■【2010年】できる夫達が宇宙の旅に出るようです 第6部 世界を貪るもの 第13話 機械の中の幽霊
258 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/12/04(土) 22:01:26 ID:Gp4VBBQ2




                 【2010年】できる夫達が宇宙の旅に出るようです


                         2010 : Odyssey Two


                          。  ☆    .       。  ・
                                  .    .  /)      .
                ☆                      ,〇 ノ    ・  .
               。    .                  (_/         ゚
                           , - -   ゚   ・      ・  〇
              ゚            /  (● ●         ゚      . .
               。          ゝ  (__人)^) o    。
             .                ⊂     //   .      .     ゚
                  。  ・    (    〈               .
                           `~ ヽ_)       "   ""
               o  ゚       。  ☆              r─── - .
              ・      ・       ・   。       イ´ く`´    |
                   。    。             /、ノ    `l     .
                ゚    ・                / n     `ヽ ζ





259 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/12/04(土) 22:01:49 ID:Gp4VBBQ2








                 第6部    世  界  を  貪  る  も  の
                         DEVOURER   OF   WORLDS


                 第13話   機  械  の  中  の  幽  霊
                         THE GHOST IN THE MACHINE








260 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/12/04(土) 22:02:10 ID:Gp4VBBQ2

         /    / // /       ヽ\
.         /    // // l/         ヽ丶
        / l / r―/ l  | ハ l ヽ   ト、}
        l  l'   レ7l l  ハ !_ ヽ.ト、 |ハ、 l ノ
        l  l  / ハl l  { l/ `ヽ! ヽf,r、l  !
       /  l / 〃,くl !   レf示r'    lリ/ ! |     ごめんなさい、できる夫
.       / // ∨lハ (_! l  ハト辷リ   、´l   l
      / // l   l \l |ノ〃ノ r'フ   _ ノ/ /      私、幽霊は信じないの
      |/ l  l   ヽ l | ||Y 〈__´/ ′/
.     | /{  ト、   ヽヽヽ、     `ヽ, ノ
.      l/ ', ト,l\  ト.}⌒ ̄`ヽ、_,   r′
.     /  ヽヽ.\\ノノ      \   '、
    /    ` \          l\  ヽ
.   /     `,               ヽ \ ヽ
   /      l                 `, 丶
.  /        ヽ ヽ                  }  ',




        ___
       /      \
     /   ⌒  ⌒ \
    /   ( ー)  (ー) ヽ
    |  u   ___`___     |     それは同感ですよ、ターニャ
    ヽ、    `ー '´   /
 ⊂⌒ヽ 〉         く /⌒つ
   \ ヽ  /      \ ヽ /





261 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/12/04(土) 22:02:44 ID:Gp4VBBQ2

      ____
..     /      \
   /  ─    ─\    しかし、ホールデインの名言があります
  /    (●)  (●) \
  |        '      |  「宇宙は我々が想像する以上に不思議なばかりではない。
  \      ⌒   /   我々が想像しうる以上に不思議だ」
.  /⌒ヽ         ィヽ
 /      ,⊆ニ_ヽ、  |    ……と。
./    / r─--⊃、  |
| ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |






.      /::::r‐…ーt/::::::::/..ィ:::::::::::::::::::ヽ::::ー..、. 、、::ヽ
      /:::::::L-'ニ''7::::::::: /::::::|::::l::::::l:::::::::::::';:::::::ヽ:J:';::::ヘ
.     /:::::::::::r'´ /::::::::://::;r ヘ:::|::::::|::::::::::::::';:::::::::';:ヽ';:::::ヘ
     ;':;'::::/rク-/:::::::::/ィ_:/  l:::ト:::::ト::::::::::::::l:::l::::::}:::';::!::::::',
    l::l:/.:'::/ ./:::::::::::;' |:/`ヽ、';:l.ヽ::',ヽ::::::::::|l_Lィ,!:::|::|::::::ハ
.     l::l〈 /::/ /|::::::::::::| ,.|!テュヽ、ヾ.、ヾ:. \;:ィル|:::/::::l:::|:::i:::::|     その言葉はあらゆる神秘主義的なデタラメを
.   |::|::`::/  ,{」:::::::::::トヽ' { f'^! ハ `  ` ,ィ5ニトl:;タ:;.ィ::::!:::|::::|    擁護してしまうことにもなるわね
   |::|::::::|ヽ /:::|:::::::::::|   ヒニソ      bり/rケく.ソ::/::|:|l:::|
   |::l::::::|::::`:::::|:::::::::::|         、 ¨´〃ヘ_/:;イ:::l::| l:|     ハルが作ってみせた…人格は
   |.ハ:::::|::::::::::::';:::::::::::ト       __ '   〃 ,'-1 |:::;'::l. リ    人の手が加わったものでしょう?
   |l |::::::';::::::::::::';:::::::::::', ヽ、    ニ´ _,r'`7^!、,'   ,!:/:::;! ,l
.   ||::|::::ヽ::::::::::ヽ::::::ト:',   ` ,、... - 'ス / ,! Y  ノ/l::/ .,'     あなたはそう思わないかしら、チャンドラ
     |::ト.:::::〉.::::::::::ヽ:::| ヾ、 ′ ヽ / .}/ / .l rレ'/:/ ./
     l:|,ゝ' ヽ:ト:::::::|ヾ、 ヽ、   r' /  /  ハノ ヾノ. /
    ,∠ - .._ 1 ':;::l ヽ    -'7  ´   / /ノ// ゙l
.   /-‐…‐、 `ヽ、 V'  ヽ/ ,l       /-‐'/   ヽ
   / _.. -- 、 \ \    ヽ 'l´|       /一´    \





262 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/12/04(土) 22:02:58 ID:Gp4VBBQ2

     , ──── 、
   /   / ⌒ヽ⌒ヽ\
  /   , -|   ・|・  |ヽヽ
 /   /   ` ー ●ー′ ヽl
 l  /   二    | 二  |     外部からの入力があったことは
 |   l    ─   | ─  -、     間違いないでしょう、キャプテン
 l   |         |    __ ノ
 ヽ ヽ /´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /     首尾一貫した幻影を、
   〉━━━━━O━━〈      ハルが無から作り出したとはとうてい思えません
  /    / ___ ヽ  ヽ
 /    |  ヽ    ノ | l◯
 ◯/   `ー‐く⌒ヽ─  ヽ
   l      |  |     l
   ` ー──く __ノ── ´




          ,  ────  、
       /    / ⌒ヽ ⌒ヽ   \
      /    , -|   ・|・  |- 、  ヽ
      /  /   `ー ●ー ´  \ ヽ       できる夫博士の報告に間違いがないなら
     l  /   ─    |   ─   ヽ  l     背後に誰かがいた
 .     |  l   ─   |   ─    l  |
   , ─ 、l     ─    |   ─    |  !    ――それも、もちろんリアルタイムで
   l    l     , ─┴─ 、      l /
   ヽ、__ ノヽ  /        \   l/
    ヽ   ヽ━━━,-、━━━━く
     \    /   ヽフ   \   ヽ





263 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/12/04(土) 22:03:15 ID:Gp4VBBQ2

 、        ヽ
 |ヽ ト、  ト、 ト、 、.`、
/|l. l. | |l l | | l |l.| |l. l
/' j/ ノ|ル'/レ〃j/l |
-‐7" ヾー---┐|_.j    それじゃあ、僕が第一容疑者になる!
 ̄   ./゙ニ,ニF、'' l _ヽ
::   ,.,. |ヽ 」9L.` K }.|   その時、他に起きていたのは僕だけだ
    l'  """  l ) /
  h、,.ヘ.      レ'/
          レ′
 r.二二.)     /
  ≡≡    ,イ
.       / !
\   /  ├、
::::::` ̄´   /  !ハ.




          , -──- 、
       ゝ/ ______\
       /   | / - 、 - ヽ!
.        |   |  /     |   |    馬鹿なことを言うなよ、マックス
       ヽ   |─|    ‘|‘   |
        /⌒` ` ー   ヘ ー l    音声は簡単でも、その――
   ( \  ヽ_   /⌒ー──つ
    (ヽ ヽ/ ) \ ヽ __//    妖怪は秘密道具でもなしには作れるものじゃないさ
   ( )'   ノ   /` ──く
    ` ー、  ` ┬´ \/ \/ヽ
      \._|_ノ      |_|
           |         | |





264 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/12/04(土) 22:03:39 ID:Gp4VBBQ2

           / / ,/
          ,イ/〃 ,'        、_,ト /
         /_ゝ7! i         i   ヽ  ヽ 、
        / // テ7!===─r‐!|ヾ'´ ヽ  ,  ヽ
        / 〃 | | |!i      |ト i. │ l   i
       i /!   il !.||ト     ! 」」.」.  !  |   |
       |/ |   !l |:||| i     「 |`寸ヽ.l  |   |    待って!
       !' !  | l !:|ト!ヘ     !|ィ'てiト :Y に ヽ|!
         l  ! !|:ヘヘ ヽ.   1||.├' i}!| │i リ.!!     もし、それが本当に起こったなら
.           '. |  ゞ、ト、ヾ.、  l リ ゞ-'  !  !'´ノノ!
.        ―  ヾ|!  |!  ` `ヽ′      |  !イ/     きっとハルが覚えてるでしょうし…
       -‐   i!  !ト     r‐-、  u ノ.! | |!
        /   l  l|.|  丶、` ´ , '´ :| | |ヽ
           !. |!li    丶-ク   /! !i| i
            l. |ト!     r' i_ / │ |リ /
            !.∥l    ノ タんヘ   ! !'
            l│ l ,.ィ´///| トヾ、  |,/




       . ─―─‐ 、              ______
     , "          \          /    / ⌒ヽ ⌒ヽヽ
    /           \        /     , ┤ /・|・\ |、 \
.    /        _/::::::\_ヽ      /   /   ` ー ● ー ′\ヽ
   |            :::::::::::::: :..     l    /  ──  |  ──  ヽ
   |  u    ( ー):::::::::( ー)     |  /    ──  |  ──  |
.    \             ´   /     l  |    ──  |  ー─  l
     ,\        ` ー‐‐/      l   |        |        /
   /  ` ー─         \       ヽ ヽ   / ̄ ̄ ̄\   /
                          >━━━━━O━━━く





265 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/12/04(土) 22:03:56 ID:Gp4VBBQ2

         _
        〃 ヽ
        !l _,. !‐ ' ´ ̄ `¬ト、__
       メ'´て___,. -‐ツ‐丶ヽ、 ヽ
      /  ` ー───‐ ' ´    ヽ冫 ヽ
.     ,ィ,  / /          l   ',ヽ `,
    // // i     ト、   i.  !.   ト '   i,
   ,' i  ,! ! ハ    ll!ヽ  l  l   li  i  `,
.   ',イ イ l i _!ト   i十¬、 .i   |   i| ∥ i!
   i ! .i{,l i「 ヾ.   i l!r:ュ、ヽ|   !'ミ、. !  !l  l
   ' l !l !i |!,なム',   !イヒ'!ハヽ.!  iり !}イ l | ,'!
    !|. i!.! i.!ヘ トiヽ |l! マじi ' !l  !'_/ レ' ー'      ハルにきけ…ば……
     ! i ! l !. `′ ヽ!  `´  |i  レ'
      l ! i ト、  マ''つ  ,ィi|! | ̄ヽ、_
       l i l:! ` ァ'ヽ, ,..ィj/ !i iソ  ソ `ゝ
       i !. i:!   i ´ わ i  | l !,. '´_,. -‐-
        ',、 i,! ,. ヘ    )_!__i!ィ! ,!.、‐'´
        ` 、!,'  ヽ.   i ヽヘ.l,'  ヽ
          /、 / `丶、丿  i !   ,ソ
         ,i 厂`‐-、_冫    !    /
         〃      i ヽ_,.-'´ヽ  i





266 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/12/04(土) 22:04:12 ID:Gp4VBBQ2

       ____
      /     \
.    /   ノ '  ヽ\     それはもう試してみたんですよ、ジェーニャ
.  / /)(ー) (ー)u\
  | / .イ    '       |   ハルはこの現象のことをまったく覚えていません
.   /,'才.ミ).  ⊂つ  /
.   | ≧シ'        \
 /\ ヽ          ヽ




           _____
         /       \
        /_ノ   \   ヽ      しかし、それで何かが証明されるということもありません…
        i(ー)  (ー )    |
        ゝ  __`____      j     チャンドラがやってみせたように、
         ` _`ー'´    /
         /    _    `i    ハルの記憶は選択的に消去できますから
        /  ̄`Y´   ヾ;/  |
       ,|    |    |´  ハ
       |    |    |-‐'i′l
       |__ |   _|   7'′
       (   (  ̄ノ `ー-'′





267 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/12/04(土) 22:04:28 ID:Gp4VBBQ2

             ___
            /      \
          /_,ノ   \  \     これが選択肢の多くない問題だと言うことは認めます
         / (ー)  (ー)   \
         |      '         |   私の妄想か、現実か、そのどちらかです
   ,'⌒ _ \   ⊂ニニ⊃   /
   ヽ_ノ   /          \




        ___
       /      \
     /   ⌒  ⌒ \         私の幻覚だということを
    /   ( ー)  (ー) ヽ     仮説ナンバーワンに置かれても恨みはしませんよ
    |  u   ___`___     |
    ヽ、    `ー '´   /     反対の立場なら私だって同じ事をするでしょうし
 ⊂⌒ヽ 〉         く /⌒つ
   \ ヽ  /      \ ヽ /





268 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/12/04(土) 22:04:46 ID:Gp4VBBQ2

           ____
         /     \     夢でないことを証明する唯一の手段は
        /  \   /\    何か付随する証拠を見つけることです
      /   (●)  (●) \
      |         ´     |  というわけで、ここしばらくの妙な出来事を
      \       ⌒    /  列挙させてもらいますよ
    / ̄ ̄ヽ           \
   (「    `rノ          \
    ヽ   ノ              \
     |   |             「\   \





269 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/12/04(土) 22:05:16 ID:Gp4VBBQ2

               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }   やる夫がザガートカに飛び込んだことはみんな知っていますね
     /⌒  ⌒\   |   |
   /( ●)  (●)\  !   !   ところがそこから何かが飛び出し、地球に向かいました
  / :::::   __´___  :::::\|   l
  |      `ー'´       |  /   ワシーリはそいつを見ました
  \             //     …私は見られませんでしたが
  / __        /
  (___)      /




      ____
     /     \
   /  -     - \           .東側
  /   (●)  (●)  \   つぎには、そちらの軌道上爆弾が不可解な爆発を――
 |      __´___     |
 \      `ー'´     /
 /     ∩ノ ⊃   /
 (  \ / _ノ |  |
. \ “  /__|  |
   \ /___ /





270 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/12/04(土) 22:05:38 ID:Gp4VBBQ2

        / : : ; : : /_..-───- ._: :\
.      / : ; : :/: : /´ ______\: ヽ
     /: : _/: :/: : 厶 '´: : : : : : : : : : : : : :`ヽ: ヘ
     /:/ ,.'7: : :/: : : :|: : : : : : : : : : : : : : : : ヘ: ',
    /' , '/ i: : : :|: : : ∧ : : : : : : : : |: : : |: : : : i: |      西側
.     ハ厶i. |: : : :|: :.|:.l ',: : | : : : : : |: : : レ': : :|: |    あなたの方のね
    |:.7 /トr|: : : :∟」_|  \|\ : : : | x'´ハ: : : ;' ハ
    |:.' /: | r{ : : : |: ∧「`ヽ、.___,.\: イ__V_,|: :rf:/| |
    |:| |: :.| | |: : : :N 'Tに叮    ヾ hィ}r〈 { 'j.ト'|
    |:ヽ: :.| |、|: : : :|   ゞ-‐’       ̄´l | | l': :!
    l: : : └ : ヘ: : :|、         '   ノ } リ : |
    ∨: : : : : :|ヘ: :.l \     r─ャ _.  '´   l: ,l: |
   ,.、ヘ\ : : | ト: l  `   ._  ,r´       イ、 j/
  ,〈 ', ', ヽ: } | ヽ     / 「|    ィ ´|||',
  / ',. ', ',  V  |          ム -‐ ´ } ||| |




        ___
       /      \
     /   ⌒  ⌒ \               第三国
    /   ( ー)  (ー) ヽ   すみません――バチカンのです
    |  u   ___`___     |
    ヽ、    `ー '´   /
 ⊂⌒ヽ 〉         く /⌒つ
   \ ヽ  /      \ ヽ /





