■新・やる夫の関が原戦線異常アリ 番外24 「儒学バカ一代」
19 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/02/16(水) 22:01:14 ID:mN0HA4fw

<番外24 儒学バカ一代>

近世儒学の祖 藤原惺窩の出自は
「新古今和歌集」を編んだ藤原定家の流れを汲む名門・下冷泉家である
下冷泉家は 戦国時代には荘園を持つ播磨国三木で土豪化し その地を治めていた


                   ___, -‐ー‐- 、
                  , ´           \
                 /,       ー 、_   ヽ
              ,イ"´ ,  ;' _      "ヽ, ヘ
            , '⌒ヽ  ;| ,/    , -‐‐-、   i
           ,'゙:::::::::::`、 { / _, '"´::::::::::::::::ヽ ,:} |
          ヘ__,'^ヾ::::::ハi |;;く_:::::;;;;::::∠ ⌒ ー' |r y
            ゝ 弋_'ー'ラゞ"ー-;;, ニ'ー'ニラ    '、
           l ,'  :.:.''"{;|   `ヽ';:.:..     l|´ヽ l
           { |    ;;/'   ┐       { |r} | i
           ゞヘ   ゙゙"ゝ-‐'^ ゙'''''   ┌ノ |二' /
            `゛リ ,´二 二 二二`ヽ  |{  {ー t'
             | }i 、, -‐‐‐- _  ヽl  |   |;, ヘ
             | |l 、 _______  ,` l|   ;;  ';; ヘ=、
             | ,;'  ` 三  `.   ||  ;  / ;  冫}ヽ
             };/   ≡       ||   / ;,/〃三ヽ
           ∠ヘ    三        || <"/ /三三 三 ヽ
          t三三ヘ   三      イ;;'" /  /二 三 三∥=
      -‐ .∥三三./lゝ ─── <:;:;'" / //三 三二=∥三三
三三三三三 ∥三三/ i::ヾ'';:;:;:;:;:;:;:;; '" / / /三三三三∥三三三
三 三 三三 ∥ 三./| |:  ;:;:;..    / /   /三三 二=∥三三三  ← 藤原惺窩
三三 三 三∥ 三 / | |  ;:;''   / /    /三三三二=∥三三三


次男であった惺窩は 幼少時に禅寺に入山し僧となり宗舜と名乗った
禅寺で神童と賞せられた宗舜は太平の世なら名僧として一生を過ごしたであろう





30 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/02/16(水) 22:06:18 ID:BTpiFs3Y

十人いれば天下が取れるw





21 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/02/16(水) 22:02:39 ID:mN0HA4fw

だが 天正6(1578)年 宗舜の運命は大きく変わる


                                    _
                                    /|: : :.:::|
                                l   | : : : :|
                                 |   |: : :. .:|
                                 |   |: : : :.:|
  iv'ヘ                                |  |:|l==|
  | ;`;|                            |  |:|》: ::::|        i'1
  | ;'l:|           i'`'i             、       /|  |:|\ : |  .      |;'|       ,、
  !:`l'|  ζ\     |;`;|             ∥       〕 .|  |:|  || | ./\   _.|;'|       /.:〉
-、_|_.;l:|   \';、\  :|':i;;|     .  i'1   ||/>  r┘.:|  |:|  ||::| |  ∥‐┘ .:|';|──へ./.:/_r‐
ー|_}:;|    \';、.\|;';;;|   ./〉 |;|_r//  /| ̄\:|  |:|   ̄ .:〃../>.::|;'|:::::::::::::::/.:/:::::::::::
-|_|`|_r:‐:‐:‐:‐\';、\;| r‐//┐_|:|::::::::;⊥、r/.::| .:::::::|/\/\   《// ..:::|;'|:::::[]::::/.:/]:::::::[]::
ー|_};|::::::::::: : :: : {二l\;i`!、::://:::::::::::::::::::r| .::| /.:::::く\/   〈:::.:... \ 》 ' .::::::::/|\_n::::::::::::::::::::
-|_| ̄/\:::::::/`|_{┬| |;、\::::::::i'|::::::r┴冂、 .:::::|::\\ _____:::::.:..〉″へ:::::/ .| |: : : |:|::::::::l`!へ、
ー|_}::/ 、';';〉.:/ /{_|┴lニニニニニl.r┴、_|_|_|:>:::::___|」__:l;_;_//..::. `〈 :| |: : : |:|::::::::| |: : :
-|_;l'_;_;_∠;/_/___l_,,:;;}┬┴┬┴┬┴┐::| .:::|_rェ┘__;!___;!__;|_;_;:::.:/ : :| |: : : |:|::::::::| | : :
~゛'' ┘⊥ 」_ |  |{_|┴┬┴┬┴┬┴┤ .:|_;!__;!__:l__;!__;|く___;_/\_;_;_;|;|-∠|_|;_;_;
         ~゛'''' ┴'::⊥Λ二\.:|  .:|ー:|__;!__;!__;!__:l__;l:::...\/<>::.  ∠二
 `     , '  .   `   ∨_,,,;;;;/. ~゛`┴ -'⊥ .」_;!__;!__;!__;!_;ト、 r─‐-、   ...:.:.:.::.:
             ,                 ~゛ ┴  ⊥. .,_..:::| ::/ ̄. ̄'"ヽ┴-、_;_;_;_;_;_;_
                     ,,       `            ~゛'' ‐-|\___ト--/.. ...:::::::./|
  `             .,     `    ,.            '     \|__;_;_;_;_;!─l二二二l/


その年の4月 実家である下冷泉家が
三木城主の別所長治に急襲され 宗舜の父も 跡取りであった兄も殺害された





24 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/02/16(水) 22:03:54 ID:YV9vJPVI

別所さん、意外とワイルドだなw





23 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/02/16(水) 22:03:50 ID:mN0HA4fw

この頃は羽柴秀吉を総司令官とした織田信長の「中国征伐」の真っ最中である
一旦は織田方についた長治であったが
再び毛利方に寝返り 織田家に通じていた下冷泉家を攻撃したのだ



    _ , -‐ ''´ ̄'' ‐、   ヘ   |l  {  {    ',
  /::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ,    ヽ、  il   |   ',   , -‐‐ 、
 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、_   \ ',  lil  ノ  ,':::::::::::::::::::i
. レー´"ヾ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`"゙`'ヾヽ ', {i' /::::::::::::::::::::::}
    く ̄ \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ } l| /:::::::::::::::::::::::::::::l
     \   `ヾ、:::::::::::::::::::::::::::::::/ , 'ノ /:::::::::::::::::::,ー‐ i
      \ ◎  ̄_弋:.:.ー-イ__イ//:::::::>ー   /
    ...:.:.::::::::`::-‐::'":::::::::::.へ`ヽ‐- く ー‐'◎  /   イー、
      .:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::ヘ`ー ' Y:.`゙..ー..'""   {;;   i
|        ......:.:.:.:.::::::::::::ヘ     |:::::::::.:.:.:.:....  ヽ;  l
ヽ     ...:.:.:.::::::::/⌒    ,.,.,.,.,.|_::::.:.:.       };  | :
:.:.ヽ      _:.::ヘ.. :::::::::..     ゙i `l::::.:..       l; ,'
:.:.:.:|    /;;;;;;;;;;ヽ,  .:.:.::::.:............  l∠::::.:.:.      /: / :  な なんという非道な……
:.:.:.:}   i´, ´⌒ヾ、` 、_ \_:::::;;∠ -‐、:.:.   , ' /;: /
:.:.:.|   / /    _ ー`ー-≡ { 、三二ーヾ i:.:.::::::'゙,'::r / :
:.:.:.|  / /  /´ ___ ` ‐-   ー 、  ヽ.|.:.::::::..{;;/
:.:.:{   / /  , t二t─‐tニーー一 、 ヽ | |.:.::::::: ∥ :
:.:.:|  / /  ゝ-‐  ̄ ̄ ̄ "''一‐- 、i l i |.:.:::::. ∥ :
:.:.:| / /   ヾ::::::::::::::.:.:.:.:..........     ヽ  }il.:.::::: ∥ :
:.:.:l 川    ` 、::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.::.:... ノ  |li.:.::::::∥ :



竜野景雲寺で 御家の滅亡を知った18歳の宗舜は……





25 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/02/16(水) 22:04:28 ID:mN0HA4fw

    _ , -‐ ''´ ̄'' ‐、   ヘ   |l  {  {    ',            / ̄ ̄/
  /::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ,    ヽ、  il   |   ',   , -‐‐ 、        /        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/
 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、_   \ ',  lil  ノ  ,':::::::::::::::::::i       /               /
. レー´"ヾ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`"゙`'ヾヽ ', {i' /::::::::::::::::::::::}   /__/ ̄ ̄ ̄/   /
    く ̄ \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ } l| /:::::::::::::::::::::::::::::l               /   /
     \   `ヾ、:::::::::::::::::::::::::::::::/ , 'ノ /:::::::::::::::::::,ー‐ i             /   /
      \ ◎  ̄_弋:.:.ー-イ__イ//:::::::>ー   /           /__/ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/
    ...:.:.::::::::`::-‐::'":::::::::::.へ`ヽ‐- く ー‐'◎  /   イー、                /  __     /
      .:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::ヘ`ー ' Y:.`゙..ー..'""   {;;   i             /_/ /   /
|        ......:.:.:.:.::::::::::::ヘ     |:::::::::.:.:.:.:....  ヽ;  l                  /  /
ヽ     ...:.:.:.::::::::/⌒    ,.,.,.,.,.|_::::.:.:.       };  |                   ̄ ̄_  _  _
:.:.ヽ      _:.::ヘ.. :::::::::..     ゙i `l::::.:..       l; ,'                   ///// /
:.:.:.:|    /;;;;;;;;;;ヽ,  .:.:.::::.:............  l∠::::.:.:.      /: /                    ̄   ̄/ /
:.:.:.:}   i´, ´⌒ヾ、` 、_ \_:::::;;∠ -‐、:.:.   , ' /;: /                         
:.:.:.|   / /    _ ー`ー-≡ { 、三二ーヾ i:.:.::::::'゙,'::r /
:.:.:.|  / /  /´ ___ ` ‐-   ー 、  ヽ.|.:.::::::..{;;/
:.:.:{   / /  , t二t─‐tニーー一 、 ヽ | |.:.::::::: ∥
:.:.:|  / /  ゝ-‐  ̄ ̄ ̄ "''一‐- 、i l i |.:.:::::. ∥
:.:.:| / /   ヾ::::::::::::::.:.:.:.:..........     ヽ  }il.:.::::: ∥
:.:.:l 川    ` 、::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.::.:... ノ  |li.:.::::::∥





27 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/02/16(水) 22:05:11 ID:mN0HA4fw

\                                       /
<  
わしが下冷泉家次男 竜野景雲寺の僧 宗舜である!!  >
<                                       .>
/∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\


                    ,r'"´丿ヽ ̄`ヽ、
                 / ,r;:;:、 ⌒   ,ィ;:!
               /  ,イ;:;:;;:;::ゞ、 i ,r;:;:;:,、j
               _」 ,′'´r ェェ-、  j;:イェェ、l、
             / ゝ,イ j `ヽ`"´.::;;  ト、"´ ヾi
             ! ,イl〈〈    ,ィjハノ。 。,j、、,,.  l
                |  Y」 i; ,r'´r-、ニニニ = i! ,/
             !  ,'  / ,イ,ゞ-j!ーi!ーl-{ i! |
               ,>,イ  ,!  i/       ,! il,!
            /.:.:/ i .,'  / -‐' "´ ̄ ̄``、ハヽ
           /.:.:/  | ,' /  ‐'´ ̄ ̄``ヽ `j ,!
         _/.:.:.:.:i  l  ゝ、_      ,:;' ヽ ー' /ヽ
    _,,,/.:i|.:.:.:.:.:.:|  ゙、        ,:'    /.:.:.:\_
_,ィ´.:.:.:.:.:.:.:.:i|.:.:.:.:.:.:|   `ゝ、. : . : . : . : . : . : ./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ___
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i|.:.:.:.:.:.:|    i  ``ー 、.:.:.:.,、-‐,イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i|.:.:.:.:.:.:|    l      ̄  //.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:



直ちに姫路の秀吉のもとに馳せ参じ 仇討ちと家名再興のため従軍を申し出た



     .     /: : : :u: : : : : : : : : : : : : : : : : : \
          /: : : : : : : : : : : : : : : : :.、: : : : :u: : : ヽ
     .    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
        /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
        |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
        |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V
       < : 」_: : / 〈 (・) |/:::::::レ(・) }|:./ヽ: : |
       <:: |. 小{   _,,.. - :::::::::::、-.,_  レ{: :.|ヽ:|
        厶ヘ ハ   ::::::::::::::::::::、::::::::::::::: {ハ/ V      え? え? え?
           \_! u     _ '     !
             ヽ    /   `t u /
           ___,r| \  {    / /
         /:/::::| \  ヽ `_⌒ ィ ´
       /::::::/::::::|  \u  ´ ∧>、
     /:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、
     ::::::::::::::/:::::::::∧    /二\ |::::::ヽ::::::::::::\   ← 羽柴秀吉
     ::::::::::::/::::::::::::::∧ヽ  /: : : : :}ヽ!::::::::::〉:::::::::::::::!





