■【2010年】できる夫達が宇宙の旅に出るようです 第1部 レオーノフ 第2話 レオーノフ号
209 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/23(木) 18:00:34 ID:ZioXcnPA




                 【2010年】できる夫達が宇宙の旅に出るようです


                         2010 : Odyssey Two


                          。  ☆    .       。  ・
                                  .    .  /)      .
                ☆                      ,〇 ノ    ・  .
               。    .                  (_/         ゚
                           , - -   ゚   ・      ・  〇
              ゚            /  (● ●         ゚      . .
               。          ゝ  (__人)^) o    。
             .                ⊂     //   .      .     ゚
                  。  ・    (    〈               .
                           `~ ヽ_)       "   ""
               o  ゚       。  ☆              r─── - .
              ・      ・       ・   。       イ´ <`´    |
                   。    。             /、ノ    `l     .
                ゚    ・                / n     `ヽ ζ





210 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/23(木) 18:00:54 ID:ZioXcnPA








                    第1部    レオーノフ
                             LEONOV


                    第2話    レオーノフ号
                             LEONOV








211 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/23(木) 18:01:18 ID:ZioXcnPA

          / /   /=ミ、ヽ_//厶     `ヽ、
         /_/    厶≦二二ミく.:`ヽ.   、_  ',
      、__/  / , - ¬…'"´ ``丶、ヽ、.:', 、 ' ,`ヽ}
       / / ./             Vハ..:.:. ::ト、 ゝ
       |/|/     }            Vハ.:.:.:.:. .:ト、\
       , '  .i .:/ ./   i   トヘ       }/}.: .::!:.:.:} `^`
       .'   |:|! :|/|:/|! |  :l: :!:!: !:、  | :| |ハ7.::.:.ハ:.厶   ・・・・・・・・・・・・・・・・・
       l  /|:|! :|-l'--、!  :/l斗|-|-|  | :| |//.:.:..:/ }′
       | l|.:|:|! :l.rtッ‐、| / };ハ|;ハハ: :| :| |V.:.:i:.:.:,′
       | l|.:|从:| 、_ ハ/ r‐tッ―-、} |:! !: |: |レ
       | ハ:|: |:{   ̄   ヽ __冫/:/: :/: :|: |
       ヾ{ ヾ{: \ (_人__)   ̄ ̄ }/:/:!:/ : /!/
           \: :l>.、__  . ィ{:/: :i:|: :/
            V  |:|:|:/ノ      }八从/
             /|从{         {_  \
            /{=‐|::|} `  ´ ̄ /⌒\ }、
           {_  Vノ:::ヒュュュュュュァイ\_,ノ´ \
            ) ン´::::::::(o):::::::::::::∧_/     __》,
           { {::::::::::::::::::::::::::::::::f      /´   }




          ____
        /     \
       /  u   ⌒  \    ・・・・・・・・・・・・・・・・
     /      u (●)  \
     |           __´_ |
     \    u   .``ー/
     ノ           \





212 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/23(木) 18:01:42 ID:ZioXcnPA

   /     l       |       \  ∨// |  | │l      ヽゝ
.  /./   |       |  |  │ ヽ. ヽ. | '/ |  { │| |    )
 /./  / |       |  |、   ト. │  | | l /ヽ. _>l│ |  | /
 | |   |  ト.       |  L≧ |‐\|  | | |./ / l ::| |│ |  { {
 | |   |  | |ヽ    l\|¬ `'__ |  イ | | Y/ イ::::| |/j/    ヽヽ   あなたはどうしてレオーノフ号のミッションに…
 | | ',  |  |ノ─ヽ  |  チ斤万:}ノ l /l ハj l },イ::|::::|         ト.ゝ
 }人ヽ ', lr≦云\ |  .ゞ--≠ |/ }ノ ノ// l:::|::::|    l  ノ}ノ    いえ、また喧嘩は嫌ね
 '  ヽヽ ヽト⊥斗' l`          r‐'、y│|:::|::::|  | .ノ /
    丶ハ  .≧  '、          ノ   lゝi |:::|::::|  | イ /
      },イ∧   (_人_)     ., ' /∨::|| |:::|::::|  |. レ       でもあなたの動機がどこにあるかはっきりすれば
       レ' \   ` ニ´   ∠/ヽ': : : ::lレ|::::Τ\Ⅳ        私たち二人には役に立つと思うの
           `  、    ∠/Y: : : :///\::|   `
              ` <∨: : : : : //: /: : : \
                >二二'_´/: : : : : : : : : :ヽ
              /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ',
             /: :.∧: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :,
            /: : :∠___i: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : i




       ____
      /     \        ひとつでも立派な理由を挙げられたらと思うよ
.    /   ノ '  ヽ\       だけど、細々した小さな理由があるだけさ
.  / /)(ー) (ー)u\
  | / .イ    '       |     ――それがひとかたまりになって
.   /,'才.ミ).  ⊂つ  /     議論の余地のない最終的な答えになる
.   | ≧シ'        \
 /\ ヽ          ヽ    本当だよ





213 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/23(木) 18:02:09 ID:ZioXcnPA

         _   _,
      ___,> Y´'ー-、
     _>z二_ ___`ー≧__
     >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
    /        ヽ `Y′之>   信じるわ
.   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }く
   l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |     だけどそれが独り合点じゃないという
   |ハ |l┬r ヽ|r‐┬}/_ / ,/レ′    確信はあるの?
    `ト' じ    ヒソノ' 「)'/|/
.     ヽ、_(_,、__) ._,.ィT/
       l 7Eニ::ィ1│
       'イ/ヽ::::`l┘
        i´ ̄ `|::::|
       j|     |::::|




      ____
..     /      \
   /  ─    ─\    これが独り合点なら、独り合点してる人間はたくさんいる
  /    (●)  (●) \
  |        '      |   ――この件を依頼してきた大統領だってそうさ
  \      ⌒   /
.  /⌒ヽ         ィヽ    それに思いも寄らない大統領からの依頼がなかったら
 /      ,⊆ニ_ヽ、  |    自分から志願なんて絶対にしなかった
./    / r─--⊃、  |
| ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |





214 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/23(木) 18:02:39 ID:ZioXcnPA

      ____
     /     \
   /  -     - \     よく考えてみるとこの仕事には
  /   (●)  (●)  \    私が最適なんだよ
 |      __´___     |
 \      `ー'´     /   私が体力的に大丈夫なことは
 /     ∩ノ ⊃   /     君も十分に承知してるはずだろう?
 (  \ / _ノ |  |
. \ “  /__|  |
   \ /___ /




        _」ヽ  /|
       /   ゙V´∠イz‐ 、_
     /  , ヘ,_/ ヽヽヽマ´
    //  // ^´  ̄ `^`ヽ\ ゝ
   _,//  〃  ,  ,     、 \ヽ、   それはもちろん…
   ,ノイ| l/  //,ハ|  .l | .,ハ,l   lハ|`
    小|   l/ ナ弋  |,l ナナ| l |
     l从  |  ⌒ \l ⌒ イルリ    でも、あなたが自分から言いだしたんじゃないかって
    ノハ小  l//// (__人__)//l,/    疑いたくなる時があるのよ
      //ヽゝ  n   n ,イi
      |!〃lヽ>l ^)ー(^|_ リ
         γ::::lヽlムレl:::ヽ
         l:::::,l::::|∞|::::!::::l
         ヽ::::;ノ  ゝ;:::ノ
         ノ   ,   , 八
        /   /  ハ   ヽ、





215 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/23(木) 18:03:01 ID:ZioXcnPA

       ___
      /     \
    /   ⌒  ⌒\      その時は前もって
   /   ( ●)  (●)\     君に相談していたさ
   |       ___´___   |
   ヽ、    `ー '´  /




           __ /{  __
         /⌒Y V´ ∠_
        / /⌒\  /⌒ヽ.
      _ノ ′  _Y/_    \_
.       `ア V  ,∠ ニ==ミ  }ノ<´     相談されなくてよかった
.       /   /         `ヽ   ヽ
     {  /               ヽ   }    何を言い出していたか想像もつかないもの
    、_ノ  ,′// /{   ハ   ハ ハ {
    `T l  |/ ハ  { }/ | |}`
.      ヽ.|  | 二.._\{ _..二| l/
      八 `T弋_フ  弋_フ j /{
     _/ヽ{`  (_人_)  ノイ>―- 、
   /   ,二`>-へ_、 -<´       ヽ
   ヽ、 く/_ \ \>J)           ノ
二二二二二,二二二二二二二二二二二二二二二





216 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/23(木) 18:03:27 ID:ZioXcnPA

         ____
       /     \
      /  \  /  \
    /  (●)  (●)  \   …まだ断ることはできるんだよ?
    |      __´___     |
    \     'ー一`    /
     /             \




                      _   _,
                   ___,> Y´'ー-、
                  _>z二_ ___`ー≧__
                   >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
                   /        ヽ `Y′之>  そんな事をさせたら
                  /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }く    私は一生あなたに恨まれるわ
                  l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
                  |ハ | (●) ヽ| (●)/_ / ,/レ′   あなた自身も自分が許せなくなってしまう
                    `| ""(__人__)""「)'/|/      ――義務感が強すぎる人だから
               r、     r、__` ⌒´ _,.ィT/
               ヽヾ 三 |:l1 l 7Eニ::ィ1│
       .         \>ヽ/ |` }'イ/ヽ::::`l┘
                 ヘ::::lノ::`'ソ. i´ ̄ `|::::|
                  /´::::::/ j|     |::::|
                  \:::ィ /    |:::::|
                     / /   l lrェリ\
                    \/     |    /
                      ` ーrーr┼‐r'´
                        |::::| |::::|
                        |::::| |::::|
                       ,ヘrリ トー}
                       `ー'  `ー'





217 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/23(木) 18:03:50 ID:ZioXcnPA

       ,.へ  /   `\
   、__ノ ,、 V ,ヘヽ \ `ニ=一
   `>‐  i:;:〉-:;_:;:;ヽ 、 ヽ   \
  /  i l イ!´ ̄   ̄ヽヽ ト、 、   ヽ\
  // /il ! !         l从! ヽ!\   ハ
 〃 ハ レ^i/        、 、     ヽ ト!|   まあ、そういうところが好きで
  l //  l 、 l! l    i li ! l   l i !
  ',i    l i!l __!    l´ ̄lノi!l   ,' ハ    あなたと結婚したんだけれどね
   !   ヽX´、| ヽ、  il'ュ=:i-ァ! /  lヾ
   l ヽ  ヽ≧ユ:::j ヽノ ヒ::j '! /!  ,イ 丶
  /l\ \ \゙-ゞ'  、    レイソ / ′
  ∧ ト、ヾ\`>  、_,、_) /! 人l 〈
   ヾ! ヽ i ト、ヽ _ヽヽ(_ノ ! レ'从!\!
     ゙ !.トト、 从i`! ト  ノ| トノl/
      〃ヽ!_"__..-! L、 ,┴ ヽ´ ̄7ヽ、
      ∧´   / ニ7 L二 ヽ |/  !
      |  i   /   ノ `ー、   !_   !
     ,.!  .ハ  !  ノ/   _〉>-' ! 〃
     ヽ  ヾ┴´ |/`ー´  |   |  {




       ___
      /     \
    /   ⌒  ⌒\
   /   ( ●)  (●)\
   i   ::::::*  __´___ *  .i
   ヽ、    `ー'´  /
   /         \





218 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/23(木) 18:04:31 ID:ZioXcnPA

     ____
   /      \
  /  ─    ─\     (義務感…それこそがキーワードだ
/    (●)  (●) \
|        ___'___    |     自分への義務、家族への義務
/     ∩ノ ⊃  /     ―かつての職業への、そして人類全体への義務)
(  \ / _ノ |  |
.\ "  /__|  |
  \ /___ /




      ____
..     /      \
   /  ─    ─\     (この話が舞い込んできた時、決断は一瞬でついた…
  /    (●)  (●) \
  |        '      |    好奇心、罪悪感、かつての仕事をやり遂げようとする決意…
  \      ⌒   /     それは恐怖と家族への愛情を越えて
.  /⌒ヽ         ィヽ      私を決断させたんだ…)
 /      ,⊆ニ_ヽ、  |
./    / r─--⊃、  |
| ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |





