■【2010年】できる夫達が宇宙の旅に出るようです 第3部 ディスカバリー 第5話 二重遭遇
470 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/10/11(月) 18:01:20 ID:06PZMLnk




                 【2010年】できる夫達が宇宙の旅に出るようです


                         2010 : Odyssey Two


                          。  ☆    .       。  ・
                                  .    .  /)      .
                ☆                      ,〇 ノ    ・  .
               。    .                  (_/         ゚
                           , - -   ゚   ・      ・  〇
              ゚            /  (● ●         ゚      . .
               。          ゝ  (__人)^) o    。
             .                ⊂     //   .      .     ゚
                  。  ・    (    〈               .
                           `~ ヽ_)       "   ""
               o  ゚       。  ☆              r─── - .
              ・      ・       ・   。       イ´ く`´    |
                   。    。             /、ノ    `l     .
                ゚    ・                / n     `ヽ ζ





471 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/10/11(月) 18:01:46 ID:06PZMLnk








                    第3部    ディスカバリー
                             DISCOVERY


                    第5話     二重遭遇
                         DOUBLE ENCOUNTER








472 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/10/11(月) 18:02:18 ID:06PZMLnk

レオーノフ号はようやく速度を増し、木星をめざす下り坂飛行に入った


::ヽ
:::::::\,,
   :::ヽ
    :::゙、
    :::::|                             . 。
     :::|                             レ
      :|   O  O  ○      〇          オ
     ::::|   イ  エ  ガ       カ          |
     :::|   .オ  ウ  .ニ       リ          .ノ
    ::::::|       ロ  .メ       .ス          フ
   ::::::::|      . パ  .デ       .ト          号
 ::::::::::::/
::::::::::/
:::::イ
木星





473 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/10/11(月) 18:02:55 ID:06PZMLnk

何十もの衛星が演じる永遠のバレエは眺める者を際限なく魅了する
今、生きている人間の中でこれを肉眼で見届けるのは、レオーノフ号のクルーだけなのだ


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::☆:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_:_::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::__::、:::─:-: ″:′::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::-"::′″″;;;;;;;;;;;;;;::;;:::::::;;:::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,/::  丶ミゞ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::δ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::  ヾ″°;;;;;;;;;;;;;;;;::::;;:::;;;;;;;::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::-:::: ″ゞ;;;;;;;;;;;;;;;:::;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
::::::::::::::::::::::::::::::::○:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::○::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ′°″丶;;;;;;;;;;;;;:::;;;;;;;;;;;;;;;;;;:ヾ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::; ″"::ゞ ′;;;;;;;;;;;:::::     ::::::::::;;;::::::;;;;;;;;;;:
:::::::::。::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。:::::::::;:::ヾ ″′ ;;;;;;;;;;;;;;;:::::::;;;::::     :;;;;;;;;;;
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::"::  :
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::○::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!::;;     :::::::;;;::::::::::″
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:  :::::::: ;    :::::;
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::::::::::::::::::::::;::        :::;ミ
:::::::::::::::::::::::゜::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::          ゞ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  :
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  ::: :::





474 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/10/11(月) 18:03:21 ID:06PZMLnk

いつ果てるとも知れなかったチェス・ゲームも終わり
勤務外の時間をもつ余裕が戻ってきた


        / ̄ ̄ ̄\
       / _,ノ  ⌒ \
     /  (●)  (●) \
     |     、 ´      |
     \      ̄ ̄   //|
     /     /⌒ノ ̄ ̄ | ( )
     |   \ / /      |  .|
      \  “  /l      |  .|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\  / ̄|_____|./ ̄ ̄ ̄





475 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/10/11(月) 18:03:47 ID:06PZMLnk

こうした中で少なくともひとつ、船上のラブロマンスが実を結んだようだ

マックスとジェーニャがしばしば姿を消すのがそれで、
二人の仲は悪意のない冷やかしの対象となっていた


                                      _
                                     〃 ヽ
                                     !l _,. !‐ ' ´ ̄ `¬ト、__
         ..,,、;:::''::":: ̄ ̄`-.、                 メ'´て___,. -‐ツ‐丶ヽ、 ヽ
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、             /  ` ー───‐ ' ´    ヽ冫 ヽ
      〃:::::::::::::::::::::::::::::::: ::::::::::::::::',        .     ,ィ,  / /          l   ',ヽ `,
      {/:::i:::i、::::i、:::ヽヾ\ ::::::::::::::::i           // // i     ト、   i.  !.   ト '   i,
      {!i::|ヘ:!\!\!≧三ミ:::::::::::::::i          ,' i  ,! ! ハ    ll!ヽ  l  l   li  i  `,
       {{,,,,ヾ、  ´r==、∨Cヽ::::!       .   ',イ イ l i _!ト   i十¬、 .i   |   i| ∥ i!
        {ヘr=}        るノ:::!          i ! .i{,l i「 ヾ.   i l!r:ュ、ヽ|   !'ミ、. !  !l  l
        ヾ',  i  _      しヘ:::l          ' l !l !i |!,なム',   !イヒ'!ハヽ.!  iり !}イ l | ,'!
          ',  `" _   /  ヾ           !|. i!.! i.!ヘ トiヽ |l! マじi ' !l  !'_/ レ' ー'
          ヽ  く _ ′ / :   /;;〉ヽー=¬     ! i ! l !. `′ ヽ!  `´  |i  レ'
           \    /  ; /;;/タ://;;;;;;;;;       l ! i ト、  マ''つ  ,ィi|! | ̄ヽ、_
             ヽ-ヘ:::   /;;∠ク //;;;;;;;;;;;;       l i l:! ` ァ'ヽ, ,..ィj/ !i iソ  ソ `ゝ
                ∨/;;;;∠ク   i i;;;;;;;;;;;;;;        i !. i:!   i ´ わ i  | l !,. '´_,. -‐-
                {ココ少′  l l;;;;;;;;;;;;;;         ',、 i,! ,. ヘ    )_!__i!ィ! ,!.、‐'´
               / ̄      ! !;;;;;;;;;;;;;         ` 、!,'  ヽ.   i ヽヘ.l,'  ヽ




       _________
      /     \
    /   ⌒  ⌒\   あの二人は不思議とお似合いのカップルですね
   /   ( ●)  (●)\
   i   ::::::*  __´___ *  .i
   ヽ、    `ー'´  /
   /         \





476 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/10/11(月) 18:04:13 ID:06PZMLnk

  /⌒ ̄ ̄ ̄\
  /川∥∥| ∥|       「マックスは2000年のオリンピックで決勝まで行った
 〈巛《〈〈 \巛 |       トップクラスのアスリート
  │个 个 ヘ |
  │┌-   )/       歳は31ですが、子供っぽい無邪気な顔をしてます
   ヽヽ 丿//
    ┼┬┼          単純で批判力に欠ける面がしばしば目にとまる事もありますが…」
 /┴┴┴┴┴ ̄\
 | │       ┤ \
 | │       │\ \
 | │       │ \ \
 | │      /│  │ │
 | │     / │  │ │
┌─ヽ       」   │ │
│ ├┴┴┴┴┤   田田
│ │  ∥   ヽ   / │
├-┤   /   /   LllLノ





477 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/10/11(月) 18:04:40 ID:06PZMLnk

            r'ヾ
           /  !
           l  _,,..........---......,_
          ,.ノ' ´:::::::::::::::::::::::::::::::::.` 、         「ジェーニャは…依然として謎めいた女性ですね
        ,.イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::: .....:::::` 、        歳は船内で最年少の29
      /        :::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
.      /:::::::::::..::::::::::::::::::::::::::::::l、:::::::::::::::::::::::::::`、      火傷の原因となった事故のことは
     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}‐t、::::::::::::::::::::::::、'、     誰もすすんでは口にしないので
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| キ'、::::::::::::::::::::}ヾ     こちらから話題を切り出したこともありません
    /オ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::レ'Tヽ、、|:::::|::::::::::iヾ
   / {::::!l::::::::ト:::::::、::ト:::::::::::::::::! |‐' | i!|:::::トi:::::|i:l !    ワシントンの情報源もこの件はお手上げのようですが
.      |::| !:::::::|ヾ、::i'、i '、:::::::::ソ ヽ__ノ ' |::::::l |::::||:|     まあ、自動車事故程度のありきたりなものでしょう」
.      ヾ!.|::::::::|. |Lキヾ ヽ:::/ソ /// |::::::|.l:::| |!
      ヽ|:::::::l|/// ヾ     U オ:::::!.!::| |
.        {:::::::|:'、     ,.. _      ,く:!:::::|.レ"
        |::::::|::{:::> 、   `‐ '   / `|::::||
        |:|::::|i:r'   ` t. 、 _ イ {    |::/
        | |:::|'     r' ´>、  , ーヽ |/
         | |/   /~ ´  `ヾ、  '、!
         | |    {       }、 /ヽ、
         , . r::'::´::|     }/!ヾ‐:::::::::丶、
.     ,r ' ´   }::::::::::::}     li;;;iヾ;ヽ、:::::::::::7 、
     ハ       }::::::::r‐' 、   ハ;;Vヾ;;ノ::::::::::::{   `ヽ、





478 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/10/11(月) 18:05:32 ID:06PZMLnk

         ____
       / ノ  \\            傷は体だけでなく、間違いなく心にも負ったでしょうに…
      / (●)  (●)\
    / u   ___'__    \          しかも、彼女は土壇場での交代要員ですから
    |       `ー'´     |          どうしても自信を持ちきれないみたいです
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)
    ノ  | / / /   (⌒) / / / /    イリーナ・ヤクーニナが
   /    | :::::::::::(⌒)  ゝ  :::::::::::/     ハンググライダーの事故で骨を何本も折らなければ
   |  l  |     ノ  /  )  /      レオーノフ号にはイリーナが乗っていたんですから
   ヽ  ヽ_ヽ    /'   /    /
    ヽ __  /   /   /

          O
           O
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
             ,ヘ
        _____{ ヽ、
   r── ´     `ー- ゝ、
   `ーァ′ ,ィ     \  ヽ
    /   // | |\\   ヽ   ',
    / / /-‐' i ! `‐--   iヽ '、
   /イ ,イ≡≡  ≡≡\ !ー、 ゝ
   /^|/ | { (     ( ( ヽ|フノト≦
   /  ゝ) )-‐-   )_>rイlノ
        ̄ ̄入   ト<
         rく |--/ /ヽ、
         | ヽ|///   ヽ
         | 〈,ヘフ /  /  ',
         |  l   /  /  /
         | ハ  /  /-‐´
         {フ  ̄と/





479 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/10/11(月) 18:05:52 ID:06PZMLnk

       ゚  .    。            ゜    +   ゜      。            。    ゚  。
  ゜     。            ゜   。  o      ゚    ゚'         .  '      。
   * .      ゜         。        ゜     +      。         ゜    ゚
  ゚        。         .               。        +      ゜   。     ゚
。         +       。     *  .     ☆        ゜      ゜    。          。
       ゚  .    。            ゜    +   ゜      。            。    ゚  。
  ゜     。            ゜   。  o      ゚    ゚'         .  '      。
   * .      ゜         。        ゜     +      。         ゜    ゚
  ゚        。         .               。        +      ゜   。     ゚
。         +       。 .           ゜      ゜    。  ☆        。
       ゚  .    。            ゜    +   ゜      。            。    ゚  。
  ゜     。            ゜   。  o      ゚    ゚'         .  '      。
   * .      ゜         。        ゜     +      。         ゜    ゚
  ゚        。         .               。        +      ゜   。     ゚
。            *  .     ☆        ゜      ゜    。                  ゜





480 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/10/11(月) 18:06:17 ID:06PZMLnk

毎日1800(GMT)になると、レオーノフ号の乗員は全員が社交室に集合する


|         |     _____
|         |     |      |
|         |     |      |;
|         |     |      ,,|;:
|       / ̄'\      ̄ ̄ ̄ ̄
|     /     |
|    /      |
|  /        / ̄ ̄ ̄\  .___
| /        /      ./|./      ̄ ̄\
|| ̄ \   /      ./ /            \
||   |  /      ./ /l二二二二二二二二二 」
||   |/      ./ /   | |          | |
||     ̄ ̄ ̄\/ /    .| |          | |
||          |/      ̄              ̄
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´゛゛゜





