■【2001年】やる夫達が宇宙の旅に出るようです 第6部 スター・ゲートを抜けて 第15話 スター・チャイルド
9 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/12(日) 18:01:44 ID:EzDOegZo


        【2001年】やる夫達が宇宙の旅に出るようです
              2001 : A Space Odyssey


;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;             ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ゚ ;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ゚ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;     ,,;'"゙゙,;゙     .;;;;;;;; 。;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;    ;'  ;'      ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ゚ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;; ゚ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;    ';  ''、     ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ゚ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;; 。;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;   ヽ、,,,,_';、   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; 。;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ゚ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;         ;;;; ;;; ゚ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;; ゚ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; 。;;;;;;;;;;;;;;;;  ;;;;;;;;;;;;;;   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ゚ ;;;;; 。;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ∧_,,, ;;;;; ∧∧ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ゚ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; (;;;; #;) ;;;; (   ) ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ゚ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;; 。;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  |;;; U| ;. U  | ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; 。;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  (;;;; ; ;)_(   ),,,,__ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;; .;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_,,,、、-‐'''""~  )     )     ~"'''‐-、、,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ゚;
;;;;;;;;;;;;;;;;;_,,、-‐''"~   wii   vii    "゙  ww     v  ~"''‐-、,,;;;;;;;;;;;;;;;
,,、-‐''"~  wii wv    "゙"゙   w  "゙  iiv  w     w    "''‐-、,,
  wii  ww    "゙゙  ww  iivw  w    wv  "゙ w





10 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/12(日) 18:02:15 ID:EzDOegZo








                    第6部    スター・ゲートを抜けて


                    第15話    スター・チャイルド








11 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/12(日) 18:02:48 ID:EzDOegZo

  . .;                    ┌───┐
            ┌────┐  │ ;:;:;::  │  ┌────
┌──┐  .. ,    │  ;;::; .:;;  | ;:.. | (  )l.. |  │
│.;:;.;:;: │ . ..     │ (;:;.... ) | ;: | ;:;::...o |  |
└──┘ . ;; ;;:.. ..│ / ..;;i,  | ;:.. | l;:;::...l |  |
            └────┘ ;:.. | ;:;::...ll |  └────
______              └───┘
  ,,__..,....,,,,,,....  |i;:..  ;;
 ,i     "i  |i
"゛゛'''゛"゛゛'''゛"゛゛'i,_______________________
       ' ::...  ; 'i,__________  ______ ___
       ::..    'i,            |       |
    ":::"'''      'i,           _/ーーーーー.i
              'i,         l_________/l|
'i.              'i,        |_i     i_|
;;7'"i,,''"7''"i,,''"''''"7''"7''"i"i
" /  'i,,/   ,,/  'i,,,.,.ノ
"゛゛'''゛"゛゛'''゛"゛゛"゛゛'''゛"゛





12 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/12(日) 18:03:20 ID:EzDOegZo

ホテルの部屋は不要となったので、創造者の心に溶け込んだ


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|     .        |                |            |_______________|
         |     .        |                |                          |
         |     .        |                |                                |
         |          |________|                  □            |_______
         |                                                     | ̄|
         |                                            ̄
______|              ┌─┐        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
.                         │  │        |            |            | ̄ ̄ ̄ ̄|
.                         └─┘        |            |            |        |
         □      | ̄ ̄ ̄ ̄|            |            |            |        |
               |        |            |______|      /|..  |____|
               |        |                                   ! .|
 | ̄ ̄|         .   |____|                             |/
 |__|                             | ̄ ̄|_         □           .        | ̄ ̄|
          |┌┐                     |__|  |                       _|__|
         /└┘                ロ      |    |               ┌┐       |_|
    |\         | ̄ ̄|                ̄ ̄               └┘□
    | |         |__|                   □       | ̄|
  / \|                                       .  ̄             ロ
 ノ                    `ヽ/|   □         /|
/                   □                |/              □    /|
 ロ        □                   ロ             ロ  .       |/
                 ロ      ロ              □
      ・                           ロ        ロ            □
         .    ・       ロ    .   ・      。       .  ロ





13 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/12(日) 18:03:51 ID:EzDOegZo

あとにはベッドと壁だけが残された


             スピー
          __  _____           __
          | |/─  ─ \======| |
          |/ (ー) (ー)  \        | |
         /  (__人__)     ヽ      | |
       _rーー‐‐- 、_        / ̄ヽ___| |
     __ノ ̄ ̄ ̄ ̄` ヽ__`-ー´⌒ヽ_ノ   ./| |
  / ̄     ヽ_ _  ーー ヽ__ ヽ、.../  | |
 ノ                    `ヽ/|  /| |
/                      ) |/  |_|
                    / |  |
                   /   |/





14 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/12(日) 18:04:30 ID:EzDOegZo

このかよわい有機生命に力が備わるまで、外部のエネルギーを遮断する壁が


          /  ̄  ̄ ヽ
       / /´  ̄ ``ヽ.∧_∧   熱と放射線はお断りします
       ; / /´ ̄ ヽ (´∀` )
~wヘ√レ-w~vv‐ゝ  ⊂. ;   )
       、ヽ ヽ_ __/ , |  |   |
        ヽ ヽ_ _ _/.(_(__)
         ヽ_ _ _ __ /





15 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/12(日) 18:05:04 ID:EzDOegZo

いま、やる夫は目覚めているのでも夢見ているのでもないが
まったくの無意識ではなかった

               ____
             /      \
            / ─    ─ \    
・・・・・・・・・・・・・
          /   (●)  (●)  \
          |      (__人__)     |
           \    ` ⌒´    ,/
          /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
          /      ,⊆ニ_ヽ、  |
         /    / r─--⊃、  |
         | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

     ________○______
               O
              O

          __  _____           __
          | |/─  ─ \======| |
          |/ (ー) (ー)  \        | |
         /  (__人__)     ヽ      | |
       _rーー‐‐- 、_        / ̄ヽ___| |
     __ノ ̄ ̄ ̄ ̄` ヽ__`-ー´⌒ヽ_ノ   ./| |
  / ̄     ヽ_ _  ーー ヽ__ ヽ、.../  | |
 ノ                    `ヽ/|  /| |
/                      ) |/  |_|
                    / |  |
                   /   |/





16 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/12(日) 18:05:54 ID:EzDOegZo

