■【2001年】やる夫達が宇宙の旅に出るようです 第1部 原初の夜 第2話 新しい岩
40 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/07/03(土) 19:59:59 ID:pb5YLBpk


        【2001年】やる夫達が宇宙の旅に出るようです
              2001 : A Space Odyssey


;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;             ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ゚ ;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ゚ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;     ,,;'"゙゙,;゙     .;;;;;;;; 。;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;    ;'  ;'      ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ゚ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;; ゚ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;    ';  ''、     ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ゚ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;; 。;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;   ヽ、,,,,_';、   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; 。;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ゚ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;         ;;;; ;;; ゚ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;; ゚ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; 。;;;;;;;;;;;;;;;;  ;;;;;;;;;;;;;;   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ゚ ;;;;; 。;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ∧_,,, ;;;;; ∧∧ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ゚ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; (;;;; #;) ;;;; (   ) ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ゚ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;; 。;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  |;;; U| ;. U  | ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; 。;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  (;;;; ; ;)_(   ),,,,__ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;; .;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_,,,、、-‐'''""~  )     )     ~"'''‐-、、,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ゚;
;;;;;;;;;;;;;;;;;_,,、-‐''"~   wii   vii    "゙  ww     v  ~"''‐-、,,;;;;;;;;;;;;;;;
,,、-‐''"~  wii wv    "゙"゙   w  "゙  iiv  w     w    "''‐-、,,
  wii  ww    "゙゙  ww  iivw  w    wv  "゙ w





41 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/07/03(土) 20:00:31 ID:pb5YLBpk








                    第1部    原初の夜


                    第2話    新しい岩








42 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/07/03(土) 20:01:00 ID:pb5YLBpk

===================
ある夜おそく、ヒトザルの一匹は
群れの住む洞穴の近くから聞こえてきた音で
目を覚ました
===================


         |\       /|
         |  \    /  |
         |   >-/    |
         |/          |
     _     |-      ○ ι ,ノ         ガガガガガ>
         | __   ι |
         \ _|   */
           |        \
           |          |
           |          |





43 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/07/03(土) 20:01:32 ID:pb5YLBpk

===============
彼らには判別のしようもなかったが
この星で初めて
「金属が石にぶつかる甲高い音」が
響き渡ったのである
===============


           ガガガガガ     ,
               ,----、  ;
        ゚   .  ,{=±==}   ・
       。  ` .  (( (・ω・ ) )) ゜ ,
         ,  .(( o┳o ) ))
           ;‘, ,::,[圓]J-、_,;, ’。
             ;;∴┻┻∴;:





44 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/07/03(土) 20:02:07 ID:pb5YLBpk

=======================
あくる日、彼は今まで見たことのなかった岩と対面した
すみかの近くに背丈の3倍ほどの岩が
キノコの如く一夜にして「生えていた」のである
=======================


                 殺伐とした第3惑星に救世主が!
                     .    __
                         |   |
                        ヽ|・∀・|ノ
          ハハ             |   |
        (,,(゚Д゚)            |__|
"' ""'""'' "'""''"""" "'" " "'' """ ' """ ' "'' "" ' """ ' ""' "" ' ""





45 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/07/03(土) 20:02:51 ID:pb5YLBpk

ヒトザルは- 新しい岩を食べようとした…。
きっと新しい岩はキノコと岩石の中間の植物であり
今日一日くらいは胃袋の中をさまようのだ。




                    ありがとう、新しい岩!

