■【2010年】できる夫達が宇宙の旅に出るようです 第5部 星々の子 第10話 海底の火
946 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/06(土) 20:00:06 ID:nnx.jezs




                 【2010年】できる夫達が宇宙の旅に出るようです


                         2010 : Odyssey Two


                          。  ☆    .       。  ・
                                  .    .  /)      .
                ☆                      ,〇 ノ    ・  .
               。    .                  (_/         ゚
                           , - -   ゚   ・      ・  〇
              ゚            /  (● ●         ゚      . .
               。          ゝ  (__人)^) o    。
             .                ⊂     //   .      .     ゚
                  。  ・    (    〈               .
                           `~ ヽ_)       "   ""
               o  ゚       。  ☆              r─── - .
              ・      ・       ・   。       イ´ く`´    |
                   。    。             /、ノ    `l     .
                ゚    ・                / n     `ヽ ζ





947 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/06(土) 20:00:38 ID:nnx.jezs








                    第5部     星    々    の    子
                              A CHILD OF THE STARS


                    第10話       海  底  の  火
                                  FIRE IN THE DEEP








948 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/06(土) 20:01:13 ID:nnx.jezs

史上初めて「正真正銘のUFOが地球に向かった」という公式発表は
瞬く間に地球上を駆け巡った


                   _,..-‐''''""~´ ̄ ̄ ̄ ̄~"'''‐-,.、
               ,.-‐''" ──‐‐''",.、.:.:.:.:.:.:.:\、.:.:.:.:.:.:.:~"'‐-、
             ,.‐''"''''""~´::::::::::::::::::::::\\:::::::::::::::"'''''\"''--、.:.:.゙''‐.、
           ,.‐'":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙''‐、''l:::::__,....-‐'''"    ''.:.:.:::゙'ヽ、
         ,.‐'"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::~"‐--‐‐,        ''.:.:.:. \
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/"          .:.:.:. ゙‐、
      ,."::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/               .:゙‐、
     ,.".:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/~                  :`、
     ," .....:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/´                      ゙、
    ,"  ......:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ,                       ゙、
   /       ........:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|                        ゙;
   ,'            ヽ...:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::)  __                    ゙;
  ,'            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/~   (:::::::/                   :,
  ,i            ヽ,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(    ノ::::/                    ;
  i             `.、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::)   .|::::|                     i
  |               ゙;:::::::::::::::::::::::::::::i'""      ̄                     .i
  .l                \:::::::::::::::/                             .;
  :                 "'‐‐‐"                              :
  ゙:                     ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.                     :'
  丶                      .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:          .:.:.:.: .:.:.: .     .,"
   ゙,         .:.:.:.:.:.:            .:.:.:.:.:.:.:.:                      /
   丶          .:.:.:.:.:.:.:             .:.:.:.:.:.:.:                 ,."





949 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/06(土) 20:01:39 ID:nnx.jezs

==============================
最初の近接遭遇の報告は
レオーノフ号の発した警告が届いて3時間も経たないうちにもたらされた
==============================


   ___
   |   _|     「う~散歩散歩」
 ∠_____ゝ    今飼い犬を連れて散歩している僕は
  ll| ´_  ,_`l ?   ヨークシャーに住むごく一般的な男の子
  (( '''''( _ )'''l)    強いて違うところをあげるとすれば
  ヽ ' -―=~    退職した株式仲介人ってとこかナー
  /ロ/ ー' ヽ
  | ||//⌒l|
  | |' /` / |





950 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/06(土) 20:02:25 ID:nnx.jezs

ふと見ると、近くに円盤型の飛行物体が着陸していた




                  / ̄ ̄ ̄ ̄.\
                   |) ○ ○ ○ (|
                 /″        \
                /________ \
                ̄ ∪∪ ∪ ∪ ∪∪  ̄
                     ̄ ̄ ̄ ̄





951 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/06(土) 20:03:23 ID:nnx.jezs

搭乗者――とがった耳を除けば極めて人間に近い――はこう尋ねた


 / ...:::;:ィ    //           ヽ.
´ ...::::::/ / /|/ /  /|          i
..::::::::::::! //    / /  |  i        |
:::::::::::::|_'´       ム'´  | |   /:     |
/|:::::::| `ヽ   ,..=-―  |/|   ム::_  !
  |::::::::|tミ、   ´         |  / _  ̄ ̄ア
  |:::::::::| rヘ    ,ァr┬、   |  /r'´    /    ロンドンにある首相官邸はどっちだい?
  |::::::::::! し'   ' r' | \  | ./ 〉    /
  |:::::::〈      廴ノ  ノ  |/ ,_...=シ'"
  | / \           /ンべ
  |/    \ 、_      ィ´/   \
        ヽ._ -ァヘ. /      入
         / _//y'´ヘ        / \
        /ζr'´ァ‐、゙ヽ \    /     >、
       /´ ゝ.`ー' _ノ  \   /   /  \





952 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/06(土) 20:03:54 ID:nnx.jezs

男は驚きのあまり、官庁街の方角をいい加減に指し示しただけだった


                                        _ -ァ
                                   __ -‐ ´ ノ
                               ,.-‐ ニ   _,. -‐'´
                              /   '' 、`丶、
                            /     ヽ` 、ノ
                     _ュ-ォ‐ァ ア'´        , ヽノ
             __,. -―  ´ / / /       /` _ノ
          ´ ̄            |  |  |       _/` ̄
                      |  |  |-┬ ¨
                     '、 '、 '、_j
                     _'、 ┴ ¨
             _,. -―   ̄
           ` ¨´


この出会いの決定的な証拠としては、以後飼い犬が
主人の与える食べ物を受け付けなくなった事実があげられている





953 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/06(土) 20:04:23 ID:nnx.jezs

この元仲介人の言を信じた人々でさえ、次の報告にはいささか首を捻った
それはバスク人の羊飼いからもたらされた


マントを纏った目つきの鋭いふたり組の男が――


__,,;;;-=ニ,,''ー-=x,,メ:::::"彡         _ ,,,,, _
ィ'''::;;;ェ=;;;,,,..__,゙>'゙´"i';;;:::::彳~'ヾー-z‐‐く;''~゙'''=ッ,,  ̄`゙''ー 、,,
 _,,,;;;-=-'<゙      ゙゙'ミ:::;ミ゙゙ヾ;;,゙ヾ;;、 ゙''=::、,,  ゙ミ,,
,゙;;r'''⌒¨''''゙ `ヽェ,,   ミ:;リ゙ヾ;;、 ヾ、::、ヾミ;、 ゙ヾ;;, ゙ミ,,
'.,,,;;;='''゙´,,,;;;=,, 、 ゙ミッ,,_.;';/ー;;、 ヾ、,il, ヽ ゙ミ;;,  li,  ゙ミ
''' .,,;;='''''゙´ ̄   ヾ;、  (゙ヾ;;、゙ミァ ヾ{,    ミ,. li
;r"  ,::;;ィニf''''   ):) ミ };:ミ, ≧ `    ミ
r'';ツ `" =ニ;;;ヽ /ジ  ミッ ヾ;;ミ 三..     __
'´,ィ    ./:| |;ノ     ミ, ミ'' _,,ミ-‐''''.´ ̄    ̄'''ー=x
/::l iへ、 |:::{. n   .i::i ,イヾ /''::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'=、
}:::{_  n、ヽ;:l lノ .ト, V./ヾ、.i| /::::::::::::::::::::._;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_::::::::::::::::::::|
ー-`- ヽ} ヽl j:{_レ' /ヘ Yヘ::::::,, -''゙ ̄_ ,,. __ _x_ __ `'''::、::::::::i
  ト、 ヾ=、__/.iヘ  {.゚ ノノ ,,ノ゙Y゙ ィ '´_,,,;;::==--竺:-=::ミ、-.`ュノ      すまないが
ヾ_ ゙ヽ> リ^ヽ:::{  VF彡/:::=:}''ッ〔c_゙:::::::::::  ..:::::::::::::::::::..`‐ミ{
(. ゚,>,~ヾ::、.  `:}   ヾ;:ヽ {::::::Tヽ;:;;/`'ァ‐。x;;;,___,,,;;;;ィTi、__     国連本部への道順を教えてくれないか
;;ゝイ::ヽ `i:l      ∨ Xシ.{.iヽY  (_ _ノ〉   K(´゚ )`l:/ }::::、゙ヽ、
ゞニ''⌒ゝ l|        キ::ヾ,`|        | ゙ー  ,lイ /;;:;:ヾ、::.\
::::,,,,  '/  i      iY ナ-,w'゙Yl       rV'〉   .,!ソ'' "ミ::jノ:::::::::::`ー
"二ニに   (ヽ、,,,__,,,ノノノ:::::ミ, .}ミi、     ` '    /ミリ ミ ミ::::::::::::/i::::..
ミ,,_-=''i才,  `ー--彳:::ヽ、:::ミ,, ヾiミヽ, -=ニニニ= ,,ムジ ,,ミ'゙::;ィ゙:://:::::::.
::.../,/ '^メx-キ、''⌒ヾ ∴ }::::::ミi, l:;:;ゞiミx、_   _,,,イミジ 彡゙://::/./::::::::::::
;:;::.∠_,,,ノ:::::::::::\ ∴ ..(`ゝ、:ミ、ヾ、:;゙ヾi}エケZ゙エヅ:/ ミ:;ィ゙ ,,イ::j'./:::::::;;;;_::
=‐''':.:.;〃.:::::::::::::::::::{ヽ ‥ /:゙ヽ,. \=,,r.、゙''ー、,;:;:;:;:;:;ノ ,,ノジ /:;;イ/::;r''./::::
:.:.:.:.:./::::::::::::::::::::::::::.`ー-'´::f^ヾ、 ヽ{ ヾ,  `ー''゙ ,,;;彡'゙./;;f'゙,,∠イ;r''゙::::::::::
:.:.:.:/:::::::::::::::::::::::|ヽ;::::Fヽ:r''| iへ. ヽ ) \,, ヾv=y''゙:≦='''゙:∠イ゙:::):'゙゙:;;;;;;;;::::::
.:.:.Z;;;;;:::::::::::::::::::::''、.゙;::| !;! .ヽ,ヾ. \   ヽ {:-'::::::::::::::::::::::;ィ::;.;r〈;;;;''"_,,,ノ:::::
:.:/::::::::::::::ー-、::::::::::ヘ::ヽ、,\、.  `         |iーx;;;;_::::/{::/ {::;:;!:;;》'''':::::_;;::::;;;
/::::::::::::::::::::::::`ト、::::..ヽ{:::.\          l:i::ヽ、;:`''=、'_ヾ、゙;:;;{,,;=''´ .,,r-、:
:::::::::::::::::::::::::::::{  \:::,ト、::::::\  `ヽ.     i:|∧::},ゝ::::::::,゙>==''゙::.~'''''´.....::::
ー、__::::::::::::::::::::.ヽ、  Y /:::::::{ヽ;:`ヽ、    /./ ヾ;:::::::::::::ヽ.  ヾ、;;;::::-、:::::::
=<__ィ=-‐--::::xへ、_,,j;;;;''__::ヘ. ヾ;::`rf'''く ,イ  ミ::::::i''゙'ヾ、ミ ヾ:、 ヾ:ヽ、゙i:::
,,;:''´..:::::::::::::::::::::::: ̄..:::::::::::::`=:`-、__:::|.l;;;;メ、.   ミ::::::.....    ゙、:、 ゙i:::l j;;::
         .......::::::::::::::/⌒ヽ ヽ:`ヽ、::::.`'''=、  `:::::::....    `ヾ l;;j:::::::





954 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/06(土) 20:05:01 ID:nnx.jezs