なにかがやる夫の心に侵入してきた
だが、それはおぼろげに感じただけだった


                           '|'ー 、
                           ! .、ヽ                         _
                            !  ! l                        {. ..`'-、
                           l  ! |                     ヽ  .\
                   _______ ./  ,i′/                      ヽ  、 .ヽ
             _,, ー'''"´  _.    `゙''┐ /                         l  .ヽ `'、
  ,,..,,,,_.    .._..-'"´   ._,,,.. -'゛    .__,,,.././                          l  ヽ ヽ
  \  .`',, ‐″   _,,..-'"  _,,.. -‐''ブ´ ., ‐ /                               l,   l  ヽ
    ゙ /   ,, i‐'"゛` ,..-‐゙´   ./  、,/,/                                  l  l、  .ヽ
  ./    ../  .,..-'´     ./  ,/" ./                                    l  ! ヽ  .ヽ
 /   ./   ./.,/゛'、      ./  ./.r /                               ,..-‐'"゙゙´゙ll. |.  l. .ヽ
"  ./   / ,./  .L  l     /  ./ .l .!                  l \           /  ./  / !   .!
  /   /  l  l  ゙L   .!  ./ l゙ !                ヽ ヽ       ./ .,.-'〉. /   .!   !  .,
../|  /    l  !  l   |  .!  ′.|                 l 'i l     ./   /  r'"    │ l .,!  .ゝ
  / /      l .l゛  .l_______                   l. | │    /  ,/, /       l  l li
  ! /      l !.、 .く_          `゙゙'''ー ..,,_          │} .}   .l . / │ !          !  l.l|,
 .゙/       .! ! ヽ  i `゙゙''''―- ..,,,_           `゙''ー、、      . l.从 .l    !│ .| !ー───_" }  .! .!
  l       l   、  !  l      .゙i゙''ー 、,    .\  `''-、  .// l| /   ,、.!.′ .,! ! '';;_,゙,゙¨''''''ーl゙   | . l
 ,!       l  t│  | / .l  .| .、 !   `ゝ、   \   . \ ゛   ./  ./._,..!  |   l´゛  . ゙゙̄''' |  | .;|  !
 !       l  .!.l  ! / .|  ././  l゙   .,、 .\   ヽ  '-, .\ ./   `゙´  .l .l   .ヽ     │ ! |,!
.│      /   ,!|  .l./  .| ./ ./   l   / !   .\  .|,  .ヽ  .ヾ        l l、 'i  .ヽ.    .! / l゙,!  l,
│         !   ./   /   レ゙,′ .l   ! |   ./\ .!ヽ  ヽ  . l       ヽ !ヽ.l-、 \   .l / .!
: !         !  ./  ./  /  |   |   /  |  /  ,- .ヽ.l. \  ゙‐  .l,       ゙'/ .".l . \ .\. ,! / 「
. |      l   l   /  ./  .l   .,!   |  ! / ,r,!   ヽ  ゙‐    .l           ヽ .ヽ  l- ,! .l゙





17 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/12(日) 18:06:34 ID:EzDOegZo

その衝撃をまともにくらえば、心も体も一瞬で分解してしまっていただろう

         ____
        /ノ  ヽ、 \
    (ヽ /(○)}liil{(○)\
   (((i )    (__人__)   \
  /∠ |    ヽ|!!il|!|!l|/   |
  (___    |ェェェェ|  _ \
       |        /  ∴∵
       |       /   ∴∵
       |   r  ̄∴∵    ・・
       ヽ  ヽ   ∴∵
        >__ノ;:::......  ・・





18 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/12(日) 18:07:16 ID:EzDOegZo

冷たい吟味を受けながらも、恐怖も希望も覚えなかった
感情はすべて濾し流されていた


       |::
       |::       ___
       |::     /      \
       |::    /―  ―    \
       |::  / (●)  (●)    \
       |:::  |   (__人__)        |
       |:::  ┫  ` ⌒´      /  ╋
       |/⌒╋ ̄ ̄        ̄ ̄ ̄╋ ̄⌒ヽ
       |_ノ╋ ̄ ̄|        | ̄ ̄╋ ̄ヽ_)





19 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/12(日) 18:08:40 ID:EzDOegZo

やる夫の意識の周囲には、黒っぽい線からなる数学的グリッドが
あらゆる方向に無限遠まで伸びていた


_,,..-‐十'''"´ ̄|    .:|    .|     .:|    .|___,,..-‐十'''"´ ̄|     .:|
    .:|    .|    .:|    .|___,,..-‐十'''"´ ̄|     .:|    .|     .:|
     .!    .!___,,..-‐十'''"´ ̄|     .:|    .|     .:|    .|___,,..-‐十'''"´
_,,..-‐十'''"´ ̄|    .:|    .|     .:|    .|___,,..-‐十'''"´ ̄|     .:|
    .:|    .|    .:|    .|___,,..-- -、´ ̄|     .:|    .|     .:|
     .!    .!___,,..-‐十'''"´ ̄|  ● ●) ヽ .|     .:|    .|___,,..-‐十'''"´
_,,..-‐十'''"´ ̄|    .:|    .|  (人__) ノ .|___,,..-‐十'''"´ ̄|     .:|
    .:|    .|    .:|    .|___,,/      ヽ ̄|     .:|    .|     .:|
     .!  .  !___,,..-‐十'''"´ ̄|  (|     し' .|     .:|    .|___,,..-‐十'''"´
_,,..-‐十'''"´ ̄|    .:|    .|  .し    J  .|___,,..-‐十'''"´ ̄|     .:|
    .:|    .|    .:|    .|___,,..-‐十'''"´ ̄|     .:|    .|     .:|
     .!    .!___,,..-‐十'''"´ ̄|     .:|    .|     .:|    .|___,,..-‐十'''"´
_,,..-‐十'''"´ ̄|    .:|    .|     .:|    .|___,,..-‐十'''"´ ̄|     .:|





20 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/12(日) 18:09:43 ID:EzDOegZo

そしてグリッドの線に沿って、無数の小さな光の節が動いていた


     `"'― ..,,_.     `''ー..,,.   ゙'-、     l  .|    ./   ,/゛     ._,, ー''"゛     _,,,,.. -ー''''"´
            `゙゙'''ー ..,,_.  ..`''ー..,、 ゙'-、  .ゝ |   ./ . ,/゛   ._,, ー''"゛ . _,,,,.. -ー''''"゙´
                   `゙゙'''ー.             ‘  .. -'二.. -ー''''"゙´
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄          \       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                                \\    `゙"''― ..,,,_
                _,, -''''"              \.\.    .、、    `゙"''― ..,,,_
           _,, ー'''"゛   ._..-'" 、              ヽ. `'-、 /|  .`''ー..,,,        `゙゙''''― ..,,,_
     _,, -''''"      _..-'"゛ . /                 ヽ  .V f゙     `゙'ー 、、           `゙゙'''
,,.. -‐''"゛          _..-'"゛  . / ,/              │   .て .\、      `''ー..,,,
          ,..-'"゛   . / /  . /                /    .,/  \. ゙'-、           `''ー ,,_
      _..-'"     . /  /   ./                 /    /     .\. `'-、          `''ー、,、
   ._..-'"゛      /   /    /                /   ./        \.  \               `゙'‐
..-'"゛       /   .,/    ./                /    /     ヽ.    ..\,  `'-、
       ,/゛  .,/    /            /    /       .ヽ     \   \
     . /    /      /                /    . /         .、 ヽ.     .\   `'-、
   ,,/   ./      /                /     /          ヽ .ヽ.      `'-,   . \
. /    . /       ./            /      /            ヽ .\       \    .`'-、
    /       ./           _/      /                 ヽ ヽ,       \.    `'-.
  . /        /             /       ./                    ヽ \        `'、.
.,/          /         /       . /                    ヽ  ヽ           \.
        /        /           /                      ヽ  \            \
       /       ./         /                        ヽ  .ヽ
      ,./       ,/           /                           ヽ  .\
     /       /         /                             ヽ  ヽ
   . /           //,  ./ //                                   ヽ  ヽ
  /         .,/./ ./ "                                     ヽ.  ヽ,
./              ″                                           ヽ   ヽ
゛                                                           ヽ   ヽ.





