■新・やる夫の関が原戦線異常アリ 第3部 その19 「BACK TO BACK」
655 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/06(水) 23:35:44 ID:LL5eBnzc

おい 前スレ1000 本当にデータ消えたぞ





659 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/06(水) 23:42:26 ID:LEJ5uG.Q

マジで!?





656 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/06(水) 23:39:47 ID:NsGml7Gw

古いSFCソフトに無理させるからw





657 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/06(水) 23:40:15 ID:LL5eBnzc

ムシャクシャするから投下する





658 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/06(水) 23:41:06 ID:LL5eBnzc

<異聞・聖戦の系譜 ~ラケシス伝説~>

ラケシスについて 私は あまり好きになれなかった


             ,ハ /\      /::::::ヘ
       /´ヽ  ,/;:::::∨::::::::Y^⌒ヽ、{ケ:::::::::ヽ、
       /l:::::ノ!/::::/:l|:::_イ丶{:::ヽ、::::.ヽ::::::'⌒^ ̄,}
      ,//:::::/::::/:::::/l{ニ、ミ::::\::::::::.::::\: : :./´::|
     i /:::::/::::::::::::::::′∧ヽ\::::::::ヽ::::ヽ:.:.:.イ.:/:::::::;:
     /::::::::′/:::::::::/:::丿 '.:::::::ヽ:::::::ヽ:::::!::゛_,イ',::::::::ト、
   /:::::::/::::〃::::::/:::::|   ヽ::::|ヽ:::::::';::::l:\:::i|::::::::: : ::>
  , '::::::/::::/,ィ!/:::::l::::::L::∟、  、::|  \!:::::|:::::l\::::::::|ゝイ    私はエルト兄様のような人でなければ
  {::::::/:::://|'::::::l-/-ー- _   ヽl二,,'_'j::::|::::,ト、:::\::lル
  l::::// l:||::l:::::::::l,'___ _    '__ _}|:::レ'::!ヽj/ )ヽ     すきにはなれないわ
  `/,'  l:||::l:::ヽ∧ヾ` vソ     `V,ソ/|:::l丿::リ::|  `丶
  ( l  リl:!い::::::{tヘ ,,,,     ,     ,,,;l|::::|::/イ|::l     )    だから、だれの妻にもならないの 常識的に考えて
   ヽ l/ V|トrヘ、            ,イ.|::::|:::i|| リ
      \|::| ||::::ト、   (⌒ヽ  ィ:::レ':::::jl:::l
        |::::j人!::::|「 ト  __ , ´| ′イ八|
        |::/  i:::::::l l! |      ∨/::∧::丶
         |/  |:::::::l !レ        //::∧ ト、::::\_,
         /    l:::::::川      //::,ヘハL 「_ ̄ヽ
       / _ 厶ィ'::::/  ー一' _/∠_ヽヾ.     ̄`ヽ   ← ノディオンの王女 ラケシス
      / ̄   〃 j::/ ̄ ̄`  ´ ̄ ̄  ヾ.j       }
    /      {{              ヾ.j


何故にと問われても説明に困るが とにかく上記のセリフは無性に癇に障ったことは確かだ





660 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/06(水) 23:42:40 ID:LL5eBnzc

その「エルト兄様」ことノディオンの獅子王エルトシャンとは第3章で相対するのであるが
これが桁外れに強かった


                            / ̄ ̄\             _______  / ̄/
   , -ー―- , ___、 -ー―ー-,r'゛'‐v‐ ,、- , .:.:.:.:/.:,.,\.:.:.:/\ .        /          / / /
   ゛' ゛'  ,:::::::::::::::::::_::::_:::::::::::::::::゛' ,::::::\:゛‐, |.:.:.:.:(○(○  |.         /          / /レ/ / ̄/
     , ゛' ゛'  ,:::::!::::::::゛' 、-ー- ,:゙i::::゙i:::゙i::〈.:|..:.:.:(__人__) |..       /_____   /     / /
    ゛  ,  ゛' ゛'  ::,_-i''`、..,,,. ゙i:\::\\ (,.:.:.:.:.:`⌒´  |.               /  /     iY/
    ゛'  ゛  ,  ゛' ゛'  , ̄_-ミ_',:::::!、::::゙i::゙i {..:.:.:.:.:_.  ,r'               /  /
         ゛'  ゛  ,  ゛' ゛'  ̄゛',t-,r、 -ー  (, . ゙i_,r':゙ii      _____/  /
   ゛ '   ,     ゛'  ゛  ,  ゛' ゛゙ッ,, ゛    ゛  ー―!、ミ_,.,゙i:l     /             /
   :::::::::::::::゛ '   ,    ゛'  ゛   ,   ゛' ,   、 ニ'- ゛ ' ‐-゙i;;\(,  .  /_______/
  :::::::::::::::::::::::::::::,,r''   ,     ゛'   ゛   ,`'‐゙.,'‐- _, !、 _i:::;;;;;;;゙i          _从
  ::::::::::::::::::::::::::::(,\,,/゛ '   ,            ゛ '  ゛' -'`i::::::;;,r'- ̄       / / _从__
  :::::::::::::::::::::::::、ッ ̄:::::::::::__ノ.ソ '   ,         ゛ ' ゝ;;,:::::!、        ./,.,// //  /
  :::::::::::、==ッ:::::::::::_┌フ_l ゛,' ニ≡{il::゛ '   ,        ゛ '  ,_       ." /,、/'´ /
  :::::oッ:::::::::::::::::┌フ'_l'┘ !. ゙i'ミ_ニニニ[=ri;;゛ '   ,           ゛ '  ,_      ゙ //
  ::::::::::::::::::::::、  ` /ッ゙i. ゙i. | |. !×|.   ,r'`ッ\,__゛ '   ,        ゛ '  ,_
 ::::::::::::::::::/ ,' ,r' 、`   \ ゙i!. l. |×L/. /     \.' , ゛ '   ,        ゛ '   ,_
::::::::::::::::,,r'  ,'. l. ,'__ __  \(,(, !Ξ!,r',r'´  __ 、,r'   ゙i ゙i     \ '   ,        ゛ '・
::::::::::::::,r'  , '.  i i _ _ 二ニ゛>,,r''^'(, ニニ二__   ___! l     ゙i.、,::::゛ '   ,
v⌒゙i,'   ,r'   l. !   ,. --ー''´::::::::::::::゛' ,ー‐- ,,,,____,,! 丿   /ゝ !、:::::::::\゛ '   ,
  ,r'ミ_,入_ __ (, l-ー'`、-.,__、-v-,::::::::::::::::゛''‐-  ,____,ッ!、_, 二7''-ー`´フl:::::::::゛'‐-  ,゛ '
、 !  ,r' ゛'‐-,r' ´::::::::::::::l      ゛` ̄\:::::::::::::::::::::::::::゛'i/-<`〉     !::::::::::::::::::::::::\,  ゛
、i  ソ_ _,, / - ,:::::::::::::,,r'            !、___:::::::::::::::::::,r';;' ー-ミ_二ニッ`::::::::::::::::::::::::::::::::'‐-
゛',r'-‐/    \、--゛             ``  ̄゛ ,';ニ三二ミ_ニニ,r':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、,r  ← ノディオン公 エルトシャン
                               i        ゛/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!



精鋭騎馬軍団「クロスナイツ」を従え「魔剣ミストルティン」を片手に突撃するエルトシャンは
シアルフィの軍勢を木端微塵に吹き飛ばし 公子シグルドも瞬殺してくれた


         ____
       /ノ   ヽ、_\
     /( ○)}liil{(○)\     ちょっとおっ!
    /     _´_    \
    |   ヽ |!!il|!|!l| /   |   僕たち親友のはずでしょおおおおお!!
    \    |ェェェェ|     /

  ↑ シアルフィ公子シグルド
    (以下「できる夫」と表記)





661 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/06(水) 23:44:01 ID:LL5eBnzc

この惨状に そっとリセットボタンを押した私は できる夫と談合した


      ,..-‐-- 、、
    ,ィ":::::::::::::::::::;;;;;:ii>;,
   /:::::::::::::::;;;;;;;;iii彡" :ヤi、
   .i::::::::::::;:"~ ̄     ::i||li
   .|:::::::::j'_,.ィ^' ‐、 _,,. ::iii》    ヤベーよあいつ
   .|:::i´`   `‐-‐"^{" `リ"゙
   ヾ;Y     ,.,li`~~i      あんなん勝てっこねーよ
    `i、   ・=-_、, .:/
       ヽ    ''  :/
       ` ‐- 、、ノ



         ____
       /     \      そうですね…… でも まあ……
      / _,ノ    \ \
    /  (●)   (●) \   勝てそうもない相手と無理に戦うことはありませんよ
    |      ´       |
    \      ⌒     /





662 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/06(水) 23:45:50 ID:LL5eBnzc

        ____
      /     \      古来より勝てない相手には調略と相場が決まっています
    /  -     - \
  /   (●)  (一)  \    そして そのための手駒が我が陣営にはいます
 |      __´___     |
 \      `ー'´     /
 /     ∩ノ ⊃   /
 (  \ / _ノ |  |
. \ “  /__|  |
   \ /___ /



            ____
           /     \
          /  \   /\     というわけでラケシスさん
        /   (●)  (●) \
      |         ´     |    お兄さんに こちらへ寝返るように
      \       ⌒    /
    / ̄ ̄ヽ           \    説得してきてください!
   (「    `rノ          \
    ヽ   ノ              \
     |   |             「\   \




      , ⌒ハ           ハ⌒ 、
     j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .::::::::i
     ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i
    /ル/:::::リγ::..:::::..:..ヘ、: : : : ::ノy:::::::リ
     Yyノ(::. ::.ノ ノ    ヽ、ヾ:::::( ルノリ
       ヽ:::( (●) (●) ):::::ノ(      まかせてね♪
         リ(i   r‐-  iィ))`)
        ((ハ:.ゝ ヽ ノ ノいノ:(リ
        ,..ノj/ lヘ_ // 丿lノ卜.、∩
    _ ,、r‐"  、/l("!´ っ..l l |: ′`'' | |-,/)
r-r;''´    `、/´ |lぅ夕  1ヽ..-.,,_ 丿}ノ /ノ)
(,_{ハ_ ,,  ''-‐1  ‐/    ゙'〈/⊂ニ  '"  ニ⊃
        ヘ        ノ,′   `'=>'''"´
         ノ      //


私とできる夫は ラケシスに兄を返り忠させることを命じた





663 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/06(水) 23:47:40 ID:LL5eBnzc

密集隊形で突撃してくる騎馬軍団をかわし 兄のもとに辿りついたラケシスは説得を開始


             ,ハ /\      /::::::ヘ
       /´ヽ  ,/;:::::∨::::::::Y^⌒ヽ、{ケ:::::::::ヽ、
       /l:::::ノ!/::::/:l|:::_イ丶{:::ヽ、::::.ヽ::::::'⌒^ ̄,}
      ,//:::::/::::/:::::/l{ニ、ミ::::\::::::::.::::\: : :./´::|
     i /:::::/::::::::::::::::′∧ヽ\::::::::ヽ::::ヽ:.:.:.イ.:/:::::::;:
     /::::::::′/:::::::::/:::丿 '.:::::::ヽ:::::::ヽ:::::!::゛_,イ',::::::::ト、
   /:::::::/::::〃::::::/:::::|   ヽ::::|ヽ:::::::';::::l:\:::i|::::::::: : ::>
  , '::::::/::::/,ィ!/:::::l:::::l\!    、:| `イi::::::|:::::l\::::::::|ゝイ    兄上! 私です ラケシスです!!
  {::::::/:::://|'::::::l::/L_:;ヽ    ヽィl二,_ j:::|::::,ト、:::\::lル     無意味な戦いはおやめ下さい
  l::::// l:||::l:::::::::l,'l { ト;ハ`     '´‘;!iメj }|:::レ'::!ヽj/ )ヽ
  `/,'  l:||::l:::ヽ∧ヾ` vソ      Vノ /|:::l丿::リ::|  `丶    陛下が 軍を退いて下されば
  ( l  リl:!い::::::{tヘ ,,,,     ,     u;l|::::|::/イ|::l     )   できる夫様には
   ヽ l/ V|トrヘ、            ,イ.|::::|::i|| リ         戦いを続けるおつもりはありません
      \|::| ||::::ト、   (⌒ヽ  ィ:::レ':::::jl:::l
        |::::j人!::::|「 ト  __ , ´| ′イ八|          できる夫様を信じて
        |::/  i:::::::l l! |      ∨/::∧::丶          戦いを思いとどまってください 常識的に考えて!
         |/  |:::::::l !レ        //::∧ ト、::::\_,
         /    l:::::::川      //::,ヘハL 「_ ̄ヽ
       / _ 厶ィ'::::/  ー一' _/∠_ヽヾ.     ̄`ヽ
      / ̄   〃 j::/ ̄ ̄`  ´ ̄ ̄  ヾ.j       }
    /      {{              ヾ.j



                    ___
                  /      \
                /     、_,ノ  ヽ
               /       (● ) 丶
             /         (⌒  l             ……わかった、ラケシス
            /             ̄l__)     __       もう一度 陛下を説得してみよう
         r‐ ‐-- 、               ノ    |  ̄`》
         上: : : : : :>‐-.、__         /      〉二〈       同じ命をかけるなら
     レ<>㍉、: : : : : : : : :>      /        |ニニ|       不本意な戦にではなく友の為に戦うのが
    /: : : : : : : : :ヽミ、: : : :/>ヾ,__ン         |三ニ|       騎士の生き方だろう
  /;. -‐- 、: : : : : :=ド、ヽ//   j `.-、         /ヘニ7⌒)
 //_/ ̄ヽヽ |: : ニ||: }}: ≫≪=: : :_≫      / ィニにン-、    常識的に考えて!
||`|`i⌒j |||二//: :}}: 二//: /           / ノ / _/-、
/∧ ゝ二 ノ ノ: !二ノ_ }}: =//: :\            |  (__,イ_,. -<
| ヽ` ー--イ : =∀ニ|r‐㍉、」」、}: : : ≫    (`ー‐┴ー┴‐ー┴---'‐'")
|: : :`:ー┬': : =/二 \: : :=}}ニVX´        ̄,《「 ̄ ̄ ̄ ̄「 ̄ ̄
": : : :|=: |=: : =|ニ: : : : \ノ=三|:、\      ri´: : | ̄ ̄ ̄ ̄|
: : : : :|二|二二|ニ : : : : }}}=〉ニ=ト:二ユ__  /: i!: :_x≦'" ̄ ̄\
: : : : :ヽ=|二/ニ: : : : : }}}=|ニ=|ニ: : : : 〃´: : ;x<: :: :: ≧ \   |
: : : : : ヽ\/|二_: : : :}}}ニ|ニ=/<: : //: : :/:: : :: :://: :\___
: : : : : :、:\=〉‐-- 二_ー‐'ニ/二二|: |//:: :: _:: ::l=/:: ::=_:ヽ=、:: ̄





665 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/06(水) 23:50:05 ID:LL5eBnzc

これが功を奏し
エルトシャンは寝返りこそ打たないものの単騎で戦線を離れ最大の脅威は去った


                 , ,.ノ 、
                  l (● ●)
                  | (__人)|
                   ヽ    ノ
                /  ∧彡ヘ
               らゝ,ュ/ ・  ヾ
                `.,イ/  ヽ_)
                 〈,イ    {、 )
                ,'. ゙;,   `ヽ)
                  {、, ゙     .l
                l  ,;  r‐<´ .ト、ミミヾ、
                l  ,;_l に,ノ:::ヽ ヾミ三彡"
                   l ト(. l lヽ:::::::::ノ.
                 l、_ノ::>.l l く::::r'.
                 /:/ 〈__,〉. l:::l
                 /:/   ,   l:::l
                /:/    ;   .l:::l.
                 〈;;ゝ       .〈;;;ノ   ,;  : ,.:
          、  、;, 、.,'    ' ;'   ,. '";', "'
           ` ゙\ ;.,. ,..”,' / , ,./,. .;'__
     ___,,,,,,,,,... -----―――'''''''''''"""" /
'''''''''""""__,,,,. -‐''''"  _,,. -''" ,,. -'' ,,.-'' ,r'" /




 *  + ,. ⌒ハ    ハ⌒巛 ヽ
  .     リ:::/, ::⌒⌒..:::ヾ 〒  !   +    。     +    。     *     。
      リレ:::: ノヘ ヽヽ,:::; |  |  兄様ーーーーーーーー!
         +)(●)●)):::::: / /   +    。     +    。 +    *
     * ( ( ワ '' ,ハ::: ,/ /
          )ハゝ  ,(((/ / +    。     +    。   *     。
           ノ)∨y'∨ | f
         ,-(:::ヽ/:::::i *     +    。     +   。 +
        / ュヘ:::::::::::::::i
       〈_}_,,)ーーヽ +    。     +    +     *
       / ̄|      i
       |   i \____,,! 。     +    。   *     。
       |   |   |  | ||| ガタン
     ―(_/―――――――――




          ,  -─ - 、
       , -'´     l、   ` 、
     /       ノ ヽ    ヽ
    冫  ノ彡,ィ/    ヽ.   l
     7  l       _,. l!   l
     レ'、r l=-、;__,r-=、_ l,_  ノ   やれやれだな
      ヽlー─'l  ー‐' `lノ /
       ',   `     /,ノ                ____
        ヽ  -─-  ノi'                /     \
        lヽ、__ / _l、              / ⌒   ⌒ \
     _,r '゙|ニ= 、 , 一' ´ ,ト 、 _         /   (⌒)  (⌒)  \  まったくですね
-‐'.´ ̄/;;;;;;;;|>/ヽ二二´ノ;;;;;;;;;;;;ヽ`'';;;;     |      __´___     |
;;;;;;;;;;;;<;;;;;;;;//l  :: ヽ /;;;;;;;;;;;_ - ';;;;;;;;      \      `ー'´    /
;;;;;;;;;;/;;;< / /   ::. ヾ;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;      ノ           \


だが 次の瞬間 事態は私にもできる夫にも予想のつかなかったものになった





666 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/06(水) 23:51:34 ID:LL5eBnzc

エルトシャンは離脱したものの その配下である騎馬軍団は未だ戦場に留まっていたのであるが……


      /ミ∧            ...      /ミ∧            ...      /ミ∧
     / ・ |ミ<\  /      ......     / ・ |ミ<\  /      ......     / ・ |ミ<\  /
     (_)' |ミ=(゚Д゚ )ゝ ……   .     (_)' |ミ=(゚Д゚ )ゝ ……   .     (_)' |ミ=(゚Д゚ )ゝ ……
<三三》ミ/  キミとヽ=ゝ━━━━∝<三三》ミ/  キミとヽ=ゝ━━━━∝<三三》ミ/  キミとヽ=ゝ━━━━∝
      |‐-"キ‐(⌒)'"⌒"キミミ .....      |‐-"キ‐(⌒)'"⌒"キミミ .....      |‐-"キ‐(⌒)'"⌒"キミミ
      |Ω‐'"〈__し'〉γ   |   ..      |Ω‐'"〈__し'〉γ   |   ..      |Ω‐'"〈__し'〉γ   |
    (~ニL( ソ  || |( _,ノ、ゝ  .    (~ニL( ソ  || |( _,ノ、ゝ  .    (~ニL( ソ  || |( _,ノ、ゝ
     ヽ_7/ /ー'"⌒`ヒ`ー‐ヘ\  .     ヽ_7/ /ー'"⌒`ヒ`ー‐ヘ\  .     ヽ_7/ /ー'"⌒`ヒ`ー‐ヘ\
      / /      〈__ゝ  ヽヽ.....      / /      〈__ゝ  ヽヽ.....      / /      〈__ゝ  ヽヽ
     〈__/           〈__| .     〈__/           〈__| .     〈__/           〈__|
      /ミ∧            ...      /ミ∧            ...      /ミ∧
     / ・ |ミ<\  /      ......     / ・ |ミ<\  /      ......     / ・ |ミ<\  /
     (_)' |ミ=(゚Д゚ )ゝ ……   .     (_)' |ミ=(゚Д゚ )ゝ ……   .     (_)' |ミ=(゚Д゚ )ゝ ……
<三三》ミ/  キミとヽ=ゝ━━━━∝<三三》ミ/  キミとヽ=ゝ━━━━∝<三三》ミ/  キミとヽ=ゝ━━━━∝
      |‐-"キ‐(⌒)'"⌒"キミミ .....      |‐-"キ‐(⌒)'"⌒"キミミ .....      |‐-"キ‐(⌒)'"⌒"キミミ
      |Ω‐'"〈__し'〉γ   |   ..      |Ω‐'"〈__し'〉γ   |   ..      |Ω‐'"〈__し'〉γ   |
    (~ニL( ソ  || |( _,ノ、ゝ  .    (~ニL( ソ  || |( _,ノ、ゝ  .    (~ニL( ソ  || |( _,ノ、ゝ
     ヽ_7/ /ー'"⌒`ヒ`ー‐ヘ\  .     ヽ_7/ /ー'"⌒`ヒ`ー‐ヘ\  .     ヽ_7/ /ー'"⌒`ヒ`ー‐ヘ\
      / /      〈__ゝ  ヽヽ.....      / /      〈__ゝ  ヽヽ.....      / /      〈__ゝ  ヽヽ
     〈__/           〈__| .     〈__/           〈__| .     〈__/           〈__|





667 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/06(水) 23:52:40 ID:LL5eBnzc

このエルトシャンの忠実な配下たちが突如として
説得のため突出し孤立していたラケシスに一斉に襲いかかって来たのである


┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨

        (  _)                        (  _)
  <>巛━━´(_) )-∩━━     (  _)     <>巛━━´(_) )-∩━━
        ,(゚Д゚)ノ i   <>巛━━´(_) )-∩━━      ,(゚Д゚)ノ i
       /ヽVソ i!        ,(゚Д゚)ノ i         /ヽVソ i!
       |ゝ[≡]/ノ        /ヽVソ i!         |ゝ[≡]/ノ
       `〈゙ ミ,/>ヽ,,       |ゝ[≡]/ノ         `〈゙ ミ,/>ヽ,,
       / l`,ll"l  !≡ゝ     `〈゙ ミ,/>ヽ,,        / l`,ll"l  !≡ゝ
       |゙゙ゝi_i/ i | ヽゞ   / l`,ll"l  !≡ゝ       |゙゙ゝi_i/ i | ヽゞ
       ゙|#l -,,i ;i ,|       |゙゙ゝi_i/ i | ヽゞ      ゙|#l -,,i ;i ,|
        l ,v〉/ ノソ      ゙|#l -,,i ;i ,|          l ,v〉/ ノソ
(´⌒;;(´⌒;; ー ,i#i   (´⌒(´⌒;; l ,v〉/ ノソ   (´⌒;;(´⌒;; ー ,i#i   (´⌒(´⌒;;
 (´⌒(´⌒;;   ! i!  ⌒(´(´⌒;;(ー ,i#i   (´⌒((´⌒(´⌒;;   ! i!  ⌒(´⌒;;
.     (´⌒;;  i_,,> ,,,(⌒;;ヽ;(´⌒  ! i!  ⌒( .     (´⌒;;  i_,,> ,,,(⌒;;ヽ;;,.")⌒ヽ;
                . ´⌒;;  i_,,> ,,,(⌒;;ヽ;;,.")⌒ヽ;


               , ⌒ハ           ハ⌒ 、
               j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .::::::::i
              ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i
              ル:::::リγ::..:::::..:::...ヘ、: : : :: ノy:::::::リ
               Yyノ ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::) ルリノ
                 リ:/ ̄)( ○) (○::(\
           .      / /  ,,  r‐ァ リ.) ) \   え ちょ! なんでーーーーー
               ./ / ) )、    ̄ノくハ( )  )
               (  (,(.( ' ヘ   い ノ:::))' /
               \    )) -    - ((( /
                 \ ヽ .  ┌┐ヽ  Y
                   .i ! ┌┘└┐┌┘i
                    ヽ└┐┌┘└i ノ


    どうやら この妹姫 ノディオン家中では ずい分と嫌われていたようだ





668 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/06(水) 23:54:00 ID:LL5eBnzc

思い起こせばラケシスには第2章に兄が最も信頼すると言う3人の部下が護衛に付けられていた


                  . ━━━━O/⌒ヽ━━━━ロニニ>
                       ∧,,∧(^ω^ )
                      /ο ・ )Oニ)<;;>
                      /   ノ lミliii|(ヾゝ
                     (o_o,イ__ヽ´|(__) ノ~⌒)彡
                        ノllllllllヽ| | ̄ノl ノ
                       / /~ヽ ノ'''''''~ヽヽ\ヽ_
                       ヽニフ|_|   (_/  ヽノ
                           (_ヽ
. ━━━━O∧ ∧━━━━ロニニ>           . ━━━━O ∧ ,,∧━━━━ロニニ>
     ∧,,∧( ´Д`)          ,へ. -  ‐- .へ       ∧,,∧(`・ω・´ )
    /ο ・ )Oニ)<;;>         〈:::::ハ:人从:::ハ:::::〉     /ο ・ )Oニ)<;;>
    /   ノ lミliii|(ヾゝ          ):イ(● ●)Y)::(,     /   ノ lミliii|(ヾゝ
   (o_o,イ__ヽ´|(__) ノ~⌒)彡      ,人 -  .ハリ      (o_o,イ__ヽ´|(__) ノ~⌒)彡
      ノllllllllヽ| | ̄ノl ノ        ( ハ <v> (ハ(        ノllllllllヽ| | ̄ノl ノ
     / /~ヽ ノ'''''''~ヽヽ\ヽ_       ( 〉 |: |)         / /~ヽ ノ'''''''~ヽヽ\ヽ_
     ヽニフ|_|   (_/  ヽノ       く/_j _j 〉        ヽニフ|_|   (_/  ヽノ
         (_ヽ                し'ノ             (_ヽ


この3人 平素は常にラケシスを囲み護衛の任務を全うしているように見えたのだが……





669 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/06(水) 23:55:31 ID:LL5eBnzc

いざ前線で敵影を発見するや ラケシスをほっぽり出し 生きては戻らぬ無謀な突撃を開始した


. ━━━━O/⌒ヽ━━━━ロニニ>
     ∧,,∧(^ω^ )
    /ο ・ )Oニ)<;;>
    /   ノ lミliii|(ヾゝ
   (o_o,イ__ヽ´|(__) ノ~⌒)彡   ┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨
      ノllllllllヽ| | ̄ノl ノ
     / /~ヽ ノ'''''''~ヽヽ\ヽ_
     ヽニフ|_|   (_/  ヽノ
         (_ヽ

. ━━━━O∧ ∧━━━━ロニニ>
     ∧,,∧(´Д` )
    /ο ・ )Oニ)<;;>                                        _
    /   ノ lミliii|(ヾゝ                                   , '孑 <¨フi!\fi⌒ヽ 
   (o_o,イ__ヽ´|(__) ノ~⌒)彡   ┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨     /ソ: ´ヽ^V ┤: :iヽ: : :,     ちょっと!
      ノllllllllヽ| | ̄ノl ノ                                |/: レ'  '⌒V: :l、:>:}
     / /~ヽ ノ'''''''~ヽヽ\ヽ_                              イ/f、    ○l: : | }`:::i      わたしを置いて
     ヽニフ|_|   (_/  ヽノ                             /.,.:∧ ○     |イ 爪:::/      どこに行くのよーーー!
         (_ヽ                                    {ヘ: :八  rァ¨)ィ}ノ:::| `ヽ
                                               ヽ:| /三下、∧ヽ::{′
. ━━━━O ∧ ,,∧━━━━ロニニ>                         ∨:::::〈V介V、ヾ:l
     ∧,,∧(`・ω・´ )
    /ο ・ )Oニ)<;;>        ┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨
    /   ノ lミliii|(ヾゝ
   (o_o,イ__ヽ´|(__) ノ~⌒)彡
      ノllllllllヽ| | ̄ノl ノ
     / /~ヽ ノ'''''''~ヽヽ\ヽ_
     ヽニフ|_|   (_/  ヽノ
         (_ヽ


これは おそらく 意に沿わぬ任務を押しつけてくれたエルトシャンに対する当て付けなのだろう
そういえば関が原の戦いにもそんな人がいたなあ ……と 何をネタばれしているのだ私は





670 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/06(水) 23:55:35 ID:NsGml7Gw

カリスマ持ちなのによぉ・・・





671 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/06(水) 23:56:59 ID:LL5eBnzc

私は再びリセットボタンを押して できる夫との談合を始めた


                         ,. --‐- 、、
                        <ii::::::::::::::::::::::::`ヽ、
正直……                 ィiy: ゛ミiii;;;;;;;;:::::::::::::::'i,
                      il||i::    ̄~゛:;::::::::::::::!
私は あの女がいなくなっても    《iii:: _,,. r'"^゛、_ヾ::::::::|
                       t´ ゛}^"‐-‐'  ´`i:::|
特に心は痛まないのだが……     i~~´i|、.      Y:/
                        ヽ:. 、,_-=・    /'
                         ヽ:.  ゛   /
                          丶- -‐ ´



         ____
       /     \
.    /   ノ '  ヽ\     勘弁してくださいよ
.  / /)(ー) (ー)u\
  | / .イ    '       |    あれでも親友の妹なんですからね
.   /,'才.ミ).  ⊂つ  /
.   | ≧シ'        \     ……一応
 /\ ヽ          ヽ





673 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/06(水) 23:58:01 ID:LL5eBnzc

                                 __,,..-‐‐‐-、_
                                ,ィ´ィ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::ヽ
しかし「クロスナイツ」は流石に精鋭だぞ       l i'´ ゞ、:.:.:.:.:.:.:.:.::::`,
                               ヽn____v'´'i::::::::::::l
調略前に数を減らそうにも時間が掛かる       ノリ    リノ::::::::ゥ´
                                `l__   rゝ:::::ソ
その間にエルトシャンに                .  l   /: : :l
                                 ゝ=ニニ--‐‐ュ
我が軍が蹂躙されるのは明らかではないか     _,,-d三二彡".::::`'‐、
                              ,r'´/ l,.ィ'´:.:.:.:.:    ヽ
                            / ,r´  l:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.
                            ゝ ト、,  l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::l
                             `'ィ'´`'-‐':.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::l
                             l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::l



           ____
         /     \
       / _,ノ  ⌒ \
.     /   (一)  (ー)   \
.      |        ´    ij  |    仕方ありませんね……
     \     ⊂つ     /
     /           \





674 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/06(水) 23:59:00 ID:LL5eBnzc

        ___
       /      \         ここは発想を変えて……
     /   ⌒  ⌒ \
    /   ( ー)  (ー) ヽ      ラケシスが「クロスナイツ」に屠られないよう
    |  u   ___`___     |
    ヽ、    `ー '´   /      十分に強くなってもらいましょうか
 ⊂⌒ヽ 〉         く /⌒つ
   \ ヽ  /      \ ヽ /


私とできる夫は そっと第2章のセーブデータをロードした
ラケシスが できる夫の手勢となるこの章で この姫君のレベル上げを目論んだのだ





675 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/07(木) 00:00:00 ID:abNTv56Y

だが ここで問題が生じた
ユグドラル大陸でも強くなるための一般的な方法は やはり戦闘に参加することだ
すなわちラケシスにも前線に参加してもらう必要があるのだが 彼女には前述の無謀な三騎士が付いている


. ━━━━O/⌒ヽ━━━━ロニニ> . ━━━━O∧ ∧━━━━ロニニ> . ━━━━O ∧ ,,∧━━━━ロニニ>
     ∧,,∧(^ω^ )               ∧,,∧(´Д` )              ∧,,∧(`・ω・´ )
    /ο ・ )Oニ)<;;>              /ο ・ )Oニ)<;;>              /ο ・ )Oニ)<;;>
    /   ノ lミliii|(ヾゝ              /   ノ lミliii|(ヾゝ              /   ノ lミliii|(ヾゝ
   (o_o,イ__ヽ´|(__) ノ~⌒)彡         (o_o,イ__ヽ´|(__) ノ~⌒)彡        (o_o,イ__ヽ´|(__) ノ~⌒)彡
      ノllllllllヽ| | ̄ノl ノ             ノllllllllヽ| | ̄ノl ノ             ノllllllllヽ| | ̄ノl ノ
     / /~ヽ ノ'''''''~ヽヽ\ヽ_           / /~ヽ ノ'''''''~ヽヽ\ヽ_           / /~ヽ ノ'''''''~ヽヽ\ヽ_
     ヽニフ|_|   (_/  ヽノ          ヽニフ|_|   (_/  ヽノ           ヽニフ|_|   (_/  ヽノ
         (_ヽ                     (_ヽ                     (_ヽ


この三名は あくまでもエルトシャンの配下であり できる夫の命令を聞く気はさらさらない





676 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/07(木) 00:01:00 ID:abNTv56Y

できる夫の最も得意な戦法は「釣り野伏せ」である
無謀な突撃をする兵などは できる夫の戦術を破綻させかねない邪魔者でしかない

           ___
         ,/      \
      ,,---、   ノ  ヽ、\ ― 、
      l   l ( ○)}liil{(○)\  |    やめてーーーーーー!
      |   |   _´_    |  |
      |   | ヽ |!!il|!|!l| //  /    敵を誘き寄せてる最中なんだから
     ゝ      |ェェェェ|     /
彡    \          /       突っ込まないでーーーーーー!!
    彡  /          |
       ./              |


これではラケシスを前線に出すことは とてもじゃないが不可能だ





677 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/07(木) 00:02:00 ID:abNTv56Y

よってラケシスには前線からはるか離れた後方で
強くなるための もう一つの方法
魔法の杖を振るという作業に専念してもらうことにした


     .r-、  , ⌒ハ           ハ⌒ 、
     /て ) j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .::::::::i
    ( _ノ  フノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i
    ゝ、 〈 ル:::::リγ::..:::::..:::...ヘ、: : : :: ノy:::::::リ
   / ハ ヽYyノ ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::) ルリノ
   /〃 ヘ ヽ リ::::::( ( >) (<::(
   i !   \   ハ::::ハ    r‐ァ  リ) )
   丶丶   _ > ) ) )、   ̄ .ノくハ(
        ゝ'´- 、_  y-、ノ ヾ ソ ( \
      〈      ̄  う  Y  y、  ヽ
        `ー― ¬、__ノ      j >  /
            /      r'^ヽ'´ _/
            ,′ ::   `く__ノ





678 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/07(木) 00:02:58 ID:abNTv56Y

当然のこと 振る杖は魔力の高い方が より強くなれる
そこでラケシスには エスリンから「リターンの杖」を中古屋を介在して購入させた

                    ___
               , 二¨-―-- 、`丶、
               /_ ..-――-.. 、十ヽ\
            //::.::,:.:.:./::/::.::.l::.::`ヽ、\ヽ
               〃::/:::/:.:.:/::/::.:/::|::.:、:.::.::ヽ ハ `、
           l::.:::l:: ,':l:::/::/::.:/::;小:::l::ト、::.:V l ヽ
            {::.:::|:::l::|::l::/::.:/::/:/:_j⊥l::ヽ:!}  \
.           ハ::.::l:::|┼く:/::/ /'´ノ ヽ:∨::.:l |  /     大切に使って欲しいニダ
           〈 l::.:|:::l::|∠、ノ   , =≡V::.::/|/
           ヽヘ::ヽ::V⌒゙  ,   "゙ / :::,'  l〔
           /rヘ::\ ゛゛(__人__)  彡: / ./:::Y⌒i
            l冫/ }`ヽミヽ、ヽ、ノ, イ:`7十/::.::.:l |
           // /:::_rヘ_`二√ __〉/  レヘ::}  |
             //  ,'/夕r==、∨---/、/ f==ミフ  厂ト、
.        //  〃r7,イ|   >トマ ̄〉 7ヽ厶ィ {ヽ 」__/ / 〉
     , -‐'7/ /:.rク/ {ニ=彳/ ハ ∨,  / ̄:{八_‐-┴勹    ← レンスター王子の妻 エスリン
   /   /  /: :/7/  /,イ/ / /、/_ /: : : :|:厶 `^´ 人      できる夫の妹




             ,ハ /\      /::::::ヘ
       /´ヽ  ,/;:::::∨::::::::Y^⌒ヽ、{ケ:::::::::ヽ、
       /l:::::ノ!/::::/:l|:::_イ丶{:::ヽ、::::.ヽ::::::'⌒^ ̄,}
      ,//:::::/::::/:::::/l{ニ、ミ::::\::::::::.::::\: : :./´::|
     i /:::::/::::::::::::::::′∧ヽ\::::::::ヽ::::ヽ:.:.:.イ.:/:::::::;:
     /::::::::′/:::::::::/:::丿 '.:::::::ヽ:::::::ヽ:::::!::゛_,イ',::::::::ト、
   /:::::::/::::〃::::::/:::::|   ヽ::::|ヽ:::::::';::::l:\:::i|::::::::: : ::>
  , '::::::/::::/,ィ!/:::::l::::::L::∟、  、::|  \!:::::|:::::l\::::::::|ゝイ
  {::::::/:::://|'::::::l::/l_∟、    ヽl二,,'_'j::::|::::,ト、:::\::lル
  l::::// l:||::l:::::::::l,'l {::::::ハ}    .{{:::::::j }|:::レ'::!ヽj/ )ヽ      む 無料ではくれないのね
  `/,'  l:||::l:::ヽ∧ヾ`;;;;;ソ    ハ;;;ノ /|:::l丿::リ::|  `丶
  ( l  リl:!い::::::{tヘ ,,,,     ,     ,,,;l|::::|::/イ|::l     )
   ヽ l/ V|トrヘ、          u ,イ.|::::|::i|| リ
      \|::| ||::::ト、  ゝ ̄,フ  ィ:::レ':::::jl:::l
        |::::j人!::::|「 ト  __ , ´| ′イ八|
        |::/  i:::::::l l! |      ∨/::∧::丶
         |/  |:::::::l !レ        //::∧ ト、::::\_,
         /    l:::::::川      //::,ヘハL 「_ ̄ヽ


この杖を手に入れたことによりラケシスは効率的に強くなるはずだったのだが
ここで新たな問題が発生した





679 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/07(木) 00:04:49 ID:abNTv56Y

武器も杖も使用すれば劣化もする 当たり前のことだ
そして これを修理するにもお金が掛かる これも当然だ
さらに強い武器の修理代が高くなることも必然 その結果……


  , ⌒ハ           ハ⌒ 、
  j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .::::::::i
 ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i
 ル:::::リγ::..:::::..:::...ヘ、: : : :: ノy:::::::リ   できる夫様ーーーーーー
  Yyノ ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::) ルリノ
    リ::::::( ∩l^l^lnnl^l^|::(      杖の修理代が
.    ハ::::ハ ヽ   ∥  ノ) )
     ) ) )/  人  lくハ(      なくなっちゃったーーーーー
    (,(.(/  /  ヽ ヽ、::))
    ノ/  / ヾ ソ ̄ \ヽ( 、
    /   /    Y    ヽ !
    l    l.......    .....  i l
     ヽ__,':::::::::   ::::: .ノ ノ





680 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/07(木) 00:06:21 ID:abNTv56Y

ところで できる夫の軍勢は 実は正規軍ではない
正規軍は 現当主であるできる夫の父が遠征に引き連れている
できる夫の軍勢は私兵のような配下と友人が手弁当で戦に参加してくれているのだ
そのためか この軍勢には「軍費」という概念がない


 (( (ヽ三/)        (ヽ三/) ))
  .  (((i )   ___   ( i)))
  / /   ./ノ   ヽ_\   ヽ \   というわけで
  (  く   /(●)  (●)\   > )
  \ `/::::::⌒ __´___ ⌒:::::\' /   杖の修理代は自分で何とかしてください
    ヽ|        ̄      |/
      \              /




  , ⌒ハ           ハ⌒ 、
  j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .::::::::i
 ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i
 ル:::::リγ::..:::::..:::...ヘ、: : : :: ノy:::::::リ
  Yyノ ノ :ノ...:ノ ノU ヽ ::::::) ルリノ
    リ::::::( ( ー) (ー::(
.    ハ::::ハ U,,  r‐ァUリ) )     そんなあ……
     ) ) )、 U  ̄ノくハ(
    (,(.( ' ヘ   い ノ:::))
    ノ/)`   ヾ ソ ̄(( 、
     ,'   ノ    Y    Y
     l: ( ......    .....  i
     lヾ. .. ::::::::   ::::: .ノ


さらにユグドラル大陸は商業が未発達なうえに今は戦時中
金を稼ぐ手段が非常に限られている





681 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/07(木) 00:07:16 ID:abNTv56Y

  , ⌒ハ           ハ⌒ 、
  j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .::::::::i
 ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i
 ル:::::リγ::..:::::..:::...ヘ、: : : :: ノy:::::::リ
  Yyノ ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::) ルリノ
    リ::::::( ( >) (<::(        誰か! お願い!
.    ハ::::ハ  ,,U   Uリ) )
     ) ) )、    ̄ノくハ(        お金貸してーーーーー!!
    (,(.( ' ヘ   い ノ:::))
    ノ/)`   ヾ ソ ̄(( 、
     ,'   ノ    Y    Y
     l: ( ......    .....  i
     lヾ. .. ::::::::   ::::: .ノ


そして この大陸の人は金銭感覚が非常に厳しく
どんなに金が余っていようとも よほど親しい相手でない限り
決して金銭の貸し借りは行わない


       i\
       |,,,, \
       i ヽ ゝーーー ,,,,,__   //i            ー┼‐ ヽ
       i ノ         ` y /  i    /        .イ⌒ヽ
     /  ◎           /;;;  i   /           ヽノ  ノ
     /       o     ◎  ;;;   i  | _/_ ヽ
.    /    __二二___      \  i  |  / _l    |ヽL' ノ__
   /  ./´ / !   ! ト、      `ーil  |    (_ノ~   .|ノ|ヽ ノ |
    |  /メ」ノ{   i  !ヽ/\      j!  |    _      ̄ ̄
   ! i {.ーrァ┐、 「`+=イ_.イ     /  !  / /\   |  |
    ヽ、| (●) \{ ´(●)j/V    i´   |  /  /  /    レ |
     i7 /// 、     /// ノ(    {  _|  \/ _/      ノ
     人   `Y ̄`ヽ   ノハ「   ノ  `ヽ.  _l___
.     ゝ > .. ゝ.   ノ ..イ∧|  ノ     |   / _ll
      `i   ,..≧=r   {--、::八{リ      |   /
       /! { ! / / >、        |  /  (_
                          \

 ↑ ユングヴィの公女 エーディン





682 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/07(木) 00:08:19 ID:MmC1jya.