ふたり組は完璧なバスク語
――恐ろしく難しい言語で、他の言語との類縁は一切無い――
をしゃべった


                r‐-―-ュ
              -=ニ=゚===i
               (´゚∀゚`9;;   __
              ,〈ヾ、;;ン''"';、´ ̄  _`フ;;;;,、
             / /`゙"y''゙" iゝ`ー'''マ/`'ム_ノ
             / /  允 / ゙゙v""  `、 '; ; ヽ
            〈 ./   /i 彡 ャi_,l riッ =ミ ; ; i
             `i  ,/=.| 彡 、_X__ノ =ミ ; ; |
             |  .i:::::| '',, !l`! l' ,,''   ;;' |
             |   !:::::|  l´ リ''リ`' ,,,,;;;''i |
             !  /:::::::|  |'';,,  Y 、''.  ,l |
             ハ./::::::::::|  ハ   iヾ'l ,,;;''ゞ |
            '、_/__::::::|_`!.   l  l  〃 |
              ヽ彡、|三| |_  | .|_  |.'i' ,j
              r‐' ,、l、-'j i´i' ,j .i´i' ,j  ̄
               ̄   ̄  ̄ ̄   ̄


地理については妙にとんちんかんな所があるにせよ
宇宙からの訪問者が非凡な語学通であることは疑いもなかった





955 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/06(土) 20:05:24 ID:nnx.jezs

この羊飼いの言を信じた人々でさえ、次の報告には頭を抱えた
ある日本人夫妻が「自分達は宇宙人だ」と告白したのである


            / ̄ ̄ ̄ ̄.\
            |) ○ ○ ○ (|
           /″        \
          /________\
      ((    ̄ ∪∪ ∪ ∪ ∪∪  ̄


       _八_
      /:::::::::\          _八_
    /::::::::ノ´⌒`ヽ       彡巛ノノ゛;;ミ
   /γ⌒´      \、   /: r エ__ェヾ
  /::::// ""´⌒\  ):i //´  ̄  `ノj` 、     アメリカノミナサン
. |::::: i / \   / i )::|/::::( l_/l_l_|^|_Ll_l...ハ_)、 ハジメマシテ!
  ヽ:::i  (○)` ´(○)i,/:/|::::: i / ―    ―ヽl::::|
   ゙、:l    (__人_) |::::/ .ヽ:::::i  く○>`´く○>i,:::/
   |::\   `ー'  /:::::|   ゙、:l    (__人_) |:::/    キキキキキキ
   |:::::::::     :::::i:::::|   |::\.  `ー'  ./::::|
  ./:∧:::::::............::::::∧:::';rー、 .|:::::::::     :::::i:::::|    トラストミー
  /::ム_ヽ::::::::::;;;::::::::/ ( ( ハハ./:∧:::::::............::::::∧:::';rー、
 (_,ハヽヽ;::::::::::;::::::::ヽ,  ノノノ::ム_ヽ::::::::::;;;::::::::/ ( ( ハハ  キキキキキキ
    )ノノ:::::::::::;::::::::::::',   (_,ハヽヽ;::::::::::;:::::::ヽ,  ノノノ
    /:::::::::::::::::::::::::::::::',     )ノノ:::::::::::;::::::::::::',
    /::::::::::::::::::::::::::;::::::::',    /::::::::::::::::::::::::::;:::::::',
   /:::::::::::::::::::::::::::::;:::::::::',  /:::::::::::::::::::::::::::::;:::::::::',
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::', /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
  /:::::::::::::::::::::::::::::;:::::::;:::::::::',::::::::::::::::::::::::::::::;::::::::;:::::::::',
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::;:::::::;:::::::::',:::::::::::::::::::::::::::::;::::::::;:::::::::',
 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j
 ~~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~⌒~ ̄~~ ~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~⌒~ ̄~~





977 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/11/07(日) 00:10:54 ID:LLSmnfK6

あいつら宇宙人だったのか、おかしいと思ったぜ!





978 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/11/07(日) 01:20:37 ID:0wVdts52

まあ、宇宙人ならまだ良いじゃないか





974 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/11/06(土) 21:41:54 ID:YxIvH5Fc

色々と洒落にならんからヤメてw





956 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/06(土) 20:05:54 ID:nnx.jezs

大同小異の事件があとにも延々と続いたが
人間が彼の存在を本当に察知したのは発端と――
そして最後の最後だけ

しかも最後のものは彼がそう望んだからだった


              ____
            /      \
           ─   ─    \
          (●)  ( ●)      \
          | (_人__)        |
           \` ⌒´       /
            / ー‐       ヽ
           /            `





957 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/06(土) 20:06:41 ID:nnx.jezs

いまや世界は彼のもの

何者も彼を見つけることはできず、
我が物となった感覚の前には、いかなる壁も存在しなかった


                ________
               |\             \
               |  \            \
          _____|   .| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|____
          .\    .\  |   愛媛みかん  |    \
           \    .\|________|      \
              ̄ ̄ ̄ /         ヽ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                  しヽ        ト、ノ
                    |    __    |
                    !___ノ´  ヽ__丿





958 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/06(土) 20:07:10 ID:nnx.jezs

なにか言い難い衝動によって彼は突き動かされ
地球と人間の営みのあらゆる側面をサンプリングしていた




                、 ノ 、. 、  、
               ● ●) ヽ ヽ ヽ
               (人__)__ノ‐┐'┐ '┐≡=-
                と __ノ `Y Y  Y  ≡=-
                 〈__ ヽ、 \ .\ \  ≡=-
                  `ー' \___)  )  )  ≡=-





959 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/06(土) 20:07:32 ID:nnx.jezs

【ピラミッド】


                      ___                ,っ - -、
                    //::\              i {● ●) ヽ
                      / /::::::::::\.            ヽ.(人__) ノ
                   / /::::::::::::::::::\             ヽ     \_
                 /  /:::::::::::::::::.               〉      |-'
              /  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::\          ιー   J
.              /   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
              /   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>
           /    /:::,ィ――‐、:::::::::::::::::::::::::::::://:\
___,ィ――‐、/    /::ノノ::::::::::::::::!;_:::::::::::::::::::::/ ./:::::::::\:
   ノ.ノ::::::::::::::!_`'ー-、、_/;/_/:::::::::::::::::::::l;;_:::::::::::::/;;; /:::::::::::::::::\
  _/_/:::::::::::::::::::l._    l,;;.l::::::::::::::::::::::::::::::l―::/;;;;__/:::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,
 l_l::::::::::::::::::::::::::l;;;;;;;;;;''''┴‐―‐―‐―‐┘'''''''''''    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ̄ ̄ ̄ ̄
           o
          _!iヽ_ ,rュ
          / `i__.ソ
  __....,,,,.__ /l ̄/l
 ̄         ̄ ̄ ̄ ̄`''ー――--- .、..,,___
                             ̄ ̄`'' ー-- 、.._





960 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/06(土) 20:07:55 ID:nnx.jezs

【アジアで続いている凄惨な限定戦争】


       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       | アパム!アパム!弾!弾持ってこい!アパーーーム!
       \_____  ________________
                ∨
                      / ̄ ̄ \ タマナシ
      /\     _. /  ̄ ̄\  |_____.|     / ̄\
     /| ̄ ̄|\/_ ヽ |____ |∩(・∀・;||┘  | ̄ ̄| ̄ ̄|
   / ̄ ̄| ̄ ̄| ̄|  (´д`; ||┘ _ユ_II___ | ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|
   / ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄|( ” つつ[三≡_[----─゚   ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|
  / ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄| ⌒\⌒\  ||  / ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|
 / ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄] \_)_)..||| | ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄

              , --  、
             /      ヽ
             ゝ     ノ
.               (|     |)
              |     |
              し   J





961 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/06(土) 20:08:28 ID:nnx.jezs

【ベバリー・ヒルズの込み入った乱交パーティ】


                       _(⌒i_
                      _/ーソノ-丶
                     (|> < |)
                     (O人 (王| ̄ ̄ ̄ ̄|
                      (⌒( ヲ見せられ|
                      / ̄ ̄|ないよ!|
                      ∧ ○|____|
                     /  ̄/ ̄く
                   `/ /~ ̄) ノ
                   (__ノ  (__)




・  ━  ━━ ━━━ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━ ━━  ━  ・

…  ─ ── ─── ──────────────── ─── ──  ─…
…… … ────────────── … ……
_________





962 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/06(土) 20:09:02 ID:nnx.jezs

       / ̄ ̄ ̄ \
      /  ─    ─\          ・・・・・・・・・・・
    /    (ー)  (ー) \
    |       (__人__)   |       「なぜか」という理解はできていないけど
    \      ` ⌒´   /        これで地球ですべき事は終わったお
      / ヽノ   ⌒\__
     / |      \___)⌒\     やる夫が見たことはいつか、
     ` ̄\ \     -''' ⌒(___)   何か偉大なことに役立てられるんだお
         \         /\ \__
           ` ―─―─´   ヽ___)






    / ̄ ̄ ̄\
  /        \
 /    ─   ─ ヽ     それと…まだひとつだけ
 |    (●)  (●) |       絶対にやらないといけないことが残っていたお
 \  ∩(__人/777/
 /  (丶_//// \





963 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/06(土) 20:09:38 ID:nnx.jezs

―― フロリダ州のとある老人ホーム


                                 ("⌒゙~⌒゙⌒)
   ("⌒~⌒゙⌒)                          ゙ー'ー'ーー"
    ゙ー"ーー''"
                 ("⌒゙~⌒゙⌒)
                  ゙ー'ー'ーー"
.
''"~~"''ヽ,,_
;:;:;;:. .::. .:..:..~~"''ー、,,             _,,,,,、、-─'''''''""""゙''ー:;:;、,,,,_
;:;:;:.:.;.:;.;:.;.;::;:.;:.:.::..:::....:... ̄~"''ー-''ー-‐'''ー;;、、'':;.;,;,;,,_: ;.: ;;.;...;..:;;....;..:... .:... .: ..゙'''""゙゙''''"
幵.;:;:.;:.;.; :;..;.; .;.:;.; ;..;.;:.:.;:. ;...;.;. ,.. .. . . .. .. . . .. .:,; ;.,:,.,.゙゙"''ー-、;;:;,;;,;,:,.,.,.;..;.;, .. :.: . :. :.
;;,,∠△''',,;;;::.:..____"゙''''-、、'',,,, _ _ _,,,;;;;''''"r'二△''''''~~;;;、,,,,-'''""'',、,,..,,..,.,..
;.;.;.!#!-!、,、,;;:.::..:.:/二△ ri─i '''""''';;,;,,人...l:田.旧;..:./ ̄/ ̄ ̄ ̄/△ ̄ ̄ ̄ヽ
;.;.;.;..;y,===、===.l::::::傴l l.|田|.;/7ニヽ....Llヨ;,,/''''7ヽ,,,:|ロロ| 田田l田|::ロ|田l田田|lf
;,.,.;.;/ l:|田|:| 田|[],!!、ヽ___l、|_田l,:..:......:.:,l二Lロ.l::.:|ロロ| 由由l田|::ロ|田l由由|ll_
._l__l__.l__l__l__.l__l__l__.l__l__l__.l__l__l__.l__l__l__.l__l__l_
⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y
.  |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |
._|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|_
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





964 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/06(土) 20:10:06 ID:nnx.jezs

