■やる夫の城塞都市物語 外伝 「やる夫で学ぶ吸血鬼とヴラド・ツェペシュ」
309 名前: ◆Zr4xz82y3k [sage] 投稿日:2010/10/19(火) 01:33:58 ID:dSO/jNqo

~余談~


                  ,ヘ
      ____      / /
     /\  /\   / /
   /( ⌒)  (⌒)\/  /
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\ /
  |     |r┬-|       |        「イエス、ロリータ!
  \     ` ー'´     /
  /          \           ノー、タッチ!」
 /             \
/  /\           ヽ
 /   \          ノ
U      ヽ        ノ





310 名前: ◆Zr4xz82y3k [sage] 投稿日:2010/10/19(火) 01:34:34 ID:dSO/jNqo

       ____
    /     \
   /  ─    ─\
 /    (●) (●) \     自分のように地元に勤めている人間は、
 |       (__人__)    |
 \     ` ⌒´   /      周りから時間があるように思われておりまして。
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||




       / ̄ ̄ ̄ \
      /  ─    ─\
    /    (ー)  (ー) \      まぁ、残業もないですし、夜のつき合いもないから、
    |       (__人__)   |
    \      ` ⌒´   /      実際に暇だけがある人間です。
      / ヽノ   ⌒\__
     / |      \___)⌒\
     ` ̄\ \     -''' ⌒(___)
         \         /\ \__
           ` ―─―─´   ヽ___)





311 名前: ◆Zr4xz82y3k [sage] 投稿日:2010/10/19(火) 01:35:11 ID:dSO/jNqo

でも、この時期はわりと忙しい。
イベントが重なるので、色々なところから猫の手でも借りたくなるようです。


              ___
             / .u   \
           /((○)) ((○))\
     /⌒)⌒)⌒).::::  (__人__) l_j :::\     /⌒)⌒)⌒)
     | / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //                 __
     | :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/              ___/    \ ___
     |     ノ    | |  |    \  /  )  /         ___/    \   /    \___
     ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /         ノ ヽ、_  \             /   ノ ヽ
                                      ' (〇) ____        ___ ( 〇) '、
                                     (l、__) ノ   ヽ、_  \____/  ノ  ヽ\(__ノ_)
             / ̄ ̄ ̄ \                  |!|!l(○)}liil{(○) /ノ   ヽ、_\(○)}liil{(○)il|l|
            ノし ゙\, .,、,/"u\                ェェ|| (_人__)  /( ○)}liil{(○)\ (__人__) |ェェ
          / ⌒ (◎)ヾ'(◎)u \                \|!!il|!|!l| /    (__人__)   \|!!il|l|/
           | u  ⌒゙(__人__)"⌒ u |                 /|ェェェェ |   ヽ |!!il|!|!l| /   |ェェェlヽ
            \ u   `ヾ,┬、/` ,/                      \    |ェェェェ|     /
     .       /⌒/^ヽ、 )__( ,ィヽ、
           /  ,ゞ ,ノ ゙⌒" ,  ゝ、
          l /  /      ト/.\\





312 名前: ◆Zr4xz82y3k [sage] 投稿日:2010/10/19(火) 01:36:01 ID:dSO/jNqo

で、最近あったことですが地元小学校で
郷土芸能(お囃子と刀の演舞など)の保存会のお手伝いをしたわけです。

主役は小学校高学年の子供たち。


            , -──- 、            r 、.     ,、              /// ,イト、ノ  \ \ \
           , -'、        `ヽ          l ヽ,,, -ー -', l             / ./ / // l  |   ヾ\\ \
          /            ヽ        /  @ o  @ ヽ           /// /  | l  |  |    |:ト、\\ \
            l l  fヽ/| l i 、   ヽ ヽ l       Y , ヘ^ ⌒ ^^⌒ヽ ヽ          l l | |__,斗─┴ー|/ / //、 \\\ \
         | |  |``"| ||| __l_l | ||      l γ::..:::::..:::...ヘ、: : : ハ j          L!<ト、 `z=≠' / /从〉 }ヽ  ヽ \ヽ ヽ
         | | イ⌒ヽヽヾト、|ヽ`ト ||      `ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::)             ヲ     //  厶ハ ',   ', ', \
         | |  レ==ミヽヽシ==ミ| ||       リ::::::( ( ●) (●::(              \ __ ,      /  | |  l   | | | ',
         | |  |''''        ''''| || .      ハ::::ハ  ,, r‐ァ j) )                    ヽ-──-く/´二l l  |   | | |  l
         | |  |、   l  ̄l   ,イ ||        Y ヽ    ̄イ' y                 /.:.:.:.:.::::::::::::::: ̄`// ,.|   | | |   l
          | |  | \ ヽ ノ / |  | |           ( }=={_ Y          ____`ヾ=ー-::、::::::::::::::::// /:|   | | |
           | |  | | r〕、ー イ、 l |  l|          T   トくj         /⌒  ⌒\:::::::::::::::::::::::::::::::::{ l / |   | | |
        | | ノ-'〈::::::::><::::::::〉`l|  ||          └ァ┬┼く       / ●   ●  \:::::::::::::::::::::::::::l ! {   l|   | | |
        ,r:i| l|゚:::::ヽ,イ_>、/::::゚||  |::ヽ         ヾ7ーチイ¨}ヽ      |⊃ (_,、_,) ⊂⊃ |::::::::::::::::::::::::::| | |   l|   | | |
        /:::l| l|::::::::::::/〈j ヽ::::::::l| i,|::::::l,         /ー/` ̄ `-’      >        ィ’
        / ::::l| ト、:::::::::l  i |:::::::ノ| リ::::::::l,        (こV





313 名前: ◆Zr4xz82y3k [sage] 投稿日:2010/10/19(火) 01:38:18 ID:dSO/jNqo

10人ぐらいしかいないんですが、あの年代の子供は力が有り余っていて、しかも手加減をしてくれない。
すんげぇ手がかかるんです。


                   rfミヽ、 ,.、
                 `ヾゝ、´ /
                  〉、j_,ハ
             __     {::.「+:::ノ    ___        n
               `ヽ_ /.:`:.:´::}-‐ ¨ ̄`ヽ `)    _,{ ゝ-‐=- 、
            ‐=ー-、__」:.:.::.::::::! ,. '´,、,、   Y、  ,.ィ´.:L_`_,二ニン
         ,、,-、-=ニ三._ {.:.:.::.:::.:|/,ィく /lィ !j j /.::、:.x.:ノ:)
         ゝ-、:.;>、 ̄ニ=-.|..:.:.::.:::j.f=ミ`リノj.ィノ/::.:.:..:.:.::´:/´
              `ヽ_.\_彡'」.:-=:´ノ "',.へ ,,テハ!::.:.:..:..:.:/  ダーイブッ
         ,r'フ¨´、  ̄ Y´ィ:´.:.::::;':i、(__ノ_,ノ{ {::.;. -‐'′
   _,.,. -─/ `丶、ヽ  _}.イ:、:;.:':.:レゝ< j´::.:.:.:| |/             ,、       ,、
  ,.イ rェ」___ノ‐- ._  `Y´.:.:;ノ.:.:,.-r'7フj:.:」_;.: -‐j |             l ,`- ー- ,,,,r' l
  し'´     {_   ` ー{:.:.:.::!:.::.:.V_/´/|.;ノ  し'ノ            ,r' @  o @  ゙ヽ
        i!   ̄ ̄¨¨{.:.:.:.:.:ー:.;.ィ^t-v´                 i' ,r'⌒^^ ⌒ ^ヘ ,  Y
        ヾ __.. -‐´|__,. ‐ T.:/                   (:.ハ : : : ,ヘ...:::..:::::..:ヽ  l
           `\_,. -<__,. -'¨´                    (:::::: ,ィ'  ヽ、 (,:...(,::`}
                                        ):: >) (< ) )::::::リ
                                        Y(  、_   | トレ'´{ー、_./ ̄l
          ___                           | > 、\__) ィ/}  」   ||_フノ
         /⌒  ⌒\                        と.」_   T⌒T       }ー'
  〃   / ●   ●  \   ミ                     \ヽ○ ○ ノ_/
   /⌒ヽ|⊃ (_,、_,) ⊂⊃ |/⌒i                       /       \- 、
   \ll|l     ヽ._)    l|lll  /                   _    ハ   -..__ .ノ}   ヽ  ドタドタドタ
    人l||l         |l||l 从 バンバン              / ヽzく.厶_/     \_.ノ
    ( ⌒ )        ( ⌒ )                   \     }
                                         ̄' ┘




         ____
        /ノ   ヽ、_\    r ⌒j
      /( ○)}liil{(○)\  /   /
     /    (__人__)   \/   /   /  )        \∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨/
    |     |i|||||||i|     /  /  /  /         >                            <
    \     |ェェェェ|     /   '` ´  /             >    みんな走り回らないで!           <
      r´  (⌒'ー―- イ′     ´廴          >                           <
     /    > 、     ヽ      _  ̄ ̄ ̄)      >    お願いだから落ち着いて!!      <
    /        -、      }        (  ̄¨´       >                             <
   /           ヽ._       __  \           /∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧\
                `   --‐'´ `゙' 、_.)





314 名前: ◆Zr4xz82y3k [sage] 投稿日:2010/10/19(火) 01:38:46 ID:dSO/jNqo

でも、それで嫌な思いばかりか、といわれればそうでもない。


                _ --― - 、
             _,__'´    \     `ヽ、
            (´  ,)  (´ ̄ `)     ヽ
            / ̄     ̄ ̄      i
             ,' l、_人  ノ         l    だめだ、ペースを握られっぱなし・・・・・・
              i    l .l  ̄  ,    u   l
             ヽ  l l    /       /
             `.l、_ノ__        /
                  `l        `、
             ヘロ   /       ヽ、
              __/     _/    `ヽ、  ヘロ
                `ヽ、_/l  <_/     l
                      l              l
                   ヽ、        /
             ヘロ       `l   _,-   /
                        l   /  /
                      / ./ヽ、〈
                      ̄    `





315 名前: ◆Zr4xz82y3k [sage] 投稿日:2010/10/19(火) 01:40:35 ID:dSO/jNqo

やっぱり、子供らしく純真なところがあるんですよねぇ。
ベテランによる大人の演舞を魅せると――


            .,、r;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ュ、,,._
           /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
          .,イ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'、
        /;;;;;;;;;;;;;;ヾ;;ヽ;;;ヘ;;/;;;//;;;;;;;;;;',
        {;;;;;;;;;ミ7/ヾ;;/;;;;;;;;;;;;;;;シヘ彡;;;;;!
        ';;;;;;;;;ミ;/  :!|``''"´i|   '|彡;;i
         ';;;;;/ |   !!    ;!    il;;;;;;!
        r‐ヘ;! ├-、,,_|!    ;|_,、-ー|l;;;;'r、
        {こヘj |弋ャォ|k   ,.rf|ャオア´!|レヘ}    . . . . : : : :.:.:.:.:.:.:.: . . . . .
        ∨ゝl ;.|   |   !:  |   イ|.ノ/      . . . . . : : : : : : :.:.:.:. . . . . . .
         ヾトj |   |   !:  |  / ;!|;/        . . . . : . : . : . : .:.:.:.:.:.:.:.:. . . .
         |;;;;、,!:    ! _|;;  ! / /l|       . . . : : : : : :.:.: / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
         リ!|;;;|    !,r‐ー十‐ュ_,'l|リ    . . . . . :.:.:.:.:.:.:.:.:.: |    始めるか     |
          リ|;;|!ヘ/ソ´ _,rオ≡====:.:.:.:.:.: : : : :      \________/
        .,、rュ;;|!// //.,/ .,/j;;|ュ、
        };;;;;;;;| / ノソ ./ .,/ノ>;|;;;;|
     __,,,,,,ノ;;;;;;;;;! / /   .,/ /! :|;;;;!;;;;レ=x、_,,,、__
  /`;;´;;;;;;;;;;;\;;;;l. / / /   / i |;;;;/;∨;;;/;;;;;/;;;;;;;;`
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l./ / /  /  /;;;;;;;;;;i//\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ソヽ   ′/   |;;;;;;;;;;;;;;!';;;;;;;;;;;;`\;;;;;;;;;;;;;
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/^!ヽ\二三{¬ ,ーイ!;;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;;;;
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/!;;;l `ーニ二〈圭≧≦圭 l;;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;!;|;;;ヽ;〃  / /圭圭圭圭i;;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\     ← この道ウン十年の大ベテラン
 ;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;\ヽ;;;\,,/ /!|圭圭圭圭};;;;;;;l;;;(⌒ヽ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄       地元のクリーニング屋さん
 ;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;\;\;\;;ji|圭圭圭圭i;;;;;;l;;;;;;X;三i





316 名前: ◆Zr4xz82y3k [sage] 投稿日:2010/10/19(火) 01:41:49 ID:dSO/jNqo

                 'r‐ '::::::::::::::::::::::::::::::...ヾヾヾ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ i
                /,.-:::::::::::::::::::::::::::::::::ミ `::::::::ヾヾ、:::::::::::::::::::::::::::::::;::::::::::ノ
                7:::::::::::::::::::::::::::::::::三ミ:::ヾ -, ,、_:::::ヾヾヾ::::::::::::ノ/ノ::::ノ            /ヘ、
           ∠/::::::::::,. -‐、::::::::::::::::::::::ヽ// ヽ.::r、::ヾヾ=::"~^::::::::/-ァ          /::::::r'     _  __
           .∠/:::::::::.//⌒i l:::::::,-‐'" ̄//   | | `ヽ::::_:、-:::|::::::: く           {_::::/     /:/ /:r'
      .,. -、 , -―‐フ/:::::::/ '⌒) l:::ノ  ‐-、//   l l;;;;    | l三l::::::ヘ::ヽ、         //     〈;;/ /:::i             /ヽ
.     / ヽ `ヽ_/ /:::::_ヽ.ヽ_ (. i    //=、__  l l ;;;  , -.!.l三::::/ ヽ:::!    .     //     r':ヽ /:::::l           ./::::::::|
  _./    \/  //::/  ヽ ,,_ヽ ヾ  ヽ=r,テ=、ノノ ;;;  /三.!::l:::::/  l:::l        //      7:/ `ヽ'           /::::::/
,-' ヽ      \ //     \_,ノ| ヾ // `ー‐'//,ノノ,/ツ.フ|::|`'"   .!:::l    .    /::l     /:/   ,._           .i::::/
    ヽ     \       ;;; !  ;//   .三//  ', ̄ 三.!::|     |:::|       l::::l     /:/   r'::ノ r'ヽ       ./::/
.     ヽ       \     ;;  |  .//      //    ',::三ノ|:::l.      |:::l    .   j::::l     /:::l   l::i  /::/        i::/
.       `‐- _    \    ;;;; ゙、//     //     ',::::/ |:::j       l:::|    .   /::::::l     l::::::l   L:j 「:ン;へ     ./::l
              ー- 、 \  ..;;;  〃     //   .___',く /:/     |:::|      |::::::::l   .ヽ/     _/:/   .ヽ/
              ヽ  \ ;; 〃 ;;ヽ     /,.......... ...ゝ   .//`ヽ _   |:::|     ヽ::/          ヽー '     ,ィヘ
                 / / ;;;;;;ヘ,   〃 ー┬''/   //    >、 |:::|                          ヽ/
                        ゙、 /  _,..⊥'_    i/   /,>、_.レノ
                           ゝ‐'     ` ー- _∠∠___`ー、... -― ''"゙¨フ
                       /⌒  三≡             ̄       ノ
                      ./ミミ   ヽ三三≡_.....               /',
                   ,. -―く三三    \: : : : : / ー- ....___... -‐'''"ー┴-- .._
                  ノ    `r 、三.    \: : : {    ヽ    ヽ             ̄ `''―- 、__
               ,.-‐''"     ,゙  \     \: :l     `ー、______)                     ̄ ー- .._
               /     ll:    |: : : : : :\      \ヽ、______./                           ` ー 、_
              ヘ    l|l      !: : : : : : : \     \: : : : : : :/                                 `ヽ
             | |    ,'ヽ    |: : : : : : : : ::\     \-‐''"                                  _/
             /  !   .,': : |    l: : : : : : : : : : :\     \                              __ -‐''"
               |   l: : :|    l_... -― ''" ̄ \    ヾ\                      _ -―'''"





317 名前: ◆Zr4xz82y3k [sage] 投稿日:2010/10/19(火) 01:43:15 ID:dSO/jNqo

  !|!    ,/ l|   i! l!  ,/
 . |!    ,!' l|   l/l!  ,i'
 . !l    i! .l!   l! l!  i!
  |!    l!/l|   | l!  i!                          _,,,、 -=''"/
 .l!    l'" l! //l_,,/                         /   _,,.、./
 l|!      l//  ´                           '"ニ-─ッ    ,,.
 l!       /                              /´  _,,./ ,.、=''"´/
 !     /    /'7                          ヽ_‐ニ"‐'"´   ./
 |!    |!   /  ./                            丶    _,..、‐'"
 .!l    |., /    /                                  ヽ、-‐"
 .ll!    l/   ,../                                   ,...-==≦--<_
  l!        ,./                                  rく:::::::::::::::::::::::::::<⌒
  .l!    ,.、- '"                                   ヾV////ハノノ彡::::::彡'⌒
  !l _,、-'"                                     /,イ /  |ヘ彡゙Y:::::ヾ、__
  `''´                                       / / 〉/ィぇァ'|: リし/:::::ハ<⌒7`ー -- 、
                                          {:.:.:{:.:/_|    |: ト-ヘハリ|:.:.|/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>、
                      _____ .... へ、_ へ、--─ 、<:.`>:.":.|}`ヽ jノ:.:.:.ノ ノ:.:.厂 ̄ ̄`ヽ、/:.:. \
.              ___r┬< ̄ ̄:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: \:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:. \:.`>:.":.:L _/{`ー:.、  ヾノ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /:.://へ
    弋ー―= '' "    }ト.\\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:. \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`Y三才:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /∠彡イ/:.:ヽ.
     厶≧≠ー-ノ __丿ー\\\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,ィテテハ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:彡ヘへへ、__r‐、-=二二ニ=─:.ハ
      ノ厶く//______ ≧──====ニニニニ二二二 ̄ ̄ ̄入(( いZZZZZZ7 / / / r┬  `ヽ:ヽ:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. }
  ∠二二二二二二ニニニニ=== ──    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ー"´`ヽ:.:.:.:r‐ヘヽヽヽ入_>=彡|:.:|:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.j
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                                      ∨:.: ̄ ̄{ ̄ ̄:.:.:.:.:.:`V:./:./:.:.:.:.:.:__三二才
                                                ∨:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄/ ̄
                                                ∨:.:.:.:.:.:.:.>:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:′
                                                く二二才{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.〉
                                                <:.:.:.:.:.:.:.:.:.:〉__彡′イ
                                             _____j\、、_〈:.:.:.:.:.: ィ「 ̄|入__,ハ
                                             \:.:.:.:.\圭{{_}}圭彡|   `ー〈,,,∧
                                           厂 ̄二ニ=─/\─=彡ヘ、__∨:∧
                                        . .<:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.`ヽ:.:.:.:∨:∧





318 名前: ◆Zr4xz82y3k [sage] 投稿日:2010/10/19(火) 01:44:33 ID:dSO/jNqo

                         _ ........ _
                      /:::::::::::::::::::`ヽ
                  /:::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
                  ,′:::::::::::::::::::::::::::ト、::〉
                   //::/, ::/, ::::::::::彡' 小
               //:://:://::::ィ/ハノ ,ムハ!
                  イ/::// イ//:::八: /┘! }
               r<彡イ //ヽ.._/  / /      これが“型”だ。
             /ニ二二三{ ハ三/
             ///////////77ニニニ7        構えてみろ。
.          /////////////// :|////∧\____
.         く/////'//////////:::::|///∧/`ーく/
        〈/Ⅳ∧//////////{:::::::|//∧////∧
          j∨//∧/////////ハ、: |/∧//////∧
.          l'/////∧'/////////,\l∧/rーュi///∧                                            .<>´
          l'///////i////////////h//,|//,|j////∧                                      .<> ´
       l'///////l/////////////{/////ハ////ハ                                     .<> ´
.       l'///////l/////////////ハ////,ト、//////\                           ,イ三ミY_> ´
       l'///////l////////////// |////| ヽ'///////,\、、                      ,、<≫}))))}
.       l'///////l///////////////|////l   \//////彡ヘへー────=ァァ、.... ィ⌒つ<≫'"´ー==彡′
       l'///////l\/////////////,|////|    \///∧///////////////.... __r<二 `YY
.       l'///////l:  ∨///////////,|////ハ     ヽ ////////////////厶、 戈..| 〉//
       l//////才〉 く////////////{////〈        `ー──────一 ′ `ー‐┴'´
.     {////////〉 く////////////ノ/////
       ∨//////∧厂//77≦三三{{___}}三しヘ、




             ,  - ――― - 、
         /          \
        /´           ヽ  丶
         |       i Yi   |    i
         |  トiヘ | | ト、,レト、  |    |        \  おおお~~~~  /
         | | | | |iノィ≠r∟ |    |
         | `トnj,ハノ′bしj'|  |    |
        _|_入iJ!      ̄|  |    |                ,、       ,、
      /,. 〉〉》 !´ (ヽ   |  |  ,r',ニヽ              l ,ゝ- ー-_ノr' :l
.    / j'てづ   `ヽ ニ.ィ´ |  |  ハ{.r;  \           ,r' @ q  @  ゙ヽ
    |   r:r'´/ /7冖ァ:Z.フ _}  厂`Yー{_,.   i          i' ,r'⌒^^ ⌒ ^ヘ ,  Y
    |   |1!i/ / {,   |:{__,,ノ;イ '/ /´  ̄|  |         (:.ハ : : : ,ヘ...:::..:::::..:ヽ  l
    |   || 厂´/   `ー ''´/ /  |     |  |          (::::::`ヽ'  /、(,:...〈,::`}
    |   || | /        / /   |   | |          ):: ●) (● ) )::::::リ
  /|   |! |! |   :.   |,' /    }   /|   |      r‐ぅ__  ((i  r‐ュ ''  ハ::::ハ
. /ィ'|  ,ハ |j |   .:.:.   ハ. {    ∧ ||  |     (⌒ 厂  Y''ヽ.    ,ィ'ノ .:y        ____
 '/  |    ,ヽト1        ヽ! i. /  \| |    |       ` ´     V:丁レ/:/ノ:::::ヽ         /⌒  ⌒\
 ' /ノー 1i  /i          }ィ゙| | i `ヽ __/          rヘ,、ノ:/7:「⌒Y::::::: |       / ●   ●  \
 !ノ1/ / ノノ 〃リ             ヽノ! | | ||             ヽァ'::ヽ{::::::〉¨´:ヽ:/::|     |⊃ (_,、_,) ⊂⊃ |
    イイ/| ,ハ/!   .        ∨ /i | ,ハノ               \__ノY:::ヽ:_ノ::: |     >  ヽ._)    ィ’





319 名前: ◆Zr4xz82y3k [sage] 投稿日:2010/10/19(火) 01:45:07 ID:dSO/jNqo

今度は興味津々
それで大人しくなっていうことを聞き出してきます。


     |  _ | |             [二二ヽ‐_ヽ    //:/
     |三{ ´| |    /       ┌─_─ヽ\ \__ ///
     |三|、_ヽ|   /l_       /‐''"_´ ̄ ̄三`ベ/
    ´ ̄ ̄  \  ̄|   /    /〃/ ,. _'"´ ̄/ ク \       `)ヽ、 __/〉__
    }         !  ノ 7フ   / イ/ / __   `ヽ ヘ//ハヽ   _ ノ  __//_
    ゝ、      |    /´ ツ/r¬/  <゙{ぴ;;ぇ、ヽ  z 、ヘノ ハ   \   ヽ-‐ァ r‐__‐┘
    〈     n_∩7  // { {r    ` ヾ    _  〉リ}.} }    |    //云 rヽヽ
      ン  rh^ /´::| / /  /ム l            {=ミ  ノ//     |   /ク`/ /ノ
     (ン´⊆ /:::::::::::::Y /  /  彡ハ     z- 、_  ´ `/ノノ      |  〈〈// // 「l
     / /〈:::::::::::::::::ヽ  /  /l!:/  、    {   )ア   ∧´       、 |   ̄ ∠ィ'| rニニ lコ
     |⌒|/ ヽ:::::::::::::::::ヽl:--─/    ヽ   ー ´  ノ、 \   _ ノハ |        | | __//_
     |  |   llヽ::::::::::::::: ヾ≡Aヽ    ;;;\ __,... <二、 _>ー~''´   ∪      |」(<フノ┘_/〉__
     | ::|   l| ヽ::::::::::::::::ヽ==弋之二テ´,r-''"´::::::::::::Y                 ̄「|└ r‐┘
     | ::|  /Z| ハ:::::::::::::::::ヽ三/´u/  /::::::::::::::::::::::::::::|  や  や            | |r‐' ト、
     | ::|/ /|l ヽ::::::::::::::::::::\ 小、_/:ヾ:::::::::::`::::::::::: |  っ   り          |」<フノ `´
     |__::」/|  |1 |lヽ::::::::::::::::::::::::〉尤:::ヘ::::\::::::::::ヽ:::::::::|  て  た           
       |〃|  |l |ミヽ:::::::::::::::::/:::::ハ::::::::、:::::::::::::::::::::::::::|  み  い    「_ ̄ ̄\   ロ「|r>
       /|  |∩|1 |:::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  た  !     | `ヽ ヽ\ </
      /:::::|  |J |1 |:::::::::\:::::::::::::::::::::ゝ::::::::::‐-、:::::::::: /   い!        \  `、 } }\__
     ノ::::::::|_じ ヘ l|>::::/オゝ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/            ___> } }l} / ヽ
   /::::::::::::〈 ̄\ 1ト;://////\::::::ヘ:::::二:::::ー二;;;/            /  l!     | |!   }}
   :::::::::::::::/ `ー 、ハ(ン:{{{{ { { {::::::::ヽ、::::::::::::::;;/´   |/フ       /l!    l!    ィ/ /    ノ
   ::::::::::::{(二つヽン´:::::{{{{{ {!::::::::::::ヽ` ̄:::´:`丶、   j/ ̄\/ 〃   ノ  ´/ ´  ´




      ____
    /ヽ  /\
   /(●) (●)丶
  /::⌒(__人__)⌒:::uヽ    さ、さすが……
  l    |r┬-|     l
  \   `ー'´   /    やっぱりベテランさんは子供の扱いがなれてるなぁ
  /         ヽ
  し、       ト、ノ
    |   _    l
    !___/´ ヽ___l





320 名前: ◆Zr4xz82y3k [sage] 投稿日:2010/10/19(火) 01:48:19 ID:dSO/jNqo

……ほんの数分間程度は。


  、__人__人__人__人__人__人__人__,
  _)                 (_
  _)   それ僕のーー!    (_\_人__人__人__人__人__人__人__人__/
  )                    (  ≫                      ≪
  ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒ ≪    あたしのーー!!     ≫
                     ≫                     ≪
                    ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\

                                  ___
                                 /     \
                           /ノ   \   \
                 、nnn      / (○)}liil{(○)   \       nnn、      みんなの分はちゃんとあるから
                 | l l l        |   (__人__) _     |      l l l |
                と  ノ‐─‐─-、\ ヽ |!!il|!|!l|      /、-─‐─‐!、  つ    ケンカしないでーーー!!!
                   ヽ___      |ェェェェ|       ___,r'
     __ __                   │  ・        ・  │
  /..::::::::::::::::::::::::..`ヽ           │              │
 ,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:',             __∧_________
 |:::::|:::::ト,,ヘ:::::.ll:l:l:::l:::l::l::|           /                    \
 |:::::|:::::|  -ヽjl从ハノリ:::|           |    ポケモンは後でねー!   |
 |:::::|:::::| ≡    ≡〈:::.!
 |:::::|:::::とつ 、__,_, ⊂つ   できない子ちゃん、ポケモンしよーー!
 |:::::|:::::ト  _ __ イ.::|
 |:::::|:::::|Y \/OVヽ |::::|





321 名前: ◆Zr4xz82y3k [sage] 投稿日:2010/10/19(火) 01:48:51 ID:dSO/jNqo

でも、本番も終わって、子供たちが無事に発表会も滞りなく終わると、やってよかったなぁって。


      , ‐''"´ ̄ ̄`ヽ、    r 、.     ,、
   /        .丶    l ヽ,,, -ー -', l
.  /      \    ',   /  @ o  @ ヽ
  /         \  ノ  Y , ヘ^ ⌒ ^^⌒ヽ ヽ,
 {      \ ‐''"´ ̄¨ヽ、l γ::..:::::..:::...ヘ、: : : ハ j
 {   \    {    _,.ィ !_`ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::)
. \.   \__, .ィ ̄ ̄‐/ |ゝ,リ::::((●)  (●)::(:     頑張るのだ!
.   `ー^ー彡‐''"´./   .!〃.ハ:ハ,,  r‐ァ  j):::)
       \ ̄ ̄       .`!Y ヽ   イ' y:(
          ̄ `ー--<_ ,ヘ: :::.!>< '" /
             ∠::≠く  \|ハ∠:/ \
             {:::::::( ,、 \_,.. ィi=!.ノ'´\  \
             ×::::::(´∀`)━川_冫.  \  \
             \__::::::::::ヽ/:::!:|::\     ゝ彡β




       r 、.     ,、
       l ヽ,,, -ー -', l
       /  @ o  @ ヽ
      Y , ヘ^ ⌒ ^^⌒ヽ ヽ
      l γ::..:::::..:::...ヘ、: : : ハ j
      `ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::)
      リ::::::( ( >) (く)::(      ひ、ひとつまちがえちゃった……
.      ハ::::ハ 。゚ ,ーュ。j) )
        Y ヽ    イ' y      くやしい……
        / 'ヘ   j ̄ヽ
       /、  ヾ /    ヘ
        il     Y   il
        l ヾ .._  i!  .. イl
        l j    i!    l l





322 名前: ◆Zr4xz82y3k [sage] 投稿日:2010/10/19(火) 01:49:08 ID:dSO/jNqo

           / /
      r 、⊂二⊂ノ
     (( (二二二二二) ))  ナデリナデリ
      /  @ o  @ ヽ
     Y , ヘ^ ⌒ ^^⌒ヽ ヽ
     l γ::..:::::..:::...ヘ、: : : ハ j
     `ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::)
     リ::::::( / ̄)   ((, ̄\
  .   ハ::::ハ/ / r‐ァ j)\ \
       Y/ /   ̄イ' y  \\
        / /'ヘ   j ̄ヽ   ) ヽ
      ノ /  ヾ /    、__/
      / ノ    Y   ir




       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \   ウン、ウン、頑張ったよ……
  |     (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /





323 名前: ◆Zr4xz82y3k [sage] 投稿日:2010/10/19(火) 01:49:34 ID:dSO/jNqo

       ____
     /⌒  ⌒\
   /( >)  (<)\      もちろん、いやらしい気持ちではなく、
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |    /| | | | |     |    子供がきらきらと輝いて見えます。
  \  (、`ー―'´,    /
       ̄ ̄ ̄




    .:.:...        :.:.:                    :: :.:.:.:..     :::.:.
    :.:.       .:.:.:..                    ..::.:     .::.:.   ::.:.
     : ..: ::.. :. :::: :.::.         -──―-、        :.::    ::.::.:.:
: :.                   /                     .:.::    .:.:.::::.
  :.:                /、_ ー'    、、_,        .:.:.: ::.:
  ::.:               //(_,|'      /´)`ヽ、   .|          そういう体験をすると、
  .::.                 l  ー' / / / /lー cノ    l
::.:                >-─-、人__)  ̄ '"'   /          俺も子供ほしいなぁって思っちゃいます。
      .:.:.::::.        /     .lー'        /      .:.::.:.:...
      ::.:.  :.:..      / `''    /          く      .::::   ::.:
.       :.:.:.::     /      /





324 名前: ◆Zr4xz82y3k [sage] 投稿日:2010/10/19(火) 01:53:06 ID:dSO/jNqo

そんなこんなで微妙に時間がなかった中で作った外伝。


                    やる夫の城塞都市物語外伝

                 やる夫で学ぶ吸血鬼とヴラド・ツェペシュ


                         /.::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::.`ヽ
                          .::::::::::::::::;i_i::::l‐i-i::ハ::::::::::::i
                        /.:::::::::::::/[l::|::::|,rッく::::::::::::::::l        _
                  . -、ー=彡'.::::::::::ィゞ从:::ゝ ̄ }i:::::::::::::l       { \
          ヽ    / /`Y´.:::イ::::::::::(\〈{`ヽ. 从:::::::::::|     { \  \{
           }.  / / /人 i{ |::::::::::::.ヽ_,_-‐=-' ノ}::::::::::::..      ∧  \
           }/ / / , く  ヽ:|::::i::::::::::ト´ -‐'  ハ::::::::::::::..    { ' .  ヽ
          〃  ' / / ノ  ノ::l::::i::::::::::}ト.、   //::::::::::::::::.\  |、 ヽ
           、    ' /ー=彡::l::::|:::::::::「\>-='/.:::::::∧:::::::::::::`ヽ| \ _ヽノ
           : .ヽ  _/      |::l::::|:::::::::lニ厶=‐<イi::::;′:ヽ._:::::::::::人  . : : : :
           : : : : : /     |:::::i:|:::::::::ト^Y^ヽ/ ノリ:::l   ::::::::ト=ニ. __`ヽ : : : :
          ー-=r '    ____」::::八:::::::.∨∧.:/彡:::::;リ .::::::::::i , , , , , /∧二ニ
          ー-ァ′,.-< , , , , ,〃イ:::::ハ:::::::ハi「:.:.\l::::::i:! .::::::::::::. .:::::::/∧::{7 ノ
          :∨  /∧::::::::::::/{ {八:' /}::::::|∧:.:.:.:.:从{八‐- ... _::::::. .::://.::::.Vくo
          ::::\, /.::::ヽ::/.:::::乂:/ //}::|リ{:.:.\:.:.:.:.)ヽ:.:.:.:.:.:.:/.:::::::∨ ::::::::::|  >'
          o::/,'.:::::::/.::::::::::::/ //八l  》、:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.:./.::::::::::::V.::::::::::l/o::
          :/ /.:::/.:::::::::::::::   .::::{ {:::{  || \:.:.:.\:.:.:.:.:く::::::::::::::::::ヽ::::::〈::::::::::
          ' .::/.::::::::::::::::::  .:::::::Vl:人 /,=   ).:.:.:.:.)ー-、:.:ヽ-=ニ二_:::::::::.\:::::
          :::::::`二ニ=-、::::   ::::::::::(  //  /ー‐‐く    )'⌒::::::::::::/.::::::::::::∧::




                                /ソヘヘ
                                'v=0=w`
                         []      ( ゚∀゚ )    ロードローラーだよッ!
                         ||____.ノ(. つ¶つ¶____
                       / ̄:l:  .―:l:――――:l:/___ヽ,―、
                       |  :|:./ E:|: EEEEl  :|:|:   :  ̄ ̄||`l
                      / ̄ ̄ヽ ̄ヽ EEEEl  :|:|:__:___||._|
            ゴロゴロ……   /  ,●、  |  |777777|:|   l, ―┴、┴――、
                     | ●|  |.● |  |/////// .:|:| /     ヽ    ヽ
             承太郎   ヽ  `●'  .|  |====:|:| |==㊥==l===|
                     ヽ____/_/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~'ヽ_____/____/
           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄'"''''''''''''"'"''"'"'"'"''''''''


                   10月29日(金) 21時より投下予定





329 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/19(火) 19:46:07 ID:8qef3IFs

おお、これは楽しみだw





325 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/19(火) 02:14:44 ID:GkFFeYBU

確かに吸血鬼だがw





339 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/29(金) 19:19:54 ID:2GAp.d0g

ワクワクw





341 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 21:09:26 ID:pEIPpLm2

<1897年 ルーマニア王国 トランシルヴァニア市>

     :. .: :  -‐-
     : ,r'´.     `ヽ:
     :' ..:.       ゙;
     . ::..       .
     :ヽ ::::... ..... ,.'
     ..:. :` ー- ‐ ''"

                              ∧
                             / ∧ヘ
                              而而 |
                             |n l|√ |
                              鬥鬥l__∧___∧
                          。___|]] |三|]]三三/\ ∧
                           ∧三 l|__l三|]]三ー/:∵\|
                          I/厂|∧l|   | ̄ ̄ ̄丁二二「|
          ∧I               /|T¬「 ̄| [[| ロロロ [[| 凶凶l |
          [[[[|  ∧   __    | ll| ロ|| lll |]] | ロロロ [[| 凶凶l |
          |ii |  〕∧ニlヘ ̄II\. │ll| l|| lll |   | ロロロ [[| 凶凶l |
          {兀兀} 皿皿|ニニ|ー「[[[[|.| ll| l|| lll |   | ロロロ [[| ⅣⅣl |
          |ii|l | f≦TTニニ|厄`:;':,'゙`:;':| l|| lll |   | ロロロ ::;'.;,',;::;:;'.`;::'、,,,
          |ii| l|,':;`:;'::|│,ロl|,':;`:;': ;,',';,',;:;::;'.;,',;::;:;'.`;,',;::;'.::;'.;,',;::;'`;,',;::;'.`;,',:;'.`;,',.
      ,:;;,',.;::;'::;'.``",':;`:;'::;;;`;`:;'::;;; ;,',;::;'.;,',;::;'`;,',;::;'.,;::;'`;,',`;,',;::;'::;'.;,';::;'.;,';::;'.`;,',;:
     ´',:;,',.;:.;::;',:;:;'.`',:;,,:;;::;',;::;'`;,',;::'.;'.;,',;::;'.,``;:;'::;'.;;,',;:´',;::;'.``,',;::;'`;,',;::;'.`;,',;;'.`;,',;::..





342 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 21:10:34 ID:pEIPpLm2

┌───────────────────────────┐
│彼の名前は、ジョナサン・ハーカー。                ......│
│                                       .│
│ロンドンの片隅で小さな行政書士を開いている青年である。  .....│
└───────────────────────────┘


.        /::::/:::l:::::::::三ミ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       /l/:::::::/:l:::l:!::::::::::::::::::::\::::::::::\:::::::::::::::::::::::'.,
..     l:::!:::::::::i::::!::l:l::::\::::::::::: ̄三ニ‐-::ヽ:::::::::::::::::::ハ
        !::ヽ:::::::';:::ヽ::ソ:::::ハ:ヽ::ヽ‐-::::::_::::::::::::::::::::::::::::::::i
      ミヽ:::::`:::::ンツ!:ハ::{::::\\__::;.:_:::::::::::::::::::::::::::::::::::!
      `ソー:::7´}:l  ヽ ヽゝ,..-::::_;. -;j`ミ::ー-:::、:::::::::__:;イ
.     /:::::::::{ ノノ i/ ,,...:':_ -,.‐z-、 ` ノ:::::::::::::::/ ‐il:l
.     V::::::::::ヽ=ミ、 ー'"  _迩ツ     `ヽ:::::;.' / 7 !:!
       !:::::ヽ::::' '´ヒリ ニン ヽ          L_j └、ノ./:ハ
       ヽ-. '`¨', /,! -、 !            _ノ ∧::::i
.            '、ーニフ            |:(__ノ  V:!
.             '.   _.. ..__            l::: i   V‐- 、
.            , 'ー'´_           l::: i     'ミ、,
            ', ¨´__         /:: 丿     V
 -─‐-,.-─、,.‐ニ二ハ '´   `       /::.  /    /
         { /     ', _  .._  , ':::     /  ,. '   /
        l ヽ  __ ヽ-: : ::-:-:'/ ̄〉 _./ィ "   ,. イ

      【行政書士の青年 ジョナサン・ハーカー】





343 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 21:10:57 ID:pEIPpLm2

┌──────────────────────────────────────┐
│そして今、イギリスを離れ、はるか東欧の地、ルーマニアにやってきているのであった。    .│
└──────────────────────────────────────┘


                        ,,-''_,,‐- ..::::::::_;;--:::―::::―::---:
                      /, '"―  ̄ `' ~   ~ i:::::::::::::::::::::::::::
                  -   / 7'            :::::::::::::::::::::::::
             -  ̄     l /   ..:::...       :::::::::::::::::::::::::::
      --   ̄          | {           . : : :::::::::::::::::::::::::
_ --                 ! `r' . . . : : : . . . . . : ::::::::::::::::::::::::::::::::
                    ,'⌒i.| _,,,,  . : : : :..:_:::::::::::--:::::::―::::::
   ̄   -  ―- ‐ -  ――{ ‐,〉 -  ≒、 {‐l ̄ ,r "~ " 、 :::::::::::::::::::
                    `、ヾ 、''でツゝ`''`''~r'      ', :::::::::::::::    ジョナサン様、
                 _-‐''"~i、 | ヾ、_ ̄''`メー-‐{       } ::::::::::::::
            -‐''"~"~: : : : : ; ;ヽ,、    `'{i ::: '、       , '..::::::::::::::    主のところまでご案内いたします。
       -‐''""^~i: : : : : : : : : : : ; : : |ヽ,、   ,,/ | :::::::::` ー-‐ ' :::::::::::::_
    /    .:::/: : : : : : : : : : : : : : l . .l | r'"~〔、-l::-:::::::::::::::: ̄::: ̄:::::::::::::
   /        |: : : : : : :_: -:‐:―| . . | T`ー‐`―‐--':::::::::::::::::::::::::::::::::::
  /       - ―|: : : : : : : : : : : : : :l| . . .\` ` ー`~:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
.‐/  ̄         |: : : : : : : : : : : : : | | . . . .ヾ>、..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/.:::         |: : : : : : : : : : : : : l .l . . . /_::_::---::::――::----::::_:
 .::          |: : :_: --: : : ― | . T/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::        .:::::/ ̄: : : : : : : : : : : :{ /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::





345 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 21:11:34 ID:pEIPpLm2

┌──────────────────────────────────┐
│このトランシルヴァニアの古城に住む貴族が、ロンドンの土地を購入したので  ....│
│事務手続きを行なうためだ。                                 .│
└──────────────────────────────────┘


               /.::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::.`ヽ
                .::::::::::::::::;i_i::::l‐i-i::ハ::::::::::::i
              /.:::::::::::::/[l::|::::|,rッく::::::::::::::::l        _
        . -、ー=彡'.::::::::::ィゞ从:::ゝ ̄ }i:::::::::::::l       { \
ヽ    / /`Y´.:::イ::::::::::(\〈{`ヽ. 从:::::::::::|     { \  \{
 }.  / / /人 i{ |::::::::::::.ヽ_,_-‐=-' ノ}::::::::::::..      ∧  \
 }/ / / , く  ヽ:|::::i::::::::::ト´ -‐'  ハ::::::::::::::..    { ' .  ヽ      近いうちに、私もロンドンへ向かうことにしよう。
〃  ' / / ノ  ノ::l::::i::::::::::}ト.、   //::::::::::::::::.\  |、 ヽ
 、    ' /ー=彡::l::::|:::::::::「\>-='/.:::::::∧:::::::::::::`ヽ| \ _ヽノ      今宵はぜひともわが城でくつろいでくれたまえ。
 : .ヽ  _/      |::l::::|:::::::::lニ厶=‐<イi::::;′:ヽ._:::::::::::人  . : : : :
 : : : : : /     |:::::i:|:::::::::ト^Y^ヽ/ ノリ:::l   ::::::::ト=ニ. __`ヽ : : : :
ー-=r '    ____」::::八:::::::.∨∧.:/彡:::::;リ .::::::::::i , , , , , /∧二ニ
ー-ァ′,.-< , , , , ,〃イ:::::ハ:::::::ハi「:.:.\l::::::i:! .::::::::::::. .:::::::/∧::{7 ノ
:∨  /∧::::::::::::/{ {八:' /}::::::|∧:.:.:.:.:从{八‐- ... _::::::. .::://.::::.Vくo
::::\, /.::::ヽ::/.:::::乂:/ //}::|リ{:.:.\:.:.:.:.)ヽ:.:.:.:.:.:.:/.:::::::∨ ::::::::::|  >'
o::/,'.:::::::/.::::::::::::/ //八l  》、:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.:./.::::::::::::V.::::::::::l/o::
:/ /.:::/.:::::::::::::::   .::::{ {:::{  || \:.:.:.\:.:.:.:.:く::::::::::::::::::ヽ::::::〈::::::::::
' .::/.::::::::::::::::::  .:::::::Vl:人 /,=   ).:.:.:.:.)ー-、:.:ヽ-=ニ二_:::::::::.\:::::
:::::::`二ニ=-、::::   ::::::::::(  //  /ー‐‐く    )'⌒::::::::::::/.::::::::::::∧::

        【ルーマニア貴族 ドラキュラ伯爵】





346 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 21:13:18 ID:pEIPpLm2

┌────────────────────────────────────────────┐
│しかし、古城に宿泊したジョナサンは、この城が怪しい雰囲気が立ち込めているのを気になっていた。    .│
└────────────────────────────────────────────┘


        _≦二ニ_ ミ、_ ト、  、
      /        ヾゝ、∨ }
     /              ' l
  ,r‐'´                   く
. /           ト、NW川 r'ヘ  ヽ
           i |、 l.    | 「l |  ノ
         i  l レ} |   >'^リ り
       i ト、 ハ/ レヘ / / ∨ソ
.l.       i |ムノナ‐-ヘ } l_イ_ミ 「´                こんな山奥だからかなぁ。
丶       | /、,ニ≧ミ ̄´ 丶ヾリ}_, !
 ヽ   r1/ -kじヘ      \´  l                 人の気配がほとんどないし、
  Yへ } |!   ゞ'´ ニ  <´_,/  ,.  l          _
.   いjヾ'      ミ` i、_   _/   |        /::.: ヽ     伯爵は夜じゃないと面会ができない。
   ヾー 〉        /   ̄  _,   ;      く:.:.::::.::.: /
     T ト、     ′     ̄   /        ヽ:..:.,イ
.     ∨ 丶、             i            |l,l,l,l,|
    r7^¨ ー-ニ- 、__        _/         ヽ /
    |  \    `'ー- 、`' ー‐ '´ハ.           l |
  /     \      ` ‐-、 l _ト、        | |
 ̄ 二‐- 、    ヽ        >≦リ、 ト、,_  「 ヽ.||
    \  \   \   /    } i ヽ   |  / ̄ ̄ ̄ 、
      `ー \     \/ `Y´ ̄\|  |    | ,r ー―-  }




             !:|/|/N:|_,, -― 、,,,_
          _,,,\i::l ! |||::|! i,/ ::::<二
        / ::::::,. _L ,! j|::::::!i:i 彡 ''',  \
        { ::::/::;; -'",.-  r' | フ // /::ノ ::::ヽ_
        ヽ :::〃::::::::::::://ヘ::ヽ /ヘ 彡 ::::
        ( (::ヽy::;:、\!/  ノノ} )ノ:::弋 ヽ ::::::    それに、伯爵も
         弋:::ヽ::/ ,=ヽ'''i-'" ノ_ノレ_ミ ::::::
          ゙ ヽ,i -'(9〉 ,(/,, -,,-<、-i::::hノ:::    こんな真夜中にどこかへ出かけてしまうし。
               !i  :::://   !;:ヽ(9_>゙ リ、! Y)
             | /(Yヽ)   :;;;::::    ノ::::::::    なんだか怪しいところだなぁ。
               |   _二、     ;:    }イノ|
            |  ノ>‐-ヽ       ,,ノノ ソ
            !  二―‐'        / Ti'"::::ノ
            |i  :;;;::: ̄       /  |:::::ノ
            | ! ;;;:     ,,. - "   .ト<
  `゙゙''''' ―-――/| ヽ‐‐ 、_,, - "      ノ イ
  ::::::::::::::::::::::::::::::/i.j| \;;;;;;;::::::::::::    /ノ人





348 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 21:14:01 ID:pEIPpLm2

┌───────────────────────────────┐
│そして、真夜中にドラキュラ伯爵に仕える侍女たちに襲われてしまう。   ..│
└───────────────────────────────┘


              _.....-..― --ュ_         /i
            ,. ':::::::::::::::      ̄`丶、   / ノ
          /::::::::::::::::::::..         ヽ/  ヽ,
          (::::::::::::::::::::::::::::.         )    〉
          _,〉::::::::::::::::::::::r'==7´ ̄`i=ヽ、_/____ノ
        /:::::::::::::::::::::::::::L___> ̄i` ト-、,_/ ヽ i
        \:::::::::::::::::::::::::::::i ハ  i-‐}‐チ 、 ヽ-'  |
         /::,ィ::::::::::::::::::::::::i |:::} ノ)ノ ‐-、ノ   〉 /
         !/ ヽ:::::::::::::〇:::ヽ!:: リ ' (i)  }、 ,.イ {_
              リ:::::::::::::::::::::::::〈  、_ , '// !、__ `丶    ねぇ……
           i∧::::::::::::::::::::___,   /   _,ゝ ) ノ
            ヾ!ー、ト、::::::: ̄ _,.イヽ∧/ヽ!  //     アンタの血を飲ませてよ……
             _ - '´:::::::i i |´/´ヽ __     (_ノ
            l´r'´ `):::::::{」」,ゝ、_,ノー、ヽ
            //   〉::::::::::/~゙ケ   ヽ.!
             /∧ ̄Y:::::::::::ノ ./\___ /ト、
          /イ  >-':::::::::::7__ノ:::.. ノノ_/ ,ヘ
        /  |\  ̄7:::::__:::::::::::::/   / | \
          /|\. \| /イ´  )_,ィ_ノ     |/ /|\




                                r-、
                      f¨ヽ    ! }  _
                          \_,\.  |` l. / .)
                           ヽ 〉::':ーヘ/`7 ノ )
                      __        「::::::::::::::::`:1イ ソ
                   _r'V:::::'::::ー.、   /::丶::::::::::::::::::::7´、_
 __レ┴、         }ノ::::::;、、:::::::::::_)_,.へ:::::::::`i::::::::::::/ 〉ー‐┘
  |  ー' つ       L::l‐ti '´⌒、(_,.L⊥: -ニニー‐',ノ\      こ、こっちへくるなーっ!?
                  辷ヽ`r=、 〉 >-ァ'7| `ー-- ‐ '::: :. ト、
__レ┴、  Lノ_  Z、 ___   ヽ`こ /:/ ./∨ l  :::::::::::::::::. ::. / i
 |  ー' (乂 ) ´__,)    ツ. `ー':/ ,'∨! ',  :::::::::::::::::..: / ./
                 _}/i /lV! l  \.::::::::::::::::/ /
                 ,.イ´_/__/l  Vハ ヽ  丶、-‐' /
                _/:::::::::::i::::::::::::\. ヽへ.._`二  二ノ
           ,.-‐「l:::::::::::::::';::::::::_;;:::::\ `弌ニL[_[_{/
.         _/   \:::::_;;:::‐:::¨::::::::::::::::>‐---‐テ'"
       / i⌒Y´  I´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
       ,ィ'   ノ  ハ._入:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{_
     /:::ヽ- ' _/ ノ   ヽ::::::::::::::::::::::::::::__   -┬`>
.    /::::::::::::::>‐'"     ノ::::::::::_::>'"´  _____| ̄´





349 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 21:14:34 ID:pEIPpLm2

                     \ うわー /

                         ∧
                        / ∧ヘ
                         而而 |
                        |n l|√ |
                         鬥鬥l__∧___∧
                     。___|]] |三|]]三三/\ ∧
                      ∧三 l|__l三|]]三ー/:∵\|
                     I/厂|∧l|   | ̄ ̄ ̄丁二二「|
     ∧I               /|T¬「 ̄| [[| ロロロ [[| 凶凶l |
     [[[[|  ∧   __    | ll| ロ|| lll |]] | ロロロ [[| 凶凶l |
     |ii |  〕∧ニlヘ ̄II\. │ll| l|| lll |   | ロロロ [[| 凶凶l |
     {兀兀} 皿皿|ニニ|ー「[[[[|.| ll| l|| lll |   | ロロロ [[| ⅣⅣl |
     |ii|l | f≦TTニニ|厄`:;':,'゙`:;':| l|| lll |   | ロロロ ::;'.;,',;::;:;'.`;::'、,,,
     |ii| l|,':;`:;'::|│,ロl|,':;`:;': ;,',';,',;:;::;'.;,',;::;:;'.`;,',;::;'.::;'.;,',;::;'`;,',;::;'.`;,',:;'.`;,',.
 ,:;;,',.;::;'::;'.``",':;`:;'::;;;`;`:;'::;;; ;,',;::;'.;,',;::;'`;,',;::;'.,;::;'`;,',`;,',;::;'::;'.;,';::;'.;,';::;'.`;,',;:
´',:;,',.;:.;::;',:;:;'.`',:;,,:;;::;',;::;'`;,',;::'.;'.;,',;::;'.,``;:;'::;'.;;,',;:´',;::;'.``,',;::;'`;,',;::;'.`;,',;;'.`;,',;::..