481 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/10/11(月) 18:07:08 ID:06PZMLnk

       __. --─-- 、
     ∠        \              / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
.   /,r / /  ヽ ヘヽ  \           /             \
   /// , | |    | | ヘ  ヽ         /                  ヽ
.  |/ l / | ∧ | | :| |、:||  ',        l                   .::::::::|
.  | l | 、ト、.|. |ハ ハ |ヽ!ヽ'V  |       |   (●)     (●)   :::::::::::::|
.  lイ lヽ| _ム-- ` レニニT | N       |     \___/   ::::::::::::::::::::|
   ∨| |´ 'モシ´   ゙ー' || |        ヽ     \/  .::::::::::::::::::::::ノ
    |ハ!            |//                                    ,.  ´ ̄ ̄ ̄`  、
     ヽト、    l    /                                     /           、\
      ヽl\  -─  .イ                                    /     /   .ィ      \\
         l`  ._  / ノ、                                ー=彡     | / ,'|     | Vヘ
        / |    ,rく. ヽ                                 〃 / !__,!イ   /|    |  .|   iニム=x、
.       / ,ヘ   / ∧|                                ||  |  | -|、|  / イ´|  !|  :|   |〃! ヽ》
       | ハ ', / / ∧!                                ||  l  |l__|N 」  _Ⅵ__リハ :|  !゙テ|  i
                                                 从| '. f下ィ}`  ィ´んjハ `Yi :| ハi⌒|  |
  /⌒ ̄ ̄ ̄\        / ̄ ̄ ̄ ̄\,                       人L.Ⅵ弋ソ     弋Yソ ノハl|/ ノうノ|  |
  /川∥∥| ∥|       /_____  ヽ        ____         〃ハ{ xxx   '___ xxxx  ノ′ ./リ リ
 〈巛《〈〈 \巛 |      | ─ 、 ─ 、 ヽ |  |      /     \         {{ ||j\   Y ̄}     . ィ=イ // /
  │个 个 ヘ |      |  ・|・  |─ |___/     /        \        |// l| > ..  ̄__,.   ´{ |  |/イ//
  │┌-   )/      |` - c`─ ′  6 l    /  \    /  \     .ノ´\{/  八} }/    _,》ハⅣ /イ
   ヽヽ 丿//    .   ヽ (____  ,-′   |    (●)   (●)   |
    ┼┬┼          ヽ ___ /ヽ    \      ´     /
 /┴┴┴┴┴ ̄\      / |/\/ l ^ヽ   /      ̄ ̄    \
 | │       ┤ \     | |      |  |
 | │       │\ \

             ___                   r=、
         ,.. ‐ : : : : : : : : : `丶、               {{   ! ......... _
    r‐ 、 /: : :/-――――‐-\:\ _ィァ┐          ,ゝ-:'´::::::::::::::::::丶、
    } - 7:/: :.:/ _.. -――、┬--ヽ: ∨  }         イ:::::,ィ:;::::::::::::::::::::、:::::\
    フ¨ヒl.:l: : :/7´ .:{: : : : : : :.:!:}:.ヽ:.:ヽ :|‐< .       /,.ゝi::l:i:l::::::::::::::丶...ヽ::::iハ
   〈 / ,イ:{: : :!.:|: :.:∧: : : : : .:,|∧: :}: : ! ト、  〉      //,'::::!::|:|:!::::::::iト:::::::ヽ::::!:::i:!i
    V>ー|:.ヽ: |:A .:L_ ヽ: : : :/リ.斗:什:リ ト、}/       ,'イ::i::::!|::!:!:i:::::::::l!:|ヾi:トi:::l:::!::i:!
    く  ハ: : ト{ ,z≧ミヽ\/イz≦、ノイ: :ト、 >      |! |:i|:::|:!:|」;=、::::::|l!ィ=:!、!:::ト:|:::||
     「: : l: : l 《 トィ::.:}`    ´トィ::.:} 》l: : |:.:「|       ! !l|:::i:lイトぃヽ::j ! !' :リ !: :i !::/!
    | :l:ヽ:ハ  辷.ソ   、   辷:ソ .リ: : ! !: !        i|`!:|:|i `ー' ``  `´u|::::|'レ
     ! .:|「`i:.ヽ    r --┐    /:/ /:ハリ  .          |::l:!ゝ   --   /|::::|
     ヽrヘ jー、:\.. _ `ー‐ '_ _..ィ7イイ/ ′         !::::レ'   丶, / ノ|::::|
      ドニ{_フ iドヽ: : ト ̄ イ: :ト、_  ′       | i   !l:::!   , ィ`ト/  !:::ト、
      `弋__ム__j|: : :l´ ̄| : |_ j          /! !   | !::iイ´ !,´7:ヽ._,ィ:::! 冫、
           j  !: : ヽmj : [`/          丶 つ  r' ユ:ト! ィ::/|::_r‐ 、ヾ!/ /丶
          /  \: : V∠{='            :   {   ´ゝ、,':i' l:i、ヽ  jレ    i





483 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/10/11(月) 18:08:07 ID:06PZMLnk

  Six O'Clock Soviet
 「  6 時 会 議  」が10分以上続くことはめったにないが
 士気の維持には一役買っていた

 議題は何であっても良く、
 今までは食事メニューの改善や見たい映画の提案が大多数を占めていた


                  , -―- 、 -― - 、
                /  ,_ -―‐- _  \
              /  ,ィ/_ -――- _ヽ  ヽ
             / ,.-/ /´ /    \ \`ヘ ヽ. ',      船長の私だけが
             / rイ / 〃./::.{:.  l:.  ヽ:.ヽ:.ハ fヘハ     全てに優先する拒否権を持ってるのよ
            /  〉i,'./:{{:..{:. ハ:..:. !:....  !:ヽ..',::i| |ヽ>',
           /  く/| l.::ij>k{八::.:{\:::..};ィ匕}:i| |_∧ハ
           ,'  i:ヽ| l.::|ィfチ必`\ヽ くfチ必メ'! L!Nハ    ほとんど使ったことはないけどね
          i ! .::l.::{| ヽト, r'_;;ソ     r'_;;ソ l |:: l:..i i
          | ! !::::! ::i.:: ム ´   _' ___  ` ハ :j:: j:: l |
          | ! !::::!::∧:: {ヘ   {    }   ,イ,' /::: ,':::::i |
          ヽ!ハ::::ヽ:::ヽ:.',::>,、 ゝ._ _ノ , イ::/ / ::./:i!::::!:l
           ,‐<゙ヽ=、{ヾヽ f,/>ー<{_1`/ / :::/_ノ}::リ/
          / /⌒ン<ヽ \ ト、_   _,, レ/ {::/ }}ヽ〈'
          / /  /  | `!  V‐===-V   ヽ }} l ヽ_
         〈_ '  '   j  !   V ̄ ̄ V     / / } ヘ≦\
        / ヽ,、     /    i!   i!    / / /    j  ヽ
      r‐ '― / `~    ∧    i!   i!     / / /   /   }
      /   /.     ∧ ヽ    ! rtz !   ./ / /  /   /\





484 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/10/11(月) 18:08:53 ID:06PZMLnk

社交室のあらゆる平面には
地球の思い出を呼び覚ます写真やポートレートが所狭しと貼られていた

その中で最高の座を占めているのはアレクセイ・レオーノフ作の原画だった


|         |     _____
|         |     |      |
|         |     |      |;
|         |     |      ,,|;:
|       / ̄'\      ̄ ̄ ̄ ̄
|     /     |
|    /      |
|  /        / ̄ ̄ ̄\  .___
| /        /      ./|./      ̄ ̄\
|| ̄ \   /      ./ /            \
||   |  /      ./ /l二二二二二二二二二 」
||   |/      ./ /   | |          | |
||     ̄ ̄ ̄\/ /    .| |          | |
||          |/      ̄              ̄
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´゛゛゜





485 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/10/11(月) 18:09:39 ID:06PZMLnk

1965年 ―― レオーノフが人類最初の宇宙遊泳を経験した年 ―― に描かれた「月の近くにて」である


,:'.    ..::..           。            ...             .....
           + , .. 〇                +         .......
 ,:'. 。   ..      . . :::  ' ,:'.   , .. .    +  。  , ..      _ _ ,,,, _
  ,      ,:'.   ..           .   .  ....        . . ,,r'´     _`_r,
      '::    ゚          ::.           ゚       !     ,r'´
                。    ::.    ゚      。      !    l
           +            ゙`     ゚         ゙i     ゙i
      ゚                   .   _     ____ \   `' r,
.、、、 --- ―‐ ''''''''' "" ´´  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄、: :' ̄ ̄ ̄::' 、: :'":.: ..:  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `` `` '''''''' ―‐---  、.,,
:: :.: ..: :: :.: ..: :: :.: ..: :: :.: ..: :: :.: ..: :: :.: ..: :: :.: ..: :: :.: ..: :: :.: ..: :: :.: ..: :: :.: ..: :: :.: ..: :: :.: ..: :: :.: ..: :: :.: ..: :: :.:
: : :.: ..::: :.: ..::: :.: ..::: :.: ..::: :.: ..::: :.: ..::: :.: ..::: :.: ..::: :.: ..::: :.: ..::: :.: ..::: :.: ..::: :.: ..::: :.: ..::: :.: ..::: :.: ..::: :.: ..::: :.:
:: :.: ..: :: :.: ..: ;;;;;;ヽ              ⊂⊃         /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;(⌒  : :.: ..: :: :.: ..:
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;⊂⊃          ⊂⊃         /;;;;;;;;;;;⊂⊃;;;;;;;(⌒ (   ) ⊂⊃
⊂⊃;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;)  (;;;;;)              ⊂⊃ヽ   ;;;;;;;;;;;(⌒ ⊂⊃ (⌒  )
;;;;;;;;;;;;;;;;~~;;;;;;;;;;;(    (;;;;;)                 /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;(⌒  (  (   )  )


月の地平線上に三日月型の地球がぼんやりとのぼり
彼方には太陽が輝いている





486 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/10/11(月) 18:10:13 ID:06PZMLnk

.      ____
.    /      \
   / ノ    ヽ  \
  /  (○)  (○)   ヽ    絵そのものへの賞賛は惜しみませんが
  |      ´        |
.. \      ⌒      /    これを眺めるといつも複雑な気分になりますね…
   >         く
   ( |        / )
.   `|       /'
.    |   r  /
     ヽ  ヽ/
      >__ノ;:::......





