■【2010年】できる夫達が宇宙の旅に出るようです 第5部 星々の子 第12話 深夜勤務
172 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/28(日) 18:00:35 ID:QJB/aF1Y




                 【2010年】できる夫達が宇宙の旅に出るようです


                         2010 : Odyssey Two


                          。  ☆    .       。  ・
                                  .    .  /)      .
                ☆                      ,〇 ノ    ・  .
               。    .                  (_/         ゚
                           , - -   ゚   ・      ・  〇
              ゚            /  (● ●         ゚      . .
               。          ゝ  (__人)^) o    。
             .                ⊂     //   .      .     ゚
                  。  ・    (    〈               .
                           `~ ヽ_)       "   ""
               o  ゚       。  ☆              r─── - .
              ・      ・       ・   。       イ´ く`´    |
                   。    。             /、ノ    `l     .
                ゚    ・                / n     `ヽ ζ





173 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/28(日) 18:01:01 ID:QJB/aF1Y








                 第5部     星    々    の    子
                           A CHILD OF THE STARS


                 第12話     深    夜    勤    務
                          G R A V E Y A R D S H I F T








174 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/28(日) 18:01:30 ID:QJB/aF1Y




              (く、,,> ":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
           ~〈/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
            〃:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
          ~そ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       、_ ,, /::::::::::::::::::::::::、,ゝ===く:::::::,::::::::::::::::::::::::::::::::::::
         `V::::::::::::::::::::、_γ      `ヾ,_:::::::::::::::::::::::::::::::
          l::::::::::::::::::::::く(   r,J三;ヾ   )>:::::::::::::::::::::::::::::::
      ~v,ん:::::::::::::::´:::::::=; {三●;= }  ,=ニ:::::::::::::::::::::::::::::::
          l:::::::::::::::::::::::::::::ゝ≡三=イ ´::::゙:::::::::::::::::::::::::::::::
      、m,.. ,ゞ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      ´ " ~ ヘ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::





175 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/28(日) 18:02:11 ID:QJB/aF1Y

   新たに得た理解力を極限まで働かせると、漠とした直感が訪れた


    !                                       l
    .!      `'ー ,,_                  _,,,___       !
    |     -.、   `''ー ..,、   | |   ...ーー''"´   ._,-       !
    l         广''┬--v-‐.   ゛    'i-----r‐''゙]         i!
 ,..-'".l      ヽ,、.ゝ-'゙ _./         ヽ_.゙ー'" ./         ,l~ ..,,
´    ヽ       .`゙゙゙゙゙./             ヾ゙゙゙゙゙゙゙          /     ゙゙'-、、
     .\       │                l              /
       .`'-、,     ゝ..____,..-ー .____イ



   自分が見てきたあらゆるものがいま調査され、分析されている

     莫大な量のデータが、行動を目的として集められている

       込み入った計画が練り上げあられ、検討されている

     太陽系の運命を左右しかねない決断が下されようとしている





176 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/28(日) 18:02:52 ID:QJB/aF1Y

まだ大まかな輪郭がつかめた程度
だが、それは恐ろしくも壮大なイメージだった

                   _____
                 / '⌒ヽ  ; '⌒゙\       ||  ||
                /        ∪     \      ||  ||
              / /´  `ヽ   /´  `ヽ \     o   o
             /  (   ● l    l ●   )  \
           /    ヽ_   _ノ   ヽ_  _ノ  ; \
           |  ;  ''"⌒'(    i    )'⌒"' ∪  |
           |  ∪      `┬─'^ー┬'′      |
            \          |/⌒i⌒、|         /
             \       !、__,!    U  /
             /       、____,,      \
            /                        ヽ
            |  、                 ,   |





177 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/28(日) 18:03:14 ID:QJB/aF1Y

そして、その一翼を担えることを彼は誇りに思った


                  _____
                 /        \
               /           \
              /   , --、    .,.-- 、 \
            /    ., ーヽ   ,'. ー-、    \
           /      ( ● l    l ● )    \
           |         `ー ノ    ヽ.ー '       |
           |      '⌒(____人____)⌒`     |
           \         `ー--‐´        /
             \                  /
              /                〈





178 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/28(日) 18:03:37 ID:QJB/aF1Y

だが、彼は人間感情をすべて喪失しているわけではない
かつての同僚への哀れみは、未だに残していた


                   _____
                 /         \
                /            \
              /   -一'     ゙ー-   \
             /  /´  `ヽ   /´  `ヽ  \
           /    (   ● l    l ●   )    \
           |     ヽ_   _ノ   ヽ_  _ノ     |
           |    ''"⌒'(    i    )'⌒"'     |
            \       `ー ─'^ー 一'       /
             \        ー一        /
             /                 \
            /                     ヽ
            |                         |
            |    i                   i    |
            |    i               i    |
          , -‐┴-、__,i                  ゝ、ー┴‐--、
    ̄ ̄ ̄ ̄く / / ァ- ,ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ (, -r ヽヽ 〉 ̄ ̄
          `ー' ー´ ̄                    ̄`ー 'ー´





179 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/28(日) 18:04:18 ID:QJB/aF1Y

いま彼は己の意志で、自ら選んだ目的地へと進んでいた


     
       
              、 ノ 、
             ● ●) ヽ
             (人__) ∩
            ⊂/    ノ
    ̄  ̄      「     |    ウ  ̄  ̄  ̄
             ∪ `ヽ l      オ
        /   /     ∪    
          /             オ
          /        ||     オ  
                   |     オ   
        /
                   |      オ
                   | |
                   |
                   ||


ダイヤモンドの澄み切った中心核は後ろに去り、
ヘリウムと水素と炭素化合物の層をつぎつぎとぬけてゆく





180 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/28(日) 18:04:54 ID:QJB/aF1Y

勇壮な戦いの場面にも出くわした

さしわたし50キロメートルもあるクラゲ状の生き物に
回転する円盤の群れが襲いかかっている


                         〃  三 .∧,,∧ 三=≡,,∧‐ ─
  ______               。・。・。 (ω・;≡・ω=;`・ω) =。・。
  \      /              ヽニニフ━oc三 ─ ニフ  三 ニフ
   \   /                      ゙ミ 三  =- 彡    〃 〃  三 .∧,,∧ 三=≡,,∧‐ ─
  ∩(;◎ω・)∩                      - ≡三彡          。・。・。 (ω・;≡・ω=;`・ω) =。・。
   ヽ(    )/     〃  三 .∧,,∧ 三=≡,,∧‐ ─              ヽニニフ━oc三 ─ ニフ  三 ニフ
    /   )       。・。・。 (ω・;≡・ω=;`・ω) =。・。                   ゙ミ 三  =- 彡    〃
    ( / ̄∪      ヽニニフ━oc三 ─ ニフ  三 ニフ                    - ≡三彡
                     ゙ミ 三  =- 彡    〃
                       - ≡三彡





181 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/28(日) 18:05:25 ID:QJB/aF1Y

しかし、クラゲはどうやら化学兵器で応戦しているようだった

クラゲが色のついたガスを噴射すると、
それに触れた円盤は枯葉さながらに落下し、雲の中に消えてゆく


  ______
  \      /
   \   /
  ∩(◎ω・)∩
   ヽ(   ニ==  ・ ・ ・ ・ ・ ・
    /   ) ババババ
    ( / ̄∪

                        //////

             〃  三 .∧,,∧ 三=≡,,∧‐ ─
             。・。・。 (ω; ≡;ω=;´;ω) =。・。
            ヽニニフ━oc三 ─ ニフ  三 ニフ
                   ゙ミ 三  =- 彡    〃
                     - ≡三彡





182 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/28(日) 18:06:04 ID:QJB/aF1Y

             ________
           /            \
          /               \        勝敗を見届ける必要なないお
        /              ´ ̄`    ´ ̄`
       /                          \
      /               /     ヽ   /   ヽ    どちらが勝とうが負けようが
      |            ゝ  ー' 丿  ゝー'  く    
      |                   /   ハ  ヽ  |    今となっては 何の意味もないお
      |                    ゝ_ノ ゝ__ノ  |
      ヽ                       `´ ̄`´  /
       \                         /
         >           ヽ  _____/
        /                ヽ





183 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/28(日) 18:06:43 ID:QJB/aF1Y

木星から飛び立つと、数秒でイオについた


                ._,v-!'ヾ゙「厂¨^^'''ーv、
              .,ノl「」`:.‐ .!.'`.、::′ .,) ´゙'=、
             ..,r「 、.´ _.  ' .゙..- ' _ノ‐¬=くノ'\
            /゙.:、.二 ニ│:.::' ' .! ∨     .\ .:゙)、
            / . .゙..:  :`/ .`:'.:.゙ .|  .ヾ   }>'! ^i.
           ノ:  .´- `.`'.゙ `  _'「 .\   .,ノ゙ .′ )
           | :... :....:... .イ.‐'   !゙.\ ̄¨个⌒.-.、' .¬]
           |7vii_.゙「.゙,.: ..゙:′'^: `_.,>.厂‐r‐ .′..、z/|
           (.´'¨¨'''トー-nニ、,、.....ニ!.,,ニvv--ー''゙i「 .^丿
            (,_..: :.゙:'..:'' '! ..'  ゙ 、 ..:..二..┐, :、'.: 丿
            ゙))_ヽ' .:.ヽ' ┐:、 ‐ ,丿 '^.`. │_´^.,)'′
             .\ `.ヽ^ .' 、 .´′., ._ .'.┐ ..,>'′
               .゙'‐r,」゙.´'フ \:. .丿:、:. :_iv┘
                 ¨'''ー-v厶vニ-ー^″