親しいというか肉体関係結んだ相手にしか・・・





683 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/07(木) 00:08:21 ID:abNTv56Y

    , ⌒ハ           ハ⌒ 、
    j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .::::::::i
   ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i
   ル:::::リγ::..:::::..:::...ヘ、: : : :: ノy:::::::リ
    Yyノ ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::) ルリノ
      リ::::::( 〈 >〉 〈<::(       あーーーーーん
.     /ハ::::ハ 。゚  r‐ァ ゚リ) )`,
     ノ/) ) .゜i⌒i. ̄ _ノ゜ハ(       どうしよーーーーーーー
    /  ⌒ヽ.ノ ノ'"´(;゚ 。 ))
   / ,_ \ l||l 从\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.


ラケシスの強化は ここに万策尽きたかに思われたが……





684 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/07(木) 00:09:01 ID:abNTv56Y

          ___
         /―  ―\
       / ●   ●  \        お姉ちゃん このお金を使うといいお
   /⌒ヽ|⊃ (_,、_,) ⊂⊃ |/⌒i
   \  ヘ         /  /



ここで 思わぬ味方がラケシスの前に現れた



    ,' ⌒ハヽ、,_r - -¨⌒`へ _,、,ハ⌒ 、
   ノ....:::::::::.%〃:::::::::::::::::::::::ヘ::::::::::::ヽ`ヽ:::::::::::ハ
  i...:::ィ::::∧::::::::  ::_::::::::,::::ハ:::::::::::ヽ:ヽ ´丶:/:i
  ト..:::/::/::|/:::  :/´:::::::::メ:/ヽ:::i::::::: :ゝ:::ヽy::::::::i
 /.:::ノ::::リ/:::/:::::/:::/´::::/::/| l:::::l::::::::::::丶::ヽ::::::リ
 {.: 〈jYyノ::/::::イ:::::::::::::::::/|/ l:::/l:::/l::::::::i:ヽ::l:::〈
  )   |/|/:::;;/l;::/.レl/,. j  l::/l;:/ !:::::::l::::l ルリ:::、
      l:/::::l;::/.レl/,.    l/ ,l;_ l:::,::::l:::!   ヽ)
      レ∧:j:l"弋ラ``  " ヒラ``レ::i::l:Y
       |/::ハ''''    .   ''',!ノ:l:::l:/       え…… いいの?
       !/:::::`ト    ,、  , ':::/|:::i:|
        l:::,':::i:::;;l:`r 、_ , イ/:::/:::|:::i:|
      :l::l/:::::l/:l;l:::l     |l::从:ノl:.:.V
     :::/ ...;;::::l:/l::l:{ヾ、  _ ソ/ ̄/'ヽl:.::ヽ,
     /'l..,ィ'´‐∧ ゞi ヘ-‐-イ/  /   `ヽ、
     /:.::{ ゝ ヽ  '⌒`V^~^V⌒ヽ   / i/ 'ヽ





685 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/07(木) 00:10:14 ID:abNTv56Y

          ___
         /⌒  ⌒\          いいんだお どうせ敵から盗んだお金だお
  〃   / ●   ●  \   ミ
   /⌒ヽ|⊃ (_,、_,) ⊂⊃ |/⌒i      お姉ちゃんの役に立てて欲しいお
   \ll|l     ヽ._)    l|lll  /
    人l||l         |l||l 从 バンバン
    ( ⌒ )        ( ⌒ )        ← 盗賊デュー


この子供はの名はデュー 生業は盗賊
だが盗賊というより その心根はむしろ義賊に近く
敵から盗んだ物とはいえ 金を味方であれば誰にでも与えるという
この大陸では珍しい存在であった





687 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/07(木) 00:11:05 ID:abNTv56Y

      ,⌒ハ             ,ハ⌒ 、
     ,'...::::::ヽ、,_r - -¨⌒`へ _,、_-_:.:::ヽ
    ノ....:::::::.ィ〃:::::::::::::::::::::ヘ::::::::::::::ヽ`ヽ::::::::ハ
   i...:::ィ::::∧::::::::  ::´::::,::::ハ:::::::::::::::::ヽ ´丶/:i
   ト..:::/::/::|/:::  :/´:::::::::メ:/ヽ:::i::::::: :ゝ:::ヽy::::i
  ル.:::ノ::::リ/:::/:::::/:::/l/::::::/| l:::::l::::::::::::丶::ヽ::リ
  { /jYyノ::/::::イ::::/::l::::::/|/ l:::/l:::/l::::::::i:::::l:::〈
   )   |/|/:::;/l;::/.:::l/    l:/ ,l;/ !:::::::l::::l ルリ:::、
         レ::l;::/.レl/.,   l/_ _l;. l:::,:/:::l:!   ヽ)
         l/∧|'{厂``    '{厂``レ::i::l:::l
        |::::ハ''''     .    '''/::l::::l:/      ……ありがと
         |/::::.`ト.   ___   ,':::/|::::i:|
        ,':::::i::::::l:`r 、_  イ/::::/:::|::::i:|
       ,/::::::l/:l;;;l::::l     |l::从:::ノl::.:.V
      ィ:::;;;;;-‐l/:/l:{ヾ,     ソ/ ̄/'ヽ 、ヽ
      :.:./-‐/  ゞ ヽ、  ィイ/    /ヽ
      ,/ | \ ゙⌒`V^¨^V⌒"  / i/ ',


以降もデューは せっせとラケシスに杖の修理代を貢ぎ
これによりラケシスの強化計画は無事に成った





689 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/07(木) 00:12:30 ID:abNTv56Y

          ,  -─ - 、
       , -'´     l、   ` 、
     /       ノ ヽ    ヽ
    冫  ノ彡,ィ/    ヽ.   l
     7  l       _,. l!   l
     レ'、r l=-、;__,r-=、_ l,_  ノ   まずは良かったな
      ヽlー─'l  ー‐' `lノ /
       ',   `     /,ノ                ____
        ヽ  -─-  ノi'                /     \
        lヽ、__ / _l、              / ⌒   ⌒ \
     _,r '゙|ニ= 、 , 一' ´ ,ト 、 _         /   (⌒)  (⌒)  \  そうですね
-‐'.´ ̄/;;;;;;;;|>/ヽ二二´ノ;;;;;;;;;;;;ヽ`'';;;;     |      __´___     |
;;;;;;;;;;;;<;;;;;;;;//l  :: ヽ /;;;;;;;;;;;_ - ';;;;;;;;      \      `ー'´    /
;;;;;;;;;;/;;;< / /   ::. ヾ;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;      ノ           \


だがまたしても 私もできる夫も思いもかけなかったことが この後に起こった





686 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/07(木) 00:10:55 ID:LUcOpwDE

もしや、この流れは・・・





690 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/07(木) 00:13:30 ID:abNTv56Y

             /ヽ/ヽ-─‐- 、  ,、
            ./:::::::::::::::ヘ:::::::::::::::ゝ'':::::ヽ
           ノイ:::::/L_l\ヘ:::::::::::::::ヘ、.:::丶
             //|/:lヽ⌒ヾ::\:::::::::::/:l:l::::::::〉
            リヽ_/(● ) l::::/ ヽ::::::::| !::::/
             〈     ,レ __ノ:::::::::| ;:::ト
                ヽマフ, -‐/:::::::::::::::| ;::::〉
            __r‐、イ: :/: ̄: :ヽ:::::::::::| ::/
          ./:./ ̄ レ: :: : : : : : : ヘ::::::::l ,ノ
          ヽl: : : : : : : : / : : : : ヘ::::::l
           l`i ---‐ ヘ: : : : : : : : l::, - ─- 、
           |: |: : : l : : ヘ: : : : : : :./● ●)  ヽ
           |: |: : : :l: : : :ヘ : : : : (,''(人_) ''   l
           |: |: : : : l : : : ヘ: : : : :ヽ、     ノ
           |: |: : : : :l: : : : :ヘ: : : : :.// ‐-rヘ
          _ノ_ノ: : : : :.l : : : : : :─-〈/   .|__|
         ( イ  ̄\: :lヽ、: : : r─-l_.   |
         ` ̄ ̄ ̄ ̄    ̄ L_|   `__ノ


あれだけ「兄様兄様」言っていたブラコン姫が この子供とデキた


         ___
         /⌒  ⌒\         ━━┓┃┃
       /(  ̄)  (_)\          ┃   ━━━━━━━━
     /::::::⌒ __´___ ⌒:::: \       ┃               ┃┃┃
    |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                       ┛
    \   。≧       三 ==-
        -ァ,        ≧=- 。
          イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
        ≦`Vヾ       ヾ ≧
        。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。





692 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/07(木) 00:14:33 ID:Fr7MDb4c

やはりwww





691 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/07(木) 00:13:59 ID:MmC1jya.

ベタやなーwww





693 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/07(木) 00:15:00 ID:abNTv56Y

                   ___
                  /\  / \         ラケシスまでそんな事を言うのか
           キリッ! / 〓   〓  \
          /⌒ヽ|⊃ (_,、_,) ⊂⊃ |/⌒i      おいら もう子供じゃないぞ
          \  ヘ         /  /




    /....::::(ノ/'..............へ....................\:.:.:.:.ヽ:.:〈ヽ:.:.:.::.:.:...|
    /...:::::::::/.............ハ.........ヽ.......................、..........:.:...:.:.:.:.:.::.:l
    !...::::::; '"..................ヘ...................................ヽ:./ ....:.:.:.:.:.:.i
    l.....::::/..;:::::::::::::i,..........メ、 '''''''ー.:i::::..:.:..:.:.l::.:.:〈.....:.:.:.:./i
    !..:.:.:i:.:'....../....'大丶::i...::l:::_∧:::::i:::::,:::::::::l:./:.:i::::.:.i:.::.:ヽ
    }:::::l::::/V|::::::|ノ`ヽ、:.j ´-_ヘZツ丶j:::::l:::リl:./ \:i:::::::.)  ふふっ 子供だなんて思ってないわ
    /......レ:::lヾ:ヽ.ゞ弋リ}      ̄ ノレ.l::..!:.l:.j   /.:::/
  . /.....::lノ.:i/:\::::ゝ// ソ    ///ノ,:'j:::|(:.::l.  (::/     だって……
  〈 ::::::(     ヽi. ヽ、  ‐'   /イ /:::ノ、ヽ)  ヽ、
   ゝ::::::\    ..  `ー-. -イ   '//ハ'ヾ'"`ー-、
    `  ヽ      ,.- ''';:'/フ      _, j:.!      ヽ
               /  /i/' `  ‐''"~/:.∧ ,
               l 、/'1l      7/ ヽ!
             !/ ヾ 、_,,.-'ニ-'"   l
             /   '''''' ̄       ll


            しかも しっかりヤッていた




   /     _ノ  ヽ |
   |   /ノ     .l l
   '、. r.、l ─-、   ,r‐ レ'
   ヾi' '`''l´ ̄ フ'f´ ̄リ         ━━┓┃┃
    l'、   ̄´  l ̄~l             ┃   ━━━━━━━━
    ヾl       '  /             ┃               ┃┃┃
     | ヽ  ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                       ┛
     ,. l`ーヽ。≧       三 ==-
r─‐r'  |`ー--ァ,        ≧=- 。
  /   l`ー-- イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
  /   l  /≦`Vヾ       ヾ ≧
        。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。





694 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/07(木) 00:15:02 ID:LUcOpwDE

あるあるw





695 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/07(木) 00:15:03 ID:t61M59nU

だから子作りは計画的にとww





696 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/07(木) 00:16:24 ID:abNTv56Y

       \                                      /
       <  金ですか!? やっぱり お金なんですか!!??   >
       <                                      >
       /∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\

                    ______________
                  /   /            ヘ   \
                 /   /              \   \
               /  .‐''~_                  _~''‐  \
              /  /´ ,i!i!i!i!i!i!i、 ヽ          /´ ,.i!i!i!i!i!i!i、. ヽ  \
            /   ,'  ,;i!i!i!i!i!i!i!i!', ', |!!il!|!l!!l!l!l| ,'  i!i!i!i!i!i!i!i!i!', ',   \
           /    {  {i!i!i!i!i!i!i!i!i!} } |!!il!!ll!!!il!l| {  {i!i!i!i!i!i!i!i!i!} }    \
         /      '、 ヽi!i!i!i!i!i/ / .|!l!!il!!l!!il!l| '、 ヽi!i!i!i!i!i!/ /         \
        /             ̄         ,                        \
      /                           <                      \
     /                                               \
    |             ヽ     ,____________、    /              |
    |              ヽ    .|!!il|!|!l!l!il|!|!!!i!l|!|!lll!!il|!|!l|    /                |
    |.                 . .|!!il|!|!ll!!lil|!|!l!l!il|!|!ll!!il|!|!l|                    |
    |                   .|!!il|!|!ll!!lil|!|l!l!!lil|!|!l!!il|!|!l|                   |
    \                  .|!!il|!l|!l!!il|!|l!l!l!il|!|!l!!lil|!|!l|                     /
      .\                |工工工工工工工工工|                   /




                    びっくりした 本当にびっくりした





698 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/07(木) 00:18:01 ID:abNTv56Y

だが 少し冷静になってみると……


          ,  -─ - 、
       , -'´     l、   ` 、
     /       ノ ヽ    ヽ   ……お金で心を開いてくれるとは なんと正直な
    冫  ノ彡,ィ/    ヽ.   l
     7  l       _,. l!   l   実は そんなに悪い娘ではないのかもしれないな
     レ'、r l=-、;__,r-=、_ l,_  ノ
      ヽlー─'l  ー‐' `lノ /
       ',   `     /,ノ                ____
        ヽ  -─-  ノi'                /     \
        lヽ、__ / _l、              / ⌒   ⌒ \
     _,r '゙|ニ= 、 , 一' ´ ,ト 、 _         /   (⌒)  (⌒)  \  言われてみれば そうですね
-‐'.´ ̄/;;;;;;;;|>/ヽ二二´ノ;;;;;;;;;;;;ヽ`'';;;;     |      __´___     |
;;;;;;;;;;;;<;;;;;;;;//l  :: ヽ /;;;;;;;;;;;_ - ';;;;;;;;      \      `ー'´    /
;;;;;;;;;;/;;;< / /   ::. ヾ;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;      ノ           \


昔と違って 私もできる夫も すっかりと大人になっていた





699 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/07(木) 00:19:01 ID:abNTv56Y

        _ _
      , ´  `ヽ                ,ハ /\      /::::::ヘ      。
      !     !   o    /´ヽ  ,/;:::::∨::::::::Y^⌒ヽ、{ケ:::::::::ヽ、     ○  O   _ _゜
      ヽ、__,.ノ       /l:::::ノ!/::::/:l|:::_イ丶{:::ヽ、::::.ヽ::::::'⌒^ ̄,}     o   , ´  `ヽ
   ○      O  o ,//:::::/::::/:::::/l{ニ、ミ::::\::::::::.::::\: : :./´::|    O    !     !
    o           i /:::::/::::::::::::::::′∧ヽ\::::::::ヽ::::ヽ:.:.:.イ.:/:::::::;:          ヽ、__,.ノ
               /::::::::′/:::::::::/:::丿 '.:::::::ヽ:::::::ヽ:::::!::゛_,イ',::::::::ト、     O ゜
             /:::::::/::::〃::::::/:::::|   ヽ::::|ヽ:::::::';::::l:\:::i|::::::::: : ::>
            , '::::::/::::/,ィ!/:::::l::::::L├-、   、::|-‐\!:::::|:::::l\::::::::|ゝイ
            {::::::/:::://|'::::::l::/lヾj  _  ヽl_   j::::|::::,ト、:::\::lル
            l::::// l:||::l:::::::::l,'l ,,===、    ,===、|::レ'::!ヽj/ )ヽ
  。 o   O   `/,'  l:||::l:::ヽ∧              /|:::l丿::リ::|  `丶
      ○      ( l  リl:!い::::::{tヘ.ヽヽヽ   '   ヽヽヽl|::::|::/イ|::l     )
             ヽ l/ V|トrヘ、    r- ―   イ.|::::|::i|| リ
  ゚ ○ 。  O      \|::| ||::::ト、   ヾ二 ノ ィ:::レ':::::jl:::l   ニカッ    。  o O
                  |::::j人!::::|「 ト  __ , ´| ′イ八|
                 |::/  i:::::::l l!/\     ∨/::∧::丶         O   _ _゜
                 |/  |:::::::l !‐'i   ヽ、  ノヽ/::∧ ト、::::\_,    o    , ´  `ヽ
               //    l:::::::川 |    入//::,ヘハL 「_ ̄ヽ          !     !
              // _ 厶ィ'::::/  |  ー一' _/∠_ヽヾ.    | ̄`ヽ         ヽ、__,.ノ
             /    ヽ       |  // i.| \|   i   )        O ゜


こうして私は 初めてラケシスのことが少しだけ好きになったのである


                              <異聞・聖戦の系譜 ~ラケシス伝説~>おわり





706 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/07(木) 00:22:24 ID:cPgTb0/A

いい話・・・なのかあ?





700 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/07(木) 00:20:00 ID:AqSnl8Ak

こんなゲームなのか、聖戦ってwww





719 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/07(木) 14:13:07 ID:qcFtqNaQ

聖戦の系譜は男女二組で行動させると
チャンスとばかりにズッ婚バッ婚するゲームだからな





739 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/08(金) 00:58:58 ID:.nArcLvE

隣同士に配置すると仲良くなって
果ては子供が生まれるって凄いシステムだよな
おまいらは戦場のド真ん中でナニやってるんだとw





704 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/07(木) 00:21:56 ID:QlRbOEfQ

性戦の系譜だから仕方がない





852 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 20:59:43 ID:Z.qQPkBs

本編を投下します





853 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 21:00:04 ID:Z.qQPkBs

       /´〉,、     | ̄|rヘ
 l、 ̄ ̄了〈_ノ<_/(^ーヵ L__」L/   ∧      /~7 /)
  二コ ,|     r三'_」    r--、 (/   /二~|/_/∠/
  /__」           _,,,ニコ〈  〈〉 / ̄ 」    /^ヽ、 /〉

                (__,,,-ー''    ~~ ̄  ャー-、フ /´く//>
        /  ,/ / /   _,..-''          `ー-、__,|    `"
       / / ///  〃 ,r'',.-'" //     /
  ,.ィ <´  〈,/〃/-//-'"/ / ,/__,,..-/
  } } ,〉 //" ,r'´ノ ,r'′//-''"二´‐'''~___ノ
  ,) Y ノ // ,r''´‐''"  -='"―-、彡"r'" ̄´
 ,イ  リ ノ り ,=、、-ニ_~― ~''-=二 ∠"´
 ヾ,ヽ 、, , ノノ {.トヾー-~ニ_-二 ― 二ニ==-‐''"      兼続……
  ゝ  ミィイィ彡`ユ.|`\ヽ丶、‐ __ヽ'''三二,,,_
 〈 `ヾべ_{::::   'ゥ)  `8-、 ヽ‐ 、ヽ`''-_=-         お前に ひとつ問うてみたいことがある……
  ゝ_ノ⌒ヘ~"   _”\    ヽ!\ヽ、'''ー-"ニ.._
 〈 (._   |∠ィ ,.ノ  /  __ハ_j!      \
  `‐''^   ,. -‐`ヾ__/ヽ. >,、く       \
       r;>-=<´ 〈 ノ_,.            ヽ \
      (l》L -―''''"~´            ヽ  ` 、
      /                `、   `、  lヽ
    /                    ヽ.   l  ||
    !                   `、   !  !|
    `、             、     |   } V,/
      ヽ             |    /  / 〃
        \           ヘ_,. -''"   / ,.イ′
        \             ヽ     l / /    ← 上杉景勝
         l           |      |′,'





857 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 21:00:59 ID:Z.qQPkBs

                、     ‐;、
             _,..rー' ```ヾヽ`、ノ i,, 、
           i、|` ⌒ヾ 、`、/  ノi ‐'ソ
           ト、/  =`ヽ ///__ ヽ  ̄ヽ
           'ァl! /  、、 i 〃, ‐、 ヽ |‐、ヾ `)
              {i/,ノ  | r=---‐ァ |__{. { 、、 il>′
            {/ ,ノノ !|..:::.  .:')ノ li; } l/ lヽ
           r''v‐'- .,,`_::__,. -‐''iノ 丶`ヽ      なんでしょうか?
              |{i ト 、;::: :::::;>‐<:::::: ;ィ′`''i ヽ, l
           l>,i  l  ̄  ,:::l;:' ̄l |、   ヽ |! |      わたしに答えられることなら
          O'ri!l  |   、;/  '/ `O  ,!ノ /
           |\ヽ  -===-‐ /ノ!   く 」'′     何なりとお聞きください
           l``ヽ、\  'T'' //!   _ノノ
              |;;|``'〒,ヽ _,/'i'´ |、
          ,. ィ|;;`;;,、_|;;;;;;;;;|||;;;;;| _,.|└;_        ← 直江兼続
      ,.. ィ"i  l ヽ'、 ;;;;;;;:;;;;|||;;;;;;'/;//;;;ヽ、
─-、‐''"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ,` ``'''-、;○/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`''ー-=='''ヽ、





859 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 21:01:42 ID:/Johhv1o

冒頭から、この二人かw





866 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 21:05:52 ID:/Johhv1o

こいつらがラスボスに見えるw





860 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 21:02:05 ID:Z.qQPkBs

          _ ,.-ャ、
         r^:'::::::::ミ'
         fヘ::::::::::::::リ          「使命」…… 「本分」…… 「当為」……
           ヾ::、::::/|┐
          ,.イ:ミニ}ア/: :`ー/ヘ    呼び方は何でもいいが
      rt‐:::´:: |:::::::::::/   /    〉
.       /::|::::::  |___」   |: :  l、   お前は心中に
     ,ノ:::::l:.:.:.:.:/::::::::::ヘ.   〉   }
   _ノ_:::::::::l:./ -┼-ヽ::\. ヽ∠  ヘ   天から与えられたような責務が存在しているか?
   レー'::::::::;ハ;;;r ムヽノ:::: ,ハノ    |
   「 アヘム、 」..ヽ.ノミヽ (⌒(,.-、.   |
   ヽ r' ,rニァ´ ̄::!」三.ヽ <ヘヾ l、r'´
     ソ/,.へ)ヽ:::::人ヾヽ___ノ- '¨¨´
     ∨`^´  ヽ'  `ヽ、 Y
      ヽ   /     ヽ!
        |  |      /
       )  7     ヽ、
      /   l、  /^'⌒l.r′
      ヽ、_,..、`ヽヽ、 .八_
        l、 /   |  `′ ヽ
        `ヽ  |      |
          `、 、     /
           l ヽ  __. |
            `ト、\ !゙ヘ|
             ー:::::/:::::ヽ
              |::::ゝ:::::{
             ∠r' ,.ト v'l、
          (ー'´  ,....ヘ.  ヘ
            ̄ ̄   L___)




        ,r/ヽ-ヘrf´ト、,.‐、-、_
    l`ーニ三== 三ヽ ヽ  , ヽ\ヽ┐ ,. ‐- 、
   rヘヽ'´   /二ニ \il f/ //| / ̄\ \ \
   Eミミヽ `ー-==三二  \////,-、 ヽ‐、  l /
   ∨ミヽ ‐- ..,,_  、 __ヽ\////  l  i、   /__
   lミミ  \    /  `丶、 ./  /l l ハ .l l  /
  . lミ==ニ二 _,,,..l  F-丶--'´‐l  /,ノヽ!  i ヽ、
  . /==ニ二-‐_,,..  l  l      /// f\ ヽ  \ l
  . >'゙丶ヲフ-‐ノ__ノ\,!      //ノ  └‐-、  ノ ヽ
  /,l ^iヽヽ\/"====_=_==--‐''¨|      ヽ  l ノ }
 ///.l レ ト \l ¨¨:: ̄ ̄:::::::::::::/¨ヽノ       'ー、/f
/// /∧ヽ-、  ̄¨'''‐- ..,,__,,.ノ .i l .l        ノ  ハ
 // // ヽ--!     l.   ! ヽ ,. - ァ        it‐'´   天から与え立てた使命ですか……
 /// ノ/¨\  !      ` ̄ l
  / ( )\ 、\\  .. -‐''" ̄/
 /   ¨   \`丶 \   " ̄ i
-‐、    / \  `丶、\\   /
  \  /   }     ヽ l ¨¨
    \\  /     /  ̄、





863 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 21:03:00 ID:Z.qQPkBs

        ,r/ヽ-ヘrf´ト、,.‐、-、_
    l`ーニ三== 三ヽ ヽ  , ヽ\ヽ┐ ,. ‐- 、
   rヘヽ'´   /二ニ \il f/ //| / ̄\ \ \
   Eミミヽ `ー-==三二  \////,-、 ヽ‐、  l /
   ∨ミヽ ‐- ..,,_  、 __ヽ\////  l  i、   /__
   lミミ  \    /  `丶、 ./  /l l ハ .l l  /
  . lミ==ニ二 _,,,..l  F-丶--'´‐l  /,ノヽ!  i ヽ、
  . /==ニ二-‐_,,..  l  l      /// f\ ヽ  \ l         それは
  . >'゙丶ヲフ-‐ノ__ノ\,!      //ノ  └‐-、  ノ ヽ
  /,l ^iヽヽ /"====_=_== ノ/ィァ/      ヽ  l ノ }       上杉の筆頭執政官として
 ///.l レ ト ∨    ' ̄、ツヽ   !.<.i       'ー、/f
/// /∧ヽ-、     /   |! i   i l .l      r'´ ノ  ハ        御家を盛り立てることですかね
 // // ヽ--!     l.   ! ヽ ,. - ァ  ̄==‐_-ノ_  it‐'´ \
 /// ノ/¨\  !      ` ̄ l      { ノノ`ー /
  / ( )\ 、\\  .. -‐''" ̄/       T-‐ ':::::::/
 /   ¨   \`丶 \   " ̄ i    _ -‐''":::::::::::/  /
-‐、    / \  `丶、\\   /_.. -‐ ¨:::::::::,..、 __ /、 /
  \  /   }     ヽ l ¨¨:::::::::::::::::::::::::/   ヽ\  /
    \\  /     /  ̄、¨'''‐- ..,,__,,.ノ     `ヽヽ'、
     \ ¨     /  /  \




    |    / ̄ヽ _  ゝ、 V !  /  ̄      _ _ / イ ノ
    ├ -、./      / \У  {      rー 彡  i   / /
    / ヽ .ノ  ,,;;;;; /    `ー  ヽ   ,;;;{彡"  ノ r=≠ <
  ,;/ /  /≧/    ,;;;ヾ    ;;;i    i! i { 彡! ,,,;;;;ノ
 ,,;/ (   i\/,/   ,;;人 _Y⌒廴 _ _i;;,,, _  V/彡.// r=;;/
,;;;/   `ヽ ;! i ヽ  ;;{三jミ:i      )彡=))  Y彡/),,;ノ
 ! _ __,,  ハ j  !ii 》.\  V三 \_____,_<三 /  / ̄ {   ノ
   /ノ  ii  .}Y  ,,,,) /;;,, ;; ..,,,..,;;::;;.../,__/__ z< rイ<
   /;;;;;;;;;;;;;;;;l人i!  / 人≧;;} ノ;;;; ,, ̄,,;;_zz彡{ミツ  {ゝ
  <;;;;;;;;;;;;;;;;;(( ノj /ヽ`ー'ミi;,,,i,i,<_-zz≠三ニ  Уイ/ /}
 / \;;;;;;;;;;;;;;;;;i;;;|   . ̄'´ノ⌒ ii:::ミ. `┴'´/ / ソ 人
    ヾ;;;;;;;;;;;/i;;;|......:::::  /::..   :::::::: ̄. ̄  ..:/ノ ..イ /
      );;;;;/ !;;|:::::   / :::....... .:::::     "./))<  j! .i!
     i;;;;/:::::::i;;|'  、_ ヽ::.._,,;;;   _     /⌒i!  i! .リ
     /:::::::::::::}   ヽ;,,,,,,,_..  ,,  `    /  /il  / /:::          そうと思うに至った理由は?
    /::::::::::::::::ハ  `;;,,,,, ̄` =-''"    イ ./::::|iV /::::::
⌒V/::::::::::::::::::::/:::::i   / ''''''"´    <...イ:::::::::::|! /:::::::::
 //::::::::::::::::::::/::::: ヽ :::....    ...:'::´::イ:::::::::::::::::::::レ::::::::::/
./::::::::::::::::::::/::::::::::::::::`:::._ イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i!:::::::ノ:::
:::::::::::::::`ヽ::: {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  /:::::::





864 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 21:04:00 ID:Z.qQPkBs

                 _,.-=ニ二ミミヽヽ| トiヽ__
              ,. -‐'// ̄二ヽ\)川ヽヽヽ ヽヽヽ
             //彡  三ミ、ヽ|レ´ ミミ、  ||ヽ|川)
          _,.‐'´彡彡三 ―-、ヽ川/-―-、 `ヽ、 / 川川
         //´彡彡 二_`''ヽミ ヽリ  ―‐-ミヽ ヽ 川 // //)
         /  /  / _,.-‐、`'ヽ ヽ リ _,........_   リヽ|/ノ  /彡
       ,ノ  /   / //`>\_ヽ リ 彡--、     ー-ラ  彡
      r彡,.-''´    Y / / r‐'ヽミリ,,.-‐'ヽ ト、ヽ二三ミヽ リ 彡     微賤の家に生まれた僕を取りたて
     // /    ノ | ||   `'""´ 〉 /  、ヽ ̄  ヽ'三彡
     |  /    ,/ |ヘ,、 !|       | ||  ミミ三 /´!川リ      直江の名跡を継がせてくれたのが
     |リ |    ( _,..-| | _!、     | / ヽミ_> /ri |川リ
     \ヽ    ヽ: : :,.|| ヽr‐;、') _,.---ヽ!_>'´| //lノノミ川      先代謙信公と あなただからですよ
       ヽ!    |/ : |    ̄,.i r-,<r''';,..-'゙  レr',./ヽ川ヽ
        |  / / : : /|  || | |   ̄    ,、.i゙i゙ヽヽリ ヽヽ
       |  //: : :◎: : |   !l__!.../         / ,ヘl : \ミ、ヽ ヽ
       |   /: : : : : : : : | _ ゙'ー''´      ノ:'´ : >'"'i :\ヽ  ヽ,
    ,.-'フ|   |: : : : : : : : : :| ゞ_'==-、,_  /: : : : : :ゞ‐': : : :\ミ、 ヽ
   ノ: //∧ヽ |: : : : : : : : :| |  「`'''ー  /: : : : : : : :/: : : : : : : : \-ゝ
  /: /:/ |: :ヽヽヽ : : : : : : : | !_   ,.-''´: :,:-'´ |: : :/: : : : : : : : : : : : `ヽ、
 |: : : |/: : |: : : \ミ_、_: : : : : ヽ: : : ̄: : : : |r'´  |: /: : : : : : : : : : : : : : : : : `'ー-、






  ̄ フ    ≧ソ  V::ilⅦi リ li  ヾ    /  > ヽ
_ - ''´  /三三ソ/ /i ∧:::::il  ハ    r───-ヾ/ /\
     ./彡三ミi l:::::il .人i:::::::\   . /  -=   i  /  }   レィ
     ||彡三ミil K/ /ヾ \:::::::::\ /   _   廴   |  イ_
     ||イ ̄Y r ../≧''´ il\:::::r'´   /il ilヽ    V ノ  '´
     |レ   ー/  、__ ィニ彡∧   .Vil ilil_}   `´ _ ィ=-、    }
     ||   ::/   / ̄ ̄テヘイ  V  V≧// ヽ_  ヾ   Y    /
     ||  :::/   i    Kミ\\ V  }-{ { {   人   }  /==-'
     ||  ::/        ...:::レr\≧ >/ ノ::. \\/ノ:::\ノ ̄ヾ_
     ||  i       ...::::ヽ心ゞ/イ...:)   /::.  >::::イ il    )
    ∧  |       ..:: .::.::::::::ゝ-=;;;;;ソ;;;≦==ィ/ノ人 ノ  ./
     .∧ |     ....::::::::::::::/   フ Y;;xィュ フ /不ヾ    ./
      ∧ |        ...::    / ./∧_.__/  }  `ー''´
      ∧ハ     ヽ、   ヽ ./ ./ 廴____/         簡潔にして明瞭な答えだ
.        ハ    、  ー、 ー' ィ ,,廴ノ
            i    ー、_ `-''´ /
  ....::::::   ...::: ハ    ...::::..-=≦'´ ̄ ̄ ヽ,_
   ....:::::::::...:::   \_/  ノソ   ...:::::Y/  i}
    ...:::::::/    / ./   /      ./   /}
     .../      ./   '´     ''´   ''´ }





865 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 21:05:00 ID:Z.qQPkBs

                 」ヽr‐-ゞ``viレヽ∧
              、-ミ' 人 `゙‐-' ''、 ´V__7
              __ゝ__,、-,z |二二ニ、__ヽ、ニく
          ,ヘ_-‐ヾ〈 (、:´ //ヾl/  _/ノ、_‐-ゝ7         だが兼続よ……
         f  へ「llノ\ヽ/';/';‐=二-7 ヾ,、l'´ヽ
         ( (_:::フ-ヾi :): :{/、_ ノ /rュ/ ; V lヽ|          お前が直江の名を継ぐことになったのは
          ヽっ(::レ=トゝ、」ヾ-'、` ̄,,_  ゙,  了_l、
           / ,J i::)):::::::::::|'__ ヾ,'´´  ;   V、`,        お前の働きがもたらした結果でもある
            ゝ_7、ヾ、l:::::::::::::ヽ、7   _  ;   !)」 ヽ
 _         ´  丶ゝ、:::::::::::::,:_-‐ニフ'   :  /::、 \`'、     天というやつは
 } ヽ                lゝ、:::::::、`‐ ̄__;;    /:: ;  V、
 |  l             ヾ、ハ:::::::`:::´;; __   /::::  ; ; ; ヾ     その人間に相応しい使命を選んで与えている
 ! ノ、                 liヘ::::::. ,´////>'::::::  _ -‐フ`
 i : }              l」`、\:.' ////:::::::;;/.....o..//     ……と言うことも出来る
 i、:´ i ___┌‐-、           ヾ:::`:::::´:::::_:/....0.......// ,'
 l、:  V  }} 」._ |          i:ヽ:;;;┌l「l..................//
 ゝ 、/  へ」l_ `iノ、           l_:::::::::| | L....../::/
  >'´,, '/  }}ヽ=´ 7            「V-'\ヽ../:::::://
  )  _ ,,-‐へ \ .l            [l|...o...../:::::::::://
 ヽ´  ̄   }}\l .|          //'ゞ‐'´:::::::::::::::://





867 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 21:06:04 ID:Z.qQPkBs

 \ _/  ,.-、/  ヘ、 //  l
 ,三.l   i-‐‐,! ,!ミr‐v‐<^i ハ
 ーァ'  /__.二/-弋 、 ,ハ¨i l l
 <_ノ`゙ニ_‐-x  )`ヾV ! /
 '´/i _ヽ.\でアミ、.、ノ _,.ォ'"ノ
 ト-'i"  l ` ̄ /-‐キイヲ'´!      つまり つまらん生き方しかしてない人間には
   ミ   ,'     '、  l ∨
           \'´_ブ       つまらん使命しか与えられないし
 ハ.    i. r'   ,. _`',.l
  i.     ', 弋ニ´-‐‐〈!l        その逆もまた然りということだな
 . i        `¨´ ̄ニ!
   ヽ、   ヽ `¨"´T^!
 ノ    丶、 '、_,,.. 二ノ
 ─----...,,、_`´: :>''´
 :::::::::::::::::::::::::::`ヽ、!
 ト、::::::::::::::::::::::::::::::|、




 i _イ く  i、 ,< _L / / V レ  / / / 三ミミ、
 ト┴-、  ト> -K巛 i ./ ,r、く,イ   三ミ ミ、
 ト--、_三三彳イィ r,lllr─テ  l ト, ミミ、m、三ミミi
 i三三彳彡イイ彳ノ| ノ   くノリ ノ r ^川三ミミミi
  !ミニr-、彡ミ/ シ     lフテラ /  i三三ミミi
  iミニ| ft、 i彳f-=ァ=テ-、  くr<r' .  川ミ三=ミ!
  |ミニ.| k ( ヽ;;i `゙ー´イ '(   t .,!   .!彡三ミ/
  |テニ,,ヽミて       ,レ--〉,!  メミ三彡/      なるほど
  川||||||`r、ィ       ` ̄´ ,!  ノ三仁シ
 リ川川 V::::ヘ    , -一= ,! rt^´ミミシ
r'くシリ|k.i ( )、::::ヽ、      T ,!  ヽ,三ミr'
|: : : : : : : : : : ::¨ー、`ヽ _  ' ,'   ノサミシ





869 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 21:07:00 ID:Z.qQPkBs

            _
         ,r'"= ニ三`ヽ-=-、)'゙ヽ  r、
        ////,r=三ミヾヽヾ} }'ヽ ノソッ
        /,////,r'" == ミヾヽ 川 l l./ /"リッ
      // /// ///,r三 ミヾ.l リ /ツ/ ノ/ノ ノ
      l l/// /////,r = ミヾ ノノ/ /,r"'"")
      f/// // / //,r`ヾ∨/,,.r''´/,r="ノ
     ノ// // / /// / /ヾ''""ヾ'、'r''''''r=''))
      ノ// // / /l l l l l       l.lll   レソ/
.    ////〃 / / l l l l |     リリ   |//
   //// / / ノ―-ヽトトl、   v-"---ッリノ
.  //// / /,ィl | F〒tテ‐〉  f:r〒tテッ l゙l |       では 同じ質問をさせていただきます
  l 川 / / f{ {l゙|  ´´ ̄''"   {゙`' ̄゛` |,リ
  |川 〃/ハヽヾ|         l:}     l'ト|、       景勝様……
  |.ll l / / ヾi`゙l       ヾ_フ    l l゙ト\
  |ll l l /   'il l',    _______  /'|.l | ヽo      あなたにも「天命」と感じるものがお有りですか?
  |l l l l    l.l.lヽ.  ''ニニニニ'' / |.l.l  ゙o
  |l l l |     | |  \      /  |リ
  | l l ll       l.|   ヽ____/   リ
  l l l,リ     f==r,===========l
  //./      |r┐ll: : : r―‐┐ : : : : : : : : |
 /.ノ        || .| ||: : : |    |: : : : : : : : : :|_
       _.. -‐|l._| ||: : : |  __|: : : : : : : : : :|: :":'':ー---_-=
-―-‐:'':": : : : ::ヽ、 ||: : : : ̄: : :_:.: :-‐: : :_:.: :-‐:'':": : ,r'": : :
: : : : : : : : : : : : : : ○: : ,: -‐:'':":_:.: :-‐''": : : : : : : :/: : : : : :