487 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/10/11(月) 18:10:36 ID:06PZMLnk

一人の例外を除いて
これが船内の誰よりも古い絵であることが念頭から離れない


            ( ヽ、
     /.:. ̄ ̄__\ \
   /: : :    く__ \ \
  /: : : _  く__ \ \ ヘ /⌒/
/: : : : ´  , `└--ミ ヽ、\ - \ |
: : : : :/´ `ヽ    丶  -     〉
: : : :.( ー‐ l    ( \        !
: : : : ヽ_ ` _ノ      \_ヽ     {
: : : : : : ´"''"   '   "''ヘ      > 、
: : : : : : . .    `     \   ∠/ヽヘ
\: : : : : : :. ⊂ニニつ    \(⌒)   ノ \
/ヽ: : : : : : : : : : :         ヾ、 /    \
   /: : : :``ー- -‐'"´     \/ \(
,'⌒ ゝ ハァ
ヽ_ノ


アレクセイ・レオーノフがこの絵を描いたとき
できる夫・フロイドはすでに9歳だったのである





488 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/10/11(月) 18:11:21 ID:06PZMLnk

                   _,..-‐''''""~´ ̄ ̄ ̄ ̄~"'''‐-,.、
               ,.-‐''" ──‐‐''",.、.:.:.:.:.:.:.:\、.:.:.:.:.:.:.:~"'‐-、
             ,.‐''"''''""~´::::::::::::::::::::::\\:::::::::::::::"'''''\"''--、.:.:.゙''‐.、
           ,.‐'":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙''‐、''l:::::__,....-‐'''"    ''.:.:.:::゙'ヽ、
         ,.‐'"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::~"‐--‐‐,        ''.:.:.:. \
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/"          .:.:.:. ゙‐、
      ,."::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/               .:゙‐、
     ,.".:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/~                  :`、
     ," .....:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/´                      ゙、
    ,"  ......:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ,                       ゙、
   /       ........:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|                        ゙;
   ,'            ヽ...:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::)  __                    ゙;
  ,'            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/~   (:::::::/                   :,
  ,i            ヽ,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(    ノ::::/                    ;
  i             `.、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::)   .|::::|                     i
  |               ゙;:::::::::::::::::::::::::::::i'""      ̄                     .i
  .l                \:::::::::::::::/                             .;
  :                 "'‐‐‐"                              :
  ゙:                     ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.                     :'
  丶                      .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:          .:.:.:.: .:.:.: .     .,"
   ゙,         .:.:.:.:.:.:            .:.:.:.:.:.:.:.:                      /
   丶          .:.:.:.:.:.:.:             .:.:.:.:.:.:.:                 ,."





489 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/10/11(月) 18:11:48 ID:06PZMLnk

地球ではチャン教授は既に英雄に祭り上げられていた


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                  ,, ;;;,,,;;;;,,,ヽ,
                , ,;;    ;; ;; .i
                i i,,,,   ,, ,,, i
               ni _\ /_ h     ミ     :::
               .i_ト、`'::  i;;; ~ .イノミ   彡=    :::::::
                ! i ヽ::::: b ::::::i.iミ ミ=彡=     ::::::::::
        __ __  _ = ノ i \ ー-==-'/ i::::::::= 、      :::::::::::
      /   `- 、 __ ,, 、 ,, \ _ _/:::::;;;;;;::; /  ̄ ` = - 、::::::::
    /^/      '~     "' ' i ''"~::::::::::: ::::ヽ、_ ;;;:::::::::  ヽ,:::
   / ::::  ::::;;::          ;;:=''''' ::::::::: :::::::::: ::::::::::::: :::: i::
   .i ::::::::::::::::::::: ::::::::: ::::  ::::::::::::::i  :::::::::::::::::::::::::::::: :: :::::::::: i:
   / `i-、, ,,/   /  '" :::::::::::i ::::::::::::::::::::::::::::::::::_,,,!--''''~`ヽ、
  /:::::::::::i \\ :::''" ::::::::::::::::::::::ハ、::::::::::::::::::::::::::::Y":::::::::ハ  :::::::::.
  ( ::::::::::ノ:::_ _i__ i__ __ __ _,, ,, 、、 - == - 、:::::::::::::::::::ノ:::::::::::ヽ.ヽ::::::::
  ヽ  / "     /   ::::::::::::::::::__,,,,、- - -="""""`ヽ、:::::::::::::::
  ) ノ:::::::::::: ::::::  :::::::::::::::::::::: __ノ~::::::::::::::::::::::: :::::::::::::::: ヽ::::::::::::
  i:: ::::::::::::::::  ::::: ::::  :::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::: イ:::
  i::::::::::::: :::::::: ::::::::::::::::::/~- - - -、、_ ::::::::::::::::::::::::::` = -' :::::::::i::::
  ヽ__ __,r=''~~ '   ,、-'~ ::::::::::::::::i: :::::::`=、_:::::::::::::::::::::::::::::__ __ r'":::
     ヽ、__ __ _r=''"、 ト-= ー .-十 - - 、 _ ` = ;, __ _,, r -'::::::::::::::::
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





490 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/10/11(月) 18:12:15 ID:06PZMLnk

中国側は明らかに困惑しながらも
殺到する弔電に公式の対応を見せ始めていた


       ∧∧
        / 支\  ________
    Σ( ;`ハ´)/ ̄/ ̄/
      ( 二二二つ / と)
      |    /  /  /
       |      ̄| ̄ ̄





491 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/10/11(月) 18:12:56 ID:06PZMLnk

エウロパでの生命の発見は、地球上で論争を巻き起こしていた


        _.. -‐ ' "     ヽ ̄ノ^7__
    `ー ''"--―――-r⌒``~`゙゙`''ヘ/
     `ー--――ー--->  ~-、_, ',
      `ー-- .._ へ/   くてi` 〈
       `ー-_   | ^i        , ノ                    _.. ‐ァ=r‐''⌒゙二ニ二つ
          ヽr''ヘ、_     ,.-=ァ/                _. -‐ '"´  l l    r} } }l
          /   !、   {__//    __      . -‐ ' "´        l ヽ  、 ヽ_ノノ
          ノ       、   ̄ /-‐ ' "´/`゙ ーァ' "´  ‐'"´         ヽ、`ーテヽJ
     _.. -‐''フ|フヽr-‐ ''''フ. ̄「´      /   /                __.. -'-'"
  . ‐ '7    く/|〉-rへ. /   l     l   /            . -‐ '"´
┌‐────┐
│ ナルホド  |
├───‐─┴────────────────────────────
│だから言ったではないか!地球と条件が大きく異なる星でも生命は誕生しうると!
│今回の発見は必然だったのだ!
└─────────────────────────────────‐





492 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/10/11(月) 18:13:23 ID:06PZMLnk

=================================
木星の衛星上で見つかった生命は、ティコモノリスと関わりがあるのだろうか?

イオ近辺に浮かぶ、もう1つのモノリスと関わりがあるのだろうか?
=================================


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: . . . .. . .     . .゚   .      .           .       .
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.::.:.:.:.:.:. . . . . . . .    . 。        .   。   .  .゚     +    . .   .
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. . . . . . . . .        .        .         .   ..      。.
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:. . . . . . .       .     。  .       *    .       . .  .
::::::::::::::::::::::::::::.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:. . . . . . . . . .             .         .    。   .     .      .
::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. . . . .       ,.   -―-  .,        .     ゚. .      .  ゚     . +   .. .
::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. .. . . .   ,.  '"         `  、        .      + .          .    .
::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:. . . .     ,. '゙   .:..              ` .、       .       . .    ゚   .    . .
:::::.:.:.:.:.:.:.:.: . . . .     , '  ..:.:.:.:.:..                 ヽ       ゚        。
::.:.:.:.:.:.:. . . . .    ,.'  .:.:.:.:.:.:.:.:. .:.:.:.:...               ヽ         .  .      .    . ゚  .
:.:.:.:.:.: . . .       ,.' ..;,;,;,; :.:.:.:.:.: ;,;,;,;,:....      .:.;,;,;,;,;,  ....;,;,;,;,'.,       .     .       * .    。
:.:.. . . .        / ..;,;,;:.,;,;  :.;,;,;.:;,;,;..:.:.:.:.:.:.  ...:.:.:;,;,;..;,;,  .:.:;,;,:.,;,;..',     。       ゚  .    . .     .
:.:. . .        ,' :.:.;,;,;.: ..;,;:.:.;,;.:.:.:.;,;,;.....       ..;,;,;..:.;,;,.: :,;,.. .;,;,.:.:',       .     .    。   ゚ .
:. . .       ;   .;,;,;. ..,;,;,;,;.:.:.:.:,;,;,:.:.:.:..       ..,;,;,.:.:.:,;,;,;,;:.: .;,;,;.:.. ;        +      .     。.  .
. .         {   .;,;,;    .:.:.: ,;,;,;:.:.       .:.:.:,;,;,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;,;,;.:.:..}      .       .        .  .
         ',      .:.:.:.;,;,,;,:..          .:.;,;,;,;,.:.. .:.    ;        .   。    +  .     .
         ,    :.:.:....:.:.:.;,;,;,;,:.:          .:,;,;,;,;.:.:      ,'            .      .   ゚
          ,      :.:.:.:.:.:.:  ,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;.:.:.:.    .:.:.:.:.:.:.  ,'      。 ゚  .      。       .
.           '.,           ....:.:.:.:.:    .:.:.. .:.:.:.:.:.:.:.:..  /              .   .
           、        .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.   ,.'        .     *         。  .
            丶      :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ..::.:.:.:.:.:.:.../           .     .          .
             \      ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ,. '        ゚             +  .
               ' ,          ....:.:.:.:.:.:.:.:.. , '゙
                  ゙   、 ,,,,,_____,,,,...  ''"





493 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/10/11(月) 18:14:21 ID:06PZMLnk

6時会議の話題も、今はそれに集中していた

チャン教授の解釈が正しいとするなら
彼が出会った生物は高度な知的生物とは思われない


              
            )) λ:)λ  ))
            λ(::::)λ(((
            (::(:::(:)人)
           λ)::):::(::λ
           (::::(;゚Д゚)::)
           ヽ;;(ノ  つ;ノ
            ~|  |;ノ
             ∪"∪


理性を備えた生物が、飛んで火に入るような
無謀な行為に出るはずはない





494 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/10/11(月) 18:14:52 ID:06PZMLnk

この論証を薄弱にする反例を、すかさずワシーリが持ち出した


         /: : : : : : /: : : :/: : : : : : : ヽ: : : : :: : `、
        /: : : : : : : :/: : : /: : ,ィ: /l: : : l: : |: : : : : : ::ヽ
        ;´: : : : : : : /: : /|/ .|/ .!: : /i: : !: l: : : : : :丶
       .i: : : : :|: : : : |/      |/ | /|: :|: : i: : : :゙ヽ
       i: : : : ::i: : : ::/ ´ ̄ ̄ ̄`''''   ´ ヽ|: : | .|: :丶
       |: : : :,-リ: : : |  "疋;:ソ`     '`'-、_.i: : |: |: ヽ
       .|: : :/-、',: : |         , f:テリ` /: : |: i丶    クジラやイルカを考えてみろ
       .ソ、::l,.( _ リ、:|         l .`   /l: :/| i
        ,|::\__ ヽ|          ,    //|/ |/     あいつらは知能が高いというが
         リl: ::| |           ′  //         陸に乗り上げて死ぬ群れが多いだろ?
          l::|リ ヽ    ` ― - 、   //
          ,リ   `、    `"    /リ
      ,----亠--- 、_`.、      / 彡
     // ̄ ̄⌒`ヽ` \::`::-、,_, ´.