219 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/23(木) 18:04:59 ID:ZioXcnPA

――数ヶ月後
   2009年7月、ケープ・カナベラル




 (    ⌒ヽ         _,,...-‐‐''"" ̄     /  /  |  \    (   ⌒)   ゝ
  ゝ      ⌒ヽ,, __,,,....--―-..、        /   /   |    \  ,,.(     )、,,(
 (          /  ,,,,,,,,,;;》》》〉〉ゞ      /    /    |     (          ゝ
_,,...-‐‐--..,,,_   / ミ''           /     /          />  />
>〉〉》》》》>>,, `ヽ、,r'~ ̄ ̄`ヽ、 ̄+; ̄ ̄ __ ̄ ̄ /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,,_p/> ̄ ̄
    _____,,,...(,;;)/⌒ヽ、"",,, ヽ、 。..: _'. ! ..::::. / ...::::::.. ..::::::::........ 。゚。,,,_p/> .....:::::::::::::::::::::
,,r''~ ̄,,,,,,;;;;《《(,;;);;)彡 ヽ  彡,,ゝ /  | .::::: *....::::... ........+::::::::....... ...::::::::.  ......::::::.....:.:
《《《く""  ,r';i;i/ ..::.  彡 ) +:::  | /...........::::::::..:::::.. 。...:::::::::::::.....  .::::::::........  ...::::::::::.. ::...
。.... ::::: ,r'ww/ :::::::::: 彡ノ::. / ̄ ̄|  。..::::...... 。...::  ......*.....::::::::..:::::..::.....::::::::::::::::... ...:::::::
~;,,。,r';i;i;i;i;i/ :::::::... ::  /     |  .........:::::::::::::::::.........::...:::::::...::::::::::::::.....:::::::::::::。::::::.........::::::::
   /www,'.。.... 。.... . . |     /。.....゚ .........。・...。.... 。 。。..::::...... 。...::::::::... ......::::::::::::::::..
  /;i;i;i;i;i;,'. ~^^゚~~~゚^ |__/~~・。,,,,:~"~~。~・" ゚''~。,,, 。....゚....... 。.....:::::::::..........:::::
 /w;w;w,'                                 ~^^゚~・,,。,, 。....゚......。..。....
/;;;i;;i;i;i;i;i
;w;w;w;ii
;;i;;i;i;i;i;i





220 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/23(木) 18:05:43 ID:ZioXcnPA

    ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
    ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
    ;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;, / ,;;;;;;;;;;;;;;;;;;
    ;;:;;;:;;:;;:;;;;;;:;;;:;;;;:;;;;:;;;;:;;;;:;:;;;;;:;;;;;;;:;:;;;;;;:;;;;;:;;:;;:;;;;;:;;:;;;;:;;;;;:;:;;:;;;;;:;;:;// ,;:;;;;:;;;;:;:;;;:;;;
    ;;;;;:;;;;:;;:;;:;;;:;;:;;;:;:;;;:;;;;:;;:;:;:;;:;;:;;:;;;:;:;:;;;;;:;;:;;:;;;:;;;;:;:;;:;;;;:;;;;:;;;;;;:;:;;:;;;// :;;;:;:;;:;;;;:;;;:;;:;;
    ;;::;;:;:;:;;:;:;:;;:;:;::;:;;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;;:;::;;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;;:;:;:;::;:;;:;:;;:;:
    :::::::;:::::;:;:::::::::;::;:;:;:;:;:::;::;:;::;:;::;::;::;::;:;::;::;::;:;:;::;::;:;:;::, ー .、 :;;::::;:;;:;:;::;::;:;:;:;:;:;:;::;:;:;:
    二(~( 二(~):::;:::;;:;::::( 二(~( 二(~)::;::::::;::;::( __● ●) ヽ~):;:::;::;:::;::( 二(~( 二(
     .//, ..//__ ./, ..//, ..//__ ./, 、 '一  .ノ/__ ./, ..//, ../
    rー, rョ='.,' ''' rー, r.rー, rョ='.,' ''' rー, rr.r ',,rョ='.,' ''' rー, r.rー, rョ='.,'
    | ー| __|~|   | ー| | ー| __|~|   | ー(_(_)| __|~|   | ー| | ー| __|~|
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


      ____
     /     \
   /  -     - \    宇宙に出るのはTMA-1の調査のため
  /   (一)  (一)  \   クラビウス基地に向かって以来ですね…
 |      __´___     |
 \      `ー'´     /   でも今回は一人ではありませんし
 /     ∩ノ ⊃   /     秘密主義もついて回ってはいません
 (  \ / _ノ |  |
. \ “  /__|  |
   \ /___ /





221 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/23(木) 18:06:06 ID:ZioXcnPA

前に座っているチャンドラ博士は
外界のことなど知らぬげに、ノートパソコンとの対話に没頭している


                 _
              /  ̄   ̄ \
             /、          ヽ
             |・ |―-、       |
            q -´ 二 ヽ       |
            ノ_ ー  |     |
             \. ̄`  |     /
              O===== |
             /           |
             /    /      |





222 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/23(木) 18:06:49 ID:ZioXcnPA

その時、出し抜けに笑い声が起こった


         \ドッ!/  \ワハハ!/
          ノ川川 ∩_∩ ∩_∩
          (   ) (   ) (   )




ウォルター・カーノウが同乗者達にジョークを飛ばしたのだ


             ,, - ―- 、
          ,. '" _,,. -…;   ヽ
          (i'"((´  __ 〈    }
          |__ r=_ニニ`ヽfハ  }
          ヾ|!   ┴'   }|トi  }
           |! ,,_      {'  }
           「´r__ァ   ./ 彡ハ、
            ヽ ‐'  /   "'ヽ
             ヽ__,.. ' /     ヽ





223 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/23(木) 18:07:26 ID:ZioXcnPA

       ___
    ,.'"´   ``ヽ、       おーい、できる夫先生
   / .        ヽ       オルローワ船長はアルコール類を全部しまったそうじゃないの
   }f^'^^了t^'^'`'1  |
   |_  ! __{  .!       これが酒を飲める最後のチャンスだ
   |f'tr'i  ''^'tォ-`} !  .=    貴重な95年物のシャトー・ティエリをどうぞ
.    l ´ '、   ̄ ノ/  |  |    プラスチックカップで申し訳ないが
/⌒ヽヽ、 ‐-‐   j /⌒i|  |
\ /   > __,. イァ/  /  ̄
  ヽ、 ヽ |  / > .i、__/
      ヾV く    /




       ___
      /     \
    /   ⌒  ⌒\   それじゃ、遠慮なくいただきます
   /   ( ●)  (●)\
   |      ___`___   |
   ヽ、    `ー '´   /
     /     ┌─┐
     i   丶 ヽ{ .酒 }ヽ
     r     ヽ、__)一(_丿
     ヽ、___   ヽ ヽ
     と_____ノ_ノ





224 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/23(木) 18:07:50 ID:ZioXcnPA

素晴らしいシャンパンをちびちび味わいながら
できる夫はカーノウの笑い声が宇宙に響き渡る様を想像し、内心すくみ上がった


       ____
     /      \     (エンジニアとしての才能は申し分ないものの
    /  ─    ─\     少々はしゃぎすぎです…
  /    (●)  (●) \   旅の道連れとしてはお荷物になるかもしれませんね…)
  |         __´ _    │
  /         ̄   /
  (  \ /^ー:r  ̄ ̄ ̄i;
.  \  " __ ノ、___ノ
    \ /





225 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/23(木) 18:08:14 ID:ZioXcnPA

チャンドラ博士は微かに手を振って、シャンパンを退けた


          ,  ────  、
       /    / ⌒ヽ ⌒ヽ   \
      /    , -|   ・|・  |- 、  ヽ
      /  /   `ー ●ー ´  \ ヽ
     l  /   ─    |   ─   ヽ  l
 .     |  l   ─   |   ─    l  |
   , ─ 、l     ─    |   ─    |  !
   l    l     , ─┴─ 、      l /
   ヽ、__ ノヽ  /        \   l/
    ヽ   ヽ━━━,-、━━━━く
     \    /   ヽフ   \   ヽ




       ___
    ,.'"´   ``ヽ、
   / .        ヽ
   }f^'^^了t^'^'`'1  |
   |_  ! __{  .!
   |f'tr'i  ''^'tォ-`} !  .=
.    l ´ '、   ̄ ノ/  |  |
/⌒ヽヽ、 ‐-‐   j /⌒i|  |
\ /   > __,. イァ/  /  ̄
  ヽ、 ヽ |  / > .i、__/
      ヾV く    /


カーノウも気を利かせたのか、喜んでいるのか
それ以上すすめようとはしなかった





226 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/23(木) 18:08:38 ID:ZioXcnPA

カーノウは本気で一座の人気者にのし上がるつもりらしい
キーボードを取り出すと、《ジョン・ピールを知ってるかい》を速いテンポで弾き始めた


              〃                 i,
             r'   ィ=ゝー-、-、、r=‐ヮォ.〈
             !  :l      ,リ|}    |. }
          .   {.   |          ′    | }
             レ-、{∠ニ'==ァ   、==ニゞく
             !∩|.}. '___゙`   ./'__` f^|   ~♪
             l(( ゙′` ̄'"   f::` ̄' |l.|
          .    ヽ.ヽ        {:.    lリ
          .    }.iーi       ^ r'    ,'
              !| ヽ.   ー===-   /
          .   /}   \    ー‐   ,イ
           __/ ∥  .  ヽ、_!__/:::|\




いつしか、できる夫も声を合わせて歌い始めていた


         ,___
       /     \
      /  ⌒  ⌒ \
    /    (⌒)  (⌒) \
    |       、__',_,    |
    \       `‐'´  ,/





227 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/23(木) 18:09:05 ID:ZioXcnPA

演奏が止んで間もなくエンジンが着火し
ロケットは空に向かって登り始めた


                    ./ヽ.
                    i': 'i
                    |::: |
                    |::: |
                    |____|
                    |;;;;; |
                    |||||||
                    |||||||
                    |;;;;; |
                    |ニニ|
                    |[・].!
                    |:H: !
                    |゙II .|
                ゙  ∩._|/!/|_.∩
                  |: |;;|l ! l|;;|: |
                  |: |;;|l ! l|;;|: |
                  |:.ヽ|l ! l|/!.:|
                  |: |;;|l ! l|;;|: |     ドドドドドドドドドド
                   ~''/| ! |ヽ'~       ドドドドドドドドドド
                   (~'`'`~)
                  (⌒.| l l |⌒)
                 (((  | ll ||  ))
               ( ) 从| ll || ))⌒)))
                ) ))⌒)))) )) /ヽ)
                ) )(  ))) ))⌒))))





228 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/23(木) 18:09:31 ID:ZioXcnPA

         ____
        /   u \       加速による圧迫とエンジンの圧倒的な咆吼…素晴らしい!
     :/  \   / \:
    :/ U (@)  (@) \    生きていると実感できます!
    |    u  __´,_  U |:
    :\u    ./__/   /:    10年ぶりとはいえ、この高揚感は変わらないですね




たとえ、これが帰りのない旅であり
自分が愛した全てのものへの訣別になるとしても、悲しみは感じなかった


     ____
   /     \
  /::::::::::..   \ \    周囲を包む轟音は
/:::::::::::::::::::..  (●) \   一切の卑小な感情を押し流す勝利の歌ですね
|:::::::::::::::::::::::::::..    、__|
\:::::::::::::::::::::::::::..   /





229 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/23(木) 18:09:59 ID:ZioXcnPA

轟音が止み、船の中はゼロGの環境になった


::::::::::::::::::::::::::::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\:::::::::::::::::::::::::::::☆:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::。:::::::::::::|     ___ \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::| ̄ ̄ ̄ ̄ __  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::_―|三|     / ∧ \    _| ̄ ̄ ̄\::::゚::::::___::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::=_―...|三|     |・∀・)   |      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   /::::::::::::::::::::::::::::::::::
=   .  |三|     \_|_/               /:::::::::::::::。:::::::::::::::::::::
::::=_  .....|三|    MATAARI号                /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::\(二二二二二二二二)           /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::゚::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::




ほとんどの乗客はベルトを外し
移行軌道での30分間のゼロGを満喫しようとしている


              ∧_∧
             ( ´∀`)   ワーイ、宇宙モナー
            ⊂    つ
              / / /
             し' し'
            彡





