■新・やる夫の関が原戦線異常アリ 第3部 その9 「Ghost Town Gang」
385 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/07/31(土) 22:13:23 ID:Sc3sg/PI

         , '          ,ヘ. ト、 、.._  / r‐、ヽ.
        / ./     ,イ/ /`メ.`ヽv::\ \\r 、ヽ
      . / //     / !' v/ / ,    :::\ \ 、リ l
      ,'/ / .,イ ,  / l _,/ /!./ /     ::::\.ヽ._ノ
      .  ! / l ,イ ./、.U \/ l∠.=;-‐   v u:::::\'、
        |/ |/ W  `''‐、,, '~U~ ~′    :::::::|ヽ.   ト.
                 /      u ノ> uj ::::| ヽ   | i
      .           / v ‐, j /'´    :::|;   !.   |. !
                  /   イ   / v   u:::|;;   !   | !
      .        / , ‐'´ノ _,/ u      :::|;;  |.  |. !
                ー''´    ̄  \_/`! u  v::|;;;  |  |  |



 『 新 ・ や る 夫 の 関 が 原 戦 線 異 常 ア リ 』



         , '          ,ヘ. ト、 、.._  / r‐、ヽ.
        / ./     ,イ/ /`メ.`ヽv::\ \\r 、ヽ
      . / //     / !' v/ / , ' !  :::::\ \ 、リ l
      ,'/ / .,イ ,  / l _,/ /,/ │   :::::\.ヽ._ノ
      .  ! / l ,イ ./、.  \//   ! }   v u:::::\'、
        |/ |/ W  `''‐、,,ヽ ,ノ,j'      :::::|ヽ.   ト.
                 /  ~U   u ノ> uj ::::| ヽ   | i
      .           / v ‐, j /'´    :::|;   !.   |. !
                  /   イ   / v   u:::|;;   !   | !
      .        / , ‐'´ノ _,/ u      :::|;;  |.  |. !
                ー''´    ̄  \_/`! u  v::|;;;  |  |  |


     次回 <第3部 その9 Ghost Town Gang>

           明日8/1(日)21:00投下予定





386 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/31(土) 22:16:14 ID:/hBqZDco

また今からかよwww
毎回追い込みが凄すぎるw





391 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/31(土) 22:25:28 ID:7tFKArWo

夏休みの宿題も24時間切ってからが本番だったもんな





413 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 20:59:17 ID:S6azOtvE

徳川家康の人生は どこを切っても
戦国時代の巨人たちと密接な係わりがあった

        __     ____
       <、  ```ヽv'´    `>
       __,,.>  ,  `Y´   、   ``ヽ、
     ,ィ'´     ;'´(       )ヽ     ヽ
   ∠二ィ : .  `、 > ___,,,..ノ 丿    .ヘ
      /: : ; .   `´ `ー--‐''´    . : : |
    ∠:/,:ィ: : : ,:ィ: . /| ト、       . : : : |
     ///.: :, く//   \!_,>   . : : : : :|
     '´ /:,:イ`>、\   _,/ /\ . : : : : : |
        |/ .kー-。、〉 >-‐'ー。、 |.:|‐-、: : !
         |`ー:/'´  `ー-‐'´ | !か.|: /
            |/ __‐、    u lノい/:〈
         `iー______  ,'/じ:' : :ヽ
          l `ー―‐---‐'  '/: : : : : : :.ヽ
             '、   ー    //: : : :∧: : : :ヽ
          ∧.     /,.r': : : :,/⌒'ヽ: : : l
          ノ|: ,ヘ__/,r'´ノ: : :/    \.:|
          |: : /」:/ /: :,:イ          \
          ノノ^「ヘ、 ノ//             \
         '´   |i゚:l \'´ /
             |i :!  V





417 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 21:00:16 ID:S6azOtvE

少年時代の家康は今川義元の庇護を受けて育った
駿河・遠江・三河の三国を制圧した義元の領国経営は革新的であり
軍事・内政・文化のどれをとっても当時の日本の最先端を走っていた


    ',   ヽ \   /     /   / ̄__/\      /   /___         ,.‐:、_,:‐.、
     ',    \ `/   // / /   ´\ \   /   / ̄ ̄/         /::::::::::::::::::ヽ
      丶 、  〈  //l// /        │ 〉 /  /   /          /:::::::::::::::::::::::ヽ
       \\ 厂\ |へl//       /∨/ / /__,∠           l―――――゙l
        丶 | 几 ト、l≧、\     /_,.イ´ /ノ ̄〉 ̄ ̄ ̄/´      ___,,,,,.....l_______l.....,,,,,,___
       __|└ ,ハ〈 |  しト   ,イ し' | / 厂 /___/       <´:::::::::::::::::;::::;;;;;;;;;:::::::;;;;;;;;;:::::::::::::::`>
         `ヽ_\└∧└─┘ ,  └─┘jイ_/_/´          `''ー‐--i ´ヽ / `゙   i--―‐''´
            ̄>-ヘ     〈レ _,、   /く二二>                :==-===/'ヽ
             ̄\∧   「 二.イ   /  '、                    !;;;;;;;/~ヾ;;;;;;;ノ .6 i
                 ,'  ヘ、ヽ─'′/   ノ\                  `!、 !_.,ヽ.   / , ノ
                 l  `三≧=-彡/       \, へ、              /~´ ´``'ヾノ`i
             _/│  |` ̄´   / /     /  />、            !  ,/''ヽ.   !  |
        ┌/ /  人  |    // __/  //              ヽ,/   ヽ,,ノ  .|__
        /  /´ ̄ ̄`\!/´ ̄ ̄,.<///  /                   !  ノ_,,..-::''´::|
   , ⌒厂|   ノ、___/__, </////                       _,,l,,.:::''::::::::::::::::::::`i
 _/  / │ 〈///////////////////    /                  i''´::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
/∧   / / // ∨///////////////  //  ← 今川義元         l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  ← 太原雪斎
//∧     //   ∨////////////  //                     l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|


義元の姪を正室に迎えた家康は今川家の武将として軍事だけは必死に学んだ

だが 義元が「桶狭間の戦い」の遭遇戦で織田信長に討たれると
それを契機に家康は今川家から独立し織田家と同盟を結んだ





420 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 21:01:17 ID:IeiC2fpE

これは脳筋な義元w





419 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 21:01:08 ID:2w3fS.q2

この義元、どうやったら死ぬんだよw





423 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/08/01(日) 21:01:56 ID:QC7Jvj.A

心臓の病気とかw





421 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 21:01:18 ID:S6azOtvE

家康にとって信長は謎の人物であった
守護職の家臣の傍流である信長が いかにして「天下布武」という思想を持つに至ったのか
家康には最後まで分からないままに終わった

            _,,,,,,,,
          , - ' ゙    `` ‐ 、_,,,,,
        ,r'          /=ミ
       /           彡ll',''´
     . /             彡lll
      !-- .、    ,、、、、,,,   彡lノ               ,, -─‐-、,,-─-,、
      l,,,,,__ /   ___     'r''゙ヽ              /        ,'⌒ヽ\
     . |`゙'' ./   `'゙'''"    .〉,l |             〈  ,‐-⌒-、ノ,,,  |.  \
      |.   ,'           //             /, ミ、Vヽl〉| | |,,,  |.   \
     . ',. ,'           , r'               '|\Nヘ「ヽ||_|__,|.     \
     .  ゙, ゙'ー ‐`      l  |                     |L.|  |       ヽ、
        ゙、''゙ ,,、二''‐    ノ  l、                     | | ,,,|,        .l
     ''''''''7'ヽ  '''    /   /`〉`゙T''''''''''    .              |_|_,||        .ノ
       l  ` 、,,,,、- ' "    / /.|  |                   |::|::: :|_|       ,ノ |
     .  |  |  .l i       / ./ |  |                 rrr´‐::: :j. L,,---‐‐'´ ノ
       |  |  | l      / ./ .|  |                i´^^i´ ̄~    ̄ ̄ ̄~i‐⌒ヽ,
     . |  |   | l     / /  |  |                 ヽ、__ヽ、______」-、__.⌒っ


信長には同盟者とは名ばかりに 軍事権も人事権も奪われ いいように使われ続けた
「本能寺の変」で信長が弑された時 家康は心のどこかでホッとさえした





425 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 21:02:21 ID:S6azOtvE

信長の死後 家康は
その仇討ちよりも 信長の遺領である甲信の蚕食に熱中した
甲信は武田信玄の遺領でもある

                     、
              --==、、 } .)
              _   ヽνム-―- 、
             _´二>`.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
           ー´フ. : . : .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
           ./: : : , '.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:、
          ´,.:': : : : i::‐ト i、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
          ,'7: /i: : ハ j リ`ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧
           i / ル'  i! 7fぇ、i.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
           l/ __ノ  ムソ,ノ j.:.:,'.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l
            }         !.:.:/.::,'.,;,;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
           丶-  ァ     ムイ.:/i.:.:ふ..:.:.:.:.:.:.:.:.:/
            ノ        .:/i/ .jんソ.::.:.:.:.:.:.:.:/
           ゝ      ...::/,ノ´′ヘ.:.:.:..:.:.:.:.:.:/
             `  ‐-,..:::  ...::::::::::::::ソ.:.::.:.:.:.:/
         __ ____!:::   .::::::::::::::{ ! 川メ,ヽ
        / /三三三三三三三三三三 |E彡jyヘ \
.       / /三三三三三三三三三三三ヾYり | ト ヽ
       / /=, -‐- 、三三三三三三三三 |:i;ハ ノ .ノ V∧
      l l/ __  ゝ三三三三三三三三 |:i;ハ⌒
      l  ./.三\_____  ___ |:i;,:ヘ    ← 武田信玄
      |/三三三三三三三=/ /三三  |:i;,:ゝ\


長く対立を続けた一方で 自分と同じように扱いの難しい家臣を抱えながら
これを完全に掌握し最強の軍団を作り上げた信玄は家康の憧れでもあった
「三方が原の戦い」で完膚なきまでに叩きのめされた時 家康はむしろ感動すら覚えた





431 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/08/01(日) 21:04:07 ID:QC7Jvj.A

感動のあまり、味噌まで体外放出いたしました





429 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 21:03:16 ID:S6azOtvE

家康は武田家の旧臣を数多く召し抱えた


     {ー- 、∧ノ{
     _ ゞ ≦    ̄ ヽ
   r ′ - > -―  ̄`ー 、
   |/  /   ヽ    ヽ  ヽ
   /  /  /      ヽ ヽ  `、
  ム. l  /      \  l _L  l
  |l | /  l  l  ト、  l 斗七ハハ ノ
   川 l |  {、 |」斗ヽ、|/レ'レ 从!
  ノ リ!八 l  k<! ヽ!    (● )l l
    ヽ ヘ  ヽ (● )      リ
     } 人ヽヘ ゝ     ′  ノ
     ノ   `~ゝ     -  ≦ーフ
          廴 ` ー  ≦ } ヘ く
         /  ヾ   彡 _,イ._ノ、._ゝ
         /   , ゞ- _ノ〇l `ー'   ← 板坂卜斎
          /   /  〇  〇|


ちなみに板坂卜斎の父・初代朴斎も
元はといえば都で医官を務めた後に出家したところを
信玄の勧めで還俗し 武田家に仕えたという経歴をもつ





432 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 21:04:16 ID:S6azOtvE

また家康は北条家に実娘を嫁がせていた
全国に先駆け国人衆の官僚化に成功した北条氏政は関東に強大な独立国を形成しており
その領国経営方法は家康もかなり参考にした


                         _ /イ´.:.:´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ト、\
                        /..././:.:...../.... /.   /   |:.:.:.ヽ\
               /⌒ヽ.     /.:.:.:/:/./:.:.:/.:., イ:.:/.:.:/.:....l. |  | l iヽ
               i′  |  /.:.:.イV.:.|:.:./.:./ !:.:|.:.:.:.:.:.:./:.イ:.:.:|.. | l |
               |    l   /:.:./.:|.:l.:.:.|.:.:|:./\|:/|:.:./:.:.ィ:/|:./:.:.|.:.l|.ト、
              |    | /.:.:/:.::;!:|.:.:.|:/j/,ニミ!ト Ⅵ:.// _.レ'}.:.:.l.:.:l.ハ!
                  }     ∨.:./:.:::ハ|.:.:.|{ ヘ.ヒz:ツ   }/ブ三ミl' !:.:/:.:.リ:.:.l|
             ,.. ┴-- ._ ∨.:.::/  |:l:小          ヒz:リ }/:./:.:.:/|:.:.l|
            /       ヽV/  ハ|.:.トヽ    '     ´ノイ.:.:./|:|:.:.l|
           /      _   }ヽ._ ヽ:{,>、  `   一   //ノ:// /.l.:.:.l|
          {   ー‐ ¨ ̄   ̄`ヽ|\ヽーヽノ \       _. イ/ィ/´ i.::.l.:.:.l|
          j            |j  ヽ.ヾ  \ `¨¨丁}}  ノ´   |.:.:.:.:.:l|
          /     _.. -――‐ヘヽ  l\ヾ  ヽ、  ,「\      i!.:.l:.:.:.l|
          ヽ             } }  l  ヽヾ ヘ`ヽrl  ハ       |.:.|.. .l|
          ヽ        .. -‐ ¨ ̄i′ !   ヽヾ ヘ ̄`|  /`ヽ.  i!.:.i:.:.:.:l|
           }     ´     ノ  /   ∧ i. ヘ  l/:::::::∧  |:.:.|.:.:.:.l|
            /ヽ.         /  /     ∧ l. |/::::::::/ /ヽ |.:.:l:.:.:.:.l|
          /..:.:.:.`:ーァ弋_ ̄  _/        i/:::::::/ /   ! !:.:i.:.:.:.:.l|
          /.:/:.:.:.::/:/    ̄「         /:::::::/ / V  l |.:.|:.:.:.:.:l|
         , ./:.:.:.:::j::/      V         /::::::/V/   | l.|:.:l.:.:.:.: l|
         !.i:.:.:.:::/|:i       V      ,イ:::::://ィ7イヽ.   |   i!.:.!.:.:.:|:j|
      .   |.:|.:.:.:/ .|l         V     /:::::::/ //l lバヽヽ .′  V|:.:.:.|:リ
         j :l!:.:/  !       /}   /:::::::/  〈 {_| l! |{_j .〉i     }:.:.:l|/
        /:ハ:{  |     /::::ノ  /:::::::/    `Ti'| .|ト‐'/    ノ!:.:/|  ← 北条氏政
        /´  l|       /::::::「 /:::::/     | ||  ||  {―__壬:l:./


家康の関東経営の成功は 北条家の先例がなければ有り得ないものだった





434 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 21:05:05 ID:mg1DX2LA

色んな戦国大名の色んな美点を吸収していったワケだね





433 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 21:05:01 ID:pScs.xtE

まさに戦国大名のエキスが濃縮してたんだな





437 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 21:05:33 ID:eY69cit.

天才型じゃなくて努力の秀才型なのね、家康って・・・





436 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 21:05:24 ID:S6azOtvE

そして その北条家を滅ぼした豊臣秀吉 これはもう掛け値なしの天才だった
信長の旗下にあった頃から
この農民あがりの小男に抜かされたことを自覚していた家康であるが
そのことに悔しさを感じることはなかった


                  _,,,..-.ー.─.-.-....、._
             二ヽ,,..::"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:..、
           /::::::::``:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::ヽ
          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ:::::::::::ヾ:::::\:::::::::',
         /:::::::::::::::i:::::i!::::::::::::::::ヾ:::::,,∠,、_:::::\::::\:::::',
         i::::::::::::::::!:::::i i:::::::::l::::::::イ\\\:::::::::\:::\::',
         l:::::::i::::::::!::::i,,ゞ;::::::::i:::::::::l  >≧r、\::::::ヾ\_::>
         l::::::i!:::i::::l;/i ._,,\::::!、::::::l   辻ヾ〉 \:::ヾ)::::>
         i:::::ハ::::|::::l:::i〈`(ヘ\! \:',   ゞ-′  ラ∨/"´
          l:::i l:::|::::lヾ、 弋i;) ヽ  \      ┌::ソノ
          ∨ l::::l::::l:::\ "           ヘ::::/
             \|\!\  ′          ∨
              ヾ ヾ 、    ー ´   ,   ゝ、
                  `  、      , ′  /  \_
                      ` ー <  /´    /::::: ̄`ー-
                       _ノ´∧_∧    /::::::::::::::::::::::
                  :::::´ ̄/ /〈::ヾ∧    /:::::::::::::::::::::
                  :::::::/  / ノ::::〈 ヽ  /::::::::::::::::::::


天下統一という偉業から「唐入り」という愚挙 「秀次事件」に始まる晩年の独裁も含めて
秀吉が成し遂げたことを思い返す度に 家康は感嘆せざるを得なかった





438 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 21:06:25 ID:S6azOtvE

慶長4(1599)年現在の統一された日本とは
これらの偉大な先人たちが血を流しながら積み重ねてきたものの結晶だ
そして家康は そのほとんど全てに係わりあいながら生きてきた


                _,,. -──- 、 ,. ‐''"´ ̄`二ニ=-
            -=ニ´..__     ゙     ´ ̄~゙'''‐、
             ,. ‐''"´                  ヽ、
           , ‐'´                       ,.ゝ
         ∠..-‐''フ'~                       ゙!
            /                           !
           / ,                           l
      .    //        /l ,ヘ. ト、 ヽ、            l
      .   // ,イ    /! / ul ! ゙、 |. ヽ、!ゝ、 !       |
          / .// /!  ./ l./.`‐、l  ヽ!. ‐'´, k'ヽト.、       .l
      .   i ./ !/ l ,イ/. !' `‐、|!  I|_,. ‐'´ ヽ! ::::ヽ      ゝ
      .    l./ .l' l' !' l=====〉 __ =======:| .|⌒i.   ヽ、
          !        l`‐.、.__゚/,::: ''' ヽ、 _゚__,.. ‐'´:::| |´ )}.    l、
                    !  :::/,:::::::::. jv  u    ,/:::|.|~)/     l、
                ノ! ,/,:::::::::::__::)  _,,.-‐"  u::||_ノ       i、
                / iー_____ ,,. -‐''フ::::/!     !゙!‐ 、._. ヽ、
                I_,. ‐'i`‐ 、.____,,. ‐'´:::/: │   │l   ` ‐-
          _,,. -‐'"´   ,.!  ___,,   u:::/::   !    ! i‐ 、._
         /i     _,,. -‐1 ヽv  ̄ ̄   :::/:::    !   i' .i   ` ‐-
        / .{_,,. -‐'"´     !  ヽ、   .::/:::    i'  / /
       /  !       , -‐-、 , -‐、i´~`ヽ     ./  ,イ./
      /   l      ,.へ、/⌒ヽ、 `‐、  i   /  / /
          |    /‐-∠.__,、 `‐、 `i‐、-‐'"7/!'/
          .|  /´        `‐、  ゙i __,! `、-‐/"


   豊臣政権の天下統一は 家康の57年の人生の証でもあった


  『 新 ・ や る 夫 の 関 が 原 戦 線 異 常 ア リ 』





443 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 21:07:39 ID:IeiC2fpE

学べるって凄いな





439 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 21:06:29 ID:mg1DX2LA

嫉妬するどころか、素直に「コイツすげえ」と思える家康こそ凄いと思う





440 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 21:06:30 ID:9GTG62SE

家康は先人の優れた点や家臣の扱い方が物凄くうまいんだよな
秀吉とは異なるベクトルだけど、やっぱり化け物だと思う





442 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 21:07:23 ID:S6azOtvE

<第3部 その9 Ghost Town Gang>

慶長4年閏3月1日
家康は 島津家の筆頭家老である伊集院忠棟を斬殺し
高野山に籠っていた島津忠恒を伏見に召喚した

                ____
     -=ニ"`' ,   , ' "  ,," '
     ______\ ` , , '    '-ー ̄二=-
  ∠二__  ~`           ""'ー、
   , - ~                 ヽ
  , '  , ,                  ヽ
  / /, '                   `,
  i/ /          /|           'i
   ,' ,    /:i /:i |:::| |',          |       で 忠恒……
   i /i /' /::::| |::::i |::uヽi::`,`ヽ       |
   i/ i/ i /ー-ヒ--`|u|--エ--ー\  ___   |       なんだって お前は
     i i/|二ニ=ニ~  二=ニニニ,:::| |─i`.  \
       .,|ヽ_゚_./:::::"ヽ_゚_, イ/:|.|─| | |`┬ー-    あんな馬鹿な真似をしでかしたんだ……
      / | ==:/:::u:::  u ~/':::|.|ニノノ |  |ー--
 __;;-ー''"~~.λu:/:::::::_::i   /'::::u::|.|ー'  /  |
 __;;-ー''"~'/| .| (_,-  u   ::u:::::/|   ||   |
      | !i .| <__ __-ー''ー:-:::/::|   |.|   |
      .|  | .|x--二_____:::::/:::::|  ./ .|   .|
      |   |/~ニ二\\ 'i/::::: |  |  |   .|
     .|  ,r┴'---, ̄\',  |::u |  |.  |   |
     | </ ̄ ̄\こつ  i  /  .,|  .|    |
     !-ーC' ̄ ̄`こつ    | / /!/,/ \   .|
        | ̄ ̄ヽ、      | / /| -    ` , |





444 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 21:08:16 ID:S6azOtvE

この事情聴取に対する忠恒の態度は
開き直りかと勘繰りたくなるほど堂々としたものであった


           _.,..、:-:─:-..、、
           /:::::::::::::::::::::::::.:::`:ヽ.
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:、
      ,.':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ          馬鹿な真似とは心外な
.      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
.      /::::::::::::::::::::::ヘノ!::::|::::::!::::::|:::!:::}:::i:::::}         わたしは家中を乱す奸臣を斬っただけ
    /:::::::::::::::::::::::::::厂 ≧rx|::::::j:/:イ:ノノ:イ
   /:::::::::i:::::::::{こj::::i 弋ケニゞ、イイヲイ:::::::\        父・義弘の勧めで高野山に上がったのは
 /:::::::::::::i!:::::::::じイ::::|      {  /::::ヽ::::::\
 \:;イ::::::i!|::::::::: ゝj:::::!       ゝ /:::::!:.::ヽ:::::::::>     都を騒がした反省に過ぎません
   '<::il:|:::::::::::::;:!::::j     ー- , ′::::!::::::::ト/
     ヽi;;;;;;;;;;;;;j'"´ \    /::::|::::::>'"´
  ,.、rーへへ/´;;\      トニ´__"´
/´ ̄`ヽ;;;;\\;;;;;;;;`ヽ、 !\;;\;;;\__
;;;;;;;;;;;;;;;;ヘ;;\;;;\\;;;;;;;;;;;;`ヽ、__>;;;;ヽ;;;;ト;;`ヽ、
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;;;\;;;\\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ノ::::l;;;;ヽ;;;;;`;,,、
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`;;ー ───''"/;;;;;i!;;;;;;;};;;;;;;;;;;\
γ;;⌒ヽイ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;`\;;;;;;;;;/;;;;;丿;;; イ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;',
´ ̄`ヽ;;;;\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`\;;;;;;; ̄;;;;;;;//;;;;;};;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;j





446 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 21:08:57 ID:zfTnBVQ.

さすが南のDQN





447 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 21:08:59 ID:mg1DX2LA

我が行動に一片の悔いなし





445 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 21:08:48 ID:2w3fS.q2

多分、こいつは本気でそう思ってるタイプ





448 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 21:09:16 ID:S6azOtvE

          ,. -‐- 、r'´  ̄ ~Z.__
       ∠             ´   ,.>
.     /                 ̄`>
     /           ,、      `\
.    !             / \    \. トゝ
   │       , ,.イ /、._, uヽ |ゝ、  N
.    |      /レ' レ\,/  /V '´ l\!
     |. r;=、 .ノ=a=== ,, ,/a===!     ……お前は伊集院忠棟を奸臣と呼ぶが
    | |.ト、| | u` ー--‐ " u\ーァ"!
    | l ヒ |:|.    u  r __   \l      忠棟が いったい何をやったというんだよ
     |  `ー 1|、 ヾニ二二二二フ 7′
    ノ     | \     ___  /
.   /   ,ヘ、  ト、 \ u  ̄ ̄ /l
  /  ./\.ヽ. ヽヽ、 \   , ' ,'
  ,' , ./   \ヽ、ヽ \./`iイ /
. /l/l/     |\\ヽ  ヽ. Wレ'
/      _..⊥._ \``  |




            ,.:- ' ¬ ─ 、
         ∠´        ヽ            先の「唐入り」において我が島津軍は
        γ      ~ヽ   \
        /           ヽ  \          国許からの補給も少なく大層難儀しました
       ノ λi_λ_(_ノ!_ノ__火,     \
      ノ  i'ta:、 イtヲフ' |     \ \        これは忠棟の怠慢が原因
     //  | .フ   ″  | | γ    \ \
.     < ノ    ゝヾ___    |i.レ'        \ ゝ     これだけでも忠棟の罪は死に相当します
     ヾ ノ i ヾ!ヽ   _  |i.| ノ      \/
      `'-、ノ  `- ┐   ノノ/  ハ  _,/´
         '-ノ,_/. |   ヽ ノ/ル-"_
       /´ ̄ヽ`フ    // ヽヽ\ `ヽ
      /   ヽ\\ヘ   / /   } ∧ \  \
      /    \\` ̄´ /   / / }  ヽ   ',





455 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 21:10:33 ID:S6azOtvE

                 _, -――- 、 ,_
              , -"          `ヽ、
            /      ¨'.:...、_      \
           ./       /::::::::::::`:::ー':::´::.、 \
          /      /::::::::::::::::::::::ヾ:::、:::::::ヽ \
        ./      /::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ:ヽ::::::ヽ  \        また忠棟は主家である我ら島津家を侮ること甚だしく
       /       ... |::::::::::::::::::::::::::::::::、:::}:::ハ::::::\  .\
    _,/    ,,   /:... l::: l!::::::::::::::::::::::::::::::}:)ノ::::::}:::::::::\   \      ここ伏見に拝領した屋敷は島津邸より敷地が高く
  -''/   ,.'/   .::::_:_、ゞミ,ゞ;;_、_:、; :::: _;ノ_;;;..-ァ:::::::::::::::\  .\
  <"   .//   ,,:::l |:l ー,t;デ=ヽ`',´=t_ァ'ニ''/ll,:::::::::::::::::ヽヽ   \  我らを見下す無礼を働いております
   \ ./ /    ,::::::ヘl::'l         |       l::}ノ::::::::::::::::::::ヽ  ヽ  \
    ` /   ,,ノ:::::::::::::::::l     _ '     !::::::::::::::::::::::::::::::ヽ  l>''´
     〈    :::/::::::::::::::::l    __`゙__,   .,':::::::::::::::::::::::::::::::::::,/
      \  .:::: l::::::::::::::::::゙l ,    ,,   ,. '::::::::::::::::l:::::::::::::::/
         \:/ {:::::::::::::::::::| ヽ、,  _,ィ' |::::::::::::::::::::l::::::>'
      _,,.....,,_`゙''ー=,__彡'','!  `ー¨´´ .!_:::::::::::::_l.-''´
     /;;;;;;;;;;;;;`≧ヘ;;;ヽ;;l;;゙.,       !_;、`ヽ''ヾ'¨ヽ
    ./;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i;;;ヘヾ;;;\      '、ヾ;;;;ヾヾ'';;;;ヽ
   /;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l;;;;/;;ヾ;;;;;\ __     };;;;;\ヾ;;;;;;|
  ./;;;; /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l;;|;;;;;;;ヾ;;;;;;;;\`______/;;};;;;;;l;;;;|;;;;;;|
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l;l,;;;;;;;;;;\;;;;;;;;;;;;,,,_`''´ ノ;;;;;;;;;;;;;ヾ::::!
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i!;;;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;;;;;; ̄;;;;;;;; /;;;;;;;;;/;;:|





456 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 21:11:16 ID:S6azOtvE

                    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'.,
                /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
              /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
             //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',    さらに加えれば
          </:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: (::ヽ::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::i
            \:::::::://:::::::::::::::::::::::::ヾヘヘゝヘ::!::ノノ::ソ::ノノ:::::::::::i    忠棟には このわたしを毒殺して
             \//:::::::::::::::::/こi::i 弋ャtュ`ヾヘソtュセク:::::::::::::::!
              〃:::::::::::::::::::∨;l::|       ! `"´/::::::::::::::::::',    島津家を簒奪しようとする噂もありました
          /⌒\ >::::::|:l::::::::::トi::|      、_  /::::::::::::::::::::::',
        /;;;;;;;;;;;;;;;;;Y;;;;;;;ヾ!:i::::::::::iヘ! 、   ー -  , ':::::::::::::::::::::::ヽ>   これを奸臣と呼ばずして なんとしましょうか
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;;;;;;iヘ:ゝ    、    /:i::::::|:::::;;;;> '"
        /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;;l;;;;;;;;;;;!  ヘ    > くー;;;;i;;;;;´;;;`ヘ
      /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;};;;;;};;;;;;;;',        /   );;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i
      {;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ト;;;;;',;;;;;;;;;;',ー-、   / __/;;;;;;;;;;;;;;;,';;;;;;;;;l
      〉;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i!;;;;;;;;';,;;;;;;;;;ヽ、 `    ノ;;;;;;;;;;;;;;;;,';;;;;;;;;;;l
    /∧;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;∧;;;;;;;;;;';,;;;;;;;;;;;;;`;ー -ー;;";;;;;;;;;;;;;;;;,;';;;;;;;;;;;;;j
  /;;;/:::i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;};;;;;;;;;;;;;;;`;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,;;;´;;;;;;;;;;; ノ
/;;;;;;/:::::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; 〈;;;;;;;;;;;`;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,;;;´;;;;',',;;;;<


しかし 忠恒の回答は どれもこれも強弁もいいところであった





459 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 21:12:33 ID:S6azOtvE

補給が滞ったのは島津の九州統一戦争以来 薩摩の地が疲弊していたためだし
伊集院家に屋敷を与えたのは秀吉だ
忠恒暗殺に至っては 何の証拠もない風聞に過ぎないのである

           __     ____
          <、  ```ヽv'´    `>
          __,,.>  ,  `Y´   、   ``ヽ、
        ,ィ'´     ;'´(       )ヽ     ヽ
      ∠二ィ : .  `、 > ___,,,..ノ 丿    .ヘ
         /: : ; .   `´ `ー--‐''´    . : : |
       ∠:/,:ィ: : : ,:ィ: . /| ト、       . : : : |
        ///.: :, く//   \!_,>   . : : : : :|      お お前なあ……
        '´ /:,:イ`>、\   _,/ /\ . : : : : : |
           |/ .kー-。、〉 >-‐'ー。、 |.:|‐-、: : !
            |`ー:/'´  `ー-‐'´ | !か.|: /      (どうやら……)
               |/ __‐、    u lノい/:〈
            `iー______  ,'/じ:' : :ヽ      (忠棟殺害の理由は他にありそうだな……)
             l `ー―‐---‐'  '/: : : : : : :.ヽ
                '、   ー    //: : : :∧: : : :ヽ    (それに……)
             ∧.     /,.r': : : :,/⌒'ヽ: : : l
             ノ|: ,ヘ__/,r'´ノ: : :/    \.:|
             |: : /」:/ /: :,:イ          \
             ノノ^「ヘ、 ノ//             \
            '´   |i゚:l \'´ /
                |i :!  V


しかし それよりも家康は忠恒にどうしても確認しておきたいことがあった





463 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 21:13:17 ID:S6azOtvE

       ‐、――-、,,.. -――‐;:‐
       >           ̄<
     -=ニ                 `ゝ
     ∠´   ,.ィ  ハ          `、    忠棟は 太閤殿下の肝いりで
     /   / | ./ ヽ  ト、       |
     lイ /''-ニ|/、 r‐\lニ\! __   |    庄内で8万石を領する身……
       'l.イ| ==。、i '"==。== l. l"l|   |
         |l| `ー'/  u ー‐''" | |"l|  |    忠恒…… お前は
         l || U/       lj  |.|ソl   |
        ! `|/_,. - ヽ v'    l!-'′   |    このことを どう思っているんだ?
        ,l  ヽ ヽニニニ二)  /|   |\. |
    _,,.. ‐'''"~/lヽ  ≡  /  |   |  |~"''
    | |  / |  \  / u レ!  |   |
     | | /   レw、  l´      |  l    |



この問いかけに対する忠恒の返答は 家康の想像を絶した



      .\: : : : /:.:八     i .:.     ,小 : : : : | : : : : : /
         \//:./:.| ヘ   __`´_   イ/ハ.: : i: :|i : : :/     …………
          \: :| :|\   、  / イ .:|: : |i_:|i>"
     .,rf777777777L...j{ヽヽ _  イ / L.:j、<..______
    //////////////,|:! `ー一 ´   イ////////////ハ
    ///////////////,|j、       /i//////////////ハ
   .////////////////,|  ` ー一彡' ハ//////////////ハ
  /////////////////,|         /////////////////∧





465 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 21:14:16 ID:S6azOtvE

                         ___
                . : :´ ̄ . : : : : ̄`: : . 、
                  /   . . . . : : : : : : :.:.:.:.:.:\
            /  . . . : : : : : : : : : : : :.:.:.:.:.: : .、
             , ′ . . . : : : : : : : : : : : : : : :.:.:.:.:.:. : :、
          /  . . : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:.:.:.:.: : : '.
            / . . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .:.:.:.:.: : : : '.
            /  . . : : i、: :、乂: : : :{: : : j!: :.ノ: :!:l:.:.:.: : : : :'.
       / . . : : : :从乂:>、`ソ ゝ:ノノイ__ノイノ:.:. : : : : '.       あの……
       // . : : : : :,小 弋¨えゞ、 /,ィえ¨才 从:.:.:.: : : : : :'.
    // . . : :/ . いヘ         :     ムノ:.:.:.:. : : : : :'.       それは どういう意味なのでしょうか?
  // . . . : ://  . : : |:.ヘ      、;     / N:.:.:.:.:.:.:. : : : :.',
    ヽ . . : : // . . : : : :Niハ     , - 、    /:.:.|:.:.:.:.:. i!.:.:. : . . :.'.、
      \. //:/ . : : : : :|:.:.: \  `二´  イW/:.:.:.:.:.:.:|!:.: : : : . . .:ゝ
       ヾ.:/   . :i : : :i|:.:.:.:.:.:|  、 _ イ!.:.:.: |i:.:|i:.:.:.:.:|!i:.:.: : : /
        ` <. i|: : :.i|:.:.:.:.:.:|      |.:.:.:.:|i:.:|i:.:.:.:.:|!::> "
              ` <:_i|!_:.:.j      / |:.:.:.:.|i:.i|i> "´
         ___......,,,,r≦≠=′   / い≦<,,,____
       ,イ//////////ハ、、        __ .... ∠////////ハ、_
      ///////////////ハ 、、  __ ノ  _ .イ/////////////ハ
    ////////////////////≧==≦//////////////////ハ
    //////////////////////////////////////////////∧





466 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 21:14:28 ID:a6unNiWI

・・・・・・はい?





470 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 21:15:08 ID:eY69cit.