495 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/10/11(月) 18:15:20 ID:06PZMLnk

  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::... ..
  /,::::ヾ,:iヾ;:::ハ,;:::::::!;::::ヾ;::::::::::... ..        ..:::
  !!;;〃i::i' `i:::i、ヾ;:::::!;:::i, ヾ;:iヽ;:::i,':::::::::::::........ ....::::
. !! ;l| i:i,  'i:i、  ヾ;;i.ヾi  ヾi ヾiヾ;::::::::::::::::::::::::::    イルカを持ち出すまでもありませんよ
 .i; ;;|  ヾ、 ヾ、 ヾ!||;i;i;i;i;i;i;!!!!!!!ヾ ヾ;::::::;'´_ '';:::
  ! |l;i;i;i;l;l;l;l|ヾ     〃;杰i"ヽ.   i:::/ ,' i. ';::    工学のクラスで一番優秀だった知り合いなんですが
    ヽ,〃杰i|     .,_ヾシ__ ,    i/ ,''^'; ', ;::    キエフのブロンド娘にぞっこん惚れましてね
     i ヾツ|   ,,,.  ,,,;;////""    ^i ! ;::
      | ,//|///"             /  ,::::::   最後に聞いた噂じゃ、自動車修理工場で働いているとか
      !  i'                 .,::::::::
     |  ヽ-='"            ,‐''';;;:::::    宇宙ステーションのデザインで
      !    _           /   '';    金メダルに輝いた男がですよ?
       !、  ヽ___`二ン        ;
.       !、   ,,, ,,,,,      ..  ;       なんという才能の浪費!
         !、    ̄      ,.:
         ヽ        ,.::::
           !、     _,.:::::::
            ー‐=Ξ::::::::
                i:::::





496 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/10/11(月) 18:15:58 ID:06PZMLnk

           ____
         /     \
        /  \   /\        しかし、チャン教授の出会った生物に
      /   (●)  (●) \      何らかの知能があるとしても
      |         ´     |      もっと高度な生物が存在する可能性を
      \       ⌒    /      排除するわけではありませんね…
    / ̄ ̄ヽ           \
   (「    `rノ          \
    ヽ   ノ              \
     |   |             「\   \





497 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/10/11(月) 18:16:21 ID:06PZMLnk

      ,  ──  、
   ゝ/_____\
   ./  | / , ─ 、 ─ 、l
   |  | l   .|.  l      でも、海中でテクノロジーを
   Y⌒ ̄l     |   l     発達させることなんてできるのかな?
   ヽ_   ` ー‐ ヘー ´l
     ヽ、     3  ノ      火も使わない文明なんて思いつかないよ
       >─∩─、 ´
      /l// レヽ ヽ
      l l  ヽ _ ノヽ |
      | |   \__ ノ





498 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/10/11(月) 18:16:38 ID:06PZMLnk

        / : : ; : : /_..-───- ._: :\
.      / : ; : :/: : /´ ______\: ヽ
     /: : _/: :/: : 厶 '´: : : : : : : : : : : : : :`ヽ: ヘ
     /:/ ,.'7: : :/: : : :|: : : : : : : : : : : : : : : : ヘ: ',
    /' , '/ i: : : :|: : : ∧ : : : : : : : : |: : : |: : : : i: |
.     ハ厶i. |: : : :|: :.|:.l ',: : | : : : : : |: : : レ': : :|: |
    |:.7 /トr|: : : :∟」_|  \|\ : : : | x'´ハ: : : ;' ハ     宇宙に乗り出すような文明が
    |:.' /: | r{ : : : |: ∧「`ヽ、.___,.\: イ__V_,|: :rf:/| |      昔のエウロパに存在していたとしたら
    |:| |: :.| | |: : : :N 'Tに叮    ヾ hィ}r〈 { 'j.ト'|      表面のどこかに痕跡が残っていていいはずよね
    |:ヽ: :.| |、|: : : :|   ゞ-‐’       ̄´l | | l': :!
    l: : : └ : ヘ: : :|、         '   ノ } リ : |     でも、エウロパの5万キロ傍から望遠鏡で観測したのに
    ∨: : : : : :|ヘ: :.l \     r─ャ _.  '´   l: ,l: |     なにひとつ見つからないわね…
   ,.、ヘ\ : : | ト: l  `   ._  ,r´       イ、 j/
  ,〈 ', ', ヽ: } | ヽ     / 「|    ィ ´|||',
  / ',. ', ',  V  |          ム -‐ ´ } ||| |





499 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/10/11(月) 18:17:15 ID:06PZMLnk

              , イ    イ‐┼、
      /|「 Tヽ._,.イ//    i、l__l__,.li   l二¨ \
     .イ (◯) l(0ヽ/:/'"三ヽvェヘi]ニフ   l!‐-i、 、 ヽ
     lj_l.-┼‐┼-、レi个llllTヘil∠.,  ̄ lli「`ヽ_l!;;;;;;| l i i l
     \. _l____レ'イ』」j!!!川ノ` o` 、 llli ,.へ =ヾヘ|TTTl
       `ー-r‐フ′  ̄l`7   _,,. -'illiく.  l  Λ ll l /
         レ'     . 「L=',ニ -''"´|li`、` 、」くヽ ヽレ′
                Ll-l:    |lli  `'/  く>メ、
                 |へ、   .|lli  /   ト-ーへ
               ≒=`T二`ーllli‐イ    |エ=-ハ
               ,.-‐己三ミ「r干i|ス    ヽ-イ ハi
              / / レ' ̄7ヽトl┼l/へ、    ヽl_==jl
             .l- ナ┘ ./ /ヽ.ll/ ヽ. \     Lf-|l
              レil   ./ /7  Λ  ヽ へ   り
              .レ' ´ヽ.//   ヽ.ヽ  ':ト、 \





500 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/10/11(月) 18:17:47 ID:06PZMLnk

レオーノフ号がイオの軌道を駆けすぎる頃になると
憶測や議論に費やす時間はなくなっていた


::ヽ
:::::::\,,
   :::ヽ
    :::゙、
    :::::|
     :::|
      :| 。 O  O  ○      〇
     ::::| レ イ  エ  ガ       カ
     :::| .オ オ  ウ  .ニ       リ
    ::::::|  |     ロ  .メ       .ス
   ::::::::|  ノ    . パ  .デ       .ト
 ::::::::::::/   フ
::::::::::/   号
:::::イ
木星


長い自由落下のあとで久しぶりに訪れる重力との出会い
および、その短時間の猛攻に備えてクルーのほとんどはその準備に忙殺されていた





501 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/10/11(月) 18:18:14 ID:06PZMLnk

       ___
      /     \
    /   ⌒  ⌒\     減速時の抗力は最大で2Gに達する見込です
   /   ( ●)  (●)\     浮かんでいるあらゆる物体は
   |      ___`___   |     その前に固定しないといけませんからね…
   ヽ、    `ー '´   /
     /     ┌─┐     私に仕事がない幸運に感謝しなければ
     i   丶 ヽ{ .茶 }ヽ
     r     ヽ、__)一(_丿
     ヽ、___   ヽ ヽ
     と_____ノ_ノ





502 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/10/11(月) 18:18:34 ID:06PZMLnk

軌道の調整には僅かな誤差しか許されない
木星に近づきすぎれば隕石さながらに燃え尽きてしまうだろう


         (く、,,> ":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      ~〈/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       〃:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     ~そ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  、_ ,, /::::::::::::::::::::::::、,ゝ===く:::::::,::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    `V::::::::::::::::::::、_γ      `ヾ,_:::::::::::::::::::::::::::::::
     l::::::☆::::::::::く(   r,J三;ヾ   )>:::::::::::::::::::::::::::::::
 ~v,ん:::::::::::::::´:::::::=; {三●;= }  ,=ニ:::::::::::::::::::::::::::::::
     l:::::::::::::::::::::::::::::ゝ≡三=イ ´::::゙:::::::::::::::::::::::::::::::
 、m,.. ,ゞ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ´ " ~ ヘ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::





503 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/10/11(月) 18:19:23 ID:06PZMLnk

逆に木星から遠すぎれば摩擦制動が十分に働かず
太陽系の彼方へ永遠に飛び去ってしまう

やらない夫・プール達の後を追うことになるのだ


  +     ゚  . +            . . .゚ .゚。゚ 。 ,゚.。゚. ゚.。 .。
   . .   ゚  . o    ゚  。  .  , . .o 。 * .゚ + 。☆ ゚。。.
             .  。          。  *。, + 。. o ゚, 。*,
  ゚  o   .  。   .  .   ,  . , o 。゚. ,゚ 。 + 。 。,゚.。
 ゚ ,   , 。 .   +     ゚   。  。゚ . ゚。, ☆ * 。゚. o.゚  。
。 .  .。       . 。 ゚  ゚ , 。. o 。* 。 . o. 。 .
        。   .   。  . .゚o 。 *. 。 .. ☆ . +. .  .
 。 .  . .   .   .  。 ゚。, ☆ ゚. + 。 ゚ ,。 . 。  , .。
    ゚  。   ゚  .  +。 ゚ * 。. , 。゚ +. 。*。 ゚.   . . .  .
 。  .   . 。 。゚. 。* 。, ´。.  。。. ゚。+ 。 .。  .  。  ゚  ,
  .   。  ゚ ゚。 。, .。o ☆ + ,゚。 *。. 。 。 .    。    .
 ゚ .゚ ゚  。゚ + 。. +。 * 。゚。゚., ,+ 。゚. 。 . .   ,    ,   .
゚。゚+゚`, o。。.゚*。゚ 。.゚ 。 ☆+。。゚. ° 。 .   ,      ゚    ゚
 。, .゚。 + ☆。,゚. o。 。+ 。゚.,  . ゚   ,   。     。   .   .
 ゚. o * 。゚。゚.。゚。+゚ 。 。 ゚。 ゚ 。 ゚
゚` .゚ .゚. ゚. . ゚  .  ゚  .   ,  .     .  .   。      ゚ .
 .  .     . ,     。       .           .  ,    .
      。                 ゚   .           。
 , .        .           ,       .     .





504 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/10/11(月) 18:19:48 ID:06PZMLnk

だから、木星とのコンタクトのほの1時間前
カテリーナがこう洩らすのを聞いても、できる夫はまったく驚かなかった


              ,. -――――- 、
            /            \
           /             、  ヽ
.            /           八    |     '.
         /    |   ./   '.   :!  :i   ',
         ′l    ∧   |   N  :!ハ、 |  :!       できる夫…
        j |  / 、 '.   |_,ノ   | | \. i |
        /イ l   ir==ミN 」リ,r====Nl| /  l |      おばあちゃんからもらったイコンを
        f⌒ 、 N{ tり    弋rりノ| | l/   リ !       持ってきておけばよかったって
、       / )_\    '        | |/ /{  |     今になって思うわ
}}      └‐くr‐┴; \   -、    . イ厶<⌒\|
ヾ=、         }}\⌒う \ー┬r ´/: : : : : : : : : '.
  }}       ヾ==ゝヘ、___)V|八_/: : : : : : : : : : : : !
  ヾ=x、     廴:_:_;ノ: } }}:ノ__: /: : : : : : : : : : : : : |
     ヾ=x、   _ }: :__: ;rキ'∨: :/: : : : : : : : : : :/、|
       ヾ='⌒个⌒´: :| j/: : : : : : : : : ;. ' : : : !:!





505 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/10/11(月) 18:20:31 ID:06PZMLnk

              , イ    イ‐┼、
      /|「 Tヽ._,.イ//    i、l__l__,.li   l二¨ \
     .イ (◯) l(0ヽ/:/'"三ヽvェヘi]ニフ   l!‐-i、 、 ヽ
     lj_l.-┼‐┼-、レi个llllTヘil∠.,  ̄ lli「`ヽ_l!;;;;;;| l i i l
     \. _l____レ'イ』」j!!!川ノ` o` 、 llli ,.へ =ヾヘ|TTTl
       `ー-r‐フ′  ̄l`7   _,,. -'illiく.  l  Λ ll l /
         レ'     . 「L=',ニ -''"´|li`、` 、」くヽ ヽレ′
                Ll-l:    |lli  `'/  く>メ、
                 |へ、   .|lli  /   ト-ーへ
               ≒=`T二`ーllli‐イ    |エ=-ハ
               ,.-‐己三ミ「r干i|ス    ヽ-イ ハi
              / / レ' ̄7ヽトl┼l/へ、    ヽl_==jl
             .l- ナ┘ ./ /ヽ.ll/ ヽ. \     Lf-|l
              レil   ./ /7  Λ  ヽ へ   り
              .レ' ´ヽ.//   ヽ.ヽ  ':ト、 \





506 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/10/11(月) 18:20:55 ID:06PZMLnk

         ____
       /     \         サーシャ、地球とのリンクを切る前に
      /  \   / \      このメッセージテープを必ず送ってください
    /   (●)  (●) \
    |       __´___    |    妻宛の大事なものですから
     \     `ー'´  ,/




      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /             \
   /                  ヽ     お安いご用だよ
   l:::::::::.                  |
   |::::::::::   (●)     (●)   |     まだ10分は余裕があるからね
   |:::::::::::::::::   \___/     |
   ヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノ





507 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/10/11(月) 18:21:25 ID:06PZMLnk

                   n
                 l^l.| | /)
                 | U レ'//)
      ___      ノ    /
    / ⌒  ⌒\  rニ     |
   / (⌒)  (⌒)\  ヽ   /
 /   /// ___´___ ///\ / `   /     それでは無事に切り抜けたら
 |       `Y⌒y'´    |   /
 \.       ゙ー ′  ,/  /        また会いましょう
  /⌒ヽ   ー‐   ィ  /
  / rー'ゝ        /
 /,ノヾ ,>         イ
 | ヽ〆          |