   /:::/:::: /::::::::::::l::::::::|:::::::l:::::::::l:::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::i::::::
  /::;イ::::i::::::::::::::| ::::::l|;::::::li;::::::::|、;::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::l:::::
  .l::/ l:::::|::::::::::::/!::::::| li::::::lヽ::::::l. ヽ;:::::::::::::::::l::::::::::::::::::::l::::::
  |::l | ::::|::::::::-i-L;;_l .|!i:::::l ヽ::::l  ヽ、__;;;;::::| :::::::::::::::::l::::
  |:! .|::::::l::__;;;|_ l:::l`ヽヽ;:::l ヾ;レ‐'''゙゙´\ :::::| ::::::::::::::::l:::::       あれ、あのお婆ちゃん…?
  l!  .|:::/ ___ノ,ィ'ト|''=ミ、 ヾ!  ,r-=fニミ;;弍;;| :::::::::::::::l~゙'i
    l/ ,/ト、::l゙__゙ヾ::ii::|ヽ  ,/  .|:::illi:::゙ii/ |:::::::::::::::j¨゙ l       普段からいろんな悪戯をする人だけど
   /⌒ヾ、|/`fト l ゙K);j .l'⌒''h.   K);;;;ッリ l:::::::::::::/ .ノ
  /‐-、 `iノ /'ヽ|、   ノ    ヾ、     ,/  |:::::::::::/=7゙      今度は何を始めたんだろう
 ./ 、. ヽ |゙V,_  l:::i、 ̄ 丶    ゙''ー-‐''  ,l::::::::::/|:;/
 i  '゙ヽ_j-'   .|::::|.\   ‐-        ,,イ::::::::/ ,l/       補聴器と話すなんて
 ヽ    ヽ   jl:::::l.   ヽ、      , ''゙ /:::::::/゙`ヽ、
  ヽ、.     /ヽ::::|    ,,`=ー '''i´    /:;/レ'〉;:;:;:;:,.,\
   /    /.  ヽ:| ,,r''゙,.;:;:;r''゙~ノ   /イ  /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;






  γ::::::::::::::::母::::::::::::ヽ、
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
γ:::::::::人::::人::人::::人::::::::ヽ
(:::::::::/ ─    ─ \:::::::)
\:/  (⌒)  (⌒)  \ノ     ・・・ぉ・・・
 |     (__人__)     |
 \    ` ⌒´     /
 /            /
 \       (__ノ





965 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/06(土) 20:10:35 ID:nnx.jezs

           / :. ィ.;:.:.:.:.:.:.:ヽ
          イ:.:.:.:/-|/|∧:;、:.:.〈
          リ:.:./ ●    く!:,:.:..、   でも、あのお婆ちゃんが
           l:.:.l    ●/:./ ̄    あんなに安らかな表情を見せるなんて滅多にない…
           vヘ  -   ノ:./
           _,-+ 匸ヘ/V       あれ?
          ,《 ヒ⌒j 》、
          l::\ l /∥::l
          |:::::::ト,Vイ:::::|
           |:::::::l介l:::::::|
           l::::::|人|:::::::l





966 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/06(土) 20:10:58 ID:nnx.jezs

そのときナースの眼に止まったのは、後で忘れるのに一苦労するような光景だった
上司に報告でもすれば、たちまち看護人の資格を取り上げられてしまうことだろう


                               __,
                  __,..-:‐::───:‐-.、__,ノ:;/
               ,.イ´:;: : : : : : : : : : : : : : : : :<、
              /: : :.:/: : : /: : : : : : : : :|:: : : : : :`ヽ、
            /: : : :.:/: : :.:/: : :/: : : : : : |:.: : : :ハ: : : :\
           /: : : : : :/: ::、:/:: : ;イ:: : : : : : :|: :|: : : :|: : : :、::\
         ,ノ: : : : ::|: :.:|: : : :|\:/ |:: : : : : : :|: :|: :.;_:.:|: : : :ヘ ̄`
          ̄|: : : : |: : :|: : :/|:.:/`ー|: :.;: : : : :j斗:'´:.: :|: : : : ハ
          |: : : :.:|: : :{: :;マチ弐ヤ ∨|: : : :/_∨ヘ::.: :|:: : : : : }
          |: : ::l'´|: : :∨ V::tィ::}   ∨::/テ弐ア∨::l:: : : : : :|
          |/|: ::ゝ|:: : : :|⊂ゞ-"     ∨ん':;リ,' /∨、: :/\:|
           ∨|: :V::. : :|       ` `ーc" {::: : :∨   `
             ∨:.:\::.:|      /´ ̄|      }::: : :|
              `ヽ:/ヽ:|、   /___,j    ,人::.: :|
               / ,r===-.、-r-、-‐<_  \:|
              / /:::::::::::::::::::`ヽニニ7 //::ヽ、__
              \,/::::::ゝ、::::::::::::::::\///:::::::::´:::::::;}フ
             _,ノ::::::::::ノ:`ヽ::::::::::::::::\::::::::;/_:;/
            く´:::::::::::::/:::::::/ \::::::::::/`ー=っ
           ,ノ\::::::::::::::::/`ヽ、_V`ーヘ、_,っゝ'´
        /´`r'\. \::::;/    }><{/::::/
        /_ノ´ヽ(´\  ~       ,//ヾ/:::::::〉





967 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/06(土) 20:11:31 ID:nnx.jezs




      ┌────────────────────────┐
      │   ベッドサイド・テーブルに載った櫛が           │
      │   見えない不器用な手に持ち上げられたかのように   │
      │   ぎこちなくゆっくりと浮かんでゆくのだ            │
      └────────────────────────┘


                     _,,、、-‐‐‐.‐- 、.,_
                 _、-'' `.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.´''‐ ,_
               _、‐`.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:´'‐,_
             、 `.,.,.,.,.,.,.,.,._,,、、-‐‐‐‐‐‐‐‐- 、,.     ^ _
            、`     ._-'`| | | | | | | | | | | | | | | |´'_..,.,.,.,.,.,´,
            ,`,., ,.,.,.,、` | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |´、   ´_
           ,`:;:;:; :;:、`| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | ´、.:.:.:.:.:',
.            ,′:; :;:;,`| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |´,.;.;.;.;.;',
           ヽ:;:;:;,′| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | 、.;.;.;/
            ̄                             ̄





968 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/06(土) 20:11:57 ID:nnx.jezs

1回目は櫛の狙いがそれた
2回目からは危なっかしい所はあるものの長く伸びた髪を梳かし始めた


                   _ , ― 、
                ,-'  `      ̄ヽ_
               ,'              ヽ
              (             ∋  )
             (   ノ'ー'ー'ー'ー'ー'ー'ヽ    )
             (   ノ (⌒)  (⌒) (    )
              `ー'    (__人__)    (    )
                ヽ  ` ⌒´    /`ー'
                /          \


ジェシー・ボーマンは今では口をつぐんでいる
だが、笑みは消えていない





969 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/06(土) 20:12:32 ID:nnx.jezs

それがどのくらい続いたのか、驚きのあまりナースに記憶はない


              ,. :-:.' ー ' ¨ :.ゝ.、
             ,.:´: : : : : : : : : : : : : ヽ.
            ,.': : : : : : : : : : : ',: : : : : : ヽ、
           ,':.:;':.:.:;'.:.:.;'.:./.:;'.:.:|i:';:.:.:.:.:.:.::`、`ゝ
           ,':.:.i:.:.:.i:.:/i:.:/i:.:ハ:.:l:i:.:.i:.:i:.:.:.';.:.:',
          /イハ:!:.:.:l:/ i/ ノノ ノリリハリ:!:i:.:.!:.l
          i/!:.:!:.:.;;;;;;;;;;;;;;;;    ;;;;;;;;;;;;;;l:.!:ハ!
           ∨|:.:.!          ノ/i/ノ
             ヘ!:|         ノ!/′
              ヾ!>ー-   -- <イリ
              (ヘ:::::\i=//:::::/)
              {;;\::::::!n/:::::/;/
               ト、;;\;;ii;;/;;;/′
              /;;;;ゝ;;;;∨;;;;;;;入
              (;;;;;(⌒)∨(⌒);;;;)
              `´ ̄` ̄ ̄´ ̄´




櫛がそっとテーブルに置かれた時
はじめてナースは茫然自失の状態から解放された


                  _,,、、-‐‐‐.‐- 、.,_
              _、-'' `.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.´''‐ ,_
            _、‐`.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:´'‐,_
          、 `.,.,.,.,.,.,.,.,._,,、、-‐‐‐‐‐‐‐‐- 、,.     ^ _
         、`     ._-'`| | | | | | | | | | | | | | | |´'_..,.,.,.,.,.,´,
         ,`,., ,.,.,.,、` | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |´、   ´_
        ,`:;:;:; :;:、`| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | ´、.:.:.:.:.:',
.         ,′:; :;:;,`| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |´,.;.;.;.;.;',
        ヽ:;:;:;,′| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | 、.;.;.;/
          ̄                             ̄





970 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/06(土) 20:13:06 ID:nnx.jezs

10歳のやる夫・ボーマンは母が楽しみにしている、
いつもなら彼の大嫌いな仕事を終えた


               _ , ― 、      ___
            ,-'  `      ̄ヽ_//  \\
           ,'              ヽ●   ● \
          (                ) _,、_,)⊂⊃ |
         (   ノ'ー'ー'ー'ー'ー'ー'ヽ    )      ィ’
         (   ノ (⌒)  (⌒) (    )       ヽ
          `ー'    (__人__)    (    )    Y  |
            ヽ  ` ⌒´    /`ー'
            /          \





971 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/06(土) 20:13:33 ID:nnx.jezs

そしていま、老いを知らぬ存在となったやる夫・ボーマンは
自動力のない物質をコントロールする術を学んだ


                           ___
               _ , ― 、    /      \
            ,-'  `      ̄ヽ_⌒   ⌒   \
           ,'              ヽ) (● )   ヽ
          (                )人__)⌒     |
         (   ノ'ー'ー'ー'ー'ー'ー'ヽ    ) ´     /
         (   ノ (⌒)  (⌒) (    )          \
          `ー'    (__人__)    (    )
            ヽ  ` ⌒´    /`ー'
            /          \





972 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/06(土) 20:14:23 ID:nnx.jezs

ナースがやっと様子を見に寄った時も
ジェシー・ボーマンはまだ微笑んでいた


                  γ´⌒ ⌒⌒Y ⌒ヽ- .、
               γ⌒:.          . : .::::::ヽ
          .   γ:.:. :.         . : .:.:::::::::::::ハ,
             /::.:.:. .    人::人::::人::人::::人::::: ::ヽ
          .  ,'::.::.:.. :  :::::::)          ヽ::::::::丿
            i:::.:.:.    ::::)   ⌒     ⌒  \:::::::)
           (:::.:.:  .:::.:.:.)  ( ⌒ )  ( ⌒ )  |:::::::)
          . (::.:    ;.:.:)   ´"''       "´   |:::::/
          . ヽ:__:::; . ;;;;)     (.___人___)    |:::::ノ
             ヽ:__;;;;;ノ\     `ー ´    /^´
                   `丶、______  ___,.. イ





2 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/06(土) 20:16:11 ID:nnx.jezs




              , イ    イ‐┼、
      /|「 Tヽ._,.イ//    i、l__l__,.li   l二¨ \
     .イ (◯) l(0ヽ/:/'"三ヽvェヘi]ニフ   l!‐-i、 、 ヽ
     lj_l.-┼‐┼-、レi个llllTヘil∠.,  ̄ lli「`ヽ_l!;;;;;;| l i i l
     \. _l____レ'イ』」j!!!川ノ` o` 、 llli ,.へ =ヾヘ|TTTl
       `ー-r‐フ′  ̄l`7   _,,. -'illiく.  l  Λ ll l /
         レ'     . 「L=',ニ -''"´|li`、` 、」くヽ ヽレ′
                Ll-l:    |lli  `'/  く>メ、
                 |へ、   .|lli  /   ト-ーへ
               ≒=`T二`ーllli‐イ    |エ=-ハ
               ,.-‐己三ミ「r干i|ス    ヽ-イ ハi
              / / レ' ̄7ヽトl┼l/へ、    ヽl_==jl
             .l- ナ┘ ./ /ヽ.ll/ ヽ. \     Lf-|l
              レil   ./ /7  Λ  ヽ へ   り
              .レ' ´ヽ.//   ヽ.ヽ  ':ト、 \