21 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/12(日) 18:10:12 ID:EzDOegZo

     ____
   /      \
  /  ─    ─\     まるで人間の脳の神経繊維ネットワークみたいだお
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |   もっとも、その昔に顕微鏡で見た標本の方は
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |     死んで動かなかったのに、こっちは生きて…
.\ “  /__|  |
  \ /___ /      それどころか生を超越している存在のものに違いないお





22 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/12(日) 18:10:47 ID:EzDOegZo

その幻影はひとときで終わった


                      - -、
                      ● ●) ヽ
                     (人__) ノ
                     /      ヽ
       .                (|     し'
                     .し    J





23 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/12(日) 18:11:18 ID:EzDOegZo

そしてやる夫・ボーマンは
人間が今まで誰一人経験したことのない
意識の領域に入った


                                  / ̄ ̄ヽ
                       / ̄ ̄\    /      ヽ
                     /      \/          |
                    /               __    |
                  / , .,-- 、            ̄  |   |
                  |  |.  ● ,--.、..         |  、|
                  | .   `--'   ,|ヽ        ;; (⌒
                  |        <.(         ;; (`ー'
                  |   ,. .,--、   |/         |(`ー'
                  \ .|  ● `--.'             |`ー'
                    \ `--'                 `ー'
                     \      /\
                       \__/    \
                                  \. . .(⌒
                                  \    |
                                       ;; (⌒
                                      ;;(`ー'
                                      | `ー'
                                        `ー'





24 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/12(日) 18:11:51 ID:EzDOegZo

記憶の源泉が汲み出されている
自分とは関わりのない力に制御され、やる夫は再び過去を生き始めていた


            :::::::: ::    ::     :::::  ::  :::
            :::::: ::   ____   :::::  ::::  :::
            :::::: :::: /  :::  \ :::   :::   ::
            :::: ::::/   ::     \::  :::  ::
           :::: /:::    ─    ─ \ ::  ::
           ::: |  ::    (_)  (_)  | :  ::::
            ::: \     (__人__)  ,/ :  :::
            :: ノ      ` ⌒´   \ :   :::
          . /´               ヽ  :::
           |    l              \:::
           ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
            ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))





25 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/12(日) 18:12:22 ID:EzDOegZo

         ___
       /      \
      /  ─   ─ \
    /    (●) (●) \
    .|      (__人__)   |
    \     ` ⌒/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/
    (⌒      /  ワシントン  /
    i\  \ ,(つ    DC   ⊂)
    |  \   y(つ_____⊆)
    |   ヽ_ノ    |
    |           |_
     ヽ、___     ̄ ヽ ヽ
     と_______ノ_ノ





26 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/12(日) 18:12:52 ID:EzDOegZo

        ゚                ゚           ::.,         。
   。          ゚     ゚    。    ・    +  '::,    。    ::,
     。             ,_____   _____  '::.,
        ゚      ゚     'i三三三三三[l干l]三三三三三ノ   ::,.          ゚
   。            .  ゚   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ | |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     ''::
  。          ゚   +       r- ,_    r| | 。 ::.  ゚      。 ''::.    ゚
    ===-===、.===-===       |`'' ‐-ニ-_.| |    ::    ゚    .,===-=== ===-===,
     \ \ \\__\__\ ___| .|____,][、____r「゙|___ ,/__/__,//__/__/
      `‐=ニニ_iiiiロロ=il「|iii三「i「i「i[| .|xlxlxlxl|ニllxlxlxlxH .|]「i「i「il]三iiii「l]ii_ロロi「エニニ=-
        \  |=| ̄ ̄ |=l ̄\ ̄|_,,」r====|「|´|二| ̄l⊥l  ̄/ |-| ̄/' .|-| ̄/.::
    ゚      ̄|=| ̄  ̄|=| ̄     ヽニニミ'、|/r- k         ̄|=l ̄  ̄|=| ̄    +
  。          |_」     |_」  。    (______y  。  ゚   |_」゚    |_」    。
                        / ̄ 同 ̄ \  ;           ・
 ゚   :             ::   .    ト===「゙l「゙l===┤   。    。   ::       ゚
    ::.,         。           `''''ーlニ||ニl- '''´      ゚      ::
     ::,         。               ||   ゚            。    +
      '::    ゚          ::.          ゚     。
                。    ::.    ゚       。            ::      ,゚
           +                  ゚           ゚    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                                            /           \
                                           / /    ――――――\
                            //◎\        /_|___       @)  |⌒|
                             ̄| ̄| 「         | /  \|           | |
                             \\|◎))\      | | (    |―――― ( ̄0) _|
                               ̄  \  \    | \  /|      ( ̄ ̄0) |||||
                                    _     \  ̄ ̄     ( ̄ ̄ ̄0)  ̄
                                  //◎\___\     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                                   ̄| ̄| |))    )二二(◎)_)_____/
                                   \\|◎ ̄ ̄ ̄     ̄ ̄
                                     ̄





27 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/12(日) 18:13:28 ID:EzDOegZo

       ゚  .    。            ゜    +   ゜      。            。    ゚  。
  ゜     。            ゜   。  o      ゚    ゚'         .  '      。
   * .      ゜         。        ゜     +      。         ゜    ゚
  ゚        。         .               。        +      ゜   。     ゚
。         +       。     *  .     ☆        ゜      ゜    。          。
       ゚  .    。            ゜    +   ゜      。            。    ゚  。
  ゜     。            ゜   。  o      ゚    ゚'         .  '      。
   * .      ゜         。        ゜     +      。   ____  ゜    ゚
  ゚        。         .               。        + .´  .´::::ヽ   。     ゚
。         +       。 .           ゜      ゜    。 n|   |:::0::| F 。
       ゚  .    。            ゜    +   ゜      。 U8  ヽ:::::ノ/  F 。    ゚  。
  ゜     。            ゜   。  o      ゚    ゚'     [□)二二◎/    。
   * .      ゜         。        ゜     +      。         ゜    ゚
  ゚        。         .               。        +      ゜   。     ゚
。            *  .     ☆        ゜      ゜    。                  ゜

         ____
       / ノ  \\     
見慣れた星座をさがすまでもないお…
      / (●)  (●)\
    / ∪  (__人__)  \  
ここは地球から何百光年も離れた宇宙に違いないお
    |      ` ⌒´    |
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)
    ノ  | / / /   (⌒) ./ / /
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /





28 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/12(日) 18:13:57 ID:EzDOegZo

                   _______________
                  /   /            ヘ   \
                 /   /              \   \
               /  .‐''~_               _~''‐  \
              /  /´ ,    ヽ ヽ         /´ ,.    ヽ. ヽ  \
            /   ,'  ,;     ', ', |!!il!|!l!!l!l!l| ,'  ,      ', ',   \
           /    {  {      } } .|!!il!!ll!!!il!l| {  {      } }    .\
         /      '、 ヽ    / / .|!l!!il!!l!!il!l| '、 ヽ    / /      ..\
        /             ̄ /     |     \ ̄             .\      
Oh My God
      /               /      ∧      ',               .\    
信じられない!!!!
     /                {      / ヽ     }                .\
    |             ヽ    ヽ___/ __ \___ノ    /             |
    |              ヽ    .|!!il|!|!l!l!il|!|!!!i!l|!|!lll!!il|!|!l|    /              |   
星がいっぱいだお!!!!!
    |.                 . .|!!il|!|!ll!!lil|!|!l!l!il|!|!ll!!il|!|!l|                  |
    |                   .|!!il|!|!ll!!lil|!|l!l!!lil|!|!l!!il|!|!l|                  |
    \                  .|!!il|!l|!l!!il|!|l!l!l!il|!|!l!!lil|!|!l|                 /
      .\                |工工工工工工工工工|               /





29 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/12(日) 18:14:33 ID:EzDOegZo

