■新・やる夫の関が原戦線異常アリ 第4部 その6 「誰がために 何のために」
681 名前: ◆fFI82Sjg3c [sage] 投稿日:2011/01/12(水) 22:51:12 ID:vASRN.Jg

                      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:i:.:|Wwハ.:.:.:.ヽ.:.:ヽ
                     /.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:/.:.:/i:.:|    !.:.:!:.:.:.:.:.:.:',
               .     /.:.:/.:.:/.:.:.:.:.:/.:.:.:.:/.// !.:,'    i:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:!
                    i.:.:/:.:/.:.:/.:.:/:.:,.斗 //  i/ --、  i.:/:.:.:.:.:.:.:!:i
                    |./!.:.:!:.:.:!.:.:/イ  //  /    `メ、 |..:!.:.:.:.:!:|
                    | |.:.:i:.:.:i.:.:| |斗≠  /   ≠=、  |:.:!.:.:.:.:!:|
                    | |.:.:i、.:i:.:|./ト:::::::i}      ト::::心、!:/.:.:.:.:!:|
                    ヽ |.:.:iヽ:ヽト v':::::}|      r':::::リ |/:.:.:.:/!.:|
                      |イヽ..\ト. V少      vニソ 厶 イ:.:.!.:|
                     / |:.:.:.:.:.:.:ハ  :::::   、   :::::  /ノ:.:.:.:.:.:!.:|
                     / |.:.:.:.:.::!:.!ヘ、   r  ァ    /:.|.:.:.:.:.:.:.!.:|
                    /  |:.:.:.:.:.:!.:|.:.:.>、       ィ´:.:.:|.:.:.:.:.:.:.!.:|
                    /  |r―‐-、!:.:.:.:.:.:i`  、.  '´|.:.!.:.:.:.:.!.:.:.:.:.:.:.!.:|
                   /   |    |!_, ィリ      !\.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:!.:|
               .   /   /|    |i  /       !  ヽ!:.:.:.:.:.:.:.:!.:i
               .   /   /_|/ ̄ヽ||  |        |   |:.:.:.:.:.:.:.:!ハ
                 /  ./::::|    |ヘ !ー-、  , -‐/  /:.:.:.:.:.:.:/::::::\
                 /  ∧:::::::|    |:∧ \     ./  /:.:.:.:.:.:.:/::::::::::::∧


             『 新 ・ や る 夫 の 関 が 原 戦 線 異 常 ア リ 』

                   <第4部 その6 誰がために 何のために>

                          1/15(土)21:00投下予定





684 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/01/12(水) 22:55:22 ID:FxBQX9N2

久々の寧々様





685 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/01/12(水) 22:57:21 ID:wbM9F.K.

影の実力者が遂に動きだす!





834 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 22:01:01 ID:st88MCW6

織田信長の家臣
美濃三人衆のひとりである安藤守就の配下に松野一忠という高名な武将がいた


                       ,.-=ニ二ヽ、  ,.-、
                     ′ _. -‐一`ヾ∠ニl|、
                    ,..:.´.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::リ::ヽ、
                     /.::.::.;.::.::.::;.::.::.::.::.::.::.、.:.:.ヽ:.:.\
                   /.::::/::/:::'::::/l::l::::l:::::l:::::::';:::::::';:::::::ヽ
                      li::::::l:::il::::l::::l:||::|::::ll::::|トl::::l:::::i:l::l:::::::i
                 |l:::::|:::lトN、」ハハ::」|::」l::|::::|:::::|:|::|:::::::|
                      lヘ:::l、:{'⌒ヽ.   '´ ̄`ヽ、l::::jリN:::j:::l
                    ヽヾ1|y'Tヾ゛   丁ヾ、_,|lTムkl:/::/
               ,-x‐<フ{Tゝしノy‐f ̄上メイイ::K) j/
                  / ュ_} } }, |:トー-イ `ー‐一'′!::ル/   }ハ
                 ヽ ⌒Y^′l::!ヽ、 、ー┐    //ン{、_   ノノノ
              ,ハ、   _ ノlムrィ\ ヽ.ノ   /公ム厶スス彡'′
               ,r=7 〈  ´ /__`ー亠'´_>ー ´ __イ、
              ノ;r〈   ヽ∠}/,.' ̄,'フ7l/ ̄ ̄  __∟、
            /,' / ,´,>‐一´_´ ', ' Oゝ‐;¬,ブ' ̄', '´ ̄>‐ 、
        ,/´, ' , ´/, '´,. -‐_´‐' _'/,. '´_,. ' ,. ' , ',. ',. ',´ ', ',.ヘ
      // , ' , ' ,/,' ,' ,' , '´O, ‐'´, ‐' ,. '´_,. '´,. ' ,.' ,' ', ;  , ;. ;l
      ./ '/ ,.' ,.' ,.' i ;. ; ; ; ,' / , ´,. ',. '´,. '´ ,. '´,. '´, ','',. ; ',. ; ; ;.|
     l , , ' ,.' , ' , '{ : ; ; ; ; ;l ,' ,.' , ' , ' ,. '´,. '´,. '´, 'i. ', ', ', ',. ; ',l
     l', ' , ' ,.' 'ノl ; ; ; ; ; j,' ,' ,.' ,.' , ' , ' ,. '´, ' ,ヽ{、', ', ', ', '、,ハ
     | , ' , ' ,イ, ',ハ,.' ,' O,ハ ; ,' ,' ,.' , ' , ' , ' , ', '八`'、 '、 '、 ,. ',.イ
     L__'_、'-‐'7'; ,' ,' ,'/ ,' ; ; ,' ,' ,.' , '、,. ',. ', ' '/ `、', `, ',. ',. ; '〉  ← 松野平助一忠
         /, ',' ,' ,'/, ', ' ,' ;`,' , ',. ' ,. ',. ', ' /   ヽ 、,'´,'、 ;. ' |


天正8(1580)年
家中の大粛清により守就が織田家から追放された時 一忠は信長の直臣となった





838 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 22:02:01 ID:st88MCW6

天正10(1582)年の「本能寺の変」の際 一忠は都にあった


                  ______
      _              |本能寺炎上中|
   `))               | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄        ジ
       ( )            ∧              ジ ャ
      ( )         く⌒>     (⌒ ⌒)    ャ |
 ウーウー.( .人         /⌒\  \( ,,  ⌒)// | ン
    人/  ヽ  ______]皿皿[-∧( ⌒ ,,  ,, )  ン
   ( ( )( )  ).三三三∧_/\_|,,|「|,,,! (  ,,   )   !!!
  __| ̄田 ̄田 / ̄ ̄Π . ∩  |'|「|'''|「(    )
 /__,|==/\=ハ, ̄ ̄|「|ガシャーン |「| | *   +
/_| ロ ロ 「 ̄ ̄ ̄ | | 田 |「|  田 田 |「|[[ *
|ll.|ロ ロ,/| l⌒l.l⌒l.| |    |「|        |「|ミミミミミミ ++*:
   λワー  ∧     λワー   λワー
  λワー   | |  λワー    λワー




                 _,  - '" ̄ ̄`ー- 、
               /:::::::::::::::_, ─ -、:::::::::::`ヽ 、
              /::::::::::_ ィ´-ヶ─‐ ─-`ヽ /_ ィ≧─ 、
.             /:::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ∨'"::::::: ̄ヾ`ヽ ヽ
             /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::⌒::::::::::::::::::::::ヽヽ `ヽヽ
            /::::: /:::::∥::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ}    ヽl
  イハ         |::::/:::::∥:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:::i:::: ハ:::::::::::::::l:::|
  {{ ソリ       |::::l:::::ハ/:::::::/:::/::::/::::::::::::::イ::::|:::| ヘ.:::::::::::::|::|
 ヾi l |        |::l::::川::::::::://:::/::::::::::://// | / ヘ::::i:::::::|::| 从
  ヾミ {        レ::::::少:::::::∥/_ヽ_,,-7/ // .レ'_,,- |:::ノ::::l l::| 川 /
   ヽ夂┐__     レ'::{ 人::::仭─ィ弋勺\ーメ ィ迄歹7∥::ノ レ /ノノ
    └ 廴み‐'⌒∨:::::\ヾ::::| ̄|  ̄ ̄  i  {  ̄´ノ:}::::/_尽 ̄
      `ーゞ弋一>===ヽ|  ゝ ___メ ̄下 _ /ノ/ ノ_,ノ
          `ー ⌒ 爿^|::|  u      _ _ヽ  .イ::L_,メ ̄
              戉ノ  |:|\    ,--- / |::|         不覚……
           , - ┤ \ ヘ:|  ヽ、    ./   .|/
       __,,─くヽ ヽ   `ーヘ 、  ノ ゝ .r ` ー--∥
  _,,-─'"、 ヽヽ ヽ`ヽ、\     ̄|   .| / l  l ノl |`ヽ、
 <`ヽ、ヽ ヽ ヽ ヽ ヽ ヽ ヽ \    |  // l .l  l l |ヾ、ヘ
  / `ー-、ヽ ヽヽ ヽ 丶ヽ ヽ ヽ`ー ⊥_ノl ヽ l l l .l |l lヽ .|
. / ./ /.ヘl. ヘ l l l  l l  .l l  l lヘ l.ヽ ヽ ヽヽ l l 〉 l  |
  / ./  ヘ ヘ.l l  l  l l  l l .l .lヘ .l ヽ ヽヽヽ l l/l l ヽノ
 /  ./ /. ヘ| 〉 l  .l  l l  l l .l  lヘ l ヽヽヽヽ 〈 l .l  {


すぐさま現場に駆け付けた一忠であったが
その時には信長も 二条城の信忠も 既に自刃した後だった





839 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 22:03:01 ID:st88MCW6

この時 明智光秀の重臣である斉藤利三が一忠の姿を確認した
美濃三人衆のひとり 稲葉一鉄の家臣であった経歴を持つ利三は
一忠と旧知であり 助命のため一忠に降伏を勧めた


                             
        r―‐┴--ニ_‐-:::_``.....、           信長は滅し 君の旧主である守就殿も我々に呼応している!
        入:::::::::::::::::::::::::::‐-::、`ヽ:::`ヽ       
       f ̄ヽ:---<::::::::::::::::::\:::\::V7       このうえは君も光秀様に君臣の礼をとるといいだろう!!
       |:::::::>`ー- 、`::::::、_::::::::\::::::〈      
      V::::ト 、    ` <ヽ:\\:\::ヽ      /∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\
      V:ハfr㍉_ぃ._,. -≦へ\\\ \!                 /      /
       ヽ::}>ゞ;冫 イ_じり |Xヽへ:ヽ「`              _/      /
        `! " く  "〃¨` リ メ!  !::|       _,. -――  //     __/ `ヽ、
        ヽ `マ7 ̄ヽ   厂L__冫-――-、/       // _    ヽ    }\
            \ ゝ==' ' ,. イ ,.〉  |   /  /       /:./     ヽ /   /  |
           ハー< ,. <:./  ./ イ         /|:.:.:.ト、      \  /  /}
       __//:.ヽ<:.:.:.:.:.:./_/   |         {:.:!:.:.:ヽ.>、_i   \`ーr'  /
     /  /  |:.:.:∧:.:.:.:.:.:./    0 /          ヽ_`ー--ァ'/ \___/   `ー'
   ,イ  __>, /,イ:::::ヽ:.:0/    0 /     \       _ ̄ /
   |ヽ 「rv´.//:./ ̄/^ヽ        / 、     / ̄ ̄ ̄ ̄
   || |ぅし'/:./::::::/:.:./   0 /  ヽ._/
   /.| |`7〈/::::::://   0 / |    //
.  / | | i|∧:::/:/   0 / /   |    /
 /   |  | rj|:/::::/   / / /   し'  /
./   |   | {!|::::::/  /  / /       //
'.    |  | |:::/ /    /     / /   ← 斉藤利三
     |  ヽ.レ'/           / /





840 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/01/15(土) 22:03:35 ID:h5I1HC.Y

赤文字じゃないと信じられん





841 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 22:04:05 ID:st88MCW6

だが一忠は これを拒否


     >::: ヾ::ヾ::_ヾ::_シ::: ::: ::: : : : : : : : :,,: : : ゝ` - 、::_::: ::::: ::::: ::::: :::、>ヽ, --- 、
      `ー/: ̄: ̄:: ::: ::__: : : : : : : : : :;/: ::/l, r ―-、_` - 、_::::: ::::: :::,-,::l:::_::_::、:ヽ
ヽ,、____ ,, ': : : : : : : : : : ::ヽ、:::、` -ヾ、ヾ'、/`_、l,- 、::::ヽ、:` 、ーl:::::==''":: :::l´  `i:i/
  `ー=/: : : : : : : : : : : : : : : ヽヾ::`、 ヾ_> ,/__/ヽ  v_´_ヽl:::ヽ-l::::: :::: ::::: :l   /'    昔は知らず
 , ,''"/: : : :/: : : : : : : : : : : : : :ヽ ヾ::`、.  llo:iハ `/、-- 、:l:: :::l l::::: ::::: :::: :l
/:/  l: : : ::,': : : : : : : : : : : : : : : : :>、ヾ'    ヾr'ノ, '  ヽ l:: :::l l:::: ::::: :::: ::l        現在の私の主は信長様
l/  l: : : l.ll: : : : : : : : : : : : : : : :/ ' _   , - ,l|  '   丶l::::::,l l::::: ::::: ::::::l
   .| :::l:::l l: : : : : : : : : : : : : : :/: /,/__  /   }      y::;/l l::::: ::::: ::: ::l        今はただ 信長様に殉ずるのみ
   l ::::l:::l .l: : : : : : : : : : : : : /: / {l::::::''/,    /   /} , /ヘ// l::::: ::::: ::::.::l  ___
  .| :::l:: l:: l: : : : : : : : : : : : :ll: :l ll:0_r'{:},   /      / /l  l::::: ::::: ::::: :l, ':::: :::ヽ   , ''
  l :::l:: ::l ',: : : : : : : l: : : : : : : l '`ー',"ー '        ,.イ  l::::: ::::: ::::: ::l'" ̄ ̄ `, , "
  .| :::l `、l::: :ヽ: : : : : ::l: : : : : ___`_、,/         _. ':: _'  ,'::::: ::::: ::::: :::l     _,,/
  | ::l   l:::: : ::\: : : :l、: : ::,',,--、ヾ::\    _ - ''"l:: ::/,-''/、_::::_:::::_::::: :l    ,",,il
  | :l    |::: :::: : ::\: :l \::l ヽ_ゝ_ _ヾ::\ ̄____, --'--、__/'、i-i-i,,-i','ヘ:::l__  ," リ   , - = 、
  l:リ   l::: : :::: : : : : : : : :` ` ー ' " ヾ;;:\   ` 、  ''"/   ' ''" ''"X:l-、ヽ''_/  ,, '    `
 .lリ    |::: ::: :::l::: ::: : : : : : : : : : : : : : : :>-` ''"  ̄  ̄ /        l_`='、_ミ、-=''"
 リ    l ::: :::: :ll:::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::::l  , -''"  ̄ ̄/        l__ __`、l}_
. ,'     | ::: ::: :lヘ::: ::: ::: :::: : : : : : : : : ::ゝ'__ /⌒ 、_//         l__::::::::::::: :::::::`:: 、
/     l :::: :::l  丶: : : : : : : : : : :,-r'' ,      ,'          l  ` 、::::: ::::: ::::: ::`、
      i :::: ::l    l::r ー--''"//l  '       l            lヽ  ',:::::::: ::::: :::::: :',
      i: : ::`::l    l::l l、____,ノ / ,'                      l::::: ::::: ::::: :::::l
        ',: : : :` 、 ___l::l`.===''"/          、               `ー、:::::: ::: :::l
       `、: : : : : : : :''l::l`-- ''"l            \              ヽ:::: :::::l


一忠は その場で追い腹を斬った
その死をもって一忠は「本能寺の変」の正当性を否定したのである





843 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 22:05:04 ID:st88MCW6

その後 一忠の弟である松野重定は豊臣秀吉に仕えたが
「九州征伐」時に戦死する
そして その家督を継いだのが松野重元である


           /::::::::,;--\|::|/::::::::::::::::::::::::::\
           /::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::⌒ヽ:::::::::::::::ヽ
            /:::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::∧
        /:::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::、:::::、::: ハ:::::::::::::\
          /::::::::::::::: /:::::|::::|:::::l::::::、::::::::::::\:::ヽ::|\:::::::::::::\
       /:::::::::::::::::|:::::∧:::l:::::ヽ:::::\::::::::::::l:::_:| リヽ::::::::::::::::::::>、
     /:::::::::::::::/:::l:::::| \\:::\:::x< ̄::∨:::::::::::::::::::::::::::::::::::l
    /::::::/:::::::::/|::::::l--!─-\l\_> =ィ::::::ラ' |::::::|::::::::::l::::::::::::ノ
    l:::::/:::::::::/::::l:::::|ヽ|=:::::.┐    r `¨´ ||::::/::::l::::::|:::>''
    \|:::::::::/::::::ヽ:::l` `ニニ'‐-y─-|__,, -‐' |/l:::::/:::ノ´
      l:::::::::l:::::::l::::ヽ| |__,,,」  l      ノ/´
        \::::l:::::::\::::\            イ´
        \\_>_>-    __,,.. ''  /| ̄ >- ,,_
          ̄   ̄ ,, -\        / |        `l
            /     l>-   _/    |、    /ヽ |
            |∧     ∧        ヽl  /   |、   ← 松野重元
            |  |    / |         |  /、   | >─- ,,_


重元は 強弓の使い手で
普請にも才があり なにより伯父である一忠と同じく正義感が強かった





846 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 22:06:09 ID:st88MCW6

その人格と才能を愛した秀吉は
重元を丹波国内の代官に抜擢し さらには羽柴姓まで与えた



    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',         /::::::::::::::i::::::::|::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !       /::/:::::::::::::∧::::::|:|:::::ヘ:::::::::::::::::: ヘ,:::::::ヽ::::::::::::
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|     /:::::::/:::::::::::::/ヽi,::::::',|、::::ヘ:::::::::::::::::: ヘ::::::::|::::::::::::
   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V     :::/:::::/::::::::::::/  ヘヽ:::::| ヽ::::,ゝ-‐―-:',:::::|::::::::::::
  < : _: : : / 〈 {}  |/  レ {}  }|:./ヽ: : |       :::::::::::|::::::::::|/./⌒ヘ'.,::::::| ','::: ヘヽ::::::::::::::|',::|:::::::::::::
  <:: |. 小{   _,,.. -    、-.,_  レ{: :.|ヽ:|       :::::::::人::::::::|.-| .し:::i  ̄   ̄   ̄ ̄ .|::::::::::::::
   厶ヘ ハ         、     {ハ/ V       :::::/|::::::',::::::| ∨',:::::|     ,, ‐"⌒ヽ__/::::::::/:::
      \_!      _ '     !          :/ (ヘ:::::::',ヾ三=ゝ-'       _-==/:::::/:::::::::
        ヽ   Tニー‐‐‐,‐''  /             ̄ミ"へヘ             ._ ̄ ̄∠:::-''")-
      ___,r| \  `二二´ /               ̄ \  \         ,/ノ  /  / /
    /:/::::| \  ヽ `_⌒ ィ ´                 /\   \ 丶、_ ‐'''"  /  // /
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、                |  \    >- 、_,,,,,,,,/,     ' //
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、            ∨   〉    丿ヘ彡/        /
                                   ヘ   /    ./\  .〈      /
        ↑ 豊臣秀吉                   |  /    /  \ ヘ    v'



羽柴姓は終生に亘り 重元の誇りとなった





847 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 22:07:02 ID:st88MCW6

やる夫が小早川隆景から筑前国を相続した時に家老となった稲葉正成は
5千石で重元を引き抜いた


            -‐   ̄ ̄ `丶、
         /           ヽ
           / / /〃/{ { ヽ `ヽ. ∧
        l / /斗/ハ ィー‐ヽ  ∨ l
        { {  レテく  ヽ\{ヽ\ ヾ│      都に掛けあって
          乂l f r'ハ     __ 7ハ\リ l
  (⌒⌒)    .八,}弋ソ    ''⌒ソノ ) 八      すっごい連中を どんどん引き抜いてやるわね!
.  ヽ〃`ひ、 ノイ }ゝ" n  "" { {´  丶\
       / rz-、_ ,>‐r<_∧!>、   \丶
.    , -‐"  とノハ/  ヽ{>ロくフ〈.  ヽ     \
    //  / / ヽ、__,/∨{   j><__〉\   丶.ヽ
.    {八 〃 ハ  { /{  / 大   , く   }ヽ  }  }
     )/ ヽ(. ヽ人{ >‐ヽ/ j \/  ∨} ノ  ヽjイノ
     "   ` ′ ヽ ヘ_,んく/__j_{_/ ((   ( "
              /  /  |  l
                /  /   .|  l     ← 稲葉正成
             /` V   l  .,′
             `ー'′   ├-/
                    ̄


なお 偶然にも正成の正室は 斉藤利三の娘である





850 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/01/15(土) 22:08:20 ID:eaVitweE

準にゃんの嫁かw





848 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 22:08:01 ID:st88MCW6

重元の小早川家入りは 秀吉も快く許可した


    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V
  < : _: : : / 〈  ノ |/  レ ヽ }|:./ヽ: : |     これで重元の経歴にも
  <:: |. 小{   _,,.. -    、-.,_  レ{: :.|ヽ:|
   厶ヘ ハ         、     {ハ,;' ((     箔がつくってもんだろ
      \_!         '    ! ( ( ヽ)
        ヽ   'ー―--   /  ヽノζ
      ___,r| \         /   | ̄ ̄ ̄|(^)
    /:/::::| \  ヽ _ , ィ ´    | ''..,,''::;;⊂ニヽ
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、  .| .,,:: ;;;;ン=- )
/:::::::::::/::::::::|    \  /  ! ,r-''⌒^ニ);;;;ヽニノ ヽ



こうして やる夫の家臣となった「正義の人」は
その軍団の先鋒大将を任じられれ「唐入り」でも活躍し
やる夫の期待に大いに応えた





851 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 22:09:01 ID:st88MCW6

ところで「義」とは人間が社会を形成するうえで絶対に必要なものだ

                                           ,_
                                       _,,,_ i、`'iヽtr、 i-、
 '´  _,. -‐'^ヽ  i ヽ┐                  .r‐-、,,、ト亥 ''v!ヾ/| !!ノ |'i .)ヽ, ,、
 \  l   r'^ヽ \ノ / l_               . r‐亠彡ミ、  ミ|トミミ|ヾ))/ノ ノ ´.''彡}ノ!|
 \ _/  ,.-、/  ヘ、 //  l               i´ /// ≡゙、`vi∥| !以´' <ヾ≡ ノノi
 ,三.l   i-‐‐,! ,!ミr‐v‐く^i ハ              . !, //// (r、、i , ン、/  ヽヾ  ≡三.c,,ノ|.
 ーァ'  /__.二/-弋 、 ,ハ¨i l l               ) | |/ 》 )/イ´''''‐-i |iノ iiノ ヾ、ヾ= くく
 <_ノ`゙ニ_‐-x  )`ヾV ! /              .く ! |  |` .|イ{    i!/ノノイ ミミ=---ミζ
 '´/i _ヽ.\でアミ、.、ノ _,.ォ'"ノ               ,、! 彡r,ソ  ト、ri ,, リノソ ト、ミ ミミ≡γ.
 ト-'i"  l ` ̄ /-‐キイヲ'´!              . , ア .t‐'    tテ}゙ '`===-、⊥,,.t三≡彡
   ミ   ,'     '、  l ∨               //τ''       | 7  ヾr゚‐´´ ̄  i!/´ri.|、| .
           \'´_ブ               .|!ii|'´       |く..  ´       ' ))!ノ、|
 ハ.    i. r'   ,. _`',.l              .. ヾi.!   _ ''r, |、,_        ,, t-‐´ヾ|i
  i.     ', 弋ニ´-‐‐〈!l   そうそう♪     .   `` ,、r-くヽ, CO、'''''‐ァ    /σ゙'λ!i |
 . i        `¨´ ̄ニ!              ...     i! >, テ=|.ミ三彡'´    /  / ヽiκ
   ヽ、   ヽ `¨"´T^!     義は大切ですよね♪ } ノゝ'`´ .|`''''''  ,、、-‐'''´,、-''    yヘ,
 ノ    丶、 '、_,,.. 二ノ               .     ヽ、  .!´-、ミ-t'''i´,,、、-''´_     //υi
 ─----...,,、_`´: :>''´               .        \    ! . } {  !i'´´i!   /    \
 :::::::::::::::::::::::::::`ヽ、!                    _,,,,、、、/`'''‐ ,.r‐' ヽ    . /\       \
 ト、::::::::::::::::::::::::::::::|、                   | ´'''''''‐‐‐‐‐‐''''r'|  ヽ   /   \      ´

  ↑ 上杉景勝                          ↑ 直江兼続


しかし その内容は社会の変化 時と場合により移ろいゆくものでもある





854 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/01/15(土) 22:10:16 ID:X6r/1fRo

お前らのは義じゃなくて偽だろw





853 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 22:10:07 ID:st88MCW6

だが「正義の人」とは
「義」の「正しさ」を計る尺度を独自に そして確固たるものとして持つ者だ


            -=≦ ̄`ヽ
                   ≧x: :v'⌒ヽ__
           ,. ´ : : : : : :Y´ ̄jノ: :` 、
          /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.\
          /                   ヽ
       /j : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ',
.      //: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .
.      __//:. :.: : :.:/:〃:/: : : : : ヽ: :.:ヽ: : ヽ: : : : ヽ: : :.
   /:.〃: : : : : /j/ {∧ : : : : : : ト、: :ハ: : 八: : : :.|: : : .、__
.   /::::::::{{: :〃: : :レ──\j\廴j L}┴く  |:.: : :|: : : : : : \
  ヽ(_:::::::V {: : : :l ィチ仔        ィ=≠x. |:.: : :l: : :.}\:ヽ:.:}
    {::::::::_::ヽ:.: 代 込zj        込zソ)}│: :./: : /:::::::Vj/    徳川家康に槍先を向ける……
     \( {:::::::\              `¨´   ノ: :/:.:/::::::}ヽ}
        \:::: {       '         ∠_,.イ//j/       これって
         `¨ヽ    、 _ ,      イ≦_/
              \           , ´               そんなに悪いことなのかな?
                 i      ィヽ⊃
              __|  `¨¨´  Vユ_
            {: :./         〈 ノ
                ノ:./         ', ヽ
         ,. /: :.i       ___i: : :',    >‐
        ‐<  {: :.:.|`¨¨´        |: : : r=≦彡′ヽ
     /    ≧│: :.r元元元元元元」:.:. :.|`¨´
.    /       .|: :.:.|             |: : : |          ',
..   /  ′   \j ,x个ー-  ___  -‐'`ー-、ヽ  、 ヽ__ノ
.   〈  /      l: : : : : : : : l:.♂:|: : : : : : : :.レ′  }__}
     Y  __}   │:.: : : : : :.:.|: : : |: : : : : : : :.|  .r┘ }
      ̄{ 廴人_. :.: :. : : : :.:l:.♂:|: : : : : : : :.L_」  ,'
        ',    ヽ. : : : : : :|: : : |:.: : : : : : :.j´ ̄
        ',     `r┬┬┤♂:r┬┬─y     l


「正義の人」は 時として非常に厄介な存在にもなるのであった


『 新 ・ や る 夫 の 関 が 原 戦 線 異 常 ア リ 』





856 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 22:11:01 ID:st88MCW6

<第4部 その6 誰がために 何のために>

慶長5(1600)年 7月17日 夜 京都郊外
1万超の軍団の身動きがとれなくなったやる夫は重臣たちと協議の場を持ったが
そこで発せられた重元の献策は やる夫の考えてもみないことであった


        ____
      /  ノ  ヽ\
     /  (○)}liil{(○)     家康殿に槍先を向けるって……
   /     (__人__) ヽ
   |       |!!il|l|   |    重元 それはどういう意味なんだお
   \        lェェェl /
    /         ヽ
    しヽ        ト、ノ
      |    __    |    ← 小早川やる夫
      !___ノ´  ヽ__丿





857 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 22:12:04 ID:st88MCW6

::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:ヽ:::ヽ::::::::::::::ヘ::::::::::::::::::ヽ:\:::
::::::::i:::::::::::::::::::/:::::::::〉、::::ヽ::::::::::::::ヘ_,,,_:::::::::::ヽ::::::
:::::::::i::::::::::::::::/:::::::::/ \/\:::::::~:::i_ヘ:::::::::|:::i:::::
::::::::::||:::::::::::::|:::::::::/__,,-"\::::\`'',く::i 〉|::::::|::イ:::::
::::::i:::|::::::::::::::ヘ|::::/   _,,_ ` -'" ノノ |',::/|ノ|:::::    そのままの意味だよ
:::::::',i:::::::::::::::::::',/  ./ソ:| `    `'  ',|/彡|/
:::::::::ヽ:::::::::::::::ヽ'., く_i':::ノ       .、  |  "      現在 殿の抱えている問題は大坂城に味方することで
::::',::::::| ヽ,::::::::::::::ヘ  ̄        ' ./
::::::ヽ::ヽ_ `ヽ:::__::::\        〉./         全て解決するんじゃないかと僕は思うんだ
ヘ|\;;;;|ヾへ_∧. ̄ ̄       /|
       _/   -, ,, _ __,,.| |
     /   \ ` ミ/   __./ |ヘ
    /       ', /  ,_、| _/ ト,ヽ\
  . /         ',|.  .| || /  .| ', .ノ
  /           .|  |  ヘi     /





