのではないかと思うと・・・





123 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/07/19(月) 22:36:50 ID:r49YtO.2

三成はなんていうか、人の心を理解しない病気w





128 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 22:37:45 ID:Y/XXlGeQ

「よく気が付く石田佐吉」は何処に行ってしまったんだろう





126 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 22:37:15 ID:HHBY1pTI

確かに柿は好物であったし
どうやら三成が これで精一杯もてなしているつもりであることは忠興にも分かった
しかし それは茶の湯の作法もへったくれもないものであった


:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,:\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.ヽ:.:.:.ヽ
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:\:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.ヽ__:.ヽ
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.ヽヽ:.ヽ
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.!:、:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:ヽヽ:l
:.:.:.:.,:.:.:.:.:.:.:!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!ヽ:.:.:.! .!:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.l `:!
:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.! ヽ:.l_ .!:.:.:.:!:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:l
:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.l',:.:.:.:.:.:!、:.:.:.:.:.:.:.:.:.l .,.ヽ!-‐.!、_:l:.:.:.:.:.l:.:l,:.:.:.:.l
:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.l `.、:.:.:.:.!`、:.:.:.:.:._,l' .,'"。`, !:,:l、:.:.:.:.l:.:l .!:.:.:l
:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.l  ` 、:.:.!_`、:.:.:.:.:l ヽ- ' .,.!:!.l:.:.:.イ:.:l .!:.:l   茶の湯の席で
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!-:.l=二=='´、 `、:.:.:l.ヽ-‐‐‐'  l:.:/ l:.:l  .!,'
ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.l,'.,:l .。',  ,   .`、:!       //  !:'  '    い いきなり柿を喰えって……
:.:.ヽ:.、:.:.:.:< .'`‐-'./    `!、     /'i
、:.i.:ヽ.ヽ、:.:\‐'"´       .ヽ     /          なんだよ そりゃ
ヽ:.i .ヽ.:ヽ‐-、\         ' ,   /
  `、`.ヽ.:.:!ヽ_        ,-‐'´  . /__,--‐‐'´,、ヽ
   ` 、.` 、ヽ:.ヽ _          /´     l  .ヽ
        `ヽ.', ` ‐-: 、. . ___/: ',     l   ヽ
         ., -、',: : : : : : : : ',、  、  .l___ヽ
         l   .',: : : : : : : : ', `‐ヽ .ヽ
         l   .',: : : : : : :  `  l


忠興は 父である細川幽斎と同様に古典の愛好家である
古典芸術とは決められた作法・ルールをなぞることにより完成した美を探る作業でもある

ただし この時代の茶の湯自体は古典ではなく新しい文化である





131 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 22:38:30 ID:HHBY1pTI

しかし それは千利休に手により高度な整合性をもって完成を遂げていた
千利休とは・豊臣政権の政商であったことから分かるとおり非常に生臭いタイプの人間だ


.   /:::_ /:::::::::::\:::::|:::::/::イ/   Z/⌒ :::::|
  // /:::::::::::::ハベⅣレ'^       ミ=-:::::::::|
     /::::::::::::厂       ,ィ≦≠  ミヽ:::::::::ア
   / :::::::::::::|         〃 ,,_   ∨⌒V ´ ̄`ヽ
  <._::_;::::::::ハ -≠=- 、     '/托い    ∨^ l /こヽ│
      / ::::/| :',  /゙赱ハ    ¨¨     .!ハ | {(とノ)|
.     |:::::/: |::∧  '¨  |          |ノ | `ー‐  |    ひひひひ……
.     l/  |/:::ヘ    |          |ィハ    ヘ
         ∨  `、   \ r        ,∨ {     \
              ヽ      _, ィ1  / :|  ヽ    ___ヽ    _
             \ -<-‐~ / /  |_   }/´    ̄ ̄ ̄ \
               ヽ、  ̄ ̄ /'  /ヽ /            ヽ
                 `ト--‐< /_/   {
                    /| r< ̄      人_,,,  -―――――     ← 千利休
                   / ∧ |   \    / {


だが芸術家としての利休は
自分の本質と茶の湯の作法を完全に切り離し その美しさの意味づけを完全に理論化した





137 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 22:39:14 ID:HHBY1pTI

忠興は利休の高弟として茶の湯の作法を深く愛していた


   l i  .::::l  .:::::::::::::ヽ :::::lヽ::::|  __\:::::::::l::\:::::::::::::::::::::::::::::::r‐丶:::
   |イ .::/l .:::::  ::::∧ :`|`ヽ:l ̄    :::::\:::::|::::::\:::::::::::::::::::::::::r:::::::l:::
    | /  | ::: /| ::::| lヽ :l ::ヽl    _ _:\l:::::::::::ヽ/::::::::/:::::|::::::ノ::::
    l′  l : / l ::l | ヽ| :  ̄  ̄   ::::::::::::::::::::::::/:::::::::/:、::::l:/::::::   すんません 玄以殿……
       ヽ /  ヽ:|  l           :::::::::::i::::::/::/l:/::;-∨::::ハ::::
        /    ヽ ノ           ::::::::::u://::;;;/─'''\::/ |/    やっぱ俺 三成とは
              l            ::::::::::::::::/: : : :/ ̄⌒```
              \      _,,, -‐っ::::::::/.: : :/ : : : : /..: : :    気が合いそうにありません
               `ヽ、、   ヽ-‐''' ̄::::/..: : : :/: : : : /.. : : : : :
                 /`>ー----、:::ヾ:、: : : :/: : : : / .:: : : : : :
                /  .:l: \: : : l/`::::l: ヽ: /: : : : / .:: : : :/: :
                l  .: :|: : :/>: :|_,,,,ノ : :∨ : : : :l : : :/: : : :
                | :. : : l: // : : l;;;、''´ : : : : : : : :/ .:/: : : : : :
                > :ヽ: l/: :\: :l;;;ヽ: : : : : : : : :( ''': : : : : : : : :
               r''′ : :ヽ : : : : :`ヽ、l : : : : : : : : :|  : : : : : : : :
              ノ    : :ヽ: : : : : : :(:: : : : : : : :l: :l : : : : : : : : :
              /    : : : :\: : : : : :ヽ : : : : : : :∨ : : : : : : : :


忠興は早々に宴席を後にした





139 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 22:39:44 ID:6BB1nfhY

誰か三成にアドバイスしてやれwww





129 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 22:38:12 ID:.XOXd5Pk

悪気は無いんだろうけど、三斎様の美意識とは対極って感じかな





133 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/07/19(月) 22:38:41 ID:8eAb1oWA

悪意がない分、余計始末が悪い





143 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 22:40:33 ID:HHBY1pTI

            _r 、
           , -_'゙ノ\`_f_ヽ_
          /'´ヽ、!l_.>、_|)
    , - ―‐:,○   ○――-'、       いったい 何をやってるのかしら!
   ゝ_, ィ´__ /////  \   r'i
   __ r、i「l /L`二二 ̄ヽ  ヽ」ム  _     あんた元は接待役として殿下に召し抱えられたんじゃないの!!
  (__// {|´il  , ―‐;----! 、/丶ノ イ l--、
   //  に)ゝ、 ____ ノ 入__〕 ヽヽ._ノ
    ̄ ̄´《  / ┛┗ | l  !_」   l |
          イ | :  /  ト、_〃 ´ ̄ ̄
          / \../  ヽ
        /  ,┻、     \
    /  /: : : : \      \
   /  /: : : : : : : : : \    ヽ




        , -、/ ̄ヽ   __
      __(  しヘ 弋/ )\
    /ー'    \    └ヘ\
   └ヵ              |\
  / ̄\             〕 \
  └┐         _   -―-\  ヽー、
  ┌┘        ,.   /  ヽ \ 了   ト ∠ム / ヽ
  廴     /   /       ヽ`つ  ∨Y   ̄〕マ7_
   r┘   /              |  |└┐ | |  rヘ´ \ j!
   `つ   ./            |  |  | | 〔. ||<_ム__>
   〔_ .′           |  | || |i `)|| 〔 ヘ\ <
     ヽ| | :  |  |    |  | ||  レハ 弋 |r= 、r┘ | \    それが嫌だったから
      | | |  |||    |  川ィチレ,_| ({ヘ參〉)  !
      | | |  |⊥从_| /j/   r== = .、| |广7_ハ      一度 殿下のもとから飛び出したのだわ!
       \| ヽ|  r=== 、     `===='' |∨/    lヘ ヽ
            |  l   `==='.         """| | ∨ ハ  l ヘ    そもそも当時は利休流の茶の湯も
           | l||  """        _    |/  }ヾ∧ l
        / ∧|     r-- -‐‐ ' \ /   / /'. ∧    そんなに流行っていなかったのだわ!!
         /∧| .`―――‐ヘ    ___ _X_ メ、 / / V
       //           ̄ ̄l薔>ー.ノ \_〉 /  V


なんにせよ 三成と忠興の交流は大失敗に終わった





146 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 22:41:28 ID:nVh9ZGHE

だからって、接待が全く出来ないなんて話にならないだろw





152 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 22:42:23 ID:6BB1nfhY

嫌だからってこういう時は勉強しろよwww





150 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 22:41:44 ID:51F4G36I

せめて玄以や他の仲間にアドバイス求めろ
家康以下どころじゃねぇw





154 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 22:42:44 ID:HHBY1pTI

2月29日 早朝
利家は大坂玉造の自邸を出発した


      ζ
   / ̄ ̄ ̄ ̄\
  /         \
 /|||  ⌒   ⌒  ||||
 |||||  (・)  (・)  |||||    利長よ
 6|----◯⌒○----|9
 |/ _|||||||_\|    お前は大坂に残っておれ
  \  \_/  /
    \____/




   三 ̄ ̄ ̄ ̄\
   /  ____|
   /  >     |
  /  / ⌒  ⌒ |    え なぜですか
  |_/---(・)--(・) |
  | (6    つ  |   お父さん
  |    ___ |
  \  \_/ /
    \___/
    /    く


この時 随行しようとする利長を利家は押しとどめた





158 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 22:43:30 ID:HHBY1pTI

             (:
             ):
       ,. -'' "´ ̄ ̄ ̄ ̄`" '' ‐ 、
     /                  \
    ,イィ,   , ―      ― 、 、_ト、j、
   /::::/  /           ヽ ヾ:::::::',
   ,'::::/                 ヾ:::::',.      なに 万が一に備えてじゃよ
   |::/     >―く   ゝ―<    ヾ:::|
 /^'`――---l    l__,. ┴、  l---――゙^ヽ      もし わしが伏見で斬られたら
 {       丶_.ノ     ト、ノ         }
 ー、        _ ,.、    ノ       ト-'′     その時は お前が諸侯を糾合し
  l     // ///7TTく\        !
  ヽ  //   '///l|| ヽヽ`、     /        弔い合戦でも始めてくれ
    丶 '    、       /     /
     \     ` ―--― ´     /
      `> 、 _         _,.. <:
         /ヾZ_ノ__jフヾ、
   >'"´ ̄`':.:.:.:.:.:.:.`´:.:.:.:.:.:.:.:.'´ ̄`丶、
  / .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. \
 /:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:. ヽ





161 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 22:44:17 ID:HHBY1pTI

       ζ
     / ̄ ̄ ̄ ̄\
    /         \
   /\   ⌒   ⌒|    ふふ…… 本当に
   |||||||   一  一|
   (6-------◯⌒つ|    そういうことにでもなれば
   |    _||||||||| |
    \ / \_/ /     さぞかし面白いことじゃろうな……
      \____/
    / \──- <
   /    \─-/  ヽ
   |      \/  | |
   !_          ノ !




