■【2010年】できる夫達が宇宙の旅に出るようです 第5部 星々の子 第11話 うたかたの世界
70 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/13(土) 21:30:22 ID:UWVm4Mws




                 【2010年】できる夫達が宇宙の旅に出るようです


                         2010 : Odyssey Two


                          。  ☆    .       。  ・
                                  .    .  /)      .
                ☆                      ,〇 ノ    ・  .
               。    .                  (_/         ゚
                           , - -   ゚   ・      ・  〇
              ゚            /  (● ●         ゚      . .
               。          ゝ  (__人)^) o    。
             .                ⊂     //   .      .     ゚
                  。  ・    (    〈               .
                           `~ ヽ_)       "   ""
               o  ゚       。  ☆              r─── - .
              ・      ・       ・   。       イ´ く`´    |
                   。    。             /、ノ    `l     .
                ゚    ・                / n     `ヽ ζ





71 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/13(土) 21:30:41 ID:UWVm4Mws








                    第5部     星    々    の    子
                              A CHILD OF THE STARS


                    第11話     う た か た の 世 界
                              F O A M S C A P E








72 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/13(土) 21:31:02 ID:UWVm4Mws

イオは早々に切り上げた――

エネルギーも食糧もたっぷりあるが、まだ両者が結びつくほど時は熟していない




      ._,v-!'ヾ゙「厂¨^^'''ーv、
    .,ノl「」`:.‐ .!.'`.、::′ .,) ´゙'=、
   ..,r「 、.´ _.  ' .゙..- ' _ノ‐¬=くノ'\
  /゙.:、.二 ニ│:.::' ' .! ∨     .\ .:゙)、               ,っ - -、
  / . .゙..:  :`/ .`:'.:.゙ .|  .ヾ   }>'! ^i.              i {● ●) ヽ
 ノ:  .´- `.`'.゙ `  _'「 .\   .,ノ゙ .′ )             ヽ.(人__) ノ
 | :... :....:... .イ.‐'   !゙.\ ̄¨个⌒.-.、' .¬]               ヽ     \_
 |7vii_.゙「.゙,.: ..゙:′'^: `_.,>.厂‐r‐ .′..、z/|.               〉      |-'
 (.´'¨¨'''トー-nニ、,、.....ニ!.,,ニvv--ー''゙i「 .^丿               ιー   J
  (,_..: :.゙:'..:'' '! ..'  ゙ 、 ..:..二..┐, :、'.: 丿
  ゙))_ヽ' .:.ヽ' ┐:、 ‐ ,丿 '^.`. │_´^.,)'′
   .\ `.ヽ^ .' 、 .´′., ._ .'.┐ ..,>'′
     .゙'‐r,」゙.´'フ \:. .丿:、:. :_iv┘
       ¨'''ー-v厶vニ-ー^″





73 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/13(土) 21:32:32 ID:UWVm4Mws

イオで生命への第一歩が踏み出されても
ある程度の有機組織が生み出される前に
すべては灼熱の坩堝へと押し戻されてしまうのだ


                  〟 .i''..;;;..'"   ......;_..r‐''"゛               |;;.     ..;;;;;;;;;l゙  .|  / ./
                ,..彡' ./.;;   .....;,ン'"゛                     /;;;;        ;;;; ! : /.!  !./
               / ;;;/'^!'"  .....,,./ ゛                     ;|;;;;;;     : ;;/...,i「;;│i|'" ,i
              ,/゙;......   ....,ン"                           ;.!;;;     .;;;,!./ ;;;;./   .,イ
            ,,m"     , /                           / .      ;;;;'";;;.;〃  ./ .l
           ,r'".  ..,、;,/´                              ,lへ          ;;;;;;,i"..../  〃
          /  ,.,/.ゞ                              /;;;;        ;;;;;;;|,iチ / _/゛ .,
         ,ilレ';,r'"                                 ,y;;/;;;;        ......;;;",! .i./   ,iジ
      、 ,ノ./                               : ,i'スr";..         ,..;;;/"..″ .'"
     ,-] /ン′                              ,!;'";;.          ...;;;./      r/″
    ,iシ"..テ゛                              、,、/;;;;            ;;;l〉  ,-''"./
   ./゛                                      ;ノl/゙;!゙               ;;;i!i「 ./,,./ ゛.
  ._、                                      ;/゙;;;゙;;;;;;               ;;;;;;/" .l'"  ./.
..,iシ"                                 |゙;;;;;;;                 ;;;;;;;;;,./     ...,iリ
                                   ;;|;;;;;;           ....;;;;;,i./;,./   ,./ /
                                   /;               ;;;;;/..-'゙./ : ,r'";;;;;/
                                  / ;;;            ;;;,/".;.,ilト.;:../;;;;;;./     ,ン|
                                 / ;;;               ;;;;ゞ;..;:.;;;セ../ ;;;;;./     ,./ /゛
                               ./ ;;;;;             ;.  ....;;;ilゞ...;;;;;./   .,_--゙ /
                         _〃 ;.,iヅ“;;;;;                     ;;,/,i  ./.;  : ./
                        / / /";´;;;;;                          ;;;;キ  l .,ノY′ ._.,
                        ,ゞ..,./ ;;;;;                          ;;;;;;;;;;;;;/  .〃ゞ   .,ノ./
                        / ;;;;;;                       ;;..;;;;;;;;;;;;./ : , .゛     .iレ゙
                      ;,i'";;;;;;;;                            ;;.;;;;,./ .,./
                  ;:;,rl;;;.,i'く;;;;;                        ;;;;;;;;t彡'".!           _,,/|





74 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/13(土) 21:32:53 ID:UWVm4Mws

木星のおぼろな環のふちを回る内衛星群には寄りもしなかった


                                   i^ヽ
                                   ノ .|
                           _____   / ./
                         / ー  ー\. /. /
                        / ( ●) ( ●) /
                      /     (__人__) \
                      |       ` ⌒´   |
          く\_______\            /
           ヽ_______,_\______/
                      /      /
                      /     /
                     /     /
               rー、   {    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
               | ヽ \ / ヽー―─―/  /
               匕iヽ, /  ./    /. /
                  ヽ、_./      / /
                          / ヽ,
                          ヽ、__つ





75 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/13(土) 21:33:14 ID:UWVm4Mws

彼の目の前には太陽系最大の惑星がひかえており
そこには人類が未だ、そして将来も永遠に知ることのない世界が待ち受けていた


                     (く、,,> ":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                  ~〈/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                   〃:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                 ~そ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
              、_ ,, /::::::::::::::::::::::::、,ゝ===く:::::::,::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                `V::::::::::::::::::::、_γ      `ヾ,_:::::::::::::::::::::::::::::::
                 l::::::::::::::::::::::く(   r,J三;ヾ   )>:::::::::::::::::::::::::::::::
             ~v,ん:::::::::::::::´:::::::=; {三●;= }  ,=ニ:::::::::::::::::::::::::::::::
                 l:::::::::::::::::::::::::::::ゝ≡三=イ ´::::゙:::::::::::::::::::::::::::::::
             、m,.. ,ゞ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
             ´ " ~ ヘ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  , -- 、
                                        ∩ /     ヽ∩
                                        └-ゝ     ノ/
                                          i   〈′}
                                          /  ノヽ .\
                                          `ヽ_)  \_)





76 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/13(土) 21:33:40 ID:UWVm4Mws

大赤斑の中心に飛び込み、大陸ほどの大きさの嵐が呼ぶ稲妻をぬって落下してゆく


、:‐'             _.,,,;..__,".゛ ............;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...`゙゙ '''''
  ._,,,.. i..-            ".┐...../ ;;;;;;;;;.... -ー.-==..i..;.‐‐-....l¬''''' .-―.
‘,゙v='´     ...、J-彡-ー'.....;;;;;;;;;;;;  ;:、;; :!;;;;/;..,ノ';.   ;;;;、;;.............'''-
'"゛ . _..-...゙´. ‐'~;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;        !"  .゛  . /    ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`...-、
.,./ ´;;;;;;:;:ー...;;;;;;;;                             ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;’
;;;;,,. シ";;;;;;;;;;;;;.,..- 、              、   、    ... "'\.   : ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:
ヾ,i".;;;;;;;;;;;;; ;;>''''''ーニニ`-“'  / ,. , i .` ヽ  ゝ ...l    . ゝ ゙、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:
..---―;;;;./ ,.;;;;;;;;;;;;;;;;;.....;:   ./ .,《 .l .,! .j  : '、  .l .′  ;;;;;;;'、 ゙ゝ-'゙'-、iィ==ニ∴
,,,_._./ ´- 、.,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.  .." .,i/ .i゙ .′";;;;.ゝ .l;;;;;;ヽ l ;:.;;;;;;;;;;;.\,,, / .;;;;;;;;;;;;;;;
   .''-、.;;;゙'-ミヽ........ -‐'フ’  l/ !;:;|  |:;;;;;; :、 l.;;;;;.ヽ ヽ .;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,ン'゙
     `''ー、.,,゙゙''―-'''";;;./ . ,i}゙ .|;:;!  |;;;;;;;;; .l ヽ;;;;..\ `ー. 、;;;;;;_,、.. -ー'"
          ´゙'''-- ./  / ...l .|;;|  l;;;;;;;;;;;. ゙,  l:;:,_iii、\,  ゝ 、
.. ''=ッr ...      ./ /,,_,ニト レ゙  l;;;;;;;;;;;;;; .l ..l.;:;. ..._.`''、. `''-、''''';;";'";″
 ...;;;´゙'″;;;;;~''ー.. ./ /.____,゙;;'l゙ "  /.i_---ー.゙  l`゙.='゙´.‐ー_\   .l:;:;;._,;.‐
.´  .- ..,,..,;:;;.,.. --゙  ./ ;;;;;;;;;;;;;;.!   ./ ニ......../)|  . ! '?¬;';"´.;;;;; !  .l゙‐''
.`~_`゙゙゙゙゙゙゙ /     ,i";.,,,,,,,,,, /   ..;;;;;;;;;;;/       つ___,,,.. ―' !   .l
_.   ´゛/      l..~"..丶.../    .ヽ....;;;/ -    /.|  _,,,,,......! .、 .\丶
;;;;;;´;"゙ /    .,i  /.i=rx 、,,,/     ゙'/● ●) ヽ/ .l .´゙;;;;;;;;;;;;;;;;. !  ゙li、 .\.
;;;;;;;;;;. /  ...l / |  l.;;;;;;;;;;;/        (人__)  ノつl ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..l  . l\
;;;;;;;;./  .,/. l.;; | .l゙;;;;;;;;;;;;;|,   .|    Lノ ̄ ̄.l,   .l ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; !  .l ;..ヽ
 / . ,,/;; l゙./;;:.l゙ !;:;;;;;;;;;;;; !   ./   .i,   ヽ ;;;;; ヽ   ゙'v ;;;;;;;;;;;;;;;;.l   .! ;;;;;゙′
´  / ;;,i'゙,i";;: l /;:;;;;;;;;;;;./  ノ/.,、  「L  .゙'i;;;;;;;;;;. ヽ   .l .;;;;;;;;;;;; ! .|l  ! ;;;;;
../.;;;;./ .l゙.;;;;;./ ,i";;;;;;;;; /  i". !/..}  .!;;;\, ,!;;;;;;;;;;;;; .,!   l ;;;;;;;;; ! ,/;.!  l ;;;
";;;;;;. !  !;;;;./ ./ ;;;;;;;;;.,r'″ :!;;;,「| l  l゙;;;;;;; ! l ;;;;;;;;;;;; l    .l ;:;;;;;l゙ ./.;;;: !  |,;:;
;; ,./  ││,/.;;;;;;;;; !    lノ゛ !,;.! !;;;;;;;; l | ;;;;;;;;;;;; !    .ヽ ;;;.l .!;;;;; !  l
../   ./;; l .! ;;;;;;;;;; /  ./ヽ  |彳 !;;;;;;;; !.l ;;;;;;;;;;;;;;: !      ゙'、;:.l !;:;│   .!
  ,/;;;;;;丿 ,!;;;;;;;;;; /  ./ ;;;;;; !  |;.! .|;:;;;;;; ! ! ;;;;;;;;;;;;;; .ヽ   〔'、 .l l ゙l;;;;.l,   ′
-",,,,,,,/、./.;;;;;;;; ,/  ./ ;;;;;;;│ ,!│| ;;;;;;; .| | .;;;;;;;;;;;;;;; l    ! ヽ.T  !;;;;;..l
../  / ゛,!./.;;;;;;; ./   .l ;:;;;;;; |  .!;;:.! `j;;;;;;. l,.! .;;;;;;;;;;;;;;;;; .l   }:;..l,  .l.;;;;;;;...l
" ./ ;;;;; ! l ;;;;;; ./  、  ! ;;;;;;;}  !;; l | ;;;;;;..l¨゙| ;;;;;;;;;;;;;; .}   .,!;;;;.′ !;:;;;;;;;; .!
./ .;;;;;;.// ;;;;;; /   ,!.!  l;:;;;;;|  .!;;;; l │;;;;;;; ! l .;;;;;;;;; !   l゙ ;; !  l,;;;;;;;;;; l
゛;;;;;; / /.;;;;; /   .!.;.|   l;;;;;!  ! ;;;; l .! ;;;;;;;..l .\ ;;;;; l゙   │.;; ! il, . l .;;;;;;; l





77 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/13(土) 21:34:08 ID:UWVm4Mws

雲層を次々と抜けるうち、
人間の目でさえ1000キロくらいの眺望のききそうな澄みきった領域に出た


;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..    ::::::::::::::::::::::::::::::::::);;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ⌒ヽ;;;;; ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノ:....     :.:.:::.:::.:::.::.::(;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; (:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;,:.:-‐:::':::::::::::::....       :::.:::.::.::ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;r‐、;;;;;;;;;;;;;;):.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. (   ::::::::::::::::::::::::::....      :::::::::`'''‐‐--''''つ;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ:. ̄´:.:.:.(;;;;;;;;;;;;ノ:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.)   ,っ - -、.:.:.:....       ::::.:::.:::.::(´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
/⌒''''´: :.:.:.:.   :.:.:.`'''''´ :.:.:.:.r'⌒ー-:.':..   i {● ●) ヽ::::::::::::....          :::::::ヽ、;;;;;;:::::-‐
.  : : : :.:.:.:.   :.:.:.      :ノ.:.:.:.:.:. :.:.:.:.:.:.:..  ヽ.(人__) ノ::::::::::::::::::....        :::.:::.::.:::.:::.:::.
 . .  : : :,:,:.   :,:,:.       :..:.:.:.:.:.:.. :.:.:::::::::..  ヽ     \_:::::::::::::::::::::....           ::.::.::.:(
 : . : : : : :.:.   :.:.:. .               〉      |-':::::::::::::::::::::::::::....            :.
: . . : : : : : :.   :.:.:.       ::::::::::::::.. :::::::::::::..ιー   J:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::....
.  : . : : : : : :.   :.:.:.         :.:.:.:.:.:..:.. :.:.:.:.:.:.::..        :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::....
    . : : : : : :.   :.:.:.         : : : : :::.. :::: : : : :..        :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::....
 .   . . : : :.   :.:.:.                           : : : : : : : : : : : : : : .
  :  . : : :                                    : . : : : : : : : : .
                                             .  :  . . .