859 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 22:13:07 ID:st88MCW6

        ノ L____
       ⌒ \ / \           そんな馬鹿な話はないお!
      / (○) (○)\
     /    (__人__)   \         やる夫は家康殿に味方するために出陣したんだお!
      |       |::::::|     |
     \       l;;;;;;l    /l!| !       それが何で家康殿と戦わなくちゃならないんだお!!
     /     `ー'    \ |i
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |そ  ドンッ!
    `ー、_ノ       ∑ l、E ノ く
               レY^V^ヽl




            , '´                     \
           //      ,イ           \
           / /        / / l l            ヽ
         / /   ./ /ィl .イ l  .! ト               ハ
.         / /   ./ /ハl/ i l  ヽヽ\'、、           l
         /.  l   十ナ-ェ、_ リ    __X‐弋\   \   l     重元!
      /// l l  l V,ィ示`   ` ´ rァ‐-、ヽ、 \ \  l
.      // j  :l l  ト、{ h:::::}.       h::::::::i:l ト  ヽ ヽ.  ハ    あなたは小早川家に
     // .j   :l l   ハ. 、ノ::リ       ,_ノ::::::リ’ l l\ ', ', l ハ
    /   .l   l |i.   l -ゞ'’,       ゞzッ’ j i lノ \ ! l  ハ   謀反の片棒を担げとでも言う気なの!!
       l l /.|l |  l "          ""    ノ l l_ノ ,入i l   ヽ
       V / l| | 小     ヽ _)      ./ /ム-'  l
.       //    l //i \             / / /
       レ    j // |レ ’. > 、       _.  _/ / /
              レ/ / ,へ  ヽ---ェニ-‐'フ /7/   i
           /'/ ィiヘ  \/ニ-===ノ /ヲイ   l l
        //' / |Lヽ-ニニヽ\  // ̄li l  l .l
     -―//‐'   /     \ V'/     | l   l l
   //¨フ/    /        〉ハヽ    | l  l .l



この提言には やる夫も筆頭家老である正成も怒った
今まで やる夫の方針である親徳川政策の調整を行ってきたのが正成であった





860 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 22:14:11 ID:st88MCW6

                 ____y⌒ヽ
              ,.  ´: : : : : : `⌒}}∠≧=‐-
              /: : : : : : : : : : : : : 〃 ̄` 、
      (    /: : : : : : . . . .    : : : : : : : :.\
        `ー=≠: : : : : : : : : : : : : : : . . .   : : : : : : :',
       __/: : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : :. .
      〃 : ,/: /: :./: : : : : : :/: : //: : : : : . . . . .l
      {{: :〃 〃: : 〃: : : : : : :〃 /,〃:.: :. : : :}: : : : : :|
     乂{: :.八: : :.{{:.:. : :./V {/ く{{: : : : : : 人:.: :. :.:.|
        Y:\:\:.i!: : ≠vィチ行ミヽ  X_><  }:. : :.ノ
       vヘ: Y⌒ヽ {{ i 以リ ノ }}   ィ=ミ `V: : : :{\__
         \丶 `\` <__/⌒Y以 } Y: : : }}: ヽヽ¨ヽ   謀反?
.            〉:ハ          ,   ゝ ノ ノ: : :.ハ: :八j
            '⌒ヽ、          =≦_/7 V      おかしなことを言うね
                  | ヽ   ` ヽ     /¨{  `v′ }
               __}   \    ,   <ノ  ヽ    /       殿も正成も
           /^V    `¨´r─ 、     i   {
         ___{   \       ヽ   \_  |    l        いったい誰が誰に対して謀反すると言うんだい?
     <    .│   \        ハ `│   ',
    /   ヽ   |    /`r======ヘ ./ }  |    ',
.   /.       l____/   |、____ノvヘ }   |     ',
.   }.         |      l。|: : : : : : : : | 「  │     ',
   {         |      l |: : : : : : : : | |   |      ',




         ____
..       /     \
      /  u   ノ  \
    /      u (●)  \
    |         (__人__)|    え……?
     \    u   .` ⌒/
    ノ           \
  /´               ヽ





861 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/01/15(土) 22:15:09 ID:C6AaNSEM

まあ、謀反とは言いづらいよな





862 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 22:15:18 ID:st88MCW6

        /::::::::,;--\|::|/::::::::::::::::::::::::::\
        /::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::⌒ヽ:::::::::::::::ヽ
        /:::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::∧
     /:::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::、:::::、:::ハ:::::::::::::\
      /:::::::::::::::/:::::|::::|:::::l::::::、::::::::::::\:::ヽ::|\:::::::::::::\      僕たちの主は秀頼様であって家康じゃない
    /:::::::::::::::::|:::::∧:::l:::::ヽ:::::\::::::::::::l:::_:|リヽ::::::::::::::::::::>、
  /:::::::::::::::/:::l:::::| \\:::\:::x< ̄::∨:::::::::::::::::::::::::::::::::::l    そして大坂城も秀頼様にとって替わるつもりはない
 /::::::/:::::::::/|::::::l--!─-\l\_> =ィ::::::ラ' |::::::|::::::::::l::::::::::::ノ
 l:::::/:::::::::/::::l:::::|ヽ|=:::::.┐    r `¨´ ||::::/::::l::::::|:::>''      これは大坂城と徳川家の間の単なる政争だよ
 \|:::::::::/::::::ヽ:::l` `ニニ'‐-y─-|__,, -‐' |/l:::::/:::ノ´
   l:::::::::l:::::::l::::ヽ| |__,,,」  l      ノ/´
    \::::l:::::::\::::\            イ´
     \\_>_>-    ヽ  )_    /| ̄ >- ,,_
       ̄   ̄ ,, -\        / |        `l
         /     l>-   _/    |、    /ヽ |
         |∧     ∧        ヽl  /   |、
         |  |    / |         |  /、   | >





864 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 22:16:01 ID:st88MCW6

      ___ f| _,,..-‐‐―- ..,,_
   _,,.."‐'" ̄>'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::> 、
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ミヽ、
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ゛'‐--‐ソ__
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::゛''-.,,:::i!:: __/| :::::::::::::::::::',::::::::::::二_     だとしたら……大坂城には
   ∧:::::::::::::::::::::__;;;:::::::::ヽ||:::ヽ  ヽ:::::::::::::::::::::i:::::::::::::r"'
   ∧::::::::::::::::::::::::'‐-..,,_゛'‐-.;;;;ヘ;ニ〉__ i"::::::::::::::::::/::i:::::::::::::)      殿の義兄である宇喜多秀家様がいる
   |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>_,.-ヾ| _, `''|::::::::::::::::/:::::i::::::::r"
  .|::::::::::::i-,,:::::::,::::::::::::/ /  ,x,=':::::ヘヾ|;|!;::::::/|::::|yヾ        一門の総帥である毛利輝元様も入城したそうじゃないか
  |:::::::::i!::ヽヽ:;;::ヽ.::,:ミ'    .|! 弋;;;;ノ || |:::/ソ |::f
  |::::::::::iヘ:::\ ゛'‐"      ` "    |! |/  r:::r'_          殿が こちら側につくのは むしろ自然じゃないかな
  |:::::::::::ヘ ゛'-,r'"                .|::::三゛
  ヽ::::::::::::\.i|  .ィi"::ゝ,            .,'::rヾi  ,,.-''"''-.,_
   ヾ、:::::::::::|! i| 弋;;;ノ       /:ヘ   ,' ` --./o": : : o \
    ./::::::::::::::丶ヾ     '  /::::::::::i  .,'   _/o o: : : / ̄"ヘ、
    /:::イ::::::::::::::::::::\     く |_::::::::ノ  ./_  / |i: : : : :://     |!
    i:/ |:::::::::::::::ヾミ-‐ヘ、     ̄   /、 `>_ ',:o: :.//    __ |
    |! ヘ_;;.-..;;;_;;-"  γ‐γ' ‐‐-./'i'" r( `.,メ゛\ ', .|:|  ,,.-''"-‐ヘ
          _,,..-‐‐ |  /  /  〉 |".i ヽ `   ', || .//    ト'┐
         /,_,,.-‐‐'| /  /  .|  .|、ヽ      ',:|.|'/     .i_,,.|
        i/     | /  /  |  |', : : : : : :   |〈'       |、::|
        |ヽ     ヽ: :      ヾ',: : : : : :   / .|       .| |,: |
        ヽ゛'‐-..,,_―i ゛-.,,_: : :    \: : : :    i |       .i:::.',::|




          ____
       / ノ  \\
      / (●)  (●)\          ででで でも やる夫は 家康殿には恩があるお
    / ∪  (__人__)  \
    |      ` ⌒´    |         それに大坂城の裏には三成がいるお
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)
    ノ  | / / /   (⌒) ./ / /    やる夫は三成に与する気には……
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /





865 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 22:17:01 ID:st88MCW6

          /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.\
          /                   ヽ
       /j : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ',
.      //: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .
.      __//:. :.: : :.:/:〃:/: : : : : ヽ: :.:ヽ: : ヽ: : : : ヽ: : :.
   /:.〃: : : : : /j/ {∧ : : : : : : ト、: :ハ: : 八: : : :.|: : : .、__
.   /::::::::{{: :〃: : :レ──\j\廴j L}┴く  |:.: : :|: : : : : : \
  ヽ(_:::::::V {: : : :l ィチ仔        ィ=≠x. |:.: : :l: : :.}\:ヽ:.:}
    {::::::::_::ヽ:.: 代 込zj        込zソ)}│: :./: : /:::::::Vj/
     \( {:::::::\              `¨´   ノ: :/:.:/::::::}ヽ}
        \:::: {       '         ∠_,.イ//j/
         `¨ヽ    、 _ ,      イ≦_/      それは あくまでも私事だね
              \           , ´
                 i      ィヽ⊃
              __|  `¨¨´  Vユ_
            {: :./         〈 ノ
                ノ:./         ', ヽ
         ,. /: :.i       ___i: : :',    >‐
        ‐<  {: :.:.|`¨¨´        |: : : r=≦彡′ヽ
     /    ≧│: :.r元元元元元元」:.:. :.|`¨´




         ___
        / .u   \
      /((○)) ((○))\
/⌒)⌒)⌒. ::::  (__人__) l_j :::\     /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //    …………
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/
|     ノ    | |  |    \  /  )  /
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /





867 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 22:18:01 ID:st88MCW6

        /::::::::,;--\|::|/::::::::::::::::::::::::::\
        /::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::⌒ヽ:::::::::::::::ヽ
        /:::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::∧
     /:::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::、:::::、:::ハ:::::::::::::\        その三成の意図にも賛同出来るところがある
      /:::::::::::::::/:::::|::::|:::::l::::::、::::::::::::\:::ヽ::|\:::::::::::::\
    /:::::::::::::::::|:::::∧:::l:::::ヽ:::::\::::::::::::l:::_:|リヽ::::::::::::::::::::>、    太閤殿下の逝去後 この2年間で徳川の力は大きくなった
  /:::::::::::::::/:::l:::::| \\:::\:::x< ̄::∨:::::::::::::::::::::::::::::::::::l
 /::::::/:::::::::/|::::::l--!─-\l\_> =ィ::::::ラ' |::::::|::::::::::l::::::::::::ノ    そして「会津征伐」を完了したら その力は比類なきものになる
 l:::::/:::::::::/::::l:::::|ヽ|=:::::.┐    r `¨´ ||::::/::::l::::::|:::>''
 \|:::::::::/::::::ヽ:::l` `ニニ'‐-y─-|__,, -‐' |/l:::::/:::ノ´       これが将来 秀頼様と豊家に害をなすと危惧しても当然じゃないか
   l:::::::::l:::::::l::::ヽ| |__,,,」  l      ノ/´
    \::::l:::::::\::::\            イ´
     \\_>_>-    __,,.. ''  /| ̄ >- ,,_
       ̄   ̄ ,, -\        / |        `l
         /     l>-   _/    |、    /ヽ |
         |∧     ∧        ヽl  /   |、
         |  |    / |         |  /、   | >─- ,,_




         ____
       /   u \
      /  /    \\    い 家康殿は豊家のために頑張っているんだお
    /  し (○)  (○) \
    | ∪    (__人__)  J |   秀頼様を きっと大事にするんだお
     \  u   `⌒´   /





870 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 22:19:01 ID:st88MCW6

                 ____y⌒ヽ
              ,.  ´: : : : : : `⌒}}∠≧=‐-
              /: : : : : : : : : : : : : 〃 ̄` 、
      (    /: : : : : : . . . .    : : : : : : : :.\
        `ー=≠: : : : : : : : : : : : : : : . . .   : : : : : : :',
       __/: : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : :. .
      〃 : ,/: /: :./: : : : : : :/: : //: : : : : . . . . .l     その家康も あと何年 生きられるのかな?
      {{: :〃 〃: : 〃: : : : : : :〃 /,〃:.: :. : : :}: : : : : :|
     乂{: :.八: : :.{{:.:. : :./V {/ く{{: : : : : : 人:.: :. :.:.|     3年? 5年?
        Y:\:\:.i!: : ≠vィチ行ミヽ  X_><  }:. : :.ノ
       vヘ: Y⌒ヽ {{ i 以リ ノ }}   ィ=ミ `V: : : :{\__   秀頼様が成人されるまで はたしてもつのかな?
         \丶 `\` <__/⌒Y以 } Y: : : }}: ヽヽ¨ヽ
.            〉:ハ          ,   ゝ ノ ノ: : :.ハ: :八j
            '⌒ヽ、 u         =≦_/7 V
                  | ヽ   ` ヽ     /¨{  `v′ }
               __}   \    ,   <ノ  ヽ    /
           /^V    `¨´r─ 、     i   {
         ___{   \       ヽ   \_  |    l
     <    .│   \        ハ `│   ',
    /   ヽ   |    /`r======ヘ ./ }  |    ',
.   /.       l____/   |、____ノvヘ }   |     ',




         ____
       /   u \
      /  \    /\
    /  し (>)  (<) \
     | ∪    (__人__)  J |    …………
    \  u   `⌒´   /





871 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/01/15(土) 22:19:24 ID:l9JqzZ4E

成人するまでピンピンしてましたよ





875 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/01/15(土) 22:20:37 ID:W5LejKRY

家康が老い先短い老人だという認識がどれだけの判断を誤らせてきたか・・・
ただ長生きするだけでとんでもないことになっていくにゃー





872 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 22:20:04 ID:st88MCW6

     /'  ̄ ̄`ヽ   ,ィ⌒ト、──-tz._ _
.   /'      ,.ヾ/: : : : : ::\ : : : : : : :: : : : :ヽ
   {!      /: : : : : :: : : : : :: : :.ヾ : : :: : : : : : : :: :.\
        /: : : : : :: : : : : :: : :\ : : :: : : : : : : :: : : : : ::.\
      /: : : : : :: :从 : : : :: : : : :\ :: : : : : : : :: : : : : :: : :.ヽ
     /: : : : : :: : :〃{{: : : {: : :: : : : :.\:: : : :: : : : : : :: : : : : :}        そして問題は徳川家の家臣団だ
.   〃: : /: /:/|| {: : : :ヽ : :: : : : : :.\: : : :: : : : : : :: : : :.{
   {  〃 〃 〃  |l  \: : ::\ : : : : :: : : ヽ: : : : :: : : : : :: : :ミ.       これは本来なら評価に値することだけど……
.   乂{: : : : :八‐' {!   `ー─‐‐-、: : : : :: :.ヽ: : :: : : : : :: : : : :ト、_,ノ
      }: : : : :.|              ̄¨} : :: :} : : : :: : 、: :  : :: : :ヽ     彼らは常に徳川家のことを第一に考える
.    /: : : : : {  ィfテト、     ィfテ示)ト、 /:::::/:: : : } : : }: ::.} : : : :: :.}
    {.: : : : : : :辷 V沁    _Vt:j刈 ソ::/} : : : : j: : :.:! : :.! : :.: : :/     家康亡き後 強大となった徳川家とその家臣団が
    \: : 〃 ̄ ̄乂_ Y´   ヾ炒7  .j:: : : :ノ}: : :.} : :.} : : :.:/
       {     ァ ̄`{       /==ノ.::,ィ'´ /: : /: : ,ハ:.:.:/       例えば秀頼様に政権の禅譲を迫った時
        `ー┬ ′'  ー─‐──'  // r‐‐':::/ !: /  }:./
.          \            し   |: :/¨  |:/  |/        これに抗うことは難しんじゃないのかい?
.            \  へ       イ   {从
           /  \      ィ      ヽ
.          /    〃 ̄ ̄}      / ̄`ヽ
          {    〃  ヽ  r─ /      \





876 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 22:21:01 ID:st88MCW6

            ____
         :/    \:
        :/ _ノ iiiii \. \
       /  (○)  (○)  \
      : |    (__人__)    |:    う…… あ…… う……
        \   ` ⌒´   /
        / ⌒ /⌒Y⌒ヽ ヽ
       :|  \|  .i  イ |
        |\ /   人  .\!
        |  \___/  \__/:
         |        /




           /   /     !   :|  :|ヽ\   \:::::. ヽ
           ,'  .:/  .::::/ ,'   :,' .::iハ . ヽ:::: :::ヽ:::::. ヘ
        i   .:/  ::/ /  ::/!: .::,' | |∨:|ヘ:::: : :::ヘ:::::::ハ
         |  .:,' /  .:/  ::/,' :::/ |:.! |:.:| |∨::::::::∧::::::i、
          | .::i:./  .:::,イ ::\/:::/   リ !:::i::/:i::::::::::ハ::::| !
          |/:|/  :/,ィ"´/:\   /  |/'〆i:`: :::::::|::::| |
         ,ィ|  / ::::::/i,.≧==ミ      .≦彡::}`.|:::::::::::::l::::| |
      / | ,'::::/{ rT{::::::::::r !     {:::::rリ ∥:: :::::/ト、ハ|
        {  | {::/::::::ヽ|:|乂、_,ノリ      ヾ之' ,'|::::::::,'. | 乂
      ヽ | |,' |::::|::::|`ト! ''' "´     、    ハ|::::.::i  !   `''ー‐
        i   |::::|::::l::::|ト、            /:::|:::::::|  ヽ        待ってよ!
          ハ::  l: ::|::::|::::iハ \     ´ `  .イ:|!:::ハ:::::|
       ∧:  !::::i:,.-、「|∧  > 、 _,. <:i::|:::|:::::.ヘ:::ヘ          それでもやはり三成のこの所業は
       /::::: _厶イ ./ |:.:.|` ー-L>、:::::::|::|:::|:::::::::.`iー\
.      />< \   ヘ. i:.:.i   ,'!ハ| `<ュ」::|::::::::.:.∧   `ー      謀反に相違ないわよ!
.     ,イ-― 、` 、\  ヽ|,イ   /_||__〉   ハ`ヽ :::::.:.:.∧
    / :: :: :: :: \ \`'''" `''ー-イ>=<ヽ  | !:: ヘ:::::.:.:.∧
    ,i :: :: :: :: :: :: :\ \  く/,' ハ ト、\ ` | |:: :: }:::::::.:.:.ヘ
.   /:| / ̄\:: :: :/:ヽ ヽ   // ,':: ヘヽ ) | |:: :/!:::::∧::.:.ヘ





879 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 22:22:01 ID:st88MCW6

          '   /     /::: ,.イ ::: / |:: /´  | :::|! ::::: |\:::
        .|     '  / .'.::... / !: /  |:::!    !::::ハ ::::::|:::::\::::
        .|    |   ::!:::::| ::::j -‐|‐|─ ト::|    l::::| -‐─ヽ--ヾ::::
         i⌒v::::|!  ::|::::::ィ:´::|  |: |   |:::|     ゝv  ゝ:::::ヾ::::::ヽ     家康殿の「会津征伐」は
        |  v ::|  i: l ::∧:::::|   V -- ゝ       \ __ \::::\
        |  |:::|:: !:::l:::| ヽ_:l _ __          __`_ー      綸旨と台命を得た正式なものよ
         |  | ::ハ::ij:::ハ::!イ`弋ゝ-'フ``        ´ !ノ__フハ
        |  | :::|:V:::::::ヽヽ    ̄                `  ´       この間隙を突いた造反だなんて
      , -v ,イ V::| ::::::ハ::\ :::::::::::     ,.       ::::::::::::::
    , -く.   `| ` ヽ| :::/ゝ∧`´         く:i                これが謀反でなくて なんだというのよ
 , '⌒ヽ  ヽ  ヽ   ヽ/ヘ/::l!
 !    |  | -.ハ    V|!:::∧
 l ー|  | r トi_ノ ゝ    |:|:::|:::,.\        ´ `         . イ
 |  人 i´ト l_ノl      ノ/:::j:/::|::::ゝ.、             イ:::: |:::::




::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:ヽ:::ヽ::::::::::::::ヘ::::::::::::::::::ヽ:\:::
::::::::i:::::::::::::::::::/:::::::::〉、::::ヽ::::::::::::::ヘ_,,,_:::::::::::ヽ::::::
:::::::::i::::::::::::::::/:::::::::/ \/\:::::::~:::i_ヘ:::::::::|:::i:::::
::::::::::||:::::::::::::|:::::::::/__,,-"\::::\`'',く::i 〉|::::::|::イ:::::
::::::i:::|::::::::::::::ヘ|::::/   _,,_ ` -'" ノノ |',::/|ノ|:::::
:::::::',i:::::::::::::::::::',/  ./ソ:| `    `'  ',|/彡|/
:::::::::ヽ:::::::::::::::ヽ'., く_i':::ノ       .、  |  "
::::',::::::| ヽ,::::::::::::::ヘ  ̄        ' ./         ……その綸旨と台命からして
::::::ヽ::ヽ_ `ヽ:::__::::\        〉./
ヘ|\;;;;|ヾへ_∧. ̄ ̄       /|           おかしなことになってるじゃないか
       _/   -, ,, _ __,,.| |
     /   \ ` ミ/   __./ |ヘ
    /       ', /  ,_、| _/ ト,ヽ\
  . /         ',|.  .| || /  .| ', .ノ
  /           .|  |  ヘi     /





881 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 22:23:02 ID:st88MCW6

        /::::::::,;--\|::|/::::::::::::::::::::::::::\
        /::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::⌒ヽ:::::::::::::::ヽ
        /:::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::∧         豊家の治世では
     /:::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::、:::::、:::ハ:::::::::::::\
      /:::::::::::::::/:::::|::::|:::::l::::::、::::::::::::\:::ヽ::|\:::::::::::::\      綸旨とは豊家の要請があって発給されるべきものだ
    /:::::::::::::::::|:::::∧:::l:::::ヽ:::::\::::::::::::l:::_:|リヽ::::::::::::::::::::>、
  /:::::::::::::::/:::l:::::| \\:::\:::x< ̄::∨:::::::::::::::::::::::::::::::::::l    ところが家康は綸旨を先に求め それを根拠に台命を頂いた
 /::::::/:::::::::/|::::::l--!─-\l\_> =ィ::::::ラ' |::::::|::::::::::l::::::::::::ノ
 l:::::/:::::::::/::::l:::::|ヽ|=:::::.┐    r `¨´ ||::::/::::l::::::|:::>''     これは豊家と秀頼様の権威を著しく傷つけた行為だ
 \|:::::::::/::::::ヽ:::l` `ニニ'‐-y─-|__,, -‐' |/l:::::/:::ノ´
   l:::::::::l:::::::l::::ヽ| |__,,,」  l      ノ/´         ……家康の存命中でこれなんだから
    \::::l:::::::\::::\            イ´
     \\_>_>-    ヽ  )_    /| ̄ >- ,,_      先のことも見えたも同然じゃないか
       ̄   ̄ ,, -\        / |        `l
         /     l>-   _/    |、    /ヽ |
         |∧     ∧        ヽl  /   |、
         |  |    / |         |  /、   | >





885 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 22:24:01 ID:st88MCW6

            __
        , ‐ ´      `ヽ
      /..:/.:/ .;イ :. :.丶.:.: \
     〃:.:./ .:./:.:/小:.: ',:.:.ヽ:.:.:. ',
     l:{.:./ .:./\:! l ヽ:.:/.:.:.\:.:.!   …………
     i:}:ハ .:7ィ=ミj:ハ >=ミヽ:.:ヘヾ、
     、_メ!.:i.:.ハ r'_;j    r'_;j ∧:.:}:.fヾ           ____
      乂;イ.:.∧         /イ V:.:.| リ         /   ∪  \
   _/ j/_:ノ:.介 .、 ⌒ ,.イ:.l:|:..|:.:.:.!        γ⌒) ノ三三三ゞ(⌒ヽ
     ´/:.:,':.:.:j:|:ノーf夭‐ヘ :j:|:.:l:.:.:.:!       / _ノ (>)三(<) \ `、
     /.:.;ィ7´l:|\/ムヘ/`l:| `ヽ.:.:i      (  く:::∪:::::(__人__):::::∪|  )  …………
      /.:/i // !| に不こ) !|l  /!:.:.i     \ ヽ ::∪::::` ⌒´∪:://
    /.:/| ヽl l !|/〈/ i| ヽ」 !| !./│:.:.i




             __
          ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
      ,!;;;!゙`''~^~ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
      |;;;|  u    ノリ     ミ;;;|
     _ゞ;! r─-- 、  ,rェ--- 、ミ;リ
      !ヘl;|. ぐ世!゙`` ,ィ '"世ン 「ヽ     ……正成も 重元も
     !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ
     ヾ、!      !;     ,レソ      あまり熱くなるなよ
       `|      ^'='^     ム'′
       ,rト、  ー- ─-:  /|
    _../ i| \   ===   ,イ.:ト、
    /  i| ゙、\  ;   /リ.:;!:::\、_
       ゙!  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::|::::::::::\
        ゙、      :::/::::::|::::::
    `ヽ、  ゙、     ./  .|  ,-、、





891 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 22:25:01 ID:st88MCW6

            , '´  ̄ ̄ ` 、
          i r-ー-┬-‐、i           重元の言に理があるとしてもだ
           | |,,_   _,{|
          N| "゚'` {"゚`lリ           こいつは俺たちとって事前に何の説明もない
             ト.i   ,__''_  !
          /i/ l\ ー .イ|、            いわば騙し討ちみたいなやり方だ
    ,.、-  ̄/  | l   ̄ / | |` ┬-、
    /  ヽ. /    ト-` 、ノ- |  l  l  ヽ.      さすがにホイホイとついていくわけにはいかないだろ?
  /    ∨     l   |!  |   `> |  i
  /     |`二^>  l.  |  | <__,|  |
_|      |.|-く    \ i / ,イ____!/ \
  .|     {.|  ` - 、 ,.---ァ^! |    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l
__{   ___|└―ー/  ̄´ |ヽ |___ノ____________|
  }/ -= ヽ__ - 'ヽ   -‐ ,r'゙   l                  |
__f゙// ̄ ̄     _ -'     |_____ ,. -  ̄ \____|
  | |  -  ̄   /   |     _ | ̄ ̄ ̄ ̄ /       \  ̄|
___`\ __ /    _l - ̄  l___ /   , /     ヽi___.|
 ̄ ̄ ̄    |    _ 二 =〒  ̄  } ̄ /     l |      ! ̄ ̄|
_______l       -ヾ ̄  l/         l|       |___|






        /: : : : : :: : : : : :: : :\ : : :: : : : : : : :: : : : : ::.\
      /: : : : : :: :从 : : : :: : : : :\ :: : : : : : : :: : : : : :: : :.ヽ
     /: : : : : :: : :〃{{: : : {: : :: : : : :.\:: : : :: : : : : : :: : : : : :}
.   〃: : /: /:/|| {: : : :ヽ : :: : : : : :.\: : : :: : : : : : :: : : :.{
   {  〃 〃 〃  |l  \: : ::\ : : : : :: : : ヽ: : : : :: : : : : :: : :ミ.
.   乂{: : : : :八‐' {!   `ー─‐‐-、: : : : :: :.ヽ: : :: : : : : :: : : : :ト、_,ノ
      }: : : : :.|              ̄¨} : :: :} : : : :: : 、: :  : :: : :ヽ
.    /: : : : : {  ィfテト、     ィfテ示)ト、 /:::::/:: : : } : : }: ::.} : : : :: :.}
    {.: : : : : : :辷 V沁    _Vt:j刈 ソ::/} : : : : j: : :.:! : :.! : :.: : :/
    \: : 〃 ̄ ̄乂_ Y´   ヾ炒7  .j:: : : :ノ}: : :.} : :.} : : :.:/
       {     ァ ̄`{       /==ノ.::,ィ'´ /: : /: : ,ハ:.:.:/   …………む
        `ー┬ ′'  ー─‐──'  // r‐‐':::/ !: /  }:./
.          \            し   |: :/¨  |:/  |/
.            \  へ       イ   {从
           /  \      ィ      ヽ
.          /    〃 ̄ ̄}      / ̄`ヽ
          {    〃  ヽ  r─ /      \