                        i~'~~|
                        |__|
                         | |





46 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/07/03(土) 20:03:28 ID:pb5YLBpk

そして食べたいと思っても食べられる代物ではなかったので
―そのうちヒトザルは考えるのをやめた。


                  |\       /|
                   |  \    /  |
                   |   >-/    |
                   |/ _,  、/  ι.!
                   |≡    ≡=   ,ノ
                   |         |
                   \ r一'7  */
                    /⌒ヽlj 。   \
                   ./  ┬'j      |





47 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/07/03(土) 20:04:01 ID:pb5YLBpk





               ================
               いつものとおり食物探しに励むうち
               彼は新しい岩のことは忘れてしまった
               ================





48 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/07/03(土) 20:04:33 ID:pb5YLBpk

=========================
夕刻、散々な結果に終わった食物探しからの帰り道
ヒトザル達は新しい岩から鳴り始めた不思議な音を耳にした
=========================


      ∧ ∧
~γ'" ̄(゚-゚;)
  (/ ̄ ̄\) \)





49 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/07/03(土) 20:05:15 ID:pb5YLBpk

                           ∧     ヘ
                          ,' i ':,   / i ヽ
  ============      ,'、,,j ーーイ,,、j  ヽ、
  群れはいっせいに足を止め      ,:´           ヽ
  黄昏の中で立ち尽くした         ○     ○     ',
                       l               |
  新しい岩から響く音は        ':,   r―-、       /
  圏内にいたものを           ヽ、 l    )     /
  残らずとりこにした            `> ― '     <
  ============      ,"         `' :、
                        ./             ヽ
                        l





50 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/07/03(土) 20:05:51 ID:pb5YLBpk

               ================
               アフリカの大地に初めての
               ――以後の300万年間で最後の――
               ドラムの音が響き渡ったのである
               ================

                    デケデケ
                       ドコドコ
                  ☆      ドムドム
                       ☆   ダダダダ!
                 ドシャーン!  ヽ         オラオラッ!!   
                        =≡= ∧_∧     ☆
                        / 〃(・∀・ #)    / シャンシャン
                      〆  ┌\と\と.ヾ∈≡∋ゞ
                        ||  γ ⌒ヽヽコ ノ  ||
                        || ΣΣ  .|:::|∪〓  ||   
                       ./|\人 _.ノノ _||_. /|\
                           ガッガッガッ
                        ドチドチ!





51 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/07/03(土) 20:06:37 ID:pb5YLBpk

======================
ヒトザル達は口をあんぐりと開けたまま
彼らの子孫が長い時を経て作り出すリズムに乗って
岩の周りへ集まった
――引き寄せられた
======================


       ∧ ∧    __    ∧ ∧
   ∧ ∧ (  ゚Д゚)  |   |   (゚Д゚ )∧ ∧
  (  ゚Д)(∧ ∧)  ヽ|・∀・|ノ  (∧ ∧(Д゚  )
   l U l (   ゚)   |   |   (゚   )l と ノ
   .u-u (   l).  .|__|   (l   ) u-u'
       `u-u'    | |     `u-u'





52 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/07/03(土) 20:07:29 ID:pb5YLBpk

=======================
はじめのうちは誰もが石と化したように動かなかったが
岩の最も近くにいた一匹のヒトザルに生気が戻った
=======================


       ∧ ∧  __    ∧ ∧
   ∧ ∧ (  ゚ー゚) |   |   (゚Д゚ )∧ ∧
  (  ゚Д)(∧ ∧)  ヽ|・∀・|ノ  (∧ ∧(Д゚  )
   l U l (   ゚)   |   |   (゚   )l と ノ
   .u-u (   l).  .|__|   (l   ) u-u'
       `u-u'    | |     `u-u'





53 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/07/03(土) 20:08:06 ID:pb5YLBpk

===========================
彼は目に見えない糸で操られるマリオネットのように動き始めた
===========================


   ∧∧       ∧∧
   (゚ー゚*)      (*゚ー゚)       ∧ ∧
  と  つ      ∪  |       (*゚ー゚)
   ヽと_)~   ~(_つ       / つつ
    `J      (( し'      ~(__,,ノ


===================
体を操る精霊の命ずるまま
肉体の限界を試すように
今までやったことのない複雑な動きを行った
===================





54 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/07/03(土) 20:08:45 ID:pb5YLBpk