そこには人が早くから推測しながら確認できないでいる秘密が潜んでいた





78 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/13(土) 21:34:31 ID:UWVm4Mws

ただよう気泡の山々のふもとを巡るようにして
数知れぬ輪郭のはっきりした雲の群れが飛んでいた

最小のものでも、おそらくかなりの大きさの都市を飲み込んでしまうほどだろう


             ;"ヽ、
            │  ヾ,.
            ミ;    \            __._,.,_..,、
            ;i     ;,ヾ゙'"'''゙'゙''"'゙~'"゙´"ゾ"  "   ジ
             ミ;:.   "                 ,/"
           彡゙                     ;;"
              ミ゙                        彡
          ,ミ                        ";ミ,
          ;ミ゙                          ,ミ:;'"゛`'';ミ,
         彡"                        ミ    ミミ゙
          ミ゙                         :,ミ    ,;:ミ
        彡゛                        ゙ミ  ,;;ミ''
       ミ                     ヾ     :彡ミ
          ミ,.                ;;    ミ      ;:ミミ゙
        ミ゙゛               '';,_,,.,_,,丿      ':;ミ,
         ミ;                           '':;ミ,          ";;,ミミ゙"'''゙'ミミ,;;
   ゙,.,ミ.゙"'''゙'゙''ゞ        .,ミ.゙"'''゙'゙''ゞ        ";;,ミミミミ,;;         ,彡゙      "ミ
   ミ゙,.    ミ        ミ     ミ       ,彡゙   "ミ        ミ゙,.        ミ
   ミ゙,.     ミ      ミ      ミ      ,彡゙    ;;ミ       ,彡゙       ,,,;;ミ  ))))))))))))))))
    ミ゙,.    ミミ     ミ     ミ      ,彡゙    ,,,;;ミ        ,彡゙      ,,,;;ミ
       ミゝゞミ ミ,_,,.,_,,,_,,.,,_,,.ミゝゞミ,ミ_,,.,_,_,,.,_,,,;;'ミミ_,,.,_,,,,,,;;'ミ           ミミ_,,.,_,,,,,,;;'ミ





79 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/13(土) 21:35:00 ID:UWVm4Mws

それらが生き物であるのは、浮かぶ山々の斜面を意味ありげに移動していることからもわかる

さしずめ山腹の草をはむ超巨大の羊という所か


              ;"ヽ、
              /   ヾ,.
             ミ;    \             __._,.,_..,、
             ;'       ;,ヾ゙'"'''゙'゙''"'゙"'"゙´"ゾ"   "   ジ
             ミ     "                 ,/"
            ミ゙                      ;;"
            ミ;        ._               "彡
            ミ        ´         ヽ    彡,
            ミミ           `、_ /           ,彡
           ミミ            `、/          ミ
           ミ                          彡
           ミミ                       ,;;'
           ミミ      ヾ                ミ
           ミ       ミ     シ     ,,;''     ミ
           ミミ  '',,.,   丿    (,   ,,彡      彡
           ゙;     "''''"      "''''"         彡
            ゙,;                        ,;ゞ'' ;,
            ゙;;'                       ;;ミ  ";;
            ミ゙                       ;ミ  彡
             ミ ,,                     ;彡  シ
             ミミ                     彡  ジ
              ミ                    ,,ミ  ,,ミ
              "''ミ;       ツゞミ;        ミ"''"
                "ミ;,.,   ,.,彡'"゙.゙'"''"ミ;;,.,,  ,.彡"
                  ""''''"         "'''''"





80 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/13(土) 21:35:48 ID:UWVm4Mws

彼らはメートル波で互いに呼び合っている

まさに生きている気球といった所だろう


             ;"ヽ、
            │  ヾ,.
            ミ;    \            __._,.,_..,、
            ;i     ;,ヾ゙'"'''゙'゙''"'゙~'"゙´"ゾ"  "   ジ
             ミ;:.   "                 ,/"
           彡゙                     ;;"
              ミ゙          ′       ヽ    彡  モサ
          ,ミ                ト-イ      ミ;
          ;ミ゙      ,:;ミ'"゛`'';ミ,       ヽノ      ,ミ:;'"゛`'';ミ,
         彡"     ミ     ミミ゙            ミ    ミミ゙
          ミ゙      :,ミ      ,;:           :,ミ    ,;:ミ
        彡゛       ゙ミ                 ゙ミ ,;;ミ''
       ミ          ミ                :彡ミ
          ミ,.                          ;:ミミ゙
        ミ゙゛                          ':;ミ,
         彡                          '':;ミ,       ,,,∧゙'''゙'∧,,,
   ゙,.,ミ.゙"'''゙'゙''ゞ        .,ミ.゙"'''゙'゙''ゞ        ";;,ミミミミ,;;     ,彡゙ ´∀ `  "ミ
   ミ゙,.    彡        ミ     ミ       ミ,゙   "ミ    ミど    と ,.ミ
   ミ゙,.     彡      ミ      ミ      ミ,゙    ;;ミ   ,彡゙      ,,,;;ミ  ))))))
    ミ゙,.    ミ彡     ミ     ミ      ミ,゙    ,,,;;ミ    ,彡゙      ,,,;;ミ
       ミゝゞミ ミ,_,,.,_,,,_,,.,,_,,.ミゝゞミ,ミ_,,.,_,_,,.,_,,,;;'ミミ_,,.,_,,,,,,;;'ミ       ミu,._,,,,,u;'ミ





81 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/13(土) 21:36:12 ID:UWVm4Mws

生物はその一種だけではなかった


  ┌─────────────────────────┐      , - ──- - 、
  │  あまりにも小さいので見逃してしまいそうな生き物が    .│    /  /   ヽ  \
  │  群れの中をちょこまかと動いている                 │   /    l     l    ゝ
  └─────────────────────────┘   |    |     |    |
                                             ゝ   l    .ノ    ノ
                                             ヾ  ヽ V /   У
                    ∧_∧                      ヽ|` ー |--―|' /
                  三( ・ω・)                           |    |   .|
                    (=====)                       lヽ,,lヽ |. ∧_∧
                   三  V                        (・ω・ )( ・ω・)
                                                | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
                                                |_ ̄_ ̄_ ̄_ ̄ _|
                                                |_____|
           __
           / _=ロロ
          〔_丿・ω)       ミ         ┌──────────────────────────┐
   | ̄ヽ    /  つ¶⌒lヽ、 くヽ、       │  あるものは地球の航空機に気味が悪いほど似ており、    │
   |   l ヽ_____( ( ⌒)// ̄ ̄ヽ \ヽ        │  大きさも同じくらいだがそれもまた生きていた            │
  _|─┘ l__  ̄ `J∠ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄./ 、       └──────────────────────────┘
∠_ ̄∠__/ ̄/∠__/____/  ヽ\
    ◎   /(◎)   (◎)         ヽ>
       /               彡





82 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/13(土) 21:36:46 ID:UWVm4Mws

まったく新しい進化の一章

エウロパで眺めたのと異質さにおいて少しも劣らない光景が
やる夫の目の前で繰り広げられていた


                ∩∩        ||
            ミ  (⌒⌒ノ        ∧||∧
              (====)     。 (  ⌒ ヽ
              (    )     〉 ∪  ノ
              ∨ ̄∨   ○ノ  ∩∪∩
              /~ヘヽ   くヽ |  (・▽・;| |
              川ペリ  li!i/, |i!ii  |     |
             ⊂二∩二二二二二⊂____ノ
            (・ω・*| | 〃 frど`ヽ∧_∧
              |     |  ==ニヽ )) ( ・ω・ ) _____
            ⊂⊂____ノ  彡  (廴rぃィ⌒  ヽ      /
            ∩∧_∧∩     ー=え l⌒ヽ)\   /
            .ヽ(・ω・ )ノ_人人人 'ー(_ムノ∩(◎ω・)∩
              ) ? )> ドッ!<       ヽ(   ニ==  ・ ・ ・ ・ ・ ・
             ( ? (  ̄^Y^Y^ ̄    ,----、 /   ) ババババ
             )   ) _人人人_  {=±==}    〉 ) 〉)
            ( ? (  > セィ!  (( (・ω・ ) ))
             ) ? )  ̄^Y^Y^ ̄  (( o┳o ) ))
            ( _ (          (( [圓]J )) ガガガガガ
             lノ ヽ,)           ::::::┻┻:::::::::::::::





83 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/13(土) 21:37:22 ID:UWVm4Mws

ジェット推進の魚雷が巨大な気球を追い立て、むさぼり食っている


―-  ..,_
        ‐-  ..,_
              ‐- ..,_':,
                  ': 、‐- ..,_
                   ' .:ヽ.    - ..,
             ヾ 、     ':、 `: 、       ..,_    _,,.. _
              ':, 丶.     ': 、.' .        ;'. ..,_   '. _
 _              '.   ' .    ' . ヽ          ‐-:、''; ヾ.
 !ヽ   ・            '.   ':,      ':, '.            ':, . ':.     .r:、
:〈_;リ                 i   }     '. '.              ':,  ':. 、   .'  ':,
   '.  i ト          !. : .リ      '. '.                ':,  ':.`: .、i /´ヾ;
    ! . ; ヾ'.      _    ;   :.′     .' .' .:,                 ':,  ':.  `: 、  ':, ∧∧
    } :リ  `    } ヾ   .'  .;'  __   .:′ '. : '.,                 ':,  ':.    ヾ. }ノ⌒ヽ)
   .’ ′      ゞ_j  .’ :; '  ¨´ ; .:′ .;/'.  ヾ             ':,  ':.    '. ( ノ
.   ,:′          .'./ .     .:′ .:′':,  ':、         .' . '    ':,. ':.   : ノノ>
. /             〃  *   .:′       ' . : ':、      .'レ'.:'     ':, ':.  ア'レ´
´            イ:′    .:′. '    イ ' . : ':、   .:' . :'         :, ', .ィ:′
            .:' .:′     . ′.:'   . :´.′   ' . : ' 、イ . '   ,.. -‐ ''" ヾ.,シ′
           .イ .′    .:' / . イ .:'     . : :´ : . :';-‐ .:' /
      .' !  , :′.′ /レ' ,ィ'゙彡´  /   . : : ´    〆、':、..,イ .:'
ー――ァ' ,;ー. '   .′. :'         ./  . : :´      .イ  `ー‐''´





84 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/13(土) 21:37:59 ID:UWVm4Mws

しかし、気球たちも無防備ではない
かぎ爪のある触手を周囲1キロにわたって振り回している姿も見える


                ∧_∧
                ( ・ω・)
                (====)
                 /  j
               _ノ / く
             __/_/ ヘ )        キュ‥
            l .,r'    k__`ー───、
            | |        ̄ ̄ ̄ゝ ⌒丶、
            | |           (__ノ⌒゙) ))
            _j t_           ( ( ノヽ_
          √ _ )          _ノノ>
          ゝゾ 」 (          レ´ ~
             (_二二ゝ       彡




                ∧_∧   バチィィィン!!
                ( ・ω・)    バチィィィン!!
                (====)      バチィィィィン!!!
                 /  j
               _ノ / く          __
             __/_/ ヘ )Y⌒ ̄_二二⌒ ≠、 ヽ
            l .,r'    k__`く ̄// 7   ゝ(  くソノ
            | |       \\ // /  (/  /ノ
            | |        \\ /   ( (丿 
            _j t_         > \ / ( (ノ  
          √ _ )       ( ,ィ) )、/   ・ ,
          ゝゾ 」 (       ゝ(k_勹)) ,f^h 
             (_二二ゝ   ,、人 と廴⌒ンノ ,“  て





85 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/13(土) 21:38:34 ID:UWVm4Mws

     ===============================
     幾何学のあらゆる可能性を取り入れた、さらに不思議な形も少なくなかった
     ===============================


                   終      わ
【審議中】 希望を胸に すべてを       らせる時…! ガイドライン板は、絶賛稼動中です。 やんよ
              _/8(゚ε。)8_⌒\_ ∴∵∴∵∴∵∴.∧ ∧          ハ_ハ        .ハ,,ハ    ∧ ∧
                 ,,------ 、 . ∧_∧∵:(・)∴ヽ(・∀ ・)ノ   キタ━━('(゚∀゚∩━━ !!! ( ゚ω゚ )  (*‘ω‘ *)
               、/: ____卿,,,,,,_ヽ ,.|(#´Д` )⊃   (( ノ(  )ヽ ))  ,,,,,,,,,,な ヽ  〈     /    \  (   )
    _∧    γ⌒ヽ  }ミi.::(ヒ_] ヒ_ン-iミ{  |||    ノ∴∵    く 。・゚・ 諸. |!| :|i|お  ヽヽ_)  ((⊂  )   ノ\つ)) v v
  _/・|::||    (゚々。)l (ヾ::'"/¨`ヽ" r'1ノ ∪゙゚'ω゚'` ))    ━ヽニニフ 私 .i!iYi!iガ _,,..,,,,_       (_⌒ヽ
 ○_/::::/|  ('A`)   l  }::l:: ヽ._.ノ ::l ::{.?(=====)[ ゚д゚]y-~( ´・ω・)戦( ゚д゚ ) / ・ω・ヽ     ヽ ヘ }     川
    \ \ノヽノヽ,。, ノ/ ト!;;_`ー'′_,,!イ\(⌒(⌒ )/[へへ c(,_U_U .好 (つと ) l      l ε≡Ξノノ `J   ( (  ) )
     /   ̄く ̄ ̄〉 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄し' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄し ̄ ̄`--‐´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\  ドゴォォォ>
.      ̄ ̄/\_○ノ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ <★√/ ̄\| | ̄ ̄ ̄<⑬√ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| | ̄(<●>) ̄ ̄       チャリーン
..      /'''''' くヽ |   イヤッホォォォ!  .  ∥ |  ^o^ | |      ∥,○、      ∧ |__|  (´く_` )     _.__ lヽ,,lヽ
...     |(●), i!i/, |i!ii ガタン /^o^\くく  \_/ \(^o^)/くくi´.Yニm≡=-+( ´_ゝ`) /   ⌒i   ∩ | |Θ|(    )
     | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|彡 |_|_|と   i
     |    卑   猥   に   過   ぎ   る   ワ    ゴ   ン  w  w  w     ⊂彡  |_|  しーJ





95 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/11/13(土) 21:43:25 ID:O9xgZXbg

待て、なんか色々と変だw





99 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/11/13(土) 21:45:22 ID:c3jB0Zo.