        /  ,/ / /   _,..-''
       / / ///  〃 ,r'',.-'" //     /
  ,.ィ <´  〈,/〃/-//-'"/ / ,/__,,..-/
  } } ,〉 //" ,r'´ノ ,r'′//-''"二´‐'''~___ノ
  ,) Y ノ // ,r''´‐''"  -='"―-、彡"r'" ̄´
 ,イ  リ ノ り ,=、、-ニ_~― ~''-=二 ∠"´
 ヾ,ヽ 、, , ノノ {.トヾー-~ニ_-二 ― 二ニ==-‐''"
  ゝ  ミィイィ彡`ユ.|`\ヽ丶、‐ __ヽ'''三二,,,_
 〈 `ヾべ_{::::   'ゥ)  `8-、 ヽ‐ 、ヽ`''-_=-
  ゝ_ノ⌒ヘ~"   _”\    ヽ!\ヽ、'''ー-"ニ.._       「天命」…… か……
 〈 (._   |∠ィ ,.ノ  /  __ハ_j!      \
  `‐''^   ,. -‐`ヾ__/ヽ. >,、く       \
       r;>-=<´ 〈 ノ_,.            ヽ \
      (l》L -―''''"~´            ヽ  ` 、
      /                `、   `、  lヽ
    /                    ヽ.   l  ||
    !                   `、   !  !|
    `、             、     |   } V,/
      ヽ             |    /  / 〃
        \           ヘ_,. -''"   / ,.イ′
        \             ヽ     l / /
         l           |      |′,'





871 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 21:08:00 ID:Z.qQPkBs

                      ト、
                     / | |
            ミ ̄`ヽ、,,ノ'''ノ'''/ ,/ノニ='
        ._ミ'    | ト、、 ,,ノ ,//,,ノ,ニ''_ノj_,,
       ミ : : : :     |〉`l )|/,,/ / /三/彡'   _
       ミ::::::∠_ミ--ノ ,,_,,彡_,イ_ノ ̄ミ、 T _,,ィY彳⌒
       `l、_ト-‐''⌒三く {::::::::<三/ハVミ_ Lイノ/
       _ノ / rj n ,,;エ !:::::::::::: ヾ´ ノハ  ノ::∠  _
       <二_ノ/ ト'j 彡 l:::::::::::::::  r'|,,イヽ:::::-、 ゙i /.......゙l       もちろん!
        ヽ--'ノ ト|ニ-、::::::::::::::::  j  Vト、:::::::|,/ ::::::: ノ
        ゙ラ_ノ.|/ / ,、 \:::::::::: /:::\,,-┴‐'_ハ__/        この景勝にも
            { 「  V┴ヘ:::::::::/:::::/ _,-//、__,,ト、_
            Vヽ: `ヽ└,、'::::/r∠  く .{::::::::::: |┐.゙l      大いなる「天命」がある!!
             ゝ、___.}_,-ノ_:::|_/ノ ヽ  \゙ー-イ,,l_ |`ヽ
          ,-─ェ| {::::::,,-l/::::|::∠、: : :: ノ--、   /  .ハ:::::|
        /::/ハヽ__//:::::::::/: : ::}__,ィ'、_ノ  /./`V .|::::|
      _∠_/:::::::::::::,フイ / l´: : ::/| | |::::ヽ   {_゙=ノ /|:::}、
    _∠  |/:::::::://  |  `ーイハ.l-ト、ハ::::|/ / ,,イ |_|:/ノ
   /    |::::::::::/ /::::::,⊥___ |  ハヽヽ|:::::rニ、イ /:::| l |Y
  /   ,,-‐'':::`ーイ /_,,//:::   ヽV::::::ハヽ\{__ノ‐'´::::::::,ト|_j´
 j::::::::/::::::::::::::::::://|:::::::::::ノナ-、__}::::::::::|.|::::::::::: ̄ ̄ ̄|,L/
/  /::::::::::::::::/: 〈〈::::::∠__}__}:::::::∧:::::::||:::::::::::::::::::三」゙ー'
ヽー'--、_/|::::::::|.|:| {___}___::::::|_:::::::||::::::::::::三>ノ´
        {三三|||:::::::::::}:::::::::::::::::::|  ト::::::ヾ、三三ノ |


『 新 ・ や る 夫 の 関 が 原 戦 線 異 常 ア リ 』





879 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 21:10:10 ID:YeNf8CW6

自分に与えられた天命の内容を勘違いしてなきゃいいけど・・・





882 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/10/11(月) 21:11:12 ID:B9R.oAMc

もしくは都合の良い解釈なw





875 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 21:09:02 ID:Z.qQPkBs

<第3部 その19 BACK TO BACK>

慶長4(1599)年 8月3日
上杉景勝とその手勢は伏見を出立し 領国である会津へ向かった


                       ;;'';';';
                      vymyvw    ざっつぁつぁっつぁ~
   ざっつぁつぁっつぁ~     MVvvMvyv
               Λ_ヘ^-^Λ_ヘ^-^            ざっつぁつぁっつぁ~
             ヘ__Λ ヘ__Λ ヘ_Λ
       ,/ヽ_ /ヽ__,.ヘ /ヽ__,.ヘ _Λ,. .ヘ _Λ,
    /\___/ヽ   /\___ /\___/ヽ  _/ヽ /\___/ヽ
   /        \/      /        \   /        \
  . |           |       |           |  |           |   ざっつぁつぁっつぁ~~~~~!
  |           |       |            |  |            |
.   |           |       |           |  |           |
   \        /\      \         /   \        /    じゅべべべべんっ!
   /`ー‐--‐‐―´\ /`ー‐-  /`ー‐--‐‐―´\   /`ー‐--‐‐―´


だが 帰国の途につく行列の中に 上杉家の筆頭執政官である直江兼続の姿はなかった





878 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 21:09:59 ID:Z.qQPkBs

8月中旬
兼続は 近江国佐和山城に単身で来ていた
理由は帰国の挨拶と 失脚した友人を見舞うためである

              ____
                |佐和山城|
              | ̄ ̄ ̄ ̄
             ∧
              <⌒>
            _]皿[-∧-∧、
           ∧_/\_|,,|「|,,,|「|ミ^!、
       / ̄ ̄Π . ∩  |'|「|'''|「|||:ll;|
       ハ, ̄ ̄|「| ̄ ̄ ̄ ̄|「| ̄ ̄|
       | 田 |「|  田 田 |「|[[[[|
 _, -―'"⌒"'"⌒" ~ ̄'"⌒"~ ̄~ ̄"~⌒゛゛"'''
~,,,....-=-‐√"゛゛T"~゛T"~Y ̄Y゛T"~T"Y"゛=T"Y"゛゙
\ ,,/\_V\ ,,/\   Σ_,,/\ ,,/l  | ,/
,.-r '"l,,/7,/\,/ _,|\ ,,j  /  |/  L,,,/
,/|,/\,/ ,,/|,,,/\,/ Σ|\_,i_,,,/ /
_V\ ,,/,_V\,/ ,,/\,| ,,   ∧,,|_,,/
,,/|,/\,/ ,,/|,,,/\,/     /
_V\ ,,/,_V\,/ ,,/\,| >,




                、     ‐;、
             _,..rー' ```ヾヽ`、ノ i,, 、
           i、|` ⌒ヾ 、`、/  ノi ‐'ソ
           ト、/  =`ヽ ///__ ヽ  ̄ヽ
           'ァl! /  、、 i 〃, ‐、 ヽ |‐、ヾ `)
              {i/,ノ  | r=---‐ァ |__{. { 、、 il>′
            {/ ,ノノ !|..:::.  .:')ノ li; } l/ lヽ
           r''v‐'- .,,`_::__,. -‐''iノ 丶`ヽ
              |{i ト 、;::: :::::;>‐<:::::: ;ィ′`''i ヽ, l    気落ちしてなければ
           l>,i  l  ̄  ,:::l;:' ̄l |、   ヽ |! |
          O'ri!l  |   、;/  '/ `O  ,!ノ /    良いのですが……
           |\ヽ  -===-‐ /ノ!   く 」'′
           l``ヽ、\  'T'' //!   _ノノ
              |;;|``'〒,ヽ _,/'i'´ |、
          ,. ィ|;;`;;,、_|;;;;;;;;;|||;;;;;| _,.|└;_
      ,.. ィ"i  l ヽ'、 ;;;;;;;:;;;;|||;;;;;;'/;//;;;ヽ、
─-、‐''"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ,` ``'''-、;○/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`''ー-=='''ヽ、





880 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 21:11:00 ID:Z.qQPkBs

            i: : : : : : :l:: :: :: :: <              \::::::::::/
          /::|: : : : : : |:: :: :: :: ゝ   i    ',    i    ヽ:::::ノ
         /:: :: :|: : : : : ::|:: :: :: :ノ i  |    .|    |     V
       {´:: :: :: :: :|: : : : : :|:: ::::il´  |   |    .|    |     ', ....
       廴:: :: /:: i: : : : : i:: :::ノ  ̄ ナ.十|、 ハ .i  ,'  /.   |   i    兼続!
        >┐:: :: :∧: : : : |::::ソ .z≠ア≧ミ llヘ    /     | ィ .|  
     ┌=ィ∧:: :: :: ∧:_:_:_:|ノi7 マん:::::}  { ヘ   =ニニ'、 /i / .|   .  よく来てくれたのだわ!!
       >彡/ハ`ー、::::Xrtjヘ} ト   辷zソ    ヘ/ アテト.// } ハ/ ......
      ゞ//  ', i  廴_t及ン::| ',           ん:://ハ┌/ン   ../∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\
     ,.:^ < __'i i..-―‐-.... _ ` ヘ           ' .マ' / i i \´
-――≦―::、::\:::::::::::::::::::::::::ヾヽヘ .|_、   「   .ァ     /. l lヘ \
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、:::::::::::::::::ヽヽ) ヽ.\  ` ´    イV弌 i \ .\
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::∨i `,;;`ヽ>  ‐<   | V ヽ、l.  ヾ \
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::/;;}  i;;;;;;;ヘ    /ヽ, -―--i ヘ.  \ \ \
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{;ノ  ノ;;;;;;;;;;ヾヘ/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ト、 ヽ`v、ヽ  /ソ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  -'''-‐;;;;;`,Vハカ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;〈 ヽ}V ) ).//
:::::::::::::::::::::::::::_ -――-、:::::::::/  :::{;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;iンィソ,,,,,,、;;;;;;;;;;〈――‐┐ノ/
.――  ̄ ̄         Ⅶ::{  :::::ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/\;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;};;;;;;;;;;;;;;l <
 ∨            Ⅷ\ <ー- 、_;;;;/;;;;;;;;;\;;;;;;;;;ヽ;;;/`>;;;;;;;;;l  r-‐、     /〉
  ∨            Ⅷ:ヘ: ̄工>_/;;;;;;;;;;;;/;7ヾヽ、∨;;/;;};;;;;/,...:::^:::...´ ユ_r― ' /
  ∨            Ⅶ::ヘ::::::://__;;;;_/:ヽ/__,イ_..イ\/'::::::::::::::::::\ `」  {
   \            Ⅵ::ヘ:::ン::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}:::::::l::::::::::`ヽ、:::::::::::::::::ヘ_´_}_ニ⊃
     \              Ⅵ::ヘ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l (
      \           ∨:::ヘ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{:::::::〉::::::::::::::::::::::::::::::::::::_」、_ノ


心配は無用だった
友人・石田三成は ちょっと意外なほど元気であり 兼続を快く迎え入れてくれた





883 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 21:12:00 ID:Z.qQPkBs

いや 三成は少々元気が良すぎた
近況報告のために一旦開かれた三成の口は閉じられることがなかった


だわだわだわ       _)≫:::::::::::._ ''"         ` 丶、:::::::::::::.(_    だわだわだわ
だわだわだわ   __(::::::::::::::::::::::/               \::::::::::::::::├─x だわだわだわ
だわだわだわ  ./ r─.≧:::::::./                 ヽ:::::::::::≪ニ7》 だわだわだわ
だわだわだわ  に二三彡::::.∧                    ハ:::::::::.|\Y《 だわだわだわ
だわだわだわ  仁{_/つ::::∧                    :ハ:::::::) . ) ) だわだわだわ
だわだわだわ . 廴__,.イて ,'.l                 j | |  |  }::ム辷彡'  だわだわだわ
だわだわだわ  .ハ ; (::::.| |  { | | ハ V     .l   イ.∧ l  | :!.|::::/. | |:|  だわだわだわ
だわだわだわ  .ハ ,: l| 辷| l  .V.L | ハ.ヽ    | / ,/7 .Ⅵ jl !.}:::}  .| |:|  だわだわだわ
だわだわだわ  ハ:/ :!l  .|!ト{  .ヘlV>>zリ,,,. ハ  l/./ィ-七7.l ∧リノ|::lハ  | |:|  だわだわだわ
だわだわだわ .ハ/ ::l|  .|::|ヘ\ =Y´jう㍉`\V/7´たうj.Ⅵ从ンj .|:| .l.  |:|  だわだわだわ
だわだわだわ  /  !|   |::ト叮アト、ヘ. ヒン        ヒン  7イ |ソ}l::| .l   |  だわだわだわ
だわだわだわ ,'   |   |::|.  | .l∧         ,       ./ ! .|'  川 :l:   i|  だわだわだわ
だわだわだわ .′  :|   川  .l .|.`ヘ.    r─‐┐   / /l .|    |:   i|  だわだわだわ
だわだわだわ ;    :l      / リl.  >、.  ` ー ′ .イ.  |..|..    |::   |  だわだわだわ
だわだわだわ |   ::|    / .∧}./´.::.ニ>tー 'チニ`ーzxノ八.   |::   |  だわだわだわ
だわだわだわ |   ::|    ./ /´::マ.:.::.:.:/ニ{ 只 }ー=、...:.:.://::Vム  |::   |  だわだわだわ
だわだわだわ |   |  .//>、::マ: _,::-‐‐'..:》ー.イ :.:..:.::`ー//::〈 .Vム .|::   l  だわだわだわ
だわだわだわ |   ::l .《∠≪:::::::へ.マ .:.:.:.:.:.::イ|:::::ト、.:.:.::. //:::::::\Vム,!|    |  だわだわだわ
だわだわだわ |   ::|::: ヽこ二ニミへマ .: : /.:.:|:::::|.:.\__./ムニニ三彡'l::   |  だわわわ~~




                     __ ,.v-、ノ〉') ,、.. , _.
                   rべ′'^ ミゞミ/ノノ7''ノノ
                  ///rミミ ゝ))γ,.r;彡,ーニ- ン
                 { { {〈/^ヾ }_j / /ン//,,.-ニ≡ノ
                 ヽヾ、〉' ij'′''ー┐,/彡;彡-ニ三7
                 //j∧, {ij ;;   ノソ u ゙}彡-ーニ;{
                 {{ i;〉 {g=、{’..,,(/_   }ミ,.-、ヾ;{    な なんにせよ
                  ノj/j |`7'′'{Rニ= ̄ '∫,〉 i|
                 /// 、|/_   `    ,/il、ノ'l |i|    大丈夫そうでなによりですよ……
                {i I{, Ξ| `      /;; |,;ヾ i |
                     〉ji}´ | ‐=‐-   /' /:}| !.| |
                      |i,j  L_   _, ‐' ,/::::::::|、i l |
                    `'   ,l「 ̄ _,.ノ-┐::::::::l;;\!





884 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 21:12:14 ID:4HZiwwfw

うぜえw





889 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 21:12:58 ID:pdgscl3Q

ちゃんと反省してんのか心配になってきたw





894 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 21:13:56 ID:S01ouJcc

まあ、働き盛りの人間が急に仕事なくなったら元気も有り余るよw





890 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 21:13:00 ID:Z.qQPkBs

話題は とりとめもなく あちこちに飛んだ


             rーイ ̄¨ト、-┐
           ,r::┘、」;;;;;;::j/:::::/入
.         _i -、_>- --- <:::::┴i
          〈 -::./  ," ヽ `; .ヽ:::::イ
.         _|::-./ :i ,l|  li  i,   i:::::〉      父のために
         ┐::i .|⌒リk i|⌒|ソ . i_イ、 _
       九ハ_i,-‐-   -‐-ソ,ハ ヽ} )    京都に寺をひとつ寄進したのだわ!
.        /| ト、  ┌‐┐,  / / \{ ̄ ̄}
.         / /_ヽ >ヽ. ノ__イ-_} _._{二  }
.         | (|.:.:.:} 「て) .く二}:「 l {__}
.          | | ̄レ"= 介、__l:::::\::_ヽ__/
         | {{/::.::::.::.::.::.::.::.: ヽ/) ̄く
.        <_く_::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:ヽ二>>
        ヘ_`へ::_::_::r~r‐く`" >ー"
            i、_ソ   `、ソ



                   __
                /r': : :└、
             , ./ r┘: : : : : :乙
         r‐z- イ(  ' { ' ̄ ヽ 、: : 〕
         に/r'/ // イ」 川 ト、ヾ」
         |i 〈  l::|' ノ_lトリレヽノソ     大老たちを帰国させてしまって
          li | ヽ l::||.K◯   ○ ||
         li | .(6l||ぃ ,-┐ ノ.||      徳川と前田だけで やっていけるのかしら
          |i.,!  ヽ|トゝ、ニ.イ .||
          li |   ,ノ||::、 ◎:`ヽ.||
         .|i |   /:((:::::;i:::}::;;:;:;)((
        . |i |    ̄))::〈l:::|;;j^  ))
         .|; |  ,ノ::((:ハ:川l:_:ト、 ((
         .| i と'::::::{ミk::|川l,ソ::::ヽ
         ,|ノ   ^^~~~~ヽ^^





896 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 21:14:09 ID:Z.qQPkBs

                 rーイ ̄¨ト、-┐
               ,r::┘、」;;;;;;::j/:::::/入
     .        _i -、_>- --- <:::::┴i     +
            〈 -::./  ," ヽ `; .ヽ:::::イ
     .        _|::-./ :i ,l|  li  i,   i:::::〉         そうそう 高名な長谷川等伯に
          _   ┐::i .|⌒リk i|⌒|ソ . i_イ、_
        ( { 九ハ_i,-‐-   -‐-ソ,ハ ヽ} )        父の肖像画を描いてもらったのだわ
   i      { ̄ ̄} /| ト、  ┌‐┐,  / / \{ ̄ ̄}
 __人__     {  二}_〉./_ヽ>ヽ. ノ__イ-_}  ._{二  }
  `Y´     {__} l¬::::} 「て) .く二}:「 l {__}   
     .      \__ノ__l:::::レ"= 介、__l:::::\::_ヽ__/
             | {{/::.::::.::.::.::.::.::.: ヽ/) ̄く
     .       <_く_::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:ヽ二>> _ _人_ _
    +          ヘ_`へ::_::_::r~r‐く`" >ー".    `Y´
                i、_ソ   `、ソ




                _ ,rv―、_  __
              〈::::::::::::::::::::::::::V_:::::::::´ ̄`ヽ
             ヽ::::::::::::::::::::::::::::ヽ三三フ::::::ヽ        島津の方はエライことになったし
              |三三三三ヽ::::}三;/:::::::::::ハ__
                /::`::ー- 三三ヽ.  \:::::::::::::::!:::/  _   宇喜多の家中も不安なのだわ……
           ,イ、_::::::::::::::::::::Уf¨ヽ\ ヽ::::::::::::::::',二_  ヽ
          (¨´ ./ヽ⌒ヽ、  / ヽ{薔}:::l ハ::::::::::::::::〉薇} ノ
                { i     ̄ ヽ }、::::::::!  i::::::::::::::/ ̄`¨´
              ∨、 {ハ\ 、ヽ !ハ:: ̄`i  l‐ ´ ̄
              (`::::::::、     /:::::::::::〉、 \_
              /:::::::::::〉     〉::::::::::::::ス、 ∠_
             7`ヾ-イ     >ー―く <__ ノ
             `ー‐'"´     ¨L__ノ     }ノ


それは まるで
頭の中に浮かんだ単語は全て言葉にしないと気が済まない子供のようであった





898 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 21:14:34 ID:gS5DrRns

空元気の上に、人恋しくなってお喋りになってるだけやないかw





904 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 21:16:45 ID:ONo3IYP6

寂しがり屋なのに友達少ないからな





900 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 21:15:24 ID:Z.qQPkBs

要するに
三成は気落ちこそしていないが 全然大丈夫じゃなかったのだ


                、     ‐;、
             _,..rー' ```ヾヽ`、ノ i,, 、
           i、|` ⌒ヾ 、`、/  ノi ‐'ソ
           ト、/  =`ヽ ///__ ヽ  ̄ヽ
           'ァl! /  、、 i 〃, ‐、 ヽ |‐、ヾ `)
              {i/,ノ  | r=---‐ァ |__{. { 、、 il>′
            {/ ,ノノ !|..:::.  .:')ノ li; } l/ lヽ
           r''v‐'- .,,`_::__,. -‐''iノ 丶`ヽ    (でも ある意味……)
              |{i ト 、;::: :::::;>‐<:::::: ;ィ′`''i ヽ, l
           l>,i  l  ̄  ,:::l;:' ̄l |、   ヽ |! |    (これで当然なんですよね……)
          O'ri!l  |   、;/  '/ `O  ,!ノ /
           |\ヽ  -===-‐ /ノ!   く 」'′
           l``ヽ、\  'T'' //!   _ノノ
              |;;|``'〒,ヽ _,/'i'´ |、
          ,. ィ|;;`;;,、_|;;;;;;;;;|||;;;;;| _,.|└;_
      ,.. ィ"i  l ヽ'、 ;;;;;;;:;;;;|||;;;;;;'/;//;;;ヽ、
─-、‐''"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ,` ``'''-、;○/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`''ー-=='''ヽ、


そして それが無理からぬことを兼続は理解していた
三成は 秀吉に仕えてから今まで ずっと働き詰めであった
それも中央でディスクワークに張り付いて踏ん反り返っていただけでは決してない





903 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 21:16:15 ID:Z.qQPkBs

三成は 軍事において
信長存命中の淡路島攻略を皮切りに 以降の秀吉の戦争のほとんどに従軍
「九州征伐」では兵站を仕切り 指揮官としては「小田原征伐」「奥州仕置き」「九戸政実の乱」に参加


                                                      /:::;;:;:;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
            /..:/.:..:    ./ ...|............... l..  ヽ \:..:ヽ                 /:/!/!/!/:/:/;;:/!;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
              /:.V   ..:..:..:..:..|:..:..:!..:..:..:..:..:..|:..:..:..:..l..:.... ヽ..:l                 /:レ/:/:///,l/レ,:/ l:/!//::::/::::::::::::::::::::::::::'、
         ,.--.ハ/ ...:..:..:/. /..:..|:..:..:|..:..:..:..:..:..:|!:..:..:..:.l:..:..:..:.l..:Y⌒ヽ           .  /::::':::レ/;!//, /l:/i レレ/l:/:/:::::::::::::::::::::::::::::::',
          /..:..:.ト.:l..:..:..:..:..|..:.|:..:..:|:.|:..:..:..:..:..:. |..:|!:..:..:..:.|:..:..:..:.l/:|:..:..:ハ            i:::::::::::/:::':':l//:::/:!/!  il:/:/:::::::::::::::::::::::i:i!:i!i!:',
       /..:..:/:|..:.|..:..:..:.| :|!:小:..:ハ:|i::..:..:..:..:..:|.:ハ|:..:|:|:|!:..:..:..:|:..|:..:..:... l          .  !:::::::::::i!::::::::::'::::/::|::|i/:'/:/:、_リ!::: /!;!:::::i!l:..:iN::::!
       ,′../::ハ:..|..:..:..:..| ト:|、ハ::| lハ::l:.. ..::/}/ ハ ムリ'|..:..:..:.|:.ハ::..:..:.|         . l::::::::::::i!::::::::::::::::i!:::::::!!:::i!:i!,ォ/N/ l!|:::/'l!l!||:l!:::l
        / ...:..::/ V!..:..:..:..|:|,l示≧ト、|_ヽ:::::/斗ィ禾ぅト、|!:..:..: |′|::..:..:. l          l::::::::::::i!::::::::::::::::i!::::::::::::i!:〃{!`i'゙r ミ、|/,':::l!:::::;イ;!
      j ..:../.:′  |..:..:.、:.小. 辷:ツ`   ∨  ' 辷:ツノ'j:..:..:.. | |::.:..:|:|         . ヽ、:::::i!:::::::::::::::::i!::::::::::::i!:l! ゙、{;:;/ ゙'/,':::::;::::/ /
       l..:..:..:::!    |.::..:..ヽ:ト `  ̄         ̄´ /.::..:..:..l   |::::..:..|.|           ヽ::i!:::::::::::::::::i!:::::::::::i!:l!,___ ``__,....{:::;/!:/
       !..:..l..::|     lト:..:.:::::ヽ             //::..:..:. ′ |:::::..:..l.|             ` 、::::::::::::::i!::::::::::i!:l!  `゛゛゛´ ', ! /
     ′.:..:::|    lハ:::..:::、ト、       ′      /イ::..::イ/    |::::::..:..:ヽ             | `ヽ、:::::i!::::::::i!:|       /l
    /..:..:..::/⌒ヽ - 、 ヽ:::.:::ト、     /⌒⌒i     .イj:::://    |:::::::..:..:..ヽ.          _,'    `ヽ::i!:::::::i!:!    ̄`´::::;'
    / .:..: :/   /  |r‐ 、\:ヽ` i . `¨ ̄`  . イ_ //     |::::::..:..:...∧       /`<_       ヾ!:::::|:ト、._,.ィ´:::::::::i
    .′../}   i    l   ト、>ヽ|  ` ― ´ |イー- ...     |:::::::::..:..:.. ∧     ,.く    ``ー- 、_  ト、::|:|   ヽ:::::::::l
   i ..:{ r|   ′  /   | l   l′       { |     `丶、 |:::::::::::..:..:..:.. l     --\      /〉 {ヾ;::||`ヽ   '、:::::!
   | ..:∧ l′          |   |         |        \:::::::::...:..:.|:. |     -―-.\   /' l∟、ri\!' iトヽ、 ヽ|
  ノ ./..:ハ              }   ト .         ,|          >.、..:..:.|:. |         '\ ,/   li  |,人_ l|

                  ↑ 北条氏政                             ↑ 九戸政実





906 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 21:17:00 ID:Z.qQPkBs

「唐入り」では朝鮮半島にも軍監として渡海 「碧蹄館の戦い」に出陣し
「幸州山の戦い」では自身が負傷するまで奮闘 漢城では他の武将と同様に飢餓地獄の辛酸も舐めた


                  ,,、、_ ,ィ‐-─= 、     .....      _ /  |  \_
                 ,r '´ ``         \           / /.  _  |  _  ヽ ヽ                 ,.z=='三ミミ=-,.、、
             /  ,             \   .    /  /. _ | | | | |.  \ヽ            .  __」fr三ミヾヾミミミミヽ、
               /// /    , / /!   `,、ヽ ヽ  .    ∧/  | || | | | | | | | |∧             r行ミヾ'f示ヾヾヾヾミミミミヽ
           , イ // // //l_,イ_j  ,!,イト、l ヽ!      ト、  | | | || | | | | | | |_| |             l彡三ミヾ川ヾヾヾヾヾヾミミl
         //l/N ,イ/ //ィl/,、rt|ヽ/ l/N !j  ,j ....    | | __ |_| | |_l___ |             尨ィ三ミミヾ川ヾヾヾヾヾヾミi、
        //  V´`Y イ/ ィ'´〈じj  イIj |/ / /  .    |.ヽ|::::TニニX :::::::XニニT::| |               ,Y彡三ミミヾ'゙゙゙ヾヾ、,斗、ヾリ `ー- 、
       ,彳/  / ヽ(カVY  ゝ-‐'゙  ゝ, ,レNl/    .  .  | |\::::::::::::::::::::::::::::::::::/ |          ,. -‐'" ヾ彡テ'´    ヾ/ヾヾ州l     ヽ
       /  //  /ゝr   ' ' ´      ノ/'´   ...  .  | |   ̄ ̄│ ̄ ̄ ̄.| │      ..  /       klV' /^`ヾ' ' ,r' ⌒刈、      ト、
        //// ,イ / l !        -‐ ,イ'´          | |へ|    |    |へ.|        /、      , lヾ,ヘ. -zt;テ=y彡'^ ¨´ |'^ヘ     l ト、
         /,ィイ^7^i/火、 丶、    ,イ`ヽ      ___ト、      |     / \__   . ヽ   /  |. `Tヾ(____ノ __V ,イ /  ハ   !  イ
    ,ィニ二ヽ´ ̄二フ´N/ `''ー-、`二ニ´/ | l     .|二二二| \    |    /|   ||二二  i   ヽ     |   |. ヽ、''ー-=≠'"ノl    V , レ' ,ハ
   .,ィレ'´ ̄ ヽ、 ̄   ヽ'´    ` イ√  l ,!    ....    /   \_.|_ /     / |二      V   |    !  l `>rー;<_|     V,イ   l
  / ,rhellsing、\     `ト、_   jメ  、,,!/    ......   |      /⌒|      /   ̄    !  V   !   l  l/  ソ叭  `|      ∨ -‐'  !
  〉/;:;:;:;:/  /  \r==‐、 `ゝィ       `ヽ    ....   \    /   / .|⌒', /      ...  、   ヘ  |     ヽ、  〈/^ハ〉  ト-、_____〉.    l
  //─戈─ /   ,レ;:;:;:;:l i   l/、  ,ィ´ b _,\         \_ /   /_ |  |

                 リールウソン                  クォンユル                      チェンウエイジン
               ↑ 李如松                 ↑ 権慄                      ↑ 沈惟敬





909 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 21:18:11 ID:TQBgk3UU

こうしてみると単なる文官じゃなくて、かなり戦場経験あるんだな





908 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 21:18:05 ID:Z.qQPkBs

また内政官としては 九州で博多を景轍玄蘇と共に復興させ 島津家の財政再建に現地で取り組み
東北で津軽為信の独立を後援し 「比内問題」では秋田実季の擁護に奮闘
さらに「宇都宮騒動」では佐竹義宣の援護に尽力等々 地方のあらゆる問題の解決に手を尽くした


                         |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|
                         |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|
                         |;:_;:_;:_;:_|_;:_;:_;:_;:」                 i-、'、 ';   _,,....,,_    /,. ;'-;        _ ,へ---xへ
                        fT 、_ `"'''"´ _,.゙!}                ヾ'''  ヾ、!, '"     `' .、//'´ 'ー;    ,- ´    ヽ ´  ̄ ヽ
            r―、-、          tj、 t苙、 ,ィ苙ア lノ                '-´.,,_, '   , ,、  、 , ヽ _,,.ゝ   / ,/ ,' ! .i ,.、 ,.、 `.  ! ヘ
            ',  ヽ ヽ         ',':,   ,! l、  ,イ                    ,' ,' /_/l / ヽ__l',,,,', , ',      i   | .i ! .|. !,,、,, 、l .! .i lハ
            l   !"´!         ヾ! ,.ィ竺t:、 リ                    i /! /l/ .!'  ´ヽ!ヽ!、 i. ! .      i|   ! ,!、j _i! |    | j / /|i!
            l   l  l         人.'´三`' /l          f'^i-、__       ,'!'、l/., --、   , --、 ヽl`;i     | 、i! |t=≠z!   ム旡zx/ .ィ|
            |   |  |,. ―- 、_r≦´、、 `'ー' " ト、       {゙ヽ丶ヽヽ      ', !,,i             i,,.!ノ     | ^i^ー!、__,   、__, |└/j/
   ∧ ∧     |   |_|_::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヾミ丶、、ヽヽー-、_  ヽヽ丶ヽヽ    / `ー',  | ̄ ̄ ̄.l  .,'‐' \    | / !  |    ,    ! l |
  (*‘ω‘ *)     |  /   i\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶.`'=┘::}:::::::`,==、! ,l_.l,..ヽヽ、   ̄!_ /'.、. ',    ,' .ノ'、  __i`    ! ! i!  l、.   r‐┐  ,l | l
   (   )     ト、_.|    l / ̄`ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::`'ー-一'::::〈::ヽ ゙',   、_ ',    l,.',. ‐'´`i‐r--- r'i`'‐ 、ヽ!     ! l !  !  、  `´ ,.ィ' | .l .!
    v v      ノ  `'ー‐(⌒ヽ ノ l::ヽ:::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:ヽ ゝ -‐ァ      ,.ィ'    ,'、`ー 'ノ、   ヽ, .    | l  ヽ├n|!>-<!‐-.! リ |
           ,! __,,.. -r-、`'ーr'´ ノ、:::ヽ::::::::l!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾヽ   ;'   _ ,. '´ ,.!   / `""  .ヽ _ /,. ヽ   ; .|!  `! |′   〔  i''"  |
     川     l       ヽ_,.ノ  /::ヽ}::::'i,::::::|l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ丶、_,. -‐i´ `,. '" ヽ,,.イ       i´ `´ _ノ  ,r┴.|!.   l レ-― -、! !   .ト、
   ( (  ) )    {  -‐' ´ ̄ソ  /::::::::::::::::|l:::::||::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l!:::::::::::ト- `ー'        !       ヽ,_ノ´   i"V .!!   .l. ,K===ミl |     | |.ヘ

 ↑ 景轍玄蘇               ↑ 津軽為信                    ↑ 秋田実季           ↑ 佐竹義宣





911 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 21:19:07 ID:q0B95d4U

なんという万能武将





919 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/10/11(月) 21:20:59 ID:gal5mBQc

ここまで出来るのに人望が無いなんて・・・





929 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 21:23:59 ID:S01ouJcc

能力があっても人格が比例するとは限らないわけで





910 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 21:19:00 ID:Z.qQPkBs

上杉家も三成には散々世話になっており
会津120万石への大国替えの監理を手伝ってもらったのは去年のことだ


     __                      ,_
 ,、‐'´ ̄   ̄`'ヽ、           _,,,_ i、`'iヽtr、 i-、
/              `、     r‐-、,,、ト亥 ''v!ヾ/| !!ノ |'i .)ヽ, ,、
    レ レ レ  `,   r‐亠彡ミ、  ミ|トミミ|ヾ))/ノ ノ ´.''彡}ノ!|
    ロ ロ ロ   i  i´ /// ≡゙、`vi∥| !以´' <ヾ≡ ノノi
             |  !, //// (r、、i , ン、/  ヽヾ  ≡三.c,,ノ|
.  レ レ レ レ    |  ) | |/ 》 )/イ´''''‐-i |iノ iiノ ヾ、ヾ= <<
.  ロ ロ ロ ロ   .|  く ! |  |` .|イ{    i!/ノノイ ミミ=---ミζ
             /  ,、! 彡r,ソ  ト、ri ,, リノソ ト、ミ ミミ≡γ   (そういえば……)
    レ       /  , ア .t‐'    tテ}゙ '`===-、⊥,,.t三≡彡,
ヽ、  .ロ        / .//τ''       | 7  ヾr゚‐´´ ̄  i!/´ri.|、|    (堀家とのいざこざも
  ヽ、,      /  |!ii|'´       |<..  ´       ' ))!ノ、|
    `''''''''''' ̄ヽゝ  ヾi.!   _ ''r, |、,_        ,, t-‐´ヾ|i    三成に解決してもらいましたっけ)
              `` ,、r-<ヽ, CO、'''''‐ァ    /σ゙'λ!i |
                i! >, テ=|.ミ三彡'´    /  / ヽiκ
                   } ノゝ'`´ .|`''''''  ,、、-‐'''´,、-''    yヘ,
                ヽ、  .!´-、ミ-t'''i´,,、、-''´_     //υi
                  \    ! . } {  !i'´´i!   /    \    ← ほとんど忘れかけている人
              _,,,,、、、/`'''‐ ,.r‐' ヽ    . /\       \
              | ´'''''''‐‐‐‐‐‐''''r'|  ヽ   /   \


三成は中央での政務と同時進行で これだけの仕事をこなし続けてきたのだ





914 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 21:19:47 ID:j4.5Alxo

忘れるなやw





912 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 21:19:35 ID:4HZiwwfw

堀家に遺恨は残ったがなw





916 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 21:20:17 ID:TQBgk3UU

並の人間ならどれか一つでもパンクしそうな仕事量
秀吉も信長に劣らぬ人使いの荒さだw





915 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 21:20:00 ID:Z.qQPkBs

なお 三成の領地である近江国佐和山19万石については
多忙な三成が不在でも回していける体制を 三成の父である石田正継が整えていた


         ヽl
           \  _ __ _ _
       ,  -‐ ,.'"´       、`ヽ、
     /   /   i    リ ヽ 、  \
        /    .:レ′   j  i !.:.   i
        l    .:/   , /  i .::|:::.:l  |
        ノ    ,.ィイ.:::/  .::l.:|:|::::::|:::. ト、    領民には迷惑をかけられないからね
       彳  ,ィイ 1:|::,'  .:;ィイハi::::::|::.:.:.ヽ|
       |.:.:|, イ‐リ-トト、::.;ィイ仁=ト-ヾ::::.:.:.ト、   それに石田本家の家督は
       ト、:i { r‐ェテ ヽl/ ''テェ‐ァ .:!.:ト、:;!/
         ヾ::、    ,        !/::/    堺奉行を務めている正澄が継いでいるし……
          仆    :j 、      イ:/
           `、   _ _     /i,ハ
            ヽ  ー `   / .|;;;:;:|
             `ト、 ___ /   !;;:/、
             /.::::| ヽ   /   l::::.:.L
          , .イ .:.::::|    ,/  /.:.:::,! ``i::.、
     _,,、-r‐イ  1 .:.:.:::|      /  .:::/   |:::::.lー- 、     ← 石田正継
   / _,, |:::::|   |/^ヽL_  _ノ /\/    |::::::|   ``'' 、





920 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 21:21:00 ID:Z.qQPkBs

                     ,,..--ー―- .、
                   ,/´  ζ   ,,..、`>´イっ,..____
              ,- `ゝ、/、/   ; ; ; ;;    `\ノ三へ<´.
          __.. ..,,... ヽゞ/     l   、ヽ  、 il `K´`\、
          ` ̄フ=-//  / /l  li   || |   | |  ヾ`ヽへ≧-、.         三成は
           /´〃ノ/ l|  | |ハ__||=- ト´lヘ ̄´| |  || ヽ  `ヽ、ヽ、
         /,,_ //´/  |  |l´|ハ_|ilヽソ、=i|-=、| |l  ||ハ `、    \` 、    自分のやりたいことを
       //´ ´  | ハ i|ヽ l|===ト V {r-=、ソノ| |ノ  ヽ ヽ     `ヽヽ
     ;//      |/ ヽ 入ト、弋゚;;ソ   `㍉∮へi |   \\      `>ヽ  存分にすれば良い……
    < (        >/ V ノトゝ    `   ヽ/ i|  |l    ヽヽ      /ヽ >
    ヽ i      / /  ´ノ il` ヽ、  ` ´  /=, | l |ヾ   ヾ、    / /
     ヽヽ   /  / /  / イ ヽ > 、 _ , /r/〃l | | ヾ   \   / ;/
      ゝヽ/ // / /  il  )> ヾ=-ゞ<r´/ /フ入 ;トフー-- 、 ヽ  / /
      ノ )// /  / r-ー-〃-ヽ、λ )( // ´/ ̄ヽ`   r /  >´/
    ///  /  / _-"ー-     -フ=入ソ/ <  、__ノノ</ /\   ← 石田正澄
,,..;;:,‐´ / /   // / /\   >  〃 >><<     (//  > /\  \


ところが これが見事に裏目に出た
「七将襲撃事件」で失脚し謹慎処分となってから 突然と三成には何もすることが無くなってしまった





924 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 21:22:21 ID:Z.qQPkBs

三成の優秀な頭脳に出来ることといえば もはや思考をめぐらすことだけである


                  _ ,- v‐v ‐‐ 、 _ _
               _j⌒ ´            ` 、_
            _ 「                      ヽ
            ノ `′                    (_
          「                        )
          「_         -───-        r'_
         r-'     . '´         ` .      _)
       r==っ   /              ヽ    (_ ___
       L. イ   /                  i    「:r-:::|
       /::::L_  ′ ' ' '               i   j ヽァ'
      ` T  { __ ! | ││ | | |│ || ! |!  !i|  | |   {_ ヽ::ヽ
        |   r '│    | | | |│ ||!| ||  |!|  | |    j L::|
        |    兀 | | | イ11 | ||!| ||ゝ、 |  | | ___「:|   │
        |  ││ | | | |_| |│ ||!| ||  |!| / √    |   |
        ∧  |  Y ` 'T    ~`  `' ~    7 イ      |   |
       ∧   |  〉 ハ `冖´     ` 0´∧ |     |│ |    …………
       ∧  ∨ ( /  ゝ _  .- 、_  ∠ _j !      |│ │
       l   /  ゝ_  ̄ ヽ:::::7 f ⌒Y::::r<─<     |/   ,
       |  /     三三フ:::::| rー |::::::`ーァ  |   /  /
       |  |     人`ー‐ァ::::入__ノ⌒ヽゝー┬ ' /   /
       |  ー─── 、 ̄ レ′  |    ト ―'’<  -'── ァ
     ノ    ____ノフ     人    V    >─   ノ
     `二二ゝ ノ _ イ      /:::::ヽ    V / ─一<__
        r──r ⌒ゝ ヽ. __ノ::::ハ:::\ __ノ f⌒ ー──  ノ