===============
しばらくののち彼は再び動きを止め
別のヒトザルに生気が戻った
===============


       ∧ ∧   __    ∧ ∧
   ∧ ∧ (  ゚Д゚)  |   |  Σ(゚ー゚ )∧ ∧
  (  ゚Д)(∧ ∧)  ヽ|・∀・|ノ  (∧ ∧(Д゚  )
   l U l (   ゚)   |   |   (゚   )l と ノ
   .u-u (   l).  .|__|   (l   ) u-u'
       `u-u'    | |     `u-u'





55 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/07/03(土) 20:09:30 ID:pb5YLBpk

====================
こうして一匹、また一匹と群れの全員が次々に
短時間ながらふしぎな精霊に取り憑かれ
さまざまな「実験」が行われた
====================


あるものは片目をつむり       あるものは石ころを使った
指の先を合わせる仕事を           的当てを

    ∧ ∧                   ∧ ∧   三≡ ○
    (*゚~^)                  ( ゚ー゚)
     |/)(`i                   /  つ´            三≡ ○
   ~O- つ                ~/  つ
                         (/´        三≡ ○





56 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/07/03(土) 20:10:24 ID:pb5YLBpk

:.ヽ   _     _ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:~:::..... ノ~::::: ... ヽ  ,:::::::...) ::::::::::::::::::::::::::::::::::  ― - :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::.:..........  :: .... ノ..ソ....:::...:.:. ノ::::::::::::::::::::: /       \ :::: ::::: ::::: :::::::::::::::: :::::: ::::: :::::: ::::::: ::::::::::
::.....::::....  ゛::  ..:...........::::::ヽ      /             ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  ,....:::::::::........ .........  .....く::::....    |            |  :::::::::::::::::::::::::(;;,,,,, ___):::::::::
....: ::::....ノ....::::.:::: .... ノ:::::::: ............ノ........  |      :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(,,,,___):::::::::::::::::::::::::
::::ヽ,.....  .,,....:::::::::::::....:::...  ゛....    ヽ          /::: ::: ::: ::: ::: ::: :::: :::: ::: :::: :::: :::: :::: ::::: ::
:::::::........ .........  .......::........,,....:::::::::.ノ ::: ::::: \       / ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:........ノ::::.....::::....  ゛::  ......:..... ....::::::::):::::::   ー―  ...::::::::::::: ::: :::: :::: :::: :::: ::::: ::::: ::::: :::::: :::::: :
ヽ  ,',:.....:::::::::.......... .::::.., .........:::::::::ノ:::: ::::  ::::::   ::::::::  :::::::: ::::::::: :  _,,,
.::::....  ........ .  ....::....::::........:....r'' ::: ::::::::::::: :::::::::::::::: ::::::::::::::::::::: :::::::  ,,,,,, ,,/~   \,,,__
.....::::::::.....::::......y.ノ........... .......... :::::/__;;):::: :::::::: :::::::::::::: ::: ::::::::::: /
:iiiiii::;iii:i; イ........,.,:    ....::::::r''~::::::(;;;;;;___): ::::::::: ::: :::::::: ::::  /|ヽ,,
;:;;::'':;ii:::.. | .)ヽ,.......,,............::::::::) ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r/  ''ヽ,,,,
ii::  :;i;: ,,V:;iiii;/  :::  ::ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|li  /ii   ゝ,    ,,
:;;;::;;.::;;;: ;; i;;i:/....::::..ノ  ̄::::: : ::: ::::: :::: ::::::: ::::: ::::: :::::: ::::: ::::: ::: //ll      |;,, ,,ノl⌒ ̄'' '
::;i;..  .::i;:ii:ii;/ ::: :::: :::: ::: ::: ::: :::: ::: :: : :::: ::: :::: ::: :::: :::: :::: :::: ::: :,|r    /i  /⌒ |
;ii;:.:;:..,:;''' r''ヽ_ノ~''' '''ヽ_    _,,,, ,,,,, ,,,_ ,,::: :: ::: :: : :: :: : :;|| ll |    ノ/   /ii
: ... ::;;;:.. |      /::ゝ'⌒~        ~/;ヽ_,,,,ノ/⌒⌒// / ll|   |ll  l
;ii;:: , .::;ii;: .| ""  "/:: .            /;;;;/    ~    ヽ_人;;,ノ    ノ_ノ
_i;::;.ii:.; ヾii.|     /::.. . .      ,, ,,   ヽノ    ,,,  ,, ,    'ヽ'''i /^/  ii  /ii
; ; ..;ii;.::;;;il.;|      ::..                           ヽ|~ _|ll ll|
;iiii;,,;i ; ,  ;|""      ""          ,,, ,, ,,,             ⌒  ヽ,,l__
;i;;iii::iiiii;: ;;ヾ."""" ""      "
i;;ノiiiiii;i;i::..ヘ; ヽ,..""     ""                     ,, ,,, ,
"""",,""",,,,"""",,,, """ ""     ,,,, ,         ,, ,