   三 ̄ ̄ ̄ ̄\
   /  ____|
   /  >     |
  /  / /  \ |
  |_/---(・)--(・) |
  | (6    つ  |   お父さん……
  |    ___ |
  \  \_/ /
    \___/
    /    く


利家は事態を 自分の立場を 客観的に楽しみ始めていた
伏見行きを承知した時より
自分の身を含めて現世の出来事は利家にとって人ごとのようであった





168 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 22:45:15 ID:HHBY1pTI

伏見までの旅程は淀川を上ったゆっくりとしたものだった
道中 多数の諸侯が利家を出迎えにやってきた
清正・幸長・忠興はもちろんのこと 家康のもとに奔った福島正則らも顔を揃えた

                 ____
              _,、r'´:::‐、`ヾ‐、`丶、
             /:::::l、:{⌒ヾヽ::ト、:ヽ:::::ヽ
            //!:::i:l:!::ヾ、::::::ヾ::!`ヽ:ヽ:::::ヽ
           〃:!:l::::l!:ト、::::liヽ、:::リ:!::i:::ヽ:ヽ::::i
           i:!::!i::i::::i::!:i:ヾ!:i::::!:、:::!:::l:i:!:ヽヽ:l:!
           l!::!:!:iト:::!:i:j/代トト、l:ハ::升ト!:l::!:!lj
           li::l::N{:ヾVヘ「 ̄` lハ ソr‐テハ!:l/
           !:l!:ト、l::l{`         !  j川/    よう 反逆者!
           ヾト辷N!      ‐ノ  !:l/
              Yl:ト、    ヾ==r  ノ/     気分はどうだい?
             iN \.  ` ニ′/}'
                 丶、  /
           ノ ̄´"''‐ 、   `¨´
        _rく    /癶V⌒!=| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
   __,、=T下、``ヽ  /‐''"_, -ヘ|      |
  /「 ̄´  ヽヽ \ ヽ/   ´  _,,厶ヘ       ∧=、、
  |八 \      __/      _,)ヽ___/  ヽ ``=、、
 ∥ \ ! V´ ̄:::::/      _,ノk>、`T!::::::":::\_   ∥




       , '::::::::〃:::::::::::.i::::::::ヽヽ:ヽ ::::::、::::::::::::::::':::、、,__
     _ィ:::::::::〃::::::::::::l!::!:::::::::::\ヽヽ:::::ヽ:::::::::::::::::::t=ー-.
    _ィシ='7:::〃::::ィ''|!i:::!i::,::::::、::::::ヽ::::::':,',、;,:::::::::::::::::::::ンッy、,_
  ´"  /::::::/:::/,.-ャj:::l 'i!';::::i\::::ヽ:::::::',',',i!::::::::::::::f"''''==-''
     ,.シィ::::::::ソ !. (::)リ! ヘ',:::l,,、ヌ;:::ヽ::::::',',',':::::::::::::::',
    〃 シi::::::::l  `""゛  ` 'リ (:::)ヤ、:ヽ:::!:','::::::::::::::::',
    ' ' .l::::::::l          ヾ'''''" Y:::::::::::::!::::::::::::::::',
      i::/l::::!   ヽ 、       l:::::::::::::::'::::::::ッ::::::',      ……まあ
        l/ !:::'、   ァ、.        !:::::::::::::::::ォ:::::!';::::::',
.       ,!.  |/ ';、. ヾミ.`j       ,イ::ァ:::::::::::::::i '、::',ヤ::::、      なんとでも言ってください
        " . ';ヽ     ,、y'´ /シ l::::::ヽ:::::l ヾ; ゛丶
           '|!`=tー:::'"/  /'  ハ::;::::il!';::!
.              'i::: '       リ ソ ヽ'リ、
              !'i   j       ~ヽ
              リ 、 /  ―ー '''"""f,
              / _冫'''~            ',
            / ´   ,、     ̄~ ヽ  'i
           l!~    /         ヽ. !
           ソ.    /   ン      、 ', l
           /    /   /          ', ', 'i  ← 福島正則
          /    '   /            i. ', l





170 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/07/19(月) 22:45:53 ID:r49YtO.2

皮肉w





171 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 22:46:21 ID:.XOXd5Pk

この清正は良いキャラしてるよw





172 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 22:46:22 ID:HHBY1pTI

  / /::::〃::::;';'::l|:::::;' :|l:::l::;;:|:lヾ\ \ ヽ\\.ヽ.
./ /::::〃::::,';'|:::l|::::::::/!l::|:::;:|::lヽ\ヽ、\ヽ\丶ヽ
;:/:::::/l:::::/;'!|:::l:l::::::/::ハ|::;:|:::ト、゙、ヽ:::l\ヽ`、ヽ`、::゙、
′ /::l::::/::!l|:::l:::::::;':::::::::l|::::|:;|小.:゙、ヽ:l:ヽ\、ヾ、:l::: l
:::::/:::l:::;':::l斗、!::::::l::::;'::::/!:::l斗⌒ト、ヾ、゙、!l::::::!ハ. l:.、:l゙、|
::::':::::l:::i::zhfr.|:::/:|:::;::::/}l| ::|l゙::/|i=≧_、l|::::l:::::l|:::::|:: l    そう構えるなよ
:::::::::;|::|l:::| {. l|:/:/l::l::/::ハ:l ::И:八 {i }!ヾ!::/!:::::l::::;l::::l
::::::: l|: !!::|!. y/:/:/l|::::/ |∧::| {′ ⌒  }ハ:l::;:::l::/}:/     僕は久しぶりにお前と話を……
:::::::::l|::|!::|:V/l//::::l::/ / ヽ! : : : : : :   rリノ:/:::/
  ::::::l:::l;::|::|/∠ニイ/                 V//      これからのことについて
   :::::::|i;l::|'゙{.   /           ,..  _ノ
    :::::l| l:| ゙、゙、.              r''´         有意義な話をしたいだけなんだからな
    ::∥ {  ゙、ヽ         ^‐-=ユr-'
     |    ヽ\           _ノ
          ヽ\        /
           ,.-‐=ニ_、   _ノ
  .         \,イヽ、    ̄
           \ \




    i:: ::::::::::::::::::、:::、:、:::、:::、:::::::::::,:::::::ヽ:::゙::::::ヽヽ::\::::::ヽ:::::',ヽ:::
    i::: ::::i::::::: ::::l\、ヽ::::ヽ::::::::::::',ヽ',ヽ、:::::、:::::::ヽ:::ヽ:ミ、:::ヽ、:::::
   i::::l:ヽ::::!::::::!:::l ッtー゙、:::::::::ヽ::'、::', ゙ヽ.ォ-=-、:::::::::::::ヽ:::ヽ:::',:::::
.  i:::!l:::::ヽ::::::::::::l.il k::::::ハ\:::::::、:、ヾ:、〃k:::::::ソヾ、:::::::::::ヽ:::ヽ::::::   これからのこと
. ,ィ''i:l' !i::::::',:::::::i::::iヾ-.ニ_-' :ヽ:::',ヾ、ヽ.゙ 、..二...;シ ゙i:::::::::ヽ、::::::::::::
イ l リ  'i::l::::',::::::':,':! ゛""   i ヾ:、 ヽ` `""""  .li'i::::::::::::ヽ::::::::   …………ですか
..ヽ/ ',  i:il:::::',::::::kヾ、    !    ヽ           l!.l::::::::::::::::ヽ、
  ヽ ;  ii i::::、:::::', `     、              ! !:::;:::lヽ::',i!`
   ヽ ', ':, ',::i 'i::::':,     ヾ、 -‐           /.l::ハ::l ヽ::i !、
    ', ', ヽヾi ',:::::i、  ヽ、 ..__         , ' .i:l. リ /入',
    il ', ,ン''ヽ-'i:::l._ヽ   `.{i ゙マ''"""    /   i! ,/./ i`
   ,-┴'゙ ' ー ゙ 'i:l、 ゙\.  リ   i     ,..:''    ! , ' "  .i
  /          ゙! ゙ヽ、 ヽ/   i  ,..::'::''     /, '  /.!
..r'゙_  il. ,          ノ゛   i'.、イ:::'''      //  ノ





175 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 22:47:09 ID:NcT2dALY

二人でじかに顔を合わせるのは、かなり久しぶりになるのな





177 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 22:47:47 ID:Leev7x6w

今までは正則にやられっぱなしだったけど、ここでようやく肩を並べるか





176 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 22:47:14 ID:HHBY1pTI

.        //:::,/::::イ/:/:::::/://}:l:::lヽ:ヽ:::ヽ:::ヽ
.      /::/:,:イ/'´::::,//:::/:/,:イ:::l:::l::::i::::i::i::!::i:li
      〃::/:/:/:/::::/:!:l/:/:::/:::!:::;!:::l:::::!:::l::l:::i::l::l!
     /:/:/;イ:/!::!:::/::!:l:://〃:/:/il::::l:::i:l:::l::l::::l::l::ll
.     l:::!/〃/:;l::|:/::〃l:!':;イ::::::/:/:/::':l::::!:::!:l::l::l:::::l::!:ll    ああ……
    |:::!:'l::!:':/:|:l/:/,イ!!〃':::::::/!/:/:::!::::!:':::!:l::!::::l!::::l!
    |:::::::l:!':l::ハ:l才:;ィ:!//:::::;イi::::/;イ::小:::ハ::l::lリ::i:!l:::ll    先に起こしたお前たちの騒動
    |:i::i::!l::!://!/ィ:! !〃::/::ハ//// i:::/:::!:l::!:::;':,:l:l:!!
    |:l:::!:!l::!':/弋ト、./'/',::::!.ィ弋:フ7;イ::::!//!//.}:i::!    その目的には僕も賛同するよ
    !ハ:::!:!:!;' `  ̄/   ヾ! --´/ ;:::イ::!//.、j:l::!'
     iト::!:::l     !         /'´:/:/´〉.ノ:l:!     ただし正則
     || l:トハ                // ´才i::!'
.     ! ヾ!ハ     ` ´          /'`T´l:l::!リ      お前のやり方自体は気に食わなかったがな
       ヽ  、  ‐-  __ _     '  l:.:!!.l
          ヽ  、_       /   Ⅵ:!ーァ-、
               ヽ       /      才´   \
              iヽ.     ィ        .‘       \
                !: :  ̄      . イ              /ー‐、_
          .-‐、_',: : :     : i '⌒ヽ.          /    `ー、_
        /     ヾ.: : :    .: l l:.:.:.:.:.入       /    才´   `ー、
       /       i、: : : . . : :  ! !:.:./ i `ー、   / _.才´   .. -‐--ミ、
     /       /l ヽ: : : : :  // ' / / / ヽ/ //./ /         ヽ
   / _才⌒ヽ   /: : } }: : :  ノ/  /  '   /   !// /          i
 /:.:.´:.:.:.:.:.:.:.:::!  l: : : : : . . . /  /     /  l     ///     -‐      !