そして……
こうした状況で重ねる思索は先鋭化し 結果といて碌でもないことになる危険性は高い





925 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/10/11(月) 21:22:53 ID:huEL3.NI

妄想は肥大化する





927 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/10/11(月) 21:23:50 ID:B9R.oAMc

被害妄想ならぬ肥大妄想か





928 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 21:23:51 ID:pdgscl3Q

いわゆる厨弐病ですな





926 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 21:23:18 ID:Z.qQPkBs

三成のおしゃべりに ひと通り付き合った兼続は
特に重要な話をすることもなく佐和山城を後にした


 _〕       //    〔      \ー‐rイ  く ―┐
 {      / /     l \_     l:::::::l    |二二1
  つ   /  ,    l  |   ]     l:::::::l   イ〔V  | |
 └‐t  /   l    | l  |  l {      l:::::::|     | ∨/
    L. l !  |    l| N  l_廴 ィ   ,ィヱヘ   匸. | l
     | l  l l | N ナマ彡ャ‥Y|_ 〈ヘ{そリ   | l |   領内が落ち着いたら
       !l  トl,イ、.| jノ  ハrい 八 L. ト-r'  r イ !| ヽ
      l|ヽ ヽiYf:ハ     ゞ‐'  | イ |/::::/ _ノ | l !ヽ|  また上洛すると良いのだわ
          liヘり    .:::::::::::. .l |l  !:::/ //   | ! |
          l l.::::.ヽ _ 、     l l |  !//     ! l |   その時は 佐和山にも
          | ヽ、 ′    _//イ  |´       | l l
         / /| ` 、  r'´ // ̄| lフ       l l  !   立ち寄って欲しいのだわ
         //| l / ̄, ィ、 //:::::::l |ーt.     l| !
          //r'´ ̄:::::::::::{rケソ//::::::::/ /}  \   l | |
       /´ l:::::::::::::/:トこソ{ {:::::::/ }::|    ヽ. l/   !
       ヽ| /\:::::::::::::/:::::::>'´ ̄/::j |    l |   |




                、     ‐;、
             _,..rー' ```ヾヽ`、ノ i,, 、
           i、|` ⌒ヾ 、`、/  ノi ‐'ソ
           ト、/  =`ヽ ///__ ヽ  ̄ヽ
           'ァl! /  、、 i 〃, ‐、 ヽ |‐、ヾ `)
              {i/,ノ  | r=---‐ァ |__{. { 、、 il>′
            {/ ,ノノ !|..:::.  .:')ノ li; } l/ lヽ
           r''v‐'- .,,`_::__,. -‐''iノ 丶`ヽ
              |{i ト 、;::: :::::;>‐<:::::: ;ィ′`''i ヽ, l
           l>,i  l  ̄  ,:::l;:' ̄l |、   ヽ |! |
          O'ri!l  |   、;/  '/ `O  ,!ノ /    はい 是非とも
           |\ヽ  -===-‐ /ノ!   く 」'′
           l``ヽ、\  'T'' //!   _ノノ
              |;;|``'〒,ヽ _,/'i'´ |、
          ,. ィ|;;`;;,、_|;;;;;;;;;|||;;;;;| _,.|└;_
      ,.. ィ"i  l ヽ'、 ;;;;;;;:;;;;|||;;;;;;'/;//;;;ヽ、
─-、‐''"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ,` ``'''-、;○/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`''ー-=='''ヽ、





930 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 21:24:00 ID:Z.qQPkBs

兼続にとって 三成の様子は十分に衝撃的であった

            _
         ,r'"= ニ三`ヽ-=-、)'゙ヽ  r、
        ////,r=三ミヾヽヾ} }'ヽ ノソッ
        /,////,r'" == ミヾヽ 川 l l./ /"リッ
      // /// ///,r三 ミヾ.l リ /ツ/ ノ/ノ ノ
      l l/// /////,r = ミヾ ノノ/ /,r"'"")
      f/// // / //,r`ヾ∨/,,.r''´/,r="ノ
     ノ// // / /// / /ヾ''""ヾ'、'r''''''r=''))
      ノ// // / /l l l l l       l.lll   レソ/
.    ////〃 / / l l l l |     リリ   |//
   //// / / ノ―-ヽトトl、   v-"---ッリノ
.  //// / /,ィl | F〒tテ‐〉  f:r〒tテッ l゙l |     三成殿……
  l 川 / / f{ {l゙|  ´´ ̄''"   {゙`' ̄゛` |,リ
  |川 〃/ハヽヾ|         l:}     l'ト|、     あの方の状態は
  |.ll l / / ヾi`゙l       ヾ_フ    l l゙ト\
  |ll l l /   'il l',    _______  /'|.l | ヽo    かなり危険ですね
  |l l l l    l.l.lヽ.  ''ニニニニ'' / |.l.l  ゙o
  |l l l |     | |  \      /  |リ       でも……
  | l l ll       l.|   ヽ____/   リ
  l l l,リ     f==r,===========l
  //./      |r┐ll: : : r―‐┐ : : : : : : : : |
 /.ノ        || .| ||: : : |    |: : : : : : : : : :|_
       _.. -‐|l._| ||: : : |  __|: : : : : : : : : :|: :":'':ー---_-=
-―-‐:'':": : : : ::ヽ、 ||: : : : ̄: : :_:.: :-‐: : :_:.: :-‐:'':": : ,r'": : :
: : : : : : : : : : : : : : ○: : ,: -‐:'':":_:.: :-‐''": : : : : : : :/: : : : : :





933 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 21:25:00 ID:Z.qQPkBs

              i| i   i| !  !| i i| i
              ,=ヾ>'⌒ヾ`ヾヾ))、 |
             ラ7´:::::::::;m::i}:::):::}:::ヽ), l|
             7ノ:〃:/:::i|||!:リ:;r=:、::リ::::} |
                "{:::{::{::::{''''''"""{{゙})゙彡:リノッ/
             ィハ、:`:::::::ヽヾ __リ_リ__}='ノ=ツ
            (:レ}ハ:::::::::}}ヅkぜラ゙|リ〈  "   危険な人物とは
              レ^{::::::{{ l l `ヽ レ'))
              乂ヽ:::::l}〈ッ   ゙ lシ、     それだけで魅力的なものですね
             / 川 i::::::l=== ,イlハ|ヽ
            ゚゙ /川 ハ:::::l゙~~~~ / |lハ
           ゚゙´ {イlノ| ヾ::|-ー- / , リ ゙゚        f∩
        i      ヾjィ| :::` =ヅ_ノ_|    i         l_`|     /´}
        |        | ̄三三三三三゙i   |      | `|   " / /
      i  ,  i i  |  j: :三三l ゙̄l三三|  i      ,r| `|l、   / /
      |   |i,r‐'='='≦三三三|_,l三三ヾ、.!j__ i__|i  {=j  |l ト、 i /
     i| /三三三ヽ`=ニ三三三三三(´゙)三て_)`ヽ、lノ   ``ヾ、レ′
    i |レ彡'´三ニ=:`ヾ、: :ヽニ.三三三三三三三ニ`ヽ、 ``  ミ、 } l
   ,j//,r''´ ̄: : :`ヽ: :ヽ: :ヽ三三三三三三三三ニ= \、__   }:::|│  i
   l'彡": : : : : : : : : : :ヽ : : : i=三三三三三三ニ(`)三ニ.ハ ヽ、ツ | |  |
   |彡: : ===-、、: : : : : :i 川 三三三三三三三ニ===ヘ、    l !l i |
   |彡: : : : : : : : :)、:=彡 川リ三三三三三三三三≡=r‐-イ゙'   ノ}| | |
   V彡 ≦≡=≦彡ミ: :ミ//三三三三三三三三=' ノ:)::\\ノ /:=) i |i
     V三三=、: :`=ミ、 ヾ、\`三三三三三三ニ=〈:(ヽ: : :ヾ=ミ= -、 | ||
     {彡三ミ`ヾミミ=、: :`=ミ=ジ}三三三三三ニノ::/: : : : : 三ニ ==,イ | |!
    }ニミ== ミ三ミ三ミ==、: :ム三三三三ニィノ/: : ヾノ三三三シハ | |
    ドミ三ニ== 、=== `≡=⊇: ハ三三三三ニ/ : : : /三三三/ニ三\
    |l  |lヾミ三三.ニ二≡=:、=ニ::ノニ.三三ニ/ : : : /三三三/=ニ三三ヽ
     l  !| !|ヾミ三ミ≡== ‐-=≦ミヽ三シ´(: : : : /三三=-'―-=ニ.三三l
         とナ"¨' ̄ ̄,,`ヽ、二.._=シ}r=、-==‐----‐''´: : : :ツノ : :_三三l
   (´_ ̄, ̄ , ̄ ツ ̄ ̄  ヾ..    ̄.:|三=、: : : : : : : : : :__:__: : :-=ニ.三三/
     !|  ̄ ̄`7",r _,,.. i::::..   ..::::|三三=ー=--==≡=≡三三三/
     !     (´ ,r    '")⌒  ___:|三三三三三三三三三三三シ
           ){  ,,ノ ,.、=':´: ̄ : |リ三三三三rっ三三,、==''7´
         /、./´「「ヾニ三三三|l三三⊆)=‐''7フ¨ ̄  _/ /|
        rぅ`/   ' i !|`iニ.三三 ̄ 彡/// //,r='´|  //|
         `´        |l ド==‐ -=彡// /ノ /三三|.l//ニ|
                  | |: : : : : :=三彡'// /三三 三|.l /三|


          しかし 兼続は三成に失望しなかった……





938 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/10/11(月) 21:26:19 ID:B9R.oAMc

危険な人物は魅力的!
遠目で見る分にはね・・・





939 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/10/11(月) 21:26:36 ID:huEL3.NI

そんなに安定した国にしたくないのかw





946 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 21:29:37 ID:7JV8ygp.

上杉家としては、もう一波乱あって勢力拡大がしたいんだろ
すぐ隣に迷惑な事この上ない奴がいるし





942 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 21:26:59 ID:Z.qQPkBs

8月22日
会津若松の鶴ヶ城に帰還した景勝は 直ちに領国経営を担当していた重臣を呼び出し
ある問題点についての現状報告を求めた


【鶴ヶ城】
         __      __   _      __
    /::ヽ.   「::::l /}  /:::/ /´::::/     /´::::> ,.-.、_        __,,..、
    〈:::::::ハ  |:::::j '´   |:::::/ /:::::::/./!   /:::::/ /:::::/      /::::::::j__
    ';:::::::l l/ _    l::::i /:::::::://:::/  /:::::/ /::::://::7   ,:'::::::::/::::::〉    __
     V:::::l /::::}.   l:::::!ヽ一' l/   /::::::< └-' 〈_:/  /::::://:::::::/,.ヘ.  /:::::/
     V:::レ::::::::r'  .l:::::l       /:::;へ::::\      /:::::<  ー-'<:://::::::://:ヽ
       .';:::::::::/   ;:::::└‐:::ァ    ∨  丶;::::>.    ,'::::;ヘ::丶、  ´ /::::::::/':::::::/

       .';::::〈     !::::;_:::::::/  |iヘ          ム  レ'   `¨   /:::::::< ヽ;;/::::>
       ヽ::::〉    |::/  ̄  ..|Xヘ   、一-、    .ハ         /::::;::::::::\ ヽ'
          .V     U      |XXヘ( ゞ_,,ノ _  /Xt!          〈:::/ \/
              |ヘ     |XXtヘ`ユ|_|_1| ノXXj   ,x<7
              ヾX;、    |XXXXXXXX/XXX/  /XX/
              ヾX>x、. |XXXXXXt∠XXXXノ/XXX/
               ヾXX;ゝ-‐''"´_二-‐''"´ ̄ヾXXX/
              、_ゝ'´ _ 二i 1===;ti‐、  ヘX∠..___,,
               ヾX゙マ'~| | ̄ | |    ||`ヽミ|! 〉XXXソ
                ` ̄ヽl |ニニ| |ニニニ||ミヽ||/ー'''´
                   .i |__.|...|___.||_,,Z||t‐-、
                  , ォ=| |─‐| |―‐ァ~ ̄ , ̄   "'''- ..
            _,..-''"(|   | | l l l|_,,」/    `' ,      "'‐、
         , -'"  , '゙ ` ̄ ̄ ̄´゙ 、           ' ,      ヽ
       /    , '゙             `,           ' .      ヽ
      '゙   , '゙              ',           `、





944 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 21:28:00 ID:Z.qQPkBs

 | 三_二 / ト⊥-((`⌒)、_i  | |
 〉─_,. -‐='\ '‐<'´\/´、ヲ _/、 |
 |,.ノ_, '´,.-ニ三-_\ヽ 川 〉レ'>/ ノ
〈´//´| `'t-t_ゥ=、i |:: :::,.-‐'''ノヘ|
. r´`ヽ /   `"""`j/ | |くゞ'フ/i/     ……城の様子は どうだ?
. |〈:ヽ, Y      ::::: ,. ┴:〉:  |/
. \ヾ( l        ヾ::::ノ  |、
 j .>,、l      _,-ニ-ニ、,  |))
 ! >ニ<:|      、;;;;;;;;;;;;;,. /|       ___,. -、
 |  |  !、           .| |       ( ヽ-ゝ _i,.>-t--、
ヽ|  |  ヽ\    _,..:::::::. / .|       `''''フく _,. -ゝ┴-r-、
..|.|  |    :::::ヽ<::::::::::::::::>゛ |_   _,.-''"´ / ̄,./´ ゝ_'ヲ
..| |  |    _;;;;;;;_ ̄ ̄   |   ̄ ̄ / _,. く  / ゝ_/ ̄|
:.ヽ‐'''!-‐''"´::::::::::::::::: ̄ ̄`~''‐-、_    / にニ'/,.、-t‐┴―'''''ヽ
  \_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ /  /  .(_ヽ -'__,.⊥--t-⊥,,_
\    ̄\―-- 、 _::::::::::::::::::::__::/  /  /   ̄   )  ノ__'-ノ
  \    \::::::::::::::`''‐--‐''´::::::::::/  / / / ̄ rt‐ラ' ̄ ̄ヽヽ
ヽ  ヽ\   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/      /   ゝニ--‐、‐   |
 l   ヽヽ   \:::::::::::::::::::::::::::::::/           /‐<_  ヽ  |ヽ




   )                ____      \
   ̄ ̄`ヽ        , : ': :__: : : : : :`>、
  .レ レ  \     /: : /: :/ ̄/ヽ: : : : \
.   ロ ロ    |   _/:_;.∠:/: :/: : /: :/:\ : : : ヽ
  レ レ    l ./   ___,>ァ-、/: :/: : :∧: : : :ハ
  ロ ロ   /./  ./,.-tr‐f、/V_ ̄Τヽ:ハ: : : : |
       < ヽ.__f´ ミヽ--/、/^ォーッ、 !  ∨: (〉:i
 ヽ____ノ ̄ /三ト、 __ ̄〈_/、 ミ、 ` ト、  \__∧      どうにも……
         `フ'⌒l/:::::ヽ.二´__l  `三 ヽ    }
.    ,.-─/ /´ ̄二>-、::::::`┬┬1(:)}    /      いけてませんのじゃ
  /─、/  (   ,.-──-、 ):::::::::} } l ∠ニヽ/
. /  lノ⌒ヽ.ノ匸 (:) '⌒ヽ \:::::;リ,ノ /⌒゙ソ´jハハ
  _ノ /  /ノ __ハ . .:::::. (:)  ` -'./   {
     〈   ̄ __.}/ヽ:_:::::::::__>-一'     ∨\_
      r -´-く: : /: : ̄:l : :l : :/      |
       _ノ-r'/\: : |: : |: : |: /       l   ← 会津三奉行のひとり 大石元綱
       /  `   `  ̄ ̄ ̄ レ'      /





945 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 21:29:00 ID:Z.qQPkBs

       \ヽ\ゝゝ'VvV∨VVvV∨レl,,
   ̄¨ '' == ..ヽ`              〃ッ__
   -==‐三      ___      ∠.._
    ,r ニ二    ,r'"= ニ 二 `ヽ     ≦´
   /  /// /' 人r'"  ̄ ̄ `ヽ、 `ヽ、 ≦          この鶴ヶ城
  '   / /  l /l/  f==(ハ r===ヽ、 ノ゙〉′
   ___//_____ll__l__ lr三ソ  r三ッ' Lr'〈/            名城には違いませんが
  (´o ll_}}____}}_(〇) 「´/  ノ  ̄  ノイl }.._
   ̄       (〇)_.l ヾ.ッ    r,リ、 ヽ          やはり少々手狭かと……
           |  l /l -‐-一   /〃l ll   l、_
         /|  |.{H ` ̄´    {{个 ll  l  \_
      _./  |==| ヾ|.― - / ヾ=''ハ  \  ヽ \_
  二  ̄-‐ /   |  |ノ | `¨¨´     ト- 、 \`ヽ`  ',  l  ̄
      - ‐ ノ  /'|==|/l  l   /  l   ` ) }  l  l\
     / / |  |    ',   /        / /   l  l    ← 同じく 安田能元
     /   /   /|  |‐-         --- ‐/ /   /   ヽ




                      ,. -‐  ─.、
                  /¨´      l丶、
                      ノ  フ ,.、__   ヽ. `ヽ
               / /,. ー--──::ト、__ .::l  ) て n
              /  ,ィ:::::::::;ノ¨ハ:::::::::ノハ::) ハ、⌒ }_l、
            /   /ヽ==彳 lハ`¨¨´ヽ \   ヽ. /l-lノ
..          /  , 'i i´ lノー-、 リ-≧ニヽト、.ハ /¨ヽヘ‐、!
.           く  / /:::::ヽ、ヽ代テ}  彷ラ  リノ!‐く!ノヽ > > }
         //,イ:::::::::::`¨^',  〈-, ´  i  /イリ::::::ソ    /    城下の町割りも
          l ( L_`¨´ ̄`ヽ::ヽ.,.ィ= ,  ' ,イ lハ /、_/  /
          \__  ,.二 、  i::/ヘ`¨  // ./ リヽ     〉     ある意味 完成しきっていて
             ヽ/     \`゚i   `¨ ´ ./ / / l \___r'、
            ノ!       ハ \. /  /l l i''´/ l   |  \     これ以上の城の拡張は不可能ね
            r'  /     :::::::.. l ハ.  l \ゝi / l    ! / ヽ
.       / l       :::::: ノ / /      { Y i     l  //
     , ' // ̄`ト、    `く   (      \ヽ!     !/l:::/
_,,.. <  < 、_i:::::::::::::l  \_   ノ         Vl      l l/
     `ヽ \:::::::::::::::',     l\ l、    i     ト、    ,リ
        `ー- 、:::i     Vノヽ\._ ノ   /l  \_//、
 '´ ̄ 二ニ二¨ ̄ ヽi     ', ノ::::::¨フ`¨ニ´ノ、    〉 \
          ̄´  l       i-L::_:::::::::::_;/T¨ヽ   /i   ヽ
               ヽ    ノ   _}ニ -─┴…─‐- ミ
 _,,..  ---  ..,,__/  \_,.イ-‐ ¨ ̄: : : : : : : : : : : : : : : : : \   ← 同じく 岩井信能
       /   /''"´: : : : : : : : : : : : : : : : /: : : : : : : : : : : ハ
      /     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : :i





947 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 21:30:18 ID:Z.qQPkBs

   巛彡彡ミミミミミ彡彡
  巛巛巛巛巛巛巛彡彡
  |:::::::           i
  |::::::::    ⌒   ⌒ |
  |:::::    -・=- , (-・=-           蒲生の殿さん
  | (6    ⌒ ) ・ ・)( ^ヽ
  | |.     ┏━━┓ |          根が凝り性やったからなあ
  ∧ |      ┃ヽ三ノ ┃ |
/\\ヽ     ┗━┛ ノ
/  \ \ヽ.  ─── /|\     ノ7_,,, 、
    (⌒、"⌒ソ⌒ヽ- イノ  `、  ( ィ⌒ -'"",う
    ~''(_)(_)(_)(_)ソ-ィ     ヽノ   ,イ^
  _ヽ /`、_, ィ/   ヽ      ヽ─/
/,ィ'"/     /    `、     ) /
           /ミ U E S U G I 彡i    ← 岡左内
\       ノ       |      |      元蒲生氏郷家臣の新参
  \__ /       ノ    99 ノ


蒲生氏郷が全面改修した会津の本城である鶴ヶ城は
上杉家にとって使い勝手が悪い城であった





949 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 21:30:52 ID:q0B95d4U

ノリさんw





953 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 21:31:31 ID:TQBgk3UU

裸で小判浴びるのが趣味の人キタ





950 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 21:31:00 ID:Z.qQPkBs

蒲生家と上杉家では条件が違った
日野2万石の領主から 一代で会津92万石の大大名にのし上がった蒲生氏郷は
人材の登用に熱心だった


               `ヽ:.、   、                    __ _
            _,,........,,_ ヽ:.:ヽ、 }:ヽ )、                 `ヽ``ー _
           ´ ‐-、_:.:.:.ヽ):.:.:.:ヽl.:.:.:V.:.:.! ト、            _ -‐z..ノ ノ   )
         _ -‐' ´ ̄:.:`.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:リ.:.:! ト、        / _-   ´
        ´_ニ=-:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.lノ:.:l       / / _-       人材! 人材!!
    、_ -‐'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ       (  l/  _ -
 、  ___ニ-:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:く         ) ! /       これはと思うものがいたら
 \ ̄:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ       ,イ / └-ィ
   `ー- _:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:,イ:.:./ ヽ:.:.:.:.l,-ヽ└-‐z   // /  /_-     どんどん俺に推挙しろよ!
     /.:.:.:.:.:.:.:.:./:≧ミ:_,-イ.:.:.:.://彡≦冖ヽ:.:lV/.:.:.:.:.:.:.>十¬--‐ニ´_-
   /-_ニ=-.:.:.:./.;イ^!/ヽ__ヽ/.:.:∠l/┛/_, ):.:V.:.:.:.:.:._:_:≧⊥_|  ̄  __ -‐'⌒
  _-'三 ̄ニ=-:.lイヘ._l-   /イ  =´ ̄  ‐/.:.:.:.ト┬升: : : : : : :``ァー-ニ_
_-'     `ー-ァ冖ハ=     l !l      /イ:.l:イ  l l: : : : : : : :/     `ヽ
         /:/.:.:ヽ  ,_ヽ__"____, rイ  /lノ: |   l l: : : : : : :,'
        /: :´7-z:/ヘ `┴__┴ ' ´ / /: :l  / l : : : : : : l      ← 蒲生氏郷
       V: : : :l  i、 |\  ̄  イ  /.: :/ / /: : : : : : : l


別の言い方をすれば 蒲生家は常に少数精鋭で領国経営を行っていたということだ





955 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 21:32:03 ID:Z.qQPkBs

一方 上杉家は
先代謙信の頃は250万石と言われるほどの広大な領地を持ち
そのため家臣の数も蒲生家と比べて数段に多かった


      /iイ  il 廴ミ ヽ  Ⅵ ヾ ヽ .V/ ./ノ ./ .) )
     ノィ=三=、__ `≧ヾ  il   ) ソ //  //i /
   イ/小/,_、  / ̄ ̄`ー、il  il/./ ≦イィハ V
  -=トミV/i テミ=il/ / /  /ハVi/./ ̄ヾ ヾ Y  \
   ヾ廴/ il  /i / /  /ilililⅦiⅣililil)  } } 人   }
    ヾ-ィ':::::::::::ヽil il  .{::/ ̄.:v. ̄V  / /イ::::\.ノ
.       ト、::::::::::::::\\ il::{:::::..  ..:::}   イ:::::::/
      ハil ̄il\ ̄ \ \\;;;,,, ;/ / ̄テイイ
      廴ハ il 、_≧、 .\ }  ̄ {/ ,,ィ__フ .i/}
       |人 il  \ tュ≧ ヾ  r ≦ィフ /  レ
      /` ハi U:::: ̄ ̄ ̄`i  K  ̄ ̄  /i
     ./ /ハi  :::.  / ..:::|  |::.     ハ l      むうう……
     i  il  i.       ..:::::|  |::::...    イ |
     |   ハ      ヽ .|  | , 、  /:: i |
     |  /  |\ - 、 _,,,ニ,,_ノ  /::iハ .|
     | ./    |  \   ,,,,,  ̄,,,,  .イノ::ilハ |____
     レ  _ / .|   \   """  /:::::::::il:::::i/:::::::::::::/  ヽ
     r=//:::rー───ヽ__ _ /::::::::::::il:::::::::::::::::::/    i____
___ノ.//:::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: il::::::::::::::::イi    / ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ //::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: リ:::::::::::::::il   ./
     //:::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::il    /
   .//:::::::::::::::`::、::_______:、:':´:::::::::::::::::::il   il


秀吉逝去による混乱と景勝自身の上洛のため今まで放置されていたが
このことは入府当初からの景勝の不満であった





959 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 21:33:00 ID:Z.qQPkBs

不満といえば他にもある
太閤秀吉から与えられた新領120万石の内訳は
蒲生領92万石に加え旧領の一部である庄内三郡と佐渡島を加えたものだ


                        ./v、 \/"|           [
                       ./:::::::[  ]゜  |__.。。.        [
                      /:::::::./゜  [_  ./^゛  \t^^^^"─f(゜
         ,-^。         gl.:::::::::::|   "しヾ          /゜
       /::::/        ./^x:::::::::::[ 最上義光        _./゜
       [::::::::`、     村上義明 ゚l:::|   ./^        ./゛
      イ。.t'"     ,,./丶  .;.。J::::f゜   ./゜ 伊達政宗  メ゜
           __溝口秀勝 ヽ.,,メ::::::.ヽ   ./゜        」゜
         __/   (   ./「:::::::::::::ヽ/゜     ./^^^ゝ./゜
       __/゜    .。ト─^::::::::::::::::::::::::.\、    ./
__,,。。.r─- '堀秀治  イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::]l.  .;g゛
゜            7:::::::::::::::上杉景勝:::::::::::]─'^)(
\゛\。.--"^1     f::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::___.]し |
       〈  ./^り:::::::__.。。::::::::::::::::::::イ_  [,,,,,,[
       .\"^   'n-^  t .ヽ:::::::::::.ヽ ゜:^  .l[
              \  (  ..l:::::::::::|   」゜
           蒲生秀行 |  )。.,,,,,,l゚   メ
               イ | ./   ゚lr─"
               ] ./゜\/゜   y"
           結城秀康 /    メ
               f/ 佐竹義宣
               |    |
               ^゚lv_   イ
                 .\.。_|


庄内三郡と旧蒲生領は地図上では一応のところ地続きとなっている





962 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 21:34:01 ID:Z.qQPkBs

だが実際には庄内平野と米沢盆地の間は朝日山地が横たわり
そこには 通行のためのまともな手段がが存在しない


                        ./v、
                       ./:::::::[
                      庄内平野゜
         ,-^。         gl.:::::::::::|
       /::::/        ./^x:::::::::::[
       [::::::::`、      /    ゚l:::::|
      イ。.t'"     ,,./丶  朝日山地
            __ /    ヽ.,,メ::::::.ヽ
         __/   (   ./「:::::::::::::ヽ
       __/゜    .。ト─^:::::::::::米沢盆地、
__,,。。.r─- '      イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::]l.
゜            7:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::]
             f::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_:::_:_.]し
            り:::::::__.。。::::::::::::::::::::イ
             'n-^  t .ヽ:::::::::::.ヽ
                     l:::::::::::|
                     )。.,,,,,,l゚




    ノV   || /|  /::://ヽ、/∠/::::://::::::/ /::/
  /|/ | \  | /:::|/:// /:::::::::::::://::::::::/ /::/
  / | \ \   |:::::::::::/  /::::::::::://_::::::レ:::/
i |i \       |::::::/  :::/ /::::::::::_:::::::::::/|
|~ヽ |ヽ __      ヽ::|/    ::::::::::://::::/ | |
| | /::\___  \/    ::::::::/:::/   /´
 | | |:|⌒ー‐===ヽヽ  |/    ::::::::::/_,,, |
 |  ヾ!  /´_rュ_ヾ >| ヾ/   ::::/,二、~ヾ! |
  |     `´  /( レ-、 ̄|  :/ --rュ_! /
  ヽ           /,! i;〉 (  | /    |    これでは 大事な庄内三郡が
   〉-、 ヽ       `'‐'__|  ::/     /
  / r、 ',       /二´‐〈  :/            飛び地になったも同然ではないかああああ!
  ||ヽ ',     /∠-‐'""") :|ヽ    |
  \ヽ| ',     '´ !-'"´ ̄(  へ|i   |
  |rヽri',        ___| :::/ \!
   | |::| '-',      /   / :::|     イ
  / |:::|  ヽ    /    |  :|    /|
  |  |、:\  \  |    /  :|   /  レ、
  |/|:::\::\  \__/|  :::|-''´   /:ノ|
/:::::::|:::::::::\:::`'‐ 、    |  :ヽ   /::/:::|





968 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 21:35:29 ID:pdgscl3Q

庄内三郡を失えば自動的に佐渡も失っちゃうしな、こりゃ大変だ





965 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 21:35:03 ID:Z.qQPkBs

結果として
庄内と会津を分断する形となった隣国には最上義光がいる


              ∩___∩
            /  ノ   \  ヽ
            | ●    ● |      庄内 庄内 庄内……
          彡   (_●_)    ミ
           /、   |∪|    ,\      港 港 港 鮭……
          /.|     ヽノ    | ヽ
       ,,/-―ー-、, --、   .|_,|
    r-、,'''";;:;;:;::;;;;:;;::;:;:;;::;:;`'- /_,l,,__ )
   |,,ノ;;:;r'" ̄ ゙̄^"`Y'-、;;;::;:;::;:;:;:;::;:|
    .ヽ,′       ;   `"";;;;;⌒゙')
     ´`゙'''''''''''‐-‐'"`‐-‐'"゛  `゙´
              |  .∥ /       ← 最上義光
            ("___|_`つ


過去 庄内を巡って散々最上家と争った景勝は
この地に対する義光の尋常ではない執着心を知っていた





969 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 21:35:49 ID:7JV8ygp.

そんなだから鮭様なんてアダ名つくんすよw





970 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 21:36:03 ID:Z.qQPkBs

庄内には 「御館の乱」以前からの景勝の直臣である
上田衆の志駄義秀を配置したが……


        <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:へ.
        :::::::丶::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        /ヽ:::::::::::\::::::::::::::::::::ノ‐-::::::::〉
        ::::::::\:::::::::::\::_::::'":::::;:::、::::::ヽ
        ::::::::::::::::::::::::::::::::::ミヽ'"   ヽ:::::{
        ::::::::::::::::::::::::「 ̄`      V::}
        :::::::::::::::::::::::::!      r  ,レV!
        :::::::::::::::::::::::/      } ,ィ;fフl/
        ::::::::::::::::::/    ___,.ヘノ {‐くノl
        三:三Y´ヽ‐=tテ¨> j  ヽ. 寸
        トミ:ニ:ノー‐`^ 二´   ヽ   、_〉リ    
お任せください 景勝様
        l l ̄´.二二 ̄/     `<::/rN
        ゙__ ̄`)ニニニ{   __,,._-っ ノl:!
      . /  l ̄ :',──ヘ  「:r _.. -‐ ´,.l´ ̄\
      .    !   ヽ二二\!:l  ー‐ T´ |    ヽ
      .   ゙ ̄ ¨ ‐-  ̄`:.<\    ≧ j /\
      .   丶、     ̄ ̄ ̄` ー-一'./      ← 志田義秀
            丶、        /^ヽ/


 `―――───――――――――――○───――――’
                        O
                       o


 | 三_二 / ト⊥-((`⌒)、_i  | |
 〉─_,. -‐='\ '‐<'´\/´、ヲ _/、 |
 |,.ノ_, '´,.-ニ三-_\ヽ 川 〉レ'>/ ノ
〈´//´| `'t-t_ゥ=、i |:: :::,.-‐'''ノヘ|       義秀自身は まあ信頼してもよかろうが……
. r´`ヽ /   `"""`j/ | |くゞ'フ/i/
. |〈:ヽ, Y      ::::: ,. ┴:〉:  |/         義光の執念を思えば やはり不安は拭えん
. \ヾ( l        ヾ::::ノ  |、
 j .>,、l      _,-ニ-ニ、,  |))
 ! >ニ<:|      、;;;;;;;;;;;;;,. /|       ___,. -、
 |  |  !、           .| |       ( ヽ-ゝ _i,.>-t--、
ヽ|  |  ヽ\    _,..:::::::. / .|       `''''フく _,. -ゝ┴-r-、
..|.|  |    :::::ヽ<::::::::::::::::>゛ |_   _,.-''"´ / ̄,./´ ゝ_'ヲ
..| |  |    _;;;;;;;_ ̄ ̄   |   ̄ ̄ / _,. く  / ゝ_/ ̄|
:.ヽ‐'''!-‐''"´::::::::::::::::: ̄ ̄`~''‐-、_    / にニ'/,.、-t‐┴―'''''ヽ
  \_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ /  /  .(_ヽ -'__,.⊥--t-⊥,,_
\    ̄\―-- 、 _::::::::::::::::::::__::/  /  /   ̄   )  ノ__'-ノ
  \    \::::::::::::::`''‐--‐''´::::::::::/  / / / ̄ rt‐ラ' ̄ ̄ヽヽ
ヽ  ヽ\   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/      /   ゝニ--‐、‐   |
 l   ヽヽ   \:::::::::::::::::::::::::::::::/           /‐<_  ヽ  |ヽ





972 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 21:37:11 ID:Z.qQPkBs

              __
            __/  ̄ヽ.__
            __∠ //〉  /)ノ‐┐
         l /  ヽ {   {/─<Tヽ
          ////^\rヘ,へ,__ |_| ト、     ……だが 義光については
          |/l /{、_ {┴ 、_ノ、ノ ノミ}ヽl }、
          レ'|}/小V、._i   /ィ_フ,l | / l     決して遠くはないが将来のこととして
          ヽ〈  }`ーt:テミヽ 斤tテラjノ /  l
         r┴ト、 ^ ̄i |-、 ̄  l/^!/    急務なのは 本城の問題だな
         lヘ、|    ヽヽ'  、│f/
            ヽ〈 l.     ー ==イ   !イ|
            |`ー!     ヽ--‐'   ! |
           │| \   _,. .,_ /l l,l
          | l    丶<  _У  l.リ、      ノフ!
          /l |_,..-─.::::: ̄::::.‐-.、|:::::l \___   /、/  __
       / /´l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::\ \ ̄/、 / ̄  \
      /  //:/::::::::::::::::::::::::::::::::::::_L::::::::::ヽ  /  i \
    ,.イ  {:::_:::::--─:::::‐-:::::::::;::'´:::::::::::::::::::| ノ -┴‐┬--,-r‐ヮ
 ̄ ̄      ヽ::::::::::::::::::::::::::::::`:::::::::::::::::::::::::::::|//´ ー'二 ̄二二ワ
/⌒ 、     ∧::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::/ /  '´_L --一'
//⌒  \⌒ヽヘ:::::::___:::::::::::::|:::::::::::::::::::::/  /  /  \
´ ̄    ヽ::::|::::「:|   ヽ/`丶、___/ /   /     )


景勝は
新しい本拠地の築城を決意し 自らも領内を回り候補地の選定を開始した





5 名前: ◆fFI82Sjg3c [sage] 投稿日:2010/10/11(月) 21:40:00 ID:Z.qQPkBs

秋口になると 景勝のもとには徳川家康から
中央の状況を報せてくれる手紙が定期的に届くようになった


──────────────────────────────────────────

           _、─-v-─;z_
          >:::::`::::::::::::::::: :::::\      
『前田利長が帰国し
        /:::::::::..  .:::::::.. ..::::::::::ヽ
      イ:::::::::::::::::::::::;、::::::::::::::::::::::l     
中央に大老は俺ひとりとなったが
.       l::::::::::::::;:イ::/v:ヘ::lヽ、:::::::::|
.        |:::::::/|/ニ|/ュ ┌リ_ニヘl::::::::|     
俺が大坂城に入り政務を執ることになったから
       j::r=i|==。=,, _=。==|r=、:|
       |::|ヒ'|| ` ー":|.|:`ー ' ||J:|::|     
心配しないで欲しい』
.      |:::ヾ;l| u  r:|」:、 u :|レ'::::|
.     ノ::::::::::\ (二ニニ二) ,イ:::::::::::ヽ、
   _,∠:-‐ァi:::::::!\ == ./ |:::::::ハ''ー-ゝ、._
-‐'''": : : : :/,/|::::::| ::::\_/  |::::::ハ ヽ: : : : : :``'''‐
: : : : : : : :/,/,/|::::::|  :::::    ,|:::j¨二二二¨l: : : : : : :
: : : ; -:、ム--‐ヘ|:N\.____/j;ル| |:::::::::::::::| |:_;、_: : : :
: /.rh \: : : : : :|},',',',',',',',',',',{|: :| |:::::::::::::::| | +++`l: :
´、-t( )ァ-; > : : : |} ',',',',',',',',',',{l: :| とニ二二, ゙̄ヽ、! :
:\`゙lし´/: : : : : |},',',',',',',',',',', {| :|‘r──- .、`  \
: : :.`:‐:'´: : : : : : :.|} ',',',',',',',',',',',{|:.L.`⊂二¨_丶    ヽ

──────────────────────────────────────────





12 名前: ◆fFI82Sjg3c [sage] 投稿日:2010/10/11(月) 21:41:00 ID:Z.qQPkBs

───────────────────────────────────────────────

        ___  ,.-‐- 、
       >  `       ` 、
      ∠             ` 、
     /               ヽ
 .   ./        /`ヽ         ヽ
   /, '   /|/|/   |. iヽ       ヽ    
『島津家の方は相変わらずだが
   ~./    /`- ._ u . | |_,| !ヽ      i
.     //| /== 。_!  !~,。 = 'ヽ. l^i  i     
中央にとっては些細な出来事だ
       ||` _ _ /  =,_ _ . '  | Fi  |
        ||  / u    u  u |.Pi  |     
なにも問題はない!』
        i||/   _ 丶  u   .||~   |
 .      | ヽ`   ____....--、 / |   |
 .      |  ヽ  ̄ ̄ ̄ ̄ /  |    |
       |   ヽ  #'  /    |   __|_____
      //__....../| ヽ_ ./  u  |   |┬ii.--
 ___....-- i.|~  / | /   u    |   | | ||
 -- ~ ~ i.|   / | / >...___....-^ |    |  | |

───────────────────────────────────────────────





14 名前: ◆fFI82Sjg3c [sage] 投稿日:2010/10/11(月) 21:42:00 ID:Z.qQPkBs

───────────────────────────────────────────────

  |l   ヽ\|                     =~_
  ヽ\____>                        ~>
 ___,,,ニ==                       <
  ~二;;;;.=-       /|l.l.| llヾヽ          -=ニ,
     ~二ニ     /l;;;;;;||;;l;;;;;;ヽ;\ヽ           ~~'''''Z、  
『前田家謀反との話もあるようだが
   _,,,ニ-=     /ノ;;;;;;;|;;;;l;;;;; ××_ヽ |⌒ ヽ         _、
     ///   ./\\ ;;;;;u/.×''~   | |⌒l .|      _,、‐~   
これも すぐに解決する!
    ///// |∥/ ~ 。ヾ||:.:.:.||/。  ,ノ | |⌒| |    ヽ
       //| | |/|ヽ,_,.、/::'''彡ーu <~u  |.|ニノ/    |ヾ\     
とにかく中央は 大丈夫なんだよ!!』
      /     |u/ u u   `' u   ||ー ′    .l
     ./     / _丶u  u __,,О   /| .|      ヽ、
     /       ` l 、,,__,,.、、-;;;二-‐`l ./   l       ヽ、
     /     \  l l''‐-‐'''~    ___| /;;  u|
   /        \ヽ|-‐'''┬;;ニニ゜-‐ /;;0   l|ヽ、
  ./          \ヽ ̄O,,,,,,,;;;u /;;;;;  u  u |ヽ、ーー / ,,_ '''''''''    | |
  /           O ヽ u ''''''' /;;;;; u      /    ( / ,,_ ''''''''    | |
./       _,,,、、-‐‐-、、,/\ u /ヽ、   u u /     ( _/  ''''''    ||
/      /        ~'''‐、、_/  ヽ、U   ノ       ''-==ヽ_____,,,,、-ノ |