会話になってねえ・・・





472 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 21:15:16 ID:S6azOtvE

暴言……
豊臣政権と忠棟の関係を無視するかのような まさしく暴言である


    /::://:::! /-=、 ,// u / _,,.-ゝ. 「ヽ l    ! , l
   /::_;イ-‐=レ'==ミ"   '∠-==ヽl=ヽlヽ  レ'レV
 /::::::::..、   o   ,≡:::::::〈、  o   ,  :|│ リ '
 ::::::::::::::::: ` ー--‐ '´三 :::::::::ヽ`::ー-‐:'.´   |│ l      (こ…… こいつは……!)
 :::::::::::::::    ニニ  ::::::::::::::ヽ::::::::: U  |│ !
 :::::::::::::::U  ̄ ̄   U::::::::::::::::ヽ::: u   |│ .l
 ::::::::::::::::   U    r‐:::::::::::::::::::::ヽ.    Lノ  |


だが家康は これが忠恒の本音
というよりも 忠恒が本当に「分かっていない」ということを理解した

思い返すに 島津の中央に対する態度は他の諸侯と比べ異質だった





476 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 21:16:16 ID:S6azOtvE

天正3(1575)年の暮れ頃
織田信長の依頼を受けた近衛前久が薩摩に下向したことがある
目的は九州南部で争う島津家・伊東家・大友家の和議の調停だった


     「;:丶、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_;:}
     ト、;:;:;:丶、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_;:;: --―;:''"´;:_」
     {::ト、:;:;:;:;:;:` '' ー―――;:;: '' "´;:;:;:;:;:;:;:;:;:;_ ,.ィ彡!
     l::l 丶、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_,. -r==ニ二三三 }
     ',:i r- 、、` ' ―――― '' "´ ,ィ彡三三三三三/、
       || ヾ三)      ,ィ三ミヲ  `丶三三三三三ん',
       lj         ゙' ― '′     ヾ三三三ミ/ )}
      | , --:.:、:..   .:.:.:.:..:.:...      三三三ツ ) /
      | fr‐t-、ヽ.  .:.:. '",二ニ、、    三三シ,rく /    これを機会に
      l 丶‐三' ノ   :ヾイ、弋::ノ`:.:.    三シ r'‐' /
      ', ゙'ー-‐' イ:   : 丶三-‐'":.:.:..    三! ,'  /     九州の雄・島津家を朝廷の味方に
       ',    /.:             ミツ/ー'′
       ',   ,ィ/ :   .:'^ヽ、..       jソ,ト、       引き入れるでおじゃるよ
        ',.:/.:.,{、:   .: ,ノ 丶:::..  -、   ,ハ  l、
       ヽ .i:, ヽ、__, イ   _`゙ヾ  ノ   / ,l  l:ヽ
        ,.ゝ、ト=、ェェェェ=テアヽ }   ,/  l  l:.:(丶、
      _r/ /:.`i ヽヾェェシ/  ゙'  /   ,' ,':.:.:`ヾヽ
,. -‐ '' " ´l. { {:.:.:.:', `.':==:'."       /   / /:.:.:.:.:.:.} ト―--
       ',ヽ丶:.:.:ヽ、 ⌒    ,r'"    / /:.:.:.:.:.:.:ノ,ノ |
       ヽ丶丶、:.:.ゝ、 ___,. イ     / /:.:..:.:.:.,ィシ′ |    ← 近衛前久
        `丶、 ``"二ユ、_,.,____/__,/;: -‐ '"  /


前久は喜び勇んで薩摩に向かったのだが……





484 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 21:17:49 ID:IeiC2fpE

麻呂も久しぶりだなw





482 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 21:17:16 ID:S6azOtvE

半年後 前久は調停もままならぬうちに逃げるように薩摩を後にした


        /:;:;:``丶、、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l
        |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;``T;:;:ー――;:;:'';:";:´ ̄;:;|
       /三'ー- 、:;:;:;:;:;|:;:;:;:;:___;:;ョ――彳
       !三、 r=ぅ` ̄ ̄,二、    _Z三三ミ'、
       ,'ミ'^   ̄      ゙ー'   -ニ,三三三;}
       lミ,! '´ ̄`゙ヾr'_ 、_,-' " ゙゙ " '  'ヾ三三ム、
       {ミ! `、二ニ'` =キ ー‐--_;彡'  }三シT'i|    だ 駄目でおじゃる!
       ヾ!    ,ィ:   :.、` ̄´     ,}三/i Y/
       l !   /(_  ,,..ノヽ      }三リ レ/     まったくもって話にならんでおじゃる!!
       { l,  /   `"´   ヽ     }三、_ノ
       `'、 '  fエェェェz、、 ',     彡z‐ミ、
         ヽ   ゙トミ二二≧) ;  i    シ} ヽ、
          ヽ  `'ー'-'-'‐'′ノ ,'  / / /:.ヽ
            ゝ.丶 ̄ ̄´ '" ノィ"  / /:.:.:.:.ヽー 、
         /イ`i 、 ___,. ィ゙´ヽ',/ /:.:.:.:.:.:.:.) ,}、
    _,. -―ァ' /:.:.l 丶   :.:.:.:hj.  / /:.:.:.:.:.:.:./ / 丶、
_,. - '´    { ヽ:.:.:ヽ ヽ、   } / /:.:.:.:.:._,.:-'゙ /     \



            __
         ,  '"´.:.:.:.:.:.:.:. ̄`ヽ、
         /.:.:..:..:..:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、
       イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:八.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
     /.:.:.:.:.:.:.:.//|ハ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i     そうなのですか?
     j.:.:.:.:.:.:/〃!!  ヽト、\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
      ヘ.:.:.:.:/‐-- 、、   ,、-‐二ミヽ.:.:.:.:.:/     島津家の対応は丁寧であったと
     r┼〃 ニ。ニヾ二7ニ。ニ`ヽ辷:√ヽ
     { ヘ{{  ` ̄ 〃⌒ll ` ̄   jj⌒リ冂}     聞き及んでいますが……
     | 爿ヾ ===彳   )ヽ、____〃  ヒ│
   _| ヽ!   ,ィー`ー‐'─ヽ ̄    レ'丿
    |/人_!   {{┬──‐‐ッ'     ├个ト、
  : :∨/ノ ハ    H´ ̄ ̄/ソ′   /| ハ||:\
 : i: :∨ ノ ハ、  ヽ二二//    / ||∧ ||┬‐`ー- 、_
 : ヽ: :∨ / ハ  `ー─‐ '′  / /∧ リ |: |: : :`ー‐、
 ヽ: ヽ: ∨ /  ハ\  __ ノ/   ∧ V.:/ : : : : : : : : :
  i ヽ: l : ∨ ハ!、 ` ー─'"     ∧ヽ/. : : : : : : : : : : :
  | |: | : |ト∨  ト`ー- ______,イl {{ノ:|: :|: : : : : : : : : :   ← 今出川晴季
 / |: : : |: : :\ | ` ー──一´ノ |/: : |: :|: : : : : : : : : :





486 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 21:18:16 ID:S6azOtvE

  ,彡ニ三三三三三三三ニ=ヾ;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i;:;:;:i'
  ,彡ニ三三三三ニ三三ニニ;〃ヾ、;:;:;:;:;:;::;:;::;:::;:/;:;:/
 ,彡彡,'',ニ=ミミミ三三三三ニニ彡  `゙゙''ー-、;:;/;;:;/
 ',彡'/ r' ノヽヾミ三三三三三彡'   _,,,,,,、ヽ;:;ィ''|
  彡'|.|(‐'''" 'iミニニ三彡"´ ̄     `゙゙ー'  ;;;:|
.  彡i、ヾ ('  ヾミニ三'          __,,、 ....ノ   /
  彡ゝ `'' "  |ミミミ'            ,;'´ ,,  ァ'
   '彳`ー‐i  |ミミミ'          `゙ニシ'   |、ニ'     晴季よ…… 違うのでおじゃる
 --、/    i  |ミミ         .,,r‐''"   | ノ
 く'ノ    :i  ミミ         ´  ., '   |'       確かに島津家は麻呂を温かく迎えてくれたでおじゃる
 、\     .l  ヾ            .ノ(_,,、.   |
 :\ヽ,   ヽ          /   `t‐一'       ……しかし あやつらが興味を示したのは都の文化のみ
 ::::ヽ ヽ   `::.       ,; '      .:i
 :::::::ヘ ヽ    `::.        ''"⌒゙''一ノ          中央の政治に関しては とことん無関心だったでおじゃる
 ::::::::::ヘ.ヽ    ヽ、       ` ー'ーノ
 ::::::::::::::ヽヘ     `ー┬‐一;;''""´
 \、:::::::::ヽヽ      /::ヘ ) `゙'ー、_
 〃`゙ー、;;;;\\   /i:::::::丿 ' , ' , '`゙ヽ、





489 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 21:19:16 ID:S6azOtvE

        ,ト--ミ、、_:::::::::::::::::`:"'':―┼――――l
        /ミミ三三ミ'ー‐-- 、、_:::::::|:::::::::::::::::::::::j
        {ミミミ三三、     、ー=、`'┴―――fミ',
      ,..、ミミミミミ三シ  . . . . `―' l ii l (ヲ  lミil
      //う{ミミミミf'"   _,,.,,_:.:.:.:..  _j_ .:.:.:.  lミリ
      l V }ミミミミ    ',ィでiンミ、:.:.、__, -,ィも=、',l:l′
      'i l ,ノヾミミ'    ´ ̄`゙`ラ .:. 三 f"´ ̄`' lj       あやつらには……!
      ヽヽへ}ミミ     `二ニノ ,、 jl ',` ―''" ,l!
       ヽ二ノミ'        ,ィ'"     ト、   ,!       薩摩・大隅・日向の三国のことしか
       , -fソ!'ミ        / `^ヽ,_ノi    ,'
      ,/(/ {i,ミ'     /  _,,...,_,,..,、l   /        頭にないのでおじゃるよ!!
     / ヽ  lN,    /  ,ィiTTTTTト, ,}  ,/
  , -―/   ヽ ', ヽ    {  ,/⌒'ー'‐'‐'‐',リ l  /
 /  /     ヽ'、 ヽ   l  {,ゝ、‐r‐'ン-i/ ,/ ,イ丶、、
"i   {、     ヽヽ丶 丶 ヾ<Zェェェシ' ノ ,i'lヽ、 `ヾー-- 、
 l,   \     ヽヽ 丶、 ` ` ‐ -- ‐'"/ノ ,l  \  \  ヽ


島津家の中央政権に対する関心度は甚だ希薄であり それは慶長年間の今も変わりがなかった





492 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 21:20:04 ID:pScs.xtE

九州レベルですらないのかよwww





478 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 21:16:19 ID:0tjg1Cvw

さすがスペースノイド





493 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 21:20:21 ID:S6azOtvE

確かに薩摩は当時の日本の最南端にあるが それだけでは中央への島津の無関心振りは説明がつかない
地理的条件では 島津家より厳しいとも言える東北の諸侯を見てみよう


        |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|                   ,.-─‐- 、._
          |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|                 /: : : : : : : : : :ヽ、             /ニYニヽ
          |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|               /: : : : : :,.----‐―'⌒Z,_         /( ゚ )( ゚ )ヽ
        |_;:_;:_;:_;:_;:_;:_;:_;:_!              /: : : ,.-‐'´ 、   ,、 、 、、`ゝ      /::::⌒`´⌒::::\
        |;:_;:_;:_;:_|_;:_;:_;:_;:」              |: :/    、 |\∧iハ/Viハj⌒      | ,-)___(-、|
        fT 、_ `"'''"´ _,.゙!}             ,.-'´     _/V,ィ'~,二) <二)        | l   |-┬-|  l |
         tj、 t苙、 ,ィ苙ア lノ           ∠ィ /´ ̄`V^  |/__{。 ){。)_ |       /    `ー'´  、` ̄ ̄ヽ
         ',':,   ,! l、  ,イ            r'´ l i⌒>  ,.-‐ __`r ⌒ヽヽ     / __       Y ̄)  |
         ヾ! ,.ィ竺t:、 リ             V!  | {ノ_    '⌒y''""゛⌒ー'-、}    (___)       Y_ノ
         人.'´三`' /l              \ ヽ、____)   /        }         \      |
,. ―- 、_r≦´、、 `'ー' " ト、             _`ーr、 .|   L.-‐''''´ ̄`フ'i′         |  /\ \
_::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヾミ丶、、ヽヽー-、       ,r‐'´\ ̄ \`ー-、__       ノiTi ̄ヽ、      | /    )  )
          :::::::::`丶.`'=┘::}::::     /: : : : : :.\ \ `ー-、_______`二"´__,ノノ \ \ヽ     ∪    (  \
          ::::::::::::::::::`'ー-一':::    /\: : : : : : : : \ \      ̄`r'´  |: : : :\            \_)

       ↑ 津軽為信                 ↑ 北信愛              ↑ 伊達政宗


独立の根拠が秀吉からの承認にある津軽為信 ・ 北信愛を筆頭家老とする南部家 ・ 野望の大きさは全国級の伊達政宗





499 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 21:21:16 ID:S6azOtvE

先進的な政治感覚を持つ最上秀光 ・ 東北地方では新興勢力である秋田実季
そして物心がついた年齢には秀吉による天下統一が完成していた戸沢政盛
彼らは皆 中央を注視し その動きに対して敏感であった


                        ヽヽ           / / __          . : "´  ̄ ` : 、
   ∩___∩            l`ー-、l l  _,.-――‐- 、 l//: : /_      .  .,:::::::::::::::::::::::::::ヽ::、
   | ノ      ヽ         く: : : : : :>'´: : : : : : : : : : : `ー、: : : : : : : 〉    ... //:::,::::::,:::::::、:::::::、::ヾ:.
  /  ●   ● |         /: : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : \,-―-'      l,f:::i|_:::::|:::::::||:::::_|i::::i::|
  |    ( _●_)  ミ        ´ ⌒ソ: : : : : :/l: ::∧: ::ト、:ヽ: : : : : ',       .... |:|:::::|(●)  (●)|::::::|:|
 彡、   |∪|  、`\          l: :/: :/,,/‐i-/  ',-l―、-,: :ヘ: : l         . |:|::::_|  トェェェイ  |::::::|:|
/ __  ヽノ /´>  )         l/: :/ l/  l/   ',l  ヽlヽ: ヘl          |:|:´:|゙:ヽヽェェ/ ,ィ|:::::|:|
(___)   / (_/      f´`ー、 /^ノl ,.-―-、  ,.-―-、 l/⌒、  ,--、    |:|::::|:::::/ ヽ//ヽ:::1::::|::|
 |       /         r'  /⌒ヽ〈 l            l l_〉ノ,-'ソ  〉   . |:|::::|::/、 ,/   , ゙.|:::::|::|
 |  /\ \         j   し'  ト、 l   ┌───┐   レ'_ノ 、ノ   〉 .... |:|::::|.' i┴─‐ i |:::::|::i
 | /    )  )        ヽ _ノ  ´  ヽ  l.       l  /::::/  ` ヽ__ /  .... |:|:i'l:j |___| l'i,:|::||
 ∪    (  \        `ー-'´ー,-,/\ ',     / /::::::ヽ_,.t´ー-‐'    . |::::::/ _|───|_,.ィヤ|::|
       \_)             ∨::::::ノ~"''`,―-―',  ヽ::::::::∨        . |仆{lェr|       lrェl}:| |

 ↑ 最上義光                ↑ 秋田実季               ↑ 戸沢政盛


もっとも秀吉が東北地方を相手にしていたのは「小田原征伐」を完了後であり
その力は既に強大なものだった
つまり このような注意深い者たちのみが東北地方で大名として生き残ることが出来たとも言える





500 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 21:21:19 ID:0tjg1Cvw

津軽さんなんか、しつこかったもんなw





502 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 21:22:02 ID:2w3fS.q2

小野寺は居ないw





504 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 21:22:17 ID:S6azOtvE

一方「九州征伐」の頃の秀吉は 天下統一の覇業も半ば過ぎといったところであり
島津家も薩摩を蹂躙される前に秀吉に降ったため その国のあり方には
後に石田三成の尽力により多少の改善はみせたが 基本的に手を付けられずに残ることになった


               _,..----、_
              / ,r ̄\!!;へ      鎌倉の時代から
             /〃/   、  , ;i
             i,__ i ‐=・ァj,ir=・゙)     薩摩・大隅・日向は島津家のもの
             lk i.l  /',!゙i\ i
             ゙iヾ,.   ,..-ニ_ /      これは今も変わらぬ事実なのだよ
             Y ト、  ト-:=┘i
              l ! \__j'.l
              」-ゝr―‐==;十i      _,r--――、
             .ト、.j.!レ' ̄三! >ーr‐r‐r‐<  _,.r<"「 l_____
     ____,..r--r=ヾヽj,r―'"≦__ ̄ ̄r―'"\\ \r",.-、, \
    ∧   ト-'‐'"三へ>ト-‐'"~    ゙i  /       \\(_.人 ヽ._ ヽ
    レ'へ._ノi 「 \ ゙l //./",「 ̄/ / /       ヽ-ゝ. \   /
    レ'// .l l   ! ! i/./ ./  /  / /         ,(  \  ノハ
    レ'/  .! !   i ゙'!  ̄ ∠,  /  ヽ._        ,ター  '",〈 !
   /゙" ,r'" .l‐=ニ゙,「l ! 「 ̄!. /./   ー=='       .l.ト、. -‐'"/!.ト,  ← 島津義久
  /   .ト-  ゙ー―┘!└‐'='-‐"   ヽ._/   、     トミ、 ̄ ̄._ノノli\


また島津家が300年以上に渡り南九州に根を張り生きてきたこと
薩摩人同士が本気で喋れば都人には聞き取れないほど その言語が違っていること
琉球国そしてか細いながらも明国とも独自の交易ルートを持っていること
これらも島津家が中央に関心を示さない理由に上げられるかもしれない





509 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/08/01(日) 21:23:44 ID:QC7Jvj.A

三成でも改善しきれなかったって事か





507 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 21:23:18 ID:S6azOtvE

そんな島津家中にあって唯一中央に目を向けたのが伊集院忠棟だった
忠棟の目指すところは
秀吉への臣従を前提とした豊臣政権下における島津家の大名権力の強化であった


              _,-----.,,,,,,
           / ̄       ヽ、_
         r="             \
        (                |
        r"  ,..,,     ,....,,,,      'i    このままでは島津家は
        y ./ ノ    ノ   ヽ     'i
        |  |  "'---'''"    'i      )   太閤殿下に いいように使い潰されてしまう
.        \|           ノ     ノ
.         |"モtァ _,,...,,,,,,,,,__ r'    ノ     「唐入り」が何よりの例ではないか
         (  ̄ i   ミモア` .ノr'''" /
          |  'i'      ./.|ξ丿
         λ_ r'"'-''ヾ、  '"ノ ,i'.'ノ
         λ、''''=--...,j   r"ノ イ_
         (ヾ、 ~'''    ノ ノ .ノ|
 _r      _ゝ"^`-.,,,,.-''''" ノ_,,-'".|
 ̄'j''''" ̄ ̄ ̄  ゞレナ]、_,--'" ̄   ノ'\、
  /         .トミi.|^=-々  _,.-彡'" ヾヽ-、_
.リ/         \i|├ ̄ _//     `   '''-.,,,__
.|リ          //"=-''""/           ヾ >


そのため忠棟は三成や細川幽斎(歌学に造詣が深い忠棟は幽斎と親交があった)を通じて
豊臣政権と島津家が深く結ぶように画策した





511 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 21:24:20 ID:S6azOtvE

だが この忠棟の思いは主家である島津に伝わらなかった
むしろ忠棟の行動は あらぬ嫌疑を受けることになってしまった


           _.,..、:-:─:-..、、
           /:::::::::::::::::::::::::.:::`:ヽ.
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:、
      ,.':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
.      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
.      /::::::::::::::::::::::ヘノ!::::|::::::!::::::|:::!:::}:::i:::::}
    /:::::::::::::::::::::::::::厂 ≧rx|::::::j:/:イ:ノノ:イ
   /:::::::::i:::::::::{こj::::i 弋ニセゞ、イイfアイ::::::\
 /:::::::::::::i!:::::::::じイ::::|      {  /::::ヽ::::::\
 \:;イ::::::i!|::::::::: ゝj:::::!       ゝ /:::::!:.::ヽ:::::::::>
   '<::il:|:::::::::::::;:!::::j    -─ , ′::::!::::::::ト/    ……俗物が!
     ヽi;;;;;;;;;;;;;j'"´ \    /::::|::::::>'"´
  ,.、rーへへ/´;;\      トニ´__"´
/´ ̄`ヽ;;;;\\;;;;;;;;`ヽ、 !\;;\;;;\__
;;;;;;;;;;;;;;;;ヘ;;\;;;\\;;;;;;;;;;;;`ヽ、__>;;;;ヽ;;;;ト;;`ヽ、
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;;;\;;;\\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ノ::::l;;;;ヽ;;;;;`;,,、
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`;;ー ───''"/;;;;;i!;;;;;;;};;;;;;;;;;
γ;;⌒ヽイ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;`\;;;;;;;;;/;;;;;丿;;; イ;;;;;
´ ̄`ヽ;;;;\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`\;;;;;;; ̄;;;;;;;//;;;;;};;;;;;;




...........................,..:--――‐--.、_
::::::::::::::::::,.:r'"/        ゙ヽ、_
:::::::::::::/ iill /          \
::::::::::/,∧ N / "  _,.r―ヽ、  ‐:、  \
::::::::,i!" i! il゙ _,.;r'"     ヽ   ミ、  ゙i.
::::::,i   V;/         i!   ヾ、  !
:::::i    "      ヽ   ,ゝ   ヾi  l
::::ノ  、 i  ノ      ゙、 ヾ、   i゙  .!
:(、_ .ソ "   __     〕 .,r‐、   !
::::l ゙ヽ-ツーヽ=<___。>‐'  \r",:タ.! /     まさか忠棟は中央と結び
::::l   .:!   \_        l レへ !./
::::ヽ .::j  ::.  ゙ー:.      l レ'///      我が島津家と取って代わろうと
::::::゙:. Y__..._. ::.         ,り//Y
:::::::::゙:. ヽ‐"          ト、ノ i l!       企んでいるのではないか?
::::::::::::゙:. ヽ二ニ=’     /   i .l
:::::::::::::::i!  ゞ:::       ノ   i! l
:::::::::::::::::i! /      _/〃   ;! .l.
::::::::::::::::r゙、___,.∠/.:/   __,.-‐ト、
:::::::::::::::l.「 ,  ┌-===―‐‐tTr-―‐ニ┐!
:::::::::::::::l゙ーj  ト--  ゙l  l l l 「 ̄ .」 l



           _,.. .... 、
         ,.‐'" , 、  `ヽ、
        ,.'/`:'-、jノ ̄j\\
       //         `、ヽ
      i i'         u `i  |
      | |,:'"  \,. '"    i  |
      j. |. _,.. 、,i |  _,...,  .| ,!、    あ 兄貴も 忠恒も
      .i j.|. ´,-,テ,L,.- .,  | i i
      l !, |   ̄フl_,.,!`=   j .l); |    もう少し忠棟の言葉に
      ヽ; !、_   j  !、   _,! 、,./.
      ノ!j  !  ^. ^   「.〈 ,,ゝ.i    耳を傾けても……
      j,:' i   --==‐-   └l.  l
     j  !.   ‐'"~` '" メ  j  、ゝ
     ヽ,  `;-!、___,メ_,!-‐';^i ノ‐'
      'ー-..! ! `==.l.,=='' !! .|   ← 島津義弘
         !、゛'!三:、l _,:'三j " _」
         `===l===''""





516 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 21:25:29 ID:IeiC2fpE

ドズルさんだけは分かってくれてたのかw





512 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 21:25:07 ID:eY69cit.

見た目が一番脳筋な人が一番理性的ってのもなあwww





513 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 21:25:17 ID:S6azOtvE

この反応に苛立った忠棟の主家に対する態度もきつくなる


              _,-----.,,,,,,
           / ̄       ヽ、_
         r="             \
        (                |
        r"  ,..,,     ,....,,,,      'i
        y ./ ノ    ノ:::::::::::ヽ     'i
        |  |  "'---'''"  :::::::'i      )    義久様には
.        \|        :::::u::ノ     ノ
.         |"モtァ _,,...,,,,,,,,,__::::r'    ノ      時代の革新が見えないのですか!
         (  ̄ i   ミモア`::.ノr'''" /
          |  'i'     ::./.|ξ丿
         λ_ r'"'-''ヾ、  '"ノ ,i'.'ノ
         λ、''''=--...,j   r"ノ イ_
         (ヾ、 ~'''    ノ ノ .ノ|
 _r      _ゝ"^`-.,,,,.-''''" ノ_,,-'".|
 ̄'j''''" ̄ ̄ ̄  ゞレナ]、_,--'" ̄   ノ'\、
  /         .トミi.|^=-々  _,.-彡'" ヾヽ-、_
.リ/         \i|├ ̄ _//     `   '''-.,,,__
.|リ          //"=-''""/           ヾ >


すると その態度もまた主家を侮ったものとらえられる
悪循環である





514 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/08/01(日) 21:25:25 ID:QC7Jvj.A

善意や忠義が伝わらないって悲しい





515 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 21:25:27 ID:pScs.xtE

すぐそばに竜造寺さんちという実例があったのが運のつきかな?





517 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 21:26:18 ID:S6azOtvE

こうして行きついた先に起きたのが忠恒の忠棟殺害事件なのだろう
この結論に思い至った家康は愕然とした


          _,,. -──- 、 ,. ‐''"´ ̄`二ニ=-
      -=ニ´..__     ゙     ´ ̄~゙'''‐、
       ,. ‐''"´                  ヽ、
     , ‐'´                       ,.ゝ
   ∠..-‐''フ'~                       ゙!
      /                           !
     / ,                           l
.    //        /l ,ヘ. ト、 ヽ、            l
.   // ,イ    /! / ul ! ゙、 |. ヽ、!ゝ、 !       |      (つ つまり…… 早い話が……)
    / .// /!  ./ l./.`‐、l  ヽ!. ‐'´, k'ヽト.、       .l
.   i ./ !/ l ,イ/. !' `‐、|!  I|_,. ‐'´ ヽ! ::::ヽ      ゝ     (こいつらは 政権中央からの干渉はゴメンだと……)
.    l./ .l' l' !' l=====〉 __ =======:| .|⌒i.   ヽ、
    !        l`‐.、.__゚/,::: ''' ヽ、 _゚__,.. ‐'´:::| |´ )}.    l、    (そう言っているも同然じゃねえか……!)
              !  :::/,:::::::::. jv  u    ,/:::|.|~)/     l、
          ノ! ,/,:::::::::::__::)  _,,.-‐"  u::||_ノ       i、
          / iー_____ ,,. -‐''フ::::/!     !゙!‐ 、._. ヽ、
          I_,. ‐'i`‐ 、.____,,. ‐'´:::/: │   │l   ` ‐-
    _,,. -‐'"´   ,.!  ___,,   u:::/::   !    ! i‐ 、._
   /i     _,,. -‐1 ヽv  ̄ ̄   :::/:::    !   i' .i   ` ‐-
  / .{_,,. -‐'"´     !  ヽ、   .::/:::    i'  / /
 /  !       , -‐-、 , -‐、i´~`ヽ     ./  ,イ./
/   l      ,.へ、/⌒ヽ、 `‐、  i   /  / /
    |    /‐-∠.__,、 `‐、 `i‐、-‐'"7/!'/
    .|  /´        `‐、  ゙i __,! `、-‐/"


無自覚であるとはいえ これは豊臣政権に対する反逆に等しい所業だ





521 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 21:27:17 ID:S6azOtvE

しかし この時の家康は これを声高々に非難することが出来なかった


            -、─- 、  , -─;-
       ,. -─-ゝ  Y  ∠.._
       ´_ ニ=-            `ゝ
    ∠´.___             \
.     ,. ‐''"´    , , 、       ヽ       (だが ここで島津に叛意ありと断罪するとどうなる?)
   ∠-ァ‐    くl/l/::l l::ゝ 、     |
.    /,.ィ´,ィ ,イ/\ll':u::l|:∠ヽl:ヽ、     |       (こいつらのことだ……)
    // //イ===、::::;;'====::| r=、 ゝ
     l/  :l `ー゚/:::ij~ ,ー゚-‐ ,ノ|.|ニ!}  \      (その時は嬉々として中央に牙をむき)
  .       l:/:::::::__::,v-‐''"v |Lン ト、  ヽ、
        / 「I二二二二二):/|   | |`''ー-ゝ.._  (下手したら戦となる!)
       /  ,ヽ.  --- ::::/: .!  ,|  |
     _∠-‐''7! ヽ ::::u::/:::   |  /  |
         / l   \/::: u  |  ,/    |
  .      /  l   |::::      | ,.イ |     |
       /  , ヘ  lト、      |/,;1/`ヽ、 |
  .    / /  ヽl |;';`';ー-‐;';';';';|'     \|
      "´   ()) |;';';';';';';';';';';';'|





523 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 21:28:21 ID:S6azOtvE

さらに なぜこの時期に忠恒が あのような暴挙に出たのかも家康は気がついた


          ,. -‐- 、r'´  ̄ ~Z.__
       ∠             ´   ,.>
.     /                 ̄`>
     /           ,、      `\
.    !             / \    \. トゝ   (一旦起きた戦は……)
   │       , ,.イ /、._, uヽ |ゝ、  N
.    |      /レ' レ\,/  /V '´ l\!     (どこで何を誘発するか分かったもんじゃない!)
     |. r;=、 .ノ=a=== ,, ,/a===!
    | |.ト、| | u` ー--‐ " u\ーァ"!       (……今 前田利家殿を失わんとするこの時に)
    | l ヒ |:|.    u  r __   \l
     |  `ー 1|、 ヾニ二二二二フ 7′       (それだけは絶対に避けねばならない……)
    ノ     | \     ___  /
.   /   ,ヘ、  ト、 \ u  ̄ ̄ /l         (……こいつは それを見越して!)
  /  ./\.ヽ. ヽヽ、 \   , ' ,'
  ,' , ./   \ヽ、ヽ \./`iイ /
. /l/l/     |\\ヽ  ヽ. Wレ'
/      _..⊥._ \``  |



                 _ ,,.... ....,, _
              , '"       ` ' -.、
             /             \
            , '                 ヽ
          /                  ヽ
            , '                    ',
       /         lハl l  !l ! ヽ      l
     _,. '´  ./   ,.-.l  /ヽヾ_Ni l |l', リi      !
     ';  //  ./, i ('l. l l!. ヽァテミ 、 ' ノ-‐クレノ.ノ l
     ', / ./   〃  ヾ.|. l ll   `    r'tテァ/./  !
      ヽ、!   i,'i   ! i、! ',、         l  /   ヽ   …………
        \ ,'.!i l l .ll ,ヽ`ヽ.    、 __''" ./ !   ヽヽ
         `ヾ.,l._,,,_l,ィ'    、   ー  /.ヽ!. _ ,.!''"´
            i=ー-_ ,_'ー-- .、ヽ_...ィー'=,、 .r '
           !   ` '' ̄ー=,'iー‐:1r''l_,.!


瞬間 家康は眼の前の青年を たたっ斬ってやりたい衝動に駆られた





529 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 21:30:16 ID:2w3fS.q2

利家が死ぬと、どうなるかぐらいは知ってるらしいなw





528 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 21:29:41 ID:n1IF.o0w

政治はできないけど政略はできるのか





533 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 21:30:41 ID:Zv2NAZkg

流石、一番タチの悪いDQN四天王





526 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 21:29:16 ID:S6azOtvE

だが しかし……


 ///      /| |::l .|l  |ヽ  ヽ\
   /        /::::|.|:::l |::| |/\ \\
.  | /    ./::::::::l|:::::l |".l |/::::::::ヽ、_\ヽ__
  |.l.| l   /::::::::::::|/ i /l| _,,、、-  ~  ::::ヽ ヽ/⌒ヽ、    ……確かに
  || | .|l  /\::::: ヽ /,、-'''"        :::::::ヽ ヽ'⌒ヽ.ヽ
  . | |.| | /  \  〃          i.l ::::::::ヽ ヽ'⌒| .|     不忠な家臣を除く権利は主家にある……
.    |l |l    \ ;;; ヽ、  ,,、'      ij  :::::::::ヽ ヽ、_ノ |
           /:::::    ‐''~         ::::::::::::ヽ ヽ、_ノ
          / ,':::::::             :::::::::::::::::ヽ ヽ
         / ,':::::ij:::::: U    `ij     :::::::ij:::::::::l;ヽノヽ
        / ,':::::::::::::::::             :::::::::::::::::l;;;:::::: ヽ
       / ,'::::::::::::::::_::`)       _,,、-'''´~~`ヽ::::::::::l;;;:::::: ヽ
      / :::::::::: ''~ノ    __,,、-‐´   _、、-‐':::::::::l;;;;:::::::u ヽ
      `''''    `''-'、~    _ 、-‐´    :::::::::::::::l;;;;;;:::::  ヽ
                `r‐''' ´       :::::::::::::::l;;;;;;;;:::::   ヽ




                _,.:::":::´ ̄"::::`:::..、
             ,..:<:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'.,
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
     //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
  </:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: (::ヽ::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::i
    \:::::::://:::::::::::::::::::::::::ヾヘヘゝヘ::!::ノノ::ソ::ノノ:::::::::::i
     \//:::::::::::::::::/こi::i 弋ャtュ`ヾヘソtュセク:::::::::::::::!    分かっていただけたようで……
      〃:::::::::::::::::::∨;l::|       ! `"´/::::::::::::::::::',
  /⌒\ >::::::|:l::::::::::トi::|      、_  /::::::::::::::::::::::',
/;;;;;;;;;;;;;;;;;Y;;;;;;;ヾ!:i::::::::::iヘ! 、   ー -  , ':::::::::::::::::::::::ヽ>
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;;;;;;iヘ:ゝ    、    /:i::::::|:::::;;;;> '"
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;;l;;;;;;;;;;;!  ヘ    > くー;;;;i;;;;;´;;;`ヘ
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;};;;;;};;;;;;;;',        /   );;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ト;;;;;',;;;;;;;;;;',ー-、   / __/;;;;;;;;;;;;;;;,';;;;;;;;;l
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i!;;;;;;;;';,;;;;;;;;;ヽ、 `    ノ;;;;;;;;;;;;;;;;,';;;;;;;;;;;l
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;∧;;;;;;;;;;';,;;;;;;;;;;;;;`;ー -ー;;";;;;;;;;;;;;;;;;,;';;;;;;;;;;;;;j
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;};;;;;;;;;;;;;;;`;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,;;;´;;;;;;;;;;; ノ





530 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 21:30:16 ID:S6azOtvE

         ___  ___
         `>  `'´   <´
        ∠´          `ヽ、
       /             ヽ
       /               ヽ
      ,.イ  /|ハ/! ,ハ ト、lヽト、     `、      ただし!
      ´/ ハ/\\|/ `,// \    |
      / r| ==\!  |/=== ヽ. r‐、 |      都で騒ぎを起こしたことは許し難い!
       7 | | `-v゚/  `--u゚‐'′| |こ!| |
       ,/ | | u / u     U | |こ!| `、     島津忠恒
      / `| /_  - ヽ u'     | !_ン  ヽ
       .イ  ヽ lニニニニ二ヽu /|      \   しばらくの間 自邸で謹慎していろ!!
      /   ヽ`ー──―'/  /   ハ~"''‐- ヽ_
        7'    ヽ ~~~ /    /  ,/ ヽ~"''‐-
       /__,.,.ィィ  \_/ u'   / / `、`、
   -‐''"~  /~7  /|      /ノ ',  `、ヽ
       / /  / |‐-、 ,r-―"|  ',   `、ヽ
      /____///__|   |    |______`、




           _.,..、:-:─:-..、、
           /:::::::::::::::::::::::::.:::`:ヽ.
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:、
      ,.':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
.      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
.      /::::::::::::::::::::::ヘノ!::::|::::::!::::::|:::!:::}:::i:::::}
    /:::::::::::::::::::::::::::厂 ≧rx|::::::j:/:イ:ノノ:イ
   /:::::::::i:::::::::{こj::::i 弋ケニゞ、イイヲイ:::::::\
 /:::::::::::::i!:::::::::じイ::::|      {  /::::ヽ::::::\
 \:;イ::::::i!|::::::::: ゝj:::::!       ゝ /:::::!:.::ヽ:::::::::>    仰せのとおりに……
   '<::il:|:::::::::::::;:!::::j     ー- , ′::::!::::::::ト/
     ヽi;;;;;;;;;;;;;j'"´ \    /::::|::::::>'"´
  ,.、rーへへ/´;;\      トニ´__"´
/´ ̄`ヽ;;;;\\;;;;;;;;`ヽ、 !\;;\;;;\__
;;;;;;;;;;;;;;;;ヘ;;\;;;\\;;;;;;;;;;;;`ヽ、__>;;;;ヽ;;;;ト;;`ヽ、
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;;;\;;;\\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ノ::::l;;;;ヽ;;;;;`;,,、
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`;;ー ───''"/;;;;;i!;;;;;;;};;;;;;;;;;;\
γ;;⌒ヽイ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;`\;;;;;;;;;/;;;;;丿;;; イ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;',
´ ̄`ヽ;;;;\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`\;;;;;;; ̄;;;;;;;//;;;;;};;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;j


こうして家康は折れ 忠恒の伊集院忠棟殺しは不問とされた





537 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 21:31:16 ID:S6azOtvE

いや 折れたと言うよりも
これは家康が島津に屈服したと表現した方が正確かもしれない……


      ,, -─‐-、,,-─-,、
     /        ,'⌒ヽ\
    〈  ,‐-⌒-、ノ,,,  |.  \      …………
    /, ミ、Vヽl〉| | |,,,  |.   \
     '|\Nヘ「ヽ||_|__,|.     \
              |L.|  |       ヽ、
            | | ,,,|,        .l
.              |_|_,||        .ノ
                |::|::: :|_|       ,ノ |
             rrr´‐::: :j. L,,---‐‐'´ ノ
            i´^^i´ ̄~    ̄ ̄ ̄~i‐⌒ヽ,
            ヽ、__ヽ、______」-、__.⌒っ










              i、 〈l〈l r,==¬
             -=| |=‐  |.|   |.| o o o
       /       i7 |.| 「/   L===」
      〈        ゙'
      /      、ー--‐へ、 (⌒\
  .  , '      l`i‐r-ゝ  v   \\、ヾ;  ヽーァ─     ぐ……
    /イ    :ト、!│| ! , ij   u \ヽリ   ∨
    │,イ   | u | | l∠ニ  u    ト、     ヽ  /    うう…… う……
     l/ | ,イ |─ァつ_ ~U~ u/;⌒i   |:: \   ヽ /
      レ W f/ ノ ,.- // ./ j v |:: u \  V
           { /つ ィ .// /   u  |::v /ヽ.  i
          l /つ/ レ'  〈__,.ヘ   | ̄7  ヽ |
          ヽ ヘ'v ー-、 ノ  ヽ  | /    W
            \ ij 0 ヽ.   `ー' | r‐¬ |
             \ ノ O \    |_!o ol_|





540 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 21:32:17 ID:S6azOtvE

          __
     _,.ゝ'"     `ヽ、
    _≧-          ヽ            殿下亡き後の豊臣政権は……
    >  ハ、ト、_、 ,.-、   ヽ
    7,. ハl. //ヘ \^')    \          俺たちは……
      W'\</、ノ、 u `!   ト、   \
       / ,`'~,.っ |!  |/'\__ \       なんて脆弱なんだ……!
 .      'イ-<_.、  |:! :! ./  `-、_\
             し'^l | ./   _ `\
          0     / V./ `><_ `ヽ \
             (j   \/ / /´   ヽ\/\
               || |  |   ,/ :l \ \
          J   ,.r┼‐|TT|_/    !  \ \
 _|_l_l ___        / (\lll|,|_|_|    /|  \ \
 ノ | ヽ |_|・・・   ヽ ´ヽ ヽ、 :|,..-''"  l    \ \
              `\   >'l   匚o]    //ヽ
       _|_l_l _    ヽ/ /`  |_|_|_|    //   ヽ
       ノ | ヽ |_|・・・   l\       ,!  /ヱ7   ヽ


そして……
その「脆弱さ」を証明するかのような事件が大坂でも起きようとしていた





543 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 21:32:45 ID:2w3fS.q2

さて、前回のラストと繋がるよーw





545 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 21:33:18 ID:S6azOtvE

この頃 大坂城では加藤清正と福島正則が密議を重ねていた
その内容は……

                        ∧
【大坂城】                 / ∧ヘ
                        而而 |
                       |n l|√ |
                        鬥鬥l__∧___∧
                    。___|]] |三|]]三三/\ ∧
                     ∧三 l|__l三|]]三ー/:∵\|
                    I/厂|∧l|   | ̄ ̄ ̄丁二二「|
    ∧I               /|T¬「 ̄| [[| ロロロ [[| 凶凶l |
    [[[[|  ∧   __    | ll| ロ|| lll |]] | ロロロ [[| 凶凶l |
    |ii |  〕∧ニlヘ ̄II\. │ll| l|| lll |   | ロロロ [[| 凶凶l |
    {兀兀} 皿皿|ニニ|ー「[[[[|.| ll| l|| lll |   | ロロロ [[| ⅣⅣl |
    |ii|l | f≦TTニニ|厄`:;':,'゙`:;':| l|| lll |   | ロロロ ::;'.;,',;::;:;'.`;::'、,,,
    |ii| l|,':;`:;'::|│,ロl|,':;`:;':  ;,',';,',;:;::;'.;,',;::;:;'.`;,',;::;'.::;'.;,',;::;'`;,',;::;'.`;,',:;'.`;,',.
,:;;,',.;::;'::;'.``",':;`:;'::;;;`;`:;'::;;;  ;,',;::;'.;,',;::;'`;,',;::;'.,;::;'`;,',`;,',;::;'::;'.;,';::;'.;,';::;'.`;,',;:
',:;,',.;:.;::;',:;:;'.`',:;,,:;;::;',;::;'`;,',;::'.;'.;,',;::;'.,``;:;'::;'.;;,',;:´',;::;'.``,',;::;'`;,',;::;'.`;,',;;'.`;,',;::..



         ___ _
  .‐::::二´::イ:iト、‐=-`::.、_
/::://::::,:イ::i:l:i::::、:::::`:、::`:.、
:::///://:i: |:!:|:i::::丶:::: ヽ丶\
/:::/:::/´::〃ハ:l::::!:!i:::: i丶`:!ヽ:ヽ::ヽ
: /:: /::::/:i::::: ハⅣ:;、!:::: l::::ヽ!:::i:::::::::::.
/i: /:: /i::l::: /i::lヽl::丶:::l::::::ハ:i|::i: i:、::i
!:|i:i::: i:i:ll:::/∧:!:::l` 、:ヽ!:i/:::i:ハ!::l::i l
::|l::|::::|:|::l: '/ ヽ: l   i::::!:!ト、:!::::i:ヽ! ! |
::!:|:|::::!:!: !/ィ示ヽ:!  !ハ /ヽ !ヽ:li:i:N:::!
::: |:|::::ヾ:::!`ヽ::ノ_ ' /' |! .ィ、 l:!::|:!:: '
、i:|:Ⅳ:::iヽ!       !く:::ソ ! !::::!' /
: ト、!:! ヽ!         , ` ´ /|::,':/    さて…… 邪魔な三成は とりあえず
: !i:N  `       ノ   /i:!:'/
:、:!|ハ     _       /::!:/′     前田邸に封じ込めることが出来た……と
小:!. ヽ       ̄ `   'Ⅵ'
::::リ.   \    `   /
Ⅵ.     ヽ、     ´
`  ー  _   T ´
、     ` ー 、
 `  、     i
. 、    \.    l
.、 丶    \.  !
 \ \    ヽ l\    ← 加藤清正
   ヽ ヽ   |   ヽ





549 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 21:33:51 ID:IeiC2fpE

封じ込めてたのも計画通りだったわけかw





550 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 21:34:16 ID:S6azOtvE

      /l :::://ノl.:::::ヽ::::ヘ::::::ヽヽ:.\ヽ:::..ヾ \:::..ー _::::::
     ,ソ'/.l ::::/,:::::i.:::::ヽ:\:::ヽ:::::ヘ.',:::::::\ヽ::\,ヽ、::::::::::::ー
   / / ,::l.i,:::l:::::::ヘ.:::ヽ\::.ヽ,\::::ll:::ヽ..::::..ヽ::ヽ,' i.\::::::::ヽ
  '゛  l /::::.',',l::ll::::::::l\\ヽ:::::::::ヽ::.|.:::::、:::::ヽ:::::::l::l::..ヽ:::::::、
     /::::,::::ハソ;i!:::::::i'|__ヾ、ヽヾ、:::::\|、_;;_y,::::,、:::::l::|ヽ::::::::::::
    /ンl::::::::lヘ' ;::|.'Y'l::::ヽ、\::::.ミヾ\,ハ::::::::)ヽ:::::|:::.i::::::::      あとはクソの役にも立たない
   // |::i::::::l:::::\! l!, 'ー'゜゛  ヽ:::ヌ゛ 'ヽ ゛''" ノ; ll:::::::.l:::
  /   l:l:::::lハ::::::::ヽ ゛ー '    ゛ ー  ` '' ~  .l'i:::::::::::::::      五大老五奉行制度をぶっ壊し……
 _ .ー'/ ̄l ll:::l l', '::::入\             / |l::::::::::::
  /,  N ハ::l'l ゛l',::::lヽ、    ,                l:!,!::::.l ヽ
 / l    l ',l ', 、 ',::lヽ    ヽ ー          lソ |:lヘ
.  |      ヽ ', ヽ. 'il', `、.  ヽ ._____,.ノ    // li
             ',.   | il \            / ./  !
     、     'i    l l:::ヽ        /''  l|
  \   ヽ | _,, --、    l 'i::ヽ,ヽ、  _ , '''  ,r'~ ̄゛' ー <
   _ヽ -ー'"~、  ヽ, \ lヽヾ, .l   ̄     / /~ ̄     ← 福島正則
   ̄        \   i、 ゛' 、 \ル............ / /
          ヽ   ヽ   ヽ ゛ ̄  "




             ,'   ,:    /| i l l. ill. i  ! ,i l:::::::::
             ,'   /    / l   l. il|i l  ∧メ !::::::::
            ,'   ,'   . ,'i lハ ', i. ill    X ',、::::::::::
          ,'f ,' ,'  i i i! ! i l  i il i   i l.l! iヽ::::::::
           li'}  ハ: ,'i i、! ', ' ヾi  i i  i l l l ! i:::::::r^
          i!.i ソ il ir !ミ、、 i  !、 ', ! ',l  i ', ',',::::i
          l i ,' ハ i !! 廴ツ、ヾ  ':、 i i  i !ヽゝ::::l
          !.li!.l|!| リ ` ェ、..ヾ ヾ、 ヽ:、 i ! ハ、!l ヾ、::l
           ! !从      """ヾ:、ヾ: 、弌itーマ、:ヽi       家康を神輿として
            ′ i           .:: ヽ ー`=.公、`:i
             _,r:::i     rー-‐ '''' ー ‐ --:: 、:ヽ::i      僕たちで豊臣政権を差配する……だな
、、、、、、、、 -‐ー''''''' /:::'.     ``¨':':‐:::::::-::::::::、_  ヽ:;::l
     '"       ./" ゙:,  ゙、   ヽ、,..:::::::::::::::/ , ` 、  `
       __,      ',::、   ゙ヽ 、:_:::::::::::r ;´ ' ヽ、  ` -、
;;=--‐‐''''""         ',:::、  `'':::::::::::::;: '   i    ヽ、,
          ,      ',::ヽ    ::::;::i  _ -t^ヽ、_   ゙`
          i       ヽ::`:ー ':::::i .ノ:i ノ:::::::: 〉
         il      ,.ゞ=ー'"メ /::::レ:::::::::::/
i           il   _ ,ィニ´ ニヽ    ーヽ:::::::::::::::/
i           ill ,イ:::::iニニニソ、     ヽ::::::::::/
       illl ´    lニニニ/ ヽ.    ',::::::::i
         illl    /ニヽン     ヽ   /::::::::!