===============================
あくる日もあくる日も、夜になると新しい岩は音のオーラを纏って待っており
夜ごと「実験」は繰り返された
===============================





59 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/07/03(土) 20:23:26 ID:pb5YLBpk

=========================
実験――或いは訓練――の傍ら
仲むつまじいヒトザル一家の幻覚を見せられることもあった
=========================


          ∧ ∧∧∧
 (  ∧∧    (*゚ー゚(*゚ヮ゚)   ∧∧
 γ⌒(*゚ー゚)   / つと,,_,,)  γ(*゚ー゚)
  し" し"J ~(,,_,,)  ) ~(OJJつ∧∧
             ~γ⌒∧∧   (*゚ー゚)⌒ヽ
               しo(*゚ヮ゚)っ  (/"(/´" ヽ)





60 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/07/03(土) 20:23:56 ID:pb5YLBpk

==================================
だがそこに映るヒトザルの姿には一つだけ自分たちと明らかに異なる点があった
彼らはたらふく食べ、満ち足りている様子なのである
==================================


                    ,;'" ;,       ,,
                   ,;'"  ;,    ,,;''" ,;i
                ,,;;''""   ''"""゙゙,,;''   ,;;i
              ,,;;'"            ..,;;;'
              ,;'   O            ゙;,
              ;,   ""       ○     ;;
              ゙;,   `ー--、__  '""  *   ,;'
              ゙゙:::::...            ,,;'
                ゙::::::.......      ,,,;;;:::'" ゙;,、
                 ;;'゙;;,,.     ;    ,;'  ゙;;ヽ
                 ;;'  ::゙;;::::::.... ;;'    ;;;;:_,,r'' )-、
                ;;'  :::,;;''"つ;;;;'   ,;;: ̄   ' ; ,)
              /;;", , ::,;;'ノ´;;;:;;", ,  ,;;'      /
            /  ゙``/´;;;;;::::::: ゙````´ヽ、..  ,,/,;'
          /    / ;;::;;;::,,. ;''  ..;;;;;;/    |,,;'"゙;,
        /     / ,,;;"   ,,;;;     /     | ゙;, ゙;,
      /     / ;,、、、 .,,;;''  ;;    /     |  ゙;, ゙;;..,,
    /      /   ゙`=-'"  ;,、、、 .,/      |   ゙;;,,  ゙゙゙;;..,,
          /          ゙`=-'/      |     ゙゙゙;;..,,,,,,;;'





61 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/07/03(土) 20:24:29 ID:pb5YLBpk

=====================
満ち足りた幻覚と満たされぬ現実
その差が生み出す羨望が、いらだちが、
ヒトザル達の心に人間性を生み出そうとしていた
=====================


         ,、      ,、
        ,;' .';,.     ;' ';,
        ,;   ';,.,.,.,.,..,,,;'   ';
        ,;.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::: `:、
       ,:'.:::::::::::::::::::::::::::::::: ノ(:::::::: ',
       :'.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::⌒:::::::::: i
       i.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i
       '               ::::i
       `:、 ―――      ::::::::/
         ,:'         : :::::::::::`:、
        ,:'         : : :::::::::::