地球上の騒動は、10億キロ離れたこの宇宙空間では快適に弱まっている





3 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/06(土) 20:16:54 ID:nnx.jezs

それでもできる夫のもとには地球上の様々なメディアからの問い合わせが
――2時間遅れながら――殺到し、とうとう彼はストライキに入った


       , (⌒      ⌒)
     (⌒  (      )  ⌒)
    (             )  )
      (_ヽ_ハ从人_ノ_ノ
            | || | |
         ノ L,l ,|| |、l、
         ⌒::::\:::::、ノ\            言い忘れたことはもうありませんし
        /:::(○)三(○)\
       /)し   __'_    \      もう10回あまりも同じ事を
       | ⌒    |: :::|  ノ( |
       \       l;;; ;l  ⌒/l!| !    繰り返し言ってるじゃないですか!
       /     `ー '    \ |i
     /          ヽ !l ヽi
     (   丶- 、       しE |そ  ドンッ!
      `ー、_ノ       ∑ l、E ノ く
                 レY^V^ヽl





4 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/06(土) 20:17:37 ID:nnx.jezs

それに山積みしている仕事もあり、時間の余裕もなかった

この先レオーノフ号には長い帰りの旅があり、
天体引力の法則が許す発進時限に入った時には
飛び立つ準備が整っていなければならないのである


                   「 ]_
                      | |::::|      从
                    | |::::|     |lllll|
                        | |::::|     .||||||
                      | |::::|     |ヘ ヘ
                  _| |::::|.    |::ヘ ヘ
                //_,.--、ヘ   |: : |==込、
               ///XX く _)ハ  /\| `ヾ:心、_
         ,ヘ , r =ニ.Y  tェェ=彳ツ   Y/  ^ \v‐┐`゙ー゙ニ =ァ
        / /7xXィ7ヘ_ ゙二壬_ ィ77|\ /彡'/   / /7/
        |/__/xXト|へ\//_,.-‐ニ |{ { {|V   ̄ ̄ハ  /.:7了
        |! /XXr/1 , > ,、<´   |ゞ-へ\ \  ハ .::// :|
       ィ、├'XXr/ |r"/| | `丶ミヽ、|三三个 ゙、ー_-L_| .: 〔::::ト,
      / Y⌒ヾトv' Y : : :| | : ::::::::ヾツ三三ミl|彡手|  ̄ .: : :/:::/
     へ ド-クノ   \::::| |::::::::::/三三Eリ||ル/ V7┐ :::::/
    / / 〉 ,.「   r-、 _>=<_rーァミ三ミア |/:  /|/__| :::::/
   l  / /  |   /|ヘ 「~| ̄|レ ,.〈 Fト、ミ} /::::: / /\| ::/
   .| /| | / メ |  /イ |ヘ「~|| ̄ /ハヘ   〈 |::: / /、\〉
   .!  レ| / ::リ { |/ ハ. || / ,.| ゙vヘ   ヘ Y -/1  y'
   レ ヘ | / ::/   | / /  `| '' ̄ ト.、 | ヘ  rケ⌒ヾ/
   i 0 V ::/   /V 乂リ    ゞ、j! ト、{彡、;;;ノ
   V l:::/    / |  /       \|ヘ ゞ-く
    ヽ lリ   /  : ::レ"         ト ヘ  ヘハ
         | : : ::}二ヘ        ト、 ヘ  N





5 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/06(土) 20:18:08 ID:nnx.jezs

ディスカバリー号の提起する問題は、まだたくさんあった

推進剤の貯蔵量はかろうじて地球に帰り着ける程度。
それもレオーノフ号よりずっと遅れて飛び立ち、
エネルギー消費が最小の軌道を取るとしての話で
帰還には3年近い歳月がかかる


      ._,v- ' '゙ ̄ ̄¨^^'''ーv、
    .,ノ:::::::::::::::::::        ゙'=、
   ..,r‐¬=-     :::::::::::::::::::::::::::::::\                             .r ⌒ヽ
  /      \             )、                           !、  ノ。
  /|       }:::::::::::::::::::::::::::        i                            ┣┫
 ノ \   .,ノ   :::::::::::::::::::::::::::::::     ).━━━v━━━━v━━━━v━━━━v━┻┻━v━━━
 |     ̄  :::::::::::::::::::::::::::::::::       ]-───╂-───╂-───╂-───╂-───╂-─
 |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  __ /|-───╂-───╂-───╂-───╂-───╂-─
 (.´'¨¨' ' 'ー、、、、,、.....___....,,vv--ー''゙ 「  丿━━━^━━━━^━━━━^━━━━^━━━━^━━
  (       :::::::::::::::::::::::::::::::::::::   丿
  丶   ::::::::::::::::::::::::::::::::::   :::::::::::)'′
   .\               ,>'′
     .゙'‐__   ::::::::::::::::::::::::::  v┘
       ¨'''ー--------ー^″





6 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/06(土) 20:18:42 ID:nnx.jezs

しかも、これはハルに信頼のおけるプログラムがなされ、
人間の干渉無しに任務を実行できるようになった時のみ可能な方策なのだ


          /´...:...:..:..:..:.::::::::::::::::::::::::::`丶、
      ┌―-'- ...,,,__..:..:..:.:.:.:::::::::::::::::::::::::〉
      |...:...:...:..:..:..:.:.::::::::: ̄ ̄`:::::‐-、__:::::/
 (´    L ―――--...,,,_:::::::::::::::::::::::::`ヽ、_
  ヽ、__,ィ´::::::/:::/:::l:::::::|:::、:::::ヽ ̄¬、__::::::::::::/
      |:::l:::/::::l::::::|l::|::::l|::`、:::::::、:::::::l:::::「ヽ_/
      l::l:::l:::::|-r‐ト| !::::K-‐、::―ヽ:::|::::::ノ::|
      リ:::|::::l::!l::::| ! ヾ、!ヽ,.::ヽ_;;::_`ー/‐':!
       !::|::::|::YTヽ  ヽ r'i´  リ:::|/゙}/ソ
       l:ハ:::!从 ト_j      ゝー;'!::/:!ノ '
       ! ヘ:{ヽト、""_..'_  ""ノ:::ノハ:{
         ヽ `/´__`ヽィ´/ ' `
         、_,/ .../;;;;;;;;;ヽ..ヽ`ー- 、_
        ,_/アュ、ヽ;;;;;;;;;;| r-、   j!`ト、
        ノ`ー'、フ ...` ̄´f、ヽ_>、 ノ!r':::::ヽ
       /:|  。ヘ`ー-ri´r'´  ∨ン::::::::::::\
   __,,.イ´:::!   。│/!} {!:| f、。   ゙、::::::::::::::::::::\
    ⌒ヽ._|  。 j/::|、_j|:|  }  。 、 ゙、:::::::::::::::::::::
        「ヽー7ヽ」ー‐'t_rtゝ、。 ヽ ヽ、::_,,r-‐
        ` ̄´/::::l><l⌒:::ヘ  ̄´ ノ `




       ____
      /     \
.    /   ノ '  ヽ\        わたし個人の見立てでは、
.  / /)(ー) (ー)u\    ディスカバリー号を無事地球に送り返せる確率は
  | / .イ    '       |    どう見積もっても50分の1ですね…
.   /,'才.ミ).  ⊂つ  /
.   | ≧シ'        \
 /\ ヽ          ヽ





7 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/06(土) 20:19:07 ID:nnx.jezs

_____________,
. . . . . | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||
. . . . . | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||
. . . . . | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||
| ̄| ̄| |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||
|  |  | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||  コンコン
|  |  | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||
|  |  | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 0 ||
|  |  | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||
|  |  | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||
|  |  | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||
|  |  | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||
|  |  | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




       ___
      /     \
    /  ノ '  ー‐ \      おや、お客さんですか?
   /  (●)  (●)  ヽ
   |         '       |     どなたです?
   ヽ、    ‐‐-‐    /
   /             \





8 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/06(土) 20:19:29 ID:nnx.jezs [8/52]

               ______
             / -、 -、   \
            /   |  ・|・  | 、    \
           / / `-●-′ \    ヽ    フロイド博士、
           |/ ── |  ──   ヽ   |
           |. ── |  ──    |  |    少々時間をいただいてよろしいですか?
           | ── |  ──     |  l
           ヽ (__|____  / /
            \           / /
             l━━(t)━━━━┥




        ____   ,
       /     \  -
     /  ⌒   ⌒\`     もちろん
    /   ( ●)  (●) \
    |      ___´___    |    何でしょうか?
    ヽ、    `ー '´   /





9 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/06(土) 20:19:52 ID:nnx.jezs [9/52]

        _____
      /   /⌒ヽ⌒ヽ\
     /   , ┤  (|)  |- ヽ
    /  /   `ー ●ー′ ヽ     ディスカバリー号の帰還軌道候補のうち
   i  /    二   | 二   l、     最も確率の高い6種のプログラミングを
   |  |     ─   | ─ __)   事実上終了しました
   |  |  /´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ / /
    !   ! i  /⌒ヽ⌒ヽ / /       そのうち5種についてはシミュレーションを行い
    ヽ ヽ/⌒ヽ___/ /      何の問題も出ておりません
    ┝/ \_ノ━━6━━、
    /    / ___ ヽ  \_
    |    | ヽ    ノ |   (__)




     ____
   / ⌒  ⌒\
  / (●)  (●)\        それは素晴らしい
/      ___′_   \.
|       |r┬-|     |     これをやり遂げられる人間は
\      `ー'´    /    太陽系には他にいないでしょうね
_ノ           \





10 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/06(土) 20:20:36 ID:nnx.jezs

     , ────  、
   /    / ⌒ヽ⌒ヽ\
  /    , -| /・|・ヽ |ヽヽ
 /   /  ` ー ●ー′ ヽ      ありがとうございます
 l  /     三    |  三.  |
 |   l         └─-、 l       しかし、あなたもご存じのように
 l   |  /´⌒\ ___ ノ /      あらゆる偶発事件を想定してプログラムすることは
 ヽ ヽ ヽ、_____/ /       不可能です
   〉━━━━━O━━ー◯
  /   / ___ヽ  /      ハルは問題なく機能するだろうし
 /   | ヽ    ノ | |        ――機能するに決まっているし
 ◯/   `ー‐く⌒ヽ─  ヽ       理屈にあった非常事態なら処理することもできる
   l      |  |     l
   ` ー──く __ノ── ´




      _____
    /   - 、-、 \
   /   , -| /・|・\|- 、ヽ
  /   / U ` -●- ′ ヽi.      しかし、ドライバーで直す必要のある細かい故障や
  |  /  二   |  二   |    ワイヤーが切れたとかスイッチが動かないといったことは
  |  |   ─   |__ ─  !    ハルにはどうしようもありません
  ヽ ヽ       __)   /
   \ ヽ     _)   /     これのせいで任務全体が
    l━━6━━━━┥     ご破算になることにもなりかねません
    | /    \   |





11 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/06(土) 20:21:24 ID:nnx.jezs

             ___
            /      \
          /_,ノ   \  \      まったくその通りだと思いますよ
         / (ー)  (ー)   \    私もそれを心配していました
         |      '         |
   ,'⌒ _ \   ⊂ニニ⊃   /     しかし、我々に何ができますか?
   ヽ_ノ   /          \