現在の政治体制の打破 いわばクーデター計画に等しいものであった





556 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 21:35:44 ID:mg1DX2LA

最強最悪の頭脳を持つ二人が手を組んどるwww





553 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 21:35:20 ID:/e1/m/F.

月とLの共闘とか敵にとっては悪夢だな・・・





570 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 21:39:56 ID:2TLF0bmI

関ヶ原の結果までは、この二人の思い通りなのが面白い





554 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 21:35:20 ID:S6azOtvE

二人が ここまで思い至るには それなりの正当性があった
まず秀吉の死後 五大老五奉行制は碌に機能せず
結果として 秀吉の後継者・豊臣秀頼の権威を著しく傷つけていた


                   _,,. - ;/
              _, -' ´:::::::::::/
          ,.ー-<:::::::::::::::::::::::::::`'ー‐::_;‐=‐
         j::::::::::::.、:::`丶、 ::`::::.、::`:<´
         /:!::ヽ:::、:::`::::.、:::::丶、::::`::、:::::ヽ、
        /:::∧::::ヾ::::、::::::::`::.、:::`:::、:::ヽ:::ヾ\
       j::::/::::゛、::::ヽ:::ヽ、:::::::ヽ、::::::ヽ::ヽ:::ヽ `
       l::::!:::l::::!:ヽ:::::゙:、::::ヽ、::::::゛、:::::::::`::.、::::\           当初は わたしも期待しましたが……
       j/:l::::!::l:ト、:ト、:::::::::、:::ヽ、:::::ヽ::::::::::::::\{`\
        i!::::!:::!:ハ!_」l_ \{`\、____、:.、:ヽ:::::::::::::ト\           もはや あのような制度は
       ハ::::V:::! ソ oヾ \^~/ o ヾ:i`:.、:::::::::::!、__,, - 、
      ′ i:::i:!::ハ ヾ=彡     ヾ≡彡リl::::ヽ:::::::{ ! /     \     秀頼様のためになりません
        ヾ{i::::l:!              ハ!::::::::::!:}`ヽ/ /    lヽ、
         /^ヽ!::リ:、     ` ^  ノ´)/::::::::从ト{   /      | }〉、
     /    ソヾ{\  <ニ>' / ̄i ̄`)V  !         | l! lヽ
―- 、 /          ゙ 、 \/   ' / {<⌒′/ !       亅/ ! \
   V      ` 、    \/       }〈  / /  l     /,. -─‐-ヽ、
    !         ヽ,           )ノ_   /   |l  / /         \
    l        {\  {    / /{_,ノ       リ / /
    i!       \ `、  亅   / _,. - '´          K,/     jL/
     !       \、 ヽ    「           !  / /  / /⌒〈
    l          `\`|    |   _,. '´   l  〈,/  /レ/ /  /
     !          |   |_,.-'´     / !  /  j// /
     !         / /|      「´     /  / /  /,  /
      !       / /{|    ト 、  /  / _,/ i // ! /l  /
       ヽ    〈 / ヾ    |i !/  /‐'' /  !.// l//! /
       ヽ     |l   \____j_」 〉    ,.ィ  j//  / l/
         \  |!        /___//   //ハ  ∨
           ` ‐ヘ ヽ        /     / 「// ハ /


また 二人には今の奉行たちと取って代わり
政権を運営していく能力が自分たちにはあるとの自負があった
(それは おそらく事実でもある)





557 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 21:36:16 ID:S6azOtvE

そして なによりも……


      /:::::://::il:::l:|:::::|ヽ、:::::::::ヽ、:\ヽ:ヽ
     //:::::/l:i::::::::il:::l::|::::ト::::ヽ、::::::::::ヽ::::ヽ:ヽ:ヽ
    /::/:::::::/::l:i::::::::il::::::|::::|:::l::::::ヽ::::::::::::l:ヽ::::ヽヽ:'.,
   ./::/::::::::/:::l:li:::::::::l:::::l::::l::::::l::::::::l::::::::::::l:ヽ::::::::l:::l::',
  /:::::::::::::::|::::|:::l:::::::::l:::l::::l、:::::::l:::::::::::::::l::::|、:l:::::::::l:::l::l
  .l::l:::l:::l::::::l:::::|:::::l、::::::::l:::l::::::::::::l:::::::::::::::l:::|、::l:::::::::l::i:::|    豊臣政権とは太閤殿下が作り上げたものだ
  l::::::l::::l:::::l::l::::l、::::l:、ヽl::lヽ::::::::::::l::::::::::::::l:::|:::::l::::::::|::i|:|
  |l:::::l:i:l:l::::ト:::ヽ:l`ヽ、://::::::ヽ::::::::l:::::::::l:l::l::|::::::l::::::::!:::i:|    だとしたら 殿下に息子同然に育てられた僕たちが
  |トl:::::il l、::ilヽ、:::l-‐,..-ュォ-、:::ヽ:::i|:::|:::l::l:lll|ヽ:::l:::l::::::::l:|
  | ヽ::::il kァ、 、` - ' `‐'′ /ハl:::l:::l::l:::|::l|  l:::::::l::::::ト|.    それを引き継ぐのは当然だろう?
  ヽ ヽ、i `7     ´   //  |ト:::l/l::::::|  }:::::::l::::i| |
   ヽ  .l/            ||:/ .ヽ::l _ノl:::::::l::::i| `
      ヽ、 -          l   〉l、|:::::|i::::::l::::|
       ヽ`                /   .li:::lト:l::::l:l|
        ヽ ‐、ニ= ‐      /    lヽl-ヽl::l|
         ヽ ー       /  ,. r '´    ヽ、
             l、    ,.  '" ,.  '´        ヽ
           `ー‐ ' r1,. '´         ,. ‐ ' ´ヽ.,
            <´ i'´      ,.  ‐ ' ´,. ‐ ' ´::::::::ヽ
             lヽ|.l    ,. ‐'´,. -‐' ´:::::::::::::::::::::::::::::',
              | | l| /,. r '´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
            |/ / /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
            // /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
            〈 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


やはり これが一番の理由であった





561 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 21:37:16 ID:S6azOtvE

だが ここで二人が政権中枢に上るために取ろうとした方策は乱暴極まりないものだった


                    ,   ,,,.:-‐,,..... -
                  , ::':ル'´:ー''´::::≦-
                   r''ニ、:::::ニ=-:、::::二ェェッ=-‐
                r'::::::ニ-、::::::::ミミヽ、::::::::::::::=ニ_
                   /:://:::::ミ、::::::::::::\ヽ、:::::::::::::<
                  ,':::,'::::iヽヽ:::ミ:::::、:::::::::\:::::::::::::ヽ
                  /::::!:::::ヽ:ヽ::::::::::`:::::::::ヽ:::ヽ::::::ヾヾ、
              /"i::::::::::::i゙_、:::::::::!\vヽ、:::::::::ヾ:::\
                 i:;::::l::',:li oヽ`ヾi. Y'o゙リ、:::::::::::iー=ヾ     さて ここでもう一度
                / lハ::::',i゙ー"   ′ ー" i:::::::::ヾ、
           rイ ̄'",ニ、!:::::i.    . .     ,':j::lヾヤ-、_      わたしたちの生贄になっていただく方の
         / |   l lサ!::iヽ   . --、  ,.イ::l!';:l    ,ヽ
         |〉 !   | l八゙! \  ̄ .ィ' /i! i '!   i i     確認をしておきますか
         /< ';,.   l | ヽゞャ-、`=ン _ソ, ! i    ,' ヽ
        〉ヽ-`' i!/``iー',  ``-ニ_--‐'ニ-' ,'  / i  / i i l
       /  ' , ,,,i'´!、 l- ヽ=- -‐-;'''´       l  , ' ,' .i
        /   ゙l i  'i j/  ,..-‐' ̄         ! /   |
      /     ll、ヽt,ケンェ‐'´            ,!'    .|
.      i┴、>ニ ン`''=ーン´ヽ             /ヾ!ー,-,ン.i
     リンニ--/    , '   ヽ           /  |、-‐'´  i
    /r'  ii"     /               /  l  、   i
   く lハ l:l    イ \          /  /  < ミ、、`ー.k
    |.   l::',  /シ          , '  , 〈   ノ゙ -ー、-ヽ.i
    !、   !、::ー::k ヽ        '   , ' メ、  ノ    `ヾ,!
     `ー-、_ニィ_ 、 ニ ー   '''' ーー '  , - .メ∠、.      /





567 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 21:39:07 ID:IeiC2fpE

生贄とな・・・





563 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 21:38:16 ID:S6azOtvE

  / /::::〃::::;';'::l|:::::;' :|l:::l::;;:|:lヾ\ \ ヽ\\.ヽ.
./ /::::〃::::,';'|:::l|::::::::/!l::|:::;:|::lヽ\ヽ、\ヽ\丶ヽ
;:/:::::/l:::::/;'!|:::l:l::::::/::ハ|::;:|:::ト、゙、ヽ:::l\ヽ`、ヽ`、::゙、
′ /::l::::/::!l|:::l:::::::;':::::::::l|::::|:;|小.:゙、ヽ:l:ヽ\、ヾ、:l::: l
:::::/:::l:::;':::l斗、!::::::l::::;'::::/!:::l斗⌒ト、ヾ、゙、!l::::::!ハ. l:.、:l゙、|
::::':::::l:::i::zhfr.|:::/:|:::;::::/}l| ::|l゙::/|i=≧_、l|::::l:::::l|:::::|:: l
:::::::::;|::|l:::| {. l|:/:/l::l::/::ハ:l ::И:八 {i }!ヾ!::/!:::::l::::;l::::l
::::::: l|: !!::|!. y/:/:/l|::::/ |∧::| {′ ⌒  }ハ:l::;:::l::/}:/             ああ……
:::::::::l|::|!::|:V/l//::::l::/ / ヽ! : : : : : :   rリノ:/:::/
  ::::::l:::l;::|::|/∠ニイ/                 V//              まず家康を除いた大老だが
   :::::::|i;l::|'゙{.   /           ,..  _ノ
    :::::l| l:| ゙、゙、.              r''´                 彼らは若い宇喜多秀家の他は
    ::∥ {  ゙、ヽ         ^‐-=ユr-'
     |    ヽ\           _ノ                    豊家にとっては外様だ
          ヽ\        /
           ,.-‐=ニ_、   _ノ
  .         \,イヽ、    ̄
           \ \




             /丶:::::::\:::\:::::::\::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::
            │:::::::\\:::::::\\::::::\:::::::::::::::::::\::::::::::::::
            /\::::::::::::\:::::::::::\::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::
           /│\ヾ:::\::|\:::::::::::\:\:::::::::::\:::::::::::::::::::::
          │/|:|丶 \:::::::|  \:::::::::::::\::::::丶:::::::::::::::::::::::::
           |/ ||丶\丶::::|  ,イ\::::::::::::::\::\:::::::::::::::::::::::     一番の実力者である家康さえ抑えれば
          │  ||:ヾ:::::丶 |  ハ..,/\::::::::丶\丶:::::::::::::::::::::
          丶 /|:::::::川:::入|   ..ノ"\::::::ゝ \丶::::::::::::::::     わたしたちに敵対することもないでしょうね
             /入||:::/ \|        \ヾ  \:::::::::::::::
             ル |::::/   \        \ |/\::::::::::     だとすると問題となるのは
           ノ   |\ -、            /  ト:::::::
               ||:::::ゝ                ∧|      やはり奉行衆ですか
               │入...___             /
                丶  \─ゝ          /
                  |   |,           /| //
                 /  |        ....////
               /= --┴-、    ...:::::::: /  /
              /       \<\:::::::/ /
            /   , ----= 、 \// /
           / >           /  /





569 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 21:39:17 ID:S6azOtvE

.       //,ィ/´::l〃::;イ/イ:!:i:l::!:i:i:!:i::|!
      /:,イ///: /!/:〃:://::l::i:l:l:l::l!:l:l
     ,':/〃:i:i::/〃!,:イ/:://,'!::l::l:l:l:l::li:!:l
      i:.!:'i:i/l::!'/イ l!:〃:,イ l/ li::!'::l:l:!:il::il     そのとおりだ
      |:i:i:l:l:.ハソイ !//,:イヾ//小ハ::lリ:/:l:ll
      |:l:.l:l:!,:代ト//  ィマラ7:/l〃,‐:!l:!      だが それも全員と言うわけではない
      |!l:i:! i  ̄'     ̄ ´/イソ!'/ 〉}:l'
      lハ:ハ   i         〃_才:リ
      ! ヾハ  _` ´      / .T:i:リ'
.        `  、  、__ ̄   イ  .Ⅵー,-、
.           ヽ    /     . '   \
             i: .ー ´   ,.ィ ´       冫、_
       , -‐くl: : .   .:li⌒ヽ      /   `ー 、_
      /    ヽ: : . . : ll.:.:. iゝ.._  / ,   ´ ___ミ:、
     /     /iヽ: : : : 〃 /   ヽ/ ///    ヽ
   /.- ⌒ヽ  ,': :! }: : /' /.  / /  /´/  __    l
  /.:.:.:.:... ...:.:} l : : : : ,'  !   /  l  /' ´  /     l!


─────────────────────────────────────────────────────


            >′´    \::::::::>、____
          /      l ヽ    ̄ //小 \Y/
            . ' /      | |ト  |  \'」ト \\__
          /  l      | ∥| } _|   l \_ヽ_ \\
         /   |   | | イ厂|,ハ !  | ゙,  ̄\\ ヽ.ヽ        
『元より家康派の浅野長政殿は何の問題もない』
       ′ | i |ヽ   |// /,.斗:‐刋 | |    ̄  レ′
      |  | ||_\ |! / 〃ヽソ ' / /  |     \
       || ゝ \ -\∨       / イ   ト     \ \        
『むしろ わたしたちの味方にとすら期待できます』
      | ト  \ィヘ ソ       / |    | \     \ ゛ー
  \___ 、 \\ヽ ̄´  ヽ __,.      |    |\ \
__ \\|\ \  ̄二   '´´      |    |  \ >-...    _
::::::::::::::::::\, ――‐∠ヽ_         / |   ∧__>'´::.::.::.::.::`<::::::::::::
::::::::::::::_/   ―ッ厂   、\ー-  <::.::/   /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.\:::::::
:::::::∧/   /  /   l l ト )//「\::V  /::.:,′::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::\:
::::::′冫 /    | _」  | | |∠〈〈仆:::::マ /.::./::.::.::.::.::.::.::.::.::___::.::.
:::::| ハ _  ,―┴ぐ_ノ-イ‐'::.::/フ┘|::|/ /´::.::./::.::.::  -―――-
:::/   7 Y´    |__  了::.::.//z_r‐レ'/.::.:::./ レ'´::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:
〈|   /  \ -―{_  ̄|_::.::レ燈}彡イ::.::.::.::./ /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:
├く    <__   | \「::.:_j ゞ '´〕/::.:/〈 〈::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:
|  >     下 _ \ j::.:ノ /  〔/   _\\::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:
| /\_   」    L|::丿/  〔レ'´::.::.::.::.::.::.\` ::.:―- _::.::.::.::.::.::.:
 / /  \  `l__  |冫   r'::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::`::.:ー― -- 一=´::.::.
     / 〈   \ `丁:)    〉::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::\::.::.::.::.::.::.::.
Y_ /__>-、ー┤::.`L   〉::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::\::.::.::.::.::.:   ← 浅野長政
 `ー'\       〉   |::.::.::.::ヾ i|::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::ヽ::.::.::.::.:





571 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 21:40:16 ID:S6azOtvE

                 _, -―‐,r_j_ャ、
            ,〈`ヽ、   {l´ ヽiユiュ
              / ,\ ` ー- r―:薔:、ツ
             ,  /  ``ー 、__ゞ´、>イヘ
             ! イ ー-、    , -ー'くヽ !            
『朝廷・寺社関係の調整役である前田玄以殿は
             ', l ィぅ:ミ     ィぅ:ミ ハV
              ゞ ゞ=″.::!  ゞ=" ムツ       ,       
ちょっと他に代替えのきかない存在ですね』
            /{ハ    T⌒T    ハソ\     /
            l_- ゝ、  ヽ..ノ  ィ¨ー__,ノ-、   / /
             !, -=、/>:.二.:<lz―-イ 、 i_/ /       
『玄以殿についてはノータッチだな……』
        , -‐'´L_ソ 〈/¨\〉く, =く  ヽ
        /.    く_」 : : / c ヽ: :l|iー'7  ,  , -ー‐、
        l i     L.ノ!: :|: :c: :|: :l|`ヽ.」 '´  /     `丶、
        〉 ‐ _ト 弋:_:_c_:_:_ノ  ̄r---‐'′
      /  /´ 」   /T\   -L_
  r‐ '´ ー、l/  /‐'    」!      `ヽ
  !       | /       /」_\         \   ← 前田玄以
  |     /        /ノ: :ゝ ヽ          ヽ



           ,. - ──── - 、
          /              \
         |                〉
         |                   /
         |    _ _  - ──-、/
       _ _[二二 _ _ , -───‐- 、
    (´ ̄                       \
    \   , ィ´  ̄ ̄ ̄ ̄``ー-.. 、 _  _/
     `y'´ /  /.ハ、.: .:.、  . :.:.::::ヽ::ヽ::::<          
『長束正家は…… やつの職権に口出しさえしなければ
     /  /  /:/;ハト,ヽ:、\ . :.:.:::::::|::::|::::::|
      i   ! /.:// \ト、ト、:.\:.:.:.::::!::::|::::::!          
敵に回ることもないだろう』
     |  l/::// __, ヾ! ‐ゝ-ト、:_:_|::::|::::::|
     | / .,:ィ厂_ _     `二ニ!::::!::::::!
     ト、 ̄.::/:!ヾテ。::.フ   ヽ辷フ 7:::,'::::/          
『彼の異能は これからも豊家に役立ててもらいたいものです』
     l/|.:.:::/:::|              /::/:::/
      |.::/.:.:::ト、         /::/:::/
      l/ヽ.::::l/ト 、  (⌒ヽ , ..イ::/l::/
         \N  `コ ー-‐<l:::/l/ |/
        _ _/  ̄`フ杯ト、 _
       _「ハ_     ,イ  j1ト、 \ ト、
      l/.:.:.:.::::)ト、  //  //j。jト、//.:.:! ← 長束正家
     /.:.:::::::::::::Yト、l ト、 // j。 i|V/.::::::|

─────────────────────────────────────────────────────





572 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 21:41:05 ID:T.izAkIU

さあ、絞り込まれてまいりました





577 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 21:41:42 ID:mg1DX2LA

残ったのはあと二人w





573 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 21:41:16 ID:S6azOtvE

   / /// /,/ /  /,.イ/| | /,! | ハ l l、|
   /// / / / / // //  | l|   ! ,. リ | |.| | !
    /  / /,イ,//彡 '// , || ,l / リ | | | |l |
   // '// /∠ ////  ||/ /,!/ イ! | | || |
     / / ' / /  //  ,/ | レ ノ//  ,! | ! |||
     /./ /∠  ,/// / ,.ィ1|///  // |l | ||
    /| | / /  //  _,.-7 / ∧ル' /,/ 川 l.|
.     | |// _,.,.ィ/rァ,.-、ヽ.y'、/ / /_/ / リ /
    | |/ /'/Xヽイ (.フ/) /ヘ',.ィ' ,r∠/彡/ ,!//
  / l |/!,//' /' !`¨7 ./ /r7/| /彡/ ,/イ/
     l{ |/   ′|     '′´  | '彡/ / |!
    / ` |               |/,/,l/      残るは三成と
   /                  |V /
  '             ヽ- ,.. ノ          五大老五奉行制度の発案者でもある
  \     `ー------- '/ ヽ
.    \            /    ヽ          増田長盛なのだが……
      \       /      |
      /ヽ、   ノ         |
   `¨ ‐'_    i  ̄  |        l
    / ヽ   |     |        |
   /    ヽ  l.     |     |




     / ,-:::::::::::::::::::::::::::::l
     /i /:::/::::::::::::::::::::::::i        長盛殿は ああ見えて柔軟な人です
     !:i i::::/::::::::::::::::::::::::::::::|
     >::ヾ::::::\::::::::丶::::::::i        形勢が こちらに有利となったら
    /i:::::::::::::::!,::::\:::::::::::::!,
   //::!,:::::::::!::::::!:::::::\::::::::::!,       あえて敵対することもないでしょう
  /::::':::::!:\:::::ヽ::::::::::::::丶:::::::::!、
 /:::::!:::::::::::!'!\::::::::i\:::::::\::::::\     ……だとすると
..,i::::::::!::::::::/=、!:::!!:::::::i, ,ァ\::::\:::::::ヽ、
..!::::!::::!::::::/r:iヾ!:i\:::i,!(:::)ヽ::::::::\\:::::::::::::::::::::::::::::::::\
..i::::!:::ii:!::::il ''',,ノ ヽ \i'==‐'''´ \ヽ::::\::::::::::ヽ::::::::::::::::::::ー=
 !ii::::!::::ヾ!゙゙,´       ゙       !:!:::::i::::::ヾ:::::::\::::::::::::::::::::::
 ゙!!::i!::::::::! ヽ ‐          !ii:::::i::::::::::::::::::::::',:::::::::::::\‐
  !i ヾ::::i,             i!|:::::!:::::::::::::::::::::::\::::::::::::\
   i! ゙!:::i、  F二ニ=-‐        ! !:!::!:::::ヾ::::::::::::::::::ヽー-、,,,,
   ゙!  ゙!:i゙!、              !:i/゙\::::::i-、::::::::::\
      !i ゙i、           イ゙!i゙    \i、`゛'ー、:_::\
      ゙! ゙!、      ,,、イ   !i     ヽ     ) )`
        !i'ー---‐ヾ:::::::::::   !         // |
           ゙!,、-‐'フ´/ヽ::::        /      // !
      ,-'"´  / / i"\      /      //
      ノ        ( i 、 ヽ     /     / /





579 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 21:42:16 ID:S6azOtvE

       ____,....
  ,. ‐';ニ"´ニイ:i!:、ヽ:.:`ヽ、_
/.:///:.イ:.|:|:|i:.:ヽ:.、ヽ:、ヽ、
:.:/:/./://:|:.:|:!:|:|i:.:.:゙,:.:.:.リ:.ヽ\
./:.:/:/:.:.//ハ:.:i:.:l:.:.i:.:.:i:.ヽ`:|:!:.:ヽヽ
:.:/.:/:.:./:.l!::.:.ハ:.V:.;、:i:.:.|:.:.ヽ|:.i:.i:.:.',:.゙:,
/l!:/.:.:/|!.|:.:./ハ:',:|:ヽ:、|!:.:.:.ハ:.||:.',:.i:、:',
!|l,:!:.:.:.:|.| |レ/∧:l:メ!:.ヽ:.:|:.|/:.i:.リ:、',:|:.i:.i    ああ……
:|l.|:.:.:.:|!.:|:.//¬i:.{‐、.:|.ト、:l:|、:.!:.:.i:ヽ|:.|:|
i:.:| |:.:.|l:.:.l/ィ示ヽミ !.メ| 〉ヽ!:|_!:.|:i.:N:.|    僕らの獲物は
:.:.l!:l、.:.:l、:l`ヽ::ノ_, ' リ |i |.,.ィl、.|::!||:.メ:リ
、:.l!.N、:い!.        !く:::ソ } |:.:|/:/     ただ一人だけということさ
!:i、.i!リ ヽ!         , `~ /|:ノ:/
:.i|:iN  `      .: ノ  /:!レ/′
:、l:|ハ     、____    /::i/'′
小| ヽ     `''ー‐`''  /|/l
:.:トヽ  \       /                      r‐-、r‐-、r‐-、r‐-、
N|`ヽ   ヽ、    , '´      ┌───────┤  ||  ||  ||_..._|‐───────┐
``'''‐- ..,_   iT"´           | ー──────‐ |_...._||  ||_...._|ヽ_,ノ. ─────── |
、_    ``''‐N、           | 石田三成    .ヽ_,.ノ|.-‐.|ヽ_,ノ                   |
 `ヽ、      i          | ─────────. `ー' ー‐─────────‐ |
、   `ヽ、   |           |                    :                 |
、`ヽ、   \  |          | ──────────‐ :. ──────────‐ |
 \ \   ヽ.|ヽ         |                   :                  |
   ヽ ヽ   |  \          | ──────────‐ :. ──────────‐ |


清正たちは三成を 島津家に対する忠棟と同様に 奸臣としてこれを討ち
そうして自らが造り出した政治的混乱に乗じ政権入りを果たそうと計画した





586 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 21:43:09 ID:IeiC2fpE

やはり三成かw





584 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 21:43:02 ID:KAcYGuNg

人望もないしなw





591 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 21:43:48 ID:vgz73HnQ

でも実際、五奉行の中で融通利かなさそうなのって不人気だけだよね





583 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 21:42:55 ID:0ucMYuuk

単なる個人的な好悪だけで三成を殺そうとしてるわけじゃないわけか
意外とそういう視点での三成襲撃の理由って聞かないから新鮮だな





589 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 21:43:17 ID:S6azOtvE

                       ,ィ
                     /  ,// _、-
                 , '/ /‐'::::,、ン'/
              , ./:::レ:::::::::::::´::::::ー--...、.._
               _iV::::::::::::::::_::_::_::::::::::::::::::::::::::::::::::=-
           r::'::::::::::::`ヽ三ニー-::::ニ:::::::::-=ニ´
          /::/三:::\\ヽ:::::::::ミ、::::::::::::::_:::=≧ー
         /:::::/:::::ンヘ\\ ヽ:::::::::::`ヽ:::::::::::::ニ三三ェ-
         //i:/://:::,'i::::ヽ\\',、::::ヽ:::::::::::::::::::::<'´
          !' /::;:':::/:::,'::i i:::ヽ:::::::ヽ:ミミ:::::ヽ、:::::::::::k-ニヽ、      三成に罪ありとするにして……
          /::i::::l:i:::i、::',. ',::::::ヽ::::::::ヽ::::::::::::`::::::::::ミヽ、
         /:::ii:::l::i:::L::::':,::i:::::::\、_:::ヽ::::::::::、::::::::::ヾ、        その大義名分は?
         /::/i:i::l::i::i f:::j、:;::::',ヾ:::,rt:::j、\:::::::::::::::::i、\
      _,rーァ'/'´ i:ハ:l::lリ`=‐ヾ'、::、゙ヾ、ニノヽ::::::::::::::ヾヽ、.
   ,r''"     i.リ/リ::',゙     ゙ヽ     .,!::;:::::iヾ::',ヽ、 ``ー-
  / ',  -、    i//::l:l゙、     、 ..    ..:':l::i!ヾl:::l lヽi ', `ヽ
  ∧  ',   i i   i i: リ ヽ. ‐-- 、   / /リ / !/./ ' '  ゙ヽ
  ,' ヽ  ', i 〈   ,i i::.、 \\   ..::'::: / !   , ', ' .i
  、 ヽ  i     'ヽゞミヽ、ゞ: `ニ:´:::::'' _,. -//  i
.  ヽ、ヽヽ  i    ',ヽ、`ヽミヽ、    ,.:-'´,. '´/   ノ     /
.   iヽ \i .i!ヽ     ` 、`'-、、、、、- ',ン''           /〃
   i  ヽ.\ !        ` ー-ー '´          , ' //
.   i   ヽ、ヾ                       , ' / '
    ',、   ゙゙'i\ヽ                   , ir' ヽ=
    iヽ    i! ヽ ヽ               , '/i!   /




          ,      /〃ハヾ  / ∧∨〃、ヾ} l| :}ミ;l\
        /〃// / 〃l lヽ∨,〈ヾ、メ〈 }} ;l リ ハ l`!ヽ.
          //' /,'  ,' 〃 l l川/,ヘ丶\;;ヽ/:'/〃∧ l ト、:l !
         〃,'/ ;  ,l ,'' ,l| レ'/A、.`、\;;ヽ∨〃/,仆|│l }. |、
         i' ,'' l| ,l ' l. !| l∠ニ_‐\ヽ;\,//,イ| l | l ト/ λ!
.        l ;  :|| ,'i:/ l| |:|: |``'^‐`ヾ∨`゙//|斗,l ! | ,タ /l.| l
       l ' l |」,' l' lハ |'Ν    ̄´ /` ,|l_=ミ|! ly' ,〈 :|| |
        |l .l H|i: l | ゙、| l        _.::: ,!: l厂`刈/ /!} :l|      蔚山を使う
        |! :l |)!| ! |  ヽ      '´ ’/'_,.   ノイ.〃/|!
        l|l |l 「゙|l |`{             ..   _   |}/,ハ l       あの時 僕らが受けた裁定は不当だ
       |!l |l、| !l :|.      ‘ー-‐==ニ=:、__j:)  l'|/|l リ
ヽ ̄ニ‐、__.」乢!L!lヱL」__           ー、 `'''´   从「 /        これに戦目付の不正があったとする
 \ `ヽ\      /l |       / ̄´     //
.  ,、  l  ゙、    / ' |、      {        /l/           そして この時の目付は三成の妹婿だ
   '}  l  ゙,    /   |:::\      }     ,.イ/
   l  l   l  ,.イ   l:::::::::\__   `'-‐::"// |′
   l   !   K ヽ,、 \「`''''''''"´:::::::;;:" //
.    l   l   ト、\( _.... ヽ  .:.::::::::;;″ /'       _
\   |  l|  八、ヽi´    | .:.:::::::::::::i' .:/'"´ ̄ ̄ ̄ ,.へ\





592 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 21:44:16 ID:S6azOtvE

           /!/ヽ::::\::ヽ\ヽ、::::::\ヽ:::::::::::ミ.
            /::::!i::::',ヽ::iヽ\:\!::\ヽ::ヽ`::::::::::ヽi.
         //:::::i:::::::'.,ヽ:i:::::::`::ヽ::::ヽ\:\:::::::::ヽi
         /::::::::::l:::∧:、::、:!::iヽ_::::::ヽ:::ヽ\:ヾ:::::
         iソ:::::::::!:i{:)ヾヾヽ::i {:ソヽ、::::::::ヽ\::\::::::i         「蔚山の戦い」ですか……
        リ i!:::i:::::!゙=ツ` `ヾ!="  i::::::::`::ヽ:::::::ヾ',
        ! i:::!i::::i ヽ 、      i::::::::::::::::`:::、::ヽゝ
          リ i!'i:',  `       i::::::::::::::::::::::::\ミ、
           !  ! ハ. ヾニ=       !:へ:::、:::::::::ヽ\`
             i:i  ー     ,..ィリ  ヾ、シァヾミ、
               リヽ    ,..::'"  ! :  /'"/  `ーェ、
               `""´ヽ    :. // /    r'´  `- 、._
                   ヽ、  :/ /ン    i       `ヽ
                     ヽ'  /     i         ',




             /:::〃i::::',::::ヽヾヽ::ヽ\:、\:'.,',`ヽ::::::::::ミェ、、、
          /::::/::!::'::::::':,:'.,::::ヽヽ、::::::::::\\',:::::::::::::::ヽ ̄
            /::::::i:::::::i:::、::::::::ヽ:::、、:::ヽ::::、::::::\ヽ、:::::::::ヽ:ミー     こうなってみると
          ,'::;::::i:::::::l!::!ァ、:::::::::ヾ:、r゙=、::::ヽ::::::::::ヽ::::::::::::`、ヾ、
          /シi::::i::i::::!:ii (::メヾ、::'.,メ (::ソ,゙i::::ヽ:::::::::ヽ::::::::::::ヽ、     やる夫君が筑前に復帰したのは
        /' i:::i::!::::::i '=テ' ` ヾ::ミ=" リ::::ヽ::::、:::::::::::::::::::::ヽ、
             i:::!:::i:::::!. ヾ .、  `    l!i:::::::::::::'::::::::::::::ミ`ヽ     惜しかった気もしますね
           'i::::l !i:::'、 `        ! i:::::l::::::::::::::::::::ヽ`ヽ
           'i::l i;lヾ、. ==-     , イリ,:::i゙テ、::::::::::::ミヾ、
               ';i il 'i:ヽ 'ー    ,...:': : i! ';:i'シ' `` ー-=:、ヽ
             ! ! 'i:::'、   ,...:'::::::  : ! // , ', -‐'''''ー 、\
                  リ `ー ヽ、::::::   ; ,'//〃     ` ヽ
                      ``ヽ、 //  〃         ヽ


ついつい忘れがちであるが このスレは元々はやる夫の物語のためのスレである
ここで この時 やる夫の筑前復帰が許されず大坂に滞在していたらということを想像してみよう





602 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 21:45:43 ID:/e1/m/F.

やる・・・夫?





613 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 21:47:24 ID:a6unNiWI

ここに来て新キャラ登場か





598 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 21:45:22 ID:S6azOtvE

「蔚山の戦い」の裁定で最も名誉を傷つけられたのが
やる夫であることは衆目の一致するところである

         ____
         / _ノ ヽ、\
      /o゚((>)) ((<))゚o     喜んで協力するお!
     /    .:゚~(__人__)~゚:\
     |         |r┬-|    |     いわれなき不名誉を撤回させるんだお!!
     \、     i⌒i‐'  ,;/
    /  ⌒ヽ.ノ ノ  く
   / ,_ \ l||l 从\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.
         ベシベシベシ


さらに発案者が清正であることからも
やる夫がこの計画に乗ることは十分に考えられる





603 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 21:46:17 ID:S6azOtvE

さらに太閤殿下の元養子というネームバリューは未だ健在である
やる夫は この計画の旗頭に祀り上げられた可能性すらある

         ____
        /⌒  ⌒\
    (ヽ /( ●)  (●)\   /)
   (((i ):::::: ⌒(__人__)⌒::::\ ( i)))    みんなーーー!
  /∠ |     |r┬-|    |_ゝ\
  (___     `ー'´   ____ )  やる夫の後に続くんだおーーーー!!
       |        /
       |       /
         |   r  /
       ヽ  ヽ/
        >__ノ;:::......


その結果が
やる夫の運命をどのように変えるか ちょっと想像がつかない





609 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 21:46:53 ID:0ucMYuuk

なるほど、やる夫が大阪にいたら清正たちの御輿になれたわけだ
運が良かったのやら悪かったのやらw





619 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 21:48:22 ID:zfTnBVQ.

ひょっとして上手く転べば、やる夫が天下獲れない?





604 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 21:46:19 ID:0tjg1Cvw

やる夫火葬戦記で復活!





612 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 21:47:16 ID:S6azOtvE

なんにせよ やる夫は現在筑前に帰国済みだ


         , ‐ ´. .::::::::::::::::::::::::` ‐ 、
.       // . : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.、
     /. :/::::::::::::::::::::::::::::::::: i::::::::: : \::\
.     //. :/::::::::::::i :::::::::::::::::://:::::::::::::\:\::\
    //::::::l:::::::/:/{ :::::/:::::::://:/::::!::::l:::::::ト:::::ヽ::::.
.   l:l::::::/|:::::ハ/∧:V:::/:::/::::/::::/:::/::::::/::ヘ::::l::::ハ
.    |:l:::::::::|:::::|::!::::∧:V:::/::::/::::/:::/::::::/|::::::|::::|::|.!|
.    |:l:: |: :|:::::l::|::/:::ヘ::V::///:/ ::/:::|:: /!:: | l ||
    l::::l:::::ハ:::|∠:ィ7:::Y:/::イ::z≦ィ:::/::/::ハ/:リ |!
.    l::|:::::小:Π:/l/-=彡1 /艾ァテ`シ_:ィfチ::/:/
    V::l: :!::l:|い小/|:ハl:|/  `´    { }ノ´     ……やる夫も筑前で頑張っていることだろう
     Ⅵ: l:::::`爪|            〈
      }:!: |::|:::l::| \            ‐ _ノ       今は そっとしておいてやろう
      ぃ::|::|:::l::|   丶    __, ,/
      |:∧l\:{    \       /
      l′丶 ヽ     ト、_,ノ
     /           ,′
.  /\.____     人_
/  `-――‐‐- 、` ‐ 、  >、x‐ 、
          \     `ヽ ヽ、  | |   \
          \    \ ` ┘!  \ \


やる夫は間一髪のところで これからの騒動に巻き込まれることを回避したのである





617 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 21:48:04 ID:n1IF.o0w

出番終わったw





618 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 21:48:20 ID:S6azOtvE

.  /,/;:;:;:;/;:;:;/;:;:;:;l;:、;:;ヽ;:;:;:;:ヽ;:;:;:ヽ;:;:;\;:;:;:;:;:;l;:;:;:;:;:!`'\
 / l;:;:;:/ //;:;:!;:;:;ヘヽ;:;:;:;\;:;:;:\;:;:;\;:;:ヽ;:;:;:;:!;、;:;:|
./ /;:;:;/ //;:;:;:|ヽ;:;:'、;:;\;:;:;l;:;ヽ;:;:\;:;:ヘ i',:;:;:;| ヽ:;:;i
  |;:;:/l;:l/;:;:l;:;:!ヽ\.\;:;:\ヽ、\;:;:\ ', | i;:;:;i':,::\|
  | /;:;:/l |;:l;:;:| i´ f::::j 、\;:\ ,rt:::j フl .! |ヽ:! !;:ヽi\      しかし やる夫君のことはともかく
  | ヽ/ |、ヽヽ { `=‐' ヽ|`ー ゝ`ー=' l ! |;:;:;l !ヽ\- ゝ
  |  |;:;l ヽ\ ヽ                / | i;:;:;:!.|:;::|:;:!       この計画 同志が多いことに
     |;:;l |\ヽ_,ゝ     i         / ,! :;:! !;:;:l;/
     | ∧ |;:;:ヽ' 、      ` ´     /|/ l;:;:;ヘ;:;:i        こしたことはありません
     |/ ヽ ∧ヽ,\  ‐‐---‐‐   イ/;:;:;:|;:;:/ ヽ!.
       |/ |∧| \         / .| / l/;:;:l
         |'  l   ヽ、   /   l'/ ヽ/
              l     ` ̄´    l、
         ,. '´            ヽ、_
   __ ,.. '' ´   ヽ          /   `'ー- ..__
-‐ '´ {´        ヽ       /         `}  ̄ '
    ヽ          ヽ       /          / /
  ヽ  \                         / /
      \                   /
        `'ー-  _         _  -‐ '´
              `'ー----‐ '´




:::///://:i: |:!:|:i::::丶:::: ヽ丶\
/:::/:::/´::〃ハ:l::::!:!i:::: i丶`:!ヽ:ヽ::ヽ
: /:: /::::/:i::::: ハⅣ:;、!:::: l::::ヽ!:::i:::::::::::.
/i: /:: /i::l::: /i::lヽl::丶:::l::::::ハ:i|::i: i:、::i
!:|i:i::: i:i:ll:::/∧:!:::l` 、:ヽ!:i/:::i:ハ!::l::i l
::|l::|::::|:|::l: '/ ヽ: l   i::::!:!ト、:!::::i:ヽ! ! |
::!:|:|::::!:!: !/ィ示ヽ:!  !ハ /ヽ !ヽ:li:i:N:::!
::: |:|::::ヾ:::!`ヽ::ノ_ ' /' |! .ィ、 l:!::|:!:: '     そうだな
、i:|:Ⅳ:::iヽ!       !く:::ソ ! !::::!' /
: ト、!:! ヽ!         , ` ´ /|::,':/      それじゃあ 信頼の出来る奴 必要な奴に
: !i:N  `       ノ   /i:!:'/
:、:!|ハ     _       /::!:/′       声をかけて見ようじゃないか
小:!. ヽ       ̄ `   'Ⅵ'
::::リ.   \    `   /
Ⅵ.     ヽ、     ´
`  ー  _   T ´
、     ` ー 、
 `  、     i
. 、    \.    l
.、 丶    \.  !