62 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/07/03(土) 20:25:01 ID:pb5YLBpk

===================
そして夜ごとの訓練によって
彼らがときおり無意識に握りしめる両手は
将来の生き方を方向付ける様々なパターンを
かたちづくり始めていた
===================


        ,ヘ        ,ヘ
       / ゛ヽ      /  ヽ
       /  ゛ヾ    /   ゛ヽ
      /    """"""      ゛ヽ
     /                ヽ
    /  ○          ○     i
    i                     |
    !      | ̄ ̄ ̄ ̄|  \|/   !
    ヽ      ヽ   _丿  /|\ /
     ヽ                 /
   γ⌒ヽ          γ⌒ヽ ヽ
   i    ヽ)       (´i    ヽ !
   !     !         !    ! |
   ヽ::_::丿         ヽ::_::丿 !
      !                ノ





63 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/07/03(土) 20:25:32 ID:pb5YLBpk

 .. .:.:.:.  ... ...:.:.:.:.:. .:.:.:.:.:.... .... .. ... ..  .... .. ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:... ......  . .... . .... .. .:.:.:.:. .... r ⌒ヽ .:.:.. .. .
. ......:.:...:.:. .:. .:. (⌒ 、 . .. .. .     .. .......:.:.:.:.:. .:.:.:.:.:.... .:.:.:.:.:...... .. ..:.:.:.... ..:.:.:.: .: .. .. ... (⌒   ⌒) ... ..
:.:.:. ...... .:.:. (⌒   ⌒) ... .... .:.:.:. .. . :. .:.:.:.:. . . .....:.:.:.:.:....  .....   . ..:.:.:.:....:.:.:..: .:.:.. (⌒    . . ... .:.:.
 .. .... .. . (⌒      r'. ..:.:.:....   ..:.:.: .....:.:.:.:.:. .:.:.:..... r ⌒ヽ .:.:.. ... .. ... . :..:.:. . . ...   . . .. ...:.:.:.:
. .:..  .. (⌒'        .   .. .:.:.:.:.:.... .... .. ... ....:.:.:.: (⌒   ⌒) ...:.:.:.... :. :.:.:.:.. .  ... :.   .:.:.:.:. . ....
. ..:. . (         . ..  ..:..   . ... .    .. .:.:.: ...  (⌒     r'⌒ヽ ..  .. .. .... .  . .. ...:.:.:... .
... . .    .;i;';.      . ...  ......  ... ....    ...          ⌒ヽ    . .. .:.:.:.:..      ... ..
   ,.;i;';.,,;;`;;i`、    ... .      . .. .   ... ....    ...        . ...  ......       . .. .
  ,.;;:。;:;;::、;;:。;:;;,.
 ,.,;:;;`;;i`:;:i;,|i!''".                                 .;i;';..;i;';.
..... ""'|i!''''"  i|!、....,........... .......,.,.......,..,.,,.,,. ...... .......,. ,.......,..,........... ...    ,.;;.;i;';.,,;;`;;i`、;i`、 . ............ .
'::',:'':';:,.,i|!、:.,"'`::'::',:'':'`::'::',:'':'` "'"' "'''.''' "'''.''" '::',:'':';:;..,"'`::'::',:'"'`,.;;:。;:;;::、;;:。;:;;,;:。;:;;, ,.;i;';.
 "''    ::':'::' " '''.''"'"  ''"'"' "'''.''' "'''.''"'"''"'"'  "'''.''' "'''. ,.,;:;;`;`;;i`:;:i;,|i!''";,|i!'',.;;:。;:;;::、
'::',:'':'`::'::',:'':'`::':'::',:'':';:;..,"'`',:'':'`::'::''::',:'':';:;..,"'`,:'':'`::'::',:'':'::',:'':';:;..,"'`::'::', '""''|i!''"  ,i|! .....i|!,.,;:;;`;;i`:;:i;,.
'::',:'':';:;'"'"''::',: '"'"''::',:::'::',:'':'`::'::',:'':';:;..,"'`'::',:'':';:;..,"'`'::',:'':';:;..,"'`'::',:'':';:;..,":,.,i|!、'`'::',:、'':';:;..,..、""'|i!''"
',:'':';:;..,"'`',:'':'`::'::''::',:'':';:;..,"'`,:'':'`::              '::',:'':'::',:'':';:;..,"'`::'::',:'':'`::':: '::',:'':';:;..,":,.,i|!、
"'''.''' "'''.''"'"''"'"' " "'''.''' "'''.''"'"''"'"' "'':';:;..,"'`',:'':'`::'::''::',:'':';:;..,"'`,:'':'`::'::',:'':'::',:'"'''.''' "'''.''"'"''"'"
:::       ;..,"'`',:'':'`::''" ;;                    :::;..,"'`',:'':      :::;..,"'`',:'': ;:;: .
'':'`::'::',:'':';:;..,"'`',:'':'`::'::'.,"'`',:'':'`::':' "'`:       :'::',:'':';:;     ..,"'`',:'':'`::'::',:'':';:;..,"'`',:'':'`::'::'.,"'`',
  '':'`::'::',:'':';:;..,.            ';:;:;..,"'`',:'':'`::'::'':    '':'`::'::',:'':';:;..,"'`'::',:'':';:;.
                           '':'`       ::'::',:'':';:;:;..,
    "'"'''':'`::':;:;..,"'`',:'':'`::'::'':':';:"'"''' "''''':'`::':':',     :'':';:;:;..,"'`',:'':'`::'::'':;:;..,    "'`',:'':'`::'::'':