892 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 22:26:01 ID:st88MCW6

     ,, - ―- 、
  ,. '" _,,. -…;   ヽ
  (i'"((´  __ 〈    }        だが領国から切り離された今となっては
  |__ r=_ニニ`ヽfハ  }
  ヾ|!   ┴'   }|トi  }        俺たちも どちらかの勢力に属さなければ待っているのは破滅だ
    |! ,,_      {'  }
   「´r__ァ   ./ 彡ハ、      そして徳川勢との合流が不可能ならば残る選択肢も
    ヽ ‐'  /   "'ヽ
     ヽ__,.. ' /     ヽ     検討せざるを得ないんじゃないか?
     /⌒`  ̄ `    ヽ\_
    /           i ヽ \
   ,'              }  i  ヽ
    {             j   l    }
   i   ヽ    j   ノ   |   } l
   ト、    }   /  /   l  | .|
   ! ヽ      |  ノ    j  ' |
   { |     } |      l    |
   ヽ |     i  | \    l    /|
    { |     l   |     |   / |




                       ____
              ,. ‐''"´        ` ー- 、
           /                \   \
             ,イ            \   \::: : \
           /   /     !   :|  :|ヽ\   \:::::. ヽ
           ,'  .:/  .::::/ ,'   :,' .::iハ . ヽ:::: :::ヽ:::::. ヘ
        i   .:/  ::/ /  ::/!: .::,' | |∨:|ヘ:::: : :::ヘ:::::::ハ
         |  .:,' /  .:/  ::/,' :::/ |:.! |:.:| |∨::::::::∧::::::i、
          | .::i:./ .:::::,イ  _/:_;ノ  リ l`ーf‐-、::::::::::ハ::::| !
          |/:|/  :/,ィ"´/:.:/  /  |/'_」」. i:`: :::::::|::::| |
         ,ィ|  / ::::::/i,.>''"アiヽ      /´::::}`.|:::::::::::::l::::| |
      / | ,'::::/{ rT{::::::::::r !     {:::::rリ ∥:: :::::/ト、ハ|
        {  | {::/::::::ヽ|:|乂、_,ノリ      ヾ之' ,'|::::::::,'. | 乂
      ヽ | |,' |::::|::::|`ト! ''' "´      、    ハ|::::.::i  !   `''ー‐
        i   |::::|::::l::::|ト、          /:::|:::::::|  ヽ      …………
          ハ::  l: ::|::::|::::iハ \     ⌒   .イ:|!:::ハ:::::|
       ∧:  !::::i:,.-、「|∧  > 、 _,. <:i::|:::|:::::.ヘ:::ヘ
       /::::: _厶イ ./ |:.:.|` ー-L>、:::::::|::|:::|:::::::::.`iー\





897 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 22:27:01 ID:st88MCW6

              _,..-──- 、、
           ,、-'"´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:``ヽ、
         ,r'´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、
        /::::,r'゙ァー-ー'ア"リijk´ ̄``""´``i::::::::i
       ,!::::::!       ,!トゝ、         l:::::::|
       |::::::!         ,!ヾ、,,_      ゙i:::::!
       |::,::l ,ィニニニ二r'´  ゞ二ニニニゝ、 ,!:::j     なんにせよ難しい問題だが……
       ,rゝ;l. ´ ,ィ=≡'´レ   '`ヾ==-、  .! !^i
      .i r、i;i      ' ´:;    ` `      リイ^!    最終的な決定権は やる夫にある
       | ソii        j             l!ヽ l
       i ,!( ,!      `ゝt''´         | j!,!    もう少しだけ……
       `、. `i        _,,_ __       ,!レ'/
        \!      ィ-‐ーー-ゝ     ,!,イ      やる夫に考える時間をやろうじゃないの
          i、       ー一        / i/
          |`、                /  'i
          |  \     ;       ,イ   |
          |   \ ___,__, ィ´/   |
          _,!              /     l、_
    ,,、-‐ ''"´ i  ;             ! !   ̄``''ー- 、
           l   ;          ,'  ,'  !  ;



この夜 小早川家重臣の意見は三派に別れた





901 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 22:28:01 ID:st88MCW6

大坂城派の重元と 徳川派の正成 そして中立・現実派の平岡頼勝である


      (    /: : : : : : . . . .
        `ー=≠: : : : : : : : : : : : : : : .
       __/: : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : :. .
      〃 : ,/: /: :./: : : : : : :/: : //: : : : : . . . . .l   ……そうですね
      {{: :〃 〃: : 〃: : : : : : :〃 /,〃:.: :. : : :}: : : : : :|
     乂{: :.八: : :.{{:.:. : :./V {/ く{{: : : : : : 人:.: :. :.:.|                  __
        Y:\:\:.i!: : ≠vィチ行ミヽ  X_><  }:. : :.ノ              , ‐ ´      `ヽ
       vヘ: Y⌒ヽ {{ i 以リ ノ }}   ィ=ミ `V: : : :{\__          /..:/.:/ .;イ :. :.丶.:.: \
         \丶 `\` <__/⌒Y以 } Y: : : }}: ヽヽ¨ヽ        〃:.:./ .:./:.:/小:.: ',:.:.ヽ:.:.:. ',
.            〉:ハ          ,   ゝ ノ ノ: : :.ハ: :八j         l:{.:./ .:./___;ノ l 、__:.ヽ:.:.\:.:.!
            '⌒ヽ、 u         =≦_/7 V           i:}:ハ .:7ィ=ミj:ハ >=ミヽ:.:ヘヾ、
                  | ヽ   ` ヽ     /¨{  `v′ }          、_メ!.:i.:.ハ r'_;j    r'_;j ∧:.:}:.fヾ
               __}   \    ,   <ノ  ヽ    /            乂;イ.:.∧   __   /イ V:.:.| リ  そうするしかないか……
           /^V    `¨´r─ 、     i   {          _/ j/_:ノ:.介 .、(⌒),.イ:.l:|:..|:.:.:.!
         ___{   \       ヽ   \_  |    l            ´/:.:,':.:.:j:|:ノーf夭‐ヘ :j:|:.:l:.:.:.:!
     <    .│   \        ハ `│   ',            /.:.;ィ7´l:|\/ムヘ/`l:| `ヽ.:.:i
    /   ヽ   |    /`r======ヘ ./ }  |    ',           /.:/i // !| に不こ) !|l  /!:.:.i
.   /.       l____/   |、____ノvヘ }   |     ',         /.:/| ヽl l !|/〈/ i| ヽ」 !| !./│:.:.i



だが 彼らも主であるやる夫の意向を尊重するという態度は崩さなかった





903 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 22:29:01 ID:st88MCW6

           _-─―─- 、._
         ,-"´          \
        /              ヽ
         /       _/::::::\_ヽ
       |         ::::::::::::::  ヽ
        l  u    ( ●)::::::::::( ●)    みんな…… すまないお……
       ` 、        (__人_)  /
         `ー,、_         /
         /  `''ー─‐─''"´\



こうして やる夫には難しい舵取りの決断を迫られることになったのだが……





906 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 22:30:01 ID:st88MCW6

やる夫には考える時間すら与えられなかった


        ____   ヾ、                           ヽヽ    /                \     / ::::|
       '´ ̄ ̄ ̄`ヾ、  .!l                            ヽ.   /                  \   / ::::::l
         ____ヾ!| _                           \/           、        ヽ / :::::::/
      ,、 -‐'==―‐- 、 ツ´ニ、ヽ`ヽ                         |     l    lヽ、  ヽ       ヽヽ':::::::::/ |
    ///´  /`      \ ヽ\                       |      l   ヽ ヽ  ヽ       r-、___z、  |
    / //    / i     i i  ヽ ', ヽ                      |     |  ヽ   |、 |、ヽ \  l    Lノn'-、l  |
   ,' / / / ,'  |   l  | l   l  |  ト,                     |   |. |  ヽ 丶|ヽlユヨ三王、"l    |,| | |l    |
   ' / /./ /  l   |   !  l l   |  |   l '.              .      | |  l ヽ,イヒヽ 丶| ヽ".bTヽヽ | l |  || || | l   |
  ,イ / / ,'  l  ハノ `ト、ハi ハ l ! :!: l  l '.   あ あの 殿……       | |  l  |y'アヽヽヽ|   l:: :イ l ヽ|、 |i | |、. | |   |
  ,' l ,イ / l |  |才丁l  |イ二サトl、リ :l |  l '.                   ヽ ヽ. l. |'. l゜Yi \l  ゝ;; 'ソ  ヽ | i | |ノ | |   |
. i l! | ,ィ| .l |  |,r=行ヾ .ノ イ! ̄㍉/ ./ 、!  ! l  ',      お 大坂城から   ヽ |、 ヽ |、ヾ。"l      ̄   u ヽ|l L j   -    |
   i ! l |! | l   l ト、_| `" 、ト、__ノイ / /'´|  l !l   '.                  ヽ、、 \ヽ  ̄ 、    ' "´   ./|ヽ|       |
    l ! l |、!  ヾ ̄ 、     ̄フ  /-イ  !  :l !l ',  '.     急使が到着しました   \ |ヽ|、'"   ___     / |/      | l|
     l! ヽト、!   ド、  っ   / ./ /  i    l !l ' .  ' .                   丶、ヽヽ、  ヽ '_   / ──ヽ|  | |  |ヽ||
     '、 ト、|ヽ  \>、_ - ア/ /ュ/  i     l !l ' .  ' .                     ヽ|ヽ>' ̄    ヽ、,, ──-l|ヽ |、|、. |  ヽ
     .  |! |  ヽ、ミ | `Y´/'レ'/ !         l !l  ' . ' .                     /         lヽ   ', ヽ/  ヽ|
       l! | _  __ノL !    __ノ`ー--ァr- へ、 l !l   ' . ' .           ,─--,     /          l     ',  \__
      i!/ lr -ー ‐i⌒i ´ ̄ ̄` ー、 .//     ヾ !l    ' . ' .      r-っrィ L ̄_    ./           l        ヽヽ、
     ./ノ ...|     l、_ノ      ///      ヾ l     '  ' .    | '´   |-'/ /   /           .l     i   | ヽ

          ↑ 河田資友                                    ↑ 村上吉正





909 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 22:31:01 ID:st88MCW6

   /./ |:.|:.:.:./:.:/:.∧:.:!:.:.:.:.:.:.ハ:.:.: ハ::.:.ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.::.:.ヽ.:..:ヽ、
   |:.| |:.|:.:.:|:.,.ィTfヽ.:!:.:.:.:.:.:|_」 ⊥⊥._.:|.:.:.:.:.:ヽ.:.:|:.::.:.:.:N.:.:.:.\
   レ  |ハ.:.∧| |,≠ミ|ハ,:.:.:.:.:| ヽ:| ヽ.:.`ト、:.:.:.:.:!:.:|.:.:.:.:.:|.:.\:.:.:.|
.     |:.:N|:.ハ.ヽ {::::::トヽ.:.:.:.|  ≠テト、|:.i:.:/.:.|:.:|.:.:.:.:.:|.:.:| \|
.     |/  V:.|  |Vr|  \:|  トハ:::r } 〉V:.:.:.|_.|:.:.:.:.:.:|.:.:|      やる夫様 大坂城の輝元様と秀家から指令だ
        V  .ゝ‐'        ∨こソ  !.:.:.:| ヽ:.:.:.:.:|.:.:|
         | ``` ’     ' ' '`   |:.:/ 八:.:.:.:|ヽ|      小早川軍は伏見城の接収にあたること
.         ',    、._ _          |//.:.:.:/|.:.|
          \   Y   }     __ //¨.:.:.:.:.:/ V        伏見城が引き渡しを拒否した場合
           \  ー ', -< ´: : :  ̄>くリ_
             _><´ : : : : : : : : : : : : : : : : \         ただちに これを攻め落とすこと ……以上だよ
          r<´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
          ∨: : : : _,. - ――- 、--: 、: : : : : : : : : : |
           \/―‐ 、      ` <: :ヽ: : : : __/    ← 明石全登
          /.: : : : : : : : \        ̄ ̄/´




         ___
        /⌒  ⌒\         ━━┓┃┃
       /(  ̄)  (_)\         ┃   ━━━━━━━━
     /::::::⌒(__人__)⌒:::: \         ┃               ┃┃┃
    |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                       ┛
    \   。≧       三 ==-
        -ァ,        ≧=- 。
          イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
        ≦`Vヾ       ヾ ≧
        。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。


やる夫は一方的に大坂城方の一員と見なされ 正式な軍事命令が届いてしまったのだ





914 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/01/15(土) 22:32:28 ID:BlkfF37.

手が早いな、流石に





904 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/01/15(土) 22:29:35 ID:C6AaNSEM

これは同情せざる得ない





900 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/01/15(土) 22:27:52 ID:BlkfF37.

つくづく上洛するタイミングが最悪だったな





912 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 22:32:01 ID:st88MCW6

もちろん大坂城も やる夫が家康に心を寄せていることは知っている


                 , ---- 、___
             ,. ‐(  ' ¨ ̄    `ヽ、
            /     ' ¨         \
           /  /              ヽ
          ,'  /                 \
          |  i   /      ヽ        ヽ  ,
          |  |  '   !   ! |  |   |  '  |
            ,'  | ⊥ 」_ /|   |ハ !, ィ T  | | |
         /  /!  |! 从 `ト、N   |イ zx!/!    リ
        /  ,' |  V才テぅト ∨ /仗 リ 〉 /ムイ
        /    / ∧  ', v:少   |/ ゞツ 厶イノ      だからこそ やる夫に
      /      / ハ  i         、   / 八
    /   /  ん-:┤ !>、  ` :. ‐  ,. イ  '  \     伏見城を攻めさせるのよ
    ,'   ,'  /|::::::!:::|  | 〈 > r<:::::/  厶    ヽ
    |   !  /::::::|::::::∨  |  >vく  /::/  /:::::\!  ノ
    乂   i:::::八::/  八 /_∧_ヽ/:::/  /:::::::::::∧(
      )  |::::::/  /::::::〈 >く/::::/  ,:::::::::/::::::. \
    / ,' |/  /\:::::::::`ー/:::::::::{  {:::/::::::::::::::', )
   /  , '  {   , ':::::::::::::>:::::_{::_:::::',  乂:::::: ̄::::::::∨
 /  /  ∧ (:::::::::::::::::::::::::::∧::::::::::::ヽ  \:::::__:::::::::>
/   ,    |::::\ ` ー―‐く:::/! | 、:::::::::::::)   ):::::::::/   ← 宇喜多秀家
|  /     |::::::::::\     )|」 |」 ', :::/   /:::::/




         !      ,.  -‐── ────┴ ─‐┐
         ',  ,.  '´                 /
         > ´                    /
      く         . -‐====== ー-く
          \  ,. . :"´: : : : : : : : : : : : : : l: : : : : : :ヽ
         >'´ .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: ./ハ: :.l: :!: : : : : :l
          i: : : .: : . :. {: : : : : : : :./ /ハ: l.: !: : : : : :}
          |: : |: :.|: : : |::.:.:.:.:.:.`メ、 // V: :l: : : l : ;′
          |: : |: :.|: : : |::|: : :∠イ_〃> Vく: :./}:/    なるほど
            \|: :.|: : : |:.|: : :`弋夕ソノ` tり:.:/ l/
           \|ヽ: :|.:|: : : :.i.:| ̄    ヽjⅣ       これは やる夫にとっての
             }ヽ仆ヽ: : : :lN   _ _/: :l
             / ̄ ̄``ヽ、: レ'´ ̄`): : : :l        踏み絵ということなんだね
            /        V  `ー ユヽ.:.|
        ,ん子こ`ヽ     |     ユ、l./
       ,ん'´: : : : `ヽヽ   |     l ハ'′  ← 長束正家





921 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/01/15(土) 22:33:22 ID:hIwkUQJ.

下手に踏み絵をやらせれば反感を育てる事になぜ大阪方は気づかないのか





937 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/01/15(土) 22:36:10 ID:sn28S3K6

このご時勢そんなにおかしなことでもないがね、踏み絵





945 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/01/15(土) 22:39:21 ID:XlA44PB2

踏み絵は戦国武将の基本だから・・・
利家ですら進んで勝家攻めの先陣を希望したし





919 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 22:33:01 ID:st88MCW6

              r-、
           rー―― !: : `´ ̄`. .' . 、
         ,!: : : : : : :!: i : i、: : : : : : : :ヽ、
         /: : : : : / /|: | : l:!ヽ : : : : ヽ : :ヽ
       / : : : : : ,': ,' .! l: : !| l: i、: : : ヽi : ',
        / : : : ,: : ,!-!‐ !,l: : l:! !‐!- 、 : : ヽ : !
.      ,': i: : : i: : :l :l  lノ!: : !! |/ ヽ : : i: ',: |
      l : |: : : !: : :N  _! : リ ' _ ヽ: :|: :V    それに向背定まらぬ1万の軍勢が
       |: /!: : :|: : l. ,´== `r‐{. ==ミ!i: :h: !
      l/ !: : i、:i'{ ''''   ノ ,.ヽ  ''''ノ,ハ:l,ハ,!     畿内に駐屯するというのも不気味ですしね
        ヽ: l ヽ!:`iー‐‐' r‐┐`''''",!,! :i' :|:i
         ヽ! ,|: |:i`'ー- `_‐',., イ: !': : !: :!:!
      r 、     /|: :!|: : |, '^'、 ,ハl:/: : :,! : ',|
     ヽ ヽ_r_v r! :ヾ―l,  V  /: : : ハ: :ヽ
        Y,. -{ Y!:',: :ヽ:.:.V´,フ、ヽ/ : : /:.:`i,: : :',
       l、/´)ハヽ'、 :ヽ:.ヾイ|.!|、! : :, ':.:.:./ ! : : ヽ
      / `ュ,ノ }i 〉ヽ :ヽ:ヾ|,|,!'l: :/:/:., '  !: : : : ヽ
        ト´、  ノ l':.:.:.:ヽ:}:.:.::.:.:.:|/:.:i//  l: : : : : : i   ← 安国寺恵瓊
        !  `    !:.:.:.:.:lノ:.:.i:.:.:.:.:.:.,' /  l: : : : : : |




            ,.  ,. -=キ≠=- 、
        /: : :'´: : : : : :.ィ: : : :`ヽヽ:\
        /: : : : : :/ : : ://!l: : : !: : :.い: : ヽ
.     /  / .. :/. :/:.// ll: : :l: : ヽl:.|.   :.
     // : : l:./: : !/「/ l  lヽ卞ヽ、l:.!: : : : i
   / /: /: :l/: :イ|:./ l/     V }从:ト: : : : : !
.    / イ: : :l: : :/レ勹示     i勹tトV: : : .!: :|
    l / l:.: :.{:.: | i乍心:|     |;心:.}豸: :.,′:|
    l/ |: : ∧:.l  辷ツ      辷ツl: : :/、∧|   でも やる夫君が この命令を無視したら
      |: :/ト.Vt  ¨¨  ___   ¨¨ //:ム/  `
      l / l |: :.〉r、    {___}    _イ:.イ:/      ……どうする?
      l/   !:/.rLl^l^i、 ‐-‐ ,i^l^|」:/l/
          ィrト、 ` ー┴ v-┴‐'´_,{ァ、
          ∧∨、` ー---┼--‐'´ |/∧
        { ∨、.`ー----┼‐‐--'´∨ }  ← 毛利輝元
        l | ` ー----┼---─'´|  l




         /       /    、  \   ヽ  、
        l /        |     \   ヽ   ヽ  ',
        |/     / 人      ヽ,   ',   |   !
        ||  !. l 、| /  ヽ l    /l   |_,  !  ヽ
        ヽ |l | /ヾ|、 ノイ  /! /_,|イ'l´    |   \
         〉!ヽ\|ー,‐≧、,ノ /_ノ≦___| /   ト、    ヽ
        /   |\! ゝー'゙  ̄ ´ ゝ、_ノ  7   .!  ヽ     \    その時は……
      /    |  |             /   |ヽ、|     〉
      ヽ     |  l u          u./.    |:::::::メ,    /
       〉  r'゙/   ヽ   ー─--、   /     |::::::::::::}_  /
      /  {./     |>- ` ー一'_, イ      /:::::::::´::::::ヽ `ヽ





924 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 22:34:03 ID:st88MCW6

              ____,. -―‐-- 、
            /            \
          /            ヽ  \
         /   /           \ \____,
        /    /   /        ヽ   ヽ ヽ__,ノ´
       ,'    /   /  /    ヽ i    \ \
       |    /   i  /  |  i  ∨   ヽ. ヽ !
       |    |    | \!  ハ. !   !  」  |  |∨
       |    |    レwリ`<  V!   // |  | /
       |    |    | ィfテトミー ヽ /rえV /|/
       |    |    | Vr少'    |/ ヒソ ムイ
       /   八    ', :::::::::    、:::::: ! |      わたしも覚悟を決めるわ
     /   __ハ.   ',          人 |
    /   /..........:::',    ',    -‐',. イ   |\
   /    |::::::::::::::::::::',    ',>-、<::::::V   |  ヽ
.  /  / / ̄ ̄ ̄`ヽハ    ∨丕 !:::::::::{    `ー ┴‐--、
  |  ノ |::::::::::::::::::::::::...::::}    ∨V}:::::::人          \
 弋´  r':::::::::::::::::::::::::::::/     Ⅳ.}:/:::::::>―--、    _ノ
   \ V´ ̄ ̄ ̄`¨/      人リ:::::::::/:::::::\/ , <.
     ) |:::::::::::::::::::::/     /ー个ーく::::::::::::/ / ヽ ヽ  ____ __
.   /  V:::::::::::::../     /:::::::::::::|: |:::::\::/  (:::\  )ノ|/::::::::::::::::\::::::::\
 /  /|:::::::::::::/     /.... \:::::|:: ト、:::::/    `-- 孑/::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::ヽ
/   /  ∨::::::::|      { ̄`::ー::-ミ__|i!∨ !      /:::::::::::::/:::::::::::::::::::::|:::::::::::::::',
   /   V ̄人____ ` ̄ ̄¨ヽ::::ヽ ∨\___,/:::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::i
   !    /\::::::::::::::::::::::::\    |:::::::|   | \:/::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::|
   ヽ  /:::::::|ヽ:::::::::::::::::::::ノ    |:::::/\. |  ./:::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::|
ー- 、   〈:::::::::|:::::::弋¨¨ ̄     /:::/   \./::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::/|::::::::::::::::::::|
   )   |:::::::::\/::\____/|//     /::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::/:::|::::::::::::::::::::|
__/    ∨:::/::::::::::::::::::::::::::::::::/\    /|::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::/::::::!:::::::::::::::::::|


やる夫への指令を出すと同時に 秀家は自軍の出陣準備も整え始めた
徳川との対決に全てを賭けていた秀家の決意は 義弟への想いを上回っていた





928 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 22:35:01 ID:st88MCW6

/|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:./ ';.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ヘヽ:.:.:.:ヽ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
. !:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ll:.:.:!-‐ '、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ¨ヽ:.:.:トヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
. ';.:.:.:!:.l:.:.:.:.:.:.:.:.l´';.:!   ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ  \!  ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
 |:.:/!∧:.:.:.:.:.:.:.| ';|.=== \:.ト、:.:.:.:.:.:.:ヘ―-   ヾ、:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.
 l:/ ハ:.:.';.:.:.:.:.:.:.',   {:h::: ト ヾ、`ヽ、:.:.:.:.!三三ミ  |:.:.:.:.:/、:.:.:.:.:.
 /  ';.:.:ト、:.:.:.:',ヘ  |V:::r}      \:.|トハ:::r }  /:.:.:, '‐、 Y:.:/     秀家は やる夫様に期待している
.     ';:.| \:.:',ヾ、 ゝ‐'  ′     ヾ∨こソ /:.:/}  /:.:.{
      リ  ヽヽヘ ヽ```  丶      ' ' '   // ノ  ,イ:ハ!     この期待を裏切らないことを俺も願うよ
        `| ``                 ´ /ー- ':.:/リ
          ヽ、     -―‐‐'        /:.:.〃:/
          ';.:i_丶、          _ ... ∠:.:.:_/i/
      r '' ¨ ̄ ` ヽ:.:` t- ...__-,, -‐ ¨       ¨ヽ
      l  `ヽ    ヽ-‐ ''て(              {



これは やる夫に対する秀家からの最後通牒であった





918 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2011/01/15(土) 22:32:59 ID:IDtgWHaA

四の五の言わさず大阪につけと





920 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/01/15(土) 22:33:10 ID:9ZqpGBe2

一門の総帥と義兄の両側から攻めてきた、無理ゲーだ





935 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 22:36:01 ID:st88MCW6

こうして大坂城から命令を下されると
自分たちの選択肢が少ないことを改めて思い知らされ 重臣たちは愕然とした


             __
          ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、                  ,. ‐   ̄ ̄ `ヽ、
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、                 /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
      ,!;;;! '~  "~ `i||i"  '' `ヘ;;;!               /.:.:.:.:./.:.:.:./.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
      |;;;|     ヽ`   u ミ;;;|               /.:.:.:.:./.:.:.:./l:|:.l:、:.:.:.ヽ:.:.:.:.ヽ.:.:';
     _ゞ;!,-;;;;;;;"フノ  ヾ`;;;ヽ 、ミ;リ             /.:.:.:l.:.:!.:.:.:./ |:l|:!:、ヽ.:.:ヾ:、:.:.:.\|
      !ヘl;|.,,_==-、く` ,>゙-== 、「ヽ             /.:.:.:.:|.:.l -‐/'/l:!|! ヽ` ー-ハ\.:.:.:ヽ
     !(,ヘ!   ̄'"  |ミ.' ̄" , ドリ            /:.:.:.:.:.:l:.l ィ_¨ヽ! | | ィ_¨ 丶、ヾ:、ヽ:.:ハ
     ヾ、!      !ミ    ,レソ            |:./:.:.:.:.|:l r'::::::}    r':::::::::}:.:.|'ヽ l\:';
       `|      ^'='^     ム'′            |/l:.:.:.:.:l:.! ゝ- ' ,   ゝ-- 'l:.:l ノ:.|  ヾ
.       ト、   、,.-‐ 、,,  /|  …………      |'∧:.:.:.:l:.':、 '"'"   '"'u"' /!/,:':.:.:.|    …………
       i| \  ' ニ   イ.:|              /  ヽ:.:|__::丶、  ^  ,.ィ':.//:.l:.:.:.:.:!
      ,イi| ゙、\  (   /リ.:;ト、               /´ヾ 7'ーr,!`  ´ ト/イー-、:.:.:l
      ノ :.:i|  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::::!:::\             ;'  , / ./{     // |   ヽ.:.l





939 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 22:37:03 ID:st88MCW6

この命令を無視し大坂方と戦闘になった場合
勝とうが負けようが 恩賞にありつけない限り無意味だ
そして 無意味な兵力の消耗は
全てを賭けて筑前からやってきた小早川家の崩壊につながる


            -=≦ ̄`ヽ
                   ≧x: :v'⌒ヽ__
           ,. ´ : : : : : :Y´ ̄jノ: :` 、
          /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.\
          /                   ヽ
       /j : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ',
.      //: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .
.      __//:. :.: : :.:/:〃:/: : : : : ヽ: :.:ヽ: : ヽ: : : : ヽ: : :.
   /:.〃: : : : : /j/ {∧ : : : : : : ト、: :ハ: : 八: : : :.|: : : .、__
.   /::::::::{{: :〃: : :レ──\j\廴j L}┴く  |:.: : :|: : : : : : \
  ヽ(_:::::::V {: : : :l ィチ仔        ィ=≠x. |:.: : :l: : :.}\:ヽ:.:}
    {::::::::_::ヽ:.: 代 込zj        込zソ)}│: :./: : /:::::::Vj/
     \( {:::::::\              `¨´   ノ: :/:.:/::::::}ヽ}
        \:::: {       '         ∠_,.イ//j/
         `¨ヽ    、 _ ,      イ≦_/        ……それじゃ
              \           , ´
                 i      ィヽ⊃             出陣の準備を始めるよ
              __|  `¨¨´  Vユ_
            {: :./         〈 ノ
                ノ:./         ', ヽ
         ,. /: :.i       ___i: : :',    >‐
        ‐<  {: :.:.|`¨¨´        |: : : r=≦彡′ヽ
     /    ≧│: :.r元元元元元元」:.:. :.|`¨´
.    /       .|: :.:.|             |: : : |          ',
..   /  ′   \j ,x个ー-  ___  -‐'`ー-、ヽ  、 ヽ__ノ
.   〈  /      l: : : : : : : : l:.♂:|: : : : : : : :.レ′  }__}



やる夫軍団に是非は無かった





941 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 22:38:01 ID:st88MCW6

だが この命令は別の意味で やる夫を恐慌させた



::::::... ..丶
:::::::.... ...\
:::.' ──-.. \
:::::::... ⌒__丶 \         ふ ふ ふ……
:::::::::.... .'::. ).ヽ  .ヽ
:::::::::::.... __ ..丿   ヽ      伏見城を攻める……?
:::::::::::...    ヽ   .ヽ
:::::.._ ノ ヽ.____丿   .丶    や やる夫がかお……??
::::::::::::::.... ..::ノ      .)
:::::::::::..   ../       .ノ
:::::::::.⌒ "       ..ノ
:::::::::::::::::....    ....::::::../
:::::::::::::::::::::.. ......::::./