二人は協力者を募り始めた
そして その当てはいくらでもあった





625 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 21:49:23 ID:S6azOtvE

まず二人は それぞれの弟分である黒田長政と浅野幸長に声をかけた


/// /    /  /| ∧.  l  l〉,  j.  `ヽ、| `ヽ、  |   ヽ
l /〃  / l  A、リ / l /,〉 .レ|  ,r‐'_,ニニ| lニ=ァ .}  /    |
 .|l |  /!    リ\ <  // (_|.リ l /./´ `ー-‐リ/´ / /ヽ   |
  ヽ! / .l ト、.ヽr'彡r,\′ 〃 /イ `ー― ''7´ __ノイ   }    l       三成の野郎をぶっ殺すって話なら
   l l  ヽト `ー Y  `ー ,}! /  ′     ノ       /   ,/ヽ
   ヾ、  ヽ、 ,ノ`ー‐'´ i                 /  ,/ ノ /    いくらでも協力するぜ!
    `    .7 i.   ノ三           ー==彡 '´  /_/ (
       _ノ,ィ/ l. i´  `ヽ                /´  / `
      ̄ ̄ / , l ゝ-、 '´'                    /ゝ-'
        .l ./ .l   (_ノ   _____、          /
         l/l. ∧  (` t‐'´ ,、_,.-‐' ̄´ i           /
         | / 〉,  `V` ̄      /j          /
        ー―'' ´ ヽ  l.  _,.. ェ>'´        //
              ヽ iゝ┴‐''´ /       /´ ,'     ,.ィ
               ヽ ゝ--‐‐'       ,/    .i    / _
                ヽ         /     l  //´
                 ヽ       /       l / /
                  ヽ、__,,. <´ ̄ ̄丁`i 、 |'  /     ← 黒田長政
                             |  l リ ,/




             / /     /   ヽ /   / ヽ
          / イ       /`゛ヽ       i   ハ
            //|    / /    `'""ー一┤  ハ
          rク |   / /           | |   |
          rク  |    7 ー- 、       | |   |
         レ′  |  l 斗‐z ミ    ,. ー- _ l |   |
.        / /   |  | ト |:::':リ    ′,.ニ-、`ヽ    |     わたしも蔚山については
.      / / / | ヘ |  ̄        」:::'リヾ∧ |   |
.     / / /  ||  |∧       i    `゛ / ||   |      言いたいことが山ほどあるわ
.     / / /  l ||  | ヘ     __ '     /   j  ∧
    / / /   ハ|  ∨ \      ̄    イ   / / ∧
.   / / /     \ マ┤`   __,  r< |  / / / ヘ
  / / /   |  ,ヘ.\      | ,ハ | .//     ヘ
 / / /    _L.__ノ   ` 一   / j'′ \ ″        ヽ
./ / ム -‐   / |    \  //     卞「 ー-  __   \
 //´         |  |    厂\⌒ヽ   ||        ヽ   \
 /           ヘ |   / ヽ0l   ∨   |/         ∧       ← 浅野幸長
./      |    ヽ|  /    ∨   ∨ ノ           ∧


結果は上々だった





627 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 21:49:56 ID:mg1DX2LA

この二人は当然w





626 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 21:49:52 ID:m/MldWZ6

怖い怖いw





630 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 21:50:20 ID:S6azOtvE

また 共に秀吉のもとで育った兄弟分である加藤嘉明も協力を約束する

               ______
               /´    \    `  、
           /        ヽ     \
         ,           '.      //
         ./      ____     ',    //     確かに蔚山の裁定はおかしかったでゲソ
       /   .  ´: : : : : : :`   、 i  //
      /| /: : : : : :!\ : |、 :_: : :\/∧      これの理非をただすというのなら
       //: : |: : : : : |   X!´\ : : : ヽ:\|
     〃: : :|:|\: : :!/,r=≠ミ、 : ∧|、: !      力を貸そうじゃなイカ
     i: : : : |斗― \|   {いハ ∨: :|r} : :、
     |: : : ∧         弋tり | : :l/: : : :\
     |∧∧ハ __,,     _    | : :l:、:\: : : \
          Vハ  ̄´  '/  ヽ   | : :|: :\:\: : : 丶. ___
          ハ: 、   く{    } /| : :| \: \:\、:___ : \
         /: :!: :!> . `__ . イ   | : :|ァ-、\: \:\   `丶:\
       /:,:ィ|: :|{ _|!  || ノ  :| : :|   ハ \: \:\     \\
      /:/ /:,rァ'´ニニう .||_ _,ハ : | // ヽ. ∨:l \:ヽ     Ⅵ
    /イ  /:/    =ニ  ||  /  V:V/    \l :|   vハ    i:|
     |: |  |/{____,.イ´ ̄  .|レ'      V:v__     \   |: |     l:|
     |: |  {    .八__ ノ  f       ∨Ⅵ\    ヽ. |: |     ノノ
    /:/  .|`T卞´  {     |    ノ ,ハ: i:|  >、   }/:/   __〉〉
   _i: {_  \\|:\_ハ    '.   _{7|:|>'´   _,. イ:〈     |_{
   \/   「: :∧:∨   ___、   フ {/厶-r匕{  /`: :_:〉
         ̄ 〈:〈__    、__ {__ノ{:〈ー‐' \  \/
              /}: : | ヽ     / ̄/    !ヘ      ← 加藤嘉明
          /  ̄   \   \/       jO|





636 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 21:51:22 ID:S6azOtvE

また家康の娘婿である池田輝政の説得にも成功


    /| .N '             ,_≦<⌒
    | ∨        ,、 ,、 、ヾ-ヘ> 、-ミヽ
  /` ,.ィ    , / ハ !ヾ|ハ.V, ,ト,ハ-ヽイ
  /'フ//∧,ィ ./.|/ ,、リ小|,ト,:|:リ、:ヽ|:<
  И .レ ' .|//ノ /jィ::ハ::!:::リ;メ「ハ:}'ヾ、Y
 弋ー__,、 | ,//|'/|/:ム!/‐|l::::|リィtチ''Vリ      三成の存在が
 ヽ-≧:::Ⅵ.代!ハ:|;::/,ムtチ Ⅳヾ ̄ .トヾ
  .`T:|;::::ハ|:_'ヽ、Ⅳ ̄´     _,〉  .|       義父殿の邪魔になっているのは確かだしな
   .ヽト、l:::「:トヾ、`      __,,  .iァフ
     厶イゞイ≧ヽ      ' ニ´ /./:!
       '´ レヘ;ーヘ  ,,_____,,//:::::ゝ  _ -、
          ハ|;V: : : : : : : /./:::::/7才   ヽ,,_ _
         /イ:::レ:ヘ  : : : : 'ーァフ::::/イ     /`ー-ミ、
        / /_::::::::::::ハ      j |:::;イ     , ′       `丶、
       ム-- ミ丶::::「' :.    //:/     , ′         ヽ
           ノ:::ヽV|__,,,、 ィ7 //     ,:′    ,      ハ
         /::::::::ハ.'|  ` /〃     ./       ./!      ハ
        /:::::::::::::::ハ !   .//′     /      ,'::!       .ハ
       /:::::::::::::::::::::::ハ∨ //     ./         ,::::|        .ハ  ← 池田輝政
     .ハ:::::::::::::::::::::::::ハV//      /         ,::::|        .ハ





642 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 21:52:16 ID:S6azOtvE

さらに 今後の政権への参画のためには協力者として欠かせない細川忠興にも声をかける


   l i  .::::l  .:::::::::::::ヽ :::::lヽ::::|  __\:::::::::l::\:::::::::::::::::::::::::::::::r‐丶:::
   |イ .::/l .:::::  ::::∧ :`|`ヽ:l ̄    :::::\:::::|::::::\:::::::::::::::::::::::::r:::::::l:::
    | /  | ::: /| ::::| lヽ :l ::ヽl    _ _:\l:::::::::::ヽ/::::::::/:::::|::::::ノ::::
    l′  l : / l ::l | ヽ| :  ̄  ̄   ::::::::::::::::::::::::/:::::::::/:、::::l:/::::::    う~~~ん
       ヽ /  ヽ:|  l           :::::::::::i::::::/::/l:/::;-∨::::ハ::::
        /    ヽ ノ           ::::::::::u://::;;;/─'''\::/ |/     俺は徳川家と前田家の和解の件で
              l            ::::::::::::::::/: : : :/ ̄⌒```
              \      _,,, -‐っ::::::::/.: : :/ : : : : /..: : :     結果として
               `ヽ、、   ヽ-‐''' ̄::::/..: : : :/: : : : /.. : : : : :
                 /`>ー----、:::ヾ:、: : : :/: : : : / .:: : : : : :      三成と敵対する立場になっちまったからなあ……
                /  .:l: \: : : l/`::::l: ヽ: /: : : : / .:: : : :/: :
                l  .: :|: : :/>: :|_,,,,ノ : :∨ : : : :l : : :/: : : :
                | :. : : l: // : : l;;;、''´ : : : : : : : :/ .:/: : : : : :
                > :ヽ: l/: :\: :l;;;ヽ: : : : : : : : :( ''': : : : : : : : :
               r''′ : :ヽ : : : : :`ヽ、l : : : : : : : : :|  : : : : : : : :
              ノ    : :ヽ: : : : : : :(:: : : : : : : :l: :l : : : : : : : : :
              /    : : : :\: : : : : :ヽ : : : : : : :∨ : : : : : : : :
             /    : : : : : : ヽ: : : : :ヽ : : : : : : :l .  : : : : : : : :
             /    : : : : : : : :丶 : : : :ヽ : : : : : :l :: : : : : : : : :
            <    : : : : : : : : :∧: : : : :ヽ : : : : :l : : : : : : : : : :





645 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 21:53:16 ID:S6azOtvE

             ,  ---- 、, -- 、
           , .:'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...: :、丶.
.          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,:.:.:.:.:.:.:.ヘ:.:. :.:.ヾ丶ヽ、
         /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ト、:.:.:.:.ハ: }:.: :.:.: : ヽ `           ま いっか
         i:.:.:.:.:.:.:.:.ハ-l-ヘ:ト:./l7¨l':/:.:.ヽ: :i
         l:.:.:.:.:.:.:.:l Xl`ヽ ' r-、'l:.: ,: :l: l            三成だったら いなくなっても
.         l:.:.ハ:.ト、ヘ ___`__ l,ィ: :/V
   r 、 iヘ   ヘヽl:ト.ヽヽ'__` 7 イ レ'              特に心も痛まないしな!
 r 、 ヽヽ l .i    ヘl:`´ヽ.丶、__ .>'/         ,-、 iヽ ._
_ \\〉 ` l /7 `ヘヘl` ー- ィ           ヽヽ l l .l l
`、`ー`    ` /,、-、....--l    l,、          , 、 i ' l// ,‐,
  ¨¨l  ヽ、  ノ'  ヘヘ   ヽ--、 ,ヘ`ヾ 、-、     ヽヽ、  `'/
    ヽ.   i´   ヽヽ   ` - ..ノ   i i ヽ      ヽ ヽ  i
.     l   l   、  〉〉      i l   l l ヽ     `/  , '
.     l   l   ヽ//      .l l  ヽゝ ヽ    /  /
     i   l  /ヘ/ノ       .l l    .l  \  /  /
     i    l ∧¨ '   , ---_」 `ー-、 l   `/  /
    i    l/  l , ' , :-::::'::¨::::::::::::::`::>、ヽ、  '    /
    l    .l   l/ /:::::::::::::::::::::::::::::::::::l ' ノ ヽ    ノ


こうして共謀者は計七人に膨れ上がった





647 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 21:53:34 ID:9GTG62SE

一番酷いこと言ってないか、三斎さまww





648 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/08/01(日) 21:53:52 ID:QC7Jvj.A

柿の件が許せないんですね、分かります





659 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 21:55:20 ID:pScs.xtE

面子が豊臣家の軍事力の中核ばかりじゃねえかw
他の人は引退や石高の面で心もとないし
もしも、こいつら除いたら豊臣政権崩壊すんぞw





662 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 21:55:53 ID:S6azOtvE

三三彡〃ィ;;;;;;;;ィ'/;;;;;;;;;;r'"/;;;/l;リ l;;;;;;;;;;;;;;;;゙i l! lj
三彡イ7 l ! ゙'"んr7〃/ツ;;;;;;;ノ /;;/l;;ノ^l;;;l ll
彡:ヲ;;;ヾ, jl f;;;;r/,-;ィ=i―'''''"^ ,ノノ ,lリ=、レ' リ
三ヲ;; /;;l レ/;;;fr'r''" ll,,..,,,.、 ''"   Eヲイ /
イ7;;H f;;;i /;;;;l゙″ ,ィ''^''ー',ノ: : :  : :i,: : :l'"
〃リハ l;;;;;;;;;;;;;t  ´`゙゙゙゙´ : : : : : :  : ゝ-i、     で……
リソノll;;;;;;;;;iヽ;\_,; : : : : : : : :   : : : ィ′
イヲ ,ノ;;;;;r、;;`ヾ''ー''": : : : : : : : .   "`: l      決行の日は?
イイミ;;く ヾ、;;;ヽ、,, : : : : : : : : : __,..,...ィ:l
゙i;;;;;ゝ、ヽゝ、`゙''''"´  : : : :、_,,ィ '''"´,ノ,l
,l;;;;,t、_`ヽ_入      : : : : : :  ̄ ̄´ ,i′
リ;;ハ、 ~´, :::::ヽ、      : : : : : : : : :l
ノ    ̄   ::::::`ヽ      : : : : : : :l



               _____
          ,ィ7刈:从乂爪ミ≧.、
          /:'::/彡//!::〃il:ト:ヽヽ、\
.       //,ィ/´::l〃::;イ/イ:!:i:l::!:i:i:!:i::|!
      /:,イ///: /!/:〃:://::l::i:l:l:l::l!:l:l     利家様が御隠れになったら
     ,':/〃:i:i::/〃!,:イ/:://,'!::l::l:l:l:l::li:!:l
      i:.!:'i:i/l::!'/イ l!:〃:,イ l/ li::!'::l:l:!:il::il     三成も前田邸から出ていくだろう
      |:i:i:l:l:.ハソイ !//,:イヾ//小ハ::lリ:/:l:ll
      |:l:.l:l:!,:代ト//  ィマラ7:/l〃,‐:!l:!     その日のうちに これを捕らえて…… 討つ!
      |!l:i:! i  ̄'     ̄ ´/イソ!'/ 〉}:l'
      lハ:ハ   i         〃_才:リ
      ! ヾハ  _` ´      / .T:i:リ'
.        `  、  、__ ̄   イ  .Ⅵー,-、
.           ヽ    /     . '   \
             i: .ー ´   ,.ィ ´       冫、_
       , -‐くl: : .   .:li⌒ヽ      /   `ー 、_
      /    ヽ: : . . : ll.:.:. iゝ.._  / ,   ´ ___ミ:、
     /     /iヽ: : : : 〃 /   ヽ/ ///    ヽ
   /.- ⌒ヽ  ,': :! }: : /' /.  / /  /´/  __    l
  /.:.:.:.:... ...:.:} l : : : : ,'  !   /  l  /' ´  /     l!




                  {\__ )\}ヽ   ハ
           i、ト、____,ゝ    ヽ. レ′}
           | ー              ムニ=-
            -=ニゝ、               '⌒ヽ、
          ,.一                ヽ ` くヽ
         ∠,ィ               ミヽ.}  ヾ
            / ィ                ヾ! \j
           丿    /, , L」_!_/} i j_,斗!‐ハ  ー一ァ
         ー1   i /ハ{_」ム_jハ∥| __j」厶| }}{ 、「´
          _,厶ィ !トv ^ー竺'ノ jル ゞ竺^'ヘi八ドゝ
           ム冗i |       〉    |∨
             ヘじヘ!      ′    ム′
                 `ーrヘ     r'ニ⊃  /        ずい分と性急だな
               }!,ハ\ , イ  ¨´   /
              _厶ル'´,ィ ト      イ____,
             〔_,.   ' ´ | { //フフ´ 「 ̄ ̄ ̄フ/
              __〉     ヽヽ'/,'    |     //
            ∠二⌒ニ=-  ヽヽ     ト、  〈〈ヽ.
        __/  ー-  ニ二>' ´ ̄ ̄ ̄ ̄` <!  ヽ
    r<   ` =ミ ` 、゙ =ミ>、__,.-──‐-、_,.イ  「\
   ,.仁ヽ 、、 ``ヽ `  \  >'´   -―‐―く|   !   ̄` 、
  //   ヽヽヾヾミヾ゛ \     >'        -一、‐-イ          \





663 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 21:57:16 ID:S6azOtvE

::|::::ハ::|:::::i::::|::::|`゙ヾ=、_゙l::::lヽ:\ \::\::::::゙、::::::ヽ:::::|ヽ、::::::ヽ::::;:\:::::::::::::::::::::::::::
:::|:::|:::ト:i:::::l:::|ヾ、ー‐-r二l:::ヽ_\\::::\::\::\::::::ヾ、:l__,,..-\'ニ三 ̄ヽ、:::::::::::::::::
i:::|:::ト::|ヽ::::i:::i::::|ヾ、 弋__ゝ、ヽ`゙‐\:::::\:::\ヽ::::::i'='',二ニ'フ ̄ノ`゙`アi゙:::::::::::::::::::
::i::|:::|ハ! ヽ::l::|:i:::|ヾ、ヽ、_____\ヽ>;;;;;;;\:::\::::\:::::<´ `¨ー'"__,,.ノ;;;;;|:::::::::::::::::::
 ゙l::::ト::i:::::ト、::i::|:::|     ‐‐‐\\ ;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、::\::ヽ`゙‐‐‐'" ,,;;;  |::::::::::::::::::     ああ……
   |:::ト:::::::l \:i:::l              !;;;;;;, `゙`‐-ゝ         |:::::/|::::!::::
   |::|ヾ:::::i  \:l、             |;;;;;;;;,             l::::/ |:::|i::::     この新世界の幕開けを
    i:| ヽ、:i   \、            |;;;;;;;;;,             |::/ |::l |:::
    |!  ヽ:l.    ゙             |;;;;;;;;;;;;;,,,,,          |/   |:! |:::     僕は利家様に捧げるんだ!
     !   ヽ!           ,,,,,ヘ、;;;;;;;;;;r‐';;;;;'''           ,イリ レ'i
          i、    ヾ、_     ''';;;;;;;;;;;;;;;''''''''     ,イヾ    /         君たちも いつでも動けるように
          ヽ     ゙i `゙‐-、.._________,,...-‐''"/      /
           ヽ.    ゙ト‐-、...______,,...-‐,ィ'"    /           準備をしていれくれ!!
             \   ヾ、ー‐------------‐‐ィ'      /
              \   `゙`‐‐───‐‐‐''"´     /
               \    ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,       /
                 \   ''''''''''''''''      /


いやがうえにも高まるテンションであったが この時 清正たちは致命的なミスを二つ犯した





665 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 21:57:38 ID:2TLF0bmI

二つ?





668 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 21:58:16 ID:S6azOtvE

一つは 全くもって呆れた話であるが
清正・正則は神輿として担ぐ予定の家康に
何の相談もなしに この計画を立てた


        ___  ,.-‐- 、
       >  `       ` 、
      ∠             ` 、
     /               ヽ
 .   ./        /`ヽ         ヽ
   /, '   /|/|/   |. iヽ       ヽ
   ~./    /`- ._ u . | |_,| !ヽ      i
.     //| /== 。_!  !~,。 = 'ヽ. l^i  i
       ||` _ _ /  =,_ _ . '  | Fi  |
        ||  / u    u  u |.Pi  |
        i||/   _ 丶  u   .||~   |
 .      | ヽ`   ____....--、 / |   |
 .      |  ヽ  ̄ ̄ ̄ ̄ /  |    |
       |   ヽ  #'  /    |   __|_____
      //__....../| ヽ_ ./  u  |   |┬ii.--
 ___....-- i.|~  / | /   u    |   | | ||
 -- ~ ~ i.|   / | / >...___....-^ |    |  | |


『やってしまえば後は家康のことはどうにでもなる』
二人の家康に対する政治的な評価は
この時点では その程度のものであった





677 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 21:59:16 ID:zfTnBVQ.

家康を舐めすぎだw





678 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 21:59:16 ID:S6azOtvE

そして二つ目は 大坂城内でのこの謀議を部外者
それも三成に連なるものに感ずかれてしまったことである


: : : : : :/:. .:..::,r'':://  i::!  !',:i ヽヽ::.:.\
: : : : :/::::.:::::/:/:, '     ソ__, ! i:| 、ヾヽ::::::',
: : : : i:::::::::/ // //__,,..--=く   l:|  ,ゝ、 ヽ:iヾ     ゚   ・
: : : : !:::::,イ 〃''〃,r'´ ,r'⌒',     リ   rヽヽ リ ヽ    O
:,. --|:::/:| /:::::'´ニ!、_.._{_‘’ノ  .:::::::::::..i ゚ !,!、::',
 'ニ|,イ:::!::::::::. { =='')´´       ゞ"、__}:::',              ゲロ怖あああっ!!
 { ,r! |::::!    `', i''´   ,r――---r     !、',         〇
、 {_|::ヽ、',      !| J /'"´ ̄ ̄{フ|    } ヾ!             チョーヤバイよコレーーーー!!
、ヽ、j::::.::!ヾ、      /: : : : : : :: : : :!    ,'、: lリ
: `{:..:',::::::'、    |l  |__ __: : : : :!   /| ',::!
:: : ゙ー'ヽ::::::ヽ   ',',  |:::::::ヽ:::::`ヽ : !   ,.:'::}| !|
:::::.::.:::ノ,..-―ヽ-、_ i ', ',:::::::::::::::::::::',:/ , 'ー'´:i リ
,. -‐''"       `丶、ヽ、:::::::::::::::ノ , ' : : : : :',    ゚
       ____ \` ̄ ̄ /: _,. --、: :'、   o
   ,. -‐''"´      `゙'''ヽ __/-r'´:.:.:.:.:.:.:',: : ヽ    ← 桑島治右衛門
                \:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.}ヽヽヽ


秀頼の親衛隊員である桑島治右衛門は三成の推挙によって その職についていた
この計画を知った治右衛門は 直ちに三成の実兄である堺奉行・石田正澄に注進した





686 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 22:00:15 ID:2w3fS.q2

漏れてるじゃねーかよ、お粗末だぞw





691 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 22:00:48 ID:2TLF0bmI

さすがは永禄以降の生まれの若い連中だなwww





690 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 22:00:39 ID:ps0vHV9E

詰めの甘さが実に月らしいw





687 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 22:00:19 ID:S6azOtvE

この注進を受けて正澄も直ちに前田邸に直行した


     < 二‐ 、ー-_/ ,   /  /    l      ヽ_ニ―<_
       /:::::_/::::_/ ./ /  ,'   !       !  !  ',   ヽ :\::::__`‐-、
     ∠ィ-,‐'´l// ./ | .|   l      |  l  !    !、::_ヽ_、 ̄``
      /./   / l  !l| l!  l,イ  ∩ | ,l ,l !l |  l    !l ヽ`ー 、_
.   / /     | l | ! -l┼'ト ll ',  .`乂/|ノ廾ナノイ.!|| l !  ヽ、  `ー-、
.  /   /     ,!',! l | |ヾl‐!lニ、ヽ ヽノ/'´r'イΞトlィノ|ノ / !/ |   `i   /
 ,'   !     ,' ´ヽ|`ヽ! ` いソ`     ヽ)〈ヘ'ly''/'|/l ノ'   !   ,'  ./
 ヽ 、_.ヽ   /   .| ,l l   ̄       `ヾ='<´\||    !   / /
     \ヽ /    |  !〈|         ′     、ノ' /l |    レ' /
       )ヽ   l  l'ー、     ─-       /,r||  /.,ィ'          逃げて…… 三成……
      / 〉  |  |  |\              /|  ! |  / / ',
    _/  /   |  l|   ! _r‐ヽ、     _, -'ヽ、_|.  l|〈  \ ',          加藤清正たちが
._, -' ,, -'" /    l  l.|  .Κ._ ヽ.__`ーィ'"冫 __,∠   l !  `‐ 、_`ー─ ----
‐''´    /     l  !.|  く :::`:´:::::::L 'y-, -': : _> |.l      `', ̄ ̄ ̄    あなたを討ち取るための兵を
     ,' ___.l  .! !   l``,ー、 ::::::::ヽ_:::::: .<ー|   l.l     ____L
. ┌―'匸__    ̄``ヽ、_,-'´  :::::::::._-、_!、:::::::::: `‐-、__|└' ´ ̄    ` ー/    ここに向かわせている……
  !     ヽ_ __      `   /`<y`t!\            `ー--、:_  /
  l        :l. `ー ー-    `iヽ/)l∠ィ'"     :ヽ、         /  / /
  !        `ー--、    / ,‐、`ヽlン   ヽ      ノー'   ー '   / /
  ヽ:::::         :::ン--‐-、__、 `l ー' `ーr`'ー---<´:::        / /




.:.:.:.:.:.:.:.//:.:.:.;ノ              \
.:.:.:.:.:.:. / /:.:.:./  /   ,    `、        ヽ
.:.:.:.:.:.:/ /:.:.:.く /  |   | l     ヽ     、 ヽ、
:.:.:.:.ノ /:.:.:.:.:.∥  |l l  | l    `、`ヽ    l ヽト、
:.:.:.:{  !:.:.:.::.:;ハ  |l |l  ! |  \   ヽ、\  l| l| |
::.:.: l  |:::.:.:.::) ト、|ト、|l  } ト、ヽ ヽ、 | l|ヽヽ |ヽ l|ノ
::..::.:l  |:.:.:爪,斗七|廾ト-|‐1ヽ }`ヽム-l¬ ∧ノ/ }リ
ヽ.:.:ヽ. ヽ::.}| l ハ/レ=ニミ刈 |  リ ィ=ミ l |
  ):.:rへ_}|/ l|〈.((の))` ノ  イ((の))〉ハ          ━━┓┃┃
  ヽ、!{レ' ///  `ニ´       `ニ´ ∧ |              ┃   ━━━━━━━━
   ///人           '     八l |              ┃               ┃┃┃
 // /_>ト、_r个、ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                              ┛
// / /: /::..::..::{::.。≧       三 ==-
´ /   _工l::..::..::..::..ヾ-ァ,        ≧=- 。
ノ   / : : {::..::..::..::..::..:∨イレ,、       >三  。゚ ・ ゚、
  /: : : : : `ヽ、::..:;:-'≦`Vヾ        ヾ ≧
. /: : : : : : : : : : /´::..::.。゚ /。・イハ 、、       `ミ 。 ゚ 。


閏3月3日
まさに前田利家が逝去したその日の昼前 まさしくギリギリのところであった





695 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 22:01:17 ID:S6azOtvE

しかし 実兄からのこの報告を三成は すぐに信じることが出来なかった


     └-i:::::::::::::::::::::::: ,.  '"´     ``ヽ:::::::.: : ヽ、
     __...ノ: : : : : : :,.ィ´   /     ',   ヽ `丶、: : : :ト.、  ,.ィ"ヽ
.     |: : : : : : : :/  ./  /      ',   ',  「: : : : :|:.:.:ヽ: : : : : 〉ニニ、二
      ヽ.ィ: : : :/    /   ,'       l   ', `丶ト、:|:.:.:.:.:.|: : : : :ート、、ヽ
     r‐:':::::::/     ,'  ,'          !   .l i'"´: : |:.:.:.:.:.:!: : : : :_:ハ ',ヽ
.      ',_:、:::/     l   l        |l     ! ',: : : :.|:.:.:.:.:.:|: : : : L_l::', ',r
       ノ:,'     ,'l   |     l  | l !  ! |  `丶; |:.:.:.:.:.::!: : : : : :ハ::ヽ
        /:| |   ,' | ! .!l|    ,'| l l | l ,' ,|. |!´: :.!:.:.:.:.:.,': : : :r ' `¬   いいい いくら清正が
     /:::,! |   ..L.',_ト. |',ト   / !./l/├ /¬ ¬、).:: /:.:.:.:./: ::::::::|    |:
      /:::::ハ.ト 、 ! ..l_ヽヽ\、./ l/"´ l/_∠ |  {: : :/:.:.:.:./::::::;:::ノ|    !:   わたしを嫌っているからって
      ヽ|l ',ヽ \ !, Y⌒ヽ  '′   /⌒ヽ    ,ハr'^,-ヘ':::::::::}::!|   .!:
.        |   ト、ト.` ヽ ,ノ       丶 ,ノ | | .|/j〈ィ'>》_ノ"!::l !   |:   いきなり そんな馬鹿な真似をするなんて……
      |    l l.|. ',     、     | | | l  ! .|:.ヾ ニフ   !::l. |   |:
       |   / / | ト、    r――┐ ! ! !| l| |/      ヽ:| |l    !
.      |  / / | |_.> 、└――┘_..-.、 l l ! !          |.!   |
      l|  /,イ _..l l:.:.:.:.:.:.:`丶、 __..ィ´:.:.:.:.:.,' .,'::| |         | !   !
       !|_ノ' r":.:.l l:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハィュヘ:.:.:.:.:.:.:./ /:.:::! !ヽ、       .| l   |
    _..'"ィ´  ト、:.:.! .l:.:.:.:/``ヾ.ニンリ:.:.:.:.:./ ':.:.:.:.:| |:.:.:/、       ! !   !
  <._ <.|   ! ∨ ,'_:.:'-:.:.:.:.:.:.:`¬´:.:``:./:.:.:.:.:.:.:.! !;/: : \     ! l   |




     三 ̄ ̄ ̄ ̄\
     /  ____|
    /  >⌒  ⌒ |
    /  / (・)  (・) |
    |  /---○--○-|      あ~~~
    |─(6    つ |
    |    ___ |      ちょっといいかな三成君
    \  \_/ /
      \___/
    /⌒ ゛-'~ヽ ,,っ
    ×_/   |_,,>l 三)
    ( <|    |、`' /
     ヽ ヽ___| ー'
     (_,ノ |」 |
      |  | .|    ← 前田利長
      .|  | |





698 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 22:02:13 ID:eY69cit.

非常事態なのにマイペースだな、マスオさんwww





699 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 22:02:16 ID:S6azOtvE

  三 ̄ ̄ ̄ ̄\
  /  ____|
  /  >     |      あのね 三成君
 /  / ⌒  ⌒ |
 |_/---(・)--(・) |      どうやら正澄君の言うことに
 | (6    つ  |
 |    ___ |      間違いは ないみたいだよ
 \  \_/ /
   \___/
   /    く
   |     \




         ,. -‐‐- 、
.       /.:.:.::::::::::.:.`ヽ
.      /.:.:,. ィ´ ̄ `ヽ、:}
      {.,.イ , i l i i ;.:.}:!
     l〃 /リ VV ハVV:ノ
    /ハ  ・    ・ ハ { ',     …………へ?
.   // i ヽ     ノ ノノi |
.   //ヽL  >=< くく | |
  //  孑.:.:{:::ハ::::}:.`V | |
  LL__ `7.::::::::::::::::::::ヽ l |
.   _フノ 〈.:.::::::::::::::::::::/ ( (





701 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 22:03:16 ID:S6azOtvE

          三 ̄ ̄ ̄ ̄\
          /  ____|
          /  >⌒  ⌒ |        この屋敷の周辺の辻々には
         /  / (・)  (・) |
         |  /---○--○-|        既に清正君や正則君の手勢が
         |─(6    つ |
  ⊂二 ̄⌒  |    ___ |   ノ)   ピッタリと張り付いているからね
     )\   ..\  \_/ /   / \
   /__   ).\___/ . _/ /^\)
  //// /       ⌒ ̄_/
 / / / // ̄\      | ̄ ̄
/ / / (/     \
((/



             __
           //´{_
        __ ,/ /: : : : :}_
        | l| /´ ̄`ヽ: :.}
       「 l| 」/l l ! l ∨!
       /}. !! }lOヽノOl/! l
      ,  L薇|l  「 ̄! ノ | i     ………………
      | l|   」l>=ィ」|│ l
      | l| {三}__{り}_」三} |
      l |l  / L.」L.」 j│ |
      | l|  「 Tl´  `Tl | |
      | l|  lノ/     ト' | |
      | |{.   /    | | l





704 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/08/01(日) 22:03:25 ID:QC7Jvj.A

言ってる内容はかなりヤバイのに本当に軽いw





709 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 22:04:16 ID:S6azOtvE

      / ̄ ̄ ̄ ̄三
      |____  ヘ
      | ⌒  ⌒<  ヘ
      | (・)  (・) ヘ  ヘ    それでさ
      |-○--○---ヘ  |
     | ⊂    9)─|    三成君に ひとつ相談というか
     | ___    |
      \ ヘ_/  /     お願いがあるんだけど……
       \___/
         ///¨' 、



         __
       //´{_
    __ ,/ /: : : : :}_
    | l| /´ ̄`ヽ: :.}
   「 l| 」/l l ! l ∨!
   /}. !! }lOヽノOl/! l
  ,  L薇|l  「 ̄! ノ | i   ナ ナンデショウカ……
  | l|   」l>=ィ」|│ l
  | l| {三}__{り}_」三} |
  l |l  / L.」L.」 j│ |
  | l|  「 Tl´  `Tl | |
  | l|  lノ/     ト' | |
  | |{.   /    | | l





712 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 22:05:16 ID:S6azOtvE

     三 ̄ ̄ ̄ ̄\
     /  ____|
    /  >⌒  ⌒ |      うん 我が家も
    /  / (・)  (・) |
    |  /---○--○-|     お父さんの弔問客の対応で忙しくなるから
    |─(6    つ |
    |    ___ |     三成君も そろそろ家に帰ってもらえるかな?
    \  \_/ /
      \___/
    /⌒ ゛-'~ヽ ,,っ
    ×_/   |_,,>l 三)
    ( <|    |、`' /
     ヽ ヽ___| ー'
     (_,ノ |」 |
      |  | .|
      .|  | |
       |  |. |
      . |  |/
       |  |
      f~|__|
      し!ー'彡、
       ゛ ====




.:.:.:.:.:.:.:.//:.:.:.;ノ              \
.:.:.:.:.:.:. / /:.:.:./  /   ,    `、        ヽ
.:.:.:.:.:.:/ /:.:.:.く /  |   | l     ヽ     、 ヽ、
:.:.:.:.ノ /:.:.:.:.:.∥  |l l  | l    `、`ヽ    l ヽト、
:.:.:.:{  !:.:.:.::.:;ハ  |l |l  ! |  \   ヽ、\  l| l| |
::.:.: l  |:::.:.:.::) ト、|ト、|l  } ト、ヽ ヽ、 | l|ヽヽ |ヽ l|ノ
::..::.:l  |:.:.:爪,斗七|廾ト-|‐1ヽ }`ヽム-l¬ ∧ノ/ }リ
ヽ.:.:ヽ. ヽ::.}| l ハ/レ=ニミ刈 |  リ ィ=ミ l |
  ):.:rへ_}|/ l|〈.((の))` ノ  イ((の))〉ハ          ━━┓┃┃
  ヽ、!{レ' ///  `ニ´       `ニ´ ∧ |              ┃   ━━━━━━━━
   ///人           '     八l |              ┃               ┃┃┃
 // /_>ト、_r个、ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                              ┛
// / /: /::..::..::{::.。≧       三 ==-
´ /   _工l::..::..::..::..ヾ-ァ,        ≧=- 。
ノ   / : : {::..::..::..::..::..:∨イレ,、       >三  。゚ ・ ゚、
  /: : : : : `ヽ、::..:;:-'≦`Vヾ        ヾ ≧
. /: : : : : : : : : : /´::..::.。゚ /。・イハ 、、       `ミ 。 ゚ 。





713 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 22:05:25 ID:a6unNiWI

ですよねーw





717 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 22:06:05 ID:9GTG62SE

迷惑だから出てけと露骨に言わないのが地味にうまいw





728 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 22:06:56 ID:S6azOtvE

        , -、/ ̄ヽ   __
      __(  しヘ 弋/ )\
    /ー'    \    └ヘ\
   └ヵ              |\
  / ̄\             〕 \
  └┐         _   -―-\  ヽー、
  ┌┘        ,.   /  ヽ \ 了   ト ∠ム / ヽ
  廴     /   /       ヽ`つ  ∨Y   ̄〕マ7_
   r┘   /              |  |└┐ | |  rヘ´ \ j!   _
   `つ   ./            |  |  | | 〔. ||<_ム__>  ̄__
   〔_ .′           |  | || |i `)|| 〔 ヘ\ <       ちょ ちょっと待って欲しいのだわ!
     ヽ| | :  |  |    |  | ||  レハ 弋 |r= 、r┘ | \ `
      | | |  |||    |  川ィチレ,_| ({ヘ參〉)  !   \      利長殿は こんな状況で
      | | |  |⊥从_| /j/   r== = .、| |广7_ハ   ヽ
       \| ヽ|  r=== 、     `===='' |∨/    lヘ ヽ!      わたしに どうやって帰れと言われるの!?
            |  l   `==='.         """| | ∨ ハ  l ヘ   、
           | l||  """        _    |/  }ヾ∧ l ヘ  ヘ
        / ∧|     r-- -‐‐ ' \ /   / /'. ∧ .ヘ
         /∧| .`―――‐ヘ    ___ _X_ メ、 / / V ハ  ヘ
       //           ̄ ̄l薔>ー.ノ \_〉 /  V ハ  ヘ




     三 ̄ ̄ ̄ ̄\
     /  ____|
     /  >     |
    /  / ⌒  ⌒ |    どうやってって……
    |_/---(・)--(・) |
    | (6    つ  |    乗ってきた駕籠に
    |    ___ |
    \  \_/ /     もう一度乗って帰ればいいんじゃないのかな?
      \___/
      /    く
      |     \





735 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 22:08:16 ID:S6azOtvE

       ┏┓   ┏┓                             ┏┓┏┓
     ┏┛┃ ┏┛┗━━┓          ,.、/レトヘトト、      ┃┃┃┃
   ┏┛┏┛ ┗┓┏━┓┃┏━━━━━ /  V-‐'ヽ、 }━┓ ┃┃┃┃
 ┏┛┓┃     ┃┃┏┛┃┗━━━━ r'/   } fニ、i V⌒'i  ┃┃┃┃
 ┗┛┃┃     ┃┃┗━┛      , -┴!   /j_ `ー'  j,  |   ┗┛┗┛  そういうことを
     ┃┃     ┃┃          _,L,  | //ハ ヽ_, イ }}.\|   ┏┓┏┓
     ┗┛     ┗┛ _,,.. --一'ニr‐┘ -=く/.{  {㈹_,ノiヽ..ノ   ┗┛┗┛  聞いているんじゃないのだわ!
       ,.. -‐_ニ- ̄ _,二二二二三人_  < 〈ーノ_フl  |  {
     /,. ‐'',. -‐  ̄            } ´ / ヽ! >レ'  ノヽ
    // /                   __  `ー/      }ー'´ \ `丶、
  / ./ //   _r'´ ̄ ̄ ̄``丶、   |  ``ー'}        {    `丶、 ` ー-
  ヽ{ l/  <__          `ヽ 」 -‐イ´ ヽ    /勹      `丶、
    ヽレ‐''二,Z{ ,. -────‐ァ'´     \ \ /  \
   /,. イ //        /     / /       {   \
  く/ //  |     ,. ‐'"´    /  /  /     ヽ    \