178 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 22:48:14 ID:HHBY1pTI

         , ‐ ´. .::::::::::::::::::::::::` ‐ 、
.       // . : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.、
     /. :/::::::::::::::::::::::::::::::::: i::::::::: : \::\
.     //. :/::::::::::::i :::::::::::::::::://:::::::::::::\:\::\
    //::::::l:::::::/:/{ :::::/:::::::://:/::::!::::l:::::::ト:::::ヽ::::.
.   l:l::::::/|:::::ハ/∧:V:::/:::/::::/::::/:::/::::::/::ヘ::::l::::ハ
.    |:l:::::::::|:::::|::!::::∧:V:::/::::/::::/:::/::::::/|::::::|::::|::|.!|
.    |:l:: |: :|:::::l::|::/:::ヘ::V::///:/ ::/:::|:: /!:: | l ||
    l::::l:::::ハ:::|∠:ィ7:::Y:/::イ::z≦ィ:::/::/::ハ/:リ |!
.    l::|:::::小:Π:/l/-=彡1 /艾ァテ`シ_:ィfチ::/:/     僕は……
    V::l: :!::l:|い小/|:ハl:|/  `´    { }ノ´
     Ⅵ: l:::::`爪|            〈        利家様には穏やかな余生を
      }:!: |::|:::l::| \            ‐ _ノ
      ぃ::|::|:::l::|   丶    __, ,/         過ごして欲しかった……
      |:∧l\:{    \       /
      l′丶 ヽ     ト、_,ノ
     /           ,′
.  /\.____     人_
/  `-――‐‐- 、` ‐ 、  >、x‐ 、
          \     `ヽ ヽ、  | |   \
          \    \ ` ┘!  \ \




  ヽ、 ヽ:.、、,
、、  ヾ、:、.ヾ::::ミー:.、、,,
、::::`=:..、_ヾミ::`:::::::ヽ、:::::`:ー.、.ヽ、 、
.`ヽ、:::::::::三"ニー-::...ニ=-:、::、::ヽヽ .i:!
-ー '''''ーニ三ニ‐:::-ニ三ニ::::::::ヽ::::iノ::i
::::::::::: ̄::::::::::::::ン:三=ー-:::::::::::::::::::リ
::::::::::::::::::::ン:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ソ、
ッ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,:::,::::::ンノソ
::::::::::::::::::::/::::ン::::::::::::::ェ= "::://::::ハ
:::::/::::::::::::::ン:::::::::::::/::::::///:::::::::::::i
::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::'::::::::::::::,:':/::::i
::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::ン:::::,::':::::::,':::::i!
::::::::::,:::::::':::::::::::::::::::ッ::::::;ン::::::::::/:::::::::f'i:!
=ィ::::〃:::::::::::::::,:::'ン-'''//::::/ ヤ::::/ i:!
./ハ:::::::〃:::::::/ '"   /"  .. ,ソiリ !
ヾ. l::::/' ',::il::/ヽ        _... ン i  '   ………………
.ヾ、リi  リ ソ  :::ヽ、  ̄‐'/   i
  ','ソ ヾ、_,... ッィ'ノ´. ` ../ /  k
  i ヽ、__ ,ノ /  , / /     i
   i '' ‐-‐ '   //





179 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 22:49:14 ID:HHBY1pTI

          ,..::'::::/:l::::l:::::l::``ヽ:ヽ、:ヽ::::`ヽ、
      /:::::://::il:::l:|:::::|ヽ、:::::::::ヽ、:\ヽ:ヽ
     //:::::/l:i::::::::il:::l::|::::ト::::ヽ、::::::::::ヽ::::ヽ:ヽ:ヽ
    /::/:::::::/::l:i::::::::il::::::|::::|:::l::::::ヽ::::::::::::l:ヽ::::ヽヽ:'.,
   ./::/::::::::/:::l:li:::::::::l:::::l::::l::::::l::::::::l::::::::::::l:ヽ::::::::l:::l::',
  /:::::::::::::::|::::|:::l:::::::::l:::l::::l、:::::::l:::::::::::::::l::::|、:l:::::::::l:::l::l
  .l::l:::l:::l::::::l:::::|:::::l、::::::::l:::l::::::::::::l:::::::::::::::l:::|、::l:::::::::l::i:::|      だが まあ
  l::::::l::::l:::::l::l::::l、::::l:、ヽl::lヽ::::::::::::l::::::::::::::l:::|:::::l::::::::|::i|:|
  |l:::::l:i:l:l::::ト:::ヽ:l`ヽ、://::::::ヽ::::::::l:::::::::l:l::l::|::::::l::::::::!:::i:|     そのことはもういい……
  |トl:::::il l、::ilヽ、:::l-‐,..-ュォ-、:::ヽ:::i|:::|:::l::l:lll|ヽ:::l:::l::::::::l:|
  | ヽ::::il kァ、 、` - ' `‐'′ /ハl:::l:::l::l:::|::l|  l:::::::l::::::ト|.     利家様も自分の人生の幕引きを
  ヽ ヽ、i `7     ´   //  |ト:::l/l::::::|  }:::::::l::::i| |
   ヽ  .l/            ||:/ .ヽ::l _ノl:::::::l::::i| `     自分自身で決着する気になられたようだしな
      ヽ、 -          l   〉l、|:::::|i::::::l::::|
       ヽ`                /   .li:::lト:l::::l:l|
        ヽ ‐、ニ= ‐      /    lヽl-ヽl::l|
         ヽ ー       /  ,. r '´    ヽ、
             l、    ,.  '" ,.  '´        ヽ
           `ー‐ ' r1,. '´         ,. ‐ ' ´ヽ.,
            <´ i'´      ,.  ‐ ' ´,. ‐ ' ´::::::::ヽ
             lヽ|.l    ,. ‐'´,. -‐' ´:::::::::::::::::::::::::::::',
              | | l| /,. r '´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
            |/ / /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l





180 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 22:50:14 ID:HHBY1pTI

              ,'   ,'   . ,'i lハ ', i. ill    X ',、::::::::::
            ,'f ,' ,'  i i i! ! i l  i il i   i l.l! iヽ::::::::
             li'}  ハ: ,'i i、! ', ' ヾi  i i  i l l l ! i:::::::r^
            i!.i ソ il ir !ミ、、 i  !、 ', ! ',l  i ', ',',::::i
            l i ,' ハ i !! 廴ツ、ヾ  ':、 i i  i !ヽゝ::::l
             !.li!.l|!| リ ` ェ、..ヾ ヾ、 ヽ:、 i ! ハ、!l ヾ、::l    しかし 正則
             ! !从      """ヾ:、ヾ: 、弌itーマ、:ヽi
              ′ i           .:: ヽ ー`=.公、`:i    もう一度だけ言おう
               _,r:::i     rー-‐ '''' ー ‐ --:: 、:ヽ::i
 、、、、、、、、、 -‐ー''''''' /:::'.     ``¨':':‐:::::::-::::::::、_  ヽ:;::l    お前は事を為すために
       '"       ./" ゙:,  ゙、   ヽ、,..:::::::::::::::/ , ` 、  `
         __,      ',::、   ゙ヽ 、:_:::::::::::r ;´ ' ヽ、  ` -、   あんな騒ぎを起こす必要は全くなかったんだ
  `;;=--‐‐''''""         ',:::、  `'':::::::::::::;: '   i    ヽ、,
 ´          ,      ',::ヽ    ::::;::i  _ -t^ヽ、_   ゙`
 l          i       ヽ::`:ー ':::::i .ノ:i ノ:::::::: 〉
  '          il      ,.ゞ=ー'"メ /::::レ:::::::::::/
  i           il   _ ,ィニ´ ニヽ    ーヽ:::::::::::::::/
  i           ill ,イ:::::iニニニソ、     ヽ::::::::::/
   i       illl ´    lニニニ/ ヽ.    ',::::::::i




   /::i :::::::::;イ:::ヽ、::::::::::::::::`、:ヽ、 ::::::`:、`、:、、:::::
  //:::::゙ ::::::/:::゙、::ヽ:`:::::、::::::::::':;::::`'::::、:::::ヽ:゙、`、`
/  !/:::::'、 ;':::::::::ヽ::::`:、:::::`::::、:::i:::::::::::::::`::、:',::';::ヽ;::::::::    ……どうやら本当に
   ノ::/:ヽ ::::::::N゙ヽ::::`:::、:::::::::r!、::::、::_:::::::ヽl::ト:;::::::::::
  ,:';:.イ::::::::l`、 :::| ,'T \:、::::`ヾ、\;f'i  i\:::|:l:::゙、:::::::     あなたとは有意義な話が出来そうですね
 ノ'" |::::::::|;::、ヽ! l ヽ-' ` `' 、:::、`ヽ、`'' ' 丿.l:':::::::';:__
  , -+!::{'|!、::ヽ、`` -‐'    ` ヽ、  ''' ´ .ノ、::::::::l::`     あなたの考えをお伺いしましょうか
f'´/  | |:;'  ヽ::::ヽ             / ||:;::::::、::
 /     |    ゙;::f、`   、             | }:::;!`i
/      ヽ.   ';::ハ、.  、 ` `     ,     レ'.|:ハ .|
        ',  |: ヽ、  ー----‐ '"    // リ
         ',   ',. i\          / / l
ヽ   ',     _',   ', l、 l\      ,. '´  」.._
 \, > '"´ 、ヽ、   !、'、|::、` - '"´  / ,.. ``' ‐<
' ´    ヽ  ヽ `' 、ヽ\:!     / /





181 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 22:51:18 ID:HHBY1pTI

          ,      /〃ハヾ  / ∧∨〃、ヾ} l| :}ミ;l\
        /〃// / 〃l lヽ∨,〈ヾ、メ〈 }} ;l リ ハ l`!ヽ.
          //' /,'  ,' 〃 l l川/,ヘ丶\;;ヽ/:'/〃∧ l ト、:l !
         〃,'/ ;  ,l ,'' ,l| レ'/A、.`、\;;ヽ∨〃/,仆|│l }. |、
         i' ,'' l| ,l ' l. !| l∠ニ_‐\ヽ;\,//,イ| l | l ト/ λ!
.        l ;  :|| ,'i:/ l| |:|: |``'^‐`ヾ∨`゙//|斗,l ! | ,タ /l.| l    なに どうってことのない話さ
       l ' l |」,' l' lハ |'Ν    ̄´ /` ,|l_=ミ|! ly' ,〈 :|| |
        |l .l H|i: l | ゙、| l        _.::: ,!: l厂`刈/ /!} :l|     僕たちが政権の中枢に上がるため
        |! :l |)!| ! |  ヽ      '´ ’/'_,.   ノイ.〃/|!
        l|l |l 「゙|l |`{             ..   _   |}/,ハ l      家康を神輿に担ぐ……
       |!l |l、| !l :|.      ‘ー-‐==ニ=:、__j:)  l'|/|l リ
ヽ ̄ニ‐、__.」乢!L!lヱL」__           ー、 `'''´   从「 /      こいつは間違いではない
 \ `ヽ\      /l |       / ̄´     //
.  ,、  l  ゙、    / ' |、      {        /l/          ただし僕たちが対抗する相手は
   '}  l  ゙,    /   |:::\      }     ,.イ/
   l  l   l  ,.イ   l:::::::::\__   `'-‐::"// |′          利家様や他の大老たちではないんだ
   l   !   K ヽ,、 \「`''''''''"´:::::::;;:" //
.    l   l   ト、\( _.... ヽ  .:.::::::::;;″ /'       _
\   |  l|  八、ヽi´    | .:.:::::::::::::i' .:/'"´ ̄ ̄ ̄ ,.へ\