230 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/23(木) 18:10:21 ID:ZioXcnPA

できる夫は席に留まったまま、窓から外を眺めた


    ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
    ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
    ;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;, / ,;;;;;;;;;;;;;;;;;;
    ;;:;;;:;;:;;:;;;;;;:;;;:;;;;:;;;;:;;;;:;;;;:;:;;;;;:;;;;;;;:;:;;;;;;:;;;;;:;;:;;:;;;;;:;;:;;;;:;;;;;:;:;;:;;;;;:;;:;// ,;:;;;;:;;;;:;:;;;:;;;
    ;;;;;:;;;;:;;:;;:;;;:;;:;;;:;:;;;:;;;;:;;:;:;:;;:;;:;;:;;;:;:;:;;;;;:;;:;;:;;;:;;;;:;:;;:;;;;:;;;;:;;;;;;:;:;;:;;;// :;;;:;:;;:;;;;:;;;:;;:;;
    ;;::;;:;:;:;;:;:;:;;:;:;::;:;;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;;:;::;;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;;:;:;:;::;:;;:;:;;:;:
    :::::::;:::::;:;:::::::::;::;:;:;:;:;:::;::;:;::;:;::;::;::;::;:;::;::;::;:;:;::;::;:;:;::, ー .、 :;;::::;:;;:;:;::;::;:;:;:;:;:;:;::;:;:;:
    二(~( 二(~):::;:::;;:;::::( 二(~( 二(~)::;::::::;::;::( __● ●) ヽ~):;:::;::;:::;::( 二(~( 二(
     .//, ..//__ ./, ..//, ..//__ ./, 、 '一  .ノ/__ ./, ..//, ../
    rー, rョ='.,' ''' rー, r.rー, rョ='.,' ''' rー, rr.r ',,rョ='.,' ''' rー, r.rー, rョ='.,'
    | ー| __|~|   | ー| | ー| __|~|   | ー(_(_)| __|~|   | ー| | ー| __|~|
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




遠くには建造中の円筒型宇宙ステーションが見える
中国の新しい宇宙ステーションだ


..: :.´.: ・..: :.´.:  :.´.: ::.´.::.´.: ..: :.´.: ・..: :.´.:  :.´.: ::.´.::.´.: ..: :.´.: ・..: :.´.:  :.´.: ::.´.::.´.:
..: :.´.: ・..: :.´.:  :.´.: ::.´.::.´.: :.´.: :.´.: ..: :.´.: /:.´.: :.´.: .:.:.´.: :.´.: ..: .:  :.´.: ..:・..: :.´.::.´.: .
:.´.: .::.´.: :.´.: ..:・..: :.´.::.´.:: ..: :.´.:  :.´.:   ◎) ̄ ̄ ̄):.´.: ::  :.´.: ..:・..: :.´.::.´.: ..´.: :.´.: ..: .
.・..: : :.´.: :.´.: :.´.: :.´.: ..:.::  :.´.: ..: ..: :.´.: \ ̄ ̄:.´.´.: .:・: :..: :.´.: ・..: :.´.:  :.´.: ::.´.::.´.:
..: :.´.: ・..: :.´.:  :.´.: ::.´.::.´.: ..: :.´.: ・..: :.´.:  :.´.: ::.´.::.´.: ..: :.´.: ・..: :.´.:  :.´.: ::.´.::.´.:
..: :.´.: ・..: :.´.:  :.´.: ::.´.::.´.: ..: :.´.: ・..: :.´.:  :.´.: ::.´.::.´.: ..: :.´.: ・..: :.´.:  :.´.: ::.´.::.´.:





231 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/23(木) 18:10:51 ID:ZioXcnPA

           ____
         /     \     あの宇宙ステーション…
        /  \   /\    人騒がせな噂に与してコロニーレーザーの類と断定する根拠は
      /   (●)  (●) \  いまのところ何一つありませんね…
      |         ´     |
      \       ⌒    /
    / ̄ ̄ヽ           \
   (「    `rノ          \
    ヽ   ノ              \
     |   |             「\   \




         ____
       /     \       まあ、国連宇宙委員会によるコロニーへの査察要請を
      /        \      ことごとく握りつぶしている北京科学アカデミーこそが
    /  \    /  \    人騒がせな噂の火付け役になっているのかもしれませんが…
    |    (●)   (●)   |
    \      ´   u /
    /     ⌒     \





232 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/23(木) 18:11:16 ID:ZioXcnPA

       ゚  .    。            ゜    +   ゜      。            。    ゚  。
  ゜     。            ゜   。  o      ゚    ゚'         .  '      。
   * .      ゜         。        ゜     +      。         ゜    ゚
  ゚        。         .               。        +      ゜   。     ゚
。         +       。     *  .     ☆        ゜      ゜    。          。
       ゚  .    。            ゜    +   ゜      。            。    ゚  。
  ゜     。            ゜   。  o      ゚    ゚'         .  '      。
   * .      ゜         。        ゜     +      。         ゜    ゚
  ゚        。         .               。        +      ゜   。     ゚
。         +       。 .           ゜      ゜    。  ☆        。
       ゚  .    。            ゜    +   ゜      。            。    ゚  。
  ゜     。            ゜   。  o      ゚    ゚'         .  '      。
   * .      ゜         。        ゜     +      。         ゜    ゚
  ゚        。         .               。        +      ゜   。     ゚
。            *  .     ☆        ゜      ゜    。                  ゜





233 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/23(木) 18:12:03 ID:ZioXcnPA

アレクセイ・レオーノフ号は決して美しい眺めではなかった
しかし、それを言うなら美しい宇宙船などという物は滅多に存在しないだろう


              , イ    イ‐┼、
      /|「 Tヽ._,.イ//    i、l__l__,.li   l二¨ \
     .イ (◯) l(0ヽ/:/'"三ヽvェヘi]ニフ   l!‐-i、 、 ヽ
     lj_l.-┼‐┼-、レi个llllTヘil∠.,  ̄ lli「`ヽ_l!;;;;;;| l i i l
     \. _l____レ'イ』」j!!!川ノ` o` 、 llli ,.へ =ヾヘ|TTTl
       `ー-r‐フ′  ̄l`7   _,,. -'illiく.  l  Λ ll l /
         レ'     . 「L=',ニ -''"´|li`、` 、」くヽ ヽレ′
                Ll-l:    |lli  `'/  く>メ、
                 |へ、   .|lli  /   ト-ーへ
               ≒=`T二`ーllli‐イ    |エ=-ハ
               ,.-‐己三ミ「r干i|ス    ヽ-イ ハi
              / / レ' ̄7ヽトl┼l/へ、    ヽl_==jl
             .l- ナ┘ ./ /ヽ.ll/ ヽ. \     Lf-|l
              レil   ./ /7  Λ  ヽ へ   り
              .レ' ´ヽ.//   ヽ.ヽ  ':ト、 \


船が木星への移行軌道に乗った時に捨てられる
4つの巨大な推進剤タンクを別にすれば、全長はたかだか50m足らず

しかし、ディスカバリー号とは違って、
全てをゼロGを前提とした設計にしたおかげで内部のスペースはたっぷりあるのだ





234 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/23(木) 18:12:37 ID:ZioXcnPA

    /||ミ
   / ::::||
 /:::::::::::||____
 |:::::::::::::::||      || ガチャ
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::|| ̄ ̄\ ||
 |:::::::::::::::||   ⌒_\    1年後に人工冬眠から目覚めた時
 |:::::::::::::::||●) (●) \   使うことになる部屋は
 |:::::::::::::::||  __´__    |  ここでしょうかね?
 |:::::::::::::::|| `ー´   /
 |::::::::::::::(_____ノ´||
 |::::::::::::::(_ノ / . . . ||
 |:::::::::::::::||/    ||
 |:::::::::::::::||      ||
 \:::::::::::|| ̄ ̄ ̄ ̄
   \ ::::||
    \||





235 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/23(木) 18:13:02 ID:ZioXcnPA

         ___ ___ ___ ______
        /   /     /     /     /    /|
      __| ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄|  |_
     / |___|___|___|___|___|/./|
   __| ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄|  |_
  / |___|___|___|___|___|___|/ /|
 | ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄| |
 |___|___|___|___|___|___|___|/


                    ______________
                  /   /            ヘ   \
                 /   /              \   \
               /  .‐''~_                  _~''‐  \
              /  /´ ,i!i!i!i!i!i!i、 ヽ          /´ ,.i!i!i!i!i!i!i、. ヽ  \
            /   ,'  ,;i!i!i!i!i!i!i!i!', ', |!!il!|!l!!l!l!l| ,'  i!i!i!i!i!i!i!i!i!', ',   \
           /    {  {i!i!i!i!i!i!i!i!i!} } |!!il!!ll!!!il!l| {  {i!i!i!i!i!i!i!i!i!} }    \
         /      '、 ヽi!i!i!i!i!i/ / .|!l!!il!!l!!il!l| '、 ヽi!i!i!i!i!i!/ /         \
        /             ̄         ,                        \      Oh My God
      /                           く                      \    信じられない!!!!
     /                                               \
    |             ヽ     ,____________、    /              |
    |              ヽ    .|!!il|!|!l!l!il|!|!!!i!l|!|!lll!!il|!|!l|    /                |
    |.                 . .|!!il|!|!ll!!lil|!|!l!l!il|!|!ll!!il|!|!l|                    |  箱がいっぱいだ!!!!!
    |                   .|!!il|!|!ll!!lil|!|l!l!!lil|!|!l!!il|!|!l|                   |
    \                  .|!!il|!l|!l!!il|!|l!l!l!il|!|!l!!lil|!|!l|                     /
      .\                |工工工工工工工工工|                   /





276 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/23(木) 20:22:01 ID:o6QFxscE

リアルで吹きそうになっちゃった、これはズルいww





236 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/23(木) 18:13:35 ID:ZioXcnPA

         ..,,、;:::''::":: ̄ ̄`-.、
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
      〃:::::::::::::::::::::::::::::::: ::::::::::::::::',    おっと、ようこそ、できる夫博士
      {/:::i:::i、::::i、:::ヽヾ\ ::::::::::::::::i
      {!i::|ヘ:!\!\!≧三ミ:::::::::::::::i
       {{,,,,ヾ、  ´r==、∨Cヽ::::!    機関士助手のマックス・ブライロフスキーです
        {ヘr=}        るノ:::!
        ヾ',  i  _      しヘ:::l
          ',  `" _   /  ヾ
          ヽ  く _ ′ / :   /;;〉ヽー=¬
           \    /  ; /;;/タ://;;;;;;;;;
             ヽ-ヘ:::   /;;∠ク //;;;;;;;;;;;;
                ∨/;;;;∠ク   i i;;;;;;;;;;;;;;
                {ココ少′  l l;;;;;;;;;;;;;;
               / ̄      ! !;;;;;;;;;;;;;

         マクシム・ブライロフスキー




         ____
       /     \     ああ、はじめまして
      /  ⌒  ⌒ \    ところで私はどうやって部屋に入ったらいいんでしょうか?
    /    (⌒)  (⌒) \
    |       __´___    |
     \       `ー'´  ,/   (…マクシム・アンドレイ・ブライロフスキー
     /⌒ヽ        ィヽ    31歳、レーニングラード生まれ、船体構造専門
     / rー'ゝ       〆ヽ    趣味――フェンシング、スカイサイクル、チェス…
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|    でしたか)
    | ヽ〆        |´ |





237 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/23(木) 18:14:01 ID:ZioXcnPA

         ..,,、;:::''::":: ̄ ̄`-.、
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
      〃:::::::::::::::::::::::::::::::: ::::::::::::::::',          心配はご無用です
      {/:::i:::i、::::i、:::ヽヾ\ ::::::::::::::::i          中身は消耗品ですからね
      {!i::|ヘ:!\!\!≧三ミ:::::::::::::::i
       {{,,,,ヾ、  ´"'¨せ ∨Cヽ:::!          木星に着いてあなたが目を覚ます頃には
        {ヘ´f;j}    ´¨  るノ:::!          我々が食べ尽くしていますよ
        ヾ',  i  _      しヘ:::l
          ',  `"  __,   /  ヾ          博士の手荷物は僕が運んでおきます
          ヽ   ̄ .,   / :   /;;〉ヽー=¬
           \    /  ; /;;/タ://;;;;;;;;;
             ヽ-ヘ:::   /;;∠ク //;;;;;;;;;;;;
                ∨/;;;;∠ク   i i;;;;;;;;;;;;;;
                {ココ少′  l l;;;;;;;;;;;;;;
               / ̄      ! !;;;;;;;;;;;;;