 / /   /::/  /::::::/ i! |  |  /i ,イ  i  | !  i   i | |   i |  i   !
イ/    /'´   |::/   l! |  |  ハ i !  l! ハ l!  !    ! 川  | !  !  i!   .′
イ            /    /! イ i人  | lハ  ! i | li  :   ,′}i ! イ .イ  ! .イ /
.         /     / i!ハ ! ト-トミLi__ハ l ハ i  :   / /!/!! /|/ | /_L.斗 /
.         / /   / i′! | ト、 | ヾ{__ヾ!≧トix i! / /〃,L斗≦/ i /i:|/:!
      / /    イ  ,イi∧| 小.z斗≦芋ミ:x卞ヾi∨ {/fチrレくyr/xう}く.イ′! ,
.    / /   / /  / |/ 〉:∧ヾ::{ rt'::::;ハ`、ヾⅥ //!ヾv{ {´ ( 才`7ヾソ/     ……待って 三成
  / /   /  /  / ∧ /::/ ∧  弋x._rソ_   }ハ/}′`:、:ヾ:、廴_ソ彡'.:.:.'ィ
イ /   /   /  / / .У:/ /::∧  `  ̄         ヾ:ミ辷} ̄フ:/イ7      利長殿…… 駕籠ですか?
_彡   /    /  / / 〃::/ /::/::圦              ` ーァfイ .::::::j′
.   /      /  / /  /:/ /::/:::::::/|\          j}    ,ィ.;:イ_ノ:):::::,′ /
 /       /  / /  /:/ /::// ::/ !:三ヽ.     __ __  〔《〈_  .イ::::::::/  /::
彡'       /  /:′ ,':/ /::// ::/  .}`ヾヽ.>.    ー   `>ミ辷彡チ≠==
        /  /   ;イ .:://::::/ 才::::::∧ ヽ}三≧x. ___ .._彡チ" /::::::厶、/:::::
.       /  /    〃 .://::::/   ヾ:::::::::∧    `ヾ::ィ:´    /::::::::::::://::::::::




     三 ̄ ̄ ̄ ̄\
     /  ____|
     /  >     |
    /  / ⌒  ⌒ |
    |_/---(・)--(・) |
    | (6    つ  |
    |    ___ |    うん 駕籠だよ
    \  \_/ /
      \___/
      /    く
      |     \





747 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 22:09:16 ID:S6azOtvE

                     ,,..--ー―- .、
                   ,/´  ζ   ,,..、`>´イっ,..____
              ,- `ゝ、/、/   ; ; ; ;;    `\ノ三へ<´.
          __.. ..,,... ヽゞ/     l   、ヽ  、 il `K´`\、
          ` ̄フ=-//  / /l  li   || |   | |  ヾ`ヽへ≧-、.       利長殿……
           /´〃ノ/ l|  | |ハ__||=- ト´lヘ ̄´| |  || ヽ  `ヽ、ヽ、
         /,,_ //´/  |  |l´|ハ_|ilヽソ、=i|-=、| |l  ||ハ `、    \` 、  その駕籠とは ひょっとして……
       //´ ´  | ハ i|ヽ l|===ト V {r-=、ソノ| |ノ  ヽ ヽ     `ヽヽ
     ;//      |/ ヽ 入ト、弋゚;;ソ   `㍉∮へi |   \\      `>ヽ
    < (        >/ V ノトゝ    `   ヽ/ i|  |l    ヽヽ      /ヽ >
    ヽ i      / /  ´ノ il` ヽ、  ` ´  /=, | l |ヾ   ヾ、    / /
     ヽヽ   /  / /  / イ ヽ > 、 _ , /r/〃l | | ヾ   \   / ;/
      ゝヽ/ // / /  il  )> ヾ=-ゞ<r´/ /フ入 ;トフー-- 、 ヽ  / /
      ノ )// /  / r-ー-〃-ヽ、λ )( // ´/ ̄ヽ`   r /  >´/
    ///  /  / _-"ー-     -フ=入ソ/ <  、__ノノ</ /\
,,..;;:,‐´ / /   // / /\   >  〃 >><<     (//  > /\  \




     三 ̄ ̄ ̄ ̄\
     /  ____|
    /  >⌒  ⌒ |
    /  / (・)  (・) |    そう!
    |  /---○--○-|
    |─(6    つ |   正澄君 君の乗ってきた
    |    ___ |
    \  \_/ /    石田家ご自慢の駕籠だよ
      \___/
    /⌒ ゛-'~ヽ ,,っ
    ×_/   |_,,>l 三)
    ( <|    |、`' /
     ヽ ヽ___| ー'
     (_,ノ |」 |
      |  | .|
      .|  | |
       |  |. |
      . |  |/
       |  |
      f~|__|
      し!ー'彡、
       ゛ ====





750 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 22:10:04 ID:2w3fS.q2

あら、必ずしも死ねとおっしゃるわけでは無いのですね





746 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 22:09:08 ID:IeiC2fpE

なるほど、アドバイスをしていたわけかw





749 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 22:10:00 ID:a6unNiWI

さりげなく追い出しときながら
さりげないフォローも欠かさない利長は流石すぎる





754 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 22:10:33 ID:9GTG62SE

本当に食えない男だな、利長





753 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 22:10:16 ID:S6azOtvE

                      / イィ’__:::::::::::::::::::::::::::::::-=ニヒ.
                     イ '"ソ:.:.:. ,.   ` 、:::::::::::::::::-ニヒ
               ,ヒ'´`">ーf´' イイ´.:. ,イ      !  \:::::::::::::::ノ
               f ノニ-イ:::::| ,.ィイ:.:.:. :./   /   ,!   ゙,::::::f´
             f ヒニrヘイ:::::| 7:.:.:|:.:.イ{;イ::. /:   / ,!   lr-イ
             ム'ー'´Lィ{  { ,r'、:.:fテ‐ト、{i:. l:. :. /:. ,イ   }イ
            イヒイL´ ゙!:::::゙!7イ:.:| ィテト、ヾ{ l|:.ム‐7"|:.  ! |!
             ,/イ: :トヘ、 ゙!rべ{:.:.:| ゞ;:ン   `,ィセリ }::. / リ
           ム'| : :|:;ヘr、ヘテイ'〉:|        {;:ソ,.イィ,イ '
            7 l : : ト{f`个rヘ/.:.|、     '   / ト{´     …………あ!
     .      |! : :.! ゙! !: : / ィ !:ヽ.   ( )  ,.イ:. |l|
           |l : : | {' |: :/ /_l !ニ->ー-、 イ__,. !:. !ヘ
           !! : : i  | / /´ l |, {::::::::::.ヾイ:::::} |: | ゙,
     .      || : : :|   く-イェ_ | {、 \:::::::: }ァヘ::| ! {   i
             !! : : :|  ,イ ヽ_: : ` ‐-. .、f-:. ト,トイ{ | !   }!
     .       || : : ::| /    `ィー- 、: : ヽ::7イ::::::} ゞ〉 '´


さて諸侯には「大坂城中壁書」により移動の際の乗物について制限がつけられていたが
石田家は秀吉の認めた出世衆として駕籠等の使用が認められていた
そして 石田正澄の使用する駕籠は まさに自慢に値する一品だった





759 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 22:12:24 ID:S6azOtvE

石田家の次男である三成は独立の際 家紋として「九曜紋」を選んだ
しかし長男である正澄の使用する家紋はまた違った
正澄は「五三の桐紋」を家紋としていた


              。rtr。
              __。'llp
      。,。        "。'´|i弋ソ
     tjll^''      kクゞ、|トyぐ゚   ,,  、jyt。
       q|p     _ ヾ'^||y'kシ^ft 。jゞ、ソゞ。
     ゙tュ|tアrァ '"kクj゙Zハ||'ム r‐K゚。 Yy'^ヵ゚
      _||_,ヘゞ ∠二ヽ、_,||_∠二ニュスftスY7ス
     ∠ゝ、`Yこ/´⌒ y' ハ´─-< _'l、゚´ニ二.j
   〈‐ '' フ/ l、 `Y'_/ /'  ト 、  ヽ.l ハ、__r-ュ!
    ヽ/ / j `l ,ゝ'、/l  l   ヽr‐イ l kゝ、 j
     {ノ7! ハノ ,ィ'7ヽj ,/ト、 ハ、|_j   〉,ゞ'`
     ヽム'-'"´ '7,ハソヘハ. ト 、ソ    ` ̄
           ヽ'′ `ヽレヘゝ


桐とは天皇家の紋でもある
この「五三の桐紋」は天皇家から足利将軍へ下賜され
さらに将軍より近江守護の京極家へ
そして京極家から石田家へと伝えられたものとされている





766 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 22:14:08 ID:IeiC2fpE

ああ、桐紋だから手出しできないのかw





768 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 22:14:26 ID:eY69cit.

錦の御旗みたいなもんだね





770 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 22:14:45 ID:pScs.xtE

悪くても牽制には十分通用する





763 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 22:13:16 ID:S6azOtvE

正澄の駕籠にも当然のこと「五三の桐紋」が打ちつけられていた


 l! ̄オ |:.:.:.:.:.|   と′  ,      丶  .:   r┘
   ̄リコ l:.:.:.:.:.| _「┘ / /  l |      \ノ  _〕
  く」!L.|:.:.:.:.:.! L. // /,  l| l  l  i  l ハ:.  _〕
 〃l| l L.i:.:.:.:.| r┘,./ /,   !|| l|  l  l ハ:/└i_
 |i l| !└l:.:.:.:| 〕// //l  l ! li l|  l  l |!:: と__〕
 li〃!|l トz水゙/イ ,://l:| l |l l| li  |  ! l|! とl「´
 |! |   !小こシ」 !/ ≧:xイl ! ,'! /l  , / /l _.」!|!
   ,l| l |ハ:.:!|l イ iイ:r::ハ` / '//二ラ// イ| l| l!    確かに桐紋なら
  /!| l l   \! l|  `¨      イrソ/iツ行l 〃
  ,'/ ! l|l  「¨| llト、   r ァ  ¨´イ |l i |l |!      これに無礼を働こうと思う士などいないのだわ
 ,' ! i  l|i _|:.:.l:.|l:.|:.> .、__  イ´ !:| ! l| l
 ! l ,  l|'「  |:.:.l|:li |:.:.:.:.薔:.:.:.:.:.:.|、ハ! l l| l
./ , i /l|| ヽ/ l| l;,;,;,ノ゙ヘ;,;,;,;,;,;,Y ̄|ヽl| l
! / l , l| !   / l |:.:.:.|  |:.\:.:/ i  〉 \ヽ
| li / l| / l -_〕:.l  |:.:.:.「´ 〈  ト.、 、\
,'  l | // ̄ , イ´.:.:.:.:.:.:! i:.:.:.:ヽ  ヽ |  、_ ヽ
   l| \ <ー- 、__:.:.:| /.:.:.:.:.:.:.\  \ \ ヽノ




    j   .:! l! |  l≧ト廴_l! ハ  l   |__ l/ }    |
    /  .: } |l l! ハ l!ヘ j[`,=、 |  l|⌒j!:/ ハ     j
   ,'  .: | | ! l| i|lヾYテ≠ミx l| ! /|r=''/ :/l/  ′/
  ,'   j | | レ' ゞマ  {っl! } ヘ jl/レ' /テニミ/::j   / /     利長殿……
  ,'  .′l |:.     ´¨ ー′ "   〃r~ァマ/  ,j /
 ,'  /=、| |::.              {!:.トミ-フ | /レト、      ご助言 感謝します
. '   /`ー! !:::.               ゞ=ィ¨ /レ′ \\
'   /:i:i:i:i| |::::::..        _   ´  ハ |       \\   さっそく駕籠を準備します
  /:i:i:i:,r| lト、::::::..       `  / }! !         〉 }
/:i:i:≦-| |゙`ト~ーx::..      _イ:  j  |         /〃
:i:i:i:i:i\:| |≒\  `ー、::. _ イ乂フ:: ハ !       /〃




    三 ̄ ̄ ̄ ̄\
    /  ____|
    /  >     |
   /  / ⌒  ⌒ |    いえいえ どういたしまして
   |_/---(・)--(・) |
   | (6    つ  |   あ 三成君
   |    ___ |
   \  \_/ /    それとね……
     \___/
     /    く
     |     \





767 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 22:14:16 ID:S6azOtvE

    三 ̄ ̄ ̄ ̄\
    /  ____|
    /  >     |     お父さんが死んだことにより
   /  / ⌒  ⌒ |
   |_/---(・)--(・) |     その大老の座は自動的に
   | (6    つ  |
   |    ___ |     僕が引き継ぐことになっているんだけど……
   \  \_/ /
     \___/
     /    く
     |     \



            __ __,.
      「`ヽ´ ̄`フ.::::::::/´  ,. -‐'′{::::し'.:::::::イ
    . ィ⌒ヽ  /.::::::::::/       ハ:::::::::::::!::::)
    { イゝ   /.::::::::::,′. . . ..x  く`ーヘ.:.:.::::し'
    Y.::::::::ノ '.::::::::::::|.:: . ---xノハノ    ヽ:::)
   ( ̄  . :.|:::::::::::::「´ _、  )⌒Y     レ′
    i 7ゝ.:::∠!:::::::::::::|.:.:.:.:j「 Y    !    }
    | i::ハて...」::::::_.:::::! ノ」ハ '.  ,ハL /  ′
    | L! | 丁Yr刈:::|ィハハ「ゝVイムイ//ハノ
    |     |\ゞイ::::ト弋)ソ   ヒケj小      え? ええ……
    l  /   !  `トゝ:!ハ´     ' .イ j |
   ノ. /  |i  ゝ'' | 仆. .  ´ イ 」 ;i |      そのとおりですけど それが何か?
  / :/     |小./ゝ.|ヽ\下`ヽ 丁jハ
イ  , ′    ヽ:/ィ  ハ. ヽ\ハ.:.:.:jり__」!
 /       ,ノ.:/ /.:::: ` ー 、ーヘ〈ゝ--=ァ
    /⌒Y .::::/  (::::::.     下不厂゙ぐく
   r '   ノ.:::::/ .イ )::::i    | ̄j ) `ヽソ
.   \:::`ヽ//.::/.::::::i    `ヽヽヽ (





771 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 22:15:17 ID:S6azOtvE

          三 ̄ ̄ ̄ ̄\
          /  ____|        三成君が屋敷を退出後 僕は大老として
          /  >⌒  ⌒ |
         /  / (・)  (・) |         この問題に一切係わらないから!
         |  /---○--○-|
         |─(6    つ |        これは清正君や正則君たちと三成君の私闘だからね!!
  ⊂二 ̄⌒  |    ___ |   ノ)
     )\   ..\  \_/ /   / \
   /__   ).\___/ . _/ /^\)
  //// /       ⌒ ̄_/
 / / / // ̄\      | ̄ ̄
/ / / (/     \   ×\___
((/         (       _  )
            /  / ̄ ̄/ /
           /  /   / /
         / /   (  /
        / /     ) /
      / /      し′
    (  /
     ) /
     し′




                ━━┓┃┃
:.:.:.:.ノ /:.:.:.:.:.∥  |l l  | l    ┃   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ┃┃┃
:.:.:.:{  !:.:.:.::.:;ハ  |l |l  ! |    ┃                                                           ┛
::.:.: l  |:::.:.:.::) ト、|ト、|l  } ト、ヽ ヽ、 | l|ヽヽ |ヽ l|ノ ::.:.: l  |:::.:.:.::) ト、|ト、|l  } ト、ヽ ヽ、 | l|ヽヽ |ヽ l|ノ ::.:.: l  |:::.:.:.::) ト、|ト、|l  } ト、ヽ ヽ、 | l|ヽヽ |ヽ l|ノ
::..::.:l  |:.:.:爪,斗七|廾ト-|‐1ヽ }`ヽム-l¬ ∧ノ/ }リ  .::..::.:l  |:.:.:爪,斗七|廾ト-|‐1ヽ }`ヽム-l¬ ∧ノ/ }リ ::..::.:l  |:.:.:爪,斗七|廾ト-|‐1ヽ }`ヽム-l¬ ∧ノ/ }リ
ヽ.:.:ヽ. ヽ::.}| l ハ/レ=ニミ刈 |  リ ィ=ミ l |      ヽ.:.:ヽ. ヽ::.}| l ハ/レ=ニミ刈 |  リ ィ=ミ l |      ヽ.:.:ヽ. ヽ::.}| l ハ/レ=ニミ刈 |  リ ィ=ミ l |
  ):.:rへ_}|/ l|〈.((の))` ノ  イ((の))〉ハ     .  ):.:rへ_}|/ l|〈.((の))` ノ  イ((の))〉ハ       ):.:rへ_}|/ l|〈.((の))` ノ  イ((の))〉ハ
  ヽ、!{レ' ///  `ニ´       `ニ´ ∧ |     .  ヽ、!{レ' ///  `ニ´       `ニ´ ∧ |      ヽ、!{レ' ///  `ニ´       `ニ´ ∧ |
   ///人           '     八l |        ///人           '     八l |       ///人           '     八l |
 // /_>ト、_r个、ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚    // /_>ト、_r个、ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚   // /_>ト、_r个、ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚
// / /: /::..::..::{::.。≧       三 ==-   // / /: /::..::..::{::.。≧       三 ==-  // / /: /::..::..::{::.。≧       三 ==-
´ /   _工l::..::..::..::..ヾ-ァ,        ≧=- 。  ´ /   _工l::..::..::..::..ヾ-ァ,        ≧=- 。  ´ /   _工l::..::..::..::..ヾ-ァ,        ≧=- 。
ノ   / : : {::..::..::..::..::..:∨イレ,、       >三   ノ   / : : {::..::..::..::..::..:∨イレ,、       >三  ノ   / : : {::..::..::..::..::..:∨イレ,、       >三  。゚ ・ ゚、
  /: : : : : `ヽ、::..:;:-'≦`Vヾ        ヾ ≧   /: : : : : `ヽ、::..:;:-'≦`Vヾ        ヾ ≧  /: : : : : `ヽ、::..:;:-'≦`Vヾ        ヾ ≧
. /: : : : : : : : : : /´::..::.。゚ /。・イハ 、、       `ミ 。 ゚ /: : : : : : : : : : /´::..::.。゚ /。・イハ 、、       `ミ 。 ゚/: : : : : : : : : : /´::..::.。゚ /。・イハ 、、       `ミ 。 ゚ 。





772 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 22:15:41 ID:m/MldWZ6

ちょwww





773 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 22:16:08 ID:R6ndkGbA

私闘ってレベルじゃねーぞw





777 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 22:16:33 ID:0ucMYuuk

優柔不断に見えてきっぱり言うなぁ、マスオさんw





778 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 22:16:34 ID:pScs.xtE

就任直後でいきなり職務放棄すんなwww





779 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 22:16:36 ID:9GTG62SE

合議制が機能してないのを
これまでの成り行きで散々知ってるから
中央から距離を置いて情勢を見極めて動こうとしてるのかな





785 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 22:17:16 ID:S6azOtvE

   r=イ: : : : : :∨: : : : : : :.:.:.::.:.:.,:,:,:,;,;,,;,;,;;;,_
./⌒/: : : : : : : : : : : : : : : : : : ::.:.:.::.:.:.,:,:,:,;,;,,;,;,;;;,
{: {¨: : : : : : : >  - - <:.:.:.::.:.:.,:,:,:,;,;,,;,;,;;;,;,;,;;;
廴: : : ::,. ´          `:.:.:.::.:.:.,:,:,:,;,;,,;,;,;;;,
: : }ヽ, ',             :.:.:.::.:.:.,:,:,:,;,;,,;,;,;;;,
: : : /./             :.:.:.::.:.:.,:,:,:,;,;,,;,;,;;;,
:..:.:.i.,'              :.:.:.::.:.:.,:,:,:,;,;,,;,;,;;;,
八 |!      i|  li  ヽ  l :.:.:.::.:.:.,:,:,:,;,;,,;,;,;;;,    え ちょ ちょっと……
トム|!      i|  li    )ノ  :.:.:.::.:.:.,:,:,:,;,;,,;,;,;;;,
:ソ:::|!   i_|__i|__ 乂  /  /:.:.:.::.:.:.,:,:,:,;,;,,;,;,;;;,    私闘って……
Y司!   _从___八 `  ヽ /_/_/_:.:.:.::.:.:.,:,:,:,;,;,,;,;,
:| ハ   f/⌒メ '\ \ / ,∠:l=、.:.:..:.::.:.:.,:,:,:,;,;,,;,;,;:    と 利長殿
:|:i ハ   ヾ_〃      《  》: . :.:.:.:.::,:,:,:,;,;,,;,;,;
:|:i   ',  乂 ̄        ヾ=〃: . :.:.:.:.::,:,:,:,;,;,,;,;,;   な なんで……?
:|:i   i  トヽ Fニニ_ー┐  : . :.:.:.:.::.:.:.,:,:,:,;,;,,;,;,;;
:|:i   |  !ト、  |    ̄|  : . :.:.:.:.::.:.:.,:,:,:,;,;,,;,;,;;;,;
:|:i _| i:...| >| __|<_: . :.:.:.:.::.:.:.,:,:,:,;,;,,;,;,;;;,,
<: : : | i::::|: : :⊥r=ァ廴:_:_: . :.:.:.:.::.:.:.,:,:,:,;,;,,;,;,;;;,;;;;
:∨.:.:.:.| i::::|: : :辷zィ ノ-: : :: . :.:.:.:.::.:.:.,:,:,:,;,;,,;,;,;;;,,
:::∨:.:.:| i::::|: : : フTT、: : : : : : . :.:.:.:.::.:.:.,:,:,:,;,;,,;,;,;;;,
:::: ∨z| i::::|: :イ: : | |: \: :: . :.:.:.:.::.:.:.,:,:,:,;,;,,;,;,;;;,,;;;,
:::::::::Ⅳ /:::/: :/: : ::| |: : .:.\ : . :.:.:.:.::.:.:.,:,:,:,;,;,,;,;,;;;,,
::::::: / /:::/: :/: : :.:.:| |: : : : : :: . :.:.:.:.::.:.:.,:,:,:,;,;,,;,;,;;;,;;




    三 ̄ ̄ ̄ ̄\
    /  ____|
    /  >     |    なんでって 当り前だろ
   /  / ⌒  ⌒ |
   |_/---(・)--(・) |    まさか三成君は これを政治問題化して
   | (6    つ  |
   |    ___ |    豊臣政権を大混乱に陥れろとでも言うのかい?
   \  \_/ /
     \___/
     /    く
     |     \


この時 利長は清正・正則の意図を読み切っていた





792 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 22:19:13 ID:R6ndkGbA

「私闘」という事にしとかないと逆に拙いのか





793 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 22:19:32 ID:S6azOtvE

l //    || l | |   | |   _  | | |l  | |  |   | l
 | |     || | | | |  ||! |  {f^i} j l j /!  l ||. |  l! |. l
 | !  |   |.! l_L」」__ | ! |、   }!//|/|/ |  /リ|l |  /'l !i !
 |l !  |  | 「|N lNヽミ! lト 、   l{./77=! /iヘ、 |! | / リ l |
..∧ ', ト、 |_>''了¬-、ゝ  ヽ /イ`ー} {l/イノ_}ハY! /   | |
/   ヽ! N ヽ. { f'l!j } ヽ    ヘ  { \Y´__,.イ/ノ|    | |
     | l   ッゝ-‐'一   i   ヽ \__],.ノ / j| |     | !
     | ト、            {!    \_,.>く /| |        !   三成
     | |ハ         ゙       、__》.' ,| |
     | |ーヽ         r‐‐、         /‐' | |          準備は整ったわ 急いで
     | |   \      -‐        /.  | |
     | |   _> 、         イー-、  | |
     | |  _>、 └`ー 、 __ ,. -=´-┘_,∠、 | |
      | | <   `ー'⌒ヽ `く_ _」 ̄    >| |
     //   `ヽ、     〉 /      /  | |




          三 ̄ ̄ ̄ ̄\
          /  ____|
          /  >     |       まあ私闘だとしても
         /  / ⌒  ⌒ |
         |_/---(・)--(・) |       喧嘩両成敗だなんて野暮なことは言わないから
         | (6    つ  |
         |    ___ |       三成君も 頑張って生き残ってね
         \  \_/ /
        / \___/\
       /           \
    __/  /          \  \_
 (( 〈__/ノ         ノ.\__ ノ
        /   /⌒\ /
       |        \
       \___ノ\  l
 ε≡Ξ   ノ  ノ   ) ノ
          レ´ ^    レ´


同時に ある意味 三成をバッサリと切り捨てた





799 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 22:20:11 ID:m/MldWZ6

ばっさりw





786 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 22:17:46 ID:2TLF0bmI

やるな、利長





800 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 22:20:16 ID:S6azOtvE

     └-i:::::::::::::::::::::::: ,.  '"´    ``ヽ:::::::.: : ヽ、
     __...ノ: : : : : : :,.ィ´   /   ',   ヽ `丶、: : : :ト.、  ,.ィ"ヽ
.     |: : : : : : : :/  ./  /     ',   ',  「: : : : :|:.:.:ヽ: : : : : 〉ニニ、二
      ヽ.ィ: : : :/    /   ,'      l   ', `丶ト、:|:.:.:.:.:.|: : : : :ート、、ヽ
     r‐:':::::::/     ,'  ,'        !   l . i'"´:: |:.:.:.:.:.!: : : : :_:ハ ',ヽ
.      ',_:、:::/     l   l       |l     ! ',: : : :.|.:.:.:.:.:|: : : : L_l::', ',r
       ノ:,'     ,'l   |    l  | l !  ! |  `丶; |.:.:.:.:.::!: : : : : :ハ::ヽ
        /:| |   ,' | ! .!l|   ,'| l l | l ,' ,|. |!´: :.!.:.:.:.:.,': : : :r ' `¬
     /:::,! |   ..L.',_ト. |',ト  / !./l/├ /¬ ¬、). : :.!.:.:.:.:.,': : : :|    |:
      /:::::ハ.ト 、 ! ..l_ヽヽ\/ l//´ ̄ ミト、|  {:: ::/.:.:.:./: :::::::|    |:   ちょ…… え……
      ヽ|l ',ヽ \!/´ ̄`ヽ '′{{      }  ,ハ: :/.:.:.:./:::::;:::ノ|    !:
.        |   ト、. {{     ノ′ ヽ     八| ! | '^,-ヘ':::::::::}::!|   .!:   と 利長ぁーーーーーーーっ!!
      |   l l.|.とつ=        ` て__う l  ! .|/j〈ィ'>》_ノ !::l. !   |:
       |   / / |/    __   ヘ.    | l| |.ヾ ニフ   !::l |   |:
.      |  / / |{    i/      \、  l l ! !/    ヽ:| .|.!   |
       !|_ノ' r":.:l人   └ ---‐   ´    :! !| |           .| l   |
    _..'"ィ´  ト、:..! .l:.>z,、...   __  z<:.:.:| || |、          .! !   !
  <._ <.|   ! ∨ ,''-:.:.:.:.:.::.:`¬´:.``.:./:.:.:.:.:.::! !| |: \         ! l   |


追い出されるような形ではあるが なんにせよ三成は こうして前田邸を脱出した





803 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 22:21:00 ID:0zB73a2c

脱・・・出・・・?





807 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 22:21:18 ID:S6azOtvE

同日 午後3時
道中は 利長の読みどおり
桐紋の駕籠に手を出す者もなく 三成は無事に備前島の自邸にたどり着いた


        ((_((_((_((_((_((_((_((_((_((_((_((___((__
       ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ
     ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ
  _@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@ノ
  ((_((_((_((.|il |;;::: ..::..  ::..  ::..:: .   .: :..    . :::  .. : ::::|il i::
 ノ___ノ___ノ__.ノ...|il |________________|il l::
  = @==@==@= |il |\_____________________________________,_,,,,,;;;;;;;|il l::
             |il |  |    | |ニニニニニニニニニニ l | : |il l::
             |il |  l┌┐| |;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;|;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;| | : |il i::
             |il |  l└┘| |;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;|;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;| | : |il l::..
 ______|il |_l__| |;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;|;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;| |__.|il i=== =
 ,, '  ,;; ' ". ; .., |il |:」」i 「:「:「| |;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l; @=@ ;l;;;l;;;l;;;l;;;| |:iii|il |::|::|::|::
  ,'   . . .; . '., .|il |:」」i 「:「:「| |;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;|;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;| |:iii|il |::|::|::l
   ';;   . .,、   . |il |:」」i 「:「:「| |;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;|;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;| |:iii|il |::|::|::l
  .;  ,; ., 、  ;;、 |il |:」」i 「:「:「| |;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;|;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;| |:iii|il |::|::l::i
 ,,、'..,,、、.. ; .,,,、,;;、|il |/..;; "..  `,,"  . . .; .,, '  ´ ,, ;; 、 " ,, 、|il |::|::l:




                                   ヽ !| ! ,- -、 / !,' /
                                    ヽ`ヽ.l:`;';;| / ,'/
           ,. -―‐- ,、_                   ヽ (::___:;;) /
         ,ィ´      ヽヽ                  ,'       ',.
        //         ヽ ヽ、  殿!          フヽ ヽ /  /l
       / ,イ  _    ,r,=、,、 l、 ヽ、             ,' ヾゝ   ィフ ',
      / /./'´(:;;;l   |l:;;;ノヾ、 l':,  ヽ、           | _    ' l    __L_   よくぞご無事で
    /  / ,l   /   ヾ,、  )ll ',   ヽ        ' ´ニt-_  ‥  , _メ 、_
  /   /. ,'`ー'´  0   ゞ=ニノ ', ヽ、  ヽ.       '´   _ィl ー┴-'ヽ''i `i- ,,_
 /  /  |   ,_,!、_,      |  ヽ、   )        ,:;':' | |''_ -',/.  ',  `'''ー--;;、
 `-'´     ',   〈 ' |         ,'    ` ̄        /,' /, |゙  ,:;''-、,.-´   ./ ´ `:、
        ヽ、  `‐'      ノ             _,.:!ヽ!ヽ,! lヽ!/./  `-,  /      i
         >、,,___,、-<、_            / _,i゙-, l-:、_i"| /    ,.:'  i        |
     _,..-''´ヾ;::::::ヾ;:ノ:::::::;∧ `' ,、         i ./.| (ヽ Ti |:i _| ,'   ,:'     |         |

     ↑ 石田家重臣 島左近              ↑ 同じく 舞兵庫





812 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 22:22:28 ID:S6azOtvE

屋敷には家臣の他に異変を察知しやって来た大老・宇喜多秀家の姿があった
利長は放置を決め込んだが 秀家は大老として事態の収拾に当たろうとしていた


         /       /    、  \   ヽ  、
        l /        |     \   ヽ   ヽ  ',
        |/     / 人      ヽ,   ',   |   !
        ||  !. l 、| /  ヽ l    /l   |_,  !  ヽ       なんにせよ
        ヽ |l | /ヾ|、 ノイ  /! /_,|イ'l´    |   \
         〉!ヽ\|ー,‐≧、,ノ /_ノ≦___| /   ト、    ヽ    えらいことになったわね
        /   |\! ゝー'゙  ̄ ´ ゝ、_ノ  7   .!  ヽ     \
      /    |  |             /   |ヽ、|     〉
      ヽ     |  l u          u./.    |:::::::メ,    /
       〉  r'゙/   ヽ   ー─--、   /     |::::::::::::}_  /   ← 宇喜多秀家
      /  {./     |>- ` ー一'_, イ      /:::::::::´::::::ヽ `ヽ



         __
       //´{_
    __ ,/ /: : : : :}_
    | l| /´ ̄`ヽ: :.}
   「 l| 」/l l ! l ∨!
   /}. !! }lOヽノOl/! l
  ,  L薇|l  「 ̄! ノ | i    ……ソウネ
  | l|   」l>=ィ」|│ l
  | l| {三}__{り}_」三} |
  l |l  / L.」L.」 j│ |
  | l|  「 Tl´  `Tl | |
  | l|  lノ/     ト' | |
  | |{.   /    | | l





817 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 22:23:19 ID:S6azOtvE

    /  /   /   |    ヽ       \
   /  /    /    ヽ. :.:.:. \  i     ',
   |  |  .:| :._」__   :.:. .:.:|\_,. L _', |  i  }
   |ハ | .::.|/| ∧|ヽ:. :.::|イ厂 _i__.:..:|:\  |  |      とにかく この屋敷にも
   || |i |  .:|.:レ‐-ミ \:.:|从ィチ-、 \|:.|  .:|  |
    | ハ\| { んヘ  レ'  |ハ_r'} /|/  :.:|  |      清正たちが押しかけてくるのは時間の問題!
    レ∧ ::.|  辷.リ     ヾ-┘ /  :.:.:∧  |
    / | :.:.| "  '      u/  .:.:.:./.:..:', ' ,      三成は わたしの屋敷に非難して!
   /  /.:.:ハ    rァ-、   /  :.:.:.:./.:.:.:.:.:ヽ. \
_ /  / :.:\:\   Y___.) /    :.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\ \
   (   :.:.:く⌒ヽ、   /    :.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:ヽ ヽ
  /\   :.:.:\ | `ー‐ {    .:.:(.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ |
 /    \   :.:.:\\r く     :.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::/  /
./      \   :.:.:.\|ヽ `ー‐く`ヽ‐、 :.\.:.:.:.:.:.:.:./ /
         \   ::.:.:|  「√ヽ.\ヽ∨ :.:.ヽ.:.:.:.:/ (
          ヽ.  :.| i  / |>ヘ_}ノ  :..:.',:.:(.:.:. \
            ',. /  |   / /    .:.:):.:\:.:.  \



         __
       //´{_
    __ ,/ /: : : : :}_
    | l| /´ ̄`ヽ: :.}
   「 l| 」/l l ! l ∨!
   /}. !! }lOヽノOl/! l
  ,  L薇|l  「 ̄! ノ | i    ヨロシク オネガイシマス……
  | l|   」l>=ィ」|│ l
  | l| {三}__{り}_」三} |
  l |l  / L.」L.」 j│ |
  | l|  「 Tl´  `Tl | |
  | l|  lノ/     ト' | |
  | |{.   /    | | l


三成は 宇喜多邸に保護されることになった





819 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 22:23:47 ID:2w3fS.q2

魂がどこかに置いたままになってるな





822 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 22:24:19 ID:S6azOtvE

一方 なかなか姿を現さない(と思われていた)三成に業を煮やした清正たちは
とうとう前田邸に押しかけたのだが……


     三 ̄ ̄ ̄ ̄\
     /  ____|
    /  >⌒  ⌒ |
    /  / (・)  (・) |
    |  /---○--○-|    やあ 清正君 正則君
    |─(6    つ |
    |    ___ |    忙しいところ父さんのために
    \  \_/ /
      \___/      わざわざすまないね
    /⌒ ゛-'~ヽ ,,っ
    ×_/   |_,,>l 三)
    ( <|    |、`' /
     ヽ ヽ___| ー'
     (_,ノ |」 |




    /::::i::::、:::ヽ、:::::\:ヽ:\::::::ヽ:::、::ヽ::、:',
    /::i|::l::ト、ヽ::、:::ヽ:、::::::\::ヽ::::l::::ヽ::i:::i:::!
   /:/:!:::!:|::ヽ:\ヽ::::、:\::::ヽ:::ヽ!::::::i::|:::!::!
   !ハ::|::::i::l:|心、:ヽ::\:ヽ_\、\:::ヽ:::|!::|:|i
    i、:!:|:、N{、ヒjヽゝ\ヾイ ヒj >、ヽi:、|!:|:l       利長殿……
     ヽ:!::トヽ ̄ l! `  ` ̄´ |::l::|:|j:,!:!
      ト、::!           |::/lj:::!リ        この屋敷には三成がいるはずです
        ヾ、  丶 -      リイ:|リ
        リヽ ‐、ー- 、_   /イ:::i          三成を僕たちに引き渡してもらいたいのですが
       rー'"ト:l゙、   ̄   ./  , |::!
      / ヘ ヾ ヽ、 _,. '   / |:'





825 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 22:25:16 ID:S6azOtvE

  三 ̄ ̄ ̄ ̄\
  /  ____|
  /  >     |
 /  / ⌒  ⌒ |
 |_/---(・)--(・) |     ええーーーーーーーっ
 | (6    つ  |
 |    ___ |     君たちは 父さんの弔問に来たんじゃないのかい!?
 \  \_/ /
   \___/
   /    く
   |     \




    /::::i::::、:::ヽ、:::::\:ヽ:\::::::ヽ:::、::ヽ::、:',
    /::i|::l::ト、ヽ::、:::ヽ:、::::::\::ヽ::::l::::ヽ::i:::i:::!
   /:/:!:::!:|::ヽ:\ヽ::::、:\::::ヽ:::ヽ!::::::i::|:::!::!
   !ハ::|::::i::l:|心、:ヽ::\:ヽ_\、\:::ヽ:::|!::|:|i
    i、:!:|:、N{、ヒjヽゝ\ヾイ ヒj >、ヽi:、|!:|:l   あ…… いや……
     ヽ:!::トヽ ̄ l! `  ` ̄´ |::l::|:|j:,!:!
      ト、::! u         j |::/lj:::!リ
        ヾ、  丶 -    u リイ:|リ
        リヽ ‐、ー- 、_   /イ:::i
       rー'"ト:l゙、   ̄   ./  , |::!
      / ヘ ヾ ヽ、 _,. '   / |:'



             _____
            __「::::::::::::::::::::::::: ̄フ
           /:::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::>
         ∠:::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         /:::::彡レ|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        __,/:::/'i c |:|:|:::|:;lヾ:::::::::::::::::::::::::\
    / ̄7 /::::/ ゙=':|::|:/イ c`i:、:::::::::::::::::::\
   / /  /|::::|   ,   | ゙='':::〉:::::::::::::::::\    それも そうなのですが……
   |  /   | |:::;|   _ ^     :::/::::::::::::::::::ド、!
   |      レ:::! ‘、_j      /:::::::::::::::::;ヘ| \
  /` |    |::::::!.、`    _//:::::::::::::W     \
 /   |     \:::::i  ̄ ̄ ̄_/ レ;:::::ル'     >  \
/    |      \_____/レ´   //    ヘ





830 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 22:26:16 ID:n1IF.o0w

テンプレ来たw





837 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 22:27:01 ID:ExsQU2g6

マスオさんパネェwww





839 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 22:27:12 ID:0tjg1Cvw

いちいちマスオさんの反応が面白すぎるw





829 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 22:26:16 ID:S6azOtvE

          三 ̄ ̄ ̄ ̄\
          /  ____|
          /  >     |
         /  / ⌒  ⌒ |        ……まあ いいか
         |_/---(・)--(・) |
         | (6    つ  |       はいはい 三成君ね
         |    ___ |
         \  \_/ /        ちょっと 待っててね
        / \___/\
       /           \
    __/  /          \  \_
 (( 〈__/ノ         ノ.\__ ノ ))
        /   /⌒\ /
       |        \
       \___ノ\  l   .
 ε≡Ξ   ノ  ノ   ) ノ
          レ´ ^    レ´




    /::::i::::、:::ヽ、:::::\:ヽ:\::::::ヽ:::、::ヽ::、:',
    /::i|::l::ト、ヽ::、:::ヽ:、::::::\::ヽ::::l::::ヽ::i:::i:::!
   /:/:!:::!:|::ヽ:\ヽ::::、:\::::ヽ:::ヽ!::::::i::|:::!::!
   !ハ::|::::i::l:|心、:ヽ::\:ヽ_\、\:::ヽ:::|!::|:|i
    i、:!:|:、N{、ヒjヽゝ\ヾイ ヒj >、ヽi:、|!:|:l
     ヽ:!::トヽ ̄ l! `  ` ̄´ |::l::|:|j:,!:!   …………
      ト、::! u         j |::/lj:::!リ
        ヾ、  丶 -    u リイ:|リ
        リヽ ‐、ー- 、_   /イ:::i
       rー'"ト:l゙、   ̄   ./  , |::!
      / ヘ ヾ ヽ、 _,. '   / |:'



             _____
            __「::::::::::::::::::::::::: ̄フ
           /:::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::>
         ∠:::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         /:::::彡レ|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        __,/:::/'i c |:|:|:::|:;lヾ:::::::::::::::::::::::::\
    / ̄7 /::::/ ゙=':|::|:/イ c`i:、:::::::::::::::::::\  …………
   / /  /|::::|   ,   | ゙='':::〉:::::::::::::::::\
   |  /   | |:::;|   _ ^    u::/::::::::::::::::::ド、!
   |      レ:::! ‘、_j      /:::::::::::::::::;ヘ| \
  /` |    |::::::!.、`    _//:::::::::::::W     \
 /   |     \:::::i  ̄ ̄ ̄_/ レ;:::::ル'     >  \
/    |      \_____/レ´   //    ヘ