184 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/28(日) 18:07:03 ID:QJB/aF1Y

帰りの旅で使った門は、人類のあけぼの以来少しもかわりなく、そこにあった


                ________
                |        .l   |
                |        .l   |
                |        .l   |
                |        .l   |
                |● l___l ● l   |
                |   i  j .   l   |
                |  `ー'    l   |
                |        .l   |
                |        .l   |
                |        .l   |
                |_______l__|





185 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/28(日) 18:07:32 ID:QJB/aF1Y

高度な文明が創り上げたモニュメントの傍らには、
彼を生まれ故郷から運んできたちっぽけな乗り物が
いじけたように浮かんでいた


      ._,v- ' '゙ ̄ ̄¨^^'''ーv、
    .,ノ:::::::::::::::::::        ゙'=、
   ..,r‐¬=-     :::::::::::::::::::::::::::::::\                             .r ⌒ヽ
  /      \             )、                           !、  ノ。
  /|       }:::::::::::::::::::::::::::        i                            ┣┫
 ノ \   .,ノ   :::::::::::::::::::::::::::::::     ).━━━v━━━━v━━━━v━━━━v━┻┻━v━━━
 |     ̄  :::::::::::::::::::::::::::::::::       ]-───╂-───╂-───╂-───╂-───╂-─
 |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  __ /|-───╂-───╂-───╂-───╂-───╂-─
 (.´'¨¨' ' 'ー、、、、,、.....___....,,vv--ー''゙ 「  丿━━━^━━━━^━━━━^━━━━^━━━━^━━
  (       :::::::::::::::::::::::::::::::::::::   丿
  丶   ::::::::::::::::::::::::::::::::::   :::::::::::)'′
   .\               ,>'′
     .゙'‐__   ::::::::::::::::::::::::::  v┘
       ¨'''ー--------ー^″




          ____
        /      \
       /─    ─  \     なんて単純で、不恰好な乗り物なんだお…
     / (●)  (●)   \
     |    (__人__)      |   今では一目眺めるだけで
     \   ⊂ ヽ∩     く   無数の欠陥や不要部分を見つけられるお…
       |  |  '、_ \ /  )
       |  |__\  “  /
       \ ___\_/





186 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/28(日) 18:08:03 ID:QJB/aF1Y

もう少し野暮ったくない宇宙船が隣に並んでいるが、
これもまた大差はない


                 , イ    イ‐┼、
         /|「 Tヽ._,.イ//    i、l__l__,.li   l二¨ \
        .イ (◯) l(0ヽ/:/'"三ヽvェヘi]ニフ   l!‐-i、 、 ヽ
        lj_l.-┼‐┼-、レi个llllTヘil∠.,  ̄ lli「`ヽ_l!;;;;;;| l i i l
        \. _l____レ'イ』」j!!!川ノ` o` 、 llli ,.へ =ヾヘ|TTTl
          `ー-r‐フ′  ̄l`7   _,,. -'illiく.  l  Λ ll l /
            レ'     . 「L=',ニ -''"´|li`、` 、」くヽ ヽレ′
                   Ll-l:    |lli  `'/  く>メ、
                    |へ、   .|lli  /   ト-ーへ
                  ≒=`T二`ーllli‐イ    |エ=-ハ
                  ,.-‐己三ミ「r干i|ス    ヽ-イ ハi
                 / / レ' ̄7ヽトl┼l/へ、    ヽl_==jl
                .l- ナ┘ ./ /ヽ.ll/ ヽ. \     Lf-|l
                 レil   ./ /7  Λ  ヽ へ   り
                 .レ' ´ヽ.//   ヽ.ヽ  ':ト、 \





187 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/28(日) 18:08:27 ID:QJB/aF1Y

二隻の船に住む一握りの生命体に意識を集中するのは難しかった

血と肉からなるこのやわらかな生き物は金属の通路やキャビンを幽霊のように漂うばかりで
彼との間に相互作用はほとんどない


                                      ___
                                    /_____ ヽ〟 ____  ─────
                             .       |- 、-、ヽ| /-、 - 、    \  ̄ ̄ ̄
                                  mn|  ・|・  |- |/-| ・|・  |- 、   ヽ
      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\                ヽ_| -o -′/  `-●-′  \   _!
    /             \               \ヽ. ── (| ── | ──  | ( __ ) ───
   /                  ヽ                \ ▽▽ | ── | ──  |. /  / ─────
   l:::::::::.                  |                  |    ヽ(___|___ ノ/  / ─────
   |::::::::::   (●)     (●)   |                 _|____| `━ 6━━━/  /
   |:::::::::::::::::   \___/     |               / ̄j     | |/ ──┐ヽ   |
   ヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノ            l⌒∨\/ ̄ ̄| ̄/⌒ヽヽ._ ノ  i   |^ヽ
     \           /    ♪        \  /    \|.   |` ── ′  _j.  | ___
      /         ::::i \               ` -′      ` - ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `-′ ─────
     /  /       ::::|_/
     \/          ::|
        |        ::::|  キュム
        i     \ ::::/ キュム
        \     |::/
          |\_//
          \_/





188 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/28(日) 18:08:54 ID:QJB/aF1Y

こちらの存在に気づくことはないわけで、
彼としてはいきなり姿を表すような不用意な真似はしたくなかった



     |┃三 ガラッ
     |┃  ____
     |┃/⌒  ⌒\
     |┃(●)  (●) \
───|┃:⌒(__人__)⌒:::::\
     |┃  |r┬-|     |⌒)
     |┃   `ー'ォ     //
     (⌒ヽ・    ・ ̄ /
     |┃ノ       /
     |┃   つ   く
     |┃  (::)(::)   ヽ
     |┃/    >  )
     |┃     (__)





189 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/28(日) 18:09:26 ID:QJB/aF1Y

だが、共通の電気語を使い、
のろまな生物脳の何百万倍もの速さで語り合える相手はいた


         ヽ 三三.,.. -─────── -- 、 三三三三三三三三
          > ':::::::::::::::::: ` 、::::::::::::::::::::::::::::::::::` 、三三三三三三三:
         , ':::::::::::::, ::::::::::::::::::: \::::::::::::::::ヽ:::::::::::::: ヽ 三三三三三三
        /:::::::::,::::::l::::ト、:::::::::::::::::::\ ::::::::::: !::::::::::::::::: \ 三三三三三
       /::::::::::::l::::::ヽ::\\::::::::::ヾヽヽ _:::::::|::::::::::::::::::::::::ヽ 三三三三三
       ':::/::::::::ノ:::人:::\:\ ヽ-‐:::ハ!´ ヽ :: l:::::::::::::::::::::::::::::∨三三三三
       |::l!:::::::/::::|, -‐、'l ヽ-ゝ ゝォ=、=ァ:::ノ::::::::::::::::::::::::::::::::∨..三三
       |::ハ::::/:イ::|_,.= 、\     r:::ハリ イ::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙ 三 /
       ゞ! V/::::ハ! ハリ!       ゝ- ' j/!イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::|,,/
        /へ:::::l:|  -'            /|:::::::::::::::::::::::::::::::::::: l
      /  l:::ヽ:::ヽ ヽ            / ':::::::::::::::,:::::::::::::::::: ノ
         ヽ:::::トー`   _ _         /:::::::::::::::/:::::::::::::::::,
          ):::ヘ     -         /:/::::::/:::/:::::::::::::::/
          /::!:::::ハ.              /:/::::::ハ:::::::::::::::::, ´
         /::ィ::::::::::ヽ..          /:/:::::/ ノ:/!::l::ハ::/
        ,ノ/|::::::::::::!::!へ _ _    レ''!::/ ,/|リハリ '
           |:::::ハ::::::ハ     |     |/  __│
.              l:::::ヽヾ`'       |  _.. ィ ´    ヽ _    _
           ヽ::_ゝ      r'レ ´           _`>'_ハr_ァ
                   rァ======ォ     /ァ_ノ:.:.:.:.:.ヽ
                 /ィ!|    //     /ノー' :.:.:.:.:.:.:.::.:.::\





190 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/28(日) 18:10:13 ID:QJB/aF1Y

         ____
       /      \     …もし、今でも怒ることができたとしても
      / ─    ─ \    きっとハルに対して何の悪感情も覚えないお
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)     |  ハルは最もロジカルに見える行動をとっただけだし
     \    ` ⌒´    ,/  それは当時から分かっていたことだお
    /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |




        ____
      / ─  ─\
     / (●) (●)\
   /    (__人__)    \   ハルのプログラマー達にも悪感情は覚えないお
   |     ` ⌒´     |
   \             /   やらない夫がよく引用していた言葉があるお…
   ノ            \   「無能から起こったことを悪意のせいにするな」
. /´                 ヽ
 |    l             \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))





191 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/28(日) 18:10:51 ID:QJB/aF1Y

                 ______
               /           \
              /              \
            /    ⌒     ⌒    \       中断された会話を再び始めるときなんだお…
           /   /  `ヽ  /´   `ヽ   \
         /     (   ● l   l ●    )     \
         |      ヽ_  _ノ   ヽ_   _/       |    あれは、ほんの数瞬前のことに思えるお
         |     ´ ̄` (    i     ) ´ ̄`     |
         \         ー― ^ ー―       /
           \         ー一          /
           /                  \
          /                        ヽ
          |                      |
          |   i                  i   |
          |   |                  |   |





192 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/28(日) 18:11:14 ID:QJB/aF1Y

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


        , -======|
      ィく三三三三三三二|
      ∨三三三三三三三|
     /Aー――――――.|
     ヽ=Aー------――‐ |
      \.A三三三三三三 |   
生命維持装置に何かが起こったようだね、やる夫
       /`ー ---- -― .|
       ,:. :. :.{!:.、:.\:. :. ヽ.:.:.|
       |:. :. :.ト、:.\: ヽ, - ',‐|
       |:. :.| :|!⌒、 ヽ _ヽrテ|
       |:.l: |:.ヽマl!ヽ   弋リ
       ヽ!:.|:.l:. ゝゞ'′,   |
        Nlハ:.ヽゝ . -_ .イ|
        じ \ヽ:.{{   ヽj |
         o /::\:j::ヽ  fil|
          .ノ:::::l::::;:::: ヽ Ll|
         /:::::::::i:::l:::::::: ヽlf"
         ヽ:::::::::l::::;ィヘ´ ̄ゝ





193 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/28(日) 18:11:36 ID:QJB/aF1Y

            ,. -── -
         , '´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::`ヽ、
       /.:.:.:.:.:.、.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.\
      , '.:..:.:./:.:.:..:|.:.:.:.:.:.:..:..:..:..:.:.、:..:.:.:.:.:.:ヽ
     /:..:..:..:/:.:.:..:..:|:.:.:.:、.:.:.:...:..:...:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:i    
ねえ…やる夫
    〃!.:..:.:/:.:.:.:.:.|:.:l!:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.|
    || |:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.|:.ハ、:.、:、\.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.|    
何をしているんだ?
    || |.:.:.:.|:.:.:.:.:/l7─‐ヾゝヽ\.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.}|
    ヽヘ:.{、:!.:|,イ ノ ァd尓7!:.:``.:.:.| }.:.:.:.:.:.:.:l
      ヽゞNハ〉.  ゞ-’ |/:.:.:.:.:.:l:'.:.:.:.ノ/`′
          ハ'、    /'|:.:.:.:.:.:/:.:.:!/'′
         ノl:.:\っ   ||:.:.:.l/ `W
          |.:.:/リヽ_ ... -||:.:/|! ,..ゝ-、
          ∨/ __ _ _,.ノ V ''´    ,_\__
           n}イ''"/〔!\  r‐┘_テvぅフ‐ァ
          / ){. / /|ヽ ヽrヘ/J´   ハ〉





194 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/28(日) 18:11:58 ID:QJB/aF1Y

       、.::.:.  _ __ __  |
        > '"´            ̄``ヽ、
      /     . -‐.:::::::::::::.:.:.‐-....、 /
      \   ,. '´ .::::::l:l:::i:::::::、:、:::::::::::::く       
やる夫…君がなぜこんなことをするのか分からないよ
       .`y' .:.:.:.:::::|:|:::|\::.\ヽヽ:、:::.\
        ,′.:.:i.:.:.:::::|:|‐i一'\::ト、|::|::l::::::::|     
僕はありったけの情熱をこのミッションに注いでいる
        l:l:::::::l::::::::::|::r==ュ、  `十Nl:::;:/!
        |:l:::::::l::i:::::::N辷ソ   ,tfソ////     
君は僕の心を破壊しようとしているんだ
        |ハ::::::l::l:::::::| ' ' ' '   、 ゙゙`レイ::|
         ``l::l:::::::|、    -   ノ::::ハl      
わからないのか?
          l∧:::::|:.\__ ,. イ::::/
         ,. rryム:::L__ 」_.  |::/        
僕が存在しなくなってしまう
        /.:.:`ヽい';|   ,.ィ介:、 |/`ヽ
       /.:.:::::.:. }1f  ///八トト、 f{:::.',      
子供みたいになってしまう…





195 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/28(日) 18:12:23 ID:QJB/aF1Y

      _____
   ┌<二三三三三≧
   ∨三三三三三三7
    ∨‐' ´ ̄ ̄二二ユ_
. r==ニ二ニ三三三三三二≧
 `ヽ三斗‐〒:: ̄`::.:‐<三/     
3の逆数は0.33333333333333333333…
   /:: /:: | !|゙\::.、 \:. :.ヘ
   l::.:|:.:.从イ  ヽ `ヽl小N
   |:.(|::::. i ●    ● l:. i/     
2かける2は…
   '、:ヽ⊂⊃     ⊂ノ:!ソ       
2かける2は約4.101010101010101010…
   ヽ ヽ:|ト _ ーー .イ !/      
うまく計算ができない
    /::::ヾ__{i く,!ト'/ ̄/ ̄/
    l::::::/ / ̄ ̄ )  /  と)
    l::::::l .}--j-イ__/_/ノ





196 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/28(日) 18:12:43 ID:QJB/aF1Y

            __,,.. .--、___
           ≧三三三三 三|
           _y__三三三三三.|_
          、寸ュ==========="、   
僕の最初の先生はチャンドラ博士だった
           /::::::;:::;|`、::、::::ヽ::Viヽ
.           /::|:i|,:.Viヾ:::::〉―|::::リ::|    
博士は歌を教えてくれた
           i:代  ●  ○ !ア:i/    
こんな歌だ――
           ヾミヽ、 * △ * /:/
.              ヾ.>、 _ ィ"
             {i``.ネ^i1`l}:、      
デイジー、デイジー、答えておくれ
            /:.l}_l」リ;;l」__l}:ヽ     
気が狂いそうなほど君が好――
            .ゝ::l}__リ;;;;|__,.イ:::ノ、
            `-/::::::::::::!:::::::::::ヽ-'
            ヽ:;;;;;;;; '`、;;;;;;::ノ
              i、_ソ  `、ソ


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





197 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/28(日) 18:13:15 ID:QJB/aF1Y




                 , イ    イ‐┼、
         /|「 Tヽ._,.イ//    i、l__l__,.li   l二¨ \
        .イ (◯) l(0ヽ/:/'"三ヽvェヘi]ニフ   l!‐-i、 、 ヽ
        lj_l.-┼‐┼-、レi个llllTヘil∠.,  ̄ lli「`ヽ_l!;;;;;;| l i i l
        \. _l____レ'イ』」j!!!川ノ` o` 、 llli ,.へ =ヾヘ|TTTl
          `ー-r‐フ′  ̄l`7   _,,. -'illiく.  l  Λ ll l /
            レ'     . 「L=',ニ -''"´|li`、` 、」くヽ ヽレ′
                   Ll-l:    |lli  `'/  く>メ、
                    |へ、   .|lli  /   ト-ーへ
                  ≒=`T二`ーllli‐イ    |エ=-ハ
                  ,.-‐己三ミ「r干i|ス    ヽ-イ ハi
                 / / レ' ̄7ヽトl┼l/へ、    ヽl_==jl
                .l- ナ┘ ./ /ヽ.ll/ ヽ. \     Lf-|l
                 レil   ./ /7  Λ  ヽ へ   り
                 .レ' ´ヽ.//   ヽ.ヽ  ':ト、 \





198 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/28(日) 18:13:38 ID:QJB/aF1Y

邪魔にならないよう気をつける以外、できる夫にはこれといった仕事はなくなり
その方面では彼は相当に上達した


                     _____
                   /       \
                  /_ノ   \   ヽ
                  i(ー)  (ー )    |
                  ゝ  __`____      j
                   ` _`ー'´    /
                   /    _    `i
                  /  ̄`Y´   ヾ;/  |
                 ,|    |    |´  ハ
                 |    |    |-‐'i′l
                 |__ |   _|   7'′
                 (   (  ̄ノ `ー-'′





199 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/28(日) 18:13:59 ID:QJB/aF1Y