            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\       もし、またまみえる事があるなら
          /              \      ――そうだ、微笑みあおう
         /              ヽ
   / ̄\ l      \,, ,,/      |     それが叶わぬなら
  ,┤    ト |    (●)     (●)   |     なるほど、これも上首尾の別れだ
 |  \_/  ヽ     \___/     |
 |   __( ̄ |    \/     ノ     (いってやった、いってやった)
 ヽ___) ノ





508 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/10/11(月) 18:23:17 ID:06PZMLnk

       ____
      /    \        ┏━━┓
.    /   ノ '  ヽ\       ┃┏┓┃
.  / /)(ー) (ー) \      ┗╋┛┃
  | / .イ    '       |      ┃┏┛
  ∨,'才.ミ).  -‐‐-  /        ┣┫
.   | ≧シ'        \         ┗┛
 /\ ヽ          ヽ




        ____   ,
       /     \  -
     /  ⌒   ⌒\`
    /   ( ●)  (●) \   ・・・・・・ああ、シェイクスピアですね
    |      ___´___    |
    ヽ、    `ー '´   /




      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /             \
   /                  ヽ     うん、戦いを前にした
   l:::::::::.                 |     ブルータスとキャシアスさ
   |::::::::::    ⌒     ⌒     |
   |:::::::::::::::::   \___/    |     じゃあ、後で会おう
   ヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノ





509 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/10/11(月) 18:23:47 ID:06PZMLnk

       ,  ----‐ 二二ニ 丶 、              ..-―――-..、
     /     / _, ----ミァ、 \           /: : : : : : : : : : :.:.\
    /   /  /‐'´        ヾコ          /: : : :∧: :∧: :ハ: : : : :ヽ
   / rー- /   l j  、ヽ  ヽ    ヽヽ\       レl: : / ∨ ∨ ! : : :. :.}
  ,' ヾ /7 ,' l .ハ`トム、\  X.   |く  l        |: /´ ̄  ´ ̄|: : ト、N
  ,'   /L|  | lレ    ヽ ` ' .ムヽ  } |ヽ!       Ⅳ  ̄ !  ̄` |: : | }
 .! ,  //| l  | | ---   ---}l !丿 }ヽ\       ハl   /    l: :├く
 |│ // | l  | |     |   | | |/| | V        ヘ    `    仏イ
 |│ V | |  | |         } .| | V!             ―     |
 | .l    Ll   ! |    ---  / .|│|ヽ !           \_ イ   ハ
 | !   i !   ! ト 、      /| | ! ハl ヾ             l_ /  l:\
 | ハ  ! | .!  i .|ゝ   ̄/¨ , ┴ 、リ_              .イ/:::::ヘ  /}: l: \
 レ'  |  l ! ハ ノリ >≠==- 、       r‐、         イ: : l ゞ::く ∨ /: :!: : : ヽ
    |  /レ レ /     /\     | )      /:./: : : ll:::::〈   /:. :.l: : : : :ヘ
    レ' |  〃/|         \   / |_____    /: : 〈: : : : l!:::::::',  /: _l: : : : : :',
     │ || | |           , ' ´ _ノ    l: : : : >: : |::::::::::∨: :\: : : : : : : l
     /  .|| ! ヽ          /     --イ   l: : : :〈: : : : |::::::::::/: : :/: : : : : : : :l
     |  〃 |  ヽ              ‐‐イ  l : : : ∧: :. :.l:::::/: :/ : : : : : : : : : l




         ____
       /     \
      / ⌒   ⌒ \        ターニャとワシーリは
    / u (=)  (=)  \    状況ディスプレイを見るのに忙しそうですから
    |      __´___      |    声は掛けられませんね
    \     `ー'´     /





510 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/10/11(月) 18:24:07 ID:06PZMLnk

    /||ミ
   / ::::||
 /:::::::::::||____
 |:::::::::::::::||      || ガチャ
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::|| ̄ ̄\ ||
 |:::::::::::::::||   ⌒_\
 |:::::::::::::::||●) (●) \     あとは吊してあるカクーンに潜り込み
 |:::::::::::::::||  __´__    |      重さの回復に備えるだけですね
 |:::::::::::::::|| `ー´   /
 |::::::::::::::(_____ノ´||
 |::::::::::::::(_ノ / . . . ||
 |:::::::::::::::||/    ||
 |:::::::::::::::||      ||
 \:::::::::::|| ̄ ̄ ̄ ̄
   \ ::::||
    \||





511 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/10/11(月) 18:24:49 ID:06PZMLnk

                       /
                ,. 、       /   /
               ,.〃´ヾ.、  /  /
             / |l     ',  / /   5分後に大気制動開始
       ,、     ,r'´  ||--‐r、 ',            normal
       l.l. ,..ィ'´    l',  '.j '.      状況すべて正常
       'r '´          ',.r '´ !|  \
       l!     ....:.:.:.:.:.:ヽ、   ,l    \
       ゝ、.,_ ---‐‐‐----ゝ、ノ
        | |
        .| |




         ____
       /     \           normal
      /  ⌒   ⌒\     私なら「正常」という言葉は使いませんね
    /   (● )  (<) \         nominal
    |       __´___    |   "すべて名ばかり"の方を――
    \       `ー'´   /
      〉         ⌒ヽ
.     |          、  \_
      !          ヽ   _⌒)





512 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/10/11(月) 18:25:17 ID:06PZMLnk

_____________,
. . . . . | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||
. . . . . | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||
. . . . . | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||
| ̄| ̄| |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||
|  |  | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||  コンコン
|  |  | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||
|  |  | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 0 ||
|  |  | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||
|  |  | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||
|  |  | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||
|  |  | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||
|  |  | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


       ___
      /     \
    /  ノ '  ー‐ \     おや、こんなタイミングでお客さんですか?
   /  (●)  (●)  ヽ
   |         '       |    どなたです?
   ヽ、    ‐‐-‐    /
   /             \





513 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/10/11(月) 18:25:48 ID:06PZMLnk

            r'ヾ
           /  !
           l  _,,..........---......,_
          ,.ノ' ´:::::::::::::::::::::::::::::::::.` 、
        ,.イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::: .....:::::` 、
      /        :::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
.      /:::::::::::..::::::::::::::::::::::::::::::l、:::::::::::::::::::::::::::`、
     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}‐t、::::::::::::::::::::::::、'、
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| キ'、::::::::::::::::::::}ヾ
    /オ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::レ'Tヽ、、|:::::|::::::::::iヾ
   / {::::!l::::::::ト:::::::、::ト:::::::::::::::::! |‐' | i!|:::::トi:::::|i:l !
.      |::| !:::::::|ヾ、::i'、i '、:::::::::ソ ヽ__ノ ' |::::::l |::::||:|     …先生
.      ヾ!.|::::::::|. |Lキヾ ヽ:::/ソ /// |::::::|.l:::| |!
      ヽ|:::::::l|/// ヾ     U オ:::::!.!::| |      入ってもよろしいでしょうか?
.        {:::::::|:'、     ,.. _      ,く:!:::::|.レ"
        |::::::|::{:::> 、   `‐ '   / `|::::||
        |:|::::|i:r'   ` t. 、 _ イ {    |::/
        | |:::|'     r' ´>、  , ーヽ |/
         | |/   /~ ´  `ヾ、  '、!
         | |    {       }、 /ヽ、
         , . r::'::´::|     }/!ヾ‐:::::::::丶、
.     ,r ' ´   }::::::::::::}     li;;;iヾ;ヽ、:::::::::::7 、
     ハ       }::::::::r‐' 、   ハ;;Vヾ;;ノ::::::::::::{   `ヽ、




     ┃|
     ┃|
     ┃| ̄ ̄ ̄\       もちろん構いませんよ
     ┃| ⌒  ⌒ \
     ┃|(●)  (●)\    でも、どうして自分のキャビンにいないんです?
     ┃|   __´___   |
     ┃|   `ー'´  /     大気突入までもう5分足らずですよ
     ┃|      /
     ┃|{ヽ,__   )





514 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/10/11(月) 18:26:12 ID:06PZMLnk

       _________
      /     \
    /   ⌒  ⌒\
   /   ( ●)  (●)\    (まあ、答えはジェーニャが口にするのも憚られるほど
   i   ::::::*  __´___ *  .i    明々白々なものでしょうがね)
   ヽ、    `ー'´  /
   /         \




       ___
      /     \      (しかし、よりによってジェーニャとは…
    /   ⌒  ⌒\
   /   ( ー)  (ー) ヽ    普段は私と常に距離をおいた態度を取っていましたが
   |  u   ___`___    |     この危機の時に安らぎと親密感を求めた相手が
   ヽ、    `ー '´  /      ほかならぬ自分だとは…)





515 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/10/11(月) 18:26:56 ID:06PZMLnk

       ___
      /     \
    /  ノ '  ー‐ \     ジェーニャ、私は構いません
   /  (●)  (●)  ヽ
   |         '       |    ただ、こちらの宿泊設備は手狭でしてね
   ヽ、    ‐‐-‐    /     むしろスパルタ式と言っていいかもしれません
   /             \




           /:./:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.iヽ:.:.ヽヽ`ヽ:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:
      ど う /:./ ........./   /.../....|.i.............................|..:.|:.:.:ヽ:.ヽヽ   ヽ:.:.
   「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:/:.:/:|:.:.|:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.|:.:.:.:|:.:.:|:.:.:!:.:.:.:.::.:.
   | 「l二二二l |:.:.:.:.:.:|:.:.:.:/:.:. /:.:|:.:|:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:. ト、:.:.:|:.:.:|:.:.|:.:.:.:.:.::.:.:.
   | | 「┌┐| | |:.:.:.:.:.:「` i:.、/:.:/|:.||:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.| L:.|_,. -‐|:.:.:.:.:.:.:
   | | l └┘| | |:.:.:.:.:.:|:.:.:|:.|:.`7_.|:.|fミ:.:!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|>≦「:|ヽ!:.:|:.|:.:.:.:.:.:.:
   | |  ̄ ̄r┘ !:.:.:.:.:.:|:.:.|:.|,イ´ Ⅵド、`:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:〃,.仁Ⅵト、|:.:|:.|:.:.:.:.:.:.:.
    ̄      ̄´:.:.:.:.:.:.:|:.:|〃:レ'´:.|:ト、 |:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|「彳´:`ト、 ヾ:|:.ト、:.:.:.:.:
         |:.:|||:.:.:.:.:.:.:|:.:レ!:彳: : ||:| |:.ト、:.:.:.:.:.:.:.:.| |:.:|: : : |:「! iト、|:|:.:.:.:.:.:.
         |:.:|!|:.:.:.:.:.:.:.|:.ト|:八  i!! |:| ヽ:.:.:.:.:.:.| |:.,1  レリ jハ:.|:.|:.:.:.:.:.
         |:.:|||:.:.:.:.:.:.:.:|:| i! ゞ-┴'‐::::::!!::::ヽ:.:.:.:/.|:/≧‐┴メ、  /|:.:|:.:.:.:.:.:.
         ヽ| ||:.:.:.:.:.:.:.:|!/////_ヽ__,V/_,リ///' U / |:|:|:.:.:.:.
      き ん ! |:.:.:.:.:.:.:|ヘ.  l    「::::::::::::::::::::::::::|      /__,. イ|:|:.:.:.:.:.
     / ̄ ̄\ ||:.:.:.:.:.:.:|从 U   |/ ̄ ̄ `ヽ::!       人:.:|:.:|:|:|:.:.:.
 `ヽ / ,.仁二`_、 \||:.:.:.:.:.:.|:.:|へ、    !         リ    /  ヽ!、!:|:.|:.:.:._
 :.:.:.:.:`イ二二二,_フ '´ ||:.:.:.:.:.:.|:.:|  >  ヽ     /  ,. '      |:.ト!_,
 :.:.:.:._l二二´ ` 二二l ||:.:.__|__|_|  |` 、`    ',.イ|     /_,. -‐'"
|:.:.:ヽ.,. イ {_\`' く:.:.:.`ー-.、 r‐| .| | | |   ` -‐'"  「ヽ_  /     _,.
 |:.:.:.::.:.:「_,...-‐┘ヽ._ >:.:.:.:.:.:.:.:`ー| ヽ/  ,. ---―――>'"  ∧  /:.:.:.:.:.:.:.:
  |:.:.:.:.:i!: : : : : : : `: .‐-.、_:.:.:.:.:.:.:/ (_ ―.、    //,....'" / `ー' :.:.:.:.::.:.:.