840 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 22:27:29 ID:S6azOtvE

        / ̄ ̄ ̄ ̄三
        |____  ゙i         あれれ おかしいなあ
        |     <  ゙i
        | ⌒  ⌒ ゙i  ゙i        三成君が見当たらないなあ
        | (・)--(・)---゙i_|
       |  と    6) |        あ 清正君 正則君 僕は弔問客の対応で忙しいから
       | ___    |
        \ ゙i_/  /        もうちょっと待っててね
        /\___/ \
      /            \
   _/   /          \  \__
(( !、 __/.!、         (,\__〉 ))
         \ /⌒゙i   ゙i
          /        |
       .   l  /(,___/
          (, (   (,  !、   Ξ≡з
           `J    ^ `J





847 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 22:28:16 ID:S6azOtvE

    /::::i::::、:::ヽ、:::::\:ヽ:\::::::ヽ:::、::ヽ::、:',
    /::i|::l::ト、ヽ::、:::ヽ:、::::::\::ヽ::::l::::ヽ::i:::i:::!
   /:/:!:::!:|::ヽ:\ヽ::::、:\::::ヽ:::ヽ!::::::i::|:::!::!
   !ハ::|::::i::l:|心、:ヽ::\:ヽ_\、\:::ヽ:::|!::|:|i
    i、:!:|:、N{、ヒjヽゝ\ヾイ ヒj >、ヽi:、|!:|:l
     ヽ:!::トヽ ̄ l! `  ` ̄´ |::l::|:|j:,!:!   ……おい
      ト、::! u         j |::/lj:::!リ
        ヾ、  丶 -    u リイ:|リ     これは……
        リヽ ‐、ー- 、_   /イ:::i
       rー'"ト:l゙、   ̄   ./  , |::!
      / ヘ ヾ ヽ、 _,. '   / |:'



             _____
            __「::::::::::::::::::::::::: ̄フ
           /:::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::>
         ∠:::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         /:::::彡レ|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        __,/:::/'i c |:|:|:::|:;lヾ:::::::::::::::::::::::::\
    / ̄7 /::::/ ゙=':|::|:/イ c`i:、:::::::::::::::::::\  ……そのようですね
   / /  /|::::|u   ,   | ゙='':::〉:::::::::::::::::\
   |  /   | |:::;|   _ ^    u::/::::::::::::::::::ド、!
   |      レ:::! ‘、_j      /:::::::::::::::::;ヘ| \
  /` |    |::::::!.、`    _//:::::::::::::W     \
 /   |     \:::::i  ̄ ̄ ̄_/ レ;:::::ル'     >  \
/    |      \_____/レ´   //    ヘ


結局 清正たちは前田邸に足止めを喰らったあげく 三成の姿を見失ってしまったのである





852 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/08/01(日) 22:30:02 ID:QC7Jvj.A

大魚を逸したか・・・
ここまで大掛かりな事して結果が出なかったのは痛い





850 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 22:29:16 ID:S6azOtvE


宇喜多邸では今後についての対策が話し合われていた


              ____,. -―‐-- 、
            /            \
          /            ヽ  \
         /   /           \ \____,
        /    /   /        ヽ   ヽ ヽ__,ノ´
       ,'    /   /  /    ヽ i    \ \
       |    /   i  /  |  i  ∨   ヽ. ヽ !
       |    |    | \!  ハ. !   !  」  |  |∨
       |    |    レwリ`<  V!   // |  | /
       |    |    | ィfテトミー ヽ /rえV /|/   この屋敷にいる限り
       |    |    | Vr少'    |/ ヒソ ムイ
       /   八    ', :::::::::    、:::::: ! |     連中も手を出したりはしてこないはずよ
     /   __ハ.   ',          人 |
    /   /..........:::',    ',    -‐',. イ   |\
   /    |::::::::::::::::::::',    ',>-、<::::::V   |  ヽ
.  /  / / ̄ ̄ ̄`ヽハ    ∨丕 !:::::::::{    `ー




        , --― -- 、
       /}        \
      / /        ト、
     ./ /         l \
    / /  ,-、   r;;;ヽ  |  \      しかし
    i  l , イ;;;ノ   iト;;;ノ\ト、  \
    |  |(  /  ,、 ヾヽ_ノノ| \   ヽ   いつまでも ご迷惑をかけるわけには……
    ! ハ  ̄ , Y  ,`ー' |  ヽ、_)
    {_ノ ゙、   `TTT"   ノ
       人____ `ー' , - ァ<
      /,, -ー 、  , -‐ 、
     (   , -‐ '"     )
      `;ー" ` ー- -ー;'"





856 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 22:31:16 ID:S6azOtvE

          ゙i:::.゙i ゙i    ! !::::::.,'
           ゙i:::゙i ゙i   | |:::::,'
            ゙i::.゙i ゙i_| |:::,'
            ゙i::゙i. V _ 1!,r'
             ンJ  (,___ 」,'
           ,r'´      V `゛
         ,r'      ' , !
         ミ        ィ、' !
          ' ┼‐-  .,  ゛`  ,'
          '' 十‐-  .,`ィ    ゙i    やはり ここは
         、  .,   `!、    〉
       '´::::::::::::::: ト、  _ンー`    然るべき人物に調停を依頼しては……
     ,. '´--、:::::::ヽ:::メ'´`iT〈 ,ィシ´
     /::::::::::::::ヽ:::::::ヽ::ヽノ、 ヾ
    ハ、:::_::::::゙';::::::::ヽ::::ヾ! i ',
   ,/:::::_::::,-::::::',::::::::::l__;vヘl ',
  /::::::::::::::::::::::::::::}::::::::::`ヽ、:ヽ ',
/、:::::ニニ二二フ::::::::::::::::::::ヽ::', l




 〉::::::└f::::::_:::::::::::::::::::ヽ ̄ヾ:::::::::::::/::,!∠`ヽ
 `ヽ::::::::つ:::::\:::::::::::::::::`!  !:::::::::::::::::::|ニ´'/!
  (:::::::::::ゝl-:-::::::::::::::::―|  |:::::::::::::::::イ`Y´く´
   jゝ::::/  ゝ、::::::::::::::::::::|  |":::::::::::::)'!゙i ̄|ヽ
    \/   / ゝ_;::::::::::::::|  |:::::::::::ソ .| |  |
     Y!i |   l、`く::::::::>-<::::::_ ィ /| |  |
      ヽヽ!\i!l!i j/!ゝ:::{薔}::シ  ,/!!| |  |
          〉K` レ' j  ト/く  ´ ィ i :| |  |
.      rーーー、ー j/! l′ヽj~ ド.! l :| |  |   …………
     /!   />' l .!'フ 、:r/ | | :| |  |
      rt ` ニく f 〉、j .!< ,ヘ:´ヽゞ | :| |  |
    ヾ::`¨´ソ:/ ,.-" -'ー/:::::\::::`| :| |  |
.    √ヾ:::::::〈 "/!‐'¨ア::::/!:::::ヾ:::\| |  |
   /::::::::::::::::::7`ー¨.ニ/7:/ :::::::::::::::::ヽ|  |
.  /:::::::/::::::::/   j/`:::   :::::::::::::::::::::\:


しかし 有効な手立てを 誰も何も思いつけないまま時は過ぎていった





859 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 22:32:21 ID:S6azOtvE

だが この瞬間に 宇喜多邸を目指して急行する集団があった


                                 ざっつぁつぁっつぁ~
                       ;;'';';';
                      vymyvw    ざっつぁつぁっつぁ~
   ざっつぁつぁっつぁ~     MVvvMvyv
               Λ_ヘ^-^Λ_ヘ^-^        ざっつぁつぁっつぁ~
             ヘ__Λ ヘ__Λ ヘ_Λ
       ,/ヽ_ /ヽ__,.ヘ /ヽ__,.ヘ _Λ,. .ヘ _Λ,
    /\___/ヽ   /\___ /\___/ヽ   /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\/''''''   '''/''''''   '''''':::::::\ /''''''   '''''':::::::\
  . |(●),   、(●)、.:|(●),    |(●),   、(●)、.:|(●),   、(●)、.:|
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|   ,,ノ(、_, )|   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::|   `-=ニ= |   `-=ニ=- ' .:::::::|   `-=ニ=- ' .:::::::|
   \  `ニニ´  .:::::/\  `ニニ \  `ニニ´  .:::::/\  `ニニ´  .:::::/
   /`ー‐--‐‐―´\ /`ー‐-  /`ー‐--‐‐―´\ /`ー‐--‐‐―´\





861 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 22:33:16 ID:S6azOtvE

     /. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :``ヽ
    /. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 〃: : : : : : :: : : : : : ヽ
    ``ヽ. : : : : : : : : : : : : : : /〃: : : : :: :/:/: : : : :ト、|
     /. : : : : : :/ : : ::/:/  /: : : :/.://.:.:.:.:.:.:.:.| !
      /. : /: : : :/: : /:/   /: : /  /ハ.:.:.:.:.:.:.:.:.|
    /.:.:.:/.:.:.:.:./.:.イ ー--- /:./   /イハ.:.:.:.ハ.:.l
  /.:.:.:/.:.:.:.:./.:.:.:.:l  ┯┯z=    ┏┯ .:.:./  V
    ̄/.:.:.:.:./.:.:.:.:. |   Lりノ     りノ レ'.
    //.:.:.::/⌒ヽ::| u         ,    |      殿! 三成様!
     /.::ハヽ ___         _ ,      ノ
   ,r─……┴‐- 、      「 __ノ   /       この屋敷に千を超える軍勢が
  !: : : : : : : : : : : : :\ 、       /
  !: : : : : : : : : : : : : : :.\` ー r‐く.          押し出してきています!!
  ノ. : : : : : : : : : : : : : : : : .\ _」: : : l
 /. :,. -─- 、: : : : : : : : : : : : 7: __」
 レ'´      \: : : : : : : : :/´: : : ∧
/            \: : : : : !: : : /ヾ \
/ ̄ ̄ ̄`ヽ     \: : : !: /  l   ヽ
: : : : : : : : : : : \      \: 」: ,'   l    `ヽ  ← 宇喜多家家臣 明石全澄
: : : : : : : : : : : : : :\     V    i




     , --― -- 、
    /}        \
   / /        ト、
  ./ /         l \
 / /  ,-、   r;;;ヽ  |  \
 i  l , イ;;;ノ   iト;;;ノ\ト、  \
 |  |(  /  ,、 ヾヽ_ノノ| \   ヽ     なに!
 ! ハ  ̄ , Y  ,`ー' |  ヽ、_)
 {_ノ ゙、   `TTT"   ノ
   /人____ `ー' , - ァ<
   / | |  `)二{  ∧ \
  / | `ー"  `ー' ヽ  \





863 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 22:34:16 ID:S6azOtvE

        -‐‐'´      `ヽ、
     /             \    ┃┃
    /  /         ヽ    \  ┃┃
   /  /  /        i ヽ   ヽ ・ ・
  |  /   /   / /     |  i    }
  | |   |   / /     /|  _L   |
  | |  -:十卅十|ト、/ /レ ィi「 /|   リ      落ち着いて
  | |   |ィ厂テトミ 从.{ f爪}「 〉|  ィリ
  | |   |i {.辷リ      {心リ イ/ィ        その軍勢は敵ではないわ
 / ∧   i|       、 `¨ /   |\
/   i|   ',   ,. - :ァ   ∧  |ゝ \     味方よ!
  / ∧   \  ` -'  イ| \ \∧ }
 /  /⌒|    \` ー r<ー┐  \  \|
./  /::::::::i|    i >rく \:::\   \  \
   〉:::::::/     iト、//ヽ\|::::::::\   \  |
/ ̄ ̄___ノ i|::::\| Tア|:::::/:::::::\   } |r
      ___ノ‐::::::: ∨/:::/::::::::::::::∧ /
     <::::::::::::::::::::::::::::::ゝ::|::/::::ー:::::::::ノ’
\ \  \ー――‐:::::::::/::::\:::::::/
::::::\ \  \::::::::::::::::/::::::∧:/ /




 〉::::::└f::::::_:::::::::::::::::::ヽ ̄ヾ:::::::::::::/::,!∠`ヽ
 `ヽ::::::::つ:::::\:::::::::::::::::`!  !:::::::::::::::::::|ニ´'/!
  (:::::::::::ゝl-:-::::::::::::::::―|  |:::::::::::::::::イ`Y´く´
   jゝ::::/  ゝ、::::::::::::::::::::|  |":::::::::::::)'!゙i ̄|ヽ
    \/   / ゝ_;::::::::::::::|  |:::::::::::ソ .| |  |
     Y!i |   l、`く::::::::>-<::::::_ ィ /| |  |
      ヽヽ!\i!l!i j/!ゝ:::{薔}::シ  ,/!!| |  |   ……味方?
          〉K` レ' j  ト/く  ´ ィ i :| |  |
.      rーーー、ー j/! l′ヽj~ ド.! l :| |  |   この わたしに?
     /!   />' l .!'フ 、:r/ | | :| |  |
      rt ` ニく f 〉、j .!< ,ヘ:´ヽゞ | :| |  |
    ヾ::`¨´ソ:/ ,.-" -'ー/:::::\::::`| :| |  |
.    √ヾ:::::::〈 "/!‐'¨ア::::/!:::::ヾ:::\| |  |
   /::::::::::::::::::7`ー¨.ニ/7:/ :::::::::::::::::ヽ|  |
.  /:::::::/::::::::/   j/`:::   :::::::::::::::::::::\:





867 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 22:35:32 ID:9GTG62SE

嫌われてる自覚はあったのかw





866 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 22:35:16 ID:S6azOtvE

この時 宇喜多邸に駆け付けたのは……               _,.-ァ―、
                                  .. -ァ‐ 千/ ´l  / |-、
                                 /   / | l || i{ イ} ヘ ヽ、
  『ざっつぁつぁっつぁ~』                   ,/   _,ハ. ト斗l士トlヽト、ニ} ヽ\
                               }、`三 ハ{トィVr示ミト`  _V リ !| !. l
      『ざっつぁつぁっつぁ~』         _ 小.Y´/   !| `迯j{ `  rミ}イ リ ハ }
                      _ .. ―  ̄ イ /レ/ /   {       叉ソイjノ /′
               .. -‐   ̄      /  //イ /!  |、\   、 _ 个 、
            ,  ´    _. ―    /   // {{ | ハ{ ト{ ー-  - `ハ 、_`ー_、   待たせたわね 三成
             /   _. - ¨         / /  ハヽ|小ーヽ     ,イ、 \_ `
          /  . -      /      , ‐/ rz‐{.   ヽト 、    r‐┬ヘ \ー ´ ̄
       / , - ´ _ _ ― ´     .  ´ / /-  ヽ ー- \_\ /、 \   ̄
     ,/ ,  .. ― . - ´      _.  ´    /.イ    `\     ̄ ̄ ` ー-ミー  ___ .. ィ´      『ざっつぁつぁっつぁ~』
   /' / ̄ . - ´    _.. - ´     ,.ィ' / /     ト`ー、--┬、_ー_-ヽ、  ―=---‐ァ´
. // /   /                // l /      l ` 弋=ミ-、 ヽ.r代‐、ヽ.ー=---‐_´   『ざっつぁつぁっつぁ~』
/ィ/  / /  /        / /   }ノ       ∨   \ `ーミ‐ヾ. ヽ\ヽ  ̄´
//  /  /   /          ,イ /  /         }  ノ  ` ―-、\{!. ト. _リ--z___
/   /  ,/  /            / { l7ヽ _}         /ノイ       \`ヽ!∨ ´  _. --―`ヽ
  /  イ  /′         /  〉、!  リ        /           rー、| l! _.∠ -=、
  / / /   // /        /   / |   ,′         ,′           j'__ {_l-く´_
. l / /   // /         イ    {  !  /           /`ヽ           ー-ァjr'、イ´.. -―`ヽ    じゅべべべべんっ!
  ′l   / l l!      / | l    |  ハ       | /   ト   ,∠ -ィfー‐´┬/ A弋´
 |  |  ,′! .|!      .  | |    | ハ     l  |ハ  ヽ._ ノ.. -‐┴' 了¨ 7 /‐!}ヽ.ヽ--_--__ _
   ! l | !|     l   ! !    ∨       |  |   、  /フ´ /´   | / {  `l \\ ̄ ー ミ`丶
   ヽ.|  l | l    |  | |     /        l   ヽ/           l {  l    !  `ー\ __\
      | | l !     !   ! l!    |          V、  /             |ヽ.  V  「 ̄ ̄ \`ヽ、 `\
       ヽ | l   |    ! ト、  ハ           | 7              l \ ヽ.ヽ ト、_   ヽ.___ヽ、
        ヽ ヽ  ヽ.  ヽ!∨/  |          ∨             |   `ヽ! `ヽ \     `ヽ
           \  \    ヽ   !           |                |       \ \       ← 佐竹義宣
              ` ー--       |         |              |           ヽ \


              二千の兵を従えた常陸国54万石の太守 佐竹義宣だった





869 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 22:36:16 ID:S6azOtvE

     └-i:::::::::::::::::::::::: ,.  '"´     ``ヽ:::::::.: : ヽ、
     __...ノ: : : : : : :,.ィ´   /     ',   ヽ `丶、: : : :ト.、  ,.ィ"ヽ
.     |: : : : : : : :/  ./  /      ',   ',  「: : : : :|:.:.:ヽ: : : : : 〉ニニ、二
      ヽ.ィ: : : :/    /   ,'       l   ', `丶ト、:|:.:.:.:.:.|: : : : :ート、、ヽ
     r‐:':::::::/     ,'  ,'          !   .l i'"´: : |:.:.:.:.:.:!: : : : :_:ハ ',ヽ
.      ',_:、:::/     l   l        |l     ! ',: : : :.|:.:.:.:.:.:|: : : : L_l::', ',r
       ノ:,'     ,'l   |     l  | l !  ! |  `丶; |:.:.:.:.:.::!: : : : : :ハ::ヽ
        /:| |   ,' | ! .!l|    ,'| l l | l ,' ,|. |!´: :.!:.:.:.:.:.,': : : :r ' `¬
     /:::,! |   ..L.',_ト. |',ト   / !./l/├ /¬ ¬、).:: /:.:.:.:./: ::::::::|    |:
      /:::::ハ.ト 、 ! ..l_ヽヽ\、./ l/"´ l/_∠ |  {: : :/:.:.:.:./::::::;:::ノ|    !:
      ヽ|l ',ヽ \ !,/⌒`ヽ  '′  ,/''⌒ヾ |  ,ハr'^,-ヘ':::::::::}::!|   .!:
.        |   ト、ト.{{    }}      {{    }} | | .|/j〈ィ'>》_ノ"!::l !   |:   義宣!
      |    l l.|. ' ` == '////` =='' l ! .|:.ヾ ニフ    !::l |   |:
      |    l l.i                 | | |/      ヽ:| |l    !   来てくれたのね!!
      .|   / |从     i´  ̄`i        l l !         |.!   |
.      .|   / | |_ヽ    ヽ.__ ノ      イl ! !           |.!   |
       |  / / | |_  > .      . <  l l .! !            |.!   |
      l|  /,イ ..l l:.:.:.:.:.:.::.:.:.:` ̄ ̄´:.:.:.:.:../ /::| |           | !   !
       !|_ノ' r":.:.l l:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハィュヘ:.:.:.:.:.:.:/ /:.:::! !ヽ、       .| l   |
    _..'"ィ´  ト、:.:.! .l:.:.:.:/``ヾ.ニンリ:.:.:.:.:/ ':.:.:.:.:| |:.:.:/、        ! !   !
  <._ <.|   ! ∨ ,'_:.:'-:.:.:.:.:.:.:`¬´:.:``:/:.:.:.:.:.:.:.! !;/: : \      ! l   |




           __/ ヽ―― x '\
         __/       \/    ̄ヽ
          /   , / ,'  !       ヽ   ハ__
       /  / | |  | /ヽ  , ヘ.  !   !   ヘ
        |   |  | |  | |,,, 、,, 、,,,|  |   |  i ハ
       ,'|   |  | |  | |      |  |   |  | i| |
       .| !   ! ∧_! -i! !      ! 」_ / / i |
      | ヽ  i| !tニムヱ}」    ム旡ニzx_/  ィ !
       |  ヘ_ハ__|            '¬' |___/j/
       | ( i   |z==ミ      ィ==z|  | |
      .| /│  |      ,        !  ! |    徳川と伊達が結ぼうとしている今
     | | i!   |     __      |  |  !
      │ |  !   |ヽ    `ー'    , イ   !!  |    反徳川の あなたに死なれちゃ
      | | │  !   > 、     , < │  ||   !
      | |  ヽ  |-‐ri|  >‐< |ー- |  リ  │   わたしとしては すっごく困るからね
     .│ | |   ヘ|  |ノ      {   ム‐'´    !
     | | |    |  |       `i  |      |
   ,r‐┴.| |      !  !, -―― --、|  |      |t 、
  / ∨ ヾ| |     |  |イニニニニミ|  |      | | ヘ
  |  ∨ | !     ! ヘ         ノ  !      | |  |


義宣の態度はぞんざいであったが その言葉の裏に隠された友情を三成は確かに感じた





870 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 22:37:16 ID:S6azOtvE

さらに遅れて 上杉家の直江兼続も手勢を率いて参上


                、     ‐;、
             _,..rー' ```ヾヽ`、ノ i,, 、
           i、|` ⌒ヾ 、`、/  ノi ‐'ソ
           ト、/  =`ヽ ///__ ヽ  ̄ヽ
           'ァl! /  、、 i 〃, ‐、 ヽ |‐、ヾ `)
              {i/,ノ  | r=---‐ァ |__{. { 、、 il>′
            {/ ,ノノ !|..:::.  .:')ノ li; } l/ lヽ
           r''v‐'- .,,`_::__,. -‐''iノ 丶`ヽ
              |{i ト 、;::: :::::;>‐<:::::: ;ィ′`''i ヽ, l
           l>,i  l  ̄  ,:::l;:' ̄l |、   ヽ |! |    この度は災難でしたね
          O'ri!l  |   、;/  '/ `O  ,!ノ /
           |\ヽ  -===-‐ /ノ!   く 」'′
           l``ヽ、\  'T'' //!   _ノノ
              |;;|``'〒,ヽ _,/'i'´ |、
          ,. ィ|;;`;;,、_|;;;;;;;;;|||;;;;;| _,.|└;_
      ,.. ィ"i  l ヽ'、 ;;;;;;;:;;;;|||;;;;;;'/;//;;;ヽ、        ← 直江兼続
─-、‐''"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ,` ``'''-、;○/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`''ー-=='''ヽ




                ,z-r-r-r-r-z
               _z^        ^z
              z'          ^z
              |z  /    \  z|
            《~《|z / ,      .ヽ z|》~》
             》|X.|| |ll i i _i i_l | | X|《
             ||:.∧|_||| |_|| |_| |_||/~ |:||    兼続……
             ||:.| 〉〉.‐‐  ‐u‐ノ.〉 |:||
             ||:.| >:>ゝrzaイ<:<   |:||    ありがとう……
             ||./ >_>|_|_|<_<__ノ:||
             |__ ̄`>/ |. \  >:.:.ノ
            <:.:.<´_|_∧_|<:.:<´ ,,_
              ̄ ̄ . ̄´ ` ̄   ̄ ̄


これにより宇喜多邸の防衛人数は3千人を超えることになった





877 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 22:38:25 ID:S6azOtvE

ところで 宇喜多邸への佐竹軍の行軍は大坂に大きな衝撃をもたらした

                          ∧,,∧
                        r(   ´n
                   .      >   ,/    ∧,,∧
   戦だーーーーー        ~'oー、_)     r(   n)
                   .             `/  <_
   戦が始まるぞーーーー            ~'し -一┘
                   .                  ∧,,∧
∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\                 ( ´・ω)
                                   ~、/  っっ
                              ∧,,∧    └ー-、ぅ
                                r、´・ω・))
                  ∧ ,,∧      >  _/´
        n__n        (´・ω・`)    ~'し-一┘
      ∧,, ∧ノ         c'   っ
    c('・ω・`)っ      ~(_,'ーo'


2千の兵卒を目撃した大坂内の民衆がパニック状態に陥ってしまったのだ





880 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 22:39:19 ID:2TLF0bmI

だろうな





885 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 22:40:25 ID:xsM4pFVY

もっと慎重に行動しろよ、若人たち





881 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 22:39:23 ID:S6azOtvE

 早.      /::::l:::l::、:::::、:::::ヽ::、::::::::::::\:::\::::::::ヽヽ::::::ヽ   駄
 .く      /:::!::::i:::!:::ヽ:::ヽ::::::ヽ::ヽ、::::::::::\:::ヽ:::::::ヽヽ::::::',  目
 な    /:l::::!::::ヽ!::ヽ:::::::ヽ:::::::\:::ヽ、::::::::ヽ:::ヽ::::::::!::i:::::::!  だ
 ん   ハ:::l:::::、::::ヽ::::\:::::\:::::::\:::`ヽ、:::ヽ::ヽ:::::!:::!:::::l
 と   /:::::::l::::::!ヽ:ヽ::::、:::::ヽ:::、:\::::: \::::::\::::!::::ヽ:!:::i:::l:l  こ
 か  !:/!:::::!::::::!::ヽ:ヽ{:::\:::ヽ::::\:::\::ヽ:::::::ヽ!:::::::}!::::l::li|   れ
 し  j/:::l:::::!:、:::!::ト、:、:ヽ:::::`ヽ{、::::::\::::\{、::::::::::::::::i::!::l:l !   は
 な    l:i:l::::i::i:、:l::lテ=-、:ヽ、_、::\_,≧ェュ、_、\:::::::::i::li::!::リ   :
 い   !ハト:{:!:i:トN{、ヒ_ラヘ、{ >、{ 'イ ヒ_ラ 》\::l::!:ト!!:l::l!     :
 と     ヽ i、ヽ:ト{、ヾ ̄"´ l!\   `" ̄"´  |::!:l::! j:ll:!
  :      !::、::::i      l             u |:::/lj/l:!リ
  :        ヾト、:!u                 j!/ j|:::リ
          ヾ!    ヽ  ‐       u /イ´lハ/
            }ト.、  -、ー-- 、__      /' !:://
             リl::l゛、  `二¨´    /  |/:/
         rー''"´ト!::i{\       /  / !:/
        / ^ヽ  ヾ!  ヽ _,,、'´    /  j/


佐竹軍の宇喜多邸入りで三成の居場所を捕捉した清正たちだが
このパニックにより大坂内で これ以上の無理な行動がとれなくなる





884 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 22:40:21 ID:S6azOtvE

                _
             | \      /^!
     O         |  ヽ.     /   |  o
             o  ヽ   \  /   j
              \  ノ^Y   /
°        -‐─∠二ニ=≠<  ∠
     , '´  ::::/::::::::::::::/{:::::::::\ }:: \  ゚
    ./:/:::::: /::::::::::/::/ ハ:::l:::::::::::ヾ:::::: \     O
   ///::::::::/:::::`ァ孑/  / Ⅵ::::::::::::::|::::::::::::ヽ
     /::::::: ,':::::/ j/  /    |`ト、_:::::l::::::::::::::: ',  o    うえ~~~ん
 O   /::::::::: |:::/           |::l::::::: ,'::::::::::::::::: i
    ,':::::::::::::Ⅳ ◯        |∧::::/:::::::::::l ::::: |       どうしよ~~~う
   i:::::/:::::::リ / /       ◯ ∨:::::::::::::|::::::::|   C
   |::/! ::::: {. / /       / i l::::::/::::::ハ ::: l
   レ' | :::::: ゝrく rー-‐- 、 j _j /::::/l:::::/ノ::::::|
     l:∧/ '/ /)、`_ー~ー' fヽヽ`Y /|::/:::::∧::|  ← 毛利輝元
     |ハ{.   (∨::`l ¨¨了∧   j'´ |/:::::/ V


だが同時に 毛利輝元ら他の大老・奉行たちも
この恐慌を鎮めるのに手一杯となり 三成の助けまで手が回らなくなってしまった





889 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 22:41:23 ID:eY69cit.

お前が慌ててどうすんだ、五大老ww





894 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 22:42:12 ID:2TLF0bmI

といっても、宇喜多と上杉の家老が三成方についたから無理もない





888 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 22:41:16 ID:S6azOtvE

結果として 石田勢は心強い味方を得たと同時に宇喜多邸で孤立することになった

                  _ __ _
              _,、-ー''´:._,、-:ー`、-、,
            /:.:.:,、-'´:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ:.:.:>'"`:.、
             ,/:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;':.:.:.:.:/::.i/:.:.:.:.:.:.:.:.:\
          ∧∨:./:.:.:./:.:.:;':.:.:.:.:∧ヘ/i:.:.i.:.:.:.i:.:.:.ヽ
          ∧:.|!:.:.!:.:.:.:.!:.:.:.!:.:.:.:.:!´`'"´`i:.:.l:.:.:.:l:.:.:.:';'.,
            }:.::.|i:.:.|:.:.:丁≧|trュi:|    |:.:リ:.:.:.|:.:i:.:.!:.i
         {:.:.:.:|:|:.:|:.:.:|:.i:.:.!i:.:.ハ/j    i≦了7./:.:.i:.:!
         lヘ/ヘハ、:|≦斤乍     /廴レリノ//:ハリ
         ,'i:.ヘ(|:.:.:.:.:.:| `弋少     升仆ヘ/:/.:ノ
        ,':i:.:.:.:l|:|:.:.:.:.:|         ゞ少 /ソノ
        ,':.:|:.:.:.:l!:l:.:.:.:.:.l        ′  /:.l::|     で これからどうする?
        /:.:.:!:.:.:.:.!:l!:.:.:.:!:!、     ´ `   /:.:.|l:l
        /:.:./|:.:.:.:.:!:.i!ヘ:.|i| \      <:.:.//:|
        /:.:/:.:|:.:.:.:.:.:.:i:.:.ヘ   ` ー <|:.リ:|:.:.://i:.|
    < ̄`ヾハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ      ト、ヽ∨|:.//:.:!.:|
   /´  ヽ : : ∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ、_,、-"¨'ーヘ_i:.|/':.:.:.:.':|_
  /     i、: : ::ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\_,、-"゙ー、,∨:.:.:.:.:.:.:.!i`ト、
 イ       ! ',: : :::ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ: : : : : : :i:.:.:.:.:.:.:.:.:|: i ヘ
/ i       i ',: : ::::ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ: : : : : :|::.:.:.:.:.:.:.:.|:.i ヽ



                 ,_
           _,,,_ i、`'iヽtr、 i-、
        .r‐-、,,、ト亥 ''v!ヾ/| !!ノ |'i .)ヽ, ,、
    . r‐亠彡ミ、  ミ|トミミ|ヾ))/ノ ノ ´.''彡}ノ!|
    i´ /// ≡゙、`vi∥| !以´' <ヾ≡ ノノi
    . !, //// (r、、i , ン、/  ヽヾ  ≡三.c,,ノ|.
     ) | |/ 》 )/イ´''''‐-i |iノ iiノ ヾ、ヾ= <<
    .く ! |  |` .|イ{    i!/ノノイ ミミ=---ミζ    このまま睨みあいを続け
    ,、! 彡r,ソ  ト、ri ,, リノソ ト、ミ ミミ≡γ.
  . , ア .t‐'    tテ}゙ '`===-、⊥,,.t三≡彡      どこかから仲裁が入るのを
  //τ''       | 7  ヾr゚‐´´ ̄  i!/´ri.|、| .
  .|!ii|'´       |<..  ´       ' ))!ノ、|      待ちますか?
.. ヾi.!   _ ''r, |、,_        ,, t-‐´ヾ|i
.   `` ,、r-<ヽ, CO、'''''‐ァ    /σ゙'λ!i |
...     i! >, テ=|.ミ三彡'´    /  / ヽiκ
     } ノゝ'`´ .|`''''''  ,、、-‐'''´,、-''    yヘ,
.     ヽ、  .!´-、ミ-t'''i´,,、、-''´_     //υi
.        \    ! . } {  !i'´´i!   /    \
   _,,,,、、、/`'''‐ ,.r‐' ヽ    . /\       \
   | ´'''''''‐‐‐‐‐‐''''r'|  ヽ   /   \      ´





895 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 22:42:23 ID:S6azOtvE

さて 石田三成は 豊臣政権の内政官のトップであるが
槍働きでも「淡路島討伐」「賤ヶ岳の戦い」で功があり
武将としても 忍城ではミソをつけたが 奥州気仙沼方面の鎮定の実績がある


      └-i:::::::::::::::::::::::: ,.  '"´     ``ヽ:::::::.: : ヽ、
      __...ノ: : : : : : :,.ィ´   /     ',   ヽ `丶、: : : :ト.、  ,.ィ"ヽ
 .     |: : : : : : : :/  ./  /      ',   ',  「: : : : :|:.:.:ヽ: : : : : 〉ニニ、二
       ヽ.ィ: : : :/    /   ,'       l   ', `丶ト、:|:.:.:.:.:.|: : : : :ート、、ヽ
      r‐:':::::::/     ,'  ,'          !   .l i'"´: : |:.:.:.:.:.:!: : : : :_:ハ ',ヽ
 .      ',_:、:::/     l   l        |l     ! ',: : : :.|:.:.:.:.:.:|: : : : L_l::', ',r
        ノ:,'     ,'l   |     l  | l !  ! |  `丶; |:.:.:.:.:.::!: : : : : :ハ::ヽ
         /:| |   ,' | ! .!l|    ,'| l l | l ,' ,|. |!´: :.!:.:.:.:.:.,': : : :r ' `¬
      /:::,! |   ..L.',_ト. |',ト   / !./l/├ /¬ ¬、).:: /:.:.:.:./: ::::::::|    |:
       /:::::ハ.ト 、 ! ..l_ヽヽ\、./ l/"´ l/_∠ |  {: : :/:.:.:.:./::::::;:::ノ|    !:
       ヽ|l ',ヽ \ !,イ `` ト  '′   ,イ"´ lヽ  ,ハr'^,-ヘ':::::::::}::!|   .!:
 .        |   ト、ト.`弋..ン        弋..ン ' | .|/j〈ィ'>》_ノ"!::l !   |:
       |    l l.|. ',     、        l  ! .|:.ヾ ニフ   !::l. |   |:   …………
        |   / / | ト、     ,.、     | l| |/      ヽ:| |l    !
 .      |  / / | |_.> 、       _..-.、l l ! !          |.!   |
       l|  /,イ _..l l:.:.:.:.:.:.:`丶、 __..ィ´:.:.:.:.:.,' .,'::| |         | !   !
        !|_ノ' r":.:.l l:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハィュヘ:.:.:.:.:.:.:./ /:.:::! !ヽ、       .| l   |
     _..'"ィ´  ト、:.:.! .l:.:.:.:/``ヾ.ニンリ:.:.:.:.:./ ':.:.:.:.:| |:.:.:/、       ! !   !
   <._ <.|   ! ∨ ,'_:.:'-:.:.:.:.:.:.:`¬´:.:``:./:.:.:.:.:.:.:.! !;/: : \     ! l   |


また「文禄の役」では手勢を率いて渡海し 「碧蹄館の戦い」にも参戦
「幸州山城の戦い」では自ら負傷するまで奮戦している
武運に恵まれず勝率こそ低いものの 三成は戦闘を恐れるような人物ではない





897 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 22:43:29 ID:S6azOtvE

そして今の石田家家中には 前野長泰の娘婿であった舞兵庫
筒井順慶に仕えて「筒井の右近左近」と謳われた島左近……


        >- ' ´ ̄ >‐|:::::::::::::::::::::::::::イ   ノ /            , --― -- 、
     > ' ´    ,,,xxz/::::::::ト:::::::::::::::::::::::/::∨;,//            /}        \
   /     /;;:'´,'´l::::::::::>弋:::::::::::::::/::::::::::i 〉            / /        ト、
  , '        , ' / ,'  ゙x:::::::::ゝニ二ニソ::::;;::::ノ./            ./ /         l \
/     ,,,/ , '   ,   \_::::::::::::::I´∨〈`v'ヽ            / /  ,-、   r;;;ヽ  |  \
   ,,,.-‐´ , '  _{_    '''''====ゝ 丶ヘ \l            i  l , イ;;;ノ   iト;;;ノ\ト、  \
_,,,, - ‐ ' ´   , '  ,イ `ヽ、       ヽ ヾl、_!            |  |(  /  ,、 ヾヽ_ノノ| \   ヽ
           シ  ト-、       ,- \ \゛、          ! ハ  ̄ , Y  ,`ー' |  ヽ、_)
           ,'   ゞ_〉、       /〉 、`"ー  Y          {_ノ ゙、   `TTT"   ノ
          ィ'      `';.     'ワ"、 ̄`  " l             人____ `ー' , - ァ<
         _ゝ      ..    / イ;ト<-    l            /,, -ー 、  , -‐ 、
          _゛ニ_‐-   "゛   `´  l`   _}           (   , -‐ '"     )
          >'´::"゙ッ、  ヾ__ノ' ==キ{、   _L、          `;ー" ` ー- -ー;'"
         /:::::::::::/::::| テx,,ノゝ- ,,,,,='´:::::∧__  ソ ト          l          l
     , - '  : : : :::/::::::| l 一` サ゛´ー〉::::::::/k_//::::\        |          |
, - ' ´  . . : : :::::::::l:::::::::l `―'´! l>-' 〉:::::ゝー...'..´::::::::::::::        i          i
ヽ  . . : : : : ::::::::::::::l:::::::::::l ,'   //  /::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::        ',     i!     ,'
.|::::::::::::::::::::::::::::::::::::、::::::::∨ ,l_/ レ-‐./:::::::::::::::::\::::::::::::::::::         ',    i!     ,'
 〉:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::∨_l 〈 7/:::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::         ',    i!    ,'
./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::〉 l  〉 /::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::          ',   i!   ,'





900 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 22:44:16 ID:S6azOtvE

蒲生真令・蒲生郷舎ら 元蒲生家の狂戦士たち……


                                           ,. -.:'':":~: ̄:¬ー- ,,_
        _. ‐' " ´  ̄ 二‐ 、         .....       _,,,....... -┘: : : : :‐:=.ニ二_⌒ ' ーヽ、
       /_      (:::::::ヽ ヽ        ......     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ー-、   `
     / /:::::::l   ,  ノ::::/   ヽ             /,:,:,:,:,:,:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : .`ー、
      !  >、_└、} { =ァタ⌒))‐  ヘ       .....   /.;.;.;.;.;.;.;.;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:l,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .ヽ:.ヽ
     l! -((_└'> ⌒ '^‐━'´    レヘ    ......  /.;.;.;.;.;.;.;.;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,ィミ、イ l.:.!l:.:.:.l:.:.:.:.:.:.: : . ヽ:.ヽ
    _l!     ̄イ_  -      -_  lヘ !    ...  /.;.;.;.;.,/=V.:.:.:.:.:,イ/叉`ヽ/イ !:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :. lヾ:、
   / オ =    ___-― ‐‐- 、__,、   lノ /    .... /.;.;.;.;.;.ll / /.:.:.:.:./ -_  >へ ノイ:.:.:.;リ.:.:.:.:.:.:.:.:. l ヽ
   !f/ - ←_二_, -~⌒T_ー-'|    !イ     .../.;.;.;.;.;.;.;.l! V{:.:.:.:.:.'ー-z       V/イ.:.:.:.:.:.:.: !.:.l   !
    !| _  ヽ-┘    __ └-1   !l |l     ..,:,:,:,:,:,:,:/`7オ-―¬ ̄    __ ,ィ___/.:.:.:.:.:.:. ハ:.:!
    !i _   ヽ┘/´` ´  ヽ _l   〃 !l      ..;.;ィ;.;.:/  / |‐_     _   /-‐テ.:.:.:.:.:.:. / !:.:!
     ト、 -__ 「ヽL_ - -‐ ┴'ノ __/イ_lL_     / |:.:/  /ミ ト、-      ,,,__`/  /.:.:.:.:.:. / /:/
    ll ヽ、__,ゝ.-.-.‐.‐.…:'': ̄: : : : : : : : : : ̄:   .\!{   l ミ   >、      /  /.:.:.:.:. ; '  〃
__,, - .┸''  ̄: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :   \ \ l ミ     >- ,,,___/  /.:.:.: / /
|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :           ......  \ \     ,く\      ノ:.: /