182 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 22:52:17 ID:HHBY1pTI

   // / / /イ' / / /| l |  ,ィ'  |ヽ  |
    // /// / // //! | //  |. | l. l.
   / /// /,/ /  /,.イ/| | /,! | ハ l l、|
   /// / / / / // //  | l|   ! ,. リ | |.| | !
    /  / /,イ,//彡 '// , || ,l / リ | | | |l |
   // '// /∠ ////  ||/ /,!/ イ! | | || |
     / / ' / /  //  ,/ | レ ノ//  ,! | ! |||
     /./ /∠  ,/// / ,.ィ1|///  // |l | ||
    /| | / /  //  _,.-7 / ∧ル' /,/ 川 l.|
.     | |// _,.,.ィ/rァ,.-、ヽ.y'、/ / /_/ / リ /
    | |/ /'/Xヽイ (.フ/) /ヘ',.ィ' ,r∠/彡/ ,!//   もっと簡単に言えば……
  / l |/!,//' /' !`¨7 ./ /r7/| /彡/ ,/イ/
     l{ |/   ′|     '′´  | '彡/ / |!     僕たちが始末する相手は
    / ` |               |/,/,l/
   /                  |V /        たった一人でだけでいいってことなのさ……
  '             ヽ- ,.. ノ
  \     `ー------- '/ ヽ
.    \            /    ヽ
      \       /      |
      /ヽ、   ノ         |
   `¨ ‐'_    i  ̄  |        l
    / ヽ   |     |        |
   /    ヽ  l.     |     |
  /      〉 ,|      |      |
  \    / ` |     |       |
    `ト ノ l.  |    /       |
    |   | /  /       |





185 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 22:53:15 ID:HHBY1pTI

  /,/;:;:;:;/;:;:;/;:;:;:;l;:、;:;ヽ;:;:;:;:ヽ;:;:;:ヽ;:;:;\;:;:;:;:;:;l;:;:;:;:;:!`'\
 / l;:;:;:/ //;:;:!;:;:;ヘヽ;:;:;:;\;:;:;:\;:;:;\;:;:ヽ;:;:;:;:!;、;:;:|
./ /;:;:;/ //;:;:;:|ヽ;:;:'、;:;\;:;:;l;:;ヽ;:;:\;:;:ヘ i',:;:;:;| ヽ:;:;i
  |;:;:/l;:l/;:;:l;:;:!ヽ\.\;:;:\ヽ、\;:;:\ ', | i;:;:;i':,::\|
  | /;:;:/l |;:l;:;:| i´ f::::j 、\;:\ ,rt:::j フl .! |ヽ:! !;:ヽi\
  | ヽ/ |、ヽヽ { `=‐' ヽ|`ー ゝ`ー=' l ! |;:;:;l !ヽ\- ゝ
  |  |;:;l ヽ\ ヽ                / | i;:;:;:!.|:;::|:;:!     …………なるほど
     |;:;l |\ヽ_,ゝ     i         / ,! :;:! !;:;:l;/
     | ∧ |;:;:ヽ' 、      ` ´     /|/ l;:;:;ヘ;:;:i      いや お見それしましたよ
     |/ ヽ ∧ヽ,\  ‐‐---‐‐   イ/;:;:;:|;:;:/ ヽ!.
       |/ |∧| \         / .| / l/;:;:l
         |'  l   ヽ、   /   l'/ ヽ/
              l     ` ̄´    l、
         ,. '´            ヽ、_
   __ ,.. '' ´   ヽ          /   `'ー- ..__
-‐ '´ {´        ヽ       /         `}  ̄ 'ー- 、
    ヽ          ヽ       /          / /     ヽヽ
  ヽ  \                         / /       | ヽ
      \                   /       /     ',
        `'ー-  _         _  -‐ '´        /      l
  /           `'ー----‐ '´         /    l     l   !





188 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 22:53:41 ID:51F4G36I

なんだ、突然画面が黒っぽくなってきたぞw





193 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 22:54:52 ID:v7sA6ex2

その神輿を常に自分たちの自由に出来ると思ってしまったのが・・・





198 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 22:56:34 ID:51F4G36I

ここまでの経緯を直接見て、さらに年齢も加味すればそう思っちゃうのは無理ない





192 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 22:54:44 ID:HHBY1pTI

2月末日
利家は徳川邸に到着した
途中 家康自らが有馬則頼ひとりを供として出迎えにやって来た


        __     ____
       <、  ```ヽv'´    `>
       __,,.>  ,  `Y´   、   ``ヽ、
     ,ィ'´     ;'´(       )ヽ     ヽ
   ∠二ィ : .  `、 > ___,,,..ノ 丿    .ヘ
      /: : ; .   `´ `ー--‐''´    . : : |
    ∠:/,:ィ: : : ,:ィ: . /| ト、       . : : : |
     ///.: :, く//   \!_,>   . : : : : :|
     '´ /:,:イ`>、\   _,/ /\ . : : : : : |    利家殿……
        |/ .kー-。、〉 >-‐'ー。、 |.:|‐-、: : !
         |`ー:/'´  `ー-‐'´ | !か.|: /     よくぞ……
            |/ __‐、    u lノい/:〈
         `iー______  ,'/じ:' : :ヽ     よくぞ お出でくださいました……
          l `ー―‐---‐'  '/: : : : : : :.ヽ
             '、   ー    //: : : :∧: : : :ヽ
          ∧.     /,.r': : : :,/⌒'ヽ: : : l
          ノ|: ,ヘ__/,r'´ノ: : :/    \.:|
          |: : /」:/ /: :,:イ          \
          ノノ^「ヘ、 ノ//             \
         '´   |i゚:l \'´ /
             |i :!  V




     /// /:::::::::} r.rー.、\ヽ
   /// // /::;/llハ:::|:ヾ:::::l ヾ|
  / // / /  /  /:/ ヾ :リ i i \
   ̄/// //:::::/、  /:/   | :l | i  }
   //// /:::::/__ ヽ //   _ l:::::| | | /
  l// //:::::/T;;;;ラヾ// /二__|:::::| l //
   | l//:::/ `=- /  /エ;;;,)_,|::::|ヽ /    宴席の準備は整っておるぞ
    l/ /:::/       /   ̄ |:::::|l /
   ▽ |:::ハ      /    }:::// |
     ,):ハ|ヽ `- __,  /////l |
    ▽リリ| \ 二" /リ:/|▽ ▽
    /{ 〈|   ヽ- "/:| ヽ▽


則頼は この時期には既に
徳川家の私的な顧問のような位置に収まっていた





194 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 22:55:52 ID:HHBY1pTI

則頼をはじめ長近・直忠ら接待の達人である伏見の長老に監修を依頼した饗宴は豪華を極めた


             | |  |                      , -‐……‐―- . .、
             | |  |              .      r'r'r'         `ヽ
    i、        _, -!--'-  、      ,'i          __}川            `ヽ
   _!\  _,  '          丶   //         //,r‐'' ヘ\\\ ̄ ̄ミ=-、 ヽ
   \  ` ー---=ニニニニニ=-`ー'  >     .    l'i !    | \\ ヽ  ミ=-、  ヽ
    ー'=----- 、------t'^tーニ-----,-t----~=-      从 トー‐x | r―‐‐ 、   ミ=-、  ヽ
      i | |ヽ二フ,/i i\!二フ | | |           ハ〈 竺。ァゝ Y竺。テ  }      ミ
       | | |   ̄  | |.   ̄  | | |             〈、  ,ィ   、 _    j      ミ
       | | ト、.     ! |   r:| | |             l   j           ミ'⌒Y   `ヽ
   、  .| | |:::i   ん、_,,ふ   .i:::| | |   ,           |  {、__,..へ、   ミ  ノ   ノ ハ
    ` ー=====ニニへi,_iへニニ======-ー'          ,'|  /,こ二、  ヽ   Y        ',
      | | |::::! ∠ -ーーー-\ |:::| | |            从   ー‐      厶イノ八八八{`ヽ
      | | | u   `>-=-く   .|__| |            ( j` r‐----一'   //   `ヾー‐-- 、
      レ'> 、___    ,,,,   .,__ノヽヽ、|          _/}/j  ゝ     / /         /
      `-ミニリ| \_i;;;i  // ヽへ <        ´       ∧ '    // /  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        /::/:{ヽヽ   V   / /::::ノ:::::\            j ヽ.  //  /  ゝ うむっ
                                      {   '//   /  |  これぞ究極の味!
                                        /   ,/    \
                                       ´    /       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





203 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 22:57:33 ID:FH2SuOvk

至高の味じゃなくて良いのかw





199 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 22:56:44 ID:HHBY1pTI

             (:
             ):
       ,. -'' "´ ̄ ̄ ̄ ̄`" '' ‐ 、
     /                  \
    ,イィ,   , ―      ― 、 、_ト、j、
   /::::/  /           ヽ ヾ:::::::',
   ,'::::/                 ヾ:::::',.
   |::/     >―く   ゝ―<    ヾ:::|
 /^'`――---l    l__,. ┴、  l---――゙^ヽ
 {       丶_.ノ     ト、ノ         }
 ー、        _ ,.、    ノ       ト-'′
  l     // ///7TTく\        !     まるで
  ヽ  //   '///l|| ヽヽ`、     /
    丶 '    、______,.ノ    /      太閤殿下にでもなった気分じゃな……
     \     丶、::::::::::::/    /
      `> 、 __   `ー '´   _,.<:
         /ヾZ_ノ__jフヾ、
   >'"´ ̄`':.:.:.:.:.:.:.`´:.:.:.:.:.:.:.:.'´ ̄`丶、
  / .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. \
 /:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:. ヽ


利家も心静かにこれを楽しみ 好物の鶴の吸い物に舌鼓を打った





201 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/07/19(月) 22:57:12 ID:8eAb1oWA