     ,  ─── 、
   /   /⌒  ⌒ヽ\
  /    , ┤  ・|・  |-、ヽ       単純なことです
 l  /   ー ●ー    ヽ
. |  /  三   |  三  | _    私がディスカバリー号と一緒に残ろうと思うのですが
 | |  /⌒\ __|_/^ヽ l(__)
 ヽヽ ( ______ / / /
  >━━━━,-、━━イ /
 /    /    ヽフ  ヽ  l/
( _)  |  ____ | |
  l  ヽ ヽ _____ ノ ノ l





12 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/06(土) 20:21:53 ID:nnx.jezs

          ___
        ,/      \
     ,,---、   ノ  ヽ、\ ― 、
     l   l ( ○)}liil{(○)\  |
     |   |   _´_    |  |     
わあ、ドラちゃんが変だ
     |   | ヽ |!!il|!|!l| //  /
     ゝ      |ェェェェ|     /
彡    \          /
   彡  /          |
      ./              |

________○__________________
          O
         O

        ___
       /      \
     /   ⌒  ⌒ \      それは面白いアイディアですね…
    /   ( ー)  (ー) ヽ      あなたの熱意のほどは理解できます
    |  u   ___`___     |
    ヽ、    `ー '´   /     しかし、問題点を余さず検討しましたか?
 ⊂⌒ヽ 〉         く /⌒つ
   \ ヽ  /      \ ヽ /





13 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/06(土) 20:22:31 ID:nnx.jezs

        ____
      /     \
     / \   / \       3年あまりの間、
   /   (○)  (○)   \    あなたは一人きりで過ごすことになるんですよ!
   |      __´___     |
   \      |il!|!il|    /      仮に事故にあったり病気にかかったりしたら?
   /       ̄ ̄    \




            _ _ __
       ,.  ´ , - 、, -、 `丶、
      /  , -{  ollo }‐- 、 ヽ
     /  /   `ー/⌒V   ヽ. }
    ,′/  ─‐   `T ´ 二  ∨
    ! l  二二   |   ─   ′   そのリスクは覚悟していますよ
    l |     ,.  -┴-、   /
.    l l      `ー─-'   /
     ヽ >──────く
     / ̄ ̄ ̄ラ⌒く ̄  ハ





14 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/06(土) 20:23:06 ID:nnx.jezs

        ____
       /ノ   ヽ、_\
     /( ○)}liil{(○)\      それから食糧と水は!?
    /     _´_    \
    |   ヽ |!!il|!|!l| /   |    レオーノフ号には余分な量はありません!
    \    |ェェェェ|     /




       , ─── 、
     /   /⌒ ⌒ヽ \
    /  , -|  ・|・  |‐、ヽ        ディスカバリー号のリサイクルシステムを調べてみました
   / /   `ー ●ー    ヽ       それほどの面倒もなく動くようにできます
   l |   三   |  三  |
   | l \     |    / l     それに、われわれインド人は
   ヽヽ   ヽ、 ____|___/ /_     小食でも何とかやっていけますからね
    >━━━,-、━━━ ( _ )
   /  /  ヽフ ヽ   /





15 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/06(土) 20:23:40 ID:nnx.jezs

       ____
      /     \
.    /   ノ '  ヽ\      そうですね…
.  / /)(ー) (ー)u\    決定までにはまだ何週間か余裕があります
  | / .イ    '       |
.   /,'才.ミ).  ⊂つ  /     ワシントンとも協議をしてみましょう
.   | ≧シ'        \
 /\ ヽ          ヽ




  ――--、..,
  :::::::,-‐、,‐、ヽ.
  :::::_|/ 。|。ヽ|-i、
  /. ` ' ● ' ニ 、     すみません
  ニ __l___ノ
  / ̄ _  | i       準備くらいは始めてもよろしいですかね?
  |( ̄`'  )/ / ,..
  `ー---―' / '(__ )
  ====( i)==::::/
  :/     ヽ:::i





16 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/06(土) 20:24:02 ID:nnx.jezs

         ____
       / ノ  \\
      / (●)  (●)\             うう…それくらいなら構わないでしょう
    / u   ___'__    \          今抱えているプランに支障をきたさなければ
    |       `ー'´     |
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)     しかし、これだけは覚えておいてください
    ノ  | / / /   (⌒) / / / /    最終的な結論を出すのは管制センターです
   /    | :::::::::::(⌒)  ゝ  :::::::::::/
   |  l  |     ノ  /  )  /
   ヽ  ヽ_ヽ    /'   /    /
    ヽ __  /   /   /





17 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/06(土) 20:24:38 ID:nnx.jezs

そして管制センターがなんと答えるかは尋ねるまでもない


          ____ _ .. -- 、
       , -―: : : :_: : \: : : : : ヽ
.      /: : : : : : : : : :ヽ: : : ヽ: : : : : '.
   / ヽ、: : : : : : : : : :ヽ: : : :,: : : : : !
  /: ゝ__\八ヘ: :i: : : : ' : : :!: : : : :!
  , : :/: : : : : :!: |  |: !: : : : : V : : : : : |
  |イ: :i: : |: : ハ_{  Vl: :!: : : :ハ: : : : : |
   |: :ハ: :|: /  .  .Vl: : : :|: :l: : : : : l
  ,.⊥'、l: :V       !: : : :V|: : : : Ⅳ     ダメ
  |  ノヽハ   ε   /: : / ! : : : |
  ゝ {_____` ー, ォ_.イ 〔!:∠_ |: : : : !
  ヽ   ! ! //{___}ヽ/ /`7ヽ: : : l
   ` ー| V V::.::.| f' { / / \ !
      丁! ,i!::.::.l |  ゝr'"丁ヽ `ー 、
       ! j j'|::.::.} |   i、  !: : ゝ__ノ
       i/ , ! !::./  |   }  !: : : |
       V | ∨   ゝ イ  |: : : :!

       管制官


人間が3年も宇宙で生きてゆくなどというのは気違い沙汰だろう

それも、ひとりぼっちで





18 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/06(土) 20:25:10 ID:nnx.jezs

しかしチャンドラは、昔からひとりぼっちではあったのだ


                  ____
               , -‐'"´::::::::::::::::::::::`ヽ、
             //二ヽ/⌒ヽ;:::::::::::::::::\
             /::ハP_/P ̄ヽ/ー-:、::::::::::::\
            / ヽ、(::::::)ー‐'    \:::::::::::::::i
            十―-  Y  -‐'" ̄ ̄ ̄ !:::::::::::|
            _|__  .|    ̄ ̄ ̄`   |:::::::::::|
            (´    .|    ̄`ヽ、_ _  |:::::::::::!
             ヽ-ー‐┴―--- 、r―-:、!:::::::::/
             /\       /´   }/:::::::/
             ヽ、`丶、___{    ノニニ!
               `T"´トーr-::,-トー‐'i"::::::::::::|
                }--く `"" .|__::::::::::::::::::::::|
               l´::::::::| ̄`フ´:::: ̄「´:::::::::/
              _|::_:::_::トー;'"::::::::::::::`:::::::::/ヽ、
             (___.」`ゞー-:、_:::::::::::;/  ●
                   `‐ 、_ノ ̄ ̄





19 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/06(土) 20:25:36 ID:nnx.jezs

       ゚  .    。            ゜    +   ゜      。            。    ゚  。
  ゜     。            ゜   。  o      ゚    ゚'         .  '      。
   * .      ゜         。        ゜     +      。         ゜    ゚
  ゚        。         .               。        +      ゜   。     ゚
。         +       。     *  .     ☆        ゜      ゜    。          。
       ゚  .    。            ゜    +   ゜      。            。    ゚  。
  ゜     。            ゜   。  o      ゚    ゚'         .  '      。
   * .      ゜         。        ゜     +      。         ゜    ゚
  ゚        。         .               。        +      ゜   。     ゚
。         +       。 .           ゜      ゜    。  ☆        。
       ゚  .    。            ゜    +   ゜      。            。    ゚  。
  ゜     。            ゜   。  o      ゚    ゚'         .  '      。
   * .      ゜         。        ゜     +      。         ゜    ゚
  ゚        。         .               。        +      ゜   。     ゚
。            *  .     ☆        ゜      ゜    。                  ゜





20 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/06(土) 20:26:01 ID:nnx.jezs

      , ∴, '´     _-_-_ 、` 、,
      ,:. ,';: +   -=ニ-_三_-`ヽ、、丶
     ` 、   ∴ 、`,       - -_ヾヾ丶ヽ,ヾ,、
  ,、-'"/,、-'; ; ,_,. --一ー-- ,.,  'i, 'i, i! i i!i
 〃/',/'!  ,、-'",,. -一ー-,、,ミ、, !  ,l l ,l',l!',l',./
/,〃,l'l, i ,r'  〃/\    \ノ〃,ノ /〃,/,/,ノ
l' ,l'i!i! i|i! ,ゝ, ,ゝゞ-ヽ\、  ^\ /,/=-´
i! i l| li !,  `' \ .\\ヽ、   ^\、
'l, l' '、,ヾ丶、 -_\ .\\ヽ \    |\
 ヾ丶、`、`ゞ三_-三 \. \  \ \    λ\、
   `'ー-三- ̄-- ̄-\  \  \ \      \、
              \.  \   \ \      ^ー)\
               \  \.  ´⌒ヽ,⌒ヽ,_       ^)\、
                \  \.    人  λ\  ____   ^)\λ
                 \.  「\    、  ヽ./ _ノ ヽ、\     |
                  \ \ \    ヽ./ ( ○)}liil{( ○)   て
                   \  \ .\ ./     (__人__) .\   (
                    \  \ ^|       |!!il|!|!l|   |   r'"
                     Z_ . ヽ、_\     |ェェェェ|   /   て
                       Z_   .\______/    (
                         Z_               r'"
                           Z、、            (
                            ⌒ゝ人/^ゝ人/^ゝ人/^





21 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/06(土) 20:26:41 ID:nnx.jezs

衝動に突き動かされるまま、やる夫は木星へ戻ってきた


::ヽ
:::::::\,,
   :::ヽ
    :::゙、
    :::::|                             . 。
     :::|                             や
      :|   O  O  ○      〇          る
     ::::|   イ  エ  ガ       カ          夫
     :::|   .オ  ウ  .ニ       リ
    ::::::|       ロ  .メ       .ス
   ::::::::|      . パ  .デ       .ト
 ::::::::::::/
::::::::::/
:::::イ
木星





22 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/06(土) 20:27:11 ID:nnx.jezs

シノーペ・パシフェア・カルメ・アンケナ…
エララ・リシテア・ヒマリア・レダ

ごつごつした岩からなるこれらの小さな衛星を彼は黙殺した


                                i^ヽ
                                ノ .|
                        _____   / ./
                      / ー  ー\. /. /
                     / ( ●) ( ●) /
                   /     (__人__) \
                   |       ` ⌒´   |
       く\_______\            /
        ヽ_______,_\______/
                   /      /
                   /     /
                  /     /
            rー、   {    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
            | ヽ \ / ヽー―─―/  /
            匕iヽ, /  ./    /. /
               ヽ、_./      / /
                       / ヽ,
                       ヽ、__つ





23 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/06(土) 20:28:01 ID:nnx.jezs