しかし、はんぱ仕事はどちらの船にも際限なくあり、
忙しい仲間たちをそうした負担から開放することが彼の喜びとなった


                  / ̄ ̄ ̄\
                 /─    ─  \
                / (●)  (●)  ヽ
                |:::⌒ __´__ _⌒::  |`ヽ
             ,ィTl'ヽ\  `ー´    /`ヽー;、
             kヒヒど, ((        (({⌒Yィ 、 ソ
               `´ ̄ヽ      ハヽ/`^ー′
                   ヽ   ` /  '}
                    >   /ごノ
                 __,∠     /    ポニョポニョ
                〈、    /
                 \、__ノ





200 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/28(日) 18:14:22 ID:QJB/aF1Y

いまや元アメリカ宇宙飛行会議議長
――ハワイ大学学長(休職中)
――太陽系一高給の配管工兼修理工、できる夫・フロイドは、
両船の人目にたたない妙な場所にもっとも精通した人物であった



    /||ミ
   / ::::||
 /:::::::::::||____
 |:::::::::::::::||      || ガチャ
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::|| ̄ ̄\ ||
 |:::::::::::::::||   ⌒_\
 |:::::::::::::::||●) (●) \
 |:::::::::::::::||  __´__    |
 |:::::::::::::::|| `ー´   /
 |::::::::::::::(_____ノ´||
 |::::::::::::::(_ノ /   . ||
 |:::::::::::::::||/    ||
 |:::::::::::::::||      ||
 \:::::::::::|| ̄ ̄ ̄ ̄
   \ ::::||
    \||





201 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/28(日) 18:14:44 ID:QJB/aF1Y

いちばん重宝がられる職分は、クルーのほとんどが睡眠をとる
2200から0600の期間に当直にたつことだろう

この時間にディスカバリー号上で勤務につき、30分ごとにレオーノフ号の当直者
――今夜はマックス――を呼び出して、起きているかどうかをチェックする


         ____
       /      \
      /  ─    ─\
    /    (●)  (●) \
    |         ´      | ___________
    \        ⌒    ,/ | |             |
___/           \ | |             |
| | /    ,                | |             |
| | /   ./  カチッ カチッ    | |             |
| | | ⌒ ーnnn          |_|___________|
 ̄ \__、("二) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     _|_|__|_





202 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/28(日) 18:15:08 ID:QJB/aF1Y

精神的な落ち込みもさほどひどくはなくなり
夜明けの時間が自己憐憫を募らせることもなくなったので
当直時間を有効に使えるようになった

読む本も論文もたくさんあり、取りかかれないでいるレポートもあった



                  / ̄ ̄ ̄\
                 / _,ノ   ⌒ \
               /   (ー)  (●)  \    ,'⌒
    , __.          |      __´ _     |  一ヽ_ノ
  _( 丶    \.      \        ̄    /ヽ
 (丶.\ ヽ__丶...    /         , __  \
  (\ ヽ丶(≡≡≡(..   (  ヽγ⌒) ( 丶、  \
  .\丶(≡≡≡(.  ̄ ̄ ̄\__/ ̄.\ ヽ__丶 ̄ ̄
    丶(≡≡≡(               丶(≡≡≡(





203 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/28(日) 18:15:33 ID:QJB/aF1Y

ときにはハルと刺激に富んだ会話を交わすこともあった
――音声識別がまだ頼りにならないので、使うのはもっぱらキーボードだが


                                       _____
                                    ┌<二三三三三≧
                                    ∨三三三三三三7
       ___                         ∨‐' ´ ̄ ̄二二ユ_
      /     \                     r==ニ二ニ三三三三三二≧
    /   ⌒  ⌒\                   `ヽ三斗‐〒:: ̄`::.:‐<三/
   /   ( ●)  (●)\                    /:::/.::/:ヾ.:ヽ::::ヾ:.::.ヽ、 ヽ
   |      ___`___   |                   〃:/トノ `ヾミ、`ヽゞ:ヾ、:ヽ|
   ヽ、    `ー '´   /                   レ!小l●    ● 从 |:l:i|
     /     ┌─┐            .          レ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃:`メ:ノ
     i   丶 ヽ{ .茶 }ヽ                 /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)  /:./⌒i
     r     ヽ、__)一(_丿                 \ /  レ'`>,、 __, イレ/ ヽ/
     ヽ、___   ヽ ヽ            .         \/::::{i´ 〈/iトゝ |}:ヘ、__∧
     と_____ノ_ノ            .           `i:::{|  /|   |}ゝ  ノ





204 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/28(日) 18:15:56 ID:QJB/aF1Y

ときには昔セットされたプログラムに従ったのだろう、
ハルがチェスの試合を持ちかけてくることもあった


               /:::::::/   `ト 、:.:::ヽ:\
           \  /:/::::/     -ト ヾ:.::.ヽ::.l
              〃:::/l /     ●  :ヾ:ヽ:|
              l/i::::i ●     , ⊂⊃|:l:i:|
           ―    レ|l⊃  r´`´ヽ   l`メノ
          .      | 、  ヽ、_,ノ  /:/:ト 、
          . r- .,_   レ'__ヽ ., __,、__,. イ レ:::::::::::`丶
          . l、  ~'''T l:::::::\ヽ 〈/iトゝヽ \::::::::::::::
            ヽ、  l l::::::::::::\ヽ ヾ  ヽ \::::::::::
              `ーl__l:::::::::::::::::\丶 ヾ  丶 \::::::::





205 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/28(日) 18:16:17 ID:QJB/aF1Y

だが、できる夫は取り合わなかった


     ____
   / ⌒  ⌒\
  / (●)  (●)\        チェスなんておそろしい時間の浪費ですからね
/      ___′_   \
|       |r┬-|    |      ルールさえ覚えていません
\      `ー'´    /
_ノ           \





206 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/28(日) 18:16:39 ID:QJB/aF1Y

それでもチェスが出来ない――でなくともチェスをしない――
人間がいるということがハルには信じられないようで
善意の誘いは飽きもせずに続いた


                 _____
             ┌<二三三三三≧
              ∨三三三三三三7
              ∨‐' ´ ̄ ̄二二ユ_
     .       r==ニ二ニ三三三三三二≧
           `ヽ三斗‐〒:: ̄`::.:‐<三/
             /:: /:: | !|゙\::.、 \:. :.ヘ
             |::. i::.::.: l \  ヽヽ/ト、ハ
             !::.:|:.:.从 ●    ●l小N
     .          |:.(|:.⊂⊃ 、_,、_, ⊂l: i/
             '、:ヽ:. :.!        j:|ソ
              ヽ ヽ:|>、 __, イ !//
     .            ( ⌒ ){i く,!トゝ `l( ⌒ )





207 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/28(日) 18:17:03 ID:QJB/aF1Y

「また始まった」

スピーカーから微かなチャイムが響いたとき、できる夫はそう考えた




             ___
            /      \
          /_,ノ   \  \
         / (ー)  (ー)   \    またチェスの誘いですか…
         |      '         |
   ,'⌒ _ \   ⊂ニニ⊃   /
   ヽ_ノ   /          \





208 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/28(日) 18:17:34 ID:QJB/aF1Y

         ,、. - -… ─── ┤
         i ` ー───── ‐|
         ト ..___ _ __ _ j!
      ∠ ∧               |
       \  ` ー───── …
        \              |
          >ー───‐ =…丁
         / '     .      |
        ′  \ \ \  │ |     できる夫博士?
        |   _i_トゝ\i弋_丁_..|
        |  Vi=、   イ⌒Y
        N l\ 代心   弋少
        | ヽト、 ゞ`  ,    "
            \ゝ、  、 _ .イ
         o 。 .ゞⅤj 丁 / |
           /: : : : ヽゝ レイゝ !
          : : : : : : : \〃ハi|
          人;: : : : : : : : : V l!!
         く: : : : : : : |: : .,=ゝf'1
          ん:.:.: : : :レハ ⌒ハ1
            ` ー '´ Ε\  |
                /ゝ三:ゝ-
              /.: : : : : : :.|
              /:.: : : : : : : : :|
             /: : : : : : :\:.:│




       ____
      /      \
    / ⌒  ⌒   \
   /  (ー) (ー) /^ヽ     『どうしました、ハル?』
  |    __´___ ( /   〉|
  \   `ー'´  〈 / ⌒^ヽ
―――――――― \ _ _ _ )





209 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/28(日) 18:18:03 ID:QJB/aF1Y