271 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/12/04(土) 22:05:57 ID:Gp4VBBQ2

           _____
         /       \
        /_ノ   \   ヽ    それから、まもなく年取ったボーマン夫人が
        i(ー)  (ー )    |    医学的には何ともないのに息を引き取りました
        ゝ  __`____      j
         ` _`ー'´    /     これらが互いに結びつくとはいいません
         /    _    `i
        /  ̄`Y´   ヾ;/  |    しかし――こんな警句があるでしょう
       ,|    |    |´  ハ   一度は事故、二度は偶然、三度は陰謀だという
       |    |    |-‐'i′l
       |__ |   _|   7'′
       (   (  ̄ノ `ー-'′




            __ __ _
.        _ , '"´  ,. _ ___`丶、
      / ` /  /´-‐ァー-ヽ \
.      / /下7 ..///.:.::/ .:.:ト、 ヽ
     / └イ_j/ .://;へ、/!.:.::/:.}ヽ ',
    ,'  ///!l .::j.:lイ仔くヽ/,.イ,.ム:.', l   そういう些細な話には興味ありません
    ,   '〈/f`| l ::l`' ゞゾ '´ rャjノ::.l:. |   欲しいのはがっちりした証拠なの
    |  l:l :!:{、| l ::|        マソハ: |:: |
    |  l:l::i个| l ::l!     _ ′ } .:}:.l:: l   ハルが知りようもないことで、
    |  lハ:l::{::', ::::{、         /.:/::.l:: l   こちらからはハルに話していない何かだとか
    l !:|:::',::',::ヽ:::ヽ\._    /.:/::::/l::;!   物質的な顕現だとか
.     ',::{:{、:::ヽ\:\;ゝ `「:フ´!::::/;:::/ 〃
.     ヾハj>''´ ヽ ト、_..上くイ::::{ {::{/
    /⌒ヽ、\ ` \-ー ̄\ヾ
   /     ヽ \\    \´ ̄`ヽ、
.   l     ',  \\   \  __| \
.   |      ',   \`ヽ、  ∨n| } ト、





272 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/12/04(土) 22:06:13 ID:Gp4VBBQ2

                   _,..:-:‐:────::‐-:、_
              _,,.イ´: : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
            / ̄/: : : :.:/ニ二二二二二二|: : : : : :ヽ,-‐┐
            ヽ,/: : : : : : i: : :.|V: ::|: : :|: : ;-‐|: : : :|:/  __,|
             /: : :i: : : ::||:\| V::|\:|/: : :| : : : |   <::}    それが見つかるまでは、
_________j: i: ::|: : :;/リ ヽ:{ヽ ∨ '´` \;/|: : : ::|\   `>   私は管制センターに何も言わないわ
============ュ | |:/|: ::|:::/::} ,=====゛ ,  '=====|: : : ::|:.: :ヽ.,イ
         || | | |: :|:.:;{:::j       '        |: : : :|^ヽ:: : :|
         || | | ∨|/:`ノ                |: ::i::|_,,ノ:i::.:i:|    できる夫、あなたも同じようにしてくれるといいけど
         || | |.   |::::ヽ、    ゝ-'ー(    ,|: ::|::|:: : :|:/`{
         || | |    |:;γ'"´ゝ-'"ヽ--─‐‐'" |: ::j;/:;∧{'
         || | |  _,/´ {       }ュ/ //j;/´~`ー--、
         || | |r'´ ,r',^`ヘ.__,,ノ  //      ,_   }
         || | | __,/ヽ--'"} |"/   // ,-r,-─'i"~|`  |
         || | |  ヾニ二,,/ |/=='"/   /´   ,i  |  {
         || | |     ,イ > r-‐‐'´    〈       |__,,〉
         ||:__|__|`─‐'´ {/rュ\ー-、_____,,}     |===}





        ___
      /      \
     / ::\::::::/::: u\
   /  (⌒):::::::(⌒)  ヽ    (これが『至上命令』であることは聞けばわかりますね…)
   |       、__',_,   u.   |
   \    `‐'´     /
    /⌒ヽ   ー‐   ィヽ





273 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/12/04(土) 22:06:29 ID:Gp4VBBQ2

       / ̄ ̄ ̄\
      / ノ    ヽ \     それは構いません
    /   (●)  (●)  \
    |      __´ _     |   しかし、ひとつ提案を出したいんですが
    \        ̄    /
 ⊂⌒ヽ 〉          く /⌒つ
   \ ヽ  /       \ ヽ /






         /    / // /       ヽ\
.         /    // // l/         ヽ丶
        / l / r―/ l  | ハ l ヽ   ト、}
        l  l'   レ7l l  ハ !_ ヽ.ト、 |ハ、 l ノ
        l  l  / ハl l  { l/ `ヽ! ヽf,r、l  !
       /  l / 〃,くl !   レf示r'    lリ/ ! |   何かしら?
.       / // ∨lハ (_! l  ハト辷リ   、´l   l
      / // l   l \l |ノ〃ノ r'フ   _ ノ/ /
      |/ l  l   ヽ l | ||Y 〈__´/ ′/
.     | /{  ト、   ヽヽヽ、     `ヽ, ノ
.      l/ ', ト,l\  ト.}⌒ ̄`ヽ、_,   r′
.     /  ヽヽ.\\ノノ      \   '、
    /    ` \          l\  ヽ
.   /     `,               ヽ \ ヽ
   /      l                 `, 丶
.  /        ヽ ヽ                  }  ',





274 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/12/04(土) 22:06:47 ID:Gp4VBBQ2

           ____
         /     \
        /  \   /\
      /   (●)  (●) \   緊急用の計画を立て始めた方がいいと思います
      |         ´     |
      \       ⌒    /   やる夫の警告に根拠があると仮定するんです
    / ̄ ̄ヽ           \   私は疑っていません
   (「    `rノ          \
    ヽ   ノ              \
     |   |             「\   \




      /: :.::.:: : .:/イ´: :/´.. -― ̄`:.=ミ:_..
     /:.: .::.::.::..:/: :.: : / ノ: : : : : : : : : `: .、‐ `ヽ、
     i: .::.::.::.::.:/ .: .::.: :/ .イ:: :. : : : : : : :>.、  \-‐ヘ.
     |.::.::.::.::.:/:: :l.::.: : |/::.::.::..:..: : ヽ:イ_ . :\´: ヽ:.ヽ:ヽ
     !::!::.!::.::ハ::.|::.|: :.|::.::|::.:斗-‐´: : ::.::.::.. : : :ヽ::斗: :.l: !      できることがあるかどうか。
    j::.|::.}::.::|::.:斗v:: :.!::.イ::.::.ト、::.:ト、: :ヽ:_::.::.:../ト :l:: : ト:|      何もないでしょ?
   ノ‐ |:/::.:/ イ|:. |::.::ハ::.::.l \:、\: \7'ァミl::.|:: :l }}
      l::l::.:ヽム/ |::.::.::.::.::.ト:斗---`孑` ーイォ::小::./l/′     もちろん、いつでも木星型を離脱できるわ
      |::{::.::.::V77!::.::.::l:: ´l `,≧zzミ     |ュリ }:./::.|
      l:ハ:.}:.l/:.| |::.::.::.:ト、:.V/ト-':...}     ´ イ::.: :|       でも発進時限に入らないと、
      | `j小:.| ト::.::.:..:ヽ-ミ` Vユツ     ヽ  ハ::j:リ      地球帰還軌道には乗れないわよ
      ヽ / |! リ_トヘ:l::.:...:.ヽ「 {       _,  .イ::.イ/
         _ノ.. ..:..|:ト、::.::.:、\` ー-、   ´ '/:.|:/フ:>、
      r‐<::`丶:..:ハト、_\::.:ヽ ̄`  }┬‐.:: : :〃::/: : /、
     /´ ̄` ミヽ:\ヽ:..:.「 >:}-- 、 ノ|:... : : l:::./: :./  ヽ
     !      \\:ヽ..:.Vーノ-- 、\7:..: : : :|::/: :/     !
.     |          ヽ:ヽ:〉ム二ニ、‐- 7|:..:. : :/::l: ://    |
     V     ー 、 V  /    ` ‐{ノ:..:..:./::/ //      |
     |      --- {         ヽ..:./::/ ///     |





275 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/12/04(土) 22:07:12 ID:Gp4VBBQ2

          ___
        ,/      \
     ,,---、   ノ  ヽ、\ ― 、
     l   l ( ○)}liil{(○)\  |
     |   |   _´_    |  |   それは最終期限の11日後です!
     |   | ヽ |!!il|!|!l| //  /
     ゝ      |ェェェェ|     /
彡    \          /
   彡  /          |
      ./              |




          // /  / : / /. : : : : l : `ヽ  ヽ: : l: : : : : : : : : : :l
         / :/ / / /l / l : : : : : l : : : lヽ  !: :! : : : : : :l : : : :l
        / . :i: l / / !/!: : l . .     ! : : : l: :∨ : ト、: : : : :l : : l: l
        / . : l: :l !/`ヽ! l: : :l : : : : . . .l   l  l   ト、 ヽ、|: : : !: !
.         ′: : l: :l !fモヽ ヽ: :lヽ : : : : : l: : . .!  !  l | ト、   ヽ、 l: !  私だって早く発進できれば嬉しいわよ
.         l /. : : l//l k_ノ|  ヽ! \__: l_/. :/ : : l  lヽ\/´: /. :!
       l ! : : : :/ :l ゞ ソ     ´ ≧ !::/l`/. : : :l  _!: ヽ、`>. :!  でも高エネルギー軌道を取る余裕はないし…
       l l : : :/. :/!          〃/ ノ`ヾ l/. : : : l/´l : : : :∨ : : :
.         ! !: : :l :/ ∧  ′      トくノ /ノ/. : : : /|  l : : // : : :/
.         l l: : :l∧/ ∧ 、      ー ' /. : : : /´_ヽ」: /:/. : : /
       ! 、 : l /イ!::∧ ヽ       /. : : : /くノ ノ :/:/ : : /
       ∨ヽ! / j//.:ヽ、      __/. : : : /ー‐ ´: / / : : /
.       / ヽ /  /.::/ / ̄「 ̄  /. : : /. : / : / :/ : 〃
     /   /   /.::/ !  ノ  /. : : :イ. : :/ : //://
.   /   /     /.:::/ ノ  /_.. < l :/|//イ: //
.  / (ヽ/l     /.:::/     ̄  ‐-  j/   !   |/
/(ヽ、ヽ!::!     /.::::: ̄:::... ―-           |





276 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/12/04(土) 22:07:35 ID:Gp4VBBQ2

       ,  ----‐ 二二ニ 丶 、
     /     / _, ----ミァ、 \
    /   /  /‐'´        ヾコ
   / rー- /   l j  、ヽ  ヽ    ヽヽ\
  ,' ヾ /7 ,' l .ハ`トム、\  X.   |く  l     ちょうどこの話題が出てきたから
  ,'   /L|  | lレ    ヽ ` ' .ムヽ  } |ヽ!    もう少し後で発表するつもりだった話をここでするわ
 .! ,  //| l  | | ---   ---}l !丿 }ヽ\
 |│ // | l  | |     |   | | |/| | V
 |│ V | |  | |         } .| | V!      発進を5日遅らせたいと思います
 | .l    Ll   ! |    ---  / .|│|ヽ !     理想的なホーマン軌道に近づけて、
 | !   i !   ! ト 、      /| | ! ハl ヾ     燃料の余裕を取るために
 | ハ  ! | .!  i .|ゝ   ̄/¨ , ┴ 、リ_
 レ'  |  l ! ハ ノリ >≠==- 、       r‐、
    |  /レ レ /     /\     | )
    レ' |  〃/|         \   / |_____
     │ || | |           , ' ´ _ノ
     /  .|| ! ヽ          /     --イ
     |  〃 |  ヽ              ‐‐イ





277 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/12/04(土) 22:07:53 ID:Gp4VBBQ2

旅行日数は、冬眠に入るアメリカ人3人組には本来なんということもない
ところがそれは今や問題外なのだ


.                     ____
.                   /      \
                  / ノ    ヽ  \
                 /  (○)  (○)   ヽ
                 |      ´        |
.               . \      ⌒      /
                  >         く
                  ( |        / )
.                  `|       /'
.                   |   r  /
                    ヽ  ヽ/
                     >__ノ;:::......





278 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/12/04(土) 22:08:07 ID:Gp4VBBQ2

できる夫が確信を持って言えるのは――

もし、最終期限に遅れるようなら
飛び立つチャンスはなくなるということだった


                   , -─‐──‐-、
                  /        ゚    \
                / ;  ゜      °  \
                l  U      ; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; l⌒ '"⌒ ヽ、
                |;;;;;;;;;;;;;;;;;;    u.    ;   |ー       \
          .      ! u. _ノ′ヽ、__   ∪           ,;   \ ,rー、
                 ゝ。((-‐)  ;;;;;;;;;;;)::。 i'′⌒ ̄ ̄` ̄ ̄ ̄ヾ`ヽ ヽ
                (  ヽ'"  '   "'__ ,ノ ヽ、____"___,、___ソノ__ノ
            ´ ´ `゚~゜´^" ´~`゚゜`⌒ ´"´´゚^゚^ ~゜゚`´^゙^ ^´'゜´^゚´ '゚^´゙ ^ ゚゜





279 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/12/04(土) 22:08:31 ID:Gp4VBBQ2




                   _,..-‐''''""~´ ̄ ̄ ̄ ̄~"'''‐-,.、
               ,.-‐''" ──‐‐''",.、.:.:.:.:.:.:.:\、.:.:.:.:.:.:.:~"'‐-、
             ,.‐''"''''""~´::::::::::::::::::::::\\:::::::::::::::"'''''\"''--、.:.:.゙''‐.、
           ,.‐'":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙''‐、''l:::::__,....-‐'''"    ''.:.:.:::゙'ヽ、
         ,.‐'"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::~"‐--‐‐,        ''.:.:.:. \
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/"          .:.:.:. ゙‐、
      ,."::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/               .:゙‐、
     ,.".:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/~                  :`、
     ," .....:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/´                      ゙、
    ,"  ......:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ,                       ゙、
   /       ........:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|                        ゙;
   ,'            ヽ...:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::)  __                    ゙;
  ,'            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/~   (:::::::/                   :,
  ,i            ヽ,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(    ノ::::/                    ;
  i             `.、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::)   .|::::|                     i
  |               ゙;:::::::::::::::::::::::::::::i'""      ̄                     .i
  .l                \:::::::::::::::/                             .;





280 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/12/04(土) 22:09:00 ID:Gp4VBBQ2

心細いものではあるが、
地球からは補足的な証拠が届いていた

ベティ・フェルナンデスがやる夫からメッセージを受け取ったと
彼女の夫が報告をしていたのだ


 /:.:./:.:.:.:.:./:.::.:.:.:/:.:.:.//:.:.:.:./:.:.:.:.:/:.:./!:.:.:l:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.',
 :.:.:.:!:.:.:.:.:/:.:.:.:.:/:.:.:.://:::::/:.:, イ:.:.:/ /!:∧:.:.:.:.:.:',:.:.:.:.:.',
 :.:.:.:',:.:.:.:,':.:.:.:.:.:!:.:イ//==、ヾ /:.:// |/┼:、:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:l
 :.:.:.:.:.:_!:.:.:.:.:.:|:/フ´ヒタ::::} ノ' ´   ノ=ミ、レヽ:|:.|:.:.:.:.:.:|
 :.:.:.:./  |:.:.:.:.:.:|:トヽ〈:::::::::::l      ヒタ! }lノ:./!:.!:.:.:.:.:|:!
 ヽ:.,'/⌒|:.:!:.:.:.:!:',、 ゝー '      l::::ソ ノイ':.:.lイ:.:.:.:.:.l:|
 \.',  l:.:.:.:.:.:.|ト、           ` '  /}:.:.〃:.:.:.:.:.!:l
 _`ヽ_┤:.:.:.:.:|i ヽ         '     ,'´:./:イ:.:.:.:.:.| l|
 _ ̄§',:.:.:.:.:.|l       、 - ,    ノ:// |:.:.:.:.:.l |
    ̄§、!:.:.:.:.:|:!\       ̄   ,  '´`丶く ,':.:.:.:.:,' |
 ‐フ'´:.:.:T',:.:.:.:.:!|  `丶、    ,  '´    / l:.:.:.:.,'  j
 /:.:.:.:.:.:/ ',:.:.:.:.',ト、    ト - ' ー- .._  /   ,':.:.:.,'
 :.:.:.:.:.:〈',ー ',:.:.:.:',ト ``ーく二{      {   ,':.:.:.,'
 :.:.:.:.:.:.:ヾ  ',:.:.:.:', ``丶くM {   ー---| /:./