943 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 22:39:01 ID:st88MCW6

 \                             ./
 <  
大坂城は やる夫に勝俊兄さんと……!  .>
 <                             >
 <    
実の兄と戦えというのかお!!!!   .>
 <                             >
 /∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\

          ,. -'"´       `¨ー 、
         /::::\::::::::::::::::::,/::     ヽ、
       ,.'"::::,.===、":::::::::::::'',===-、      ヽ、
  , - ‐'ー―ー‐っ=γ'  ,   ヽ'===ァニヽ---― 、 ヽ、
  ゝ‐─‐" ̄:::::::::::丶__人_ ノ    ` ̄ ̄ ̄゛ー'   ヽ
    ./::::::::::::::::::::::∧l___!__|_ノ|              ヽ
   /::::::::::::::::.  ,'     r‐,ノ!                 i .
   /::::::::::::::    | _ ,.┴ 、」                l
  ,'.         レ/      !                 }
  i            ト、___ィ|              /
  ',         └┴┴┴'‐'             /
   ヽ、                        /
    ヽ、_                     /
       `¨i                     ヽ
        /                      ヽ
       /                      ヽ


現在の伏見城の城代は やる夫の実兄である木下勝俊なのだ





947 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 22:40:01 ID:st88MCW6

幼少の頃より やる夫の学問について指導してくれたのが
聖護院道澄と近衛信尹 そして勝俊であった


          .,..::´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        ,..:::´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
       ´. ̄ ̄ 7::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
           ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/l::::::::::l
          ,':::::; イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;ィ::::::::::::::::::/-‐,'::::::::,'
         l/ ./:::::::::::::::::::.;:-ァ':::::::::://::::::::;:: </ィ=ァ::::::::/
           ./::::::::::ィ::::::::ハム.ァ//:;-<ヽ_Lイソ'/:::::::/
          /;: <´/:::::::;' ', ./イ/'´`‐---イ l、 /'´)::/
           ´   /:::::ィ:;'  ヽ         ┘フ:´:/
             /:/ l/   ヽ     _    ノ::/
            /'  .,'     \    `, ァ´/
             ._/       ,ヘ ,  ´ ./イ
            /.__/       ,'- 、
          / ,',ノ       ,l,>、_>¬
         /   l'       /o三    !
       .,/    l      /.´川     !
      //     l     /         l
    /  /     l   /    川     !   ← 木下勝俊
  /  i /      !  ./    三o三, -‐  ̄`

 `―――───―――――○―――――───――――’

          ____     O
        / _ノ ヽ_\   o
       / ∩l^l^lnnl^l^|\    なんで
     /  。ヽ   ∥  ノ \
     |   /   人   l   |  こんなことになるんだおぉぉぉ
     \ /   /|ii!i!|\ \/
.      |    /. |;;;;;;|  \ |
            `ー´


命令に従わない場合は 義兄が攻めてくる
従った場合には 実兄を攻めなければならない
やる夫の目の前には どちらを選んでも嫌な二択がゴロリと転がされた





949 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 22:41:01 ID:st88MCW6

\\ /:::::::::::::::::::::::::::::::::::
  r'::::::::::::::::::::;;:;;:;;:ッ、:::::::::::
\ レ''''jrTf"    lミ::::::::
   |       u 〈ミ::::::::       待て待て待て待て やる夫!
\ |、_ ャー‐__二ゞ ヾ::、
`` ゞ:}   ̄'互.ヾ  }:j ん       勝俊様とは戦うと決まったわけじゃない!
   l/   """"´`    )ノ
=-- /           l  (ノ
== `弋"__,....._     !  !
     ゙、`ー‐'     ,'       \
''"´    ゙、 ̄    / ,'         \
/     ヽ__/::;' ,' ノ       `ヽ
  //      ヾ_,'∠..,,__
// //   /´




           ,  ‐ ´  ̄ ̄ `ヽ、
          /     、    、 \
          ,.'./  .:/ ;小:.. ヽ:. :\:.:.ヽ
.        //:.:.:.:/.:./:. ./ i U:.:.丶:. ...ヾ:ー'、        そうよ! 勝俊様に伏見城開城を
       //,':.:... :.:厶:./- ヽ 弋:.‐\:.:.:. 丶:\
         ! |:l:j:.:.:´/ ィ天t、   ィ天女、-、:.. ヘ、:.ヽ    どこまでも拒む理由なんて無いわ
         ! | :.!.:.:.:ハ´ち;;;j    ち;;;;j !K }ヽ:.、.! ヽ!
         ヽヾj:.ノ小 `::::.   '  ::::´ ハイ: |`リ  ノ    面目を立てて交渉すれば
       、_ノイ:..:.:リ;:ゝ-‐っ ー-   イ:.l::|:. i |
      /´/:.:/ ‐<>.、 _., .イ_.l:.:l::|:. i |        接収は滞りなく可能よ
     /_/∠ ァ┐l !ノーソノl  ̄ ヽ、」::|:. .:i:ハ
   , ./´   `∨イしリ  / ハ  / ヽ ̄`ヽハ
  / |====、∧/  >‐/{ヽ‐‐く   l    l ヽ  r/7-、_
, '   /     / /   7〃 {{ヾ〉\   |/ ̄ |  厂し' / /┐
.   /     / /  /   {{.   \  |    | ,/=(_/_/_,人
   |     / / イ    o. {{       \|    l/     'ヾ、/





960 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/01/15(土) 22:42:19 ID:XlA44PB2

そもそも血縁を利用して無血開城させろという意味じゃないの?
幽斎さんとこの小野木さんみたいに





958 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 22:42:04 ID:st88MCW6

      〃  .::  ..:      !  lヽ ヽ...   ヽ:::.::.
     .,'  ..〃..::::  }  .::i .:l }ハ :ヽ::::. :::::ヾ:::::ヽ
     l  .::://.::;:' , 〃../〃::/ i:l ',.:i',ヽ:::. :::::',:',::ヽ',
     l .::///:///::://::::/  il  i_Li_ヽ:::::::::l:::l::::i::!
    .| ::/:::'ノノナ フサフ`  / イ /」_ぃ::::::::l:::l::::| i      ……そうだわ! それに わたしたちの手で
    .|,彳/:::::ノイメi" ___      チ´::7` ! ::::::i:::l::::| i
   .〃| ::l::::〃(ヤ"i:ッ===ミ    i、:::ゎ l::::::::lリiヾ乂      穏やかに伏見城を開城させたら……
  (( | ::|::〃::::ヾ、i::i        ヾ-" ,ハ::::;;;;l li 乂、
   ` | ::レ i:::::::::::i::i .::::::::.    ' :::::::::.,':::i::::',:l_X''  `ー    その時は わたしたちが入城して
    | :::.: i::::::::::::i::iヽ    `ー'  _ ,ィ:i::::i:: :::,i ヾー
    | :::  i :::::__」i:::! `  ,     ,( ヽ l::!::::ヽ::ヾ          そこを本拠地にしてしまえばいいじゃないの!
     ! :::. _ノ-'´ノl i::::!`ー、__トえ:::::::\\___::::::::心ヽ
   ノマヾ、、  ヽヽ::::!   瓜 (`rー-l"rz, ヽ::::',:::::',
  / '⌒ヽ、 ヽヾ、_ノシヽ、_/乙女 `ー‐ k´/ ヽ、:',:::::',
 |     \\ ̄  >'´,-只-、`コ. l i | rヘ  ハ:',::::::ヽ
 | ,- 、   \\  ヽー'/ ハ 〈 く  l !'-'`|ヾャ }っ:,:::::ヽ




              ____
            /ヽ  /\       あ そうか!
           /(●) (●)丶
          /::⌒(__人__)⌒:::uヽ     1万の軍団で あの城に入ることが出来たら
          l    |r┬-|     l
          \   `ー'´   /     やる夫たちの選択肢もグンと広がるお
          /         ヽ
          し、       ト、ノ
            |   _    l
            !___/´ ヽ___l





963 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 22:43:01 ID:st88MCW6

       ____
     /      \
    /         \    いや…… 待つお……
  /           \
  |     \   ,_   |   やる夫は延俊兄さんに姫路城入りを断られたばかりだお
  /  u  ∩ノ ⊃―)/
  (  \ / _ノ |  |     それを考えると…… ここは……
  .\ “  /__|  |
    \ /___ /






       ____       ヽ v /
     /⌒  ⌒\     -(m)-
    //・\ ./・\\      
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |      `ー'´     |        お!
  /     ∩ノ ⊃  /
  (  \ / _ノ |  |
  .\ “  /__|  |
    \ /___ /





968 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 22:44:01 ID:st88MCW6

         ___
       /     \         よし! やる夫軍団は伏見城を包囲後
      /   \ , , /\
    /    (●)  (●) \       正成と延貞兄さんが勝俊兄さんと開城の交渉を開始するお
     |       (__人__)   |
      \      |r┬-|  ,/       頼勝は やる夫について来るお
     , -‐ (_).ヽ`ー'´   ィヽ
      l_j_j_j と)         i
       ̄`ヽ        | l




                 ____
         ,. ‐''"´        ` ー- 、
      /                \   \
      ,イ            \   \::: : \
     /   /     !   :|  :|ヽ\   \:::::. ヽ
    ,'  .:/  .::::/ ,'   :,' .::iハ . ヽ:::: :::ヽ:::::. ヘ
   i   .:/  ::/ /  ::/!: .::,' | |∨:|ヘ:::: : :::ヘ:::::::ハ
    |  .:,' /  .:/  ::/,' :::/ |:.! |:.:| |∨::::::::∧::::::i、
    | .::i:./ .:::::,イ  _/:_;ノ  リ l`ーf‐-、::::::::::ハ::::| !
    |/:|/  :/,ィ"´/:.:/  /  |/'_」」. i:`: :::::::|::::| |    分かったわ
  ,ィ|  / ::::::/i,.>''"アiヽ      /´::::}`.|:::::::::::::l::::| |
 / | ,'::::/{ rT{::::::::::r !     {:::::rリ ∥:: :::::/ト、ハ|    やる夫はどこに行くの?
 {  | {::/::::::ヽ|:|乂、_,ノリ      ヾ之' ,'|::::::::,'. | 乂
 ヽ | |,' |::::|::::|`ト! ''' "´      、    ハ|::::.::i  !   `''ー‐
   i   |::::|::::l::::|ト、          /:::|:::::::|  ヽ
   ハ::  l: ::|::::|::::iハ \    (⌒)  .イ:|!:::ハ:::::|
  ∧:  !::::i:,.-、「|∧  > 、 _,. <:i::|:::|:::::.ヘ:::ヘ
 /::::: _厶イ ./ |:.:.|` ー-L>、:::::::|::|:::|:::::::::.`iー\





972 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 22:45:04 ID:st88MCW6

          ____
        /⌒  ⌒\
      /( >)  (<)\       やる夫は
     /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
     |    /| | | | |     |     勝俊兄さんとの調停を確実にするために……
     \  (、`ー―'´,    /
          ̄ ̄ ̄





976 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 22:46:01 ID:st88MCW6

            ___
          / ⌒  ⌒\   __
        / (⌒)  (⌒) \〈〈〈 ヽ  
      /   ///(__人__)/// 〈⊃  }    北政所様のとこに行くんだお!
      |       `Y⌒y'´    |   |  
     \       ゙ー ′   ,/   !   /∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\
     /⌒ヽ   ー‐    ィ    l
     / rー'ゝ           /
    /,ノヾ ,>         /
     | ヽ〆         |




            __
        , ‐ ´      `ヽ                     r(    ,、_
      /..:/.:/ .;イ :. :.丶.:.: \                   ゞ, rr~ヅ´ ミ
     〃:.:./ .:./:.:/小:.: ',:.:.ヽ:.:.:. ',                   フハ    _ ミ
     l:{.:./ .:./-‐:! l ヽ:.‐-:.:.:.\:.:.!             .      |_.. -'_"-'´\  r'⌒ヽ
     i:}:ハ .:7ィ=ミj:ハ >=ミヽ:.:ヘヾ、  あ!             ゙i`'''Tjフ   } ミトー }
     、_メ!.:i.:.ハ r'_;j    r'_;j ∧:.:}:.fヾ                  ,' ,.‐'"    { {い) / ノ
      乂;イ.:.∧        /イ V:.:.| リ      なるほどな……  ,'        ゞ゙ f クァ
   _/ j/_:ノ:.介 .、 ° ,イ:.l:|:..|:.:.:.!                  〈.、,..        ,.‐'´
     ´/:.:,':.:.:j:|:ノーf夭‐ヘ :j:|:.:l:.:.:.:!                   )__.. -ァ   /
     /.:.;ィ7´l:|\/ムヘ/`l:| `ヽ.:.:i                     Y´_   ./
      /.:/i // !| に不こ) !|l  /!:.:.i                    ゙i゙   {
    /.:/| ヽl l !|/〈/ i| ヽ」 !| !./│:.:.i                    丶、,、イ





982 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 22:47:02 ID:st88MCW6

北政所……
言わずと知れた太閤秀吉の未亡人で やる夫と勝俊の叔母であり
やる夫にとっては義母でもあった女性である


       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:i:.:|Wwハ.:.:.:.ヽ.:.:ヽ
      /.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:/.:.:/i:.:|    !.:.:!:.:.:.:.:.:.:',
.     /.:.:/.:.:/.:.:.:.:.:/.:.:.:.:/.// !.:,'    i:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:!
     i.:.:/:.:/.:.:/.:.:/:.:,.斗 //  i/ --、  i.:/:.:.:.:.:.:.:!:i
     |./!.:.:!:.:.:!.:.:/イ  //  /    `メ、 |..:!.:.:.:.:!:|
     | |.:.:i:.:.:i.:.:| |斗≠  /   ≠=、  |:.:!.:.:.:.:!:|
     | |.:.:i、.:i:.:|./ト:::::::i}      ト::::心、!:/.:.:.:.:!:|
     ヽ |.:.:iヽ:ヽト v':::::}|      r':::::リ |/:.:.:.:/!.:|
       |イヽ..\ト. V少      vニソ 厶 イ:.:.!.:|
      / |:.:.:.:.:.:.:ハ  :::::   、   :::::  /ノ:.:.:.:.:.:!.:|
      / |.:.:.:.:.::!:.!ヘ、   r  ァ    /:.|.:.:.:.:.:.:.!.:|
     /  |:.:.:.:.:.:!.:|.:.:.>、       ィ´:.:.:|.:.:.:.:.:.:.!.:|
     /  |r―‐-、!:.:.:.:.:.:i`  、.  '´|.:.!.:.:.:.:.!.:.:.:.:.:.:.!.:|
    /   |    |!_, ィリ      !\.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:!.:|
.   /   /|    |i  /       !  ヽ!:.:.:.:.:.:.:.:!.:i    ← 北政所
.   /   /_|/ ̄ヽ||  |        |   |:.:.:.:.:.:.:.:!ハ      *秀吉の死後 剃髪した北政所は
  /  ./::::|    |ヘ !ー-、  , -‐/  /:.:.:.:.:.:.:/::::::\       この時点の正確な名乗りは高台院である
  /  ∧:::::::|    |:∧ \     ./  /:.:.:.:.:.:.:/::::::::::::∧


そして勝俊は やる夫とともに北政所に最も愛された親族だった





979 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/01/15(土) 22:46:40 ID:hIwkUQJ.

筋は通ってる考えじゃの





10 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/01/15(土) 22:50:01 ID:Ce5TSbtU

現状で使えそうな最後のツテだな





12 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 22:51:01 ID:st88MCW6

翌7月18日 早朝
やる夫は かつて秀吉が京都御所周辺に構えた 今は北政所が住まう屋敷に急行した


        ((_((_((_((_((_((_((_((_((_((_((_((___((__
       ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ
     ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ
  _@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@ノ
  ((_((_((_((.|il |;;::: ..::..  ::..  ::..:: .   .: :..    . :::  .. : ::::|il i::
 ノ___ノ___ノ__.ノ...|il |________________|il l::
  = @==@==@= |il |\_____________________________________,_,,,,,;;;;;;;|il l::
             |il |  |    | |ニニニニニニニニニニ l | : |il l::
             |il |  l┌┐| |;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;|;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;| | : |il i::
             |il |  l└┘| |;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;|;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;| | : |il l::..
 ______|il |_l__| |;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;|;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;| |__.|il i=== =
 ,, '  ,;; ' ". ; .., |il |:」」i 「:「:「| |;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l; @=@ ;l;;;l;;;l;;;l;;;| |:iii|il |::|::|::|::
  ,'   . . .; . '., .|il |:」」i 「:「:「| |;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;|;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;| |:iii|il |::|::|::l
   ';;   . .,、   . |il |:」」i 「:「:「| |;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;|;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;| |:iii|il |::|::|::l
  .;  ,; ., 、  ;;、 |il |:」」i 「:「:「| |;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;|;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;| |:iii|il |::|::l::i
 ,,、'..,,、、.. ; .,,,、,;;、|il |/..;; "..  `,,"  . . .; .,, '  ´ ,, ;; 、 " ,, 、|il |::|::l:


                       ___
                    /     \
                   / ヽ  /  丶     筑前中納言やる夫ですお!
                  /  (●) (●) ヽ
                  l::::⌒(__人__)⌒:::u:l     大至急 北政所様に御取次を願いますお!
                  \  |r┬-|   /
                  /   `ー'´   ヽ
                  し、       ト、ノ
                    |   _    l
                    !___/´ ヽ___l





13 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 22:52:07 ID:st88MCW6

対応にあたったのは 北政所付き筆頭上臈である孝蔵主だ


           _,,,,,,__
       _..-''"::::::::::::::::::::::`゙゙'ー...、
    _,,,..-'"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
.!:::::::::::::::/゙',:::::::::::::,ノ´|:::::::::::::::,,.、::::::::::::::::ヽ
.',:::::::::::/ __ ヽ:::::::/  ゙l、:::::::/   ヽ::::::::::::::|
 \:::::l.'゙_,,、 ヽ:/   、 _,二 \  l:::::::::::::|
   l 「''l゙.r'''' !',     フ,r''''ヽ    |::::::::::::l
  | l  |.| .i'i !.!    .!.| .l', .|.!   l,.--、/    え?
  ヽ} ヽ',;;;;.ノ     ゝ.ly;;ソ     ,、  !
   | ..:::::::::... r   ...:::::::::::::....    l!  /     き 北政所様と御面会ですか?
    _|                     __∠
 /:::::\    -          _/:::::::::::::\
/:::::::::::::::/_''-_、  , -- 、,, -'" !',::::::::::::::::::::::ヽ
 ̄Z:::/    .゙フ"    `   ! ヽ::::::::::::::::::::::!
                   \:::::::',ヽ::::|  ← 孝蔵主
                     `'''′`'′






       :::::::::::::/ ̄ ̄∨ ̄ ̄\ ::::::::::::::::       こんな早朝に突然押し掛け
  ::::::::::::::::::::::::::::::|  / ̄ ̄ ̄\ |:::::::::::::::::::::::::
   ::::::::::::::::__|/  _ノ  ヽ、_ \|__::::::::::::::::     無礼は承知のうえですお
  ::::::::::::::/  / ((>)) ((<)) \  \::::::::::::::::
 :::::::::::::::::|   |    (__人__)   |   |::::::::::::::::::::::::  ですが なにとぞ なにとぞ!
:::::::::::::::::(⊥_⊥)\___`⌒´__/(⊥_⊥):::::::::::::::::
  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::





15 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 22:53:01 ID:st88MCW6

      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ッ、::::::::::::::::::::::::::::!
     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|\::::::::::::::::::::::|  \::::::::::::::::::/
     /:::::::::::::::::::::::::-、::::::::::::::::::::::! ヽ::::::::::::::::::/ -、ゝ:::::::::::/
    /:::::::::::::::::::::::/  \:::::::::::::::/  l::::::::::::::/   |::::::::/|
    .|::::::::::::::::::::::/  /l:::::::::/   !::::::::/   , -、レ冫 l
     |:::::::::::::::::::/   /  l, -─ 、/  ‐ '    //'' 、|   |、
    |::::::::::::::::::|  |   / /´`'コ        !!   | |  | ヽ      あの……
     ヽ‐' ̄-、|       | l  ,_ ||        |.! | .! | l  | |
     l     ヽ      ! ! ! ,/|           !.!二 |/  l ノ       早朝とか 無礼とかではなく……
     |  \        \`ー‐ノ         -、 ̄......  ト- 、
    __ヽ  !,)    ..::_,.-二::::::...       ' ...:::::::::... /::::::::`\    その……
   ,/::::::\、      / / /  l             /:::::::::::::::::::\
, -'´::::::::::::::::::::`‐‐'|\_ l / │ / r'´〕   -=    /::::::::::::::::::-、::::::::!
:::::::::::::::::::::::::::::::::::/  /| | |  .| /  /       ,/´\::::::::::::::::\`\)
:::::::::::::::::::::::::::::::::/  , -.l、| !   !l   l_    _,,.-''´'t- 、_   ̄ ̄ ̄
::::,.-7::::::::::::::, ‐'/ ̄\`ト、     \二`ゝ'´   T、  \
´ /:::::::::/´ /     ` |l、     ヽ'゙ `ヽ_     !ヽ   |




      ___    ━┓
    / ―\   ┏┛
  /ノ  (●)\  ・
. | (●)   ⌒)\
. |   (__ノ ̄  |          へ?
  \        /
    \     _ノ
    /´     `\
     |       |
     |       |





18 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 22:54:01 ID:st88MCW6

            ,... -::─::- ....、
         /:::::::::::::::::::::::::::::::\
       ,:'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ       いえ……
       ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
      /:::::::::::::;、::::::::::::/ヽ:::::::::,_::::::::::l       ひょっとしたら
    L;:::::::::/'' ヽ、::::/、 _ヽ、ハ `};へ!
     ` ┬' -、 `  -、   | r L...._     やる夫様なら……
        ,..:lヽ | ・ |   | ・ |     ',ノ::::::::`ヽ、
     ,/:::::::`l `- r  `-    /´:::::::::::_;くヾ
      ´'ー--\、 ` -    , ィ´ ̄`ヾ´




━┓
┏┛    ⌒
・    .___ ⌒  ___   ━┓
   / ―\ / ―  \  ┏┛
 /ノ  (● X  (●)  \ヽ ・.
| (●)  /_  (⌒  (●) /.
|   (__/      ̄ヽ__) /
 \  /´    ___/
   \|        \
   /|´        |





19 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 22:55:01 ID:st88MCW6

         ,.. -‐ '  ̄ ̄ `丶、
      , ‐'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
    _/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   , '´:::::::::::::::;::::::::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::::::',      分かりました
  /::::::::::::::::/|:::::::::::::::, '_l::::::::::::::/ \:::::::::::::::!
  |:::::::::::::::レ '´l::::::::::/   ',:::::::::/\  !:::::::::::::|     ただし ご案内出来るのは
  ヽ、:::::::|  , 、.!::::/    〉、:::ト、 ` ',:::::::::::|
   `ヽ,::! ,   ヽ|    l  `'  |    !r'´`ヽ    やる夫様だけですよ
    /l ` |   i     |  _ |     / |
    | ト、_!r=- 、'     r'´ ̄`'::'::::::::  l ! l─- 、
     i !:::::::::   r       ::::::::::::::::  ' /::::::::::::::\
    /l      ヽ           r_ '´::::::::::::::::::::::,>
    /::::::\     ィ-‐ 'ニニア     / `ヽ:::::::ー-'-´ァ
  / - '7:::::`>、   ヽ'、__ノ    /l     l--‐' ´
    'ー‐イ   `!丶 .,_    ,. ‐'´  !       |
      l   | ___>`-'´'´   /ヽ     l
       / ,. - '´/    ` ゙ ヽ、  /  !       ',
     / '´   /       /`ヽ!   !     l




          ____
        /      \
      /  _ノ  ヽ、_  \      十分です
     /  o゚⌒   ⌒゚o  \
     |     (__人__)    |     ありがとうございますお
     \     ` ⌒´     /
      r´、___∩∩__,  /
      \__ ´人 ` _ノ



孝蔵主の反応は些か不審であったが それでもやる夫は面会を許された





20 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/01/15(土) 22:55:06 ID:hIo.9ABE

なんだなんだ





22 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/01/15(土) 22:55:32 ID:C6AaNSEM

怪しすぎる





29 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/01/15(土) 22:56:56 ID:eaVitweE

なんかフラグ立ってるぞw





23 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 22:56:01 ID:st88MCW6

やる夫が北政所と顔を会わせるのは久しぶりのことだ
あるいは まともに面談するのは
やる夫が小早川家に養子に出されて以来のことかもしれない


                               = 北   =
                             ニ= 政 そ -=
  、、 l | /, ,                      ニ= 所 れ =ニ
 .ヽ     ´´,                     =- 様. で -=
.ヽ し き 北 ニ.                     ニ な. も 
=  て っ 政  =ニ        ____        ´r ら   ヽ`
ニ  く. と 所  -=      /   u \      ´/小ヽ`
=  れ.何 様  -=    /  \    /\
ニ  る と な =ニ    /  し (○)  (○) \
/,  : から  ヽ、   | ∪    (__人__)  J |
 /     ヽ、     \  u   `⌒´   /


養子入りの件では やる夫も一時期 北政所から裏切られた思いを感じた
だが今ではあの時何があったのかを理解できるほど やる夫も大人になっている





30 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 22:57:02 ID:st88MCW6

やる夫にとって北政所は 今でも優しく聡明な母親であった



    |┃三 ガラッ
    |┃  ____
    |┃/_ノ ヽ、_ \
    |o゚((●)) ((●))゚o      北政所様 お久しぶりです
――‐.|┃:⌒(__人__)⌒:::::\
    |┃  |r┬-|     |⌒)   やる夫ですお!
    |┃   `ー'ォ     //
    (⌒ヽ・    ・ ̄ /
    |┃ノ       /
    |┃   つ   く
    |┃  (::)(::)   ヽ
    |┃/    >  )
    |┃     (__)






  .` |iト,.:i..:i.:i.:..:|{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ソ:.i.:.イ./.:.:.::|i
   |i|i.:.::ト,.:iヾ;;:|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.:.:/.|/.:.:.:.:|.i
  .|i|i.:.:.:;iヾ;ヽトヽ    ::::::::::::::::::::::     /イi.:.:|i.:.::.:.:.| .i
  .|i |:i.:.:.:.:i..:`,ミ:ト、       i:       ' /V::./.:.:.:.:.:|| i
  |i .|.:i.:.:.:.:i.:.:.:.:トト`: .、.   -:‐     , r'´.:::|.:.:/.:.:..:.::|| i
 |i |:.:i.:.:.::.:.:i.:.:.::i.:|;:;:;:;::`i  、 __ , . r'´;:;:i:;:;;:/:/.:.:.:.::.:.:|.:| ii
. |i |;:;:;i:;;:;:;:;:;:i;:;:;:i:;|_,/ i       :ト、;;;;i;;;//;:;:;:;:;:;:;:|;:;::| .ii
.|i .|;:;:;:ト;:;:;:;:;:;:;:i;:;::i:|           \/';: /;:;:;:;:;:;:i;:;:::|  .ii
|i .|;:;:;:小;:;:;:;:;:;:;::i;:;::|_,,...,,_   ._,,,__:/;::/;:;:;:;:;: /:|;:;:;::|  .ii
  ノ'´ |:ハ;:;:;:;:;:;:;:;:i :|`ヽ,       , r'´/;:/;:;:;:;:;;:/;:/\;::|  ii
. /   |:| .ヽ,;:;:;:;:;:;:;i:|= =`=、   ,r'´ _./;:/;:;:;:;:;;:/;::/   \  .



しかし……





38 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 22:58:01 ID:st88MCW6

      / : : : : : : : : : : :/: : :| : : : : : : :/.::   | :| |: :|::         |: : : : : : : : : : : :l
.     / : : : : : : : : : : :/: : : :| : : l : : :/.::  │:| |: :|::        |: : :| : : : : : : : : l
    /: : :/ : : : : : : : /: : : : :| : : i : :/.::     ! :| |: :|::       |: : :| : : : : : : : : l
.    /: : ,イ : : : : : : : / : : :/: :| :._⊥/-─‐   ! :l .|: :| ──- ..   |:|: :l!: : :l : : : : : |
   /: :/ │: : : : l : : !: : : :|:,.イ´.: l/.::::::::::  /:/  |: :|:::::::::::::... `メ |: :|!: : :l : : : : : |
  ,' : ,′ | : : : : l : : |: : :.イ:/|: : :/-─<  /:/  |: :| >─‐--、`下y'| : : l: : : : : :|
  │: |  | : : : : | : : |: : : :|:.:_,.ィ≠≦三ミ /'"   |: :l  彡三≧ェx |/ ヽ: : :l : : : : :|!
  │: |  | : : : : | : :│: : :l,イィ'::l|li|l|li|!:|      | /   |::l|il||i|li:ヾ;、 | : : :| : : : : i:!
  │: l  l: :/: : :| : : l : : 〃 {:::::l|l|l|l|l|::|        j,′   |::l|l|l|l|l|::::}ヽゝ : : :l : : : :,ハ   だれ ……ですか?
  |: :,′ ∨: : : :l : : l : : : l: .∨:!!|l|ll!!::|             |:::!l!|l|l!!::/ /} : : /: : : :/ : :l
  |: ′  ∧ : : : |∨ l: : : :|: :',∨:::::::::::j_           {::::::::::::::/ // : :/| : : :/ :| : l
  i,′  / ヽ : : | ∨ : : : |!.:ハ>=≦三三       三≧==<. //: : /: | : :/ : :| : |
    /   | \| : ∨ : : ハ : :{三三三三    三:.  三三三三ムイ: : :| :/ : : :| : |
         | : |: : : :|\: {\乂三三三    i!三三三三三三三/ :| : : :|/ : : : :| : |
         | : |: : : :| : :ヽ\  ̄        _Ξ三三三三三,/| : |: : : : | : : : :| : |
          | : | : : : |: : : :|` |lヽ、        ´ ̄` 三三三三:,イ: :| : |: : : : | : : : :| : |
          | : | : : : |: : : :| : |l |: |li:..、      三三三三才il| :l : :| : |: : : : | : : : :| : |




     そこにいた女性は 初めてのものを見るような眼でやる夫を眺めた……




       ____
     /⌒三 ⌒\
   /( ○)三(○)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\     ………………え?
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /





39 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/01/15(土) 22:58:24 ID:08lxLP0.