     ____
   / ⌒  ⌒\
  / (●)  (●)\ .  ありがとうございます
/      ___′_   \.
|       |r┬-|    |.  ――それではオルローワ船長の所に
\      `ー'´    /  案内していただけますかね?
_ノ           \   挨拶をしておきたいんです





238 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/23(木) 18:14:23 ID:ZioXcnPA

  /⌒ ̄ ̄ ̄\ ρ
  /川∥∥| ∥|  ゝ
 〈巛《〈〈 \巛 |    いいですとも
  │个 个 ヘ |
  │┌-   )/    着いてきてください
   ヽヽ 丿//
    ┼┬┼
 /┴┴┴┴┴ ̄\
 | │       ┤ \
 | │       │\ \
 | │       │ \ \
 | │      /│  │ │
 | │     / │  │ │
┌─ヽ       」   │ │
│ ├┴┴┴┴┤   田田
│ │  ∥   ヽ   / │
├-┤   /   /   LllLノ




} ヾ ゙' {!li;:, ,, -" , " i__|_|_|_|
ゞァ''ゥ゙_,,..-" ,, - " - |_|__|⊥|___   や 船 そ
ヘ , -''_ , エ","┴    .|__|_|_|_|_    っ 長 ん
 i_,7i= |E エ ┴    |_|__|⊥|___   て. 室 な
  E||=E|E エ ┴ [fj] .|__|_|_|_|_   来 に  わ
  E||=E|[8]ェ ┴ _ |_|__|⊥|___   た     け
  E||=E|E エ ニ.._ |__|_|_|_|_   の     で
-,-='.'┷|E エ ニ.._ |_|__|⊥|___   だ
ーニ_゙、゙ー.┷エ ニ.._ |__|_|_|_|_
ニニニ゙、゙、 _ ゙ 、 ━ |_|__|⊥|__
ニニニニー、゙ 、 \ ー-----|_|_|_





239 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/23(木) 18:14:49 ID:ZioXcnPA

            /   ,,,,,,--------,,,,,::.. \\    \
          / .:::::/  ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,ヽ  \ヽ    ヽ
         ./ , .::::/ ,,,,::::::::::   ヽ   "\:::: ヽ o-,,,  .ヽ
         / ./:::::l .,,-::::l:    ........\:::::::ヽヽ:::::  リヽ .ヽ,  ヽ
        ./ .l.:::::lr: .....ヽ..:::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::lヽ:::::  l ヽ,ソ  .ヽ
       ./, .ハ  .l .l::::ト:::::::ト::::::::\::::::::::::l-ヽ::l\:::::  lノヽ\  .ヽ
       l / /l ::::l:::ト:::l ヽ:ヽ\::::\-_;;;;;;;;==リ=,,ヽ::::: lン''ヽ ヽ  ヽ    レオーノフ号へようこそ、できる夫
       .l/ ./ l .::::l::l\l-,ミ;;ヽ "--ニ,,,='iぅ。::::ハソ.l:::: .lん'ヽ ヽ::  l
       .l '''t .ヽ :::h.l ,,====,゙゙-      .し:::ンリ .l::::.. lゝ)リ>.ソ :::: l
       .l ::::l''l'ト ::ヽ'l:l ぅ。:ハ        --"" .l::::: l 'ン::::::: :::::: l
       l ::l l l\.::ヾ.゙ヾ-ク;;  ,         .l::::::l:::::::::::::::: ::l::: .l
       .l ::ll,,l .l:::::'トヽ,, ""   .,,,--'''''''i    .l::::/i:::::::::::::::: ::l::: .l
        l ::l :ヽ!::::::::l:::::ヽ    ヽ,   .ノ    .イ::://:::::::::::/::: ::l:: .l
        .l :ヽ :::::l,::::::ヽ :ヽヽ ,,,   ゙゙ -''   //::イ/::::::: /:::::::ハ:: l
        .l :lヽ:::::ヽ::::::::::::\::::::"''r--,,,,, ,,,-''' // l/:::::: /l::::::/ l./
         ヽl ヽ:::::::ト :::::::::ヽヽ,::::::l::::,-l    ソ  l:::::: /./:::::/ l/
         丶 ヽ:::l \:::::::::::|''::::/ ン,,イ   '  /::: / ゙゙゙゙---,,,,,,,
             \l  \;;;-l::::/-''"   ,,,  ./ ヽl     / ,ン--,,
              r-rr''''  .ソ/;:==-,,,,''' '''ン   .丶   / ./  /-,,,
             / l l    ./',,,----,,'''''ン       ./ ./ /    l
            /| l .l   ./",,---,,,,, 'ン       / ./ /      l
           / | | |   ./     ./      / ././       l

                 タチアナ・オルローワ




               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |    やあ、ターニャ
   /( ●)  (●)\  !   !    ようやく会えましたね
  / :::::   __´___  :::::\|   l
  |      `ー'´       |  /
  \             //      しかし、残念ですね、その髪は
  / __        /
  (___)      /





240 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/23(木) 18:15:22 ID:ZioXcnPA

                    ィ ‐―- 、__
                ,-‐ァ´/  ∠-―‐-、‐ 、
               〃 _,':  /-―――-\ ヽ
     〃   ̄ ̄\  入{≧ 7: /::../:/:   ,イ}ハ:\l
     |     ヾヽーくぐ{:ナ./.::..,'::/厶!:. /l:: i:::}:!:バ―――― --  、   そうよ、切る時は辛かったわ
     |       !l   ¨ヽYl:::::::l:ハ{八X_ , l:;!ィリ:: } }´          ヽ
.     l       l   }=l:::::::l:{ ャtr-ュミ  jノtrァルリ!    ∠彡    /   でも、長い任務では髪は邪魔っ気でしょ?
     l       l ノ人fl:::::::l  `ー'   、`' {´イ::|  /      ./
      l       k≠^ヽ|:::::::l       _ ,  八i ::|'/       /
      l       ヘ\::ハ :::ハ.    '´‐,‐' イ::::l|::l       /
       ヽ       {ハ、::ヽ::::i> , 、.. _/:/:: / リ      ./       部屋のことはごめんね
        ヽ       |ヘ:::jヽ::! fヘ ヽ::::/{::./      /        急に10立方メートルばかり
         丶       !| |lV j/|>‐くヘ ヽ{ハ:{     /          貯蔵スペースが必要になったのよ
          |~\    i | |l   |ニ二ニ! || !    /
          |  | ヽ  ./ | |l   |   l. || !  >'´             ワシーリと私はあと数時間はここに来ないから
          ヽ_| ヘメ  | |l   |   l. || !/               ここを自由に使ってもらって構わないわ
       _ ____l     l ll   |   / /イ
.     〃〃   l     \\ l{{T}// /
      | || o   |       \`jl 〃 /
      | ||     !        ヽ!V/  {




         ,___
       /     \
      /  ⌒  ⌒ \    ありがとうございます
    /    (⌒)  (⌒) \
    |       、__',_,    |
    \       `‐'´  ,/





241 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/23(木) 18:16:00 ID:ZioXcnPA

   /     /:/  /   │ |   \ヽ   ヽ 丶 \
i  ,′    |/  /      !  j     ! !    !  ',  ヽ
i. |     |  /     ,′ ハ   | |ヽ/´ !   !  !ハ
ヽ |     l  l     / / │  i| l ハ j  |  | リ
 N    ┼‐|ー─ -/t /- 、|   j| / { _jzム ∧ │     それと、もう計画を練り始めてるのよ
/ |     ', l    / 〃  _ lヽ / j/ ,イ仏}// } ∧
\_|     ヽ { /,ィ≠テ女、j/    V_;;| {  j / ハ     あなた達の再起パーティの
丁∧.       ∨ 〃{か;;;;小       ちj_ ! イl  |
│|仏     ハ ヾハ圦_:::jハ       `ァ  ',  ト、 l
│|/∧     ヽ  ヽ^)::ン‐          }i |ハ !
│|.厂 ヽ      \  `´        __ ノ   厶 リ  ', |
└‐ゝ. ーヽ    ヽ \        ` ̄     /  /  l |
 ヽ、 `'ー‐\    \ \             /  /    l.|
   \   `\   \ \         /  /     リ
ヘ    ` ー- 、 \   ' ー=>ーx‐‐ァ¬′ ,′
 \       ヽ `ミ=- ...__Xテ‐ゝ_{__八 {
   {\      `ヽ ヽ-‐‐'' ̄ ̄´___`>〈
\ ヽ `ヽ、_     }\ }     /    ̄ ヽ
  \ ヽ   `ヽ  ,ノ  リ   /        \




        ____
       /ノ   ヽ、_\       それじゃ病気みたいじゃないですか!
     /( ○)}liil{(○)\
    /     _´_    \    それより――復活ではなお悪いですね…
    |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
    \    |ェェェェ|     /





242 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/23(木) 18:16:21 ID:ZioXcnPA

         ___
      /)/\  /\     よし、起床パーティということにしておいてください
    / .イ ' (●)  (●)\
   /,'才.ミ).   、_',__,    \   …忙しいところを邪魔してすみませんでした
   | ≧シ'           |   まだ見学旅行を続けたいんですがね?
   \ ヽ           /




         /.:/二二二二_ ヽ|:::::::::::::::::::\
        /.::::::'´.:::::::::::::::::::::::::::\|:::::::::|::::::::::::::ヽ
       /.::::::::::::/.::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::|::::::::::::::::∧     マックスが案内するわ
.      /.::::::::::::::{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::|⌒ヽ.::::::::∧
     /./':::::::::::∧:::!、::::::::|:::::l ::::::::::|:::::::::| \ 〉:::::::: !
     i:,' l::::::::::::ト、|::| \:::::|ヽ」x' ::::::|:::::::::|   〉'.:::::::::::|    マックス、できる夫博士をワシーリに会わせてあげて
     l| !:::::::::::|,rfトl、  x|' ,ィチえ、|:::::::::L. イ.|:::::::::::::|    ――いいわね?
       l ::::|:::::'. トィl      {.じ リ'^|:::::::::|`i | |:::::::::::::|
       ト、::|:::::ハ ー'     ー‐'  |:::::::::,_ノ l.」:::::::::::::l
       |:::N:::|:::'.  '__ ,    |:::::: /.:レ.::::::::::::::,′   駆動ユニットの所にいるはずよ
       |:::l |:::|:::::\ ヽ._ ノ   ./.:::::/.::::::::::::::::::: /
       |:::| ヽ|:::::l:::::`  . __..   ´'.::::::/.::|:::::::::::::::::/
       l:::| |:::|∨:::::::,r‐}  /' }:::/ヘ |:::::::::/.::/
.        ヽ!  ∨:L.ゝ‐'´/   /,::/  .ソ.: /.::/
         /7N  ∠`ヽ/ /' /- '´` ー'-、
        / /   /¨ヽン         _.  '´  '.
       , ′   /  , ′      /     |
       /  |   /  /        ./      |
.      /_n.、!  i  /       /        |
     / { !.|| |厶-- 、 ./   /         |
.    / ,ゝ'¨¨¨¨¨´    / ̄¨ァ、/       /





243 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/23(木) 18:16:43 ID:ZioXcnPA

} ヾ ゙' {!li;:, ,, -" , " i__|_|_|_|
ゞァ''ゥ゙_,,..-" ,, - " - |_|__|⊥|___   や 駆 そ
ヘ , -''_ , エ","┴    .|__|_|_|_|_    っ 動 ん
 i_,7i= |E エ ┴    |_|__|⊥|___   て. ユ な
  E||=E|E エ ┴ [fj] .|__|_|_|_|_   来 ニ  わ
  E||=E|[8]ェ ┴ _ |_|__|⊥|___   た  ッ  け
  E||=E|E エ ニ.._ |__|_|_|_|_   の  ト  で
-,-='.'┷|E エ ニ.._ |_|__|⊥|___   だ に
ーニ_゙、゙ー.┷エ ニ.._ |__|_|_|_|_
ニニニ゙、゙、 _ ゙ 、 ━ |_|__|⊥|__
ニニニニー、゙ 、 \ ー-----|_|_|_