                 ________
                 |        .l   |
                 |        .l   |
   ┏┓  ┏━━┓      |        .l   |      . ┏━┓
 ┏┛┗┓┃┏┓┃     |        .l   |       . ┃  ┃
 ┗┓┏┛┃┗┛┃┏━━|● l___l ● l   |━━━━┓┃  ┃
 ┏┛┗┓┃┏┓┃┃   |   i  j .   l   |      .┃┃  ┃
 ┗┓┏┛┗┛┃┃┗━━|  `ー'    l   |━━━━┛┗━┛
   ┃┃      ┃┃      |        .l   |         ┏━┓
   ┗┛      ┗┛     |        .l   |         ┗━┛
                 |        .l   |
                 |_______l__|


    ∧∧     ∧∧     ∧∧     ∧∧     ∧∧     ∧∧
   /⌒ヽ)    /⌒ヽ)    /⌒ヽ)    /⌒ヽ)    /⌒ヽ)    /⌒ヽ)
   i三 ∪    i三 ∪    i三 ∪    i三 ∪    i三 ∪    i三 ∪
   〇三 |    〇三 |    〇三 |    〇三 |    〇三 |    〇三 |
   (/~∪    (/~∪    (/~∪    (/~∪    (/~∪    (/~∪
   三三     三三     三三     三三     三三     三三
  三三     三三     三三     三三     三三     三三
  三三三   三三三   三三三   三三三   三三三   三三三


       . … .
      :____:
     :/_ノ  ー、\:
   :/( ●) (●)。 \:
  :/:::::: r(__人__) 、 :::::\:
  :|    { l/⌒ヽ    |:
  :\   /   /    /:





30 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/12(日) 18:15:00 ID:EzDOegZo

         _  -─-  _
         | , -──- 、|    
おはよう…チャンドラ…はかせ…
        r/:::i:::::、::`ヽ::::::ト
         {:::::|ト、::\:::ヘ:::/    
わたしは…ハル…です…
.           l::::if_テ f_テi}::l
         }リト、 -, イ/{     
きょうの…さいしょの…じゅぎょうを…
          r‐十示千、
         /,-、i }{ fj:.:\_   
はじめて…ください…
        く∧_ノj=''=┘:.:.厂
        〈__ノr‐r‐┬rr ヘ
          /__|爻|:」ハ ヘ



          ____
        / _ノ ヽ_\
       / ∩l^l^lnnl^l^|\
     /  。ヽ   ∥  ノ \
     |   /   人   l   |
     \ /   /|ii!i!|\ \/
.      |    /. |;;;;;;|  \ |
            `ー´





31 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/12(日) 18:15:29 ID:EzDOegZo

     ____
   /      \
  /         \     
今のままじゃ新しいユニットを挿し込んでも
/           \    
すぐに焼き切れてしまうはずだお…
|     \   ,_   |
/  u  ∩ノ ⊃―)/     
故障したAE35ユニットを取り外して
(  \ / _ノ |  |      
徹底的にテストするしかないお…
.\ “  /__|  |
  \ /___ /




    / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー)     
…そうだな
.   |     (__人__)
   |     ` ⌒´ノ     
俺がまた行って取ってこよう
   .l^l^ln      }
.   ヽ   L     }
    ゝ  ノ   ノ
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ





32 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/12(日) 18:16:03 ID:EzDOegZo

      / ̄ ̄\    
万事順調にいってるから
     /   ⌒  \
     |    ( ●)(●) 
ほとんどやることがないな
.      |     (__人__)                         / ̄ ̄ ̄\
      |     ` ⌒´ノ                    /⌒    ⌒  \      
やる夫達はまるで
      |         }                     /(●)  (●)    \
.     ヽ       |                     |   (__人__)///    |     
全自動の船に寝泊まりする
   _/⌒ヽ     ィ                       \          /
  i'⌒゙l |   l       \                    / ̄         ̄ ̄)___  
管理人か清掃員みたいだお
  |  |. |   |       ト \                    / //        /'./ / 〃 ⌒l.
  |  | ( " ̄⌒ヽ、 |_" ̄ ̄⌒ヽ、 _____/⌒\./         /   し'_|;;;;;;;;;;;;|
  |.   ̄ ̄ ̄ ̄|ソ,),) ̄`ヽ ̄⌒ヽ|,),)ソ .l'⌒゙l  ( ゙̄^  ヾ  /⌒ l\ /   |⌒゙|;;;;;;;;;;;;;|
  |        l  .| y  |_ィ   |  .| |  |──=`──‐/  /────|   |;;;;;;;;;;;;;|
  |        |  .|.|   |  |  |   | |  |         ノ_  /       |   |;;;;;;;;;;;;;|
  |        |   |___|  |__|  | |  |        iヘ__ソ         |   |;;;;;;;;;;;;;|
  |_______.|___(__゙)__{___゙)_|__|__|_______ ̄_______.|__|;;;;;;;;;;;;;|






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

      ____
    /  ⌒  ^\     そう…全ては順調なんだお
   /  ( ●)  (●)     やる夫が生きてきたすべてが別の場所に移されてる
 /  ::::::⌒(_人__)⌒ヽ
 |       |r┬-|   |   ここにいるやる夫が存在をやめても
 \        `ー'´  /    別のやる夫が不死を勝ちとるんだお


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





33 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/12(日) 18:16:41 ID:EzDOegZo

..      ____
     / ―  -\
.  . /  (●)  (●)    
やらない夫の言うとおりかも知れないお…
  /     (__人__) \
  |       ` ⌒´   |  
でも、やる夫は「疑わしきは罰せず」で行きたいんだお
.  \           /
.   ノ         \
 /´            ヽ





34 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/12(日) 18:17:15 ID:EzDOegZo

     ::|     /ヽ
     ::|    イヽ .ト、
     ::|.  /   |.| ヽ.
     ::|. /     |.|  ヽ
     ::|-〈  __   ||  _`l_
     ::||ヾ||(  ̄`i ||/ ̄ i| |    
あいかわらず仲が良いねー、君達
     ::|.|:::|| ゝ--イ .|ヽ-イ:|/
     ::|.ヾ/.::.    |  ./
     ::|  ';:::::┌===┐./
     ::| _〉ヾ ヾ二ソ./
     ::| ̄ 》ゝ .`---´:ト、
     ::|   {{:::::::::::::::::::}}  `||:⌒`ヽ
     ::|   }}:::::::::::::::{{  ..||:::i   ヽ
     ::|}   ゝ:::::::::ノ    ||:::|ヾ:::::::::)
     ::|:{{.    (●)   ...}}:::|、  ::::〈




                   n
                 l^l.| | /)
                 | U レ'//)
      ___      ノ    /
    / ⌒  ⌒\  rニ     |
   / (⌒)  (⌒)\  ヽ   /   
ジャックじゃねーかお!
 /   ///(__人__)///\ / `   /
 |       `Y⌒y'´    |   /    
惑星地質学部門クルーの第3次選考は
 \.       ゙ー ′  ,/  /
  /⌒ヽ   ー‐   ィ  /       
順調にいってるかお?
  / rー'ゝ        /
 /,ノヾ ,>         イ
 | ヽ〆          |





35 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/12(日) 18:17:51 ID:EzDOegZo