64 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/07/03(土) 20:26:10 ID:pb5YLBpk

=======================
ある日、イボイノシシの群れが行く手を横切るのを見て
ヒトザルの一人は立ち止まった
=======================


  __/)_/)
 /ミミ ミミ ゚ ゚ヽ
`/ミミ ミ ミ ノ)(‥)ノ
人ミ ミミミ  (゚Д゚)
 UU ̄ ̄∪∪

                          ,,:'`:、    ,:'`:、
                          ;":::: `'''"""''`  :;;.
                         .;;::::::        :;;
                         ;;:::::::        :;
                         :;::::::::::        :;
                          ::、:::::;;;;;;      ,,'、
                         ,,,:'''::::::::::::  ''" `;;
                         ,,":::::::::::::::::::     ;;:


============================
彼は今までイボイノシシを相手に何の感情も覚えたことはなかった
――彼らはヒトザルとは利害が全く一致しない存在だからである
============================





65 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/07/03(土) 20:26:42 ID:pb5YLBpk

=======================
だが今イボイノシシを見つめながら、
ヒトザルは得体の知れない衝動に突き動かされていた
=======================


     ,     ∧     ヘ
   __ノ    ,' i ':,   / i ヽ
        ,'、,,j ーーイ,,、j  ヽ、
      ,:´           ヽ
        ○     ○     ',
      l               |
      ':,   r―-、       /
       ヽ、 l    )       /
         `> ― '    <
        ┌─┐       `' :、
       ./| ⊂¨ヽ         ヽ
       l│ ⊂  `ー





66 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/07/03(土) 20:27:21 ID:pb5YLBpk

衝動の命ずるまま地面をまさぐり


       ,;:'';,     ,;:' ';,
      ,;'':.:. ';,,,.,.,.,.,.,;:'   ';
     、:´: .          ':,
     ,':.:..:. .           ':,
    ';:.:.:.:..              ';
    ';::.:.:.:. . ○      ○  ;'
     ';:::*:.            ;'
     '':;,:.:.:.:.:. .   ー―‐   、:'"
    ノ              \
  /´                 ヽ
 |    l                \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))





67 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/07/03(土) 20:27:51 ID:pb5YLBpk


          15センチほどのとがった重い石を拾い上げた


                       /|\
                     /  |  \
                     |\/\/|
                     | |...........|....|
                     | |:::::::::::|::::|
                     | |:::::::::::|::::|
                     |/\/\|
                     \:::: |::::::/
                       \|:/