確かに、この人達が腕によりをかけた御馳走は美味しそうだ





205 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 22:57:54 ID:v7sA6ex2

ヴァンプ様って料理旨いんだよねwww





200 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 22:56:47 ID:lpRKV4Ys

有馬と二人きりで出迎えってのも、なかなか良い演出だと思った





208 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 22:58:14 ID:HHBY1pTI

宴席は何ごともなく終了し その日のうちに利家は帰路についた
だが その時……


                    (二二二ニ/二二ニ/二|二二ヽ二ヽ二ニニ)
                    //_/__//_/__//_/| |ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
                   //_/__//_/__//_/_| |__ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
                   //_/__//_/__//_/__| |_ヽ_ヽヽ__ヽヽ_ヽヽ
   二二二ニ/二二ニ/二二二//_/__//_/__//_/_| |__ヽ_ヽヽ__ヽヽ_ヽヽヽ二二ヽ二二ヽ二二ヽ二二ヽ
   //_/__//_/__//_/__///_/_//_/__//_/_ | |___ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
  //_/__//_/__//_/__//○====○====○======.○=====○===○===○===○ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
  //_/__//_/__//_/__//_|   |┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬|__|_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
 ○====○====○====○===.|   |││││││││││││││││||  .||===○===○===○===○===○
                  |   |││││││││││││││││|| と...||
                  |   |┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴|| く....||
                  |   |┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬|| が ||
  ___________|   |││││││││││││││││|| わ ||____________
  \/\/\/\/\/\|   |││││││││││││││││||  .||\/\/\/\/\/\/
  /\/\/\/\/\/|   |││││││││││││││││| ̄ ̄|/\/\/\/\/\/\
  """ ̄ ̄ ̄'''''''''''''''""""" ̄""" ̄ ̄''''''''''""""""""""""""""""""""""""" ̄ ̄'''''''''"""" ̄ ̄ ̄ ̄"""""""""


          ζ
       / ̄ ̄ ̄ ̄\
      /         \     改めて見てみると……
     /|||  ─   ─  ||||
     |||| -=・=- -=・=- |||||    本当に無防備な屋敷じゃのう
     6|----◯⌒○----|9
     |/ _|||||||_\|
      \  \_/ /
        \____/


伏見の徳川邸は 伏見城の西の丸から見下ろされる位置にあった
ついでに言えば 西の丸の曲輪の通称は「治部少丸」 すなわち三成の屋敷がそこにあった





212 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 22:59:14 ID:HHBY1pTI

       ζ
     / ̄ ̄ ̄ ̄\
    /         \
   /\   ⌒   ⌒|   お主……
   |||||||   一  一|       ・ ・
   (6-------◯⌒つ|   ここで本気で立て篭もる羽目になったら
   |    _||||||||| |
    \ / \_/ /    その時は どうするつもりなのじゃ?
      \____/
    / \──- <
   /    \─-/  ヽ
   |      \/  | |




      /                           !
     / ,                           l
.    //        /l ,ヘ. ト、 ヽ、            l
.   // ,イ    /! / ul ! ゙、 |. ヽ、!ゝ、 !       |     いや その時は……
    / .// /!  ./ l./.`‐、l  ヽ!. ‐'´, k'ヽト.、       .l
.   i ./ !/ l ,イ/. !' `‐、|!  I|_,. ‐'´ ヽ! ::::ヽ      ゝ    その……
.    l./ .l' l' !' l=====〉 __ =======:| .|⌒i.   ヽ、
    !        l`‐.、.__゚/,::: ''' ヽ、 _゚__,.. ‐'´:::| |´ )}.    l、   ははは……
              !  :::/,:::::::::. jv  u    ,/:::|.|~)/     l、
          ノ! ,/,:::::::::::__::)  _,,.-‐"  u::||_ノ       i、
          / iー_____ ,,. -‐''フ::::/!     !゙!‐ 、._. ヽ、
          I_,. ‐'i`‐ 、.____,,. ‐'´:::/: │   │l   ` ‐-
    _,,. -‐'"´   ,.!  ___,,   u:::/::   !    ! i‐ 、._
   /i     _,,. -‐1 ヽv  ̄ ̄   :::/:::    !   i' .i   ` ‐-
  / .{_,,. -‐'"´     !  ヽ、   .::/:::    i'  / /
 /  !       , -‐-、 , -‐、i´~`ヽ     ./  ,イ./
/   l      ,.へ、/⌒ヽ、 `‐、  i   /  / /
    |    /‐-∠.__,、 `‐、 `i‐、-‐'"7/!'/
    .|  /´        `‐、  ゙i __,! `、-‐/"





214 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 23:00:16 ID:HHBY1pTI

        ζ
     / ̄ ̄ ̄ ̄\
    /         \     家康よ
   /|||  ⌒   ⌒  ||||
   |||||  (・)  (・)  |||||    伏見城の南に流れる宇治川の対岸には
   6|----◯⌒○----|9
   |/ _|||||||_\|    今では使用されていない出城 向島城があるの
    \  \_/ /
      \____/




         ,. '"´              `>
         /                ̄`ヽ.
        /                  ヽ、 ヽ
          i            ∧       \ヽ!
.         |        , /| /  l ト、  .  ヽ
       |        /|イ、l    |ノ_,.ゝ. ト、 ト、l
       |      ,イ/`''‐、_,リ  リ,. -ヘト | ヽ! `
       |  , ‐、 r'==。===;  (=。==lヽ!
        |   { f、|.  `ー--‐'   \-‐' l       え? ああ
       ,'   ! ト||      r __  \'l|
.      /   `ー'ト、  ー----------;ヲ│      太閤殿下の別荘代わりだった城ですね
      /  /|   | \ ` ー-----‐'´ / !
   ,∠-‐/   |.  |   \  ー--‐  /!ヽ.ヽ
  二 -‐''7   |  |     \     , ' |  ト、\
.     /    |.  |      `‐、/ レ   ト、`''‐
.    ,'      ト. |      :::|  イリ   :!  `''‐
     i      | ヽゝ      |lW´'    :l
.     |   ,. -‐''^ヽ|`ヽ、..__ノ|/⌒`‐、.  l
    レ''´      |;';';';';';';';';';';';'|     `‐、!
             ○ |';';';';';';';';';';';'| ==





216 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 23:01:10 ID:HHBY1pTI

      ___
     /  `丶             ζ
     '、    ヽ          / ̄ ̄ ̄ ̄\
      \  ノ'ヽ.       ./         \
.   ,r'''''- 、゙、   ノ`ヽ.      /\   \   /|  大坂城には わしから話をつけてやる
   {     }ィ゙     丶、.    |||||||   (・)  (・)|
   ヽ、、__ ノ )`r   |/ \.   (6-------◯⌒つ|  お主は住居を向島に移すがよかろう
 _____,,rコ,,_ノ   / ,,-'   ヽ / |    _||||||||| |
 ,,-'' i"  ゙̄'''ー-/ ゙ヽ_,,...ィ|7.   \ / \_/ /
   ゝ、________rく~` /  ,イ  |  \____/
    | ヽ   `ー''" ̄~Y"/ \ |    :::::::/|`ヽ
    |  に'''''''''---フ"| /   \__   ::/ | |  \
     |  ``''ー--''" //|     ヽ`~~'''-''i" |   |
     |      // | |   /  ヽ   |  |



              _
           _.. --ゝ `ヽ'´ ̄¨Z_
            >             \
          ∠.._     ,       i
          /   ,.ィ./uヽ,iゝ      |
          /イ  ィ,ヘ'i ヒ'.へ「\.  │
           レ|/lた・ラ :ヽ二’フ:|∩ |
        .     l/ _┐ v/u ||9| l    え…… ええ!?
             `i.r====ニヽ |レ'  l
              i‘ー── '´/   i
              ,ハ.  ̄ v / ,/!  ヽ
             フ ヽ. / ,∠ -‐l   ヽ
             ーz'ノ Z イ    ヽト、 i 、i
                 / ,. -‐ .、  }ハ}ヽ|
                    l /     \     |
                 | |        ヽ.   |


家康は耳を疑った
利家は都に城を只でくれてやろうと言うのである
いかに豪華だったとはいえ宴席ひとつに対する礼としては余りにも過分である





219 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 23:02:14 ID:HHBY1pTI

    _                    ヽ
 ‐''´ /         ,、           .',
  〃         /| / l  |ヽ、        |
 .,' ,ィ      ムf /  l .L 」 ,、      |
 |//   _,,、v‐'l/ ij  ', ┌-、 _      |
 . ,' /| ./__,,r-、 u u ヽ|、-ヽ| ヽ      |      利家殿……
  |/  |/l(_    ヾ、  〃    `)| |-‐ 、  |
 .     l.(´   O ) ;; 、 O   )| |ニヽ ヽ|      あ ありがとう……!
      l..ヽ、 r-/..:: ι┐ rl'´ |.| -、| ..l l
      .l;;;;..`/..::::::::: u し'/  .l.|__,ノ /  l、     ありがとうございます!!
       l  (__:::::::::::u::`) /_  ||-- '′  ヽ、
       l r‐---‐---~'´__`l |   lヽ、  ヽ、
        l.l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ( |   l   ヽ、_ ヽ
          ll二二二∠二二二ノ.ノ   |    l  ̄
        _ヽ  ,,,,,,,,,,,,,,,u  ./ |   l     l
     ,、-''´ ,ヽ ij ;;;;;;;;,,  /;;  |   ,'|     .l
 _,、‐''´    / ヽ u   /;;;;;;  l  / |     l
       /   ヽ、 /;;;;;    リ  / |     .l
      ./     `lヽ''''     l /  .|      l
      /       l .ヽ     .l /   |      .l




        ζ
     / ̄ ̄ ̄ ̄\
    /         \
   /|||  ⌒   ⌒  ||||    なに どうってことではないわい
   |||||  (・)  (・)  |||||
   6|----◯⌒○----|9    それよりもな 家康……
   |/ _|||||||_\|
    \  \_/ /
      \____/





222 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 23:03:23 ID:HHBY1pTI

             (:
             ):
       ,. -'' "´ ̄ ̄ ̄ ̄`" '' ‐ 、
     /                  \
    ,イィ,   , ―      ― 、 、_ト、j、
   /::::/  /           ヽ ヾ:::::::',
   ,'::::/                 ヾ:::::',.
   |::/     >―く   ゝ―<    ヾ:::|
 /^'`――---l    l__,. ┴、  l---――゙^ヽ
 {       丶_.ノ     ト、ノ         }
 ー、        _ ,.、    ノ       ト-'′   わしの亡き後……
  l     // ///7TTく\        !
  ヽ  //   '///l|| ヽヽ`、     /       秀頼様と豊臣家のこと……
    丶 '    、       /     /
     \     ` ―--― ´     /        頼んだぞ
      `> 、 _         _,.. <:
         /ヾZ_ノ__jフヾ、
   >'"´ ̄`':.:.:.:.:.:.:.`´:.:.:.:.:.:.:.:.'´ ̄`丶、
  / .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. \
 /:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:. ヽ





227 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 23:04:15 ID:HHBY1pTI

家康は この日の利家の訪問の返礼として
10日後の3月11日に 今度は家康の方から大坂の前田邸を訪れることを約束した


      , '          ,ヘ. ト、 、.._  / r‐、ヽ.
     / ./     ,イ/ /`メ.`ヽv::\ \\r 、ヽ
   . / //     / !' v/ / ,    :::\ \ 、リ l
   ,'/ / .,イ ,  / l _,/ /!./ /     ::::\.ヽ._ノ
   .  ! / l ,イ ./、.U \/ l∠.=;-‐   v u:::::\'、
     |/ |/ W  `''‐、,, '~U~ ~′    :::::::|ヽ.   ト.     と 利家殿……
              /      u ノ> uj ::::| ヽ   | i
   .           / v ‐, j /'´    :::|;   !.   |. !
               /   イ   / v   u:::|;;   !   | !
   .        / , ‐'´ノ _,/ u      :::|;;  |.  |. !
             ー''´    ̄  \_/`! u  v::|;;;  |  |  |


こうして畿内を震撼させた徳川家と前田家の争いは収束に向かい
政権は静謐を取り戻した

はずであった……





232 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 23:05:04 ID:RKpHiI.E







230 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 23:04:39 ID:GuW8Fd8s

まだ何か?