350 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 21:15:04 ID:pEIPpLm2

┌─────────────────────────────────────────┐
│一方、ロンドンにいたジョナサンの恋人であるミナ・マリーは、最近、二つのことで悩んでいた。    │
│                                                          ......│
│ひとつはルーマニアへ向かったジョナサンの帰りが遅いこと。                        │
└─────────────────────────────────────────┘


           ,. -‐‐-- 、
 .        /  /     ハ
        / /        ヽ、
      ,ィ'"i             \
     / ヽli              ヽ
    i  l i ,ノヽ. ハ     ‐-- 、    ',         ああ私のジョナサン、
    ヽヽ_`!  jノ_ヽ.,,__ _、┬‐r=ニミ    i
     ` ̄ 〉 、 ヽ__,,.〉 ヾjr'_ハ  ヽ.  リ         あなたがルーマニアに旅立ってから3ヶ月も経ちました……
       /.大゙}_ ^"l「 u    \,_⊥ノ、
 .     / / ',`_ u ll  /     フ〉 >-、      いったい貴方の身になにがあったと言うのでしょう。
        ,' (ヽ./ | 「h l.l/     /: :/ ̄¨`ヽ
      i i l./ / ノ/ノイ  \   /: :/--=ミ、: : ハ
      l l l し ィ´ i / / //: :/  ,、,、 n \: : \
 ..    V 「T 廾i、 l l: lヽ/ ./: :/ i i^i  U   V: : : ヽ<ヘ-─- ..,,_
      i´ lj U ヽ_i /:└一': : :i  ll U   \ i: : : :/ : N\ ̄¨゙ヽ._  ̄
      /        l⌒!: : :L l: : : l lj       ̄`ヽ: /: :N: : `:ー-- )
     i  l l i    l  ヽ: : :U: : : :i            V: :l \: : : : : :i
     l  l l.i   l   '; : : : : : :\ヽ_  _ -‐ ¨     ',:l   ヽ --イ
 .     i  しl.i !、, l /∠レ-ヽ:,;_:_: : :`}‐'´--─…    ヽ\  \└、
      ',  U l /ィ´      _二>:ノ   、 n l         l  ヽ  i  /\
      i r-、 l lヽj J    /: : :/      U l l    / ノ、  \l /
      lj  UJ       /: : :/ /  ./   U  ,. ' ,.イ  \  l/l
         o      i: :ノ ゙ /   / ,, '   /,. '" /     \l l
     ___..  ...,,__     /^゙ヽ   ニ/   '"´/   i     / ! l
 ー=ニ::::::::::::ハM::::::::: ̄:/     _.L,.-‐─--‐''"/ ) l  }    ./
  i´:::;::-‐ノ._ !__ゝr‐,‐'     / :/: : : :/: : : : / し'´  /     ,'
 :::ヽ:`:::ー-::::-‐::::`/ / / /_./イ: : : : ;': : : : /       /     i
 ::::::::::`:¨:::::::::::::::::/ノi ,し´: : : : : : : : i : : : ;'

        【ジョナサンの恋人 ミナ・マリー】





351 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 21:15:25 ID:pEIPpLm2

┌───────────────────────────────────┐
│もう一つは、友人のルーシーの体調が思わしくなく、日に日に衰弱していること。  ....│
└───────────────────────────────────┘


          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
 .        ;':::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::i:::::::::::',
 .          ;:::::::/:::::::::::::::::::::::/::/l::::i:::::::i
        /::/:::::::::_;;:><イ// _,V:';::::リ
 .      /:::`了¨ ̄! r tッテ ` ./ィテヵヾヽ!
 .     /:::::::::ハ:::::::::ハ.  ̄   i `¨ /::::|
      ,.イ::::::::::i::└‐弋゙ヽ   _ ン ./::::ノj
    /::::>'"´l::::|::l  \.  ´=' ,.イ
  /イ´\:::::::::V:i:::',  ./丶,.<:::::::\
 .//:::`ヽ\\::::::ヽ::::\._   |::::::::::::::::/ >、
  /::::::::::::';::::丶\::::::::::::::::l‐--!:::::::::://:::::〉
  :::::::::::::::\:::::\丶、::::::i: ̄l::::://::::::/::|、
  ::::::::::::::::::::::Y  ヾー-ミ、\l// /::::/〉::ノ {
  :::::::i::::::::::::::l:::::::::::`ー--T¨丁-‐ '::::/ l/ ./.〉
  :::::::li:::::::::::::l:::::::::::::::::::::/7Tハ:::::::::::,'      /)
  ::::::l l::::::::::__i:::::::::::::::::/ /   ';::::::ノ    /
  三j !三三j::::::::::::::/  _.  ‐ ¨    /_ハ
  :::::l  ,. ‐- ..__,,.. - ¨     _,,.. イ¨i¨::::::',
  ::>'"     `  ''ー - -<.._/   i:::::::::::',
       ,.-  ..,,_         `   i:::::::::::::ハ
   / , /--‐ ´::l ¨ ‐  .._     ,'::::::::::::::l::i
 . 〈 /l i:::::::::::::::::::::::i  /::∨、::::::::: ̄::¨´:::::::::::::::ll::l
  ヽ〉ヽ〉:::::::::::::::::::::∨::::::::::::i:丶、:::::::::::::::::::::::::リ !:l
  :::::::/ \:::::::::::丶、::::::::::::/\:::::::>..、:::::::::::/ リ
  ::::/   `゙<:::::::::\:::::/::::::::';:::::::::::::::::>..、
  :/        `゙ <:\:::::::::::ヽ::::、::::::::::::::::::丶

      【マリーの友人 ルーシー】





352 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 21:15:43 ID:pEIPpLm2

┌──────────────────────────────┐
│そこへマリーのもとに、ブルガリアのブダペストから電報が届いた。   ..│
└──────────────────────────────┘


                 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
                 |                    |
                 |                    |
                 /    ̄ ̄ ̄ ̄      /_____
                 /                   /ヽ__//
               /                   /  /   /
               /              /  /   /
              /   ____      /  /   /
             /             /  /   /
           /             /    /   /
            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   /   /
                                ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





353 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 21:16:07 ID:pEIPpLm2

┌─────────────────────────────────────────────────┐
│それは行方不明になっていたハーカーからの便りだった。                                     │
│                                                                       .│
│ハーカーはトランシルヴァニアで監禁、吸血鬼に襲われた後、命からがら逃げ出して、ブダペストの病院にいた。   ....│
└─────────────────────────────────────────────────┘


                              ,、,、
                        n//./,.ィ7
                          //.///
           : ;. /;/;       l     ニニつ
   、..li__,.      / / __        _L. --くノ
-、:N、j:::::::L..ィ    /;l/'´ ノ      ノ= .三、l
 ノ:::::::::;:--イ_,、  /;;;;;{、 {  /l__⌒レ─‐-、ノ ̄ヽ、
 }:::::::::ヽ〈fァ  `¨7;;lノ;;l l  Y l/ /  i: : lノ   } ハ
ト、!:::::::::::::\   /;;;;;;;ノ 「 ̄l  `フ./    l: :.!   ヽ: : :l
`ヽ::::::::::::r‐'テ¨´、;;;;_\ >-〈__//    l: : l    \:l
  `ミ::::::::`¨\/  ,.イ‘ー‐’ l i    l: : l\    __l
    `ゝ-‐/-ァ─‐へ-‐ニ¨ ̄l   「¨ : : ; l ヽ/  \
       / /  '´  / l  l、 _ノ: : : :/ l (_  ___〉
      l | i    i  l  i  ハ: : : : : /  lユ ヽl´  ヽ、_
      V  l    \ ヽ \   \__/ヽ  ヽ!:::::l    、一'
      l \\   _`_>-‐ ニ二   \/ヽ::! ト、\ヽ \
      しヽ\)、 ̄  _ -=ニ      /::::::::::::ヽ):::ヽ.〉、〉‐'
        し'  \_/ー┬  _.. -‐ニ´::::-─-::-:'::::::::::::::\
                  ¨ ̄ }(O'´::::::::::__:::::::::::::::::::::::::/::::ヽ
                    l::::::::`::ー‐::::::: ̄ ̄`ヽ:::::::::::::::::\
            .          \:::::::::::`丶:::::::::::::::::::∧:::::::::::::::::ヽ
                     ヽ:::::::::::::::::\::::::::::::::∧::::::::::::::::
                       `ト、:::::::::::::::\:::::::::::∧::::::::::::
                           l:::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::∧::::::::
                         ゙;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧::::





354 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 21:16:44 ID:pEIPpLm2

┌────────────────────────────────────────────┐
│そして、ハーカーの電報で、ロンドンに着いたドラキュラ伯爵は、人ではない吸血鬼であることを知る。   .│
│                                                                │
│ルーシーの症状も、ドラキュラ伯爵が夜中に忍び込んで血を吸っていたからだった。            ......│
└────────────────────────────────────────────┘


    |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::八||::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
    |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{  }}::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
    |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{  j八::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : |
    |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{ }イ  ,>、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : |
    |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{ {{__彡仝>、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |
    |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{ }iiiⅩ´, ((・)),ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::|
    |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{ミ≠彡ミ三≡三从::::::::::::::::::::::::::::::::: |
    |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{ミ=イ::::.. ` ̄ ̄ ̄´ ヽ:::::::::::::::::::::::::: : |
    |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{;  |::::::.        }}::::::::::::::::::::::::: |
    |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{;;  |::::::.        .:::}}:::::::::::::::::::::::::::|
    ィ |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{;;;,,  |::::::へ _____ .::::/::::::::::::::::::::::::::::|
 /77j::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : {    ::::...::::::ヽ ̄ 7..::::/}}::::::::::::::::::::::::::: |
ムムムム|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : {〃 ヽ _;;:::::::_,,,ィ,,7 .:::/ .}}:::::::::::::::::::::::::::::|
ムムムム|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : {{---t-=<_r-、,У .::/  }}:::::::::::::::::::::::::::: |>--
ムムムム|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|ヽヽ `、ニニニ /..:/   :}}::::::::::::::::::::::::::::::|ムムムム
ムムムム|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|>zzz、_____. /zzイ }}::::::::::::::::::::::::::::::|ムムムム
ムムムム|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|/////////////>┐ /::}}::::::::::::::::::::::::::::::|ムムムム
ムムムム|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|/////////////r―‐ ┐}}::::::::::::::::::::::::::::::|ムムムム




        :::::i            :::::::::::::::::::::::::::::
  :.      :::::|   ,.-''"厂 ̄丶、   :::::::::::::::::::::::::
   ::::...    ::::i /、_/|/`¨ く. \    ::::::::::::::::
    :::....   ::::|ム;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`く_ \:::::::::::::::::::::::
     :::::::.... ::::|>'‐- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ゝ_ハ:::::::::::::::::::::
        ::::::::::::|   : : :\;;;;;;;;;;;;;;;;;;∠.ノ:::::::::::::::::::::
        \:|    : : : :ヽ、;;;;;;;;;;;;∧|:::::::::::::::::::::::
     ,,..._     ヽ、    : : : ヽ;;;;;;;ヽ/:::::::::::::::::::::::
‐--‐ く_ノ}    ::\     : : ノヽ;;;/:::::::::::::::::::::::::
    ...:::/      ::丶、  /ヽレ:;;::::::::::::::::::::::::::
---‐'''"´    _,,,,_    ::`<  /;;;:::::::::::::::::::::::::::::
 , -------‐ 7  .ハ     ::`ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::/
/         -‐'ノ         `>''"´ ̄ ̄ ̄





355 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 21:17:20 ID:pEIPpLm2

            i  l l  //  /
             l  l ヽ/ i   /´ ̄
         ,.-─-ミ ヽ  \   /
  .       レ'⌒> ミ-   __l //  /
         r'⌒' /::ヽ三.//\i  l
      ,.‐-(´   ./ ト、:::::V / / _ ヽノ
     /     ー/ .、ヽ.r、/ _/_/  / / /        そ、それじゃぁ、ルーシーの症状は吸血鬼の……。
    '´   ー==/ u ヽ ソ ミ::::\ ='イ ((
       _/ U r,イ-‐ニ二ヽ::\ ヽ、ヽ        こ、これはとても俺なんかが手に負えるヤツじゃねぇ。
.        、_/   ト.くヽ _,ノ、 \r.、:::\) /
     ヽ-./  _/ヽ-、   il  ヽ ヾ-`ヽ! ((        俺の恩師に頼もう……
     ー/ ,:;;ハ\ \ヽ. リ し     /(
     .l,,;;'" ヽ\\/ 〃  ,. 一ノ‐ \
    -─l;'  ,;;'` ー'  /   / ,r‐'_-'ィ´/ヽ
     /\,;'    /  _´_/  ̄  ハ ミ
    ヽ.__,ノ` ー--一:_二: : -─…  ̄〉ヾ
    / ヽ二>-‐_¨_,,.. --──‐─┴┐

    【ルーシーの主治医 セワード】





356 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 21:17:41 ID:pEIPpLm2

┌──────────────────────────────────┐
│ルーシーの主治医は、かつての自分の恩師をロンドンへと招いた。        ....│
│                                                  │
│エイブラハム・ヴァン・ヘルシング教授。                         ...│
│                                                  │
│アムステルダムの精神科医師の世界的権威にして、奇病研究の第一人者。  ......│
└──────────────────────────────────┘


                   ,、            /7  , 、
                 |\/ /,ヘ  ,.-―-、  /二‐' フ/  !
                / 〈.ヽ'/ / i'ヾ、ヽ、l_  //| |´ ヽ `} _
                ! .r、゙''| Y._|ヽ」!,, =,<⌒)ノ |/.  \/ /
                ヽ/ } | (`''‐ニ´__,、!}/     r‐'"/
                  | .!  .\!l´゚,,!,,゚`リ   ,. -‐''''ヽ
                  |/    ヽ´ ̄,.クヘ'"´/   ::;;ヘ
                  ! .   j''´>‐レ/ |! ヾ  -‐- ,_i
                   ,,.....ノ/,ヘ / ='  \〃 >->、
                  /  >/ / /.i > ./(ニ゙‐-、=--‐'''''‐\
                /、,,_Y/⊇/ / \| ├ニ  `iヽ    ヽ
               /  // ニつ .l  /‐''" ゙̄''‐、ノ .};;o;;o;;;;;ノ
              /    / /  ニノヽ L,/     ヘヽ∠、‐--‐'"
              ヽ;;;;;;;;ヽ/"  ヽ\テ! \......;;:::ヾ〉ノiヽ
               `''''7   ムiノトヽ\!  ヽ;;;;ノ .Yノi}ヽ
                 イ    7 !}ヘリ .|   )r''' レノ! .}⌒,)
               /,. !ヾ、::::::::) ! ヘシ .! ヽ;;;;;;::::::ノノ/  ))
               //〃\ ::;;;;;'''i  ヽ ヘ   !;;;;;;//   (
              ヽ{///ノ.\ ヽ;;;;  ヽ-} ゙''i;;;;/"    ノ
              i レ/´  //へ \;;;;∧|   |ノ`> ノr'"
               .リ,ノ   /ノ  /\ ヽ;;;ハ  // r (
              /  / ,,. -'――-、´ !\|/ 彡く
                //´  ( i (   V :;;!  _ ノノ
                    ゙‐ヽヾ丶 ./ ,,;;ノ y'"ノ
                       (と  し " 人__ノ
                       (ヽ   ノ'ノ
                     /"Y   " ノ
                     〉、 ゙ __,,ノ"
                    (,,_ = (.-、 /
                     ヾ、_ - )乃
                       (    >
                      ∠ VヘN ヽ

          【奇病研究の専門家 ヴァン・ヘルシング教授】





357 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 21:19:05 ID:pEIPpLm2

┌────────────────────────┐
│やがてルーシーは血を吸い尽くされて死んでしまう。    .│
│                                    │
│しかし、亡がらを墓に埋葬されてからある夜――      .│
└────────────────────────┘


                              ________
                             / ̄ ̄ ̄ ̄〈 ̄ ̄\ :.\
                               |     r┐ :У: .   |.:_ノ|
                               |   _ノノハ、_   ::/|: : :.|
                               |  {三三三三}   '.:.|: : ::|
                               |     ̄|ミ「 ̄     :|: : :.|
                               |      |ミ|      |: : ::|
                               |   .::|ミ|:.      |: : :.|        ∥   !
                 ∥ : : :: ::  :: .:: : :|     Lノ;.      |: : :.L_: : :: .::_ノ| : :,|::.
                 ノ:!,、;..v,;v、: :::: ::::.: /ト、 ,:㌫;㍉:㌦:㌶: 、   |::、/7\;、wX(: 八: : /:{: ::.
                 ―=ミ゙八爻彡wヾW;:rく:/ :|.:/ ̄\ __  _ .,ノ|}〈: ;/  .::〉ミ三三ivV:ゞ爻ミ;=―
                 ': .' ; :'    . .`¨^ :'〈 ̄\,_〉.;''  ' .; :'.、,`¨^;''´   .   ' ; :' : . :.
                    : . : . . : . : : . . : : . :: . : . . : : . . : : . :: . : . . :: .





358 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 21:19:26 ID:pEIPpLm2

                        _               __,ィァ..,─、   ./::\ィヘ ,,
                      /-/,-、       .        Ⅴ:::/ ./::::::」,.-、|:::::_/.|::::〉
                    /  / ーイ              /:::::〉 レ'´ ー'.レ'_,.ィ ̄ ",勹
                  ,イ  /  /        .      f::::::レ<´|.   _/:::::/;; _」:::::二>
                      /.l . /  ./           ,イ _」::::::::_;>‐'_/:::_::::::::|./´:::::_:::「
                  ,イ .l  |.   l         .  /::'<:::_::::::Г __ .「:::::/ .|:::: l.レ'./:/|:::|
               l .|.| |  l    ,ィ=、   /:::::_;.匕..|:::::| .「::::|レ'´  ._」:::::{ /:/ .|:/
                l .lリ .ノ  ',   /`-イ   . レ'´ /::::| |:::::| .|:::/  ./::::_/ .レ′.´
                l         i   / . l   .   /::::: | |::::::〉レ′_/:: /
               |        `シ   /      |:::/ |:::/   f:::::/
                   ',              /      レ′  l/    .|/
                   ,            /
                   i、        /
                   /       /
                /      ./
              ./      /´
            ./        ./
             /       ./
           /       ./
"''`''''''''`''''`''''''''''"''''''''''"''"''''''`''"''''"''''`''''''''`'''''''''`'''''''''''''"''''''''''





359 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 21:21:29 ID:pEIPpLm2

┌───────────────────────────────────┐
│ルーシーも吸血鬼へと変貌してしまい、血液を求めて幼い子供を襲い始めた。     │
└───────────────────────────────────┘


   :: :: :: :: :: :: :/:: :: :: :: :: :/:: :: :|:: :: :: :: :::リ          ___,       |:
   : :: :: :: :: :: /:: :: :: :: :: :/:: :: :::|: :: :: :: ::/        >'" ̄          |:
    : :: :: :: ::./:: :: :: :: :: :/:: :: :: /!:: :: :: ::/        /    ,_,xァァ    |:
    :: :: :: ::./:: :: :: :: :: :/:: :: :: / |:: :: :: :/       /   _,ィ'"´ ̄リ//    /::
   : :: :: :: /:: :: :: :: :: :/:: :: : / .|: :: :::/      // ,/: :∧   /ノ    /:: :
   :: :: :: /:: :: :: :: :: ./:: :: : /   j:: :::/    // _イo::Oノ:::)     /:: :: :: :
   :: ::/:: :: :: :_ /:: :: /  /:: ::/   // / `<__;シ' _ノ/  /:/:: :: :: :       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
   :: :: :: :: : :: ::< ~`'' < __ /:: ::/   /     /  --ー==¨'"  .// : /:: :: :::         |    血ィ、                 |
   :: :: :: :: ::/::/:::/ _,xェニェ__     `ー- _            //:: :/:: :: :: :       |                          |
    :: ::_ イ: : ://::\<(弋::0:个                    //:: :/:: :: :: :: :        |     血ガ・・・ホシイ・・・・・・          |
. -ー ̄  |/:: :: :: :: ∧` /`ー'’ ',               //:: :/|:: :: :: :: ::       \_______________/
       /!:: :: :: :: :: :: :// ~~   l                 ̄ └ー---
      /:: :: :: :: :: : /:∧      !
     ./:: :: :: :: : /:: :: ::::ヽ    |              __,、イ
     /:: :: :: :: :: : : :: /:: :: :リヽ  j          _ ‐'~ ̄ ノ !
   /:: : :: : :: :: :: :: /:: :: :://::: >、`‐- _ 、   _ イ__,. ィ~⌒V  リ
  /:: :: :: : : :: :: :: :::/:: :: :://:: :: :: ::> ,_   -‐<T~ ̄::::/      /
   :: :: : : :: :: :: ::/:::: :: ://:: :: : : :: |:: : :: > 、 ` 、::::::|       /
 -ーr--ー‐‐‐" ー-;_/|:: :: :: :: :: |:: :: :: :: :: `>、 \{     /     /
               /:: :: :: :: :: :|:: :: :: :: :: :: :: :: :\ `ー-'"     /
            /:: :: :: :: :: :::|:: :: :: :: :: :: :: :: :: :::>-  _   イ





360 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 21:21:57 ID:pEIPpLm2

┌────────────────────────────────────────────┐
│ヘルシング教授たちは吸血鬼となったルーシーを捕らえると、心臓に木の杭を打ち込んで退治した。     │
└────────────────────────────────────────────┘


  /_/_/  ,. '´ ,. イ   l))))
  __/_/  /  /     l、)ノ
  _./   / /    ,,.  ',
     / / ヽ!   f ,,;;;ィ
   / ,.ィ...,,,,,,_ \ i,,;∠/
  '  /_¨二_゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙´ lfァフ
  ''"テイァフ ,.ヽ ヽ=、',¨´i     辛いだろうが、吸血鬼となったルーシーは
   " ̄¨´   '¨丶:、 .', l
    _,,..-‐ ''": : : : i .i/     あなたが息の根を止めてあげなさい。
         : : : : l l
         : ;-=、  ',
         ,.,.ト -ェ、 __ノ
       ,;;;''',.ニミヾ_>'"
      ,,;;;' ヽニニ!、
         ヽ--‐'
  ..,,_         } ̄ヽ、
  ‐-、¨'''‐- ..,,,____ノ` ̄ ̄7




                        _    ,. -─‐ 、
                 /  三ヲ´   =‐-ミヽ.
                  / V/レi   /l    __ ヽ.ハ
               li  l  l !ハ l l   //    lヽ.
              iヽ、\ ヽハ、` i    -‐ニ  ノ lヽ
              入_  ノ ノノ゙`'´,ハ、\     ノ ,ハ       なんということでしょう!
                ( i /´,/‐一'  ヽ._‐--二ニ=  彡ノ
                \i. 〈 -tェゥ }   ,.__¨゙ヽ`ト、.__フ ,/ }       私にとっては残酷な勇気。
                    /「li " ̄/   ヽヒツヽ ト、   /,.イ
               / ノ l   Y        L入.二フi        友人を自分の手で葬り去らねばならないなんて……
                / / ノ!  ,.ィ‐、     __rノ ノ丁 l \
                 / / lハ  ヽニノ    /‐ァ'´ /  ハ   ヽ
              { 〈   \', ゙ー    , イ /   /  / i ト、j      七._  七_  /
       ,. ─‐-- ..ヽ     ヽ、___,. <  / n_,ムヘ/  レ'        (乂 ) (乂 ) 。
      /          ∧.    Y⌒i‐、__,ノ) 「l l !\__ ,./
     /           ∧   l、_,ノ._ノ-イヽ l l !.l___/         ,.ニ、    羊 i   ‐┼ ニ|ニヽヽニ|ニ ‐┼ /
.    i  ,.、__,. 、__r-、.__  i   l     l  / j ! l    `ヽ,        _,ノ ゚ ゚ ゚ 大 !、_ノ └j  (二    r_ナヽ └j 。
      l,.-f  l i´rl | l.`ト、!   l     l / .// .!.       ゙,
    / i l r、ト、l‐ト、 !-リ l l    l    /   ,ノ        ',
   ,イ l ヽ\,ノ=-─…< リl     !  /    /          i
  ,' ヽ. \/         V !     lヽ./   ,.'-、__l          !
  i   `ニi          l. ;     l /   / / >、     /-v'
  ヽ.` 二l          /      l'     ! < / / `ヽ、.__/`ヽ)__
    `  ̄ !         /       l    l ∨ / /  ハ ヽ i'´--、`ヽ
         i      ,.'        i     i / ヽi_ l i⌒il l  }ノ   \ ハ
.        i    /          ;     ',   `゙ヽ._jノノ__ノ /    ハ. i
.         i   /          ,'        i      /!  /       i l、





361 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 21:22:26 ID:pEIPpLm2

┌────────────────────────────┐
│ヘルシング教授の口から語られるドラキュラ伯爵の正体!!   ....│
└────────────────────────────┘


_/_/_/_/   /  /  /_
_/_/_/_/   / /  /)))
_/_/__/   //  /ヽ)))
_/_//   /  /| ヽ))
_/_/   /  /| | | /:|
__/   /  / ヽ ヽ ,//|
´  ,.-'´  / ヽ、) r彡/| |
,..-'´  _/_‐-、、!ヽ rt;;)/u.|
_,.-'´ _,.、_ー-ニ>ヽ 〈'""´  ヽ
ニ-‐r;;ヽ_,.-‐':::‐‐--ゝ ヽ :::::::: |     私はヤツの正体を知っているっ!
 `'''`"´:::::::::  ̄`"''ゝ ヽ ::::  |
:::::::::::::::::::::::   u   ヽヽ:::: |    あやつは堕ちた英雄なのだ!
 u :::  ::::     __  ! ヽ , |
   ::    :::::  イ´  |  Y: |
 u :: u'  r‐---`三ミゝ7-ヽ|
   :   //~,.ニニ''_ー-‐''ハ 'l、
    -‐'川.〈__、_、_, ̄ブ| 'Y
    `:''''''´ \_ " '' ̄):)i |
      : u'   `''ー‐‐´´ノ |
       :    ...ー---‐''´i |
        :        ::ノ ノ





362 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 21:22:51 ID:pEIPpLm2

                   __`ヾミー─- 、. ト、
          ー----─zー::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ミ弋辷''       、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__,
       ー==ニニ  ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、   _)                                 (_
             `゙>:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.  _)   ドラキュラの正体は、                   (_
             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. _)                                  (_
         __ ,ィ彡:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::小::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l _)   かつてオスマン帝国と戦ったルーマニアの英雄   (_
  ー-===ニ二::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ィ、,N_}__|:::::::::::::::r==、:::::::::::::::|  )                                  (
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|Xj~___,|:::::::::::::::| {イ/::::::::::::::|  ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
        /::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|Xt_)ノj|::::::::::::::| )/::::::::::::::::ト
      /::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧::::|  ''' jハ::::::::::::|Y:::::::::::::::::::|
.     /:/,イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ 弋|    ノ |イ{:::::j |从ハ:::::::::::|
    /イ ./|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::` ̄::ア_`      j i |:/ | ソ ヽ:::::::トー-    \_人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__/
  __ノ | | |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`rニ=テ  イ'  イ  :.  ソヽ|       ≫                          ≪
      |   |::::::::::::;ィ:::从::ム:::::::::::::::::::::::`7       ...:::    :   ├-、    ≪       ヴラド・ツェペシュ           ≫
     i  |:::::::::/ jイ{:::イ |::::::::::::::::::::::::|     ィ:::::::::,ィ7ニニニニア辷ニフ¨ヽ   ≫                         ≪
          |::::::/   |::::| .|:::::::::::∧::::::::`辷彡|>'' //<彡彡'''    弋  ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
          |:::/   ハ:::| ハ::::::::/ ヽ::::/:::::L__{{.o //ニ=ー<        >ー
        .jイ     ソ   |::::/   ハノ::::Y´` ヽ彡<.        _彡''´
                  ムイ___,,=辷ニア少rーイ         /
         ┌---─'''''  ̄ _,, ''´  ,'´/            /
          j     _,, '''´    , '/            /       、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人___,
         __|  >''        , ',イ             /        _)                                (_
          V|/           , ' /::j         /             _)    人でありながら生き血を飲み干して    (_
          ,イヽ       , ' /::/        /           _)    怪物へと変貌した男よ!           (_
          U___|       , '   /::::::|         /             )                                (
          |        /:::::::::|         /                ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒





363 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 21:23:47 ID:pEIPpLm2

┌───────────────────────────┐
│そしてドラキュラ伯爵はマリーにも襲いかかろうとしていた。   ...│
└───────────────────────────┘


   ヘ  ヽY 〈\..\|    ヽ  .\ ヘ∧ヘ  |   ヽイ      .ヘ .ヘ
    ヽl\ ハ  \\    <´ミミ 彡  ヽ- `\|∠   _ イ    .ヽィ
     |、\l  △  ̄  、、 "           /ヘ ヽ'´,、イ|  l>   __
/ヘ |ヽ.|/      l>  〃             ミ、/  ヘ   |   >、l ヘ
.ハ∨                           ミミミ .ヘ/ /   ヽヘ ヽ |
ヽ ヘ <>   _                      ミミ  イ| |     ヽ| ∨
`ヘ-。 _ ヽヘ ヾヘ  彡                      ミ ヾ∧ _,ィ────
 ゜・ィ、ヾ ヘ ヘヘヽ, "          、 、             "  `    _
../ヽイヽヽ.`,、ヽ'           l| l、ヘ.ヽ                 <=、.ヽ
/ヽヽヘ <ィ,             ィ-、_``、ヘ.ヽ                 .\三
\ヘ <>              〈 .||・) `〉、 、                    〉ヾ
\ヾイ              ∧.`!!==イ )|\                  ./ミミ            ヒューマン
_ヘ`´               ヘ ||   〈 :|  ヽヽ                /ヾ三    邪魔をするな人間。
/               .    `|ィ___ゝ=イ,|イ}                〉\
ヽ                  .\\ハィ+ィ,,| ヘ               ./\イ    それとも私に敵うと思っているのか?
ィ                    .\二二.イ|                //
/                     . \___ |                '   /
.〈〉                                           ///ヽ
`i                                          、 ミ彡彡
. |  ri                                       \```
   .`_                                      )ミ.\二
ィヘ  >llヽ                                     ヘ\ヘ─
 从 三i二                                    レヽ─''"
─ ・`´。ー                                   ._ ──
 <ヘ\ 〈_/                                   l─'" ̄




   ',ヽ/ヽ/ヽ/::::::::::::::::::_;;::::--‐─
    V /ヽ/:::::::::::::;:::<:::_::-rt──
    Vヽ,/::::::::::;::::':;. '"´   {(((C}))
    V::::::::::::/::/     、ノハ))}リ
     V:::::::/ /   __ ==ミ、Vチイノ)   つ…強すぎる
    __';:::/∠lL ィ'"フォテ-  ヽ }Y/ニ
   /::::_V,代} ='T´` ̄´   u lミl/i }    こ、これが吸血鬼の力……
   に.ィ:l  ,'   ;     U u  r‐'ノ
     u`¨∨ -‐ノ し     ,.イ ̄
       ハtニフ,.,、    ,. ::'´::::::::::::     ニ|ニ   .ニ|ニ --|‐l l i  _  |
     、_}「 tェョ ゙li_,. /::::::::::::::::::::::       r_j-、゚ ゚ ゚ r_j-、 └j   レ ´ ) !
       | ー  u. /::::::::::::::::::::::::::
     ,.--..、',     _/:::::::::::::::__.. -‐
   /:/⌒V::ヽ---|::::::::::::r'´   __
   :::i r‐ァ'⌒):/::::::::__/  '´,.ニ
   :::ヽ{__{= 〈::::::::/´  / /





364 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 21:24:21 ID:pEIPpLm2

┌─────────────────────────────────────────────┐
│ドラキュラ伯爵は、ルーマニアへと戻っていった。                                   ....│
│                                                                  │
│一行は吸血鬼打倒のため、ドラキュラ伯爵の居城であるトランシルヴァニアへと追いかけるのであった。    .│
└─────────────────────────────────────────────┘


           /| .,イ ,.ィ   _,,,,,,....... --――――- 、
             | | .,' レ' ミ"    、 ヾ ゛          `、
         /!|. `、       、ヾ゛               ヽ、
        \{ ヽ、 、  ミ ミl             ミ  ヽ
       ,.-'''二.  =‐,.ヶ=''''゙゙゙| i i、`、ヽ 、   ミ       |
     ///,..-  //     {|l ト、l、ミ-`,> 、、_フ     |
      |' .〃 /   :|,/^'''-、 ヽト` ,_,>''~_,. へヽト--`    |
       `(.       |l/`>。、V //_,.ィ(・:)`,  ヽ ┐  ,.- 、  !     ヘルシング教授、僕をあなたの弟子にしてください!
         `ー、    |  ┴‐',)    ` ̄´ u    !__/ ハ. |  |
            `'⌒ヽ|    ヽ_フ             仆. ,' |     そして吸血鬼を倒す方法を教えてください!
               |.   rr‐-、            _ン /  |
                |   {. ` ̄ >、   u      :|ー1 ヽ |
     _____________   |.   〉 /__)       l.   ', Y′
   /.          ヽ  ヽ  `二二´     _..-''   ,, -''''ヽ.
   | ::      v ノ ノ├‐- 、\       _,.-'"  ,,. -''" ,,, -'''"\
 r''´ ::      |‐"ー!/ ⌒` 〉 `r―――'" ,. -''" ,,. -''"  _,,. -'''"
 |::. :::.    -┴‐'''"    / /|.   ,,. -''" ,, -''"  _,, -'''"
/´:::..:::::::.              ,'‐'" >-<"  ,, -''"  _,,.-'"
ヽ....:::::::::::::..         /  y'′  >'"  -=ニ ̄
 〉 ::::::::::::::::::.....       ノ /`ヽ,/     /




      |, -'''/  / |;;;;;;
      /;;;;/ /   ヽ;;
____/,/ /::::  ... く;;;;;
;;;;;;_,, _-ニ-‐'´|:::::::  _ ヽ;
ニ--- ,,,,,,,| 〉L_-=ニ-‐-‐ゝ|
`'¨_ニ〒、〉 /-'そ"テ=- .|     いいだろう。
;| ニ┴''¨/;;| :  ̄ ̄ ̄  |
;;|    ::::| : 、      /|     今度こそ、この悪夢を終わらせよう。
'i;;ゝ   ;!ミY_ク      |
 |;|   _,彡ハミミミ=-,,,,   |
  |, ニフ´‐---‐''`'‐'  /
  |ヽ   ,;;;;;,,    /
 __,| ヽ、  ..:::::..   /::/
 ヽ-,,,_\  :::   // /
/i \ `''`ニ―'''´/  /





365 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 21:24:42 ID:pEIPpLm2

┌──────────────────────────────────────────────┐
│ヘルシング教授とドラキュラ伯爵の戦いは、トランシルヴァニアのドラキュラ城で決着がつくことになる――    .│
└──────────────────────────────────────────────┘


               \\__二二ヽ.      .┣━ ┃┃ \\_.
                 ~\\   \\     ┗━       ~\\
       .           \\_   ~ヽ\    ╋┓       ~\\ヽ\__
                  丶 ~\\  \\    ┃┃         ~\\ \\
                      ~| |     ヽ                 ~| |    ヽ
                       ||       ヽ\               ||     ヽ\
       ,;-、 ,;-、 ,;-、 , ー、  ;-、 ,;-、        ̄丶\
       l'i;;l l'i;;l l'i;;l  i!;l⌒i| l'i;;l l'i;;l    __    ヽ\
      /l三三三三三三三三三三三三l`ー'";:;;|        ━┓┃┃
      //i;:'';':;'';:;:'';':;'';:;:'';'i/:;'';;i/';:;''i/:':;;''i/ ;:;:;: :; "|          ┃
     //;:!'';':;''   ';':;'';:;iコ';':;'';: ;:'';[l] ;:' : ;';' ;' :;'';'|        ━┛
     //'' |;':;' ;':;'';:;:;':;'';:;:;':;'';:;: ';:;;':;'';:;  ;':;'';: :i! |    ,,;=‐=,,..  ┏┓
     `i'' |   ;':;'';  :;: ';:;;':;'';:;  ;':;'';: ;;:;;'  i!;:;;|    |∩;:;:;|   ┗┛
     |;':; |;':;'';:;: ';:;;':;'';:; [l];':;'';: ;';:;;':;'';:;  ;':; '';;;;: |   ,|:! i ':;:;|_
     |;':; | ;':;  '';:;: ';:;;':;'';:;  ;':;'';: ;:i!i  ,;':; '';i!;: |   i'''" ̄~`'i .   ━┓┃┃
     |;':; |;':;'';:;: ';:;;':;';':;'';:;  ;':;'';:;  ';:;  ;':;'';: ;' |  |':;'[];:;[]' ;|..     ┃
   ,_,|;:_,,|:__: __; '';':;'';:; [l];':;';':;'';:;  ';:;:i! ';:;;: ;|  !':;'';:': ;'';:|.. . .   ━┛
   |:;'';:;: '';;/| ;:;: ;:;| ;  '';:;: ';:;;';'::;'';:;  ;':;'';: ;:i!;:;'l  !':;'[];:;[]';::|      ┏┓
   |:;'';:;:;'/:;'' | ;:;': | ;':;  '';:;: ';:;;':;'';:;  ;':;'';: ;:i!i | ._!':;'';:': ;'';:|      ┗┛
   |:;'':/:;'';:; .'|:;'';:;:;:'i,__;:;__;:;:'';:';:; ;:;:'';:' ;:;:'';:;:'';:';:':'' :'| _|;:|; ;[];:;[]';::|
,.,;:;、, |/:;'';:; ;:;;;.'|:;'';:;:'';:';:;:'';:'|;:;:'';:';:; ;:;:'';:' ;:;:'';:;:'';:';:':'' :'||;:|;`i,;:';:'';:'';;::|     ━┓┃┃
;;:;: ;'''``、;"'"''、;      :`;';___,.,._., ;:;:'';:' ;:;:'';:;:'';:';: ': ',.,;:;、 ;:';:'';:'';;|       ┃
。:;;.: ;:;:; ;;;'`、;::;;、;。; ;.:`、, :. ;'';:;:'';:';|__ ;:;:'';:' ;:;:'';:;:'' ,,;;、;。; ;:        ━┛┏┓
';: i!|''"ii''".;:|i'';:;:;:; ;;;'``、;::;; ;'';:;:'';:' ;`i,        "'` Y;:;: .             ┗┛
 ,i!| ;ii''".;:|i|''"                       i!





366 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 21:25:18 ID:pEIPpLm2

 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 : ___:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  |  :|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
__,.|  :|__,.,_ _ __ __,.,___,.,__, ,__,.,_ ____ __,.,_ _ _ ,.,___,.,__,, _, _,, _ __,.,___,.,__,,____ ,_.
  |  :|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
  |  :|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:__________:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
  |  :| :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. /\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :._,,-
  |  :| : : : : : : : : : : : : //   \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ : : : : : : : : : : :|_,,-
  |  :| . : . : . : . : . :∠/      \_________\ : . : . : . : . |.i-
  |  :| : : : : : : : | ___  |    | ̄| ̄||≡|   |_ : : : : : :|.l-
  |  :|   :   :  :  : |/\   \|__|_|_||≡|_ |」___  :  :|
  |_..:|          //  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ .,,-''!.i-
  | ̄ ||         ∠/     \______________\,:::!.i-
  |≡ ||  ,;:'""':;, '""':;, '""'':;,      |___i ..| | ̄| ̄|||≡| ,;:'""':;,"'':;,"'':;,
  |≡ || i':::::::::::::'i,,::::::::'i,,::::::::'i,      |┐┐|__|::::| | _|  |||≡|i':::::::::::::'i::,:::i,::::i,
  |≡ || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   |┐┐|||| :::| └| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  |≡ ||::::::::              |   |┐┐|||| :::|__| | ─┐
  |≡ ||::::::::              |   ├―――‐|   | |   ̄
  | ̄:::|::::::::              | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |
,、,.|,.、.,,.|、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.|,、,.、.、、.,,.、.,.,,.、.,.,,.、,.,| |、.,.,,.、.,.,,.、.,、.,.,.,,.、.,、.,.,.,.,.





367 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 21:26:02 ID:pEIPpLm2

  iニ二二二二二二二二二二二二二二i.   |
  |;:;.. : i;::,. : ;!..:. : i;::;.:.::.|:;; . .:i::;; :.;:|;; .:;:::!::; i!    |
  |,;;:; ; |,;;:; ; |,;;:; ; |,;;:; ; |,;;:; ; |,;;:; ; |,;;:; ; |,;; ||    |
  |;;::; : |;;::; : |;;::; : |;;::; : |;;::; : |;;::; : |;;::; : |;;: |!    |
  |;;;;: ; |;;;;: ; |;;;;: ; |;;;;: ; |;;;;: ; |;;;;: ; |;;;;: ; |;;: |!    
  |;:._,.:_|;:._,.:_|;:._,.:_|;:._,:;_|;:,_,;:_|;:._.,:_|;:._,:;_|;:._,!
                                  i'゙||
   _/_                         |..||
  ({;::[串]::;}).   r ― -―‐‐―--―-ぅ―┴||
 |i ̄| ̄| ̄|_||||]| ,ノ. '′,ノ ,' ノ'   シ′,ノ .(,.   ||
 ||___|_:,|__,,|_||||]|(_,..、_,.:-‐、:;ン、_,._,.ス,_,.j:_,),,__,,||
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   / ̄ ̄\
 / ノ  ヽ /\'ー、       ,, ..,、
 |  ( ●)( /  .\` 、   . // /
. |  (__人/     \ヽ、,.// ../
  |    ` /       ``77   /     ……以上が、1897年にロンドンで出版された
.  ヽ   /          / /   /
   ヽ.. /      fヽ、/ / , -,./       ブラム・ストーカー『ドラキュラ』のあらすじだ。
   /./     r-、 ヽ ∨,ノ /
   |. \   〈\.\,〉 `,  f
    | . \  (ヽ ヽ `..   |
    |    .\ \      ノ




         ____
       /   u \
      /  /    \\
    /  し (○)  (○) \     ふぅ~~。
    | ∪    (__人__)  J |
     \  u   `⌒´   /





369 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 21:26:44 ID:pEIPpLm2

数多くの怪物奇譚の中でも、飛びぬけて有名である吸血鬼ドラキュラ。

その原作者がブラム・ストーカーだ。

生まれはアイルランドのダブリン。
1847年11月8日誕生。公務員の父親の7人兄弟の3男だった。


                          ____________
                         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ミ
                  く:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::彡
                     \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ニ=-
                       ム::/ソ{::/´^{ /ヽ、_,-‐三三`ァィY}/^}./}::/lヾ::::::::::ニ=-
                    ソハ{( |:{/γ込じナ}三三三γ弋ソ"Y=N. |6}:::::::ニ=-
  /⌒〉               リ丶ィ|キ={ヾ=≡キイσ三∂乂ヾ=≡ノ 三|イ:::::ニ=-
  /   }                /彡|三 ゙'ー--‐''  .三    `  ̄´  三|:::::::ニ=-
 /  ノ ./⌒〉        /彡ム∧三       〈_三_〉         三|::::::ミ ``丶、
丿  {_/  /        ./  .{/ヽ∧三      ノ .三  ヘ.    .三/∧}/ヽ    \
{   ./  / /⌒i    /      }/∧三 く ー=ニニニニニ=‐'"冫三/::::|   ∧     \
i  /  / ./  /    /         /  ヽ三     三三       ン:::::::|   ∧       ヽ
.| /   |___,, -‐‐、 ┌'` 、       /   |:>  ー--------一 <::::::::::|    ∧     / l\
..く   / __ノ /   ` 、    ./   |::::::::: ` ‐ ------ ‐ ":::::::::::::::::::|     ∧    / |  ヽ
 {_/  ノ    /`゙''ー-、,_    /     .|::::::::::::::::::::ノ ̄ヽ、:::::::::::::::::::::::::::|     ∧  ノ  .|   }
 |   /__-‐‐、.|          ./    .|:::::::::::::::::::ヽ   /::::::::::::::::::::::::::::|ー――<     .|   i`.、
./i/""´´__ノ 〈         /      |::::::::::::::::::::::`ル' |l:::::::::::::::::::::::::::::| ̄ ̄ ̄/       /  |

                   【『ドラキュラ』作者 ブラム・ストーカー】





375 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/29(金) 21:30:50 ID:kfise9KE

旦那だけじゃなくて、作者までヘルシング準拠かよw





393 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/29(金) 21:45:23 ID:kfise9KE

イギリス旅行で溜まった鬱憤を
自分の漫画でロンドン火の海にして憂さ晴らしですね、分かります





370 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 21:27:21 ID:pEIPpLm2

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)     ドラキュラのことを話す前に、
. |     (__人__)      まずは吸血鬼について説明すっか。
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ    ビシッ
   /    く__,-ュ__  
   |    ___ 三)  
    |    |       ̄   ´




   ___  +
  / ⌒ ⌒\  +
/ ( ●) (●)\ ヤルヤルテカテカ
| 0゚ ⌒(_人_)⌒ |
\_0゚ ヽ_ノ  _/ +
  (0゚ ∪ ∪ +
  と__)_)   +





371 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 21:27:43 ID:pEIPpLm2

                              __
                   /⌒ 、  /≠- 、 ヽ、
                 ,      !へ i          }_ノ ト
            ト |lk       (ヒノ)        f介イ \
            l/V/∧     |il ∧       }ハW 、 .\         ┌───────┐
                l/////≧、  |il il∧      /,ハ∨   \        │ 吸血鬼――   │
               | i l////ハ≧|il lN∧       /ノ  iミヘ \   \       └───────┘
             Vr9/////ハi|il lllM∧-、 _ ノ/i_ {ミミヘ \  \
                 ムイヤ≧=≦|il ll|||M∧iill|||iiiiiii≧くミミミミヘ、   ヽ
                 ソ///ハヾ|il ll|||li il∧||||||||||||||ik\ミミミミ、     、      ┌──────────────┐
              〈///≧ハヾ|il lll||li il|∧il|||||||||||||ik, ヾミミミ、 ヽ         │人の姿を成している不死者。    │
            ,r≠王フ7ハ///ハ;|il ll|||li il|∧iil||||||||||||lliK ヾミミ、  \        └──────────────┘
            /彡>一フ///////|li, l||li il|Ⅳ川illl||||||||liiK,  ヾミミ  ミヾ
             i/  ノ///人////||lvi|||iil|iV/川illllllllllllilk   iミミ、 ミミヾ
          _//ハヾ////V/////||||i|||||||l//爪il刑lllllllillk  ミミミ、 ミミヾ
       ,ヘハwW/////  ///////||||i||||||||/瓜ill|||州lllllliillト ミミミミ、 ミミミ
     rk//彡〃ミミ/  _ノ///////||||l||||||Ⅳ ';ill||| ヾ!llllllllトミミミミミ、 ミミミ
  _r三三彡彡////   .l///////∧|||li||||||||l   ';iill||. Ⅵ!lll||ミミミミミ、 々ミミ、
 // ̄フノ彡ハ//l     ;ヘ/////∧i|||li |l||||||l   ';ill||  Ⅵ!ll|トミミミミミ、i| \ミミ、
./´  /彡イミ/く/〈    .,'iM//////i||||li |i|||||||l    ;il||  Ⅵ!ll\ミミミミミ i|  \ミ、
.  //  ノミl 〈ミ}   ;i,iN////∧i||||li li|||||||||l   ;il||   Ⅵll  \ミミミミi|    ヾ、   ┌─────────┐
.  /´   /./  liフ     iMノ////∧i||||li lll||||||||ト、  ';il|  Ⅵ|   Ⅵミミ|     'il     │高い知能を持ち  .....│
     |/    レ     !//////∧|||||li レハiilll||||l}   ';il  .Ⅶ    Ⅵミミ|     'i    └─────────┘
     ゝ         {/////////||||li |/∧il|||||     'i   'il     .Ⅶミi|
                 V////////|||lli |//∧il|||          'i     Ⅵ!l|
                    |///////ハ||lli |//,∧;il||         |       Ⅵll
                 ///////'   ||!i |//|  ';il||                Ⅵ|
                 〈//////l  ノ!!i |//ハ  ';il|            ┌────────────┐
               V////イ   Ⅶi////1.  ';il         │大人二十人分の腕力と   .│
                 l/ハハハハ  |il||/////\ 'i         └────────────┘
                ///ハハハハ  |i||//////ハ               |
                /////ハハハ〉 .|∧V/////ノ
                l////////  / .\/////         ┌────────────┐
                 l///////     l////l           │黒魔術にすぐれた怪物    │
                  l//////      ミ///}        └────────────┘
              l/////        l////
                |////i       ノ//八
                n/////7     r(/////ソ
           ,-、  .//////ゝ、 /マ≧ノ/////)
      /て_r'y^ン////////ヘ |r-{/////////〉
     /_≠-ノ/////-=近////}   ゞ=´¨匁三ノ
.    レ'    ゞ=-‐'     ̄"'''





372 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 21:28:41 ID:pEIPpLm2

      / ̄ ̄\ ( ;;;;(
    / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)
    |  (●)(●)/;;/
    |  (__人__)l;;,´|      マシュー・バンソン『吸血鬼の辞典』(訳:松田和也)によると、
    | ./´ニト━・' .l      人を襲って血液を得る吸血鬼は、世界中の民間伝承に観ることができる。
    | .l _ニソ    }
     /ヽ、_ノ    /
    __/  /    ノ__
  / /  /       `ヽ.
  /´  ./       ,.  ヽ.
  ト、_,/.       |、  ヽ
   |         |/  /




   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)           アジアからポリネシアなど範囲は広い。
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ           ここで取り上げる吸血鬼は、
.  |         }
.  ヽ        }            東欧でよく見られる吸血鬼を取り上げることとする。
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \





373 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 21:29:07 ID:pEIPpLm2

                 ┌────────┐
                 │ 吸血鬼の定義   │
                 └────────┘
         |
    / ̄ ̄\           1.人間の血を吸う化物
   /   _ノ  \.            2.人間が死んだ後に不死者として甦った
   |    ( >)(<)           3.力は生前の20倍はあり、恐ろしい黒魔術も扱う
.   |  ::::::⌒(__人__)         4.コウモリ・犬・ネズミ・猫・カラスなどを使役する
   |     ` ⌒´ノ          5.吸血鬼にかまれた人間は吸血鬼になってしまう
.   |          }.    。      6.体を霧にしたり、動物などにも変化できる
.   ヽ        }    /
    ヽ     ノ   ./
     / lヽ介/lヽ、 ,rE)
.     | | ~ヾ/~ |. ソ◇'
    | |  ゚|  |\/____E[]ヨ___________
  _ | |  ゚|  |__
  |\  ̄ヽ⌒ヽ⌒ヽ \
  |\\  ⌒  ⌒ 甘 \
  |  \| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|





374 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 21:30:44 ID:pEIPpLm2

   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \/`i
 |  (●)(●)./  リ        また、数多くの怪物奇譚の中でも、
. |  (__人__)..|  /
  |   ` ⌒´ リ  ヒ         明確に弱点が描かれているのも特徴だと思う。
.  ヽ     //  ,`弋ヽ
   ヽ  - ′.Y´  , `ヽ`.l
   /〈  `ー〈::....ノ   V         ┌──────────────────┐
   | ヽ_ー 、 `ヾ_/ //         │                           .│
    |    フ-、`ー┴‐-〃          │       <吸血鬼の弱点>         │
          `ー‐一′            │                           .│
                          │ 1.日光にあたると蒸発する           │
                          │ 2.流れる水にふれると溶ける         │
                          │ 3.心臓に杭を打つ                  │
                          │ 4.教会で清めた道具で傷つけられる  .. │
                          │ 5.火葬にして灰をばら撒かれる        │
                          │                           .│
                          └──────────────────┘
      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・
. | ( ●)   ⌒)   |
. |   (__ノ ̄    /
. |         /       あれ、十字架は?
  \_      _ノ\
    /´         |
.     |  /       |





376 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 21:32:50 ID:pEIPpLm2

                  ,.二二二二、 ____
                   ─     /._ノ      \
       i´`Y´`Y`ヽ(⌒)   / (◎),   ヾ、 .\
       ヽ_人_.人_ノ `~ヽ   /   (__人__)(◎) .\          吸血鬼って十字架を見ると、
         \___   \ |.     / .〉         |
                \_ 〉 \  /ー-〈   (⌒)/          ぎゃあああああ!
                        `ニニ´   ノ  Y`Y´`Yヽ
                          (´ ̄   .i__人_人_ノ
                           ` ̄ヽ      /

     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \       …って、なるんじゃないの?
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  // ∩ノ ⊃
(  \ / _ノ    \/ _ノ
.\ “  /  . \ “  /
  \ /      /\/
    \       \
     \    \  \




    / ̄ ̄\
  /     _ノ\
  |       (●)     それはブラム・ストーカーが考え出した演出だな。
.  |       (___ノ)
   |        ´ノ     「ドラキュラ」でも、十字架を突きつけられて苦しむシーンがある。
.   |         }
.   ヽ        }
    ヽ     ノ




       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \
    (⊃   ( ●)(●)
     |     (__人__)       しかし、吸血鬼自体がそもそもは
     |     ` ⌒´ノ
       |         } \      敬虔なキリスト教徒でもあるんだ。
     /ヽ       }  \
   /   ヽ、____ノ     )
  /        .   | _/
 |         / ̄ ̄(_)
  \   \ /| JJJ (
   \  /   /⊂_)





377 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 21:34:07 ID:pEIPpLm2

吸血鬼がいると強く信じられている地域に、東欧がある。
東欧には、ギリシャ正教の本拠地でもあるコンスタンティノープルがある。


                                             _
                             rvt」}__      / ̄ ̄二ー`
                           __ノ   ー-= ー=, ̄    `>
                              )    =ニ、.   `=二)r--'~
                         f~ー'       }__ィ'''´   `ヽ、__
                         _j                   ヽ_
`弋ゝ、                    ノ       黒   海         \__
    `\                 (_                          ヽ
      ヽヘ                {       _x-ー'' ̄`´ヽ-、          )
         }        _rー、__ ィ--ーニo r─-ーイ           ̄`ー--ー--ー''´
        {      /{m_}   彡ー---z__r'
        ヽ、_    ソ      〉_,,
             ミ   ヾ  、   ' ゝ
 地          `ニ==_ヾニラ   ム-、
           \  kー'  `、   ' イ
 中           トヘ〆       彡ヘ/ヽ,_____{`ー-、     ノ`ヽっ
                       ワ         `ー'''´   /
 海             =ニ二=  ロードス島   z-'' ̄ア 。  }
               クレタ島               ` ̄      〉





378 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 21:35:18 ID:pEIPpLm2

   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \
. | ( ●)(● ) |     実は、キリスト教徒の伝説の中には、
. |  (__人__)  │
  |   `⌒ ´   |      教会から破門された信者は吸血鬼になる、
.  |           |
.  ヽ       /      といった言い伝えがあるんだ。
   ヽ      /
   >     <
   |      |
    |      |




.                   / ̄ ̄\
           -、      /  ヽ、_  \
         /  /     (●)(● )   |
          |  ,      (__人__)     |     ブラム・ストーカーは、
          l  |      (`⌒ ´     |
      ┌―}  l  .     {           |      キリスト教徒の敬虔さをもった元人間として、
      ┌‐| lノ   〉      {        ノ
    「1( ̄ `ヽ /        ヽ     ノ―┐     十字架にひるむという弱点を作り出したんだ。
    └イ ̄フ  {          小  ´   /  l
      l 〈   ノー- 、     /」、__ム |  └i
      ゝ _ノ   /\ / /   r┐! l    \
         |      /  |'  //⌒Vー'| 厂\  \
       \  r'´       ,//   l  / /   \  \
            ` <. __///   / / /    /   /





379 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 21:36:30 ID:pEIPpLm2

               / ̄ ̄\
             / ノ  ヽ、.\
             |  (●)(●) |
             / ̄ ̄ ̄ 丶人__).  |            この東欧地域というのは、
         /        \ ._|_____
       , --'、             /         `〉     吸血鬼などの怪奇伝承が非常に多い。
        / ⌒ )        /         /
       ,′  ノ          /           /       というのも、この地域には
       l  T´ .._     ./       r'´ ̄ヽ
      ヽ ノ   ./丶、  /       (  ̄  l     ジプシーたちが活動していたからだ。
         `'ー'´   | .`'ー'――┬― --、/   _.ノ




                             f´ `ヽ
                        / {    }
               _ __     /  乂  ノ
              __,ィ´  ヽ___\   / 彡 r ´
.             /_\(○.)_ノ____ヽ/  彡 l
          /( ●) ( ●)   fヽっ l } }
            | ⌒(__人__)⌒      | ヘ l .l        ジプシー、ってもしかしてドラクエの?
         \   `⌒ ´     /  l  l
           , -/           /\- 、!  l
         /о乂 __,, ..-一='''/о/"~´ l __l_、
       { { ¨´         /`¨/ /{ }_ _ {
       V { 乂_ ノ    ./    f i / }´{_ _ {
        V 乂      /     i i  l { {_ }
       /       /      i i  i一´l l{ ハ
      /       /         } l  .l;;;;;;;l  l ハ
    /      /          /  l  l;;;;;;;l l l l ハ
    / {  /         /  l   l;;;l .l l ヘ
   /  ゝ-'          /      l  l l ハ





380 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 21:37:12 ID:pEIPpLm2

あの姉妹の元ネタになった人たちのことだな。

ジプシー(ロマ)は出生が不明で、東欧を中心に各地を放浪していた。
ジプシーの語源は、「エジプトから来た人」という意味らしいが、その風習や伝統はインドの方が近い。


                   __....._____
               ...::<⌒ ミ 、  `ヽ::>.、          |: : : : : : : |
                /::::::::::::::::::::::::::`ヽ、 Y:::::::::ヽ        |: : : : : : : |
             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`,8、.:::::::::::ヘ       |: : : : : : : |
             ム:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::川 fヽ.:::::::::ハ       |: : : : : : : |
              |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j ilノ |l:l:ハー、。ハ     |: : : : : : : |
               |:::::::::::::::::::::::::j:::::j::::::/   ヤ州 .,イ:::::::.    |: : : : : : : |
             ム--──--イo.o.o弋____ 从ソ |ヾ:,:::人    j -ー: : : : j
              |    _ -‐┘:j:::::::::::/::::j,j ヽ、._/ 〆Y:::::::.. /: : : : : : :/
            Y´ ̄::::::::::::::::/:::::::::ノ::::イ/: : : : O:{ィハl∧:::∨: : : : : : :/
      \       |::::::::::::::::::::イ:::::::彡::::Z=ミ弌.: : : :ムソl:::::}:/: : : : : : : /
        ヽ、   __ ノ:::::::::::_ x:::::::イ::::::イ弋ソ,,ゝ: : : : 、: jO:j/: : : : : : : /
    ー--= ≧ーニ二三::::-─彡≠: : : : : : : : : : : : ノ,'::::リ: : : : : : : /
      ミ=======──=ニ辷::,,人: : : : : : : : : ーヤア::::/: : : : : : : /
    彡<:::::::--‐:::::::::::::::::::::::::○::ト、`ー-: : ,: : : : : _ソ::/: : : : : : : /
    彡::´:::::::::イ::::::::::::::::::::::::::::::::人 `ミー---ヘ ̄z<: : : : : : ::/
    //::::::://:::::::::::::::::::: -ー-⌒ミ ー- 、─ 、__ノ¨ヽ  `, : : : :./
    /::::/:::/::::::/:::::/: : : : : : : : : `ヽ__〉: : : : ○: : \_ン: :|:/
    ::::/::::::::::::::::ム'': : : : : : : : : : : : : : : : ゚ ・。.: : : : : : : : ゚・。.{'
    :::::::::::::>'': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : j゚ ヽ、: : : : : : : ゚:・y、__
    辷彡': : : : : : : : : : : : : : : : :⌒ヽ、: : : :/,  -‐ミ=ー、: : : :.j / ¨`ヽ
    : : : : : : : : : : : : : : : : : ノ: : : : : : : : 从         ヽ: : j j     ',
    : : : ',: : : : : : : : .., イ个、.: : : : : : | ム{            ハ: :l |     .ハ
    : : : : ': : : : : <:::://::::j ∧: : : : :_レ |           j={ {      j
     : : : : : //::::::::://:::::::/ (]==彡へ. ハ.           ノ: | l     ノ
    : : : : /::::/:::::::://::::::://  ',: : : : : : :ヽミ ー 、______ 彡': : :从、___彡'
    : : /::イ|:::::彡イ::::///   ',: : : : : : : : : `  ̄ ̄: : : : : : ::/
    /:::::::l{ |:::::::/ |::::イ::{     ',: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :./
    ::::::i:|:::i|::|::::/ |::::|::::|     〉.: : : : : : : : : : : : : : : : : :/





382 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 21:38:06 ID:pEIPpLm2

                       __
                  /    \
                     | \_    .|
                     | (●)   |
                 __(人__) __|,二ヽ- 、
              ∠爪∠!´ ̄    .`l    \      そのジプシーたちが各地の民間伝承をまとめて、
                  (___∨  ヽヽ、/      ∧
               ∨  ∧ .`ー ‐ヽ、´ヽ      ∧     だいたいの吸血鬼像を作り出して広めていったんだ。
               ∨  ∧     \ ヽ    ゙∧
               ∨  ∧      .∨ |      ∧
                     ∨  ∧      ) `ヽ     |
                     ∨  ∧       /_   .|  ゙\|
                   _∨_, -`─::´ ̄::::::\/.   \〉
                  /´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|_  \/
                   |::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::::::::::::::,\__ゝ
                 X/:::::::::::::,!| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
                /:/::::::::::::/ .T'.TT ̄ ̄ ̄ ̄ ̄TT'.T
          /::::/ ::::::::: /  .| | |           | | |
.    ,- 、__/` :::::/::::::::::: /   | | |           | | |
.    \   l `ヽ、__」::::::::::::/    .| | |           | | |
.     \_\   ∧:::::::::/     | | |           | | |
          ゙i__\_ ∧::::/      .| | |           | | |
             ゙i__∨        | |_l           |_| |
                        ̄.            ̄




     ____
   /      \
  /  ─   ─\
/    (●)  (●) \     ふ~~ん。
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /





381 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/29(金) 21:37:13 ID:iWaePUJY

吸血鬼は日本でもメジャーなわりに
あまり詳細は知られてないから、こういう話はタメになる





383 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 21:39:15 ID:pEIPpLm2

      / ̄ ̄\
     /   ノ  ヽ \
     |  ( ●) (●)|
     |    (__人__) |      そして、吸血鬼ドラキュラは、
    |     ` ⌒´ |
     |       |       さまざまな吸血鬼伝説を下地に出来上がっている。
      ヽ      /
     _,,ゝ    (,_        吸血鬼ドラキュラ伯爵の
   /´  `ー-一´`ヽ
   /  、      , |      モデルとなった人物は、何人かいる。
  /   ノ        |  l
  (  y'l       l_ |
  ヽ ヽ.        |' }
   \ソ`ー─‐一ヾ/
     |    ij  ノ
      |   |.   |
     |    |   l
       i'  ,}  ,ノ
      l   | /
      |,_、|,/
       (゙  ))