32 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/02/16(水) 22:07:05 ID:m4fwCt32

秀吉をも驚愕させるとかw





28 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2011/02/16(水) 22:05:30 ID:MgX2gLT6

別所、終わったな





31 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/02/16(水) 22:06:29 ID:mN0HA4fw

しかし 秀吉は宗舜の希望を退けた


::::::/:::::::::::://:::::::::::::://::::::/::::/:::::i:::::::::i::::::::::::::::l:::::::::::|
/::::::::::::::::/::::::::::::::::/´:::::::::/::/::::::::::::l:::::::::l:::::::::::::::::!::::::::::l
::::::::/´i::/::::::::::::/::::::,,,、,/:::::::\,,∧:::::l::::::::,'::::::::::::::::ノ:::::::::;!
:::::/ ::::!/:://:::::::::/  /::::::::::/´ ∨/::::i:::::/::::::::::::::::/i:::::::::/
:::::`::::::/ ./::::::/   /::::/," ̄ゞ"メ:::::::!::/::::::::::::::::/ l:::::/
::://  /::/    //    /;)/:::ヘ::/::::::ハ::::::/   l:::/
//'., ' , ∨     /      、/ソ/:::::/)ノ:::/ /::::/   i:/
/   ゝ                 /::/i //:::/ /:/   /   御家の再興については
     ヘ            /´   ',///´
                     '、             時が来たら考慮する
              __      _ゝ
、            ヽ、_ゝ  / ´             だが戦については俺たち武士に任せておけ
;;',   /` 、         , ′
;;;;', /     `` 、   , "
;;;;;ヾi           `´
;;;;;\\
;;;;;;;;;;;\\
;;;;;;;;;;;;;;∧ \


人材登用に熱心な秀吉が
大好きな名家の出で さらに才覚と気概に溢れるこの宗舜を
自分の配下としなかったのは不思議なことである





34 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/02/16(水) 22:08:00 ID:mN0HA4fw

あるいは秀吉は
宗舜の中に武士以外で名を成さしめる「何か」を見たのかもしれない


          _,,,..-.ー.─.-.-....、._
     二ヽ,,..::"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:..、
   /::::::::``:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::ヽ
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ:::::::::::ヾ:::::\:::::::::',      それに……
 /:::::::::::::::i:::::i!::::::::::::::::ヾ:::::,,∠,、_:::::\::::\:::::',
 i::::::::::::::::!:::::i i:::::::::l::::::::イ\\\:::::::::\:::\::',     お前には戦以外に
 l:::::::i::::::::!::::i,,ゞ;::::::::i:::::::::l  >≧r、\::::::ヾ\_::>
 l::::::i!:::i::::l;/i ._,,\::::!、::::::l   辻ヾ〉 \:::ヾ)::::>    為すべきことが
 i:::::ハ::::|::::l:::i〈`(ヘ\! \:',   ゞ-′  ラ∨/"´
  l:::i l:::|::::lヾ、 弋i;) ヽ  \      ┌::ソノ       あるんじゃないかな?
  ∨ l::::l::::l:::\ "           ヘ::::/
     \|\!\  ′          ∨
      ヾ ヾ 、    ー ´   ,   ゝ、
          `  、      , ′  /  \_
              ` ー <  /´    /::::: ̄`ー-
               _ノ´∧_∧    /::::::::::::::::::::::
          :::::´ ̄/ /〈::ヾ∧    /:::::::::::::::::::::
          :::::::/  / ノ::::〈 ヽ  /::::::::::::::::::::




                    _.-  ̄ ̄
                   -'
                  /
                 / /  へ._
                ノ〃 / __つ
               べ,/ iノ /oノ
              (__ゝ へ<彡-"~
               ヽ=三/ v
               // i  ヽ
              `|| (_ つ-二ヽ /
               ヽヽ/-=-'~、ヽiヽ
                iY-"   " || i
    む むう……    || .ー- 、||
                 i|(_,ー--'∥
                 V /    |
                 //     |
                / ",     |/
                i  "     /
                い     /
                ヽ__., - '


宗舜も それ以上は無理強いをせず おとなしく陣中を去った





39 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2011/02/16(水) 22:09:51 ID:ojPiPO8w

人たらしだけに、その人間の本質を見抜く眼もあるんだな





33 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/02/16(水) 22:07:28 ID:w.JrdN.A

秀吉も大変だ、来る人間みんな二癖も三癖もあるヤツばっかりで





36 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/02/16(水) 22:09:08 ID:mN0HA4fw

宗舜は生き残った一族を連れ京に向かい 叔父のいる相国寺に入り
そこで弟に家督を譲った
そして……


           , '⌒ヽ
            {"l " '|                殺し殺されが戦国の世の習い
        _ ノ|i=| ∧__
    ┌ ''"::::::il::l´ T /|::::i::::::::: ̄",ヽ         だが秀吉様の言うとおり わしまでが
     l::::∥:::::l::l', y  |::::|:::::::::::::∥:::i
     /l::∥:○i::lゝ'   |::::|:::Ο,':∥::::ゝヽ       その憎しみの連鎖に組み込まれてどうする
    ∧ |::|l::::::::i:|´ 川  |::::|:::::::,':∥/,ハ:::\
  ∠:::i:::',:|l::::::::l:lヾ=="゙i:::::|:::::;:∥:::,イ:::::::::::::\    わしが真に倒さなければならないのは
 {:::::、:ヾ:::::::::::::l::r'´エ ‐┘:::i::::::∥::::/:::::::::::::/
  \::ゝゞ;;::::::::l::l三 三三|::::';::::Y:::/::::::::::::く       別所長治ではない……
   ヽ、:::::i:::::::::{::l三三三 }:::::',::::ゝ,::::::::::::::/
   l::::::::i:::::::::l::l、ー-‐‐‐"ヘ::::',::::::{:::::::::::/       「戦国の世の習い」そのものなのだ
    l::::::::l:::::::::l:| `ヽ、   ヘ:::::',::::ヽ::::::/
     ̄t:::::::::l:| |      ヘ::::',::::ゝ:;/
       ヽ::::::l:l |       ヘ::::::/
       \:l| | ;、      ヘ__|
        ヾ´|、 ヽ、      |
        | | ヽ  `    /
           | | \      |
         | |  ヽ、     l
         | |       |
          ||       |
          r       |





40 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/02/16(水) 22:10:08 ID:mN0HA4fw

    _ , -‐ ''´ ̄'' ‐、   ヘ   |l  {  {    ',
  /::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ,    ヽ、  il   |   ',   , -‐‐ 、
 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、_   \ ',  lil  ノ  ,':::::::::::::::::::i
. レー´"ヾ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`"゙`'ヾヽ ', {i' /::::::::::::::::::::::}
    く ̄ \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ } l| /:::::::::::::::::::::::::::::l  
     \   `ヾ、:::::::::::::::::::::::::::::::/ , 'ノ /:::::::::::::::::::,ー‐ i    .  よかろう!
      \ ◎  ̄_弋:.:.ー-イ__イ//:::::::>ー   /    .
    ...:.:.::::::::`::-‐::'":::::::::::.へ`ヽ‐- く ー‐'◎  /   イー、      わしは わしのやり方で
      .:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::ヘ`ー ' Y:.`゙..ー..'""   {;;   i  ..
|        ......:.:.:.:.::::::::::::ヘ     |:::::::::.:.:.:.:....  ヽ;  l   .  戦国の世を終わらせてみせようぞ!!
ヽ     ...:.:.:.::::::::/⌒    ,.,.,.,.,.|_::::.:.:.       };  |   .
:.:.ヽ      _:.::ヘ.. :::::::::..     ゙i `l::::.:..       l; ,'   /∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\
:.:.:.:|    /;;;;;;;;;;ヽ,  .:.:.::::.:............  l∠::::.:.:.      /: /
:.:.:.:}   i´, ´⌒ヾ、` 、_ \_:::::;;∠ -‐、:.:.   , ' /;: /
:.:.:.|   / /    _ ー`ー-≡ { 、三二ーヾ i:.:.::::::'゙,'::r /
:.:.:.|  / /  /´ ___ ` ‐-   ー 、  ヽ.|.:.::::::..{;;/
:.:.:{   / /  , t二t─‐tニーー一 、 ヽ | |.:.::::::: ∥
:.:.:|  / /  ゝ-‐  ̄ ̄ ̄ "''一‐- 、i l i |.:.:::::. ∥
:.:.:| / /   ヾ::::::::::::::.:.:.:.:..........     ヽ  }il.:.::::: ∥
:.:.:l 川    ` 、::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.::.:... ノ  |li.:.::::::∥


宗舜は
己の掲げる崇高な目標のために 相国寺で禅修行と学問に励む日々を再開した





41 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/02/16(水) 22:10:41 ID:w.JrdN.A

若干18歳でここまで悟るとは・・・さすが塾長





42 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/02/16(水) 22:11:23 ID:ROcD2A8U

今日はひたすら塾長のターンなのか





44 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/02/16(水) 22:11:35 ID:mN0HA4fw

京都五山のひとつ相国寺も 戦国真っただ中の当時は荒れ果てていた
だが宗舜は もうひとりの天才・承兌と共に この古刹を復興させた


                     ____
   ,、__             _,. -‐'´ ::::|
   l \`ヽ、    _,. -─- 、/    :::::/                   ,r'"´丿ヽ ̄`ヽ、
   l  \:::\/   :::/     ::::::/                 / ,r;:;:、 ⌒   ,ィ;:!
    l  ::\/:::   /      ::::::/_                /  ,イ;:;:;;:;::ゞ、 i ,r;:;:;:,、j
    | ,.-‐'´ ̄ ̄ ̄ ̄\ー‐、 ::::::/                _」 ,′'´r ェェ-、  j;:イェェ、l、
    〔三  ___________     \/'               / ゝ,イ j `ヽ`"´.::;;  ト、"´ ヾi
     〈 _/ヘ   ,.へ `ー、 ``ヽ、 〕                ! ,イl〈〈    ,ィjハノ。 。,j、、,,.  l
     〈rト‐,=、‐v'‐,==、‐-`ー、 ._〉                |  Y」 i; ,r'´r-、ニニニ = i! ,/
      |ヽl_l゚」∧ Ll゚」 / ̄ヲ/'´                 !  ,'  / ,イ,ゞ-j!ーi!ーl-{ i! |
      `┼‐r'_,`ー‐' /ー'                   ,>,イ  ,!  i/       ,! il,!
        >、  ー   /___ ._                /.:.:/ i .,'  / -‐' "´ ̄ ̄``、ハヽ
     ___`ーr-‐'´└/⌒ .〉\             /.:.:/  | ,' /  ‐'´ ̄ ̄``ヽ `j ,!
    /   / ̄' ____/~  .-‐'  \         _/.:.:.:.:i  l  ゝ、_      ,:;' ヽ ー' /ヽ
   /  { { ̄ ̄´/ -‐'´_,r---‐‐'⌒ヽi!       /.:i|.:.:.:.:.:.:|  ゙、        ,:'    /.:.:.:\_
    l、___`ー-ln=ニ三.-‐'´::::::::::::::::::/ ̄`'く      .:.:.:.:i|.:.:.:.:.:.:|   `ゝ、. : . : . : . : . : . : ./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
  /// ̄〈ノ/i_)./:::::::::::::::::::::/     \,     :.:.:.:i|.:.:.:.:.:.:|    i  ``ー 、.:.:.:.,、-‐,イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:
  ̄ヽ .〈  =i==/::::::::::::::::::::/ ̄l\_,. -‐  \   :.:.:.:i|.:.:.:.:.:.:|    l      ̄  //.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:

     ↑ 相国寺承兌


両者の名は たちまち全国に知れ渡った





49 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2011/02/16(水) 22:13:16 ID:ojPiPO8w

承兌さんは日本史の重要な局面の立会人だな





46 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/02/16(水) 22:12:36 ID:mN0HA4fw

だが 仏教を突きつめて行くうちに宗舜はひとつの壁にぶち当たった


            ___, -‐ー‐- 、
           , ´           \
          /,       ー 、_   ヽ
       ,イ"´ ,  ;' _      "ヽ, ヘ
     , '⌒ヽ  ;| ,/    , -‐‐-、   i
    ,'゙:::::::::::`、 { / _, '"´::::::::::::::::ヽ ,:} |
   ヘ__,'^ヾ::::::ハi |;;く_:::::;;;;::::∠ ⌒ ー' |r y
     ゝ 弋_'ー'ラゞ"ー-;;, ニ'ー'ニラ    '、       だめだ……
    l ,'  :.:.''"{;|   `ヽ';:.:..     l|´ヽ l
    { |    ;;/'   ┐       { |r} | i       仏の道は わしの疑問に
    ゞヘ   ゙゙"ゝ-‐'^ ゙'''''   ┌ノ |二' /
     `゛リ ,´二 二 二二`ヽ  |{  {ー t'        答えを示してはくれぬ……
      | }i 、, -‐‐‐- _  ヽl  |   |;, ヘ
      | |l 、 _______  ,` l|   ;;  ';; ヘ=、
      | ,;'  ` 三  `.   ||  ;  / ;  冫}ヽ
      };/   ≡       ||   / ;,/〃三ヽ
    ∠ヘ    三        || <"/ /三三 三 ヽ
   t三三ヘ   三      イ;;'" /  /二 三 三∥
 .∥三三./lゝ ─── <:;:;'" / //三 三二=∥
 ∥三三/ i::ヾ'';:;:;:;:;:;:;:;; '" / / /三三三三∥三
_∥ 三./| |:  ;:;:;..    / /   /三三 二=∥三
∥ 三 / | |  ;:;''   / /    /三三三二=∥三




                     ____
   ,、__             _,. -‐'´ ::::|
   l \`ヽ、    _,. -─- 、/    :::::/
   l  \:::\/   :::/     ::::::/
    l  ::\/:::   /      ::::::/_
    | ,.-‐'´ ̄ ̄ ̄ ̄\ー‐、 ::::::/
    〔三  ___________     \/'       そうですか?
     〈 _/ヘ   ,.へ `ー、 ``ヽ、 〕
     〈rト‐,=、‐v'‐,==、‐-`ー、 ._〉        釈尊の教えは何よりも貴重なものだと
      |ヽl_l゚」∧ Ll゚」 / ̄ヲ/'´
      `┼‐r'_,`ー‐' /ー'           わたしは思いますが……
        >、  ー   /___ ._
     ___`ーr-‐'´└/⌒ .〉\
    /   / ̄' ____/~  .-‐'  \
   /  { { ̄ ̄´/ -‐'´_,r---‐‐'⌒ヽi!
    l、___`ー-ln=ニ三.-‐'´::::::::::::::::::/ ̄`'く
  /// ̄〈ノ/i_)./:::::::::::::::::::::/     \,
  ̄ヽ .〈  =i==/::::::::::::::::::::/ ̄l\_,. -‐  \





50 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/02/16(水) 22:13:36 ID:mN0HA4fw