281 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/12/04(土) 22:09:15 ID:Gp4VBBQ2

ベティが報道を否定し、会見を拒み続ける一方で
夫のホセはベティがやる夫に会ったという説にいまだに固執しているのだ


                  ヘ
                  ⌒ヽ)
                . ――-''" ̄`゙''ー-、
               /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
              /ノノ//|::::::::.ト、::::::::、::::::::l
             /i/::::::!|::.|::|:/:::ヽ、::::ヽ:::::l::::::l
             |/〃;;{_{ノ v ` `ヽ: 、 ト、 :|::>
              |レ!小l ●    ●ヽ:;;j|Y ::::ア
        .         |⊃ 、_,、_, ⊂⊃j:::}:}/リヽ
                 ヘ  ゝ._)   /::レ':/レ
                 _ ., >,、 __, イァ イ/
                 ヽ._,.ィ7!_/ヽ//ヽ、
                 /i::::!ム!ヽ!/:::/:::::::ヽ





282 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/12/04(土) 22:09:34 ID:Gp4VBBQ2

ベティが強情で短気な女性らしい所からすると
哀れなホセがそんな奇妙な話をこね上げる必要がどこにあったのか理解しがたい


                               , へ
                             /    \_,. -、
                            /  ,  ⌒ー<   \
                          /  / / 'ハ   `ヽ  `ヽ
                        /  / , /{ i ! ヽ、   i  ! oハ
                       // , ,ィ//ムハ i !  i` ー+ ⊥°_j
                     / , '  //イ!fr==、从i ii ┼- 、 | i !.:.:.:.::「`¨   ・・・…‐- 、
                   /, ' /,  //〃ト`/し}ヽ ヽミ弍_、 ハl i i.:.:.:.:.|              ノ
                  / , ' /,   //〃」| _b_/      /[)、j i i.:.:.:.:.!
                / , '  /,   /厶jへリ:::`´      b、_ノハi i.: : .,
              / '´, '   /,  /ム斗t人   '  .:::::`ー'´cノ| l : :〈___
             〃   ,   /, ,', ,',ヘ ゚ | /\  `     ∠斗1  \/
            〃, ' ,' i  ,' , , i i i !〈 ,.ィ /\,へ.____  イfて人!、   \
            i! ! i i __!i_!」ム斗ヒl〔_∨:::::::::`vヘj___//`く\j\    \__
        ,. -‐==キキ干弋_j」i」「i | | ト、::::::::\::::::(:::/::::::::::::::`ーァ' /i\ ヽ、   \/
        ,  ‐==キキd二ニ弌儿十弋戈7、:::::::::`77カ::::::::::::: /  厶j-  、::::ヽ   ハ
       ´ _   ==ヽ_弌ニニニ斗匕ヘ /  ! ::::/ノム|::::::::::::::> '´ ,'   ト、iハ 、く ?U
       '´     '´  \\    ヾ Y ≫  l//'´ |:::::::,ィ´    /  。 〉 i\! i i |\
    /    /        `     j八{   / //    |::::/ i    /      | ! jノi ハ ト、 ヽ.
   〃    , '                    i\ 、 i i  _/V≫ト、.:.:.        | ,'   iハ iiト、 ヽ \
   {{    /                   ノ  \`く ̄ //   〉 \、  .:.:.:.:.:./     '  jハ} \ ヽ. ヽ
    ヽ、 {                   厂 _/ 〉、`く/:.:.:.... ゝ、 o≫‐-‐ァ'´       ノ    Vii  !i
     ` ヽ             /    /  \.:.::.::.::/ !£'´, -‐ァ'´                j リ  !|
        ` ー----‐ ´    /    /    }o/    /: : ::{                 /,' ' ,' !
                    /    /     / ̄    /. .: ::.:.:.:\            _//  / ,'
                   /    /   /     / ` ー-----`--‐…・   ¨´ /  / /
                  /    /  /     /  .:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.::.  \-‐==ニニ´-‐ ´/
                 ∧     / /     / /    .:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:._  -‐==ニニニ -‐'´
                 くヽヽ、  〆     /\∧____ _ . '´  ヾ /\
           ___  , -‐`¬tュく\    /ヾ〃/`=#===#= = ii == ii== ≠ヾ / \
         o、/:::::::::`く// ̄ ̄\ヽ  /ヾ. 〃/  ji   ii   ii   ii  ヾ. /ヾ. /
       8ニ(二◯-‐ '└! i ,  ___,>'´\ 〃/` ==#= = #=== ii=== ii== ≠、   ゝ
         /o′.:.::::::\`ヘ{ ハ      /`ーァ    ii   ii    ii    ii   __ >'´
        /:::::::::::::::::::::::: \`i_ト、.     /  ` ¬==ァー--+----+--‐ァ' ̄´
        /::::::::::::::::::::::::::::::::: \ ::\  /      /        /





283 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/12/04(土) 22:09:49 ID:Gp4VBBQ2

ホセは入院先のベッドから
「自分はまだベティを愛しており、これは一時的な仲違いである」と発表していた


: : : : : : : : : : |: : : : : : : : : : : |-|l―|-ヽ-: : : ヽ: : : : : : :\: :.\
: : : : : : : : : :/\: : : : : : : : :.:|: ハ :|  \: : : :ヽ: : : : : : :.ヽヽ:.\
: :|: : : : : : :/ /l: : : : : : : : ハ:l  |:|二二、ヽ: : : l: : : : : : : : ヽ\: \
: :|: : : : : ://   |: :|: : : : : :j |:l  |:| {::::`ヽ\: : :ト、: :\: : : : :l  \|
: :|: : : : : :|' |   .|: :!: : : : :./ .リ  レ ヽ::::::::} 〉:.:.| ヽ: :ヽ: : : :|
: :|: : : : : :| .| /´l: :|: : : : /     ヽ `ー' ハ:.:j  ト|: :|ヽ:.:.:|
: :|: : : : : :|/-、ヽ|ll:: : : :/    三 ." ̄  V   l ヽ| ヽ :j
: :|: : : : : :|{:::::::::ヽlハ: :./;;    \ ゛'         l }|  V
: :ヽ: : : : :| \::::::ノ/V       ヽ         |_/j
: :: ::ヽ :: : lr‐、_,/ "        . j         |_ノ
: :: :: ::ヽト lT~ "  ,   ,                  j
: :: :: :: : | \l     ;;;      ,==ヾ、       /
: :: :: :: : | | |  ;;;          /_,-‐"^ヾ     /
r―― | | |  ″        | |       `ー-/
ヽ  ̄ヽ l | |            | |        /





284 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/12/04(土) 22:10:09 ID:Gp4VBBQ2




              , イ    イ‐┼、
      /|「 Tヽ._,.イ//    i、l__l__,.li   l二¨ \
     .イ (◯) l(0ヽ/:/'"三ヽvェヘi]ニフ   l!‐-i、 、 ヽ
     lj_l.-┼‐┼-、レi个llllTヘil∠.,  ̄ lli「`ヽ_l!;;;;;;| l i i l
     \. _l____レ'イ』」j!!!川ノ` o` 、 llli ,.へ =ヾヘ|TTTl
       `ー-r‐フ′  ̄l`7   _,,. -'illiく.  l  Λ ll l /
         レ'     . 「L=',ニ -''"´|li`、` 、」くヽ ヽレ′
                Ll-l:    |lli  `'/  く>メ、
                 |へ、   .|lli  /   ト-ーへ
               ≒=`T二`ーllli‐イ    |エ=-ハ
               ,.-‐己三ミ「r干i|ス    ヽ-イ ハi
              / / レ' ̄7ヽトl┼l/へ、    ヽl_==jl
             .l- ナ┘ ./ /ヽ.ll/ ヽ. \     Lf-|l
              レil   ./ /7  Λ  ヽ へ   り
              .レ' ´ヽ.//   ヽ.ヽ  ':ト、 \





285 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/12/04(土) 22:10:31 ID:Gp4VBBQ2

             ___
            /      \
          /_,ノ   \  \    ターニャのよそよそしさも、
         / (ー)  (ー)   \  同じように一時的なものであって欲しいですね…
         |      '         |
   ,'⌒ _ \   ⊂ニニ⊃   /
   ヽ_ノ   /          \




            ___
           /     \
         /  ノ '  ー‐ \    しかし、好きこのんでのよそよそしさではないことは
        /  (●)  (●)  ヽ   確信しています
        |         '       |
        ヽ、    ‐‐-‐    /
        /             \





286 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/12/04(土) 22:10:46 ID:Gp4VBBQ2

「彼女の信念にありかたにおさまりきらない事件が起こったため
 それを思い出させるものから目を逸らせようとしているんでしょう

 つまりは私と顔を合わせる機会をなるべく少なくすることです」



      | H |    /::::::::/_,.-'::::::::::::::::::::`:::-ヽ:::::::::::::::ヘ     | H |
      ] [    ∠-ァ{:::l´:::/::|::::ヽ:::::::::::::ヽ:::::ヽ:::ト.、:::::ハ       ] [
      | H |   .ハィ イ::|::::/l::::|ヽ:::ヽ::::::::::::::',::::::l::::',ヽ>::::l.     | H |
      | H |   l:::::;.ケl:::l:::::| ';::l ヾ:::::ト.::::::::::::ト.::::|:::_k':::::::l    | H |
      ] [    l:::// ト;:|ドT冖弋ー\::',\::冖「ヾ「::::|li.l::::::|      ] [
      | H |  |::〈/ ,|:::l|:Nィf三ニト、  ヾ、 イ三ュ) !::::| |」:::::|.    | H |
      | H |   |::|::l`l.|:::ト::', 5こj `     5ニ7 |:::::!1::l:::::|.     | H |
      ] [   |::|::|::l. l:::lヾヘ、 ̄   ,    `¨´ !::::; |:::|:::::|    ] [
      | H |   |::|::|;:l. ';::', ヽ、     -     ,.イ:::/ .|::;|::l::l     ,| H |
     /`ヽ|7 .|::|::|リ ヾヘ  > 、_   _,. < /:::/  l/|::l::|   {,レ'¨ヽ、
    l´  二゙l  l::|::|    ゙'ヘ_,. -f  `´  Tー/::ム_  |:l|::|   〉'二   !
    |  -‐、|  '::li::| ,r ´ヾt、 ヽ    ノ/:/   `ヽ':;!:/   V,.-、 |
    l  rn<  ';:l';V     ヽ `ヾニフ/''        ∨    rl rt  l
    ハ   ] [ ,!、  ,ソ′         ハ        , ハ   {. マj [ ,ハ
.    ヽ ー| H | `l /    !        l !       ./  .ハ  r'  | H 「 〈
    ∧. | H | |/    l        | |      /   ハ /  | H |  l





287 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/12/04(土) 22:11:07 ID:Gp4VBBQ2

       ____
      /     \
.    /   ノ '  ヽ\     この旅の最もきわどい段階が刻々と迫っている時なのに
.  / /)(ー) (ー)u\   これはたいへん不幸な事態ですね…
  | / .イ    '       |
.   /,'才.ミ).  ⊂つ  /
.   | ≧シ'        \
 /\ ヽ          ヽ




           _____
         /       \
        /_ノ   \   ヽ
        i(ー)  (ー )    |   「有害な反応が起きた場合に備えて
        ゝ  __`____      j    発進時限に入ったあとで
         ` _`ー'´    /     小型の爆薬等を使用したTMA-2の調査を行う」
         /    _    `i
        /  ̄`Y´   ヾ;/  |    しかし、その調査のクライマックスは
       ,|    |    |´  ハ    謎めいた最終期限の向こう側に去ってしまいました…
       |    |    |-‐'i′l
       |__ |   _|   7'′
       (   (  ̄ノ `ー-'′





288 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/12/04(土) 22:11:26 ID:Gp4VBBQ2

       . ─―─‐ 、
     , "          \
    /           \      しかし、仮に全員が私の意見――
.    /        _/::::::\_ヽ     最終期限に間に合うよう出発することに賛同してくれたとしても
   |            :::::::::::::: :..    できることは何もありません…
   |  u    ( ー):::::::::( ー)
.    \             ´   /    推進剤が足りないのは事実なんですから
     ,\        ` ー‐‐/
   /  ` ー─         \





289 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/12/04(土) 22:11:47 ID:Gp4VBBQ2

できる夫はこのジレンマを解決してくれそうな人間のなかに
ウォルター・カーノウを含めてはいなかった

彼は経験に富む堅実なエンジニアの典型のような男であり
才気ばしったひらめきや技術的な軽業には縁がないように見えたからである


                    __
                 ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
               /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
              /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
              ,!;;;!゙`''~^~ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
              |;;;|      ノリ     ミ;;;|
             _ゞ;! r─-- 、  ,rェ--- 、ミ;リ
             !ヘl;|. ぐ世!゙`` ,ィ '"世ン 「ヽ
             !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ
             ヾ、!      !;     ,レソ
               `|      ^'='^     ム'′
               ,rト、  ー- ─-:  /|
            _../ i| \   ===   ,イ.:ト、
            /  i| ゙、\  ;   /リ.:;!:::\、_
               ゙!  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::|::::::::::\
                ゙、      :::/::::::|::::::
            `ヽ、  ゙、     ./  .|  ,-、、





290 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/12/04(土) 22:12:04 ID:Gp4VBBQ2








                    


                    


                    










291 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/12/04(土) 22:13:08 ID:Gp4VBBQ2

       ______
    ,,..-‐";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;` 、
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
  |;;;;i "'`~  "`~ `i||i" '' ゙` " |;;;;;;|
  |;;;;|       ヽ`     u  |;;;;;|    これは純粋に頭の体操として考えて欲しいんだ…
  .|;;| ,-;;;;;;;;;;"フノ  ヾ`;;;;;;;;;;;;;;;ヽ |;;;;|
 ,,ト;| ',,_==-、く    >゙-==、  |/ i    へこまされるのは覚悟している
 |i 、|   ' ̄"彡|         || |
 |'. (|       彡|          |)) |
  ! 、|      i,"(_ ,, 、,      |" i
  ヽ_|        `         .|_/
   .|゙      、,.--‐ 、,,     |
   .i ゙、    '  ̄ニ ̄     /|
   |   、      ̄ ̄    , ' |
   |  i ` 、    (    , "   |
   |      ` ー---― "|    |
   |  |          i     |




        ___
       /      \       わかりました、かしこまって聞いてあげますよ
     /   ⌒  ⌒ \
    /   ( ー)  (ー) ヽ    近頃はみんなが私の前でかしこまっています
    |  u   ___`___     |
    ヽ、    `ー '´   /    …私が狂ったと思われているのかもしれません
 ⊂⌒ヽ 〉         く /⌒つ
   \ ヽ  /      \ ヽ /





292 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/12/04(土) 22:13:23 ID:Gp4VBBQ2

    〃                 i,
   r'   ィ=ゝー-、-、、r=‐ヮォ.〈
   !  :l      ,リ|}    |. }
.   {.   |          ′    | }   連中を責められるかい?
   レ-、{∠ニ'==ァ   、==ニゞく
   !∩|.}. '___゙`   ./'__` f^|   慰めになるかどうか知らないが
   l(( ゙′` ̄'"   f::` ̄' |l.|   少なくとも3人はあんたの言うことをまじめに受け取って
.    ヽ.ヽ        {:.    lリ   どうすべきか考え出しているよ
.    }.iーi       ^ r'    ,'
    !| ヽ.   ー===-   /
.   /}   \    ー‐   ,イ
 __/ ∥  .  ヽ、_!__/:::|\




       ___
      /     \
    /   ⌒  ⌒\
   /   ( ●)  (●)\    その3人の中には、きみも入るんですか?
   |       ___´___   |
   ヽ、    `ー '´  /





293 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/12/04(土) 22:13:42 ID:Gp4VBBQ2