384 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 21:39:56 ID:pEIPpLm2

ひとりはヘンリー・アービング。

ブラム・ストーカーと同年代で活躍した俳優だ。


                ,.-<_:.:`‐- ...、
           r ――┴---:.:.:_ ‐-:.:.:.`:.:‐-....、
               ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:.:.:.:、`:.:.:、:.:.:.:.:\
           r--\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.`、‐:.、`:.:、:.:.:.:v/
           i:.:.:.:.:.:.:\ ̄:.:‐-:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:`:.、\/ィ
           |:.:.:.:.:.:,. '´ ̄ ‐- 、:`:.:.:、:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.\〈
               !:.:.:.:.:i        ` 、:.`ヽー-、:.:\:.:.:\
            V:.:.:「`ミヽ       _≧、:.:\:.:.\:\-.、ヽ
            ヽ:ハf^ト、`  x.≦二ニ=ァ\:.::\:.:.\\`ヽ
             ` `亠',.  ' 、弋_ソ/  |:.∧ヽハ:.:.:.:.ト、!
                  `!  く          j/  乂´ヽ:.:.|
                    '.   _`        ' ,.-1´   ヽ!
                ` .  ヽ二ニマ    , '   !、
                      \ `こ   ,.イ  /: ハ
                 ,.イ><´   /: : :/ '.
                 / /ヽ  _,. : '´: : : : :/  ヽ`ー- _
             ,. /  / : : ><: : : : : : : : : /    \    ‐-  _
        _,. -‐  <    i: : /:: ̄\: : : : : : /     ,. '´     /  i
     r' ´        \  レヘ __:/\: 0 /    /      /     |
     ト、   ,. -‐ ' "´,.イ/: :/:::::::|: : : : :\:/    ̄  ―-、 /       !
     |  、  i弋二┐(r、i|: : i::::::::::|: : : : : : /            //       |
     |   ヽ '.弋こ し' ||: : |::::::::::|: : : : :/          O //         |

            【俳優 ヘンリー・アービング】





389 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/29(金) 21:42:55 ID:X5t/iiuE

ほほう、実在の俳優がイメージ元とな





390 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/29(金) 21:43:59 ID:YxEoLK0M

鬼平犯科帳みたいな話だなww





385 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 21:40:18 ID:pEIPpLm2

大学時代、演劇を趣味にしていたブラムは、『ザ・ライヴァルズ』という演劇に出演していたヘンリーを知ることになる。


三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニ= ̄| ヽ
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニニニニニニ}./` 、.} /三|\
三三三三三三三三三三三三三三三三三ニニニニニ/ .}/,,__.. --‐‐'''""/}/  iニニニ|
三三三三三三三三三三三三三三三/≡≡≡爪 / 彡≦___゜__/.    |  三|
三三三三三三三三三三ニニニニ/ヽ≡≡≡≡〈   ≠              ,    三|
ニニニ三ニニニニ /           d====b  ~""''' ‐- ...,,__   ,      三|
{ /≡{ / ./    ̄ .{ /          , ' ≡≡≡ 丶 ____ __,,..-- ‐        三|
{/={/=♭               / 彡≡≡≡                   /7    三|
l| ≡≡≡丶              , '   彡 三三                      /   三|
  .三三  丶 ________, '     三三                 ./  .三|
  三三                          三                    ゝ /|   三|
    三                       /        ヽ   __,,..-‐'''""ヾ∥  ``/ 三|
   .三                     〈 ヘ __ ~  〉            ∥     .三|
    三                    三三三三                      三|





386 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 21:40:48 ID:pEIPpLm2

そこで端正な青年貴族役として舞台に立っていたヘンリーの印象を、ブラムは次のように書き残している。

┌────────────────────────────────┐
│『私は一目見て感激した。                                │
│                                              ..│
│アーヴィングは夢の中の人物をそのまま現実化した貴族の容姿を飾り、   .│
│同時に詩的優雅さをただよわせていた。                       .│
│                                              ..│
│ハンサムで、自信と上品さ、静かな精力が結合している。             .│
└────────────────────────────────┘

         _ ,  ,_
        //-‐_`三=_
      / ヽl r = ‐- _ 三‐
.      ! //ハ 「, 三ミミヾ ミ
.      Ⅳ//i __ ` 左、ミミ
      ヾr‐,i ´tz‐    !_  -‐z
      、==ヽゝ、    '_ /  ̄ ̄ //
       ヾ/   ヽ、_'´ /::::::::::::::〃
     , '":::/   _ノナ‐.`´j_ヽ、::::::l l二ヽ
   /::::::rハ  「ヾ、ヽ::: : /:::ヽ、\:::::::: ̄=z
.   {:::::::i ヽ二ク!,Pミヽ二_ヾ:、ヽ <;;ノ兄//ゝ、_
   ノ,ノ:i    i:::`ヽ、ヽ―-==-‐イ:://__ =-_
  !;;;;;;;;!    !;;;;;;;;;;ノノ ヽヽ::ヽi  。!、ー‐ ' ´ ̄:::::::ー--、
  /::::::/    l ー‐'"ノ-、_ ヽヽ l ! 。i ヽヽー‐‐ '"´ ̄ ̄`ヽ__
/:::::::/     |ゝ-'"´   `ヽヽ! !。i  l:::::` ヽ、         ` ‐-  __
_ノ/::/     |          ヽlノ   i:::: : : : : :`ヽ 、         / , ---
:::/::::!      !          _l L   !::: : : : : : : : : :` ― -- 、.   l /
ノ'´ ヽ    /:::ヽ        `l.「   ヽ: : : : : : : : :       `-ゝ、 、 _
/ ̄ `ー‐ ' ̄` ‐- 、       ',   ヽ_   : : :     : : : :  : : ::ヽ ヽ::::
‐-==- _____________-‐=ヘ       ',    '、:       : ::: : :  : : ::::::`-'::
:::::::::::| | | H  | |  ||  | ヽ      }` ヽ、_  `ヽ、    : : : : : :     : :
:::::::::: ! ! !ハ   !  !!  |  }    _ノ__l=ヽ__` ‐- _ヽ__: : :        : :
:::::::: :  :::ー'  :    !-‐' , - '"´  、、    , ‐'´ ̄ ̄ ` ' ‐- ,_





387 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 21:41:20 ID:pEIPpLm2

┌─────────────────────────────────────────────┐
│剣のひと突きのごとき鋭い不遜さをもち、その生意気は剣の背後の心・頭・腕があってのものだった。     .│
└─────────────────────────────────────────────┘

              , -‐‐‐‐‐-- ,_
            // _ -‐ '  ̄   二ニ=‐
          _/  /  _  -- 三三二ニ=-
         /  ヽ l  '´____      ===-
.        ∥   ヾl /´       ̄ヽヽ 、  `ヽ、
.        l  / / ヽ ,‐‐‐- 、  ヽ、 ヽ、 `ヽ、_`ヽ、
        i /  / / ̄ヽ/ ̄` ヽ、ヽ 、`ヽ、ヽ、ヽヽ、``
        !. l / / / ̄      `ヽ、_≦_ヽ、ヽ、ヽ、
.        ! l/ / / .l          '/:::)ノ ヽヽ、ヽ
        ! / /、 |  '''''''二ニ     ̄   lヽ `         _
        ヽ { / ヽ !  '"辷ノ´        ! _    --‐‐   ̄/
      r -----ヽ ヽ ヽ          ,   i --‐‐   ̄/ / /
       ヽヽ ‐‐‐ ヽ---、.         ___  ,' :::::::::::::::::::::::/ / /
        \ヽ:::::/ / ノヽ、.     /   ,'::::::::::::::::::::::::/ / /
.         ヽ// /  / ヽ      ,.' :::::::::::::::::::::::  / /
       __i         イ`ナ  --- ' |`ヽ:::::::::::::::::  i  |‐‐- 、
    , '"´::::::::/       /レ': :ヽ、_   !: : :\:::::::::::::...|  |    \
   , '   :::::::/       / 、: : : : : : : :  ̄ ̄ノヽ、: :ヽヽ:::::::!  '―‐--  _ヽ__
.  ,' : : : : : ノハ     /:::ヽヽヽ::::::: : : : : : : :/::::::::::ヽ 、ヽ ヽ  ̄ ̄ ̄ ‐‐-- ___‐- ,
  ! : : : : : ! i   ヽ、____ノlヽ:::::ゝ-、ヽ::::::::.... : : :!ヽ:::::::::!ヽヽ   ヽ:::::::::::::::::::r‐ 、::::/ /!
. i : : : ::::::! ヽ     ノノノ::::ゝ、,_`ヽヽ:::::::..::::!: :ヽ-‐',: ヽヽ  <;::::::::::/ゝノ / /:::::\
  ! : : : ::::::!   `ヽ、___/ iヽ、ヽ、::::`ヽ、_` ‐-----'__',__l__ヽ_, -‐'",/::::::/ /::: : : : : ̄ヽ
 ノ: :::::ノ:::i         !:::::::`ヽ、ヽ、:::ヽ ̄ヽ----  ____ -‐'"´ l::::::::/ /: : : : : : : : : :_ヽ___
/ -‐'" ::::i         i: : : : : : : :` ヽ、:ヽ  ヽヽ: : l::::::ヽ:::! ヽ    o !::::/ /_ -‐‐‐  二 -----





391 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 21:44:40 ID:pEIPpLm2

のちにブラム・ストーカーはヘンリーの劇団のマネージャーに就くことになる。
そして、『ドラキュラ』のドラキュラ伯爵の傲慢で他人を人と思わないような冷酷な性格をモデルにしている。


                             、__人__人__人__人__人__人__人__人__人_,
                            _)                     (_
                           _)   だめだ!だめだ!      (_
      、―‐┴--:::::ニ_‐-::ニ_‐ ._       _)                       (_
      \r‐-:::::::::::::::::::`::丶、丶`ヽ     _)   こんな三流小説じゃ、     (_
       /::::::ヽr‐-::::_::::::::::::::`丶\\}     _)   読者はときめかないぜ!  (__
       l::::::::;. ゝ‐-- `._丶 .:::::::::\\ヽ    _)                     (_ ヽ
      ':::::::ト、     `メ、\::::::_\:\    ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒  /
      ヽ:ハrt\ 、__.ィ'‐=.、\\ `ヾ:、ヾ                     _. '´      _. '
       ヽ:} ゞッ   ´廴ノ/ 〃 }\ハ                _,. '´     _ '´
          {  く     ` /' イ  ヾ         _ -‐  ¨∠_/      / ヽ
          ヽ  Y7⌒ヽ   /ヘt 、  _. - =‐- 、 /    /:::/  __  `´〉     lヽ
          \ ヾ== ' . ' _ ソ `Y /     /      /::::::/      `丶./     ノ }ヽ
              ハ ー ´_ .....::´:/  //          /:::::::ハ          ヽ /  ノ }
        _ /l::::ヽ/:::::::::::::/ / ´ }          {ヽ:::::ヽ.丶ァ _、   ヾー イ /
    _.  ´ /  l:::::∧:::::::::::::/ ´    /             ヽ. ー---イ/  ヽ. __ ノ   `´
   .イ    > l:イ;;;;;ヽ::::::/     /      ヽ. _     二ニ ´
    ! l  r ´  /:::/ーイ::::V       ハ     /   ̄ ̄
    l l |    /::/;;;;;;/:::/     /{   ー イ
  /  | l   /:/;;;;;;;/:/     / .    //




                  /                 ,、._     /
                  /      __,ノ`ヽ'ソ```ヽ'´⌒、、 .}. /    ゝ
                  /    __,、/、、 三三 {{ _-‐―ッ .}} }/Ⅴ .ヽ  `ヽ
                /     ,‐'r―-、}}r===tヾ `'=='" .∥   }/, ヽ >       コイツ……
              /    イ{{`'==''"∥三三三. ゙===ィ三    }/ .) 二=-      俺の作品に駄目だししやがった。
              \    V.|ミヾ==ィ ム_三_ゝ  ヘ   三     ム >
                \   { |ミ  三   三三_/\___    ム∨          覚えてろよ……
                 }/N.`∧ .三   __/十ナ├──┘  ./  二=-
                  { / ∧ 三    ヽナナ ____|       /\  、ゝ
                      l| 'ソ\.三     ̄ ̄           /  .\/ヽゝ、
                     彡小、三   ー=-‐'       イ    /  |  ``ヽ、___
                           { / \                ノ     /  │       ``ヽ、
                        _,─' ̄ `,ーーー ----‐‐‐ ' ´    /   │
                   __,─' ̄´     /   ,ノ ̄ヽ、        /    |
               \          /    ヽ   ソ        /      |
                 __\    /      /⌒l       /        |
                /     i  /         / ル' |l      /        |
              /         i/        ノ   .|          ̄`──、__|





395 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 21:47:34 ID:pEIPpLm2

                   ,, -‐ 、
                  /'    ヽ
       / ̄ ̄\      ./      i
     / ._ノ  ヽ、\    /    ...........i
     |  (●)(●) |  /   ..:::::::::::::::|     二人目は女性だ。
     |  (__人__)  |  /  ..::::::::::::::::::l
     .|   ` ⌒´  .} ./  ..::::::::::::::::::::!
      |         }/  .::::::::::::::::::::/                          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
      ヽ       ./   .:::::::::::::::::::/                              おんな?     >
      .ヽ    . ./  .:::::::::::::::::::/                           ________/
   ,. ‐'"´  `'‐,r''"~   .:::::::::::::::::/
..:./,. -‐‐- 、 l′     ..:::::::::::::/|
:,'      /       !.:::::::/:i..:..l         ああ、だが、そのエピソードからして
r   、  /           !::::::::::: i..:..i         凄惨極まりないぞ。
l  .......`:i    i         !:::::::::: ゙、:.i
!  ::::::::::/    i       i:::::::::: ヽ:i          まさに血色に彩られている、ってやつだ。
.! ::::::::/     i      .....i::::::::::: ヽ
.ヽ ::::::|  `、   `、  .....::::::::::::l::::::::::::  `,
/ \:::l.   `、   ヽ::::::::::::::::::::l:::::::::::  /'''ー─----、
   `ヽ   `、  .::::\:::::::::::::::|::::::::: /,,   ,. ‐;''





398 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 21:48:33 ID:pEIPpLm2

エルゼベド・バトーリ伯爵夫人。

16世紀ハンガリーに実在した人物だ。


              ┌∧ムYヤァィ-――-<ニ=こヽ、
             ,.ィi/    >ニ≡三..._    \,,、Σヽ
             >ヘ,,.ィ'´,ィ/    `ヽ、  .ハ `!ノ、
             \/ , ./ / ,. ,.  ヽ   .ハ ノノjハ_,.ハ j
                / / ,' .,' .,' .l .ハ ',.ヽ i |彡ノノハ_,ィノ
             l.i i .i ii i i  ', .i i ',j j ノノイ |_ノ
              ーi .ャ.ニ_‐┴┴ー゙┴┴''ソ彡シソ./
                  `、i,弋)   ''てら) .,イ{6リンノ.ソ
                  j.i  〈     ̄´ ハ Y゙_シ′
                (`ト、 ---‐'  ,,ィリ''ヘ )
                ξ \ __ , ィ_''∠┐ '´
           ,.、.、    ,ィ・' ./::::::::::::::::;ィ
          / ,ノ.,レ、,,ィ・"ィ‐''"´'ヾ≠7'"  `ヽ、._ _....._
         j´ fr´.,ィ.)、',.ヽ、.,へ  _,,..゙ニ'' ‐-  / .,ィミ=ュ
            ,k''7 | i .i.._`‐ャLニ○-._ f  _,、イ _,.イ ぐ゙、、`:.、
 ,.、    .,,ィ''゙´.ト 、、,,__   }^゙ヘ..ィ'゙| `ヾ┴ニ-‐''"´,ィ''ヘ;::::::ヾ;:::ハ
く  〉,,ィィ"´  .,、ゝ‐,ィ/  /:::::::://::::¨¨7"''^^゙:H゙~{{:::::::::ヾ;:::::::l::::リ
 廴)"    .f::::f;ィ゙ハ  ./:::::::::{{::::::::::〃::::::::::::i:ヘ::ヾ、:::::::::!:::::::;;::<、
        ';::/::: i.,.ヘ ./__:::::!:::::::::{{::::::::::::::リ/ゝ、_゙;;;;、-‐'"::ヾ;::ヽ
           .,':::::: i _Yヽ:';::::`ii:ヽ:、._!:::::::_;::ゥ'´  .f::{{::::::ヾ:::::::::i!:::リ
        ,'::::::::: i" .', ヘ::::::::ii:::::::::::√´::::ノ    ヘ::ヾ、:::::゙、:::::/シ′
        ,':::::::::::. !‐-! }::::::||:::::::::::l:::::::/''ンュ...__`;;--ャ-‐''"!
       .f:::::::::::. jヽ. | j''":::ヾ、::::::';<´ ̄_ヘ :::::::::::::::゙ヾ、;;;:::::l
      ,.ィ7:::::::::..' ,'、. ゙j .j゙:::::::_:;;:_`ー/´ヾ´./ヘ .:::::::::::::::::::';ヾ::::::!
.    //::;'::::::::' / .',./ノ_;、、ニ三ミ シ′  .K ,ハ .::::::::::::::::::::::`::ソ

   【チェイテ領主 エルゼベド・バトーリ(1560~1610)】





399 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 21:49:24 ID:pEIPpLm2

エルゼベドはハンガリーの名門貴族出身の女性であり、
夫は15歳年上のフィレンツ・ナダスディ伯爵だった。

しかし、結婚する前から小作人との逢引きで妊娠したり、
夫の留守の間に召使をはべらして姦淫を楽しんだりする逸話がある。

また、同性愛のケもあったらしい。


                 ._ _............._
               ,ィシン''"  ¨¨ ヽ、ヽ、
               〈;;メ´  ,,. ィ j!  ヽ__,>、
               / i .i ./| .f.j .ji .|i レ//|
               ! .i k‐トLj〈 ム-ヒ_.jV//j
               ト| | i「じ>: : :.く.じ.' リレ′
          . ヾ、   八.  t‐‐ィ rツ′
          .   \、_ {{ >-.`.-.'.<!
              ゞ!i:ト、__ノノ::ノ凡f::'.;:';ヽ
               l l:l:::::::::::.(!::::!::::i;ハ';';::j、
               ヾヾ:::::::::ノi:::i::::儿_〉:::::ヘ、
                ヾ y'´::〈;:ィ:、ィ:乂;::::::::::ハ
                ./::;;:::::::,i::i::.i、ヾ`トャ=彳
                /:'´::::,,ノ.ハヾヽヾヽヾハ
               j゙,r:::::ノノ"::::',::ヘ::ゝヾヽ.ハ
              ノノ::,、シ::::;、:::::`:、`ー、ヽ、八
            ,.イ:::::彡"`''´::::`ー´"~ヘ、`ー.ニ\
             ゙''''''"ー---‐--‐--ー‐ ー.=---‐′





400 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 21:50:24 ID:pEIPpLm2

夫は出兵で常に城におらず、事実上、エルゼベドがその地の支配者となっていた。

そしてエルゼベドの性格は天性のサディスト。
下賤の者たちをいたぶるのを好み、残酷な処刑をよく行なっていた。


           _____   _, ----- 、
       r‐-r/  /- '",, `゙''" '''''  ` ヽ、
       ノヽ / ). ∧/       ヽ    `ヽ,
      (_  >ノノ ./     l l   }     ヽ
      <__/ ./{ `/   /   ! !  } }   }  ハ
      /__ {/./   l l.   l l ___}_,}____ }   }
      ゝ }-- {.  l  l l, '"´ ̄     .__ヽ、 ノ
.      / ヽ  {  l/----- 、   r'"二,,_ .l {´
      ゝ__ {  > ./ .,xr‐‐、、    /{___jノ .l {
       }、_{   _{  ゝゝ-‐'"         }.ハ
       ヽ ゝ. /rz{         }    } {{
        ヽ{.ヽヽハ        ____,,   ./ }}
         `¨¨`ゝ.ヽ.      ̄    ノ  ノ
             ヽ `ヽ 、 _     , イ
                ノ-、 . `゙ '''''"  .l
            , - 、__,ノ‐、_`''‐-- ,,__,ノ{ __
      , --、'"´- ,r-、\  ` ‐ 、______ノ、_  `ヽ、 _
      ヽ_,,ノ'''"`‐' ¨-、` \          ` ‐ヽヽ'"ヽ
.     /::::::/::::::/::::::ヽ `ヽ\           l }‐ }_
    /:::::::/::::::::::/::::::::::::`'ヘ_r‐、`- ,,,,_,,,,,,,,,_    j-‐‐{ヽヽ
.   /::::://:::::::::::://::::::::i i::::::::::" -^- '''''ヽ   \ _,/ __,,,,_}::ヽ:ヽ
.   {::::::! !:::::::::::://::::::::://::::::::::::/::::i i::::::ヽ ‐'''''‐ゝノ/__  l、:::::l:::ハ
   ゞ、:ヽヽ::::::://::::::::://:::::::::::/::::::::::l l:::::::::ヽ ‐'''"l:::ハ ` ‐'ヽ、::::;;l
   / `‐-- 、,,,__:::::::/::::::::::::::{::::::::::::l l::::::::::::"---、}:::ヽ -‐'::::::}::ヽ:ヽ
  /:::::::::::::::::::/:::::ヽ-----'":::{:::::::::::::l l::::::::::::::::://::::::::::::::::l l::::}::::l l:::ヽ
  {::::::::::::::::::/:::::::::::::::}:::::::::::::::::::\:::::::l l::::::::::::::://::::::::::::::::::::::::ノ:::::l l:::::}





402 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 21:50:57 ID:pEIPpLm2

粗相をしたメイドの罰として、爪の間に串を差し込んだり。
アイロンで衣服を焦がせば、焼きごてを肌に押し当てたり。
ハチミツをつまみ食いしたものは、舌を切り取られてしまう。


            ヽ_/-─>,-'",,,,,,_,-'"´``゙'''ヽ、 、ヽ、__! ハ
            ヾ、`‐'"´, ‐'"´   ´`゙''ヽ、,,_   `ヽヽ `ヽ`''{-、
              }::::::; '    ,       ヽヽ、   ヽ',  .} j ハ
              ゞ./    /         ヽ`ヽ  ', /ノ'''ヽ ノ
               ! /   l           ヽ  ヽ,,ノノノ!  }
.              { l   l  l  l   l   l l-‐'"ノ //lヽノ}
               l l. __ l  l  l l  l   l K‐'" //l/ .レ'
               V .|'´ _`ヽ{. { 、__,, - ''''' ‐ 、レ. Y´ィ' l !  j
.                !ミ{ ゙r 。ミ  `  ,, ‐r=。r-、ヽ レ j レ'`フ
                 ! ⌒'"ノ    ‐'"""'''‐'" / /⌒v‐'
                  !"" く   """""、_   //  ノ
.                  !   、_    __,, -ヲヽ { {__ノ
                   ヽ  ヾ{` ̄´ _,タ"  ノ、ヽ
.                   ヽ、  `ニニ´   , "ノィ}
                      ヽ、_  _, - '´   ,ス'、_
                     _,,ノ、`´   _,, - '" j:::`::‐-...,_




   /. : : -‐ァ-‐ァ{二二   ` <∠ルヘ、
  ,. ': : :/// /. : ー-. . `     \ : : : ::.
. /. : ///  ' -‐ フ: : : `ヽ       \: :ハ
,: :.:./     r‐¬"´: : : : : : : :>、       >'"´ ̄ ̄ ̄ ̄/
i. :/       ハ: : i i : : : : : : : : :ハ:  ̄`く        o ′
|:/      .イ: : : : : :{ : : : : : i: }: :/^: :ハ: ∧         |
/   r≦、{ :{: :i:、_iハ : : : : :i:_}ノi: :x≦ミxヘ        |
 ̄ ̄ ̄ ̄{ヽ八:ィ≧ミxー'. : i: i イi'⌒ヽ }>ハ      __ト、
        |: : :xヘ{'⌒ヽ \:.:ハノ ノノ{ し ノ リ: :.「 ̄ ̄     |
        |: .く{ { し リ       `ニ゚ イ. ::ハ           |
    __ト、: :ゝ,`゚ー_',     '      ノイ }| |        j
 /    `{トミ=ー      rv‐┐    ノ/リ |         .イ
<      V/}〉、 ι   ノ  」   ///i |       {ハ
∧        V/}〉个ト ... `二二 .イ ///八|      | }
  '.       V/}〉ヘ  <::::x个x:::::>|〃/}〉、八        ∧
. ∧        V/}〉ヘ.  7'个介'く. |{{ {/〉 \l\       / ハ
   ∨      \}〉ヘ /  l从|  川.'く   /|  iヽ   ∧/ ∧
   }           V7^ーイ  ト-く{ !j//ハ. ,' |  |\__/ ハ   }





403 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/29(金) 21:51:55 ID:CtBB0Was

帝愛グループがスカウトに向かった模様です





404 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 21:52:01 ID:pEIPpLm2

ある時、エルゼベトが女中に髪をすいてもらっていた時のことだ。
櫛が髪の毛に引っかかってしまった。


            _,,!''´`''''''''V、 __,,,,-、_, -‐-‐-、   ブチッ
          _,,!r--、'''''''', -‐-,/二ニ''''''ヽ--'--、
          ヽ  !ヽ__ /_,,,,,/,,,,__ ` ‐、 ヽ,)_ `,
          !__ノ  /‐"/   ヽ  ヽ` -、 ヽノノ、 `!
          ゝ-,  /   /       ヽ  >'/ ノヽ' }
            !_,i   l   i  i   i'、彡 /ノ< Y
             | i  i   i  l  '、 __,',i ヽ,/! i i-{
              i '、_'、__ゝ-`‐‐'"_,,-‐' } }-'、/
                '、ー_. ッ‐r===ッ  !ノ  !
                `、`==ノ    ̄ ,,,,, {!、ノ    痛ッ!?
                 ','''' ヽ     ,    }i ヽ
                   ヽ、  ‐='"   / !'"
                    ` ‐ ,,__ ,/,,// i
                   弋、 ノヽ__....l/"ゝ
               _..-‐''''" 丿 ,'_/""'''t ソ ' ノ’ 冖ー-.._
              人  _/` / 〃'-‐'´ヽ/  ゝ   ,, ヽ、
              亅 ヽ と- :ア  丿:;..‐' ..- ‐''′ ..- r+l│
              ,' /{   /   ,ノ'"   ´'' │  ..rii'「リ│




             ,. -‐ '´ ̄ ̄ \
           //ヽ/.:.\     \
          厶'´.:.:.:/.:.:.:.:.:.:. \  ヽ \
            /.:.:.:.:.:.:.,、.:,、.:.:.:.:.:.:.:.:\ \  ヽ.
         /.:.:.:.:.:/`´`!:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ i   !
.        /.:.:.:.:.:/‐-  ┼i-、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ!   l
       /i.:.:.:.:.:i丁ヽ  リ\\:.:.i.:.:/.:.:.:.:!   l
          |.:.:.:.:.| ヒソ   下心!.:.:.: ∨.:.!.:.:.:!   i
        '..:.:.i.:l" ,    ヒソ!.:.:.:./.:.:/.:.::,′  ,′    も、申し訳ございません!
         '.:.:ハヽ  ,、""" /.:.:.:/.:.:/.:.:./   /
         V レヽ`__ ,イ.:/7//.:./_,. '´
            ,. - ' / レ' リハiV
          /, -‐'´::::::::::::::::::::::::::ト、
         厂 「::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}:::'.
      r '´: /i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,′::'.
     ハ: :/  ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::'.
      /:::::V,. '´:::::`ト- 、_:::::::/:::::::::::::::::'.
     i:::::/::::::::::::::::ヽい::::::,.  '´::::/:::,::::::::::::::'.
.    {:::::::::::::::::::::::::, -┴<::::::::::::://:::::::::::/





405 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 21:53:18 ID:pEIPpLm2

         __      __   _      __
    /::ヽ.   「::::l /}  /:::/ /´::::/     /´::::> ,.-.、_        __,,..、
    〈:::::::ハ  |:::::j '´   |:::::/ /:::::::/./!   /:::::/ /:::::/      /::::::::j__
    ';:::::::l l/ _    l::::i /:::::::://:::/  /:::::/ /::::://::7   ,:'::::::::/::::::〉    __
     V:::::l /::::}.   l:::::!ヽ一' l/   /::::::< └-' 〈_:/  /::::://:::::::/,.ヘ.  /:::::/
     V:::レ::::::::r'  .l:::::l       /:::;へ::::\      /:::::<  ー-'<:://::::::://:ヽ
       .';:::::::::/   ;:::::└‐:::ァ    ∨  丶;::::>.    ,'::::;ヘ::丶、  ´ /::::::::/':::::::/
       .';::::〈     !::::;_:::::::/          `     レ'   `¨   /:::::::< ヽ;;/::::>
       ヽ::::〉    |::/  ̄                        /::::;::::::::\ ヽ'
          .V     U                             〈:::/ \/

            ヽ__, -____ }, -── 、==、_-ヽ、__
             V ー' /-‐'''''‐- 、 ` ヽ、`ヽ__} ヽ
              } /        ヽ 、 \、 ヽ`ヽ、
              `/    /       ヽヽ ヽ. ノ、ノ )
              | l   l l  l  l    l ヽノノ} `V
              Ll_‐- 、 l  l l l   } 彡 イノノ)
               | ッ=、ヽ: /, -─‐- 、 レ'ノ}リ レ'
                !.、!_゚j: : : : : ,rヤ。‐z } / /ゝ/
                |""r': : : : ´ ゝ='` //⌒y'´      テメェ・・・
                  !   、_   """, { { ノ
          , 、     \ ゝニ='"  ノ,}´
        , '", '".      \  _,,, - ´ノノノ
      ,, ',"'".       _,,,,,,,,_r ̄rr-‐':::::::}、  , -─‐-、
    , ,'" '"       _,,/ _, -‐{, ̄:::::;;;; -'   7_,r、‐'´ ̄}ゝ、
 ,, ,'"'"        /E{ /,、_  `,二,   _,//l__/-'^~´`ヽ::ヽ





406 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 21:54:22 ID:pEIPpLm2

  \\             | | |       /       /
.  \\\           .| | |        /      /                   _,,...._
     \\          | |       /'!     /                 r‐''ir'',.-,  ).    __       /``' ァ
       \\..        | |      ./ !    //            _,. ,  _,.!.  ! (..ノ,.r'    /   /        /  /
        \     |\   |     //| |___              l  lr',.´-ァ  i,,ー '      /  ./       /  ./
         \    |  \ |    .// .l_   /        .      l  l   ,.-'  r''        /  /'"! /\ /_/
       ____| |\\/\//  / /               l  l /,.r'i ./       /   /l `'  ,. ' r‐‐r
        \  ____|  \/\/ / /  ______ .     l  l( '-'゙ノ        '-- '´  '-‐'   '‐-'
         \ \            /   ̄ ̄  __     /    !,. - `'' ´
          \ \  __lV 、_  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄― ""   / ―――
           /  / , >  へ´  ` 、 ̄ ̄         / ――
             /  ///  Y l\    \         く ――――――
         /  /./    !  \  | ̄         \
           / / //  /! .! l\ \l   ! ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        // ..// / ...! l l  \     |       \
         /   //// | .l l l    \   |         \
     / /   / /   l ∥l     \ |         \\
    ./ /    //     l  .i       `        \\




   o
    ゝ;:ヽ-‐―r;;,               。
,,_____冫;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\      ,,,,,,,, o  /
"`ヽ;:;:;;;:::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:从    (;:;:;:;:ヾ-r
   〈;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:) 0  ソ;:;:;:;:;:;:;:}
  ,,__);:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ノ     ゞイ"ヾ,:;:,ソ    
ポタッ
  (;:;:ノr-´^~;;r-ー⌒`    ,.、
  "  ,,,,      _;:;:⌒ゝソ;:/
    (;:;:丿    (;:;:;:;:;:;:;:;:;:)
            ヾ;;;;;;;;;;;;/; \
            ´  /;:ノ 。  。
                ()





407 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 21:54:40 ID:pEIPpLm2

顔を殴打した際に流れ出た鼻血が飛び散って、エルゼベドの皮膚にかかった。
すると、エルゼベドにはふき取った血のあとは、艶のある肌に見えたという。


                    _ -‐ <>、‐、
                  / ><⌒\ト、〉
                / /  |   \/〉∧
                |│| _」L⊥∧_/| 〉′
                └≦_  ,ィ云  〉ハ/
                  `宀ノ  ' ' 〈〈丿       いいことを思いついたよ。
              _ィ>   \ -‐' /|
             / ´     __≧=彡´∧_∠ニ ヽ
             / ´  _r‐〈_/ ̄  _〉 ≦三〈
     ┌、「\/ ´    /〃`>_/>o<」 ==彳 ̄》ノ
   へ│/ 〉、 \  /,≫/〃\∧/〃 ∨|ト- イヽ:
   ヽ-ヘ〈 イ 丿 \|〃 /〈 《   《   《  ∧||  ||丿
       ̄∧ /》\〃丿ヽ个┰┰‐个/ >ー<
        /ニ∨/||   ̄ト-' 〉 ∥∥ r─≪ 、    \
       |─Ⅳ ||    |  / 〃 / ̄\__〉〉,    》
       「 ̄」>||    |/ // //q   ∧/〉〉,   〃
      「 ̄_」//ヾ=彳 // 〈/ / / / ∧/ 〉〉=彳\
        < ∧/ / |_」 | |  `ー' `´ 〈 /ヽ/ 〉|│|  ヽ





408 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 21:55:18 ID:pEIPpLm2

その侍女の服をはぎ取って裸にさせると、全身をなます切りにして血液を桶に集めさせた。


;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,|!;;;;| !;";;;;;;i゙、;;;;;;.!!;;/.!;;;;;;‐;;;;;;;;;;;;;;;;;;l|;;;;;;;;;;;;l.|;;;;;;|,!;;;;;;;;;;;;;;!.l゙;;;;!!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i、;;;;;;
!;;;|l;;;;;;;;;ケ;;;;;;;;;;;;;;;;;.! .!;;;;;;;;;;;;;;;;;,!|;;;;;|:!;;;;;;;;;;.!.!;;;;;;;l|;;;| l;;;;;;;;;;;.;;;;;;;;;|!;;;;,!;;;;;;;;;;;;|.|;;;;;;;;;;;;';.;;;;;;;;!l;;;;;;|!;;,l|;;;;;;;;;;、;;; ネ;;;;;;;
;;;;;|.!;;;;;;|l;;;;;;;;;;;;;;;;i、! l;;;;;;r‐i;;;;;;! !;;;;゙|;;;;;;;;;;/ |;;l゙};|!;;;! !;;;;;;;;;;||;;;;;;;;ll;;;;;li;;;;;∥;.!,!;;;;;;;;;;;;i!|;;;;;; ネ;;;;;;"/.|;;;;;;;;ili.!;;;";i;;;;
;;;;;}l;;;;/.|;;;;;;;;;;;;;;;|i.! .!;;;;;| l;;;;;;! l;;;;;|!ノ.!;;;;.! |;/,!;|.!;;.l|;;;;;;;;;;| !;;;;;;l゙|;;;.!|;;;;l゙|;;;;!.!;;;;;;;;;;;.! |;;;;;;;";;;;;;;l゙ .l;;;;;;iリ;||;;;;;;l!;;;
;;;;;.!.l;;;l゙ |;;;;;;;;;;;;;/.|;.l .|;;;;| .|;;;;;;!.|;;;;;;! .|;;;;;} !;|,!;;;l !;;;lv、;;;;;l !;;;,! .!;l|/;;;;|:!;;;|.l;;;;;;;;;;;;| .|;;;;;;;;;;;;.;;;;|, ,!;;;;;|.!;||;;;;;;ミ;;;
;;;;;/.l;;,! .|;;;;;/l,;;;{ .!;;.! !;;;.! |;;;;;;| |;;;;;;l  ,!;;;! !;l.!;;;;}!;;.! .|;;;;;l゙ !;l  '".|;;;;;[|!;;l |;;;;;;;;;;;;.! .l;;;;|L;;;l|;;;;'ヘ;;;/!;,l!;;;;;;;;;;;;
;;;/ l;;l .:!;;r;{ .!;;.! |_;l゙|;;;;} |;;;;;l゙.l;;;;;;;.! !;;;;{ .゙.!;;;;;l l;;;} |;;;;;| .!,!   l;;;;;;;|:ゞ .!;;;;;;、;;;;} l;;;|.|;;;;.!.!;;;;;;;;;;;l゙|;;l";;;;;;;;;l
;;;| .|;;} |;;;;;} .!;;.!  !;;;;| .|;;;/ .!;;;;;;;;.l..!;;;;} !;;;;;.!.!;;;} .!;;;;;.! /.!   !;;;,;;;;|  .|;;;;/ .!;;".!;;.! !;;;;.! l;;;;;;;;;l |;;./ ;;;;;;;;|
;;;! |";| |;;;;;;.! |;;;;!  .|;;;;;|  l;;l゙ /;;;;;;;]、゙";;;;! |;;;;;;.!.!;;;l ,!.!!;;}/;;.!  !;;;l゙''"  .|;;;} !;;! !;;;! |;;;;;}/.i|;;;;| .!;,ll;、;;_;;;;}
;;;.! l;;;;l.!;;;;;;;! |;;;|  .ト;;;;;.!  !.! .!;;;;;;;;;! l;;;;;;;! l;;;;;;゙l.|;;;.!l;.!.!;;|.l;;;;;|  !;;;!   l;;;;|  l;;.!.!;;,! .!;;;;|l゙/l;;;;,! :!;.!T` !;;;.!
;;;;.! !;;;||;;;;;;;| ,!;;l  l;;;;;;;} !;! l;;;;;;;;;;! l;;;;;l゙ ゝ./ .l;;;,!!;! l;;.!|;;;;;.!  |;;;;|   !;;;l゙  .!;;|`゛ .l;;;;;;/ .!;;;;! .|;;{  .!;;;;|
;;;、| l;;;〔;;;;;;;! |;;,!  |;;;;;;;| l;,!.!;;;;;;;;;;|  !;;;;.!    `. l;}.|;;;゙;;;;;;} .|;;;;!   .|;;;;|  |;;;|  !;;;;;| l;;;;,! .|;;.!  .l゙;;;;|
;;;;゙;| !;;;;;;;;;;;! .!;;l  .!;;;;;;l ,!,!.|;;;;;;;;;;.!  !;;;;;.!     .彳|;;;;;;;;;;;l  .!; !   .|;;;;}  .|;;;.!  .|;;;;;;l !;;;} .|;;}  |;;;;;l
、;;;;;| :!;;;;;;;;;;;l .|;;.l  ヽノ゛./.! .l;;;;;;;;;;}  |;;;;;|      !;| |;;;i.l;;;;;}  ″   |;;;;|  l;;;;,!  |;;;;;;;| .ゞゞ |;;;l  .|;;;;;|
l;;;;;/ l、;;;;;;;;}.!;;.!    .l゙;.! |;;;;;;;;;;|  .|;;;;.!      !;| |;;;| `'"      .|;;;;|  |;;;;l゙  !;;;;;;.!   l;;;,!  .!;;;;;!
.゙‐'  l、;;;;;|゛.|;;;.!    .i!;;l゙ .|;;;;;;;;;,!  .|,,/      .|;;! l;;;|        ヽ!  l;;;;.!  l;;;;;;;l゙   /;;;,!  ゙ー'゙
     !;;;;;l l;;;;l    l;;;l゙  .l.;;;;;;;,!          l;;! .!;/              !;;;;l  .!;;;;;;}   ,!;;;;l
     .゙'i;;.! l;;/   .l;;;;l   `'''″          !;|                |;;;;|  l゙;;;;;;;!   .l;;;;,!
      `'゙ .!;;.!、  l;;;;|                |;.!                ゙''"  .!;;;;;;;l   `"
        l;;;;l   ゙''"                  l;;;!                 l;;;;;l゙
        `'"                   :!;;.!                 `''"
                             !./





409 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 21:55:32 ID:pEIPpLm2

侍女は死んでしまい、その集めた血を使ってエルゼベドは風呂で浴びた。


|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―
|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_ .:':.:.:.
|  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  (:.:.:.:.   .:. :...
|―|―|― _   ‐ /⌒ヘ ,. -‐‥_== 、z=ミ、 .― て;.:.:.    .:.:)
|_|_|. /,、__`ヽ  /,r'/,,::''゙´´  . .: :`ヽ: : :ヽ }     そ:.:.:..__ /
|  |  l 〃.//>/ }  ', ∨,:'"   . .: .: .: .: .: .゙'ヘi j! !        ヽ
|―|ー . {Y::::)`'~ノ  |Ⅵ゙;  . .: :_,,ィ‐----‐'゙ ヽ!i!: . |   . :.:.: __ ノ
|_|_ j ゝ¨- -‐'"`ー |. :| ゙;  ,.="ヘ   i!ーix、 :. }:. . i (:.:.:::: ___,)
|  |  |  l  |  |. :| ゙'",ィ=ミ. | i リj レt ; ハ:  l   ..: :.:,
|―|―|―|―    l. :ル レヘ夊ノ jル' ミ=ィ }/ / i: :. l  ( __)        これが妾の鮮血美容法だわな
|_|_.    ,、_,r=、__| : :j、八"''' _'_ "''' ゙厶i{ __l:. :. ',_
|  |.゙ ,斗=ニ二 ヾ ' , V : :,' ! ヾヽ. V ノ ィ/从!  !:  :. 匁/^7ォ=-ァュ     くっくっくっくっくっくっくっくっく
|―| {         '. ∨: :/ ,′ jノ :≧‐<.: :; '  u. ', ', : .>≧イ_彡" `ヽ
|_| .A   }¨t ̄ヘ. : :/ /、: .  `ヽ. ,.ィ'"´ . : : :,r∧ヾ=-‐==/    /   うひひひひひひひひひひひひ!
|  |/ ', u. |: :' ,≧=゙7 ,:'ー〉 u.          /_ヾ ) ): :, ,′ u./
   /  A  三三ヾ: :( ( ;    . : : .     / )) ィ彡': :〈./  /
  ./  / !  三三三三三乂ミ=彡≧‥. :. :. :彡" ゝ、 マ , ′ , '
 /  /  jミ=:}))ー=彡 ((三三¨三三三 ー-‐' .'三三三三/ u. i' |
./  / ,' {. :. :l三三三ノ  ノ三三三三三ー=彡三三三 ミ辷彡; |
.  / ,': .i . :. :!三三三三三三三三三三三三三三三イ. :. :. :/ j |
  /u./ 〃〉}.,'/三三三三三三三三三三三三三三三〈 LLム .〈 !
. / ,'::〈//イ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三 !
/ /三三三三三三三三γt⌒)、三三三三三三三三三三三三!
 ,'三三三三三三三:::<{ 。 ¨´ }ミュ、_三三三三三三三三三三!
./三三三三三三三三三ヽ, _彡' _` 〉三三三三三三三三三 |
三三三三三三三三三三 ∨   ̄ イ彡'三: ))三三三三三三 |
三三三三三三三三三三三ヽ≧一´¨. 三三三三三三三三三 |
三三三三三三三三三三三三三ー=彡三三三三三三三三l  |
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三 |
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三 |





410 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 21:56:24 ID:pEIPpLm2

         / ̄ ̄\
        /      \
          |         |
          |        │    その鮮血入りの風呂を
         |         |
       |        |     エルゼベドは毎日浴び続けたという。
        ヽ       /
          ヽ      /
          >     <
       /,⌒       ⌒
      ./ /|           \
     // |      . | ヽ、二⌒)
   (⌒/   |      . |




            ____
         :/    \:
        :/ _ノ iiiii \. \
       /  (○)  (○)  \     ……それで本当に美容になるの?
      : |    (__人__)    |:
        \   ` ⌒´   /
        / ⌒ /⌒Y⌒ヽ ヽ
       :|  \|  .i  イ |
        |\ /   人  .\!
        |  \___/  \__/:
         |        /
         |         /




     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \  ( ;;;;(
   |    ( ─)(─  ) ;;;;)      さぁ、どうだかなァ。
   |      (__人__) /;;/
.   |        ノ l;;,´        でも、6年間も続けられたから、
    |     ∩ ノ)━・'        本人には効果があると思ったんじゃないか。
  /    / _ノ´
  (.  \ / ./   │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /





411 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 21:57:24 ID:pEIPpLm2

エルゼベトが考案した処刑道具がある。

人の形をした鉄の棺をつくらせ、その内側には無数の針が植えられていた。
人を中に入れて棺のふたを閉じると、上下から針が体を貫いて血を噴出させる仕組みになっていた。


            / // /   |ll. l | | l/}≧=-  _ }i)|l// / ̄`Y|
__        / //| {/{ l  !ll l N/  -=ニ __∨( ///  ,r┐ }!
ヽ  ヽ.     \   { /!| |  ',!l l |=ァ'" ̄`ヽ、ヽ/{   〈__ ゞく_ノj
 \  \    ト、_〉 ∨V'\\ヽN {_   (ッ-‐ヘ_ `    -‐=≦ '^              アイアン・メイデン
   ヽ   \   } /\  ∨ \V\__>く ´ ̄`¨¨ /¨^!     /    こいつの名前は 『鉄の処女』 だよ!
     ヽ  \ l/  \__>、 \_/⌒)         ___//
     \  \   / \/ \\(フ }i)  `ー=二_x≦二>ァ'^Yi|
.         \  \j   |   }}  V/ \   \ll/ \l//   }リ
          ヽ   |   ′  \/ \. \   \  }/   /″
                    ヽ   ̄´^ヽ._  ヽ {   /   /
                           |> ’.  / /
                              ヽ_/ イ


          ,ィ'´`ヽ
.        ' /´'´`.ヽ
      ∠ lリ (-i-)iゝ
      /////ハヽヽ
      |   \/ |
      |   /\ |
.      |       |
.      |       |
      |        |
      |        |
      _|          |
.   / |_______|\
   ──┰────┰─





413 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 21:57:47 ID:pEIPpLm2

こうしてエルゼベトの美容のために、近隣の村から若い女性が集められていった。
狩り集められて犠牲になった人数は650人にものぼるといわれている。




  ∧∧    ∧∧    ∧∧     ∧∧    ∧∧    ∧∧     ∧∧    ∧∧    ∧∧
  (*゚ペ)   (*゚ペ)    (*゚ペ)   (*゚ペ)   (*゚ペ)    (*゚ペ)    (*゚ペ)   (*゚ペ)    (*゚ペ)
 と  ノっ  と  ノっ  と  ノっ  と  ノっ  と  ノっ  と  ノっ   と  ノっ  と  ノっ  と  ノっ
~(__つ   ~(__つ   ~(__つ   ~(__つ   ~(__つ   ~(__つ    ~(__つ   ~(__つ   ~(__つ
  (,/      (,/      (,/      (,/      (,/      (,/       (,/      (,/      (,/




       ∧ ∧
~γ'" ̄(゚-゚;)
  (/ ̄ ̄\) \)





415 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 21:58:37 ID:pEIPpLm2

そのうちの一人が城から抜け出して、ハンガリー王の元に駆け込んだ。


                 ∧ ∧
   - -==三三~γ'" ̄(;゚ 0゚)
  - -==三三   (/ ̄ ̄\) \)




          ;' ':;,,     ,;'':;,
         ;'   ':;,.,.,.,.,.,,,;'  ';,
        ,:'           : :、
       ,:'  _ノ::::::ヽ、_    ::::::::',
       :' 。z≡:::::::::: ≡=z。   :::::i.    王様、お願いです。助けてください。
       i ゜。゚~     ~゜。 ゚o   :::::i
       : ''' ___   ''''     :::::i     まだ何人もの女性が城に監禁されているんです。
       `:,、 `----、    : :::::::: /
        ,:'    ̄ ̄   : ::::::::::::`:、
        ,:'         : : ::::::::::`:、




                i;、   | |
                |;:ヽ,.ゝ┼┴ -/、/    _ _
                |,."二 ニ ニ ミ ヽ_,,.-_'ニ´/
               <二ニ_)(_ニ二__,;;   σフ,.''"
              _ ,ハ==゚´,,`゚==彡,,__  ィi"ゝ、
          _  <_;'",       、、 ゙゙' ノノ// ̄ヽ         うむむ~~。
     ⊂ニ,_",`ヽiゝ/ '、((三三三三三)),.-'"_,/,,,,.ー_ニゝ
        {{{7r_,イ|i:|  ミニ=‐-‐==彡-''"""__,,.-‐'"´  ヽ       それが本当のことならエライことだわい。
         | ヾ:::ノリハ  ハ、`ニYニ´,,,,.-‐''"´ヽ  ハ _,.-‐や
         ヽ_∠,,,ノ `ヽ    /;キ;\  ヽ  _____,,.-‐" /  |      おい、すぐに調べてまいれ。
            `ヽ_、`‐-、_/!,!キ !,!\,,.-''" _ __ `y |   |
             / ̄7テ==========={{<==|  !|   |
             /  //   ナ   /  テテ´  |  !  |'.,
            ,'   /        |    | |   |     |. ',
            ,'   ,'            | |   |    |  i
            i  ,'     |       | |   |__,,,..!.  |
     .       i  i        |      | |   (ン___ノi.  |
           l__i       \.    |_|        |__|
             L___,,.-‐-、__    _____」
               ,∠=、、゙ __]   `ー<´__ r=ゝ、
              ‘ー---‐ ' ´          ̄ ¨´

    【神聖ローマ帝国皇帝 マーチャーシュ2世(マティアス2世)】





418 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/29(金) 22:00:23 ID:bgJx7o.M

ハンガリー王の元に駆け込んだのに
何故に神聖ローマ帝国皇帝が出るの?


>>418
皇帝でもありハンガリー王でもあるからです。
ちょっと紛らわしい書き方でしたね。





470 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/29(金) 22:37:45 ID:ciEpuXvw

ハンガリー、ベーメン、ポーランドは王位の兼任が多いから混乱して困るw





416 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 21:59:47 ID:pEIPpLm2

ハンガリー王が部下を派遣させて城を調査させると、地下の牢屋からは多数の女性が捕らわれていた。


             , - '´ ̄ ̄ ̄`ヽ、
           /           \
            /                  ヽ
          /   __   、、    「l} ヽ
         {_ニ- '´ ̄ ̄ ̄`ヽ、    ヽ  、
        / /   /7/j/ /\   ヽ  |
         /  /rイ /  / ∠/! /\   |  !
         | /l |/ /、  /  , -ェ-レ'|/i/ヽ_  | /
       V i レイr、`/  イr、 }    l/⌒j レ′
          Vヘゞ'    ゞ'     _,) /_」
            、"<    ""   r┬' \
            ヽ、 ‐      /! | ト、|-、
              ` _--‐  ´   |i/ヽ|   ヽ
             rく__|       |  /ト、___ム_
           ,.ィ「!__] _   __〉〈 `丶、` - ゝ
          rく  iヘ |   入 ` ´ j  >   ` ̄ヽ、
        /  |  ヽヘ  \ヘ   // |       /7、
       /    ヽ  ヽヘ   ~iヽ/i   |      /7/|
`ヽ    /rァ ,、   \  V!  l 十 i   |      j,7/ !
  ト、  マ\゙ ,、    ∟「^!  i 十 i   |     / /  |
  | |  ノ  \ ,、    \ニ>、   i   |      レ'     |
  L__! 」__   ヽ ,、  /  丁 ト、  i   |       |      |
    |ーヘ    | ,、 /    |  | \    |     | \   |





417 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 22:00:06 ID:pEIPpLm2

そして、城の外には、体に無数の穴が開いている数々の死体が捨てられていた。


                         ∧∧       ∧∧;; ;;
                     ∧∧ (゙0;;゙*)⌒;;⊃\ (゙0;;゙*)ノ/
                   ∧(゙0;;゙*)⌒;;⊃ (゙o;;゙*)⌒;;∧∧⌒;;
                ∧∧(゙-;;゙*)⌒;;⊃ (゙-;;゙*)⌒;;⊃(゙0;;゙*)⌒;;
                (゚;-:。*)⌒;;⊃ (゙-;;゙*)⌒;;⊃(゙0;;゙*)⌒;;⊃(゚-;;゚*)⌒;;
            ∧ (゙0;;゙*)⌒;;⊃ (゚-;;゚*)⌒;;⊃ (゙0;;゙*)⌒;;⊃ (゚o;。*)⌒∧∧
          ∧ (゙0;;゙*)⌒;;⊃(゙-;;゙*)⌒;;⊃ (゙o;;゙*)⌒;;⊃ (。0;;゚*)⌒;;⊃ (゙-;;゙*)⌒;;
     ∧∧ (゙0;;゙*)⌒;;⊃(。0;;゚*)⌒;;⊃(゙0;;゙*)⌒;;⊃(゙0;;゙*)⌒;;⊃(゚;;-;゚*)⌒;;⊃(゚-;;゚*)⌒;;
     (゙0;;゙*)⌒;;⊃ (゙0;;゙*)⌒;;⊃(゙-;;゙*)⌒;;⊃ (゙0;;゙*)⌒;;⊃ (゚-;;゚*)⌒;;⊃ (゙-;;゙*)⌒;;
   (゙0;;゙*)⌒;;⊃(:;);-゚*)⌒;;⊃(゙-;;゙*)⌒;;⊃(゙o;;゙*)⌒;;⊃(゙0;;゙*)⌒;;⊃(゙0;;゙*)⌒;;⊃ (゙0;;゙*)⌒;∧∧
 (。;-;゚*)⌒;;⊃(゚-;;゚*)⌒;;⊃(゙0;;゙*)⌒;;⊃(。0;;゚*)⌒;;⊃(゚o;。*)⌒;;⊃(゙o;;゙*)⌒;;⊃(゙0;;゙*)⌒;;⊃(゙0;;゙*)⌒;;
(゙0;;゙*)⌒;;⊃ (゙-;;゙*)⌒;;⊃(゙0;;゙*)⌒;;⊃(゙0;;゙*)⌒;;⊃(゙-;;゙*)⌒;;⊃(゚-;;゚*)⌒;;⊃(゙-;;゙*)⌒;;⊃(゚0;;゚*)⌒;;





419 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 22:00:41 ID:pEIPpLm2

エルゼベドは即刻逮捕。
この悪魔の所業にかかわった者たちは処刑された。


     | :|: :: : ll   : :| l: :    : :: :|│: :: : : , -‐ ─ l | \: : : : :/:/: : :|
     │:l: :: : ll   : :| l: :    : :: :| |_;_;_:イ      l |  〈.: :/ : /: : : :|
     |: :l: :: : |l  _;_;|_l;_;_  -‐ ´ /  , -=≠=-乂  〉: : /⌒ヽ: : :l
     ',: :l: :: :从/´ ̄`ヽ、        /,イ⌒ヽ   冫  ノ: :/ ノヽ l : :l
     ',: l:厂∨  ,.ィ==、         ′ 弋'¨´リ  /  / 厂|┐ l l : :!
      ∨  ', 彳 ,イ⌒ヽ           _`¨_,.< /厂l │| / / .:/
           ', ′弋'¨´リ         ´     ///リ  |  | ∨ / .:/
          ∧  ‐-`¨'´  ヘ           / ///  ,′ l ∨:/
           / :∧       :|        / //  /  / ハ′
        /∠二ヽ      :ヽ `       // /  /  / / j
        //. : : : : . \      ,.、_     /  /  / / /.\
      / ./. : : : : : : :厂⌒ヽ、    ヽ─ ┘ /      ′/ /: : : |`丶、 _
     ノ :/: : : : : : : : > 、   > 、   `´ /          /: : : :/   // `ヽ
   ,八:/: : : : :┌< ノ \ /    `丶、_/           /: : : :/ //. : : : : .