───────────────────────────────────────────────


そして その手紙の内容は 全然大丈夫ではなかったりする





16 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/10/11(月) 21:42:38 ID:huEL3.NI

そんなゴリ押しされても





21 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 21:43:42 ID:TQBgk3UU

明らかに問題を矮小化しようとしてるじゃないかw





15 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 21:42:11 ID:pdgscl3Q

聞いてるだけで不安になってくる報告だよなw





18 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 21:43:00 ID:Z.qQPkBs

        /  ,/ / /   _,..-''
       / / ///  〃 ,r'',.-'" //     /
  ,.ィ <´  〈,/〃/-//-'"/ / ,/__,,..-/
  } } ,〉 //" ,r'´ノ ,r'′//-''"二´‐'''~___ノ
  ,) Y ノ // ,r''´‐''"  -='"―-、彡"r'" ̄´
 ,イ  リ ノ り ,=、、-ニ_~― ~''-=二 ∠"´
 ヾ,ヽ 、, , ノノ {.トヾー-~ニ_-二 ― 二ニ==-‐''"
  ゝ  ミィイィ彡`ユ.|`\ヽ丶、‐ __ヽ'''三二,,,_
 〈 `ヾべ_{::::   'ゥ)  `8-、 ヽ‐ 、ヽ`''-_=-
  ゝ_ノ⌒ヘ~"   _”\    ヽ!\ヽ、'''ー-"ニ.._    ………………
 〈 (._   |∠ィ ,.ノ  /  __ハ_j!      \
  `‐''^   ,. -‐`ヾ__/ヽ. >,、く       \
       r;>-=<´ 〈 ノ_,.            ヽ \
      (l》L -―''''"~´            ヽ  ` 、
      /                `、   `、  lヽ
    /                    ヽ.   l  ||
    !                   `、   !  !|
    `、             、     |   } V,/
      ヽ             |    /  / 〃
        \           ヘ_,. -''"   / ,.イ′
        \             ヽ     l / /
         l           |      |′,'


これらの手紙を受け取った景勝は
遅れて帰国した兼続をはじめとする家臣たちに突如として
領内各城の改修 道路・橋の整備 そして牢人の新規登用を命じた





27 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 21:45:35 ID:/Johhv1o

領内の整備は分かるけど浪人の新規雇用は・・・
家臣が多いって言ってるのに、なんで更に増やすんだよw





34 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 21:47:09 ID:S01ouJcc

そりゃ、頭数が多くても困らない事をするつもりなんだろ





22 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 21:44:01 ID:Z.qQPkBs

この上杉家の性急な動きは東北・北陸の諸侯の動揺を生み
年末にかけての江戸および大坂城の家康に対する注進につながった


      . : "´  ̄ ` : 、
      .,:::::::::::::::::::::::::::ヽ::、
     //:::,::::::,:::::::、:::::::、::ヾ:.   …………
.    l,f:::i|_:::::|:::::::||:::::_|i::::i::|
    |:|:::::|(●)  (●)|::::::|:|       ;:::\.  l   /::::;:へヘソ'"       U   |/::::::::::::::::,::
    |:|::::_|    ,、    |_:::|::|       ゙、:::::::ヽ、,〉 /:::::/             _,,. \::::::::::::,:'::::
    |:|:´:|゙:、/ |l|\,.ィ|:`::|::|       ヾ、::::::::::/./::::::;:'゙           _,,.==ヽ、  l:::::::;r‐、::
    |:|::::|::/   |  ゙ヽ:::::|::|        \::::::;゙/:::::,:'゙,,_      /   ,,.z''"´_,,,,.´ ̄ |::::::|'"ヽl:
    |:|::::|/   ∧   |:::::|:::|         'yヾ/::::;/''‐-ヽ、.,__ヽ l、_,,. ‐',.-'''"´ ゚ /    !::::l! 〉 /:
    |:|::::|  /,| ヽ  |:::::|:::|         l !/:::;/ヽ ̄``・‐`"  ヽ.  ´`'‐--‐‐'゙    |:::/!/,/:::
    |:|:i'l〉イ´  .|  `ト〈'i,::|:::|       .   Y::::/l  `'‐-‐''"  |              |/' /゙::::::
    |::::::\_   |:|   ,ノ:::|:::|         ,'::::/、゙、        |                 !‐'゙ヽ:-、   …………
    |仆イ|'i|`ゝ' ゙ー:'´|::/|ilハ|       .  l:::/ k,ヽ,      l             l  ノ,.、‐
         ||      |            |::;' 〈ヽ, ヽ     !            |  /
         ||      |            |:l.  ゙、 \.|'、   ヽ、,__,/    ,,./  _,'.-'"
         ||      |            |!  /!   ヽ,、  ‐----‐‐''''''''''"´   r''"
         |:|___,|            !-‐''゙  ',   l`ヽ.  `''''''''""     |        /
         {ーイ トー}           '"´      ゙、  .|.  ゙、         /!         /
         ゙ー"  ゙ー'

     ↑ 戸沢政盛                    ↑ 堀直政





25 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 21:45:02 ID:Z.qQPkBs

こうして
「庄内の乱」「宇喜多騒動」の解決を翌年に持ち越したうえ
上杉家の蠢動という不安を残して 年は暮れ……


          _,,. -──- 、 ,. ‐''"´ ̄`二ニ=-
      -=ニ´..__     ゙     ´ ̄~゙'''‐、
       ,. ‐''"´                  ヽ、
     , ‐'´                       ,.ゝ
   ∠..-‐''フ'~                       ゙!
      /                           !
     / ,                           l
.    //        /l ,ヘ. ト、 ヽ、            l
.   // ,イ    /! / ul ! ゙、 |. ヽ、!ゝ、 !       |
    / .// /!  ./ l./.`‐、l  ヽ!. ‐'´, k'ヽト.、       .l
.   i ./ !/ l ,イ/. !' `‐、|!  I|_,. ‐'´ ヽ! ::::ヽ      ゝ   ううう……
.    l./ .l' l' !' l=====〉 __ =======:| .|⌒i.   ヽ、
    !        l`‐.、.__゚/,::: ''' ヽ、 _゚__,.. ‐'´:::| |´ )}.    l、
              !  :::/,:::::::::. jv  u    ,/:::|.|~)/     l、
          ノ! ,/,:::::::::::__::)  _,,.-‐"  u::||_ノ       i、
          / iー_____ ,,. -‐''フ::::/!     !゙!‐ 、._. ヽ、
          I_,. ‐'i`‐ 、.____,,. ‐'´:::/: │   │l   ` ‐-
    _,,. -‐'"´   ,.!  ___,,   u:::/::   !    ! i‐ 、._
   /i     _,,. -‐1 ヽv  ̄ ̄   :::/:::    !   i' .i   ` ‐-
  / .{_,,. -‐'"´     !  ヽ、   .::/:::    i'  / /
 /  !       , -‐-、 , -‐、i´~`ヽ     ./  ,イ./
/   l      ,.へ、/⌒ヽ、 `‐、  i   /  / /
    |    /‐-∠.__,、 `‐、 `i‐、-‐'"7/!'/
    .|  /´        `‐、  ゙i __,! `、-‐/"


慶長5(1600)年という
全国の諸侯全てにとっての運命の年は明けたのである……





29 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 21:46:14 ID:mq9rP/WY

ついに1600年か





30 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 21:46:34 ID:1JRveJQk

いよいよか・・・





32 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 21:46:59 ID:Z.qQPkBs

さて ここで 真の主人公の慶長5年の正月の様子を見てみよう


                 
\ わっしょい わっしょい /                    
  \             /  \ わっしょい わっしょい /
                   \             /
              t_,_,_,_,_ィ
【名島城】       ノ_:_:_:_:_:入
             ,...,l_;_;;;;;_;:l;:!、
            ノ_:_:_:ヘ_:_:_:入
          ,....,,,,l_;_;_;;;;;;_;_;_;l;:!,,..、
          ノ_:_:_:_:_:ヘ_:_:_:_:_:_:_;入
          l_;_;_;__;;;;;;;;_;_;_;_;_;_;l;:!!
         /千ΖУト千ΖУト千ヘ
        ./Уト千ΖУト千ΖУトΝ,,
     ,'""'゙,゙'""'゙,゙'""'"、.wiルv,iルwviw.: :=_≡ _;;;
     ;;;ii ;;;;;i;ii ;;;;;ii,;;;;;,ii.;;;;;ii.;;;;;.ii .;;;;;,ii.;;;;; = - _-;;
''_'''''_'''_'',.'''_''''_''_'''''_'',.'''_''''_''_''''''''''_'',.'''_''''_''_''''',;;;"'、,,'""'゙,゙'""'"、.wiルv,i
__- =_≡ _- _-_=_ = - _-_ -_=_ = - _-_ -_ソ、.,     .,,iルv,iレv:.:
^ _ _ -_ ^ _ _=_ -_^__ =_ -_ -_^__ =_ -ー-、_:::: ::.::::: ::.:_





35 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 21:47:18 ID:lpSneKMA

さあ貴重な出番だ!





42 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 21:48:00 ID:Z.qQPkBs

名島城では
やる夫の筑前入り以降 恒例となっていた領民による松囃しの披露が
今年も行われていた


                     /■\
                 (_´∀`)_     わっしょい!
               /,/-_-_-_-_-_\     わっしょい!
        ( (   /,, /― -_-_-_-―\    わっしょい!! //
             (。'。、。@,。,。,。,。,。,。,。,。,。,。,。@  ) )
             ∩ヽヽ∩ヽXXXXXXXX/ .∩
             i||i ∩i||i:||::::¥_][_¥::::||. i||i
             †人=†††¶┌┐¶††††
  Λロ二二ロ二Λ二Λ二Λ二Λ二二二二Λ二Λ二Λ二Λ二l
  (^×^∩  ∩(´∀` ) (・∀・ )   ∩(ΦλΦ )(ー人ー )
┌〔〔 〔〔V)  ヽ〔〔 〔〔 つ〔〔 〔〔 つ   ヽ〔〔Э〔〔 つ〔〔 〔〔 つ
(_ノ〈 ||_|  (_ノ〈 ||_|(_ノ〈 ||_|    (_ノ〈 ||_|(_ノ〈 ||_|
   (__)     (__)   (__)       (__)   (__)


  ヨヨイノ ヨイ!    ___   ドン!ドンドドン!     ソレソレ     ソレソレ
     П∧_∧.ミ __ ヽ:::..ヽドンドン!ドンドン!     ∧_∧     ∧_∧
     ∩(# ・∀・) //  i::::::: |Σ           ∩ ・∀・)    ∩ ・∀・)
ドドンガ ヾ冫祭 ⌒lつ  l:::::::::|            ヽ ⊂丿    ヽ ⊂丿
  ドン! (__.八 _._ノ._ノ            ( ( ノ ))   ( ( ノ ))
       )_)_) 凵凵 凵              し'し'       し'し'





44 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 21:49:00 ID:Z.qQPkBs

                                         
 \ わっしょい わっしょい /   \ わっしょい わっしょい /
 \             /      \             /
                                       
        ___(⌒ヽ           γ⌒) ))
       /⌒  ⌒⊂_ ヽ          / ⊃__
(⌒ヽ∩/( ⌒)  (⌒) |(⌒ヽ       〃/ / ⌒  ⌒\
 ヽ  ノ| :::⌒(__人__)⌒ ::| ⊂ `、     γ⌒)( ⌒)  (⌒) \ ∩⌒)
  \ \    )┬-|   / /> ) ))  / _ノ :::⌒(__人__)⌒ 〃/ ノ
(( (⌒ )、 ヽ_ `ー‐' ,/ / /   (  <|  |   |r┬(    / / ))
  \ \ /          /      ( \ ヽ \ _`ー‐'  /( ⌒)
    ヽ_ ノ       │                    / /




               r-‐┐
      __,.ィーマヘ/ヽ-ヘ.ヘ
     <´  /: : : : : : : : : :.ト、: :ヽ:.ヽ
.     \ /: : : : : : :∧: : :.:.l: ヽ: :.\::\
     _/: : : : :/: :.l l: : : :.|  l: : : :.ヽ:.:ヽ、
   /´:./: : : : :/: ,斗 |: : : :} 下`ヽ ト、:ヽ:.:i
  l: : : /:./: : :./:.イ: :l  ヽ: :/    ヽ:.:ト、l: :.ト.|
  {: : /;.イ: : :./l/ |:./   }/   _,_  V: :.l:.:.l
  l: :.l/: |: : :/∧ l/ ,.≠=    '⌒ヾ {: :.!:.:.|
  ヽ:.:l: :|: :./: : :V /             }: : ヽ|
   }:.l:.:{: :∧:.!:.∧ 、、     ___    イ: :.l:.|
   |:.l:. |:./r弋:.{ : >、   (_,ノ ,. イ|/|: : |:.l    ← 古満姫
   l/|:.:l∧|. Ⅵ: :.V 了¨ 下、   /}: :/l/
.    い  ヽ   >、:.\\ } \   l/


これを楽しみにしていたやる夫も 正室である古満姫も大喜びであった





48 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 21:50:00 ID:Z.qQPkBs

だが この日 やる夫は懇意にしている肥後国隈本の加藤清正へ
年賀の挨拶のための使者を送ったのであるが……


             ∧ ∧
          ( ´∀`)
          /  ∧彡ヘ
          ゝ,ュ/ ・  ヾ
          `.,イ/  ヽ_)
           〈,イ    {、 )
          ,'. ゙;,   `ヽ)
            {、, ゙     .l
          l  ,;  r‐<´ .ト、ミミヾ、
          l  ,;_l に,ノ:::ヽ ヾミ三彡"
             l ト(. l lヽ:::::::::ノ.
           l、_ノ::>.l l く::::r'.
           /:/ 〈__,〉. l:::l
           /:/   ,   l:::l
          /:/    ;   .l:::l.
           〈;;ゝ       .〈;;;ノ   ,;  : ,.:
    、  、;, 、.,'    ' ;'   ,. '";', "'
     ` ゙\ ;.,. ,..”,' / , ,./,. .;'__
__,,,,,,,,,... -----―――'''''''''''"""" /
,,,,. -‐''''"  _,,. -''" ,,. -'' ,,.-'' ,r'" /





51 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 21:51:00 ID:Z.qQPkBs

この使者は運悪く 城下の祭りの行列にぶつかってしまい その場で立ち往生してしまった


      ドン ドン ドン タカタッタ
    ∧ ∧   ,,──,-、      ∧_∧     ∧_∧       ∧∧ ∩ )) (( ∩∧∧
    (,,゚Д゚) / (:  :(  ) ))     ∩ ・∀・)    ∩ ・∀・)       (*゚ー゚)ノ     ヽ(*゚ー゚)
     |つ/つ  `ー─``ー'       ヽ ⊂丿    ヽ ⊂丿      /つ ノ       ヽ と ヽ
   ~|  |   ┣━━┫┨       ( ( ノ ))   ( ( ノ )   ~(  ,,(~) ))      (~),,  )~
    U U   ┠┤  ┣┫       し'し'       し'し'        し'"            し'


                         /i/,i..   ∧ ∧
                        / ・.彡  ( ´∀`)   あ あれ?
                       (_、ノ| 彡 ノ__ゞ__ヽ
                         ヽし´彡Ю=ヽ=ゝ
                          l     ̄[ | |ノ ].`ヽ、
                        ,へ>(   | ⊆ゝ .丿))
                       く<ヽ  ゝ >ヽ_,; ヽ_ー、
                       ヽゝく <       //
                          ヽゝ      〈 く





53 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 21:52:00 ID:Z.qQPkBs

使者は祭りの行列に馬を通してくれるように頼んだが……


    /i/,i..   ∧ ∧
   / ・.彡  ( ´∀`)     おい お前たち すまんが道を空けてくれ
  (_、ノ| 彡 ノ__ゞ__ヽ
    ヽし´彡Ю=ヽ=ゝ
     l     ̄[ | |ノ ].`ヽ、
   ,へ>(   | ⊆ゝ .丿))
  く<ヽ  ゝ >ヽ_,; ヽ_ー、
  ヽゝく <       //
     ヽゝ      〈 く




      ドン ドン ドン タカタッタ     ああん 見て分からないかゴラァ
    ∧ ∧   ,,──,-、 
    (,,゚Д゚) / (:  :(  ) ))     今は祭りの真っ最中だぞゴラァ
     |つ/つ  `ー─``ー'
   ~|  |   ┣━━┫┨
    U U   ┠┤  ┣┫


  ヨヨイノ ヨイ!    ___
     П∧_∧.ミ __ ヽ:::..ヽドンドン!
     ∩(# ・∀・) //  i::::::: |Σ     どっか別の道を回りなよ
ドドンガ ヾ冫祭 ⌒lつ  l:::::::::|
  ドン! (__.八 _._ノ._ノ
       )_)_) 凵凵 凵


祭りでハイテンションになっていた領民たちは言うことを聞かなかった





57 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 21:53:00 ID:Z.qQPkBs

    /i/,i..   ∧ ∧
   / ・.彡  ( ´∀`)
  (_、ノ| 彡 ノ__ゞ__ヽ       あのね こっちは主命による使いの最中なんだ
    ヽし´彡Ю=ヽ=ゝ
     l     ̄[ | |ノ ].`ヽ、      素直に道を空けた方が良いよ
   ,へ>(   | ⊆ゝ .丿))
  く<ヽ  ゝ >ヽ_,; ヽ_ー、
  ヽゝく <       //
     ヽゝ      〈 く




      ドン ドン ドン タカタッタ    何言ってやがるゴラァ こっちも殿さまのために
    ∧ ∧   ,,──,-、 
    (,,゚Д゚) / (:  :(  ) ))    祭りを奉納させて頂いているんだぞゴラァ
     |つ/つ  `ー─``ー'
   ~|  |   ┣━━┫┨
    U U   ┠┤  ┣┫





61 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 21:54:00 ID:Z.qQPkBs

    /i/,i..   ∧ ∧
   / ・.彡  (;´∀`)
  (_、ノ| 彡 ノ__ゞ__ヽ      それは悪い料簡だよ
    ヽし´彡Ю=ヽ=ゝ
     l     ̄[ | |ノ ].`ヽ、     かえって殿のためにならないよ
   ,へ>(   | ⊆ゝ .丿))
  く<ヽ  ゝ >ヽ_,; ヽ_ー、
  ヽゝく <       //
     ヽゝ      〈 く




.    ∧∧ ∩ ))   なんだとゴラァ
    (,,゚Д゚)ノ
    /つ ノ      俺たちが殿さまのためにならないだとゴラァ
  ~(  ,,(~) ))
    し'"


 (( ∩∧∧       ふざけた野郎だ
   ヽ(,,゚Д゚)
    ヽ と ヽ      みんな こいつをたたんじまえ!
     (~),,  )~
       し'


そして博多っ子は 平素の時ですら気が荒かった





65 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 21:55:00 ID:Z.qQPkBs

         \      ☆
                 |     ☆
              (⌒ ⌒ヽ   /
        \  (´⌒  ⌒  ⌒ヾ   /   え ちょっと 待って……
          ('⌒ ; ⌒   ::⌒  )
         (´     )     ::: ) /    アーーーーーーッ
      ☆─ (´⌒;:    ::⌒`) :;  )
         (⌒::   ::     ::⌒ )
        / (    ゝ  ヾ 丶  ソ ─
ヽ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


この時
領民たちが使者役の士を馬上から引き摺り下ろし集団で暴行を加えるという事件が発生した

         ___
        /⌒  ⌒\         ━━┓┃┃
       /(  ̄)  (_)\         ┃   ━━━━━━━━
     /::::::⌒(__人__)⌒:::: \         ┃               ┃┃┃
    |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                       ┛
    \   。≧       三 ==-
        -ァ,        ≧=- 。
          イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
        ≦`Vヾ       ヾ ≧
        。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。





68 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 21:55:45 ID:lpSneKMA

これはひどいwww





54 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 21:52:03 ID:3r6jFU42

新年早々、ミソつけるなよw





64 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 21:54:38 ID:TQBgk3UU

戦国の気風が残ってるから
道を譲る譲らないで喧嘩に発展してもおかしくない





108 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/10/11(月) 22:04:56 ID:X/bYqBUU

ググったら使者は撲殺されてた





70 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 21:56:02 ID:Z.qQPkBs

         ____
        /ノ   ヽ、_\    r ⌒j
      /( ○)}liil{(○)\  /   /          お お前たち!
     /    (__人__)   \/   /   /  )
    |     |i|||||||i|     /  /  /  /      これは いったい何ごとかおーーー!!
    \     |ェェェェ|     /   '` ´  /
      r´  (⌒'ー―- イ′     ´廴
     /    > 、     ヽ      _  ̄ ̄ ̄)
    /        -、      }        (  ̄¨´
   /           ヽ._       __  \
                `   --‐'´ `゙' 、_.)


この件に対する やる夫の対応は素早かった





73 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 21:57:00 ID:Z.qQPkBs

やる夫はすぐさま 清正のもとに重臣を遣わし ことの次第の報告と詫びを入れた


          ,.ィ'" ̄;.;.`ヽ、           
         /;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;ヘ            .  この度は すまなかった!
         ,イ;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.「 ̄ `' ー-.、.     .
       / ル,;.;.;.,.r‐--、;.;r、;.:L_      ヽ、  /∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\
        |  L_`"'、 __,.、 l;llヘ!;f'  ,      ',
       ∧ ヾ=,!´ー≡″L/   !         '、
      ,'    ヽl   __ j /ヘ   i!       ,  ',
      ,'     i!`く-‐' ,イ   ,./i l      /   ', '
     i  !   iヘ  ̄ヾ レ'"´  l`ー    ト、   i.
     !  l    l `ヽ、 ',、    l      l ヾ l
     !  ヽ  /     ̄ヘ\___!      l   l.
     ,'   _,./        `>-、_」    l  l   lヽ
    i /  /       ,,. ''´  ヽ!   l  l     i
    !     ',     ,. '´      i!   l  !     l
     ! l    l   /;, .       l     l     l l⌒ヽ.
     l l    !  /;, , . ,      /     i !     l !   l
    l l    !  /;:. ;:.        /     /      /  ノ
    l    l /;,. .        /      /      l ム/´
    ',   l /         ,ィ′ /  /; .;, .    //
     !=-  !|     _ _,.//  /  /; ..; .    //
    /   ヘヾ、   ,. '  /     /;. ,  .    //
    /    、'、`ー─'_,. -'´   /;. , ;;. .    //
    //! i^! !i ト-,.ィ´7     /|       /,ノ′  ← 平岡頼勝
   U ! l l l ', l  }イ/ / / ,.-'´ ヾヽ    //
     U U U   /ノノ_/     `ー─'″


加藤家への使者に対する領民の非礼が 変に曲がった形で清正の耳に入る前に
先手を打ったのである





75 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/10/11(月) 21:57:45 ID:X/bYqBUU

服を着ろ





76 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 21:57:46 ID:4HZiwwfw

変に曲がった形の使者を送ってるぞwww





78 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 21:58:00 ID:lpSneKMA

これが九州男児か・・・





79 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 21:58:00 ID:Z.qQPkBs

.         /::::l:::l::、:::::、:::::ヽ::、::::::::::::\:::\::::::::ヽヽ::::::ヽ
       /:::!::::i:::!:::ヽ:::ヽ::::::ヽ::ヽ、::::::::::\:::ヽ:::::::ヽヽ::::::',
        /:l::::!::::ヽ!::ヽ:::::::ヽ:::::::\:::ヽ、::::::::ヽ:::ヽ::::::::!::i:::::::!
       ハ:::l:::::、::::ヽ::::\:::::\:::::::\:::`ヽ、:::ヽ::ヽ:::::!:::!:::::l
     /:::::::l::::::!ヽ:ヽ::::、:::::ヽ:::、:\::::: \::::::\::::!::::ヽ:!:::i:::l:l
     !:/!:::::!::::::!::ヽ:ヽ{:::\:::ヽ::::\:::\::ヽ:::::::ヽ!:::::::}!::::l::li|
.     j/:::l:::::!:、:::!::ト、:、:ヽ:::::`ヽ{、::::::\::::\{、::::::::::::::::i::!::l:l !   まあ 僕のところに実害は無かったし
       l:i:l::::i::i:、:l::lテ=-、:ヽ、_、::\_,≧ェュ、_、\:::::::::i::li::!::リ
      !ハト:{:!:i:トN{、ヒ_ラヘ、{ >、{ 'イ ヒ_ラ 》\::l::!:ト!!:l::l!     こうして謝りに来てくれたことで面子もたったよ
      ヽ i、ヽ:ト{、ヾ ̄"´ l!\   `" ̄"´  |::!:l::! j:ll:!
.         !::、::::i      l             u |:::/lj/l:!リ     このことは やる夫の家中の問題としてくれ
        ヾト、:!u                 j!/ j|:::リ
          ヾ!    ヽ  ‐       u /イ´lハ/
            }ト.、  -、ー-- 、__      /' !:://
             リl::l゛、  `二¨´    /  |/:/
         rー''"´ト!::i{\       /  / !:/    ← 加藤清正
        / ^ヽ  ヾ!  ヽ _,,、'´    /  j/


もとより やる夫との関係は良好だったこともあり
この小早川家の素直な態度には 清正も穏やかに応じた





83 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 21:59:00 ID:Z.qQPkBs

       |  !                        |  |       |
      | │                   〈   !     
      | |/ノ二__‐──ァ   ヽニニ二二二ヾ } ,'⌒ヽ   ̄ .Y  ̄
     /⌒!|  =彳o。ト ̄ヽ     '´ !o_シ`ヾ | i/ ヽ !    |
     ! ハ!|  ー─ '  i  !    `'   '' "   ||ヽ l |
    | | /ヽ!        |            |ヽ i !     つまり……
    ヽ {  |           !           |ノ  /
     ヽ  |        _   ,、            ! , ′     四つん這いになったら許してくれるんですね
      \ !         '-゙ ‐ ゙        レ'
    |    `!                    /
         ヽ     ゙  ̄   ̄ `     / |
  ̄ .Y  ̄    |\      ー ─‐       , ′ !
    |       |  \             /   |




                ,. -─- .、,
                   ,不:::く`ヽ;::、:::`丶
                 ハ:l::;;ヾ:ヽニヽ:ヽ::、ヾヽ
                 ,':::i:トヾヽ::ヽ:トヾ、ヽヽヾ`ヽ
             l::i::|l::卞ムヽ:;ヾY.ェYl::ト::ヽ       誰も んなこと言っとらんわ!
             |::l::ト;:::Kさ'く:::f ,`  リヽヾ',
              ';:';ヾトヽu `r'- 、  u|::ト`、      いいから
              ヾヽヘu  |';二::!  入',
               `トk   ヽ、zソ ./::| ヾ      お前もう 服着て帰れよ!!
         ___._,r、   Y:j` ‐ 、 ー´/ トj
       /`ヽ_j'、_ノ ̄l!'´ヾ- 、_`_¨   」、
       ∧ ,ノ  Yヽ  l  ヽ     7ヽ~ヘヽ.、
     /-'´「 ヽ ヽj_. l   ト、  /〃ハ  | ヽ `ヾ 、_
    r'´, イ ヽ、 `,__,ィ、__)| l  ヾヽ∧'〃ノ゙ヽl  ヽ  ヽj`ヽ
    / '´  ト、  Yrイ  ∧l ',  ヽ  Tヘ',   l _..ノ   l j ',
    ,′   .}、二ィ } /   l ヽ   ', |、、ヘ. | \  / }. ヘ
    i     トz'_ノ,イ    |   ',.  ', l、ヽヘ |   |     j/ l
   |   ノ \¨7/     l  ト、  ヾ 、ヽ ',.l   lー- //  |
   ゝ─'-- -r-`'      l  ',.ヽ ヽ ヽヽ!  | ̄  /j   l


こうして加藤家は この問題について不問とすることにした





82 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 21:58:46 ID:lpSneKMA

予期しないトラブルを見事に処理したな





80 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 21:58:18 ID:JPkoNdAk

こういう、アクションの素早さも非凡だよなぁ・・・





85 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 21:59:39 ID:z.25UeVs

危機管理の基本がしっかり出来ているね
やる夫は若いけど凄くやり手だと思う





87 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 21:59:46 ID:3r6jFU42

周囲からよく鍛えられてたんだろうな





89 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 22:00:03 ID:Z.qQPkBs

そして領民に対しては……

        ____
      /  ノ  ヽ\       お前たち これは あまりにも酷いお
     /  (○)}liil{(○)
   /     (__人__) ヽ      やって良いことと悪いことが有るお!
   |       |!!il|l|   |
   \        lェェェl /
    /         ヽ
    しヽ        ト、ノ
      |    __    |
      !___ノ´  ヽ__丿




        ∧∧   ∧∧   ∧∧   ∧∧   ∧∧   ∧∧    ええ~~~
       (゚Д゚;) (゚Д゚;) (゚Д゚;) (゚Д゚;) (゚Д゚;) (゚Д゚;)
       .(|  |) .(|  |) .(|  |) .(|  |) .(|  |) .(|  |)    でもさぁ~~
        |   |~  |   |~ |   |~  |   |~ |   |~  |   |~
        し`J   し`J   し`J   し`J   し`J   し`J





93 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/10/11(月) 22:00:40 ID:huEL3.NI

ええ~、じゃねえよw





94 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 22:01:00 ID:Z.qQPkBs

        ノ L____
       ⌒ \ / \        でもも しかも ないお!
      / (○) (○)\
     /    (__人__)   \     今年の…… いや これからも
      |       |::::::|     |
     \       l;;;;;;l    /l!| !    やる夫が良いというまで松囃しは禁止だお!!
     /     `ー'    \ |i
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |そ  ドンッ!!
    `ー、_ノ       ∑ l、E ノ <
               レY^V^ヽl


やる夫は 松囃しの無期限禁止という領民にとって
そして ある意味やる夫自身にとっても厳しい罰を与えた





97 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 22:02:00 ID:Z.qQPkBs

    ∧∧   ∧∧   ∧∧   ∧∧   ∧∧   ∧∧
   (゚Д゚;) (゚Д゚;) (゚Д゚;) (゚Д゚;) (゚Д゚;) (゚Д゚;)     ……ごめんなさい
   .(|  |) .(|  |) .(|  |) .(|  |) .(|  |) .(|  |)
    |   |~  |   |~ |   |~  |   |~ |   |~  |   |~
    し`J   し`J   し`J   し`J   し`J   し`J


なお やる夫は翌年には この筑前から姿を消すことになるのだが
それでも領民たちは やる夫との約束を守り松囃しの自粛を続けた
松囃しが復活するのは これより50年近くの時間が経ってからのことである





99 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 22:02:28 ID:LKa9XsiU

な、なんて律儀な領民





103 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 22:03:00 ID:Z.qQPkBs

だが この件では罰を下したやる夫の心も傷ついた


       /  ̄ ̄ ̄ \:
      ::/        ::::\:   あんなに…… あんなに楽しみにしてたのに……
     ;: |          :::::::| :
      \.....:::::::::    ::::, /    どうして こう何もかもが上手くいかないんだお……
      r "     .r  /゚。
    :|::|     ::::| :::i
    :|::|:     .::::| :::|:
    :`.|:     .::::| :::|_:
     :.,':     .::(  :::}:
     :i      `.-‐"


ともあれ やる夫の激動の慶長5年は こうして幕を開けた





104 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 22:03:57 ID:JPkoNdAk

正月からつまづくのう、やる夫





106 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 22:04:45 ID:d23naGnM

出番も少ないしな





109 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 22:05:00 ID:Z.qQPkBs

さて ここで舞台を移し
もうひとつの庄内 日向国「庄内の乱」の1月の様子を覗いてみよう


               __。、
               .;l゚゜  .ヽ、
              ^)[    \
               [、    .\
               ][      \
             ●東霧島神社  \、
          ./f''^^           ゝ
         gl゚゜  ★山田城       .l
         g(        ○志和池城 ヽ[
        .l[      月山日和城◎  ◎山之口城
        〔                  ^h。.
        .ヽ、      ◎野々美谷城  ..l[
         ◎安永城            g(
        ./                 .;[゜
       y^             ◎梶山城・勝岡城
      .○財部城             .;](
      〔!       ☆都城      _g゜
      ]、                g(゜    ┌───────────┐
       [!               ,,r(      | ★忠恒 本陣        .|
      |       ◎梅北城 /゛     ...| ●忠恒制圧下の城      |
       )。.           . /゜       | ○忠恒勢が包囲中の城  |
        ]l ○末吉城    J(         | ☆忠真 本城        .|
        g!         メ゜          | ◎忠真勢力下の城      |
       ][       __/゜           .└───────────┘
       .l(      ./゜
      ./"      メ゛
     4゜ ●恒吉城
     .ヽ。,,。--'"


泥沼・底なし沼の「庄内の乱」は 年を明けても目立った進展は何も見せず
そのため同じAAを何度も使い回すことが出来て とっても楽チン





113 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 22:05:48 ID:uHiFGo6o

ちょ、メタるなwww





118 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 22:06:19 ID:2CEwr8z2

まだやってたのかw





117 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/10/11(月) 22:06:07 ID:huEL3.NI

これいつまで続くの?





121 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 22:06:49 ID:lpSneKMA

お前ら、戦ってないと死ぬ生物かwww





135 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 22:09:58 ID:7JV8ygp.

忠恒が勝っても新しい領土ができるわけでも
荒廃した庄内が瞬時に復興するわけでもないしな





128 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 22:08:49 ID:HHLlkCTk

トムとジェリーの喧嘩と違って死人が出てるんだよね





134 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/10/11(月) 22:09:53 ID:B9R.oAMc

そもそも仲良くねーしw





115 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 22:06:00 ID:Z.qQPkBs

それでも 懲りないこいつらは 相も変わらず小競り合いを続けていたのだが……


               i    ,. へ-、 __  i
               !i _,..::'"li.∧.l!  ゙_」ト、
              , j<.ー-i!  l!-―'"/\    .
             /゙.,へ、  ┐  i、 /   ヽ. ....   城を包囲する連中を蹴散らせ!
             .i i   >/\/)゙"‐ 、.   i  
             l lレ''"  \jl!レ゙   _,...、ヽ. l  /∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\
             l! rヲ――--_」Lii--――ヾ. l
             l! // <二》 _ 《二>゙ ヾ、!、
            .j.,.ィ゙     ./ ! \_    l!\\
           /'' l!   ,.. '´ ヽ    ゙̄ーr-ノ  ゙ー-、_
         _/'´  トt-イ  ,_----っ   ,!/      >
        <.      ゙t'ヽ  ヾ_ _/   /,」      /
          \     `-iヽ  ー =  ,.r 「    _/
      .     ゙"ー―┬;L ヽ __ / ,.!┬―''"
                  !レー゙==┬==‐゙┐l
                l   テ、 ]l.l ,r= ゙.l
    ,.,..-、--ー―===ー".ヽ、  ゙r  ! ̄F" /ー--、ー-----、
  r;''/  ) ̄ ̄____ ゙ヾ=.コ l! .「"./  __ ゙̄ー--ヲ \__
  フ/,ィi」i」    ヾ====== \_ \ i! / __/,.=======ヲ  i ,. _ r、\  ← 伊集院忠真
  / ゙"        ヾ=====   ̄    ̄   ======"   Lハ l l l トi.」
/     ,.へ     二二// ̄V ̄\\二二二゙     ,、    \





122 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 22:07:00 ID:Z.qQPkBs

さくさく                                              さくさく
                                      さくさく
                 さくさく
     ____     ..     ____     ..     ____     ..     ____
   /     \        /     \        /     \        /     \
 ∩│  .ジ    │  .... ∩│  .ジ    │  .... ∩│  .ジ    │  .... ∩│  .ジ    │
  ))|  【  】   │   .  ))|  【  】   │   .  ))|  【  】   │   .  ))|  【  】   │
 ((│  ◎     │    . ((│  ◎     │    . ((│  ◎     │    . ((│  ◎     │
  ヽ├┐__┌─┤  ....  ヽ├┐__┌─┤  ....  ヽ├┐__┌─┤  ....  ヽ├┐__┌─┤
   |        |\......   |        |\......   |        |\......   |        |\
   │二二二二. │ ))    │二二二二. │ ))    │二二二二. │ ))    │二二二二. │ ))
   |        |((......   |        |((......   |        |((......   |        |((
   \_____/ ∪   .  \_____/ ∪   .  \_____/ ∪   .  \_____/ ∪
    //   ヽヽ      .   //   ヽヽ      .   //   ヽヽ      .   //   ヽヽ
    //     ヽヽ    .   //     ヽヽ    .   //     ヽヽ    .   //     ヽヽ
   .((       ))    .  .((       ))    .  .((       ))    .  .((       ))
   ∪      ∪       ∪      ∪|   ..  ∪      ∪       ∪      ∪|

                      さくさく      さくさく
さくさく                                              さくさく





124 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 22:07:33 ID:ovPgN5Uo

なんか出てきたw





126 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 22:08:00 ID:Z.qQPkBs

         .. ::.
        :.:.::    小賢しい! 迎撃して蹴散らせ!!
     /:.:.:.:.:.:.:.
    /:.:.:.:.:.:.:.:.:../∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\
  /.:./.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
  ヘ/:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ミ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.\
  〈:.:.:.:.://:.:.:.:/:.:.:.:.:イ`ヽ:.:トヾ、:.i、:.:.:.:,:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:/l:.::/:.:.:.:.|:.:.:.:.\.:.:.:/
   \://:.:.:.:/:.:.:.:.:./i }`|:.:.| ̄` ミゝ、_i、:.:.|:.:.:.:./_j/≦,!:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:/
    ∧ :.:.:.:/:.:.:.:.:i:.|∧' |:.:.|  戈 t_ッ≧ ツゝノィrj チ∧:.:.|:.:.:.|:.:.:.:/
      \://:.:.:.:.:レ'/∧|:.:.|     ̄   '´  ̄ //| :.:|:.:.:.:|/
r= 二二≡ ヘ:.:.:.:.:.∨/ ∧:.:ゝ       l   ∧/ i:.:.:|:.:/
二ミ 、///i∧//≧ - __ノ  ̄ 、      - ン   / ///:.:./
///{  ∨/! ∧/∧i//ヘ    \    -ニァ /!≠'、´ ヽ
///|  ∨i|  V∧ i//ヽ  !   > .. __ イ /j |//i i、ヽ
///ゝ、  ∨i  ∨∧ヘ //\      / イ // ///j /∧ ',
///// ヽ |/ ミ_ ∨∧ ヽ//// ̄ ̄iン´// // ////////! !
/////|/l !/////`ヽ//セ=‐/////ム_ン ,イ // ///  ///  |
//////レ/////////ヽ、 _//// `ー‐' //イ // / //-=イ \
///レ'////////////ー --‐==≡二勺  ////////////(  \
/////////////////////////// ̄ フ く////////////∧  ヽ
}//////////////////////////ムー-、___i´^ 、////////∧
|//////∠二__ー‐‐- ...__////////ムー= ソ   \///////入.
∨//////////ヘ       ン ⌒ヽ、    /     ヽ//////    ← 島津忠恒
 ' ,////////////>ー‐'//////> ン ´           \///





130 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 22:09:01 ID:Z.qQPkBs

.    、           |!         .l|           ,
    | \          | !    r-    | |         / |
    |   \.        ! !   ,_! .l、  | .l        /  |
    |     \         ! ヽ ィ_ー‐‐'_-,/ !       ./     .|
     ヽ.    \.  ,-、  y.i´!、 □  ,l`iく.  ,-、 /     /
      ヽ       \. ヽ ヽ '、.l lヽニj iニ/.! | l / //     /
      ヽ      .\Yー'、 ゝl ヽ/><ヽ/!ィ´_rーi       /
       ヽ   , ‐ヽ ̄`ー'ヘ i'\ '┴' // /ー' ̄lー- 、 /
        ヽ/   ヽ.   'iニヽ/ 二 ヽ/-./   l   ヾ  、
         !    i,.    'iニニニニニ./    l     ! Nヽ
         !    l.l,   ヽニニニニ/     l    /、i  ',
       Nヽレ=‐=、| l, , 、  ヽニニニ/ , 、  /    / ヽ  !
       l  i    lヘ l l rヽ   .|    l rヽ/` ー 'ヽ    ヽ |
       ヽ/. -__-、 .l .l l,`^゙'    |   `^゙'l     ヽ  _,.ヽ!
       ,._'´_ ヽ_`ゝヽ .', ヽ     _|_.    ,.ヘ     V´,-ー ヽ
      (_(_(_)__,)ー ! l` ー -, '、-^ー,ヽ-'´  l      V ,_--_ヽ
      (_(_.(_)__,)、_j ,ゝ、  ll /_ _ヽ i   ノヽ     /Y (_)_ヽ!
      (_(_.(_)__,) .ノ /   ̄ l `ー`'‐ '´! ̄   ヽ   に!'_(_)_ ).l
      (_(_(_)__ノ´ lヽ、   l       l    , ‐l.    ー!_.(_)_)_)
             ,ヘ、. `ヽ、 !    l  // ヽ    ヽ,(_)_)ノ
             /  `ヽ、 ヽl __.l //    ヽ
          _          _    _      _ _
       __/ / /7'7 /二7 /  / __/ / /7'7  ./ // /
       /  _ ̄ ̄/     /  / /  _ ̄ ̄./  / // /
       7 / 7 ./  __/  /  7 / 7 ./ _/ // /--、
      /__/  /_./  /___/  ./__/  /_./ /__//__/´


消耗しきった両陣営が
まともな戦闘を継続出来ないのは 誰の目からも明らかだった





137 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 22:10:04 ID:3r6jFU42

それ違うロボ!