       ↑ 蒲生真令                      ↑ 蒲生郷舎





904 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 22:45:16 ID:S6azOtvE

さらには やる夫の元配下として朝鮮で名を上げた曽根高光 林半介や小幡信世のような生え抜きの命知らずの若者たちと
豪の者が揃っているのである
                                                                   ,. -- 、
                                                                 /    \
                              /::::::::::::::::::...:::::.:.. ..:::      : :.    :. :.:.::::::::\.|          ,. --l、_,. - ―-、
             __t─-v-─ァ__        7::::::::::::::::::/:::::::::::::::::.:.:: .:    :.:.: :.:.:.:.:. .: ::::::::::::::::ド         /    !      \
            <:::::::::::::::::::::::::::::::>      |:::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::.:::.:.:.: : : .::::::::::::::::::::.:::.:::::::::::ヘ        /:.    |   :   .   ヽ
          <´:::z-r─--v、:::::::::>      l;:::::::::::::/::::::::::::::,.イ:::/::::::::::::.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|ヾ      /:::::.:: :. . .:. |: : .. :::.:. :. :. ::.:ヘ
           く:::::{  |    }ハ::}:::::〉      l:::::::::::::|::::::::::/ !/|:::::::::::::::::::::::::::::/|::/\:::|::::l::::::!      /::::::/:. :.::::.::.::::.l|::::::.:.:::::::::. :. ::.:::::ヘ
      ,...:::' ̄ヾ<::::i  ィ=z  z=く 〉:::>      |::::::::::::|/|/r=≧ト、!;ハ::::::::::/:::,.イ/,z≦=ァハl∨:ト、| |     /::::::/:::::/::::,.イ::/|:::∧:::::|\::.::.::::::::|ハ
   ,...::::´::::::::::::::::::V:::レ´ !       `!::/       |/\:/:::.:.:ヘ.ヽ {_9jヽ|::::,.イ/_,.イ9_} //.::.: ::lハ  '     /:::::::l:::::/l∠__l/ !/  \!--ヽ::::::::::!:ハ
  /:::::::::::::::::::::::::::::::}rj ≡≡   ≡≡|<          |:::::::::::::ヽミー一 !/ l  ,rミー一彡'::::::::.::::!      /:::::::::l::::ハ:!_,r==ミ   イァ=ミ、_ハ',:::::!:::ハ
. 〈:::::::::::::::::::::::::_::z-┤ u '''  i   '' |ノ          人:::|:::::::::::ヽ.      |::     7::::::::::::::人     /:::::::::::|:∧ハヽ_f心,::::::::::::、f心_//}ハ:::l:::::∧
  ヽ:::::::::::::::::ス_r- 、`¨l、  、__   ノ            ヾ\::|::lヘ|    _`___    7:::::,.ィ/      /:::::::::::::l:|:::::`ヘ.  ̄   '   ̄ /'´:::!::!::::::::ヘ
   ヽ:::::::::::::::::::ヾ:::::`ー-{ヽー--‐ イ_..:-─::.、         ,r‐ヾ!|\  〈{ー‐一'}〉 /|/       ∠ イ:/ヘリ::l::,.ヘ::`ト 、  -   , イ:::::::;、|::|::l、_::::ヘ
    \:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ-{チ-<::::::::::::::::l        ̄ ̄`Y´l |、 丶. `ー一'´/  ハ\         ´    ヽリ  ヽNヽ|` ー '´|イ/|/ |∧|   ̄`
     \:::::::::::::::::::\:::::::::::|o::::::::::::::::::::::l::l         \| V:::`::ー-` ニニ ´--‐/、|  ヽ.           ,. --,.----‐┘   /!、
       \::::::::::::::::::ヽ::::::::|::::::::::::::::::::::::l::l            !  ヽ:::::::::::::::::::::::::::://:::::|    ヽ      __/ |/   ` ̄`ヽ ,. ‐-\
.          入::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::l:〈            j    マー-- 、:::::::::::::::::::::;:!         _/∠ィ^〈  l               ̄`ヽ- 、

          ↑ 曽根高光                    ↑ 林半介                     ↑ 小幡信世





909 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 22:46:30 ID:3pjDl136

曽根さん辺りは内心複雑だろうにw





908 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 22:46:26 ID:S6azOtvE

なにより一日中を狩りたてられた三成は逆上しつつあった


  「`ー'′/    /   ヽ、 \ \  ヽl}::.:)、 \
  l_,ィ  / /   l      l 、  l `、 {:|}く\ヽ/
  ノ  ,′ !    {      | l|   |   l ):|} ノ|:「´
.  ヽ∧| , |   | l      | l|  |  l| {:|!::)|:|
   |::l| | |  l  、    | l | _,厶| j| {::|}::} |」      秀家殿……
   l:::| `、!|   \ ヽ、 |,.イ,斗予 | |{K!j |
   〈:;小、ヽヽ、T,Zニミヽj:::::^ヾrシ | |ァ1 |      それに義宣 兼続……
    |  \ヽN {ヾtク :::::::::::     | ト |_|  |
.   |  |   l \    `-   /!| |::..::.`:┴-、    三家は ここで手を引いて欲しいのだわ
.     |  |  |  | > 、 __ /::..::|| |::..::..::..::..::..:ト、
    |  j  /|  l/::..::..::..::..rクニミ::../| |::..::..::..::..::./::..`ヽ、
.   l   ! //l  l::..::..::..::/;ハミZシ//| |::..::..::..::..:/::..::.`ー┴―-ォ
   j   レ'∧! ,'::..::..::.〃::..::..::.レ'/::| |::..::..::..::r'::..::..::..::..::..::..::/::|
   /  / / /| ハ::..::..::..::..::..::. /l ト、| |::..::..::..::{ー-::.ハ::..::..:: /::..|
.  /  / |{::.| ||::.\::..::..::..::../::.| l::.| |::..::..::./::..::..::/::..\::./:ヽ:j




         __ . -―-、____
            ア          `ヽ_
            //    / (/^     \
.           | |  / /|     ヽ   \ 丶ヽ
.           レ|l ∧\_l∧  , |ヽ _│  l l
           ∧ :|{/迄rトハ 、j斗泛ト/|  l |      な! 何を言い出すのよ!?
          ノ :|ヽ| 戈ソ ノノ 弋ソ_ 彳 │ |
.      /  リ j/// ' //// /  / 八
.      / //  {   r~‐ '⌒ヽ u/  ∧  ヽ、 _
   /  ./ /   \. `ー─ ---' /  / ヽ      \
  (_  ヽ〈    ∨>,、_   -r<'  /   ヾ      }
     )  ハ    マ{ xヘ/ ̄/  {\__   }     /
   /  ん-ヘ   ヽ//⌒ヽ,/    ∨:::::} ノ   /
  /    {::::::::: 〉   ∧    /{.     \:::\   {
/     }:::::/   /:::::\-/:::ヽ       \〈     ̄ `ヽ、
.       {/     /::::=-:::Y::::-=ニヘ      \        ヽ
     /    /::::::::::::::∧ ::::::::::::::\       ヽ        }





913 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 22:47:23 ID:S6azOtvE

  ヽヽ「く´r}-;. :../:::::::/.: .: .: .: .:;-┘.: .: .:j´
    /ハ_/!r'.: .::!::::::::l.: .: .: .:_.:」  ヽ.:」┘
   〈,/  l| l 〕.: .:}::::::/.: .:rソ´! l |  Y
    l  /| l└i::」:;::/.: .:_」l:  |  l l |
   / ハ.|」  〈{zチ}:ツl| l外、l | l l|
    ! l ハ ヽ  Y:::|'|: | ! }ト,ミ トヽ!ノjノイ       新大老となった前田利長殿は
   / l / \ ヽ l::::i|: l |::::ゞ'^ 〈
   ! /j  _「_ ̄¨ヽ:l: |」! rァ/           清正たちの所業を私闘と断じたわ……
  .! |/  ノ:. ::::: :. :.`ヽ、 ̄ ¨フ、     _,.ィ_
  /| | /.: .: .: ,:: .: .: .: .: \:::K }    ///厶    ならば わたしも これを私闘として受けて立つ!
  !,' l!.: .: ./:: ,: .:l .:l .: .:ヽ.: .:ヽ!」! ,ノ r' T_,ヘ'´
/| :l|:. :/:. ,::::::::l.: .: .: .::|::::. :. :. ̄´}.:. :._:. :.」
 ̄l l |:::::: .: .; ::::::::ヽ .: .: .: ヽ::::. :. :. :j.: .: .:`ヽ〉
:::::| l |.: .: .: .|:::::::::/.: .: .:'::::.、:'´「--‐'.: .: .:::j:┘
ー| l l'´「 ¨ーt:'´ ̄`ヽ::___ソ.: .:j.: .: .:/




                、     ‐;、
             _,..rー' ```ヾヽ`、ノ i,, 、
           i、|` ⌒ヾ 、`、/  ノi ‐'ソ
           ト、/  =`ヽ ///__ ヽ  ̄ヽ
           'ァl! /  、、 i 〃, ‐、 ヽ |‐、ヾ `)
              {i/,ノ  | r=---‐ァ |__{. { 、、 il>′
            {/ ,ノノ !|..:::.  .:')ノ li; } l/ lヽ
           r''v‐'- .,,`_::__,. -‐''iノ 丶`ヽ
              |{i ト 、;::: :::::;>‐<:::::: ;ィ′`''i ヽ, l
           l>,i  l  ̄  ,:::l;:' ̄l |、   ヽ |! |
          O'ri!l  |   、;/  '/ `O  ,!ノ /    なるほど
           |\ヽ  -===-‐ /ノ!   く 」'′
           l``ヽ、\  'T'' //!   _ノノ      それでは……
              |;;|``'〒,ヽ _,/'i'´ |、
          ,. ィ|;;`;;,、_|;;;;;;;;;|||;;;;;| _,.|└;_
      ,.. ィ"i  l ヽ'、 ;;;;;;;:;;;;|||;;;;;;'/;//;;;ヽ、
─-、‐''"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ,` ``'''-、;○/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`''ー-=='''ヽ、





917 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 22:48:16 ID:S6azOtvE

\            ・ ・ ・ ・ ・ ・        /
<  まずは伏見の わたしの屋敷に戻る! >
<                           .>
<     勝負は そこからなのだわ!    >
<                           .>
/∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\

    !    !            |  ヽ  l  /  ! !
    l    l、         lヽ  !  !/ l /-┼┐
、   l    !ヽ           ! ! //l/! /   ! //
l \ 、!\ | l\      / l/!/- 、l/   ! /l
|l _\!≧‐- 人_ノ 、  ヽ _/_//! r三、ヽ  l/::::!
、\  〃r三、ヽ\::::\_/.::::::/  ヽゞ=’ノ〃::::::::::j/
ヽヽ  ヽ ゞ=’ ノ ..::::::::::::::::::::::::::::::<´三彡"
 !\  `三三 彡:::::::::! :::::::::: _
 ヽ、ヽ  ̄ ̄    ヽ  /  l ヽ、      /
 ̄ ハ        /´/ ̄    jノ ヽ       /\
// l       /\!          !    /.::::::::
. /l ト、       !              /    /.:::::::::::
/:::! !:::::ヽ、    ヽ           /  /.::::::::::::::


閏3月4日 夜明け前
三成と石田勢は宇喜多邸を出立し 伏見に向かった





902 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 22:44:33 ID:2TLF0bmI

石田家はガチで武闘派だから困る





912 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 22:47:12 ID:0ucMYuuk

増田家の槍の勘兵衛は風流に目覚めたりと内政官として成長してるのに
石田家は武闘派のままかw





919 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 22:49:16 ID:S6azOtvE

三成の伏見行きには佐竹家の二千が そのまま護衛についた

                   , -...、
              r- 、..--/::::::::::丶,.__
           _,.イ:::::::::::::V :::::::::::::::::::::::` 、
          r:::::::::::::::::::: ,.ヘ::/ヽ.:::::::::::::::::::::::ヽ.
          ノ::::|:::::::::| ::::::l::ヾ/:::丶:::::::: |::::ヽ:::::ヽ
           ,イ:::::::|:::::::::| :::::::トr'` "´|:::::::::ハ:::!|:::::l:::l
.         l::|:::::::|:::::::::ゝ::::::|    |:l::::::l| |::!|:::::|:::l
           | ! :::::|:|:::|::::ハ:::::|    |ィ!ニリ=j、レィ:r┘
          l !::l::::N:::ハ:::ィ!ニjlゞ     , ,.==..、 l:: |:: |
          ヽ::|:::::ゝ:〆           ヒf::j ' l::::l::: |     伏見までは
         |ゞ`--ハ    ___      ー'   l::::|::: |
         |:::|:::::::::ハ '" ̄     、     リ::ハ::: |     わたしが無事に連れて行ってあげるわ
         l::::|:::::::::ハ      -  '    イ:::::::|ハ::|
         l:::ハ::::::::::l:::lヘ.          .イ:::|:::::::!:::|::',
         |:::::∧::::::|:::|:::::ヘ   .. __ /l::l::::!::::ノ::: |:::ヘ
         ' :::::|::::ゝ:::|::ハ|::| / |      Ll ::レイ :::::|::::::::ヽ
        /:_:rイ::/::::`:::::: //__      / l:::::/:::::::::|ヽ__ _::\
        /:/│|/::::::::::::: ,'/_,. --- 、-‐/ /:::/ ::::::::: |/ / /´ヽ
        /: ' l .' :::::::::::: l l === ==/ /:::/ ::::::::: |./ /    ',
.       /::::|. │| ::::: :::::::::|      / /:::::::::::::::::::::,'  /  __|__
      /::::: |. |│::: l ::::::::|  rt 、 / /::::::::::::::::::::ノ  / r' ´ 三三 j





925 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 22:50:16 ID:S6azOtvE

これに気付いた清正たちは 直ちに追尾を開始する


\                                            /
<          ちくしょうめ! 逃がしてなるものか!!        >
<                                            >
/∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\

  }:.|.:.:{{:.:.:| :.:.:.:|:ヽ.:.:.ヽ.:.:.i.:.:.| \:.:.:.:..レ \:.:.`ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:\\.:.:.:、:.:.:.
  |.:|:.:.|:.:.:.:i.:.:.:.:ト、:.\:.:}:.:.i|:.:.| ,イ:ト、:.:.:.レ'"´\.:.:ト、∨7.:.:.:.:.:.:.:.:.:\\:.:.:.:.\\:.:.::.:.
  |:.|.:.:l:.:.:.:{l:.::.:.:l:.:.\:' ,l:.:.}}.:.レ:/}:i∧.:.:i    }.:.i 〉∧`ー、.:.:.:`ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`、:.:.
  l: |:.:.l:.:.:.:.|.:.:.:.:l:.:.:.:.:\\}l:.レ' i/ ∧:i  ○ ',:レ'//}.:.:.∧ヽ:.:.:}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
  ',:.:.:.:.{:.:.:.:|、:.:.:.l:.:.:.:\:.\ヽ} ム」i }}     ,i:.イ  i:.:./ }:.:.\.:.:.:.:.}:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
  l:.:.:.:.i:.:.:.:} }.:.:.ト、:.:.:.:.\:.\.戈≦二il二 '"´ }/   //   l:.:.:.:.:.:.:.:.∧.:.:.ト、:.:.:.:.:.:.:.
   l:.:.:.:.i.:.:.:|:.l .:.L三- :.:.:\{\\  |        /    |:.:.:.:.:.i.:./ }:.:.:| ヽ:.:.:.:.:.
    l..:.:.:' ,:.:l.:.l:.:l{  ひ 、',:.:.\                   リ}:.:./}/  ',.:.:l  i:.:.:.:.:.:.
   |.:∧.:.\ヾ:.:「二ア  }へヘ\               |:./     i:.|  }:.:.:.:.:.:
   |/ l:.:ト、:ヽ.:.{ ∨  i                   |/      }} /:.:.:.:.:.:.
      l:{ }:.ト、:∨     `ヽ                      i /:.:.:.:.:.:.:.
      | i.{ ∨     _                       ムヘ:..:.:.:.:
         |  \   '"´                          /   }:.:.:.:.
            レ'`ー-、        , -― ¬ムー 、           /三 /:.:.:.:.:
             \  、- '"´ ̄ x―へ ノ\ r〉        /三 / 7:./
               \ 辷x‐十'                    /三   /イ
                ヽ L__                /三


また 清正たちも これまでの時間を無駄に費やしたわけではなかった





929 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 22:51:44 ID:S6azOtvE

清正たちは この間にも着実に賛同者を増やしていた


  / ̄\   _ __
     _ V´      `ヽ、
   /    ヽ. \    \
  / / // / /|  l     ヾ7ヽ、
  レ{ / l| ! l l|  |_   ヽ }Y7、
   V { 「Tナトt|  |__ _ ̄  ー }ソヽ   三成を殺るというのなら
   _ノ` フハTヽ |   |ー- ニ = }人ノ
   ヽ   ̄ ´ |  |へー‐= -ノンY    わたしにも一枚かませろ
    }ヽ      |  |ソノニ二ンート'
    !     |  |´-ニ ベー'_
    `ー┬┐  |!  |ニ´不ヽ、\\___
      レ上.ニ|ト、 |イ´ |_ \\ \_フ_ ___ ,
       7/  リ ソ L_   ̄ \\_/ー-- ―┴ァ
     / ̄` ¬  lL   ̄}_   ` ー― ‐ -- ―'
     r〈_ <フ/  `う)   L_
   /    ̄TY    ヾ、   ヽ    ← 蜂須賀家政




      l. :.:.:.:./:.:.:./: :.// :/:.:. :.:.:./:.///l:.:.:.:.| :.:.: .:.:.:.l
      ': .:.:.:/:.:.:./ .:.// :/|:.:. :.:./:.////|:.:.:.:.| :.: .|:.:.:.|
      ノ:l:.l:./ :.:.:/: // :/| l:. :.:./:.//// |i:.:.:.| : .:.|:.:|:l
     //|.|:.| :.:.l:./A|:./l:| |: .:/:.////_..-|l:.:.:l :.:.:.l:.:.|:|
    .ノ´ l:|:.| :.:.:.|r=rz|l、リ、| ./:.////_,r==ミ} .:.:.ノ:.:.|:|   これが家康殿のためになるというのなら
       |l|:.lri.:.:.',仆-´ィ ミ.l:,':///_,イシ-イ フ:.:./.l:..:.:lヽ
       i!|:.|',|.:.:.ヽ`¬ '´ リ i}/´  ` =‐7:.:.//:|:.:.l|    俺も協力しよう
       ヽl|{ヽヽヽ     i!      //l´|:.lヽl
         ヽ l:.l\    _`_   /イ:|:.l:l|:.l `
           }/|:.:.|\  ─- ` ,イ:.|:./l:.||l `ー
          / l /_| `丶、 , '  |/|l| |:{ `
           /´ {ニニrニニニニ}ニニ} `ー
             |∧: :| |: : : : | |: ∧:|
           __ノ))(,-.| |: : : : | |,-)( |
   _ -─= ̄. : : 孑.| |: : : : | |(卅)\     ← 藤堂高虎
─´: : : : : : : : : : : : : : :卞: : :| |: : : : | |: 干: : :  ̄: :`:




     /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::;;ィ"ッ/ノノノ ゙i:::::::::l
    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::/::;ィ:/~ ⌒ノ ノノ   l:::::::::l
    /ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::/'´  `´          i':::::::::ji
    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::/ -‐-_,,,,___          i:::::i::ノ
     {;;;;;;;;;;;;;_;;;;;;;::i_,,-‐l ̄   `'t-__' ,,,___-‐- i:::ノ'´
    l;;;;;;;;;/ ヽ;;:i   i     ノ  {    ゙̄l
    ヽ;;;;;;l i ) V    `'‐--─"   l、__  ,ノ、    高虎が参加するのなら
     \ヽ ゝゝ          ,  〉  ̄ }ノ
       ヽ\     ,          /ノ      わたしも参加する
        \ト-i     `''‐- 、,,,_    /‐'
         l ヽ       _  ̄ ノ
         l゙  ゙i           /
        _,l    ヽ         /
      ,r'´ .l ,r‐- 、,_`'‐-─-- ,,_,,ィl` >
 _   \ l/r'     ̄``'''─--─'´ノ-、    ← 脇坂安治
´ _,,二ニニ=-、______,,,,,--‐ッ‐'  ``‐、,,_


この「石田三成襲撃事件」は「七将襲撃」と表現されることが多いが
実際に参加した武将は七人より多い





931 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 22:52:22 ID:ijbVMOFo

ムスカ、てめえw





932 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 22:52:29 ID:2w3fS.q2

相変わらず高虎の金魚の糞w





934 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 22:52:43 ID:RsVOPwBs

脇坂さんはブレてないというか
ブレすぎて安定してるというか





938 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 22:53:05 ID:NtBjBok6

しかし、間違ってはいないwww





944 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 22:54:24 ID:S6azOtvE

後に「慶長記」あるいは「慶長年中朴斎記」と称せられる板坂朴斎の覚えには
この事件を次のように紹介している

               _   _,
            ___,> Y´'ー-、
           _>z二_ ___`ー≧__
           >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
          /        ヽ `Y′之>    『朝鮮での遺恨により石田三成が七人衆の襲撃を受けました』
         ./  ,  l、 、 , 、 |  ヽ } ___
         l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ| ┬‐┘   『襲ったメンバーは 加藤清正 黒田長政 細川忠興』
        n ハ |(●) (●) / / /´冫
        | |  .`|   ヽ    「)'/  ./       『脇坂安治 福島正則 浅野幸長 加藤嘉明です』
        }rヘ.  ヽ、_  ―  _,イ   /
        〔 )ヽ--‐ ァ! ̄, 人   /
         Y    / ` ┴'´ \_/
          `‐─‐{      ノ |
                 ヽ      ´ ̄ ̄ ̄刀
                }         丁 (
                 /       r‐t‐ヘ/
             /      ノ ノ\)
               `ト‐ァ--‐'´ ̄
             L/


ところが襲撃に加わったメンバーは他の史料によると人数こそ七人と固定されているが
共通するメンバーは 加藤清正 福島正則 黒田長政 細川忠興、浅野幸長の5人で
後の二人はまちまちとなっている
これは 「七」という数合わせの意味があったのかもしれない





946 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 22:55:00 ID:iRGkdb82

あー、だから清正と正則以外の七将の面子がばらつきがあるのか





936 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 22:52:46 ID:pScs.xtE

いくらなんでも嫌われたら問題ある家ばかりに嫌われすぎだろw





947 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 22:55:20 ID:S6azOtvE

また朴斎の「慶長記」には もうひとつの記録がなされている


       、-ー'`Y <,___
   __≦ー`___ _二z<_        『追われた石田三成は』
    > 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<
  <之′Y´/        \       『治部少西丸の向いの曲廊の屋敷に参着しました』……っと
    >{  ,'  | 、 , ,.  ,.l  ,  ゙i
    | !、{  | 寸寸T ハT7} ィ,l     o
    ′Ji, ゙i ゙i ( ●)  (●)|ハ|   /
     i⌒ヽ'(1. '''  _'  ''' ノ川/⌒)
.      ヽ  ヽx>、(_.ノ__,イ l |::::ヽ/____E[]ヨ___________
      ∧_人lハ:::::l,三|:::/l|_::::ハ
      |\    ̄ヽ⌒ヽ⌒ヽ   \
      |\\    ⌒  ⌒   甘 \
      |  \| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|´


三成の屋敷は伏見内に三つほどあったが そのひとつは治部少丸の向いの曲廊
すなわち……





953 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 22:56:16 ID:S6azOtvE


    ─────── 伏見城内にあったのだ ──────


                       }k
                       ノ;'l{
                     _ノ;人'、
                }、、__,. -'',r'/p、ヾ、
               ,}”ー--、."ニー--゙'ゝ ゙'‐、__,、ャ,
              ,、 /;;,rlT=イ__~ ̄~^~^''ー‐---、.y"
             ,irこ;;;},|i ||  ~||~゙ ''l!tー-n-;t{;/
             ,j r'i!_、_}-二 ニニ゛‐-,k!i、,、、」|__,|トッ
           、_ ヤ{/iコ};,^;;,,,;;;,‐,-,=ノ,ム=_-__ーネ{´,
           ,};コニニ/7r'|”~,__,゛,/ノ 。 \~^~^”””'ヤ
           i!;;;;;;;;;;;、i!__| ,i-!;'"/,r'^v^‐、\iコ~|レ=i、
         ,}`ー';;;;;;;;;;;;;;;}r‐''”_,.-''/ [iillIII}}}] 、゛\i!、;;;;i、
        /,Eャッririririrnm;y、^,、ニニ ー_ー‐-ー' ゛\,;;;i{、_     ,.ィ
        /,r"=|、__    ̄~””””””'''''''ー,rk':;firiririnnm;y^~三ニ;:ニ'}
       ,/,r"=/|::::.. ̄~゛゛``''';::::::::::::ー‐,ノ,ム-.,, 、.、.゛,.___゛~^~゛^i;/
     ,、 /,r"=/,;l,,,::::i::::|iillIIIIIIIIII|||:::::;7/,r' ``i、:::.iヘ::::::::. ̄~''''''':|
.    ォ}仁二Vェ^仁 ̄~"""゛””””''ー/,r'" .,・、 `\[iillIIIII|||]:::::::::::|  ,
    i!;;;;;;;;;;;/イ'^トー‐-ニニ二、こ,.-'" ,r' ,.-ー{  }ー、`、\"^"^"^"^゛''ー'}
    ,il;;;;;;;;;;;;;:^^i'|::::::::::::... ,. -''"_, -'/―‐‐`´ ―`i、゛、\゛^゛""ー'r/
    i l;;;;;;;;;;;;;;;;;;,'|::::i,,. -''^_,,.-''′/' ,;iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiilllll `i、` 、゙-、:::::::::|;it======r'7
 _r,=ーヲー",,:;;;;;;'7rイ~,. -'''~,._-_''~´..::::::|iillIIIIIIIIII|||||||||}.:::::゙'‐、 ` 、゙''-、:|;;;`i、;;;;;;;;;;;;~ヽ、
 〕{ュョiririririrm;;;;;~_,n、 ̄__二;;;,,  ̄~゛゛゛'''''',,;;;;;;;;;ー―‐---`ゝ、` -、~ヾ,,;;ヽ、;、;,._;;_;;_,,'‐、
../,r'ーl~~~^~_,.,r'%%r===%%''ュ.,_"‐^"‐''=fhifhicifcifriririririyr'g'y'ng'y''ngmgigpmgwwiV} `''‐、._
/,r'=r|::::::::,r7=-ー''^`ー"^ -、_=フ:::::::::::: ..................._________    ~"””””””””””””|”””riririririnfzmir'7
ゞ゛ヾ゛;:"゛ゞ"'';;,r';";;ヾ、:::::::::|::::::i####lllllllllllliiiiii;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ̄ "''''' ::::::::::::::::::::::::::::|”””””””ヽ、””””"
ヾ、ハ,;;^",,;;;;;,r''^"::;''"",r'::::::::|、::::||iiiiilllllllllIIIIIIIIII||||||||||||||||||||:::::::::::|llllliii|::::::::::::::::::::::|^~^~^~'i~"
ヾゞ,、;:,,y''''7''""""'';;'':::::::::::::|;;`ヽ;、 _,、::;;;;;”””””””””””'''''''''..::;;;::::;!!!!!iil::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::|
::ヾ、,,;;;ハ;''"""'''';;::''"""''r,、hhhhhhm}{メfタfタfチfツfヨfヨfヨfヨfモfヨfルfルffルfル%%$%$%$$ユ:::::::::::|
''"゛;;;;:::"''',,《;;;;''ヾ、,;""~~^~^~^~^~|^`‐'___`ー'___`ー'__`'ー' ``ー' ``ー' ``ー' ``ー'`-ー'"::::::::::::::|
ヾ;;;,,ゞ,r'"";;,," .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|~^r'_ノ`i~,k'_~T"v~「^j,Tニソニi`ウニ{''T;ニj7{ヘ""""""""
;;'ヾ,r";r'ヾ'";:" ;;;;;;;;;i:::::::::::::::::::::::::::::|´)、_}ーv'´ヽ^{~フ~v_~ゝく,ノ~i´_K´メv_~Kトー{_{、ヽ、j、_}~ス、
;;;''ゞ;;;,i^'',、lll||||||||||||:::::::::::::::::::::::::::::|r'_ノ`i~,k'_~T"v~「^j,´)、_}ーv'ケ^~v__ゝ;く,ノ~i_jヘヽv~「^j´)、
;;',;ヾ;ヾ;、;;;'''゛iil||||||||l::::::::::::::::::::::::::::;|シ、_}~ス、く,ノ~i´_K´ナv^ーヌ_ヽ^{~フv7_,r`}フ~vレン、ヽフv_,r`}ヽ





19 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 23:06:26 ID:a6unNiWI

私闘に伏見城使うなw





950 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 22:55:53 ID:sYBvhvEo

雪だるま式に派手になっていくw





13 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 23:04:20 ID:S6azOtvE

さて本来は秀頼の城である伏見城は
五奉行が月毎の当番制で城代となっていたが
閏3月4日のこの日は 先月に引き続き前田玄以が入城していた


                _,. -―- 、
              ,.「^ 、     `ヽ
                ハ  ヽ \ ,ィ⌒ー⌒ト、         、
.           ,.--/ / ::∧、 〔 {  {薔}、ヽi        ',
           /   | i ::/  `ヽ、\/,ヘに!/ス_, -- 、   .:.:.}    替わりの当番が来ないのかしら
         {   i ゞ!::/ _ノ  、_ーLrー/ノl    ヽ. :.:.:/
          ヽ._>仁ニ! ==   ==`ヾト ヽ     }.:.:.:/     何をやっているのかしら
    __ --ニニヾく ! ヽ! ""  i   ""_, -ソ、 .|    |:.:./
 ≦"´_    ` シ‐i.入  こ二 r‐「,.―'⌒ー’ } __,ノノ
 -ァ、フヘ`ヽ    /   テ´ ` ー‐ノ}==-、__  .:.:.:ヾ´
// i 〈 「ヽノヽ./       _//^ー^ー'`ヾ \.:.:.:.:ヽ
`ヘノ__}-^ーv'′      < と.{ i / / / >'1、.:.:.:.:.:>
                `ー' ヽ廴{_ノノー-〉.}斗'´
                        `^ー' `´





17 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 23:05:43 ID:S6azOtvE

そこに佐竹勢と共に三成と石田勢がやって来た


\                        /
<   開門! 開門するのだわ!!   >
<                        >
/∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\

       r-':、 ̄ ̄ ¨ ヽ   ___
    , - '  : :.l      \/   ´ ̄ヽ
    {     : ::ーヵ      |::\    |
    〕   : :.:./ └i:: . .   ヽ:::.∨   ヽ
    └i  : .:/     └t.:..   ',::::|:. .   」、
     {  .:/  /    l  }::.   l::::|:. . r┘ :|
      ヽ.;/ / l |   l / ゝ-、:. !::l::  /l l :|
     〔_:|l | :l l   .:l ,.:i| _ト|  T |:l: 「 l | :!
       |l/! |!\ イ!ィi´:::|.レ'| |l l:|: 」 八 l|
       l| ヽlト rヵl   L.r’'ノ| l{ |j Y/  ',l |
           / l ハ.{」_, - 、 /:| 」:.../'    lハ
        / / { ヽ{  」_, -'´ ̄ ¨ヽ   ヽ :|
       , r'´ ̄ス、!_>t.zッ'.::: --― ::',    ヽ!
     / レ' ̄-'´ l__{ヅ .: :___  - /.:|!    |
    /i/く::.'    /l└t. _  .::ー './ .:::|    :ト、
   / イ /\::.  ,:. l '  L.. _  /.:: .: ,'    l ',
  , / i 〈 、 lハ:::.     _∟ .:' .:: .: {       l i|
  ! i :|   ト 、}>、__/!,_ イ.::    └ァ     l lヽ
 | ! |  〈 ヽ r ---:.ヽ/┘::.ーt. __「i′    l l ',
  l l |   _r‐'、-、  _「.: --_└'¨ ,::: :.}       l !l l
  ! | l  〈, -|_」 {::り;:」 .::  ' ´   /.:: : : \    | !| !
  l  !| └t_〕j/      /.:::: .: : : :. \   .j l| |
 ∥ ! i    /         ::::::  :. :. . . \/ ,リ |





21 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 23:06:46 ID:S6azOtvE

                 r 、 _ , =、
             ,:ヘ `ヽ{|  」ヽ=、   r 、
               / /´\ t.‐」f ツ}_ l} r「l ヽ:'´|
               ハイ_  , -ヽス ¨´>、/ヽ!|_.} |、.L. _
        _  ,、.Y_     _、ヾイ l /| }./| ヽ. く     やっと到着なのかしら
       rl r、/ _V「j    ̄`  }-、/ l   /  l  〕
       l ̄ /ヽ ! V ̄} , ‐y‐<ソ   \  Z_ | ヽ    遅いのかしら
      /  /   {\ー'/ヽ/  ー┘  -‐ \  〕|  _」
      ヽ /   -{ーァ「二7    , ィ、    ヽ ゝ、{
      厶 { -、   」ソ くイ/  、__丿 ` ー-- ゝ、」┘
        / l    ヽ/c '/    ヽ
       ̄} \   /c /      L. _
         |   ̄/{.K  _ - ‐_´   ノ、\
        l/{ノ〈/l!L}   ̄       \〉
          /  l}{l、          、 \
        /  /} ,ヽ.\            ヽ  ヽ
          / /,'´/   ト、丶、        ヽ  ヽ
       l/イ´ {   j /¨∟`_ー- 、     丶   ',
      fイ´/   ハ::.....:/´     └- `ニ._ー- 、_   ',
        ゝ/   ヽ{:::/               下ー、_'ー-i
       { 、    〈               ヽ /_「┘
         i l: : : : .  \  、: .   . :  . . : : /」-┘
        \:ヽ: :_: : : : \: :ヽ: : .l: : :/: : : /´
            `>-: : :ー: : :>: : : : :ー': : : 'ヽ
          /  /:   /  l  l、 ト 、__〉


これを交代役の到着と誤認した玄以は素直に城門を開いた





26 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 23:07:46 ID:S6azOtvE

       _,    _,     _    _     _    _,    _    _    _, ,
       |_|_|   |_|_|    |_|_|   |_|_|    |_|_|   |_|_|   |_|_|   |_|_|   |_|_||
    | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_
    |  _| |  _| |  _| |  _| |  _| |  _| |  _| |  _| |  _||
    |_|   |_|   |_|   |_|   |_|   |_|   |_|   |_|   |_|
´⌒ ,,_∧  ∧_Å #__#  ∧_∧ §_§ ,,,,,,,,,,,,  ↑_↑ ∧,,∧`)⌒`)
´⌒(◆∀・) (メ皿●)( ・д・) ( ゚皿゚ )( ・∀・) ( ゚∀゚ ) ( ・д・) (・д・))⌒`)`)
(⌒━∪∩━〈>∩━〈>∩━〈>∩ ━〈>∩ ━〈>∩ ━〈>∩━〈>∩━〈>)⌒`)
⌒⌒∧_∧ 个__个  tttttt  ▲_,,,,,, △△△  ∧∧   へへ   ∧_∧`)⌒`)
(´⌒( ゚皿゚)(◆∀・) ( ・∀`)(´・∀・`)( ・皿・) (゚∀メ) (・Д・) ( ・∀・ ))⌒`)`)
´⌒━∪∩━〈>∩━〈>∩━〈>∩ ━〈>∩ ━〈>∩ ━〈>∩━〈>∩━〈>
´⌒ ,,,,,,,,,,,,   ↑↑  ∧,,∧  ∧,,,,,,,,,  /ゝ,,,,,,  tttttt   ▲,,,,,,   △▼△`)⌒`)
(⌒( ・∀゚ ) (。∀゚) ( ・皿・)( ・д・,,)(◆∀・,)( ・д・,,) (◆∀・) ( ・皿・))⌒`)`)
´´━∪∩━〈>∩━〈>∩━〈>∩ ━〈>∩ ━〈>∩ ━〈>∩━〈>∩━〈>)⌒`)
(´( l , O  l , O  l , O  O 、 l  l , O  O 、l  O 、l  O 、l`)⌒`)
(´⌒( ´⌒( (⌒(´⌒88888   ∧_∧   ∧_∧)⌒`)⌒`)⌒`)⌒`)⌒`)⌒`)
  (´⌒(´⌒(´⌒(´( ・≧・ ) (  ^^ )  (;:.@盆@)つ)⌒`)⌒`)`)⌒)人
      (´⌒(´⌒( つ  / ヽ[| ⊂[) .( つ  /ミ `)⌒`)`)⌒`)(;0w0)ノ
    (´⌒(´⌒(´⌒|  (⌒)  (⌒)  | (|  (⌒))⌒`)⌒`)`)⌒`)`)丿
        (´⌒(´し'⌒^    ̄ (_)`)し'⌒^`)`)`)⌒`)`)⌒`)


                          _r 、_      /ヽf ,_ _ ヾ,,
                       , - ',,ノ!  \`ー 、    >_.∨;;r=;;、 |!
                      /_,メ、  \   _  \  i_ j (ヾ;(;;ソfー!!
                    //´、  ヽ   X´    ゙、  メY. ヾ-;メソ
                   _j/  ○       \   l  `iヽ.イノ
                  ィ-!  u       ○'  `ーi !     '` '
 かしらーーーーーーー!   >ー、    r ─ 、 iii  ー、,∠, __,__ . __
                  /f ,._j! ヽ. |   /   メ`ゝ、r ノ j_/)' `i )
                   メ r ー' 、!_ / ( メ,> =゙‐`'´  ̄//)-、`ノ
                   ,_;;=/   ´ ̄ ̄ ̄´      //)   )
               ,, -''´   、  r ,r── 、._.      //)ヽ_ ノ
       _ _,.. -─ ''´        ` ''_イ_/ー、ヽ.  \..  //)-、//
  , -‐ ''´                  ''メij   ヽ \.  ソ'ノ)   )
  (  ̄ ̄./`''ー 、_,             / ! !    \,,>'、/)ー


すると石田勢は城内にたちまち乱入し 勝手知ったる治部少丸を占拠





30 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 23:08:51 ID:S6azOtvE

石田勢は 玄以の手勢と共に籠城の態勢をとったのである


               /   '´ ̄ ×  |  l    , - 、  \
            / __/  |l  \ \  l     \ ハ
             / /  ///  ! \    __j__, - 、ー 、
  l ̄ ┐  /⌒} |/   ,.;==x、|、 \  |_ -‐{ く7|   |
  |   /   l  |/  / 〃  }| ┘  l \/ l  ̄ゝ-イV' /
 /!  | ̄¨'|  /  // {|._〃      ,.;==x、 \__| ∨   ちょっと待って!
/´)/)   \l  ///  ̄´        〃  }|\   ,  l_〉
 / /´)   l    /└-、       {|._〃   ヽ| /    何で わたしまでなのかしらーーーー!
' / /   ト、   /   └-、_   ̄´//   }'/
  /l     | \/          └ァ ///   / ̄}
./  , -‐――,イ / ̄`ヽ         / //  / /
'‐‐'´ ̄) ___./      ̄ `ヽ.  /    /--イ
 , - '´  ,| ___'\          V__/   l
イ    //| 〈_/ > 、    /|     , -/´)┐ ̄|
ス   //└-ァ '/  / ¨T〒′/l     // / /  |




 l! ̄オ |:.:.:.:.:.|   と′  ,      丶  .:   r┘
   ̄リコ l:.:.:.:.:.| _「┘ / /  l |      \ノ  _〕
  く」!L.|:.:.:.:.:.! L. // /,  l| l  l  i  l ハ:.  _〕
 〃l| l L.i:.:.:.:.| r┘,./ /,   !|| l|  l  l ハ:/└i_
 |i l| !└l:.:.:.:| 〕// //l  l ! li l|  l  l |!:: と__〕
 li〃!|l トz水゙/イ ,://l:| l |l l| li  |  ! l|! とl「´      やかましいのだわ!
 |! |   !小こシ」 !/ ≧:xイl ! ,'! /l  , / /l _.」!|!
   ,l| l |ハ:.:!|l イ iイ:r::ハ` / '//二ラ// イ| l| l!  __    巡り合わせが悪かったと思って諦めるのだわ!!
  /!| l l   \! l|  `¨      イrソ/iツ行l 〃  / |
  ,'/ ! l|l  「¨| llト、   r ァ  ¨´イ |l i |l |!   / /
 ,' ! i  l|i _|:.:.l:.|l:.|:.> .、__  イ´ !:| ! l| l   / /
 ! l ,  l|'「  |:.:.l|:li |:.:.:.:.薔:.:.:.:.:.:.|、ハ! l::-‐rz/ '´ハ
./ , i /l|| ヽ/ l| l;,;,;,ノ゙ヘ;,;,;,;,;,;,Y ̄|ヽ  {!'   / / ノ!
! / l , l| !   / l |:.:.:.|  |:.\:.:/ i  〉 \{!」、ヽ'イ丿
| li / l| / l -_〕:.l  |:.:.:.「´ 〈  ト.、 、\テ¨´
,'  l | // ̄ , イ´.:.:.:.:.:.:! i:.:.:.:ヽ  ヽ |  、_ ヽ
   l| \ <ー- 、__:.:.:| /.:.:.:.:.:.:.\  \ \ ヽノ
  l l|    ̄工>_/-、j |, -、_, - ゝ _|__〉、  〉