234 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 23:05:15 ID:HHBY1pTI

        ((_((_((_((_((_((_((_((_((_((_((_((___((__
       ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ
     ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ
  _@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@ノ
  ((_((_((_((.|il |;;::: ..::..  ::..  ::..:: .   .: :..    . :::  .. : ::::|il i::
 ノ___ノ___ノ__.ノ...|il |________________|il l::
  = @==@==@= |il |\_____________________________________,_,,,,,;;;;;;;|il l::
             |il |  |    | |ニニニニニニニニニニ l | : |il l::
             |il |  l┌┐| |;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;|;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;| | : |il i::
             |il |  l└┘| |;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;|;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;| | : |il l::..
 ______|il |_l__| |;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;|;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;| |__.|il i=== =
 ,, '  ,;; ' ". ; .., |il |:」」i 「:「:「| |;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l; @=@ ;l;;;l;;;l;;;l;;;| |:iii|il |::|::|::|::
  ,'   . . .; . '., .|il |:」」i 「:「:「| |;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;|;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;| |:iii|il |::|::|::l
   ';;   . .,、   . |il |:」」i 「:「:「| |;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;|;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;| |:iii|il |::|::|::l
  .;  ,; ., 、  ;;、 |il |:」」i 「:「:「| |;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;|;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;| |:iii|il |::|::l::i
 ,,、'..,,、、.. ; .,,,、,;;、|il |/..;; "..  `,,"  . . .; .,, '  ´ ,, ;; 、 " ,, 、|il |::|::l:


だが ここで唐突に
中央の動きと全くの無関係なところで 異様かつ血生臭い事件が発生した





238 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 23:06:37 ID:HHBY1pTI

              _,-----.,,,,,,
           / ̄       ヽ、_
         r="             \
        (                |
        r"  ,..,,     ,....,,,,      'i
        y ./ ノ    ノ:::::::::::ヽ     'i
        |  | u"'---'''":::::::::::::::'i      )
.        \|        u:::::ノ     ノ
.         |"モtァ _,,...,,,,,,,,,__::::r'    ノ
         (  ̄ i   ミモア`::.ノr'''" /     …………様
          |  'i'    :::::./.|ξ丿
         λ_ r'"'-''ヾ、 ::::'"ノ ,i'.'ノ       これは どうしたことなのです!
         λ、''''=--...,j :::::r"ノ イ_
         (ヾ、 ~'''    u ノ .ノ|        な なぜ このようなことを!!
 _r      _ゝ"^`-.,,,,.-''''" ノ_,,-'".|
 ̄'j''''" ̄ ̄ ̄  ゞレナ]、_,--'" ̄   ノ'\、
  /         .トミi.|^=-々  _,.-彡'" ヾヽ-、_
.リ/         \i|├ ̄ _//     `   '''-.,,,__
.|リ          //"=-''""/           ヾ >

      ↑ 島津家家老 伊集院忠棟





241 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 23:07:44 ID:HHBY1pTI

  く::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::!じ:!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧)::::::::::::::::::::::::::',
   ∨:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨:i                  ∧ソ::::::::::::::::::::::::::::::',      なぜだと……?
     ヽ::::::::::/::::::::::::::::::::::::|;;:::',     `´         /:::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::'.,
     ヾ/::::::::::::::::::::::::::::::|;;::::ヘ   ` ー -'     ,.':::::i!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、   ……よかろう
      ヾ/::::::::::::::::::::::::::ヾN:!:ヽ    `      /!:!:::::;!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
         ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::| \       ´ イレヘ/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/     冥途の土産に教えてやろう……
            \::::::::::::::::::::::::::::|::::! :   ー  ´    |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::, ′
            \!:::::!:!:::::::::::::!::::i ;          !::::::::::::i!:::::::::::::::::::::::::::/      それはだな……
               ヾ!レヘ;;;;;;;:::!::::| ;           ト、:::::/!::::::::::::::_::/
     ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,ヘ,,,,,/;;;;;;>-ーソ  ;          ` <;;;;;;<;;;;,,,、、
   ,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,     ;            ,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;





245 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 23:08:47 ID:HHBY1pTI

\                                   /
<         お前が伊集院忠棟で……         .>
<                                   >
<       わたしが島津忠恒であるからだ!!    >
<                                   >
/∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\

                 /   . . . . : : : : : : :.:.:.:.:.:\
           /  . . . : : : : : : : : : : : :.:.:.:.:.: : .、
            , ′ . . . : : : : : : : : : : : : : : :.:.:.:.:.:. : :、
         /  . . : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:.:.:.:.: : : '.
           / . . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .:.:.:.:.: : : : '.
        /  . . : : i、: :、乂: : : :{: : : j!: :.ノ: :!:l:.:.:.: : : : :'.
      / . . : : : :从乂:>、`ソ ゝ:ノノイ__ノイノ:.:. : : : : '.
      // . : : : : :,小 弋¨えゞ、 /,ィえ¨才 从:.:.:.: : : : : :'.
   // . . : :/ . いヘ         :     ムノ:.:.:.:. : : : : :'.
 .// . . . : ://  . : : |:.ヘ      、;     / N:.:.:.:.:.:.:. : : : :.',
   ヽ . . : : // . . : : : :Niハ     , - 、    /:.:.|:.:.:.:.:. i!.:.:. : . . :.'.、
     \. //:/ . : : : : :|:.:.: \  `二´  イW/:.:.:.:.:.:.:|!:.: : : : . . .:ゝ
      ヾ.:/   . :i : : :i|:.:.:.:.:.:|  、 _ イ!.:.:.: |i:.:|i:.:.:.:.:|!i:.:.: : : /
       ` <. i|: : :.i|:.:.:.:.:.:|      |.:.:.:.:|i:.:|i:.:.:.:.:|!::> "
             ` <:_i|!_:.:.j      / |:.:.:.:.|i:.i|i> "´
        ___......,,,,r≦≠=′   / い≦<,,,____
      ,イ//////////ハ、、        __ .... ∠////////ハ、_
    ///////////////ハ 、、  __ ノ  _ .イ/////////////ハ
   ////////////////////≧==≦//////////////////ハ
   //////////////////////////////////////////////∧





252 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 23:09:43 ID:dPU.TY8I

日本語でOK





254 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 23:10:14 ID:HHBY1pTI

            :,:           :(::)
            /⌒''⌒) :,,゜      '         ,,,,,,,
           (:::::::::::::::!'                 (::::::)
           ヽ::::::::';'''                 ''``   。
           τ'::/ .;:
            )/
         。            '  、       ;: 。
                               `'''`~''・    ' `
     f''`⌒(     ,,,,               !:(',,,,、              ::,,,,,、...
     ,!,,,、(     /::τ             ノ:::::::::::::::::)          。  !::::::::::`! 、
 :.、          !:::(     ノ::`!   o   (::::::::::::::::::τ            (:::,,;,;,、; 。
       ゜     (/      ⌒・ .   ・、;::::::::::::;;.;`` ''
     ,,、..   //   ノ'          //'''`'`'` `       ..,,.. _,,,.、 ・         ,, ...:・..
  π /;::::::::(,.,.(;;;::::(   ,,.,  ・っ                    ;,;;( ):::::;.    c::── '`'''::::::::::;''
   ):::::::::::::::::::::::::::/  '''''`   `        '`                     ⌒ ` !.:::τ'' ``
 τ !::::::::::::::::::::::::::::)/,,,,, γ               :'`'``:!
   (::::::::::::::::::::::::::::冫 `'`'    、,:'::::::`:::,,,,        !:::::ノ         ・
 :::':'::::::::::::::::::::::::::::;(,,,,,,,、:::::::-ー''''`'`''''''''"





258 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 23:11:14 ID:HHBY1pTI

              ____
           ,、 '´:::::::::::::`ヽ、
         /,イイ从仆彳´ヾ;:ヽ
        ,r';:,/      ゝ'゙   ヾ;\
       ,イ::::,!            ゙i;:ヽ
       i|::::::i}   \   ,イ     i::::i
       {::::::,!,r'´   、ゝy'´     l::::l
       ,!::::|  ,r-‐、 `ト  _,,、-、 「人
      ,イ,!::::i   'r'ニ・ンイ`イ゙・ファ  ,}i イj     な なんだ!
     i:::::::::::,!   ,r'´ ゙ヾ  `Y´  ,! ト::::l
     ヾ;:;:;:;:;:ト、   ゝニニフ    ,イトミ !    これは なんの騒ぎだ!
       }k;:;:;:,| `    カ    イ  ,!;:;:i
     , イ;:;:カ;:,!   _,、ェェェェェ、_   ' ,ノ゙:;:;i
    ,ィイ;:;:;:;:`Y    ´ "´ ̄ ` `   ,ゞj,:;:;l    ………………うっ!!
    i゙;:;:;:;:;:;:ゞi    '´ ̄  ̄` ,レ  ,j;:;:;:;ト
    ヾ;:;:;:;:;:;:;:,ゞ、 ,i!      ,yイ゙  レイ ,{、:;:,!
     ゙>;:;:;:;:イゞミュ   , イ  _ ,ィ'´ ̄Yi:;ノ
     ゝイi´ ̄`ーゝー'ー'フ''´,ィ'´ _,,ィ  i l
      ,!ヽ i}`ー-、`ヾ | i´ ,r'´   ,イ |
    _, イゞ、 Y`ー、_!、  | l ,/ '´ニイ ゝィ-、_   ← 島津義弘
-'イ ̄´_,、-‐'`ヾ、ゞ-、_j ,`Y| | ノ _,,、 ノ, ィ  `ヒ `Tー-、_





262 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/19(月) 23:12:18 ID:HHBY1pTI