132 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 22:09:40 ID:lpSneKMA

パチもんまで動員するほど疲弊してんのかよwww





133 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 22:09:42 ID:j8z1ohMU

斬新な消耗表現だww





136 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 22:10:01 ID:Z.qQPkBs

これを見極めた山口直友が ついに動く


        l\|\ト、,、
.      ト、| lll   ||| l\
.     l`ミ、、  !!!  ||| ||| \
      |=_、 ゙ミシべ⊥l」」_ッヽllヽ
     l` ヾミ/    ==== ヽli
    |===/ ──- 、  , -─゙|
.     !=;r‐、ゝ ===j= ,,,r ==j=}
.    l={ r=ト|  `二´  \二´/    ようやく頃合いか……
     l=l E」|   , -‐ r__ \/
    /:l=`ー/\ / ー──‐7′
-‐''"|   !=:/   \   = /
-‐''"!  ∨       \.  /\
  │   |\      `r1  |`ー-
   |   |;:;:;:;\     /;:;|   |`ー-
   !   |;:;:;:;:;:;:;:;ゝ k;:;:;|.   |     ← 山口直友
.  |.    l;:;:;:;:;/;:;| l;:ヽ;!    |


直友は 家康の名を使い
九州南部の諸侯に島津家への援軍を依頼した





142 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 22:11:02 ID:Z.qQPkBs

これに
日向国高鍋の秋月家 同じく松尾の高橋家 豊後国臼杵の太田家らの小大名が呼応


             ,.-─、
           //  /`:L、 ,. -‐,. -‐─- 、__
          / /   /::::/:/ /  ,. '´ ̄ ト、N`ヽ
         / /  / >イ/   /   / /   / |l \ヽ \
           l  |  / ./〃/  〃  / / /  |i  ||   ヽ ヽ
         |  |  l /  / / / / /.| |   li   ||   li l l___
         |  | |/ /  / / / / / .| |   |l  ||    |l | |::〉ヽ、
         |  | | l  l / l / ./l | |   |l   |.|    || | |レ   ',
         |  | | | | |  | | ∧__ljハ  |l |.| |   || | | |l!  |
         |   | | | |  | | l./7:.汀i `  ヽ !人| 从 /i| / /| |   |   清正が伊集院を援助したのなら
         |   | | | l|  | | | 、ゞ-┘       rテ、 / / /|| |   |
            |   | | i| |  | i|i|    ̄       〈:::..j | //| | |   |   わたしは島津家の味方よ
         |  i| | | |  |  ||           `ニイ〃| ! i| |   |
            ト、  l| | | |  |  |!      、 ,       / |  ハ .|   |
         |ハ  ∨ ||i  | |    、___      / | |  | | |  |
         |川ヽ、 \ |i  |i |     ヽ二ア`     /| | | il |    |
         | /|川. ̄川li  l i| \         /l |i! i!/ .| |  |
         // |川|  i|||∧  l|  ヽ、    ,. イ | | |  | |.  | / //
        /∠⊥|川| |||! ハ ヽ __   ̄ /  | | | |  | |   |// /
     /     `ヽ─-‐-- \ヽ::::::: ̄ ̄::|  川|l |,./___レ  ///   ← 小西行長
     /        l:::|      ̄ ̄ ──ヽ__,. '´     ``ヽ、


また 肥後国宇土20万石の小西行長も 国境付近まで軍勢を展開した





146 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 22:12:03 ID:Z.qQPkBs

「庄内の乱」の島津家独自による解決を目指していた島津義久も
もはやこれに抗うことは能わず 渋々ながらも了承


...........................,..:--――‐--.、_
::::::::::::::::::,.:r'"/        ゙ヽ、_
:::::::::::::/ iill /          \
::::::::::/,∧ N / "  _,.r―ヽ、  ‐:、  \
::::::::,i!" i! il゙ _,.;r'"     ヽ   ミ、  ゙i.
::::::,i   V;/         i!   ヾ、  !
:::::i    "      ヽ   ,ゝ   ヾi  l
::::ノ  、 i  ノ      ゙、 ヾ、   i゙  .!
:(、_ .ソ "   __     〕 .,r‐、   !
::::l ゙ヽ-ツーヽ=<___。>‐'  \r",:タ.! /
::::l   .:!   \_        l レへ !./
::::ヽ .::j  ::.  ゙ー:.      l レ'///    …………
::::::゙:. Y__..._. ::.         ,り//Y
:::::::::゙:. ヽ‐"          ト、ノ i l!     戦力が全くない今となっては
::::::::::::゙:. ヽ二ニ=’     /   i .l
:::::::::::::::i!  ゞ:::       ノ   i! l     止むを得ん……
:::::::::::::::::i! /      _/〃   ;! .l.
::::::::::::::::r゙、___,.∠/.:/   __,.-‐ト、
:::::::::::::::l.「 ,  ┌-===―‐‐tTr-―‐ニ┐!   ← 島津義久
:::::::::::::::l゙ーj  ト--  ゙l  l l l 「 ̄ .」 l


ここに問題解決の主導権は 島津家から中央に移ることになった





150 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 22:13:02 ID:Z.qQPkBs

直友は 諸侯に「庄内12外城」の厳重包囲を依頼したが
同時に 軽率な戦闘行為を厳に戒めた
これは常道でもあるため諸侯も素直に従った


               /       i、
                /!       iヘ
              / i   _,,、、,,_  l ヘ
              / レ ´ ∧  `ヘi: ヘ
             〈 : \,,/ ヘ_,,/ : 〉
               /\ ` 、 ,'   ',,  "/ ',
            /   \_/i   iヘ_/  : ',
              l    /〈ヘ /〉\  :  i
           |  /   ヘ | /   \i:  l
           i ノノ>-、,,_ ∨ _、-ーヘヽ、 i     くっ……
           / /<  ̄ ヽ>''</ ̄ >\\i
         //!  `ー- ' /i\`ー ´  |\\    なんということだ……
        //   `┬---く ノ  ヽ- -┬'′ `\
       / ´     )ヘ u          ノソ     \
      \      ゝト  ´  ̄ `  イ)       )
        \     イ \  `  / i_     _、/
          `'ー、,,.___|(::ミ=≧≦≡彡L__.,,、-''"
            _iミ 三ヘ || レ三 イ、
   __ _,,、-ー''"´   ヽ、.二ヽ||/二,、ノ `"''ー-、、,__ _
/´ヽー┬ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;)ー --(;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/____7ヽ、
 /   |;;ヽ二二二`ヽ;;;;;;;;;;/    ヽ;;;;/´ ̄二二二7/  ¨`\


そして これをやられると もはや忠真には為す術がない
もはや忠真の命運は尽きたも同然だ





155 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 22:14:09 ID:Z.qQPkBs

                ∧
.            /!  /.!!!i,  ∧
           / | / !!! 'i / .i,
          /レ!!! |/!! !!! V!! !!i,.∧
           /  .!!!  .!!! .!!! .!!! .!!!   i,      後は 包囲した城から
       /レ ヽ  !!!  !!! .!!! !!! .!!!  //ヘ
.       |、 .ヾヽ .!!! .!!! .!!! .!!! .!!! /〃 .i,     降伏してくる者が出るのを待つだけ
       | ミヽ .ヾ,へ!! !!! .!!! .!!! !! ヘ〃 ノノ|
.      |  ゞミ /  \!!! .!!! .!!/  'i彡" |    ひとつの城が落ちたら 後は連鎖反応……
.        |ヽ   /      \!!!/     !   ノ|
       | ゞミ/    ニ ‐-‐ ニ    'i彡'´|    次々と転びますよ
       !r‐、〈 """''''‐-、`"´ ,、-''''""" 〉 r‐i
      | f"|ミ| ==o=-   -=o== |ヨニi.|
      |.に| .|.  ' ‐--‐' | | '‐--‐ '  .| |ノ !
      ,ゝ__|ミ|.  ‐--‐ .| |  ‐--‐  .|ヨ_ノ
      /   |V、   , -‐'´ | | `'‐- ,   リ.| ヽ,
.     /   .|ミ|ヽ. / _ . ヽ!_レ  _ ヽ ,イヨ   'i
--‐‐'''"|    ヽ|. ヽ    ̄ ̄ ̄ ̄  / .|/     |"'''‐‐--
-‐‐'''''"|.      |ヽ  ヽ.   ≡   / ./|      |"''''‐‐-
    |.     |;';';ヽ.  ヽ.    / ./;';';'|      |
     |.     |;';';';';'ヽ   \_/ ./;';';';';';'|      |





147 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/10/11(月) 22:12:53 ID:huEL3.NI

やっと講和への流れが見えた





158 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 22:14:43 ID:pdgscl3Q

ギレンが最初に目指してた解決法だな
周辺から援助されまくってたから意味なかったけど
中央からの正式な指令ならこんなもんか





161 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 22:15:09 ID:Z.qQPkBs

         _r-- 、
        ,r'"'ー-'"` 、
       /       i
      i,7 _  , , _  !,.、        そうなれば 忠真も
      .i! 'oニリ i,'oュ' i'{(i
     _,,..,リ `,ィ_ _i ''  イ!'/        こちらの降伏勧告を呑まざるを得んな
  _,,.-''" iソ;;i!r;;ニ二ヽ, ノ;;ヾ`ー-、_
-''/  彡; ; i'i`ニ,ニ7!!/; ; ;ミ 、` `ヽ
 '   / i; ; ; !i`ー'ソ i; ; ; ;/、    \
 、>- ` !; ; ;`ニニ/; ; ; /  `    i !
  ^  `i  i; ; ; ; ; ; ; ; ; ;/ ー  i  ! i  ← 寺沢正成
    ii l  ` -=;_;_;_;_;/i    `ヽi ! l  !




           ,ィ /| /.| ,ィ
              / レ  レ  |/ .| /|
          /〃 〃 〃 〃 " レl
            /〃 〃 〃 〃 彡 .|        そして その後の和議も
         l /^ヽ__.、-''´`ヽ 彡 |
            |‐- 、  ,. -‐ 〉 = |        援軍が決めてになったことで
         |.==。〉 =。=.lr‐, = |
            |二/  二´ ||ヨ| = |         島津家ではなく
          lr/__ 、 `‐、 ||ソ = |
          l ̄_ ̄ ̄ /ヽ= |\__       わたしたちの主導で行うことが可能です
    __.... -‐ '' "lヽ.゛  /   ヽ,l  | " '' ‐-
‐ '' "       | `i‐´ヽ.   /|  .|
      rェュ‐,,‐,,‐‐'、 | /  |  |
 ゝ  ( と!ニ!77二二` \ |   .|  .|
  ヽ. )ゝ'=/7-''-- 、   \  |   |
.   ( ) `// ̄ ̄ヽ、   / >へ  .|
.    ヽ` ゙"  |   | \/ /    \ |





164 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/10/11(月) 22:15:32 ID:huEL3.NI

俺はこのやり方で弱者を何人も落としてきた・・・





163 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 22:15:17 ID:lpSneKMA

まさに銀さんはハマリ役だw





166 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 22:16:10 ID:Z.qQPkBs

                     ./|     ./|
               /|  ./  |   ./  |
              / .l /l   |  //  |   /|
             /.|   l/,l l   |/.//   | /  |
            /| | |   ,l l l    ///    ,!'  /|  /!
         / .| | |   l l l   .///    .//|/  |
         ./!  | | |   ,l l l   ///   .///   .|/
          /|||  | | |  ,l l l   /,.-‐、 ///      /
        l ∥/`i、.|  l l l  ,.‐'´  ::`i、"/      ,. /_,.
       l  /  `i、. l l l,.‐'´      :::i'、    ,. ‐'´,. ´/,
      lミ/   _  `-‐'´ _,,       ::::i、,. ‐'´,. ‐'´,. ‐'/
       .l /    ``‐-‐'"´_,        ::::i、‐'´,. ‐'´  ./
       l/‐- 、 `` ‐-‐'"´ _,. -‐'"´ ̄ :::::::::〉‐'´     /
.      |    `ヽ、   /       ::::/  ,. -‐'"´/
      |.=====、  __ ========::::|"'i⌒ヽ‐'二 /      予想以上に長引きましたが……
.      | ` ‐--‐゚/,::: '''' ` ‐---゚‐ ' ´  ::|ミ|⌒i |´  ./
      | 、.__ /,::::::::   、     _ノ :::| |⌒l |  /       これで「庄内の乱」にも
.      |  ::/,:::::::::::::      ̄ ̄ ̄  ::::|,|6ノノニ'/
.        |././,:::::::::::__:::)   \__   :::::::||、_ノ─/         終わりが見えてきましたね……
.         l.(_::          , \::::::::/l   ./\
.         l.  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  :::ヽ/:: l、三l   \
           l、   ___     ::::::/:  l、 l'    l.‐-
.          _,/l、   ̄ ̄    :::::/::    .l l'      l、
      _,. -' /   !.        ::::/:::      l        l、
       /   ヽ、     :::/:::      ./|.        l、
.      /      ヽ、  ::/:::     ./::::::|       l
     /       ,l::ヽ/:::       /::::::::::::|.       l
      /       l::l:::::     /::::::::::::::::::|        l
.    /       ,l:::::l.      /::::::::::::::::::::::::|.         l
   /       l::::::::l.    /::::::::::::::::::::::::::::::|         l


その後 それでも伊集院勢は よく粘った
12外城のうち まず志和池城が降伏を申し出たのは 2月6日のことである……





170 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 22:17:00 ID:Z.qQPkBs

再び舞台を移し 正月の大坂城


                        ∧
                       / ∧ヘ
                        而而 |
                       |n l|√ |
                        鬥鬥l__∧___∧
                    。___|]] |三|]]三三/\ ∧
                     ∧三 l|__l三|]]三ー/:∵\|
                    I/厂|∧l|   | ̄ ̄ ̄丁二二「|
    ∧I               /|T¬「 ̄| [[| ロロロ [[| 凶凶l |
    [[[[|  ∧   __    | ll| ロ|| lll |]] | ロロロ [[| 凶凶l |
    |ii |  〕∧ニlヘ ̄II\. │ll| l|| lll |   | ロロロ [[| 凶凶l |
    {兀兀} 皿皿|ニニ|ー「[[[[|.| ll| l|| lll |   | ロロロ [[| ⅣⅣl |
    |ii|l | f≦TTニニ|厄`:;':,'゙`:;':| l|| lll |   | ロロロ ::;'.;,',;::;:;'.`;::'、,,,
    |ii| l|,':;`:;'::|│,ロl|,':;`:;':  ;,',';,',;:;::;'.;,',;::;:;'.`;,',;::;'.::;'.;,',;::;'`;,',;::;'.`;,',:;'.`;,',.
,:;;,',.;::;'::;'.``",':;`:;'::;;;`;`:;'::;;;  ;,',;::;'.;,',;::;'`;,',;::;'.,;::;'`;,',`;,',;::;'::;'.;,';::;'.;,';::;'.`;,',;:
',:;,',.;:.;::;',:;:;'.`',:;,,:;;::;',;::;'`;,',;::'.;'.;,',;::;'.,``;:;'::;'.;;,',;:´',;::;'.``,',;::;'`;,',;::;'.`;,',;;'.`;,',;::..





174 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 22:18:00 ID:Z.qQPkBs

元旦の早朝
家康はイの一番に豊臣秀頼に拝謁し 年頭の挨拶を述べた

           ヘ
           ⌒ヽ)
         . ――-''" ̄`゙''ー-、
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        /ノノ//|::::::::.ト、::::::::、::::::::l
      /i/::::::!|::.|::|:/:::ヽ、::::ヽ:::::l::::::l
      |/〃;;{_{⌒ v `⌒ヽ: 、 ト、 :|::>    よきにはからえ
       |レ!小l ●    ●ヽ:;;j|Y ::::ア
 .         |⊃ 、_,、_, ⊂⊃j:::}:}/リヽ
           ヘ  ゝ._)   /::レ':/レ
          _ ., >,、 __, イァ イ/
          ヽ._,.ィ7!_/ヽ//ヽ、    ← 豊臣秀頼
           /i::::!ム!ヽ!/:::/:::::::ヽ




      ,, -─‐-、,,-─-,、
     /        ,'⌒ヽ\
    〈  ,‐-⌒-、ノ,,,  |.  \        ははあ!
    /, ミ、Vヽl〉| | |,,,  |.   \
     '|\Nヘ「ヽ||_|__,|.     \
              |L.|  |       ヽ、
            | | ,,,|,        .l
.              |_|_,||        .ノ
                |::|::: :|_|       ,ノ |
             rrr´‐::: :j. L,,---‐‐'´ ノ
            i´^^i´ ̄~    ̄ ̄ ̄~i‐⌒ヽ,
            ヽ、__ヽ、______」-、__.⌒っ


この年8歳となったこの幼児に這いつくばる瞬間
家康は自分が豊家の家臣であることを再確認させられたのだが
不思議とそれは不快なことではなかった





177 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 22:19:00 ID:Z.qQPkBs

この時点でもまだ
家康は豊家の忠臣としての自分の分を忘れていなかった


          ,. -‐- 、r'´  ̄ ~Z.__
       ∠             ´   ,.>
.     /                 ̄`>
     /           ,、      `\
.    !             / \    \. トゝ
   │       , ,.イ /、._,  ヽ |ゝ、  N
.    |      /レ' レ\,/  /V '´ l\!
     |. r;=、 .ノ=a=== ,, ,/a===!
    | |.ト、| |  ` ー--‐ "  \ーァ"!    今年こそ……
    | l ヒ |:|.       r __   \l
     |  `ー 1|、 ヾニ二二二二フ 7′   良い年になって欲しいな……
    ノ     | \     ___  /
.   /   ,ヘ、  ト、 \    ̄ ̄ /l
  /  ./\.ヽ. ヽヽ、 \   , ' ,'
  ,' , ./   \ヽ、ヽ \./`iイ /
. /l/l/     |\\ヽ  ヽ. Wレ
/      _..⊥._ \``  |


拝謁後 本丸を退出した家康は 直ちに西の丸に帰った





184 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 22:20:00 ID:Z.qQPkBs

意外なことが起こった
家康に続いて 在坂中であった近隣諸国の諸侯も登城を開始したのだが
彼らは本丸には代理を送り 自らは西の丸に足を運んだ



明けましておめでとうございます    ;;'';';';
                      vymyvw      おめでようございます
                    MVvvMvyv
               Λ_ヘ^-^Λ_ヘ^-^              おめでとうございます
             ヘ__Λ ヘ__Λ ヘ_Λ
       ,/ヽ_ /ヽ__,.ヘ /ヽ__,.ヘ _Λ,. .ヘ _Λ,
    /\___/ヽ   /\___ /\___/ヽ   /\___/ヽ     おめでとうございます
   /''''''   '''''':::::::\/''''''   '''/''''''   '''''':::::::\ /''''''   '''''':::::::\
  . |(●),   、(●)、.:|(●),    |(●),   、(●)、.:|(●),   、(●)、.:|
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|   ,,ノ(、_, )|   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::|   `-=ニ= |   `-=ニ=- ' .:::::::|   `-=ニ=- ' .:::::::|
   \  `ニニ´  .:::::/\  `ニニ \  `ニニ´  .:::::/\  `ニニ´  .:::::/
   /`ー‐--‐‐―´\ /`ー‐-  /`ー‐--‐‐―´\ /`ー‐--‐‐―´\




           _、─-v-─;z_
          >:::::`::::::::::::::::: :::::\
        /:::::::::..  .:::::::.. ..::::::::::ヽ
      イ:::::::::::::::::::::::;、::::::::::::::::::::::l
.       l::::::::::::::;:イ::/v:ヘ::lヽ、:::::::::|
.        |:::::::/|/ニ|/ュ ┌リ_ニヘl::::::::|    え…… ちょ ちょっと
       j::r=i|==。=,, _=。==|r=、:|
       |::|ヒ'|| ` ー":|.|:`ー ' ||J:|::|    お おい!
.      |:::ヾ;l| u  r:|」:、 u :|レ'::::|
.     ノ::::::::::\ (二ニニ二) ,イ:::::::::::ヽ、
   _,∠:-‐ァi:::::::!\ == ./ |:::::::ハ''ー-ゝ、._
-‐'''": : : : :/,/|::::::| ::::\_/  |::::::ハ ヽ: : : : : :``'''‐
: : : : : : : :/,/,/|::::::|  :::::    ,|:::j¨二二二¨l: : : : : : :
: : : ; -:、ム--‐ヘ|:N\.____/j;ル| |:::::::::::::::| |:_;、_: : : :
: /.rh \: : : : : :|},',',',',',',',',',',{|: :| |:::::::::::::::| | +++`l: :
´、-t( )ァ-; > : : : |} ',',',',',',',',',',{l: :| とニ二二, ゙̄ヽ、! :
:\`゙lし´/: : : : : |},',',',',',',',',',', {| :|‘r──- .、`  \
: : :.`:‐:'´: : : : : : :.|} ',',',',',',',',',',',{|:.L.`⊂二¨_丶    ヽ





186 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 22:20:31 ID:jGFNrmpQ

まあ、そうなるわな





193 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 22:21:36 ID:S01ouJcc

やっぱり秀頼様、傀儡としか思われてないのか





191 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 22:21:00 ID:Z.qQPkBs

             ,. -──- 、                      ,_   _
          /  , ヘ .._  ,.、\                   、-ー'`Y <,___
        /  /__      ̄   ヽi               __≦ー`___ _二z<_
          l   〈 ゙ー-゙ニコ!  lLニ-1               > 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<
.        | r,=ヽ ===i  /==i              <之′Y´/        \
          | |ト|.| `ー-   \-‐l                >{  ,'  |、 , ,.  ,.l  ,   ゙i
   _  __| ヽ」l u.    r __ \!   ううむ……      | !、{  | 寸寸T ハT7} ィ, l
__ノ´   `l/|  ./ヽ  'ー───´l                ′J゙i, ゙i ゙i (●) (●)| ハ|
_,, ニ=-‐'''7  | ./  :ヽ.   --   l                   ゙i|゙i'(1    ,    |    これは ちょっと……
      /  K.   ::ヽ     l `'''ー- 、._    (         ゙iTィ.,_   ―   _ノ
     /   |::\   :::`ー:ァr─1   r '_ニ⊃   __ ) _ )       │「ィ::∩ ノ ⊃
    /    |::::::::\   /:::|  |  /∠、ヽニ⊃( _ ⊂、        /´:,r/:ヽ__ノ
    /     |::::::::::::::::X::::::::::|.  |./   ‐‐ゝ\i   ) ノ       (::::::V::::::/ `i:i
   /    :|:::::::::::;:く  >、::::|  /    ,二ニ\> ノ'´         \:::/-‐::::::/

        ↑ 井伊直政                      ↑ 板坂卜斎



             _   __
             /´=:ミ´二.ヾ\
            / '/ '´rー=、ヽ.ヽ 、ヽ
          i / 〃,イ|   | |_L| l l
            |.l.l ル'__リヽ  ヘl_Nヽ!.l |
          | |.バ ̄o`  ´o ̄,"|l |      まあ まあ 良いじゃありませんか
.          レ1  ̄ 〈|:  ̄  !`|
          ド」 、ー-----‐ァ ,lイ!
      _,,... -‐| l ト、`¨二¨´ ,.イ.l lー- ...._
   ,ィ''"´:::::::::::::::| l.l ::::ヽ、__, .::´ :l.l |:::::::::::::::::`¨lヽ               r'つ
.  /:::|:::::::::::::::::::::::W \ ::::::::::: /lル:::::::::::::::::::::::|:::ヽ               / ∟、-‐''つ
  /:::::: |::::::::::::::::::::::::l.  \ /  .l::::::::::::::::::::::::|::::::ヽ         ,.<   )ヽヾニニ⊃
. /:::::::::::|:::::::::::::::::::::::::l  /\  .l::::::::::::::::::::::::|::::::::::ヽ      /\\   i lニ二⊇
/:::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::l/\_/\.!::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::ヽ    /::::::::::::\.ゝ-─'ー-- '
:::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::l  ハ   /:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::\ /::::::::::::::::::::/
:::::::::::::::::: l:::::::::::::::::::::::::::! ./ ヽ ./::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::/
ヽ::::::::::::::;イ:::::::::::::::::::::::::::V   V::::::::::::::::::::::::::::ト、:::::::::::::/::::::::::::::::::::::/
:::::::::::::::/ |::::::::::::::::::::::::::::ヽ ./::::::::::::::::::::::::::::::| ヽ::::::::::::::::::::::::::::/
::::::::::::/  | :::::::::::::::::::::::::::::∨::::::::::::::::::::::::::::::::|   ヽ::::::::::::::::::/
_:/   |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|    \_:/   ← 本多正信


本多正信は 来訪する諸侯に片っ端から家康に対する拝謁の礼を執らせた
正信の理論では 秀頼の代理人である家康は秀頼と同格であった
これは関白時代の秀吉の態度に倣ったものである





197 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 22:22:05 ID:BZk/n8eI

秀吉も三法師を使って似たようなことしてたし





198 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 22:22:22 ID:jGFNrmpQ

親父の因果が息子に・・・





201 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 22:23:12 ID:7JV8ygp.

それを自覚してたからこそ幼子を残す不安と焦燥で
のたうちながら死んでったんだろうな





195 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 22:22:00 ID:Z.qQPkBs

遠方にあった諸侯も 重臣を代理として大坂城に送っていたのだが
彼らもまた その行き先は西の丸だった


      〃  .::  ..:      !  lヽ ヽ...   ヽ:::.::.
     .,'  ..〃..::::  }  .::i .:l }ハ :ヽ::::. :::::ヾ:::::ヽ
     l  .::://.::;:' , 〃../〃::/ i:l ',.:i',ヽ:::. :::::',:',::ヽ',
     l .::///:///::://::::/  il  i_Li_ヽ:::::::::l:::l::::i::!
    .| ::/:::'ノノナ フサフ`  / イ /」_ぃ::::::::l:::l::::| i    義兄さん
    .|,彳/:::::ノイメi" ___      チ´::7` ! ::::::i:::l::::| i
   .〃| ::l::::〃(ヤ"i:ッ===ミ    i、:::ゎ l::::::::lリiヾ乂    明けましておめでとうございます
  (( | ::|::〃::::ヾ、i::i        ヾ-" ,ハ::::;;;;l li 乂、
   ` | ::レ i:::::::::::i::i .::::::::.    ' :::::::::.,':::i::::',:l_X''  `ー  お久しぶりですね
    | :::.: i::::::::::::i::iヽ    `ー'  _ ,ィ:i::::i:: :::,i ヾー
    | :::  i :::::__」i:::! `  ,     ,( ヽ l::!::::ヽ::ヾ
     ! :::. _ノ-'´ノl i::::!`ー、__トえ:::::::\\___::::::::心ヽ
   ノマヾ、、  ヽヽ::::!   瓜 (`rー-l"rz, ヽ::::',:::::',
  / '⌒ヽ、 ヽヾ、_ノシヽ、_/乙女 `ー‐ k´/ ヽ、:',:::::',
 |     \\ ̄  >'´,-只-、`コ. l i | rヘ  ハ:',::::::ヽ   ← 小早川家筆頭家老 稲葉正成
 | ,- 、   \\  ヽー'/ ハ 〈 く  l !'-'`|ヾャ }っ:,:::::ヽ




                 / /                 `ー‐ 、
     r'  ̄ }        / /            , ヘ\,ヘ   \\
    ヘ _{       / /   /   〃  //     ! !    \\
     ∨∧      / /   / /   //  〃/    | |  |    ト、\
      }  1.      / /   /´〉\/_// ///     ! !  |   ,ヽ}イ }
      ヘ  y    / /   / /レ ―- .ミハ!     /イ   !   ! 1ハ  |   うむ
.      , ヘ'三y  /  !_, へト'!イ!':::゚ :: :: ::ト \    /ハi  |  | !| |
     /   }i ヘ /   / ハ .く| |っ: : r::,/     ,.ニ=三ー}―- | || |   お前も息災のようで
     !   iハ  ∨   / / , ヘィ 弋=.;ソ      7: ゚:: ソ'リ 7   ! i| |
    ./  | ∨ .∨ ./ //  i 八 / / / /      /し'o/ /,イi_ ハ ノ |  |   なによりだな
   /  /  ∨∧ ./ //  ノ/ i∧           ヽ _/ / |  `'一' ,ノ ,ノ
.  /   /     ∨.∧ //   i   !__|\   一 ′ ハヽノ  |  1 ! i i
  i   !     ∧  ∨/   / ,/ゝj   \      _,. イ|    !  | | i| |
  ヽ  i     /  〉. ∧  /,r-ノ  `ー - `ー=斤'  ! !.   |  | | i| |   ← 伊勢国岩出 稲葉道通
.    ∨     i  / ∧ ∨ 八\      /i| | ヘト,-、 | |.   |  | | i| |





200 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 22:23:02 ID:Z.qQPkBs

           ,  ‐ ´  ̄ ̄ `ヽ、
          /     、    、 \
          ,.'./  .:/ ;小:.. ヽ:. :\:.:.ヽ
.        //:.:.:.:/.:./:. ./ i ヾ:.:.丶:. ...ヾ:ー'、      それにしても
       //,':.:... :.:厶:./- ヽ 弋:.‐\:.:.:. 丶:\
         ! |:l:j:.:.:´/ ィ天t、   ィ天女、-、:.. ヘ、:.ヽ   西の丸は盛況ですね
         ! | :.!.:.:.:ハ´ち;;;j    ち;;;;j !K }ヽ:.、.! ヽ!
         ヽヾj:.ノ小 `::::.   '  ::::´ ハイ: |`リ  ノ
       、_ノイ:..:.:リ;:ゝ-‐っ ー-   イ:.l::|:. i |
      /´/:.:/ ‐<>.、 _., .イ_.l:.:l::|:. i |
     /_/∠ ァ┐l !ノーソノl  ̄ ヽ、」::|:. .:i:ハ
   , ./´   `∨イしリ  / ハ  / ヽ ̄`ヽハ
  / |====、∧/  >‐/{ヽ‐‐<   l    l ヽ  r/7-、_
, '   /     / /   7〃 {{ヾ〉\   |/ ̄ |  厂し' / /┐
.   /     / /  /   {{.   \  |    | ,/=(_/_/_,人
   |     / / イ    o. {{       \|    l/     'ヾ、/




   | ,'  : :/ : : / /: :// : :///    "|k : : : : ヘ: : : ヽ,
   |: :| : :/ : : / /: :// : :イ {{     ||ハ: : : : : |. : :   |
ム  |: :l :/ : :,l{_,{_|,上二斗イ   \リ ハ: : : : :|: : : : : |   それは当然じゃないか
マム |: :| {  : : ||└‐L几_| レ'      \_|_l: :|l: : |: : |
..マム |: :| |  _|||                  汀.: :||: : |/    なにしろ家康殿は
. Vハ': :!  ̄{l (|| ≠====     __ リ:|: : ||/
  マムl|  : :乂 .||l    ::::::         ̄ ̄¨ハ |: :,イ       今一番の実力者なのだからな
  / マム. : : : :|「||h,          、     ,小,ル'゙|:|
  | : :マム.  : :| || |ハ、    ,ィ ¬ァ   /:l : |: : | |
  | : : |マム  : :| || ||l. \   └―′ , イ: :|: :|: : |: l
 リ.: : :|: マム. : :| || |リ.  ` ._ ,..<[__」L⊥」_|__|_
 || : :|  マム: :| || 厂`k,  rィ^ ̄|| ||   ∥|     \
 || : :| : :マム l.厂《  |lハ, |l|   ,リ リ   ∥|:        \
 || : :|  : :マ/  \,|| ∨ \〃〃   ∥|:        \





204 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 22:24:00 ID:Z.qQPkBs

      /. . . . . . . . . \.\
     /. . . r、,ヘ . \. \.ヽ. ヽ      f⌒〉   わたしも「伊勢湾問題」では
     /. ./. .|  l. .',. .', _,.',. .ヽ.ハ    ./;;;/
    j. . .|. . |  |. . ,イ-.、jl._._|. .|    /;;;/     大きく世話になった
    l. .斗-.j-ミ !/ ハj:::i1〉 } . .l   .∧;/
    |. . .|ハ {j::ム    ー' /´ . . l.  ∧∧      これからも家康殿が中心となって
    └r‐'.ハヾ ' ' _   .イ . . . . l /;;∧ |
     |. .|. .|>. .. _./ ,ト、. . . l/;;;/ l |      世が治まっていくのが自然だろうな
     |. .|. .| _..イ7f  ̄  /\. /;;;/.  l |
     |. jィ7¨   l/ ∧_ /   >.'、  /_ヽ
     |.//  {二只二}   /: : : :ハ !―|
     |.{/ / // | |    /: : : / :ハヽ /
     |// f Ll Ll  /: : /\: : : : ヽ
     {レ| o |   | ./: : /  ヽ: : : : :ヽ
     | :j  :|   レ: : : :/    .ハ : : : ハ


大坂城の実質的な主は もはや家康である
これは 大多数の諸侯の共通認識であった





207 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 22:25:00 ID:Z.qQPkBs

だが 全ての諸侯が家康に向かい首を垂れたかというと そうでもない
未解決の「宇喜多騒動」で家康と対立中の宇喜多秀家は 西の丸に寄り付きもしなかった


              ____,. -―‐-- 、
            /            \
          /            ヽ  \
         /   /           \ \____,
        /    /   /        ヽ   ヽ ヽ__,ノ´
       ,'    /   /  /    ヽ i    \ \
       |    /   i  /  |  i  ∨   ヽ. ヽ !
       |    |    | \!  ハ. !   !  」  |  |∨
       |    |    レwリ`<  V!   // |  | /
       |    |    | ィfテトミー ヽ /rえV /|/
       |    |    | Vr少'    |/ ヒソ ムイ      当たり前でしょ!
       /   八    ', :::::::::    、:::::: ! |
     /   __ハ.   ',          人 |
    /   /..........:::',    ',    -‐',. イ   |\
   /    |::::::::::::::::::::',    ',>-、<::::::V   |  ヽ
.  /  / / ̄ ̄ ̄`ヽハ    ∨丕 !:::::::::{    `ー ┴‐--、
  |  ノ |::::::::::::::::::::::::...::::}    ∨V}:::::::人          \
 弋´  r':::::::::::::::::::::::::::::/     Ⅳ.}:/:::::::>―--、    _ノ
   \ V´ ̄ ̄ ̄`¨/      人リ:::::::::/:::::::\/ , <.
     ) |:::::::::::::::::::::/     /ー个ーく::::::::::::/ / ヽ ヽ  ____ __
.   /  V:::::::::::::../     /:::::::::::::|: |:::::\::/  (:::\  )ノ|/::::::::::::::::\::::::::\
 /  /|:::::::::::::/     /.... \:::::|:: ト、:::::/    `-- 孑/::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::ヽ
/   /  ∨::::::::|      { ̄`::ー::-ミ__|i!∨ !      /:::::::::::::/:::::::::::::::::::::|:::::::::::::::',
   /   V ̄人____ ` ̄ ̄¨ヽ::::ヽ ∨\___,/:::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::i
   !    /\::::::::::::::::::::::::\    |:::::::|   | \:/::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::|
   ヽ  /:::::::|ヽ:::::::::::::::::::::ノ    |:::::/\. |  ./:::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::|
ー- 、   〈:::::::::|:::::::弋¨¨ ̄     /:::/   \./::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::/|::::::::::::::::::::|   ← 宇喜多秀家
   )   |:::::::::\/::\____/|//     /::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::/:::|::::::::::::::::::::|
__/    ∨:::/::::::::::::::::::::::::::::::::/\    /|::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::/::::::!:::::::::::::::::::|





210 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 22:26:16 ID:Z.qQPkBs

筑後国柳川の立花宗茂は 家康に含むところは何もないが
自分の中の礼節を守るため 重臣を秀頼の下に遣わした


    之三;;彡;;;、l|;;|;;;lイ/从ノ;八;|llYイノイ/;;从从ニ<
    /イ/t=;;;;;ミィ;;;;;;;;;;;`ミ;;人ィ''彡二二ミ゙'、j;;jj;;ュ;;;、)
    ((/;;|lヽ;;|、'''ィ,t;;ッ=、;;;j人;;;ィ:;ミッ;ラニ' イ;;;/ l|;;lト
     ゙之;;;'、l|;;゙, ::、` ̄´´":|"ン:::::::::'''イ:.. リ;イ),r';;之ー    俺は太閤殿下のとり立てにより
     {彡;;;ヽ;;;',::::::...   ::::|: リ::::  ゙  イ;/ノ;;;;゙l|
      ゙|/;;;;;;;|゙:',:::::: : : ::; 、j_, -、:::    イ;|゙/;;;l从      大名になった豊家の直臣
      ノノ;;;;;;|:l|:', :::: : :::`゙'ー '´"    ,':::l|/;从`' 、
  ,, 、-ーz''"イリ|l|::|l:'、 : ::::::: ,;}、     / :: ゙l、从l|',::ヽ    礼を尽くす相手は やはり秀頼様だ
''" ,、 '":/   /|::}}:::ヽ ::::::r'二゙゙'ヽ   , '::: :: ::l|彡 ',从
 /イ::/:: ::::/::l| }}:::::ヽ :::::..'""''   , ':::::: :: ::}::l|彡::: ll||
/"://::/ ::::ll/::::l| :}} : :::ヽ ::::.ヽ   /::::::::"} }:::|彡 ::: |||
ノ//::/ : ::::ミ/:::::リ :}}  ::`---- '´ :::::" } }:::|彡三::|}
/:/::/:  :::::/ ,,イ   ::::::\:::ー '´  :::"   :::|彡三 l}}
//:/::  :::,'    {  ヽ ::ヽ    :::    ::リ::::彡 l}}
イ:/::  ::::リ'ー、,,   ヽ  \::::',彡  /彡   ::/::::彡  l}{
l l|::::   ::| " `''ー、::ヽ、  '、 l|  :/彡 ,, 、-/彡彡 ミ}}
、ll、;::  :::::|::::ー、:::::   `゙゙'''ー'、 /ー―´   /彡彡彡ミ;;   ← 立花宗茂
::`'' 、、 :::: |           y'::::''"    イ::::彡彡三ニ





216 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 22:27:32 ID:jGFNrmpQ

さすがケンシロウ、曲がらない漢だ





213 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 22:27:06 ID:Z.qQPkBs

そして ここに8千石の小身でありながら もうひとり……


   ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   \v! l  ゞ'´     '    /}         どいつもこいつも家康に尻尾を振って
    〈 l 卜、u   -、__  /イ\
      キ l\)、 (_, ---' イ: :レ二._       ホント「ありえな~い」よ
     八 |ー\`: T  ̄/:〉イ: : : : : :`ヽ _
   _/: : V: : : : :_く }_/: : /: : : : : : : : : : : :ノヽ-┐
     ̄ノイノレィチ/ト---/ ̄`!: : : :-:―: : : / ノ
        /:r―-、_,/    |ー―――一' /\
          l: :|   { {     |ー―‐r――く
        _ノ: :ヽ.  ト-ト、   |: : : : : |      \
     く二二.入_/ l| \_j: : : : : |





219 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 22:28:00 ID:Z.qQPkBs

     r -――――- 、_
     | { ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ\`>、
   /r」           \  \
  / ハ\  \        \ \  \
  ,' /l  \\   \        丶 ` ー―ァ
  l l| l  | 丶\  ` ー--/⌒ \     ̄下、
  | l!  l | / \`ナナー/ 二 Tー \  __ \
  l  l  l |/ __ ノ丶 _ f叨广 h \|ー'´ ̄ ̄    みんなは 太閤殿下から受けた御恩を
  ヽ V l l|ーf叨テ_      ゞ'´  |厂 ̄
   \v! l  ゞ'´     '    /}            いったい何だと思っているのよ
    〈 l 卜、u   -、__  /イ\
      キ l\)、 (_, ---' イ: :レ二._
     八 |ー\`: T  ̄/:〉イ: : : : : :`ヽ _
   _/: : V: : : : :_く }_/: : /: : : : : : : : : : : :ノヽ-┐
     ̄ノイノレィチ/ト---/ ̄`!: : : :-:―: : : / ノ
        /:r―-、_,/    |ー―――一' /\
          l: :|   { {     |ー―‐r――く
        _ノ: :ヽ.  ト-ト、   |: : : : : |      \
     く二二.入_/ l| \_j: : : : : |
       /   /   l:\/: : -――イ
      rーく   / ̄l∨´ _,  -――‐{     ← 平塚為広
    /⌒ヽヽ. /  {/          |


秀吉の元馬廻り衆 現在は秀頼の直臣 平塚為広である





221 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 22:28:39 ID:jGFNrmpQ

プリッキュアプリッキュア♪





223 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/10/11(月) 22:29:02 ID:B9R.oAMc

ぶっちゃけたなぁ





228 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 22:30:00 ID:Z.qQPkBs

        /: : : : : : : : : : : :_: ; ≠'´ \: : :ヽ
      ': : : : :\:_: : ://      ヽ: : ハ
     l: : : : : : :{{_,》 /  ノ}  {、   N: : |
      l: : : : : : :/∠ニニ二ィ   ゝ二ニl !: ::!
     ト: : : : : ;'  x彡气     气ミxl |: /
     l: ゝ、: : { }リハ.ノ1    ハハ }リイ    でも 為広
     |: /⌒ヽ!   ヒじン      ヒじ} ,イ
     l: l ⌒ハl|   ゞ'"´     .:} `~` {´}     今の状況は「本能寺の変」の直後と
      ': :ゝ. _   ' '       _   ' ' lノ
     ': : : ::::l: : :l\       `´   イ: |      少し似ているのではないかしら
    ': : : : :::l: : :l:::l 丶、   イ::l l: :|
   /: : : : :::::l: : :レリ    T:::::::: : :| l: :|
   /: : : : :::::::|: : :l \   l:::::::: : : ! l: :|
  ': : : :_:_:/ V: :ハ.  \_j入:::_: /  l: :|
 /:/´ ヽ   V: :ハYフ>、ヘ V.ィ 71l: :|  ← 越前国安居2万石 戸田勝成
ノ:/      \  V: :ハ{/ / `}¨}/ / },l: :|





230 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 22:31:00 ID:Z.qQPkBs

            _, --―― - 、_
         , ´         ::;:. `ヽ、
        //          .::/::    ヽ    信長公が横死した後
         / /         //´l      ',
       ,' /|   _, -― _'´-‐'  |l     l    織田家の宿老だった丹羽も池田も
       l |」 /, -- 、 ̄     l i    |
        l {Lリ/  ̄ ̄    ヽ二.ー、|l     l    太閤殿下の幕下に加わり
       /!::{    _         ̄` l   ,'
       / ト、l Y´, ィ 、    -=ミ_  |.::::/     その後 殿下は日本の統一を果たしましたよね
      ,  l ハ  {七zリ     ,.イ勹 Y l::/ヽ
      ,' ::.\リ  ゞニノ     {匕ツ  /イ} /     殿下が御隠れになり 秀頼様が幼い今
   /  ::::..l l ""  {!     ̄` /::|'/
  / , -'´ ゙̄ヽ\  マヽ  / ) ∠;::「       実力・年季・貫禄
 ,'  /      l\(`ヽヽ」/ //〃::|
, ' :: /   \  l |::} |/ ////! l\       どれをとっても家康殿が政務を見るに相応しいわ
::. ::.:l    \\ l ll//  {‐'´ /, イ| :l| |
::. ::. l      \ 〉{    '   {ノ / :: |l l
::. ::. :l       Yヘ        /| ::: l /
::. ::. :.\      l |     /l  l :::,' /





234 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 22:31:43 ID:1JRveJQk

どう考えても貫禄は足りないと思うのだがw





235 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 22:32:00 ID:Z.qQPkBs

               , -─ - 、
           , - '       _ヽ- 、
         /          _ ,,ハ、\ ヽ、
        , '       _/ 〃  \、ヽ 、    それに 太閤殿下だって
         /  _    /_ /'    ,-- 、l l
       l -=‘ー`r っ'/-─`     ̄`ヾ| ll    織田信雄殿や秀信殿に天下を譲りはしなかったわ
       lミヽ| l l | し'  _..ニ、     ,ニ-、 |リ                       
       lミヽヽ l |/  __/ス._)i゙    ト-ヘ'y′    だとしたら このまま家康殿が天下をとったとしても
        l\\ヽ{  ‐ハ_。rj    ヽ_゚ノ {)
      l   l /⌒ヾ   ,--     ゝ ̄` }     誰も文句が言えないんじゃないかしら
      ,′ |ハ (` ヾ            /
     ,′  | l ゝ--' 、        0  /
     ,′  | l  | l ヽ、    ┌、f⌒丶、
    ,′  ||  | l  | ` - ゝr‐''_..   }
    ,′    l l  | lyヘ     h l(´ _..  l
   ,′   , --┴‐:┤ l|  `丶、 ハ、K´ 、  |
   ,′  /::::ヽ:::::::::::ハ ||─-- 、/\_y_>!   ト、
   l   /::::::::::::ヽ::::::ハ|    Y⌒!  人  V!