28 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 23:08:10 ID:2T3TXHFg

開けてビックリ伏見城w





27 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 23:08:07 ID:2TLF0bmI

徳善院様涙目www





23 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 23:07:32 ID:vgz73HnQ

玄以さんは毎回こんなのばっかだなwww





37 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 23:10:57 ID:AOPQInsc

不人気もこんな事するから碌な友達いないんだよw





36 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 23:10:33 ID:S6azOtvE

そうこうしているうちに 清正たちも伏見に到着


   /;;;;;;;|;;;;;,,;;;;;;;;;;|;;;|.::::::|;;;;丶;;|;、|;;、;;;;;;;;;;;;|;ヽ;;;;;;;;|;;;:::;;ヽ;l
   l;;;;;;|;;;;;;;;|;;;,;;l,;;;i;;;|;;;|;;;|;;;;;|;;;;;|;;;ヽ;;ヽ;;;;;;;|;;;;ヽ;;;;;;;|;;;;;;|;;;;;;ゝ
   l;;|;;;;|;.;ヽ;;;|; ;;;|;;;|;;|;;;| ;;| .;;|;;;;;|;;;;;|;;;;;;| ヽ;;;;;|;;ヽ;;;;;;|;;;;|;;;;;
   l;;|;;;;|,:::ヽ;;;ゝ:::ヽ;;|ヽ|::;;|:: .;;| ;;;|.;;;;| ;;;l::::::::ヽ;;|;;;;;;;;;;|;;;;|;;;l
   l;;;;|;;;;|;;ヽ::::::テr‐z、;|:::::::::::;|::;;| ;;;| ;;l:::;;|:::::::::.ヽ;|;;;;ヽ;;|;;;|;,!
   ヽ,,,;|;;;|;;;ヽ::!_ゝ_フヽ::::::;;;;:::|:::;|::::ハ__フ }〉、 ::::;;l;;;;;;;;;;|;;;|;l
    l;;;;;;|;;|;;;l::::::` ̄"´:::::::::::::::  `::^ ̄""´ ::::::::::|;;/|;;;;|;
     .ヽ;;;|ヽ;ヽ:::::::::::::::::::::::            l;;|;;;ノ
     ヽ;;;;;ヽヽ::::::::::::::::::::::           ノ;;;ll       くそっ!
      ヽ;;;:::::::::::::::::::::::::::          U l;;/
       ヾ\::::::::::::::::::::` ´         /;l;|        厄介なところに逃げ込みやがって!!
        ヽ;;ヽ::::::::::::::::::::::        /;;;;l;l
          l;;;;ヽ::::::::ヽ ̄ ̄ゝ    /;;;ゝl
          ...|;;ヽ;ヽ:::::: ̄ ̄   /‘":、!;
          ill゙゙'|l゙l ヽ::::: ̄  /llllll!l゙゙,l


後れを取った清正たちは手勢により遠巻きながら伏見城の包囲を開始
こうして両者は睨みあいの状態となった





42 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 23:12:33 ID:S6azOtvE

さて佐竹義宣は 三成を伏見城に送った後
そのまま向島の家康の新邸に足を運び 事態の収拾を依頼した


           __/ ヽ―― x '\
         __/       \/    ̄ヽ
          /   , / ,'  !       ヽ   ハ__
       /  / | |  | /ヽ  , ヘ.  !   !   ヘ
        |   |  | |  | |,,, 、,, 、,,,|  |   |  i ハ
       ,'|   |  | |  | |      |  |   |  | i| |
     . | !   ! ∧_! -i! !      ! 」_ / / i |
      | ヽ  i| !tニムヱ}」    ム旡ニzx_/  ィ !
       |  ヘ_ハ__| ━━,    ━━'¬' |___/j/   暴れているのは 家康殿の子分でしょ
      | ( i   | |;;;;;;|     |;;;;;;| |  | |
       | /│  | ',;;;ノ       ',;;;ノ !  ! |     家康殿の力で何とかしてください
     | | i!   |     __      |  |  !
      │ |  !   |ヽ    `ー'    , イ   !!  |
      | | │  !   > 、     , < │  ||   !
     | |  ヽ  |-‐ri|  >‐< |ー- |  リ  │
    │ | |   ヘ|  |ノ      {   ム‐'´    !
     | | |    |  |       `i  |      |
   ,r‐┴.| |      !  !, -―― --、|  |      |t 、
  / ∨ ヾ| |     |  |イニニニニミ|  |      | | ヘ
  |  ∨ | !     ! ヘ         ノ  !      | |  |


そこには同時に
家康派の諸侯を家康の手で罰しろという義宣の皮肉もあった





46 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 23:13:31 ID:S6azOtvE

言うだけを言うと義宣は帰ってしまったが……


  ∠ -‐ァ       ,、'´  ,.、-'' "           \
    /      ,、'´ ,.、-''´     fi fi ト、      ヾ、 ヽ
.  /      ,、'´.,、''´    /| ,ィ |:| |:l .l_.ン        l`ヾ
 //l    ,、'´,、''´     〈:::レ':|.|::| |::ヽ  /\ヽ  .ト、 |
〃  |   ,、'´,、'´      n,  \:リ:::リ:::::i| 〈==、 lヾ  | ヽ|
.   | ,、'´,、'´       | _|f=-、.\ u !|/ヾ.、 〉| |ヽ|
.   ,!'´,、'´          r( リ   \!i  〈 o .ノノ| |
,、-'´,、r′    _    N ヾ、 o  》   ヾ ̄  | |         うぐ……
,、-'´ |    ( r‐ヽ、  | |j~ ゝ==シ  |j.  \.|j~| |
    |    ヽヽr‐ゝ |   〃"  |ju  U u \| '、         あ…… あ……
    |     ヽヽ⌒l .|  u ___   r' __ u _) ヽ、  ,、-'´
.   |      ヽゝ-l | |j i´ _` ''ー----‐ァ/  ,.、ゝ''´,、-'´    ぐあ……
   |       ゝ-リ   l ̄   ̄ ̄二ニ7.ム-''´ ,.、-'ヾ
   ,'         |\ |j {    ,.、-'´ ,.、-r‐i ''' "´     \/
.  / /          |::::::\ ,,ゝ-'´ ,.、-''´  | l       /
 /〃          |,.、-''´,.、-t''´ ̄``_二ニ! l _.... -‐''´ ,、"
〃/      _,.、-‐'' " ,.、-''´::::::\ゝ- '´ r== l ヽ、  |j ='"´
. / ,.、-‐'' "   ,.、-''´ヽ、  ::::::::`'-、.. u |j |  ヾ     u
/''´     ,、-''´     \   ::::::::::::`''..r-'′   \ U


残された家康の衝撃は 今までのどれよりも大きかった





47 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 23:13:57 ID:2TLF0bmI

だろうなあwww





48 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 23:14:05 ID:2w3fS.q2

全く預かり知らんことだからな、そりゃグニャるわw





50 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 23:15:16 ID:S6azOtvE

向島屋敷では直ちに善後策の検討が行われたが家臣たちの意見も割れた


              ,.. -───‐- 、
           ,.‐'´         `'‐、
          /    ,.‐ 、.          ヽ
         i    /   `'‐、.    /\ヽ
            l  ./.ァ.、._     `'‐- '     ゙!,
.           |  ./ `''‐、. `''‐ 、..__,   _,. ‐'´ィ゙
         |   ヽ、  `''‐ 、.._/   /_, ‐'´ |
         │ ,.-、`! =。=== _  ,=。===l
    ,. -‐- 、 ,|. { r‐l.l.  ` ー-‐' ''  \--‐' l     三成の存在は
. -‐''´     ( |. l ヒ |l        r __  \ i
         ./|  `ー;ll   、______,~ /      殿にとって 百害あって一利なし
. 、._   _,/:::::|  / ヽ   `'ー-----‐´ ./
 -‐~''"´::|::::::::::| /   .ヽ      ー一  /、
  :::::::::::::::| :::::::::|/     ヽ         /|:::`''‐
  :::::::::::::::!:::::::::::|ヽ.      .ヽ.._____/:::|:::::::::
 ::::::::::::::::|::::::::::::|;;;;ヽ.         /|:::::::::|:::::::::
  ::::::::::::::| :::::::::::|;;;;;;;;ヽ.       /;;;|:::::::: |::::::::   ← 井伊直政
  ::::::::::::::!:::::::::::::|;;;;;;;;;;;;ヽ.     /;;;;;;|::::::::::|::::::::




                    ,.ィ  , -''7 ,.ィ
             ,.イ ./ l/   ,'/ |  ,
            ,ィ ./ l/   "    "   レ' |
        / l/                  レ1
          i           ,.、       ,'ィ
          .|ヽ  /^ヽ._./  \       /ィ
         |   /_       l  __ヽ      /    いっそ このまま
          |ヽ  l‐-゙ニユ  Lニギ-‐'7.    "7
         ゝ   :!=。=、  ,,=。== | r=、  ∠_,    見捨ててしまえば……
          ゝ  l ー-/   ーr '´ :l:|f‐リ   _/
           ヽ   l/ 7 ̄_ , |   |L:ソ  _,フ
          \  l ‘"____,  /l   _フ
          ,>、l   __   V: | _,ラ\_
     _,,.. -‐''/,r ,. l     ヽ/::  「  、 ヽ ヽ.  ̄
  ,ィ''"    / / / /:l___/::  /シ、 ヽ.ヽ. ヽ   ← 榊原康政
 / |    / /' / ,イ.l:キ::::::::::::: /ツ" ト、  l i l





55 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 23:16:16 ID:S6azOtvE

   /  / / (ヾ ⌒ヽ.   .
   | |    | |:::::: ::| || || || || || || ||      |
  .|  | |   .|、::::::::| || || || || ||ノ|ノ | \   |
  |  |   ノ_| | \::::::|ノ.|ノ|ノ|ノ|ノ-‐─|ノ|    .|
  .|   ノ| / ::|ノ::: \ 、  /    :::::::| \ |
   |   ノ:|ノ=====ヽ  ::"======::::|r‐ 、. |    駄目です 駄目です!
   .| rへ||::`ヽ ○ ノ;|  ! ○   ノ :::||Fヽl |
   | |に ||:::::::`~<ヾ|   `--~´   ::::||レ./|    そんなことしたら 要求を通すためには
   .| .ヽ_||::::::ι  ::::   υ   ∪ :::|| ノ |
    .| | .|:::::::::   ヽつ        :::| |  |     力を振るえば良いということになり
    | .| |:::ノ⌒⌒~――~⌒⌒\  ::| | ||
    .|   |::[ ̄⌒ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄⌒ ̄] ::| | ||     豊臣政権は無政府状態となります!!
     | |. ヽ[________ノ /|  | |
    .| | | .\:~─~┴~─~′ ./  | |
     | |  | | .ヽ   ≡≡≡    / | |  | |
      |ノ/|    \::::: ≡    /| |  |\ .|
  -‐'''"~:::::::|ノ| |ノ  "'''‐--‐'''"   |ノ| | |::::::~"'''‐-
  :::::::::::::::::::::::::|ノ|  ヽ       ./ ||ノ|ノ::::::::::::::::::::   ← 本多正信
  ::::::::::::::::::::::::::::::|   \    /  |:::::::::::::::::::::::::::::


だが これらの意見に対して家康は……





59 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 23:17:16 ID:S6azOtvE

\                                   /
<        うるせえ! 少し黙ってろ!!        >
<                                   >
/∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\

  |l   ヽ\|                     =~_
  ヽ\____>                        ~>
 ___,,,ニ==                       <
  ~二;;;;.=-       /|l.l.| llヾヽ          -=ニ,
     ~二ニ     /l;;;;;;||;;l;;;;;;ヽ;\ヽ           ~~'''''Z、
   _,,,ニ-=     /ノ;;;;;;;|;;;;l;;;;; ××_ヽ |⌒ ヽ         _、
     ///   ./\\ ;;;;;u/.×''~   | |⌒l .|      _,、‐~
    ///// |∥/ ~ 。ヾ||:.:.:.||/。  ,ノ | |⌒| |    ヽ
       //| | |/|ヽ,_,.、/::'''彡ーu <~u  |.|ニノ/    |ヾ\
      /     |u/ u u   `' u   ||ー ′    .l
     ./     / _丶u  u __,,О   /| .|      ヽ、
     /       ` l 、,,__,,.、、-;;;二-‐`l ./   l       ヽ、
     /     \  l l''‐-‐'''~    ___| /;;  u|
   /        \ヽ|-‐'''┬;;ニニ゜-‐ /;;0   l|ヽ、
  ./          \ヽ ̄O,,,,,,,;;;u /;;;;;  u  u |ヽ、ーー / ,,_ '''''''''
  /           O ヽ u ''''''' /;;;;; u      /    ( / ,,_ ''''''''
./       _,,,、、-‐‐-、、,/\ u /ヽ、   u u /     ( _/  ''''''
/      /        ~'''‐、、_/  ヽ、U   ノ       ''-==ヽ__



           _____                      __
          ′       \       .           , イ, ''" ,∠-‐ '',Z.._
         ′∥∥∥∥∥∥丶             /  ′       ′ ∠__
        /∥/⌒\  /⌒\ |      .     /l/             ′,∠,
       │∥/ _  ̄  _丶|          /         ,.、           /
       │∥( 丶\  // |      .    ト'  ,.へ.__, ‐'´  ヽ       '7
       │∥)  \| |/  ( |         l 、/ u     | _,⊥       /
        ∩|| ====|│==== |∩        |`テニ'_┐ iir _',ニ-‐''1     'ィ
        ∪|| 丶゜-|│--゜  |∪     .    ! l=。ミ′‘≦。= = r',.-、   /
         ∥U   ソ    |          ! l` ‐;Z..__゙ ーr '´v|.|^!.|   ,/
       □ │        |           ヽl/ __-, u  l ij |ノ_'ノ   /  むう
     /⌒  -│ ───  |  うっ        ゙T ───- ヽ∧    ∧
    / 彡 /  |    =  |             ,/!  ‐一   /. ヽ  ∧ ヽ._
   丿   / \ 丶    /         ,, -‐''7 /.!     v  V.    \∧ ヽ. ヽ
  彡 彡     \  ---             / / └;┬──'     ,.くト、ヽ i |





62 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 23:17:40 ID:VJ9UF0GA

キレたーーー!!





68 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 23:18:30 ID:S6azOtvE

        ,.‐''" ̄`丶、
      /        \              なんだよ…… なんなんだよ あの連中は……
   /´           \
   /    |\_>、_ 、r‐、    \           そりゃ俺も ここで大阪の利家殿と睨みあったりしたさ……
    レ! ||_| |/_ ヽ\}      \
    |八|-/>、∪_ u`i  ト、      \       だけど…… そこには戦にまではならないという
      / / ,くィ夕u' |   |/ ``‐- 、_.、__\
       |/ / /_ヽ┐u |  ,|  /  ,-,.=====ゝ    利家殿に対する信頼感みたいなものがあった……
      ヾ' / r┘|.l__人 |  /\//      \
        \ ) |   N /  //\./´ ̄`丶
        |u  |  /|(l(l「|  | |   |
         | u| / | ヾ-イ .||  l、
         _|   |/| |  \_|_|,. く. \
        ハ.___ハ     >、 \ \  \





69 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 23:19:22 ID:S6azOtvE

            , -ァ                      .....
          /::::;'⌒゙``ゝ                        だけど あいつらは……!
       ,.. -‐':::...........  ::`ヽ                   
    /:;;;;;::: ..::::::::::  ...::::::::::\                 .   正則も 清正も 三成でさえも!
   / '" /: ;::::::::::::::::::::::::::::::::::,..\                .
   .  /::;;::::,,...::::::ト、ヽ:::メ>'、くィ,\`≧,,,_  _,,. -‐''¨ ̄       ここ都で 御所の目と鼻の先の伏見で
     i::/,'::::::::::::A| .>//  }ト、、))-‐'''" ̄_,,.  -'''": : : :  ...
     |,' |::/|:::::rニミ ,,! 。_.ノノ u\:ヽ-'''": : : : : : : : : : : :   .   平気で戦を始めようとしやがる!!
       l/ .l::i::|   。! u ,.'⌒へ. i:::ヽ: : : : : : : : : : : : : :    .
        .Vヽ!\`7  , ノ/  ,)}:::::iヽ: : : : : : : : : : : : :       利家殿の言うとおりだ!
            ソ-</ ,. ‐'´ ハ::| :!: : : : : : : : : : : : :  ...
              \`'´<.フ ハ V :l: : : : : : : : : : : : :      あいつらは本当に駄目だ!!
             / /:` 、 ___/\〉: : | : : : : : : , -‐―   
             〈:/ : : ヾ、` ‐--\i: : : : : : /_/´⌒   /∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\
             | \: : : : : : : : : : :Lト、: : : : : <_ノ'⌒>  |
                !: : :\: : : : : : : : : : : \: : : : : / , -‐
             ,'ヽ、: : :`‐ 、_: : : : : : : : : : : : : :`‐',. ‐''
             ! : : : `: : : : : :`7''‐- : ; ; : : : : : : :.`‐ ´



              _____
             (\\\ ヽ 、`ヽ
              ,ゝ\\\ヽ l. |
             く '´``__\\i ! |
              ) ゙i ̄ ̄"トゝ|. | |
           < 、 u  ̄ u |_,リ | | l|     い 家康様……
            'ー-r==ヽ |‐' | l l|
              r'──' //,イ | |
              `7 u ./// | | |
              `ー r〃/_| | |
              ┌‐;〃'   | i | !ト、





74 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 23:20:20 ID:S6azOtvE

.        | llllllllllllllllllllllllllllllj  丿lllllllllllllllll_lllllllllllll
      | :;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;(   (;;;;;;;;;;;;;;;;:::://v::;;;;;:::
       | ;:::::::::::::::::::::::::::::::)  ):::::::::::::/:::::::::::::::::::    お 俺は凡才だよ……
        | ,:::::::::::::::::::::_;:::::::::ゝ )::::::/:::::::::::::::::::::::::
.      | ,::::::::U:::::::::::::)::::: ) )/ U ::::::::::::::::::::    俺には太閤殿下のような
.       | ,::::::::::::::::/::   (./)     ::::::::::::::::
..     | ,::::v:::::::/l     /( j      ::::::::::::::::    鋭さも 苛烈さも 独創性も無い
      | ,::::::::/ .丿  /ヽ ∪  ,ヘ   :::::::::::::::
       | ::::/   ̄ ̄   \_/  |   :::::::::::::::::    つまらん戦に生き残った律儀なだけの男……
       し'´          `´.   |  :::::::::::::::::::::
                  ∪    | ::::U::::::::::::::::::    それが俺だよ…… だけどな……
                      |::::::::::::::::::::::::::/
.                      |:::::::::::u::::::::/
                       |::::::::::::::::::/
.                       |::::::::::::::
                       \_ノ





79 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 23:21:27 ID:S6azOtvE

                  ,,..‐―、,.-=,,..-―--、
               _,,..==-         ==、
               ,,...二=             ヽ         俺は偉大な先人を何人も見てきた!
             ,.-´,....--              ミ
   (i(i ___  _/ ̄/      .w         ヽ         先人の流した血の上に今の天下は成り立っているんだ!
-=,^,=- |┌--, |   /./|   /,i|´f !j|.|/ヽ、     |
/|| |(ヽ | |__| |。。。|/ |  /ヽ、!  ,,|/!∠,..ヽ、     |         あいつらは 先人たちに及ばない器でありながら
.iノ.|ノ ',! '-――'     !,i/|=。=|| uレ.。'' / | |⌒,  .|
                 |`-/w `ー‐´ij~ | |こ||   ヽ       戦闘意欲だけは人一倍!
.                 |/ _っ; U~u u | |_ノノ    ヽ
..             0   |こ_,,..―--0'''ヽ u |,|ー´      'ー,,    あんなやつらに 先人の……
...                 ||ー´''' ̄ ̄ ̄| / |    |ヽ ̄''ー...,,,
                  ||.‐-‐,――-_,' / ,'    |.`ヽ-...,,,   豊臣秀吉という天才が築き上げた天下が崩れされる!
                  /',' ̄ニ ̄ ̄ /u |    |,!   ',
.               0 7 _ヽu= U  0  |ノ|   |    ',    こんなことが許されていいのか!!
               ,.-//ニノ. `、u /     | |i |    ヽ
             /  | |  フ ヽ/ヽ U u   | | |. j.    '
            /    | | Z  / /|       || 、ヽ`、
           /     |彡 ,,/~    |、      / ヽミ ヽ
          /      | |´~      | 0、____,ノ




                                    ト、 .l\  、
             ,. -──- 、           .    、ー- 、| `'   ヽ} ヽハ
          /  , ヘ .._  ,.、\          .  ┌-ヽ          ' レ1
        /  /__      ̄   ヽi         .  |    ,.へ、 ,.-、     !
          l   〈 ゙ー-゙ニコ!  lLニ-1          「`   /u  `¨  ヽ.  ノィ
.        | r,=ヽ ===i  /==i         . ト!  _〈`ー゙ニュ r,キヘ   ノ
          | |ト|.| `ー-   \-‐l         . ト.  {fil.| ===_ .=== |∩ 7
   _  __| ヽ」l u.    r __ \!   ……     ト.  ヾ;||  ー゚-__|Lー゚r' !|リ フ
__ノ´   `l/|  ./ヽ   ───´l           ヽ.   l|/  .r_||_、 ! |´ Z   ……
_,, ニ=-‐'''7  | ./  :ヽ.   --   l          二ス  .ハ (二ニ二)V ,∠
      /  K.   ::ヽ     l `'''ー- 、._     /: /\/ ヽ   - V<\:\_
     /   |::\   :::`ー:ァr─1           . : /: /: ハ   ヽ__./| : :ヽ ヽ: ヽ`:ー-: 、_
    /    |::::::::\   /:::|  |           イ:/: /: /ト:ヽ   :::::::::,ハ: : :l: : |: : |: : : : :
    /     |::::::::::::::::X::::::::::|.  |.          |: : /: /: |:ヾ\    /,小: : : : | : :| : : : : :
   /    :|:::::::::::;:く  >、::::|             ヽ: : /| : |: : `Y^Y^Yr': :| |ヽ: : : : : | : : : : :





84 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 23:22:21 ID:S6azOtvE

      , '          ,ヘ. ト、 、.._  / r‐、ヽ.
     / ./     ,イ/ /`メ.`ヽv::\ \\r 、ヽ          だが あいつらに理を諭しても 全くの無駄
   . / //     / !' v/ / ,    :::\ \ 、リ l
   ,'/ / .,イ ,  / l _,/ /!./ /     ::::\.ヽ._ノ          あいつらを おとなしくさせるには
   .  ! / l ,イ ./、.U \/ l∠.=;-‐   v u:::::\'、
     |/ |/ W  `''‐、,, '~U~ ~′    :::::::|ヽ.   ト.      殿下と同じように「力」で押さえつけるしか手はない
              /      u ノ> uj ::::| ヽ   | i
   .           / v ‐, j /'´    :::|;   !.   |. !      そう…… 誰かが……
               /   イ   / v   u:::|;;   !   | !
   .        / , ‐'´ノ _,/ u      :::|;;  |.  |. !      誰かが 殿下の替わりに……
             ー''´    ̄  \_/`! u  v::|;;;  |  |  |








      , '          ,ヘ. ト、 、.._  / r‐、ヽ.
     / ./     ,イ/ /`メ.`ヽv::\ \\r 、ヽ          誰か……? 誰かだって……?
   . / //     / !' v/ / , ' !  :::::\ \ 、リ l
   ,'/ / .,イ ,  / l _,/ /,/ │   :::::\.ヽ._ノ          違うだろう……
   .  ! / l ,イ ./、.  \//   ! }   v u:::::\'、
     |/ |/ W  `''‐、,,ヽ ,ノ,j'      :::::|ヽ.   ト.      誰かじゃないんだ……
              /  ~U   u ノ> uj ::::| ヽ   | i
   .           / v ‐, j /'´    :::|;   !.   |. !     あいつらを力で押さえなけらばならないのは……
               /   イ   / v   u:::|;;   !   | !
   .        / , ‐'´ノ _,/ u      :::|;;  |.  |. !
             ー''´    ̄  \_/`! u  v::|;;;  |  |  |





89 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/08/01(日) 23:23:38 ID:S6azOtvE

         |:::::::           ::Λ::           ::::|
         |:::::           ::::/::::|:           ::::::|
        |::::::                          ::::::|
─────── この俺しか いないじゃないか! ───────
 .       |::::      ::::               \:::     :::|
 .        |::::    ::/|::/\:|/ :|/::::  U :::|::|: |:|/\::    :::::|
 .       |:::    :/:|/:\:|:\:/::::      |:/::|/::\::    :|
          |::    ::/::|::  :::\::::\    /::::/   :::\:::  :::|
         |::   ::/ _____::::||  ||::::_____::::|:   ::|
        |:l⌒l::::| :  ̄ ̄ ̄O ̄ ̄/: :::: ̄ ̄O ̄ ̄ ̄:::::|:: l⌒l|
         |:|∩|:: |:  \___/::| :: \___/  ::| |∩||
        | :|∩|:: |:::        :::|..|::       / :::|:: |∩|:|
       |  |l.0|:: |::         ::::|..|:::::     /   ::|:::|0 l|:::|
       |:::  |U|:: |:::::::      ::::|..|:::::::   ./ v   ::|: |U | ::|
       |:::   ヽ人 |::::::   U   :(__ :|..|::::__): ./     :::|:人ノ::: ::|
  .   |::  /|:: ::ヽ::::::::: _     ∪     ._  ::/:::   ::|\:::::|
      |:: / |:::  :::|\::::::\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ :/|::::  ::| \:::|
     |:::/  |::::: ::::|::::\:::::  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  /:::::|::::  :|   \:|
    |:/  ::::|:::   :::|::::::::\::::::   ___      /::::::::::|:::  :|     \
    /   ::::::|::  :|::::::::::::::\:::::  ::::::   /:::::::::::::::|::  :|:      \


「伊集院忠棟斬殺事件」そして「石田三成襲撃事件」と異常事態の連続に
家康は ついにある覚悟を決めた……


                               <第3部 その9 Ghost Town Gang>おわり





91 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 23:24:00 ID:2w3fS.q2

乙、ついに腹くくった





85 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 23:22:26 ID:oSZwC6EE

ここで覚醒するのか・・・





86 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 23:22:26 ID:IeiC2fpE

なんという斬新な家康w





112 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 23:26:40 ID:IUxsvhj2

ここで決意できたのが徳川と前田の差か





87 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 23:22:26 ID:pScs.xtE

江戸時代三百年を作り上げた土台が少しわかった気がする





99 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 23:24:28 ID:oSZwC6EE

信長のような革新性も秀吉のような華やかさもない
しかし、誰よりも秩序と安定を望んだ家康らしい覚醒だなぁ





113 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 23:26:46 ID:2TLF0bmI

この怒りが次代の豊家にも向いてしまうのかね










投稿日 : 2010/08/03 | カテゴリ : 新・関が原戦線異常アリ | コメント数 : 40
■コメント一覧
  • No.4208 名前:aki 投稿日:2010年08月03日 00:57 [ edit ]

    これは…七将も三成も起こしてはならない人を自分たちで起こしてしまったんだなあ…
    これで三成も七将の主犯格である正則の末路も決まったようなものだなあ…



  • No.4209 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年08月03日 01:07 [ edit ]

    やる夫ェ・・・



  • No.4211 名前:  投稿日:2010年08月03日 01:45 [ edit ]

    まあ、確かに三成をこの時点で排除できれば、後のゴタゴタはなかったかもな
    そういう意味では月もLも正しい
    問題は三成にそれなりの勢力があったことと家康が神輿でおさまる器ではなかったってところだな



  • No.4212 名前:名無しさん@ニュース2ちゃん 投稿日:2010年08月03日 02:06 [ edit ]

    カイジが徳川家康になるようですはやっぱり面白いなぁ

    やる夫・・・?



  • No.4213 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年08月03日 02:10 [ edit ]

    清正も正則も秀吉という異能過ぎる男の敷いたレールの上にいたからこそ、ここまでなれたんであって
    なのにそれを全て自分の実力と勘違いしてしまったのかねー
    自分の足で泥沼を這うように「つまらん戦を生き残った律儀なだけの男」とはやはり地力が違うと言わざるを得ない



  • No.4214 名前:  ななし 投稿日:2010年08月03日 02:40 [ edit ]

    この作者さんの家康の解釈は面白いな
    ちょっと綺麗過ぎる気がしないでもないがw



  • No.4215 名前:御神楽 投稿日:2010年08月03日 03:27 [ edit ]

    この作者の解釈は相変わらず面白いな。



  • No.4216 名前:名無しのお兄ちゃん 投稿日:2010年08月03日 03:42 [ edit ]

    いろんな事が上手く繋がるのは見ていて楽しいよ



  • No.4217 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年08月03日 05:26 [ edit ]

    家康はかなり好意的な解釈が入っているとは思うけれど、
    最近の大河とか無双ゲーのただのたぬきおやじみたいなのよりは遥かに好感持てるなぁ



  • No.4218 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年08月03日 05:40 [ edit ]

    無双の家康はまともだけどな
    声ジョージだし



  • No.4219 名前:  投稿日:2010年08月03日 06:45 [ edit ]

    誰も取り上げないけど、この『◆fFI82Sjg3c』さんのやる夫スレと『薔薇乙女戦国絵巻・関東三国志』とが
    内容も、時系列も同じ時代を扱うことに、今現在偶然なってる。
    『◆fFI82Sjg3c』さんのこの時代の解釈と、『◆6BLhyjQqSc』の解釈が微妙に違っていて、個人的には
    面白いけど、他の方や制作者当人はどう思ってるんでしょうかね・・・。



  • No.4220 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年08月03日 06:46 [ edit ]

    なんで伊集院忠棟をダイクンさんに当てたのかよく分からなかったけど、今回で納得。



  • No.4221 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年08月03日 07:47 [ edit ]

    この話の清正正則がやってることって、
    三成が千利休を排除したのと大体同じ論法だな。
    因果が巡ってますな。

    次回も楽しみ。



  • No.4222 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年08月03日 07:57 [ edit ]

    >薔薇乙女戦国絵巻
    あとはやる夫家康とやる夫真田家とやる夫柳生一族あたり全部読んでおくと
    キャラのイメージが片寄らなくてよろしいかと。
    解釈は違うけど史料的にはみんなだいたいあってるし。



  • No.4223 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年08月03日 09:26 [ edit ]

    松平家伝統のブチギレ性質と
    家康の堅忍さをこういう風に昇華してるのは上手いな



  • No.4224 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年08月03日 09:41 [ edit ]

    わが地元の誇りの前田利長がこんなに輝いているなんて…



  • No.4225 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年08月03日 10:19 [ edit ]

    ところで信玄のAA誰だ?



  • No.4226 名前:名無しさん@ニュース2ちゃん 投稿日:2010年08月03日 10:25 [ edit ]

    清正にしろ、正則にしろ、豊臣の家臣だけど、独立しているんじゃん?
    豊臣家中自体には筆頭家老とかはいないの? 陣代とかでもいいけど。
    今回にしろ、関が原にしろ、豊臣が明確な態度を示さないからことが悪化しているような気がするんだけど。
    なぁなぁ、どっちつかず、勝ったほうに大義を与える、ことで生き残れるのは、天皇だけでしょうに。
    天皇的な権威の立場に立ちたかったのかな。



  • No.4227 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年08月03日 11:05 [ edit ]

    ある意味前田家が面白すぐる



  • No.4228 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年08月03日 11:10 [ edit ]

    >>豊臣の家臣だけど、独立している
    それは徳川も他の大名も一緒だって、五大老制の筆頭家老が家康だったけど
    豊臣の力を内部から動かすなら五大老の承認がいる
    もう制度として機能してないよね豊臣家
    あと関が原に関しては勝つ方に着きたかったから見てたってのが大きくない?
    あんな短時間一度の大決戦で決着が着くなんて普通は無い
    アレは異常な事態なんだよ



  • No.4229 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年08月03日 11:21 [ edit ]

    ※18
    強いて言うなら銀ちゃん
    が、この時点の豊家は全大名家のトップだから、江戸幕府と同じで固定の筆頭家老みたいなのはいない
    片桐とか大野みたいな連中は江戸でいう旗本にあたるんだろうが



  • No.4230 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年08月03日 14:53 [ edit ]

    1つの事象から10の解釈ができるから歴史は面白い
    逆に複数の解釈を認めない人間は本当に心が貧しいと思う
    以前大河で三谷幸喜新撰組やったときは司馬遼太郎と違う!と馬鹿が抗議をよこしたそうだが
    こういった信者はホントどうしようもないな



  • No.4231 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年08月03日 16:48 [ edit ]

    ※18
    筆頭家老というのは主君を補佐する上、領国を守る留守番としての役どころもあるからね。
    織田家中で立身出世していった秀吉の場合、配下の武将といっても織田家の与力ばかり、
    肉親を除いて「家」そのものに絶対の忠誠を誓ってくれる家臣団みたいなのは自分で作るしかなかった。
    世襲による体制固めの最中に今回のような事件が起きたのが不幸。
    せめて、この頃まで秀長が生きていてくれたらね・・・。



  • No.4232 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年08月03日 17:45 [ edit ]

    三谷新撰組の場合は、隊士の子孫たちも抗議してたぐらいだから
    また別の問題かとw



  • No.4233 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年08月03日 18:26 [ edit ]

    *11
    薔薇乙女さんのは女キャラばかりで戦国武将の凄味を感じないのがネック
    後加藤・福島・小西の配役がちょっと微妙



  • No.4234 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年08月03日 19:36 [ edit ]

    徳川家康を肯定的に書く作品でも、家康は天下取るき満々のキャラだからな。こういう解釈は面白い。



  • No.4235 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年08月03日 21:23 [ edit ]

    家康といえば今までずっと「葵三代」の家康だったから、
    新鮮でほんと面白い。しかしよくもまあ、これだけしっかり感情の揺れを導けるもんだなー。すごいわ。

    ところで管理人さん。>>499の「先進的な政治感覚を持つ最上秀光」は義光に直してあげたらどうでしょ?



  • No.4240 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年08月04日 00:31 [ edit ]

    希望的観測で甘い行動計画を立てたりとか、
    自分たちだけが世直しをする権利があると思っていたりとか、
    今回の清正・正則グループには政権担当能力が全く感じられないんだが。
    何だか昭和維新の青年将校みたい。
    こんな調子じゃ、たとえクーデターが成功したとしても
    すぐに分裂と内部抗争が始まって政権崩壊したんじゃないか?



  • No.4242 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年08月04日 02:01 [ edit ]

    秀次いりゃ五大老五奉行制度もなく、これらの騒動もなかったかもしれないのに
    ホントに秀次事件は秀吉自身による豊臣家の死刑執行書サインだったよなぁ



  • No.4246 名前:  投稿日:2010年08月04日 22:57 [ edit ]

    秀次って小牧長久手のせいで信長の野望では無能扱いされてるけど、
    実際は政治も軍事もしっかりこなせる優秀な人なんだよな
    実にもったいない



  • No.4249 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年08月05日 00:38 [ edit ]

    本スレでも言われてたけど、もし秀頼が生まれなかったら…って考えてしまうな
    もちろん生まれてきちゃいけない命なんて無いんだけど、
    秀頼が生まれた事で色んな人の運命が変わってしまったよね…



  • No.4250 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年08月05日 01:13 [ edit ]

    ここでカイ康覚醒か
    まあ、この後はどんなに忠義ぶっても説明不可能なくらい、
    豊臣家を無視して独断で進めていくからなぁ。

    もっとも遺言無視して婚姻進めてた時点で、天下取りの意思はあからさまだったと思うけど、
    ここまで引き伸ばした作者さんの腕に感服するわ。



  • No.4304 名前:  投稿日:2010年08月07日 22:24 [ edit ]

    話の流れぶった切ってすまんが。

    忠恒としてはいまだに伊集院の主人のつもりだったんだな。
    だから「主家の意向を無視する臣下を罰して何が悪い」って感じになる。
    伊集院も島津も秀吉から直接領地もらってる時点で同格だってことが分かってないんだ。
    それでも元主君の誼で島津が中央に睨まれないように手を尽くしているのに「奸臣」扱いじゃ浮かばれんよなぁ。



  • No.4341 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年08月09日 03:02 [ edit ]

    三谷新撰組は明らかに「確信犯」だろ。
    「歴史は違った形で伝わることもある」という逃げ道用意して。
    なにしろ、坂本竜馬を関西弁でしゃべらせた人だし。



  • No.26811 名前:名無しの日本人 投稿日:2014年12月04日 21:27 [ edit ]

    次代の豊臣については、家康は残したかったのだけど秀忠と取り巻きが徳川のためにぶっ潰したって説もあるよね



  • No.27185 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2015年06月25日 00:50 [ edit ]

    若い衆からしたら家康は勝ち逃げ平和論者だしな。戦がなくなったら困る連中にとっちゃ平和なんてお呼びではない。



  • No.27298 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2015年10月16日 16:09 [ edit ]

    秀次が存命で、有力大名が補佐する政権が出来たとしても、秀次の嫡男と秀頼の間で王権の争いが起こり、
    結局関ヶ原は不可避だったように思う。
    誰がどう生き残るかが変わるだけで、結局は徳川家親藩(特権層の親族)と幕府のような中央行政機構(幕府・役人)
    が分離して機能する世になるまで続くかと。

    家康が上手いのは、①とにかく子供を作りまくって後継者のスペアを確保に務めたこと
    ②一族の内紛による権力基盤瓦解を防ぐため、親藩は十分な石高で地方に、
    譜代は薄給の代わりに中央で政治権力をと、今の政治にも通じる絶妙な体制を整えたこと
    ③朝廷・豊臣家・諸大名に至るまで、恫喝や諜報、籠絡などあらゆる手段で徹底的に力を削いで外敵を排除
    ④これらを同時進行で進めていったこと

    こうして書くと、信玄や後北条氏に徹底的に学んでること、秀吉の失敗に学び独裁者で終わらず、
    きちんと配下の役人たちに権力を分掌して権力者抜きでも世が回るようにしてることがわかる。
    結局皇帝ではダメなんだよね。家康のようにある程度達観して権力を手放せるようにならないと。

    その意味では織田信長の天下も、たとえ本能寺がなくても、その死後早々に瓦解していたと思われる。



  • No.27370 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2016年01月09日 23:10 [ edit ]

    いや家康が学習したのは同時代からだけじゃないぞ。
    源頼朝の死後に起きた身内と家臣の内ゲバも吾妻鏡からも学習してる。
    だから身内に関しての対処が完璧だった

    信長に関しては同感。
    仮に本能寺の変を生き延びて信長が天下取っても多分政権の寿命は短かったと思うわ。
    信長本人が実力主義な上に後継者が順当に考えれば信雄なわけだろ……?w



  • No.27561 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2016年09月26日 20:06 [ edit ]

    織田の家督は信忠だろw



  • No.27602 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2016年10月23日 21:55 [ edit ]

    ※27561
    信忠も本能寺の変の直後に二条城で死んでるだろうが。
    そこに信長だけ生き残っても後継者は繰り上がりで信雄になるよねという話だろ……



■コメント投稿
     行間隔の関係でアスキーアートを貼りつけてもズレが酷いことになりますので、
     アスキーアート付きのコメントは削除する方針です。
     荒らしの書き込みに対してレス・言及しているコメントも削除対象ですのでご注意ください。
プロフィール

管理人 : 「ピチカー党員No.11」こと金ニダリスト

       ___
      |それ金|
    z'| ── 、
    / ハ ヘ u ヽ
  人/ノヽ ミ=‐...|_     生活の中心が株になっとる
    }≦ u 爻r.j. |彡}
  (  u  リ У{三≧
   ` ー─t r三勿 {气}
      厂 ̄(三)  `气


◆カウンター(ユニーク)    ◆カウンター(トータル)
       


全記事一覧

RSS

管理モード
ツイート
最新コメント
最新記事
まとめ記事
【歴史系】
【物語系】
【ゲーム系】
【学ぶ系】
連絡先はこちら

苦情・相談などありましたら、
下記のメールフォームにてご連絡ください。
(ファイル添付可能)

連絡用メールフォーム

貰い物紹介

TOP画像募集中

  

ダンジョンマスター作者様からいただいた逸品。
カナ、マジプリティ!



  

  

帽子屋HeII0様からの贈り物、しかも二枚!
各作品に対する愛情が伝わってきます。
帽子屋HeII0様のブログ - 「-simulacra-」

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
© それにつけても金のほしさよ All rights reserved.
まとめ