    _ , -‐ ''´ ̄'' ‐、   ヘ   |l  {  {    ',            / ̄ ̄/
  /::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ,    ヽ、  il   |   ',   , -‐‐ 、        /        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/
 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、_   \ ',  lil  ノ  ,':::::::::::::::::::i       /               /
. レー´"ヾ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`"゙`'ヾヽ ', {i' /::::::::::::::::::::::}   /__/ ̄ ̄ ̄/   /
    く ̄ \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ } l| /:::::::::::::::::::::::::::::l               /   /
     \   `ヾ、:::::::::::::::::::::::::::::::/ , 'ノ /:::::::::::::::::::,ー‐ i             /   /
      \ ◎  ̄_弋:.:.ー-イ__イ//:::::::>ー   /           /__/ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/
    ...:.:.::::::::`::-‐::'":::::::::::.へ`ヽ‐- く ー‐'◎  /   イー、                /  __     /  _  _  _
      .:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::ヘ`ー ' Y:.`゙..ー..'""   {;;   i             /_/ /   /  ///// /
|        ......:.:.:.:.::::::::::::ヘ     |:::::::::.:.:.:.:....  ヽ;  l                  /  /    ̄   ̄/ /
ヽ     ...:.:.:.::::::::/⌒    ,.,.,.,.,.|_::::.:.:.       };  |                   ̄             ̄
:.:.ヽ      _:.::ヘ.. :::::::::..     ゙i `l::::.:..       l; ,'
:.:.:.:|    /;;;;;;;;;;ヽ,  .:.:.::::.:............  l∠::::.:.:.      /: /     もちろん わしも それは否定しない
:.:.:.:}   i´, ´⌒ヾ、` 、_ \_:::::;;∠ -‐、:.:.   , ' /;: /
:.:.:.|   / /    _ ー`ー-≡ { 、三二ーヾ i:.:.::::::'゙,'::r /       だが仏教とは 個人が如何にして悟りを得るかという教え
:.:.:.|  / /  /´ ___ ` ‐-   ー 、  ヽ.|.:.::::::..{;;/
:.:.:{   / /  , t二t─‐tニーー一 、 ヽ | |.:.::::::: ∥        わしが求めているのは 平和な社会を作るための
:.:.:|  / /  ゝ-‐  ̄ ̄ ̄ "''一‐- 、i l i |.:.:::::. ∥
:.:.:| / /   ヾ::::::::::::::.:.:.:.:..........     ヽ  }il.:.::::: ∥         人としての生き方とは何かということなのじゃ!
:.:.:l 川    ` 、::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.::.:... ノ  |li.:.::::::∥




                     ____
   ,、__             _,. -‐'´ ::::|
   l \`ヽ、    _,. -─- 、/    :::::/
   l  \:::\/   :::/     ::::::/
    l  ::\/:::   /      ::::::/_
    | ,.-‐'´ ̄ ̄ ̄ ̄\ー‐、 ::::::/
    〔三  ___________     \/'
     〈 _/ヘ   ,.へ `ー、 ``ヽ、 〕
     〈rト‐,=、‐v'‐,==、‐-`ー、 ._〉        ああ そういうことですか
      |ヽl_l゚」∧ Ll゚」 / ̄ヲ/'´
      `┼‐r'_,`ー‐' /ー'           あなたは来世よりも現実に向き合った思想を
        >、  ー   /___ ._
     ___`ーr-‐'´└/⌒ .〉\        模索しているのですね
    /   / ̄' ____/~  .-‐'  \
   /  { { ̄ ̄´/ -‐'´_,r---‐‐'⌒ヽi!
    l、___`ー-ln=ニ三.-‐'´::::::::::::::::::/ ̄`'く
  /// ̄〈ノ/i_)./:::::::::::::::::::::/     \,
  ̄ヽ .〈  =i==/::::::::::::::::::::/ ̄l\_,. -‐  \





53 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2011/02/16(水) 22:14:43 ID:ojPiPO8w

より大乗を目指すよね、この生い立ちじゃ





51 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/02/16(水) 22:14:26 ID:mN0HA4fw

                     ____
   ,、__             _,. -‐'´ ::::|
   l \`ヽ、    _,. -─- 、/    :::::/
   l  \:::\/   :::/     ::::::/
    l  ::\/:::   /      ::::::/_
    | ,.-‐'´ ̄ ̄ ̄ ̄\ー‐、 ::::::/
    〔三  ___________     \/'
     〈 _/ヘ   ,.へ `ー、 ``ヽ、 〕
     〈rト‐,=、‐v'‐,==、‐-`ー、 ._〉       宗舜 それならば
      |ヽl_l゚」∧ Ll゚」 / ̄ヲ/'´
      `┼‐r'_,`ー‐' /ー'          一度 儒教を研究してみたらどうですか
        >、  ー   /___ ._
     ___`ーr-‐'´└/⌒ .〉\
    /   / ̄' ____/~  .-‐'  \
   /  { { ̄ ̄´/ -‐'´_,r---‐‐'⌒ヽi!
    l、___`ー-ln=ニ三.-‐'´::::::::::::::::::/ ̄`'く
  /// ̄〈ノ/i_)./:::::::::::::::::::::/     \,
  ̄ヽ .〈  =i==/::::::::::::::::::::/ ̄l\_,. -‐  \




            ___, -‐ー‐- 、
           , ´           \
          /,       ー 、_   ヽ
       ,イ"´ ,  ;' _      "ヽ, ヘ
     , '⌒ヽ  ;| ,/    , -‐‐-、   i
    ,'゙:::::::::::`、 { / _, '"´::::::::::::::::ヽ ,:} |
   ヘ__,'^ヾ::::::ハi |;;く_:::::;;;;::::∠ ⌒ ー' |r y
     ゝ 弋_'ー'ラゞ"ー-;;, ニ'ー'ニラ    '、
    l ,'  :.:.''"{;|   `ヽ';:.:..     l|´ヽ l
    { |    ;;/'   ┐       { |r} | i      儒教……!
    ゞヘ   ゙゙"ゝ-‐'^ ゙'''''   ┌ノ |二' /
     `゛リ ,´二 二 二二`ヽ  |{  {ー t'       なるほど 儒教か!!
      | }i 、, -‐‐‐- _  ヽl  |   |;, ヘ
      | |l 、 _______  ,` l|   ;;  ';; ヘ=、
      | ,;'  ` 三  `.   ||  ;  / ;  冫}ヽ
      };/   ≡       ||   / ;,/〃三ヽ
    ∠ヘ    三        || <"/ /三三 三 ヽ
   t三三ヘ   三      イ;;'" /  /二 三 三∥
 .∥三三./lゝ ─── <:;:;'" / //三 三二=∥
 ∥三三/ i::ヾ'';:;:;:;:;:;:;:;; '" / / /三三三三∥三
_∥ 三./| |:  ;:;:;..    / /   /三三 二=∥三
∥ 三 / | |  ;:;''   / /    /三三三二=∥三


儒教は奈良平安時代以前に日本に伝来し 四書五経の形で伝わってはいたが
この時代では 学問の最高峰である京都五山に伝わる特別な教養に過ぎなかった





54 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/02/16(水) 22:15:49 ID:mN0HA4fw

だが 本格的に研究してみると 宗舜にとって儒教は宝の山であった
そこには 人が如何に心豊かに生きていくかのヒントがちりばめられていた


                    ,r'"´丿ヽ ̄`ヽ、
                 / ,r;:;:、 ⌒   ,ィ;:!
               /  ,イ;:;:;;:;::ゞ、 i ,r;:;:;:,、j
               _」 ,′'´r ェェ-、  j;:イェェ、l、
             / ゝ,イ j `ヽ`"´.::;;  ト、"´ ヾi
             ! ,イl〈〈    ,ィjハノ。 。,j、、,,.  l
                |  Y」 i; ,r'´r-、ニニニ = i! ,/
             !  ,'  / ,イ,ゞ-j!ーi!ーl-{ i! |    おお…… これは……
               ,>,イ  ,!  i/       ,! il,!
            /.:.:/ i .,'  / -‐' "´ ̄ ̄``、ハヽ
           /.:.:/  | ,' /  ‐'´ ̄ ̄``ヽ `j ,!
         _/.:.:.:.:i  l  ゝ、_      ,:;' ヽ ー' /ヽ
    _,,,/.:i|.:.:.:.:.:.:|  ゙、        ,:'    /.:.:.:\_
_,ィ´.:.:.:.:.:.:.:.:i|.:.:.:.:.:.:|   `ゝ、. : . : . : . : . : . : ./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ___
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i|.:.:.:.:.:.:|    i  ``ー 、.:.:.:.,、-‐,イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i|.:.:.:.:.:.:|    l      ̄  //.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:


儒教の「仁」の教えに惹かれた惺窩は
これに日本古来からの「天道」の思想を結びつけ 独自に再編・体系化した
そして その成果を世に問わんがため還俗し相国寺を去った


          儒学者・藤原惺窩の誕生の時である





57 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/02/16(水) 22:17:10 ID:mN0HA4fw

この時 渡りに船と言うべきか
惺窩に領国経営のアドバイスを求める大名がいた


            ____
         __,,/  _, ----`ヽ
        / _     ___   、\
       / /   i      \   \\
       ,'./       i  ヽ:.   ヽ:.:.. ヽ.ヽ
      ,'/    / .ハ ヽ ヽ:.:.:.:. ヽ::.. ヽヽ
       |i .i i  .i /  ヽ ト 、 \、:.:.:. ',:.',:.:.lヽ}
       |i .i l  :N_, -弋 \弌弋ナ:}:.:}        あの わたし……
      |i∧ ', :{ ,ィjモト \  イjミトイイV
       .|  :メヽ.', `ozZ}      izN。ハ::{          関白殿下の御厚意で但馬国竹田に
        |  :ヾ_! ゝ "゙゙    '  `゙ ハ.:',
      |  :.:_イ .:.ヽ.   (二フ , イ :.:.:!:.ヽ        2万石を頂けることになりました
      / rィイ | :.:.ヽ: >r/`<ノ .:.::.}ヽ、\
      / ∧l;l ! :.:.:.://{二 ̄ .} ..:..::リ//ハ.:\     この国造り…… 助けてもらえませんか?
    / .{. ',ヾ、ヽi .:.:.{ /(^`  |.:.:.:.//: : :.}: . ヽ.
   / /  ) ヽ ヾ、ヽ:.ハ ヤ{   ∧/.-‐'": : |:.:. i ',
  ./ .,イ .:..} : :\ヾレ'ハ ∧__ノノハヾ、  : : : l:.:.: .ハ ',
  { /| .:.:ハ : : :i Y {ヾ`Yヽニン'ノ}: : } : : : :/:.:.:/ }:.}
  V | .:.:/:.:|_,ィ' ̄  ヽ三{ `ー-ノ : イ : : :/:.:i.:{  リ
    ヽ:.:{、.:.V     : : ヘ     : : {: : :/:.::∧|
     ヽ! )人    : : :人      : : : / \!
      "  ヽ : : : : :/イ{     :.ノ: : : :.\
          \__///: :\______/: : : : : : : ヽ
           / //: : :|;|: : : : : : i: : : __: : : : ',   ← 赤松広通
             / 、 {;{   |;|   . : i/. : : : : : :|
          / `Y;{. . . .|;|. : : : /i: : : : : : : : :l


守護大名の流れを汲む赤松家の後継者 赤松広通である





61 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/02/16(水) 22:18:11 ID:AfjV/sxw

そういえば、みくるは初登場か





63 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/02/16(水) 22:18:27 ID:jIXvQ.dQ

マイナーすぎる新キャラだなw





68 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/02/16(水) 22:20:00 ID:294om6BY

斎村政広ともいう





60 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/02/16(水) 22:18:09 ID:mN0HA4fw

      \                         /
      <        
おお!広通様!       >
      <                         >
      <   
このわしで良ければ喜んで!!   >
      <                         >
      /∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\

               __――――――
              /            \
             /               \
             /_         __     |
            / \  | /  /   \    |
          / _  \   /  /\|||||   |
          |/  \_|| ||||_/       /\
           < ̄o ̄>   < ̄o ̄>  |   |
            /  ̄ ̄/       ̄ ̄    | ^1 |
           (  /(_⌒)\     /   ) ) |
           | === ====     | (  |
            ( || |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ||     (_/
             || |  ̄ ̄ ̄⌒ ̄| ||    |
             || |         | ||    |
             || |         | ||     |
             ||  )  /⌒⌒|   | ||     |
             || /  /     |_ / ||     |
             || ヽ ̄⌒ ̄ ̄ /  ||     /
             ||  ヽ ̄ ̄ ̄ ̄/  ||    /
              \   ̄ ̄ ̄        /
                \________ /


この誘いに一も二もなく惺窩は乗った
共に播磨の名家で旧知の広通の助けになりたい気持ちも強かったが
なによりこれは惺窩の思想を実践する願ってもないチャンスであった





66 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/02/16(水) 22:19:15 ID:mN0HA4fw

惺窩の教えに従った広通の国造りの基本方針は
「仁による民のための政治を行う」であった
まず広通は 前領主が定めた七公三民の年貢を三公七民に改めた


.     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
     /: : : : : : : : : : : : : : : : :.、: : : : : : : : ヽ
.    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V
  < : 」_: : / 〈  {} |/  レ  {} }|:./ヽ: : |
  <:: |. 小{   _,,.. -    、-.,_  レ{: :.|ヽ:|     おいおい
   厶ヘ ハ         、     {ハ/ V
      \_! ij    _ '     !         だいじょうぶかよ あいつら
        ヽ    /   `t   /
      ___,r| \  {    / /
    /:/::::| \  ヽ `_⌒ ィ ´
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、
::::::::::::::/:::::::::∧    /二\ |::::::ヽ::::::::::::\
::::::::::::/::::::::::::::∧ヽ  /: : : : :}ヽ!::::::::::〉:::::::::::::::


時は「九州征伐」が始まろうかという戦時下であり
七公三民という税率も いささか重くはあるが非道とまでは言えない割合だ
それを逆転させようというのだがら秀吉も周辺の諸侯も仰天した





76 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/02/16(水) 22:21:23 ID:xQo/f39E

財政どうすんだw





72 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/02/16(水) 22:20:32 ID:w.JrdN.A

これはすごい大博打





74 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2011/02/16(水) 22:21:10 ID:MgX2gLT6

江戸時代初期の長州なんかギリギリまで絞りとったというのにw





70 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/02/16(水) 22:20:08 ID:mN0HA4fw

領民たちは大いに喜び たちまち広通に懐いた


          ゚・ *:  : *・
      *・ ゜゚・ * :  .。. .。.:  *゜
   * ・゜ ゚・ *: . .。.: *・ ゜゚  ・ *  :..
 。. ・ ・*:.。 ∧,,∧  .∧,,∧   .:* ・゜
    ∧∧(´・ω・`)(´・ω・`)∧∧      殿さま!
   (´・ω・`).∧∧) (∧∧(´・ω・`)
   | U (´・ω・`)(´・ω・`) と ノ      一生ついていきます!!
    u-u (l    ) (    ノ u-u
         `u-u' `u-u'


同時に 当然の如く 赤松家の台所は火の車となった





79 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/02/16(水) 22:21:45 ID:mN0HA4fw