   : : /       /   /     / l  / |
   : :l: /      :/   /     /」_/ / l |
   : :l/:     . :/   /:  /:  ://:/l| /l: : V/
   : /:   / : :/:   :/: : :/: :/」:/ /l/ l: : :l |
   :/: : ./: : : /1: : : //:/ |: /  / ゙V l|_/: :/j |
   |: : : /l: : :/ヽ!: : / /´   |/    ,イ l /:/ //
   |: : /:l: : / (|: /       -、〈ソ /イ  /′
   |: :/: l: /\_ j/      ""  ´ └┐
   :V: : j/    |  U    /⌒l_  /       い~~~やっ!
   : : :l :/           /ヽ   └┘
   : : :|/、    \    |   |             それと これとは話が全っ然違う!!
   :卜l  \___/\  \/_
   : l       , \:l>‐――┘
   \      /  /´ ̄}
   \ \    /  / / /ー、
     | r――く   / / /⌒l





237 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 22:33:00 ID:Z.qQPkBs

            . -――- _、_
          /  __   `7 〉       あの頃の時勢は まだまだ戦国の真っただ中
      , ┐ / ァ'´    / ィ / \
      / |  j// /、Χ/ / ハ l |      殿下のような器量ある人が強引でも世をまとめる必要があった
      !  l-=ニ ィ ,二 |テ:J //ー| ! /
     l   、 | | / |l   じノ/ fテハ|       だが殿下の御一世で その後継者は秀頼様と定まり
     ヽ._∧ノ l人r┐      〉l| |
     /: : l: : \ー、こゝ、   っ /         これは全国の諸侯も認めたことだ
    /:|ー‐ト、: : \|__: : トrrく
    /l :l__」: : :_:/__ノ: : 「\」__         今 もし御幼君に少しでも不実の行いをする奴がいたら
    レゝノ__/ノ: :ト、込:_」  ヽ」:ノ ̄`i
   └'´ヽー―く: : : : l ∨ー:|  ー}__}   |-┐    そいつは義理知らずの誹りを免れない!
       \ : : : : : / | : : レ'´ l: l\__j ノ
         ̄\_/ /: : : /   l:_:|  ヽノ\-┐
          └‐く: : : : :>、ノーヽ _」、  //:\
               ̄Y_/  /   l l\//: : : \
                 ヽ     l l└く : : : : : : \
                _/____., - 、\ \: : : : : : :ヽ
               /____//⌒ァ〉入  \: : : : : :ヽ





245 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 22:34:03 ID:Z.qQPkBs

     /  |          ト、        \      !\|
      l l   | l        l  \ \  |    |  ヘ
      | |  l \\    \  /、\ ト、 |   l  ヘ
      l l   ト、 l\\    \'  \ | ',1 /  \|    そんな奴がいたら……
     V   | \l  丶ト----/-\  \|  |l /\\ l
        Vl  lヽ/⌒ヽ   _/ __, イ | !/ヘ. ∧ V|    わたしは小身・愚昧の徒であるけども
      ヽl  l ハ    \_}    Vトりノ    ノ/ ハ |
        Vハ\ト、ーt テ     `¨´ ニ   |ー'   ハ !    いつでも兵を挙げて そいつに立ち向かい
        Vハ l`ハ`¨               /     l|
         ヾ l ヽ l ニ  ‘         / l      ヽ|    骸を戦場に晒してやるわよ
          \  ゝ    r-、    /  |ー‐t l リ
                 `>-  __/    V 〈 ル′
                 |//  |___/   ヽー、__
                 /-、  /ヘ      /   /`>、
                _」   l  | |     /    /  /   \
               /r┴―、ヽ !  Y´ ̄ ̄ ̄}  /  /      |


  為広は 半ば公然と秀吉死後の家康の所業を非難した


       /y:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ._
.    /:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノ.:.:ヾ
    / //ヾゝ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_,/|l:.:.:.:.|l
    |l:.:|:l:.:./:〆>ニ二}    fニヾ:.:.:.|i
    |l:.:|:l:/:/             〉 |l
    |l:.:|:llf′            レ'
.     Y⌒l|    O     o  /     ……あなたの その考え
.     l|γj             f }
.   /入_.、             |'     尊いものだとは思いますわ
  // :|l:.|:.:.\   f ー‐ァ   /|
. //:. :. |l:.|:.:.:.:.:.:.ゝ ___ ,. イ: : :|     でも おおっぴらに口にするのは ちょっと……
..//:.:.:.:.:.|l:.|:.:.:.:λL_   |:.l:.:.:l:. :.:.|:l
.|:l:.:.:/:.:.:|l:.|l.f' ̄ ̄ ̄ヾニ}>一 ‐ 、:l:l
.|:l:./:.:.:.:.|l:.|l |l      |l:}   :/:l:l
.ィ⌒ヾ. l:.|l |l      |lノ   :ハ |:lヽ.
|l   .ハ. l:.|l |l      /ハ ゝ、_:j |:l |





252 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 22:36:03 ID:Z.qQPkBs

この時期 家康の権勢は とてつもなく大きくなっていたが
同時に それにはっきりと反抗する者も現れるようになったのだ


               -─‐- 、.   .. -─;-
          -=ニ´ ̄     ヽ'´ ∠´__
         ,. '"´              `>
         /                ̄`ヽ.
        /                  ヽ、 ヽ
          i            ∧       \ヽ!
.         |        , /| /:::::l ト、  .  ヽ
       |        /|イ、l_;;:::::::|ノ_,.ゝ. ト、 ト、l
       |      ,イ/`''‐、_,リ:::::::;リ,. -ヘト | ヽ! `
       |  , ‐、 r'==。===;;;::::::(=。==lヽ!
        |   { f、|.|::::`ー--‐'  ::::\-‐' l        まあ……
       ,'   ! ト||::::::u   u  r __::::::\'l|
.      /   `ー'ト、::::. ー----------;ヲ│       こればっかりは
      /  /|   | :\:::.` ー-----‐'´ / !
   ,∠-‐/   |.  |  :::\:::. ー--‐  /!ヽ.ヽ      仕方のないことだよな……
  二 -‐''7   |  |    ::::\::.    , ' |  ト、\
.     /    |.  |     ::::`‐、/ レ   ト、`''‐
.    ,'      ト. |      :::|  イリ   :!  `''‐
     i      | ヽゝ      |lW´'    :l
.     |   ,. -‐''^ヽ|`ヽ、..__ノ|/⌒`‐、.  l
    レ''´      |;';';';';';';';';';';';'|     `‐、!
             ○ |';';';';';';';';';';';'| ==


だが家康も これは割り切って
集まってくれた諸侯に対しては 連日猿楽を勧進などして慰労に努めた





258 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 22:38:04 ID:Z.qQPkBs

しかし この時 諸侯の使いは全国から家康のもとに参じたが
家康が本当に待ち望んだ家中の者は なかなか姿を見せなかった


          _,,. -──- 、 ,. ‐''"´ ̄`二ニ=-
      -=ニ´..__     ゙     ´ ̄~゙'''‐、
       ,. ‐''"´                  ヽ、
     , ‐'´                       ,.ゝ
   ∠..-‐''フ'~                       ゙!
      /                           !
     / ,                           l
.    //        /l ,ヘ. ト、 ヽ、            l     あいつの……
.   // ,イ    /! / ul ! ゙、 |. ヽ、!ゝ、 !       |
    / .// /!  ./ l./.`‐、l  ヽ!. ‐'´, k'ヽト.、       .l     景勝の名代は まだ来ないのか
.   i ./ !/ l ,イ/. !' `‐、|!  I|_,. ‐'´ ヽ! ::::ヽ      ゝ
.    l./ .l' l' !' l=====〉 __ =======:| .|⌒i.   ヽ、
    !        l`‐.、.__゚/,::: ''' ヽ、 _゚__,.. ‐'´:::| |´ )}.    l、
              !  :::/,:::::::::. jv  u    ,/:::|.|~)/     l、
          ノ! ,/,:::::::::::__::)  _,,.-‐"  u::||_ノ       i、
          / iー_____ ,,. -‐''フ::::/!     !゙!‐ 、._. ヽ、
          I_,. ‐'i`‐ 、.____,,. ‐'´:::/: │   │l   ` ‐-
    _,,. -‐'"´   ,.!  ___,,   u:::/::   !    ! i‐ 、._
   /i     _,,. -‐1 ヽv  ̄ ̄   :::/:::    !   i' .i   ` ‐-
  / .{_,,. -‐'"´     !  ヽ、   .::/:::    i'  / /
 /  !       , -‐-、 , -‐、i´~`ヽ     ./  ,イ./
/   l      ,.へ、/⌒ヽ、 `‐、  i   /  / /
    |    /‐-∠.__,、 `‐、 `i‐、-‐'"7/!'/
    .|  /´        `‐、  ゙i __,! `、-‐/"


それは当然 不穏な噂の絶えない上杉家からの使者であった





261 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 22:39:03 ID:Z.qQPkBs

待望の来客は 三が日が過ぎる頃 ようやく大坂城に到着した


        l |            ,r'´  ̄ `ヽ
        l |          /          \
        l |           /  ....        \
        l |       /   ::ヽ、::..   ... _ _   \-.、
        l |        l      ::::::r'´  ̄    ........:::::: l
        l |     │....     ::::l::               |
        | l       i´`ヽ::...     ::l::             |
       | |     |         ::l:::    ._:_::::::::::..  |
      l l     | _......_     ::l::   :r'´    :::..  |
      | |     ,r´⌒ヽヽ    ::l::   :i::  ___.. -‐ '"} ̄ ̄ ¨  ― -- 、
      l l     {    }ノ...__.::i::::.  -‐ '´ ○)_..  '"      _..  ‐''"
      | |    _.ゝ、__. < (○   _..  -‐ '´    _.. r‐''"
_   _. { l ‐ '"         ̄ ̄        _,,、rt爪リノ| |
`ヽ、 ̄  j l                _.. -==-ー--ッ}゙l‐、| |
   `` ―ハ ----r.r rョ―ァ‐t tッッ、爪`フ、‐tモテッラ" E}う.| |   どうも 家康様
      {ヽ.)    | |h{ヨ  `"¨ ̄ヲ      ̄¨¨´   E}シ| |
      ヽ、ヽ、.  | |ヽ{ヨ        :          E}.ノ| |   明けましておめでとうございます
         ヽ)} | |\{ヨ`    { :       〃  E川.| l|
         {.l  | |  .{ヨ  ミ    ヾミ、. /       E川| ||
           ヾ .| | _lミl      `"      、  ノ"川| |l|
  -- ‐_... = = ())))ニニニニニlニ>==‐''" ̄   /  川| |lF ‐=== = .._
  \\:: ==-‐::::| |:::::::::::| ::ヽ  ヾ ____     /  : 川| |l|:::::::::::::::::‐-==
   : :\\ ::::::::::::::| |::::::::::::| :: ヽ     ̄ ̄    /    : 川| |リ::::::::::::::::::::::::::::::
    : : : ヽ ヽ :::::::::| |:::::::::::::l ::  ヽ   ゙ Y ゙   /     :: |リ゙| |::::::::::::::::::::::::::/   ← 藤田信吉
  : : : : : :::ヽ、`ヽ、| |::::::::::::::l ::.  ヽ ___l___ /       :: |::::| |::::::::::::_:: ‐'´/


年賀の使者の名は 藤田信吉
越後国津川城代として1万5千石の所領を景勝から与えられた上杉家では新参の家臣である





264 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 22:40:00 ID:Z.qQPkBs

しかし新参とはいえ
この人選は良く練られたものであった


        -=ニ" ̄"''‐-‐''" ̄"ニ=-
       ∠´           `ニ=-
        /              `ヽ,
       /                  !
      i                      .i
     .|         /| |:| ト,ヽ       |   おお 信吉
     |.    ノ  メ: リ:|.| |ノ`>      |
     |.    /リメ, .\ リ / ,.ヘ!ゞ,    |   お前が来てくれたのか!
     .|   ./    \|  |/   ヽ   |
      i⌒| | ==o=-  .-=o== | |⌒i
      | G| | ヽ . __ ノ | | ゝ __ ./ | |∂|
     ,.ゝ,_.|.|      | |    / |.|_,ノヽ,
    /   ||     ヽ!_レ  ./  リ    ヽ
---‐‐''7|   ヽ. ==========ヲ /   | ̄""''''‐‐--
--‐‐''7 .レ|   | ヽ `-ニニニニニ-'´ /.|  .N""''''‐‐----
   /   レ|  |  ヽ.  ≡≡  ./ |  | |
  ./    .|  |.   \    /   |  |  .|
  /  _,,  .|  |    \ /    .|.  |   |
. /_,,-''" \ .|  |\  j      /|  レ‐、 |
. "      ".レN\`'‐-------‐'´/リN  ヽ |


元は武蔵国用土の領主であった信吉は
関東を領する家康にとって割と近しい存在であり知己もあった





267 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 22:41:00 ID:Z.qQPkBs

武蔵国用土という北条家・武田家・上杉家の草刈り場のような土地の領主であった信吉は
主家を頻繁に変えることで その命脈を保ってきた


          _            悪いが 今度は こっちに付かしてもらうぜ!
      _,.-''"-‐>ヽ
     //   /  ヽ      _,.. -‐フ                           _,... ,.-―‐-、
     〈(__,/ ,.---ミ-、_,.. -='´:::::::/                      _,... -‐'''"´::::/ / ̄`ヽ,ヽ
     ヽ  7 ( (´  ノ_,.-'´:::::::::/                    /:::::::::::::::__ : : : | !    ゙! ||
      ヽ  ,.. ゞテ,.-'、ゞヽ、/            ,.-'ニ゙-'< ̄`,'ゝ-i:::r‐''''""´_!: : : | !,.-,.‐,ニ、、! !
     _,ノミニ-,ニ‐'_,._, !り<´`'ヽ、           フ´: : : _i: :/:/ ̄|i""i´ ̄: : : : : : : | !ニ! i゙::ヾ::゙i゙i
  _,..-''´ ,. -く=・i `i´ -、|ヘミヽー-、\         i: : : /:::::::|: |_二|l_l: : : : : : : : : : | !ニゞゞノノ,ノ
_-ニ-‐ニ二__ヽヽヾツ_/.V ヽリハヽ|  ヽ        !ー゙::::::::::::⊂⊃>-,.,.--...........__::::::__ー゙'''''''`""´‐'
   r‐ニ''" ̄`ヽヽ_´‐" /::  ヽ ̄`"''''ヽーテ、___ _,.-iゞ:::::::::::ノr'フ/::O::;' : r‐'''''''く Oフ ノ : | ,.ニi、
,. -='‐''''''ー-=、_ ヽ )ー'-、__  ヽ_,.-‐''"|´    // l; :!::::::::::/ /_:::::::::0::'; : `'‐-、ノ i゙: i゙ : : i´r'"゙'ヽ
/ /      `'‐ヽ_ _,........._`''"´    |   / ‐''-、_ヽi゙ii--!_//: :>--;::::::_::::::::::ヽ.Oゝ,__ : l、!、:::::ノ
     ,.--<⌒ヽ-ヽ´ ,.. --`ゝ,    /  /(      `"'i'ー--; /:::::/,   `~"''‐-ニ,i_O」`"''ー''´
        `"´ '-ヽ'´::::::::::  `'‐-、_/  //ヽ`'''    |  ノノ::::::! ヽ、_
            /:ヽ:::::::::::::::::::/ /// 人   ''''''''ー---‐‐'゙'゙__ノ   )
                :::::::::|  | |  / `r‐-     ̄ ̄ )'´'ー‐'´
                     | |  ヽ__ノ    _==-----='--=\
                           \__ ,.(_  )   l    l  ノ
                             ヽ Τ''ー---------r'゙
                              `´  /  ̄ ̄Τ | ト,
                                   ''''ー―‐‐'´|ハ
                                        /:::::::|


はじめ山内上杉家の家臣であった信吉は その滅亡後 北条家に仕えるが
二十歳の頃 突然に城代を務めていた沼田城を武田勝頼へ献上するという離れ業で
武田家に鞍替えした





272 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/10/11(月) 22:42:31 ID:X/bYqBUU

沼田、それはまたヤバいところを





270 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 22:42:19 ID:7JV8ygp.

関東甲信越のあたりはこういう食えない中小豪族が多いんだよな
一番喰えないのはあの六文銭の一家だろうが





273 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 22:42:34 ID:Z.qQPkBs

武田家が織田家に滅ぼされると
信吉は直ちに進駐軍である滝川一益に属するが
「本能寺の変」後 一益は上方に撤退を開始


 l     ____         |
 .!..::-‐:::´::::::::::::::::>.、      l
  l‐- ..,,_:::::::::::::::::::::::::::丶、    l
  .!フファァー- 二 ─--- ;:>‐---.、
  !´// / r‐ラ‐_三ミ、 ̄ΤT: ─--:>.、
.  l / イ l f/二_ rォ 〉ヽくルフ: : : : : : : : : \
   l/ノ!  u     ̄´ /^ヽ \: : : : : : : : : : :丶
    !彡'l \  J    {   _\ > : : : : : : : : /
.    l彡ヘ. `'       U` 〈::::::::/ : : : : : : /   ん んなアホな……
    l_彡'  U j     ___ `二}: : :_/
.    l      :{  ,ィ"-ー 二三{ ̄
    l     l. L,ィ´ ̄ ,.---、)
.    l\   \  ー'" u  {     __r‐、
.     !: :丶   ヽ U ____} )  .f ヽ‐ヘ、
      l \: :`: -一': ´: : : : :f´\  {`ー\ ,.ヘ、       .
.      l  丶、: : : : : : :>' ヽ ー'\ \  '´\. \   ,.ィ'^i
      l     \U` ̄\.  \./´\ヽ.   ヽ-‐ヘ. | L__!
        !     ヽ    | f´\ \ _ノ\  -=ヘ.  ',. l.__ |
      l          l ヽ¨´>\.  \   ', V  ´}


残された信吉は 今度は大慌てで上杉家を頼って越後入りした





282 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 22:44:59 ID:Z.qQPkBs

だが
これだけの鞍替えが許されるということは 信吉が有能な士である証でもある


                                    ,,,、rー‐-、、
                                 ,.r‐'´      `、
     ,r'´ ̄ ``ヽ、                         l          `、
    ,! _    |\                      |           `、
    レ'⌒ヽヽ、.  | j⌒ヽ                  ゙i       _,,.、-‐''"´ ̄二二ニニ==ー、
    ト、__ ,ノ j l i ,! |   l\     ,r'⌒ヽ          i   ,、-‐'"  ,、-ー'ゞij /::.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
    ≧三≦イ、j_」. |  j、. \  /    |          {ゝ'´   , ィ''´ ,,ィェ='-、rカ:::::.:.:.:.:.:/
    `ヾ、`ー-‐〈T ゝ, イ ,!   `ij     ,!          ,/   ,、rィr=r''´ゞ ゙‘ー'´ ,l j|:::.:.:.:/
       `゙y  |ヽ,/ \_ノ     !ー-、 /         /  , イi ` ̄   ,:」j    N!::/
         !r‐|、/  /γ´`\ /、_  ,イi     /, ィ.:.:;l」iカヽ    `"   ,、ヽ仆、
        ゝP   / Q ヽ\ij   ,/ |-ー===ー-、:.:.:.ゞト、V. 、'、 , -‐一'´  !,|`,゙i!
          ``ー、,人 ,j「Q |`ヾ、  /  ,!ィ'´`ヽ    ``ヽ、`ト、:.:`、  ´ ̄  / ,|`, il、
            i}¢ Q/ヾ、. `Y 〈ー'    ikレ'ヽ .       \jk,、j;;\ ,rー‐、/  | i ゞ`ヽ
            _,ゝ==<ゞ、   / i!  , ィ'´k、  ゙iィー-、    \イlk、``ーr‐'´  |/ `ト、,!
 rー──'''T´ ̄  ヽ ``ーr-='´ Λ    ,レ'  !/´``      ヽヾヽ i      | i! ;| ソ
 i      l     ,!   /  `ヽ、イ \  ,イ´`Yソ´ iヽ、      ゙i,i ,j、l__ __|,/__,j/_
  `ー─--'───-'-r-‐'ヽ   ,!| i``ー,\/>-=≡イlL.:.:.:゙,      !ト j:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:::::::::::::
           ,イ / ヽ,r'⌒ヽ、/;;| |l、  j `Y   j ヾ |.:.:.:.:゙,      ! ij:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.::.::::::::::::
           |ー} .:.:;;;jー-、 |-、ゝー'´ />、 イ   `|.:.:.:.:,!     `リ、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::
           ヾヽ.:./    V  `二='´イ  l j     i!.:.:.:,!      i| `ー、.:.:.:.:::::::::::::::::
            `i :;!ー-、 /-、_,j´ ̄`ー-、 l |;    |.:.:.:.:ヽ      !    ``ニ二二二
            | /   V    `丶、r'´ ̄`V。    |.:.:.::::;;;l
            リ   /       >、  `,    |.:.:.:::;;;;\  `,;、、、 ,, ,,,.. __ __ _
            ゝ、_,ノ `ー──'"´ i jゝ、_ノー-、_」.:.::::;;;;;;;;;;\ ゞ;;:;;:;;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;:;;:;;:
               ``ー───--- ゝ、_二ニ-,/.:.:::::::;;;;;;;;;;;;;ゝ、 `゙""´´   ̄ ̄ ̄
                          i|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\  ヾ  `ゝ、 \


信吉は戦に強く 「新発田重家討伐」「小田原征伐」で多大な武功を上げ
また建築術にも優れているため
現在会津で進行中の新城計画にも大きく関わっている上杉家の重臣のひとりだ





271 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 22:42:21 ID:jGFNrmpQ

宇喜多さん並にシビアな人だ





283 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 22:45:11 ID:pdgscl3Q

元領主というだけでも単なる新参とは大違いだな





279 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 22:43:52 ID:STpCtU/Q

あんな物騒な地域で生き残ってるんだから、有能なのは間違いないだろう





287 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 22:46:03 ID:Z.qQPkBs

家康は特別に信吉を招き入れ 一対一で面会した


               -─‐- 、.   .. -─;-
          -=ニ´ ̄     ヽ'´ ∠´__
         ,. '"´              `>
         /                ̄`ヽ.
        /                  ヽ、 ヽ
          i            ∧       \ヽ!
.         |        , /| /:::::l ト、  .  ヽ
       |        /|イ、l_;;:::::::|ノ_,.ゝ. ト、 ト、l
       |      ,イ/`''‐、_,リ:::::::;リ,. -ヘト | ヽ! `
       |  , ‐、 r'==。===;;;::::::(=。==lヽ!
        |   { f、|.|::::`ー--‐'  ::::\-‐' l       ど どうだ信吉
       ,'   ! ト||::::::u   u  r __::::::\'l|
.      /   `ー'ト、::::. ー----------;ヲ│      会津の領国は上手くいっているか?
      /  /|   | :\:::.` ー-----‐'´ / !
   ,∠-‐/   |.  |  :::\:::. ー--‐  /!ヽ.ヽ
  二 -‐''7   |  |    ::::\::.    , ' |  ト、\
.     /    |.  |     ::::`‐、/ レ   ト、`''‐
.    ,'      ト. |      :::|  イリ   :!  `''‐
     i      | ヽゝ      |lW´'    :l
.     |   ,. -‐''^ヽ|`ヽ、..__ノ|/⌒`‐、.  l
    レ''´      |;';';';';';';';';';';';'|     `‐、!
             ○ |';';';';';';';';';';';'| ==



          _
      _,.-''"-‐>ヽ
     //   /  ヽ      _,.. -‐フ
     〈(__,/ ,.---ミ-、_,.. -='´:::::::/       そうだな
     ヽ  7 ( (´  ノ_,.-'´:::::::::/
      ヽ  ,.. ゞテ,.-'、ゞヽ、/           去夏 景勝様が帰国してから
     _,ノミニ-,ニ‐'_,._, !り<´`'ヽ、
  _,..-''´ ,. -く=・i `i´ -、|ヘミヽー-、\        道・橋等の領内の整備が
_-ニ-‐ニ二__ヽヽヾツ_/.V ヽリハヽ|  ヽ
   r‐ニ''" ̄`ヽヽ_´‐" /::  ヽ ̄`"''''ヽーテ    ようやく本格化したってところだな
,. -='‐''''''ー-=、_ ヽ )ー'-、__  ヽ_,.-‐''"|´
/ /      `'‐ヽ_ _,........._`''"´    |
     ,.--<⌒ヽ-ヽ´ ,.. --`ゝ,    /
        `"´ '-ヽ'´::::::::::  `'‐-、_/
            /:ヽ:::::::::::::::::::/
                :::::::::|  |





292 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 22:47:00 ID:Z.qQPkBs

                ____
     -=ニ"`' ,   , ' "  ,," '
     ______\ ` , , '    '-ー ̄二=-
  ∠二__  ~`           ""'ー、
   , - ~                 ヽ
  , '  , ,                  ヽ
  / /, '                   `,
  i/ /          /|           'i      その領内整備なんだが……
   ,' ,    /:i /:i |:::| |',          |
   i /i /' /::::| |::::i |::uヽi::`,`ヽ       |      これは上杉家の戦支度ではないのかとの
   i/ i/ i /ー-ヒ--`|u|--エ--ー\  ___   |
     i i/|二ニ=ニ~  二=ニニニ,:::| |─i`.  \     不穏な話もあるようだな……
       .,|ヽ_゚_./:::::"ヽ_゚_, イ/:|.|─| | |`┬ー-
      / | ==:/:::u:::  u ~/':::|.|ニノノ |  |ー--
 __;;-ー''"~~.λu:/:::::::_::i   /'::::u::|.|ー'  /  |
 __;;-ー''"~'/| .| (_,-  u   ::u:::::/|   ||   |
      | !i .| <__ __-ー''ー:-:::/::|   |.|   |
      .|  | .|x--二_____:::::/:::::|  ./ .|   .|
      |   |/~ニ二\\ 'i/::::: |  |  |   .|
     .|  ,r┴'---, ̄\',  |::u |  |.  |   |
     | </ ̄ ̄\こつ  i  /  .,|  .|    |
     !-ーC' ̄ ̄`こつ    | / /!/,/ \   .|
        | ̄ ̄ヽ、      | / /| -    ` , |




         ,,,、rー‐-、、
      ,.r‐'´      `、
       l          `、
       |           `、
      ゙i       _,,.、-‐''"´ ̄二二ニニ==ー、
       i   ,、-‐'"  ,、-ー'ゞij /::.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
       {ゝ'´   , ィ''´ ,,ィェ='-、rカ:::::.:.:.:.:.:/     俺たちは 何の説明も受けていないが
     ,/   ,、rィr=r''´ゞ ゙‘ー'´ ,l j|:::.:.:.:/
    /  , イi ` ̄   ,:」j    N!::/         そいつは領内の流通経路の整備と
 /, ィ.:.:;l」iカヽ    `"   ,、ヽ仆、
==ー-、:.:.:.ゞト、V. 、'、 , -‐一'´  !,|`,゙i!         心得ているぜ
ヽ    ``ヽ、`ト、:.:`、  ´ ̄  / ,|`, il、
レ'ヽ .       \jk,、j;;\ ,rー‐、/  | i ゞ`ヽ
、  ゙iィー-、    \イlk、``ーr‐'´  |/ `ト、,!
'  !/´``      ヽヾヽ i      | i! ;| ソ
`Yソ´ iヽ、      ゙i,i ,j、l__ __|,/__,j/_





295 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 22:48:00 ID:Z.qQPkBs

          ,. -‐- 、r'´  ̄ ~Z.__
       ∠             ´   ,.>
.     /                 ̄`>
     /           ,、      `\
.    !             / \    \. トゝ
   │       , ,.イ /、._, uヽ |ゝ、  N
.    |      /レ' レ\,/  /V '´ l\!
     |. r;=、 .ノ=a=== ,, ,/a===!     で でもよ 上杉家では戦争屋の牢人たちを
    | |.ト、| | u` ー--‐ " u\ーァ"!
    | l ヒ |:|.    u  r __   \l      多数 新規に召し抱え始めたとも聞くぜ
     |  `ー 1|、 ヾニ二二二二フ 7′
    ノ     | \     ___  /       こりゃ いったい どうしたことなんだ?
.   /   ,ヘ、  ト、 \ u  ̄ ̄ /l
  /  ./\.ヽ. ヽヽ、 \   , ' ,'
  ,' , ./   \ヽ、ヽ \./`iイ /
. /l/l/     |\\ヽ  ヽ. Wレ'
/      _..⊥._ \``  |




         ''¨´      _ __ ,,,
       /,.-‐''ニ二、.:;jik;;'=zイ \
      イィjレ'∠.''='ニヾゞ;ィイ=''ゞ1|:.:
  ,.、‐'´从ヘi |   ‐''¨:;´  ; i i;;~` ||:::::::::::::::::.:.:.:.:
 '".:.::::::::}i〈Ji |   ,    ゙ <1:;;リ ; ji!:::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:    そのことについては
 .:.:.:.:.:.:.::))、ji !  ;i (、,,,_ _"___,,j /|!:::::::.:.:.:.:.:.,、‐'´
 . : .: .:.ノ ,;',:'i|   ',  、,,  ̄_ ̄7´/.::|!:.:.:.,、‐'´       俺からは何とも言いようがねえな
 ` ー‐レイ .,:;:;l|ト、    `''⌒" , /|.:::||"´
   ノ ,ィイ〃i;i| `ヾ、  .: .:.:::::, / .l::::||            つーかさ そもそもよ……
   )  ,ィイ;i1|  ';:、` ー─‐ <;;. |::::||
   ,'  ,:;' ,:;'^||   ';:.    ,;':  |.:::.i|
  ,彳 .:;;' ;:/ ||   ;: :::.: .:.,;'  ト、从、
ノ .: ;:;:;:;/   ||  ,, 、'′.:.:.::;,';;:、 ,′ `''ー-- 、
 ̄`¨`ヾ、   ||    .:.::.:;:;l:;:i!、`ヾ,  \ヽ 1ヽ,,,,_
 ̄ ̄  ̄三三二二ニニ` ー─‐ - ─‐''"´_ノノィ´ ̄
‐''''"´ ̄          ̄ ̄  ̄ ̄ ̄





297 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 22:49:01 ID:Z.qQPkBs

        | l       i´`ヽ::...     ::l::             |
       | |     |         ::l:::    ._:_::::::::::..  |
      l l     | _......_     ::l::   :r'´    :::..  |
      | |     ,r´⌒ヽヽ    ::l::   :i::  ___.. -‐ '"} ̄ ̄ ¨  ― -- 、
      l l     {    }ノ...__.::i::::.  -‐ '´ ○)_..  '"      _..  ‐''"
      | |    _.ゝ、__. < (○   _..  -‐ '´    _.. r‐''"
_   _. { l ‐ '"         ̄ ̄        _,,、rt爪リノ| |
`ヽ、 ̄  j l                _.. -==-ー--ッ}゙l‐、| |
   `` ―ハ ----r.r rョ―ァ‐t tッッ、爪`フ、‐tモテッラ" E}う.| |      あの殿様が 何を考えているかなんて
      {ヽ.)    | |h{ヨ  `"¨ ̄ヲ      ̄¨¨´   E}シ| |
      ヽ、ヽ、.  | |ヽ{ヨ        :          E}.ノ| |      誰にも分かりゃしねえよ
         ヽ)} | |\{ヨ`    { :       〃  E川.| l|
         {.l  | |  .{ヨ  ミ    ヾミ、. /       E川| ||
           ヾ .| | _lミl      `"      、  ノ"川| |l|
  -- ‐_... = = ())))ニニニニニlニ>==‐''" ̄   /  川| |lF ‐=== = .._
  \\:: ==-‐::::| |:::::::::::| ::ヽ  ヾ ____     /  : 川| |l|:::::::::::::::::‐-==
   : :\\ ::::::::::::::| |::::::::::::| :: ヽ     ̄ ̄    /    : 川| |リ::::::::::::::::::::::::::::::
    : : : ヽ ヽ :::::::::| |:::::::::::::l ::  ヽ   ゙ Y ゙   /     :: |リ゙| |::::::::::::::::::::::::::/
  : : : : : :::ヽ、`ヽ、| |::::::::::::::l ::.  ヽ ___l___ /       :: |::::| |::::::::::::_:: ‐'´/



   信吉の返答は とうてい家康を満足させるものではなかった



        / /|        /|   |ヽ      ヽ,ヽ,   |
.       // .|        <l./u |  レ'      ヽ,ヽ,  |
      〃   |  / / ,.へ |!  >  _、へ |\     ヽ,ヽ,|
.          | /| ./!イ==`、  iレ´==== ヽ    ヽ,ヽ,         ちょ……
.           | / レ  ト、_。_)  (      ,、 | |⌒i  iヽ,\
、_          レ    /|  ̄/.|j~ `.=°=´   | |つ.|  ゝ.\.\      信吉……
、_`'-、_         / .レ´    u u _ ,、-'´  .| |ノ/   ヽ \ \
 `' -、,`' -、/`7―-/ r'__   __ `  ̄    |j~ ||ノ.      \ \ \   お お前ね……
     `'ァ、\/―- 、 __| f========ニ`i   /|       |\ \ \ .\
     /  \ \       | |          }  / |       | / ̄ "'' ‐-\ .\
    i.   / \.\   / ||- ―‐-r――‐-/ / レ     N ̄ "'' ―‐ --\
.    |   /   \.\〃! |` ――' -----'/    |      |
    |        \.\| .| u==  ,、- '´  u ./|     |
    |           \ \l_ ,.、- ' ´         /| |.    N
    |            | |\ \        |j~  / | レ   |
    |         | レ |\ \       / |   |   |
    |.         | | |  \ \  u  /  |   |   |





299 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 22:49:25 ID:UfaCln4k

ぶっちゃけ過ぎwww





296 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/10/11(月) 22:48:56 ID:huEL3.NI

一切弁解しないのかよw





307 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 22:50:32 ID:jGFNrmpQ

分からないものは仕方がないなw





301 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 22:49:41 ID:tluu5sHI

開き直るなよw





308 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 22:50:37 ID:9tvy4UsM

でも真実を突いてるよね、藤田はw





304 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 22:50:11 ID:7JV8ygp.