516 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/10/11(月) 18:27:37 ID:06PZMLnk

ジェーニャは返事をせず、室内にすべり込んできた


          r=、
         {{   ! ......... _
         ,ゝ-:'´::::::::::::::::::丶、
        イ:::::,ィ:;::::::::::::::::::::、:::::\
.       /,.ゝi::l:i:l::::::::::::::丶...ヽ::::iハ
      //,'::::!::|:|:!::::::::iト:::::::ヽ::::!:::i:!i
      ,'イ::i::::!|::!:!:i:::::::::l!:|ヾi:トi:::l:::!::i:!
      |! |:i|:::|:!:|」;=、::::::|l!ィ=:!、!:::ト:|:::||
      ! !l|:::i:lイトぃヽ::j ! !' :リ !: :i !::/!
       i|`!:|:|i `ー' ``  `´u|::::|'レ
.          |::l:!ゝ   --   /|::::|
         !::::レ'   丶, / ノ|::::|
     | i   !l:::!   , ィ`ト/  !:::ト、
   /! !   | !::iイ´ !,´7:ヽ._,ィ:::! 冫、
   丶 つ  r' ユ:ト! ィ::/|::_r‐ 、ヾ!/ /丶
     :   {   ´ゝ、,':i' l:i、ヽ  jレ    i
        ム     ,'〃 !.|:ト   イ     |
        '/   /   ヾ‐ ヽ   ヽ   l
       〃   /    !.  \  丶  |





517 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/10/11(月) 18:28:01 ID:06PZMLnk

その時になって初めて、できる夫は彼女の心理状態に気付いた


          ____
        /     \
       /        \
     /  \    /  \    (・・・たんに神経質になっているだけではありませんね
     |    (●)   (●)   |     木星突入という今の状況に怯えてもいます)
     \      ´     /
     /      ̄ ̄    \




       ____
     /     \      (おそらくは昔の事故の記憶も影響しているのでしょう…
    / ノ    ヽ \
  /   (●)  (●)  \    同国人に ―― マックスにも ―― 醜態を見せるに忍びず
  |      __´ _      |    ほかに心の支えを求めたんでしょうね)
  \        ̄    /





518 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/10/11(月) 18:28:28 ID:06PZMLnk

それに気付いた途端、この思いがけない出会いを歓迎する気持ちもいくらか遠のいた


                     ____
                   /     \
                  / ノ    ヽ \
                /   (●)  (●)  \
                |      __´ _      |
                \        ̄    /
                /            |
               (_ )   ・    ・  ||
                 l⌒ヽ        _ノ |
                 |  r ` (;;;U;;)   )__)
                (_ノ  ̄  / /
                       ( _)


それでも遠い異郷に放り出された一人の人間への責任が薄らぐわけではない





520 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 18:29:07 ID:OI2NwHHw

おい、格好www





519 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/10/11(月) 18:28:59 ID:06PZMLnk

ふたりは体を寄せ合い、睡眠カクーンに横たわった
内部はちょうどふたりが入るだけの余裕しかない


                        /⌒ヽ
                       _i {__j_
        / ̄ ̄ ̄\      ,/ , ゝ  _  `丶
       / ノ   ヽ \    イ  ///    ヽ  、
     / (ー)  (ー)  \ // //,イij  ||ト、 N、 |i
     |   * 、__',_  *   | l | 从川||  リ ネ、ト!| ||
     \            /  N || i|ト !ト /  じ! リ| |!
      / ゝ        ィ'ヽ   ヘ ヘ从N '_  *イ //j     , クュ
    /                \  .∧X ン .-  イ//// ̄j、  _j ノ ツ
   /   ィ         r   \| !/ | ヘ天/∧∧ / i ∧ゝf´
   |   `||          |ヽ   ヽ|ヾi、   |rくィヾミ ト 〉_j  | i \!
   /⌒ヾ|          | |,   | l  \ヘ__∧ヽ\〉ヾi ∧j   /





521 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/10/11(月) 18:29:22 ID:06PZMLnk

        ___
       /      \
     /   ⌒  ⌒ \     (最大Gが予定よりも大きく
    /   ( ー)  (ー) ヽ     吊り具が壊れたとしたら
    |  u   ___`___     |    ふたりともひとたまりもありませんね…)
    ヽ、    `ー '´   /
 ⊂⌒ヽ 〉         く /⌒つ
   \ ヽ  /      \ ヽ /




       ___
      /     \
    /   ⌒  ⌒\    (まあ、許容限界はたっぷり取っていますし
   /   ( ー)  (ー) ヽ    そんな不真面目な最期にはならないでしょうが…)
   |  u   ___`___    |
   ヽ、    `ー '´  /





522 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/10/11(月) 18:29:50 ID:06PZMLnk

ユーモアは欲望の最大の敵であり
二人の抱擁は今ではまったく浄らかなものになっていた


                        /⌒ヽ
                       _i {__j_
        / ̄ ̄ ̄\      ,/ , ゝ  _  `丶
       / ノ   ヽ \    イ  ///    ヽ  、
     / (ー)  (ー)  \ // //,イij  ||ト、 N、 |i
     |     、__',_      | l | 从川||  リ ネ、ト!| ||
     \            /  N || i|ト !ト /  じ! リ| |!
      / ゝ        ィ'ヽ   ヘ ヘ从N '_  イ //j     , クュ
    /                \  .∧X ン .-  イ//// ̄j、  _j ノ ツ
   /   ィ         r   \| !/ | ヘ天/∧∧ / i ∧ゝf´
   |   `||          |ヽ   ヽ|ヾi、   |rくィヾミ ト 〉_j  | i \!
   /⌒ヾ|          | |,   | l  \ヘ__∧ヽ\〉ヾi ∧j   /




          ____
        /     \
       / ⌒   ⌒ \
.     /   (一)  (ー)   \     (喜ぶべきなのか悲しむべきなのか
.      |       ___`___   ij  |     私には判断がつきかねます…)
     \     `ー '´    /
     /           \





523 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/10/11(月) 18:30:32 ID:06PZMLnk

ほどなくして重さが再び戻ってきはじめ
カクーンはたちまち重量オーバーのハンモックになった


         ______
        /:υ::─ニjjニ─ヾ
      /:::li|.:( ○)三 ( ○)\     うわあああっ
      (:::||!.:υ::::: __´___ :::: i|
    〃 ):::::::::::.   |r┬-| li::::/     久々とはいえ、重力をこんなに強く感じるなんてっ
      /: : : : : : l\`ー '/j: : ::ヽ
    \ヽ :ヽ: : : : 7ヽ />: : : :r:\
     ( ̄ ⌒⌒⌒⌒ ̄⌒ ⌒ ⌒ヽ
      ヽ               \





524 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/10/11(月) 18:31:03 ID:06PZMLnk

   ┌───────────────────┐
   │   できる夫の呼吸は苦しくなっている      │
   │   だが、減速の効果は一部でしかない   .│
   └───────────────────┘
                          ,r=、、
                         〃  リ
                      , ‐┴'──- 、_
                    ,.:<ヘ.___, -='´ 丶
                  ィ'´           、 ヽ ヽ
                 // / ,  ,  ,    ヽ、 ヽヽ 丶丶
                 // / / ,i ,.イ    i ト. |! i ヽ ヽ
                ,'/|. ! .| ハメ!」    |!| i. ,ィ! l  ト !
               〃! ! |  | レ!¬、    jリ∠リ l l  |i !|
               !|  | l  | f    ∨  〃   ヽ _」|
                !  ! と. ̄,、    ,ハ /ハ   ,. ´ ‐=ィ
                 ヾt‐'7l `ーr──‐┐ ̄ `7丶_ヽ
                   l l|iド  i    l  / ト| |
                 ∧'! |!厂`iヾ、   丿イ ‐i-| ! !
                 / ヾ lヾ  !_ゝ二二´ !. |.ノ | ∧
                /   i !.|   〃「 iT ||ヽハ.//│! ',
               /   ム'!  '/|!| .|.|. !ト. l  i'  レ   ヘ
               /   _,>   ,','.∥  ! |.! i l  て_!     ヽ
              ヾ‐- 、 ヽ   ' ' |!|∥! |.|  i  (_     i
               ┌────────────────────────┐
               │    溺れる者が掴む藁といった感じで               │
               │    ジェーニャがしがみついていることが問題なのだ    │
               └────────────────────────┘





525 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/10/11(月) 18:31:28 ID:06PZMLnk

         ____
       / ノ  \\
      / (●)  (●)\               大丈夫ですよ、ジェーニャ!
    / u   ___'__    \          チエン号が無事にできたのですから!
    |       `ー'´     |             この船でも無事にできます!
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)
    ノ  | / / /   (⌒) / / / /     落ち着いてください!
   /    | :::::::::::(⌒)  ゝ  :::::::::::/     ――心配しないで!
   |  l  |     ノ  /  )  /
   ヽ  ヽ_ヽ    /'   /    /
    ヽ __  /   /   /


優しく叫ぶのは難しく
大気摩擦の轟音の中でジェーニャに伝わったかどうか
できる夫には確信がなかった





526 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/10/11(月) 18:31:53 ID:06PZMLnk

           r=、、
          '   }}
       , -──メ‐ - 、
      /         丶ヽ
.    /'            ヽ丶
   //i  〃 ,イ    i  、   、丶
   // l  i / /!| i    | .|lヽヽ i  ',
   イ |  |ノ 勹「 !    l || ! i. |! i !
   ! !  !.! !ri=H   l || ! |! ∥|
   | |  kレ ヒハ.'、   '| / ! l i | !!i|
   ヾi! j、 ゝニ' ヽ/ レ レ ! ! ∥!
    !| |L、 """   ""u  |ノ |!
     l ルヘ   r‐っ   /、| |
     |  ! /i ヽ、 _, .ィ´ヽ | !
     ト. !f.  ! 丶  / i  i丶'、
   /!ヾ ||  l  ,ヽr'   ! │/ ヽ
  / ヽ   ヾ  ∨ 〉ト丶/  レ  / ヽ
  /  ヽ  |  /_/i |ヘヾ、〉  l  ,'   i


しかし、先刻に比べると
さほど切羽詰まった組み付き方でもなくなっていた





527 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/10/11(月) 18:32:25 ID:06PZMLnk

       ____
      /     \
.    /   ノ '  ヽ\      (今の状況をキャロラインが見たらどう思うでしょうね…
.  / /)(ー) (ー)u\
  | / .イ    '       |     私は自分から話すでしょうか?
.   /,'才.ミ).  ⊂つ  /     理解してもらえる自信がありません…)
.   | ≧シ'        \
 /\ ヽ          ヽ




       ____
     /      \
    /  _,ノ   \ \
  /    (●)  (●) \    (と、今の時刻は…)
  |        '      |
  \      ⌒   /




         ___
      /)/\  /\
    / .イ ' (●)  (●)\     もう半分が過ぎましたよ、ジェーニャ!
   /,'才.ミ).   、_',__,    \    あとは木星から飛び出すだけです!
   | ≧シ'           |
   \ ヽ           /





528 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/10/11(月) 18:33:04 ID:06PZMLnk

聞こえたかどうかは定かではない
だが、ジェーニャはかすかに微笑んだ


                      ((⌒i!
                      ` _jL_
                  ,. '"´:.:.:.:.:.:.:.>、
                 /:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ\
                /:/:.:./:./:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.ハヘ
                |:.i:.:/-升ト|:.:.:._j」_:.:|:.:.|:.ト、
                |:.|:.:|イr斥|.:.:.:レ=ミ、!:.:ト、!ヽ`
                |:.|:.:レヘrリ V,.イ{rリィハイ:|:.:|ヽ|
                ヽ!:从"" __'_ ""レ'j||:.:.!. ||
                 |:.:||`ヽ.ヽ ノ,.イ⌒ヽ||:.:| ||
                 |:.:||/ヽ、`フヘ!   ||:.:| i|
                _,.|:.:||ヽ ,.内、- _\  jハ:.! j!