           , '´  ̄ ̄ ` 、
          i r-ー-┬-‐、i       いや、こちらは塀の上さ
          | |,,_   _,{|       ここもそんなに居心地は悪くない
          N| "゚'` {"゚`lリ
           ト.i   ,__''_  !        しかし、もしあんたが正しかった場合、
         /i/ l\ ー .イ|、       塀の上で手をこまねいているのはまっぴらだ
    ,.、-  ̄/  | l   ̄ / | |` ┬-、
   /  ヽ. /    ト-` 、ノ- |  l  l  ヽ.
  /    ∨     l   |!  |   `> |  i
  /     |`二^>  l.  |  | <__,|  |
_|      |.|-く    \ i / ,イ____!/ \
  .|     {.|  ` - 、 ,.---ァ^! |    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l
__{   ___|└―ー/  ̄´ |ヽ |___ノ____________|
  }/ -= ヽ__ - 'ヽ   -‐ ,r'゙   l                  |
__f゙// ̄ ̄     _ -'     |_____ ,. -  ̄ \____|
  | |  -  ̄   /   |     _ | ̄ ̄ ̄ ̄ /       \  ̄|
___`\ __ /    _l - ̄  l___ /   , /     ヽi___.|
 ̄ ̄ ̄    |    _ 二 =〒  ̄  } ̄ /     l |      ! ̄ ̄|
_______l       -ヾ ̄  l/         l|       |___|





294 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/12/04(土) 22:14:43 ID:Gp4VBBQ2

     ,, - ―- 、
  ,. '" _,,. -…;   ヽ
  (i'"((´  __ 〈    }    あらゆる問題には解答がある、と俺は信じている
  |__ r=_ニニ`ヽfハ  }
  ヾ|!   ┴'   }|トi  }    どこを探すかが肝心なんだ
   |! ,,_      {'  }
   「´r__ァ   ./ 彡ハ、
    ヽ ‐'  /   "'ヽ
     ヽ__,.. ' /     ヽ
     /⌒`  ̄ `    ヽ\_
    /           i ヽ \
   ,'              }  i  ヽ
   {             j   l    }
   i   ヽ    j   ノ   |   } l
   ト、    }   /  /   l  | .|
   ! ヽ      |  ノ    j  ' |
   { |     } |      l    |
   ヽ |     i  | \    l    /|
    { |     l   |     |   / |




      ____
     /     \
   /  -     - \    頼もしいこと言ってくれるじゃないですか
  /   (●)  (●)  \
 |      __´___     |   私もさんざん探してきましたが、
 \      `ー'´     /   たぶん見当違いの場所を見ていたんでしょう
 /     ∩ノ ⊃   /
 (  \ / _ノ |  |
. \ “  /__|  |
   \ /___ /





295 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/12/04(土) 22:15:12 ID:Gp4VBBQ2

              _,..-──- 、、
           ,、-'"´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:``ヽ、
         ,r'´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、
        /::::,r'゙ァー-ー'ア"リijk´ ̄``""´``i::::::::i
       ,!::::::!       ,!トゝ、         l:::::::|
       |::::::!         ,!ヾ、,,_      ゙i:::::!    最終期限に間に合わせるには
       |::,::l ,ィニニニ二r'´  ゞ二ニニニゝ、 ,!:::j     余分な推進剤を確保する必要がある
       ,rゝ;l. ´ ,ィ=≡'´レ   '`ヾ==-、  .! !^i
      .i r、i;i      ' ´:;    ` `      リイ^!    当面、この案はどう思う?
       | ソii        j             l!ヽ l
       i ,!( ,!      `ゝt''´         | j!,!    ――考えられる最良の推進剤が数百トン、
       `、. `i        _,,_ __       ,!レ'/     ほんの2、3メートル離れたディスカバリー号の
        \!      ィ-‐ーー-ゝ     ,!,イ       燃料タンクの中にあるというのは
          i、       ー一        / i/
          |`、                /  'i
          |  \     ;       ,イ   |
          |   \ ___,__, ィ´/   |
         _,!              /     l、_
    ,,、-‐ ''"´ i  ;             ! !   ̄``''ー- 、
          l   ;          ,'  ,'  !  ;




       ___
      /     \     それくらいなら私も考えましたよ
    /  ノ '  ー‐ \
   /  (●)  (●)  ヽ  でもレオーノフ号に送り込む手段がありません
   |         '       |  液体アンモニアをバケツに汲んで運ぶわけにもいかないでしょう?
   ヽ、    ‐‐-‐    /   いくら太陽系のこんな田舎でも
   /             \





296 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/12/04(土) 22:15:38 ID:Gp4VBBQ2

       _,,.、、、、、.,,_
      /.:::::::::::::::::::..`ヽ、
     / .:::::::::::::::::::::::::::::::. '、
     | :::::::::::::::::::::::::::::::::,ヘ{ツ
     | ::::::::::::::::::::::::,ィゥ ノ j    その通り
     |::::::::::::::::::::::( |.!  ;{
     .|::::::::::::::::::rリ`l,〉   j}゙    しかし、レオーノフ号の腹ン中を
     }:::::::::::::::ノ゙  l  /.     パンパンにする必要は無いんだ
     ,xァ''ー'゙'`    '、 /
    / ー`¨`''''ー-- 、」゙'′_
   ''^ーァ 、_____  ̄ /
   `>'、,     '''"´ ̄ ̄_二ヽ、
   /           /    ヽ
   ,'        ,   /      ゙、
           l /  __      !
           l, l  く,_  、   |




          ____
        /     \
       /  u   ⌒  \
     /      u (●)  \     えっ?
     |           __´_ |
     \    u   .``ー/
     ノ           \





297 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/12/04(土) 22:16:04 ID:Gp4VBBQ2

            ___ _
         -‐''"´ ̄ `  `''ヽ=、
     ,.‐''"´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   r(:::::::::::::::::,、_ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::
   ゞ, rr~ヅ   ミ:::::::::::::::::::::::::::::::::
    フハ       ミ::::::::::::::::::::::::::::::   いまある場所で燃焼させてしまえばいい
.    l __,,. -─¬,〈::::::::::::::::::::::::::::::
     〉゙゙`'''Tjフ ̄   ヽ::::::,ィ ,、ヽ:::::::   ディスカバリー号をブースターの第一段に使うんだ
.    /   ,.‐'"      }:::/ /ヽ ハ:::::::
   /..             "´ 2ノ/ l:::::
.   ヽ.ニ,`           __/ :l::::
.     'ーr_‐;        .ィ    l:::
      〈..        /:{      ヽ
       `}     /:: ! i
       丶、,、. イ::::::    !




         ____
        /⌒  ⌒\
      /(○) (○ ) \
     /    __´__      \
    |      -      |
    \            /





298 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/12/04(土) 22:16:22 ID:Gp4VBBQ2

         ____
        /⌒  ⌒\
      /(○) (○ ) \
     /    __´__      \    ・・・・・・・・・
    |      -      |
    \            /






          ___
        ,/      \
     ,,---、   ノ  ヽ、\ ― 、
     l   l ( ○)}liil{(○)\  |    くそっ
     |   |   _´_    |  |
     |   | ヽ |!!il|!|!l| //  /    そいつは考えつきませんでした!
     ゝ      |ェェェェ|     /
彡    \          /
   彡  /          |
      ./              |





361 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/12/06(月) 04:49:48 ID:eMRmNjko

ウォルター、実に良いオトコだなw





299 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/12/04(土) 22:16:35 ID:Gp4VBBQ2








                    


                    


                    










300 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/12/04(土) 22:16:50 ID:Gp4VBBQ2

      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /             \
   /                  ヽ
   l:::::::::.                  |
   |::::::::::   (●)     (●)   |    カタカタカタカタ
   |:::::::::::::::::   \___/     |
   ヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノ | ̄.| ̄ ̄\ \
    /           \__|  |    | ̄ ̄|
   /      \___     . |  |    |__|
   |     \      |つ    |__|__/ /
   |        ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄|  〔 ̄ ̄〕




                                 __
                              ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
                            /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
                           /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
         ____             ,!;;;!゙`''~^~ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
       /     \            |;;;|      ノリ     ミ;;;|
      /        \          _ゞ;! r─-- 、  ,rェ--- 、ミ;リ
    /  \    /  \        !ヘl;|. ぐ世!゙`` ,ィ '"世ン 「ヽ
    |    (●)   (●)   |        !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ
    \      ´   u /         ヾ、!      !;     ,レソ
    /     ⌒     \          `|      ^'='^     ム'′
                            ,rト、  ー- ─-:  /|
                         _../ i| \   ===   ,イ.:ト、
                         /  i| ゙、\  ;   /リ.:;!:::\、_
                            ゙!  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::|::::::::::\
                             ゙、      :::/::::::|::::::
                         `ヽ、  ゙、     ./  .|  ,-、、





301 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/12/04(土) 22:17:10 ID:Gp4VBBQ2

      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /             \
   /                  ヽ   / ̄ ̄ ̄\ミ    おっしゃる通りだよ、デニー
   l:::::::::.                  | /   ●    \    発進を早めても支障のない付加速度がつくね
   |::::::::::   (●)     (●)   | \        /
   |:::::::::::::::::   \___/     |   \/ ̄\/     でも実際的な問題があって――
   ヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノ    \ /






         ____
       /     \              そうなんですよ
      /  ⌒   ⌒\
    /   (● )  (<) \        二隻をくくりつける方法、
    |       __´___    |        ディスカバリー号が押す時にかかる
    \       `ー'´   /           重心から外れた推力、切り離すタイミング…
      〉         ⌒ヽ
.     |          、  \_         しかし、そういうものには
      !          ヽ   _⌒)    みんな答えがあります





302 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/12/04(土) 22:17:35 ID:Gp4VBBQ2

             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
           /            \     予習はしてきたわけだね
          /                ヽ
          l:::::::::   /      \  |    でも時間の無駄だよ
          |::::::::::   (●)   (●)   |    ターニャが納得するわけない
          |:::::::::::::::::  \___/    |
          ヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノ
   ⊂二 ̄⌒\                 /⌒ ̄二⊃
      )\   ヽ               /  /(
    /__   )             (   __\
   //// /                \ \\\ヽ
  ////                    \\ヽ ヽヽ
 ///(/                       \)ヽヽ ヽ
((/                               \))




           ____
         /     \
        /  \   /\
      /   (●)  (●) \     今の段階では、それはあてにしていません
      |         ´     |
      \       ⌒    /     可能性が存在することを
    / ̄ ̄ヽ           \     ターニャに教えたいだけです
   (「    `rノ          \
    ヽ   ノ              \
     |   |             「\   \





303 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/12/04(土) 22:18:08 ID:Gp4VBBQ2

       _________
      /     \
    /   ⌒  ⌒\    ですから、脇で応援していてくれませんか?
   /   ( ●)  (●)\
   i   ::::::*  __´___ *  .i
   ヽ、    `ー'´  /
   /         \




    ,/テ=、
    | ///,.-ー`,/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
   | // / ̄/            \  〃
   |   / /                 ヽ   ′   僕にできるかなー
  /`ー、ノ  l:::::::::.                  |    _
 /、   >  |::::::::::   (●)     (●)   |     ´  面白そうだから一緒についてはいくよ
  ` ヽ´  |:::::::::::::./// \___/ ///  |     っ
    /    ヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノ





304 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/12/04(土) 22:18:35 ID:Gp4VBBQ2








                    


                    


                    










305 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/12/04(土) 22:18:49 ID:Gp4VBBQ2

         /    / // /       ヽ\
.         /    // // l/         ヽ丶
        / l / r―/ l  | ハ l ヽ   ト、}
        l  l'   レ7l l  ハ !_ ヽ.ト、 |ハ、 l ノ
        l  l  / ハl l  { l/ `ヽ! ヽf,r、l  !
       /  l / 〃,くl !   レf示r'    lリ/ ! |    …たいへん見事な案だわ、できる夫
.       / // ∨lハ (_! l  ハト辷リ   、´l   l
      / // l   l \l |ノ〃ノ r'フ   _ ノ/ /
      |/ l  l   ヽ l | ||Y 〈__´/ ′/
.     | /{  ト、   ヽヽヽ、     `ヽ, ノ
.      l/ ', ト,l\  ト.}⌒ ̄`ヽ、_,   r′
.     /  ヽヽ.\\ノノ      \   '、
    /    ` \          l\  ヽ
.   /     `,               ヽ \ ヽ
   /      l                 `, 丶
.  /        ヽ ヽ                  }  ',




         ____
       /     \
      /  \  /  \    私に言うことはありません
    /  (●)  (●)  \
    |      __´___     |  みんなウォルターの功績ですよ
    \     'ー一`    /
     /             \





306 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/12/04(土) 22:19:25 ID:Gp4VBBQ2

    ____
   / ⌒  ⌒  \
  ./( ―) ( ●)  \    褒めるんだったら彼です――
  /::  __',__   :::::  |
  |    `ー'´     .|    責任をかぶせるにしても
  \          /




.      /::::r‐…ーt/::::::::/..ィ:::::::::::::::::::ヽ::::ー..、. 、、::ヽ
      /:::::::L-'ニ''7::::::::: /::::::|::::l::::::l:::::::::::::';:::::::ヽ:J:';::::ヘ
.     /:::::::::::r'´ /::::::::://::;r ヘ:::|::::::|::::::::::::::';:::::::::';:ヽ';:::::ヘ
     ;':;'::::/rク-/:::::::::/ィ_:/  l:::ト:::::ト::::::::::::::l:::l::::::}:::';::!::::::',
    l::l:/.:'::/ ./:::::::::::;' |:/`ヽ、';:l.ヽ::',ヽ::::::::::|l_Lィ,!:::|::|::::::ハ
.     l::l〈 /::/ /|::::::::::::| ,.|!テュヽ、ヾ.、ヾ:. \;:ィル|:::/::::l:::|:::i::::|
.   |::|::`::/  ,{」:::::::::::トヽ' { f'^! ハ `  ` ,ィ5ニトl:;タ:;.ィ::::!:::|::::|    そのどちらもあまり期待しないほうがよさそうね
   |::|::::::|ヽ /:::|:::::::::::|   ヒニソ      bり/rケく.ソ::/::|:|l:::|     これは”思考実験”以上のものではないから
   |::l::::::|::::`:::::|:::::::::::|         、 ¨´〃ヘ_/:;イ:::l::| l:|
   |.ハ:::::|::::::::::::';:::::::::::ト       __ '   〃 ,'-1 |:::;'::l. リ    少なくとも理論上は実行可能な案ね
   |l |::::::';::::::::::::';:::::::::::', ヽ、    ニ´ _,r'`7^!、,'   ,!:/:::;! ,l
.   ||::|::::ヽ::::::::::ヽ::::::ト:',   ` ,、... - 'ス / ,! Y  ノ/l::/ .,'     でもそれに伴うリスクが!
     |::ト.:::::〉.::::::::::ヽ:::| ヾ、 ′ ヽ / .}/ / .l rレ'/:/ ./      狂いが出始めたらキリがなくなりそう
     l:|,ゝ' ヽ:ト:::::::|ヾ、 ヽ、   r' /  /  ハノ ヾノ. /
    ,∠ - .._ 1 ':;::l ヽ    -'7  ´   / /ノ// ゙l
.   /-‐…‐、 `ヽ、 V'  ヽ/ ,l       /-‐'/   ヽ
   / _.. -- 、 \ \    ヽ 'l´|       /一´    \






307 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/12/04(土) 22:19:49 ID:Gp4VBBQ2

         /:::///   ___ \:.ヽ ヽ\
        r==f/ / '´ ̄ l:..   \:``ヽ::V=≠┐
       └ァ'7: /::/〃l: l: :..  ヽ\ヾ! 弋f>、j
       /く l::: l:::::!::l: l{:: .!:.::: .   |.:: }: }::: V \\
      /,イ/〉|::: |::`!::トklヽ:{\::::.....j;イ!:リ:::: レスト、>   私たちが危険な立場にいるという
      V'//::ハ::.:l:: :!,ィテトミ\ \くィチfK|:::: |)ヽ`|     絶対的な確証が出てきたら
       Y{::::八::iヽ{ ヘz;;ノ    ´{z;;:ノイ:i:: |:: V!     この案を考慮するわ
        |:!::::::{:ヾ!ハ `´   ..  `´ /::!:.:..l:: j::|:|
        |:!::::::::ヽ::::.. 丶   ー_一   ィ:::,':.:./〃! リ     今のところ証拠らしいものは
        ヽヽ:八::ヽ:::::... `ト __ ,ィチV:〃::/{:/ノ"      まったく見当たらないから
        丶ゝハ:::}ヽ=-、::ヽ、_′/乂:/lハ{″
          /二リ、 \ _ヾ:Y⌒「´/;:イ |l 〉
         〃‐ 、 \\/_ノ:/  |┐ ∧ |l
         |′   \`//;;;;f   /∧\ V/
         |/''    //;;;;;;;;!  ' / fヘ、Yー、
        rイ, '´   〈/;;;;;;;;; !   '   ト/_シ
       〈〃     /;;;;;;;;;;;;;;!      几ヽ〉




      ____
     /     \
   /  -     - \       それはもっともです
  /   (●)  (一)  \
 |      __´___     |       しかしもうひとつのオプションが
 \      `ー'´     /       とにかく出てきたことだけは
 /     ∩ノ ⊃   /       認めて貰えたでしょう?
 (  \ / _ノ |  |
. \ “  /__|  |        万一のために細かい計画を
   \ /___ /        練り始めてもいいでしょうか?