だが広通は家中の無駄を徹底的に省き
さらに自らが率先して 清貧とも言うべき質素な生活を
家臣と共に送ることで この難局を乗り越えた


                __
         ,ィヘ了「厂{  乃ブ\_
         _> >'' "´  ̄ ̄ `''<∧l>、
        (/   〃     ヽ \ ハ
.        /,/ / /イ!      ハ  ',巧 ',
       /〃 l / !l   {     !l   Y  !
       l/li  lィ!‐、 { {  lヽ- 、 !|  j  l|
        {{  :N   ヽ\_{ \ リ  /   |
            \ハ ,ィ=ミ   ィ=ミV!iイ }i  |
           i`ハ/// '_ /// j レ' !! l
           _リ_|i >、 `ー'  ,.ィ .| | jLiァゝ-、
.          /  | |__,≧r=≦チ{_/ ル´(、   〉
       ({    l | |   人.  / / __ぅヽ  {
          _,) 、  ヽi| | /_ \/ /   {   ∨ヘ
       {  >‐、,ゝ=亠== r/>、/   「  }
       人_ァヘ ヽJ       〈 { / ヽ   \∧
       ヽ f_ンー'        ヾ{イ__j     〉い
       ハ 〃            マヽ   r'  l
       ,' /:{{             }} l-、   !  l│
       !/ヽム            〃 r亠-、} /リ
       l! 〔_ ヾ            /'_r、7   j./
       \_`フ\        /ヽヽ __/ ̄ヽ
         {_/ヘ>== =<   ∨ヽ     }
         // l ヽ    / /   \亠-、  /
        厂/  ヘ \ _ノ /     ヽ__人  〉
       / /     ヽ     /       ヽ レ∨


端から見れば まるで主君が民に仕えているといった趣であった





82 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/02/16(水) 22:22:47 ID:mN0HA4fw

緊縮財政だけではない
荒れ地に桑を植え養蚕産業を興す等の新産業の開発
明国の科挙・武科挙に倣った人材登用システムの構築にも 惺窩は指導に力を入れた


                    ,r'"´丿ヽ ̄`ヽ、                    /        /           ヽ  ヽ
                 / ,r;:;:、 ⌒   ,ィ;:!                   //   /  / /         \     l  ',
               /  ,イ;:;:;;:;::ゞ、 i ,r;:;:;:,、j                   /,'    |  /ハ  l         ヽ   │  ハ
               _」 ,′'´r ェェ-、  j;:イェェ、l、                   |ハ   | |┼‐ト l \  ┼‐ 、|    l│ / |
             / ゝ,イ j `ヽ`"´.::;;  ト、"´ ヾi                 l ヽ   | |   ヽ!\! \_|\ !l   │/ ∧
             ! ,イl〈〈    ,ィjハノ。 。,j、、,,.  l                   \  ヽ!        丁5ド リ  r‐く イ│ ヽ
                |  Y」 i; ,r'´r-、ニニニ = i! ,/                    \ト ! `=     トッゾ ル l ) 爪  |  、
             !  ,'  / ,イ,ゞ-j!ーi!ーl-{ i! |                      | ハ    '     ̄` /  レイ   | | | )
               ,>,イ  ,!  i/       ,! il,!                     / ,' ヽn `_ー     / /川    ∨((
            /.:.:/ i .,'  / -‐' "´ ̄ ̄``、ハヽ                   / /   | l | 、 __.  イ  厶⊥.     V
           /.:.:/  | ,' /  ‐'´ ̄ ̄``ヽ `j ,!                /  /    |/ |∧   / /    `、   ヽ
         _/.:.:.:.:i  l  ゝ、_      ,:;' ヽ ー' /ヽ              /    /  / / ┴   / /        |    `、
    _,,,/.:i|.:.:.:.:.:.:|  ゙、        ,:'    /.:.:.:\_         //   ∧ / /  ーう / / /      | \   ',
_,ィ´.:.:.:.:.:.:.:.:i|.:.:.:.:.:.:|   `ゝ、. : . : . : . : . : . : ./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ___   / //   / ∨厶!  二)~|///         ,'   ヽ. |
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i|.:.:.:.:.:.:|    i  ``ー 、.:.:.:.,、-‐,イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.   l/ |  /  ン :}  ノ‐─/〉-‐   ̄ ̄    /|    | |
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i|.:.:.:.:.:.:|    l      ̄  //.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:     | / ´ ̄   〈  /|   //          / |    | |


これらの施策により赤松家の領国経営は 周囲の予想に反し 軌道に乗り始めた
惺窩は自らの思想が机上の空論でないことを証明してみせたのである





86 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/02/16(水) 22:23:28 ID:0RdgcTIc

やるじゃん





99 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/02/16(水) 22:26:22 ID:SAm4RvAY

殖産興業は当時の日本なら成功間違いなしだもんな
それに緊縮財政と合わせてギリギリの妥協点を見出すとは確かに慧眼だ





97 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/02/16(水) 22:25:41 ID:gY/QiQ4M

今まで学者馬鹿だと思っていました、反省します





89 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/02/16(水) 22:24:18 ID:mN0HA4fw

広通が盛んに惺窩の功績を褒め称えたこともあり
惺窩の名は学者としてだけでなく いわば経営コンサルとしても全国に知れ渡り 多くの諸侯が指導を求めた
やがて 諸侯の中には惺窩を儒学の師として仰ぐ者も現れた
                                                                           __
                                                                          /⌒ヽヽ
 〃///ヾ    i ll  i ! l   i   l |  l  ヽ  ヽ                      ヾ:             ___   ,、__   |/
. i:|//i::i  》  /| li  !メ l   l   ! i  |   ',   ',            ,...-‐:::::::ニ二::::‐...、ヾ:       ‐=ニ_ : : : : `Y: :`: : : : : : ` ヽ、
 〆i !:L〃  i ', | !  | l ト,   !  /  l  ! i  }   !          ∠::__:::::::::::::::::::::::::::::::::::`:.l:|       , イ: : : : : : : :l: : : : l: : : : : : : : : \
// / |:|'" i  斗弋T、‐- ', | ヽ !  /i /! /! !  l.  } |            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ     /;:/: : : : : : : |: l : : |、: l: : : : : : : : :ヽ
/ i |:l  ',  i弋ゝ‐-Y=、丶` ',.| /_.!ム、/_l /  /  ハ !          ,:':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ   /// , : : : : :l_:_/|: l : : l l_:_|_: : : :ヽ: : : : l
.  | !:l   ∧. !  ヒ_q )_ヽ   レ'  レ' 7 メ  .イ / l !         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/l:::::::::i    / /: : : :/ 'l:./`|: l: : { ´l: |、`ヽ: : l: : : : !
.  l |:|.   ,ヘヘ               ,r‐‐tァ/ /| ,/   レ        /斗:ァ:::::::::::::::::;/::::::;;∠ -/:::::::::l    ,' /| : : /: :/|{  l/l: : | ヽl \: : :l : : : l
.  l l」   i  ヽゝ:::::::::::..      ゞ゚ノ//ノ |,イ              /::::_>ッ:;く/:::;ィ≦ィチ)7;::::::::::;'    |/ |: : /: :ハr┯┯ l : |  ┯┯yl : |: :\l
  !    ト、           ! .:::::..´ソ"   l:」   ,-'´        "´7::`:l    ̄  弋__フ/::::::::/    .   |: :lイ ;'ハ b::|  ヾl  b::! l l: l`l:`メゝ
  i    |. 丶      、_ ,、_ ´    /',  ,    //           レ1:::ヽ r‐- 、   ノ:::::/        ヽ| レ |: :l  ̄      ̄・ l l/ー': :l
.  ',    ト、  ゝ .     ‐/ フ_,, ィ ´  !,〃 ,..-'´:∠_         ,へ レ/ ヾー ' ,..イ:;>'            l.:|: :ゝ、._  ー'ー'  _,.ィ': : l:: : :|
.   ',   |::::`:‐-.、`> . _ / /l´ ゙!i   lイ/:::::::::::::-= 二、_       /,/lフ´   `"7i::/レ              |.:|: : : :__二7T ¨´lヽ、| : :l: : : |
、___ヘ   !::::::;ィ;==,‐、 ;_/ / !  !|    |::::::::::::::::::::::::::::::::::      ,.ィ  l \    / :l/                |.:|: : :||    l´___7 |: : |、: :│
::::::::ff《ヘ  i::≪::::::〃!,ィ´`‐-ヾ、l_/_il    l、::::::::::::::::::::::::::::::::  ,. -‐ ´ ! ニ !  .,>ム'                  |:,ゝ、:ヽ   │  / /: :/ !:: :|
:::::::::ゞ》 ヘ. ト、::::゙彳/ゞ/r‐---、i/´::::|  /:::\:::::::::::::::::::::::::::/ 〃  :l ,ニ ト、/.O /=                  |:l\ヽ: l   |  /  l: ://.|:: :|

         ↑ 浅野長政                     ↑ 木下勝俊                    ↑ 小早川隆景





95 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/02/16(水) 22:25:11 ID:mN0HA4fw

気難しい石田三成も 惺窩に対しては常に好意的であった


          ヽ,:::::::::::::,.'   / /   l  ト、 、 、ヽ:::::::::::::(
       ,r=''ブ"::::::::::::,' l l l  l |  |   l l  l | |. ',:::::::::::::)
       /レ-ィつ::::::::,' l | l | |  l   |  |  l l | l l:::::::::tl、
       `"´ レ'、_::::::::l  l | | | | l.  |  |  | |l l | |:::::::::::)
         /| 「l|>::::| | .| ‐ト|、_| | |.l  | l ,|__,|.-├ l lノ::::::(「|
         イ || l ト-へ| l  l L_r- l l,,||レlイLノ_ノ_| ノ ,ノ:::と`1.l|
   r、    / | || l |_ ___゙ュ,L∠、::`゙r、`   イ:;:;:;:l 〉rイヾ_ノ | l|   その教えに
   ヤr―-''''''""""¨        |_,ノ     ヽ_ノ ,イl |    | /l
   l l              |         / | | l   レ/ |   納得できるところが多いのは確かなのだわ
   ,.'-‐-、            ト、   °  /-ヽ| l    l/ .|
  〈_,.rニ=、               |;;;`,,- -r ‐''";;;;;;;;イ .l.',   ,'l.  |
  ( r_rk=ニ、              |;;;;;;;;;;;;;;l@;;;;;;;;;;;;/;;,ヘ::;l '、 Lゝ l|
  λ _,.-‐く            |;;;;;;;;;;;;/| ト、;;;;;;;;;レ-‐'  ヽ、| l ..|
  / K_,.-‐''"            |;_;;;-'':::/ ト,_>/´ -‐=-‐く´| l! |  ← 石田三成
  | ト |__,,,......--―─=''''''''フ"::::::::::::l |:::|;;;;├へ‐-、`゙''-、入 l i|


惺窩の撒いた儒教の種は少しづつ全国で芽生えようとしていた





98 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/02/16(水) 22:26:08 ID:mN0HA4fw

特に惺窩に執心したのが
秀吉から関白の座を譲り受けた豊臣秀次だ


           / ̄\
             |    |
           \_/
             |
         /  ̄  ̄ \        惺窩……
        /  ::\:::/::  \
      /  .く●>::::::く●>  \      お前の実力 天下を治めるために
      |    (__人__)     |
      \    ` ⌒´    /     使ってみないか?
       /,,― -ー  、 , -‐ 、
      (   , -‐ '"      )
       `;ー" ` ー-ー -ー'  ← 豊臣秀次
       l           l


秀次は しきりに惺窩へ豊家に仕官することを勧めた





100 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/02/16(水) 22:27:09 ID:mN0HA4fw

             ___, -‐ー‐- 、
            , ´           \
           /,       ー 、_   ヽ
        ,イ"´ ,  ;' _      "ヽ, ヘ
      , '⌒ヽ  ;| ,/    , -‐‐-、   i
     ,'゙:::::::::::`、 { / _, '"´::::::::::::::::ヽ ,:} |
    ヘ__,'^ヾ::::::ハi |;;く_:::::;;;;::::∠ ⌒ ー' |r y
      ゝ 弋_'ー'ラゞ"ー-;;, ニ'ー'ニラ    '、    いえ……
     l ,'  :.:.''"{;|   `ヽ';:.:..     l|´ヽ l
     { |    ;;/'   ┐       { |r} | i   その件は辞退させていただく……
     ゞヘ   ゙゙"ゝ-‐'^ ゙'''''   ┌ノ |二' /
      `゛リ ,´二 二 二二`ヽ  |{  {ー t'
       | }i 、, -‐‐‐- _  ヽl  |   |;, ヘ
       | |l 、 _______  ,` l|   ;;  ';; ヘ=、
       | ,;'  ` 三  `.   ||  ;  / ;  冫}ヽ
       };/   ≡       ||   / ;,/〃三ヽ
     ∠ヘ    三        || <"/ /三三 三 ヽ
    t三三ヘ   三      イ;;'" /  /二 三 三∥
  .∥三三./lゝ ─── <:;:;'" / //三 三二=∥
  .∥三三/ i::ヾ'';:;:;:;:;:;:;:;; '" / / /三三三三∥
  ∥ 三./| |:  ;:;:;..    / /   /三三 二=∥
 ∥ 三 / | |  ;:;''   / /    /三三三二=∥


だが惺窩は この勧誘を振り切った
儒学が広まりつつあったこの頃
惺窩の心に ある疑念が湧いてきていたためである





103 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/02/16(水) 22:28:15 ID:mN0HA4fw

        _____
       /      \
     /         \
     |           |        わしは京都五山に伝わる文献の研究のみで
     |   ■■  \  / |
    /   ■ _■■||■■       儒学を語ってきた……
    ⊥    [_●> ||く●]|
   |┌\  /    _|  |  |        だが これは果たして
   | |┼┐      (__⌒ )  )
   /\ / \  ■■■■■|       本当に儒学の真髄に辿りついたものなのであろうか……
   |  |   | ■=======■/
  /  |   | ■----\ ■|
_ |   |   | ■=======■
 \\  \  | ■ _---_■
  \\  \■∠___/\
   \\        //   \


惺窩は学問に対して どこまでも真摯で求道的だった





105 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/02/16(水) 22:29:08 ID:mN0HA4fw