ああああああああああああ





45 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 22:59:01 ID:st88MCW6

         ____
       /     \
      /  u   ノ  \     あ あの やる夫です
    /      u (●)  \
    |         (__人__)|    筑前中納言の小早川やる夫です
     \    u   .` ⌒/
    ノ           \     太閤殿下の元養子のやる夫です
  /´               ヽ




               /::::::::::::::::::::::::::::::: ト、::ヽ:::::::::::\::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
              /::/::::::::::::::::: /::: ∧:! ヾ:::\:::::::::::ヽ:::::::::::::::::::ヾ::::::::::::::::::::::::::::::\
              |:::i:::::::::::::::: / ::::::| |::!   \::\::::::::: !::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::\
              |:::|:::::::::::::: ':::::::::::| j_| .. -─十::|:` 、 :| ::: ::::::::::::::|:::::::::::::::::::i::::::::::::
              |:∧::::| ::::::|:::::::::√i::l _ __  |::::|::::::| :::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::i:::::::::::
              |:| |:::| ::::::|:::::::ハ j/ィ≡tiミ |::,イ!:::i| :::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::i::::::::::
              |:| |:人 ::::|::::: |:::::/  l   | i/ |:::::i| :::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::i:::::::::
              |:| i::::| \l:::::::|:::::i   、 ノ /  |:::从 :::::::| ::::::::::::|:::::::::::::::::::::::i::::::::
                ヾ.、 ヾ:\ \乂:,    ´,,,,   |/;;/:! : :::|:: ::::::::::|::::::::::::::::::::::::i:::::::
               \ ーゝ ゞ:/\ ´       ;/ ;|::::::::|:: ::::::::::|:::::::::::::::::::::::::i:::::
                      く           /;;;;;| ::/ :::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::i::::
                            \  __      ;;;;;|:::/ :: ::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::i::::
         ………………         \      ,;;; j/ :::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::i:::
                              >,. ─…;イ  ::::::::::::::::::|::::::::::::::::l::::::::::::i::
                        /√      |  :::::::::::::::::∧::::::::::::::l::::::::::::i:::
                       / /        イ  :::::::::::::::::|  ゝ:::::::::l::::::::::::i:::
                      /:::::::/    〆   | :::::::::::::::::::::| ::::::::\::::l::::::::::::i:::
                        / ::::ノ   /  ィ:::::: | :::::::::::::::::::::| ::::::::::::::\::::::::::::i





47 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/01/15(土) 22:59:41 ID:BlkfF37.

会うのは、かなり久々だからなぁ・・・





49 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/01/15(土) 22:59:44 ID:eaVitweE

そういえば、家康に西の丸を譲った時に面会した家康の反応も・・・
まさか、あの頃からこれか・・・


参考 : 新・やる夫の関が原戦線異常アリ - <第3部 その16 家康VS利長>





50 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 23:00:01 ID:st88MCW6

           ___
       /      \       本日は その……
      /ノ  \   u. \
    / (●)  (●)    \    伏見城に籠る兄勝俊との調停を
     |   (__人__)    u.   |
     \ u.` ⌒´       /    お願いにあがりまして……
    ノ            \
  /´               ヽ




               /::::::::::::::::::::::::::::::: ト、::ヽ:::::::::::\::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
              /::/::::::::::::::::: /::: ∧:! ヾ:::\:::::::::::ヽ:::::::::::::::::::ヾ::::::::::::::::::::::::::::::\
              |:::i:::::::::::::::: / ::::::| |::!   \::\::::::::: !::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::\
              |:::|:::::::::::::: ':::::::::::| j_| .. -─十::|:` 、 :| ::: ::::::::::::::|:::::::::::::::::::i::::::::::::
              |:∧::::| ::::::|:::::::::√i::l _ __  |::::|::::::| :::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::i:::::::::::
              |:| |:::| ::::::|:::::::ハ j/ィ≡tiミ |::,イ!:::i| :::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::i::::::::::
              |:| |:人 ::::|::::: |:::::/  l   | i/ |:::::i| :::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::i:::::::::
              |:| i::::| \l:::::::|:::::i   、 ノ /  |:::从 :::::::| ::::::::::::|:::::::::::::::::::::::i::::::::
                ヾ.、 ヾ:\ \乂:,    ´,,,,   |/;;/:! : :::|:: ::::::::::|::::::::::::::::::::::::i:::::::
               \ ーゝ ゞ:/\ ´       ;/ ;|::::::::|:: ::::::::::|:::::::::::::::::::::::::i:::::
                      く           /;;;;;| ::/ :::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::i::::
                            \  __      ;;;;;|:::/ :: ::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::i::::
         ………………         \      ,;;; j/ :::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::i:::
                              >,. ─…;イ  ::::::::::::::::::|::::::::::::::::l::::::::::::i::
                        /√      |  :::::::::::::::::∧::::::::::::::l::::::::::::i:::
                       / /        イ  :::::::::::::::::|  ゝ:::::::::l::::::::::::i:::
                      /:::::::/    〆   | :::::::::::::::::::::| ::::::::\::::l::::::::::::i:::
                        / ::::ノ   /  ィ:::::: | :::::::::::::::::::::| ::::::::::::::\::::::::::::i





51 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 23:01:01 ID:st88MCW6

               /::::::::::::::::::::::::::::::: ト、::ヽ:::::::::::\::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
              /::/::::::::::::::::: /::: ∧:! ヾ:::\:::::::::::ヽ:::::::::::::::::::ヾ::::::::::::::::::::::::::::::\
              |:::i:::::::::::::::: / ::::::| |::!   \::\::::::::: !::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::\
              |:::|:::::::::::::: ':::::::::::| j_| .. -─十::|:` 、 :| ::: ::::::::::::::|:::::::::::::::::::i::::::::::::
              |:∧::::| ::::::|:::::::::√i::l _ __  |::::|::::::| :::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::i:::::::::::
              |:| |:::| ::::::|:::::::ハ j/ィ≡tiミ |::,イ!:::i| :::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::i::::::::::
              |:| |:人 ::::|::::: |:::::/  l   | i/ |:::::i| :::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::i:::::::::
              |:| i::::| \l:::::::|:::::i   、 ノ /  |:::从 :::::::| ::::::::::::|:::::::::::::::::::::::i::::::::
                ヾ.、 ヾ:\ \乂:,    ´,,,,   |/;;/:! : :::|:: ::::::::::|::::::::::::::::::::::::i:::::::
               \ ーゝ ゞ:/\ ´       ;/ ;|::::::::|:: ::::::::::|:::::::::::::::::::::::::i:::::
                      く           /;;;;;| ::/ :::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::i::::
                            \  __      ;;;;;|:::/ :: ::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::i::::
            ………何?        \      ,;;; j/ :::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::i:::
                              >,. ─…;イ  ::::::::::::::::::|::::::::::::::::l::::::::::::i::
                        /√      |  :::::::::::::::::∧::::::::::::::l::::::::::::i:::
                       / /        イ  :::::::::::::::::|  ゝ:::::::::l::::::::::::i:::
                      /:::::::/    〆   | :::::::::::::::::::::| ::::::::\::::l::::::::::::i:::
                        / ::::ノ   /  ィ:::::: | :::::::::::::::::::::| ::::::::::::::\::::::::::::i


太閤秀吉の死からおよそ2年
北政所は いまだに己の半身と言ってもよい伴侶の喪失から立ち直っていなかった





53 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/01/15(土) 23:01:27 ID:C6AaNSEM

うわあ・・・





54 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/01/15(土) 23:01:47 ID:BlkfF37.

これはダメだ・・・





55 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 23:02:01 ID:st88MCW6

 |__
 |    \
 | 、_  \
 | (○) i|| \    いえ…… 何でもありません
 |人__)    |
 |⌒´    /    失礼いたしました……
(⌒ー─' )
 |    /
 |   /
 |



秀吉の死後 北政所が表舞台に現れたのは
豊国神社の建立と 「石田三成襲撃事件」における三成の助命
そして大坂城西の丸を家康に譲渡したことのみである





59 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 23:03:17 ID:st88MCW6

このうち北政所が真に熱中したのは豊国神社に関することだけ……
三成の助命は 秀吉の眠る都で騒ぎを起こして欲しくなかったのであり
西の丸の譲渡も ただ単に自分が都に移りたかっただけなのだ


                  ,... -::─::- ....、
               /:::::::::::::::::::::::::::::::\
             ,:'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
              ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
            /:::::::::::::;、::::::::::::/ヽ:::::::::,_::::::::::l      やる夫様でも
          L;:::::::::/'' ヽ、::::/、 _ヽ、ハ `};へ!
           ` ┬'Y7ヽ ` Y ;ヘヽ  | r L...._    駄目でしたか……
               ,..:lヽヽじl    ヾじリ    ',ノ::::::::`ヽ、
           ,/:::::::`l `´ r    ̄   /´:::::::::::_;くヾ
             ´'ーァへ、 ` -    , ィ´ ̄`ヾ´
            ,.く/  `ヽァ'´`ヽァ'´/    |
             / _L.__/__   V- 、     !
          ,′  ̄ ` ー 、 __ ``'′  \ / |
           l           `ヽ、  ,/  |
            ` ー┬─ ァ- 、  、 トJ,ィく     l
               /j.  /    `ヽ_y'^'´ l ヽ  /



そして これらを政治的な形に整えたのは
全て北政所の第一秘書である孝蔵主の手腕によるところであったのだ





65 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2011/01/15(土) 23:04:35 ID:IDtgWHaA

よく考え付いたな





66 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/01/15(土) 23:05:02 ID:5R2x8aaI

女の身ですげえな、おい





63 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/01/15(土) 23:04:05 ID:eaVitweE

孝蔵主パネェw





67 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 23:05:02 ID:st88MCW6

そして この争乱において ここに至るまでも これからも北政所は何もしなかった



                ヾ.、 ヾ:\ \乂:,    ´,,,,   |/;;/:! : :::|:: ::::::::::|::::::::::::::::::::::::i:::::::
               \ ーゝ ゞ:/\ ´       ;/ ;|::::::::|:: ::::::::::|:::::::::::::::::::::::::i:::::
                      く           /;;;;;| ::/ :::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::i::::
                            \  __      ;;;;;|:::/ :: ::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::i::::
         ………………         \      ,;;; j/ :::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::i:::
                              >,. ─…;イ  ::::::::::::::::::|::::::::::::::::l::::::::::::i::
                        /√      |  :::::::::::::::::∧::::::::::::::l::::::::::::i:::
                       / /        イ  :::::::::::::::::|  ゝ:::::::::l::::::::::::i:::
                      /:::::::/    〆   | :::::::::::::::::::::| ::::::::\::::l::::::::::::i:::
                        / ::::ノ   /  ィ:::::: | :::::::::::::::::::::| ::::::::::::::\::::::::::::i



彼女は 福島正則らの子飼いが家康に接近していくのも
その娘を養女とした石田三成が決起するのも 大坂城が秀頼を祀り上げるのも
全てを為すがままに傍観した





69 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 23:06:01 ID:st88MCW6

                ヾ.、 ヾ:\ \乂:,    ´,,,,   |/;;/:! : :::|:: ::::::::::|::::::::::::::::::::::::i:::::::
               \ ーゝ ゞ:/\ ´       ;/ ;|::::::::|:: ::::::::::|:::::::::::::::::::::::::i:::::
                      く           /;;;;;| ::/ :::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::i::::
                            \  __      ;;;;;|:::/ :: ::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::i::::
         ……やる夫さん        \      ,;;; j/ :::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::i:::
                              >,. ─…;イ  ::::::::::::::::::|::::::::::::::::l::::::::::::i::
                        /√      |  :::::::::::::::::∧::::::::::::::l::::::::::::i:::
                       / /        イ  :::::::::::::::::|  ゝ:::::::::l::::::::::::i:::
                      /:::::::/    〆   | :::::::::::::::::::::| ::::::::\::::l::::::::::::i:::
                        / ::::ノ   /  ィ:::::: | :::::::::::::::::::::| ::::::::::::::\::::::::::::i





73 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/01/15(土) 23:06:37 ID:9ZqpGBe2

秀秋が嫌われていたのではなく
物事の判断がおぼつかないという解釈とは・・・





82 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/01/15(土) 23:08:29 ID:QJrHAias

聡明ゆえに傍観したのではなく、関わる気力すらなかったのか





70 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2011/01/15(土) 23:06:08 ID:zOAdphZM

斬新だな





78 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 23:07:01 ID:st88MCW6

なんにせよ伏見城との調停に北政所が役立たないのは明らかだったが
やる夫の受けた衝撃は それ以上だった


         ____
       /     \       あんな…… あんな北政所様……
      /  _ノ   ヽ、\
    /   (○)  (O)  \    義母上は見たくなかったお……
    |       ||  (__人__)  ..|
    \    ノi   !  |.  /
     /    し'   `⌒´ .ノ
     |       ./ ./





81 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 23:08:01 ID:st88MCW6

          ____
        / _ノ ヽ_\      やる夫の義母上は 聡明で明るい人だったお
       / ∩l^l^lnnl^l^|\
     /  。ヽ   ∥  ノ \   あのお方は……
     |   /   人   l   |
     \ /   /|ii!i!|\ \/   もう やる夫の知る義母上じゃないんだお!
.      |    /. |;;;;;;|  \ |
            `ー´





85 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 23:09:01 ID:st88MCW6

             __
          ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
      ,!;;;!゙`''~^~ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
      |;;;|      ノリ    u ミ;;;|
     _ゞ;! r─-- 、  ,rェ--- 、ミ;リ
      !ヘl;|. ぐ世!゙`` ,ィ '"世ン 「ヽ     やる夫 どうだった?
     !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ
     ヾ、!      !;     ,レソ      北政所様は協力してくれそうか?
       `|      ^'='^     ム'′
       ,rト、  ー- ─-:  /|
    _../ i| \   ===   ,イ.:ト、
    /  i| ゙、\  ;   /リ.:;!:::\、_
       ゙!  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::|::::::::::\
        ゙、      :::/::::::|::::::
    `ヽ、  ゙、     ./  .|  ,-、、




       ____
     /:::     \
   /::::::::::     \       ……ん
  /::::::::::         \
  |:::::::::::::::         |      いや……
  \::::::::::::::       /ヽ
   /:::::::::        くゝ  )
  ;|::::::::::::          / ゴシゴシ……
  ;|::::::::::::::       イ





88 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 23:10:01 ID:st88MCW6

     _-─―─- 、._
   ,-"´     ゝ   \
  /              ヽ       ……勝俊兄さんとの交渉は
  /       ::::/::::::::\::ヽ
 |       / ヽ `::::´ /`ヽ      やる夫たちだけで行うことになったお……
 l       ( ●ノ::::::::::ヽ●.;l
 ` 、        (__人_)  .;/
   `ー,、_         /゚
   /  `''ー─‐─''"´\




             __
          ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
      ,!;;;! '~  "~ `i||i"  '' `ヘ;;;!
      |;;;|     ヽ`   u ミ;;;|
     _ゞ;!,-;;;;;;;"フノ  ヾ`;;;ヽ 、ミ;リ
      !ヘl;|.,,_==-、く` ,>゙-== 、「ヽ
     !(,ヘ!   ̄'"  |ミ.' ̄" , ドリ   そうか……
     ヾ、!      !ミ    ,レソ
       `|      ^'='^     ム'′
.       ト、   、,.-‐ 、,,  /|
       i| \  ' ニ   イ.:|
      ,イi| ゙、\  (   /リ.:;ト、
      ノ :.:i|  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::::!:::\




         ___
       /::::::::::/(::ヽ
       /:/  ̄ ̄  |:::|
      |::| \   / |:::|
      ヘ|〔 ̄〕=〔 ̄〕レヘ    まあ 彼女にも
      ヒ|  ̄    ̄ ト_ノ
       ヽ  _  /      色々とあるからね
     .   \  /
         | ̄|
       ヘく  \ヘ
      レ \ \_//\
     /         /\
              /   \





92 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/01/15(土) 23:10:25 ID:QJrHAias

あれ、誰こいつ?





98 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 23:11:01 ID:st88MCW6

        ____
      /      \       北政所様のことは措いといて……
    /  _ノ  ヽ、_  \
   /  /⌒)   ⌒゚o  \    とにかく今は 勝俊兄さんとの話し合いに全力を尽くすお……
   |  / /(__人__)      |
   \/ /   ` ⌒´     /




           __ _ _ .
         ヾ彡:.:.:.::::::::::``ヽ
        /^^`ヾ,,;:::::::::::::::::::.\         ああ そうだな……
        /jト、    `ゞ;;;;;;;;;:::::::::::::\
    .  _,ゝ ト、\    ``ヲ;;;;;;;:::::::::::::ヽ      それにしても……
   r '"´   `ヾミゞ、  ,イ;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::゙,
   ト、  i  `ヽ    i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;;:::::::::i.     なぜ勝俊様は開城に抵抗するんだろうか?
   ,}   ′    ,'  j;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:::::|
   j二ヽ.      ,'   /,r'⌒ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:,'
  . /ー-'         ,イヲ/i!;;;;;;;:::.::.:.:::/
   )           ゞイソ´  ̄ ̄ ``ヽ、
  .( _ ____, イー-,イ´          \
       .  /  /




          ___
       /::::::::::/(::ヽ
       /:/  ̄ ̄  |:::|
      |::| \   / |:::|
      ヘ|〔 ̄〕=〔 ̄〕レヘ      その点は 僕も
      ヒ|  ̄    ̄ ト_ノ
       ヽ  _  /        ちょっと不思議なんだよね
     .   \  /
         | ̄|
       ヘく  \ヘ
      レ \ \_//\
     /         /\
              /   \





101 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2011/01/15(土) 23:11:26 ID:IDtgWHaA

なんかいる





105 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 23:12:01 ID:st88MCW6

       ____
     /      \
   / ─    ─ \
  / -=・=-   -=・=- \      ……ん?
  |      (__人__)  U  |
  \     ` ⌒´     /




        _,,.、、、、、.,,_
      /.:::::::::::::::::::..`ヽ、
     / .:::::::::::::::::::::::::::::::. '、
     | :::::::::::::::::::::::::::::::::,ヘ{ツ
      | ::::::::::::::::::::::::,ィゥ ノ j
     |::::::::::::::::::::::( |.!  ;{
     .|::::::::::::::::::rリ`l,〉   j}゙
      }:::::::::::::::ノ゙  l  /.      ……ん?
     ,xァ''ー'゙'`    '、 /
    / ー`¨`''''ー-- 、」゙'′_
   ''^ーァ 、_____  ̄ /
    `>'、,     '''"´ ̄ ̄_二ヽ、
    /           /    ヽ
   ,'        ,   /      ゙、
            l /  __      !
            l, l  く,_  、   |




          ___
       /::::::::::/(::ヽ
       /:/  ̄ ̄  |:::|
      |::| \   / |:::|
      ヘ|〔 ̄〕=〔 ̄〕レヘ
      ヒ|  ̄    ̄ ト_ノ
       ヽ  _  /       ……ん?
     .   \  /
         | ̄|
       ヘく  \ヘ
      レ \ \_//\
     /         /\
              /   \





107 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 23:13:01 ID:st88MCW6

              ______
          /:::::::::        \                                  ___
        /::::::::::::::::::         \                               /::::::::::/(::ヽ
       /::::::::::::::::::::::         \                             /:/  ̄ ̄  |:::|
     /::::::::::::::::::             \                           |::| \   / |:::|
    /::::::::::::::::::::::                \                        ヘ|〔 ̄〕=〔 ̄〕レヘ
   |::::::::::::::::::::::::::::::                 |                        ヒ|  ̄    ̄ ト_ノ
   |::::::::::::::::::::::                   |                         ヽ  _  /       …………
    \::::::::::::::::::::::               / …………                 .   \  /
     \:::::::::::::::                /                             | ̄|
     /:::::::::::::::              \                           ヘく  \ヘ
    /::::::::::::::::::                   ヽ                         レ \ \_//\
    /:::::::::::::::::::::                |                         /         /\
   /                      i   |                                 /   \












              ______
          /:::::::::        \                                  ___   
        /::::::::::::::::::         \                                /::::::::::/(::ヽ 
       /::::::::::::::::::::::       ∧ \                             /:/  ̄ ̄  |:::|
     /::::::::::::::::::         (__;)  \                           |::| \   / |:::|
    /::::::::::::::::::::::                \                         ヘ|〔 ̄〕=〔 ̄〕レヘ
   |::::::::::::::::::::::::::::::                 |                         ヒ|  ̄    ̄ ト_ノ
   |::::::::::::::::::::::                   |                          ヽ  υ  /
    \::::::::::::::::::::::               /  だ…… 誰?              .   \  /
     \:::::::::::::::                /                              | ̄|
     /:::::::::::::::              \                            ヘく  \ヘ
    /::::::::::::::::::                   ヽ                          レ \ \_//\
    /:::::::::::::::::::::                |                          /         /\
   /                      i   |                                  /   \





109 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/01/15(土) 23:13:26 ID:BlkfF37.

ひでぇなw





111 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/01/15(土) 23:13:32 ID:eaVitweE

兄ちゃんの時と同じ反応するなw





116 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 23:14:01 ID:st88MCW6

          ___
        /::::::::::/(::ヽ
        /:/  ̄ ̄  |:::|
        |::| \   / |:::|      な なんだよ やる夫!
       ヘ|〔 ̄〕=〔 ̄〕レヘ
       ヒ|  ̄    ̄ ト_ノ      ずい分と酷い言い草じゃないか!
        ヽ  υ  /
      .   \  /
          | ̄|
        ヘく  \ヘ
       レ \ \_//\
       /         /\
               /   \






           ___
         /::::::::::/ ブウウウウン……
         /:/  ̄ ̄  ::::::: : : : : : : :
        |::| \   / |:::::::: : : : : : : :
        ヘ|〔 ̄〕=〔 ̄〕:::::: : : : : : : :      でも まあ……
        ヒ|  ̄     ::::::: : : : : : : :
         ヽ  _  / ::::::: : : : : : : :     それも無理もないか……
       .   \  ::::::: :::::::: : : : : : : :
           | ̄|::: :::::::: : : : : : : :
         ヘく  ::::::::: :::::::: : : : : : :
        レ \ \_:::::: :::::::: : : : : : : : : : : : : :
       /         :: :::::::::: :::::::: : : : : : : :
                /:::: :::::::::: :::::::: : : : : : : :





118 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 23:14:31 ID:st88MCW6

         \                                /
          \   \  丶                      /    /         /
             \   \  丶         i   |       ./    /           /
       ヽ     \   \  丶       i   |       /    /         /       /
         ヽ      \   \  丶       i.   |      ./    /        /       /
          ヽ     \   \  ヽ     i.   .|     /     /     /     /
            ヽ      \   \  ヽ    i  |     /   /     /      /
             ヽ     \                                /
                     \      /!     ,,.rァ
                          / l゙  ,,、r'´ /             ---‐‐‐
             ‐‐‐‐---         |  l_,.r''´   /
                          |    ,.、r'!  /                 -----‐‐‐‐‐
    ー――――――――          ,,l   ,,r'’  l  /
____________            ./   .l゙   l ./                   -----------
            二二二      / ./!  l!    l゙/             _,,.rァ  === 二二二
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄        r'´  ./ .|  |                   r''´! ./゙ /        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        --------‐‐‐‐‐‐‐‐    |   ./  |  |           /| .| ,l / ./    ‐‐‐‐‐‐‐‐-----
                     | ./   |  |              |  | |/./ . /
             ---‐‐‐‐‐    レ'     | /           .| ./  ./ ./   ‐‐‐‐---
                             |./              l/   / ./
               /  /                       ;'_/
              /  /          /                       \
            /  /  /                      丶      \     \
              /  /   /     /        |   i,      丶     \   \
            /  /     /     /        |    i,      丶     \   \
           /  /      /     /        |    i,       丶     \   \
             /       /     /        |     i,        丶     \   \
           /         /     /        |     i,         丶     \





122 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 23:15:33 ID:st88MCW6

                      , イ  __,
            ,ィニニ二二二三三三三/
          ,ィニニ二二三三三三三/
          ,ィニニ二二三三三三三三>、
        ムニニ二二三三∧ ∧三三三>
       ムニ二二.三∧ / ∨ノ∨三ム       やる夫 久しぶりだね
         ムニニ二三/ ∨ヽ      |\,ム
          |ニ二三/ fびク    `ー'1  ヽ!      15年ぶりかな
          l=∧⌒〈 `¨´     〉n |
          レ′弋,之    、___,ヘ V
            レv个 ,    /} |                 >―x,
              L.......f^Y´ ̄`ヽ               //⌒Vム
              「 ̄ ̄`V /_,斗 l            //    Vム   x≦三三
              | .:::::::::::: 〈/ / |`ー-、_          //       Vム/    >'"
               / .:::::::::::::::::ヽ   |:::::::::::  ̄≧x   //    /〉/ /    /
            /.::::::::::::::::::::::::::\ \:::::::::::::::::::::.',  〈/,,,,,,,,,....///_/〉 /
           /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>'/\ :::::::::::::::.',   / ムィ' 〈__/ .〈 ̄
          /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::: く/:::::::::::.\ :::::::::::.', /      /〉〉
        く.::::::::::::::::::`ヽ:::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::. \ ::::::::'.j        _ ノ
         ヽ::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::(_\::::::::::::::::: >、/  _,斗‐‐'"´
           \:::::::` <...ム ::::::::::::::::::::::::\:::::: /:::::\/
            \::::::::::::::::: \ :::::::::::::::::::::::::>'::::::::::::::::::\    ← 木下家定
             ヽ::::::::::::::::::::\:::::::::::::::/ .:::::::::::::::::::/        播磨国姫路2万5千石
               \::::::::::::::::::::ヽ,,,,/ .:::::::::::::::::::/





123 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/01/15(土) 23:15:52 ID:hIo.9ABE

化けたw





125 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/01/15(土) 23:16:16 ID:C6AaNSEM

どうしてこうなったw





126 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/01/15(土) 23:16:17 ID:qmXSXq/6

おい、中の人が同じだけだろ





128 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/01/15(土) 23:16:29 ID:/lX1FgYc

なんか色々と美談をでっち上げてくれそうな人になった





132 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 23:17:01 ID:st88MCW6

               ____
            ,. -'"´::::::::::::::::::::::`¨ー 、
           /:::::::::::::::::::::::::::::__,,,::::::::::::::::::ヽ、
         ,.'"ー、:::::::::::::::i:::::::r":::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
        /:::::::::::::::゙ヽ:i:::::::ー"'_,-ー‐‐-´::::::::::    ヽ、
       /:::::::,ニ=-ー:::::::::::::::::::::=-ー¬:::::::::::::::::::::..   ヽ      え……
      ./::::::::::=-‐¬'::::::::::::::::::: 、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::.   ヽ
     /:::::::::.:::l::l::l:i"   i,, ___ )                  i    15年ぶりって……
     /    ::::::i::i:'、__ノF ̄ー┤                 l
    ,'.            |    |                   }    ひょっとして 父ちゃんかお!
    i             |     _|               /
    ',          L'ニ ̄‐┘             /
     ヽ、                        /
      ヽ、_                     /
         `¨i                     ヽ
          /                      ヽ
         /                      ヽ




       ______
    ,,..-‐";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;` 、
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
  |;;;;i "'`~  "`~ `i||i" '' ゙` " |;;;;;;|
  |;;;;|       ヽ`     u  |;;;;;|
  .|;;| ,-;;;;;;;;;;"フノ  ヾ`;;;;;;;;;;;;;;;ヽ |;;;;|
 ,,ト;| ',,_==-、く    >゙-==、  |/ i
 |i 、|   ' ̄"彡|         || |    うわ…… やる夫の実父……
 |'. (|       彡|          |)) |
  ! 、|      i,"(_ ,, 、,      |" i     実在したんだ……
  ヽ_|        `         .|_/
   .|゙      、,.--‐ 、,,     |
   .i ゙、    '  ̄ニ ̄     /|
   |   、      ̄ ̄    , ' |
   |  i ` 、    (    , "   |
    |      ` ー---― "|    |
   |  |          i     |