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,|!;;;;| !;";;;;;;i゙、;;;;;;.!!;;/.!     ;;;;;;;;;;l|;;;;;;;;;;;;l.|;;;;;;|,!;;;;;;;;;;;;;;!.l゙;;;;!!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i、;;;;;;
!;;;|l;;;;;;;;;ケ;;;;;;;;;;;;;;;;;.! .!;;;;;;;;;;;;;;;;;,!|;;;;;|:!───── 父上 ─────;;;;;;;;;;;';.;;;;;;;;!l;;;;;;|!;;,l|;;;;;;;;;;、;;; ネ;;;;;;;
;;;;;|.!;;;;;;|l;;;;;;;;;;;;;;;;i、! l;;;;;;r‐i;;;;       
/        `:ヽ         ;i!|;;;;;; ネ;;;;;;"/.|;;;;;;;;ili.!;;;";i;;;;
;;;;;}l;;;;/.|;;;;;;;───── 謀反人はただ今 わたしの手で成敗しました ─────;;iリ;||;;;;;;l!;;;
;;;;;.!.l;;;l゙ |;;;;;;;;;;;;;/.|;.l .|;;;;|       
,.':               :ヽ               ;|.!;||;;;;;;ミ;;;
;;;;;/.l;;,! .|;;;;;/l,;;;{ .!;;.! !;;;.! |;;;;;;| |;;;;;;l
/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',!;;l |;;;;;;;;;;;;.! .l;;;;|L;;;l|;;;;'ヘ;;;/!;,l!;;;;;;;;;;;;
;;;/ l;;l .:!;;r;{ .!;;.! |_;l゙|;;;;} |;;;;;l゙.l;;;;
/::::::::::::::::::::::ヘノ!::::|::::::!::::::|:::!:::}:::i:::::}:ゞ .!;;;;;;、;;;;} l;;;|.|;;;;.!.!;;;;;;;;;;;l゙|;;l";;;;;;;;;l
;;;| .|;;} |;;;;;} .!;;.!  !;;;;| .|;;;/ .!;;
/:::::::::::::::::::::::::::厂 ≧rx|::::::j:/:イ:ノノ:イ|  .|;;;;/ .!;;".!;;.! !;;;;.! l;;;;;;;;;l |;;./ ;;;;;;;;|
;;;! |";| |;;;;;;.! |;;;;!  .|;;;;;|  l;;l゙
/:::::::::i:::::::::{こj::::i 弋ケニゞ、イイヲイ:::::::\ .|;;;} !;;! !;;;! |;;;;;}/.i|;;;;| .!;,ll;、;;_;;;;}
;;;.! l;;;;l.!;;;;;;;! |;;;|  .ト;;;;;.! 
/:::::::::::::i!:::::::::じイ::::|      {  /::::ヽ::::::\;|  l;;.!.!;;,! .!;;;;|l゙/l;;;;,! :!;.!T` !;;;.!
;;;;.! !;;;||;;;;;;;| ,!;;l  l;;;;;;;} !
\:;イ::::::i!|::::::::: ゝj:::::!       ゝ /:::::!:.::ヽ:::::::::> .!;;|`゛ .l;;;;;;/ .!;;;;! .|;;{  .!;;;;|
;;;、| l;;;〔;;;;;;;! |;;,!  |;;;;;;;| l;,!.!;;
'<::il:|:::::::::::::;:!::::j     ー- , ′::::!::::::::ト/  |;;;|  !;;;;;| l;;;;,! .|;;.!  .l゙;;;;|
;;;;゙;| !;;;;;;;;;;;! .!;;l  .!;;;;;;l ,!,!.|;;;;;;;;;;
ヽi;;;;;;;;;;;;;j'"´ \    /::::|::::::>'"´|;;;;}  .|;;;.!  .|;;;;;;l !;;;} .|;;}  |;;;;;l
、;;;;;| :!;;;;;;;;;;;l .|;;.l  ヽノ゛./.! .,.、
rーへへ/´;;\      トニ´__"´ ″   |;;;;|  l;;;;,!  |;;;;;;;| .ゞゞ |;;;l  .|;;;;;|
l;;;;;/ l、;;;;;;;;}.!;;.!    .l゙
/´ ̄`ヽ;;;;\\;;;;;;;;`ヽ、 !\;;\;;;\__   .|;;;;|  |;;;;l゙  !;;;;;;.!   l;;;,!  .!;;;;;!
.゙‐'  l、;;;;;|゛.|;;;.!    .i!
;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヘ;;\;;;\\;;;;;;;;;;;;`ヽ、__>;;;;ヽ;;;;ト;;`ヽ、ヽ!  l;;;;.!  l;;;;;;;l゙   /;;;,!  ゙ー'゙
     !;;;;;l l;;;;l    l;;;
l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;;;\;;;\\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ノ::::l;;;;ヽ;;;;;`;,,、  !;;;;l  .!;;;;;;}   ,!;;;;l
     .゙'i;;.! l;;/   .l;;;;
l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`;;ー ───''"/;;;;;i!;;;;;;;};;;;;;;;;;;\;;|  l゙;;;;;;;!   .l;;;;,!
      `'゙ .!;;.!、  l;;;;|
γ;;⌒ヽイ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;`\;;;;;;;;;/;;;;;丿;;; イ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;',  .!;;;;;;;l   `"
        l;;;;l   ゙''"
´ ̄`ヽ;;;;\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`\;;;;;;; ̄;;;;;;;//;;;;;};;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;j  l;;;;;l゙


3月9日
伏見の島津邸において島津家後継者・島津忠恒が筆頭家老である伊集院忠棟を上意討ちと称し刺殺

これが「関が原の戦い」における島津家の迷走の直接の原因となる「庄内の乱」の発端である……


                                 <第3部 その7 EASY ACTION>おわり





263 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 23:13:19 ID:ltMnfqD6

乙ー





267 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 23:13:39 ID:nVh9ZGHE

乙です





269 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 23:13:52 ID:dPU.TY8I

おつおつ





265 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 23:13:34 ID:FH2SuOvk

乙でした





268 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 23:13:41 ID:GuW8Fd8s

乙、まだまだ波乱は終わらないw





284 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 23:16:33 ID:Ura6yyJI

乙でした、この事件で引くとはwww





236 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 23:06:14 ID:51F4G36I

関ヶ原までバッチリ尾を引いたあれか





239 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 23:07:07 ID:v7sA6ex2

何やらかした戦闘民族www





240 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 23:07:45 ID:p/e3PySo

島津トラブル製作所





242 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 23:07:46 ID:.XOXd5Pk

島津じゃ血生臭いのもしょうがないね!





275 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 23:15:17 ID:THXz3Vto

まったく、この狂気の一族は・・・





273 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 23:14:33 ID:.XOXd5Pk

同じDQN四天王でも、三斎様と比べるとホント血生臭いw





278 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 23:15:45 ID:alSTk8gk

三斎様も嫁が関わってくると、これ以上に血生臭くなります・・・










投稿日 : 2010/07/21 | カテゴリ : 新・関が原戦線異常アリ | コメント数 : 33
■コメント一覧
  • No.3992 名前:御神楽 投稿日:2010年07月21日 11:18 [ edit ]

    いよいよ佳境だな~



  • No.3993 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年07月21日 13:36 [ edit ]

    しかしあれだな
    正則も清正も大きな勘違いをしているな
    三成を殺してもなんの解決にもならない
    徳川家康があの上り調子の秀吉に一歩も譲らずついに妹と母親を人質に差し出さした人物だということを忘れてる
    あの頃の秀吉に今の自分たちが力を合わせても勝てるなんて夢にも思ってないだろうに・・・
    あのあたふたと慌てまわる老人が知恵も精力も満ち溢れてる頃の秀吉相手に一度もいい所を取らせずに
    手痛い一撃を食らわせて引き下がらせた人間だということを完全に失念している・・・



  • No.3994 名前:名無しさん@ニュース2ちゃん 投稿日:2010年07月21日 14:28 [ edit ]

    清正も正則も、泥をすすってきた家康の年輪を舐めていたってとこかね



  • No.3995 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年07月21日 14:40 [ edit ]

    別にこの時点では判断誤ってると思わないけど。
    家康は秀吉に十数年間ずっと忠実に仕えていたし、秀吉の信頼も高かったし。
    それに今までのこのスレの家康みてるとすごく神輿として担ぎやすそうだしw
    家康が確変おこすのはもうちょっと先かと。



  • No.3996 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年07月21日 15:17 [ edit ]

    >>※2
    忘れてる訳ではないと思うぞ。
    あと家康が凄いといっても全盛期の秀吉以上には見えなかったのもあるだろうし
    歳を考えれば自分らよりも先に寿命が来るだろうと計算してもしょうがないと
    思うんだ。まぁ計算違いだったのは家康が重度の健康オタだったということじゃないか?
    狂言回しに板坂卜斎を起用してる辺り、そういう含みがあるんだと思うが。



  • No.3997 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年07月21日 15:35 [ edit ]

    年齢の問題が.利家は秀吉の二歳下.家康は秀吉の六歳下.家康が1604-5年くらいまでに順当に死んでいてくれたら,清正と正則のもくろみは成就していた可能性も高いのではないかと.そもそも関が原以降の大名配置からしてみても,徳川家の領域は近江彦根以東関東までの中仙道および東海道筋.後継者は内政はともかく戦は父親とは比べ物にならないわけで.



  • No.3998 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年07月21日 16:14 [ edit ]

    いくら健康オタクと言っても年齢だけみれば数年後はわからないしね
    家康が早死にしちゃうと色々と不人気な秀忠が実権を揮いにくいし
    他家へ養子へいってるけど諸侯から人気のある秀康の扱いは難しくなる可能性もでてくる



  • No.3999 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年07月21日 17:16 [ edit ]

    うわ、これ次回は庄内の乱か、楽しみ
    島津は武勇の話以外にも、梅北一揆とか内乱も起こしてるし
    本当にエピソードに尽きない家だわ



  • No.4005 名前:  投稿日:2010年07月21日 21:53 [ edit ]

    >他家へ養子へいってるけど諸侯から人気のある秀康の扱いは難しくなる可能性もでてくる

    確かに年子の同母兄弟・三男秀忠と四男忠吉の仲は良かったといわれてるけど、二男の結城秀康との
    仲は微妙だったといわれてますしね。

    >そもそも関が原以降の大名配置からしてみても,徳川家の領域は近江彦根以東関東までの中仙道および東海道筋.

    たとえ関ヶ原に勝っても、家康がすぐ死ねば、まだ外様の改易政策が進んでなかったので大阪以西および
    北陸・東北は外様だらけですもんね。
    加えて、江戸の世子(秀忠)と越前中納言・秀康の不仲。関ヶ原で一気に徳川の世になったように思えるけど
    もし関ヶ原から数年で家康が死ねば、全然状況が違ってきますね、確かに。



  • No.4007 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年07月21日 22:45 [ edit ]

    ただ、石田派を排除してかつ家康が死んで徳川の後継者もアレだったとして、中央集権化を否定したらやっぱり豊臣政権は安定しないんじゃないかと

    秀頼が成人したとして豊臣宗家を運営できるほどの力があるか、それを補佐する人材がいるかとなると…
    それが、武断派の人間に出来るか?と言うとうーんだし、出来たとして彼らの更に後継者はどうするんだと



  • No.4008 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年07月21日 23:11 [ edit ]

    少し前にやる夫が考えた、秀次→やる夫→秀吉の実子という後継路線は、今の状況から振り返るとベストだったな。



  • No.4010 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年07月21日 23:38 [ edit ]

    >>少し前にやる夫が考えた、秀次→やる夫→秀吉の実子という後継路線は、今の状況から振り返るとベストだったな。

    ベストではないけどベターだったとは思う。
    ベストではない理由は関ヶ原の作者サンがしつこく話しの合間や幕間で突っ込んできたけど
    子供が出来ないから養子や親戚に家督を譲るつもりになったら実子が生まれましたってパターン。
    秀次や やる夫に男子が生まれた時、果たして秀頼に大人しく家督を譲るかすごい疑問だと思うよ。



  • No.4011 名前:名無しさん@ニュース2ちゃん 投稿日:2010年07月21日 23:51 [ edit ]

    日本史的に考えると、家康が踏ん張って政権奪取して幕府開いたのはベストだったのかもな。
    家康がこの辺でポックリいっちゃうと地方分権派vs中央集権派の争いがダラダラと長く続くわ
    野望はあっても大望はなさそうな地方大名が(主に伊達とか伊達とか伊達とか)ろくでもないことしそうだし
    下手すっと長い乱世に逆戻りして外国の介入招いたりとかあったかもしれん



  • No.4012 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年07月22日 00:01 [ edit ]

    ここのコメント欄は皆仲が良いな。
    ところでつかさこと、毛利輝元がTERUと呼ばれてるのは何故?