422 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 22:02:11 ID:pEIPpLm2

エルゼベドは貴族であるので処刑は免除されたが、チェイテ城の塔に一生監禁されることになった。
そこは窓もなく、風呂もトイレもなく、食事を受け取る穴がわずかに開いていただけの部屋だった。


    んィ, -‐―‐-、-,、
   そ〆-──-、 、`く)、
    / /    丶ヽ ヽ ト)
    l i_{ _j___{_|__}_彡ヌ)
    `.l TT TT リイノ     うわあぁぁぁん!!!
     { ┌┐ "∫ノ
      ゝ、 _ , イ、      こんな暗くて狭いところなんか一人で嫌だよおぉぉ!!!
     ,τ´'━'´ (⌒)
     ((;;;;卅;;;;;;ソ(;;;;;)
 \__________  _________________________/
                  | /
                  | /
           [ ]_[ ]_[ ]_[ ]_[ ]_[_]_[ ]
         !__ .|_=_ =-_-_ _ = =__|
         |*`ー-、,_- _       |
         |.―'T´=   []    |  !_
         |  .|_=- -      |  |*
        /^\...._|=_= -      |  |_,-~`´ /^\
      _ /  \‐|_=-_  _  _ __ |_|__   /  .\
      [ ]/,   \[ ]_[ ]_[ ]_[ ]_[ ]_[ ]_[ ]_[ ]_/,   \
      |/#"   \_=-___=__=__- =-_ -=_ /#"   .\
     _/##_  _  \_-_ = _________    _/##__   \_
     [ ]_[ ]_[ ]_[ ]_[ ]_=0~{_ _ }~0   [ ]_[ ]_[]_[ ]_[ ]_
     |_=__-_=__ _=,_|_=_ |  , __ |_ _-= |_ =-___-_ =-_|
     | _- =-     |-_  | ((*  | = -   |= _     .|





424 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 22:04:00 ID:pEIPpLm2

       / ̄ ̄\
     /     _ノ ヽ
     |     ( ●) |
     |      (__人)      そこで3年過ごした後
     |        ⌒ノ
     ン        ノ        エルゼベト・バトーリは孤独に死んだ。
    /⌒ヽ、    _ノ
   /   ノ \__ィ ´
  /  /    '|.
 (  y      |.
   \ \    |
    \ィン、__)、
     .|     ij ,ノ



         ____
       /   u \
      /  /    \\
    /  し (○)  (○) \     ……おっかねぇお。
    | ∪    (__人__)  J |
     \  u   `⌒´   /





426 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/29(金) 22:05:57 ID:xU4jdF7o

もっとも、この事件についてはハンガリーの大貴族であるバートリ家と国王との権力争いや
バートリ家を含む代々のハンガリー貴族達の反ハプスブルク抗争なんかも
背景にあるんじゃないかと言われているけどね





425 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 22:04:57 ID:pEIPpLm2

      / ̄ ̄\
    /   _ノ  \
    |    ( ●)(●)
   . |     (__人__)            エルゼベト・バトーリの女性の血液だけをねらったことは、
      |     ` ⌒´ノ            ブラム・ストーカーも『ドラキュラ』のヒントになったんだ。
.     |         }
   .  ヽ        }
   _/⌒ヽ     ィ             また、『ドラキュラ』より前に小説になった
 i'⌒゙l |   l         \__ィ~っ    女吸血鬼の物語『カーミラ』のモデルにもなった人物だ。
 |  |. |   |       ト、_"__冫く;'三}
 |  | ( " ̄⌒ヽ、 |____`ー‐"
 |.   ̄ ̄ ̄ ̄|ソノノ ̄`ヽ ̄⌒ヽ.'⌒lソ
 |        l  .| y  |_ィ   |  .||
 |        |  .|.|   |  |  |   ||
 |        |   |___|  |__|  ||
 |_______.|___(__゙)__{___゙)_||




         / ̄ ̄\
       /   ⌒   \
      ( ●)( ●)  |     こうして東欧のおとぎ話からモデルとなった人物などを
      .(__人__)      |
       l` ⌒´    .|     まぜこぜにしてできあがったのがドラキュラ伯爵だ。
       {          .|
       {       _ |
      (ヽ、ヽ   /  )|
       | ``ー―‐'| ..ヽ|
       ゝ ノ    ヽ  ノ
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





427 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 22:05:59 ID:pEIPpLm2

そしてブラム・ストーカーは筋書きの仕上げとして、吸血鬼に伝奇要素をつけくわえた。
それで注目したのがワラキア、今のルーマニアの一部を領していたヴラド・ツェペシュだ。


         | /      ヽ    /    / l  \
         ,イ   l   ヽ l  /    /  /   /
        / |   !,、   l l /    /     ノ レ‐i
       /  |  /  `'-  l|    /_,.‐ヽ   /    |
      /  | /  /ヽ/'''''‐、   |´   ヽ_// ヽ  〉
      |    |  |ミ./  _ `!  レ    l   _ ミ l /
      _,.-‐ヽ |  /-l  /_ミヽ,| __,.-、   レ-‐´ | l く
      ´ ̄\`''´ /三l  | r''''''-'''ヽ! |  /三彡-ク  )
       ヽ L_/'/ ̄ヽ l―\:::::ノ-/ /―フi'´/  /
        | r‐、 ト、,_ |/ ヽ'i `´l / / //'| l/
        ヽ| r-| ノ 、_ 、\、ノ レi l, / /_/_,,. | l,
         .lヽ 川  ヽ弋;ッ、`ヽ! l:| l_,.ィ;;フノ  人 |
         |. | |り、  `"´ ̄ヽ! |ヽ! ̄`´   | /ヽ|
         | y-| l,      l |  l     |ノ ノノ
         .| ,i、し!  .    l .| /.     | r'´
         |  | `´!     ヽ!___レ      .!.|
       _,.-''i'´l  l   、_,.-ニ-、_,.-   / .|ヽ-------、_
      // | ヽ  ヽ    r`'''''"´,.   / ノ| `''―――-、ヽ
     / /   |  \  \  `"T"´   / / |--、_     \ヽ
    / /    /    \ \      //   |   \      l.L
   //    /       `''‐ヽ、,,,,,,,,,,ノ‐'´    l    ヽ    ヽ \_

        【ワラキア公 ヴラド3世・ツェペシュ】





428 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 22:06:39 ID:pEIPpLm2

     それじゃぁ、三人目のモデルとなった
     ヴラド・ツェペシュの生涯を追っていこうか。


     / ̄ ̄\
   /   ⌒ ⌒\
   |    ( ●)(●)               ____
.   |   ⌒(__人__)            /⌒  ⌒\
    |     |r┬-|           /(●) (●) \
.    |     `ー'´}  \      /:::⌒(__人__)⌒:::::: \
.    ヽ        }     \     |    |r┬ |      |
     ヽ     ノ       \   \   `ー ´    _/
     /    く. \         \  ノ           \
     |     \  \    (⌒二              |





430 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 22:07:14 ID:pEIPpLm2

<ワラキア首都 トゥルゴヴィシュテ>


⌒ゝ 〃⌒⌒ヽ_      |!____i|     ( ノ⌒ヽ、_二-‐'⌒
  `ー' ,-、_ノ⌒)    /=‐::::::::::::::::∧
'⌒ゝノ⌒ヽ、-~、ノ    ∧────ト ∧     (⌒⌒ヽ_ノ⌒〃
              /=ヘ ロ ロ ロロ | /=ハ  /ヘ  `~‐-、__二ニ(
  /⌒ヽ、_     /_ ヘ ロ   |/_ハ/= ヘ
,ノ"´ `゛ー-、\-‐'  ]二二[     ]二二[.| ̄| ∧
"´′     "ノ ヽ\ |ロ ロ ロ |=====:|ロロ ロロ|\|/=ヘ__/⌒、∧_,∧、_
    ,ノミゝ       ...┌冖冖冖冖冖冖冖冖冖冖冖冖    /=∨ハ
彡ゞノソ爻乂ゞ∧ ソ   |============..|\_/_ハ__ハ
爻ノゞノ个ゞゝ/=ヘミ   |___ ェェ ニコ  ェ  」   | |  |  ロ| ロ|
^^~" ̄~~゙ /=-ヘ彡/...._/|      ェェ  r=====ヘ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
从 ノゞ Fニニニニ.I |    .| : | r=====ョ   /=-‐==ハヘ | ̄∧ | ̄∧
ノ爻ゞ   |  ./ ̄ ̄ ̄∧...:::| : | ||ロl.lロ||  /== -‐-ハヘ レ'△ヘ レ'△ヘ
ノゞヽ / ̄ ̄ ̄ ̄∧/品| | : | ||日ll日|| /____ハヘ______
ゝ'  ./___-=/品| ∩ .|// ̄ ̄ ̄[INN]┌┬┐ |┌┬┐┌┬┐
  /\=-    \_¬ //′″,,   _ |  ├┼┤ |├┼┤├┼┤
/ .品. \‐-  //|_ ̄ "   . / /|  └┴┘ |└┴┘└┴┘
____\_| ̄|/|/        . | ̄|/|______|______
   .エコ  ュ | ̄| ''|  ′′ ''''  | ̄|| ̄ エコ ェェ      コ
 エ コ .. 匚 |~コ| │     ‐-  |  ||匚]  ′′匚 ]
,,vy,、,_,,,.,.,,vv、.,,| ,,_|,/ 二=  -‐  |,,_ ||,,___,,vw_,,,,,y从w,,_、、,,,_vy,,_
::::、、::::::::::::vy,,::::::::::::::z'     ‐-  `z:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::





431 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 22:09:14 ID:pEIPpLm2

ヴラド3世は、ワラキアの領主ヴラド2世の次男として1430年に誕生した。


       、--‐冖'⌒ ̄ ̄`ー-、
     /⌒`         三ミヽー-ヘ,_
   __,{ ;;,,             ミミ   i ´Z,
   ゝ   ''〃//,,,      ,,..`ミミ、_ノリ}j; f彡
  _)        〃///, ,;彡'rffッ、ィ彡'ノ从iノ彡
  >';;,,       ノ丿川j !川|;  :.`7ラ公 '>了
 _く彡川f゙ノ'ノノ ノ_ノノノイシノ| }.: '〈八ミ、、;.)
  ヽ.:.:.:.:.:.;=、彡/‐-ニ''_ー<、{_,ノ -一ヾ`~;.;.;)
  く .:.:.:.:.:!ハ.Yイ  ぇ'无テ,`ヽ}}}ィt于 `|ィ"~
   ):.:.:.:.:|.Y }: :!    `二´/' ; |丶ニ  ノノ
    ) :.: ト、リ: :!ヾ:、   丶 ; | ゙  イ:}
   { .:.: l {: : }  `    ,.__(__,}   /ノ
    ヽ !  `'゙!       ,.,,.`三'゙、,_  /´
    ,/´{  ミ l    /゙,:-…-~、 ) |
  ,r{   \ ミ  \   `' '≡≡' " ノ
__ノ  ヽ   \  ヽ\    彡  ,イ_
      \   \ ヽ 丶.     ノ!|ヽ`ヽ、
         \   \ヽ `¨¨¨¨´/ |l ト、 `'ー-、__
            \  `'ー-、  // /:.:.}       `'ー、_
          `、\   /⌒ヽ  /!:.:.|
          `、 \ /ヽLf___ハ/  {
              ′ / ! ヽ

      【ワラキア公 ヴラド・ドラクル】





432 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 22:09:34 ID:pEIPpLm2

現在ではルーマニア共和国の一部であるワラキア公国は、元々はダキア人と呼ばれる人々が住んでいた。


           /ー-‐- 、      , -┐
           /      \  , -‐'   ー--、
            r‐'´        ー゛           \
     _____/           /           |      __
     ,〉               /               ゝ‐‐─‐''゛ \
  ./─'゛                |                    /:::::::::
 .く               |   【モルドヴァ公国】    /:::::::::::::::
   l 【トランシルヴァニア  |                __/:::::::::::::::::
  /          公国】 |               j::::::::::::::::::::::
  /                   弋             イ::::::::::::::::::::::::
  ヽ               ___`>────────}::::::::::::::::::::::::::  黒
   ヽ       _ノ¨¨´                     }::::::::::::::::::::::::::
   .|     ノ´                      |::::::::::::::::::::::::::
    | ̄ ̄ ̄      トゥルゴヴィシュテ       >:::::::::::::::::::::::  海
    l、            ◎                丿::::::::::::::::::::::::
    |                            ッ¨:::::::::::::::::::::::::::::
    /        【ワラキア公国】       j:::::::::::::::::::::::::::::::::::
    \                           (::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      !      ,メ、                丿::::::::::::::::::::::::::::::::
     /    .r‐'´  ヽト、      / ̄ ̄ ̄ ̄::::::::::::::::::::::::::::::::
      `ー´ ̄     ´ ヽ,r'‐--─'′





433 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 22:10:15 ID:pEIPpLm2

かつてのローマ帝国トラヤヌス帝がダキア遠征でこの地を征服。
この遠征で古代ローマ帝国は最大版図を獲た。


                      _ ................... _
                ___/´:::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
                  /:::`ヾ〃:::::::::::::::::::::::::::::::::: \
               / ::::::::::::::V⌒ヾ::ヽ::::::::::::::::::::::::::::\
                 / :::::::::::::::::/´ ̄`\:::::::::::::::::::::::::::::::::j
               {:::::::::::::::::::′    ` <≪::::::::::::::::::i
                Ⅵ::::::::::乂        `ヽ、`ヾ::::;′
                  リ:::::::::::/ ̄二ニ==、、   __,、-‐jノ
                  i/⌒Y:!  `ヽ戈丐''¨`  ィ戈乞Y
              从γL! :.         |   ,′
                 乂ヘ_j   :.           _|   /      第一次ダキア遠征  101~102年
                  Ⅵリ`  :.       ``"  /       第二次ダキア遠征  105~106年
               乂 \      -- ― -
                  ト、   \     `""´ /
                   j_:.:\   \      /
              ,rv′Y:.:.:> .. `_ー─イj
        ─=ニ二三\:,八__)γ⌒ヽ::`Y´/))> ..__
     三三三三三三ニ> .:.人:.:.`ー| | | 厶!三三三> ...ヘ^vーハ
     三三三三三三三三三> .:.: | | |ノ/三三三三三二ニ| |:.:. | |`ーヘヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:
      ニ三三三三三三三三三ニニ>介ぐ三三三三三三ニニ! !: : | |: : : :}}:.:.:.:.:.:.:.:.:

     【ローマ帝国皇帝 五賢帝の一人 トラヤヌス帝】





434 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 22:10:47 ID:pEIPpLm2

しかし、ローマ帝国崩壊後、ダキアはたえず異民族の襲来に悩まされることになる。


            ┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨
                .,==、
              __(三=ミ)
   <=━━━━━,(,,ノ(∀・ )\━━━━━━,
              `ー〈(二)´~ヽ、
         i')ノノ/)彡  /|〉 〉`ヽ  `ヽ     .,==、┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨
        ,{===t'、 ヾ彡,(_,ノ_,,〈_)_,ノ´,_.   __(三=ミ)
         | ・/,||r、,/<=━━━━━,(,,ノ(∀・ )\━━━━━━,
        〈__,/~ ゚~~ヽ,  (_,ノ    { `゙' `ー〈(二)´~ヽ
              〈 〈 ̄~ ̄ヽi')ノノ/)彡  /|〉 〉`ヽ  `ヽ     .,==、
             / \ \  /,{===t'、 ヾ彡,(_,ノ_,,〈_)_,ノ´,_   __(三=ミ)
            ./ / \ノノ./ | ・/,||r、,/<=━━━━━,(,,ノ(∀・ )\━━━━━━,
            〈_ソ    〈_ソ〈__,/~ ゚~~ヽ,  (_,ノ    { `゙' `ー〈(二)´~ヽ
                          〈 〈 ̄~ ̄ヽi')ノノ/)彡  /|〉 〉`ヽ  `ヽ
                          / \ \  /,{===t'、 ヾ彡,(_,ノ_,,〈_)_,ノ´,_
                         ./ / \ノノ./ | ・/,||r、,/゙゙〈 〈{"⌒'ヾミミ,、
                         〈_ソ    〈_ソ〈__,/~ ゚~~ヽ,  (_,ノ    {
                                       〈 〈 ̄~ ̄ヽ  〉
                                      / \ \  / /\
                                     ./ / \ノノ./ / \ソノ
                                     〈_ソ    〈_ソ





435 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 22:11:26 ID:pEIPpLm2

各領主は自衛のために武力を備えるようになる。
それがこの地をまとまりにくくさせる原因にもなっていた。


     .∧S∧
    ( -∀・)◎
    [SSSSS] ||
    /::::::|S (つ
    |::::::/=-)::||ヽ_
    /::::/∧. │:||::::::::::ゝ
   /::::/_)└┘:||::::::/


        ヾソ
         _⊥_
 ,,、,、,,,  /´___`i ∩    騎馬民族なんかボコボコにしてやんよ!           ,,、,、,,,
      |#|´・ω・) /                         ,,、,、,,,
      <;;>|i!i!i!i!i!| ;>      ,,、,、,,,                       ,,、,、,,,
 ,,、,、,,,  U |三三|  ,,、,、,,,         \オーーーーーーーッ!!/
       //|_|_|_|ゝ        ∧_∧∧_∧ ∧_∧∧_∧∧_∧∧_∧
       ∪  ∪       (    )    (     )   (    )    )
 ,,、,、,,,       ,,、,、,,,  ∧_∧∧_∧∧_∧ ∧_∧∧_∧∧_∧∧_∧
      ,,、,、,,,       (    )    (    )    (    )    (    )





436 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 22:12:11 ID:pEIPpLm2

   / ̄ ̄\
 /    _ノ \                   ヴラド・ドラクルが領主となっていた
 |::::::     (● ) )
. |:::::::::::   (__人)                   当時のワラキアも状況は切迫していた。
  |::::::::::::::  `⌒´ノ          ....,:::´, .
.  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..     東はモンゴル帝国(キプ・チャク・ハン国)
.  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
   ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .       北はハンガリー王国。
   /:::::::::::: く         ,ふ´..
   |:::::::::::::::: \       ノ::ノ           そして、南は興隆著しいオスマン帝国がいた。
    |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´





437 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 22:12:27 ID:pEIPpLm2

<1430年ごろの東欧情勢>

                                  がワラキア首都トゥルゴヴィシュテ

          ` ./ `'i、   `'|                  ゙l、
      l゙''i、 ,―''"   `'、、  .|                  `'i、
.゙厂゙゙゙ヽ,,,,,! ゙''ー″      ゙'-,,/|   【神聖ローマ帝国】      .゙i、    .,――、、
 `i、               ヽノ                  __ --‐゙゙゙゙"'''""^    `゙''i、
   \,、             ヽ                 彡-ー'              │   【キプ・チャク・ハン国】
    ,,l゙                 丿               /                 ,,,/__、
    ゙ー、                |,,―-,,,,,.     /                       ヽ  ゙l、                ,,,-‐
     ,l゙               ,/    :i彡-、/゙~'┘                   ┌′ \、    ,,-ーi、   .,/`
    l゙           ,,彡i、  ,、 ,、 ,,|  .,,,,,,、     【ハンガリー王国】    `'i、   |    .l゙  'ヽ-''シ \、.,,i、
    │           ` .|ー'"゙'-"`'".゙l,/` .ヽ                     │  ゙l  .,/`   .〈丶  `,―′
、  /                ,i´           ,-,,,-}                    _,,,,,,,,,,ノ _z''―ーl゙      .゙l,_,,/゛
`''v/               ゙l         r"  {,r‐.                ,--"   弋´   l゙
  `\,、 、      ___    .ヽ._,-''ー、,、   │  `゜ ゙l、      ./''――‐'!、     ._ヽ,,---│    黒 海
     `゙"\、 r'"゙゙^ ヽ,,,,,_,‐'''“    │   \、   ヽ、     |     /\,,,,,,,,,,,,,,/`   .,ノ
        ゙""ン      `    ,ι |、    │   .\、  .,,,/     `'、         l          _,,,,,,.
        .,,,,-″            ,i´|  `i、    \    `''''-,,{ `'-、    l゙ 【オスマン帝国】       .,,/`   `
     _,r'"゙″              | │   `'、、   \_     `'i、 `i、   |             ゙l     ._/
   /                  ゙こ     .\    `゙',i´     ゙,! ゙l、   ゙l           ,,l> /'"`
   l゙    .,,-. ,,-、      r'"` |      `゙゙゙゙'i、   `゙'ー-,,、  .|  ゙l,-‐''″  .,,,ミr---,,,..,/` .r┘
   ゙l  ,, ヽ,,ソ `′      ゙l  .゙l        `''i、   ,-,.`'i、 .|   |   lヽ, .,,゙l,.    ,,,,‐'''''''"
 .,i´   ゙″               | 、}          ‘'i、 l′.ヽ,l゙ ヽ ,,″  ‘-"|'゙'"   l_
-″                ‘'"`゜           │ ゙'i、    `く、      j      ヽ
                                 ,",r'"      〈     {     ,-ノ
   ,,,,,,,,,_   __                l¬--,,,,,,,r,!(,/        `,―-ハッニトミ,!、   ̄'i、
¬''''゛    ゙゙゙゙̄` ゙̄''-,,,/―-i、,,,,,―-,    `'-、   .|           ゙i、  ィ〈i、  `゛    ヽ__,,,、   ,-、,,,、   ,,-
                      `''゙,!    `'-、,_│           く,-,.,゙l,、          ゙'-,,,,,,/   `'―‐'"





438 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 22:14:03 ID:pEIPpLm2

なかでもオスマン帝国の勢いはすさまじく、ムラード2世の代ではブルガリアを併合し、
ワラキアまで隣接するほどに勢力を拡大していた。


\\//  / \ \/ /.
  >  <  \/   \ _,.. --─-===ー- 、
//\\/\ /_, '"                   ヽ
  // \  ._,r'"                       ヽ
>  <  / ,.イl/r' /⌒´                  ヽ
        j≧i{ルzえr‐==宀Y!→三          |
      /ト{⌒`´″      l|  三             |
      { }i{             リ  三             |
 \/   ソ -、           三           |
 /\   i=-、   ,r==‐一   `ミミ           |
     _r==≠ー‐' r‐テ宍ぃ,___ヾミ     ヽ、 !
    └}- i 亠}⌒ヽ{ 、_  ̄´ }r───―r‐rイ ⌒トi }| |
      ヽ_!`_j   ヽ _ _ノ'_ノ'´   ノ ミ! i片 l//ll |
        ヽ }   '´ `!       /  ミ!  し'ノ/l!lリ
   \/  、ヽ _ r‐- ノ  `ヽ、       i_,ノヘ川
   /\   川从川从川从  !  i       !   ノル{
          ヽ‐ー→―ー‐ァ'’ j   !      ! }   {_
  ×      ヽi`ー─-^'´/  !      / /    ソヽ
           い、____,.   /      /l  }   / /ヽ
        ×  }            ,. '"   } / / /
\  /        '、         _/    ///  /
  ×        ``=ニr‐ '"/      /  /
/  \   \/         }  /   /

      【スルタン ムラード2世】


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

              / ̄ ̄\
         rヽ  / ノ  \ \
         i !  |  (●)(●) |     ヴラド・ツェペシュはこういう
      r;r‐r/ |.  |  (__人__)  |      治めるのに難しい土地を故郷としていた。
      〈_L (`ヽ .}  |   ` ⌒´  ノ
     l` ( ``/ .  |        }
     ヽ   l  .  ヽ       }
      |,.   l   /⌒   ー‐  ィ ヽ





439 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/29(金) 22:14:23 ID:5cwlj1y2

詰んでいるよな・・・普通なら





440 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 22:14:50 ID:pEIPpLm2

父親のヴラド・ドラクルの綽名「ドラクル」については『竜公』といった意味がある。


       、--‐冖'⌒ ̄ ̄`ー-、
     /⌒`        三ミヽー-ヘ,_
   __,{ ;;,,          ミミ   i ´Z,
   ゝ   ''〃//,,,    ,,..`ミミ、_ノリ}j; f彡
  _)   〃///, ,;彡'rffッ、ィ彡'ノ从iノ彡 (
  >';;,,  ノ丿川j !川|; :.`7ラ公 '>  了
  く彡川f゙ノノ_ノノイシノ| }.: ヽ八ミミ、、;.ミ>
   ;=、彡/-ニ''_ー<、{_,ノ -一ヾ`~;.;;=、
   !ハ.Yイ ぇ'无テ,`ヽ}}} ィt无テ`ヽイハi       Vlad Ⅱ Dracul
   |.Y }: :!  `二´/' .| | 丶`二´ .i: {Y.|             ~~~~|~~
   ヽリ: :!ヾ:、   丶 | | ゙   ,.イ::ヽノ                ↓
     {:: }  `    ,._{__,}_.,   ´  {: :}              竜の君主
     `i'゙.     ,.,,.`三'゙、,_    `i'゙
    ,.-iヽ    /゙,:-…-…、 )   ./
   ,r{ \\  `' '≡≡' "  //`i_
 __ノ ヽ  \\    彡   // / `‐-
     \  \丶.   i  //  /
      \   \ `¨¨¨¨´/   /




     / ̄ ̄\
.   ./   _ノ  ヽ
    |    ( ●) (●)           これはヴラド2世が領内で
    |      (__人__)  ∫        竜の刻印を打った硬貨を流通させていたこと、
    |     `⌒´ノ ∬
.   ヽ         } | ̄|          そして、自身がドラゴン騎士団という
     ヽ     ノ |_|)         東欧のキリスト教国を支援する目的で設立された
____/      イー┘ |         騎士団に所属していたからだった。
| |  /  /     ___/
| |  /  /      |
| | (    ̄ ̄ ̄⌒ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|





441 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 22:16:25 ID:pEIPpLm2

「Dracul」に「a」がつくと、息子という意味がつく。

すなわち、

ヴラド3世の綽名である「Dracula」とは、当初は「竜公の子」といった程度の意味しかなかった。


         |
    / ̄ ̄\
   /   _ノ  \.
   |    ( ●)(●)        Dracul  (竜公)
.   |  ::::::⌒(__人__)
   |     ` ⌒´ノ
.   |         }.    。    Dracul + a = Dracula  (竜公の息子)
.   ヽ        }    /
    ヽ     ノ   ./
     / lヽ介/lヽ、 ,rE)
.     | | ~ヾ/~ |. ソ◇'
    | |  ゚|  |\/____E[]ヨ___________
  _ | |  ゚|  |__
  |\  ̄ヽ⌒ヽ⌒ヽ \
  |\\  ⌒  ⌒ 甘 \
  |  \| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|





443 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 22:18:13 ID:pEIPpLm2

さて、そのドラゴン騎士団の同僚には、のちにハンガリー王国の摂政にも就くフニャディ・ヤーノシュがいた。

ヤーノシュはワラキアの北にあるトランシルヴァニア公でもあり、
ハンガリー王に従って各地で武名を挙げていた武将でもあった。


        , ―- _       _ -― 、
        ヽ     \__/      ノ
          \            /
           ヽ. ,―、  ,―、  /      , ―-o、
          / l |__ V__ | /ヽヽ    、三`  二つ
        〃  ヽ八_・_八_・_八/  ヽヽ      } (
    , -l⌒ヽ\_  _| ,、__,、 |   /―- 、  ) )
    |  ヽ `ー一´_ 人 `二二´ ノ _/○    |,-( (
  (  ̄ ̄      ノ) \   | |  / ○   /'V~( ̄ヽ
   l二=      ノ ○ \V/  ○    ノ  l_ (   }
   (__ -― 7  /|ヽ  ○, ― 、○     /   / (_ノ
    |     `-´/ |   {(°)}          //| ||
    |      | /   |  `ー-´        /´  ノ ノ|
    |      /    |            /   { { |
    }     {      ヾ\     _ノ    |   | | |
    {    |      |   ̄ ̄          | | |
    ヽ_   |      ` ――           _| |ノ
    (  ̄ >―----               ̄ | |)
      ̄ ` ―-――――----―――― ´ ̄|」

 【トランシルヴァニア公 フニャディ・ヤーノシュ】





444 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 22:18:51 ID:pEIPpLm2

1437年、神聖ローマ皇帝にしてハンガリー王のジギスムントが亡くなると、
ワラキアはオスマン帝国と単独で講和をしてしまう。


               _____
             ,∠_ ̄`ヽ::::\ヽ``ヽ-、
            /:::::::::``ヽ、 \::ヽ.゙、:::::リ ト、___
            /'"´"ヾ、::;:、ゞ-‐-、ヾ::/ノ::::仄`ヽ
          i'"´ ̄ヽ/7′     ̄"`ヾ:'::「\
            l::::::,.-‐-{ |!  __       {:::/
          |,∠_ /     ヽ\__,w、_/|彳
           { r ヾ|==Y´ ̄`ヽ::::::;:‐┴'、
          } '      |    /⌒|   /
           /\__   ヽ、 `‐-‐'   ト-イ
       ,.-┴-、/ `i   ヽ     、  {  /
      /::::::::::::::::`ヽ」.    ,. ,.__ゞ__,.-;. {                     、__............._
    /::::::::::::::::::::::::::::\   ' `ー‐‐‐'" /                 __、-ーミ三      ` ー 、
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\       /                 、Z , 、ミミ      , , , ,,;; }、__
./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\‐-r--‐'′                ミf从{ミ,ィッffrミ, i i i ッ'´    〈_
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\L___                 了公f .: ; i 川j川ル   , ...く
                                        (:.:.ミム-- { } ,>‐ニ=ミ、く=:.:.:.:.フ
                                        ゝイ ホtィ{ {, ィェテぇ イ:Yハ:.:.:.:ソ
                                         {:ト ニ' l ; '`ニ   ,j: |Yj:.:(
                    逆に考えるんだ。            ヘ   {__}'_,    ´{: }イ:.:.:.)
                                          | ,. -三‐- 、   j´、 |,:く
                    今が講和のチャンスだって。     { ゝ' ェェ`ゝノ  ノ ミ / }、
                                           ゙ト、 ミ_   /,r/ /  ヽ_
                                         _ イ,イ {ゝ‐‐‐‐イ / /
                                      -‐ '´  |:.:l \、__、- ' ./
                                          |:.:!、 / ヽ  /
                                            ´〉-i-イ ´





445 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 22:19:49 ID:pEIPpLm2

1442年、オスマン帝国軍は、ワラキアを通り抜けてトランシルヴァニアに攻め込んでしまう。
ブラド2世も属国として、この遠征軍に参加している。


      ____
\\   |      |                                       //
  \\       /                                     //
   \\    /  ア ア ア ア ア アアアアアァー――――――――― //


  (彡0ミ)   (彡0ミ)  (彡0ミ)  (彡0ミ) (彡0ミ)  (彡0ミ)  (彡0ミ)  (彡0ミ)
  (# `Д´) (# `Д´) (# `Д´) (# `Д´)(# `Д´) (# `Д´) (# `Д´) (# `Д´)
━()━━()━━━□二>━□二>━□二>━□二>━□二>━□二>━□二>━□二>
  (彡0ミ)   (彡0ミ)  (彡0ミ)  (彡0ミ) (彡0ミ)  (彡0ミ)  (彡0ミ)  (彡0ミ)
  (# `Д´) (# `Д´) (# `Д´) (# `Д´)(# `Д´) (# `Д´) (# `Д´) (# `Д´)
━()━━()━━━□二>━□二>━□二>━□二>━□二>━□二>━□二>━□二>
  (彡0ミ)   (彡0ミ)  (彡0ミ)  (彡0ミ) (彡0ミ)  (彡0ミ)  (彡0ミ)  (彡0ミ)
  (# `Д´) (# `Д´) (# `Д´) (# `Д´)(# `Д´) (# `Д´) (# `Д´) (# `Д´)
━()━━()━━━□二>━□二>━□二>━□二>━□二>━□二>━□二>━□二>
  (彡0ミ)   (彡0ミ)  (彡0ミ)  (彡0ミ) (彡0ミ)  (彡0ミ)  (彡0ミ)  (彡0ミ)
  (# `Д´) (# `Д´) (# `Д´) (# `Д´)(# `Д´) (# `Д´) (# `Д´) (# `Д´)
━()━━()━━━□二>━□二>━□二>━□二>━□二>━□二>━□二>━□二>
   人  Y   人  Y   人  Y  人  Y  人  Y  人  Y   人  Y   人  Y
  し (_)  し (_)  し (_)  し (_) し (_)  し (_)   し (_).  し (_)





446 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 22:21:27 ID:pEIPpLm2

しかし、ヤーノシュはこれを撃退する。


("" ̄``-,     __/|
ヽ;( ̄ヽ `、   /ヾヽ|  _
 ヽ`'-、_ゝヽ..  ("\ヽ<。>-.,--、、___
  "~ヾ-~``-`'- \.\ ,,",,ヽ,)___,,..,,__\
         ⊂二 / ,.-)| /\ `'-ゝ
   ┐┐__    (_/,,..-''"-``/ ̄ ̄
 /"二"\i┐,,..,    /.i  ̄.i.|   /⌒ヽ
  ̄ \ \-''")\ __./ .i" ̄`iヽ //"i".\
   ,,..-''" ./ \ヽ  /----i \/   i  \
,,..-''"   /ι]___/ .., /-─--i   ) rゝ i   \
\   /⊂ゝ__ ヽヽ |i     i| "⌒丿ヽ  i    \
  |/  _ ヾ⊃--i"" ̄ ̄"\__,.⊂-ヾ⊃ i  /
    ̄ ̄i- \ / i"-______-"ヽ\_,.----.,,_i/
      i/ /   i_       i | ヽ
      \i i    i `-──--`"i .|  |
       ヽ|   i i_-_____,-i /  |
        \  \i-__   __//  /
         \_,ゝ.二二--/   /
          /  i    <   /
       ∠二_/ ./ \   .\ \
          .// ヽ...ゝ   ノ  `'-、,_
                <__,,.--, \--ゝ
                      \|

       【ヤーノシュ本気モード】




                  (´⌒(´⌒`)⌒`)
             (´⌒(´ うぁぁああん!!`)⌒`)
              (´⌒(´∧ ∧⌒`)`)`)⌒`)
              (´⌒(´(;ω;)つ `)`)
         (´⌒(´⌒  (´⌒( つ |〕 /⌒`)⌒`)
        逃げろー!!   ( |  (⌒)`)⌒`)
       .   ∧ ∧ ⌒`).ドし'⌒^ミ `)⌒`)ォ
     (´⌒(´ (;ω;,,)つ  ド   ∧ ∧⌒`)
     (´⌒(´( つ/] /    ォと(;ω;,) 助けてッ!!
     ―― ( |  (⌒)`)― ォ ヽ[|⊂[] )`)―――
        人し'⌒^ミ 人人ォ (⌒)  |
         人 人  人 人   人し´人





447 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 22:22:16 ID:pEIPpLm2

戦いにやぶれたヴラド2世は、オスマン帝国に助力を求めるため、
息子のヴラド3世と弟であるラドゥを人質としたのだった。


                /rー、/ヽ、____
                // /_-       \
           rー--ヘヽ/ /  _       \
           (  __ノ、ij /´         `、
           `( ( /、   y  、          `、
       rフ'⌒─、 Yヘ ',  /! /,./            ',
     //  ⌒、ノ i.!>、 __ !/i/ハ ,            /
    / i、/   ,,,,,,( / `y´`>=,ニミ.! !、          /
    |`、i ,;;:'''''''/`レ <、  `ーゝ-´\ハ-、,       /
   / i ;: r-ツ、__ry ミ、 /  /   .レうノ      /
   ー、 >;' ー´, .`!  // / . __∠ー´、     /
     ゝ|__ ,)`彡 <>´∠ムフ ̄´_r─ー、____/
     ',`_r-、 r-//!レー´.∠二_____<
      >´` <//_ノ´ ̄ ̄__ニ=ニ___r 三\
     )-´ニ`i`、ノー、________        ヽ
   ゝr´ー、_ `i /r──      _ノ           三ミ|
 ..´/ ̄ー、 / ̄`──-、               三三ミ|
 ./ y´ > /         \         三三三ミミ|




        __, - =ー-、
      /        ~`ヽ
     /             ヽ、
     /   ハ\_ ゝ\_      」
     (  =、 , ===ゝ     」
     ヽi_j|T_(ヲ  <_てヲ | |ハ   ゝ
      ヽl|  |     | |り  ,ゝ
          l  L     ||  _,ゝ
        ヽ ―‐   イー''
        「ゝ --‐ll ̄ ̄|
       /|ハ::::巨ノY ̄ ̄\

【ヴラド3世の弟 のちの美男公ラドゥ】





448 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 22:23:11 ID:pEIPpLm2

1443年、フニャディ・ヤーノシュが主導となって、ハンガリー十字軍が結成される。


    |\         /|
    |  ヽ_____/  .|      __
    \  _       / ⊂ニ⌒'―'―、
      ヽ i ヽ, /ヽ /     )O (⌒
     /ヽ八\V/八/\  ⊂ニ  /
    ./   | ,、__,、 |  ヽ   ノ ノ
  /⌒\  ヽ `二二´/  /ヽ ( (      さんざん痛めつけてやったぞ。
  | (⌒ヽ、 ノヽ__ ___/ ノl⌒(⌒ヽ
  (⌒\ V / V O  ノ .l (⌒  )    今度はこちらから攻め入る番だ。
  (⌒ヽ ヽノ O O  / ノヽ(⌒  )
   |`)  __ノ ヽ(○)    /  (⌒  )
   (__ノ /   \    ノ   `| ̄|'
   |  ノ     )ヽ、 /    ( (
  ノ        (   ノ      | |
. __ノ (__             | |
(__ノ               .| |)
  ` ―-――――--''-―‐――| |'





449 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 22:24:26 ID:pEIPpLm2

この十字軍は南に攻め込み、オスマン領のソフィア(ブルガリア)を奪還した。
この十字軍にはワラキアのヴラド・ドラクルも参加した。


       、--‐冖'⌒ ̄ ̄`ー-、
     /⌒`        三ミヽー-ヘ,_
   __,{ ;;,,          ミミ   i ´Z,
   ゝ   ''〃//,,,    ,,..`ミミ、_ノリ}j; f彡
  _)   〃///, ,;彡'rffッ、ィ彡'ノ从iノ彡 (
  >';;,,  ノ丿川j !川|; :.`7ラ公 '>  了
  く彡川f゙ノノ_ノノイシノ| }.: ヽ八ミミ、、;.ミ>
   ;=、彡/-ニ''_ー<、{_,ノ -一ヾ`~;.;;=、
   !ハ.Yイ ぇ'无テ,`ヽ}}} ィt无テ`ヽイハi     面従腹背?
   |.Y }: :!  `二´/' .| | 丶`二´ .i: {Y.|
   ヽリ: :!ヾ:、   丶 | | ゙   ,.イ::ヽノ     逆に考えるんだ。
     {:: }  `    ,._{__,}_.,   ´  {: :}
     `i'゙.     ,.,,.`三'゙、,_    `i'゙      敵の懐にもぐりこんでいたんだって。
    ,.-iヽ    /゙,:-…-…、 )   ./
   ,r{ \\  `' '≡≡' "  //`i_
 __ノ ヽ  \\    彡   // / `‐-
     \  \丶.   i  //  /
      \   \ `¨¨¨¨´/   /


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


         ____
       /   u \
      /  \    /\     えっ!?ハンガリー側に参加って……
    /  し (○)  (○) \
     | ∪    (__人__)  J |    息子二人は?
    \  u   `⌒´   /





450 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 22:24:49 ID:pEIPpLm2

そう、このとき、オスマンに人質にでていたヴラド3世とラドゥは、まだオスマンにいた。
つまり、国の都合で父親から見捨てられてしまったんだ。


  、       ____
   \___    ノ     `ヽ     _ ヽ‐rr‐ 「7
.    \ ̄Τ/¨7>.--<ヽヘ‐ハ-‐ァ'"   ヽ「兀| レ
  V¨\ 丶l { { 〔 ( ) 〕 )jノノ/ _,,. - /lニニl O
  /    `ソ..、 \>ー三‐'^ '" ,.イ´ヽ
 .l  i /l;へ::\`ー─‐=ニ´:::::/~\:!    飲まずにはいられないッ!
  ヽ. l  { t‐テォ-、::l ,/;:ィ,.ィテラブ  |
   \  l. `¨ラ´ 冫 ヽ 二 ̄         思うようにならない自分に
     ', l  /  /   ゙:,   ̄    |     腹が立つ!
      ヽ_!   ヽヒフ   i      |
   __l,ハ      、 _       l
  /〈 ̄ ̄ヽl.   '"¨二ヽ        ;     ノ ̄l ヽ.  /   /
  l   ̄ヽ  ト、  /´       /       /   / ツ ・
.   ! \  \l. ',           / /
.  ト、  ヽ  `ヽ\      ,.イ  /
   | ヽ  \  \`¨二´   /oヽ.
    !     i´o ̄¨ー─一'    ノ
    '.     ヽ-- ..,, ___ ,,.イ




    :.:.:.:.:,. -一'´ ̄ ミヽ \.:.:.:..
 :.:.:.:.:.:.:.:/          `ー、:.:.:.:.:
 .:.:.:.:.:,ノ                ミヽ.:.:.:
 :.:.:.::/            l        ハ、
 :.:.: ノ             ∧       ',.
 :.:.:j            / / }l│      lリ
 . ノ        //,/   !/\、    {.
 彡'     ファ‐メ、/ノ  / _,. ┴<  l.
 :三  __i:..f'´`,ニ≧x  ,ィチ=─  |   V    しょうがないんじゃない?
_ヲ  { l:::! 弋i!リ     f勺}ノ  !ハjリ.:
ゝ、 八`!::{    ̄    ` ̄  j'_/.:.:.:.     それが世渡りだろ。
:.´≧彡ヽー\     l      /.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:`¬彡ノi\   _'__   /.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄|ニ> 、___, イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
 ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,.-|:‐:-: .、: : : |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:





451 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 22:25:07 ID:pEIPpLm2

1444年、キリスト教国家対イスラム教徒の一大決戦でもあるヴァルナの戦いがおこった。


                                             _
                 トゥルゴヴィシュテ  rvt」}__      / ̄ ̄二ー`
                     ◎     __ノ: : : ー-= ー=, ̄: : : : : `>
                              ): : : : : =ニ、.   `=二)r--'~
                         f~ー': : : : : : : : : : }__ィ'''´: : : : `ヽ、__
                  ヴァルナ _j: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ_
`弋ゝ、           ○      乂 ノ: : : : : : : : : : 黒   海: : : : : : : : : : : : \__
: : : : : `\        ソフィア     (_: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
: : : : : : : : ヽヘ                {: : : : : : : : : _x-ー'' ̄`´ヽ-、: : : : : : : : : : : : : : )
: : : : : : : : : : :}         _rー、__ ィ--ーニo r─-ーイ          ̄`ー--ー--ー''´
: : : : : : : : : : {      /{m_}: : : : 彡ー---z__r'
: : : : : : : : : : ヽ、_    ソ: : : : : : : 〉_,,
: : : : : : : : : : : : : ミ   ヾ: : : 、: : : : ': ゝ
 地: : : : : : : : : : :`ニ==_ヾニラ: : : : ム-、
: : : : : : : : : : : : : : \  kー': : : `、: : : : ' イ
 中: : : : : : : : : : : : : トヘ〆: : : : : : : : : : 彡ヘ/ヽ,_____{`ー-、     ノ`ヽっ
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ワ: : : : : : : : : : : : `ー'''´: : : : /
 海: : : : : : : : : : : : : : : : : =ニ二=  ロードス島   z-'' ̄ア 。  }
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : クレタ島: : : : : : : : : : : : : : : : : ` ̄: : : : : : 〉





452 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 22:25:37 ID:pEIPpLm2

ハンガリー十字軍は東欧諸国の軍勢が集合して2万の兵力。
一方のオスマン帝国の兵力は4万。




                                   ドカ! r´ ̄ヽr´ ̄ヽr´ ̄ヽ.´ ̄ヽ´ ̄ヽ´ ̄ヽ
      ∧ ∧ ∧ ∧ ∧ ∧ ∧ ∧ ∧ ∧∧ ∧∧ ∧カーン!    (=三=(=三=(=三=ミ)三=ミ)三=ミ)三=ミ)
     ( `・ω( `・ω( `・ω( `・ω・)・ω・)・ω・)・ω・)   カキン!(・∀・(・∀・(・∀・ )∀・ )∀・ )∀・ )
     | ̄ || | ̄ || | ̄ || | ̄ || ⊃ナ― ナ― ナ― ナ ー‐}⊂ー‐}⊂ー─}⊂ | ̄ || | ̄ || | ̄ || | ̄ |
     \/ \/  \/ \/-J  -J   -J  -J       し-  し-  し-\/ \/ \/ \/





453 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 22:27:20 ID:pEIPpLm2

戦いは準備不足の十字軍が敗れてしまい、ハンガリー王であるウラースロー王も戦死してしまった。


γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
l     単独で戦うのは危険です!                           f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
l     王は退いてください!                              ..|    いいや!
ヽ、___  ____________ノ                      |    目の前の敵を倒す!
       ∨                                        _乂_____________ ノ

       // || || \\| | \,,\ |,, |  , \    // ||   ||   ||     /(                  |   |  |
       // ||  ||   ) ̄i´ i ⌒ ヘ.⌒i   ; \//  ||    ||   ||   |  |_  __   / |          |   |  |
       // ||  || /⌒) ̄ !    (_    _)|/( ヾ \    ||    ||   ||  へ\. \ ̄ヽ ヽ/  |         .|   |  |
      // ||  |/ , )二( ⌒l ( \i/ )ヾ_( ,, ´⌒\/|| |    ||   || />  \ノノ ヽ ヽ_ ゝ/         .|   |  |
     // ||  / ;     { ./| ヽ一゚ ;゚ー )      / || .|    ||    ||T7ー_ o ゝノ ミ( _,,)            |   |  |
   (v)、 ||/⌒,,    ,, }` |7ヽ _;  ;/ )  ヾ/⌒i/ ||  |    ||     |・) || ̄     ミ( _,)            |   |  |
   //ヾ L-― 、    /  ヽ |7 vヽ  -.´ヽ _/ーv/  ||| ||     ||    「_゙ _l|     ミ) )             |   |  |
  (v)_^   ノ--´ _ノ    | |7ヽ v\ ,`, 〉( > /^|  .||ヽヽ~ゝ  ||    }++}||_  三三 /           |   |  |
  // 7 /  ̄ ̄ /  ,,    | |7 ヽ v`v-´   ̄| |  || { ,ヽヽ}_,-―ヽ` ̄-  ̄ -三二ノ_               |_   |  _|
 ///(vノ    , -/ ;    ミ  | |777\\  ミ  | |  || {/ /   \_,, ノ      -ニ二/ / ⌒,-―、      |  |  |
       / ミ| ;       l、二二/ V      ヽ|  ||  (       /  ヽ 彡三-´ /  /    \  /`===´ ̄ ヽ
       /    | ;-    ,,           _ |  || | `ー _ /      /      /=====<  \       |
      /      |, -  ー                | || |      / ,,     /      /i       /⌒/ ̄/ ̄ ̄ ̄)^| |
      |     ,; |,      _              | || |    /    、_/      イ   |       |  |   ̄ ̄)_/| |
      |   ミ;  ヾ,,- __         < ̄\ || | _/            /-l――ヽ    ,   |  |    ̄ ̄) | |
      ヾ  ミ;    ,,      ̄ ̄ ̄_, -―|    \´ ̄            /     ミ|  ̄`ー- __|  .|     ̄)  | |
      ヾ  ;   ヾ      /     |      \_            / ̄ ̄|| ̄--|          `―-〒=〒= / /
        ヾ ;    ヾ     //⌒)    |        ̄` ー―- ´ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ -|             |  |ニ∠/

             【フニャディ・ヤーノシュ】       【ハンガリー王 ウラースロー1世】





454 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 22:27:54 ID:pEIPpLm2

この戦いの後、ヴラド・ドラクルは、国王を戦死させた責任をヤーノシュに突きつけた。
ヤーノシュ自身も、処刑される寸前のところまで追い詰められてしまう。


       、--‐冖'⌒ ̄ ̄`ー-、
     /⌒`         三ミヽー-ヘ,_
   __,{ ;;,,             ミミ   i ´Z,
   ゝ   ''〃//,,,      ,,..`ミミ、_ノリ}j; f彡
  _)        〃///, ,;彡'rffッ、ィ彡'ノ从iノ彡
  >';;,,       ノ丿川j !川|;  :.`7ラ公 '>了
 _く彡川f゙ノ'ノノ ノ_ノノノイシノ| }.: '〈八ミ、、;.)
  ヽ.:.:.:.:.:.;=、彡/‐-ニ''_ー<、{_,ノ -一ヾ`~;.;.;)
  く .:.:.:.:.:!ハ.Yイ  ぇ'无テ,`ヽ}}}ィt于 `|ィ"~
   ):.:.:.:.:|.Y }: :!    `二´/' ; |丶ニ  ノノ
    ) :.: ト、リ: :!ヾ:、   丶 ; | ゙  イ:}
   { .:.: l {: : }  `    ,.__(__,}   /ノ
    ヽ !  `'゙!       ,.,,.`三'゙、,_  /´    フニャディ公、あなたが側にいながら王が殺害されるとは。
    ,/´{  ミ l    /゙,:-…-~、 ) |
  ,r{   \ ミ  \   `' '≡≡' " ノ     この失態、貴族としてけじめをつけられよ。
__ノ  ヽ   \  ヽ\    彡  ,イ_
      \   \ ヽ 丶.     ノ!|ヽ`ヽ、
         \   \ヽ `¨¨¨¨´/ |l ト、 `'ー-、__
            \  `'ー-、  // /:.:.}       `'ー、_
          `、\   /⌒ヽ  /!:.:.|
          `、 \ /ヽLf___ハ/  {
              ′ / ! ヽ




        , ―- _       _ -― 、
        ヽ     \__/      ノ
          \         u   /
           ヽ.u.,―、  ,―、  /    , ―-o、
          / l |__ V__ | /ヽヽ    、三`  二つ
        〃  ヽ八◎_八◎_八/  ヽヽ     } (     うむむむ、こりゃまずいワイ・・・
    , -l⌒ヽ\_  _| ,、__,、 |   /―- 、  ) )
    |  ヽ `ー一´_ 人 `二二´ ノ _/○    |,-( (
  (  ̄ ̄      ノ) \   | |  / ○   /'V~( ̄ヽ
   l二=      ノ ○ \V/  ○    ノ  l_ (   }
   (__ -― 7  /|ヽ  ○, ― 、○     /   / (_ノ
    |     `-´/ |   {(°)}          //| ||
    |      | /   |  `ー-´        /´  ノ ノ|





455 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 22:28:39 ID:pEIPpLm2

ヤーノシュには法王と周りからのとりなしで一命を取り留めることになるが、
ハンガリー王国はしばらくの間、王が不在の国家になってしまった。

これによって、両者の間には深い溝ができてしまい、
ヤーノシュはヴラド2世に恨みを持つことになってしまった。


    |\         /|
    |  ヽ_____/  .|      __
    \  _       / ⊂ニ⌒'―'―、
      ヽ i ヽ, /ヽ /     )O (⌒
     /ヽ八\V/八/\  ⊂ニ  /
    ./   | ,、__,、 |  ヽ   ノ ノ    あの時はよくも恥をかかせてくれたな……
  /⌒\  ヽ `二二´/  /ヽ ( (
  | (⌒ヽ、 ノヽ__ ___/ ノl⌒(⌒ヽ
  (⌒\ V / V O  ノ .l (⌒  )
  (⌒ヽ ヽノ O O  / ノヽ(⌒  )
   |`)  __ノ ヽ(○)    /  (⌒  )
   (__ノ /   \    ノ   `| ̄|'
   |  ノ     )ヽ、 /    ( (
  ノ        (   ノ      | |
. __ノ (__             | |
(__ノ               .| |)
  ` ―-――――--''-―‐――| |'





456 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 22:29:08 ID:pEIPpLm2

そして1447年、トランシルヴァニアにもどったヤーノシュは、軍勢を率いてワラキアへと攻め込んだ。


("" ̄``-,     __/|
ヽ;( ̄ヽ `、   /ヾヽ|  _
 ヽ`'-、_ゝヽ..  ("\ヽ<。>-.,--、、___
  "~ヾ-~``-`'- \.\ ,,",,ヽ,)___,,..,,__\
         ⊂二 / ,.-)| /\ `'-ゝ      われわれを裏切ってオスマン帝国と手を結んだ憎き輩め!
   ┐┐__    (_/,,..-''"-``/ ̄ ̄
 /"二"\i┐,,..,    /.i  ̄.i.|   /⌒ヽ
  ̄ \ \-''")\ __./ .i" ̄`iヽ //"i".\
   ,,..-''" ./ \ヽ  /----i \/   i  \
,,..-''"   /ι]___/ .., /-─--i   ) rゝ i   \
\   /⊂ゝ__ ヽヽ |i     i| "⌒丿ヽ  i    \
  |/  _ ヾ⊃--i"" ̄ ̄"\__,.⊂-ヾ⊃ i  /
    ̄ ̄i- \ / i"-______-"ヽ\_,.----.,,_i/
      i/ /   i_       i | ヽ


                  _      _
              ,-―-(⌒、\_//⌒)-―-、
             /      > _  _ <    / ヽ
             /     ! ヽ_・X・_/ .!   V    ヽ
         (⌒V     | (  ,´▽`、  )  |      ,―、
         > `ー、 /  `i(_,vーv、_)i´   ヽ   _/ -´- 、
        ( ),  ( )/ヽ- ´ヽ.|,、,、,| /     /ヽ( )_   >-´
           (_      _  ヾニニ/   /l      `( )
       ,-―-(⌒、\_//⌒)-―-、)二二/ヽ
      /      > _  _ <    / ヽ   _ ,<         _      _
     /     ! ヽ_・X・_/ .!   V    ヽ\_   \   ,-―-(⌒、\_//⌒)-―-、
  (⌒V     | (  ,´▽`、  )  |      ,―、二二]  /      > _  _ <    / ヽ
  > `ー、 /  `i(_,vーv、_)i´   ヽ   _/ -´- 、 |  /     ! ヽ_・X・_/ .!   V    ヽ
 ( ),  ( )/ヽ- ´ヽ.|,、,、,| /     /ヽ( )_   >-´(⌒V     | (  ,´▽`、  )  |      ,―、
   ( )´  , ヘ    ヾニニ/   /l      `( ) ̄> `ー、 /  `i(_,vーv、_)i´   ヽ   _/ -´- 、
       < ヽ_二二(○)二二/ヽ        ( ),  ( )/ヽ- ´ヽ.|,、,、,| /     /ヽ( )_   >-´
      / \_        _ ,<         ( )´  , ヘ    ヾニニ/   /l      `( )
      (    イ  ̄ ̄ ̄ ̄\_   \            < ヽ_二二(○)二二/ヽ
       [二二]         [ 二二]           / \_        _ ,<
     <___>         |     |          (    イ  ̄ ̄ ̄ ̄\_   \
                   /    ⌒\            [二二]         [ 二二]
                    ̄ ̄ ̄ ̄         <___>         |     |
                                                 /    ⌒\
                                                ̄ ̄ ̄ ̄





457 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 22:29:22 ID:pEIPpLm2

ヴラド2世は戦いに敗れて、ブカレストの沼地で味方貴族に暗殺された。


;ソ;; ;:;ヾ ゞゞ;;;ゞゞ:;ゞ ;;;;ゞ          . . .. ...:.: . .:.  ... .:.:. :. ..  . :. .:   . . ... ..
;;;'ミゞ;;ソゝ:::":;ヾ ゞゞ:;::; ;;;:;ヾ ゞゞ    . ... .. . .... ..   .:.   ..  .. ....  ..  .. ..
;;;。;";;';;;:;ヾ ゞゞ"”;"”";;';:;";;;:;ヾ ゞゞ'      . . . .. . . . . . . ..  . : .
ノソ:;";;';:;";;;:;ヾ ゞゞ;:;ヾ;ゞゞ;ゞ ヾ;ゞゞ;ゞ                 ノヽ人从ハヘ ノミゝ人
;;;;;(;li/::;;;;ゞゞ:;ゞy”:;ゞゞ;ゞi/:;";;ゞゞ:; ミゞ;;ミゞ             彡::ソ:ヽミゞヾゞ:;ノミヾ::
;;;⌒";ゞゞ;ゞ ヾ:::::"`";;';"”";;';"” ”";;';"”              ノノキ;;ゞilノミ彡个ヽミ爻ゞ
;;;;;ヾノソ";;';"”/ ::,;;ヾノソ";;'ミゞ;;ソゝミゞ;;   ' "''' .':'''' " " '"' "'''. '::: "' "'':::'"''::'':::':'''':::'"''::':'"''
ノ:、\ゞ;ゞ ヾ;li":; / " `;:;";;';:;"”:; ..:i;i;!;!;!i;;..i;i;...;!;i;i;.i;i;,, ..i;ii ,,..'.;'":;. :..''"'"    "''' '''.'
::';" ;;;";;'//;" ;;:。,ゞゞ;ゞ ヾ”:;;  : .:.  .:   *。 .:  .:.:.:.:.';''"'"'i;i;il;l;";!;!i;i;i;;'"'  "'''."''' '''.'"'''.
'ミゞ\” ;:; ::, ;;;;(;;;:`;:;ヾ ゞゞ  :.:.::: :.:.:. :: :: :: :::。: :: :.:. :.:.: ::: : : : ';i;i;i;''!;!;i;:' "'''.  。.. ,、
.:.:.;;:。,,;'ヾ;ヽ ;ミi!/;';"y”” ::::::::::.:.::::. : : : : : :.:.:.:. :.:. : : : : : : : : : :-:::;!;!;!;!;i;:."'''、::::::'''.'"
.:.:.:.:.:.:.:.::l' ;:;ミi!/ );;;)   ;;;  .:.:.:::::::::: ~:::::::::::..:.:.::.:.:.:._::::::''"'"' "'''.':'''"'ヽヾ.. '.':,、,、:::. :::
.:.:.:.:.:.:.:.:,i' ;:;ミi| .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::: :::::::::: :::::: :::::::;;''"'"' "'''.'''.;'":ソ''.':,、,、::::::。.. ::"::::::''"'""::'
,, ;''.'''"':.i' ;;,;ミi|、 ,, ;''.'''"'ヽヾiツィ "'''ヽ ,、 ':,、,ヾi ,、  。.. ,、 ':,、,、::::::。.. ::":::
.:.:.:.::.:.,.,i' ;:,,;,ミ'i,, :,ミ'i,,'.':,、,、:::. "::::::''"'"' "'''':,、,、::::::。.. ::"::::::''
::::'''.''.:wijヘ;;vkWゞ::::::'''.''.':,、,、:::. ':,、,、::::::。.. ::"::::::''
"::::::''、:::.'.''.''."'''


    l、                ,,,
     '、        ___ V ⌒こVZ_N 、
  ―― :\  __..  -゙──心マ市 示  i,
 , -─ 二 ブ V 、   i i英 |  ゙z ノノ },,
Y \/ Y ,,, iii i |i厂 二ニ 二 =耒 ))) |.ii,
エ / !,  | ''' ''' / j 厂  、ぇ V 三 jjj     |
 、  ヽ  ハ  ゝ._ノ   :i i弟i | 三 ニ    |
  \  \ 、\       ^~j j ,ミ 、_    |
   \  \ ゝ─ --- : 二介   ミ   j
      \ \ 二二三 彡'     : . ノ
       \、__ハ: . :, -、: : : : : ,、  ィ¨´
       /    ̄   ` ゝ'´ ⌒′





458 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 22:29:42 ID:pEIPpLm2

父親の敗報をヴラド3世は、小アジアで聞いた。


              _ -─----z'__
.              , <         ヽ、
          /             \
.           /
         ノ
        /       ハ
.        |/       l / ヽ\\
          {     、_..ノノ   \ヽ_メ、
.        Vw、 { ー-≧x  r≦-一`V-、     兄さん、悪い知らせだよ。
.           {ハ:| ヽf旡ト`  lf仞ノ  l!ハ|
           ヽ!:!   ̄`        l!リ//   父さんが亡くなった。
           l;ハ    ,!      ,イミ彡'
             \  r-,  / ド-'     悲しいね……
      ┌─────‐┐`二 ィ__r‐' \__
     │         |∧|:::::::::/\ /
.       |          |  `  ̄ / `
.      |           |__      l
        |        /ヽ \     ヽ
     /|          〈 _l>' ヽ.      \
.     |  |_______〈 /   V    |
.     ∧       |     ヽ/   V




      /
      |   ぜ い
     ./|   ん や
    //|   ぜ
   /|| |   ん
   | || |、
   | .|| | ト、
\  | || リ l l 、
.\\∨ヾ V | \ _,,-‐''
  \ミ\i ,| ||  |/
  r==ヽ,,,,,,l ||    ヾヽヾ
  》 そ'/l  '''〉''
  ノ )ミ|;;;|  〈〈 |l .l
  ヽ、l,|ヾヘ  //|| | ||l |
    | ,l(9|// リ | || | | l
   i  /  ̄三ミ==| ヾ
   .|  L   ヽ9)>- ヽ \
   | l、          7>‐
   | 、゙ー、        Y/
   {_ノ       _∠/_
   \_,, -─''  ̄ ___
    _,,ノ==ニ< ̄_::::::::
  ,,<~:::::::::::::::::::::::三三:::::ミ





459 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 22:30:34 ID:pEIPpLm2

ヴラド2世亡き後、ヤーノシュはハンガリー摂政に就任。
自分の従兄弟のヴラディスラブ2世をワラキア公に就かせた。


       |\______/|
       \          /  , ―-o、
       /\ |\ /| / \ 、三`  二つ
      /  /ヽ| __| |__ |/ \ /   ) )>
      \/   |~-Υ-~|  /\  //
    / ̄\  .人ヽ二///   __)/ (
    | ∩_/ノ∪\ ̄/∪/i |;;;;;UEヽ
    ⊂  /i  ∪ V ∪  i |;;; .E__/
     ⊂ / i  i  .(◎)  / |;;..丿ノ
     |∪ i  i____        |( (
     /  i   i__----     | ヽヽ
    (___ (_____         丿ヽ | |


                       /| /|
../ ̄ヽ                   | |//
..|   |               <二ヽ ~二ヽ
ヽ~─/                 /ヽ_ノ
 |二| ヽ⌒ \     . /⌒ゝ⌒ヽ/
 |  |  \  \/⌒ヽ/  /  i>|
⊂~(~)-i⌒)⌒ /.__ .__.ヽ⌒(   i>|
.⊂⊃─ヽ<iヽ⌒| i__ii__i |⌒(    i>|
..⊂⊃ |;;;;|<i. )⌒i.ヽ×/´i⌒(   .i>|
 |  | |;/<i .~| |iヽ二//| |~    i>|
 |  | .|<i  i>\丶-/./     i>|
 |  | |<i    i>\/       .i>|
 |  | .|<i   /(_∧∧_)\    i>|
 |  | |<i  (( (ヽ`二´/) ))   i>|
 |  |.|<i       ̄ ̄      i>|
 |  | ヽi_ヽ________________________ _/ヽ /
..==/\∨∨∨∨∨∨∨∨ ̄ ノ \_
  ヽ/  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\__)
( ̄.||__/
. ̄~||

     【ヴラディスラブ2世】





460 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 22:31:10 ID:pEIPpLm2

一方、オスマン帝国も、同盟国という立場から、ワラキア公国の相続問題に介入することになる。


   l三二!/                         !l
   l三=l'       、          /::         il
   {'⌒ヽj  、     ヽ、  !   /::  /    /! .リ
   | rヘ. l   iヽ、____ \_ j|  i //    _,.イ i _l!
   !{ `ヾト、_l_;r'´:弋ラフ:`ヾリ_jソ,ィ'弋ラフ ̄`i_,.l ! ハ
    | l (. l !` ̄{l ::::::`::´:::::::!r' ̄ `il::::::::`::´::::: ノr'1i/ l    r‐、
    ! iヽリ!   ヽ ::::::::::::_ノ/     ヽ:::::::::::::::::ノノ !/ ノ    l  l        君も故郷に戻れるんだ。
   ゙、ヽ-'|    ` ̄ ̄ ´       ` ̄ ̄ ´ /l、V    l  l         私の言うことに従ってくれるね。
    ,.ゝ- l        /      ゙!     / l/ ノ、    l  l
  / 〉‐‐!        `ー 、   /`  ヽ / / /ヽ.ゝ>、 l  l
 r' ノ´  l    //!l ll !ll il !`‐‐´!l ll !ll il l | ノ /`ヽ ヽj )_l  l
,イハ ヽ、  ヽ、  l rー‐、-、-------─-イ / (_/  }= } ソソ、_l
  \ \   ヽ. ヽ ヽ. 丶゙ニ二二彡'´ ノ / /l    / /`ーノノヘ)、
    \ \   ヽ、 `   ──      / l  //  ゙ーtソ^` ヽ
     \ \  ヽ、            / ノ//
       \ \  ヽ、        ,.ィ´ ,.〃/
        \ \   ゙ ‐‐---‐‐'´ノ_,.イ/ /




                    /    ,/  . -‐ ⌒¨¨ ̄ ̄三ニ ー-
                     |:{ }∨{/:/      、  . . . `ー .
                     ∨ミ: ://:/ ミ :、ヽヽ/-―: : : : .   ヽ
                __\: :{:{: | : . \ヽ∠ニ三 ̄  \    :.
                 /  _八: :{  . : : :ニ三三-: . . . ` ―-- }\_
.                〈  {(: : :/`/⌒ヽ:/: : : : : .三二ニ=≠:.ミ: .、 ミ<
                >ミー/、 | /⌒/: : : :、\: : : : ―-ミヽヽ} ト<⌒
              ⌒): : :}ヽ\l / , :/: : :/: ::\\ 三二ニ=彡: : .ミ  >
                    八: : ハ\∧{/.八{\トヽミー―――<: : : 、ヽ爪
                     ∨  ゞミ八r――----->― :\\ヽ: 、:∨:}:\
                    / /⌒:<仗Zニ=ヘl ト\: : : : : ::|lヽ}:八
                   l  〈 /. .ノ: :   ̄     J /ヽ : : : l| /
                    |   `        .:  / ミ /ソ /∧: /l|         ええ、喜んで従います。
                    | `ー-、__,   / /  __彡イ : : V.丿
               /゜l|  `ー         /  / /ノ|:{: : : :}
                   、_: :{  j:           / /..:八|\乂__ _
              /. : :厶ミー--- ――一/  / ̄/ :/> ´ . : . :
           /⌒ミ ̄ __  \:::::::::::::::/> ´ / :// . : . : . : .
            //⌒ 、  ̄¨ヽ ヽ: r}_彡 ´       /:イ . : . : . : . : .
.           //:/⌒  .ー- 、〉 `7:、     /   / /  . :\: . i :/:
         /:' / /⌒ヽ__  〉 :/:ハ   /   / :/   : . :.ニヽj/_:
--ー 、   /   ′      .ヽ_/:/ : }_/  /′ :/: :  : . : . : . :´.} ヽ
、:::::::::::::\ /       }:┐  /. : :    . イ/〈   {:、  : . : . : .: : |: : .
:}::::::::::::::::∨         厂` /    . <\\:.∧ 八:\  : . : . : .: :j: : .