    _ , -‐ ''´ ̄'' ‐、   ヘ   |l  {  {    ',            / ̄ ̄/
  /::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ,    ヽ、  il   |   ',   , -‐‐ 、        /        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/
 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、_   \ ',  lil  ノ  ,':::::::::::::::::::i       /               /
. レー´"ヾ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`"゙`'ヾヽ ', {i' /::::::::::::::::::::::}   /__/ ̄ ̄ ̄/   /
    く ̄ \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ } l| /:::::::::::::::::::::::::::::l               /   /
     \   `ヾ、:::::::::::::::::::::::::::::::/ , 'ノ /:::::::::::::::::::,ー‐ i             /   /
      \ ◎  ̄_弋:.:.ー-イ__イ//:::::::>ー   /           /__/ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/
    ...:.:.::::::::`::-‐::'":::::::::::.へ`ヽ‐- く ー‐'◎  /   イー、                /  __     / _  _  _
      .:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::ヘ`ー ' Y:.`゙..ー..'""   {;;   i             /_/ /   /  ///// /
|        ......:.:.:.:.::::::::::::ヘ     |:::::::::.:.:.:.:....  ヽ;  l                  /  /    ̄   ̄/ /
ヽ     ...:.:.:.::::::::/⌒    ,.,.,.,.,.|_::::.:.:.       };  |                   ̄             ̄
:.:.ヽ      _:.::ヘ.. :::::::::..     ゙i `l::::.:..       l; ,'
:.:.:.:|    /;;;;;;;;;;ヽ,  .:.:.::::.:............  l∠::::.:.:.      /: /    この疑念を払拭するには……
:.:.:.:}   i´, ´⌒ヾ、` 、_ \_:::::;;∠ -‐、:.:.   , ' /;: /
:.:.:.|   / /    _ ー`ー-≡ { 、三二ーヾ i:.:.::::::'゙,'::r /      もはや原典を この目で確認する他はなし!
:.:.:.|  / /  /´ ___ ` ‐-   ー 、  ヽ.|.:.::::::..{;;/
:.:.:{   / /  , t二t─‐tニーー一 、 ヽ | |.:.::::::: ∥
:.:.:|  / /  ゝ-‐  ̄ ̄ ̄ "''一‐- 、i l i |.:.:::::. ∥
:.:.:| / /   ヾ::::::::::::::.:.:.:.:..........     ヽ  }il.:.::::: ∥
:.:.:l 川    ` 、::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.::.:... ノ  |li.:.::::::∥


かくして惺窩は……





114 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/02/16(水) 22:30:29 ID:mN0HA4fw

明国への渡ることを決意
すぐさま薩摩国に赴き 島津義久に渡海の手はずを依頼した


\                                     /
<      
わしが儒学者 藤原惺窩である!!!!      >
<                                     .>
/∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\

                    ,r'"´丿ヽ ̄`ヽ、
                 / ,r;:;:、 ⌒   ,ィ;:!
               /  ,イ;:;:;;:;::ゞ、 i ,r;:;:;:,、j
               _」 ,′'´r ェェ-、  j;:イェェ、l、
             / ゝ,イ j `ヽ`"´.::;;  ト、"´ ヾi
             ! ,イl〈〈    ,ィjハノ。 。,j、、,,.  l
                |  Y」 i; ,r'´r-、ニニニ = i! ,/
             !  ,'  / ,イ,ゞ-j!ーi!ーl-{ i! |
               ,>,イ  ,!  i/       ,! il,!
            /.:.:/ i .,'  / -‐' "´ ̄ ̄``、ハヽ
           /.:.:/  | ,' /  ‐'´ ̄ ̄``ヽ `j ,!
         _/.:.:.:.:i  l  ゝ、_      ,:;' ヽ ー' /ヽ
    _,,,/.:i|.:.:.:.:.:.:|  ゙、        ,:'    /.:.:.:\_
_,ィ´.:.:.:.:.:.:.:.:i|.:.:.:.:.:.:|   `ゝ、. : . : . : . : . : . : ./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ___
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i|.:.:.:.:.:.:|    i  ``ー 、.:.:.:.,、-‐,イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i|.:.:.:.:.:.:|    l      ̄  //.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:






     /ミミミミミミミ川\
   /ミミミミ/\ミ川川|/\
  /ミミミ/     \|/   ヽ
  /三三三|            |
 /三三三>      \ / く|
 |三三三/  〈____  )) __)
  |三(⌒||    \_ >  く___/
  |ミ(6 |_|       / |\  〉         ━━┓┃┃
   | し       /   |   |          ┃   ━━━━━━━━
   丶|   |       〈  」〉 |             ┃               ┃┃┃
   |   |     ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                       ┛
   |    \   。≧       三 ==-
   |     \  -ァ,        ≧=- 。
   | ̄ ̄ ̄ ̄  \ イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄≦`Vヾ       ヾ ≧      ← 島津義久
   |   二二二\。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。


               ・ ・ ・
時は慶長元(1596)年 「唐入り」の真っ最中の頃の話である





115 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/02/16(水) 22:30:49 ID:m4fwCt32

おいw





117 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2011/02/16(水) 22:31:18 ID:ojPiPO8w

初めて島津に同情したw





124 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2011/02/16(水) 22:33:40 ID:MgX2gLT6

しかし、なんで島津を頼ったんだw





136 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/02/16(水) 22:36:00 ID:FOk9Varo

当時、平和的な明へのルートは琉球経由がほぼ唯一
その琉球を抑えてたのが島津だからじゃね?





121 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/02/16(水) 22:32:25 ID:mN0HA4fw

義久にとって 全くもって冗談事ではすまない話だ
現在の島津家は「梅北一揆」だの弟歳久の叛乱だので
秀吉の視線が冷たい時期なのである


...........................,..:--――‐--.、_
::::::::::::::::::,.:r'"/        ゙ヽ、_
:::::::::::::/ iill /          \
::::::::::/,∧ N / "  _,.r―ヽ、  ‐:、  \
::::::::,i!" i! il゙ _,.;r'"     ヽ   ミ、  ゙i.
::::::,i   V;/      ij  i!   ヾ、  !
:::::i    "      ヽ   ,ゝ   ヾi  l
::::ノ  、 i  ノ      ゙、 ヾ、   i゙  .!
:(、_ .ソ "   __     〕 .,r‐、   !
::::l ゙ヽ-ツーヽ=<___。>‐'  \r",:タ.! /
::::l   .:!   \_        l レへ !./
::::ヽ .::j  ::.  ゙ー:.      l レ'///    こいつ……
::::::゙:. Y__..._. ::.         ,り//Y
:::::::::゙:. ヽ‐"          ト、ノ i l!     鬼界が島に流したろか……
::::::::::::゙:. ヽ二ニ=’     /   i .l
:::::::::::::::i!  ゞ:::       ノ   i! l
:::::::::::::::::i! /      _/〃   ;! .l.
::::::::::::::::r゙、___,.∠/.:/   __,.-‐ト、
:::::::::::::::l.「 ,  ┌-===―‐‐tTr-―‐ニ┐!
:::::::::::::::l゙ーj  ト--  ゙l  l l l 「 ̄ .」 l


ここで勝手に明国へ
使者とも言える高名な学者を派遣しただのと知れたら
今度こそ島津家はおしまいだ





123 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/02/16(水) 22:33:26 ID:xti5.B6M

宇宙空間から帰ってくる漢じゃ、鬼界が島でもムリ





125 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/02/16(水) 22:33:41 ID:c315U.zA

さすが戦国時代は知識人もパワフルだ





126 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/02/16(水) 22:33:47 ID:mN0HA4fw

        __,,,,.、、、 --──- .,_
        /            `''ヽ、
     /       ,.,.,.,.,._         \
    / {      ,./    `ヽ、      ヽ
   l  / ヽ-- ''"       u ゙、        ゙、
   ノ ./    i '´ ___,. -─‐-、 く         l
  (  l _,,,,,,.___ l  r',,. -o=,.‐‐-ゝ!       i    義久様…… 冷静に……
   ゙i レ .,-o==ヽ   `ー‐''"   r'  i´⌒ヽ  {
   ヽi 、`ー''"l  i ゙i      }   ゙i-,  l   .)   ここは冷静に……
    lヽ,   /   __     /|     }'  l  /
    { |`  〈.,,___ ,.-<,._  ' `ニ7,._ノ  /  '-,
    〈,l ,r'´       ゙ヽ、   ̄  `ヽ、___,.ノ
     | L,,. -────--- .,ゝ     ノ     ゙、-、
      ゙、   ---            /  ,,. -'"-'゙i
      ヽ、,        _,,. -'"_,,. -'" /´   ゙i
        ヽ、____ ,.-'"_,,. -'",.-'" `} `゙ヽ   l- 、
        ゙、 ヽ,___,,. -'",. -'"  、___ノ ノ`ヽ!,.-'";;;;;;;;;`'''-   ← 新納忠元
         |゙'i | r‐'',.-''"-/   `''ー ' ,.-'";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;




          ,,、r''''" ゙゙̄`''ー .、
        ,rニ,_ ミ| ヽ./~~`ヽヽ.
        ,;"    `-、,/    u ゙!,゙'i,
      ,:i'      _   ----、`i, ゙i,
     ,l 'l      、 |   ,r-ッ---r゙i, ゙i,
     l, i' 、_,,,.-ッ'フ,)tr'"===='"  ゙i ,ト.、
     ゙t,'i  `'フ",:"!,      `  |' i l
      r' i, ''"  :  ! _       ゙ir'r l,    う…… うむ……
      |ヾi     ゙' i;:. ヽ      ゙'| ,!
      ゙i, ! !     ~;; ___,    ,、ノ
      ゙i, ,,;   -''"~,、     ,/ |
       `" ト、    " `    /   |
          | 'ヽ.   .|    /   .|
         | ゙i,ヽ._ l  __,,./    .|
            !  _,,,二゙~r-:'::::::::::::::::┴┐
         ,r゙‐'"---i | |~~.........---r ゙i |
         | r''''''''i  i,゙l | ,,!  ''''''''7i_,,,! |
         | ゙l'" __゙ヽj | ー'  '''''''7 `ニ' ゙i,_、___
         ├i゙t'",,r'' , i ,....,'''''ソ,,.-''"''"t'r'"__,r'" ̄''7
        ,,,,r:、ヽ、ヽ-''"l !ヽ,,,、-'""_,、-''''    ゙'ヽ、r"
__,,,...-フ/~__  ヽ二二,,、--'"_,,、-'"
/,,./'"    `'-、、  ,!  ,.r'"


しかし相手は 多くの大名を弟子に持つ有名人
さらに義久自身も 和歌については造詣が深い文化人で
藤原定家の末裔である惺窩には それなりの敬意を払っていた





131 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2011/02/16(水) 22:34:52 ID:ojPiPO8w

島津さんは妙にインテリに弱いねw





130 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/02/16(水) 22:34:48 ID:mN0HA4fw

               ,、
             //
           ///)
          /,.=゙''"/       _,r'三 ̄`ヽ、
         i f ,.r='"-‐'つ     /ヘ/" ゙̄\,ミ\
         /   _,.-‐'゙~     ,! 、!r r。-r ミ   i    せ 惺窩殿
        ,i    ,二ニー;     ドツ ヽ ̄  fハ, il
        ノ    il゙ ̄ ̄      l ー-_゙  u ,、/ /    やはり時節柄 明国への渡海は
      ,イ「ト、  ,!,!         ゙! )二」゙  ,!i Y
     / iトヾヽ_/ィ"___.     ヽ.t  _/,!  i     困難であると言わざるを得ない
    r;  !\ヽi._jl/゙_ブ,フヽヾーtー:、__ ,トf-≦-=、_,L
    ∧l   \゙7'゙ .j!/ / /\jr=ニ:ー-゙┴、 ゙ミ三ヽi]l「/l
   ./ i !   \.// /./  ./   \ ┌‐ヽミ≦‐十'"!
  /  i゙i     /  ̄ ̄ ̄       i .l ッー-、\_ミ「彡゙ー=r.、
 ノ   ヾ、  /            i! ! \_ ̄i i l r‐へ__\ー-、
/      ゙''y'              l .i  、 l  !.j .l l 「,> ゙t.,>‐fi




         / ̄\          ノ\  )
       /     \_____ノ   ヽ )
     /  U                 | )
     了     ____ \  ′__ | )
    /    /_____\ ) /__ヽ)       ですが島津家には 明国から取り寄せた
    ア      ミ〔__゚_丿  ノ \_゚丿 (
 へ  {       ヽ-――′/ |\ヽ―′ |       貴重な文書が多数ございます
(/へ}  }           /    | |    /
| |メ}   }   \     / _   ||  /|ヽ       また領内には帰化明国人の医者などもおります
| }   }    |     (__(  )) |/{
 \ }   }_   |    /      ̄´\|/_{       これらの閲覧・面会は自由になさってかまいません
   {   {     ノ´,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,、、、、、\
     ミミ(         \__ノ   /
   ノ   |              )  /
  ノ    \           ⌒  lノ
 |  \____       ___丿/|
 |    ̄ ̄ ̄人 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄7|「 ̄   |
                  ミ ̄ |  ̄彡


島津としては 穏便な形で惺窩に渡海を諦めさせるようにもっていく他はなかった





134 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/02/16(水) 22:35:41 ID:mN0HA4fw

             ___, -‐ー‐- 、
            , ´           \
           /,       ー 、_   ヽ
        ,イ"´ ,  ;' _      "ヽ, ヘ
      , '⌒ヽ  ;| ,/    , -‐‐-、   i
     ,'゙:::::::::::`、 { / _, '"´::::::::::::::::ヽ ,:} |
    ヘ__,'^ヾ::::::ハi |;;く_:::::;;;;::::∠ ⌒ ー' |r y
      ゝ 弋_'ー'ラゞ"ー-;;, ニ'ー'ニラ    '、
     l ,'  :.:.''"{;|   `ヽ';:.:..     l|´ヽ l
     { |    ;;/'   ┐       { |r} | i        ……では
     ゞヘ   ゙゙"ゝ-‐'^ ゙'''''   ┌ノ |二' /
      `゛リ ,´二 二 二二`ヽ  |{  {ー t'         その好意に甘えさせてもらおう
       | }i 、, -‐‐‐- _  ヽl  |   |;, ヘ
       | |l 、 _______  ,` l|   ;;  ';; ヘ=、
       | ,;'  ` 三  `.   ||  ;  / ;  冫}ヽ
       };/   ≡       ||   / ;,/〃三ヽ
     ∠ヘ    三        || <"/ /三三 三 ヽ
    t三三ヘ   三      イ;;'" /  /二 三 三∥=
-‐ .∥三三./lゝ ─── <:;:;'" / //三 三二=∥三三
三 ∥三三/ i::ヾ'';:;:;:;:;:;:;:;; '" / / /三三三三∥三三三
三 ∥ 三./| |:  ;:;:;..    / /   /三三 二=∥三
三∥ 三 / | |  ;:;''   / /    /三三三二=∥三