244 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/23(木) 18:17:18 ID:ZioXcnPA

ワシーリ首席研究員は夫人と同様、暖かくできる夫を迎えた


             /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ: ヘ:.:.:.:.:\
            /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.: :i:.:.:.i:.:ハ:.:.:.:.、:.ヽ
           /:.:.:.:.:.:.: :/:.:.:.:.:.:./:.:.:.:./:.:.;イ:. :/:∧:.:.ト、:.:!:.:.:. :',` 、
           i:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.: :/:.:.:,イ:// イ:./ ∨! ヾi:.:.:. :i
           !:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:/:. :/ !' /'  !/   リ   |:.:.i: :l
            :.:.:.:.:.:.:.: :!:.:.:.:.i: :/.- ――‐ - 、  , ― 、!: :|、:.!
            ',: :i.:.:.:.:.:._:.:.:.:|:/   __    /_  ハ:.:! ヾ   ようこそ、できる夫
            i:.:!:.:.:.:./ ∨:.!' :!  ´ ヒ:::} `    i ヒ::}`/' }/
            !:ハ: : :{  (', : :ド、          :.   i  '      気分はどうだ?
              ∨:.:.ヽヾ',:.:|           、  l
              ヽト、:.:Y^ヘ!            ノ /
                 Ⅵ ヽ      r― ァ /
              ___|   >.    ー  /_
            ,. _´.:.:.:. : :!     >... __/ : `ヽ
            / : : `.: : :く          i、: : : :`:、:ハ  _
          / : : : : : : : : :丶       |  ー、 : ; : `:ミヽ`:、
       _/: __ : : : : : : : : :`: 、    丶   ヽ ; : : : :/: : : >― 、
      /: : : : : : : : : : `: : : 、.:.: : : : : \         ハ: : : /: :.; へ   ヽ
.       {:__ : : : : : : : : : : : : : : 丶.:.: : : : :\‐-  ´   !:. :;: :.:/: : : :ヽ   ハ_
     /    ̄` 、_: : : : : : : : : \: : : : : ヽ___ イ | : i: :/: : : : :/  ...:   ヽ
.    /        ヽ: :` 、: : : : : : : : \ : : : :ヘ      !:.:.!:.:i: : : :.:/ ..:.:.    ヽ

                   ワシーリ・オルロフ




         ,___
       /     \
      /  ⌒  ⌒ \   上々ですよ
    /    (⌒)  (⌒) \
    |       、__',_,    |
    \       `‐'´  ,/




        ___
       /      \     人工冬眠前の食事制限のせいで
     /   ⌒  ⌒ \    飢え死にしかけてるのを別にすればですけどね
    /   ( ー)  (ー) ヽ
    |  u   ___`___     |
    ヽ、    `ー '´   /
 ⊂⌒ヽ 〉         く /⌒つ
   \ ヽ  /      \ ヽ /





245 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/23(木) 18:17:44 ID:ZioXcnPA

         /: : : : : : /: : : :/: : : : : : : ヽ: : : : :: : `、
        /: : : : : : : :/: : : /: : ,ィ: /l: : : l: : |: : : : : : ::ヽ
        ;´: : : : : : : /: : /|/ .|/ .!: : /i: : !: l: : : : : :丶
       .i: : : : :|: : : : |/      |/ | /|: :|: : i: : : :゙ヽ
       i: : : : ::i: : : ::/ ´ ̄ ̄ ̄`''''   ´ ヽ|: : | .|: :丶
       |: : : :,-リ: : : |  "疋;:ソ`     '`'-、_.i: : |: |: ヽ
       .|: : :/-、',: : |         , f:テリ` /: : |: i丶    そうだったな、うっかりしていた
       .ソ、::l,.( _ リ、:|         l .`   /l: :/| i
        ,|::\__ ヽ|          ,    //|/ |/      ま、そんなに待つことはないさ
         リl: ::| |           ′  //          起きたらすぐ腹一杯食べられるんだ
          l::|リ ヽ    ` ― - 、   //
          ,リ   `、    `"    /リ
      ,----亠--- 、_`.、      / 彡
     // ̄ ̄⌒`ヽ` \::`::-、,_, ´.




             ___
            /      \       その時が待ち遠しいですよ…
          /_,ノ   \  \
         / (ー)  (ー)   \    ところでこれが、かの有名なサハロフ駆動のユニットですか
         |      '         |    原寸大のものを見るのは初めてです
   ,'⌒ _ \   ⊂ニニ⊃   /
   ヽ_ノ   /          \





246 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/23(木) 18:18:11 ID:ZioXcnPA

                 __,,,、,,   ,,、- 、
              /´: : : : : `´: : : : :ヽ
            /: : : : : : : : : : : : : : : : : :\
            /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.ヽ     建造されたのはレオーノフ号で4つめだな
           /: : : : : : :i: : : : :.∧: : :il: : i: : :ヾ: :',
          ,': : : : : : : l: : :/:./ ∨:ハ: :i!: :l: :::::::i
          l: l: i: : l /!/∨   |/ ∨∨!: :::::::l    基本原理は単純なもんだよ
          レ!: !: :l i´""'''ー-   ,、-ー'''` l: :::::ヘ!    熱核反応のパルスで推進剤となる物質を
           ∨ヘ i | r==ァ   , r≡=、/::∧|     何でもいいから熱して放出するだけさ
            !ヘ∨ゝ       .i     ∧ソ
            レヽi l       }     ∧ノ       純粋水素、メタン・アンモニア、水…
              レヘ   ______   /ノ        選択肢はいくつもある
              ∨\ ヽ __ / / ′
             /i{  \  ` /i
             /:::::l ヘ   ` ´ ∧\
          _,,-''/::::::::l  ` ー、 ,/ .i:::::\、,_
      _,..-.:":::::::/:::::::::::i   /;;ヘ__!入  l:::::::::\`::..、,,_
  _,..-.:":::::::::::::::::::::\:::/:|ヘ /`ヘ::::::::ソ´ヘ i::\::/::::::::::::`i:ー.,
 ,´ー-、::::::::::::::::::::::::::/:::::::::i    ∨:/    l::::::::\::::::::::::::i:::::::',
 l::::::::::::`::、::::::::::::::ヘ::::::::::::::::l     l::::i,   l::::::::::::::ゝ::::::::l:::::::::',
 l:::::::::::::::::::`:、:::;:::::::∨::::::::::::i    l;::::;l   i::::::::::::::/:::::::::!::::::::::i
 i:::::::::::::::::::::::::`ヘ::::::::∨:::::::::::l   l;:::::;i    l::::::::::::i:::::::::::l:i:::::::::l





247 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/23(木) 18:18:36 ID:ZioXcnPA

                     _._.,,.、.-.ー.-..、_
                 ゝ<´:::::::::::::::::::::::::::::`ー:.、
                /::::::::/::::::ヾ::::::::::::::::::::::::::::::ヽ       一番良いのは純粋水素なんだが、
               //::::::/::::/\!\_\::::i:::::::::::::::::\      これは途方もなくかさばるからな
              /´/:.:l::::レヘ! ヽ/__\::::l::::::::::::i:::::::::}
               !l:l::l::へ ヾ `´ニfソゝ ∨::::::::l:::!::::::::l      レオーノフ号は最初の加速のみ液体水素を使って
                |:::レヘ f_))       レヘソヘ::!::::::!      その後水素タンクを切り離すんだ
                レヘハ く        |/ )ソ!:::::::!
                   ! `        、//:::/リ      木星での制動と帰りの旅にはアンモニアを使う
                   、  - - 、    ′|/:::/         これはディスカバリー号と同じ推進剤だな
                    ヽ    _ ´  ノ:::/
                     `ー、 ´     ∨_         いざって時には水だって使えるんだが
                      _,∧  __,,、、<´ 〉、_       こいつは相当効率が落ちる
                    //∨) /∧    /::::::i:::ヽ._
               _ ,,、-ー/ !/ヘヘ/ソ∧   /:::::::::l:::::::::::`:ー:.、
             ,´:::::::::::::く::::::::/ヽ(⌒ソ´´ヽ/::::::::::::::!:::::::::::::::::::ゝヽ.
             /::{::::::::::::::::>:i   l7i   /:::::\:::/::/:::/::::::::::::::::i
            ,'::::::i::::::::::/::::::l  /;;;;l  /::::::::::::::〉::::://::::::::::::::::::::::!
            /:::;::::∨:::::l::::::::::i /;;;;;;l.  /::::::::::::::/:::::::/:::::::::::::::::::::::::/
           /::::ヽ:::::〉:::::l:::::::::l /;;;;;;;;l. /:::::::::::/;;;;;i:::i::::::::::;;;;::::::::::::::>





248 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/23(木) 18:19:07 ID:ZioXcnPA

                       /.:.:.:.:.://;:;:;:;:;:;:ヽ-.、
                      /.:.:.:/.::/:.:|.:.:|.:.|;;;:|;;;;;:|;:;:;;ヽ
.            _         /:::::.| |/ |/ |/ ヽ|.;i.;.;.;.;.;.;.;:;:;:ミ    サハロフ駆動の一番の特色は
..            | |        |/:.:i ,‐‐-、   ___|/|.;.;.;.;.;. ;   電磁流体力学フィードバックでな
            | |          i..::|     ´   `/.;.;.;.;.;.;|
            | |           |:|.‐-‐"/ "‐-‐‐|.;.;.;.;.;.;/    こいつは…
..        ,-〈`ヽJ |            :i   く      /.;.;/9 |.;|
.       /´⊂´ ̄ヽ |           |    ,_    |/ |/ゝ
.      ヽ_弋 入 ` }           ヽ (  〕   /.|.;∨
       / /    /             \  ̄  / /|、
       | {    /          __//|  ̄ ´  / |\
       ヽ    _丶      ,---゛:::::/::::| 〈   /  .|::::\゙''ー-::、_
       |_,..-´ /::}    /::::i:::::::::/:::::::::/∧。V ̄\  |:::::::::\:::::::::::::`ヽ,
      ,zi_,..-´:::::::|    |::::/::::∠:::::/::|/\丱// ヽ/|:::::::::::::::ゝ::::::::::::::::|::}
      |。|::::::::::::::::::|  /:::::|:::::::/:::::::::|   |_/   .|―ー<::::::::::::::::::::|::::i
      |::::|::::::::::::::::::.|/:::::::::::::|:::::|:::::::::::.|    |;;|    |::::::::::::::::/::::::::::::::::::|::::|
.      |。|::::::::::::::::::::|::::::::::::::::|:::::|::::::::::::|   |;:;;|    |:::::::::::::/::::::::::::::::::/:::::.i
       |::::::::::::::::::::::::::}:::::::::::::::|:::::|::::::::::|  .|;;:::|    |:::::::::::::/::::::::::::::::::/:::::::::}




               ,.  ´ ̄ ̄ ̄`  、
              /           、\
            /     /   .ィ      \\
.          ー=彡     | / ,'|     | Vヘ
          〃 / !__,!イ   /|    |  .|   iニム=x、  なんだ、ここにいたのね
          ||  |  | -|、|  / イ´|  !|  :|   |〃! ヽ》  できる夫博士
          ||  l  |l__|N 」  _Ⅵ__リハ :|  !゙テ|  i
          从| '. f下ィ}`  ィ´んjハ `Yi :| ハi⌒|  |
           人L.Ⅵ弋ソ     弋Yソ ノハl|/ ノうノ|  |   どうして私の所に出頭しなかったのよ?
          〃ハ{ xxx   '___ xxxx  ノ′ ./リ リ
.            {{ ||j\   Y ̄}     . ィ=イ // /
     rく: ̄:7、_, |// l| > ..  ̄__,.   ´{ |  |/イ//
     \V:/,/.ノ´\{/  八} }/    _,》ハⅣ /イ___
    ,く二fスニユ     .{ ヽ ∨}ノ   ,. ´   / 人,x≠ミx、
.  /:/:〃:}}ヽ,   ./´\  \ /    _,/ /: :/ハ⌒ヽ: :|
  {: _: :{{: {{::ハ ./く.:/ 》x、_/  ,r_ .. イ : : 〃.:.:.マニユ,:|
  ∨ | ,r一ァ7:_ノ /.:.:/ 〃  /´ ̄ }} j:.:.:.:.:/ : :〃.:.:.:.:.:》,)_:}!
   { j_| f´ /´}、./.:.:.:{  {{      〃 /:.:_,.イ : 〃.:.:.:./.:.:|: l:||
   `ヌ `ー〈_,∧}(:.:.:.:.ハ  }}  i    }} /≦.:__! : :!:.:./.:.:.:.:.:.Ⅵ||
    {{r}`ー‐一'リ.:}:.:/      \   /}:.:.:.:/.:| : :|:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:Ⅶ