308 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/12/04(土) 22:20:13 ID:Gp4VBBQ2

         /.:/二二二二_ ヽ|:::::::::::::::::::\
        /.::::::'´.:::::::::::::::::::::::::::\|:::::::::|::::::::::::::ヽ
       /.::::::::::::/.::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::|::::::::::::::::∧
.      /.::::::::::::::{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::|⌒ヽ.::::::::∧
     /./':::::::::::∧:::!、::::::::|:::::l ::::::::::|:::::::::| \ 〉:::::::: !
     i:,' l::::::::::::ト、|::| \:::::|ヽ」x' ::::::|:::::::::|   〉'.:::::::::::|   それは構わないわ
     l| !:::::::::::|,rfトl、  x|' ,ィチえ、|:::::::::L. イ.|:::::::::::::|   ――発進前のチェック作業に
       l ::::|:::::'. トィl      {.じ リ'^|:::::::::|`i | |:::::::::::::|   支障が出ない範囲ならね
       ト、::|:::::ハ ー'     ー‐'  |:::::::::,_ノ l.」:::::::::::::l
       |:::N:::|:::'.  '__ ,    |:::::: /.:レ.::::::::::::::,′  でも時間の浪費ね
       |:::l |:::|:::::\ ヽ._ ノ   ./.:::::/.::::::::::::::::::: /    承認しようにも、私には根拠がないんだから
       |:::| ヽ|:::::l:::::`  . __..   ´'.::::::/.::|:::::::::::::::::/
       l:::| |:::|∨:::::::,r‐}  /' }:::/ヘ |:::::::::/.::/
.        ヽ!  ∨:L.ゝ‐'´/   /,::/  .ソ.: /.::/
         /7N  ∠`ヽ/ /' /- '´` ー'-、
        / /   /¨ヽン         _.  '´  '.
       , ′   /  , ′      /     |
       /  |   /  /        ./      |
.      /_n.、!  i  /       /        |
     / { !.|| |厶-- 、 ./   /         |
.    / ,ゝ'¨¨¨¨¨´    / ̄¨ァ、/       /





309 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/12/04(土) 22:20:32 ID:Gp4VBBQ2

                  _
           _  ,.r' ´     ̄  `` 、
.        ,.r' ´    ``ヽ:           ヽ
      /      >'´   ``ヽ.        ヽ
     /       /     />―――――- 、.、 ヽ
.    ,′    /      /´  _ -―――- 、jr 、 ヽ
    l     ,.' ムイ     ムィ´       ヽ  ヾヘ}  ',
    l    ,.ィォ      l´:|    !     ヽ  ヾ〉. !
    l   く,イ升      l   ハ、  l`ヽ    },ィ  ト、  l    やる夫・ボーマンが
    l   / ,イ !:     Tヽl.、 ヽ |  ヽ、 ィ´ヽ、!.、〉 l
    ll  / ム、Y!.     ト、! ``弋ト、   イ汝}f`!ムト、 !   じきじきに私のところに現れるならともかく…
    l! く,.イ ,r.、.}i      l くr'fc=.、      ー-='.l ハ  l
    l!」|ゝ、込 l!     | 戈::ンj         l,イムjト、!
   ∠_ `ヽムへ、j      ト、_           `,./l. l ,': }
 /´    `ヽヽ:ヽ ヽ、!   ハl´  ヽ.       ,. '´/ !|/イ ノ
./      ヽ! ',:{   '、   ト、 t_」_      /,イ ノ / ,′
′      {  }:l    ヽ  |     ``ヽ_,.イ/`ケ∨./
     ヽ  l. ヾヽヽ  /ヽ  !_____」 ハハ イ ∨
.      \l  ヽ::、 }/  ヽヘ、___ ヽ  /. ト、l!   l
、       `、  ヽ/    }r- 、__ヾ/ / /. / /  l
.ヽ       ヽ  /    /       ∨ / ,.イ}/   !





310 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/12/04(土) 22:20:59 ID:Gp4VBBQ2




              , イ    イ‐┼、
      /|「 Tヽ._,.イ//    i、l__l__,.li   l二¨ \
     .イ (◯) l(0ヽ/:/'"三ヽvェヘi]ニフ   l!‐-i、 、 ヽ
     lj_l.-┼‐┼-、レi个llllTヘil∠.,  ̄ lli「`ヽ_l!;;;;;;| l i i l
     \. _l____レ'イ』」j!!!川ノ` o` 、 llli ,.へ =ヾヘ|TTTl
       `ー-r‐フ′  ̄l`7   _,,. -'illiく.  l  Λ ll l /
         レ'     . 「L=',ニ -''"´|li`、` 、」くヽ ヽレ′
                Ll-l:    |lli  `'/  く>メ、
                 |へ、   .|lli  /   ト-ーへ
               ≒=`T二`ーllli‐イ    |エ=-ハ
               ,.-‐己三ミ「r干i|ス    ヽ-イ ハi
              / / レ' ̄7ヽトl┼l/へ、    ヽl_==jl
             .l- ナ┘ ./ /ヽ.ll/ ヽ. \     Lf-|l
              レil   ./ /7  Λ  ヽ へ   り
              .レ' ´ヽ.//   ヽ.ヽ  ':ト、 \





311 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/12/04(土) 22:21:16 ID:Gp4VBBQ2

それは誰もが参加する興味尽きないゲームとなった


                                 ..,,、;:::''::":: ̄ ̄`-.、
                               /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
        / ____ヽ             〃:::::::::::::::::::::::::::::::: ::::::::::::::::',
        |  | /, -、, -、l             {/:::i:::i、::::i、:::ヽヾ\ ::::::::::::::::i
        | _| -|  ・|く ||              {!i::|ヘ:!\!\!≧三ミ:::::::::::::::i
    , ―-、 (6  _ー っ-´、}              {{,,,,ヾ、  ´"'¨せ ∨Cヽ:::!
    | -⊂) \ ヽ_  ̄ ̄ノノ                {ヘ´f;j}    ´¨  るノ:::!
    | ̄ ̄|/ (_ ∧ ̄ / 、 \             ヾ',  i  _      しヘ:::l
    ヽ  ` ,.|     ̄  |  |              ',  `" __   /  ヾ
      `- ´ |       | _|               ヽ  ´ .,    / :   /;;〉ヽー=¬
         .|       (t  )                \    /  ; /;;/タ://;;;;;;;;;
                                     ヽ-ヘ:::   /;;∠ク //;;;;;;;;;;;;
                                        ∨/;;;;∠ク   i i;;;;;;;;;;;;;;
                    f⌒ヽ                 {ココ少′  l l;;;;;;;;;;;;;;
                 _, -─‐=メ 、               / ̄      ! !;;;;;;;;;;;;;
               /´     く  \
              / / / /   ヽ 、 ヾ 、
              ,': ' / / /   i│ il i|ト
             |! | |,/ / !    | | !| l| !!
             |! | |ィ7⌒|   | | !| l| |
             |! | |リィ云ヾ  /イ / !  lリ
              !`l |! じ'  ヽ//レ1/|  |
               | |ヘ "" r‐ァ "" /|  |
               | |イ ヽ _`´_, <ヽ|  !
               ! l !_ノ  ` ト-、_/|  !
              ,」 ||ヘ._   __ヾメ| jヽ
             f'  ! l ヘ. ` ´ Yr'| /`ヾ 、





312 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/12/04(土) 22:21:39 ID:Gp4VBBQ2

ターニャでさえ”思考実験”と言い張りながらも
アイディアをいくつも持ち出した


                    __,.-:‐:─:─::─::─-:-.、_
                _,..-:‐:'": : : : : : :_:_:__:_:_:: : : : :`ヽ、
              /:: : : ;ィ==ニニ二、.______`ヽ:: :.:ヽ: :\
             /:/: : ;/": : : : :;イ: : : : :\: : :\::`::ヘ:: : : :}:: : :ハ
          r-‐'/; : : :|: : ::|: :::/ |: : ::i:: : ::ハ:: : : :ヘ: : :|: : : :|-‐'" ̄|
         /  j: : : : :|: : ::|: ::| ∨: ::|:: : : :|:: : : : :ハ: ::|: : : |     |   いい!?
         └-‐,{: : : : :|: : /|: ::ト、 ∨:.:ト、: : :|\:;/::|: :|: : : |  、‐-┤
           / l: : : : :|:::/ ヽ:|、\ ヽ::| \:|/_ヽ:.:|: :|: : : |  \::|   これはあくまで思考実験よ!
          〈__{: : : : :|::|  ,ィチ心、 ヽ ` i,/,ィチ:心、:|、|: : : :|\,/:::|   思考実験なんだからね!
           |::ヽ、: : :{:|,イ {::;人_::|`      '{::;人_::} ) }: : : :|: : :i:: :.:|
           |: ::|::ヽ: :.:{` V:Y´;;j      V::Y´;ノ,' |: : : :|: : :|:: :i:|
           |:i:.:|:: :ヽ_:ゝ " ̄     ′  _,  ̄"   j: : : :j:. : :|:: :|:|
           |:|、:ヽ、:.:.:::j       ー--‐'"   }     /: : ::/:: : :j: :.:|:l
           |:| ∨:.:\::ヽ、    ∨      j    /: : ::/: : ::/: :/|/
           |j  \::;/\:::`:ー::-::_ヽ___,,ノ_,.-‐/: ::/: ; ::/|::/
           ´   ´   ヽ::{-‐'´ ̄,ィj    {ア ,/;/j:;/|:/_,|/
                 /、\    {'´ ̄~ヽ/ '" / / /"~`ヽ、
                 /  \\  |r'ニニミ,/  ,///      }





313 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/12/04(土) 22:21:59 ID:Gp4VBBQ2

        ___
       /      \        この活気が未知の危険への
     /   ⌒  ⌒ \       怯えから来るものでないということは
    /   ( ー)  (ー) ヽ      じゅうぶんに承知しています
    |  u   ___`___     |
    ヽ、    `ー '´   /      みんな、予定より最低1ヶ月は早く帰還できるという
 ⊂⌒ヽ 〉         く /⌒つ   楽しい見通しに奮いたっているだけなんですよね…
   \ ヽ  /      \ ヽ /




       ___
      /     \       まあ、よしとしましょう
    /   ⌒  ⌒\
   /   ( ●)  (●)\    ベストは尽くしたんですから
   |       ___´___   |    あとは運命に任せるだけです
   ヽ、    `ー '´  /





314 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/12/04(土) 22:22:29 ID:Gp4VBBQ2

その中で幸運がひとつ――

レオーノフ号のずんぐりした外形は大気制動に備えて設計されたものであるが、
全長がディスカバリー号の半分弱なので、大型船の背中に具合良くおぶさることがわかったのである

アンテナ台座も固定ポイントに使うのに絶好だった


                                            ____.    |ヘ
                                          //_,.--、ヘ   |: : |==込、
                                         ///XX く _)ハ  /\| `ヾ:心、_
                                   ,ヘ , r =ニ.Y  tェェ=彳ツ   Y/  ^ \v‐┐`゙ー゙ニ =ァ
                                  / /7xXィ7ヘ_ ゙二壬_ ィ77|\ /彡'/   / /7/
                                  |/__/xXト|へ\//_,.-‐ニ |{ { {|V   ̄ ̄ハ  /.:7了
                                  |! /XXr/1 , > ,、<´   |ゞ-へ\ \  ハ .::// :|
                                 ィ、├'XXr/ |r"/| | `丶ミヽ、|三三个 ゙、ー_-L_| .: 〔::::ト,
                                / Y⌒ヾトv' Y : : :| | : ::::::::ヾツ三三ミl|彡手|  ̄ .: : :/:::/
                               へ ド-クノ   \::::| |::::::::::/三三Eリ||ル/ V7┐ :::::/
                              / / 〉 ,.「   r-、 _>=<_rーァミ三ミア |/:  /|/__| :::::/
      ._,v- ' '゙ ̄ ̄¨^^'''ーv、           l  / /  |   /|ヘ 「~| ̄|レ ,.〈 Fト、ミ} /::::: / /\| ::/
    .,ノ:::::::::::::::::::        ゙'=、        .| /| | / メ |  /イ |ヘ「~|| ̄ /ハヘ   〈 |::: / /、\〉
   ..,r‐¬=-     :::::::::::::::::::::::::::::::\      .!  レ| / ::リ { |/ ハ. || / ,.| ゙vヘ   ヘ Y -/1  y'
  /      \             )、     レ ヘ | / ::/   | / /  `| '' ̄ ト.、 | ヘ  rケ⌒ヾ/
  /|       }:::::::::::::::::::::::::::        i     i 0 V ::/   /V 乂リ    ゞ、j! ト、{彡、;;;ノ
 ノ \   .,ノ   :::::::::::::::::::::::::::::::     )..━━━v━━━━v━━━━v━━━\|ヘ ゞ-く━v━━━
 |     ̄  :::::::::::::::::::::::::::::::::       ]-───╂-───╂-───╂---──ト ヘ  ヘハ─╂-─
 |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  __ /-───╂-───╂-───╂-───ト、 ヘ  N─╂-─
 (.´'¨¨' ' 'ー、、、、,、.....___....,,vv--ー''゙ 「  丿━━━^━━━━^━━━━^━━━━^ \ ヘ  ト、━━
  (       :::::::::::::::::::::::::::::::::::::   丿          / |:::::/ ,!   l }        |l\_Vヘ  ヽ
  丶   ::::::::::::::::::::::::::::::::::   :::::::::::)'′         ハ /レ_| l |  /ノ        N.|  V∧  }
   .\               ,>'′           | {/ / | |  //            |ゞ、  V∧  |
     .゙'‐__   ::::::::::::::::::::::::::  v┘
       ¨'''ー--------ー^″





359 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/12/05(日) 00:19:08 ID:IHMzX.ww

そうきたかw





315 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/12/04(土) 22:23:18 ID:Gp4VBBQ2

続く数日間、管制センターはレオーノフ号から送られてくる
数々の要請に振り回された


      __          ■■
.    /::::::::\ __ ,、   ■  ■
    /:::::::/:::ヽ´:::::` \    ■
   /::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ   ■
   ,'::::::/:::::::::::::ハ:::M:::,ィ::::::::ヽ  ●   二隻の応力解析?
   !:::::,'::::::::∧/ 'j  !ハ:::::::ハ      重心から外れた推力の影響?
   |::::ハ:::::( ●    ●}:::::ノ       船体構造の強弱?
   |::::!::ヽ::ゝ   3  ノ:::/
.   !:::::::::!ヽ_> _  <_ノ        …何か問題でも起こったの?
   !:::::::::! ,ィ入_入ヽ
.    !::::::::::!く_ゝ:::::::::ノ_>
    ',:::::::::!∪{::::::::::}∪
    ヽ:::::ヽ,',',',',',',',',
     `ー,',',',',',',',',',',

──────────────────────────────────────

           ,.. -───‐- 、
         ,/:.:.:.:.:.:_,,. -─- 、:.:.:.`ヽ、
        /:.:.:.:.:.:/ ___  \:.:.:、\_
     r‐く、:/:.:.://´:|:.:.:.:、:.:.:.:`\|:.:.:.lく__{_      いいえ、可能性のある代案を
     く二ニ/:.:.:./:.:|:.:.:.:!:.:.:.:.ヽ:.:ヽ\:.l:.:.ヾ`くニヽ、    検討しているだけです
  r─‐ァ'´ /:.:.:.:.|:_/!|:.:.l|:.:.:.:.l:.:|、:.:.|:.:l:.|:.:.:.:|l∠   lヽ
  l/´!|>'|l:.:.:.:.l!:|`!|ヽ|ヽ:.:.:ト、!, く|l:.|:l:.:.:.:.ト、_`ヽ、Ll   協力に感謝します
.    / /|l:.:.:l:|,rf⌒ヽ! \l´ ィ⌒'ミ |:.:.i:.|:.:l|人  〉
   | ,イ:.:.l:.ハ、:ヽ仆、:::リ      ト、:::リ l:.:.|ノ:/)っ ∨    送信終わり
   ∨|ハ:.|:.:.:.:|Tr‐っ'    ,   ー' /:.:.//'´
     l! ヽrーュi ⌒!、 t-r‐!  ,.ノ:.//
       / 〈l|L__人`ヽ`ー'イ |lィー'´
       `ー-=‐'`ヾ\_弋_フ/く
            「`ーく_乍_フ_ ト、_
            l /l |:| ヽゝ/ー、_)
             `ヘニLl ̄`
               \入
                ヽノ