そのツッコミは今更だろw





86 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/13(土) 21:39:12 ID:UWVm4Mws

彼らは上昇気流のなかに浮かびながら、生殖を終えるまでの歳月を生きる


                     * o ∵.:∵:;:;: o
                   * o :;:<⌒>:;:;:: o
                    * o;:;:;: ;' '; ;:;:;: o;;:;:
                    o ,;'  ,'   '; ';.,o *
                     o ,.; ∧∧ '; ;:;:; *
                    * ;'  ノ⌒ヽ) '; ':, o
                   . o ;'  ( ( ノヽ_  ', o
                   o ;'   /  j     ',
                   ;'   _ノ / く      ',
                    __/_/ ヘ )
                   / r'    k__`ー───、
                   / ./        ̄ ̄ ̄ゝ  ̄\
                  ,/ ./          __/_/ ̄ヘ )
                 _/ .〈          / r'     k__`ー───、
                /  j          / ./         ̄ ̄ ̄ゝ  ̄_二二7
               _ノ / く         ,/ ./             く_/ ̄
            __/_/ ヘ )       ._/ .〈
            / r'    k__`ー───、/  j
           / ./        ̄ ̄ ̄ゝ  ̄_二二7
          ,/ ./            く_/ ̄、 )
         _/ .〈           / r'    k__`ー───、
         /  j           / ./        ̄ ̄ ̄ゝ  ̄_二二7
       _ノ / く          ,/ ./           く_/ ̄
     __/_/ ヘ )        ._/ .〈
    / r'    k__`ー───、'´ _ )
    / ./        ̄ ̄ ̄ゝ  ̄_二二7
   ,/ ./            く_/ ̄ (_二二ゝ
  _/ .〈
√ _ )
ゝゾ7 .(
  (_二二ゝ





87 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/13(土) 21:39:53 ID:UWVm4Mws

そして深みに舞い落ち、炭化して、新しい世代にリサイクルされるのだ


                          | |             .| |     |
                          | |             .| |     |
                          | |             .| |   ../|
                          | |             .| |  / ..|
                          | |________| |../   |
                          ├;─────⊂⊃─;┤     |
                          |      || ///     |     ..|
               ∩∩        |      || ///     |    /
           ミ  (⌒⌒ノ         :|      |///     :|   /
              (====)   サー   :|_____ ///____,,| /
              (    )              ///
              ∨ ̄∨  .┌――┐_______ノノノ
                    /.|____|| ̄/.|~‐、
                  / /=/ / /   ヽ、
                 /∠7 ̄∠7 / /      )
                /────‐‐( /       (  _____
                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄           ヽ|:+.,,.,,.o.o.|





88 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/13(土) 21:40:27 ID:UWVm4Mws




             ┌─────────────────────────┐
             │           やる夫は調査を続けた             │
             │                                      │
             │   だが、知性をほのめかすものは何も見あたらなかった   │
             └─────────────────────────┘


                              / ̄ ̄ ̄ \
                            / ─    ─ \
                  ィ'^ '^ '^ヽ^),, /  (●)  (●)  \.!^)'^ '^ '^ヽ
                ̄ ̄U l l l.  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ | l l l∪ ̄ ̄ ̄
                   ∪∪∪..                  ∪∪∪


  ゥ,、 ゥ,、  ゥ,、              ハ_ハ               (\   _   ∩     人   /H\  ./ ̄\.
 ゥ (⌒─⌒) ゥ,、 ∧_∧ [ ゚д゚]y-~('(゚∀゚∩  ━ヽニニフ     // ( ゚∀゚)彡 \( 0w0)人(0M0 )ノ|  ^o^ |
 ゥ'` ((´^ω^)) ゥ,、(・ω・ )/[へへ   ヽ  〈   ∧ ∧     //   (  ⊂彡    (__)   (  )   ハ,,ハ_/
  '` / つと)  ゥ,、 (    ) _,,..,,,,_    ヽヽ_) ヽ(・∀ ・)ノ   \(___|__|    /    \. UU  ( ゚ω゚ )
    しー-J    (__(_,J./・ω・ ヽ  ∧_∧  (( ノ(  )ヽ ))    \___  \_/ ▲ ▲ ヽ    /    \
 ∧_∧    , -∧ ∧---l   ∧__∧ (´く_` )   く  >            ( ^L^  \  ●   | ((⊂  )   ノ\つ))
 ( ´Д`)   / (‘ω‘ *)  `'ー( ´_ゝ`)/  ⌒i Y   Y   /⌒ヽ  / ̄\\⌒ (\ \▲/)|   (_⌒ヽ
 / つ旦と  r-く,ぅ⌒cソ、. /  (__つ/ ̄ ̄ ̄/i |ミ(・ω・`)ミ (^ω^ ) |    |  \ \ \_ /  |    ヽ ヘ }
.⊂_)_) ノ '、 , 、 _, ' //('A`) .\/ FMV / ヽ⊃       (   ∪ 。\_/  /_ │      |ε≡Ξ ノノ `J
      (_,.       //ヘヘ  /  ̄ ̄ / /||        し―J' 〉  |   / / l │      |   ,. -‐'''''""¨¨¨ヽ
  ノ|,,ノ| (.,_ `'ー-、_,,..ノ/   /     / /  _、 _          ○ノ     ││  \\____|  (.___,,,... -ァァフ|
  (    )  ~`''ー--‐'` _,,..,,,,_.  ̄ ̄ ̄||/  ( ,_ノ` )y━・~~~   くヽ |    ││    \___  ) |i i|    }! }} //|
.  /  |    (・∀・)/ ,' 3  `ヽーっ ||           ∧__,∧.∩!i/, |i!ii   (/   `'ー---‐ '(/  |l、{   j} /,,ィ// |
 (___つ .<⌒>   l   ⊃ ⌒_つ.    (-_-)   r( ^ω^ )ノ ∵く・>∴∴.く・>∵|   ドゴォォォ>.i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ
      ━━━┻  `'ー---‐'''''"     (∩∩) └‐、   レ´`ヽ





89 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/13(土) 21:41:00 ID:UWVm4Mws

彼らの電波の声にも、単純な警告や恐怖しか込められていない


       ;"ヽ、
      │  ヾ,.
      ミ;    \            __._,.,_..,、
      ;i     ;,ヾ゙'"'''゙'゙''"'゙"'"゙´"ゾ"  "   ,ジ
       ゞ   "                 ,ミ"
      ;;""                    ;;"
     ミ;    ′           ヽ    ミヾ"
     ミ;        .ト-イ       U  ;ミ, _
    ゙ミ         ヽノ          ;ヾ" "''' ;,
     "ゞ                         ミ゙
     ;;ミ   :,,              :,,      ,;;''
    ;;ミ:                   ゙ミ   ,;;''’
    ミミ      ヾ               彡
    ;ミ  ;;     ミ               ヾ';
    ミミ  '';,_,,.,_,,丿       :,,        ';ミ
    ミ;                        ,ミ
    ゙ミ        :,,                ';ミ
   ;;ミ                       ";;,ミw;;,
   ゙ミ                       ,彡  "v





90 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/13(土) 21:41:29 ID:UWVm4Mws

息を呑むスケールと新奇さにもかかわらず、
木星の生物圏はまさに泡沫の世界だった

上空の稲妻がもたらす石油化学組織の絶え間ない雪が紡ぐ世界
――石けんの泡以上に堅固な構造を持つものはないに等しい

地球のどんなにひ弱な肉食獣でさえ
この世界の一番堅固な生物をずたずたに引き裂いてしまうだろう


     ┌──────────────┐┌───────┐
     │            ALI NEUTRAL.││攻撃       . .15│
     │   l^丶               │|命中        53│
     │   |  '゙''"'''゙ y-― HP   1/ 1 ||防御       . 0│
     │   ミ ´ ∀ `  ,!'  MP 340/340|│回避        .1│
     │ (丶    (丶 ミ  ST  GOOD |│魔法威力    39│
     │   ミ        ;':  CP    30. |│魔法効果    46│
     │  ;:        ミ           ||              |
     │  `:;       ,:'           ||              |
     │   U"゙'''~"^'丶)             ||              |
     └──────────────┘└───────┘





91 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/13(土) 21:42:03 ID:UWVm4Mws

       ____
      /     \
    /    ;   _ノ′
   /     ∪ :::(●
   |         "`(__)       ここはエウロパと同じように進化の袋小路だお…
   \、          /´ヽ
     )       ィ ("_ノ     この火と固体の無い世界から
     / /⌒ヽ    ヽ ) |
     i l   |     |  |     知性が生まれ出るなんてまずあり得ないお…
     | |   |      |-‐'
     |.|   |       |
     i〆  /       |
     ヾン´       l
      |     ィ  |
      l    |   /
       〉    ノ 丿
      /   //
      く、.,、,.,,(,





92 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/13(土) 21:42:30 ID:UWVm4Mws

その時、彼は自分を操る存在を感じた

これといった思念や意図は掴めないが、
雰囲気と感情が彼の意識の中に漏れてくる


        ____
      /::::::::::  u\
     /:::::::::⌒ 三. ⌒\
   /:::::::::: ( ○)三(○)\
   |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒  |  _________
   \::::::::::   ` ⌒´   ,/.   | |              |
   ノ::::::::::u        \   | |              |
. /::::::::::::::::     u      | |              |
 |::::::::::::: l  u            | |              |
 ヽ:::::::  -一ー_~、⌒)^),-、    |_|_______|
  ヽ::::::::___,ノγ⌒ヽ)二二二     | |  |





93 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/13(土) 21:42:53 ID:UWVm4Mws

それはあたかも、わけの分からない言語でかわされる議論を
閉ざされたドアの外側に立って聞いているかのようだった


        ____
      /      \
     /ノ  \   u \
   / (●)  (●)    \   !?
   |   (__人__)    u.   |
   \ u.` ⌒´      /
   ノ            \
. /´                 ヽ
 |    l             \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))





94 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/13(土) 21:43:22 ID:UWVm4Mws

くぐもった口調には明らかに失望があり

  次いでそれはためらいに

    最後には決意に変わった


        ____    ━┓
      /      \   ┏┛
     /  \   ,_\.  ・
   /    (●)゛ (●) \   でも、何に対しての決意なのか
   |  ∪   (__人__)    |   やる夫にはわからないお…
   /     ∩ノ ⊃  /
   (  \ / _ノ |  |
   .\ “  /__|  |
     \ /___ /




          ____
         /  ノ  \\
       /  (●)  (●)\ヽ          まるでペットの犬になったような気分だお…
      / /∪  (__人__)   \\
    /  ./             | \
   (___ノ\  /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)   ペットは主人の気分の移ろいについて行けても
       ノ  | / / /   (⌒) ./ / /
     /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/     理解はできないものなんだお…
    |    l  |     ノ  /  )  /
    ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
     ヽ __     /   /   /





96 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/13(土) 21:43:54 ID:UWVm4Mws

見えない首輪は彼を木星の中心部へと導いた

雲を貫いて沈むうち、生命が存在しうる領域は後ろに遠ざかった


              / ̄ ̄ ̄ \
             /   ―  ―\
           /    (●)  (●)
           |       (__人__) |
           \、     ` ⌒´ /
           /  ⌒ヽ  '"'"´(
       彡  /   \ \/\ \
     彡   /     /\__)   ヽ_)
       ( ̄  /  /
      彡  ̄ ̄  ̄





97 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/13(土) 21:44:15 ID:UWVm4Mws

木星はタマネギに似ている
――加熱された蒸気の層
――石油化学物質の煮えたぎる魔女の大鍋
――ケイ素と炭素の化合物(液体)
――金属水素

彼はその皮を一枚一枚むいているのだ


    /    ,,-‐′       ___..-------....__       `''-、    ゙ 、
  _/    ../      _,,--‐""´          `゙゙''ー-..__     ゙' 、    ゙\
 r'´   /´     _..‐'"                    `゙'‐..、    `' 、    ヽ、
/   _/     ../            __            ゙ー 、   \、   ゝ
  _/     /        __..-ー'''' ̄ ̄ ̄"゙゙'''‐--.._        `\    ゙ 、   ゙ 、
 ,r′    /       _..-''"              `゙'-、        ゙ 、    ゝ
丿     /      _/                   `' 、       ` 、   丶
′    /′     _/                      \、      丶   ヽ
    /′     /′         __......-....,,__          ヘ       ヽ   ヽ
    /      ./         _..‐'"     `゙゙‐ 、         ヽ      ヽ   1
   ,'      ./        /           ヾ、       ヘ       '、   ヽ
   │     l′       /              ゙、       1      1
   ||      1        |      ..‐''ー 、     ゝ       │      ||
   1      l        {      〔   〕     ||       l|      ||
   |!      1        '、     `ー-‐′     l       │      {
   │     '、       ヘ             /′      ,'       ,'
   '、     '、        ゙ゝ、         _/        ,'       /
    '、     ヽ         `ー..,,_  ___,,..-''′        ノ′      l    丿
    丶      ヽ、            ̄ ̄´           ノ       丿    l
     ヘ       \                       /       丿    /
、     \       ゙' 、_                   _..‐′      ,/    /
丶      ゙ゝ        `'‐..__              _..-''´        /    丿
  ゝ     \、        `゙'ー-...._______..--‐"         _/    /   、
   \      ゙' 、_             ̄             _../    ,/   /
\  `' 、      ゙゙‐.._                      _..-'′    /   /
 ヽ、  ゙゙ 、       ゙'''-..,,__              __..-‐'"      _/   _/
   ゙\   `'‐、_        "'''‐ー----........-..--一‐""       ,..‐'´   /
    `' 、_   ゙''-、_                        _..-''"    ,,/
      `ヽ、    ``ー-..__                _,,..-‐'"    _..‐"





98 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/13(土) 21:45:00 ID:UWVm4Mws

木星は最後にもうひとつの驚きを用意していた

6万キロメートルの深度に、とうとう固い地表が表れた


                  ____// /
                /     \./     /
               /        \   / /  /
             /           \/ // /
        / ⌒\|               |//  /
       /     \ __      __/ ⌒\   /
      (__/⌒\                 \/
             \___,,         /⌒\_)
             /⌒/         /
             /  /         /
            / ./         /
         ,,-‐く  /         /
        (,__/    /i,__ノ
           /    /
           /   /
           〉   Y
..    ( ヽ:  /    ソ丿 ヘ` ;
   ´ \.从_(__ _/)人/ ;`





100 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/13(土) 21:45:40 ID:UWVm4Mws

上層の化学反応が焼き上げた炭素は、
長い年月の間に次第に惑星の中心部へ降っていったにちがいない


⌒ヽ         /                  /
  _ノ        ∠_____________ /        .|
           /\  \             |
           .\ \  \               |
   ○      / \ \  \           |
    />    /  / \ \  \       , "⌒ヽ       /
   ///   ./  /   .\ \  \      i    .i       ./
  ./\\\  /  /     \ \  \    .ヽ、_ノ     /
 /  .\\ ./  /    -  - 、\ \  \     .|     /
 \   \\ ./ /つ(● ●)ヽ \ \  \    |    /
   \   \\  〉 ゝ(_人_) ノ.}   \ \  \   .|   /|    ./
  o .\    \\\_____ノし′ / \ \  \ |  / |   /
     "⌒ヽ .  \\         /    \ \  \| /  |   /
    i     i    \\   ○        _\ \/|/   |  ./
  ○ ヽ _.ノ .\   \\/     _,. - ''",, -  ̄     _| /
          \    \\_,. - ''",. - ''   o     ̄  .|/
            \   \\ ''  ̄ヘ
      ○      \   \\//。
    ゚   o   。   .\   \/
   。              ̄ ̄ ̄


炭素は集合し、数百万気圧の圧力を受けて結晶化した――





101 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/13(土) 21:46:18 ID:UWVm4Mws

自然の妙なるいたずらと言うべきだろうか
人間の手が永遠に触れることのない木星の中心核は――

地球ほどの大きさのダイアモンドだったのである




                   \  ./ キラッ
               ____X
. . . . . . . . . . . . . . . . . ../::::::::Y::::  ヽ\. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
............................................/ヽ ∧:: _∧ / '\.......................................................................
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ :: : :: ゚∀゚)    |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::_ / ヽ _/ ヽ  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiヽ: /:: ヽ_ ,l:: /::/iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii
             \::::::/:::: Y::: /
              ::\l;;;__l/::
            ::::::::::::::::::::::::::::::::::::
           :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
         :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::