             カテリーナ・ルデンコ





249 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/23(木) 18:19:55 ID:ZioXcnPA

      ____
     /     \
   /  -     - \    また会いましたね、ドクター
  /   (●)  (●)  \   見学に夢中でして…
 |      __´___     |
 \      `ー'´     /
 /     ∩ノ ⊃   /    私の診断レポートは、ヒューストンから届いているはずですが
 (  \ / _ノ |  |
. \ “  /__|  |
   \ /___ /




                      ___
                   .   ´      `  、
                 /  //  }  \   \
              {{≫≪}}/ 〃  //ハ   iヽ ヽヽ
             / /|| :L从L从{`ヽ|l  | _| | :,
            /   / lj :|  |f卞ィh、    ̄ '´ | |  !    なによ、ティーグ医学センターの獣医連中なんか!
           /イ ∧ /⌒|  |   ̄`    , 卞ィh、イ  |
            |{ f :!{ { 八:{ |            ̄` j  从    口蹄疫の見分けがつくかどうかも怪しいものよ
            从| 八 \ ヾ   、__       彡ィ' |
              {  `ト-;     ` ー`    ,.イ| |从
               Vヽに ̄`\ ___ .   イ/リ
               /,. ―― 、 \{\\|/
               { i    \ ー)__}_人
               ヽ|       ン'^ヽ_}ヽ :i、
                 '.\    ン/人 } |__\
                 \\   ` ーァ'^ ⌒ヽ} ヽ
                   ヽ \    {     /ノ⌒ }





250 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/23(木) 18:20:30 ID:ZioXcnPA

        ____
      /_ノ ' ヽ \      (…ルデンコ軍医中佐とティーグ医学センターの信頼関係は
     /( ≡)  (≡)\     ドクターの屈託ない笑顔を見るまでもなく
   /:::::::⌒ __´___ ⌒:::::::\    私も十分に承知していますけどね…)
.   |     |r┬-|     |
   \      `ー'´    .,/




                            / ,.イ___ノイ
                       〃   〃//´    ,ノイ
                       { 、__ノ{{        //、          生命維持は私に任せなさいよ
                     / \\ ヾ     彡ー―‐\
                  --=彡 /  /⌒ ⌒´ ̄`ミ二二ニ≒‐'〃      ゼロG環境だろうと虫垂の切除も
                   / /  //             ヽ\  \'《》、     ――赤ん坊を取り上げることだってできるわ
                  / , イ  i | ‐=、   ,r=‐     Yハ ヽ.≧ \
                  !/ /||八|                }ニ|  } |》   ',
                   / ,ハ从 ,x==ミ、    ,x==ミ、  }ニ|,/}/ 八   i
                  / / :{ }      '         }ァ'⌒∨  ‘、 |
                 /イ   ヽ{     ,r==ー 、       イ :} |\   } | |
                 | ,' 八     {     :,      ノノ 八 ヽノイ/
                  V/  {`  .  、     }  . ィt-- イ  }`ヽ|
                      \  }>ー--r‐  ´{  | }  从 ノ
                        )ノ   ,.イ,ノ     V.ノノ
                      r~^Y⌒〃、 __,.  ||  ̄ >ー 、
                      八: : : 〉、{{,.-、 _  || /: : : /⌒ヽ
                      {: ノ/: : : {: :/: : : :`ヾ´: : : / : ,x―: }
                      ヾ{ : : : : : /: : : : : : : : : : :f´ : /  i_;ノ
                       〈`ー: : : : 、__: : : : \〈;/    |
                       /: : : :⌒`: :ニ: : : : : : : :}:|      |





251 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/23(木) 18:20:51 ID:ZioXcnPA

    ____
   / ⌒  ⌒  \       ・ ・
  ./( ―) ( ●)  \  そのあとの方の問題は
  /::  __',__   :::::  |  この船では起きませんよね?
  |    `ー'´     .|
  \          /




          ,. -一‥‥ー- 、
         /         -、二7マ=-、
        // /   :ト、   \|! |ト、 \
.        /´  f :! | | ヽヽ 、 マノ}}ハ  ハ     見くびらないで欲しいわね
      /    ! ハ  ! !   }ハ '.  Vヘ.∨ :|
      |  |  ||| ∧ |/   |∧  !f } ∨|     いい医者には何にでも対処できる用意がないと!
      |  ヽ. ||l/  'l ,xf斥ヽ |ハ.l ノ,ハ. | |
      '. | |ム!、   イ弋rり   リj´  ',リハ_
       ヘ ヽヘ r≠、           ∧  N´-一':: ̄`ヽ.
       {ム \弋リ '   ,.、  / :!| ||∧::::::::::::::::::/:::`丶、
      =ァノ.i\ド≧   <.ノ /、 |ハ|:::::::ヽ:::::::::::/::::/:::::::::`丶、
       {{_ノ| | |ヽ>ー一 f´|:::|   ,ハ:::::、::::\::f::::/:::::::::::::::::::::`ヽ、
         |l l| |  V|\ l|ハl|:::|__  / ハ:::|` ̄`_∨__::::::::::::::/_::::\
         |lハ!ヾ\ リ  Yハl::::::|___/イ V::::く´::oハ| `` <´::::::::::`:::::ハ
         |! \       ヽ:レ'}::! ̄|ノ。゚  マ::::::マ:丁}    f::::::::::::::::::::::/





252 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/23(木) 18:21:15 ID:ZioXcnPA

      ____
     /     \
   /  -     - \   (…しかし、オルローワ船長とドクタールデンコ、
  /   (一)  (一)  \   何という対照なんでしょう)
 |      __´___     |
 \      `ー'´     /
 /     ∩ノ ⊃   /
 (  \ / _ノ |  |
. \ “  /__|  |
   \ /___ /





253 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/23(木) 18:21:35 ID:ZioXcnPA

船長にはプリマ・バレリーナの気品と気迫がある


. /::::::::::::::::/三三:::::::::\         |:::::::::::| __ヽ:::ノ
/:::::::::::::::::/-三:::::::::::::::::: ` 、    _ .. |::::::::_:,      ̄ ¨ ヽ
::::::::::::::::::'    ` 、::::::::::::::::::::v ,r= ===' .    、 __   \
::::::::::::::/         `  ー -, ィ    \  ヽ  ト‐ 、 `ーヽ丶
::::::::::::/            /ハ     、   ヽ::_jヽ  \ ヽ-′  !
::::::::::/            j/  ヽ ゝ、 ヽ.、. イヾ! \,, ヽノ、   ヽ| ./ /
::::::::/           / !  ∧  ト .__Vヾ|= .、 │  ヽミ_  │/ /
::::::/               '   ハ ::|_ ヽ |    ハz:::_ハ’| ,  :::| ト! |   / /
::ノ            ! ! ::::!ヽ! _` `     ゝ-'  | j  ::::Vハヽ../ /
             l ト. .::ヽ トi;ハ      ::::  j/  :::::::| | / /
             ヾ ∨ヽヽ `´' __ _    |!  !::::: l_j/ / 、
               !  V i :::: V   |   ヽ  ,:::::::::/ /::. \
               l    ゝ  \ ノ   人./::::/!:/ /::::::::: 、 \
            _    _ヽj  !::::\    _  _| .:イ/!f/ /:::::::::::::|`ー`
         _ ,-'、. l rく _ヾヽ   :::::::::` - イノ_/ レ !/j , '´  ̄ `ヽ
       , - く ,、ヽ_j' ヘ !::} ! |\ 丶::::::::::/三 ハ三_::ノ /        ヽ
     ,- ィ ´「`(::):},. --、'-'‐ 'jノ  ゝ ,! ::::::トー/  ∨ /           i
     ゞ-―V:::√ , ー ´       l:::ノ|:::::::/ `'   / /           l
    '   /::::/_ノ          j/ /从/'     / /             │
    |  _/:::/              /        ./ /          /   │
    ∧ _./:::∧           / 、      / /         ,.    |
   レ´ /:::/  `         . ,..-─- .、 / /       .∠.    |
          ノ       //::/::::::::::::::::/ /       /:::::::\.  ,





254 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/23(木) 18:22:01 ID:ZioXcnPA

一方、ドクターは母なるロシアの祖型というところだ
がっしりした体躯、平たい農民の顔

あとはショールがあれば一枚の絵になる


                               __|_
                           \ /  |  `ヽ
                            /\ /     |
                            |   /\   |
            _ ' '                  |__/      /
             ノ                          ヽ
             |                        ̄ ̄ ̄| ̄ ̄
             |          _                 /⌒ヽ|
             |   r‐ /  ̄ ̄ \}                 {    ハ
                ∨  ・_・   }               ヽ._,/ |
                 {  (_l_l_) .ノ/7                |
                 ヽ .   ´ ̄ ̄ ̄ ̄`   、
                 /              \
               /                    「\ ./|      ̄ ̄)   |
             //   , /    | i   ヽ   |_/i\」      /   | |
            / /    / /i     ハ :|   |       |   \     `ヽ       |
           / /     :|/ |  | / ||,. --|  :|  ハ    ヽ  |    |  |
          / イ     '⌒\|_ |/  /|   /   |i    i     ! .ノ    |  |
         /'  |  |  :|           ,x≠弌寸リ    |     i|    ノ |
            、   |{ 寸≠ミx、      弋uり Y/  ∧|ハ   リ
            /\从 Y弋uり   ,      /ィ  /_ノ /|  /
            | /   ,ハ {                ノイ  { ||/   \/
            |f ,.イ{ ハ:、     - '   ,.ィ   |   ,ハ| j'    / `` ー--
            ||( 从(\{`   . __ .  ´ ノイノ'⌒ヽ     / _
            ヾ      _Y´   r'′ /  ̄    }    /    `\
                /: : : :\  | /___ , . : ⌒\  ./
              /: : : : : : :〃ヽレ’´〃 /: : : : : : : : ヽ    \
                 : : : : : :|i    |i /: : : : : : : : :            \
                  : : : ||    || : : : : : : : :
                    O    O : : :




           ____
         /     \
        /  \   /\   (…しかし、そんな造作に惑わされてはいけませんね)
      /   (●)  (●) \
      |         ´     |
      \       ⌒    /
    / ̄ ̄ヽ           \
   (「    `rノ          \
    ヽ   ノ              \
     |   |             「\   \





255 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/23(木) 18:22:28 ID:ZioXcnPA

ここにいるのは、コマロフ・ドッキング事故の最中
少なくとも10名あまりの絶望視されていた命を救った女性なのだ


                      /______
                   ,. ´{           `  、
                 /     ヽ._          \
              -=彡      ,. -}    ヽ  \  \
               /   / //  |      |   ヽ ̄ ヽ
              /  ー‐/=彳 ___!    :l 丿L :! ̄`〃ヽ
              i 〃 |i  l(_{_}__j }   ,ハ '⌒  |=一{{
              | || i ||  |、_   厶イ_|/ |_i  i | / }
             ハ._|| | ,ハ≧lx、   __,x=≠寸 |   l |ニ. Y |
              /|LL! { 弋り    弋z少 ノ ノイ //  } }|
              ||i、{: : : :  ' __ : : : : : : :ノイ/_,ノ ,.イ .||
              |八| {\  c。{` ̄`ヽ  C   _ / / _ノイ/
                 )ノ> .. _\__ノr'j_. イ/ ̄ ̄ \
                  f⌒⌒)/ }      /  ,.  ´ ̄`i
                 rクーr'〃 ヽ  / 〃/       |
              r‐、/´|  { {{ \___,/,リ       |
            ,.┴く   ! ノヘx≠xy≠彡y'´       ハ
           / / ,ハ_ _|/ : : : {:o:}/´: : : :!        / i
          { ./  / / 〉{ {: : : : /: : : : : : : :|         /!  !
           ` ー、   / }ヘ.ヾ=-:{o{ : : : : : : |/    / :|  |
             {` ̄/  {: : : } :ヽ: : : : _/      ヽ{ :|  |
             } __/ ハ: : :⌒`: : : : { /      } |{
             ヽ._     ': : : : : : : : r'′       f 八
               {      }:、: : : :_/| \__/ r'  /
                \__ ノ:ー: : : : : :r'       j   |