68 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/07/03(土) 20:28:29 ID:pb5YLBpk

              /
              |      \
              |    |   >───
              |    l
              ヽ、 /
                ∨
                |
                |    ___
                |   |:::::::::|
                |   |:::::ノ
                |
                \      ___
                  \
                    >





69 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/07/03(土) 20:29:01 ID:pb5YLBpk

                        ∧∧
                        (゚ - ゚ )
                       と  つ
            __/)_/)      ヽと_)~
           /ミミ ミミ ゚ ゚ヽ       `J
          `/ミミ ミ ミ ノ)(‥)ノ
          人ミ ミミミ  (゚Д゚) ?
           UU ̄ ̄∪∪





70 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/07/03(土) 20:29:31 ID:pb5YLBpk

          _,,,....-::::,,..-;:'
     _, -=''""""    =--、,、`,"+`ゞ,;:
     _,.-'^ "              ̄=.、".
     -'^               \`,`,;⌒`;・",;+
   >                    ミ`+,;:;"・ヽ` `
  :"  ._=__            ヽゞ,:;*ヾ"`丶 ┼
 /  彡  .       -ミ、         ミ   `,;:" ・・
 ___ |\        /|\       `i    ╋╋  ┏┓       ┃
(      |  \──< . | 丶      |i      ┃    ┃ ・・┃  ┃
  ̄ ̄\ レ        | ミ     .ミ               ┛   ・
      /  ○    ○ |  |     |l    /  +
      |    ー―    |  .i|    |i      ´
      ヽ、        ノ  .i|    |i  ゞ
    /  ヽ  //   /  i|    |i  ´`  +
   /    V/    /   |    ,/  '  /
  /    _/     |   |   ,/;:";:|;,/×
    ∠//:::/::::::|:::l:i   |    ,/";:`, 、 丶
      |/;;;;/;;;;;;;/;;;|,,|  i|  ,/`,;:ノ`,
     //|/::::/|//  |  /;`,;:+
    ./  // /    / ./+``
      /       ././  ,'
            /"`;丶
           / `,





71 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/07/03(土) 20:30:10 ID:pb5YLBpk

            :,:           :(::)
            /⌒''⌒) :,,゜      '         ,,,,,,,
           (:::::::::::::::!'                 (::::::)
           ヽ::::::::';'''                 ''``   。
           τ'::/ .;:
            )/
         。            '  、       ;: 。
                               `'''`~''・    ' `
     f''`⌒(     ,,,,               !:(',,,,、              ::,,,,,、...
     ,!,,,、(     /::τ             ノ:::::::::::::::::)          。  !::::::::::`! 、
 :.、          !:::(     ノ::`!   o   (::::::::::::::::::τ            (:::,,;,;,、; 。
       ゜     (/      ⌒・ .   ・、;::::::::::::;;.;`` ''
     ,,、..   //   ノ'          //'''`'`'` `       ..,,.. _,,,.、 ・         ,, ...:・..
  π /;::::::::(,.,.(;;;::::(   ,,.,  ・っ                    ;,;;( ):::::;.    c::── '`'''::::::::::;''
   ):::::::::::::::::::::::::::/  '''''`   `        '`                     ⌒ ` !.:::τ'' ``
 τ !::::::::::::::::::::::::::::)/,,,,, γ               :'`'``:!
   (::::::::::::::::::::::::::::冫 `'`'    、,:'::::::`:::,,,,        !:::::ノ         ・
 :::':'::::::::::::::::::::::::::::;(,,,,,,,、:::::::-ー''''`'`''''''''"





72 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/07/03(土) 20:30:49 ID:pb5YLBpk