102 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/13(土) 21:46:49 ID:UWVm4Mws




              , イ    イ‐┼、
      /|「 Tヽ._,.イ//    i、l__l__,.li   l二¨ \
     .イ (◯) l(0ヽ/:/'"三ヽvェヘi]ニフ   l!‐-i、 、 ヽ
     lj_l.-┼‐┼-、レi个llllTヘil∠.,  ̄ lli「`ヽ_l!;;;;;;| l i i l
     \. _l____レ'イ』」j!!!川ノ` o` 、 llli ,.へ =ヾヘ|TTTl
       `ー-r‐フ′  ̄l`7   _,,. -'illiく.  l  Λ ll l /
         レ'     . 「L=',ニ -''"´|li`、` 、」くヽ ヽレ′
                Ll-l:    |lli  `'/  く>メ、
                 |へ、   .|lli  /   ト-ーへ
               ≒=`T二`ーllli‐イ    |エ=-ハ
               ,.-‐己三ミ「r干i|ス    ヽ-イ ハi
              / / レ' ̄7ヽトl┼l/へ、    ヽl_==jl
             .l- ナ┘ ./ /ヽ.ll/ ヽ. \     Lf-|l
              レil   ./ /7  Λ  ヽ へ   り
              .レ' ´ヽ.//   ヽ.ヽ  ':ト、 \





103 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/13(土) 21:47:12 ID:UWVm4Mws

         /    / // /       ヽ\
.         /    // // l/         ヽ丶
        / l / r―/ l  | ハ l ヽ   ト、}
        l  l'   レ7l l  ハ !_ ヽ.ト、 |ハ、 l ノ
        l  l  / ハl l  { l/ `ヽ! ヽf,r、l  !    ウォルター
       /  l / 〃,くl !   レf示r'    lリ/ ! |
.       / // ∨lハ (_! l  ハト辷リ   、´l   l     わたし、できる夫のことが心配なのよ
      / // l   l \l |ノ〃ノ r'フ   _ ノ/ /
      |/ l  l   ヽ l | ||Y 〈__´/ ′/
.     | /{  ト、   ヽヽヽ、     `ヽ, ノ
.      l/ ', ト,l\  ト.}⌒ ̄`ヽ、_,   r′
.     /  ヽヽ.\\ノノ      \   '、
    /    ` \          l\  ヽ
.   /     `,               ヽ \ ヽ
   /      l                 `, 丶
.  /        ヽ ヽ                  }  ',




            __
         ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
      ,!;;;! '~  "~ `i||i"  '' `ヘ;;;!
      |;;;|     ヽ`   u ミ;;;|
     _ゞ;!,-;;;;;;;"フノ  ヾ`;;;ヽ 、ミ;リ    それはこっちも分かってるさ、ターニャ
     !ヘl;|.,,_==-、く` ,>゙-== 、「ヽ
     !(,ヘ!   ̄'"  |ミ.' ̄" , ドリ    しかし、俺たちに何ができる?
     ヾ、!      !ミ    ,レソ
       `|      ^'='^     ム'′
.       ト、   、,.-‐ 、,,  /|
       i| \  ' ニ   イ.:|
      ,イi| ゙、\  (   /リ.:;ト、
     ノ :.:i|  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::::!:::\





104 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/13(土) 21:47:41 ID:UWVm4Mws

                    ィ ‐―- 、__
                ,-‐ァ´/  ∠-―‐-、‐ 、
               〃 _,':  /-―――-\ ヽ
     〃   ̄ ̄\  入{≧ 7: /::../:/:   ,イ}ハ:\l              できる夫の――
     |     ヾヽーくぐ{:ナ./.::..,'::/厶!:. /l:: i:::}:!:バ―――― --  、
     |       !l   ¨ヽYl:::::::l:ハ{八X_ , l:;!ィリ:: } }´          ヽ   そう、憂鬱のおかげで
.     l       l   }=l:::::::l:{ ャtr-ュミ  jノtrァルリ!    ∠彡    /
     l       l ノ人fl:::::::l  `ー'   、`' {´イ::|  /      ./    みんなの気が塞いでるじゃない
      l       k≠^ヽ|:::::::l       _ ,  八i ::|'/       /
      l       ヘ\::ハ :::ハ.    '´‐,‐' イ::::l|::l       /      レオーノフ号は和気あいあいの船だったわ
       ヽ       {ハ、::ヽ::::i> , 、.. _/:/:: / リ      ./
        ヽ       |ヘ:::jヽ::! fヘ ヽ::::/{::./      /         私はその状態のままにしておきたいの
         丶       !| |lV j/|>‐くヘ ヽ{ハ:{     /
          |~\    i | |l   |ニ二ニ! || !    /
          |  | ヽ  ./ | |l   |   l. || !  >'´
          ヽ_| ヘメ  | |l   |   l. || !/
       _ ____l     l ll   |   / /イ
.     〃〃   l     \\ l{{T}// /
      | || o   |       \`jl 〃 /
      | ||     !        ヽ!V/  {




       _,,.、、、、、.,,_
      /.:::::::::::::::::::..`ヽ、
     / .:::::::::::::::::::::::::::::::. '、
     | :::::::::::::::::::::::::::::::::,ヘ{ツ      ならば何故、直に話さないんだ?
     | ::::::::::::::::::::::::,ィゥ ノ j
     |::::::::::::::::::::::( |.!  ;{      向こうはあんたを尊敬しているし
     .|::::::::::::::::::rリ`l,〉   j}゙
     }:::::::::::::::ノ゙  l  /      立ち直るためにはベストを尽くすと思うがね
     ,xァ''ー'゙'`    '、 /
    / ー`¨`''''ー-- 、」゙'′_
   ''^ーァ 、_____  ̄ /
   `>'、,     '''"´ ̄ ̄_二ヽ、
   /           /    ヽ
   ,'        ,   /      ゙、
           l /  __      !
           l, l  く,_  、   |





105 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/13(土) 21:48:11 ID:UWVm4Mws

       /: : /: :/ィ′′ /: : : : : : : : ヽ :\ | : : ヽ : \
      /: : /: : ′: /: : /: : : : {: : : : : : :\: ハ: : : : ',¨\:ヽ
     r==f{ : : | : : l: : ∧: : : : ヽ: : : : : : : |: : ', : : ハ、  ミヘ
     |  / .| : : |: : A 、|_ハ: : : : l \ : : : A: ‐ j‐: : : | ヽ  ,′
     ア  | : : |: : ハ {   ヽ: : |  ‐七/ } ハ: : : : !、 ∨:1
    ,' >、_ ハ: ::ト {ィ尓了ミ  ヽ{   ィ云 ミK.|: : : : |⊥≦: |
    / / / /: ヽ : { トイ } |       |心 j:l  !: : : : ! { V     もちろん、それはしようと思ってるけど
.    / /.7 ハ : : ド、弋__り        七_り'  |: : : :ハ ヽ \
   V: :/ /: :{.∨∧       '        ,'.: : :,' 八 {\/    もし、それが効かなかったら――
.   |: :l l: :∧ {: :ハ            'J イ: : /‐': : l |: :|
.   |: :|V /l: :ハ: : ハ     - ー-     /:l :/ : : : : !ィ: .:|
.   |/.|:/:.∧ : : ヽ : : {>‐一、      イ: :〃: : : : : ノ |: : |
.   | lハ: : ヽ: : : \/ _. -、__〉_ . ≦に: :/: : : : :.ィ: : :|: : |
       V_r-ヘ 〃 ´  ` 〈 /    ! ´/: : : ::/: 八: :ト、/
     .イ l  | ∨  ¨ ̄ヽ }′     ハ |: : / ̄7 7- ァ、
    / l !  ! }  ‐…、 V_ _  , -} lイ   / / /  ヽ
.   /  .l !  ! } ー   }ノ|´ _ `ヽ_/     / / /    \




       _ , ,,..  _
     ,r'       ヽ,.
     .i r'^"^'レv^^^ヘ..i
     !.{ ,._  _,.、} !
     ヘ"ェ.ュ':i  .ェ.ェ".ト..    その場合は?
    {. !    j     !j.}
    丶!    ' ^    レ'
      ト.、 ' ニ ' .イ
    -‐ハ \ _/j ト‐-





106 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/13(土) 21:48:43 ID:UWVm4Mws

.      /::::r‐…ーt/::::::::/..ィ:::::::::::::::::::ヽ::::ー..、. 、、::ヽ
      /:::::::L-'ニ''7::::::::: /::::::|::::l::::::l:::::::::::::';:::::::ヽ:J:';::::ヘ
.     /:::::::::::r'´ /::::::::://::;r ヘ:::|::::::|::::::::::::::';:::::::::';:ヽ';:::::ヘ
     ;':;'::::/rク-/:::::::::/ィ_:/  l:::ト:::::ト::::::::::::::l:::l::::::}:::';::!::::::',
    l::l:/.:'::/ ./:::::::::::;' |:/`ヽ、';:l.ヽ::',ヽ::::::::::|l_Lィ,!:::|::|::::::ハ
.     l::l〈 /::/ /|::::::::::::| ,.|!テュヽ、ヾ.、ヾ:. \;:ィル|:::/::::l:::|:::i::::|    ここで彼にできる仕事はまだ残ってる?
.   |::|::`::/  ,{」:::::::::::トヽ' { f'^! ハ `  ` ,ィ5ニトl:;タ:;.ィ::::!:::|::::|
   |::|::::::|ヽ /:::|:::::::::::|   ヒニソ      bり/rケく.ソ::/::|:|l::|     どうせ、帰りの旅の間は冬眠に入るんだから
   |::l::::::|::::`:::::|:::::::::::|         、 ¨´〃ヘ_/:;イ:::l::| l:|
   |.ハ:::::|::::::::::::';:::::::::::ト       __ '   〃 ,'-1 |:::;'::l. リ    いざとなればいつでも
   |l |::::::';::::::::::::';:::::::::::', ヽ、    ニ´ _,r'`7^!、,'   ,!:/:::;! ,l
.   ||::|::::ヽ::::::::::ヽ::::::ト:',   ` ,、... - 'ス / ,! Y  ノ/l::/ .,'     一発お見舞いすることはできるわ
     |::ト.:::::〉.::::::::::ヽ:::| ヾ、 ′ ヽ / .}/ / .l rレ'/:/ ./
     l:|,ゝ' ヽ:ト:::::::|ヾ、 ヽ、   r' /  /  ハノ ヾノ. /
    ,∠ - .._ 1 ':;::l ヽ    -'7  ´   / /ノ// ゙l
.   /-‐…‐、 `ヽ、 V'  ヽ/ ,l       /-‐'/   ヽ
   / _.. -- 、 \ \    ヽ 'l´|       /一´    \




           ,,x-ー:: ":::::
        ,x '"::::::::::::::::::::
      ,、'":::::::::::::,, x-‐ ァ:
    ,,x '"::::::,,、- '"     |:::
    `"i`ー'"        ヾ
     !  、 、,,,,,,,,,;;;;;;;;;彡ミ
     |,,,,ノi `ーヾ;; '"----、
     ヾ::ヽ     -┴'~      カテリーナの例のきたない小細工をまた使うわけか
     ~|:/ ' ' ' `ー ' "'"
      /_              目が覚めたらカンカンだぞ?
     l    '' )    i
      ヽ,,、'~`      U
       ゙, __ ,-、_,ノ`
 |/      ゙, `'" ,,y
 |/  彡  ゙、`-'"
   /|/     i
   /        !    ,, -'"
    |     `ー '"|::
    |      /|||ヽ
          /|||||/心
          |ヾ/ /`ー





107 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/13(土) 21:49:13 ID:UWVm4Mws

         /    / // /       ヽ\
.         /    // // l/         ヽ丶
        / l / r―/ l  | ハ l ヽ   ト、}
        l  l'   レ7l l  ハ !_ ヽ.ト、 |ハ、 l ノ    そのころには無事地球に着いていて
        l  l  / ハl l  { l/ `ヽ! ヽf,r、l  !
       /  l / 〃,くl !   レf示r'    lリ/ ! |     私たちは大忙しだわ
.       / // ∨lハ (_! l  ハト辷リ   、´l   l
      / // l   l \l |ノ〃ノ r'フ   _ ノ/ /      きっと許してくれると思うけど
      |/ l  l   ヽ l | ||Y 〈__´/ ′/
.     | /{  ト、   ヽヽヽ、     `ヽ, ノ
.      l/ ', ト,l\  ト.}⌒ ̄`ヽ、_,   r′
.     /  ヽヽ.\\ノノ      \   '、
    /    ` \          l\  ヽ
.   /     `,               ヽ \ ヽ
   /      l                 `, 丶
.  /        ヽ ヽ                  }  ',




            _  -───-   _
          ,  '´           `ヽ
        /                 \
       /                    ヽ
      / __, ィ_,-ァ__,, ,,、  , 、,,__ -ァ-=彡ヘ  ヽ      これが真面目な話だとは思えないな
      ' 「      ´ {ハi′          }  l
      |  |                    |  |      たとえ俺が賛成したとしても
      |  !                        |  |
      | │                   〈   !     ワシントンは黙っていないんじゃないの?
      | |/ノ二__‐──ァ   ヽニニ二二二ヾ } ,'⌒ヽ
     /⌒!|  =彳o。ト ̄ヽ     '´ !o_シ`ヾ | i/ ヽ !   それに、問題が起こって
     ! ハ!|  ー─ '  i  !    `'   '' "   ||ヽ l |
    | | /ヽ!        |            |ヽ i !    どうしても彼が必要になったらどうする?
    ヽ {  |           !           |ノ  /
     ヽ  |        _   ,、            ! , ′    彼の歳で冬眠解除を万全にやるには
      \ !         '-゙ ‐ ゙        レ'
        `!                    /         1ヶ月の調整期間が要るんじゃなかったか
        ヽ     ゙  ̄   ̄ `     / |
         |\      ー ─‐       , ′ !
         |  \             /   |
      _ -‐┤ ゙、 \           /  ! l  |`ーr─-  _
 _ -‐ '"   / |  ゙、   ヽ ____  '´   '│  !  |     ゙''‐- 、,_





108 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/13(土) 21:50:04 ID:UWVm4Mws

         // .:// / ::! ::l .:!   ::::::::`ヽ、 ::::l:::::::l三三ニ :::..
        //  .:/ .:/.:/! :::! ::l ::l    ::::::::!:::::\::::l:::::::l三三Ξ ::::::.
          .:/ .:/.:/  l ::::! ::! ::l    :::::::! ::::::::ヽ!:::::::!.三三ニ ::::::::.
        !  ::l :::`ヽ  l ::/! :! :::l    ::::::::! :::::::/l ::::::ト、 三三 ::::::::.
       l ∧ ::! /l/ \_l/ ! l  :::ヽ   ::::::::l :::::/::! :::::l_ノヽニ三 :::::::::    でも、これから何が起こりうると思う?
       l l ∧::l∧ f升ミヽ!   、ヽ  ::::\  _/!__/ ::l ::::l:::|:::::ヽ三 ::::::::::
       l l !::!ヽ!::l  k._j !    ヽ\`二¨ヽ::/ ! /!`/ ::::l::::!:. :::::!ニ :::::::::::    できる夫は与えられた仕事はもう片付けてるわ
       l ! !:l l::::l  ゞ ソ        ´ 兀j`ヾ、j/::l:/   :::!::::l__/三 ::::::::::
       l ! !:l !::::!     ,     rf_丿 ハj :::〃  .:/_j::|三Ξ :::::::::    ――私たちを見張る仕事を別にすればね
      /ヽ!:l !::∧           ゞ ン   // :  .:∧:::!:|::l三Ξ ::::::::
    /  ∧! l::l∧ヽ    、         ..::::/ .:  .:/ノ!::!::!::l三ニ ::::::
   /  、_/ ヽl:::!ニl :::\   `      ..:::::::/ .:: /.:::::|::l:::!_jΞ*・:::::
  /         :lヽ!ニ.!:::/ニヽ、   _.. -‐/..::://.::. :/!_j三三 *・::::
. /          .::!三ニj/ニ/.:   ̄厂::::::::::::/..::::イニ/ .:/.三三三 ; ::::
/       .:::/三三.ニ/`ヽ    :::::/.. <三ニ//三`ヽ三ニ . :::