忘れられた歳月へ、より単純な世界へ
ますますスピードをあげながら遡っていく

かつて愛した人々の顔、思い出す自身さえなかった顔が
にっこりと微笑みかけた


 /:.:./:.:.:.:.:./:.::.:.:.:/:.:.:.//:.:.:.:./:.:.:.:.:/:.:./!:.:.:l:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.',
 :.:.:.:!:.:.:.:.:/:.:.:.:.:/:.:.:.://:::::/:.:, イ:.:.:/ /!:∧:.:.:.:.:.:',:.:.:.:.:.',
 :.:.:.:',:.:.:.:,':.:.:.:.:.:!:.:イ//==、ヾ /:.:// |/┼:、:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:l
 :.:.:.:.:.:_!:.:.:.:.:.:|:/フ´ヒタ::::} ノ' ´   ノ=ミ、レヽ:|:.|:.:.:.:.:.:|
 :.:.:.:./  |:.:.:.:.:.:|:トヽ〈:::::::::::l      ヒタ! }lノ:./!:.!:.:.:.:.:|:!
 ヽ:.,'/⌒|:.:!:.:.:.:!:',、 ゝー '      l::::ソ ノイ':.:.lイ:.:.:.:.:.l:|
 \.',  l:.:.:.:.:.:.|ト、           ` '  /}:.:.〃:.:.:.:.:.!:l
 _`ヽ_┤:.:.:.:.:|i ヽ         '     ,'´:./:イ:.:.:.:.:.| l|          / ̄\
 _ ̄§',:.:.:.:.:.|l       、 - ,    ノ:// |:.:.:.:.:.l |          |     |
    ̄§、!:.:.:.:.:|:!\       ̄   ,  '´`丶く ,':.:.:.:.:,' |          \_/
 ‐フ'´:.:.:T',:.:.:.:.:!|  `丶、    ,  '´    / l:.:.:.:.,'  j           __|___
 /:.:.:.:.:.:/ ',:.:.:.:.',ト、    ト - ' ー- .._  /   ,':.:.:.,'           /      \
 :.:.:.:.:.:〈',ー ',:.:.:.:',ト ``ーく二{      {   ,':.:.:.,'          / ─    ─ \
 :.:.:.:.:.:.:ヾ  ',:.:.:.:', ``丶くM {   ー---| /:./         /   <●>  <●>  \
                                     |  :::::: (__人__)  :::::: |
                                    \.    `ー'´    /ヽ
                                      (ヽ、      / ̄)  |
                                      | ``ー――‐''|  ヽ、. |
  γ::::::::::::::::母::::::::::::ヽ、                       ゝ ノ      ヽ  ノ  |
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ                    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
γ:::::::::人::::人::人::::人::::::::ヽ
(:::::::::/ ─    ─ \:::::::)
\:/  (⌒)  (⌒)  \ノ
 |     (__人__)     |
 \    ` ⌒´     /
 /            /
 \       (__ノ





36 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/12(日) 18:18:23 ID:EzDOegZo

やる夫の方も温かく、心の痛みもなく、笑みを返した


                             n
                           l^l.| | /)
                           | U レ'//)
                ___      ノ    /
              / ⌒  ⌒\  rニ     |
             / (⌒)  (⌒)\  ヽ   /
           /   ///(__人__)///\ / `   /
           |       `Y⌒y'´    |   /
           \.       ゙ー ′  ,/  /
            /⌒ヽ   ー‐   ィ  /
            / rー'ゝ        /
           /,ノヾ ,>         イ
           | ヽ〆          |





37 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/12(日) 18:19:17 ID:EzDOegZo

やがて逆行の速度が衰え始めた
――記憶の泉は枯れかかっている

               ___
             /⌒  ⌒\
       〃   / ●   ●  \   ミ
        /⌒ヽ|⊃ (_,、_,) ⊂⊃ |/⌒i
        \ll|l     ヽ._)    l|lll  /
         人l||l         |l||l 从 バンバン
         ( ⌒ )        ( ⌒ )





38 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/12(日) 18:20:11 ID:EzDOegZo

そして停止の時が近づいた

揺れる振り子が次の位相に移る直前の測り知れぬ一瞬、
弧のふちで凍りつくように


                           /
                         /
                       /
                     /
                   /
                 /
               /
           / ̄\
           |    | 三
           \_/ 三





39 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/12(日) 18:20:53 ID:EzDOegZo

その超時間的一瞬が過ぎた
振り子は運動方向を変えた


                           /
                         /
                       /
                     /
                   /
                 /
               /
         三/ ̄\
        三 |    |
           \_/





40 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/12(日) 18:21:44 ID:EzDOegZo

地球から2万光年隔たった赤色巨星の
その業火の真っ只中に浮かぶ空っぽの部屋で
赤ん坊が目を開き、産声を上げた


               __
           o ○ o`ノ ヽ`o ○ o
        。゚   o゚/⌒) ((<))゚o ゚ 。
            (0/ /(_人_)  0)
            / /  `― ' <





41 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/12(日) 18:22:51 ID:EzDOegZo

赤ん坊は泣き止んだ
もう一人ぼっちではないと気づいたからだ


     ___
   /―  ―\ 
  /  ●   ● \ 
  | ⊂⊃ (_,、_,) ⊂|       ________
  ヽ         ィ‘       |        .l   |
                    |        .l   |
                    |        .l   |
                    |        .l   |
                    |● l___l ● l   |
                    |   i  j .   l   |
                    |  `ー'    l   |
                    |        .l   |
                    |        .l   |
                    |        .l   |
                    |_______l__|





42 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/12(日) 18:23:36 ID:EzDOegZo

部屋の中には脈打つような振動が響き渡った


          デケデケ
             ドコドコ
        ☆      ドムドム
             ☆   ダダダダ!
       ドシャーン!  ヽ         オラオラッ!!   
              =≡= ∧_∧     ☆
              / 〃(・∀・ #)    / シャンシャン
            〆  ┌\と\と.ヾ∈≡∋ゞ
              ||  γ ⌒ヽヽコ ノ  ||
              || ΣΣ  .|:::|∪〓  ||   
             ./|\人 _.ノノ _||_. /|\
                 ガッガッガッ
              ドチドチ!





44 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/12(日) 18:24:28 ID:YY00XB2c

振動おちつけwww





43 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/12(日) 18:24:22 ID:EzDOegZo

どんな子どもでも――あるいはヒトザルでも
心を奪われること請け合いの見世物だった


                           ∧     ヘ
                          ,' i ':,   / i ヽ
       ___               ,'、,,j ーーイ,,、j  ヽ、
     /―  ―\            ,:´           ヽ
    / ○   ○  \            ○     ○     ',
    |⊃ (_,、_,) ⊂⊃ |        l               |
    /⌒l       ィ’        ':,   r―-、       /
   /  /        ヽ         ヽ、 l    )     /
   |  l      Y  |           `> ― '     <
                          ,"         `' :、
                        ./             ヽ
                        l





45 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/12(日) 18:25:31 ID:EzDOegZo

しかし300万年前もそうだったように
それはあくまで気をそらすための玩具であり
処理は心の遥かに深いレベルで行われるのだ

          ________
          |        .l   |
          |        .l   |
          |        .l   |
       ((  |        .l   |
        (( |○ l___l ○ l   |
     ((    |   i  j .   l   |
     ((    |  `ー'    l   |
      ((((  |        .l   |
          |        .l   |
          |        .l   |
          |_______l__|



   ___
  /⌒  ⌒ .  ((
/   ()   (). \   (((
| ⊂⊃ (_,、_,) ⊂|    ((((
\     (_/   / ((
 |    ┌─┐|
 |     ⊃.   ○


300万年前よりも素早く揺るぎ無く
やがて新たなデザインが織り上げられた





46 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/12(日) 18:26:18 ID:EzDOegZo