           `マ77777///////////>、
                 ∨//////////////////\
         `マ777/////////////////////\
              `マ////////////////////////\
                ///////∧////ト、///////////又
           ////////__ \//| \/////////ム
             //////トイ   `マ>イ rヘrヘ、//////ム
          ///rヘム ィわj    fわン ^l∧ト、ム
            レ1 frヘ ´^¨´     `¨^  |んリ \   まあね……
              ゝ ,ム     i、       レ'
               `∧         // |      でも やる夫
                   |rヘ、 ヽ フ /Vヽ|
                 l/ rヘ、  /|          君もなかなか大変なようだね
                    _」__` ´___」__
                 l77777l| l777777l
              _,x|/////l| |//////|
           __>'"///////////ト////////>、
     _,>'"´/////////////////////////////>、
      /////////////////////( )//////////////>、
    l//////////////////////////////////////////>、





134 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/01/15(土) 23:17:45 ID:CUkZOYOQ

実在を疑われるレベルかいw





133 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2011/01/15(土) 23:17:42 ID:IDtgWHaA

非実在青少年みたいなこと言ってやるなよw





135 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 23:18:04 ID:st88MCW6

       ,ィニニ二二二三三三三/
     ,ィニニ二二三三三三三/
    ,ィニニ二二三三三三三三>、
   ムニニ二二三三∧ ∧三三三>    やる夫
  ムニ二二.三∧ / ∨ノ∨三ム
  ムニニ二三/ ∨ヽ      |\,ム     僕は今さら君の父親面するつもりはないし
   |ニ二三/ fびク    `ー'1  ヽ!
   l=∧⌒〈 `¨´     〉n |        その資格もない
   レ′弋,之    、___,ヘ V
       レv个 ,    /} |         でも ここでひとつだけ助言しておこうと思ってね
         L.......f^Y´ ̄`ヽ
         「 ̄ ̄`V /_,斗 l
         | .:::::::::::: 〈/ / |`ー-、_
          / .:::::::::::::::::ヽ   |:::::::::::  ̄≧x
       /.::::::::::::::::::::::::::\ \:::::::::::::::::::::.',
      /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>'/\ :::::::::::::::.',
    /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::: く/:::::::::::.\ :::::::::::.',
   く.::::::::::::::::::`ヽ:::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::. \ ::::::::'.
    ヽ::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::(_\::::::::::::::::: >




      _____
    / ―   \       助言ですかお
  /ノ  ( ●)  u\
. | ( ●)   ⌒)   |    いや この際なんでも有難いことですが……
. |   (__ノ ̄    /
. |             /
  \_    ⊂ヽ∩\
    /´     (,_ \.\
.    |  /     \_ノ





139 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 23:19:02 ID:st88MCW6

                  _,x<///>、
           `マ77777///////////>、
                 ∨//////////////////\
         `マ777/////////////////////\
              `マ////////////////////////\    ああ……
                ///////∧////ト、///////////又
           ////////__ \//| \/////////ム    君も 徳川につくか 大坂城につくかで
             //////トイ   `マ>イ rヘrヘ、//////ム
          ///rヘム ィわj    fわン ^l∧ト、ム     迷っているんだろう?
            レ1 frヘ ´^¨´     `¨^  |んリ \
              ゝ ,ム     i、       レ'       だけどね こんな時には
               `∧         // |
                   |rヘ、   ̄  /Vヽ|       そんな二つに一つなんて考え方をしちゃ危ないよ
                 l/ rヘ、  /|
                    _」__` ´___」__
                 l77777l| l777777l
              _,x|/////l| |//////|
           __>'"///////////ト////////>、
     _,>'"´/////////////////////////////>、
      /////////////////////( )//////////////>、
    l//////////////////////////////////////////>、




          ____
       / ノ  \\           そうは言われても……
      / (●)  (●)\
    / ∪  (__人__)  \         その二つ以外に やる夫に道なんてないお
    |      ` ⌒´    |
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)
    ノ  | / / /   (⌒) ./ / /
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /





142 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 23:20:01 ID:st88MCW6

                __
              /` <二二≧x,_
               /    ` <二二二≧x,_
                 /   ,rf瓜Xト、` <二二二≧x,_
            /    {ミfYYィ爪   ` <二二二≧x,
            /     守y仭彡      ` ・ー<ニニ>、
       __斤三三>、  `¨¨´               ` ̄/
     r=====へ>、三>x,                     /    いや 第三の道は……
      ̄>     >ヘ\>、三三>x,             /
     ∠     r' `ヽ| l\>、三三三>x,            /      大坂城にも徳川にも味方せず……
       /// /,ゝ==ィ| l /\>、三三三三>x     /
        /イ/   /  !/ レfrーマニニニニニ(__)   /       というよりその争いの勢力外に身を置き事態を静観
            l  /       、f(c>、| /|    `ー-〈
          ', ヽ          `'^'´ V イ  ,ィ⌒ヽ  ヘ       やがて優勢となった方に
          ',  `              |/r='T !  トヘ
           ', \            之___/ ∧ |        改めて味方するという方法があるじゃないか
           ',  ` ‐-     ,. ::'^>、____/| ∨
            ヽ _____....-::'´     レ'∨ \|
                 |      ,ィTTTTTTTTTl
              _,.. -‐ '"|    / /////l l l l l l:|
        ,.. -‐'"////////|   / //////l l l l l l l:|
     '"/////////////:| / ////////l l l l l l l:|
     ////////////__,斗 ///////////l l l l l l l:|
     //////////Y´ /l////////////l l l l l l l:|
     ////////^Vj///////r=======ィ!l l l l l l l:|




         ___
        /⌒  ⌒\         ━━┓┃┃
       /(  ̄)  (_)\         ┃   ━━━━━━━━
     /::::::⌒(__人__)⌒:::: \         ┃               ┃┃┃
    |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                       ┛
    \   。≧       三 ==-
        -ァ,        ≧=- 。
          イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
        ≦`Vヾ       ヾ ≧
        。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。





140 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/01/15(土) 23:19:41 ID:C6AaNSEM

二股は戦国の基本





141 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/01/15(土) 23:19:56 ID:ihQrotkU

長く生きた人のありがたい言葉





147 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 23:21:08 ID:st88MCW6

      ____
    /ヽ  /\      え ちょ…… でも…… それって……
   /(●) (●)丶
  /::⌒(__人__)⌒:::uヽ    あ! ひょっとして
  l    |r┬-|     l
  \   `ー'´   /    延俊兄さんの あのらしくない態度は……
  /         ヽ
  し、       ト、ノ
    |   _    l
    !___/´ ヽ___l




     .|            ト
 |     l         ',:::\_    -―‐- 、
 |    l           ',::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..\
 |   |         ゝ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..\
 |    .!         <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
 l     !         .`フ::::::::::::::!\::::::|\::::::::::::::::::::.
 |     !           /::::::::::::::::ト- \|  >、::::::::::トゝ      うん
 |     l        厶イ::::::::ト、rfテ     fテxハ-、:.ヽ
 l      、         レ'^ヽ  `´    `´ ム ノ⌒       僕が急使を送って強く言い聞かせたんだ
.八       丶          \_人         爪
  \       \          l:::l\ ヽ フ  ハl          いや 間に合って良かったよ
    \       /\       Ⅳ∨`ト   イハ/
      .\   /.  \        |   |
         \/     ` ―――(二二二二二)
        ∨                    >
        |                        > 、
          \                             \
            \                             \
            \                         ∧
                 \                       |     ∧
                   \                     !     ∧





153 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/01/15(土) 23:22:06 ID:BlkfF37.

お前の仕業かw





157 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/01/15(土) 23:22:30 ID:ua9zyMV2

ナイス洞が峠





155 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 23:22:10 ID:st88MCW6

      ____
    /:::::::::  u\
   /ノ└ \,三_ノ\   ,∩__    父ちゃん なんてことをしてくれたんだお!
 /:::::⌒( ●)三(●)\ fつuu
 |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒ | |   |    父ちゃんのせいで やる夫は……!!
 \:::::::::   ` ⌒´   ,/_ |   |
   ヽ           i    丿
  /(⌒)        / ̄ ̄´
 / /       /




                  _,x<///>、
           `マ77777///////////>、
                 ∨//////////////////\
         `マ777/////////////////////\
              `マ////////////////////////\
                ///////∧////ト、///////////又
           ////////__ \//| \/////////ム     ……やる夫 聞くんだ
             //////トイ   `マ>イ rヘrヘ、//////ム
          ///rヘム ィわj    fわン ^l∧ト、ム     この騒動は単なる政争では終わらない
            レ1 frヘ ´^¨´     `¨^  |んリ \
              ゝ ,ム     i、       レ'        こいつは 全ての家にとって
               `∧         // |
                   |rヘ、   ̄  /Vヽ|        家名が残るかどうかの一大事なんだ
                 l/ rヘ、  /|
                    _」__` ´___」__          こうした大争乱には生き残るために
                 l77777l| l777777l
              _,x|/////l| |//////|         一工夫も二工夫もが必要なんだ
           __>'"///////////ト////////>、
     _,>'"´/////////////////////////////>、
      /////////////////////( )//////////////>、
    l//////////////////////////////////////////>、





161 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 23:23:04 ID:st88MCW6

       ,ィニニ二二二三三三三/
     ,ィニニ二二三三三三三/       具体的には 僕は この争乱中 北政所様……
    ,ィニニ二二三三三三三三>、
   ムニニ二二三三∧ ∧三三三>      妹の警護にあたると称して ここから一歩も動かないつもりだ
  ムニ二二.三∧ / ∨ノ∨三ム
  ムニニ二三/ ∨ヽ      |\,ム       今の妹は政治的には何の係わりのない存在のうえ
   |ニ二三/ fびク    `ー'1  ヽ!
   l=∧⌒〈 `¨´     〉n |          これなら名分も十分にたつからね
   レ′弋,之    、___,ヘ V
       レv个 ,    /} |           やる夫 なんだったら 君も伏見城の件が片付いたら
         L.......f^Y´ ̄`ヽ
         「 ̄ ̄`V /_,斗 l          軍団は大坂城に渡して 僕とここにいないかい?
         | .:::::::::::: 〈/ / |`ー-、_
          / .:::::::::::::::::ヽ   |:::::::::::  ̄≧x
       /.::::::::::::::::::::::::::\ \:::::::::::::::::::::.',
      /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>'/\ :::::::::::::::.',
    /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::: く/:::::::::::.\ :::::::::::.',
   く.::::::::::::::::::`ヽ:::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::. \ ::::::::'.
    ヽ::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::(_\::::::::::::::::: >




          , 、、  ,,
        , '  ____ " 、、
         , '   /⌒三 ⌒\  ',
       ;  /( @)三(@)\  ;
       ; /::::::⌒(__人__)⌒:::::\ ;     うわ…… いや……
        |  u   |r┬-|  u  | ;
       \   u `,. -'"´´ ̄`ヽ ;     あ ううう……
    _   /    (___   | ',
  ,、'  /              |
 、 ( ̄                |
     ̄ ̄ ̄|               |





164 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 23:24:01 ID:st88MCW6

\                                   /
<  
い 嫌だおーーーーーっ!                 >
<                                   >
<  
やる夫は1万の軍団とやって来たんだおーーーっ!  >
<                                   >
<  
そんな みっともないこと出来ないおおぉおぉぉっ!  .>
<                                   >
/∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\

                    _____
          r⌒ヽ、   .  / _ノ  ヽ、\
         / \  \. o゚((>)) ((<))゚o
        _/ / ヽ   /     (__人__) \
       〈__/  . |  |       ` ⌒´   |
            /  .\     i⌒\   /
             /   / ⌒ヽ, _.ヽ  .\/
       .__   r  /     |/ー、\   \
      "ヽ |  i,        ノ   .\^   i
        | ヽ./ ヽ、_../   /     .  ヽ、__ノ
        i /  //  ./   __
        ヽ、_./ ./  /     / /   /| _
              / /      / / /ヽ |/ / /   _ /|
            ノ.^/       / / \ |    ̄ /| | / / /
          |_/       / /   ヽ |     | | |/ / /
                   / /    | ヽ    |/  / /
                  .//      | 〉      |/
                          |/


やる夫は北政所との会談が不調に終わると直ちに伏見城へ向かった





169 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/01/15(土) 23:24:57 ID:ihQrotkU

やる夫は若いからな





171 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/01/15(土) 23:25:54 ID:35HzjA9c

でも、実際問題として家名が残せなければ
これまでの人生がほぼ無になるのも確か





170 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 23:25:04 ID:st88MCW6

                  _,x<///>、
           `マ77777///////////>、
                 ∨//////////////////\
         `マ777/////////////////////\
              `マ////////////////////////\
                ///////∧////ト、///////////又
           ////////__ \//| \/////////ム    ああ 怒らせちゃったかな
             //////トイ   `マ>イ rヘrヘ、//////ム
          ///rヘム ィわj    fわン ^l∧ト、ム     まあ やる夫は僕と違って36万石の国持ち大名だ
            レ1 frヘ ´^¨´     `¨^  |んリ \
              ゝ ,ム     i、       レ'       それなりの身の施し方が必要とされるから仕方ないか
               `∧         // |
                   |rヘ、   ̄  /Vヽ|       ……ん?
                 l/ rヘ、  /|
                    _」__` ´___」__
                 l77777l| l777777l
              _,x|/////l| |//////|
           __>'"///////////ト////////>、
     _,>'"´/////////////////////////////>、
      /////////////////////( )//////////////>、
    l//////////////////////////////////////////>、




                     __
                  ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
               /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
             /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
             ,!;;;!゙`''~^~ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
             |;;;|      ノリ     ミ;;;|
            _ゞ;! r─-- 、  ,rェ--- 、ミ;リ
             !ヘl;|. ぐ世!゙`` ,ィ '"世ン 「ヽ
            !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ
            ヾ、!      !;     ,レソ    …………
              `|      ^'='^     ム'′
              .ト、  ー- ─-:  /|
              i| \   ===   ,イ l
              i|: 、\  ;   / リ ,ト、,_
          ___,,,、イ:|、 、 `ー─''゙ _,、-" /`"'ー-、,,,_
   _, 、,---┬'"/:.:.:.:./' ヘ,,、-ー''"´ ̄     /.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.`"''ー---、、,_
 /´.:..!.:.:.:.:;i://:.:.:.:./;i  /;;;;;;;\       /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:,:.'.:.´.:.:.:.:.:ヽ
_/.:.:.:.:.`、.:.:i/:.:\:./.:.:.:.リ∧;;;;;;/ ヽ    //.:.\:.:.:.:.:.:./:.:.:.,:':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
/.:.:.:.:.:.:.:.:}.:/:.:.:./.:.:.:.:.:i'/ ./;;;;;;;i    ヽ/ /.:.:.:.:.:.\/.:.:.:.:.:.,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:/:.:.:.:.:.:.:.:!:i ./;;;;;;;;;;l   /:/.:.:.:.::.:..ヽ.:\:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',





177 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/01/15(土) 23:27:45 ID:qOeogzV2

阿部さんが服を着てる・・・





172 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 23:26:01 ID:st88MCW6

                __
              /` <二二≧x,_
               /    ` <二二二≧x,_
                 /   ,rf瓜Xト、` <二二二≧x,_
            /    {ミfYYィ爪   ` <二二二≧x,
            /     守y仭彡      ` ・ー<ニニ>、
       __斤三三>、  `¨¨´               ` ̄/
     r=====へ>、三>x,                     /
      ̄>     >ヘ\>、三三>x,             /
     ∠     r' `ヽ| l\>、三三三>x,            /
       /// /,ゝ==ィ| l /\>、三三三三>x     /
        /イ/   /  !/ レfrーマニニニニニ(__)   /
            l  /       、f(c>、| /|    `ー-〈      君は……
          ', ヽ          `'^'´ V イ  ,ィ⌒ヽ  ヘ
          ',  `              |/r='T !  トヘ     やる夫の家老だね
           ', \            之___/ ∧ |
           ',  ` ‐-     ,. ::'^>、____/| ∨
            ヽ _____....-::'´     レ'∨ \|
                 |      ,ィTTTTTTTTTl
              _,.. -‐ '"|    / /////l l l l l l:|
        ,.. -‐'"////////|   / //////l l l l l l l:|
     '"/////////////:| / ////////l l l l l l l:|
     ////////////__,斗 ///////////l l l l l l l:|
     //////////Y´ /l////////////l l l l l l l:|
     ////////^Vj///////r=======ィ!l l l l l l l:|




               _ ___
           、=''"´  ´  ̄`゛''‐-..、
         ,.,r'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`゛''‐、、
        ,.':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ィ_ ,.,::::::::::::::::)ュ
       ,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ミ   `ゞ~rr ,イ
       {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ミ       ハフ
       l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉,¬─- ..,,,__ l
       !:::::::::::::::::::/、, ト,:::::::/   ̄弋jT'''`゙゙〈
       ;:::::::::::::::::ハ /ヽヽ::::{     ゛'‐.,   ヽ       はっ!
       j:::::::::::::::::l ヽ(,2 `゛           ..ヽ
        !:::::::::::::::l:  \__           ´,ニ./      平岡頼勝と申します
        リ::::::::::::l     ィ       ャ;‐_rー'
        ,jゝ:,r;ソ     }:ヽ          ..〉        家定様のご助言 しかと肝に銘じます!
      _/:(  ` -., i ! :::\      {´
_.、..::ー:: ̄ヽ;:::::::::\     `-!  :::::::ゝ .、_, ,, ノ
:::::::::::::::::::::::::'、::::::::::::\    `\ `'j(,
:::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::',     \ヘ::\
::::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::',     /;;ヘヘ:::::\
::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::∧    /;;;;;;;;;ヘヘ:::::::ヽ、_
:::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::/::::ヘ  ∧;;;;;;;;;;;;;ヘ::\::/:`>.、,.
:::::::::::::::::::::::::::::::::::\::/::::::::::ヘ/  \∨;;/ヘ::::::\:::::::::::::::`ヽ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::ヽ   /;;;;;;! ∨::::/:::::::::::::::::::::ヘ





174 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 23:27:07 ID:st88MCW6

  r n .r
n l l l ! l l
l l l | l | | !
l U U U |  /)
|     レ /
l      /
.'.     ノ
. 〕    .|            ト
 |     l         ',:::\_    -―‐- 、
 |    l           ',::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..\
 |   |         ゝ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..\
 |    .!         <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
 l     !         .`フ::::::::::::::!\::::::|\::::::::::::::::::::.
 |     !           /::::::::::::::::ト- \|  >、::::::::::トゝ
 |     l        厶イ::::::::ト、rfテ     fテxハ-、:.ヽ
 l      、         レ'^ヽ  `´    `´ ム ノ⌒       そうか ありがとう……
.八       丶          \_人         爪
  \       \          l:::l\ ヽ フ  ハl          それじゃ やる夫のことは頼んだよ
    \       /\       Ⅳ∨`ト   イハ/
      .\   /.  \        |   |
         \/     ` ―――(二二二二二)
        ∨                    >
        |                        > 、
          \                             \
            \                             \
            \                         ∧
                 \                       |     ∧
                   \                     !     ∧



家定は
自身の言葉どおり この争乱中 北政所の側を離れることがなかった……





178 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 23:28:01 ID:st88MCW6

同日の昼過ぎ
やる夫が伏見城へ到着した時には 軍団は城を既に囲んでいた



【伏見城】                 }k
                       ノ;'l{
                     _ノ;人'、
                }、、__,. -'',r'/p、ヾ、
               ,}”ー--、."ニー--゙'ゝ ゙'‐、__,、ャ,
              ,、 /;;,rlT=イ__~ ̄~^~^''ー‐---、.y"
             ,irこ;;;},|i ||  ~||~゙ ''l!tー-n-;t{;/
             ,j r'i!_、_}-二 ニニ゛‐-,k!i、,、、」|__,|トッ
           、_ ヤ{/iコ};,^;;,,,;;;,‐,-,=ノ,ム=_-__ーネ{´,
           ,};コニニ/7r'|”~,__,゛,/ノ 。 \~^~^”””'ヤ
           i!;;;;;;;;;;;、i!__| ,i-!;'"/,r'^v^‐、\iコ~|レ=i、
         ,}`ー';;;;;;;;;;;;;;;}r‐''”_,.-''/ [iillIII}}}] 、゛\i!、;;;;i、
        /,Eャッririririrnm;y、^,、ニニ ー_ー‐-ー' ゛\,;;;i{、_     ,.ィ
        /,r"=|、__    ̄~””””””'''''''ー,rk':;firiririnnm;y^~三ニ;:ニ'}
       ,/,r"=/|::::.. ̄~゛゛``''';::::::::::::ー‐,ノ,ム-.,, 、.、.゛,.___゛~^~゛^i;/
     ,、 /,r"=/,;l,,,::::i::::|iillIIIIIIIIII|||:::::;7/,r' ``i、:::.iヘ::::::::. ̄~''''''':|
.    ォ}仁二Vェ^仁 ̄~"""゛””””''ー/,r'" .,・、 `\[iillIIIII|||]:::::::::::|  ,
    i!;;;;;;;;;;;/イ'^トー‐-ニニ二、こ,.-'" ,r' ,.-ー{  }ー、`、\"^"^"^"^゛''ー'}
    ,il;;;;;;;;;;;;;:^^i'|::::::::::::... ,. -''"_, -'/―‐‐`´ ―`i、゛、\゛^゛""ー'r/
    i l;;;;;;;;;;;;;;;;;;,'|::::i,,. -''^_,,.-''′/' ,;iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiilllll `i、` 、゙-、:::::::::|;it======r'7
 _r,=ーヲー",,:;;;;;;'7rイ~,. -'''~,._-_''~´..::::::|iillIIIIIIIIII|||||||||}.:::::゙'‐、 ` 、゙''-、:|;;;`i、;;;;;;;;;;;;~ヽ、
 〕{ュョiririririrm;;;;;~_,n、 ̄__二;;;,,  ̄~゛゛゛'''''',,;;;;;;;;;ー―‐---`ゝ、` -、~ヾ,,;;ヽ、;、;,._;;_;;_,,'‐、
../,r'ーl~~~^~_,.,r'%%r===%%''ュ.,_"‐^"‐''=fhifhicifcifriririririyr'g'y'ng'y''ngmgigpmgwwiV} `''‐、._
/,r'=r|::::::::,r7=-ー''^`ー"^ -、_=フ:::::::::::: ..................._________    ~"””””””””””””|”””riririririnfzmir'7
ゞ゛ヾ゛;:"゛ゞ"'';;,r';";;ヾ、:::::::::|::::::i####lllllllllllliiiiii;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ̄ "''''' ::::::::::::::::::::::::::::|”””””””ヽ、””””"
ヾ、ハ,;;^",,;;;;;,r''^"::;''"",r'::::::::|、::::||iiiiilllllllllIIIIIIIIII||||||||||||||||||||:::::::::::|llllliii|::::::::::::::::::::::|^~^~^~'i~"
ヾゞ,、;:,,y''''7''""""'';;'':::::::::::::|;;`ヽ;、 _,、::;;;;;”””””””””””'''''''''..::;;;::::;!!!!!iil::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::|
::ヾ、,,;;;ハ;''"""'''';;::''"""''r,、hhhhhhm}{メfタfタfチfツfヨfヨfヨfヨfモfヨfルfルffルfル%%$%$%$$ユ:::::::::::|
''"゛;;;;:::"''',,《;;;;''ヾ、,;""~~^~^~^~^~|^`‐'___`ー'___`ー'__`'ー' ``ー' ``ー' ``ー' ``ー'`-ー'"::::::::::::::|


       ____
     /      \       状況はどうなってるお!?
   /  _ノ  ヽ、_  \
  / o゚((●)) ((●))゚o \    伏見城は開城に応じるのかお!?
  |     (__人__)'    |
  \     `⌒´     /


やる夫は 正成と延貞に伏見城の様子を質した





182 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 23:29:01 ID:st88MCW6

                                        / /        / / l l            ヽ
                                       / /   ./ /ィl .イ l  .! ト               ハ
                              .         / /   ./ /ハl/ i l  ヽヽ\'、、           l
                                     /.  l   十ナ-ェ、_ リ    __X‐弋\   \   l
                                    /// l l  l V,ィ示`   ` ´ rァ‐-、ヽ、 \ \  l
   ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ              .      // j  :l l  ト、{ h:::::}.       h::::::::i:l ト  ヽ ヽ.  ハ
  〈○ ノ\   /\ ○〉                  // .j   :l l   ハ. 、ノ::リ       ,_ノ::::::リ’ l l\ ', ', l ハ
    ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ                  /   .l   l |i.   l -ゞ'’,       ゞzッ’ j i lノ \ ! l  ハ
    )    Y    (      や やる夫……       l l /.|l |  l "          ""    ノ l l_ノ ,入i l
   /γ⌒     ⌒ヽ\                     V / l| | 小     ⌒       ij  ./ /ム-'
  /  |         |  ヽ    それがな……  .       //    l //i \             / / /       全然ダメ
  |   ヽ__人__ノ   |                    レ    j // |レ ’. > 、       _.  _/ / /
  \     `ー'´     /                        レ/ / ,へ  ヽ---ェニ-‐'フ /7/   i      伏見城に開城の様子は
  /     `ー'      \   ← 木下延貞          /'/ ィiヘ  \/ニ-===ノ /ヲイ   l l
/               ヽ                     //' / |Lヽ-ニニヽ\  // ̄li l  l .l     見えないわ
                                   -―//‐'   /     \ V'/     | l   l l



しかし 両者の返答は やる夫を失望させるに十分だった



   /    /' /     / ,:'くヽ/ \ ,、 ヘ  /i
 ,:' /   ,: ' / ' / / ,:'/  /\丶\ゞ」 ノ 丿
'  ,:   /'   / ̄ ̄ ;;\\へ\  ||   |/
' / ,:'/,:  /(〇)  (●);\  Y´ |ノ
/,:     / (__人__) :::::::;;;;;;;;;\  ,:'/,:   /'
/ ,:'/,  |;;;; ::::` ⌒´:::::;;;;;;∪;;;;;;;;;;| ' / / ,:'/,:
 /    \;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,/' /
/  /'  /  ∪ :::::::::;;;;;;;;;;;;;\'/  /'
/ ,:'/,: |::Y    ::::∪;;;;;;;|;;;;;|/ ,:'/,:
     ||∪ :::::::;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;|





183 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 23:30:01 ID:st88MCW6

         / ̄ ̄ ̄ \
      /   :::::\:::/\     なんでだお……
     /    。く一>:::::くー>。
     |    .:::。゚~(__人__)~゚j    勝俊兄さん……
     \、   ゜ ` ⌒´,;/゜
    /  ⌒ヽ゚  '"'"´(;゚ 。
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.