========================
しばらくののち
彼らはもう二度と飢えなくて済むことに気付いたのである
========================


                   |\       /|
                    |  \    /  |
  (       て         |   >-/    |
 γ⌒`ヽ∧ ∧  て       |/ _,  、/  ι.!
  ( ,,)-、,,(*゚~゚)          |≡    ≡=   ,ノ
       ∴ アムアム       |         |
                    \ r一'7  */
                     /⌒ヽlj 。   \
                    ./  ┬'j      |





                                        第2話 END





73 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/07/03(土) 20:33:00 ID:pb5YLBpk

本日の投下は以上になります
次回の投下は1週間後、7月10日(土)を予定しています





74 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/03(土) 20:41:46 ID:Qu8wJEQQ







80 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/05(月) 11:46:47 ID:OoyjBuLA

少しずつ、ヒトザルが変化していく様が面白いっすね
この辺は配役上、AA長編っぽいのがまた楽しい





76 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/04(日) 00:58:53 ID:GvNe5.n2

猫人類の歴史物ですね





78 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/04(日) 08:39:10 ID:jpy.mNpw

こういうノリのモノリスいいな
これからますます楽しみです
ストーリーは映画だけでなく小説版も入ってるみたいですね?


>>78
基本的には小説版に沿っていこうと思っています





81 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/06(火) 20:08:11 ID:RVcKiECI

このスレを見て、小説を読み直したい衝動が起こった
今日からのスタートだがスレと並行して楽しめそう


>>81
そう感じて貰えると作者冥利に尽きます





75 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/03(土) 20:44:40 ID:rQe4T4As

ますます今後に期待です!










投稿日 : 2010/07/30 | カテゴリ : 宇宙の旅 | コメント数 : 6
■コメント一覧
  • No.4141 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年07月29日 23:58 [ edit ]

    映画版じゃケモノ撲殺まで一瞬だったけど、原作はこんなに手間かかってたのか



  • No.4143 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年07月30日 01:35 [ edit ]

    小説だと発見までにヒトザルがメチャクチャ飢えとる描写があるから
    これでもはしょってる方



  • No.4145 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年07月30日 08:48 [ edit ]

    短いわりにはサクサクと展開が進むね
    エピソードの取捨選択が上手い作者さんのようだ



  • No.4147 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年07月30日 18:07 [ edit ]

    映画しか観てないからなぁ。
    楽しみだ。



  • No.4158 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年07月31日 21:36 [ edit ]

    うーん素晴らしい・・・映画しか見たことなかったが、
    かなりはしょってたんだな。原作買ってこようかな。



  • No.6606 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年10月22日 16:46 [ edit ]

    モノローグに反して、ヒトでもサルでもない辺りが実にシュール。



■コメント投稿
     行間隔の関係でアスキーアートを貼りつけてもズレが酷いことになりますので、
     アスキーアート付きのコメントは削除する方針です。
     荒らしの書き込みに対してレス・言及しているコメントも削除対象ですのでご注意ください。
プロフィール

管理人 : 「ピチカー党員No.11」こと金ニダリスト

       ___
      |それ金|
    z'| ── 、
    / ハ ヘ u ヽ
  人/ノヽ ミ=‐...|_     生活の中心が株になっとる
    }≦ u 爻r.j. |彡}
  (  u  リ У{三≧
   ` ー─t r三勿 {气}
      厂 ̄(三)  `气


◆カウンター(ユニーク)    ◆カウンター(トータル)
       


全記事一覧

RSS

管理モード
ツイート
最新コメント
最新記事
まとめ記事
【歴史系】
【物語系】
【ゲーム系】
【学ぶ系】
連絡先はこちら

苦情・相談などありましたら、
下記のメールフォームにてご連絡ください。
(ファイル添付可能)

連絡用メールフォーム

貰い物紹介

TOP画像募集中

  

ダンジョンマスター作者様からいただいた逸品。
カナ、マジプリティ!



  

  

帽子屋HeII0様からの贈り物、しかも二枚!
各作品に対する愛情が伝わってきます。
帽子屋HeII0様のブログ - 「-simulacra-」

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
© それにつけても金のほしさよ All rights reserved.
まとめ