461 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 22:31:36 ID:pEIPpLm2

        / ,  ,ィ   ,  '"´ ̄¨_フ'' ‐- 、
     i ハ/レレ: :レ ///!   ´,. -─‐-  \
     V: : : : : : : / : : : : : -=<        `丶     フン、まあいい。
.      '、 : : : : : ; : : : : :_: :-: :_: \         \
       ン':⌒:ヽi: : : : ´: : : : : : \              ',   ひとりでも生きられるが帝国の力は魅力だ。
      i : i´/ / \fニ,.¨ ̄`゙ヽ   ヽ.          リ
.       \,ヘ l    ノ: ノ               i  l/    ノ i│ lココ -‐ァl.l ニ|ニ Z ニ|ニ  ,.┬ 、i ┼
.        {ヘ::',   /:/!: l i: . .          l (     木 j ,ノ┼ l (_  (__ ´r_) !_,ノ レ' ノ レ rナヽ
       }ト、:! /  l/  '; : ヽ\: : :         ヽ ハ
       /.夕 -'二ニ__:::ヽ、 \`:_:_:_         \     -/‐ 、 / -‐ァl l ニ|ニ  ノ i│ lココ i  -‐ァ __レ┴、  Z  |
        K   ヽ`ヽィtタラ\ ̄ミミ、 -、\       ヽ     / r_ト /`し (_    !_,ノ 木 j ,ノ┼ l !__ノ (_   | ー' ´r_) !
.       l `¨   \      }ミ`'ィわl: : \        i
.       (`゙ヽ           ヽ ノ,/ : : : : ',      i
      ノ`ー'             /、__ノ ヽ : : : : i : : i   .'
.      i           , '__,,.. -‐::::¨::〉: : ! : '.  /
      ヽ ..___ ..  -‐ ¨:::::::::::_::::-‐::::: ̄l_: : :'; : : ∨
     ,..-──‐|   /:::::::::::´:::::::::::::::::::::::::\ノ\: :ヽ..___,,.
    /::::::::::::::::::::l  /:::::::::::::::::::::::::::::::::;::::':´: ̄ ̄:¨:` ̄ ̄





462 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 22:32:04 ID:pEIPpLm2

こうして、1448年、オスマン帝国の後押しを得てワラキアにもどったヴラド3世は、ワラキア公となった。
ヴラド・ドラクロア18歳のころだった。


            l 、  l、   /      ,ハ
         ト ヽ ヽ  丶  l      //  〃   ,  、         /
          { l  | !ヽ ヾヽ l     //   /   /l  ノ!     /   /
          ぃ、 l  ヽ\ ヽ 、  .// / __,/ j //  ト、/ / 人
  ト、 _ ∧. } } 、ヽ 、 \ ヾ,rッ/  ハ{ { ´ _/ /   |  ー-'   i
  l  ´     \\ヾ ヾrW-ヘ^´ l / ヽヽ ヽー ' _/ |        ヘ
 j  |  ヴ こ  \ヽニl     / l {、 _,ニヘ ーヽ二ニミ l
/  |  ラ  の.   > l、  l  | / ツ三_,二_ `  ヽ- 、/  な ハ  ワ
.   |  ド      l.  トミ、i,Vl_/,〃 ftッ/     ニ<     ど ン  ラ
.   |  だ       ヽ  、イtッ} ニヘミ ´二´彡      L/     で ガ  キ
.   |  ッ       |   i `r/__ _ ヾ           \    は リ  ア
   ッ !         >  | ヽ- '   _,、          rl    な │ 公
ヽ          /    l  トニ二 -ー7       l. |   い 人 は
.ノ         /      ,  ヽ  / ̄,′       / ノ   !
  ̄ ヽ    厂         i   }_⊥_,/       / ーァヘ
        --、       ヽ ー‐ '         / /  _,>      /
.    / ̄ Y   l 、        ヽ` ̄´     ,  '´ ,.' ´ ̄   〉    _/
/ ̄i   |.   l. l     , -- 、i    / _,. ´        ̄ ヽ /l
、  |   |    ! 、_,/     _,}T  ̄´ /                」- '´ ̄
. l   l    |、 ノ/  {   ,イl  |_,/       _,.-― ´ ̄
 l、 ノー- ' -‐'   ヽ / | |厂      -‐ ´  <二、 _
-'     /       /   レ'       /        /     ̄





463 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 22:32:36 ID:pEIPpLm2

そしてここから、ヴラド・ツェペシュの戦いに明け暮れる日々の始まりでもあった。


                     /_ノ/i/彡ィ / / /  / /
                         / ニ三彡ハ、i'´// /./  / ./  ,  ´
                     iノi,,.ィ^ヽニニミミ=</ / / ,  '
                   /'" Lf    A!ノィフ/彡' , '  _  - ‐
                  r‐/    /  /` `ヽ/三二ニ ‐ ' ´
                 __,.< ヽ  l::ヽ    、,┘
            x<:::::::::::',  \_l_ :\__T´_,. -─:::::‐..、
       ,. -- <::::_;;: -=ニ二ヽ   ハ! / ̄|::::::::::::`ヽ::::::::::::__\
    , '´       \      `ー-、Nヽ/---,,.:ィ/ ̄ ̄ __  ヽ
   /__.../..─-......,,_.  ',__        | { ___,,......:/-‐…::'´:::::ヽ.,ハ
   :::::::;':::::__:::::::::::::::::::`i::::: ̄:::::::ー‐‐7┘::::::::::::::::ノ l:::_,,.. -‐i‐-、:_:_:::}
   -‐ハ"´   ̄ ̄¨  7¨゙ ー- :::::::::_/|ヽ-…'' " ',   /^)',  /、,.イ
  .  { \      /  ______.l   ___....... / ∠...___l__
    L......._,,. -‐‐=、-<⌒ヽ、__::::::::::::l:::_:_:____:::;.イ  --‐  ,.--┴'
   ト、:::/_/      l  レ─ト._:二><:::::::::ヽ \  ─- `二二エ)
   !:::::/./ //  _ノ'´::::|  i:::::::::::i   ヽ:::::::ハ  !    ‐-' --─ァ'
   ';:::L/ / /_/:7´ l;;_::::::;;L  i-:::::::::!__,,. -i::::::::リ__ノ-─‐… ¨Τ´
 ..  ∨し'¨´::::::/\ }::::::::::l  ,!_;;::::'"ヽ   ヽ:イ::::::::|  ヽ:::\ヽ!
      ヽ/::::::::::;'   `!::::::::::l / \:::::::::::| /  l::::::、::!    ';::::::`ソ
       i:::::::::/ \  ノ:":¨::i´    ヽ:::_/:::| \i:::::::::メ、  i:::::::|
      ヽ:::::i     /::::::::::::|___,,> ' "´ ヽ疋_/_:_::/  \ノ:::_;ノ
        `\_工>‐''"三三三ミノ>ー--- 、__下¨ ̄ ̄
            / \     `ヽ三三三二ニ -‐ lノ
           /    丶    {´          ∧
 .        __/   丶、  \ )二ニニ  -‐   ミ',
       /  \__`ー--`二ニ f ̄¨´ ̄__二ニ ィ ヽハ





464 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 22:33:19 ID:pEIPpLm2

ヴラド3世のワラキア公就任は、最初からつまづいた。
オスマン帝国軍がヤーノシュ率いるハンガリー軍と戦って、敗れてしまった。


       |\______/|
       \          /  , ―-o、
       /\ |\ /| / \ 、三`  二つ
      /  /ヽ| __| |__ |/ \ /   ) )>
      \/   |~-Υ-~|  /\  //
    / ̄\  .人ヽ二///   __)/ (
    | ∩_/ノ∪\ ̄/∪/i |;;;;;UEヽ
    ⊂  /i  ∪ V ∪  i |;;; .E__/
     ⊂ / i  i  .(◎)  / |;;..丿ノ                         -=≡   (彡0ミ)
     |∪ i  i____        |( (          -=≡  (彡0ミ)     -=≡   (;´・ω・) 退却~
     /  i   i__----     | ヽヽ        -=≡   (;´・ω・)   -=≡   ⊂   o
    (___ (_____         丿ヽ | |       -=≡   ⊂   o     -=≡   (  ⌒)
    (______(___       _____U        -=≡   (  ⌒-=≡  (彡0ミ)    c し'
            \_____/              -=≡   c -=≡   (;´・ω・)
                                        -=≡   ⊂   o  退却~
                                         -=≡   (  ⌒)
                                          -=≡   c し'


/    , -     -、ヽ } i   `ヽ.
 ノ  /  /   ,ヘ ソノ,  `~ァ
-‐ '´ / _,.ィイl /ミ{ハj、ヽ._ ≦i}
 -‐''´/ ノリル' 三,ヘニゝ <リ
∠-‐'_,.ニ-' _,ノ7ノハフtセフ「 |lり'    この役立たずの
- r‐vフ=Fせアヽミ /ニ~`)}.|/     きたならしい
|.!.|.fヘj j∩(~ 彡 ゙_{、ヾ(( ゙|l      阿呆がァ
|.l lゞ=、'´ )}   _`ニ゙-、 ij l.|      ──ッ!!
!. rニ」:ヽ ((  〈-‐',ニ{  ハ二ニヽ
.ソ  \\.リ   {' ̄-‐ } ,イlj`ー=ニ \
{`ー-、 \` ‐、 }   jレ': |ハー--、\
ヘ\\`ー、 `ー、` ' ー'  : | ハ.|:::::::::::ヽ
:::::ヽ.ニ`ー- ゝ、 `'''ー‐¬/リー 、\:::
::::::::::::::::`:::ー-- ゝー----ヘニヘ::\ヽ.\





465 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 22:33:43 ID:pEIPpLm2

オスマンの後押しがなくなったヴラド3世は、2ヶ月でワラキアを去ることになった。
そして、隣国のモルドヴァへ逃れることになった。


           /ー-‐- 、      , -┐
           /      \  , -‐'   ー--、
            r‐'´        ー゛           \
     _____/           /           |      __
     ,〉               /               ゝ‐‐─‐''゛ \
  ./─'゛                |                    /:::::::::
 .く               |   【モルドヴァ公国】    /:::::::::::::::
   l 【トランシルヴァニア  |      ◎        __/:::::::::::::::::
  /          公国】 |       スチャヴァ  j::::::::::::::::::::::
  /                   弋             イ::::::::::::::::::::::::
  ヽ               ___`>────────}::::::::::::::::::::::::::  黒
   ヽ       _ノ¨¨´                     }::::::::::::::::::::::::::
   .|     ノ´                      |::::::::::::::::::::::::::
    | ̄ ̄ ̄      トゥルゴヴィシュテ       >:::::::::::::::::::::::  海
    l、            ◎                丿::::::::::::::::::::::::
    |                            ッ¨:::::::::::::::::::::::::::::
    /        【ワラキア公国】       j:::::::::::::::::::::::::::::::::::
    \                           (::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      !      ,メ、                丿::::::::::::::::::::::::::::::::
     /    .r‐'´  ヽト、      / ̄ ̄ ̄ ̄::::::::::::::::::::::::::::::::
      `ー´ ̄     ´ ヽ,r'‐--─'′





466 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 22:34:38 ID:pEIPpLm2

モルドヴァ公ボグダンはヴラド3世を受け入れ、その従兄弟ステファンと昵懇の仲になる。
ステファンはヴラド・ドラクロアの数少ない終生の味方となった。


      /  , -''"´     \
  / /  /  ,. ‐'''""~´ ̄ ̄\
 V /   /  /             }
  ∨ /  / ,,.. -一ァ',二二二{
   V  ,..,/ ,.ィ彳 f==<r'二二二{、
   ∨| ヘ`<=''~   弋ッ-ミ'''テ~ナ/
    〉'| | ト、   i{   ,..`二/ =|/''′
   //ヽヽぅ   ヽ     {   =|
   //匚 ̄]〕       丶,-‐ ,>    あなたをワラキアに戻すよう頼みこんでみましょう。
  /´r┐|__,|ト、       、____`7´
__人..二.」'   l>、    ヽ`,二/
     ´"''ー-∟_\  ∠三ノ
―-、__        ``ヾニ='′
     `ヽ      /、
       |‐- ...__   /ヽ\_
         \    ̄   `ヽ \

【モルドヴァ公の長子 ステファン】





467 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 22:35:25 ID:pEIPpLm2

しかし、1451年、モルドヴァ公が地元貴族によって暗殺されてしまう。
保護者を失ってしまったヴラド3世は、ここで大胆な行動にうってでた。


         }i l ! ハ   ヽ               \
         ((  )) \.   \                   、 l
.          )) {(     >-ヲ:::>、   \      /   ハ     カエルの小便よりも
           {( (0)   , ':::/,.‐=ミ、ー-\___i     l      …………
         )) } {  /::::/ /_, {ti) ,ノ  \   \,〃´ ヽ!
           { i lリi´`ミニ´ ー'ヽ--‐ '     ヽ、  i    / ヽ    ‐┬‐ 上エエユ ナ ヽ  l7
            (ソヲ⌒/'⌒ \           \_L..、 /         lヽ  〃彳く   rj-、  b
          / / /     ,.'    u し U   /   V    ;
      / l.r'_,ノ'" ¨ヽーく        u   {.f ̄)_/i   /
.    /、 l l.\::::ヽ::`ソ  ` ー 、     J   `フ¨  ̄ヽ. /./   ゲスヤロウどもがっ!!
   /   ヽ i.  ヽ:/__ =ニニヽ、 ::.        i´f⌒i _ ..ソ /
          i`「Τ¨__⊥ } | `!ハ  :       'ーi'" ̄i __ノ/
  ヽ      l }::f´ i _l__jノ`レ          l ヽ¨ ̄ /
  ./、      l. ヽ-'´ ̄  `¨´          /   `¨i´ l.
  /  \      ト、_,.-──::::....、         /     l  l
      ハ     } :.:     ヽ::::        ,.イ      \l
    / ∧   l :            _. ‐ '": i        ヽ
   ノ /  ヽ.__i         _ <:::::::::::::::! i:       /
   /  /\f `>- ..,,... < l l:::::::     i l:     /




    ,.、 ァ     ,‘/==ミ \l              __
   /、ァ      ,‘/二二ヽ ヽ !         l、  ノレ'´  ‐‐\
.    /ヽァ   ,‘/──-、\\l         ノノ'´         `ヽ__        二人とも
   /ヽァ  ,ノ /-─‐-、 \  l       /レ'             `三ノ!     さっさと逃げようよ。
      ,‘/ ̄:::: ̄::\.  ヽ|       |                 彡ィ
.     ,’/へT三ニ‐ 、::::\ l       `フ   i l ト、\\ 、__ ミノ─-.、
      };.l ,.=lニニ=-‐ミ、:::V        {/ 乂,ノ\ヽ\ヽx≦、`V`Y__:::::::::::::\  ___          r‐、
    ;. ハ、・,ノニ f 。‐、u ハ;/ .         V  ミ三ミ、_ /代tタ }::!人_| ̄/ ̄ ̄7´   ヽ _______Уノヽ
    }  ll/フ〈::{.u`=' , L/!  .        \ヽ_トー'Tfrj   '′ リ   l∧     /      |///////////l   {
    __l/r‐‐、 J\ 'ノ_ノ}              \`  L__, /___ト、ハ、        ////////////,l_/
      |u.l‐'二.) u i |ーイ               | > -- '  ̄  ` \\     /⌒ー───‐一'
.    _,.‐,.l、こー-' U/7                 }  |::l∨           \> ┬‐'
    // / /ニニ } /r 、:::ノ               /ヽ  Vハ          /    ト、
..  /// //)‐一':::::r\\              /     Vハ、               /
  // /ノl:::::::::::::::::(\.\              ∨`ヽ  `ソ'\=ニ二      //\
     /二\ー:::::::(\\              /////\_/   `ヽ    _,.ィ「 }l/   \
.   /:::::::::\二ニニヽ\   .           ///////¨´     `匸lLレィ´/ ̄   }
    l/⌒ヽ,---‐、:::::/ \





468 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 22:35:52 ID:pEIPpLm2

自分の父親を倒したフニャディ・ヤーノシュの元に庇護を求めていったんだ。


/    , -     -、ヽ } i   `ヽ.
 ノ  /  /   ,ヘ ソノ,  `~ァ
-‐ '´ / _,.ィイl /ミ{ハj、ヽ._ ≦i}
 -‐''´/ ノリル' 三,ヘニゝ <リ
∠-‐'_,.ニ-' _,ノ7ノハフtセフ「 |lり'
- r‐vフ=Fせアヽミ /ニ~`)}.|/
|.!.|.fヘj j∩(~ 彡 ゙_{、ヾ(( ゙|l       おねがいですぅ~~~
|.l lゞ=、'´ )}   _`ニ゙-、 ij l.|
!. rニ」:ヽ ((  〈-‐',ニ{  ハ二ニヽ    助けてください~~~
.ソ  \\.リ   {' ̄-‐ } ,イlj`ー=ニ \
{`ー-、 \` ‐、 }   jレ': |ハー--、\
ヘ\\`ー、 `ー、` ' ー'  : | ハ.|:::::::::::ヽ
:::::ヽ.ニ`ー- ゝ、 `'''ー‐¬/リー 、\:::
::::::::::::::::`:::ー-- ゝー----ヘニヘ::\ヽ.\




        , ―- _       _ -― 、
        ヽ     \__/      ノ
          \            /
           ヽ. ,―、  ,―、  /      , ―-o、
          / l |__ V__ | /ヽヽ    、三`  二つ
        〃  ヽ八_・_八_・_八/  ヽヽ      } (
    , -l⌒ヽ\_  _| ,、__,、 |   /―- 、  ) )    まぁ、半分は私が原因だったし・・・・・・
    |  ヽ `ー一´_ 人 `二二´ ノ _/○    |,-( (
  (  ̄ ̄      ノ) \   | |  / ○   /'V~( ̄ヽ    ま、いっか。
   l二=      ノ ○ \V/  ○    ノ  l_ (   }
   (__ -― 7  /|ヽ  ○, ― 、○     /   / (_ノ
    |     `-´/ |   {(°)}          //| ||
    |      | /   |  `ー-´        /´  ノ ノ|
    |      /    |            /   { { |
    }     {      ヾ\     _ノ    |   | | |
    {    |      |   ̄ ̄          | | |
    ヽ_   |      ` ――           _| |ノ
    (  ̄ >―----               ̄ | |)
      ̄ ` ―-――――----―――― ´ ̄|」





469 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 22:37:06 ID:pEIPpLm2

           ___
       /      \
      /ノ  \   u. \ !?
    / (●)  (●)    \       ヤーノシュって、父親の仇だった人でしょ?
     |   (__人__)    u.   |
     \ u.` ⌒´       /       なんでまた、そんな人のところにいったのかお?
    ノ            \
  /´               ヽ




          / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、.\
          |  (●)(●) .|      ん~~、ここら辺は記述がないから推測するしかないんだが……
        !  (__人__)  |
          , っ  `⌒´   |      一つは、ヤーノシュの方からヴラドを誘ったのかもしれない。
       / ミ)      /
      ./ ノゝ     /
      i レ'´      ヽ
      | |/|     | |





471 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 22:38:53 ID:pEIPpLm2

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●      先ほどもあげたとおり、
   |      (__人__)      ルーマニア地方は地元貴族の影響が強くて治めるのに難しい土地だ。
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃      失敗した時の応急処置のため、
  /     ./ _ノ       ヴラド・ドラクルの息子を使おうとしていたのかもしれない。
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /




          / ̄ ̄\
        /  _ノ   \
     |  ( ●)( ●)      また、ヴラド3世も自分の価値をよく知っていたから
        |      (__人__)      殺害されないだろうとわかっていたんだろう。
       |     `⌒ ´l
      |         }       いずれにしろ、かなりの博打ではあったが、
      ヽ        }       ヴラドはヤーノシュの傘下に入ることになった。
       ゝ     丿
  ____( ̄ ̄    / ̄ ̄/´ ̄/_
i⌒ゝ、  ヽ ヽ.   /    /  ⊂)  i⌒ゝ、
i;;;;;;;;;;|__ L人   ̄ ̄`´ ̄ ノ__i;;;;;;;;;;|





472 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 22:39:40 ID:pEIPpLm2

そして、しばらくはヤーノシュにしたがって、東欧各地で戦いに身を投じることになる。


("" ̄``-,     __/|
ヽ;( ̄ヽ `、   /ヾヽ|  _
 ヽ`'-、_ゝヽ..  ("\ヽ<。>-.,--、、___           r 、   r i
  "~ヾ-~``-`'- \.\ ,,",,ヽ,)___,,..,,__\         ヽ_ヽ. {_ l
         ⊂二 / ,.-)| /\ `'-ゝ     .    '、 \L l
   ┐┐__    (_/,,..-''"-``/ ̄ ̄          r--、ト、 └ ヘ
 /"二"\i┐,,..,    /.i  ̄.i.|   /⌒ヽ       `Tヽ _,,. -‐ \.__
  ̄ \ \-''")\ __./ .i" ̄`iヽ //"i".\      / )/  _⊥   i   ノ
   ,,..-''" ./ \ヽ  /----i \/   i  \    /__ノ\ニ.___>'1⌒¨
,,..-''"   /ι]___/ .., /-─--i   ) rゝ i   \     ノ::::::::::::::::{
\   /⊂ゝ__ ヽヽ |i     i| "⌒丿ヽ  i    \    ト、::_::::::::_;:ィ
  |/  _ ヾ⊃--i"" ̄ ̄"\__,.⊂-ヾ⊃ i  /    /    ̄ ノ ',
    ̄ ̄i- \ / i"-______-"ヽ\_,.----.,,_i/  .   i  / / i  }    _,. -ァフ
      i/ /   i_       i | ヽ       .   l   l i   } ノ   // /  彡
      \i i    i `-──--`"i .|  |           ',  ヽ _,ノ ハ  ,ィ/    j ,イ
       ヽ|   i i_-_____,-i /  |           ヽ.,__)、_/  l ハ /    j
        \  \i-__   __//  /          __|ヽ!   ヽ ハ  、__∠、 彡、.__
         \_,ゝ.二二--/   /          _( ,.l. `i   jノ ヽト、::rラ-' }   )、
          /  i    <   /         (  ,.ヘ  l  /l l  ハ rゥ ノノ /  / )\
       ∠二_/ ./ \   .\ \          し'⌒ヽー=ニ三ト、`ヽ. `¨  / / /_,ノ
          .// ヽ...ゝ   ノ  `'-、,_            ヒニ二l\___二 --‐ニ´、  ヽ
                <__,,.--, \--ゝ          ヽ二彡!  _,,.. -‐<¨´:::::::::::::}   〉
                      \|              \三/ r r ,. }::::::::::::::::/--‐ ソ
                                      ヽ/ /L /l_ ハ !-‐… ''"¨ ̄
                              .          し' |. f ! l i j
                                         し' `¨ `





473 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/29(金) 22:42:12 ID:ciEpuXvw

竜王と吸血鬼の王の軍勢か・・・
隣国の王様は死神が友達だけど





474 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 22:43:00 ID:pEIPpLm2

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)            ヴラドにとってフニャディ・ヤーノシュは
. |     (__人__)            思うところがある人物ではあるが、
  |     ` ⌒´ノ           この時代の間違いなく第一級の政治家・軍人だ。
.  |         }
.  ヽ        }            のちにワラキアの戦いでも、
   ヽ     ノ        \   フニャディの戦術は大いに参考としたようだった。
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \




                ___
.              /      \
              /         ヽ
.             |        ノ_  |
.             |      ( ●) |      ヤーノシュの戦術の特徴は、
          /         (__人)
       /|X        `⌒ノ      情報を重要視すること、
      // ::|          /´
.      「 :::|:::::::|  .|   __/        そして、機動力を生かすことだ。
.    /:::::∧::::::ヽ  \ /´ \::::\
   / :::::::::::∧::::::::\_ ._  /.|::∧l
.  //::::::::::::∧::::::::::::::]_/ |::\
  |::::── 、::::|∨:::::/:|     |::::::::〉
 |::::::::::::::::::::\:|::∨/ ::|___   | ::::/
. |:::::::::::::::::::::::::/:::::|/::::/     |:::/:l
/:::::::::::::::::::::/:::::::::::::::|     l/, ::|





475 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 22:43:37 ID:pEIPpLm2

そして1453年、オスマン帝国のマホメッド2世によって、コンスタンティノープルが陥落される。


                (:::::)
                 ;;ゞ
        ヒ;;::;;::へ _  __.゙| '"
     i.L,r-'' i ̄ ̄i~~ i,:'::::/
      ト''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙  ヘヘ.        (:::::)
┴lt  ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー| ::;|_~"        (:::::)
┬回┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~",-、.へ        (:::::)
┴┬┴ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|~"|;;;|,''ヽ|        (:::(   (:::::)
┬┴┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~"|;;;|.|;;|._~       )::)    ;;ゞ
┴┬回ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|~"|;  l        (:(  rへヒ;;;7
┬┴┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~"|//|       rソ(' |_._|__|~''i
┴┬┴ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|  |_~"'l'''ソハrへ,,  ::',|" ___ ^|
┬回┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~",-、.=、~| p─r;:う:|,''ヽ|'"|_._|__|~.''| (:::(
┬┴┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~"|;;;|.|;;|._~'_  ::; ヒ;;:::ヘ|'"|_._|__|~.''| )::)
┴┬┴ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|   |_~"'l'''' iー-i-.ニL ..|'"|_._|__|~''i| ;;ゞ
┬回┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~",-、.=、~|~"'l'' ーiー-ト::;.|" ___ ^.l ;;;;;ゞ
┴┬┴ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|~"|;;;|.|;;| .~"|"'''l -i . rll'|i"□_| ~!"l '" ̄ヽ
┬┴┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|\~"    '_"|"'l': ri'"|ソハrへ|〈::::::::/ノ
┴┬回ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|^ l ̄;:;。う! ~!"゙i .r i'|"|_._|(:::::)__|~''iヾ:::::゙、゙、
┬┴┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~"三;:;:  ||- _,...::::::''ヽ| p─r;:う:|,''rへヒ;;;7 ̄
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~L三へ;:;:\ ̄l'l::::;;:::::::f ヒ;;::;;::ヘrへy-、゙、^^





476 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 22:44:14 ID:pEIPpLm2

ここから東欧諸国は本格的にオスマン帝国の支配に組み込まれていくことになる。


          ,      /〃ハヾ  / ∧∨〃、ヾ} l| :}ミ;l\
        /〃// / 〃l lヽ∨,〈ヾ、メ〈 }} ;l リ ハ l`!ヽ.
          //' /,'  ,' 〃 l l川/,ヘ丶\;;ヽ/:'/〃∧ l ト、:l !
         〃,'/ ;  ,l ,'' ,l| レ'/A、.`、\;;ヽ∨〃/,仆|│l }. |、
         i' ,'' l| ,l ' l. !| l∠ニ_‐\ヽ;\,//,イ| l | l ト/ λ!
.        l ;  :|| ,'i:/ l| |:|: |``'^‐`ヾ∨`゙//|斗,l ! | ,タ /l.| l
       l ' l |」,' l' lハ |'Ν    ̄´ /` ,|l_=ミ|! ly' ,〈 :|| |
        |l .l H|i: l | ゙、| l        _.::: ,!: l厂`刈/ /!} :l|
        |! :l |)!| ! |  ヽ      '´ ’/'_,.   ノイ.〃/|!
        l|l |l 「゙|l |`{             ..   _   |}/,ハ l
       |!l |l、| !l :|.      ‘ー-‐==ニ=:、__j:)  l'|/|l リ
ヽ ̄ニ‐、__.」乢!L!lヱL」__           ー、 `'''´   从「 /
 \ `ヽ\      /l |       / ̄´     //
.  ,、  l  ゙、    / ' |、      {        /l/
   '}  l  ゙,    /   |:::\      }     ,.イ/
   l  l   l  ,.イ   l:::::::::\__   `'-‐::"// |′
   l   !   K ヽ,、 \「`''''''''"´:::::::;;:" //
.    l   l   ト、\( _.... ヽ  .:.::::::::;;″ /'       _
\   |  l|  八、ヽi´    | .:.:::::::::::::i' .:/'"´ ̄ ̄ ̄ ,.へ\

     【オスマン帝国スルタン マホメッド2世】





477 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 22:44:33 ID:pEIPpLm2

1456年、オスマン帝国がベオグラードに攻め込むが、フニャディ・ヤーノシュは撃退に成功する。


       // || || \\| | \,,\ |,, |  , \    // ||   ||   ||
       // ||  ||   ) ̄i´ i ⌒ ヘ.⌒i   ; \//  ||    ||   ||                   .:从,)ノ':.:,
       // ||  || /⌒) ̄ !    (_    _)|/( ヾ \    ||    ||   ||               . . .:,;;'人,,ノ;ノヾ;,.,
      // ||  |/ , )二( ⌒l ( \i/ )ヾ_( ,, ´⌒\/|| |    ||   ||         ,     人,,ノ;ヾ'     . .:', .:.
     // ||  / ;     { ./| ヽ一゚ ;゚ー )      / || .|    ||    |         ,,ノ;ノヾ从.         ;' ('
   (v)、 ||/⌒,,    ,, }` |7ヽ _;  ;/ )  ヾ/⌒i/ ||  |    ||        ,;;'人,,ノ;ノヾ;,.,.            ,;ノ'
   //ヾ L-― 、    /  ヽ |7 vヽ  -.´ヽ _/ーv/  ||| ||     ||   ,,.,,;;'人,,ノ;ノヾ;,.,.:..               (;,
  (v)_^   ノ--´ _ノ    | |7ヽ v\ ,`, 〉( > /      ,,.,.,...:.:;:;';':'゙':..::..:...                     :.;'ノ'゙
  // 7 /  ̄ ̄ /  ,,    | |7 ヽ v`v-´   ̄  ,,、.:.:;:;';':'゙'゙'"~                            ゙;,'(;:,.
 ///(vノ    , -/ ;    ミ  | |777\\  <.:. "゙'゙`                                    ';,' ノ
       / ミ| ;       l、二二/ V     `'';;;:.:,...,,、                               .',´)'
       /    | ;-    ,,           _  ~`'"';':':,;.,,                               ,(;'."
      /      |, -  ー                     ~`'"';':':,;.,,                        ;,:ノ'
      |     ,; |,      _                         ヾ;. '',、,",                ,(:'"
      |   ミ;  ヾ,,- __                             '",;;'人,,ノ;ノヾ;,.,,  .:从,)ノ'.:从,)ノ':.:,
      ヾ  ミ;    ,,      ̄ ̄ ̄                           '" 从ノ,;;'ノ,,.:,, ,.ノ,、 ,,;ノヾ″
      ヾ  ;   ヾ
        ヾ ;    ヾ





478 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 22:44:55 ID:pEIPpLm2

しかし、その直後にヤーノシュは流行していたペスト(黒死病)にかかってしまい、亡くなってしまった。
享年49歳。


               (⊂⊃)
              (
               )
        , ―- _  (    _ -― 、
        ヽ     \__/      ノ
          \            /
           ヽ. ,―、  ,―、  /      , ―-o、
          / l |__ V__ | /ヽヽ    、三`  二つ
        〃  ヽ八___八___八/  ヽヽ      } (
    , -l⌒ヽ\_  _| ,、__,、 |   /―- 、  ) )
    |  ヽ `ー一´_ 人 `二二´ ノ _/○    |,-( (
  (  ̄ ̄      ノ) \   | |  / ○   /'V~( ̄ヽ
   l二=      ノ ○ \V/  ○    ノ  l_ (   }
   (__ -― 7  /|ヽ  ○, ― 、○     /   / (_ノ
    |     `-´/ |   {(°)}          //| ||
    |      | /   |  `ー-´        /´  ノ ノ|
    |      /    |            /   { { |
    }     {      ヾ\     _ノ    |   | | |
    {    |      |   ̄ ̄          | | |
    ヽ_   |      ` ――           _| |ノ
    (  ̄ >―----               ̄ | |)
      ̄ ` ―-――――----―――― ´ ̄|」





479 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 22:45:20 ID:pEIPpLm2

ヤーノシュがいなくなるとヴラドはすぐに動いた。


ヽニ r-ノノ/|::|::/::\ヽヽ__,,..>-‐_二-ニ-、_ ) | ̄) |  |
ミニ ヽ!ー-ニ_-、!/ r_二~--‐_二三‐-、,,,,. : : : : ) | ̄| ヽ__/
三ニ   !:::::r,ニ、y _,   /_rニヽ-`ゞ-‐' : : : : :)
\_  ゙!::: ̄~フ /ニヽ          : : : : : :) | ̄) |  |
   ̄|リ| / /、__           : : : : : :.) | ̄| ヽ__/
    ヽ| ヾ ゙̄_'ー)/         : : : : : : :)
     |  ヽ,. -'_,........_       : : : : : : : :) \/ |  |
     | r'''‐-‐ニ-‐'7'ー゙ニ)ラ   : : : : : : : /)   |  ヽ__/
       ! ヽ,ヘ「‐;=‐'''∨ブ   : : : : : : : /:::)
      | r'''''ー┴‐‐'''´┃┃   : : : : : : :/:::::) \/ | ̄)
      !  ̄ ̄ ̄   ┃┃   : : : : _,.../-‐‐)  |   | ̄|
      _|         ┃┃  : :,.‐'´::::::::::::::::) / /
    /:::::::|         ‐‐ー'::::::::::::::::::::::::) ・ ・




      \      三 /
        !ヽ l´\ ─<
.       ,'.  リ  V´ ̄`ヽ
.   / /   /-...、    }ハ
 、/ / ノノ二゙ヽ`::::__フノ〉
 ソ/ / ,ァ'"¨芹!ヽ= く-'
 ,/レノ    `  ̄ i'´   \
/ヽ /         l    ,. >     これで、このヴラドの邪魔をするものはいなくなった。
          , '   (_r'__ノ
                ,. ->      弟よ、ワラキアへ帰るぞ!
              ー‐ ‐'!
  \          ー‐r'
   l:\              ヽ      _.. ._
  ノ::::::::\.._         ノ /:>‐'::::::::::\
   ̄\:::::::::: ̄ ̄ ̄¨7 ̄ ¨´:::::::::::::::::::::::::::::





480 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 22:46:22 ID:pEIPpLm2

少数で隠密にワラキアにもどると、ヴラディスラブ2世を追い落としに成功して
ワラキア公の座に返り咲くことに成功したのだった。


                       /| /|
../ ̄ヽ                   | |//
..|   |               <二ヽ ~二ヽ
ヽ~─/                 /ヽ_ノ
 |二| ヽ⌒ \     . /⌒ゝ⌒ヽ/
 |  |  \  \/⌒ヽ/  /  i>|
⊂~(~)-i⌒)⌒ /.__ .__.ヽ⌒(   i>|
.⊂⊃─ヽ<iヽ⌒| i__ii__i |⌒(    i>|     グアアアアー!
..⊂⊃ |;;;;|<i. )⌒i.ヽ×/´i⌒(   .i>|
 |  | |;/<i .~| |iヽ二//| |~    i>|
 |  | .|<i  i>\丶-/./     i>|
 |  | |<i    i>\/       .i>|
 |  | .|<i   /(_∧∧_)\    i>|
 |  | |<i  (( (ヽ`二´/) ))   i>|
 |  |.|<i       ̄ ̄      i>|
 |  | ヽi_ヽ________________________ _/ヽ /
..==/\∨∨∨∨∨∨∨∨ ̄ ノ \_
  ヽ/  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\__)
( ̄.||__/
. ̄~||




        /´〉,、     | ̄|rヘ
  l、 ̄ ̄了〈_ノ<_/(^ーヵ L__」L/   ∧      /~7 /)
   二コ ,|     r三'_」    r--、 (/   /二~|/_/∠/
  /__」           _,,,ニコ〈  〈〉 / ̄ 」    /^ヽ、 /〉
  '´              (__,,,-ー''    ~~ ̄  ャー-、フ /´く//>
                                  `ー-、__,|    `"

    /  ,/ / /   _,..-''
  ,.ィ <´  〈,/〃/-//-'"/ / ,/_
  } } ,〉 //" ,r'´ノ ,r'′//-  ____ノ
  ,) Y ノ // ,r'' ―、''"二´‐'/
 ,イ   ノ り ,=、-ニ_   ====-‐''"
 ,) Y  ィイィノ || ,r'ヽ´‐'==-‐''ニ__
〈 `ヾべ| :::   ゥ) `8、ヽ‐ ヽニ_-ニ__
〈 Z⌒\{::::  _"\ \ヽヽ''-._ニ.._
 `‐''^ └-ィ..ノ  /  ||  \
     ,. --ヾ__/ ☆    \
     >----<,,,,)        \
    (||>/ ̄         ヽ |ヽ
     (           ヽ   | ||
      \      |ノ  ノイ /
        |      ヽ   |ノ /|





481 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 22:46:44 ID:pEIPpLm2

そしてこのころから、世間でよく知られているヴラド・ツェペシュの姿がみることができる。


         | /      ヽ    /    / l  \
         ,イ   l   ヽ l  /    /  /   /
        / |   !,、   l l /    /     ノ レ‐i
       /  |  /  `'-  l|    /_,.‐ヽ   /    |
      /  | /  /ヽ/'''''‐、   |´   ヽ_// ヽ  〉
      |    |  |ミ./  _ `!  レ    l   _ ミ l /
      _,.-‐ヽ |  /-l  /_ミヽ,| __,.-、   レ-‐´ | l く
      ´ ̄\`''´ /三l  | r''''''-'''ヽ! |  /三彡-ク  )
       ヽ L_/'/ ̄ヽ l―\:::::ノ-/ /―フi'´/  /
        | r‐、 ト、,_ |/ ヽ'i `´l / / //'| l/
        ヽ| r-| ノ 、_ 、\、ノ レi l, / /_/_,,. | l,
         .lヽ 川  ヽ弋;ッ、`ヽ! l:| l_,.ィ;;フノ  人 |
         |. | |り、  `"´ ̄ヽ! |ヽ! ̄`´   | /ヽ|
         | y-| l,      l |  l     |ノ ノノ
         .| ,i、し!  .    l .| /.     | r'´
         |  | `´!     ヽ!___レ      .!.|
       _,.-''i'´l  l   、_,.-ニ-、_,.-   / .|ヽ-------、_
      // | ヽ  ヽ    r`'''''"´,.   / ノ| `''―――-、ヽ
     / /   |  \  \  `"T"´   / / |--、_     \ヽ
    / /    /    \ \      //   |   \      l.L
   //    /       `''‐ヽ、,,,,,,,,,,ノ‐'´    l    ヽ    ヽ \_

         【ワラキア公 ヴラド・ドラクロア】





483 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/29(金) 22:47:29 ID:5cwlj1y2

ということは、ヴラドは全盛期のオスマンを相手にしていたのか・・・





486 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/29(金) 22:49:09 ID:ciEpuXvw

バリバリの全盛期で、ここから更に東欧を飲み込む





482 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 22:47:14 ID:pEIPpLm2

        / ̄ ̄\
      / ⌒  ⌒\
      |::::::(○)(○) |     ヴラド3世がワラキア公に就くと、
     . |:::::::::::(__人__)|
       |::::::::::::::` ⌒´ |     まず自分の権力を強くする手段をとった。
     .  |::::::::::::::    }
     .  ヽ::::::::::::::    }      そのやり方が、串刺しだ。
        ヽ::::::::::  ノ
        /ヽ三\´
-―――――|:::::::::::::::: \-―





484 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 22:48:00 ID:pEIPpLm2

古代から、東欧地方でも重大で残酷な処刑方法のひとつとして串刺し刑が行なわれることがあった。
しかし、ヴラドの場合は、その串刺し刑を貴族階級の人々にまで行なった。


       /⌒\      /⌒\  ∩    ∩      ∧
     / /\ `⌒ '⌒∧ /\ \ )`i_  )`i     _| |___
    / /    丶    ヾ| :|  \   (    ̄ ̄⌒ ̄ ̄   | |      ̄ ― _ __    _  _
   ノ  」      \   ヽ  \  L  ̄ ̄ ̄ ⌒─‐___/  _ノ`(;。Д。 )_  ̄ 二、`っ^つ)
 (((((/      /⌒\  ∧_∧  /⌒\)           |/ /   ∨ ̄∨    ̄     ̄
         //\_⌒(;´Д`)⌒._/\\     / /
       .//      ̄|───  ̄     \\   ( __( J
      / ヘ⊃     | |          ⊂へ ヽ  l,jj,jl,j
        ```          | |              ''''   | |
                     | |                 | |
           ∧
           | |
         /⌒ヽ
      < < )彡、つ                  :ノlノレl,ノlヽlヽlヽ、:
            | |                   : (iii´(ii ´・( ・` ii)`ii):
            | |                   : ( う  つと   と )
                                .:`u^u-u'::u-u'u'





485 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 22:48:29 ID:pEIPpLm2

また、領内の治安維持のために、盗み・暴行・殺害を犯したものにも、容赦なく処刑していった。


                                       li!i!||i| i!
                                     |i!!|l |l i!|i li
                      , 、、,            i!|i     i!|i!
                    _, 、,ゞ丶`ヾ゜\≧,        i!  _ .-―- .i!
                   ,ィ升ミヾ、ヾ、ヽ,〃,/ゞ,  .-―-=イ  _ -    `ヾ´三二 ー- .__
                 气ミミ、  刈弐¨ ̄  ヾ彡 ー-=.>ニ¨       /     ヽ/   ` ア
                    l `ヾミ刈i   ヽY,ヽ              /       / ̄ ¨: :ヽ /. }
                        ', i __  ',.X・ユ’ ∨iヽ   ∧_      , '       ,': :: :: :: :: : ',. : i
                >ー‐- ヽ ス・ツ' , ~   ', .i i  ,_'.‐  ¨ ー- ._      z7.: :: :: :: :: :/. i. ノ
               , '    /  ∧   └_ィャュ  | ! /        . :i ‐-=‐ ¨ ,' : :: :: :: :: :: : , '
             , ィ   , 'i   ,'  \ ヾュェョ}ヾi /    ,'     . :}   ハ    : :: :: :: :: :: :
            /  i     ` X._  `ヽ;   ノ /     ,'  /   ,'    }   /_ : :: : /
            /  i/      i /  ¨ ´ `¨´、,. :',   /. :. :/ ,'  /`ヽ   i/   ¨ヽ/
          ,'  /¨  ' ‐- ., i         . :ヾ ',. :√7wkvュ__ , '. : ,    ./       i
       ,.< ´、        ,、          . :i ∨.      `ーi!,´. :  / /,_  ,    }
      / _ , .,_   _   / ` <       .> i!          iト、_: .  ト'i ,' ,   /
      /´: :: :: :: :`' , }   ̄       ` ' ー-=、 . :/ i|!li|!       i|!i!ヽ、  /_./_./_/_/: :\
     /: :: :: :: :: :: : /                ヽ i!  !|!l      il|! i!: . /.{_/z'ー"¨´: :_.-‐=ヽ
     ∧: :: :: :: :: : /                   i|!    l| il!| i! i   i!//: :: :: :: :: :: : /     ',
    .,': :: :: :: :: :/                   ii!           i|!/.: :',: :: :: :: :: : ∧
    ,'-=.: : /                      i|!          i!: :: :: : ',: :: :: :: : ,' i      l
   /   ヽ<                     i!             i!‐- . : :ヽ: :: : /  i      .l
   /  /   i                        i|!             i!|   ≧‐-≦/   i       |
  ./ ,c ,   i }                    i!               i|!     i  : :i|!   i        l
  {. ハ i! .i! .i/                    i|!               |i!i    i  . :l    i      .i
  i_ノ { .|| .|i .{                    li!           ili|!    i   l    !      i
    i_八.jLノ                    l|i!             l|li!     i   l         |
                             i|!l           li!|i      i   l         i





487 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 22:50:33 ID:pEIPpLm2

ヴラドが戻った後のワラキアは、ヴラドによる恐怖政治が布かれることとなったんだ。
このため、ヴラドの綽名には「ドラクルア」の他にもう一つ付けられることとなる。


  \∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨/
 >                        <
 >    「串刺し公」             <                ,イ
 >                        <        ト、 r 、_// _ ノ`ー‐-ミ、
 >    ヴラド・ツェペシュの誕生だ   <         ヽ l/  ,ノ'"´ _二ニニ==r'´ゝ、____
 >                        <         レ ,イイ} }  く彡  \Y、`ー―彡'"´ `
  /∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧\\,      /{   { ゞ ハ  }彡'"´ゝ'_ニミー'´ `ヽ
                       rュ     |ニl||二| |ヽ, /ヽ! `ーr、レ{{ ' r/Y/ヽィrー=ニlエl___ミ>r 、
                   V》ミ  |ニl||_| |__| /\/`ヽ ,ト{_ヽハ Yゝ〈ム, l〈ム   |エ|lミl  /ミ/
              r 、     V》ミ  |ニl||_| |__l l___/  〈/ , ト、'''"´ト、  ノ ノΛムーニ|エ|lミll /ミ/   /ヽ
.               r 、\\    V》ミ |ニl||_| |__|/ l/  ,ハ ノトミュ_ `Y`フ彡イ,7マム  |エ|lミl/ミ/ /ミ,/
                \\ゞ,ヽ   V》ミr|ニl||r 〉| 〉l/   ヽハト、弋ェュイ八{ェイ,/ミマム |エ|ミ/ミ//ミ/
                 \\ニ\__ V,》 |ニl||  | | |/     〈Yミ ` '"´,., ヾ'''l彡´ マム | ̄|/ミ/ ミ,/ ̄`ヽ
                  \\エニ V] |ニl||  | | |   ___/lΛ     〈 〉  /ー―‐マム| /ミ_/ミ/    _>'"´ ̄ ̄
                   \_ミゝ、ゝ-!_lュ、|_|_/  //i/////\ ヽニ7//////Λ i∨ // `ヽ;::: /
                     \ 丶/  ,;_i_ノ //i////////\__ゝ_/i/////// ̄l ̄ミヽ、:: : ∨,
                     ヽ/  r'´l | l/ィ'´二ニ=‐'´/////ミニ=-///////{__,r'ー-、  \ ::: :}/ヽ
                      _,r'ー‐'―'―'、 {//////////////////////////r‐'´ ̄r´ ヽ  ヽ///Λ
                    //    __;;; 〉V/////////////////////////ト―― 、   ヽ  :l///ハ   :::
                  / ̄`Y /  ィ'"´   ;;;`Y \/////////////////////// ヽ___:::ー ミ ::'"´}////}
.             _/  ::::::::〉// ;;;;; ,r―ェ_ノ    ヽ///////////////////////{_ :: ;;;;;;,,,... l////;l   :::
        __ , ィ´   ..:::,rr'フ´  ノ ;;;;; ̄;`ヽ   ..:::.\/////////////////////ハr`ー‐--―、ム三三l   ::::
     /   / ミ     ,ィ///{ '"´;;:: ,,;;r―'、 ;ハ  /,ィ彡∨/////////////lエllエl/|ミllニ|}  ::;; ::ミ ̄ ̄`ー―――
.    /   /  ミ    /{////Λ ::::   }   `ー' : /// ,'  ヽ////////////;lエllエl/|ミllニ|l ミ:::: ミミ `ヽ ::: ;;;;
..   /   /       l//////ヽ、 ::: r'´ニ :: ::: :::, ', / ,' .:::  `ヽマム/マム////lエllエl/|ミllニ|l    __ミ
    /   /         彡ヽ//////ミr'{  ;::::....,,,,..イ / ;: : ::  //マム/マム///lエllエl/|=lllエ|ー'"´/_/::ト、`ヽ:: :::
.   /   /    ... ::::     `ヽ三三ノ/:: .:::::::::::::彡/ :___ノV》 マム/マム//lエllエl/| ̄| ̄|/// ̄7´ ヽ ::: :
  /   / ::::::::::::.. :::....,,,,::  ;:::: .....:_厶:_:_:_;;;;;:::::::::/,イ´//////// V》 マム/マム/lエllエl/|  |  |//  / ::: :: ::\
. 〈   ::   :::::     ::::  __ノ ̄      `ヽ/´}ヽ/////\///V》 マム/マムl`Y´\/`Y´工エエ7´ ̄`ヽ
  ヽ     ::::   :::  r'"´           //ヽ! ∨// \: \ 〈 ∨ ∨ { {      /ノ>''7´/     ∨
.   \    :::::::::::::/                //:: :: ∨∨/// \: \V VΛ|\ト、:ヽ   //'"7 イ l      }
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                   //:: : :: : }  ヽ//// \/ \/ ̄エ〉 \`´ゞ/ //{  ヽ     /





488 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 22:51:06 ID:pEIPpLm2

また、「ドラクルア」も「竜公の子」という意味から、「悪魔の子」という意味がつけられることとなった。


            ) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   _,,、    < ̄   W R Y Y Y Y Y Y
_ /´//フ    \
.|/ ///__,,,、   ノ    Y Y Y Y ―――ッ
.  /'´,,-‐'´∠二_             ___ .ii_,,i"!-,_,-
   ∠,__,,,,、     フ_______/,,,,,,,,, -‐'´--┐彡^''´`'>
   ┌-‐''''´   _,-‐'''''''''‐-,,_      _,,,,,,,/ /´ 弋!ヽ 彡∠
_  /       i´ , -‐'" ̄"''‐-,, -- ,,_,-‐´ -'i´ とヽvフ、,__三/
三彡ヽ, ,-‐'''''''''''´ i‐- ,,_ _   ヽヽ    `''‐-,_!-- 、ヽ)ノ ト'/ノ
三彡/ Y     /'''''‐-/ `'‐ ,_  `''''""''=-,__ \ ノ _,-''´-''´
三彡' /   /    /     `'‐ ,_     `'- ,_ ̄/
    /   / _,,-‐''/        `'‐ ,_   _,, _/`- ,,_
---''´`'‐- ,,i    /           /'  / /     \
      /    //        /./ '''''´  /        ヽ
     /_,-‐'''"/ i     _,, -''´ /`ヽ  _,,|         |
  / / /.ヽ/i |__,,,, -‐''"    /   `´  i  ,ノ      /
    /  .i   i ||./    _ノ   /       >'´     /
   ./ /    ii //<エア   /      /       /
   i /i  /i '=_-- ,,,,,,,,,, </__      /  /フi  /フi
 7 〉i i / /\_ヽ  _/   ̄\  /  /-,/  /‐ /  /'i
 i  i i  ||  !,---‐‐''''´       \ i  i- / /‐ /  /ヽ/
          /        __,-‐''¨\ _| .|/ / / /
                  '´ \  /    .// /_/ク
                               /-'´ _/





489 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 22:51:47 ID:pEIPpLm2

この強烈な恐怖政治なおかげもあって、効果は絶大だった。
モラルが低下して荒れ果てていたワラキア領は、盗賊がパッタリと消えてしまった。


 【BEFORE】

      ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
       ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
        ゙、';|i,!  'i i"i,       、__人_从_人__/し、_人_入
         `、||i |i i l|,      、_)
          ',||i }i | ;,〃,,     _)   ヒャッハ~~!
          .}.|||| | ! l-'~、ミ    `)
         ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ   '´⌒V^'^Y⌒V^V⌒W^Y⌒
        .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ
        Y,;-   ー、  .i|,];;彡
        iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ
        {  く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ
         ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ   _,,__
          ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三=-;;;;;;;;;''
,,,,-‐‐''''''} ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;;;;;;;;;;;;;'',,=''
 ;;;;;;;;''''/_  / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;;, '';;;-'''
'''''  ,r'~ `V ヽニニニ二、-'{ 十 )__;;;;/




 【AFTER】

      ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
       ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
        ゙、';|i,!  'i i"i,       、__人_从_人__/し、_人_入
         `、||i |i i l|,      、_)
          ',||i }i | ;,〃,,     _)  盗みはいけないよね!
          .}.|||| | ! l-'~、ミ    `)
         ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ   '´⌒V^'^Y⌒V^V⌒W^Y⌒
        .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ
        Yニニコ iニニコ i|,];;彡
        ifエエi  fエ:エ) .H;;;ミミ
        {  < ァソ '';;,;'' ゙};;彡ミ
         ゙i !ー―'j .'~ ||^!,彡ミ   _,,__
          ゙i .`ー‐' .;;:;li, ゙iミミミ=三=-;;;;;;;;;''
,,,,-‐‐''''''} ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;;;;;;;;;;;;;'',,=''
 ;;;;;;;;''''/_  / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;;, '';;;-'''
'''''  ,r'~ `V ヽニニニ二、-'{ 十 )__;;;;/