         / ̄ ̄ ̄ \
      /   :::::\:::/\     天は……
     /    。く一>:::::くー>。
     |    .:::。゚~(__人__)~゚j    やる夫に実の兄と殺し合うことを
     \、   ゜i⌒i.⌒´,;/゜
    /  ⌒ヽ.ノ ノ'"´(;゚ 。    望んでいるのかお!
   / ,_ \ l||l 从\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.
         ベシベシベシ


やる夫の絶望感は深まるばかりであった





189 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 23:31:01 ID:st88MCW6

だが しかし……


      ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
     〈 ー ノ\   /\ー 〉
      ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ    あのよ…… やる夫……
.      )    Y    (
     /γ⌒     ⌒ヽ\     それがだな……
.    /  |         | ヽ
.    | ij ヽ__人__ノ   |    どうやら その心配だけは
    \     `ー'´     /
    /     ∩ノ ⊃  /      しなくてもすみそうなんだ……
    (  \ / _ノ |  |
.    \ “  /__|  |
.      \ /___ /




        ___
      /     \
     /  _ノ '' 'ー \     ん?
   / o゚((●)) ((●))゚o\
   |      (__人__)    |   どういうことだお?
   \      ` ⌒´   /
   /           \





193 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 23:32:01 ID:st88MCW6

      ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
     〈 ー ノ\   /\ー 〉
      ヽ彡'  ヽ / u  ヾ_ノ
.      )    Y    (
     /γ⌒     ⌒ヽ\      いないんだ……
.    / u |         | uヽ
.    |   ヽ__人__ノ   |     勝俊兄…… 城に……
    \u     `ー'´    u /
    /     ∩ノ ⊃  /
    (  \ / _ノ |  |
.    \ “  /__|  |ダラダラ……
.      \ /___ /




          ____
        /      \
      / ─    ─ \
     / -=・=-   -=・=- \
     |      (__人__)  U  |      へ?
     \     ` ⌒´     /
    /            \





199 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 23:33:01 ID:st88MCW6

   ,_⌒ヽ      γ⌒_ヽ   .
  〈> ノ\   /\ <〉     勝俊兄…… とっくの昔に
   ヽ彳゚  ヽ /   ノノヾllフ  
.   ) )   Y  。(.ノ ( lj   .  伏見城から抜け出しちまったんだってよおおおお!
  /{ {⌒      ⌒ヽ\゚。  
. /.  〉 〉           |   /∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\
. |  し'___人__ノ   |
 \     `ー'´     /
  /            ヽ
  |           .  \
  |          .  |ヽ、二⌒)、




   ━━┓┃┃━━┓┃┃━━┓┃┃━━┓┃┃━━┓┃┃
      ┃      ┃      ┃      ┃      ┃   ━━━━━━━━
      ┃      ┃      ┃      ┃      ┃               ┃┃┃
                                                      ┛
      ___            ___           ___            ___
     /⌒  ⌒\         /⌒  ⌒\        /⌒  ⌒\         /⌒  ⌒\
   /(  ̄)  (_)\      /(  ̄)  (_)\     /(  ̄)  (_)\      /(  ̄)  (_)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::: \   /::::::⌒(__人__)⌒:::: \  /::::::⌒(__人__)⌒:::: \   /::::::⌒(__人__)⌒:::: \
 |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。|    ゝ'゚     ≦ 三 |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。|    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚
 \   。≧       三 =\   。≧       三  \   。≧       三 =\   。≧       三 ==-
     -ァ,        ≧=- 。  -ァ,        ≧=- 。 -ァ,        ≧=- 。  -ァ,        ≧=- 。
      イレ,、       >三  。゚ イレ,、       >三  。イレ,、       >三  。゚ イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
     ≦`Vヾ       ヾ ≧  ≦`Vヾ       ヾ ≧ ≦`Vヾ       ヾ ≧  ≦`Vヾ       ヾ ≧
     。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚





202 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 23:34:07 ID:st88MCW6

やる夫軍団が城を囲んだこの時には既に
勝俊は誰にも告げず 単身で伏見城から退去していた



 \   \   \    \    / ̄\         =||=_l>   ,、_
   \   \   \    \  l    \__     《_||´))  /乏/己
\   \   \   \    \ \__   ヽ     ̄    ヾン//ア  /7 / 〉
  \   \   \   \    \ ヽ    {           `′  ̄ノノ _、__
   \   \   \   \ __/´ \〉   \              ̄  フ/ニヘヘ
     \   \   \ _/     丶    ヽ                └'ニニ
      \   \  _/      /       `、    、 _   ヽ、       __,、__
        \  _/       l         l  __\`ヽ::::\        _llニ
          \/         l         |  \::::::::::/::::::::::ヽ    ((ソノ))   城を枕に討ち死にだなんて
          ヽ         l         |\_弋:::f∠:::::::::::::::::::ハ
           ヽ            l       /二二厂゙ヽ `(゚i|>::::::::}   =ll==     まっぴらごめんです!
            ヽ         \     /|\ /   |-‐、ヽ≦:::::/  ((ソ´))
                 \             _/:.:|  |/  /〈--‐'-ヌ‐'´      ´
                \       /──/ / / /        あ
                 ` ┬-─''"___/く  {   /



それは敵前逃亡以外の何ものでもなかった





195 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/01/15(土) 23:32:27 ID:C6AaNSEM

絶望した!





210 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/01/15(土) 23:35:10 ID:C6AaNSEM

さすが先生、生きたがりだ!





218 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/01/15(土) 23:36:06 ID:BlkfF37.

まさか包囲前に逃走してるとはw





209 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 23:35:01 ID:st88MCW6

::::::... ..丶
:::::::.... ...\
:::.' ──-.. \
:::::::... ⌒__丶 \        終わった……
:::::::::.... .'::. ).ヽ  .ヽ
:::::::::::.... __ ..丿   ヽ      武将として勝俊兄さんは
:::::::::::...    ヽ   .ヽ
:::::.._ ノ ヽ.____丿   .丶   これで終わってしまったお……
::::::::::::::.... ..::ノ      .)
:::::::::::..   ../       .ノ
:::::::::.⌒ "       ..ノ
:::::::::::::::::....    ....::::::../
:::::::::::::::::::::.. ......::::./



だが 実のところ やる夫は
こんなことで勝俊を気にかける必要はなかった





219 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 23:36:30 ID:st88MCW6

長嘯子という号で高名な勝俊は
精神的には 既に武人ではなく歌人であったのだ


               ,.....::::´::/
         ,......:::::´:::::::::::::::/
      ,.ィ'´:::::::::::::::::::::::::::::::く
    ,.ィ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.......、
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
  ;:::::::::;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::く
. l:::::::::lヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
. 、::::::::l. ,ィへ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r---‐'
 ヽ::::::ヾ f ,.ィァ、:::::::::、:::::::::::::::::::::::::::::::::\       わたしの使命は
.  ヽ::::::::゙Yヾミ, `¨ー-`ー-、:::::::;:::::::::ヽ ̄
   ヽミfヾ、`       ';::::;' `ヽ::::::l         戦場に屍をさらすことではなく
     ソゝ'        _ ヽ'   lヽl
  __ _`¨`゙'-‐-   ,. '´ l__,,,....L_,...._      優れた詩歌を後世に残すことです
 l_::ノ{:o::)  `ヽ._/'"´ : : : :,.ィ''゙,.. '"´
 __く::ヽ.ニ、      l: : _,,..-‐''"_,.. '"
 l::l ノ:ノ、ノ    ,.-レ'" : : : :ヽ.`ミ''ヽ、
 ゙'' `¨ r-i    l: :`゙''ー--------`゙'ーニ-ヽl
  「:|  L_j   ,l.---、________`ミ
  ヽ¨>   ,.ィ彡三三三ミ|! :: :: :l三ミ\
   `  ,.ィチ三三三三三ミ! :: :: ::l三三三丶
   ,.ィチ三三三三三三ミリ ::  :: ::.l三三三z`ヾ
  /三三三三三三三三/. ::  :: :: l三三三三 `
  /三三三三三三三三/ ::  :: :: :i三三三三ミ
 /三三三三三三三三/: :: :: :: :.l三三三三ミ


勝俊は やる夫と入れ違いに父・家定のもとに駆け込み
その保護のもとで これからの争乱をやり過ごすのである……





220 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/01/15(土) 23:36:54 ID:W5LejKRY

でも、そんな悪い判断じゃないよな
武士としては二度と生きていけそうにないけど





221 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/01/15(土) 23:37:24 ID:C6AaNSEM

むしろ、これが木下家の血筋かもw





225 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2011/01/15(土) 23:37:34 ID:IDtgWHaA

本人は武士じゃないと自覚しているから、ありと言えばありなのか





223 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/01/15(土) 23:37:25 ID:NnrtzrKY

勝俊兄ィの次の出番は・・・いや、なんでもない





228 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 23:38:01 ID:st88MCW6

北政所の変貌に続くショックであるが ここでやる夫はふと我に返った
むしろ衝撃の連続で ようやく思考が働き始めたといった感じだった


         ____
       /     \        あれ? おかしいお
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \     勝俊兄さんが…… 城代が逃げ出したとしたら
  | / .イ '=・=  =・= u|
    /,'才.ミ) (__人__) /     いったい誰が伏見城の開城を拒んでいるんだお?
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ




           ,  ‐ ´  ̄ ̄ `ヽ、
          /     、    、 \
          ,.'./  .:/ ;小:.. ヽ:. :\:.:.ヽ
.        //:.:.:.:/.:./:. ./ i ヾ:.:.丶:. ...ヾ:ー'、
       //,':.:... :.:厶:./- ヽ 弋:.‐\:.:.:. 丶:\
         ! |:l:j:.:.:´/ ィ天t、   ィ天女、-、:.. ヘ、:.ヽ
         ! | :.!.:.:.:ハ´ち;;;j    ち;;;;j !K }ヽ:.、.! ヽ!
         ヽヾj:.ノ小 `::::.   '  ::::´ ハイ: |`リ  ノ
       、_ノイ:..:.:リ;:ゝ-‐っ ー-   イ:.l::|:. i |         うん それがね……
      /´/:.:/ ‐<>.、 _., .イ_.l:.:l::|:. i |
     /_/∠ ァ┐l !ノーソノl  ̄ ヽ、」::|:. .:i:ハ
   , ./´   `∨イしリ  / ハ  / ヽ ̄`ヽハ
  / |====、∧/  >‐/{ヽ‐‐く   l    l ヽ  r/7-、_
, '   /     / /   7〃 {{ヾ〉\   |/ ̄ |  厂し' / /┐
.   /     / /  /   {{.   \  |    | ,/=(_/_/_,人
   |     / / イ    o. {{       \|    l/     'ヾ、/





232 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 23:39:02 ID:st88MCW6

                 ____
         ,. ‐''"´        ` ー- 、
      /                \   \
      ,イ            \   \::: : \
     /   /     !   :|  :|ヽ\   \:::::. ヽ
    ,'  .:/  .::::/ ,'   :,' .::iハ . ヽ:::: :::ヽ:::::. ヘ
   i   .:/  ::/ /  ::/!: .::,' | |∨:|ヘ:::: : :::ヘ:::::::ハ
    |  .:,' /  .:/  ::/,' :::/ |:.! |:.:| |∨::::::::∧::::::i、
   | .::i:./ .:::::,イ  _/:_;ノ  リ l`ーf‐-、::::::::::ハ::::| !     徳川家の重臣
   |/:|/  :/,ィ"´/:.:/  /  |/'_」」. i:`: :::::::|::::| |
  ,ィ|  / ::::::/i,.>''"アiヽ      /´::::}`.|:::::::::::::l::::| |     鳥居元忠……
 / | ,'::::/{ rT{::::::::::r !     {:::::rリ ∥:: :::::/ト、ハ|
 {  | {::/::::::ヽ|:|乂、_,ノリ      ヾ之' ,'|::::::::,'. | 乂     彼が城内で抗戦を論じているという噂よ
 ヽ | |,' |::::|::::|`ト! ''' "´      、    ハ|::::.::i  !   `''ー‐
   i   |::::|::::l::::|ト、          /:::|:::::::|  ヽ
   ハ::  l: ::|::::|::::iハ \     ⌒   .イ:|!:::ハ:::::|
  ∧:  !::::i:,.-、「|∧  > 、 _,. <:i::|:::|:::::.ヘ:::ヘ
 /::::: _厶イ ./ |:.:.|` ー-L>、:::::::|::|:::|:::::::::.`iー\





235 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 23:40:01 ID:st88MCW6

               x !VViハハ/Vレx
              Σ        Z
             .Z  ハ/Vヽハ/iv  .ミ
             .ソ /::r i::::u:::::::/i:ヽ .k
             |/u:rxヽヽ:::://xi:ヽ|、
             .ftヽuゝ 。ゝ.!!.ィ 。 ノ /=i
             |F/__u  くく  v-ヽソ
             ノ`く iヽ__ r_ >>_-i__-ァ>ゝ
            '/__>ヽ-エエエエエエ-フ く_ヾ、
     ,,. __r-t=ナ" .| uヾエエエエエ!フ u .| ~T==t-t、_
    冫`'-、| | /  .| i i i i~~i i i  |  |  | |   ̄"`,
    /`、  `Y7TTキ-,.`--tx------yt--'  __|__⊥⊥ ,、,、, 、.ヽ
   / `;:,  | ! | |uヒ~゚{  | \____// ,ヘi7,| .| .| .| .|;:;,、,、;.:;, |  ← 鳥居元忠
  /  冫  ;|' `'`'`'|`ー≦.ヽ ヽ./ / 父':',| u  `|,,:、,、,、;.'  |

 `―――───―――――○―――――───――――’
                O

      ____    o
    /      \
   /   _ノ ヽ、_.\       あ~~~
 /    (●)  (●) \
 |       (__人__)    |      あのおっちゃんかお
 /     ∩ノ ⊃  /
 (  \ / _ノ |  |
 .\ “  /__|  |
   \ /___ /


やる夫は 徳川家の重臣中の重臣である鳥居元忠と面識があった
その人となりも理解していた





239 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 23:41:01 ID:st88MCW6

徳川家の関東入府の際 秀吉は家康に榊原康政・本多忠勝・井伊直政に対して
10万石の家禄を与えるように命じたが 元忠については特に指示を与えなかった
だが これは秀吉が元忠を低く見たというわけではない



.     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
     /: : : : : : : : : : : : : : : : :.、: : : : : : : : ヽ
.    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V
  < : 」_: : / 〈  {} |/  レ  {} }|:./ヽ: : |   あいつは官位すら断った男だ
  <:: |. 小{   _,,.. -    、-.,_  レ{: :.|ヽ:|
   厶ヘ ハ         、     {ハ/ V   ここで俺の命令による加増なんて知れたら
      \_!      _ '     !
        ヽ    /   `t   /       また むくれるかもしれんし
      ___,r| \  {    / /
    /:/::::| \  ヽ `_⌒ ィ ´          そうなったら家康にも面倒かけちまうしな
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、
::::::::::::::/:::::::::∧    /二\ |::::::ヽ::::::::::::\
::::::::::::/::::::::::::::∧ヽ  /: : : : :}ヽ!::::::::::〉:::::::::::::::





244 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 23:42:01 ID:st88MCW6

    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V     ま ああいう奴には
  < : _: : : / 〈  ノ |/  レ ヽ }|:./ヽ: : |
  <:: |. 小{   _,,.. -    、-.,_  レ{: :.|ヽ:|       それなりの接し方ってもんがあるのさ
   厶ヘ ハ         、    {ハ,;' ((
      \_!         '    ! ( ( ヽ) ホワ~ッ
        ヽ   'ー―--   / ヽノζ       _
      ___,r| \         / | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|ゝ'゙___`i
    /:/::::| \  ヽ _ , ィ ´  |          |Y__  !
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、 ',       /コ     ト、
/:::::::::::/::::::::|    \  /  ! ,r-'' ヽ、__/ └エ''   l  ヾ



秀吉も 家康の重臣である元忠には気を遣い
加増以外の方法で 元忠を大いに賞した





250 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 23:43:08 ID:st88MCW6

秀吉は 出羽国角館の戸沢政盛が8歳で家督を継いだ時
その正室として元忠の娘を嫁がせた


                                          . : "´  ̄ ` : 、
   ,/テ=、                                  .,:::::::::::::::::::::::::::ヽ::、
   | ///,.-ー`,〃´レ,                            //:::,::::::,:::::::、:::::::、::ヾ:.
.  | // / ̄ 、,、、、,、,、,Z  〃        .よろしくお願いします  l,f:::i|_:::::|:::::::||:::::_|i::::i::|
  |   /   ミ     \  ′                    |:|:::::|(●)  (●)|::::::|:|
. /`ー、ノ|. r‐、ヽ ,.==ヽ' -ヽ  _       お義父様       .|:|::::_|    ,、    |_:::|::|
/、   > 1 |.l=| | ' ,=、 .=,く   ´                   .|:|:´:|゙:、/ |l|\,.ィ|:`::|::|
 ` ヽ´彡. `ー|/ ////r_~'ヽゝ  っ                   |:|::::|::/   |  ゙ヽ:::::|::|
   / イ  /|  ,=:=:=,=,=「     いや               .|:|::::|/   ∧   |:::::|:::|
  / 7 ./|. .|  .ー'ーヽ'ノ. ̄|                     .|:|::::|  /,| ヽ  |:::::|:::|
 / 三/  |i. ヽ .l l i ; ;  |    こちらこそよろしく       .|:|:i'l〉イ´  .|  `ト〈'i,::|:::|
./´ ̄ .|   |:|  `ー---,―--'                     ..|::::::\_   |:|   ,ノ:::|:::|
     |   |+|、___/|  |''ー..,,__                    |仆イ|'i|`ゝ' ゙ー:'´|::/|ilハ|  ← 戸沢政盛
                                           ||      |


元忠の娘には大名の妻となる価値があると秀吉が認めたということであり
これには元忠も素直に喜んだ





253 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 23:44:05 ID:st88MCW6

また秀吉は 若い武将たちへ積極的に元忠を紹介した


    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V
  < : _: : : / 〈 {}  |/  レ {}  }|:./ヽ: : |      こいつが徳川家に
  <:: |. 小{   _,,.. -    、-.,_  レ{: :.|ヽ:|
   厶ヘ ハ         、     {ハ/ V      その人ありと言われた鳥居元忠だ
      \_!      _ '     !
        ヽ   Tニー‐‐‐,‐''  /          お前らも後学のため 元忠の話をよく聞いておけよ
      ___,r| \  `二二´ /
    /:/::::| \  ヽ `_⌒ ィ ´            (⌒)
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、         ノ ~.レ-r┐、
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、  ノ__  | .| | |




                     、、v、
               r――--Σ:::::::::::::::N、
             _ | ir―――Ζ;::::::::::::::)
      ,..、 r――'   `'  '===、 ̄ Ζ::::::::::::ミ
     /  \ゝ、_    '´     )   Z::::::::::::::ミ
   /     \ ヽ_, じ~=='"    ミ::::::::::::::N
   (    ' ,   \  (     / ̄ ̄::::::::::::N
   \   ' ,    \ `i  ,/<) ,)::::::::::::::ノ
     \    ' ,    ´ ,,..イ(つ-'" '::::::::::/
      \  _,,. - ''"´ /::`'''''´:::::::::::/     (殿下は そこまで俺を評価してくれるのか……)
        7         イ:::::::::::::::::::N´
        〈    ,. . :'"´!:::i::::::::::::::ヾ
        i ,. '": : : :,.r''ヘ;|i:::::::::::::::i
        /': : : :,.: :'" :|: : : : i::i!::::::::::i
       /: : / : : : : |: : : : :ヽ\ヽ::ヽ
        i/: : ;.: :'"´ ̄`゙ ヽ、: : : ヾYヽ
      /: : :/: : : : : : : : : : : :\: : : :ヽ





246 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/01/15(土) 23:42:52 ID:QJrHAias

流石、人誑しの名人は人間考察が素晴らしいな





255 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/01/15(土) 23:44:23 ID:BlkfF37.

こういうのが上手いよなw





258 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 23:45:08 ID:st88MCW6

やる夫が元忠の知己を得たのも 秀吉からの紹介による


      γ⌒) ))
      / ⊃__
   〃/ / ⌒  ⌒\           やる夫も元忠殿の
  γ⌒)( ⌒)  (⌒) \ ∩⌒)
 / _ノ :::⌒(__人__)⌒ 〃/ ノ       武勇伝を聞きたいお!
(  く|  |   |r┬(    / / ))
( \ ヽ \ _`ー‐'  /( ⌒)
               / /




      __、ーv''7-;z.__
.     _> `     ニ=
.   >  、NヽN、N、トゝ
.    イ ィ` ij 「.| v  V.7       おお! 黒駒合戦の時
.    l. ヽ. __ | |  j /.ハ
   | r=i.| l⌒ヾレ''  レ'"う.〉      群がる北条兵1万に対して
    |.{に||uゝ..__。" く。.ノく
.   j. `ー|!ド、""r _ '〈:" (.._      俺はだなあ……
.   /   /! lX.Z.エ.エエェ'エT´
 _ノ_,/ | ヾェェ:ェ:ェ:ェ:ェL.__     、゙`;`"ー;-;、
 ̄「|  ト、,l、ij、,_           |     j r-(\: : {
. l.|.  |j" .;、 "'‐、! i i  |`iー-,、._;'⊂,ヽ、ヽ|;:'゙
. !.!  j゙ .: ∩ f`l.i`h゙‐、__.ハ│ | {(\.|. |!. ||
 |.|  '、;'' ;|. |.;|. |.|│| '";=ニ{|.| | │j:,:ハ ヾ l ;|
 !.!.  |. 'y' レ' /' /./`´|`ー' |.|.| ∠ルl | ;  .ノ



勇猛な士は元からやる夫の好むところでもあったし
元忠も自分の多少誇張交じりの武功談を
素直に聞いてくれるやる夫に好感をもった

やる夫と元忠は おおむね良好な関係があった





265 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 23:47:01 ID:st88MCW6

        ____    ━┓
      /      \   ┏┛
     /  \   ,_\.  ・   だけど……
   /    (●)゛ (●) \
   |  ∪   (__人__)    |    それでも解せないことには変わりないお
   /     ∩ノ ⊃  /
   (  \ / _ノ |  |      なんで元忠殿に伏見城で立て籠る必要があるんだお?
   .\ “  /__|  |
     \ /___ /




           ,  ‐ ´  ̄ ̄ `ヽ、
          /     、    、 \
          ,.'./  .:/ ;小:.. ヽ:. :\:.:.ヽ
.        //:.:.:.:/.:./:. ./ i ヾ:.:.丶:. ...ヾ:ー'、       そうよね
       //,':.:... :.:厶:./- ヽ 弋:.‐\:.:.:. 丶:\
         ! |:l:j:.:.:´/ ィ天t、   ィ天女、-、:.. ヘ、:.ヽ     救援の見込みがないまま少人数で頑張るだなんて
         ! | :.!.:.:.:ハ´ち;;;j    ち;;;;j !K }ヽ:.、.! ヽ!
         ヽヾj:.ノ小 `::::.   '  ::::´ ハイ: |`リ  ノ    徳川兵たちには戦略的に無意味ですものね
       、_ノイ:..:.:リ;:ゝ-‐っ ー-   イ:.l::|:. i |
      /´/:.:/ ‐<>.、 _., .イ_.l:.:l::|:. i |
     /_/∠ ァ┐l !ノーソノl  ̄ ヽ、」::|:. .:i:ハ
   , ./´   `∨イしリ  / ハ  / ヽ ̄`ヽハ
  / |====、∧/  >‐/{ヽ‐‐く   l    l ヽ  r/7-、_
, '   /     / /   7〃 {{ヾ〉\   |/ ̄ |  厂し' / /┐
.   /     / /  /   {{.   \  |    | ,/=(_/_/_,人
   |     / / イ    o. {{       \|    l/     'ヾ、/





285 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/01/15(土) 23:53:32 ID:lcDR1d.6

だがでっていう





996 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/01/15(土) 22:53:56 ID:08lxLP0.

それを理解できないのが三河クォリティ





964 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/01/15(土) 22:43:26 ID:9ZqpGBe2

しかも成分を極限まで濃縮したヤツw





268 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 23:48:18 ID:st88MCW6

実は この籠城 徳川兵たちにとっても全くの意外のものであった
問題は 城代である勝俊が
何の方針も示さずに城から脱出してしまったことにある


                , -─- .、
        _,/ ,;;    '' \
        \ \ ,;      ,, ヽ
        ,イ,.へ、 ヽ、         |
      ,ノ//-、// ヽ、 ヽ、    ;!
      ノ i/、.7/ r‐ 、| |ヽ、 @ 、./    勝俊様……
.   /   lし'/. ヽ。 ル' ∠=、ゝ、!
 /   ,.H'´ ~ r   く・-イ┘ `     そんなに戦うのが嫌だったのなら
 ‐r‐''"´ :|.! u r= 、 `   〈 r'´
. │    |! ,. `ヾミ: 、 Yゝ         ひと言俺に相談してくれれば……
  ト、   ::\  ' ,   `''<._
.   ヽ\ :::::::\  '  ,  /
    \ヽ、 ::/,> 、 /\
l|  .;:  \'V/  |l`´ \ \
.!|     //!;リ|`\ ||  ;:   \冫、



もし勝俊が城代として開城を決意したなら
元忠もその決定には素直に従うつもりであった
その後 自分たちは 関東に退却するも畿内に潜伏するも
どうとでもなるのである





277 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 23:51:01 ID:st88MCW6

戦国全盛期ならいざ知らず 豊家のもとで天下統一が為された現在
城代の権威は軽いものではない
さらに勝俊を城代に任命したのは他ならぬ元忠の主君・家康なのである


               ~-,_
    ,ヽ!ヘ/`v.        -,,_
   ,ゝ:::.__-.  `' 'V.,v     -,_
  ,ゝ::::ヽ. ヽ.     '^v,    -_
  ,ゝ::::: ヽ. ヽ.      V`v ヽ, !
  !::::::::  ヽ. ヽ.       |` ! `
,へ !,::::::.  ヽ. ヽ.       .|
ヘ/ !::::::::  ヽ. ヽ.      .|  _
ゝ /::, '^` .  ヽ. ヽ.     _.-'' _,!
/ ./::::ヽ.  \ ヽ/  _, - ' _, -.i'
. /::::::::: ヽ.   ヽ   /_, - '   !
/::::u::   ` O ::::::: ,------.,/
:::::::::      :::::::::: `.O_ -,.~     だとしたら
,.---'  __ ::::u:::::::: > く
::::__    ' :::::::::::::: i~   )      俺たちも その決定に従うのが
:::: ` - ,_  ‘`;:::::::::. |  ./
:::::    ` - ,_ :::::::. | /        当然じゃないか……
:::::::      `-`;. .ノ _.ゝ
::/::::         `-.'_
::::::::::: /         `-_
::::::::::::::: /          )
::::::::::::::::::::::  /      ./
` - _:::::::::::::::::::  /   /
   ` - ,_:::::::::::::::::::  /



だが現実に勝俊は逃げ出してしまった
そのため 城の方針を決定する役目は
この城の徳川家中で一番の上位者となる元忠に回ってきてしまった





282 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 23:52:13 ID:st88MCW6

      _─- 、 ,. -‐;:z.._
     .>: :`: : :′: :′:∠.._
   ∠: : : : : : : : : : : : : : :<  っ      元忠さん 元忠さん……
   /: : : : : : :,ィ: ハ: : 、 : : :、-ゝ  っ
    !: : : : :,ィ/‐|/u ゝ|_ト、i : :ヽ  っ         逃げましょう
.   |: : : :イr‐'⌒  '´。 ろNヽ!
    |: r=i.l. し、 ゚ィ.  t'u‐'~|   r(ヽr.、       江戸に逃げましょう 元忠さん……
   j |「_|luの U.〉u' ヽ,の{   ヽ.ヽヽ(ヽ.
   ,ノ :`ー|| rェェfェu=ijテエi|   n l 」_| {. l      家康様のもとに向かいましょうよ元忠さん
, -r''T¨l : :l.l }.-─-r--ー-j|ーr-:l ,}_.j   ` .|
:l::::|::::|:::| : | l.Lェェェェェ'ン.!:::l:::::lヽ `ヽ ノ |         元忠さん……
::l::::l:::::l:::l: :l. ヽ. u~-ー  ,.イ::/::::/:::ハ、_ '  _.!
:::\ヽ::ヽヾト、_ ` ー-‐''7l;リ:'::/:::/:::|:::: ̄::::::l            元忠さん……
:::::::: \::::::::| ヽニニニニ7: :|::::::::/:::::::|:::::::::::::::ヽ
::::::::::::::::\::|_;,,:\  / _|::::/:::::::::::::|::::::::::::::::: l
::::::::::::::::::::::`|:/,; ヽ.l :\''|/:::::::::::::::::|:::::::::::::::::::|   ← 内藤家長
l::::::::::::::::::::::::|:.\': : |: o/ :|::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::|




        _ NヾV\∧/ !__
        \:::::::::::::::::::::::::::::::<
        ∠/i/i/i/i/L::::::::>
      ..,,_/| | | | | | |,,|--フ:::::::ゝ
      /\v.! ! ! レ!'.! ! ! !Z:::::::i          このまま後詰の見込みもなく
      {-ー- 、  ,. -――/, -、|
      |   o >    o  }|:|ラ.|:|          この城に 留まるのは自殺行為……
      .|ヽ.,/  ゙ヽ _,,,..ノ |:| ノ/|
       | i"   _ j    v !|シ::|         それも まったくの無駄死にです
      . | .i―-----― 、 /、:::::|
       | |二ニニニ二二| /::.ヽ:::ト-、       一刻も早く撤退しましょう!
       .|└-――---'./::::  〉|: : :\ー--
        |.   ≡ u.  /:::   /.|: : : : :!ー--
     _,,.. -|____ /::.   / .| : : : : !: : : :
  r ''": : : :,,.. -/: : : ヽ::::::::::  / |.: : : : : !: : : :
. /:ト- '''"" : : /: : : : : |\   /  |: : : : : : !: : : :
/ : | : : : : : : /: : : , ヘ|/|  /\ |: : へ : :.!: : : :   ← 松平家忠
: : : |: : : : : :/: : :/: : :| . | /   |/: : :\:!: : : :



ここで元忠の他に家康が伏見城に残した徳川の将たちは
こぞって開城と退却を元忠に進言した





287 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 23:54:01 ID:st88MCW6

しかし 元忠は その進言を素直に取り上げることが出来なかった



                 _,、i、, -‐-、,、_
                _ン`::::::::`´゙´`::::::::Z_        ここで……
               _ラ:::,.イY^iイト'iY「Tト、:::ヾ
              7:::://二コ lu [二_`ヽ::く      簡単に尻尾を巻いて逃げだすことは
              〉-くイl, - 、 v , - 、 l_ト'ノ、
                | i / {_9,.イ /ヽ9_ノ く`i }     殿の恥になりゃしないか?
              いソ v  〈〈   u くシ、
               /l r 一' u//n  `ー┐l:::ゝ    いや そもそも そんな重大事を
                  〈:::| i Fエエエエエ`エエエヽ |:::}
               ム:| ヒiエエエエエエエエエソ |:ン     城代でもない俺が決めて良いのか?
          _,. -‐ ' | i i i i  ̄ i i i i |`ー- 、
     ,. -‐ '´: _,. -‐ 'ヽ┬──────┬'`ー- 、
    ,イ_,. -‐ '´: : : : : : : : レト.\      /ハ、l: : : : : : :
   /: :l: : : : : : : : : : : : : : : : V>、 `>、 ,く´,.イヽソ: : : : : : :
.  /: : : l: : : : : : : : : : : : : : : : ヽくコ7┬イ レ'´: : : : : : : :
 /: : : : :l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :` ┴ '´: : : : : : : : : : :
./ : : : : : l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :



というより そのような権限が自分にあるとの決意がなかなかつかなかった
逡巡する元忠であったのだが その結果……





290 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 23:55:01 ID:st88MCW6

そうこうするうちに伏見城は
1万という想定外の大軍勢に囲まれたしまったのである


         __r、_,ィ____
       <:::::::::'::::::::::::::::::::::<_
      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>
      /:::::::::::ミ川川川ハ;;;::::::::::::::>
      /:::::::::::ミ;:; ;:;:; |  |;:;:;:;"'>::::二=-
     /:::::::_ミllliii;i;i;:..|  |;:;'';::;:.:\>
   /::::/  )>;:';:';:. :.ヽ ヽ;::;;'';:: :'';>-、
  /:::://\/;:;''| ̄\ | /;:;'':,、-'",、-'"
/:::::::::| | / llii;("  ◎ヾ' ;:;''(_'";:;|!    こ こいつは
::::::::::::::ヽ/ ;:';:; ;て__r─' ;;/◎ );:/
:::::::::;、-/ ,、r─、 :.:. .:;; :;,:\  r'"/    もはや 是も非もないか……!
'" ̄;:':/ /-|  /\「 、 ::;:;'; )-';:;;')
;: ;:; ;:;/./ / ̄/__/ >、 ;::;;:;|;:;:/\
|;::;:;::/ `'---'、,/ ̄7 \__);:>三 \
\;:/   ;;;:;;,   ̄'"-、メ__ノ三三三三 \
三|! ;;:. / / /  :.:.;;:,, ̄\三三三三三ヽ
三|!;:;,;:;'';:;,,   / / / ;:';: /三三三三三ニ|
三| ヽ_;:; ;::. :.:. :.; :;  ;:'':. :../三三三三三三|
三| |;:.`"7ヽ、_ ;:;;: ;:'';:;:;.:/三三三三三三ニ|
三| |;:''';/三三`ヽ、_/三三三三三三三ニ|
三| |;:':/三三三三三三三三三三三三三三|
三| |;:/三三三三三三三三三三三三三三ニ|



やる夫軍団の包囲が
元忠の籠城の決意を促してしまったのは皮肉であった





291 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/01/15(土) 23:55:34 ID:BlkfF37.