529 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/10/11(月) 18:33:41 ID:06PZMLnk

しばらくののち、揺れは次第に収まり
重さも消え始めていた


       ___
      /     \
    /   ⌒  ⌒\
   /   ( ー)  (ー) ヽ   どうやら、無事に乗り切れたようですね…
   |  u   ___`___    |
   ヽ、    `ー '´  /




         ____
       /   u \   人_,
      /  \   / \        ジェーニャ…
    / U (○)  (○) \  
    |    u  __´,_  U |        ああっ!
     \u    /__/   /





530 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/10/11(月) 18:34:14 ID:06PZMLnk

緊張のあまり疲れ切ったところで
肉体に備わる知恵が救援にまわったのだろう

ジェーニャは眠り込んでいたのだ


                    〃
                    {{
                 , -キ´ ̄ ̄ ̄ ̄`` 、
               /´   ゝ        ヽ\
             /                 ヽ\
            /,  /     ,   ヽ  ヽ  ヽ ヽ 、ヽ
           // / /    |    | i ト  l  ! ! ヽ
           〃  |i |  i    !     | | l ヽ l l l  i  ZZZZZ
           l !  i|| │ | | | |    | 十7¬トキ│ |  !
           | l | |!l! !  l ! ! !     | !!/ ,.| l l | |   l
           | l l.∥| !  ! 、 、 ヽ    j //'丶i i , ! ! !  !
           | l !∥iト、`, ヽヽヽ,∧ /'//  ヾ//レ! !  !|
           ヾ!|∥ヾ ヽ\ ゝヽヽ!∨//     ,イ l|' i|  ||
            |!.|!il  |ヾ ``    '       イ  ||  |!
            ヾ| !il  トゝ      っ    /i │  !
             ! lト  !  >       , ィ `7  l ! l
              ! ',. r'´    `ゝ 、 / ノ.  ! / ヽリ
              ∨! l     尺  二‐'´ |ハ l / 〃
               l |    / /く    / j/丶
               ヽ ヽ7´ /イ  〉、   /  ハ   ` ー- 、
              ,ィ´ \ 、 /' != 7 ヽ, /  / !   /   !
             ∧  〈  ヾ! /  |   ∧    〉 /    |





531 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/10/11(月) 18:34:40 ID:06PZMLnk

                              ,.. ¨ ̄ ̄¨丶
                            , ´           ヽ     一安心したら私も眠気が…
                           /  ノ~    ゛ー    ヽ
                          i   --‐     ‐--     i   ここで一緒に眠ってしまったら大変なことに…
                          {     '          ノ
                           ヽ    ~~     /
                        ,. ‐'/ `く,ム,,、 _/´  ̄ く
                     ,. ‐'"./:::. ...... :::::o::::::"''"...:::::::..', `゙ヽ、
                  ,. ‐'"   /:::::. ::i:::::::   ::::...    :::::::::: i   / ̄ ̄`゛'' -、,
               ,. ‐'"    /   :::l    :::::o    .,:     l /: : : : : : : : : : : : : `ヽ
    _      ,. ‐'"      /::.  .:::::::./i:::::  ::::::::   ,,イ:::.   l/: : : : : : : : : : : : : : : : :
.-‐''"    ゛'' -、,,__     /::::::::  :::::/ i   :::::o::::: /  ........ :lヽ、: : : : : : : : : : : : : : :
               `ヽ/       /  /::::..     /   :::::::::::li  \: : : : : : : : : : : :
               /   ..::::::.. / ̄゛''-、,,     /      :/l    ゛''-、,,: : : : : : : :
            ,r ''"\   :::::::::/        ̄゛/::::::::.   :/ l        ゛'' ──
           (_   人_,,.-‐''"         /::::::::::::   :/ヽ,ノ
              し'              /     ..::::::/   \





532 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/10/11(月) 18:35:05 ID:06PZMLnk

    (`
  /'´  ̄ ヽ     ┌───────────────────────┐
  | |!|メ(从)メ〉     │    その時、完全に重さが消えて全ては終わった     │
  リ|(|| ゚ ヮ゚ノ|       └───────────────────────┘
   ⊂k卯iつ                    _____
    く/_|〉                   /       \
    し'ノ                  /_ノ   \   ヽ
                        i(ー)  (ー )    |
                        ゝ  __`____      j
                         ` _`ー'´    /
                          /    _    `i
                         /  ̄`Y´   ヾ;/  |
                        ,|    |    |´  ハ
                        |    |    |-‐'i′l
                        |__ |   _|   7'′
                        (   (  ̄ノ `ー-'′
 ┌─────────────────────────┐
 │   船は再び宇宙空間に戻り                   │
 │   できる夫とジェーニャは離ればなれに浮かんでいた  ..│
 └─────────────────────────┘





533 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/10/11(月) 18:35:26 ID:06PZMLnk

ふたりがこれほど身近にふれあうことは
もはや2度とありそうもない


                        /⌒ヽ
                       _i {__j_
        / ̄ ̄ ̄\      ,/ , ゝ  _  `丶
       / ノ   ヽ \    イ  ///    ヽ  、
     / (ー)  (ー)  \ // //,イij  ||ト、 N、 |i
     |     、__',_      | l | 从川||  リ ネ、ト!| ||
     \            /  N || i|ト !ト /  じ! リ| |!
      / ゝ        ィ'ヽ   ヘ ヘ从N '_  イ //j     , クュ
    /                \  .∧X ン .-  イ//// ̄j、  _j ノ ツ
   /   ィ         r   \| !/ | ヘ天/∧∧ / i ∧ゝf´
   |   `||          |ヽ   ヽ|ヾi、   |rくィヾミ ト 〉_j  | i \!
   /⌒ヾ|          | |,   | l  \ヘ__∧ヽ\〉ヾi ∧j   /





534 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/10/11(月) 18:35:49 ID:06PZMLnk

だがふたりは、ほかの誰にもうかがい知ることのできない特別な感情
――思いやりの絆――を互いに抱き続けることになるだろう


              ,,--、
             /'´`ヽ!
            | !    !
            !、i、  ,,,.--‐‐'''"-‐'''''''''''''‐- 、
            _,,>く´              `丶
          ,/ / ``        丶、       `ヽ
         /// //        、、  ヽ  、    、. ヽ
        / / / ,/ /       .i. 、ヽヽ, ヽ  ヽ   i l.l
       / ,イ ,l l ./      .i | ヽヽヽ   i  ヽ  ll l l
       l./ | | |  | ., ,     .|. ト ヽヽ|   |、. l.|  l|. | l
      l./ | ,i| .|  |. | |     ,|. |ヽ. ヽ;'|   ト、 l | .l|| |l.l            ____
      l,' l l| |  |. | |.i   .iナ┼‐、-ヽ|   |!.l i | .l|| |l l          /     \
      !  l l|. l l|、l、 l   l イュ,ュ、ヽ、 |   |',', il  l|! |l. !        /  ⌒   ⌒\
         l| |  l. l|ヽヽ|i   l/|/.|‐'´:ト、'|  .|'ミヽl l||l l|ト.|       /   (● )  (<) \
         l l! .ト、! ヾヽl、 ./ / !、_:ノ ' |  l ))ソl! イ|l l| ! |       |       __´___    |
          l! lN! ` `ヽ,/       |  l彡イl'/' !l,-'  `       \       `ー'´   /
           l! l! 丶、  _   ,     | イ.|/'´ ´            〉         ⌒ヽ
           l! l! r''´丶、  ̄   _,.-'"| /i'、          .     |          、  \_
           l l.l!    ` ー‐''i"´   |// ' ン、               !          ヽ   _⌒)
            ヽ.l`       ,イ´i  ,,.-|'/ / .ト、
             ヾ ,,. -‐'/ / .ソ、´ l//  l 丶、
           ,ィ''"´ヾ-'´ヽ'ri /,イ 入//   l   \
          / !‐-r''´    i lフ‐'ァ-'-Yミ-‐''''"´      \
         / ,l i´     ! |''´,イ  .ll´`ll.ヽ   ,,.-''' 丶ヽ
         / l  .|       //,/   ll  l.lイ´,,.-'´      ソ
        /  .l  〉、 ,,.-‐‐'''‐〈/   ll  .!l// /     /
       /   l //      l     ll  .!l /       /
      /   ,l/ .〈 O       l   ll  l/       /





535 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/10/11(月) 18:36:23 ID:06PZMLnk

――3日後、地球


                   _,..-‐''''""~´ ̄ ̄ ̄ ̄~"'''‐-,.、
               ,.-‐''" ──‐‐''",.、.:.:.:.:.:.:.:\、.:.:.:.:.:.:.:~"'‐-、
             ,.‐''"''''""~´::::::::::::::::::::::\\:::::::::::::::"'''''\"''--、.:.:.゙''‐.、
           ,.‐'":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙''‐、''l:::::__,....-‐'''"    ''.:.:.:::゙'ヽ、
         ,.‐'"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::~"‐--‐‐,        ''.:.:.:. \
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/"          .:.:.:. ゙‐、
      ,."::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/               .:゙‐、
     ,.".:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/~                  :`、
     ," .....:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/´                      ゙、
    ,"  ......:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ,                       ゙、
   /       ........:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|                        ゙;
   ,'            ヽ...:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::)  __                    ゙;
  ,'            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/~   (:::::::/                   :,
  ,i            ヽ,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(    ノ::::/                    ;
  i             `.、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::)   .|::::|                     i
  |               ゙;:::::::::::::::::::::::::::::i'""      ̄                     .i
  .l                \:::::::::::::::/                             .;
  :                 "'‐‐‐"                              :
  ゙:                     ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.                     :'
  丶                      .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:          .:.:.:.: .:.:.: .     .,"
   ゙,         .:.:.:.:.:.:            .:.:.:.:.:.:.:.:                      /
   丶          .:.:.:.:.:.:.:             .:.:.:.:.:.:.:                 ,."