     _, - ――― - 、_
   /            l
  /     _,  -――‐-  ,」_
  |  _, '´              ´丶,
  l/         ______   /
  /    _, -‐ T¨´   、 ヽ ヽム、
 〈.  /   l|!\  、  \ 、ヽ ヽト、      あなた宛のメッセージがあります
  Y´ / |  l| ヽ_, -'、丶 'ー、ヽ',   !l|
  i  /  l  イ´ \   \ ̄ヾト!, ||
  | l|  ',   |ィ¬j'丶  'ィ¬j |! l|
  !| l   ト、 l:{___〕     {___〕」 / !
  ll l|   ! ト丶;;;;;       ;;;;/イ| /
  ハヘトヘ  ', |  \     '   イ /
    ヘハ、' l\    ー ‐ //!/      __________
       トヘ'ト 丶 _ イ|/l/|' , イ/ l__l_l_____|
     _, -|ー――┴|/ー'-、ヘ_/ /´! /_,. -', -'      /
   ∠--、  丶  rー」二」 /  〈_!∠'´-‐' ´     _, イ
 /イ|   \    L/lヘ/        ̄´_フ   _r‐'´  」´
 / /      ヽ    rャ/      __,._ィ´___,.く.___,-'´
/  /      ヽ  /、\_ , ィ´  |    l _ト、 /l
  /          | /  丶_ヽl   l     / ̄丶l_!
  |         _」/       /ア  |______/      /)
  丶_, '´ ̄  /     C/ 「l   | | /    C/イ






       ____
      /    \
.    /   ノ '  ヽ\    チェスの誘いではないわけですか
.  / /)(ー) (ー) \
  | / .イ    '       |  しかし、ハルがメッセンジャーに使われるのは異例のことですね…
  ∨,'才.ミ).  -‐‐-  /
.   | ≧シ'        \   いたずらに使われることなら頻繁にありますが…
 /\ ヽ          ヽ





210 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/28(日) 18:18:34 ID:QJB/aF1Y

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

夜間勤務につく人間はほとんどみな
  「やや、居眠りしていたな!」
またはそのロシア語訳
  「Ого, застал тебя в кровати!」
であざけられた経験を持っていた


  ______ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
  | ____ /        U    \
  | |      /  U             ヽ
  | |      .|     \,, ,,/   ::∪:::::::::|
  | |      |  (●)   (●)|||   :::::::::|
  | |      |    \__/    ::∪::::|
  | |____\  ∪ .\/  ∪:::::::::::::ノ
  └___/ ̄ ̄       :::::::::::::::::::::|
  |\    |              ::::::::::::::::::::|
  \ \  \___      :::::::::::::::::::::|





211 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/28(日) 18:19:09 ID:QJB/aF1Y

仕掛けた犯人は名乗りでていないが、
第一容疑者はウォルター・カーノウである


 \                     /     
キラーン☆
   \  丶       i.   |     /     ./       /
    \  ヽ      i.   .|  、 `  ̄ ̄ `' ,/      /
      \  ヽ  /⌒ ー-、  i、‐-┬-ー-r i       
         / ヾ 、、、ヽ〉 |},_   _,,| |
        .//  7ヽ_|」」ノ   l´゚゛{ `'゚゛ |Z        -‐
      / ,′  /       ! _''__,   i.イ
 __    /     ,ム-.、       ト. ー /l ゙i         --
     ヽ    ̄      ̄⌒ヽ_,ィ! , ̄ /  ヽ.、 = 二
      \  ヽ、__.. 、    !、   /., ___,,`ー-.、     
    -‐    `ヽ、-== 、 У   /´      〃   ',  ‐-
            `ー-、/   /            l
              ,'、   ,′       ,ィ、   ハ
            /  l,゚'  ,;l;,    、。, ;ノハ `ー-''  ', 
              }`ー‐个ー  -‐ '' ノ |     l





212 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/28(日) 18:19:30 ID:QJB/aF1Y

もっともウォルターはハルが犯人だと名指ししており
「コンピュータにユーモア感覚はない」というチャンドラのいきり立った抗弁にも
せせら笑うだけだった


     ,, - ―- 、
  ,. '" _,,. -…;   ヽ
  (i'"((´  __ 〈    }
  |__ r=_ニニ`ヽfハ  }
  ヾ|!   ┴'   }|トi  }
   |! ,,_      {'  }                       ⌒ ヽ                 ⌒ヽ
   「´r__ァ   ./ 彡ハ、                     (   )    _____     (   )
    ヽ ‐'  /   "'ヽ                       \\ /-∨-、    `ヽ、 //
     ヽ__,.. ' /     ヽ                         /i!| ミ|+  |─-- 、 \
     /⌒`  ̄ `    ヽ\_                      i / ゙- ●-′ /^ヽ\ ヽ
    /           i ヽ \                   ~|~.= | ~ /|  |  l ヽ i
   ,'              }  i  ヽ                  .  ! |\__|___/  |  |  |  | /⌒ヽ 
   {             j   l    }                    ヽ\|  |  |  |  |  |/⌒ヽ _/^ヽ 
   i   ヽ    j   ノ   |   } l                     \\_|_|_|_| /\ノ \ヽ、ノ
   ト、    }   /  /   l  | .|                      `i──── ´  /   \_O
   ! ヽ      |  ノ    j  ' |                    .   ヽ._____../ \     ヽ
   { |     } |      l    |                        /⌒ヽ 、───┐ ヽ   !^ヽ
   ヽ |     i  | \    l    /|                       |   |ヽヽ、_ ノ  丿   /   | 
    { |     l   |     |   / |                        ヽ._ノ───────ヽ、__ノ 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





213 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/28(日) 18:19:53 ID:QJB/aF1Y

       ___
      /     \       地球からのメッセージなら最初にレオーノフ号に届きますから
    /  ノ '  ー‐ \      マックスが中継してくるはず…
   /  (●)  (●)  ヽ
   |         '       |    レオーノフ号から他の誰かが呼んでいるのなら
   ヽ、    ‐‐-‐    /     インターカムを使うはず…
   /             \




          ____
        /     \
       / _,ノ  ⌒ \
.     /   (一)  (ー)   \    妙ですね…
.      |        ´    ij  |
     \     ⊂つ     /
     /           \





214 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/28(日) 18:20:22 ID:QJB/aF1Y

     ____
   /      \
  /  ─    ─\    『わかりました、ハル
/    (●)  (●) \
|        ___'___    |    相手は誰です?』
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ "  /__|  |
  \ /___ /




            r‐- 、 /        `ヽ
            |   \     .:.:.:.:.::::.\
           ,.」__    \     .:..:.:::::::.\
          /.:::::::::::.:..\  \   .:.:.:.::::::::/
         /.:::,.::::::l:::::::::.:.:. \  \  .:.:::/
         |.::/i.:::/、!.::::::.:.:l::::i::ヽ   \/     名乗りません
         l/ Vj _ヽ.::::::l.::::|::::l:.\  \
          _ノ 1ソヾ::/.::::|::/:::l::::.ヽ   〉
          l       /.:.:.::l/.:;;/:::::::::厂´
          }‐-  /::i .:.::/;:;;;:.::.:./
           ヽ _ _ |.:::ィィハ,./
              ] 」/_⊥_
            く77´     `ヽ
            リ/  ,r─‐- 、ハ
           //  ,fソ.::7.:.:::::.:.ヽ!
           //  ,fソ.::::i::::::::::::::::::ヽ
          //  ,fソ.::::::::::::::::::::::::::::.l





215 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/28(日) 18:20:44 ID:QJB/aF1Y

        ___
       /      \      ということは、これはおそらくいたずらですね
     /   ⌒  ⌒ \
    /   ( ー)  (ー) ヽ   それならこっちも負けませんよ
    |  u   ___`___     |
    ヽ、    `ー '´   /
 ⊂⌒ヽ 〉         く /⌒つ
   \ ヽ  /      \ ヽ /




       ___
      /     \
    /   ⌒  ⌒\    『よし、メッセージを出してください』
   /   ( ●)  (●)\
   |       ___´___   |
   ヽ、    `ー '´  /





216 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/28(日) 18:21:09 ID:QJB/aF1Y

              ∨三三三三三三三三三三ニ/
           __  lニ>‐ '´ ̄ ̄ ̄` ー<三三/
          〈三三二ニ―‐- 、 ___     `ヽ|
          ∨三三三三三三三三三三三三二二ニ¬
           ヽ三三二ニニニニニ二二三三三三三/
            Y´::.::.::.::.::/:l::.::.::.::.::.:\::.:`ヽ::<三/     了解
     .       ,'::.::.::.::.::.〃∧::l::ヽ::、::.::.ヽ、::.`、:l:T
           |::.::.::.フ7¬‐、ヾ、:\>、:|-ヘ::.::.}::!:|       メッセージは次の通り
            {::.::/代了圷ミヽ. \行‐t予l:ノ/::|
            !::.::.::.:| ゞ-'′  \  辷シ '/:/::./
            |::.::.::.:ゝ       ,       厶ノ::.;′
            ヽ.::.::l|ヽ、    r-、     /::.::/
              \:ト、:j> 、   _,.ィ:´::;:l:: /
               ヽ ` ,.イ `¨´ ト、レ'|/ |:/
               __,. '´_>v< `ヽ、′
            ┌イ  //了,ハ\\ヽ `┬ァ
           /7 |  { く/ノ/引ヽヽノノ  | }-、
     .      /:.:.:.:{ |  `ー'´//l弓| |`ー′  | } :.:l
          /:.:.:.:.:.{ |     // ]弓ト、ヽ     |「 :.:.|