491 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 22:52:21 ID:pEIPpLm2

ヴラド・ツェペシュが領内がきちんと治まっているかを試すために、
泉のほとりに金でできた杯を置いてみた。


                    , _ _ __ __
                   ,'` ー ─ -;;;;- ─ 一'`,
           _j|_     |i:.¨ ´  ̄     ̄ ` ¨.: i
            ̄|! ̄     |i:               :i|
                   |i:            :i|
                __j|__              :i|
          .       ̄|「 ̄             :i|
                  |! ヽ: ;;;;        ,,,. :/
            十     |   \;;;,,,,,,;;;;;;;;;;;,,,,,;;;;;/
          __j!__        `ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;:/
             ̄|! ̄            ヽ;;;;/
                            | ;:|
                            | ;:|
                            | ;:|
                        __ノ 人 __
                       (´   ...:::;;;;;  `)
                       ` ー -- 一 ´





492 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 22:52:48 ID:pEIPpLm2

すると、その金の杯は盗まれることなく、泉の水を飲むために使われていたんだ。


WWiiレ'Www;;;;;::::::き  :::::::;;;;;......  ::ろ::::  :::::::wwii;;;;;:  :::WwwwW:: イ
|lii:: i|/リリW-'`"^" ;;;;iiiiiiiiWWww;;;;;::..ゝ:::::;≦::: :::iiiii:::::::::::::::::wwiii::::::::.......  ;;ゝ
|lii:: i|  、....   `^'-WWlii:ノノリリk'`"^;:ミ::::::`Ww、iiii\`WWWiiii;;;;;;;;::::::::;;;;;;;き´:::y
|lii:: i| ろ::::::....  ..:::k |lii: i|;;;;:::::::;;;;;;;:;;iiWwiiiiiiWwili: l :iレWWW;;;;k'^:::::k Z
|lii:: i| ラ:::::::::;;;;;;;;;;;;;;:::;;ゝ|lii: i|;;;;Wiwノノ;;:::ゝ |i: :iiレ' .|i: l川|/リリ-'`~;;;;: ::Z ミw
|lii:: i| ラ:::::::::;;;;;;;;;;;;;;:::;;;;ゞlii: i|;;;;Wiwノノ;;:::ゝ.|i: :ii|  |i: l川| wwiiiiw::::::,,r''::::y'ww
|lii:: i| ミ;;;;,,ゝ;;;レ/;;;::::k |lii: i!WリリWii-''"`" .|i: :ii|  |i: l川|^'w|川k'w^ii/'"´WWW
|lii:: i|  `w:!iiii!wWk'ゝ |lii: i| .|i:::|     |i: :ii|  |i: l川|  |川 |l:i|    |i:|  ,,iiゞ~
|lii:: i|    |i::|     |lii: i| .|i:::|     |i: :ii|  |i: l川|  |川 |l:i|
       ∧_∧
       (・∀・ )
       ヽ , U 〉
       (_(____ノ
~""'''ー一‐- ..,,__          /■\           ,ハ,,ハ          ________
      ( A :::"'''- .._    (´∀` ∩    (○)   i,;;゚Д゚ミ 。      ヘ、-=--
 ー--;;;  V  ̄V:::    "'''ー- |    l ..,,,,_,,,,,,l〃  彳;;;;;;;;;i!        l  \ 二三 二
                (( とと  ,,,ノ      `(⌒),'(..  ノ ゚ー-- 、  /;_/\ \ー----
     __  ,..        ''   ~^...::: ノノ        ~^^      ~"''l:::::: : \ \
      ;;:: :::         `ー;;;::::.::.                     ~~.::.:::::: \ \
  _______                                         :.:::::::::: \
     `ー----、               ∧ ∧                    :::: :::
            ̄  ,____...._ (;゚Д゚)      ∩ 人  ゚ o
               :::::::::::::...    ::..つ,,ノ    (ヽ I∧__∧∩  っ
                           ( ((  c  (´∀` ,ノ l   つ
                                ゜ 。ヽ   人_从   ))))
                                 从人





493 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 22:53:15 ID:pEIPpLm2

だが、一方でこういう話もある。
ヴラドは次のような布令を出した。


                       __
                     __/  ̄ヽ.__
                      __∠ //〉  /)ノ‐┐
                  l /  ヽ {   {/─<Tヽ
                      ////^\rヘ,へ,__ |_| ト、
                    |/l /{、_ {┴ 、_ノ、ノ ノミ}ヽl }、     「国内の犯罪者・浮浪者・貧者・病人・老人などは
                    レ'|}/小V、._i   /ィ_フ,l | / l
                     ヽ〈  }`ーt:テミヽ 斤tテラjノ /  l     指定された建物に集まれ。
                  r┴ト、 ^ ̄i |-、 ̄  l/^!/
                  lヘ、|    ヽヽ'  、│f/       国からの支給で豪勢なタダ飯をふるまってやろう」
                       ヽ〈 l.     ー ==イ   !イ|
                     |`ー!     ヽ--‐'   ! |
                    │| \   _,. .,_ /l l,l
                   | l    丶<  _У  l.リ、      ノフ!
                      /l |_,..-─.::::: ̄::::.‐-.、|:::::l \___   /、/  __
                / /´l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::\ \ ̄/、 / ̄  \
               /  //:/::::::::::::::::::::::::::::::::::::_L::::::::::ヽ  /  i \
             ,.イ  {:::_:::::--─:::::‐-:::::::::;::'´:::::::::::::::::::| ノ -┴‐┬--,-r‐ヮ
   ,.ィ´  ̄ ̄ ̄ ̄      ヽ::::::::::::::::::::::::::::::`:::::::::::::::::::::::::::::|//´ ー'二 ̄二二ワ
 / /     /⌒ 、    ∧::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::/ /  '´_L --一'
./  /    ///⌒  \⌒ヽヘ:::::::___:::::::::::::|:::::::::::::::::::::/  /  /  \
   /   //´ ̄    ヽ::::|::::「:|   ヽ/`丶、___/ /   /     )





494 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 22:53:32 ID:pEIPpLm2

人々が指定された建物に集まると、目の前には言われたとおりの珍味が食卓に並べられていた。


                                           ___
                                  _,,,,,,,,,_     {n_}
                      ,,,x-─''''''''''''''''ー-─く,,,,:..:.:::..;~゙''',二区い}つ
                     ,z'~:; 彡;:. : .::.;'':::.. ,,:.:;''..:.,~ミt、:::;;t~   {こ} __
                   ,,,イ~ .;:`メ:;;...,'',:::..:::,:..;::::..;:. __,,,,,;;;;,二ュ,,,,,,,,,,__{n_}_
                 ン~;: ,,:' ,,,:::,':,;'::゙;;';;:...:::.'';::.,;:: ,r'~ `". ;:... .::::;;,;::,:'.:,,,;;;}い,}二)
   __,,,,,,,,,,,,,,,,,,,__      A彡ノ,''. :: ' ;,:.::, :::,Zx,,:::';;`,:;  ,::,;..゙:: ';: ..;;::..,;:: ::;r''~,,__ 込}
  i<___>!    ∧,、{米ミ,,:.: ;:;.`::.;,'':...::'';''::,,ノヤ; 炎';;,.:. ::::,:.. :.;;:...;;;;/Y,,, i巛),
;;;;;;;;k,,;;;;;;;;;;;;;;;;;,,-'|__ノYて){ミ;爻i;;;.::;`:.:;;:.;;r‐'''~ ,,;ジ::,: ::,;; "::,,::';;;;;;;ッぎテ~..';;;ア(')}心ュ,,___________
..:. .|: ;::.. ; :::l:::.:|  メヾW个`=ベ-ェ、,,;.:{;,,. ;=~~'''ュ,,,;,_:::.:,':...::,;===''~.:::;;;ソViYY)K)Ei゙ヾ,、 .. :.. :::...:  :  ..:....
. .: .|: L::. j ::|;;:::|.  .いYソヽ/A(Yい)V台、>-、,,,,. ,:::,:..,;;~ヱ;;;,,,:::::.、、=X〆()のr、iミ}Tノル/゙j   .. :    ::..
 :. . {・;;;;.::,,;;..;;.....}   i`ヾ、、i^rひMべTノ のl'*=z=爻m≡'∧ひ,六俎ミどヾ)メ2ノハ)=ィ",ノ  _,,,-‐'''"tュ~r-ミニ'‐-、,,,
..:. ::.人,;;__;;;ソ;;;..:_ `-、`ヾ、ッニ士t),;豆ZY)亘ミメX)rYt川广}ハir、tわ&YO,,=-'~,,-''~  i'  (,_ 々(コ/´ ::;}J  ,; .゙i
 . ; .`''''':; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::;,::. .~`-=,二二二二二二二二二二二二二二二二二二,=-''~ ...... .. .`-、,,_   `゙'"~  __,,,-´
 :    .  '''';::::::::: ::." ::."  .   _,-'''´,;::::   〔 ;';; .;}}:〕:::..  ;;;;;`'''-、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::;;;:;;:::;;;;::::,.::;  ̄~~~~~~~ ̄:
サ三三ミぇュ、-、、      :    { .::. '';,,.    {,;_ :.::;}}:;} .:::.  ;;;   };;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::.....::.
<二二ニ==-'' `i; .:  ... : .:.   ゙‐、,, ::... '' ...........~.........~....::.::: ;;;;'' .,,‐'゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::;;::.;;:;;;::::::.;:.:......
,,,,___,,,--''''~~::   :    ::.  .::.  `ー、,_         '''''' _,,-'゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::.;;;;;;;::::::..:.:::.:::
                       .:::.''':;; ̄ ̄~~~~~~~~~ ̄ ̄;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;;::::::::..:.:;:.::
                   ...  :::..:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::;;:::::::''"'
                        '''""'';::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..:::::..::::::.;::::::..:::..::.::..





499 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/29(金) 22:56:38 ID:YxEoLK0M

犯罪者が良く出てきたなwww





495 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 22:54:29 ID:pEIPpLm2

人々は食べながらヴラド3世に感謝を述べた。


                               (⌒)
                                ∥
                             , -――‐- 、 フゥ・・・
                           /        \
                              /     -――-    ヽ     腹いっぱいだぁ~
     zz                     i             i
       |\                /             \
       |  \__|\         / __            __  ヽ
      /         |  \       '"~  \        /  ~``
     /            ゝ       γ⌒´         `⌒ヽ      キ''   |
    i '"    \      ⌒ヽ     / ┌i          i┐ ',    (_`   し'  つ
 / ̄"`;、___,、  ::::::   ノ   i    i  | |          | |  i
 i     γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    ノヽ    |  └|            |┘  |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


               ∧∧      ∧___∧     ∧_∧
              (,,゚Д゚)    ( ´∀` )    (・∀・ ,,)    領主様、どうもありがとうー!
                (i  i)     (     )    (    )
              ~|  |     i     i     | | |
               し`J    (,__,ハ,__,)    (_(__)




すると、ヴラドはこういったという。


                 」ヽr‐-ゞ``viレヽ∧
              、-ミ' 人 `゙‐-' ''、 ´V__7
              __ゝ__,、-,z |二二ニ、__ヽ、ニく
          ,ヘ_-‐ヾ〈 (、:´ //ヾl/  _/ノ、_‐-ゝ7
         f  へ「llノ\ヽ/';/';‐=二-7 ヾ,、l'´ヽ
         ( (_:::フ-ヾi :): :{/、_ ノ /rュ/ ; V lヽ|
          ヽっ(::レ=トゝ、」ヾ-'、` ̄,,_  ゙,  了_l、      「この辛い世の中から逃れたくないかね?」
           / ,J i::)):::::::::::|'__ ヾ,'´´  ;   V、`,
            ゝ_7、ヾ、l:::::::::::::ヽ、7   _  ;   !)」 ヽ
 _         ´  丶ゝ、:::::::::::::,:_-‐ニフ'   :  /::、 \`'、
 } ヽ                lゝ、:::::::、`‐ ̄__;;    /:: ;  V、
 |  l             ヾ、ハ:::::::`:::´;; __   /::::  ; ; ; ヾ
 ! ノ、                 liヘ::::::. ,´////>'::::::  _ -‐フ`
 i : }              l」`、\:.' ////:::::::;;/.....o..//
 i、:´ i ___┌‐-、           ヾ:::`:::::´:::::_:/....0.......// ,'
 l、:  V  }} 」._ |          i:ヽ:;;;┌l「l..................//
 ゝ 、/  へ」l_ `iノ、           l_:::::::::| | L....../::/
  >'´,, '/  }}ヽ=´ 7            「V-'\ヽ../:::::://
  )  _ ,,-‐へ \ .l            [l|...o...../:::::::::://
 ヽ´  ̄   }}\l .|          //'ゞ‐'´:::::::::::::::://





497 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 22:55:01 ID:pEIPpLm2

人々は口々に賛成を言うと、ヴラドは「そうか」と退出していった。


    /  ,/ / /   _,..-''
  ,.ィ <´  〈,/〃/-//-'"/ / ,/_
  } } ,〉 //" ,r'´ノ ,r'′//-  ____ノ
  ,) Y ノ // ,r'' ―、''"二´‐'/
 ,イ   ノ り ,=、-ニ_   ====-‐''"
 ,) Y  ィイィノ || ,r'ヽ´‐'==-‐''ニ__
〈 `ヾべ| :::   ゥ) `8、ヽ‐ ヽニ_-ニ__
〈 Z⌒\{::::  _"\ \ヽヽ''-._ニ.._
 `‐''^ └-ィ..ノ  /  ||  \
     ,. --ヾ__/ ☆    \
     >----<,,,,)        \
    (||>/ ̄         ヽ |ヽ
     (           ヽ   | ||
      \      |ノ  ノイ /
        |      ヽ   |ノ /|




:::::::::::::______________:::::
::::::::: |::::::____::::::::|::::::____:: : |::::
::::::::: |:::::|::::::::: : ::::::::|: : :|:::::|::::::::: : ::::::::|::: |::::
::::::::: |:::::|::::::::: : ::::::::|: : :|:::::|::::::::: : ::::::::|::: |::::
::::::::: |:::::|::::::::: : ::::::::|: : :|:::::|::::::::: : ::::::::|::: |::::
::::::::: |:::::|::::::::: : ::::::::|: : :|:::::|::::::::: : ::::::::|::: |::::
::::::::: |:::::|::::::::: : ::::::::|: : :|:::::|::::::::: : ::::::::|::: |::::
::::::::: |:::::|::::::::: : ::::::::|: : :|:::::|::::::::: : ::::::::|::: |::::
::::::::: |:::::|::::::::: : ::::::::|:::[:||]: |::::::::: : ::::::::|::: |::::   ガチャ
::::::::: |:::::|::::::::: : ::::::::|: : :|:::::|::::::::: : ::::::::|::: |::::
::::::::: |:::::|::::::::: : ::::::::|: : :|:::::|::::::::: : ::::::::|::: |::::
::::::::: |:::::|::::::::: : ::::::::|: : :|:::::|::::::::: : ::::::::|::: |::::
::::::::: |:::::|::::::::: : ::::::::|: : :|:::::|::::::::: : ::::::::|::: |::::
::::::::: |:::::|::::::::: : ::::::::|: : :|:::::|::::::::: : ::::::::|::: |::::
::::::::: |:::::|::::::::: : ::::::::|: : :|:::::|::::::::: : ::::::::|::: |::::
::::::::: |:::::|____|: : :|:::::|____|::: |::::
__|________|_______|_
.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:





498 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 22:55:26 ID:pEIPpLm2

そして、建物を外から厳重に鍵をかけて閉じ込めると、火をつけて全員を焼き殺してしまった。


       パチパチ             ,'
ゝ.;:_:_;:;:_:_;:;:_;:_:_;:;:_:_;:;:_:_;:;:_:_;:;:_:_;:||(:';:;:;:;:                .::... .   . .':::;:, .:.
ミゝ、___/\二`>、;:_:___',;:;:;:;:)); :_=----......__   ..:.:λ:: ::'; ::,)、::.:;.:,:;.:
ゝミミミ / /\\  ̄7 \――};:;:;:/(;: :―三,ィ=‐--,,,..三三,kニ 人ノ从:.ソ)ノ ):.: .;,.'
彡彡/ /lll;lll;ll;\ \i\  ,' ノし': :ヽ;:;:;:-,-,-,-,-,-,-,-,-,n  ィ'  (ソヘ (::.:.:'.,; :. .
彡/ /ll;ll;ll;ll;ll;ll;ll;\ \ ((,イ: :  :: :V);:  ,',',',',',',',',',','7,','_ 人      て:;;':. パチパチ
/ /l;;l;l;l;l;l;,'    ;l\ \ゝ: :   : :(ノ};:  \,',',',',',',','|,人)ヾ; 从      (::..
;/;;;;;;;;;;;;;;;(:';:;:;:;:  ;;;;;;;;;\|ヽ: :: :  : :: :/; ;',',','\,','_ノ  _人  (,_ ソハ   ,ゞ.:.
:_:_;:__',;:;:;:;:));:;:;:;:__;:;:_:;| ゝ;:;;::;从;ノ;:__:__ヾ从 (⌒    ゙ /⌒    (: :.
_;:;:_――};:;:;:/(;:;:;:;:―_;:;:_:_;:┴;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:    _;:;:_:_;:;:_:     .    火:.::ノ  ):::...
_;:;:_:_;,' ノし': :ヽ;:;:;: :_;:;:_:_;:;:_:_;:;|; ||三三ミ|_;;:_;:;:_:_;人     .,;,.,    `ヘ/
_;:;:_((,イ: :  :: :V);: _;:;:_:_;:;:_:_;:;|; ||_三三|_;;:_;_,ノ     .,.,;   ;,,.,    (  _
_;:;:_ゝ: :   : :(ノ};: :::_;:;:_:_;:;:_:;:;:|; ||三二t|_:`ヘ(   从;:  .;       ;,   ∨(
_;:;:_|ヽ: :: :  : :: :/;:;:;_:_;:;:_:_;:;:_;:|; ||[三:   _)    ,;        ;,   从
_;:;:_| ゝ;:;;::;从;ノ;:;:;:;:;:;:_:_;:;:_:_;:;:|; || 三二|⌒ヽ   .;:          :;,   ノ_イ
_;:;:_┴;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:   / ̄/ ̄ ̄`!;;;;;;;;;;;;;;|__人ノ,   ;:           ;;   /
_;:;:_:_;:;:_:_;:;:_:_;:;:_:_;:;:__|  i;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;/;|_;ヽ    ;        .,ノl火)   'ヘ,
_;:;:/ ̄ ̄ ̄/l:_;:;:_:_;:;,ィ´⌒i;;;;;;;;;;;;;|;;/,.,火_)i_从   ;:           ;;   火/(_
_;/_;:;;_;;:;;:;_/__:_;:;:_:_;:_|ミ_ ノ..{   {    ._ノLノl    ;       l(    ;   ヾ.,_从
             ` ┴―┴――`     、从_                 ゞ_人_
                     "゙"''`ー;、从_ノ(_.,;:.)ヘ    )L从_;:,火,.;:ー'"゙⌒





500 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 22:56:45 ID:pEIPpLm2

すべての処置を終えた後ヴラド3世は、


 '´  _,. -‐'^ヽ  i ヽ┐
 \  l   r'^ヽ \ノ / l_
 \ _/  ,.-、/  ヘ、 //  l
 ,三.l   i-‐‐,! ,!ミr‐v‐<^i ハ
 ーァ'  /__.二/-弋 、 ,ハ¨i l l
 <_ノ`゙ニ_‐-x  )`ヾV ! /
 '´/i _ヽ.\でアミ、.、ノ _,.ォ'"ノ
 ト-'i"  l ` ̄ /-‐キイヲ'´!
   ミ   ,'     '、  l ∨      「これで世の中のクズが一掃されたぞ!」
           \'´_ブ
 ハ.    i. r'   ,. _`',.l
  i.     ', 弋ニ´-‐‐〈!l
 . i        `¨´ ̄ニ!
   ヽ、   ヽ `¨"´T^!
 ノ    丶、 '、_,,.. 二ノ
 ─----...,,、_`´: :>''´
 :::::::::::::::::::::::::::`ヽ、!
 ト、::::::::::::::::::::::::::::::|、


といって喜んだという。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

       ___
      /     \
    /  一'  `ー\
   /   ( ○)  (○)\     ……。
   i       (__人__)   i
   ヽ、    |r┬-|  /
     /    `ー'´  く
     i   丶 ヽ   ヽ   ガシャ
     r     ヽ、__) (_丿      , -っ ゚
     ヽ、___   ヽ ヽ  r. ― ┐ ー ュ '
     と_____ノ_ノ   | 茶. | 。, つ o
                    ` ー‐┘‐- ´。





501 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/29(金) 22:57:20 ID:kfise9KE

汚物は消毒だ!





502 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 22:57:59 ID:pEIPpLm2

1461年、ヴラド・ツェペシュがワラキア国内をまとめ終えたころ、
南からオスマン帝国の使者がやって来た。


   (彡ミ)
   (゚Д゚,,)     貴国はわがオスマン帝国に臣従を誓うこと
 (| ̄⊂ |      ハンガリーとはつながりを断つこと
  |_|  |      そして金貨一万枚の貢納金を払えゴルア!
   ∪∪






ヴラド公は、この要求を拒否する。
そして、


                      ト、
                     / | |
            ミ ̄`ヽ、,,ノ'''ノ'''/ ,/ノニ='
        ._ミ'    | ト、、 ,,ノ ,//,,ノ,ニ''_ノj_,,
       ミ : : : :     |〉`l )|/,,/ / /三/彡'   _
       ミ::::::∠_ミ--ノ ,,_,,彡_,イ_ノ ̄ミ、 T _,,ィY彳⌒     キサマ、
       `l、_ト-‐''⌒三く {::::::::<三/ハVミ_ Lイノ/
       _ノ / rj n ,,;エ !:::::::::::: ヾ´ ノハ  ノ::∠  _       いったい誰の前で
       <二_ノ/ ト'j 彡 l:::::::::::::::  r'|,,イヽ:::::-、 ゙i /.......゙l
        ヽ--'ノ ト|ニ-、::::::::::::::::  j  Vト、:::::::|,/ ::::::: ノ      そのターバンを脱がないでいるのか?
        ゙ラ_ノ.|/ / ,、 \:::::::::: /:::\,,-┴‐'_ハ__/
            { 「  V┴ヘ:::::::::/:::::/ _,-//、__,,ト、_
            Vヽ: `ヽ└,、'::::/r∠  く .{::::::::::: |┐.゙l
             ゝ、___.}_,-ノ_:::|_/ノ ヽ  \゙ー-イ,,l_ |`ヽ
          ,-─ェ| {::::::,,-l/::::|::∠、: : :: ノ--、   /  .ハ:::::|
        /::/ハヽ__//:::::::::/: : ::}__,ィ'、_ノ  /./`V .|::::|
      _∠_/:::::::::::::,フイ / l´: : ::/| | |::::ヽ   {_゙=ノ /|:::}、
    _∠  |/:::::::://  |  `ーイハ.l-ト、ハ::::|/ / ,,イ |_|:/ノ
   /    |::::::::::/ /::::::,⊥___ |  ハヽヽ|:::::rニ、イ /:::| l |Y
  /   ,,-‐'':::`ーイ /_,,//:::   ヽV::::::ハヽ\{__ノ‐'´::::::::,ト|_j´
 j::::::::/::::::::::::::::::://|:::::::::::ノナ-、__}::::::::::|.|::::::::::: ̄ ̄ ̄|,L/
/  /::::::::::::::::/: 〈〈::::::∠__}__}:::::::∧:::::::||:::::::::::::::::::三」゙ー'
ヽー'--、_/|::::::::|.|:| {___}___::::::|_:::::::||::::::::::::三>ノ´
        {三三|||:::::::::::}:::::::::::::::::::|  ト::::::ヾ、三三ノ |




   (彡ミ)
   (゚Д゚;)   ……え?





503 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 22:58:35 ID:pEIPpLm2

          \ノ⌒ ミ'/____,._,. -‐'/-、
           /_/  .)ニ二二ニニ‐--,.-、- 、,_
          / /ヽ// ̄~フ;;フ三ミ/,、/ ̄ ̄ ̄
         .ヽヽヽ `´  .ノ//三/ //
          ) ノ_,.,,,;'/,./ \=!//   し 良 脱 な
           /<(;;;i''_,ィ''/     |  て い が ら
          `ヽ/ ._!''´   ノ r'´|  や よ な ば
          /  .|::::::.   .(´〉.|  ろ う  く
         ∠,,,,,,,_ ノ       ヽ,ノ|  う に て
         .`''‐、ノ         ./  |         も
          r´‐-、     ./ <_
          l´`~'''`  _,.,  /    //\___
          .フ"''''  /  `ヽ、  // /〉ノ / 川
         ./   /    _`'''''''┴-- 、,ノ_,.-
         し‐''フ´  _,.-‐'´_二--二ニ'/
          `フ _,. =ニ‐''´ ̄      /




            イー─---一ミヽ
          /ミー---------一ヽ
            /ミニニニニニニニニニニ>ーハ
        /ニニニニニニニニニニニ辷ニニニl
        }二二二二二彡ヘミヽ-一 |
        辷二ニ --ー=へミ辷二二 |
        l     -───   `ー‐- |
        |     <(__)>  /<(_)> |
        |           |    |
        |   し       \     |
        |          ∠l   |
        |    し     l l   |
        |       ―===‐  |
        |         ー―    |
        |   \         /
           〉    \____/
        /         |
   , ── '           i-、
  /                \





504 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 23:00:10 ID:pEIPpLm2

そういうと、オスマンの使者に対して、頭に杭を打ちつけたという。
死体は国境ぞいに串刺しにしてさらしてしまった。


                    :,:           :(::)
                    /⌒''⌒) :,,゜      '         ,,,,,,,
                   (:::::::::::::::!'                 (::::::)
                   ヽ::::::::';'''                 ''``   。
                   τ'::/ .;:
                    )/
                 。            '  、       ;: 。
                                       `'''`~''・    ' `
  
┏┓┏┳┓   f''`⌒(     ,,,,               !:(',,,,、              ::,,,,,、...
 
┏┛┗┻╋┛   ,!,,,、(     /::τ             ノ:::::::::::::::::)          。  !::::::::::`! 、
 
┗┓┏┓┃ :.、          !:::(     ノ::`!   o   (::::::::::::::::::τ            (:::,,;,;,、; 。
  
┃┃┃┃ ┏┳┳┓゜     (/      ⌒・ .   ・、;::::::::::::;;.;`` ''
  
┗┛┗┛ ┗╋┛┃..   //   ノ'          //'''`'`'` `       ..,,.. _,,,.、 ・         ,, ...:・..
          
┗━┛::(,.,.(;;;::::(   ,,.,  ・っ                    ;,;;( ):::::;.    c::── '`'''::::::::::;''
           ):::::::::::::::::::::::::::/  '''''`   `        '`                     ⌒ ` !.:::τ'' ``
         τ !::::::::
| ̄ |::::::::::)/,,,,, γ               :'`'``:!
           (:::::::::
|  |:::::::::冫 `'`'    、,:'::::::`:::,,,,        !:::::ノ         ・
           :::':':::::::::::
|  |:::::::;(,,,,,,,、:::::::-ー''''`'`''''''''"
            イー─---一ミヽ
          /ミー---------一ヽ
            /ミニニニニニニニニニニ>ーハ
        /ニニニニニニニニニニニ辷ニニニl
        }二二二二二彡ヘミヽ-一 |
         辷二ニ --ー=へミ辷二二 |
         l     -───   `ー‐- |




            l /  / \ヽ、_\ ,..::':::::::::_>''二二.,_,.   ,ネ、l   ノ.羊  女 ノエ r┐ L_ゝ /   土Z . i -‐
             /  /i    ` ,.:'::::::;>'"_,,..イ::::ノリ /    | |__l | 我 (_  人 Ll  __) /`し /日 レ (__
           .....!___ / l  ! ,r:':::"´;>"/::f¨´ 弋_zソ/:
           ::::::::::::::::ヽ  -‐テ" / /ノ__.. -‐=''´: : .    ノ┼‐ ニ|ニ Z、ノ ‐r┬ ノ ナ -/‐ 、 l
            i `Ti:::卞、  i__/ /:::::::::::::::::::.:.:.: : .      二!二 (二 ´r_) | [工I]  | l旦 / r_ト !.__ノ だな…
                `ヽ`ニ´ i   i:/  ̄  `:::::::::::::::::.:.: : .
              `: :: .!  l:      :::::::::::::::.:.:.: .
                      l  i





506 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 23:03:15 ID:pEIPpLm2

この態度に激怒したオスマン帝国のマホメッド2世は、すぐに軍勢をワラキアに派兵した。


                 / イ: :/. :/. : : : : : :/// : : : : : : /. : : :}          _∧__∧__∧__∧__∧_
                // /. :/. :/ : : / : : /厶ミ、: : : : : /|: : , ┴‐- _      │                       │
                  ´ / : //. i : : / : //・__」 }: : : :厶]: /       `ヽ、   <                      >
                /イ//. : { : / /|:/二 ¬: :/、.|:{           `、  │    誰に歯向かったか     │
                 /イ/^i: : / :/l/     /イ_  〉`|个          ',  <     教えてやれ!           >
                  l{ {!:/ !:/           (   }ヘ           }  │                        │
                  |ヘ、|′|′      ∠二ユ}  /  ヽ、       ,′ <                          >
                     |7/}     _/⌒ヽ_::/′ /   _}`    ィ′    ̄∨ ̄ ̄∨ ̄ ̄∨ ̄ ̄∨ ̄ ̄∨ ̄
        _  -‐-  _       |:// ヽ、    `ヽヽ__}^}  /   /         }        _
      /    `ヽ、`ヽ¬、⌒ヽ^ヽ  ` 、  ` ̄ ̄´ / _ノ        ノ      . '"´   }
.      /         \    ヽ  \`ヽ、  ヽ     ノ/          }    /      , ′
    ,′         ヽ   ヽ   \ ヽ、 ` ーァ´_/      `丶、  ∧   /      /
.   /           _  ヽ   ヽ   \  >  ´ /{         \  `¨´    /
   {  _ .. -‐…  ´ _  -‐`……`ーァ‐  ´    / /    \      ヽ.     , '´
    〉´  ,      /        /        / /       `ー- 、   }   /
   {  /    /                   {  {            `V    /
    、_/     /                     l   ',               / / /
      、   /        /            l  ′   ̄ ̄``ー一r′i/\
     {    /       /              l  {               }  }   ヽ、
      ヽ、/       /                |  \    _____ノ ノ  }   ヽ




   アッラーフ アクバル!

                           アシュハド アン ラー イラーハ

       /|       /|        /|       /|        /|
        | |       | |       .| |      .| |        | |
       _|_|_ ,===、 _|_|_, ,===、  _|_|_, ,===、 _|_|_, ,===、  _|_|_, ,===、
  ((;;;;゜;;:::(;;:∩(=三=ミ)  ∩(=三=ミ)   ∩(=三=ミ)  ∩(=三=ミ)   ∩(=三=ミ)'';:;;;):;:::))゜))  ::)))
 (((; ;;:: ;:::;;;;/( ・∀・ )\ /( ・∀・ )\ /( ・∀・ )\ /( ・∀・ )\ /( ・∀・ )\;:;;;,,))...)))))) ::::)
  ((;;;:;;;:,,,." ヽ  .| ̄ ||   ヽ  .| ̄ ||   ヽ  | ̄ ||  ヽ  .| ̄ ||  ヽ  | ̄ || ;:;;))):...,),)):;:::::))))
   ("((;:;;;  (⌒)\/   (⌒)\/   (⌒)\/  (⌒)\/   (⌒)\/::::))..,),
         三 `J      三 `J       三 `J     三 `J       三 `J





507 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 23:03:54 ID:pEIPpLm2

ヴラド3世も寡兵ながらもよく戦い、機動力と山岳戦術を駆使したワラキア公軍は、これを撃ち破ってしまう。
逆にオスマン領にまで攻め込むほどだった。


            il  il ili  ilil i                 //   //
             il r====、il il              // /⌒Y )//   //
            il イハ YlilililY ヽil            // .///// \//  //
           / { VilililililiV il }            ///ニニミ/   /ヽ //
  i il il il       { il ` VilililiV  ノ   //  // //   /三三ミ}}}}} 、_ .ノ/
i il / ̄ ̄ }     ilヽ _ /三三V/   /⌒/ //=-、 ./三三三ミ}}}_ノ //  人人人人人人人人人人人
ilil i i ,,, ,,ノ       ilY三三三iliY  /   ///巛  ,, ,,}} / ヽ}}}}}}/ ̄//  ノ
il il/  Y=、_il_il   (三三三三}} /=.≠⌒V/;;;;Y⌒))/;;   レ"´/      .)  . 無 無 無 無 無 無
..Y/;,,,,,,,/;;;,,,,il;,,,,i;.ヽ ili il/ ̄ilililili ̄V ヒ―==ミ;,, ̄ ;;彡 }}  ./ _/       . )  駄 駄 駄 駄 駄 駄
 il   {{   i! i;; } .il//  il ili i.  i三三三三ミ;;._/  //  }}  /        .)   ァ 無 無 無 無 無
  V/  il  ::;,, ;;,,/  / il  i ilil il ノ三三三三Ⅶ ̄/  /   }}/           _ )   │ 駄 駄 駄 駄 駄
  il } ;;,,Y  );;,,/ ) / ,,;   il iili /三三三三Y/  ,,;  /   /            )  │ 無 無 無 無 無
   トミ三三三彡イ i il   il ilil/Y⌒ ̄\三K  /  /_ _ _{_        . ´).  │ 駄 駄 駄 駄 駄
   |三三三三三i ! i!   ilili l/  /// />/ .{;,Y ´  ̄   _ フイイ>ー 7 .._)   │ 無 無 無 無 無
   ヽ三三三;ilil彡iil ili|il iili ili/ // // /// .Y  "    // } ̄イ _ .ノ/i _ / 〃...)  │ 駄 駄 駄 駄 駄
   ili三三ili三三人;;, il  / / /// // /ii!        / / / / ノ 彡イ/ /_ ノ   │ 無 無 無 無 無
   /;;;>三三<  Y ili/  // //    ji!        /イ⌒V/  .ノ ≠ /./イ /.   │ 駄 駄 駄 駄 駄
   ,il il  il  ilil il  Vi/    //      il;,\_ ,,/X..il ...::Y三彳イ..ノ.イ_y7)  │ 無 無 無 無 無
  ,,il;;,   il ili il   ,;;/    /       i;;,, }:::::::/ i斗=,,;;  ,,;;" ヾ三≡イ )   │ 駄 駄 駄 駄 駄
  ili il iil    ili il i lil i/    ,,;;; ,,;;      V/ i::::::/ :::>/:イ,,zイ _,,,ィ//≠. / )   │ 無 無 無 無 無
 il ili il    il  i lilY     ,,;;/ //     ,,;;V/:::::i  i,..:イ ikミ-ュ,,≠ /,イ/= .) . │ 駄 駄 駄 駄 駄
  il  il    il il il     ,,;;/ ,,;     ,,;;  ;人 j/`ヽ 、_ 、/ ヲイ///イ/:::::::)   ッ 無 無 無 無 無
   il      ilil il    // /// /  ,,,,,;;;// /:::::;i `^ー '' ´  イ//:::/::::::::::::::::::)    !!!! 駄 駄 駄 駄 駄
    ili     ,,,i人//// /// //// /,,,;;;// ,/:::::::::::`ー ─ ::::''´:;;イ:::::{::::::::::::::::::::)
  )\ il ilil il iil il il il//iil/iill/il/i    ..Y ////:::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.....   Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y
Y⌒  \人 _i_il 人 ili //  / ノ    //ノ //\:::::::::::::`ー::::::::::::::::::::::::::::::::/  ⌒ヽ     \
> -   (   人   ノ / ( _ili il/  \ ..\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  ;;,    ヽ      ヽ
⌒>   `ー   ヽ ノ / / \人 _ _    ;,\ _⌒ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::i   ;;;,,    il       }
\               ^ //人 ` ー - -=-、  ̄\)::::::::ヽ::::::::::::::::li    ;;,   /;;,\    /
     人          ,,,,;;;;;;;;;,,,,,,,,,,,,,, (  )   \ >==--<<ili:>    ...;;/   > イ_





508 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 23:04:17 ID:pEIPpLm2

「ワラキア公国が戦争に勝った」

東欧諸国が軒並みオスマン帝国に領土を奪われていたので、
この知らせは西欧にまであっという間に広まることになる。


        ┏┓                ┏┓         巛 ヽ.                     ┏┓      ┏┳┓
┏━━━┛┃┏┓        ┏━┛┗━┓  ┏┓ + 〒ー|    ┏┓    ┏┓┏━━┛┗┓┏┓┃┃┃
┗━┓┏━╋┛┗━┳┳┳╋━┓┏━╋━┛┗┳━|  |┳━┛┗┳━┛┗╋━┓  ┏┻┛┗┫┃┃
    ┃┃  ┗┓┏┓┃┃┃┣┓┃┃┏╋┓  +┻ +/ /┻┓  ┏┻┓  ┏┛  ┃┃┃┏━┓┃┃┃
    ┃┃    ┃┃┗╋┻┛┃┃┃┃┃┣┛ ∧_∧/ / .┏┛┃┃┏┛┃┃┏━┛┃┣╋━┛┣╋┫
    ┗/´》〉  ┗┛  ┗━━┻┛┗┛┗┻━(´∀`_/ /  ┗━┻┛┗━┻┛┗━━┻┛┗巛 ヽ┻┻┛
  * | 〒  /⌒ヽ | 〒  ||| ,.へ´_|_ヽ  ,-r、,r/」  f  |||  ∧ ∧,.へ,    〒 ! /⌒ヽ 〒 !
     |  |  ( ´∀`)  |   人l ァ'`・ω・)〉/_ュヘ〈|7  | *   (゚∀゚ `ァ ノ +   |  | ( 个  ) |  |
 +  |  {  |   .|   {  .(__)、   ○〈_}ノ :   |  +  O    /:-一;:、 / /. |    | ./ /*
    ヽ ヽ |   .|.ヽ ヽ (___)  、 〈   く/ ヽ__,」 +    )   ミ;;★:;:;:;ミ/ /   |    |/ /
     ヽ  ヽ,, ´∀`) ヽ  ヽ ´∀`)__ノ ヽ__) /  ,ヘ   | __,, '´ ̄`ヽ__ (・ω・´/ /  (・∀・ / /
 ,.へ ■ヽ ヽ     ー、 ヽ     ー、     /  / |.  | ★((ハヾヽ,.べ, ミ三彡 f  ,-     f+
 l ァ'^▽^) i     ,rュ ', i     rュ ', |||  (   〈  .|  .|  ハ^ω^*`ァノュヘ    |  / ュヘ    |
 ヽ    ○.|    /{_〉,.へ∧ ∧{_〉  << \ ヽ .|  .|   O☆゙ _ノ_,} )   | 〈_} )   |
  |  、 〈 |    〈   l ァ';・∀・)        \ノ |_,,|   ノ´ ̄ゞ⌒'ーァ    ! |||  /    ! |||
||| l__ノ ヽ__)|   ,ヘ. ヽ  ヽ    ○ヽ  +    |__ノ|  )  `7゙(´〈`ー''´     |   /  ,ヘ  |   ガタタタン!!!!





509 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 23:04:42 ID:pEIPpLm2

事態を重く見たマホメッド2世は、ワラキア攻めに本腰を入れることになる。


 早.      /::::l:::l::、:::::、:::::ヽ::、::::::::::::\:::\::::::::ヽヽ::::::ヽ   駄
 .く      /:::!::::i:::!:::ヽ:::ヽ::::::ヽ::ヽ、::::::::::\:::ヽ:::::::ヽヽ::::::',  目
 な    /:l::::!::::ヽ!::ヽ:::::::ヽ:::::::\:::ヽ、::::::::ヽ:::ヽ::::::::!::i:::::::!  だ
 ん   ハ:::l:::::、::::ヽ::::\:::::\:::::::\:::`ヽ、:::ヽ::ヽ:::::!:::!:::::l
 と   /:::::::l::::::!ヽ:ヽ::::、:::::ヽ:::、:\::::: \::::::\::::!::::ヽ:!:::i:::l:l  こ
 か  !:/!:::::!::::::!::ヽ:ヽ{:::\:::ヽ::::\:::\::ヽ:::::::ヽ!:::::::}!::::l::li|   い
 し  j/:::l:::::!:、:::!::ト、:、:ヽ:::::`ヽ{、::::::\::::\{、::::::::::::::::i::!::l:l !   つ
 な    l:i:l::::i::i:、:l::lテ=-、:ヽ、_、::\_,≧ェュ、_、\:::::::::i::li::!::リ   :
 い   !ハト:{:!:i:トN{、ヒ_ラヘ、{ >、{ 'イ ヒ_ラ 》\::l::!:ト!!:l::l!     :
 と     ヽ i、ヽ:ト{、ヾ ̄"´ l!\   `" ̄"´  |::!:l::! j:ll:!
  :      !::、::::i      l             u |:::/lj/l:!リ
  :        ヾト、:!u                 j!/ j|:::リ
          ヾ!    ヽ  ‐       u /イ´lハ/
            }ト.、  -、ー-- 、__      /' !:://
             リl::l゛、  `二¨´    /  |/:/
         rー''"´ト!::i{\       /  / !:/
        / ^ヽ  ヾ!  ヽ _,,、'´    /  j/





510 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 23:05:05 ID:pEIPpLm2

翌1462年5月、オスマン帝国は10万人の大軍勢でワラキアへと攻め込んだ。


                 ''';;';';;'';;;,.,                  ザッ
                  ''';;';'';';''';;'';;;,.,   ザッ
     ザッ            ;;''';;';'';';';;;'';;'';;;
                    ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;
                    ,.~^,.~^,.~^..~^      ザッ
                   ⌒vv⌒yv⌒vv⌒yv⌒vv、
                , '´ ̄`ヽ -^, '´ ̄`ヽ -^, '´ ̄`ヽ
ザッ           ,‐ '´ ̄`ヽ ,‐ '´ ̄`ヽ ,‐ '´ ̄`ヽ ,‐ '´ ̄`ヽ
           ,‐ '´ ̄ ̄`ヽ__‐ '´ ̄ ̄`ヽ _‐ '´ ̄ ̄`ヽ    ザッ
       マヽ      マヽ      マヽ      マヽ      マヽ      マヽ
 ┌ーー┐} |. ┌ーー┐} | ┌ーー┐} | ┌ーー┐} |  ┌ーー┐} |. ┌ーー┐} |
       マヽ      マヽ      マヽ      マヽ      マヽ      マヽ
 ┌ーー┐} |. ┌ーー┐} | ┌ーー┐} | ┌ーー┐} |  ┌ーー┐} |. ┌ーー┐} |
       マヽ      マヽ      マヽ      マヽ      マヽ      マヽ      マヽ
 ┌ーー┐} |. ┌ーー┐} | ┌ーー┐} | ┌ーー┐} |  ┌ーー┐} |. ┌ーー┐} | ┌ーー┐} |
  |__| ムイ  |__| ムイ  |__| ムイ  |__| ムイ  |__| ムイ  |__| ムイ  |__| ムイ
 ( ´∀`)丿 ( ´∀`)丿 ( ´∀`)丿 ( ´∀`)丿 ( ´∀`)丿 ( ´∀`)丿 ( ´∀`)丿
 (    マヽ      マヽ      マヽ      マヽ      マヽ     マヽ      マヽ
 ┌ーー┐} |. ┌ーー┐} | ┌ーー┐} | ┌ーー┐} |  ┌ーー┐} |. ┌ーー┐} | ┌ーー┐} |
  |__| ムイ  |__| ムイ  |__| ムイ  |__| ムイ  |__| ムイ  |__| ムイ  |__| ムイ
 ( ´∀`)丿 ( ´∀`)丿 ( ´∀`)丿 ( ´∀`)丿 ( ´∀`)丿 ( ´∀`)丿 ( ´∀`)丿
 (    )  (    )  (    )  (    )   (    )  (    )  (    )
 | | マヽ      マヽ      マヽ      マヽ      マヽ      マヽ      マヽ
 ┌ーー┐} |. ┌ーー┐} | ┌ーー┐} | ┌ーー┐} |  ┌ーー┐} |. ┌ーー┐} | ┌ーー┐} |
  |__| ムイ  |__| ムイ  |__| ムイ  |__| ムイ  |__| ムイ  |__| ムイ  |__| ムイ
 ( ´∀`)丿 ( ´∀`)丿 ( ´∀`)丿 ( ´∀`)丿 ( ´∀`)丿 ( ´∀`)丿 ( ´∀`)丿
 (    )  (    )  (    )  (    )  (    )  (    )  (    )
 | | |   | | |   | | |   | | |   | | |   | | |   | | |
 (__)_)  (__)_)  (__)_)  (__)_)  (__)_)  (__)_)  (__)_)


               【オスマン帝国軍 イェニチェリ】





511 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 23:05:51 ID:pEIPpLm2

一方のワラキア公軍は、国内の全成年男子を徴収しても、一万に届かない。
数的不利は明らかだった。

しかし、戦いをやめないヴラド・ツェペシュは、国内を総動員させてこれに対処した。


                           __/
                    /
                   /  ノ                  `ヽ
                l | ///  , | l
                l { 〈/ / l人Ll__
.  (ヽ.     __       l ヽ V__ V'斥ミヽ __
   ヽ,\  {_,|         ヽ    _,フ l汐´ .|:::{ V
  _r‐\,\ノ、j                ヽ       |:::ノ ノ)        、ニソ!    それで、兄さんどうするんだい?
. 〈 ヽ__フ'´  /             ,  _)    j;/`7川li |li 、\ヽミミミメ
  {`ト-' \. {_         l   {       | li|lll i |li、ト、ミミミ乂     ハンガリーからの援軍は当てにできないよ。
  ヽ)\_,_/三ニ\        、ヽ _ L ._   /ヽlレ-┴ミミミヲ´
      /三ニ三ニ\      ヽ      <ヽ/ /     `V  ̄/ヽ
      \ニ三ニ三ニ\        __  Уヽ /       /|   /三
        \三三三三ニ\    ハ ̄  `7  /        / .l   |三




 | 三_二 / ト⊥-((`⌒)、_i  | |
 〉─_,. -‐='\ '‐<'´\/´、ヲ _/、 |
 |,.ノ_, '´,.-ニ三-_\ヽ 川 〉レ'>/ ノ
〈´//´| `'tt_ゥ‐=、i |:: :::,.-‐'''ノヘ|
. r´`ヽ /   `"""`j/ | |ゞ'"フ/i/
. |〈:ヽ, Y      ::::: ,. ┴:〉:  |/
. \ヾ( l        ヾ::::ノ  |、     ……ならば国内に布令を出すのだ。
 j .>,、l      _,-ニ-ニ、,  |))
 ! >ニ<:|      、;;;;;;;;;;;;;,. /|
 |  |  !、           .| |
ヽ|  |  ヽ\    _,..:::::::. / .|
..|.|  |    :::::ヽ<::::::::::::::::>゛ |
..| |  |    _;;;;;;;_ ̄ ̄   |
:.ヽ‐'''!-‐''"´::::::::::::::::: ̄ ̄`~''‐-、





512 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 23:06:29 ID:pEIPpLm2

    |    / ̄ヽ _  ゝ、 V !  /  ̄      _ _ / イ ノ
    ├ -、./      / \У  {      rー 彡  i   / /
    / ヽ .ノ  ,,;;;;; /    `ー  ヽ   ,;;;{彡"  ノ r=≠ <
  ,;/ /  /≧/    ,;;;ヾ    ;;;i    i! i { 彡! ,,,;;;;ノ
 ,,;/ (   i\/,/   ,;;人 _Y⌒廴 _ _i;;,,, _  V/彡.// r=;;/
,;;;/   `ヽ ;! i ヽ  ;;{三jミ:i      )彡=))  Y彡/),,;ノ
 ! _ __,,  ハ j  !ii 》.\  V三 \_____,_<三 /  / ̄ {   ノ
   /ノ  ii  .}Y  ,,,,) /;;,, ;; ..,,,..,;;::;;.../,__/__ z< rイ<      南部の村々は、山岳の山城に疎開
   /;;;;;;;;;;;;;;;;l人i!  / 人≧;;} ノ;;;; ,, ̄,,;;_zz彡{ミツ  {ゝ
  <;;;;;;;;;;;;;;;;;(( ノj /ヽ`ー'ミi;,,,i,i,<_-zz≠三ニ  Уイ/ /}          食料はすべてもって避難すること
 / \;;;;;;;;;;;;;;;;;i;;;|   . ̄'´ノ⌒ ii:::ミ. `┴'´/ / ソ 人
    ヾ;;;;;;;;;;;/i;;;|......:::::  /::..   :::::::: ̄. ̄  ..:/ノ ..イ /         畑や牧場などはすべて火をかけること
      );;;;;/ !;;|:::::   / :::....... .:::::     "./))<  j! .i!
     i;;;;/:::::::i;;|'  、_ ヽ::.._,,;;;   _     /⌒i!  i! .リ         街の建物の屋根に穴を開けてこい、とな!
     /:::::::::::::}   ヽ;,,,,,,,_..  ,,  `    /  /il  / /:::
    /::::::::::::::::ハ  `;;,,,,, ̄` =-''"    イ ./::::|iV /::::::
⌒V/::::::::::::::::::::/:::::i   / ''''''"´    <...イ:::::::::::|! /:::::::::
 //::::::::::::::::::::/::::: ヽ :::....    ...:'::´::イ:::::::::::::::::::::レ::::::::::/
./::::::::::::::::::::/::::::::::::::::`:::._ イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i!:::::::ノ:::
:::::::::::::::`ヽ::: {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  /:::::::





513 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 23:06:57 ID:pEIPpLm2

ヴラドが採ったのは、焦土戦術だった。

                                                 、Х
                                             〈`
                                               /\
                                              //.:::.:.::〉
                                          〉へ::.:/ヌ/〉
                                            /'个y´ ̄Lム、
                                         |:.'.;| [] . :::.ヒ!
                _                         |;'.:.| . : : : :ロ.::|
                   /:/\                       |.:::;|.: :.: :.:.::.:.::.:|
              ┌个┐| | .:_|___.                   |_.' |.::.:..:.[]::.:.::.:|
              | .:|...:|/:/...:.:|..: : : : : :.:`L..r─┬i            .//| |.: :.: :.:.:.:.:..::|
\             | └┴┬i::::|==========|: : ://__.        rr┴' | |.:.::.[]:.:: : : :|
:::...>、           |[]..::[]. 〈〈::::|::::::[]::::.:.:[]..r、]: :.[_[;;::::.}      ]:]:: : | | :.:: ::..::.::.:::.|. ┌::、     /〉
‐く.:〈     ,、   |. : : : :.: :\:|:::::::::::::::::::::/. : : : : :〉〉       //:: : :| | : :.::.::.:::..::.:|-┘:::L、r‐//┐ ,、
.: ::L└i   _ .||_ | : : : : : :、 〉〉/〉::::::;;:::〈 : : : : :〈〈      rく〈:.;:..::..::.::_|:::/Tl::::;二/ム、|  || _r─
::.: :└i:| //\| ::::ト、__ : : :||_'//、п∥::.:l| : : : : 〉〉      | :.|::|..::./rへ/レYL;/:>┘/ト┘.//::::.`L「|-┘/:::トyィ
工エ::「 /〈. ::〈|-、_/::::::..\r':.|.::[,/T>.:/ロ〃乢.: :: :〈〈       ̄└─匚|__| :| |:L:冂_| :|┐ .::::::ir==| |.:::.「.:[]:}il|{´
: :∠7ヘlコ:::|:.:..|-i_::_r√ソ\>へ:| :|:ln| :]:|:П叮  ̄               。l;_|_|ー|__!」====l|_<>‐┴─|i|l|
: :|ェ| .:::::|:.:.|:::..|::::.|\.::::》: :::L;:.::r| .L/∟ロ⊥!        rュ    ´         '                 ルヘ:





515 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/29(金) 23:08:13 ID:UBLbmn2Y

ドナウ北岸まるごと清野作戦とな





517 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 23:08:34 ID:pEIPpLm2

これにはオスマン軍も行軍に難儀してしまった。
10万の軍勢が、たちまち飢えに苦しむようになってしまった。


                ! l ! r
                i l l i
               ! 从 l i i
               l / ゝ人 /
         ∧,,∧  ; !  __  ヽ r    ∧,,∧
        (´・ω・)  丿 ヾ/;;/   (・ω・`)
  ∧,,∧   /つ_ _O (二;;;;二二;二;;二) O _ とヽ   ∧,,∧
 ( ´・ω)   ゝノu.u  ((;;;;;;/;;/;;;;@)   u'u'、ソ  (ω・` )
 /  つ         (二二;;二;;;二二)         と  ヽ
 ゝ_人)   ∧,,∧  (@);;;;;;;;;;(@)  ∧,,∧    (人_ノ
        (  ´・)             (・`  )
        /   )            (   ヽ
        ゝ_ )            ( _ノ




:::::::::: :.::. . . Λ_Λ . . . .: ::::::::
:::::::: :.: . . /彡ミ゛ヽ;)ヽ、. :         食べ物は手に入らないし、進む道もわからない……
::::::: :.: . . / :::/:: ヽ、ヽ、i . .:: :.: :::      おまけに雨風をしのぐ場所もない……
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ヽ、_ノ





519 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/29(金) 23:10:24 ID:bgJx7o.M

十万という圧倒的な軍勢が逆に苦しむことになるのか





520 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 23:11:33 ID:pEIPpLm2

                 _ ,;--、_ , 、-;: 、       ヽ、
        |      _/ ,-'::;:/:::lj:::::::<;::::::::::ヾ;ヽ,、_      |
        {     ノ _,-'´_,-‐''<j::/;;'/l:::l::、:ヽ、;;:、ミ-‐    |.    く
        |  , -'´//:::/;イ:::l:::,:::::ゝ;::::ヽ、::ヽ;::::、j:::l:::::iヘ,___ .|
  こ     | ./ / /:::::k::l::|l::::|::|::::::k;:::-:、ヾ;::::::、:::l::|:,;;:l ヾ; { |    そ
  ん     |/ ./ /::/::/i::|::l::|l:::l::|::::l::ヾ;:::::Y::ー;:::ゝ::l;;l:::;リ lj ,/´`>
  な     .|  /:/:i::/::l::l'、<;:::l::|l:::i::::|::::ゞ;::::|l:::、;:ヾ;:!リi/ヽl /  /    っ
  戦      lーr'/:/l;|:::l::l:|::ヽ;;;、;lヾ;::、l::,::::::ノ:l|,:::!,|:::::}ヽ、 j'  /l
  い      | j:/:l|::l::!::|::l::::i|:::l:、'ハ;、:ヾ;:_\_'jヽ;:l::iミ::リjヾ、  /{´    !!
  あ      l /|:li::|l::l::|l:::}:::|l:::}l:ゞ;::ヾ;;ト、;;:ゝ:ト;;;;ゝlj,;::ヾ、   /Tヽ、
  り      |  レi:|:|;lヾl/i:、:ゞ;ヽ;:\:_;ゞ;,ミl;j王トlj:l:l/!」j\   j  \
  か     |   |:l|:l::|::!:|;::i,_ !\//r(:_)_X /-ゞ>‐‐‐'ア\   ./    ヽ、_/\
  よ      !   レ'i_l,|lレ'((:)_,ゞ=` '-='"´ u /  /   \_/
  !?    〉   |::::::ヾ;li|l``'f  ,      / /  __    \
           /   l:::::::::`ヽi、 !___-   _`ヽ l/  / /      \
           |   /⌒ヾ、ル'\ーt-‐_´二ヽ,/ / /      /
           |   i  \ヾ、_  \ヾ:_,..!ノシ' / /      /
        .|   |_   ヾ:、\ヽ.`ヾ、 //  /       /
         l   l `ヽ、  l| l ヘ、 _ソ/ /     / /
         |   | l   / ,>  / //        /
         L,   |    /ゝ--tr'´ ./        //
     ,-- 、__/  /ヾ、 :/ ´   /    .      / /ヾ
⌒\/      ./ ノ/     /         / /
   \        /      ./        ./  ./   ./
     \     /       ./        /   lj  / /
      \  /       ./                /




┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨

    /::::i::::、:::ヽ、:::::\:ヽ:\::::::ヽ:::、::ヽ::、:',
    /::i|::l::ト、ヽ::、:::ヽ:、::::::\::ヽ::::l::::ヽ::i:::i:::!
   /:/:!:::!:|::ヽ:\ヽ::::、:\::::ヽ:::ヽ!::::::i::|:::!::!
   !ハ::|::::i::l:|心、:ヽ::\:ヽ_\、\:::ヽ:::|!::|:|i
    i、:!:|:、N{、ヒjヽゝ\ヾイ ヒj >、ヽi:、|!:|:l    ん?
     ヽ:!::トヽ ̄ l! `  ` ̄´ |::l::|:|j:,!:!
      ト、::! u         j |::/lj:::!リ    なんだか夜中なのに外が騒がしいぞ……
        ヾ、  丶 -    u リイ:|リ
        リヽ ‐、ー- 、_   /イ:::i
       rー'"ト:l゙、   ̄   ./  , |::!
      / ヘ ヾ ヽ、 _,. '   / |:'





521 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 23:12:38 ID:pEIPpLm2

       _,    _,     _    _     _    _,    _    _
       |_|_|   |_|_|    |_|_|   |_|_|    |_|_|   |_|_|   |_|_|   |_|_|
    | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_
    |  _| |  _| |  _| |  _| |  _| |  _| |  _| |  _|
    |_|   |_|   |_|   |_|   |_|   |_|   |_|   |_|

     _∧ .∧(oノヘ       _∧ .∧(oノヘ
    (_・|/(▼皿▼)     (_・|/(▼皿▼)
      |\Ю ⊂)_          |\Ю ⊂)_
      (  ̄ ~∪ )^)ノ      (  ̄ ~∪ )^)ノ
      ||` || ( | ( |        ||` || ( | ( |

             _∧ ∧(oノヘ.                 ∧(oノヘ
              (_・ |(▼皿▼) )\     _∧ ∧(oノヘ|./(▼皿▼))
   _∧ .∧(oノヘ    |\Ю__∧ ∧(oノヘ.  (_・ |(▼皿▼)\⊂)_|√ヽ
   (_・|/(▼皿▼<\ ( (_・|▼皿▼)]\   |\Ю ⊂)_|√ヽ~∪ )^)ノ (´⌒(´⌒;;
      |\Ю ⊂)_ √ヽ| ||   |\ Ю ⊂) |√ヽ , (  ̄ ~∪ )^)ノ( | ( |(´⌒(´⌒;;
     (  ̄ ~∪ )^)ノ '~ ~, (  ̄ ~∪ )^) ノ   || || ~( | (´⌒(´⌒'~ (´´
     ||` || ( | ( |(´⌒(´    ||` || ( | ( |  (´⌒(´⌒;;