                 , - ─- 、_
                /        `丶
            rー‐く::/ ン-―ー- 、   、 \
           {(こ 〆.:::/  ____ \ ヽ..::::ヽ
           __/'´/  〃7了.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ.j ::ヤ¬寸
         /,イ>/ .:::/,':::{:::::!:::::::::::::::::ヽ ::|:. ::::Vヽ_,イ    ウォルターだって
         レ/,イ ::/ :{:ハ\{ ::、::ヽ ::::::}::_|_: :::::l >::|
          {/::| :!{.::ィ'f坏ト\{ヽ ,><ム:!:::::::: Kヽ:ト、  ヴァージニアだかメリーランドのどこか郊外で
           |::::ヽ::i:ヽi. r'_;メ  ヽ´ イ圷ハ|::::::::::|\/ヽ>
           |i:::::::トl::ハ.     ,    r';ン´j::::::::: l: V    たっぷり訓練を受けているはずでしょ?
           |i::::::::!:::: ヘ  {>ーァ   /:!::::::::/::/
           lN:ヽ:ヽ::',:::ヽ、ヽ _,ノ  ,.ィ::/::::::/ /
          ヾ /}::}八::::ヽ>.-‐か/7::/∨
          r<¨ リ\`ヽ、\__ {  〉/イ l  )}
          f⌒ \ \ヽ  )' \ニニ∧ | |!彡ヘ
          |    \ ヽム    ヽ‐' .| | }ヘ,__,イ
         r-ヽ     ̄ )\     Vrj/ ̄ヽ ヽ
         |  \     // /)ミ ー-∨   / ̄ ヽ
         |   (>―‐'/ /勺ヽ¨ア    /    }
         |   \三三‐'ノ ^ヽ/   /-―一 '





109 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/13(土) 21:50:37 ID:UWVm4Mws

     ,, - ―- 、
  ,. '" _,,. -…;   ヽ
  (i'"((´  __ 〈    }
  |__ r=_ニニ`ヽfハ  }          否定も肯定もしないよ
  ヾ|!   ┴'   }|トi  }
   |! ,,_      {'  }           ぶちまけると俺はスパイ教育では劣等生なんだ
   「´r__ァ   ./ 彡ハ、
    ヽ ‐'  /   "'ヽ         しゃべりすぎるし、そもそも機密保持というやつが苦手でね
     ヽ__,.. ' /     ヽ
     /⌒`  ̄ `    ヽ\_     「秘」とか「秘密」なんていうのに組み込まれそうになる度
    /           i ヽ \
   ,'              }  i  ヽ   わざとスキャンダルを巻き起こすわけさ
   {             j   l    }
   i   ヽ    j   ノ   |   } l
   ト、    }   /  /   l  | .|
   ! ヽ      |  ノ    j  ' |
   { |     } |      l    |
   ヽ |     i  | \    l    /|
    { |     l   |     |   / |




         /.: : /二二二二_ ヽ| : : : |: : : : : ヽ
        /.: : : : :/.: : : : : : : : : : :\| : : : | : : : : : :∧
.       /.: : : : : { : : : : : : : : : : : : : :| : : : |⌒ヽ: : : ∧
      /./': : : : ∧: :!、 : : :| : :l : : : :| : : : | \ 〉 : : :.!
      i:,' l : : : : i斗::| \ : :|ヽ」x' : : | : : : |   〉'.: : : : |
      l| ! : : : : |,rfトl、   x|' ,ィチえ、| : : : L. イ.| : : : : |    ウォルター、あなたってなんて手に負えない…
        l : :|: : '. トィl      {.ノ::リ'^| : : : :|`i | | : : : : |
        ト、: |: :ハ ー'     ー‐'  .| : : : ,'_ノ l.」 : : : : l    それはそうと、できる夫のことに話を戻しましょ
        | :N :| :'.  '      'J j : : :/. :レ : : : : :,′
        | :l | :| : \ ー 、     /. : : /.: : : : : : : : /
        | :| ヽ| : :l : `  . __..   ´'. : : /.: | : : : : : :./
        l :| | :|∨ : : :r‐}  /' } :./ヘ | : : : /.::/
.         ヽ!  ∨:L.ゝ‐'´/   /,::/  .ソ.: /.::/
          /7N  ∠`ヽ/ /' /- '´` ー'-、
         / /   /¨ヽン         _.  '´  '.
        , ′   /  , ′      /     |





110 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/13(土) 21:51:08 ID:UWVm4Mws

              _,.、-‐―――- 、__
            ,ィ´:.,.ィ'´ ̄``:.:ー-、\`丶、
           /: ://: '"´ ̄: : :\ヽ:}>、:.\
.         ,r‐fーマ,イ : /:/ ̄ ̄ ̄``丶 :.:\:.:\
        く―‐-、__〉/:/-――――- 、 \:、\: ヽ
     ,.ィ''7ミ_,斗<,イ:.:./: : :./: :,.ィ'"´: : } :\ ヘヽ:ヽ:.ヘ
    /  /:.く. //:.:.:./: \': :/: : : : :./: :,'!: \ハ:ヘ:. :ハ
.   /|   /:.:.ハムイ: : :/:./!: X: : : :._,イ:.:/ / | : |: ヽ!:.:!-‐┴-、
  ムj _,厶://{ ,':.:. :i,ィfテッ、-ヘr''"/:./,イ 」_;ム:.:.リ:.:ト、ー-、 {
  「 ̄、-‐<:.:./∨:.:.:.:.|`|ハ::::},ハ -‐''"´/ィ'"´!:/!: :/:.:.:!:|、\ーリ
  レ'´ ,':.ハ:.:.:/:.:.:|:.:. : :|ヽ'=ソ        /刋ミハ/:./: : :,':.| |  K、    あなたが先に話をするというのはどうかしら?
    i/ |: :|:.:.:.:| : : : i         {krjノ '",イ : : /!:.| レ'ト \
    |!  !: :ハ:.:.ハ : : :ハ   /ヽ、 _'_   `"´ / : :./|: :.|.〈:.:.i    ヽ
      /∨::,ヘ: :|、: : : iヘ. {::::::::::ノ     ,イ_,.イ:/| : |ヘ∨     !ヘ
.      / i::./ ∧:| ヘ : ハ \`ニ´-‐ '"´-―‐-、:./|: ,'/\    | ∧
    ,イ   |::i ,'::.ヽ! ∧:.|、_  / ̄`Y´  \ ∧_/i/    ヽ  ム-‐'
  /   |::|.! : :: :: 厶ハ|.::`Y´   / ̄`ヽ ヽ  } /      i\
 〃  ヽ |::||:: :: ::.::レ、__``/  /       ヘ`ヽ.ノ:|       |/~
〈 \    |:∥: :: :: | :: ::`7   {__       ハ_/::.::|_
. {   `'ー-、ハ ハ :: :: ::! :: ::/   /``ヽ\   | }-┤:: \
 ∨ \.  V.∧:: :: ,>'"ヽ_/   |:: ハ   !,イ └‐ー-ヽ
  ∨  ヽ   ハ.∧::/__  /    ∠ `ュ::| 〃
  ∨  >―\ {__ ``く   /     〈/ | `>
.   ∨ { :: ::r==t\` ー''tイ _,.、r'フ }__//ム
    `''ーヘ::く〉ー―v\∠`ヽ、__,.、-‐'"  /:: ::ヽ
      └‐ヽ--‐''7∧ヽ ̄``'ー‐―‐' :: :: :: ::\




       _,,.、、、、、.,,_
      /.:::::::::::::::::::..`ヽ、
     / .:::::::::::::::::::::::::::::::. '、
     | :::::::::::::::::::::::::::::::::,ヘ{ツ
     | ::::::::::::::::::::::::,ィゥ ノ j
     |::::::::::::::::::::::( |.!  ;{
     .|::::::::::::::::::rリ`l,〉   j}゙     つまり、励ましの言葉ということかい?
     }:::::::::::::::ノ゙  l  /.
     ,xァ''ー'゙'`    '、 /
    / ー`¨`''''ー-- 、」゙'′_
   ''^ーァ 、_____  ̄ /
   `>'、,     '''"´ ̄ ̄_二ヽ、
   /           /    ヽ
   ,'        ,   /      ゙、
           l /  __      !
           l, l  く,_  、   |





111 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/13(土) 21:51:41 ID:UWVm4Mws

       ______
    ,,..-‐";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;` 、
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
  |;;;;i "'`~  "`~ `i||i" '' ゙` " |;;;;;;|    それならむしろ、カテリーナの嗅ぎ薬の手伝いをするね
  |;;;;|       ヽ`     u  |;;;;;|
  .|;;| ,-;;;;;;;;;;"フノ  ヾ`;;;;;;;;;;;;;;;ヽ |;;;;|    できる夫と俺じゃ心理的反応が違いすぎるんだ
 ,,ト;| ',,_==-、く    >゙-==、  |/ i
 |i 、|   ' ̄"彡|         || |    向こうはこっちのことを、
 |'. (|       彡|          |)) |
  ! 、|      i,"(_ ,, 、,      |" i     はしゃぐばかりの道化だと思ってる
  ヽ_|        `         .|_/
   .|゙      、,.--‐ 、,,     |
   .i ゙、    '  ̄ニ ̄     /|
   |   、      ̄ ̄    , ' |
   |  i ` 、    (    , "   |
   |      ` ー---― "|    |
   |  |          i     |




        / : : ; : : /_..-───- ._: :\
.      / : ; : :/: : /´ ______\: ヽ
     /: : _/: :/: : 厶 '´: : : : : : : : : : : : : :`ヽ: ヘ
     /:/ ,.'7: : :/: : : :|: : : : : : : : : : : : : : : : ヘ: ',
    /' , '/ i: : : :|: : : ∧ : : : : : : : : |: : : |: : : : i: |
.     ハ厶i. |: : : :|: :.|:.l ',: : | : : : : : |: : : レ': : :|: |
    |:.7 /トr|: : : :∟」_|  \|\ : : : | x'´ハ: : : ;' ハ    はしゃぐばかりの道化、ね
    |:.' /: | r{ : : : |: ∧「`ヽ、.___,.\: イ__V_,|: :rf:/| |
    |:| |: :.| | |: : : :N 'Tに叮    ヾ hィ}r〈 { 'j.ト'|   確かにあなたにはその傾向があるわ
    |:ヽ: :.| |、|: : : :|   ゞ-‐’       ̄´l | | l': :!
    l: : : └ : ヘ: : :|、         '   ノ } リ : |
    ∨: : : : : :|ヘ: :.l \     r─ャ _.  '´   l: ,l: |
   ,.、ヘ\ : : | ト: l  `   ._  ,r´       イ、 j/
  ,〈 ', ', ヽ: } | ヽ     / 「|    ィ ´|||',
  / ',. ', ',  V  |          ム -‐ ´ } ||| |





112 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/13(土) 21:52:06 ID:UWVm4Mws

                  _.  --────-  ._
             _.   ´.:.:.:.:.:____:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`
      ヽー--‐ ´:.:.:.:.:.:.:.>' ´____  `丶、:.:.:.:.:.:.
        ` ャ‐.:./:./'´.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`丶、 ∨:.:.:.:.:.       でも、それは本当の心情を
         /.:./.:./:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\∨:.:.:.:.l.
       /.:.:./.:.:/.:.:.:.:.:/|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ.:.:.:.:.:!:       隠すためのものじゃないの?
      /.:.:.:.:/.:.:/.:.:.:./.:./ |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨:.:.:.!:
.     /.:.:.:_/.:.:/.:.:.:./.:./   |:.:.:l∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.|:      雑談で誰かが言ってたんだけど、
     |:.//.:.:.;'.:.:.:.:ト:/.   l:.:.:| ∨:.:.:.:.:.:.::.:|:.:.:.:.:.__:.:|:.:.:.:.|:.
     f′ !:.:.:.!:.:.:.:.:|:/ \.  '.:.:|  、:.:.:.:. _.斗、'.:´.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.|:.:      あなたの心の奥底には
       /|:.:.:.|:.:.:./|:′   ヽ ヽ!  \.'´:.:. ! \:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.|:.:
.       /.:.|:.:.:.l:.:.:.{ |!      |   \:.:.|   ∨.:.:.:|:.:.:.:.|:.:.      たいへん性格のいいおとこがいて
     //|:.:.:.|:.:.:l:'.l  __         ヽ!__ ∨.:.:|:.:.:.:.|:.:.
     /.:ヽ ∨:.|:.:.:|:.'. '´  ̄`ヽ      ィf´ ̄`ヽ ∨ |:.:.:.:.|:.:.:     外に出ようともがいてるんですって
.    /.:.:/|:.∧:.|:.:.:|:.:l       ,         r 、     }.:.|:.:.:.:j'ヽ
    i:.:.:/ l/ ∧l\|:.:|     ___    l l   /.:/.:.:.:.,  〉
    l:.:.′{. /.:.:|.:.:.:.:.:.     |- .─ー--`l  | |   /.:/.:.:.:/ /.:
    |:.′ l`.:.:.:.|:.:.:.!:.:ヽ.    V      ,′ ! |   /.:.'..:.:.厶ィ.:.:.
    l:!   ∨.:.:.:!:.:.:|:.:.:.:.:\   、     /   ′l __/.:r'7.:/.:.:./.:.:.:
    ||.   ∨.:.:l:.:.:L -=ミ. \  ` - '  / /  V /:/.:.:./.:.:.:.:.
.    {    ∨ ヘ.:.|    \. > .__ ./' - ' ´ V:/.:.:./.:.:.:./




               /:.:.:.:/  /     .!:ト、M:_:.:.:.:.:.:
               .′:.:/ ¨二二メ、  l:ル'   ´ヽ:.:.
             .   l_:.:.:.j  .ヘ弋以 ミメ   __  i .!:.:
              / l:.:l        j  / rrzx..`ヽj:.:.;
.              .//ij !/ /        :iト .ヾ┴ /:./
.            . .l l(        v__,  |  ヽ  .':./
.              ∨ し       `く__У   / ':_:{
.            .   Y :|    ー<⌒ヽ    ./ / リ
.               | :!     、  ゙¨´  ./ / /
.               | 八      >一   /_/  ___
.               !  丶、___      .ィ   / : `
              |   ∨////`ヽ=彡' :| <.   :
          ..  / |    ∨ZZZ彡'   :ト、  l.  :
.          __/  /|             |: \ \
        _/    :/ .!             !:  \
     .x<./    .′:!             :|    ト、
   x<   /     ;  !             :!    | \
       /     ;  J             :|     . | .   \
.       /      .;               :!    |