  • No.4013 名前:  投稿日:2010年07月22日 00:11 [ edit ]

    ※13
    >家康がこの辺でポックリいっちゃうと地方分権派vs中央集権派の争いがダラダラと長く続くわ
    >野望はあっても大望はなさそうな地方大名が(主に伊達とか伊達とか伊達とか)ろくでもないことしそうだし
    >下手すっと長い乱世に逆戻りして外国の介入招いたりとかあったかもしれん

    ベトナムがまさにそうですな。陸続きの当時の超大国・中国の統一王朝の侵攻を何度も撃退した
    大国にもかかわらず、後期黎朝以降はずっと分裂状態が続き、一時的に統一を回復した阮福暎が
    フランスの宣教師ピニョーの援助を受けたことが名目(きっかけ)になって、フランスの侵攻を
    招いて植民地になってしまったということがありましたし。
    まあ、日本は地理的にアジアの東の果てな上に、幕末での京都でのテロリズムの嵐と、外国人刈りを
    見ると、例え日本が分裂状態で近代を迎えてもベトナムのようになるとは単純にはいえないと思いますが。



  • No.4014 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年07月22日 00:30 [ edit ]

    超自己流の解釈。

    織豊政権の幹部って生まれが低い者が多いから、その分自分の能力だけが存在意義で、
    その能力を誇示するタイプが多かったんじゃないかと思う。

    一方で徳川は北条の後継者でもあるけど、
    北条は組織が発達して、個人の能力にあまり期待しないシステムだったわけで、
    その分家臣がサラリーマン化していたんだと思う。
    大将の家康にしても、能力を誇示するタイプではないし。

    正則や清正みたいなタイプから見ると、「サラリーマン=ザコ」の
    先入観があって、徳川家の力を正当に評価できなかったんじゃないかな?



  • No.4015 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年07月22日 01:52 [ edit ]

    >家康がこの辺でポックリいっちゃうと地方分権派vs中央集権派の争いがダラダラと長く続くわ
    >野望はあっても大望はなさそうな地方大名が(主に伊達とか伊達とか伊達とか)ろくでもないことしそうだし
    >下手すっと長い乱世に逆戻りして外国の介入招いたりとかあったかもしれん

    介入は招くかもしれんが、植民地にはならないだろうな
    当時、世界の鉄砲保有数の半分が日本にあって、
    常備軍だけで欧州全土とやりあえる
    その上、欧州と比べ物にならない兵站組織がある

    1万や2万の兵で16-17世紀の日本はどうにもならんよ



  • No.4020 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年07月22日 12:38 [ edit ]

    16>>

    多分にそういうのも大きいよな。

    自分はザコ扱いの他にも、『理解出来なかった』というのもあったんじゃないかな?

    だから家康がどういう組織運営方針を持っているのか、その肝心な部分に対する洞察が致命的に欠落してしまった。

    これまでの経緯を見ると、豊臣政権は秀吉という『強烈なカリスマに糾合された自営業者の集団』で、個々人を秀吉が采配して取り捌き、それで政権運営が成り立っていた。

    だから彼の死後『きちんとした会社組織』を作りたかった三成派と、正則と清正を始めとした『独立した自営業者でいたい』派の対立の収拾が政権内部でつけられなくなり、そしてその後を継いで、家康が全国的政治支配が可能な政権の獲得が出来たのも、突き詰めれば『サラリーマンが大勢働いている会社』の構築にすでに成功し、そしてそれがどういうものなのかということを理解していたからに他ならない。

    だから後年自営業者的な振る舞いをした大名家の多くは改易されて消滅し、あるいは『外様』にされて中央の政権運営から遠ざけられた。

    とにかく豊臣政権は色々な意味で『ちゃんとした会社になれなかった』。
    それが最大の悲劇だろうな。



  • No.4023 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年07月22日 17:45 [ edit ]

    >>17
    インドを完全に植民地化したイギリスの実績を見るに、介入を許したが最後
    植民地化まで進む危険はあったと思うな。もっとも、17世紀の日本に本格介入
    できるような策源地なんて、ヨーロッパのどの国も持ってなかったけど。
    幕末の頃、倒幕派をサポートしたイギリスと幕府をサポートしたフランスの思惑が
    不気味過ぎる。



  • No.4028 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年07月22日 21:02 [ edit ]

    考えてもみりゃここまで大阪の若造達にコケにされて、
    利家が土産も持たずに徳川邸に赴くわけがない罠。



  • No.4031 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年07月22日 22:50 [ edit ]

    だれか、>14の質問に答えてあげてください。

    >19
    不凍港対馬を占領したロシアは直裁で分かりやすいな。



  • No.4032 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年07月22日 23:37 [ edit ]

    当時の加藤家は、年貢の8割が家臣への知行に消えていく国で
    財政が完全に崩潰しており
    戦争が何より必要だった。
    家康が、天下を簒奪することも十分含んだ上での家康に対する接近だろう。

    家康が死ななかったことが、誤算なのではなく、豊臣家がおとなしく地方の一大名に
    なることを受け入れなかったことの方が、正則や清正の誤算だろう。



  • No.4034 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年07月23日 00:41 [ edit ]

    徳川家康の接待料理というと、「へうげもの」に出てきた玄米の山盛りを思い出す。
    自分は大食いデブなんで、個人的にはあれで十分だ。
    さすがに現実にはあんなことはしなかっただろうけど、見てて面白かったなあ。



  • No.4035 名前:早起きは三文の得 投稿日:2010年07月23日 02:26 [ edit ]

    >>14
    戦国ちょっといい話・悪い話まとめ
    ttp://iiwarui.blog90.fc2.com/



  • No.4063 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年07月25日 16:29 [ edit ]

    利休は凄いよなー。
    茶の勉強をすると大抵の文章は

    「○○は古来よりこういう意味を持っていた。
     それに利休は●●と述べて~~と解釈した。
     それより○○は従来の意味と利休が解釈したものに別れて……」

    という感じになるんだよな(利休フィルター入れると楽だっていう意味もあるけど
    完全に体系を作り上げたんだって言うことが分かる。



  • No.4075 名前:名無しさん@ニュース2ちゃん 投稿日:2010年07月26日 10:41 [ edit ]

    家康はほんとうに長生きしたよな
    この時ですら同世代現役大名が利家しかいないもんな
    他ぱっと思いつくのは山内、真田くらいか?鍋島・佐竹・島津・細川・黒田は隠居してるし
    あとは織部とか仙石さんとかか



  • No.4078 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年07月26日 18:46 [ edit ]

    長生き長生きっていうけど、73歳なんだよね家康。
    戦国時代にしては長生きなんだろうけど。
    まあ、やらなきゃならないことをほとんど全部やりつくして死んだってのはすごいな。



  • No.4083 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年07月27日 02:28 [ edit ]

    >21 >24
    フォローありがとうございます。
    「戦国ちょっといい話・悪い話まとめ」の毛利輝元の26のエピソードを読んでみましたが、結局TERUと呼ばれる理由は解りませんでした……もしかして、TERUMOTOのTERUですか?



  • No.4089 名前:  投稿日:2010年07月27日 11:31 [ edit ]

    >28
    >24に乗ってたエピソードによると、灰色とかいう音楽集団のヴォーカルやってたときの名前から来てるらしいな。



  • No.4114 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年07月27日 23:20 [ edit ]

    >>22
    直接対決で豊臣家を打倒した訳でもないのに、
    家康と三成の戦いで家康が勝ったのだから、豊臣家は徳川家に臣従すべきって言うのは、
    あまりも徳川に都合が良すぎる考え方だぞ。

    「家康の力を借りて三成を追い出すと、家康が天下を取っちゃうかもね。
     でも徳川家についていけば自分の領土は増えるだろうし、豊臣家も大人しく従ってくれるだろう。
     秀吉の願いは裏切ってしまうけど、豊臣家が自分から膝を屈してくれれば、自分たちが汚名を被ることもないだろう」
    というのは、正則や清正たちを馬鹿にしすぎだ。



  • No.4115 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年07月27日 23:52 [ edit ]

    >>30
    まあ関ヶ原の時点では、さすがに「徳川の天下」は予測出来なかったと思う。
    あくまで、「豊臣政権内の勢力争い」の認識かと。
    さすがに「将軍就任」の頃には気付いてただろけど。
    で、その後の清正と正則の行動を見ると、
    「徳川の天下と豊臣の臣従」について、
    「割り切った清正」と「割り切れてない正則」て感じはする。



  • No.12439 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年07月22日 09:18 [ edit ]

    徳川と前田の奇妙な関係といえば
    徳川の18代目・恒孝と前田の18代目・利祐は日本郵船で同僚だったらしく
    二人の上司は「徳川と前田の宗家が部下になるなんて太閤殿下になった気分だ」と言っていたらしいよ

    ちなみにお二人とも存命です。



  • No.27074 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2015年04月05日 11:48 [ edit ]

    商船改装空母の件で日本郵船は軍を恨んでるんだよな・・・
    徳川前田の18代目、維新で出来た近代日本軍と禍根のある組織に関わってたんだなー



■コメント投稿
     行間隔の関係でアスキーアートを貼りつけてもズレが酷いことになりますので、
     アスキーアート付きのコメントは削除する方針です。
     荒らしの書き込みに対してレス・言及しているコメントも削除対象ですのでご注意ください。
プロフィール

管理人 : 「ピチカー党員No.11」こと金ニダリスト

       ___
      |それ金|
    z'| ── 、
    / ハ ヘ u ヽ
  人/ノヽ ミ=‐...|_     生活の中心が株になっとる
    }≦ u 爻r.j. |彡}
  (  u  リ У{三≧
   ` ー─t r三勿 {气}
      厂 ̄(三)  `气


◆カウンター(ユニーク)    ◆カウンター(トータル)
       


全記事一覧

RSS

管理モード
ツイート
最新コメント
最新記事
まとめ記事
【歴史系】
【物語系】
【ゲーム系】
【学ぶ系】
連絡先はこちら

苦情・相談などありましたら、
下記のメールフォームにてご連絡ください。
(ファイル添付可能)

連絡用メールフォーム

貰い物紹介

TOP画像募集中

  

ダンジョンマスター作者様からいただいた逸品。
カナ、マジプリティ!



  

  

帽子屋HeII0様からの贈り物、しかも二枚!
各作品に対する愛情が伝わってきます。
帽子屋HeII0様のブログ - 「-simulacra-」

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
© それにつけても金のほしさよ All rights reserved.
まとめ