316 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/12/04(土) 22:23:55 ID:Gp4VBBQ2

その間にも、スケジュールは順調に消化されていった

どちらの船でも全システムが入念なチェックを受け
帰りの旅に向けた準備が進められた


      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\                          ..-―――-..、
    /             \                      /: : : : : : : : : : :.:.\
   /                  ヽ                    /: : : :∧: :∧: :ハ: : : : :ヽ
   l:::::::::.                  |                    レl: : / ∨ ∨ ! : : :. :.}
   |::::::::::   (●)     (●)   |                     |: /´ ̄  ´ ̄|: : ト、N
   |:::::::::::::::::   \___/     |                     Ⅳ  ̄ !  ̄` |: : | }
   ヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノ | ̄.| ̄ ̄\ \           ハl   /    l: :├く
    /           \__|  |    | ̄ ̄|           ヘ    `    仏イ
   /      \___     . |  |    |__|               ―     |
   |     \      |つ    |__|__/ /              \_ イ   ハ
   |        ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄|  〔 ̄ ̄〕カタカタカタカタ             l_ /  l:\
                                             .イ/:::::ヘ  /}: l: \
                                           イ: : l ゞ::く ∨ /: :!: : : ヽ
                                         /:./: : : ll:::::〈   /:. :.l: : : : :ヘ
                                        /: : 〈: : : : l!:::::::',  /: _l: : : : : :',
                                        l: : : : >: : |::::::::::∨: :\: : : : : : : l
                                        l: : : :〈: : : : |::::::::::/: : :/: : : : : : : :l
                                       l : : : ∧: :. :.l:::::/: :/ : : : : : : : : : l

                                            _____
                                            |三三三三\
    ,  ──- 、            _____             _.. ィ"三三三三三i
 ゝ/     ___ヽ        //⌒ ⌒ヽ  `\       __/:::{三、``ー-二三三!
 /      |_/ /⌒ヽl       / / ・/・  / 、    ヽ    /:.::.::.::.::.`ーニ三三三三ィく
 l     /| |-|   ・|      // `ー●ー ´   \   ヽ   |::.::i::.:::.::.i::.::.::__::.:.::. ̄:.:.:::::ヽ
 l      ヽl j ヽ __ ノo     /^ 三 /  三     ヽ    l   |::.::.\::.:.ト、_::.::.\::.::.::.::.::.::.::}
  \ ヘ/         l     ヽ.__ /     __  l    |  ヘ::./::/.\`、 \::::\:::::.::.::/
.    ヽ       ノ      | ヽ ̄ ̄ ̄ ̄   /  |   l   |!::/   `ー  ● ー`:::.:!::|
    |二二 ヽ ̄   ∩/)  ヽ \/  ̄`ヽ/  /   /    "`|!●     ,,,,,,  |!::./::|!
    /   /⌒ヽ    /  く   ヽ  ヽ、__/    /  /      | ,,,,,   __   l::/ー"___
    |   ヽ  \/\_ ノ     >━━,-、━━━━┥      |ト、,_ r‐'´,,イ、-"´|!`リ´_、ィ
    |      ヽ     /        /  / ヽフ /⌒ヽ ̄  l      レ´   ̄´| X ヽ,::::: ̄::ヽ.
                                            rくヾ  .ィ´::::::::::::::リ
                                            ゝィ'、 ̄::::::::::::::::::ン





317 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/12/04(土) 22:24:22 ID:Gp4VBBQ2

一方ターニャとできる夫は、侵略計画を練る将軍のように
モノリスへの接近方法を和気あいあいと検討し続けた


                                        ___
                            /⌒ヽ く ̄ ̄ ` <´   ____ `\
                            {    | j___, / /_____`\ \
                   .           '、   j\.///  ./ i  ,|   \\ \
                            f⌒ヽ r‐ V |  i X! / !   i | \i   ヽ
         ____              {    r′ },_|  |/ |ハ 从 八|  |  i ├┐
       /     \    .         {   人_ノ/∧    |=ミ、   }/≦ハ  |  |ヘト、!
      /        \           `でー一'_/  '.i  |    んィ} }}| ハ l |┐
    /  \    /  \ .            ‘《 ̄    ':  l ,.ヘ、 , ヒtツ〃|/ |ムl、|
    |    (●)   (●)   |  んー        \       ' |{   `>    ハ|i/}ノ
    \  冂  ´    u /               ヽ.    }小ー‐'__,ノ  ||
    /´ソ/   ⌒     \                \ |{ マニ||}  }i リ
__∠_/        ∧∠ ヽ__              }\ヽ\{ |//‐'_八/
    匚匚匚匚匚匚匚匚ゞ,,ノ                 入   \∨/}ン′
                                   〉 {`ヾ==「{ヾコュ
                                   \    └\},ノ
                                     `ヾー‐┬f }
                                       \人{ン′
                                         \)





318 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/12/04(土) 22:24:42 ID:Gp4VBBQ2

しかし、できる夫はもはや熱意を持てなかった


            ( ヽ、
     /.:. ̄ ̄__\ \
   /: : :    く__ \ \
  /: : : _  く__ \ \ ヘ /⌒/
/: : : : ´  , `└--ミ ヽ、\ - \ |
: : : : :/´ `ヽ    丶  -     〉
: : : :.( ー‐ l    ( \        !
: : : : ヽ_ ` _ノ      \_ヽ     {
: : : : : : ´"''"   '   "''ヘ      > 、
: : : : : : . .    `     \   ∠/ヽヘ
\: : : : : : :. ⊂ニニつ    \(⌒)   ノ \
/ヽ: : : : : : : : : : :         ヾ、 /    \
   /: : : :``ー- -‐'"´     \/ \(
,'⌒ ゝ ハァ
ヽ_ノ


そして、ターニャはこれを良く理解していた





319 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/12/04(土) 22:25:02 ID:Gp4VBBQ2

                 , - ─- 、_
                /        `丶
            rー‐く::/ ン-―ー- 、   、 \
           {(こ 〆.:::/  ____ \ ヽ..::::ヽ
           __/'´/  〃7了.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ.j ::ヤ¬寸
         /,イ>/ .:::/,':::{:::::!:::::::::::::::::ヽ ::|:. ::::Vヽ_,イ
         レ/,イ ::/ :{:ハ\{ ::、::ヽ ::::::}::_|_: :::::l >::|     私を説得する奇跡を
          {/::| :!{.::ィ'f坏ト\{ヽ ,><ム:!:::::::: Kヽ:ト、
           |::::ヽ::i:ヽi. r'_;メ  ヽ´ イ圷ハ|::::::::::|\/ヽ>    まだあてにしているんでしょ?
           |i:::::::トl::ハ.     ,    r';ン´j::::::::: l: V
           |i::::::::!:::: ヘ  {>ーァ   /:!::::::::/::/
           lN:ヽ:ヽ::',:::ヽ、ヽ _,ノ  ,.ィ::/::::::/ /
          ヾ /}::}八::::ヽ>.-‐か/7::/∨
          r<¨ リ\`ヽ、\__ {  〉/イ l  )}
          f⌒ \ \ヽ  )' \ニニ∧ | |!彡ヘ
          |    \ ヽム    ヽ‐' .| | }ヘ,__,イ
         r-ヽ     ̄ )\     Vrj/ ̄ヽ ヽ
         |  \     // /)ミ ー-∨   / ̄ ヽ
         |   (>―‐'/ /勺ヽ¨ア    /    }
         |   \三三‐'ノ ^ヽ/   /-―一 '




                 ___
                /      \
              /_,ノ   \  \       というかこっちの思い込みを
             / (ー)  (ー)   \   打ち砕く証拠でもいいんです
             |      '        |    それだって納得がいきますから
       ,'⌒ _ \   ⊂ニニ⊃   /
       ヽ_ノ   /          \    嫌いなのはどっちつかずの曖昧さなんですよ





320 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/12/04(土) 22:25:24 ID:Gp4VBBQ2

                   _,..:-:‐:────::‐-:、_
              _,,.イ´: : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
            / ̄/: : : :.:/ニ二二二二二二|: : : : : :ヽ,-‐┐
            ヽ,/: : : : : : i: : :.|V: ::|: : :|: : ;-‐|: : : :|:/  __,|
             /: : :i: : : ::||:\| V::|\:|/: : :| : : : |   <::}    それは私も同じね
_________j: i: ::|: : :;/リ ヽ:{ヽ ∨ '´` \;/|: : : ::|\   `>
============ュ | |:/|: ::|:::/::} ,=====゛ ,  '=====|: : : ::|:.: :ヽ.,イ    でもそんなに待たなくてすむと思うわ
         || | | |: :|:.:;{:::j       '        |: : : :|^ヽ:: : :|    ――どちらに転ぶにしても
         || | | ∨|/:`ノ                |: ::i::|_,,ノ:i::.:i:|
         || | |.   |::::ヽ、    ゝ-'ー(    ,|: ::|::|:: : :|:/`{
         || | |    |:;γ'"´ゝ-'"ヽ--─‐‐'" |: ::j;/:;∧{'
         || | |  _,/´ {       }ュ/ //j;/´~`ー--、
         || | |r'´ ,r',^`ヘ.__,,ノ  //      ,_   }
         || | | __,/ヽ--'"} |"/   // ,-r,-─'i"~|`  |
         || | |  ヾニ二,,/ |/=='"/   /´   ,i  |  {
         || | |     ,イ > r-‐‐'´    〈       |__,,〉
         ||:__|__|`─‐'´ {/rュ\ー-、_____,,}     |===}





321 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/12/04(土) 22:25:41 ID:Gp4VBBQ2




      ._,v- ' '゙ ̄ ̄¨^^'''ーv、
    .,ノ:::::::::::::::::::        ゙'=、
   ..,r‐¬=-     :::::::::::::::::::::::::::::::\                             .r ⌒ヽ
  /      \             )、                           !、  ノ。
  /|       }:::::::::::::::::::::::::::        i                            ┣┫
 ノ \   .,ノ   :::::::::::::::::::::::::::::::     ).━━━v━━━━v━━━━v━━━━v━┻┻━v━━━
 |     ̄  :::::::::::::::::::::::::::::::::       ]-───╂-───╂-───╂-───╂-───╂-─
 |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  __ /|-───╂-───╂-───╂-───╂-───╂-─
 (.´'¨¨' ' 'ー、、、、,、.....___....,,vv--ー''゙ 「  丿━━━^━━━━^━━━━^━━━━^━━━━^━━
  (       :::::::::::::::::::::::::::::::::::::   丿
  丶   ::::::::::::::::::::::::::::::::::   :::::::::::)'′
   .\               ,>'′
     .゙'‐__   ::::::::::::::::::::::::::  v┘
       ¨'''ー--------ー^″





322 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/12/04(土) 22:26:17 ID:Gp4VBBQ2

異変が起こった時、できる夫はまたもや別の方向を見ていた

できる夫はディスカバリー号にいて、
レオーノフ号のサーシャと共に当直についている時のことだった


        [二二二二二二二二二二二二二二二]
         ||  \、 :..    ゚ ..:: ::     / .||
         ||   .||:: } ... .  . ... ... ..     ||   .||
         ||   .||'゙ ....  . ... ..        ||   .||
         ||   .||....  :::... .... ..:::::::....::     ||   .||
         ||   .||. .. .  . . . .. .       .||   .||
         ||===||     / ̄ ̄ ̄\   ||===||
         ||   .||   /::::::::::::::::   \  ||   .||
         ||   .|| /::::::::::::::       \||   .||
         ||   .|| |::::::::::::::::::::         ||   .||
         ||   .|| \::::::::::::::       /||   .||
         || / (⌒ ::::::::::::::::    ⌒ヽ.\ .||
        [ニ二二二|  ::::::::::::::     |.ニニニニ]
              .|  ::::::::::     |
               |    へ     |
               |    |  |    |
               (__)  (__)





323 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/12/04(土) 22:26:34 ID:Gp4VBBQ2

0125(GMT)

できる夫はイオの明暗境界線上に起こった
雄大な噴火に目を奪われていた


          ,,-'  _,,-''"      "''- ,,_   ̄"''-,,__  ''--,,__
           ,,-''"  ,, --''"ニ_―- _  ''-,,_    ゞ    "-
          て   / ,,-",-''i|   ̄|i''-、.  ヾ   {
         ("  ./   i {;;;;;;;i|    .|i;;;;;;) ,ノ    ii
     ,,       (    l, `'-i|    |i;;-'     ,,-'"   _,,-"
     "'-,,     `-,,,,-'--''::: ̄:::::::''ニ;;-==,_____ '"  _,,--''"
         ̄"''-- _-'':::::" ̄::::::::::::::::;;;;----;;;;;;;;::::`::"''::---,,_  __,,-''"
        ._,,-'ニ-''ニ--''" ̄.i| ̄   |i-----,, ̄`"''-;;::''-`-,,
      ,,-''::::二-''"     .--i|     .|i          "- ;;:::`、
    ._,-"::::/    ̄"''---  i|     |i            ヽ::::i
    .(:::::{:(i(____         i|     .|i          _,,-':/:::}
     `''-,_ヽ:::::''- ,,__,,,, _______i|      .|i--__,,----..--'''":::::ノ,,-'
       "--;;;;;;;;;;;;;;;;;""''--;;i|      .|i二;;;;;::---;;;;;;;::--''"~
               ̄ ̄"..i|       .|i
                 .i|        |i
                 i|        |i
                 .i|          .|i
                .i|         ..|i
                .i|           |i
               .i|      ,,-、 、  |i
               i|      ノ::::i:::トiヽ、_.|i
           _,,  i|/"ヽ/:iヽ!::::::::ノ:::::Λ::::ヽ|i__n、ト、
     ,,/^ヽ,-''":::i/::::::::/:::::|i/;;;;;;/::::;;;;ノ⌒ヽノ::::::::::::ヽ,_Λ
     ;;;;;;:::::;;;;;;;;;;:::::;;;;;;;;:::/;;;;;;:::::::::;;;;;; /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::;;:;;;;:::ヽ





324 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/12/04(土) 22:26:54 ID:Gp4VBBQ2

                     _____
           r⌒ヽ、   .  /     \
          / \  \. /   \  / \
         _/ / ヽ   /   ( ●) (● )    もっと眺めのよい
        〈__/  . |  |       _ __´__   |   別の展望窓から眺めることにしましょう
             /  .\     i `ー'´´ /
            ./   / ⌒ヽ, _.ヽ  .\/
        .__   r  /     |/ー、\   \
       ."ヽ |  i,        ノ   .\^   i
         .| ヽ./ ヽ、_../   /     .  ヽ、__ノ
         .i /  //  ./
         .ヽ、_./ ./  /
             ./ /
           .ノ.^/   ダッ
           |_/





325 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/12/04(土) 22:27:15 ID:Gp4VBBQ2

 [二二二二二二二二二二二二二二二]
  ||. ,. - 、 :..    ゚ ..:: ::   .   ..  ||
  || {  ..:: } .. .  . ... ... .. .. .. ..    . ||
  || .` ‐ '゙ ...  . ... ..      +. ... ... ||
  ||::: ::::........ :::... .... ..:::::::....::::::....゚.. . .:::...||
  ||  .. . ..   . . . .. .  . ...  .. .. .. . ||
  ||  l;;;;|    / ̄ ̄ ̄ \      ;;; ||
  ||  l;;;;|  /::::::::::::::::     \    ;;; ||
  ||;;;; l;;;;;|/:::::::::::::::         \;;;;.;;;;; ||
  ||;;;;┌;;;|:::::::::::::::::::::::        |;;;;;;;;;;;;||
  ||;;;; |;;;;;;\::::::::::::::::       /;;;;;;;;;;;;||
  ||;;;; |;;;;;;(⌒ :::::::::::::::     ⌒ヽ;;;;;;;;;;;;||
 [ニ二二二|  ::::::::::::::     | ニニニニ]
       .|  ::::::::::     |






         ____     l_
       /   u \    
      /  \   / \  
    / U (○)  (○) \ 
    |    u  __´,_  U |
     \u    /__/   /





326 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/12/04(土) 22:27:41 ID:Gp4VBBQ2