113 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/13(土) 21:52:41 ID:UWVm4Mws

              _,..-──- 、、
           ,、-'"´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:``ヽ、
         ,r'´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、
        /::::,r'゙ァー-ー'ア"リijk´ ̄``""´``i::::::::i
       ,!::::::!       ,!トゝ、         l:::::::|
       |::::::!         ,!ヾ、,,_      ゙i:::::!
       |::,::l ,ィニニニ二r'´  ゞ二ニニニゝ、 ,!:::j    …よしわかった、できるだけのことはしてみよう
       ,rゝ;l. ´ ,ィ=≡'´レ   '`ヾ==-、  .! !^i
      .i r、i;i      ' ´:;    ` `      リイ^!    だが、奇跡はあてにしないでくれよ?
       | ソii        j             l!ヽ l
       i ,!( ,!      `ゝt''´         | j!,!    性格診断によると、駆け引きの際は最低点なんだから
       `、. `i        _,,_ __       ,!レ'/
        \!      ィ-‐ーー-ゝ     ,!,イ     それで今、できる夫は
          i、       ー一        / i/
          |`、                /  'i      どこに隠れているんだって?
          |  \     ;       ,イ   |
          |   \ ___,__, ィ´/   |
         _,!              /     l、_
    ,,、-‐ ''"´ i  ;             ! !   ̄``''ー- 、
          l   ;          ,'  ,'  !  ;




            __ __ _
.        _ , '"´  ,. _ ___`丶、
      / ` /  /´-‐ァー-ヽ \
.      / /下7 ..///.:.::/ .:.:ト、 ヽ      ディスカバリー号のポッド・ベイよ
     / └イ_j/ .://;へ、/!.:.::/:.}ヽ ',
    ,'  ///!l .::j.:lイ仔くヽ/,.イ,.ム:.', l    最終レポートを仕上げるとか言ってるけど
    ,   '〈/f`| l ::l`' ゞゾ '´ rャjノ::.l:. |
    |  l:l :!:{、| l ::|        マソハ: |:: |    信用はできないわね
    |  l:l::i个| l ::l!     _ ′ } .:}:.l:: l
    |  lハ:l::{::', ::::{、         /.:/::.l:: l    私たちと顔を合わせずにいられる場所の中で
    l !:|:::',::',::ヽ:::ヽ\._    /.:/::::/l::;!
.     ',::{:{、:::ヽ\:\;ゝ `「:フ´!::::/;:::/ 〃     あそこがいちばん静かなところだから
.     ヾハj>''´ ヽ ト、_..上くイ::::{ {::{/
    /⌒ヽ、\ ` \-ー ̄\ヾ
   /     ヽ \\    \´ ̄`ヽ、
.   l     ',  \\   \  __| \
.   |      ',   \`ヽ、  ∨n| } ト、





114 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/13(土) 21:53:13 ID:UWVm4Mws




      ._,v- ' '゙ ̄ ̄¨^^'''ーv、
    .,ノ:::::::::::::::::::        ゙'=、
   ..,r‐¬=-     :::::::::::::::::::::::::::::::\                             .r ⌒ヽ
  /      \             )、                           !、  ノ。
  /|       }:::::::::::::::::::::::::::        i                            ┣┫
 ノ \   .,ノ   :::::::::::::::::::::::::::::::     ).━━━v━━━━v━━━━v━━━━v━┻┻━v━━━
 |     ̄  :::::::::::::::::::::::::::::::::       ]-───╂-───╂-───╂-───╂-───╂-─
 |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  __ /|-───╂-───╂-───╂-───╂-───╂-─
 (.´'¨¨' ' 'ー、、、、,、.....___....,,vv--ー''゙ 「  丿━━━^━━━━^━━━━^━━━━^━━━━^━━
  (       :::::::::::::::::::::::::::::::::::::   丿
  丶   ::::::::::::::::::::::::::::::::::   :::::::::::)'′
   .\               ,>'′
     .゙'‐__   ::::::::::::::::::::::::::  v┘
       ¨'''ー--------ー^″





115 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/13(土) 21:53:38 ID:UWVm4Mws




                                      __
                                   ..,/´_____/__ ̄ ̄ ̄_ ̄__`ヽ、
                                 ..,/_///|(~)//~I~|~|~|~I~I((~)`,ヽ、
                                ,/_~~~~~(___ノ---L」_|__|__I,__\_,,ノ..`ヽ、
                               / /~ニニニニ|        ̄~  __、.`ヽ、
                             .../、.(.(   / .| |、          ヽ-o_,,,ヽ
                             г-ノ ニ/ユ../г-iヽノ 、----------‐‐'''ニ,,,,‐‐|i‐ヽ、
                            .../ ,___/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l,  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄..,,,,,, ..`| ..ヽ、
                            ./. ./../.,/~ ̄ ̄`'‐、...|‐‐i         ア‐‐、ヽ,.i  .`i
                            | ../..//´  _,,,,,,,,_ ..ヽ..| ..|        c||,___ノ...ア.|ヽ ..,)
  ._,,,,,,,,,,,,,,,___                   ...| /../.|  .ア   .ヽ, ..|`i `i        ヽ____ノ___| ヽ‐.|
 ..(____(_  /..ヽ                   |_/_/...|.__ |     | ..|.`i `i        .г‐'''~__ _\... |
    /~/7| .|                   i⊥__|・|  .|、   ..ノ ノ `i___|____________,,,,,,,,/``-i ̄==~ヽ |
    |..| ||/‐、                  〉、.`i..`i、 ヽ_____ノ ,ノ ..._|___________,,,-----ト、 |~   | ...|
 г--|_|イヽ|.O 〉、                 |.`i  I `‐、______,,,ノ . /       (、<()..)...||.ア‐ヽ.| ..|
 └,,,l___~|し)\ノ 〉、               j `i、_\__      .../         `‐/‐'''' .||(..().)| .ノ
     `‐‐'ヽ~__ノ .ヽ              (  〉'ク´  ̄T‐‐,,,,,,,,/___ _____________,,,,,,,,/   ...||..〉==ノ/、
        `ヽ   ...)            .,/‐‐(__ ̄`-‐-i_____/ __|..'‐-----‐‐‐‐./    ..||.(_()ノ|ヽ,)
         .\__,,,,ノヽ___        __/ミヽ、_ ̄ ̄`、_‐‐‐,,,,,,,,/       ,_,,,/‐‐‐‐ヽ、.|| ..~__| ヽ
           .\  ヽ3‐o__‐‐‐‐‐‐‐ヽ`ヽ..〉‐‐‐'''''''''‐┐T‐,,,,\___      /___`ヽ、  `ヽ‐‐'''´.ヽ |
             |‐0///´_..ヽ三|   ) )(___/ニニ|/~ヽ|.|_.|__| ̄ T~T‐‐‐‐T,‐‐-、ヽ i       .ノ..,ノ
             \_//ヽO |三ノ______ノ__ノ_/..ノ|.|=.|.| _|--`>,,,____ヽ-|  ,,ノ---、ヽ`i |      ノ-'´
              ..`' ..`ヽ/´    .. ̄~~‐‐| |...|.|/~~ヽ/ミミミミニ~~フ   ...)..ノ..ノ.ノ  ,,,,,‐‐''´
                          г--)_|ニ|.i( O..〉)ヽミミミrフ`_>、../-''-ノノ--''''´
                          .ト-、|_ ̄|,|。〉__/ノ ..ノヽ=-'V'/ヽ>'ヽ/ ̄
                             `-⊥_/ ̄~ヽ--ト-0/ノ.j'´O |
                                     ..ト-,,,,ノ/----''
                                        ~





116 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/13(土) 21:54:06 ID:UWVm4Mws

無重量状態のポッド・ベイにいる間は、なんとか気が紛れた


                  _____
                /         \
     .           /                \
     .          /                  \
     .         /                    \
          /     ´ ̄` 、    , ´ ̄     ヽ
          |                           |
          |       ( __ )     ( __ )       |
          |                           |
     .       \            ´          /
     .         \        - ─‐‐-        /
            /ヽ              イ\
           /                     \





117 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/13(土) 21:54:32 ID:UWVm4Mws

だが、気分が最低まで落ち込んだ時には、こう考えたこともある――


           _____
         /       \
        /_ノ   \   ヽ      もしここでハルにポッド・ベイのドアを開けるように命じて
        i(ー)  (ー )    |     ポッドでやる夫・ボーマンの行跡を辿ったらどうなるんでしょうか…
        ゝ  __`____      j
         ` _`ー'´    /      やる夫が出会い、
         /    _    `i      数週間前にワシーリが垣間見た奇跡に
        /  ̄`Y´   ヾ;/  |     私もまたぶつかるでしょうか…
       ,|    |    |´  ハ
       |    |    |-‐'i′l
       |__ |   _|   7'′
       (   (  ̄ノ `ー-'′




      ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \     そうすればいま抱えている問題は
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \
  |     __´___      |   すべて解決するでしょうに…
  \     ` ⌒´     /





118 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/13(土) 21:54:58 ID:UWVm4Mws

かりにクリスのことが頭になかったとしても
それが問題外の自殺行であることは明らかだった


             / ̄ ̄ ̄\
           /        \
          /  --‐  ‐--    ヽ
          |  (◯)  (◯)   |
          \    '     __,/
          /         \




ポッドは極めて複雑な装置であり、
戦闘機と同様に、できる夫にはその操縦は不可能なのである


                    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                  /           \
                 / /    ――――――\
  //◎\        /_|___       @)  |⌒|
   ̄| ̄| 「         | /  \|           | |
   \\|◎))\      | | (    |―――― ( ̄0) _|
      ̄  \  \    | \  /|      ( ̄ ̄0) |||||
          _     \  ̄ ̄     ( ̄ ̄ ̄0)  ̄
        //◎\___\     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
         ̄| ̄| |))    )二二(◎)_)_____/
         \\|◎ ̄ ̄ ̄     ̄ ̄
           ̄





119 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/13(土) 21:55:29 ID:UWVm4Mws

できる夫は大胆不敵な探検家に生まれついてはいない
――その妄想は実現のあてのないままに終わるだろう


               ____
             /::::::::::::::::::\
            /::::-::::::::::::-:::\
          / ( ○ ):::::( ○ ) \
          |    :::::::__´___:::::::   |
          \    ::::::::::::::::::::   /
           / ::::::::::::::::::::::::::::::: \
          ...|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |





120 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/13(土) 21:56:20 ID:UWVm4Mws

☆.。 .:* ゜☆.  。.:*::::::::::::::::゜☆.。. :*☆:::::::::::::::::: 。.:*゜☆.。.:*
::::::::::::: :::::::::::::::::: :::::::::。.: *  ・゜☆   ::::::::::::::  :::::::::: :::::::::::::::::☆.。 .:*・゜☆.  。
:::::::::::::::::::::::: :::::::::::::::.:*゜☆   ::::::::::::::::  :::::::::::::::::::::::::. :*・゜☆.::::::::::: :::::::::::::::::::::☆
。.: *・゜☆.。. :* ☆.。:::::::::::::::.:*゜☆   :::::::::::::::::::::。.:・゜☆.。
::::::::::::::::: * ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  ☆.。::::::::::::::::::::::::::::::.:*・゜☆   ::::::   ::::::::*゜☆.。
:::::::::::::::::: :::::::::::::::.:*・゜☆   :::::::::::::::::::::::::. :*・゜☆.::::::::::::::::::::::::::゜☆.
:   :::::::::::::::::: :::::::::::::::::::::::   :::::::::::::::::::::::::   *  ゜ ☆.。::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
☆.。 .:* ゜☆.  。.:*::::::::::::::::゜☆.。. :*☆:::::::::::::::::: 。.:*゜☆.。.:*
::::::::::::: :::::::::::::::::: :::::::::。.: *  ・゜☆   ::::::::::::::  :::::::::: :::::::::::::::::☆.。 .:*・゜☆.  。
:::::::::::::::::::::::: :::::::::::::::.:*゜/☆   ::::::::::::::::  :::::::::::::::::::::::::. :*・゜☆.::::::::::: :::::::::::::::::::::☆
。.: *・゜☆.。. :* ☆.。::::::::::::/ :::.:*゜☆   :::::::::::::::::::::。.:・゜☆.。
::::::::::::::::: * ::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::  ☆.。::::::::::::::::::::::::::::::.:*・゜☆   ::::::   ::::::::
:::::::::::::::::: :::::::::::::::.:*・゜☆   :::::::::::::::::::::::::. :*・゜☆.::::





121 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/13(土) 21:56:58 ID:UWVm4Mws

     ,, - ―- 、
  ,. '" _,,. -…;   ヽ
  (i'"((´  __ 〈    }       やれやれ、こんなに気の重い任務は久しぶりだな…
  |__ r=_ニニ`ヽfハ  }
  ヾ|!   ┴'   }|トi  }
   |! ,,_      {'  }       できる夫の家庭の事情は気の毒に思っているが
   「´r__ァ   ./ 彡ハ、
    ヽ ‐'  /   "'ヽ     傍の慌て振りは見ていて少々いらだたしかったな
     ヽ__,.. ' /     ヽ
     /⌒`  ̄ `    ヽ\_
    /           i ヽ \
   ,'              }  i  ヽ
   {             j   l    }
   i   ヽ    j   ノ   |   } l
   ト、    }   /  /   l  | .|
   ! ヽ      |  ノ    j  ' |
   { |     } |      l    |
   ヽ |     i  | \    l    /|
    { |     l   |     |   / |




            __
         ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
      ,!;;;! '~  "~ `i||i"  '' `ヘ;;;!    俺の感情生活はできる夫と違って広く浅く、だ…
      |;;;|     ヽ`   u ミ;;;|
     _ゞ;!,-;;;;;;;"フノ  ヾ`;;;ヽ 、ミ;リ     できる夫のように、バスケットに手持ちの卵を
     !ヘl;|.,,_==-、く` ,>゙-== 、「ヽ
     !(,ヘ!   ̄'"  |ミ.' ̄" , ドリ    みんな詰め込むような真似はしない
     ヾ、!      !ミ    ,レソ
       `|      ^'='^     ム'′
.       ト、   、,.-‐ 、,,  /|
       i| \  ' ニ   イ.:|
      ,イi| ゙、\  (   /リ.:;ト、
     ノ :.:i|  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::::!:::\





122 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/13(土) 21:57:38 ID:UWVm4Mws

       _,,.、、、、、.,,_
      /.:::::::::::::::::::..`ヽ、
     / .:::::::::::::::::::::::::::::::. '、
     | :::::::::::::::::::::::::::::::::,ヘ{ツ   だが、「あまりにも自分を薄っぺらく引き延ばしすぎていないか」
     | ::::::::::::::::::::::::,ィゥ ノ j
     |::::::::::::::::::::::( |.!  ;{    そう注意されたことも一度ならずあったな
     .|::::::::::::::::::rリ`l,〉   j}゙
     }:::::::::::::::ノ゙  l  /.    そんな生き方を後悔してはいないが、
     ,xァ''ー'゙'`    '、 /
    / ー`¨`''''ー-- 、」゙'′_   俺もそろそろ腰を据える時期かもしれないな…
   ''^ーァ 、_____  ̄ /
   `>'、,     '''"´ ̄ ̄_二ヽ、
   /           /    ヽ
   ,'        ,   /      ゙、
           l /  __      !
           l, l  く,_  、   |