長い年月の間に織り手は多くを学んでおり


               :::;;;;;;,-''''''''-;;;,;;;;;;
              ;;;;;;;;;;i´    `i;;;;;::::
             ;;;;;;;;┌'      'ヘ;;:
             ;;;;;;;;;)ュ,      ,r(;;;
              :;;;;;;;;;>、   ,ノヾ;;;;;;;
             ;;;:,チ''゛  :`::::::':':   ゙゙Y;;;;::::
           ::;;;;y'´   ,        `{;;;;;:::::
           ::;;;.(,   ″        '(;;;::
            ;;;;;:`,ll'-〟      ll  |:::
             ::::|   ゙;,_ ,:     ゙  i;;;;,,,,,,,,,
             :::::i   ::::          .'-、;;;;;;;;;;;:::::
            ;;;;;;;;ハ  i:::::    ....::::''   `'<;;;;;::::
             ::;;;;;.ハ  '(i|||||lllllllliiii=''′  .,};;;;''''
           _,,,,,lllllllシ  ,,illllllllll″ ,__,,,,,,,,,iiillllllllllllll)
          .(lllllllllllll、,,,ィ'illlllllllllllli, ゙lllllllllllllllll!゙゙゙゙゙゙
            `”゙゙゙゙゙゙llllllllllllllllllllllュ,,j'lllll゙




生地の方も格段に優れたものになっていた

                 ___
               /\  / \
          キリッ! / 〓   〓  \
          /⌒ヽ|⊃ (_,、_,) ⊂⊃ |/⌒i
          \  ヘ         /  /





47 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/12(日) 18:27:17 ID:EzDOegZo

               ・ ・
だが果てしなく成長する彼らのタペストリーに
それが加わるに価するかどうかは
未来だけが決めることだった

              ___
            /―  ―\
           / ●   ●  \
           |⊃ (_,、_,) ⊂⊃ |
           /⌒l       ィ’
          /  /        ヽ
          |  l      Y  |





48 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/12(日) 18:27:54 ID:EzDOegZo

既に身につけた人間を超える集中力をもって
赤ん坊は多くのことを知った

自分は故郷へもどったのだ
このモノリスから、人類を含む多くの種族が誕生したのだ

                           ________
                           |        .l   |
                           |        .l   |
                           |        .l   |
              ___         |        .l   |
            /―  ―\       |● l___l ● l   |
           /  ●   ● \      .|   i  j .   l   |
         /⌒ヽ⊂⊃ (_,、_,) ⊂|/⌒i   |  `ー'    l   |
         ヽ  ヽ         ィ‘  /   |        .l   |
                           |        .l   |
                           |        .l   |
                           |_______l__|





49 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/12(日) 18:28:22 ID:EzDOegZo

だがここに長くはとどまれないとも知った
すぐ後にはさらに不思議なもうひとつの誕生が待っている

            ___
          /―  ―\
         /  ●   ● \
         | ⊂⊃ (_,、_,) ⊂|
         ヽ         ィ‘





50 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/12(日) 18:28:56 ID:EzDOegZo

その瞬間が来た

保護する壁は消え去り、赤い太陽が空を満たした


  ヽ .l  'i  !;;;;;;;;;.     ..;;|;;                  `'''ー、、;.....   ...`".;;;..';  、
   l .! .l l. .l;;;;;        ;;;;.l                  `''-、_;....   .;;.!、...! !-、
  .i .゙'.l、.{;;;;゙k...l.;;     ...;;;;;/;                     `'-、....  ..`'!゙''く;;;`l,
  l、   l,.;;;;..l,.|;;.     ...;;;;|;;                        `'-,,       ;.;゙!、
  l ヽ  ...ト;.;;;゙";;      .;;;.l、                         `'-.,_.....  ... lh,
  ...l,.ヽ. 、;ヽ;;;;;;;;       .;;;∨                              `''-,;;、.. . ..`''、
.t、 \  l .ル」;;;;;;;       : ;;;;;.l                                `ゞ''、、 ヽ,
 ゙ |┐ .`、.l .l;;";         ;;;;.l. :i、                              `'-,;'i|li、
 、 ゙'′ ゙!  l.;;;             ;゙ヘ.lヽ                                 ゙'、ヽ,  .、
  ゙!ミ、.     ヽ;;.          ...;;;゙";|、                              ゙ヽ,ヽ lヽ
   .゙'、゙ \   'l、;;              ;;;;.l.i、 、                              `'ゝ.ゝ.l、
    ´ヽ ,ヽ ゙ll.l;;;               ;゙;;.lリ、                                  :  `.l.
    l,  ゙!l .;:.l,;;;;;;               ;;;;;;゙;;;ヽ
    .リi、   . ヽ、;;;;;;              ;;;;;;;.l
     l;\   l_`'、.i;;;;;;              ;;;;;.!
     ..l;;;;; \ ....l,゙''-..l,;;;;;               ;;;.l、
.Y、    : ゙'ぃ;;;; l,....;ル、;;゙'ヽ;;;               ;;\
 l..ヽ、   : ヽ;;;;;゙'x,;l7;;.....;.゙‐;;;               ;;;;ヽ
  ヽ .゙'←、  ゙く;;;;;..`'ム;;;.  ....;                ;;;;;;ヽ
  .ヽ   .゙l、 ∧;;                     ;;;;;゙゙ヽ.l、  .ト,,
、、  .゙Y'、. │  今;;;;                          ;;;;;;;´`'、 .ヽ..l
..l,ヽ.   `タ.li、 .;.l;;;;;;;;;;;;;;                       ;;;;;;\..゙'く
 ヽ⊥ _   " 、 ヽ;;;;;;;;;;;...;;                      ;;;;;;;\
..、  `  ゙''.li   ゙'i、 ゙'∴;;;;                         ;;;;;;;;;;\
..リ-,、,       l;`'-ユ;;;;;;;                             ;;;;;;'!、 リ、
 .l  `.l   ..,,,  `l,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;                          ;;;;ヽ|;;.l、
  .\ ヽ.   lヽ  `'';;、;;;;;;;;;;;;;                               ";;.l
    ´゙''' lv  l゙│ 、_  ヽ.;;;;;;;;;;;;                           ;;;;.l,
         l |, ..l \ ゙ヽ;;;;;;;;;;                             ;:;;;ヽ





51 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/12(日) 18:29:43 ID:EzDOegZo

忘れられたスペースポッドの金属とプラスチックが、
かつてやる夫・ボーマンと名乗っていた生命体の衣服が一瞬で炎と化した

________________________________
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三

                                   ,、-、 __
                                 ,r'´,.r.'゙二_=
                                / ./ 二=ー _
                               / ̄/ _,、-、二=ー
                   =‐ハ=-    __,,.....、-=ー」´ムt.'´| __
                  <三/=-,、-__二_ー-,、三≡-.、.ム三≡=
                  /ー/ ´.//TT.>、ヾ.三三三7== / __
                 / /  / /.iニ(__)ニl .〉、三三´l /  /三≡=
                 /三≡. ! ヽヾ⊥レ'/三`丶、.::l{__.ノ
                 l_ 'ー-、!    ̄| ̄ 三三三≡r'ム/二=
                 (ニ=、 ヽ=‐__!__ 三=-/三,ィ′
                    \ノ〉二--二`'‐.、三三!´=-
                     い-`==‐`ヾ人三/=-
                      ``¨^ー'''ー⌒ー‐'′ ̄


三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三





52 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/12(日) 18:30:31 ID:EzDOegZo