結局 渡海は断念したものの この薩摩行きは大いに惺窩の益となった
数ヶ月間 島津の提供した屋敷に籠った惺窩は そこで明国の原書の研究に没頭し
惺窩の儒学は一層の深化を遂げた





138 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/02/16(水) 22:36:35 ID:mN0HA4fw

その後 京に戻った惺窩を待っていたのが
朝鮮国全羅道で 日本軍の捕虜となり連行されてきた姜との出会いだ


                  ノ ,ヘ
             ∠ / ヘ
              k''¨´ ̄ ̄。} lミミヽ
             /      。} l三ニミヽ        藤原惺窩か……
         /   ____ 。|三三三ヘ
         /{{ ,'   {く_e>j.。|〆e >三}       囚われの身となったことは不幸だが
      / ヒ|    ヽ _ノ 。|ゝ,. z三|
     /{   〉  ,,,,.      。|三三三j        あの男を知ることが出来たのは
   _ノ彡ミゞ ', iiii iii    。|    /
三三ニj三三三ゝヘ 、 iii iiii  。j三ミヽ/ー-、       幸せであったかもな……
   ノ::::::::::::::::::::::ヽヽ\iiii .。j   ソ .........`ヽ、__
`ヽ/::::::::::::::::...    ヽヽ、ー⌒ゝ;;イヽ::::::::::::::::::::::::::ゝ
  ムx一--一~、  ....::\  ̄ ;;;;;;|  ヽ:::   <__
    ヾ:::::::;  _>::::::::::::\   i   ヽ ノミ三ゝ::`ヽ、_
     〉,;爪巛:::::::::::    \ y─   ∨ rf三三彡゙´
   <,,  ヾ彡~           \      }:::::::::::::::∧
      `}ー--、   :::::::::::::::::::::::::|       |::::::::::::::j::::i
      |   `ヽ、::::::::f三三ニ汽      |    |:::::i
       }爪三三三`辷三三三ニ{      }   ノ:::::i

                カンハン
             ↑ 姜




142 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/02/16(水) 22:37:24 ID:mN0HA4fw

                    ,r'"´丿ヽ ̄`ヽ、
                 / ,r;:;:、 ⌒   ,ィ;:!
               /  ,イ;:;:;;:;::ゞ、 i ,r;:;:;:,、j
               _」 ,′'´r ェェ-、  j;:イェェ、l、
             / ゝ,イ j `ヽ`"´.::;;  ト、"´ ヾi   
             ! ,イl〈〈    ,ィjハノ。 。,j、、,,.  l      わしが 儒教京学派の祖
                |  Y」 i; ,r'´r-、ニニニ = i! ,/   
             !  ,'  / ,イ,ゞ-j!ーi!ーl-{ i! |       藤原惺窩である!!
               ,>,イ  ,!  i/       ,! il,!   
            /.:.:/ i .,'  / -‐' "´ ̄ ̄``、ハヽ   /∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\
           /.:.:/  | ,' /  ‐'´ ̄ ̄``ヽ `j ,!
         _/.:.:.:.:i  l  ゝ、_      ,:;' ヽ ー' /ヽ
    _,,,/.:i|.:.:.:.:.:.:|  ゙、        ,:'    /.:.:.:\_
_,ィ´.:.:.:.:.:.:.:.:i|.:.:.:.:.:.:|   `ゝ、. : . : . : . : . : . : ./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ___
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i|.:.:.:.:.:.:|    i  ``ー 、.:.:.:.,、-‐,イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i|.:.:.:.:.:.:|    l      ̄  //.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:


姜との交流により 惺窩の儒学は完成に向けて大きく前進したのである





144 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/02/16(水) 22:39:02 ID:w.JrdN.A

どんどん名乗りが進化していくw





143 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/02/16(水) 22:38:38 ID:mN0HA4fw

さて 惺窩が目指した「戦国の世を終わらせる」思想は
当然のこと 徳川家康の目に留まった


                ____
     -=ニ"`' ,   , ' "  ,," '
     ______\ ` , , '    '-ー ̄二=-
  ∠二__  ~`           ""'ー、
   , - ~                 ヽ
  , '  , ,                  ヽ
  / /, '                   `,
  i/ /          /|           'i
   ,' ,    /:i /:i |:::| |',          |
   i /i /' /::::| |::::i |::uヽi::`,`ヽ       |        あいつの思想が本物なら……
   i/ i/ i /ー-ヒ--`|u|--エ--ー\  ___   |
     i i/|二ニ=ニ~  二=ニニニ,:::| |─i`.  \       それによる教化で
       .,|ヽ_゚_./:::::"ヽ_゚_, イ/:|.|─| | |`┬ー-
      / | ==:/:::u:::  u ~/':::|.|ニノノ |  |ー--     皆の目を覚ますことが出来たら……
 __;;-ー''"~~.λu:/:::::::_::i   /'::::u::|.|ー'  /  |
 __;;-ー''"~'/| .| (_,-  u   ::u:::::/|   ||   |
      | !i .| く__ __-ー''ー:-:::/::|   |.|   |
      .|  | .|x--二_____:::::/:::::|  ./ .|   .|
      |   |/~ニ二\\ 'i/::::: |  |  |   .|
     .|  ,r┴'---, ̄\',  |::u |  |.  |   |
     | く/ ̄ ̄\こつ  i  /  .,|  .|    |
     !-ーC' ̄ ̄`こつ    | / /!/,/ \   .|  ← 徳川家康
        | ̄ ̄ヽ、      | / /| -    ` , |



文禄2(1593)年には名護屋城で惺窩と面会していた家康は
京に戻った惺窩を再び伏見城に召し出し その講義を拝聴することにした

時に慶長4(1599)年のことである





146 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/02/16(水) 22:39:38 ID:mN0HA4fw

だが この講義で家康は いきなりやらかした
いや やらかしたのは惺窩の方とも言えるかもしれない


       _x-‐‐‐v‐‐‐‐z_
     ノィ          Xヽ
     /      ,       \
   ∠イ   <l / \ l>   ヽ.ニゝ     惺窩殿!
    / イ|/\.ヽ、 _//)ヽ! ヽ
    /イ .| 〈 ̄。`ミl l〃。 ̄》 .| .ト|      今日は儒学の御教示のほど
     |,=| ` ̄´"|.|ヾ ̄´).|=、!
     ||(|     /!ヽ┘  .| |.)||       よろしくたのむぞ!!
     |=ヘ. rェェエエェェァノ/=''|
     l| .ト、 \___///|   |     /\/ヽ
    ノ| .| l\   く7 /,イ |  N___ /  /  |
   _厂| | .|  \ / ノ( ̄"_/`ー、    |
_,-‐'/  .| | .|   ヽ' / .ノ >'´_,. \ ./ハ._,.-‐く
  /  ./∧!.!     /  r'´ ̄ヽ   ヽ. |    \
/  ノイ  !‐-、 ./  /{ヽ   ヽ    |i/
_,. -‐‐-、!  |‐‐‐-'--‐|  {  \   |i_,:'/
     |  .|    / \冫____|i,. -‐'/
     |  !   〈\/ 厂    /ノ〉




             ___, -‐ー‐- 、
            , ´           \
           /,       ー 、_   ヽ
        ,イ"´ ,  ;' _      "ヽ, ヘ
      , '⌒ヽ  ;| ,/    , -‐‐-、   i
     ,'゙:::::::::::`、 { / _, '"´::::::::::::::::ヽ ,:} |
    ヘ__,'^ヾ::::::ハi |;;く_:::::;;;;::::∠ ⌒ ー' |r y
      ゝ 弋_'ー'ラゞ"ー-;;, ニ'ー'ニラ    '、
     l ,'  :.:.''"{;|   `ヽ';:.:..     l|´ヽ l
     { |    ;;/'   ┐       { |r} | i
     ゞヘ   ゙゙"ゝ-‐'^ ゙'''''   ┌ノ |二' /    ………………
      `゛リ ,´二 二 二二`ヽ  |{  {ー t'
       | }i 、, -‐‐‐- _  ヽl  |   |;, ヘ
       | |l 、 _______  ,` l|   ;;  ';; ヘ=、
       | ,;'  ` 三  `.   ||  ;  / ;  冫}ヽ
       };/   ≡       ||   / ;,/〃三ヽ
     ∠ヘ    三        || <"/ /三三 三 ヽ
    t三三ヘ   三      イ;;'" /  /二 三 三∥=
-‐ .∥三三./lゝ ─── <:;:;'" / //三 三二=∥三三
三 ∥三三/ i::ヾ'';:;:;:;:;:;:;:;; '" / / /三三三三∥三三三
三 ∥ 三./| |:  ;:;:;..    / /   /三三 二=∥三三三
三∥ 三 / | |  ;:;''   / /    /三三三二=∥三三三





153 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/02/16(水) 22:40:47 ID:mN0HA4fw

    _ , -‐ ''´ ̄'' ‐、   ヘ   |l  {  {    ',            / ̄ ̄/
  /::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ,    ヽ、  il   |   ',   , -‐‐ 、        /        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/
 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、_   \ ',  lil  ノ  ,':::::::::::::::::::i       /               /
. レー´"ヾ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`"゙`'ヾヽ ', {i' /::::::::::::::::::::::}   /__/ ̄ ̄ ̄/   /
    く ̄ \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ } l| /:::::::::::::::::::::::::::::l               /   /
     \   `ヾ、:::::::::::::::::::::::::::::::/ , 'ノ /:::::::::::::::::::,ー‐ i             /   /
      \ ◎  ̄_弋:.:.ー-イ__イ//:::::::>ー   /           /__/ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/
    ...:.:.::::::::`::-‐::'":::::::::::.へ`ヽ‐- く ー‐'◎  /   イー、                /  __     / _  _  _
      .:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::ヘ`ー ' Y:.`゙..ー..'""   {;;   i             /_/ /   /  ///// /
|        ......:.:.:.:.::::::::::::ヘ     |:::::::::.:.:.:.:....  ヽ;  l                  /  /    ̄   ̄/ /
ヽ     ...:.:.:.::::::::/⌒    ,.,.,.,.,.|_::::.:.:.       };  |                   ̄             ̄
:.:.ヽ      _:.::ヘ.. :::::::::..     ゙i `l::::.:..       l; ,'  
:.:.:.:|    /;;;;;;;;;;ヽ,  .:.:.::::.:............  l∠::::.:.:.      /: /  ..   この愚か者が!
:.:.:.:}   i´, ´⌒ヾ、` 、_ \_:::::;;∠ -‐、:.:.   , ' /;: /   .
:.:.:.|   / /    _ ー`ー-≡ { 、三二ーヾ i:.:.::::::'゙,'::r /       なんじゃ! その身なりはっ!!
:.:.:.|  / /  /´ ___ ` ‐-   ー 、  ヽ.|.:.::::::..{;;/    ...
:.:.:{   / /  , t二t─‐tニーー一 、 ヽ | |.:.::::::: ∥     ../∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\
:.:.:|  / /  ゝ-‐  ̄ ̄ ̄ "''一‐- 、i l i |.:.:::::. ∥
:.:.:| / /   ヾ::::::::::::::.:.:.:.:..........     ヽ  }il.:.::::: ∥
:.:.:l 川    ` 、::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.::.:... ノ  |li.:.::::::∥


入室してきた家康を見るなり 惺窩はいきなり大音声で叱り飛ばした





156 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/02/16(水) 22:41:50 ID:mN0HA4fw

家康は普段から身なりに気を遣わない性質であった


          _,,. -──- 、 ,. ‐''"´ ̄`二ニ=-
      -=ニ´..__     ゙     ´ ̄~゙'''‐、
       ,. ‐''"´                  ヽ、
     , ‐'´                       ,.ゝ
   ∠..-‐''フ'~                       ゙!
      /                           !
     / ,                           l
.    //        /l ,ヘ. ト、 ヽ、            l
.   // ,イ    /! / ul ! ゙、 |. ヽ、!ゝ、 !       |
    / .// /!  ./ l./.`‐、l  ヽ!. ‐'´, k'ヽト.、       .l
.   i ./ !/ l ,イ/. !' `‐、|!  I|_,. ‐'´ ヽ! ::::ヽ      ゝ   え? え? え?
.    l./ .l' l' !' l=====〉 __ =======:| .|⌒i.   ヽ、
    !        l`‐.、.__゚/,::: ''' ヽ、 _゚__,.. ‐'´:::| |´ )}.    l、
              !  :::/,:::::::::. jv  u    ,/:::|.|~)/     l、
          ノ! ,/,:::::::::::__::)  _,,.-‐"  u::||_ノ       i、
          / iー_____ ,,. -‐''フ::::/!     !゙!‐ 、._. ヽ、
          I_,. ‐'i`‐ 、.____,,. ‐'´:::/: │   │l   ` ‐-
    _,,. -‐'"´   ,.!  ___,,   u:::/::   !    ! i‐ 、._
   /i     _,,. -‐1 ヽv  ̄ ̄   :::/:::    !   i' .i   ` ‐-
  / .{_,,. -‐'"´     !  ヽ、   .::/:::    i'  / /
 /  !       , -‐-、 , -‐、i´~`ヽ     ./  ,イ./
/   l      ,.へ、/⌒ヽ、 `‐、  i   /  / /
    |    /‐-∠.__,、 `‐、 `i‐、-‐'"7/!'/
    .|  /´        `‐、  ゙i __,! `、-‐/"


この時の出で立ちも 平服に髷も適当に結んだだけという
簡素…… というか些かだらしのないものであった





159 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/02/16(水) 22:42:40 ID:xQo/f39E

儒教は礼にはメチャクチャうるさいから





165 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/02/16(水) 22:43:40 ID:SAm4RvAY

少なくとも教えを乞おうとする服装ではないから、そりゃ怒るわ





163 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/02/16(水) 22:43:02 ID:mN0HA4fw