123 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/13(土) 21:58:04 ID:UWVm4Mws

できる夫はポッドの中に座り、
ウォルターの入ってきたハッチに背を向けてメモの口述をしていた


                    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                  /           \
                 / /    ――――――\
  //◎\        /_|___       @)  |⌒|
   ̄| ̄| 「         | /  \|           | |
   \\|◎))\      | | (    |―――― ( ̄0) _|
      ̄  \  \    | \  /|      ( ̄ ̄0) |||||
          _     \  ̄ ̄     ( ̄ ̄ ̄0)  ̄
        //◎\___\     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
         ̄| ̄| |))    )二二(◎)_)_____/
         \\|◎ ̄ ̄ ̄     ̄ ̄
           ̄


           _____
         /       \
        /_ノ   \   ヽ
        i(ー)  (ー )    |
        ゝ  __`____      j
         ` _`ー'´    /
         /    _    `i
        /  ̄`Y´   ヾ;/  |
       ,|    |    |´  ハ
       |    |    |-‐'i′l
       |__ |   _|   7'′
       (   (  ̄ノ `ー-'′





124 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/13(土) 21:58:29 ID:UWVm4Mws

ウォルターがわざとらしく音を立てて近づくと
できる夫はゆっくりと振り返った


                                    ___
                                 ,.'"´   ``ヽ、
                                / .        ヽ
                                }f^'^^了t^'^'`'1  |
                                | ⌒ !  ⌒ {  .!
                                | ● i  ●   } !
                                l   ,_,、_,     ノ/
                             /⌒ヽヽ、 ヽ_)    j /⌒i ミ
                             \ ll|l   > __,. イァ/ l|lll
        ____   ,              人l||l  ヽ |  / >  |l||l 从 バンバン
       /     \  -              ( ⌒ )   ヾV く   ( ⌒ )
     /  ⌒   ⌒\`
    /   ( ●)  (●) \
    |      ___´___    |
    ヽ、    `ー '´   /





125 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/13(土) 21:59:00 ID:UWVm4Mws

         ____
       /     \
      / ⌒   ⌒ \    ・・・・・・・・・・・・・
    /   (●)  (●)  \
    |      __´___     |
    \      `ー'´    /




                            ,, - ―- 、
                         ,. '" _,,. -…;   ヽ
                         (i'"((´  __ 〈    }
           ・・・・・・・・・・・・・     |__ r=_ニニ`ヽfハ  }
                         ヾ|!   ┴'   }|トi  }
                          |! ,,_      {'  }
                          「´r__ァ   ./ 彡ハ、
                           ヽ ‐'  /   "'ヽ
                            ヽ__,.. ' /     ヽ
                            /⌒`  ̄ `    ヽ\_
                           /           i ヽ \
                          ,'              }  i  ヽ
                          {             j   l    }
                          i   ヽ    j   ノ   |   } l
                          ト、    }   /  /   l  | .|
                          ! ヽ      |  ノ    j  ' |
                          { |     } |      l    |
                          ヽ |     i  | \    l    /|
                           { |     l   |     |   / |





126 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/13(土) 21:59:48 ID:UWVm4Mws

               _ ___
           、=''"´  ´  ̄`゛''‐-..、
         ,.,r'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`゛''‐、、
        ,.':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ィ_ ,.,::::::::::::::::)ュ
       ,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ミ   `ゞ~rr ,イ    D・フロイド博士、
       {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ミ       ハフ
       l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉,¬─- ..,,,__ l     我らが愛するキャプテンからのメッセージを携えてまいりました
       !:::::::::::::::::::/、, ト,:::::::/   ̄弋jT'''`゙゙〈
       ;:::::::::::::::::ハ /ヽヽ::::{     ゛'‐.,   ヽ
       j:::::::::::::::::l ヽ(,2 `゛           ..ヽ   「今こそ貴殿が文明世界に復帰なさる潮時であろう」
        !:::::::::::::::l:  \__           ´,ニ./
        リ::::::::::::l     ィ       ャ;‐_rー'     とのことです
        ,jゝ:,r;ソ     }:ヽ          ..〉
      _/:(  ` -., i ! :::\      {´
_.、..::ー:: ̄ヽ;:::::::::\     `-!  :::::::ゝ .、_, ,, ノ
:::::::::::::::::::::::::'、::::::::::::\    `\ `'j(,
:::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::',     \ヘ::\
::::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::',     /;;ヘヘ:::::\
::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::∧    /;;;;;;;;;ヘヘ:::::::ヽ、_
:::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::/::::ヘ  ∧;;;;;;;;;;;;;ヘ::\::/:`>.、,.
:::::::::::::::::::::::::::::::::::\::/::::::::::ヘ/  \∨;;/ヘ::::::\:::::::::::::::`ヽ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::ヽ   /;;;;;;! ∨::::/:::::::::::::::::::::ヘ





127 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/13(土) 22:00:22 ID:UWVm4Mws

        / ̄ ̄ ̄\
      /        \
     /  \   /   ヽ   ・・・・・・・・・
     |  (_)  (_)   |
     \  、__',_,    __,/
     /         \




         ____
       /     \          丁重なお言葉に感謝すると伝えてください
      /  ⌒   ⌒\
    /   (● )  (<) \       ――申し訳ありません、
    |       __´___    |
    \       `ー'´   /        いろいろ迷惑を掛けてしまって…
      〉         ⌒ヽ
.     |          、  \_      次の6時会議ではみんなに会いますよ
      !          ヽ   _⌒)





128 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/13(土) 22:01:08 ID:UWVm4Mws

     / .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
    /  .::::::::::::::::::::::::;;:;;::,ッ、::::::::::::::::::::::::::::::'.,
    l  ,ッィrj,rf'"'"'"    lミ::::::::::::::::::::::::::::::',
     Y           ,!ミ:::::::::::::::::::::::::::::::::}
     |          くミ::::::::::::::::::::::::::::::::::l
.     |、__  ャー--_二ゞ `i::::::,ィ ,、ヽ:::::::::::::::!    (どうやら作戦は成功したみたいじゃないの
     ゝ、'l   ゙̄´彑,ヾ   }::;//ヽ ハ:::::::::::::::;
      ゙ソ   """"´`   "´ 2ノ/::::::::::::::j     これなら安心して話題を変えられるな…)
      /              i  ,  /|::::::::::::::ノ
     〈´ ,,.._          i  't-'゙ |:::::::::::リ
      ヽ,,、'~`      U ;   l    ヽ:ゝj、
       ゙,_,-、_,ノ`         /!   /  \
 |/      ゙,`'" ,,y       /;   /
 |/  彡  ゙、-'       / ;   /
   /|/     ゙、       / ;;','   /
   /      `ー ─ぐ;;;;' ,'  ノ
    |          ヾ_、=ニ゙、、,,_
    |        ,、-'´





129 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/13(土) 22:01:30 ID:UWVm4Mws

                    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                  /           \
                 / /    ――――――\
  //◎\        /_|___       @)  |⌒|
   ̄| ̄| 「         | /  \|           | |
   \\|◎))\      | | (    |―――― ( ̄0) _|
      ̄  \  \    | \  /|      ( ̄ ̄0) |||||
          _     \  ̄ ̄     ( ̄ ̄ ̄0)  ̄
        //◎\___\     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
         ̄| ̄| |))    )二二(◎)_)_____/
         \\|◎ ̄ ̄ ̄     ̄ ̄
           ̄


    〃                 i,
   r'   ィ=ゝー-、-、、r=‐ヮォ.〈
   !  :l      ,リ|}    |. }     今度、このポッドはいつ発進するんだろうな
.   {.   |          ′    | }
   レ-、{∠ニ'==ァ   、==ニゞく     その時に誰が乗るのかってこともある
   !∩|.}. '___゙`   ./'__` f^|
   l(( ゙′` ̄'"   f::` ̄' |l.|
.    ヽ.ヽ        {:.    lリ     何か決定は?
.    }.iーi       ^ r'    ,'
    !| ヽ.   ー===-   /
.   /}   \    ー‐   ,イ
 __/ ∥  .  ヽ、_!__/:::|\





130 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/13(土) 22:02:08 ID:UWVm4Mws

        ___
       /      \        ありませんよ
     /   ⌒  ⌒ \
    /   ( ー)  (ー) ヽ      ワシントンは怖じ気づいていて、
    |  u   ___`___     |     モスクワは一か八かやってみろ、です
    ヽ、    `ー '´   /      ターニャは焦るなと言っています
 ⊂⌒ヽ 〉         く /⌒つ
   \ ヽ  /      \ ヽ /




         _,r'´::::::::::::::::::::::::::`'、.      /
        {::::::::rr-‐-‐'^i::::::::::::::i.     !
         ゙l'´゙《   __,,,ゝ:::r、:::::l     |     あんたの意見は?
         ト=r;、 ゙"rィァ‐リメ }:::::}    ヽ
          ゙i`"l   ̄    ソ::::ヽ    l′
          ゙i. ゝ^   ,  /ヾヾヾ、   ヽ,
           ヽ ゙こ´  /     ヽ、   ∠_
            ヽ、  /__,∠、    `'-、   ^ー――
             `゙ク'゙´   `    ゙'、 ヽ
             /           〉 ヽヽ
            ィ               ヽヽ
         _,,-'´:::                 ゙i
        /    `                  }
      /         ,-ィ‐r'´´      /   l
   __r'〈      ,ノ   / ```l       /     l
-‐ ´      ‐ '' ´  /l:::    l     ー'´      l




           ____
         /     \
        /  \   /\       私もターニャに賛成です
      /   (●)  (●) \
      |         ´     |      ここを飛び立つまでザガートカに干渉すべきではありません
      \       ⌒    /
    / ̄ ̄ヽ           \      何か問題が起きても、飛び立つ時なら危険は多少減りますから
   (「    `rノ          \
    ヽ   ノ              \
     |   |             「\   \





131 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/13(土) 22:03:06 ID:UWVm4Mws

            __
         ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
      ,!;;;! '~  "~ `i||i"  '' `ヘ;;;!
      |;;;|     ヽ`   u ミ;;;|
     _ゞ;!,-;;;;;;;"フノ  ヾ`;;;ヽ 、ミ;リ
     !ヘl;|.,,_==-、く` ,>゙-== 、「ヽ     ・・・・・・・・・・
     !(,ヘ!   ̄'"  |ミ.' ̄" , ドリ
     ヾ、!      !ミ    ,レソ
       `|      ^'='^     ム'′
.       ト、   、,.-‐ 、,,  /|
       i| \  ' ニ   イ.:|
      ,イi| ゙、\  (   /リ.:;ト、
     ノ :.:i|  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::::!:::\




       ____
      /    \
.    /   ノ '  ヽ\
.  / /)(ー) (ー) \    どうしました?
  | / .イ    '       |
  ∨,'才.ミ).  -‐‐-  /
.   | ≧シ'        \
 /\ ヽ          ヽ





132 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/13(土) 22:03:30 ID:UWVm4Mws

            ___ _
         -‐''"´ ̄ `  `''ヽ=、
     ,.‐''"´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   r(:::::::::::::::::,、_ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::
   ゞ, rr~ヅ   ミ:::::::::::::::::::::::::::::::::
    フハ       ミ::::::::::::::::::::::::::::::    これは絶対に他言して欲しくないんだが…
.    l __,,. -─¬,〈::::::::::::::::::::::::::::::
     〉゙゙`'''Tjフ ̄   ヽ::::::,ィ ,、ヽ:::::::    実はマックスが単独調査をやる気でいた
.    /   ,.‐'"      }:::/ /ヽ ハ:::::::
   /..             "´ 2ノ/ l:::::
.   ヽ.ニ,`           __/ :l::::
.     'ーr_‐;        .ィ    l:::
      〈..        /:{      ヽ
       `}     /:: ! i
       丶、,、. イ::::::    !




        ____
       /ノ   ヽ、_\
     /( ○)}liil{(○)\     まさか、本気じゃないでしょう!?
    /     _´_    \
    |   ヽ |!!il|!|!l| /   |    ターニャに知られたら鎖につながれてしまいますよ!?
    \    |ェェェェ|     /





133 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/13(土) 22:03:55 ID:UWVm4Mws

       _,,.、、、、、.,,_
      /.:::::::::::::::::::..`ヽ、
     / .:::::::::::::::::::::::::::::::. '、
     | :::::::::::::::::::::::::::::::::,ヘ{ツ     同じ事をこっちも話したよ
     | ::::::::::::::::::::::::,ィゥ ノ j
     |::::::::::::::::::::::( |.!  ;{      とにかく、それは説得してやめさせた
     .|::::::::::::::::::rリ`l,〉   j}゙
     }:::::::::::::::ノ゙  l  /.
     ,xァ''ー'゙'`    '、 /
    / ー`¨`''''ー-- 、」゙'′_
   ''^ーァ 、_____  ̄ /
   `>'、,     '''"´ ̄ ̄_二ヽ、
   /           /    ヽ
   ,'        ,   /      ゙、
           l /  __      !
           l, l  く,_  、   |




\\ /:::::::::::::::::::::::::::::::::::
  r'::::::::::::::::::::;;:;;:;;:ッ、:::::::::::
\ レ''''jrTf"    lミ::::::::            これは現実なんだ
   |        〈ミ::::::::
\ |、_ ャー‐__二ゞ ヾ::、           どっかのヒーローが仲間にも言わず
`` ゞ:}   ̄'互.ヾ  }:j ん
   l/   """"´`    )ノ          宇宙にこっそり飛び出して大発見をする
=-- /           l  (ノ
== `弋"__,....._     !  !           そんな馬鹿げたビデオドラマとは違う、とね
     ゙、`ー‐'     ,'       \
''"´    ゙、 ̄    / ,'         \
/     ヽ__/::;' ,' ノ       `ヽ
  //      ヾ_,'∠..,,__
// //   /´





134 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/13(土) 22:05:03 ID:UWVm4Mws

          ___
        /      \
       /ノ  \   u. \     (私自身、似たような線で考えていたとは
     / (●)  (●)    \
     |    __´___    u.    |    口が裂けても漏らせません…)
     \ u. `ー'´       /
      ノ           \




       ___
      /     \
    /   ⌒  ⌒\
   /   ( ー)  (ー) ヽ     断念したことは確かなんですか?
   |  u   ___`___    |
   ヽ、    `ー '´  /





135 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/13(土) 22:05:32 ID:UWVm4Mws

     r(    ,、_         /   200パーセント保証する
     ゞ, rr~ヅ´ ミ        ,'.
      フハ    _ ミ        {    あんたがハルの件でとった予防策があっただろう?
.      |_.. -'_"-'´\  r'⌒ヽ  {     それをポッドにやったんだ
      ゙i`'''Tjフ   } ミトー } l
      ,' ,.‐'"    { {い) / ノ_    もう俺の許可無しでポッドを飛ばすことはできない
      ,'        ゞ゙ f クァ ―`‐- 、.._,、
     〈.、,..        ,.‐'´      `' 、``丶、
       )__.. -ァ   /
        Y´_   ./   \    \\
         ゙i゙   {     \    \\
         丶、,、イ       \    \\
             {        \    \\





137 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/13(土) 22:07:10 ID:UWVm4Mws

        ___
      /      \
     / ::\::::::/::: u\      それにしても、まだ信じられません
   /  (⌒):::::::(⌒)  ヽ
   |       、__',_,   u.   |     マックスが君をからかった可能性はないんですか?
   \    `‐'´     /
    /⌒ヽ   ー‐   ィヽ




            ___ _
         -‐''"´ ̄ `  `''ヽ=、
     ,.‐''"´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   r(:::::::::::::::::,、_ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::
   ゞ, rr~ヅ   ミ:::::::::::::::::::::::::::::::::     マックスのユーモア感覚はそこまで鋭くない
    フハ       ミ::::::::::::::::::::::::::::::
.    l __,,. -─¬,〈::::::::::::::::::::::::::::::     それに、あの時期は相当におちこんでいたからな
     〉゙゙`'''Tjフ ̄   ヽ::::::,ィ ,、ヽ:::::::
.    /   ,.‐'"      }:::/ /ヽ ハ:::::::
   /..             "´ 2ノ/ l:::::
.   ヽ.ニ,`           __/ :l::::
.     'ーr_‐;ァ       ィ    l:::
      〈..        /:{      ヽ
       `}     /:: ! i
       丶、,、. イ::::::    !