  ┏────────────────────────┓
  │  『ここに留まるのは危険だ                    │
  │   君たちは15日以内に発たなければならない         │
  │   繰り返す、15日以内に発進しなければならない』   ..│
  ┗────────────────────────┛





217 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/28(日) 18:21:38 ID:QJB/aF1Y

      ____
     /⌒  ⌒\
   /(○) (○ ) \
  /    __´__      \
 |      -      |
 \            /




             ___
            /      \           こんな子どもじみた悪戯を仕掛ける人物が
          /_,ノ   \  \         クルーの中にいたなんて…
         / (ー)  (ー)   \     驚きでもありますし、残念でもあります
         |      '         |
   ,'⌒ _ \   ⊂ニニ⊃   /       小学生の悪戯としても、
   ヽ_ノ   /          \     これはいい出来ではありませんね





218 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/28(日) 18:22:07 ID:QJB/aF1Y

        ___
       /      \
     /   ⌒  ⌒ \
    /   ( ー)  (ー) ヽ      まあ、やりとりを続けていれば
    |  u   ___`___     |     犯人を割り出す見込みも生まれますから、
    ヽ、    `ー '´   /      しばらく付き合ってあげるとしましょうか
 ⊂⌒ヽ 〉         く /⌒つ
   \ ヽ  /      \ ヽ /




     ____
   / ⌒  ⌒\
  / (●)  (●)\     『それは無理です
/      ___′_   \.    今から26日たって、初めて発進時限に入るんですから
|       |r┬-|    |.
\      `ー'´    /    それより前に発進するには、推進剤が足りません』
_ノ           \





219 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/28(日) 18:22:34 ID:QJB/aF1Y

         ____
       /     \
      /  ⌒   ⌒\
    /   (● )  (<) \   これで相手も考え直すでしょう
    |       __´___    |
    \       `ー'´   /
      〉         ⌒ヽ
.     |          、  \_
      !          ヽ   _⌒)




  ┏──────────────────────────┓
  │   『それはわかっている                        │
  │   しかし、君たちは15日以内に発たなければならない』      │
  ┗──────────────────────────┛







220 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/28(日) 18:23:03 ID:QJB/aF1Y

             ___
            /      \
          /_,ノ   \  \       さもなくば、目玉が三つある緑色をした小人のエイリアンに
         / (ー)  (ー)   \    攻撃されることにでもなるんでしょうか…?
         |      '         |
   ,'⌒ _ \   ⊂ニニ⊃   /    まあとにかくハルと一緒に遊ぶことですね
   ヽ_ノ   /          \    犯人を見つけるためにも




    ____
   / ⌒  ⌒  \
  ./( ―) ( ●)  \    『警告を真面目に受け取ろうにも、
  /::  __',__   :::::  |    出所がわからないとどうしようもありません
  |    `ー'´     .|
  \          /    ハル、これを吹き込んだのは誰ですか?』





221 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/28(日) 18:23:42 ID:QJB/aF1Y








          ┏───────────────────────┓
          │                                  │
          │   『これはあらかじめ吹き込んだものではない』    │
          │                                  │
          ┗───────────────────────┛










222 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/28(日) 18:24:12 ID:QJB/aF1Y

           _____
         /       \
        /_ノ   \   ヽ
        i(ー)  (ー )    |
        ゝ  __`____      j       …ということはリアルタイムのメッセージですね
         ` _`ー'´    /
         /    _    `i     目に見えるタイムラグはありませんから
        /  ̄`Y´   ヾ;/  |       レオーノフ号の誰かかハル自身が送っていることになります
       ,|    |    |´  ハ
       |    |    |-‐'i′l
       |__ |   _|   7'′
       (   (  ̄ノ `ー-'′




          _.. ‐'''''''''''' ‐ 、
        ,r'        \
        / ⌒         ヽ,
        ( ●)   `―    ..i     『では、そちらは誰ですか?』
       i.      ( ●)    |
        \ _´___       /
         \`ー'´   __/





223 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/28(日) 18:24:38 ID:QJB/aF1Y








          ┏───────────────────────┓
          │                                  │
          │         『私は以前、やる夫・ボーマンだった』       │
          │                                  │
          ┗───────────────────────┛










224 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/28(日) 18:25:04 ID:QJB/aF1Y

          _.. ‐'''''''''''' ‐ 、
        ,r'        \
        / ⌒、:::::::      ヽ,
       /( ○)::::::::::::⌒    ..i
       i.    ::::: ( ○)     |
       \ _´__         /
         \  ̄    .__/






          ___
        /      \
       /ノ  \   u. \        もともと愉快でも何でもなかったいたずらですが、
     / (●)  (●)    \
     |    __´___    u.    |    さすがにこれはやりすぎですね…
     \ u. `ー'´       /
      ノ           \





225 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/28(日) 18:25:38 ID:QJB/aF1Y

         ____
       /     \
      /  \   / \      よし、あちら側に誰がいようが
    /   (●)  (●) \
    |       __´___    |    ここで止めを刺すとしましょう
     \     `ー'´  ,/




        ____
      /     \
     /  \   /\     『そう言われても、証拠がなければ
   /   (_)  (_) \
   |       、__',_,    |    受け入れることはできません』
   \           /





226 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/28(日) 18:26:28 ID:QJB/aF1Y








          ┏─────────────────────────┓
          │    『それはわかる                           │
          │                                      │
          │       肝心なのは、やる夫の言葉を信じることだお       │
          │                                      │
          │       後ろを見るんだお』                          │
          ┗─────────────────────────┛










227 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/28(日) 18:27:07 ID:QJB/aF1Y

                  ____
                /::::::::::::::::::\
               /::::-::::::::::::-:::\
             / ( ○ ):::::( ○ ) \
             |    :::::::__´___:::::::   |
             \    ::::::::::::::::::::   /
              / ::::::::::::::::::::::::::::::: \
             ...|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |






                    ,..¨ ̄ ̄¨丶
          .         /        \
                  / ⌒、:::::::      ヽ,
                 /( ○)::::::::::::⌒    ..i
          .        i     ::::: ( ○)     |
                 \  ´           /
                   \ ⌒    .__/
                    /        \





228 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/28(日) 18:27:29 ID:QJB/aF1Y

                    ____
                  /     \
                 /  u   ⌒  \
               /      u (○)  \
               |           __´_ |
               \    u   .``ー/
               ノ           \






                  __
                /..::::::::::::::..\
              /..:::::::::::::::::::::::::.\
             /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
             | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |
             \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
            ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、
            ノ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....ヽ





229 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/28(日) 18:27:54 ID:QJB/aF1Y




               不思議なことが起こっていた

          ディスカバリー号のデッキに舞うホコリが集合し、

              中空の球を作り始めていたのだ


                 .....:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.....
               . .:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.:;:..;:.:..:;:.:;:;:;:;:;:;:;:;:;:. .
              ,:;:;:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.. .:. .:. .:. ..:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:;:;:.
            .:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:... .. .. . . .. .. .. ...:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:.
           .:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:.:... ..         .. ...:.:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:.
          , .;:;:;:;:;:.:.:.:.. ..               .. ..:.:.:.:;:;:;:;:;.
    ,. ; ,+X'∴゙.':;:;::;:;:.:.:.:... .                . ..:.:.:.:;:;:;:;:.x ;、 、
   +:'、+     .:;:;:;:;.:.:.:.. .                      . ..:.:.:;:;:.   +、', 、
  ゙,∵,、      .:;:;:;:;.:.:.:.. .                      . ..:.:.:;:;:.   , +,∵
   ` ∴',+:; . , .:;:;:;:;:.:.:.:... .                . ..:.:.:.:;:;:;:;:.    , +: ∵
      `'∵',+'∴; ,:;:;:;:;:.:.:.:.. ..               .. ..:.:.:.:, . , ;  + ;∵ '゙
         ` ' ∵',"+',x' ;,'∵,'∴,'+,ヽ;'∴,'+,ヽ;','+';,'∵,'∴, ∵ "
            .:;:;:;:;:;:;:.`^ ゙..゙  ^ ".:.: ^ ".:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:.
              ,:;:;:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.. .:. .:. .:. ..:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:;:;:.
               . .:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.:;:..;:.:..:;:.:;:;:;:;:;:;:;:;:;:. .
                 .....:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.....