また裏目か、やる夫w





995 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/01/15(土) 22:53:09 ID:d9ejlfik

非常に重要なことだけど、伏見城は徳川の領地でもなんでもない
死守しようという鳥居の発想がイカれてる





961 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2011/01/15(土) 22:42:20 ID:JBts5P5Q

しかし、それが三河武士なんだよねー





292 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 23:56:01 ID:st88MCW6

だが そのやる夫に伏見城を攻めるつもりは毛頭ない


         ____
       / \ / \        とにかく!
      / (○) (○)\
     /    (__人__)   \     今は伏見城と交渉の場を作るんだお!
      |       |::::::|     |
     \       l;;;;;;l    /l!| !   元忠殿とは やる夫が直々に話をするお!!
     /     `ー'    \ |i
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |そ
    `ー、_ノ       ∑ l、E ノ く ドンッ!
               レY^V^ヽl


やる夫は 元忠と談合すべく伏見城に使者を送った





297 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 23:57:01 ID:st88MCW6

7月19日
こうして やる夫と元忠は伏見城で対面することになった


                          -=ミヽl∨レl イイイイィ
                          Z ,vvwvwvwvv、"ミ
                         Z /:|:|:|u|:|j:|:u:|:|u:|:ヽ ミ
                         Z. \;:|u|:|:|:|j~|:|:|/ _ ミ
                        1 l::\ \l:l:l:l:l:/ /::l ト'
                         |〈:|u:|::\`!ll !´/:|:U:ノ.|
                        r‐'‐〉 ==。=-ソ /=。== 〈.‐、
     ____              | f.ヲ u三三〈 〈 三三|j )〕|
   /      \             l ゞゝ 〃〃/ /〃〃〃/ソ.l
  /  \   ,_\.           ム`''〈 /´ r_(_/_ 、 `ヽ 〉‐ヘ
/    (●)゛ (●) \         /_l´ ̄u ̄ ̄u ̄u ̄ ̄`l._ヾ、
|  ∪   (__人__)    |      一 '' "|| | 〃〃〃〃〃〃〃〃| ||" '' ー
/     ∩ノ ⊃  /      .   || .| l l l l l l l l l |. ||
(  \ / _ノ |  |          ||  l  |j  u |j |j  u  l ||
.\ “  /__|  |       .   ||   ̄ ̄ト ̄ ̄ ̄ ,| ̄ ̄  .||
  \ /___ /          ||     | `r----/ |      .||



この日は 江戸で徳川秀忠率いる「会津征伐」全軍が出陣し
家康に増田長盛から石田三成と大谷吉継の謀議を報告する書状が
到着した日でもある





299 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 23:58:01 ID:st88MCW6

そして……
この日は遠く九州の地で 小さな変化が起き始めた日でもある


                 ___,,r=ー--、,,,,,__        ,、
    __ノ\   // .,、-='ミV/////彡彡彡ヽ、    / `ヽ、_
    )  エ `ヽ、.   / ミミ y// 彡彡彡 三\ ヾぐ  エ  7
    〈   フ  /  /ミミ\///// /彡彡 ミ\ l ii   フ  _l
    ゙i,  ッ /  /彡.彡=、_川/ 彡=ー'''))-、三 三ミ) |   ッ /
     ゙i, /゙.  ,ノ彡/ )):.:.:`'''ー''゙)):.:.:.:.:.:((:.:\_彡三 ) !r''' ̄⌒
      !'゙   (彡 |:.:ノヘ、゙l:.:.:l:.:((:/ ,へ、,,_)):.:゙i,三三ミヽ )i
        / | l 彡ノi/゙\|i :.|:.:.)//゙゙゙`''ヘ、(('i=y'゙iミミ゙ヽ、
     /\  l  .l彡rt, ,,==、゙i, l:.:.:(/゙゙,,m==、_ _ノh,/ .ノミミト、_,r'''゙,r=-、
   / エ \ i  )゙i、| .( (())i,:.i:.:.:/:::::(.(())ノ`:.:.:.:.:.:lノヽ,ミミミ==''゙
   )  フ  > ノ((/.゙i, :.:.:.;;,,ン i i(:::::.:.Zニ,__:.:.:.:.ノ.゙i:.:.:.:iミミミヽ==、 \
  く   ッ  / ./人川ヽ、( :.:.:/=ミー、::.:.:.:.:.:ノ,イ ,ノ:.:.:.:.゙i;;;\ミナ-、_ .゙i,
   \ _,rー'''!゙ Vハメ.|:.:.:i:>、:.:`-=r''゙゙:.:.:.:.:.:.ハ y''゙::.:.:.:.:.:.:.`i;;;;;i、ヽ
    `'   (  ゙! r'''゙i:.:.\(ノくニ=ニ>、__,r.:./:/:.:.:.:.:.:.:. ノ::i;;;;;;;゙l`''=、, ヽ
    _ニ   /;;ir=':.:.:.:.:.゙i,'゙ヽ-=r''゙゙゙:.:.:ノ/:.:.:.:.:.:. / :::ノ;;;;;;;/;;;;;;;;;;;゙'
      _,、-/;;;;;;;l:.:.:.l :::.:.:..゙i, :.:.:.:.:.)):.:./ /:.:.:.:.:.: :./;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;;;;;;   ← 黒田如水
   _、r''゙゙;;;;;;;(;;;;;;;;;;;;i:.:.:.:い:.:.:. `=ー--ー'゙:. /:.:.:.: .:./;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;





300 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/01/15(土) 23:58:33 ID:C6AaNSEM

キタキタキター!





301 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/01/15(土) 23:58:59 ID:eaVitweE

動き出しやがったw





302 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/15(土) 23:59:09 ID:st88MCW6

さらには……


           :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
         |:::ハ:::::l |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イ、 ハ
         |::{   ヾ!、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!' ./:.ヽ.      お お前……
         |::ヽ  ヽl         '        r':.:.:.:.:ヽ.
           |::::::`ヽ、...!      , -─ 'ヽ    ,イ:.ヽ.:.:.:.:.:\
        l:::::::::::::::::::\     {     }   /:::::.:.:.ト、:.:.:.:.:.\
.        l::::::::::::::::::::;::::`ヽ、.._  ゝ-─ '´ ,ィ'ヾ、ヾ::::::.:.ヽヾ:.:.:.:.:.:.\
       /:::::::::::::::::::/:::::::::::;イ::7i ー--‐ '´ /    ̄ ̄ `,.>= 、:.:.\
.      /::::::::::::::::/j:::::::::/r'´ /!     /       //:.:.:.:__ヽ.:.:.`ヽ、.
      /:::::::::::::://,. -'´   l.._ ,...../__        //:.:.:./   `ヾー-- `=





305 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/01/16(日) 00:00:08 ID:nWdm9l8Y

同7月19日 三河国池鯉鮒でも事件は発生する


                     __
              ,. - ' "´ ̄     ̄` ヽ 、
             /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
              /:.:.:.:.:.:.:.:.l!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;.:.:i!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ.     .
            /:.:.:.:.:,:.:.:.;.:.:l |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|i:.| i:.:.:i:.:i:.:.:.:.:.:.:ヽ    .  これは いったい何だ!
         /:::::::.:.:il:.:.:.|i.:l l、:.:.:.:.:.:.:.:.| l:l l:_l!-l:.:.:.:.:.:.:トi:l.  
.          l:::::::::::.:.l_l_:.:l_l|\゙l_、:.:.:.:.:.リ,.l/li |l l:.:.i:.:.:..}ヾi     お前は どういうつもりなんだ!!
         |::::::::::::.:l ';.:l,.ィ!-=-、\:.:.:/イiノ::ヽ`リ. |:,イi;.:.:| !|  
          |::::::::::::::ト! /! iノ:::ハ  `゙   {::;ii;::} | l!/ハ:l   ..../∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\
         |:::ハ:::::l |  {::;ili;;::}       l::::::リ / イ、 ハ
         |::{   ヾ!、ヽ ゞ、;;ソ      `''´   !' ./:.ヽ. |
         |::ヽ  ヽl         '        r':.:.:.:.:ヽ.
           |::::::`ヽ、...!      , -─ 'ヽ    ,イ:.ヽ.:.:.:.:.:\
        l:::::::::::::::::::\     {     }   /:::::.:.:.ト、:.:.:.:.:.\
.        l::::::::::::::::::::;::::`ヽ、.._  ゝ-─ '´ ,ィ'ヾ、ヾ::::::.:.ヽヾ:.:.:.:.:.:.\
       /:::::::::::::::::::/:::::::::::;イ::7i ー--‐ '´ /    ̄ ̄ `,.>= 、:.:.\
.      /::::::::::::::::/j:::::::::/r'´ /!     /       //:.:.:.:__ヽ.:.:.`ヽ、.
      /:::::::::::::://,. -'´   l.._ ,...../__        //:.:.:./   `ヾー-- `=-
    /::::::::::/,イ、´      |    //  `_ー .._ //:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ''ヽ.._
   /::::::;:-'´ /ハヽ.      |-‐7( _.ィ'7゙'´ ,.._,...ニヽ、/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ー-
. /_,.- '  ,.-ニ,ベ:.:.:ヽヽ,. -‐ァ  |:.:./  l7ヽノ゙ィ'´ ___  ヽ:.:.:._:-‐:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:   ← 堀尾吉晴
''"´    ´/:.:.:ヽ:.:.:l:.` ''7 /  |:./  __iニi/ /ィ''"``  ヾヾ、、.:.:.:.:.:`:.:.:.ー--:.:.'´:.:
     /:.:.:.:.:.:.:.\l!:.:.:.:.\\. |/-‐(´ _,..`''゙ ,r'´,. -‐、   \\`、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:



異変は確実に全国へと広まりつつあった……


                             <第4部 その6 誰がために 何のために>おわり





308 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/01/16(日) 00:01:22 ID:CT44qQDY







345 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/01/16(日) 00:39:38 ID:PUEstwUc







323 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/01/16(日) 00:03:00 ID:erqBW2P6

乙でした





307 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2011/01/16(日) 00:00:40 ID:jkQaBI8w

堀尾か





304 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/01/16(日) 00:00:01 ID:7RtGu32o

天才児も動く?





316 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/01/16(日) 00:02:20 ID:wRcffLYw

堀尾の爺ちゃん、楽隠居から遠すぎるw





318 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/01/16(日) 00:02:27 ID:w2WFlm9M

いよいよ、日本全国規模の内乱へと拡大していく時期か・・・





326 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/01/16(日) 00:04:49 ID:cGKI3WIM

各人がそれぞれの思惑の元に好き勝手暴走し始めてきたなぁ





324 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/01/16(日) 00:03:30 ID:g9d1gaLc

これまでにも増して今回は濃い内容でしたね
時間的には進んでないにしても各々の思惑とか面白すぎます





322 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/01/16(日) 00:02:55 ID:1PdvvoR2

同じ日に色んなことが起こってるんだな
関ヶ原に関する事柄を丁寧に追ってるのを読むのは初めてだから嬉しい
それにしてもやる夫はホントに不幸だなぁ・・・





338 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/01/16(日) 00:20:15 ID:/OJEz/UA

やる夫の立場ではどうにもならんよな、裏切り者呼ばわりが理不尽だわ





331 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/01/16(日) 00:13:01 ID:CsVMLBCY

どこまでも裏目に出てるしなあ





208 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/01/15(土) 23:34:43 ID:4kUKb/QI

やる夫が辛い現実叩きつけられながら、あちこち奔走してたの台無しw





203 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/01/15(土) 23:34:07 ID:o2dUJqPA

そして、やる夫軍が伏見城を包囲した事実だけが取り残された・・・





327 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2011/01/16(日) 00:05:05 ID:UBA0a94.

やる夫も若いのに大きな決断を迫られて大変だな
二十歳前後でこんな立場になったら誰だって混乱するよ





205 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/01/15(土) 23:34:14 ID:nchZdp7E

みんなが少しずつ自分の利益を守ろうとして、結果的に全部おかしくなってる





348 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/01/16(日) 01:18:04 ID:iG4Fghzg

なんか、やっばりこのスレが完結するのは今年末って気がしてきた
それくらい時間が進んでない、自分としては楽しみが長くなって嬉しいけどさ
なんたって今回は家康も三成も出番なかったんだぜ





309 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/01/16(日) 00:01:38 ID:zNE.mU9U

どんどん時間の経過がゆっくりになってるが大丈夫か?





346 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/01/16(日) 00:43:31 ID:gDeZY.MY

ここから大変つーか一番大事な局面だし、時間経過が鈍いのは当然か





319 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/01/16(日) 00:02:29 ID:DRxiHb7w

家康はいつになったら





1 名前: ◆fFI82Sjg3c [sage] 投稿日:2011/01/15(土) 21:42:12 ID:st88MCW6

  ∠ -‐ァ       ,、'´  ,.、-'' "           \
    /      ,、'´ ,.、-''´     fi fi ト、      ヾ、 ヽ    なぜだ……
.  /      ,、'´.,、''´    /| ,ィ |:| |:l .l_.ン        l`ヾ
 //l    ,、'´,、''´     〈:::レ':|.|::| |::ヽ  /\ヽ  .ト、 |     なぜ俺は どこにも辿りつけないんだ……
〃  |   ,、'´,、'´      n,  \:リ:::リ:::::i| 〈==、 lヾ  | ヽ|
.   | ,、'´,、'´       | _|f=-、.\ u !|/ヾ.、 〉| |ヽ|               、-‐-、r''二∠‐- 、
.   ,!'´,、'´          r( リ   \!i  〈 o .ノノ| |               < ̄ニ ミ -─  、  \
,、-'´,、r′    _    N ヾ、 o  》   ヾ ̄  | |              ///r .ニ、 ヽ \\\ヽ
,、-'´ |    ( r‐ヽ、  | |j~ ゝ==シ  |j.  \.|j~| |              レ'〃,' l f'''゙゙l ∥  l  l  ! ヽ.l   時間的に
    |    ヽヽr‐ゝ |   〃"  |ju  U u \| '、          .   /イ//,.1.|  l l、i 、 | ∥ l.|
    |     ヽヽ⌒l .|  u ___   r' __ u _) ヽ、  ,、-'´        レ/イ-lノ、  ゝlヘ.「ヽ\ | l |   少々遡っている気も
.   |      ヽゝ-l | |j i´ _` ''ー----‐ァ/  ,.、ゝ''´,、-'´          |==ij  ==i;j=''| | l |
   |       ゝ-リ   l ̄   ̄ ̄二ニ7.ム-''´ ,.、-'ヾ              │"ー)   ー‐ '゙ |lゝ、 !   してきましたが……
   ,'         |\ |j {    ,.、-'´ ,.、-r‐i ''' "´     \/          | < 、        |Lノ│|
.  / /          |::::::\ ,,ゝ-'´ ,.、-''´  | l       /     .       | ヽニニニフ   ,| l |.∥|   ま 気のせいでしょう
 /〃          |,.、-''´,.、-t''´ ̄``_二ニ! l _.... -‐''´ ,、"           ヽ、 ー   ./リ ノハ l !|
〃/      _,.、-‐'' " ,.、-''´::::::\ゝ- '´ r== l ヽ、  |j ='"´     .         ` 、__,. '´ ///_,.ゝ!|.!
. / ,.、-‐'' "   ,.、-''´ヽ、  ::::::::`'-、.. u |j |  ヾ     u                ,」 -‐ イル',. -‐}ル}
/''´     ,、-''´     \   ::::::::::::`''..r-'′   \ U        .           /\  /::;::-─-:ヽ.





5 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/01/15(土) 21:58:56 ID:9ZqpGBe2

やる夫みたいに鷹狩りでもやってろw





11 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/01/15(土) 22:50:30 ID:BlkfF37.

スラムダンクで数秒で一話になるような濃密な時間なんだよ










投稿日 : 2011/01/18 | カテゴリ : 新・関が原戦線異常アリ | コメント数 : 39
■コメント一覧
  • No.8828 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年01月18日 13:31 [ edit ]

    久々にやる夫が主人公か。
    木下家の頼りにならない感じが何ともつらい。



  • No.8829 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年01月18日 14:23 [ edit ]

    実のお父さんの助言はそれなりに親身だったが
    立場が違いすぎて参考にはできないのがなあ

    長嘯子は論外



  • No.8830 名前:  投稿日:2011年01月18日 14:32 [ edit ]

    木下家から見れば三成派と徳川派の派閥争い
    できる限り局外中立でいればいいだけ
    小早川家に養子入りしたやる夫が同じ立場に立てるわけないよな



  • No.8832 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年01月18日 14:50 [ edit ]

    日本中がまさに同時多発で蠢いてた時期だ。権現様がなかなか出ないのも無理は無いわなww
    次は茂吉と勘解由入道か、九州が熱い。



  • No.8835 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年01月18日 15:47 [ edit ]

    編集というか記事にオチつけるのが上手いな、それ金w



  • No.8836 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年01月18日 15:55 [ edit ]

    言葉をねねに当てた意味がこれかー斬新で上手いなあ
    今一番このスレが楽しみ
    ねね様の状態は第一部その2から伏線として張ってあって驚く



  • No.8837 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年01月18日 16:10 [ edit ]

    皆が自分なりに良いと思う方向へ向かい、総体的により悪くなる。
    いわゆる合成の誤謬ってやつですな。
    一連の出来事で罷り間違えば戦国時代に逆戻りどころかもっと酷い有様になっていた可能性もあって
    外国勢力の介入を招いて日本の一部が植民地になるとか、或いは明朝滅亡と鄭成功に乗っかって
    大陸に首突っ込む西国大名が出たかもと想像すると面白いけような恐ろしいような。



  • No.8838 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年01月18日 18:09 [ edit ]

    ※8837
    そう考えると、実際そうならなかったっていうのが、本当に奇跡的だよなww



  • No.8839 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年01月18日 18:24 [ edit ]

    天下分け目の重要な戦いになるってのは後世だから分かるけど
    そのときその場の人々には分からないからな・・・



  • No.8840 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年01月18日 18:37 [ edit ]

    中々決着が付かずにgdgdになったら、天下分け目どころか場合によっては第二の応仁の乱と化してたかもしれないしな



  • No.8841 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年01月18日 18:46 [ edit ]

    確かに、家康があんな長生きするなんて当時はだれも思わなかっただろうしな。



  • No.8842 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年01月18日 18:56 [ edit ]

    No.8841
    それプラス
    家康を止められる人が次々と亡くなった、というのもね



  • No.8844 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年01月18日 19:54 [ edit ]

    これって、徳川方として伏見に入城するって手は無かったのかしら?
    一万いれば、主力が引き返してくるまで何とか・・・

    ちょっと賭けるには危険すぎるか。



  • No.8845 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年01月18日 20:11 [ edit ]

    伏見城側からすれば騙し討ちの危険もあるので絶対に城内に入れないだろう。
    それに、やる夫たちは別に籠城戦を想定して準備をしてきたわけではないので
    主力が引き返してくるまで、その一万を養うには兵糧が厳しい。



  • No.8846 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年01月18日 21:14 [ edit ]

    詩人としての器量しか持たないことを認識したまではよかったのだが
    なぜ一言もなく逃げちゃったのか…
    長命も武器になり得るってのがよーく分かるわ
    北政所樣みたいになったら逆に足枷にしかならないが、家康くらい聡明さを保っていたら
    これ以上ない武器だな…



  • No.8847 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年01月18日 21:20 [ edit ]

    やっぱり秀吉誠とねね言葉のキャスティングは最高だね。
    ガラシアレナがブチキレなかったのに比べて、
    北政所の自我喪失の悲しさは他のやる夫スレには無かったと思う。
    ねねは太閤秀吉がいなくなれば、その支持基盤は何もない。実子がないからね。
    その絶望が今はっきりと分かったよ。女として、余生を保証してくれるもの
    何もないという絶望。

    この作者の作品はどうしてこんなに悲しいんだろう。読みながら泣いたよ



  • No.8848 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年01月18日 21:50 [ edit ]

    勝俊様、なんたるチキン



  • No.8849 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年01月18日 23:25 [ edit ]

    しかし、やる夫は悪くないと主張するために、
    終にボケた事にされてしまった北政所がいささか不憫ではある。

    やりたい放題だが、それを含めて楽しむのがやる夫スレなんだな。



  • No.8850 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年01月18日 23:28 [ edit ]

    チキンというけど文化人と自負してたのにいきなり戦場のど真ん中に叩き込まれたみたいなもので
    きっちり逃げただけまともだと思う
    わけもわからず他人のいいなりになってもおかしくないよ



  • No.8851 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年01月18日 23:36 [ edit ]

    スラダンどころかもはや鷲津麻雀と化してるなw



  • No.8852 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年01月18日 23:57 [ edit ]

    まあそれでもやる夫は一万の兵力がある分恵まれてるやね、同じ九州のドズルさんなんて自業自得とはいえ僅か数百の兵でどーにかしないといけないのに



  • No.8853 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年01月19日 00:12 [ edit ]

    元忠さんの顔に自分の指揮権もままならぬ何かを感じたのか
    単に自身の恐慌がさせた瞬発力か
    味方との対話も無しとはw



  • No.8854 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年01月19日 00:44 [ edit ]

    歌人としての振る舞い方を極めるために、武人としての振る舞い方を全く顧みず、どうすればよいか全くわからないくらい知識が偏ってたんじゃないかな?
    いや、まぁ、家人がフォローしろよって話だが。



  • No.8856 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年01月19日 05:35 [ edit ]

    他人の言いなりになってる方がましだよ。とりあえず方向性は決められるから。
    現場の最高権利者が逃げて次の権利者が決めかねてる時にやる夫が来てどうしょうも無くなった。
    やる夫はとにかく不運としか言えない。



  • No.8859 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年01月19日 10:38 [ edit ]

    >次は茂吉と勘解由入道か、九州が熱い。

    検索して、勘解由入道=黒田如水って初めて知ったよ。(官兵衛、クロカン、シメオンという
    あだ名は知ってたけど官位の従五位下・勘解由次官からのあだ名は初めて聞いた)
    別にネタばれじゃないから、遠まわしに書かなくともいいのに・・・。
    一方、首切り茂吉は都市伝説では?、仏の茂助なら比較的知られていますが・・・。



  • No.8871 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年01月19日 14:58 [ edit ]

    次で堀尾と水野の父ちゃんが来るか?
    あの不可解な事件はこの作品だとどう料理されるのか楽しみすぎる



  • No.8893 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年01月19日 22:15 [ edit ]

    ※8852 
    ドズルさんも数百の手勢で徳川方に参戦しようとしたけれど疑われて伏見城に入れてもらえなかったんだから
    一万の軍を率いるやる夫が伏見城に入場して徳川方に参戦するのも不可能だっただろうし、毛利本家や義兄に
    背いて徳側方につこうとするのなら、あのタイミングは無理からぬことだったと思う。せめて短命でなければ
    それなりの汚名返上の機会も有ったかもしれないのに、つくづく不運だと思うorz



  • No.8897 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年01月19日 23:55 [ edit ]

    >>本スレ258

    元忠、アジフライ握り締めながら武功を語るなよwww



  • No.8899 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年01月20日 03:29 [ edit ]

    曖昧状態か。

    そこには元気に鯉を生きたまま召し上がる寧々様の姿が!!

    孝蔵主「ごゆるりと…」



  • No.8902 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年01月20日 04:56 [ edit ]

    ローティーンの思春期だった頃から恋愛結婚で一緒になって
    夫の実力とそれを影で支えることによって地位を得た寧々さまにとっては
    もしかしたら秀吉は人生そのものだったかも知れない



  • No.8911 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年01月20日 12:08 [ edit ]

    >8899
    そういえば、豊臣家を守る気満々だった池田、加藤、浅野のお三方が、家康との対決前不審な死を遂げてたな。



  • No.8916 名前:早起きは三文の得 投稿日:2011年01月20日 13:13 [ edit ]

    加藤と浅野は朝鮮でもらった梅毒で死んだんじゃなかったっけ?



  • No.8926 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年01月20日 21:52 [ edit ]

    慶長16年4月7日 浅野長政、死去
    慶長16年6月4日 真田昌幸、死去
    慶長16年6月24日 加藤清正、死去
    だもんなあ
    隆慶先生が「柳生じゃ!裏柳生の仕業じゃ!」と言いたくなる気持ちもなんかわかるw



  • No.8935 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年01月21日 19:43 [ edit ]

    この場合、浅野は幸長じゃ?



  • No.8936 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年01月21日 20:01 [ edit ]

    >8926
    後者二人は裏柳生程度でどうこう出来るとも思えない……どうしてだろな?



  • No.9002 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年01月24日 10:41 [ edit ]

    戦後、洞ヶ峠とコウモリがどんな評価になったかを考えれば、第三の手は一番やってはいけないことだろ。



  • No.11270 名前:  投稿日:2011年05月03日 09:57 [ edit ]

    俺は長い方が嬉しいけどなw この時元忠が島津義弘を追い返してたとかいう話もあった気がするが、どうなんだ?



  • No.15885 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年12月06日 03:52 [ edit ]

    贅沢をいうと、この回の松野重元の紹介にはちょっと不満がある。

    「この時点では家康は豊臣政権の簒奪者ではない」というのが作者の主張の一つだと思うが、
    それならば豊臣への忠誠心が篤いこと自体は反徳川につながらなくなる。
    でも今回の書き方だと、松野重元が「親豊臣だから反徳川」みたいに見えてしまう。



  • No.26907 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2015年01月15日 15:09 [ edit ]

    >>松野重元が「親豊臣だから反徳川」みたいに見えてしまう。

    最初に正義の人って書かれてたし平岡頼勝も重元の言ってることには理があるって言ってるんだから
    親豊臣とかじゃなくて理や義で考える人って書かれてるように見えるけどなぁ



■コメント投稿
     行間隔の関係でアスキーアートを貼りつけてもズレが酷いことになりますので、
     アスキーアート付きのコメントは削除する方針です。
     荒らしの書き込みに対してレス・言及しているコメントも削除対象ですのでご注意ください。
プロフィール

管理人 : 「ピチカー党員No.11」こと金ニダリスト

       ___
      |それ金|
    z'| ── 、
    / ハ ヘ u ヽ
  人/ノヽ ミ=‐...|_     生活の中心が株になっとる
    }≦ u 爻r.j. |彡}
  (  u  リ У{三≧
   ` ー─t r三勿 {气}
      厂 ̄(三)  `气


◆カウンター(ユニーク)    ◆カウンター(トータル)
       


全記事一覧

RSS

管理モード
ツイート
最新コメント
最新記事
まとめ記事
【歴史系】
【物語系】
【ゲーム系】
【学ぶ系】
連絡先はこちら

苦情・相談などありましたら、
下記のメールフォームにてご連絡ください。
(ファイル添付可能)

連絡用メールフォーム

貰い物紹介

TOP画像募集中

  

ダンジョンマスター作者様からいただいた逸品。
カナ、マジプリティ!



  

  

帽子屋HeII0様からの贈り物、しかも二枚!
各作品に対する愛情が伝わってきます。
帽子屋HeII0様のブログ - 「-simulacra-」

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
© それにつけても金のほしさよ All rights reserved.
まとめ