            ( ヽ、
     /.:. ̄ ̄__\ \
   /: : :    く__ \ \
  /: : : _  く__ \ \ ヘ /⌒/
/: : : : ´  , `└--ミ ヽ、\ - \ |   2、3、5、7、11、13、17…
: : : : :/´ `ヽ    丶  -     〉
: : : :.( ー‐ l    ( \        !
: : : : ヽ_ ` _ノ      \_ヽ     {
: : : : : : ´"''"   '   "''ヘ      > 、
: : : : : : . .    `     \   ∠/ヽヘ
\: : : : : : :. ⊂ニニつ    \(⌒)   ノ \
/ヽ: : : : : : : : : : :         ヾ、 /    \
   /: : : :``ー- -‐'"´     \/ \(
,'⌒ ゝ ハァ
ヽ_ノ






     /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
   /: : :             \
  /: : : :              \
/: : : : : :                 \
: : : : : : : :.._        _      \
: : : : : : : ´⌒\,, ;、、、/⌒`       l
: : : : ::;;( ○ )::::ノヽ::::::( ○ );;:::    |
: : : : : : ´"''",       "''"´       l
: : : : : : . .      ゝ         /
\: : : : : : :.  ー--- ‐'       /.
/ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
: : : : : : : : : :.``ー- -‐'"´        \
: : : : . : : . : : .                   \





327 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/12/04(土) 22:28:07 ID:Gp4VBBQ2




           「これは幻覚なんかじゃない――!」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                 /        \
_________∧,、 /  ─   ─   ヽ_____________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`'` |  (○)  (○) u | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                \   __´___    /
                /   `ー'´    \
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





328 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/12/04(土) 22:28:25 ID:Gp4VBBQ2

          ___
        ,/      \
     ,,---、   ノ  ヽ、\ ― 、
     l   l ( ○)}liil{(○)\  |   レオーノフ号、サーシャ!
     |   |   _´_    |  |   こちらはディスカバリー号のできる夫です!
     |   | ヽ |!!il|!|!l| //  /
     ゝ      |ェェェェ|     /
彡    \          /
   彡  /          |
      ./              |

――――――――――――――――――――――――――――――――――――


      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /             \ ._
   /                  ヽ| \
   l:::::::::.                  |.|_ |   もしもし?
   |::::::::::   (●)     (●)   | | .|
   |:::::::::::::::::   \___/     | | .|    おはよう、デニー
   ヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノ |~ /






      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /        U    \
   /  U               ヽ
   l:::::::::     \,, ,,/       .|   あっ、眠っていたワケじゃないよ!
   |::::::::::  |||(●)     (●)   |
   |::::U::::::::::   \___/     |
   ヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノ





329 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/12/04(土) 22:28:55 ID:Gp4VBBQ2

         ____
       /     \
      /ノ   \  \    ちょっと外を覗いてみてくれませんか?
    /(●) (●)  u \
    | u  __´__   U    |  それで何が見えるか言ってください
    \_ `ー'´    _/
 ⊂ ヽ∩ /        \
  '、_ \|         |
     \ \  /  /

――――――――――――――――――――――――――――――――――――


      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /             \
   /                ヽ  何もないよ?大宇宙のこっち側では
   l:::::::::    (●)        |
   |::::::::::          (●)   |  イオはいつも通り
   |:::::::::::::::::   \___/    |
   ヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノ





331 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/12/04(土) 22:31:23 ID:Gp4VBBQ2

  。    :::::            *          *
      ::::;;::::  。       o   。       o  ゚ (く、,,> ":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      :::::        。           。  ~〈/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   ゚       .   ゚    ::    .   ゚    :: 〃:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 *           *    ::;;::  ゚   *    ::;;~そ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   :::   。    ゚     ::;;;::    ゚   、_ ,, /::::::::::::::::::::::::、,ゝ===く:::::::,::::::::::::::::::::::::::::::::::::
           *    ::;;;:      o   `V::::::::::::::::::::、_γ      `ヾ,_:::::::::::::::::::::::::::::::
 ::  ,    ;    ;  ::::; :::::        。   l::::::::::::::::::::::く(   r,J三;ヾ   )>:::::::::::::::::::::::::::::::
. 。       o  ゚       .   ゚   ~v,ん:::::::::::::::´:::::::=; {三●;= }  ,=ニ:::::::::::::::::::::::::::::::
      。       .       *    ::;;::  l:::::::::::::::::::::::::::::ゝ≡三=イ ´::::゙:::::::::::::::::::::::::::::::
 .   ゚    ::     . 。    ゚     :、m,.. ,ゞ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   *    ::;;::  ゚  ;       *    ´ " ~ ヘ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::




      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /             \
   /                  ヽ   木星、
   l:::::::::.                  |   それに星がいっぱい
   |::::::::::   (●)     (●)   |    ・ ・ ・ ・
   |:::::::::::::::::   \___/     |   それだけだね
   ヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノ





332 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/12/04(土) 22:31:46 ID:Gp4VBBQ2

      // ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\\
    //             \\
   //                  ヽヽ
   l l:::::::::.                  | |  え…?「それだけ」?
   | |::::::::::  ((●))    ((●))  | |
   | |::::::::::::::::: \\___//   | |
   ヽヽ:::::::::::::::::::. \\//    ノノ






      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /        U    \
   /  U               ヽ
   l:::::::::     \,, ,,/       .|   おい!なんてこった!
   |::::::::::  |||(●)     (●)   |
   |::::U::::::::::   \___/     |
   ヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノ





333 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/12/04(土) 22:32:02 ID:Gp4VBBQ2

          ____
        /     \
       /  u   ⌒  \     自分が正気とわかってよかったですよ
     /      u (●)  \    ありがとう
     |           __´_ |
     \    u   .``ー/    ターニャを起こしたほうがいいでしょうか?
     ノ           \






      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ ヾ
    //         U     \ヾ  ガクガク
   /  U               ヽゞ
   l:::::::::     \,, ,,/       .|     もちろん
   《|::::::::::  |||(~)     (~)   |
   |::::U::::::::::   \___/     |ゞ   他のみんなもだよ
   ヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノ





334 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/12/04(土) 22:32:18 ID:Gp4VBBQ2

      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /              \    ヒックヒック
   /                  ヽ
   l:::::::::               .|
   |::::::::::   (●)     (●)   .|    デニー、こわいよ
   |:::::::::::::::::  U\___/    .|
   ヽ:::::::::::::::::::.   \/       ノ




       . ─―─‐ 、
     , "          \
    /           \
.    /        _/::::::\_ヽ
   |            :::::::::::::: :..
   |  u    ( ー):::::::::( ー)    怖くない方がおかしいですよ…
.    \             ´   /
     ,\        ` ー‐‐/
   /  ` ー─         \





335 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/12/04(土) 22:32:50 ID:Gp4VBBQ2

          ___
        /      \
     ,---、  \    /\ ― 、
     .l   l  (●)  (●) \  |   ターニャ、こちらはできる夫です!
     .|   |      '     |  |
     .|   |   |!!il|!|!il|  / /   起こしてすみません、
      ゝ     |ェェェェ|    ノ    例の奇跡が起こりました!
      \          /
       /             |
      /             |




       ,. -―- 、
     /        \
    /  -‐    ‐-  \    ザガートカがなくなりました
   i  ::(◯)ililili(◯)::: ヽ   ――そう、消えたんです
   {       `      }
    ゝ   `‐‐--   ノ    300万年居座った末、
     >ー       ゝ、   とうとう出かける気になったようです
   /´             ヽ
   l    i          l  i
  .l    l        .l  .i
  l    l         l  .i





336 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/12/04(土) 22:33:18 ID:Gp4VBBQ2

                    


                    


                    




|         |     _____
|         |     |      |
|         |     |      |;
|         |     |      ,,|;:
|       / ̄'\      ̄ ̄ ̄ ̄
|     /     |
|    /      |
|  /        / ̄ ̄ ̄\  .___
| /        /      ./|./      ̄ ̄\
|| ̄ \   /      ./ /            \
||   |  /      ./ /l二二二二二二二二二 」
||   |/      ./ /   | |          | |
||     ̄ ̄ ̄\/ /    .| |          | |
||          |/      ̄              ̄
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´゛゛゜





337 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/12/04(土) 22:34:18 ID:Gp4VBBQ2

       /: : /: :/ィ′′ /: : : : : : : : ヽ :\ | : : ヽ : \
      /: : /: : ′: /: : /: : : : {: : : : : : :\: ハ: : : : ',¨\:ヽ
     r==f{ : : | : : l: : ∧: : : : ヽ: : : : : : : |: : ', : : ハ、  ミヘ
     |  / .| : : |: : A 、|_ハ: : : : l \ : : : A: ‐ j‐: : : | ヽ  ,′
     ア  | : : |: : ハ {   ヽ: : |  ‐七/ } ハ: : : : !、 ∨:1    できる夫――
    ,' >、_ ハ: ::ト {ィ尓了ミ  ヽ{   ィ云 ミK.|: : : : |⊥≦: |    やる夫のメッセージかなんだかを
    / / / /: ヽ : { トイ } |       |心 j:l  !: : : : ! { V     もっと真剣に受け取る用意ができてきたわ
.    / /.7 ハ : : ド、弋__り        七_り'  |: : : :ハ ヽ \
   V: :/ /: :{.∨∧       '        ,'.: : :,' 八 {\/    こうなっては、そうしないほうが馬鹿ね
.   |: :l l: :∧ {: :ハ            'J イ: : /‐': : l |: :|
.   |: :|V /l: :ハ: : ハ     - ー-     /:l :/ : : : : !ィ: .:|
.   |/.|:/:.∧ : : ヽ : : {>‐一、      イ: :〃: : : : : ノ |: : |
.   | lハ: : ヽ: : : \/ _. -、__〉_ . ≦に: :/: : : : :.ィ: : :|: : |
       V_r-ヘ 〃 ´  ` 〈 /    ! ´/: : : ::/: 八: :ト、/
     .イ l  | ∨  ¨ ̄ヽ }′     ハ |: : / ̄7 7- ァ、
    / l !  ! }  ‐…、 V_ _  , -} lイ   / / /  ヽ
.   /  .l !  ! } ー   }ノ|´ _ `ヽ_/     / / /    \





         /.: : /二二二二_ ヽ| : : : |: : : : : ヽ
        /.: : : : :/.: : : : : : : : : : :\| : : : | : : : : : :∧
.       /.: : : : : { : : : : : : : : : : : : : :| : : : |⌒ヽ: : : ∧
      /./': : : : ∧: :!、 : : :| : :l : : : :| : : : | \ 〉 : : :.!
      i:,' l : : : : i斗::| \ : :|ヽ」x' : : | : : : |   〉'.: : : : |   でも、ここにいるのが危険だとしても
      l| ! : : : : |,rfトl、   x|' ,ィチえ、| : : : L. イ.| : : : : |   リスクの大きさを天秤に掛ける問題は残るわ
        l : :|: : '. トィl      {.ノ::リ'^| : : : :|`i | | : : : : |
        ト、: |: :ハ ー'     ー‐'  .| : : : ,'_ノ l.」 : : : : l   圧倒的な理由があるならまだしも、
        | :N :| :'.  '      'J j : : :/. :レ : : : : :,′  私にはいまもってそこまでの確信は持てないのよ
        | :l | :| : \ ー 、     /. : : /.: : : : : : : : /
        | :| ヽ| : :l : `  . __..   ´'. : : /.: | : : : : : :./
        l :| | :|∨ : : :r‐}  /' } :./ヘ | : : : /.::/
.         ヽ!  ∨:L.ゝ‐'´/   /,::/  .ソ.: /.::/
          /7N  ∠`ヽ/ /' /- '´` ー'-、
         / /   /¨ヽン         _.  '´  '.
        , ′   /  , ′      /     |





338 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/12/04(土) 22:34:37 ID:Gp4VBBQ2

                    ィ ‐―- 、__
                ,-‐ァ´/  ∠-―‐-、‐ 、
               〃 _,':  /-―――-\ ヽ
     〃   ̄ ̄\  入{≧ 7: /::../:/:   ,イ}ハ:\l
     |     ヾヽーくぐ{:ナ./.::..,'::/厶!:. /l:: i:::}:!:バ―――― --  、
     |       !l   ¨ヽYl:::::::l:ハ{八X_ , l:;!ィリ:: } }´          ヽ  あるのはただ…幽霊からのメッセージだけ
.     l       l   }=l:::::::l:{ ャtr-ュミ  jノtrァルリ!    ∠彡    /
     l       l ノ人fl:::::::l  `ー'   、`' {´イ::|  /      ./   こんな証拠は法廷では通用しそうもないわね
      l       k≠^ヽ|:::::::l       _ ,  八i ::|'/       /
      l       ヘ\::ハ :::ハ.    '´‐,‐' イ::::l|::l       /
       ヽ       {ハ、::ヽ::::i> , 、.. _/:/:: / リ      ./
        ヽ       |ヘ:::jヽ::! fヘ ヽ::::/{::./      /
         丶       !| |lV j/|>‐くヘ ヽ{ハ:{     /
          |~\    i | |l   |ニ二ニ! || !    /
          |  | ヽ  ./ | |l   |   l. || !  >'´
          ヽ_| ヘメ  | |l   |   l. || !/
       _ ____l     l ll   |   / /イ
.     〃〃   l     \\ l{{T}// /
      | || o   |       \`jl 〃 /
      | ||     !        ヽ!V/  {





339 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/12/04(土) 22:34:55 ID:Gp4VBBQ2

            ___ _
         -‐''"´ ̄ `  `''ヽ=、
     ,.‐''"´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   r(:::::::::::::::::,、_ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::
   ゞ, rr~ヅ   ミ:::::::::::::::::::::::::::::::::
    フハ       ミ::::::::::::::::::::::::::::::     それは軍の査問会議だって同じさ
.    l __,,. -─¬,〈::::::::::::::::::::::::::::::
     〉゙゙`'''Tjフ ̄   ヽ::::::,ィ ,、ヽ:::::::     仮にみんながあんたを支持したとしても
.    /   ,.‐'"      }:::/ /ヽ ハ:::::::
   /..             "´ 2ノ/ l:::::
.   ヽ.ニ,`           __/ :l::::
.     'ーr_‐;        .ィ    l:::
      〈..        /:{      ヽ
       `}     /:: ! i
       丶、,、. イ::::::    !