523 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 23:14:07 ID:pEIPpLm2

                                 \_人__人__人__人__人__人__/
                                  ≫              ≪
                                 ≪    て、敵襲!!     ≫
           彡¶                      ≫              ≪
          /⌒◎ヽ  ∧彡    ∧∧       /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y\
         丿<`∀´>  彡  ・\  (゚Д゚;) ))
         ∠ 》  Y  彡  人_)  |   |
         [  つ==)   /━━━━) |━>
       〆( / /― _ \     ∪∪    ∧∧ ∧∧∧∧  ∧∧ ∧∧
          /(___)    ヽ\\          (゚Д゚;) (゚Д゚;)Д゚;) (゚Д゚;) (゚Д゚;)
  ε≡≡≡ / /| |       ノ /) )     ≡≡≡ | ⊃⊃ | ⊃⊃⊃⊃ | ⊃⊃| ⊃⊃
                               彡ノ  彡ノ 彡ノ  彡ノ  彡ノ





524 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 23:14:53 ID:pEIPpLm2

ヴラドは、間道を活用して少数による夜襲を絶えず行なった。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::」ヽr‐-ゞ``viレヽ∧
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、-ミ' 人 `゙‐-' ''、 ´V__7
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::__ゝ__,、-,z |二二ニ、__ヽ、ニく
:::::::::::::::::::::::::::::::::::,ヘ_-‐ヾ〈 (、:´ //ヾl/  _/ノ、_‐-ゝ7
:::::::::::::::::::::::::::::::::f  へ「llノ\ヽ/';/';‐=二-7 ヾ,、l'´ヽ
:::::::::::::::::::::::::::::::::( (_:::フ-ヾi :): :{/、_ ノ /rュ/ ; V lヽ|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽっ(::レ=トゝ、」ヾ-'、` ̄,,_  ゙,  了_l、
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ,J i::)):::::::::::|'__ ヾ,'´´  ;   V、`,       今宵は良い夜だな・・・・・・
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ_7、ヾ、l:::::::::::::ヽ、7   _  ;   !)」 ヽ
::::_:::::::::::::::::::::::::::::::::´:::::::丶ゝ、:::::::::::::,:_-‐ニフ'   :  /::、 \`'、
 } ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::lゝ、:::::::、`‐ ̄__;;    /:: ;  V、
 |  l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ、ハ:::::::`:::´;; __   /::::  ; ; ; ヾ
 ! ノ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::liヘ::::::. ,´////>'::::::  _ -‐フ`
 i : }:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l」`、\:.' ////:::::::;;/.....o..//
 i、:´ i ___┌‐-、::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ:::`:::::´:::::_:/....0.......// ,'
 l、:  V  }} 」._ |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:ヽ:;;;┌l「l..................//
 ゝ 、/  へ」l_ `iノ、::::::::::::::::::::::::::::::::::l_:::::::::| | L....../::/
  >'´,, '/  }}ヽ=´ 7::::::::::::::::::::::::::::::::::「V-'\ヽ../:::::://
  )  _ ,,-‐へ \ .l::::::::::::::::::::::::::::::::::::[l|...o...../:::::::::://
 ヽ´  ̄   }}\l .|::::::::::::::::::::::::::::://'ゞ‐'´:::::::::::::::://





525 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 23:15:15 ID:pEIPpLm2

          从
         /:人:丶
       人(::( ):::ヽ人    
ゴオオオオオオ
      丿::::::丿  レ、::::::)从       人
     从(:::人::(    ):::::::::::人:ヽ从   /:人:丶
    丿:::::::ノ      (ノ):/ 丿:::::::ヽ人(::( ):::ヽ人
 人_:::(            (::人_/Yヽ::::::丿(:::::::::::::::\;".
ノ::;;; ;:::            ::::::丿(:::::::::::::::\;::::::丿(:::::::::::::::\;

  ∧∧    ∧∧    ∧∧    ∧∧    ∧∧    ∧∧    ∧∧
  ( iдi)   ( iдi)   ( iдi)   ( iдi)   ( iдi)   ( iдi)   ( iдi)
  / づづ  / づづ / づづ  / づづ  / づづ  / づづ  / づづ




    ミフ>、、
    `ヽ丶.
     /  l
     /  l
   ,r-(二二ヽ、__
   ミy'く-、、`L,__ ヽ
   ,.:<`ヾーミニヽ、 l,`ヽ}       なんなんだよぉーーーー!!!
  :, ,},t、 `ヽ.,>='^ヽ、
   ゙ ゙ ^ヽ>、 ヽ'"   丶、
      ,}    l   ト、  `丶、
     / /`ー-l   l~`丶 、  `丶
     / /   ヽ  ヽ   ``7  l
    ,ノy'′   ヽ  ヽ    l  l
   《^リ      'i  l    l  l
           l  l    l  l
           l  l    l  l





603 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/30(土) 00:15:48 ID:/ys5m9WQ

オスマン軍を撃退したのは知っていたけれど
マホメッドが直率していた本軍を撃退していたのか


>>603
ワラキア戦の時のヴラド公の作戦は
夜襲でスルタン本陣を混乱させるでしたから





526 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 23:15:40 ID:pEIPpLm2

また朝になると、さらにスルタンの肝を冷やすものが目の前にあった。


                  ,. -─- .、,
                     ,不:::く`ヽ;::、:::`丶
                   ハ:l::;;ヾ:ヽニヽ:ヽ::、ヾヽ
                   ,':::i:トヾヽ::ヽ:トヾ、ヽヽヾ`ヽ
               l::i::|l::卞ムヽ:;ヾY.ェYl::ト::ヽ
               |::l::ト;:::Kさ'く:::f ,`  リヽヾ',
                ';:';ヾトヽu `r'- 、  u|::ト`、
                ヾヽヘu  |';二::!  入',
                 `トk   ヽ、zソ ./::| ヾ     な、なんじゃこりゃーーー!?
           ___._,r、   Y:j` ‐ 、 ー´/ トj
         /`ヽ_j'、_ノ ̄l!'´ヾ- 、_`_¨   」、
          ∧ ,ノ  Yヽ  l  ヽ     7ヽ~ヘヽ.、
       /-'´「 ヽ ヽj_. l   ト、  /〃ハ  | ヽ `ヾ 、_
      r'´, イ ヽ、 `,__,ィ、__)| l  ヾヽ∧'〃ノ゙ヽl  ヽ  ヽj`ヽ
      / '´  ト、  Yrイ  ∧l ',  ヽ  Tヘ',   l _..ノ   l j ',
      ,′   .}、二ィ } /   l ヽ   ', |、、ヘ. | \  / }. ヘ
      i     トz'_ノ,イ    |   ',.  ', l、ヽヘ |   |     j/ l
     |   ノ \¨7/     l  ト、  ヾ 、ヽ ',.l   lー- //  |
     ゝ─'-- -r-`'      l  ',.ヽ ヽ ヽヽ!  | ̄  /j   l





527 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 23:17:08 ID:pEIPpLm2

そこには夜襲で倒されたオスマン兵が串刺しにされてあった。


          ┃┃         ┃┃         ┃┃         ┃┃
   ━━┃ ┛┛  ━━┃ ┛┛  ━━┃ ┛┛  ━━┃ ┛┛
       ┃           ┃           ┃           ┃      ┛ ┛ ┛
   ━━┛       ━━┛       ━━┛       ━━┛

 ∧    ∧    ∧    ∧       ∧        ∧      ∧
  ||    ||       ||       ||      ||       ||         ||
 ∧    ∧    ∧    ∧       ∧        ∧      ∧
  ||    ||       ||       ||      ||       ||         ||
  ..∧      ∧   ∧    ∧       ∧      ∧       ∧
   ||     ||   . ||,,,∧   ||      ||∧      ||      ||
 /`'''''@  /`'''''@  ζ゙;p。) と@`;;,   (;;):0゚)     ∧||,,∧::  ,,, ||∩
 @(()),,)  @(()),,)  ||~§`  @つ   ⊂ と ノ   (,,゚'Д。)::< ゚ ( )""⌒O
  し||ζ  し||ζ.   || ‘;;...  ||   と⊂_ノ~   (つ8:,'::< ゚* ⊃⌒つ
.. ....|| `;;:.. ....|| `;:つ ||    ..||      ||         ||     ||





528 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 23:17:37 ID:pEIPpLm2

            ___,、___
         -=テ::::::::::::::::::::::::\
         フ::::::::::i::::::::::::::::::::::::ヘ
        -=テ::::::i::i' 。、::::::iテ、:::::::ヾ
           i:/::::7ヾ´  ヾヘ! ノ:::::::ハ               な、なんだこの所業は!?
          i!ヘ:::ヤ,.==、   i ヽ-、',__, -- 、
           ヾヘヾッ  .ノ::、     i ヾ:.  ヽ
              ヽ_, イ::::  ',  ::.  ,ハ  ',,   ヘ     これが本当に人の手によるものなのか!?
                    j -、 ',  /.... ',  ヽ,   ヤ
                /i l ヽ ' /:::     、    ヾハ
               7  >-、 ' ::      ヾ_..、   ヾ,
                   i     ヘ       ノ::ハ ヽ  ヤ
                  ヤ -、_   ヽ、     '   ヤ   ヘヽ_
                  i   >、  〉:::::::ツ     ヘ     ヤ >- 、
                 |     | ̄`ヽ ヘ:::::...........::::::ヘ   .ヤ:.   `':-、
                i      i    \ヾ::::::::::::::::::::/ ヽ j:::.  : : :.:.::::\
                ヤ    i        >-、::::::::::::j    7:::::... :.:.:.:.:.::::::::ヽ
                 i    j          ヽ::::::7   7:::::::::::::'"  "'::::::::
                 |     i            i:::::7  ./:::::::::::::i    ,;:::::::::
                _,イ 〃 j         ∠::7  .7:::::::::::::::|    :::::::::
               /     /          /<テ>、..:7::::::::::::::::i    .::: ::::
              〃   ノ        /::::::フ ヽ i':::::::::::::::::::i     ::: :::
            /  /          i-':::::_:::/、 / ノ::::::::::/ ̄ヤ    ::::::
     , -- 、____/   /            |、ヽッ、ヽヽ__/::::::/     .ヘ
   ==テ--, 7  :. , イ            j:::>-'"¨:::::::::::/         ヘ
   〉テ==ナ:-i  /            /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./         ヘ
   ヘ、 i~|i~l、:: /             7:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i'               \
     ¨`‐‐‐‐'              7:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノ              \





529 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 23:17:54 ID:pEIPpLm2

スルタン・マホメッド2世は恐怖でノイローゼにかかり、その年のうちに総退却を命じた。


                 ,. -‐- 、
                   /. :/:} : ハ
                {: :/|イA: :}            こ、こんなイカれたやつがいるところにいられるか!
                  V、r┐ 〉ハ‐-: .、__
               /: /辷イ/. :〉:、: : :-‐ヘ、__     僕は帰るぞ!
    _  _ ..  -‐ '"´. : /_:V{ト{: く: : :`ト、: : : : :_> 、_
   /三  {: : : : : : : : : :_ .. -ヘ: ヾV. :/. : : /: ハ` 丶 、 : : : /7¬ァ
   `ア -┴…¬ "¨´     \{: :/: : /. : : }ヘ、  ` ー┴ヘ  三}
                    V_:/. : : : : : : ハ       ` ̄´
                    }、: : : : : : : : :i: :|
                    {:`:ー : : : : : }: :}
                     |: : : : : : : : :/_ノ
                      ト- 、:_:_: :イ´
                       | : : : : : : /
                        | : : : : : ∧
                         | : : : : /. : \
                    { : : : 厶_: ー‐ー 、
                    \: : : : :`ヽ、: : ハ




                川/ ̄)
               < ・  /
             ((( ミゝ  ヽ     撤退!撤退ー!
             (Д`;ミヽ  ヽ,
             /つ ミ/__  ''-、,,-┐
    ~''ヾミミ三ナー‐(⌒)'~  》ゝ、__,,ィ /
          /    《∪_/\,ノ_/ ∧
          |     γ__|,ノ"〈__ノ〉 〉
            /\ ノノ /\   〈__/   /\
   /■\ /__●_\ /__●_\./■\ /__●_\
   (lili・Д・)(; ´Д`) (; ´Д`)(lili・Д・)(; ´Д`)
   / つ_つ / つ_つ  / つ_つ / つ_つ / つ_つ
   人  Y   人  Y   人  Y  人  Y   人  Y
  し'(_)  し'(_)  し'(_) し'(_)  し'(_)





530 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/29(金) 23:18:21 ID:wy7p6twE

心を病んじゃっても仕方が無い





531 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/29(金) 23:19:21 ID:ciEpuXvw

マホメッドも結構酷いことやってるけどなw





537 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/29(金) 23:25:27 ID:zN47xKds

兵力で敵わないなら、総大将を恐怖で追っ払うという発想は正しい





532 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/29(金) 23:19:25 ID:cNbDYov.

やり方はすさまじくアレだが
統治や戦争でやるべきことはきちんとやってるよね
特にこの当時の大軍との戦い方とか





533 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 23:19:39 ID:pEIPpLm2

\_人__人__人__人__人__人__人__人__人__人___/
 ≫                      ≪
≪   
カズィクル・ベイ(串刺し公)    ≫        \_人__人__人__人__人__人__人__人__人__/
 ≫                      ≪          ≫                   ≪
⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\        ≪    
あいつは串刺し公だ    ≫
                                   ≫                    ≪
                                  ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\

                 __,,,,,,,,,,,,,,,___                  __,,,,,,,,,,,,,,,___                 __,,,,,,
|` - 、             r''|||||||||||||||||||` - 、             r''|||||||||||||||||||` - 、              r''|||||||
||  ;`-、         ,r '  |||||||||||||||||||  ;`-、         ,r '  |||||||||||||||||||  ;`-、          ,r '  |||||||
|    ;;\      /.   |||||||||||||||||||    ;;\      ./.   |||||||||||||||||||    ;;\       /.   ||||||
_ ノ   ;;;ヽ    /:: <   _,ノ , 、ヽ、_ ノ   ;;ヽ    /:: <   _,ノ , 、ヽ、_ ノ   ;;;ヽ     /:: <   _,ノ
(y@')    ;;|   /::::   (y@')`ヽ) ( ´(y@')    ;;|  /::::   (y@')`ヽ) ( ´(y@')    ;;|   /::::   (y@')
ヽ⌒      ;|   |:::     ⌒ /    ヽ⌒      ;|  |:::     ⌒ /    ヽ⌒      ;|   |:::     ⌒ /
.|        ;;;|  |:::         |~ ̄ ̄~.|       ;;;| |:::         |~ ̄ ̄~.|        ;;;|  .|:::       |~
! !| |       ;;;| |::        | |||! i: |||! !| |     ;;;| |::        | |||! i: |||! !| |       ;;;|  |::        | |
| :| |      ;;;;;;| .|::::       | |||| !! !!||| :| |     ;;;| |::::       | |||| !! !!||| :| |      ;;;;;;| .|::::       | ||||
! !!| |     ;;;;;;|  |:::::       | |!!|l ll|| !! !!| |    ;;;;;;|  |:::::      | |!!||l ll|| !! !!| |     ;;;;;;|  |:::::      | |!!
||!!|     ;;;;;;/   ヽ:::::       | ! || | ||!!|    ;;;;;;/   ヽ:::::       | ! || | ||!!|     ;;;;;;/  ヽ:::::       |
' |__;;;;;;;/      ゝ:::: :  | `ー-----' |_;;;;;;;/     ゝ:::::::: :| `ー-----' |__;;;;;;;/    ゝ:::::::: :   |`





534 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 23:21:28 ID:pEIPpLm2

      / ̄ ̄\ ( ;;;;(
    / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)
    |  (●)(●)/;;/
    |  (__人__)l;;,´|       ……というわけで、東西の人々どちらからも
    | ./´ニト━・' .l       串刺し公と呼ばれることとなったんだ。
    | .l _ニソ    }
     /ヽ、_ノ    /
    __/  /    ノ__
  / /  /       `ヽ.
  /´  ./       ,.  ヽ.
  ト、_,/.       |、  ヽ
   |         |/  /




         ____
       /   u \
      /  /    \\
    /  し (○)  (○) \    ・・・・・・。
    | ∪    (__人__)  J |
     \  u   `⌒´   /





535 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 23:23:48 ID:pEIPpLm2

      _ _____
    , ´        `ヽ
   /            ヽ
.   |    ,             l        しかし、スルタンによる本格的な遠征を
  |__ノ ,  ヽ、_      |
  l( ● )  ( ● )   |       単独で退けた勝利は大きい。
.   |                l
   l (__人 ___ )     }       西欧各国はこの知らせを受けて、
   |  i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i    |
   |  l'⌒ ^⌒`ヽj    |
.   丶 ヾ-======'.    /┐       「スルタンは夜半にドラキュラに噛み付かれた」
    ヽ ` ⌒ ´    ノ.├ー─ヽ
  /√ヽ──-´ / ノ \
  \> ▼ < ̄/ ┌─┐       といって勝利に沸いた。
     ▲   ┌─-|_ []|
     ■   │  人   |
     ■   │┌──┐|
         └ |__ |
          (     |
          ├── |
           |__ノ




       ___
    /     \
   / ヽ  /  丶
  /  (●) (●) ヽ       ドラキュラが夜に活動するのも、
  l::::⌒(__人__)⌒:::u:l
  \  |r┬-|   /       この夜襲からヒントを得たのかもしれないお。
  /   `ー'´   ヽ
  し、       ト、ノ
    |   _    l
    !___/´ ヽ___l





538 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 23:25:32 ID:pEIPpLm2

   / ̄ ̄\
 /  ノ ヽ、\
. |   (●)(●)|
. |   (_人_)│    このように、ヴラド・ツェペシュの統治方法は、
 |     ` ⌒´  |
  |           |     自分に逆らうものを絶対に容赦しない苛烈なやり方をとった。
.  ヽ      /
   ヽ     /
   .>    <
   |     |
    |     |




   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. | u.   (__人__)     そういうわけで、この人には敵も多かった。
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
    i⌒\ ,__(‐- 、
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)
.    |      l





539 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 23:26:08 ID:pEIPpLm2

ワラキア戦の後、ヴラド・ツェペシュは引き続きオスマン帝国との戦いを望んでいた。
しかし、領内の大多数は、これ以上国土を荒らされたくないので講和を望んでいる方が多かった。


  __l ハ  }`ヽ
  -、\\ノ  )
  _,ノ  > |  /'⌒⌒〔  `Y´ソ l _ゝ
    /  | {  |/ /`ー‐ヘノ/,.‐/} 〉
     ヽ-┴─、│/ ,.-、  |/‐Hノ!
  \        \!-くr、} ノ/‐-ハ!
  -->ー─-、 {⌒´⌒i.).//.:L__| ハ.',
  -‐\ー‐ァへ、 ,ノl { _/::ノ, ヽ! l }
   / ̄ f:\__ ソ f__,》ィtラノ   リ,ハ    どうした!?
    | r'⌒i`ヽ‐tぅ、〉ヽ::ノ'¨´ J / lハ、 |
   └- ̄ハ ` ̄::/i i  }     Vヽ.}    ここでヤツラに止めを刺せば、戦いは勝ちだぞ?
      `)ハ、   ヽ! l_/     j リヽ
        ヽヘ   弋フ_/フ}  / /::
.          ハ   ト- ─'/  / /::::
       //\. ヽ二´ィ´ //::::::::\
      //::::::|:::::ヽ. 〈  _/´:::::::::::::::::
   _ //:::::::/:!::::::::` ̄::::::::::::::::::::::__;;::
   ̄//::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::/ ̄::::::::::




パッ   パッ   パッ    パッ   パッ    パッ
 [反対]  [反対]  [反対]  [反対]  [反対]   [反対]
  ∥∧∧  ∥∧∧ ∥∧,,∧ ∥∧,,∧ ∥∧∧  ∥,∧∧
  ∩・ω・`)∩・ω・`)∩・ω・`)∩・ω・`)∩・ω・`)∩・ω・`)
   (    ). (    ). (    ) (    ) (    ) (    )
   `u-u´  `u-u´   `u-u´  `u-u´  `u-u´  `u-u





540 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 23:26:38 ID:pEIPpLm2

そこで、和平派の貴族たちは、ヴラドの弟であるラドゥをけしかけて擁立するようになる。


 _)    くらわしてやらねばならんッ                /
  )     タ犬 ,Z、 ,、l l ニヒ 土冂  l _  女.  /     /
<       /ハヽ r_) / \ (__   半l又 V ).(__   ・      /
  )                                 /
 /\Y⌒V⌒Y⌒V⌒Y⌒V⌒Y⌒V⌒Y⌒V⌒Y⌒V⌒Y´ノ
 {  \                                ,'        人 ヽ \    \ __
 ヽ   丶                            i       _/ノ  \\ \>'" \
  \- '  \                             V  、   `Τ`≧メ、ヽミ,ィフf卞 Τ`Y::r‐、
    \    丶、                          ヽ. \  、{ 弋t:::圦、/ ト辷::リ /   !::|ハ |
      `ー    \                /`ヽ.     \ヽ\ ミ> ヽ ̄ ノ    ̄ ´   !:lf リ
        /\     丶、__    _...  -‐ ´   /          `` ̄ }ヘ                l:j/三
.      〈  ヽ---'      ̄ ̄       i  /             j;ハ.     j         |!三ミV
.      r‐ヽノ  |: : : . .      、__x<` ̄                 \  `─-,   /  !三彡
.      {_  |  ノ\::::::/       /l:::\                 x<´ ̄ ̄ ̄\ ̄  /    |
      !  ヽ    ノ ̄`ヽ      /:::|::::::::\          /         \ ̄ ̄|  ノヽ._
     |、  \__「_ソ   / \!:::::::::::::丶         __/__/           ヽ∧l/:::/ / |
.      V\/ ___l__,ノ /ー‐ '     /:::::::::::::::::::|\    /                   | \:〈  / l {
        V  ̄ヽ`ー┬‐'ヽ     /::::::::::::::::::::::l::::::\   /__                  \/ ヽ〉
       \/\}  |::::::::::\ /::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::\´:::::::::`ヽ        /         ヽ
        \ノ   \―一:´:::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::\        /

                                      【ワラキア公 美男公ラドゥ】





541 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 23:27:03 ID:pEIPpLm2

留守の隙を突かれて居城を奪われてしまったヴラド公は、
単身北に向かってトランシルヴァニアに落ち延びた。


           // / ///  / |   //
           ノ ∨///i/   l  /―'´ /
          ノ  レ ! |   | /  r‐''´
      r――'   ノ/  |    |  /
    /    r‐''´/ / /  / ) |ヽ /`ヽ
    /  i  /   L |/   /  /  | |ニ--、|
    |  ヽ、 ヽ    |   //   / / __ ノ
    L_   |\ ヽ  |  ヽ|  i / / / | V
      \/  ヽヽ  |  __\ |/ / / | ヽ
      /     \ |__/  | `|,./ ,.-'´ミ-ゝ
     /   r‐--i´`'´ヽ) / /´ / 彡ミ
    r'   /| `'''-\ /// /-'ミ彡//)|
  / ヽ  | ヘ\   `´ / / ,.-ニヘヽ/)/ノヽ,_
/    |  | \-、_((( | /_,.=tラフ  Y//ヽ\\    ……まぁいい。
     人  ヽ ヽ\ゞゞ  | | `''''''´  |J |川川
      `'ヽ | | :::::::| /||       |ーヘ川リ     復活する手段はある。
          ヽ  | |、      //: : |川
           ヽ  !_-フ      / /: : : :|
         /: ヽ r三ニ‐、  //: : : : ||
       /: : : : : ヽ ー― //: : : : : /: |
      /: : : :: : : : : ヽ,   '´‐': : : : : : /: : :ヽ
     /: : : : : : : : : :ヽ: ̄ ̄: : : : : : : :/: : : : : :|





542 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/29(金) 23:28:10 ID:cNbDYov.

オスマンを倒せばハンガリー以南を総取りだもんな、未練も残るわ





543 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 23:30:16 ID:pEIPpLm2

トランシルヴァニアでは、弟と戦うためにハンガリー王と会談して援軍の協力を求めた。


         ,イ
       //!
.      /./.|
.      /.∧|         ,.ィ ,.ィ
.     ,' / /      /| / // .l  ,
.      l. ! ,'     ./ ′ ´  レ'/
     |│l.      ,'   r',ニヽ   /_,
      | |│    l  / ゞ-' ヽ、'∠_
.    |_|_l.      {二_-ァァァ‐-、ゴ´
   , ┴-!、     ,l´Y (`t!' 't!丁!'^!           ・・・・・・。
  〃r'ニ0=!. /,.へ.!''' ,'-、''''/r ′  ,. -- 、
  !| { ニ}i |` ‐くrーf´i> ニ゙イヘ!  / ' ⌒ヾ 、
  ヽ.゙エエー<_    \ヾ二ニ´-クー、// i0} _ i l
.     `¨´  `フーtノ ヽニゝ`<ニ´イV  ノノr'゚」 l |
.      , ',イ゙/`T     `ヽ\ |⊥//(にヽ |.|
.      // /゙,'  r。ニfi┴r=t‐ゝ」  |.l !に_}l l
    //  / i.  L.⊥! ̄`¨ ̄ハTiヾ〔`T┐i !
. /∠_   |  l. / ヽ __-‐'/ │! 、`0} `゚//
./ /  \ ヽ ヽ7 ‐--‐ァ┬--‐T ヽ`:-‐'/
{  l    ヽ   ,/   _/  l   l \_,  ̄
.\.l      `ー:/ ` ̄ /  _,|゙ー-‐'|-‐ ′
  `        /、_  / ̄  〉、_ ,|
.        /` =ラ′   ヽ、_ 'ヘ,
          ‘-‐'' ´           ̄

【ハンガリー王 正義王マーチャーシュ1世】




   /  /  l   i l;;;;;iヽ./´ ̄\/       /,.ィ::::::/;l;;;| 、 二´ _ノ 軍勢を
  ,'  /   /ト、   \;;;;l     i  /      /:::::::>'i;;l |;l i;;! i  、__ノ   持って来いッ!!
  ! /  / l ';::\   `ヽ    ,' ,i     /:>''" __l;;;l /;;;;;/  V  )
  l /  .ハ、'、\:::::‐.-、ノ / /./ {   ./ _,,.  -tzテフ¨;;;;;;;;/    ', ハ
.   !'   l/ ヽハ  _二ミ::\ V {__ハ  / /´____//!;;;;ll;l   i V }   街角の娼婦が
.  i   \___',ハ、ヽ、弋;ォ、ヽ_ヽ-'i  / ´   --‐一  l;;;i l;l  /   )   金貨をばら撒きながら歩く
   \        ̄i   `¨ ̄,.l‐‐、l ! 〈            l;/ lハ!     /     商人に
.     \    \ ヽ    / l  :  L._\           !l ll l;!  ∠..,,_    特上のサービスをする
       \   ,.、 ̄ヽ. ,' .l   !   `ヽヽ         l;! l! ll    /\   ようにな………
        `¨"´ \ i   !:  :     V          ll  l l!   (   i





545 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/29(金) 23:33:42 ID:ciEpuXvw

竜王の息子が勇者ロトwww





547 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/29(金) 23:34:04 ID:1YPksIWw

すごい肩書きだな、正義王w





548 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/29(金) 23:35:27 ID:cNbDYov.

この当時の肩書には触れてやるな・・・





544 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 23:32:45 ID:pEIPpLm2

しかし―――


       r`"⌒`ー=v ‐-、
        1:::::.....................  }
       |:::::::::::::::::::::::___::リ,
       r| ::::::::::::::( )|'爪|::jリ
      /``======_‐ラ(6,′
     ,>‐'つ__... =-〒rtッテ|h′     テメェにはオスマン帝国への内通疑惑がある。
   /.ノ (:{,|| i   i l゙`~.jl|リ
   ! }/゙ヽl.l ',  ヾツ  |l!|) _     おとなしくしてもらうぜ。
   { (´/ヽ.):ヽ  r=- l/l:}/,r=,ヽ.._
    ヽ( イ- ) ̄l|、|!゙¨´ / l:八.>=iこ⊂⊃
     \ `ヽ:::::lドミ==‐' レ____l[二´__
 ̄:¨"7゙<〉   )::¨o7 /  ̄ フ 7ー-、:_:: ̄
::::::::::/:::::::\ ノノ:::/  '  '"´ /  / `ヽ




               ,,,.,.
  \      ,,.,.、、イ'''"
 \ ,,,、、、r''''""
`ン /" u    i        ,.-
 i l \ U  ヽ     ,,,;;;;/\_ ,,_人、ノヽ._/
.,, l l   \    ゙、   ,,;;;;/u  ) .┃ ━┓(
;;;;;',,、    \   i ,,;;;;;/,.ィ   < ┃ ┏┛
、:::;;;;;;;;',,,,,、.    l/ ,l,';;;/'" ヒ U  ) ・  ・  .て
___ <;;;;;;;;;;;;',,,, l l;;:-'',-、. ノ`  /^⌒`Y´⌒^\
‐‐---、 ヽ-‐‐‐'ミ ゙i  _ゞィ"
 i>) __ヽ、`ー-= ミ ',´    U
¨¨ ̄  ,.`ヾー- ...ミ. '.,ヽ
     i  , i U ミ u.'.,
 ヽ   ,' J U,,..-、ミ  '.,i
   ヽ ,'  /`! _,,..,,__ミ,,,__ )
  J /  ,'  ヽ、::::::::::/
   /        `゙´ ,.イ
  u  J ,.=-‐-==-''" .i ',
      / 、__,_,、__,__,.-i l .i
     ∧ l;;;;;;;'`丶、 l ,':¨・.
    /l \',;;';;'';';.::ヽjノ:・¨.:.
     ,.l  `;;'';;:,'; ';;':・.ヽl ¨…:・.
     l l   ; ';';,, '・.:ノl





546 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 23:34:02 ID:pEIPpLm2

ヴラド3世は、ハンガリー王によってヴシュグラード王宮に閉じ込められてしまった。


           .._∧__∧__∧__∧__∧__∧__∧__∧_
           │                                  │
           <                                   >
           │     
なぜだっ!?                       │
           <                                   >
           │     
なぜこのドラクロアを閉じ込める!?         │
           <                                   >
           │                                  │
             ̄∨ ̄ ̄∨ ̄ ̄∨ ̄ ̄∨ ̄ ̄∨ ̄ ̄∨ ̄ ̄∨ ̄ ̄∨ ̄
、_二-‐'⌒    >
                      /=ヘ/=‐::::::::::::::::/ / ハ   ∧                 (
                      /‐= ヘ────ト /= ハ  / ヘ        (⌒⌒ヽ_ノ⌒〃
⌒ゝ 〃⌒⌒ヽ_            /=‐  ヘ ロ ロ ロロ| /-‐=ハ /= ヘ        `~‐-、__二ニ(
  `ー' ,-、_ノ⌒)         /____ヘ ロ   |/__ハ/=‐ ヘ
-‐~─'´ ‐-、 ⌒ゝ   ノ⌒)  ]二二ニ[     ]二二ニ[| ̄ ̄ | ∧
-‐~─'⌒ゝノ⌒ヽ、-~、ノ  ゝ  |ロ ロ ロ |      |ロロ ロロ|\....::::| /=ヘ
  /⌒ヽ、_     ,-‐--、 _   |′″  |=======:|゛,′   |  \ :|/=‐ヘ
_,,ノ"´ `゛ー-、\-─''"″ヽ゛` `ヽ| ″   |       |      |   |/__-ヘ __/⌒ヽ∧_,∧_
"´′     "ノ ヽ-‐' ′   `゛ ┌冖冖冖冖冖冖冖冖冖冖冖冖冖冖冖¬¬ ´ `/=∨ハ`ー、_
         ",-\ ∧       |===============|====l\_/_ハ__ハ   '⌒
     ,ノミゝ     `/ ヘ-、__, |____ ェェ  ニコ  =‐  __」   : ‐- | |  |  ロ| ロ| '"





549 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 23:35:40 ID:pEIPpLm2

━┓
┏┛     ⌒
・      ___⌒
    / ― 乂____    ━┓
  /ノ  (●/   ― \   ┏┛
. | (●)   |     (●) ヽ\ ・         なんでまた急に?
. |    (__ノl   (⌒  (●) |
. │       〉     ̄ヽ__)   |          そりゃぁ、封じ込めておきたいくらい
  \__/´      ___/
      /|          ヽ             ヤバイ人だけど……
       | |         |




          / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、.\
          |  (●)(●) .|      理由はいくつかある。
        !  (__人__)  |
          , っ  `⌒´   |      ひとつは、ローマカトリック教会からの
       / ミ)      /
      ./ ノゝ     /       十字軍結成の呼びかけだ。
      i レ'´      ヽ
      | |/|     | |





550 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 23:36:12 ID:pEIPpLm2

10万の大軍を跳ね返したヴラド・ツェペシュの活躍は、ローマの地でも鳴り響いていた。
そして、ローマ法王ですら、その武勇にほれ込んでしまう。


          r'ニニニ二二二ニニニヽ
          | |      @     | |
        r ┤|           |├、
          |  | |     Π      | | .|
        l  l l    lニ  コ    | | .|
          |  l l     |_|     | | .|
           l_l_l_______|_|_|
          / ィ ,イ /   } !、 ヽ   ヽ
.          / ./| / l/x'   l.ハ`x ヽ ! }    これは間違いなく
        { /| N レ;行ミ   ≠ミト、!、ト、!
        V |/ .!イ {r、::}    トィ,.:} 〉! l |     天が遣わした英雄に違いありません!
.            l | .| ゞー'    弋ツ ハ ! |
         | ! ト、''''' { ̄j ''''' ィ'|l .| .l
          j l !_|_l ` r - ャ<_j_| ハ.|
        r'ニニYヽ ゞ、_,〃 /yニニヽ
        }、 ニニ! ヾ  ,ニ,  //ニニン

       【ローマ法王 ピウス2世】





551 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 23:36:57 ID:pEIPpLm2

あげくには、東欧でオスマン帝国相手に苦戦しているキリスト教国の巻き返しを夢見てしまったんだ。


               //__ ´  'ー‐ァ:.:.:.:.:.:.:.:. //
           /:.:.:./  /ー―':.:.:.:.:.:.:.://
          ,. '"´ ̄``ヽ、:.:.:.:.:.:.:. //
          ///ー-、 ,  \:.:. //\
       /, /,.イ{     } ! i  \/:.:.:.:.:.:ヽ.
      ノ///ナ|ト  _ノ} ノ! } i ハ lヽ .:.:.:.:..:.:.〉
     イ/}l{ !l,==、   `ヾノ,イ /,'i l |l ',.:.:.:./.
     {{ノ,ハlリ、、   ==ミ´/// l l |l  }/
     ヾj j从     、、、ノイ厶ノノノl ノ      ヨーロッパの地を再びキリスト教の国にしましょう。
     〃{ {Λ `ー    /_,ノ ,イl j !{、
     {{ヾゞ|少r--r‐r ´/ ,.イ丿/ 川、     マーチャーシュさん、よろしくね。
     ヾ、`{〈ハ{ _L.l/ /ノ ,.'// |ハ
.         \/´ // // ,イ /l ,ハ ',
          /  { { {. l/ //./ ,'/l l l l |
         j   '、ヽ`| !l {、l  {' ノ j | l |
.         /|    \j l !ヾ| ', V//, !ノΛ
      /' 〈     ヾ \',. '、∨,'/ Λ ',
.     ト〈   \  ,   、\Λ ヽ∨ /!l !l l.
.     |:.:.\   ∨ ,   ∨{ {:\ \{.川.l |
.       \_:.:ヽ._ノ}/    |:.:\_:.:\ \jノノ .





552 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 23:37:15 ID:pEIPpLm2

しかし、ハンガリー王にとっては、十字軍の遠征など迷惑極まりないものだった。
自領の守備で精一杯なのに、領土回復までは手が廻らない。


              /    .! /              |/   |/  /
             /    .|/                        /
              /                              /
           /                               /
           /                               /
          /          , ‐´ ̄ ̄ ̄`‐、            /
          /         ./  ., -──- 、 \           /
.         |    ___/   / ,'´  ̄ `'、 ゙、 ヽ____    /
         | ̄ ̄ ̄        l i     i l          ̄ ̄~|
           |               丶"、 _ , ' ノ            |
           |________ `'‐----‐'´__________|
         |   /       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄, ‐'´      \   |
          | /,─‐--_  ∠ゞ´7 /|, ‐'"´    _--─‐、\  |
      / ̄~^\| ゙┬─_  ~‐-、_ 〃     _ , -‐~ _─┬゙ |/^~ ̄\
     / ( ̄~\| {     ̄─- 、\ | l |./, -─ ̄    }  .| /~ ̄) `、
     ,i'     _|| '、    ・   `!´   `l´    ・    , '  .| |_    ゙i
     |    i´   |  \_   __ ,/      \, __   _ /   |   `i    |
      |    `‐、  |     ̄               ̄     |  ,‐´   .|   嫌じゃ、ボケ。
     \.    `'i |          .,‐'゙/             | i´    丿
      ヽ、`‐-‐´ .|          `'‐ヽ             |  `‐-‐´/
        冫'ー‐-.|           ___           .| -‐┬ ' ´
.       /     |                         .|  .|
       /  ,‐'l `' -、, _                  ,, ‐' "´    |
       / ,‐'´ /      ,` '- 、,_         , 、‐' "´   /\   |
       ゙´  /   , ‐ '"´/   , l`' - 、,____, ‐ '"´| ゙ヽ、/\ /   \ .|
         /, ‐'"´   /, ‐'"´ |         |_    `'     `ヾ
         ´      " i'"´ ̄|_________|_ `゙'i
               ___|                |__
           , -‐‐'´                   )   `゙'ー‐-、
         /        、ー          //        \





557 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/29(金) 23:41:08 ID:ciEpuXvw

鳥山風から、いきなり柴田亜美風の勇者にw





553 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 23:37:46 ID:pEIPpLm2

そして、ローマ法王の呼びかけが成されれば、その旗手をやらされるのはハンガリー王に間違いなかった。


                    __
                     ,.ィ':´ : : : : : : : : : :`丶        ミ
                //://l: : ハ: 、: : : : : : :ヽ   ,.--/⌒l
      /⌒`/丶、  / /:/:/ .| : :| jノ \: : l : : : ',./:::::ノ!:::::|
   ∠:::::::::/:::::,@:::}, '  !:/:/-― ヽ: l ―-.\| : : |: '、:::::`-'::::::j     なんでよぉーー!
  /::::::: ̄`丶::X:::/{   l/Vz==  ヽ| ===ュ |: : :ハ: :ヽ::::::::::/
  {:::::::::::::::::::丿/  ヽ /{""        ""/: :/ツ: : :\/  .、    やろうよ、十字軍~~!!
  `丶、__/      `-''"ゝ、  rー、    ,./ /::::ゝ、: : : ` 、_):)
                    ̄ ̄ ̄ ̄´='ィ_,,-''´  `ー---ー''




                   , -―――――-x ,,_
                 ,.イ´  〃⌒ヽ       =ニ二__
               / ̄ ̄ ̄ ̄ ○  ヽ、         ` ‐、
    ,..-‐=‐- ..,   (─────、__  \        x''"´
  ,.イ´       `ヽ  Xミト、  -=ニ二_ ヽ、 \      ̄フ
  \   γ''ヽ   /   ,' l ヾミ、    z=-‐¬''∨ 〉    \
   \ 弋_丿 / i´`/ l  ・ ゙〉  _,,x==ニ二ヲ∨   / ̄ ̄
     >-‐、 _,<   〆   ヽ __..ノ   |  ・   / 〉  ゙フ
    ./   j( }   l   ゙゙゙   __  ヽ_  ../ / _>'´      ヤ ダ。
    .{   ソ ~`"ヘ              ゙゙゙  ̄   イrハ
    `i       ヽ                 ソ、 丿
     l        >           ノ`ー<
      l      ,     `  ‐-   ,ィ<´┌─‐`
      ヘ   , '              \| `ヽ
.      ヽ /                    ヘ





555 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 23:40:10 ID:pEIPpLm2

       ./ ̄ ̄\
       / ヽ、_   .\
     . ( (● ) .   |
     . (人__)     |      だから、ハンガリー王はヴラドを手元においておくことにした。
     r‐-、    .   |
     (三))   .   |      そして、この時のハンガリーは
     > ノ       /
    /  / ヽ、 .   /       大砲よりもっと恐ろしい兵器をもっていた。
    /  / ⌒ヾ   .〈
    (___ゝ、  \/. )
      . |\    ,.1
      . |  \_/...|




    / ̄ ̄ ̄\
  /        \
 /    ─   ─ ヽ
 |    (●)  (●) |      大砲より恐ろしい?
 \  ∩(__人/777/
 /  (丶_//// \





556 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 23:40:39 ID:pEIPpLm2

それがルネサンス三大発明のひとつと言われている活版印刷機だ。
活版印刷機自体は、1457年にドイツでヨハネス・グーテンベルクによって発明されている。


     ______________  __________
   {\              `\               \
     \\               \                 \
      \\                \                \
        \\               \               \
         \\                \                   \
           \\               \                  \
            \\__________\ ___________\
             \ソ三三三三三三三三三三ミ彡三三三三三三三三三ヘ
               `く三三三三三三三三三三入三三三三三三三三三三ゝ


 |\ヽ、            __
 | ヽ、 \       ─ /__.)─ 、
 \ヽ   \   / __      \       _
   ┘ / ̄ ヽ/ /───ヽ\     \  / ̄  \
   \//   //__2 6__ノヽ\    │ / / / ヽ、 |
     |l    | |l T O  R  I  l |     | |_ | |   |  |
     \ _|、ニ______ノノ     | ̄ \ ノノ /
      /             フ| /ニ--、    \/
      >‐--ニニニニニ‐ ̄l | | /   /、 |     \
     / | | |   || | |    | |. | | | / | | |      \      わしもちーっとはきばったけど、
    /   \ヽ、_ノノ_ヽ、   // | | |  |ヽ//        ヽ、
    /  /   |二/二\─''" /  \─''/  /       |    借金だらけだったんよ。
   /  /   /  ̄ \ | |   /   / / /         |
   |   |    |‐‐、ヽ   |‐_/─/ / /            |
  |   |    |\ヽ | | /──    / /  |          |
  |__|     l\ニノ   \\   / /   |          |
   / |     |_/ニ─l‐‐l---ニ / /   |      _─/、
  /、 |       | |二ニ凵ニ二ノ‐‐| ̄|二ニ-ヽ─┬─ヽ、--_/\
 │//|       |_//_ヽ\___|─     ̄ ̄|‐、 ニ |三、 |/  \
  ヽlヽ、\     |  ─  |  ̄   |       // |○ノ、 | |\__/
    ̄   ̄──    ̄ |   ─ |       | | l、 ノノ /┘
           ┬─-_ヽ___二──── \\/ ̄ヽ"
          _|____ノ、    |     |    ̄
       / ̄        \_─---‐──ヽ、
      /_______/           )
      ───────/________/
                ────────

        【ドイツ人 グーテンベルク】





558 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 23:41:15 ID:pEIPpLm2

ルネサンス(文明復興運動)ていうのは、要するにそれまであったキリスト教の戒律や表現規制をとりはらうことだ。
これはビザンツ帝国滅亡後、知識人たちが各国に流出して急激に広まっていく。


    /'''7'''7    __/'''7__          _/ 7_,/ 7_     / ̄/ ./''7/ ̄ ̄ ̄/
    / / /._. /___   /  /' 7'7./''7/_  ___  __/ __  ̄  / /  ̄ .フ ./.
   ノ /i  i/ ./  ___ノ   〃、 ー'ー' / / /__/_/ /  /__/ ___ノ / __/  (___
 /__,/ ゝ、__/ /____ノ__/ヽ、_>/  ̄__,/    /__.ノ.       /____,./ /___,.ノゝ_/

          ___  ___                     |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
           /:::..:::::::Y::::::::::::\                 _L - ───‐ - 」_
        ./::::/ ̄ ̄ ̄ ̄\:::ヽ               /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
       /:::/   _   __  ';:::';     /    ヽ    /:::::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄¨\:::::::ヽ
        |::::| '´__    __` |::::|   {     }   {::::::::::{  ´ ̄``    '´ ̄`  }:::::::::}
 /   ヽ !::::代 ィoュ六ィoュ 7!::::|    |_____|    ヽ:::::ハ  ,.==-   -==、 ハ::::::ノ
 !    | ノ:::::j ` ─ イ ト ─ ´ |:::::しィ ヽ::::::::::ノ     Y } ´     7  ヾ    `{ Y
 |___K__,.イk.    ( ,、,、)   ,k:::::::ノ  f二ユ       ヽイ、  /,,,,,゚;.,.;゚,,,,,ヽ  rk/
 ヽ:::::::ノ   ヽヘ     _,、,、_ ’   ム厂´  _r{二二}        {|i  K´ 二二 `ソ1  jl}
.,イ¨三ヨ  __,「ト、  ´ 二 ` , イL_ く 「只二 Yヽ      ヘx、jl `====' lkvリ′
{  三ア ´    |l ヽ `ー--‐'´ / l|   く` rヘ9n、ン’ィ 〉 __,∧kヘYkrx杰xtィrヌ ∧
ヽ _||_     (|l  /\   /ヽ l|)  不 | 弋ラ7-ヾ´.:.:..:.:./:.:.:トミ二ニ=ニニ二ス:.:ヽー-- 、___
/l ´下`    (|ト、ノ   Y    レl|)   ,ゝ ヽ __/丶乂.:.:.:.:.:./.:.:.:.:|. /  | r┐| ヽ |.:..:ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄`ー、
. ヽニネ、   〈 ̄ ̄`{ ̄}´ ̄ ̄〉  ‘ィ / ハ丶厂.:.:..:.:.:/:.:.:.:.:.|/   ! し’|   `|.:.:..:.ヘ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ
   │ヽ   (ハ___,イ丁k__ハ)  ハr-‐t_r-、/.:.:.:.:.:.:.:〈:.:.:.:.:.:.:|   |    |   |.:.:.:.:.:.:〉.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:|
    |  l   (ニHk /  !  V Hニ) /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:..:.:.:トヽ:.:.:.:.:|    |   |   |.:.:.:.:.:'イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:|.:.:.|
   / ハ   (ニH k.  ハ. /l Hニ) /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:j.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.`.:.:.:.|   |   |   |.:.:.:.:.:.:レヘヘ:.:.:.:.:.:|.:.:.:|
_∠/   }  (ニH Hk/ ⅥH Hニ){.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:ト‐┬┘  ├ー─l.:.:.:.:.:.:|ニニニ|.:.:.:.:|.:.:.::|





560 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 23:44:01 ID:pEIPpLm2

活版印刷は、もともとは聖書を大量印刷するために作られた技術だった。
しかし、マーチャーシュ王はそれを自国の宣伝にも使っていたんだ。


                            //   /     /
                          / /  /       / /|           ____
                         /  / /       / /  |      , - '"´ ̄       ̄`'‐、
         ____         /   //        /'´   | /!   <´     .,-‐‐-、      `>
.   , - '"´ ̄       ̄`'‐、    /    /'´              |/ ./    \     l::::::::::::::l     /
  <´     .,-‐‐-、      `>  /                     /      \   `‐--‐´   /
   \     l::::::::::::::l     /  /      __            /         \        /
    \   `‐--‐´   /   |___/,-‐-、\________/          ,‐\__  /
      \        /      |      l    l           |          | /    ̄`l
       \     /        |____`‐-‐´________|          |,‐|      |
        ,-──‐、         |/    /, ̄, ̄/    \    |         / |      |
       l´     |‐-、.    ├‐-、_  ´〃 ''´   _,、-‐┐\ ,-‐-、       /   `‐-    |
       |     |  |   , --|┬‐-`ヽ、    ,‐',,´-‐ ┬'  i´r'^' |      /       ,‐"´
.       |      ノ  |  / ^ヽ| .i  ・ `'ァ" ’‘ ヾ´ ・  ノ    /~i .|     i゙        |
.       |        ノ   | i^~| `‐-‐'     `'‐-‐´     /^i 丿     ',‐‐-、_     .|     俺って
       \.      \  ヽ、_.|      《           /-‐‐'´{    /    ` ゛'‐-、_|     “正義王”ってあだ名が
        |        \   ノ      ─‐       ,‐'     {  /         /      似合ってるかも。
        |         ,l  /`' - 、 _       _, ‐'_"´\ l\ |\|/          /
         |       / \〃´/, ‐'´ `,` '、┬ ' "´ |, ̄`‐'゙'‐-ヾ‐フ          /
         |      /   l\ ̄     \ `'‐---‐'´ /    /          /
         ゙i,   /    | \     \___/     / |        /
          l、/       |   \               /  .|      /
            ゙i       /     \            /   |    /
            \____ノ       `'──------─'"´     |_ /





561 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 23:44:41 ID:pEIPpLm2

そして、ヴラド3世への悪評を書きつづったパンフレットを作成する。
それを各国にばら撒いて、ハンガリー王に歯向かったワラキア公が、いかに悪逆であるかを世間に触れ回った。


_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_
|            1463年12月 1日(水)    |
| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| | ̄ ̄| |
| |.   悪逆非道ヴラド・ツェペシュ   | |. 朝 .| |
| |______________| |. 刊 .| |
|                      |. 新 .| |
|                      |. 聞 .| |
|       /i/i                 |__| |
|     イノ/ノノヘノ丁フ           ___ |
|    火,';; i  =-二-        |紙面| |
|    〈_l;;;;;; う√二=-            |: : : : | |
|     ヽィ`__/`ヾ-''''          |: : : : | |
|    r ー`xァ   `ヽ          |: : : : | |
|    〈 ̄  、  i  i〉           |: : : : | |
|      ヽ  iノ  イ /             |: : : : | |
|                        ̄ ̄ |




        _____
       /    .r┐ヽ「|
     /  r-、  | .| ./ l l゙l
   . / .__,ノヽ ゙、_,ノ '-' .|,,/ |
   |   (●)ヽ     ノ ´/      その効果は、絶大だった。
    |       〉      〈_,,.-、
    .|    (__人{         .r''´    ハンガリーのマーチャーシュ王は、
    .|     ´ ⌒|    _,.-i'´
   . .{       l-‐'''''''ーl }        世界で初めて印刷物を使った
    {   .   |´ ̄ ̄``l }
     {      .|     |.}        プロパガンダを行なったと言えるな。





562 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/29(金) 23:44:46 ID:cNbDYov.

まさにペンは剣よりも強し





563 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 23:45:04 ID:pEIPpLm2

パンフレットには、だいたいこんなことを書いていた。


         ∧_∧
         (@Д@-)
       ._φ 朝⊂)
     /旦/三/ /|
     | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| .|
     |          |/


┌────────────────────────────────┐
│                                              ..│
│                                              ..│
│  ・ ヴラド・ツェペシュは残虐行為を好んでおり、                .│
│    とくに人を串刺しにすることを数多くやった                 .│
│                                              ..│
│  ・ 領内の乞食や放浪者を屋敷に集めては火をかけて皆殺しにした     │
│                                              ..│
│  ・ 人のすまない山奥に、領民を使役してドラキュラ城を作った       .│
│                                              ..│
│                                              ..│
└────────────────────────────────┘





564 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 23:46:15 ID:pEIPpLm2

               / ̄ ̄\
             / _ノ  .ヽ、\
             |  (●)(●) .|          これらのことは事実をいくらか含んでいると思われる。
.             |  (__人__) |
             ∧ .|   ` ⌒´ ノ           しかし、ハンガリーの故意に植えつけた
           /\ヽヽ      }
          ,r―''''''ヽ, ヽ    ノヾ、         悪評であることも考慮しておかねばならない。
      ,r‐' ,、;-‐''''""''ヾ、、,   く  l
     / ./     r''"ヽ, \,     l`ヽ、
     j l ,. /    '    l   ヽ、 ト,   ヽ
    ,.Lj∠、'´   , i,    /     `ヾ、`'ヽゝ
    l,      / 二'''"    ,;、,     `''ー゙--、
     /゙ヽ-ッ-‐'´ ./`ト-:rイ「´ ゙l;:`''ト-、,_ ノ'i,
   /  / ,;∠∠,ノ´  イ  l l, ├''|  |、,/ l  |
../ノ ./ /、,    ,、' ./  / .l |:::::l,. | ゙ヽ、!_,,、L,
ヽ---ツ  ∧   ̄ ̄  /    | |:::::::| |  r'"/  l,
   /  ./ .ト、,_    /      | |:::::::|. ! l'´! /   |
  ./、 ./   l,  ` ̄ ./        |.|::::::::l |. !. l, l     l
 .l、,.ノ     l,     ;'      .j |:::::::::!