だが赤ん坊は気づきもしなかった

新しい環境の中、心地良い熱と光に順応するのに忙しかったからだ

.                    ,,,,,,,,,.
                  i|i|i|i|i|i|i|i|iiii丶
               ∠|i|i|i|i       i|i|i|i|iヽ
.              Λ|i|i|i|i 
、 ノ 、  i|i|i|Λ
             Λ/|i|i|  
● ●) ヽ   i|i|Λ
             |i|i|i|i 
(ヽ(人__) /^ ) i|i|i|i|
             |i|i|i|i  
/    _/   .i|i|i|i|
             Ⅴi|i|i  
|     〈     i|i|iⅤ
              Ⅴi|i|i 
` ~ヽ_)   i|i|iⅤ
               ヽi|i|i|i;,..       i|i|i|/
                 ´''- ;;;i|i|i|ii|;;彡''
                    ´" "´





53 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/12(日) 18:31:19 ID:EzDOegZo

以前はただの厚板にしか見えなかった四角いかたちは
彼と同様に無害な地獄の炎など知らぬげに浮かんでいた

                       ________
                       |        .l   |
                       |        .l   |
                       |        .l   |
               , - -    |        .l   |
              /  (● ●   |● l___l ● l   |
              ゝ  (__人)   |   i  j .   l   |
               ハ    \   |  `ー'    l   |
              (人  \ル)  |        .l   |
               ‘ー´\__)   |        .l   |
                       |        .l   |
                       |_______l__|





54 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/12(日) 18:32:12 ID:EzDOegZo

今ではその秘密の一部を理解でき、使いこなすこともできた

各辺の比率の1:4:9……なんと当たり前に見えることか!
しかもそれ以外であってはならないのだ

数列がたった三次元で終わるとばかり思っていた愚かさ!

                 ___
                /⌒  ⌒\
              /  ●   ● \
              | ⊂⊃ (_,、_,) ⊂|
              \     (_/   /
               |    ┌─┐|
               |     ⊃.  ○
               \_    ̄ \
                と_____ノ_ノ





55 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/12(日) 18:33:03 ID:EzDOegZo

そして彼はスター・ゲートの力を使い
深淵の先、何光年もの彼方へ一気に跳躍した


     
       
              、 ノ 、
             ● ●) ヽ
             (人__) ∩
            ⊂/    ノ
    ̄  ̄      「     |    ウ  ̄  ̄  ̄
             ∪ `ヽ l      オ
        /   /     ∪    
          /             オ
          /        ||     オ  
                   |     オ   
        /
                   |      オ
                   | |
                   |
                   ||





56 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/12(日) 18:33:46 ID:EzDOegZo

宇宙を結ぶ門が後ろでたちまち小さくなる
門のかたわらには素朴な宇宙船があった

                                  .    __
                                      |   |
                                      |・∀・|   ○━┻━
              , -  - 、                  |   |     ┌
             /(● ●) ヽ                  |__|    (◎
           く ヽゝ(_人_) ノ                          ー' ー'
             \      _つ
              |     〈
              |     ヽ
              |_/ ̄ ̄ \)





57 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/12(日) 18:34:48 ID:EzDOegZo

宇宙船からいくつかの生命体が不安気に見守っていたが
そんなものに関心はなかった


          ..---. ...
       , -‐.': :_: :---` ー-.、
    ーァ´:, ‐ -ァ: :7 ̄l:.ヽヽ‐..\
     //イ: : /: ./.:イ: }::. :}:.}:ヽ:、:ヽ、
    ノ.: .: ./: : lハ:AL_}:/ }::.ハハ::.:}:.ト_--
   ´ 7:::::_|::. : | '┬ォミー'jム_ム}::ハ:「`
    |:.:{ r|{:.. :l   ̄´  {エオハ.ハ{
    ハ:ヽvヘ:リ u       〉 |:/
     Vl:.:T     , ---,  ハ!                     ____
      }::ハ、  ( __/ , ′                    /     \
    /フ´{  \  - /                    /ノ   \  \
_ .. イ:::::::{  \  ` ┬‐′                   /(●) (●)  u \
:::::::|   l    \,_ / \                    | u  __´__   U    |
   }    ヽ   ∧ 〉ヽ 〈| \                  \_ `ー'´    _/
   ーァ-‐ ヘ_/ヽ.>‐くトj、 ヽ\             ⊂ ヽ∩ /        \
   「     l ー ヽ:.__..ハ ∨  `ヽ、            '、_ \|         |
   ヽ     l   }  l| ヽ    ヽ              \ \  /  /
    \   l   |:  l |   l     l
      \  l l:.  !|   |     |


もっと根深い記憶が、二度と見ることはないと思っていた世界へ
戻ってこいと呼んでいるのだ





58 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/12(日) 18:35:26 ID:EzDOegZo

彼は帰ってきた

目指したまさにその場所
人々にとって実感のある宇宙に


                    ,,
                    i|
                    i|
::ヽ    ゝヾ゙゙ゞゝ        ,,,-‐ー-、、
:::::::\,,彡"゙  ヾノノ      ,i"  .i|   ゙::i,
   :::ヽ"   ゞ;;;      i゙   i|   :::::i
    :::゙、           !    i|   :::::::i \
    :::::|          ゙i,,   i|   :::::::iτ゙、\
     :::|          ゙i、   i| :::::::::::/\\ ゙,,-‐-、、
      :|           ヽ___i|_、;;/   ,,\   :::゙i、
     ::::|             ゙i|       ,i\\   ::::i
     :::|              .i|       i  ヾ\ ::::::!
    ::::::|              !j       ヽ、  \゙r,:/、\
   ::::::::|                        ゙ー-ヾ\__i i
 ::::::::::::/  o  O   ○   〇              ゝ___,ノ
::::::::::/
:::::イ"゙
-"゙゙::j!





59 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/12(日) 18:36:18 ID:EzDOegZo

目の前にはスター・チャイルドに似合いのきらめく玩具
惑星・地球が人々をいっぱい載せて浮かんでいた


                          +

           . ・
                 , - -
                /  (● ●       *
                ゝ  (__人)^)
          .       ⊂     //
                (    〈   ・     +
                 `~ ヽ_)
            ・  .      +
                       .        _ ,.... -‐‐
                         ,...- ' ゙゙
                       , '´ヽ ヽ    _/
                     /   j´  `'ー、_ j
                   /  /`´      !ノ
                  /  '!.j
                 ,!'   `'


いまごろ警告灯がどのレーダー・スクリーンにもきらめき
巨大な追跡望遠鏡が空を探していることだろう


そして、人間たちの考えるような歴史は終わりを告げるのだ





60 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/12(日) 18:37:22 ID:EzDOegZo

1000キロほど下方の気配が意識に入った

軌道上でまどろんでいた死の積荷が目を覚まし
もそもそと身じろぎしていた


            |\
            |_\____________
           [|.   ̄.    :  .           |\
            .|──. . . . . . : :     原爆     |: |:>
           [|: _                 |/
            | ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            |/     ヽ(:゚皿゚:)ノ
                    ( へ)
                    く





61 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/12(日) 18:38:50 ID:EzDOegZo

     ___
   /―  ―\    そんなひ弱なエネルギーなんて
  /  ●   ● \   何の脅威でもないお…
  | ⊂⊃ (_,、_,) ⊂|
  ヽ         ィ‘





       ___
     /―  ―\
    /  ●   ● \    でも…やる夫はきれいな空の方が好きなんだお!
  /⌒ヽ⊂⊃ (_,、_,) ⊂|/⌒i
  ヽ  ヽ         ィ‘  /





62 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/12(日) 18:39:48 ID:EzDOegZo

意志を送り出すと空をゆくメガトン爆弾に音もなく閃光の花が咲き
眠れる世界の半分に短い偽りの朝が訪れた


                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                    \
        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                       ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙       .'                             ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:                ゙゙゙゙゙;;;;;;
  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                              ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
              ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
              /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
               `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙|lii|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´`゙
                         ´゙゙´`゙``´゙`゙´``´゙`゙゙´´





63 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/12(日) 18:40:31 ID:EzDOegZo

それから彼はひと休みすると、考えを整理し
まだ試していない力のことを思った


                        - - 、
                        ● ●) ヽ
                        (人__) ノ
                       l       |
                      (⌒)Jし(⌒ノ
                       ̄    ̄

                       .        _ ,.... -‐‐
                         ,...- ' ゙゙
                       , '´ヽ ヽ    _/
                     /   j´  `'ー、_ j
                   /  /`´      !ノ
                  /  '!.j
                 ,!'   `'





64 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/12(日) 18:41:27 ID:EzDOegZo






                   世界は今や彼の意のままだが
                     さて何をするかとなると
                    決心がつかないのだった

                          __
                         /― ―\
                       / (● ●)\
                       (   (_人_)  )
                       ./  ∩ノ ⊃|  |
                       \ V_ノ_|  |
                         \/__/


                    だが、そのうち思いつくだろう
                   But he would think of something.