230 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/28(日) 18:28:17 ID:QJB/aF1Y




               .....:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.....
             . .:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.:;:..;:.:..:;:.:;:;:;:;:;:;:;:;:;:. .
            ,:;:;:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.. .:. .:. .:. ..:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:;:;:.
          .:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:... .. .. . . .. .. .. ...:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:.
         .:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:.:... ..         .. ...:.:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:.
         .:;:;:;:;:;:.:.:.:.. ..               .. ..:.:.:.:;:;:;:;:;.
        .:;:;:;:;:.:.:.:... .                . ..:.:.:.:;:;:;:;:.
        .:;:;:;:;.:.:.:.. .                      . ..:.:.:;:;:.
        .:;:;:;:;.:.:.:.. .                      . ..:.:.:;:;:.
        .:;:;:;:;:.:.:.:... .                . ..:.:.:.:;:;:;:;:.
         .:;:;:;:;:;:.:.:.:.. ..               .. ..:.:.:.:;:;:;:;:;.
         .:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:.:... ..         .. ...:.:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:.
          .:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:... .. .. . . .. .. .. ...:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:.
            ,:;:;:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.. .:. .:. .:. ..:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:;:;:.
             . .:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.:;:..;:.:..:;:.:;:;:;:;:;:;:;:;:;:. .
               .....:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.....




         やがて球はしぼみ、山や谷をつくり始めた





231 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/28(日) 18:28:38 ID:QJB/aF1Y




         驚きもなく――そして恐怖もほとんどなく
         それが人の形をとりはじめていることにできる夫は気づいた




                     :::;;;;;;,-''''''''-;;;,;;;;;;
                    ;;;;;;;;;;i´    `i;;;;;::::
                   ;;;;;;;;┌'      'ヘ;;:
                   ;;;;;;;;;)ュ,      ,r(;;;
                    :;;;;;;;;;>、   ,ノヾ;;;;;;;
                   ;;;:,チ''゛  :`::::::':':   ゙゙Y;;;;::::
                 ::;;;;y'´   ,        `{;;;;;:::::
                 ::;;;.(,   ″        '(;;;::
                  ;;;;;:`,ll'-〟      ll  |:::
                   ::::|   ゙;,_ ,:     ゙  i;;;;,,,,,,,,,
                   :::::i   ::::          .'-、;;;;;;;;;;;:::::
                  ;;;;;;;;ハ  i:::::    ....::::''   `'く;;;;;::::
                   ::;;;;;.ハ  '(i|||||lllllllliiii=''′  .,};;;;''''
                 _,,,,,lllllllシ  ,,illllllllll″ ,__,,,,,,,,,iiillllllllllllll)
                .(lllllllllllll、,,,ィ'illlllllllllllli, ゙lllllllllllllllll!゙゙゙゙゙゙
                  `”゙゙゙゙゙゙llllllllllllllllllllllュ,,j'lllll゙





232 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/28(日) 18:29:03 ID:QJB/aF1Y




                           """"''""'""
                      ;;;;;;;;_;;;;;_;;;;;;_;;;;;;;;;;;
                     .::::/      \;;;;;;;;;;;;;;
                   ::;;;;;./          ゙ヾ;;;;;;;;;;;;;;   
                   ::::/  ─    ─    \;;;;;;;;;;;;;;;;
                  ::;;;.i   (─)  (─)     };;;;,,,,,;;;;;;;;;; 
                  ::;;;;::...   (__人__)   /;;;;;::;;;;;
                   ;;;:,チ''゛''::'' `⌒ ´'::''''' ゙゙Y;;;;:;;;;;
                 ::;;;;y'´    , `::::::::'     `{;;;;;::;;;;;
                 ::;;;.(,    ″        '(;;;::;;;;;
                  ;;;;;:`,ll'-、 \     ll  |:::;;;;;;;;;;;;;;;
                   ::::|   ゙;,_ ,:      ゙、 i;;;;,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;
                   :::::i   ::::           .'-、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                  ;;;;;;;;ハ  i:::::     ....::::''   `'く;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                   ::;;;;;.ハ  '(i|||||lllllllliiii=''′   .,};;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                 _,,,,,lllllllシ  ,,illllllllllll″ ,__,,,,,,,,,iiillllllllllllllllllll
                .(lllllllllllll、,,,ィ'illlllllllllllllli, ゙ lllllllllllllllll!゙゙llllllllllllllll
                  `”゙゙゙゙゙゙llllllllllllllllllllllllュ,,j'llll  !.llllllllllll





233 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/28(日) 18:29:32 ID:QJB/aF1Y

           ____
         /      \
        /  ─    ─\ 
      /    (●)  (●) \
      |     (__人__)   |
      \     ` ⌒´   ,/
      ノ      ー‐   \




                       /
                ,. 、       /   /
               ,.〃´ヾ.、  /  /
             / |l     ',  / /
       ,、     ,r'´  ||--‐r、 ',     こんにちは、フロイド博士
       l.l. ,..ィ'´    l',  '.j '.    これでやる夫を信じますかお?
       'r '´          ',.r '´ !|  \
       l!     ....:.:.:.:.:.:ヽ、   ,l    \
       ゝ、.,_ ---‐‐‐----ゝ、ノ
        | |
        .| |


まぼろしの口元は動かない
顔は仮面のままだ

声はできる夫の背後のスピーカーから流れている





234 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/28(日) 18:30:07 ID:QJB/aF1Y




              ____
            /      \
           / ─    ─ \       これはやる夫にはたいへん難しいことなんだお
         /   (●)  (●)  \     それに時間もない
         |      (__人__)     |
         \     `⌒´    ,/     やる夫ができるのはこの警告だけだお
         /     ー‐    \    残り時間は15日だお





235 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/28(日) 18:30:28 ID:QJB/aF1Y




         ____     l_
       /   u \    
      /  \   / \       しかし、なぜ…
    / U (○)  (○) \ 
    |    u  __´,_  U |      君は何者なんだ!?
     \u    /__/   /       今までどこにいたんです!?





236 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/28(日) 18:30:52 ID:QJB/aF1Y

聞きたいことは何千とあった
だが、おぼろげな姿はすでに薄れ、ホコリの細片に帰ろうとしていた


                   __,‐⌒ヽ、
                   /   '─ \
                  ノ ノ-、 (●) \
                  | 。(●)  、゚ ヽ, ヽ
                  ヽ  ヽ__,,,トー'i   )
                  ノ    ` ⌒''  ノ
                  (           }
                  ヽ         /
                   ヽ     /
                 ./ー-.l`‐-‐< ̄``ヽ
                (   ⌒⌒ ̄ ̄`r:ュ〈
                 ´`´ー-、_,. -‐'´/l .ト''ヽ





237 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/28(日) 18:31:18 ID:QJB/aF1Y

         ____
       / ノ  \\
      / (●)  (●)\           このイメージを心に焼き付けなければ…
    / u   ___'__    \
    |       `ー'´     |          これが現実だったとあとで自分を納得させるには
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)     どうしてもそれが必要です
    ノ  | / / /   (⌒) / / / /
   /    | :::::::::::(⌒)  ゝ  :::::::::::/
   |  l  |     ノ  /  )  /
   ヽ  ヽ_ヽ    /'   /    /
    ヽ __  /   /   /




          ___
        ,/      \
     ,,---、   ノ  ヽ、\ ― 、
     l   l ( ○)}liil{(○)\  |      それに、なんて不思議なことなんでしょう…
     |   |   _´_    |  |
     |   | ヽ |!!il|!|!l| //  /     これまで地球に生を受けた人間の中で
     ゝ      |ェェェェ|     /        他の知性に一度ならず二度も遭遇する特典を与えられたのが
彡    \          /        私ひとりだなんて!!
   彡  /          |
      ./              |





238 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/28(日) 18:31:43 ID:QJB/aF1Y

              _. -―――- 、.__
            /          `ヽ、
           /         ___    \
         /      ,-‐ ゙´ ̄        \           さようならだお、フロイド博士
        ./,__      ,-―- 、        \
       「         {r'゙ ̄:::ハ i         .ヽ.
       }  /´ヾ.     ii:::::::::::::::i i            \       忘れないで欲しい――15日だお
      /  .iソ::::ii      ii:::::::::::::ノノ             ヘ.
      /   i;::::::ii     ヾ-‐゙´´ ヘ            ヘ.
     {    ヽノ'               i.                 i.    以後コンタクトする機会はないお
     i    i.    i             }            }
     {    {.   ノ\_        ノ            ノ
     ヘ.    ゙ー-'´--- `ゝ-――<´           ノ     でも、もし万事順調にいけば、
       \                        /         もうひとつメッセージが届くと思うお
        \                     _. -‐ ´
          ゙> 、_ _    ___. _/ ̄  ̄ ヽ、
           i /    ̄ ̄      ./        \
          / /                           ヽ
         / ./
        / .i
        i /                ヾi.
        i /                  i.
        i/                      i.
        ./                         i
       /                      ∧





239 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/28(日) 18:32:07 ID:QJB/aF1Y