               /ヽ、     ヽ、 >、
               `ヽ、> 、    `ヽ、 >、    .,r-、
           .,ィ ´ .ヽ   `ヽ、> 、    `>、> 、/   `,´ヽ_
         /     .ヽ .    `ヽ、> 、_/  .>/  /    ,,`ヽ
        /        i     ,,、r-> 、_ヽ/ {ヽ、 /   /    `ヽ、    儒学において
        i′        .|   ./        `''i,  l ヽ、/   ./   .i ',
       |         .|  /     ,、rェ::、   >.-i、 .iヽ、 ./    ノヽ、ゝ、  まず一番に学ぶべきは「修身」である!
       |            |.,r!    ,:イ圭r:㌢   i  /\',_ .!ヽ ィ´7ヽ、_i
      |           |,'圭ェx:j マ:㌢o─ァ   ゝ_ ゝ、ノ ノ``ト、_ノ      己の身を修めずして
      .|          |Vアoェァ  ヾ ̄      `マ、_   ゝ、
      .|         .i′} .   /  _ヽ_        Y /\   `        どうして国が治めようか!!
      !        /. {   マ フ彡r=ヾ:、    } !  `.\゙''''''ヽ
      ∨      /.   .i  r="_,,r------ィi!   '_人    .ヽ  \     そもそも天の道を学ばんとする者が
       .∨    /    .| i! .rニr───‐ ' i!   !  \    .ヽ   ヽ
      _,、r''¨´ヽ.i′      | i! ,  _,,,r -,,,,,r   i!   !   ヽ   ,,i,   ヽ   その教えに対して礼節を欠くとは
    r' ´  _,,、r-、ヽ      .j i!  `´        i!   !   _,,r>'圭圭l
   厶匕´   ::ヽヽ .     i i!   i;;,,        i!_ノ., ,:ィlll圭圭圭圭l      何事であるかっ!!!!
  i′,, _,,、r-=''ヽ、ヽ}-、   .! i!   _,,,,,,,,__   _,,rィ,:ィ圭圭圭圭圭圭
  ./  ´     :: ヽi_ }   .ゝ_,,r''"´ ̄  ` ´/,:ィ圭圭圭圭圭圭
  i   _,,、r-=''´ヽ、ノ Y    / i   i   /,:ィ圭圭圭圭圭圭
 〈        ::  i_ノ. ,,::<i′ !   ! ./.,:ィ圭圭圭圭圭圭
  ヽ    7''¨7: / i:<圭圭l     /.,:ィ圭圭圭圭圭圭
  ヽ   ./  ./r'´  .|圭圭圭l    / ,:ィ圭圭圭圭圭圭
         .i  /圭圭圭l   / ./圭圭圭圭圭圭
          | /圭圭圭llll  / ./圭圭圭圭圭圭




             _
             ,>  `ヽ'",Z._
            /         <
          i     , ,ィ ,ヘ、 \ っ
           |    ノリ_!ヘ>:::>、iヽ
       _  j fニl| ゝ _i く    っ      わ 分かった!
-‐: :¬'≦._  ̄  |h|!v ~ v r_ \
-‐- 、:::::     丁Tヘ.`^l (二ニェ‐' ´ っ      俺が間違っていた!
:::::::::: }   ...:::::::|:::|ニl, l\ u┌┘
 :::::ノ::::::::::::::::::: lムニl l ̄ヽ._j            しばらく!
::::...ノ:::::::::::::.... ,ノ: :|::::ハリ:::::::::::.}
::.ノ:::::::::.. r<´: : : j:::;' l ..:::::::::l            しばらく待ってくれ!!
:::) ..::::::ノ   \ /::/ l:::::::::::.. ヽ
:. `ヽ.ノ.     `く   ヽ, ..::::::::\
 ..:::::`ヾ:、      \  \::::::::::... ヽ,
、:::::::::::::..`ヾ:、     j    \ .::r',ニゝ、
. \:::. r',ニゝ、_  __,ノ      `Y ヾ \
.  /`-'ヘ ヾ ;'三ミ、          l r‐、ヽヾi
_,ノ    `ー--┐}リ           ヽ.) UJリ
         ¨´


家康は大慌てで部屋から出ていき 髷を結い直し礼服に着替えて戻ってきた





167 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/02/16(水) 22:44:08 ID:mN0HA4fw

こうして やっとのことで始まった講義であるが ここでも家康はやらかしてしまった


                    ,r'"´丿ヽ ̄`ヽ、
                 / ,r;:;:、 ⌒   ,ィ;:!
               /  ,イ;:;:;;:;::ゞ、 i ,r;:;:;:,、j
               _」 ,′'´r ェェ-、  j;:イェェ、l、       ○○○■■■△△△!
             / ゝ,イ j `ヽ`"´.::;;  ト、"´ ヾi
             ! ,イl〈〈    ,ィjハノ。 。,j、、,,.  l     ▽▽▽◎◎◎◇◇◇!!
                |  Y」 i; ,r'´r-、ニニニ = i! ,/
             !  ,'  / ,イ,ゞ-j!ーi!ーl-{ i! |      ☆☆☆▲▲▲○○○!!!!
               ,>,イ  ,!  i/       ,! il,!
            /.:.:/ i .,'  / -‐' "´ ̄ ̄``、ハヽ
           /.:.:/  | ,' /  ‐'´ ̄ ̄``ヽ `j ,!
         _/.:.:.:.:i  l  ゝ、_      ,:;' ヽ ー' /ヽ
    _,,,/.:i|.:.:.:.:.:.:|  ゙、        ,:'    /.:.:.:\_
_,ィ´.:.:.:.:.:.:.:.:i|.:.:.:.:.:.:|   `ゝ、. : . : . : . : . : . : ./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ___
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i|.:.:.:.:.:.:|    i  ``ー 、.:.:.:.,、-‐,イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i|.:.:.:.:.:.:|    l      ̄  //.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:




           _、─-v-─;z_
          >:::::`::::::::::::::::: :::::\
        /:::::::::..  .:::::::.. ..::::::::::ヽ
      イ:::::::::::::::::::::::;、::::::::::::::::::::::l
.       l::::::::::::::;:イ::/v:ヘ::lヽ、:::::::::|
.        |:::::::/|/ニ|/ュ ┌リ_ニヘl::::::::|        (う~~~む)
       j::r=i|==。=,, _=。==|r=、:|
       |::|ヒ'|| ` ー":|.|:`ー ' ||J:|::|        (惺窩の教えは確かに素晴らしい!)
.      |:::ヾ;l| u  r:|」:、 u :|レ'::::|
.     ノ::::::::::\ (二ニニ二) ,イ:::::::::::ヽ、      (だが…… それにしても……)
   _,∠:-‐ァi:::::::!\ == ./ |:::::::ハ''ー-ゝ、._
-‐'''": : : : :/,/|::::::| ::::\_/  |::::::ハ ヽ: : : : : :``'''‐
: : : : : : : :/,/,/|::::::|  :::::    ,|:::j¨二二二¨l: : : : : : :
: : : ; -:、ム--‐ヘ|:N\.____/j;ル| |:::::::::::::::| |:_;、_: : : :
: /.rh \: : : : : :|},',',',',',',',',',',{|: :| |:::::::::::::::| | +++`l: :
´、-t( )ァ-; > : : : |} ',',',',',',',',',',{l: :| とニ二二, ゙̄ヽ、! :
:\`゙lし´/: : : : : |},',',',',',',',',',', {| :|‘r──- .、`  \
: : :.`:‐:'´: : : : : : :.|} ',',',',',',',',',',',{|:.L.`⊂二¨_丶    ヽ





169 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/02/16(水) 22:45:30 ID:mN0HA4fw

      , '          ,ヘ. ト、 、.._  / r‐、ヽ.
     / ./     ,イ/ /`メ.`ヽv::\ \\r 、ヽ
   . / //     / !' v/ / , ' !  :::::\ \ 、リ l        (眠い……)
   ,'/ / .,イ ,  / l _,/ /,/ │   :::::\.ヽ._ノ
   .  ! / l ,イ ./、.  \//   ! }     ::::\'、         (眠くてたまらん……)
     |/ |/ W  `''‐、,,ヽ ,ノ,j'      :::::|ヽ.   ト.
              /  ~U   u ノ> uj ::::| ヽ   | i
   .           / v ‐, j /'´    :::|;   !.   |. !
               /   イ   / v   u:::|;;   !   | !
   .        / , ‐'´ノ _,/ u      :::|;;  |.  |. !
             ー''´    ̄  \_/`! u  v::|;;;  |  |  |



この頃の家康は 大老としてほとんど一人で政治を切り盛りしていた時期で
とにかく毎日が忙しく疲労困憊であった





173 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/02/16(水) 22:46:18 ID:w.JrdN.A

涙してまで思うことかw





174 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/02/16(水) 22:46:25 ID:mN0HA4fw

じっと座っているうちに突然と忍び寄ってきた睡魔に家康は抗うことが出来なかった


      , '          ,ヘ. ト、 、.._  / r‐、ヽ.
     / ./     ,イ/ /`メ.`ヽv::\ \\r 、ヽ
   . / //     / !' v/ /    :::::\ \ 、リ l        (もう……)
   ,'/ / .,イ ,  / l _,/ /      :::::\.ヽ._ノ
   .  ! / l ,イ ./、.  \/       v u:::::\'、         (だ め だ……)
     |/ |/ W  `''‐、,,  ,ノ,j'      :::::|ヽ.   ト.
              /  ~U   u ノ> uj ::::| ヽ   | i
   .           / v ‐, j /'´    :::|;   !.   |. !
  ウトウト……     /   イ   / v   u:::|;;   !   | !
   .         / , ‐'´ノ _,/ u      :::|;;  |.  |. !
              ー''´    ̄  \_/`! u  v::|;;;  |  |  |





175 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/02/16(水) 22:46:26 ID:8B4D3Fgs

オワタw





179 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/02/16(水) 22:46:52 ID:uO1ICmts

ここの家康のダメっぷりはガチ





177 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2011/02/16(水) 22:46:30 ID:ojPiPO8w

もう、お爺ちゃんなんですよw





181 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/02/16(水) 22:47:23 ID:mN0HA4fw

      , '          ,ヘ. ト、 、.._  / r‐、ヽ.
     / ./     ,イ/ /`メ.`ヽv::\ \\r 、ヽ
   . / //     / !' v/ /    :::::\ \ 、リ l
   ,'/ / .,イ ,  / l _,/ /      :::::\.ヽ._ノ
   .  ! / l ,イ ./、.  \/       v u:::::\'、
     |/ |/ W  `''‐、,,   ,ノ,j'      :::::|ヽ.   ト.
              /  ~U   u ノ> uj ::::| ヽ   | i
   .           / v ‐, j /'´    :::|;   !.   |. !
  スースースー      /   イ   / v   u:::|;;   !   | !
   .         / , ‐'´ノ _,/ u      :::|;;  |.  |. !
              ー''´    ̄  \_/`! u  v::|;;;  |  |  |






       /´〉,、     | ̄|rヘ
 l、 ̄ ̄了〈_ノく_/(^ーヵ L__」L/   ∧      /~7 /)
  二コ ,|     r三'_」    r--、 (/   /二~|/_/∠/
  /__」           _,,,ニコ〈  〈〉 / ̄ 」    /^ヽ、 /〉
                (__,,,-ー''    ~~ ̄  ャー-、フ /´く//>
                              `ー-、__,|    `"

      , '          ,ヘ. ト、 、.._  / r‐、ヽ.
     / ./     ,イ/ /`メ.`ヽv::\ \\r 、ヽ
   . / //     / !' v/ / , ' !  :::::\ \ 、リ l
   ,'/ / .,イ ,  / l _,/ /,/ │   :::::\.ヽ._ノ
   .  ! / l ,イ ./、.  \//   ! }   v u:::::\'、
     |/ |/ W  `''‐、,,ヽ ,ノ,j'      :::::|ヽ.   ト.
              /  ~U   u ノ> uj ::::| ヽ   | i
   .           / v ‐, j /'´    :::|;   !.   |. !
  ハッ……!     /   イ   / v   u:::|;;   !   | !
   .        / , ‐'´ノ _,/ u      :::|;;  |.  |. !
             ー''´    ̄  \_/`! u  v::|;;;  |  |  |





187 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/02/16(水) 22:48:08 ID:mN0HA4fw

         __      __   _      __
    /::ヽ.   「::::l /}  /:::/ /´::::/     /´::::> ,.-.、_        __,,..、
    〈:::::::ハ  |:::::j '´   |:::::/ /:::::::/./!   /:::::/ /:::::/      /::::::::j__
    ';:::::::l l/ _    l::::i /:::::::://:::/  /:::::/ /::::://::7   ,:'::::::::/::::::〉    __
     V:::::l /::::}.   l:::::!ヽ一' l/   /::::::く └-' 〈_:/  /::::://:::::::/,.ヘ.  /:::::/
     V:::レ::::::::r'  .l:::::l       /:::;へ::::\      /:::::く  ー-'く:://::::::://:ヽ
       .';:::::::::/   ;:::::└‐:::ァ    ∨  丶;::::>.    ,'::::;ヘ::丶、  ´ /::::::::/':::::::/
       .';::::〈     !::::;_:::::::/          `     レ'   `¨   /:::::::く ヽ;;/::::>
       ヽ::::〉    |::/  ̄                        /::::;::::::::\ ヽ'
          .V     U                             〈:::/ \/

              _ , -‐ ''´ ̄'' ‐、   ヘ   |l  {  {    ',
            /::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ,    ヽ、  il   |   ',   , -‐‐ 、
           /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、_   \ ',  lil  ノ  ,':::::::::::::::::::i
          . レー´"ヾ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`"゙`'ヾヽ ', {i' /::::::::::::::::::::::}
              く ̄ \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ } l| /:::::::::::::::::::::::::::::l
               \   `ヾ、:::::::::::::::::::::::::::::::/ , 'ノ /:::::::::::::::::::,ー‐ i
                \ ◎  ̄_弋:.:.ー-イ__イ//:::::::>ー   /
              ...:.:.::::::::`::-‐::'":::::::::::.へ`ヽ‐- く ー‐'◎  /   イー、
                .:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::ヘ`ー ' Y:.`゙..ー..'""   {;;   i
          |        ......:.:.:.:.::::::::::::ヘ     |:::::::::.:.:.:.:....  ヽ;  l
          ヽ     ...:.:.:.::::::::/⌒    ,.,.,.,.,.|_::::.:.:.       };  | :
          :.:.ヽ      _:.::ヘ.. :::::::::..     ゙i `l::::.:..       l; ,'
          :.:.:.:|    /;;;;;;;;;;ヽ,  .:.:.::::.:............  l∠::::.:.:.      /: / :     い~え~や~す~ さ~ま~
          :.:.:.:}   i´, ´⌒ヾ、` 、_ \_:::::;;∠ -‐、:.:.   , ' /;: /
          :.:.:.|   / /    _ ー`ー-≡ { 、三二ーヾ i:.:.::::::'゙,'::r / :
          :.:.:.|  / /  /´ ___ ` ‐-   ー 、  ヽ.|.:.::::::..{;;/
          :.:.:{   / /  , t二t─‐tニーー一 、 ヽ | |.:.::::::: ∥ :
          :.:.:|  / /  ゝ-‐  ̄ ̄ ̄ "''一‐- 、i l i |.:.:::::. ∥ :
          :.:.:| / /   ヾ::::::::::::::.:.:.:.:..........     ヽ  }il.:.::::: ∥ :
          :.:.:l 川    ` 、::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.::.:... ノ  |li.:.::::::∥ :





188 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/02/16(水) 22:48:46 ID:w.JrdN.A

マジで切れる5秒前w





185 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/02/16(水) 22:47:56 ID:294om6BY

これは怒られて仕方ないw





190 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/02/16(水) 22:49:01 ID:8zORI4eo

確かに自分が召しだして講義してもらってる相手なのに寝ちゃあねw





192 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/02/16(水) 22:49:09 ID:mN0HA4fw

徳川家康 まさに絶対絶命である


       ___  ,.-‐- 、
      >  `       ` 、
     ∠             ` 、
    /               ヽ
.   ./        /`ヽ         ヽ
  /, '   /|/|/   |. iヽ       ヽ
  ~./    /`- ._ u . | |_,| !ヽ      i
.    //| /== 。_!  !~,。 = 'ヽ. l^i  i
      ||` _ _ /  =,_ _ . '  | Fi  |   う…… あ…… ううう……
       ||  / u    u  u |.Pi  |
       i||/   _ 丶  u   .||~   |
.      | ヽ`   ____....--、 / |   |
.      |  ヽ  ̄ ̄ ̄ ̄ /  |    |
      |   ヽ  #'  /    |   __|_____
     //__....../| ヽ_ ./  u  |   |┬ii.--
___....-- i.|~  / | /   u    |   | | ||
-- ~ ~ i.|   / | / >...___....-^ |    |  | |


後の江戸幕府初代将軍は
如何にして この危機を切り抜けるのか!?