景勝は本当に無口だったらしいからなw





303 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 22:50:02 ID:Z.qQPkBs

だが家康は まだまだ事を穏便に済ますことを諦めていなかった


        ___  ,.-‐- 、
       >  `       ` 、
      ∠             ` 、
     /               ヽ
 .   ./        /`ヽ         ヽ
   /, '   /|/|/   |. iヽ       ヽ      と とにかく上方では
   ~./    /`- ._ u . | |_,| !ヽ      i
.     //| /== 。_!  !~,。 = 'ヽ. l^i  i      この不穏当な噂でもちきりだ
       ||` _ _ /  =,_ _ . '  | Fi  |
        ||  / u    u  u |.Pi  |      これを打ち消すためにも
        i||/   _ 丶  u   .||~   |
 .      | ヽ`   ____....--、 / |   |      景勝殿には上洛して
 .      |  ヽ  ̄ ̄ ̄ ̄ /  |    |
       |   ヽ  #'  /    |   __|_____   秀頼様と俺に釈明をしてもらいたい
      //__....../| ヽ_ ./  u  |   |┬ii.--
 ___....-- i.|~  / | /   u    |   | | ||
 -- ~ ~ i.|   / | / >...___....-^ |    |  | |




         ''¨´      _ __ ,,,
       /,.-‐''ニ二、.:;jik;;'=zイ \
      イィjレ'∠.''='ニヾゞ;ィイ=''ゞ1|:.:
  ,.、‐'´从ヘi |   ‐''¨:;´  ; i i;;~` ||:::::::::::::::::.:.:.:.:
 '".:.::::::::}i〈Ji |   ,    ゙ <1:;;リ ; ji!:::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:   んんんんん~~
 .:.:.:.:.:.:.::))、ji !  ;i (、,,,_ _"___,,j /|!:::::::.:.:.:.:.:.,、‐'´
 . : .: .:.ノ ,;',:'i|   ',  、,,  ̄_ ̄7´/.::|!:.:.:.,、‐'´      上洛しろって言われてもなあ
 ` ー‐レイ .,:;:;l|ト、    `''⌒" , /|.:::||"´
   ノ ,ィイ〃i;i| `ヾ、  .: .:.:::::, / .l::::||
   )  ,ィイ;i1|  ';:、` ー─‐ <;;. |::::||
   ,'  ,:;' ,:;'^||   ';:.    ,;':  |.:::.i|
  ,彳 .:;;' ;:/ ||   ;: :::.: .:.,;'  ト、从、
ノ .: ;:;:;:;/   ||  ,, 、'′.:.:.::;,';;:、 ,′ `''ー-- 、
 ̄`¨`ヾ、   ||    .:.::.:;:;l:;:i!、`ヾ,  \ヽ 1ヽ,,,,_
 ̄ ̄  ̄三三二二ニニ` ー─‐ - ─‐''"´_ノノィ´ ̄
‐''''"´ ̄          ̄ ̄  ̄ ̄ ̄





309 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 22:51:00 ID:Z.qQPkBs

          _
      _,.-''"-‐>ヽ
     //   /  ヽ      _,.. -‐フ     上杉家は太閤殿下から
     〈(__,/ ,.---ミ-、_,.. -='´:::::::/
     ヽ  7 ( (´  ノ_,.-'´:::::::::/        「3年間の上洛は不要」との許しを得ている
      ヽ  ,.. ゞテ,.-'、ゞヽ、/
     _,ノミニ-,ニ‐'_,._, !り<´`'ヽ、         そもそも去年 殿に帰国を勧めたのは
  _,..-''´ ,. -く=・i `i´ -、|ヘミヽー-、\
_-ニ-‐ニ二__ヽヽヾツ_/.V ヽリハヽ|  ヽ      家康様 他ならぬあなただ
   r‐ニ''" ̄`ヽヽ_´‐" /::  ヽ ̄`"''''ヽーテ
,. -='‐''''''ー-=、_ ヽ )ー'-、__  ヽ_,.-‐''"|´     こいつは とうてい納得の出来る話じゃねえな
/ /      `'‐ヽ_ _,........._`''"´    |
     ,.--<⌒ヽ-ヽ´ ,.. --`ゝ,    /
        `"´ '-ヽ'´::::::::::  `'‐-、_/
            /:ヽ:::::::::::::::::::/
                :::::::::|  |




                ,  -‐-`ヽ.
              /       ∟
         /          _ヽ
            /   , -、 _,.ィ.イl/l. ヽ`
         /  :{.f7/ b\|」│ N
        /    V/v ` -┌‐ル'
     /   ,/l. l ,-、 r v:|  rっ     分かってるよ!
    ,イ.イイ /: :ヽ.l |.u\ヽ_ 、j
  /"l/ l/ \ : : ヾ. l ┌'     ⊃      んなこと 百も承知だよ!!
  / \   /: ,. -‐-ゞー'
 /,イ:::::::>'´ /: : : : : : ヽ    ヽ)
/!レ:ノ)/: : :/: : : : : : : : : |  U





312 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 22:52:00 ID:Z.qQPkBs

  /        ,、        ヽ
 /  ィ       ./;;;;N∧      ヽ
.// .l  〃リ\/、;;u;/ /;;ヽl;、 ,-‐、 l          だがな
   |/|/ヾ;;r~、\|ij|〃ー´~);;| |  / l
      ヽ)_ oヾ ,, o  _r´;;;| |  l |         これが天下静謐のため そして上杉家のため
       〈;;;;;ij /ij `ひy′ |.|、_ノ   |
       l ''''ノ __┐ -' ゛./l    l          一番の方法なんだよ!
.       ヽ、ェェェェェエコゝ 〉/    ヽ
        l.}ェェェェェェェノ/ /   l\ ヽ
         '、 u ,,,,,,,   / /   l  .l ̄"'''ー-
          ヽ ij'''' ノ;;; //   .l  l_
       _,.、-''|ヽ、 ノ;;;;;  /   /l   .l   ̄""
    ,、-''´   |'、 `´l;;;;  /l .| ./ .|  .`、
   ノヽ、 _,、-'´| ヾl、 |、   l l.//|  ,、  ヽ
   l   l''´    |   .ヾ| ヽ、__リ/  | ./  ̄ヽ
  /    ヽ   ノ , ヘ .|       .|/
 ノ     ヽ  l/   .|        .l




         ,,,、rー‐-、、
      ,.r‐'´      `、
       l          `、
       |           `、
      ゙i       _,,.、-‐''"´ ̄二二ニニ==ー、
       i   ,、-‐'"  ,、-ー'ゞij /::.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
       {ゝ'´   , ィ''´ ,,ィェ='-、rカ:::::.:.:.:.:.:/
     ,/   ,、rィr=r''´ゞ ゙‘ー'´ ,l j|:::.:.:.:/
    /  , イi ` ̄   ,:」j    N!::/
 /, ィ.:.:;l」iカヽ    `"   ,、ヽ仆、       ………………
==ー-、:.:.:.ゞト、V. 、'、 , -‐一'´  !,|`,゙i!
ヽ    ``ヽ、`ト、:.:`、  ´ ̄  / ,|`, il、
レ'ヽ .       \jk,、j;;\ ,rー‐、/  | i ゞ`ヽ
、  ゙iィー-、    \イlk、``ーr‐'´  |/ `ト、,!
'  !/´``      ヽヾヽ i      | i! ;| ソ
`Yソ´ iヽ、      ゙i,i ,j、l__ __|,/__,j/_


それでも 信吉の反応は芳しいものではなかった





316 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 22:53:03 ID:Z.qQPkBs

ここで家康は 理ではなく 利で信吉の気を惹くことにした

        __     ____
       <、  ```ヽv'´    `>
       __,,.>  ,  `Y´   、   ``ヽ、
     ,ィ'´     ;'´(       )ヽ     ヽ
   ∠二ィ : .  `、 > ___,,,..ノ 丿    .ヘ
      /: : ; .   `´ `ー--‐''´    . : : |
    ∠:/,:ィ: : : ,:ィ: . /| ト、       . : : : |
     ///.: :, く//   \!_,>   . : : : : :|    あのさ…… 信吉……
     '´ /:,:イ`>、\   _,/ /\ . : : : : : |
        |/ .kー-。、〉 >-‐'ー。、 |.:|‐-、: : !     お前 用土に帰りたいとは思わないか?
         |`ー:/'´  `ー-‐'´ | !か.|: /
            |/ __‐、    u lノい/:〈
         `iー______  ,'/じ:' : :ヽ
          l `ー―‐---‐'  '/: : : : : : :.ヽ
             '、   ー    //: : : :∧: : : :ヽ
          ∧.     /,.r': : : :,/⌒'ヽ: : : l
          ノ|: ,ヘ__/,r'´ノ: : :/    \.:|
          |: : /」:/ /: :,:イ          \
          ノノ^「ヘ、 ノ//             \
         '´   |i゚:l \'´ /
             |i :!  V




         ''¨´      _ __ ,,,
       /,.-‐''ニ二、.:;jik;;'=zイ \
      イィjレ'∠.''='ニヾゞ;ィイ=''ゞ1|:.:
  ,.、‐'´从ヘi | u  ‐''¨:;´  ; i i;;~` ||:::::::::::::::::.:.:.:.:
 '".:.::::::::}i〈Ji |   ,    ゙ <1:;;リ ; ji!:::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:     そりゃ もちろん
 .:.:.:.:.:.:.::))、ji !  ;i (、,,,_ _"___,,j /|!:::::::.:.:.:.:.:.,、‐'´
 . : .: .:.ノ ,;',:'i|   ',  、,,  ̄_ ̄7´/.::|!:.:.:.,、‐'´        あそこは俺の親父が切り取った
 ` ー‐レイ .,:;:;l|ト、u    `''⌒" , /|.:::||"´
   ノ ,ィイ〃i;i| `ヾ、  .: .:.:::::, / .l::::||             俺の故郷だからな
   )  ,ィイ;i1|  ';:、` ー─‐ <;;. |::::||
   ,'  ,:;' ,:;'^||   ';:.    ,;':  |.:::.i|             ……って おい まさか……
  ,彳 .:;;' ;:/ ||   ;: :::.: .:.,;'  ト、从、
ノ .: ;:;:;:;/   ||  ,, 、'′.:.:.::;,';;:、 ,′ `''ー-- 、
 ̄`¨`ヾ、   ||    .:.::.:;:;l:;:i!、`ヾ,  \ヽ 1ヽ,,,,_
 ̄ ̄  ̄三三二二ニニ` ー─‐ - ─‐''"´_ノノィ´ ̄
‐''''"´ ̄          ̄ ̄  ̄ ̄ ̄
 `'‐-、_/





321 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 22:54:00 ID:Z.qQPkBs

        -=ニ" ̄"''‐-‐''" ̄"ニ=-
       ∠´           `ニ=-
        /              `ヽ,
       /                  !
      i                      .i
     .|         /| |:| ト,ヽ       |      ああ……
     |.    ノ  メ:::リ:|.|:::|ノ`>      |
     |.    /リメ, .\::リ::::/ ,.ヘ!ゞ,    |       お前が景勝上洛の説得に成功したら
     .|   ./    \|  |/   ヽ   |
      i⌒| | ==o=-  .-=o== | |⌒i      藤田家の用土復帰……
      | G| | ヽ . __ ノ | | ゝ __ ./ | |∂|
     ,.ゝ,_.|.| u.    | | u   / |.|_,ノヽ,     考えてやろうじゃねえか
    /   ||   .!j ヽ!_レ  ./  リ    ヽ
---‐‐''7|   ヽ. ==========ヲ /   | ̄""''''‐‐--
--‐‐''7 .レ|   | ヽ `-ニニニニニ-'´ /.|  .N""''''‐‐----
   /   レ|  |  ヽ.  ≡≡ u ./ |  | |
  ./    .|  |.   \    /   |  |  .|
  /  _,,  .|  |    \ / u  .|.  |   |
. /_,,-''" \ .|  |\ .!j      /|  レ‐、 |
. "      ".レN\`'‐-------‐'´/リN  ヽ |




 l     ____         |
 .!..::-‐:::´::::::::::::::::>.、      l
  l‐- ..,,_:::::::::::::::::::::::::::丶、    l
  .!フファァー- 二 ─--- ;:>‐---.、
  !´// / r‐ラ‐_三ミ、 ̄ΤT: ─--:>.、
.  l / イ l f/二_ rォ 〉ヽくルフ: : : : : : : : : \
   l/ノ!  u     ̄´ /^ヽ \: : : : : : : : : : :丶     い いや……
    !彡'l \  J    {   _\ > : : : : : : : : /
.    l彡ヘ. `'       U` 〈::::::::/ : : : : : : /       しかし……
    l_彡'  U j     ___ `二}: : :_/
.    l      :{  ,ィ"-ー 二三{ ̄            そんなこと か 可能なのか?
    l     l. L,ィ´ ̄ ,.---、)
.    l\   \  ー'" u  {     __r‐、
.     !: :丶   ヽ U ____} )  .f ヽ‐ヘ、
      l \: :`: -一': ´: : : : :f´\  {`ー\ ,.ヘ、
.      l  丶、: : : : : : :>' ヽ ー'\ \  '´\. \   ,.ィ'^i
      l     \U` ̄\.  \./´\ヽ.   ヽ-‐ヘ. | L__!
        !     ヽ    | f´\ \ _ノ\  -=ヘ.  ',. l.__ |
      l          l ヽ¨´>\.  \   ', V  ´}


故郷である用土に大名として復帰すること
これは信吉の見果てぬ夢である





324 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 22:55:00 ID:Z.qQPkBs

        __     ____
       <、  ```ヽv'´    `>
       __,,.>  ,  `Y´   、   ``ヽ、
     ,ィ'´     ;'´(       )ヽ     ヽ
   ∠二ィ : .  `、 > ___,,,..ノ 丿    .ヘ
      /: : ; .   `´ `ー--‐''´    . : : |
    ∠:/,:ィ: : : ,:ィ: . /| ト、       . : : : |    それは…… 何とかする
     ///.: :, く//   \!_,>   . : : : : :|
     '´ /:,:イ`>、\   _,/ /\ . : : : : : |    何とかするが……
        |/ .kー-。、〉 >-‐'ー。、 |.:|‐-、: : !
         |`ー:/'´  `ー-‐'´ | !か.|: /     あくまで成功報酬だぞ……
            |/ __‐、    u lノい/:〈
         `iー______  ,'/じ:' : :ヽ
          l `ー―‐---‐'  '/: : : : : : :.ヽ
             '、   ー    //: : : :∧: : : :ヽ
          ∧.     /,.r': : : :,/⌒'ヽ: : : l
          ノ|: ,ヘ__/,r'´ノ: : :/    \.:|
          |: : /」:/ /: :,:イ          \
          ノノ^「ヘ、 ノ//             \
         '´   |i゚:l \'´ /
             |i :!  V




         ''¨´      _ __ ,,,
       /,.-‐''ニ二、.:;jik;;'=zイ \
      イィjレ'∠.''='ニヾゞ;ィイ=''ゞ1|:.:
  ,.、‐'´从ヘi | u  ‐''¨:;´  ; i i;;~` ||:::::::::::::::::.:.:.:.:
 '".:.::::::::}i〈Ji |   ,    ゙ <1:;;リ ; ji!:::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:
 .:.:.:.:.:.:.::))、ji !  ;i (、,,,_ _"___,,j /|!:::::::.:.:.:.:.:.,、‐'´
 . : .: .:.ノ ,;',:'i|   ',  、,,  ̄_ ̄7´/.::|!:.:.:.,、‐'´     ………………
 ` ー‐レイ .,:;:;l|ト、u    `''⌒" , /|.:::||"´
   ノ ,ィイ〃i;i| `ヾ、  .: .:.:::::, / .l::::||
   )  ,ィイ;i1|  ';:、` ー─‐ <;;. |::::||
   ,'  ,:;' ,:;'^||   ';:.    ,;':  |.:::.i|
  ,彳 .:;;' ;:/ ||   ;: :::.: .:.,;'  ト、从、
ノ .: ;:;:;:;/   ||  ,, 、'′.:.:.::;,';;:、 ,′ `''ー-- 、
 ̄`¨`ヾ、   ||    .:.::.:;:;l:;:i!、`ヾ,  \ヽ 1ヽ,,,,_
 ̄ ̄  ̄三三二二ニニ` ー─‐ - ─‐''"´_ノノィ´ ̄
‐''''"´ ̄          ̄ ̄  ̄ ̄ ̄
 `'‐-、_/





329 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 22:56:03 ID:Z.qQPkBs

        l |        l      ::::::r'´  ̄    ........:::::: l
        l |     │....     ::::l::               |
        | l       i´`ヽ::...     ::l::             |
       | |     |         ::l:::    ._:_::::::::::..  |
      l l     | _......_     ::l::   :r'´    :::..  |
      | |     ,r´⌒ヽヽ    ::l::   :i::  ___.. -‐ '"} ̄ ̄ ¨  ― -- 、
      l l     {    }ノ...__.::i::::.  -‐ '´ ○)_..  '"      _..  ‐''"
      | |    _.ゝ、__. < (○   _..  -‐ '´    _.. r‐''"
_   _. { l ‐ '"         ̄ ̄        _,,、rt爪リノ| |
`ヽ、 ̄  j l                _.. -==-ー--ッ}゙l‐、| |
   `` ―ハ ----r.r rョ―ァ‐t tッッ、爪`フ、‐tモテッラ" E}う.| |      分かったよ
      {ヽ.)    | |h{ヨ  `"¨ ̄ヲ      ̄¨¨´   E}シ| |
      ヽ、ヽ、.  | |ヽ{ヨ        :          E}.ノ| |      それじゃ 一丁やってみるか
         ヽ)} | |\{ヨ`    { :       〃  E川.| l|
         {.l  | |  .{ヨ  ミ    ヾミ、. /       E川| ||
           ヾ .| | _lミl      `"      、  ノ"川| |l|
  -- ‐_... = = ())))ニニニニニlニ>==‐''" ̄   /  川| |lF ‐=== = .._
  \\:: ==-‐::::| |:::::::::::| ::ヽ  ヾ ____     /  : 川| |l|:::::::::::::::::‐-==
   : :\\ ::::::::::::::| |::::::::::::| :: ヽ     ̄ ̄    /    : 川| |リ::::::::::::::::::::::::::::::
    : : : ヽ ヽ :::::::::| |:::::::::::::l ::  ヽ   ゙ Y ゙   /     :: |リ゙| |::::::::::::::::::::::::::/
  : : : : : :::ヽ、`ヽ、| |::::::::::::::l ::.  ヽ ___l___ /       :: |::::| |::::::::::::_:: ‐'´/


こうして信吉は 景勝の上洛を家康に約束して会津に帰国した……





328 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 22:55:55 ID:jGFNrmpQ

ごくり・・・





325 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 22:55:48 ID:7JV8ygp.

この手の食えない奴はロハじゃ絶対動かないが





326 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 22:55:51 ID:usQTPbf6

バレたら逆にこじれる力技の引き抜きじゃね?





331 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 22:56:29 ID:3r6jFU42

家康さんの狸レベルがどんどん上がってゆく
「考えてやる」って悪役の常套語句だよね





333 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 22:57:34 ID:Z.qQPkBs

          ,. -‐- 、r'´  ̄ ~Z.__
       ∠             ´   ,.>
.     /                 ̄`>
     /           ,、      `\
.    !             / \    \. トゝ
   │       , ,.イ /、._, uヽ |ゝ、  N
.    |      /レ' レ\,/  /V '´ l\!
     |. r;=、 .ノ=a=== ,, ,/a===!
    | |.ト、| | u` ー--‐ " u\ーァ"!     とりあえず 手はひとつ打った……
    | l ヒ |:|.    u  r __   \l
     |  `ー 1|、 ヾニ二二二二フ 7′    次は 景勝の反応待ちだな……
    ノ     | \     ___  /
.   /   ,ヘ、  ト、 \ u  ̄ ̄ /l
  /  ./\.ヽ. ヽヽ、 \   , ' ,'
  ,' , ./   \ヽ、ヽ \./`iイ /
. /l/l/     |\\ヽ  ヽ. Wレ'
/      _..⊥._ \``  |





335 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 22:58:45 ID:Z.qQPkBs

                ____
     -=ニ"`' ,   , ' "  ,," '
     ______\ ` , , '    '-ー ̄二=-
  ∠二__  ~`           ""'ー、
   , - ~                 ヽ
  , '  , ,                  ヽ
  / /, '                   `,      それにしても……
  i/ /          /|           'i
   ,' ,    /:i /:i |:::| |',          |      「景勝の考えていることは誰にも分からない」か……
   i /i /' /::::| |::::i |::uヽi::`,`ヽ       |
   i/ i/ i /ー-ヒ--`|u|--エ--ー\  ___   |      ホントあいつ…… 何を考えているんだろう……?
     i i/|二ニ=ニ~  二=ニニニ,:::| |─i`.  \
       .,|ヽ_゚_./:::::"ヽ_゚_, イ/:|.|─| | |`┬ー-
      / | ==:/:::u:::  u ~/':::|.|ニノノ |  |ー--
 __;;-ー''"~~.λu:/:::::::_::i   /'::::u::|.|ー'  /  |
 __;;-ー''"~'/| .| (_,-  u   ::u:::::/|   ||   |
      | !i .| <__ __-ー''ー:-:::/::|   |.|   |
      .|  | .|x--二_____:::::/:::::|  ./ .|   .|
      |   |/~ニ二\\ 'i/::::: |  |  |   .|
     .|  ,r┴'---, ̄\',  |::u |  |.  |   |
     | </ ̄ ̄\こつ  i  /  .,|  .|    |
     !-ーC' ̄ ̄`こつ    | / /!/,/ \   .|
        | ̄ ̄ヽ、      | / /| -    ` , |





340 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 22:59:46 ID:Z.qQPkBs

       /´〉,、     | ̄|rヘ
 l、 ̄ ̄了〈_ノ<_/(^ーヵ L__」L/   ∧      /~7 /)
  二コ ,|     r三'_」    r--、 (/   /二~|/_/∠/
  /__」           _,,,ニコ〈  〈〉 / ̄ 」    /^ヽ、 /〉

                (__,,,-ー''    ~~ ̄  ャー-、フ /´く//>
        /  ,/ / /   _,..-''          `ー-、__,|    `"
       / / ///  〃 ,r'',.-'" //     /
  ,.ィ <´  〈,/〃/-//-'"/ / ,/__,,..-/
  } } ,〉 //" ,r'´ノ ,r'′//-''"二´‐'''~___ノ
  ,) Y ノ // ,r''´‐''"  -='"―-、彡"r'" ̄´
 ,イ  リ ノ り ,=、、-ニ_~― ~''-=二 ∠"´
 ヾ,ヽ 、, , ノノ {.トヾー-~ニ_-二 ― 二ニ==-‐''"    この景勝
  ゝ  ミィイィ彡`ユ.|`\ヽ丶、‐ __ヽ'''三二,,,_
 〈 `ヾべ_{::::   'ゥ)  `8-、 ヽ‐ 、ヽ`''-_=-       先代謙信公の死後 当主の座を
  ゝ_ノ⌒ヘ~"   _”\    ヽ!\ヽ、'''ー-"ニ.._
 〈 (._   |∠ィ ,.ノ  /  __ハ_j!      \        正当な後継者 上杉景虎から簒奪した
  `‐''^   ,. -‐`ヾ__/ヽ. >,、く       \
       r;>-=<´ 〈 ノ_,.            ヽ \     ……だが 全てを奪い得たわけではない
      (l》L -―''''"~´            ヽ  ` 、
      /                `、   `、  lヽ
    /                    ヽ.   l  ||
    !                   `、   !  !|
    `、             、     |   } V,/
      ヽ             |    /  / 〃
        \           ヘ_,. -''"   / ,.イ′
        \             ヽ     l / /
         l           |      |′,'





351 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 23:02:37 ID:Z.qQPkBs

       /´〉,、     | ̄|rヘ
 l、 ̄ ̄了〈_ノ<_/(^ーヵ L__」L/   ∧      /~7 /)
  二コ ,|     r三'_」    r--、 (/   /二~|/_/∠/
  /__」           _,,,ニコ〈  〈〉 / ̄ 」    /^ヽ、 /〉
                (__,,,-ー'' ト、  ~~ ̄  ャー-、フ /´く//>

                      / | |       `ー-、__,|    `
            ミ ̄`ヽ、,,ノ'''ノ'''/ ,/ノニ='
        ._ミ'    | ト、、 ,,ノ ,//,,ノ,ニ''_ノj_,,
       ミ : : : :     |〉`l )|/,,/ / /三/彡'   _
       ミ::::::∠_ミ--ノ ,,_,,彡_,イ_ノ ̄ミ、 T _,,ィY彳⌒      250万石と言われた謙信公の旧領に比べ
       `l、_ト-‐''⌒三く {::::::::<三/ハVミ_ Lイノ/
       _ノ / rj n ,,;エ !:::::::::::: ヾ´ ノハ  ノ::∠  _        この景勝の領地は その半分にも満たない120万石
       <二_ノ/ ト'j 彡 l:::::::::::::::  r'|,,イヽ:::::-、 ゙i /.......゙l
        ヽ--'ノ ト|ニ-、::::::::::::::::  j  Vト、:::::::|,/ ::::::: ノ       まずは上杉家の旧領を取り戻すこと……
        ゙ラ_ノ.|/ / ,、 \:::::::::: /:::\,,-┴‐'_ハ__/
            { 「  V┴ヘ:::::::::/:::::/ _,-//、__,,ト、_       これが当家を簒奪した者の義務であり
            Vヽ: `ヽ└,、'::::/r∠  く .{::::::::::: |┐.゙l
             ゝ、___.}_,-ノ_:::|_/ノ ヽ  \゙ー-イ,,l_ |`ヽ    まさしく「天命」である!
          ,-─ェ| {::::::,,-l/::::|::∠、: : :: ノ--、   /  .ハ:::::|
        /::/ハヽ__//:::::::::/: : ::}__,ィ'、_ノ  /./`V .|::::|
      _∠_/:::::::::::::,フイ / l´: : ::/| | |::::ヽ   {_゙=ノ /|:::}、
    _∠  |/:::::::://  |  `ーイハ.l-ト、ハ::::|/ / ,,イ |_|:/ノ
   /    |::::::::::/ /::::::,⊥___ |  ハヽヽ|:::::rニ、イ /:::| l |Y
  /   ,,-‐'':::`ーイ /_,,//:::   ヽV::::::ハヽ\{__ノ‐'´::::::::,ト|_j´
 j::::::::/::::::::::::::::::://|:::::::::::ノナ-、__}::::::::::|.|::::::::::: ̄ ̄ ̄|,L/
/  /::::::::::::::::/: 〈〈::::::∠__}__}:::::::∧:::::::||:::::::::::::::::::三」゙ー'
ヽー'--、_/|::::::::|.|:| {___}___::::::|_:::::::||::::::::::::三>ノ´
        {三三|||:::::::::::}:::::::::::::::::::|  ト::::::ヾ、三三ノ |





354 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2010/10/11(月) 23:03:45 ID:Z.qQPkBs

  .. /⌒i       /`l _   ,、
_,,..、 .|  / ,..-、 ,、.   l  |/ 〉 .〈 .|  ,.-、
l   l | /´ l,、_ノ ,l |  l  |レ' _,,」 .`'´   〉 _,,..、       ,..、
|  i' '´_,,、   ,! L.-ヾ=,'  l、_,.. 、 「Zノ  ヽ `ー、    / ア
.|  し''´ 」 _,.-'´  _, - '_´     ゙l_,〉     ヽ、  'l  / /
.|  ,,.-''´ (_,.- '´| L-'´ _)             `ー',/  /
| .|     ,.-'´  ,.-'"                /  /´
..l、_ノ    {,.- '´| |                  「  /
          |,i                 `''"

         \      |   |      (( ノ | |
\_        `---- ,,_ |   !_    |   / /|/
 \ー‐-、 ,,,,,,__〃    ヽ|    `/|  | // ノ|
--,,_// ヽ   |ヽ     ヽヽi   川  // /| |
    〉 \  /|| ヽ    川  川 // /ミ | し
    '-、_ `-,_川  リ _,,_ V/'ニヽ‐'´-  /ヽ/ |´i | ̄¨''‐
    へ !_ ヽ`''‐- ,,,,,,/_,-ニ''´'´::::))ニ-‐'´ヽ、 _,, | | '‐'´'i      これを成し遂げた時
   /   \_''----,,,ヽ、:::::::::::::::ノ;/    /7 '!リ|.|.| _  ヽ
 !   ,,,,_ ノ /i、''‐-ニ=-‐;;\:::::/;;///  //,/ '|ノ 〉 \\`!     この景勝の人生は完成……
     |川,,_ノ\\   !i /;'''V; | ''''/∠-''/  ;| /、_  ヽヽ
 !   /川ヽ !, ヽニ,_`'‐-、_!! ! / /''´、ィ_シノ   ;|; |、\ '、     ……いや
     | |川\ヽ \ 弋__ゥ-、>ヽ !//''‐'''''´   ノ |  | i  \
   ,,, ! !川 |;;|   `''‐-‐''´;;;;|    '';;;;;;    ' | / |   'l,     そこからが始まりとなるのだ!
 iii''""' ミ_ヽ_!ヽ, --‐‐- ,_'''  |,,,;;,   ;      | / |
       `''  `´ _,,,,-=‐-> |;;'''' ,, ,;'      |/  |
\__,,,,,,,,,,,,,_  /<´     ヽ、  /''      /    |
 / _,-‐フ   /`"'''i ヽ      '`=´,,,,,,,_    /     |
 ''"´ /  /   ヽ ヽ    -‐'''二ニ-ニ   /
   / /      \ヽ\  ';;;;;;;;;;;=-''"  /
  / /       \`''' \   ,,;;;;,,   /         _,,-
/ /         ヽ \  \    _,,-'     _,, -‐''¨
 /-,,,,,,,,,,,,_      ヽ \  `''¨ ̄      /
/        ̄ ̄¨"''―-- ,,_ヽ         /
                 `'- ,_    _, '´


                             <第3部 その19 BACK TO BACK>おわり





352 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 23:03:27 ID:YUEf5ves

なんかむちゃくちゃ言い出したぞ、この人





355 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 23:03:48 ID:6QJaQbZM

凄い方向に美学を持ってらっしゃる





363 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 23:05:14 ID:/Xjg3GgU

130万石も取り戻す気か!





368 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 23:05:39 ID:jGFNrmpQ

そこからが始まりって・・・じゃあ、終点はなんなんだよw





366 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 23:05:35 ID:n1mY9aFw

謙信が関東管領だったことを考えたら
下手すりゃ関東も権利があるとか言い出しかねない・・・





378 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/10/11(月) 23:06:39 ID:huEL3.NI

まさか前田領まで狙ってるとかないよね?





377 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 23:06:26 ID:UfaCln4k

すげえ、この景勝は好きになれそうだwww





365 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 23:05:28 ID:3r6jFU42

島津よりヤバイ人だったとは





357 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 23:03:57 ID:lpSneKMA

いまだ戦国真っ只中かよ、DIO様





361 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 23:04:55 ID:STpCtU/Q

景勝も次世代だったということか





372 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 23:06:13 ID:/Johhv1o

まさしく上杉の後継者w





353 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 23:03:36 ID:jGFNrmpQ

やっぱり、コイツがラスボスじゃねーかwww










投稿日 : 2010/10/12 | カテゴリ : 新・関が原戦線異常アリ | コメント数 : 30
■コメント一覧
  • No.6306 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年10月11日 23:50 [ edit ]

    聖戦の系譜の後、何事も無かったかのように本編が始まるのにフイタw



  • No.6307 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年10月12日 00:05 [ edit ]

    >>1
    今日のまとめはそこだけかと思ったわwww



  • No.6312 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年10月12日 01:17 [ edit ]

    聖戦の系譜の結婚、子作りシステムはFableⅡを彷彿とさせるなw
    FableⅡも村々に複数の嫁と子供作って、バレないようにグルグル巡回してた思い出が。



  • No.6314 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年10月12日 01:36 [ edit ]

    250万石とは吹きすぎだろう。
    北関東から能登まで、瞬間的にでも勢力が伸びた地域を
    全部含めているとしか思えない。(下手すると加賀も?)
    何だか「大クロアチア」「大セルビア」を思い出す。



  • No.6315 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年10月12日 01:37 [ edit ]

    「ゲーム」のタグが付く日も近いかもなw



  • No.6316 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年10月12日 02:09 [ edit ]

    米4
    どう考えても、謙信がそこまで勢力拡大したとは思えないよね。
    そして、このご時世にそこまで望むのは無謀すぎるだろう。
    家康が「東海・甲信越を取り戻すのだ」と言い出すより無謀。

    景勝はほとんどその言動を記録に残してないから、
    作者が好き勝手考えて構わないとは思うけど、
    誇大妄想狂に仕立て上げられた景勝が、いささか不憫ではある。
    ラスボスらしくていいけど。



  • No.6320 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年10月12日 03:39 [ edit ]

    地図をみるとよく謙信は小田原まで出張れたよなあ
    というのが率直な感想なんだが
    上洛のほうがよっぽど楽じゃなかったのか?



  • No.6321 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年10月12日 04:30 [ edit ]

    景勝は御館の乱から謙信の股肱の臣を
    殺しまくったからなぁ~
    昔のように強くないのよね。
    関ヶ原の時も前田、上泉とか新参ばかり
    目立ってるし。



  • No.6324 名前:  投稿日:2010年10月12日 09:05 [ edit ]

    オレの中の景勝のイメージって養父の謙信の影を必死に追いかけていた凡庸な男なんだが
    ディオ様だとラスボスになっちゃうなw



  • No.6325 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年10月12日 10:04 [ edit ]

    ぐぐってみた限りだと上杉250万石説はけっこうあるみたいだね
    150万石説とか130万石説もあるみたいだけど
    日本海の通商でかなりの利益上げてたけどそれの正確な上がりが不明なのが原因かな
    少なくとも会津120万石は減封ってのは間違いなさそう



  • No.6326 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年10月12日 10:45 [ edit ]

    250万石って「花の慶次」の上杉の解説まんまだな。



  • No.6328 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年10月12日 13:09 [ edit ]

    簒奪っても、そもそも謙信が後継者をちゃんと決めてなかったらしいから
    この言い方が正しいとも言い切れないんだよな
    景勝の方を兄とする説もあるようだし



  • No.6330 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年10月12日 15:13 [ edit ]

    関東管領上杉家としての悲願は、関東の家康を除かないと達成できないし
    もう一つの悲願250万石復帰も何かコトを起こさないと達成できない。

    英雄の2代目は辛いな。



  • No.6331 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年10月12日 15:19 [ edit ]

    謙信へのコンプレックス+劇中での上杉後継者景虎からの家督簒奪の負い目から
    拡大に転じるみたいだけど動機としてはなんか弱いよね。
    謙信の時に失った領土を自分の代で取り戻して全盛期並みするというのなら兎も角
    自分の代で越後以外の領土を殆ど失ってる訳だから、ある意味戦国大名としての
    自身の限界を露呈してるんだよね。
    それに旧領をそれだけ渇望してたのなら国替えを受け入れたのも不自然だし。
    愉しませてもらってるから色々考えるんだけど、流れからいへば景勝が国替え以降に
    大上杉主義に目覚める理由がもう一発欲しい気がする。



  • No.6332 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年10月12日 15:41 [ edit ]

    >>14
    ここじゃなくて本スレで言って来たら?
    それに越後から国替えした頃の景勝に、豊臣家に刃向かえるほどの実力はなかったし、
    加増を伴う転封だったんだから、なおさら断れる理由がなかったんだよ。
    30万石の加増を建前として佐渡金山を奪われ、都からも遠ざけられたんだから、
    景勝が悔しがってたとしても不思議じゃない。



  • No.6333 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年10月12日 19:17 [ edit ]

    ちなみに「250万石と言われるほど」だから、作者も実数はご愛敬なんじゃねw



  • No.6334 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年10月12日 19:58 [ edit ]

    謙信の最大侵略地を計算すれば250万石いくだろうな、小田原まで攻めたんだし
    ただし占領はしてないけど



  • No.6335 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年10月12日 20:42 [ edit ]

    久しぶりに少佐やセラスを見て懐かしくなったw
    しかし、朝鮮のあの泥沼の戦いを経た後も暴れまくる
    戦国大名って現代から見たらキティガイの集団だなぁ



  • No.6341 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年10月12日 21:58 [ edit ]

    越後に加えて、佐渡、北信、上野、越中、能登まで含めると250万石まで行くし、
    その状態をある程度保ってたこともあるから言い過ぎではないな。



  • No.6345 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年10月13日 00:43 [ edit ]

    今回もお疲れ様です!
    ※8さんの意見を聞いて思った疑問なんですが・・
    (歴史初心者なので、物凄い拙い疑問なのかもしれませんが)
    やっぱ、上杉景勝時代は謙信時代より弱体化したのですか?



  • No.6346 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年10月13日 00:51 [ edit ]

    謙信の全盛期と比べればそりゃあ領地は減ってるけど
    その全盛期も瞬間風速みたいなもんなんで



  • No.6350 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年10月13日 03:10 [ edit ]

    三成の件は「頭のいいやつが引きこもると危険」ということなんだろうけど、
    如水さんなんか荒木村重に閉じ込められたり、
    秀吉に警戒されて中央政界を去ったりしているわけで、
    境遇が似ていると言えなくもない。
    同じような精神の危機を経験してきたのかなあ。



  • No.6352 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年10月13日 05:50 [ edit ]

    >>20
    織田信長が死ぬ寸前まで上杉家消滅くらいの勢いで押されてたからなあ
    あのままだったら武田勝頼とか今川氏真とどっこいの評価だったろうしなあ、上杉景勝

    >謙信の全盛期も瞬間最大風速
    ほんとにね、死ぬ前に織田に勝って領地が最大になってもあれはほとんど意味が無い
    内戦して力が弱ったその後織田の反撃で酷い事に



  • No.6360 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年10月13日 12:03 [ edit ]

    むしろお家騒動で家中がったがたな状況でよく踏み堪えたもんだと思うよ。
    本能寺がなければ押し切られてたのは間違いないだろうけど。



  • No.6362 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年10月13日 14:02 [ edit ]

    やっと当主になった時には織田、伊達、最上、芦名って周り全部敵だったからな
    まあ新発田さんについては自業自得な感じだけど



  • No.7590 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年11月26日 20:09 [ edit ]

    景勝が御館の乱でやったのは、長尾上杉氏が在地領主集合体の代表だったのを
    "上杉家"による中央集権型に変えたことだからね
    自業自得というより、正しい正しくないは景勝側からみたら必要な処置

    ちなみに謙信が存命中に政治形態の移行は始めてる
    そして景虎派は謙信政権初期に有力だった勢力が多く
    景勝派には謙信政権後期の謙信側近や謙信子飼いの勢力が多く参加してる



  • No.7591 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年11月26日 20:11 [ edit ]

    あっと、脱字というか脱文した
    >自業自得というより、正しい正しくないは景勝側からみたら必要な処置

    自業自得というより、正しい正しくないは兎も角、景勝側からみたら必要な処置

    に訂正



  • No.10769 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年04月05日 19:51 [ edit ]

    さすがのディオでワロタwwwwwww



  • No.25960 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2013年06月07日 10:38 [ edit ]

    >微賤の家に生まれた僕を取りたて
    義仲四天王の子孫なんですけどね、兼続…



  • No.27787 名前:名無し 投稿日:2017年06月19日 06:04 [ edit ]

    まあ石高はともかく、北陸で120万石と東北で120万石じゃ中央に近い北陸の方が豊かなのは間違いないとは思うけど…
    さすがに250万石はないと思う。半従属半独立状態の関東の諸侯を入れるとそれくらい行きそうだけど桶狭間当時の信長みたいな支配の弱い状態だしな



■コメント投稿
     行間隔の関係でアスキーアートを貼りつけてもズレが酷いことになりますので、
     アスキーアート付きのコメントは削除する方針です。
     荒らしの書き込みに対してレス・言及しているコメントも削除対象ですのでご注意ください。
プロフィール

管理人 : 「ピチカー党員No.11」こと金ニダリスト

       ___
      |それ金|
    z'| ── 、
    / ハ ヘ u ヽ
  人/ノヽ ミ=‐...|_     生活の中心が株になっとる
    }≦ u 爻r.j. |彡}
  (  u  リ У{三≧
   ` ー─t r三勿 {气}
      厂 ̄(三)  `气


◆カウンター(ユニーク)    ◆カウンター(トータル)
       


全記事一覧

RSS

管理モード
ツイート
最新コメント
最新記事
まとめ記事
【歴史系】
【物語系】
【ゲーム系】
【学ぶ系】
連絡先はこちら

苦情・相談などありましたら、
下記のメールフォームにてご連絡ください。
(ファイル添付可能)

連絡用メールフォーム

貰い物紹介

TOP画像募集中

  

ダンジョンマスター作者様からいただいた逸品。
カナ、マジプリティ!



  

  

帽子屋HeII0様からの贈り物、しかも二枚!
各作品に対する愛情が伝わってきます。
帽子屋HeII0様のブログ - 「-simulacra-」

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
© それにつけても金のほしさよ All rights reserved.
まとめ