        / ̄ ̄\
      / _ノ  .ヽ、\
      |  (●)(●) |
.      |  (__人__) .|     2番目の屋敷に火をかけたのだって、
       |  . '´n`'  .ノ
       .ヽ .  | |  }      最近の研究ではペスト対策なんじゃないか、と言われている。
        ヽ.. ノ .ュノ
        / { ..ニj、
        |. | "ツ \
        |. | .l  |ヽ、二⌒)




   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \
 |  (●)(●) |        黒死病に対して有効な治療方法がなかった時代、
. |  (__人__)  |
  |   ` ⌒´  ノ        病人の隔離と遺体の焼却は理にかなっている。
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \





565 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 23:46:47 ID:pEIPpLm2

世間一般には悪名が高まっていたヴラド・ツェペシュだったが、
故郷のルーマニアでは現在でも国民的英雄のひとりだ。

冷徹ではあったが、「串刺し公」の綽名は、味方にとってはとても頼りになる存在だった。



               . -―- .      やったッ!! さすがヴラド・ツェペシュ!
             /       ヽ
          //         ',      おれたちにできないことを
            | { _____  |        平然とやってのけるッ!
        (⌒ヽ7´        ``ヒニ¨ヽ
        ヽ、..二二二二二二二. -r‐''′     そこにシビれる!
        /´ 〉'">、、,,.ィ二¨' {.  ヽ     _ _      あこがれるゥ!
         `r、| ゙._(9,)Y´_(9_l′ )  (  , -'′ `¨¨´ ̄`ヽ、
         {(,| `'''7、,. 、 ⌒  |/ニY {               \
           ヾ|   ^'^ ′-、 ,ノr')リ  ,ゝ、ー`――-'- ∠,_  ノ
           |   「匸匸匚| '"|ィ'( (,ノ,r'゙へ. ̄ ̄,二ニ、゙}了
    , ヘー‐- 、 l  | /^''⌒|  | | ,ゝ )、,>(_9,`!i!}i!ィ_9,) |人
  -‐ノ .ヘー‐-ィ ヽ  !‐}__,..ノ  || /-‐ヽ|   -イ,__,.>‐  ハ }
 ''"//ヽー、  ノヽ∧ `ー一'´ / |′ 丿!  , -===- 、  }くー- ..._
  //^\  ヾ-、 :| ハ   ̄ / ノ |.  { {ハ.  V'二'二ソ  ノ| |    `ヽ
,ノ   ヽ,_ ヽノヽ_)ノ:l 'ーー<.  /  |.  ヽヽヽ._ `二¨´ /ノ ノ
/    <^_,.イ `r‐'゙ :::ヽ  \ `丶、  |、   \\'ー--‐''"//
\___,/|  !  ::::::l、  \  \| \   \ヽ   / ノ





567 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 23:47:22 ID:pEIPpLm2

さて、ハンガリー王の監禁は12年におよんでいた。

……監禁といっても、わりと融通は効いてたみたいで、
社交界にも出席したり、各国の代表との面会も許されていた。


                      ∧ / ̄ ̄ ̄ ̄∧∧       ( ノ⌒ヽ、_二-‐'⌒    >
                      /=ヘ/=‐::::::::::::::::/ / ハ   ∧                 (
                      /‐= ヘ────ト /= ハ  / ヘ        (⌒⌒ヽ_ノ⌒〃
⌒ゝ 〃⌒⌒ヽ_            /=‐  ヘ ロ ロ ロロ| /-‐=ハ /= ヘ        `~‐-、__二ニ(
  `ー' ,-、_ノ⌒)         /____ヘ ロ   |/__ハ/=‐ ヘ
-‐~─'´ ‐-、 ⌒ゝ   ノ⌒)  ]二二ニ[     ]二二ニ[| ̄ ̄ | ∧
-‐~─'⌒ゝノ⌒ヽ、-~、ノ  ゝ  |ロ ロ ロ |      |ロロ ロロ|\....::::| /=ヘ
  /⌒ヽ、_     ,-‐--、 _   |′″  |=======:|゛,′   |  \ :|/=‐ヘ
_,,ノ"´ `゛ー-、\-─''"″ヽ゛` `ヽ| ″   |       |      |   |/__-ヘ __/⌒ヽ∧_,∧_
"´′     "ノ ヽ-‐' ′   `゛ ┌冖冖冖冖冖冖冖冖冖冖冖冖冖冖冖¬¬ ´ `/=∨ハ`ー、_
         ",-\ ∧       |===============|====l\_/_ハ__ハ   '⌒
     ,ノミゝ     `/ ヘ-、__, |____ ェェ  ニコ  =‐  __」   : ‐- | |  |  ロ| ロ| '"


                      _ _
                    , ..´::/ __
                 _/::::::::: ̄::::::::`丶
                /::::::::::::::::::::::__ ― 、:::::::ヽ
                 , '::::::::::::::::::::::/ ,r'⌒ヽ\:::::ヽ
            /::::::::::::::_ - ´   !ゞイ;;;;;!  `ーヽ,
              !:::::_ -‐         ゝ三-'       |
            ト‐´     __ -‐、T´ハ 、 ̄` ー- .._!
                l   _ - ´:/ー--ヾ;::| |:lヽ;:::ト、:::::i:::l
               ヽ/:::::::,- :! ,.'⌒ 、 リ '´ ,rヾトi::::ノ;リ
                |:::i:::::(  ゝノ;;) !    i.ノ;;! |く '´     この間に結婚もしました。
             |:::i:::::::::i ー.、 ` ´  ___, `´ /:::ヽ
                |:::i::::::::::::r‐ _ゝ _    ,.-∠_:ヽ:::ヽ
        /\  |:::i:::::::::::::l : : : ̄: ー`二ト-_ /´,ヽ,;、\)⌒ヽ.
         /:::::::::::ソ::__..-.:´ ̄:`:ー:- :、_: : : :__:ト、V / |::ヽ:_::):::::!
       !、:::::::::::::,::| : : : : : : : : : : : : : :  ̄ : : : ゝ´Y ヽ::::::::::::::l
      |:::`:ー ' ´:::!:/  ̄  ̄ ` ー-,.、_: : : _: ;/ヽ    \_:ノ
      ヽ::::::::::::::/      ,  /    ̄    !\ / ヽ.
        `ー /       /ヽ'´          /: : :`ゝ   l
          !       く: : : :ヽ     _ ___ l: :i : : : i` ー'
          ,\     \ : : Y´  ̄    `i : ! : : : |
         /: : : \_ __,, ノ \/ー ‐- -- - ‐j、: :! : : ハ
        /: : : : : : : :\      ヽ \    / !: ',: : : :l

               【マーチャーシュの妹】





568 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 23:47:49 ID:pEIPpLm2

この軟禁時代に、ローマからやってきた司祭と面会している。


              _,,. - ..,_
            ,.イ‐-、     丶、
           / i   ',       ハ
 .           ,'  ヽ.  }、       !i
           i   F‐、{ \     ,ィ.!
           /¨ヽ. l: :l :〉>: `:ー一';ル'
        ,..ィi:f:ゝヽ {<ヽ〉: :i : : : :》:}
       /_;.::l入__、 :l.i: ィt:ッ、シ、 ;.ィfフ
 .    /:::L.ノ:::i: : :.l: : )): : ̄ : : ,:i `/、
   /::::::::i::r‐'ハ: : \' i.: : : :._'´: !:/:::::ヽ
 ./:::::::::/ト、ー'::::::;\: :\: : ←-`オ:::::::::::::',
 ::::::::::::/::::::l::::\::( ):::/. ̄ ヽ:`ニ/::__::::::::::i                     入 /
 ::::::::::〈:::::::::i::::::::::>::⊥..__,,.彳ヽ::(_  i::::ノ                  y'" ̄ i l〈  i /   /! / /
  ̄`ヽレ-、:::\::::::::___:::::\ ll. レ'" /:/                  /r'" ./ノ入_y Y ´ / / -‐'"
 :::::::::::ノ:\:::::::::∨  r':__..ノ__ll    〈::}.                  ! / y、/ /´ ゞく ´ -‐'" ∠へソ
 :::: ̄::::::::::\:::::::}    / i >':´ ̄: 〉、                  l i / rヘ イ¨ ̄`ヽ ´ ̄`ヽゞ-一
                                        リ//ftテ> ___, ヽ二二二>
                                   y-‐─'"二/i.  /  ktrュ-、 /≦三斤彡
                             x-─=‐'"     〉 /::::| { 廴   `ー'" / ̄ヾ=イ´
                            /  ィ ヾ ヘ  -='" i:::::::| `ー-  ノー./ヘ_.,,入
                        .   / r-‐{   \\    入:::廴_ ,z-─'".:://:::::i∧
                          / i  `    i:::::\  .:: \:::::::::::::......_ノ:::::::::::::} }
                          / {        }:::::::::`ー--───'" ̄:::::' l::::::::::/ /
                        . { 人       |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'¨´  .|:::::::/ /.i
                        . Y         |\______>--‐'"|:::ノ  .∧





569 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 23:48:11 ID:pEIPpLm2

司祭は、その時のヴラド3世の容貌を書き残している。


┌─────────────────────────────────────────┐
│                                                          ......│
│  「高く筋の通った鼻、ふくらんだ鼻腔、太く黒い眉毛に大きな碧眼、口ひげを生やしていた。  .....│
│                                                          ......│
│  頭は大きいが細面で、皮膚は赤みをおびている。                           ...│
│                                                          ......│
│  首は太く、長い縮れ毛が広い肩にたれていた。                            .....│
│                                                          ......│
│  中肉中背ではあるが、頑強な体格だった」                                .│
│                                                          ......│
└─────────────────────────────────────────┘

                           |       |
                           |        |-────一''''イ
                           |  (  )   |::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                    /| ( )(  ) |:::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
                   /  .|( )(  )( )|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                    >=.ヘミニ∧ミ彡イ |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
                  /圭圭〉。 ゚   。〈圭圭圭圭::::::::::::::::::::::::::::ハ
                  f圭< 。| ̄ ̄| 。 >圭圭圭圭圭辷=-::::::::ハ
                 |圭圭:>。|__|。<圭圭圭圭圭圭圭圭圭辷=ー‐┐
                 {圭 /-弋 。X゚._\圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭|
                   |ニミヽ ∨ ...-===、ーニ三圭圭圭圭圭圭圭::|
                   |r==、ハ  .::::::===ミ、 ヽ  トミ辷ニ三圭圭圭圭:j
                      イ、:::)ヾ j .:::: イ::::) ヽミ、   トミ彡辷彡淡'气圭ソ
                   |ミ彡''/ j  `ヾミ彡´   トミ彡辷彡淡彡
                   、  / /           .: トミ彡辷彡淡彡
                       j   |  ィ Y      ..:: トミ彡辷彡淡彡
                    八__,,j   人____   .:::::. トミ彡辷彡淡彡'
                (乂乂乂辷彡ミ乂乂乂乂ノ). ハ彡'''辷彡彡彡'
               ,ィ辷汽彡'ト、 __ フ      / V彡'辷彡彡彡'
              ,イ辷彡彡彡', :::::::::       /   ヒ彡'辷彡彡彡'
              ,イ辷彡イ弌彡人       , <  -──Y彡'弌彡彡彡ヘ
            ,イミ辷彡イ弌彡彡 j ー一< >'´ /    ト彡'弌彡彡彡彡
            小ミ辷彡イ弌彡彡ム ヽ  /   {      Y彡'弌彡彡彡彡,,
          人ミ辷彡イ弌彡'     \Y´ ̄ ̄`ミー─-- .ト彡'弌彡彡彡彡彡
          弋ミ辷彡イ弌彡'     人            Y彡'弌彡彡彡彡彡

                 【ヴラド・ツェペシュ 肖像画】





570 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 23:48:52 ID:pEIPpLm2

監禁から12年後、ワラキアを治めていたラドゥもまた、
オスマン帝国の圧力によって支配に組み込まれようとしていた。


                         /  /  r‐vV⌒}ソ⌒ヽノ! /
                        / //  、l         く |
                      / .//   )   ノ-、^7,、   ) )   ええっ?
                          /  //   ⊥ r/ `。' ∠}、  ) ).
                       /  //  / `し、l  ,-、゚ h ノ /   この身動き取れない
                    /  //  / r─`-! 「 ̄ 7 /ノ ノ >.
             __,.ィ´ ̄二ニ=_- 、 -‐┴'\八.レ⌒ソ /ー’<   状況を変えることが
.            ,. <  ノ         __ヽ /`ニニ} `==イ  /  }
         /                 \ ニ)   「>、.//   |   できるのかい!?
.      /                    ヽニノ   /ニ |   ノ
      /                     ハ、  }ニニ .! /⌒Y⌒VYVY⌒
.     /                         `ミヽ  ヽ-く_ノヽ. /
    /                        ∧ / |   |/
.   ノ                          、\_, \___ノ
   /´         l                       \{  //      ____
.   { l i     / ∧           _             、〉 ./    / ̄
.  l l li  __/ / ∧\ \__\,.ィノ’  f^ヽ       、)       /
   Vi! l l `゙マ::>..、 \\、>:::フ'rォ \i .:l/} |     ヽノ     |
   Vl l  i | 「 Tトミ.、 ヽ/;:ィ´辷fク  |:::|{),ハ、__≧        >  寝返るんだよ
.     \!l l::ハ 、弋fラ  ´ 、_   '′ l::::lノミミ三三ヲ::::::\  <
     `ーヘ::::!  ¨            |::::!ヽミ三彡二二二\  |
         ∧::!       、       /!;jハミフ:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ ヽ
         |::::Vヘ    l_      , '::::::::::l二二二二二二二ニ∧ \_____
.       lニニニ\  、`--ァ'  //:::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
.       l:::::::::::::::::::>  ̄   イ/::::::::::/二二二二二二二二二ニ|





571 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 23:49:22 ID:pEIPpLm2

ハンガリー王は、ワラキアの支配権を取り戻そうとするために、ラドゥを廃してヴラド3世を送ることに決める。


    /:::|   /::::::::::::::::::|/::::::::::::::::::::| /:::::::::|
   /::::::|  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!/:::::::::::|  /
   |::::::::|/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| //
   |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|/::/
   |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
    |:::::::::::::::::::::::::::::::, -―- 、:::::::::::::::::::::::::: 7
    | ::::::::::::::::::_/ /  ̄ヽ \_ ::::::::::::::::::/
   i-― ̄ ̄    ヽ oノ     ̄ ̄―-i
    |     " ___二___" ,,    |
    |  |「 7 ̄|::/|:::/|:::::/ |  |/  ̄フ- ″|
   l⌒、|!l--_ |/ |/  /  _--l!|/⌒l
   | ~ヽ|  ̄>-== 、 , , ==-< ̄ | /~ |
   ヽ 6 | (   `-´ !i_! `-´   ) .| 6 /    使いたくなかったが……仕方がない。
    ト - | `           ´  |- イ
     Vi::::|  """   i「   """  |:::iV
     |::::\            /::/
     〃|/ヽ:::` - _  ⌒ _ -::´∧:|ヽ
    ,-{   V |     ̄    |V^    }-、
      \    ̄ ̄`ー-――/    /





572 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 23:49:41 ID:pEIPpLm2

1472年、ヴラド・ツェペシュ、生涯で3度目のワラキア公就任だった。


 /   / /  /  /彡/ /'''''''‐-、_              _-‐二 --―
 |   /|    ヽ  川人 |     \,__ 、_  _,, -‐ '' ~ ´
 \    ヽ_,.、`'  | | |.|  r-- 、_  \ヽ \      __,. -‐'\
   `ヽ~~')   ' 入 /  ハ | _,.、_ ヽ ヽ〈  \            `'-、_
    ノ  )   / |     | `'´  !,,.-|  |::.  ヽ__,,,..
   / _,./ _,.- i'  /|, ri ノ )i、   /  |:::::::.  \、_  ヽ~''‐ 、__
 /'~´  /   | |;;| `~ '''' ノ|_川   `''‐ヽ::::::::::..   `''''''''`―――`-、‐ 、
 レ /  ' __,.| |;;| / /!   ヽ      ヽ:::::::::.         /´ ̄フ
./ / / |    | /;/,,く |    ヽ       ヽ:::::::       /   / /
.| .| /  |  / _/;/(、!;|/     i       ヽ:::::     /     | |
ヽ,| |  ト、  \、;;'‐7.`!              ヽ::   / __     | |
 ヽ |  ヽヽ,,,,,,,,|_ _,.-‐==‐''~           |:::  // |/ `'''''‐- 、| |
  l、ヽ   ̄,. ___ ̄-''´               /:::::.../ | |      | |
  \ヽ_,.イ .|´| ....:::::...            /:::::::/ / | |    _,. -''~´
     ̄´ ノ ./ /'''  ,. -            /:::::::/   | ヽ-''~´
     ノ  / i   -''_/ ,.- _/        /::::::/   / / _,.-‐''''~~~~''''7
    ( r‐'  `''''''~~|,. '´,イ´ ....      /::::::/ | / _/ -―‐'''''''''~~~~~
     ヽ_ヽ      ヽ- !ノ  ::::      /:::::://-‐二 --―‐''''~~~~フ~/
      ヽ|         ヽ,,,,;;i     /:::,.-'´-''~´/ /      //
       !ノ           .|     |_,.-'~´   / /      / /
                   ヽ、_,.-'´     i i      / /





573 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 23:51:03 ID:pEIPpLm2

再びワラキアに戻ったヴラド3世は、また自分の権力強化を図ることから始めた。

そして、宗旨をギリシャ正教からローマカトリックへと変えることを宣言した。
ハンガリー王国がカトリックだったので、その援軍をあてにしていたからだった。


        }/          ,ィ   ヽ
      |_/        //     |
      | 、     ,r::::/    /
    l   !  }  ,.,イf::フ'"     /__彡    _ノ __Ζ__ 匚囗. ∠t\ ニ|Z  レl lニ|ニ    /
    l!  |/ lレ:::::jノ-┼_ノ厶ラ   `ヾ     \  (_   .|__|__|  匚l  /日 (_   {__ノ ツ・
    |l  l  ノ:::/,ィtzツフソ /‐      ∨
 \  l.! │/''"´/L,__,.ィ^ `ヽ   |    オレは必ず
 ヽ \ヽ  l  、;:::__::´ ´ ^      i   |     社会の頂点に
 \\ \ \____               |      立ってみせる!
 、 \__ヽ  \____三二ヽ     l   |
  \ ヽ  \  \     ヽ\ │   |
   \_`> \___\      \! :   l
    |     ,\           ;   l
    `ヽ __,ィ/             /
      ヽ-'  __,. -‐ つ         /
    } ト----‐= フ'"´   ,     , '
   l  ̄  ̄ ̄    /     /
 l.\`ー ―‐--  -‐ ´   /
 |  ヽ             /





574 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 23:52:02 ID:pEIPpLm2

しかし、その宣言を聞いた領民たちは、とまどうばかりだった。


              ___
           ,、-'"     "'-、
         /     ノ ノ  \
        /  /  /  ノノ /  ヽ
        | 〃//ノ ノ/ノ  ノ  |
        ヾレ/フ /_ノ/ノノノ |
        ノノー''"ー- ーニノ-ー|ノノ
       ノ/ /< tラヾ  /tラ>レっ   ヽ,、
   t、   ニ-ー'l t  ""″  (""″|l人   /ノ|      自分たちの信じているのは正教だけ
   ヾー--==->-ヽ    、 ノ   /ヽ、ニニノ ノ
    \ ̄ ̄ ̄ /\  -=-=  / \_,、-フ
      `'''ー/\、_`-、 `''''" / `'ー-=-'''"
       />ヾ_,,,= `''''''"ヽ ̄ ̄ ̄
      /         ヽ  ノ
     /          |  /
     /          /;;V
    |;;   l      /);;;;;ヽ
  ,,、ノ;;;ゝヽ /    ::::/∠;;;;;;;;;〉
  ヽ「`i rー/     /「rー ヽ「l )
   || ||:::://    /  |ノ  ノノl|
   l| || /    /::: // ,//|
    | 〉     /:::/::/::/  /lノ




      ,. - ‐ - 、                           _zミヾミヾ !j|;i川 !}.!川 jレッツッz,_
    , '´      `' 、                         `ミヾ !川:!川∥川リノ//彡彡'"
   /           ヽ                          ヾ>'_.二二二二._'<シ'゙
 _/              \_                        ( .ィ゙  、,,_,   __,,  `ミ'
 <┬ri/`ヽ、/`\r┬、>                       ,ニミハ   ,   , ノ ゙レ-、   ……
   _l l 二ニ、  ,ニ二 l l_                         { fハ イ゙~  (.,_,.) ''"´! ィタ }
  (、ヽ!_,. - 、j_j, - 、_!ノ )    今さら変えろと          _>、!!   ~~   ' r<
  {j i`ゝ- ' l ̄lゝ- '´! リ    言われても……        /_ `丶{      ̄    ノ   `>、
  _,}ーl   , ‐{_ _}‐、  r'、_                     {"´_ ヽ  )ーヽ..____.∠イ::{  /´   ヽ
二 __,l  ! ,.‐v‐、 !  l__` ー 、                 (三  `ヽ /:::::::::::::::::::::::::::ノ:::::| {   _,}
- '''゙ ̄\  `二´ / ̄ ー 二`                /´ `ヽ,_ノ /:::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ. ヘ./´ ̄ヽ
 - '''" ̄`>ーrr‐<´ ̄`''' -                 / 、 ヽ} ./::::::::::::::::::::::::::::;;/:::::ヽ (_,,   〈
   - '''"´ /||ヽ `"''' -                      ヽ_ノ /:::::::::/´:::::::::::::::::::::::::::ヽ.〔__/  ヽ





576 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 23:52:31 ID:pEIPpLm2

突然の宗旨替えによって、ワラキアの領民からも支持を失ってしまう。
オスマン帝国の大軍がワラキアに攻め込んできても、ヴラドの手元にはわずかな兵力しか残っていなかった。


        /  /  ,/    、  '"  '´//      |
       /     ,/   _,.ィ/  /             |   なにをしている?
     /   /  / ,.-ァT´ Y  /   -‐'         |
     ,!   (.,-' ,/ l l   / ィ ,!  ,.rー㍉       |   はやくこのヴラドの元へ
    /  ノ l  | | /  N l  i' / |/  /   ,',rイ    ∠
   〈,. /´ 人 l. k  キヽl | l./ ノ _/   //          |   馳せ参じて来い!
   |L.-'´ ヽ ト lヽ  ``ソノ',´-'   u  _,,,.....,.  ,!   \____________
    | ,!   ,ハ. |`'l`レ /イ{    _,r_.ニ-─ ''´  ノ     _,.-
    |(.   / j' ,!  リ /'´ ヾ!     ヽニ乞ー-' く   ,.-‐ワ,
   l_ヽ  l  /,/|    ノ  '′    `¨¨´   ノ ,、'テ  /
    リ  | _/'  | ㌦ l    、 u    u   '-'_,.ノ  /         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        |     | l (.ヽゝ--‐'    U     /-,一 ´ `ーヤ |    |  連中に国土を
    \  ヽ.   | ヽ``ヽ‐._‐、       / /ヽ  ヽ `ア ,ハ  <
     ヽ ヽ.  l、 `ヽ`ー`´    _, -'  /`ヽ|  l  >' ,〉   |  荒らされても良いのか
      ゙l. ヽ  ヽ._u  `¨´_,.. -‐ ´   /  ノ   lヽ_./    \____________
      |  ヽ     ̄      _,、-'   /   /   ヽ
       |   ヽ、      _,、-'   _,、-'    ノ \   |
      ,'     `¨''ー-一 ´  _,、-'_..... -‐'    ) /





577 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 23:52:56 ID:pEIPpLm2

1476年、オスマン軍との戦いに敗れ、ヴラド・ツェペシュは刑場で首を落とされてしまう。

享年46歳だった。


                      . . . : : : : : : : : : : : : : : : : : . . .
                . . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : . .
              . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : . .
               . : : : : : : : : : : : : : : : : r' ー, : : : : : : : : : : : . .
                  . . . . . . . . . . . . . . . .(⌒´ ̄ヽ : : : : : : : : : : : :
    ,-、            : : : :  : : : : : : : : :7 /`i  } : : : : : : : : : :       ji
    ! !           : : : :   : : : : : : : j´  ̄   !,、_: : : : : : :       ,r'イ!  /
    ! !                 : : : :/⌒′       \.: :       /ノ |l /
  , ┘└ 、               _,./             ヽ.      /j  |l /  /
  (/〉〈\)              ,. - '゜                 ゙''‐- ._ `′ |/  /   <´ヽ.__
   l  l    /|     _,. ‐'                         `''- 、/!!__/  .,   `┐!
   l │   ,∧|_,. - '¨゜                             `" `ヽ._)\  /-┘
   l └ '"~ `゛´                                        ∀─‐---
‐'"¨´                                                `"''ー- ..,__





579 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 23:55:32 ID:pEIPpLm2

ヴラド・ツェペシュは死んでからも伝説を残していた。

首はコンスタンティノープルに運ばれて曝されたが、埋葬していた胴体は消えてしまった。
そして、いつか復活するためにどこかにさまよっている、という……


                 l         ,ィ  /ム、    l
                 l     ,. -ァ‐イノ‐''¨  ‐-=、    l
                 l   ,ィ'´/   彡 ,. -‐ァ  ヾヽ.   l
                 l   i !        // /'´ノニ=- \_ l
                 l  ノ l∨レヽ彡    /'´   ト、ゝ!
                 l /  トヽ`ヽ∨  /  >ニ= lヽ!..l
                 l ゝ   /,.,.ィノ"¨゙〉ノ i、\ヾゝ  ゝ、l
                 l  〉i , i!\ノ i; ∧!;ノ,;;/ミ、、ミ  i l
                 l、 `ヽ }.,,_、\;;,V/,ィェラフ トハミゝiノィ
                 fヽヽ  |ヽi. "⌒/l ! ヽ ̄  lノノ // |
                 「i  |  ヾ、l.   L, y'     i^i  l i /|
                 .l.l  l   l |i.  _`ニ_    ノ !ノ .i liイ
                 .l l. !  ハl \ `ニ  ./  .l /  ハ、
                 iベ-入  l  丶.  //   ゙y,. イ  ,ハ
                / \\ヽ、L_  `¨ /__.. -‐''"  /  /
                     ¨ ''‐-ァ'´ ̄ ̄ `ヽ、    / ,.イ
                丶、.._○  / 0    0  ゙i  ○ _ノ





580 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 23:58:11 ID:pEIPpLm2

  iニ二二二二二二二二二二二二二二i.   |
  |;:;.. : i;::,. : ;!..:. : i;::;.:.::.|:;; . .:i::;; :.;:|;; .:;:::!::; i!    |
  |,;;:; ; |,;;:; ; |,;;:; ; |,;;:; ; |,;;:; ; |,;;:; ; |,;;:; ; |,;; ||    |
  |;;::; : |;;::; : |;;::; : |;;::; : |;;::; : |;;::; : |;;::; : |;;: |!    |
  |;;;;: ; |;;;;: ; |;;;;: ; |;;;;: ; |;;;;: ; |;;;;: ; |;;;;: ; |;;: |!    
  |;:._,.:_|;:._,.:_|;:._,.:_|;:._,:;_|;:,_,;:_|;:._.,:_|;:._,:;_|;:._,!
                                  i'゙||
   _/_                         |..||
  ({;::[串]::;}).   r ― -―‐‐―--―-ぅ―┴||
 |i ̄| ̄| ̄|_||||]| ,ノ. '′,ノ ,' ノ'   シ′,ノ .(,.   ||
 ||___|_:,|__,,|_||||]|(_,..、_,.:-‐、:;ン、_,._,.ス,_,.j:_,),,__,,||
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \  ( ;;;;(
   |    ( ─)(─  ) ;;;;)
   |      (__人__) /;;/
.   |        ノ l;;,´    フゥ~~
    |     ∩ ノ)━・'
  /    / _ノ´
  (.  \ / ./   │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /




         ____
        /― ― \
      /(●)  (●) \
     /   (__人__)     \       ……なんていうか、敵にも味方にも
      |    ` ⌒´      |
      \           /       極端だった人な気がするお。
        /         \
       |   ・    ・     )
.     |  |         /  /
       |   |       /  / |
       |  |      /  /  |
      (YYYヾ  Y (YYYヽ |
     (___ノ-'-('___)_ノ





581 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/29(金) 23:59:44 ID:pEIPpLm2

         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \       でも、今の話だって、
  | / .イ '(ー) (ー) u|
.   /,'才.ミ). (__人__)  /      どこまでが本当かわかってないんでしょ?
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ




                       , -、
                  , -   / /
       / ̄ ̄\      / ノ/ /
     /ノ,、\_  \    / / /`ヽ
     ( ●)( ●)    |   {    (__/}     うん、確かに。
    (__人__)     |   {    (__/}
     (`⌒ ´     |   /     (__.ノ     長年、キリスト教徒の悪役を務めてきたおかげで
      {        |   /   ,;-ー'´
      {         /  . /  . ノ           悪名ばかり先行しているが、
       ヾ      /  / ./
       ソgヘ二ニ=7./  /             徐々にヴラド・ツェペシュの研究も取り組まれている。
      ∧ii/ oィ/厂  /
     / .|//=≠. r'´
     l  |。     `~/
     /  |。      /





582 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/30(土) 00:02:10 ID:30FZU2.s

    /||ミ
   / ::::||
 /:::::::::::||____
 |:::::::::::::::||/ ̄ ̄\|| ガチャ
 |:::::::::::::::|| _ノ  \\
 |:::::::::::::::||( ●) (●)|
 |:::::::::::::::||  (__人__)  |      おーい、やる夫、
 |:::::::::::::::||  ` ⌒´  |
 |:::::::::::::::||       }       タバコ買ってきてやった……ぞ……
 |:::::::::::::::||        }
 |:::::::::::::::||ヽ___  ノ
 |::::::::::::::(_____ノ´||
 |::::::::::::::(_ノ / . . . ||
 |:::::::::::::::||/    ||
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::||      ||
 \:::::::::::||      ||
   \ ::::|| ̄ ̄ ̄ ̄
    \||





583 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/30(土) 00:02:23 ID:30FZU2.s

           ____
          /ノ   ヽ、_\
        /( ○)}liil{(○)\
       /    (__人__)   \     や、やらない夫!?
       |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
       \    |ェェェェ|     /
     , -‐ (_).ヽ   ー‐    ィヽ
      l_j_j_j と)          i
       ̄`ヽ     ノ    | l
       /´  ヽ        | l
       l    |       ヽ_⊥-‐ 、
       ヽ  _,l- 、      ̄/     l
        ヽl´   |_  / ̄ `l_-‐ ´
         `-‐´   ̄ヽ --‐'




     / ̄ ̄\                                       / ̄ ̄\
    /   _ノ  \                                    _ノ  ヽ、  \
    |    ( ○)(○)    えっ!?                         (○)(○ )   |
 .   | U   (__人__)                            .       (__人__)   u  .|
    |  U  |r┬-|  彡                           .えっ!?   ヽ`⌒ ´    |
 .   |     ` ⌒}   彡                                   {       /
 .   ヽ        }                                    lヽ、  ,ィ'.) ./
     ヽ     ノ                                     j .}ン// ヽ
     /     \                                    ノ '"´  ̄〉  |
    / /\   / ̄\____l⌒l                   .        {     勹.. |
     | |  \ /  ヽ \_____|                           ヽ 、__,,ノ . |
 Σ(⌒ノ   ゝ    \__)





584 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/30(土) 00:04:39 ID:30FZU2.s

            ____   _____
           /      \/        \       ‐-、
     、-‐   /⌒   ⌒ u     ⌒   ⌒\   ___,ノ-、      えっ!?え!?
   、- !、,__/(◎ ) (◎ )  彡   ( ○) ( ○)ヽ    ___,ノ
   !、,___ l  (__人__)      u    (__人__)   |            どういうこと!?
        \ `⌒ ´     彡      ⌒´   /            どうしてやらない夫が二人!?
         /                       ヽ             タバコって何?




      / ̄ ̄\
    /    _ノ \
    |    ( ○)(○)     お、お、お、お前誰だ!?
    |     (__人__)
     |      |r┬| .}      俺になりすましてやがったな!?
     |       | | | }
   ,..-'ヽ     `ニニ }
  ./::"::::`ヽ、.,__ __ノ ゙
 /::i::::::::::::"'弋'!ー',イ>|'_ノ´`ー -,,_ _               / ̄ ̄\
. }:::゙|::::::::::::::::::::~゙:_戈;f"  、    イ/ `i             / ノ  \ \
/:::::::!;:::::::::::::::::::/',r.テ    \xー.ォ、__ノ             |  (●)(●) |
::::::::::::ヾ!:::::::::::::l .l r'   ` 、_冫y"              . |  (__人__)  |
:::::::::::::::::\o:::::l .ト、  ヽ,_ノ"ー'                 |   ` ⌒´  ノ
:::::::::::::::::{::::{\代 l>ー、,_ノ                      |         }
                                       ヽ        }
                                    ヽ     ノ        \
                                    /    く  \        \
                                    |     \   \         \
                                    |    |ヽ、二⌒)、          \





586 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/30(土) 00:05:06 ID:xSwYlteM

なんという超展開w





585 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/30(土) 00:05:04 ID:30FZU2.s

              ___
          , -‐     `  、
        /           ヽ          f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                       ハ        ..|   人間の絶対的な欲望はいくつかある。
        ,′                ,l        ..|
        |           _,,.ィ"゙    l         |   その中のひとつが “恐怖”だ。
.      |  =ニー=彡ニ''`ー--,  |        _乂____________________ ノ
        l,  _ノ⌒,,,_   ,ィ´⑪ )'"゙ |.
       l  =( ⑪フ=、;  '"^'=''′ ,|
    ,,. -‐ゝハ,  `゙゙゙゙´      、  . : :!
 ~´ : : : : : `ヽ:.    i   i    }  : : ト、.、
  : : : : : : : : : ヽ、   '、_ノー-;ァ′. : :/ ヽ\、
  :f: r : : : : : : : !丶    ` ''ニ'´   ,/   !:: : :`丶、_
  : /: : : : : : : : :! ヽ、   ⌒   /  : ,i: : : l!: : : : :`ヽ、
 〃: :j: : : : : : : ゙i   `ヽ、..,,__,, :ィ"::   ,ノ:: : : : : : : : : : : :\
 ノ: : : : : : : : : : :丶   : : ::::::::: : : :   /: : : : : : : : : : : : : : : :\





587 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/30(土) 00:05:34 ID:30FZU2.s

 モコ        洲洲从从从从从V彡ノ
         ヾミ淡淡小小洲洲洲洲小丿
       ミヾミ            ≠彡~
.      ミ                 ヽ
      /                     i   モコ
      |  二二二二 三 二二二二    i              恐怖は自分の防衛本能と直結している。
      |   ― ― ― == ― ― ― ‐  |
 モコ    l   ___ ノ     ^ー―-     |              常に防衛本能が鈍くならないように、
        l   /     ヾ≧=≦Y    ヽ   l
      !  |  ⑪ | }llllllll{ |  ⑪  |   l               人は知らず知らずのうちに恐怖を求めている。
      l.  ヽ ,  彡!!!!!!ゞミ、    /   '
        ',   /    |    ヽ    /  モコ
       ヽ  ゝ _ /\ _ ノ     /
        ヽ   ` ー―― ´    ∧__
         \            / / 〉::`丶、
         /\         /  / /::::::::::::::丶、
        /:::::l  ー――‐ ´  / /:::::::::::::::::::::::`丶 _
     -‐::::::::::::::l        /  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::





588 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/30(土) 00:07:09 ID:30FZU2.s

                         f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                        ..|    この世で最も恐ろしいことはなにか考えたことはあるか?
                         |
                        ..|    それは死んだ人間が生き返ることだ。
               ,、         _乂____________________________ ノ
              ,,ゝヽ-´゙"ー--、_,、
            イ/::::::::::::::::::::::::::::::::;::ヾ
            l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
            ,,|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゞ
           イ|:l:::::::::o::::::::o:::::::::::::::::::::ヘ
             il:l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ
       _,--ー―゙:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,`ヽ
      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ヽ/゙\|
     ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙ ̄`― 、
     i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:::ヽ
     |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
      l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
       |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
      i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
        l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
       l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
       |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l





589 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/30(土) 00:07:35 ID:30FZU2.s

                    \
               、____>\_ノ|
         \     >::::::::::::::::::::::::::::::ノL_
          ヽ‐-‐'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
           >::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;ィ'lヽ::::::::::::::|__             なにせ、自分が墓場に埋めたはずの
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ノ⊥L::::::r、::|.:.:.:.:.:.:.|\
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  ,ィTフ|::::l ノ::|:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:\        秘密まで甦ってくるもんなぁ!
      //7::::::::::::::::::::::::::::::::/l/|    ̄ ノ:::::::::::!.:.:.:.:.:.:.!.:.:.:.:.:.\_
      /  |:::::::::::::::::::::::::::::::/  l::|   __ l:::::::::::!.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|      その死者の口から真実が語られる。
.         |:/l:::::::::::::::::::::::::| 、___7 /::::::::::|.:.:.:.:.∧.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
        /i':::|:::::::::::::::::::::::::ヽ `==´ /lイ:::::::〈.:.:.:.:.:|.:.\.:.:.:.:.:.:.:.:. |     これ以上の恐怖はなかろうよ。
        /:::::::|:::::::::::::::::::::::::::::\ _ / .| 〉ノl|ノ\.:.:.|.:.:.:.:\.:.:.:.:.:.:/
        /:::::::/:::::::::::::::::::::::::::|ヽ!ー-、_/ /、.:.:.:.:.:..:\l.:.:.:.:.:.:.:\.:./\
        /::::::/:::::::::::::::::::::::::::/{.:.:.:.\/\/  \.:.:.:.:.:.:.\.:.:.:.:.:.:..:.\.:.:.\
.     /:::/::::::::::::::::::::::::/.:.ゝ.:.:.:.:.\.:.:.:\  \,-─<___.:.:.:.:.:.:\.:.:.\
.      //:::/:::::::::::::::::::::/l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l\ /´ヽ   \.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:
    /´:::/:::::::::::/!::::::/::|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./\.l.:.:.ハ\_ \.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:./.:.:.:.:.
    /:::::/::::::::,ィ/::|:::レ:::::|.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.\.:.:.:\.:.:.:  ̄ヽ、:.:.:.|.:./\.:.:.:.:.:
   〈::::::|:::::::/:::::::::::|:::|:::::::!.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.`ヽ、.:.:.:.:.:\| /:|   \.:.:.





590 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/30(土) 00:07:51 ID:30FZU2.s

         //:://::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<____,,、-''">''´´``ヽ、___,/´
         イ.|::::::r:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,:,/
       ,,、-l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::< ̄
     ./,、--::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::三≡≡===-、、
    //./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ       \
  ,、=イ /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\       ``
 . l  /::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
    // l:/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
   .// .|l::::,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
 _ノノ  '::::|l:::::::::::::|!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
./´  .   .ヘ.|l:::::::::::::|':::::::::ハ:::::::::::::::::::::::|、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>-、、__
       ヽ::::::::::ヘヘ:::::'ヘ::::::::::::::リ_l_ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|ヽ::::::::::::::::::::::::::>、_`ヽ,
        ヽ:::::ヾヽヽ::l |、}}::::::::|-━━ァ::::::::::::∧::::::::lヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ .ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::`::ヽ、
         リヾ| ヾ . リ l|}l.|:::::::/ヾミ二´イ}::::::::/ ヽ::丿 リヽ:::::::∧::::::::::::::::::::\__ヽ、:::::::::,、-''´ヽヽ:::::::)
          \ 丿  ll| )、:::l   __  }リヘ:l   |::(   .l:::::::l '|ヽ:::::::::::::::l---⌒ ̄´    ヽl::::::{
            \ ,illl|   `ゝ /,,、>ノ  ヘ  ヽ:)   ヽ :::l .| ヽ::::::::::::ヽ          {:::::::l
             \lll| ./__,ィ´              \`   ヽ::::::::::::::ヽ         ヽ::::ゝ
               ``'"-'´                  )    \::::::::::\          ̄`ヽ
                                            <:::::::`:::::ヽ、         )
           ∧                                   ``ヽ、:::::::::\      /
      / ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\       `ヽ::::ヘ    (
      |   人が生きるかぎり、恐怖の渇望は無くならない。     |         \::ゝ、
      |                                       |           ヽ:::ヽ
      |   そのために、人間は怪物を作った。               |             ))
      \________________________/             'ゝ、





591 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/30(土) 00:08:26 ID:30FZU2.s

  ー=≠                            /} }  ハ          \
ー==≠                             / ∨ハハ ハハ     、   トゝ
  /                              { ∧x≦jリ,〕| i   トV   |
/                        トミ{      V〃X _,厶斗'}    ト }   リ
=≠´                     /{  トミx、    {爪,ィ弋'ツ イ   レ′ (          人の世の終わりがくるまで、
//                   {rヘ Y弋じツヽ   V⌒Tニ=彡'リ       ヽ. _)
/                    \} 八三ニ=个ト、  マニナ ニニ / //|i     く⌒ヽ       ドラキュラは人間の
    /                ヽ \ ノ|| \l \   /l/// 从  \   \
  ≠                        ト\ ||  ) ハ  { { { { ' ト、  } } ハ       最強の敵として君臨していよう。
i 〃 |i      ノ{                 八  `ヽー‐'ァ  j =ミ八 / ├‐)ハハ' ノ
iハ |i    ,〃 ∧     {          Yハ\ r,ニ、___ -‐'⌒} /ニニ ト、  \厶厶、
{   {i 」  | i|  ハ   / )ヽ 、     从 / \  ー=-‐'   /二ニ ルハ   ∨ /  ̄`ヽ
ハ.  Ⅵ  |八   }  ∧(   ) )ハ  勹´   Vヘ、        イ二ニ//l    ∨
 ヽ  | i   |  ) / ,厶-‐≠≠ |  ,'    /∧ }}ト . __/ >ァぐ//|    |
    _」」ハ L厶斗<       |  /   /{ L三{{   x<o〃 ///|    |
ー'´     l/   丿  )       |/   |ヽマニV /⌒X//// |    |





592 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/30(土) 00:08:43 ID:30FZU2.s

 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 : ___:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::うぎゃー:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  |  :|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::ぎえーー:::::::/::::::::::::::::::::::::::::
__,.|  :|__,.,_ _ __ __,.,___,.,__, ,__,.,_ ____ __,.,_ _ _ ,.,___,.,__,, _, _,, _ __,.,___,.,__,,____ ,_.
  |  :|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
  |  :|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:__________:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
  |  :| :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. /\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :._,,-
  |  :| : : : : : : : : : : : : //   \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ : : : : : : : : : : :|_,,-
  |  :| . : . : . : . : . :∠/      \_________\ : . : . : . : . |.i-
  |  :| : : : : : : : | ___  |    | ̄| ̄||≡|   |_ : : : : : :|.l-
  |  :|   :   :  :  : |/\   \|__|_|_||≡|_ |」___  :  :|
  |_..:|          //  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ .,,-''!.i-
  | ̄ ||         ∠/     \______________\,:::!.i-
  |≡ ||  ,;:'""':;, '""':;, '""'':;,      |___i ..| | ̄| ̄|||≡| ,;:'""':;,"'':;,"'':;,
  |≡ || i':::::::::::::'i,,::::::::'i,,::::::::'i,      |┐┐|__|::::| | _|  |||≡|i':::::::::::::'i::,:::i,::::i,
  |≡ || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   |┐┐|||| :::| └| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  |≡ ||::::::::              |   |┐┐|||| :::|__| | ─┐
  |≡ ||::::::::              |   ├―――‐|   | |   ̄
  | ̄:::|::::::::              | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |
,、,.|,.、.,,.|、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.|,、,.、.、、.,,.、.,.,,.、.,.,,.、,.,| |、.,.,,.、.,.,,.、.,、.,.,.,,.、.,、.,.,.,.,.





593 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/30(土) 00:09:06 ID:30FZU2.s

     |ヽ      ノ|
     |  / ̄ ̄\│
     |/   _ノ  \
      |    ≪①><①>
      |     (__人__)               ____
     |     ` ⌒´ノ                  /    \
       |         }              |\/  ノ' ヾ  \/|
      ヽ        }            |/ ≪①>  <①≫ \|
        ヽ      ノ            |     (__人__)     |
       /  ー‐  ⌒ヽ             \、  ` ^^^^ ´  ,/
     /             \     .   / ヾ  `ー‐" " ⌒ヽ  ╋─────────────────────╋
                                         ┃                                    ┃
     、_____                                    ┃    やる夫で学ぶ吸血鬼とヴラド・ツェペシュ     ┃
        ̄フ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\          ┃                                    ┃
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ      ╋─────────────────────╋
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ト、:::::::::::::::::::::::::::::::::|
∠_ -―'7:::::::::::::::::::::::::::::::ト、::::::::::::::::::::::::::|  !|::::::::::::::::::::::::::::::::|
     /::::::::::::::::::::::::::::::::::| |::::::::::::::::::::::::リ  |::::::::::::::::::::::::::::::::|
      /::::::::::::::::::::::::::::::::::トチ|==、::::::::::: レ==ュ|::::::::::::::::::::::::::::::::|
    ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::「;;;;;;;;;;;;;}|_ ト、::::|;;;;;;;;;;;;;;|:::::::::::::::::::::::::::::::|
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::N.;;;;;;;;;;ノ l::|ヽ:::ト;;;;;;;;;;ノ::::|:::::::::::::,ヘ:::|:::::|        参考文献
    イ::::::::::::::: ノ|:::::::::::::::::|   ̄  |::| ヽ|  ̄ レイ|:::|:::ト、:| |::| |::::|
    |:::::::::::::::イ |:::::::::|::::ト|     |:::|        | |::||::| |::| |::| |::::|      吸血鬼の辞典    マシュー・バンソン(松田和也:訳)
    |:::::::::::/   |:::::/ |:::|       ヽ:|_-      ト、|| || レ |::| jノ      ドラキュラ誕生           仁賀克雄
   .|::::::::::|    |::::| |::::ゝ  r ,___    、 /  リ ||    |::|       ドラキュラ公ヴラド・ツェペシュ  清水正晴
    |::::::::l     |::::|_,.|::::| ヽ  `ー  =='  /   卞- _jノ
    ノ::::ノ -‐  ̄∨/|:::|  ト、   ̄ ̄  イ     \  `ー- __
   ̄レ'´      /   |::|  〈 |\     / | 〉     \      ̄
          /   ヽ:|  | \__` -- ´__/ |      ヽ
          |       |  | o 不 o |  |       |                    【 終わり 】
                  |/  \|





594 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/10/30(土) 00:10:03 ID:30FZU2.s

以上になります。
本日も長時間のおつきあい、ありがとうございました。





607 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/30(土) 00:29:52 ID:rUp5x0OA

乙です、最後に旦那キターw





595 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/30(土) 00:10:51 ID:xSwYlteM

乙、面白かったよ
二人とも吸血鬼になってしまったかw





597 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/30(土) 00:11:24 ID:DynTgJxc

うひょー、乙!
驚きのハイクオリティだった!





368 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/29(金) 21:26:16 ID:5d4.kwZw

悪魔城伝説のBGMを聞きながら見てる
聞き覚えのある名前やら単語やらがチマチマ出てきてニヨニヨするw





598 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/30(土) 00:13:17 ID:Hg4dISWQ

そういえば、ドラキュラのモデルの一つは
ユダヤだって聞いた事あるんだがアレって本当なんだろうか


>>598
今回参考にした本には、特にユダヤについては書かれていませんでした。
とはいえ、ユダヤ人に関してはいつの時代も
周囲との摩擦が絶えないので悪感情はあったかもしれません。





608 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/30(土) 00:53:06 ID:PKShjgio

最期は国教変更で無政府状態になった隙を攻め滅ぼされた感じっすな
ハンガリーの援軍目当てとはいえ、あのタイミングでは無謀すぎたか





611 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/30(土) 06:15:34 ID:I.sMs6ug

まあビザンツ亡き後に残った正教国なんて
ロシアとグルジアぐらいだから、そちら方面の援軍も期待できないし





602 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/30(土) 00:14:57 ID:oHUN/DPY

厳しいこと言うと、所詮はローカルヒーローでしかないんだよな
ハンガリーとオスマンの狭間で頑張ったけど、結局しくじったとしか言えない
小説がなければ、ここまで注目され研究対象になるほどじゃなかったろう





605 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/30(土) 00:22:01 ID:4fHnEvh.

まあ、ローカルヒーローが文学で再発見はよくあること
ラーマ4世も『王様と私』で欧州に知られたわけだしね、内容が電波ゆんゆんだったとしても


>>602
>>605
ヴラド・ツェペシュが単なるローカルヒーローで終わらなかったのは、
やはり伝奇が絡んできたからでしょう。
生前から怪しい伝説をたくさん残している人だから、
自分のような伝奇ファンにはたまらん素材ですw





679 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/12/05(日) 03:07:38 ID:w54DUl96







             __   __       __                      __
             l__ゝ / /_,へ,  / /======へ,  =======へ   /ヽ / /
              , //ノ7 l7/  / / // 7/ / / ______「`´r´~,へ, ノ/=/ /=へ
            //  / (´   / / // // / /  ̄ ̄/ / ̄// =====/_/===へ
            l l / 人 \  / /.//=// / /   ___/ /  ´   /7=====,へ,
            l_| 〆´  `ヽ/ /_/======/__/   ヽ___ノ     /_/=====/_/








680 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/12/05(日) 03:08:05 ID:w54DUl96

夜襲の失敗の影響は大きく、市民の間には大きな不安感が芽生えるようになる。


      (ヽ、00  ∩
    ⊂ニ、ニ⊃ ⊂ ⊃
     ,, -‐- \   | |/⌒ヽ
    ( ⊂ニニ   / /⌒) )   (ヽ、00  ∩
     `ー――'′ し∪  (ノ  ⊂ニ、ニ⊃ ⊂ ⊃
/ ̄ー―‐ 、            ,, -‐- \   | |/⌒ヽ  〇  〇
:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ          ( ⊂ニニ   / /⌒) )
:::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ         `ー――'′ し∪  (ノ
:::::::::::::::::::::::::::::::::ハ::::i   ., -―- 、   ___
:::::::::::::::::::___ノ、/〉'  /::::::::::::::::::て/::_:::ヽ
:::::::::::::::/ u  て;/7 /::::::::::::::::::;ァ、、:::「ェ ヽ::〉 __
::::::::::::/     /〈  i::::::::r、::/=ミ `く.u J/:::::::::\
:::::::::::j u   、 ´_}ヽ.|::::::iオ/u ニi く iヽァ/:::::r----J   .r:´二ニヽ
::::::::::i   (二7´_.L., 、ハ 〉  _ _マ/ン::::r ' ;tr /;j   i::/r-、r-|  r一ー、
::::::::::|、   .r ' c /、:.:.:ヽ ヽ  ー」: : : : ii ヽu.___、/  _ん' `´ム.'  |:::r―┤
:::::::::/ ̄ ´」ー/:.:.:.:.\:.:.\\__j: : : : : ヽ ヽフ`ヽ´  | | ヽ'ーン、 _/ハu.'_' |
i:i i:::i:iヽi ´ !':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.',:.:i: : : : : : : :「=| : : : |: !  7!`:´|く  7マ.ヽー'





681 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/12/05(日) 03:08:26 ID:w54DUl96

様々な感情が交錯するコンスタンティノープルで、医者のニコロは内諜の探りを行なう。


      /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ\
     /: :/: : : : : : : : : : ::ハ: : \: : :\\>
     /〃 : : : : : : : : : : : : : : |ハ :ヽヽ: : i: ヽ:ヽ
    /: : : : /: : : : : : : : :i : ├ヘ : |: : !: :|: : :!: :|                         rfh_
     |: : : : :|: : : : : :,.イ : |: : :|   !: |ヽ|ヽ:|: ! ト、!         ,.-、___ _, --―‐ニ二/  ヽ
    |: : : : |: /|: :/_j: 人:ハ:!  jハレくトN∧:|          レ'´-〃、:::` ̄ ̄ ̄::::::::::::::!   |
    ヽ : : /^ヽ:ハ「´,仁二、≠  トゞr' 〈:く ヽ         /,. ̄/({_/ ̄>─────-〕  く
     /: : :i! ハ从` `ー”´'    !`    ! :ヽ         _」i:::::::|:::.イ-:〈─────‐r',. =、、!
    /: /: : ヽヽ! i           !   /: ヽ: i        〈ハ::::::::::!:ヽ!:::::::!::::::::::::::::::::::::::::| 、、__,.リ !
   i: :/:/: : : ー! ヽ    ,.〈- _ノ、  !: : : V|        frヽヽ:::::\_ヽ:::ヽ___二二二ヽニニ〃
   |/レ' : : : : ,.ヘ  | r' ,. -―‐'´,  !: : : :ト!      ,.-く:.:リ:!:::宀¬:::::::/r― 厂
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\\     ,.-一ィ ∧: : : !     /-' ̄`ヽ__::::::::::|r' r'/
  ____    ヽ `ヽ、       j`ヽー┴-、__//       / `ー77 L!_
/___/ ̄ ̄ ̄>―-> -―ニ-----―'´ /|   _ヽ__ {     リ | _ i
      /     /                /::レ'  レ'  } /ノ  ̄、=ニ_.乂_ー-' |
   /     /                   /:r'    ,|   \     ̄ ̄`ヽ ー‐ヽ
  /    /                     /::::|   |\    `ー-、〃        |
     /                    |::::::|   ヽ \ 〃   `ー-- 、_   !
                          ヽ:::ヽ   ト、  `ー- _        ノ
                           }::::::ヽ_`ー! \      ̄     /}





682 名前: ◆Zr4xz82y3k [] 投稿日:2010/12/05(日) 03:09:59 ID:w54DUl96

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ':::-‐::::::::::::::::::`ニ=‐   ,
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ_  ´    ノ 7   (   」   ―┐ll (      <  _|_  (
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ:;ゝ    : /     >  )  ―┘  て   _、, ゚ 。 }  ノ 」   Z,
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}    : ‐┐ll  (  ,, 、Z   ー    {  _哲j_  ノ  ─ァ   /
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ::::::::::::::::ヽ::l,    ┃ ノヽ   \Lく,f )   二.、  ( / ;lーl ` )  /ヽ  {
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ::::::::::::::::}    ・  っ  /´ / )∠_   っ  「 C 」| | l Z   っ  (
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::/          ( l / ,イ  /.‐y-、 /⌒/~ ̄`-ヘイフ 'ァ-;__r⌒
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:::::!:::ト    ⌒Y⌒Y´ ̄` | | | {        ′_/ /  ̄ l |
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;rィ )::/:;ィ|::/            L└ミ ト、   从  \ /    l l   __     __
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;ィ/ /,ィ'/'',r'/'              l | `ヽ \  ノ⌒⌒\ て  〉 〉  | |_[][]┌‐'└┐ oo, 、
:!::;:::::::::;;:::::::::;::::::;ィ' }! |/ ' /               / /    \/`つ  人 Vヽ └'   | ┌┘  ̄|_「Ll  く/
'Vl;ィ〃//' "´   `'′ /               /_/    /f ヨ Eヽ〈  ー'^┘    
           /      ノ               〈_ノ       l'_/盂ハ_ソ
         /   ,. '´
-.、    { / 、_/
:::::::`ヽ.、 '〈
‐-、:::::::::::`:ー-、                     次回 やる夫の城塞都市物語
  |::::::::::::::::::::::`ヽ、_
   l:::::::::::::::::::::::::::::::::`::‐:..、                 第8話 「崩れ行く人々」
   l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:>=‐-...、
    l::::::::::::::::::::::::::::::/´::::::::::::::::::::::ヽ            
――乞う、ご期待!
    l::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     l:::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|





599 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/30(土) 00:13:49 ID:jMAR46C.

鬱展開な本編に戻るか、覚悟はできている











投稿日 : 2010/10/30 | カテゴリ : 城塞都市物語 | コメント数 : 16
■コメント一覧
  • No.6870 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年10月30日 17:09 [ edit ]

    >>598
    ドラキュラに限らず、19世紀末に書かれた小説のモチーフとして
    「文明国に侵略しようとする外界者との戦い」ってのがある。
    前者はイギリスに、後者はユダヤや東欧人などを暗喩しているとも。

    このころは成金の外国人がイギリスの不動産を買いあさるという、
    バブル期の日本企業や現在の中国投資家みたいな事例が多発していた
    (本文にあるとおり、小説のドラキュラ伯もそれが目的だった)。

    「ウサンクセー外人どもをモチーフにした怪物をぶっ倒す、スカッとした話だぜ!」
    と、ブラム・ストーカー氏がノリノリだったかどうかまでは知らないw 



  • No.6873 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年10月30日 19:09 [ edit ]

    ※1
    20世紀初頭のアメリカ映画界でドラキュラ映画がヒットしたのも、俳優のベラ・ルゴシの話す東欧なまりの英語が当時大量に流入していた東欧系移民を想起させるから、なんて説もあった。

    >ジプシー(ロマ)は出生が不明で、東欧を中心に各地を放浪していた。
    >ジプシーの語源は、「エジプトから来た人」という意味らしいが、その風習や伝統はインドの方が近い。
    一説によると彼らはインド南部にいたドラヴィダ人で、アーリア人の侵入によって故地を追われてヨーロッパ方面民族移動した、とも言われる。言語が似ていて、またDNA的に類似点があるんだそうだ。



  • No.6875 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年10月30日 20:03 [ edit ]

    イギリスに行政書士の仕事あったのか、とかやってることは司法書士だなと思ってしまったり。
    実につまらないことにこだわってしまった。
    事務弁護士が近いのかな。



  • No.6879 名前:御神楽 投稿日:2010年10月30日 21:33 [ edit ]

     ジプシーについて現在解っていることはあまりに少ない。
     インド方面から来た人々をルーツとする説は間違いではないかもしれないけど、確実ではない。言語的類似性では説明しきれないし、DNAの解明も不完全)
     ただ、ジプシーは自らをエジプトの侯爵と名乗ったりするなど度々都合の良い自称を用いたし、その後現地の流民がジプシーを自称したり、あるいは周囲から同一視、もっと言えば合流したりしているので、もはや人種的な意味でのジプシーが存在するかどうかは(判別を付ける手段が無いので)大変難しい。
     現在、ジプシーについては「解らないことだらけだという事がやっと解った」状態に過ぎない。
     
     エントリ本題からは外れた枝葉だけどw



  • No.6880 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年10月30日 23:23 [ edit ]

    1.人間の血を吸う化物
    2.人間が死んだ後に不死者として甦った
    3.力は生前の20倍はあり、恐ろしい黒魔術も扱う
    4.コウモリ・犬・ネズミ・猫・カラスなどを使役する
    5.吸血鬼にかまれた人間は吸血鬼になってしまう
    6.体を霧にしたり、動物などにも変化できる

    これは吸血鬼の定義じゃなくてドラキュラの設定だろう。
    墓からおきあがってくる死体、黒死病などの病魔、呪いをかける魔女といった
    バラバラにあった伝承をドラキュラという1つのキャラクターにまとめたもので、
    ブラムストーカー以前の地域伝承にはこれらを満たすような怪物はいないらしい。
    それと、吸血鬼が怪物達のボス的存在というイメージもブラムストーカーからで、
    手下を従えた吸血鬼という話も見当たらないみたい。



  • No.6887 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年10月31日 00:48 [ edit ]

    なんつーか元々はゴブリン程度の強さだとか聞いた覚えはある。
    ラノベエロゲじゃやたら強いが



  • No.6891 名前:  投稿日:2010年10月31日 01:38 [ edit ]

    というか民間伝承の吸血鬼って、現在で言うとゾンビだよな
    狼男や魔女の性質も混ざってるけど



  • No.6892 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年10月31日 01:44 [ edit ]

    民間伝承の吸血鬼は、血の吸い方もバリエーション豊富
    映画のように首筋ガブリもあれば、首をねじ切って、溢れる血を啜るという乱暴な奴もある
    面白かったのは、舌先にトゲがあって、それを人体に刺して血を吸うってやつだな



  • No.6898 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年10月31日 02:38 [ edit ]

    「ブラッド・ジャケット」の主人公のアーヴィング・ナイトウォーカーって、
    このアーヴィングからとられてたんだきっと!
    古橋もマニアックだなあ。



  • No.6908 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年10月31日 07:50 [ edit ]

    血を吸う怪物なんてのは、洋の東西を問わず結構いるもんだよ。
    それが特別視されるようになったのは、「血」というものを特別視する
    キリスト教圏で生まれたモンスター、「ドラキュラ伯爵」の影響大だろう。



  • No.6914 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年10月31日 11:15 [ edit ]

    ヴラドの死因は敵兵の格好して逃げたら味方に刺されたとか、
    会議かなんかの帰りにすれ違いざまに首刎ねられたとか色々あった気がするけど、
    今は刑場での処刑が正しいのか?



  • No.6925 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年10月31日 18:39 [ edit ]

    それ以前からあったコマンドアクションゲームを
    ブラッシュアップして「格闘ゲーム」というジャンルを
    作ったスト2みたいに、「吸血鬼」というジャンルを
    作り上げた名作だな。

    ロメロの「ゾンビ」も、蘇る死体モンスターの定番となってるなあ。

    人物描写でいうと、日本ローカルだが司馬の竜馬もそうか。
    1つのフィクションがその後のキャラクターの流れを決定している。
    面白いものです。



  • No.6932 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年10月31日 22:06 [ edit ]

    「世界不思議発見」でやってたエピソード思い出した。
    商人に金を払った時わざと金貨1枚多く入れて、気付かなかった振りしてガメないか試したって話。



  • No.6933 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年10月31日 23:05 [ edit ]

    イギリスでブレイクした吸血鬼が、遠く極東日本でも猛威を振るうとは
    ヴラドさんもブラムさんも予想だにしなかったろうなw



  • No.11323 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年05月06日 22:44 [ edit ]

    ドラキュラがモンスターの中でも特に人気を誇るのはイケメンなせいもあると思う
    ドラキュラでなくても漫画の吸血鬼って美男美女多いし



  • No.26678 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2014年09月09日 19:11 [ edit ]

    篠田真由美の『ドラキュラ公―ヴラド・ツェペシュの肖像』おすすめよー



■コメント投稿
     行間隔の関係でアスキーアートを貼りつけてもズレが酷いことになりますので、
     アスキーアート付きのコメントは削除する方針です。
     荒らしの書き込みに対してレス・言及しているコメントも削除対象ですのでご注意ください。
プロフィール

管理人 : 「ピチカー党員No.11」こと金ニダリスト

       ___
      |それ金|
    z'| ── 、
    / ハ ヘ u ヽ
  人/ノヽ ミ=‐...|_     生活の中心が株になっとる
    }≦ u 爻r.j. |彡}
  (  u  リ У{三≧
   ` ー─t r三勿 {气}
      厂 ̄(三)  `气


◆カウンター(ユニーク)    ◆カウンター(トータル)
       


全記事一覧

RSS

管理モード
ツイート
最新コメント
最新記事
まとめ記事
【歴史系】
【物語系】
【ゲーム系】
【学ぶ系】
連絡先はこちら

苦情・相談などありましたら、
下記のメールフォームにてご連絡ください。
(ファイル添付可能)

連絡用メールフォーム

貰い物紹介

TOP画像募集中

  

ダンジョンマスター作者様からいただいた逸品。
カナ、マジプリティ!



  

  

帽子屋HeII0様からの贈り物、しかも二枚!
各作品に対する愛情が伝わってきます。
帽子屋HeII0様のブログ - 「-simulacra-」

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
© それにつけても金のほしさよ All rights reserved.
まとめ