256 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/23(木) 18:22:56 ID:ZioXcnPA

しかも余暇には『宇宙医学史』の編集までやってのけている


                         __ __
                     .  ´ /´    `   、
                   /               \
                  /        ノ      \    ヽ
                /      /  /        ヽ     ',
               /  / -==彳   /i       \  '.  |
              /ィ ′/  /|  :||     ヽ ヽ i  ,x|
             / :| i| :i  :| ||  :| 、    |:| | | 〃}}\
               | l| :|i :| トL 从 ‐'\_ |从 :| | {{_,リ  }
               | l| :|| 从=ミ、   ,z=≠寸ミ、 V  |'⌒|   j
               人 V从{{ 弋り  〃 弋r'り ,リy' }  |f´/   {
             / /\{{ : : :  }}==:{{   : : : : : }}/  リl/   ノ
            〃 〃   「 ヾ====' ′ヾ======彡'/}//  /
           从 i|   fヽ| }\     一'⌒  / } /,.ィ´
             ヽ|   | ./7/7f: :ー--,--r ´  ノイ 〃| |`:ー― 、
                // /' :{!: : : / /     人{{.∧! : :/´ ̄`: .、_
                〈   ⌒ヽ〉 〉: :/'7_{  _,/  /: : : /: : : : : : : : ノ: : }
                 \   }V: :r: : :廴V__,>、_/: : : : {: : : : : : : : : : : : ` : . 、
                  ヽ  ∨: : : : : : : : : : : : : : : -一〉: : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
                   |   {: : : : : : : : : : : : : : : : :/⌒`ト : : : :_;/: : : : : : :}
                   |    ',ー一 : : : : : : : : : : : : : : : : :〉ー、_ /{ : : : : : : : /
                   〈`ー一ヘ : : : : : : : : : : : : : : : : : / : : :/ ∨{\:__:r '
                   ヽ.___人: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : {    >r┬′
                     廴_ : : : Y´ ̄: : : : : : : : : : : :/: : 人  ⌒Y 人
                       ` ー'入ー--: : : : : : :_;/: : / /i\__/:i:i:i|_
                     「 ̄ ̄:i{  \: : : : : : : : : : /   /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/
                     |:i:i:i:i:i/\__/`ト----‐ '´   ./:i:i:\:i:i:i:i:i:i:i:i_/
                     )i/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\       /:i:i:i:i:i:i:i:\:i:i:i/




       _________
      /     \
    /   ⌒  ⌒\   (…彼女が同乗しているのは
   /   ( ●)  (●)\   大変な幸運だと言わざるを得ませんね)
   i   ::::::*  __´___ *  .i
   ヽ、    `ー'´  /
   /         \





257 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/23(木) 18:23:29 ID:ZioXcnPA

                  ,. -一‥‥ー- 、
               /´ ̄ ̄       、\
             /    /    ∧    ヽ ヽ.
            /   // /   / / | |! !\ヘ ___
           / /   if |l   i /   !  | | |ニニァに}}
           | ||   || |l   |f=‐ | | | | 〃||:トミ、     さてフロイド博士、
           | ||  ネミ.!L.L.,r==ミx、ハ.!!| ||/||:| |:|l     あなた達3人には早いうちに眠って貰わないと…
           ハLルイ「frミ    frハ  }  !| ル'゙テlノ i´|
.            {{ }}ハ.! ヒリ ,    弋り   |ハfrY .| ||l !      遠慮して誰も言わないけど、発進準備で忙しい時に
           `テハ|:::::::  ___  ::::::::::::   rノハ. ! ! |lリ     あなた達は邪魔になってるのよね
           〈∧ lヘ.   |f ̄ ヽ      ,.イT ! || |lリ
             ヘl l\ ヽ _}    'l |||||| |ハ
              ヽトヘ `hー―ァ ´   トl|ム|∧|
                ム |:| ! |/     ,.イ从人メ、
               /.:.::ヾ|ハ/__厶ィ/:::::.:.:.:.:/:.ヽ
              /__:.:.::::ハヾ==彡/:::::.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:ヘ
              下ミ:::::j     」VV::::.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:}
               |:.:.|!:/  /_Z:::::/:___:」:.:.:.:.:.:.:.:::ノ




       ____
      /     \
.    /   ノ '  ヽ\    こちらもそれを言い出されるのが怖かったんですよ
.  / /)(ー) (ー)u\
  | / .イ    '       |  でもその立場はよく解ります
.   /,'才.ミ).  ⊂つ  /   そちら次第で眠るのはいつでもいいんですがね
.   | ≧シ'        \
 /\ ヽ          ヽ





258 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/23(木) 18:23:53 ID:ZioXcnPA

          ,. -一‥‥ー- 、
         /         -、二7マ=-、
        // /   :ト、   \|! |ト、 \     私の方はいつだって用意ができてるわよ
.        /´  f :! | | ヽヽ 、 マノ}}ハ  ハ
      /    ! ハ  ! !   }ハ '.  Vヘ.∨ :|
      |  |  ||| ∧ |/   |∧  !f } ∨|    それじゃ後に着いてきて
      |  ヽ. ||l/  'l ,xf斥ヽ |ハ.l ノ,ハ. | |
      '. | |ム!、   イ弋rり   リj´  ',リハ_
       ヘ ヽヘ r≠、           ∧  N´-一':: ̄`ヽ.
       {ム \弋リ '   ,.、  / :!| ||∧::::::::::::::::::/:::`丶、
      =ァノ.i\ド≧   <.ノ /、 |ハ|:::::::ヽ:::::::::::/::::/:::::::::`丶、
       {{_ノ| | |ヽ>ー一 f´|:::|   ,ハ:::::、::::\::f::::/:::::::::::::::::::::`ヽ、
         |l l| |  V|\ l|ハl|:::|__  / ハ:::|` ̄`_∨__::::::::::::::/_::::\
         |lハ!ヾ\ リ  Yハl::::::|___/イ V::::く´::oハ| `` <´::::::::::`:::::ハ
         |! \       ヽ:レ'}::! ̄|ノ。゚  マ::::::マ:丁}    f::::::::::::::::::::::/
                  マLム      ヘ:::::::ゝ-'|_   ノ_,. ---、/::,′




       ___
      /     \
    /   ⌒  ⌒\     わかりました
   /   ( ●)  (●)\
   |       ___´___   |    それじゃワシーリ、失礼します
   ヽ、    `ー '´  /





259 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/23(木) 18:27:09 ID:ZioXcnPA

        |(,,゚jコ)/)   |     _____
        |(_,  i, :::::::|    .|:.      |
        | ヽ, )っ;;;;|    .|:::.      |  γ⌒ヽ
        `ー―――'     |::::::      |   |//  |
                  |o::::..    |   |/   .|
                  |::::::::::::.   |   |  //|
                  |::::::::::::: :.  |  入__ノ
                  |:::::::::::::::.......|    ,!.:i、
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄[__,,::]
         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄'i,
        /        ....:: i,
      /   .....::....:........::.::::::キ





260 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/23(木) 18:27:30 ID:ZioXcnPA

              {{
              ヾニニ ¬< ̄`   、
         `ー==≦´ ̄/   ノ } \-----\
         ー==彡  /  /イ    | ヽ  {{≫≪}}
           /   , /  /  ノィ_,从|∨ |  } ヽ
          /   / ハ  f ノ/´ ̄`ヽ| |  ∨j /   }    そういえばチャンドラ博士が
         / / ! :| ヽV」 /  fんハ | |  |/   ,.イ     首から吊り下げてる金色のものは何なのかしら?
        イ  i |:|/⌒     弋ぅソ ! ! ∧| ./} !
        Vヘ| |:{ f,ハ    .:.:.:.:. /ィ//  /ノ 人 ミ、    診察の時も外そうとしないのよ
          \|从 vリ '        -=彳 ハ{/  } }:i | \
           / ヽ{.:.:.    r=‐ 、   乂イ__ノ,ハリ
        -=彡 /\    、_,ノ   /: : : : : : :`丶、   内気で、脱ぐとか外すとかは何もしない人なんだけど
         /  /     >  . __ . へ/: : : : : : : : : : : : :}
         { イ{   /⌒ヽ.人 人,ハ/: : : : : : : : : : : : : ノ
         \             r{: : : : : : : : : :,x<⌒\
                      {入:__,x: ^Y^: n_;x ^ く
                      }/: : :/:{_;人_ノ       .
                     〈: : :/: /: `:ー\       ',

                               O
                                O
                  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                               ,. -――‐- ._
                             ,. '´ /⌒ヽ /⌒ヽ `ヽ
                            /    !  o l_!o   !   ヽ
                        ..  /  ,. ‐へ_,ノ-ヽ__ノ‐、  ヘ
                          ,' / ``'''ー-  ゙、_,ノ  -‐''" ヽ  ',
                          ! l  ̄ ̄_   |   _ ̄ ̄ l  |
                          l l ‐弋´   |   `~フー ! l
                        .  ', ',    >-、_ | _,. -'"   / /
                           VV  {   )  ̄      / /
                            ヽ/ `ー'_____,//
                            /    /--/⌒ヽ----┘、
                            l     /  ヒΤフ  ヽ  \

                                   ↑これ





261 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/23(木) 18:29:22 ID:ZioXcnPA

       ___
      /     \     (…どちらかといえば威圧的なこの女性を前にして
    /   ⌒  ⌒\    恥ずかしがり屋のインド人がどんな反応をするかは
   /   ( ー)  (ー) ヽ   想像に難くありませんね…)
   |  u   ___`___    |
   ヽ、    `ー '´  /




         ____
       /     \      あれはリンガムですよ
      /  ⌒   ⌒\
    /   (● )  (<) \   医者なら一目でわかるはずですがね
    |       __´___    |   男性の生殖機能の象徴です
    \       `ー'´   /
      〉         ⌒ヽ
.     |          、  \_
      !          ヽ   _⌒)





262 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/23(木) 18:29:44 ID:ZioXcnPA

           _,. ---- 、
.         ,.  ´       `   、
      /              \ \       ああ、彼は熱心なヒンズー教徒なのかしら?
     /    /      ,|      '.  ヽ
.    /    /|   / ./ !      | |二7ハ=、
    f ! | l| |  l|  l| '   | | | 〃{{^ヽ》   それなら菜食主義者用の
    | |l || l| |  l|  l|  '. ||| | | {{_,リ  i′   きっちりした食事を用意するには
    | |l |N`ト.! ,ハNイ   V从.| | | /| !    ちょっと遅すぎるわね…
    | |l |r=ミ、     _z≠寸卞| |/⌒i/! リ
     7Tハ|{ 弋リ   ´ 弋t少 ノ|リ j´; ||/
.    {{_|ヽ{xx   ,   xxx    |/ / ,.イ .|ハ
      ∨ヽ.             .ィfT´ハ| /
       \|`ト .._‘`_ .   ´ |ハ|⌒厂`}
          \| !{ { |   _,. /  /´ ̄`丶、
           }ムヽ\|`  ´z≦二イ        \
            | {`` '"´ ̄}}  \/        \
            {         {{    X.__         ,}
            \ー¬、           )     /ハ
              {   `  ̄       |ヾ二二´//ハ




         ,___
       /     \     その心配は要りませんよ
      /  ⌒  ⌒ \
    /    (⌒)  (⌒) \   アルコールに口は付けませんが
    |       、__',_,    |   チャンドラにはコンピュータ以外に
    \       `‐'´  ,/   狂信的なところはありません





263 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/23(木) 18:30:07 ID:ZioXcnPA

         ____
       /     \       なんでもお祖父さんがベナレスの神官をしていて
      /  \   / \      彼にくれた物だそうです
    /   (●)  (●) \
    |       __´___    |    代々家に伝わっているものだとか
     \     `ー'´  ,/