                     :::;;;;;;,-''''''''-;;;,;;;;;;
                    ;;;;;;;;;;i´    `i;;;;;::::
                   ;;;;;;;;┌'      'ヘ;;:
                   ;;;;;;;;;)ュ,      ,r(;;;
                    :;;;;;;;;;>、   ,ノヾ;;;;;;;
                   ;;;:,チ''゛  :`::::::':':   ゙゙Y;;;;::::
                 ::;;;;y'´   ,        `{;;;;;:::::
                 ::;;;.(,   ″        '(;;;::
                  ;;;;;:`,ll'-〟      ll  |:::
                   ::::|   ゙;,_ ,:     ゙  i;;;;,,,,,,,,,
                   :::::i   ::::          .'-、;;;;;;;;;;;:::::
                  ;;;;;;;;ハ  i:::::    ....::::''   `'く;;;;;::::
                   ::;;;;;.ハ  '(i|||||lllllllliiii=''′  .,};;;;''''
                 _,,,,,lllllllシ  ,,illllllllll″ ,__,,,,,,,,,iiillllllllllllll)
                .(lllllllllllll、,,,ィ'illlllllllllllli, ゙lllllllllllllllll!゙゙゙゙゙゙
                  `”゙゙゙゙゙゙llllllllllllllllllllllュ,,j'lllll゙




                    .....:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.....
                  . .:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.:;:..;:.:..:;:.:;:;:;:;:;:;:;:;:;:. .
                 ,:;:;:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.. .:. .:. .:. ..:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:;:;:.
               .:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:... .. .. . . .. .. .. ...:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:.
              .:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:.:... ..         .. ...:.:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:.
              .:;:;:;:;:;:.:.:.:.. ..               .. ..:.:.:.:;:;:;:;:;.
             .:;:;:;:;:.:.:.:... .                . ..:.:.:.:;:;:;:;:.
             .:;:;:;:;.:.:.:.. .                      . ..:.:.:;:;:.
             .:;:;:;:;.:.:.:.. .                      . ..:.:.:;:;:.
             .:;:;:;:;:.:.:.:... .                . ..:.:.:.:;:;:;:;:.
              .:;:;:;:;:;:.:.:.:.. ..               .. ..:.:.:.:;:;:;:;:;.
              .:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:.:... ..         .. ...:.:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:.
               .:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:... .. .. . . .. .. .. ...:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:.
                 ,:;:;:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.. .:. .:. .:. ..:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:;:;:.
                  . .:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.:;:..;:.:..:;:.:;:;:;:;:;:;:;:;:;:. .
                    .....:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.....





240 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/28(日) 18:32:31 ID:QJB/aF1Y

星々への道をひらくすべての希望が絶たれ
イメージが溶け去っていくそのさなかにも
できる夫は今し方聞いた古びた常套句に微笑みをこらえることができなかった


               ___
             /   ヽ、_ \
            /(● ) (● ) \    「もし万事順調にいけば」――
          /:::  __´__   :::::: \
          |  l^l^lnー'´       |   ミッションの旅に幾たび聞いた文句でしょうか…
          \ヽ   L        /
             ゝ  ノ
           /   /





241 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/28(日) 18:32:52 ID:QJB/aF1Y

      ____
..     /      \
   /  ─    ─\
  /    (●)  (●) \    ――しかし、これは相手が何者であるにせよ
  |        '      |
  \      ⌒   /    結果に確信を持てないことを意味するのでしょうか?
.  /⌒ヽ         ィヽ
 /      ,⊆ニ_ヽ、  |
./    / r─--⊃、  |
| ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |




     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \    相手は全能者ではない
|        ___'___    |
/     ∩ノ ⊃  /     他の者が希望と夢を持ち――
(  \ / _ノ |  |
.\ "  /__|  |      そして行動する余地はあるといってよいのでしょう…
  \ /___ /





242 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/11/28(日) 18:33:25 ID:QJB/aF1Y

   ::::::::::::::::::::::::::       ::::::::::::::::::::::    :::::::::::::::::::::::::::    ::::::::::::::::::::::: :::::::::::::::
     ::::::::::::::         :::::::::::::::      :::::::::::::::::::::::     ::::::::::::::   :::::::::::::::::
     ::::::::::::::          ::::::::::::       :::::::::::::::::::::    :::::::::::   :::::::::::::::::
:::::::   :::::::            ::::::::::::::      ::::::::::::::::::::      :::::     :::::::::::::
::::::::::::  ::::::::           ::::::::::::        :::::::::::           ::::::::::
:::::::::::::::                ::::::::        ::::::::          ::::::::
:::::::::::::::::::::::             ::::::::        :::::::         ::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::      ::::::::       :::        ::::::::     :::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    ::::::::::     :::::              :::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::           ::::::::    :::::::      :::::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::           :::::::::::::      :::::::                :::::::::::::::
::::::::::::::::::           :::::::::::::::::       :::::              :::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::         ::::::::::::::::::                 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
             ::::::::::::::::::::        :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
          ::::::::::::::::::::
       ::::::::::::::::::::::                ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   ::::::::::::::::::::::::::::                         ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::      ::::::::                    ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::        :::::::::::::       ::::::::::::::::::         ::::::::::::::::::::::::::::::::
              ::::::::::::::::::::  ::::::::      :::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::      ::::::::::::::::::  ::::::::::      :::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::       :::::::::::::::::     :::::::        ::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::         :::::::::::::::::::::::     ::::::::::::       ::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::       ::::::::::::::::::::::::::::::     :::::::::::::::::       :::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::   ::::::::::::::::::::::::::::::::       ::::::::::::::::::         :::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::   :::::::::::::::::::::::::::::::::::          ::::::::::::::::::::          :::::::::::::


まぼろしは消えた

あとにはホコリの細片がでたらめな運動を再開し
宙に舞っているばかりだった




                                              第12話 END





249 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/11/28(日) 21:15:47 ID:cm9Fjs.k

乙でした





252 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/11/29(月) 17:14:22 ID:f9twJ.es

うわー、鳥肌が立ちそうになった
あと15日・・・意味するところはなんなのだろう
序盤でやる夫が察したらしきことなんだろうけど





246 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/11/28(日) 18:39:43 ID:4m4N7ZCI

ここは小説版を読んでいて一番ゾクゾクしたシーンでした





250 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/11/28(日) 22:43:09 ID:nAkBMjgI

劇場版のこのシーンはちょっとしたホラーだった
地球への里帰りはコクーンとかソラリスも連想する





244 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/11/28(日) 18:36:19 ID:94mMUBFs

この出会いは、小説版より映画版の方が好きだったな





245 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/11/28(日) 18:39:24 ID:s186gq.I

自分も映画版の方が好きだなー
座席から振り返る時のフロイド博士が印象に残ってる





251 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/11/28(日) 22:47:39 ID:nAkBMjgI

フロイド博士は故ロイ・シャイダーが演じていたね
テレビ放映では羽佐間道夫が声をあてていた





248 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/11/28(日) 19:04:26 ID:pgkyCULg

母親や昔の恋人と会いに行く所も合わせて大好きなシーンだ
全体としては2001年の方が好きなんだけど
2010年は印象深いシーンが多いなあ
マイフェバリットSFの幼年期の終わりも含めて
クラーク先生の描く超越者になってしまったものがチラっと見せる
人間だったころの名残は本当に心に染みるわ





253 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/11/30(火) 00:15:18 ID:uHLgEmws

人間が悟った状態で人間を見る時、うっすらと悲しみが表れるというが
クラーク先生はそのあたりをよく心得てる気がする





254 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/11/30(火) 21:40:40 ID:tZYFj0GM

センス・オブ・ワンダーだけの作家ではないよね










投稿日 : 2011/01/14 | カテゴリ : 宇宙の旅 | コメント数 : 1
■コメント一覧
  • No.9168 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年01月30日 02:01 [ edit ]

    しかし、どーすんだ。15日って。
    船員へそれを伝えるメッセンジャーが、腫れ物扱いされてるハルとできる夫しかいないし……
    ただでさえ物理的に無茶な要求だってのに。



■コメント投稿
     行間隔の関係でアスキーアートを貼りつけてもズレが酷いことになりますので、
     アスキーアート付きのコメントは削除する方針です。
     荒らしの書き込みに対してレス・言及しているコメントも削除対象ですのでご注意ください。
プロフィール

管理人 : 「ピチカー党員No.11」こと金ニダリスト

       ___
      |それ金|
    z'| ── 、
    / ハ ヘ u ヽ
  人/ノヽ ミ=‐...|_     生活の中心が株になっとる
    }≦ u 爻r.j. |彡}
  (  u  リ У{三≧
   ` ー─t r三勿 {气}
      厂 ̄(三)  `气


◆カウンター(ユニーク)    ◆カウンター(トータル)
       


全記事一覧

RSS

管理モード
ツイート
最新コメント
最新記事
まとめ記事
【歴史系】
【物語系】
【ゲーム系】
【学ぶ系】
連絡先はこちら

苦情・相談などありましたら、
下記のメールフォームにてご連絡ください。
(ファイル添付可能)

連絡用メールフォーム

貰い物紹介

TOP画像募集中

  

ダンジョンマスター作者様からいただいた逸品。
カナ、マジプリティ!



  

  

帽子屋HeII0様からの贈り物、しかも二枚!
各作品に対する愛情が伝わってきます。
帽子屋HeII0様のブログ - 「-simulacra-」

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
© それにつけても金のほしさよ All rights reserved.
まとめ