カリスト・ガニメデは数度周回し、
今まで気づきもしなかった感覚によって外層をくまなく探査していった


::::::::::::: ::. :. .: :  -‐- ..:. .:.: ...: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::.....:.... : ,r'´.    `ヽ: .. ......:..:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::.:: .: ..:..:' ..:.      ゙; :... ...:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::.:....: :. ::..       .: :....:.::......::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::.......: ..:..:ヽ ::::... ..... ,.': :.. :. :............:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::.::::. ::.. :..:. :` ー- ‐ ''"... ... ..: :..:.::::.::::::.:::::.::::::.:::::::.::::::.:::::.::::::.:::::::.::::::.:::::.::::::.::::::::::::::::::.
:::::: :::::: :::::: :::::: ... ... .... :::::: :::::: :::::: :::::: :::::: :::::: :::::: :::::: :::::: :::::: :::::: :::::: :::::: ::::::. :::::: :::::
:::: :::: :::: :::: :::: :::: ::..... :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: ::: :::: ::::::


           ____
         /       \
        /   ─     ―     これらの世界は凍り付いた化石だお…
      /     ( ●)  (●)'
      |         (__人__)  |    生命は何一つ存在していないお
      \        ` ⌒´ /
      /       ー‐  '





24 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/06(土) 20:28:28 ID:nnx.jezs

     ____
   /      \
  /   _ノ ヽ、_.\      この知識はいつか重要になる時が来るお
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |     …それだけは確信できているけど
/     ∩ノ ⊃  /     さて何故かとなると見当もつかないお
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /





25 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/06(土) 20:28:55 ID:nnx.jezs

衝動は次に彼をエウロパへと導いた


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: . . . .. . .     . .゚   .      .           .       .
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.::.:.:.:.:.:. . . . . . . .    . 。        .   。   .  .゚     +    . .   .
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. . . . . . . . .        .        .         .   ..      。.
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:. . . . . . .       .     。  .       *    .       . .  .
::::::::::::::::::::::::::::.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:. . . . . . . . . .             .         .    。   .     .      .
::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. . . . .       ,.   -―-  .,        .     ゚. .      .  ゚     . +   .. .
::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. .. . . .   ,.  '"         `  、        .      + .          .    .
::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:. . . .     ,. '゙   .:..              ` .、       .       . .    ゚   .    . .
:::::.:.:.:.:.:.:.:.: . . . .     , '  ..:.:.:.:.:..                 ヽ       ゚        。
::.:.:.:.:.:.:. . . . .    ,.'  .:.:.:.:.:.:.:.:. .:.:.:.:...               ヽ         .  .      .    . ゚  .
:.:.:.:.:.: . . .       ,.' ..;,;,;,; :.:.:.:.:.: ;,;,;,;,:....      .:.;,;,;,;,;,  ....;,;,;,;,'.,       .     .       * .    。
:.:.. . . .        / ..;,;,;:.,;,;  :.;,;,;.:;,;,;..:.:.:.:.:.:.  ...:.:.:;,;,;..;,;,  .:.:;,;,:.,;,;..',     。       ゚  .    . .     .
:.:. . .        ,' :.:.;,;,;.: ..;,;:.:.;,;.:.:.:.;,;,;.....       ..;,;,;..:.;,;,.: :,;,.. .;,;,.:.:',       .     .    。   ゚ .
:. . .       ;   .;,;,;. ..,;,;,;,;.:.:.:.:,;,;,:.:.:.:..       ..,;,;,.:.:.:,;,;,;,;:.: .;,;,;.:.. ;        +      .     。.  .
. .         {   .;,;,;    .:.:.: ,;,;,;:.:.       .:.:.:,;,;,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;,;,;.:.:..}      .       .        .  .
         ',      .:.:.:.;,;,,;,:..          .:.;,;,;,;,.:.. .:.    ;        .   。    +  .     .
         ,    :.:.:....:.:.:.;,;,;,;,:.:          .:,;,;,;,;.:.:      ,'            .      .   ゚
          ,      :.:.:.:.:.:.:  ,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;.:.:.:.    .:.:.:.:.:.:.  ,'      。 ゚  .      。       .
.           '.,           ....:.:.:.:.:    .:.:.. .:.:.:.:.:.:.:.:..  /              .   .
           、        .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.   ,.'        .     *         。  .
            丶      :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ..::.:.:.:.:.:.:.../           .     .          .
             \      ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ,. '        ゚             +  .
               ' ,          ....:.:.:.:.:.:.:.:.. , '゙
                  ゙   、 ,,,,,_____,,,,...  ''"





26 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/06(土) 20:29:27 ID:nnx.jezs

眼下に宇宙船の残骸が見えたのにはいささか驚いた

それが悲劇の宇宙船チエン号であることは
たくさんのビデオニュースを閲覧した経験からすぐにわかった


                |                    \      /
            | ̄ ̄\     / /              \   /
            \/   \   /          /    ##ヽ /
             |### /⌒ ヽ \       /    ######丿
             \/     ( )  \ /    ########_/
             /         ( ) ヽ ############_/
             |⌒ ヽ \        |############ノ
             \      \#### ∠
          丿⌒\/⌒ヽ   ヽ##∠ |二l
          /##   |\_/##  |/##/―┘
          |### 0   \\##ノ ̄ ̄
          \##  __)




          ____
        /     \         いまは行かないお
       /  ─     \
       ' (●)       \     ――いまは、まだ
      (l、__)          |
       ⌒´         /     後になれば機会はたっぷりあるお
       `l          \
        l           \





27 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/06(土) 20:30:20 ID:nnx.jezs

彼は氷を突き抜け、
彼を操る背後の存在にとってさえ未知の領域に入った






───────────────────────────────
                                 /)
                                /       つ
                                / -    /
                               ● ●) ヽ/
                              (人__)  ノつ
                              Lノ ̄ ̄












28 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/06(土) 20:31:17 ID:nnx.jezs

海底にはところどころに木星の潮汐力によって生み出された熱水噴出口があった

この沸き立つ噴流が上から染みこんでくる寒さを押しのけ
海底にぬくもりの島を作っているのだ




                 (  `;)  ノ    、
                  ヽ  `  ζ  ;)
                   ( ⌒ ;)  _ ノ
                  ( (   (. ;)
                   ヽ_)(_ノ
                   [_:::   _]
                    l::    l
                    |::    |


それがエウロパの内部から
生命に必要なあらゆる化学物質を運んでくる





29 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/06(土) 20:32:09 ID:nnx.jezs

その肥沃なオアシスのまわりは生命で溢れていた
それらはナメクジやミミズ、さらにはエビやカニに似ていなくもなかった


  lゝlヽ  (o;).  (o;) γlノl
  ゝ´;ノ,  _||_,,,,,,,_||__ ゝ;ソ
    ゝ ~  (,,゚Д゚)  } ノ
    /\l (ノ/三l  l/ヽ
    /\l___∠三l_ノ/ヽ
    ヽ ̄ ∪∪   ̄~7


                     ,. '´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄``ヽ、
                   /            ______     \
                  /      ,. -‐¬勿" 巡シ ,.ィ'"il! il li /ヽ、   ヽ
                 (    ∠゛○,ィ彡' ,.イジ゛'"  il! li il 彡ヘ   )
                 `ー=ニ三三彡ク¬テテァァr___/フ水= ril}
                            ^ ,/ ,/〃||/||,.イ  ´´丁フ =i!
                             ` ヾ ヾ、ヽ、  乃 、_!
                                     く/ //
                                         ヽ∠/





30 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/06(土) 20:32:40 ID:nnx.jezs

ここは地球の古生代の海と違って、安定した環境ではない

期限の曖昧な執行猶予ののち命の泉は弱まって枯れ
そのは以後にあった力は他の場所に移ってゆく




                  [_:::   _]
                   l::    l
                   |::    |


そしてそのオアシスで生まれた生命は滅亡を迎えるのだ





31 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/06(土) 20:33:16 ID:nnx.jezs

しかし少なくともそのうち1つは後に記念碑を残していた
何らかの知性が作った構造物――要塞が残されていたのである


                   ____
                 /⌒L) ) ) \
                イ/⌒ハ ̄ ̄ ̄ ̄ハ
               イ __ ハハハハハハハハ
              イ ∠_/ ハハハハハハハハハ
              イ  │;:;:│  ハハハハハハハハハ
             イ  │;:;:│   ハハハハハハハハハ
             イ_,,│;:;:│__ハハハハハハハハハ
             -‐-‐-‐-‐-‐-‐-‐-‐-‐-‐-‐-‐-


彼らはオアシスの側に要塞を築き、そして消えていったのだ





32 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/06(土) 20:34:16 ID:nnx.jezs

   ___
  /⌒ ⌒\   この海の世界でいくつの文明が興り、滅びていったことかお…
/ (●)(●) \
| U(__人__U   |             ____         ___      ___      ___
\   `⌒´  /            |:::::|福|      |:::::|若|      |:::::|冬|     |:::::|泉|
 / .      く             |:::::|田|      |:::::|林|      |:::::|柴|     |:::::|  |
 l |      ト、ヽ、             |:::::|家|      |:::::|家|      |:::::|家|     |:::::|家|
 .U| 、__,  |三]ソ            | ̄| ̄凸 ̄|   | ̄| ̄凸 ̄|   | ̄| ̄凸 ̄|  | ̄| ̄凸 ̄|




         ____
       /     \       エウロパの熱のオアシスは全て
      /  _ノ   ヽ、\      お互いにまったく孤絶しているお…
    /   (○)  (O)  \
    |       ||  (__人__)  ..|    エウロパのティムールやナポレオンの軍勢が
    \    ノi   !  |.  /    どれほど華やかに行進しようとも
     /    し'   `⌒´ .ノ      他のオアシスの歴史書には決して載ることがないんだお…
     |       ./ ./





55 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/11/06(土) 20:56:05 ID:2Ugvz0p.

墓石w





33 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/06(土) 20:35:11 ID:nnx.jezs

しかし、各オアシスを隔てる空間にも生命が皆無というわけではなかった
極寒の中に乗り出す頑健な生き物たちもいた


               _
           _,一 ̄   ̄━、_                                   ,
   几   /⌒/(回)        ヽ                                , '/
   ) ー、_(_(______  _一´                             ,  / { ´  ̄ `_, 、
   ノ┌ー-┬―┤ ‘、_ノ{―-`・´\_(                             { レ'ム    /r ´ `>=-、- .._
  ノノ    ヽ /Tヽニ] [ リ      ::                            ,イ/ィ_‐ 、  / ノ  _.ィ’   , -、_二ゝ
  ::      Y `、ミミ彡(      ::                    ______レ'´ `. |  ´  ,r '/   .{  ヽ::::ヽ
  ::       | \ 、ミ彡ノ|       ::               ,  ´             l |    ' /     l   l::::::::'.
 ::.       |   `V´ |       ::             ./             , ‐vム-、   .'        }   ヽ::::::!
  ::       |       |        ::            /             , rく O r'ノ ノ , '     _.ノ     '.::|
  ::.       |       |        ::           .'    _______..,.ィiク'´,>‐.'ノ //_..,_. <, ̄          }:|
   ::       |       |        ::           {_, ィi´レイWレiイ!Y'''゙゙tレ'  /メ/ `フヽ:::::::f  ̄         /:/
  ::       |       .|        ::           W '´       //  //,ィ  , '   ヽ:::'.              /:::/
   ::       |       |        ::                   、メソ _.ノシ/ |  /     ゝ::'.         L:/
   ::      |        |        ::                  ミメ `´ =//ノ /       ``
    ::     |        |       ::                   ミ'  ニメ/ _ .ノ
    ::    |         |       ::                  =ヌ  _、シ /´
     ::   |        .|      ::                  ニメ _ッ /
     ::   |        |       ::                 モ=ニ ィ´
     ::   (_____ノ        ::
     ::                    ::.....
      ::...........