138 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/13(土) 22:07:32 ID:UWVm4Mws

          _.. ‐'''''''''''' ‐ 、
        ,r'        \
        / ⌒         ヽ,     ああ、それでわかりました
        ( ●)   `―    ..i
       i.      ( ●)    |     ジェーニャと喧嘩した時ですね
        \ _´___       /
         \`ー'´   __/




       ____
     /     \
    / ノ    ヽ \      彼女にいい所を見せたかったんでしょう…
  /   (●)  (●)  \
  |      __´ _      |     でも、もう仲直りしたようじゃありませんか
  \        ̄    /





139 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/13(土) 22:08:10 ID:UWVm4Mws

            __
         ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
      ,!;;;! '~  "~ `i||i"  '' `ヘ;;;!
      |;;;|     ヽ`   u ミ;;;|
     _ゞ;!,-;;;;;;;"フノ  ヾ`;;;ヽ 、ミ;リ
     !ヘl;|.,,_==-、く` ,>゙-== 、「ヽ     そういうことですな…
     !(,ヘ!   ̄'"  |ミ.' ̄" , ドリ
     ヾ、!      !ミ    ,レソ
       `|      ^'='^     ム'′
.       ト、   、,.-‐ 、,,  /|
       i| \  ' ニ   イ.:|
      ,イi| ゙、\  (   /リ.:;ト、
     ノ :.:i|  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::::!:::\




          _ _ _
      ,. ;:'´;:;:;:;:;:;:;:;:;:`丶、
    ,r'´;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:`ヽ
   /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;ヽ
   !;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ミミ`゙゙゙゙゙゙从リリリ
   !;:;:;:;:;:r- 、;:;:/          !
   {;:;:;:;:;l ハ!;;! ,z==イ ;、,,j
   {;:;:;:;:;l い!;:!  =='  芹′     残念ながら
   .i;:;:;:;:;入 こ  //´    リ
    i;:;/   !  l,′  ( __ノ
  ``Xく     ト、 {  ;‐─./
   `ヽ\ _ L. \  ´¨¨/
      ̄ ̄``ヽ `ー く





140 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/13(土) 22:08:35 ID:UWVm4Mws

==============
それは、高利得閉回路における
正フィードバックの見事な例だった
==============


    ____
   / ⌒  ⌒  \
  ./( ―) ( ●)  \ チラッ
  /::  __',__   :::::  |
  |    `ー'´     .|
  \          /




        / ̄ ̄ ̄\
      /        \
     /  \   /   ヽ   ・・・・・
     |  (_)  (_)   |
     \  、__',_,    __,/
     /         \





141 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/13(土) 22:09:00 ID:UWVm4Mws

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
            ピキーーーーー フハ       ミ::::::::::::::::::::::::::::::ーーーーーン
.                   l __,,. -─¬,〈::::::::::::::::::::::::::::::
___________∧,、 〉゙゙`'''Tjフ ̄   ヽ::::::,ィ ,、ヽ:::::::_________________
. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`'` /   ,.‐'"      }:::/ /ヽ ハ::::::: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                  /..         U   "´ 2ノ/ l:::::
            むっ!  ヽ.ニ,`           __/ :l::::
.                    'ーr_‐;        .ィ    l:::
                     〈..        /:{      ヽ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




    〃                 i,
   r'   ィ=ゝー-、-、、r=‐ヮォ.〈
   !  :l      ,リ|}    |. }
.   {.   |          ′    | }
   レ-、{∠ニ'==ァ   、==ニゞく  ・・・・・・・・
   !∩|.}. '___゙`   ./'__` f^|
   l(( ゙′` ̄'"   f::` ̄' |l.|
.    ヽ.ヽ        {:.    lリ
.    }.iーi       ^ r'    ,'
    !| ヽ.   ー===-   /
.   /}   \    ー‐   ,イ
 __/ ∥  .  ヽ、_!__/:::|\





142 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/13(土) 22:09:27 ID:UWVm4Mws

 (( (ヽ三/)        (ヽ三/) ))
  .  (((i )   ___   ( i)))
  / /   ./ノ   ヽ_\   ヽ \
  (  く   /(●)  (●)\   > )   ぷっ・・・・・・
  \ `/::::::⌒ __´___ ⌒:::::\' /
    ヽ|        ̄      |/
     \              /




          (ヽ三/) ))
       ___ ( i)))
     :/::::::::::::::::\: \
   :/ ⌒三 ⌒::::::\ )
  /  (○)}ililli{(○ )::\:
 :|  ///  __´___::::///:::::| =3
  \      `ー'´::::::::::::/
⊂ヽ γ         ヽ
i !l ノ ノ            !
⊂cノ´





143 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/13(土) 22:09:51 ID:UWVm4Mws

    〃                 i,
   r'   ィ=ゝー-、-、、r=‐ヮォ.〈
   !  :l      ,リ|}    |. }
.   {.   |          ′    | }
   レ-、{∠ニ'==ァ   、==ニゞく  ぷっ・・・・・・・
   !∩|.}. '"旬゙`   ./''旬 ` f^|
   l(( ゙′` ̄'"   f::` ̄  |l.|
.    ヽ.ヽ        {:.    lリ
.    }.iーi       ^ r'    ,'
    !| ヽ.   ー===-   /
.   /}   \    ー‐   ,イ
 __/ ∥  .  ヽ、_!__/:::|\




    〃                 i,
   r'   ィ=ゝー-、-、、r=‐ヮォ.〈
   !  :l      ,リ|}    |. }
.   {.   |          ′    | }
   レ-、{∠ニ'ノァ    、\=ゞく
   !∩|.}.o゚((●))  ((●))゚o`
   l(( ゙′` ̄'"  f::` ̄  |l.|
.    ヽ.ヽ      ^ r'.    lリ
.    }.iーi   ヽ ̄~ ̄⌒/  ,'       (⌒)
    !| ヽ.  ヽ .   ./   /       ノ ~.レ-r┐、
.   /}   \  ヽ  ./  ,イ       ノ__  | .| | |
 __/ ∥  .  ヽ、 . ̄_/:::|\   〈 ̄   `-Lλ_レレ
                       ̄`ー‐---‐‐´





144 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/13(土) 22:10:18 ID:UWVm4Mws

         ___
       / ⌒  ⌒\
      / (⌒)  (⌒)\
    /   /// __´__ /// \
    |       |r┬ |    |
     \       ゙ー'    ,/
     /⌒ヽ         ィヽ
     / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |




   .r-、 _00           /::::'┴'r'
   .|::::'´::::r┘  !「`L00、|.l└ク_;厂  /
   .|::::「|:::|    l| |Ln:::r┘|.l _lニユ、 ./
   . ̄└r''"´]_ l| | r゙=゙┐ |└ァ::/ /  /
   、ヽ、 ,ゞ´_::::| l| |「二:::7 .|.l └′/  / /
   . \\`´ |:::|. l| l 〈::/  、 !     '/

           ____
         /  ノ_ ヽ,,\
        /  ≦゚≧ミ:≦゚≧
      /      ___'__  \
      |.       |r┬|    |
      \,      | | |   /
   __/" \、 ;  `ニニ  \
   | | /  ,r'うi=ョ=ョ=ョ=と) \
   | | / _/ ⌒ノ\ ____ ,⊂ノ゙、ヽ
   | | |   ゙/~  └‐─‐‐とソ   ノ
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


==============
数秒後には、ふたりは腹を抱えて
笑い転げていた
==============





152 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/11/14(日) 00:46:08 ID:8xUSiGIo

ツボにはまったということですねw





145 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/13(土) 22:10:49 ID:UWVm4Mws

危機は去った

それ以上に、心からの友情への第一歩を踏み出していた


 /'´ ̄ )/ヽ
./  Y/´ /,へ、
く、 {./  // ├(⌒ヽ
 \ ヽ ヾ」  | ./  /
  ヽ ヽ !! /Y  {
   `ヽヽノヽ( ( )ヽ
     \       i  , '´  ̄ ̄ ` 、            ____
.      i      } i r-ー-┬-‐、i          /_ノ ' ヽ \
      |     :{  | |,,_   _,{|         /( ≡)  (≡)\
.     |:      :|  N| "゚'` {"゚`lリ       /:::::::⌒ __´___ ⌒:::::::\
     |: :     :|  ト.i   ,__''_  !     .   |     |r┬-|     |
     i.| ::     |/i/ l\ ー .イ|、       \      `ー'´    .,/
.    |  :      |  \´ ̄`/ ´ .ヽ
    /        .|::... ヾ  ゙ヾ;;::;" ..::\
   /       ヽ...}゙l:::::::::::...   : :;"  :::: 、
   {  . ノ      ヽノ :、:::::::::・;: ;;;;''、,::::・ ;:ノ.. ヽ
   ヽ::/:  ヽ.........::ソ "゙''ー--'''''" ゛::; "゛'...}、:::: |
    ヽ:::...:::::::::::::_/::゛'ー_  ,,;;;!、  ,,;;;  ,、:::ノ
      ̄ー─'i::::::: .゙゙,,、  ;::''"`;:::;'''゛゛` /





146 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/13(土) 22:11:15 ID:UWVm4Mws

ふたりは互いの弱みを打ち明けあったのである


               ____
              /      \    r-、
            /⌒   ⌒  \ /   ゙i
/⌒ヽr-、  _   / (⌒)  (⌒)    i ふ.友 !
でや i! ::.'´ / ・ヽ | /// ___'__ ////   | え.人 |
き っ i!     ,, `●   `ー'      < ま.が |
ち.た i!  r-、 ーrイ/         ,'⌒ ! す.  |
.ゃね > ヽ :::、==´=}  ,〆 `ヽ   /  ヽ、!!   /
ん  i!ヽr=>   `ヘ>V⌒)ヾ,_ ノ ヽ/   /  `ー'
! ./  |'/,フ7   /⌒i:/ \       /|
`ー'   、' ' レi     ノ'    \   .ノ |




                                              第11話 END





149 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/11/13(土) 22:14:45 ID:iytJ0Xa6

乙でした





147 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/11/13(土) 22:13:13 ID:gp7Cposo

その最後のコマはw





153 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/11/14(日) 02:12:23 ID:szKmOsJk

ここは映画には出てこないし、初のビジュアル化かもしれない





150 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/11/13(土) 22:16:28 ID:uYZTfkzA

小説とも映画ともマンガとも違う感覚の鑑賞だ、さすが2010年なう!





154 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/11/14(日) 14:48:24 ID:e.Q6ZABc

ウォルターは気障っぽい優男が似合うと思っていたけど
こうしてみると阿部さんも悪くないな





151 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/11/13(土) 22:18:44 ID:5KqPuCl.

最初は「クルーに阿部さんがw」とか単純にウケてたけど男前だな、性格も





155 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/11/14(日) 20:17:48 ID:UX4hdFhw

木星の気球生物には気球と同じくらいの強度はあっても良さそうな気がする





157 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/11/15(月) 07:27:03 ID:DUo2bruc

木星は気体の世界で、防御力が必要な固体がないって発想じゃない?
岩が飛んできて気球をぶち抜くような可能性がなければ石鹸の泡でも何とかなるのかも
大気の嵐で翻弄されたり潰されることはあるかもしれないけど





158 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/11/15(月) 08:03:00 ID:VTnpZol2

どこぞの小説で知性体としてのランクは
「エネルギー>ガス>固体」という設定があった





160 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/11/15(月) 10:30:47 ID:/LsCXNfI

確かに肉体を持たない知性が高級というヒエラルキーが無意識的にあるな





161 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/11/15(月) 15:12:02 ID:draCXlt6

「知性」というものが情報そのものなら
不要物が少ないほど純粋だってことでしょうね
つまり、人間よりもコンピューターの方が・・・





162 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/11/15(月) 20:49:25 ID:IpF5Hf9Y

クラークのセンス・オブ・ワンダーには敬服するばかり










投稿日 : 2011/01/07 | カテゴリ : 宇宙の旅 | コメント数 : 2
■コメント一覧
  • No.9156 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年01月29日 21:45 [ edit ]

    ほんと恐ろしいなクラーク。良くぞこれだけ見てきたように嘘をつく。

    いや実際は全くの出鱈目じゃなく、豊富な科学的知識に支えられてこその創作力なんだろうけど。



  • No.26736 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2014年10月24日 06:09 [ edit ]

    イーガンの「ワンの絨毯」ではある星の草食動物すらいない海に
    海草が自己組織化した脆弱な生体コンピュータが出てくるな

    海草が巨大に連なって情報シミュレートをしていて、その中で発生した知性体同士が交信さえしている
    言わば小宇宙・小世界を内包した脆弱な固体生物って感じだった

    やたらな脆弱性は気体生物のアイデアに似てるが、知性というか情報処理力は桁違いなんだよな
    SF作家の考証が似たようなものを生んだのか、参考にした結果なのか?



■コメント投稿
     行間隔の関係でアスキーアートを貼りつけてもズレが酷いことになりますので、
     アスキーアート付きのコメントは削除する方針です。
     荒らしの書き込みに対してレス・言及しているコメントも削除対象ですのでご注意ください。
プロフィール

管理人 : 「ピチカー党員No.11」こと金ニダリスト

       ___
      |それ金|
    z'| ── 、
    / ハ ヘ u ヽ
  人/ノヽ ミ=‐...|_     生活の中心が株になっとる
    }≦ u 爻r.j. |彡}
  (  u  リ У{三≧
   ` ー─t r三勿 {气}
      厂 ̄(三)  `气


◆カウンター(ユニーク)    ◆カウンター(トータル)
       


全記事一覧

RSS

管理モード
ツイート
最新コメント
最新記事
まとめ記事
【歴史系】
【物語系】
【ゲーム系】
【学ぶ系】
連絡先はこちら

苦情・相談などありましたら、
下記のメールフォームにてご連絡ください。
(ファイル添付可能)

連絡用メールフォーム

貰い物紹介

TOP画像募集中

  

ダンジョンマスター作者様からいただいた逸品。
カナ、マジプリティ!



  

  

帽子屋HeII0様からの贈り物、しかも二枚!
各作品に対する愛情が伝わってきます。
帽子屋HeII0様のブログ - 「-simulacra-」

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
© それにつけても金のほしさよ All rights reserved.
まとめ