            __ __ _
.        _ , '"´  ,. _ ___`丶、
      / ` /  /´-‐ァー-ヽ \
.      / /下7 ..///.:.::/ .:.:ト、 ヽ
     / └イ_j/ .://;へ、/!.:.::/:.}ヽ ',     そうよ、ウォルター
    ,'  ///!l .::j.:lイ仔くヽ/,.イ,.ム:.', l     それが頭にあったの
    ,   '〈/f`| l ::l`' ゞゾ '´ rャjノ::.l:. |
    |  l:l :!:{、| l ::|        マソハ: |:: |     ただし無事に帰還できれば
    |  l:l::i个| l ::l!     _ ′ } .:}:.l:: l     いっさいの名分は立つし
    |  lハ:l::{::', ::::{、         /.:/::.l:: l
    l !:|:::',::',::ヽ:::ヽ\._    /.:/::::/l::;!     ――帰還できない時には
.     ',::{:{、:::ヽ\:\;ゝ `「:フ´!::::/;:::/ 〃      何の問題もないわけでしょう?
.     ヾハj>''´ ヽ ト、_..上くイ::::{ {::{/
    /⌒ヽ、\ ` \-ー ̄\ヾ
   /     ヽ \\    \´ ̄`ヽ、
.   l     ',  \\   \  __| \
.   |      ',   \`ヽ、  ∨n| } ト、





340 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/12/04(土) 22:35:05 ID:Gp4VBBQ2

          /::;//: : : .::/: :; :/: : : : : : : :ヽ、: :\|:: : :ヽ、:: ::\
         /:;/ /:: : : ::/: :/:::{:: : : : : : : : : :ハ:: : .:ヽ:: : :∧:.: :ヘ\
         く´ , /: : : :;/: :/|:: :|∨: ::|:: : : : : : :}:: : : .:ヘ: : : ハ: : :∧ \
        /:;>'´ j: : : : :{: : |`ト、;l ∨:〈ヽ、: : : : :;ハ:: :;/:;〉:: : :|:: : : :ハ. \  これを地球に報告したら、
        jく   |: : : : :|ヽ::{ _レ'\ ヽ:| ∨:.: .:/ ,Χ:: :;/ : : : :|: : : : : }  `  ひとまず私は寝るわ
        |: :\  |: : : : :| ,ィチ弐ゞ、\  ヽ::;//__,レイ:.: : : : :|:.: : : : .:|
       |: : : ::\|: : : : :| {i´f-'ュ::ハ`    ,,.ィチテ心、 |:: : : : :l:: : : : : :|     一晩時間をおいて、
       |: : : : ::_;|: : : : ::| `、V:tィ::;リ      ん'r::ハ i} }:: : : :;/::: : ::i:: :l     朝になったら決定を伝えるわ
       |: : : ::{´ |: : : ::γ⌒ヽー'"     ,  V:tィ:;リ,,'/:.: ::/::.: : : :}:.:/
       |::|: : :ヽ、|: : : : {    }  __     `‐-'" /::;/::|: : : : :/j:/
       |::|ヽ: : : :|: : ::;rゝ  ,,/ /´   `ヽ、     /:':´::::::::|:: : : :/ '"
       レ'  \: :ヽ厂、`ヽ {、ヽ、    ,〉   ,ノ:::::;:::::::::j:.: : :/
           ヽ:〈ヽ、_,j__,}  `'⌒)─:r'-‐=、´::::::/|::.:::/|: : :/
           / { ゝ-'_,,_,ノ ̄\__`__|  `ー-.、|::;//: :;/
           { ゞ`ー-"ノ j\\  \ニ|   / /ハ' /:/





341 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/12/04(土) 22:35:30 ID:Gp4VBBQ2

           ターニャの短い報告は、火星の軌道付近で
           地球からのメッセージとすれ違った

           ベティ・フェルナンデスがとうとう話し出したのである


                   _,..-‐''''""~´ ̄ ̄ ̄ ̄~"'''‐-,.、
               ,.-‐''" ──‐‐''",.、.:.:.:.:.:.:.:\、.:.:.:.:.:.:.:~"'‐-、
             ,.‐''"''''""~´::::::::::::::::::::::\\:::::::::::::::"'''''\"''--、.:.:.゙''‐.、
           ,.‐'":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙''‐、''l:::::__,....-‐'''"    ''.:.:.:::゙'ヽ、
         ,.‐'"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::~"‐--‐‐,        ''.:.:.:. \
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/"          .:.:.:. ゙‐、
      ,."::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/               .:゙‐、
     ,.".:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/~                  :`、
     ," .....:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/´                      ゙、
    ,"  ......:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ,                       ゙、
   /       ........:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|                        ゙;
   ,'            ヽ...:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::)  __                    ゙;
  ,'            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/~   (:::::::/                   :,
  ,i            ヽ,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(    ノ::::/                    ;
  i             `.、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::)   .|::::|                     i
  |               ゙;:::::::::::::::::::::::::::::i'""      ̄                     .i
  .l                \:::::::::::::::/                             .;





342 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/12/04(土) 22:35:49 ID:Gp4VBBQ2

『こんにちは、地球さん』のニュースディレクターが
スタッフの中にやる夫・ボーマンそっくりの男を見つけたのが事の起こりだった


                  ____
                 /_ノ  ヽ\
               / =⊂⊃=⊂⊃、
              /::::::::⌒(__人__)⌒\
              |      |r┬-|    |
              \       `ー'´  /
          ⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ
            \ ヽ  /         ヽ /
             \_,,ノ      |、_ノ





343 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/12/04(土) 22:36:01 ID:Gp4VBBQ2

才気あるメーキャップ・アーティストが細かい所を詰めて相似を完璧にした


                  ____
                 /_ノ  ヽ\
               / ( ●) (●)、
              /::::::::⌒(__人__)⌒\
              |      |r┬-|    |
              \       `ー'´  /
          ⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ
            \ ヽ  /         ヽ /
             \_,,ノ      |、_ノ





344 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/12/04(土) 22:36:33 ID:Gp4VBBQ2

彼がドアから踏み込んだとたん――

           ____
         /      \
        / \    / \
      /  fてハ`  ィて刀 ::\
      |      (__人__) :::::::::::|
      \      `^´  :::::::/
      /     ー‐    \




 /:.:./:.:.:.:.:./:.::.:.:.:/:.:.:.//:.:.:.:./:.:.:.:.:/:.:./!:.:.:l:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.',
 :.:.:.:!:.:.:.:.:/:.:.:.:.:/:.:.:.://:::::/:.:, イ:.:.:/ /!:∧:.:.:.:.:.:',:.:.:.:.:.',
 :.:.:.:',:.:.:.:,':.:.:.:.:.:!:.:イ//==、ヾ /:.:// |/┼:、:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:l
 :.:.:.:.:.:_!:.:.:.:.:.:|:/フ´ヒタ::::} ノ' ´   ノ=ミ、レヽ:|:.|:.:.:.:.:.:|
 :.:.:.:./  |:.:.:.:.:.:|:トヽ〈:::::::::::l      ヒタ! }lノ:./!:.!:.:.:.:.:|:!
 ヽ:.,'/⌒|:.:!:.:.:.:!:',、 ゝー '      l::::ソ ノイ':.:.lイ:.:.:.:.:.l:|
 \.',  l:.:.:.:.:.:.|ト、           ` '  /}:.:.〃:.:.:.:.:.!:l
 _`ヽ_┤:.:.:.:.:|i ヽ         '     ,'´:./:イ:.:.:.:.:.| l|
 _ ̄§',:.:.:.:.:.|l       、 - ,    ノ:// |:.:.:.:.:.l |
    ̄§、!:.:.:.:.:|:!\       ̄   ,  '´`丶く ,':.:.:.:.:,' |
 ‐フ'´:.:.:T',:.:.:.:.:!|  `丶、    ,  '´    / l:.:.:.:.,'  j
 /:.:.:.:.:.:/ ',:.:.:.:.',ト、    ト - ' ー- .._  /   ,':.:.:.,'
 :.:.:.:.:.:〈',ー ',:.:.:.:',ト ``ーく二{      {   ,':.:.:.,'
 :.:.:.:.:.:.:ヾ  ',:.:.:.:', ``丶くM {   ー---| /:./


                 ――ベティは魅了された





345 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/12/04(土) 22:37:01 ID:Gp4VBBQ2

ベティが彼を――やさしく――家の外に放り出す頃には
取材は実質的に終わっていた


            , '´⌒´`ヽ      , - -
            l ノ/ノ )))〉     /  (● ●
          Σヘ〈 ゚ ヮ゚ノ      /^)(__人)^)
           ((⊂》i卯《つ    __ヽ     /
           )ノ fく/_|〉     (__   〈
              し'ノ           ヽ_)





346 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/12/04(土) 22:37:15 ID:Gp4VBBQ2

しかも、天晴なことに
彼はこのネットワークらしくない意地悪なシニニズム無しに
これを報道したのである


          ハァ   ___
            / ⌒  ⌒\ ハァ
           /.=⊂⊃=⊂⊃=\
         /   ///(__人__)///\
         |  u.    `Y─┴──┴──┐
      ハァ  \,,     :|            |
           /⌒ヽ(^う.          |
           `ァー─イ.           |
           /    :|______ _|
           /      /
         /      ⌒ヽ
      ___/  / ̄ ̄`)  ノ
     (__r___ノ     (.__つ





347 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/12/04(土) 22:37:36 ID:Gp4VBBQ2

そして、彼はその年のピュリツァー賞に輝いた


                              ,.へ
  ___                             ム  i
 「 ヒ_i〉                            ゝ 〈
 ト ノ                           iニ(()
 i  {              ____           |  ヽ
 i  i           /__,  , ‐-\           i   }
 |   i         /=⊂⊃=⊂⊃=\       {、  λ
 ト-┤.      /    (__人__)    \    ,ノ  ̄ ,!
 i   ゝ、_     |     ´ ̄`       | ,. '´ハ   ,!
. ヽ、    `` 、,__\              /" \  ヽ/
   \ノ ノ   ハ ̄r/:::r―--―/::7   ノ    /
      ヽ.      ヽ::〈; . '::. :' |::/   /   ,. "
        `ー 、    \ヽ::. ;:::|/     r'"
     / ̄二二二二二二二二二二二二二二二二ヽ
     | 答 |       ピュリツァー賞       │|
     \_二二二二二二二二二二二二二二二二ノ





348 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/12/04(土) 22:38:09 ID:Gp4VBBQ2




              , イ    イ‐┼、
      /|「 Tヽ._,.イ//    i、l__l__,.li   l二¨ \
     .イ (◯) l(0ヽ/:/'"三ヽvェヘi]ニフ   l!‐-i、 、 ヽ
     lj_l.-┼‐┼-、レi个llllTヘil∠.,  ̄ lli「`ヽ_l!;;;;;;| l i i l
     \. _l____レ'イ』」j!!!川ノ` o` 、 llli ,.へ =ヾヘ|TTTl
       `ー-r‐フ′  ̄l`7   _,,. -'illiく.  l  Λ ll l /
         レ'     . 「L=',ニ -''"´|li`、` 、」くヽ ヽレ′
                Ll-l:    |lli  `'/  く>メ、
                 |へ、   .|lli  /   ト-ーへ
               ≒=`T二`ーllli‐イ    |エ=-ハ
               ,.-‐己三ミ「r干i|ス    ヽ-イ ハi
              / / レ' ̄7ヽトl┼l/へ、    ヽl_==jl
             .l- ナ┘ ./ /ヽ.ll/ ヽ. \     Lf-|l
              レil   ./ /7  Λ  ヽ へ   り
              .レ' ´ヽ.//   ヽ.ヽ  ':ト、 \





349 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/12/04(土) 22:38:30 ID:Gp4VBBQ2

             ___
            /      \
          /_,ノ   \  \     フェルナンデス夫人がもっと早く話してくれていたなら…
         / (ー)  (ー)   \
         |      '         |   こっちの手間も省けたでしょうに
   ,'⌒ _ \   ⊂ニニ⊃   /
   ヽ_ノ   /          \




         ____
       /     \
      /  ⌒   ⌒\     なんにせよ決着は付きました
    /   (● )  (<) \   これでターニャに疑念の余地はなくなります
    |       __´___    |
    \       `ー'´   /    このニュースは朝まで取っておきましょうか?
      〉         ⌒ヽ
.     |          、  \_
      !          ヽ   _⌒)





350 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/12/04(土) 22:38:50 ID:Gp4VBBQ2

      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /             \   もちろん。
   /                  ヽ  重要には違いないけど緊急じゃないからね
   l:::::::::.                  |
   |::::::::::   (●)     (●)   |
   |:::::::::::::::::   \___/     |
   ヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノ




        ______
.      /(●)    (●)\
    /     \__/    \    それにキャプテンは眠っておいた方がいいんだ
   /..        \/      ヽ
   |::::::                 |   これからはみんな、まともな睡眠なんか
   l:::::::::::               .|   取れないんじゃないかと思うよ
   |:::::::::::::::::.....             .|
   ヽ::::::::::::::::::::::::::::......         ノ





351 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/12/04(土) 22:40:40 ID:Gp4VBBQ2

ある意味で、できる夫は途方もない安堵も感じていた


        ___
       /      \
     /   ⌒  ⌒ \    とうとういっさいの疑念が吹き払われました
    /   ( ー)  (ー) ヽ
    |  u   ___`___     |  ターニャにはこれ以上留保する理由がありません
    ヽ、    `ー '´   /
 ⊂⌒ヽ 〉         く /⌒つ
   \ ヽ  /      \ ヽ /





352 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/12/04(土) 22:40:54 ID:Gp4VBBQ2

            しかし、もっとはるかに大きな疑問は残っていた
                   ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
                何が起こりつつあるのか?

{    !    、,ゝ===く::::            _       、,ゝ===く::::        !    }
ィ彡三ミヽ `ヽγ      `ヾ,              、  γ       `ヾ,    /` ィ彡三ミヽ
彡'⌒ヾミヽーく(   r,J三;ヾ   )>                 く(  r,J三;ヾ    )>   ー彡'⌒ヾミヽ
     ヾ、  ;   {三●;= } ,=               ′  ヽ;{三●;= }   ,=ソ  /
  _   `ー―'ゝ≡三=ノ                    ゝ≡三=ノ `ー―'
彡三ミミヽ                                            彡三ミミヽ
彡'   ヾ、    _ノ                              \_   ヾ´    ´ミ
      `ー '                 ____                 `ー ´
 ,ィ彡三ニミヽ  __ノ            /::::::::::::::::::\                  ,ィ彡三ニミヽ
彡'                     /::::-::::::::::::-:::\                       ミ'
      _  __ ノ       /  (   ):::::(   )  \              _
   ,ィ彡'        .      |    :::::::__´___:::::::   |               ,ィミ'
ミ三彡'        /⌒      \    ::::::::::::::::::::   /                  ミ三ミ'
       ィニニ=- '         ./ ::::::::::::::::::::::::::::::: \              ィニニ=- '
    ,ィ彡'                  |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|                 `ミィ,





353 名前: ◆aPlPNXeb6g [] 投稿日:2010/12/04(土) 22:41:27 ID:Gp4VBBQ2

今のできる夫は逆らいがたい力に翻弄される身だった

その力は単に見えないばかりか、想像を絶するものであるかもしれないのだ


           ,   -z―─―-  、
       ,  ' ´弌孑y ´' zk  三ニ`丶、
     , '   ...::::::::::::::::::::::::::::::::.... ≠ニ三丶、
   /z'' ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.... ー ニ三\____
  /y' .:::::::::≠:::::::::::::::::::::, - ─ - 、  ー≠ニ三三三`丶、
. /≠' .::::::::ニ=::::::::::::::, '           \       ''''ニ三 n
/    .z::::=三:::::::::/                \  /  ̄ ` ー 、 `\
  ≠=:::::ー=    /              / /((○)) ((○)、三)
  z   三  '''' ,'                  ,' /  '⌒ __´___⌒‘ゝ'  ギャー
  ニ ー=, z≠!               V       |r┬-|    |
 ー' 三ニ ,kz'!               \    | |  |  /
  ,ィk =ニ=  ,z|                 ノ       | |  |  \
    ≠三 ¨  ',              /´       `ー'´    ヽ




                                              第13話 END





357 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 22:50:10 ID:xXLMmZ4Q

乙でした





356 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 22:48:38 ID:OblqtgY.

お疲れ様です





355 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 22:43:17 ID:zfAP1xe6

次回も期待しています





360 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/12/05(日) 15:43:12 ID:MHdU5evE

やべえ、原作まだ読んでないから何が起こるのか楽しみ





358 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 22:50:39 ID:dY78DL/I

今後の展開がどういう風に再現されるか
小説や映画で知っているのに、ますます待ち遠しくなりました





362 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/12/06(月) 17:51:56 ID:ojxUXt6M

無事に帰還できるのだろうか?










投稿日 : 2011/01/21 | カテゴリ : 宇宙の旅 | コメント数 : 3
■コメント一覧
  • No.8942 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年01月22日 11:16 [ edit ]

    ドッキング姿が卑猥すぎる・・・w



  • No.9077 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年01月26日 19:12 [ edit ]

    312がツンデレすぎるw



  • No.9159 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年01月29日 22:16 [ edit ]

    >>314 そ の 発 想 は な か っ た 。

    しっかし、ハルすら覚えてなかったのかよ。できる夫マジ孤立無援。

    >>316のハルが可愛すぎて悲しい。
    キミの身体、ブースターとして使い捨てられるかもしれないねんで……



■コメント投稿
     行間隔の関係でアスキーアートを貼りつけてもズレが酷いことになりますので、
     アスキーアート付きのコメントは削除する方針です。
     荒らしの書き込みに対してレス・言及しているコメントも削除対象ですのでご注意ください。
プロフィール

管理人 : 「ピチカー党員No.11」こと金ニダリスト

       ___
      |それ金|
    z'| ── 、
    / ハ ヘ u ヽ
  人/ノヽ ミ=‐...|_     生活の中心が株になっとる
    }≦ u 爻r.j. |彡}
  (  u  リ У{三≧
   ` ー─t r三勿 {气}
      厂 ̄(三)  `气


◆カウンター(ユニーク)    ◆カウンター(トータル)
       


全記事一覧

RSS

管理モード
ツイート
最新コメント
最新記事
まとめ記事
【歴史系】
【物語系】
【ゲーム系】
【学ぶ系】
連絡先はこちら

苦情・相談などありましたら、
下記のメールフォームにてご連絡ください。
(ファイル添付可能)

連絡用メールフォーム

貰い物紹介

TOP画像募集中

  

ダンジョンマスター作者様からいただいた逸品。
カナ、マジプリティ!



  

  

帽子屋HeII0様からの贈り物、しかも二枚!
各作品に対する愛情が伝わってきます。
帽子屋HeII0様のブログ - 「-simulacra-」

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
© それにつけても金のほしさよ All rights reserved.
まとめ