         〃      ,ノ
         {{__,. -一≠¨ ̄ ̄ ̄`丶、
    /  / 廴__   -――-、 ̄`\ ≧=-
    ≫'´               \  `ミ≧=
  /   /   /  ⌒\     \   \
 / 一==彡    /      ヽ \   \
/   ./    / /  \  i   ヽ     \   その気持ちはわかるわ
 /   /   〃  /   ./   '. |     :i
/ / /   /| .'  /      i|     :| \     私もおばあちゃんからきれいなイコンをもらったのよ
  i ./   / | | ./    ノ  '、   !   ヽ   ――16世紀の
  | | :{ / -=彳   |  /ハ    \   \
  | |从!__  |   l /ミ==|-  ヽ    ド≧=-   ここへ持ってきたかったけど
/| |〃 ̄`ヽ|ハ  八:{   人   !     |i      重さが5キロもあってはね…
||ノ{{  んィ:}  V{   ,x====ミ、ハ|    ||
∧l ヽ 弋tり    〃 んィしハ Y!     リ
Y! .:.:.:.:.            弋とぅり ,リ   , '   /
八         '      __,. /  / ./|
イ \           .:.:.:.:.:. / /j-=彡イ |
八 i `  .   }_)    ー=彡イ  / /ィノ| :!
⌒ヽ!  } }> .. ___  ノィ/ /__,/! /
´ ̄`ヽ ノノ!   rノ       〃//    ノ' ノ
―― 、}\|  |      // /   /´ ̄
____,}  ヽ.ノ   -=≦ イ/{/ィ /   __,ノ
     }    ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  / ノ       ̄ ̄ ̄` ー- .. _





264 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/23(木) 18:30:33 ID:ZioXcnPA

                         __ __
                     .  ´ /´    `   、
                   /               \
                  /        ノ      \    ヽ
                /      /  /        ヽ     ',    これでよし
               /  / -==彳   /i       \  '.  |    もう2時間足らずで眠くなるはずよ
              /ィ ′/  /|  :||     ヽ ヽ i  ,x|
             / :| i| :i  :| ||  :| 、    |:| | | 〃}}\
               | l| :|i :| トL 从 ‐'\_ |从 :| | {{_,リ  }   それまでは体を楽にしていなさい
               | l| :|| 从=ミ、   ,z=≠寸ミ、 V  |'⌒|   j
               人 V从{{ 弋り  〃 弋r'り ,リy' }  |f´/   {   見晴らし窓があるからそこへ行ったらどうかしら?
             / /\{{ : : :  }}==:{{   : : : : : }}/  リl/   ノ
            〃 〃   「 ヾ====' ′ヾ======彡'/}//  /
           从 i|   fヽ| }\     一'⌒  / } /,.ィ´
             ヽ|   | ./7/7f: :ー--,--r ´  ノイ 〃| |`:ー― 、
                // /' :{!: : : / /     人{{.∧! : :/´ ̄`: .、_
                〈   ⌒ヽ〉 〉: :/'7_{  _,/  /: : : /: : : : : : : : ノ: : }




      ____
     /     \
   /  -     - \
  /   (一)  (一)  \   わかりました、そうします
 |      __´___     |
 \      `ー'´     /
 /     ∩ノ ⊃   /
 (  \ / _ノ |  |
. \ “  /__|  |
   \ /___ /





265 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/23(木) 18:30:55 ID:ZioXcnPA

見晴らし窓には既にチャンドラとカーノウの姿があった

だができる夫は妙なことに気付いた
チャンドラは眺めを楽しんでおらず、かたく目を閉じているのだ


        |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゚:::::::::::::::::::::::::::。:::::::::::|
        |::::゚:::::::::::::::::::::::::::::::::::::○:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
        |::::::::::::☆:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゚:::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
        |::::::::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゚::|
        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


    , '´  ̄ ̄ ` 、              ______
   i r-ー-┬-‐、i            / / ̄ヽ ̄ヽ\
   | |,,_   _,{|          / _|  / |ヽ |_\
   N| "゚'` {"゚`lリ         /  /  `ー ● -   ヽ
    ト.i  .,__''_  !          | / , 二   |   二、ヽ
    __l\_ .イ           | | | ─    |   ─ ||
   /  |\Y  |\         ヽヽ .\    |    //
   / i \ |/} |           \ヽ `'ー─┴─‐''" /
   ヽ_>   |  〈_/            (二二二(〒)二二)
     |   .|  |             /  /     \|ヽ
     |  l l  |
     |__| |_|
     |_) L_)





266 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/23(木) 18:31:25 ID:ZioXcnPA

乗員がチャンドラの無抵抗な体を抱えていった時
できる夫はほとんど気付かなかった


         ___
       /_____ ヽ〟 ____  ─────
.       |- 、-、ヽ| /-、 - 、    \  ̄ ̄ ̄
     mn|  ・|・  |- |/-| ー|ー  |- 、   ヽ
     ヽ_| -o -′/  `-●-′  \   _!
      \ヽ. ── (| ── | ──  | ( __ ) ───
       \ ▽▽ | ── | ──  |. /  / ─────
         |    ヽ(___|___ ノ/  / ─────
         _|____| `━ 6━━━/  /
       / ̄j     | |/ ──┐ヽ   |
   l⌒∨\/ ̄ ̄| ̄/⌒ヽヽ._ ノ  i   |^ヽ
    \  /    \|.   |` ── ′  _j.  | ___
     ` -′      ` - ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `-′ ─────




            ____
           /⌒  ⌒\
         /(○) (○ ) \
        /    __´__      \
       |      -      |
       \            /





267 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/23(木) 18:31:48 ID:ZioXcnPA

ふたりの乗員がカーノウを運び出しに戻った時には
もう、できる夫の目は閉じられていた


|                        , ──── 、
|                     ゝ/ _______ヽ
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\            i  | / /⌒ ヽ/⌒ヽ
|            \          | _| _|   ・|・  |__
|.            ヽ      , ─i 、    ヽ __ o__ ノ  ヽ
|.             | コソーリ  !  `-、          |  !
| (●)    (●)   |      \   ヽ、   ──┘ ノ /
|::   \___/    |        \   \二二へ二ヽ/
|:::::::.  \/     .ノ         \ |        |
                         |        |




    〃                 i,
   r'   ィ=ゝー-、-、、r=‐ヮォ.〈
   !  :l      ,リ|}    |. }                  ____
.   {.   |          ′    | }                 /     \
   レ-、{∠ニ'==ァ   、==ニゞく               /  -     - \
   !∩|.}. '___゙`   ./'__` f^|              /   (一)  (一)  \
   l(( ゙′` ̄'"   f::` ̄' |l.|              |      __´___     |
.    ヽ.ヽ        {:.    lリ              \      `ー'´     /
.    }.iーi       ^ r'    ,'               /     ∩ノ ⊃   /
    !| ヽ.   ー===-   /               (  \ / _ノ |  |
.   /}   \    ー‐   ,イ               . \ “  /__|  |
 __/ ∥  .  ヽ、_!__/:::|\                \ /___ /





268 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/09/23(木) 18:32:21 ID:ZioXcnPA

次に彼らが引き返してきた時には
できる夫の意識は心の奥底へと沈んでいた


                                  r'ヾ
                                 /  !
                                 l  _,,..........---......,_
                                ,.ノ' ´:::::::::::::::::::::::::::::::::.` 、
                              ,.イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::: .....:::::` 、
                            /        :::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       , ──  、         .      /:::::::::::..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、
    / ______ヽ             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、'、
  ゝ/   |/ / ⌒ヽ ⌒ヽ            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}ヾ
   |   | |   ‘|‘  |            /オ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::|:::::|::::::::::iヾ
  . v‐、l ̄ヽ __ ノ 、__ ノ           / {::::!l::::::::ト:::::::、::ト:::::::::::::::::!:::::::::::::::::|:::::トi:::::|i:l !
   l )       ^  l         .      |::| !:::::::|ヾ、::i'、i '、:::::::::ソ ヾ、:::::/ |::::::l |::::||:|
   `ー 、   ──┘ノ         .      ヾ!.|::::::::|. ヽ|  ヽ:::/ソ   ヾ/  |::::::|.l:::| |!
      ` ー──、´               ヽ|:::::::l|/// ヾ  // U オ:::::!.!::| |
       /|/\ / ヽ        .        {:::::::|:'、     ,.. _      ,く:!:::::|.レ"
       l l     |  |               |::::::|::{:::> 、   `‐ '   / `|::::||
       | |     |  |               |:|::::|i:r'   ` t. 、 _ イ {    |::/
                              | |:::|'     r' ´>、  , ーヽ |/
                               | |/   /~ ´  `ヾ、  '、!
                               | |    {       }、 /ヽ、




          __  _____           __
          | |/─  ─ \======| |
          |/ (ー) (ー)  \        | |
         /   __´___  .    ヽ      | |
       _rーー‐‐- 、_        / ̄ヽ___| |
     __ノ ̄ ̄ ̄ ̄` ヽ__`-ー´⌒ヽ_ノ   ./| |
  / ̄     ヽ_ _  ーー ヽ__ ヽ、.../  | |
 ノ                    `ヽ/|  /| |
/                      ) |/  |_|
                    / |  |
                   /   |/




                                        第2話 END





271 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/23(木) 18:38:56 ID:x0UZX8VM







270 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/23(木) 18:36:15 ID:u8VSIsHc

2010年は冒険物としての側面が強くなるね





272 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/23(木) 18:56:51 ID:uFoWD4Ms

しかし、当時のソ連が米国にとって宇宙開発のライバルだったのは常識としても
中国までもが宇宙進出することをクラークはどうやって予見したのだろうかね
もはや、預言者の域としか思えないのだが





273 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/23(木) 19:04:08 ID:qXW5DHGg

クラークがソ連のサハロフ博士と同じくらい著書でよく触れてるのが、中国の銭学森博士
アメリカ留学してロケット研究を手がけて、JPL創設にも関わったが、赤狩りで中国に送還された人物
宇宙開発に詳しいクラークなら、あれほどの人物を擁する中国ならいつかは、と注目していたと思う





274 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/23(木) 19:14:25 ID:u8VSIsHc

潜在的国力が高い中国とインドは、当時から注目されてた気がする










投稿日 : 2010/11/05 | カテゴリ : 宇宙の旅 | コメント数 : 3
■コメント一覧
  • No.7054 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年11月05日 15:21 [ edit ]

    徐々にドラマ性が高くなってきてるな



  • No.9140 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年01月29日 14:32 [ edit ]

    前作が前作だけにハラハラするな。



  • No.11821 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年06月15日 14:32 [ edit ]

    今回も同じ人が作ったAIに絶大な権限をもたせてるのかな
    アメリカって重要なポストでも一度の失敗でドライに更迭しまくるイメージだが
    チャンドラ博士はかわりのきかない逸材だったんだろうなあ



■コメント投稿
     行間隔の関係でアスキーアートを貼りつけてもズレが酷いことになりますので、
     アスキーアート付きのコメントは削除する方針です。
     荒らしの書き込みに対してレス・言及しているコメントも削除対象ですのでご注意ください。
プロフィール

管理人 : 「ピチカー党員No.11」こと金ニダリスト

       ___
      |それ金|
    z'| ── 、
    / ハ ヘ u ヽ
  人/ノヽ ミ=‐...|_     生活の中心が株になっとる
    }≦ u 爻r.j. |彡}
  (  u  リ У{三≧
   ` ー─t r三勿 {气}
      厂 ̄(三)  `气


◆カウンター(ユニーク)    ◆カウンター(トータル)
       


全記事一覧

RSS

管理モード
ツイート
最新コメント
最新記事
まとめ記事
【歴史系】
【物語系】
【ゲーム系】
【学ぶ系】
連絡先はこちら

苦情・相談などありましたら、
下記のメールフォームにてご連絡ください。
(ファイル添付可能)

連絡用メールフォーム

貰い物紹介

TOP画像募集中

  

ダンジョンマスター作者様からいただいた逸品。
カナ、マジプリティ!



  

  

帽子屋HeII0様からの贈り物、しかも二枚!
各作品に対する愛情が伝わってきます。
帽子屋HeII0様のブログ - 「-simulacra-」

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
© それにつけても金のほしさよ All rights reserved.
まとめ