しかしエウロパの水の中には酸素がまったくと言っていいほど存在しない

彼らの代謝機能も熱水噴出口に群がる生物と同様に、
噴出口付近の環境に豊富に含まれる硫化物に基づいていた





34 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/06(土) 20:36:37 ID:nnx.jezs

エウロパは滅びゆく世界でもあった
海底のエネルギー源をつき動かす潮汐力が着実に弱まりつつあるのだ


               (く、,,> ":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
            ~〈/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
             〃:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
           ~そ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        、_ ,, /::::::::::::::::::::::::、,ゝ===く:::::::,::::::::::::::::::::::::::::::::::::
          `V::::::::::::::::::::、_γ      `ヾ,_:::::::::::::::::::::::::::::::
           l::::::::::::::::::::::く(   r,J三;ヾ   )>:::::::::::::::::::::::::::::::
       ~v,ん:::::::::::::::´:::::::=; {三●;= }  ,=ニ:::::::::::::::::::::::::::::::
           l:::::::::::::::::::::::::::::ゝ≡三=イ ´::::゙:::::::::::::::::::::::::::::::
       、m,.. ,ゞ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       ´ " ~ ヘ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


仮にエウロパの生物が真の知性を持つ時が来るにしても
彼らはこの小世界の終局的な凍結と共に滅び去ってしまうだろう





35 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/06(土) 20:37:35 ID:nnx.jezs

彼らは火と氷のあいだに捕らえられているのである


                + +
             +______   +
     + .       ///    ../| +
           /  /      ./  |
          | ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄|   ./|
          |/         |  //|
         +   |           | // |
          |            | // |
          |  /        |//  |
          |/        /|/   .|
          |        //|    | +
          |      /    |    |
          |      /    |  /
          |  //      |/
           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
             +        +


             (-_-)
             (∩∩)


              _
             ,  `ヽ`、
           (´、_   ) ) (、  :、
         ’ )  ) ( (__ノ )( ( ;
         )ヽ, (   `'´    (__ノ ) 、
          (  (__ノ            (  )`、
      ;  )               `ー'   )   ,
     (´、 (                (  (
       ) `ー'                 )  )`ヽ
  、 ‘ (                     `ー'   i
    )ヽ. ヽ     ,;;;::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;,       ,ノ_
  (  `ー'    ,;;;;;;::::::::::::::::::::::::::: :::::::::;;;;;;;     `; )
   ヽ      ;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;     (





36 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/06(土) 20:38:09 ID:nnx.jezs




              , イ    イ‐┼、
      /|「 Tヽ._,.イ//    i、l__l__,.li   l二¨ \
     .イ (◯) l(0ヽ/:/'"三ヽvェヘi]ニフ   l!‐-i、 、 ヽ
     lj_l.-┼‐┼-、レi个llllTヘil∠.,  ̄ lli「`ヽ_l!;;;;;;| l i i l
     \. _l____レ'イ』」j!!!川ノ` o` 、 llli ,.へ =ヾヘ|TTTl
       `ー-r‐フ′  ̄l`7   _,,. -'illiく.  l  Λ ll l /
         レ'     . 「L=',ニ -''"´|li`、` 、」くヽ ヽレ′
                Ll-l:    |lli  `'/  く>メ、
                 |へ、   .|lli  /   ト-ーへ
               ≒=`T二`ーllli‐イ    |エ=-ハ
               ,.-‐己三ミ「r干i|ス    ヽ-イ ハi
              / / レ' ̄7ヽトl┼l/へ、    ヽl_==jl
             .l- ナ┘ ./ /ヽ.ll/ ヽ. \     Lf-|l
              レil   ./ /7  Λ  ヽ へ   り
              .レ' ´ヽ.//   ヽ.ヽ  ':ト、 \





37 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/06(土) 20:38:38 ID:nnx.jezs

                               {\__,rへ、  、  ,,
                               \ __      \} V (       _ _
                               /       |ミk.   ,>' ´ ̄/      `>、
                             / /      从ミ} イ    /: :      、    \
                             >'´        ∨     : : :,': :   {: : :} \: : : :  ',
                             `7           从_  : : :.|: :   |: : リ'゙ ̄ハ,: :i、: :}
                             /: : : :       : :, トミ、 ` ‐-:._,{: : : :人:.〔r弋ヤ'j从〉/
                             {: : : :     : :ノ トミ、: : : : :.{{`ヘj: : :∧,j ヽ‐' ` -,
                             リ : :         彡 /}}\\ : : ゞ、_ヘ: :{     (_人)
                             /,イ: :       イ/| ト、: :ヽ: ヽ、: :〉>-ミ、      {
                            /' l: : : :      /': :| ||/\: : : :,X    ゝ        {
                              .', : : : :     ,': : :.| ||  >rくrヘ_    `   _ ノ
                              \: :    : : : :| |ハ   〕: : :.¨`ーi_ r'  ̄
                                }: : : : : : : : /| | || |  /: : >、 : :  ̄}
                                リハ : : : : :./ ,リ| || |/: : : : : `\\:./
                                 从 i: :| {  |イ| |: : : : : : : : : : >〈


                / ̄ ̄ ̄\
               /        \
             /  _ノ  ヽ、_   \.
             |  o゚⌒   ⌒゚o   |
             \::::  __´___  :::: /
              /  ` ⌒´    \
              |             )
        .     |  | .    . /  /
              |   |       /  / |
              |  |      /  /  |
             (YYYヾ  Y (YYYヽ |
             (___ノ-'-('___)_ノ





38 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/06(土) 20:39:44 ID:nnx.jezs

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


    、___________________________________
    ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.ヽ、_
     |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:`ヽ、    ・・・・・・・
     |::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::.:.:./
     ヽ:::ミ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙```"   ""'ヽ、::::::::::::::/     こんな悪いニュースを持ち込んで本当にすまない
      V、       __,,, .-‐'''"ヾ::::::::::|
       ヽ二ニヽ、   ' 彡ニニア'' i::r-、|     だが、キャロラインに頼まれたことだし
       | ヽエシ, }   、`┴'"~  レ' /) }      私が君たち二人のことを心配しているのは分かってくれると思う
        ゙、 " |     ゙     6ノノ
        l    |  、        r-イ       だが、そんなにびっくりする知らせでもないのかもしれないな
        ヽ  ;;;;;';;;;;;;;;;; ,     ,イ::/       去年から聞いている君の言葉の中にも兆候は見えていた…
         \  ヽニニブ    / レ
           ヽ '    /  |__           それに君が地球を発った時の
            ヽ、______/ /  レ`l      キャロラインの落胆振りは知っているだろう?
         __, イ / |"""""  / /  .〉T ー 、_
     __, -‐"  / / (,|    __/   / |    `ー 、_
    /     / /   >く ̄     /  |       ヽ
   /     / / / ⌒`ヽ     ,イ    |        |
   /     / // }___ / \ / |     |        |
        / /   }  Y   /  /   /         |





39 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/06(土) 20:40:16 ID:nnx.jezs

     「いや、再婚相手はいないと思うよ。いれば話してくれているはずだ
      しかし遅かれ早かれ――そう、若い魅力的な女性だからね」


                /  _ノ⌒ ヽ ノ /'"´  jヽ \ \
               / , '´   ノヽ__r'三ゝ)ノ _  ヽ. \
             / /_rV⌒フ ⌒´      ヽfァ人ス _ゝ \
            / ノ'⌒Y ノ'´            `ヽVヽ::\ ヽ
           / / ゝ-/                 V⌒rz '  |
           / /  |/                     V_ノ l |
          ′ ' , イ   /,′    /               '⌒Y |
          |  | ′ |   // /  /1:::  . ∧   ヾ ヽ   |ゝリ :!
          |  N :::| ::レ'-,‐ ,‐' 、 l::::: |!:_|__V  |:|:::::   │:::|ヽ.!
          |   '、:::| ::|// ‐ .、l:::  |!_:|_ ', `ヽ:::::   │ V│
          |    V!:::::| r z=rぅミ  ヽ::::|ヽ|__ !/ |:::::    |::::ハ |
          |     jト、::|  弋z夕    ヽ! ´丁tzミ小/ ,   ':::/   |
          /  /::|| rヽxxx          弋tン i/:./ .::/::/  │
          .′∠ イ:|ゝ_|       ′   xxx /:::::::/:::_-ノ │
          | l   /:::|::::∧    (__人__)    '┬ーア ::/|    |
          | |  ∧::!lヽ::::ゝ、   lr┬|      /!ーイ| レ' |    │
         ││   V  \l!l:iヽ.  ─´   ,.イ|::| |:::::l::::| | │    :!
         ││    !   L!|  ` ー ' ´ハ:!:|::| |::ノ!:::| | │    :!
         │ |    |   ノo       ト、:ゞレL.ゝ- ‐ ′│   │
          | |  _.. |-‐ ´  ゚o     ,o゚ \     |′   |   │
          | | ´   ノ    _ ゚OoO゚    `ー - 、     |   │
         / /__/     _  `   ´ ̄         ヽ.  │   │
         / 「 __ / '¨" ー「  `ヽ__ . -─ z_______j. │   |
        ,'  「_ /__.. -  |-  ー「iリ_‐   _7三 __     _j, │    |
       ./  |  /    _..ゝ__..= ァr、 `   ノ_    …ー-| |    |
      /   f  i_,.ィ≦¨  ん'  /! |! ¨'ース      ̄ `''v │    |
      ゝ___ T ¨!  |     ゝr zァrv ミゝ'′ `…ー、   V │    |
         L|__ノ  |    rャ'花イテoてア:ぅ    :/ \__リへ|    |
          |____.|   火zo「frtzfvOァ4メ_   :::/   |   L_o_oリ
          |`   | ___,≧ハ(にン人花入アー-v′   l
          i   _{´ _(花(f@ン入花fン花アヽ/` ー‐-l
          i /  V::::ノゞ乏foァj:.f花人⌒ゝ=く=-- 、l





40 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/06(土) 20:40:45 ID:nnx.jezs

「クリスは元気だ。事情は何も分かっていない
 少なくとも傷つくことはないだろう

 理解するにはまだ幼すぎるし、
 子供というのは信じられないくらい弾力性があるからな」


                ___
              /ヽ     へ
             /  ●   ● \
             | ⊂⊃  `  ⊂|
             ヽ     ̄   ィ’





41 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/06(土) 20:41:14 ID:nnx.jezs

    i`ヽ 、__ -――――――-、
     i                 \
     i                   \
      i                    ` >
      i / ̄ ̄\/ ̄ ̄ ̄ \      /    さて、君にとっては
      i/            _\    /      あまり重要でなさそうな問題に入ろう
       i、__     ,. -‐''"_   〉   /
       i _三ニ、   '´ ,.=テ=rァ'  } ,-、/     誰も彼もがあの核爆発を
       i`ヽ_[__> i    `'┴‐''"   }//ヽi     事故だと説明するのに躍起になっている
        i  -''" |    `'ー    / Y/ノ
        i    |           (ノ/i      ――もちろん信じている人間はいないがね
         i   / ,. 、        /´/
         ヽ   ,;;;;;;;;;;;;;;;;,、     / /       他には何も起こらないので
          ヽ  -r―‐ァ     / V        社会的なパニックは収まってきた
           ヽ  `二´    /  i
            ヽ      / /  iヽ
             〉、___,/  /  / ヽ





42 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/06(土) 20:41:53 ID:nnx.jezs

「 もう一つ。君は知っているかな?
 例のものが地球に来て2、3日後にボーマン船長の母親が死んだ

 医学的には何ということもないのに、安らかに息をひきとったそうだ」


             _ , ― 、
          ,-'  `      ̄ヽ_
         ,'              ヽ
        (                )    __
       (   ノ'ー'ー'ー'ー'ー'ー'ヽ    )===| |
       (   ノ (ー)  (ー) (    )    | |
        `ー'    (__人__)    (    )   | |
       _rー ヽ  ` ⌒´    /`ー'ヽ___| |
     __ノ ̄ ̄ ̄ ̄` ヽ__`-ー´⌒ヽ_ノ   ./| |
  / ̄     ヽ_ _  ーー ヽ__ ヽ、.../  | |
 ノ                    `ヽ/|  /| |
/                      ) |/  |_|
                    / |  |
                   /   |/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