195 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/02/16(水) 22:50:08 ID:mN0HA4fw

   ヽ .. .   .. ../
   ..ヽ . U.  ../           v
    ..ヽ   ../      )  U
    ..ヽ  /   ⊂つ   v              眠っていない……
    . ヽ(               _..
     ..ヽ  ̄       _..ーー~    ...
     . λ∈≡=ー~~~~
     ./..ヽ            v
     / ..ヽ U  .≡≡≡≡ .      /
    ./.  ..ヽ    ..≡≡≡       /




               _.-  ̄ ̄
              -'
             /
            / /  へ._
           ノ〃 / __つ
          べ,/ iノ /oノ
         (__ゝ へ<彡-"~
          ヽ=三/ v
          // i  ヽ
         `|| (_ つ-二ヽ /
          ヽヽ/-=-'~、ヽiヽ
           iY-"   " || i        ん?
           || .ー- 、||
            i|(_,ー--'∥
            V /    |
            //     |
           / ",     |/
           i  "     /
           い     /
           ヽ__., - '





200 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/02/16(水) 22:51:09 ID:mN0HA4fw

\                                /
<         
俺は眠っていないぞ!         >
<                                >
<  
ただ目を閉じて考えをまとめていただけだ!!  >
<                                >
/∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\

            , -ァ
          /::::;'⌒゙``ゝ
       ,.. -‐':::...........  ::`ヽ
    /:;;;;;::: ..::::::::::  ...::::::::::\
   / '" /: ;::::::::::::::::::::::::::::::::::,..\
   .  /::;;::::,,...::::::ト、ヽ:::メ>'、くィ,\`≧,,,_  _,,. -‐''¨ ̄
     i::/,'::::::::::::A| .>//  }ト、、))-‐'''" ̄_,,.  -'''": : : :
     |,' |::/|:::::rニミ ,,! 。_.ノノ u\:ヽ-'''": : : : : : : : : : : :
       l/ .l::i::|   。! u ,.'⌒へ. i:::ヽ: : : : : : : : : : : : : :
        .Vヽ!\`7  , ノ/  ,)}:::::iヽ: : : : : : : : : : : : :
            ソ-</ ,. ‐'´ ハ::| :!: : : : : : : : : : : : :
              \`'´<.フ ハ V :l: : : : : : : : : : : : :
             / /:` 、 ___/\〉: : | : : : : : : , -‐―
             〈:/ : : ヾ、` ‐--\i: : : : : : /_/´⌒
             | \: : : : : : : : : : :Lト、: : : : : く_ノ'⌒>
                !: : :\: : : : : : : : : : : \: : : : : / , -‐
             ,'ヽ、: : :`‐ 、_: : : : : : : : : : : : : :`‐',. ‐''    ← 御歳57歳
             ! : : : `: : : : : :`7''‐- : ; ; : : : : : : :.`‐ ´


……以降 お前は中学生かという突っ込みは禁止である





201 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/02/16(水) 22:51:35 ID:m4fwCt32

小学生かよw





202 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2011/02/16(水) 22:51:44 ID:ojPiPO8w

いや、むしろ小学生以下w





210 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/02/16(水) 22:52:24 ID:NyzaZ91U

尻が茶色なのも味噌と言い張るだけのことはある





212 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/02/16(水) 22:53:00 ID:wZDT5ERg

素直に謝ればいい場面に限って、何故この人はこうも意固地になるのか





213 名前: ◆fFI82Sjg3c [] 投稿日:2011/02/16(水) 22:53:56 ID:mN0HA4fw

さて「関が原の戦い」の終結後
家康は改めて惺窩に2千石という破格の待遇で政治顧問となることを要請した
しかし惺窩はこれを辞退し 替わりに高弟である林羅山を推挙し
自身は弟子の育成に力を注いだ


                    ,r'"´丿ヽ ̄`ヽ、
                 / ,r;:;:、 ⌒   ,ィ;:!
               /  ,イ;:;:;;:;::ゞ、 i ,r;:;:;:,、j
               _」 ,′'´r ェェ-、  j;:イェェ、l、
             / ゝ,イ j `ヽ`"´.::;;  ト、"´ ヾi
             ! ,イl〈〈    ,ィjハノ。 。,j、、,,.  l
                |  Y」 i; ,r'´r-、ニニニ = i! ,/    わしが仕えるのは もはや儒の教えのみ
             !  ,'  / ,イ,ゞ-j!ーi!ーl-{ i! |
               ,>,イ  ,!  i/       ,! il,!
            /.:.:/ i .,'  / -‐' "´ ̄ ̄``、ハヽ
           /.:.:/  | ,' /  ‐'´ ̄ ̄``ヽ `j ,!
         _/.:.:.:.:i  l  ゝ、_      ,:;' ヽ ー' /ヽ
    _,,,/.:i|.:.:.:.:.:.:|  ゙、        ,:'    /.:.:.:\_
_,ィ´.:.:.:.:.:.:.:.:i|.:.:.:.:.:.:|   `ゝ、. : . : . : . : . : . : ./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ___
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i|.:.:.:.:.:.:|    i  ``ー 、.:.:.:.,、-‐,イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i|.:.:.:.:.:.:|    l      ̄  //.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:


江戸時代に儒学は爆発的に広まり 太平の世の思想の基盤となった
惺窩の目標は達成されたのである


                                           <番外24 儒学バカ一代>おわり





227 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/02/16(水) 22:57:21 ID:xQo/f39E

乙でした





229 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/02/16(水) 22:57:53 ID:EgJmMZJk

乙でした





218 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/02/16(水) 22:54:52 ID:AfjV/sxw

林羅山の先生でもあるのか





226 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/02/16(水) 22:56:53 ID:xti5.B6M

教科書的には弟子の方が有名だね





224 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2011/02/16(水) 22:56:42 ID:ojPiPO8w

時代の変わり目の思想家の影響力は半端ない





222 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/02/16(水) 22:56:08 ID:w.JrdN.A

寒い中、とても暑苦しいキャラのお話有難うございますw





52 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/02/16(水) 22:14:40 ID:w.JrdN.A

いちいち眼光が怖いw










投稿日 : 2011/02/18 | カテゴリ : 新・関が原戦線異常アリ | コメント数 : 18
■コメント一覧
  • No.9668 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年02月18日 12:13 [ edit ]

    なぜに家康はいつもオチ要員なのかw



  • No.9671 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年02月18日 14:39 [ edit ]

    >>9668
    そりゃお前さん、実際に色々やらかしてるからだよw



  • No.9672 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年02月18日 15:33 [ edit ]

    なんで家康は信長や秀吉と比べて光らないのかな~
    戦に勝っても地味と言われ頭を使えばタヌキじじい,内政してても気付かれないwww
    カエサルに全て持って行かれたオクタビアヌスの悲哀を感じるwww



  • No.9673 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年02月18日 16:00 [ edit ]

    カエサルと違って、オクタヴィアヌスは武名に恵まれなかったからなあ。
    家康やオクタヴィアヌスが光らない存在だとするなら、それは同時代、
    もしくは一世代前後にもっと目立つ奴がいたからじゃない?



  • No.9675 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年02月18日 17:14 [ edit ]

    オクタウィアヌスや家康がイマイチ目立たないのは
    統一事業の出だしで一番華やかなところを他人が行っていて
    彼らが行ったのは総仕上げだからじゃない?
    でも、その仕上げが地味だけど一番難しいはずなんだよね
    歴史上の多くの人物が仕上げに失敗して反乱者や暗君として名を残してるわけだから



  • No.9677 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年02月18日 17:48 [ edit ]

    信長もカエサルもいいとこ取りで美しく死んだからな~
    そう考えるとこの二人はすっごく似てるよなwww主に最後がwww
    家康が幸村に殺されてれば英雄認定されたのかな?



  • No.9678 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年02月18日 18:41 [ edit ]

    寝落ち以外はどっかの前漢皇帝に良く似た逸話じゃの。>家康オチ



  • No.9679 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年02月18日 19:33 [ edit ]

    この人、ふだんから明風の服きてたんだよな



  • No.9680 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年02月18日 19:52 [ edit ]

    たんなる学者のパイオニアかと思っていたがまさに「儒学バカ一代」。
    島津義久・豊臣秀次・徳川家康を圧倒している。

    読んでいて、非常に意外で、おもしろかった。
    図書館で見ていたので、吹き出しそうになって困った。

    また楽しい番外編をよろしく。



  • No.9681 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年02月18日 20:30 [ edit ]

    >オクタウィアヌス

    後継者選びにおいて、この人ぐらい皮肉という言葉が似合う人もなかなかいない



  • No.9683 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年02月18日 20:52 [ edit ]

    藤原惺窩が何故に塾長と思っていたが、こういうオチだったのか!
    弟子の林羅山もやってきただけないでしょうか、塾長の推薦する羅山なら
    司馬の書いた曲学阿世の似非儒学者ではなく、儒教原理主義者のアルカイダみたいな
    キャラになるんじゃないでしょうか?



  • No.9686 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年02月18日 21:17 [ edit ]

    そのオクたん自身は天才ハゲさんからの直指名なんだよな。
    当時はガキだったはずなのに、どうやって才能を見出したのか。
    天才ハゲさんまじチート。
    (まぁ、後継者第二位指名に刺されたのはご愛敬)



  • No.9687 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年02月18日 22:19 [ edit ]

    服装のくだりからして
    婚姻外交のグダグダと同じかw
    相手の事調べてから動けよwww



  • No.9688 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年02月18日 23:03 [ edit ]

    借金ハゲはその後継者2位に刺されたってのがまた信長にかぶるよなwww
    (みっちゃんはハゲねずみの次に出世頭)
    歴史は繰り返すというか,ここまで似てると神様信じたくなるレベルwww



  • No.9712 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年02月19日 13:05 [ edit ]

    歴史は繰り返すと言うより、人間なんてどこにいても基本は一緒なだけじゃない?



  • No.9821 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年02月21日 22:17 [ edit ]

    よくも18歳の少年の素質を見抜いたものだと(秀吉)
    後世の評価については、朱子学と陽明学の拮抗もあることだし、仕方ないかも。
    ・・・なんだか今回は、懐かしい面々を見て、心温まるね。
    確かに乱世との移り変わりの時期を、見抜いていたという点で家康とは通ずるかも。



  • No.16488 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2011年12月26日 18:05 [ edit ]

    こんだけ実務能力ある人がなんでまた「儒教の国朝鮮は素晴らしい国に違いない」なんて
    まるで共産国を地上の楽園扱いした戦後の進歩的文化人(笑)みたいな寝言言っちゃったん
    だろうな
    実際に会った朝鮮人が当時の両班としては例外的に言行の一致した(そして虜囚の身でも
    帰国を諦めない不屈の精神と、敵国を冷静に観察する理性を持った)姜だったのがそれ
    に拍車かけたのかも知れないけど



  • No.26978 名前:麗しのアベノミクス 投稿日:2015年02月14日 16:55 [ edit ]

    惺窩さんと広通さんは、
    お互い龍野にいた時からの友達なんだったっけ
    広通さんは単なる名家のボンボンってだけでない
    君子だったんやな もっと評価されるべき

    まあツキが無いってレベルじゃない人生だったが



■コメント投稿
     行間隔の関係でアスキーアートを貼りつけてもズレが酷いことになりますので、
     アスキーアート付きのコメントは削除する方針です。
     荒らしの書き込みに対してレス・言及しているコメントも削除対象ですのでご注意ください。
プロフィール

管理人 : 「ピチカー党員No.11」こと金ニダリスト

       ___
      |それ金|
    z'| ── 、
    / ハ ヘ u ヽ
  人/ノヽ ミ=‐...|_     生活の中心が株になっとる
    }≦ u 爻r.j. |彡}
  (  u  リ У{三≧
   ` ー─t r三勿 {气}
      厂 ̄(三)  `气


◆カウンター(ユニーク)    ◆カウンター(トータル)
       


全記事一覧

RSS

管理モード
ツイート
最新コメント
最新記事
まとめ記事
【歴史系】
【物語系】
【ゲーム系】
【学ぶ系】
連絡先はこちら

苦情・相談などありましたら、
下記のメールフォームにてご連絡ください。
(ファイル添付可能)

連絡用メールフォーム

貰い物紹介

TOP画像募集中

  

ダンジョンマスター作者様からいただいた逸品。
カナ、マジプリティ!



  

  

帽子屋HeII0様からの贈り物、しかも二枚!
各作品に対する愛情が伝わってきます。
帽子屋HeII0様のブログ - 「-simulacra-」

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
© それにつけても金のほしさよ All rights reserved.
まとめ