536 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/10/11(月) 18:36:55 ID:06PZMLnk

    、___________________________________
    ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.ヽ、
     |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:`ヽ、_
     |::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::.:.:./
     ヽ:::ミ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙```"   ""'ヽ、::::::::::::::/
      V、       __,,, .-‐'''"ヾ::::::::::|
       ヽ二ニヽ、   ' 彡ニニア'' i::r-、|
       | ヽエシ, }   、`┴'"~  レ' /) }    おや、できる夫からメッセージか
        ゙、 " |     ゙     6ノノ
        l    |  、        r-イ
        ヽ  ;;;;;';;;;;;;;;;; ,     ,イ::/
         \  ヽニニブ    / レ
           ヽ '    /  |__
            ヽ、______/ /  レ`l
         __, イ / |"""""  / /  .〉T ー 、_
     __, -‐"  / / (,|    __/   / |    `ー 、_
    /     / /   >く ̄     /  |       ヽ
   /     / / / ⌒`ヽ     ,イ    |        |
   /     / // }___ / \ / |     |        |
        / /   }  Y   /  /   /         |





537 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/10/11(月) 18:37:17 ID:06PZMLnk

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

       ___
      /     \        もしもし、ジミトリですか?
    /   ⌒  ⌒\
   /   ( ●)  (●)\     こちらは無事ディスカバリー号と
   |       ___´___   |     ランデブーしました
   ヽ、    `ー '´  /




          _.. ‐'''''''''''' ‐ 、
        ,r'        \
        / ⌒         ヽ,     新入りのクルーが二人増えましたからね
        ( ●)   `―    ..i
       i.      ( ●)    |   盛大な起床パーティのおかげで
        \ _´___       /   まだすこし酔いが残っています
         \`ー'´   __/





538 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/10/11(月) 18:37:43 ID:06PZMLnk

「ただ、チャンドラはアルコールはやりません
 あまりにも人間じみてしまうからでしょう」


       ,  ───  、
     /   /⌒ヽ⌒ヽ\
    /     , ┤  ‘|‘  |、 ヽ
.   /   /  `ー ●ー´  ヽ
   l   /   二   |  二  |
   |  l     ─   |  ─  l
    l  |        |   ) /
    ヽヽ   / ̄ ̄ ̄ ̄ /
     〉━━,-、━━━━く
     / / ヽフ    \.   ヽ




「しかし、カーノウがそれを
 充分以上に埋め合わせています」


      |  !                        |  |       |
      | │                   〈   !     
      | |/ノ二__‐──ァ   ヽニニ二二二ヾ } ,'⌒ヽ   ̄ .Y  ̄
     /⌒!|  =彳o。ト ̄ヽ     '´ !o_シ`ヾ | i/ ヽ !    |
     ! ハ!|  ー─ '  i  !    `'   '' "   ||ヽ l |
    | | /ヽ!        |            |ヽ i !
    ヽ {  |           !           |ノ  /
     ヽ  |        _   ,、            ! , ′
      \ !         '-゙ ‐ ゙        レ'
    |    `!                    /
        ヽ     ゙  ̄   ̄ `     / |
  ̄ .Y  ̄    |\      ー ─‐       , ′ !
    |       |  \             /   |





539 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/10/11(月) 18:38:20 ID:06PZMLnk

           ____
         /     \
        /  \   /\      わが同胞のアメリカ人たちは
      /   (●)  (●) \    ――どうしても政治家みたいな口調になりますね…
      |         ´     |
      \       ⌒    /    無事に人工冬眠から出て
    / ̄ ̄ヽ           \    仕事にかかりたくてウズウズしていますよ
   (「    `rノ          \
    ヽ   ノ              \
     |   |             「\   \




             ___
            /      \
          /_,ノ   \  \
         / (ー)  (ー)   \      ディスカバリー号が
         |      '         |    酷い状態だというせいもありますがね
   ,'⌒ _ \   ⊂ニニ⊃   /
   ヽ_ノ   /          \





540 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/10/11(月) 18:38:49 ID:06PZMLnk

「最初は目を疑いましたよ
 しみ一つ無かった白い船体が
 不気味な黄色に染まっていたんですから」


      ._,v- ' '゙ ̄ ̄¨^^'''ーv、
    .,ノ:::::::::::::::::::        ゙'=、
   ..,r‐¬=-     :::::::::::::::::::::::::::::::\                             .r ⌒ヽ
  /      \             )、                           !、  ノ。
  /|       }:::::::::::::::::::::::::::        i                            ┣┫
 ノ \   .,ノ   :::::::::::::::::::::::::::::::     ).━━━v━━━━v━━━━v━━━━v━┻┻━v━━━
 |     ̄  :::::::::::::::::::::::::::::::::       ]-───╂-───╂-───╂-───╂-───╂-─
 |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  __ /|-───╂-───╂-───╂-───╂-───╂-─
 (.´'¨¨' ' 'ー、、、、,、.....___....,,vv--ー''゙ 「  丿━━━^━━━━^━━━━^━━━━^━━━━^━━
  (       :::::::::::::::::::::::::::::::::::::   丿
  丶   ::::::::::::::::::::::::::::::::::   :::::::::::)'′
   .\               ,>'′
     .゙'‐__   ::::::::::::::::::::::::::  v┘
       ¨'''ー--------ー^″





541 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/10/11(月) 18:39:24 ID:06PZMLnk

「原因はもちろん、イオにあります
 3000km足らずの所まで引き寄せられたところに
 数日おきに火山が数メガトンの硫黄を空に吹き上げるからです」


                ._,v-!'ヾ゙「厂¨^^'''ーv、
              .,ノl「」`:.‐ .!.'`.、::′ .,) ´゙'=、
             ..,r「 、.´ _.  ' .゙..- ' _ノ‐¬=くノ'\
            /゙.:、.二 ニ│:.::' ' .! ∨     .\ .:゙)、
            / . .゙..:  :`/ .`:'.:.゙ .|  .ヾ   }>'! ^i.
           ノ:  .´- `.`'.゙ `  _'「 .\   .,ノ゙ .′ )
           | :... :....:... .イ.‐'   !゙.\ ̄¨个⌒.-.、' .¬]
           |7vii_.゙「.゙,.: ..゙:′'^: `_.,>.厂‐r‐ .′..、z/|
           (.´'¨¨'''トー-nニ、,、.....ニ!.,,ニvv--ー''゙i「 .^丿
            (,_..: :.゙:'..:'' '! ..'  ゙ 、 ..:..二..┐, :、'.: 丿
            ゙))_ヽ' .:.ヽ' ┐:、 ‐ ,丿 '^.`. │_´^.,)'′
             .\ `.ヽ^ .' 、 .´′., ._ .'.┐ ..,>'′
               .゙'‐r,」゙.´'フ \:. .丿:、:. :_iv┘
                 ¨'''ー-v厶vニ-ー^″


「生身で見る風景としては、ここからの眺めは
 いちばん地獄に近いでしょう

 退散する時が待ち遠しいですよ」





542 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/10/11(月) 18:39:55 ID:06PZMLnk

「我々の目はディスカバリー号とイオ
 そうでない時には1万キロ先の例の物体に向いています」


               ________
               |        .l   |
               |        .l   |
               |        .l   |
               |        .l   |
               |● l___l ● l   |
               |   i  j .   l   |
               |  `ー'    l   |
               |        .l   |
               |        .l   |
               |        .l   |
               |_______l__|


「サイズの違いを除けば、月面で掘り出したモノリスにそっくりです」





543 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/10/11(月) 18:40:25 ID:06PZMLnk

          ____
        /     \
       /        \      さて、明日からはディスカバリー号に乗り込むので
     /  \    /  \    今度いつあなたと話せるのか見当が付きません
     |    (●)   (●)   |
     \      ´     /    ただ、通信を終える前に古いつきあいのよしみで
     /      ̄ ̄    \    ひとつお願いしたいことがあります




         ____
       /     \
      /  \  /  \
    /  (●)  (●)  \    ・・・・・・キャロラインのことです
    |      __´___     |
    \     'ー一`    /
     /             \





544 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/10/11(月) 18:40:51 ID:06PZMLnk

       ____
      /     \
.    /   ノ '  ヽ\       私がなぜ地球を離れないといけなかったか
.  / /)(ー) (ー)u\    キャロラインにはどうしても理解できないようです
  | / .イ    '       |
.   /,'才.ミ).  ⊂つ  /    この件では永久に私を許してくれそうにありません
.   | ≧シ'        \
 /\ ヽ          ヽ




       ___
      /     \
    /  ノ '  ー‐ \     女性の中には、愛は「唯一無二」ではなくて
   /  (●)  (●)  ヽ  「すべて」だと信じている人もいます
   |         '       |
   ヽ、    ‐‐-‐    /    そちらが正解なのかもしれませんが…
   /             \   いずれにせよ、ここからでは話し合うこともできません





545 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/10/11(月) 18:41:22 ID:06PZMLnk

         ____
       /     \
      /        \      もし、チャンスがあれば、
    /  \    /  \    キャロラインを元気づけて欲しいんです
    |    (●)   (●)   |
    \      ´   u /    ハワイから本土に帰るという話を始めています
    /     ⌒     \    もし本気なら…




         ____
       /     \
      /  \  /  \     キャロラインの方が無理だとしても
    /  (●)  (●)  \    クリスには会って欲しいんです
    |      __´___     |
    \     'ー一`    /    言葉では言えないくらいクリスに会いたい…
     /             \





546 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/10/11(月) 18:41:51 ID:06PZMLnk

      ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \      ジミトリおじさまの話なら
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \     クリスも聞くと思います…
  |     __´___      |
  \     ` ⌒´     /




           ____
         /     \
        /  \   /\     「父はまだお前を愛している
      /   (●)  (●) \
      |         ´     |    できる限り早く地球に帰る」 と
      \       ⌒    /
    / ̄ ̄ヽ           \
   (「    `rノ          \
    ヽ   ノ              \
     |   |             「\   \

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




                                        第5話 END





548 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 18:46:07 ID:ro2tGxho

乙です





549 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 18:47:06 ID:uHiFGo6o

できる限り早く地球に帰るという最後の台詞が辛いな・・・





552 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 22:53:53 ID:gK6/49L6

突入・離脱のシーンで不覚にも、あれがグッと来てしまった
萌えキャラは偉大なり





551 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 18:53:24 ID:WyqNigbk

原作読んだ時にも思ったんだが
フロイドはジェーニャの父親に似てるんだろうか?





553 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 23:57:17 ID:6LaYGuPg

しかし、これは浮気じゃないのかね、できる夫さん?










投稿日 : 2010/11/25 | カテゴリ : 宇宙の旅 | コメント数 : 10
■コメント一覧
  • No.7568 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年11月25日 13:28 [ edit ]

    できる夫もげろくたばれ地獄におちろ



  • No.7572 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年11月25日 19:59 [ edit ]

    まあ木星へ向かう宇宙船内という想像を絶する状況だから多少はそういうこともあるのだろうもげろ



  • No.7574 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年11月25日 21:11 [ edit ]

    できる夫爆発しろ

    …するのか?



  • No.7575 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年11月25日 21:23 [ edit ]

    お前らAAに騙されすぎだろwwwとりあえず落ち着いてもげろ



  • No.7578 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年11月26日 02:50 [ edit ]

    先っちょだけなら未遂ですよね!



  • No.7610 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年11月27日 20:40 [ edit ]

    ここの描写がなぜ問題になるのか結局わからなかった
    挿入したの?同衾だけなんてセーフだろ?



  • No.7626 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年11月28日 23:06 [ edit ]

    子供がオバケ怖さに潜り込んでくるようなもんだよな



  • No.7629 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年11月29日 00:20 [ edit ]

    俺も含めて、この程度に嫉妬せざるを得ないほど女の子に縁遠いんだよw



  • No.9143 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年01月29日 15:15 [ edit ]

    ジェーニャは予定外の補充人員て要素がちと気になるけど……



  • No.18632 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2012年03月19日 09:31 [ edit ]

    できる夫のaaがナニおっぽりだしてるのが非難の元だなこりゃw



■コメント投稿
     行間隔の関係でアスキーアートを貼りつけてもズレが酷いことになりますので、
     アスキーアート付きのコメントは削除する方針です。
     荒らしの書き込みに対してレス・言及しているコメントも削除対象ですのでご注意ください。
プロフィール

管理人 : 「ピチカー党員No.11」こと金ニダリスト

       ___
      |それ金|
    z'| ── 、
    / ハ ヘ u ヽ
  人/ノヽ ミ=‐...|_     生活の中心が株になっとる
    }≦ u 爻r.j. |彡}
  (  u  リ У{三≧
   ` ー─t r三勿 {气}
      厂 ̄(三)  `气


◆カウンター(ユニーク)    ◆カウンター(トータル)
       


全記事一覧

RSS

管理モード
ツイート
最新コメント
最新記事
まとめ記事
【歴史系】
【物語系】
【ゲーム系】
【学ぶ系】
連絡先はこちら

苦情・相談などありましたら、
下記のメールフォームにてご連絡ください。
(ファイル添付可能)

連絡用メールフォーム

貰い物紹介

TOP画像募集中

  

ダンジョンマスター作者様からいただいた逸品。
カナ、マジプリティ!



  

  

帽子屋HeII0様からの贈り物、しかも二枚!
各作品に対する愛情が伝わってきます。
帽子屋HeII0様のブログ - 「-simulacra-」

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
© それにつけても金のほしさよ All rights reserved.
まとめ