43 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/06(土) 20:43:22 ID:nnx.jezs

           _____
         /       \
        /_ノ   \   ヽ
        i(ー)  (ー )    |    確かにジミトリの言葉は正しい…
        ゝ  __`____      j
         ` _`ー'´    /      びっくりする知らせではありません
         /    _    `i
        /  ̄`Y´   ヾ;/  |
       ,|    |    |´  ハ
       |    |    |-‐'i′l
       |__ |   _|   7'′
       (   (  ̄ノ `ー-'′




      ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \     だからといって何が変わるわけでもありません
  / o゚((●)) ((●))゚o \
  |     __´___      |    心の痛みはあまりに大きすぎます…
  \     ` ⌒´     /





44 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/06(土) 20:43:49 ID:nnx.jezs

       / ̄ ̄ ̄ \
      /   :::::\:::/\       でも、キャロラインが望んだように木星行きを蹴っていれば
    /    。く一>:::::くー>。    悔いと罪悪感は一生ついて回ったでしょう
    |    .:::。゚ __ ´ _~ ゚j
    \、   ゜   ̄ ,;/゜    そのために結婚生活が破れたかもしれません
    /  ⌒ヽ゚  '"'"´(;゚ 。
   / ,_ \ \/\ \       …それくらいならこういうさっぱりした別れ方のほうが
   と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.    よかったのかもしれない




      ____
     /      \       それよりも今の私には職務があります!
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \    たったひとつのゴールを目指すチームとの一体感
  |     __´___      |
  \     ` ⌒´     /    ――そのほうが重要なんです





45 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/06(土) 20:44:16 ID:nnx.jezs

「 ジェシー・ボーマンが死んだ、これも罪悪感の遠因の1つでしょう

 私は母親からたった一人残った息子を奪う計画に力を貸し
 母親の精神的老化を早めてしまったんですから」


             γ::::::::::::::::母::::::::::::ヽ、
             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
           γ:::::::::人::::人::人::::人::::::::ヽ
           (:::::::::/ ─    ─ \:::::::)
           \:/  (●)  (●)  \ノ
            |     (__人__)     |
            \    ` ⌒´     /
            /            /
            \       (__ノ





46 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/06(土) 20:45:01 ID:nnx.jezs

        / ̄ ̄ ̄\
      /        \
     /  --‐  ‐--    ヽ  そういえば少し前に
     |  (◯)  (◯)   |  ウォルターからこんな話題が…
     \    '     __,/
     /         \

          O
           O
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

            __
         ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
      ,!;;;! '~  "~ `i||i"  '' `ヘ;;;!
      |;;;|     ヽ`   u ミ;;;|
     _ゞ;!,-;;;;;;;"フノ  ヾ`;;;ヽ 、ミ;リ    
どうしてディスカバリー号のクルーに
     !ヘl;|.,,_==-、く` ,>゙-== 、「ヽ
     !(,ヘ!   ̄'"  |ミ.' ̄" , ドリ    
やる夫・ボーマンを選んだんだ?
     ヾ、!      !ミ    ,レソ
       `|      ^'='^     ム'′
.       ト、   、,.-‐ 、,,  /|
       i| \  ' ニ   イ.:|
      ,イi| ゙、\  (   /リ.:;ト、
     ノ :.:i|  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::::!:::\





47 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/06(土) 20:46:12 ID:nnx.jezs

       ___
      /     \
    /  ノ '  ー‐ \     
家族的な結びつきがほとんどなくて、
   /  (●)  (●)  ヽ    
母親はいますが滅多に会いに行かないそうでしたからね
   |         '       |
   ヽ、    ‐‐-‐    /     
先の知れない長旅に送り出すには
   /             \      
おあつらえ向きだったんですよ




       . ─―─‐ 、
     , "          \
    /           \      
兄が死んでいるそうです
.    /        _/::::::\_ヽ     
それから父親も初期のシャトル事故で亡くしています
   |            :::::::::::::: :..
   |  u    ( ー):::::::::( ー)    
本来はこんな話はしてはいけないんですが、
.    \             ´   /    
今となっては問題ないでしょう
     ,\        ` ー‐‐/
   /  ` ー─         \





48 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/06(土) 20:46:42 ID:nnx.jezs

        ==========================
        そしていま、できる夫の中にあるのは、羨望に近い思いだった
        ==========================


{    !    、,ゝ===く::::            _       、,ゝ===く::::        !    }
ィ彡三ミヽ `ヽγ      `ヾ,              、  γ       `ヾ,    /` ィ彡三ミヽ
彡'⌒ヾミヽーく(   r,J三;ヾ   )>                 く(  r,J三;ヾ    )>   ー彡'⌒ヾミヽ
     ヾ、  ;   {三●;= } ,=               ′  ヽ;{三●;= }   ,=ソ  /
  _   `ー―'ゝ≡三=ノ                    ゝ≡三=ノ `ー―'
彡三ミミヽ                                            彡三ミミヽ
彡'   ヾ、    _ノ                              \_   ヾ´    ´ミ
      `ー '                 ____                 `ー ´
 ,ィ彡三ニミヽ  __ノ            /::::::::::::::::::\                  ,ィ彡三ニミヽ
彡'                     /::::-::::::::::::-:::\                       ミ'
      _  __ ノ       /  (   ):::::(   )  \              _
   ,ィ彡'        .      |    :::::::__´___:::::::   |               ,ィミ'
ミ三彡'        /⌒      \    ::::::::::::::::::::   /                  ミ三ミ'
       ィニニ=- '         ./ ::::::::::::::::::::::::::::::: \              ィニニ=- '
    ,ィ彡'                  |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|                 `ミィ,





49 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/06(土) 20:47:05 ID:nnx.jezs

   ===============================
   やる夫・ボーマンは地球との感情的絆から解き放たれた自由な人間として
   この地へやって来たのだ
   ===============================


                      ___
                     /       \
                   / ―   ― .\
                  /   (●)  (●)  \
                  |     (__人__)     |
                  \    `⌒ ´     /
                 /´ ̄          ィヽ
                〈    ̄  ‐- 、       i
                 `ー,‐ -、_   ヽ       | l
                  /   ヽ.て  〉     .| l
                  l    | 、彡イ   ヽ_⊥-‐ 、
                  l    _,l       ̄/     l
                 γ    ト、_  / ̄ `l_-‐ ´
                 (___〉    ̄ヽ --‐'





50 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/06(土) 20:47:33 ID:nnx.jezs

             _____
           /         \
.           /                \
.          /                  \
.         /                    \
     /      ´ ̄` 、   , 、__      ヽ
     |                            |    いや、羨望なんて言うのは
     |     ´ (:::::::) `    ′(:::::::) `    |
     |       ´" "       ´" "      |    自分への言い訳に過ぎません…
.       \            ´            /
.         \        - ─‐-        /
       /ヽ              イ\
      /                     \





51 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/06(土) 20:48:05 ID:nnx.jezs

         ┌─────────────────┐
         │   胸を締め上げる苦悩の中で――   │
         └─────────────────┘


             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
            /                     \
          /                        \
         /      ―――            ――― \
       /          _                _   \
      /          /´ ,..::::::::::.ヽ ヽ         /´ ,..:::::::::::.ヽ ヽ \
    /        ,'  ,;::::::::::::::::::', ',       ,'  ,;:::::::::::::::::::', ', \
   /          {  {:::::::::::::::::::::} }        {  {::::::::::::::::::::::} }  \
 /           '、 ヽ::::::::::::::/ /        '、 ヽ::::::::::::::/ /      \
 |            (;;;;;;;;;;)) ̄       ,             ̄         |
 |            /'             く                   |
 |          {{                                     |
 |           ヽ        ___  __  ___                 |
 \          人        ヽ   ´    `  '             /
   \           ( し.)                                 /
    \       `¨                           /


     ┌───────────────────────┐
     │    できる夫がやる夫・ボーマンに感じているのは    │
     │    羨望ではなく哀れみだった                    │
     └───────────────────────┘




                                              第10話 END





53 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/11/06(土) 20:51:40 ID:1J3q2miM







54 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/11/06(土) 20:53:23 ID:ozFMWgP6







56 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/11/06(土) 20:56:07 ID:EWZ7x1gE

乙でした!





57 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/11/06(土) 20:56:42 ID:IMr7m4.A

このなんとも乾いた描写が、いかにもクラーク御大だなぁ





63 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/11/09(火) 17:07:01 ID:XDarA7DU

じわじわ来ますね





979 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/11/09(火) 23:45:23 ID:RndV5cBg

櫛のシーンは映画ではゾクゾクさせられた





58 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/11/06(土) 21:13:20 ID:cgmFEHmg

宇宙や科学や謎や不思議とは少し離れたドラマもいいですね
ディスカバリー号の今後も気になりますが
今回のできる夫の苦悩は興味深いです





59 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/11/07(日) 00:19:06 ID:LLSmnfK6

クラークは語り口が淡々としているので
SOW優先でドラマが希薄だという話もあるけど
こういうのを見る限りそうでもないよね





62 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/11/08(月) 23:47:49 ID:hW8.lAOM

ドライであり、同時にセンチメンタルな筆致だよな










投稿日 : 2010/12/29 | カテゴリ : 宇宙の旅 | コメント数 : 3
■コメント一覧
  • No.8389 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年12月29日 08:47 [ edit ]

    ジミトリおじさま、慰めてるようで結構厳しい事を言ってるな



  • No.8390 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2010年12月29日 13:14 [ edit ]

    折角2010年なんだし、NASAもヒ素細菌じゃなくて「エウロパに生命が!」とか言ってほしかった

    まあそんなの四月馬鹿以外でやったらえらいことだがw



  • No.9155 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年01月29日 21:31 [ edit ]

    ※8390
    いや検証の難しい嘘つくと、後のフォローに困るだろうw
    嘘でした言っても、撤回の方を信じない連中が絶対に出るぞ。それも無視できない程度の数。



■コメント投稿
     行間隔の関係でアスキーアートを貼りつけてもズレが酷いことになりますので、
     アスキーアート付きのコメントは削除する方針です。
     荒らしの書き込みに対してレス・言及しているコメントも削除対象ですのでご注意ください。
プロフィール

管理人 : 「ピチカー党員No.11」こと金ニダリスト

       ___
      |それ金|
    z'| ── 、
    / ハ ヘ u ヽ
  人/ノヽ ミ=‐...|_     生活の中心が株になっとる
    }≦ u 爻r.j. |彡}
  (  u  リ У{三≧
   ` ー─t r三勿 {气}
      厂 ̄(三)  `气


◆カウンター(ユニーク)    ◆カウンター(トータル)
       


全記事一覧

RSS

管理モード
ツイート
最新コメント
最新記事
まとめ記事
【歴史系】
【物語系】
【ゲーム系】
【学ぶ系】
連絡先はこちら

苦情・相談などありましたら、
下記のメールフォームにてご連絡ください。
(ファイル添付可能)

連絡用メールフォーム

貰い物紹介

TOP画像募集中

  

ダンジョンマスター作者様からいただいた逸品。
カナ、マジプリティ!



  

  

帽子屋HeII0様からの贈り物、しかも二枚!
各作品に対する愛情が伝わってきます。
帽子屋HeII0様のブログ - 「-simulacra-」

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
© それにつけても金のほしさよ All rights reserved.
まとめ