             TO BE CONTINUED TO 2010 : ODYSSEY TWO





65 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/12(日) 18:44:34 ID:EzDOegZo

本日の、そして2001年宇宙の旅の投下は以上になります
この2ヶ月半お付き合いいただき、ありがとうございました!





66 名前: ◆aPlPNXeb6g [sage] 投稿日:2010/09/12(日) 18:46:57 ID:EzDOegZo

【次回予告】


        【2010年】できる夫達が宇宙の旅に出るようです
              2010 : Odyssey Two


             。  ☆    .       。  ・
                     .    .  /)      .
   ☆                      ,〇 ノ    ・  .
  。    .                  (_/         ゚
              , - -   ゚   ・      ・  〇
 ゚            /  (● ●         ゚      . .           
  。          ゝ  (__人)^) o    。                 
.                ⊂     //   .      .     ゚         
     。  ・    (    〈               .          
              `~ ヽ_)       "   ""
  o  ゚       。  ☆              r─── - .
 ・      ・       ・   。       イ´ <`´    |
      。    。             /、ノ    `l     .
   ゚    ・                / n     `ヽ ζ


次回作、2010年宇宙の旅の第1話は9月18日(土)の22時からを予定しています
よろしければお付き合い下さいませ

またよろしくお願いします





67 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/12(日) 18:53:24 ID:vr8Vf6hg







74 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/12(日) 19:57:14 ID:Mm.nJuhg







71 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/12(日) 19:31:37 ID:Na378emw

ヒトザルが力を得たときのフレーズが繰り返されるところが
新しいステップを上がった感があってイイですね





73 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/12(日) 19:55:35 ID:uly0BvXw

ここをビジュアル化するのは大変だったろうねw
キューブリックは人智の及ばぬ彼方にいっちまってるし
クラークは当然のように文字を紡いで表現する
しかし、神秘性を失わずに面白さを見事に表現していると思う





84 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/13(月) 18:15:38 ID:TH.f2SM.

映画も小説も両方とも偉大なので
やる夫化は少し不安だったんだけど、この噛み砕き方には満足だったぜ





81 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/13(月) 00:10:08 ID:WjtWWEPw

この映画をなんの前情報もなしに映画館で見た人の感想を聞いてみたい





87 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/14(火) 03:00:52 ID:0svIIcJk

映画を見た時は、ただただポカーンとするばかりだったよw





79 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/12(日) 22:45:01 ID:aUUS7Ipg

この核爆弾うんぬんの下り、続編ではなかったことでいいのかな?





80 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/12(日) 22:50:27 ID:2f3rxt.k

いや、続編の2010の小説でもあったはず
数行で済ませられているから気づきにくいかもしれないけど・・・





76 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/12(日) 20:31:33 ID:K/jFBlj6

しかし、このエンディングの時点で2010も含まれているんだねぇ





68 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/12(日) 18:57:20 ID:YY00XB2c

次回作も期待してるぜ










投稿日 : 2010/10/20 | カテゴリ : 宇宙の旅 | コメント数 : 11
■コメント一覧
  • No.6563 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年10月20日 15:29 [ edit ]

    やる夫がエラい事にw



  • No.6566 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年10月20日 19:54 [ edit ]

    何段飛ばしで進化(?)したんだよ!



  • No.6567 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年10月20日 20:32 [ edit ]

    なるほど、分からん
    つまりやる夫は情報統合思念体的なものになったってこと?



  • No.6568 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年10月20日 21:31 [ edit ]

    空間構造に自身の思念を織り込んだ、エネルギー生命体になったって事。
    流石にまだやる夫は時間を跳躍する力は持っていないようだから、
    実質神様見習いぐらいの存在なんじゃね?



  • No.6575 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年10月21日 02:02 [ edit ]

    こんな展開になるとは予想できなかったわw



  • No.6605 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年10月22日 12:29 [ edit ]

    だがそのうち思いつくだろう、ってなんか聞いたことある表現だと
    思ってたらこれが元ネタか。



  • No.6644 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年10月23日 16:10 [ edit ]

    コンピュータの反乱ばかりが有名なのはやっぱり、ラストの展開が観念的過ぎて
    大多数の視聴者には理解できなかったからなんだろうな。

    〆方がこんだけ意味不明なのに知名度高いってのは、むしろすごいことだけど。
    しかしこれ、このまま終わった方がどう考えても綺麗な結末だよな……



  • No.6716 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年10月24日 20:44 [ edit ]

    ガキの頃読んで意味不明だったけど
    今見てもワケ分からん
    HALとの対決ばかり有名なのは、ラストがアレすぎるからだな



  • No.11994 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年06月29日 00:55 [ edit ]

    この作者うめーな 最後は感動したよ



  • No.26735 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2014年10月24日 03:07 [ edit ]

    振り子時計のように「巻き戻り」したことでやる夫は0になり
    それから新たな星の子に「生まれなおした」ってことか・・・
    AAで見てないと多分理解できねーなこれ



  • No.27152 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2015年05月25日 19:43 [ edit ]

    最強スレ的には、一般成人男性→全能の壁までランクアップしたような・・・・おいおい



■コメント投稿
     行間隔の関係でアスキーアートを貼りつけてもズレが酷いことになりますので、
     アスキーアート付きのコメントは削除する方針です。
     荒らしの書き込みに対してレス・言及しているコメントも削除対象ですのでご注意ください。
プロフィール

管理人 : 「ピチカー党員No.11」こと金ニダリスト

       ___
      |それ金|
    z'| ── 、
    / ハ ヘ u ヽ
  人/ノヽ ミ=‐...|_     生活の中心が株になっとる
    }≦ u 爻r.j. |彡}
  (  u  リ У{三≧
   ` ー─t r三勿 {气}
      厂 ̄(三)  `气


◆カウンター(ユニーク)    ◆カウンター(トータル)
       


全記事一覧

RSS

管理モード
ツイート
最新コメント
最新記事
まとめ記事
【歴史系】
【物語系】
【ゲーム系】
【学ぶ系】
連絡先はこちら

苦情・相談などありましたら、
下記のメールフォームにてご連絡ください。
(ファイル添付可能)

連絡用メールフォーム

貰い物紹介

TOP画像募集中

  

ダンジョンマスター作者様からいただいた逸品。
カナ、マジプリティ!



  

  

帽子屋HeII0様からの贈り物、しかも二枚!
各作品に対する愛情が伝わってきます。
帽子屋HeII0様のブログ - 「-simulacra-」

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
© それにつけても金のほしさよ All rights reserved.
まとめ